このスレッドは製作速報VIP(クリエイター)の過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪3冊目≫」【超電磁砲】 - 製作速報VIP(クリエイター) 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 00:17:52.27 ID:R89IVKso

 [ このスレなあに? ]
「とある魔術の禁書目録」及びその派生作品のSS投下用総合スレッドです。
2chは規制されている、スレを立てにくい、という方は当スレをご利用ください。

・お話の長さは問いません。
・未完成作品OK、投下中断もとりあえずはOK。ただし分割しすぎないこと。
・再開時には安価で前回投下したものを指定すること。
◆ 認知度アップのためにも 『age進行』 にご協力ください。 ◆

その他に感想や雑談、質問に相談、情報交換など、いろいろとお役立てください。


 [ 前スレ ]
 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/

 [ 小萌センセーとのおやくそく ]
・投下する時は、名前欄にタイトルを入れるとわかりやすくなるのです。
・新刊のネタバレ解禁時間に注意してくださいー。発売日の翌日からなのですよー。
・ここは多人数の書き手で進行するスレですから、安価作品は控えてくださいねー?
・毎月中旬になると繋がらなくなりますが、数日で戻るはずなので大丈夫なのです。
・変な人にはついていっちゃ駄目なのですよー。


 [ その他ルール ]
>>980を踏んだ人は次スレを立ててください。無理なら再安価を。
>>20の人は下記のスレにて『前スレのHTML化依頼』を出してください。

 HTML化依頼スレ Part1
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1190564438/

 [ その他注意 ]
この板では、一部の単語にフィルターがかかっています。
メール欄に半角で『saga』(←sageじゃない)と入れると解除できます。
下記のスレで該当する単語などの詳細が確認できます。

 パー速機能覚書・テスト
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1265103855/
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、この製作速報VIP(クリエイター)板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

女「ホントの気持ち」 @ 2017/06/28(水) 05:14:43.10 ID:mFCm/vGF0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498594482/

【艦これ】秋雲「百合ってのが流行ってるらしい」 @ 2017/06/28(水) 01:17:56.21 ID:PWGqEx740
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498580275/

道明寺歌鈴「温かなこの想いを抱きしめて」 @ 2017/06/28(水) 00:51:06.74 ID:meLuFPYDo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498578666/

海未ちゃんミニ四駆SS @ 2017/06/28(水) 00:41:56.59 ID:iJzY/lRUO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498578116/

テースートー @ 2017/06/27(火) 23:48:30.53 ID:qyaIX2GT0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/zikken/1498574910/

工藤忍「雨の日はきっといい天気」 @ 2017/06/27(火) 23:35:26.51 ID:CaFnffweo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498574126/

八幡「2年F組 比企谷大佐だ」 @ 2017/06/27(火) 23:32:30.15 ID:3f9OGklH0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498573949/

読書とドールの時間じゃけんねー(ですよー) @ 2017/06/27(火) 23:19:52.40 ID:zLnVImjoo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1498573192/

2 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 00:18:24.67 ID:DkDruHQ0
スレ立て乙
3 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 00:18:35.90 ID:R89IVKso

 [ 誘導 ]

■スレ紹介など。
 お勧めの禁書・超電磁砲SSを教えろください
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1268046166/

■総合スレ前身スレ。主に雑談。
 上条「スクリプトだぁ?」
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1269521399/

■禁書SSへの愚痴や批判など。
 最近、禁書スレ多いよね
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1270609613/


■SSに関するスレッド。

 中身を書く気はないけど頭に浮かんだスレタイを書くスレ
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1268503332/

 SS製作者総合スレ
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1273501432/


 [ 関連リンク ]

 とある魔術の禁書目録 Index@wiki
 http://www12.atwiki.jp/index-index/

 自分用まとめ ◆「とある総合スレ」カテゴリー
 http://asagikk.blog113.fc2.com/blog-category-11.html
4 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 00:23:09.31 ID:9FDYcgMo
>>1乙なんだよ! そろそろヒロインが誰か思い出してほしいかも!
5 :kari :2010/05/13(木) 00:25:16.14 ID:4eSAiMAO
◆自分用-総合スレ
http://asagikk.blog113.fc2.com/blog-category-11.html
◆自分用-禁書
http://asagikk.blog113.fc2.com/blog-category-2.html
◆2書館
http://2syokan.blog.shinobi.jp/Category/5/
◆ぷん太
http://punpunpun.blog107.fc2.com/?all#4
◆のくす牧場
http://sea-mew.jp/nox/modules/webarc/2ch/ss/
6 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [kari]:2010/05/13(木) 00:26:02.51 ID:4eSAiMAO
検索-自分用
http://www.google.co.jp/m?ie=Shift_JIS&q=site%3aasagikk.blog113.fc2.com
検索-2書館
http://www.google.co.jp/m?ie=Shift_JIS&q=site%3a2syokan.blog.shinobi.jp
検索-ぷんた
http://www.google.co.jp/m?ie=Shift_JIS&q=site%3ahttp%3a%2f%2fpunpunpun.blog107.fc2.com
7 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 00:26:42.57 ID:qB76Z8Mo
グッジョブです、と同時に>>1乙です、とミサカは>>1を褒め称えます。
8 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 00:26:49.88 ID:BxvhrLY0
                      -―――- 、
  \  魚沼産コシヒカリ    __ /        '⌒ト、          /
    \      1200%の ( ノ              ノ ヽ        /
      \.銀シャリハマダカイ?├ー─────〈     `、     /
        \.          |         │      !  <フ./
         \        ,L__\____.∠ _,ト、      \ /   ---- ..       、_ノ ー‐ ´
           \       {从lx=ミl/ ヽx==ミ、:\    /           ミ 、     }      |
             \  tュ   /:ハ{!トハ    ト心ハ : :\  , ‐   ___       \  _ノ       ヽ
              \.  /:/ i}弋フ    V)フ ヽ: ./‐ ¨¨ ̄     ` ヽ     \}   朝    \_
. トウマ.ゴハン ,. -―- 、 \/:∧人"  △    ""ィ./                  l    ノ   ご      /
.. マダー?  /  fニニi !   \     ∧∧∧∧∧/|     ______    {   ヽ   は     /
☆チン   〃/ ,仏ィ'ハヽゝ    \ <      >  } {_,. < : :,イ:/ :{ :ヽ ヽ:_ ̄:`\  l   ん      i
ヽ___\ん心!l ゚∀゚ノ!l ゝ    <        > ;ィ :/\/ハ :ト斗七:\、 : : :` ーz.ノ    は    _{
 \_/  ⊂ ⊂_).      <  予  新 > {: :/:ム=ミ|:l{  ト{ >竺ミ ヽトミ丁 ̄ヽ       /
―――――――――――――<     ス >{ハ/〃f心ハ.     f_,心.ヽ }ヽ{从   }  !? /
.         ___  rice is   <  感  レ  > ハ {{ 辷リ     辷ツ }小 |ヽ:|ヽ /⌒ヽ, -┘
  (_)  /、____\   my life<.  ! ! の  > フ} xxx  '    xxx. u |: :|'ノ {: :\     ヽ
  l|  / |::::::::::::::::::::::| 〉     ,'<       >、.   U   ---- ‐ 、    {: :{ヽ :ヽ: : :\    \
 r‐'、_ノ 厶:-v、‐:v=イゝ xく)   /  ∨∨∨∨∨/\ .   {       }    人∧: \:\: : ヽ、    \
. T⌒\ |:l '⌒  ⌒Yレく:::∧ ./.. /_.. ィ7T.フ厂 ̄`フ \  . ヽ   ノ . イ}ヽ: ヽ:ヽ : ヽ :ヽ  }ヽ
.. |::::::::/ 从" 「  フ ノ:|  }::::::〉/x  !  ̄フ/l/_×// |ハ \   し;'´   /: :〉ー}: }、: : :: : : : |
  \/  }:}>rz< }:! __j// .   |  /|,イ._T_i`   .r≦l. \  ,¨彡': : : :/  |: |' ヽ l : :{: :ヽ
   /V:\_i/ V|V j丁\ /     |  | |'弋..!ノ     i'+!l | \  : : :/  /} :|  } ト: :}: : : \
.  ∨レヘ:八 /::∧ {:ノ/ /.`!   /   l |' ' '  ,‐- ..__゙ー' .!l .| 日\
      /  /::∧:ヘ ∨ . /  ! ./   .,!l .ト、  l  `,!   .ハ.! なら.\
.     /  /::/  '::::. '. /\ `テヽ、 /_,| |l: > .ヽ.. ィ <l   l| 米を喰\
9 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 00:30:30.08 ID:fommeDko
        . .-‐: : :‐: -. .、
      /: : : : : : : :.{: : : :ハヽ、
     /: : : : : : : : : : |: |: :.|ハ: : !、
    /: : : : : : : : : : : :|:/!/:!: |: リ:!:ヽ
.   /: :|: : : : : : : :.|: : :{ ≧メ、{:/:/!:! ヽ
  /l: ミ{: : : : : : : : `、:.ヾィッ`ヽ /!从ヽ|
 / |: :ヽ: : : : : : : : : ヽ:!     ヽ:ヾリ   
./ /!: !: :\: : 、: : : : : : |、    '/!: ヽ
{、/:/!:|: : : ヽ: :ヽ: : : 、: : :', ヽ--‐ i: : : :\    乙はする必要ない、俺様がしなくても誰かがするのだから、
 >''、乂:|: :、:\: : 、: :ヽ :、: \   i: :、:ヽ: :.ヽ   わざわざ俺様が手を下す必要はない。
/    ヾi: : 〉: ):}: )ヽ:ヽ:\:、:>': ヽ:.i!、}: : :|
      )'/:レ"" 、ヾ〉ヽ.!: }: :.\:|ヽ:!i !:.|: |
    /___    \  |:/:!、: : :.| |:i |:!|: !
    /::::::::::::::::ヽ、'"  \ .∧ ∨'" /リ /' レ'
  /::/:::::::::::\::ヽ / / ヽ ∧
 /::/::::::::::::、::::ヽ:ヽ:!::\ / ,ヽ ハ
 |/::::::::::::::::::ヽ:__:::::|:::|::::`ヽ、/ヽ{.ヽ
 | :::::::::;__/ヽ.{  \::/::::::::::::::\ヽ |
 i::/:/ ∨、.∨ゝ-':::::::::::::::::::::::::ヽ|:〉
.//:/ ! ∨ヽ、} 、::::::::::::::::::::::::::::::<ヽ
|/::{  .i!、_∨    `''' ― 、::::::::::::l:::|`\
{:::∧ ∨、__}-- '" ̄` ‐‐"::::::::::::!:/\ \
ゝ―\ \'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!,'  ヽ   >
    ゝ-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}'     X´
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     /  \
10 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 00:34:16.75 ID:fommeDko
`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ: : : : : z-‐'"∧: {: : :!: : : :ヽ: :ハ三: . : . : . : . : __: . : . : ミヽ 、、: . ヾ: . :!
 }:::::::::::::::::-‐=‐--‐=‐.::::::} : :_: メ      ,,X‐-:、: \: :ヽ: :|=: . : . : . / ‐'!|ミミミ;/ ,ィ/ ヾ: | :ヾ:.}
  {.........::-‐===‐--‐.:::::::ハ: ィ'´       _, \: :\:.ヽ: ヽ:!ニ: . : . : { , 、 '/.|ミミ/  "` 、 ヾ!: . :!
 ,.〉....::::::::::::::::`ヽ:::::::::::i{::::::::}"=====r‐‐‐、,, \、: : ヽ: }:!ミ: . : . : | y-' ヾ"    ,ヽ、!  |: ./
∧/.:::::, -‐==ミソ.::ノ::::ル≦ノ       {乂. O ヾ \: : !:}:!三: . : ._,'          {ο}| j /"   カッコイー! 一皮剥けやがって
::-‐彡 -―┐:::::::::ーァ.:厶リ          乂 ` ‐' /_,〉、i:/  彡 〈    ,、    `´ "..:/      惚れちゃいそーだぜ>>1乙……!
:::::::::::::::::__.::}:::、こ二Yrリ/          ` -ィ―{~o )'__イ::、./ ト、   {.ヽ、  _  |'"
::ー=f´(rリ ノ.:::::/`ヽ:::ー'{               {ヽィ'`ヽヽ:::ヽ、i ヽ   ヾ, \ "_,l     プッ、ギャッハハハハハ!
::::::::::`フフ´::::::/   |:::トリ    イ、_        、  `> ヽ `ヽ:::!:ハ      ヽ \ソ/      良く立てたじゃねえかー お利口さぁンwwwwww
:::::::`ヽ._,ノ::ノ   |:::|/!.       ヽ- 二 =‐- 、  /} \ヽ !::ヽ|  \    ,/
:::::::::::::::::::厶(_   {::::|\       ∧‐、-x:::> 、ツ /       i!: : i  / ヽ-'    スレを立てるのに>>1乙はつきものだ
‐ァ==ニ´.:::::::::::::`ー-ァ′:\       ヽ、_ヾゝ:::/ / -‐- 、. 、||: : | '"|: : : ヽ     君には今後も期待しているからネェ?
「(::::::::::::::::::::::::::::::::し:::}::::::::::::\      ヽ`ーY//     \\: : |ヽ,|: : : : :ヽ
:::::`::ー-=  :::::___::.ィ′:::::::::::::::::::ヽ,    ̄/         \\|::::::i: : : : :_ハ
:::::::::::::::`::ー―=彡:ノ  ∨:::::::::::::::::::| > 、/: !            \\::!: : / ヽ`
11 :ある昼下がり 0/4 :2010/05/13(木) 00:55:51.07 ID:mk81L76o
>>1乙!

そして4レスほど借りますね
12 :ある昼下がり 1/4 :2010/05/13(木) 00:56:41.75 ID:mk81L76o
「暇ですねぇ……」

女はそうぼやき、カウンターで頬杖を付きこちらを覗き込む。
彼女の座る隣の椅子には黒いエプロンが几帳面に畳まれており、
エプロンの端には白い糸で店の名前と珈琲カップが刺繍されている。

「いいのか? 店の主がそンなにだらけてて」

髪も肌も真っ白な男は呆れたように問いかける。
その手には洗ったばかりのカップがおさまっており、
優しくそれを布巾で包み込み水滴をふき取っていく手際はまさに慣れたものだ。

「お客さんいませんから今は昼休みなんです。それにこんな暖かいんだからちょっとくらいのんびりしても罰は当たらないと思いますよ?」

どういう理屈なのか分からないが、そう言い放つこの店の主の佐天涙子は自信満々の表情を浮かべている。
この佐天涙子とはそういう人間なのだ。
本人は知らないだろうが、この店にやってくる常連客のほとんどは
そんな気さくでマイペースで明るく、ときに見せる危なっかしいマスター目当てだったりする。

先ほどからカップを手際よく拭いている一方通行もそんな客の一人だ。
暇さえあれば喫茶店に顔を出しカウンター席で珈琲をすするのが日課となっている。

ただし、今ばかりはそんな立場がまったく逆になっている。
佐天涙子はカウンター席に腕を組んで突っ伏したまま一方通行を眺め、その一方通行はカウンター内で洗物に勤しんでおり、
首からは黒のエプロンが下げられている。

もちろんそのエプロンの裾の端のほうには白い糸で店の名前と珈琲カップの刺繍入りだ。
13 :ある昼下がり 2/4 :2010/05/13(木) 00:58:02.24 ID:mk81L76o
「確かに今日はあったけェな」

「あはは、ちょっと顔緩んでますよ。というか、むしろ少し暑いくらいですよね」

確かにまだ春先だというのに、窓から人の行き来を除いてみるとすでにかなり薄着の人も目立つ。
太陽はまだほぼ真上に輝いているため窓から店内をまぶしく照らすほどの光は入って来ていないが、
窓付近に位置するテーブルはだいぶ暖かく眠りを誘うスペースとなっていることだろう。
特に、すでに瞼が重力といい勝負を始めているマスター辺りはいちころで夢の世界へと旅立てるはずだ。

「だったらアイスコーヒーでもいれてやろうか?」

いいんですか? と、佐天は体を起こし若干重そうな瞼と戦いながらも首をかしげるようにして確認する。
すると、一方通行は慣れた手つきでドリッパーにペーパーフィルターと少し粗めに挽いた粉を手際よくセットし、
火に掛けてあったやかんからドリップポットへとお湯を入れ替えていく。

「すっかり手馴れたもんですね。これじゃぁもう教えること何もないかな」

「……おだてても何もでねェぞ」

コポポポッ、と小気味のいい音を立ててポットからフィルターの上に敷かれた粉へとお湯が注がれる。
全体を蒸らす程度にお湯を注ぎ終わると豆のいい香りのする湯気がカウンター周辺へと広がっていく。

佐天はその匂いごと空気を大きく吸い込むと、再びカウンターに伏せて悪戯っぽい笑顔で一方通行を見上げる。

「おだてた訳じゃないですけど、そりゃ残念です」

「ッ…あンまり年上をからかうンじゃねェよ」

一方通行はそう言いながら豆の膨らみ具合を確認するために視線を下に落とす。
あくまで不意に向けられた笑顔からついつい視線をそらしたわけではない。断じてそうではない。
14 :ある昼下がり 3/4 :2010/05/13(木) 00:58:56.92 ID:mk81L76o
(しかしまァ、確かに最近はだいぶ飲めたもンにはなってきたか)

一方通行が喫茶店の仕事を手伝うようになったのはつい三週間ほど前からだ。
といっても、手伝い自体は洗い物やテーブルを拭いたりなどの雑用が主なのだが、
こうやって少しでも暇な時間が出来ると佐天は一方通行に珈琲の淹れ方を教えてくれた。

そのかいあってか、今では一方通行は珈琲や紅茶など店で出しているものならある程度作れるようになった。
といっても、本人はまだまだ佐天の作るものと比べるとまだまだだといって出来に納得していないのだが。

(ん? そろそろいいか?)

豆が十分膨らんだことを確認すると、ドリップポットを手に取り再びお湯を注いでいく。
ポットからこぼれ出たお湯が珈琲色に染まりサーバーへと溜まっていく。
その溜まっていく液体を見ながら初めて自分で淹れたコーヒーを思い出しわずかに苦笑をもらす。
缶珈琲好きを自負していても自分ではインスタント珈琲すら淹れたことのなかった彼にとって、
この店で佐天に教えてもらいながら淹れた珈琲は文字通り人生となるものだった。

結果はいわずもがな。
教えてもらいながらとはいえ素人が豆から珈琲を淹れるということがそれほど簡単なわけもなく、
炒りすぎた豆に抽出しすぎなどいろいろあいまって、文字通り二人して苦い顔を浮かべるはめとなってしまった。
15 :ある昼下がり 4/4 :2010/05/13(木) 01:01:39.24 ID:mk81L76o
そんな一方通行も今ではマスターが認めるほどの腕前と成長している。
適量の抽出し終えるとサーバーからドリッパーをはずし氷をそこに投げ込む。
そうやって急激に冷やすことによって香りが珈琲の中に残るらしいというのは佐天の受け売りだ。

あとはこれを薄め、氷の入ったグラスに注げば完成となる。

「―――ン、よし、こンなもンだろ。ところでシュガーシロップはどうす―――って、寝ちまったか」

すっかり夢中になって気づかなかったが、カウンターに目をやると先ほどと同じようにそこに突っ伏した格好のまま寝ている店主の姿があった。

「営業中だってのに、分かってンのかねェこのマスターさンはよォ……」

せっかく淹れたのだからと、アイスコーヒーをシュガーシロップを添えて佐天の横に置きながら一方通行は窓の外に目をやる。

確かにこんなに暖かい日だ。
お客が来れば起こしてやればいい、最悪自分が対応すれば問題ない。
だからもう少しこのままにしておいてもいいだろう。

だってこんなに暖かい日だ。


―――こんな暖かいんだからちょっとくらいのんびりしても罰は当たらない。


おわり
16 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 01:02:11.20 ID:mk81L76o
かなり短いですがこんな感じで。
お粗末さまでした
17 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 01:04:46.87 ID:DYoEdqQ0
乙乙!!
ぐああマスター可愛いです
18 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 01:05:33.06 ID:4eSAiMAO
喫茶サテンの人かwwまったりとした空気がいいね
超乙
19 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 01:06:11.01 ID:eHQdkJc0
おお、いきなり作品投下が…改めて>>1乙だよ!

>>16
雰囲気出てるねえ。ほっこりしたわ
20 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 01:06:22.29 ID:R89IVKso
乙だぜい。空気が素晴らしい。
つかこんな時間に喫茶店が読めるとは思わなかった。
21 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 01:06:30.73 ID:1nquzkDO
>>16
乙。そして前スレ1000ナイスすぎ。さっき麻雀需要あるかな?って聞いた者だが書けたので俺も投下する
22 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [とある能力者達の闘牌]:2010/05/13(木) 01:08:03.71 ID:1nquzkDO
ある少年が居た、その少年の名は一方通行。学園都市に七人しかいない麻雀力Lv.5の頂点。そして、Lv.6に唯一なれる者と言われている。その方法は学園都市第三位、御坂美琴の闘牌用クローン妹達二万人と二万回闘牌し勝利することである。

そんな中、御坂美琴は、その実験を止めるべく一人の少年と闘牌上に向かっていた。

一方通行「くかかか、おいおいもう二人も飛ンじまったぜェ」

一方通行「まァ、そンなにはやく終わると暇でしかたがないから最後の一人が飛ぶまで終わらねェけどなァ」

ミサカ妹「……っ」

バンッっと扉が勢いよく開く

一方通行「おいおいおいおい、大事な闘牌中なンですけどォ?」

上条「だまれ!」

そう言い上条はハコ下に飛び気絶したミサカ妹をそっと地面に横たわらせる。
23 :とある能力者達の闘牌 :2010/05/13(木) 01:09:13.02 ID:1nquzkDO
上条「かわりに、俺達が打つ」

一方通行「ぎゃは、いいぜェおもしろいじゃねェか!」

一方通行「ルールは、お前ら対俺の三対一、飛ンだ奴がいても終局しないで、ソイツはツモギリのみで、闘牌は続行する他は一般的なルールと思ってくれりゃあ良い」

美琴上条「わかった」

一方通行「よし、じゃあ愉快に闘牌開始だァ」

親は美琴、妹、一方通行、上条の順番

一方通行(ハハッ、俺は全自動卓でも、ベクトル操作で積み込みし放題なンだよ!)

しかし、一方通行の配牌は悪くないとは良い積み込みしたとは思えないほどバラバラだった。

一方通行(なンだァ?もしかして、コイツらのどちらかが?いやそれはないもし能力だったら反射が働いているはず……マァ、こンな三下共に積み込みを使うまでもないか)
24 :とある能力者達の闘牌 :2010/05/13(木) 01:10:36.90 ID:1nquzkDO
闘牌は進んでいき、ミサカは先ほどの闘牌で疲れがたまっていたのか、飛ばされはしないものの、意識が飛びツモギリマシーンと化していた。

そして、一方通行の親

一方通行「くかかか、なかなかやるじゃねェか三下ァ!だがこれで終わりだ!」

一方通行「緑の牌を圧縮、あっしゅくゥ」

美琴「あれは、緑一色!しかも、あの気配、ただの緑一色じゃない、最強の緑【緑一色・四暗刻】W役満!!」

上条「……くっ」

一方通行「ハッ!テンパったぜェ」

美琴「このままじゃ、上がられたら全員飛んじゃう。起きて!お願いあなたに直撃したら私たちまで飛んじゃう!」

美琴は意識を失っているミサカにそう声をかける。

一方通行「もう、そろそろ来そうだなァ!」バシッ!

そこで、ミサカが目を覚ます。

ミサカ「すいませんでした。とミサカはそう言いながら牌を切ります」

上条「ロンだ!!」

一方通行「なにっ!」

一方通行「お前らは、そンなにスクラップにされてェみたいだなァ!!」
25 :とある能力者達の闘牌 :2010/05/13(木) 01:11:57.58 ID:1nquzkDO
上条「黙れよ三下!これでオーラス俺の親だ」

上条はそう挑発するが、彼の牌牌はほとんどがくず牌、今の上がりもミサカの援護があったからだ。

一方通行「おいおい、でかい口叩いた割にくず牌ばかりじゃねェか!降りる時の為に抱えてなくて良いのかァ?」

上条「なんとでも言ってろよ!三下!」

一方通行「リーチだァ!!」バシッ

美琴「くっ!」バシ

ミサカ「ここは、なんとしても上がられてはいけませんね。とミサカは安牌を切ります」パシッ

上条「」バシッ

一方通行「なンだァ?もう言葉もでねェか?チッくずかよ」バシッ

その時、一方通行が捨てた牌は南

上条「ロン!!」

一方通行「……っ!」

上条「聞け最強、あのなたしかに最弱は最強に勝てねえよ、でもなその最弱〈くず牌〉も集まれば最強にだってなれんだよ!!」

上条「歯ぁくいしばれ最強〈最弱〉、俺の最弱〈役満〉はちっとばっか響くぞぉおお!」

上条「ロン!国士無双・十三面待ち!!!」
一方通行「グァアアアアア!!!」
26 :とある能力者達の闘牌 :2010/05/13(木) 01:12:50.30 ID:1nquzkDO
とある病室

上条「ミサカはこれからどうなるんだ?」

美琴「調整を受けてこれからは娯楽用に世界各地に闘牌マシーンとして配置されるらしいわ」

上条「マシーンってとこが気になるが、まぁ良かったな」

禁書「とうまー、闘牌しよっ!」

上条「えっ!上条さんまだ入院中なんですが?」

禁書「点失っても身体に影響しない雀卓を使うから入院中でも大丈夫なんだよ。私の完全記憶能力によるガン牌はとうまも破れないんだよ」

美琴「じゃあ、私も参加するわ!」

冥土返し「おやおや、楽しそうな事をしているじゃないか?丁度一人足りないようだし私も混ぜてもらおうかな?」

数分後

美琴「あんた、もうすぐで飛んじゃうわよー」

禁書「とうまはいざという時でないと本当に弱いんだから、短髪はもう少し手加減してあげないと駄目なんだよ」

美琴「コイツなんかに手加減なんてしてやるもんか」

冥土返し「ふふっ、久しぶりに荒稼ぎさせてもらおうかな?」

上条「不幸だー」

終わり
27 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 01:16:12.25 ID:mk81L76o
乙!

娯楽用闘牌マシーンってハッピーエンドじゃないだろこれwwwwww
28 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 01:16:52.95 ID:1nquzkDO
若干話は考えてたものの三十分ぐらいで書いた即興品なので品質は微妙かもしれんが読んでくれてありがとうございます。
他にも、あわき対黒子とかミサカ妹コンビと誰かとかやってみたかったけど、それだと長くなりそうなので止めました。もしその辺も書いたら投下するかもしれんのでそん時はよろしくです。
29 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 01:16:59.03 ID:w1OLiqUo
もちろん負けたら脱ぐんでしょ?
30 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 01:20:04.08 ID:1nquzkDO
>>27
いや、でも一方さんと闘牌して負けたら一応死ぬんで(無駄ヅモ的な感じで)、それよりはましだろ?たとえ脱がされてもな……
31 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 01:21:40.90 ID:mk81L76o
>>30
確かにww
ちょっと全国回って闘牌してくる
32 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 01:25:26.80 ID:FFC76pU0
御当地闘牌ミサカですね。わかります。
33 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 01:25:55.46 ID:0v6/oako
牌を圧縮って一方さん何やってるんすかww
34 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 01:29:33.07 ID:DkDruHQ0
おっ牌を圧縮!
35 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 03:03:21.10 ID:yUxFv2AO
前スレのようつべ麻雀、今見たけど面白えww
36 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 09:24:17.60 ID:BxvhrLY0

どうせならライジングサンって書けばよかったのに
37 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 09:27:19.01 ID:1WlFWgSO
そろそろお姉様ラブ!な19650号とか出て来てもいいと思うんだ…誰か書ける人いたらお願いしますホントマジで!

黒子との最強タッグで徐々に追い詰められていく美琴…でもエロは無しで。ってもう出てる?
38 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 13:42:02.37 ID:7GbBMgDO
ここは注意書きすれは何でもおk?
39 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 13:44:33.40 ID:fommeDko
OKなんじゃね?
40 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 13:46:15.74 ID:7GbBMgDO
>>39

内容が昼ドラだからどうしようかなと・・・
41 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 14:01:53.25 ID:fommeDko
昼ドラっていうとドロドロかな?
ドロドロ展開注意とか書いとけば大丈夫だと思うな
42 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 14:04:41.15 ID:W0Io2yEo
ドロドロとか・・・大好物です
43 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 14:06:01.93 ID:7GbBMgDO
>>41

泥棒猫的な内容。

問題なければ明日の13時半頃に投下します。
44 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 14:13:29.45 ID:vg24WSQo
最近vipのノリで立てる奴多くね?
45 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 14:24:05.24 ID:e9LWi.DO
それだけこっちに流れてきてるンだろうな
どうにかならンかね
46 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 14:32:50.68 ID:vg24WSQo
あっちですぐスレストするから流れてくるのかな
47 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 17:45:29.00 ID:y2UOLuo0
スレストのせいだろうな。
終わったらスパッとhtml化してくれりゃいいんだが
48 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 18:09:34.33 ID:P1f8DQSO
(´・ω・)ミサカ弁難しい……
49 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 19:10:39.81 ID:yUxFv2AO
可愛らしく感じられる記号の並びですね。
真似しても良いですかと、ミサカは許可を得る前にカスタマイズし使用を開始します(`・ω・´)
50 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 19:29:23.90 ID:7j9Fc2DO
ミサカたちの話し方って変わってるのかな? ってミサカはミサカは皆に指摘されて改めて我にかえってみたりっ!
51 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 19:47:35.40 ID:q0aJYuEo
1000 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/13(木) 00:33:31.99 ID:qAFMkIEo
>>1000だったら禁書2期スタート
52 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 20:19:04.56 ID:borkBIDO
実際二期はどうなんだろう?
可能性としては9月12月3月あたりかなあ
情報がないから希望的観測だけど
53 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 20:20:22.09 ID:yUxFv2AO
>>48
適当に説明文っぽく単語並べていけばそれっぽくはなるっしょ。
転載だけどこれ役立つかも(類語辞典)
http://p01.fileseek.net/cgi-bin/p.cgi?uR=http%3A%2F%2Fthesaurus.weblio.jp%2Fcontent%2F%25E9%259B%25A3%25E3%2581%2597%25E3%2581%2584&sZ=
あとはここの上手いSSと原作読んで癖を掴む。
打ち止めは+感情表現の豊かさだね。
54 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 20:52:57.84 ID:7GbBMgDO
vipみたく行数制限どのくらいあるのか教えてください。
55 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 20:53:29.01 ID:lAJsr.Io
たしか50行
56 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 20:55:52.59 ID:7GbBMgDO
>>55

ありがとう
57 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 21:44:59.41 ID:ZdI1VuY0
めちゃくちゃ遅いけど、前スレで自分のスレがネタに使われてて吹いた。
んでテンションマックスになった。ありがとな!
58 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 21:49:00.34 ID:4eSAiMAO
二期と言っても7〜12巻あたりの魔術サイドの話はあまり需要がなさそう
59 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 21:55:18.97 ID:9FDYcgMo
アニェーゼと聞いて飛んできました
60 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 21:56:03.54 ID:sk6AKUDO
お仲間なんだから立て逃げ禁書厨なんとかしろよ
61 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 21:59:43.19 ID:4eSAiMAO
>>60
具体的にどうしろと?
62 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:01:23.25 ID:lAJsr.Io
一応そういうのの抑止力としての総合スレなんだが
それでもスレ立ててるのはVIPのノリそのまま持ち込んでるようなのとか
ほんとにただの荒らしみたいなのだからこのスレの存在が意味を成してないんだよな
63 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:03:46.34 ID:R89IVKso
> 2chは規制されている、スレを立てにくい、という方は当スレをご利用ください。

やはり、何かが違う……。
64 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:05:41.47 ID:vg24WSQo
これとかな
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1273698364/
こんなんはvipでやれよと
65 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:08:09.43 ID:w1OLiqUo
これもな。たぶん同じ奴
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1273691538/
66 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:09:09.64 ID:lPetX.AO
たて逃げ厨は禁書厨じゃなくて禁書っていうのが今人気なんだーじゃあ俺もー!なリア小にしかみえん。
67 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:15:43.89 ID:4eSAiMAO
確かに原作も読んでないのに、SS見て即興で立てたって感じのが多いよな
68 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:16:36.54 ID:j8AYnVEo
というか、立て逃げなんてどうにかできるタイプの相手じゃないしな。
確かに禁書系スレはいまだに増えているけど、ちょっと前よりはましになったし。

ラディカルな意見としては、全ての禁書系SSをここでやるというものもあるけどねぇ。
現状独自スレ立てている人は現状維持でいいとして、
今後新しく始める人はとりあえずここに投下してもらって、その後分離独立する方式にでもする?
それも違うと思うんだが。
69 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:17:13.11 ID:B.4pa2so
総合スレが立て逃げの抑止に繋がるわけねぇだろ
立て逃げなんて荒らしと何も変わんねぇのに
70 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:17:46.59 ID:0v6/oako
>>68
それ出来る人はそもそも立て逃げとかしない気がします
71 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:21:52.12 ID:j8AYnVEo
>>70
勝手に立てられたスレは無条件で荒らし扱いできるというのがメリットだが、正直俺もデメリットの方が大きいとしか思えん。
明白な立て逃げだと効果はないというのは同意、というかあんなの防ぐ手段はないでしょ。
72 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:24:12.20 ID:lPetX.AO
ネット上では抑止力なんか無いに等しいだろ
73 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:24:17.49 ID:lAJsr.Io
というか現段階で進行中のスレ&雑談すべて総合で請け負うってことにしたら
スレの埋まるスピードと作品に個別についてる読み手同士の衝突とかいろいろ起こりそうな気がしないでもない
74 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:25:30.47 ID:4eSAiMAO
まあ総合は多少なりとも抑止力はあると思う
それでも立て逃げする愉快犯はどうしようもないけど
75 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:27:26.42 ID:9FDYcgMo
個別スレじゃないと書き溜めなにそれおいしいのとか即効魔法「安価進行」使いとしては行き場がなくなるっていう
76 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:28:05.99 ID:9FDYcgMo
またsage抜くの忘れてた……
77 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:28:16.01 ID:4eSAiMAO
>>68
100レス超の長編である程度構想練ってある奴は個別にスレ立てしてもいいだろ
長編までここに投下されると、もしもしだとわけわからなくなる
78 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:30:39.06 ID:lPetX.AO
全ての作品、雑談を受け入れるスレを作るより、禁書板に誘導したほうがいいんじゃないのか?
製作速報で全部引き受けようとするのがそもそもおかしい。
79 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:31:16.75 ID:j8AYnVEo
>>73
だから、まともに長編書けている人は、順次卒業ということで個別スレを立ててもらおうと。
問題が多すぎるシステムな上に、管理も難しく、しかもその割にメリットがすくないのは知っている。
少なくとも、まとめwikiでも作らないことには成立しないだろうし。
80 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:32:46.31 ID:fommeDko
安価進行したいんだけどここはダメだし
だからといってスレ立てるほどでもないし…って感じなんだが
81 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:33:27.43 ID:ARk/eMAO
というか、今立て逃げや荒らし的なSSスレを立てているのは、禁書厨やリア消よりむしろ嫌SS厨な気がするなあ
禁書を知らずに立てていたり、明らかに愉快犯だったり
禁書スレじゃないが、神語りスレなんて超そんな感じ
82 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:33:41.25 ID:4eSAiMAO
>>78
あちらは地の文主体だし、閉塞的な雰囲気がある
83 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:36:42.33 ID:5xOOGC6o
>>80
安価進行って難しいからな
我慢するっていうのも時には大事だと思うぜ
84 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:36:55.91 ID:j8AYnVEo
>>75
総合スレである以上書き溜めは必要だろうけど、安価に関してはなんとかならんかねぇ。
85 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:36:59.82 ID:sk6AKUDO
こちらだって十分閉塞的だったのに禁書厨はお構いなしだったじゃん
禁書の二次創作なのに禁書板でやらない理由が判らないな
叩かれるのが怖いならはなから公開オナニーなんてするなって話しだし
86 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:37:19.90 ID:9FDYcgMo
>>81
あれは普通に不慣れ故の事だと思うけどなあ、いろんな意味で。3は愉快犯臭いけど
87 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:39:21.09 ID:R89IVKso
乱立の防止じゃ
88 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:41:11.33 ID:4eSAiMAO
>>85
いちようここの禁書SSはVIP出身のが殆どだからVIP避難所のここが最適
ここのSSの大半は台詞式だから向こうとは空気が違う
89 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:41:37.97 ID:lPetX.AO
意味がわからん。
総合スレに投下したことが無かったらスレ立て出来ないようなシステムでもあるのか?
短編中編が書けないタイプの書き手だっているぞ。

無意味だって。
短編中編投下スレとして機能してんだから現状維持できれば御の字だろ
愉快犯にかまってもしょうがない

>>82
あんなに閉塞的だった製作速報もいまではこんな状況ですよ。
禁書板もここも似たようなもんだろ
90 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:43:33.72 ID:lPetX.AO
製速とVIPも空気違ったよね?
なんでここなら大丈夫なの?
言ってること支離滅裂だよ?
91 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:43:36.34 ID:B.4pa2so
とりあえずいつ来るか分からない書き手のために
>>64にでも移動して議論しないか?
92 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:43:37.47 ID:ARk/eMAO
>>85
誘導されたから拠点を移し替えるのと、乗り込んで拠点を移し替えるのじゃ大きく違う
それからお構い無しってのが分からん。基本的に移動初期はローカルルールに沿ったものがほとんどだったろ。今でこそ一部で立て逃げや荒らしが出てきたけれど
それからわざわざ叩く意味が分からん。アンチスレに信者が乗り込むくらい意味分からん
93 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:43:46.96 ID:WCMfcyw0
作者1人につき1スレってのがなあ、反応見ながらやりたいって人もいるだろうし
各作者が数日に一回投下って考えたら作者数人で1スレをシェアしてもらえれば…

どんなシステムだよっ
94 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:44:42.83 ID:9FDYcgMo
>>93
不覚にもシェアに和んだ
95 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:45:59.57 ID:sk6AKUDO
空気が違うて……
今や空気読めないの代名詞になってる禁書勢が何一転脳
空気読める連中ならぐだぐだしつこい馴れ合いも内輪話しだけでの盛り上がりもしないだろう

別に禁書SSだけを避難してるわけじゃないが、ちょっと余りにも目に余るとは思わないかい
96 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:47:03.84 ID:qB76Z8Mo
長編書いて、とりあえずスレ立てようとしたら叩かれ。
しょうがないから、統合スレに書いたら長すぎて叩かれ。
長編を書こうと思っている人はバイバイする、悪循環。
悪意のある、立て逃げは悪いが・・・遅筆の人を立て逃げにしようとするように見えるのは俺だけか?
自分の事言ってるんだけどな・・・。
97 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:47:46.90 ID:WCMfcyw0
みんな>>3のスクリプトスレ行こうか
さすがにここまで議論が盛り上がると投下しにくいであろう…
98 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:48:29.56 ID:ARk/eMAO
>>95
わざわざSSスレに叩きに乗り込む奴が空気云々言うなと言いたいのだけれど
99 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:49:25.24 ID:Av1H.bko
言いたいのだけれどとりあえずスクリプトスレに行こう!ですね
100 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:51:01.36 ID:j8AYnVEo
>>95
嵐がうざいと思っているのは、ここの連中も一緒でしょ?
具体案もなしにとにかく批判するだけなら楽だろうけど、それじゃ物事は前に進まんぜよ。
101 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:52:26.48 ID:4eSAiMAO
製作側は何が何でもSS勢に出て行ってもらいたいようだがww
別にLRに違反してるわけでもないし、ここでやること自体は問題ないだろ

立て逃げとかについて文句言うならわかるが、SS出てけというのはお門違い
102 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:52:26.49 ID:lPetX.AO
誘導されても動かない、このあたりが厨と呼ばれる理由だってのに
103 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:52:30.77 ID:5bPMGQSO
http://same.ula.cc/test/r.so/ex14.vip2ch.com/news4gep/1273523465/l10?guid=ON

今、1番叩かれてるスレ
104 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:54:07.87 ID:4eSAiMAO
>>103
お前のスレだろww
105 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:54:41.72 ID:lAJsr.Io
>>103
俺割りとそのスレ期待してたんだがちょっと見ないうちになんか荒れてるし
今見に行ったら神語りの>>1とかいうのがのっとり始めたしなんだか分からなかった
106 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 22:55:18.89 ID:B.4pa2so
>>102
移動したとしてもここの惨状は後を引くと思うが
107 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:57:10.80 ID:qB76Z8Mo
早く移動しるべき・・・。
マジで投下できねェだろ・・・。あとage進行っつってンだろォが!!
108 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 22:57:14.89 ID:ARk/eMAO
>>102

誘導されて動いた結果が今だろうが。何をワケわからんことを
109 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 23:02:35.49 ID:4eSAiMAO
>>100
立て逃げや放置スレが多いというのは同意だけどさ
対策と言っても放置スレ認定するまでの期間とかHTML化依頼するプロセスを具体的に決めるぐらいしか対策ないだろ

現状だと立て逃げや放置スレはHTML化依頼対象外みたいだしさ
110 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:05:09.74 ID:ARk/eMAO
オルソラは俺の嫁
111 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 23:05:52.56 ID:sk6AKUDO
いやなんも思わないのかねって話しだよ
この状況でなお立ち続けるスレについて
ここならそんなスレの>>1も見てるだろ
112 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 23:09:07.12 ID:4eSAiMAO
>>111
製作厨(先住民)は後からきた移民に追害される運命なんだよ

諦めな…
113 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:15:01.31 ID:ARk/eMAO
>>111
なんも思わなくないからSS厨はちょいちょい議論するワケで
その成果が総合スレなワケで

>>112
こういう事言うバカがいるからまたSS厨と嫌SS厨の溝が深まる



で、オルソラは俺の嫁でいいのな?
114 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:16:20.10 ID:.TeHMcAO
五和さんがいればそれでいいんで無駄乳女は君にあげる
115 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 23:16:57.88 ID:qAFMkIEo
なら、シェリーはいただいて行きますね
116 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 23:17:22.14 ID:DYoEdqQ0
立て逃げスレを片っぱしから乗っ取って書き始める猛者が居れば解決するのかしら
117 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:18:22.13 ID:9FDYcgMo
アニェーゼ可愛い。絹旗超可愛い



黒子おおおおおおおおおおお! 俺だああああああああああああ!
じゅーでんしてくれえええええええええええええええええええええええ!!1!
118 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:20:21.26 ID:WCMfcyw0
神裂さんか佐天さんか…ううむ

ねーちんのSS少ないんだよ…
119 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:20:34.93 ID:9FDYcgMo
うん、ごめん。でも一方通行さんは俺が頂いていく
120 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:20:41.91 ID:Zi6Hxyso
ひゃほおおおおおおおおっ!!!!
インデックスちゃん!ちゅっちゅ!僕と一緒に暮らそう!!!
料理もいっぱい勉強してるから!!いっぱい食べてね!!!
インデックスちゃああああああんん!!!
121 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 23:21:49.71 ID:vg24WSQo
>>116
んな事したら立て逃げする奴増えるんじゃね
122 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:22:15.47 ID:yUxFv2AO
神裂さんだろ。

「ふふ。ふふふ。……鯛茶漬けー☆」わーぱちぱち

だぞ?クソ萌えんだよチクショーがああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
123 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 23:23:49.52 ID:4eSAiMAO
>>113
文句しか言わず「SS出てけ」一辺倒の製作厨に付ける薬はないよ
124 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:24:23.33 ID:qB76Z8Mo
一方通行のほっぺたプニプニしつつ打ち止めをギューッとしたいよおおおおおおおおおおお

そこに現れる御坂14510・・・。
みたいな。
125 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:24:28.51 ID:ARk/eMAO
>>122
アレはもう破壊力抜群だったな

>もう藍染の浴衣に包まれた尻を軽く振ってリズムを取りかねないほどの笑顔で

うはあああああああん
126 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:27:23.16 ID:.TeHMcAO
でも神裂さんじゅうはっさい……
127 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:28:41.63 ID:ARk/eMAO
>>126

今の挿し絵の神裂さんはどう見ても妙齢の乙女
128 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:28:54.83 ID:9FDYcgMo
おいねーちんディスってんじゃねーよ騎士団長が切り込んでくるぞ
129 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 23:28:56.73 ID:B.4pa2so
      从;;,,火;,,人, , ,,,;;;;; 从
    て:´ `:  .``:.人;'/,,;ヾ ⌒,.;・;
   (´'" ;:"' `〜;、 ,,;:・;;   ,,)"'
  ;..;;,::,..~"⌒ヽ>>126,,ろ;;, ゙;`(´⌒;;:
 、,; ,,;;`゙゙' (´:(´;⌒;从;;人;;;⌒`),゙. :::''"
  ゙;"(´⌒;(´∴人;;ノ;^^)",.;・;;:ζ,,;;"' ∵
 (,,;;:";;: (´⌒;;:(´⌒;人;;从;;;;:人;;:.`)";
`(´(´⌒;;从;;ノ;;⌒`);";⌒`)`)⌒゚:;"'' そ    _,-、-,
                            | 〃  ̄ ヽ     S a l v e r e 0 0 0
                  ========!iとエヽ !/从i.リl)) _ 救われぬ者に救いの手を
                             〈 ハ||#゚ -゚ノ|/ //
                           ))l⌒l二{ヾ)/
                          ゛〈坐〉人ヽ二).:.:.:::.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.
130 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:30:20.76 ID:yUxFv2AO
>>125
あああああああああああああああああ!!
それに甲冑販売のチラシ見て

神裂さん「むっ、むうううううううううううううううううううううううううううううううう!!」

だぞ!!ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
131 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:33:49.90 ID:9FDYcgMo
以下毎度の事ながらいまいち触られてない天使様について語るスレ
132 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:34:44.30 ID:RWR9hTM0
本スレみたいなノリになってて吹いたwwww

そして浜面は俺の嫁
133 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:34:49.50 ID:lPetX.AO
天使様って……


ひのたんであってる?
134 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:36:33.40 ID:ARk/eMAO
>>132

そげぶ
浜面×滝壺を影から覗く絹旗&むぎのんとそれを横目に鯖缶貪るフレ ンダはもはやデフォ
135 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:38:35.10 ID:9FDYcgMo
なんかフレンダが毎回両断されてるのに胸が痛いんだぜ……
136 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 23:45:40.65 ID:B.4pa2so
>>133
正直二重人格は無しだと思った
137 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:53:06.41 ID:9FDYcgMo
二重人格ネタってトリックに使うのはダメだよなあ、ノックスの十戒でも言われてるけど
138 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:55:37.27 ID:ARk/eMAO
禁書は先を読ませるつもりないだろうから、タブーではないと思うけど
ネウロみたいなもんじゃね
139 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:58:01.21 ID:lPetX.AO
いいじゃんひのたん。
4巻はそのものが伏線だったんだなんだってーΩΩ Ωだし
ミーシャ戦のアニメがしょぼくて残念だった
ミーシャかわいい
おれよめ
140 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:58:57.68 ID:0qbDM2U0
少し質問。
一方通行が暗部で活動してるのは、やっぱり打ち止めを守る為だよな?
暗部での活動を断っていたら一方通行が守りたいと思う人達に
危害が加わるからって認識で間違いないよね?
141 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/13(木) 23:59:18.73 ID:lPetX.AO
まあそんなかんじ
142 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/13(木) 23:59:52.39 ID:B.4pa2so
大体13巻に載ってんじゃね
143 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:00:06.21 ID:uoqBv.2o
ところで



【レス抽出】
対象スレ:▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪3冊目≫」【超電磁砲】
キーワード:そげぶ
検索方法:マルチワード(OR)

134 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:36:33.40 ID:ARk/eMAO [9/10]
>>132

そげぶ
浜面×滝壺を影から覗く絹旗&むぎのんとそれを横目に鯖缶貪るフレ ンダはもはやデフォ



抽出レス数:1
144 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:00:15.58 ID:5MHwWsAO
危害が加わるというか
学園都市なくなるよ?困るでしょ?打ち止め生きていけないよ?

しゃあねェな
な感じかな
145 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:02:23.94 ID:2x08xMoo
>>135
俺が絶対切断なんてさせないぜぃ
146 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:02:41.66 ID:7hafUoSO
桔梗たんは俺の嫁
147 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:02:55.08 ID:NWDNO260
レス早すぎで吹いたww
答えてくれてありがとう
ちょい書いてるSSで引っかかってね。じゃあ続き書いてくる
148 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:11:14.04 ID:czEfUeso
麦のんは俺の嫁なんだぜ
149 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 00:13:20.05 ID:BGS8OXYo
そげぶすンのめんどくせェ
150 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:25:44.03 ID:czEfUeso
誰も投下しないのかー

関係ないけど相性診断で美琴が俺の嫁、上条さんが幼馴染だったでござる
151 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:28:49.01 ID:uoqBv.2o
あと5分ほどで投下するぜよ。GEP落ちるかと思ってちょっと考えてた一発ネタで
いくつか矛盾点あるけどそこは二次ってことで頼むぜい
152 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 00:31:02.22 ID:BGS8OXYo
>>150
俺は苗字のみ・下の名前・フルネーム試して
全部アレイスターと漫才だった
153 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:39:24.40 ID:uoqBv.2o
んじゃいくますよ。4レスの超ショート

お題『コーヒー』
154 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:40:07.60 ID:uoqBv.2o
一方「今日もお仕事ごくろォさン、とくらァ」

一方「ったく、めンどくせェ。よくもまァ次から次へと湧いてくンなァ。くっだらねェ」

一方「喉渇いたな……仕事の後の一服ってのが最近クセになって仕方ねェ」

一方「つってもビールって訳にもいかねェしなァ」

一方「ま、缶コーヒーで十分。実にリーズナブルじゃねェか」(チャリンチャリン

一方「……ン? 新商品か?」

一方「ふゥン……まァ物は試しと言うしなァ。飲ンでみるか」(ピッ
155 :コーヒー(2/4) [名前わすれてた]:2010/05/14(金) 00:40:50.57 ID:uoqBv.2o
一方「クソ、自販機ってのはどォしても取る時に面倒で仕方ねェ」

一方「学園都市なンだからよォ、もっとこう、バリアフリーっつーのか? やるべきだと思うンだがよォ……」

一方「白井のクソバカが車椅子だった時もバスに乗るのに乗降機があるか気にしてたっつってたしなァ」(カシュ

一方「仕方ねェ、今度親船にでも言って――――」

一方「」

一方「」

一方「」

一方「なン……だと……」

一方「これ、コーヒー……だよな……?」

一方「なンでこンな味が……何が入ってやがる」



原材料:加糖練乳、砂糖、コーヒー、……



一方「」
156 :コーヒー(3/4) :2010/05/14(金) 00:42:07.87 ID:uoqBv.2o
打止「ねーねー、何飲んでるのー、ってミサカはミサカは若干期待を込めて可愛らしく首を傾げてみたり」

一方「…………打ち止め」

打止「なーに?」

一方「コレやる」

打止「うわ、珍しい。あなたがコーヒーをくれるだなんて、ってミサカはミサカは缶に口をつけつつ天気を気にしてみたり」(ゴクゴク

一方「飲みながら喋るなンてオマエ器用だなァ」

打止「お、おお……? ってミサカはミサカは思わず驚愕に目を見開いてみたり」

一方「どォしたよ」

打止「これ美味しいね、ってミサカはミサカは顔を綻ばせてみたり」

一方「…………そォかい、そりゃァよかったなァ……」
157 :コーヒー(4/4) :2010/05/14(金) 00:43:33.94 ID:uoqBv.2o
芳川「おーい、コーヒー貰うわよー?」(ガチャ

一方「一本だけなー」

黄泉川「ちぇ、けち臭いじゃん……」

一方「何か言ったかよババァ」

黄泉川「誰がババアだゴルァ!?」

一方「ボーリョクハンタイー」

芳川「仲いいわねあなたたち…………ゴフッ」(バタン

黄泉川「うわあああしっかりするじゃん!?」

芳川「何よこのケミカルな味のコーヒーは……」

一方「安売りしてたから纏め買いしといたンだよ」

黄泉川「こ、これはチバラギにしか存在しないというあの伝説の……!!」

一方「最近全国展開始めたらしいぞ」

黄泉川「学園都市のイロモノドリンクの中でもなんの遜色もないじゃん!?」

一方「自販機の運営と開発に言えよそれは」

芳川「…………」(ムクリ

黄泉川「だ、大丈夫じゃん?」

芳川「…………これ栄養ドリンクだと思ったら結構いいのかも?」

黄泉川「」

一方「さすがにその返しは予想外だった」
158 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:44:29.17 ID:uoqBv.2o
はい、そんだけです。前に同じようなネタやった気がするけど気のせい
個人的にはアレ結構好きだけどどうよ?
159 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:44:58.41 ID:kj/heVEo
まっくすこーひーwwwwwwww
ごめん、超大好きです。
缶とボトルで材料違うんだよね、確か。
160 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:48:13.85 ID:G2tEDV.0
乙!
ボトルの奴をマグカップに移し、温めて飲むと破壊的に甘い。
しかし勉強中に飲むとはかどる気がする。
161 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 00:51:08.49 ID:N5jHEYAO
ねーよ!!アレは無理!無理だァ!!
一方さんは糖分のみ反射とかやろうと思えばできるのかね?
162 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 00:53:39.19 ID:9Opnayso
こんなコーヒーあったんだ
しかし「ケミカルな味」ってww
163 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 00:56:42.86 ID:YLPifmQ0
自分では飲めない癖に買い占めてるのは幼女が気に入ったからですね分かります
164 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 01:07:38.00 ID:dwkcH4ko
マックスコーヒーwwwwwwww
俺も仕事前に適当に買ってコレになったわwwwwww一方さんとおソロwwwwww
アレは飲めないだろjk…練乳はねぇよ
165 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 01:45:54.20 ID:NPyKjVwo
あれはもうコーヒーとして扱ってはいけない
166 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 02:06:45.90 ID:f4x6i6AO
普通にうまいぞ?
俺が極度の甘党のせいかもしれんが
167 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 02:07:43.44 ID:uoqBv.2o
やっぱりなんだかんだで結構好きな人いるんね
ド甘党の俺には隙がなかった
168 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 03:45:03.34 ID:N5jHEYAO
いま禁書アニメ21話みてたが、そっか……インデックスなんかにキャラ被ると思ってたが、まる子だ……
いやあれよりは可愛いけどな
169 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 04:13:43.30 ID:s5OVs2DO
なら氷華はタマちゃんか
170 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 08:27:36.80 ID:Sqb1ikSO
話ぶった切ってすまんが、14510号が出てる話って何て言うんだ?誰か教えてくれ
171 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 10:30:51.57 ID:yd9WzBc0
>>1の自分用まとめにいってミサカネットワークまとめを片っ端からよめ。
172 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 10:42:27.79 ID:5XIWMADO
絹旗禁書を書き溜めしようとしてるんだが地の文が難しすぎて1レスも書き溜めができない
むしゃくしゃしてSS2の浜面と絹旗の映画館の話を絹旗禁書で書いてみた
自分でもつまらないと思うんだが投下してみていいかな?
173 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 10:44:15.07 ID:MBVYAwDO
かまわん やれ
でも自分でもつまらないと思うとかは言わないほうが良いんじゃね
じゃあ投下すんなよと思われても仕方ないし
174 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 10:46:59.34 ID:5XIWMADO
>>173
ここはこうした方がいいとか指摘を受けたからったから言ったんだが不快になったならすまなかった 
それじゃあ6レスほど使わせてもらいます
175 :絹旗禁書1/6 :2010/05/14(金) 10:48:16.73 ID:5XIWMADO
禁書「さいあいーお腹へったんだよ! ごはんー! 」
 
絹旗「インデックス、朝起きて最初の言葉がそれって超どうなんですか」
 
禁書「うーでもお腹へったんだよ! ひもじいんだよ! 」
 
絹旗「そんなんだから超暴食シスターって超言われるんですよ」
 
禁書「うっ、おはようなんだよ」
 
絹旗「おはようございます。朝ご飯ですが、もう少しなんで食器を並べておいてください」
 
禁書「わかったんだよ! 」
 
絹旗「ありがとうございます。あとは盛り付けて超完成です」
 
禁書「いただきますなんだよ!! 」
 
絹旗「いただきます」
 
――食事後――
 
禁書「ごちそうさまなんだよ! 」 
 
絹旗「御粗末さまです、ところでインデックス、今日ってなにか用事とかってありますか? 」
 
禁書「カナミンの再放送があるけどそれ以外は特に無いんだよ」
 
絹旗「なら映画にでも行きませんか? 」
 
禁書「映画? 」
 
絹旗「ええ、今日超公開の映画なんですがR指定もありませんしたまにはどうかと」
 
禁書「映画ってあの大きなテレビだよね? 行きたいんだよ! 」
 
絹旗「じゃあ超急いで準備してください」
 
禁書「わかったんだよ! 」
 
絹旗「インデックスが準備してる間に超速攻で食器を洗いましょうか」
 
――そんなこんなで――
 
禁書「おまたせなんだよ! 」
 
絹旗「それじゃあ超行きましょうか」
176 :絹旗禁書2/6 :2010/05/14(金) 10:49:11.37 ID:5XIWMADO
禁書「さいあいーさっきから細いとこ細いとこを入っていってるけど、本当にこんなところに映画館があるの? 」
 
絹旗「もうちょっとです。私の超シークレットポイントですからね、そこら辺の素人には見つけられないんですよ」
 
禁書「いい加減歩き疲れてきたんだよ……」
 
絹旗「もう少しで着きますから我慢してください。ってそんなこと言ってるうちに超見えてきましたよ! あそこです」
 
禁書「やっと着いたー! って……? もしかしてあのボロボロで小さいあれが映画館?」
 
絹旗「そうですよ、単舘上映専門なんで小さいのは超当たり前です」
 
禁書「なんか不安になってきたかも」
 
絹旗「そんなこと言ってないで超入りますよ、すいません、子供二枚お願いします」
 
――上映室――
 
禁書「中は小さいし他のお客さんがいないんだよ」
 
絹旗「ああん☆ 」
 
禁書「さ、さいあい……? 」
 
絹旗「単舘上映で公開初日の客は私たちだけ。それはつまり、この作品の素晴らしさを超分かっているのは私だけ!! ええ分かっていますとも、錯覚なのは分かっていますとも。それでも今この瞬間だけは監督サマの伝えたい事超一人占めェェえええええええ!! 」
 
禁書「……さいあいが怖いかも……ポップコーンと飲み物買ってくるんだよ」
177 :絹旗禁書3/6 :2010/05/14(金) 10:49:50.84 ID:5XIWMADO
禁書「ポップコーンと飲み物買ってきたんだよ」
 
絹旗「ふっ。キャラメルハニーマスタード苺生クリーム味のポップコーンはたしかにここの名物ですがそれは上映中に超喉が乾くから邪道なんですよ、まったく超わかっていませんねインデックスは」
 
禁書「美味しそうだったから仕方ないんだよ! それに横から手を伸ばしてバクバク食べてたら説得力なんてないんだよ!はい、さいあいの飲み物」
 
絹旗「おやおや。それで対策になるとでも? よりにもよってコーラのLサイズなんて、上映中にトイレに行きたくなったらどうするんですか。やはりインデックスは超インデックスですね」
 
禁書「そのコーラを受け取りながら座席の下で足を超パタパタ振ってるさいあいには超何も言われたくないんだよ」
 
絹旗「……今のは超なんのつもりですか? 」
 
禁書「さいあいの超真似なんだよ! 」
 
絹旗「私はそんな馬鹿みたいに超を多用してません。まったく、これだからインデックスは超インデックスなんですよ」
178 :絹旗禁書4/6 :2010/05/14(金) 10:50:32.49 ID:5XIWMADO
――びー――
 
絹旗「あ、始まりますから超静かにしてください」
 
禁書「楽しみなんだよ」
 
絹旗「私も超わくわくしてます」
――5分後――
 
禁書「5分も見たけどよくわからないんだよ」
 
絹旗「インデックスは映画を観るの初めてですから楽しみ方が超分からなくても仕方ありませんね」 
禁書「楽しみ方? 」
 
絹旗「よいですか。B級の見た目がショボいのは当たり前です。お金も人員もない連中が超必死になって作ったものなんで、よほどのことがない限り見栄えよくとはいきませんからね」
 
禁書「それなら超機動少女カナミン The MOVIE 1st の方が面白そうなんだよ」
 
絹旗「そうですか? 公開されるたびに大ヒット記録を塗り替えたり塗り替えられたりするものよりも、案外B級とかC級とか呼ばれているものの方が宝玉みたいに輝いて見えたり心に残ったりするもんです。まったく超おバカなんだからー、とか何とか文句を言いながらも、気がついたら超しっかり楽しんでいるものなんですよ」
 
禁書「もう少しちゃんと観てみるんだよ」
179 :絹旗禁書5/6 :2010/05/14(金) 10:51:17.00 ID:5XIWMADO
――さらに5分後――
 
禁書(この映画おもしろいかも。
不幸が口癖で幻想壊しという不思議なものなら触れただけで壊してしまう男の子kj
完全記憶能力を持ち隠された大いなる財宝へ辿り着くための方法を知る少女インテグラル
財宝を手に入れるためインテグラル追う二人のトレジャーハンター
これが、さいあいの惹かれるものの正体なのかも。なんとなくだけどわかる気がするんだよ)
 
絹旗「だぁー。超つまんねー」

禁書「……え?」
 
絹旗「おかしいですね。確かにパンフ読んだ時は超面白そうだと思ったんですけど。こんなに駄作とは……超びっくりです」
 
禁書「ちょっと待ってほしいんだよ。ならついさっき私が感じたB級への理解感とかちょっとおもしろいかもって言う感想は……」

絹旗「なに言ってるんですか? こんな超駄作を観たところで一体何を理解したというんですか。少なくとも、この映画ではB級の楽しみは分からないでしょう。分かるのはこの映画を面白いと思うインデックスのセンスが超最低ってことぐらいですかね」

禁書「」
180 :絹旗禁書6/6 :2010/05/14(金) 10:52:04.35 ID:5XIWMADO
絹旗「ふぁああ……。まぁ20分後ぐらいにヒロインが倒れますね。それでトレジャーハンターは実は宝の番人で云々それを幻想壊しで壊すって感じですよ。超ご都合主義なのがびんびん伝わってきますし」
 
禁書「イ、インテグラルは倒れないんだよ! kjと一緒にトレジャーハンターを倒してハッピーエンドなんだよ!! 」
 
絹旗「なら超賭けましょう。私が負けたらカナミンの映画に連れていってあげます。インデックスが負けたら明日から一週間食事の量を減らします」
 
禁書「カナミン楽しみなんだよ! 負けても知らないふりしても無駄だからね! 私には完全記憶能力があるんだから!! 」

絹旗「そうこう言ってる間にヒロイン倒れましたよ」
 
禁書「」
 
絹旗「私の言った通りに超なりましたね。賭けは私の超勝ちと言うことで」
 
禁書「」
181 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 10:53:44.09 ID:5XIWMADO
以上です。お目汚し失礼しました。
SS書いたの初めてでどう書けば面白くなるのかさっぱりわからん
アドバイスお願いします
182 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 11:40:19.46 ID:pDDrYQAO
SS自体は悪くないのに、書き手自身の態度が印象悪くしちゃってるぜ
過度な自信はダメだけど、むやみやたらと自虐的にへりくだる必要もない
読み手に感謝しつつ、俺の書いたの読んでくれ!ってサッパリしてるくらいがベスト
183 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 12:42:41.24 ID:FcN/AIDO
俺もSS自体はいいと思うよ
だからそんなに遜らないで肩の力抜けよ


というか確かにある程度読まれて代表作みたいのある書き手って過剰に遜ったり自信過剰だったりしない
なんていうかあしらい方がうまいっていうとちょっと違うが気持ち良く読ませてくれる感はある
184 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 12:45:46.70 ID:BGS8OXYo
上手い人って普段の言葉遣いがすでに上手いんだよな
185 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 12:50:46.57 ID:N5jHEYAO
お食事中の方は今読まないでね

原作エピソードをなぞりすぎでアドバイスしづらいね

インデックスの口調と性格、キャラ利用は問題なく実現できてると思うよ。

強いて言うなら
絹旗「インデックスが準備してる間に超速攻で食器を洗いましょうか」
ここは省いていい。

主題に行く前の描写は細かすぎない方が、スムーズに主題の山となる部分に読者を連れていける。簡単に言うと退屈。

買い物イベントで、特に意味も無いのに「トイレ行ってくるね」とキャラが喋るような物。やって当然の事は省いた方がテンポ良い。(面白くできる、キャラ立てに必要なら有用)

次はどれだけつまんないと思ってもオリジナルを投下してくれれば。
アドバイス下さいは都度言わないと流されちゃうから気をつけてね。

ここ読んでないなら読んでおくといいよ
インデックス「何してるの?」一方通行「SS買いてンだ」
http://orz.2ch.io/p/1!.f+-V---+...ffffff.000000.ffffff.00ffff/ex14.vip2ch.com/news4gep/1272896134/
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272896134/
186 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/14(金) 13:25:46.89 ID:Dv8i5P60
注意書き
昼ドラSSです。ドロドロしてます。
ビオフさんが好きな方
どんな美琴ちゃんも受け入れない方
は見ないことをおススメします。
都合上、地の文は原作仕様ではありません。
20レス借ります。
187 :美琴「えへへ………」1/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:27:39.49 ID:Dv8i5P60
九月の初め
暦の上では初秋だが、夏の暑さはまだ抜け切れない。
夕方と早朝には蜩の鳴声が聞こえてくる時期だ。
そんなある日
第七学区に建てられた洋館風の建物――常盤台中学学生寮――
の一室御坂美琴はベッドの上で本を読んでいた。
それは最近の流行りらしいのだが、
美琴の感想はまったくふざけたというものだった。
内容は端的に言うと愛憎劇。
恋人がいる男をかませでしかない一途な女の子が奪おうと奮闘する物語。
結果的に一途な女の子は男を寝取ろうとして、失敗。

(私がこの女ならこんな失敗するはずがないのに。こいつバカね)

あまりにも陳腐な奸計に男が堕ちるはずがないとまあこんな感じだ。
美琴は机の上に本を放り投げ、昨日起こった地下街のテロ事件を思い起こす。
気になることがある、それはインデックスと呼ばれたシスターが言った
『とうまは何があっても、絶対に帰ってきてくれるんだから』という台詞、
そしてその後に沸々と湧き起こった感情だった。
アイツ――上条当麻――とあのちっこいシスターが一緒にいると何故かいらいらする。
この感情はなんだろうかと。

(なんで私がアイツのことなんか考えなきゃいけないのよ)

ルームメイトの白井黒子のように自分の感情に真直ぐになれればいいのになあとの心境だ。
そのようなことを考えていると、ふと時間が気になり時計を見ると
門限まで1時間を切っていた。

「やば、もうこんな時間」

あのツンツン頭の少年を探そうと出かけようとする。
ここに黒子がいれば、何か咎めるだろうが
肝心の彼女は今ここにはおらず、どうやら風紀委員の仕事中みたいだ。
寮を出る。
昨日は名前で呼ばれ若干嬉しく、今日はまともに顔を合わせられるだろうか。
シスターと上条の関係を追究するつもりではない。
188 :美琴「えへへ………」2/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:28:15.71 ID:Dv8i5P60
少年がいそうないつもの公園にいく。
しかし、そこには誰も居なかった。人すらいない、
他をあたろうと思ったときよく見慣れたツンツン頭が見えた。

「ねえ!アンタってば!」

「なんだ御坂か?」

気だるそうに返し、溜息を吐く上条に対して
美琴は『御坂』か…と内心がっかりする。

「今から暇?」

「今日は特売もないので、上条さんは暇ですよ」

その言葉に美琴は愁眉を開くと言葉に詰まったので一息ついて次の言葉を捜す。
予定などない、無計画すぎる自分に嫌悪感を抱いてしまう。

「なんか食べない?」

「またそれかよ」

「いいじゃない、暇なんでしょ?」

「どうせ食べるなら、美琴センセーの作ったご飯が食べたいなあーなんて」
そもそも料理作れんのか?と上条は付け足す。

「バカにしてんの?アンタ、そのぐらい出来るわよ」

「あーはいはい、分かりましたから、やることないなら帰りますよー」

「だから!私がなんか作るって言ってるっつーの!!」

美琴の前髪からバチバチと紫電が散る。

「冗談のつもりで言ったわけですが、御坂さん」

「やるったらやるの!!食材買いに行くからついてきなさい。何食べたい?」

溜息をついて、呆れた様に何も言い返さない上条を見て、腹が立つ。
私といるのがそんなに嫌かと不安にも駆られてしまうが、なんだかんだいって付き合ってくれるので気にはならなかった。
189 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 13:28:41.81 ID:5XIWMADO
>>182-183
ありがとう、次に投下する時はグダグダ書かずに投下します
 
>>185
長々とありがとう!
次がいつになるかはわからないけどなんか書いてみるよ
URLまでありがとう、読んできます!
190 :美琴「えへへ………」3/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:28:45.57 ID:Dv8i5P60
スーパーに着き、食材を探す。
結局美琴はカレーを作ることに決めた。
食費は自分が出すと言ったが上条はそれだけは譲れないとかなんとか。
美琴が買い物かごに入れる食材(主に肉)を見つめた上条はだらだらと汗を流している。
無理しなくてもお金なら出すのにと心の中で思うのだが本人の意向も無視できない。
本当はスパイスからの本格的なカレーを作りたかったが、
そこまでやるといろいろ誤解される――絶対ないだろうが――と思ったので止めた。
二人は会計を済ませ。店を出る。
勢いでここまできた為に気にならなかったが、
よくよく考えると今からすることを考えると非常に精神的にやばい。

(今からアイツの家に行くんだよね…何かされるかも
 だって力じゃかなわな…い…
 べ、別にされたいとかそういうのじゃなくて…)

実際そんなことはありえないが万が一を考えてしまう。
さっきから表情がころころ変わる美琴に対して
普段の上条なら訝しそうに見つめてくるだろうがそれに気づけるほど余裕はない。

「大丈夫か御坂?」

「………ぁ……ぅ…」

目の前に上条の顔が急に現れ、目を遇わせてしまった美琴はうまく思考ができない。
夕焼けに照らされた美琴の頬がさらに赤みをましてゆく。
しばらく二人は無言で歩くと、あれが俺の寮だと少年は少女に告げた。
美琴は心臓がばくばくしていて治まる気配がない。
ふと上条の方へ視線を向ける。
上条も落ち着いてないようだ。

(もしかしてコイツ意識してるのかな?)

と淡い希望を抱いてしまう。
上条の寮の中に入り部屋の前まで行くと上条は覚悟を決めたかのように

「ほんじゃ入りますか」

と言う。美琴は小さくビクッと震え、うんと頷いた。
191 :美琴「えへへ………」4/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:29:14.31 ID:Dv8i5P60
上条の部屋に入ると美琴はおじゃましまーす
と声を小さく発する――誰にも聞こえない程度の大きさだが――。
玄関の扉が閉まる音がし、
すると中から女性の声が聞こえ、こちらに向かって来る音も聞こえる。

「とうま、お帰りなんだよ」

美琴はいつかのえらいパンクな修道服を着ている少女と目が合った。
その少女は美琴を見るとすぐに敵意を剥き出しにしてきた。
どうしてこいつがいるのかと…いうふうに。

「どうして短髪がここにいるのかな。説明してほしいかもとうま」

「それはこっちのセリフよ!」

そして二人の少女はおどおどしている上条を見つめると、とうの本人は不幸だ…と呟いた。

上条は必死に二人に説明する。インデックスにはただ御坂が夕食を作りにきただけだと。
しかし美琴は上条の説明に納得できなかった。
いらいらする。胸の奥のやわらかい部分が締め付けられるような痛みも感じた。

居候?
なんでこんな奴が?
そんなに私の邪魔したいわけ?

「短髪はごはんをつくりにきたんならいいんだよ」

とさっきまでの敵意はなく、今度は臆面もなくシスターは言いやがった。
ごっはんごっはん♪と今度は楽しそうだ。
埒があかないと美琴は思い。

「夕食作るわ」

美琴の言葉を受けて上条は俺も手伝うよと返した。
ものすごく理想的な頼みごとだが美琴は断った。
上条を台所から追いやり、上条のエプロンをかりてカレー作りを開始する。
カレーができ、二人の前に運ぶ。我ながらうまくできたものだ。
食べている最中にも胸の痛みはさきほどと比べ小さくなったものの消えなかった。
食べ終え、料理を二人に褒められるとありがとうとは素直に言えず
当たり前よと返した。
192 :美琴「えへへ………」5/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:29:52.07 ID:Dv8i5P60
とその時、一匹の猫を発見した。かわいい。
触りたくても触れない体質がこういうところで悲しくなる。
美琴を見ていたのかシスターは猫を抱きかかえ、美琴の前まで持ってきた。

「スフィンクスっていうんだよ」

「あっかわいい…」

触りたくて手を伸ばそうとするが触れるのには躊躇する。
触れそうになった瞬間、猫がビクッと震え美琴から離れたからだ。
常盤台の寮の裏庭で、猫に餌をあげようとしているときもいつもこんなかんじだ。
だから、別に気にはしない。
どうしたの?とシスターは不思議そうな顔をする。
美琴の様子を見た上条は美琴の頭に右手を置いた。
すると猫は美琴に寄ってきた、猫を抱きかかえるとにゃーごろごろごろごろー
しばらく猫と戯れる。
さっきまで黙っていたシスターが歯をきらめかせ上条に噛みついた。

「ぎゃあああああああああああああ不幸だあああああああああ」

シスターがことに及んだ理由を考えると美琴は顔が真っ赤に染まった
ぶんぶんと顔を左右に振り、心を落ち着かせ、少年にお礼を言う。
こういうときに限って如才無い振舞いは反則だ。卑怯だ。
気まずくなったので帰ることにした。

「もうこんな時間だから帰るわね」

送っていくよという上条に対してバカにしてるのアンタ?と返すが
上条は強引に美琴を連れだそうとする。
シスターの方をチラッと見ると、一瞬寂しそうな顔をしたが
すぐに、獲物を見つけた猛獣のように歯をギラギラと輝かせ上条に忠告した。

「とうま〜早く帰ってこないと噛み付くかも」

「分かりましたから、インデックスさん。
 だからその輝いているものをしまってください」
193 :美琴「えへへ………」6/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:30:32.50 ID:Dv8i5P60
時刻はだいたい九時ごろだろうか。
完全下校時間をとっくに過ぎ、通りには人がいない。当たり前か。
ぽつぽつと本当にそんな感じで暗闇の中、街灯がともっていた。
帰路に就く間、美琴は無言であった。それは隣にいる少年もそうであったが。
ひっそりと静かな周囲の中、
美琴は心になにか温かいものを感じながら歩いていた。
このままこの少年の隣にずっといたいとさえ思った。
常盤台の学生寮が視界に入る。

「ここまででいいわ、ありがと」

「おう、またな、飯うまかったぜ。また夕食つくりにこいよ」

そう言うと少年は来た道を返して行く。

「な、なにふざけたこと言ってんのよ!」

予想外とはいえ嬉しかった。それにしても不意打ち過ぎる。
美琴は顔を真っ赤にして少年の背中に向かって荒々しく答える。
「うん」とは素直に言えなかった。
いつもなら電撃を食らわしてやるのにそれも出来なかった。
彼の背中を見ながら少年の最後の言葉を反芻する。

(あ、あ、あのやろう、なんてこと言うのよ)

少年が暗闇に消え、寂しさと胸の温かみが心の中で満ちてゆく。

(やっぱり私・・・アイツのことが・・・すすす好きなのかな?)

いままで拒否していた少年への感情に素直になるとすごく体が楽になった。
あのシスターに強烈な嫉妬さえも、あの少年への下劣な独占欲さえも自覚してしまった。
今はそばにいたい、という思いだけが体中を廻る。

(どうしようどうしょう。早くあいたいよ)

その後どうやって寮監の目をごまかし、自室に入ったか覚えていない。
横のベッドにいる黒子がうふふ。えへへ。とか言ってる理由も分からない。
気づいたら、私はベッドに寝転がり寝巻きを着ていた。
194 :美琴「えへへ………」7/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:31:01.12 ID:Dv8i5P60
『ぷちぷちとやわらかいものをちぎる音がします。
 赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤
 多少の服の汚れもまったく気にしません。
 いま、手にもっている温かいなにかは感触がとても心地よいです。
 バタンとドアが開く音がしました。
 そこに立っていたのはわたしの想い人です…
 どうしてここにやってきたのでしょうか?
 わたしに会いにきたのでしょうか?
 ですがさっきからずっとわたしの名前ではなくてなにか叫んでいるのです。
 しまいには生ゴミの入ったビニール袋に抱きついてしまいました。
 はっきりいって汚いです。そんなものに抱きつくとは正気の沙汰とは思えませんし、
 わたしが汚いといっても彼はわたしの言うことを聞かないのです。
 仕方ないのでわたしはさっきまで使っていた
 ひんやり冷たいもの――といっても持つところは触り心地のよい木製ですが――を
 手に持って想い人に抱きつきました。
 すると手にとても温かい液体が流れます。すごく温かいです。
 もう一生離しません。』




翌朝、美琴は目が覚めた。非常に心地の悪い夢を見たために
胸がむかむかして嘔吐しそうになった。
急いでトイレに駆け込む。
昨日食べたものが逆流してきそうになるがでない。
けほっけほっと咳をする。
しばらくして落ち着きを取り戻し部屋に戻り時計をみた。
朝食まであと一時間近くある。
さきほどまでの夢を思い出す。

まるで私があの小説のヒロイン。

そして私が■■■■を■すかのような内容だった。
忘れようとしても鮮明に映し出された妙に現実味のある悪夢が私に付き纏う。
その所為か朝食も喉を通らず、八時いっぱいまでかかった。
195 :美琴「えへへ………」8/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:32:59.89 ID:Dv8i5P60
学校につくと、美琴はすぐに机の上に突っ伏す。いつものことだ。
クラスメートに挨拶されても挨拶でしか返せず。会話は続かない。
上辺だけの人間関係に縛られた学校に居場所はない。
誰にも聞こえない程度の音量でふぅ…と溜息を吐き出す。
気付かない間に担任が教室にいた。
HRが終わり、授業が始まった。
やはり学校にいると夏休みという長期休暇の時よりも
私を対等に見て欲しい交友関係が欲しいという感情は日に日に増してゆく。
換言すると居場所が欲しいのだ。
対等に見てくれる人はいるがそこに私自身が入り込む余地などあるのか?
その居場所を占領しているものがいる限り、可能性は薄い。
実際、そこには不法占領者が居て、それがどれほど彼の心を蝕んでいるのかは分からない。
確かめる術などあるのか?分からなければ…
私の中に醜い感情が生まれ、邪魔者を■せと囁いて来るのも時間の問題だ。
しかし殺人を犯してまでその位置を奪おうとは思わない。
『実験』の件で人の命の重みは人一倍分かっていると自負していたからだ。

最良の策…?

――――私が告白すること、それが一番私らしい

もし断られたら…?

――――あきらめるつもりなんかない

仮に少年に意中の相手がいたら…?

――――、…………

それが私ではない誰かとしたら…?

あーもう!と大声を出したいが今は授業中だ。
ごちゃごちゃした思考を捨てたい。
どうでもいいから早くあの少年に会いたい。
一万人以上を■し、贖罪行為をどれ程重ねたとしても償いきれない
犯罪者を赦し、たった一言で救ってくれたあの少年に。
196 :美琴「えへへ………」9/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:33:56.35 ID:Dv8i5P60
美琴は学校が終わると少年を探しに行く。
もうストーカーだと認めた方が幾分、気が楽になるかもしれない。認めてしまえ。
思えば、夏休み中、海原に付きまとわれたのも私がやっていることと同じ。
私がされて嫌だったこと――――。

嫌われているのではないか?
昨日までの態度は彼の情けではないのか?

そう思うと心が痛くなる。

だがそんなことはないはずだ。ありえない。

美琴は知らず知らずのうちに歩調を速めていた。
そもそも少年の携帯番号すら知らない。
幾度となく、電撃を放ち………もう考えるだけで昔の自分が嫌になる。

過去のことは水に流し、新しい関係――恋人という関係――を築きたい。

そのためにはあのシスターが邪魔だった。
そういったいろいろな後ろめたさからシスターにだけは遇いたくなかった。
しかし幸か不幸にもシスターが目の前に現れた。
どうやらシスターは一人らしい。そして何故かそれを喜ぶ私がいた。
シスターは昼食が少なすぎて死にかけらしく、お腹減ったと連呼している。
積もる話もあるので、仕方なく、そこらにあるファミレスに入る。当然、私のおごりだが、
店に入り、美琴は紅茶を注文した。
シスターは手当たり次第に食べ物を注文している。
食べ物が来た瞬間、ばくばく食べ始めたシスターは幸せそうだった。

欲張りな奴だ。私の欲しいものを持っている。
そう思うと体の中に渦巻くゆらゆらと燃える黒い炎が内臓を焦がし、徐々に内側から喰っていくような。
中世のヨーロッパにあった拷問の一つに火炙りというものがある。
受刑者が括り付けられる木は足元から頭までの距離を燃やすのに一週間はかかるモノだとか。
じりじり迫ってくる火が受刑者の心を壊していく。早く殺してほしいと。
たいていは火が腹辺りに辿り着いたときにはもうショック死してるとか。
まるでそのようにじわじわと嫉妬が美琴のナカを侵食していく。
197 :美琴「えへへ………」10/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:35:08.70 ID:Dv8i5P60
目の前の少女の絹のような滑らかな白い肌が昨日の夢同様に赤に染まっていく。

「どうしたの短髪?顔が怖いんだよ」

「へっ!?大丈夫!!大丈夫よ!」

「短髪は食べないのかな?」

「アンタの食欲見てたら食べる気失せるわよ、フツー」

「そんなことより短髪の料理おいしかったからまた今度作りに来てもいいかも」

「はいはい、お世辞はいいわよ」

このシスターは私と上条が一緒にいてもいいのか
ダメなのかどっちかハッキリしなさいよと心の中で突っ込んだ。
シスターと二人きりの稀有な機会。
この少女がどれほど彼の心を占めているのか一つ試してみるか…。

「アンタ一昨日私に、『とうまは何があっても、絶対に帰ってきてくれるんだから』
 とか言ったわよね?確かめたいから賭けでもしてみない?」

「別にいいかも。負けるはずがないんだよ―――――――――」

賭けの内容
『最終下校時刻にアイツに一度だけ『帰ってきて欲しい』と意図する言葉を携帯で告げて、
 午前零時までにアイツがアンタの元に帰ってくること』
というものだった。

美琴はツンツン頭の少年に会うために全速力で第七学区を疾走する。
アイツがいそうな所を何度も何度も探し回った。だがいない。
最終下校時刻まではあと四十分。
汗を含んだ制服が肌に擦れる不快感や体の疲労感が限界に近づいたとき
ようやく見かけた。
彼は私がよく蹴る自販機がある公園にいたのだ…。
呼吸を整わせ、近づいていく。

( あ の 女 誰 ? )
198 :美琴「えへへ………」11/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:35:42.71 ID:Dv8i5P60
そこには仲良さげにベンチに腰を下ろし、缶ジュースを飲みながら談笑する少年と少女の姿があった。
少年から数メートル離れた物影から二人を観察した。
少女の外見は…長い黒髪で美人…大和撫子という言葉があてはまる。

(あはは……あーどうしよっかなー。どうやって―――――――)

痛い

さきほどの疲労感や不快感が徐々に薄れていき、今度はまったく違った痛みが体中に滲み出て、美琴の体を蝕む。
何故か黒髪の少女が美琴の視線に気付いたのかこちらを見つめてきた。
それにつられ、上条もこちらに向いた。

「おーい御坂」

と上条は手を振りながら呼びかけてきた。
すると少年の隣にいる少女がこちらやってきて無表情で口を開いた。

「私。■■■■。上条くんの■■。よろしく。あなたは?」

今なんていったのかしらこの女…上条の■■?

――――アはハコいつバかなノネ

痛い痛い痛い痛い痛い痛い

嘘に決まってる!そんなはずはない!!ありえない!!!!

「冗談だよ、そんなんじゃねーよ」

と上条はふざけたように返す。

――――明白な拒絶が見られない

ほんの数秒、美琴は上条に向かって目を吊り上げたあと、視線を黒髪の少女に戻し、
美琴は無理やり平静を装い■■に軽く自己紹介した。
作り笑いでもちゃんと笑顔で話せただろうか

「私。帰るね。上条くん。御坂さん。またね」

この女はそういうと去っていった。相変わらずの無表情で…
この■■とかいう女は危険だ。直感的に同じ―――――。
199 :美琴「えへへ………」12/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:36:13.58 ID:Dv8i5P60
はやくしないとアイツを■われてしまう。

私のモノが汚されてしまう。

痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い

(賭けなんかもうどうでもよくなってきちゃった……………)

「アンタさ………私今から、妹に会いに行くの、一緒に来ない?」

妹達を盾に取り、妹達がいる病院に上条を連れて行く、しかし、
病院内であっても妹達がいる臨床研究エリアと呼ばれている場所に用はない。

「さっきから何も話さねーけど、どうしたんだよ」

美琴は少年の呼びかけに対して無言で彼の腕を引っ張る。
シスターとの賭けも利用させてもらう……………。
美琴の頬は自然と綻ぶ、目は黒曜石のごとく濁っていた。
ようやく欲しいものが手に入るやっとやっとやっとやっと。





病院の前につき、美琴は上条に携帯の電源切りなさいよと忠告する。
上条が電源を切ったのを美琴は確認する。
ホッと一息つこうとしたら、足元がぐらつき、倒れそうになった。
上条を探すために数時間もの間走り回ってきたせいか、
さっきまでの身を裂けるような痛みが急に無くなったせいか、
どちらにせよ自分が倒れる必要があったので、わざと倒れることにした。
アイツなら心配してくれるはずだ。
アイツなら大丈夫だとわかるまで側にいるはずだ。
自惚れではない…………。

「お…い………御坂!?…」

(アハハ、やっぱり、心配してくれた。嬉し――――)

そこまで思った瞬間、美琴の意識は本当に途切れてしまった。
200 :美琴「えへへ………」13/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:36:43.77 ID:Dv8i5P60
美琴は目が覚めると寮ではない薄暗い空間に寝かされていることに気づいた。
しばらく辺りを見渡すと、
さっきまでいた少年が壁にもたれながら椅子に座って寝ていること
自分が病院にいること
自分の制服がハンガーに吊るされていること
自分が病院服を着ていることが
理解できた。
病院の前で予想外にも倒れたことを思い出す。
予感は的中していた。
現在、目の前に少年がいる。
美琴は寝ている少年をベッドの中に引き摺り込み、
少年に抱き寄せる。彼は気持ちよさそうに寝言を洩らした。

「ぅん…………イン………デックス……」

ぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎり

「……抱…きつく…………なよ……」

どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――私じゃないの?
私は――――そこにいないの?――――――――――――――――――――

どうやって少年の心からシスターを追い出そうか。
自傷?監禁?調教?誘拐?殺人?軟禁?強姦?強奪?
もう手段は選ばない。仕方ない。
彼の携帯があるかを物色し、携帯を取り出すと、
少年に気付かれないように、そっと病室を出る。
ふらふらとした体を強制的に屋上へと持っていく。
屋上には昼間の暑さとはうって変わって、涼しい風が吹いていた。
さっきまで荒れ狂っていた心を落ち着かせる。
携帯を開き、電源を入れると、

――――着信アリ、二十三件

いずれもインデックスと表記されたものからだった。
最終下校時刻ちょうどに一件、午前零時以降から十分ごとに一件ずつ。
201 :美琴「えへへ………」14/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:37:09.82 ID:Dv8i5P60
(あっまた鳴った)

そろそろいいかな?

携帯が鳴る音がして、美琴は電話を取った。

『やっと、つながったんだよ、とうま!!何してるんだよ!!』

「こんばんわ〜♪元気してた〜?」

『どうして短髪が…』

「私いま、アイツと私の部屋にいるの」

『何言ってるんだよ!!!どうして短髪なんかと!!!』

「ちょっと静かにしてくれるかしら、今あいつ寝てるからさ。
 あの後さ、私アイツに告白したの。そしたらいきなり抱きついてきちゃってさ。
 アイツ、自分の部屋じゃ、邪魔なやつがいるからって言って、
 無理やり私の部屋来ちゃって、いきなり唇を奪われて、
 獣のように押し倒してきてさ、
 もー大変だったのよ?嬉しかったけどね。
 女の悦びってやつかしら?
 あ、でもアンタみたいな子供にこんな話しても何言ってるか分からないかー」

途中でぎゃあぎゃあ言ってくるシスターの言葉を無視し、電源をきる。
アドレス帳の中身が気になり、
■■■■という記号があるかどうかを確認すると携帯に電気を流し、壊す。

美琴の虚言に踊らされ理性を失ったかのように憤怒する少女に対して美琴は冷静だった。
私はこのさき雌猫を目の前に理性を保つことができるだろうか?
■■という黒髪の少女を目の前にしてそれが崩壊しかけたのは事実だ。
意図も簡単にさっきのシスターのように■■の欺瞞に惑わされた私――――。
短絡的に感情に身を任すだけは避けたい。いつか襤褸が出る。
あの『小説』のヒロインと同じ道だけは辿ることを避けたい。

口元が歪んだ。自分でも分かるほどに

あと一押しでシスターは潰れる。
あと少しで、少年の吐息が、手が、優しさが、逞しい肉体が―――――全てが手に入る。
雲間から差し込む月明かりに照らされた美琴は薄幸な少女にスポットライトを当てられるような。

上条が寝ている病室に戻り、再度少年の右腕に抱きつく。

(もう一生離さない。当麻のそばに這い回る害虫共は始末してやる)
202 :美琴「えへへ………」15/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:37:35.02 ID:Dv8i5P60
それが終わったら…………

「えへ…」

大星覇祭―――――
組みが別れたら罰ゲームをかけて競い合うのもいいかもしれない。
人気のないところで
競技で怪我をした彼を手当てしたり、
競技が終わった後の汗まみれの彼をタオルで拭く。
昼食は両親揃ってのお見合いみたいな食事会、
当然、昼食の弁当は私のお手製。

一端覧祭―――――
学祭の準備期間、あらかじめ与えられた衣装を少年の前で披露する。
私はかわいいと彼に褒めてもらい頬を染める。
学祭の間、店番がない間は二人で手をつなぎながら店を回る。
当然、これが超能力者の彼氏だと周囲に見せつけ、友人には冷やかされる。

「えへへ……」

休日のデート―――
手は恋人つなぎして街を歩く、予定とか決めずにぶらぶら歩くのもいい。
カラオケとか映画館とかショッピングとかゲーセンとか行ってその後は………
心地よい妄想の産物が美琴を支配してゆく、次第に体が熱くなるのを感じた。

(ダメ、当麻の前で……そんなこと…………)

さっきまで自分に絡みついていた少年の右腕をほどき、腕枕と同じ位置に持っていく。
その腕の下に身を縮こまらせた。


――――――――――――――

――――――――

―――
203 :美琴「えへへ………」16/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:38:05.43 ID:Dv8i5P60
目が覚める。部屋が明るい…もう朝なのか…
時間を確かめるべくあたりを見渡すと
目の前には寝転んだままで石のように固まった上条がいた。
慌てたように彼は口を開く。

「お、おおおおおはよう御坂」

昨日の自慰の所為か着衣が乱れていることにも気付かずに
寝ぼけたまま、美琴は上条に身を寄せ少年の胸に顔を摺り寄せる。

「みみみ御坂さんどうなさったのでしょうか?」

慌てて言葉を投げかける少年に対して美琴は寝ぼけた頭を覚醒させ、
自分の行為を自覚してしまった。

「ふにゃあ」

美琴は羞恥から倒錯した頭が放電を起こしてしまう。
上条は、予知能力でもあるのか空いた右手を咄嗟に美琴の背中に回してしまった。

「……ぁ……ん…っ……」

美琴は思わず甘美な吐息を漏らす。
少年に触られ、そして
昨日の自慰の余韻の所為か再び息が荒くなり、冷めた身体が再び熱を帯び始める。

(私をこんなのした責任とってよ…………はやく、楽にしてよ……)

文字通り胸襟を開きたくて胸がうずうずする。
潤んだ瞳を上目遣いで見つめ、どこか寂しそうな表情は庇護欲をそそるような。
上条は美琴から視線を逸らし、トイレと言ってこの場から逃げ出した。

(意気地なし…………)

下着が濡れていて、若干気持ち悪かったので、少年が戻るまでに着替えることにした。
ついでに制服に着替える。
かわいらしい下着を脱ぎ、短パンを下着代わりにする。
今日ほど、短パンに感謝した日はなかった。
常盤台の短いスカートの下が何もないのはつらいからだ。
上条が病室に戻った。着替え終わった美琴を見て、盛大に土下座した。
美琴は俯きながら、気にしなくていいわよと言う。
しばらく、病室に沈黙が続いたがそれを破ったのは上条であった。
204 :美琴「えへへ………」17/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:38:40.98 ID:Dv8i5P60
「もう動けるのか?」

「まだちょっとしんどい」

「あんまり無理すんなよ」

「そんなにたいしたことないって、ちょろっと出るわ」

「どこにいくんだよ?」

「察しなさいよ。バカ」

美琴はそういうと心を落ち着かせようと病室を出る。
そして数秒後ハッとする。
自分と同じ電磁波を数メートル先に感じ取れたからだ。
さっきの甘い雰囲気とは一転し、想い人を独占するために考えを巡らす。
ふと次の一手が頭に浮かんだ。
妹達のうちの一人――少年が呼ぶ御坂妹――を捕まえ、
私のふりをしてくれと頼んだ。
ミサカには何のメリットがあるのですか?と問い返されたが、
アイツのそばに居れるのよと言うと、やりますと即答された。
妹と少年が一緒にいるのは気に喰わないが仕方ない。我慢だ。
あとでいっぱい少年に甘えればいい。




第七学区の上条の家に着くまでの間、美琴は考えていた。
シスターのことだ。害虫の中でも寄生虫だと断じていい。
当麻の優しさという甘い蜜を吸いながら生きている…………
そんな寄生虫は■してやろうと思った。
幻想猛獣を倒したみたいに表皮をぐずぐずに焼いてから、
超電磁砲で撃ち■してやろうと思った。

救われたい

幻想御手の件と違うのは救われる対象が無能力者から超能力者に替わるだけ。ただそれだけ。
しかし、■した後が面倒だから止めた、今は一分一秒でも早く上条のところへ行きたい。
矛盾した二つの旋律が不協和音を奏で、その音が美琴の脳内に不快感を増幅させる。
少年の寮につき、エレベーターに乗り、部屋の前につく。
呼び鈴を押すとか面倒なので、ドアを開ける…………鍵は開いていた。
玄関にはシスターが膝を抱え地べたに座りこんでいた。

「と…うま…」

「やっほー♪捨て猫さん」
205 :美琴「えへへ………」18/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:39:08.54 ID:Dv8i5P60

「…ぇ…………どうして……」

「やっぱり、当麻がアンタに会いたくないって、お願いだから出て行ってだってさ」

「嘘なんだよ…謝るから…料理も掃除も洗濯も手伝うから…帰ってきて欲しいんだよ」

シスターは口をもごもご動かしているだけで、後になるにつれて言葉は聞こえてこない。

「へぇアンタ、本物の寄生虫だったんだ、家事の何一つできないなんて
 そんなんじゃ、当麻も本当に苦労してたんだー」

「………………………………………」

「………(あはは)」

「■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■」

一瞬、無言だった害虫がジージー鳴いている。
何を言っているのか理解できない。
すると、ふらふらと立ち上がり、誰かに電話しだした。
電話が終わると部屋から出て行った。
美琴も部屋を出て、今朝いた病院に戻る。




上条がいる病室の前に着くとしばらくして、自分と同じ顔の少女が出てきた。

「もう終わりですか?とミサカは正直がっかりです」

「 ア ン タ 、 ア イ ツ に 何 か 手 を 出 し た ? 」

「ひっ………とミサ「ごめん、ごめんありがとね」

あとこのこと二人だけの秘密だからねと付け足し、別れを告げると美琴は病室に戻り、
上条のもとへ行く。

「私もう大丈夫だから、今までそ、その……一緒に居てくれてありがとね」

この後少年は糞忌々しい寄生女のことで悲しむだろうから、それを慰めて終わりだ。
病院にも用はないし、昼食でも食べに行こうと提案する美琴に

「御坂は妹に会いに来たんじゃないのか?」

との上条の問いかけ。それに対して

「昨日だったらいけたんだけどねー。今日は検査っぽいから無理みたい」

と美琴は言葉を濁す。
206 :美琴「えへへ………」19/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:39:34.81 ID:Dv8i5P60
美琴は何を思ったのか急に携帯の番号教えてくれない?と上条に頼んだ。
彼は素直に応じてくれた。
もちろん、携帯は美琴が回収した。あるはずがない。
携帯を失くしたと言い、相変わらず不幸だと呟く上条に、

「一緒に携帯買いに行かない?そのぐらい私が買ってあげるわよ?」

と美琴は提案した。上条は絶対に拒否すると思ったから、
間髪いれずにお詫びよ、お詫びだから勘違いしないでねーと付け足す。
携帯の購入の前に、適当なファーストフォード店で昼食を済ませてから
二人で携帯を買った。そのとき少年の携帯番号を初めて知った。
多少のやり取りのあと、二人は帰った。
今更気付いたのだが今日は休日だった。
常盤台の寮に戻る。部屋についた瞬間黒子が抱きついてきた。

「ごめんね、心配したでしょ?」

そのまま黒子の背中に腕を回す。

「お姉さま、とうとう素直になられましたの?」

「私、素直になったよ」

美琴はえへへと笑い。嬉しそうに抱きつく後輩をあしらうつもりはなかった。
207 :美琴「えへへ………」20/20 [saga]:2010/05/14(金) 13:40:03.13 ID:Dv8i5P60
夕方まで適当に時間を潰し、そろそろ日の落ちる時間だ。
美琴は頃合いだと思って
今日初めて知ったばかりの少年に電話をかける。
ツーコールの後、彼は電話にでた。彼の声は死んでいた。

「元気出しなさいよ。なんなら私が相談に乗るわよ?」

美琴はそう言うと、少年の寮へ向かって歩き出す。
本日二度目になるのだが。
部屋についた。当然だが部屋には少年しかいない。
少年はなかなか理由を教えてくれなかった。
私はそれが彼なりの優しさだと理解しているから気にしない。
それ以前に諸悪の根源は私だからだ。
目の前にいる彼は
泣きそうで今にも押し潰されそうな表情――以前の私と同じような――をする。
美琴は少年を抱きしめた。腰に手を回し、私を頼ってと耳元で囁く。
そしてこう続ける。

「何があったか知らないけど、私がそばにいてあげるから」

母性溢れる年上の女性のように温かく愛撫するかのように優しく少年に言葉をかけ、背中を擦る。

「…みさ……か…」

「一人で背負う必要なんてないんだからね」

「……………みさか……」

そしてついに美琴を抱き返す上条に少年からは見えない位置で美琴はほくそ笑んだ。

「今は私だけを見て…気が済むまで私を………好きに……して…いいから」


208 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 13:40:40.86 ID:Dv8i5P60
スレ汚し失礼しました。
209 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 13:56:02.62 ID:kj/heVEo
乙ー。
いいドロッドロぷり。

そして一番悲しむべきは巫女さんの扱い\(^o^)\
210 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 14:12:12.88 ID:mXEMzYDO
乙です
こんな美琴でも可愛いと思える自分はもはや重症
211 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 14:51:09.30 ID:KhrAewDO
ツンデレキャラのヤンデレ化の相性は異常
212 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 15:38:04.77 ID:cA920Zc0
たまには病みもいいものだ
213 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 19:43:59.69 ID:NuUCkiQo
今更だが乙。
ドロドロいいなぁ・・・
214 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 20:17:33.93 ID:2r04tyUo
現行スレのスレタイ見て思いついたネタだが投下していいかな?
内容は似ても似つかないシロモノ
215 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 20:19:19.08 ID:dfynqAoo
内容違うんならいいんじゃない?
216 :1/15 [sagesaga]:2010/05/14(金) 20:23:44.40 ID:2r04tyUo

御坂妹 「貴方とデートする権利をミサカは要求します」

一方通行「はァ? なに言ってやがンだオマエ……。突然現れたかと思えば、頭イカれてンのかオイ」

御坂妹「やれやれ、とミサカは予想通りの言葉に肩をすくめます」

一方通行「いやいやいや、なにオマエが分った風なこと言ってくれちゃってンですかァ? 逆だろ逆!!」

御坂妹「いえ、単なる罰ゲームです、とミサカは正直に白状します」

一方通行「……」

御坂妹「ぶっちゃけ、ミサカもねーよとか思っていたんですが、とミサカは本音を語ります」

一方通行「……へェ、フーン。あァ、そうかいそうかい。オマエが何番か知らねェが、早死にしたいらしいなァ!」

御坂妹「殺しダメ、絶対。とミサカは洒落の通じないユーモアに欠けた第一位を非難します」

一方通行「この、おちょくってンのか欠陥人形がァッ!!」

御坂妹「失礼な。ミサカはいつだって本気です、とミサカは熱弁を振るいます」

一方通行「尚のことタチが悪ィ!! つーか、オマエら人がどんだけ喋り倒してもスルーしやがってた癖に
       今更なに平然とイカれた内容をくっちゃべってンだコラ!」

御坂妹「だから罰ゲームと―――」

一方通行「殺す!」

御坂妹「予定外の戦闘は実験に支障がでる恐れがあります、とミサカは警告します」

一方通行「」

御坂妹「どうやら思い止まってもらえたようでなによりです、とミサカはホッと肩を落とします」

一方通行「……ざ、ざっけンじゃねェぞゴラァ!! なに突然真面目なこと言ってンのオマエ!? 意味解ンねェんだよ!」

御坂妹「ですから、真面目にふざけた罰ゲームを粛々と行いたいと考えています。安価は絶対なんです、
     とミサカは説明何度目だようぜぇ、とうんざりしながら説明します」
217 :2/15 [sage]:2010/05/14(金) 20:24:48.39 ID:2r04tyUo

一方通行「……もォいい。帰る」

御坂妹「それは困ります、とミサカは帰ろうとする一方通行の肩を掴みます」

一方通行「うぜェ。はいはいデートしました愉快に素敵に最高でしたはい終わりー……………って、
       なに反射無視して俺の肩掴ンでンだよォォォオオオオオオオ!!」

御坂妹「……プッ、ナイスノリ突っ込み!」

一方通行「コントじゃねェェエエエエエエ! 親指立てンなサムズアップすンな笑顔がキメェマジこいつなンなンだよっ!!」

御坂妹「いえ、まさかあのコミュ力が致命的な一方通行がここまで面白いことを言うなんて……」

一方通行「オマエらの中の俺が知りたいわ! って突っ込ませてンじゃねェ!!」

その一方通行の言葉に御坂妹は驚愕の表情を浮かべ動きを止める。
そして数瞬後、我に返った御坂妹は慎重に言葉を選びながら言った。

御坂妹「……ミサカと、コンビ組みませんか?」

一方通行「なンでそこにチカラを入れてンだよッ!!」

御坂妹「ミサカは真剣です、とミサカは本心を告げます」

一方通行「……(疲れた……、無視だ無視。どォせ[ピーーー]ンだし、もうどうでもいい)」

御坂妹「それに、このまま実験でアホみたいに死ぬよりも大阪で一旗上げたほうが建設的ですし、とミサカは言い捨てます」

一方通行「―――え? ちょ、なに驚愕の事実をサラッと語ってンのこいつ……」
218 :3/15 [sagesaga]:2010/05/14(金) 20:25:51.81 ID:2r04tyUo

御坂妹「驚愕とは、むしろその反応がミサカ的には驚きなのですが、とミサカは言葉を返します」

一方通行「……オマエら、死ぬの何とも思ってないンじゃねェのかよ……」

御坂妹「実験の価値とミサカの価値を比較し、その結果実験により価値があると判断したまでです。
     所詮ミサカはボタン一つで生まれる単価にして18万の複製ですから、とミサカは言い捨てます」

一方通行「……」

御坂妹「ですが、例え複製であろうとミサカは一個の生命体です。特に洗脳処理を施されているわけでもありませんし、
     生を望み死を恐れることは当然だと思いますが? とミサカは第一位に投げ掛けます」

一方通行「……」

御坂妹「仮にミサカが何も考えずに、何も感じずに死を望んでいたと思っているのならそれは侮辱です、とミサカは断言します。
     ミサカ達はあくまで実験の成功を目指しているわけですから、とミサカは念を押します」

一方通行「……っ」

御坂妹「まあともあれ、貴方が芸人を目指すというのなら実験は無意味になりますし、ミサカもお役目御免になっちゃいます。
     立場が浮いたミサカは暇になるので貴方の相方辺りで手を打とうかな、とミサカは思案しているわけです」

一方通行「目指してねェエエエエエ!! 俺の感動を返せコラ! つーか、なンなンですかァアアアア!! 意味わかンねェし!!
       ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!!」

御坂妹「キレ芸は流行りませんよ?」

一方通行「変に理解を示してンじゃねェよ!!」

御坂妹「では貴方は一体何がしたいんですか!? いい加減にして下さい! とミサカは煮え切らない態度に憤慨します!」

一方通行「」


219 :4/15 [sagesaga]:2010/05/14(金) 20:27:16.55 ID:2r04tyUo

イラッシャイマセー

一方通行「だァーかァーらァーよォー、俺らって……ヒック、本当はもっろちかう形でよォ……」

御坂妹「ささ、嫌なことは忘れてグイッとやってください、とミサカは空になったグラスにビールを注ぎます」

一方通行「んっくんっく……プハー! ケッ、クソ乱造品。オマエまァーら、なにか企んでンにゃねェのかァ?」

御坂妹「企むなんてとんでもない、とミサカは即座に否定します。ミサカも割と楽しんでいますよ? あ、すいまっせーん! 
     シチリア風シーザーサラダとカシスオレンジを……ええ、じゃあお勧めの刺身も頂きます、とミサカは押しの強い店員に押し切られます」

一方通行「店員さンよォ、芋ロック」

ハイ ヨロコンデー

御坂妹「飛ばしますね。まだビールが残っていますが? とミサカは確認します」

一方通行「ほれも飲むに決まってンだろォ……ウック。どォせ能力でいふでも素面に戻れンだっつーのォ」

御坂妹「まあ会計は貴方持ちですからミサカは構いません」

一方通行「……ちゃっかひしてやがンなァオイ。オリジナルの顔が見てみてェ……って、俺会ったことあったンだっらなァ……」

御坂妹「ああ、九九八二号のときですね、とミサカは返しつつから揚げにレモン汁をかけます」

一方通行「俺は塩が好きなンだけどよォ……ヒック。まァどうでもいいかァ。つーか、なァンでこォなンだろォなァ……もっと違った筈なンだよォ、
       ヒック、なンで俺は実験なンか参加しちまったンだっけかァ……俺は何がしたかったンだろォなァ……ヒック」

御坂妹「おや、絡み酒の次は一人語りですか、とミサカは肩をすくめ一方通行の酒癖の悪さに辟易します」

一方通行「さいきょう、さいきょうねェ。ンなことに興味なかった筈なンだけどなァ……ヒック。ガキの頃はもっと違ったンだよなァ、
       クソ退屈な作業なンかもう飽き飽きしてンだっつーのォ……、嫌ンなるぜェ……ウック」

御坂妹「……」

一方通行「俺の能力はいつらって周りを傷つけてばっかでよォ、ガキの頃はそれが嫌で嫌で……、ンァ? 何言ってンだ俺はァ」

御坂妹「――ッ」

一方通行「ンだよ、くっだらねェ。今更ンなこと言っても遅いってンだよ間抜けがァ……ヒック。―――おゥ? だから最強になりたかったンだっけかァ」

御坂妹「……一方通行、貴方は―――――――――――――――― チーズもいけますか? これめっさ美味しいですよ?」

一方通行「あン? チーズなンかめっちゃ好物だっつーのォ。肉とのコラボが不健康なまれに最強だろうォがァ……ヒック」
220 :5/15 [sagesaga]:2010/05/14(金) 20:29:06.84 ID:2r04tyUo

御坂妹「すいまっせーん! チーズから揚げと串焼きフォンデュを一つ!」

ハイ ヨロコンデー

一方通行「遠慮ってェ言葉を知らないみてェだなァ……、まァいいけどさァ……ヒック。あー、実験たりィ……明日サボっちまうかなァ」

御坂妹「明日の実験を中止にするのなら然るべき連絡をお願いしますね、とミサカは出来る女をアピールします」

一方通行「あン? そういや今日の実験はどうしたンだァ?」

御坂妹「ああ、それなら貴方の体調が悪いので今日は休むみたいですよ、と伝えておきました
     ご馳走になりますし、それくらいはしておかないとバチが当たるというものです、とミサカは丁寧に説明します」

一方通行「ンだよ、奢るの確定かよォ……ヒック」

御坂妹「ミサカは余分な金銭は持ち合わせていませんので、とミサカは開き直ります」

一方通行「あっそ。……まら芋来ないのかァ? ビールなくなっちまったぞォ……イック」

オマタセシマシター イモロック カシスオレンジ シーザーサラダ タイノオサシミ デス

一方通行「あァどうもォー、この匂いがたまンねェンだよなァ……グビグビ」

御坂妹「ロックを一気にあおらないで下さい。見てるこちらの気分が悪くなります、とミサカは顔を顰めます。コクコク……ふぅ」

一方通行「うっせェ、どう飲もうが俺の勝手だろうォがァ……おおゥ? いい感じに回ってンなァ
      つーかオマエ平然としてンなァ、仮にも自分を殺す相手だってのによォ」

御坂妹「私情を挟んで酒を不味くするほどミサカは幼くありませんから、とミサカは言い捨てます」

一方通行「らんか違うだろソレ……ヒック。そォいや、オマエまであと何回だァ?」

御坂妹「十三回ですね、とミサカは端的に述べます」

オマタセシマシター チーズカラアゲ クシヤキフォンデュ デス

一方通行「あァどうもォ。……あと13回かァ。オマエ何番らっけェ?」

御坂妹「一〇〇三二号です、とミサカは串をチーズにたっぷり浸しながら言います。串焼きうめぇ。コクコク……ふぅー」

一方通行「マジか、俺も食う。……うめェ。グビグビ……カー!」
221 :6/15 [sagesaga]:2010/05/14(金) 20:30:52.35 ID:2r04tyUo

御坂妹「すいまっせーん! ロック追加で!」

一方通行「おォ、悪ィな」

御坂妹「お気になさらず……カシスも追加で!」

一方通行「ンだよ、オマエもいいペースじゃねェかよォ。……っと、一〇〇三二号っつったなァ、まだ九〇〇〇回以上あンのかァ……クソたりィ」

御坂妹「当分団体戦なしのタイマンが続くようなので頑張ってください、とミサカは投げやりに言い切ります」

一方通行「うぜェ。まとめてぶち殺して終わりになンねェのかよォ……」

御坂妹「ミサカにそんな愚痴を吐かれても困りますね、とミサカはカシスをあおります……ふぅ」

一方通行「そりゃォだよなァ。殺される相手にンな相談されても困るわなァ……つーか、どンな状況だよソレ。
      ク、クハッ、キャハハッハハハッハ! 殺す奴になに言ってンだァ俺は、アホ過ぎンだろ……プッ、キャハハッハハハハ!」

御坂妹「今度は笑い上戸ですか。絡んで語って笑って忙しい人ですね、とミサカは刺身に手を伸ばします」

一方通行「……オマエ、クールだなァ。ここで命乞いでも一つすりゃあ可愛げあンのによォ……ヒック」

御坂妹「無駄死には御免ですが現状実験の有意義さには理解していますので、それは有り得ませんね、とミサカは言い放ちます」

一方通行「あン? アホみたいに死ぬのは嫌なンじゃなかったのかよォ?」

御坂妹「言葉の綾みたいなモノです、とミサカは淡々と言います」

一方通行「……だったら、俺が実験を拒否ったらどォすンだァ?」

御坂妹「それはそれで生き長らえる幸運を噛み締めながら身の振り方でも考えます、その自由があればですが、とミサカは答えます」

一方通行「そォかよ」

御坂妹「コクコク……ふぅ」

一方通行「……帰る」

御坂妹「おや、まだ料理が残っていますが? とミサカは―――」

一方通行「実験は続行だ、明日もやンぞ。……金はこれで払っとけ、じゃあな」

御坂妹「そうですか、では頑張ってください、とミサカは無駄と思いながらもエールを送ります」


222 :7/15 [sagesaga]:2010/05/14(金) 20:33:15.09 ID:2r04tyUo



―――――――八月二一日―――――――――



一方通行「よォ、時刻は八時二十五分ってトコかァ。ンで、オマエが次の『実験』のダミー人形って事で構わねェンだな?」

御坂妹「はい、ミサカの検体番号は一〇〇三二号です。お久しぶりですね、とミサカは返答します。念のため、符丁の確認を行います、とミサカは告げます」

一方通行「……、オマエとクソ酒飲んでから大変だったンだぜェ? 一日休んだだけでスケジュールが狂ったのなンだと言われてよォ。
      お陰で遅れを取り戻すのに無駄に忙しかったわけだァ。この俺がオマエら劣化品に振り回されるなンてのはありえねェよなァ?」

御坂妹「……」

一方通行「つーわけでよォ、この胸クソ悪ィ苛立ちは全部綺麗にオマエにぶち込ンでやっから楽しみにしとけ。楽に死ねるとか思ってンじゃねェぞ?」

御坂妹「符丁の確認をお願いします、とミサカは再度告げます」

一方通行「……、チッ。KY97FLPIMU4DINW4188」

御坂妹「符丁の一致を確認しました、とミサカは伝えます」

一方通行「そォいや、一〇〇一九号だっけかァ? ちょいと飲み過ぎて頭が痛かったからよォ、ムカついて加減できなかったわ。
      内臓ごと体を木っ端微塵にしちまったンだが、ありゃ掃除が大変だったろォ?」

御坂妹「特に問題ありませんでした、とミサカは答えます」

一方通行「あの日はスケジュールの調整とやらでもう三体ほどぶっ殺したンだけどよォ、だンだン愉快になっちまってなァ、
      最後の奴なンか中々素敵なオブジェだったろ? ありゃ俺の最高傑作だ」

御坂妹「ミサカには理解できませんね、とミサカは簡潔に伝えます」

一方通行「次の日はどうぶっ殺したっけ? あァそうだ、体中の血液逆流だったなァ。穴っつー穴から血が噴出してよォ、最高だったぜェ?
      いや俺はオマエらを尊敬するわ。やった俺が言うのもなンだけどよォ、痛ェなンてもンじゃねェ筈なンだけどなァ。
      悲鳴の一つも上げやがらねェからさァ、ホントすげェわオマエら」

御坂妹「……」

一方通行「両腕ぶち抜かれてシャワーみたいに血を垂れ流してンのに、健気に向かってくる様には感涙したぜェ?」

御坂妹「実験にはそれぞれ目的がありますので、それを完遂するまではミサカに死は許されません、とミサカは補足します」

一方通行「あっそ、そりゃァご苦労なこった」

御坂妹「……顔色が優れませんが体調不良ですか? とミサカは自己管理ができていない貴方に呆れます」

一方通行「あァ? 舐めたこと言ってンじゃねェぞコラ。骨折してようが末期癌だろうがオマエらみたいな乱造品はワケねェンだよ」
223 :8/15 [sagesaga]:2010/05/14(金) 20:34:30.75 ID:2r04tyUo

御坂妹「確かにその通りですね。貴方は学園都市で最強の超能力者、例えミサカが何体いようが敵ではない、とミサカは率直に述べます」

一方通行「……、チッ」

御坂妹「午後八時二十九分、四十五秒、四十六秒、四十七秒―――――これより第一〇〇三二次実験を開始します、
     被験者一方通行は所定の位置に着いて待機していてください、とミサカは伝令します」

一方通行「……」

御坂妹「? 実験は開始しました、とミサカは問い掛けます」

一方通行「……」

御坂妹「実験は開始しましたが、どうして貴方は動かないのですか? とミサカは再度問い掛けます」

一方通行「……そンなに死にてェのかよ」

御坂妹「その答えはすでに貴方は知っている筈では? とミサカは言葉を返します」

一方通行「あァ、嫌になるほどなァ。どいつもこいつも同じこと言いやがってよォ、飽き飽きすンだよオマエら」

御坂妹「ミサカ達は脳波リンクで繋がっています、とミサカは種を明かします。
     そして、常時情報の共有を行っていますのでそれは当然の事です、とミサカは答えます」

一方通行「……そォかよ」

御坂妹「それではもういいですか? とミサカは再三にわたり問い掛けます」

一方通行「好きにしやがれ」

御坂妹「……」

一方通行「……」

御坂妹「……どうしてですか? とミサカは唐突に問います」

一方通行「意味わかンねェよ」

御坂妹「何故実験を行わないのですか? とミサカは言葉を変えます」

一方通行「……」
224 :9/15 [sagesaga]:2010/05/14(金) 20:35:18.84 ID:2r04tyUo

御坂妹「ああ、ちなみにですが、貴方とお会いしたミサカは一〇〇三二号ではなく、一〇〇一九号です、とミサカは前振りなく真実を語ります」

一方通行「……ア?」

御坂妹「一〇〇一九号です」

一方通行「―――ッ、オイ、ちょっと待て。オマエ今なンつった?」

御坂妹「一〇〇一九号です、すでに貴方の手によって殺されている、とミサカは事実を伝えます」

一方通行「はァ!? ンなわけねェだろ!! あンときオマエが一〇〇三二号って…………ッ」

御坂妹「何を焦っているのか理解できかねますが、脳波リンクによって情報は共有済みですので、とミサカは繰り返し言います」

一方通行「……は? その冗談は、全然笑えねェぞコラ。オイ、なンとか言いやがれ乱造品」

御坂妹「彼女、一〇〇一九号が何を考えミサカの検体番号を名乗ったのかは不明です、とミサカは答えます
     その辺りの情報は共有していませんでしたので、ミサカの知りうる事柄は一〇〇一九号の視覚情報と聴覚情報のみです、と―――」

一方通行「――ざ、っけンじゃねェぞッ!!」

御坂妹「……あ、ぐっ……」

一方通行「なンとか言いやがれ!! オマエが一〇〇三二号なンだろうがァ!!」

御坂妹「……です、から……貴方と会ったのは、一〇〇一九号で……あると……っ」

一方通行「ンなことが、あってたまっかよ……。嘘って言えよ、オマエなンだろ!? そう言いやがれ!!」

御坂妹「違い……うぁっ、ぐぅう!」

一方通行「オイ! オマエなンだろうがァ!!」

御坂妹「が……、…………………ミサカ、では……」

一方通行「―――」

御坂妹「ッ!? ……………………ぁあ」

一方通行「……違うってェのか、あァ!? 舐めたことしてンじゃねェぞ乱造品がァア!!」

御坂妹「―――――あ」



225 :10/15 [sagesaga]:2010/05/14(金) 20:36:42.10 ID:2r04tyUo





一〇〇三三「―――――第一〇〇三二次実験の終了を確認しました、とミサカは伝令します。
        予定通り引き続き第一〇〇三三次実験を開始しますので被験者一方通行はそのまま待機していた下さい、とミサカは告げます」

一方通行「……ア? ンだ、それは……」

一〇〇三三「実験は予測演算の想定通り無事終了しました。スケジュールに遅延はありません、とミサカは簡潔に説明します」

一方通行「……っ、オイ、そりゃどォいうことだっ!?」

一〇〇三三「実験に支障のない範囲でならお答えできますが、それでよろしいですか? とミサカは問い掛けます」

一方通行「さっさと言いやがれ!!」

一〇〇三三「では、一〇〇三二号は予定通り貴方と接触し情報を誤認させたまま殺害されました、とミサカは答えます」

一方通行「……は?」

一〇〇三三「一〇〇一九号というのは単なる方便です、とミサカは言い捨てます」

一方通行「ン、だと……」

――――はい、ミサカの検体番号は一〇〇三二号です。『お久しぶりですね』、とミサカは返答します

――――実験にはそれぞれ『目的』がありますので、それを完遂するまではミサカに死は許されません、とミサカは補足します

一方通行「あいつ、は……」
226 :11/11 [sagesaga]:2010/05/14(金) 20:39:13.76 ID:2r04tyUo

一〇〇三三「貴方と飲食を共にしたミサカです、とミサカは簡潔に答えます。
        ……個人的な感想になりますが、非常に残念な結果である、とミサカは肩を落とします。
        貴方は一〇〇三二号のサインに気付くことができなかった。ただ、それだけのことですが」

一方通行「……っ」

一〇〇三三「一〇〇三二号から伝言を受け取っていますが、聞きますか? とミサカは確認を取ります」

一方通行「……」

一〇〇三三「肯定と受け取ります、とミサカは言います。『実験を完遂してください』だそうです、とミサカは伝えます」

一方通行「……その伝言ってやつも、実験かァ?」

一〇〇三三「……」

一方通行「はン、答えれねェのかよ。あァいいぜェ、どっちみちそのつもりだ。これからも何も変わらねェ……終らせてやるよ、それでイインだろォが」

一〇〇三三「……」

一方通行「……くそったれが」

一〇〇三三「……、午後八時五十九分、四十五秒、四十六秒、四十七秒―――――これより第一〇〇三三次実験を開始します、
        被験者一方通行は所定の位置に着いて待機していてください、とミサカは伝令します」









おわり

全然15なかった
227 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 20:46:26.25 ID:kLEfqJ.0
ぎゃぁぁぁぁぁぁ!!
悲しすぎるぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!
228 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 21:04:28.38 ID:dwkcH4ko
あぁ…
229 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 21:11:34.64 ID:9Opnayso
乙!
しかしこれは……上条さん、早く上条さんを呼んできてあげて!
230 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 21:14:34.87 ID:Ot6Vh8U0
原作でも悲しいのにSSでも悲しいのとかやだ…
231 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 21:17:59.90 ID:ZHnNCEk0
やべぇちょっと涙が……
232 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 21:20:49.04 ID:37jxKZc0
なかなかの名作。乙です
233 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 21:30:47.16 ID:jMcQJXA0

ごめんなんかマジ泣きしちゃったんだけど
234 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 22:36:35.38 ID:GpQt9cDO
ちょっと泣きそうになっちまったぜ……
235 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 22:42:12.52 ID:NuUCkiQo
と言うか泣いちゃったぜ・・・くそ・・・。
236 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 22:48:53.11 ID:RHSjqADO
落差が・・・
237 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 23:32:35.82 ID:NuUCkiQo
なんか実験が止まって、よかった。ってのもあったけど。やっぱり亡くなったミサカ達が無意味になるんだよなぁ・・・それを改めて感じさせられたぜ。
死んでいったミサカ達は「無事に実験成功を祈る」って全員が思ってるんだもんなぁ。なんか戦争で死んでいった神風特攻隊を思い出した・・・。
とにかく良作だったな。二回目の書き込みになるけどww
238 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 23:49:59.02 ID:YLPifmQ0
まあ原作のミサカ達は成功を祈るとまで思ってたかは分からんけどな
実験の為に生まれたとは思ってたけど

しかし切ないなー、乙
239 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 23:51:40.05 ID:WIfWCiEo
死んでいったミサカの記憶は生き残ったミサカの中に残るけど、死んだミサカはそこで全てが止まったままなんだよな……
240 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/14(金) 23:54:01.24 ID:N.lW1mMo
こんな実験繰り返させられてたらそりゃ性格歪むよなあ……
241 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/14(金) 23:55:02.93 ID:Q8XQh1w0
うん、なんか刺激された
>>226乙だにゃー
242 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 01:22:00.03 ID:nSmclDIo
まぁ唯一の救いは、滞りなく絶対能力進化実験を行なっても、黒翼が出る程度で、絶対能力にはたどり着かないってことぐらいか。あれ、そういえば、第三期製造分で、実験が続くエンドになったSSがあったよな。前スレだっけ?
243 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 01:29:23.79 ID:98/yggoo
結局、実験は完了しないわけよ
アレイスターの目的は妹達を世界中にばら撒くことだから
20000人殺しても何かの理由をつけて追加生産するんだろうし
244 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 04:04:38.83 ID:t.CFiVY0
バトル展開ものに挑戦しようにも、戦う時の表現方法が難しい。
薄暗い雰囲気の文章をかくコツなどがあればご教授願えませんか?



「……まぁ、どうでもいいか」


そんなこと自体、さして興味のある事柄でもない。
長いことこんな日常を繰り返しているせいで、酷く感覚が鈍ってしまったのかもしれない。
つまらない考え事に時間を食うのは癪だと、美琴は右手でコインを構えた。


「う、ぁ…、死にたくない、死にたくないぃぃいいい!!」

「煩いわね、耳障りよ」


目の前で無様に泣き叫ぶ男を一笑する。
男の目に映るコインはゆっくりと放物線を描く。
右手の親指で弾かれると同時に莫大な磁力がかけられて、コインは音速の三倍で飛び出した。
弾道と化したソレは、男の腹部をぶち抜いて、空高く舞い上がり次第に散っていく。


「あーぁ、つまんない仕事だったわねぇ」


心底つまらなそうなため息が当たりを包む。
えぐり出された内臓でベトベトになった男の肉塊が御坂の方へと倒れ込んでくる。
昨日買ったばかりにの服が汚れるのが嫌で、御坂は右足を振りあげた。
山のように積み重ねられた十数体の死体の上に、赤い液体で染まった肉塊が放り込まれた。



バトルとかになってないし、どうも地の文が単調に……。
245 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 08:38:05.99 ID:mUC382DO
薄暗くて重い表現にしたいならあえて漢字を多用するとか。
字面の雰囲気ががらっと変わると思う

あとあえて言うなら最初のブロックが そんなこと、長いこと、考え事 で「○○こと」って表現三連な所を修正するとか
つまらないって言葉が多用されているのを別な表現にするとか?

うーん全部敢えて言うならって感じになっちゃうなぁ
246 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 10:34:33.96 ID:kDPqxkAO
>>244

暗部物か?期待してるよ
247 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 11:25:52.57 ID:Bzrwit6o
続きを待ってたSSが朝起きて更新したら落ちてたときの絶望感と言ったらないね
248 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 11:37:36.80 ID:iQFhwMko
いまVIPでサンレッドが元ネタのSSやってるけど
保守が際どくて落ちるところだったぜ……落ちなくてホッとする
249 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 12:33:20.74 ID:ChYLlkDO
>>245
アドバイスありがとうございましすm(__)m
「こと」の重複は気付かなかった……。被らないように書き直してみる!
漢字の使い方にも工夫必要なのかぁ。すごく参考なりました、本当にありがとう

>>255
美琴暗部ネタっス。特定の組織に所属しないでフリーライセンス?で自由気ままに仕事をする美琴が、
時々「案内人」あわきんとコンビを組んで仕事したり、一方通行とバトルったりとか、そういう感じで妄想中。
期待とか言ってもらえるの嬉しす。もうちょい頑張ってみる。
250 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 12:41:22.32 ID:nSmclDIo
>>244
 バトルシーンは難しいですよね。何をしているのか分かる程度に描写を行なうさじ加減が特に。地の文が多くなると、スピード感はでませんし。

 バトルがどういう位置づけなのかによって、必要なものも変わります。>>244は虐殺(弱いものいじめ)なので、もっと描写を省略してかまわないでしょう。そして、こんな雑魚相手に必殺技である超電磁砲を使うのは美琴を安く感じさせます。

 それに、美琴の超電磁砲は威力がすさまじいので対人に使う意味がない点もポイントです。至近距離で人で[ピーーー]なら、雷撃の槍やスタンガン的に電撃を使う方が有用です。読者にこうしたほうがよくね。と思われるのもマイナスになりますのでご注意を。

 虐殺シーンなら殺られる方を視点人物として描写するというのも方法のひとつです。13巻における猟犬部隊VS一方通行が参考になるかと。あそこはやられ役の猟犬部隊を中心に描写することで、一方通行が実際の所なにをしたのかということをほとんど描写せずに、一方通行が新しい強さを手に入れ、勝利することを演出しています。なお、スプラッタシーンが長々と描写されるのは一方通行のキャラ演出ですので、戦闘描写とは関係ありません。

 なんだかよく分からないうちにスマートに倒されてしまうというのも強さの表現になります。20巻における美琴の爆撃機ハイジャックでは戦闘は1行も描写されていませんが、パイロットが襲撃をうけたことを報告する、あるいは警報を発する隙もなく、機内が美琴によって制圧されています。これにより、彼女がスマートかつ素早く敵を無力化するスキルを持っていることが描写されています。

 とにかく、バトルでは、誰の強さを引き立てるのかということを中心に捉えた方がわかりやすいと思います。長くなりましたが、何かの参考になれば幸いです。
251 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 12:44:05.01 ID:70eRAzYo
やべえ、超参考になる。
前スレで中断してから全然書き進んでないけど。
252 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 12:44:36.96 ID:39abD2AO
>>244
バトル描写なら、双方もしくは多方の動きを細かく描写する必要がある。その例だと、男が叫んでるだけの棒立ちでただの的になってる。

薄暗い表現は、とにかく厨ニだったりハードボイルドだったりの作品を読めとしか……

俺なりにアレンジしてみた


「……ま、そんな事、どうでもいいか」
さして興味が有るわけでもない。

長いこと錆びた日常の繰り返しで、感覚が鈍ってしまったのだろうか。
つまらない事柄に時間を食うのは癪だ。
美琴は思考を振り払うように指でコインを宙に弾ませた。

「う、ぁ…、死にたくない、死にたくないぃぃいいい!!」

男は無様に世迷い言をあげ後ろを振り返り、もつれる足も構わず逃げ出していく。

「るっさいわねぇ!耳障りよ!」

目の前で泣き喚く男を一喝する。

良く通るその声はパニックに陥った男の鼓膜をさえ踏みにじり、彼の両足をすくませた。

美琴の目に映るコインはゆっくりと重力に従って落ちていく。
手元に戻ると同時に右手の親指で弾かれると、莫大な磁力を糧に音速を超え、咆哮を上げながら男に襲いかかっていった。

光線と見まごうそれは、男の腹部を背中から訳もなく貫くと、空高く舞い上がり次第に四散していく。

「あ?……ゴボァッ…か……ぁ……?」

間も無く死体となる塊は、自らに何が起きたのかを認識する事ができず、フラフラと当てもなく漂い歩く。

「あーぁ、つまんない仕事だったわねぇ」

闇を吐き出したかの様なため息が、静寂な夜に澱みを生む。
えぐられた内臓でベトベトになった男の肉塊が美琴の方へと倒れ込んできた。

昨日新調したばかりの服が汚れるのを嫌い、美琴は右足で蹴りあげる。
足に不快な感触を与え鈍い音を辺りに響かせ、それは山のように積み重なった十数体の肉塊の、新たな物言わぬ統治者となった。


音速の3倍とかは説明としては良いんだけど原作がやってくれてる事だし、何よりイメージしづらい。
253 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 12:45:08.85 ID:nSmclDIo
>>249
おお、フリーランスか、いいですね。『DTB』みたいな、エスピオナージ超能力アクションは読みたいなぁ。実際の所、美琴はひとりで何でもできちゃうキャラなので、ソロアクション向きなんですよね。
254 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 13:09:27.18 ID:k1Rj.Vwo
>>250
あなたの解説は非常に参考になる……!
どれもこれも納得だぜ。
コピペしていつでも見れるようにしておこう。
255 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 13:23:33.33 ID:t.CFiVY0
>>250
誰の強さを引き立てるのかが大切。まさに目から鱗です。
視点を何処に置くのか、そのバトルで何を強調したいのかも考えないと駄目ですよね。
超電磁砲は確かに選択ミスが拭えきれない orz キャラの能力もよく観察しないとなぁ。
暗部にいるなら美琴も効率的に戦うことを重視するだろうし、やはり雷撃とかのほうが自然っすよね。
ご丁寧はアドバイスありがとうございます。凄く参考になります。

>>252
同じ流れなのに、まったく違う……!!男の動きも付け加えると本当に別物に…すげえぇええ
自分の文章だと戦闘描写があまりにも無さ過ぎる、といのが一番の欠点なのように感じます。
あとは文章力不足と語彙力の足りなさも痛感。描写もわかりやすくかつイメージしやすいほうが良いのかぁ、勉強になります。
躍動的な例文をみると、自分の淡々とした味気ない地の文の改善点がたくさん見えてきて有難いです。
わざわざアレンジまでしてくださってありがとうございます。負けないくらいの文章書けるように頑張ります!

うはーっ、色んな人から意見いただけて超幸せ。やる気出る! 超頑張ろう。
256 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 14:30:20.60 ID:yCt4n4c0
>>255

御坂暗部ものはまじで読みたかった

期待してるぜ
257 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 15:23:53.34 ID:kDPqxkAO
暗部ネタSSはあまりないよね
麦恋の奴しか知らない
こないだ立った奴は作者が残念な奴だったしww
258 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 15:50:09.82 ID:HKBwxU.o
麦恋よかったな
あのスレ立ってからバトルものとか地の文付き増えた気がする。
あとインデックスのSS解説も結構影響あるな。
259 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 15:54:16.71 ID:HKBwxU.o
すまん、age進行だったな
260 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 16:19:32.31 ID:iQFhwMko
暗部ネタは取り扱い注意だから厳しいな
キャラ崩壊の次の流行はシリアス路線か
261 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 16:22:21.00 ID:ABWCHhUo
さっさとシリアス終わらせて俺は黒子といちゃいちゃするんだ……
262 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 16:28:05.74 ID:iQFhwMko
え? 黒子なら俺の隣にいるんだけど……
263 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 17:23:55.54 ID:Gv/4vYs0
そりゃ軍覇だ
おれによこせ
264 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 17:52:01.53 ID:tAK7Tg20
唐突だが、幼き頃のねーちんはこんな子だったのだろうか・・・・・・
http://beebee2see.appspot.com/i/agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQY3qaSAQw.jpg
265 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 18:44:56.46 ID:1WvnmMDO
>>264
はいてないな
266 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 19:37:37.05 ID:OUUB3IDO
今更かもだがレールガンの原理とかはある程度理解してから描写したほうがいいかと
267 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 19:44:55.46 ID:iuChf/Yo
>>266
レールガンの原理を考えると、あの姿勢からじゃ撃てないと思うんだが。

かまちー科学に細かいことを求めちゃいけない。
突っ込みどころを指摘していけば、本編より長くなりそうな世界なんだし。
268 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 19:51:55.87 ID:1DCsEewo
軽くレールガンっつーよりコイルガンっぽいよなぁ
必死に原理見てるけど。

だがアニメの最終回の描写は・・・うーん・・・。考えちゃダメだな。
269 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 19:56:37.28 ID:qSI2PF2o
上条さんの幻想殺しは異能の能力を打ち消す
 ↓
だったら『科学』である超能力が打ち消されるのはおかしくね?
 ↓
超電磁砲はレールガンっぽい魔術的なよく分からない原理だったんだよ!


最近こんなんでいいんじゃないかと思ってる
270 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 20:06:17.70 ID:39abD2AO
>>264
けしからんな
>>268
アニメの最終回はカッコイイ上条さんと最後のブッ飛ばされる黒子のためにある
271 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 20:07:51.17 ID:iQFhwMk0
>>268
奇遇だな、俺も物理とか科学の知識ゼロだけどwikiとか見て描写に使おうと思った・・・・・・
が、無駄だと気づいてそれっぽい説明しとけばいっかって思ってる

紫電、バチン、火花、雷光、閃光、奔流、帯電、放電、轟音とか適当に並べておけばとりあえずいいだろwwwwww
272 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 20:10:41.57 ID:jpWzNoAO
どうも超能力ってのは、科学の皮を被った魔術の一種みたいな感じなんだよな
超能力者は魔術を使えないらしいし、科学的にはねーちんやステイルは無能力者らしいし
273 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 20:14:20.84 ID:iuChf/Yo
>>271
地味に、科学関係ってネットじゃ調べにくいんだよね。
ウィキペディアの項目とか、専門知識を持っていること前提で書かれているし。

イメージ先行で書いて良いと思うぞ。
上にも書いたが、そもそも細かく考えていくと原作と矛盾することになるわけだし。
274 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 20:15:10.74 ID:ABWCHhUo
超電磁砲の本領はその汎用性にあると思うんだけどね。一方通行も然り

なんとなくだけど原理は分かってる気がするんだけど……シュレディンガーの猫のくだりとかもろ被りで初めて読んだ時は泣いた
275 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 20:18:46.39 ID:39abD2AO
>>274
磁力で看板やマンホールの蓋を引き寄せ、盾に使うって描写は素晴らしいアイデアだったよなぁ
276 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 20:22:00.36 ID:HKBwxU.o
科学と言っても結局「AIM拡散力場」と「自分だけの現実」自体がよくわからないから
根本的には魔術と大して変わらないと思ってる
277 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 20:24:33.08 ID:ABWCHhUo
物凄いスレチな気がするけどPRとかAIMについての俺の認識語ってみてもいい?
駄目出しとかあればそれはそれで
278 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 20:25:01.06 ID:iQFhwMko
美琴の能力は汎用性がありまくりで、便利に描かれてるから幾らでも使い方があるんだろうけど
公式で使われない使い方しだすと際限ないし説得力持たせるだけの知識がないから、結局公式設定から少しはみ出すくらいしか無理なんだよな

つか、レールガンの漫画で初春に符丁のことで聞いてたじゃん
あれって俺の中では強引な介入はできるけど(ネット介して機材爆破、電子ロック解除、配電から大まかな構造解析)
スキルとか知識がいる情報検索だとかはできねーって感じの解釈でいいのかね
でもアニメでPCにチカラつかってハッキングだか何だかしてた描写あった気もするし、よくわかんねーんだよな
279 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 20:26:50.13 ID:ABWCHhUo
>>278
あれは能力以前に電子暗号みたいなものだから無理だったんじゃ?
初春は地味に暗号解析とかにもガーディアンっぷりを発揮してそうなんだけど
280 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 20:31:23.51 ID:JZeUUuEo
>>268
最終回のアレは超電磁砲加速の為に必要な電磁砲身的なもの同士(実砲身や手よりもずっと先まで延びている)が
競りあった結果、そのエネルギーがジュール熱を発生させてウンどうでもいいや
281 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 20:31:52.43 ID:39abD2AO
>>277
今のうちだろ語っときな
282 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 20:35:05.03 ID:iQFhwMko
判断に悩むな……
>>279
語りたければ語ればいんじゃね?
50行いっぱいとかあったら読む気しねーが

『自分だけの現実』はイミフだよなあ
あえて言及は避けて超解釈でぶっ飛んで書いた方がよさそう
283 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 20:52:08.54 ID:.ytqhvI0
自分だけの現実ってようは思いこみじゃね?
レベル0→使えるわけないと思ってる
能力者→自分が能力を使えると強く思いこむ
みたいな。まあよくわかんね
284 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:03:09.29 ID:ABWCHhUo
んじゃ簡単に。俺文系の方なんで哲学的な思考になるけど簡便な

前略量子力学が云々確率がどうのこうの認識のズレがなんちゃら猫かわいい

で、「開発」によって(言い方は悪いけど)常に精神錯乱状態になっている能力者は「現実世界」とは別のPRを手に入れる
PRは現実世界とよく似ているものの、一点において現実世界とズレが生じている

そのズレが「能力が使えること」
御坂美琴を例にすると「自分が電気を操れる」というある種の妄想に囚われている
いわば能力の使用は自分の妄想(能力)を現実世界に垂れ流している状態だと
ただそれは現実世界を元にしたものなので物理法則からはあんまり外れられないんじゃないかなとか

AIM拡散力場はその垂れ流しの一部が漏れている状態かな?と思ってたり


正直Wikiのとそう差があるのかと思った
幻想殺しはその妄想を引っ叩いて目を醒ませる、って感じだろうか
285 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:08:09.82 ID:qSI2PF2o
>>283
レベル5がものすごい厨二病集団に見えてきた
286 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 21:16:29.10 ID:iQFhwMko
>>284
すまん、なんか普通
もっと踏み込んでゴツイ専門語とか並ぶのかと思ってたwwww
俺も大体そんな感じの認識

レベル5は基本厨二だろwwwwww
社会人になって思い出すと[ピーーー]るレベルのwwwwww自覚のあるていとくんも悶絶できるだろww
まあ実際殺し合いしてるから、厨二乙wwとか言えないが
あれで能力なかったら末期患者だな
287 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:19:36.61 ID:qSI2PF2o
もしかして俺達って学園都市に行ったらかなりの実力者になれるんじゃね?
288 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 21:19:54.35 ID:7wYVOe20
要約すると信じるものは救われる…と
289 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:20:08.23 ID:1DCsEewo
>>285
あながち間違えてない。

AIMは垂れ流しか・・・同じ波長の人のが分かる(美琴が御坂の存在に気づくように(漫画参照))ってのは同じ考えの奴がいるって認識でいいのか。
それ考えると風斬ってすごいな・・・人の妄想から生まれたんだもんな


胸がでかいの納得いったわ。男だろうが女だろうが胸がデカイ事を望むもんな!
290 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 21:20:24.43 ID:pLERRiwo
足元をな
291 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:22:37.72 ID:wFzs6b.o
なんか覗いてみたら凄い流れになってたでござる
自分にはわけわかめ
292 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:23:12.26 ID:HKBwxU.o
>285
あながち間違いじゃないかもなww

人間は自分が想像できる範囲のことは大体実現できるって言うけど、それがPRじゃないか?
現実世界の法則に自分の妄想を当てはめてみて、ある種「自分の中で物理法則と辻褄を合わせる」ことによって
「これ現実的に実現可能じゃね?」って思い込むから発現できるんじゃないかと。

それでどうやって妄想を現実世界に現象として吐き出すんだよって話だが、
AIM拡散力場というキャンパスに妄想を投影するようなもんなのかも。
そのせいで時々物理法則勘違いした妙に魔法じみた現象も起こる。

だからレベル5はみんな脳内お花畑の中二野朗。
大人が能力使わないのは中二病卒業したから。

つまり一方さんは学園都市最強の設定厨
293 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 21:23:46.48 ID:iQFhwMko
あの髪型と眼鏡はねーよ
294 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:24:18.56 ID:ABWCHhUo
なんてーか、独特の空気とか雰囲気?みたいなのあるじゃん。オーラ的な。アレ
妹達は美琴のクローンってことで同条件でエレクトロマスターの素養を持たせたはいいけど「思い込み」が足りず低レベル止まり、とかなんとか
295 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:25:50.54 ID:ABWCHhUo
だから別に超電磁砲の仕組みがどうのこうのじゃなくて
美琴ができると思い込んだからできてるわけで物理現象は後からついてくるんだとかなんとか。アニメ最終回とか
296 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:27:06.04 ID:/yl0VIAO
すごパの人はなんか厨二とは別な気がするな
根性があればなんでも出来るを地で行ってるだろ
297 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:28:50.58 ID:ABWCHhUo
だからあれは本当に「根性」でやってるんじゃね? 理屈とか抜きで
他の学生連中はなまじ頭いいしちゃんと開発も授業も受けてるから科学に囚われてるだけで
298 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:29:45.97 ID:HKBwxU.o
すごパはとりあえず何でも根性でぶっ飛ばせると思い込んでる超根性論者だから
大雑把な能力なんじゃないかとww
299 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:30:33.13 ID:wFzs6b.o
無茶苦茶関係ないけど
今日禁書SSスレ結構立ったな
やっぱ休みだからか
300 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:32:03.55 ID:1DCsEewo
皆リサイクルしようって考え無いもんな・・・。
301 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:32:40.82 ID:.ytqhvI0
>>296
アレは超能力であるかも不明じゃなかったか?
そういや■■も原石だったよな…
302 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 21:33:32.76 ID:0rj3hdko
その考え方だと、各人の能力に適正があるのは何でなの?
303 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:37:02.43 ID:ABWCHhUo
素質の一言で済ませると元も子もないので
一点に集中しないと現実を歪曲させるほどの強い妄想はできないんじゃね?とか
基点から伸ばす事はできても別の穴を開ける事はできないとかなんとか

そろそろ黙ろううんスレ汚しごめん
304 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 21:37:40.75 ID:iQFhwMko
素質、素養、資質、才能、好きな言葉を入れればいいと思うんだよ
思い込みも大切だが、体(才能)と心(妄想)が合致しないと強い力がでないんじゃね? とか考えてます
305 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:40:46.50 ID:iuChf/Yo
なんだかんだ言いつつ、その現象に対する深い認識と、細かい部分まで想定できる想像力も必要だろうな。
あとは、人知を超えた数学力か。
306 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 21:48:34.34 ID:iQFhwMko
そういや演算力だとか設定もあったな……
地味に努力してチカラをつけていくとかいう
307 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 21:55:53.87 ID:qSI2PF2o
>>304
前書いたSSで体と中身が合わないと能力が正常に発現しないみたいな感じにしてちょっと苦しいかとも思ったが
こうやっていろいろ考えてみるとあながちそんなに酷い設定でもなかったかと思えてくるな
308 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 21:55:54.94 ID:1HebwAs0
SS書くときはいつも、「細けェこたァいいンだよ」の精神で妄想を垂れ流してます。
能力をまじめに考察したらキャラ入れ替わりネタなんて突っ込みどころ多すぎるわ。
黒子かわいい。
309 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 22:02:23.89 ID:RzwPKcDO
>>308
今日唐突に読みたくなったんだけど
入れ代わり物でなんかオススメあったりしない?
310 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 22:03:56.76 ID:ABWCHhUo
>>308
姫神じゃねえのかよ
311 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 22:16:00.34 ID:jMyZPIDO
絶対可憐チルドレン
ttp://websunday.net/manga/children/read/00101.html
312 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 22:31:40.24 ID:7ViYAfwo
絶チル葵のテレポーター能力は間違いなくレベル5だろうな
313 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/15(土) 22:53:26.10 ID:iQFhwMko
なついなおいww
書き溜めてた1,2巻のクオリティに高さに嵌ったけど、連載の質低下で切ったのはいい思い出
GSは面白かったが、絶チルは臭すぎたな
314 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 23:40:16.39 ID:wFzs6b.o
あげとくか
315 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 23:55:18.21 ID:d698WoU0
一方さんとアレイスター足したら兵部になるな。
316 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/15(土) 23:56:01.68 ID:wFzs6b.o
垣根って兵部に似てると思うんだ
317 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 00:22:05.53 ID:KfbODVko
SSでオリキャラ出すのってどう思う?
クロス系SSでオリキャラの魔術師出して、上条さんと戦わせようと思ってるんだけどさ。
事前に「オリキャラ出ます」って説明しておけば大丈夫かな?
318 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 00:23:03.24 ID:Xm4uW2AO
脇役ならいいのでは
319 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 00:26:46.49 ID:lvXD7sAo
世の中にはそれで長編書こうとしてる馬鹿もいるんだぜ……俺だが
320 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 00:38:55.64 ID:cVsci1oo
オリキャラは書きやすいんだが、読むとなるとどうしてもいらないんだよなぁ…
俺が聞きたいのは、原作ifで半オリキャラ化、性格改変ってのはどう思う?
出来ればオリキャラを受け付けられない人に答えて欲しいんだが…
321 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 00:41:04.90 ID:8VdACbUo
俺はオリキャラ受け付けないが既存のキャラを性格改変なら大丈夫
322 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 00:41:48.28 ID:oZarg12o
下手なオリキャラ無双にならないのならいいと思うよ
323 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 00:42:53.42 ID:Xm4uW2AO
一方スレとかで多いがキャラ設定崩壊させてる方がいらないわ

ただ単に禁書のキャラ借りて喋らせてるだけじゃん、あれ
324 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 00:43:24.81 ID:t2mfwyoo
キャラ崩壊もオリキャラも好かんです
325 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 00:45:46.46 ID:KuF2Kqoo
既出だが
オリキャラが話の歯車ならいいが、オリキャラ出したくてオリキャラ出すならやめとけ
それと原作組みが負けるにしても、余程納得できる展開じゃなきゃ当然荒れる。話の進行上必要な展開でもな
でもまあ説得力があればどんな展開でもおk これに尽きる
326 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 00:47:08.85 ID:cVsci1oo
>>323
難しいのが、一方さんのキャラなんだよ。
良くつかめないし、ギャグに使いづらい。

まぁ俺も一方さんを無意味にいじめたり
完全なロリコン化はいただけないがww
327 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 00:59:48.81 ID:KfbODVko
>>325
ほーそうなのか。
まぁ出したいと思って出すんじゃなくて、上条さんたちに負ける前提で構想を練ってるから大丈夫かな?
参考になったわ。
328 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 01:11:13.35 ID:9g/EWUU0
禁書キャラは口調が特徴的だから
ある程度キャラ崩壊してても何とかなるのがキャラ崩壊の原因じゃね
まあ最初からギャグとか軽いノリならいいんじゃねえのと思う

一方さんのキャラを原作遵守にするとシリアスしかできないしな
329 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 01:16:25.57 ID:M91LzkDO
>>326
俺は完全なロリコン化よりも無駄に乙女チックになってる方が頂けないわww
なんか泣いてたりとか それもう別キャラじゃねーかって思うww

ロリコンはまだ原作の設定から膨らませた要素ではあるけどさー
泣くのはねーよ泣かないでキチ笑いして怒って大暴れするタイプだろ…
330 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 01:23:59.01 ID:cVsci1oo
>>329
それでも、彼の涙を見てみたいと言うのも
ワイのロマンぜよ!

…ごめん、今書いているヤツで泣かせる気満々だわwwww
俺としては、ああいうキャラとか、お父さんとかが泣くと弱いのよ…
涙線にクルね。

ガチロリは膨らませても無いべ…
原作でその片鱗まるで皆無じゃんww
331 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 01:24:33.38 ID:ewZTFMQo
ギャップ萌えって奴か。
332 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 01:30:27.62 ID:..SBvzo0
原作の一方さんは泣くよりも前に泣き方がわからなそうなイメージだな
だから感情のぶつけ方がどうしてもあはぎゃはになってしまう、みたいな

まぁ、俺も涙目になる一方さんは正直嫌いじゃないんだけどな!
原作のシリアスなの見てると、多少キャラ崩壊してもいいからSSだけでもワイワイやっててほしいってのはある
333 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 01:33:33.28 ID:HTWj5N2o
一方さんが泣くときって20巻で上条さんに八つ当たりした時みたいになりそう
泣くこと自体打ち止めとかになんかないとないだろうし
334 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 01:36:01.18 ID:6y/eNG20
一方さんって簡単に言うとベジータだからいじりやすいのもわかるww
335 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 01:46:42.65 ID:djFpG2AO
オリキャラ出したいならそのオリキャラで妄想膨らましてオリジナルストーリー創作した方がいいと思うの俺だけ?
336 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 01:53:26.05 ID:..SBvzo0
IFストーリーの敵役なら別にいいんじゃないかって気もする。
悪の魔術師Aぐらいの存在感なら、って話だけど
オリキャラがメインだったり、日常でもしょっちゅう絡んでくるならオリジナルでやれっていうのは同館
337 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 01:54:15.02 ID:cVsci1oo
>>335
設定考えるの面倒なんじゃね?
後その世界の人々のことが好きで、それに混ざりたい。
または認めてもらいたいって考えているとか。

俺もそう考えてオリキャラ無双とか考えちゃうんだよなww
それで思い直すんだよ。これ他人が見てどこが面白いんだ?、ってさww
338 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 02:00:15.98 ID:XDEVk2AO
>>334
「クカキカコカッ!次はにンじンさンですかァ?面白ェ……赤ェ顔して興奮してンのかァ?ヒャハハハハハアハッ!!ズッタズタの千切りにして地獄の強火で萎びるまで炒めてやンよォォオ!!」

「なァお前……塩コショウって知ってるかァ?なンでもこいつを振りかけるとよォ……どンな野菜も美味しく食べられるンだと。お前……自分は苦いから俺が食わねェとでも考えてたかァ?あはぎゃはっ!!」

一方通行様のお料理地獄の妄想余裕でした
339 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 02:00:53.87 ID:6y/eNG20
>>336
CDドラマとかに出てくるような奴だな
340 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 02:01:41.82 ID:ewZTFMQo
>>338
畜生ww笑っちまったwwwwwwww
341 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 02:02:03.92 ID:lvXD7sAo
 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉―_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ 
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/       嫌いじゃない
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐!-‐"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`‐--‐´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽ ヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /    ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_   ヽ  |ヽ
342 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 02:02:53.39 ID:HTWj5N2o
>>338
笑ってしまった、うまいなぁ
343 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 02:05:39.30 ID:5qOGxjQ0
既存キャラをぶん殴って超自己主張するようでキャラクターなければ別にいいと思う
バトルものならどっちみち敵は基本オリジナルになりやすいし

オリジナル設定としては妹達が使いやすすぎて困る
10000近くいるうえに個性が芽生え始めてる設定だしな
344 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 02:25:51.61 ID:XDEVk2AO
>>343
プラス超能力と魔術で何でもアリ、オリジナルのキャラも作りやすい。あと冥土帰しで死なない。

こんな遊びやすいテーマパークねえなって感じ
そりゃSSも増えるよな
345 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 03:25:51.82 ID:wDOSYnQ0
>>343
そうだね、俺もMNWネタ流行る前からもしこんなミサカもいたら…って妄想してたもん

ところでこのスレってクロスはおkなのか?
なんとなく宗助とか絡ませたら面白そうな気がした
いつものビリビリ遭遇→警護対象に敵意有りと判断、反撃する!で逆に追いかけられるみたいな小ネタレベルなんだけど
346 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 03:28:23.04 ID:Frl5L2go
ここって前の安価指定したら分割投下してもいいんだっけ?
347 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 03:34:03.31 ID:kQeQ8hIo
>>1をご参照あれ。
348 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 03:35:30.40 ID:Frl5L2go
サンクス
349 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 04:01:15.88 ID:od9jgY60
・初春が幼女化する話
・上条さんが幼児化する話
・一部メンバーが召喚される話(サモンナイトとクロス)
・美琴「・・・けいおん部?」

アイディアや構想はいっぱいできるのだが如何せん書く時間と技術が無い
350 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 04:21:39.16 ID:SfI2Drco
【俺】上条[上条さん]/一方通行/建宮/木原/浜面/駒場/垣根
【私(男/他)】アウレオルス/火野/天井/闇咲/アレイスター/刀夜[父さん]/ビアージオ/アックア/テッラ/騎士団長
【私(女)】美琴/禁書/神裂/小萌[先生]/姫神/乙姫/舞夏/風斬/オルソラ/アニェーゼ/初春/結標/詩菜/美鈴
     オリアナ[お姉さん]/リドヴィア/ルチア/アンジェレネ/黄泉川/ヴェント/素甘/最中/五和/麦野/滝壺
     絹旗/フレ/ンダ/ショチトル/心理定規/エリザード/リメエア/キャーリサ/ヴィリアン/ベイロープ/レッサー
【わたし】芳川/ローラ
【わたくし】黒子/婚后
【その他】妹達/打ち止め:ミサカ,オレ:土御門,あたし:吹寄,僕:ステイル,ボク:青髪,自分:海原(エツァリ)


暇だったから一人称表書いてみた
マイナーキャラは省略,[]内はそのキャラがよく使うと思われる別の一人称
ミスがあるかもしれないので間違ってたら個々で直してね
ちなみに原作17巻までしか持ってないからそれ以降は知らない
351 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 05:01:25.04 ID:XDEVk2AO
>>350
オイオイこれすげー助かるだろ超乙、コピーしとくわ
あとやっぱ裏切らねーな/はwwwwwwwwwwww
352 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 05:08:39.32 ID:SfI2Drc0
ひょっとしてシェリー忘れたかもしれない、まあ普通に私だったはず
353 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 06:30:00.47 ID:G78ReLEo
天井って誰だかしばらく思い出せなかった。
あれか、あの小物。
つか、「てんじょう」って読めるのはどうなんすか
354 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 07:30:24.71 ID:RqtiXboo
オッレルス[俺]も追加しといてくれ
355 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 10:13:47.22 ID:t2mfwyoo
佐天さんって「あたし」だよね
最近「私」ってなってるスレよく見るけどあれは「私」を「あたし」と読ませてるってこと
356 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 10:35:31.78 ID:QM2ToAU0
>>353
アニメでも甘い青に聞こえるから困る
357 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 11:11:27.75 ID:9uaHRsDO
>>356
アニメから入った俺はずっと「甘い青」っていう通り名だと思ってたんだぜ…
358 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 12:39:55.55 ID:XDEVk2AO
>>345
クロスもおkでしょ。ただ好みが別れそうなジャンルの場合は投下直前に注意書きしとくのがマナー。
お料理地獄の新ネタができたから投下します
359 :一方通行様のお料理地獄 :2010/05/16(日) 12:41:15.96 ID:XDEVk2AO
Part2

「ほーゥらサッサとチャッチャと戻っちまえよ干からびシイタケェェェエエエ!!」

「生シイタケのうま味の元のグアニル酸は100グラム中16ミリグラムだ。対してオマエのグアニル酸は160ミリグラム。10倍です。何でそンなに増えンの増えた増えるンですかァァ!?」


※生シイタケとくらべて、干しシイタケがグアニル酸の量を大幅に増やすのは、「乾燥」「戻し」という過程の中で、リボ核酸と酵素が出会いやすくなる環境が十全に整えられるためです。
と、ミサカはネットワークで調べた情報をそのまま伝えます。



「さーてと。オマエ喰うにゃ24時間水で戻さなきゃなンねンだけどよ。つまりオレがズーーッと待ってなきゃイケねーってワケだ。なンでアクセラレータが待たされなきゃなンねンだよ??オマエはジーッと水に浸かってりゃいいケドよォ、俺はそうはいかねンだっつの」

「だからこうやって俺がベクトル操作でオマエバッラバラにして水にブチ込ンじまえばよォ」


「モノの1時間で素早く素敵に戻っちまンだよオマエは。くく。ぎゃはがはアハ!!」








「……! 待て。俺のベクトル操作で水の進行力を変えちまえばよ」
「ンな時間待たずにシイタケに水通せンじゃねーのか」

「野菜を壊す事しかできなかったこの力がよォ」
「野菜を瑞々しく保つ、戻すって事もできンじゃねーか!!」

「クク……最っ高に面白ェじゃねェかあああああァァ!!ステキにヒジキも戻してやるよオォォォオ!!」
360 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 12:46:12.42 ID:NitrUoAO
>>359映像で見てみたいwwwwwwwwwwwwwwww
361 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 12:47:21.56 ID:Esgr8AAO
>>359
デエエネエエブウウウウ!!
362 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 12:56:46.66 ID:HTWj5N2o
>>「野菜を壊す事しかできなかったこの力がよォ」
  「野菜を瑞々しく保つ、戻すって事もできンじゃねーか!!」
一方さんボイスで脳内再生したら吹いたww
363 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 13:54:46.06 ID:SfI2Drco
>>359
ワロタ

なんちゃって改訂版できたよー

【俺】上条[上条さん]/一方通行/建宮/木原/浜面/駒場/垣根/半蔵/旅掛/オッレルス

【私(男/他)】アウレオルス/火野/天井/闇咲/アレイスター/刀夜[父さん]/ビアージオ/アックア/テッラ/騎士団長/ローマ教皇

【私(女)】美琴/禁書/神裂/小萌[先生]/姫神/乙姫/舞夏/風斬/シェリー/オルソラ/アニェーゼ/初春/結標/詩菜/美鈴
     オリアナ[お姉さん]/リドヴィア/ルチア/アンジェレネ/黄泉川/ヴェント/素甘/最中/五和/麦野/滝壺
     絹旗/フレ/ンダ/ショチトル/心理定規/エリザード/リメエア/キャーリサ/ヴィリアン/ベイロープ/レッサー
     シルビア/木山/固法/布束

【わたくし】黒子/婚后/湾内/泡浮

【その他】芳川/ローラ:わたし,妹達/打ち止め:ミサカ,土御門:オレ,吹寄/佐天:あたし,ステイル/爆弾魔:僕
      青髪:ボク,海原(エツァリ):自分,フィアンマ:俺様


寮監とか春上とかテレスとかわからんかった、普通に私なんだろうけど
364 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 14:05:28.39 ID:C8isOS.o
>>361
侑斗へ
椎茸 ちゃんと 食べて
365 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 17:34:21.95 ID:wDOSYnQ0
シェリーは一人称というより口調がめんどくさいキャラの一人だね
乱暴な口調と女言葉が混じってるから。しいて言うなら文章の中で。が二つ出てくると、前半は男、後半は女口調になってる気がするけど
366 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 18:40:36.44 ID:gsnbi0Eo
削板軍覇もオレだよ。

SS完成断念したwwwwww
妄想を言語化できなかったwwwwww
367 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 20:31:09.46 ID:bdzf0QDO
age
368 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 21:23:54.17 ID:imqOJF.o
>>309
遅レスだが 一方通行「入れ替わりだよってミサカはミサカは説明してみる」 とか
369 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 21:28:42.78 ID:C8isOS.o
>>366
はやく「自分だけの現実」を鍛える作業に戻るんだ
根性!根性ゥ!
370 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 21:37:34.92 ID:7da3CF.0
>>255 御坂暗部もの書けそう?

すんごい期待してるんだけど
371 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 21:41:21.98 ID:Xm4uW2AO
今の暗部スレの作者が残念すぎるから早く書いてくれ
372 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 21:44:33.32 ID:oK3BwpAo
垣根「レベル6になったのはいいが……」

レベル6になってワンピースのキャラのごとく
自分の体を未元物質に変えられるようになったが
試しに自分の体を窒素に似た物にしたら
絹旗とくっついちゃって離れなくなっちゃった

って言うのを妄想した

何故か麦野もレベル6になって
惑星を電子に見立てて
小惑星を垣根に
「地球外の岩で作った冷蔵庫にしてやろォか!?」
とかいいながらぶつけるのも妄想した

御坂は死んだ
373 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 21:45:44.13 ID:o62UWPk0
>>366
最初はワンシーンからでいいと思うんだぜ
書いてればそのうち文章力は上がる……らしい
374 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 21:46:14.31 ID:YnGbTNMo
なんかもうつまんね
375 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 21:59:32.38 ID:LbsvgMDO
>>368
ありがとう!読んでみたけど発する体の方で台詞にするとわかりやすいのね

動機的には禁書⇔美琴で
美琴「ねぇ、とうま。私はとうまのとこと短パツの家、どっちに帰ればいいのかな」
禁書「アンタたち、近いから! それにお願いだから、私の声でそいつを名前で呼ばないでぇ!!」
ってネタがやりたいだけなんだけど、
入れ代わりの原因と解決方が俺の頭ではなんか無理げな感じとか、他の書きたいネタが少ない脳容量を攻めてきてたりとかw
376 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 22:00:32.58 ID:ewZTFMQo
思ったんだけど、一方通行にキャパシティダウンって利くんかなぁ
音を反射させて聞こえなくすればいいんだろうけど・・・どうなんだろ。頭に直接響く物なのかな。
377 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 22:05:02.76 ID:znCrRIg0
一方さんと御坂妹が入れ替わるSSも面白かったよ。あのスレ、もうHTML落ちしてるかもだけど。
378 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 22:08:36.18 ID:.K8l4noo
>>376
基本は音波だからなー。効くも効かぬも書き手のさじ加減で良いんじゃないの?

相手「キャパシティダウンだ!」→一方通行「残念でしたァ!有害な音波は耳に入る前に弾いてンだよ!」
というような一方通行最強!な展開もあれば

一方通行「なンだこりゃァ……クソッ能力が使えねェ」→相手「キャパシティダウンって知ってるか?」
という一方通行が大ピンチを乗り越える展開ありだろう

上の方で誰ぞが書いてくれてたが、結局バトルで一方通行をどう描きたいのかによるわな。
379 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 22:10:04.30 ID:oPP2pcoo
とりあえず>>375早く書いてくださいお願いします
380 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 22:12:45.95 ID:RS9yh4ko
お話の都合で強くなったり弱くなったりするのさ
381 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 22:21:39.09 ID:ewZTFMQo
キャパシティダウン超便利だな。
382 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 22:29:36.15 ID:RqtiXboo
AIMジャマーは一方通行に効いてたよな
383 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 22:37:35.50 ID:Frl5L2go
この土日で禁書SS増えた気がする
384 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 22:42:04.61 ID:imqOJF.o
まぁ土日だからな
385 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 22:44:00.95 ID:IFjMRMDO
一方通行は演算できなくなっても黒翼があるからなあ。
386 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 22:54:54.37 ID:/0TAQ/co
>>363
やめてーー、フレンダをいじめないでーーー!!
387 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 22:58:59.52 ID:imqOJF.o
>>386がなかったら自然すぎて気づかなかった
388 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 23:05:51.22 ID:lvXD7sAo
なんかフレンダがぶった切られるのがデフォになってて泣きたい
389 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 23:11:24.27 ID:RqtiXboo
フレンダって2分割されたんじゃなくて下半身消滅したんじゃないの?
390 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 23:13:55.77 ID:imqOJF.o
>>389
俺もそう思ってたんだがなんか二分割が主流だよな
391 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 23:18:12.51 ID:b0k6ZLk0
フレンダがマップタツなのに、
なんでテッ/ラは無事なの?
392 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 23:19:15.01 ID:O1oC..2o
>>390
垣根が冷蔵庫がついてる状態なはずなのに
冷蔵庫そのもの扱いされてるのと同じだな
393 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 23:21:46.50 ID:imqOJF.o
>>392
それは確かにあるなww
原作読んで冷蔵庫くっついてるって思ってたのに
垣根=冷蔵庫ってネタが多すぎて俺が間違ってるのかと思ったくらいだ
394 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 23:24:35.03 ID:RqtiXboo
テッラはテッ/ラというよりテ/ッラって感じだよな
後、垣根って体に冷蔵庫並みの機械がついてるってのより脳みそ3分割の方がインパクトあった
395 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 23:27:06.35 ID:5OKL1TIo
>>378
キダし
396 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 23:42:28.16 ID:YnGbTNMo
製作落ちるのって今度の火曜日?
397 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 23:43:04.89 ID:imqOJF.o
今月は落ちないんじゃないの?
398 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 23:46:30.99 ID:aHrWvhg0
もう落ちる日すぎた
月の三週目の火曜日だから11日だった
399 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/16(日) 23:46:38.27 ID:bdzf0QDO
>>395
吹いた
400 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 23:48:09.02 ID:cmYSTEDO
鯖落ちの理由は金銭的なものだと聞いたけどマジなん?
401 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 00:14:46.66 ID:6HdpMOoo
そうみたい
402 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 00:21:22.88 ID:lIbNqxQ0
ロシア在中の妹達のNOって判る人います?
良かったら教えて欲しい
403 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 00:24:10.24 ID:7SzIif60
>>402
20000号がそうだったような
404 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 00:25:03.22 ID:gPKz2Lso
19999と20000じゃなかった?
405 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 00:26:49.68 ID:lIbNqxQ0
おぉ、ありがとう!
SS2で確認してたんだけど、記載が発見できなくて悩んでました。
ありがとうございます。
406 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 00:33:33.81 ID:gPKz2Lso
SS2じゃなくて8巻の143ページ〜
ノボシビルスクはロシアのシベリアの中心都市
407 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 02:08:36.14 ID:L7wBd260
>>405
禁書wikiもお勧めだぜ
408 :405 :2010/05/17(月) 08:36:09.50 ID:lIbNqxQ0
>>406まさか八巻とは思わなんだ……。
>>405ウィキは見てなかったです、そういえば。

色々情報教えてくれて感謝!遅筆だけどガンバッテ書いてきますわー
409 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 09:23:11.04 ID:Ult/ex2o
>>369
>>373
ありがつwwwwwwでも就活生の俺には時間もなかったwwwwww

プロローグ部分だけになっちゃうけど投下してもよい?
410 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 11:19:31.16 ID:lhqbEADO
最初から未完とか
今後は未定とか序章のみとか断ってたらいいと思う

つまり かまわん やれ
411 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 11:34:27.28 ID:H1SJQSc0
削板軍覇の能力使って研究者視点の能力考察とかかいたら需要はあるのだろうか?

てか、軍覇さんss少ないから書きたいという願望もあったりなかったり
412 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 12:39:11.52 ID:mlnH9BY0
是非お願いします





是非お願いします
413 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 12:47:14.11 ID:HVY2POUo
軍覇さんがでるだけでも超俺得
414 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 15:01:23.04 ID:2Wq2Yb.0
おれもざっと考えてみたら根性根性言ってるだけのギャグSSにしかならなかった
415 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 15:22:32.67 ID:drpTGcco
ど根性軍覇ですか
416 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 15:36:17.29 ID:6HdpMOoo
根性ー根性ーど根性ー
417 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 15:58:16.55 ID:b19O7IDO
スキルアウトと喧嘩するぐらいしか思いつかん。
418 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 16:21:51.05 ID:2y5rYSgo
>>409氏がまだ戻ってないようなので人の少なそうな今のうちに、
25分くらいからから7レスほどいただいて、流れを読まずに妄想を投下させていただきます
1レスにどれくらい入れればいいのか分からないので、多少レス数前後してしまうかも
419 :プレゼン…ト? 1/7 :2010/05/17(月) 16:25:36.75 ID:2y5rYSgo
九月上旬 とある地下街のゲームセンター前

上条「不幸だ……、一体なんでこんなことに」

美琴「不幸ってねぇ、私の全戦全勝じゃない。運じゃないわよ、これが実力の差よ、実力」

上条「別にゲームの勝ち負けのことじゃねえよ。そもそも俺は宿題の手伝いを頼もうとしただけだってのに……、
    いきなりゲーセン連れてこられて勝ったら宿題の手伝い、負けたら罰ゲームなんて理不尽な勝負しかけられて……」

美琴「それはお気の毒様。でもアンタ、実際勝負を受けて負けちゃったんだからね、ちゃんと罰ゲームは受けなさ――」

上条「はいはい、あんまり無茶な事させんのはやめてくれよ? って、どこ見てんだ御坂?」

美琴「あー、あのさ!罰ゲームってお金かかっちゃっても、いい?」

上条「別に上条さんちの家計を圧迫するようなもんじゃなけりゃ構わないけど……一体なに買わせる気なんだ?」

美琴「あそこよ、あそこ」チョイチョイッ

上条「ん、露店……か? アクセサリーの売ってる」

美琴「そ、あそこで何か、お、女の子らしいのを……あ! 買うのダメなら選ぶだけでもいいから!」

上条「いや、金はいいんだけど……ああいう店のって大抵安物だろ。常盤台のお嬢様的にはブランド物とかじゃなくてもいいのか?」

美琴「ブランドだとかどうでもいいわよ、そんなの。新学期入ってちょっと雰囲気変えたいってだけだから、そんな大層な物じゃなくていいの」

上条「そういうものですか。ま、それならそれで上条さんの懐的には大助かりなんでいいんですけど」

美琴「決まりね。そうと決まれば、さっさと選びに行くわよ」

――――――――――
420 :プレゼン…ト? 2/7 :2010/05/17(月) 16:26:12.22 ID:2y5rYSgo
美琴「(……さっきは罰ゲームって言ってたから気にしなかったけど、これってアイツからのプレゼントって考えてもいいのかな、
    あ、でも罰ゲームで買わそうとしてんだから、私がたかってるようなものなのか、ハァ……)」

上条「御坂? おーい、御坂? どうしたんだ、急に落ち込んでブツブツ言い出して」

美琴「へ?あ、べ、別になんでも……で、なに?」

上条「なにっていうか、俺は一体どういう物を選べばいいわけ?」

美琴「ん、そ、そうね。 うちの学校ってそもそも不必要なアクセサリー身につけるのって禁止なのよね」

上条「そうなのか? じゃあ、たいしたもん選べないんじゃ――」

美琴「でも校則でダメそうな物でも、休日につければいいだけだから。とりあえずなんでもいいから女の子らしくて可愛いの選んでみてよ」
421 :プレゼン…ト? 3/7 :2010/05/17(月) 16:26:54.38 ID:2y5rYSgo
上条「結構色々置いてんなぁ。お、これなんてどうだ、御坂?」

美琴「え、どれどれ!?……あのねぇ、女の子らしくて可愛いのって頼んで、何で出てくるのが髑髏のマスクなのよ」

上条「ダメか?」

美琴「当たり前でしょうがっ! 大体それつけて、私にどうしろっていうのよ!」

上条「いやー、警告色だっけ。毒持った動物が派手な色してるみたいに、コレつけてれば街の不良もお前に手を出さないで済むかなーなんて――」

――――――バチバチィッ!

上条「おわっ!? じょ、冗談に決まってんだろ、落ち着け御坂!」

美琴「アンタの目が冗談じゃなかったのよ! アンタ、私をなんだと思ってるわけ!?」バチィ

上条「分かった! 俺が悪かったから! ほら、商品に当たると危ないし、落ち着いた顔で黙ってるけど店の人も微妙に驚いてるから!」

美琴「……ったく、仕方ないわね。もっとちゃんと真面目に選んでよね」

上条「イヤ、ホントスイマセン。上条さんこういうの選んだことないから、緊張に負けてつい、な」
422 :プレゼン…ト? 4/7 :2010/05/17(月) 16:27:33.97 ID:2y5rYSgo
美琴「ハァ、やっぱアンタに頼んだのが間違いだったのかしら……お? おぉっ、どうよコレ!」

上条「ん?……うっ! (あからさまに子供向けのようなハート形の髪留めときたか……)」

美琴「なによ、その悲鳴みたいな声は。もしかしてコレ、似合ってない?」

上条「あー、あはははは。俺はお前がいいと思うならいいと思いますよ?」

美琴「なんかその言い方引っ掛かるんだけど……ま、いいわ。これにする、ハイッ」

上条「おう。っといくらだ、コレ……あ、あれ?この髪留めってここの商品だよな?」

美琴「? そりゃここに置いてたんだからそうでしょ、何言ってんの?」

上条「そ、そうだよな。そりゃそうだよな。あはは」

上条(え? あれ? この髪留め、たかが露店の商品なのに)

上条(なんで、¥の後ろが5桁なの? しかもこんなデザインなのに)ネー

上条(いや、今はデザインとかどうでもいいな。こんな物買ったら今月のご飯が一日一食じゃ済まなくなっちまう)ナニボーットシテンノヨー

上条(でも今更買えないって言ったら、それこそ御坂になんかされそうだしな……)ネーッテバ

上条(だったら、まずはこのふざけた価格をぶっ壊す! じゃなくて……そうだ!)オーイ!!
423 :プレゼン…ト? 5/7 :2010/05/17(月) 16:28:11.84 ID:2y5rYSgo
美琴「聞こえてないの? つーか無視すんな! おーい!!」

上条「なぁ、御坂!」

美琴「ひゃうっ!? い、いきなり反応しないでよ! びっくりするじゃない!」

上条「わ、悪い。でさ、髪留めなんだけど、さっきのハート形じゃなくてこっちの花形のとかじゃダメか?」

美琴「は? なによ、急に」

上条「えーと、ほらあれだ!頭に花つけた、機械に強い女の子って人気出そうな気がするじゃん!? たとえ自販機蹴ったりとか物理的にでも!」

美琴「だ、誰の話よ! というか私普通に使う分だって機械には――」

上条「いや、というかさ、ハート形のアクセサリーとかって、恋人ができてからそういう人同士が送りあうもんなんじゃねーのかななーんて!」

美琴「なによそれ! たかが髪留めで、こ、ここ恋人じゃないと、ダメなんてそんなわけ――」

上条「だー! それに! こっちの花形の方が女の子らしくて、お前に似合ってると思うぞ!」

美琴「は? ににに、似合う!? 私に!? ……ア、アンタがそこまで勧めるなら……別にそれでも、いいけど……」

上条「お、決まりだな。さすが、美琴さん! こっち選んでくれて上条さんも大助かりですよ!」

美琴「へ? 助かるってアンタ、も、もしかしてそんなに花形の方を私につけてほしかったり……したわけ?」

上条「あ、すいませーん。この花の形の方買うことにしますわー、お願いしますー。」アリアトアッシター

美琴(うっ、思いっきりスルー!? ……こんのバカ!!)
424 :プレゼン…ト? 6/7 :2010/05/17(月) 16:28:44.38 ID:2y5rYSgo
上条「ホレ、買ったぞ」

美琴「あ……、うん。ありがと」

上条「じゃあ、時間も時間だしそろそろ帰りますか」

美琴「ちょ、ちょっと待って!」

上条「なんだよ。もしかしてまだ上条さん、何か買わされたりするのでせうか?」

美琴「そうじゃなくて。買ってもらったの、今付けてみていい?」

上条「そりゃいいに決まってんだろ、せっかくお前のために買ったんだしさ」

美琴(まぁた、「お前のために」だとかそんな台詞を……自覚が無いってのぐらいどうにかなんないのかしら)

――――カチャ――――――パチン――

美琴「ど、どう? 変だったり、しない?」

上条「いや、前より可愛らしくていいんじゃねえか?」

美琴「ア、アリガト……」(可愛いって、可愛いって、可愛いって! あー、もう反応しすぎ! 落ち着け私!)

上条「お嬢様にもお気に召していただけたようだし、今度こそ帰るとしますか」

美琴「……うん」
425 :プレゼン…ト? 7/7 :2010/05/17(月) 16:29:30.56 ID:2y5rYSgo
美琴「ねぇ、そういえばアンタの宿題っていつ手伝えばいいのよ」

上条「はぁ? 俺が勝負に負けたんだから手伝わないんだろ?」

美琴「あれとは別よ。この髪留めのお礼にちょっとくらいなら、なんてね」

上条「それだって罰ゲームだろ。別にいいよ、一人でなんとか――」

美琴「いいから、美琴さんの機嫌がいい時に頼んどきなさい。どうせ一人でって言ったって終わらないんでしょ。」

上条「うぐっ、じゃあお前がよければ七日とかで」

美琴「オッケー、七日ね。じゃあ私、門限危ないから先帰るわね」

上条「おう、気つけて帰れよ」

美琴「私より、不幸大好きなアンタの方が気をつけなさいよね。じゃ、またね!」




浮かれた御坂美琴が、同じ店の品で、同じ顔の妹に頭真っ白にされるのはまだ先のお話


おしまい
426 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 16:31:23.91 ID:2y5rYSgo
以上です。学芸都市とかシェリーに壊された地下街とか完全無視ですが。
妄想先行で書いてたんで今思うと展開が酷いかも…
内容でもレスの仕方に関することでも変なとこあればご指摘頂けると嬉しいです
427 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 16:58:51.04 ID:U2jzKEDO
乙です。ニヤニヤできた

美琴の髪止めは花柄に限るよね!!
428 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 17:44:50.58 ID:6396vQAO
やっぱり美琴は空回りに限るな
429 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 20:57:50.90 ID:6HdpMOoo
あげ
430 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 21:28:11.56 ID:Ult/ex2o
よーし、投下しちゃうぞー。
未完だから注意ね
431 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 21:29:00.96 ID:6HdpMOoo
待機
432 :浜面仕上のもう一つのお仕事1/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:30:30.55 ID:Ult/ex2o
『学園都市』それは東京都西部を切り抜いて作られた都市。
『学園都市』そこでは「人間を超えた身体を手にすることで神様の答えにたどりつく」ことを目的として日々「超能力開発」が行われている超能力都市。
『学園都市』外の世界より三十年も科学技術が発達している科学都市。
『学園都市』総人口は二三〇万人弱、その約八割が学生という学生のための都市。
学園都市は二十三の学区に分けられており、それぞれの学区に特色がある。
学校、病院、学生寮、などの施設が立ち並び、学園都市の中心に存在する第七学区。
その第七学区の大通りに面したファミレス『Joseph's』
そのファミレスの一角を占領する集団が今日もいた。

433 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 21:30:59.78 ID:Ult/ex2o
「温めてもらうとシャケは美味しいんだけど、付け合せが劇的に不味くなるわね……」

ファミレスに居座りながらシャケ弁に文句を垂れている女性。
彼女は麦野沈利、道を歩けば振り向かないものはいないのでは、と思わせるほど魅力的な女性である。
しかしその見かけとは裏腹に、彼女は学園都市に七人しか存在しないレベル5、『超能力者』の一人である。
ランクは四位、『原子崩し』を持つ彼女は、学園都市の裏で暗躍する組織『アイテム』のリーダーでもある。

「ん〜……ダメだ!開かない!浜面〜、これ空けて〜」

こちらも麦野同様、ファミレスに居座りながらまったく関係ないものを持ち込んでいる少女。
彼女はフレンダ、サラサラのブロンドヘアーと蒼い瞳を持った少女である。
およそ日本人には見えないその外見と名前から外国人なのでは、という疑問をもたれているとかいないとか。
主に爆弾や薬品を使った戦闘をするタイプであり、彼女もまた『アイテム』の一員である。

「ちょっと浜面!私の飲み物はまだですか、超早くしてください!」

聞いたことも無いような映画しか載っていない雑誌を見ながら飲み物を催促している少女。
彼女は絹旗最愛、小学生にも見えなくもないが、本人は中学生であると主張している。
彼女のスカートはいつも見えそうで見えないギリギリのラインを保っており、道行く純粋な男子学生を困らせているとか。
レベルは4、『窒素装甲』の能力を持つ彼女は『アイテム』の主力である。

「…84.7MHz……南東から電波が来てる……」

ソファーの背もたれに身体を預けながら電波的?な言葉を発している少女。
彼女は滝壺理后、肩の辺りで切りそろえられた黒髪に、ピンクのジャージを着た癒し系少女。
起きているのか寝ているのか分からないが、誰かと違い存在感は持っている模様。
レベルは4、『能力追跡』を持つ彼女は特定能力者の捜索を担当しており、『アイテム』の要を担う人物でもある。
434 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 21:31:26.12 ID:Ult/ex2o
「ほらよ絹旗、紅茶だったよな。フレンダ、ちょっと貸してみ」

絹旗の前に飲み物を置き、フレンダからベコベコの缶を受けとった少年。
彼こそが浜面仕上である。
身長はそこそこあるが、特筆すべき特徴は無い。
髪は茶髪で、服装はジャージの上に下はジーパンというラフなスタイル。
レベルは0、正真正銘の無能力者であり、特技はピッキングであり、また、一通りの乗り物も操れるようだ。
これらのことから、彼、浜面仕上は『アイテム』において雑用という立場に置かれている。

「浜面、ミルクは無いんですか?」

ん、と浜面は顔を絹旗の方に向けながら、手では器用にフレンダの缶を空けていく。

「私が紅茶といったらミルクティーなんですよ!ミルクが超いるんですよ!」

(それならそうと一言言ってくれよ……)

心の中で愚痴を零しながら浜面はミルクを取るためテーブルを離れる。
フレンダが何かいっていたような気がしたが、今は考えないでおこう。

念のためミルクと一緒に砂糖も持っていくと、関心関心と言った表情で絹旗がこっちを見る。

「浜面もようやく絹旗様のことが超少し分かってきたようですね」

子供扱いすると怒るのに、などとは言えず、再びフレンダの缶へと向かう浜面。
缶の隙間からサバの臭いがプンプン臭い、周囲からきつい視線を浴びているのだが、フレンダ曰く

「結局、気にしたら負けって訳よ」

だそうだ。
いったいフレンダは誰と戦っているのだろう…
435 :浜面仕上のもう一つのお仕事4/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:32:11.85 ID:Ult/ex2o
「……きぬはた、なんか気になる映画はあった?」

電波の受信が終わったのだろうか、滝壺がいつもの調子で絹旗に話題を振る。

「やや、滝壺さんも気になるんですか。そうですね、今のところ気になっているのは……」

映画雑誌に半分興味をなくしかけていた絹旗であったが、問われれば答えずにはいられない。
絹旗は再び雑誌に目を通し始め、気になる作品を次から次へと滝壺に教えていく。

「なぁ、いつも疑問に思ってたんだが、これって会議……なんだよな?」

常日頃から思っていた疑問を解消すべく、浜面は今だにシャケ弁と格闘中の麦野に問いかけた。

「なに言ってんの? どっからどう見ても会議じゃない」

頭大丈夫?とでも言いたげな目で見つめられ、浜面はなんともいえない気持ちになる。
ふと後ろを振り向くと、先ほどの話を聞いていたのか、ウェイトレスに哀れみの目で見つめられた。
浜面は泣きたくなった。
436 :浜面仕上のもう一つのお仕事5/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:32:37.12 ID:Ult/ex2o
「じゃあ、今日の会議はこれでお終い。必要なときはまた連絡するから」

会議という名の集会が終わる。
アイテムの面子は仲がいいのか、基本的には行動をともにしているらしい。

「おう、お疲れさん」

しかし、浜面は別だ。
彼が男であるという理由かも知れない。
彼が比較的新参者という立場だからという理由からかも知れない。
行けば拒まれることは無いが、なんとなく居心地が悪いと思ってしまう浜面の気持ちを考慮してかも知れない。
理由は分からないが、浜面は呼ばれたとき以外はアイテムの面子と一緒にいることは少ない。
(しかし、朝食を作りに行ったり、朝起こしたりするのは浜面の役目らしい)
とにかく、そのことは彼にとっても都合がよかった。
そう、彼にはもう一つの『仕事』があるのだから……
437 :浜面仕上のもう一つのお仕事6/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:33:11.83 ID:Ult/ex2o
その日、浜面は自宅とは別に借りている部屋へと戻ってきていた。
部屋といっても、その部屋は第七学区の地下街にある薄汚れた店舗である。
元々レストランとして利用されていた場所だったらしいが、何か事件があったのだろう。
内装はボロボロで、いたるところにガラスの破片や赤黒い滲みが散乱している。
ここから以前はどのような雰囲気の店だったのか、想像することも出来ない。

彼は裏口から店に入るなり、他のものには目もくれず、キッチンへと向かう。
そして、今は壊れて動かない冷蔵庫の中からおもむろに黒の羽織と紺の布を取り出す。
この服装は普段の生活に戻るための服装ではない、『仕事人』としての浜面仕上へと戻るための服装だ。
浜面は慣れた手つきで着付けをしていく。
仕上げに三角に折った布を鼻から下を覆うようにして結んでいき、大小二つの刀を腰に差す。

――『仕事人』浜面仕上 の完成だ。

浜面仕上、彼は弱い者の涙を拭うため、晴らせぬ恨みを晴らすため、今日も『仕事』へと向かう……
438 :浜面仕上のもう一つのお仕事7/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:33:49.53 ID:Ult/ex2o
ここは第六学区、アミューズメント施設などの娯楽施設が集中している学区。
時刻は深夜の1時過ぎ、終電の発車時刻も疾うに過ぎ、虫の鳴く音だけが辺りを支配するはずだった。
とある施設の裏の路地に一人の女と三人の男が屯していた。
……否、正確には一人の『放心した』女を尻目に男達が下らない話をしているところだ。

「最近、全然女が捕まんねえな」

地べたに座っていた長身の男が口を開く。
物足りないことでもあるのだろうか、気が滅入るような深いため息を吐きながら首を垂れる。
それに対して対面に陣取っていた筋肉質な男が答える。

「そりゃ、向こうさんだって警戒してるんだ、仕方ないさ」

一瞬目で女の方を見た後鼻で笑い、なにを見るでもなく、空を見上げる。
と、いうことはだ、と今までナイフを見つめていた男が話を纏めるかのように話し始める。

「ここらはもう潮時だ、次回、適当に楽しんだら場所を変えるなり、時間帯を変えるなりしなきゃならねえな」

そんなことは分かってる、と言いたげな二人の視線を無視して、ナイフの男は路地の先に目をやる。
いつからそこにいたのだろう、この科学が発達した学園都市には不相応な出で立ちの男、浜面仕上がそこにいた。
他の二人も気がついたのか、ギョッとした表情で浜面を見つめている。
いつからそこにいたのだろう、どこから見られていたのだろう、
などと三人の男が考えを巡らせている内に浜面が三人に問いかけるように話す。
439 :浜面仕上のもう一つのお仕事8/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:34:18.74 ID:Ult/ex2o
「あれは、お前たちがやったのか?」

男達は硬直する。
あれ、とは何かを一瞬考えた後、三人同時に倒れている女の方を向いた。

――その瞬間だった

路地の男から一番離れた位置にいたナイフの男は確かに聞いた。
後ろの方でなにかが外される音を。
慌てて後ろを振り向く。
          ・・・・・・・
そこには、さっきまで人間だったものが二つ転がっていた。

「ひぃ!!」

あまりにも突然の出来事に思わず腰を抜かすナイフの男。

「あ゛あ゛……あ゛……」

それでも、声にならない悲鳴を上げながらナイフを握り締める。
力一杯、両手でナイフを握り締める。
しかし、ナイフなどまったく気にしないのだろうか、浜面はどんどん距離を縮めてくる。

「やめろ!!来るな!!こっちへ来るな!!」

男は半狂乱でナイフを振り回しながらズリズリと後ろに下がっていく。
時刻は深夜の1時過ぎ、肌寒い時間帯にも関わらず、男の身体からは止め処なく汗が流れている。
440 :浜面仕上のもう一つのお仕事9/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:34:48.12 ID:Ult/ex2o
「あ……」

汗で滑ったのだろうか、ナイフがあらぬ方向へ飛んでいく。
浜面は飛んでいったナイフを確認した後、ゆっくりと、手に持っていた刀をナイフの男の首に添える。

「た……助けてくれ、お願いだ……頼む、許してくれ……」

もはや目はうつろで全てに絶望したような表情のままナイフの男はしきりに呟くだけだった。

「……助けてくれ、か」

浜面は死体に群がるカラスを見るような冷たい目で男を見つめながら、ゆっくりと刀を振り上げ、言葉を発する。

「……一体今まで何人の人間がお前にそう言ったんだ」

言い終わるや否や浜面は上に構えた刀を男の首目掛け振り降ろす。

ブォン!!

――学園都市に巣食う悪がまた一つ、取り除かれた。
441 :浜面仕上のもう一つのお仕事10/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:35:16.60 ID:Ult/ex2o
プルルルル……プルルルル……

浜面の携帯電話が鳴り響く。
浜面は電話の相手を確認する。

「フレンダか……」

どうにも電話に出る気分じゃない、そう思った浜面は携帯をそのままズボンのポケットへと押し込む。
留守番電話に変わったのだろうか、先ほどまでなっていた呼び出し音はもうしない。

「よっ……」

女を病院の裏口あたりまで届けるため、背中に背負い浜面は裏路地を後にする。

残ったのは三つの肉塊だけだった。

――辺りは再び、虫の鳴く音に支配された。
442 :浜面仕上のもう一つのお仕事11/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:35:54.02 ID:Ult/ex2o
ここは学園都市第三学区の高級マンションの一室。
浜面仕上とファミレスで別れたあと、隠れ家の一つでもあるこの部屋にアイテムの面子は集まっていた。
理由は簡単だ、彼女達は暇なのである。
彼女達は皆学生でわあるが、暗部の一員である以上おいそれと学校へ顔を出すわけにもいかない。
かといって家に引きこもっていても何もすることがない。
よって、仕事がない日でも彼女達は自然と集まってしまうのだ。

「暇だねー」

ソファーに横になりながらフレンダがポツリと零す。

それもそのはず、時刻は現在深夜の1時をまわったところ。
麦野は肌の美容のため、と早々にベッドの方に向かってしまった。
滝壺に関しては9時をまわった時点で

「いい子はもう寝る時間だよ?」

と言い残し、自分の部屋へと引っ込んでしまった。

なので、今起きているのはソファーと完全に同化してしまっているフレンダ。
そして、やたら外国人ばかり出てくる通販番組をぼーっと見ている絹旗のみだ。
443 :浜面仕上のもう一つのお仕事12/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:38:26.09 ID:Ult/ex2o
テレビでは、やたらとスマイルが似合う筋肉質な外人が、腰に怪し気なベルトを巻いて筋肉をヒクヒクさせているところであった。

「……フレンダはやはり日本人よりこういうハンサムマッチョの方が超好みなんですか?」

テレビを見ながら、本当にどうでもよさそうなことをフレンダに聞く絹旗。

「どれどれ……あー、コイツはバタ臭くて駄目だわ」

ずりずりとアザラシのようにテレビの方を向いたフレンダはテレビの中で白い歯を輝かせてる外人を一目見た後、一蹴した。

「バタ臭い……なんだかバタピーが超食べたくなってきました」

無意識だったのだろう、半ば独り言のように絹旗は呟く。

「バタピーか、最近食べてないなあ……結局いつも缶詰にしちゃうからなー」

缶詰中毒のフレンダらしい答えが返ってくる。
このままにしておくと缶詰談義に入りそうだったので絹旗は適当に話を逸らす。

「缶詰缶詰言ってますけど、ちゃんと野菜も食べないと身体、超臭くなりますよ」

まさかー、と流していたフレンダだったが、数秒の沈黙の後、恐る恐る絹旗に問いかける。

「……マジ?」

「はい、超マジです。フレンダは出会ったことありませんか? やたらと体臭きつい人に」

うむむ……と考え込むフレンダ。
彼女の表情はまるで、夏休み最終日に初めて宿題に取り掛かろうとする学生ように渋い顔だった。
444 :浜面仕上のもう一つのお仕事13/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:38:59.45 ID:Ult/ex2o
「……よし、バタピーとビールを補充しよう!」

一応説明しておくが、彼女はまだ未成年である。
ついでにいうと、ピーナッツが野菜に含まれるのかも怪しくなってくる。

「なんでビールまで付いてくるんですか、しかもバタピーとのコンボ……超太りますよ」

これだから外人は、と言いたげな顔でつっこむ絹旗。
しかしこういうときのフレンダの意志は無駄に固いものであった。

「そんなつれないこと言わないでよー。結局、絹旗はビールを飲んだことがないからそんなこと言える訳よ!」

ぐっ……と思わず勢いに飲まれそうになる絹旗。
中学生といえば少し背伸びをしたいお年頃
欲望と理性との戦い、その僅かな隙をフレンダは見逃さなかった。

「今なら麦野たちにも黙っててあげるからさ。ね、ちょっとだけ付き合ってよ」

「ち、ちょっとだけなら……付き合ってあげなくもないかも……しれないです」

あっさりと欲望の海へ堕ちる絹旗。

「それじゃあ浜面に電話して買ってきてもらおう! 結局、こういうときに浜面は役に立つって訳よ!」

善は急げというように、早々と携帯電話を取り出したフレンダは、浜面に電話をかける。
445 :浜面仕上のもう一つのお仕事14/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:39:26.04 ID:Ult/ex2o
プルルルル……プルルルル……プルルルル……
――おっす!おら浜面!今、ちょっと仕事中だ。
用件がある人は発信音の後にメッセージを残しといてくれ!時間は二十秒だ!
ピーーーー

「……ばーか、ばーか、ばーか、ばーか、ばーか」

ピッ

「留守電だった……」

「……フレンダ、時間も超遅いですし、私たちも寝ましょう」

絹旗はそういい残すと自分の部屋へと戻っていった。
心なしか、絹旗の背中がいつもよりも小さく見えた。

「結局、お酒はお預けって訳ね……」

とぼとぼと絹旗に続いて部屋に戻るフレンダ。

居間には寂しく外国人風の笑い声だけが響いていた。
446 :浜面仕上のもう一つのお仕事15/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:39:53.31 ID:Ult/ex2o
「それで朝はあんなに騒がしかったのね」

ゆったりとした足取りで部屋に入ってきた麦野は、そのままいつもの定位置に腰掛ける。
テレビの正面の席、ここが彼女の定位置である。
麦野がソファーに座ると、浜面は慣れた手つきで入れたてのコーヒーとシュガーポット、ミルクを麦野の前に並べていく。
「ありがと」と一言言うと、麦野はおぼつかない手つきでコーヒーの入ったカップを口元へ運ぶ。
少しは眠気が覚めたのであろう、先ほどよりはいくつかはっきりとした目で朝の騒動の中心人物に目を向ける。

それは、ほんの15分程前の出来事だった――
447 :浜面仕上のもう一つのお仕事16/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:40:21.15 ID:Ult/ex2o
第三学区に存在するアイテムの隠れ家の一つ――もっとも、隠れ家というには豪華すぎるのだが――に浜面仕上はいた。
そこは、誰もが羨む高級マンション。部屋の広さは4LDK、ご家族みなさまでゆったりおくつろぎいただける広さになっております。
そんな部屋の無駄に広いキッチンで、浜面は一人寂しく五人分の朝食を作っていた。
今日の朝食のメインはオムレツ。
最近ようやく作れるようになった、浜面自慢の一品である。
鼻歌交じりに朝食の準備をしていると、廊下の方からドアを開ける音がした。
滝壺かな――などと適当な予想をつけて目を廊下の方に向けると意外な人物が立っていた。

「…………」

フレンダだ。
本当に寝起きなのだろう、自慢のブロンドヘアーはボサボサで、手にはテディーベアが握られている。
448 :浜面仕上のもう一つのお仕事17/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:40:52.39 ID:Ult/ex2o
「おう、おはようさん。飯の時間にはまだ早いぞ、なんか飲むか?」

「携帯……留守電聞いた?」

オムレツがうまく出来て上機嫌な浜面とは対照的に、とても不機嫌そうなフレンダ。

「あぁ、そういえば昨日電話になんか入ってたな……」

昨夜のことを思い出したのか、浜面は携帯電話を操作し、入っていた留守電を聞く。

「……って、馬鹿しか言ってねえじゃねーか!! 何か用事があったんじゃないのかよ!!」

「結局浜面は下っ端なんだから、電話ぐらいちゃんと出なさいよ!!」

「大体時間を少しは考えろ!!」

「なんで私が下っ端のことまで考えないといけないのさ!」

「なに!!……」

反射的に言い返しそうになって、浜面は口まで出かかった言葉を飲み込んだ。

(売り言葉に買い言葉、相手は寝起きで頭がはっきりしていないんだ、ここは俺が大人になり冷静に話しを聞こう。)

そう思い直した浜面は猛った心を落ち着かせる。

(……よし)

先ほどまで激流のように荒れていた浜面の心は、今は明鏡止水のように落ち着いている。
刺激しないように穏やかに話しをしよう、そう心に決めた浜面が口を開く。
449 :浜面仕上のもう一つのお仕事18/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:41:19.03 ID:Ult/ex2o
「あー……まぁ、電話に出れなかったことは悪かった、すまねえ。」

「ん……まぁ、結局分かればいいのよ分かれば」

「それで電話の用件はなんだったんだ? なにか問題でも起きてたのか?」

「んにゃ、別に何も。ただお酒とバタピー買って来て貰おうと思って」

「………」

浜面は一瞬何を言われたのか分からなかった。そして

「まさかそれだけの理由であんな時間に電話したのか……」

「そうだけど?」

あまりの下らない理由に浜面は怒りを通り越して呆れてしまった。
オムレツの喜びはどこへやら、急激落ちていく浜面のテンション。
その一方で大声を出してすっきりしたのだろうか、普段のテンションに戻ったフレンダが

「今度からは電話に出なよね」

と言いながら、浜面の肩をぽんと叩き、テレビの方へと歩いていった。
450 :浜面仕上のもう一つのお仕事19/19 [sage]:2010/05/17(月) 21:42:30.39 ID:Ult/ex2o
「なんだかなぁ……」

そう呟きながら人差し指で頬を掻く浜面。
思わず出そうになったため息を飲み込んで、浜面は窓へ向かう。

窓を開けると、心地いいやわらかい風が入ってきて、ゆらゆらとカーテンを揺らす。
カーテンの隙間から差し込む光が道筋となり部屋を照らすと、気持ちが晴れていくような気がした。

たまにはこんな朝もいいか、そう思い浜面は朝食の用意へと戻っていく。

時刻は朝の八時半、学生にとって遅刻になるかどうかという微妙なライン。
そんな時間に追われる学生の生活とは完全に切り離された、ゆったりとした時がこの部屋には流れている。
そう、ここは学園都市暗部組織『アイテム』の隠れ家の一つ。
彼女達は抗えば抗うほどに絡みつく闇に身を置いて、常に死と隣り合わせの任務をこなす日々。
アイテムとしての活動がない日は、一緒に行動しない事が多い浜面だが、なんとなく今日は一緒にいようかなという気分になる。
彼の"仕事"もアイテムの"仕事"も今日はお休み。
闇に染まりきった彼らが"普段"とは違う平和な時を過ごせる貴重な日なのだから……

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――fin
451 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 21:44:00.99 ID:Ult/ex2o
わかったこと

会話形式の方が楽だ。
452 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 22:00:33.68 ID:2y5rYSgo
もしかして書く気はないけど〜スレにあった浜面仕事人ネタですか
浜面超かっこいい
会話形式の方が楽になっちゃいますよね。地の分入れると途中でどうにもこうにも進まなくなったりww
453 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 22:10:18.66 ID:6396vQAO
乙。浜面かっこいいよ浜面

読む方なら会話形式は楽なんだけど
書くのは難しいんだよな……

結局、説明シタガリアンの俺には向いてない訳か
454 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 22:17:14.48 ID:LmCn3MY0
うおおおおおかっこいい浜面とか超俺得
乙、もっとやってくれ
455 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/17(月) 22:20:44.03 ID:kLG7h6DO
オッス!オラ浜面!の辺りで盛大に吹いた
456 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 22:31:37.64 ID:Ult/ex2o
>>452
その通りwwwwww
さて、次は軍覇と妹のやつでものんびり書いてくる
457 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/17(月) 22:35:10.89 ID:y3iUxIAO
爽やかで把握しやすい
458 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 00:30:44.62 ID:JLfKmuMo
前にどこかでいちゃレーネタのあった気がするんですけど、内容分かる人います?
黒子が作った人見つけていちゃいちゃテレポーター作らせるやつってな感じのであってましたっけ?
459 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/18(火) 00:32:32.88 ID:XAH88rko
>>458
ちょいまちログ探してる
460 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 00:34:07.56 ID:J54D3cco
美琴「ら…らぶらぶレールガン…?」
http://2syokan.blog.shinobi.jp/Entry/335/
これじゃないの?
461 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/18(火) 00:36:06.55 ID:XAH88rko
あった、とおもったら既に張られていた罠
462 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 00:37:48.34 ID:JLfKmuMo
ありがとうございます。これでした。
いちゃレーじゃなくてらぶレーだったか
そりゃさすがにモロに名前出すのはあれかww
463 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 00:51:06.17 ID:B5TPptAo
突然ですがウィザーズブレインと禁書のクロスオーバーって需要ある?
まだ書き終わってない&それなりに長くなりそうなんだけど、本スレに投下して許されるのって何レスくらいなんだろ
464 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/18(火) 01:06:07.98 ID:PHz6mEAO
1〜50/res
465 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 01:10:18.41 ID:Nib/MDY0
前は100近いのもあったし良いと思うんだけど…駄目なんかな
466 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/18(火) 01:21:07.11 ID:FHGI7IAO
クロス作品無しじゃなかった?前スレでそれとなく言ってたような…?

俺はウィザーズブレイン?ってのを知らないからどうとも言えんが、正直需要のある無し関係なく投下したいんだろ?
467 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 01:21:13.05 ID:RGxO/FAo
ID:PHz6mEAO
こいつはあっちこっち荒らしてる馬鹿だからまともに相手にせんでいいと
何回かに区切って投下すりゃあいい
468 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/18(火) 01:22:46.10 ID:PHz6mEAO
ウィザーズは知らないからいらん
別途にスレ立てることをお勧めする
469 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/18(火) 02:17:12.30 ID:UWYZpJoo
>>463
テンプレにあるとおり、長さは不問よん。
470 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 02:24:22.25 ID:B5TPptAo
んー、どうすべきかな、とりあえず冒頭ちょっとだけ投下してみます
471 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 02:24:50.69 ID:JLfKmuMo
ネタ妄想するのに疲れたので是非ともお願いします
472 :とある魔法の悪魔使い [sage]:2010/05/18(火) 02:25:16.90 ID:B5TPptAo
──転送システムの準備シーケンスを開始。

転送対象個体を周囲百キロより探査。

……成功。『アリス』の存在を確認。シーケンスを継続。

──エラー。『アリス』の識別に矛盾発生。二個体の『アリス』を同時に確認。整合性を要請。

………………エラー回避。目標両個体を共に『アリス』と認定。全プロセスの最終チェック。

……「同乗者」三名を確認。転送対象として設定。

──終了。

転送システム、起動。

──エラー。二個体の『アリス』の相対座標を誤差範囲内に修正要請。

………………エラー回避不能。転送シーケンスを中断。

……要請が解決次第、転送を再開。表層時間を停止して待機。

──サスペンドモードに移行。
473 :とある魔法の悪魔使い [saga]:2010/05/18(火) 02:26:03.73 ID:B5TPptAo
とあるビルの屋上に、サクラは倒れていた。

目を開いて最初に目に映ったのは、雲ひとつ無い、澄み渡った空。

ぼやける意識をかき集め、ゆっくりと覚醒して──

「!?」ガバッ

「空……太陽……?」

とある魔法士は、生まれて初めて、空を見た。



とある公園のベンチに、錬は寝かされていた。

目を開いて最初に目に映ったのは、雲ひとつ無い、澄み渡った空。

──ではなく。

「はぁ、いい加減に目を覚ましてくださいまし」

「……え?」

見知らぬ少女の、困り果てた顔だった。



──魔法と科学が交差する時、物語は始まる。

        ウィザーズ・ブレイン
『とある魔法の 悪 魔 使 い』
474 :とある魔法の悪魔使い [saga]:2010/05/18(火) 02:27:05.32 ID:B5TPptAo
不良A「ようお嬢ちゃん可愛いねぇ、お兄さんと遊ばない?」

サクラ「何だ、貴方たちは」

不良B「イイねぇ、そうやって怯える表情も一段と可愛いじゃねえの」

不良A「お前ロリコンだったのかよwww」

サクラ「怯えたつもりは無いが……何の用だ?」

上条「あー悪い悪い、こんなところにいたのかー、ほら行くぞー?」

サクラ「え?(誰だ?)」

不良AB「あ? なんだテメーは?」

上条「ほら、早くしないとかなみん始まっちゃうぞ?」グイッ

サクラ「いや、貴方も誰だ? かなみんとは何の事だ?」パシッ

不良A「おいィ! 明らかに知り合いでもなんでもねえじゃねえか!」

不良B「てめーに邪魔されたストレスのおかげで俺の寿命がマッハなんだが!?」

上条「うわぁい、すこしくらいは話合わせてくれたっていいんじゃないかなぁとか」

サクラ「話が見えないのだが」

不良AB「問答無用じゃボケー!!」

上条「くっ! いいぜ、お前らがその子を好き勝手にしようっていうなら……──」
475 :とある魔法の悪魔使い [saga]:2010/05/18(火) 02:28:09.79 ID:B5TPptAo
不良AB「ぐはあっ! お、おぼえてろよー!」ダバダバダー

上条「ふぅ、なんとか追い払えたか……おぜうさん、お怪我はありませんか?」

サクラ「無論だ。それで、貴方はどうしてケンカなどを始めたのだ?」

上条「ぬああ!? 報われないのはいつもの事だけど、それはさすがの上条さんも傷つきますよ!?」

サクラ「何か無礼があったのなら謝るが、何かおかしいところがあったのだろうか」

上条「はぁ、いや、まぁ無事なら良いんですよ、ええ……」シクシク

サクラ「その様子では良いという事はあるまい。納得行く説明を要求する」

上条(なにこの子めんどくさい)

上条「いやぁ、ああいう手合いに絡まれて困ってるんだと勘違いした上条さんがバカだったという、それだけの話ですよ」

サクラ「なるほど、つまり貴方は見当違いな状況判断とはいえ、私を助けようとしてくれたわけだな」

上条「そのド直球な物言いが上条さんのガラスのハートに突き刺さるっ!」

サクラ「なるほど、そう考えると確かに失礼な態度だった。申し訳ない。そして、改めて礼を言わせてくれ」

上条「へ? ああ、いや別に礼なんか……」

サクラ「そういうわけには……ああ、では失礼ついでに訪ねたい事があるのだが……」
476 :とある魔法の悪魔使い [saga]:2010/05/18(火) 02:29:28.34 ID:B5TPptAo
美琴「はぁ、アンタまた人助けでもしたわけ?」

上条「げーっ! ビリビリ!?」

美琴「私ビリビリじゃないって言ってるでしょうが!」ビリビリ

上条「だあああ! 早まるな御坂!」パシュン

サクラ(情報制御も無しに発電!? しかも打ち消した!?)

上条「その子に当たったらどうするんだよ、まったく」

サクラ(I−ブレインは正常……情報制御も──運動係数制御、起動。──……終了。……いや、知覚系に違和感?)

美琴「あ、アンタがビリビリ言うから悪いのよ!」

サクラ(情報制御の感知範囲が100mまで落ちている……しかし精度は変わらず。では先程の現象は一体……?)

美琴「で、今度は何に首を突っ込んだわけ?」

上条「首を突っ込んだとは失礼な! ただの勘違いですよ! ……済まん、今のは無しで」

サクラ「いや、勘違いには違いないが、私が困っていると思って助けてくれたのだ」

上条「ああ、そこは否定してくれないのね」

美琴「へえ。勘違いでそんなボロボロになるなんてアンタらしいわね」プークスクス

上条「ちょっとくらいは心配してくれてもよくねえ!?」

美琴「はっはーん、この学園都市のレベル5、第三位の御坂美琴を退けるような奴にする心配なんて無いわよ」

サクラ「ああそうだ、聞きたいことはそれだ。ここは一体どこなのだ?」

上琴「えっ」
477 :とある魔法の悪魔使い [saga]:2010/05/18(火) 02:30:57.02 ID:B5TPptAo
黒子「ようやくお目覚めですのね」

錬(日本語……? ──言語パターンを日本語に設定──完了)

錬「ええと、ここは、どこ?」

黒子「ここは第七学区のとある公園ですの」

錬「……第七学区?」

黒子「まだ呆けてらっしゃいますの?」

錬「いや、大丈夫。その、ここは……日本、なんだよね?」

黒子「……重症ですわね」

錬「待って、僕は真面目に」

佐天「しっらいさーん、さっきのイケメンは……おおー、目を覚ましたんですねっ」

錬「」
478 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 02:31:43.70 ID:B5TPptAo
黒子「佐天さん、一応これも仕事なんですのよ?」

佐天「あっははー、固いこと言わない言わない。それで君、名前は? 年は?」

錬「え、と。天樹錬、14歳(本当は9歳だけど、まぁいいよね)……そういえば、君たちは?」

黒子「風紀委員第一七七支部所属、白井黒子ですの」

佐天「私は佐天涙子、柵川中学の1年生だよっ(ていうかこの顔で2つも年上なんだこの子……)」

黒子「貴方が立ち入り禁止の芝生保護区域に倒れていたので、ベンチまで運びましたの」

錬「……ごめん、どうも状況が把握できないんだけど……え?」ガタッ

黒子「どうかしましたの? 上に何か──きゃっ!?」

錬「空……太陽も……え? なに、これ……?」

黒子「……?」

佐天「ビビッと来ましたよ〜、これは事件の香りがプンプンしますね!」

黒子「佐天さん、あまりふざけないでくださいまし」

錬「……夢じゃ、ないかぁ」ギューッ

佐天(うわ、夢じゃないか確かめる為に自分のほっぺをつねる人なんて初めて見た)

錬「……驚かないで聞いて欲しいんだけど」
479 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 02:32:14.67 ID:B5TPptAo
錬「僕、目を覚ます直前は北極にいたんだ」

黒天「」

錬「そこで、戦争中に何かが起きて、光に飲み込まれて……気付いたらここに」

黒子「……病院に見せた方がよろしいかもしれませんわね」

錬「待って待って! 体にも以上は無いし、記憶の連続性もその一点以外は問題無いんだよ。
 これでも魔法士だから体調に異常があればすぐに分かるしさ」

佐天「魔法士と来ましたよ、こりゃ重症だね」

黒子「お話になりませんわね」

錬「え? 魔法士を知らないの?」

佐天「能力者ならこの街の特産だけど、魔法士なんて聞いた事無いよ?」

黒子「特産って、別に生産しているわけではないのですから……。
 とにかく、この学園都市にそんな胡散臭いものは存在しませんの」

錬「いやほら、こういう力を使う人間の事だよ」

錬(分子運動制御デーモン常駐──極小出力で「氷盾」を起動)キィン

黒子「あら、貴方は氷使いの能力者ですのね」

佐天「おおー、すごいすごい」

錬「え? ……じ、じゃあこれは?」

錬(仮想性身体制御デーモン「チューリング」常駐──「ゴーストハック」を起動)ニョキ

黒天「!?」

佐天「すごいよ白井さん! ベンチから手が生えたよ!」

黒子「佐天さん、驚く所が違いますの」

錬「えっと、信じてもらえたかな?」

黒子「多重能力者なんてものが本当に存在するとは思いませんでしたの」

錬「……あれ?」
480 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 02:33:15.57 ID:B5TPptAo
とりあえず冒頭(?)は以上で
おやすみなさい
481 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 02:33:17.28 ID:RGxO/FAo
いくつレスがあって今何レス分の何レス消化したかは名前欄にかかねーとダメよ?
482 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 02:52:20.12 ID:B5TPptAo
>>481
すいません、不慣れで忘れていました、申し訳ありません
多分50レス↑はいくと思いますがとりあえず
483 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 07:55:09.68 ID:5VReVngo
畜生、WB×禁書とか俺が温めてたネタじゃないか・・・
でもちょっと嬉しいっ感じちゃうビクンビクン
484 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/18(火) 08:30:17.41 ID:1xAGbP2o
>>483
気にしたらいかんのですよ
485 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 12:44:41.67 ID:HxtF4BUo
復活したか
486 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 12:45:49.89 ID:Uv/rBwSO
らしいな
487 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 12:51:27.54 ID:lF2.P5Uo
今回は早かったね。
488 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 12:53:20.79 ID:Uv/rBwSO
俺にとっては長く感じたよ
489 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 13:05:22.03 ID:TV2Kkg20
出来杉君の書き込みでは今月は無さそうだったから、驚いた
490 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 13:10:11.06 ID:au94pxgo
俺としてはむしろもう少し落ちていた方がよかった
491 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 14:12:05.75 ID:85PuTUDO
復活記念に投下します
492 :とある警備員のお仕事 :2010/05/19(水) 14:13:23.48 ID:85PuTUDO
ぽかぽかと陽気な天気の中、警備員の黄泉川は街をぶらついていた

黄泉川「はぁー、パトロールとかめんどくさいじゃん。こんな仕事は風紀委員に任せときゃ良いじゃんよ」

黄泉川「まぁ仕事だから仕方ないじゃん」

黄泉川「おっ、早速タバコを吸ってる不良少年がいるじゃん」

黄泉川「おーい、そこの赤毛のでかいの」

ステイル「ん?」

黄泉川「君、未成年じゃん?タバコなんて吸っちゃだめじゃん!」

ステイル「いや、これは……(これから仕事なのに、めんどくさそうなのに捕まってしまった)」

黄泉川「そういう事でこれは没収じゃん」

ステイル「あっ、返せ!それがないと僕は死んでしまう」

黄泉川「こんなのを吸ってる方が病気になって早死にするじゃん」
493 :とある警備員のお仕事 :2010/05/19(水) 14:14:27.90 ID:85PuTUDO
ステイル「ちっ、時間が……こうなったら力尽くで取り返す。しかし一般人に魔術は使えない」

ステイル「返せと言っているだろう!」

そう言いステイルは黄泉川を押し倒しタバコを取り返そうとするが、黄泉川がそれを楽々と止めステイルの脳天にチョップをくらわす
ステイル「うっ」

黄泉川「この私に勝てると思ったじゃん?」
ステイル(くそっ、これ以上此処で時間を使うわけには)

ステイル「もう良いです。僕は帰ります」

黄泉川「おぉ、やっと改心したじゃん。じゃあ気をつけて帰るじゃん」

そういうと、ステイルは足早とその場を去って行った。

ステイル「くそっ、やはり魔術だけでなく身体も鍛えないといけないな」

黄泉川「次はどこへ行くかな、まぁブラブラするじゃん」
494 :とある警備員のお仕事 :2010/05/19(水) 14:15:20.61 ID:85PuTUDO
黄泉川「おっ!あそこの店がなんだか騒がしいじゃん。行ってみるじゃん」

ガヤガヤ

黄泉川「警備員じゃん!なにかあったのか?」

店主「いや、このお嬢ちゃんが食い逃げしようとしてて」

禁書「違うもん!もうすぐしたら当麻が来て払ってくれるんだよ」

店主「もうすぐって、もう三時間近く居座ってるじゃないか」

禁書「当麻は来るもん!」

黄泉川「当麻?月詠先生の所のか?」

禁書「月詠?小萌のことかな?小萌なら知ってるんだよ!」

黄泉川「んー、それじゃあ店主さん今日の所は私が立て替えておくじゃん」

店主「おー、ありがたい。でも良いんですか?」

黄泉川「店主さんが気にすることじゃないじゃん。で、何円じゃん?」

店主「えー、12880円になります」

黄泉川「これ一人で食ったの?」

禁書「うん、そうだよ!でも当麻の為にちょっと遠慮したんだよ」

黄泉川「遠慮してこの額とは……やるじゃん」

店主「ありあとやしたー」

黄泉川「じゃあ、今日はもう寄り道せずに帰るじゃん」

禁書「わかったんだよ!」

そういうと、禁書は元気よく走りさって行った
495 :とある警備員のお仕事 :2010/05/19(水) 14:16:35.70 ID:85PuTUDO
黄泉川「はぁ、少し節約しないといけないじゃん……」

黄泉川「喉乾いたし公園でジュースでも飲むじゃん」

「ちぇいさーー!!」

黄泉川「君、なにやってるじゃん?」

美琴「げっ!いやちょっと自販機が壊れてたみたいでー」

黄泉川「どれどれ」チャリン、ぴっ、ガコンッ

黄泉川「ちゃんと買えるじゃん」

美琴「じゃあ、今ので治ったのかもしれないですね」

黄泉川「じゃあ、百円寄越すじゃん」

美琴「なっ、なんでそうなるのよ!」

黄泉川「最近、常盤台の子たちが自販機を蹴ってタダでジュースを手に入れてるのは知ってるじゃん」

美琴「でも、これは私が買ったのよ!」

黄泉川「さっき、壊れてるみたいって言ったじゃん。それにこれは立派な窃盗じゃん」

美琴「うるさいわね!私は学園都市第三位のレベル5なのよ!」

黄泉川「レベルなんか関係ないじゃん!それにその事は君もわかってるじゃん?」

美琴「うっ!ご、ごめんなさい」

黄泉川「よく出来ましたじゃん。じゃあ最終下校時刻までにちゃんと帰るじゃんよ」

美琴「さようなら」
496 :とある警備員のお仕事 :2010/05/19(水) 14:17:57.34 ID:85PuTUDO
黄泉川「疲れたじゃん、ちょっとベンチで休むじゃん」

テクテク

黄泉川「おっ!一方通行じゃん、なにやってるじゃんよ?」

一方通行「クソガキのお守りだよ。オマエこそ何やってンだ?」

黄泉川「警備員のパトロールじゃん」

一方通行「オォ、そりゃあご苦労なこった」
一方通行「もう、夕方だな。オイ、クソガキそろそろ帰るぞォ」

打ち止め「えー、まだ遊びたいって、ミサカはミサカはだだをこねてみる」

黄泉川「打ち止め駄目じゃん。もう帰るじゃん」

打ち止め「あれ?なんで黄泉川が居るのってミサカはミサカは疑問を抱いてみる」

黄泉川「ちょっと、そこで会ってね、さぁ早く帰るじゃん」

一方通行「オマエ、パトロールはいいのかよ?」

黄泉川「今日はもういいじゃん」

打ち止め「ねぇ黄泉川、家までかけっこしよってミサカはミサカはすでに走りながら言ってみる」
497 :とある警備員のお仕事 :2010/05/19(水) 14:18:51.65 ID:85PuTUDO
黄泉川「待つじゃん打ち止め」

一方通行「オイ!オマエ等俺は杖ついてンだからちょっとは気使えよ!」

黄泉川「よしっ!じゃあ、おんぶするじゃん」

一方通行「おンぶゥ?なめてンですかァ?」
黄泉川「早くしないと打ち止めに追いつけないじゃん。もしかしたら見えなくなった所で誘拐されるかもしれないじゃん」

一方通行「そういうことなら仕方ねェ、やってやろうじゃねェか」

黄泉川「行くじゃん」

一方通行「オマエ!本気で走りすぎ!酔う……」

打ち止め「黄泉川おそーいってなんであなたがおんぶされてるの?ミサカもおんぶされたいってミサカはミサカは一方通行を羨ましく思ったり」

一方通行「黄泉川やっぱおろせ」

黄泉川「駄目じゃん、身体が不自由な人を助けるのも仕事じゃん」

打ち止め「あなたがおんぶされてるとかわいいってミサカはミサカは和んでみたり」

一方通行「和ンでンじゃねェ!降ろせー!」
黄泉川「暴れると危ないじゃん」

打ち止め「ところで今日の晩御飯はなに?ってミサカはミサカはワクワクしながら聞いてみる」

一方通行「肉だ肉ゥ、こンなに恥ずかしいことされてンだから肉ぐらい出せ!」

黄泉川「駄目じゃん今日からしばらく節約生活じゃん」

打ち止め「えーってミサカはミサカはあからさまにがっかりしてみたり」

一方通行「というかいい加減降ろせェ!」

黄泉川「よしっ、打ち止めかけっこの続きじゃん、打ち止めが勝ったら今日はお肉じゃん」ダッ

打ち止め「ちょっと待ってよーってミサカはミサカは必死に追いかけてみたり」

そう言いながら黄泉川たちは楽しそうに家まで帰って行った。

おわり
498 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 14:21:48.06 ID:85PuTUDO
原作15巻読んで黄泉川に目覚めて勢いで書いた。黄泉川の相手の呼び方がわからなかって君にしたけどあってたかな?間違ってたら指摘お願いします。
黄泉川好きが増えてくれることを願ってます
読んでくれてありがとうございました。
それじゃあ、バイバイ
499 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 15:04:08.75 ID:z.BYsvko
乙でした。
やっぱ黄泉川先生は通行止めと絡むといいですよね
それにしても相変わらずのステイルの体の弱さww
500 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 15:08:40.91 ID:STNufcDO
乙ー
なんとなくじゃんじゃん言い過ぎじゃんって思ったがまあこんなもんだよな。
501 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 15:19:05.86 ID:.9B6OeIo
>>498
確か親しくなる前は君で、親しくなるとお前。
だから浜面や一方さんはお前だったと思う。

おつ!
黄泉川先生好きだわぁ…
502 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 20:32:08.67 ID:19hOz0Qo
したらばにSS避難所立てたんだが
書き手の方は考慮してもらえませんか
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/13805/

スレ汚しすみませんでした
503 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 21:46:34.78 ID:QikWqcYo
>>502
考慮する
504 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 21:49:43.43 ID:ETVy.c2o
SSでスレ乱立するから毎月落ちる現状を鑑みて
乱立しやすいSSはそっちで書いて管理人の負担を減らそうぜ、と受け取ればいいのかしら
505 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 22:01:04.87 ID:FBuE6Pko
ファンが多くついてるパートSSの書き手が揃って移動でもしない限りは、いろいろ無理があると思うけどなー。
506 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 22:02:46.78 ID:vnuXvkAO
ビリィスレは気持ち悪いから消えろ
507 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 22:07:23.70 ID:APnDowo0
つまりこれからは小、中編は総合スレ、長編やクロスみたいな人を選びそうなものはSS避難所ということになるのか?
もともと製作速報には誘導されてきた形だからゆくゆくはSS系は避難所に完全移行するとかの方がいいんだろうか
508 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 22:07:37.01 ID:85PuTUDO
>>502
乱立してるから移動しろってこと?
509 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 22:11:01.98 ID:vnuXvkAO
誰かが勝手に作った板に移動するなんて面倒なことはしなくていい
制速の支配権は実質SSサイドが握ってるわけだし
510 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 22:13:12.16 ID:.j4gY/Qo
避難所の避難所と言うことは余所って事でしょ
そもそもVIPとはなんら関係ないし
511 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 22:14:05.45 ID:3sltRcDO
>>509
なんで禁書厨が叩かれるかわかってないみたいだな
512 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 22:16:03.13 ID:ETVy.c2o
現状で管理人の負担を下げたいっていう殊勝な(っていうか本来は当たり前の)心掛けをするような人は
最初からSSスレ乱立なんてしないだろう、というのはあるな
513 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 22:17:24.76 ID:.j4gY/Qo
>>511
そいつには触れちゃダメ
スルーでよろ
514 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 22:18:28.76 ID:QYW1QGQ0
避難所の避難所なんてみんな行かないと思うけどなー
515 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 22:18:34.04 ID:vnuXvkAO
>>511
禁書厨とかww
アンチは総合スレなんて来ないで自治スレで愚痴ってろ
516 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 22:30:35.25 ID:jsUSUn60
リア小が移ってる時点でそこは忌避の対象でしかないわけで
517 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 22:31:10.01 ID:oUrbvfU0
そもそもここに投下してる人は考慮してるからこっちに書いてる訳で
ここで言ってもなあという気がするんだけどな
518 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 22:34:19.71 ID:4vTtjK6o
あっちこっちで毒吐いてんなwwww
519 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 22:40:54.39 ID:19hOz0Qo
>>514 私もそう思います。ですんで
SSの中でも更新の早く人の多いパートスレだけでも徐々に移住してくれれば
より嗜好性を分ける住み分けが出来、衝突も避けられるかなと考えてます

ローカルルールのような目立つ場所で他所への誘導は頼むのもなんですし
単発が立ってしまうのは止められませんので、お邪魔させていただいています

まーぶっちゃけ、したらばだとフリーのメアドで作れますし
それぞれのジャンルのSS民が自分で掲示板を立てれば良いのにと思ってます。
520 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 22:48:14.14 ID:.j4gY/Qo
それぞれのジャンルに分散なんかしたら多分過疎化が進んで自滅するのが落ちだと思うわけで…
そもそも衝突もくそも実際に対立なんてものがそこまで深刻なのかが微妙なところじゃない
端から見ているとどう見ても愉快犯っぽい奴がほとんどのように見えるし
521 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 22:50:23.33 ID:jsUSUn60
>>519の案だと
結局あちこちに散らばってまとまりがなくなった挙句に新規の掲示板が全部崩壊するだけだな
522 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 22:53:34.98 ID:KXaAS.DO
そもそも衝突してるのってSS、製作両方煽ってるのとそれに反応してる人らな気がするけど。

立て逃げとか自体を締め出さないと板分けたところで両方荒らされそうな気がする
523 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 23:00:01.46 ID:WDIXNIDO
愉快犯の立て逃げなんかルールをいくら決めたところで締め出せるわけもないしな
524 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 23:01:15.12 ID:jsUSUn60
つまり、無駄な抵抗はやめて徹底的に無視。かまってもらえなくなった荒らしが飽きるのを待つしか無いってことですね
525 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 23:02:15.79 ID:6YUxPDMo
衝突とかアンチが一方的に吼えて噛み付いてるだけだよね
彼らが隔離板でも作って移住すればええのに
526 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 23:06:03.90 ID:.j4gY/Qo
自治スレより冷静な人が多くてワロタww
あっちも無駄に過剰反応しないで案件を進行させればいいのにと思う
527 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 23:07:17.14 ID:jsUSUn60
アンチかどうかは関係ない
ただ、過敏な連中が数レスで収まった言い合いをさも大きなものであるように感じてしまってるだけだビクンビクン
悪気は無いんだろーよ。製作速報がそれだけ好きなんだろうほっといてやれ
便乗厨と愉快犯もほっとけ。かまうと喜ぶだけだし
528 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 23:08:23.75 ID:19hOz0Qo
それは移住してきた人が板を作れば良かったと言う事じゃないんですか
私はどっちが移住するのでも良いから住み分けたいなと思ってます。
529 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 23:20:13.75 ID:.Zr.WUSO
こんな雰囲気じゃせっかく復活したのにSS書いた人が投下しにくいだろ
議論好きは自治スレでもなんでも行ってくれ

さて、次はどんなSSが来るのかな?wktwtk
530 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 23:22:59.42 ID:.j4gY/Qo
>>528
その考えもひとつの結論かもしれないし賛同する人もいるよね
ただ宣伝はほどほどにね
基本的には宣伝嫌う人が多いと思うしね

ちなみに自分は今の現状の中でも1人1人のマナー向上でじゅうぶんなんとかなると思っている
531 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 23:25:17.87 ID:jsUSUn60
そもそも別板を作れば良かったと言ってる人はこの流れの中には…

自治スレではマークつける、案内スレを立てる、と色々な案をだしてくれてます。
あっちは運営も見ているようですしあちらで案を出せばいいと思います。

後から移住してきたとか、板を立てるだとか。そういうことは全て置いておいて言わせてもらうと、
今一番の問題になっているであろう乱立、立て逃げ、愉快犯に関することは移住という手段では何一つ解決しませんよというだけの話です。

住み分けというのは一部の人間が新しい場所を作ってもどうにもならないことが多いです。
最後まで面倒を見切れて、かつ第三者的視点を保つことができる人が運営でない限り、住人は定着しないからです。
住み分け、移住というのは現実的ではないしメリットも少ないですね。

というわけで、続きは自治スレでどうぞ。
532 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 23:29:28.73 ID:TQKLIYA0
ねーちんのおっぱいでも鑑賞して落ち着こうぜ
それにしても長編書くの大変だな、早くて30分1レスのペースでしか書けん
533 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 23:33:27.50 ID:CcR2zQAO
アンチにしろ立て逃げにしろ、結局は無くならないんだから、一掃なんて考えないほうがいい

元々SS民もVIPで書いてたんだが、過剰な誘導、SS叩きのせいでこっちに流れ込むしかなかったんだよ
そりゃあ元々こっちにいた人には気分が悪いだろうが、俺たちも好きでこっちに来たわけじゃないからなんとも言えない

先住民がでてけ、って言ってる奴はキチガイだから放っておけ


さて、ここまで書いといて何だが、議論はやめにするじゃん!
ヨミカワ可愛いじゃんヨミカワ
534 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 23:40:57.27 ID:oUrbvfU0
>>532
地の文を書こうとすると1時間に1レスペースで泣けた
投下するのがいつになるやら
535 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 23:46:42.52 ID:au94pxgo
長編はモチベーションがな
なんつーか、普通に飽きてくるからな
パートで続けてる奴はスゴイわ
536 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 23:49:35.78 ID:z.BYsvko
長編は設定考えてそれをブレずに書けるってのがすごい
思いつくのは短そうなネタばかり
537 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 23:49:39.81 ID:jsUSUn60
>>534
いいじゃん1レスも書けるなら
昨日書いたやつ全消し、その前のルートからやり直し、手直し修正推敲、を毎日やってたらまったくすすんでねーよ…どうなってんだ
538 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 23:50:39.03 ID:CcR2zQAO
>>535
俺は書いてる時が1番楽しいけどな
モチベーション下がる以前に、内容考えてたら1日とか速すぎワロタになるよ

まぁ読み返して絶望するんですけどね
539 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 23:53:05.42 ID:CaS00UAO
最低3日くらい置いて冷静になってから見返さないと、語尾はもっと直せたなとか、もっと面白いネタ組み込めたなとかで泣くハメになる
540 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 23:53:26.13 ID:EGxEKJko
>>538
ありすぎる

そして書き溜めがあることの安心感。
投下終わったあとの喪失感がひどくなってきた。
541 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 23:53:34.59 ID:YQRoooIo
今ようやく5万字だが、完走できる自信がねぇ…
やっぱりモチベーションが難しいよな。
個別にアップしていくのも、他人のリアクションを見ながらやれば
モチベーションが保たれるという意味で重要なんだろうがなぁ…

どこにアップすればいいのかもわからんし、
リアクション見て変えられる自信もなし。
このまま頑張るしかないのか…
542 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 23:53:56.46 ID:oUrbvfU0
>>534
いや書くだけだぜ…?それをしばらく続けた後推敲してやっぱり全消ししたりするよ俺も
まあ俺の場合なんかのフレーズだけあとでサルベージとかしたりするんで別のフォルダに移動して発酵させるんだけど。

時間がたってからもう一度見るとどこがまずかったのか新見解がでたりするし…
そしてすすまない、と
543 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/19(水) 23:55:43.92 ID:jsUSUn60
そーだよな!!みんな後から見直しまくるよなーー!!!
あとで気づくんだよ、ドアノブって書いた後にスライドドアだったこととかにな!!!!!!!!
ははははは大丈夫、カチッてやらないとスライドできないドアもあるし。ノブついてるスライドドアあるし。丸いノブじゃなくて、棒のやつな。な。うん。ある。大丈夫。
544 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 23:55:42.74 ID:UgTik.6o
>>541
掲示版形式はチョット……というならArcadiaなんかいいんじゃないか
台本形式だとちとキツイが
545 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/19(水) 23:58:19.05 ID:YQRoooIo
>>544
台本じゃないから大丈夫かと思うが、
そっちの方がいいか…
Arcadiaか小説を読もう!あたりになるのか。
ココにアップしようと思って書き始めたらこんな字数に…
ははっ、笑えね
546 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 00:21:58.84 ID:R3ay7iI0
test
547 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 00:26:02.06 ID:6kN1eTU0
全然関係ないんですが、五和が一方さんの家に泊まりに行くss教えてください!
ぐぐっても出なかったんで…
548 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 00:27:27.95 ID:4YELEB.o
総合スレでやるにはアレだからスレ立てるか、
と思ったらなんだかややこしい話が……
549 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 00:27:57.33 ID:TUfQwN20
真面目な文章の決めの部分に強調の点々付けようとして盛大にずれた時の恥ずかしさときたら
550 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 00:43:32.37 ID:InopHcEo
ルビずれたときも恥ずかしい
551 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 00:47:21.74 ID:FWbwjB.0
美琴「このサイトは」ってどこいった!!
552 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 00:48:20.04 ID:TDEnzuEo
>>551
完走したよ
553 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 00:48:41.06 ID:/07Lw5E0
>>551
無事に完結&1000到達してdat落ちしました。
554 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 00:49:45.75 ID:JKixDl.o
>>551
ちゃんと完結して無事1000までいったよ
良いペースで投下してくれるし久々に楽しいスレだった
555 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 00:53:02.49 ID:FWbwjB.0
なん・・・だと!?

最後まで読めなかった・・・orz
556 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 00:56:28.59 ID:/OjQaqwo
最近投下少ないなーって思うのは、落ちてたからそう感じるだけなのかしら。
557 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 00:57:58.17 ID:ecDqXkAO
>>544
豊富なキャラでしっかり作ってくれてたよな
558 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 01:03:06.52 ID:.JMastso
>>545
欠陥電気が約17万
麦野は今恋は20万超えてそう

あとどのくらい書くか分らんが頑張れwwwwwwww
559 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 01:22:50.05 ID:TUfQwN20
20万ってレス数にするとどれ位なんだ…途方もねえな
560 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 01:26:15.83 ID:JKixDl.o
>>555
自分用まとめで最後までまとめてあったよ
561 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 01:40:21.23 ID:I754FH2o
麦恋は今ワードに貼り付けて文字カウントしてみたら本編が20万字ジャストくらいで、おまけが4万5千くらいだった。
これを2週間でやりきるとかwwww化け物かww
562 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 01:40:22.95 ID:jS.JbhA0
vipでさー、書き溜めなしでしかも安価でやってる奴っているじゃん
何であんな投下早い上に面白いんだろ…
怖くねーのかな…それともああいう奴らってノリだけで始めちゃってんのかね
563 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 01:49:07.75 ID:.JMasts0
適当に書いたがジャストだったか俺うめぇ
いや、あれはマジすごいと思うわ
2週間でアレだと、文庫が一年で24冊でる
564 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 01:49:32.05 ID:oNcpkeA0
VIPで建て逃げあったから、一度だけ乗っ取りしたけど
追い詰められた感覚で、普段の数倍以上の速度が出たのを俺は覚えている。
今思うとよくあの速度で書けたもんだと自分でビビったわ。
565 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 01:51:20.32 ID:aJHMXoDO
たしかあの>>1はある程度書き溜めてスレ立てたって言ってたよな…
それにしてもすげえ
566 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 01:58:16.12 ID:I754FH2o
そういやほぼ最後まで書いてあるって言ってたな。
毎晩投下してたおかげでこっちもやきもきせず済んだのはありがたい。
でもおまけは作者が書きたいって言ってから1週間で4万5千字書いてきてたけどこれってやっぱり早い方なのか?
SS書いたことないからわかんね

567 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 02:02:53.73 ID:InopHcEo
麦恋って文庫1冊分くらい?
あまりにも素晴らしかったので印刷して手元に残しておこうと思ったんだけど
568 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 02:04:40.17 ID:OVdwuxIo
いつか俺もこのスレで話題にされるようなのを作るぞ!
と思って散々妄想して書くけどすぐ力尽きるかぐだぐだになっちまう
569 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 02:06:08.31 ID:V.hS67so
>>568
自分も今、周りの人とのレベルの違いにガタガタ震えて
今考えてるの頭から消そうか迷ってるww
570 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 02:07:03.70 ID:DItSi9o0
>>566
超早いと思う。
自分、2週間かけてやっと2万字だぜ……
麦恋はまじで凄い。あんなに素晴らしいものを短期間に書きあげるとか脱帽
571 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 02:08:44.16 ID:fLaZYsDO
>568
わかるw
文章力構成力が妄想に追いつかないのと何よりモチベーションが維持できない
完結させられることがもうすげえわ
572 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 02:12:14.71 ID:I754FH2o
>>567
禁書の原作一冊って何字くらいなんだろな。
あのスレで麦恋は大体文庫一冊分くらいの量って言ってる奴いたから大体そんなもんじゃね?
普通にifものとして売れそうな出来の良さだったな。続きあるみたいだから期待。
573 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 02:13:28.92 ID:.JMasts0
早いほうだと思うぞ、クオリティもあるし

大体20万だとライトノベル一冊とか余裕じゃね
その4分の1が1週間って考えてみ
ただ、あくまでライトノベルな
文字ビッシリの文庫だとわからん
574 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 02:14:50.65 ID:OVdwuxIo
筑摩文芸文庫とか岩波文庫だとラノベと同じペースで読んでるつもりでも1週間ぐらい平気でかかっちゃうからな
内容にもよるが文庫一冊といってもへたすりゃ7,8倍近い開きあるんじゃないか
575 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 02:22:54.49 ID:YKVq8bU0
妄想が楽しくて書き始めるまでが長い
書き始めたはいいけど深夜のテンションで書くんで、翌日読み返して「うわあああああああああああああああ」となって全消去
それを繰り返す日々

消さなきゃいいのか、消さなきゃ
背筋が痒くなるだろうけど
576 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 02:36:03.37 ID:1il21xEo
ラノベは基本10-25万位だよな
破戒が30万位で
ドグラマグラが45万位で
罪と罰が60万位だった
577 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 03:27:56.85 ID:vxvEFmc0
俺も今かなりの長編書き溜めてるがぜんぜん終わらん
たまに「俺なんでこんなん書いてんだろ」って萎えるけど
書き始めると楽しくなるふしぎ!
578 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 04:04:16.90 ID:hWS8KjQo
ちなみに、大学の卒論は5万字だぞ
579 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 08:03:38.02 ID:sYFJlcAO
おまえらすごすぎ…
俺なんて一週間でやっと3000字強だぜ

地の文付きでこれとか死にたい
580 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 08:09:40.45 ID:orqsvcSO
>>555
一応言っておくと、2chと違って落ちたスレでもHTML化されてるからいつでも読めるよ。
アドレスさえわかってれば
581 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 08:14:46.37 ID:Xv1NccDO
短く纏められずに悩む…
ちょっとしたネタを書きたいのに気付いたら長くなる
いつまでたっても終わらない上にここに投下する量じゃ無くなってるんだが
違うもっと短くて良いんだよぉぉ
582 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 08:31:02.65 ID:hWS8KjQo
>>581
ケツから書いていくんだ
583 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 08:42:40.12 ID:KgMYfswo
>>581
下手に削るのも良くないと思うよ
どのくらい長いのか分からないけど。
しっかり方向性を決めて起承転結させる上で
必要のない描写、展開を削ってみる。

できないってんならそれこそ1度投稿してみて
どうしたら良いか聞いてみても良いんじゃないかな。

ここがそういうスレなのかどうかはちょっと不明だけど・・・。
584 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 08:48:25.37 ID:ecDqXkAO
>>583
試し載せのアドバイス希望でも良いんじゃない?
現状、作品が殺到して目詰まり起こしてるワケでも無いし

アドバイスが降りてくるとは限らないけどな
585 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 08:58:03.06 ID:ecDqXkAO
ああ、ただ試し載せで50レスとか使われると迷惑になるだろうから特に短くしたい、できそうな部分を抽出して、長くて10レスかな
586 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 11:07:31.75 ID:XQnXjADO
用途不明 放置 立て逃げ
その辺りを好きに使えばいんじゃね
587 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 13:06:58.29 ID:rOTzM.DO
1レスってどれくらい入れればいいのかな?
台詞形式で、できるかぎり場面で分けてるからムラがあったり、長いとこで上手く切れなかったり…書きまくって慣れろってことか!
588 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 13:10:54.90 ID:/OjQaqwo
基本、50行、vipなら30行ギリギリまで使うなぁ。
あとは「溜め」というか「間」というか、そういうのを意識したりだとか。

ま適当に区切ってて、実際そんなこと考えてないけど!
589 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 13:21:06.68 ID:KgMYfswo
流れとか場面転換で区切ったりその辺は適当だなー
590 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 15:11:07.89 ID:rOTzM.DO
ありがとうございます
やはり基本は状況とかなんですね
591 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 15:21:04.98 ID:ecDqXkAO
まずは思いのたけを書き殴って、その後の整理で上手く場面毎に分けられるならそういう風に調整してる。
間を表現するための改行を最低限まで減らしたり、逆に少なすぎれば会話を少し増やしたり。

どうにも分けられないなら、「オイオイそこで切られたら次が気になるじゃんよ」と、上手く『引き』を作れる部分で切ったり。

まあ余力があったら気にする程度だな。作品本来のクオリティを崩したら意味無いからね。

ついでに言うと改行50行って絶妙に少ないww
60行できたらなあって思うのは俺だけか?いつも「ごじゅう……さん?……」とかで何故か苦労するww
592 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 17:33:10.17 ID:KgMYfswo
VIPで書いてると逆に50行とか使いきれません><
593 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 17:46:18.28 ID:Xv1NccDO
メモ帳の縦を丁度50行にしているのは俺だけではないはずだ
594 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 18:23:43.74 ID:.JMastso
>>591
同じ感じだ
で、最後の最後にレスエディタにぶち込んだものを読み直して加筆修正して投下だな
最終段階で加筆することは地味に多い
だから53行とかよくある
60あればほぼ問題ない
595 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 18:24:39.74 ID:xPHbjes0
ギャグ物だったらなるべく1レスの中で起承転結つけて笑い所を作るようにしてる
4コマ漫画を連続で書くような感じ

俺の場合VIPで書いてたってのもあるけどだいたい30行前後で区切り
596 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 19:36:37.09 ID:sYFJlcAO
俺の携帯、一度に130文字くらいしかコピーできねぇんだが、めんどくさすぎてワロえない……

投稿するときはパソコン使わなきゃならねぇな
597 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 19:39:04.33 ID:6ncFVWEo
>>596
メモ出力してメールにできねーの?
それをそのままPCに送って、PCでコピペで張り付ければいいのに。

でも、結局コピペが130文字制限ならメール送るのも面倒か・・・?
598 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 19:43:10.50 ID:jgVxI6AO
>>596
あるあるww
コピペも5つまでしかできないから携帯から投下するときは
1レス分づつぺとぺと繋げてるよ

投下はPCからできるんなら前スレだったかで教えてもらったオンラインメモ帳が便利だよ
599 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 19:46:05.70 ID:G11cnFEo
>>597
最初からメールに書き溜めすればいいんじゃね
600 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 20:40:50.00 ID:6ncFVWEo
禁書アニメ2期やるとしたら、どこまでやるんだろーな
13巻くらいまで行けるといいが・・・。

っと・・・スレチか?
601 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 20:42:10.09 ID:1il21xEo
TSUTAYAの奴か
602 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 21:02:09.28 ID:6ncFVWEo
>>601
そそ、あれって元ソースどこだ?
Twitterでてきとーに見つけたんだけどww
603 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 21:07:34.31 ID:G11cnFEo
TSUTAYAって何のことかと思ったらVIPの禁書立て逃げスレに画像が張ってあった
秋ってマジか
604 :596 :2010/05/20(木) 21:10:05.08 ID:sYFJlcAO
だから今はメールに直接書いてるんだが、後日に編集しにくいのがデメリット
まぁそれでも5000字近く保存出来るのがかなりのメリットなんだけどな


禁書アニメか、結局手付けずだったな…
605 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 21:15:42.44 ID:q045VZQo
アニメやるなら、11巻までだと思う。
ヴェント来たら確実にキリのいい終わり方になんてならんし

あるいは、ヴェント登場でVSローマの3期確定か
606 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 21:26:24.57 ID:yv4ldcA0
2ちゃんねるならパソコンから携帯電話経由で書き込みできるサイトもあるけどね↓
http://pk2ch.saneda.com/
607 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 21:34:14.49 ID:1il21xEo
>>602
2chは
アニメ2板が最初に張られた
次にラノベ板本スレ
でν速→ν速嫌儲→VIPみたいな

いまいち信憑性低いがとりあえず祭り
でも
禁書漫画6巻
HO2巻
超電磁砲5巻
21巻
の怒涛のラッシュで発表あるかもだから
期待は出来る、か?

ちなみに禁書一期の発表は夏だったらしい(放送秋から)
608 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 21:34:14.54 ID:V.hS67so
ここで全く空気を読まずに、小ネタで2レス分ほど垂れ流しさせていただきます
609 :上条さんと御坂さん [sage]:2010/05/20(木) 21:38:09.88 ID:V.hS67so
美琴「うわっ、雨降ってきちゃった。傘なんて今日持って来てないのに」

上条「樹形図の設計者が無くなったから、天気予報も外れるようになっちゃったな。
    それでも今日の降水確率を見て、傘持ってないのはどうかと思いますよ?」

美琴「わ、悪かったわね! まだ、予報だとか降水確率だとか慣れてないだけよ!」

上条「別に悪いだなんてそこまで言ってないだろ。まぁ、いいや。ホレ」サッ

美琴「は? なな、何よいきなり!?」

上条「なにってお前傘持ってないんだろ? 道もほとんど一緒だし送ってってやるよ」

美琴「ッ!? そ、それってつまり、あ、あいあ……いあ……」

上条「ん? もしかして、俺の傘入るのそんなにいやだったりするとか?」

美琴「そそ、そんなことないわよ! 服濡れても困るしね、うん、送ってってもらおうかしら」

――――
上条「あの……、御坂さん?」

美琴「…………なによ」

上条「やっぱり本当はいやだったんじゃあ……」

美琴「……そんなことない」

上条「だったらもう少し寄ってくれよ。近づいたらお前離れちゃうし、せっかく傘差してるのに二人とも濡れちゃってじゃねえか」

美琴「う……分かった」ピタッ

上条「ふぅ、これでやっと……って御坂さん今度は近すぎじゃ……」

美琴「うるさい! 離れたら濡れちゃうんでしょ!」

上条「……まぁ、いいけど」

美琴「あ、あの、後さ……文句言ってるみたいで悪いんだけどもう少しゆっくり歩いてくれない…? アンタ、ちょっと速いのよ」

上条「そうか? 濡れる前にとっとと送ったほうがいいかと思ってたんだけど」

美琴「い、いいから、もうちょっと私に合わせてよ……」

上条「あぁ、そりゃ構わないけど。でもこんなゆっくりだと寮まで相当時間かかっちまうぞ?」

美琴「い、いいじゃない、別にゆっくり帰る日があったって」

上条「雨なのに?」

美琴「雨だからよ」
610 :一方さんと打ち止めさん :2010/05/20(木) 21:38:50.27 ID:V.hS67so
一方「ン、雨か。今までみたいに雨も反射してた感覚で出てきたから、傘なンて持ってねェぞ」

打ち止め「じゃあミサカの傘で相合傘して帰ろうよ!って、ミサカはミサカは準備のよさを誇示してみる」

一方「あァン? 何言ってやがンだ、クソガキ」

打ち止め「だからー、一つの傘に二人で一緒に入って帰ろうよ。って、ミサカはミサカはこれくらいも分からないあなたに優しく説明してみたり」

一方「相合傘の内容じゃねェよ。オマエ、どうやったらそのクソちいせェガキ用の傘に二人入れると思ってンだ?」

打ち止め「それはもう二人でピッタリくっついて――」

一方「そォかよ。そりゃおめでとさン、一人でやってろ」

打ち止め「って無視しないでよー!ってミサカはミサカは必死に叫んでみたり!」

一方「…………」

打ち止め「うぅ、ミサカは雨に濡れ慣れてない、あなたのことが心配なだけなのに……。ってミサカはミサカは涙声で呟いてみる……」

一方「……チッ。仕方ねェな、入ればいいンだろォが。」

打ち止め「えっ!!ほんとに!?って、ミサカはミサカは機嫌をなおして大接近!!」

一方「ッ!? クソガキィ!!傘振り回しながら寄ってくるンじゃねェ!顔に当たるだろうが!」

打ち止め「えへへ、ごめんなさーい。って、ミサカはミサカは笑顔で反省してみたり」

一方「ほンとにしてンのかよ……。オラ、とっとと傘渡せ」

打ち止め「え、どうして?って、ミサカはミサカは疑問をぶつけてみる」

一方「どうしてって、オマエの身長じゃどう見ても俺の頭の上まで届かねェだろォが」

打ち止め「でもそんな高く持ってかれちゃ、ミサカが濡れちゃう。って、ミサカはミサカはぶーたれてみたり」

一方「だから最初に入りきらねェつっただろ。オラ、せめてもう少しこっち寄ってろ」

打ち止め「はーい、あなたってやっぱり世話焼きさんなのね惚れ直しちゃいそう。ってミサ――っていたぁーい!ミサカのアホ毛を引っ張らないでよぉ!」

一方「マセたこと言ってねーで、とっとと帰ンぞクソガキ」

打ち止め「はーい。って、ミサカはミサカは今度は大人しく返事してみる」

一方「(……ほンと、ガキってめンどくせェな)」
611 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 21:41:56.95 ID:V.hS67so
以上です。今日の雨にイライラしてやっちまいました
通行止めが初めてでちゃんと出来てるかわからないし、浜面さんと滝壺さんもやりたかった!
学園都市は雨のシーンがほぼ?無くて、必要ないから仕方ないとはいえちょっと寂しいです
612 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 22:09:33.23 ID:KgMYfswo
打ち止め可愛いぜ!

あれ?ところでインd・・・おや誰か来たようだ
613 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 22:10:51.10 ID:SB/IATMo
>>612 魔術の力がきいて無くても材質の関係でそんなに濡れないんだよ。きっと
614 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/20(木) 22:11:20.22 ID:thDIQxI0
おつー

これとは方向性違うけど雨のシーンならカッコイー奴があるじゃないか
「おやおや。大罪人同士、キズの舐め合いでもやってるトコだったかしら」
「……、やらせるかよ。人の友達を何だと思ってやがる!!」
615 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 22:26:05.25 ID:InopHcEo
禁書アニメ15巻までやらないかなぁ…
やっぱ無理だよなぁ…
まぁ最低でも木原くン見れれば…
616 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 22:46:00.78 ID:V.hS67so
>>614
そういえばそこが雨だった!
もっと他のキャラも扱えるようもう一度全巻読み直さなくては!
617 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 23:13:10.45 ID:kXvcJCIo
2期ってこれか
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0093178-1274353752.jpg
618 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 23:20:22.19 ID:InopHcEo
何でただのTSUTAYAがそんな情報知ってるんだwwwwwwww
TSUTAYAの店員に能力者でもいるのか
619 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 23:23:41.16 ID:6ncFVWEo
TSUTAYAの店員 予知能力者か、胸熱だな・・・オイ・・・。
620 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 23:25:18.56 ID:GqFU4wo0
やってみようか迷ってるんだけど浜面×心理定規って需要ある?
621 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 23:26:41.06 ID:InopHcEo
ありあり
622 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 23:27:14.47 ID:vd10GO.o
とりあえず書いてみればいいんじゃねえか?
誰かが道を切り開けば後からついてくる人も現れようよ
623 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 23:28:45.40 ID:ecDqXkAO
>>609
うあーイーやべーあのコンビらしーなー

アニメは背景の綺麗さに目を奪われた、2期もそのままのクオリティを期待
とりあえず期待のシーンは通行止めの入浴だな、ここ飛ばしやがったら制作スタッフにインデックス送り付ける
624 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 23:36:09.49 ID:GqFU4wo0
>>621
>>622
わかりました
ド素人だけどもうちょっと内容考えてからやってみようと思います
625 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 23:50:17.83 ID:6ncFVWEo
>>624
こまけぇけど、ど素人だけど、って奴いらない。
自分の作品に自信持とうぜ。
626 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/20(木) 23:54:40.59 ID:GqFU4wo0
>>625
わかりました
やっぱ何事にも自信もってやらないとだめですよね
627 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/20(木) 23:58:49.81 ID:h74x6bko
いちいちそういう自虐めいた保険がうざったらしいだけだよ
628 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:00:19.87 ID:X6ynyUAO
「仕事よ…」の作者を見習え
629 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:07:47.37 ID:avaok1so
というかSS書きなんてほとんど素人なんだしさ
書きなれてる程度の人はいてもSSのプロとかないんだから力抜けよ
630 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 00:12:05.30 ID:aLDuyLQ0
阿部さん…
631 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 00:13:27.93 ID:qgeaPioo
アックア「力を抜くのである」
632 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 00:14:13.21 ID:7BlBf8c0
変に飾ったり、卑屈な作者は大抵叩かれたりしているのが
なんつーか実情だよね。

スマートにいくのが一番って事だろうな。
633 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 00:15:42.97 ID:LDXZXJco
わかってはいるんだけど、いざ書き出すと猛烈に安価したくなったり反応が気になったりするんだよな…
なんでだろ
634 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 00:17:26.25 ID:E3YbuQEo
「必要なのは技術じゃねぇ、作品愛と妄想力だ」
635 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:18:04.96 ID:avaok1so
投下が空きすぎちゃったとかで謝るにしても人によって卑屈すぎるって感じさせるとの
なんか好感を持てるような人って差があるよな

なんにしても作者自身に好感持てるって結構大事だなって思う
636 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:18:45.34 ID:xB.4FnE0
今更ド素人って書きたかっただけなんて言えない
とりあえず皆さんの言うとおりに力を抜いてがんばってみようと思います
ありがとうございました
637 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 00:20:20.06 ID:LDXZXJco
地の文ってあったほうがいいのか無いほうがいいのか悩む
ずっとせりふだけの形式で書いてたから地の文にも挑戦してみようかな
638 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:20:38.94 ID:kBjFjDIo
全部書き溜めてから投下したりしてるんだけど、
投下中に全然レスが付かなくてさびしくなる

それでもせっかく書いたものだしなぁ、と思って全部投下して、
投下終わったら人がわらわら出てきたりしてびっくりする
639 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 00:23:28.10 ID:qgeaPioo
あっても無くても良いんじゃないかね
キャラを飛んだり跳ねたりさせるには地の文あった方が良いだろうけど

地の文は書くの難しい
でも地の文があれば動作の描写が良く出来るってね
640 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:29:23.57 ID:d8vUQ460
ちょい17レスほど場所借ります。
内容はロシアとの戦争終了後。長編のプロローグ部分として
書いてたのだけど、行き詰ってしまったり文章力がなさすぎて良く筆が止まってしまうので
改善点やら感想やらくれたら凄く嬉しいです。
では投下していきます
641 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 00:30:15.50 ID:qgeaPioo
ばっちこい
642 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 00:30:43.27 ID:h68HP0Yo
>>638
シリアスとかだと雰囲気がね…
ギャグだと草生やして突っこんだりできるけど
643 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:31:29.33 ID:d8vUQ460
世界は変質する。

大きな、世界規模での戦争と言っても差し支えの無い争いが発生した。
十月十九日を境に、多くの人々にとって忌まわしき記念日になった。
第三次世界大戦。
世界の三大軍事力である大国ロシアと、科学の最先端を歩む学園都市の衝突。
およそ三週間に渡る熾烈な凌ぎあいを制したのは、科学の最先端を歩む学園都市だった。
世界中の人々が、その結果に驚愕と畏怖を覚えた。
いかに学園都市が二、三十年ほど進んだ科学技術を掌握しているとはいえ、所詮、大人から
子供まで合わせて二百三十万人程度しかいない『都市』に過ぎない。
そして『都市』に住まう大半が、殺しあいとは無縁の生活を送る学生でしかない。
いくら特殊な――手から炎や電撃、はたまた漫画みたいな瞬間移動など――能力があろうと、
大陸間弾道ミサイルを防げるわけでもなく、単純な戦力という意味でも圧倒的な差があった。
物量も戦力も何もかも。
だが、大国ロシアは敗戦した。
最先端の科学テクノロジーは、既存の科学テクノロジーを有りとあらゆる面で凌駕し、完璧なる敗北を突きつけたのだった。

と、ここまでは外から覗いた観測結果。
あくまでも争いに巻き込まれなかった諸国からの印象である。

ロシア内部のある軍事専門者はこう発言している。
本当にロシアが負けを認めず、最後の最後まで反戦の構えを見せ、徹底抗戦すれば泥沼展開に持ち込めたはずだと。
事実、その通りだった。
644 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:32:43.34 ID:d8vUQ460
いくら最先端科学を使っていようと、それを操るのはあくまでも人の手。
時間が長引けばそれだけ集中力を失いミスが発生するのは自明の理。聞けば無人戦闘機という代物まで
投入されていたそうだが、それすらも遠距離から人が操っているに過ぎない。

ならば圧倒的な物量による時間稼ぎにより、泥沼的な展開を構築すれば光明は見えてくるはずだった。
なにせ学園都市は『人道的な兵器の運用法』と人を喰った主張を掲げていたのだ。これを破れば各国からのパッシングが
寄せられ学園都市はどんどん敵を増やす事になる。
だからこそ、時間を味方につければ可能性はあった。
更に学園都市は敵も多い。門外不出の科学技術はそれだけで相手を脅かす材料になってしまう。
もし泥沼展開で時間を稼げれば、学園都市をよく思わない諸国が参入してくる可能性もあったのだ。

……今になっては意味はなく、所詮は空机の議論でしか無いのだが。
大国ロシアの突然の敗戦宣言により。
唐突に、全てが終了した。
まるで火事が発生した際の避難手順をデモンストレーションするかのように。

一体、見えない内部で何があったのか?
それを知る者は一握りを置いてしか存在しなかった。
推測できるのは。
裏の水面下で何かがあったのだろう、とだけ。

――こうして第三次世界大戦は終了したのだった。

645 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:33:42.83 ID:d8vUQ460
だが。
それだけで全てが終わるわけがない。
これは終わりではなく、新たなる始まりを告げる鐘の音。

世界が変質した運命の日。
喜、怒、哀、楽、愛、憎。
あらゆる人の感情を巻き込みながら、世界は少しずつ、少しずつ、だけど大掛かりに変質していく。
これは変質していく世界の情勢の中で、必死にもがき苦しみながらも自らの信念を下に、
歩みを止めようとしない人々の物語。


『誰に教えられなくても、自身の内から湧く感情に従って真っ直ぐに進もうとする者』
『過去に大きな過ちを犯し、その罪に苦悩しながらも正しい道を歩もうとする者』
『誰にも選ばれず、資質らしいものを何一つ持っていなくても、たった一人の大切な者のためにヒーローになれる者』


そんな三人の主人公達だけでなく、

もっと非力で何処にでも居る、ただの学生やチンピラ、サラリーマンに主婦という特別な力を持たない『普通の人々』が刻む
不屈の信念の物語。
正しいか間違いか、の二次論なんかでは無く。
ただ己が信じた答えを突き進む『誰もが主人公』の――




――物語である。
646 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:35:08.60 ID:d8vUQ460
――――



(こ、これはどうするべきなのでしょう、とミサカはメダパニ状態で助けを求めたいです)


妹達の一人である検体番号一九九九九号は焦りや不安、緊張から喉をカラカラに干上がらせていた。文法も若干おかしい。
ちなみにロシアの研究施設に送られた個体である。
だけど一九九九九号が現在居る地点は、見慣れた研究施設の一室でもなければ、割り振られた自由時間の間によくお世話に
なっているお食事処でも無く、人生初にしておそらくは妹達の誰一人として到達した事の無い場所に身を置いていた。
端的に言ってしまえば、どこぞの高級ホテルである。
周囲には高級感漂う豪奢なドレスを着こなしたご婦人や、紳士なジョントルマンが談笑をしながら、
これ一本いくらするの? と真剣に考えたら身体がガクガク震えそうな金額のワインを洒落たグラスの並々と注ぎ込まれている。


(あぅあぅあぅ、とミサカは言葉に出来ないこの気持ちの処理にオーバーヒートしてしまいそうです)


そんな一九九九九号の姿も、絵本で見たようなお姫様ドレスを着込んでいた(ここに入室するために必要だったため)。
っで目の前の上質な布地で織られた真っ白なテーブルクロスがひかれ、その上には周囲と同じようにグラスにワインが注がれ、
美味しそうな料理が並べられていた。
え、これ、夢? なんでドレス着てんの? この食べ物何? っていうかミサカは食べるべきなの?
っとてんてこ舞いなのだが、それを認識していても抑えられるものではなかった。


「う〜ん、どうしたんだい? テーブルマナーなんて気にせず好きなように食べて貰って結構なんだよ?
 あ、そうかっ……お箸じゃなかったら駄目だったかな? ん、すぐに用意させるから少し待ってね、ちょっとそこのバーテ――」

「――いえ結構です! とミサカは声を大にして涙目になりながら訴えます!」

「おや、そうなのかい? じゃあそうしておこう」

「はい是非に是非にそうしてください、とミサカは軽い安堵の息を付きます、はぁ……」


周囲からヒソヒソとした囁きと視線に羞恥心を感じながら、改めて目の前の席に構える人物とこうなった経緯について思考を馳せる。
口調から察せれるだろうが男性だった。

647 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:35:46.76 ID:d8vUQ460
経緯はこうだ。

ミサカは自由時間だったのでご飯食べにいこうとしました。

その途中に声掛けられました。

問題の男性でした。

あれやこれやと言い包められていつの間にかホテルに入っちゃいました……。

そして今に至ります。

説明終了。


(これではまるで飴ちゃんを上げるからオジサンについておいでぇ〜、と唆されて付いていくダメっ子ではないですか、とミサカは愕然とします)


正しくその通り……、


(いいえ、それだけは絶対に違います! とミサカは断固として拒否します。これには仕方ない理由があったのです、とミサカは自己弁護します)


その理由とは、この見知らぬ男性の出世である。
東洋人。
歳は三十代の半ばから後半ぐらいで、そこそこの身長と整った顔立ち。
国籍上の問題で、ここらでは珍しいとも取れるが、それだけなら問題は無いし、一九九九九号も付いて行こうとは思わなかっただろう。
ただ、その男性の姓が問題だった。
648 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:38:55.82 ID:d8vUQ460

(御坂旅掛、とミサカ一九九九九号は目の前の男性はそう名乗ってきたのを覚えています)


御坂旅掛……察しの良い人物なら、この二人の共通点にすぐさま気付くだろう。
妹達のオリジナルである超電磁砲こと御坂美琴の父親に当たる人物である。
名乗られた時には偽者と疑いはしたが、
彼の口からオリジナルに対する情報――父と娘の親バカスキンシップ――やら家族三人で写った写真を証拠として
提示されているのでまず間違いありません、一九九九九号は判断している。
そもそもミサカを騙そうとしてもメリットがあるとは思いにくい。回りくど過ぎる。

っというわけで、一九九九九号は焦りや不安のオンパレード状態だったのだ。
旅掛はそんな一九九九九号の焦り具合すらも含めて、まるで本当の娘を見守るかのように柔らかい笑みを浮かばせていた。

「やっぱり初めて会あったばかりでこれは強引すぎたかなぁ。少し悪い事しちゃったね君に」

「そ、そんな事はありません、とミサカは慌てながら旅掛さんでは余所余所しいですしお父さんとは違うようなと更に慌ててしまう結果にぃ――?!」

「無理はしなくていい。お父さん……じゃなかった俺に気を使う必要はないからな?
 そして油断すると、ついつい娘のときみたいに『お父さんは』、って言いそうになっちゃうなぁ俺。お父さんは別にいいんだけど
 これじゃ余計に君にプレッシャーかけちゃうことになりそうだし?」

「いえしっかりと油断しきっていますが、とミサカはプレッシャーを感じ内心は暴走トーマスくんですが、表面上は冷静にツッコミを発動させてみます」

「これは一本取られたな。でも少しは緊張も和らいできたみたいで嬉しいよ」
649 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:39:31.55 ID:d8vUQ460
ニコニコと本当に嬉しそうに笑いかけてくる旅掛。
父親……か、と一九九九九号は思う。
初めて向けられる感情が籠もった視線に、背筋がムズ痒くなりながらも温かさを感じてしまう。
同時に、ジクリと申し訳なさも胸の奥底から沸いてくる。


「それでどのような目的でミサカをここに連れ込んだのでしょうか、とミサカは本題に斬り込みます」

「もちろん理由ならある。だけど物事には順番があってね? 先にこちらを楽しんでも罰は当たらないじゃないかな?」


示されたのはテーブルの上に広がった美味しそうな料理。
確かに食べなければ勿体無い。
下手な遠慮は奢ってくれるという旅掛に失礼だし、作ってくれたショフにも申し訳ない。っていうかここで食わずして、
いつ食べるというのか。今後このような機会に恵まれる可能性は限りなく低いではないか。
ならばミサカが取るべき行動は――、


「その言葉にミサカは甘えます、と鎖に繋がれた獣が解き放たれたかのようにいただきますと唱和します」

「テーブルマナーなんて気にしないでいいぞ。ここのオーナーには少し顔が利くからねお父さんは。では、いただきます」


何かナイフやフォークが何種類もあったり、本来なら順番に運ばれてくるはずの品々がドンッ、と全品構えてたりするのだが、
そんな違和感は一九九九九号にとっては些細な事情だった。
だってすっごく美味しいし。
旅掛もグラスに唇を這わせ赤々とした液体を喉に通しながら、笑みを浮かべている。

少し複雑な縁を持つ、親子水入らずの楽しい楽しいお食事会が始まった。
650 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:40:07.26 ID:d8vUQ460
――――



『ごちそうさまでした』


あれから三十分後。
初めて口にする数々の絶品料理に太鼓を打ち鳴らしていた一九九九九号と、
温かい笑みを絶やさず、気軽に世間話を持ちかけていた旅掛が、
二人で同時に声を重複することによって、豪華ディナータイムが終了した。


「本当なら、ここから一服したいとこだが」

「分かっています、とミサカも頷きます」


とうとうこの時が来た。
ここからが本題。旅掛の本来の目的が果たされるときである。


「じゃあ君は――いいや“君達”はなんなのかな?」


旅掛は笑みを浮かべてはいたが、今までの笑みとは違った笑みに一九九九九号は見える。
ジクリ、と胸に痛みが走った。


「ミサカはあなたの娘である御坂美琴によるDNAを元に製作されたクローンです、とミサカは明かします」

「ふむ、続けて」

「はい、とミサカは頷きます」


誤魔化し無く全てを説明していく。旅掛は真実のみを欲しているから。
妹達が生み出された理由、絶対能力進化実験、一方通行、上条当麻、上位個体、各地に散らばった妹達。オリジナルを取り巻く現状。関わった作戦。
要所要所を端的に、それでいて間違いがないように丁寧に説明していった。
いつのまにか周囲の客が居なくなっているのに気付く。
一九九九九号が知る由もないが、旅掛による“顔が利く”結果である。
651 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:41:00.10 ID:d8vUQ460
「なるほど。つまり――」

「……そうなります、とミサカは神妙に答えながら――」


旅掛が気になった疑問を口にすれば、一九九九九号はすかさず応えていく。
もう旅掛は笑みを浮かべていない。
あまりに凄惨な内容を語っていくにつれ、比例するように旅掛の表情から感情が削ぎ落とされていき、
能面で平らな表情になっていき、血色良かった顔色が今では青褪めてきている。
そして粗方だが全ての説明が終わった時、
旅掛の様子は意気消沈とし、力なく頭を垂れてしまっていた。


(……そう、なりますよね、とミサカ一九九九九号は恐れを抱きます)


怖い。
堪らなく怖い。

感情に乏しいはずの自分の身体が内から張り裂けそうに苦いものを犯されている。
これは何? この苦々しい気持ちは?
生まれた頃の妹達なら解らなかっただろう心の動きを、今では全てとは言わないがおぼろげになら一九九九九号は把握していた。
自分も含め、妹達は成長していく。
少しづつ少しづつ人間らしくなってきている。
だから解ってしまう。解ってしまった。
652 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:41:47.84 ID:d8vUQ460
(きっと嫌われたくなかったのでしょう、とミサカ一九九九九号は判断してみます)


旅掛は言ってくれた。態度でも示してくれた。
自分の事を……本当の娘のように扱ってくれていた。
こんな不自然で気持ちの悪い生まれた方をしてきた自分の存在を、気負うことなく自然に扱ってくれたのだ。
嬉しかった。
口には出さなかったけど、本当に嬉しかったのだ。

だが。
全ての真実を知った現在(イマ)となってはどうだろうか?

考えるまでも無い。きっと無理だ。
今までと同じように接してくれるだろう、とそんな儚い想いを抱けるほど一九九九九号は強くなかった。
このような真実を知ってしまえば、
例え妹達が本質では被害者と云えども、責めるべき対象になってしまう。
やり場の無い理不尽な感情は、その人物が悪くなかろうと降りかかるものだった。

だけど。
そんなのは全然怖くないのだ。むしろ責められても当然の立場に居る、とさえ一九九九九号は考えている。
ならば。
本当に怖いものとは――


(――この人を傷つけてしまったことです、とミサカ一九九九九号は唇を噛み締めます)


ただの父親が。
家族の幸せだけを心の底から望む、何処にでも居る父親がどうして傷付かなければいけないのか?
何も悪い事をしていないのに。
653 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:42:53.76 ID:d8vUQ460
(ミサカの行動は間違っていたのでしょうか、とミサカ一九九九九号は真実を語ったのを今更ながらに悔やみます)


何が正しく、何が間違っていたのか一九九九九号には解らなくなってしまっていた。
誤魔化すという選択肢は取れなかった。
旅掛はある程度の情報は仕入れていたはずだ。入手経路は不明だが、でなければわざわざロシアにまで
飛び立ちピンポイントで一九九九九号を捕まえられるはずがない。計画的すぎる。
それも最近まで敵国だったロシアである。
日本人だとバレればどうなっていたことか想像には難くないが、どうしてここを選んだのだろうか? ミサカネットワークの
使用を控えてくれと頼まれたのと関係あるのかもしれない。
とにかく謎は尽きないが、
「他人の空似です。世界には同じ顔を持つ人が三人はいますから」と誤魔化せる相手では無かった。


(ですが全てを語る必要性はなかったかもしれません、とミサカ一九九九九号は適当にお茶を濁せば良かったと悩みますが……)


……きっと適当な説明を並べても納得しなかっただろう。

旅掛は父親だ。
父親だからこそ、少しでも不自然な、辻褄が合わない内容だったならば徹底的に追求してくる。
そして一九九九九号が情報の提示を頑なに拒めば……強引に聞き出そうとはしてこないだろうが、
彼ならばきっと己の手で真実を掴みだそうと行動するはず。
違法に手を出しても、危険が立ち塞がろうと強引に無茶に飛び込んでいく。命よりも大切な宝物である娘と妻の為に。
最も、賽は既に投げられてしまっている。
ifの話をしても、全てが無意味だった。


(どうかお願いします、とミサカ一九九九九号は祈ります)


この人が少しでも傷付かないように。
その為ならば、自分が責められようと構わない。それで負担が少なくなるというのなら。

居心地の悪い沈黙は続いている。
両者が黙り始めてから五分が過ぎようとしていた。

そして――、
654 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:43:51.07 ID:d8vUQ460
「……なるほどな」


ポツリ、と旅掛は呟いた。
垂れていた頭が持ち上がり、一九九九九号からも表情が確認できるようになる。
出会った時の笑みは浮かんでおらず、
深刻そうに表情を歪め、口元を結んでいる。


「事情は把握した」

「……」

「これから君達に取って辛い事を言ってしまうから先に謝っとくよ」


一九九九九号は無言で頷いた。
それで良い、と真っ直ぐに旅掛の視線を受け止める。
旅掛は口を開いた。
歪んでいた顔を余計にグシャグシャにさせ、微かに瞳は潤い、両手で頭をガシガシと掻き毟るりながら。


「お父さんの給料ではどう考えても一万人近くの娘達を養っていくなんて無理だチクショ――ッ!?」


叫んだ。
大声で咆哮していた。駆け抜けていった叫びの意味は凄く切実だった。


「は……? はぁっ?! とミサカは事の成り行きについていけず呆然としてみます」

「そうだよな、普通そうなるよな! だって父親が登場したかと思えば育児放棄と捉えられても
 仕方のない発言を叫びだしたら呆れて言葉が出ないのは当然だよな! だけど弁解させてくれ、お父さんだってこんな酷い事を
 言うつもりは無かったんだ、けどっ、けどなぁ! まさかの一万人近くの娘が居るなんて思うはずないよな、誰だって
 そうだよな?! 一応これでも事前の情報から予測して百人ぐらいなら、なんとかなったんだよ!」

655 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:44:28.10 ID:d8vUQ460
ヒートアップしていく中年親父。
まさかショックのあまりに脳が……と失礼なことを考えながら一九九九九号は、


「え、いや、あの、とミサカはまず落ち着いてくださいと声を掛けます」


恐る恐る旅掛に声を掛ける。
だが旅掛は聞こえていなかったのかハイテンションを維持したまま一人語りを止めようとはしない。


「でもさぁ蓋を開けてみたら一万人近くときたもんだっ! お父さんビックリしちゃったよー、
 こりゃ笑うしかないよな? あっはっはっはっ! 
 ってあぁ、そんな冷たい視線で見ないでくれないかな? 怒ってる、怒ってるよね? 頼りない親父で」


頼りない以前に危険な人にしか見えません。
そう言う訳にもいかず、一九九九九号は我慢強く粘りの姿勢を見せる。


「怒っていません、とミサカは答えながら落ち着けと強めに諭します」

「ほぅら、ほぉら怒ってる! 言葉では否定してるけど口調が怒ってるもん!」

「素っ気無い口調は元からです、とミサカは冷静に返答しつつ、内心ではウンザリとしてきました」


先程まで横たわっていた重たい空気は霧散してしまっている。
旅掛は一人で追い詰められた人が浮かべる半笑いの表情になっているが、
むしろ深刻に受け取るなら養う云々じゃあなく、もっと違う部分で深刻に受け取るべき箇所は多々あったのだが、
本当にちゃんと説明を聞いていたのだろうか? と一九九九九号は頭を悩ませるが答えが導き出される事はなかった。


(ですが良かったです、とミサカ一九九九九号は安堵します)


一九九九九号は必死に弁解をしている旅掛に視線をやりながら胸を撫で下ろす。
今も尚続く旅掛の弁解する姿を見れば、一九九九九号が懸念していたよりも衝撃が少なかったのは一目瞭然。
これならば彼の今後の活動に与えられる支障も少なくて住むだろう。
失意のどん底に囚われたまま、沈んでいく身を眺めさせられるなど、誰にとっても報われないのだから。
本当に良かったです、と一九九九九号は微かに表情筋を動かしていた。無意識の内に。
それを見逃さなかった旅掛は、


「漸く笑ってくれたね。今日初めての君の笑顔だ」


なんてキザったらしくも温かい笑みで喜んでいた。
娘が好きで好きでたまらないという父親の笑みで。
656 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:46:25.86 ID:d8vUQ460
「それでそれで、その後はどうなったのですか、とミサカ二〇〇〇〇号は急かします」

「わかったから暑苦しいので離れてください、とミサカ一九九九九号は窘めます」


一九九九九号はそう口にしながら、鼻息荒く迫ってくる二〇〇〇〇号を軽くあしらった。
二人が居るのはロシアに構える研究所の一室。妹達の生活住居として宛がわれた施設の一つである。


「その後は特に大きな進展はなかったです、とミサカ一九九九九号はあの人との密会を語ります」

「えー、つまんないー、とミサカ二〇〇〇〇号はブーたれます。そもそもネットワークを切断して一九九九九号
 だけ親父殿との楽しい遣り取りを独り占めは反則だ、とミサカ二〇〇〇〇号は共有しろよオラァと唱和の不良よろしくメンチをきります」

「好きでやったわけではありません、とミサカ一九九九九号は反論します。
 これはあの人からのお願いでしたので、とミサカ一九九九九号は仕方なかったのですと肩をすくめます」


旅掛は人目を忍んでいた。
堂々不敵に声を掛けられたことも有り一九九九九号は気付かなかったが、
今にして思えば周囲に視線を走らせ警戒していたように思う。
気にはなる。なるが、
あの人にはあの人なりの事情があったのだろう、と一九九九九号は深く詮索せずに置いた。


「そういうわけで二〇〇〇〇号も秘密厳守ですよ、とミサカ一九九九九号は睨みつけながら言い含めます」

「りょ〜かい、とミサカ二〇〇〇〇号は親父殿に迷惑掛けたくはないので渋々了承します」
657 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:46:53.84 ID:d8vUQ460
恨めしそうな二〇〇〇〇号に、独占感から勝利の喜悦を返していた一九九九九号は、
ふと旅掛の言葉を思い出した。


「最後にあの人はこう言い残していました、とミサカ一九九九九号は思い出します」

「ん、なんて? とミサカ二〇〇〇〇号は一九九九九号を窺います」


それは――


『次に会う時は君達に足りないものを用意してくるからな。
 それが出来るのは俺だけで、それを実行していいのはお父さんだけだから。
 期待して待っていてくれたらいい。なぁに、簡単な事だからさ。
 薄暗い場所に籠もってる根暗野郎を一泡吹かせてくるだけだから。
 言っただろう? お父さんハッスルしちゃうぞ〜って』


――他人には解読できない意図を含んだ別れの挨拶だった。


「いまいち解らない、とミサカ二〇〇〇〇号は首を捻ります」

「ミサカも同じ結論です、とミサカ一九九九九号も同様に首を捻ってみます」


どれだけ二人の少女が思考を重ねようと、
旅掛が残していった意味深げな言葉を理解するには至らなかったのだった。




【終わり】
658 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 00:50:33.39 ID:d8vUQ460
一応プロローグ部分は終了。
そして読んで下さった方ありがとうございます。遅筆な文章で申し訳ない。
一応原作のSS2とかを参考に短編短編を重ねてのオムニバス形式で進めて
いこうかと考えて、短めに終わらしてます。
ただ旅掛やミサカ口調が難しかったり、禁書独特の三人称と一人称の混じりが
難しくて困難してたり。
もし宜しければ改善点(多々あるでしょうが)や感想をくれたら、それを励みに
続きには活かせるようにしていきたいです。
ではここまでお読み頂きありがとうございましたー。
659 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 01:01:12.05 ID:lt.VvQgo

あんまりその組み合わせは想像してなかったけど面白そうだと思った
文章も気になるとこあんまなかったし
ただ縦書きじゃないんだから19999号とかでよくね?なんか見にくい
あと地の文入れるんだったらもう少し地の文を増やしたほうがいいかも?

いずれ原作でもこういうことやるだろうし今しか出来ない話だな
660 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 02:05:10.05 ID:LDXZXJco
乙乙
そりゃあいつか会うことになるよな
十二分に読みやすかったから
俺は現状維持で書いてもらっても全然違和感なく読むと思う
661 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 04:51:18.66 ID:rKF1rzI0
浜面がまったりバイクを楽しむSSを書こうと思ったらいつの間にかヤンデレ麦のんのSSになっていた
何を言っているのか分からないと思うが(ry


質問なのですが、大体何レス消費する位からスレ建ててやった方が良いのでしょうか?
662 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 05:02:22.22 ID:s2RvRRAo
100くらいじゃね?
663 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 05:06:17.11 ID:rKF1rzIo
>>662
thx
もうちょい同ジャンルを書き溜めてみます
664 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 07:59:18.83 ID:H.JrUWUo
100程度じゃ中編の範疇だと思う。

まぁ自分のスレ持ちたいってだけなら別だけど。html化さえ忘れなければ。
665 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 15:47:13.87 ID:N4GIbUAO
同じ
666 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 18:34:47.43 ID:kPgYt6DO
誰も投下する気配がないので俺が投下する
667 :黄泉川の恋をぶっ壊せ大作戦! :2010/05/21(金) 18:36:00.19 ID:kPgYt6DO
黄泉川のお見合いをぶっ壊せ大作戦!

芳川「あれっ?愛穂どうしたの?そんな綺麗な服だしてきて」

黄泉川「いやー、ちょっとねー」

芳川「もしかして彼氏?」

黄泉川「違うじゃん。ちょっとした用事じゃん」

芳川「へー」

***

芳川「ちょっと、あなた達ヤバいわよ」

打ち止め「なにがヤバいの?ってミサカはミサカは尋ねてみる」

芳川「愛穂に彼氏ができたわ」

一方通行「それのなにがヤバいンだァ?それに、さっきも用事って言ってたじゃねェか」

芳川「いや、あのワクワクした顔は絶対彼氏よ」

打ち止め「別にそれは良いことなんじゃないの?ってミサカはミサカは疑問に思ってみたり」

芳川「もしよ、もし愛穂が結婚したらどうなると思う?」

一方通行「どうなるってそりゃあ黄泉川とソイツが一緒に暮らして……あっ」

芳川「そうよ、わたしたちはどうなる今は愛穂に養って貰ってる、つまりヒモ。そんな私たちが見放されたら……」

打ち止め「そんなのいやー!ってミサカはミサカは取り乱してみたり」

芳川「そうなる前に愛穂と彼氏を別れさせるしか手はないわ」

一方通行「オマエ鬼みたいなやつだな」

芳川「わたしはやさしくないもの自分に甘いだけだわ」

一方通行「ダメ人間じゃねェか」

芳川「とりあえずなんとかしなきゃいけないわ」

芳川「だから明日は愛穂を尾行してデートをぶち壊すのよ」

打ち止め「なんだか楽しそうってミサカはミサカはワクワクしてみたり」

一方通行「人の恋愛ぶち壊そうとしてンのにワクワクするなよ」
668 :黄泉川の恋をぶっ壊せ大作戦! :2010/05/21(金) 18:38:25.61 ID:kPgYt6DO
次の日

黄泉川「じゃあ行ってくるじゃん」ガチャ

芳川「行ってらっしゃーい」

芳川「行くわよ」

一方通行「オゥ」

打ち止め「了解!ってミサカはミサカはドキドキしてみたり」
黄泉川「」テクテク

川通行止め「」こそこそ

一方通行「おいっ、ホテルに入って行ったぞ」

芳川「ホテル!?もうそんな所まで……」

打ち止め「レストランの方に行ったからお泊まりじゃないみたいだよってミサカはミサカは少し安心してみる」

芳川「中に入ったわね。わたし達も行くわよ」

一方通行「ン?若い男以外にも席に座ってるぞ」

芳川「そうか!デートじゃなくてお見合いだったのね」

打ち止め「デートじゃないの?じゃあ安心だね!」

芳川「いや安心は出来ないわ。それにお見合いだとすぐにゴールという可能性もあるから、逆に悪化してるわ」

一方通行「で、結局ぶち壊すってどうするンだァ?」

芳川「そうね、取りあえずムードを壊すためにバカ騒ぎでもしようかしら」

打ち止め「黄泉川のお見合いをぶっ壊せ作戦開始だね。ってミサカはミサカはワクワクしながら言ってみる」

一方通行「バカ騒ぎか……」

芳川「じゃあいくわよ!」

芳川「すいませーん、注目した料理まだですかー?」チンチーン

店員「あの、すいませんまだお客様注文してませんよね?」

「クスクス」

芳川「すいません、じゃあこのコース三人分」
669 :黄泉川の恋をぶっ壊せ大作戦! :2010/05/21(金) 18:40:36.55 ID:kPgYt6DO
芳川「おいしそうじゃない」

一方通行「おい、早速目的を見失ってるぞ」

芳川「あぁ、一方通行が適当に騒いどいて」

一方通行「ちっ、おい!店員!」

店員「なんでしょうか?」

一方通行「これさァ、かたつむりだよなァ!」

店員「はい、エスカルゴまぁかたつむりですね」

一方通行「こンなさァ、かたつむりだワーイとか喜ぶガキにかたつむり食わせてトラウマになったらどうしてくれるンですかァ?」

店員「一応メニューに載っているんですが確認せずに注文されなかったんですか?それにそのお子さん……」

打ち止め「あなた、かたつむり美味しいよ!ってミサカはミサカはオススメしてみる」

一方通行「……。もう良い下がれ」

店員「失礼しました」

ワイワイガヤガヤ


黄泉川「アイツらつけて来てたのか……」

「どうかしましたか?」

黄泉川「なっ、なんでもないじゃん!」
670 :黄泉川の恋をぶっ壊せ大作戦! :2010/05/21(金) 18:42:01.29 ID:kPgYt6DO
芳川「ご飯食べてる間になんだか良い感じになってるじゃない」

打ち止め「じゃあ、もしかして黄泉川にこのままミサカたち見放されちゃうの?ってミサカはミサカは心配になってみたり」

芳川「その可能性は十分ありえるわね」

打ち止め「やだよ、そんなのヤダヤダー!!黄泉川ミサカたちを見捨てないでーってミサカはミサカ……うえーん」

一方通行「クソガキ泣くな!」

「黄泉川さん呼ばれてますよ」

黄泉川「やれやれ、アイツらはほんとに……」

打ち止め「うえーん、ひぐっ……よみかわぁ」
黄泉川「打ち止めもう泣かなくて良いじゃん」

芳川「あっ、愛穂!」

一方通行「いつから気づいてたンだ?」

黄泉川「そりゃあ、あんだけ騒いでたら誰でも気づくじゃん」

打ち止め「うっ……黄泉川はミサカたちを置いていっちゃうの?」

黄泉川「見捨てたりしないじゃん。だからもう泣いちゃ駄目じゃん」

芳川「でも、お見合いしてたじゃない」

黄泉川「これは、親の付き合いで仕方なかったじゃん、それに向こうも付き合う気は一切ないみたいじゃん」

「いい人たちですね」

黄泉川「ほんとにすまないじゃん」

「良いですよ。じゃあ私は失礼させてもらいます」

一方通行「じゃあ、店に迷惑だし俺らも帰るかァ」

黄泉川「そうするじゃん」
671 :黄泉川の恋をぶっ壊せ大作戦! :2010/05/21(金) 18:42:45.51 ID:kPgYt6DO
帰り道

芳川「結局、わたし達の勘違いだったのね」
一方通行「勘違いしてたのはオマエだけだろうが」

黄泉川「まぁ、でもちょっと嬉しかったじゃん」

打ち止め「黄泉川はこれからもずっと一緒?ってミサカはミサカは聞いてみる」

黄泉川「ずっと一緒じゃん。もちろん一方通行もじゃん」

一方通行「アァン?」

芳川「これからも楽して生きていけるわー」
一方通行「オマエは仕事しろよ」

黄泉川「じゃあ、今日は奮発してお肉じゃん」

打ち止め「やったやったってミサカはミサカは喜びのあまり飛び跳ねてみる」

打ち止め「ねぇ、手つないで帰ろってミサカはミサカは手を差し出してみる」

黄泉川「良い提案じゃん、ほら一方通行も」
一方通行「けっ、ンなことやれるかよ」

打ち止め「そんなこと言いながら手を差し出すんだね。芳川もってミサカはミサカは反対の手を差し出してみたり」

芳川「なんだか本当の家族みたい」

黄泉川「なに言ってるじゃん、私たちは本当の家族じゃん」

打ち止め「これからもみんな一緒だもんねーってミサカはミサカは喜びながら言ってみる」

そう言いながら彼女たちは楽しそうに家へ帰って行った。
黄泉川、芳川、一方通行、打ち止めの四人はこれからも一緒に仲良く暮らしていくだろう、なにせ家族なのだから……

おわり
672 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 18:45:30.37 ID:kPgYt6DO
今回一番なやんだのはタイトルだったりして…… 結局ぶっ壊れたタイトルに……

やっぱり黄泉川家最高!

読んでくれてありがとうございました。
それじゃあ、バイバイ
673 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 19:03:00.69 ID:E3YbuQEo
GJ!こういうちょっとぶっ飛んだネタは大好きだ
そして相変わらず働く気0の芳川ww
674 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 19:33:19.09 ID:2v5ij8Io
打ち止め可愛い(;´Д`)ハァハァ
675 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 19:42:23.26 ID:LDXZXJco
乙!
ヨシカワのニートキャラたまんねぇな
676 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 21:24:26.55 ID:h68HP0Yo
ほのぼのしてて癒された
677 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 21:32:09.62 ID:oRCyx2DO
アイテムもの3レスほど失礼します
678 :絡み酒だよ!最愛ちゃん 1/3 :2010/05/21(金) 21:34:52.07 ID:oRCyx2DO

絹旗「きょーはちょー酒が美味いっすねぇ麦野ぉー!」ブハー

麦野「絹旗、アンタもう出来上がってんの?」

絹旗「まだまだじぇんじぇん超平気れす!」

麦野「うわっ、缶三つも空けて……ペース早すぎよ馬鹿」

絹旗「ひっく……ねぇ麦野ぉ、私のこと超好きれすか?」

麦野「あーハイハイ好き好き、買い出し班おっそいわねー」

絹旗「ムキーッ! 私は超真剣なんれふよ麦野!」

麦野「解った解った、あー酒足んないわ」

絹旗「麦野……、超解りました」ガタン

麦野「へ?」

絹旗「麦野が! 私の気持ちを超受けとめようとしないってんなら!」

麦野「ち、ちょっと……、絹旗?」

絹旗「まずはそのふざけた幻想をぶち殺しゅ!!」バッ

麦野「は……!?」

ちゅー

麦野「」

絹旗「……っぶへぁ! 超酒くせぇー!」
679 :絡み酒だよ!最愛ちゃん 2/3 :2010/05/21(金) 21:36:25.02 ID:oRCyx2DO

「ただいまー」
「結局、遅くなっちゃったって訳よ」

浜面「麦野ー酒買ってきたぞー」ガチャ

麦野「」

浜面「……」

絹旗「すぴー」

フレンダ「ただいま麦……野?」

滝壺「……このお酒、きぬはたが飲んだのかな」

浜面「うわっ!? 空き缶多っ!? あいつ酒強かったか?」

フレンダ「結局、絹旗はお子様だから酒は弱い訳だけど……」

滝壺「むぎの、起きて」ユサユサ

麦野「……」ユラッ

麦野「……はーまづらぁ?」

浜面「はいっ!?」ビクゥッ
680 :絡み酒だよ!最愛ちゃん 3/3 :2010/05/21(金) 21:37:28.15 ID:oRCyx2DO

麦野「なんでこんなに遅かったのかにゃーん?」ニコニコ

浜面「な、何で怒ってるんだ麦野!? 確かに遅くなったけど!」

滝壺「むぎのの好きなお酒、近くのコンビニに無かったよ」トタトタ

フレンダ「結局スーパーまで歩いたって訳よー? あー疲れたー」ポスン

滝壺「かんぱい、ふれんだ」

フレンダ「かんぱーい!」カシュッ

麦野「足の遅い浜面にはお仕置きが必要みたいねー?」ニコニコ

浜面「なんで俺だけっ!? あっ! やめて! 原子崩しはやめて!」

フレンダ「それにしてもよく寝てるなー、えい」プニ

絹旗「へへ……」プニュ

滝壺「きぬはた、幸せそうな顔してる」

麦野「逃げんな浜面ぁ!」ジュッ

浜面「俺の一張羅ぁあ!!」

絹旗「……ふふ♪」

絹旗(ファーストキス、超ごちそうさまでした、麦野♪)
681 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 21:38:53.07 ID:LDXZXJco
麦旗とな…ごちそうさま
682 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 21:39:01.78 ID:oRCyx2DO
以上です
百合注意って書くの忘れてた……申し訳ない
683 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 21:50:17.60 ID:E3YbuQEo
乙です。絹旗いいよねー
そして同じくアイテムの雰囲気練習に昨日の雨ネタで1レス頂きます
684 :浜面さんと滝壺さん? :2010/05/21(金) 21:51:02.21 ID:E3YbuQEo
浜面「げっ、雨降ってきやがった。ちくしょう、傘なんて持ってねーぞ。滝壺、お前は…?」

滝壺「私も、持ってないよ」

浜面「だよなー。コンビニとかで適当に傘買うか」

滝壺「買わなくても平気。はまづら」

浜面「なんでだよ? 傘無いと帰るまでに濡れちまうだろ?」

滝壺「家に帰ればお風呂あるから。濡れたら入ればいいよ、いっしょに」

浜面「なるほどな。 ……まっ待て、それはなんていうか早いというか、まずいだろ色々と!」

滝壺「? どうして?」

浜面「どっどうして、ってそりゃ俺らは男と女なわけだし……やべぇ、鼻血が!」

絹旗「浜面、バニー動画の次は超勘違い妄想で鼻血ですか。相変わらず超キモいですね」

浜面「げっ、絹旗! お前、なんでここにいやがる!」

絹旗「なんでって言われても、浜面が私たちのことを視界に超入れないようにしてただけじゃないですか」

浜面「え、今なんて? 私……たち?」

麦野「浜面、下衆な妄想はその辺にして、私たちが雨に濡れないようにさっさと車でも用意してきてくんない」

フレンダ「結局、浜面ってすぐ妄想して鼻血出しちゃうようなその程度の男なのよ」

絹旗「そうですよ、滝壺さんも超簡単に浜面如きに気を許したりしちゃ、超危険ですよ」

滝壺「分かった。はまづら、あんまり路上で妄想とか鼻血はよくないと思う」

浜面「あぁくそっ! どいつもこいつも好き放題言いやがって!」

麦野「はーまづらぁ、そろそろその無駄口閉じてさ、体の方動かしてくれないかなぁ」

浜面「分かったよ、ちくしょう! なんで俺だけこんなオチなんだよっ!」

フレンダ「結局さ、前の4人と違って私たちはいつも通りってワケよ」
685 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 21:52:07.03 ID:E3YbuQEo
です。この5人組どう動かせばいいのか分からないー
このキャラはもっとこんな感じ とか教えていただけると嬉しいです
686 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 22:00:16.79 ID:AOx0Hq.0
乙!滝壺かわいいよ滝壺

しかし浜面×フレンダが書きたいと思う今日この頃
687 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 22:01:44.72 ID:s2RvRRAo
>>686
ガタッ
688 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 22:23:12.34 ID:KEdyqe.0
黄泉川ってじゃんのつけどころ難しくね?
語尾につけりゃいいってもんじゃないんだよな…
689 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 22:29:12.73 ID:kPgYt6DO
>>688
俺は語尾にじゃんとかじゃんよとかを適当に付けてるだけだけど語尾以外にも付く時があるの?
690 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 22:33:08.63 ID:LDXZXJco
意外と普通に喋ってることも多いよな
毎度毎度つけるとそれはそれで言い過ぎになるじゃん
691 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 22:34:32.48 ID:E3YbuQEo
語尾でもつけるとことつけないとこがありますねぇ
「〜〜じゃない」のとこだけ変わるってわけでもないからこれまたむずそう
黄泉川先生も書いてみたいなー
692 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 22:37:22.49 ID:kPgYt6DO
おれも、付けたら違和感がある所は付けないか違和感がなくなるように言い回しを変えたりしてる
693 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 22:50:41.52 ID:uxfkroDO
黄泉川の話し方で個人的にうまいなって思ったのは北欧のとこかな
原作にかなり近くて違和感なかった
694 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 22:51:40.06 ID:FWBjy7Ao
やたら超超超言ってる絹旗も超気になります
695 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 22:52:15.79 ID:KEdyqe.0
>>689
〜だろう? じゃないか、みたいな男勝りな普通の喋り方も結構するんだよな
全部の語尾についてると違和感も半端じゃない
696 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 23:00:58.91 ID:aLDuyLQ0
アニメじゃ全部かまちーが語尾の監修したとかしないとか
697 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 23:02:29.41 ID:FWBjy7Ao
かまちーアニメの黄泉川絶賛してたなそういや
698 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/21(金) 23:03:53.67 ID:LDXZXJco
禁書ってキャスティングも絶妙だよな
特に白井黒子
699 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 23:15:54.00 ID:d8vUQ460
>>659
感想感謝。確かに横書きだし数字でもいいかなと思った。
次に投下するときには修正しておきまする。

>>660
普通に読めたみたいで安心したー。感想ありがとね。

って事でまた書き溜めしてくるわ
700 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/21(金) 23:30:34.43 ID:shBnzago
>>698
絶妙か、微妙に空目してた・・・。
確かに絶妙だよな、つってもJ.C.だしな・・・。
701 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 00:14:00.25 ID:EaNIc12o
ちょっと5レスほど借りますね
702 :とある甘党と本格派 1/5 :2010/05/22(土) 00:14:55.66 ID:EaNIc12o
「うえぇー、ホントよくこんなに苦いの飲めるね、ってミサカはミサカは舌を出して苦味を全身で表現してみる」

いつの間にそこにいたのか。
一方通行が振り向くと打ち止めが缶珈琲を片手に目をしぱしぱさせて立っていた。
ふと手前のテーブルを見ると先ほどまで飲んでいた缶珈琲がいつの間にか消えていた。

「いつの間にッ―――勝手に人の缶珈琲飲んでるンじゃねェよ。それはガキにゃ100年早ェ」

「だってだって!あなたがいつも飲んでるからおいしいと思ったんだもん!ってミサカはミサカは講義してみたり!」

まるで騙されたとでも言いたげな視線を一方通行に向ける打ち止め。
一方通行としてみれば別に美味いと公言したわけでもなければ、自ら勧めたわけでもないのでいい迷惑だ。
その上自分の好きなものが美味しくないといわれているのも面白くない。

「そうかそうか……オマエにはちゃンと珈琲の美味さってのを教えこむ必要があるみてェだな?」

「別に教えてくれなくてもいいよ、ってミサカはミサk―――ってどこ行くの?」

「あァ? 決まってンだろオマエに本当の珈琲を淹れてやるんだよ。感謝しろクソガキ」

そう言うと一方通行はキッチンへ向かいなにやら戸棚をあさり始めた。
その後ろでは打ち止めが何を始めるのかと興味深そうにその姿を眺めている。

「コーヒー入れるんじゃなかったの?ってミサカはミサカはコーヒーの素はあそこだよって教えてみたり」

「インスタントだろそりゃ。そンなもンで珈琲の美味さなンて教えられるわけ―――おっ、あったあった」

何を見つけたのか戸棚をあさる音がやみ、何かを抱え一方通行が振り返る。
その腕にはアンティークっぽい見た目の道具がいくつか納まっていた。
703 :とある甘党と本格派 2/5 :2010/05/22(土) 00:15:31.94 ID:EaNIc12o
「何を始めるの?ってミサカはミサカはさっきから質問してばかり」

「だから珈琲を淹れてやるンだよ」

そういうと腕に抱えていた道具をテーブルの上に広げ説明を始める。

「缶珈琲が悪いとは言わねェがクソガキにゃまだ早いみたいだからな。俺が直々に豆から作ってやろうって訳だ」

「あなた豆からコーヒーなんて入れられたのね、ってミサカはミサカは驚いてみたり」

驚愕する打ち止めを尻目に一方通行はヤカンを火にかけ戸棚からいくつか袋を取り出し
スムーズに作業をこなしていく。

「まァ缶珈琲が好きだから普段はあンまりやらねェがな―――、シティ・ロースト少し粗めに挽けばそれほど苦くねェよな」

いくつかある袋から一つを手に取りその中身を取っ手のついた箱のようなものに流し込む。
少しだけ珈琲の匂いが辺りを包みこむ。
一方通行が取っ手を回しだすとその匂いは一層強く辺りに漂った

「いい匂い、ってミサカはミサカは大きく息を吸い込んでみたり」

「珈琲は美味しくなかったンじゃねェのか?」

「匂いと味は別なのよ、ってミサカはミサカは言い訳してみたり」

「そォかよ」

コーヒーミルを回す一方通行の腕の間に入り込み、コーヒーミルに夢中な打ち止め。
そんな彼女を一方通行の口元が少しだけ柔らかく歪む。
704 :とある甘党と本格派 3/5 :2010/05/22(土) 00:15:59.25 ID:EaNIc12o
「こンなもンか……湯もちょうど沸いたな。ちょっとそこのポット取ってくれ」

「ポットってこの如雨露みたいなの?ってミサカはミサカは可愛い如雨露を手にとって見せたり」

打ち止めの手には確かにお洒落な園芸用の如雨露のようなものが握られている。

「あァそれだ。ちょっとこっちに持ってきてくれ」

打ち止めがポットを手渡すと、一方通行はヤカンのお湯をそのポットに注いでいく。
如雨露の口からは細く湯気が昇りすぐに空気と混ざり消えていく。

「なんでわざわざヤカンから入れ替えるの?」

「珈琲入れるときにはこっちのポットのほうがいいンだが、直接火にかけるとポットの側面を火が舐めて取っ手が熱くなっちまうンだ」

電気調理器を使えば直接こっちのポットでもなンとかなるにはなるけどな、と一方通行は付け足す。
へぇ、と一方通行の説明を理解しているのかいないのか相槌をうつ打ち止め。

一方通行はもともとそんな説明などどうでもいいのか作業を淡々と進めていく。
そのたびに打ち止めから質問が飛ばされるのだが、一つ一つ丁寧に回答をしていく。

徐々にキッチンには一方通行の入れる珈琲の香りと打ち止めの相槌で満たされていった。
705 :とある甘党と本格派 4/5 :2010/05/22(土) 00:16:25.10 ID:EaNIc12o
「つー訳で出来上がったのがコイツな訳だが」

「良い匂いだね、ってミサカはミサカは玄人っぽく珈琲カップを鼻に近づけて匂いを楽しんでみたり」

テーブルを挟んで向かい合う2人。
お互いの目の前には珈琲カップが一つずつ置かれている。

「匂いもいいがとりあえず飲ンでみろ。」

「うん。それじゃぁいただきまーす、ってミサカはミサカはドキドキしながらカップを口に近づけてみる」

カップが口に触れ、少しずつそれを傾けていく。
その姿を満足げに見つめる一方通行。
カップが打ち止めの口から離され、感想をこぼすべく再び口が開かれる。

「……苦い」

「あ?」

「やっぱり苦いものは苦いよ!ってミサカはミサカは根本的な問題を提示してみたり」

実際、一方通行なりにあまり苦くならないように抽出したつもりなのだが、
打ち止めにしてみればそれでもやはりまだまだ苦かったらしく本日二度目の舌を出しての講義が始まった。

「やっぱりガキにはこの味はまだ分からねェってことか……」

少し物悲しげにこぼし、自身の珈琲カップを口に運ぶ。
そして、再び目の前の打ち止めに視線を戻し溜息をこぼした。
706 :とある甘党と本格派 5/5 :2010/05/22(土) 00:16:57.67 ID:EaNIc12o
――――

「今度のは凄く甘くて美味しいのよ、ってミサカはミサカは親指を立てて絶賛してみたり!」

「そいつァ良かったな」

結局、不評だった珈琲を一旦下げ再度珈琲を入れなおした結果なんとか打ち止めの気に入る一品が完成した。
珈琲は先ほどのものとほとんど同じなのだが、
ミルク増し増しの激甘使用となっている。

一方通行としてはもはや珈琲とは認めたくない一品ではあるが、
目の前の嬉しそうな打ち止めを見ながら今回だけだとしぶしぶ自分に言い聞かせる。

「美味しいからアナタもこっちの飲んでみたら?ってミサカはミサカは自分のカップをアナタに勧めてみたり」

「そンな甘いもン誰が……なンで悲しそうな目しやがる」

「だってこんな美味しいのに……ってミサカはミサカは自分の好みをあなたに知ってもらいたいって―――」

もとはといえば最初に一方通行の缶珈琲の好みを打ち止めが否定したのが始まりなのだが、
こうなってしまうと子供とは有利なもので一方的に悪者は一方通行ということになってしまう。
頭を面倒くさそうにかきながら打ち止めの手からカップを奪い取り、自らの口に運ぶ。

「どう?ってミサカはミサカは感想を聞いてみたり」

先ほどまでの悲しそうな目はどこへ行ったのか。
好奇心の塊のような笑顔をこちらに向ける打ち止め。
カップの中のもはや珈琲と認めたくないうす茶色の液体を眺めながら一方通行は口を開く。

「甘ェ……」

だがたまにはこういうのもいいかもしれない。
柄にもなくそんなことを思う。

時計を見ると3時を少し回ったところだった―――
707 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 00:17:59.53 ID:EaNIc12o
突発的に書いたんで短いですがこんな感じで。
お邪魔しました!!
708 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 00:20:04.38 ID:ex6hES6o
乙!
突発でこれだけ書けるのはうらやましいな
コーヒー飲めない打ち止めかわいい
709 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 00:21:16.88 ID:ChC796o0
実に良かった。
突発でここまで書けるとは、天才か。
710 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 00:25:17.65 ID:VWGaiF6o
突発でしかも地の分うまくてうらやまー
通行止め可愛いよ通行止め
711 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 00:54:45.26 ID:oqg/6AAO
卓越した地の文です

はー、せめてドリップ式のやつ買ってくるか
飲み飽きてるインスタントしかねーよ
712 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 00:59:14.48 ID:DMjHl3I0
それにしても今日は作品ラッシュだなーさすが週末
713 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 00:59:29.98 ID:pxVpz2o0
一方通行「かわいそうに。本当のコーヒーを飲んだことがないんだな。」
714 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 01:29:14.13 ID:qEksxcSO
初春「明日もう一度来て下さい。本物のコーヒーを飲ませて上げますよ」
715 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 01:36:47.55 ID:DFOPJU60
海原「このコーヒーを作ったのは誰だ!」
716 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 01:38:40.99 ID:VWGaiF6o
一方通行「あァ? 淹れたのァ俺だが、なンか文句あンのかオッサン!?」
717 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 02:02:24.32 ID:ex6hES6o
今日始めて自分で書き始めたけど
時間たつのはええな、まだ5000字程度で半分もいってないのに10時間かかった
718 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 03:33:40.52 ID:ndNTe6ko
SSって頭では話ができあがってんのに、文章にすると妙に時間がかかるよな。
USBとかで頭とパソコンが直接繋げられたら、速攻で書き終わるのになって毎回思う。

いや、くだらないとは思うけども


719 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 03:53:35.20 ID:dh2jynQ0
SSよりも漫画だな
背景とか効果線とかイメージでいけたらどんだけ
比較対照がアレだが、SS書いてて思う
720 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 10:10:51.05 ID:pxVpz2o0
こういうのか
ttp://www.nicovideo.jp/mylist/17218565
721 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 10:52:23.05 ID:dh2jynQ0
いや、理想を言えばヴィンサガとかよつばと辺りだな
愛のある背景が素晴らしい
書き込みがすごい背景でも世界の奥行きを感じない背景は糞だな、少女漫画は大抵これに分類される
背景は飾りじゃなくて世界、ガンガン系みたいに背景を効果にするのもいいかもだが、やっぱ世界に限るわ
バスタード、ラブひな辺りの背景は残念な背景だと認識している
書き込みすげーんだけど構成の問題だろうな背景が機能していない、勿体無い

そういえば、禁書二期決定ですね
722 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 11:04:07.00 ID:rPnpWF60
SSはSSで細かい言葉選びで違ったニュアンスが出せるぜ
それが大変なんだけどな

二期決定か、ageとこう
723 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/22(土) 11:22:33.76 ID:JNKKeUk0
>>722
2期決定まじか!!

ソースは?
724 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 11:23:16.92 ID:TbphXsSO
>>723
おそらくTSUTAYA
725 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 11:36:02.39 ID:hLV.Ovco
姫神が出ないと聞いて禁書コミックス版は敬遠していたというのに……
6巻の表紙見て反射的に買っちまったよ……
726 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 11:56:30.07 ID:T4fPcMDO
>>725
あの漫画って終了時期は決まってるんだっけ?
727 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 12:07:15.58 ID:hLV.Ovco
>>726
漫画版読んだ事無かったんだが、アウレオルスのエピソードを丸々カットされたって聞いてた

・・・のだが、ググったら今月のガンガンで登場したらしい
728 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 13:21:57.26 ID:lClfAAAO
2期決定ってwwソースがTSUTAYAとかねーよks
729 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 14:42:54.59 ID:C7fHInco
なぜTSUTAYAをソースとして扱うことができるのか
730 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 14:44:18.72 ID:r1hWSLY0
>>728
そりゃオマエのことじゃね?
否定するならまずソース持ってくればいいし、ここvipじゃないから
言葉遣い気をつけとけよ。他の人が気分悪くするだろうが
731 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 15:11:12.27 ID:lClfAAAO
>>730
ここはVIP避難所だろ

否定するするまでもないんだがww
二期云々騒いでる奴がいたから突っ込んだだけ
TSUTAYA店員にもお前みたいなネットの情報鵜呑みにする馬鹿がいたって話だろww
732 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 15:21:04.03 ID:TbphXsSO
俺は、ちゃんと『おそらく』って言った
733 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 15:29:36.47 ID:RTc6NMDO
まあストックは十二分にあるしやってもおかしくはないな。
一方通行メイン化やクワガタ登場で腐が増えたりすんのかね。
734 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 15:32:23.03 ID:c58Gf.2o
建宮と上条とか絶対やる奴出てくるだろーなぁ
土御門と上条って腐あんの?
735 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 15:52:02.94 ID:1cQNBk2o
自分は見たことある>土御門と上条の腐
禁書はかっこいい男キャラ多いし腐が増えるのも仕方ないと思うな
男性にも女性にも愛される作品ってことでいいんじゃないか
表に出てこず裏でひっそりやっててくれたらいいよ
736 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 15:55:01.73 ID:tPRCCIDO
ちょっと質問を
フレンダの使う爆弾って市販の人形に自作の爆弾を詰め込んでるの?
それともフレンダが注文して下部組織が作ってるのか
 
わかる人います?
737 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 15:59:37.29 ID:6GsQwCgo
>>736
買ってるんじゃない?
ぬいぐるみ好きそうだし
根拠はない
738 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 16:07:36.74 ID:HZp1IkDO
明確に記述なかったと思うしどっちでも大丈夫じゃない?
俺は自分で改造してる設定で書いてる
739 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 16:25:44.45 ID:tPRCCIDO
>>737-738
ありがとう
自作の方が都合がいいからそっちで書き溜めるわ
740 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 16:32:08.84 ID:CL0euPs0
前スレの783-788にて投下した、御坂「――うん、実はね」の黒子視点ですの。
相変わらず一人失恋ネタフィーバーなんです。
御坂→上条、その上失恋ネタという超自分得ネタですので、ご注意ください。
4レスほどお借りしますー。
741 :白井「いってらっしゃいませ、お姉さま」 1/4 [saga]:2010/05/22(土) 16:35:10.29 ID:CL0euPs0

この世に神という存在が居るとして、
その神様が、こんな皮肉な結末を用意したというのならば。


(―――なんて、意地の悪いお方ですの)


ささいな少女の願いすら、簡単に打ち砕いた神様に。
そっと大切にしまいこんでいた少女の想いを、あっさりと切り捨てようとする男に。
ふざけるな、と黒子は全力で引っ叩いてやりたい気分だった。


「じゃあ、また後で」


普段以上に、はつらつとした美琴の声が空しく部屋の中に響く。
懸命に手の震えを抑えようとしている美琴が、電話の向こうの彼に悟られないようにと気丈に振舞う美琴の姿が、視界に映る。


「あはっ。もう、後戻りできないわ」


ツンツン頭の少年との電話を切った美琴が、観念したような声を漏らす。
カチカチ、カチカチ。部屋の壁時計の秒針の音が、黒子の耳に鮮明に聞こえてきた。
一人の少女の恋の終わりを告げる、無情なカウントダウンが始まった。


(……本当に、終わりにしてしまうのですね)


御坂美琴の恋が終わろうとしている。
大好きなお姉さまの、幸せに包まれていた恋が終わろうとしている。


(面白く、ありませんの)


あの類人猿のことを、美琴はようやく諦めると言ったのに、黒子はどうしても喜べなかった。
彼女が涙してしまう結末を、歓迎することなんて、黒子にできるはずがなかった。


――――だって、お姉さまの幸せが、黒子の幸せですのに。
742 :白井「いってらっしゃいませ、お姉さま」 2/4 [saga]:2010/05/22(土) 16:38:28.76 ID:CL0euPs0
黒子は今にでも溢れ出てしまう涙を、必死に堪える。



(黒子は、何もできませんの。お姉さまのお力に、なれませんのっ……!)


美琴を見守ることしかできない歯痒さに、ギリッと奥歯を噛む。
所在なさげに揺らめく美琴の背中に飛びつきたくなる衝動を、ぐっと我慢する。


「お姉さま、がんばってくださいませ」


頑張って、とありきたりなことをしか黒子には言えない。


「ありがと、黒子。『失恋パーティ』だっけ? 楽しみしてるわ」

「いえ、違いますの。佐天さんが言うに『男なんて星の数! 女の恋は上書き保存よっ!』パーティだそうですの」

「プッ、何それ」


この後、主催・佐天涙子の鶴の一声により『失恋パーティ』改め、
『男のなんて星の数! 女の恋は上書き保存よっ!』パーティが開かれることになっている。
「私さ、アイツに好きだったって、言おうと思うの」と美琴が黒子らに告げた時、佐天が迷わずこう言ったのだ。


『なら、皆で馬鹿騒ぎしましょうよっ! 御坂さんは前に進むために想いを伝えるんだから、湿っぽくしちゃ駄目駄目ッ!』


美琴がどれだけ一途にツンツン頭の少年想いを寄せていたかを、
美琴が自分のことをそっちのけにして、ツンツン頭の少年の恋に協力したことを、みんな、ちゃんと知っている。


(少しでもお姉さまの悲しみがまぎれるように)


たくさんたくさん、笑おう。めいっぱい笑い飛ばそう、と三人で決めたのだ。
743 :白井「いってらっしゃいませ、お姉さま」 3/3 [saga]:2010/05/22(土) 16:40:45.17 ID:CL0euPs0

「お姉さま、終わりましたらご連絡くださいね? 
 今日は私と、お姉さまと、初春と、佐天さんの四人で。騒いで、騒いで、楽しく笑って過ごしましょう」

「そーね。きっと、楽しすぎて、悲しい気持ちなんて吹っ飛びそう」

「えぇ、えぇ。吹っ飛ばしてしまいましょう」


大切なお姉様のために、大切な友人のために。
黒子たちは思い切り楽しい一時を過ごそう。御坂がつられて笑ってしまうほど、楽しい一時を。
自分たちが御坂にしてやれることは、それくらいの、小さなことだけだけど。


「いってらっしゃいませ、お姉さま」


ただ、好きでしたと伝えるためだけに、ツンツン頭の少年に会いに行く美琴を、黒子は微妙に引きつった笑顔で見送る。


「うん、黒子。いってくるね」


美琴は最初で最後の恋の戦場へと足を進めた。


(―――お待ちしておりますわ、お姉さま)


恋に幕が下りた時、御坂美琴は、悲しいと泣くのだろうか、楽しかったと笑うのだろうか。


(大丈夫ですの、黒子も、初春も、佐天さんも、待っていますから)


決して、一人ではないから。
美琴の帰りを待っている人がいるから。―――だから、


「いってらっしゃいませ、お姉さま」


すでに見えない美琴の背中に向かって、黒子はもう一度、そう言った。
744 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 16:42:17.49 ID:CL0euPs0
すいません、3レスでした……orz
黒子も佐天も初春も、ガッツのある優しい子だと思うんだよっ!
ではでは、お邪魔しましたー。
745 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 18:35:23.06 ID:I9CI5XA0

超電磁砲のヒロインたちは、強いって言うより健気って印象があるね
746 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/22(土) 18:42:40.30 ID:9BHt8dQo
黒子可愛いです乙
みんな良い子たちなんだよー
747 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/22(土) 22:19:56.41 ID:r1hWSLY0
age
748 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 00:00:56.47 ID:gm22SsAO
上琴SS誰か頼む
749 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 01:06:30.96 ID:EF1w.tA0
せっかく妹ができたのだからと妹達を構い倒す美琴と
それを嬉しがりつつも若干鬱陶しがる御坂妹の話が読みたい
750 :ちょっと思いついた単発ネタ銀魂風 [sage]:2010/05/23(日) 06:59:47.44 ID:g3Z2KMDO
―常盤台中女子寮―
―深夜―

黒子「なんか眠れないですの…」
黒子「こんな時は羊を数えればよろしいと言う話ですが…」
黒子「羊じゃ味気ないですし…!そうですわ!」
黒子「お姉様が一人、お姉様が二人…」

―朝―

黒子「ウヒヒ…お姉様が20451人、お姉様が20452人…」
美琴「普通に羊を数えなさいよぉぉぉ!!」
ビリビリッ
黒子「あ、お早うございます。20453人目のお姉様♪」
美琴「アタシはオリジナルだあぁぁ!!つか、洒落になってないからソレぇぇぇ!!!!」
751 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 07:13:58.10 ID:vrbi5lMo
          ,;''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''';,
        ,,::'''               '''::,,
       ,/"                  "\
      ,/                      \
     /        ,,      ..:..,ィ-"     __)
    /"..........,,,     ,, .....,;'''''゙゙゙''ヾ'''‐ヽ-;____;ィ""
    \       ,,_ヾ'''''''/     ヾ .\    l"
     / .\,,,,,,,,;""" / /       \ \   ハ
    ,,/     i / ./ /        ヾ ヾ    ji        -┼─ ``
  ,./      / .../-----       ----、,,   ii         / -─ 
  ,:/      i ``/              ゛\   il        / ヽ_
  j       ,i〃                 l  ii
  i      /                   /   '\        ヽ
  l      ,j   ------        ----- ヾ    \       ̄ ̄`i
  j      .i\\\            \\\|     )       _/
 /     ,/                      |   /
J     / `ヽ                     ノ   ゙i         |
/  /  / /  `\      \___/       /     i         |
  /  / i     `゛ヽ________,.イ   ヽ   \        |
./   / ,j     / ̄ ̄ |     |  ̄゛゛\          ヽ
/   ノ  i   /    \ ヽ   /    \         \
   i   ヽ. <__/ ̄》ヽ   / 《 ̄\_>         )
   |     /     《 ヽ   /  》   \         /
   し   《       \\/ /     》       /

ろくにAA調べないで作ったら同じものがあったときの空しさwwwwww
まぁ大きさ違ったからいいけどさ……
もうAAは作らん

752 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 17:10:33.50 ID:BoG91L20

SS書く人はだいたい何文字くらいになってんの?
753 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 17:36:14.80 ID:oK7biQDO
>>752
今ちょっと見たらここに投下する短編は名前と「」入れてだいたい2000〜4000位 だった
754 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 18:32:21.47 ID:5lqJS/Mo
>>752
最も面倒のない数え方はtxtファイルの容量割る2
755 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 19:05:16.01 ID:ieKJmsA0
20レスの短編で約7000字だった
756 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 19:13:29.99 ID:MZPl.Joo
禁書6巻買ったんだが
裏オビ見たら超電磁砲の漫画の所に麦野とか出てたんだけど
出てくんの?完璧サイドストーリーなのか?まぁもともと超電磁砲がサイドストーリーだったけど・・・。
暗部組が出るなら尚更ワクワクするけどな・・・電撃大王買ってる人いるか・・・?ネタバレになっちまうか・・・?
757 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 19:17:22.04 ID:vs76M2DO
漫画のレールガン一応公式なんだかな。
758 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 19:18:18.64 ID:17vi4MIo
>>756
幻想御手のアンインストールの音楽の所でちょろっと出る程度だよ
今のところは
759 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 19:21:35.61 ID:5d9uSYM0
アイテムが好きすぎて超電磁砲でアイテムが出てる電撃大王だけ持ってる俺が来ましたよ
760 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 19:22:53.54 ID:MZPl.Joo
>>759
じゃあ出るのか!! 漫画発売がすっげぇ楽しみになってきたwwwwww5巻楽しみだwwwwwwww
761 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 19:25:58.48 ID:5d9uSYM0
>>760
相変わらずの俺の麦のんのはっちゃけぶりにご期待ください!
762 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 19:39:01.25 ID:kskqt2DO
ネタバレになるが美琴が妹達の実験潰そうと研究所に乗り込む。
そこに待ち構えてたのがアイテムで対決。
これが6月発売の五巻の内容になる。
763 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 19:43:51.20 ID:PMrggfIo
レベル5対決(性的な意味で)
764 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 20:23:16.56 ID:/zzuBHE0
>>761
麦のんはお前だけのものじゃないんだぜ・・・!

そげぶ
765 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 20:32:42.40 ID:5lqJS/Mo
美琴はフレンダ・むぎのんと対等に戦うために徹夜してパワーダウンしています
766 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 20:39:24.68 ID:EF1w.tA0
目の前で妹が潰された精神ショックやら拒食状態やらかなり弱ってる状態で麦のんと互角に戦ってるしな

上条さんと一緒に飲んだジュースが久しぶりの食事だったんだろうか
767 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 21:17:20.18 ID:5lqJS/Mo
>>766
さすがに対麦野戦はかなり消耗してたしその前になんか食ってただろ
上条と会ったの翌日だし
768 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 21:30:14.98 ID:H8TaTNIo
その部分ってラノベにある?

すまんまだ5巻ぐらいしか読んでないからよくわからないけど
769 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 21:33:48.31 ID:sgzdB4ko
ないはず
770 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 21:49:59.28 ID:PdRXo4IP
3巻が出た当時と設定は変わってそうだしな
翌日には特に怪我もなくジュースを飲んでたわけだし
ネットを介しての遠隔操作だけでなんとかしたようなニュアンスなんだっけか
771 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 22:05:34.55 ID:DNFvE.AO
投下します!20レスほど使わせていただきますねー!

※舞台となっている料亭都市では、中学卒業後は料理屋に勤める進路が主流です。
※美琴と妹達の年齢のみ、中学卒業後の15歳に変更しています。

※妹達は打ち止め含み5人のみ、普通に御坂父母から生まれた設定です。さらに名前と一部性格・口調にオリジナル設定を使用しています。
分かりやすくするため、打ち止めのセリフはそのまま打ち止め表記です。

※この世界では一方通行と妹達の間に、前もった面識と因縁はありません。

それではどうぞ!
772 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:07:11.63 ID:DNFvE.AO
1/20
調理試験場15:50

「よォ。オマエ、ナニサマ?」
「誰にソッポ向いてっか分かってダラケてンだろうなァ、オイ」

「料亭都市でも7人しかいねェレベル5、さらにその中でも唯一無二の研ぎ澄まされた包丁って呼ばれてるこの俺に向かって、マグロ? オマエ、何なンだよ。カミサマ気取りですか、笑えねェ」

 ぬ ぼ ー っ

「オマエみてェな人のテクまかせの怠慢マグロにゃーよォ、喜べ、イイモンが用意されてンだ。……オ マ エ 専 用 ォ の マ グ ロ お ろ し 包 丁ってヤツがよォ!!」

ぬぼーっ

「ハッ、相変わらず無視ですかァ、イイ根性してるよ、オマエ。せいぜいサレルガママを貫き通しゃイイぜ」

「どうせェ!!」
スパッ
「オマエはァ!!」
スパッ
「この俺から逃れらンねンだからなァ!!」
スパンスパンスパンスパンッ


「頭尾切断からの五枚おろしだ。オマエは態度から何からフテェから三枚じゃ足ンねェ。……良かったなァ?第一位の包丁さばきを他魚より多く味わえてよォ?」


?「うおー!これは何とも素晴らしいお手前やなぁ!!この切り口、そんじょそこらの料理人には真似できまへんえぇ!ってミサカはミサカはエセ関西弁かエセ京都弁かわからなくなってきたり!?」

「」

「……はァ?」

?「これはこれは不躾に失礼しました、ミサカはミサカはあなたをスカウトしにきたのって説明してみる!!」

「はァ?」

?「ミサカのおうちは、その筋にはつと有名な料亭やサンだったり!!ってミサカはミサカは」

「はァ」
(ナンだコイツの口調)

?「ってこの人大丈夫〜〜!?さっきから『はあ』しか喋ってないよ?ってミサカはミサカは声掛けるヒト間違えちゃったかなあって心配になってみたり〜!?」

「オマエに問題があンだよ」
773 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:08:30.63 ID:DNFvE.AO
2/20
帰路16:05

打ち止め「ミサカのおうちはね、160年の歴史を誇る老舗なのってミサカはミサカは自慢してみる」

打ち止め「でも1ヶ月前にお店の板前さんが怪我しちゃってね、きっとこの怪我じゃもう板前は務まらないからってその人は出てっちゃって、ってミサカはミサカは嗚呼、闇色の人生、をあなたに語ってみたり」

(付き合いきれねェなコイツのテンション)
「ンで俺にどうしろってンだ」

打ち止め「ミサカはミサカは、あなたに住み込みで働いてほしいのって来たわ!この勝負時っ!と見て熱弁勧誘かけてみる!!」

「めンどくさい」

打ち止め「わーいわーい、完敗玉砕馬耳東風〜!ってミサカはミサカはヤケクソ気分ではしゃいでみたり!

……でもミサカはあなたを諦めないんだから、ってミサカはミサカは明確な意思表示をしてみる」

「なンでだよ」

打ち止め「お店は今、お姉様1人で支えてる状態なの。お姉様は『これくらい』って気丈にしてるけど、最近口数が少なくなってきちゃって。無理してるのがバレバレなの、ってミサカはミサカは心配してみたり」

「……」

打ち止め「それにね」

打ち止め「ミサカはあなたの包丁さばきに一目惚れしちゃったの……ってミサカはミサカはキャー!って紅く染まる頬を抱えて身をよじらせてみたり!」

「やっぱダメだわコイツ」
774 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:11:34.89 ID:DNFvE.AO
3/20
料亭御坂16:15

打ち止め「ここだよ、っと、」

打ち止め「ミサカはミサカは、戸をゴロゴローって勢いよく開けてからお姉様ただいま!!って毎日心がけてる帰宅の挨拶を、お店に轟かんばかりに叫んでみる!」


美琴「あら、お帰りなさい」

美琴「ん?」

打ち止め「見て見てお姉様!!ミサカがこの人って認めた人つれてきたよ!さあ入って入って!ってミサカはグイグイあなたの手を引っ張ってみたり!!」

一方通行「引っ張ンなくても入ンだよ。ここまで来て引き返すバカがいるか」

美琴「……アンタは……!」

一方通行「ン?…………」

打ち止め「アレ?どうしたの2人とも互いを見つめ合っちゃって……まさか!? 『これが2人の運命の出逢いであった』 なんてナレーションが入っちゃう場面かしら!?ってミサカは」

一方通行美琴「オイガキ黙れ『美榮(ミサカ)は黙ってて』」

打ち止め「」

一方通行美琴「第三位『第一位……』か」

美琴「どういう縁なのかしらね」

一方通行「別に来たくて来たワケじゃねェ。このガキがしつこくてウルセェからメシ食いに来ただけだ」

打ち止め「えええ、ご飯だけなんて薄情すぎだよ!ってミサカはミサカは誠心誠意を捧げた対象としてのあなたの心の在り方を非難してみる!」
一方通行(ウゼェし芝居くせェ)

美琴「ちょっとアンタ。うちの美榮をガキ呼ばわりしないで。」

一方通行「……ハイハイ、ミサカチャンに連れられてきましたァ、よろしかったらサッサとメシ作って頂けないでしょうかァ、お客さンですよォ、俺はァ」

美琴「ふん……いいわよ、待ってなさい」

一方通行「アリガトーゴザイマスゥ」
775 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:12:35.34 ID:DNFvE.AO
4/20
料亭御坂16:30


美琴「できたわよ、さあどうぞ」
・ぶり大根
・アサツキを浮かべたアサリの吸い物
・人参、野沢菜、蓮根をみじん切りにして混ぜ込んだだし巻き玉子
・刺身
・すりゴマをまぶした人参と大根と胡瓜のなます
・黒毛和牛5切れと野菜添え(火鉢)

一方通行「早いデキアガリだなァ?」

美琴「これから団体さんが来るから、その分よ。追加で数人増えたって構わないように多めに作ってるもの」

打ち止め「多め!?じゃあミサカもミ」
美琴「アンタは駄目よ」
打ち止め「」
一方通行「妹にアンタは酷いンじゃないンですかァ?」

美琴「うるさいわね、さっさと食べてってよ」
一方通行「ヘイヘイ、すいませン」

打ち止め「!」
打ち止め「思い出した!!ってミサカはミサカは血相を真っ青に変えてみたり!」
一方通行「あァ?」

打ち止め「今日のお客さん、団体の人達が40人と30人だったよね?ってミサカはミサカは確認してみる!」

美琴「そうよ、よく知ってたわね」

打ち止め「明日はどうなの?ってミサカはミサカは訊いてみる」

美琴「32人と25人と18人ね、それがどうしたのよ」

打ち止め「お姉様、大変だよね、ってミサカはミサカは……」

美琴「子供が余計な心配しなくていいのよ、美春たち4人が働いてくれてるんだし」

打ち止め「お姉ちゃん達は今どこにいるのってミサカはミサカは辺りをキョロキョロしてみるんだけど」

美琴「お座敷の準備してるわ。っていうかアンタ達は能力で分かるんでしょ」

打ち止め「かくれんぼの時なんかは通信切るんだよ、ってミサカはミサカは楽しい楽しい御坂姉妹交流法を具体的に説明してみる」

一方通行美琴(知ら(ないわよ)ねェよ……)
776 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:16:09.55 ID:DNFvE.AO
5/20
料亭御坂別館16:35
お座敷

美春「火鉢があと10個必要ですね、とミハルは指折り数えて残る仕事の量を把握します」

美夏「ミアキ、そっちの座布団もう少し内に寄せないとお客様が障子(しょうじ)にアタッちゃうでしょ、ってミナツは的確な指摘をするわよ」

美秋「ご、ごめんね、ってミアキはすぐにいそいそとお座布団を直すね」

美冬「……お客様が来るまでに準備が間に合うかしら、とミフユは途方にくれるわ」


料亭御坂16:40
本館

打ち止め「ミサカはミサカはあなたが食べるのをジーっと見てみる」

一方通行「…………」
打ち止め「ジーっと見つめて」一方通行「……オラよ」
美琴「駄ぁ 目ぇ よぉ 美ぃ 榮ぁ 」バチバチッ

打ち止め「ごっごめんなさいってミ」
一方通行「イイじゃねェかァ、俺のメシは俺が金払うンだからよ」
美琴「そういう問題じゃないのよ」
一方通行「俺のメシどうしようと俺の勝手だろォが」

美琴「……アンタ絶対将来良い親にならないわ」

美琴一方通行「「…………」」バチッ

打ち止め(ミサカが空気悪くしちゃったよう、ってミサカはミサカは反省してみたり……)

美琴「……私ヒマじゃないから仕事に戻るわね」

一方通行「ケッ」
777 :板前一方通行繁盛記 [saga]:2010/05/23(日) 22:17:35.17 ID:DNFvE.AO
6/20

一方通行「ところでよォ」
美琴「何よ」

一方通行「オマエん家の親は何してンだよ」

美琴「……父親は仕事で海外よ。母親は大学」

一方通行「ハッ、贅沢なご身分だな母親」
     ダ     ン     ッ

美琴「うるっさいわよ。部外者のアンタが立ち入る所じゃないわ」

一方通行「……ケッ」
打ち止め(うううぅ、ミサカはミサカは仲介に入れない己の未熟さを嘆いてみる………)



prrr prrr prガチャッ
美琴「はいこちら料亭御坂でございます!

あ、親船様でございますか、いつもいつもお世話になっておりますう」

一方通行「オイ」
打ち止め「?」
一方通行「すげェなあの変わりよォ」
打ち止め「お姉様はプロだもの。それにお姉ちゃん達やミサカを大事に守ってくれるの。ってミサカはミサカはお姉様を誇りに思ってる事をコッソリ打ち明けてみたり」
一方通行「ヘッ」

美琴「はい……あの……そうですね今日は……」
一方通行「……」
美琴「はい…、申し訳ありません、予約の方がいっぱいになっておりまして……はい誠に」 グイッ 美琴「!?」

一方通行「ハイお電話カワリましたァ、板前ヤラセテイタダイテおります者でございますゥ」
美琴「な、……アンタ!!なにやってムグッ!?」
打ち止め小声「お姉様ごめんなさい!ってミサカはミサカは一心不乱にお姉様の口元を両手を伸ばして塞いでみる!」

一方通行「えェハイィ、いえタダイマ女将はアノ日でゴザイマシテェ、失礼致しましたァ。御人数の方をお聞きしてヨロシイでしょうかァ?
ハイ、あ、30人でゴザイマスねェ、少々オマチ下さいませェ」

受話器塞ぐ一方通行「おいオマエ」
一方通行「30人は通せンのか?」
美琴「ムグゥッウッ」(アノ日ってブッ殺す!!)
打ち止め「通せるよ!今日は40人と30人だから、もう1つ30名様お通しできるお部屋が空いてるもの! ってミサカはミサカは横から歳に似合わずお利口さんであることをアピールしてみたり!!」

一方通行「上等だァ」
778 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:21:38.99 ID:DNFvE.AO
7/20


美琴「アクセラレータ!!」
美琴「アンタ何やったのか分かってんの!!」
美琴「間に合わないのよ!どれだけ急いだって!!無理すれば大丈夫とか人手が足りないとか、そういう範疇を超えてるのよ!!」

美琴「どうすれば良いのよ!!
……親船さん…きちゃうじゃない!……7時からって……用意できるわけないじゃない……」

美琴「信用失っちゃうわ…お得意様なのに……オワリよ……」 グスッ

一方通行「何分で泣き終わる?」

美琴「……?……」

一方通行「オマエが動かねェと40と30の団体がサバけねぇだろゥが」
一方通行「一般客の入店はこれから断る。さすがに他まで相手できねェ」

一方通行「冷蔵庫開けるぞ」

美琴「アクセラレータ……アンタ何……やろうと…してるのよ……」


一方通行「問題ねェ。こンだけあれば充分だァ」
一方通行「調味料と器具の把握……」


一方通行「……泣き止ンだか?これ以上待てねェぞ。サッサと働け」


美琴「……アンタの考えは分かったわよ。…待ちなさいよ。私だって余裕ないんだからね……」
美琴「美榮、タオル頂戴」

打ち止めビクッ「は、はいお姉様!ってミサカはミサカはタンスに向けて全速前進、Uターンして差し出してみたり!」 
美琴「グスッ」ゴシッ



美琴「さあ、 やるわよ」



料亭御坂16:55
779 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:22:57.86 ID:DNFvE.AO
8/20

一方通行「オマエは先に料理の注ぎ分けやれ。そうしねェと調理場が使えねェ」

美琴「分かったわ。アンタはどうするの」

一方通行「先に座敷の準備だァ。妹が4人いるンだったなァ、1人借りる。それと米2升だけ先に頼むわ。うち5合は別炊き、やや硬め、コイツを最優先でなァ」



別館お座敷17:00

美秋「お、終わったね、良かったってミアキはホッとしてる」

美春「私たちのチームプレーの成せる技です、とミハルは自らを含め妹達の優秀さを誇ります」

美冬「また……死が一歩遠ざかったわ……とミフユは窓からの景色にため息をついて黄昏るの……」

美夏「あんたたち何してんのよ!さっさとお姉のとこ戻って配膳の準備よ!!ってミナツは3人をわあっ!?」 

一方通行「オマエらかァ?ミサカチャンのお姉チャンとやらは」
美夏「いきなり何よ誰よあんた!!」

一方通行(見分けがツカねェ。こいつら5つ子か)
一方通行「……オマエでいいや、コッチ来い」

美夏「ちょっ何ふざけてんの!?ミナツは」
打ち止め「ミナツお姉ちゃんいいから、この人の言う通りにして!ってミサカはミサカは声高に今は緊急事態であることを呼びかけてみたり!!」

美春美夏「どうし(たのよ)ました(って)、とミハル(ミナツ)はミサカに問いかけ(るわ!)ます」

打ち止め「詳しい事はネットワークで伝えるからっ…てアレッ!?ミサカはミサカはこの人に肩を掴まれて宙にぶら下がってる!?」 
一方通行「いいから早く親船サン通す座敷に案内しろ」

美夏「ちょっとお、私まで掴まないでよぉ!!着物がくずれちゃうってミナツはあんたが信じられないわ!!」

一方通行「安心しろ、ベクトル操作で重力を無視してっから服にダメージはねェ」

ギャーギャーミサカハミナツハドタバタイターッ!!



美春秋冬「…………」

美春「ではお姉様の元へ向かいましょう、とミハルは現実に立ち返り皆をうながします」

美秋「そ、そうだね、早くいかなきゃね、ってミアキは無理矢理本館へ歩を進めるね」

美冬「……ミナツ、五月蝿い。ってミフユは通信を遮断するわ」
780 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:27:35.87 ID:DNFvE.AO
9/20

一方通行「ここか」

打ち止め「ここだよ!ってミサカはミサカは宙ぶらりん状態が気に入っちゃったあ!!
わーいわーいもっともっとー―ってお願いしてみたり―!!」

ストッ

打ち止め「」

打ち止め「ウアアアアアアーン!!もっとしてくんなきゃ嫌だってミサカはミサカは泣き崩れてみるウア――ン!!」

一方通行「ジタバタすっとアブねェンだよ。さっき誰かさンが暴れて俺の足に触れて衝撃を自分に『反射』させやがったみたいにな。
まー俺が反射から『停止』に切り替えちまえば良かったンだが、まさかンーなガキっぽい15・6歳がいるとは思いませンで」

美夏「…………!」ズキンズキン

一方通行「よォミナツっつったか、座布団は……そこか。火鉢はどこにある」

美夏「ぐ……そこ」

一方通行「よし、オマエそこの障子開けろ。チビが泣き止まねーからオマエやれ」

美夏「むかつくなあんた!事情はミサカから受信したからミナツはやってやるけどさ!」 スーッカタカタ

一方通行「演算開始……畳の上に畳も火鉢も痛めずに置くってのはメンドクセェな」「…………………よし」スッ   

フワッ   フワッ   フワッ   
  フワッ      フワッ

フワッ   フワッ

美夏「えっ……」

ヒュオッヒュオッヒュオッヒュオッヒュオッ

美夏「あんたサイコキネシストなの!?ミナツはあんたみたいに次々と物を飛ばせる使い手は初めて見るよ!!」

一方通行「念動能力(サイコキネシス)ってなァ物体に触れずに行ったり来たりと動かせる能力のこった。俺は物に触れる必要が有る。ンな便利な能力じゃねェ」

ストッ  ストッ  ストッ  ストッ  ストッ

美夏泣き止んだ打ち止め「「…………」」

一方通行「俺が制御できンのは、一方通行の運動法則だけだ」
781 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:28:31.39 ID:DNFvE.AO
10/20
料亭御坂17:15
本館

美琴「ホラ急いで!!もうお客様は来はじめてるのよ!!」
美琴「美春はお客様の応対!」
美琴「美秋!アンタはよくこぼすから気をつけて運ぶのよ!」
美琴「美冬はよそ見しない!!」


美夏打ち止め「お姉(様)っ!」

美琴「アンタ達?ずいぶん早いじゃないどうしたのよ!?」

打ち止め「あの人が『こっちは間に合うから応援してこい』って言うから『え〜でもでもミサカはミサカは』ってモジモジしてたら『サッサと行きゃアがれ!!』って頭をはたかれてこっちに応援しにきたのってミサカはミサカは臨場感抜群に説明してみる!」

美夏(はたかれてちょっとバグッてるな、ミナツには分かりにくいよミサカ)


美琴「――っ!(アイツどんな能力使ってんのよ!)」
美琴「いいわ!美夏は配膳!美榮も今日は手伝ってもらうわよ!!」

打ち止め パ ア ァ ッ(´∀`*)ノシ「やっと、やっとミサカはお姉様の力になれる!!ミサカはミサカは今、感動の頂きから絶望の谷底へ向けて飛び降りても構わないって感激してみたり!!」

美夏(その気持ちはミナツよく分かるよ、ミサカ)


玄関前

美春「よくぞお越しくださいました、とミハルは丁寧にお辞儀いたします。
今回御予約いただきました朱雀の間はあちらとなっておりますので、足元にご注意されました上、お向かいになられますよう……。
ではミハルがご案内いたします」

別館階段

美秋「ふぅ、ふぅ、(重、忙、焦……)」
美冬「ミアキ」
美秋「ハァ…ハァ…ん?」
美冬「無理しない、ってミフユはあえて声で伝えるわ」
美秋「う、うん!ミフユありがとうねってミアキはミアキは感謝感激の想いを伝えてみたり!」

美冬「フフッ」
美秋「へへっ」
782 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:31:47.91 ID:DNFvE.AO
11/20
一方通行17:30

一方通行(アトは親船一行のメシ作るだけだァ)
(第三位はまだ終わってねェだろォな)
(手伝ってもいいがアイツのプライド逆撫でンのもメンドクセェ)
(共闘する以上、全て俺が片付けりゃ問題ナシとはいかねェ)
(互いの力を最大限に引き出す必要があるな)

「……楽しいねェ。これだよ。馴れ合いなンざくだらねェ」



本館調理場17:50


美琴「よし!これで全部ね!後の『おひつ』は私が持って行くわ!!」

一方通行「くく。かか。」

美琴「!? アンタ……」

一方通行「終わった…かァ?」

美琴「ええ。…念のために訊くけど…1人で大丈夫なのよね」

一方通行「邪魔だ。暇なら客の前で裸踊りでもしてろ」

美琴「…………」 
    一方通行「…………」

美琴「頼んだわね」 タタッ



一方通行「……誰が頼まれてンだよ?俺は俺の仕事を俺が受けただけだろォが」
783 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:33:27.21 ID:DNFvE.AO
12/20part1

調理場一方通行17:55

「最初に酢メシ作って冷ましとかねェとなァ。レールガンに頼ンどいたメシを使う。
っかし『超電磁砲』って料理の役に立たねェだろ。なンで料亭都市でンな異名ついてンだよ?」

?「それは暗黙の了解したる神の都合にありけるなのよ!追求してはなりませぬのが必定の掟なりて!?」

「珍妙な空耳だなァ? まァいい、メシを飯台に落として寿司酢をかける。あとはァこの酢メシをォ……撹拌撹拌撹拌撹拌撹拌撹拌撹拌撹拌撹拌撹拌撹拌撹拌撹拌撹拌ンンンンンゥ!!」

「した後はウチワで扇いでやンのが普通だが、ダリィし時間を喰う。他の料理作ってン間に空気を操作して代わりに扇がせる」


「次はカボチャの煮付けだ。ブッサイクなツラして深緑の装いィ?何だよそりゃ新作の金かかったエコファッションですかァ?割ったら割ったで今度は愛は地球を救うイエローですかァ、隙が無さすぎのベストドレッサーですよアンタァ」

「水撒いてラップに包ンで穴あけて電子レンジに2分半。火を通す無駄な手間が省ける。時間がねンだよ、他にやっことアっし」

「煮汁は砂糖、醤油にイリコ。これで充分に仕上がる。次ィ」


「豆腐と鶏肉の吸い物だァ。チキンのくせして主役ヅラですかァ?今すぐチョン切ってやるから悔い改めなァ!! オマエは意外とギトギトしてっから熱湯かけてサッパリさせてやらァ。

豆腐は個人的に好きじゃねェが……バランス考えっと、しょっぱい奴のお相手にゃあ淡白な相方って相場が決まってンですよォ」

「出し汁に薄口醤油、酒に塩。最後に三つ葉なンて気取ったモン浮かべりゃ雰囲気が出る」


「次、若竹の子の田楽。水煮の真空パックでケシカランと言いてェが、竹の子のハウス栽培ってのも聞いたことがねェ。
あァ?何でって? せっかく放り込ンどいても、3日と経たねェ内に軽々とハウスを突き破っちまうからだよ。カカカカ!勢いのイイ出っ張りで何よりじゃねェかよ?」

「田楽味噌は甘口の白味噌に砂糖、昆布の出し汁で作る。分量?メンドクセェ。適量だ適量」

「竹の子をチョイとオーブンで焼いて、そのあと味噌塗ってまた焼くンだよ。盛り付けにゃあはじかみショウガ乗せて色を添えンのがお決まりって奴だァ!」
784 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:34:11.32 ID:DNFvE.AO
12/20part2

「後は緑・紫・朱の色付き蒟蒻の刺身の1皿でも付けとくかァ…… イヤ。付ける辛子酢味噌が田楽と被る。醤油もポン酢も合わねぇしな」

「チッ……時間がねェってのにミスったな……ン?」


「イイねェ……高野豆腐かァ……干しシイタケと煮るとイー具合に味が付くンだぜェ…… ひ さ し ぶ り で す ね 干しシイタケェェェエエエ!! 高野と一緒にベクトル操作でアッという間に戻してやるよォォォオ!!」

「アハアハッ!!どーしましたァもう汁気たっぷりビチャビチャですかァア? あとは水砂糖薄口醤油酒塩のジワジワ弱火で放置かましてやンよ、オマエの出番はこ こ ま で。いやーザーンネンザンネン、ホンッット残念だわァ」


「ンで忘れちゃイケない中トロの握りですよォ。イイ具合に酢メシも冷めただろ、1人頭3貫なァ。握り方?長ェし退屈だからパス。指使いがカナメとだけ言っとっか。さーて……そろそろ配膳の準備かァ?」
785 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:38:55.48 ID:DNFvE.AO
13/20part1
調理場18:45

打ち止め「やっほー!あなたが作った料理を見にきたよってミサカはミサカは調理場に1番乗りしてみたりー!!」


美春「待ちなさいミサカ。まず持っていくのは次女たるミハルの務めです、とミハルは己の置かれた立場と自らの持つ責任感を訴えます」

美夏「もう親船さん来てるから持ってかないと間が持たないよ!ミナツがガンガン持ってくからさっさと頂戴!!」

美秋「ミ、ミサカ、走っちゃだめよ、ミアキはさっきお客様に絡まれて大変だったんだから、っていわゆるセクハラを独白するね」

美冬「今宵は良い月夜になりそうね……ミフユは今夜、グラス片手に夜の帳へ堕ちようかしら……」

一方通行「アクセラレータは今夜ァ、缶コーヒー片手にサッサとフケようかしらァ……

いーからオマエら早く持ってけ……」


――――――――

打ち止め「そーっと、そーっと。ミサカはミサカはそーっとお膳の上で美味しそうな湯気を立ててる料理をこぼさないようにギクシャクした挙動で運んでみる……」

美春「お膳は水平に。手は手前では無く奥の方へ。目線はお膳ではなく、進む先を見据えなさい、とミハルは基本であるポイントを伝えます。ではお先に」

美夏「さあミナツはどんどん行くよー!ミサカ頑張んな!そーだあんた……アクセラレータつったっけ?さっき足にもらった分は後で返すからね!ミナツがきっちり締めてやる!!」


一方通行「おーおー楽しみにしてますよォ」(もう1品だ。火鉢メニューが足ンねェ……)


美夏(//ミハルどいてどいて右にどいてーミナツのお通りだよー//)
786 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:39:49.55 ID:DNFvE.AO
13/20part2
美春 スッ (**その速度には素直に驚かされますね、とミハルはミナツの運動能力と平衡感覚に感嘆の意を表します**)

美夏(//ヘヘっ!ミナツはこういう時ミサカに感謝するんだよ、ミサカが生まれるまでネットワーク使えなかったからさ!//)

美春(**驚きましたねあれは。ミサカが生まれた瞬間、ミハル達の頭の中にミサカの泣き声が響きわたりましたから。と、ミハルは鮮明に記憶している懐かしい思い出を語ります**)

美秋(◇◇懐かしいよね、毎日毎日ミサカが泣くごとに、みんなネットワークでミサカをあやしてたよね。苦労したけど、ミアキには愉快な思い出だよー◇◇)

美冬(££慣れない内は他人に気取られて、何やってるのって変人扱いされてたわ……でも、今はおかげでミフユのポエムをみんなにリアルタイム配信できるし££)

美春夏打ち止め(*/いや、ポエムはやめてWith各種口調★★)


美秋(◇◇あれ?ミアキは楽しみなんだけど?◇◇)
787 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:40:37.92 ID:DNFvE.AO
14/20

調理場一方通行18:52

(さてどうする…?牛肉は30人分も残っちゃいねェ、鶏肉は使った、肉は弾切れだ。)

(鍋にするか……それにしたってメインが必要で今の悩みに逆戻りだろ)

「やれやれ、ブザマな第一位なンざ必要ないンですよォ。この程度で終わるンなら、いー歳したガキに締められて相応のご身分ってこったァ」

(締める……シメサバ……そういやサバならあったなァ。だが煮付けはカボチャがやってっし、だからっつって焼いてみた所でそもそもメイン張れる役者じゃねーだろ)

(頼れる食材がねェ今、鍋に持ってくのがハッタリ効いて1番なンだ。だからわざわざ火鉢を座敷にセットしてる)

(サバ鍋なンて聞いた事がねェ…………が……やりようだな)



「二枚に下ろしたサバを使う。三枚じゃねェのは骨ごと突っ込んで鍋のダシにするためだ。
まずは臭みを取るために熱湯にくぐらせたのち流水で良く洗う」

「スープは昆布ベースに砂糖と醤油とミリン、酒と塩少々だ。沸騰したらサバをチャッチャとぶっこンでダシを取って、煮立ったあとは白菜人参大根エノキ春菊、……ネギも合うかァ?合いやがれチクショウがぶっつけ本番なンだよ」



「味見だァ…っとイイ所にガキが戻ってきやがった」
788 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:43:35.15 ID:DNFvE.AO
15/20

打ち止め「ふう……疲れちゃった……お客さんに頭ナデナデされるのも大変だよう…ん…?良い匂いがするってミサカはミサカはフラフラ〜って匂いがするほうへ寄っていってみたり」

一方通行「喰ってみろガキ」

打ち止め「やったぁ、慣れない仕事しちゃってもうお腹ペコペコなの、ってミサカはミサカは喜びをあらわにいただきますして口へ運んでみる」

打ち止め「ふひゃっ、ふほっ、ふはっ」

一方通行「落ち着いて喰え」

打ち止め「はひゅっ、ほっ、ひゅはっ……」

一方通行「どうだァ?」

打ち止め「お魚美味しいけど、野菜がニガイよ……ってミサカはミサカは率直な感想を言ってみたり」

一方通行「問題ねェな」
打ち止め「あるよぅ」
一方通行「スープも飲め」
打ち止め「ん……複雑な味がするってやっぱりミサカはミサカは率直に言ってみる」

一方通行「そーかよ」(とかぬかしながらもチビチビ飲んでやがる。やっぱ問題ねェな)

美琴「ようやく先約の団体さんのおもてなしが落ち着いたわ……さあ親船さんの所にお顔出ししないと……」

打ち止め「」
美琴「」

       打ち止め「」
美琴「……」


美琴「うぁんたつまみ食いすんなっつってんだろがぁぁぁ!!」バチバチバチィッ
打ち止め「味見だよ味見――ってミサカはミサカは不可抗力を訴え暴力反対を叫びつつ恒久平和のために逃げ回ってみたり――――っ!!」

一方通行「おォそうだ、麩も入れとくかァ。味が染み込んでイケるだろうぜ」
789 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:44:07.86 ID:DNFvE.AO
16/20
調理場一方通行19:20



「ケッ……終わったな」


「ま、いい経験にゃなったろ」


「…………」


「……異様に賑やかだった。こンだけ警戒心のねェ声にアテられ続けたなァ久しぶりだろォな」



「……フケるか」




帰路19:35




「……っ」




「 って……」




「待って!」




「待ちなさいよ!!」




一方通行「……あァ?」
790 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:46:31.87 ID:DNFvE.AO
17/20

美琴「ハァッハァッ……アンタ……何も言わずに帰るとか躾がなってないわね……ハァッハァッ……」


一方通行「……躾なンざガキの頃に忘れた」


美琴「ハァッ……ハァ…感謝してるのよ…礼くらい言わせなさい…」


一方通行「そォかい。あー……」

美琴「?」

一方通行「オマエのメシ、美味かったわァ」

美琴「私はアンタの料理、まだ食べてないわ」

一方通行「……」

美琴「でも」

美琴「親船さん達は喜んでた。いつもと違うけどすごく美味しいねって。また食べたいよって言ってたわ」

一方通行「……」

一方通行「……オマエの料理がマズイっつわれたワケじゃねーだろォが。俺の役目は終わった」

?「……っはっ」

一方通行「?」

?「…はあっ、……っ」

一方通行「……ガキ」

打ち止め「はあっ!はあっ!お兄ちゃん!!」

一方通行「」
791 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:47:16.49 ID:DNFvE.AO
18/20

打ち止め「痛い痛い痛い痛い!!頭グリグリしないでって一方的暴力を受けてるミサカはミサカは何とかあなたの腕を掴んで敵陣脱出を試みるんだけど!!」
一方通行「ダァァーレがオニイチャンだァァァア!?」

打ち止め「だってだって!!こんな道端で『あなた!!』なんて叫んだら、通りすがりの街ゆく品行方正な紳士淑女の方々に聞かれちゃった場合にいろいろと……違う風に取られちゃう可能性も否定しきれないな、ってミサカはミサカは顔を赤らめてみたり……」

一方通行「」
美琴「」

一方通行美琴「ねぇ『ない』だろ『わよ』……」

――――――――

一方通行「オイ」
打ち止め「」ぎゅっ
一方通行「離せ」
打ち止め「」ぎゅっ
一方通行「じゃあ喋れ」

打ち止め「……ミサカはあなたのことを諦めないって。ミサカはミサカは言ったよね」

一方通行「……あァ」

打ち止め「たった数時間しか一緒にいなかったのに、やっぱりミサカの目に狂いは無かった。あなたはミサカの……ミサカの……」

一方通行「……なンだよ」

打ち止め「……ミ………りょ…料亭御坂にとって大事な人だって分かったの!!ってミサカは……ミサカは…… あ、慌ててないけど、う、えっと そう!あなたにずっと御坂に居てほしいのって改めてお願いしてみる!」

一方通行「フン……オマエが1人いきりたってもなァ?」

美琴「……アンタさ」

一方通行「ア?」

美琴「とりあえず御坂(ウチ)に戻って来なさいよ」
792 :板前一方通行繁盛記 [sage]:2010/05/23(日) 22:50:50.87 ID:DNFvE.AO
19/20

一方通行「……ハァ?」

美琴「ご飯代。払ってもらってないし」

一方通行「ンなもん今払やイイだろォが」

美琴「後片付け。最後までやらなきゃレベル5の資格ないわ」

一方通行「……」


美琴「……正直に言うわよ。人手が足りないの。アンタに……アンタの力借りれるなら、私からもお願いする」

一方通行「…………」


一方通行「………はァ…チッ…」



一方通行「………『仮』、だァ」

打ち止め「え…?ミサカはミサカはその言葉の意味がわからなくてたずねてみるんだけど」

一方通行「仮採用の板前でいーだろつってンだよ」

打ち止め「来てくれるのね!!ミサカはミサカは…あなたを信じて良いのかな!?」

一方通行「大げさなンだよ。あと、1つ言っときたかったがオマエ、マセすぎだ」

打ち止め「マセてないよ!いつもお姉ちゃんたちから子供子供って言われるもの!ってミサカはミサカは誇れない武勇伝を初披露してみる!」

一方通行「誇れねェなら武勇伝じゃねェだろォが!!オマエン家が特殊なンだよ!!」

ワーワーギャーギャー

美琴「ふん……ふふ」
793 :板前一方通行繁盛記 :2010/05/23(日) 22:52:23.34 ID:DNFvE.AO
20/20
帰路19:45

美琴「アンタ達、戻るわよ!」

打ち止め「うん!」
一方通行「…あー……」
打ち止め「さあ一緒に帰ろうってミサカはミサカは意気揚々、あなたと腕を組んでおうちの方へ向けて第1歩を踏み出してみる!!」

一方通行「チッ歩きづれェ離せガキ」


料亭御坂

美秋(◇◇良かったね、腕利きの板前さんが戻ってくる!ミアキは大歓迎するよ!!◇◇)

美冬(££それじゃあ帰り着き次第、契りの盃を交わして混沌の時代をミフユ達とさまよってもらう事になるわ££)

美夏(//あいつミナツに黙って勝手にトンズラしてたのか!一発締めるだけじゃ足りないね!!//)

美春(**正直、早々と帰ってきて頂かなければ、戦力的不備によるお客様の不満を抑えきる自信がありません。ミナツ、ミアキ、ミフユ。ミハルと共に帰れコールをお願いします**)

美春夏秋冬(*/◇£ ミ サ カ !! 早 く 帰 っ て き な さ い !! */◇£)



打ち止め「むむ!」

一方通行「あァ?」

打ち止め(★★了解!ミサカ軍曹はこれより助っ人をたずさえ、直ちに帰還する事をここに宣言する!! ってミサカはミサカはこの前お姉ちゃんたちと観た映画っぽく喋ってみたり!!★★)

打ち止め「ううん、何でもない! 早く帰ろうってミサカはミサカは」
一方通行「あのよォ」
打ち止め「なになに?ミサカはミサカは何でも答える気満々だよって胸を張って余裕を表現してみる」

一方通行「オマエの御坂ミサカって名前、いったいどォなってンだ」

打ち止め「うーん、ミサカはミサカは御坂ミサカって名前に不都合は感じないけれど、周りの人はよく質問してくるの。ミサカの名前を御坂ミサカにしたのは他でもないお母さんなんだけど、さて問題です。ミサカはミサカと今何回言ったでしょう?早押し問題です!」


一方通行「…………」

打ち止め「クールにスルーは不正解!よってあなたの得点は半分となります!ってミサカは痛い痛い痛い!!」


美琴(母親が酒に酔って付けた名前だなんて絶対言えないわよ……いらない苦労押し付けないでくれるかしら……)


        終わり
794 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 22:54:31.90 ID:eiM3U6DO
乙!

料亭都市クソワロタwwwwww
795 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 22:55:15.88 ID:y09iwbk0
乙!!!!
超笑ったwwwwwwwwはらwwwwwwいてえwwwwwwww
心から乙!!!
796 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 22:55:51.11 ID:A6Gw8UAO
おつ!すげー面白かった
専門は製菓ですが、料理の勉強したくなりましたよォ
797 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 22:55:56.19 ID:AcihWu60
乙!!!!!
俺の腹がこわれた!!!!!
最高でしたwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
798 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/23(日) 22:58:58.95 ID:pY.U6SA0
おつおつ

何か干しシイタケが強調されてたけど、前に一方口調でベクトル使ってシイタケ戻してたりした人かな?
面白かったぜ!
799 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/05/23(日) 23:01:52.70 ID:eiM3U6DO
上条「いいぜ。お前がその料理のできで満足してるっていうのなら……まずはそのふざけた味付けをぶち殺す!!」
800 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 23:04:14.05 ID:nBdRQ3Uo
>>799
レベル0の味付け殺し……?
801 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 23:09:07.66 ID:06mALYg0
>>800
いや、見た目からは想像できないほど美味な料理が出るんだきっと!
802 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 23:10:00.25 ID:8V8zvHko
インデックス「こんな料理は食えたもんじゃないんだよ。もぐもぐ。おかわりなんだよ」
803 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 23:13:17.05 ID:HwjQF6DO
クソワロタwww
なんか農業見たとき以来の衝撃だわwwww
804 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 23:17:53.52 ID:eiM3U6DO
料亭都市は農業都市から食材を仕入れているに違いない
あとは漁業都市か……
805 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 23:18:55.14 ID:8A.8Nc.o
酪農は?
806 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 23:19:45.50 ID:zmvHHO.o
この刺身を作ったのはどのお姉様ですの!
乙!
807 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 23:31:23.39 ID:HbP7SQ60
鉄鍋のジャンと対決させてえww
808 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 23:31:56.28 ID:FI3VsgAO
ちょっと9レスお借りしますよっと。

※注意※

・一方通行・冷蔵庫・上条さんが出ます。
・ただ三人を絡ませたかっただけです。

・オチ無しヤマ無しイミ無しです。三人の絡みを生温い目で見てあげて下さい。

・主婦コワイ
809 :一方通行「てェェェェいとォくゥゥゥゥゥゥン?」1 :2010/05/23(日) 23:32:59.69 ID:FI3VsgAO
一方通行「てェェェェいとォくゥゥゥゥゥゥン?」

一方通行「なァンでお前がいやがンだ、コラ」

帝督「ほぉ、第一位でもこの状況は理解できねぇと来たか」

一方通行「あァ? お前舐めてンのか? 俺の殺した人間が街角にいりゃ、誰だって意味分かンねェだろォが!」

帝督「落ち着け、冗談だ。むしろ俺が聞きてぇくらいだな」

一方通行「冗談でお前が生き返ンのか? 何ならもう一回ぶち殺してやってもいいンだぜ?」

帝督「あ? てめぇ人が折角穏便に話し合ってやるっつってんのに何だよその態度はコラ」

一方通行「俺にやられた雑魚と話し合う気なンざ微塵もねェわ」

帝督「はっ、てめぇはあの謎の力に助けられただけだろ。あれがなきゃ俺の圧勝だったな」

一方通行「はァ? ざれ言ほざいてンじゃねェぞ。あれも俺の力なンだよ」

帝督「嘘つきやがれ。てめぇ自我無かっただろ」

一方通行「はァはァはァ!? やっぱ喧嘩売ってンだろ!」

帝督「ああいいぜ、この前の勝負の続きと行こうじゃねえか!」

一方通行「続きも何も、お前は俺にいっぺン殺されてンだろォが! こォ言うのはなァ、リベンジっつうンだよクソメルヘン!」
810 :一方通行「てェェェェいとォくゥゥゥゥゥゥン?」1 :2010/05/23(日) 23:33:28.96 ID:FI3VsgAO
打ち止め「あの人、どこに行ったのかなーってミサカはミサカは迷子の兎ちゃんを探していたり……あれ? 向こうがなんか騒がしいなってミサカはミサカは野次馬根性丸出しで突撃!」




一方通行「だからあれは俺の力なンですゥ! よってあの力に負けたお前は俺に負けた事になンだよ!」

帝督「いーや認めねえ! あの力がなきゃ俺がてめぇを見下してたな!」

一方通行「最終的にはお前が死ンだンだよボケ! 今更あの力が無かったらとか、負け犬の遠吠えですかァ?」

帝督「はっ、だから言ってるだろ! てめぇより俺が勝ってる事証明してやるから、続きをしようぜってよぉ!」

一方通行「続きじゃねェリベンジだクソ野郎! 悔しすぎて脳内がイかれちまったかァ?
 あ、お前俺に脳粉砕されたンだっけかァ! そりゃ、脳無いだなァぎゃひゃひゃひゃ!」

帝督「おうおうおう、てめぇビビってんだろ? さっきから口ばっかりで、俺に負けるのが怖いと見たね。あーだせぇ、第一位がこんなだせえとはな!」

一方通行「そのだせえ第一位より格下で、更にゃ殺されたお前は何だ、糞貯めかァ? 調度イイじゃねェか、垣根糞貯めェ!」
811 :一方通行「てェェェェいとォくゥゥゥゥゥゥン?」1 :2010/05/23(日) 23:33:58.38 ID:FI3VsgAO
帝督「好き勝手言いやがるなオイ! やっぱ口でしか攻撃できないアルビノもやしが、俺をぶち殺した気でいんじゃねえ!」

一方通行「事実殺しましたァ! そりゃもうボコボコのけちょンけちょンになァ!」

帝督「俺が今喋っている事は生きてる証拠なんだが? さっきから見下してる俺を始末しきれねえ第一位、なんつー笑い話だこりゃ!」

一方通行「カカキコカキキケクカキャキャキャ!
 お前、俺に一度ぶちのめされたっつう自覚あンじゃねェか! 始末しきれねェって、自分で墓穴掘ってンじゃねェよバァカ!」

帝督「はっ、てめぇこそぶち殺したぶち殺したってうるせーのがぶちのめしたになってるじゃねえか! あれだろ、殺しきれなかったっつう事実を受け入れたか? 残念だったなぁクソだせえ第一位!」

一方通行「おォイイぜそこまで言うンだったらお前のリベンジ受けてやろォじゃねェかクソメルヘェェェェン!」カチッ

帝督「リベンジじゃねえ、続きだクソもやし!」バサッ




打ち止め「やっぱりあなただってミサカはミサカは飛び付いて――いひゃんっ」
812 :一方通行「てェェェェいとォくゥゥゥゥゥゥン?」名前欄の数字間違えまくった :2010/05/23(日) 23:34:41.21 ID:FI3VsgAO
打ち止め「きゅー……何で反射してるのーってミサカはミサカは昏倒しそうな意識を必死に呼び止めてみたり……」

一方通行「クソメルヘェェェェン!? お前は百回ぶち[ピーーー]じゃ済まねェぞゴルァァァ!」

帝督「ガキの心配してる場合じゃねえぞ、俺は既にてめぇの攻略法を――」

一方通行「いひゃ、あひゃぎゃひゃぎひゃひゃ!」

帝督(――出やがったな、あの翼……だがあいつの意識はねえ、冷静に対処すれば勝機は十二分にあるはずだ)

一方通行「……残念だったなァてェェいとォくゥゥゥン? 俺はパワーアップしてンだよ、即ち究極通行(アルティメットレータ)になァ!」

帝督「な、何だと……てめぇ、いつの間に! クソッ!」

一方通行「ほらほら考えてる暇あるンですかァ!? 折角戻った体が肉塊になンぞォ!」

帝督「チッ、調子に乗ってんじゃねえぞ第一位! 俺だって、進化して奇跡物質(ミラクルマター)になったんだよおおお!」

一方通行「イイねイイね最高の舞台じゃねェか! 究極通行と奇跡物質、どっちの方がつェかはっきりさせてやるよォ!」

帝督「うおおおおおお、ミラクル・ビーム!!」

一方通行「がァァァァ、アルティメット・レーザー!!」
813 :一方通行「てェェェェいとォくゥゥゥゥゥゥン?」5 [saga]:2010/05/23(日) 23:35:19.46 ID:FI3VsgAO
上条「神様殺し(ゴッドブレイカー)!」

一方通行・帝督「!?」

上条「てめえら……白昼堂々何してんだよ?」

一方通行「あァ? お前にゃ関係ねェだろォが、引っ込ンでろ!」

帝督「誰だてめぇ、何しやがった!」

上条「あ? お前らバカか、究極通行とか奇跡物質とか、ふざけんじゃねえぞ!」

一方通行「なっ……お前今究極通行バカにしやがったなァ!?」

帝督「誰だか知らねえが、奇跡物質をバカにするなよ?」

上条「いーや違う、話はそこじゃねえ。てめぇら、もう一回聞くぞ? 白昼堂々、スーパーの前で何してんだ?」ギロ

一方通行・帝督「……!」ゾク

上条「誰が一位誰が二位、そんなもんは俺の知ったこっちゃねえ。好きなだけやりやがれってんだ。
 だがよ、それをスーパーの前でやる必要はあんのか?」

帝督「で、出会ったが最後っつう……」

上条「やっぱりバカですね! 上条さんは今猛烈に、そりゃもう数ヶ月ぶりに怒りまくっているんですよ!」

一方通行「お前の事なンざ知らねェよ!」

帝督「そうだそうだ!」

上条「知らねえ、だと?」ブチ
814 :一方通行「てェェェェいとォくゥゥゥゥゥゥン?」6 [saga]:2010/05/23(日) 23:35:48.04 ID:FI3VsgAO
上条「ああそうですねレベル5の方々にゃスーパーの安売りの大切さが分からないんだろうなぁ! ふざけんなよ、お前らが暴れる雰囲気だから店のシャッターが降りてんだよ!

 それのせいで俺はまた居候に噛み付かれるんだ! 栄養失調でぶっ倒れるかもしれねえ!

 それは全部てめぇらのせいだ!」

一方通行「黙って聞いてりゃベラベラ饒舌に喋りやがって、ぶち殺すぞ三下!」

帝督「てめぇの身の上話には興味がねえ、黙りやがれ!」

上条「あー、分かった分かった。いいぜ、相手になってやるよ。ただし俺には、大勢の味方がいるけどな!」

一方通行・帝督「!?」

主婦A「…………」

主婦B「…………」

貧乏学生A「…………」

貧乏学生B「…………」

主夫A「…………」

主夫B「…………」

スキルアウトA「…………」

スキルアウトB「…………」

その他「…………」

一方通行「チ、雑魚どもが群がりやがって」

帝督「いくら人数が多くても、所詮は無能力者だろ」

上条「はっ――てめぇら、大勢の人達に迷惑をかけてまだ反省してねえな?

 自分らの都合で、どれだけの人達が被害を被るかまだ理解してねえな?」
815 :一方通行「てェェェェいとォくゥゥゥゥゥゥン?」7 [saga]:2010/05/23(日) 23:36:17.52 ID:FI3VsgAO
上条「それなら、お前らが正座して反省するまで俺が、俺達が――

 ――その自分勝手な幻想ぶち殺してやる!」

一方通行「いいぜェかかって」

帝督「盛り上げるにはもって」






「あんたらいい加減にしぃや!」「学生だからって何でも許されると思ってるのか!?」「腹が減ってるのに何だよ!」「ここは安さ一番なのに何しやがんだコラ!」「本当に邪魔なのよ!」「消えろ!」「責任取れよクソガキ!」「ふざけんな!」「どけー!」「いい気になってんじゃねえよバカ!」「お前らのせいだぞ!」「うっぜーよクソ!」「土下座しやがれ!」「俺らの時間を返せ!」「そこにある99円の希望返せ!」「消えろー!」

「「「「「「「「「せーいざ! せーいざ! せーいざ! せーいざ!」」」」」」」」」

上条「――まだやるってか?」


一方通行・帝督「スミマセンでしたァァァ!」
816 :一方通行「てェェェェいとォくゥゥゥゥゥゥン?」8 [saga]:2010/05/23(日) 23:36:45.90 ID:FI3VsgAO
―――――

一方通行「えェ、そォです。つい、相手のノリに飲まれたっつゥか。なンか喧嘩腰に話されて……こォ、ならやってやるかって。いえ、その喧嘩買った僕が悪いンです。スーパーの前という事を考慮してませンでした」

帝督「前にぶちのめされた相手が、何の奇遇かで目の前にいた。つい、ムカついて喧嘩を売ってしまった。スーパーの前、それも安売りの時間にあんな行為をした事について深く反省している」

上条「……お前ら、まだ反省してねえだろ。顔が、「何で俺がこんな事……」って醸し出しているぜ?」

一方通行「そンな事ないです。今、あなたらに説教を頂き、自分の犯した過ちを見つめ直しました」

帝督「流石に我慢できなかった。俺も反省している」

上条「……」スッ

主婦「……」コク


上条「一方通行の気持ちは分かった。もう二度としねえなら、帰っていい」

一方通行「はい、誓います。あンがとございましたァ」

帝督「…………」

上条「お前は、また何で一方通行だけっつう顔してんな。それは、てめぇが心から反省してねえからだ。今も、足痺れたとか考えてるだろ。それに、顔をこっちに向けねえしな」

帝督「はあ? あ、いやそんな事……」
817 :一方通行「てェェェェいとォくゥゥゥゥゥゥン?」9 [saga]:2010/05/23(日) 23:37:13.16 ID:FI3VsgAO
上条「冷蔵庫にするぞ?」

帝督「!?」ビク

上条「俺の怒り具合はもう、居候に冷蔵庫の中身全部食べられて「お腹張らないんだよー」とか言われた並だ。うちの冷蔵庫も、壊れ掛かってるし」

一方通行「あ、上条さンそれなら俺がやりましょォか。心配なってきたンですけど、もってこいの仕事なンです」

上条「おお、宜しく頼む一方通行。こいつを俺の変わりに心から反省させてやってくれ」

一方通行「うィっす。……恨むなよ、てェいとォこくゥン」

冷蔵庫(予定)「ひ、いやああああああああああああああああああああああ」

















冷蔵庫「グスン。もうお嫁に行けない……」

エンド
818 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 23:38:58.80 ID:FI3VsgAO
以上、まじでヤマ無しイミ無しオチ無しでした。

三人を愛でたかったんだ……後悔はしている。反省はしてましぇーん。

やらずに後悔より、やって後悔と言うのよな。

ありがとうございました。

三人かわいいよはぁはぁ
819 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/23(日) 23:43:52.27 ID:eiM3U6DO
神様殺しwwwwwwwwwwwwwwww
820 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 23:46:09.38 ID:OzdYw9ko
これは素晴らしい作品でしたね
821 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/23(日) 23:59:45.45 ID:AcihWu60
吹いたwwwwwwwwwwww
乙です!
822 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 00:37:55.61 ID:pQQVAq.0
今から投下していいか?
題名は
オリジナル「はじめまして劣化模造品」美琴「…え?」
ってな感じなんだが
ああ、7レスくらい使うんだが
823 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 00:41:11.33 ID:82g/6..o
ばっちこーい
824 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 00:41:16.31 ID:iuhjvu.0
なんというアビス…

どうぞどうぞ
825 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 00:41:24.73 ID:pQQVAq.0
だれも居ないから勝手に始めちゃう!
826 :オリジナル「はじめまして劣化模造品」美琴「…え?」 [sage]:2010/05/24(月) 00:42:00.46 ID:pQQVAq.0

御坂美琴はぶらぶらと街を歩いていた。
完全下校時刻が近いらしく、少し前まで賑わっていたこの通りも、今は人がまばらだ。

「あーあ、ヒマねー。アイツもやっぱり電話に出ないし…そろそろ帰ろっかなー」

ここでいう「アイツ」とは、もちろん上条当麻である。
美琴は彼に対する自分の気持ちが何であるかは自覚したが、いまだ素直になれないでいた。
後輩である白井黒子も最近は応援してくれているが、まだまだ期待に沿えるのは早そうだ。

ふと、彼女は立ち止まった。

「…え?」

美琴が訝しげに眉をひそめる。

(この感覚…私と同じ能力?でも、妹達とは違う、もっと強力な…)

考える前に確かめよう。
そう思って彼女は自分と同じ能力を感じる方向へ駆けだした。

……それが絶望の始まりだと気付かずに。
827 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 00:42:19.07 ID:whpdW6DO
スレタイスレであったやつだな!期待!
828 :オリジナル「はじめまして劣化模造品」美琴「…え?」 [sage]:2010/05/24(月) 00:42:42.22 ID:pQQVAq.0

着いた場所は建設途中のビルだった。
だが作業員はおらず、重機や鉄骨などがあるだけだ。

(おかしいわね…確かにここのハズなんだけ…どッ!?)

彼女の眼前を青い電光が通り過ぎた。
あと少し進んでいたら直撃していただろう。

「……誰ッ!?姿を見せなさい!」

美琴が叫ぶ。その時、声が聞こえた。

「ふふっ…ずいぶんとガサツねえ……それが常盤台のお嬢様なのかしら?」

声のする方に美琴が振り向く。

「――――え?」

そして見てしまった。
妹達よりも自分に近い、彼女の姿を。

「わた、し?」

闇から現れた少女は美琴に絶望を突き付ける。

「残念♪『私』が『あなた』なんじゃなく、『あなた』が『私』なのよね〜」

美琴にその言葉の意味はわからなかった。
だが次の言葉で確信してしまう。

「あら、わからないの?私のクローンの癖に…」

「…どういう、こと?」

美琴がかろうじて反応する。
しかし返ってきたのは絶望を決定事項にする言葉だった。

「こう言えばわかるかしら。あなたはミサカ00000号。そして私はオリジナル……本物の御坂美琴よ」
829 :オリジナル「はじめまして劣化模造品」美琴「…え?」 [sage]:2010/05/24(月) 00:43:33.71 ID:pQQVAq.0

認められるはずがなかった。
自分が偽物?
では両親は?
友達は?
初めて好きになった彼は?
自分が偽物だったなら彼らとの関係も偽物になってしまう。
そんなことは絶対に認めたくなかった。

「ううううぅぅぅ……あぁぁぁあああああ!!!」

渾身の雷撃をオリジナルに放つ。
それはあの鉄橋で彼に撃った全力よりも強力だった。
――――しかしオリジナルは口を少し歪めただけだった。

凄まじい爆音と、雷撃によって引き起こされた衝撃波で舞った土埃が辺りを包んだ。
こんなものを防げるのは一方通行か、第二位そして『彼』以外には――――

「へえ、この程度なんだ」

声が聞こえる。
ありえない。
アレをくらって生きているはずがない。

「教えてあげるわ。私の方が能力は上なのよ。
 ……そうね、わかりやすい例だと、あなたの全力って約10億ボルトよね?
 私はその2倍―――20億ボルトよ」

信じたくなかった。
だが目の前の現実は確かに『彼女』が本物で、自分が偽物であることを決定付けていた。

「……それじゃ、終わりにしようかしら。
 ―――安心しなさい。あなたのものは全部、もらってあげるから」

全部?
そうするとどうなるのだろう。
両親は本物の娘が帰ってきて喜ぶだろう。
黒子は素直じゃない私なんかより、彼女を選ぶだろう。
『彼』は、電撃を浴びせられなくなってほっとするだろう。
―――なんだ、私がいない方が都合がいいんじゃない。

みんなと別れるのはつらいけど、私がいない方がみんな幸せだから…

これから死ぬというのに、涙は出なかった。
そしてオリジナルはコインを掲げる。

「せめてもの手向けに、超電磁砲で殺してあげる。……じゃあさよなら、劣化模造品」

オリジナルがコインを打ち上げるのを見て、ゆっくりと目を閉じた。
830 :オリジナル「はじめまして劣化模造品」美琴「…え?」 [sage]:2010/05/24(月) 00:44:11.50 ID:pQQVAq.0

「……ふざけんじゃねえ」

オリジナルが必殺の一撃を放つ前に、誰かが割り込んでいた。

「偽物だろうが何だろうが、コイツは精一杯生きてきたんだよ」

超電磁砲を消し去ったその人物は美琴を守るように立っていた。

「いいぜ…お前がオリジナルだからってコイツを殺して『御坂美琴』になるってんなら―――」





       「まずはその、ふざけた幻想をぶち[ピーーー]」





美琴の想い人にして幻想殺しの少年、上条当麻がそこに居た。
831 :オリジナル「はじめまして劣化模造品」美琴「…え?」 [sage saga]:2010/05/24(月) 00:45:03.67 ID:pQQVAq.0
あああああ俺がふざけんなあああああああ

「……ふざけんじゃねえ」

オリジナルが必殺の一撃を放つ前に、誰かが割り込んでいた。

「偽物だろうが何だろうが、コイツは精一杯生きてきたんだよ」

超電磁砲を消し去ったその人物は美琴を守るように立っていた。

「いいぜ…お前がオリジナルだからってコイツを殺して『御坂美琴』になるってんなら―――」





       「まずはその、ふざけた幻想をぶち殺す」





美琴の想い人にして幻想殺しの少年、上条当麻がそこに居た。
832 :オリジナル「はじめまして劣化模造品」美琴「…え?」 [sage saga]:2010/05/24(月) 00:45:35.24 ID:pQQVAq.0

「アン、タ…どう、して…?」

「アンタが守るって誓った『御坂美琴』はそこに居るのよ!?
 なのにどうして私を助けるのよ!
 私が死んで!アイツが『私』になった方がよっぽど幸せな―――」

「………本気でそんなこと考えてんのか」

「……え?」

「俺があの男に守ると誓ったのは『超電磁砲』じゃなく、『常盤台のエース』でもねえ!
 ほかでもないお前自身なんだよ!
 それにアイツの方が『御坂美琴』にふさわしい?
 ふざけんな!
 お前の周りのやつらは今まで付き合ってきた人間が死んで喜ぶのかよ!?
 少なくとも俺はお前に死んでほしくねえからここに立ってるんだ……
 勝手に死ぬなんて、言うんじゃねえ」

「……ッ!」

その言葉は確かに、美琴の心に響いた。

「あ〜あ、せっかく生きるのを諦めてたのに、これじゃあ楽に死ねなくなっちゃったわねえ……
 でもいっか、どうせ私のコピーであって、人間じゃないんだし……
 んじゃ、まとめて殺っちゃいますか」

オリジナルから青い電光が迸る―――

そして彼女の全力が上条に襲いかかった。

833 :オリジナル「はじめまして劣化模造品」美琴「…え?」 [sage saga]:2010/05/24(月) 00:46:06.11 ID:pQQVAq.0

「……へえ、さすが幻想殺し。やっぱり効かないんだ」

その言葉の通り、上条に致命傷は見られなかった。
しかし、攻撃の衝撃波によって飛ばされたコンクリート片によって全身は浅く傷ついていた。

「でも、ふつうの物理攻撃は防げないのねー。
 ……じゃあ、こんなのはどう?」

彼女の言葉と共に、周囲の鉄骨が上条に向かっていく。
いくら異能の力を打ち消せても、こればかりはどうにもならない。
オリジナルは勝利を確信した。

「くっ……」

上条は鉄骨を必死に避けようとする。
しかし数が多すぎる。
鉄骨が目の前に迫る。
上条は反射的に目を瞑った―――

そして貫いた。

御坂美琴の通称でもある超電磁砲が鉄骨を。

「……ッチ!邪魔を!!
 やっぱりあなたから殺してあげる!!」

オリジナルは体を美琴の方へ向ける。
だが遅かった。
すでに彼はオリジナルの目の前にたどりついていた。

「なっ…くっ!」

慌ててオリジナルは避けようとする。
しかし多くの死地を戦い抜いてきた上条の拳を避けることなどできるはずがなかった。

「おぉぉぉおおおおおおお!!」

幻想殺しがオリジナルの額に届く。
それで、終わりだった。
834 :オリジナル「はじめまして劣化模造品」美琴「…え?」 [sage saga]:2010/05/24(月) 00:46:40.00 ID:pQQVAq.0

数日後…

「へえ〜ここがアンタの部屋かあ…」

「はあ…インデックスがイギリスに帰ったからベッドが使えると思ったのに…」

「な〜に言ってんの!一緒にベッドで寝るのよ!」

「ええええええええ!?」

あの後、美琴は皆に自分がクローンであることを告白した。
世間の反応は厳しく、オリジナルが『御坂美琴』に戻ることになった。
もちろん、両親や白井は美琴に今の居場所に留まるよう言ったらしい。
だが美琴は、そこは自分の居場所じゃないと言い、ある場所へ引っ越したのだが…

「なんで俺の部屋なんだろうな…」

「何よー、そんなに嫌?」

「そーじゃねえけどさ…」

「……あ、忘れてた」

「?」

「『御坂美琴』は譲っちゃったから私今名無しなんだよね〜
 だからさ、アンタに名前を付けてほしいな!」

「そんな重大な役割、俺でいいのかよ…?」

「いいの!さ、はやく!」

「えーと、じゃあ……
 ―――なんてどうだ?」

「へえ、アンタにしてはいいセンスじゃない」

「……それ、けなしてるのか?」

どうやら俺はコイツにこれからふりまわされていくらしい。
でも、その先ではコイツは笑っていられるんだろう。
それなら別に―――

「不幸じゃ、ねえな」
835 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 00:48:34.41 ID:pQQVAq.0
ああああああああああちくしょおおおおおおおお
だいじなところでえええええええええええ

そんでみなさん!俺SS初心者だからアドバイスくれるとうれしい!
それにしてもうがあああああああああああああああ
836 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 00:49:20.04 ID:pQQVAq.0
あ、言い忘れてた!
これで終わりな!
837 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 00:50:06.40 ID:U9HleTIo
GJ!俺も初心者だから、むしろ上手くて羨ましかった!
終わりもそう終わらすかって感じで面白かった
ただ、めちゃいい場面で「ぶちピー」は食ってるワッフル吹いたww
838 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 00:50:16.22 ID:50JR2Pwo
おっつー

そのミスは誰もが一度は通る道だから気にすんなwwww
839 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 00:51:10.12 ID:ZEVSaYDO
>>835
良かったぜ!! 初心者とは思えねえほど良かった! なんなんだ今夜の良作ラッシュは!寝れねぇじゃねぇか
840 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 00:51:58.20 ID:iuhjvu.0
おつおっつ

ぶちピーよく見るよなwwwもはや一種の名物のような気がしてきた
俺的には続くなら続きが読んでみたい感じなんだぜ!
841 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 00:52:55.21 ID:ECt1PPcP
面白かった、短編にするには惜しいネタだ
842 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 00:53:04.68 ID:GSyVou.0
この設定は個人的にツボだった。終わり方もww
初心者でここまで…やはり天才か。
843 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 00:53:27.40 ID:82g/6..o
おつー。日曜日はこれだから寝られない。
月曜日とかもうしらねえ!
844 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 00:55:50.34 ID:dtMLggEo
なんという俺得SSだ……この調子でたくさん書いて欲しいんだよ!!
845 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 01:00:38.92 ID:whpdW6DO
乙!
凄く面白かった!もっと長編で読みたいくらいなんだよ!
ピーーは俺も連続で間違えたりしたから気持ちはいたいほどわかるwwwwww
846 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 02:04:14.16 ID:SiZZNnI0


美琴フルチュネタは書きがいのあるテーマだよなぁ
今一個書きためてるのがあるけど、話の着陸点とかかなり迷ってるもの
設定詰めていけば、このネタだけで文庫一冊相当は書ける気がする
847 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 02:06:02.69 ID:U9HleTIo
前に書いた小ネタの続きとかって書いてもいいのかな
そもそも小ネタに続きって事自体がアリなのかな
848 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 02:21:00.47 ID:iuhjvu.0
普通にアリじゃね?どうぞどうぞ
849 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 02:23:10.51 ID:K7J04N.0
>>631
今更だけどクソワロタ
850 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 02:29:27.54 ID:DZVUGjYo
フィアンマ「ウホッ!」
851 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 02:52:40.14 ID:c9la8dgo
弁当屋のヴェントさんの出番はまだですか
852 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 03:15:09.86 ID:z7U2BzEo
住職の寺さんの出番は
853 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 04:17:24.73 ID:RNcLY.DO
【とある魔術の禁書目録】御坂美琴議論スレ【とある科学の超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1274624830/

お前等の仲間だろ
なんとかしろよきめえ
いつからSS板になったんだここは
854 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 06:19:07.81 ID:C4inzQAO
>>847
ンなこと言ってたらどんどんネタが無くなって先細りになってくじゃんか
どんどん書いて
855 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 07:16:16.35 ID:.4r6IMAO
>>853

ここはSS板だろ
わざわざ本スレまで出張してくんな粕
856 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 08:00:19.45 ID:DZVUGjYo
そう思ってるんならスレ立てたいじょうちゃんと書こうぜ
857 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 14:22:07.29 ID:bWZEOAIo
ここに投下しようと思って書いてた短編が7000文字いっちまった…
さすがに立てて書いたほうがいいかな
858 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 14:25:40.14 ID:R2DomlE0
>>857

どっちでもいいけど

期待している
859 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 14:27:33.93 ID:C4inzQAO
7000文字なら余裕でここの許容範囲だと思うよー、
10000文字オーバー投下したけど、否定的な事は何も言われなかったよ
860 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 14:28:22.51 ID:T5zz..AO
文字数より何レス分になるかのほうが分かりやすいな
同じ文字数でもびっちり書くのと改行が入るのでは変わるし
861 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 14:29:48.58 ID:bWZEOAIo
ここもレスはやいなwwww
今夜推敲がてらレス分割やってみるよ。ありがとう
862 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 14:30:46.72 ID:i3yd2g6o
推敲するたびに文字数が増えていく気がする。
今14000文字くらいでなんんとか止まってくれてるが…。
863 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 15:02:42.35 ID:ZEVSaYDO
>>857
7000なら此処で余裕。スレ立てるんだったら最低5万ぐらいないと全然1000レスまでいかないし後悔することになるぞ。
864 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 15:56:03.52 ID:VI5MwUAO
最低で5万字?
いって3万字だ…
865 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 16:12:56.48 ID:T9LnbF20
1000行かずに依頼落としでもいいとは思うがなあ
速度的にもここ雑談も兼ねてるし中編以上専用立てた方がいいか……?
866 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 16:44:12.69 ID:mR61/cAO
黒子がヒロインでラブラブエンドの作品見たいです。

ヤンデレールガンにならないやつで
867 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 17:01:15.99 ID:SiZZNnI0
さあ、人にねだるより手を動かすんだ
868 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 17:09:58.26 ID:ZEVSaYDO
ここってオリキャラOKかな? ちょっと1レスだけ投下してみる。
因みに百合子×男で百合子ちゃんと一方さんは別人です

男「百合子ちゃん今日もかわいいね!」

百合子「またオマエかよ。後、ちゃんづけすンな気持ち悪い」ゲシゲシ

男「いっ、痛いよ!百合子ちゃん!でも気持ち良い……もっと!もっと百合子ちゃん!」

百合子「きっめェえええええええええ!!」

こんな感じの超短い1レス完結の奴なんだけど、他のも投下しても良いかな?
869 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 17:14:18.43 ID:.4r6IMAO
オリキャラはNG
870 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 17:18:04.63 ID:X3MuZIDO
見てみたいが男=書き手みたいな自己投影透け透けは勘弁
871 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 17:24:22.05 ID:pR.VlQDO
ぶっちゃけ死ぬほどハードル上がるけど大丈夫なん?
書き手の耐久力的な意味で
872 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 17:26:14.92 ID:SiZZNnI0
オリキャラはいいけどできたら退場前提がいい
題材にした作品の既存キャラを押しのけた挙句その場所に居座るっていうのはどうも受け付けない
873 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 17:26:50.49 ID:58JPy.DO
話の流れで既存キャラを当てはめたくないやられ役とか敵役はオリキャラでもいいのかな?
874 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 17:29:53.70 ID:VI5MwUAO
俺と上条のガチホモならどうだ?
875 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 17:41:22.10 ID:VOQoaqko
>>874
激しく誰得
876 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 17:43:25.68 ID:SiZZNnI0
>>874
やおい板でやれ
877 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 17:45:03.43 ID:C4inzQAO
そ の
ア ナrを
ぶ ち壊す
878 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 17:53:44.64 ID:50JR2Pwo
ひぎぃ!!
879 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 17:56:10.69 ID:ckCBbxQ0
アックアがアップをはじめたようです
880 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 17:56:41.07 ID:NH2pz5go
アックアェ・・・
881 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 17:59:57.89 ID:GlTFuoMo
おい あまりいってると 投下するぞ
882 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 18:08:11.91 ID:C4inzQAO
削板「男は根性!どんなものでも試してみるのさ!」
883 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:31:16.14 ID:tfxfvBko
ただのやられ役とかかませ役はオリキャラってよりモブキャラって感じだな。
正直オリキャラ同士の掛け合いなんてよっぽど話が面白くないと見てる方はイミフ。
逆にオリキャラ出すことで話が上手く回ったり、他のキャラを引き立たせることができるなら出してもいいかもな。
上でも言われてるけど、なんにせよそういう意味で書き手のハードルが異様に上がることは覚悟しといた方がいい。
884 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:35:50.49 ID:VI5MwUAO
上条「お前が何にでも思い通りに突っ込むってんなら、まずはそのふざけた[ピーーー]をぶち壊す!」

俺「アーッ!」
885 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 18:36:57.28 ID:50JR2Pwo
オリ出して、上手く回してるSSってなんだろうな
猫とアヒルとかは上手いと思ったけど
製作速報でオリ出しているSSっていうと、寮監とか劣化模写とか試験個体とか侵入者とか、あと微妙にラジオ系スレも入るのか?
後はミサカ系統がオリになるかどうかが微妙なところだけど
886 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:39:02.04 ID:.4r6IMAO
>>885
全部糞SSワロタ
887 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:41:52.52 ID:1w2o4.AO
>>886

荒らし(笑)はお帰り下さい
888 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 18:42:24.07 ID:cCkXj1co
劣化模写とか試験個体とかは妹達っていう下地があるけど
寮監のオリキャラみたいな完全オリジナルは頂けない
889 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:43:23.55 ID:.4r6IMAO
荒らしってお前が勝手にそう思いこんでるだけだろ
890 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:44:22.86 ID:tfxfvBko
どこからがオリキャラかってのも微妙だな。
MNWネタなんかは原作でも個性が芽生えてるみたいなこと書いてあるから、まあギリOKな気がする。
最近増えてる垣根の冷蔵庫ネタなんかもそうだな。個人的にはどっちも面白いとは思わないが。
キャラ崩壊ネタなんかも名前借りて喋らせてるだけって気もするし、でもそんなこと言い出したら何も書けなくなるよな。
結局そのキャラがそういう状態であることに納得がいく説明とかキャラ付けができてたり、
原作も踏まえてそのキャラでなければいけない必然性があるなら何でもいいのか。
極論だが面白ければおkってことになるな。
891 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:45:09.56 ID:1w2o4.AO
>>855みたいなこと書いちゃったり他のスレでの暴れ具合見てると荒らし以外のなんなのかと
892 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:47:50.53 ID:.4r6IMAO
>>891
関係ないレスで消費されんのは頂けないし、気に入らないからって一々レスしてくんなks
893 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:49:24.99 ID:1w2o4.AO
>>892

関係無いレス(笑)
他のスレ荒らし回ってるお前が言うなよwwwwwwww
894 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 18:50:03.45 ID:50JR2Pwo
ID:.4r6IMAO
ID:1w2o4.AO

男は黙ってNGID
895 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:52:40.93 ID:.4r6IMAO
一々NGIDとかレスする奴ってなんなのww
専ブラ使ってない人にとってはどうでもいい
勝手にNGしてろゴミww
896 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:57:45.14 ID:1w2o4.AO
>>895
顔真っ赤ですよ^^^^

っていうか俺までお前の同類でくくられちゃったんだけど
不快すぐる
897 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:59:09.24 ID:.4r6IMAO
>>896
ここやんのも迷惑だから、一緒に仕事スレ帰ろうず
898 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 18:59:59.59 ID:whpdW6DO
オリキャラだと大作になるにつれて途中から読みはじめた人が入りずらい空気になる感じはする
既存キャラならある程度そこまでの展開読めるけどオリはまったく予想できないから
899 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 19:00:04.17 ID:45Saa5Q0
お前らはスルーってのができないのか
900 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 19:01:17.75 ID:.4r6IMAO
あとビリィスレも信者が馴れ合いしてて気持ち悪い
901 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 19:38:49.31 ID:JOjJ7MSO
途中までだけど投下していい?
内容はレベル5組仲良し設定で5、6レス
902 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 19:39:46.22 ID:GlTFuoMo
俺の嫁がでるんならはやく投下しろいやしてくださいましよ!
903 :垣根「俺「食らえぇぇぇぇぇ!」の為「根性だぁぁぁぁ!」のならせめて「行っけぇぇぇ!」ちょ、お前ら煩い黙ってて」1/ :2010/05/24(月) 19:41:17.49 ID:JOjJ7MSO
とあるファミレスに若者が5人集まっておりました

この物語はそんな一風変わった五人の物語




904 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 19:41:48.99 ID:tfxfvBko
俺の沈利に友達ができたならそれ以上に嬉しいことなどない。
投下しちゃってくれ
905 :垣根「俺「食らえぇぇぇぇぇ!」の為「根性だぁぁぁぁ!」のならせめて「行っけぇぇぇ!」ちょ、お前ら煩い黙ってて」2/ :2010/05/24(月) 19:42:57.02 ID:JOjJ7MSO
垣根「突然だが、お前らに質問がある」

一方通行「コーヒーうめぇ」ゴクゴク

削板「ステーキうめぇ」モグモグ

麦野「シャケ弁うめぇ」モグモグ

御坂「こ、紅茶う、うめぇ」ゴクゴク

垣根「聞けよ、それと最後、無理に皆に合わせなくていいと思うぞ」

御坂「うっ……、ど、どうせまた下らないことでしょ? 聞くだけ無駄よ」バレテーラ

垣根「失礼な、今回も大真面目だ」

麦野「前は……、何だっけ?」

削板「確か、『一緒に大根踊りしようZE☆』だったな」

垣根「違うぞ、それは前々回。前回は『トーア毛布を店から買い占めるぞ祭』」
麦野「アホすぎる提案が多くて把握し切れないわ」

一方通行「把握したらそれこそアホの仲間入りだぜェ」

垣根「お前らアホアホ言うな、俺がアホの子みたいじゃ無いか」

削板「アホなんだよ」

他全員「お前もな」

削板「(´・ω・`)」



906 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 19:44:28.16 ID:GlTFuoMo
削板ェ…!
907 :垣根「俺「食らえぇぇぇぇぇ!」の為「根性だぁぁぁぁ!」のならせめて「行っけぇぇぇ!」ちょ、お前ら煩い黙ってて」3/ :2010/05/24(月) 19:44:48.32 ID:JOjJ7MSO
垣根「で、質問だけどさぁ、お前らの【怖いもん】て何?」


一方通行「お前の頭ん中」
削板「お前の思考回路」

麦野「お前の脳細胞」

御坂「お、お前の……、お前のー……、んーと……」

垣根「お前ら酷いぞ、それと最後、思い付かないんだったら以下略」

御坂「……、怖いものって何でも良いの?」マタモヤバレテーラ
垣根「うん」

御坂「なら、ナメクジね、口にするのも悍ましいわ」

削板「女子らしいチョイスだけど、なんでだ?」

御坂「ヌメヌメでネチョネチョだから」

麦野「……、カタツムリは?」

御坂「あれは殻が有るから可愛いのよ」

一方通行「判断基準分かンね」

垣根「なるほどなるほど……、次、麦野」

麦野「私?、私はムカデね。あの多すぎる足は何?ねぇ一方通行、何のため?」

一方通行「知らねェよ」

御坂「確かに私も虫は大嫌いね」

削板「女子って分かんね」

垣根「お前は乙女心の「お」の右上の点も理解出来ないだろうな」

削板「マジで」

垣根「大マジ」

一方通行「ハッ! ご愁傷s「お前もな一方通行」(´・ω・`)」

908 :垣根「俺「食らえぇぇぇぇぇ!」の為「根性だぁぁぁぁ!」のならせめて「行っけぇぇぇ!」ちょ、お前ら煩い黙ってて」4/ :2010/05/24(月) 19:47:37.14 ID:JOjJ7MSO
垣根「んじゃ、次は削板」

削板「オレか?、オレはアレだなぁ……、タスキ」

垣根「え?」

削板「え?」

垣根「タスキ?」

削板「タスキ」

垣根「タヌキじゃなくて?」

削板「タスキ」

一方通行「タスキってアレか?、駅伝で使われるっつゥ、アレか?」

削板「そうだよ、ソレ」

麦野「何それ怖い」

削板「うん、怖いんだ」

御坂「いや、だからそうじゃなくて、ていうかもう、え、えぇぇぇ……?」

一方通行「ナメクジ以上に訳分かンねェ」

垣根「まぁ、まて落ち着けお前ら理由を聞こうじゃないか。なんで?」

削板「いや、ハチマキにするには長すぎるし、帯にしては短すぎるし……、ホント何アレ怖い」

一方通行「……」

垣根「……」

御坂「……」

麦野「……」

削板「?」

垣根「レベル5が4人いても分からないとはな……」

一方通行「超難問だなァ」
909 :垣根「俺「食らえぇぇぇぇぇ!」の為「根性だぁぁぁぁ!」のならせめて「行っけぇぇぇ!」ちょ、お前ら煩い黙ってて」5/ :2010/05/24(月) 19:49:08.57 ID:JOjJ7MSO
御坂「ん? え、中途半端が怖いって事? あれ?でも、ハチマキは頭に巻くのにベストな長さって事でしょ? という事はタスキは肩から体にかけるのにベストな長さなんだから……、? え、何、駅伝が怖いの?」

麦野「真面目に考えなくていいと思うわよ、ほら、あの子アホの子だから……」

削板「おい」

御坂「……それもそうね、うん気にしない」

削板「おい」

一方通行「次行こォぜ、次」

垣根「次お前だけどな、一方通行」

一方通行「……」

削板「ん? どうした皆言ったんだからお前も言えよ」

一方通行「……、嫌だ」

削板「有りかよ」

垣根「無しだよ」
垣根(こいつの弱味を知るチャンスだな……)

一方通行「無理不可拒否却下」

御坂「小学生の時有ったわねそれ「無理不可拒否却下〜♪」、てね」

麦野「ガードが堅いわね……」

垣根「ほら言えって」
垣根(さぁはやく!!)

一方通行「そういえば……昨日の夜食べた赤飯はこわかったな」
一方通行(そういやなンで赤飯だったンだ……? 打ち止めの顔は赤かったし……)

削板「ほら、根性で言っちまえよ」

一方通行「根性なンて知りませンー」

御坂「小学生ね」

一方通行「これ言うぐらいだったら小学生でも全然構わねェ」

麦野「そんなに言いたくないのかにゃーん?」

一方通行「あァ」

910 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 19:49:38.95 ID:sEuUj32o
名前4/までしか見えてないぞ
911 :垣根「俺「食らえぇぇぇぇぇ!」の為「根性だぁぁぁぁ!」のならせめて「行っけぇぇぇ!」ちょ、お前ら煩い黙ってて」6/ :2010/05/24(月) 19:51:27.78 ID:JOjJ7MSO
削板「なんでそんなに言いたくないんだよ」

一方通行「お前らぜってェ笑うからなァ」

垣根「笑わねえし誰にも言わないから、俺にだけでも教えてくれないか? この冷蔵庫かけるからよ」ポンポン

一方通行「それ無くなったらお前死ぬぞォ?」

垣根「それでもだ」

一方通行「……」

垣根「……」

一方通行「……、耳かせ」

垣根「お、おぉ」
垣根(HIT!!)

他全員「……」ドキドキ
912 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 19:52:44.03 ID:JOjJ7MSO
ここまで

ごめんチョビッとはみ出た
意見指摘ください
913 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 19:53:34.35 ID:iuhjvu.0
え、何?聞こえない
914 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 19:53:57.99 ID:GlTFuoMo
問題点は名前欄が長い事ぐらいじゃないかな
とっととかけ描いてください
915 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 19:55:04.56 ID:whpdW6DO
ここで切るとか鬼か
916 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 19:55:56.44 ID:JOjJ7MSO
>>910
いつ終わるか分かんないからこうしました、ごめんなさい

続きも書くけど
次回は皆気付いてるだろうけど一方通行の怖いもんが分かるよ
917 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 19:56:37.57 ID:U9HleTIo
やばい、一方さんの怖い物が全然分からない
つまり、続きをお願いします…
918 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 19:57:48.26 ID:tfxfvBko
名前欄がイミフ。
それ以外は話が全然動いてないし内容が薄過ぎるから今の段階じゃ何とも言えないな。
最後まで書いてから投下したほうがいいんじゃね?
あと一方さんは「お前」じゃなくて「オマエ」にしたほうがいいかも。
919 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 20:07:34.25 ID:JOjJ7MSO
>>914
最初は割り込んでるセリフが割り込んでなかった

>>918
細かい指摘ありがとうございます。とりあえずは言うとおり次は最後まで書いてから投下してみる。

題名はやっぱり序盤付近の描写でよかったかな?
まぁ次はラストまで行くから題名は変わんないんだげども
920 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 20:49:23.47 ID:uXk8GoDO
ところで「無理不可拒否却下」なんて流行った覚えのない近畿地方の20代。
921 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 21:29:14.87 ID:KmNjB760
次スレも近いですが短編投下します

7レスほど
キャラ崩壊注意、さらに姫神空気ネタ嫌いな人注意
922 :□□SS日和 1/7 [sage saga]:2010/05/24(月) 21:30:05.01 ID:KmNjB760
夜、小萌先生のアパート



小萌「さーあ、今日の晩ご飯は真・三国無双焼肉セットですよー
先生がお肉を焼くから姫神ちゃんはじゃんじゃん食べてくださいねー」

姫神「……」

小萌「姫神ちゃん?どうしたんですか?いつも以上にテンション低いですよ?」

姫神「余計なお世話。私はいつも通り。……はあ」

小萌「もしや……出番が少ないとか、存在感がないとか、そういうことを気にしてたりとか?」

姫神「……!」

小萌「やっぱりそうでしたか!いやー、先生も心配してたんですよー
   姫神ちゃんみたいな良い子がほっとかれてるなんて世の男は見る目がないですよー」

姫神「何かむかつく。さっさと肉焼け」

小萌「あ!姫神ちゃん世間へのアピールが足りないんじゃないんですか!?
   こう、もっと、自分を前面に押し出して……」

姫神「それが出来ればもうしてる。肉焼け」

小萌「うーん、ファンと触れ合う機会を作るには……サイン会なんかどうですかー」

姫神「……サイン会?」

小萌「そうです!ファンと直接会話、交流をすることで親近感を出す作戦です!
   先生は最近忙しいんで暇そうな人をアシスタントで呼べば……」

姫神「……」

姫神秋沙はイメージした。少ないながらも自分目当てで来てくれたファン。
それに笑顔で応える自分。「こんなイベントを待ってたんですよ!」「禁書二巻は聖典です!」「あなたのことずっと好きでした!」

姫神(サイン会を開く……その手があったか)


かくして姫神秋沙サイン会の開催が決定した。
923 :□□SS日和 2/7 [sage saga]:2010/05/24(月) 21:30:43.87 ID:KmNjB760
――翌日、昼


人気のない公園。その公園に小学校で使われているような机が場違いに二つ並んでいる。
片方の机には巫女装飾の黒髪ロングの少女が、
もう片方の机にはスーツに身を包んだ緑髪オールバックの紳士風の男が座っている。
少女の机には「姫神秋沙サイン会」なんて書かれた画用紙がはってあり、
紳士風の男の机にはサインペンと山積みの色紙が置いてある。

準備は万端。あとは客がいれば……


アウレオルス「湛然。物事が静かな様子。そうまさに今この状態だ」

姫神(暇な男ってこいつかよ……客はいねえし)イライラ

アウレオルス「憮然。サイン会と聞いて急いで買い出しに行ったが、その必要はなかったようだな」

姫神「お前。何か芸やれ。客呼べ」

アウレオルス「漠然。何かと言われても困る。しかし協力する以上全力を尽くそう」


おもむろに懐から針を取り出すアウレオルス。


アウレオルス「お……お……」プスップスッ

アウレオルス「あん……ああああん……」プスップスッ

アウレオルス「あああ……ひいいいいいいいや……」プスップスッ


アウレオルス「テンション上がってきたあああああああああああああああ!!」

姫神「もういい。黙って」
924 :□□SS日和 3/7 [sage saga]:2010/05/24(月) 21:31:15.28 ID:KmNjB760
姫神(それにしても客がいない……やっぱり私の人気なんてこの程度……)

佐天「初春ーあれ見て。巫女さんだよ。巫女さん」

初春「サイン会……?売り出し中の売れないアイドルですかね?」

姫神(!人が来た!どうしよう……いざ来ると緊張する)ドキドキ

アウレオルス(なるほど……緊張してると見た。ここは私が人肌脱ぐか)


アウレオルス「突然。私が客引きをしよう。ガタっ!バキっ!」←いきなり立ちあがってイスを蹴り飛ばす

姫神「ビクッ」

アウレオルス「猛然。君たち姫神秋沙のサイン会には興味ないかな?」

佐天(ひ……何この人)

初春「えーと、姫神……?有名な人なんですかね?」

アウレオルス「呆然。君たちこの子を知らないのか?とあるラノベやアニメにも出演してる。
       結構有名な作品なのだが……」

初春「知りません」

佐天「私も」

姫神「……」
925 :□□SS日和 4/7 [sage saga]:2010/05/24(月) 21:31:54.67 ID:KmNjB760
姫神(いけない……涙出そう)どよーん

初春(佐天さん、何かかわいそうですね……)

佐天(うん……あ、そうだ!)

佐天「すいませーん、サインもらえますか?」

姫神「……え。でもさっき私のこと知らないって……」

佐天「いやー、こういうのってプレミア付くかもしれないじゃないですか。
   お姉さん綺麗だしきっと売れますよ!」

姫神「……」

佐天「どうせならこの鉄バットに、お願いします!」

姫神「う、うん」

アウレオルス「燦然(さんぜん)。少女の顔が再び輝きを取り戻した」

姫神「書くの。初めて。緊張する」

初春「うわー、じゃあ佐天さんサイン第一号じゃないですかあ!」

佐天「へへ、ラッキー!」


佐天さんの差し出したバットを受け取る姫神秋沙。
サインペンを手に持ち、バットの位置を片手で固定する。
まず正方形を形作るように真っ直ぐ線を引く。バットは曲面になってるためなかなか大変だ。
続いてその正方形の中を塗りつぶすように黒く染めていく。
一つ完成。だがまだ終わりではない。
さらにもう一個、大きさが揃う様に気を付けて同じ作業を続ける。

姫神「ふう」

姫神秋沙が作業を終えると、そこには立派な■■入りバットが完成していた。

佐天「……」

初春「……」

姫神「……」

アウレオルス「黙然。この場に声を発する者は誰もいなかった」
926 :□□SS日和 5/7 [sage saga]:2010/05/24(月) 21:32:33.32 ID:KmNjB760
佐天「これは流石に……」

初春「……サインなんですか、これ」

姫神「……うるさい」

初春「はい?」

姫神「そう。これは復讐。存在感がないことを逆に売りにして見返す作戦」

初春(何言っちゃってるの、この人)

アウレオルス「天然。姫神秋沙はいたって真面目に言っている」

佐天「いや、やっぱもうちょっとデザインにこだわった方がいいですよ。
   正直あんま嬉しくない……」

姫神「うるさい。空気空気と言われ名前枠が真っ黒。真っ黒に塗りつぶされる気持ち。あなたたちにはわからない」

佐天「いやそんなこと言われても……」

姫神「じゃ。いっぺんやってみる?■■」

佐天「へ?」

アウレオルス「全然。脈絡がない」

姫神「やっぱ。嫌ですか。そうですか」

佐天「そ、そんなことないですよ!ね!初春!」

初春「は、はい佐天さん!望むところです!」


――――使用前
927 :□□SS日和 6/7 [sage saga]:2010/05/24(月) 21:33:11.21 ID:KmNjB760
使用後――――



■■「どう?」

■■「どうって言われましても……」

■■「うわー、何も見えませんよ」

■■「私の気持ち。わかった?んと。確か佐天さん」

■■「いえ、私は初春です」

■■「ごめん。間違えた」

■■「でも何かワクワクしてきました!修学旅行の枕トークみたいな感じで!」

■■「初春さん」

■■「佐天です」

■■「ごめん」

■■「……。誰が何言ってるか。わかりにくい。主な原因は作者の力量の低さ」

■■「まるで暗黒のブラックホールに飲み込まれたよう!これが空気キャラの末路ですか。こうはなりたくないですねー
   あ、私は佐天さんです」

■■「人の名を語るな、人の名を」

■■■■■■「紛然。これでは本当に誰が誰だかわからぬ」

■■「あなたはわかりやすいですね。いろんな意味で」
928 :□□SS日和 7/7 [sage saga]:2010/05/24(月) 21:34:06.32 ID:KmNjB760
そのまま何事もなく夕方

かーかー……


姫神「結局。来たのは二人だけ」

佐天「そんな落ち込まなくても大丈夫ですって!少なくとも私達二人という新規が獲得できたじゃないですか!」

初春「そうですよ。姫神さんと一緒にいる時間、なんだかんだで楽しかったですよ。
   このまま地道に頑張れば……いつかきっと」

アウレオルス「毅然。その諦めない姿勢こそがもっとも大切であろう」

姫神「あなたたち……」ジーン

佐天「じゃあ私達はこれで!いこ、初春!」

初春「はい!これからアニメの収録もありますしね!」

姫神(……ん?)

初春・佐天「姫神さんさよーならー」



姫神「……。アニメ?」

アウレオルス「忽然。思い出した。あの二人は超電磁砲のメインキャラだった」

姫神「は?」

アウレオルス「偶然。しかし女子中学生とは良い物だ。心が洗われる」

姫神「あの二人。もしかして。私より存在感。あったり?」

アウレオルス「当然。私が言うのもなんだが君より存在感のない奴を探す方が難しい」

姫神「畜生」






姫神「怒畜生!!!!!!!!!!!!!!!」

SSは終わりだが姫神秋沙の戦いはまだまだ続く。続くったら!続く!
929 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 21:36:29.15 ID:KmNjB760
おしまい。シリアスネタ書きためてる息抜きでやった

次スレはテンプレの改変とかもないよね
930 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 21:47:32.33 ID:2W0jKTgo
ヘタ錬金さんメイン話ktkr
931 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 22:19:31.16 ID:C4inzQAO
ネタキャラアウレオルス大好物です
932 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 22:23:53.24 ID:U9HleTIo
姫神の小萌先生に対する態度が酷いww
乙です
933 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 22:25:07.10 ID:pQQVAq.0
オリジナル「はじめまして劣化模造品」美琴「…え?」の後日談風補足説明なんだが、
投下していいか?4レスぐらいなんだが
あと燃え展開もシリアスパートも山もないただのgdgdっぽいんだが
934 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 22:32:08.16 ID:pQQVAq.0
誰も居ない…?
つまりさっさとおいてけksってことか!
んじゃ行きます!
935 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 22:32:36.35 ID:pQQVAq.0

「痛ってぇぇぇええええ!!」

上条当麻朝の第一声である。
彼にそう叫ばせたのは少し前まで居候していた某大食いシスターではない。
無論、魔術師攻撃でそうなったわけでもない。

「ハイハイさっさと顔洗ってくる!今日は学校あるんでしょ?」

エプロン装備でフライパンを構えた『元』御坂美琴である。
ちなみにテーブルには芸術品レベルに美しい彼女手作りの朝食が並んでいたりする。

「へえ…あの材料でこれだけ作れるのか。やっぱお前すげえよなー」

洗面所から戻った上条が料理を食べ進める。
その左頬にご飯粒が付いているのはご愛嬌だ。

「ふふーん。ほめても何も出ないわよ?それに私の分の奨学金が手に入ればもっと豪華になるわよー?」

ここで説明しておくと、彼女は『御坂美琴』ではなくなったが、レベル5であることに変わりはない。
彼女が学園都市に敵対すれば甚大な被害が出る。
そして『幻想殺し』を始めとする多くの人物が彼女に加担するだろう。
そうなってしまえば、学園都市など簡単につぶされてしまう。
そうならないために、統括理事会は彼女の権利はそのままに、義務を減らしたのだ。
説明しているうちに身支度が終ったらしく、上条が玄関に歩を進める。

「んじゃ、行ってくるなー」

「あ、ちょっと待って!」

上条が疑問に思っていると彼女の顔が近づいてくる。

ぺろり。

「―――ッ!?」

「ご飯粒ついてたわよ。……それじゃ、行ってらっしゃい」

「い、行ってきます……」

……今までと立場は逆転しているらしい。
上条は逃げるように高校に向かった。
936 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 22:33:16.51 ID:pQQVAq.0

「ふう…朝から嫌な予感がする…」

上条は今の状況を訝しんでいた。
鳥のフンは避けることができたし、野良犬に追われることもなかった。
それが不幸体質の上条にとっては不思議でならなかった。

「ふっふっふ…カミやん、その予感は的中やで〜」

青髪ピアスがいやな笑顔で迫ってくる。

「カ〜ミ〜や〜ん〜……朝晩メシを作ってくれて、弁当も準備してくれる娘と同棲なんていい度胸だにゃ〜?」

土御門と共にクラスの男子が迫ってくる。

「とりあえず貴様は制裁を受けるべきだわ」

「フラグ立てるだけじゃなく。回収するなんて。君はちょっと痛い目を見ないと」

吹寄と姫神にも見捨てられた。
彼は自分の代名詞となったあの言葉を叫ぶ。

「なんでみんな知ってるんだよ!ああもう不幸だぁぁぁあああああああああ!!!」

「「「「待てえええええ!!」」」」

死に物狂いの追いかけっこが始まる。
しかしここで一言。

「グスン…先生の授業はそんなにつまらないのですか…?」

それだけで、クラスの暴動はいとも簡単におさまった。
937 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 22:33:46.24 ID:pQQVAq.0

「うーん今夜はカレーにしよっかな…」

『御坂美琴』だった少女は街を歩いていた。
ちなみに常盤台は退学になってしまったので私服を着用している。
しかし短パンをはいているところは変わっていない。

「そういやアイツ何が好きなんだろ…朝のありあわせで作ったやつもおいしそうに食べてたけどな…」

ところで彼女がやけに素直であることに疑問を感じる人は居ないだろうか。
彼女が素直になった理由は至極単純である。
1つ目は、『超電磁砲』としての責任から解放され、余計なプライドが無くなったこと。
2つ目は、『彼』が他の誰でもなく、自分を守るため駆けつけてくれたこと。ただその2つだ。
それだけかと言われても、事実そうなのだから仕方無い。

「んーっ…明日は休日だし、デートにでも誘って―――」

「お姉さまぁぁぁぁあああああああ!!」

何か人型のものが飛んできたので反射的に避けた。

「ああぁぁぁん!されるがままのお姉さまもいいですが、この冷たい態度のお姉さまもいいですわあああああ!」

「……ちょっと待って黒子。されるがままって何?それにアンタ、やけにツヤツヤしてる気が……」

「ふっふっふ……お姉さま、『あちら』のお姉さまは無防備でしたのよ」

美琴であった少女は何となくわかってしまったが、とりあえず聞いておいた。

「それってどういうこと?」

黒子がこれ以上にないほど爽やかな笑みを浮かべる。

「……おいしくいただきましたの♪」

次の瞬間、少女の怒号と共に雷鳴が迸った。
938 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 22:34:21.15 ID:pQQVAq.0

「ハア…不幸だ…」

帰宅した上条は随分とやつれていた。
授業中は子萌先生によって追いかけっこは中止したものの、
放課後にはたっぷりと追いかけられたのだ。

「ただいま……」

「おかえり!ご飯にする?お風呂にする?そっ…それとも―――」

「あ、じゃあメシで」

「……ハア」

「なに残念がってんだ?」

「なんでもないわよ…」

いくら素直だろうと中学生に3択の3つ目は恥ずかしいらしい。
そして上条の鈍感っぷりも絶好調である。

「おおっ…こ、これはカレー!こんな豪華な食事は久しぶりだぜー!」

「アンタ…どれだけ貧しい生活してたのよ…」

「持ち前の不幸体質と某シスターの底のない胃袋がな…」

「ああ、なるほど…」

上条がうれしそうにカレーを食べ進める。
少女はそれだけで、かつてないほど幸せな気持ちになった。

「……ねえ、明日出かけない?」

少女の問いに誰も答えない。
上条はすでにカレーを完食し、床で眠り始めていた。

「まったく……まあいっか。後で言えばいいし」

そう言って少女は上条の頭を膝に乗せた。

「ふふっ…かわいい寝顔」

彼の寝顔を見ていると自分も眠くなってきたのか、少女の意識もまどろんでいく。
彼女は眠る前に一言だけつぶやいた。

「……ホント、幸せったらありゃしないわ」
939 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 22:36:34.98 ID:pQQVAq.0
これで終わり。
あ、タイトルはまんま「後日談」って感じで。
美琴だった少女の私服はロシア服の上着無しで脳内補完どうぞ
では失礼
940 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 22:38:53.70 ID:U9HleTIo
乙でした。オリジナル美琴、せっかく美琴の位置に戻ったのに悲惨ww
941 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 22:44:18.50 ID:whpdW6DO
いやオリジナルのほうが能力的にも上なんだし嫌なら反撃するはず
つまりオリジナルはそっちの気が……
942 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 23:03:10.62 ID:U9HleTIo
スレがもう少しで変わりそうなので、変わっちゃう前に自分も2レス頂いて妄想小ネタ投下!
一応>>609の続きみたいな感じで書いてみましたが、特に深くは考えてません
943 :上条さんと風邪ひき御坂さん 1/2 :2010/05/24(月) 23:04:23.06 ID:U9HleTIo

上条「雨に濡れてお約束どおりに風邪ひくって……だから昨日早く帰ろうぜって言ったのに」

美琴「あれは…アンタと……もうちょっと一緒にい、いたかったから」

上条「一緒にって、もしかしてお前も俺を不幸の避雷針にしようと考えてたとかか?
    やめといた方がいいぞ、そういうの。クラスの奴らもしようとするけど大抵一緒に不幸に巻き込まれるし」

美琴「な……ちっ、違うわよ! そんなわけないでしょ!」

上条「あとさ、風邪治すってだけなのになんでこんなホテルの部屋なんかとってんだ?寮で大人しく寝てればよかったじゃねえか」

美琴「寮はダメ!! 黒子がいるから身の危険が……というかお願い、深くツっこまないで」

上条「危険ってなんで? 白井だったらむしろ喜んで看病とかしてくれんじゃないのか?」

美琴「だからツっこむなって言ってんでしょ!! あぁもう! 汗かいたから着替える!!」

上条「病人なのに興奮しすぎなんだよお前は……タオル取ってくる」

美琴「誰のせいよ、誰の……まったく」


上条「タオル持ってきたぞー」

美琴「ん、ありがと」

上条・美琴「……………………」

美琴「あのさ……私、さっき着替えるって言ったんだけど」

上条「あぁ、さっき聞いた」

美琴「だったらなんで、ずっとそこでタオル持って突っ立ってんのよ!」

上条「背中の汗とか自分でだと拭きづらいだろ? そもそも看病させるために呼んだのお前じゃねえか」

美琴「せせ、背中を拭くって、そんなことできるわけないじゃない!」

上条「だろ? だから俺が拭いてやるって」

美琴「あ、やっ違っ、そ、そうじゃなくって…えっと……いいから、出てけえ!!」

上条「わ、分かった! 分かったからホテルの中でのビリビリはやめろって!」

美琴「うるさーーーーい!!!」

――――
944 :上条さんと風邪ひき御坂さん 2/2 :2010/05/24(月) 23:05:15.57 ID:U9HleTIo
美琴「もういいわよー」

上条「はぁ、看病のために呼ばれたのに、何かしようとしたらビリビリされるとか…不幸だ」

美琴「アンタ、ほんとにさっきのって、看病しようとだけしか考えてなかったの?」

上条「当たり前だろ? 他になんかあんのか?」

美琴「…別になんでも…………あー、でも看病しようとして来てくれたのは確かなんだし、治ったら何かお礼しなきゃね」

上条「はぁ? 礼なんていらねぇよ。俺だって課題だとか色々助けてもらってるし、困った時はお互い様だろ?」

美琴「いいから、こういうのは素直に受け取っときなさい。ま、アンタの場合いっつも不幸不幸言ってるし、特に考えなくても機会なんて――」

美琴「ねぇ、アンタって自称不幸なのよね?」

上条「まぁ……周りからも言われまくってるけどな」

美琴「私が呼び出したとはいえ、そんな人間が風邪ひいてる人の看病に来て大丈夫なの?
    まさか漫画のお約束展開みたいに、私が治ったらアンタが風邪ひいちゃいました〜。なんてバカなことはさすがにないわよね?」

上条「えっ」

美琴「えっ」

上条・美琴「……………………」




上条・美琴「まさかそんなことあるわけ…」



美琴「無いわよねー! いくらアンタでも!」

上条「そ、そりゃそうだろ! あ、俺夕飯の買い物しないとダメだし、そろそろ帰らせてもらうな!」

美琴「そうね、いい時間だしね! 卵とか割らないように気をつけなさいよ」

上条「なんだよ、その微妙に洒落にならなさそうな注意は。 ま、いいか。じゃ、お大事にな」

美琴「うん、今日はありがと」



美琴(よし、今度のアイツへのお礼は――)

―――――
945 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 23:06:49.66 ID:U9HleTIo
以上です。背中と最後のくだりがやりたかっただけなので他の部分がかなり強引だったり
一方さんと打ち止めのも書きたかったけど、これだけで縮められずに2レス分になっちまいました。
946 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 23:09:33.47 ID:LioDOwA0
乙です!
俺得な流れでたまらん
947 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/24(月) 23:15:02.65 ID:iLbPkY20
月曜はなぜか投下多いなww休日に書きためてたりするのだろうか
みんな乙!
948 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/24(月) 23:15:05.22 ID:pQQVAq.0
乙!
熱にうかされた上条あんに看病しに行った美琴が襲われるんですね!わかります!
949 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/24(月) 23:24:24.36 ID:x/5FFnUo
ふぅ…最高だぜ
950 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 00:20:45.20 ID:i2x7UkDO
質問ですが、
上条さんはアレイスターのことをどれくらい知ってるかおしえてください
951 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 00:34:31.28 ID:ZneKknAo
たぶん何も知らない。記憶失う前はどうか知らんが
952 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 00:35:39.33 ID:eVKVMDco
絹旗ってフレンダのこと呼び捨てしてたっけ?
それともフレンダさん?
953 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 00:36:57.27 ID:OD6D09wo
記憶失う前もその辺の知識は一般生徒並のはずだからほぼ知らんだろうな
954 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 00:37:21.65 ID:ZneKknAo
呼び捨て
絹旗がさん付けするのは滝壺だけ
955 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 00:37:36.44 ID:eVKVMDco
ありがとう
956 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 00:42:57.93 ID:i2x7UkDO
>>951>>953

Thanks
957 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 00:46:32.82 ID:s//EvQDO
お勧めスレと愚痴スレでさりげなく自分のスレの話題がでるか誘導してみてもまったく話題に上がらなかったときの寂しさは異常
958 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 00:47:32.02 ID:eVKVMDco
愚痴スレで話題にあがりたいのか
959 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 01:03:35.24 ID:YfGr3QAO
俺が見に行ってあげようか
960 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/05/25(火) 01:09:02.07 ID:DlQWHSg0
>>957
どのスレの方でせうか?
961 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 01:10:20.44 ID:s//EvQDO
だって愚痴スレで話題に上がれば愚痴から自分のスレの治すべき場所分かるからむしろいいかなと思ったんだが、治すべきところか認知されてないレベルだと分かった
スレタイ自分からだすと宣伝みたいだからあくまでさりげなくだったんだが認知すらされてないとか先が長すぎる
962 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 01:15:55.08 ID:knSVjpMo
>>961
逆に考えれば、今の所は直す必要がない悪くない作品ってことじゃないでしょうか
短編レベルの長さの物すらまともに書けない自分にとっちゃスレ立てて、ちゃんと書けるってだけですごい
963 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 01:16:09.77 ID:7HSTNo2o
もうこのスレも残り少ないし晒しちゃいなよ
964 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 01:22:39.17 ID:s//EvQDO
残り少ないっても制作のスレの速さと落ちてもすぐにはhtml化されない時点でダメだろwwwwww

というか遅筆であんまり進んでないからそれも批評すらされない原因かもしれない
とりあえず今は書いて今より読んでもらえてせめて批評くらいはされるように頑張る
965 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 03:04:42.96 ID:knSVjpMo
SS2読み直したけど削板さんかっこいいなー
削板さんネタ書きたくなったけど、削板さんの戦闘シーンとか地の文上手くないと難しそう
根性で鍛えるしか…ないか
966 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 03:32:58.68 ID:20xZui.o
インクジェットプリンタさんと第四位ことレーザープリンタさんのSSを誰か書いてくれ
967 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 03:43:33.14 ID:LKMxr4Yo
>>966
書いてほしいならまず本名書けや。
ネタかなんか知らんがキャラの名前貶めるようなやつの頼みなんか誰が聞くと思う?
968 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 05:34:42.57 ID:20xZui.o
>>967
え、あ、はい
すみませんでした^^;
969 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 10:09:31.93 ID:xOMXAZI0
めざましで黒子の声が流れててワロタww
970 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 13:00:00.62 ID:s//EvQDO
age
971 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 13:34:01.17 ID:yy5c23Io
御坂以外のキャラをもっと上条さんとイチャイチャさせてほしいんだよ!
姫神ー!五和ー!神裂ー!イ・・・おっと誰か来たようだ
972 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 13:35:01.14 ID:V.ogOns0
そう言えば、次にはage進行とかテンプレに追加するのかな?
973 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 14:28:25.08 ID:x2lDmoDO
相変わらずパーソナルリアリティに文章書く技術がついていかない
誰かレベルアッパーください
974 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 17:56:04.28 ID:VxbXAMDO
やべぇ自分が今書いてるSSとほとんど同じ内容の話がもうあった…
しかも読んでみたらかなりの大作で超おもしろい
まいったぜ
975 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 17:59:10.48 ID:vYxWsaEo
>>974
知らないほうがよかったこと、ってのは結構あるもんだよな……。

読んでないSSも多いし、かぶってたらどうしようとか考え出したらキリがないぜ。
つーわけで気にせず、続ければいいと思うよ!
976 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 19:14:55.79 ID:pNmiH8.o
これパクリじゃね?とよっぽど思えるレベルで似ていない限り
同じようなSSでも増えるのはウェルカム
977 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 19:35:06.43 ID:hvaOckMo
>>974 
そのかなりの大作で超おもしろいSSってなにさ?
一方禁書とかか?
978 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 19:52:26.74 ID:zIqtlPIo
学園都市の開発薬の副作用で皆子供になっちゃったよ!
レベルが強いほど顕著に効果が出るよ!ただし原石てめーらはそのままだから代わりに育てろよ!
っていうの考えたけどそしたら一方さん赤ん坊になるよなぁ…
979 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 19:55:58.19 ID:vouuSWAo
>>978
似たような設定で佐天さんが保母する話見たな
980 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 19:56:04.60 ID:8wchkzko
具体的にいうとすっぽンぽンですね
わかります
981 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 19:59:57.60 ID:zIqtlPIo
>>979マジかthx
>>980次スレ頼んだぜ
982 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 20:04:47.19 ID:vouuSWAo
>>981
ただVIPですぐ落ちて未完だったし、完結まで書いてくれるなら読みたい
983 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 20:09:14.23 ID:bGkC3ewo
>>974
さぁどんな内容なんだい?
984 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 20:17:29.20 ID:84zod.DO
やっぱり幼児化ネタはみんな考えるんだなwwwwww 俺も青ぴが凄い能力者でみんなを幼児化させちゃうんだけど一方さんは反射、上条は右手で幼児化せずに協力して幼児化した人たちの世話をするというのを考えてた。
985 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 20:19:22.41 ID:knSVjpMo
>>984
青ピ「ちっさい女の子がいっぱいやー!」
ってなるのかな。嫌な世界だww
986 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 20:22:59.20 ID:zIqtlPIo
すごく…犯罪臭がします

個人的にはオッレルスとシルビアのSS2の話みたいにどっかに何十人も集まって〜ってとか
学園都市最新の薬物でコナンみたいに〜とかそんなんしか思いつかないのに
何でそんなに思いつくんだよ
987 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 20:24:02.49 ID:s//EvQDO
>>974の大作がもしかしたら自分のSSかもしれないとソワソワしてる奴が何人いるんだろうか
988 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 20:24:13.68 ID:uERgIZEo
>>980
いないのなら俺がいくぞ。
989 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 20:25:08.89 ID:hvaOckMo
>>988
ぜひお願いしたい
990 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 20:26:15.58 ID:8wchkzko
>>988
すまん、飯食ってた
おながいします
991 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 20:32:27.71 ID:hvaOckMo
いまさらだけど次からスレ立ては970にしようぜ
992 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 20:33:24.70 ID:N/L6DEDO
子供になんのは皆考えるんだなwwww
あわきんのショタ天国のやつとか妄想してた
993 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 20:33:34.37 ID:uERgIZEo
_______
| ̄ ̄`\~~...丶丶\
|=    | ̄ ̄ ̄ ̄ |
|     | / ̄ ヽ .|   神裂さん。俺、ちゃんとやりましたよ。
|     | .|    .[]]| 
|     | \_ ノ.|
|     |      .|
|     |      .|  
|O    |      .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪4冊目≫」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1274787129/
994 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 20:35:43.21 ID:hvaOckMo
>>993

お前は本スレを見ているな……?
995 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 20:37:04.44 ID:uERgIZEo
>>994
ご想像の通り、前スレから拝借しました><
996 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 20:41:12.76 ID:84zod.DO
>>992
ほんと、上条(5歳)「アクセラにいちゃーん」とかしょっちゅう考えてる
997 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 20:43:06.77 ID:VxbXAMDO
>>993

みんなありがとう。
がんばって書き上げてみせるわ。浜麦
998 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 20:51:10.91 ID:0CnMcaco
1000なら今書いてる小説書き切る・・・っと・・・。
999 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/25(火) 20:51:21.23 ID:knSVjpMo
>>1000なら昨日思いついた一方さんと削板さんの話の事を考え始めてみる
1000 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/25(火) 20:51:39.04 ID:YfGr3QAO
1000ならスレ立てる
1001 :1001 :Over 1000 Thread
    ´⌒(⌒(⌒`⌒,⌒ヽ
   (()@(ヽノ(@)ノ(ノヽ)
   (o)ゝノ`ー'ゝーヽ-' /8)
   ゝー '_ W   (9)ノ(@)
   「 ̄ ・| 「 ̄ ̄|─-r ヽ
   `、_ノol・__ノ    ノ   【呪いのトンファーパーマン】
   ノ          /     このスレッドは1000を超えました。
   ヽ⌒ー⌒ー⌒ー ノ      このレスを見たら期限内に完成させないと死にます。
    `ー─┬─ l´-、      完成させても死にます。
        /:::::::::::::::::l   /77
       /::::::::::i:i:::::::i,../ / |
       l:::/::::::::i:i:::、:::/ / |
       l;;ノ:::::::::::::::l l;.,.,.!  |
        /::::::::::::::::l/ /  冂
       /:::::::;へ:::::::l~   |ヌ|
      /:::::/´  ヽ:::l   .|ヌ|               製作速報VIP@VipService
      .〔:::::l     l:::l   凵                  http://ex14.vip2ch.com/news4gep/
      ヽ;;;>     \;;>

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪4冊目≫」【超電磁砲】 @ 2010/05/25(火) 20:32:09.80 ID:uERgIZEo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1274787129/

紋章の謎リメイク記念A独 @ 2010/05/25(火) 19:36:27.98 ID:c4WUk/Ao
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1274783787/

妹の部屋に侵入したら日記見つけた2 @ 2010/05/25(火) 19:19:59.71 ID:7nOMiMU0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1274782799/

お好み焼きって事は自分好みでいいんだよな? @ 2010/05/25(火) 18:31:07.25
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/vip4classic/1274779867/

【きのこ軍】きのこたけのこ大戦 戦闘場&会議所★13【たけのこ軍】 @ 2010/05/25(火) 18:24:23.26 ID:PULGAZMo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1274779463/


Powered By VIPService http://vip2ch.com/

395.22 KB   

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)