勇者「女神の加護を受けるとくだらない呪いにかかる、ってなんですか」
1- 20
1: ◆Rhe1e32BQs
2017/01/07(土) 00:38:54.80 ID:zcyoB8Vj0
王様「女神様の御加護を受けるとな、その反動としてくだらない呪いにかかってしまうんじゃ」

勇者「つまり」

王様「強くなる代わりにちょっと悲しい感じになるんじゃ」

勇者「そうじゃなくて、具体的に」

王様「そうじゃな…例えば、御加護によって強力な炎の魔法が使えるようになるとする」

勇者「はい」

王様「その代わりに性格がすごく暑苦しくなる」

勇者「どのくらい」

王様「松岡修造くらい」

勇者「くだらな…」

王様「くだらないんじゃ」

SSWiki : ss.vip2ch.com



2: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 00:42:42.58 ID:zcyoB8Vj0
王様「だがな、これが結構効くんじゃ」

勇者「というと」

王様「その古き勇者はな、元々控えめな性格だったのじゃ」
以下略 AAS



3: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 00:46:53.45 ID:zcyoB8Vj0
勇者「他に事例はないのですか」

王様「あるぞい」

勇者「どのくらい」
以下略 AAS



4: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 00:52:12.25 ID:zcyoB8Vj0
王様「これはヤバいぞ。何せ自身が勇者だというアイデンティティが奪われるわけじゃ」

勇者「つらそう」

王様「そのうち仲間がめんどくさくなって間違われることを訂正しなくなった」
以下略 AAS



5: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 00:56:11.90 ID:zcyoB8Vj0
勇者「これ加護ってこっちが決められるんですか」

王様「大凡は決められるぞい」

勇者「マジで」
以下略 AAS



6: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 01:02:52.87 ID:zcyoB8Vj0
王様「旅の記録が送られてくる度にわしらもなんか、こう、キュッ…となる感じじゃった」

勇者「えぇ……まあ詳しくは聞かないでおきます」

王様「その方が良い…」
以下略 AAS



7: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 01:10:30.98 ID:zcyoB8Vj0
勇者「なんだかんだあんまりくだらなくなくないですか?」

王様「くだらない例を聴きたいんか?」

勇者「まあ、一応」
以下略 AAS



8: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 01:17:18.69 ID:zcyoB8Vj0
王様「それとな、勇者以外にも加護を受けたものがおったりする。そいつらは結構生き残ってるぞ」

勇者「ほう。ちなみにどなたが」

王様「わしじゃ」
以下略 AAS



9: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 01:24:50.11 ID:zcyoB8Vj0
勇者「不謹慎かとは思いますがもっと聞きたい」

王様「良い性格をしとる」

勇者「それほどでも」
以下略 AAS



10: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 01:30:54.11 ID:zcyoB8Vj0
勇者「俺が求めてるのはですね、こう、『うっわくだらなッ!!』って感じのくだらなさなんですよ」

王様「お、おう」

勇者「なんというかコーラだと思って飲んだら重油だったみたいな」
以下略 AAS



11: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 01:36:21.54 ID:zcyoB8Vj0
勇者「なんかこう、副次的にくだらない呪いにかかるんじゃなくって仕組まれてる感がすごい」

王様「仕組まれてる感」

勇者「なんかこう、解せない感じ。何のための加護なの」
以下略 AAS



12: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 01:44:05.27 ID:zcyoB8Vj0
勇者「彼らもすでに亡くなって?」

王様「生きてたらお主はお呼びでないな」

勇者「そりゃそうか」
以下略 AAS



13: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 01:50:12.72 ID:zcyoB8Vj0
勇者「このくだらなさを求めていた」

王様「お前のツボがよくわからん」

勇者「…しかしとなるとその勇者は今も生きておられるので?」
以下略 AAS



14: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 01:59:05.84 ID:zcyoB8Vj0
王様「しかしな、それは少し違うんじゃよ」

勇者「少し」

王様「足元を見てみい」
以下略 AAS



15: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 01:59:36.37 ID:zcyoB8Vj0
勇者「うわあああああああああーーーーー!!!!!!!???!?!?」


16: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 02:04:15.18 ID:zcyoB8Vj0
王様「っていうB級ホラーみたいなこと一回やってみたかったんじゃ」

勇者「やめませんこういうの?」

王様「お主もだいぶノリノリじゃったくせに」
以下略 AAS



17: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 02:18:14.75 ID:zcyoB8Vj0
勇者「でもその人生きてるんですよね」

王様「不老不死だったしカウントしても無駄だと思わんか」

勇者「釈然としない」
以下略 AAS



18: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 02:21:20.01 ID:zcyoB8Vj0
勇者「今思ったんですけど」

王様「うむ」

勇者「僕らの会話が適当すぎませんか」
以下略 AAS



19: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 02:26:39.95 ID:zcyoB8Vj0
勇者「気を取り直して、どういった加護を受けたら精神的に病まずに魔王を倒せるか」

王様「真面目じゃな。えらいぞ。10王様ポイントを贈呈しよう」

勇者「なんすかそれ」
以下略 AAS



20: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 02:43:46.42 ID:zcyoB8Vj0
〜次の日〜

王様「さて、決まったかの」

勇者「ええ、一応」
以下略 AAS



21: ◆Rhe1e32BQs[sage saga]
2017/01/07(土) 02:46:20.11 ID:zcyoB8Vj0
〜後日談的な何か〜

雑な勇者は雑に戦い雑に魔王に勝ち、なんか雑に生きて帰ってきましたとさ。
時折雑な自分に悩むことはあったけど雑になった勇者は雑に流して生き続けたらしいです。雑。


31Res/17.96 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20
エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日 (電撃文庫)



VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice