【ガルパン】梓「各校のリーダー論を学びにいきます!」
1- 20
1: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 20:59:23.87 ID:eeJxIamm0
梓「他校に見学……ですか?」

杏「そーそー、もう話は通してあるからさ。」

生徒会室に呼び出された梓は杏から他校へ見学を言い渡された。
突然の呼び出しに嫌な予感を感じていた梓だったが、それが外れたのか当たっているのかわからない内容に複雑な気持ちを抱いていた。

梓「それはわかりましたけど、よくそんなの他校が許してくれましたね。」

SSWiki : ss.vip2ch.com



2: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 20:59:57.93 ID:eeJxIamm0
杏「もちろんタダじゃないよ。代わりにウチも見学していいって条件でね。」

梓「えぇ!?大丈夫なんですか?」

杏「へーきへーき、ウチなんて見たって大したことないからさ。澤ちゃんが他校からいろんなことを学んできてくれればおつりが返ってくるくらいだよ。」
以下略 AAS



3: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:00:34.93 ID:eeJxIamm0
翌々日、梓はサンダーズ大学付属高校に来ていた。
事前に優花里から地図をもらっていた梓は迷わず目的地にたどり着くことができた。
扉の前で深呼吸し、小さく自分を鼓舞する。

梓「よし、勉強するぞ。頑張れ私!」
以下略 AAS



4: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:01:06.64 ID:eeJxIamm0
ケイ「ハーイ、ラビット!」

梓「ケイさん、本日はよろしくお願いします!」

ケイ「えぇ、よろしくね。ところでアンジーからは練習風景の見学って聞いてるけど、ラビットはなにが知りたい?」
以下略 AAS



5: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:01:33.18 ID:eeJxIamm0
ケイ「なるほど。ラビットは来年は副隊長、再来年は隊長になりそうだものね。」

梓「はい、西住隊長から副隊長をやってほしいと言われているんですが、具体的にどうしたらいいのかいまいちわからなくて……。」

ケイ「みほはなんて言ってるの?」
以下略 AAS



6: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:02:17.84 ID:eeJxIamm0
ケイ「ウチの場合は私が隊長、アリサが副隊長になるんだけど、私は基本的に指示出ししかしないわ。アリサが状況判断して、その場で作戦を考える。」

梓「それだとアリサさんが隊長みたいですね。」

ケイ「みほがそうだからそういう印象はあるかもね。でもトップが1人で決めちゃうと、その作戦がダメであってもそれに従うほかなくなるわ。」
以下略 AAS



7: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:03:12.02 ID:eeJxIamm0
ケイ「そういうこと!スピードは少し落ちちゃうけど、その分致命的なミスはなくなるわ。もちろんスピード感が求められる時は私が作戦を考えるわ。」

梓「なるほど。西住隊長がいるうちはいいですけど、私が隊長になったときはその方式にするかもしれません。」

ケイ「うん、他の隊長にも聞いてみて自分に合うやり方でやればいいと思うわ。」
以下略 AAS



8: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:03:40.89 ID:eeJxIamm0
ケイが他のメンバーが待つミーティングルームへ行き練習メニューを伝えると、早速 ケイが率いる紅チームとアリサが率いる白チームに分かれてブリーフィングが行われる。
しばらくすると全員が戦車に乗り込み、紅白戦が始まった。結果は紅チームの勝利。白チームにはサンダースのエースであるナオミがいたにも拘らず、だ。
一部始終を見聞きしていた梓は改めてケイの凄さを認識した。

ケイ「どうだった?ラビット。」
以下略 AAS



9: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:06:28.30 ID:eeJxIamm0
梓「凄かったです。ケイさんの判断スピードがものすごくて、常に先手を打ててたのが印象的でした。あと、紅チームの方が隊列がしっかりしていた?気がします。」

ケイ「ふんふん、同じように組んだチームなのに隊列がしっかりしてたのはどうしてだと思う?」

梓「えーと、わからないです……。指示が早い分余裕があるから、とかですか?」
以下略 AAS



10: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:07:22.27 ID:eeJxIamm0
ケイ「当然のことだけど、やる気があるのとないのとじゃあ同じ作業をしても細かい部分に違いがでてくるの。やる気を上げるには士気を上げる、つまりチームを盛り上げないといけないわけ。」

梓「あー、確かにケイさんは明るく指示を出してたり、励ましたりしてましたね。それが士気を上げる効果があるってことですよね?」

ケイ「それだけじゃないけど、それも要素の1つね。大事なのは普段の振る舞いよ。」
以下略 AAS



11: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:08:45.90 ID:eeJxIamm0
ケイ「梓、大丈夫よ。あなたはこれから成長できる。あなたはあなたのやり方を見つければいいわ。」

梓「ケイさん、今名前……。」

ケイ「ふふ、たまにはいいでしょ?」
以下略 AAS



12: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:10:09.64 ID:eeJxIamm0
梓「リーダー論、ですか?」

ケイ「えぇ、リーダー、つまり隊長とはどういう人で、どういう振る舞いをするべきかって話ね。」

梓「わぁ、凄く興味があります!」
以下略 AAS



13: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:11:04.70 ID:eeJxIamm0
次に梓が訪れたのはアンツィオ高校だ。
こちらもまた優花里にもらった地図を頼りに歩いていくと、ドゥーチェコールで盛り上がっている面々を見つけることができた。
中心の壇上でポーズを取っていたドゥーチェことアンチョビが梓に気づくと、壇上からピョンと飛び降り挨拶のキスをした。

アンチョビ「良く来たな、友人!今日は楽しんでいってくれ!」
以下略 AAS



14: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:12:23.42 ID:eeJxIamm0
アンチョビ「まぁそんなことは良いじゃないか!早速練習を見ていってくれ!なんだったら参加してもいいぞ!」

梓「見学で大丈夫です!それと、アンチョビさんに質問があるんです。」

アンチョビ「質問?なんでも聞いてくれ!」
以下略 AAS



15: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:13:08.27 ID:eeJxIamm0
ペパロニ「ドゥーチェみたいな人のことっス!」

カルパッチョ「ドゥーチェこそリーダーです!」

「「「ドゥーチェ!ドゥーチェ!ドゥーチェ!」」」
以下略 AAS



16: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:14:43.06 ID:eeJxIamm0
アンチョビ「さぁ、練習だ!全員配置につけ!お客様に恥ずかしいところを見せるなよ!」

全員が戦車に乗り込んだあとも梓が動けずにいると、アンチョビが近づいていき、声をかけた。

アンチョビ「こうなるまで大分時間がかかったよ。」
以下略 AAS



17: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:15:20.34 ID:eeJxIamm0
アンツィオの練習風景はそれはもう酷いものだった。
単調な訓練はすぐ投げ出し遊びだす、紅白戦をやらせても作戦は基本的になくただ闇雲に走り回り、酷いときには同じチームに攻撃することもあった。
まともに訓練が出来ていたのはカルパッチョのみと言っても過言ではないだろう。
この光景に梓は言葉を失い、アンチョビは深くため息をついた。

以下略 AAS



18: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:18:50.18 ID:eeJxIamm0
次に梓はプラウダ高校にやってきた。
こちらは受付に行くとカチューシャ、そしてノンナがすでに待機していた。
当然カチューシャは肩車されており、上から梓を出迎える。

カチューシャ「良く来たわね!この私が直々に出迎えてあげたんだから光栄に思いなさい!」
以下略 AAS



19: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:20:01.89 ID:eeJxIamm0
梓はミーティングルームに向かいながらやはり尋ねる。
その答えは全く想定外のものだった。

カチューシャ「リーダー論?そんなの考えたこともないわ。」

以下略 AAS



20: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:21:14.84 ID:eeJxIamm0
梓が諦めると同時に3人はミーティングルームに到着した。
すると先ほどまで賑やかだった室内がしんと静まり、全員がその場で直立する。
梓はその異様な光景に恐怖を覚え、プラウダ高校に来たことを後悔したのだった。

ノンナ「同志カチューシャ、本日の練習メニューをお願いします。」
以下略 AAS



21: ◆saI1ZNzQKuJn[saga]
2018/05/16(水) 21:21:47.99 ID:eeJxIamm0
梓の嫌な予感とは裏腹に、その練習自体はまともなものだった。
10輌の戦車で3輌の戦車を追いかけ、待ち伏せ、そして撃破する。これを何度もチームを変えて行った。
言うだけならば簡単だが、実際はもっと複雑だ。ウサギ側も攻撃は許可されているし、待ち伏せも読まれていてはろくに機能しない。綿密な作戦とそれを実行する能力、それがなければとてもじゃないが狩りはできないだろう。梓はこの光景に戦車道大会でプラウダと戦ったときのことを思い出した。

カチューシャ「今日1匹も狩れなかったチームはシベリア送り25ルーブルよ!」
以下略 AAS



52Res/29.01 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice