ヒーローとその姉(オリジナル百合)
1- 20
1: ◆/BueNLs5lw[sage]
2016/12/10(土) 21:27:01.91 ID:IKEcAqUy0
いつも以上に見切り発車です。それでも良ければ。




目の前に鬼がいた。
当時、小学4年生だった私にはそう見えた。
その鬼は私よりもうんと背が高くて、金切り声でキンキン叫んでいた。
鬼は、私よりも3つ上の女の子で、私と私の隣にいた鬼の弟の右頬を平手で殴って、
ついで、私を睨み付けた。

「ひろ君に、悪い事教えないで! 分かった?!」

私は泣きながら、もはや何を喋っているのか自分でも分からないくらい嗚咽を漏らしつつ、

「ごッ……な……さ……ィ」

と、何度も何度も謝った。
隣のひろ君(当時、小学1年生)もすりむいた頬をさらに真っ赤に照らし、私にしがみつきながら謝った。
私たちが何をしでかしたのかというと、放置自転車に二人乗りしただけだった。
今でも、あれのどこがいけなかったのか、と思い返すと腹立たしい。
冒険。冒険だ。ロマンだ。怪我だってするさ。
あのドキドキを彼女は理解しようとさえしなかった。堅物ってあんな感じなんだろう。
そして、それから、私は彼女と一切コンタクトを取らなくなった。
弟のひろ君とは今でも悪友である。
と、過去を遊覧していた私は、改めて現実を見直した。

「あ……お久しぶりです」

とびきりの余所行き声。
私は自分の顎がひくついたのが分かった。
目の前にいたのは、私よりも頭2つ分は小さい、子鬼だった。




2: ◆/BueNLs5lw[sage]
2016/12/10(土) 21:47:40.52 ID:IKEcAqUy0
おかしい。笑ってしまうくらいだ。
今の今まで、絶対に会わないようにしていたのに。
ひろ君から聞き出した情報によって、彼女と絶対に接触しない怪しげな裏路地を使ってきたのに。
いや、そもそもこれは本当に彼女だろうか。
だって、これは、あまりにも、
以下略 AAS



3: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/10(土) 23:09:57.85 ID:IKEcAqUy0
ちあきさんが吐いた溜息が頭上から降って来た。

「あの子は、ほんとに……」

私も、とばっちりを受ける前に立ち去りたい。
以下略 AAS



4: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/10(土) 23:26:38.07 ID:IKEcAqUy0
この規格で、なんて迫力。
目力が強い。おめめパッチリだし。
あと、真顔。
これ、最強。
私は立ち上がって、ふにゃっと笑ってその威嚇をやり過ごす。
以下略 AAS



5: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/10(土) 23:30:19.76 ID:IKEcAqUy0
眠いのでここまで



6:名無しNIPPER[sage]
2016/12/12(月) 00:35:31.23 ID:tLVv4llBo



7: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/13(火) 20:54:33.02 ID:JZ42mPM/O
しいて言うなら、ちあきさんのためでもあるけど。
それは私の口から話すことじゃない。

「知らないってば」

以下略 AAS



8: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/13(火) 21:14:17.02 ID:JZ42mPM/O
私も、ひろ君も、ちあきさんもみんな成長した。
だから、あの時ちあきさんが叱った理由もちゃんと分かってる。
それでも、私はあれから年上の女性がダメになった。
今日ちあきさんが目の前に現れたことで改めて確信に変わった。
彼女のせいだと。
以下略 AAS



9: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/13(火) 21:30:46.74 ID:JZ42mPM/O
「絵さん、この間美術の先生が怒ってたけど知ってる?」

「あ、はあ」

「白紙で出したって聞いたけど」
以下略 AAS



10: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/13(火) 21:43:38.76 ID:JZ42mPM/O
教室は楽園だった。
なにせ、全員が同い年だからだ。
何の気負いもしなくていい。

「幸せ」
以下略 AAS



11: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/13(火) 21:54:28.21 ID:JZ42mPM/O
「怖かったか?」

「怖かった」

桜田ちゃんはその脂肪で何もかもを包み込んでくれるのだ。
以下略 AAS



12: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/13(火) 22:19:32.56 ID:JZ42mPM/O
中学の時、担任もバレー部の部活の顧問も男性だった。
副担任とか副顧問とかは女性だったけど、ほとんど関わることはなかった。
それに、なんとなく怖いなあと感じるくらいで、そこまで確かな拒否反応があるけではなかったのだ。
けれど、高1になり同級生も別々の学校へ行くようになって、環境が大きく変わった。
私を守る見慣れた人間達がいなくなった。
以下略 AAS



13: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/13(火) 22:43:28.23 ID:JZ42mPM/O
「絵ちゃんの所に行ってない?」

「ううん、来てない」

「そっか……」
以下略 AAS



14: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/13(火) 22:53:45.45 ID:JZ42mPM/O
眠いので、今日はここまで


15:名無しNIPPER[sage]
2016/12/14(水) 07:15:52.34 ID:yZI//ts2o
おつ


16:名無しNIPPER[sage]
2016/12/14(水) 15:35:26.86 ID:cg2Wq4hFo



17: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/14(水) 23:51:36.87 ID:Xg6/2cmOO
守られてばかりのひろ君。ましてやまだ中学1年生。
心配になるのも当たり前なんだけど。それがひろ君の心を塞いでしまったなんて分かったら、ちあきさんは何を思うだろう。
正義と書いてひろなんて呼ばれる彼の思春期真っ盛りの心境を、家族の誰が理解できるのだろうか。
いつも家で一緒にいるちあきさんにはきっとわからない。
彼は今やアンチひろ君なのだ。
以下略 AAS



18: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/15(木) 00:10:40.29 ID:Jis5EZJHO
※上のレス訂正「そんなこと言っても無理だよ! 私ちあきさんの近くにいたら……いたら」

「いたら何?」

まるで小学生がお空はどうして青いのとでも聞くような無垢な表情――に見える所が憎い。
以下略 AAS



19: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/15(木) 00:14:26.45 ID:Jis5EZJHO
寝ます


20: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/15(木) 22:45:49.12 ID:JDLLcw/GO
言ってしまった。この後の関係性が悪くなると分かっているのに。
別に、親しくなろうともしてないけど。
桜田ちゃんが発破かけるから。
ちあきさんがキョトンとしている。
私は後悔と共にしゃがみ込んで頭を抱えた。
以下略 AAS



21: ◆/BueNLs5lw[saga]
2016/12/15(木) 23:01:06.50 ID:JDLLcw/GO
そんな風に思ってくれていたんだ。
あ――今ならいけるかも。
少し顔を上げる。

「ねえ」
以下略 AAS



130Res/69.98 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20
8BIT キラキラスターナイトDX - RIKI collection -



VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice