男「猫娘との生活」
1- 20
1: ◆TiKUvGS/sQ
2017/04/28(金) 19:44:39.63 ID:aRxApJLJO
本当に気まぐれだった

会社でミスをして怒られて

落ち込んでいる矢先に

今日は晴れですと言った天気予報に裏切られ、雨が降りだし

傘を持って無い中、早足で帰路につく

今日はツイテない

そんな日だったからなのか

ふと見つけた、衰弱してる猫を我が家に連れて帰った

男「何だお前、捨て猫か? ツイテないなぁ」

猫「ミャー」

男「そうかー、俺もさぁ今日はツイテなくてなぁ......そうだお前俺の話し相手になってくれよ?」

猫「......ミャー」

男「社会人四年目、独身一人暮らしちと寂しく思っていたんだ」

猫「ナウー」

男「悪いようにはしないからさ、んじゃ、お持ち帰りー」

猫「.........ミャー」


SSWiki : ss.vip2ch.com



2:名無しNIPPER[saga]
2017/04/28(金) 19:46:14.72 ID:aRxApJLJO
ーーーーーー
ーーーー
ーー

猫を拾った
以下略 AAS



3:名無しNIPPER
2017/04/28(金) 19:47:14.96 ID:aRxApJLJO
ーーーーーー
ーーーー
ーー

〜男の勤める会社 屋上〜
以下略 AAS



4:名無しNIPPER
2017/04/28(金) 19:48:00.38 ID:aRxApJLJO
後輩「お、OKじゃないですよ! 私先輩に自分のミスを......」

男「後輩ちゃんまだ1年目だろ? 失敗何ていっぱいある、俺も失敗ばっかりだったよ、まぁ仕事パートナーなんだからフォローさせてくれ」カチッ

後輩「でも私、何時も先輩に守ってもらって......」
以下略 AAS



5:名無しNIPPER
2017/04/28(金) 19:49:45.78 ID:aRxApJLJO
後輩「何か用事でも?」

男「最近捨て猫拾ってさ、ちょっと心配でね、だから食事はまたの機会で」

後輩「......分かりました、それでは先輩また明日、今日はありがとうございました」
以下略 AAS



6:名無しNIPPER
2017/04/28(金) 19:52:12.68 ID:aRxApJLJO
男の目が驚愕に見開く

「.........ぬ、ぬし!?」

男の目の前に居たのは猫ではなく、背中まで伸びた真っ白い髪に海のように透き通った青い双眸をした見た目十五、六歳程の美少女だった
以下略 AAS



7:名無しNIPPER
2017/04/28(金) 19:56:19.80 ID:aRxApJLJO
男「ただいま、鈴」

男の言葉に一瞬驚く彼女だったが、直ぐに満面の笑みを浮かべる

そして何時もの様に彼に擦り寄る
以下略 AAS



8:名無しNIPPER
2017/04/28(金) 20:01:21.09 ID:aRxApJLJO
続く、ネタあったら書いて頂けると嬉しいです
猫可愛い


9:名無しNIPPER[sage]
2017/04/28(金) 20:01:52.92 ID:C+J3H7xUo
つおつ
はつじょうき


10:名無しNIPPER[sage]
2017/04/28(金) 20:38:27.76 ID:apEOsIiYo
おつです
猫じゃらしで意地悪


11:名無しNIPPER[sage]
2017/04/29(土) 00:34:14.30 ID:CuAPlTmJ0
期待
マタタビと酒で乾杯


12:名無しNIPPER[sage]
2017/04/29(土) 04:26:24.27 ID:LCNAeESlO
とてもいい
休日に一緒にお昼寝とか


13:名無しNIPPER[sage]
2017/04/29(土) 12:31:33.63 ID:FDZ4oa+mo
嫌がるお風呂


14:名無しNIPPER[sage]
2017/04/29(土) 21:23:04.70 ID:GkqST6pAO
後輩と鈴蘭のハーレム


15: ◆TiKUvGS/sQ[saga]
2017/04/29(土) 21:42:36.86 ID:+8q3l8rTO
拾った猫が女の子になっていた

鈴「改めて言おう、我は主の飼い猫の鈴蘭じゃ、あの時は拾ってくれて感謝しておる」

男「あ、これはどうもご丁寧に」
以下略 AAS



16:名無しNIPPER
2017/04/29(土) 21:43:20.21 ID:+8q3l8rTO
鈴「いやいや、我に取っては男がご主人なんじゃからそう気負う事はない、今迄通り鈴と呼んではくれんかえ?」

男「わ、分かりま......」

鈴「敬語も必要ないぞ?」
以下略 AAS



17:名無しNIPPER
2017/04/29(土) 21:44:05.27 ID:+8q3l8rTO
上目遣いにお願いされ男はまた鈴の頭を撫で始める

鈴「それでじゃ、最初こそ人になる気は無かったんじゃが主と暮らしていく内にの......」

鈴「主の優しさが暖かくての、こんなの初めてじゃった嬉しかったんじゃ......恩返しに主に何か出来ないかと思ったんじゃ」
以下略 AAS



18:名無しNIPPER
2017/04/29(土) 21:52:54.74 ID:+8q3l8rTO
ーーーーーー
ーーーー
ーー

男は胸にすっぽり収まっている彼女を撫でながら、今日の夕飯はどうしようかと思案していると
以下略 AAS



19:名無しNIPPER
2017/04/29(土) 21:53:30.94 ID:+8q3l8rTO
ーーーーーー
ーーーー
ーー

鈴「さぁ、主よ召し上がれじゃあ!」
以下略 AAS



20:名無しNIPPER
2017/04/29(土) 21:54:31.89 ID:+8q3l8rTO
鈴の料理、それは想像絶する程に

男「う、ううう......」

鈴「主......? まさか口に」
以下略 AAS



21:名無しNIPPER
2017/04/29(土) 21:56:36.16 ID:+8q3l8rTO
男「さてと食器は俺が洗うよ」

鈴「ええぞ、主は寛いでくれ」

男「いやいやこんな美味い飯食わせて貰ったんだお礼しないと俺が納得出来ないよ」
以下略 AAS



157Res/80.96 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice