千歌「会ってみたいのっ! 伝説のポケモンマスター、高坂穂乃果さんに!」
1- 20
1:名無しNIPPER
2017/01/10(火) 13:58:39.60 ID:pqQzyHrU0
千歌「――うぅ、話してみたいっ!! 伝説のチャンピオン綺羅ツバサさんとの、伝説の一戦!! 綺羅ツバサさんのエース、サザンドラが君臨した直後のあの攻防の時のことを……」パァ…


曜「そうだね」アハハ…

曜(またはじまった……)


梨子「――ふたりとも」

千歌「梨子ちゃんおはよー!!」

曜「おはよ」

梨子「おはよう、準備は出来てる? よく眠れた?」

曜「ばっちり!」


千歌「うぅ、ドキドキしてきた……つ、ついにポケモントレーナーになれるんだよね!?」

曜「千歌ちゃんね梨子ちゃんがポケモンと図鑑を持って帰って来てくれるのをずっと待ってたんだよ」


梨子「あはは……ごめんね、ちょっとお仕事が長引いちゃって」



梨子「――はい、この通り。オトノキ地方の西木野博士からポケモン図鑑と、ポケモンを預かってきたよ」

SSWiki : ss.vip2ch.com



2:名無しNIPPER
2017/01/10(火) 14:03:56.16 ID:pqQzyHrU0

 梨子は楽しそうに跳ねる千歌を見て微笑みながら、袋から赤い機械を取り出す。


梨子「はいどーぞ。千歌ちゃん」
以下略 AAS



3:名無しNIPPER[sage saga]
2017/01/10(火) 14:06:55.32 ID:pqQzyHrU0
千歌「ぅ、い、いいの?」

曜「うんっ」

千歌「え、えーとね」
以下略 AAS



4:名無しNIPPER[saga]
2017/01/10(火) 14:08:59.40 ID:pqQzyHrU0
 恐る恐るスイッチを押し、中からヒヨコの形をしたポケモンが出てくる。

 くりくりとした丸い目を千歌に向けると、千歌も視線を合わせて答える。


以下略 AAS



5:名無しNIPPER[sage saga]
2017/01/10(火) 14:09:56.27 ID:pqQzyHrU0
梨子「ふたりはこれからどうするの?」


千歌「ジムに行くっ! ポケモンジムでバッジを全部集めて……ポケモンリーグに出るのっ! でねでね、四天王と闘って、高坂穂乃果さんと同じ、チャンピオンになるんだ!」

以下略 AAS



6:名無しNIPPER[saga]
2017/01/10(火) 14:12:43.77 ID:pqQzyHrU0
千歌「曜ちゃんとするの!?」

梨子「いずれは私ともするんでしょ? 相手が誰だって、関係なくしないと」

千歌「うぅ、そうだよね……」
以下略 AAS



7:名無しNIPPER
2017/01/10(火) 14:13:18.83 ID:pqQzyHrU0
 先に動いたのは千歌の方だった。シンプルな攻撃! いつもテレビで見ていた憧れのトレーナーもずっと、そうしていた!

曜「え、え!? ワニノコっ、右にかわして!」

 すかさず曜もワニノコに指示。曜の指示通りに動いたワニノコ。アチャモの片脚が空を裂く。
以下略 AAS



8:名無しNIPPER[saga]
2017/01/10(火) 14:16:01.55 ID:pqQzyHrU0
梨子(にらみつける……これでアチャモの防御力は落ちた。曜ちゃんが有利になったね)

 梨子が戦況を見つめる中、アチャモが飛び上がった。ひっかく、唯一の攻撃技を当てることでしか勝利は得られない!

曜(動きが少し鈍いっ! これなら!)
以下略 AAS



9:名無しNIPPER[saga]
2017/01/10(火) 14:17:01.67 ID:pqQzyHrU0
梨子「そこまで、曜ちゃんの勝ち」

千歌「ぅぅ、負けちゃったぁ……」

千歌「ごめんねアチャモ……大丈夫だった?」ナデナデ…
以下略 AAS



10:名無しNIPPER[saga]
2017/01/10(火) 14:18:35.27 ID:pqQzyHrU0
 梨子から見れば千歌は普通の初心者、という印象だった。そう、それ以上でもそれ以下でもない。

梨子(まあここから努力すれば……)


以下略 AAS



11:名無しNIPPER[sage saga]
2017/01/10(火) 14:20:21.47 ID:pqQzyHrU0
千歌「うんっ、こっちは田舎だからジムもないし……」

梨子「長旅になると思うけれど、応援してる」

曜「梨子ちゃんはしばらくこっちにいるの?」
以下略 AAS



12:名無しNIPPER
2017/01/10(火) 14:22:57.78 ID:pqQzyHrU0

◇――――◇

果南「お、ポケモンを持ってきて、ついに向こうに行くの?」

以下略 AAS



13:名無しNIPPER[saga]
2017/01/10(火) 14:23:55.10 ID:pqQzyHrU0
果南「――世の中には、信じられないくらい強いトレーナーがいる。自分の考えが全部ひっくり返されるくらい、そう、この世の者とは思えないくらいのね。でもね千歌、諦めちゃだめだよ。諦めたら、終わっちゃうからね」


千歌「……うんっ!」

以下略 AAS



14:名無しNIPPER
2017/01/10(火) 14:25:02.72 ID:pqQzyHrU0
◇――――◇

オトノキ地方 ゲンカンタウン


以下略 AAS



15:名無しNIPPER[saga]
2017/01/10(火) 14:26:00.61 ID:pqQzyHrU0
曜「でもでも、これでも田舎の方らしいよ? 私たち大丈夫かな……」

千歌「で、でも曜ちゃんは高飛びでカントーとかジョウトにも行ったりしてたじゃん! き、きっと平気だよ」

曜「う、うん、だといいんだけど」
以下略 AAS



16:名無しNIPPER[saga]
2017/01/10(火) 14:28:59.62 ID:pqQzyHrU0
 曜が恐る恐る尋ねると、受付のお姉さんはにこりと笑い、現在試合中です、とにこりと笑いながら、扉の方へと案内された。

千歌「試合って、ジムリーダーの人がですか?」

曜「ジムリーダーの試合が見られるんですか?」
以下略 AAS



17:名無しNIPPER[saga]
2017/01/10(火) 14:30:40.56 ID:pqQzyHrU0

 ぱち、ぱち、と瞬きを何度かする千歌の目線の先には、四角いポケモンバトル用のコートが広がっている。千歌達が入ってきた場所を頂点として、傾斜になっており、自然とバトルコートに視線が向くような作りになっていた。加えて辺りは薄暗く、しかしバトルコートは照明で照らされている。前の方に行けば行くほど人の波が形成されており、その異様な光景に、ふたりはぽかんと口を開けてしまう。


曜「なに、これ?」
以下略 AAS



18:名無しNIPPER
2017/01/10(火) 14:31:39.98 ID:pqQzyHrU0

 直後、エルフーンが力を解放。陰陽たる煌めきが頭上に出現、月の煌めきにも似た怪しい銀の光が、突進してきたゴーリキーのことを飲み込んだ。

 会場内に満ちていた銀の光が通常の照明に戻った頃には、ゴーリキーが地に伏していた。

以下略 AAS



19:名無しNIPPER
2017/01/10(火) 14:33:49.64 ID:pqQzyHrU0

◇――――◇

千歌「エキシビションマッチ、かぁ」

以下略 AAS



20:名無しNIPPER
2017/01/10(火) 14:35:32.04 ID:pqQzyHrU0
曜「ジムリーダーの矢澤にこって人は現役のアイドルなんだって。アイドルをしながら宣伝をすることで、ジムの経営を円滑にしてるんだね」


千歌「……難しいよ」

以下略 AAS



21:名無しNIPPER
2017/01/10(火) 14:36:49.06 ID:pqQzyHrU0

◇――――◇

三日後

以下略 AAS



107Res/107.25 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20
バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer. 【CEROレーティング「Z」】 (【数量限定特典】Survival Pack: Shotgun Set 同梱) - PS4



VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice