これから日記を書く 七冊目
1- 20
589:名無しNIPPER[sage]
2017/12/28(木) 23:03:27.89 ID:8ceo1ritO
年末最後まで乙です


590:名無しNIPPER[sage saga]
2017/12/30(土) 22:59:51.19 ID:0FWqdxk30
一騎当千の異形(一応、適応者なだけのムキムキマッチョマンのモンク一人は除く)


591: ◆e6bTV9S.2E[saga sage]
2017/12/31(日) 23:42:42.57 ID:Uz5X67DV0
>>588
忘年会無しで新年会やるかぁっていってて結局やるというね

>>589
年末までに区切りを作りたかったけどねぇ
以下略 AAS



592:名無しNIPPER[sage]
2018/01/01(月) 07:02:48.52 ID:JUILk7iA0
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いしま〜す!


593:名無しNIPPER[sage]
2018/01/02(火) 12:24:17.88 ID:z+pYIiId0
あけましておめでとうございます
今年も放浪者達の日常を楽しませてもらいます


594: ◆e6bTV9S.2E[saga sage]
2018/01/04(木) 03:09:14.48 ID:9tnW2YaV0
>>592
うん、よろしく

>>593
日常っていうとほのぼのなイメージあるよね
以下略 AAS



595: ◆e6bTV9S.2E[saga]
2018/01/11(木) 02:52:12.47 ID:wZdEaKX50
回収組とロッサもまた、工作班が最初に破壊したバリケードにて悪戦苦闘していた。こちらにも当然、ゾンビの群れが押し寄せていて、バリケードの確保を進める為、文字通り障害としていつも通り立ちふさがっている。

もちろん、それに対しての戦闘は主にロッサが行い、支援はフェイ。平山は破壊されたバリケードの整備及び再構成。人数の不足はどうしようもない、そして繰り返しになるが拠点に属する者に『何もしない』という選択肢はない。

「(く、想定以上にまだゾンビがいる…!)」
以下略 AAS



596: ◆e6bTV9S.2E[saga]
2018/01/11(木) 03:21:30.05 ID:wZdEaKX50
フェイの目には、建物の屋上の端にしゃがみこむジャンピングゾンビの姿が見えた。それは、猫科の動物のように飛びかかる姿勢を見せている。もちろん、それは特技の飛びかかりの予兆。

視線を向けた先、ジャンピングゾンビも同様に見ているその場所、平山はバリケードの設置を急ぐあまり、今置かれている状況を把握できていなかった。サイドブレーキを下した自動車を移動させて、今自分に攻撃が降りかかるとは露ほども思っていない。

それに気づいたフェイが声をあげ、同時にジャンピングゾンビが跳ねる。顔を上げる平山が見たのは、途中で顔がはじけ飛び、地面に落下したジャイアントゾンビと、反射的に上げた盾に付着した肉片。
以下略 AAS



597: ◆e6bTV9S.2E[saga sage]
2018/01/11(木) 03:27:27.29 ID:wZdEaKX50
ここまで。


自分の役割はこれを書き切ることなんだろうなと、何となく思う。
とりあえず、いろいろあった。それだけです。


598:名無しNIPPER[sage]
2018/01/11(木) 09:44:49.06 ID:0qA6ZX+20
新年から忙しいだろうという所に隙を見ての更新、ありがとうございます!
それにしても平山さん、ヤバいとこだったな


599:名無しNIPPER[sage]
2018/01/12(金) 00:19:01.26 ID:E19itHCX0
保安官キター!


600:名無しNIPPER[sage]
2018/01/13(土) 03:38:34.67 ID:IOvpopdn0
でも想定以上には居るらしいから、カバーしきれるのかどうか……


601: ◆e6bTV9S.2E[saga]
2018/01/14(日) 01:47:43.93 ID:pO+fsYIv0
井門と行商が合流した工作班は、勢いに乗り3つ目の破壊に成功する。これだけの脱出候補を用意すれば、工作班としての役目は果たしたと言っていい。バリケード破壊の報告の後、防御に向いた塀に囲まれた建物に入り、防衛態勢を維持したまま、全体的に小休止を取る。

工作班として考えられる行動は2つ。このままバリケード前に残り、そこに残存するゾンビを可能な限り処理すること。あるいは、バリケード内部に突入してパラノイア討伐に加勢する。

小休止をやっととれたという状態で、メンバーの消耗が激しいのは事実だ。ここまでのバリケード破壊をノンストップで行えた事自体が、強行軍という行動に他ならない。そう考えるならば、このままバリケード前に残る方が無難だ。
以下略 AAS



602: ◆e6bTV9S.2E[saga]
2018/01/14(日) 02:15:55.06 ID:pO+fsYIv0
「バリケード内部に突入します。危険も皆さんの消耗も承知していますが、パラノイアが持つ戦力、それを自由に使わせること、それが最も我々を危機へと導くと判断します」

「……。全員、持ってる武器のチェックを、10分後出発。でいいですか、山中さん」

えぇと、肯定を井門に彼女は返す。疲労の色は隠せはしないが、全員にこの決定へ関して不満や反対の様子は見えない。むしろそれが当然であるかのようにも見える。
以下略 AAS



603: ◆e6bTV9S.2E[saga]
2018/01/14(日) 02:50:49.32 ID:pO+fsYIv0
「もう少々だけお付き合いいたしますよぉ。もしお入りのものがございましたら、この間でお売りいたしますがいかがいたしますかぁ?」

「…やめとく、すでに高くついてそうだからな。わりぃが、そっちはそっちで身を守ってくれ。あんたらの戦い方は知らないからな」

身を護る術は心得ていると言って、社長は課長と平を連れて外へと出ていく。恐らく、愛用の装甲車で準備が必要なのだろうと考え、井門は特に止めなかった。問題は、どこまでその助力をこちらに押し付けてくるか。後々の交渉に悪影響がない事だけを、祈った。
以下略 AAS



604: ◆e6bTV9S.2E[saga sage]
2018/01/14(日) 02:55:07.03 ID:pO+fsYIv0
>>598
まぁ、いろいろとね。

ちょいと演出もありきのところもあるけどね。

以下略 AAS



605:名無しNIPPER[sage saga]
2018/01/14(日) 07:40:19.16 ID:526/UKkP0
乙!
バリケード内に入って、進もうかっちゅう所で離脱判定出たりしてw


606:名無しNIPPER[sage]
2018/01/14(日) 10:46:45.97 ID:QMkiT3+N0
中で彼らを待ち受けるのは……


607: ◆e6bTV9S.2E[saga sage]
2018/01/17(水) 00:29:57.92 ID:6Jw9H2Mx0
>>605
でちゃうやもねぇ

>>606
なんだろうな
以下略 AAS



608: ◆e6bTV9S.2E[saga]
2018/01/20(土) 15:55:50.44 ID:F7pWUeGA0
準備を整えた工作班はバリケード内部に突入を開始した。期せずして、拠点の勢力はほぼその場所へと集まっている。それぞれの班は、任務の進捗以外に詳しい状況の説明はしていない。にも拘らず、それは導かれているようにも思える。彼等に、そんな考えなど微塵もないだろう。

もちろんそんな状況を知らない工作班は、新たに向けられたゾンビの群れに対処しながら侵攻を続ける。前方は山中、林道。中央に井門、西切、エコー。その左側に行商の装甲車、右側にEVEが盾として配置。後方はジープを運転する佐田と、後方確認の一ノ瀬。残りの小間城、風虎、フェアリーは遊撃として動く。

内部に入ってからの攻撃は、バリケード破壊時よりも苛烈になっていくが、どこか手ぬるさも感じられた。言うならばそう、集中を欠いているような状況だ。
以下略 AAS



609: ◆e6bTV9S.2E[saga sage]
2018/01/20(土) 15:59:32.61 ID:F7pWUeGA0
短いけれど、ちょとおでかけでいったん中断。

勘がいい人ならわかるだろうけど、この後判定です。


609Res/433.71 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice