このスレッドは製作速報VIP(クリエイター)の過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-10冊目-【超電磁砲】 - 製作速報VIP(クリエイター) 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 01:50:41.31 ID:CrQej760
 [ このスレなあに? ]
「とある魔術の禁書目録」及びその派生作品のSS投下用総合スレッドです。
2chは規制されている、スレを立てにくい、という方は当スレをご利用ください。

・どんなに短くても長くても迷ったらGO投下!
・未完成作品、投下中断もOK。中断回数はほどほどに。
・再開時には前回投下したものをお知らせするといいかも。
・できれば内容の方向性などを投稿前に一言書いておくとよさげ。
・エログロ等の注意書きの有無は判断はお任せします。

その他に感想や雑談、質問に相談、情報交換など、いろいろとお役立てください。


 [ 前スレ ]
 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-9冊目-【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1278232855/


 [ 舞夏さんとのおやくそく ]
・投下する時は、名前欄にタイトルを入れるとわかりやすいんだぞー。
・新刊のネタバレ解禁は、発売日の翌日からだから注意なー。
・多人数の書き手で進行するスレだから、安価作品などはやめといたほうがいいかもなー。
・毎月中旬は定休日で接続できなくなるけど、数日で直るから大丈夫なんだぞー。
・おかしな人やそれに触る人なんかは相手にしちゃダメだぞー。


 [ その他ルール ]
>>980を踏んだ人は次スレを立ててください。無理なら再安価を。
・前スレが埋まったのを確認した人は以下のスレにて『前スレのHTML化依頼』をお願いします。

 HTML化依頼スレ Part1
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1190564438/


 [ その他注意 ]
この板では、一部の単語にフィルターがかかっています。
メール欄に半角で『saga』(←sageじゃない)と入れると解除できます。
下記のスレで該当する単語などの詳細が確認できます。

 パー速機能覚書・テスト
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1274855909/
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、この製作速報VIP(クリエイター)板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

めぐみん「だ、ダメですよカズマ!///」 @ 2017/03/29(水) 03:03:24.61 ID:TjxcYN9e0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490724204/

ガヴリール「サターニャが昨日なにしてたんだよ?」ラフィエル「それはですね…」 @ 2017/03/29(水) 02:21:36.52 ID:p0+2c63w0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490721696/

貴方「奴隷たちに救済を」【安価スレ】【2スレ目】 @ 2017/03/29(水) 02:16:48.23 ID:Q++3+EyA0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490721407/

サターニャ「ヤンデレ?」 @ 2017/03/29(水) 01:22:24.59 ID:PoHsnSze0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490718144/

【安価】ガヴ「サターニャにひどいことをしよう」 @ 2017/03/29(水) 00:51:52.86 ID:QJtH9ZYUO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490716312/

【モバマス】P「どうしてこうなった」 @ 2017/03/29(水) 00:40:47.27 ID:1cpy8W4e0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490715646/

かばん「ふたりいっしょ」 @ 2017/03/29(水) 00:33:06.92 ID:XP9iYm55o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490715186/

ワカコ「尿管結石……」 @ 2017/03/29(水) 00:20:09.78 ID:QotHA6B90
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490714409/

2 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 01:55:47.60 ID:CrQej760
[ 過去スレ一覧 ]

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1272/12721/1272105815.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1272/12728/1272803763.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪3冊目≫」【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1273/12736/1273677472.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪4冊目≫」【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1274/12747/1274787129.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-5冊目-【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1275/12756/1275661269.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1276/12761/1276186522.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-7冊目-【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1276/12767/1276704040.html

▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-8冊目-【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/news4gep/kako/1277/12772/1277220435.html

 ▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-9冊目-【超電磁砲】
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1278232855/




 [ 誘導 ]

 お勧めの禁書・超電磁砲SSを教えろください
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1268046166/

 思いついた小ネタ(タイトル含む)を書き込むスレ2
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1277653425/



 [ 関連リンク ]

 とある魔術の禁書目録 Index@wiki
 http://www12.atwiki.jp/index-index/

 自分用まとめ ◆「とある総合スレ記事一覧」
 http://asagikk.blog113.fc2.com/blog-entry-1515.html
3 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 02:04:01.86 ID:uJRQtI6o
※システムメッセージ
スレタイには判別がつきやすいよう▽をつけるようにお願いします
次スレタイは

▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-11冊目-【超電磁砲】

です。>>1乙。まあミスはあらあね
4 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 02:05:22.50 ID:nC7ddnQo
>>1超乙です。

さー、いよいよ10冊目だよー。
5 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 02:09:37.07 ID:CrQej760
>>3
うげっ、やっちまった、すまぬ…
慌てて立てるとやっぱダメだな
6 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 02:54:28.42 ID:0Bt16qgo
ハイパーおねーさんタイム・・・だと・・・?

>>1
7 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 03:00:06.95 ID:0NaOERo0
>>1おつおつ
絹止め遊ばせてみるか
8 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 03:15:30.98 ID:G7m4e1U0
>>1乙じゃん
9 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/17(土) 04:06:36.43 ID:EVZsYwAO
いよいよ10サツメだイチオツそしてセイダイなスレにするぞ!!
黒キ電脳ノ字ヲ用イ壱ノ功ヲ讃エロ!!
10 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 06:59:46.76 ID:620j2UDO
>>1乙っす!

新スレ、早々質問申し訳ないが『ブロック』の手塩恵未の両親がいなく、声が出せなくなった『あの子』とのSSを考えていたんだか…
オリジナルの要素が大部分を占め、如何せなんとも暗くて、重いから。

二次創作的にも、皆が楽しくやってるのにそういう物を出す空気的にも、どうだろうか、と思い。

皆さんにもし何か意見なりとも答えてもらえるならと思い、お伺いしたんですが、どうでしょうか?
11 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 07:05:22.56 ID:dAVvaLso
書いてから言え
12 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/17(土) 07:14:38.13 ID:EVZsYwAO
>>10
書きたい物を書くといい。ここは総合スレであって和気あいあいスレでは無い。
シリアスはコメが付きづらいが、イコールつまらないでは無い。真面目に作った物は誰かの目に止まり、あなたの心に残る。
13 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 07:19:37.52 ID:lbM9076o
>>1

>>10 テンプレにも『どんなに短くても長くても迷ったらGO投下』って書いてあるじゃないか。GOだ
いざという時はスレを立てればいい
14 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 07:53:48.06 ID:620j2UDO
わかりました。
答えてもらってありがとうございます。
15 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 09:22:43.49 ID:KfrEyoDO
>>12に惚れた
16 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/17(土) 09:45:29.09 ID:L7Qz02DO
前スレ予告してた最低100レスかかると言った者です。今日から全10回に分けて投下したいと思います
では第一回目を始めます
17 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 09:46:01.58 ID:L7Qz02DO
1、入学試験<スキルテスト>


上条「そういや姫神ってここに転校してくる前って確か霧ヶ丘女学院にいたんだよな?」

姫神「そう。でも。それがどうしたの?」

上条「いや、あそこって常盤台や長点上機学園と並ぶエリート校だろ? 一体どんな入学試験してんだろうって思ってさ」

姫神「うーん。霧ヶ丘女学院は他のエリート校と違って単純な学力よりも。能力の特殊性が一番優先される。だからシステムスキャンが入学試験みたいなもの。かな」

上条「へぇー能力の特殊性か……ん? 俺の幻想殺しならその基準を満たしてるんじゃねぇか?」

姫神「確かに。言われてみれば」

上条「おお! ついに俺の時代が来たんじゃねぇか!? エリート校なら奨学金もたんまり貰えるはず! 俺、来年編入しようかな!」

姫神「……ねぇ。なにか大切なことを忘れてる」

上条「学力か? 確かにこればっかりは今更なぁ……」

姫神「それよりもっと前」

上条「うーん……なんかあるか?」

姫神「あそこは女子校」

上条「……!?」

姫神「……」

上条「こ、こうなったら上嬢さんにでも……」

姫神「その幻想をぶち壊す」
18 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 09:46:33.42 ID:L7Qz02DO
2、合格発表<リザルトオープン>


土御門「そういやカミやんと初めて会ったのは合格発表の時だったにゃー」

上条「そうだったか?」

土御門「忘れるなんて酷いぜよ。なんか俺の隣でぶつぶつ『不幸だ不幸だ』ってお経のように唱えてたのは今でも忘れられないんだぜい」

上条「あーそのことか。……っつーかそのことは忘れてくれ!」

青髪「なんやえらく盛り上がってんなぁ。よかったら僕にも教えてくれへん?」

土御門「あー、カミやんが合格発表の時――」

上条「ストーップ!!」

青髪「なんやカミやん? ははん、なるほどなぁ……」

上条「いいか、土御門! 絶対喋るなよ!?」

土御門「そこまで言われたら仕方ないんだにゃー。今度飯奢りな」

上条「ぐ、けど仕方ねぇ。分かったよ」

青髪「なんや、僕だけ仲間外れかぁ」

上条「そういうなよ。あ、俺、小萌先生の所に行かなきゃなんねぇんだった。ちょっと行ってくるわ」

青髪「小萌先生に呼び出されるなんてええなぁカミやんは。……それでさっきの話の続き聞かせてくれへんか?」

土御門「タダでは駄目だにゃー」

青髪「zipで」

土御門「乗ったぜよ。カミやん合格発表時、自分の受験番号が『060』なのに逆さまから見てて『090』だと思ってたらしいんだにゃー。それで『090』の番号がなくて涙目で『不幸だ不幸だ』言ってたんだぜい」

青髪「なはは! アホやなぁカミやんは!」

土御門「ははは、全くぜよ!」
青髪「でも『090』の人が一番不幸やね……」

土御門「……ああ」
19 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 09:47:02.49 ID:L7Qz02DO
3、入学式<オープンゲート>


女生徒A「『校長の話って長いよな』って話しかけられたのが初めでした」

女生徒B「部活動の少し無理矢理な勧誘からさり気なく助けてくれました」

女生徒C「筆記用具を忘れて、知ってる人もいなくて困ってたら『俺のでよければ使えよ』って貸してくれました」

女生徒D「曲がり角で軽くぶつかった時、額に唇が当たったから思わず殴った」

青髪「カミやん……」

土御門「さすがにこれは……」

上条「あのー、どうして二人はそんなに拳を強く握ってるんでせうか……?」

青髪「初日からフラグ建てすぎなんじゃボケェェェ!!」

土御門「背中を刺されて死に晒せええぇぇぇ!!」

上条「うわっ!? ちょっと待てよお前ら! だぁ! ちくしょう! 不幸だーっ!!」
20 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 09:47:29.86 ID:L7Qz02DO
4、制服<ニユフォーム>


御坂「規則とはいえ、外出時も制服ってのもねぇ……」

佐天「うーん……でも逆に考えれば服を選ばなくていいってことになりません?」

御坂「そうかしらねぇ……」

初春「たまにはオシャレしたいですよね」

御坂「そうなのよ。私だって可愛い服着たいし見せたいし」

佐天「見せたいって誰にですかー?」

御坂「そりゃあもちろんあのバ……って違う違う! 誰もアイツだなんて言ってないんだからねっ!?」

初春「御坂さんそれ、半分以上喋っちゃってますよ?」

御坂「うぅ。違うのよ、だからこれはね初春さん」

佐天「あ、上条さんだ」

御坂「へっ!? ……ってどこにもいないじゃない!」

佐天「あれれ? おっかしいなぁー?」

御坂「もう、からかわないでよ……」

初春「あ、白井さんだ」

御坂「あっそう」

白井「お姉様、その反応はあんまりですの!!」
21 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 09:48:01.09 ID:L7Qz02DO
5、クラス分け<ディバイド>


上条「そういや二年から三年になるときってクラス分けあるんだよな?」

吹寄「そうよ。進学を目指すクラスと就職を目指すクラスの二つに分けられるわね」

土御門「俺は就職だにゃー。もう勉強なんて勘弁ぜよ」

青髪「僕は進学やな」

吹寄「へぇ。でもどうせまともな理由じゃないんでしょ?」

青髪「何を言うとるんや! カミやんにフラグを建てられてない希少種がおるかも知れへんやんか!」

男子生徒(その手があったか!)

吹寄「くっだらない。姫神さんはどうするの?」

姫神「私は進学かな。吹寄さんは?」

吹寄「私も進学よ。上条当麻はどうせ就職でしょ?」

上条「……」

土御門「カミやん?」

上条「出席日数がやばい……進級が危うい……」

青髪「……」
土御門「……」
吹寄「……」
姫神「……」
22 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 09:48:31.77 ID:L7Qz02DO
6、週休二日<ウィークエンド>


上条「……」

小萌「ですからここは――」

上条「…………」

小萌「こうこう、こうなりまして――」

上条「………………」

小萌「こうなるのです!」

上条「……………………」

小萌「上条ちゃーん? 聞いてますかー?」

上条「へ、ああ、はい。聞いてます」

小萌「もう、ぼーっとしてたらすけすけ見る見るですよー?」

上条「すいません、シャキッとします!」

小萌「聞き分けのいい子は先生、好きですよー。そして土日も勉強出来るなんて上条ちゃんは幸せ者ですねー」

上条「ハハハ、ソウデスネー」

上条(あぁ、週休二日制のおかげで補習が組みやすく……不幸だ……)
23 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 09:49:03.20 ID:L7Qz02DO
7、テスト<テスト>


上条「御坂、ちょっと付き合ってくれないか?」

御坂「へ!? ちょ、ちょっとアンタ今なんて……?」

上条「いやだから、ちょっと付き合ってくれないかって」

御坂「つ、つつつつ付き合うってあの、どういう意味で!?」

上条「どうって、頼みごとがあるから付き合って欲しいだけなんだが……」

御坂「……」

上条「御坂さん?」

御坂「はぁ、どうせそんなんだろうと思ったわ」

上条「? え、えーっと……忙しいならいいんだ。突然のお願いだしな」

御坂「いいわ、大丈夫。付き合ってあげる」

上条「マジか!? ああ、神様仏様御坂様!」

御坂「アンタはいちいち大袈裟なのよ。それで頼みごとって?」

上条「勉強を教えてくれ!」

御坂「……は?」

上条「次のテストは落とせないんだよ! 付き合ってくれたら荷物持ちでもなんでも一日付き合ってやるからさ、頼む!」

御坂「それはいいんだけどさ。アンタ、私に教わるとかプライドないわけ?」

上条「俺の学力に常識は通用しねぇ!」
24 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 09:49:34.46 ID:L7Qz02DO
8、文系・理系<レフトブレイン・ライトブレイン>


打止「右脳はイメージや芸術、直感を司ってるんだよね? ってミサカはミサカはヨシカワに聞いてみる」

芳川「ええ、そうよ。だから理系の人が多いって言うわね」

打止「それで左脳は言語や意味を処理するのが得意なんだよね? ってミサカはミサカは今度はヨミカワに聞いてみる」

黄泉川「そうじゃん。だから文系の人が多いじゃん」

打止「それじゃああなたは文系理系どっち? ってミサカはミサカは小首を傾げてみたり」

一方「あァ? 別にどっちねェよ」

打止「右脳も左脳も使ってないのお馬鹿さんなの!? ってミサカはミサカは突然のカミングアウトに驚いてみたり!」

一方「そォいう意味じゃねェよ!」

打止「じゃあどんな意味? ってミサカはミサカは疑いの眼差しを向けてみる」

一方「大したこたァねェ。ただ俺くれェになると右脳だと左脳だとか関係ねェンだよ。学園最高の頭脳を舐めンじゃねェよ」

打止「凄い自信だね! ミサカはミサカは手をパチパチしてみる!」

一方「ったりめェだ」

芳川「でも右脳左脳以前に君の前頭葉があれよね」

一方「……」

打止「……」

芳川「? どうしたの?」

黄泉川「桔梗は飯抜きじゃん」

芳川「え、ちょ、私死んじゃう」

黄泉川「問答無用じゃん!」
25 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 09:50:06.67 ID:L7Qz02DO
9、国語<ランゲージ>


上条「せうせう!」

青髪「なんやなんや!」

土御門「ぜいぜよにゃー!」

ローラ「けりるのよけりるのよ!」

一方「ァィゥェォン!」

絹旗「超超超!」

一同「いい感じ!」

絹旗「超超超超!!」

一同「いい感じ!!」

――――

吹寄「えーっと、どこから突っ込めばいいのかしら?」

姫神「私に任せて」

吹寄「姫神さん……?」

姫神「肉料理に白ワインかよ」

吹寄「ちょ、どこに突っ込み入れてんのそれ!?」

姫神「冗談。それにしてもなんという懐かしさ」

吹寄「年代がバレるわね」
26 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 09:50:41.27 ID:L7Qz02DO
10、数学<マス>


上条「中学に上がったばっかりの頃ってさ、算数と数学をよく間違えたよな」

土御門「あー、そうだったにゃー。そんで周りのやつにすぐにどや顔で指摘されんのが嫌だったぜよ」

青髪「『算数ってお前小学生かよ』ってなぁ。お互い、ついこの間まで小学生やったやろって思うわぁ」

上条「他にも名前変わったのあるけど、算数から数学の流ってあんまり馴染めなかったよな」

土御門「ちゃんとした意味はあるんだろうけど、俺らにしたら算数の延長上には変わらないんだにゃー」

上条「まぁ俺らはどの道、算数止まりだから関係ないよな」

土御門「……」

青髪「……」

上条「ん、どうした二人とも?」

土御門「カミやん、もっと勉強はした方がいいぜよ……」

青髪「僕、小萌先生のためにやらへんだけでほんとは出来るんや……」

上条「あーもうっ! 二人ともバカにしやがって!」

吹寄「自習だからだって騒いでんじゃないわよ! この三バカ!!」

上条「そ!」
土御門「げ!」
青髪「ぶ!」
27 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 09:53:35.62 ID:L7Qz02DO
こんな感じです。気付いた人もいると思いますが某アニメのドラマCDのお題を持ってきました

話よりもカタカナを考えるのが一番大変だったりします
28 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 09:58:37.79 ID:kNEZ86I0
GJ!
絹旗 一同ノリ良いなw
29 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 10:02:01.79 ID:RuscU2U0
乙〜
面白かった
今後の続きの投下にも期待してる
30 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 10:07:51.64 ID:b83S3oAO
乙!
安定してていい感じだな
31 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 11:15:38.38 ID:CJOv7lY0
乙!
残りは90か。楽しみだな
32 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [age]:2010/07/17(土) 14:04:47.82 ID:hbiCQYDO
乙!

上条さんは記憶喪失だから入学式とか1学期のこととか中学時代のこととか忘れているんじゃ(ry
33 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 14:08:15.58 ID:Ke4qb7ko
乙!!
二次創作にコマけえことはいいんだよ!!!
34 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 15:16:10.03 ID:w665mEAO
土御門や上条さんって青ピの事なんて呼んでたっけ?
35 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 15:18:10.14 ID:z6scMwDO
青髪ピアス
36 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 15:28:33.85 ID:VMy5DZ2o
百物語って言ってももっと増えても良いんだぜ!
37 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 15:34:49.82 ID:w665mEAO
まんまなのか
ありがと
38 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 18:28:04.61 ID:f.pgE2DO
定規からの垣根への呼称ってなんですか?

定規一人称視点で地の文だと彼にしようかどうか助けてくだしあ
39 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/17(土) 18:46:26.35 ID:EVZsYwAO
>>38
チェックした。『あなた』だな
40 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 19:13:38.51 ID:f.pgE2DO
>>39
ありがとう
41 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 19:34:19.32 ID:NVMLfTco
>>25のいい感じ!の流れクソワロタwwwwww乙ェ!
42 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 19:38:28.99 ID:nC7ddnQo
続きはまだかしらー
43 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/17(土) 20:29:27.46 ID:L7Qz02DO
新スレの最初は投下ラッシュのイメージだけど今回は違うのね

そういう事でとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第二回目を投下したいと思います
44 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 20:30:04.78 ID:L7Qz02DO
11、社会<ソサイエティ>


土御門「遅いぞ一方通行」

一方「すまねェ。家のガキがうるさくてよ」

淡希「さすがロリコンね」

一方「違ェよ、ショタコン」

淡希「だからショタコンじゃないってば!」

一方「ハッ、この間ガキに話かけて『ジャッジメントですの!』とか言われてたのはどこのどいつですかァ?」

淡希「あれはお金を落としたって聞いたから一緒に探そうとしてただけよ!」

一方「どォだかなァ」

淡希「なによ!?」

海原「まぁまぁ二人とも落ち着いて下さい。たまたま偶然そういうことってよくありますしね」

土御門「お前はただのストーカーだ」

海原「人聞きの悪いことを言わないで下さいよこのシスコンが」

土御門「あ?」

海原「おや、どうかしましたか?」

淡希「はいはいストップ。それよりさ、凄く気になることがあるんだけどさ、私だけじゃないよね?」

海原「奇遇ですね」

土御門「実は俺もだ」

一方「なンだよ……?」

淡希「社会の窓、開きっぱなしよ」

一方「はァ? なにいって……ッ!?」

海原「たまたま偶然ありますって」

土御門「ドンマイ」

淡希「ブリーフって……」

一方「うるせェぞテメェら!!」
45 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 20:30:57.82 ID:L7Qz02DO
12、英語<イングリッシュ>


上条「英語が話せるようになりたい……」

土御門「急にどうしたんだにゃー?」

上条「ほら、インデックス関係で嫌という程思い知らされた訳ですよ」

土御門「まぁ確かにカミやんの状況からしたら必要かもしれんにゃー」

上条「今更まともに授業受けても分からないし英語アプリとかもさっぱりで……」

土御門「確かに一朝一夕で出来るもんではないぜよ」

上条「インデックスにでも教えてもらおうかなぁ……」

土御門「インデックスならきっとバッチリなんだぜい」

上条「でも覚えられないのがインデックス的には信じられないみたいで『どうしてとうまは覚えられないんだよ!』とか言われるし……」

土御門「完全記憶能力……恐ろしいぜよ……」

上条「俺はボケた爺ちゃんかっての!」

土御門「あー、カミやんカミやん」

上条「ん? なにかいい方法であるのか?」

土御門「カミやんの前に現れる人達ってばりばり日本語話してないかにゃー?」

上条「あ、」

土御門「主人公が主人公補正忘れるとは何事ですたい!」
46 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 20:32:06.51 ID:L7Qz02DO
14、体育<ウォームアップ>


一方「反射ッ、反射ッ、反射ァ! ここから先は侵入禁止<カテナチオ>、一方通行ってなァ!!」

垣根「俺の無回転シュートに常識は通用しねえ」

御坂「ねぇ、雷獣シュートって知ってる?」

麦野「関係ねえよ!! カァンケイねェェんだよォォォ!! テメェら守備陣なんざ、フェイント使わなくても、100回ブチ抜けんだよォぉぉぉッ!!」

削板「すごいキーック!!」

上条「てめぇはずっと待ってたんだろ!? ゴール前での絶妙な飛び出し、キーパーかわしての無人ゴールへ……そんな誰も期待して、誰もが望む最高のゴールシーンってやつを」

上条「今まで待ち焦がれてたんだろ? こんな展開を……何のためにここまで歯を食いしばってきたんだ!? てめぇのその足でチームの皆を助けて見せるって誓ったんじゃねえのかよ?」

上条「お前だってスタメンの方がいいだろ!? 控えなんかで満足してんじゃねえ、命を懸けてチームのために勝ちを得てぇんじゃないのかよ!? だったら、それは全然終わってねぇ、始まってすらいねぇ……」

上条「ちょっとくらい長いベンチ生活で絶望してんじゃねぇよ! 手を伸ばせば届くんだ! いい加減に奪い取ろうぜ、スタメンを!!」

柳沢「いいぜ、てめえがサイドから展開するってなら……やべ急にボール来た!」

黄泉川「そこっ! ちゃんと決めるじゃん!」
47 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 20:32:41.58 ID:L7Qz02DO
15、保健体育<ヘルスマネージメント>


麦野「今日はテメェにセックスについてしっかり教えてやる。いいなッ!?」

御坂「なんで私が……」

麦野「アァ? 別にいらねぇってか?」

御坂「私は、別にそんなこと考えてな、くもないかなとかなんとか……」

麦野「いつまでも純情ぶってんじゃねぇぞ売女ァッ! ターゲットの周りを飛ぶ衛星で満足してっとテメェのクローンに食われんぞ?」

御坂「……いくら私の妹とはそれは譲れないわね」

麦野「やっとヤル気になったか超電磁砲ッ!」

御坂(なんでこんなにテンション高いのよ)

麦野「それじゃあ始めんぞ。えーっとまずは――」

御坂「あの!」

麦野「あ? まだなんかあるってのか?」

御坂「ち、知識はその……ネ、ネットだとかであるからそのぉ……ね」

麦野「ハッキリ言いやがれガキがぁ!」

御坂「で、出来れば実体験の方が詳しく知りたいかな、って思ったんだけど……」

麦野「実体験? えっと、あー……実体験、ね」

御坂「?」

麦野「いやだから、その初めての時は色々大変でその……」

御坂「まさか、未経験?」

麦野「……」

御坂「甘いものでも食べに行こっか?」

麦野「……うん」
48 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 20:33:10.75 ID:L7Qz02DO
16、音楽<ミュージック>


佐天「ヴァイオリンを弾けるなんて御坂さんは凄いなぁ」

御坂「別に凄くないわよ。授業で習わされるから誰だって出来るわよ」

初春「そうだったんですか!? それじゃあ白井さんも弾けるんですか?」

白井「もちろんですの。とは言え、お姉様程ではありませんが」

佐天「やっぱり御坂さん凄いじゃないですか! くーっ! 御坂さんのお嬢様エキスを全部吸い出してやる!」バッ

初春「佐天さん!?」

白井「お姉様!?」

御坂「わわっ。ちょっと急に抱き付いて来たら危ないわよ」

佐天「いやぁ、つい我慢できなくなりまして……へへ」

御坂「もう。ま、たまには後輩に抱きつかれるのも悪くないか。ん? どうかしたの黒子に初春さん」

白井「い、いいえなんでもなんでもありませんの」

初春「そ、そういえば佐天さんはクラリネットが吹けるんですよね!」

佐天「まぁ少しですけど……」

御坂「へぇー。佐天さんも凄いじゃない」

佐天「お父さんから貰ったとかありがちな話ですけどね。そういえば最近吹いてないなー」

白井「是非とも聞かせてほしいですの」

佐天「れ、練習する時間をくれッス」

御坂「初春さんはなにか楽器出来る?」

初春「……」ガサゴソ

佐天「初、春……?」

初春「うんt」

佐天御坂白井「それはダメッ!!」
49 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 20:33:51.80 ID:L7Qz02DO
17、書道<カリグラフィ>


上条「なんかこう、気分が乗らねえなぁ……」

姫神「どうしたの?」

上条「前のノートが使い終わったから新しいノートを使おうと思うんだけど、このまだなにも書かれてない綺麗なノートを俺の汚い字で汚すと思うと気が重くて……」

姫神(微妙にエロく聞こえるのはどうして?)

姫神「そんなに気にすることないと思うけど」

上条「そうか? でもノートに気持ちがあるとしたら姫神のノートはきっと幸せだなんだろうな」

姫神「え。なにが?」

上条「綺麗なノートに綺麗な姫神の字。ノート冥利に尽きるってもんだ」

姫神「ねぇ。私は?」

上条「ん?」

姫神「私は。綺麗?」

上条「綺麗ってよりかは可愛い、だな」

姫神「! あ。ありがとう」

上条「礼を言われるようなこと言ったか?」

姫神「うん。私も上条君はかっk――」

吹寄「姫神さん、ティッシュ持ってる? 今日忘れちゃって」

姫神「空気を読めよデコ助野郎ッ!!」

吹寄「え」
50 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 20:34:17.64 ID:L7Qz02DO
18、美術<アート>


上条「おっす」

御坂妹「おっす、とミサカは同じ形式で挨拶をします」

上条「こんなところでなにしてるんだ?」

御坂妹「ご覧の通りです、とミサカはスケッチブックと鉛筆を持ち上げます」

上条「絵を描いてたのか」

御坂妹「はい。ただ外をぶらついてても暇なので絵を始めて見ました、とミサカは少し恥ずかしげに答えます」

上条「ふーん、どれどれ?」ヒョイ

御坂妹「あん」

上条「……。絵なんてさっぱり分からないけど、俺はこういう絵好きだぞ」

御坂妹「あ、ありがとうございます、とミサカは言葉を詰まらせます」

上条「そんな大袈裟な。そうだ、せっかくだから俺を書いてくれないか?」

御坂妹「え?」

上条「俺さ、外で絵を描いてる人に自分を描いてもらうのが密かな夢だったんだよ」

御坂妹「そうだったのですか。うまく書けるかどうかわかりませんがいいのですか? とミサカは確認を取ります」

上条「ああ。楽しみにしてるよ」
51 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 20:34:45.56 ID:L7Qz02DO
19、家庭科<ハウスワーク>


黄泉川「料理は任せるじゃん」

芳川「果たしてあれは料理と言えるのかしら」

黄泉川「炊飯器を舐めるなじゃん」

芳川「一度深く研究してみたわね」

黄泉川「掃除洗濯も任せるじゃん」

打止「私もお手伝いしてるよってミサカはミサカは出来る子をアピールしてみる!」

黄泉川「凄く助かってるじゃん」

打止「お世話になってるからこれくらい当然だよってミサカはミサカは当たり前のことを言ってみる」

黄泉川「きっといいお嫁さんになれるじゃん」

打止「えへへー」

黄泉川「教師とアンチスキルで稼ぎもいいじゃん」

一方「確かになァ。じゃねェと俺はともかく二人も養えねェよな」

黄泉川「そしてしっかり貯金もしてあるじゃん」

一方「ほォ、それは初耳だなァ」

黄泉川「おまけにスタイルもいいじゃん」

一方「まァどう思うかは人それぞれだけどなァ」

黄泉川「なのになんでいい相手が見つからねーじゃん!?」

一方「知るか」
52 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/17(土) 20:35:26.38 ID:L7Qz02DO
20、教室<クラスルーム>


青髪「あぁ、なんや放課後の教室っていい響きやなー」

土御門「ほんとだにゃー。学校にしかないエロスを感じるぜよ」

上条「お前ら真面目に働けよ。こんなペースじゃ日が暮れるぞ?」

青髪「薄暗くなった放課後の教室ってもうエロスしかないやん!」

土御門「見回りの職員や部活動してる生徒が来るとか来ないとか!」

上条「ったく。エロスは程々にって鼻に傷のある人が言ってたぞ」

青髪「またまたカミやん、一人だけ紳士振ろうたってそうはいかへんよ?」

上条「はあ?」

土御門「薄暗くなった放課後の教室で教師と二人っきりの補習……ってのはどうぜよ?」

上条「べ、別にどうもしねぇよ」

土御門「その教師がねーちんみたいのだったらどうぜよ?」

上条「……」ゴクリ

青髪「カミやん、紳士(笑)なんて忘れて一人の男子高校生として話をしようや?」

上条「そ、そうだな。それもたまには悪く『くおぅらぁッ! まだ罰掃除してんのか貴様らは!?』」

上条青髪土御門「げぇ、吹寄!?」

吹寄「人を関羽みたいに言うなーっ!!」
53 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 20:38:52.47 ID:L7Qz02DO
以上でとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第二回目を終わりたいと思います


基本的にはオチもボケも弱いほのぼの路線です。ちなみに時系列などの話は細かいことってやつでお願いします

やっぱりカタカナが大変だ。単純な英語じゃなくて、かすった感じにするのがこれほど難しいとは思わなかった
54 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 20:42:27.70 ID:WSlllco0
乙ー
こういうほのぼの路線好きだわ
55 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 20:59:04.68 ID:X.wEWu60


って>>46のQBKは何してんだwwww
56 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [age]:2010/07/17(土) 21:02:52.35 ID:hbiCQYDO
乙、と言いたいところだが

13がぬけてませんか?
57 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 21:06:06.51 ID:0b1BNG.0

単純にミスだと思うが13って数字だと深読みしたくなる件
58 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 21:17:56.61 ID:L7Qz02DO
あれ、なんで13がないんだろう?エラーかなんかを見逃してそのまま次に行っちゃったんだろうか?
補足で入れようと思ったけどメモ帳の残り件数の関係で消しちゃったから復元が出来ない

まぁ実は100じゃなくて99でしたオチと思っていただければ
59 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 21:57:27.05 ID:WybbyuY0
なんか麦のんの頭を無性に撫でてあげたくなった
60 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 22:05:19.37 ID:n4KpXN6o
そう言われると撫でたくなってくるから困る
61 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/17(土) 22:27:07.29 ID:l9FFisDO
俺は毎日撫でてるよ
麦のんよしゃよしゃ!よしゃよしゃ!
62 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 22:33:44.35 ID:L7Qz02DO
「だぁッ! 髪ぐしゃぐしゃになるから止めろってんだよ!」

「……撫でるくらいなら別にいいけど」


こうですね
63 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/17(土) 22:35:18.00 ID:gsMdiOQ0
2、3レスほどもらいます
64 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 22:35:29.38 ID:6zBun6oo
>>61の「よしゃよしゃ」がムツゴロウさんで脳内再生されたwwwwww
65 :禁書昔話・赤ずきん :2010/07/17(土) 22:37:03.86 ID:gsMdiOQ0
むかしむかし、とあるところに赤ずきんと呼ばれる小さな可愛い女の子がおりました。

赤ずきん(打ち止め)「赤ずきんだよ!ってミサカはミサカは赤いフードを被ってみる!」

ある日、おかあさんは赤ずきんを呼んで言いました。

おかあさん(芳川)「赤ずきん、このお菓子とぶどう酒をおばあさんのところへ持っていってちょうだい」

打ち止め「ミサカもお菓子食べたい!ってミサカはミサカはねだってみる!」

芳川「おばあさんのお家で一緒に食べなさい」

打ち止め「わかったよ!ってミサカはミサカは意気揚々と行ってきまーす!」

おばあさんのお家は、森の中にありました。

赤ずきんが森にはいりかけると、狼がひょっこり出てきました。

狼(一方通行)「何だこの着ぐるみ……こンにちはァ、赤ずきン」

打ち止め「あっ!一方通行!」

一方通行「狼だァ!それよりどこに行くンだァ?」

打ち止め「おばあさんのところに行くんだよ!ってミサカはミサカは素直に答えてみる!」

一方通行「(クカカ……先に家に行って、ババァもろとも喰らってやるぜェ)」

狼はそう考え、ベクトル操作で文字通りおばあさんのお家へ飛んでいきました。

赤ずきんは途中お花を集めるのに夢中になり森中駆け回っていました。

お花畑(初春)「あうう、そんな乱暴に頭を掴まないで下さい〜〜〜」

しばらくして、おばあさんのお家へ来てみると、ドアが開いたままになっていました。

打ち止め「?どうしたんだろう……おばあさん、こんにちは!とミサカはミサカは挨拶してみる!」

赤ずきんがおばあさんのお家の中に入ってみると……



そこには!

66 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/17(土) 22:38:12.40 ID:GdZeWM20







(^_^)






67 :禁書昔話・赤ずきん :2010/07/17(土) 22:44:27.60 ID:gsMdiOQ0






















おばあさん(ミサカ)「はじめてにしては美味でした、とミサカは食後の一服を満喫します」

一方通行「」プルプル

ベッドの上でガウンを羽織り満足そうに電子タバコを吸うおばあさんと、毛皮を剥がれて背中を向けぷるぷる震える狼の姿がありました。

打ち止め「」

ミサカ「おや、上位個体もとい赤ずきん。あなたもどうですか?とミサカは妖艶に微笑みます」

一方通行「」ガクガクブルブル

狼は子兎のように震えておりました。

猟師(黄泉川)「アンチスキルじゃん!不法侵入および未成年者への淫行の容疑で逮捕するじゃんよ!」

こうして哀れ狼は牢屋送りにされました。

一方通行「ちょっと待て!不法侵入は認めるが襲われたのは俺のほうだァァァ!」ブワァ

赤ずきんはもう二度と寄り道なんてやめようと考えました。



68 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/17(土) 22:45:14.93 ID:GdZeWM20







あげ






69 :禁書昔話・赤ずきん :2010/07/17(土) 22:45:50.61 ID:gsMdiOQ0

教訓:安易に人の家にホイホイ入るのは危ない

終わり

70 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/17(土) 22:48:26.75 ID:gsMdiOQ0
( ゚ω゚)

まさ・・かの・・・割り・・込み
投下途中テラパニック。死んだ。
71 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 22:49:41.46 ID:XGdSA/Qo
一方さん童貞喰われちゃった・・・?
72 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/17(土) 22:50:51.76 ID:r4gjcek0
>>70
そいつ自治スレにまで喧嘩売ってるリア小だから気にするな
いや、対策的な意味で気にするべきなのか

とりあえず乙
73 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 22:50:53.64 ID:WybbyuY0
一方さんこんなんばっかだなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



あとそいついつもの荒らしだから気にしなくておk
74 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 22:51:22.95 ID:w665mEAO
逆に食われたwwしかも違う意味でww
てか初春にワロタwwwwww

その割り込みはただの荒らしだから気にしないでいいよ
75 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 22:57:56.45 ID:z6scMwDO
乙乙

一方さん…なんて羨ましい
76 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 23:51:25.69 ID:l59m57E0
8 名前:以下、滞空回線にかわりまして元捨て猫がお送りします[] ID:Sphinx
   / ̄\
  | ^o^ | < とうまー トイレなんだよ
   \_/
   _| |_
  |     |
         / ̄\
        |     | <俺は トイレじゃ ねーよ
         \_/
         _| |_
        |     |



   / ̄\
  | ^o^ | < とうまは トイレなんだよ
   \_/
   _| |_
  |     |
         / ̄\
        |     | < 驚愕の 事実だ
         \_/
         _| |_
        |     |



なんかごめん元ネタはコピペなんだけど頭にパッときてつい
77 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 23:51:58.20 ID:l59m57E0
しかもAAずれてるあたりちょっとそげぶされてくる
78 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 23:56:05.05 ID:6zBun6oo
少しワロタwwwwww
79 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/17(土) 23:57:29.26 ID:L7Qz02DO
今日も元気ですを思い出した
80 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 00:04:16.47 ID:WQkxnjgo
                       ヘ(^o^)ヘ おかげさまで元気です。
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ それで、あなたは、あなたが欲しいことなら何でもできると思いますか?
                /(  )    
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  手初めに、私は、あなたのすごい幻想を抹消するつもりです。
81 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/18(日) 00:06:33.97 ID:G/9A5ADO
>>71いや待てどっちがはじめてとは言ってなそげぶ
82 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 00:39:31.41 ID:ysh3toDO
おかげさまでだったか


禁書「こーら、美味しいんだよ」
上条「それは醤油だ」

インデックス使うと全然普通だな
83 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/18(日) 00:45:44.58 ID:ibDqZwc0
禁書目録とHIPHOPしようぜ!

<(^o^)> とうまとうまー  
( )
 \\
 ..三    <(^o^)> とうまー
  三    ( )
 三    //
.   <(^o^)>   三  ねーとうまー
    ( )    三
    \\   三

 \    
 (/o^)  とうま聞いてるの!?
 ( /
 / く      ドゥイーン     ……ドゥイッドゥイッドゥドゥドゥン


  ..三<(^o^)> <(^o^)>  <(^o^)>  <(^o^)> <(^o^)>  三
 ..三   ( )    ( )    ( )    ( )   ( )  三
..三   //   //   //   //  // 三
HEY YO! TOUMA! おなかすいたよ SAY HO! HONMA! 感じてるよ 
こんなKUUFUKU! どーするKOKUFUKU? そりゃもう沢山飯食ってMANPUKU!
..三    <(^o^)> <(^o^)>  <(^o^)>  <(^o^)> <(^o^)> 三
 .三    ( )    ( )    ( )    ( )    ( )    三 
  ..三   \\   \\   \\   \\    \\    三
海で首まで埋めるそりゃないよハニー 私だってきっと愛してるのこんなに
  ..三<(^o^)> <(^o^)>  <(^o^)>  <(^o^)> <(^o^)>  三
 ..三   ( )    ( )    ( )    ( )   ( )  三
..三   //   //   //   //  // 三
とうま首絞め とうまドア閉め そんな扱い私を苦しめ          ドゥイッドゥッドゥッドゥドゥイィィイイッドゥーン


AA見たら貼りたくなった
84 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 00:58:39.47 ID:bbYeUp.o
>>83
七人暮らしスレのアレか
あれは>>1はよく対応したと思うわ
85 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 10:52:20.94 ID:8d2c2XEo
残り79わっふるわっふる
86 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/18(日) 11:12:00.22 ID:ysh3toDO
欠番が出たから81ですね。せっかくだからオチに使おうと思います

わっふるされたのでとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第三回目を始めたいと思います
87 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 11:15:37.13 ID:ysh3toDO
21、登下校<アップダウン>


上条「よっ」

御坂「……なんでアンタが常盤台にいるのよ」

上条「よく帰り道、御坂と遭遇するだろ? だからたまは俺から遭遇してみようかなと思いまして」

――ヒソヒソ、ヒソヒソ

上条「あれ、なんか様子がおかしいぞ……?」

御坂「と、とにかく今は帰ってちょうだい! アンタが今ここに居られたら迷惑なの!」

上条「う、物凄いアウェイな空気を感じるんですが……。分かったよ、じゃあな」

御坂「ま、待って!」

上条「ん? 帰れとか待てとかどっちなんですか?」

御坂「今は帰ってほしいんだけど……後でメール送るから、絶対見てよね」

上条「忘れなかったらなー」

御坂「忘れんじゃないわよ!」

――――

上条「お、メールか。どれどれ?」

御坂『さっきはどっち付かずなこと言ってごめん。あの場ではあーするしかなくて……。遭遇する時は私から遭遇しに行くから、あんな驚くことはもう無しね』

上条「……。おーい、わざわざ陰に隠れてメール送らなくても直接言えばいいだろ?」

御坂「い、いつから気付いてたのよ?」

上条「そっちに行った野良猫が逃げて来たからもしかしてと思ってな」

御坂「う。今日は驚かされっぱなしだわ……なんか納得いかない!」

上条「へ?」

御坂「アンタを驚かしてやるからちょっと私に付き合ってよ!」

上条「いや、これからスーパーの特売がありまして……」

御坂「私も一緒に行ってあげるから早く来る!」

上条「あ、おい! 引っ張んなよ!」
88 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 11:16:08.34 ID:ysh3toDO
22、クラブ活動<クラブ>


絹旗「浜面がバレーに興味あるんて超驚きました」

浜面「これでも真面目に学校行ってた時はバレー部だったしな」

フレ「あーいるよねー、こういう中途半端なバレー部員て」

浜面「今でこそこうだが当時は真面目にやってたっての」

滝壺「だからはまづらの手は厚いんだね」フニフニ

絹旗「ほんとですか? 私にも超触らせて下さい」フニフニ

浜面「なんか照れるなこれは。ははは」

フレ「男のゴツゴツした手になんて興味ない訳よ」

麦野「へぇ、それなら私の手で逝かせてあげようか?」

フレ「是非! じゃなくて麦野いつからそこに!?」

麦野「ついさっきよ。……ふーん、バレーか」

絹旗「浜面は昔、超バレー部だったみたいですよ」

麦野「ははぁん、確かに脚の見え方がバニーと少し被るわね」

浜面「」ピクッ

滝壺「はま、づら……?」

フレ「結局、男は下半身が本体って訳よ」

絹旗「手を超洗ってきます……」

麦野「あーイカ臭ぇ」

浜面「女尊男卑だあぁぁぁ!!」
89 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 11:16:41.77 ID:ysh3toDO
23、放課後<アフタータイム>


御坂「やっほー、遊びに来たよー」

白井「遊びにってお姉様、支部は溜まり場ではありませんの」

御坂「そんな! 私は黒子に会いに来ただけなのに……っ!」

白井「そういうことなら私も大歓迎ですの!」バッ

御坂「それじゃあお邪魔しまーす」ヒラ

白井「ぐぅ、テレポートして抱き付くべきでしたわ……」

佐天「おっじゃましまーす! って白井さんはなんでダイビングヘッドを決めてるんですか?」

白井「先頭打者は任せてほしいですの……」

佐天「はぁ、」

御坂「あ、私お茶入れるね」

初春「どうもすみません」

御坂「いいのよこれくらい」

佐天「私は手作りクッキー持って来ましたー!」

初春「うわぁ! ありがとうございます佐天さん!」

白井(なんという疎外感ですの……)

御坂「黒子ー、あんたも早くこっち来なさいよ」

白井「! 今行きますのお姉様ぁ!」
90 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 11:17:18.54 ID:ysh3toDO
24、私服<セカンドユニフォーム>


垣根「なぁ、お前のその服って……」

一方「あァ? 文句でもあンのか?」

垣根「いや別にそういう訳じゃねえんだが」

一方「じゃあなンだっつンだよ?」

垣根「お前の服のセンスってよく言えばイメージを現してるよな」

一方「そりゃどォも。でェ、悪く言ったらなーンなンですかァ?」

垣根「悪く言ったら中二病っつーか……」

一方「ハァッ!? この服のセンスの良さがテメェには分かンねェのか!?」

垣根「正直さっぱり」

一方「これだからテメェは万年第二位なンだよォ」

垣根「その服のセンスで順位が決まるなら俺、第二位で構わねえわ」

一方「……。……そンなに変か?」

垣根「まぁ見る人によるとは思うが、少なくとも万人受けじゃないだろうな」

一方「そォか……」

垣根「……。最近隣の学区に『ファッションセンターはいむら』が出来たから行くか?」

一方「参考までに着いて行ってやるよ」

垣根「オーケー。飯はお前の奢りな」
91 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 11:17:52.15 ID:ysh3toDO
25、友達<フレンド>


一方「へェ、結構安いンだな」

垣根「ファッションセンターはいむらのウリの一つだな」

一方「安いけど大丈夫なのか?」

垣根「高けりゃいいってものでもねぇよ。安くてもいいものはある。ま、ハズレは安いものの方が多いのは当然だがな」

一方「ふゥン」

垣根「ここは値段の割にはハズレが少ないから学生達には人気あるんだぜ? 見ろよこの賑わい振りを」

ワイワイ、ガヤガヤ

一方「確かに俺らにとったら消費税みたいな値段だが、一般人にとってはリーズナブルなンだな」

垣根「そうだ。それに種類も豊富だから掘り出し物も結構あるんだぜ」

一方「お前って結構常識人なのな」

垣根「常識が通用しねえのは俺の未元物質だけだ」

一方「それは悪かった」

垣根「気にすんな。さ、見て回ろうぜ」

一方「あァ」

――――

打止「どこに行ってたの? ってミサカはミサカは手に持った袋を見ながら聞いてみる」

一方「友達とちょっと服を買いになァ」
92 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 11:18:31.20 ID:ysh3toDO
26、携帯電話<アイフォン>


神裂「ステイル、大変なことになりました!」

ステ「どうしたんだい? 血相かいて」

神裂「携帯電話が動かなくなりました!」

ステ「また充電し忘れたとかじゃないのかい?」

神裂「違います! ちゃんと電池はありますし、電波も入ってます!」

ステ「電波は関係ないんじゃ……」

神裂「と、とにかく見て下さい!」

ステ「はいはい」

神裂「……どうですか?」

ステ「あーこれはただキーロックされただけだね」

神裂「きーろっく?」

ステ「恐らく、なにかの拍子にボタンを長押ししてしまったんだろう」

神裂「これだから科学は……ッ!」

ステ「だから、らくらくフォンにしろって言ったのに」

神裂「私はまだ若い!」
93 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 11:19:25.32 ID:ysh3toDO
27、メール<メール>


上条「なに書いてるんだインデックス?」

禁書「ハガキなんだよ」

上条「ハガキ?」

禁書「とうまの買ってきた雑誌についてきた懸賞応募用ハガキなんだよ」

上条「あーあれか。確かメールでも応募出来なかったか?」

禁書「メールよりもハガキの方がよく当たるって短髪が言ってたんだよ!」

上条「御坂が? そういやあいつ、そういう雑誌よく買ってるから詳しそうだもんな」

禁書「絶対に当てるからとうまは期待して待ってるといいかも」

上条「それは楽しみだな。それでなんの懸賞なんだ?」

禁書「お菓子の詰め合わせ缶なんだよ!」

上条「へぇ、なかなか悪くないな」

禁書「おっかし、おっかし、おっかーしー♪」

上条(欲丸出しだと当たらないって言うよな)

――――

禁書「当たったんだよ!」

上条「こいつの欲はレベル6か!」
94 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 11:20:09.04 ID:ysh3toDO
28、春<スプリング>


一方「オラァ、もっと飲めや三下ァ……」

上条「もう飲めねぇって! つーか俺達、酒飲んじゃまずいだろ!?」

浜面「散々飲んでおいてそれはちょっとおかしいんじゃないか、上条当麻さんよぉ……?」

上条「お前も出来上がってんのか!?」

一方「せっかく人が公園の桜を見渡せる最高の一室を用意したってのに水を差すンじゃねェですゥ」

上条「どこの翠の人形だよお前は!」

浜面「当麻。酒を注いで頂戴」

上条「お前は紅か!」

一方「今日は余計なこと忘れて飲み明かそうぜェ」

浜面「たまには男同士、腹割って話そうぜ」

上条「アルハラだーっ!!」

――――

上条「だからよぉ、俺はあれでもねぇこれでもねぇってそれから――」

一方(説教始めやがった……)

浜面(空き缶に向かってなにやってんだよ……)
95 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 11:20:44.11 ID:ysh3toDO
29、テレビ<テレビ>


御坂「なーんで私達の寮はテレビ禁止なんだろ」

白井「風紀を乱さないため、仕方ありませんの」

御坂「なくてもパソコンや携帯で見れるんだけど、やっぱりちゃんとした画面でリアルタイムで見たいわ」

白井「そうですわね。私のテレポートを使えば寮監の目は欺けそうですが、私がいない場合はどうしようもありませんの」

御坂「そうよねー。あ、そういえば寮監の部屋の奥の休憩室にはテレビあるらしいわね」

白井「んまっ。それは初耳ですの」

御坂「実はそこに住んでるんじゃないかって噂もあるらしいわ」

白井「まぁ、鋼鉄の処女<ダイヤモンドヴァージン>の異名を持つ寮監に帰りを待つ人なんていませんしね」

御坂「く、黒子」

白井「はい?」

御坂「うううう後ろ、後ろ」

白井「後ろ? ぎぇッ!?」

寮監「ふん」

白井だったもの「……」

寮監「御坂」

御坂「は、ひゃい!」

寮監「今ここで白井だったものにされたくなければ……分かってるな?」

御坂「課外学習頑張りますっ!!」
96 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 11:21:20.85 ID:ysh3toDO
30、ラジオ<ラジオ>


佐天「木山さんていっつも目の下に隈つけてますけど、やっぱり研究職って忙しいんですか?」

木山「研究している内容にもよるが、案外暇なものだよ」

佐天「どうしてですか? イメージとしては、ずぅっとパソコンとかを眺めてるイメージがあるんですけど」

木山「動かしてるのは脳だからね。それに忙しいっていうのは実はよくないことなんだよ」

佐天「へ?」

木山「忙しいという状態は大抵イレギュラーが発生した時だ。もちろん悪い意味でね」

佐天「なるほど。でもなにか実験が成功した時も忙しくなるんじゃないんですか?」

木山「誰も実験が失敗すると思って実験しない。成功すると思って準備を進め実験するんだ。だから成功したらすぐ次の研究が始まるんだ」

佐天「えーっとつまり、成功は通過点の一つに過ぎないからそこでいちいち止まるなってことですか?」

木山「あぁ、そうとってくれて構わない」

佐天「研究職が意外と暇なのは分かりました。それで結局、木山さん目の下の隈さんの正体はなんですか?」

木山「ふむ……恐らくラジオのせいだろう」

佐天「ラジオ? 深夜ラジオですか?」

木山「そうだ。最近はまってしまってな」

佐天「私も眠れない夜とかにたまに聴きますけど面白いですよね!」

木山「あぁ。ぼーっとデータ見ながら聴くとちょうどいいんだ」
97 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 11:25:14.64 ID:ysh3toDO
これでとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>第三回目を終わります。第四回目は夜にでも始めたいと思います

途中に上琴入ってるのは単純に俺が好きだからです
それと誰かカタカナのセンスを下さい。原子崩しでメルトダウナーとかみたいなセンスが欲しい
98 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 11:29:50.56 ID:8d2c2XEo
乙乙。4コマみたいな空気大好き。

しかしどうして79という数字が出てきたし俺。
99 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 11:37:40.31 ID:waMgjkco
乙ゥ よくネタ出るね
個人的に>>90のはいむらがツボったわ
100 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 11:43:54.03 ID:kBfuCcY0
木山せんせ、ラジオ番組で紹介してもらい辛いような長文を毎日せっせと書いては送ってそうだ
ペンネームは使わないか、さもなければコメントに困るような変なやつ。
101 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 11:49:30.70 ID:DVLTGQDO
乙乙
とあるのカタカナはほとんどこじつけの造語だから
単純な英訳でいいんじゃない。
102 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 12:29:50.38 ID:ysh3toDO
ツンデレヒロインと鈍感主人公の少し進んだ関係が大好きだ

鈍感主人公が「あれ、俺ってこいつのこと……」みたいな感じになって自分の気持ちがよくわからなくなって軽くツンデレ化
ヒロインは自分の気持ちがハッキリとしながらも鈍感主人公との付き合い方に慣れてきて「あーはいはい」みたいに少しクールになる

この時の二人のいつもとは違うギクシャク感が大好きだ

要は新刊が楽しみだ
103 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 17:07:10.79 ID:UBfacIAO
俺厨2病末期だからカタカナ好きだよ
オリジナルの厨2小説に良く出てくるし
104 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 18:46:53.21 ID:hODkYuk0
木山せんせーがぶりんとか聞いてたら興奮する
105 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 20:52:28.62 ID:Tli0ouYo
一方さんと垣根くんの友達っぷりが好きだ
106 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/18(日) 21:25:27.85 ID:ysh3toDO
花火が奇麗だった

ではこれよりとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第四回目を投下します
107 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 21:26:43.85 ID:ysh3toDO
31、体操服<スポーツユニフォーム>


佐天「うーいはるーん!!」

初春「……」

佐天「あ、あれ?」

初春「どうかしまたか佐天さん?」

佐天「初春……あんたが短パン穿くなんてなんか色々間違ってるよ!」

初春「もう佐天さんにスカート捲られるのは嫌ですからね」

佐天「ちぇ。……はっ! まさか変わりに下着を穿いてないとか!?」

初春「ちゃ、ちゃんと穿いてますよぉ!」

佐天「ですよねー。でも短パンじゃつまらないな……」

初春「つまる、つまらいの問題じゃありません!」

佐天「そうだ! ブルマなんてどう?」

初春「えぇ!? ……なんか下着より恥ずかしいです……」

佐天「なにっ!? 恥ずかしい!? よし、じゃあ穿け!」

初春「お断りします!!」
108 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 21:27:12.99 ID:ysh3toDO
32、プール<プール>


一方「ヒャッハァー!! 回れ唸れ捻れろォォォッ!!」

ワーワー!! ギャーギャー!!

一方「ギヒャハヒャフヒャヒャ!!」

――――

一方「はい。ほンとすいませン。調子に乗ってすいませン。しっかり弁償するンではい」
109 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 21:27:52.01 ID:ysh3toDO
33、喧嘩<アサルト>


上条「なにかあるとすぐ電撃飛ばすのやめてくれねぇかな……」

浜面「お前はまだその右手があるからいいだろ。俺なんてなんもねぇんだぞ?」

上条「それでも大変なんだよ」

浜面「ばっかお前。それでも向こうが手加減してたらなんとか助かるだろ? 俺なんて穴開くの確定済みなんだぜ?」

上条「うわっ、痛そう……」

浜面「この間『尻の穴から口までを最短距離にしてやろうか』なんて恐ろしいことを言われたよ……」

上条「俺もこの間『アンタの体に流れてる脳からの生体電流、逆にしたらどうなるかしらね?』って言われたぜ……。右手どうこうの問題じゃねぇよ……」

上条・浜面「あぁ、不幸だ……」

一方「甘ぇ。甘ェよ三下共」

上条「はぁ? 打ち止めがなにかすんのか?」

一方「なにかってレベルじゃねェーよ」

浜面「お前の能力なら別にどうってことないだろ?」

一方「あるンだよ。それが」

上条「一体なにがあるんだ?」

一方「演算補助を切られるンだよ。動けねェわ考えられねェわ喋れねェわだで、テメェらよりやべェンだよ」

浜面「そ、それだけだよな?」

一方「はァ? ンなわけあるかボケェ。あのクソガキ、なンにも出来ねェ俺の顔に悪戯書きとかしてくンだよォ。うぜェったらねーわ」

上条・浜面(発想が子供でよかったな……)
110 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 21:28:38.03 ID:ysh3toDO
34、体育祭<スポフェス>


土御門「アニメの二期に期待ぜよ」

上条「だな」
111 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 21:29:08.64 ID:ysh3toDO
35、ニックネーム<ニックネーム>


麦野「私達って不敏なニックネームつけられてるわよね」

垣根「お前はまだいいだろ。俺なんか冷蔵庫とか家電で呼ばれてんだぞ?」

麦野「あーそれ、私だわ」

垣根「てめぇか!!」

麦野「はいはいめんごめんご」

垣根「チッ、まぁいい。そういや最近、麦のんからターミネーターとかになってんな」

麦野「あの表紙のせいだっつーの。私はただ浜面をブチ殺したいだけ」

垣根「なんかいいニックネームが欲しいな。しずりんとかどうだ?」

麦野「はぁ? そんな古臭いのいらないんだけど」

垣根「そんじゃあ、しずちゃん」

麦野「池袋か」

垣根「しずしず」

麦野「言いにくい。却下」

垣根「りんりん」

麦野「パンダか!」

垣根「ムギアーノ・シズリーヌ」

麦野「誰だよ!!」
112 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 21:29:39.08 ID:ysh3toDO
36、更衣室<ドレッシングルーム>


上条「あのー……私、上条当麻はどうして縛られてるんでせうか……?」

土御門「LS防止委員会からのお達しぜよ」

上条「LS防止委員会? なんだなぁそりゃ」

青髪「ラッキースケベ防止委員会のことや」

上条「んなもん聞いたことねぇぞ!」

土御門「カミやん以外の男子は皆所属してるはすだから当たり前だにゃー」

上条「いつの間にそんなことが……」

青髪「普通の体育の着替えなら構わへん。けど今は女子の更衣室は電気系のトラブルで使えへんようになって教室で着替えてるんや。そんな状況にカミやんを野放しにしたら……」

上条「でもさ、俺がお前たちと一緒にいたら安全だろ? だからこれを解いてくれよ」

土御門「それは駄目ぜよカミやん」

上条「なんでだよ!?」

青髪「なんとなくや」

上条「お前ら後で覚えてろよ……!」

――――

上条「縛られてたから最後になっちまった。早く着替えねえと」

吹寄「上条当麻、ここにい……ななな、なんで着替え中なの!? ばかっ!」

上条「逆ラッキースケベですか!?」
113 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 21:30:01.73 ID:ysh3toDO
37、身体測定<ボディーチェック>


御坂妹「身体測定の結果はどうでした? とミサカは興味津々で尋ねます」

御坂「……私の身体測定の結果がアンタになんの関係があるっていうのよ?」

御坂妹「大いにあります」

御坂「どこにあんのよ?」

御坂妹「クローンであるミサカ達の伸びしろはお姉様にかかっているのです、とミサカはない胸を見下ろします」

御坂「胸ならちゃんとあ、あるわよ!」

御坂妹「Aはある内に入るのですか?」

御坂「需要ならどこかにあるはずよ……」

御坂妹「おー、なるほど。とミサカはうまい切り返しに手をポンとします」

御坂「お母さんがそれなりにあるからまだまだこれからだと思うんだけど……」

御坂妹「ミサカは牛乳とキャベツをかかしてません、とミサカはお姉様とは違うところをアピールします」

御坂「あれ迷信よ迷信」

御坂妹「マジで?」

御坂「うん。ジャンケンの前に組んだ手を覗くと勝てる、くらいのレベルの話よ」

御坂妹「……ミサカの努力は一体……?

御坂「他にも方法あるんだから次頑張りなさい!」

御坂(言えない。私も試して体重が増えただけだったなんて言えない)
114 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 21:30:29.23 ID:ysh3toDO
38、出欠<アテンダンス>


上条「不幸だ……」

土御門「まぁ色々仕方ないぜよ」

上条「それはそうだけど……」

土御門「向こうは向こう、こっちはこっち。一緒にしたら駄目なんだにゃー」

上条「お前はたまに手厳しいことをサラッと言うよな」

土御門「そうかにゃー? ま、そういう世界にいるんだから厳しくないとやっていけないんだぜい」

上条「そうだよな。あー、冬休み無しでいいから出席なんとかならねえかなー」

土御門「冬休みは冬休みでなにかあるんじゃないのかにゃー?」

上条「そういうフラグは建てちゃダメ、ダメなの、ダメなのですの三段活用!」

土御門「万が一のために確認したいことがある」

上条「な、なんだよ? 急にシリアスモードになって……」

土御門「留年したらちゃんと『先輩』をつけろよ?」

上条「なっ!?」

土御門「学年が違うんだから当たり前だろ?」

上条「その幻想をぶち壊す!」

土御門「あらよっと」ヒョイ

上条「え?」

青髪「ぶはぁっ!!」

上条「あ」

姫神「凄い出血!」
115 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 21:32:07.13 ID:ysh3toDO
39、学級閉鎖<シャットアウト>


禁書「とうまでも風邪は引くんだね」

上条「とうまでもってなんですか!? まさかバカは風邪を引かないとか思っぶえっくしょん!」

禁書「とうま、騒いだから悪化するから寝てなきゃ駄目かも」

上条「あ、わりぃ。でも流行りの風邪で助かったよ」

禁書「どうして?」

上条「この風邪で学級閉鎖になったから出席が危うい上条さんにとっては凄くありがたいんですよ」

禁書「そう。でも無理しちゃ駄目なんだよ」

上条「分かってるって」

禁書「む、その反応は分かってないかも」

上条「分かってるよ。それに早く治してインデックスに飯作ってやらないとな。いつまでもインスタントだと飽きるだろ?」

禁書「それはそうだけど……ってこんな時に私の心配するなんてやっぱり分かってないんだよ!」

上条「う、」

禁書「私にだって風邪っぴきの看病くらいできるんだよ!」

上条「そっか。そんじゃあ色々任せるよ」

禁書「まっかせられたんだよ!」
116 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/18(日) 21:33:10.93 ID:ysh3toDO
40、保健室<セーブルーム>


芳川「もう一度教師、目指そうかしら」

黄泉川「やっと働く気になったか! 嬉しいじゃん!」

芳川「でも困ったわ」

黄泉川「なにがじゃん? 桔梗なら筆記は楽勝でパス出来るはずじゃん?」

芳川「そういうことじゃなくて」

黄泉川「じゃあなにを困ってるじゃん?」

芳川「ほら私って優しいじゃなくて甘いじゃない? だから教師になったとしてもクラスをまとめられる自信がなくて……」

黄泉川「うーん……でも桔梗と同じかそれ以上にパッとしない奴でも教師とアンチスキルやってるからきっと大丈夫じゃん!」

芳川「私よりって……その人は大丈夫なの? その、色々と」

黄泉川「端から見れば言いたいところは山ほどあるけど、一生懸命な人間を悪く言えないじゃん」

芳川「そう。でも私はそこまでアグレッシブにはなれないわ」

黄泉川「昔から桔梗はバタバタするようなタイプじゃないもんな。あ、そうだ。いいポジションを思いついたじゃん」

芳川「どこ?」

黄泉川「保健室の先生とかどうじゃん?」

芳川「なるほどね。悪くない選択だわ」

黄泉川「だろだろぉ? コネなら任せるじゃん!」

芳川「ありがとう。でも一つ致命的な問題があるわ」

黄泉川「ん?」

芳川「私にやる気がないことよ」

黄泉川「……。一方通行!」

一方「あン?」

黄泉川「やる気のベクトルって操作出来るか!?」

一方「そォいうのは専門外だ」
117 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 21:34:25.01 ID:ysh3toDO
これでとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第四回目を終わります

てか投下少ないね。このままじゃ俺のスレになっちゃうよ
118 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 21:38:05.15 ID:z3BOr8Yo
前期末テストなンだよォ


勉強もせずに書き溜めとか何してんの俺[ピーーー]
119 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 21:40:27.88 ID:5ulZ4AAO
あんしんするんだよ!
おれがいまわかがえった春生ちゃんのものがたりをかきためちゅうだから!
かんせいはあしたいこうになるかもだけど!
ゆめおちしゅうがひどいけどね!
120 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 21:48:41.63 ID:BQ7/psAO
既に夏期休暇の俺歓喜
121 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 21:49:31.67 ID:BAGrxTwo
乙乙ー

今書いてる。しばし待て。



全然進んでないけど!
SSって難しいな……
122 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/18(日) 22:05:08.85 ID:4YEsYnA0
>>117
花火を自分のスレに落としたし、今混浴という人生初のシーンを書いてるからなぁ……
ちょっと頑張るか。一方通行と垣根のキャラ壊れまくりだけど。
123 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 22:17:34.09 ID:mmP.SpU0
>>1を読んで舞夏を出したくなったんだがどうも扱いづらいww
戦えたっけこの子
124 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/18(日) 22:18:58.12 ID:2JapKPwo
書いてるけど全然進まないんだぜ……
不幸だ……

リアルタイムで書いてると余裕で進むのに、書きためようとすると進まないのは何故なんだぜ?
125 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/18(日) 22:31:33.66 ID:GclZJsDO
>>124
リアルタイム→早く書かなきゃって思う
書き溜め→時間あるからって思って気が散る
とか?

ちなみに俺もただいま絶賛この現象中で超困る
126 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 22:33:32.37 ID:z3BOr8Yo
PCより携帯で書いた方がはかどる
多分サイト巡りとかしないから

それをメールでPCに送るんだが、こないだ友人に誤爆してな……
オタ友でなければ死んでいるところだった
127 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 22:39:18.88 ID:ysh3toDO
パソコンで適当な動画見ながら携帯で書きためてる。俺の場合ながら作業すると何事もはかどる
128 :yoshikawa [sage]:2010/07/18(日) 22:48:06.32 ID:QS8VpEU0
研究全然やってないけど書いてる。
もうすぐ研究結果発表なんだぜ。
129 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 23:03:19.62 ID:ktzclcg0
キャラ崩壊注意でスマンが2レス投下

原作では
「もともと人は不幸だが幸福が積み重なって±0になる。しかし
 上条さんの右手はそれを打ち消してしまうので不幸のまま」
としている、と俺は解釈してるんだが

「もともと人は幸福だが不幸が積み重なって±0になる。しかし
 上条さんの右手はそれを打ち消してしまうので幸福のまま」
になると…って話です
130 :原作1巻から3巻にかけての話 1/2 [sage]:2010/07/18(日) 23:04:19.12 ID:ktzclcg0

上条「寝坊したらなんか白い布団が窓の外にかかってる気がしたので見に行こうとしたが腹が痛かったので先にトイレに籠った」

上条「そしたら『すまないが布団が引っ掛かってしまったようだ。鍵が開いているようだからとらせてもらうよ』と謎の男の声が聞こえた」

上条「顔も知らぬ彼は謝罪と言ってパンを5個くれた」

上条「幸福だ」


――――――――


上条「毎日2円ずつ貯めていた金が札になったのでうれしくてシェークを買いにファーストフード店にいった」

上条「そしたら巫女さんみたいな子が100円くれとせがんできたのでハイテンションのままにシェーク代を彼女にあげた」

上条「彼女はお礼に何回でも使えるハンバーガーの無料チケットをくれた」

上条「幸福だ」


――――――――


上条「小銭が110円しかなかったので二千円札を自販機に投入しようとした」

上条「しかし釣銭返却口に10円が落ちていたので財布が重くならずに済んだ」

上条「さりげない幸福だ」




一方「超電磁砲が挑んできたが気絶させるだけにさせておいた」

一方「アイツの気持ちもわかる気がしたので10032号以降は秘密で殺さずに治療して生かしておくことにした。」

一方「芳川に気づかれたがクローン共の短命をなんとかしてくれるらしい」

一方「10031号以前のクローンにはしっかりと毎日黙祷しよう」

――――――――
131 :原作1巻から3巻にかけての話 1/2 [sage]:2010/07/18(日) 23:05:37.12 ID:ktzclcg0
――――――――


上条「ある日学校に行ったらなんの能力か知らないがクラスメートの青髪ピアスが銀髪の美少女になっていた」

上条「しかも小萌先生がものすごいインテリ美女アナウンサーになっていた」

上条「授業が新鮮だった。しかも先生のパンチラを見た」

上条「幸福だ」


――――――――


上条「レストランで飯食ってたら爆発事件っぽいものがおきた」

上条「店員さんがせめてもの謝罪といってドリンクバーを無料にしてくれた」

上条「幸福だ」




一方「レベル6になったらしい。これで人を傷つけることもない。平和だ」

一方「ちょっと平和ボケしてみたいので平穏な高校に転校してみることにする」


――――――――

上条「鈴科百合子という子が転校してきた」

上条「スカートが短いうえにアルビノ美少女である。早々友達になってゲーセンにいった。フラグが立った気がした」

上条「幸運だ」




一方「女装は想定外すぎたがみんなが優しくしてくれた」

一方「芳川に言われた時はブチ切れるところだったが案外美少女扱いされたので何かに目覚めそうだ」

一方「上条というやつと友達になってゲーセンに行った」

一方「なんだか幸福っぽい」
132 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 23:06:51.62 ID:ktzclcg0
>>131の名前変更するの忘れてたスマン
「原作4巻から6巻にかけての話 2/2」
です

よし俺が投下したからがんばれ100噺の人
133 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 23:08:42.01 ID:UhmKEv2o
上条さんが幸せになってる裏では誰かが不幸になってる気もするな
134 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 23:16:32.52 ID:PbaAb.Eo
なんとなくだがこの上条さんはフラグを全く立てない気がする
135 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 00:06:12.87 ID:8/oaYQDO
なんか誰かの幸福は誰かの不幸で成り立ってる話思い出した。
136 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:28:00.78 ID:xTOAIQAO
バタフライ・エフェクト的な
137 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 02:46:29.21 ID:aQN89OI0
>一方「ちょっと平和ボケしてみたいので平穏な高校に転校してみることにする」

なんというか無性に吹いた
138 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 03:02:51.32 ID:tcEE.3Qo
>一方「芳川に言われた時はブチ切れるところだったが案外美少女扱いされたので何かに目覚めそうだ」

目w覚wめwんwなwwwww
さすがレベル6、色んな意味でマジパネェっす
139 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 08:49:01.29 ID:1IWYsnoo
コナンみたいな殺人事件のSSなんだけど、
事件編と解決編で分けた方がいいかな まとめた方がいいかな
今事件編だけ書き終わったんだけど。
140 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 09:16:16.80 ID:qd9DJEDO
事件編投下

wktkを誘う

解決編投下

な、なんだってーを誘う


見てる人が一番多そうな夕方と夜の時間の2つに分けたらどうだろうか?
141 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/19(月) 10:10:33.55 ID:10.MMwSO
事件編投下前

いつもどおりのwktk

事件編投下中

いつもとは違う感覚のwktkに皆戸惑う

事件編投下後

この新しい感覚のwktkに物議が起こる

解決編投下前

過度のwktk分泌により気を失う者や死亡者多数

解決編投下中

wktkインパクトが発生する

解決編投下後

とんでもないwktkをもたらした事によって歴史に名を刻まれる
142 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 10:26:17.52 ID:qd9DJEDO
ハードル上がりすぎww
143 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 11:40:25.53 ID:8/oaYQDO
推理が可能ならわけたほうがいいんじゃない。
超展開で推理が不可能ならまとめた方がいいと思う。
144 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/19(月) 13:09:09.73 ID:qd9DJEDO
そろそろ飽きた人もそうでない人もどうか読んでやって下さい
これよりとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第五回目を始めたいと思います
145 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 13:09:54.24 ID:qd9DJEDO
41、図書室<ライブラリー>


佐天「今は色んなものがデジタルな世の中で、ここに来るとアナログを感じるよねー」

初春「なんだか都会と田舎の言い回しみたいですね」

佐天「そんな感じじゃない? 学園都市が発行してる本てあのー、データ書籍じゃなくて……」

初春「電子書籍のことですか?」

佐天「そう、それそれ! 電子書籍がデジタルとすると図書室の本はアナログじゃない?」

初春「言われてみれば確かに、科学の最先端の街でこんなにアナログなものがあるって凄いですね」

佐天「でしょ? あーぁ、ここにあるもの全部データ化すれば、本の整理なんてしなくてもいいのに」

初春「それはそうですけど、なんでもかんでもデータ化すればいいってものではありませんよ佐天さん」

佐天「どうして?」

初春「データは所詮は0と1の集合体で動力がなければどうしようもありません。ですから重要な資料などは何個バックアップを取り、コピーなどをして保管するんです」

佐天「そっか。その点、こういう本は中身が消えるとかないもんね」

初春「はい。それに御坂さんの電撃でおかしくなることもありませんし」

佐天「本人のいないところでは結構黒いこと言うよね、初春……」

初春「ほぇ? なんのことですかぁ?」
146 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 13:10:32.05 ID:qd9DJEDO
42、夏休み<サマーライフ>


上条「来年こそは、楽しい夏休みを!」

小萌「上条ちゃんはきっと補習なのですよー」

上条「そりゃないっすよ先生!」

小萌「私はただ単に今までの上条ちゃんの学力から予想したまでです」

上条「何故ここまで差がついたのか。慢心、環境の違い……」

姫神「私が教えてあげようか?」

上条「いいのか姫神!?」

姫神「そのくらいなら構わない」

女生徒(お嬢様学校から来たからって……!)

上条「姫神は女神でもあったわけだ!」

姫神(なんでだろう。誉められてるはずなのに。この釈然としない言い回しは)
147 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 13:11:06.56 ID:qd9DJEDO
43、冬休み<ウインターライフ>


上条「悪い、待ったか?」

美琴「もう、クリスマスって一大イベントに遅れるってどういうことよ?」

上条「来る途中の信号に全部引っ掛かってさ……」

美琴「こんな日まで不幸をよこすなんて、当麻の神様は一体どういうつもりなんだろうね?」

上条「さーてね。でも今日は美琴と今日という日を過ごせるなんて幸せだよ」

美琴「ななっ!? 急に恥ずかしいこと言わないでよ。ばかっ……」

上条「ははは。お、雪だ」

美琴「ほんとだ。まさにホワイトクリスマスね」

上条「それじゃあ、そろそろ行くか美琴」

美琴「うん。あ、当麻」

上条「ん?」

美琴「手、繋ご?」

上条「あぁ、いいぜ」

――――

ガバッ!!

上条(な、なんなんだ今の夢は!? ついに宇宙の法則でも乱れちまったのか!? あーダメだダメだ、寝よ寝よ。……。……寝れねぇ)

バサッ!!

御坂(ななななななな、なによ今の夢は!? ってか夢!? じゃあなんで目覚めてんのよ! バカバカ私のバカッ! もう一回寝れば! ……。……寝れない)
148 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 13:11:40.95 ID:qd9DJEDO
44、春休み<スプリングライフ>


上条「春休みってなんか微妙な感じだよな」

青髪「せやなぁ。夏休みや冬休みとは違うノリやな」

土御門「課題が出ないだけマシだにゃー」

上条「俺らの高校じゃ出ないけど他じゃ出るみたいだぞ」

青髪「うわー、それは大変やなー」

土御門「それに春期講習なるものもあるそうだぜい」

上条「な、なんだそのおぞましい単語は……!」

青髪「あーっ! 僕の頭が侵食されていくぅ!!」

土御門「夏期講習……」

上条「やめてー! 上条さんのライフはもう0よ!」

青髪「ぎゃー! 全身が真っ青になってまうー!!」

姫神「私。それ。すっごく見てみたい!」

吹寄「こらこら、近付くとバカが移るわよ」

土御門「冬期講習……」

上条青髪「ぬわーっ!!」
149 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 13:12:12.24 ID:qd9DJEDO
45、ゴールデンウイーク<ゴールデンウイーク>


姫神「ゴールデンウイークって単語。民放でしか使われてないって知ってた?」

吹寄「え、そうなの?」

姫神「うん。○HKでは使われてないの」

吹寄「そういえば大型連休って言ってるわね。でも、どうして?」

姫神「ゴールデンウイークは元々業界用語で。N○Kがその単語を使うと宣伝になることと。お年寄りや休みじゃない人に配慮して。大型連休にしてるの」

吹寄「へぇー。何気なく聞いてたけどNH○にはそんな理由があったのね」

姫神「そう。でも。あっちはそんなことどうでもいいみたい」
上条「やっぱり日本人なんだから漢字だろ。黄金週間!」

青髪「やっぱりかっこよく英語やって。GW!」

土御門「俺は舞夏と休みが合えばなんだっていいにゃー」

吹寄「男ってバカよね」
150 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 13:12:47.87 ID:qd9DJEDO
46、避難訓練<テイクシェルター>


青髪「ぐわぁっ!!」

上条「青髪!? ちくしょう、タイミングよく天井がくずれやがって!」

土御門「大丈夫か青髪!? 今、どけるからな!」

青髪「うぐっ、僕はもう無理や……」

上条「なに言ってんだよ!? 絶対に生きて帰ろうって約束したじゃねぇか!?」

土御門「約束を破るなんて、お前それとも親友か!?」

青髪「……ごめん」

上条「いいって。よっしゃあ、瓦礫を持ち上げるぞ土御門!」

土御門「任せろ! 待ってろ、俺らが絶対助け出してやるからな!」

青髪「二人とも危ない!」

上条土御門「え?」

――スパーン! スパーン!

吹寄「なにやってんだ貴様らは!」

上条「いってぇ。なにって避難訓練だよなぁ?」

土御門「いたた。そうだぜい。もう少しで助けが来るところだったのにゃー」

吹寄「助け?」

姫神「怪我人はいませんかー!?」

吹寄「あんたもかっ!」

――スパーン!
151 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 13:13:18.03 ID:qd9DJEDO
47、通知表<リザルト>


土御門「カミやんはなんだかんだ言って成績は普通だにゃー」

青髪「ほんまに?」

上条「ほらよ」

青髪「……ほんまや。これは意外やわー」

上条「日頃の補習も無駄ではなかったわけだ!」

土御門「理数系の悪いところをうまく他でカバーしてるぜよ」

上条「そういうのはいいんだよ。お前らはの成績はどうなんだよ?」

土御門「ほらよ」

上条「げっ! なんでお前こんなに成績いいんだよ……」

土御門「人は見かけによらないってことだにゃー」

上条「お前程そのセリフが似合う奴は知らないよ。青髪、お前はどうなんだよ?」

青髪「ほれ」

上条「……。お前、勉強出来んのに補習参加してんじゃねえよ!」

青髪「小萌てんてーの喜ぶ顔が見たくてついいい成績取ってしまうんや!」

上条「こうなったらまた姫神に頼んで……」

女生徒「え? 今なんて?」

上条「姫神また勉強教えてもらおうかなって……」

女生徒「ひーめがみさぁぁぁん?」

姫神「待って。話せば分かる」

女生徒「抜け駆けしてんじゃないよ!」

姫神「あうちっ」
152 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 13:13:59.99 ID:qd9DJEDO
48、マラソン大会<マラソン>


上条「なんだよ。もうへばってんのか?」

土御門「カミやんは、なんでそんなに、元気、なんだにゃー」

青髪「しかも、息も乱れて、ないって、どういう、ことや」

上条「日頃色んな奴から追いかけ回されたり、追いかけたりしてれば体力もつくって!」

土御門「要は、体力バカ、ってことぜよ」

上条「なんだと!?」

青髪「声を荒げる、元気も、あるんやね」

上条「ははは! このまま15分説教も余裕だぜ!」

小萌「青髪ちゃーん! 上条ちゃんに負けちゃダメですよー!」

青髪「よっしゃああああっ! 任せろおおぉぉぉ!!」ダッ

舞夏「兄貴ー! 上条当麻に勝ったらご褒美なー!」

土御門「おっしゃああああっ! 待ってろ舞夏ぁっ!!」ダッ

上条「元気ありまくりじゃねえかよ!」

禁書「とうまー! 学食タダ券のために負けちゃダメなんだよー!」

上条「インデックスは食い物目的だろ……。だぁーちくしょう! 待てよお前らああぁぁぁぁ!!」ダッ
153 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 13:14:47.88 ID:qd9DJEDO
49、文房具<ステーショナリー>


戦場ヶ原「私の良き戦友(とも)にこんな安っぽいカタカナを付けるなんて、よっぽど鋏まれたいのかしら? それともエグられたいのかしらね」

上条「あのー、どちら様でせうか?」

戦場ヶ原「あえて言うなら、本家様よ」

上条「本家、様……?」

戦場ヶ原「ええ。人は皆、プリティーでキュートな私をプリキュアと呼ぶけれど」

上条「絶対にそれはねぇよ!」

戦場ヶ原「あら、レディーに向かってプリティーでもキュートでもないって随分失礼ね。バ上条」

上条「バ上条って……」

戦場ヶ原「あら、気に入らなかった? そうね。ゴミ条……いえ、カス条なんてどうかしら?」

上条「どうしてわざわざ言い直したんですか!? しかも余計悪い方に!」

戦場ヶ原「それよりハゲ。いいえ上条君」

上条「なんつー間違え方だよ……。それで、なんですか?」

戦場ヶ原「私の名前は戦場ヶ原。戦場ヶ原ひたぎよ。よろしく」

上条「今更自己紹介ですか!? あー、知ってそうだけど上条当麻だ。一応よろしく」スッ

戦場ヶ原「……ごめんなさい。私、阿良々木君以外の男性とは触れられないの」

上条「そ、そうか。すまん」

戦場ヶ原「もっとも、そんなイカ臭そうな手なんて最初から触れたくもないけれど」

上条「大丈夫ですぅ!」

戦場ヶ原「そう? それじゃあそろそろ戻るわね。ばいびー」

上条「ば、ばいびー……。なんだろ、どんな能力者よりも手強かった気がする……」
154 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 13:15:24.43 ID:qd9DJEDO
50、髪型<ヘアースタイル>


上条「御坂、お前髪伸びたか?」

御坂「最近、忙しくして切りに行く暇がないのよね」

上条「ふーん」サワ

御坂「ひぃ!?」

上条「悪い! つい……すまん!」

御坂「だ、大丈夫。少しビックリしただけだから……」

上条「そ、そうか」

御坂「だから、アンタが悪いと思うことないのよ。触りたかったら、さ、触ってもいいのよ?」

上条「じゃあお言葉に甘えて……」

御坂「うん」

上条「……。あ、」

御坂「ど、どうしたの?」

上条「枝毛」

御坂「枝毛? あー、髪長くなってくるとどうしてもね」

上条「へぇ。……」

御坂「あ、ちょ、裂かないでよ!?」

上条「もうおせーよ」

御坂「やぁ、ちょっとぉ」
155 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 13:20:38.92 ID:qd9DJEDO
これでとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第五回目を終わります。第六回目は今夜にでも



カップリングについて→上琴は夫婦のSS書くくらい好きなので仕様です

魔術側について→基本的には学校に関係してるお題なので出しにくいのです

時系列やキャラ等々→細けェこたァいいンだよ
156 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 13:22:52.90 ID:z0vU7QY0
姫神がいつになく輝いてるな
157 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 13:24:25.02 ID:1IWYsnoo
まさかここでガハラさんが出るとは思いによらなかった
158 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 13:59:17.48 ID:EWLRbxUo
枝毛のあたりでニヤニヤした
159 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 14:29:43.33 ID:nhebl7s0
いいニヤニヤでつた
160 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 15:52:14.35 ID:Sp.j1iA0
夢の中でもデートするなんて…さすが夫婦
161 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 15:59:45.01 ID:1IWYsnoo
何レスかお借りします

殺人事件により既存のキャラの死亡表現及びグロ注意。
前篇です。
162 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:00:26.95 ID:1IWYsnoo
やぁ。
先に言っておく。
これは単なる戯言だ。そして全部が嘘、なんだ。

偽善者「みーくん」と、限りなく青色のサヴァンにも似た「いーちゃん」のお話。
この物語に、髪の毛から服まで真っ赤の、人類最終とも言われる、俺の同類「まーちゃん」は出てこない。
これは小さな小さな学園都市の人間どもの騙し合いのお話なんだ。

さて、そろそろ始めようか。

これは昔々、俺上条当麻ことみーくんと、いーちゃんことインデックスが巻き込まれた、とある殺人事件の話だ。

そう、あれは確か超能力者の御坂美琴とその妹とさらに妹が、「戯れ事」で豪華客船を一隻まるまる借りて行ったんだよな――



   とある船上の首無事件<クビキリサイクル>  幻想殺しと銀色ライブラリー


163 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:01:15.11 ID:1IWYsnoo
その日、俺とインデックスは御坂に誘われて(というか一方的に「ああああんた、き、来なさいよね!」とか言われたんだが)
そのパーティに参加する事になった。

メンバーは俺ら以外にももちろん(というか俺らはサブに決まってる、)いて、

超能力者全員(ただし第五位と第六位は都合がつかなかったらしい)と、常盤台のおえらいさんの孫と、御坂自身の近しい人々、だ。
俺は超能力者ではないしおえらいさんの孫ではない。となると消去法で「御坂自身の近しい人々」として迎えられた訳だ。

ちなみにインデックスは例外中の例外で、俺的に一人にするのはアレだったから連れてきた。
妹という事で通したが、「あんたにこんな銀髪の妹なんていたっけ……?」と御坂にかなーり怪しまれた。いかん、危ない危ない……。

で、本来ならば楽しい楽しいパーリィの始まりのはずだった。
実際そういう娯楽目的で俺らは来た訳だし。



……御坂美琴の妹が、首無し死体で倉庫から見つかるまでは。



「まったく、これは不幸というか不運というか。 誰か嘘だと言ってくれよな……」

俺達は今回の依頼人……もとい今回の船上パーティ主催者、御坂美琴に頼まれて動いていた。
被害者は美琴の妹で、打ち止めの姉。
俺は名前を知らないから、以降は御坂妹と呼ばせてもらう事にする。
……そもそも、俺はその御坂妹の顔も知らない訳ですが。
今回初めて会う訳だったのに、まさか首無しでご対面とは……さすがです。
……そんな冗談を言ってないとやってられないぐらいひどかったって事ですよ?
ちなみに当時の状況を言っておくと。

船はすでに出港していて、入ろうにもけっこうすごい警備があるから、新規の潜入はそれこそ魔法使いじゃないと無理で。
俺達ゲストが船内で一番でかそうな大広間で豪勢にパーティをしていて。
御坂と妹の妹、打ち止めは俺と一方通行にそれぞれつっかかって(?)いて。
御坂妹はパーティに出るためのお色直しを、船内にある自分の部屋でしていて。

あんまりにも妹が来るのが遅いから、御坂が迎えに行くと言いだして。

世間話していた俺とインデックスも、ついでに行く事になって。

部屋の前まで来て、鍵のかかったドアをノックしても返事がなくて。

何かあったのかと気になったので、そこら辺をナンパでうろついてた第二位を捕まえて。

第二位と俺と二人掛かりでドアを体当たりで開けて。

そして俺達の目の前に広がっていた光景は。


首が無残にも奪われた、御坂妹の服を着た死体だった。
164 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:02:29.64 ID:1IWYsnoo
血が首から噴き出したと思われるような、壁や床の汚れ。
ぐったりと、壁にもたれかかるようにして肉塊となっている『それ』。

御坂は思わずそこで吐いていた。そりゃそうだ、身内の惨殺死体なんて見たくねぇし。


で、今。

人が死んだ……いや、殺されたという話は一瞬にして広まり、今この船はちょっとしたパニック状態。




ちなみに、容疑者と思われる(というか人を殺せる程度の能力を持った人間)は船内に何人かいる。
一応船の中だから並の人間は逃げ出せない……。ので、とりあえず大広間に固まってもらってる。


俺は、一通り現場を見た所で、その情報を整理する為に、
前部へと歩きながら『有用な探偵助手』のインデックスと話していた。


「……インデックス、じゃなかった。 いーちゃん。」

「何? とう……じゃなくて、みーくん。」

俺とインデックスは現在、とある「戯れ事」として、二人きり……いや三人きりの時はあだ名で呼び合う事にしている。よく忘れるけど。
インデックスはいーちゃん。 俺はみーくん。 もう一人のあいつがまーちゃん。
ちなみにいーちゃんというのは『戯言シリーズ』とやらの主人公の名前でもあるらしい。
後でインデックスにそこから取ったのか?と聞いてみたけど、『もし私が短髪だったらみーちゃんだよ?』と言っていた。なるほど、偶然のようだ。




                                                         ・・・・・・・・・・・
……ちなみに、残りの三分の二のあだ名が嘘つきみーくんと壊れたまーちゃんと同じのは、偶然ではない。



まぁ、それはいつか話すとして。

165 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:03:19.80 ID:1IWYsnoo

……ま、そもそものこれの発端は。

あの、正真正銘俺にとっての人類最悪の遊び人『嘘つきみーくん』が大量のライトノベルを俺の家に持ってきた事なのだが。



ちなみにその『嘘つきみーくん』の方は正真正銘の義妹の、ある意味嗜好が『壊れたまーちゃん』に肩もみしてもらったり(自主規制)したりしてるらしい。


……いや、嘘ですよ?嘘ですからね? いくらあのみーくんことシスコン軍曹でもそこまで落ちてないし手を出してないと信じてるよ上条さんもッ!!
これが例え幻想だったとしてもぶち殺さないでね!俺の右手は光って唸らないからね!


「これが終わったら、どっかいきたい所あるか?」

「!? い、イタリアでオルソラの料理を食べたいかも!」

ガバッ!と思い切り首を回転させて向き直るインデックス。
喰いつきはええよ。 後オルソラはもうロンドンへ引っ越してるよ。
何となく元気を出させるためについた戯言(冗談)なんだぞ。 行かないからね!?

「……それはさておき、どうしたものか。」


迷宮入りしそうな思考の途中、突如目の前が開けた。外に出たようだ。
船内の陰惨な事件とは正反対に、空は気持ちいいほど晴れていた。


166 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:04:53.59 ID:1IWYsnoo
外へ出ると爽やかな向かい風が吹いてきた。うーん、気分がいい。
そう思いながらさらに甲板へ出ると、舳先の方から声がかけられる。

「やぁ。名探偵さん。」

そう言いながら突然俺に話しかけてきた好青年。茶髪で笑顔がまぶしい爽やかな野郎だ。

「……誰だっけ?」

「やだなぁ上条さん。 もう忘れたんですか? さっき会いましたよね?」

「……すまん、本気で覚えてないッ!」

失礼極まりない事をしてんじゃねぇよ、俺。
こればかりは殴られても仕方ない。 俺は覚悟して五体投地した。

「……とうま、この人パーティで紹介されてた人だよ。 確か偉い人の孫だって」

何でも覚えているインデックスが助け舟を出してくれた。

「そうです。 僕は海原光貴と言います。 以後お見知りおきを……」

何とも物腰が丁寧な人間だ。しかも終始さわやかな笑顔ときてる。惚れちゃいそうだぜェ海原光貴ィイイイ!!


そんな冗談はともかく。


「……何で俺が名探偵って知ってる訳?」

「だって、事件について調べてるじゃないですか。 それに助手がついています。 これは探偵でしょう?」

「いやそうだけどさ……」

ホームズだが何だかの見過ぎじゃねーのか。 というか俺が調べてるのを知っているってお前……。

「そんなあなたに飛びきりおもしろいニュースを教えてあげますよ。」

「おもしろいニュース……?」

「えぇ。 これは捜査に役立つと思います。」

海原はそう言って、それを告げる。



「連続殺人鬼――火野神作がこの船に侵入してるようです。」

167 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:05:41.81 ID:1IWYsnoo

「……ひの、じんさくって……あの、28人殺しの?」

連続殺人鬼。 火野神作。 侵入。 首無しの御坂妹の死体。 犯人は。

まさか。

「……どうです? 素晴らしく推理に使えそうな情報でしょう?」

にやにやと。自分が全てを知ってるかのような笑顔。
……はぁ。
何だかこいつの笑顔に裏がありそうな気がしてきたぞ。


「……情報提供ありがとうゥ! と言いたい所だが、何で知ってる訳?」

「いやぁ、僕の立場を使って、です。 緊急事態ですし、ね。」

本当はこうやって権力を振りかざすのは嫌いなんですけど、と付け加えて。
何のフォローにもなってねぇのは気のせいか。

「まぁ、がんばりましょう。 お互い、ね」

そう言ってその爽やか野郎は爽やかな海と空と爽やかな風の中、爽やかスマイルを浮かべて爽やかに手を振って爽やかに分かれを告げた。
……って俺何爽やかを連呼してるんだ。

隣のインデックスに「とうま、爽やか6回ぐらい言った?」と聞かれた。口に出てたみたいだ。恥ずかしい。




とりあえず甲板を後にする。どうせ誰もいないし、気分転換は終了だ。推理推理。
行く所もないし、パーティ会場だった大広間へ向かう。

「やっぱり上条さん的にはその火野神作ってのがやったのかなぁと思うんですが、インデックスさん的にはどうですか?」

「んー。私としてはやっぱりその線は薄いと思うよ。 何よりそんな人が侵入するって事はけっこう騒ぎになると思うし。」

「あー…… そりゃそうだよなー。」

この船の警備はけっこうすごい。
何てったって世界最強のセコム(そう、例えるなら大天使ウリエル)レベルだ。 敵意を持つと天罰術式でバッタバタ倒れるよ!(ヴェント的な意味で)
……ってのは冗談だが、とにかくすごい。 それでその火野がひっかかったって事はまぁありえるとして……。
168 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:06:52.14 ID:1IWYsnoo
「何で海原は知ってんのに、他の奴らは知らないんだ? というか公表しないんだ?」

俺としては、やはり船内に犯人が元々潜入していた説を推したい所なんだが。

「……惑わすための嘘、なのかも?」

なるほどー。つまり俺らは見事に海原の術中に嵌まってる訳だ。
……でもそんな事する理由はあるんだろうか?

「でもさ、何の為だよ? あいつが犯人な訳?」

「んー…… どうだろ? だって短髪の妹が部屋にこもってる時に殺されたとしてもさ、その時みつきはいたんだよ?」

大広間で、レベル5と同様に客として、そこにいた。

「アリバイはある、って訳か。」

何これマジ迷宮入り。いや、あんな爽やか野郎は犯人だと言いたい訳じゃないけどさ。
やはり容疑者のレベル5勢が……? いや、決めるのはまだ早い。

「……はぁ、それにしても。」

「? どうしたのみーくん。」

「いや、別に……何というか、泣きたくなってきただけですよ上条さんも……あんな友達を持ってると苦労しますぞ」

「泣いても、いいんだよ? 私の胸を貸してあげるよ?」

「うわー、本当に泣いちゃうぞ? そんな風に胸を張られると、本当に飛び込むぞ? 黒子並にスリスリしちゃいますぞ?」

「……、前言撤回するんだよ」

ちょっぴりひかれたようだ。そりゃそうだ。
でも本当に「胸を貸してくれ」って言ったら貸してくれるんだろうな。
インデックスは何だかんだ俺に噛みついていても結局本質は「人を救いたい」というのがある訳だし。
……という事は、あわよくば胸にすりすり出来るのか?インデックスの、つつましそうな胸に……

……ってそんな変態な事を考えてる場合ではない。とにかく、とにかくだ。

「御坂の妹……つっても今は死体か……。 あれに何かヒントは残ってたか?」

事件だ事件。事件解決を上位に、性欲を下位に。

「ヒントというか、気になった事はあるんだけど。」

そう言って、一旦言葉を区切る。
169 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:08:19.61 ID:1IWYsnoo





「……まるで、『死後何日かたっていた』みたい」




「……何だそりゃ?」

思わず首をひねる。おかしい。だって御坂の妹が殺されたのは今日のはず。
……初対面だから、生きている姿は、見た事はないけど。

「……もしかして、あれ御坂妹の死体じゃないとか?」

俺の単なる思い付きの提案に、インデックスは割と真面目に考えてから返す。

「……その可能性もなきにあらず、って所だね。 首が無いから、パッと見じゃあわからない」

DNA鑑定できる奴なんてそうそういないだろうし、あれが御坂妹の死体とは限らない……という訳か。
死体なんてあんまり見たがらないだろうし、服さえあってればとりあえずごまかせるし。
そういえば、ここは今絶海の孤島状態だったけ。
それに、世の中には肉体変化やら魔術で変化する奴がいるらしいし。

「それなら、さっきの説明がつくけどさ、いーちゃん。」

「うん……やっぱりおかしいよね。 みーくん」


「「……本物の御坂妹はいずこへ?」」


あれが別人の死体でした。御坂妹は生きています。
だからといって、御坂妹が行方不明なのはそれはそれで困る。


……というかそもそも、萌え燃え殺人鬼火野たん☆(今即興で名づけた)は連続殺人鬼だ。
これ以上犠牲者が増えない、という保障はない。
170 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:11:23.82 ID:1IWYsnoo

「おい」

歩いていると突然声をかけられた。

「あ、お前は……、えっと、第七位……だったけ?」

「よく覚えてたな。 よっ。」

廊下の壁にもたれるように、白い学ランに旭日旗のTシャツに、鋭い目つきの少年がいた。
彼とは少しばかり、公園の自販機を巡るめく因縁が(中略)あったのだ。 いや、それは嘘です。
単にどっかの路地裏で吹っ飛ばしているのを見かけただけですって。
こうして船であうのは初めてだけど、あんまりにも見た目が色々とアレというか不良と言うか、とにかく強烈だったのでさすがの俺も覚えていた。

「お前も大変だな。」

「あぁ、迷宮入りしそうだよこっちは。」

「まぁ、根性出して頑張れよ。」

「おうー」

何となく笑ってそのまま通り過ぎた。

……どうやら俺が探偵として活動してるという事は割と知られているらしい。
なるほど、だから海原も………。 恥ずかしい。不幸だ。





次に、メルヘンウィングこと、垣根帝督に出会った。
そんな事を本人に言うとメルヘンチョップが飛んできたが。本人曰く、気にしてはいるらしい。

「どうだ? 犯人捕まりそうか?」

「いやー、それが迷宮入りしそうで……」

「おいおいそれは困るんだよ。 俺そのせいで動けねーんだよ」

「? ていとく、今動き回ってるよ?」

「あー、これぐらいは自由許されてるの。 甲板とかそういう脱出できそうな場所に行くのはダメ」

大変だなぁ、容疑者。 でも正直レベル5ならここにいながらも能力で脱出できそうだけど。

「ちなみに、お前が解決するまでこの船は陸に戻らねぇらしいぜ」

………えっ?
171 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:13:01.88 ID:1IWYsnoo
「……うぉおおええぇえ!? 初耳だぞそれ!? 俺はあくまで海上にいる間の繋ぎだって……!」

「そそそうだよ!? 外部のすごーい根性で解決しちゃうすごい人呼ぶっ、て言われたんだよ!?」

「ははは。てめぇら騙されたんだな、あの嬢ちゃんに。」

そんな俺らの必死の言葉を笑い飛ばす第二位。
ぐぅの音も出ない。 くやしいのうくやしいのう……。


「ま、精々俺らの為にも自分の為にもがんばれよ、上条♪」

そう言いながらメルヘンダッシュ(後で股間蹴られた)でどっか行く垣根。

……何か大分疲れた。寄り道せずに大広間に戻ろう。そうしよう。




船はかなり広いため移動にかなり時間がかかる。
どうやら人が死んだという事で、周りはちょっとした……いや、かなりの騒ぎだった。


……俺はもう人がそうやって不幸になるのは慣れてるけど、他人は慣れてないんだよな……。


大広間につくと、美琴がいきなり抱きついてきた。……いや、そういうハグ的な意味じゃないですよ?
あんまりにも異常事態だったので、何が会ったのかと顔を覗きこんでみると、恐怖によって顔が思い切り歪んでいた。
普段ならこういうラッキースケベ(命名土御門)があると噛みついてくるインデックスも、今はそうすべき事態ではないと分かっているようだ。

御坂の後ろ……大広間の中に視線を移すと、くやしそうな顔をした垣根や、泣きじゃくる打ち止めをあやす一方通行など、異常事態という事をそれとなく伝えてくる光景が広がっている。


犠牲者が増えたのかもしれない。……それは俺としては最悪の状況な訳で。
とりあえず御坂を落ちつかせて、近くの椅子に座らせて事情を聞いてみる事にする。

嗚咽で聞き取りづらかったが、やはりというか何と言うか。「人がまた死んだ」、という事だった。

「……30人目の犠牲者か。」

「……殺人鬼が、船にいるって本当なのかもね……」

犯人の心当たり……とは違うが、火野神作とかいう連続殺人鬼ならこう短時間で人を殺せるような気もする。

「な、何よ……? 犯人、み、みつかった、わ、け……?」

ヒック、と時折身体を震わせながら、俺を見上げる御坂。
顔には涙はつたってない。 見上げる前に急いで顔を拭いたのだろう。

「……いや、まだ確定じゃないし、そいつが犯人だと俺的に捕まえるのめんどくさいなーって。」
172 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:15:49.11 ID:1IWYsnoo
「……ところで短髪、その、二人目の犠牲者って誰なの?」

インデックスが視線を会わせるために膝を曲げる。

「……だ、だ」

御坂は、そう言いながらとある方向へ指をさす。



「……だ、第七号室でが…… ひ、ひとが、死んでたの……」


「……えっ?」



ドタドタと、急いでその削板の部屋へ駆ける。
ドアを思い切り開くと、そこには。




先程まで、俺達と会話をしていたはずの少年の、首無しの死体があった。




その少年の首から上はもぎとられたような断面で、

その少年の服はまるで一昔の日本を彷彿させるような旭日旗で、

その少年の白かったであろう学ランは首からの血で真っ赤に染め上げられていて、

その少年も壁にもたれるように死んでいた。


その少年の名前は。





「そ、削板……!?」




173 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:16:25.81 ID:1IWYsnoo

「……とうま、これ、どういう事なんだろう……」

口火を切ったのはインデックスだった。

「…俺にも分からん。 というか、さっきまで、ちゃんと生きてた……よな?」

「な、なんで、さ、こ、みんな、し、じゃう、わ……」

先程から嗚咽が止まらないのか、言葉を詰まらせ、下を向いて顔を覆う御坂。
俺には理解できないが、今日妹を失い、そして今、自分が招待した客まで殺されたのだ。


「……短髪、さ、戻っていいよ。 こっから先は私たちがやるから、ね?」

まるで保母さんのように(修道女だからか)同年代の御坂をあやすインデックス。
そう、インデックスはそういう奴なのだ。普段は俺に噛みついたりするけど。

「……お願い、犯人を捕まえて、ね?」

涙を拭きとったのか、それともインデックスのその態度に安堵したのか。
御坂は取り繕ったような、偽物の笑顔をして、その場を後にした。


「……さてと、インデックス、この船の全員の為に、犯人を見つけるぞ。」

「うん。」


幻想殺しでも、戯言遣いでも、今はどちらでもいい。
むしろ、誰かがこれは嘘だといってくれた方がいい。
そうしたら、俺はこれは戯言だ、ただの幻想だと言えるのに。



   前半戦   終了。
174 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:19:35.91 ID:1IWYsnoo
主な登場人物


上条当麻    幻想殺し
インデックス  禁書目録の少女

御坂美琴    主催者
御坂(妹)     妹
打ち止め     妹

一方通行    ≪超能力者≫序列第一位
垣根帝督    ≪超能力者≫序列第二位

麦野沈利    ≪超能力者≫序列第四位

削板軍覇    ≪超能力者≫序列第七位

海原光貴    理事長の孫

火野神作    殺人鬼
175 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:20:41.87 ID:1IWYsnoo
という訳で 前半戦 終了です。
タイトルでバレてるかもしれませんが、出来たらそこは触れないでほしいな……。
続きは今夜〜来週までには投下したいと思ってます。
176 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:50:56.18 ID:qd9DJEDO
乙です
元ネタが分からないから如何せん中身が頭に入って来なかったので推理はパスで
177 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 16:56:38.64 ID:1IWYsnoo
あ 削板の部屋になってるゥ…… 恥ずかしい
178 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/19(月) 17:18:51.20 ID:B.6bGQAO
おつつ。


ところで、今原作9・10・12・13・15・19・20・SS2持ってるんだけど、
オススメの巻てある?

後、テッラてのが気になるからテッラの出る巻を教えて貰えると嬉しい。
179 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 17:54:43.94 ID:2gYnSAAO
>>178
全巻に決まってる
いたk…テッラは14巻が全盛期
180 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/19(月) 18:12:29.92 ID:B.6bGQAO
>>179サンキュー。
テッラって喋り方丁寧っぽいし、なんかロン毛の優青年みたいな感じがして
ワクテカしながら本屋向かってる。あぁテッラ君の姿が早くみたい

ついでにググったがアックアは14、16、17、18でいいかのぅ
181 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 18:14:54.45 ID:1IWYsnoo
お前は間違いなく絶望するな
182 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 18:17:04.07 ID:aQN89OI0
てかわざとだろwwwwww
183 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/19(月) 18:17:52.61 ID:Id6KQBU0
きっと挿絵を見た瞬間に貴方の幻想はぶち殺されます
184 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 18:25:30.69 ID:B.6bGQAO
ど、どういう事だそりゃ?

だってどっかのSSで見たけど「なんですよー」とか「そうですかー?」とか間延びした丁寧口調だったし!
可愛い優青年だろうっ?

俺の幻想はぶち壊させないからな。
でも14巻の情報ありがとう
185 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 18:31:50.11 ID:cBK9slEo
>>184
アックアさんは16巻だけどねーちん含む天草式が主役だから注意な
天草式を知りたいなら7巻は欠かせないだろうよ
186 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 18:33:29.07 ID:UhmBKoAO
SSでしか知らない俺はテッラはかわいらしい女かと思ってたんだぞチクショウ……!
187 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 18:43:11.98 ID:JP1BLJ.0
確かに初めてテッラの台詞が出た時は、サーシャみたいな小柄な女の子を想像したが…
しかし挿絵を見た時の衝撃と言ったら…
188 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 18:57:35.06 ID:B.6bGQAO
16、17、18買ったけど17、18アックアさんでねえのか……天草式は心で理解してるからいい今度七巻買うわ







テッラに絶望した。緑色とか何様だよわざわざ色付けて本編読む前にやってくれたな。テッラ[ピーーー]
189 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 18:59:36.04 ID:2gYnSAAO
小萌てんてーと喋り方が微妙に被ってるせいで美少女or美丈夫を想像するが、その実いtkゲフンゲフン!
最近ハマってまとめ買いした俺でもまさかあそこまで酷いと思ってなかった、主に首から上が
まあとにかく見れば分かる
190 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/19(月) 19:04:16.64 ID:B.6bGQAO
見たから絶望してんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!
もういいねる!
191 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 19:32:02.62 ID:GleOEmE0
>>175
うーむ、俺の頭じゃ美琴と御坂妹が入れ替わってましたとか実は海原の魔術で云々とかぐらいしか思いつかないな
てかこれ禁書の設定ありきだから違うかも

そしてこの流れで、原作全部そろえた理由がss書くためだったのを思い出した
192 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 19:32:38.31 ID:V1/UDJso
テッラさんをいじめないであげようよー
193 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 20:23:15.11 ID:MKy/pis0
テッラさんは実に素晴らしいファッションセンスをしていると思うのですがねー。
魔術的な法則に則り計算され尽くしたものを特注しているらしいですしー
あまり馬鹿にしていると小麦粉が火を吹きますよー
194 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 21:39:32.89 ID:xdp2XsDO
>>188
17、18巻はアックアさん主役といっても過言じゃない
195 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 21:46:31.15 ID:z0/KPgYo
テッラと小萌先生は何かしらの因果関係があると思っている
196 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 21:57:51.83 ID:qd9DJEDO
解決編の投下はないのかな?
ないならもう少ししてからとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第六回目を投下したいと思います
197 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 22:08:14.73 ID:CqON6N.o
>>195
ねーよー
198 :195思いついた :2010/07/19(月) 22:27:04.19 ID:Dzq2bYAO
小萌「それではワインの知識の復習を始めますよー」

テッラ「良いですねー始めて下さい」ヒック

小萌「テッラちゃん酔っ払ってるみたいなのですがー?」ヒック

テッラ「気にしないで構いません、それよりあなたの方が酔ってるみたいですがねー?」

小萌「普段はビール派なので少しペース配分を間違えてるだけなのですよー、いいからテッラちゃんは大人しく聞いてて下さい!」

テッラ「人に知識を与える女性は光り輝くものですねー、それでは可愛らしいお姿に免じて大人しく頭を垂れるとしましょう」

小萌「っ………」

テッラ「どうしましたー?」

小萌「……コホン、ワインの酒類は大まかに分けるとこんな具合になるのですー」



発酵中に果皮の色素が溶け出し赤色となったもの


果汁だけを発酵させたほとんど色のないもの

ロゼ
赤と白の中間のピンク色のもの

ヴァン・グリ
ロゼと白の中間の非常に色の薄いもの。(直訳は灰色)

ワインの種類は発泡性で分けると

スパークリング・ワイン 炭酸ガスを含み栓を抜くと発泡する

ペティヤン 炭酸ガスの圧力が弱い、弱発泡性ワイン

スティル・ワイン 炭酸ガスを含まないワイン


テッラ「いやー驚きました、それほど種類があったのですねー」ヒック

小萌「テッラちゃんはワイン呑みなのに何言ってるんですー?」

テッラ「安酒飲みですからねー」

小萌「なるほど良い機会ですー! 今宵は全酒類制覇するとしますよー!」

テッラ「素晴らしいですねー、小萌さんが人攫いに会わないようとことん御一緒するとしましょうかー」
199 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 22:31:17.95 ID:Dzq2bYAO
っと、上の1レスだけです、ダブルオーさんどうぞ!
200 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 22:31:37.66 ID:1IWYsnoo
解決はまだ  推理してくれてる人がいて嬉しかったが残念ながら違うのよな
201 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 22:33:28.86 ID:aQN89OI0
というか推理しようにもよく状況が良く分からん…
俺の読解力不足のせいだろうけど
202 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/19(月) 22:51:04.33 ID:qd9DJEDO
投下が無いようなのでとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第六回目を始めたいと思います
203 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 22:51:52.62 ID:qd9DJEDO
51、委員長<リーダー>


上条「吹寄って委員長キャラだよな」

吹寄「そう? 別にそういう仕事は嫌いじゃないからいいんだけど」

上条「大変だったりしないか? 俺が言うのもなんだけど、このクラスはバカが多いしさ」

吹寄「主に貴様らだけどね。ま、大変じゃないと嘘になるかな」

上条「だろ? たまには男手に頼れよ」

吹寄「はぁ? 別にそんなことしなくても――」

――ガラッ

土御門「配布物の整理終わったにゃー」

青髪「指の脂吸われてぱっさぱさやー」

吹寄「あんた達、それ私の仕事!」

土御門「頑張りすぎはよくないぜよ」

吹寄「なっ!?」

青髪「やる気あるのはいいことやけど、たまに息抜きは必要ってことや」

上条「二人の言う通りさ。後は俺達がやるから、休んでていいぞ」

吹寄「……。勝手なことした貴様らを放っておけるか! ……でも感謝してる」

上条「礼なら姫神に言ってやってくれ」

吹寄「姫神さんに?」

上条「ああ。『最近。吹寄さんのおでこが輝いてないの。多分疲れてる証拠だから手伝ってあげて』って言ってたからな」

吹寄「確かに最近疲れて額に覇気が……ってなんじゃそりゃ!」
204 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 22:52:22.31 ID:qd9DJEDO
52、不良<アウトロー>


浜面「常盤台にも不良っているのか?」

御坂「怖い人ってのはいますけど、浜面さんみたいな人はいないですね」

浜面「これは痛いところを……。まぁ確かに女の不良ってのも珍しいしな。スキルアウト時代、女は全くいなかった訳じゃないが、それでも大半は男だったな」

御坂「そういう女の人って大抵リーダーかリーダーとくっついてません?」

浜面「お、よく知ってるねぇ御坂ちゃんは。それでよくまとまってるグループもあるんだが、そのグループが崩れる時ってのは大抵女絡みだな」

御坂「男が悪いんですよ」

浜面「はは、また痛いところを……。だから女4人で構成されてるアイテムは強いのかもな」

御坂「浜面さんもアイテムですよね?」

浜面「下っ端だよ下っ端。いつもお嬢さん方のご機嫌取りだよ」

御坂「そうなんですか」

浜面「御坂ちゃんもグループ作ったらどうだ? あのジャッジメントの子と違う制服の二人を入れてさ。それで上条を下っ端に入れてしまえ」

御坂「それはいい考えかもしれませんけど、あいつは下っ端じゃなくて、私の隣に……」モジモジ

浜面「そうしたかったらもっとあいつの前で素直になるといいぜ」

御坂「分かってるんですけどなかなか……」

浜面(上条のやつもまんざらでもなさそうだけど、ここはあえて黙っておくか)
205 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 22:52:54.83 ID:qd9DJEDO
53、階段<ステップ>


上条浜面「はぁ……」

麦野「なんで急に溜め息ついてんのよ?」

御坂「なにかあったの?」

上条「なにかって、なにかあったから溜め息ついてんだよ」

浜面「そうそう。こっちとしては溜め息もつきたくなるって」

麦野「なんでよ? 私らなんかした?」

浜面「ああ、したよ。上条の言葉を借りると幻想をぶち壊されたよ」

上条「俺らのときめきを返せってんだ」

御坂「ちょっと意味が分かんないんだけど……」

上条浜面「スカートの下に短パン穿いてんじゃねえよ!!」

御坂「アンタ達まさか階段で……?」

麦野「オイオイ、なに覗いてんだテメェら?」

上条「目が行っちまうんだから仕方ねえだろ!?」

御坂「開き直った!?」

浜面「男の性だ本能だ! 許せ!」

麦野「だぁぁァれが許すかッ!」

上条「逃げるぞ浜面!」

浜面「よっしゃぁ!」

御坂麦野「逃がすか!!」
206 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 22:53:29.60 ID:qd9DJEDO
54、怪談<アフレイド>


神原「やぁやぁ、先日は戦場ヶ原先輩がこの世界にお世話になったそうじゃないか」

一方「誰だテメェ?」

神原「私か? 私の名前は神原駿河。年中乾き知らずな女だ!」

一方「そンな情報いらねェよ! つゥかなにしに来たンですかァ?」

神原「『怪談』と言ったら本家に適うまいと思ってわざわざ出張してきたのだ」

一方「そォかい。残念ながらここは科学の最先端の街だ。怪談なンてものは需要ねェぞ」

神原「なるほど。たがしかし、私は立派なアホ毛の幼女見るまで帰らないぞ!」

一方「立派なアホ毛の幼女だとォ? オイ、神原とやら。打ち止めになンの用だ?」

神原「打ち止めちゃんと言うのか! 随分と変わった名前だな。別に名前なんてどうでもいいから早く出すんだ! 取ったり食べたりするから!」

一方「テメェみたいな変態に打ち止めを会わせられるかァ!」

神原「ああっ! 阿良々木先輩に変態と言われるのもいいが、その一万人は殺してそうな声で変態と言われるのもいいものだなぁ!」

一方「う、うるせェ! テメェはとっとと自分のところに帰りやがれェ!」

神原「いいや、その打ち止めちゃんとやらに会わせてくれるまでこの神原駿河、テコでも動かん!」

一方「あァッ! 助けてくれよヒーロー!!」
207 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 22:54:47.30 ID:qd9DJEDO
55、青春<ユース>


小萌「最近、上条ちゃんの様子が変なのです」

黄泉川「変? どう変なんじゃん?」

小萌「なんかこう、いつも通りと言えばいつも通りなんですけど、クラスの女子としっかり線引きをしてると言いますか、以前より騒ぎが小粒になっているのですよ」

黄泉川「ふーん、あいつがねぇ。もしかすると好きな奴でも出来たじゃん?」

小萌「上条ちゃんに? ……なんだか大切な一人息子を奪われる感じがしてきました」

黄泉川「ははは、バカな子ほど可愛いって言うじゃん。にしても恋か……青春じゃん」

小萌「そんなさも昔のようなことを言ってはだめなのです。私達だってまだまだ現役ですよ」

黄泉川「でも、子供達の成長を常日頃から見てる立場としては齢を感じられずにはいられないじゃん」

小萌「そうは言っても――」

上条「小萌先生! 宿題やったけど忘れました!」

小萌「上条ちゃん? コホン。今日の放課後残ってやってもらいますから大丈夫ですよー」

上条「やっぱりですか!? ちくしょうインデックスの奴が朝からサランラップで遊ばなければ……!」

小萌「全く、上条ちゃんは成長してるんですかねー」

黄泉川「まだまだ小萌から離れなさそうにないじゃん」
208 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 22:55:44.45 ID:qd9DJEDO
56、屋上<トップ>


ステ「なぁ、神裂」

神裂「なんでしょうステイル?」

ステ「虫刺されが気になるならその格好やめたらどうだい?」

神裂「これは私の術式に必要な格好です! やめるわけにはいきません!」

ステ「年頃の女子が太もも虫刺されをいくつも作るのはどうかと思うよ」

神裂「仕方ないではありませんか……。ステイルこそどうなのです?」

ステ「僕かい? 僕ならこういう格好だから大丈夫だし、それに僕の魔術の特性上、虫はよってこれないんだ」

神裂「そうですか……」

ステ「しかしあれだね。虫除けスプレーとかしてないのかい?」

神裂「いいえ。まさかこうなるとは思いませんでした」

ステ「……虫除けのルーンを作るからちょっと待ってなよ」

神裂「申し訳ありません……」

ステ「それにしても、くくっ」

神裂「なにがおかしいのですか?」

ステ「いやいや、聖人でも虫刺されはどうしようもないんだなって、くふっ」

神裂「わ、笑ってないで早く作ってください!」
209 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 22:56:21.61 ID:qd9DJEDO
57、授業<レッスン>


上条「10分は経っただろ! って思って時計を見たら5分も経ってなかったってのは、どう考えても魔術師の仕業だと思うんだ」

土御門「体感的なものを操る魔術はあるにはあるんだが、絶対違うぜよ」

上条「分かってるって。例えだよ例え」

土御門「寝ると4、50分あっという間なんだけどにゃー」

上条「そうなんだよな。ってお前寝てんのか!?」

土御門「たまににゃー」

上条「サングラスか! そのサングラスだな!?」

土御門「ははは、そこに触れちゃいかんぜよ、カミやん」

上条「まぁサングラスいいにして、よくバレないな」

土御門「黒板とノートの間に視点置くといいぜよ」

上条「なんでだよ?」

土御門「先生が手を止めてこっちを見てるのに、ずっと下を向いてたら変ぜよ。逆に顔を上げてても、ノート取ってるのか疑われるんだにゃー」

上条「だからその間を取るのか」

土御門「そういうことだぜい

上条「よし、試してみるか」

――――

上条「……」カックンカックン

教師「上条! 起きろ!」

上条「は、はい!」

上条(中途半端に首上げてたせいでカックンカックンしたじゃねえか。どれどれ土御門は?)

土御門「……」

上条(しっかり固定されてる!)
210 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 22:57:41.77 ID:qd9DJEDO
58、席替え<シートチェンジ>


浜面「席替えをしよう」

麦フ滝絹「は?」

浜面「いや、だから席替えをしようって……」

麦野「なんでよ?」

浜面「4人席のところをはみ出して座ってるのはもう勘弁だ」

フレ「だから席替えをしてちゃんと座りたいって訳?」

浜面「そうだ」

絹旗「超お断りします」

浜面「今日一日だけでいいんだ」

滝壺「そのくらいなら面白そうだからやってみよ。ね、みんな?」

麦野「今日一日で滝壺がそこまで言うならやってみるか」

浜面「ほんとか!? なんだよ、結構優しいとこあるじゃん!」

麦野「気まぐれだよばーか」

絹旗「とりあえず浜面のポジションは超お断りです」

フレ「私もー」

滝壺「平等にジャンケンとかでどうかな? 勝った人から好きな場所を取っていくの」

フレ「結局、それが一番て訳ね」

麦野「よーし、じゃあ始めるよ」

一同「オー!」

――――

浜面「くそっ! 三択の仕上と呼ばれたこの俺が最下位だと!? つまり同じ席! ガッデム!」

滝壺「大丈夫、私はそんなはまづらを応援してる」
211 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 22:58:28.15 ID:qd9DJEDO
59、落書き<ジャンキーアート>


男生徒「上条、教科書忘れたからちょっと見せてくれね?」

上条「あいよ」

男生徒「サンキュー。……ぶふぅっ!!」

上条「汚ね!? どうしたんだよ突然」

男生徒「だって、この落書き。くくく」

上条「スペースがあったから下半身足してみたんだよ。なかなか可愛いだろ?」

男生徒「可愛いって、キモイだけだって。くくっ」

教師「こら、お前たちなにしてるんだ?」

男生徒「あ、いえなにも……」

教師「ん、上条。教科書は?」

上条「今貸してます」

教師「ふむ。これか……ぶはっ! か、上条! なんだこれは!?」

上条「あーえーっと……物足りなかったんで下半身を足そう思いまして……」

教師「くははっ。ま、まぁ今回は面白かったから見逃してやろう」

上条「マジですか! ありがとうございます!」

教師「ただし、小萌先生には報告しておくぞ」

上条「先生それ見逃してないです!」
212 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/19(月) 22:59:03.47 ID:qd9DJEDO
60、ゲームセンター<ゲームセンター>


御坂(あーもうっ! また落としちゃった。なかなかしぶといわねあのゲコ太)

御坂(小銭もなくなっちゃったし、かるーく電気流して操作――)

上条「こら、なにしてるんだ御坂」

御坂「うひゃぁ!?」

上条「……なにもそこまで驚かなくてもいいじゃねぇか」

御坂「ア、アンタが急に声をかけるからでしょ!? こっちは真剣だったんだからね!」

上条「分かってるよ。真剣に電気流して操作しようとしてたんだろ?」

御坂「うげっ!」

上条「俺は無能力者だからAIM拡散力場だとはよく分かんねえけど、御坂の電撃を出すタイミングはなんとなく分かるんだよな」

御坂「なんで、どうして分かるのよ?」

上条「さぁなんでだろうな。俺にもよく分からないんだよ」

御坂「よく分からないって……もしかしてアンタに能力使い過ぎた?」

上条「使い過ぎってもんじゃねえよ! こっちは何回死にかけたと思ってんだよ!?」

御坂「ご、ごめんなさい……」

上条「? 今日はやけに素直じゃねえか。ゲコ太取れなかったのがそんなにショックだったか?」

御坂「……。ええ、大体はアンタのせいよ」

上条「やっぱりそうなるんすね……」

御坂「だからあのゲコ太取ってよ」

上条「なんでそうなるんだ?」

御坂「いいから、私を助けるためと思って頑張る!」

上条「いや、今日は持ち合わせががが……不幸だ」
213 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 23:02:41.57 ID:qd9DJEDO
これでとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第六回目を終わりたいと思います


今回もゲストが来ましたが元ネタの友情出演てことで
明日の第七回と第八回、明後日の第九回と第十回でこの話は終わります。もうしばらくお付き合い下さい
214 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 23:14:19.80 ID:jdwRJAM0
乙乙
ほのぼのすなぁ
215 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/19(月) 23:14:27.32 ID:Dzq2bYAO
乙!神裂さんとステイルのやり取りに萌えた
216 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 23:18:03.80 ID:DBPAsdM0
少なくとも御坂妹の死体(仮)は女の体で削板の死体(仮)は男の体なん?
麦野が一切喋ってないとか死体が両方とも抵抗したっぽい形跡が描写されてないとか
上条が会った削板が大人しすぎとか垣根がナンパしてたのって誰?とか

「……だ、第七号室で『が』…… ひ、ひとが、死んでたの……」
美琴の台詞だけど『が』って何言いかけた?とか
精神的に不安定なようだからそういう描写なのかもしれん

個人的には御坂が怪しいと思うがどうやって殺したのか分からん
217 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 23:20:03.32 ID:hQ2gAbUo
西尾はあれだ。死んだヤツのほうが怪しいって偏見が俺にある
218 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 23:28:01.62 ID:3rSW0gI0
超乙!
レベル5短パンコンビと主人公コンビいいなあww
そしてはまづらさんに敬語使ってる御坂に萌えた
219 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 23:39:24.77 ID:hazp.wAO
乙!流石のクオリティだったぜ!


>>200
少し遅くなったけど、これって推理して大丈夫な話なんだよな?じゃあ、早速推理してみる。

俺の推理では、ストーリーにもある通り、首と身体は常にバラバラに動いてるんじゃないかと思ってる。体格の似た別の誰かの身体に、被害者として見せかけたい人の服を着せて、死亡時間をごまかしたり混乱させるのに使うトリック的な。
あと、御坂妹の際には詳しい描写はなかったし、後半がないからなんとも言い難いが、まだ誰も麦のんと会話してないし、また、削板の際にも次は海原の登場描写がないから、ここはちょっと怪しいかな。常に誰かが入れ替わってるような。
まぁ、麦のんと御坂妹では体格が似てるとは言い難いけど、そこはみんな混乱してたから気が付かなかったとでも通せるし。あと、上条さんが御坂妹を初めて見たって描写もポイントな気がする。
しっかし、世界観が禁書だからなぁ。能力や魔術云々でどうにでもごまかせちゃう気がしないでもない。つか、推理がかすりもしなかった時がすっげぇ恥ずかしいんで、とりあえずここらへんで止めとくwwwwww

そういや、これと似たような話を前にコナンかなんかで見た気がするんが、それの手口が思い出せないんだよな。花嫁かなんかの首無しのやつなんだが、なんとか今回の話の参考にならんかねぇ?まぁ、それはどうでもいいんだよ。とにかく乙でした。


以上、長文すまんかった
220 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 23:44:28.55 ID:i8SiM5Q0
>>207
サランラップで何したんだと不純なことを考えてしまったww
221 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 23:45:04.71 ID:DBPAsdM0
コナンで首無しっていうと死体をあっという間に移動させたトリックがあったな
実際は首だけを持って一行の前に姿を現して胴体は別のとこにあったってヤツ
いかにも生きてる被害者を一瞬で連れ去ってから首を落として殺害した様に見せかける話だったと思う

ただこれはこの件とあんまり関係あるように思えん…
222 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 23:52:02.62 ID:jD48kn60
太ってると見せかけて実はやせてたやつか
結構初期の話だね
223 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 23:54:56.24 ID:IdVtyn6o
5巻だっけアレ。
224 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 00:05:26.52 ID:R92bs.w0
麦琴になんか変なのが湧いた
225 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/20(火) 00:28:36.91 ID:N6w9kP.0
問題:殺人事件SSに便乗してコピペ改変が作成された。以下の文を読んで各問に答えよ。

〜〜〜

私は風紀委員の白井黒子と言うのですけれど、学園都市内で起こった事件を担当する事もありますの。
警備員だけでは追いつかないほど事件が頻発するのが学園都市ですから風紀委員も楽じゃありませんの。
そして今回私達、風紀委員第一七七支部が担当した事件はまったく奇妙奇天烈だったんですの。

とある寮の一室が、仕掛けられていた爆弾によって突如爆発し、そして四散した瓦礫の中から、粉々になって焼け焦げた女性の死体が発見されたんですの。
この事件、訳がわからないのは自称「犯人」が五人も自首してきたってことなんですの。
しかも全員が自分の単独犯だと言い張るものだから、訳がわからないんですのよ。

A「俺がやりました。あいつはソファで寝る癖があるから、前もって部屋に仕掛けておいた時限爆弾で吹っ飛ばしてやったんです。女子寮に忍び込むために女装しました。ちなみにその写真がいつの間にか撮られていたようでネットにアップロードされてて不幸でした。毎日のように追いかけまわされる恨みを晴らしたかったんです。」

B「犯人なら私です。御坂さんはいつもソファで寝る癖があるんです。その日私が近づいた時は、気分が悪いのか、ソファで白いマフラーを首に巻いた格好で、何故かびしょ濡れの状態でガクンと首を項垂れて俯いてるから、血まみれになるまで腹を滅多刺しにしてやりました。裏で無能力者を馬鹿にしており、私の事も友達と思ってないと言っていたので頭に来て殺そうと思いました。」

C「お姉様を殺したのはミサカです、とミサカは自らの犯罪行為を認めます。いつものように、げこ太のワンポイントが付いた白いシャツをだらしなく着た状態でソファでふんぞり返ってびしょ濡れで寝ていたので、背後から近づいて、前もって用意していた白いマフラーで絞め殺してやりました、とミサカは驚愕の事実を発表します。お姉様がミサカの振りをして色々と悪さをしやがったので殺害しました、とミサカは動機を明瞭に述べました。」

D「第三位には結構前前から恨みがあってよォ。遠くのビルから狙撃してやったンだよ。白いマフラーに赤いシャツ着てソファで項垂れながら寝てるところらしいのがファインダーから辛うじて見えたから、銃弾をドタマに撃ち込ンでやった。ねちっこく『人殺し人殺し』と毎分毎分メールやら電話やら手紙やらしてきやがったから殺してやろォと思った。確かに1万人以上殺しちまったのは認めるがもう悔い改めたってのにノイローゼになって医者にかかるほどの精神ダメージ食らわされたからぶち殺してやった。」

E「御坂は白いシャツ姿でふんぞり返って寝てたから、丸出しになっていた首筋にスタンガンを当てて感電死させてやった。御坂の奴、風呂上がりなのか全身びしょ濡れだったんだ。電流が良く通ったのか、即死だったようだ。あれだけの高圧電流を流してもピクリともしなかったんだからな。動機? 寮則破りの罰を与えたらオバさん扱いされたからだ。」

私は同僚である初春を呼び出した。
「初春、犯人は誰だと思いますの? 誰が毒――いや、殺したんでしょうね?」
危ない危ない、つい「毒殺」というところでしたの。そう、実は犯人は私ですの。
お姉様が私の愛を拒絶するのが悪いんですの。
遅行性の毒物を、お姉様が常用する豊乳薬剤とすり替えておいたんですの。うっかり口を滑らせるところでしたの。
でも鈍い初春は、私のそんな失言にも気付かずにのんびりと答えました。
「そうですよね。誰が被害者を溺死させたんですかね〜。」

〜〜〜

問1 A〜Eの人物名を答えよ。
問2 この事件における被害者の殺され方のタイムテーブルを作成せよ。
問3 問2の解答より真犯人を答えよ。
問4 コピペ改変に当たり動機を付け加えたが、誰の動機を考えるのが最も面倒だったか作者の気持ちになって答えよ。
226 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 00:33:02.52 ID:1xwi1AAO
全員ありそうな動機だなwwwwwwwwワロタ
227 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 00:41:02.37 ID:7pKDZRw0
上条さん?
228 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 00:41:33.41 ID:7pKDZRw0
>>227は問4ねww
229 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 00:44:23.01 ID:9Jp64EAO
>>225

問1
A:上条さん
B:佐天さん
C:御坂妹
D:一方通行
E:寮監

問2
黒子→初春→寮監→御坂妹→佐天さん→一方通行→上条さん

問3
黒子

問4
分からない。個人的には寮監が一番難しそうだと思った
230 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 00:49:47.95 ID:scKc/620
上条さんが爆破

一方通行が狙撃(赤いシャツ→佐天より後)

佐天が刺殺

御坂妹が絞殺

寮監が電気ショック(首筋なら絞殺痕に気づくはず)

初春が溺死させる←ここで絶命、以降びしょ濡れ

黒子が毒を盛る


4は結局動機が思いつかなかった初春で
231 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 00:51:00.78 ID:gJJXU6co
問1 A〜Eの人物名を答えよ。
A:上条当麻 B:佐天涙子 C:御坂妹、ないし妹達の誰か D:一方通行 E:寮監

問2 この事件における被害者の殺され方のタイムテーブルを作成せよ。
1:白井黒子・毒殺。御坂、バスルームにて毒薬使用、風呂上り、ソファーの上でシャツ姿で死亡となるはずだった
2:寮監・感電殺。
3:御坂妹・絞殺。白いマフラー追加
4:佐天・刺殺。出血によりシャツが赤くなる
5:一方通行・射殺
6:上条・爆殺

問3 問2の解答より真犯人を答えよ。
1、御坂入浴中、上条が爆弾を仕掛けてきたところに遭遇、その際溺死させ、シャツ姿でベッドの上に。

問4 コピペ改変に当たり動機を付け加えたが、誰の動機を考えるのが最も面倒だったか作者の気持ちになって答えよ。
寮監じゃない?
232 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 00:53:43.22 ID:FRe9K260
どうでもいいけどスタンガンで美琴を殺せると思った寮監は未熟者
233 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 00:56:05.82 ID:9Jp64EAO
>>229
問3やっぱり黒子→初春に変更で。毒遅効性だったわ
234 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 01:00:17.99 ID:gJJXU6co
ああ、初春が死因を知ってるのは司法解剖とかからじゃなくて素での発言としてなのか?
初春は正規ルートで死因を把握していたのだと
235 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 01:01:38.16 ID:ogFmNRQo
>>234
死体は木端微塵
236 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 01:03:29.61 ID:scKc/620
>>231を受けて俺も御坂妹→20000号に変更で

本人の知らんところであんなキャラにされたらそりゃ殺意湧くわ
237 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 01:17:47.86 ID:7/o9AiU0
>>225
問1:A 上条さん B 佐天さん C 御坂妹 D 一方通行 E 寮監
問2:黒子の毒入り巨乳御手を飲む → 風呂場で初春に沈められる → 何とか蘇生して白いシャツを着る
   → ソファーの上で黒子の盛った毒により死亡 → 寮監にビリビリされる → 妹に絞められる
   → 佐天さんにめった刺し → 一方さんによる狙撃 → 上条さん爆弾で消し炭になる
問3:黒子
問4:初春
   動機を考えるのが面倒だったから、書いてないんだと思う。

※初春が溺死させたのだとしたら、ソファーの上に死体を放置するのが不自然だと思う。
238 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/20(火) 01:33:26.69 ID:N6w9kP.0
解1 A 上条当麻 B 佐天涙子 C 御坂妹 D 一方通行 E 寮監
解2 溺死→毒殺→感電死→絞殺→刺殺→射殺→爆死
解3 初春飾利 (注釈:動機は友人である佐天涙子及び自分地震の事を馬鹿にしていることを知ったため)
解4 一方通行

解説

問1 Aは発言の『不幸』というところから簡単に読みとれるであろう。
   Bは一人称から女性であり、かつ無能力者であると言うことから佐天涙子であると分かると思う。
   Cは解説の必要もないと思う。しいて解説するなら『ミサカ』というキーワードから人物が特定できる。
   Dに関しても解説の必要はないと思われる。こちらもしいて解説するなら『ン』や『ォ』という文字から特定できる。
   Eに関しては寮則破りの罰を与えた、の点から寮を取りまとめる立場の人物であることが読み取れる。

問2 順序を尋ねられた問題を解く際、最後におこったことから考えると問題を解きやすいとされている。
   もちろんこの場合最後におこったのは寮の部屋の爆発である。
   ゆえに一番最後は人物Aの爆死となる。
   B〜Eの殺し方の順番を考える際、各人が答えた被害者の状態を考えよう。
   B:濡れている 白いシャツ 白いマフラー 刃物が使用される
   C:濡れている 白いシャツ        マフラーが使用される
   D:濡れている 赤いシャツ 白いマフラー 銃が使用される
   E:濡れている 白いシャツ        スタンガンが使用される
   このことより、白いマフラーが着用されてない点から、4名の中ではEが最初であることが分かり、白いシャツが血で赤く染まっている点から、4名の中ではDが最後であることが分かる。
   ゆえに自首してきた5名の殺害の順番はE→C→B→D→Aとなる。
   この5名の順番があたっていた場合には部分点が与えられていると思う。

   そしてこの問題のポイントとなるのが白井黒子の用いた毒、及び白井の同僚である初春の発言『溺死』である。
   先に解説した通り、A〜Eの人物が殺害を試みた際、被害者は全身が濡れている状態であったことが分かる。
   そして初春の発言より、同僚の初春飾利も御坂美琴の殺害を計画していたことが分かる。
   では、白井黒子による毒殺、初春飾利による溺死はどちらが先に行われたのか?
   この解答としては、初春飾利による溺死が先に行われた、とするのが正解である。
   ここで考えてほしいのは毒殺に用いられた毒が遅効性であったこと、及び初春の用いた殺害手段が溺れさせることだった事である。
   溺れ死んだかどうかの判断は、(素人の考えではあるが) ・息をしなくなる ・抵抗がなくなる の2点である。
   ここで溺死させる以前に毒で死んでいたとすればそもそも溺死させる必要がないと考えられる。
   ゆえに溺死が最初に行われたとするのが正解である。
   この解釈の場合、『なぜ被害者はベッドにいたのか』がネックとなるであろう。
   その理由として、初春飾利が他の人物の殺害計画をあらかじめ知っていたため、被害者のくせとして知れ渡っているソファに死体を置いておくことを選んだと解釈した。
   ここで思い出してほしいのは、初春は『守護神(ゴールキーパー)』と呼ばれるハッキングにたけた人物であるということである。
   白井黒子がパソコン用品として媚薬の類を通販を利用して購入したように、白井は毒を、佐天は刃物をネットを通じて購入した。
   そう考えれば、他の人物が殺害計画企てていること、その計画を利用して自分の犯行を隠すことを考えることが可能である。
   つまり、被害者がソファにいた理由は、初春飾利が自身の犯行を隠すため、と言えるだろう。

   なお、元のコピペにおける解釈で、溺死させた人物が真犯人であるという解釈が多数であったことをここに記しておく。

問3 問2より、初春飾利が真犯人である。

問4 このコピペ改変に当たり、銃を扱える人物として犯人Dは妹達の個体のいずれかにする予定だった。
   しかし、先に人物Cを御坂妹としてしまったために適当な人物を犯人Dのポジションに置くことになった。
   その人物が一方通行である。
   この過程から、一方通行を犯人にするつもりがなかったことを察していただけると思う。
   つまり、犯人にするつもりがなかった人物の動機を考えるのが一番手間がかかったと言えるので、解答としては一方通行が正解となる。
   ちなみに、ぶっちゃけ全員面倒だったのでどの人物を答えに挙げていても点数は与えられていると思う。
239 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/20(火) 05:38:45.20 ID:z8ndTSY0
>>225の元コピペ持ってきた


おれはとある殺人課の警部なんだが、聞いてくれよ。今回の事件はまったく奇妙奇天烈なんだぜ。

とある豪邸が、仕掛けられていた爆弾によって突如爆発した。
そして四散した瓦礫の中から、粉々になって焼け焦げた男の死体が発見された。
この事件、訳がわからないのは自称「犯人」が五人も自首してきたってことなんだよ。
しかも全員が自分の単独犯だと言い張るものだから、訳がわからない。

A「俺がやりました。あいつはソファで寝る癖があるから、前もって家に仕掛けておいた時限爆弾で吹っ飛ばしてやったんです。」

B「犯人なら俺だよ。あいつはいつもソファで寝る癖があるんだ。その日俺が近づいた時は、気分が悪いのか、ソファで白いマフラーを首に巻いた格好で、何故かびしょ濡れの状態でガクンと首を項垂れて俯いてるから、血まみれになるまで腹を滅多刺しにしてやったよ。」

C「あいつを殺したのは俺。いつものように、白いシャツをだらしなく着た状態でソファでふんぞり返ってびしょ濡れで寝てるから、
 背後から近づいて、前もって用意していた白いマフラーで絞め殺してやりました。」

D「あいつには結構前前から恨みがあってさあ。遠くのビルから狙撃してやったよ。白いマフラーに赤いシャツを着てソファで項垂れながら寝てるところらしいのがファインダーから辛うじて見えたから、銃弾を頭に撃ち込んでやったさ。」

E「あいつは白いシャツ姿でふんぞり返って寝てたから、丸出しになっていた首筋にスタンガンを当てて感電死させてやった。あいつ、風呂上がりなのか全身びしょ濡れだったから電流が良く通ったのか、即死だったぜ。
  あれだけの高圧電流を流してもピクリともしなかったんだからな。」

おれは部下の刑事を呼び出した。
「犯人は誰だと思う? 誰が毒――いや、殺したんだろうな。」
危ない危ない、つい「毒殺」というところだったぜ。そう、実は犯人はおれなんだ。
遅行性の毒物を、奴が常用するカプセルにすり替えておいたからな。うっかり口を滑らせるところだったぜ。
でも鈍い部下は、俺のそんな失言にも気付かずにのんびりと答えた。
「そうですよね。誰が被害者を溺死させたんですかね〜。」
240 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 05:40:46.34 ID:EhdjRvw0
美琴恨まれすぎwwwwwwwwww
それにしても推理物の流れになってきましたなww
個人的には推理物好きだからいい流れだwwww
241 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 05:46:58.09 ID:EhdjRvw0
ところで >>219 の花嫁の件についてだが、
おそらくコナンではなく「金田一少年」だと思われる。
2個目の事件の最初に発見された被害者が首なし花嫁姿だった。
事件名は「異人館村殺人事件」です。(トリックの盗作疑惑がありますが・・・)
242 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 08:07:09.51 ID:9Jp64EAO
>>241
あ、それそれ。金田一だ。同じ推理ものだからごっちゃになってたwwww
243 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 09:07:19.60 ID:3b4lm2DO
ファイル整理してたら2ヶ月近く前に途中まで書いて放置してたやつをみつけた
続き書き上げるかそれとも新しく書くべきか悩むぜ
244 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 12:12:30.41 ID:xKIHdYAO
一度読み返して使えそうな部分をリサイクルしつつ再構成というのは
245 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/20(火) 12:57:05.43 ID:AWcQ9gDO
これからとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第七回目を始めたいと思います
246 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 12:57:39.01 ID:AWcQ9gDO
61、バレンタインデー<バレンタインデー>


滝壺「はい、はまづら」

浜面「お、ありがとうな滝壺」

滝壺「どういたしまして」

絹旗「私からもありますよ」

浜面「サンキューな絹旗」

絹旗「義理ですからね。超勘違いしないで下さいね」

浜面「分かってるって」

フレ「私のは隠し味満載だから気をつけなよー?」

浜面「あぁ、期待してるよフレンダ」

フレ「にっひっひ」

浜面「後は……」チラッ

麦野「なによ? ちゃんと用意してるって。ほら」

浜面「どうもな。……でもなんで三個もあるんだ?」

麦野「ビターが好きなのか、甘いのが好きなのか、その間が好きなのか分からなかったら三つ用意したのよ」

浜面「なんか余計な気を使わせちまったみたいだな。ありがとう。全部好きだぜ」

麦野「三倍返しだから。忘れないでよ」

浜面「へいへい」

滝壺「喜んでもらってよかったね、むぎの」

絹旗「浜面の好みはなに!? って聞かれた時は超焦りましたよ」

フレ「結局、一番そわそわしてたのは麦野って訳よ」

浜面「ほほぅ? 麦野がねぇ……」

麦野「やめて。それ以上言わないで……私のメンツが……」

滝壺「大丈夫、私はそんな可愛いむぎのを影で見守ってる」
247 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 12:58:15.67 ID:AWcQ9gDO
62、移動教室<ムーブルーム>


カキカキ

吹寄「次は移動教室よ」

カキカキ

上条(人事移動教室っと)

カキカキ

土御門(サマルトリア人事移動教室っと)

カキカキ

青髪(サマルトリア人事移動教室共和国っと)

カキカキ

姫神(サマルトリア人事移動教室共和国西武っと)

他生徒(どこだよ!)
248 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 12:58:58.62 ID:AWcQ9gDO
63、黒板<ブラックボード>


青髪「黒板でもうまい字書ける人って僕、尊敬するわー」

上条「わかるわかる。チョークだし壁に向かってだしな」

土御門「普段、字がうまい人でも大体が崩れるんだにゃー」

青髪「そういえばいつまで黒板なんやろか?」

上条「どういうことだ?」

青髪「ここは科学の最先端の街やろ? それなのに未だに黒板って変だと思わへんか?」

土御門「確かににゃー。映像的ななにかでいいと思うぜよ」

上条「単純に金かかるからじゃないのか?」

青髪「カミやんは夢のないことを……」

上条「お金は重要だろ!?」

青髪「分かっとるって。ただカミやんが言うと何故か悲しくなるんや……」

土御門「まぁなんにせよ、単純に字が下手な先生でもしっかり書けてるのがすごいぜい。ちゃんと書けなかったからって何回も書き直す女子とか軽くイラっとするんだにゃー」

上条「書き直したい気持ちは分かるけど先行けよってなるな」

青髪「そこでモジモジするのもまた可愛いやん!」

上条「ブレないなぁお前は」

青髪「えっへん」

土御門「総括すると小萌先生凄い、でどうかにゃー?」

上条青髪「異議なーし」
249 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 12:59:48.42 ID:AWcQ9gDO
64、将来の夢<ドリーム>


上条「御坂、将来の夢ってあるか?」

御坂「なによ突然」

上条「学校でそういう話題になってさ、御坂はどんなんかなぁって」

御坂「そうねぇ……具体的にはまだ考えてないけど私の能力を活かして研究職とかやりたいわね」

上条「へぇ、凄いじゃん」

御坂「私の能力が正しく使われるのが第一ね。アンタの将来の夢ってなに? まさか不幸じゃなく生きたいとかそんなのじゃないでしょうね?」

上条「半分当たっております……。その生活に満足してて幸せを感じれるならそれでいいかなぁって」

御坂「謙虚なんだかバカなんだか。でもアンタらしくていいんじゃない?」

上条「バカは余計です。でもさ、具体的にってのがないんだよ。来年3年だってのにどうしたらいかべか?」

御坂「どこの方言よ……。能力関係とか魔術関係ならいくらでも道はあるんじゃない?」

上条「どっちの肩入れも上条勢力がどうとかであんまり良く思われないんだよ。それに、それだと幸せになれそうにないし」

御坂「それもそうね。……それなら主夫しかないわね」

上条「主夫ですと!?」

御坂「そ。アンタのその生活スキルをフルに活かせるのは主夫しかないわ! 名案じゃない?」

上条「俺は家事くらいしかまともに出来ないからそれも悪くない。と、言いたいところだが。それをさせてくれる相手がいるか? 上条さんはいるとは思えませんが……」

御坂「私がいるじゃない」

上条「御坂が?」

御坂「私は研究できっと家のことは疎かになりがちになっちゃうからアンタが家事をすれば……って私はなにを言ってるのよーっ!? あーもう、これじゃあアンタと結婚するみたいじゃない!!」

上条「……。えっと、選択肢の一つに加えとくな」
250 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 13:00:29.03 ID:AWcQ9gDO
65、ラブレター<ラブレター>


上条「差出人は君だったのか」

モブ子「うん。中身、読んでくれた?」

上条「あぁ」

モブ子「返事、聞かせてくれる?」

上条「結論から言うと君とは付き合えない。悪い」

モブ子「そ、そっか。ねぇ理由くらいは聞いてもいいよね? 他に好きな人がいるの?」

上条「多分……そうなるのかな」

モブ子「多分?」

上条「いざ誰かと付き合うって考えた時に、俺の隣には君じゃなくて別の子が思い浮かんだんだ」

モブ子「そう……」

上条「いや、決して君がどうって訳じゃないんだ! 可愛いし、俺のことよく見てくれてるし、その……スタイルもいいし……」

モブ子「そこまで誉めてくれるのに、上条君はその子の方に魅力を感じるんだね?」

上条「あ、まぁ……そう、なるな。すまん」

モブ子「謝らないで。あー、気持ちを伝えられてなんかスッキリした」

上条「……そっか」

モブ子「いつか私をフッたこと、後悔しても知らないからね?」

上条「あぁ、分かったよ」
251 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 13:01:15.08 ID:AWcQ9gDO
66、修学旅行<アウトラーニング>


佐天「御坂さん、白井さん、お久しぶりです!」

白井「久しぶりって言っても三泊四日ではありませんか」

佐天「そうでしたー。へへ」

御坂「確か場所は北海道だったわよね?」

初春「はい! こっちの夏とは違って向こうの夏は涼しいんですよ!」

御坂「天気予報見てた限りでは暑そうな感じだったけど」

佐天「それがなんていうか、向こうは暑さの質が違うんですよね」

白井「質、ですの?」

初春「こっちが『じゅんじゅわー』だとするとあっちは『すいーんすいーん』って感じですね」

御坂「湿度とかの違いかしら?」

佐天「なんですかね? それはそうと、ちゃんとお土産買って来ましたよ!」

初春「色々迷いましたけど、お二人には仲良くいてもらいたいのと、御坂さんのリクエストに応えてまりもっこりゲコ太のストラップを用意しました!」

御坂「うはぁ! 北海道限定で手に入らなかったけど良かったぁ。ありがとう佐天さん、初春さん!」

白井「よく見たらお姉様と色違いのストラップではありませんか! これでお姉様との繋がりが出来ましたの!」

佐天「大成功だね、初春!」

初春「はい!」
252 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 13:01:45.74 ID:AWcQ9gDO
67、宿題<サブジェクト>


上条「おーい、一方通行」

一方「……こンな朝っぱらここに来るなンていい度胸してるじゃねェか三下ァ……」

上条「朝っぱらってもう10時だぞ?」

一方「テメェのちっせェ事情なンか知らねェよ。じゃあな」

上条「そうはい神裂!」

一方「あァン!?」

上条「そう睨むなって。時間はかからないからちょっと入れてくれよ」

一方「なーンでですかァ?」

上条「宿題を手伝ってほしくてな」

一方「宿題ィ?」

上条「そ、宿題。なんか皆用事あるとかで予定が合わなかったんだよ」

一方「だからってなンで俺ンとこ来るンだよ? 携帯の電源は切ってたはずですけどォ?」

上条「垣根に聞いたら『あいつが電源切ってる時は家にいる時だ』って教えくれたもので」

一方「チッ、あンの糞メルヘン。次会ったら髪の毛、黒にしてやンぞ」

上条「それじゃあ、お邪魔しまーす」

一方「オイ、勝手に入るンじゃねェよ」

上条「差し入れのたまごボーロあるから入れてくれよ。な?」

一方「仕方ねェな。用が済ンだら早く帰れよ」

上条「はいはい、分かってるって」
253 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 13:02:21.55 ID:AWcQ9gDO
68、お弁当<ランチ>


一方「ンじゃあ行ってくるわァ」

打止「待って! ってミサカはミサカはあなたを呼び止めてみる」

一方「どうしたンだよ?」

打止「はいこれ! ってミサカはミサカは少し緊張しながらあなたにお弁当を渡してみたり」

一方「弁当だァ?」

打止「うん。きっとコンビニとかの不健康そうなものばっかり食べてると思って作ってみたのってミサカはミサカは照れてみる」

一方「お前の手作りねェ……大丈夫なのか?」

打止「は、半分はヨミカワに手伝ってもらったから多分大丈夫だよってミサカはミサカは慌ててフォローを入れてみる……」

一方「まァ、期待しねェで食べてみるわ」

打止「残しちゃダメだからねってミサカはミサカはいささか不安に駆られてみたり……」

――――

一方(ハートマークとかどこの愛妻弁当だよ……。なンか食べンの勿体ねェな)

一方(……なかなかうまいじゃねェか。人間の食べ物って感じがすンなァ)

――――

一方「ただいま」

打止「お帰りなさい! ねぇ、お弁当どうだった? ってミサカはミサカは今日一日気になってたことを聞いてみる!」

一方「食えねェもンじゃねェな。……次からは量を増やせ。あれじゃあ全然足りねェよ」

打止「分かった! ってミサカはミサカは早速ヨミカワと交渉しにいってみる!」
254 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 13:02:53.22 ID:AWcQ9gDO
69、受験勉強<プレパレイション>


上条「受験勉強って2年の夏からやるらしいな」

青髪「そこから準備を始めて1年後の3年の夏から追い込みをかけるみたいやで」

吹寄「それは上を目指す人でしょ? 普通は3年の夏からで十分よ」

姫神「そもそも。3年生の勉強が終わってないのに。2年生からその勉強するっておかしいと思う」

土御門「それはまんま現代社会の問題の一つだにゃー。受験勉強に限らず就活でもそういった早期化が進んで、高校や大学は受験や就活する場所の施設になってしまってるんだぜい」

吹寄「よく知ってるじゃない」

土御門「昨日、義妹が言ってたんだにゃー」

吹寄「誉めて損した……」

青髪「でもそれを聞くと、本末転倒って感じやわー」

上条「学生の本業は勉強だろ? 別に間違ってはいないだろ」

姫神「あなたはもっとその本業を頑張るべき」

上条「これがブーメラン現象ってやつですか!?」
255 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 13:03:36.20 ID:AWcQ9gDO
70、推薦入試<スキルオファー>


青髪「現代社会の問題と言えば、推薦入試も色々問題あらへん? 特に学園都市なんて問題の塊やと思うわ」

土御門「名のある学校は学力だけじゃなくて能力でも判断するからにゃー。俺らみたいなレベルの低い人間には耳が痛い話ぜよ」

上条「全くだな。仮に俺が頭すげぇ良くてもこの右手で弾かれるわけだろ? これじゃ不幸じゃなくて理不尽だよな」

姫神「能力があるからって決して良いわけじゃない。その能力で大変な目に遭う人もいるから……」

吹寄「姫神さん?」

土御門「姫神さん言うとおりだにー。噂に聞くとレベル5の連中は、まともに学校にも通わせてもらえずずっと実験三昧らしいぜよ」

青髪「それはそれで嫌やわぁ……」

吹寄「そういうの聞くと、外からの学園都市に対するイメージの悪さってなかなか払拭出来そうにないわね」

上条「暗い部分が多すぎるんだよ。学園都市の推薦入試の問題もその一部みたいなもんだ」

土御門「ま、俺らはなにを言っても平凡校の愚痴にしかならないんだぜい」

姫神「なにごとも普通が一番。特別は少しでいい」

吹寄「今日の姫神さん、一味違う」

姫神「たまには背伸びしたくなる時もある」
256 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 13:04:51.01 ID:AWcQ9gDO
これでとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第七回目を終わります
第八回目はまた今夜にでも
257 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 14:14:37.48 ID:RN/CV3s0
ニヤニヤ
258 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 14:33:58.81 ID:yEltW.c0

俺は今まさに>>254のような状況に陥っていたのか
259 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 15:47:49.06 ID:hgD3fADO
折り返し100するの?
そして忍の片言の偉大さ
260 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 16:50:55.16 ID:EsxSjcDO

通行止め可愛いな
あの年で愛妻弁当作るとかハイスペック幼女万歳
261 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 17:15:06.06 ID:9Jp64EAO
乙!
やっぱ通行止め最高だわ
262 :禁書昔話・北風と太陽 [sage]:2010/07/20(火) 17:21:04.45 ID:qIvz5qoo
ある日の事、北風(美琴)が太陽(上条)に勝負を持ちかけました。

北風「ちょっとアンタ! 勝負しなさい!」

太陽「またかよ? しょうがねえな。じゃあ………」

そこへ旅人(神裂)が通りがかり、

太陽「あの人の服を脱がせた方が勝ちな」

北風「……………………変態」

それ以来、太陽は二度と北風に会うことはありませんでした。



おしまい。


休み中に考えた赤ずきん編を投下しようと思ったら>>65でやられてたでござる。
263 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 17:25:01.47 ID:tnAtes.o
乙ェ
62 のがワロタww サルトマリアwwwwwwww
264 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 17:40:38.39 ID:QIK5eoSO
>>208

聖人の血を吸った蚊が聖蚊とすると

姫神の血を吸った蚊は……?



しかし、ステカオとは実に良い。実に素晴らしい
265 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 19:32:41.40 ID:ytt3algo
http://2d.moe.hm/index/img/index2459.jpg

この画像の詳細わかる?
266 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 19:35:15.43 ID:FduJT72o

とある科学の超電磁砲の画像
写ってるのは御坂美琴と黒井白
状況は黒井のテレポートで空高くあがって、御坂がレールガンを撃とうとしている
267 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 19:59:54.11 ID:7ES2PLwo
バックの海は渡口の浜だな
268 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 20:00:05.09 ID:ogFmNRQo
禁書BDDVDについてきた学芸都市SSだろ
初回版のみだから今から新品で手に入れるのは絶望的
269 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 20:07:26.87 ID:asi3Y/go
黒井白ってどなた?
270 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 20:08:50.49 ID:X2ug3i2o
>>265
禁書DVD特典SSだな
ほぼ入手不可能
271 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 20:09:37.02 ID:X2ug3i2o
リロードすんの忘れてた・・・
272 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/20(火) 20:49:56.44 ID:AWcQ9gDO
これからとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第八回目を始めたいと思います
273 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 20:50:46.16 ID:AWcQ9gDO
71、合唱会<コーラス>


上条「男子ーちゃんと歌ってー(笑)」

青髪「今年で最後なんだよー(笑)」

土御門「先生ー男子がちゃんと集まりませーん(笑)」

姫神「これはお前たちの問題だ。先生は関与しない(笑)」

吹寄「……喧嘩売ってんのか貴様らは!?」

上条「いやいやまさか」

青髪「なにをそんなに怒っとるんや?」

土御門「きっと心辺りがあるんだぜい」

姫神「これはいわゆるあるあるネタ」

吹寄「あーはいはい、全部ありました! まさにそのテンプレ通りよ!」

上条「男子ー声聞こえなーい(笑)」

青髪「誰々君の口が開いてませーん(笑)」

土御門「本番近いんだよー(笑)」

姫神「先生はもっと迫力がほしいな(笑)」

吹寄「うきゃー! 枕に顔押し付けて消えてなくなりたいぃ!」
274 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 20:51:11.87 ID:AWcQ9gDO
72、肝試し<ゴーストライター>


八九寺「なるほどー。ここが科学の最先端の街、学園都市ですか」

浜面「お嬢ちゃんはどうしてここにいるのかな?」

八九寺「肝試しと言えば幽霊、幽霊と言えばお化け。というわけで本家から出張出血大サービスをしにきました」

浜面「ははは、そのチャレンジ精神は買うよ」

八九寺「ところで浜ヅラさん」

浜面「俺の名前は浜面だ。カタカナにして人をハゲみたいに呼ぶんじゃない」

八九寺「失礼。噛みました」

浜面「わざとだろ」

八九寺「噛みまみた」

浜面「わざとじゃねぇ!?」

八九寺「テラバイトー」

浜面「そんなにねぇよ! あ、」

八九寺「……浜面さん、私を性の対象としてみた場合、即座に通報しますからそのつもりで」

浜面「いやいや有り得ねえって」

八九寺「本当ですか? あなたみたいな人間が影で『でゅっせるどるふ』とか鼻息を荒くしているのは間違いないはずなのですが」

浜面「全部間違ってるよ! 大体『てゅっせるどるふ』ってどんな鼻息だよ!?」

八九寺「そうですか、それはおかしいですね。おっとそれではお腹空いたので帰りますね。ではまたどこかで会いましょう」

浜面「あ、あぁ。じゃあな。……ありゃ滝壺と組み合わせたらツッコミ不在になるな」
275 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 20:51:37.48 ID:AWcQ9gDO
73、休み時間<レストタイム>


上条「なぁ、小学校って昼休みの他に中休みみたいなのってあったよな?」

青髪「あったあった。確か2時間目と3時間目の間やったっけ?」

土御門「確か時間も20分くらいなかったかにゃー?」

上条「そう、それだよ! あれってなんだったんだろうな?」

青髪「当時はよう遊んでたけど、今思うとよく分からん時間やね」

土御門「すぐに昼休みがあるのに変な話ぜよ」

上条「それで中学から無くなるし、授業の時間も何故か増えるから、最初はすんげー長く感じたなぁ」

青髪「人間の集中力は10分やったか15分やったが限界って聞いたことあるわー」

土御門「マジで? そしたら授業長すぎぜよ!」

上条「でも、それ集中力の話だろ? 俺には関係ねえな」

青髪「あ、僕もやったわ」

土御門「俺もだぜい」

上条青髪土御門「はっはっは!」
276 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 20:52:04.24 ID:AWcQ9gDO
74、出席番号<ナンバープレート>


上条「中の人は小学校から高校卒業まで出席番号はずっと4番だったらしいぞ」

青髪「いらんわそんな情報」

土御門「野球だとおいしい番号だぜい」

上条「でも吹奏楽をやってたから野球とは縁がなかったそうだ」

青髪「どうでもいいわ!」

土御門「周りから『いけよ4番』とかいじられてる姿が浮かぶぜよ」

上条「ちなみに愛内さんと相川さんは常に1番だったそうだ」

青髪「知るか!」

土御門「そういや青髪の本名って――」

青髪「なああああああ!!」

上条「あー、それとこの携帯は6台目らしいぞ」

青髪土御門「一番関係ねえ情報をなんで付け加えたんだよ!」
277 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 20:52:33.54 ID:AWcQ9gDO
75、文化祭<カルフェス>


委員長「今日の議題はクラスTシャツのデザインです。各自意見を出し合って下さい」

御坂(クラスTシャツ、かぁ。なにがいいかな。せっかくなんだから普段は着れないものがいいなぁ)

御坂(ゲコ太なんていいと思うんだけど、やっぱりクラスTシャツに可愛い系はちょっとねぇ)

女生徒A「なんか他のクラスはゴリ押しな感じらしいよー」

女生徒B「それ本当? じゃあ逆路線で攻めた方がよくない?」

御坂(!! 他のクラスがゴリ押しならこっちはその逆の可愛い系でいけばいいじゃない! あ、でもゲコ太はやっぱり子供っぽいかな……)

委員長「誰か、案がある人はいませんか? あ、A子さんどうぞ」

女生徒A「他のクラスとは違う路線で可愛い系がいいと思いまーす」

委員長「なるほど、分かりました。他にある人……ではB美さんどうぞ」

女生徒B「A子の案に賛成で、デザインは緩いだうなーな感じがいいと思います」

御坂(きたこれ! キタコレ!! ktkr!!! ついに、ついにゲコ太が日の目を見る日が来たのね!!)

委員長「他に案のある人はいませんか? 御坂さんどうぞ」

御坂「その意見、ゲコ太がぴったりだと思います!!」

委員長「ゲコ……太?」

ゲコタ? ゲコタッテアレヨネ? カエルノ。ゲコタカァ…

御坂(なんだろう……この空気……)

委員長「御坂さん。あのー、ゲコ太は商標登録されてるキャラクターなのでクラスTシャツにはちょっと難しいかと……」

御坂「ですよねー! 例えですよ例え! はは、あははははは……」

御坂(よく考えれば分かることじゃない……不幸だわ……)
278 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 20:53:02.62 ID:AWcQ9gDO
76、林間学校<アウトスクール>


削板「あれ? お前どっかで見掛けた顔だな」

御坂「ちょ、なんでアンタがここにいんのよ!?」

削板「お、確かお前は極電磁砲<レールキャノン>の御坂か」

御坂「超電磁砲<レールガン>よ! 勝手に私をアンタ仕様に変更しないでよ」

削板「ガンよりキャノンの方が根性ありそうだろ」

御坂「根性を第一で考えるな! 最初の質問に戻るけど、なんでここにいるわけ?」

削板「自然界に身を置くことによって、自分自身をハードに鍛えるためだ」

御坂「でも、やってることはただのガイドよね?」

削板「そうともいう。だが、この俺がガイドになったからには根性のある奴しか生き残れない!」

御坂「だからアンタ基準で考えないでよ。男はいないんだよ?」

削板「なん……だと……?」

御坂「女子校だもの当たり前じゃない。まさか知らなかったの?」

削板「おう……」

御坂「お嬢様の集まりだから根性根性と汗臭いこと言われてたら嫌われるわよ?」

削板「それは……参ったな」

御坂「別に普通してればいいじゃない」

削板「女子にどうやって普通に接すればいいんだ?」

御坂「私みたいにすればいいでしょ?」

削板「いや、御坂は女に見えな――」

御坂「なんですってー!?」ビリビリ

削板「すパガ!!」
279 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 20:53:25.94 ID:AWcQ9gDO
77、転校生<スクールチェンジ>


姫神「皆。これを忘れてる気がする」

上条「別に忘れてねーぞ? 最初で話したじゃんか」

姫神「それを踏まえても。馴染み過ぎというか」

上条「良いことだろ? それともよそよそしい感じがいいのか?」

姫神「それは。いや」

上条「今日の姫神はわがままだなぁ。占いの順位でも悪かったか?」

姫神「そんなんじゃないけど……」

上条「ははぁん。さては構って欲しいんだろ?」

姫神「え。あ。うん……。そうなのかな」

上条「よーしよし、上条さんに任せなさい」ワシャワシャ

姫神「髪。そんなに。しないで」

上条「ならこっちはどうだ。ごろごろー」

姫神「にゃー」

土御門「カミやんもげろおおおお!!」

上条「やめて! もがないでお願いしますから!」

青髪「姫やんもなぁにしとるんやああああ!!」

姫神「ちっ」
280 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 20:53:48.00 ID:AWcQ9gDO
78、学問<スタディ>


アレイスター「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずか。なかなか面白いことを考えつくものだな」

アレイスター「ふふふ……」
281 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 20:54:19.32 ID:AWcQ9gDO
79、読書<リーディング>


上条「なぁインデックス。10万3000冊の魔導書の他に何冊の雑誌が頭に入ってるんだ?」

禁書「とりあえずこの部屋にあるものはバッチリなんだよ」

上条「歩く協会じゃなくて、歩く図書館だな」

禁書「そんな呼ばれ方は好きくないかも」

上条「でも便利だよなぁ。完全記憶能力って」

禁書「そうでもないよ……」

上条「テストとかに役に立ちそうなんだけどな」

禁書「忘れたくても忘れられないんだよ? それがどんなに辛くてどんなに苦しいかとうまには分かる?」

上条「適当なことを言っちまったみたいだな……悪い」

禁書「分かればいいんだよ。ちなみにとうまの教科書も読破済みなんだよ!」

上条「マジか!?」

禁書「うん! だから私を学校に連れてけば教科書いらずなんだよ!」

上条「学校に着いてくりゃあ昼飯もありつけるしな!」

禁書「まっさしくその通りなんだよ! あ、」

上条「シスターとしての心得はどこに行ったんですか!?」

禁書「修行中の身だからまだまだ身に付いてないのかも!」

上条「せめて居候としての自覚は持ちなさい!」

禁書「スフィンクスー。今日はなにして遊ぼうか?」

スフィンクス「なぅー?」

上条「戦わなきゃ、現実と!」
282 :とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/20(火) 20:54:50.69 ID:AWcQ9gDO
80、衣替え<ユニフォームチェンジ>


御坂妹「衣替えをしてみました、とミサカは唐突に告げます」

上条「見たところ特に変わったところは見当たらねーぞ?」

御坂妹「外見ではなく中身です、とミサカはヒントを与えます」

上条「中身? 中の衣替えってなんだ?」

御坂妹「正解を教えます、とミサカはスカートをたくしあげます」

上条「うわっ!? 待った、ストップ! 人前でそんなはしたないことは上条さんは許しませんよ!?」

御坂妹「なにを慌てているのですか? 下着の上に毛糸パンツを穿いてるだけですが、とミサカはスカートをひらひら」

上条「け、毛糸?」

御坂妹「はい」ピラ

上条「わ、分かったからもう見せなくていいぞ。もう十分に伝わったし」

御坂妹「そうですか。これは暖かいので冷え性の人にはいいですよ、とミサカは勧めます」

上条「つーか男物でそういうの見たことねーぞ」

御坂妹「では、穿いてみますか? とミサカは――」

上条「やめい!」

御坂妹「何故止めるのです?」

上条「何故って……俺が突然下を脱ぎだしたら止めるだろ?」

御坂妹「いえ止めません、とミサカはきっぱり答えます」

上条「なんですと?」

御坂妹「MNWに流さなければならないので」

上条「御坂美琴のDNAはどうなってんだよ……」
283 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 20:56:37.21 ID:AWcQ9gDO
これでとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第八回目を終わりたいと思います
明日の第九回と第十回でラストです。もうしばらく楽しんで下さい
284 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 21:33:55.44 ID:vjapBHE0


・・・これを二万話みれば俺は絶対能力に進化できンのか?
285 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 21:41:56.96 ID:y9XTZWMo
>>284
少し違うわね
正確には、『投下された百話を読んで、それをもとに貴方が二万話のショートストーリーを完成させる事』によって貴方は絶対能力に進化するの


286 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 21:45:50.34 ID:1npRqxM0
乙乙!
レールキャノン吹いたww
287 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 21:48:11.38 ID:TH0TuDY0
>でラストです
なん・・だと・・・!?
288 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 21:49:20.41 ID:HNrg2Ugo
だがちょっと待って欲しい、このまま行くと確か九十九物語で終わるはず
つまり……?
289 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 22:23:43.02 ID:QIK5eoSO
>>278

す すごい
パ パンチラ
ガ ガイドブック
290 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 22:49:55.45 ID:7ES2PLwo
アすパらガす
291 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 22:59:54.06 ID:FRe9K260
するめでパナソニックなガトリングワイバーン
292 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 23:07:23.69 ID:scKc/62o
なんとなく>>225にインスパイアされて

ミサカはとある殺人課の警部なのですが、ちょっと聞いてください。
今回の事件はまったく奇妙奇天烈なんです、とミサカは貴女の好奇心を煽ってみます

とある高級マンションの一室が、仕掛けられていた爆弾によって突如爆発し、
そして四散した瓦礫の中から、粉々になって焼け焦げたモヤシ・・・もとい男の死体が発見されました、とミサカはまず事件の概要を述べます。
この事件、訳がわからないのは自称「犯人」が五人も自首してきたってことです。
しかも全員が自分の単独犯だと言い張るものだから、さっぱり訳が分かりません、とミサカはデコを抑えて嘆きます。

A「第一位を殺したのはミサカだよ。第一位はソファで寝る癖があるから、前もって家に仕掛けておいた時限爆弾で吹っ飛ばしてやったんだ。第一位という人間がが存在したという証拠ごと、あとかたもなくね。」

B「犯人ならミサカです、とミサカは負けじと主張します。一方通行はいつもソファで寝る癖があるのですが、その日ミサカが近づいた時は、気分が悪いのか、ソファで白いマフラーを首に巻いた格好で、襟元を大きく開け、何故かびしょ濡れの状態でガクンと首を項垂れて俯いてるから、血まみれになるまで腹を滅多刺しにしてやりました、とミサカは悲痛な表情で自白します。最近の一方通行はどこぞのウニ頭のようにやたらフラグをたてまくり、ミサカのものにならないならいっそ殺人犯同士、地獄で結ばれたいと考えました、とミサカは遠まわしに死刑判決を求めます。」

C「セロリたんを殺したのはミサカです、とミサカこそが真犯人であるとアピールします。いつものウルトラマンシャツをだらしなく着た状態でソファでふんぞり返って汗まみれで寝てるから、背後から近づいて、前もって用意していた白いマフラーで絞め、生命の危機を感じて勃起したと思われるセロリチ○ポを味わおうとしたのですが、全然勃起していませんでした、とミサカは都市伝説は所詮都市伝説であるという現実をかみ締めつつ、いつもよりやたら薄かったセロリ汗の味を回想しつつ証言します。」

D「セロリには結構前前から恨みがありました、とミサカは唇を噛みつつ主張します。だから遠くのビルから狙撃してやりました。白いマフラーにウルトラセブンシャツを着てソファで項垂れながら寝てるところらしいのがファインダーから辛うじて見えたから、銃弾を頭に撃ち込んでやりました、とミサカはせっかくのおみやげのサルミアッキを酷評しやがった乙女心の読めない歩く猥褻物を思い出します。」

E「セロリはウルトラマンシャツ姿でふんぞり返って寝てましたので、丸出しになっていた首筋からミサカの能力で感電死させてやりました、とミサカは涙を呑んで述べます。セロリは風呂上がりなのか全身びしょ濡れだったから電流が良く通ったのか、苦痛もなく即死だったようです、とミサカはあれだけの高圧電流を流してもピクリともしなかったセロリを思い出しつつ証言します。動機ですか?MNW経由で他の妹達がセロリの命を狙っていると聞き、どうせ殺されるならと安楽死を試みました、とミサカはいかなる刑罰でも受け入れる意思を見せます。」

ミサカは上位個体を呼び出しました。
「犯人は誰だと思いますか? 誰が毒――いや、殺したのでしょう?とミサカはとりあえず上位個体の意見も参考してみます。」
危ないところでした、つい「毒殺」というところでした。そう、実は犯人はミサカです、とミサカは冷や汗をかきつつ自白します。
遅行性の毒物を、奴のお気に入りのコーヒーに盛っておいたからな、うっかり口を滑らせるところだったぜ、とミサカはミサカの判断力を褒めてあげたい気分です。
でも上位個体も所詮はガキ、ミサカのそんな失言にも気付かずにのんびりと答えやがりました。とミサカはニヤニヤを抑えつつ上位個体の発言を述べます。
「そうだよね。誰があの人を溺死させたんだろう、ってミサカはミサカはうなだれてみたり・・・」
293 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 23:13:25.16 ID:xKIHdYAO
全員ミサカかよwwwwww
294 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 23:19:37.39 ID:oC.0286o
で調査を進めたらどんどん自首してくるやつが増えて
最終的に約1万人に…
295 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 23:21:21.99 ID:gJJXU6co
ところで結構浸透してるようでビクビクしてるんだけどさ
HKBって「(こんな駄スレに居座ってる暇があったら)早く(自分のスレ)書けビーム」なんだぜ
どうでもいいね
296 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 01:57:42.48 ID:QZQ7Ln60
ミサカ警部とミサカEって何号だ?
変態は発言の最初五文字でわかったが。
セクハラ目的で絞殺されたり世界一不味い飴批判しただけでヘッドショットされたりするセロリカワイソス。
297 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 05:39:36.52 ID:EHtV/Hk0
今日は07/21ということで、登場人物らにオ○ニーについて質問しました。
R-18ですので、読む際には自己責任でお願い致します。
それでは、7レスほどお借りします。
298 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 05:40:18.15 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですね?
A:そりゃまぁ健全な高校生男子ですから。

Q:どのくらいの頻度でしていますか?
A:それがですね、居候が居るせいであんまり出来ないんすよ……不幸だ……

Q:居候さんは異性の方で?
A:異性だから困ってるんですよ、同性だったらお互い暗黙の了解が効きますよ。

Q:若いのに満足にオ○ニー出来ないんじゃ大変でしょう?
A:まぁ……そうですね、ちょっと溜まりやすくて……

Q:オ○ニーされる際は何をオカズにしていますか?
A:無難にエロ本ですね。

Q:エロ本は普段どこに保管していますか?
A:ベッドの下だと居候にばれるんで、隣室の友人に預けてます。

Q:好きなオカズは? 巷の噂ではスクール水着の需要が高いと聞いたのですが。
A:俺の場合、友人の影響でメイド物が好きになりましたね。

Q:それじゃ回答いただきありがとうございました。
A:どういたしまして。
299 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 05:40:53.10 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:知ってるけどそれが何だって言うのよ。

Q:常盤台のお嬢様でも知ってるんですね?
A:何よ、知ってちゃ悪いって言うの?

Q:どのくらいの頻度でされていますか?
A:答える筋合いはないわね。

Q:それじゃ何を考えて自慰行為をされますか?
A:…………アイツ…………(ボソッ

Q:アイツ? アイツとは貴方が好意をよせる相手だったり?
A:だ、誰があんな馬鹿の事好きだって!? そそそそんな訳にゃいじゃにゃいの!

Q:……お節介かもしれませんがもうツンデレは廃れた文化だと思いますよ?
A:だ、誰がツンデレよ! ふざけたインタビュアーね! いいわ、もう帰る!

Q:ご協力ありがとうございました……もう行っちゃったか……
300 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 05:41:49.76 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:わたくし、オルソラ=アクィナスでございます。

Q:あの、名前は聞いてないんですけど……
A:その単語の意味は存じ上げておりますよ。

Q:は? あぁ、オ○ニーの事は知っていると……では、どのくらいの頻度でされるんです?
A:初対面の方に名乗らないと言うのは失礼にあたると考えておりますので。

Q:え? は? 何ですと?
A:修道女ですけれど人並み程度には嗜んでおります。

Q:……自慰行為はする、と…… 何を考えてしてますか?
A:わたくしを救ってくださった方を思いながらしております。

Q:今の質問だけやけにきっぱりと答えましたね貴方……それは好きな人ですか?
A:いえ、あの方への好意は好きの一言では言い表せれないほどのものでございます。

Q:これまたきっぱりと答えましたね……インタビューへのご協力感謝いたします。
A:あの方への思いを端的に表すとすれば『溺愛』でございます。

Q:いや、あの……もういいや、勝手にしゃべっててください
301 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 05:42:42.07 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーという単語の意味をご存知ですか?
A:マロニーならよく知ってるんだよ!

Q:いや、マロニーじゃなくてオ○ニー
A:鍋に入れると味がしみ込んでとってもおいしいんだよ!

Q:もう一度聞きますね、オ○ニーと言う単語、知ってます?
A:む、10万3千冊もの魔道書を記憶している私に知らないことなんで無いんだよ!

Q:(何かイタイ子みたいだな……)で、ではどれくらいの頻度でされるんですか?
A:ちょっと待ってほしいかも、今思い出してる最中なんだよ。

Q:……まだですかね? (つーか思い出すってなんだよ)
A:……むむむ――ッ! そんな単語どの魔道書にも載ってないんだよ!

Q:……もう良いです、ご協力ありがとうございました……
A:? なんだかよく分からないけどどういたしましてなんだよ!
302 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 05:43:21.55 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですね?
A:そらもちろん知ってますよ、こー見えてもボク青春真っ盛りの高校生なんやでぇ! 背ぇ高いから上に見られやすいんやけどね。

Q:どのくらいの頻度でされてますか?
A:ははっ、そんなん聞かんといてぇなぁ。

Q:はぁ……(なんか面倒くさい子だな)……オカズは?
A:三次元に限らず二次元、映像に画像に自らの記憶、場合によっては文字だけでイケます!

Q:はぁ、節操なしってことで良いですね?
A:節操なして、ボクぁ自分に正直なだけですやん。

Q:普段からそんな開けっ広げなキャラですか?
A:もちろんです、自分を偽るなんてありえませんって。

Q:ご協力ありがとうございました。
A:どーいたしましてー。
303 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 05:44:33.89 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですね?
A:……オマエ死にてェのか?

Q:あの、簡単なインタビューなんで気楽に答えてほしいんですけど……
A:なァンでこのオレ様が協力しなきゃなんねェンだよ、うざってェ。

Q:質問に答えてくれるだけで良いんで! お願いしますよ!!
A:……知ってらァ。これで満足か?

Q:どのくらいの頻度でされます?
A:……どうやら本格的に死にてェみたいだな。

Q:え? しないんですか?
A:……他人に比べてホルモンバランス狂ってっからしなくても良いンだよ。

Q:へぇ……(そういう病気なのかな? 何か貧弱な体つきだし……悪いこと聞いちゃったな)ご協力ありがとうございました。
A:……2度とそンな真似すンじゃねェぞ。もしこンな真似してくれたら殺すからなァ。
304 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 05:45:13.39 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:知っちゃぁいますが良くそんなこと修道女に聞く気になりましたね。

Q:仕事なんで……知っているってことはしたこともありますよね?
A:……まぁ、ないって言っちゃあ嘘になっちまいますね。

Q:どのくらいの頻度でなされるんですか?
A:気分ですから頻度って聞かれてもちょっと答えれませんねぇ。

Q:何を考えてするんですか?
A:好きな人に決まってんでしょう、それ以外ありますか?

Q:ちなみにその好きな人って言うのは?
A:名前言うのはちとまずいんで……そうっすね、イニシャルで言うとTKっすね。

Q:ご協力感謝します……あ、最後に一つ質問良いですか?
A:何聞くつもりっすか?

Q:そのブーツ厚底すぎませんか?
A:うっさいですね! 私なりのおしゃれポイントなんです! 馬鹿なこと言ってっとシメちまいますよ!
305 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 05:47:56.97 ID:EHtV/Hk0
とりあえず適当に7人分ほど用意いたしました。
主人公であるところの上条さんは外せないとして、魔術勢も書きたかったんでこんな人選になりました。
需要があるようだったら今日中に追加インタビューを決行します。


SSとは全く関係ないけどシスター・ルチアって可愛いよね
306 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 06:55:26.11 ID:aLYQ78k0
オルソラクソ吹いたwww
307 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/21(水) 07:26:06.77 ID:FWBaVcAO
顔にモザイクかかってる状態を思い浮かべると笑える

ルチアは脚光浴びてなさ過ぎ。濃い面々に押されてネタにしづらいのは判るけど。

危惧したキャラ崩壊はしてねぇし、追加読みたいです
308 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 07:34:31.58 ID:rHIrjmco
>>305
ねーちんと五和を希望するぜい
男成分足らんならアックアさんも
309 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 07:37:17.84 ID:0fyemzE0
おもしれえwwww
他キャラも見たいわー暗部の人達とか
310 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 07:48:46.36 ID:T7318wDO
打ち止めなんかに聞いた日には一方に愉快で素敵なオブジェクトにされるな
311 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 08:17:16.17 ID:bH0qf2AO
ネタだしキャラクターがハマってるから突っ込みたくないけど
オナニーと魔術って関係あるから禁書さんが知らない筈がないと思うの
312 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 08:27:16.49 ID:gILshu.0
黒子バージョンは検閲対象レベルだろうなww
313 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 08:29:01.67 ID:i5DyAh20
元々は膣外射精のことなんだっけ?
314 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 08:42:09.19 ID:EHtV/Hk0
>>311
マジで!?
ごめん、俺魔術詳しくないから知らんかった。
ネタってことにして置いてください、マジで無知でスンマセン。

追加が少しできたので5レスほどお借りします。
書きたい人はたくさんだけど筆が進まないからゆっくりやるよ!
315 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 08:43:14.33 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:第1の解答ですが、知識としては心得ています。

Q:したことはありますか?
A:第2の解答ですが、肯定します。

Q:どのくらいの頻度でしていますか?
A:……第1の質問ですが、このインタビューではそのような類の質問のみですか?

Q:え? まぁ、そうなりますね、そういう企画だし。で、どうなの?
A:……第3の解答ですが、月に一度ほど行為をしています。

Q:何を考えながらしてるの?
A:第4の解答ですが、何も考えずただ弄っていることが多いです。

Q:なるほど、それじゃ答えてくれてありがとう。
A:第1の提案ですが、精神的苦痛が多大だったため謝罪を要求します。

Q:あぁ、その、ごめん、ね?
A:……第5の解答ですが、少々不本意ですが許しましょう。
316 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 08:44:23.42 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:……貴様、どこの誰だか知らないけど婦女子に向かってそんな質問するの?

Q:やりたくなくても仕事ですから……で、知ってます?
A:……知っていますけど。

Q:したことはあります?
A:ノーコメントで。

Q:わざわざ明言するのを避けるってことはしてるってことですよね?
A:ノーコメントでっ。

Q:それでも頑固に明言を避けるんですからオ○ニーしてるんですよね?
A:あぁもう! はい! あたしはオ○ニーします! これで満足!?

Q:するときはやっぱあれですか、その世間一般より大きめの胸揉んだりするんですか?
A:貴様いい加減セクハラで訴えるわよ!?

Q:し、失礼。で、では、何を考えてするんですか?
A:何だっていいでしょ、そんなの。

Q:多感な時期みたいですし、やっぱクラスメイトとかですか?
A:ッ! ……何だっていいでしょ。

Q:あんま突っ込んで話聞くと本気で訴えられそうなんで、こんなもんで。どうもありがとうございました。
A:どーいたしましてっ!
317 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 08:45:06.69 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですね?
A:知ってるに決まってるぜよ。

Q:もちろんしたことありますよね?
A:そりゃこの年齢じゃしてないヤツのが少ないと思うぜい。

Q:どれくらいの頻度でしてますか?
A:仕事とか結構忙しいから不定期だにゃー。しないときは一ヶ月以上しない時もあったぜい。

Q:(バイトかな?)オカズはなんですか?
A:メイド一択だぜいッ!

Q:力強く言いましたねぇ、メイドさん好きなんですか?
A:大大大好きだぜい! ちなみに愛しの義妹もメイドさんぜよ!

Q:(義妹って……エロゲのやりすぎか!? 現実逃避か!?)メイドの魅力を一言で言うと?
A:『萌ゑ』だぜい!

Q:(何故に『ゑ』?)ご協力ありがとうございました。
A:これぐらいお安いご用ぜよ。
318 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 08:45:41.78 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:一応。知ってる。

Q:したことはある?
A:ある。

Q:(儚げと言うか不思議な感じだな……)どれくらいの頻度でするの?
A:その質問は。あまり答えたくない。

Q:あ、無理に答えなくて大丈夫ですよ。
A:それは。とても助かる。

Q:質問続けますね、何考えながらするの?
A:それは。…………好きな人。

Q:それは恋人とか?
A:そういう間柄では。ない。クラスメイト。

Q:片思いなの? 青春だねぇ。
A:そう。片思い。倍率1万以上の。

Q:(1万!? 何だその数!?)ご協力ありがとうございました。
A:いえいえ。どういたしまして。
319 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 08:47:11.93 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですね?
A:知ってるけど。それがどうかしたか?

Q:どれくらいの頻度でしてる? チンピラっぽい見た目から察するに結構してそうだけど。
A:アンタ失礼だなぁオイッ!

Q:え? オ○ニーしないの?
A:いやするけど! 人並みにはしますけど! その言い方おかしいだろ!

Q:どうでも良いじゃん言い方なんて? オカズは?
A:バニ……もとい、か、かか、か、彼女の、事、考えて、してます、はい。

Q:え? 彼女いんの? 君が? 妄想じゃなくて?
A:アンタ本当に失礼だなぁおいゴルァッ! しまいにゃ撃つぞ!?

Q:オーケー、悪かったから拳銃下ろして……彼女とはどこまで? A? B? C? D?
A:DってなんだよDって。

Q:細かいことは気にすんな。で、どこまでしたんだお前?
A:えっと、その、き、き、キスを、した。

Q:意外に純情なんですね。外見に似合わず。本当意外に。いやマジで意外だわうん。
A:なんでアンタそんなぎすぎすした言い方してんの?

Q:はいはい回答ありがとー。ありがとついでにリア充は振られちまえば良いんだぁ馬鹿野郎ッ!
A:何不吉な発言していきなりダッシュすんだテメェ! 振られたりするもんかクソ野郎ッ!
320 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 08:50:42.62 ID:EHtV/Hk0
追加で5人ほど。
人選は上条さんと青ピに聞いたらツッチーには聞かんとダメだろうとか上条さん一方通行ときたら浜面にも聞かないととか意外どころでサーシャとかそんな感じ。

昼過ぎにまた投下できると良いなと思ってたりする。
突っ込みどころがあったらレスください、無知でスイマセン。



SSとは関係ないけどシスター・ルチアとシスター・アンジェレネの組合せって良いよね
321 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 09:03:22.64 ID:i5DyAh20

そんないじられっ子のはまづらを応援してる
ステイルとか想像つかないな、14にして枯れてたりして

元々魔術とエロって切っても切れない間柄だからな
一例としてねーちんの格好とk
322 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/21(水) 09:15:01.99 ID:T7318wDO
今日はちょっと早いけど、とある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第九回目を始めたいと思います
323 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 09:15:46.43 ID:T7318wDO
81、体育館<スタジアム>


青髪「今日の体育館使用、僕らじゃあらへんみたいや」

上条「なんだ違うのか」

青髪「体育委員のミスみたいやね」

土御門「体育館があと二つあれば問題ないんだがにゃー」

上条「だな。せっかくボール持ってきたってのに無駄になっちまったな」

青髪「カミやんパース!」

上条「おいおい流石に教室じゃまずいだろ」

土御門「机を退ければパスくらいは大丈夫ぜよ」

男子生徒「俺も混ぜてくれよー」

上条「なんか不幸な予感がするんですが……」

青髪「いつもことやって。ヘイ、カミやん!」

上条「はいはい、そらよ」

土御門「カーット!」

男子生徒「あ、土御門お前!」

ワーワーギャーギャー

上条「俺のラボーナをみやがれ!」グニャ

上条「うおっ!?」

吹寄「それでさ――ひゃぁ!?」

上条「いってぇ……くねぇな」ムニュ

吹寄「早く退けろ貴様ぁ!」ゴス

上条「やっぱりいてぇ!!」

土御門青髪生徒(幸なのか不幸なのか……)
324 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 09:16:31.34 ID:T7318wDO
82、気象警報<ウェザーアラーム>


御坂「気象警報……台風……にへへ……」

上条「ど、どうなされたんですか御坂さん?」

御坂「台風ってテンション上がらない!?」

上条「上条さん的には早く過ぎ去ってくれるとありがたいんですが……」

御坂「もったいない。あの空気中のビリビリとした感じがたまらないのに!」

上条「ビリビリはお前だろ」

御坂「なぁんですってー?」

上条「いやっ、なんでもないない」

御坂「あーもうっ、ゾクゾクするわ」

上条「御坂ってまさかM……なのか?」

御坂「え?」

上条「ビリビリーしてゾクゾクーってさ」

御坂「そんな訳ない! と思うけど……」

上条「そうだ御坂。この手に顎乗せてみろよ」

御坂「なんでよ?」

上条「いいからいいから」

御坂「あ、うん。はい」

上条(簡単に乗せるし目線を合わせない。やっぱりMなのか?)
325 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 09:17:07.64 ID:T7318wDO
83、掃除当番<クリーニングターン>


舞夏「今日の風呂掃除当番は兄貴だぞー」

土御門「ぎにゃー……今日は色々疲れたから勘弁ぜよー」

舞夏「奇数日は兄貴って約束だろー?」

土御門「舞夏が起こしてくれたら洗うにゃー」

舞夏「生憎、私は本を読むので忙しいんだ。一人で起きてくれー」

土御門「酷いぜよ! お兄ちゃんのお願いを聞いてくれないなんて酷いぜよ!」

舞夏「二回言う必要あったかー? まぁいいや。起きろ兄貴ー」

土御門「もっとツンデレっぽく」

舞夏「早く起きてよバカ兄貴」

土御門「ゲームの典型的な妹で」

舞夏「起きてよ、あーにき!」

土御門「いつもので」

舞夏「そんなに元気あるなら大丈夫だなー」

土御門「やっぱりいつもの舞夏が一番だにゃー!」

舞夏「隣の上条当麻に聞こえるぞー」
326 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 09:18:36.75 ID:T7318wDO
84、五月病<サツキダウナー>


打止「今日はどこも出掛けないの? ってミサカはミサカはあなたに今日の予定を聞いてみる」

一方「今日はオフだ。だから寝る」

打止「オフじゃなくても大体寝てるじゃないってミサカはミサカは普段の生活を指摘してみる」

一方「俺の勝手じゃねェか。ほっとけ」

打止「ほっとけませんー。たまにはグテーっとしてないでシャキッとしてってミサカはミサカは一丁前に指を指してみたり!」

一方「五月病だから無理ィ」

打止「その言い訳はちょっとありえないんだけどってミサカはミサカはあなたに失望してみる」

一方「重症な五月病患者なだけですゥ」

打止「うわー仮にも学園都市の第一位がそんな下らないこと言うんだってミサカはミサカは落胆してみる」

一方「仮じゃねェよ。常に第一位だっつゥの」

打止(そこにはちゃんと突っ込むんだね……)

一方「あー、そういやコーヒー残り少ねェンだった。コンビニでも行くかァ」

打止「ほんとに!? ねぇ、ミサカも着いていっていい? ってミサカはミサカは髪を整えながら聞いてみる!」

一方「勝手にしやがれ」

打止「勝手にするね! 鏡見てくるからちょっと待っててー!」
327 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 09:19:10.77 ID:T7318wDO
85、球技大会<ボールゲーム>


上条「お前ら球技大会の種目のアンケートなに書いた?」

青髪「セパタクロー」

上条「なんだそりゃあ?」

青髪「簡単に言うと足でバレーをするドマイナーな競技やね」

上条「なんでそんな競技を……」

青髪「もし採用されたら女子たちの足を振り上げるのが見れるやんかー!」

上条「そこになにかを感じるお前もドマイナーだよ。いや広いストライクゾーンの一部か?」

青髪「その通りやー!」

上条「そんで、土御門はなんて書いた?」

土御門「なんでもよかったからスーパーボールにしたにゃー」

上条「はい? もう一度仰りやがって下さい土御門さん?」

土御門「だからスーパーボールぜよ。たまにやると楽しいんだぜい? この間なんか一方通行が反射で遊び過ぎて電池切れしてたにゃー」

上条「そんな下らないことになにをしてるんですかあいつは……。今はいいか。んで、スーパーボールって球技に入るのか?」

土御門「さぁ?」

上条「さぁっておい……」

青髪「カミやんはなににしたんや?」

上条「無難にサッカーだよ」

青髪「普通やね」

土御門「普通ぜよ」

上条「なんで俺が少数派みたいになってるんですか!? あーもうっ! 普通って言うな!」
328 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 09:19:44.44 ID:T7318wDO
86、恋愛<ラブ>


上条「萌えの一つ上には蕩れってのがあるらしいぞ」

御坂「蕩れ? 見蕩れるとかの蕩れ?」

上条「多分な。話によるとアイラブユーくらいの格付けみたいだな」

御坂「へ、へぇ。そうなんだ」

上条「今度からゲコ太萌えーじゃなくて、ゲコ太蕩れーにしないとダメだぞ」

御坂「うん。ってゲコ太萌えーなんて言ってないわよ!」

上条「そうなのか? 白井がこの間『私がゲコ太ならばゲコ太フェチのお姉様にあんなことやことを!』なんて言ってたからゲコ太萌えーくらいは言ってるかなって思ったんだけど……」

御坂「そりゃ全くないってわけじゃないけど……。黒子のやつ、帰ったら天パにしてやるわ」

上条「ははは……厳しい愛の鞭、もとい電撃ですこと……」

御坂「力加減が難しいんだけど黒子なら大丈夫よ。ある意味アンタより頑丈だわ」

上条「まさしく愛だな」

御坂「もう少し普通に接してくれば、たまには応えてあげようと思うんだけどね」

上条「ところで御坂」

御坂「ん?」

上条「月が綺麗だな」

御坂「月? 月なんて見えないし、まだそんな時間でもないけど……どうしたの?」

上条「いや、分かんねーならいいんだ」

御坂「ちょっとー、気になるんですけどー?」

上条「ミーサルでミサれ」
329 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 09:20:21.52 ID:T7318wDO
87、職員室<スタッフルーム>


黄泉川「小萌んとこのクラスの生徒は、ほんと職員室によく来るじゃん」

小萌「ホウレンソウを徹底してますからね」

黄泉川「報告、連絡、相談ね。やろうと思ってもなかなか出来ないじゃん」

小萌「それが自然と出来るのが私のクラスの自慢なのですよ」

黄泉川「へぇ、そうか。でもおバカさんが多いのは困りものじゃん?」

小萌「そんなことないですよ? 皆、私の可愛い生徒さんです。確かにたまに手を焼かされますが……」

黄泉川「小萌は少しビシッと言ってやってもいいじゃん。なんなら補習は私が担当しようか?」

小萌「体力が余ってる子たちなのでそれもいいかもですが、解らなかったところを理解してもらわなきゃダメなのです」

黄泉川「冗談じゃん。お、また来たみたいじゃん」

姫神「小萌先生。土御門君が持ってきたバトえんが原因で言い争いが起きてます」

小萌「全く、困ったものですね。はいはい今行きますからねー」

黄泉川(バトえんってまた凄い懐かしいじゃん。きっとキャップで揉めてるに違いないじゃん)
330 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 09:20:47.43 ID:T7318wDO
88、朝礼<ファーストグリーティング>


上条(あ、やべ、目の前が……)

――――

上条(ん、ここは……?)

上条「うわあっ!?」

青髪「いきなり僕の顔見て驚くなんて失礼なやつやなー」

上条「あ、わりぃ。ここは……保健室か?」

青髪「カミやん朝礼の時に倒れたんや」

土御門「そうだぜい。だから俺達が保健室まで運んで来たんだにゃー」

上条「そうなのか……ありがとな」

青髪「いいっていいって。カミやんを介抱する僕らの株も上がったし」

土御門「朝礼で貧血起こして倒れるなんて女子か! って思ったけどにゃー」

上条「寝坊して朝飯食べなかったし走って来たから貧血起こしちまったんだな……」

青髪「購買で適当に食い物と飲み買ってきたから、食べたらサボらないで授業出るんやで?」

土御門「今度カミやんのおごりでカラオケぜよ」

上条「いやー持つべきものは親友だな! ありがとう二人とも! 少し見直したよ!」

土御門青髪「少しかよ!!」
331 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 09:22:15.63 ID:T7318wDO
89、学級会<クラスミーティング>


吹寄「今日の学級会は、最近クラスに設置された目安箱に寄せられた意見を議題にします」

――教室での充電を許可して下さい――

吹寄「これをしたら窃盗罪になるのよね。これは私の一存ではどうにもならないので別の機会に」

――席替えをしたいでーす――

吹寄「区切りのいい時期にしてるので頻繁にするのはどうかと。これもまた別の機会ね」

――借りた新品の消しゴムの角を使うのってありですか――

吹寄「なし」

――僕にヒロインが現れるのはいつですか?――

吹寄「はい? ゲームでもやってなさい」

――義妹が最近身内が冷たい――

吹寄「行動を改めなさい」

――不幸だ――

吹寄「あぁ、でしょうね」

――爪きりなくした――

吹寄「忘れた頃に見付かるものよね。ってかなにこの意見の数々!? ミサッターで呟けばいい内容じゃない!?」

――べろべろばー――

吹寄「規制解除はいつなのよ」
332 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 09:23:01.08 ID:T7318wDO
90、ボランティア<ボランティア>


御坂「あら二人とも、ここでなにしてるの?」

佐天「あ、御坂さんに白井さん、こんにちは。私達、学校の行事でボランティアで掃除ロボの掃除をしてるんですよ」

白井「掃除ロボを掃除ですの?」

初春「いつも街を綺麗にしてる掃除ロボも綺麗にしてあげよう! ってのが今年のテーマみたいで」

御坂「通りで柵川中学の生徒を多く見かけた訳ね」

白井「初春、あなた一言も言いませんでしたよね?」

初春「ジャッジメント優先だと思ってまして……すいません」

佐天「私なんかサボる気だったんですけどね」

御坂「こらこら、ちゃんとやらなきゃダメよ?」

初春「でも佐天さん結構乗り気じゃないですか。ええんか? ここがええのんか? なんて言いながらやってたましたよね」

白井「プロトタイプのおっさんですの」

佐天「なんていうか情が沸いてきまして。あはは」

御坂「この掃除ロボにねぇ」スッ

掃除ロボ「!?」サッ


佐天「あ、避けた」

初春「どうしたんですかね?」

白井「お姉様なら仕方ないですの」

御坂「電撃使いの宿命ね……」
333 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 09:27:00.36 ID:T7318wDO
これでとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第九回目を終わりたいと思います。なお、予告次回で最後です


自分で書いた上琴にニヤニヤ出来る俺は幸せ者だと思う
334 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 09:45:59.36 ID:m7uBHdIo
>>333
乙。プロじゃないんだから自分でニヤニヤしたって良いじゃない。
むしろ自分で良いと感じないものを公開してもどうよって思うな、俺なら。
335 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 11:42:28.92 ID:9vh0FoU0
通行止めで3〜4レス頂きます。タイトルの割りに黒子はでません
一方さんのおでこに異変が起きました。

黄泉川「にきび?」

一方通行「うるせェ、見ンな」

打ち止め「あなたは肌が白いからものすごく目立つかも、ってミサカはミサカはジロジロ眺めてみたり」

一方通行「いいから見ンな、目ン玉潰すぞクソガキ」

芳川「あなた、ゆうべ遅くまで起きていたでしょう?夜更かしはお肌の天敵よ」

一方通行「うるせェ!自堕落ババァと一緒にすンじゃねェよ!!」カチッ

打ち止め「ででで電極のスイッチ入れてどうするの?ってミサカはミサカは怯えてみたり」

一方通行「こンなモン細胞の成長速度早めればあっという間に消え…」

黄泉川「おっと一方通行。そいつは大人へ成長するための大事なアイテムのひとつじゃんよ」

一方通行「…はァ?」

黄泉川「つぶしちゃいたくなる気持ちと戦ったり、甘いもの我慢したり、一日何回も顔洗ったり、目立たないように前髪伸ばしたり、
好きな人と顔合わせられなかったりいろいろ甘酸っぱいことしながら人は大人になっていくじゃん」シミジミ

一方通行「…オマエ俺のこと馬鹿にしてンのか?」

芳川「そういえば学生時代にきびができると友達からよくからかわれたわよねえ」

黄泉川「ああ、『思い思われ振り振られ』じゃんね」

打ち止め「なになに?それなーに?ってミサカはミサカは興味深々に聞いてみる」

芳川「にきびの出来る場所でする占いみたいなものかしら。額、顎、頬でその人が今いる恋愛状況を…」

黄泉川「あんたはおでこだから『思いにきび』じゃんねー」

打ち止め「なんか恥ずかしいかも、ってミサカはミサカは赤面してみたたたたた!
何で頭ぐりぐりするのっ?ってミサカはミサカは理不尽な暴力に抵抗してみたりっっ」

一方通行「ンなくっだらねェ話まともに聞いてられるかっつの!」

芳川「あらどこか行くの?」

一方通行「散歩だ散歩」
336 :夜更かしと食べすぎはお肌の天敵ですのよ [sage]:2010/07/21(水) 11:44:53.90 ID:9vh0FoU0
335です。タイトル入れ忘れるとか


[大手ドラッグストア前]
一方通行(特に用もねェけど黄泉川が昨日洗剤が切れたって言ってたな。
 それくらいしかしか用はねェけど)ウィーン

一方通行(洗剤洗剤…。薬売り場の向こうか。用はねェからさっさと行くぞ。…ン?何だあれ)

一方通行(にきびお悩み相談ブックレットだと…?ちょっと見るだけ…。
 な、何っ?バランスの悪い食生活や睡眠不足、ホルモンバランス、肌の乾燥などの生活状況も原因だとっ?)

打ち止め「わーい!見つけたーって、ミサカはミサカはあなた飛びついてみたりっ」

一方通行「ぬわあァァァっっ!」

打ち止め「!?別に驚かせたわけじゃないんだけどっ、ってミサカはミサカはいきなり大声を上げられてこっちがビックリしてみる!」

一方通行「…何しに来やがった」

打ち止め「ヨミカワたちがあなたがきっとお薬屋さんにおでかけしたからついでに晩御飯の買い物も頼んできて、
 ってミサカはミサカはあえて一番近い小さい薬屋さんじゃなく少し遠いおっきな薬屋さんに突入したことを告げてみる」

一方通行「あのババァども帰ったらブッ飛ばす」

打ち止め「でも能力使っわないで治るの待つのね、ってミサカはミサカは短気なあなたの意外な行動に拍手を送ってみる」パチパチ

一方通行「うるせェ。洗剤と晩飯の材料買って帰ンぞ」

打ち止め「と言いつつにきびの本をポケットにしまうあなたが可愛いって、ミサカはミサカはーーっっ待ってよ!そんなに早く歩かないでよーー!」
337 :夜更かしと食べすぎはお肌の天敵ですのよ [sage]:2010/07/21(水) 11:46:55.43 ID:9vh0FoU0
打ち止め「お買い物終了!今日は煮込みハンバーグだね、ってミサカはミサカはワクワクしてみる」

一方通行「食いすぎンなよ、太るぞ」

打ち止め「いくら食べても太らないあなたは女の子の天敵かも、ってミサカはミサカは恨みがましい目で睨んでみたり」

一方通行「フン」

打ち止め「いいの?」

一方通行「あァ?」

打ち止め「おくすり。いらないの?ってミサカはミサカはお薬屋さんを指差してみたり」

一方通行「いらねェよ。ほっときゃ治る」

打ち止め「あのね、えと、あの『思いにきび』のことなんだけど、ってミサカはミサカは口ごもりながら言ってみる」

一方通行「…はァ?」

打ち止め「あれ違うかもしれないんだって、ってミサカはミサカは少し赤くなってみる」

一方通行「違うっつーかあンな信憑性のないモン…」

打ち止め「そうじゃなくてね、男の子は逆かもしれないってヨシカワが言ってたの、ってミサカはミサカはおでことあごを交互に指差してみる…」

一方通行「逆?」

打ち止め「だ、だからあなたのは『思いにきび』じゃなくて『思われにきび』かも、ってミサカはミサカはゆでだこになってみる…」カァァァッ///

一方通行「……………、あほくさ」

打ち止め「ああっ、どうしてさっさと行っちゃうの?そこは何か反応して欲しいかも!ってミサカはミサカは抗議してみたり!」

一方通行「アホか、そンな占い信じてるからオマエはガキなンだよ」

打ち止め「占いとかおまじないは女の子には必要なものなの!ってミサカはミサカはーーーっっ」
338 :夜更かしと食べすぎはお肌の天敵ですのよ [sage]:2010/07/21(水) 11:49:50.25 ID:9vh0FoU0
[翌朝]
一方通行(ン?…騒がしいな。洗面所の方か?)

一方通行「何騒いでンだ、オマエら」

芳川「あらおはよう一方通行」

一方通行「…何で黄泉川とクソガキが取っ組み合いしてンだ」

打ち止め「うわわわ!やめてやめてヨミカワ、ってミサカはミサカはジタバタ暴れてみるけど全然逃げられなかったり!」

黄泉川「おお打ち止め、見せてやるじゃん」

打ち止め「わああ!!やだやだ!ってミサカはミサカはあわてておでこを隠そうとしてみーーっっ」パサッ

黄泉川「じゃーん、あんたとおそろいじゃんよ」

芳川「正真正銘の『思いにきび』ね」

打ち止め「わあああっっ!ひどいひどい!恥ずかしいよう!ってミサカはミサカは無駄だと分かっててもジタバタしてみたりっ」

一方通行「……ばっかじゃねェの、昨日アホみてェにハンバーグ食いまくったからだろ」

芳川「あらま、無粋ね」

黄泉川「ん?どこ行くじゃん」

一方通行「…………薬局」

打ち止め「ミ、ミサカも行くっーーーー!」ダダダダッ

ウワ、ツイテクンナクソガキ
ヤダヤダーッテミサカハミサカハアナタノツエニシガミツイテミタリッ

芳川「甘酸っぱいわね」

黄泉川「青春じゃんよ」


終わりです
SSとかこういうとこで書くの慣れないんだけど、長文になったら改行した方が見やすいよな…
精進します
339 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 11:52:09.98 ID:vbhQexA0
あああ萌える乙!
340 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 11:52:16.79 ID:EHtV/Hk0
間違えて割り込むところだった……
皆も書きこむ前にリロードする癖つけようね

と言う訳で7月21日記念SS第3弾
7レスほどお借りします
341 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 11:53:12.32 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:……南南東から信号がきてる……

Q:……はい?
A:ちなみに2011年の『えほう』は南南東やや右、正確には丙のほう。

Q:(デムパ系ですか!?)ははは……え、えと、オ○ニーしたことは?
A:情報源はうぃきぺでぃあ。

Q:えっと、質問答えてくれるかな?
A:大丈夫だよ、私は質問をスルーされるいんたびゅあーを応援してる。

Q:いやスルーしてる超本人に応援されても嬉しくもなんともないんですけど!?
A:大丈夫、私はちゃんと突っ込みするいんたびゅあーを応援してる。

Q:いやだからねぇ話聞いて質問答えてくれるかなぁ!?
A:でも、私が一番応援しているのは私自身とはまづらの仲。がんばれ私。

Q:ここに至っておノロケ発言!? どこまでマイペースなの君!? やりにくいったらありゃしないよ!?
A:そこまで言われると……てれる。

Q:褒めてないからね!? もういいや、協力ありがと!
A:気にしなくていい。

Q:貴方はちょっとは自分の言動気にしてね!?
342 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 11:53:45.51 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:超知ってますけど、なんでですか?

Q:へぇ、『超』知ってるんですか、(ロリな)見た目によらずエッチなんですね。
A:ふぇ、いや、あのですね、超っていうのはなんて言うか、私の口癖で、

Q:変なフォローしなくて良いですよ、巷ではギャップ萌えってのもあるみたいですし。
A:あなた人の話超聞いてませんね超聞いてくださいよあのですね

Q:無理に超ってつけなくていいですよ、大丈夫、貴方がすっごくエッチいことに詳しいのは分かりましたから。
A:だからそれ超誤解ですっ! 話聞いてください超お願いですからっ!!

Q:そんなえっちい貴方はどれくらいの頻度でオ○ニー、いや貴方に対しては伏せなくて良いですね、オナニーしてるんですか?
A:私超取り返し付かない域に達しちゃいましたか!? 今日の私超最悪ですよ!!

Q:ええそうですね、自分がエッチなことを公共の場で公表するなんて、見方によっては最悪ですよ貴方。
A:私が超最悪って言ったのはあなたの誤解の事ですからっ! あぁぁもう超苛立ちます!!

Q:でも大丈夫ですよ、性に対しオープンな女性を好む男性も少なからずいるはずですから!
A:そんな心配されても超迷惑です! もう私超帰りたいです超帰らせてください超帰ります!!
343 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 11:54:21.69 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですね?
A:ええ、知っていますけど。それがどうかしましたか?

Q:したことはありますよね? どのくらいの頻度でされますか?
A:ええ、まぁ。頻度と聞かれても困ってしまいますが、ある程度はしていますね。

Q:オカズはなんですか?
A:いわゆる18禁の雑誌を読むことが多いですね。

Q:好きな人を想像してしたりとかは?
A:好きな人……片思いと言うか、思っている女性はいますが、彼女をそう言った劣情の対象としてみるのはないですね。

Q:と言いますと?
A:なんと言いますか……私が彼女に惚れ込んだのはその人間性であって、容姿ではないんですよ。

Q:性的欲求と愛情は違う、ということですか?
A:そういう事ですね。それにしても、インタビューって緊張しちゃいますね。色々とお話ししましたし。

Q:わざわざ協力いただきありがとうございます。
A:いえいえ、そう苦でも無かったですし、楽しかったですよ。
344 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 11:55:48.54 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:そのくらいなら知ってる訳よ。

Q:した事はありますか?
A:あるわね。結局、人間は三大欲求には勝てないって訳よ。

Q:脱線しますけど、貴方の中では三大欲求のうちどれが一番強いですか?
A:食欲ね。総ての欲求は結局食欲に到達すると言っても過言じゃない訳よ。

Q:それは言いすぎだと思いますが……これまた本筋から離れますが、好きな食べ物は?
A:サバ缶ね、最近まではカレーがキてたけど、結局オーソドックスな味付けが最高な訳よ。

Q:そうですか。本筋に話を戻して、何を考えてオ○ニーしますか?
A:んー、アイドルとか? 女の子は顔が良い奴で妄想する訳よ。

Q:なるほど、ご協力ありがとうございました。
A:この程度なら大丈夫な訳よ。
345 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 11:56:37.02 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですね?
A:ちょっと待ちなよイーンタァビュアー?

Q:何でしょう?
A:今までの一つ目の質問って男には『〜ね?』で女には『〜か?』だったわよね?

Q:はぁ、そうっすけど。
A:なぁんで女子である私に対して『〜ね?』って聞いてんだおい?

Q:女子(笑) そのなりで女の子って(笑) どう見てもおばさんだろ(笑)
A:ねぇアンタ、今ならまだ許してやってもいいから土下座しな。

Q:力で全部解決できると思ってやがる(笑) ワwwwロwwwwwスwwwwwww
A:ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね

Q:おぉ怖い怖い(笑) どうもすいやせんっしたぁ(笑)


キィイイイイイイイイイイイイイン  シュッ  ドガガガガガガガガガガガガガガガガガガガァン


Q:いや……マジで……すいませんでしたぁ(泣)
A:ハナっからそう言っとけよただの人間風情がよぉっ!!
346 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 11:57:27.28 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:知っているが……貴様何者だ? 何故病院にいる?

Q:気にしないで下さい。した事はありますか?
A:あるが、だからなんだと言うのだ?

Q:そう言う企画ですから。何を考えてしてるんですか?
A:…………………………ちゃん(ボソッ

Q:え、すいません、もう一度言ってもらえますか?
A:……エツァリ……お兄ちゃん

Q:き、近親相姦は犯罪ですよ!? いや日本での話であって貴方の祖国ではどうなのか知りませんけど!?
A:い、いや、血縁関係ではないぞ、師弟関係であって昔からこう呼んでいたからその名残でだな!

Q:な、なるほど……それにしても……お兄ちゃん、ねぇ
A:か、からかうのはよせっ!

Q:いえいえ、決してからかってなんかていませんよぉ。それではご協力ありがとうございましたぁ。
A:ええい、とっとと失せろ!
347 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 11:58:00.52 ID:EHtV/Hk0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:知ってるわよ。

Q:した事はありますか?
A:まぁそれはあるわ。回数が多いかどうかは比べたことないから知らないけれど。

Q:オカズは小さい男の子ですね。
A:なっ、なななななななっ何断定してんのよ!?

Q:貴方、ショタコンなんですよね。いやぁ傑作ですね。
A:なにをコッ根拠にそんなこといいい言ってる訳? 戯言よ戯言!

Q:お、貴方も西尾維新の戯言シリーズ読んでるんですか? 西尾維新も好きなんですよ僕。
A:そんなこと今はどうでもいいわよ! 私、ショタコンじゃないから!

Q:…………そうですね、そういうことにしておきましょうか。
A:待って! なんでそんなに不満そうに言うのよ! 私がショタコンを否定するのに文句があるっていうの?

Q:むしろ文句しかありませんが。なぜ自分をショタコンじゃないと言えるんです?
A:違うから違うって言ってるだけよ! もう良いわ、言っても分かんないみたいだし!

Q:そうですね、貴方には何を言っても無駄のようですし、インタビューご協力ありがとうございました。
A:なんかすっごく不本意だけどどういたしましてッ!
348 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 12:00:46.15 ID:EHtV/Hk0
投下終了です
人選については一方通行・土御門書いたからグループ全員+エツァリの嫁ショチトルと浜面書いたからアイテムの面々ってな感じです
このネタ以外に書くの楽しいですwww



SSにそれほど関係ないけど男性キャラではエツァリが一番好きだったりする
どっかで見た海原主体のハルヒとのクロスSS面白かったわ
349 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 12:04:58.93 ID:EhdbAFQ0
おっつんこ!

ダブオルオーさんは今日でおしまいか。1題1レス形式とはいえ100レス書けるなんて凄いわ
350 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 12:31:42.02 ID:EhdbAFQ0
なんかいい発音みたいになってるし…
351 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 13:07:33.48 ID:mnLr7rc0
00が2つあるからダブルオーなんだよな?なら終わりは900だよな
あと810もあるじゃん。百ってつけたのはきっと二百とか三百にするためだな
352 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/21(水) 13:12:58.71 ID:FWBaVcAO
>>335
素晴らしい。良いなあ、描かれない日常が埋まっていって、しかも精緻な出来と来たもんだ。
353 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 13:19:44.44 ID:rxjA4FQ0
>>348
これは白井黒子ちゃんが楽しみだな
354 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 13:26:53.75 ID:hvXjRsAO
ルイズコピペみたいになりそうだ
355 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 14:32:16.22 ID:BA7ASpEo
>>348
あと誰が残ってるかなーって考えた時
ふと、理事とかQが出てきた俺を修正してください
356 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 14:35:41.66 ID:Wv0DxLUo
じゃあ
アックア、テッラ、ビアージオ、上条刀夜、御坂旅掛、ローマ法王
等のおっさん’s方面に軌道修正を
357 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 14:48:49.15 ID:BA7ASpEo
>>356
アッー
358 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 15:00:49.79 ID:1OX1qEDO
打ち止めに聞くのはさすがにまずいか
…と思ったが妹達は全員思考リンクしてるからフツーに知ってるかもしれんし感覚共有あるし
幼女あなどれねーな
359 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 15:04:32.24 ID:XMzg06wo
ここまで先生陣無し

ちなみに男女のABCの後にD(妊娠)があるとかないとか
360 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 15:07:22.83 ID:BA7ASpEo
リドヴィア「オ○ニーは!! 我慢すればするほど気持ち良いので!!」

ダメだ死んでくる
361 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 15:21:22.13 ID:aLYQ78k0
オリアナを出すがよい
362 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 15:35:41.83 ID:355UQsDO
>>360
吹いた
363 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 15:55:28.23 ID:FWBaVcAO
>>360
SS2のヘヴン状態でのたまってるかと思うと
364 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 17:54:59.13 ID:qjK6NYgo
そこは謎の根性さんやオッさん含むSS2巻の新キャラどもでですね!
365 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/21(水) 18:12:53.44 ID:T7318wDO
これから小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第十回目を始めたいと思います
366 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 18:13:19.70 ID:T7318wDO
91、持ち物検査<ハンドチェック>


上条「女子ってなんか普段持ち歩かなそうなもの持ってるよな。なんでだ?」

姫神「なんでって。必要だから」

青髪「絆創膏ってそんなに必要あるんか?」

吹寄「なにかしら色々使うわよ? 最近だとニキビ潰しちゃった子にあげたし」

上条「あ、俺もこの間もらったわ」

土御門「でもティッシュとかハンカチとかは持ってないやつが多いのはどうしてぜよ?」

姫神「あ。そういえばなんでだろう?」

青髪「前に風邪引いてティッシュを箱で持ってきたらほとんど女子に使われた覚えがあるで」

吹寄「私もよく忘れるけど……謎ね」

上条「持ってないのによく使うよな。なかったらどうするんだよ」

姫神「ある人から貰う」

上条「その発想から既に……」

吹寄「男なら持ってなさいよ」

土御門「なんだか納得いかんぜよ」

青髪「今回ばかりは僕もその意見に賛成や」

姫神「ティッシュ。ちょーだい♪」

青髪「お安い御用や!!」

吹寄「これはなかなか破壊力があるわね……」

土御門「ちょっと危なかったぜい……」

上条「恐るべきポテンシャル……」
367 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 18:13:52.52 ID:T7318wDO
92、テスト勉強<レディセット>


土御門「いやー、昨日は勉強しないで寝ちまったにゃー」

上条「はい、ダウトー」

青髪「僕は絶対に騙されへんぞ」

土御門「……俺、変なこと言ったかにゃー?」

上条「そういう奴に限ってしっかり勉強してんだよ!」

青髪「そうやそうや!」

土御門「なにをそんなに荒んでるのか知らんけど、やってみれば分かるぜよ……」

――――

土御門「どうぜよ?」

上条「あ、俺より悪い」

青髪「ほんまに寝てたん?」

土御門「だから最初からそう言ってるんだぜい」

上条(土御門が言うとなんでも胡散臭いよな)

青髪(せや。きっとわざとやわざと)

土御門「やっぱりなんか悪いことしたかにゃー?」
368 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 18:14:40.95 ID:T7318wDO
93、廊下<パッセージ>


上条「……」
青髪「……」

上条「…………!」
青髪「…………?」


上条「………………!?」
青髪「………………!?」

上条「!……………」
青髪「……! ……」

上条「……」
青髪「……」

土御門「清々しい顔してどうしたぜよカミやん?」

上条「いやーちょっとな」


姫神「……」
姫神「…………」
姫神「………………」
姫神「…………」
姫神「……」

吹寄「おはよう姫神さん」

姫神「おはよう吹寄さん」


※フェイントの掛け合いです
369 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 18:15:13.75 ID:T7318wDO
94、旅行<トラベル>


禁書「とうまとうま」

上条「どうしたインデックス?」

禁書「最近物が増えてきたような気がするんだけど、気のせいじゃないよね?」

上条「確かに増えてきたかもなー」

禁書「どうするの?」

上条「他に置く場所ないからこのままにするしかないんじゃねえか?」

禁書「誰かにあげるとか?」

上条「お土産をあげるってそれはちょっと悪いだろ」

禁書「売るとか?」

上条「どっか盛大に食べに行ける額くらいにはなるかもな」

禁書「売るんだよ! 今すぐ!」

上条「ダメだ。親父からのお土産を売るわけにはいかないだろ」

禁書「だよね。でもやっぱり多いと思うんだよ」

上条「だなぁ……。毎月お土産送ってくれるのはそれはそれでいいんだけど、出来れば米とかの方がありがたかったりするんですが……」

禁書「むむ、配置によっては特別な術式になるかも」

上条「本当か? なんか変な感じがしたらすぐに教えろよ?」

禁書「へ? あ、うん。分かったんだよ」
370 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 18:15:42.03 ID:T7318wDO
95、告白<コンフェッション>


垣根「お前が呼び出すなんて珍しいじゃねえか。なにかあったのか?」

上条「ちょっと相談があってな」

垣根「相談? なんだ、恋の悩みか?」

上条「ぶふっ!! ゴホッゴホッ!」

垣根「ちょっとかかったぞオイ!?」

上条「悪いっ。まさかピンポイント爆撃をくらうとは思わなかったわけでして……」

垣根「いや、俺も適当に言っただけなんだがな。それでなにを相談したいんだ?」

上条「……告白ってどうすりゃいいんだ?」

垣根「……どうもこうも、メールなり電話なり直接なり人伝なり、気持ちを伝えればいいんじゃね?」

上条「もっと具体的な案が欲しいんです。じゃないと恋愛経験豊富そうな垣根に聞いた意味がない!」

垣根「豊富って……普通だよ普通。女友達は多いが、彼女は片手で間に合うくらいしか付き合ったことない」

上条「十分じゃねえかこのリア充め! とにかくいい方法が知りたいんですよ」

垣根「上条、お前器用な方じゃないだろ?」

上条「ああ。それに鈍感……らしい」

垣根「らしいって認識かよ。まぁ俺が思うに鈍感で不器用なお前は、回りくどいやり方をしても空回りを起こすだけだ。それだけはやめとけ」

上条「正面突破ってことか?」

垣根「俺はそれがいいと思うけどな」

上条「そうか。俺もそれしかねーと思ってたから気が楽になった。ありがとな」

垣根「どうも。で、相手は誰なんだよ? ん?」

上条「……御坂。第三位の御坂美琴だ」

垣根「ほぉ……なら尚更正面突破しかねえな! 行ってこいヒーロー!」
371 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 18:16:12.81 ID:T7318wDO
96、掲示板<コルクボード>


打止「んー、んー」

一方「なにやってンだお前?」

打止「この前、あなたと撮った写真をコルクボードに貼ろうと思ったんだけど、届かないのってミサカはミサカは落ち込んでみたり……」

一方「あン時のかァ。オラ、貸してみろ」

打止「貼ってくれるの? ありがとってミサカはミサカはあなたを見上げてみる」

一方「下向いたり、上向いたり忙しいやつだな。それに俺だって別に背は高い方じゃねェよ。……ン、こンなもンか?」

打止「もうちょっと右の方がいいな? ってミサカはミサカは指で作った枠を覗いてみる」

一方「……。……こンな感じか?」

打止「オッケーってミサカはミサカは親指を立ててみる!」

一方「しっかし写真も段々増えてきたなァ」

打止「思い出がいっぱいだよ! ミサカはミサカは貼られたコルクボードを眺めてみたり」

一方「……ほら、よ」

打止「わわっ、なんでミサカは突然抱っこされてるのかな? ってミサカはミサカはあなたの突然の行動に同様してみるるる」

一方「見上げるより正面から見た方がよく見えンじゃねェか?」

打止「あ、そうだね! うん。やっぱり少し右にしたのは正解ってミサカはミサカはガッツポーズしてみる!」

一方「ンじゃあ下ろすぞ」

打止「だめ、待って」

一方「あン? まだなンかあンのかよ?」

打止「もうちょっと抱っこってミサカはミサカはあなたに甘えてみたりー」

一方「ガキ扱いすンなっていつも言ってるくせにこれかよ」

打止「今はガキでいいもんねーってミサカはミサカは超理論を展開してみるー」

一方「はいはい、そォですか」

打止「へへへー」
372 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 18:16:39.34 ID:T7318wDO
97、買い食い<ドライブスルー>


禁書「……」

上条「今日は大人しいなインデックス?」

禁書「匂い嗅いだら食べたくなっちゃうから口で息してるんだよ」

上条「確かにいい匂いしてっけど……もしかして遠慮という言葉を覚えたんですか!?」

禁書「今日は奨学金の出る日の前の日だからお金ないんだよね? だから我慢してるの……」

上条「遠慮じゃなくて我慢か! つか奨学金なら今日出たぞ? 明日休みだし。だから今日、こうして買い物に出てるわけだ」

禁書「ほんとに!? じゃあ私のいままでの我慢はなんなの!?」

上条「なんなのって……。いやいやまず我慢じゃなくて遠慮って物をですね……」

禁書「とうまのケチんぼ! あのクレープで許してあげるんだよ!」

上条「クレープ? あぁ、あそこか。確か御坂一向が御用達の店だな」

禁書「短髪たちの?」

上条「そうだ。俺も何度か食べたけどなかなか美味しかったな」

禁書「とぉぉうまぁぁあ?」

上条「分かってる、クレープだな!? よし、いいぞ。好きなもの頼めよ! だからその歯をしまってぇ!」

禁書「とうまよりクレープの方が美味しそうだから今は勘弁してあげるんだよ」

上条「今は? 今はって言いましたよねぇインデックスさん!? あぁ、待て! 勝手に頼むんじゃありません!」
373 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 18:17:06.41 ID:T7318wDO
98、ストーブ<ストーブ>


上条「御坂の能力って周りを暖めたり出来るのか?」

御坂「力加減が難しいと思うけど出来ないことはないと思う。自分を暖めるのは簡単だけどね」

上条「さすが電撃使いの頂点だなぁ。応用の幅が広い」

御坂「でも第一位と第二位は応用どころじゃないわ。一方通行は自分の体内のベクトル操作、垣根帝督は未元物質で寒さって法則そのものをねじ曲げちゃうから」

上条「夏はクーラー、外はストーブいらずかよ。なんて奴らだ」

御坂「寒さはなんとか出来ても暑さばっかりは私でもどうにもならないわ」

上条「これから寒くなってくるんだからいいじゃねぇか」

御坂「あ、先に言っとくけど電気ストーブとか言ったら、アンタの頭から砂鉄被せるから」

上条「いっ!? や、やだなぁ御坂さん。俺がそんな下らないこと言うわけないだろー?」

御坂「ふーん? どうかしらね?」スッ

上条「み、みひゃか!?」

御坂「ぷっ、なんて噛み方してんのよ! ちょっと心拍数とか計ろうと思って触れただけじゃない」

上条「きゅ、急に電撃を流されるかと思いましてですね……」

御坂「そんな危ないことしないわよ」

上条「どの口が言うんだよ!?」

御坂「このく、ち、び、る、だよ?」

上条「」

御坂「ちょっと、固まらないで突っ込んでよ!? 私一人でバカやったみたいじゃない!?」
374 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 18:17:35.53 ID:T7318wDO
99、体育倉庫<ウェアハウス>


上条「女子校の体育倉庫ってどんな匂いするんだ?」

御坂「は?」

上条「俺の、というか男子全般のイメージとしては女子校はいい匂いがするってイメージがあるんですよ。だから体育倉庫もいい匂いすんのか? と思って。ましてお嬢様学校だしな」

御坂「なにその幻想……。私は女子校しか知らないから匂いについては分かんないけど、少なくとも体育倉庫は臭いわ」

上条「えっ……」

御坂「当たり前じゃない。新品の物が並んでるなら別だけど、毎日使われてるからいい状態のものなんてほとんどないわよ」

上条「アーソウカーソウダヨナー」

御坂「なんか幻想ぶち壊したみたいで悪かったわね。アンタのところの学校の匂いはどうなのよ?」

上条「前に御坂達の部屋に行って思ったけど、なんかこう薄いな」

御坂「薄い?」

上条「女子達が好き好んで使うような匂いの密度が男子の分少ないっつーかそんな感じ」

御坂「なーんか分かるような気がするわ。それで体育倉庫は?」

上条「カビとかサビとかに気をつけてんのか結構換気されてるからそうでもないな。おかげでゲームよろしく的な桃色イベントがないみたいだぜ」

御坂「アンタは歩くイベント野郎じゃない……」

上条「なにか言ったか?」

御坂「いいえ、なにもございませんっ」

上条「どうして不機嫌になってるんでせうか……?」

御坂「ま、いつも通りアンタのせいよ」

上条「うげっ、マジっすか……。参ったな……御坂に言いたかったことがあるんだけど、次にするか……」

御坂「言いたいこと? なによ、気になるじゃない」

上条「いや、ほら機嫌悪いみたいだから日を改めた方が上条さん的には助かるんですが……」

御坂「大丈夫だから。それともなに? 機嫌悪くなるようなことを言うつもり?」

上条「それはない、と思う……」

御坂「あーもうっ、焦れったい! 言いたいことがあるならハッキリ言ってよ!!」
375 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 18:18:13.79 ID:T7318wDO
100、卒業<オープンロード>


上条「わ、分かった言うよ。俺は……御坂とこの関係を卒業したい」

御坂「え、は、卒業? なに、どういう意味?」

上条「御坂を好きにっちまったんだよ俺は。今まで色々あって、こういう温い関係になってるけど、その関係を卒業したいんだ」

御坂「わ、私を好き!? それに卒業ってことはははは……?」

上条「御坂、いや美琴。俺はお前が好きだ。気がついたら美琴が頭に浮かでどうしようもないんだ。今どうしてんのかとか、なんか厄介事に巻き込まれてないかとか」

御坂「……」

上条「美琴が俺の近くにいないと安心出来ないんだよ。だから美琴。俺と一緒になってくれないか?」

美琴「……一緒にってそれ、プロポーズじゃん……」

上条「あっ……。悪いそんなつもりじゃ……!」

美琴「謝ってどうすんのよ、バカっ」

上条「は、はは、だよな。格好悪いな俺……。返事はその内でいい、から。ま、またな!」

美琴「待ちなさいよ! そこで逃げたらもっと格好悪いわよ?」

上条「美琴……?」

美琴「耳の穴かっぽじってよく聞きなさい? 私、御坂美琴は上条当麻が大好きです。だから一緒になりたいと思います!」

上条「ほんとか!? いやったぁ!!」

美琴「やっぱりプロポーズよこれ!? ……あ、でも前にアンじゃなくてと、当麻にプロポーズしたことあったわね……」

上条「あれか。あれは不意打ち過ぎて鼻血出るかと思ったぞ。そういや俺も前に美琴に告白してたな」

美琴「月が綺麗だってやつ? あの後調べてびっくりしたわ。あの時は冗談だと思ってたけど」

上条「よく言えたもんだな、はは。でもやっと温い関係から卒業出来た。これからもよろしくな美琴」

美琴「うん。他の女の子に手を出したら今まで以上に容赦しないからそのつもりで」

上条「俺はそんなつもりないのに……ふこ、いや。幸せ、だな」
376 :小咄の佰物語<ダブルオーストーリー> [sage]:2010/07/21(水) 18:18:43.11 ID:T7318wDO
???、欠番<ロストナンバー>


美琴「振り返れば色々あったわねー」

上条「そうだな。でもあれ実は全部じゃないんだぜ?」

美琴「え? でも百って……」

上条「実際には一つ抜けて九十九物語になってんだよ」

美琴「なにそれ、終われないじゃない!?」

上条「そう、だから終わらないんだ」

美琴「まだ続くってこと?」

上条「未完だからな。これじゃあ誰もが望むハッピーエンドなんてありえねーよ」

美琴「0が二つ付いてダブルオーなのに、このままじゃダブルナインだもんね」

上条「つまり俺たちの物語はこれからだってやつだ」

美琴「打ち切りエンドじゃないそれ! ダメよ、ちゃんとやらなきゃ」

上条「けど、次は弐佰か……」

美琴「ちょっとくらい長いプロローグで絶望してんじゃないわよ」

上条「だな。いいぜ、今回で終わりと思ったやつの」

上条美琴「その幻想をぶち壊す!!」
377 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 18:19:10.04 ID:T7318wDO
これでとある小咄の佰物語<ダブルオーストーリー>の第十回目を終わりたいと思います
378 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/21(水) 18:20:18.92 ID:T7318wDO
5日間お付き合い頂きありがとうございます。誤字脱字、面白い面白くない等々あったと思いますが、少しでも楽しんでもらっていたら嬉しいです

上琴が大好きなのと、不幸オチじゃなくて幸せオチにしたかったので最後はあのような形になりました

なんだかんだとスレの約三分の一を使ってしまった形なので、次回があるとすればスレを立てようと思います


読んで下さってた皆さん、本当にありがとうごまいました。俺先生の次回作にご期待は任せます
379 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 18:41:52.51 ID:mMdumoAO
乙乙
>>371見たら忘却の空思い出して切なくなった
380 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 18:45:56.12 ID:iLce.Lgo
http://2d.moe.hm/index/img/index2466.jpg

美琴かわいい
381 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 18:49:56.73 ID:iLce.Lgo
>>380
誤爆
382 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 19:15:23.97 ID:Z79Zv.AO
やっぱ通行止め最高だぁぁぁあ!
思わずニヤニヤしてしまったぜい
383 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 19:20:56.46 ID:uSaeYdgo

「月が綺麗ですね」が通じなかったあたりのニヤニヤがやばかった
まさか学のない上条さんからそんな言葉が出てくるなんて想像しないよ普通ww
384 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 19:29:31.25 ID:.CCUZqE0
百物語完遂おめでとうございます
スレチだけどほうかご百物語面白いよね

感動の後に似つかわしくないですが7月21日記念第4段でございます
5レスほどお借りしますが今まで以上にキャラ崩壊注意です
385 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/21(水) 19:30:42.35 ID:.CCUZqE0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:当然ですの。

Q:した事はありますか?
A:当然ですの!

Q:ちなみに昨日はした? (なんちゃって)
A:当然ですのッ!!

Q:(アレ、今の質問はジョークなんだけど……)どのくらいの頻度でされますか?
A:[ピーーー]毎にはしておりますわね。

Q:(何か発言が危なくなってきたような……)どんなふうにしますか?
A:お姉様の事を考えて私の[ピーーー]を[禁則事項です]したり[らめぇぇっ!]したりしますの。

Q:!? ……お姉様と言うのは?
A:それはもちろん常盤台中学が誇る電撃姫・御坂美琴お姉様の事ですわ!

Q:……もしかしてレズですか?
A:もしかしなくてもレズですの。わたくしがそれ以外の何かに見えまして?

Q:……ヘェ、ソウナンデスカ
A:さらに言うなら、お姉様に電撃を食らわされると[ピーーー]がいい感じに[らめぇぇっ!]なって達してしまうので、わたくしは百合趣味の変態と言えますのッッッ!!!

Q:ソウナンデスカ、ゴ協力アリガトウゴザイマシタ
A:いえまだ言い足りませんわ! つぎはわたくしとお姉様の馴れ初めをですね!
386 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 19:31:39.30 ID:.CCUZqE0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:知ってるわよ。お姉さんちょっと詳しいわよ?

Q:詳しいって、じゃあした事はあるんですね?
A:えぇ、それはもうすっごいコトしてるわ。

Q:どんなふうにしてます?
A:お姉さんね、前にあるオトコノコに殴られてから、目覚めちゃったみたいなの。

Q:目覚めた、と言うと?
A:その子がサディストだったのかお姉さんに素質があったのかは分かんないけど、痛くしないと逝けなくなっちゃって。

Q:要するにマゾヒスト、と。
A:あ、別にそういう訳じゃないのよ、そういう風にするのが多いだけで。寝るときはどんなふうにでもできる自信があるのよ。

Q:ね、寝るときって……
A:あら、そんなこと言わせる気? インタビュアーさん、君はもうちょっと察しないと駄目よぉ、男の子なんだから。

Q:いや、セ○クスについての質問をするつもりないんで、てかそんなこと聞くと記事にできないんで。
A:残念ねぇ、お姉さんの頭のてっぺんからつま先まで、隠す事が出来ないくらい赤裸々に答えるつもりだったのに。

Q:いえ、この辺で結構です! どうもありがとうございました!
A:またいろいろ聞きに来てくれていいわよ?
387 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 19:32:28.51 ID:.CCUZqE0
Q:お嬢ちゃん、オ○ニーって言葉、知ってる?
A:知ってるのですよー。

Q:(こんな小さい子まで知ってるとは……)したことある?
A:もちろんあるに決まってるじゃないですか、インタビュアーちゃんは私を何歳だと思ってるのですー?

Q:(小学生じゃねえの?)どれくらいの頻度でするの?
A:最近はあまりしませんですけど、若いころはたくさんしてましたねー。

Q:(若いころ!? 幼稚園くらいからしてたのこの子!?)初めてしたのは何歳くらい?
A:そうですねー、中学生くらいですかねー?

Q:え?
A:ん、どうかしたのですかインタビュアーちゃん?

Q:今の質問なんて?
A:ですからー、先生が中学生くらいの頃でしたかね。

Q:え?
A:え?

Q:…………先生?
A:あ、はい、高校教師なのです。

Q:……合法ロリ!?
A:あんまり変なことばかり言ってると先生教鞭振るっちゃうのですよ!
388 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 19:33:00.07 ID:.CCUZqE0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:かような単語、もちのろん知りけることよ。

Q:した事は?
A:ないと答えれば嘘となりけるし、はいと答えたるわ。

Q:どのくらいの頻度で?
A:そのような事女性に聞きしことではありけぬわよ?

Q:あ、スンマセン。では、何を考えて?
A:青春時代を思い出しするのよ。若かりし頃は良かった……

Q:ご協力感謝します……けど……
A:? 何か問題があった?

Q:何ですかその不自由な日本語?
A:ッ! うるさしうるさし! それについては触れること厳禁でありけるのよ!
389 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 19:33:52.50 ID:.CCUZqE0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:知っていますけど。

Q:そうですよね、そんなエッチな格好してますもんね。
A:こ、この格好は術式構成のためのものであって決して趣味ではなくてですねっ!

Q:(術式?)した事はあります?
A:そ、それはもちろんと言いますかなんと言いますか……ありますよ?

Q:何を考えてしてるんですか?
A:な、何をって…………

Q:おや、結構うぶなんですね。もう大人でしょうに。
A:…………なんて言いましたか?

Q:え、いや、もう大人でしょうに。
A:……んだよ

Q:はい?なんと言いました?
A:うっせえんだよど素人が! 私はこう見えてもまだ18歳なんだよ! 恥じらう乙女なんだよコン畜生め!

Q:お、落ち着いてくださいよ悪かったですから。
A:落ち着いていられっかぁ! さんじゅうはっさいとかコケにしやがってよぉ! 刀の錆びにしてやろうかバカヤローッ!!

Q:(怖っ!)あぁもう質問良いですありがとうございましたー!
A:逃げんじゃねえぞてめーこのやろー!
390 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 19:37:48.36 ID:.CCUZqE0
ID変わっちゃってる、まとめる人スイマセン
投下終了です
これで24人か、あと何人か書けるかな
もしかしたらまた投下するかもなんでその時はよろしく


SSには全く関係ないけど新たなる光の中ではフロリスが一番可愛いと思うんだ、異論は認める
391 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 19:42:51.79 ID:qjK6NYgo
だから何でそんなポンポン出てくるんだよwwww

次は野郎キャラですね(キリッ
392 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 19:56:53.42 ID:iTecscDO
某根性の人が気になる
393 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 20:01:35.24 ID:0fyemzE0
乙!黒子ぱねえwwww

>>378
超乙!次回作も期待してます
上琴最高です
394 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 20:01:53.73 ID:uSaeYdgo
フィニッシュの瞬間に背後から七色の爆発が
395 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 20:10:01.04 ID:qjK6NYgo
つまり不良を吹っ飛ばしたのはちょうどフィニッシュだったというのか
396 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 20:33:43.25 ID:D48.OKA0
>>378
完走おめ!
10スレ目前半戦のMVPだな
397 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 20:41:50.13 ID:dC00fFkP
ねーちんは知らない可能性もあるぞ
挟んで擦るが分からなかった人だしー
398 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/21(水) 21:54:50.59 ID:t3FgZkw0
>>378
乙!最初から全部見てたよー。
上琴はいいよな!

オナインタビューは全キャラやってくれると信じている、駒場さんとか闇咲さんとかも!

…それと、上琴書いたんで、以下2レス借ります。
微?エロくらいじゃねえかなきっと。
399 :「カマ条?と美琴」1/2 [sage saga]:2010/07/21(水) 21:55:43.24 ID:t3FgZkw0
カマ条「美琴ちゃん…?オネエさんね、女の子のカラダのことなら何でも知ってるのよ?」

美琴「へ…?は、はぁ…。って何ここ!!べべべべベッド!!?し、しかもなんでアンタ裸な…って私も!!?」

カマ条「だ・か・ら♪今日は初心な美琴ちゃんに女の子のよさを教えてア・ゲ・ル♪」

美琴「い、いやいやいやいや、いいから!別にいいからああああ!!!」

カマ条「怖がらないの♪さ、まずはキスから…。」

美琴「え、ちょ、ま…んっ…はっ…あぁ…。」

カマ条「…っふ…、うふふ、蕩けた顔しちゃって…、カ・ワ・イ・イ♪」

美琴「ふぇ…?か、かわ、かわいいって…。」

カマ条「さ、次はこっちね…?」

美琴「ふ、あ、はぁぁぁぁっ!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
400 :「カマ条?と美琴」2/2 [sage saga]:2010/07/21(水) 21:56:21.51 ID:t3FgZkw0
ガバッ

美琴「はぁっ…、はぁっ…、いいいいいいいまの、ってここ私の部屋!?」

美琴「…夢?…なんだ夢か…、…夢?」

美琴「…な、なんて夢見てんのよ私…、よりにもよってアイツと…だ、なん、て…。」

美琴「………………。」

美琴「………ほんとに、なんて、なんて夢よ………。」

黒子「おはようございますのお姉さま…、ってお姉さま!?何故に壁に頭を打ち付けておりますの!?」

美琴「ああ…、おはよう黒子、そうだ、調度良かったわ、あのオカマの自宅教えてくんない…?」

黒子「お、オカマとは上条さんのことですの?以前にも言いましたが、あの方は乙女で…」

美琴「そんなんどうでもいいのよ。…今からアイツを真っ黒焦げにしてきてやるんだから、…あ、そうだ、アンタのテレポートで送りなさい。」

黒子「ひ、ひいっ!お、お姉さま!お気を確かに!!」

美琴「ふ、ふふふ、私は正気よ、…あんな夢を見ただなんて、ふふふ、…原因を排除しなくっちゃねぇ!!」

黒子「お、お姉さま!?…か、上条さん!逃げてくださいましいいいいいいいいいいいいいい!!!」
401 :「カマ条?と美琴」 [sage saga]:2010/07/21(水) 21:58:20.08 ID:t3FgZkw0
終わり

ってことで上琴じゃねえなコレ。カマ琴ですらねえ。

つかこれまで書いて気づいたけどオチが今までのとそんなに変わらんな…。

…すいませんでした。
402 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 22:12:24.80 ID:i5DyAh2o
むしろ上条さんはそんなこと絶対にいわないから正解だと思うぜ

期待
403 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 22:26:26.13 ID:.CCUZqE0
7月21日記念SS最終投下でございます
キャラ崩壊注意&R−18指定です
5レスほどお借りします
404 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 22:27:19.89 ID:.CCUZqE0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですね?
A:知ってるのよな。

Q:もちろんしたことも?
A:大ありなのよ。

Q:何考えてしてます?
A:ふふふ、聞きたいか? 聞きたいよなぁ?

Q:質問してるんで聞きたいに決まってるでしょう、答えてくださいよ。
A:まぁ、聞きたいって言うなら教えなくもないのよな。

Q:早く答えろよアンタ。
A:そこまで言われちゃ教えない訳にもいかないのよな。

Q:答えろっつってんだろうがクワガタ野郎。
A:ふっふっふ、コレこそとあるルートから手に入れた『ゲテモノメイドカタログ』ッッッ!!!

Q:…………単なるエロ本じゃないですか、何勿体ぶってんですか。
A:ぬなっ!? これを手に入れるためにどれだけの労力を使ったと思ってるのよ!?

Q:あぁはいはいそうですねー協力ありがとー。
A:何なのよなそのいい加減さ!?
405 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 22:27:51.94 ID:.CCUZqE0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:知ってるけどそれがどーしたと言うの?

Q:した事はありますか?
A:トーゼンだし。

Q:どのくらいの頻度でされてますか?
A:……それは私を王女と知っての質問?

Q:仕事なんで。で、頻度は?
A:公務で忙しーときは全くしないし不定期だわね。

Q:王女様って忙しいんですね?
A:まー三姉妹だし負担は三分割だからそれほどでもないわけだし。

Q:じゃあ話を元に戻しますね、何考えてしてます?
A:あんまりツッコンだ質問には答えられねーし。

Q:そりゃ残念、ご協力感謝します。
A:このくらいどーってことないし。
406 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 22:28:29.43 ID:.CCUZqE0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですか?
A:はい、知っていますよ。

Q:した事はありますか?
A:刀夜さんと結婚する前はしてましたね。

Q:結婚されてるんですか? お若いですね。
A:あらあら、お世辞は結構ですよ。

Q:お世辞じゃないですよ。お子さんはいらっしゃいますか?
A:ええ、高校生になります。

Q:高校生のお子さんですか!? いやはや本当にお若いですね。
A:あらあら、そう褒められると照れちゃいますね。でも、高校生とは言ってもまだまだ可愛いんですよ?

Q:子煩悩なんですね。
A:そうなのかしら? あまり自分ではそう思わないんですけれど。

Q:それじゃご協力ありがとうございました。
A:いえ、お安いご用です。
407 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 22:29:08.34 ID:.CCUZqE0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですね?
A:俺を誰だと思ってやがる? 学園都市第二位未物質こと垣根帝督に知らないことはねえ。

Q:いやそんな偉そうに言われても……あと名乗らなくていいから……した事はある?
A:常人が経験していることはほぼ経験してる。なんてったって俺は学園都市第二位未元物質こと垣根帝督だからな。

Q:(ナルシストかよー引くわー)したことあるんだね。どれくらいするの?
A:この俺は常人の理解をはるかに超えたところにいるんだ。なんてったって俺は学園都市第二位(ry

Q:皆が考える以上にしてると。要は絶倫と言う事ですね。
A:そうだ、一般人なんかとは比べもんにならねえだろ。なんてったって俺は学園都市(ry

Q:アーソウ。何か一言どうぞ。
A:この俺に常識は通用しねえ。なんてったって俺は(ry

Q:はいはい協力ありがとー
A:かまわねえよ、なんてt(ry
408 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 22:30:11.58 ID:.CCUZqE0
Q:オ○ニーと言う単語の意味をご存知ですね?
A:知っているが、それが何だって言うんだい?

Q:図体大きいしたくさんするでしょキミ、それはもうサルみたいに。
A:キミはよほど死にたいようだが焼き加減は何が良いかな?

Q:青い髪の毛の背高い子は変人だったしキミも特殊な性癖とかあったりするんじゃない?
A:焼き加減なんてもう聞かない、骨の髄まで灰と化してやろうじゃないか。

Q:たとえば少女趣味とか。
A:……ッ 待っていたまえ、ルーンの処理ができ次第君を焼死させてやろう。

Q:おやおや、今動揺しましたね? ロリコンさんですか?
A:誰がロリコンだ! 僕の思い人がちょっとばかり幼い外見と言うだけだ!

Q:人はそれを"Lolita complex"と言うんですよ。
A:なんでちょっと発音よく言ってるんだキミ? ホントに焼き殺すよ?

Q:ノーサンキューです、それじゃ回答ありがとう。また来年聞くかもね。
A:二度と来るんじゃない!
409 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/21(水) 22:33:17.09 ID:.CCUZqE0
はい投下終了です、トリはステイルマグヌスさんになりました
人選はアミダで決めたんすけど、キャラが多すぎてアミダクジ作るのに苦労しました

朝っぱらから投下したオ○ニーSSはこれで終了です
来年の7月21日か721冊目になったらまたやるかもです



SSとは全然関係ないけどやっぱり一番可愛いのはシスター・ルチアだよね、異論は認めない
410 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 22:40:45.42 ID:qjK6NYgo
乙ェ
出来ればもっとやってくれ!他キャラみたい!
411 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 22:47:58.74 ID:NyKAAAAO
>>410
乙 そこは揺るがないのな
412 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 22:49:47.74 ID:T7318wDO
これから7時21分に唐突に始めるとか。てか>>411のIDすげぇww


百物語の感想ありがとうございます。楽しんでもらっていたみたいでなりよりです

そして1レスですがふと通行止め書いてみました
413 :大好きなあなた :2010/07/21(水) 22:52:53.52 ID:T7318wDO
「まァ、いいンじゃねェの?」
「勝手にしやがれ」
「うるせェ、黙れ」

ねぇ知ってる? あなたがこの台詞を言うとき手を首に持って行くんだよ? 癖なんだね。邪険に扱って誤魔化してるつもりなんだろうけど、ミサカにはお見通しだよ? その下手な照れ隠し


「帰り道の信号に全部引っ掛かっちまってなァ。あァ、これが不幸ってンだな」
「あーァ、仕事クソだりィ。転職すっかなァ」
「怪我ァ? ンなもンねェよ。俺の能力を忘れたのか?」

仕事でなにかあった時のあなたはいつもこんな感じだよね。こういう時に口数が多くなるのも癖だよね? うん。あなたの気持ちはミサカに十分伝わってるよ。その優しい嘘にいっつも騙されてあげるから、気をつけてね


「花火ったら線香花火だろォが」
「虹を見てると紫外線も悪くねェと思うわ」
「夜景見たかったから寒い日にすンだな」

あなたって意外とロマンチストなところがあるよね。テンション上がっちゃうとそれが悪い方に出るの、ミサカは好きじゃないなぁ。あ、ロマンチストじゃなくてナルシストかも? こんなことあなたに言ったら怒られちゃうね


「オイ、俺のペースに合わせやがれ」
「絆創膏ならテーブルの上にあンぜ」
「待てコラ。好き勝手すンじゃねェ」

外を歩くとき、車道側はあなた。なにかあった時に必要なものはあなたがしっかり把握してる。あなたは常にミサカに予防線を張ってくれてる。あなたにとっては小さな気遣いかもしれないけど、ミサカにとってはそれが凄く大きいことなんだよ


「……俺のマジマジと見てっけど、顔になにか付いてンのかァ?」

「へっ? ううん、なんにも付いてないよ。ただ眺めてただけってミサカはミサカは行動を継続してみる」

「意味分かンねェ」

あ、また首に手を持ってった! やっぱりミサカはあなたのことが大好き! ってミサカはミサカは心の中で大胆告白してみる!
414 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 22:55:29.31 ID:T7318wDO
上琴も大好きだけど通行止めも好き。後は未元崩しも好き。ドマイナーなところでは吸血錬金も好き
415 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 23:00:24.68 ID:gQO/igAO
いいねェ!いいねェ!最っ高だねェっ!!
416 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 23:08:16.12 ID:T0zX/Qk0
乙!超乙!!
通行止め可愛いいいいいい!!!!
417 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 23:13:06.06 ID:PCNCFEQ0
やっぱ車道側歩いてくれるのが一方さんだよねえええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!
418 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 23:26:23.09 ID:DXRU9OM0
なにこの平和な通行止め
可愛すぎて今晩死人が出るわ
419 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 23:35:13.85 ID:uSaeYdgo
一通さんが車道側歩いてるとか安全運転気をつけないといけない気分になるよな

モズの早贄よろしく車ごと電柱に突き刺されたくない的な意味で
420 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 23:54:05.17 ID:PCNCFEQ0
あー幸せいっぱい夢いっぱい。
こんなしあわせのあとに申し訳ないですが、ちょっと不穏な感じの導入を9レス〜10レスほど借ります。

忘却の空ばーじょんそのに。
421 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 23:54:50.52 ID:Z79Zv.AO
何これヤバい萌え死んだんですけど

でも叫んだら友達にうるさいって言われた。死にたい

422 :忘却の空4.5-1 [sage]:2010/07/21(水) 23:54:55.07 ID:PCNCFEQ0

コレはないわ。

コレは…ないわ。

鏡に映った俺は、完全無欠の変質者だった。


 あははははははあぶぶっ、ぶあっははははうげっほうえっほ!!

 やばいじゃん一方通行。もうマジヤバイ。どのくらいヤバイかと言うと、マジヤバイ。

 オマエら、死にたいならそう言ってくれりゃァ良かったのによォ…


心底この駄目人間達が哀れに思えてきた。

変装が必要だ、そういって黄泉川達が買ってきたのはニット帽とサングラスとマスクだった。強盗でもさせる気だろうか。
無理矢理装着させられたそれらの強盗セットは、俺をドンピシャの不審者にしてくれた。
超・絶、似合わない。
せめてもう少しでもガタイが良かったら…と、自分の肩幅の狭さにガクゼンとしてしまった。呆けた俺の顔は、皮肉にも強盗セットが覆い隠している。


 ふっ…こ、これで、絶対バレないじゃん! ぶふっ、。

 ぶはははははは、ムリムリ! こんな不審人物、襲えないわよ!

 むしろこの不審さで襲われる可能性上がりませンか? ねェ…聞いてますか? 馬鹿なの? 死ぬの?


ニット帽を毟り取り、サングラスを握りつぶしてマスクをゴミ箱へ捨てた。
打ち止めに見られたら死ぬ。 死ぬしか無い。 

あの子どもは、別に毎日一日中俺の傍に居るわけではない。 彼女のオリジナルであるとか、脳波で繋がった姉達であるとか。 あるいはもっと他にも、かまってくれる人間はいくらでもいるらしい。
というわけで、今日も朝からどこかへ出掛けていた。 こちらとしては好都合。街で鉢合わせする危険も無いことはないが、最近はリアルケードロデストロイとかいう公園でやる遊びが気に入っているらしいので大丈夫だ。
その遊びがどんなものかは知らない。今朝打ち止めが真剣な目をして、「知らない方がいいと思う」と言っていた。静かに頷く保護者二人も真剣な顔をしていた。
どんなものかは知らん。知らんが。 …危ないことならさすがにダメ人間達が止めるだろうし、まあいいか。
俺は首を振って不吉な妄想を振り払った。

ゲラゲラと笑っていた二人も、そろそろ出かける時間だ。
結局俺は黄泉川の私物の、黒ベースに紫のラインが入りいくつかスタッズが付いた”ややワカモノ向けの”キャップを借りていくことにした。
赤い縁の伊達メガネは芳川のものだ。

423 :忘却の空4.5-2 [sage]:2010/07/21(水) 23:55:40.40 ID:PCNCFEQ0

 …若ぶるなよ

 う、うっさいじゃん! こ、これはずいぶん前に買ったものなんだからな! そう、あたしがまだ二十前半くらいの頃にっ! 決して歳誤魔化そうとかそういうことじゃあないし、実際まだ一回も使ってないし、

 見苦しいぜ、いい歳して

 ふ、ふん。 ソレ以上言うなら、貸してほしくないっていう意思表示だと受け取るが構わないな?

 ああハイ、すンませンっしたァ黄泉川せンせェ様ァー


半目になったままの黄泉川を適当に流して、持ち物を確認する。
黒のTシャツに、半袖の羽織。メッセンジャーバッグには財布とハンカチとポケットティッシュと、もしもの時の為に住所と名前を書いたドッグタグと。携帯はポケットに突っ込んだ。
キャップを目深に被って視線を隠し、念のための伊達メガネ。


 …なンか俺、頑張っちゃってる系…?

 い、いや、似合ってるわよ。 似合ってるから問題ないわよ。 っていうか、なんだかすごく メ ン ズ って感じよ

 …ま、まァ堂々としてりゃイイか…。慣れねェ格好だから違和感があるだけだ、大丈夫大丈夫…顔わかンねェし…これなら打ち止めも気づかねェだろうし…

 打ち止め? あの子がなんか関係してるじゃん?

 ウッ!? 別になンでもねェよ!?

 …? おかしな子ね。 まあいいわ、気をつけて行くのよ。何かあったらすぐ連絡するのよ。分かったわね? 買い物が終わったら電話するのよ。わかってるわね?

 ああ。わかってンよ。 …じゃ、行ってくるわ。

 門限は夕飯だからな!


二人の声を受けながら、俺は扉に手を掛けた。

生まれて初めて触れる、この扉のノブ。

この向こうは見たことがない。

ほんの少し怖いと思った。


――でも、踏み出さなくてはならない。

俺は。

今日一日を、しっかり歩かなくては。
424 :忘却の空4.5-3 [sage]:2010/07/21(水) 23:56:13.37 ID:PCNCFEQ0


一年。
という時間は、やはり結構な移り変わりを可能にするらしい。
あったはずの店が、別の店舗と入れ替わっていたり。
見たことのないキテレツファッションが、店頭でマネキンに着られて『今年の流行最先端』なんてつまらない文句で飾り立てられていたり。
路地の隙間。そこに溢れていたどす黒い空気が、妙に綺麗サッパリなくなっていることに気付いてみたり。
どっかの誰かが頑張ったんだろう。例えばヒーローが。物語の主人公たちが。

一年。
という時間の中で、俺は何か変わっただろうか。
俺にはよくわからない。きっとそれほど変わっていない。でも、どこか変わったはずだ。
あの野郎に殴り飛ばされて、それだけで俺は何か変わった。
あの子どもを助けたいと願ったとき、やっぱり何かが変わった。
変えたいと思った。

俺は、変われているだろうか。 この一年間、俺はどんなふうになりたいと思っていたのだろうか。 なりたいと思った自分に近づけていただろうか。

じゃりじゃり、とブーツの底で砂が音を立てる。
こういう感触にすら馴染みがなくて、どこか楽しい。
時折杖が石ころをがつっと突いてしまって、ひやりとすることもある。 けれど、家の中にいるよりもよっぽど面白い。
日差しがジリジリと照り付けている。これも、馴染みが無い。
露出している部分には念入りに日焼け止めを塗ったが、帰ったら赤くなっているかもしれない。
キョロキョロと周囲を見回しては物珍しそうにしている俺は、もしかしなくてもかなり浮いているだろう。
けれど、何もかもが新鮮だった。
反射の無い生活。屋根の無い場所。日差しと地面の感触、風が吹くたび揺れる髪。誰もにとっての当たり前が、これからやっと、俺にとっての当たり前になっていくのかもしれない。

どうにもニヤつきが止まらず、肩を震わせながら道をテクテクと歩いた。
杖自体は慣れたもので、多少舗装が悪くても歩ける。 心配なのは知り合いに会うことだ。特に打ち止めとか。


 …にしても、誕生日プレゼントとは…。 俺も、こォいうトコは変わったと断言出来るぜ


「子どもが喜びそうなものを買うこと。」
という文章は、訳すと「クソガキの誕生日プレゼントを買いに行け」、という意味になった。
さて、何を買おうか。
あの子どもが喜ぶものなど詳しくない。 テレビでやっていた魔法少女の変身グッズでも買ってやろうか? …いや、そんなもので喜ばれても困る。
セブンスミスト、その中身も以前来たときとずいぶん変わった。案内板を見ても知らない店ばかり。考えても仕方ない、時間はまだまだあるんだし、上から全部見てまわろう。
そしてあの子どもに似合いのモノを見繕ってやろう。うん、それがいい、。

かつんかつん。足音と一緒に響く杖の音。平日の昼間だ、人はそれほど多く無い。
こんなふうにそわそわしながら買い物をするなんて、生まれて初めてだ。 記憶のあったあの頃にも、こんなことはなかった。
目的があるというのは、楽しい。 しかもそれが自分のためでは無いというのがむず痒い。
子どもの喜ぶ顔が見たい。純粋にそう思った。本人の前では決して言わないでおこう、とも。
頭の中が彼女一色になっている。例えば靴とか買ってやったらどうだろう。出かけるときに、得意げに履いてくれるだろうか。
例えばあのワンピース。いつも水色を好むあの少女に、他にも似合う色を見つけてやりたいな。
帽子。アクセサリ。おもちゃ。テレビでやっていたゲームが欲しい、なんてつぶやいていたこともあったっけ。日記のあちこちに散りばめられた少女の記録。
なんだっけ、パーティー? 大勢でできるゲームが好きだと書いてあった。そうだな、遊べるものでもいいかもしれないな。うん。ぬいぐるみなんかも、
425 :忘却の空4.5-4 [sage]:2010/07/21(水) 23:56:44.57 ID:PCNCFEQ0


 ―― 一方、通行…?


だから、ぼんやりしていたから。 その声に思わず振り向いてしまった。
身元がバレないように、絶対に反応しないでおこうと決めていたのに。

振り返った先にいたのは、オレンジ色のTシャツとダメージ加工されている(のか実際にボロボロなのかいまいち判別出来ない)ジーンズ姿の、あの時とはちっとも表情の違う、ポカンとした、

クソふざけた「あの野郎」だった。

瞬時に俺の脳内が色を変えた。 それがたった数日前に起こったことだと認識して思考を返す。


 一方通行だよ、な? お前、こんなところで何やってるんだ?

 …あ? どォだっていいだろォがァ。 それとも何か? 俺のリベンジに付き合ってあげましょーってかァ!?

 何言ってるんだよ!? 一人でこんなところに居たら危ねーだろ! まさか家出でもしてきたのか!?

 …は、あ…?


俺がポカンとする番だった。 こいつ、何言ってる? 俺にはちょっと良くわかりません。
呆気に取られている俺を他所に、このつんつく頭ははっしと俺の手をとった。


 ――な、ァ!?

 いいから、


名前は知っている。上条当麻。 その上条が、俺の顔面をガッツンガッツン殴ってくれた張本人が、今は俺の肩を抱いてずんずん歩いている。
ほとんど引きずられるようにわたわたと歩く俺は転ばないようにするだけでも必死だというのに、こいつときたら大股で一直線に進みまくる。


 ちょっ、まっ、こける、やめろ、

 ちゃんと捕まってろ


歩幅は合わずともなんとかタイミングをあわせて一緒に進むと、どうやらこれでも一応気遣いと言えるモノをしてくれていた事に気づいた。妙に歩きやすい。
杖一本に支えられるより、体ごとがっちり支えてもらって、移動させられるままにふらふらと足を踏み出すだけでいいというのは存外楽なものだ。
通路の真ん中にどんと設置されている大きなベンチまで歩いてきた俺たちは、そのまま隣り合わせで腰掛けた。
ふぅ、と隣で息を吐かれる。 いったいどういうつもりだって言うんだか。 せっかくの気分が台無しだと思った。

426 :忘却の空4.5-5 [sage]:2010/07/21(水) 23:57:11.00 ID:PCNCFEQ0

 とりあえず、最初に言っておく事がある

 あンだよ

 ごめん。

 ――はァ?!


何を言い出すんだこの男。 ふざけてるのか。 何に対して謝っているのか解らない。 俺は自分の眉間に深い皺が刻まれているのを自覚できた。


 何言ってんだって雰囲気だな…。 俺はお前の事、黄泉川先生から少し聞いてるんだ。 お前の知らないところで、探るようなことをしてたこと。 だから、ゴメン。

 …黄泉川から、何を…?

 お前が打ち止めを助けようとしたこと、と、その時に、その… 記憶障害を。 んで、今先生達と一緒に暮らしてるってトコか。

 ……いい気味ってか。 だろォな。 なンせ一万人以上ブッ殺した殺人鬼が、自業自得とばかりに脳天ぶち抜かれて一人じゃ歩くことも出来ねェってンだから…


今度は俺がため息を吐く番だった。 何故黄泉川はそんな話をしたんだろう。 同情でも請いたかったのだろうか。 ――まさか、そんなことはあるまい。
だって黄泉川は、俺が一万人を殺したことを知らない。 ただ、後ろ暗い実験に偶然関わったとそう思っている。
自宅で養っている子どもが、大喜びで力を振りかざし途方も無い数の殺人を犯し続けたバケモノだと、あの女は知らないのだ。
だからこれはきっと単純に、心配そうに尋ねたから答えた、それだけなのだろう。 だが恨めしい気持ちは晴れない。


 そんなんじゃねえし、そもそも俺はお前自身に恨みがあるとかじゃないしさ… お前がどう思ってるかは知らないけど、俺はお前はよくやったと思ってるよ。
 ただ、一人で出歩くなんて危ないじゃないか、そんな体調でさ


――なんだ、その上から目線は。
目の前がカッと熱くなった。 俺が俯いているから、多分こいつには見えていない。 


 いや、それにしても意外だったんだぜ。妹達を殺してもなんとも思ってなかったお前がまさか妹達を助けるために命をかけるなんて、知ったときは俺もう驚くやら嬉しいやらで! やっぱり…

 オマエが来ればよかったンだ

 …え?

 オマエに「よくやった」なんて言われる筋合いはねェよ。 俺みたいな悪党に、お優しいお言葉をかけていただいて誠に有難う御座いますゥ。
 俺じゃなくて、オマエだったらきっともっと上手くやったンでしょォね。誰も傷つけること無く、自分も五体満足でよォ。 さっすがヒーローだよなァ? そォ言いたいンだろ?
 全く俺じゃ分不相応にも程があるよなァ? なァ、なンでオマエじゃなかったンだよ?
 一万人助けたくせに、同じ妹達の一人が死にそうに苦しンでる時に、妹達と全世界人類を巻き込んだ絶望に飲まれそうなときに、なンでオマエはあのガキに目もくれずに走って行ったンだよ?
 薄情じゃねェかなァ、そォいうの。 一回助けたなら、最後まで面倒みてやれよ。 オマエみたいな本当のヒーローがさァ。 ちゃンと…
427 :忘却の空4.5-6 [sage]:2010/07/21(水) 23:57:39.64 ID:PCNCFEQ0

 一方通行、何怒ってるんだ?

 怒ってねェ、怒ってねェよ。 ただ思い出したらガッカリしてきてよォ。 オマエって、助ける人間を選ぶような、きったねェやつだと、


思っても見なくて。 思いたく、なくて。

支離滅裂でお門違いな、ただの愚痴とも思える嫌味が止まらない。 そして、一度零れてしまった言葉は無かった事には出来ない。
みっともないと思う。どんどん深く俯いてしまって、床しか見えなくなった。
コレが八つ当たりだと気付いている。 あの時、コイツは打ち止めの状態を知る術なんてなかった。 超電磁砲もしかりだ。
俺と、無力な研究員が一人。 たった二人しか知る由もない事だった。 だからこれはとんでもない言いがかりだ。
あの時この男が切羽詰った表情でレストランから出てきたのを見ている。 退っ引きならない事情があったのだと、簡単に予測がつく。

でも。
最強に右手の拳ひとつで向かってきた馬鹿で揺ぎ無いヒーローが、たった一人で一万人を救った救世主が、ただのそこらへんの人間だったなんて思いたくない。
事情を知らなくても、偶然駆けつけてくれるような。 どこからともなく現れてくれるような。 どんなに不可能と思える状況でも、颯爽と全てを解決してくれるような。
テレビの中にしかいないヒーローのように。

無意識にそんな幻想を求めていた。 自分以外の誰かに。 上条当麻という、「困難に向かって立ち上がれる人間」に。


 あのさ、俺は助ける相手を選んだりしたつもりは無い。気に障ったんなら謝る。 けど俺は、お前の事が心配だっただけなんだ。 それに、純粋に嬉しかったんだ!
 俺はたまたまあの時御坂が助けを必要としていたからお前を殴り飛ばしたけど、もしいつかお前が誰かの助けを必要としたとき、俺が傍に居たら必ず助ける。必ずだ。
 お前が怪我して、一人じゃ不自由だって知ってたから心配になっちまったんだよ。話したいこともたくさんあった。打ち止めの事で教えてやりたいことだってたくさんあるんだ!


真摯な声が聞こえる。多分、真面目くさった顔で必死に語ってるんだろう。
でも、こいつだって所詮人間だった。 信じられる根拠なんてないし、あのときコイツが打ち止めに気付いてくれなかったのは事実だし。
俺はコイツを憎んでいなくちゃならないし。そうでないと、つじつまが合わないし。


 お前だってたまたま打ち止めの側にいて、たまたま助けられる力があったから、手を貸したんだろ? 

 ちげェよ。 縋られて放置するのが後ろめたかっただけだ。 ほったらかして、俺以外の人間が全員死ンじまったらメシが食えなくなるしな


嘘はついてないはずだ。 そういう気持ちが大半を占めていたはずだ。
小さく息を飲む音が聞こえたから、髪の隙間から上条当麻を見つめた。ショックを受けた顔をしている、期待を裏切られた顔をしている。
馬鹿が。 こんな悪党にどんな幻想をいだいていたのだか。 

俺は杖に力を込めてベンチから立ち上がった。
こんな馬鹿は放っておかなくてはいけない。はやく買い物を済ませよう。もう楽しくもなんともないけど。
エレベータへ向かう俺を、馬鹿は追いかけてきたりはしなかった。呆れられたのか見限られたのかは知らない。どうでもいい。
コイツと出会ったことは日記には書かないでおこう。そして早く忘れてしまおう。早く。 初めて、明日になったら完璧に忘れられる自分の頭に感謝した。
酷く気分が悪くて、途中で何度もベンチにへたりこむ。
それでも広いフロアをすべて回って、ちいさなウサギがトップについたペンダントを購入して、店員に綺麗にリボンをかけてくれるように頼む頃には、やっと少しだけ気分がよくなった気がした。
これを三十一日に渡せれば、きっともっと気分がよくなるに違いないんだ。 だって俺は本当はあの生意気でこまっしゃくれた子どもを、それはそれは大切に思っているのだから。

428 :忘却の空4.5-7 [sage saga]:2010/07/21(水) 23:58:43.11 ID:PCNCFEQ0




へとへとになって家に帰りついたのは門限の数分前で、しびれを切らしかけた保護者二人が怒ったり泣いたり笑ったりで大変だった。
初めてのお使いに成功した園児を迎えるかのような歓待に辟易しようかという頃、


 今度、休みが取れたら皆で出かけようか


そう言って黄泉川が明るく言うのを、曖昧に笑って誤魔化す自分が情けない。


「打ち止めのプレゼントを買った。ネックレス(引き出し、上から二番目)」
日記に断片を書き込んで、溜息と共にペンを置く。


なかなか寝付けずに、寝返りを打つたび目が冴えていくようだった。 そして久しぶりに泣いた。 実感の無い過去と出会うのは辛い、と思った。


―― 出来ればもう 、 どこにも行きたくない 。



429 :忘却の空4.5-7 [sage saga]:2010/07/21(水) 23:59:42.10 ID:PCNCFEQ0




『都合のいいことを言うなよ』

黒髪の少年が冷めた目で告げた。

『ひとごろしのくせに、ずいぶん楽しそうなのね』

栗色の髪の少女が侮蔑の視線を投げかけた。

『どうして、貴方は笑っていられるのですかとミサカは問いかけます』

ゴーグルを額に押し上げた少女が重たそうな銃の引き金に指を掛けた。

『便利だね、何も覚えてないって。 って、ミサカはミサカは嘲笑ってみたり』

ぴょこんと一束の髪の毛を揺らしながら空色の毛布を体に巻きつけた子どもが無表情になった。

もう疲れた。

という声が、頭の奥で直接反響する。

頭痛に飲み込まれて、まっくらなやみのなかでなにごとかをさけぼうとして、こえがでなくてそのまま、おれは、





430 :忘却の空4.5-9 [sage saga]:2010/07/22(木) 00:00:09.23 ID:tQVD.bc0


「今日はまだ起きてこないの?」

トースターから、美味しそうな焦げ目の付いたパンを取り出しながら芳川がテーブルを拭いている打ち止めに訊ねた。

「あれ? そういえば、今日は遅いかもってミサカはミサカはお寝坊さんなあの人にため息をついてみる。 まったくもう、子どもなんだからってミサカはミサカはお姉さん気取り」

「悪いけど、ちょっと見てきてじゃん。 何もなければいいけど、もしかしたら寝てる間にベッドから落ちて気を失ってるかもじゃん」

「愛穂じゃあるまいし」

「はーいっ。いってきまーっす!ってミサカはミサカはダーッシュ!」


ぱたぱた、とスリッパの音を響かせながら打ち止めは一方通行の部屋へ向かった。
保護者二人は微笑ましそうにそれを見て、視線をあわせてくすりと笑う。テーブルにランチョンマットを敷いて、ベーコンを炒める間にサラダを手際よく並べて。
夏の朝、窓から吹き込む風が濃い緑の薫りを運んでくる。 天気予報では今日も明日も快晴だ。


「よし、ミネストローネもいい感じじゃん。 お寝坊さんはそろそろ――…」


『っンで居やがる、オマエはァッッ!?』

『きゃっ、わ、ま、待ってってミサカは――』

『何処だ此処はァ! フザケやがって、なンで能力(ちから)が――』


一方通行の部屋から、怒号と悲鳴が聞こえた。
保護者は先程とは違った意味で視線をあわせる。


「あら、まずいわね」

「あちゃー。日記読ませなきゃ駄目だなこれはっ、と」


『落ち着いて、お願いこれを――』

『来ンなァ!! 出て行け、死ね!! クソッなンなンだよォ!? あァ、なンで、なンで――ァ、ああああああああああああああああああああああああっっっっっっ!!!!!!!!!』


黄泉川の眼が鋭くなる。 悲痛な叫び声に、異常事態を感じ取った。
二人は頷きあい、大切な子ども達の元へ走りだした。 


431 :忘却の空4.5 [sage saga]:2010/07/22(木) 00:01:51.32 ID:tQVD.bc0
ここまでですー。最後の最後でタイトルミスりました。ばーかばーか
よーやく山場なの。細切れトンボでごめんたい。
あと上条さんのこと大好きなんですが、どうにも書きづらいです。動いてくれないのは何故なんだぜ?

バイビー
432 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 00:17:53.51 ID:MmBXFUDO
乙乙! 次も待ってる!


なんだろう一方さん見てたらるろ剣の宗次郎思い出した
433 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 00:19:02.78 ID:/dJspoSO
おいおい一方さんに何が起こったんだよ……
434 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 00:22:42.53 ID:V3Jj6Co0
>>431
バイビー
じゃねえよ!なんてとこで止めやがる!

超乙!
一方さん…
435 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 00:32:39.85 ID:5WzNzsAO
乙乙

前回はいつだっけ?
436 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/22(木) 00:34:12.28 ID:0/NKtUAO
>>431
乙!
俺も最近まで上条さん書くの苦手だったな。で、説教モード入らない限り普通の一般男子書きゃあ良くね?って思いだした。
原作読んでると卑屈モードにも大して入らないし。

何かポイントあったら教えて欲しいぜ。
437 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 00:45:22.55 ID:Bug.YgDO
■■「上条くんのそげぶが書ける人。すごい」
438 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 00:50:01.13 ID:y8f7tPUo
そげぶシーンを書くときは原作を読みつつ書く
439 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/22(木) 01:01:00.82 ID:0t0VK6U0
2ちゃん巻き込まれ規制が永遠に解除されそうにもないのでこっちに書くかな。
440 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 01:06:32.73 ID:OWxiMhg0
>>431
おつおつ。おもしれぇ…
441 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 01:34:57.54 ID:xOdlGMAO
>>431
超乙!
このシリーズ好きだー
442 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/22(木) 07:18:36.38 ID:MmBXFUDO
毎月22日は夫婦の日みたいなので短いけど上琴書いてみた
443 :夫婦の日@美琴side [sage]:2010/07/22(木) 07:19:44.50 ID:MmBXFUDO
えっ? 街中でイチャイチャするなって? そりゃ当麻とは恋人同士なんだから多少はするわよ。でもちゃんと節度あるお付き合いをしてるつもりよ。


公園のベンチでイチャつかれると困るって言われても昨日なにかしたかしら? あ、もしかしてあのこと?


髪に虫が入っちゃったみたいで当麻が探してたのよ。それで髪の毛をグシャグシャにされたから、当麻の髪もグシャグシャにしたの。きっとそれがイチャついてるように見えたのね。


そうだ。ねぇ聞いてよ。当麻ったらお揃いのストラップ付けるの戸惑ってるのよ。なんでだと思う?


最初はゲコ太だからかなって思ったんだけど、全然違ったの。お揃いって恥ずかしくって見せられないからだって言うのよ? お前は中学生か! ってね。あははっ。


ほんとは一緒に携帯に付けたかったんだけど、当麻がだだこねてあんまり人に見せない家の鍵に付けることにしたのよね。


当麻ってあれでいて結構可愛いところが多くてねー……え、惚気話はもういいって? イチャイチャすんなって言ってみたり、惚気話すんなって言ってみたりなんなのよもう
444 :夫婦の日@当麻side [sage]:2010/07/22(木) 07:20:22.70 ID:MmBXFUDO
はい? 街中でイチャイチャするなって? そりゃあ美琴とは恋人同士なんだから多少はするさ。ですが、健全で節度あるお付き合いをしてるつもりです。


公園のベンチでイチャつかれると困るって言われても昨日なにかしたか? あー、もしかしてあのことか?


美琴の髪に虫が入っていったから取ろうとしてたんだよ。そしたら美琴の髪をグシャグシャにしちまった仕返し、俺の髪もグシャグシャにされたんだ。多分それがイチャついてるように見えたんだな。


なぁ、それより聞いてくれよ。美琴のやつ、俺にお揃いのストラップ進めてきたんだぜ。どうしてだと思う?


最初はゲコ太のだったからだと思ったんだけど全然違った。『このゲコ太達は夫婦なんだよ。だから私達も……』なんだとさ。んなの恥ずかしくて他人様に見せられるかっつーの!


でもまぁ付けないのも悪いし渋々付けることにしたんだよ。けどやっぱり恥ずかしくて、結局携帯じゃなくて家の鍵に付けたわけですが。


美琴ってあれでいて乙女チックなところが多くてなー……え、惚気話はもういいって? イチャイチャすんなとか、惚気話すんなとかなんなんですか一体
445 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 07:22:53.63 ID:MmBXFUDO
美琴は時間が経てばツンデレからクーデレになるタイプだと思う。逆に上条さんは「別にそんなんじゃねーよ」とかいうツンデレになりそうなタイプな気がする
446 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 08:35:10.63 ID:JzbfCUw0
乙。付き合ってなおツンデレ&鈍感な上琴も捨てがたい。
くそうこれは通行止めも書かねばと思ったが思い浮かばない俺は悔しくて血液逆流。
447 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/22(木) 17:16:12.11 ID:cxfb3.Yo
>>445
凄く俺がいる
448 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/22(木) 17:56:41.67 ID:3YE6t.AO
テッラ……お前の事誤解してた。原作読んでる内に気付いたんだ。
お前をショタに脳内変換すればいいって……そしたら素晴らしい結果になった
つまりアックアはテッラをアッークアしたのか……

ちょっとアックア殺しに行ってく
449 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 17:57:58.29 ID:NL.gleMo
何かに目覚めたようだな
450 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 18:01:02.43 ID:o9HkCkco
目覚めすぎだろww
451 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/22(木) 18:29:50.51 ID:0/NKtUAO
>>448
・゜・(つД`)・゜・

とか書きつつ

テッラ(ショタ)「へへへっ! 実験にはあいつら使うんだもんねー」

アックア「1つだけやっておく事がある」


 え? という鼻にかかった様な甘い声をテッラは口に出せなかった。

 轟!! という凄まじい棒と共に。ショターのテッラのすぼまりが、今度こそ本当に滅茶苦茶に蹂躙されたからだ。
452 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 19:27:53.19 ID:3QTfp.wo
誰かヤンデレ定規書いてくれないかな
453 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 19:28:16.74 ID:q1K57Kgo
>>451
おい



もっとやれいやもっとヤってくださいお願いします本当に
454 :ヴェントは家庭的おねぇちゃん [sage]:2010/07/22(木) 19:57:23.95 ID:t2/JJIAO

ショタテッラ「やっとボクの出番が来たようだね。だって『ぷれすて』は3人であそべないゲームだもんっ!」トコトコ

アックア「……テッラ」

ショタテッラ「なに、アックア?」ピタッ

アックア「その様子だと、宿題は終わったようだな」

ショタテッラ「んー。まだだよ」シレッ

ヴェント「なにアンタ、わかんないトコでもあったの?」ジー

ショタテッラ「おやおや。僕の魔術を忘れちゃったのかい?」ハーヤレヤレ

ヴェント「?」

ショタテッラ「――へへっ。ゲームをじょういに優先した!」ドンッ!!

ヴェント「」

アックア「」

ショタテッラ「?」ニヤニヤ

アックア「……ヴェント」ボソッ

ヴェント「……ええ」ボソッ

ショタテッラ「? どうしたのー?」クビカシゲ

ヴェント「アンタ……夕飯抜きね」

ショタテッラ「」

455 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 20:05:06.50 ID:q1K57Kgo
フィアンマはひきこもりお兄ちゃんか……?
いいねェいいねェ最高だねェ!
神の右席とか俺得だからもっと!
456 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 20:12:16.81 ID:MmBXFUDO
>>452
モテる垣根についに我慢の限界が来たドレスの少女は、垣根の近くの女に自らの能力を行使し垣根から女を遠ざける

異変に気がついた垣根はドレスの少女を問い詰める。そこでドレスの少女は募りに募った思いを垣根に伝える。しかし逆に垣根の怒りを買いドレスの少女はスクールの末端送りされる

それでも諦めきれないドレスの少女は行動を起こす。例え能力が効かなくても垣根を自分の物にするために

とある少女の病愛心理<ヤンデレハート>


後は任せたぞ
457 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/22(木) 20:45:39.92 ID:/dJspoSO
>>455

フィアンマ「おーい、一緒にスマブラしようぜー」ガチャ

ショタテッラ「ルイージが! リンクが! 緑がボクを呼んでいるッ!!」

フィアンマ「俺マリオー」
ヴェント「ピカピカチューチュー、ピカチューチュー♪」

アックア「ファゥコッパァン!! ファゥコッパァン!!」

フィアンマ「青と黄色、お前らは部屋入んな。お呼びじゃない」バタン

ヴェント「(´・ω・)」

アックア「(´・ω・)」


こんな感じか?
458 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 20:48:15.38 ID:q1K57Kgo
何これファルコンパンチの再現率やばい
つかアックアさんとヴェントノリノリすぎワロタ
459 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/22(木) 20:53:37.61 ID:3YE6t.AO
少し書いてみたがショタテッラが可愛すぎて生きるのつらい。てかやばい。単純にミニマム化だと、テッラの顔面だけそのままなショタが一瞬頭を過ぎった。誰かショタテッラをぉおああああ

ショタテッラ「はぁー……」グビグビ

アックア「……テッラ。何を飲んでいるであるか!」

ショタテッラ「ん? ああ、これは大地の恵みを……」

アックア「酒であるか? 没収だ!」

ショタテッラ「あ、何をするんですか。私にはそれが必要でしてねー?」

アックア「テッラ、お前はこれで十分であろう」

ショタテッラ「…………果汁100%ジュース」

アックア「こんな安酒を飲んでいると背が伸びなくなるである」

ショタテッラ「なら、高級酒ならいいんですねー」ガサ

アックア「ぬっ?」

ショタテッラ「ゴクゴク……ぷはー……あー、私には味なんか分かりませんが、上等……れすねぇ」フラフラ

アックア「酔っ払ったであるか……全く、しょうがない奴だ」
460 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 20:55:42.01 ID:/dJspoSO
ローマ法王はよくお菓子やお小遣いをくれるお爺ちゃん

これ豆な
461 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 21:14:34.20 ID:q1K57Kgo
ショタテッラにひっきーフィアンマに家庭的なお姉ちゃんにお父さんか……
1レス借り。

フィアンマ「彼女連れてきた」デーン

ヴェント「『奥』(部屋)にひきこもっていたあんたがッ……!?」マサカ

ショタッラ「へー どんな人か見てみたいですねー」ゴソゴソ

フィアンマ「お前にはまだ早い」グイ

ショタッラ「あーうー いいじゃないですかぁー」

フィアンマ「ダメだ、俺様の彼女はなぁ……ちょっと過激なんで、目に毒だ」

アックア「一体誰をつれてきたのであるか……・!?」

フィアンマ「そこ、劇画調になるなよ。お前だって12歳ぐらい離れた奴にプロポーズしたくせに」

アックア「ふむぅううううううううううううう!?  な、何故それを知っているのであるか!?」

フィアンマ「騎士団長」

アックア「」ポカーン

ショタッラ「えー、不倫って奴ですねー!?」

アックア「!? そ、その言葉をどこで覚えたであるかッ!?」

ショタッラ「結標っていうおっぱい丸出しの人が言ってたんですよねー」

アックア「!?」

フィアンマ「何……だと……?」

ヴェント「むすじめって、あの伝説の……!? 『少年狩りの女王』(ショタケンティウス)の事!?」ガシッ

ショタッラ「あぅ? 苦しいですよ―?」

ヴェント「……よかった、あの人とあって無事に帰ってこれたなんて……!」ギュウ……

ショタッラ「うー、 何で皆泣いてるんですかー?」

ヴェント「よかった…… 本当によかった! 後で大好物のピザハッ●、食べに行こうね……」

ショタッラ「よくわからないけどうれしいですよー!」



ミーシャ(第一の質問ですが、いつになったら家に入れるのですか……)ハァ……
462 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/22(木) 21:42:41.41 ID:/dJspoSO
あんな格好の女の子を彼女として連れてきたら家族会議もんだろ……常孝



『少年狩りの女王』(ショタケンティウス)は大いに評価したい
463 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 21:55:04.96 ID:JzbfCUw0
ショタケンティウスにワロタww

今日今までだけで5つの右席ネタ。
これがショタテッラの力か……
464 :アックアは生真面目だけど優しいおにいちゃん [sage]:2010/07/22(木) 22:05:07.09 ID:t2/JJIAO

アックア「また飲んでいるのか、テッラ」

ショタテッラ「ええー? 飲んでらいよー?」ヒック

アックア「……だったらそれは何であるか」

ショタテッラ「えへー。たらのじゅーすらよー」ニコニコ

アックア「……本当か?」

ショタテッラ「うん!」ニコッ

アックア「……なら、結構である」トコトコ

ショタテッラ「えへへー」ゴクゴク


――

ヴェント「――で、何も言えず帰ってきたのね」ジトー

アックア「ああ。すまない」

ヴェント「まったく。アンタってホント不器用よね」ハーヤレヤレ

アックア「……」

ヴェント「いいわ、見てなさい。私が止めさせてあげる」

アックア「出来るのか?」

ヴェント「この私に否定形はない。別のアプローチもあるってことよ」キリッ


――

ショタテッラ「あるぇー? ヴェントおねぇちゃんらー」ゴクゴク

ヴェント「テッラ、今すぐ飲むのやめなさい」ビシッ

ショタテッラ「ぅえー、やららよー」ヒック

ヴェント「……夕飯、あげないわよ?」ボソッ

ショタテッラ「ごめんなさい……」ショボーン


アックア「無理矢理じゃねーか」
465 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 22:08:13.58 ID:t2/JJIAO
ショタケンティウスくそわろたwwwwww
ローマ法王おじいちゃんは同意する
466 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 22:18:35.82 ID:JzbfCUw0
>>464
ショタテッラネタ始まりの>>451のインパクトの強さで
アックアが本当に優しいのか警戒している俺がいる。
ヘタレには見える。
467 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/22(木) 22:33:03.12 ID:F.mVmDQ0
>>460 >>465
法王じゃなくて、教皇な。お前ら消されるぞ


アックア⇔ヴィリアン
フィアンマ⇔サーシャ
テッラ⇔結標(?)
ヴェント⇔

あれ? ヴェントだけ独りmうわきさまどこからはいってきdさふぉいれを



ビデオで予約録画できないヴェントたんマジプリティ
468 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/22(木) 22:38:26.14 ID:vdYr3EDO
>>467
ヴェント⇔スフィンクス
縁側に置けば最高
469 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 22:51:07.79 ID:h9Er.EDO
451で
「『今度こそ』本当に滅茶苦茶に蹂躙された」とある。

つまり、ショタテッラはアヴィニョンで既に上条さんに掘られかけていたということか…


尻熱
470 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga sage]:2010/07/22(木) 22:56:33.01 ID:MHMcu4o0
2レス借りまーす。
上条と美琴が付き合ったらこんな風になるんじゃないかと思って書いてみた。
内容ほとんどないけど。
471 :とある空気の読めないバカップル 1/2 [saga sage]:2010/07/22(木) 22:59:13.11 ID:MHMcu4o0
ファミレスにて。

美琴「こちら、私の彼氏の当麻。かっこいいでしょ〜?」

上条「初めましてー。美琴の彼氏の上条当麻でーす」

佐天初春「初めましてー」

当麻「いつもうちの可愛い美琴がお世話になってます」

美琴「もう、やだ当麻ったら」

黒子「………さて、みなさん何を頼みます?」

佐天「あたしはこのチョコレートパフェかな?」

美琴「ねーぇ、当麻は何頼む〜?」ベタベタ

初春「じゃ私はストロベリーのほうで」

上条「美琴と一緒のでいいよ。寧ろ美琴と2つで1つでいい」イチャイチャ

黒子「………では私はこちらのケーキを」

美琴「やだ、当麻ったら、嬉しい〜」ベタベタ

佐天「じゃ、じゃああたし紅茶も頼もうかな」

上条「俺の方が嬉しいよ美琴」イチャイチャ

初春「わ、私はレモンティーも追加で…」

美琴「じゃあ、一緒にこの激甘スイートケーキ食べようよ。きっと美味しいよ」

上条「俺は美琴のほうが美味しいと思うぜ?」キリッ

美琴「きゃーもう////みんなの前で何言ってるのー//// でもそんな当麻も大好きー」ベタベタ

佐天初春「(なにこの桃色空間……)」
472 :とある空気の読めないバカップル 2/2 [saga sage]:2010/07/22(木) 23:01:18.40 ID:MHMcu4o0
黒子「固法先輩のジャッジメントの同僚が入院したとかで……本人とても落ち込んでいましたわ」

美琴「はい、当麻♪ あーん♪」

佐天「で、でも死ななかっただけ良かったですよね」

上条「あーん♪ パクッ ああ美味ちー」

初春「ほ、ホント、不幸中の幸いですよね」

美琴「じゃあ今度当麻があーんして?」

黒子「………スキルアウトの事件も増えてますからね。これ以上学生の被害が出なければ良いのですが」

上条「はい、美琴♪ あーん♪」

初春「あ、アンチスキルも捜査範囲を広げるようですよ」

美琴「あーん……」

上条「はい残念♪」パクッ

佐天「ま、まあそうでもしないと危ないですもんね」

美琴「あー当麻の意地悪ぅ!」

黒子「………ええ、街の治安のためですから」

上条「機嫌直してくれよ美琴。ほら、もう1回やってやるからさ。あーん♪」

初春「は、早く事件が解決するといいですね」

美琴「むー……でも当麻だから許してあげる☆ あーん♪」パクッ

佐天「し、白井さんも初春もジャッジメント頑張ってね」

黒子「……ええ」

初春「は、はい」

上条「おいちー?」ベタベタ

美琴「おいちー♪」イチャイチャ

黒子佐天初春「……………………」
473 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga sage]:2010/07/22(木) 23:01:59.77 ID:MHMcu4o0
以上です。
思いつきで書いたらこうなった。
続きはまた書くかも…。
474 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 23:06:32.01 ID:DagExIYo
何というか空気が読めないってレベルじゃねぇなww
475 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/22(木) 23:10:40.14 ID:i9cJ8ASO
俺もうんこ食ったことあるぜ
476 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 23:11:25.46 ID:i9cJ8ASO
>>475
盛大に誤爆った
477 :451 [sage]:2010/07/22(木) 23:48:49.37 ID:0/NKtUAO
>>453のためだけに書きました。
完全18禁、完全キャラ崩壊のアックア×ショタテッラ。

読みたい人だけ自己責任でお願いします。4レス程。
一応>>451の続きになってます。

初めて書くエロSSがこういうきっかけで生まれるとは、人生判らない物です。
478 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 23:49:39.47 ID:0/NKtUAO




 ショターのテッラは自分の身に起きた現象を正しく認識する事ができなかった。

「………っ…!…?、?」

 身体の後ろが。排泄の為だけに存在するはずの部位が。ありえない程の圧迫を受けている。

「  ぁ」

 言葉が出てこない。洩れる『音』しか。口から発する事が。

(からだ……僕の体……壊れたの?)

 対するアックアは顔をしかめる。サイズが合わないのだ。猛々しい肉棒は、狭い肉壁をもろともせず『中』に押し入る事ができたが、それは彼の硬さと腕の力あればこその芸当だった。

 これは『罰』。そう彼は認識していた。淫らな行いを楽しむつもりは一切無く。
 テッラ、お前が『人と平等』の認識を悔い改め、正しい道を歩いていける様にするための欠かせない過程なのであると。

 しかし彼は気付いていない。自分の雄である部分が、なぜすぐ機能する程に張り出したのか。かつてない程に、その寸と幅を際立たせたのか。


 そしてそれは童子に伝わる事は無く。

「ア…アック、ア」

 やっとの事で絞り出した一言。その短い一言に、どれだけの思いが込められていることか。

 「アックア…」

 続く事の許された呼称。

「……っ!」

 しかしすぐにその儚い心余(こころあま)りも、アックアの次の行動によって握り潰される。

 腰を掴む両の巨手が男児の柔腹に食い込み、埋まっている異物が静かに活動を始めたのだった。
479 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 23:50:15.01 ID:0/NKtUAO




「!……!っ …ぁ…っ」

「……あ!あ!あぁぁああ!!」

 目一杯に広がる肛内。言葉も出せなかった圧倒的な侵略、圧迫感。そこに、悲鳴を上げざるを得ない力が加わり始めた。

  チュ  クチャッ「あっ」
チュッ「んっ!」…チュッチュッチュッチュッ
「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ!!」

 アックアは、テッラへ必要以上の痛みを与えるつもりは無かった。挿入物には潤滑油を塗り込ませ、抜き差しも穏やかに始めている。

 それでもテッラには十分を超えた感覚が襲いかかる。一つは人並み外れたアックアの大きさの為。二つにはテッラの成長したとも呼べない幼い体躯。


 「んっんっんっんっ…!」
 チュッチャッチュッチュッ

「ふ、む…うっ」

 アックアは既に男児との性行為しか考える事ができていない。彼程の男が『夢中』にいた。その狭さ、締め付け、……甘い鳴き声。

 テッラは肛内に加わる小刻みな満ち引きの度に、蠱惑的な声を出す事を自らの身体に命令されていた。

 肉棒の尖端が広がりを増す。それはアックアの昂りを表し、テッラの更なる強感の取得を表す。

 ジュッチュッチュッチュ
「あ、あ、あっあっんっあっ」

 アックアはテッラの体内と、衣服から覗く丸い艶を帯びた臀部と白い背中、柔らかく揺れる金髪しか認識する事が出来ず。
480 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 23:51:05.04 ID:0/NKtUAO




「んっんっんっあ!……あんぅう!? あっ! んっんっあっあっ」

 テッラは体内で暴れる棒の確かな感覚と、眼前の白い大理石による建造、微かに入り混じり始めた痺れる性感を呆けた眼と脳で認識する事しか赦されず。

 二人と居場所しか存在を許さない空間は今を忘れ当初の目的さえ忘れ、淫騰の限りを貪った。




「くっ……むううぅ…」


 終わりが近づく。最初から緩急を付けて長引かせるつもりも無かったアックアだが、仮にその算段であってもその目論みを達成できていただろうか。

「むっうっ、終わらせるぞテッラ……」

「んっ…うっ……」

 テッラは既にまともな受け答えをする知覚を携えていない。
 揺すられ、擦られ続けた身体は、体力と気力を失いかけていた。

「ふっうっうっうっんっんっんっんっ」

「む……む…ぐ」

「んっんっうっぐすッくうっううっ!」

 アックアが両の手に力を込め、テッラの身体を引き寄せる。散々と肛内で透明な液を吐き出し、その活動の糧としていた太まりが更に硬さを増し、これまで侵入を果たさなかった奥へと突入を始めた。
481 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/22(木) 23:52:11.93 ID:0/NKtUAO




「んぐっ」

 馴らされていない深部へ突き進んだペニスに、男児は声を上げて驚きと抵抗を表す。しかし、それは何の効果も果たせない。

「むうう……ぐっっっ!!」

 肉棒が膨らみ、粘液を先端へ送り込み、そして。


「ふううっううっ……」

 永い永い脈動。白く濁った粘液は鈴割れから続々と姿を現し、味わった事の無い快楽をペニスと脳に与え続け。

「は、ぁ、ぁ………」

 男児には終わりと絶望を告げた。

   ググッ   
   「ん」    
        ズルッ
          「アッ」
 やや硬さを失った肉棒が引き抜かれ、小さいながらに受け入れ弛んだ穴から、忌まわしい白液が一しずく、二しずくと流れ落ちる。

 テッラは意識を闇に落とし、以降全ての認識の拒否を試みた。

 僅かに我を取り戻したアックアは、少年を介抱し、休ませようとうつ伏せに崩れ落ちた幼躯を表に向ける。
 
 そこで彼の目に映った物は。

 少しばかり大きさを改め、桃色の先端に透明な液を馴染ませた少年のペニスであった。
       

    THE END?
Only two people understand it.
482 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 00:30:07.54 ID:DtcP2kAO
誰得すぎるwwwwww

だが文は普通に上手かった。乙!
483 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 00:38:57.98 ID:cUJDFao0
>>479
なんで潤滑油持ってんだよアックアwwこいつは間違いなく計画的犯行wwww
本当に初めてなのか?鈴割れとかww
初めてがこんな特殊?カプとはなんて才能の無駄遣い。もっと書ry
484 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 01:19:22.74 ID:iSwA6oDO
一方通行、水銀燈
垣根帝督、金糸雀
御坂美琴、翠星石
麦野沈利、蒼星石
心理掌握、真紅
第六位、雛苺
削板軍覇、雪華綺晶or薔薇水晶

一方さんと銀様は黒翼コンビで相性抜群
垣根と金糸雀はお調子者通しで仲良さそう
美琴と翠星石はツンデレ同士
麦のんと蒼星石は変態的なあれで
心理掌握と真紅はお嬢様系?で
第六位と雛苺は……
削板もうーん……


設定段階からこんな感じで詰まってるんだけどどうしよう。真紅、雛苺、きらきーorばらしーは別の誰かにするか……
485 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 03:04:07.42 ID:70yVOVk0
上条さんが触れたらローザミスティカ消滅しそうだ

薔薇水晶は大丈夫かもしれんが
486 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 03:15:37.48 ID:1Fzcv.DO
>>484
準レベル5級ってことで雛苺はあわきんに任せるとか?
すごパは……薔薇水晶なら信念を貫くためになりふり構わず必死になれるところがあるから、なんとかそこに共感してもらえないかな
キャラ不明の心理さんを出すのに抵抗があるなら真紅は上条さんあたりと組ませるのもありだと思う
幻想殺しによるローザミスティカ消滅の可能性は確かに怖いけど、あれって別に普段は剥き出しじゃないからきっと大丈夫ww
487 :フレンダ「サバ缶専門店でも開こうかなと思ってる訳よ」 浜面「やめとけ」 :2010/07/23(金) 03:27:32.21 ID:dUAhXMg0
流れ切って申し訳ないですが10レス程借ります

浜面×フレンダを全然見かけないので書いてみました
ほのぼのしてる日常とかもいい……かな?いいよね?

駄文ですがよろしくお願いします
488 :フレンダ「サバ缶専門店でも開こうかなと思ってる訳よ」 浜面「やめとけ」 [sage]:2010/07/23(金) 03:31:36.36 ID:dUAhXMg0
注意書き忘れ 「※タイトルほとんど関係ないです」


フレンダ「浜面は勿論、雑用・営業・人事・製造・奴隷をこなす訳よ。んで私は主に試食と開発」

浜面「俺頑張りすぎ!あと最後の『奴隷』ってなんだよ!?却下だ却下!」

フレンダ「えぇー。ぶー」

浜面「まさか本気だったのか?」

フレンダ「全然」

浜面「ま、そうだろうな。でなきゃ困るんだが」

フレンダ「ていうか、最近暇な訳よ」

浜面「仕事無いしな」

フレンダ「……その言い方って結局私が無職みたいじゃない……」

浜面「学生じゃなかったっけ?」

フレンダ「うん。紙の上ではぴっちぴちの高校生って訳よ!」

浜面「じゃあ学校行けばいいんじゃねぇの?つか行けよ」

フレンダ「超浜面には言われたくないですぅー」

浜面「ウザさ2割増しの絹旗物真似やめい」

フレンダ「でも、こういうまったり感たっぷりな日常も悪くないって訳よ」

浜面「まぁなー。フレンダとこうして話すのもなかなか楽しいしな」

フレンダ「……本当?」

浜面「あぁ」

フレンダ「……」

浜面「言っとくけど、別に他意はねぇぞ」

フレンダ「わかってるよバーカ!」
489 :フレンダ「サバ缶専門店でも開こうかなと思ってる訳よ」 浜面「やめとけ」 [sage]:2010/07/23(金) 03:34:14.97 ID:dUAhXMg0
浜面「バカって……」

フレンダ「バカ面!ヅラ!」

浜面「バカ面でもヅラでもなく浜面だっての」

フレンダ「でもさ、私と浜面ってなかなか無いカップリングだよね」

浜面「『カップリング』とか言うんじゃねぇ。『二人きりで喋ることが少ない』って意味ならその通りだけど」

フレンダ「結局、かなり新鮮な訳よ」

浜面「たしかになー」

フレンダ「それにしても他の人達おっそいにゃーん」

浜面「今度は麦野か?」

フレンダ「にゃー。にゃー、にゃー、にゃーん」

浜面「そんなにゃーにゃー言ってないだろ……」

フレンダ「ん?結構言うよ?」

浜面「マジで?それって結構イタくないか」

フレンダ「ネタなんだからいい訳よ。本気でにゃーにゃー言ってるヤツがいたら、一度見てみたいわ」

浜面「意外と近くにいる……かもな」
490 :フレンダ「サバ缶専門店でも開こうかなと思ってる訳よ」 浜面「やめとけ」 [sage]:2010/07/23(金) 03:36:44.23 ID:dUAhXMg0
フレンダ「結局、今日は一番最後の人がオゴリってのがルールな訳よ。今決めた!」

浜面「じゃあ俺は早速免除だな」

フレンダ「やっぱそういうのはよくない訳よ。ワリカンワリカン」

浜面「酷い!」

フレンダ「結局、浜面が得することは私が許さない訳よ。あ、メロンソーダお代わり。20秒以内!」

浜面「あぁぁぁわかったよぉ!」ガタッ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

フレンダ「結局本当に20秒で帰ってきた……」

浜面「あんだけドリンクバー往復させられれば慣れるってこった」

フレンダ「…………何か頼む?奢る訳よ……」

浜面「なんか同情されたッ!?でもしっかりいただきまーす!」

フレンダ「30円までね」

浜面「えぇ!?そんなリーズナブルなメニューは無くね!?」

フレンダ「じゃあ3ユーロ」

浜面「それってどうなんだ……もう普通に現金くれよ。ユーロじゃ使えないけどさ」
491 :フレンダ「サバ缶専門店でも開こうかなと思ってる訳よ」 浜面「やめとけ」 [sage]:2010/07/23(金) 03:39:47.02 ID:dUAhXMg0
フレンダ「……ふと思ってみたんだけど」

浜面「ん?」

フレンダ「結局、今日って本当に集まりある日?」

浜面「えっ……違うの?」

フレンダ「うわぁ……まさか……」

浜面「ちょっと待て。電話する」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

浜面「……」

フレンダ「……」

浜面「……帰るか」

フレンダ「結局、無駄な時間だった訳よ……」

浜面「いいじゃねぇか。俺は楽しかったし」

フレンダ「happa fumifumi?!」

浜面「言語がおかしくなるくらい嫌ですかねぇフレンダさんや」

フレンダ「あ、今日って暇?」

浜面「予定はねぇけど……?」

フレンダ「ちょいっと、私と面白いことしない?」

浜面「なんだよ……」

フレンダ「ずばり、」







フレンダ「私生活調査!色んな人の私生活を覗、おーい!」

浜面「さて、帰るかー」テクテク
492 :フレンダ「サバ缶専門店でも開こうかなと思ってる訳よ」 浜面「やめとけ」 [sage]:2010/07/23(金) 03:41:56.60 ID:dUAhXMg0
フレンダ「待てぃ!!」ガシッ

浜面「だって……ストーカー要素満載なんですもの」

フレンダ「あ〜れ〜足が〜」フラリ





ドサッ





浜面「なな、何ッ!?」

フレンダ『帰っちゃうの?』ボソ

浜面「み、耳元で喋るな!」

フレンダ『フレンダ寂しいなー』ボソ

浜面「ぐぉぉ……(む、胸がッ!微かなやわらかさがッ!)」

フレンダ『ねぇ、一緒にイイことしよ?』フゥ

浜面「」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

浜面「(滝壺……ごめん……)」

フレンダ「まずは絹旗か麦野って訳よ。浜面、車出して」

浜面「了解でーす……」
493 :フレンダ「サバ缶専門店でも開こうかなと思ってる訳よ」 浜面「やめとけ」 [sage]:2010/07/23(金) 03:44:06.52 ID:dUAhXMg0
フレンダ「♪〜♪〜♪〜」

浜面「不幸だ……今に始まったことじゃねぇけど」

フレンダ「お、おぉっ!?浜面!止めて!!」グイグイ

浜面「おわっ!? あ、あぶねぇから運転中に 「それどころじゃない訳よ!」な、なんだぁ?」キキッ

フレンダ「〜♪ 結局、日頃の行いな訳よ!」ダッ

浜面「な、何だ……?公園に用事か?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

フレンダ「う〜どーれにしよっかな〜」

浜面「で、何でわざわざ車止めたんだ?」

フレンダ「ん? ヒント!このクレープ屋の屋台!」

浜面「ほぇ……わかんねぇんだけど」

フレンダ「結局、浜面はもっと勉強した方が言い訳よ。この屋台は超超低確率でしか会えないのよ!」

浜面「へぇー……」

フレンダ「うぁ〜悩むなぁ〜」

浜面「(なんだかんだいって『女子高生』ぽいんだな、コイツ)」
494 :フレンダ「サバ缶専門店でも開こうかなと思ってる訳よ」 浜面「やめとけ」 [sage]:2010/07/23(金) 03:45:52.88 ID:dUAhXMg0
浜面「……で、どうして俺が奢ることに?」

フレンダ「え?」キョトン

浜面「何でそんな表情ができるのか俺は不思議で不思議でたまらないんだが」

フレンダ「はむっ。まーほまはいほほは(細かいことは)、んぐっ、気にしないって訳よ」

浜面「……はぁ」

フレンダ「浜面も食べたいなら買えば?」

浜面「俺はいいよ。クレープとかよくわからないし、浜面経済はもうすぐ崩壊しそうだし」

フレンダ「んー……」









フレンダ「じゃ、一口食べる?」スッ

浜面「……は?」

フレンダ「さぁさぁ、カプッっと一口」ズイッ

浜面「い、いや、その……」

フレンダ「あれぇー?結局私の食べかけだと何か問題があるのかなー?」ニヤニヤ

浜面「くっ……」
495 :フレンダ「サバ缶専門店でも開こうかなと思ってる訳よ」 浜面「やめとけ」 [sage]:2010/07/23(金) 03:47:34.75 ID:dUAhXMg0
フレンダ「私のクレープは食べれないとでも言うのかね浜面君!」

浜面「はいはい、いただきま「はむっ」えぇぇぇ!?」

フレンダ「結局浜面と間接キスなんかごめんな訳よ」モグモグ

浜面「クソッ!純情な男子心踏みにじりやがって!」

フレンダ「にししし!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

フレンダ「おいしかったよーありがとね」

浜面「へいへい……」

フレンダ「んー?結局クレープ食べれなかったから拗ねてんの?」

浜面「まぁ……目の前であんだけ『おいしー』『あまーい』とか言いながら旨そうに食われればそうなるだろ」

フレンダ「それは悪いことをした訳よ。めんごめんご」

浜面「あと、お前との間接キスも惜しかった」

フレンダ「…………へ?」

浜面「?」

フレンダ「……ぁ……は、浜面!!」

浜面「な、何だよ!?」

フレンダ「のの、喉乾いたっ!30秒以内!」

浜面「ぐぁぁくそぉぉ!!自販機ーー!!」ダダッ




フレンダ「(浜面のクセに浜面のクセに浜面のクセに浜面のクセに浜面のクセにーーー!!)」ダンッダンッ


浜面「(うわー地団駄踏んでるし……急がなきゃマズいな……!)」
496 :フレンダ「サバ缶専門店でも開こうかなと思ってる訳よ」 浜面「やめとけ」 [sage]:2010/07/23(金) 03:49:23.42 ID:dUAhXMg0
浜面「ど、どうぞ……」スッ

フレンダ「『いちごおでん』……」

浜面「何故かそれが俺の視線を釘付けにしてな」

フレンダ「くぅ……まぁ結局飲むけどッ!」プシッ

浜面「頑張「ブハッ!? ゴホッゴホッ、はま、づらぁ……毒を盛ったなぁ……」いや、その商品自体が劇薬じゃないか?」

フレンダ「……結局この国の文化は理解できない訳よ……」ポイッ

浜面「わっ、とと、零れるっつの。あと『いちごおでん』一つで日本国を見るな」パシッ

フレンダ「もういらなーい。残り浜面にあげる訳よ」

浜面「ったく、ブルジョワジーな姫には『ジャパニーズモッタイナイ精神』がわからんのです……」

フレンダ「ふぅん。じゃあ浜面ならグイッっといける訳?」

浜面「あ、当たり前だろ!」

フレンダ「へぇー」ニヤニヤ

浜面「……、…………不良なめんな!」グビッ

フレンダ「あ、あぁっ!」

浜面「……?(つか、の、飲み込めねぇ……マズイとかの次元じゃねぇ!)」

フレンダ「か、間接キ「ぶほぉぉぉ!!」きゃぁぁぁ!?」

浜面「げほ、ごほ……へ、変なこと言うな……!」

フレンダ「ふ、ふんっ!浜面がそんなもの買ってくるから仕返しって訳よ!」
497 :フレンダ「サバ缶専門店でも開こうかなと思ってる訳よ」 浜面「やめとけ」 [sage]:2010/07/23(金) 03:51:42.08 ID:dUAhXMg0
浜面「あー……何か今日は疲れた」テクテク

フレンダ「それは今日一日一緒にいた私に対して失礼な訳よ」テクテク

浜面「疲れの原因の7割以上はお前なんだけどな」テクテク

フレンダ「でもでも結局超絶可憐な美少女と一日二人きりで過ごせたんだからこの上ない幸せって訳よ!」テクテク

浜面「自分で言うなっての」ペシッ

フレンダ「あぅ!」

浜面「ま、楽しかったからいいや。じゃあ俺は家に帰るけどお前は?」テクテク

フレンダ「今日は家に帰りたくないなー」チラッ

浜面「じゃあネカフェあたりにでも行けばいいんじゃ?」テクテク

フレンダ「うわぁ……」テクテク

浜面「え、えぇ!?俺が何か空気的なのを読めてないの!?」テクテク

フレンダ「冗談冗談。じゃ、私こっちだから」テクテク

浜面「おう。じゃあな」テクテク

フレンダ「あ、それと」

浜面「?」



フレンダ「今度は一緒に私生活調査やろうねー!ばいばい!」フリフリ

浜面「やらねーよ!!」




END


何で車で帰らないの? とかは受け付けませぬ(単にめんどくさかったからです)
少しでも心がほのぼのしてくれると嬉しいです。
ありがとうございました
498 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 05:12:30.91 ID:3sA1mi.0
乙です!
浜フレ見たかったのよぉ!
499 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 05:17:46.90 ID:mO2h2mY0
うわああああフレンダかわいいのううううううう
500 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 06:15:42.26 ID:77P.nlAo
フレンダさんマジ女子高生やないかほのぼのいいね


後後方×左方クッソワロタと言おうと思ったら完成度がすごすぎて突っ込みどころがないでござるの巻
501 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 07:23:55.53 ID:iiudcQDO
フレンダが幸せそうにしてると涙が出るようになった
502 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/23(金) 07:44:19.48 ID:/nSAEsc0
夏だし怪談SS皆で書こうぜ!
トップバッター俺!
5レスほどお借りします
503 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/23(金) 07:45:06.28 ID:/nSAEsc0
青ピ「学校の七不思議ってあるやん?」

上条「あるな、走る人体模型とかだろ?」

土御門「それがどうかしたかにゃー青ピ?」

青ピ「いやな、もう花子さんとかでもええかな、って思ってしもたんや」

上条「お前はお化けでもいいのかよ」

土御門「流石にネタじゃないのかにゃー?」

青ピ「いやいや、人外との恋愛を取り上げたラノベとかもあるんやで、お化けぐらいどってことないやん」

土御門「オレはちょっとゴメンぜよ」

上条「そもそもお前には舞夏いるしな」

土御門「仮に独り身でもお化けはなぁ、ちょっと怖いぜい」

上条「俺も怖いのは苦手だな」

青ピ「ボクぁ怖くなんてないよ? なんてったってなぁ」

吹寄「こらー! そこの三馬鹿! いつまでも喋ってないでさっさと掃除をしろ掃除を!!」

青ピ「下手な怪談話より怖いクラスメートがおるし」

土御門「ああ、なるほど」

上条「納得納得」

吹寄「だから喋ってないで掃除しろっての! とっとと働け貴様ら!」
504 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/23(金) 07:45:57.99 ID:/nSAEsc0
青ピ「妖怪の中でも雪女ってええよな」

土御門「確かに実在するなら一目見たい種類の妖怪ではあるな」

上条「どの伝承でも絶世の美女だもんなぁ」

青ピ「そう! ボクが注目したいんはそこなんや!」

上条「どした青ピ、急にでかい声出して」

土御門「モテなすぎてとうとう壊れたぜよ?」

青ピ「絶世の美女! 人間だれしも美女とは仲良うなりたい、でも相手は雪女! 決して結ばれることのない哀しき純愛! そんなシチュエーション男だったら憧れるよな?」

土御門「憧れるに決まってるぜい!」

上条「つーか雪女って確か会ったら殺される妖怪だったよな? 結ばれる以前に殺されね?」

青ピ「愛は全てを超越する概念なんや! そんな些細なこと関係あらへん!」

上条「愛ねぇ……俺達さぁ、愛なんて感情知らないよな? そのせいで今もこうして男子三人でつるんでる訳だし」

青ピ「…………」

土御門「…………」

上条「…………」

青ピ「そこは、ホラ、親子愛とか?」

上条「雪女と親子愛なんて育めないだろ」

土御門「兄妹愛とか?」

上条「なぜだろう、お前の言う兄妹愛は何か違う気がするよ」
505 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/23(金) 07:46:38.73 ID:/nSAEsc0
上条「まさか居残りの掃除で夜になるとはなぁ」

土御門「学校全部のトイレ掃除とか罰がひど過ぎるぜよ」

青ピ「まぁ仕方ないやん? ボクら確かに問題起こしてしもたし」

上条「それにしても今日のお月さまは満月か、綺麗だな」

土御門「月がきれいですね」(キリッ

青ピ「それボクらに言ってどないするの、女の子に言わんと」

上条「"I love you"の和訳だっけ? 言ってみたいもんだよな」

土御門「満月と言えば、狼男って満月の夜に変身するんだったかにゃー?」

上条「そうらしいな、まさに今日みたいな見事な満月の夜らしい」

青ピ「ワーウルフってーの? なんかかっこいいよな、なれへんかなぁ」

上条「なってどうするつもりだよ」

青ピ「女の子が不良に襲われている、そこにさっそうと現れる謎の狼! みたいな感じ?」

土御門「青ピはそーいうのばっかだな」

上条「ゲームのやりすぎだろお前」

青ピ「くっ、体の血が騒ぐ……ボクの本能が目覚めていく……」

上条「狼男じゃなくてただの邪気眼だな」

土御門「ちょっと、いやかなりイタイぜよ」

青ピ「そこまで言わんといてーなー」
506 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/23(金) 07:47:37.28 ID:/nSAEsc0
上条「今日は居残りもないし明るいうちに帰れるな」

土御門「毎日居残りやったらやってけないぜよ」

青ピ「ところで、メリーさんっておるやんか?」

上条「あれだろ、携帯に電話かかってきて『私メリーさん、いま○○にいるの』とか言うのだろ?」

土御門「どんどん近付いてきて最後には自分の真後ろにいるんだぜい」

青ピ「幼女が自分のところに来てくれるんやで? 最高に萌えるシチュエーションやない?」

上条「うっわロリコンかよお前、引くわー」

青ピ「まぁ流石に冗談やけど。あれってストーカーみたいなもんやん?」

土御門「確かに追っかけてくるって意味ではストーカーだにゃー」

青ピ「そう考えるとヤンデレの素質もあるんちゃうかなって考えたんやけど」

上条「お前の解釈の仕方には脱帽するよ」

御坂「ちょっとアンタ!」

上条「ん? 何だ御坂か」

御坂「何だ御坂かじゃないわよ! ちょっと来なさい!」

上条「青ピ、土御門。上条さんは安売り行くのでサラバです!」ダッシュ

御坂「ちょっとアンタ逃げるんじゃないわよ!!」ダッシュ

青ピ「……なぁつっちー?」

土御門「……どうした青ピ」

青ピ「……あの中学生登下校中によく見かけへんか?」

土御門「……あぁ、カミやんと帰るときはほぼ見るぜよ」

青ピ「……リアルにストーカーちゃうん? でもって、メリーさん風に解釈すればヤンデレの素質が……」

土御門「それ以上言うんじゃない青髪ピアス。オレ達は何も気づいちゃいない」

青ピ「……せやな、帰ろうかつっちー」

土御門「帰ろう帰ろう」
507 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/23(金) 07:48:45.71 ID:/nSAEsc0
上条「口裂け女って妖怪いるじゃん?」

土御門「あぁ、いきなりマスクした女の人が声かけてきて『私きれい?』って聞いてきて」

青ピ「『きれいですよ』って答えるとマスクとってでっかい口さらけ出して『これでもかぁ!』ってやつ?」

上条「そうそうそれそれ。あれってさぁ、『いや、普通』とか答えたらどうなるんだろうな?」

青ピ「女性は褒めるのが基本やでカミやん! そうせんと攻略できへん!」

上条「攻略って、ゲームじゃねえんだから」

土御門「でも確かにどうなるんだろうな、考えたこともなかったぜい」

姫神「上条君。」

上条「ん、どした姫神? てかなんでマスク?」

姫神「風邪気味なの。それより。たとえお世辞でも。女性には。きれいと言った方が良い。」

上条「そんなもんか? 男には分からない心理があるんだろうな」

姫神「そう。乙女心。ところで。私。綺麗?」

上条「おう、綺麗だぞ。あ、お世辞じゃなく本音だぞ?」

姫神「これでも。綺麗?」

上条「おいおい、鼻にティッシュ詰めてると折角の綺麗な顔が台無しだぞ?」

姫神「こうしないと。鼻水。とまらない。」

上条「大丈夫かよ。辛いなら保健室行けよ? 仮に明日以降学校休むなら見舞行くからな。」

姫神「ふふ。ありがとう。」




青ピ「…………なぁつっちー、なんで急に二人の世界になったんやろな?」

土御門「これがカミやんクオリティだからぜよ」
508 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/23(金) 07:50:39.01 ID:/nSAEsc0
おかしいな、怪談SSのはずが怪談(をネタにしたギャグ)SSになった
メモ帳開いた時には怪談書くつもりだったのに
誰か怪談書いてくれると嬉しいんだよ


SSとは全然関係ないけどヤンデレっていいよね
509 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 08:18:27.89 ID:04zamgDO
乙。
怪談じゃないけどヤンデレな怖い話(小ネタ)ならある。
でもあんま怖くない上なんだかなぁな内容なのでボツにした。
510 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 10:06:13.23 ID:p4yRCMDO
みんな乙なんだよ!

>>481
亀で悪いが
お前のせいで俺が認識している世界とケツの穴が広がってしまった

511 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 11:13:26.30 ID:8q.rNxs0
ちょっと数レス借りますねーと。
>>508俺のクオリティじゃここが限界だった……正直すまんかった。

土御門「カミやーん! こっくりさんするぜよ!」

上条「は、はぁ? いきなりなんだよ……」

青ピ「えー? 何ゆうとんの、こっくりさんってあれやで? 何でも質問に答えてくれんねんで?」

土御門「そう……気になるあの子の好きな人から明日の晩飯まで何でも教えてくれる、これはやらない訳にはいかないにゃー」

上条「はぁ。まあいいけどよ、いつすんだ?」

土御門「今ぜよ!」

青ピ「補充でいのこっとるのは僕らだけや……今やらずしていつやんねん!」

上条「ふうん。じゃあ紙と10円玉は?」

土御門「用意してるぜよ! これで舞花の好きなタイプを教えてもらうにゃー!」

青ピ「どうやったらモテるんか、その秘訣教えてもらうんやー!」

上条「んじゃあ俺は、どうやったら経済が助かるかでも……」

土御門「そんじゃ始めるぜよ。指を置くんだにゃー」

青ピ「楽しみやわー!」

上条「あらよっと」ピト

こっくりさん「うぎゃああああああああああああああ!? お、おま!! 待機してたのにお前らが呼び出そうとしてたのにうぎゃああああああああああああ!! な、何だよお前らふざけんnアbbbbbbbbbbbbbbbb」

シーン……

512 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 11:13:52.37 ID:8q.rNxs0
青ピ「あー。補習長かったわー……こんな時間に外出歩いても女の子と出会われへんって……まあ小萌センセイに会えたからええか」

「ねぇ……」

青ピ「! はい何でしょうそこの麗しいお姉さん!」

「……私、綺麗?」

青ピ「そらもう、ごっつべっぴんさんですわ! あーやばい、こんな美人さんに話しかけられて僕幸せ者ですよぉ!」

「……。じゃあ、これでもぉ!?」

青ピ「あーあかんあかん! 自分のコンプレックスに日々悩んでいるけど、好きな人の前で思い切って悩み打ち明けてみるこのシチュエーション! そんで男の僕はこう言うんや! あなたの全てが好きですよ、ってぇ! ……て、え?」

「……この裂けてる口見て、まぁだそんな事言えるのかしらぁ!?」

青ピ「……ポマードポマードポマード」

「!? ひ、ひぎぃぃいいいいいいい!!」

青ピ「はぁ……出会い欲しいわぁ……」トボトボ
513 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 11:15:18.53 ID:8q.rNxs0
土御門宅
男「……ベッドの下にもぐりこんで、隙を見せたら殺して……え?」

土御門「……」

男「……」

土御門「どけ。舞花の生足が見れん」

男「あ……すみません」
514 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 11:16:29.16 ID:8q.rNxs0
上条「はぁ……今日もインデックスは大食らいだったなぁ。不幸だ……」

prrrr

上条「はいこちら上条ですよー」

『……私メリーさん。今、学園都市にいるの』

上条「間違い電話ですかね? じゃあ切りますね」

prrrr

『私メリーさん。今あなたがいる学区にいるの』

上条「……あのー。さっきから電話番号間違えてません?」

prrrrr

『私メリーさん。今、あなたのマンションの下にいるの』

上条「……いい加減にしろよテメェ」

prrrrr

『(この反応がたまらないわ)私メリーさん。今、あなたの部屋の前に』

上条「いい加減にしろよテメェ! さっきから何度も電話かけやがって、こっちの経済力舐めんなよ!? ただでさえ節約したい今電話何度もかけまくりやがってふざけんな! テメェの悪戯でどれだけ苦しむと思ってんだ!? それにテメェの相手してやってる間も居候がまた腹を空かしてきたし! これで俺が頭を砕かれて死んだらテメェのせいだぞ!? どんな出来心か知らねぇけどよ、お前はただの悪戯で俺を[ピーーー]気が!? 電話している間の金も勿体無いし時間も勿体無い、テメェのせいで俺は苦しむばっかりじゃねぇか! いいか、次電話してきてみろ。そん時はお前のふざけた幻想ぶち殺しに行ってやるからな!!」

プツー……ツーツーツー
515 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 11:17:13.20 ID:8q.rNxs0
学校

土御門「昨日変な男が入ってきたせいで、舞花が怖がって俺の部屋に来なくなったにゃー。ムカついたからその男ボコったけど、どうしたものか」

青ピ「僕も昨日、えらい綺麗な人とおうたのに口裂けててんで? 口裂け女ってええなー思ったけど、実際見たらあかんわ……」

上条「俺も昨日変な電話かかりまくってよ。貧乏学生の上条さんはえらい迷惑を被りました」

土御門「はぁ……今日はどっか飲みにでも行くかにゃー」

上条「これ以上上条さんの財布を苦しめて何になると!?」

青ピ「まあこう言う時に使わなあかんやろ。そんじゃ残念やけど今日ばかりは補習サボりますかねー……ん? 何か音聞こえへん?」

テケテケ……

上条「気のせいだろ」

土御門「気のせいだにゃー」

テケテケ

青ピ「気のせいやな。そんじゃ行きますか」

テケテケテケテケテケテケテケ!!!!
土御門「思ったんだけど、ブリッジする女ってどうかにゃー? 自身の体の柔らかさを見せつけつつ、そのおっぱいはボインって張られるにゃー」

青ピ「おお、それええなぁ。おっぱいがこう、綺麗に張りあがって、体柔らかいと色々な事できそうやし!」

テケテケ「!?」
516 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 11:18:10.12 ID:8q.rNxs0
上条「うん? 何か鏡があるぞ。この学校にこんなのあったっけ?」

土御門「無かったはずだけどにゃー」

青ピ「あ、もしかしてこれ、あれちゃうん? ほら、鏡とじゃんけんしたら負けるってやつ」

上条「そんじゃ不幸体質の上条さんがじゃんけんしたらどうなるのかなーっと」

ジャンケンポイ!……

上条「あいこじゃねーか」

青ピ「あれやな。鏡の中のカミやんもじゃんけんで負けるし、こっちのカミやんもじゃんけんで負けるからあいこになったんとちゃいますの?」

土御門「次は俺だにゃー」

ジャンケンポン!

土御門「……負けた……だと?」

青ピ「不味いんちゃうん? 負けたら鏡に引きずり込まれるとか……」

土御門「よし、デルタフォース総力挙げて鏡を潰すぞ」

ガッシャーン!!

上条「そんじゃ飲みに行きますか……」

青ピ「いこいこー!」

土御門「今回はたっぷり飲むぜよー」



517 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 11:18:59.26 ID:8q.rNxs0
上条「っと、その前にトイレ行こうぜ」

土御門「了解」

青ピ「そういえば僕も催しててん」

ガチャ……

上条「ふー」チョロチョロチョロ

土御門「はー」ジョーー

青ピ「ほー」ジョバジョバジョバジョバ

土御門「そういえばさ」

青ピ「うん?」

土御門「トイレの花子さんって、夜にトイレ行くとあえるんじゃなかったっけ」

青ピ「危ないなぁ。僕が一人でトイレおるとき花子さん出てきたら、何してまうか分からんわ」

土御門「俺は舞花一直線だけど、確かにトイレに一人おるとき出てきたらなんでもできそうだにゃー」

上条「お前ら相変わらずあぶねー話ばっかだな」

青ピ「まあ花子さんてえらい可愛らしい子らしいわ。あー出てこーへんかなー花子さん」

土御門「お前さりげにでかくしてんじゃねーにゃー!」




花子「」ガクガクガクガク


以上で終わりです。これまた怪談じゃなくね?
518 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 12:22:09.42 ID:WLYv6B60
科学の街での怪談の扱いなんてこんなもんなんじゃね?
おもしろかった!おつおつ!
519 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 12:26:36.71 ID:tZ/.JEAO
>>514
やっぱ上条さんの説教冴えてるわ
520 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 14:24:33.71 ID:3sA1mi.0
>>514
メリーさん萌え化とはその発想はなかったわ
>>497
浜×フレもっと増えるといいなぁ
521 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 14:36:45.69 ID:mO2h2mY0
上条さんと一方さんが仲いいSS増えたけど
上条さんとステイルが仲いいSSがあっても微笑ましいと思うんだ
522 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 14:57:32.50 ID:W4felMAO
>>521
ステイルはツンデレ
これだけは覚えておいて欲しい
523 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 16:07:50.07 ID:iSwA6oDO
削板の精神コマンドって根性、ド根性、不屈、鉄壁、熱血だよね絶対
524 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 16:19:35.53 ID:o6uKGcDO
>>523
防御と回避ステータスが滅茶苦茶高そう
525 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 16:37:30.47 ID:jqTCsnY0
>>520
いまニュー速vipでメリーさんスレあるけど
526 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 16:45:13.16 ID:tZ/.JEAO
>>523
500ダメージ以下を完封、それ以上の場合は500軽減の念動防壁持ってるだろアイツ
527 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 18:09:49.19 ID:Kc8H9xko
ここの前スレにもメリーさんネタあったような。
528 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 18:20:55.05 ID:5XtJG6SO
原石ってさ、脳弄って無いから魔術使えると思うんだけどどう思う?
529 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 18:25:09.96 ID:M8ZBfqEo
身の回りの環境の影響で開発されたのと同じ状況になったらしいからたぶん無理
530 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 18:27:17.63 ID:OPAtYU6o
んじゃ削板さんがもし原石という事を知らずに魔術使ったら脳があぼーんなのか……
何これシリアス展開のネタに使えそう
531 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 18:37:21.35 ID:.e9ir.AO
削板ならその数秒後に完全復活しそうで怖い
おかげで学園都市七不思議その七に指定されてそうだ
532 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 19:02:56.34 ID:o6uKGcDO
脳あぼーん→暫くして復活、で十分シリアスが書けそうだ
今考えてる話のネタになりそう
533 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 19:16:21.97 ID:QxL6oQDO
その場合、土御門みたく魔術の副作用を削板の超能力で治したって事かな。
高レベルの肉体治癒の超能力者が魔術覚えたら無敵じゃね。
534 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 19:34:39.75 ID:VsX63kDO
普通の魔術師と変わらないような
535 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 20:02:04.68 ID:iSwA6oDO
そこは治しきれないとか理由がありそう。一方さんの反射が正常に働かないように
536 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 20:10:22.75 ID:o6uKGcDO
後遺症とか残りそう
537 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 22:00:21.92 ID:iF7DcIU0
1レスのみのネタ投下

垣根「大富豪やろうぜ!」

一方「唐突だなァオイ」

浜面「大富豪? 大貧民じゃなかったっけ?」

垣根「どっちも同じだよ」

上条「はあ、大富豪ですか…」

垣根「なんか不満があるのか?」

上条「いや、なんというか…あれってほとんどカード運じゃん」

垣根「あー…」

一方「まァ、そこは」

浜面「気合いでなんとか」

上条「気合いね…」

垣根「んじゃ始めようぜー」

――――

浜面「ほい、あがり」

垣根「また浜面が大富豪かよ!? さっきから一人勝ちじゃねーか!」

浜面「いや、何故か毎回ジョーカーと8が俺の手元に来るんだよ」

垣根「何そのチート。まさかイカサマ…!?」

一方「毎回カード配ってンのはオマエだろォが」

上条「やっぱり気合いでなんとかなるもんじゃねえなー…」←三戦連続大貧民

垣根「どうでもいいことだけど「まさかイカサマ」って回文だよな」

浜面「本当にどうでもいいな」
538 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 22:25:43.75 ID:VsX63kDO
なぜていとくんが
539 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 22:40:14.63 ID:B0DDsf20
この4人なら一番不幸度が低いのは浜面
浜面が勝つのは当然っちゃ当然
540 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 22:47:52.17 ID:iSwA6oDO
書いちゃって出来ちゃったものは投下すべきだと思ったから6レスもらいます
541 :コーヒー「……」 [sage]:2010/07/23(金) 22:48:43.42 ID:iSwA6oDO
一方(なンなンだよこの面子はよォ……)

垣根(どういう状況だこれは?)

御坂(なんでこんなことになってんのよ!?)

麦野(オイオイ、意味分かんねぇよ)

削板(これは一体なんだ。俺の頭じゃ分からん)

上条(もしかして俺は場違いなのでは?)

姫神(どうしてスルーされなかったの?)

垣根「オーケー、分かった。とりあえず俺が仕切ろう」

一方「ハァ? なに急にリーダー面してンだよ」

垣根「あ? じゃあ、てめぇにこの場が仕切れんのか?」

一方「……ケッ。勝手にしやがれ」

垣根「勝手にするさ」

麦野「はいはーい」

垣根「どうした原子崩し?」

麦野「なんとなく腹が立つんだけど、どうしたらいい?」

垣根「あー、そこに幻想殺しにでもビーム撃ってろよ」

麦野「ラジャー」

上条「えぇ!? ちょ、待てよ!」

御坂「そうよ! そんなのダメよ!」

上条「お前が言うな!」

御坂「あぅ……」

削板「これくらい我慢できないとは根性の足りない奴だな」

麦野「なぁぁんだってー?」

削板「吸血殺しを見ろ」

麦野「吸血殺し?」
542 :コーヒー「……」 [sage]:2010/07/23(金) 22:49:22.90 ID:iSwA6oDO
削板「まるで動じていない。あいつはなかなか根性があるやつだ」

姫神「」

上条「現実逃避するな姫神! 戻って来い姫神ーっ!」

垣根「ついに一人目の犠牲者が出やがったか……」

御坂「なにその死んだような言い方」

一方「なァ、仕切るなら早く仕切ってくれねェか? バカみてぇなやりとりされると、うぜェンだよ」

垣根「分かってるっての」

麦野「今、バカって言ったよなぁ第一位?」

一方「それがなにか」

麦野「バカって言った方がバカなんだよバーカ」

一方「はい反射ァ」

麦野「こんのッ……!」

垣根「うるせえぞお前ら!」

御坂「結局どっちもバカって言っちゃってるしね」

削板「落ち着きがなく根性がない奴らだ。ここは俺が根性を叩き直し――」

上条「待て待て。お前まで出て行ったら収集がつかなくなる。堪えるんだ」

削板「……分かった。根性でカバーする」

姫神「あ。あの」

垣根「よし、まずは誰もが知りたいであろう質問からだ」

姫神「あの。その」

垣根「第一位から順番に聞いていくからな」

姫神「ねぇ。その。だから」

垣根「最初の質問だ。どうしてここいる?」

姫神(スルー。これが本来の私。ふふふ……)
543 :コーヒー「……」 [sage]:2010/07/23(金) 22:49:53.44 ID:iSwA6oDO
一方「仕事って言われて来たンだよ。そしたらこンな愉快で素敵な集まりがだとは思わなかったぜ」

垣根「俺と同じか。俺も仕事があるって言われたら来てみたらこれだぜ。参ったよ。で、超電磁砲はなんでここに?」

御坂「わ、私はその……アイツがいるのを見掛けたから……」

垣根「アイツ?」

麦野「ほぉ……第三位の超電磁砲ちゃんは男にホイホイ着いていくビッチちゃんだった訳か」
御坂「変な言い方しないでもらえる!?」

一方「超電磁砲の言うとおりだ原子崩し」

麦野「なに?」

御坂「アンタ……!」

一方「そこの中学生は三下に夢中だからよォ」

上条「俺がなんだって?」

御坂「ど、どうもしてないわよ!? さ、次よ次!」

御坂(なに余計なこと言ってんのよ!?)

一方(余計なことなのか?)

御坂(空気を読みなさいよバカ!)

一方(テメェまでバカって……!)

垣根「面白えもんが見れたな。次は原子崩しか。どうせ仕事だろうから次の第七――」

麦野「待てよコラァ!」

垣根「んだよ……違うのか?」

麦野「いや、あってるけど……」

垣根「そうか。そしたら改めて第七――」

麦野「だから待てやゴルァ!!」
544 :コーヒー「……」 [sage]:2010/07/23(金) 22:50:25.29 ID:iSwA6oDO
垣根「なんだようるせーな。話が進まねえぞ」

麦野「私をスルーすんなっての!」

姫神(まだまだ甘い。ふふふ……)

上条(さっきから姫神が暗く微笑んでる……)

垣根「つまり構ってほしいって訳だな? おっしゃ、後で俺とデートすっか」

麦野「しねぇよッ! このホスト崩れが調子こいたこと言ってんじゃねェェェよ!」

垣根「……言って良いことと悪いことってのがあるぞ……」

削板「なるほど。これがツンデレというものか」

御坂「あれはツンツンね」

一方「あるいは殺ン殺ンか」

上条「ツン殺ンか殺ンツンか。新ジャンルだな」

麦野「テメェらの目測で私を『あの』……あ?」

姫神「あなたは今。沢山イジってもらった。なのにまだ望むの?」

麦野(この哀しそうな瞳が私の良心に突き刺さる……!)

姫神「……」

麦野「……分かったわよ。次の人どーぞ」

垣根「……じゃあ第七位……」

削板「声が小さいぞ未元物質! 根性を出せ根性を!」

御坂「ちょっとは察してあげなさいよ……」

上条「鈍いやつだな全く」

御坂姫神「お前が言うな!」

上条「お、おう……?」

一方「いいからさっさと進めろっつンだよ」
545 :コーヒー「……」 [sage]:2010/07/23(金) 22:50:56.22 ID:iSwA6oDO
削板「俺はズバリたまたまだ!」

麦野「玉々か」

御坂「……イントネーションをおかしくしたのはワザと……?」

一方「たまたまで来ンじゃねェ」

削板「どこかで見たことあるような顔ぶれだったから挨拶をしようと思ってな」

上条「しっかしよく6人の中に入ったな」

削板「根性だ」

垣根「最初、第一位に幻想殺しらが近付いて次に超電磁砲が絡んでいって、そこに原子崩しと俺が来たわけだ。それを見てよく挨拶しようと思ったな」

削板「挨拶は基本だろ。俺としては幻想殺しと吸血殺しが一方通行に絡んでたのが分からん」

上条「まぁ色々ご縁がありまして」

姫神「私はただのお供だけど」

御坂「そ、そういえばどうして二人が一緒にいるの?」

上条「どうしてって、外でたまたま会ったからどこか行くかーってな」

姫神「うん。デートしてたの」

御坂「デデデデデート!!??」

上条「デートなのか!? そうか、あれがデートなのか!」

麦野「なんかズレてない?」

削板「デートについては全く分からない……」

一方「……」

垣根「ダメだこの面子……。えっと、最後に幻想殺しと吸血殺しはなんでここに?」
546 :コーヒー「……」 [sage]:2010/07/23(金) 22:51:39.52 ID:iSwA6oDO
上条「さっきも説明されたけど、一方通行が見えたからちょっと挨拶をな。そしたら御坂が来てな……」

御坂「なんでそこで肩を落とすのよ」

上条「だって、なぁ?」

一方「俺に振ンな」

麦野「ねぇ、幻想殺し」

上条「ん?」

麦野「そんな小娘達より私とデートしない?」

御坂「へっ!?」

姫神「なんと」

上条「マジっすか!? あ、いやでも今は姫神とデート中だし……すまん! また今度誘ってくれ!」

麦野「なっ!?」

垣根「やーいやーい」

麦野「……テメェの未元物質もぐぞ」

垣根「」

御坂「アンタ誘われたらホイホイ着いてくの!?」

上条「そ、そりゃあご縁があったら……」

御坂「じゃあ私も……!」

上条「だから今は姫神がいるから無理だって」

御坂「あーもうっ! アンタももげろ!」

上条「ひぃっ!?」

削板「あれってもげんのか?」

一方「知らねェよ。でェ、吸血殺しは三下のお供でいいンだな?」

姫神「うん。それで最初にスルーされてからずっと言いたいことがあるんだけど」

一方「あン?」

姫神「あなたのコーヒー一杯で7人もファミレスに居座るのはどうかと思う」

コーヒー「……」
547 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 22:52:28.40 ID:iSwA6oDO
終わり
最初は7人を同じ部屋に閉じこめたら?って設定で書いてたけど収集がつかなくなりそうで路線変更して短編なった。だからオチがやっつけに……
548 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 23:13:23.58 ID:gnnPYQAO
>>547
乙。姫神をいれるあたりにセンスを感じる
549 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/23(金) 23:14:05.75 ID:kp1KPoAO
ワロタwwwwww
ファミレスかよwwwwww
550 :吸血殺し+ オタメシバン? [saga]:2010/07/23(金) 23:18:05.81 ID:.e9ir.AO
小ネタスレで言った姫神さんによる新感覚日本刀つっこみアクションを書いてみたかったが、特にアクション性は無かった



姫神「あなたは。誰?」

?「うぉれは吸血鬼。名前はまだねえ……」

姫神「名前が。無いの? 可哀想……(あなたにも。個性が無いのね……)」

吸血鬼「うォれの名前なンざァおやっさァァァン! で構わねエぜエエエ!」

姫神(喋り方が。個性的……!)ガーン!

吸血鬼「うぉれは給食の揚げパンが大っ嫌いだああああああ! ところで、うぉまえ誰だあ!?」

姫神「私の名前は。姫神秋沙」

吸血鬼「関係ねえよ!! カァンケイねエんだよォォォ!! うぉまえの名前なんザよォォォ!!」

姫神「聞けや。アホ吸血鬼」

ザシュッ!

吸血鬼「リムドーラああああああァァァ……」ザアアアアアア…

姫神「……はっ。何故私はこんな物を。魔法使いなのに!」ギラリ

姫神「親指が切れてる。じゃあ。柄から垂れてるこの血は……!」

吸血鬼「リカアアアム!」フッカアアツ!

姫神「よみ、がえった……何故? 私の血は。吸血鬼を殺してしまうのに……」

吸血鬼「うぉれは肉いあん畜生以外には殺せや死ねえぜえええ! 嗚呼、麗しいお嬢さん。私にその血を味あわせて(ズシャッズバッ)ブフラオン!」カチコチカチコチ…

姫神「いきなり。まともに喋るな。気持ち悪い」チャキッ

吸血鬼「ボットラアアアアアア!」フッカアアツ!

姫神「もうやだ。この吸血鬼」



吸血鬼「終わりかあああ! うぉまえ月曜日かあああ!?」
551 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/23(金) 23:46:13.75 ID:W4felMAO
やべぇ
ネタが濃厚すぎて感想書くことすら出来ねぇ
552 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 02:03:40.41 ID:B3LTFASO
おかしい
相思相愛の電磁通行書きたくなったんだが、原作設定じゃ無理とオリ設定で幼少時から同じ寮に住んでる事にしたんだよ

そのまま話を書いてたら次は学校の設定に躓いたんだ
んで、またオリ設定で新しい学校作って一方さんを生徒会所属にしちゃったんだ

で、気付いたら寮メンバーや学校メンバーが酷い事になってた
寮メンバーに垣根、麦野、滝壺、絹旗、土御門義兄妹
生徒会は垣根、一方通行、フレンダ、固法、滝壺、姫神、風斬

いよいよ自分でもこうなった理由付けが必要だと思い
携帯に各々の設定とか書き溜めてたんだ
今、本編1800文字程度なんだ
設定を纏めたヤツが2000字越えた
ただ電磁通行書きたかっただけなのに何故こうなったorz
やっぱオリ設定なんか煮詰めるもんじゃないな
553 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 02:12:29.91 ID:FRB6WR6o
オリ設定は世界観の再構築も必要だからな
とりあえずプロットを書いてみたらどうだ
書かなきゃ話も進まない

上条さんが禁書ではなく打ち止めを助けた話を書いてたら2万字越えてもまだ序盤〜中盤とかもうね
短くまとめられる人が羨ましい
554 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 02:35:38.90 ID:dwAaf7oo
あんましオリ設定入れすぎると禁書でやる意味なくなるんじゃないか?
555 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 03:03:04.62 ID:MrP26/.0
浜面×アイテムのハーレムとか見たいです
下っ端でこき使ってるけど皆内心はまづらーが可愛くて仕方ないってやつ
意外と少ないのな
556 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 04:23:07.01 ID:GKT.d9k0
なければ書けばいいじゃない
浜面×アイテムとか激しく俺得
557 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/24(土) 07:58:22.41 ID:zXjnlEDO
浜面ハーレムじゃないけど、なんやかんやで浜面が気になっちゃうアイテム達を書いてみた。2レスもらいます
558 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 08:00:03.98 ID:zXjnlEDO
麦野「おはよー……」

滝壺「おはよう、むぎの。コーヒー飲む?」

麦野「あー、お願い」

滝壺「ちょっと待っててね」

麦野「他のやつらは?」

滝壺「きぬはたとフレンダは昨日の仕事の事後処理、はまづらま……はい、コーヒー」

麦野「どうも。で、浜面のバカがどうしたって?」

滝壺「……頭冷やしてくるって言って朝早く出て行っちゃった……。携帯も置いていってる……」

麦野「あれだけのヘマしたんだ。引きずって当然か」

滝壺「きぬはたのフォローが入らなかったら危なかった」

麦野「私の心配なんかして持ち場を離れるから悪いんだよ」

滝壺「フレンダも凄く怒ってた……」

麦野「そりゃそうでしょ」

滝壺「でも、はまづらもはまづらなりに精一杯頑張ったんだと思う……」

麦野「……ハッ、レベル0の無能力者のくせにレベル5の心配か? ヒーロー気取りかよあのバカは。……さてと」

滝壺「ん? どこか行くの?」

麦野「朝ご飯よ。そのあと、適当にブラブラするから浜面帰ってきたら一応連絡頂戴」

滝壺「……。むぎのもはまづら見付けたら連絡頂戴」

麦野「あいつなんか探さねーっつーの。まぁ見付けたらオシオキカクテイネ」
559 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 08:01:34.39 ID:zXjnlEDO
フレ「むきーっ! 今思い出しても腹立つーっ!」

絹旗「私も超同感ですが、口じゃなく手を動かして下さい手を」

フレ「手じゃなくて足も動かしてるよ!」

絹旗「地団駄踏んでるだけじゃないですか。超手を動かして下さい」

フレ「はいはい。絹旗はさー、浜面を怒ってない訳?」

絹旗「そりゃ超怒ってますよ。私のフォローが遅かったら皆危なかったですから」

フレ「私らはプロなんだから下っ端は持ち場で黙ってろつの。結局、あいつはただのバカって訳よ」

絹旗「バカは超気楽でいいです。私もバカになれるなら超なりたいものですね」

フレ「! ……にっひっひ」

絹旗「……超どうかしたんですか?」

フレ「これが終わったら浜面を懲らしめに行こうよ!」

絹旗「懲らしめに? 昨日、超こってり絞り上げたじゃないですか」

フレ「あれはアイテムとして。今日は私ら個人的に。我ながら名案だと思う訳よ」

絹旗「なるほど、超名案ですね。ではさっさと終わらせましょう」

フレ「合点承知って訳よ!」
560 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 08:02:53.20 ID:zXjnlEDO
終わりです。浜面さんは誰に会っても怒られるある意味バッドエンドです
561 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 08:15:34.87 ID:ISrEt8I0

滝壺は怒りそうにないと思ったけど、一番気にかけてるだろうから怒りそうだな
562 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 08:21:11.31 ID:GKT.d9k0
乙乙!
涙目の浜面さんを想像してニヤニヤした
563 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 09:09:18.20 ID:/s1.Wtk0
滝壺はあまり怒らない分、怒らせるとものすごく怖そうだ
564 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 09:14:57.21 ID:.RDHEcDO
浜滝のいちゃいちゃSSが書きたくなったじゃないか
565 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 10:02:29.64 ID:l5EJOqw0
滝壺は普段拠り所になってる分、怒って口きかなくなるだけで結構堪えそうだ
566 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 10:30:33.83 ID:G59WPDMo
「いいのか?彼氏ほっといて」

滝壺「いいの。はまづらが、悪いから」

「おおっ、理后ちゃんこえー。彼氏いるのにこんな風に喘いじゃって」

滝壺「んんっ、もう、はまづらのことは、言わないで」

「はいはい、そろそろやりますかね。んじゃほら、いつものやってみろよ」

滝壺「ぅんっ、んっぅ、おねが、い……して」

「ダメだな、きちんとおねだりしないと。できないなら、満足できない彼氏にやってもらうんだなー」

滝壺「わかっ、た。かっかみじょーの、これを、わたしに、ちょうだい」

かみじょー「うはっ、理后可愛すぎ、その上目遣いとか、もろやばいな。ほら、ほしがってたものくれてやるよ」

滝壺「んぅっっく、あっ、はいって、くる」


喧嘩して寝取られる。ここまで妄想した。
567 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 10:36:55.70 ID:Qry5K2Mo
ぶっこぉすぞ
568 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 10:43:19.66 ID:zXjnlEDO
>>558-559の続きで浜滝書いてるんでしばしお待ちを
569 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 10:44:51.36 ID:G59WPDMo
かみじょー「ばれたらばれたで、ぶっこぉすぞとか言って、殴りにかかってきそうだし」

滝壺「大丈夫、そんなかみじょーをまもってあげる」

かみじょー「いいよ、上条さんは、そういうことには馴れてるんでせう」

滝壺「そう」

かみじょー「なぁ、理后は、俺のこと好きなのか?」

滝壺「好きじゃない」

かみじょー「ですよねー。まぁあいつもお前のこと必死に思ってはいるけど、奥手過ぎるからな」

滝壺「うん、はまづらは、もっとマニアックになるべき」

かみじょー「いやいや、理后がマゾなんて誰も分かるかっての。こんなに抓りあげられて気持ちがいいのか?」

滝壺「んんんくっぅ、気持ちが、いい」

かみじょー「訂正だな。あいつが奥手じゃなくて、理后ちゃんのほうが積極的って言うか、まにあっくすぎるんでせう」

滝壺「んはぅっ、んんっ、っそう?」

かみじょー「どこの世界に、進んで彼女の乳首捻り上げる異常性癖の持ち主がいるんだよ。はーい、反対側も抓りあげますよー」

滝壺「あぅっ、つつっつ、じんじん、すっる」
570 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 10:47:54.44 ID:IEuqBuQ0
>>566
チンピラ風マッサージエステ新装開店。
被虐的快感をあなたに。
入ってるんじゃないかと思えるほどの指圧、黄金の右手が癒します。
期待の天才マッサージ師白髪赤目入りました。
まで妄想した。
571 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/24(土) 11:45:50.23 ID:zXjnlEDO
>>558-559の続き書いてきました。4レスもらいます
572 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 11:47:10.15 ID:zXjnlEDO
――あれからなんやかんやで時間が過ぎ――

浜面「た、ただまいまー……」

滝壺「はまづら!」ダキッ

浜面「うおっ!?」

滝壺「はまづら、はまづら」グリグリ

浜面「ど、どうしたんだよ? つか一旦離れてもらえるとありがたい……」

滝壺「誰もいないから大丈夫」

浜面「そういう問題じゃなくて! は、恥ずかしいだろ……」

滝壺「これは罰。はまづらを辱める」

浜面「字がおかしい字が! いやおかしくないか? どっちでもいいから少し離れてくれ!」
滝壺「……分かった」

浜面「ほっ」

滝壺「携帯も置いていってどこに行ってたの?」

浜面「どこって、頭冷やしてくるって書き置きしておいただろ? 携帯忘れたのは悪かったけどよ……」

滝壺「それは分かってる。私が聞きたいのは場所について」

浜面「気の向くままそこら辺をブラブラと……」

滝壺「嘘」

浜面「えっ?」

滝壺「さっき抱き付いた時、はまづらから香水とタバコの匂いがした」

浜面「あ、いや、これは……!」

滝壺「大丈夫、怒らないからはまづらは正直に答えて?」

浜面(これは絶対怒るフラグ! ってかもう怒ってる!?)

滝壺「はーまーづーら?」ツン

浜面「分かった答える! 答えるから鳩尾に指を立てないでぇ!」

滝壺「それじゃあ教えて」
573 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 11:48:09.44 ID:zXjnlEDO
浜面「ブラブラしてたのは本当なんだ。そしたらスキルアウト時代の知り合いに会って飯をご馳走になってたんだよ」

滝壺「女の人の家だよね?」

浜面「ま、まぁ、そうなるな」
滝壺「……」

浜面「なんもない! なんもなかったから! ちょっと慰めてただけだから!」

滝壺「……ごめんね」

浜面「へっ? いや、謝るのはヘマした俺の方だろ?」

滝壺「昨日は皆、言い過ぎた。皆、いなくなったはまづらを気にかけてたよ」

浜面「俺を? は、はは、それはありがたい話だな」

滝壺「本当のことだよ? むぎのは朝早くからはまづらを探しに行ったし」

浜面「麦野が? 一番怒ってたのアイツじゃねーか……」

滝壺「それはアイテムとして。むぎの自身ははまづらを心配してたよ」

浜面「へ、へぇそうなのか」

滝壺「オシオキカクテイらしいけど」

浜面「やっぱり怒ってるだろアイツ……」

滝壺「愛の鞭だよ、はまづら」

浜面「鞭ならどんなにいいか……」

滝壺「え? 鞭がいいの? ……」

浜面「なんか絶対勘違いしてるぞお前!?」

浜面(だが少し待ってほしい。普段大人しい滝壺が鞭を持ったらどうだろうか? 麦野に鞭。これは似合い過ぎて逆に何も感じない。では滝壺だと? ギャップ。この一言で全てを語ることが出来る。天然の入った滝壺のことだ。きっと少し違った攻め方をするに違いない。ふむ、実に興味深い)

滝壺「はまづら」

浜面「ど、どうした?」

滝壺「鼻血ぼったぼっただよ?」

浜面「あ、」
574 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 11:48:55.14 ID:zXjnlEDO
――――

滝壺「血、止まった?」

浜面「なんとかな」

滝壺「……鞭はないけどタオルなら……」

浜面「その話題はもうなしでお願いします。麦野は分かったけど絹旗とフレンダはどうしてるんだ?」

滝壺「あの二人なら事後処理の後にはまづらを懲らしめるって言ってたよ」

浜面「まだ物足りないのかよ……」

滝壺「ううん、それは違うよ」

浜面「そうかぁ?」

滝壺「映画と鯖缶専門店に連れまわす気だったみたい」

浜面「それはそれでまた色々疲れそうだな……」

滝壺「あの二人なりにはまづらを元気付けようとしてるんだよ」

浜面「そっか。あー、ほんと情けない男だな俺は……」

滝壺「はま、づら?」

浜面「俺のヘマで皆を危険に晒してこっぴどく怒られてウジウジしてたら今度は気を使わせちまったしさ。ほんと情けないよ……」

滝壺「大丈夫、大丈夫だよはまづら」

浜面「そうかな……」

滝壺「むぎのもきぬはたもフレンダ、もちろん私もはまづらのことが大好きなんだよ?」

浜面「お、俺を? こんな奴をか?」

滝壺「うん。皆の可愛いはまづら」ナデナデ

浜面「ペットかよ俺は!? ええい、撫でるな!」

滝壺「あぅ……」
575 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 11:49:39.11 ID:zXjnlEDO
浜面「どうしてそんなに悲しそうな目をしてるんだよ……」

滝壺「はまづらを辱める罰はまだ終わってない」

浜面「だから字が……あー分かったよ! さぁ、好きなだけ撫でろ! 湯気が出るまで撫でるがいい!」

滝壺「それじゃあ」ナデナデ

浜面「……。なぁ滝壺?」

滝壺「ん?」

浜面「頭を抱きながら撫でる必要ってあるか?」

滝壺「撫でやすいからこれがいい」

浜面「そ、そうか」

浜面(胸が、胸がいい位置にあるんだよぉぉぉ!! そしてなんだよこの女の子特有のいい匂いは!? 俺の拳銃が暴発しちまうぞ!!)

――ガチャ

麦野「ったく。あのバカはどこをほっつき……っ!?」

滝壺「あ、むぎの。お帰りなさい」

浜面「よ、よぉ」

絹旗「全く浜面は超どこに……え?」

フレ「どうしたの絹旗? ぎょっ!?」

滝壺「あ、きぬはたもフレンダもお帰りなさい」

麦野「ねぇわ。マジでありえねぇ」

絹旗「滝壺さんには悪いですがこれは超黙ってはいられませんね」

フレ「さすがにこれちょっと……結局、私も黙っちゃいられないって訳よ」

滝壺「私はもう済んだから次はむぎの達の番だね」

浜面「やめてぇ! 見捨てないで! ア、アッー!!」
576 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 11:51:04.12 ID:zXjnlEDO
終わり。滝壺は浜面さんをあやすのが上手いと思うんです
577 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 12:02:12.50 ID:Gvfr5dEo
何ていうか皆がほのぼのしててよかった 
最後のアッーェ……
578 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 12:03:07.62 ID:.RDHEcDO
超乙!
浜滝かわいすぎて禿げた
579 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 12:17:28.05 ID:ISrEt8I0
乙!
ギャップっていいよね。ドSな滝壺もさることながら、ドMな麦のんとか・・・
580 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス) [sage]:2010/07/24(土) 12:24:00.36 ID:IEuqBuQ0
看板「チンピラ風マッサージエステリニューアル!
   被虐的快感をあなたに。誠心誠意なじります。
   入ってるんじゃないかと思えるほどの指圧、黄金の右手が癒します。
   期待の天才マッサージ師白髪赤目入りました!」


白髪赤目「三下に誘われて働きだしたのはいィが、当の三下本人が暴走してやりすぎで捕まっちまったァ……俺がこの店を支えるしかねェか……」

・・・

白髪赤目「オラオラァ、愉快に素敵にケツ振りやがってェ、誘ってンのかァ?(適当にベクトル操作して……)

ミサカ10033号「ひぎぃぃぃぃっ、良いですぅっ!」

白髪赤目「(ピッ)はァい、ここまでー。ありあとっしたー」

ミサカ10033号「あふぅ……また一時間後来ますぅ……」

・・・

白髪赤目「あはぎゃはっ!無様なローアングルのサービスをさらしてくれてアリガトウ!!お礼にあの世に逝かせてやンよォッ!(適当に以下略」

ミサカ20000号「うっひょおおおwwんぎもっちいいいいww」

白髪赤目「(ピッ)はァい、ここまでー。ありあとっしたー」

ミサカ20000号「ふひぃ……また一時間後来ますぅ……」

・・・

白髪赤目「気のせいか、同じヤツばっか来てる気がする……まァ稼げりゃいいか」

ホスト天使「おい第一位、休憩はまだかよ?」

白髪赤目「うるせェぞ格下、いま人手が足りてねェンだ。泣き言言ってねェでお得意のダークマターオイル出しやがれ」

ホスト天使「チッ、わかったよ」

白髪赤目「向かいにある乳臭ェライバル店には電気マッサージや催眠療法を取り入れたらしいが負けるつもりはねェ……」

白髪赤目「掴むぜ、戦おうという意志さえ奪うほどの絶対的なリラクゼーション……!」
581 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス) [sage]:2010/07/24(土) 12:24:35.54 ID:IEuqBuQ0
ここまで妄想が膨らんだ。
582 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 12:37:58.96 ID:up6FBcAO
超電磁按摩(ビリビリマッサージ)
脂肪崩し(セルライトダウナー)
こうですか
583 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 13:02:11.42 ID:h1nLq2AO
心理恍惚(メンタルヘルス)
 
「根性体操」(ビ○ーズブートキャンプ)
 
あと思い付かん…
584 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 13:15:20.91 ID:90myIl.o
10033号と20000号じじゅうしろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
585 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/24(土) 13:25:06.65 ID:e9yGaAAO
>>581
大変良い妄想をしてらっしゃる
586 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 13:37:35.37 ID:fPZocEDO
もちろん白髪赤目の専門はリフレクソロジー(反射学)
587 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 13:41:03.17 ID:JBdlT9.o
贅肉殺し(メタボブレイカー)
体型掌握(スタイルアウト)
体重不明(ヘルスメーターストップ)
588 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 14:30:53.43 ID:fPZocEDO
>>587
その贅肉をぶち[ピーーー]
589 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 14:40:11.43 ID:zXjnlEDO
何故だか白髪灼眼にするとシャナしか思い出せない
590 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/24(土) 14:55:12.76 ID:mA9O212o
書くのか?書くんだよな?書いてくださいお願いします書けよおおおお
591 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/24(土) 15:08:38.29 ID:UjhfHuM0
>>478を見て何かが目覚めたかもしれない。

ということで二レス程投下。
後悔はしないと思う。



タイトルは『とある魔術の左方殺し』
592 :とある魔術の左方殺し [sage saga]:2010/07/24(土) 15:09:26.54 ID:UjhfHuM0
テッ/ラ「ですからねー、貴方の存在感の薄さは仕方ないことなんですねー?」

■■「そんなことは。ない。努力すれば。夢はいつか叶う」

テッ/ラ「人の夢と書いて儚いと詠むらしいですねー。私達外国人にとっては漢字は意味不明なんですけどもー」

■■「しかし。本当に。わからない」

テッ/ラ「わかってないのは貴方ですねー」

■■「こんなにも美少女で。胸もそこそこあって。巫女服で。家事もできる。人気がないわけがない」

テッ/ラ「まぁメインが一巻分しかないですしねー」

■■「あなたも。同じ。でもなんであなたは。ネタにされるの」

テッ/ラ「インパクト強かったですからねー。個人的には一回死んで蘇った貴方の方が凄いんですけどねー


■■「わからない」

テッ/ラ「まぁわかる気がするんですよ。
     顔は御坂条に負けてますし、胸は吹寄嬢に、巫女服は安全ピン修道服に負けてますし、家事は五和さんに負けてますしねー。
     結局、地味というわけですねー」

■■「そこまで言われると。つらい」

テッ/ラ「イギリス清教の庇護下に入ってるのも原因だと推測しますねー」

■■「なん……だと……?」

テッ/ラ「まぁ一つ魔法をかけますかねー……――優先する。周囲の存在を下位へ、姫神嬢の存在を上位へ」

■■「今なら。なにかできそうな気がしてきた。行ってくる」
593 :とある魔術の左方殺し [sage saga]:2010/07/24(土) 15:10:24.13 ID:UjhfHuM0

――学校――

喧騒に包まれた教室の扉が、音を立てて開く。そこには、美しい顔立ちをした大和撫子風美女の姿が。
通常、扉の音は喧騒に掻き消され、いつの間にか自分の席に着くのだが、今日は違った。
一瞬、静寂。彼女の美しさが、喧騒を呑み込んだ。普段なら空気な彼女も、改めてみると美しいのだ。

青ピ「おお! 姫神ちゃんが何時もより輝いて見えるッッッ!!」

土御門「おお、舞花の次ぐらいにかわいいにゃー!!」

姫神「……フフッ」

人々が、姫神を取り囲み、色々と聞く。人の中心に初めて立った姫神は、若干恍惚な表情を浮かべていた。
しかし、閉まったはずの扉が再び開く。入ってきたのは、黒いツンツン頭の少年。
その生徒の右腕が、姫神の肩に置かれた。

上条ェ「おはよう!」

瞬間、その幻想は粉々に殺された。
姫神から離れていく生徒達。あとには、姫神と上条が立っていた。

■■「君の右手は。危険」

少し涙を流した姫神を見た吹寄が、「また貴様はーー!!」とか言いながら上条のデコに頭突きを喰らわせたのは、言うまでもない。



テッ/ラ「やっぱり幻想(ゆめ)は儚いですねー」
594 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 15:15:29.95 ID:zXjnlEDO
舞夏なんだなー。兄貴は春で私は夏なんだぞー
595 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 15:31:19.42 ID:SL9ZnvIo
上条さんェ……
596 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 15:31:27.00 ID:zXjnlEDO
小ネタ1レス
『白髪灼眼のあくせられーたたん』

上条「なぁ一方通行」

一方たん「なンだよ、さんしたァ?」

上条「いい加減頭の上で缶コーヒー飲むのやめてくれないか?」

一方たん「うっせェ! うっせェ! うっせェ! さんしたは黙って俺の言うことを聞いてればいいンだよ!」カツカツカツ

上条「はいはい。分かったから缶コーヒーで叩かないでくれ」

一方たん「そォだ。それでこそさんしただァ」

上条「ところでその缶コーヒーどこから出してるんだ?」

一方たん「ベクトルを云々」

上条「へぇ。さすが第一位だな」

一方たん「ったりめェだァ」

――――

木原「あぁ、今日もいいぞ一方通行。おふぅ」
597 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 16:50:00.14 ID:90myIl.o
インデックスたん涙目
598 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス)2 [sage]:2010/07/24(土) 17:05:30.09 ID:IEuqBuQ0
ライバル店「ビューティーフラワー」

超電磁按摩「このぉっ!」ビリビリビリビリ

黒子「みぎゃああああああ黒子の黒子が黒子なんですのおおおおおおっ!」

超電磁按摩「はい、お疲れ様でしたー」

黒子「ほわぁ……また一時間後来ますわぁ……」

・・・

超電磁按摩「ふぅ……」パタン

脂肪崩し「お疲れ、でも加減しないとやりすぎって苦情が出るわよ」

超電磁按摩「黒子だからいいのよ」

超電磁按摩「はぁ……(アイツがいるって聞いたから入ったのに向かいの店と勘違いしただなんて……)」

心理恍惚「ふふ、この調子なら週間売り上げは私の勝ちね」

超電磁按摩「ムカッ、何よ、あんたの客なんてリピーターばっかじゃない。操ってるんじゃないかしら」

心理恍惚「ぎくり、そ、そんなことは」

空気返上「ふう。なんのはなし?」パタン

心理恍惚「!週間売り上げ第二位の空気返上、まるで呼び寄せるかのごとし集客率、しかして術後に残るは灰ばかりという謎の療法……」

保温香花「皆さんお疲れ様ですー。」パタン

脂肪崩し「ゲ、ゲェーーッ!毎週売り上げ第一位の保温香花!花を使ったアロマテラピーとホットストーンの合わせ技、
他にも芳香浴、薬草マッサージや薬草蒸し風呂と施術は多岐に渡る……要チェックやでぇ!」ゴクリ

超電磁按摩「なんだかんだで知り合いもいるしいっかぁ……」



599 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス)2 [sage]:2010/07/24(土) 17:06:23.68 ID:IEuqBuQ0
書けと言われたから書いた
妄想が周りを取り込み成長した
姫神はテッ/ラによりまた上位に優先されました

感想を妄想が取り込んだらまた書く
600 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 18:04:52.19 ID:9DtyccDO
乙乙

御坂のとこにはエツァリも通ってそうだなwwww
601 :もしもシリーズ [sage]:2010/07/24(土) 19:32:40.11 ID:jTroLgAO
投下しま〜す

もしも姫神の能力が進化したら


姫神「突然だけど。能力が進化した。」

上条「進化?レベルが上がったってことか?」

姫神「大体。あってる。吸血殺しから。吸血操作になった。」

上条「吸血操作?それってどんな能力なんだ?」

姫神「それは」


チン「ようようおねーちゃん!」

ピー「そんな男ほっといて!」

ラー「俺らと楽しいことしようぜぇ!」

上条「ちっ、スキルアウトか。姫神、俺が隙を作るからその内に逃げるんだ!」

姫神「待って。ここは任せて。」

上条「任せてって、ん?辺りが急に暗く……」

チン「てめぇ何しやがった!」

ピー「構うこたねぇ!やっちまえ!」

上条「来るぞ姫神!」

姫神「出てきて」


姫神が手を振りかざすと、彼女の周りに影が出来るほどの蝙蝠が集まった。
その影は段々と実体を帯び、やがて人山を造った。



チン「うわ、ななななんだこいつら!?」

ラー「く、来るな来るなぁ!」


一斉に発砲するスキルアウト。その銃弾は肉を削ぎ、骨を砕いていく。
だが撃たれたモノは気にもせず、口を開けた。
602 :もしもシリーズ [sage]:2010/07/24(土) 19:34:16.14 ID:jTroLgAO
赤コート「命令を寄越せ」

姫神「おーだーいず。おんりーわん。さーち。あんど。ですとろい。」

赤コート「認識したぞ。My master。では教育してやろう。豚のような悲鳴をあげろ!」ニタァ

デモンクレイドル!
マッパハンチ!
クライツクセ!

チン・ピー・ラー「「「ギャァァァァァァ!!!」」」


上条「あのー、姫神さん?あの方たちは?」

姫神「私の能力。吸血鬼を。操れるようになった。」

上条「あのー、姫神さん?スキルアウト達が干からびてますが」

姫神「これでもう。空気なんて。呼ばれない。」

上条「……とりあえず各方面から苦情が出ちゃいますので、その能力そげぶで」






姫神の能力は応用できてもいいと思うんだ。そしたら戦いにも参加できるし。
603 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/24(土) 20:22:44.79 ID:e9yGaAAO
乙!赤コートさんはデミトリか?モリガン達もいたら賑やかそうだなwwww

>>599
向かいの女子店メンバー揃ってんなあwwww

ところで>>591、またガチネタ来たかと思って身構えちまったじゃねーかwwww
姫神は総合のSSでよく他キャラにサポート受けるよなww昔アウレオルスとも組んでたwwww
604 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 20:32:50.79 ID:98G2P6AO
一瞬姫神がDMCのネヴァンになったかと
605 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 20:45:40.76 ID:br.2ufAo
 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ   /  ̄ ̄ ̄\
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,/  フ     \
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦|  化リ 踊 踊  |
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_−ヾミ{_        ト\、!|  物.| .れ れ  !
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'|  共ク       |
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !   |    ス        !
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|   \        /
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!     >    <
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ   /       \
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !  /             !
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i   |  私 こ 見 地  |
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉‐'|  に の せ 獄  !
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"   YヽL|       ろ .を  !
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´i_,r ‐ ┼ ゙i\              !
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐' 〈r'   ヽ,-'‐ \       /
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/   ヽ_,   ノ!i\  ノノヽ___/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、  </   ソ  ゙ _,| |
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ!     /  , └┐i!
    ヽミ_-' / ノ\   \      |    |!  、ヾッ, | ||
     ヽ  ̄ ´  \   \.    ト、   "  \_`'、||
606 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 21:04:17.00 ID:zXjnlEDO
上条さんてインデックスと出会う前も科学側のいざこざに巻き込まれてたのかな?
インデックスと出会う前の上条さんにアレイスターがどの程度プランの比重を置いてたかによって違うんだろうけど
そう考えると偽善使いの運のない少年、どちらかと言えば不良で割と平和に過ごしてたのかもな


中学生の時とか高一の時とかのオリスト考えてみようかなぁ。某スレで中学生の上条さんの話やってるけど、その人は掛け持ちしてて全然投下ないし…
607 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 21:06:38.12 ID:bCknpkSO
チン、ピー、ラー、でスターオーシャンを思い出したのは俺だけでいい
608 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス)3 [sage]:2010/07/24(土) 21:06:56.29 ID:IEuqBuQ0
・・・

白髪赤目「……おーおー、おしゃぶり上手なツラになりやがって、もっとアヘ顔晒しやがれェ!(適当以下略」

ミサカ20000号「んほおおおっwwセロリたんの指がミサカのこっから先は一方通行だあああっww侵入しちゃらめえぇww」

白髪赤目「(ピッ)はァい、ここまでー。ありあとっしたー」

ミサカ20000号「ぬふぅ……また一時間後来ますぅ……」

・・・

白髪赤目「チィッ、新規会員は増えつつあるがリピーターが伸び悩んでやがるっ……」

白髪赤目「向かいのライバル店にはリピーターがかなりいるらしい……大体なんで学園都市には精神系能力者が女しかいねェンだ?」

ホスト天使「バカッお前、消されるぞ!?」

白髪赤目「クソ……新しい風を吹き入れるか……」

・・・

面接

ホスト天使「えー、当店の理念通りに働く意思はありますか?」

根性体操「こ、根性でなんとかしますっ!」

ホスト天使「(ダメだなこれは……)わかりました、後日連絡を」

白髪赤目「……採用だァ」

ホスト天使「っ!?バカな、ウチの売りはなじり&攻めだぞ?こんな根性馬鹿じゃこの先」

白髪赤目「そのかわり、客の望みは何が何でもその根性で達成させろォ」

根性体操「お、♂、じゃなかった押忍っ!」

ホスト天使「そ、そうか、客がバテてもなお一貫した根性地獄、それはある意味健康的なSMとも言えるっ……さすが第一位、そこに痺れる(以下略」

白髪赤目「次は……偏光体型ィ?馬鹿野郎、ウチは確実な結果を残してンだ、その場限りの一時しのぎじゃ話になンねェよ……大体なんで学園都市にはろくな男の能力者が少ねェンだ?」

ホスト天使「バカッお前、消されるぞ!?」

白髪赤目「ちっ……数だけは多いスキルアウトを採用するかァ……これも世の為人の為ってなァ」

白髪赤目「この店を大きくするためなら、善人でも悪人でも雇ってやる」


609 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス)3 [sage]:2010/07/24(土) 21:08:48.98 ID:IEuqBuQ0
禁書&電磁の能力者男キャラの稀少性に泣いた
妄想が独自に形を成していく
感想なくても多分書く
610 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 21:18:55.97 ID:a41jC/sP
海原(本物)は性格よく分からんし、使えるレベルの男能力者は確かに少ないな…
611 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 21:19:59.12 ID:SL9ZnvIo
マッパハンチ吹いた
612 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 22:01:35.69 ID:sLvt5awo
百合子SSもっと増えないかな…
一通×百合子でも、一通=百合子でも、百合子×一通でもいいから誰か文才皆無の俺に代わって書いてくれないかな
613 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス)4 [sage]:2010/07/24(土) 22:38:22.37 ID:IEuqBuQ0
ライバル店「ビューティーフラワー」

超電磁按摩「おらあああっ」ビリビリビリビリ

海原(偽)「ぬわーーっっ!!トチトリショチトルテクパトルううう!!」

超電磁按摩「はい、お疲れ様でしたー」

海原(偽)「ふ、ふふ……また一時間後来ますね……」

超電磁按摩「ふぅ……」パタン

保温香花「お疲れ様です」

超電磁按摩「あら、今は休憩なの?いつも引く手木原なのに」

保温香花「いえ、また佐天さんが来たんですけど、私のスカートをめくろうとしたので薬草蒸し風呂に閉じ込めてます」プンプン

超電磁按摩「そ、そう……ほどほどにしなさいよ、黒子ほど丈夫じゃないから」

バタン

脂肪崩し「あー、またやっちまったぁ……」

空気返上「今日も。また一人」

超電磁按摩「二人ともお疲れ、どうしたの?」

脂肪崩し「いや、セルライトだけ除去しようとしたんだけど加減間違えてふっ飛ばしちゃった」ポリポリ

超電磁按摩「あんたこそやりすぎてんじゃない!それでどうなったの?」

脂肪崩し「心理恍惚ちゃんが事後処理に回ってるわ。あー、また透視体内にお説教くらっちゃうなぁ」

空気返上「証拠を残すなんて。まだまだ甘い。ふふふ」

脂肪崩し「あーそれと、明日から私の後輩が雇われるらしいから」

超電磁按摩「あんたの後輩ならやっぱり危ないヤツなんだろうなぁ」

脂肪崩し「まだまだガキだけど可愛がってあげてね。源氏名は「窒素指圧」だから」

超電磁按摩「はあ、人手だけは足りてるわね、ここ」

614 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス)4 :2010/07/24(土) 22:39:01.13 ID:IEuqBuQ0
正直女子店キャラ使い切れない
妄想が主導権を握りつつある
ネタはまだまだ残ってます

615 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 22:44:10.52 ID:hs8.xXk0
>>614
個人的な意見だけど小出しするほどのネタじゃない気がする
全部書き溜めて放出した方が良いかと
616 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/24(土) 23:10:16.07 ID:IEuqBuQ0
>>615
ごめん
ネタそれぞれが1話(1レス)完結式だけどそれでも良い?
できれば我が侭だけど感想はネタ毎にもらいたい
617 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 23:12:50.61 ID:Gvfr5dEo
安心しろ 別にここは投下された直後した時以外でも感想おkなんだぜ?
という訳で皆が感想ガシガシ描いてくれよな!っていう
618 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 23:13:53.44 ID:4Z8BMoU0
書く奴が一番偉いんだから作者さんの好きに投下すりがよろし
619 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 23:15:29.35 ID:hs8.xXk0
>>616
あくまで俺個人の意見だからそんなに気にしないで大丈夫です
620 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 23:22:04.73 ID:SL9ZnvIo
引く手木原ワロタ
621 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/24(土) 23:23:44.66 ID:fPZocEDO
>>617
とある投下の姫神秋沙現象がある以上そうとも言えない。

一作品ごとのネタの良し悪しを吟味するため作品ごとの感想を欲する気持ちは良くわかるぜ。
622 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 23:26:23.42 ID:Gvfr5dEo
そうだよな 俺もスルーされるし

読者が皆が皆投下直後にみれるわけじゃないし、間に別作品あったらなかなか感想いいたくても感想いえないし
このしがらみそのものをぶち壊しておくればいいなーとは思ってるけどな

だから皆が過去現在の作品関係なく複数の作品の感想をたくさん言い合える環境があったらなぁってつくづく思う
623 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 23:28:40.00 ID:rSIk7XEo
それってぷんたとかまとめとかじゃね?
624 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 23:28:42.95 ID:uV/pv5k0
感想の付くつかないで結構如実にニーズ分かるしな
625 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/24(土) 23:37:20.28 ID:fPZocEDO
>>620
引く手あまた→引く手数多→木原数多→引く手木原 ね
このレス見るまで気づかんかった
ネタが細かいぜ。
626 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 23:39:26.36 ID:FRB6WR6o
感想のつくつかないなんて関係ねぇ
俺の書きたいものを書いて投下して去るのみだぜ
627 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/24(土) 23:54:02.69 ID:IEuqBuQ0
何だか議論を巻き起こして更にごめん
優柔不断な私は結局どうすればいいって訳よ
628 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/24(土) 23:58:30.45 ID:fPZocEDO
>>627
気にすんなってばよ
結論好きにしたらいい
出来立てほやほやを各個投下でもいいと思う
629 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 23:58:55.38 ID:Gvfr5dEo
さっさと俺の根性体操さんを活躍させろって事なんだケド?
それに魔術側も対抗して出店すると俺得っていう事なの。
後せっかくマッサージ屋な訳だしエロい表現も欲しい訳よ                             男勢で
630 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 00:31:56.46 ID:JRNDW.DO
小ネタスレに書こうと思ったけど全部禁書なのでこっちに

一方通行「こンな所でなにしてるンだ、みさちゃン」御坂「ななっ!?」
某アニメのイケメンストーカーと同じ声優繋がりで

10250号「不幸です、とミサカは肩を落とします」
語呂合わせで

アレイスター「超能力戦隊レベル5を作ろうと思う」土御門「」
心理掌握と第六位は白とか黒とかで

御坂「最近、黒子が構ってくれない」
数年後くらいの話で黒子が御坂離れした話。御坂は黒子離れが出来ず……

麦野「恥を知れ、俗物がッ!」
言わせたいだけ

一方&垣根(いっぽー&垣根)
白黒翼コンビでなにかにデビュー

麦野「遅いぞ上条」上条「不幸だ」
浜面じゃなくて上条さんがアイテムに入っちゃったら

垣根「綺麗な髪してんのな」姫神「えっ?」
多分誰もやってないと思う

一方通行「惚れた。コイツを殺せとか無理。実験無理」00001号「……はい?」
まさか一目惚れした一方さん。後に数々クローン出会い更にオリジナルが現れて……!


俺もなんか書こうかなって思うけど、誰か好きに使ってくれ
631 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 00:33:42.55 ID:ECDm4XUo
大丈夫、それ小ネタスレの許容範囲だ
632 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス)5 :2010/07/25(日) 00:37:15.61 ID:mcPSLIg0

・・・

白髪赤目「(チクショウ一方語録下ネタが尽きた)はっこンなに濡らしやがってよォ!ぶっ壊してガタガタの出来損ないにしてやろォかァ(適以下略」

ミサカ20000号「んぉほぉぉォォ らめぇ、らめぇぇえぇ らめにゃのぉぉお゛えっちみるく(注:ダークマターオイルです)らいしゅきいぃっ!ミサカの体がみるくまみれ(注:ダークマターオイルです)れしゅうっ!」

白髪赤目「(ピッ)はァい、ここまでー。ありあとっしたー」

ミサカ20000号「あぉふぅ……また一時間後に来ましゅぅ……」

・・・

下っ端運転手「お疲れっしたー」バタン

白髪赤目「スキルアウトにもダークマターオイルを使わせることで人手はなンとかなりつつあるな……後は広報と接客だが、接客はウチの売りからしてどうにもならねェ……」ブツブツ

ホスト天使「はあ、はあ、もう未元物質出せねぇよ」ガチャ

白髪赤目「甘いこと言ってンじゃねェぞ格下。もう夕暮れ時だがまだまだオ客サマは来やがるし、俺にも予約は一杯なンだ(主には二名だが)。さっさと持ち場に戻りやがれ」

ホスト天使「クソ、そうは言うがな、俺にも客は入ってるんだぞ?他のヤツの分のダークマターオイルを出すにはかなりの時間を割いちまう」

白髪赤目「…………」

ホスト天使「まっそんなに俺の力が必要ならやってあげてもいいがな」ハン

白髪赤目「ああ。……この店の第一位は当然この俺だが、店が成り立ってるのはオマエがいることが根幹だ。オマエのダークマターオイルがねェと俺と根性でやっていくしかねェがオマエがいることでスキルアウトも使い道が出る。その真似は俺には出来ねェ」

ホスト天使「第一位……」

白髪赤目「勘違いするなよ……オマエの存在が俺の計画に必要ってだけだ……だから、オマエが足を引っ張ンなら容赦なく切り捨てる。俺達の繋がりは有効価値の繋がりだ。それ以上を求めンなら破滅すンぞ」

ホスト天使「……へっ、相変わらずムカつく第一位だぜ。だが、その計画に付き合ってやろうじゃねえか、俺の未元物質に不可能はねぇからな」

白髪赤目「ハッ、なら行くぞ。俺たちの店「堕天使の毒指(ダークエンジェルズゴールドフィンガー)」はまだ上を行く!」

ホスト天使「おう!」





根性体操「この店そんな名前だったのか……」ヒッソリ

633 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス)5 :2010/07/25(日) 00:39:05.83 ID:mcPSLIg0
浜面は滝壺の機嫌取りに早く帰ります
妄想が意思を持ち手から離れていく

>>629
ごめん根性体操1行しか登場させれなかった
後基本学園都市内での出来事だから魔術勢は精々お客が関の山(源氏名つけれないし)
エロ構想無いわけじゃないけど書き慣れてないしガチは書けないんだ
代わりにミサカ20000号置いとくんで我慢して

>>630
一応一方&垣根コンビ
634 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 00:42:41.89 ID:ECDm4XUo
乙レルスェ
俺としてはあくまで希望な訳で今のでも満足してる訳よ?

あった方がうれしいけど、別に構わん訳よ
635 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 03:23:59.13 ID:.TRBKMDO
>>632
白髪赤目とホスト天使のやり取りに燃える
636 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 04:29:10.01 ID:yFMWCoYo
>>630
御坂「最近黒子が構ってくれない」

もらったァ!





いいですか?
637 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 06:55:41.02 ID:JRNDW.DO
是非是非
638 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/25(日) 09:15:41.95 ID:2Wg7eZM0
小ネタ 1レス


インデックス「とうまーとうまー」

上条「なんだインデックス?」

インデックス「今日も暑いね」

上条「もうすぐ8月だしなぁ」

インデックス「ところでとうま、今日が何の日か知ってる?」

上条「ん?7月25日だろ……なんかあるのか? 花火大会とかはもう少し先だし……」

インデックス「今日はねとうま、日本かき氷協会が決めた『かき氷の日』なんだよ」

上条「先に言っとくが駄目だぞ」

インデックス「むーっ! まだ『今日はかき氷の日なんだからかき氷を食べたいんだよ』って言ってないんだよ!」

上条「だから先回りして言ったんだよ」

インデックス「いいじゃんいいじゃんケチンボとうま!」

上条「月末は厳しいからダメです。 また今度な」

インデックス「仕方ないなぁ、絶対今度だよ?」

上条「はいはい。ところでシロップはもちろんイチゴだよな」

インデックス「え? かき氷と言えば宇治金時でしょ?」

上条「外人のくせに渋いの好きだなお前」


SSにちょっと関係あるけどかき氷何味が好き? 俺はイチゴ
639 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 09:22:19.26 ID:bYqfIR.0
ブルーハワイだな
640 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 09:30:35.57 ID:i6hx8.AO
固法「良いですね、イチゴ。子供の頃に初めて親に買ってもらったかき氷が、イチゴでした。成長した今、個人的に好きなのは練乳を掛けたものですね」
641 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 09:53:17.40 ID:.TRBKMDO
一方通行「母さンと最後に食べたのは、コーヒーフロートだったなぁ・・・」
642 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 10:07:46.31 ID:JRNDW.DO
最近コーラかけてみた。最初は悪くないけど後からただの砂糖水
643 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 10:47:02.34 ID:2EzBbQDO
イチゴミルク一択

でもかき氷のシロップって色とにおいが違うだけで味全部一緒なんだよなー…
644 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 11:28:09.89 ID:9H/hubo0

>>643

えっ?














えっ?


645 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 11:55:41.51 ID:uxc1Njw0
という事は、俺はかき氷の日に生まれたのか・・・・
646 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 12:11:41.37 ID:mcPSLIg0
>>645
誕生日おめでとう。
647 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 12:15:31.05 ID:6WQLX.AO
ただの砂糖水だよね
紅茶シロップとか、それぞれの材料が入ってるやつもあるけど高い
648 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス)6 :2010/07/25(日) 12:15:51.58 ID:mcPSLIg0
マッサージ店「堕天使の毒指(笑)」

・・・

白髪赤目「ほらよォ、ちっちゃなお口で咥えてやがれェ(タオルを)、そのはしたねェ鳴き声を漏らすンじゃねェぞォ!(以下略」

ミサカ10033号「むぐうぅぅぅぅん!んぐっんぐっんっぎぃぃぃぃぃぃぃ!」

白髪赤目「(ピッ)……はァい、ここまで……ありあとっグッ!?」バタリ

ミサカ10033号「はぁはぁ……また一時間後……?!どうしましたご主人様!?だ、誰かー、ごしゅ、白髪赤目さんがー!」

・・・

白髪赤目「…………」クタリ

冥土帰し「わかりやすいほど明らかな過労だね?しばらくは安静にしてるように」

根性体操「いくら第一位でも一日に5000人の接客だなんて根性出しすぎだぜ……」

白髪赤目「……(おかしい、いつもは常連二名だけだったが今回は番外個体まで来てやがったし……あいつら全員の嗜好が同じというのはありえねェ、向かいの差し金か?)」

ボスゴリラ「……少しは加減して欲しいものだな。能力者。」

白髪赤目「…………」

下っ端運転手「と、とにかくしばらくは休んどけよ。後は俺たちでなんとか回していくし」

白髪赤目「うっせェ、誰に口聞いてやがンだ?てめェらが百人いたところで俺の回転率に遠く及ばねェよ。大体ゴリラ、今日はガキとの約束があるンじゃなかったのか?」

ボスゴリラ「…………」

白髪赤目「明日は残り5000人余りの予約が入ってる。逃がしちゃ店にとっちゃ大打撃だ。すいませンでしたで帰ってくる量じゃねェ、絶対に全員昇天させる」

白髪赤目「第一位は俺だ。美学が足りねェオマエラに一つ教えてやる。これが超一流のマッサージ師だ、クソ野郎」グググ

根性体操「お、おい!まだ動いちゃ」

「ナメてやがるな。よほど愉快な死体になりてえと見える」バタン

649 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス)6 :2010/07/25(日) 12:17:29.97 ID:mcPSLIg0
下っ端運転手「おまえは……!?」

ボスゴリラ「…………」

ホスト天使「店と死を天秤にかけたか。感傷的だが、現実的じゃねえな」

白髪赤目「抜かせ、格下、オマエの客と俺の客数にゃ絶対的な差があンだよ」

ホスト天使「そっちこそ、どの口でほざいてやがる。てめぇ自身が言ったじゃねぇか、あの店の第一位はてめぇだが、店が成り立ってるのは俺がいるからだ」

白髪赤目「…………」

ホスト天使「安心しやがれ萎びれモヤシ。てめぇがいなくなったところで支障はねぇよ。」

ホスト天使「『てめぇのお墨付き』の俺さえ残ってりゃあな。てめぇの客だって全部俺が引き受けてやる。」

ホスト天使「10000人来ようが、20000人来ようが……」ググッ



   ホスト天使「俺の『未元物質(ダークマター)』に、常識は通用しねえ」ファサ



白髪赤目「……いちいち自信家なんだよ、自意識過剰が」

ホスト天使「心配するな。自覚はある」



根性体操「うおおおおっ、俺だってやあってやるぞおっ!見せてやるよ、本物の根性ってやつを!!根性に常識は通用しねえっ!」ボボボオオオッ

下っ端運転手「俺だってやってやる!小物には小物のマッサージ道があるのでっす!!」

ボスゴリラ「この程度の覚悟は、決まっている……。無能力の身で、貴様のような化け物と「共に」戦うと誓った時からな」

白髪赤目「てめェら……いいぜ、行け、今からてめェらに地獄への日帰り旅行をプレゼントしてやる、しっかり楽しンで、生きて帰ってきやがれっ!」

天使・根性・運転・ゴリ「「「「おう!」」」」

ガチャ バタバタバタ!

白髪赤目「へっ……まだまだ上に行くぜェ、俺「達」はなァ」ポスン

白髪赤目「三下ァ、オマエが、俺がいなくても店は動いているぜ」

650 :とある美容の立身出世(ドラゴニックサクセス)6 :2010/07/25(日) 12:19:42.34 ID:mcPSLIg0
やっぱり原作の台詞はいいな
ネタも尽きかけだしキリもいい?のでこのシリーズは一旦封印
一人歩きした妄想の行方は誰も知らない
651 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 12:22:35.10 ID:oSiPE9w0
なにこのていと、ホスト天使カッコイイ
652 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 12:36:51.10 ID:i6hx8.AO
乙! 駒場さんもいたんか! 泣かせるぜ男の世界
653 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 12:39:52.45 ID:yFMWCoYo
何この人達かっこよすぎる
654 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 16:11:22.76 ID:nrPRrJ2o
ボスゴリラ=駒場でおk?
655 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 16:29:30.68 ID:J5CQdfw0
「ワタクシ社会保険庁カラ委託ヲ受ケマシタ(略)○○様の年金納付状況ニツイテオ話ヲ・・・」
上条「忙しい」
「5分ホドデ結構ナノデスガ」
上条「忙しい」
「サヨウデゴザイマスカイツデシタラオ時間ヲイタダケマスデショウカ」
上条「うるせーばかうんこちんこまんこ」

後日
上条「特別催告状・・・だと・・・?」
爆発しろ
656 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 16:36:10.33 ID:DSdSo9Q0
原作の台詞やっぱ良いなwwwwwwww
乙!
657 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 18:16:05.84 ID:uM/gyMSO
歌の歌詞をまるまるそのままSSの中に書くのってジャスラック的にアウトだよな?
658 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 18:25:22.57 ID:JRNDW.DO
二次創作が既にって感じだからいいんじゃね?
丸々全部は逆に面白くないと思うけど
659 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/25(日) 18:31:37.37 ID:yu9zHEQ0
版権元さんと、カスラックさんはまったく違うので危険かもね
大学のサークルが老人ホームでやるただのイベントにすら使用料金求めてくるし
営利目的でなかったとしてもきっちりとろうとしてくるからね
660 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 18:37:12.28 ID:O0D.dw.o
カスラックさんはホンマ893やでぇ
661 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 18:40:36.63 ID:pn8q44ko
とある喫茶店のオーナーがピアノでビートルズの曲を弾き語りしたら難癖つけられたらしい。
662 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/25(日) 18:41:58.06 ID:yu9zHEQ0
つーかカスラックでJASRACの変換予測してくれたことに驚いた。さすがグーグル先生は違うな
663 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/25(日) 18:44:40.78 ID:yu9zHEQ0
>>661
佐天さんがカスラックの工作員に狙われているだと。けしからん…
664 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 18:45:08.37 ID:2CakLgAO
とあるFlashでは、その出来の良さに歌手の方は使っても良いと言ったのに、○スラックは使用停止を求めて、結局そのFlashは別の曲に変更したんだよな……
665 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 18:46:40.89 ID:Q1DuL1.o
作曲者すら訴えられるんだっけ?
666 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 18:47:33.68 ID:uM/gyMSO
皆レスありがとう


実は「バンプオブチキンの痛みの塔がショボンの〜〜」っていう動画と
同じくバンプオブチキンの「ラフメイカー」でAAの>>1さんと八頭身を使った動画
この二つの動画を見て、これイケるんじゃね?って思ってさ



ちなみに「痛みの塔」のショボン役は今のところ五人まで妄想

「ラフメイカー」の方は人数多杉絞れない
667 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 18:47:37.04 ID:6WQLX.AO
カスラック様はリズムを連想させるだけでアウトってめぐちゃんが言ってた
668 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 19:03:51.28 ID:eAnu/Ro0
初春「うんたん♪うんたn」

御坂「そういうのはやめようね!!ほら、色々と怖い人たちが来ちゃうからね?ね?やめよ?」アセアセ

<数ヶ月後…>

        .′:厶/. : : : /: :|  《: : : : : : ':.「さっき初春の寮にアンチスキルの
        | : : : :′: : :/ : 人_》: : : : : : i  装甲車数台止まってましたわよ」
        | : : : | : : : ″: : i : |/.: : : :i : : |  
..       '、:. : :| : : : | : : : l:. |/jメノ}:| :i:l:|  .>ィ(.人ノ7:.:.:.}个ー'r ゚ 、)ム
         \:.| : : : | : : : l:下刈'}ソル'リリ  .工ア(ノ)′/....../...|.. ヽ`弋人く
.         ノ^| : : i :、: : : l:.:ト' / 'ル'ソ  V:/:.:./:斗{=ミ/}i_ハ__ハ小:.i:ムr‐f’
         _厂`ヽ| : : l : :\: l:.:| {   ′  //{:.:.:|!/、__ミ′  厂`ト}.:i|:.:.},、》
     /  ̄`ヾ、: : :、:. :. \:|‐'´     .}小 :::}7f:::う「`  ィテミ、T:.:..ハ:{
   _x<        \: : \: : : ヽ.     ノ/:.∧{^ ヒヅ    ト::ぅハリ:./:. :′
  〃          ≧x_ : : 、:'.     フ´ヘ.__i  ̄   '   ̄ '^}:/{:.ト{
  {{         //´ ̄`ヽ`ト、:i:.}       八    r〜ーr  '_人{
  |l          //       }:{ .ソノ.       'フ.:\  |lr┬-l| .イ´  

                       __rーくVL__
.                 __rュイK o_)Lナ`ー:. 、
                _〈_( o_ノ☆'.....i ....ヽ.............\
               ぐ,n(_乂..!.::::::i:::|::::i:::|:::::::i:::ヽ:::ヽ
                尤o う::::;;|斗イ::ハ斗亠',斗ト、:i::::::}
               7(乂):::::| ,ィ     -==-ヾレ!::::::!
               |:{ノ☆::::!{-==-      ≠彡'リ  
               |::::::::::ハ::{       '      }
               ∠::::::::::::トミゝ   ー― '     ,!
                彡ノリ      | .::::/.|    ,イ
                リ j/ー个:.、  lヽ::::ノ丿 /::ハ   幺夂
                    ヽ`T しww/ノイノリ´    小 ミ
669 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 19:14:02.51 ID:lSXp2l20
12555「ついでに平沢進さんのはジャスラックじゃないってだけでケイオスユニオンだからグレーゾーン、まあ所詮金銭の絡む話じゃないだろうし其れくらいなら大丈夫かなあと思いたい……」
美琴「誰に話してるの?」
12555「ラーメン三銃士にだよ、ほらここに居るだろ?」
美琴「モルダー……アナタ疲れてるのよ」
12555「ああ、窓に!窓に!」
美琴「SAN値チェック失敗かぁ……」
670 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 19:42:34.12 ID:yFMWCoYo
と言うわけで、>>630からのアイディアでとりあえずちょこっと書いてみた
6レスほど借り
671 :御坂「最近、黒子が構ってくれない」 第1話 1/6 [saga]:2010/07/25(日) 19:44:13.71 ID:yFMWCoYo
〜 寮の部屋 〜

白井「ただいま戻りましたの」ガチャ

御坂「あ、お疲れ黒子。風紀委員(ジャッジメント)の仕事、相変わらず大変そうねぇ」

白井「いえ、わたくしももう二年生ですし、任務にもより責任を持って臨まなくては」

御坂「よくやるわねー、あんたも。ま、無理しすぎない程度にがんばんなさいよ」

白井「お気遣い感謝ですわ、お姉様。それでは、先にお湯いただきますわね」

御坂「……え、あ、うん」
672 :御坂「最近、黒子が構ってくれない」 第1話 2/6 [saga]:2010/07/25(日) 19:44:52.99 ID:yFMWCoYo
〜 とある公園のベンチ 〜

御坂「――――って感じだったわけなのよ、昨日も。どう思う?」

上条「いや、どうって言われましてもですね…………とりあえず上条さんは今から安売りに行かねばならなくてですね……」

御坂「以前のあの子なら、私がお疲れとかがんばれとか言うたびに『おねえさまああぁぁぁ! わたくしのことをそんなに想っていただけるなんて、黒子感激ry』とか言って飛びついてきたってのに」

上条「(無視かよ!)……まぁ、あいつなりに成長したんじゃねえの?」

御坂「うーん……でも二年生になってから急によ? なんか、こっちの調子が狂っちゃうっていうか……」

上条「なんだ御坂、寂しいのか?」ニヤニヤ

御坂「ちがっ……! べ、別に寂しくなんてないわよ! むしろ前みたいにベタベタされなくて助かってるっつーの!!」

上条「へいへい、さいですか。とりあえず俺はもう行くぞ。マジで売り切れちまう」シュタッ

御坂「あっ、ちょっ…………」
673 :御坂「最近、黒子が構ってくれない」 第1話 3/6 [saga]:2010/07/25(日) 19:45:30.79 ID:yFMWCoYo
〜 帰り道 〜

御坂「……そ、そうよ。以前の黒子は過激すぎたしね、今くらいがちょうどいいのよ、うん」

御坂「…………」

御坂「で、でもやっぱ、ちょろーっと落ち着かないわよねぇ」

御坂「………………」トボトボ
674 :御坂「最近、黒子が構ってくれない」 第1話 4/6 [saga]:2010/07/25(日) 19:46:06.08 ID:yFMWCoYo
〜 寮の部屋 〜

御坂「ただいまー」ガチャ

白井「あ、お帰りなさいませお姉様」

御坂「えっと、あの……黒子」

白井「はい?」

御坂「そのー……なんていうか」

白井「?」

御坂「えっと、久しぶりに二人で一緒にお風呂入らない?(何言ってんだ私!)」

白井「えっ、お姉様…………」

御坂「あ、あははー! なーに言ってんだろうねー私! 今のは冗d――――」

白井「まぁまぁお姉様、今日もお疲れでしょうに、わたくしに気を遣っていただいて……。わたくしのことはどうぞお構いなく、シャワーはお先にどうぞ」キラキラ

御坂「(うっ……笑顔にまったく邪気がない……)そ、そう? 悪いわねー。じゃあちゃっちゃと入っちゃおうかなー!」

白井「いえいえ、私に構わずどうぞごゆっくり」

御坂「…………」
675 :御坂「最近、黒子が構ってくれない」 第1話 5/6 [saga]:2010/07/25(日) 19:46:48.27 ID:yFMWCoYo
〜 シャワー室 〜

御坂「はぁ、ホントに黒子、普通の性格になっちゃったのかな…………」シャー

御坂「……って、何言ってんの私! これでいいのよ、これで。あの子もようやくまともな人生歩み始めたってことだし!」ガシガシ

御坂「…………」

御坂「あ、シャンプーがもうないや」

御坂「(べ、別に、もちろん何かされたいってわけじゃないけど、素っ裸のまま……)ねー、黒子ー!」

白井(ドア越し)「はい、どうかされましたかお姉様?」

御坂「シャンプー切れちゃってるみたいなんだけど、そっちに新しく買ったのある?」

白井(ドア越し)「あ、これですわね。ありましたわ」

御坂「悪いんだけど持ってきてくんない?」

白井(ドア越し)「少々お待ちを」

御坂「…………」ドキドキ

白井「お待たせしました、お姉様」ガチャ

御坂(裸)「あ、ありがと黒子」チラチラ

白井「おやすいご用ですの。それでは……」

御坂(裸)「あ、ちょ、ちょっと待って!」

白井「?」
676 :御坂「最近、黒子が構ってくれない」 第1話 6/6 [saga]:2010/07/25(日) 19:47:40.71 ID:yFMWCoYo
御坂(裸)「えっと……ね、ねぇ、私の胸……三年生になってから少しくらい成長したと思わない? なんて、あはは(えぇいもうどうにでもなれ!)」

白井「えっ?」

御坂(裸)「私にも少しくらい大人の魅力なんてもんが出てきたかなー。ほぉ〜ら、ほれほれ」ムニムニ

白井「……ふふ、お姉様は胸の大きさにかかわらずいつも魅力的ですわ」ニコニコ

御坂(裸)「……っ! あっと、その……(邪気0%の笑顔きたー!)」

白井「それと、お姉様」

御坂(裸)「はひっ?!」

白井「あまりずっと裸でいますと、風邪を引いてしまいますわ。わたくしは部屋に戻っていますわね」ガチャ

御坂(裸)「あ……うん…………」

御坂(裸)「…………」

御坂(素っ裸)「…………orz」



                             つづく?
677 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 19:49:35.80 ID:yFMWCoYo
って感じでよかった?
>>630には数年後、って書いてあったけど2年以上たっちゃうと美琴と黒子が同室じゃなくなっちゃうので一年後の話ってことで。

いつになるかわからんけど、需要あってなおかつ時間できたらそのうち続き書きまーす
678 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 19:56:07.79 ID:2EzBbQDO
乙乙

いいなこれ
なんかゾクゾクする…wwww
679 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 21:11:31.81 ID:p/zohISO
GJ

普通におもしろい
美琴のおっぱいおっぱい!
680 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 21:15:47.26 ID:JRNDW.DO
乙!続きも期待!



最近、暑が夏いのでほのぼの通行止め2レス書いてみた
681 :一方通行「我が儘姫が」 [sage]:2010/07/25(日) 21:16:52.70 ID:JRNDW.DO
一方「あー……あっちィ。暑いンですけどォ」

打止「そんなこと言われても仕方ないよってミサカはミサカはこの暑さに同じくぐったり……」

一方「にしても、サウナみてェな暑さだなァ……」

打止「そうだねー。あ、いいこと考えたってミサカはミサカは――」

一方「はい、却下ァ」

打止「えーっ!? まだなにも言ってないんだけどってミサカはミサカは肩を落としてみる……」

一方「……。まァ、気が紛れるかもしれねェから特別に聞いてやるよ」

打止「ほんとに? ほんとにほんと? ってミサカはミサカはあなたに真意を問うてみる」

一方「本当だっつゥの。信じられねェなら別にいいンだぜ?」

打止「良くない! えっとね、サウナみたいってヒントを得て閃きました! ってミサカはミサカはことの経緯を説明してみる!」

一方「はいはい。でェ、なンだってンだよ?」

打止「すばり、あなたとくっついてサウナ状態になろ――」

一方「あっちィなァ」

打止「最後まで聞いてよって! ミサカはミサカはじたばーた!」

一方「丁重にお断りしますゥ」

打止「え、遠慮しなくていいんだよ? ミサカはミサカは最後のチャンスをあなたにあげてみる!」

一方「チャンスもなにもただでさえクソ暑いってのに更に暑くなろうだなンて、意味分かんねェえこと言ってンじゃねェよ」

打止「やぁ! もうっ! つまんなんないの! ってミサカはミサカは憤慨してみる!」
682 :一方通行「我が儘姫が」 [sage]:2010/07/25(日) 21:17:46.48 ID:JRNDW.DO
一方「オゥオゥ、勝手に怒ってろ」

打止「うん、怒ってる。いいもん別に。この暑さに体を持て余すからいいもんってミサカはミサカは床にぐだってみる」

一方「持て余すってオマエ……」

打止「ふん。あなたには関係ないじゃん」

一方「……。あー、アイスでも食うかなァ」

打止「……」

一方「ついでにクーラーも強くすっかなァ」

打止「どうして声に出すの? 勝手にすればすればいいじゃん」

一方「……なァ、打ち止め」

打止「なんなの?」

一方「寒くなったら、サウナ頼むわァ」

打止「あっそ。……えっ!? 今あなたなんて言ったの!? ってミサカはミサカはもう一回聞いてみる!」

一方「さァて、アイスなに食うかなァ」

打止「あ、ねぇ、ちょっと聞いてよ! ってミサカはミサカはあなたに食らいつく!」

一方「この――――が」

打止「聞こえない! もっと大きな声でってミサカはミサカはワンモアセッ!」

一方「我が儘姫って言ったンだよォ」

打止「我が儘姫って!? ああちょっとミサカを引きずらないでってミサカはミサカはずるずるとーっ!」

一方「あァ、うるせェ」

打止「姫なら姫らしい扱いをしてよーってミサカはミサカはミサカの立場を訴えてみるんだけど聞いてないよね!? あぅーん!」ズルズル
683 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 21:18:39.68 ID:JRNDW.DO
終わり。最早禁書キャラを借りた兄妹だけど気にしない
684 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 21:32:46.16 ID:LsHrLn20
すごく、、通行止めです、、、
685 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 21:35:35.85 ID:eyI02do0
>>683

兄妹はこんなラブラブな会話はしないぞwwwwww
686 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 22:00:55.27 ID:i6hx8.AO
「とある日和と究極配合」の続きができたので投下、7レス程。

プロセスをかなり省略して、今回は削板と百合子の初デート編。
687 :とあるデートの究極配合 1/7 [sage saga]:2010/07/25(日) 22:01:24.41 ID:i6hx8.AO
歩道

削板「」カチンッコチンッ

百合子「……オイ」グイッ

削板「はいっ! 何ですか百合子さんっ!!」

百合子「……オマエが男なンだから主導権握ってけ」

削板「は、はい!? ……いや! 分かりましたこの不肖削板軍覇!! 僭越ながら主導権握らせていただきます!!」ガシィッズンズン

百合子「ャっ 待てオイっ!!主導権握るって手ェ握るコトじゃねンだぞォっ!?」ズルズル〜


――――
デパート2F洋服売り場


百合子「……」(コイツの白ランだせェ。オレが身繕ってやろォ)

百合子「おイ」

削板「何ですか百合子さんっ」百合子「コレ着てみr」
削板「あっ!! 百合子さんあれ!」

百合子「ン え?」

削板「百合子さんに似合いますよ、オレンジ色のワンピース!! 何かよく分かりませんけど首元が薄めの色になっててヒラヒラした飾りもいっぱい付いてます!!」

百合子「お…おォ……」

削板「さあ試着室へ!! 頑張ら騎士削板軍覇が周りを見張っていますから!!」



百合子「………削ィた」

削板「どうしました百合子さん!」

百合子「見張ンのはイイから離れてろ」

削板「はい」ショボン
688 :とあるデートの究極配合 2/7 [sage saga]:2010/07/25(日) 22:02:11.13 ID:i6hx8.AO
――――
デパート外周

削板「お互い来た時とは違う服装になってしまいましたね! オレなんかビ…ル?」
百合子「ヴィルツ」

削板「そうそう! そのビルツってブランド品に一新されちゃって!! まるでビジュアル系って奴みたいになっちゃいました!!」

百合子「……」

削板「どうしたんですか?」

百合子「イヤ…かァ?」

削板「と ん で も あ り ま せ ん ! オレのファッションは百合子さんに気に入って頂く為にあります!!」

百合子「…!」


百合子「…………」(何か胸の奥が変な感じすンな……)

百合子(よく分かンねェ……慣れねェよこンなの…ワケ分かンねェ……)

削板「百合子さんこそやっぱり似合います!! 真っ赤に燃える太陽に照らされて! 百合子さんの白い肌と中和されて服がオレンジに染まる! これぞカラーマジック!!」

百合子「ワケ分かンねェよ」(褒めンなムズムズする…)

削板「んん? そういやオレンジの戦士ってのはいねえな!! 戦隊シリーズは34作も作られてんのに! こんな熱さと可憐さを併せ持ったカラーは他に無いだろ!! 根性がなってねえ!!」

百合子「……」(男がこォいう時うぜェってのはみンな同じなンだな……)


〜〜〜〜

(百合子)『ァにやってンだよ木原ァ』

(木原)『ア〜〜? 見りゃ分かんだろ銃の手入れだ』

(百合子)『オマエ暇あるごとにやってねェ? 意味ねェンじゃねェの』

(木原)『ケッ、リカちゃん人形がお似合いの百合子ちゃんにゃー理解できねえだろーな、こいつぁ70年代に生まれた伝説の逸品つわれる銃をわざわざ仕入れて俺がカスタマイズしたやつだ。
 金属探知に捕まらねー様に硬質プラスティックに全てのパーツを換装して、』



(木原)『チッ居やがらねぇ』
〜〜〜〜

削板「百合子さん?」

百合子「! イヤ何でもねェ」
689 :とあるデートの究極配合 [sage saga]:2010/07/25(日) 22:02:41.86 ID:i6hx8.AO
――――
公園

削板「ふー! 今日はだいぶ歩きましたね! 疲れてないですか!?」

百合子「……ちょっと足痛ェ、ちょっとだけだ」

削板「休みましょう! そこのベンチに座ってて下さい! 飲み物買ってきます、何にしましょうか!」

百合子「コーヒ……やっぱサイダァ」

削板「待ってて下さい!!」



百合子「……ふゥ……」




男「ねーねー、そこのまぶしいお嬢さん」

百合子「……ン?」

男2「カワイイねー、歳いくつ? アルビノなの? すごい肌白いよねえ」

百合子「……ンだよオマエら」イラッ

男「構えなくていいよ、どう、これから俺達とどっか行かない?」

男2「ア〜良いニオイ、こんなに暑いのに汗かいてないの? かいててもそれがまた堪んなくてイイんだけどさあ!」クンクン

百合子「」ブチッ

百合子「ブッ殺」


「待 っ て 下 さ い !!」
690 :とあるデートの究極配合 4/7 [sage saga]:2010/07/25(日) 22:03:17.57 ID:i6hx8.AO
百合子「!」

男達「「アァ!?」」


漢・削板「そんな根性無しども、学園都市第1位たる百合子さんの活躍シーンにするにはもったいない!!」

男「んだよテメェは」

男2「ィヤおいヤバくねーか?第1位ってコイ」

百合子「」ジロッ

男2「ひぃっ!!」

漢・削板「天が鳴く!」

  ドバーン!!(赤煙)

漢・削板「地が鳴き叫び」

  ズドーン!!(黄煙)

漢・削板「人穿つ!!」

  バウーン!!(青煙)

漢・削板「ここに出でるは漢の証! 学園都市レベル5の殿(しんがり)、削板軍」

   パスッ!!(サプレッサー付き麻酔銃) 

削板「あ痛!!」

   パシュッ!!

削板「いや!!」

   バスッ!!

削板「痛゛ー―ッ!!」
691 :とあるデートの究極配合 5/7 [sage saga]:2010/07/25(日) 22:03:57.77 ID:i6hx8.AO
削板「待った待った待った!! ちょっと待てお前ら! 人が名乗ってる間は撃ったり斬りかかったりしちゃ駄目だってテレビで習っただろ!!」


百合子「……」(カラダ平気みてェだな……オレが言う権利ねェけど)


男「知るかスカした服着やがって!! つーか寝ろ!! 倒れるだろ普通!!」

削板「何ぃいいいいいいいい!! 百合子さんが選んで下さった洋服をお前何だと思ってやがる!! この根性腐れ!!」

男「根性関係ねぇだろ!! スカしてるもんはスカしてんだよ!!」

削板「だー――――――――もおいい!! お前ら、恥ずかしくねえのか!? 男ならよ、喧嘩だろうが交際だろうが1対1で当たって砕けろだろ! 母ちゃんが、そして遠い星から来た正義の味方が泣いてるぞ!!」

男「ワケわかんねぇ事言ってんじゃねぇ!!」

削板「じゃあ悪の組織に改造手術を施された正義の味方でも良し!!」

男「余計わかんねえ!!!」

百合子「……っ」チクッ

削板「お前らこんな事も知らんのか!! 改心したらオレのブルーレイディスクコレクション貸してやっても良いぞ!!」

男「うるせぇテメェ今度こそ寝ろぉ!!」チャッ

削板「すごいパーンチ!!」

男「これで終わりかよバルログゥッ!?」キラーン☆
692 :とあるデートの究極配合 6/7 [sage saga]:2010/07/25(日) 22:04:30.32 ID:i6hx8.AO
――――
削板「もう1人の男は逃げたか、根性がなってねえ。男なら勝ち負け関わらずぶつかってくもんだろ」

百合子「………」

削板「百合子さん、申し訳ねぇ。オレが眼を離したばっかりにこんな目に遭わせちまった。きっとオレの根性が足りてねぇからだ。百合子さん」ユリコノテヲツカムガシィッ

百合子「…」

削板「オレを見合いの時みたいにブン殴ってくれ。そうすりゃ目が覚めるし、根性も付く」

百合子「……」


百合子「ふン……」グッ



    コ ツン



削板「え…? 百合子さん?」

百合子「くだンねェ。帰ろォ」


削板「………は、ハイ!」
693 :とあるデートの究極配合 7/7 [sage saga]:2010/07/25(日) 22:06:55.73 ID:i6hx8.AO
――――
帰宅

百合子「はァ……面倒臭かった」パタン

     トスッ

百合子「…………」

〜〜〜〜
『僭越ながら主導権握らせていただきます!!』

『百合子さんこそやっぱり似合います!!』

『百合子さんが選んで下さった洋服をお前何だと思ってやがる!!』

『オレを初めて会った時みたいにブン殴ってくれ』
〜〜〜〜

百合子「……面白くなくも無かったかなァ…」


――――
削板帰宅途中


削板「ちくしょう、百合子さんに不快な思いをさせちまったオレはまだまだレッドには相応しくねえな……あっ!?」

削板「ソーダ!! 百合子さんにソーダ渡すの忘れてた!! 今渡しに行きます、ゆうりいこおさあああああああん!!」ダガンッ!!

 この行動を、音速の2倍の速度で行うとどうなるか。

 正に『間』もなく百合子の学生寮に辿り着いた削板軍覇が、まだ心も落ち着けず鍵も閉め忘れ着替えを始めたばかりだった鈴科百合子(ちょうど水色のブラのホックを外していた)と再会し、
一瞬の沈黙を得た後にズボオッ!! と鳩尾を蹴り込まれ、軽く2キロメートル程の距離をノーバウンドで吹っ飛んでいく結果となった。


       終
694 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:10:24.06 ID:ECDm4XUo
マジ乙! 削板さんと百合子さンマジかわいかった!
後最後の地の文やめぃwwwwww ワロタww
695 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/25(日) 22:11:56.25 ID:qIray9Y0
乙!

熱血男子とアルビノ不良少女、…俺得だ!
696 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:21:15.29 ID:Cy.AyuIo
>>695
奇遇だな、俺も大好きだ
697 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:27:09.67 ID:QWGIXFIo

削板も百合子も可愛いな

あと削板さんバトルコサックが何か言いたそうです
698 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 22:33:35.96 ID:JRNDW.DO
なんという新機軸。削板さんて女の子に対してあんまり耐性なさそうだよね



良作の後で申し訳ないけど通行止めときたら禁書殺しだと思ってまた書いてきました
699 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:34:13.90 ID:JRNDW.DO
「暑いなぁスフィンクス……」

「なぅー……」

とうまとスフィンクスが普通に会話をしてるんだよ。暑さでとうまもスフィンクスもおかしくなっちゃったのかも。

「インデックスはその格好で暑くないのか?」

「ぅなー」

やっぱりスフィンクスはとうまの言葉を理解してるんだよ。むむむ、これは興味深いんだよ。

「暑いけどこれは仕方ないんだよ」

「そっか。そうだよな」

「にゃー?」

スフィンクスは私の言葉は理解してないかも!? むきーっ! 私の方がとうまよりスフィンクスとの付き合いは長いのに!

「んなー」

「はは、そんなに冷たいところ冷たいところ行ってたら埃まみれになるぞ?」

なんかバカップルがしそうな会話なんだよ。ハッ!? まさかとうまはスフィンクスにもフラグを!?

「あ゛うっ!」

「いててっ! 分かったよ。もうつつかねぇって」

……ってさすがにそれはないよね。

「ふわっ、ぁー」

とうまの欠伸は大きい。私の手なんか簡単に飲まれちゃうかも。それにしても私までなんだか眠くなってきたんだよ。
700 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:34:46.14 ID:JRNDW.DO
んー……あれ? 西日? あ、そうか私あのまま寝ちゃったんだ。これはまた夜寝れなくなっちゃうんだよ。でも日陰がひんやりしててまだ寝てたいかも……。

「んーこの問題わっかんねえなぁ」

とうま? あ、この日陰はとうまのだったんだ。この様子だと宿題やってるのかな? ノートで扇ぎだしたからちゃんとやってるのか怪しいところだけど。

「やっと起きたかインデックス。床で寝てて体痛くないか?」

う、確かに痛いかも。左肩が物凄く凝って痛いんだよ……

「そう思ってるなら起こしてほしいんだよ」

「起こそうと思ったんだけどさ、気持ちよさそうに寝てたから悪いと思ったんだよ」

こう言ってるけど、とうまは凄く迷ったんだと思う。迷って迷って思い付いたのが日陰なんだと思う。とうまの真っ直ぐだけど不器用な優しさが溢れてるんだよ。

「よしっ! 宿題は分かんないしインデックスも起きたし、晩ご飯でも作るか!」

なにを持ってして「よしっ!」なのか分からないけど、こういい時のとうまのご飯はいつもより一品多いからどうでもいいんだよ!

「スフィンクスー、お前はなにが食べたい?」

「んにゃーん」

「ははは、そんな高いもの上条さんが買えるとでも? いつものでいいな」

「うー」

やっぱりお互いに理解しあってるんだよ!? 私はペット以下なのかも!? ぐぬぬ、スフィンクスには負けられないんだよ!

「とうまとうま!」

「どうしたインデックス?」

「私も手伝うんだよ!」

「? それはありがたいけど、左肩痛いんだろ? なら大人しく寝とけよ」

「あ、うん」

私はとうまに一言も左肩が痛いなんて言ってないのにどうして分かったのかな?

「ふんふふん、ふんふふん、ふんふんふーん♪」

とうまはいつもの鼻歌を歌ってる。夕方になってもまだ下がり切らないこの生温い気温と、とうまの鼻歌が最近凄く心地いいんだよ!
701 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:37:11.64 ID:JRNDW.DO
終わり。タイトル忘れれてた。「猫ととうまと私」です
上条さんとスフィンクスが仲のいいSSってないよな。いや誰も得しないんだろうけどさ
702 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:40:35.79 ID:QWGIXFIo
なんという新機軸

そういえば三毛猫のほとんどは雌なんだよな
703 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:41:16.80 ID:ECDm4XUo
何これほのぼのすぎる 乙乙!
704 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:44:35.74 ID:.jZfYOoo
猫に嫉妬するインデックスさんかわええのう

705 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:48:41.40 ID:6WQLX.AO
>>683
つまりお前は妹とこういったやりとりを日常的に行っているわけだな。

乙したあと爆発
706 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:55:50.49 ID:JRNDW.DO
妄想に決まってんだろォォォッ!
最近俺に構ってくれるのはジャンガリアンハムスターのジャン太だけだよ
707 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 23:00:28.64 ID:uM/gyMSO
>>706

なんで俺ん家と名前同じなんだよ。
え? 何これNTR? 俺のジャン太NTR?
708 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:01:44.40 ID:ECDm4XUo
もしやこれが噂のエンジェル様!?――

ああ!窓に!窓に!
709 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/25(日) 23:01:56.62 ID:yu9zHEQ0
ジャン太は犠牲になったのだ…
710 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/25(日) 23:06:03.72 ID:e/r9Li20
小ネタ 1レス 病んデレ表現 他作品セリフ改変ネタ



御坂「ねえ当麻」

上条「どうした御坂?」

御坂「アンタ子供何人ほしい?」

上条「」

御坂「
私は三人欲しいな。女の子がふたり、男の子がひとりね。名前はアンタが決めていいよ。私ってあんまりネーミングセンスないから。
えへへ、どっちに似ると思う?私とアンタの子供なら、きっと男の子でも女の子でも可愛いよね。それで庭付きの白い家に住んで
可愛い猫を飼うの。猫の名前くらいは私に決めさせてね。当麻は犬派?猫派?私は断然猫派なんだけど、あ、でも、当麻が犬の
方が好きだっていうなら、勿論犬を飼う事にしようよ。私、猫派は猫派だけど動物ならなんでも好きだから。だけど一番好きなのは
当麻だよ。アンタが私の事を一番好きなように。そうだ、アンタってどんな食べ物が好きなの?どうしてそんな事を聞くのか
って思うかもしれないけれど、やだ明日からずっと私がアンタのおべんと作る事になるんだから、ていうか明日から一生アンタの口
に入るものは全部私が作るんだから、やっぱり好みは把握しておきたいじゃない。好き嫌いはよくないけれど、でも喜んで欲しいって言
う気持ちは本当だもんね。最初くらいはアンタの好きなメニューで揃えたいって思うんだ。お礼なんていいのよ彼女が彼氏のお弁当を
作るなんて当たり前の事なんだから。でもひとつだけお願い。私『あーん』ってするの、昔から憧れだったんだ。だからね当麻、明日の
お昼に『あーん』ってさせてね。照れて逃げないでよそんなことされたら私傷ついちゃうもん。きっと立ち直れないわ。ショックでアンタ
をビリビリしちゃうかも。なーんて。それでね当麻、怒らないで聞いてほしいんだけど私、小学生の頃気になる男の子がいたんだ。ううん
浮気とかじゃないのよ、アンタ以外に好きな男の子なんて一人もいないわよ。ただ単にその子とはアンタに出会う前に知り合ったという
だけで。それに何もなかったんだから。今から思えばくだらない男だったわ。喋った事もないし、喋らなくてよかったと本当に思うわ。
けどやっぱりこういう事は最初にちゃんと言っておかないと誤解を招くかもしれないじゃない。そういうのってとっても悲しいと思うわ。
愛し合う二人が勘違いで喧嘩になっちゃうなんてのはテレビドラマの世界だけで十分よ。もっとも私と当麻なら絶対にその後仲直り
できるに決まってるけれど、それでね、当麻はどう?今までに好きになった女の子とかいる?いるわけないけども、でも気になった
女の子くらいはいるよね。いてもいいんだよ全然責めるつもりなんかないもん。確かにちょっとはやだけど我慢するよそれくらい。だって
それは私と出会う前の話だからね?私と出会っちゃった今となっては他の女子なんてアンタからすればその辺の石ころと何も変わらな
いに決まってるんだし。当麻を私なんかが独り占めしちゃうなんて他の女子に申し訳ない気もするけれどそれは仕方ないよね。恋愛
ってそういうものだもん。アンタが私を選んでくれたんだからそれはもうそういう運命なのよ決まりごとなのよ。他の女の子のためにも
私は幸せにならないといけないわ。うんでもあまり堅いこと言わずに当麻も少しくらいは他の女の子の相手をしてあげてもいいのよ。
だって可哀想だもんね私ばっかり幸せになったら。

ねえ、当麻もそう思うでしょ?」


上条「( ゚−゚)  ( ゚−゚ )  ( ゚Д゚ )  ((( ゚Д゚ )))  ((((( ゚Д゚ )))))」
711 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:06:26.67 ID:2EzBbQDO
なにこの濃厚なジャン太の流れ
712 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:07:59.37 ID:ECDm4XUo
ネタばれ許さん

いや俺は早売りジャンプゲットしたけどな!
713 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:13:19.25 ID:Lt1oK1wo
>>710
お前俺がジャンプすでに読んでなかったらぶち切れるとこだったぞ
714 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:17:36.42 ID:yFMWCoYo
思わず全部読んじまったww
715 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/25(日) 23:22:49.54 ID:yu9zHEQ0
西尾ェ…
716 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:28:18.48 ID:3pO2l2AO
>>713
お前のせいで俺がぶち切れることなったじゃないか!どうしてくれる!
 
で、誰に切れればいいの?
717 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:29:55.84 ID:sk688Wko
>>716
来いよ
お前の猛りは俺が受け止めてやる
718 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:32:41.47 ID:JRNDW.DO
噂のヤンデレか。だがジャンプは羽衣狐様が俺の中ではトップだ


ハムスターに名前付けるときに反応を示した名前にするって決めててジャン太って呼んだらガサゴソってしたんだよ
小次郎、若、御大、マケレレ、マッシュ坂崎、とか候補はあったんだよ
719 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:32:48.15 ID:yFMWCoYo
アッー
720 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:34:07.25 ID:3pO2l2AO
>>717
…後悔はしないであるな? ではいくのである…ボロン
721 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/25(日) 23:38:22.29 ID:qIray9Y0
>>720
カマ条「あら、いいモノ持ってるじゃない…、アタシとも遊びましょうよ?」
722 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:42:25.19 ID:CSKqDkDO
>>710
何これ。こんな恋人ほしい…ww

723 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:46:57.96 ID:616VDqQo
禁書とはそこら辺の埃ほども関係ないが、今週の読みきりは面白かった
と言うか、赤丸の読みきりの時からあの漫画は好きだったんだがなww

とんち噺に禁書絡めたら面白いだろうか
724 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:52:51.58 ID:Of9Aw6DO
あの読み切りの主人公は現実のトラブルにはとんちがくそのやくにもたたなかったから異能の力に頼ったんだよな。
上条さんに異能の絡まない現実的なトラブルをぶつけるとか?
725 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/26(月) 00:08:33.18 ID:k5rHAQg0
小ネタ 1レス 今日は何の日〜7月26日〜


滝壺「ねえはまづら、今日は何の日か知ってる?」

浜面「7月26日だな、何の日だ?」

滝壺「『幽霊の日』だよ」

浜面「ゆ、幽霊……」

滝壺「だいじょうぶだよはまづら、私は幽霊を怖がるはまづらを応援してる」

浜面「べっべべべっべ別に怖がってないし」

滝壺「あ、あっちに……」

浜面「だだだっだだだっだだだから、ココケッコココココケコッコー、怖がったりしてねえし」

滝壺「むぎのが」

浜面「ギャァァーーーーーーーーーーーーーッ!! 助けてぇぇぇええ!! ににに逃げないと、今すぐここから逃げないと!!」

滝壺「じょうだんだよはまづら」

浜面「な、なんだよ冗談かよ、びっくりさせないでくれよ」

滝壺「あっちじゃなくてはまづらの真後ろにいる」

浜面「」

麦野「やぁやぁはーまづらぁ、久しぶり」

浜面「あ、あの、なくなってた眼と腕が何故復活しておられるのでせうかそしてなぜワタクシの前に現れたのでせうか」

麦野「ここの医者『冥途帰し』のおかげで治ったんだけど、目ん玉潰された恨みを晴らしがてら調整しようかなと」

浜面「む、麦野さん? 毎月26日はプルーンの日なんですよ、目に良いらしいし買ってまいりましょうかいえ買いに行かせてくださいパシリしますから」

麦野「5分な。シャケ弁も頼んだわよ」

滝壺「頑張れはまづら、私はそんな根っからのパシリなはまづらを応援してる」

浜面「あぁ滝壺、俺を気遣ってくれるのはお前だけd」

滝壺「ついでに私の分も買って来てね?」

浜面「チックショー滝壺までパシリ扱いすんのかよッ! 俺のセリフじゃねえけど不幸だぁぁあああっっ!!」


SSとは関係ないけど禁書二期放送されたらシスタールチアとかの魔術勢力SS増えるかな?
726 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 02:05:51.39 ID:mPw7WPAo
まぁ現状よりは増えるだろう
727 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 06:43:37.31 ID:YoKQsjUo
>>710見て、

211 : ◆odYQuryqsQ [] :2009/04/07(火) 00:09:41.72 ID:/ZEZYSI/0
ξ   )ξ「ブーンを殺してね。そうしたらもうクーとか関係無いでしょ。クーは殺しても意味がないでしょ。
ブーンの中にクーがいる限り無駄でしょ。だからねだからね、殺してしまおうと思ったの。ブーンを殺して私がずっと傍にいてあげるの。
ずっと、ずぅぅっと一緒にね、どこにもいかずに、ずっとお家の中で暮らすの。ブーンはね、ずっと私と一緒にいるんだよ。
とってもいいでしょ、ね、ね、だから殺してしまうの。殺したいの。ねえ、死んで、死んで、お願いだから死んでブーン。
死んでずっと一緒一緒。お願いブーン私が上手に殺してあげるから、ねぇブーン一緒に暮らそ。ねえそのために死んで。お願いブーン。
私が思いっきり殺してあげるから。そのために私頑張っていっぱいコネクター集めたし、お願い事も最初からこれに決めてたんだよ。
ねぇブーン死んで、お願いブーン。私ね中学校の頃から本当にブーンが好きで、ずっとずっとずっとずっとブーンのこと見てたのに、
ブーンは全然私のこと見ないし、それでも諦めたらダメだって、頑張って頑張ってずっとずぅぅっと見てたのに、本当にクーのほうばっかり見てるし。
ブーンブーンブーンブーンブーンブーンブーンブーンブーンブーンブーンブーンブーンブーンブーンブーンねぇ、私を見てよ見てよ
お願いだから見てよ見てよ。クーじゃなくて私を見てお願い見て、私を見て。ずっと見ててそうじゃなきゃだめなの。ダメダメ駄目だめだめ駄目駄目、
殺しちゃう。死んで欲しい。無理、死ぬぐらいなら私が殺したい。私のために死んで欲しい。死んで貴方を手に入れたい。
だめだめだめだめだめだめだめだめ。だめだめ。殺殺殺殺殺したい。殺しそうなの。でももう決めたの。[ピーーー]の。きっと[ピーーー]の。
あなたを殺して私のものにするの。だめなの。本当に、もうこれ以上我慢することなんて出来ない。今すぐ殺したい。
あなたの皮膚を裂きたいの。肉を破りたいの。血を吸いたいの。なんでもいいの。殺せるならどんな形でもいいから殺して、殺して、あなたを殺して
私のものにするの。首を絞めてもいいしね、喉を裂いてもいいし、溺れさせてもいいし、どこかに監禁して、じっと腐敗させてもいいし、
ただひたすら殴り続けてもいいし、悪い薬をたくさんあげてもいいし、飽きるくらい殺したい。殺したあとは、蝋人形にするの。
ずっとずっとずっと傍にいてあげるからねブーン。ブーン。きっとね、きっとね。それはとってもいいことなの。首をしめてもいいし、
首を切ってもいいし、頭を殴ってもいいしダメなの。殺したいくてどうしようもないの。ねえ、ブーンブーンブーンブーン。ねえ、内藤ホライゾン」

( ^q^)ヒサビサ

某所よりコピペ
コレ思い出した・・・
728 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 07:55:52.89 ID:kH12zwDO
御坂さんと上条さんの入れ替わり小ネタを2レスほど
729 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 07:56:15.63 ID:kH12zwDO
上条「よっ、御坂」

御坂「出たっ! バリバリ高校生!」

上条「誰がバリバリだ! 俺には上条当麻って愉快で素敵な名前があんだよッ!」バリバリ

御坂「危なっ!」パシュン

上条「……。ほんとになんなんだよお前の右手は……」

御坂「私にだってよく分からないわよ……それより女の子にいきなり電撃を浴びせるなんてなに考えてんのよ! アンタそれでも男か!」

上条「効かねぇんだから別にいいじゃねーか。それに能力に男も女もない」

御坂「なにそれ。レベル5の余裕ってやつ? ふん。どうせ私はレベル0の無能力者ですよー」

上条「うら」バリッ

御坂「おっと」パシュン

上条「やっぱり効かねぇじゃねーかよ!」

御坂「なんで逆ギレ!? 怒りたいのはこっちよ! 毎度毎度会うたびに電撃翌浴びせられる私の身にもなってよ!?」

上条「あ、いや、」

御坂「大体なんでアンタはよく私の目の前に現れるの? もしかしてストーカー? ストーカーさんなの!?」

上条「ちげーよ! 誰がストーカーだ誰が! だ、第一俺がこんな中学生なんかストーカーするかよ!」

御坂「こんな、こんな中学生って……」グスッ

上条「み、御坂? どう、したんだおい……」

御坂「私なりに、精一杯……頑張ってるのに。それなのに、それなのに……」グスッ

上条「あー……ごめん! 言い過ぎた! 許してくれ!」

御坂(計画通り……!)ニヤリ
730 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 07:56:38.35 ID:kH12zwDO
上条「ん? お前今、ニヤリとしなかったか?」

御坂「へぅ!? な、なんのことですかー?」

上条「その慌てっぷりはやっぱりさっきのは演技だったんだな!? ちくしょう! もう少しで騙されるところだったぞ!!」

御坂「もう少しだったのね……」

上条「年上をからかいやがって! 小悪魔か! 小悪魔美琴たんデビューですかちくしょう!」バリバリ、バリバリ

御坂「ちょっと意味分かんないこといいながらバリバリしないでよ!?」パシュン、パシュン

上条「だからバリバリじゃねーっての!!」バリバリ

御坂「バリバリしてんでしょ!? あーっもう、付き合ってらんない!」ダッ

上条「あ、逃げんな! 俺の話はまだ終わってねーぞ!」ダッ

御坂「追ってこないでよ!? やっぱりアンタ、ストーカーじゃない!」

上条「だからちっがーう!」バリバリ

御坂「うひゃぁ!? なんで私ばっかりこんな目に遭うのよ!? やぁーもうっ! 不幸だー!!」
731 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/26(月) 07:59:51.60 ID:kH12zwDO
終わり


御坂の寮のベランダに引っ掛かるショタインデックス
上条さんのクローンの弟達<ブラザーズ>
一方通行→百合子


延び白がありすぎて俺には手に負えない
732 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 08:07:57.89 ID:gGOvsADO
性格まで入れ替えると単なるキャラのすげ替えになるような…
733 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 08:08:15.14 ID:kH12zwDO
この上条さんを主役にしたら麦野沈雄とかもいけんのな。アイテム4人が男か……なんかイケメンばっかりが揃ってる気がする。後に加入する浜面さんは一体……


やっぱり俺の手には負えないわ
734 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 08:11:35.14 ID:kH12zwDO
リロってなかった

>>732
入れ替わり小ネタなのと、単純に延び白を伝えたかったのよ
735 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 08:19:34.11 ID:hI1gjZY0
麦野沈雄(しずお)、絹旗最愛(さいあ)、滝壺理皇、フレンダか・・・
736 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 08:49:30.39 ID:RvHF3cAO
身長が伸びてフレンダンダになるな
737 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 08:52:12.94 ID:Hf7dFRM0
いや、身長の低いショタという線も…
TSスレの浜面は可愛かった覚えがある
738 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 09:11:22.95 ID:8iK28FQ0
>>736
末路は
フレンダ/ンダ
フレ/ンダンダ
フレ/ンダ/ンダ
どれだ
739 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 09:20:40.63 ID:Vg4Tgtc0
>>735
オウ沈雄ー喧嘩はよくないよ−
740 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 13:29:30.70 ID:4z.AJng0
スシ屋のロシア人自重しろ
741 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 14:04:56.08 ID:WLG4fbU0
>>687
何故か削板の声が銭形警部の声で再生された
742 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 14:19:00.44 ID:P2iUmiAo
あヴぁヴぁヴぁヴぁ……執筆が進まない
妄想だけがどんどん進む
なんでみんなこんなに書けるんだ
743 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 14:33:01.52 ID:NWojoGso
でもそのロシア人がサーシャたんだったら?
744 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 15:04:43.64 ID:t4CKkUAO
マリア・タチバナさんだったら考える
745 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/26(月) 16:19:38.42 ID:RvHF3cAO
>>742
駄文乱筆だろうと一回書き上げちまえば良い、そこに推敲を加えるのは礎を作るよりは楽だから。
100点が出来上がるまで動かないより80〜40点をバラ撒いて修正。
746 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 16:22:53.62 ID:ZChM4FMo
セロリ牛丼
ttp://sankei.jp.msn.com/photos/economy/business/100726/biz1007261326006-p2.jpg
747 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 16:44:34.52 ID:P2iUmiAo
>>745
わかった。とりあえず流れを全部文におこしてみるよ
ありがとう!
748 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 16:47:25.68 ID:WLG4fbU0
>>746
セロリ×牛丼……牛……牛……固法さん?
一方固法なんてマニアックすぎだろ
749 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 17:37:56.57 ID:5geD8Xg0
>>746
吹いたwww
750 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 17:55:44.66 ID:r4QqxMIo
【外食】すき家が「ニンニクの芽牛丼」と「セロリ牛丼」 牛丼「夏の陣」に、新メニュー投入[10/07/26]
ttp://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1280122775/

( ゚д゚ ) (  ゚д゚ )!!
751 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 18:05:35.40 ID:hR8HKaco
>>746
ロリ限定なんですね?わかります
752 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 18:42:52.93 ID:SapyHeY0
>>736
いまさらだけどフレンダンゴにみえた
753 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 19:37:20.27 ID:0bt8mEDO
>>742
>>745と同じ考え方して絶賛1000レス超えしてる俺みたいにならないようにな
754 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 20:13:50.40 ID:P2iUmiAo
>>753
それもそれであr(ry
ありがとう。気をつけてみる
まぁもしもの時はスレ立てするしかないよね
スレ立てする勇気なんて無いけど(´・ω・)
755 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 21:06:22.89 ID:P3Er06AO
オリジナルの設定、キャラで書いてるんだけど難しいのな
そのキャラの考えや行動が矛盾しないようにするのにすごい苦労する
756 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/26(月) 21:27:51.72 ID:RvHF3cAO
セロリ牛丼を受けて4レス。

黄泉川家物です。
757 :黄泉川家の庶民派外食 [sage]:2010/07/26(月) 21:28:19.02 ID:RvHF3cAO
 セロリ牛丼―――その時、流れは動いた。20000号は牛丼屋にクラウチングスタートを切って走り出し、17600号は取材に走る。14510号は冷凍保管の為に買いだめを増やし、10033号は明日のスタミナを付けるため毎日通う。

 そんな妹達の乱躍をよそに、彼等は至極マイペースに店へ向かった。女の子がCMでそれを発見し、駄々を捏ねたのだ。

打ち止め「わーいわーい、牛丼なんて初めて食べるよってミサカはミサカは喜びをバレエで表現してみたり〜〜♪」

黄泉川「こら危ないじゃん打ち止め、向かいから人が歩いてくるぞー」

  打ち止め ピタッ

・・・・・・

打ち止め「もーっ! 歩いてこないよ黄泉川の嘘にはいつもしてやられるんだからってミサカはミサカはご機嫌ななめになってみたり!」ブーブー

黄泉川「騙される方が悪いじゃあん?」


芳川「外食は久しぶりね……それがまさか牛丼とは思わなかったけれど」

一方通行「オマエの外食は研究室暮らし以来かよ」

芳川「そうね、あの頃の夕食は空腹感に耐えきれなくなったら口にする、っていう物だったし。インスタントで済ませる事も多かったわね」

一方通行「ツマンネェ女」

芳川「生憎ね。わたしは研究者としての道を決めた時に、更に付け加えるなら『実験』に関わった時点で、女としての価値にすがる事を辞めたのよ」


一方通行「……」

一方通行・芳川「「しかし、それももう終わ(ってしまった)っちまった」」

一方通行「!………」

芳川「………ぷっ……ふふふふふっ」

一方通行「……」イラッ



――――――――
 カランカランカラン

店員「いらっしゃいませー!」

打ち止め「いらっしゃいましたー! ってミサカはミサカはこれからお世話になる方に愛想よく振る舞ってみたり!」

一方通行「オマエホント空気読まねェよな」
758 :黄泉川家の庶民派外食 [sage]:2010/07/26(月) 21:30:18.17 ID:RvHF3cAO
打ち止め「空気読まないのは上位個体の権限かつチャームポイントなんだから、ってミサカはミサカは得意気に振る舞ってみる」

一方通行「どこの独裁者だオマエ」

黄泉川「おっし奥が空いてるなー、あそこに座るじゃんよ」



打ち止め「どーれーにーしーよーおーかーなー」

一方通行「さっさとキメロっつの」

黄泉川「まーまー、久しぶりの外食だしいーじゃん」

一方通行「……」(教師が甘くてどォすンだ)

芳川「あら、CM観てセロリ牛丼に決めたんじゃなかったの?」

打ち止め「うん、やっぱりやっぱりメニュー見ちゃうとアレもコレもってなっちゃって、ミサカはミサカはウキウキ気分を隠せなくって、メニューから目が離せない今の状況が一番楽しくなっちゃってたり!!」

一方通行「独裁者の上に浮気モンか、スバラシイ上位個体ぶりだなァ?」

打ち止め「う〜んもっと誉めて褒めて!! ってミサカはミサカは嘆願してみるっ♪」

一方通行(半分聞こえてねェな。どンだけメニュー表の支配下に陥ってンだよ)

芳川「あなたはもう決めたの?」

一方通行「…」イラッ「……ァンでもイんだよ」



     決定

黄泉川:牛あいがけ五目丼サラダセット

芳川:牛丼ライトおんたまセット

一方通行:セロリ牛丼大盛り

打ち止め:ミニ3種のチーズ牛丼・メロンフロート
759 :黄泉川家の庶民派外食 [sage]:2010/07/26(月) 21:32:40.92 ID:RvHF3cAO
店員「お待たせしましたー!」×4

打ち止め「やっほう、ミサカのが一番乗りだよっ! ミサカはミサカは店員さんに気が利くねっ♪ って可愛くウインクしてみたりっ♪」

一方通行(もォイイわ)



黄泉川「おーし揃ったじゃん、んじゃいただきますしよっかー」

一「ハイハイ、」一打芳黄「「「「いただきます!」」」」一「ケッ」



芳川「うん、さっぱりしていいわ。柚子が効いてて」パクッ


黄泉川「サラダから食べるのが基本じゃん」シャクシャク

芳川「そういえば家でもサラダからだったわね」コンコンパカッ

黄泉川「過剰なカロリー摂取を防ぐ為にサラダがあるんじゃん」

芳川「素晴らしく理にかなった食事方よね。ただ、摂取カロリーが決まりがちな外食では意味ないんじゃないかしら」パクパク

黄泉川「………しまっ」

芳川「それでも追加オーダーを防ぐ効果は有るし、残すのなら話は別だけど?」

打ち止め「ん? 呼んだヨシカワ?」

芳川「んーん。三色チーズ丼は美味しい?」

打ち止め「うーん、それがチーズがその…あんまり……」

芳川「口に合わなかったのね? 困ったわね、しょうがないから避けて食べることね」

打ち止め「うん…ミサカはね、三色チーズってゆう響きに心惹かれちゃってたの。……ごめんなさいチーズさん」

     スッ

打ち止め「!」

芳川「あら」


一方通行「乗せろ。カロリーが足りねェ」

打ち止め「ううぅぅう……ミサカはミサカは困った時の『最終兵器あなた』に依存しちゃってる自分に激しく憤りを感じてみたり……」

一方通行「ハァ……オオゲサ。」
760 :黄泉川家の庶民派外食 [sage]:2010/07/26(月) 21:35:04.24 ID:RvHF3cAO
――――――――

店員「ありがとうございましたー!」

 カランカランカラン

黄泉川「うん、満足満足」

打ち止め「メロンフロート美味しかったよってミサカはミサカはまだ残ってる後味に浸りながら大満足っ!!」

芳川「帰ったらすぐに歯磨きよ?」

打ち止め「ハーイ!」

チャリン ピッ ガコンッ カシュッ

打ち止め「あー! 1人だけズルいんだーってミサカはミサカは独断専行なあなたをなじってみたり〜」

 グビッ

一方通行「メロンフロートオーダーさンがナニ仰ってンですかァ?」

打ち止め「う」

黄泉川「自販で飲むなら店で頼めば良かったじゃん?」

 グビッ

一方通行「流石に味の保証が付かねェからな」

芳川「ま、良いんじゃない? 効率だけを求めるよりは」

一方通行「オマエからそンな台詞が聞けるたァな」

黄泉川「ふむ……」(実際、考え方も振る舞いも変わってきてる。これは良い傾向なのかな)


打ち止め「ヨミカワ! ミサカはねっ、今度はハンバーガー食べてみたいなってミサカはミサカは上目遣いでおねだりしてみるっ♪」

一方通行「ラー油バーガー頼むなよ」

打ち止め「う」ギクッ

一方通行「カライっつって放り出すだろオマエ」

打ち止め「なんでわかっちゃうのってミサカはミサカは―――ッ!!」

 こうして夜は更ける。ちなみに17600号が4人を尾行していたが、把握していた一方通行はそれを気に介さない。好きに生きるべきだ、そう思っているから。

 後日、情報を受け取った各ミサカがこぞって店を訪れ、瞬間的に学園都市の牛丼屋は大きく売上を伸ばすのであった。終
761 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 21:42:12.20 ID:5geD8Xg0

黄泉川家は和むねぇ
それと一方さんのさりげない気遣いに惚れた
762 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 21:52:57.15 ID:hKJeskc0
セロリ丼情報から数時間でこのクオリティとは
マジで凄いな

763 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 22:12:29.12 ID:WLG4fbU0
乙乙!
すき家ですか?とメニューから予測してみる。
20000号は間違いなく営業妨害。
764 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 22:28:49.56 ID:WLG4fbU0
って>>750に書いてあった……
同じすき家派かと先走ってしまいました
765 :古本屋にて [sage]:2010/07/26(月) 22:58:13.39 ID:ss0Hv6AO
禁書「とうま!とある魔術の禁書目録が全巻セットで2000円なんだよ!」

上条「おお、SS2巻も入れてこの値段……お得だな買ってくか」


帰宅

上条「よく見たら4,5,6巻が抜けてるじゃねえか……不幸だ」


実際にあった話
766 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/26(月) 23:02:09.58 ID:p3feCxM0
いや、全巻セットって銘打ってたならアレだが、それでも得なんじゃないか、相場とか良く解らんが

まあでも不幸じゃないと上条さんじゃないか…
767 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 23:08:41.32 ID:kH12zwDO
黄泉川家乙
どうでもいいけど吉野家とかの牛丼がなんか嫌い。よく誘われて行くけど別なの食べてる


>>765
それでも安いじゃん。俺の近くなんて全然なくてポチッた方が早かったりする。二期が13巻までじゃね?ってのを聞いて買いに行ったら飛び飛びだったし
まぁ田舎だからかもしれないけどさ
768 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 23:15:38.24 ID:ffNFHoAO
>>765
普通に全巻揃えると諭吉が飛びます
769 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 23:22:58.39 ID:ss0Hv6AO
>>765の話しには続きがあってだな
店員が間違えたと思うが19巻を読んだら中身が18巻で18巻が2冊になっていたり一部落書きされていて挿絵の禁書が顔塗りつぶされていたりページが一部破れていたのがあったりと

まともなのは三分の二くらいだった
770 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 23:25:29.67 ID:/ljKjnM0
ブクオフだとSS抜きでも350×17で5950円か

まぁそれだけ安けりゃ訳ありで当然だわな
3分の2なら十分元は取れてるし
771 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/26(月) 23:28:29.78 ID:p3feCxM0
>>765
まぁそれなら妥当な値段だよな…

ところでちょっと聞いてくれださい、ずっとカマ条さんだけ書いてたんだけど

最近SSを作れないんだ…、まあSS自体一ヶ月前くらいに初めて書いたんだけど

書いてるうちに、「あれコレつまんねーな」とか「こうしたらもっと面白くなんじゃね?」とか
やってるうちに飽きて書くのやめてしまうんだ

ってわけでマジで不躾ですが、よろしければSSの効率的な作り方教えてくださると…ありがたいです
需要はないかもだけどカマ条さんでの妄想(オナニー)楽しいんだ

記憶喪失後の上条さんが黒子とのキャッキャウフフでどぎまぎするとか、とか
772 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 23:31:10.20 ID:B1J.aaAo
SSなんて全部妄想(オナニー)だ
つまり妄想(オナニー)を文にすればいいんだよ

面白いかどうかは歴史が決める
773 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 23:47:02.26 ID:hXp37to0
>>770
うちの近くのブックオフだと1冊200円なんだが安い方なんだな・・・
774 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/26(月) 23:48:37.64 ID:p3feCxM0
>>772
…なるほど、結局、妄想(オナニー)ってのはそういうものなわけよね
ありがとう

よしじゃあ、カマ条さん記憶喪失後のメインヒロインは黒子でいいんだよな!

記憶喪失はさせないけど!オカマじゃなくなったら上条さんだし!

光の羽をつばで爆破させるけど!

いやでもカマ条さん記憶喪失後の黒子メインヒロイン化も捨てがたい…。
黒子は親友だと思ってるから、上条さんに天然でイチャつくんだな!
そしてそれを見た美琴は超複雑な気持ちになるんだな!

…両方やるか!また時間をかけて!ねっぷりぬとぬとと!散発的に!

オナニーだし!公開オナニーだし!

そして俺今きもちわるい!

でもなんかすっきりした!いいや!もうこれでいいや!

…でも仕事があるから今日はもう寝よう。
775 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 23:54:35.42 ID:c7YPuYDO
>>771
飽きる前に書き上げれる程度の小ネタを書く。
小ネタを書いてるうちに長いのが書きたくなってくる。

書くほうは小ネタの感想見てモチベーションも上がって幸せ
読むほうは小ネタが読めて幸せ



まあ俺はカマ条さん別に好きじゃないけどね!ごめんね鬼畜でごめんね!



オナニーだから自分がつまらなく感じてもとりあえず投下してみたらいいよ
776 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/27(火) 00:02:24.56 ID:BWHpWkAO
>>771
カマ条さんの人ってことは短期集中型だと思うから、気分が乗らない時は書くのを控える。

キャラはしっかり読み込んで把握した上で、背景や設定には縛られすぎない。(カマ条さんの発想をする人に何言ってんだって話だけど)

カマ条さんが自分の柱だと思ってるんなら、その固定観念を壊して他のSSを書いてみたりする。1つのジャンルにハマると思いつく展開・台詞が単調になりがち

2ちゃん他で情報収集を兼ねた息抜きをする。
とにかくイマイチだと感じたんなら、新しいインスピレーションを受けられるような行動を起こすこと。
単純な理由だと体調不良・寝不足・栄養不足等で感性が鈍ったり、ネガティブ思考に陥ってたりするから健康に気をつけて。夏だから特にね。
777 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 00:04:09.46 ID:OwNMmZQo
なんか自分が恥ずかしくなってきた。
>>775さん、>>776さんかっこいい…
778 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/27(火) 00:07:01.28 ID:zgmFk960
小ネタ 1レス 今日は何の日〜7月27日〜


インデックス「ねえとうまー、今日は何の日か知ってる?」

上条「今日? 30日ならジャ○コで5パーセントOFFだけど27日だろ? あ、火曜市か」

インデックス「とうま、主夫の観点からの情報は聞いてないんだよ、『何の日か知ってる?』って聞いてるんだよ」

上条「知らないけど……あぁ! アレか!」

インデックス「分かってくれたんだねとうま!」

上条「1976年、ロッキード事件で当時前首相だった田中角栄氏が逮捕されたことにより制定された『政治を考える日 』だな! 日本史教師がそんなこと言ってた!」

インデックス「それじゃないんだよ! 私が言いたいのは『政治を考える日』じゃないんだよ!」

上条「ん? だったら今日は何の日なんだ?」

インデックス「ずばり、『スイカの日』なんだよ! スイカの縞模様を綱に見立てて、27を「つ(2)な(7)」と語呂合わせで読むからなんだよ!」

上条「へー、縞縞を綱にみたててねぇ……」

インデックス「だからねとうま!」

上条「駄目」

インデックス「なんで駄目なのとうま! 夏と言えばスイカなんだよ!」

上条「月末で厳しいんだよ! そんなにスイカが良いならスイカのとこの子供になりなさい!」

インデックス「その発言は母親が聞きわけのない子供に向かって言う台詞かも!」

上条「似たようなもんじゃねえか! 聞きわけないって点では一緒だろうが!」

インデックス「むぅーっ、当麻のケチンボ!」

上条「何とでも言いなさい! 上条さんはその程度では動かないんですよ!」

インデックス「甲斐性なし! ダメ男! 貧困!」

上条「だから何とでも」

インデックス「ウニ頭!」

上条「ふっざけんな! 人の髪型馬鹿にすんじゃねえよ! いいぜ、もしテメエが俺の髪型を馬鹿にするってんなら、まずはそのふざけた幻想をぶち殺す!」

インデックス「なんでそこでいきなりスイッチ入るのかな!? もう訳わかめなんだよ!?」


SSとは関係ないけど7月27日は『鉄火の炎』主人公・花菱烈火の誕生日でもあります、彼もウニ頭ですね
779 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/27(火) 00:11:44.82 ID:/SMFzH6o
上条さんマジ主夫
おい鉄火巻食いたくなったじゃねえかどうしてくれる
780 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/27(火) 00:12:14.93 ID:fGUevsA0
>>775
>>776
了解です、ご意見あざっす!

鬼畜なのは問題ないっす、自分基本Mなんで!

カマ条さんだけじゃなくほかにも書くか…なにかしら

ちょっと前に考えてたのは風紀委員の垣根とか
原作より前に上条さんにそげぶされていろいろあって風紀委員にはいりましたとさ、ってやつ

原作の頭フミフミはないけど、なぜか初春にすげー嫌われてるってとこまで妄想してとりあえずやめといた

あ、あと体の心配ありがとうございます、確かにちょっと腹の調子おかしかったわ、うん

>>778
乙!烈火の炎か…なついな!
俺はうにといえばアトリエシリーズを…

…アウレオルスのアトリエ 学園都市の錬金工房

無理すぎるな、うん、ないわ
781 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 00:17:24.87 ID:x9c/Kmg0
>>780
>…アウレオルスのアトリエ 学園都市の錬金工房
おい おまえこれ書けよ
782 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/27(火) 00:29:52.10 ID:BVVr4sDO
>>781
M宣言ゆえの仕打ちですね








>>780
おい 書けよ
783 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/27(火) 00:31:01.16 ID:zgmFk960
>>779みて『なんでウニじゃなくて鉄火巻き?』って思ったら誤字してたのかorz
皆も誤字脱字は気をつけようね、おじさんとの約束だよ!
784 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sago]:2010/07/27(火) 00:41:47.43 ID:61AHPMDO
酷い過疎

ttp://misaka-network.net/14510/
785 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 03:49:19.50 ID:krGpUNUo
亀だが、禁書原作なんてそもそもブックオフにほとんど見当たらないんだが……
人気作ってこんなもんだと思ってたけど、みんなの近所には結構そろってるの?

あぁ6,7000円かかってもいいからそろえたい
786 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 04:26:07.99 ID:sheZcs6o
中古なんてそうそう出ないだろう。
新刊ですらなかなか揃わなかったのに。
787 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 04:33:46.57 ID:eDHu6Rw0
俺はまんだらけで買った。
全巻豊富に揃ってたけど、1巻あたり420円だったな。
788 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 07:24:13.51 ID:SQORbwEo
縞々・・・ね・・・



シスターズ一体ほしいよおおおおおおおおおおおおおお
789 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 10:35:58.81 ID:TTTygaAo
質問なんだが、一方通行はどのぐらいの速度で動けると思う?
限界出したら光速に近づけるのか?
790 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 10:42:47.73 ID:mbMBQYDO
理論的には出来るんじゃね?凄い演算大変そうだけど


削板「光になあぁぁぁれえぇぇぇぇ!!」これなら多分演算いらない
791 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 12:29:14.53 ID:krGpUNUo
もし「自分自身の速度ベクトルを自在に操る」、って能力なら理論上光速も可能だろうけど
一方通行の能力って、「自分に触れたあらゆるベクトルを操作」だよね?
で、彼が加速するときに使うのって、例えば足裏に地面からかかる応力ベクトルを地面側に大きく反射させ、その反動で超スピードが出る……って理論だろうから、おそらくそれじゃ光速は無理。
って物理学科の俺は思うんだがどうなんだ。確証はない。



それにしても
>削板「光になあぁぁぁれえぇぇぇぇ!!」
ワロス
792 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 12:44:22.40 ID:TTTygaAo
>>790
>>791
ありがとう!
そうか……でも自分自身の触れたあらゆるベクトルを操作だから、
自分の周りの分子と移動する方向に存在する分子を全て操作すれば
演算スピードで移動可能……?

かなり演算が面倒なだけで、実は可能ってことはない?
793 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 12:45:47.34 ID:nchgk5Io
一方さんがわざわざ自転のエネルギーを取り出した辺りから、運動量の方向を変えることは出来ても
運動量の絶対値は変えることが出来ないんじゃないかと思ってる

いくら運動量を足していっても相対論の要請から重くなってくだけだから光速は無理じゃね?
794 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 12:52:34.71 ID:krGpUNUo
俺もまだ一般相対性理論・特殊相対性理論をちゃんと勉強した訳じゃないからなんとも言えないんだけど、もし光速出すってんなら>>793の言うとおり相対論が絡むのは間違いないし。
そうなってくると、単純なベクトル操作や人間の頭脳での演算っていうレベルを超えた領域に踏み込まないと、どう考えても無理な気がする。

それこそ、絶対能力(レベル6)とか聖人の力とか?
795 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 12:54:55.34 ID:mbMBQYDO
垣根帝督の未元物質で物理法則を歪めちゃえば不可能はなーい

一方さんの噛ませで終わっちゃったけど垣根帝督も実は凄いと思うの
796 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/27(火) 12:55:34.65 ID:fGUevsA0
やっつけでアウレオルスのアトリエ書きました…。

コレでかんべんしてやってください…。

以下1レス借り
797 :ヘタ錬金術師 [sage saga]:2010/07/27(火) 12:56:06.93 ID:fGUevsA0
アウレオルス「…慄然、納期が今日までなのに2つ依頼が残っている。」

アウレオルス「『演算銃器』は今まで作ったことがない、だが材料は揃っているし、成功率も問題あるまい。
       …『シャケ弁』は何度か作っている、レシピも材料もある。…これは、インデックちゅ!!」

インデックちゅ「ちゅ?」

アウレオルス「すまんが、『シャケ弁』の調合を頼む、今日中にだ!」

インデックちゅ「わかったんだよ!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

インデックちゅ「…けぷ。」

アウレオルス「…当然、こうなることは予測するべきであった。」

麦のん「ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね。」
798 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 12:58:15.56 ID:TTTygaAo
>>794
光速までは出なくてもいいんだが、どの程度の速度までなら
イケるかなぁって思って質問しました。
wikiには風速120mに準拠みたいなことが書いてあったけど、
それって大して速くないから、限界はどうなのかなぁって思いまして。

スレチならゴメン!
799 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 13:03:18.84 ID:krGpUNUo
確かに、>>795で思ったが物理法則をゆがめるって意味ではていと君の方が光速出したり、光を遅くしたりってのは実現しそうだな。
というか未元物質が未だによくわかんねぇ……自分の思い通りの法則を持たせた物質を自在に生み出せるってんなら、事実上何でも出来ることにならね?
この辺原作ちゃんと読まないとわかんないの?

>>797
アウレオルスさん見たのいつぶりだろうか……乙
800 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 13:13:22.78 ID:BVVr4sDO
>>797
乙乙。
まさか本当に書くとは・・・このドMさんめっ!
アウレオルスとインデックちゅの組み合わせってだけでニヤニヤする






もっと書けビーム
801 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 13:26:15.06 ID:UOgo9oDO
>>797
書けよとは言ったが本当に書くとはwww
このドMめ!ぐっじょぶと言ってやってもいい
802 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 13:26:33.19 ID:jZveM0Qo
誰かマジカル☆シャーマン・あいさを描いてくれませんかねぇ

灰村先生やってくれるぜー
803 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 13:29:31.06 ID:SslCU4.o
>>802
マジカル☆シャーマン・あいさの設定ってどこ行けばわかる?
804 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 13:33:35.95 ID:jZveM0Qo
http://blog-imgs-30-origin.fc2.com/k/o/d/kodoku21/726himekami33.jpg

            ↓

http://uproda11.2ch-library.com/255197ieh/11255197.png
805 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/27(火) 13:34:44.95 ID:BWHpWkAO
>>797
インデックちゅ絡むと冷静な判断ができなくなるアウレさん萌え

何だかんだで原作も精密な法則は無視してるみたいだし、人をハネないで済む(自分が周りを把握できる)速度、一通さんの天才処理能力を鑑みて、時速300kmくらいは出せるんじゃない? 黒子のテレポートが時速換算で288kmって書いてある(最大飛距離が81.5mの為)

空飛びっぱなしは無理だと思うけど、黒翼発動時はイケるかも。15巻最後の垣根に世界中のベクトル集めても無理と思わせるベクトル発動してるし。

垣根の能力描写は15巻のみでそれにつけても少ないから、結局それぞれの妄想で考えざるを得ない。
806 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 14:06:31.37 ID:Gsafj6AO
自分だけの現実で法則ねじ曲げてるんだから細かいことはいいんだよ

んなこと言ったら美琴の10億ボルトはどこからエネルギー引っ張ってきてるんだって話に
807 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 14:17:21.78 ID:mbMBQYDO
かまちーに俺達の常識は通用しねえ
808 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 15:41:19.64 ID:/L09OE.0
>>805
時速300kmって遅すぎだろww
3巻の時点で音速越えてんだから、今は時速5000km位は出せるんじゃね
809 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 15:58:08.05 ID:frpVK/Yo
黒子の移動スピードはラグ含めの速度なのに引き合いに出してどうするんだ
810 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/27(火) 16:08:07.71 ID:hs.9a8c0
戦闘シーン書くときの参考にしたいんですが、音速超え、光速近くで
動いてる場合、周りの把握ってできるんでしょうか?
音速超えたら音聞こえないし、光速近くでも光が目(網膜、視神経を通して脳中枢)に
到達する時間が変わるように思えるんですけど。
教えて偉い人。
811 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 16:47:03.53 ID:SslCU4.o
>>810
どういう設定で書こうとしてるのか知らんけど
気配だの第六巻だのでどうにかなる。

音速でも目は見えるから「反応速度が高いから大丈夫」と言い切ってしまえばおk。
実際は0.1秒未満は人間の脳じゃ不可能らしいけど。

どうしても無理があるならそれこそ魔術とか超能力とかトンデモ設定で補強させちゃえばいい。
もしくは「反応できない」とか「把握できない」とかいう情報を一切書かないで勢いで流す。
812 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 17:05:47.96 ID:UOgo9oDO
一方さんが垣根戦でやってた「いつのまにか後ろに居る」ってどの程度の速さなんだろうな
813 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 18:36:29.79 ID:cqbLWgAO
>>812
魔術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃねえもっと恐ろしいものの片鱗
814 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 18:48:07.97 ID:krGpUNUo
ドラゴンボールww
815 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga sage]:2010/07/27(火) 18:59:42.58 ID:lNeZS/o0
4レスほど借ります。
一応>>470-473の続きてきなもの。
816 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga sage]:2010/07/27(火) 19:01:29.79 ID:lNeZS/o0
上条の寮。朝。

美琴「ふんふんふーん♪」

上条「わっ!」ダキッ

美琴「きゃっ」

上条「驚いたー美琴?」

美琴「もーう♪ 危ないじゃない当麻ったら! めっ」

上条「へへ…だって美琴が俺のために朝早く起きて弁当作ってくれてるの見るととても嬉しくてさ。エプロン姿似合ってるぜ」

美琴「嬉しい……ねぇ当麻?」

上条「何だよ俺の美琴?」

美琴「キスして?」

上条「またかよ。美琴は甘えん坊さんだなあ」

美琴「ダメ…かな?」ウルッ

上条「いいぜ。ほらよ」チュー

美琴「あ…当麻ぁ」チュー

上条「……ん? あ、おい焦げてるぞ!」

美琴「あ、本当だ! 危ない危ない!」

上条「まったく、美琴はおドジさんだなぁ」コツン

美琴「てへ。多分この玉子焼きも私と当麻の熱々ぶりに耐えられなくて焦げちゃったんだと思う」

上条「もう、美琴は発想がメルヘンだなあ」ナデナデ

美琴「えへへ」

インデックス「(とても居辛いんだよこの空気……)」
817 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga sage]:2010/07/27(火) 19:03:15.38 ID:lNeZS/o0
映画館にて。

映画『な、何でこんなことに!? た、頼む! 俺を置いて死なないでくれ!!」

黒子「………………」

「むちゅ…れろちゅ……ぺろちゅ……美琴ぉ」

映画『ふ…最初から……こうなることは……分かってたんだ……ぐふっ!!』

佐天「………………」

「あん……ふぁ……ちゅぅ……むぅ……当麻ぁ」

映画『しっかしろ!! 一緒に…最後まで戦うって言ったじゃないか!!』

初春「………………」

「やぁ……変なところ……ん!……触らないでぇ……」

映画『ジョディのことは……頼んだぜ……相棒……ガクッ』

黒子佐天初春「………………」

「いいじゃねぇか美琴……暗いし誰も見てねぇよ……むちゅ…れろ」サワサワ

映画『ジョーン!!! 死ぬな!! 死ぬんじゃない!!  チクショウ!! ジョーーーーーーン!!!!』

「んぁ…ら、らめぇ……とうまぁ……」

「美琴ぉ……」サワサワ

黒子佐天初春「(映画に集中できないんですけど……)」
818 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga sage]:2010/07/27(火) 19:05:19.63 ID:lNeZS/o0
上条の寮。

上条「じゃあ土御門たちと遊びに行ってくるから夕飯は2人で食べててくれ」

美琴「はーい」

上条「じゃ、行ってきます」

美琴「あ、待って」

上条「ん? 何だ?」

美琴「忘れ物してない?」

上条「あ、そっかそっか。すまん俺としたことが」

美琴「でしょ?」

上条「はい美琴」チュ

美琴「ん、当麻」チュ

上条「じゃ、行ってきまーす」

美琴「楽しんできてねー」バイバイ

バタン!

インデックス「………………」
819 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga sage]:2010/07/27(火) 19:07:06.24 ID:lNeZS/o0
夕飯時。

美琴「はい、晩御飯の野菜炒めよ。たんと召し上がれ♪」

インデックス「あ、ありがとうなんだよ」

美琴「いえいえ」

インデックス「………………」

美琴「どうしたの?」

インデックス「………その…1つ聞きたいんだけど……短髪は嫌じゃないのかな?」

美琴「え? 嫌って何が?」

インデックス「………だって、とうまと短髪はもう、そうしそうあいなんだよ。同棲もしてるのに、そこに私みたいなお邪魔虫がいたら嫌じゃないのかな?」

美琴「何で? 別に邪魔じゃないよ?」

インデックス「………お、おかしいんだよそれ。わ、私だって年頃の女の子なんだよ。なのに私まで一緒に住んでたら普通は邪魔に思えるんだよ。嫉妬してもおかしくないんだよ」

美琴「どうして私がインデックスに嫉妬するの?」

インデックス「え?」

美琴「だって、インデックスは私と当麻の子供みたいなものじゃない」

インデックス「」

美琴「夫婦が子供を大事に思うのは当然のことでしょ? だから、これからは遠慮せずに私のこと『お母さん』って言ってもいいんだよ? あ、外国では『ママ』とか言うのかな?」ニコッ

インデックス「」

美琴「ほら、口にご飯粒ついてるわよ」フキフキ

インデックス「(この2人の前衛的なバカップル思考には私の10万3000冊の知識でも追いつけないんだよ)」
820 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga sage]:2010/07/27(火) 19:07:51.02 ID:lNeZS/o0
終わり。
どうしてこうなった。
続きはまた近いうちに。やる気が出れば。
821 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 19:10:10.54 ID:kNGNxIQ0
本当にどうしてこうなったwwwwwwwwww

ヘタ錬可愛いよヘタ錬
822 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 19:11:14.30 ID:hs.9a8c0
>>811
返答ありがとうございます。
参考にしてみます。

>>820
インデックスがいても気にせず情事に耽る上琴が異常なのか
それでもなお上条家に居座るインデックスが異常なのか
こんなバカップルに付き合う中一トリオにも泣いた
823 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga sage]:2010/07/27(火) 19:11:58.60 ID:lNeZS/o0
ごめんなさい。タイトル忘れてました。
「とある空気の読めないバカップルA」で脳内補完しておいて下さい。
824 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 19:36:46.53 ID:OwNMmZQo
>>820
余りの空気読めないバカップルぶりww
上琴物大好きなはずなのに周囲の人たちの方に同情しちゃうwwww
825 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/27(火) 19:56:05.69 ID:mbMBQYDO
この上琴は窓のないビルに隔離すべき


小ネタになるけど試作品の試作品を2レスほどもらいます
826 :御坂王国の内乱 [sage]:2010/07/27(火) 19:57:10.04 ID:mbMBQYDO
美琴「? なにやら外が騒がしいですね……」

上条「美琴様! 大変です!」

美琴「急にどうしたですか我が騎士よ」

上条「た、たった今、美琴様の妹君の打ち止め様が、複製部隊を率いクーデターを起こしました!」

美琴「それは真ですか!?」

上条「はい……。その騒ぎの中で第二将軍の垣根帝督が討ち死になされました……」

美琴「なんということなの……」

上条「そして現在、この第七王区を離れて第十三王区へと拠点を移しているそうです」

美琴「そうですか……。して、我が愚妹に付いた愚か者は?」

上条「はっ。確認されてる主要な人物は、第一将軍の一方通行と第四将軍の麦野沈利にございます」

美琴「ふむ、私が次期女王たる情勢の中でよくもそれだけの戦力を集められたものですね」

上条「第零将軍として他の将軍達をまとめきれなかった私の責任です。まとめきれていればここまでの事態にはならかったはず……っ!」

美琴「貴方の責任ではないわ。これは私の慢心、油断によるもの。だから顔を上げなさい、我が騎士よ」

上条「美琴、様?」

美琴「我が騎士、上条当麻に命ずる! 必ずやこのクーデターを終結させ、我がお、夫になるがよい!」

上条「ぶふぉ!? こんな時になにを仰いますぅ!?」

美琴「に、二度は言いませんっ! それとも私の命に背くのですか!?」

上条「決してそのようなことは! ……。イエス、ユアハイネス」

美琴「私は立場上動くことが出来ません。ですから第五将軍と第七将軍を連れて行きなさい」

上条「しかしそれではここの守りが手薄に……!」

美琴「私を誰だと思っているのですか? 第一王女の身でありながら第三将軍の位を得て各地を治めて回っていたのですよ? ここの守りなど私と第六将軍だけで十分です!」

上条「分かりました。部下に馬の準備をさせろ! 丘に向かうぞ! ……そしてもう一つ」

美琴「まだなに、んっ、んん」

上条「……美琴、愛してる」

美琴「ばかっ、こんな時に……」

上条「こんな時だからだ。では、必ずや戦果を挙げて参ります!」
827 :御坂王国の内乱 [sage]:2010/07/27(火) 19:57:41.00 ID:mbMBQYDO
打止「お怪我大丈夫ですか?」

一方「大丈夫だァ。けど、第二将軍がまさかあそこまでやるとは思ってもなかったぜェ」

打止「しばらく無理はなさっては駄目ですね……」

一方「なっ!? 俺はまだ戦える! 戦えンだよ!」

打止「駄目です。只でさえ貴方は私のために奔走してくれたというのに、更に酷使すれば貴方を失うことに繋がります!」

一方「チッ、分かったよ。こうなったらお前、頑固だからなァ」

打止「ほっ。では、しばらく前線の指揮は第四将軍にお願いしますね」

一方「あァ。でもほンとに良かったのか? クーデターなンか起こして……」

打止「……私はお姉様のまずは力を行使するという治め方に反対なのです。お父様とお母様は既に盲目となされ、お姉様に全てを委ねています。このまま王位継承の時を迎えれば、私の声などあってないようなものになります。だから私は行動を起こしたのです」

一方「分かった。もうなにも言わねェ。お前とは小さい頃からの付き合いだからよ、これからもとことン付き合ってやンぜ」

打止「ありがとう! ってミサカはミサカはあなたに抱きついてみる!」

一方「ハッ、第二王女らしからねェ様だな」

打止「……コホン。では、これから貴方にはプライベートでも敬語を使ってもらいます」

一方「ハァ? 突然なに意味分かンねェこと言ってンだよ?」

打止「私の命を聞けないのですか? 我が騎士よ」

一方「だ、だけどよォ」

打止「……」

一方「イエス、ユアハイネス……」

打止「マジェスティと呼ばれる日が楽しみですね」

一方「女王陛下と成られてもいつもお側に居ります」

打止「そのために今は治療に専念して下さいね?」

一方「分かっています」

打止「手が空いたら様子見にくるからまた後で」

一方「あァ、また後でなァ」
828 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 19:58:58.30 ID:mbMBQYDO
終わり。その内やりたいかなってSSを禁書のキャラを借りてやってみたというだけです
829 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/27(火) 20:15:21.40 ID:iKeT5oMo
>>828
つまんないよ
830 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 20:18:36.28 ID:nuk47K60
これ絶対打ち止め側が負ける。そんな気がする。
831 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 20:34:00.51 ID:hs.9a8c0
>>828
乙。
何故ていとくんを殺したし。
戦記物ならどっかんどっかん戦闘や戦術、戦略があれば
面白そう。
832 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/27(火) 20:39:22.93 ID:fGUevsA0
仕事終わったし、もっといっぱい書けって言われたから書いたよ!ヘタ錬金のアトリエ!
ちなみに昼の投下は昼休みに飯くいに家帰ったときにやったよ!

ついでに帰りにアトリエシリーズやりたくなってトトリのアトリエ買いに行ったら、店員が高校の同級生だったよ!
あ、ちなみに男な!俺も相手も!

パッケージが萌絵のソフト持って知り合いの前に行くとか、すっげえ拷問だ!

まあでも俺Mだったから全然問題ねえ!!

んじゃ投下しまーす。例によって1レス。

あと、投下前に…。


ヘタ錬金「たーる♪(杉田ボイス)」
833 :アウレオルスのアトリエ〜学園都市の錬金術師〜 [sage saga]:2010/07/27(火) 20:40:08.94 ID:fGUevsA0
ヘタ錬金「悄然、最近の若い女性はビームを撃てるとは…、やはり三年間のひきこもり生活は世の流れと著しい乖離を生んでいるようだな。」

ヘタ錬金「…まあ、とはいえ、ビームも黄金錬成でなんとかなったし、シャケ弁も黄金錬成でなんとかなった、…というか必然、最初っからこうしておくべきだった。」

インデックちゅ「zzz…。」

ヘタ錬金「…まあ、いい、次の仕事に取り掛かろう。次は、『サバ缶』か…。」

ヘタ錬金「当然、黄金錬成で作ろう、サバ缶を机の上に、材料はサバ及びその他、用途は保存及び食用、数は一つで十二分。」

ヘタ錬金「(それにしても、心底恐ろしい女性であったな、彼女は…、シャケ弁を渡したらケロリと忘れて帰っていったが…。)」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

フレンダ「結局、サバ缶が〜、う〜ま〜い〜ぞ〜、なわけよ。」パクッ

フレンダ「………。」

フレンダ「これサバやない!シャケや!」

この後、フレンダによる未曾有のクレームを受けたアウレオルスさんは、以後、緊急時以外は黄金錬成を使用しなくなったそうな。

インデックちゅ「シャケ缶おいしいんだよ!」

ヘタ錬金「依然、いっぱいあるからたんとお食べ。シャケ缶を机の上に、材料はシャケ及び…」←緊急時
834 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 20:42:59.56 ID:kNGNxIQ0
嗚呼、学園都市の嫌われ者エンドまっしぐら・・・
835 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/07/27(火) 20:45:58.10 ID:fGUevsA0
終わり

あ、ついでに分かる人は分かるだろうけど、アトリエの妖精ポジがインデックちゅです。

原作完全無視です。使ってるのはキャラだけ。

あと、錬金術師がシャケ弁とか作ってんじゃねーよとか思った方は、↓でも読んできてください。

http://gnusoku.blog41.fc2.com/blog-entry-1942.html

もしくは読まずに、俺に批判を浴びせてください。若干死にたくなったあと喜びます。

さ、トトリのアトリエやろう。

836 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 20:46:11.16 ID:xGScTUAO
乙、錬金があれば禁書の胃も安泰だなww
837 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 20:55:14.66 ID:SslCU4.o
ヘタ錬金「禁書目録の胃を縮小。食事は一人前で十二分」

疑念があったので発動せず。


という一発ネタが浮かんだ。
838 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 21:25:26.24 ID:fRFntFYo
>>810
光速は常に一定だけど、光速近くで動くと時間の進みが遅くなる。あと、進行方向から来る光は波長が短くなるから色が紫色よりになる
もっと加速していくとそのうち可視光の波長帯から外れて目では何も見えなくなる、と思う。
839 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 21:25:49.85 ID:BVVr4sDO
>>835
このM・・・伸びる!ゴクリ


命拾いしたな、もし同級生が女だったらお前のケツに俺の超電磁砲をぶち込んでるところだったぜ


褒美にドSの俺がマリーのアトリエの開発スタッフだった兄貴にお前のことを報告しといてやろう嬉しいだろう!


もっと書けビーム










でもマンネリ化とか縛られたら本末転倒なんで書きたいネタを書けビーム
840 :アレイスター「上条当麻の身体を売ろう」 [sage]:2010/07/27(火) 21:48:26.40 ID:0zxYtOIo
小ネタスレより拝借
擬似ホラーでグロ?です。数レスお借りします。
841 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 21:49:09.13 ID:0zxYtOIo



……ん? どうしたんだ? あ、ここ? 
そう、ここはとある七不思議の少年が住んでいた寮だ。
お前も大方、野次馬なんだろ?

……えっ? 入居するの? しかもあの部屋に!?
やめといた方がいいって!?

……寮が壊れた!? そりゃ災難だなぁ……。
ま、そんなモノクロで目立つような格好じゃスキルアウトに狙われるだろうな……。
でもさ、あそこの部屋絶対呪われてるって。

……知らないのかよ!? 有名な話だぜ? 大家さん説明ぐらいしとけよな……。
んー、じゃ教えてやるよ。 とある学園都市の、少年のお話なんだけど……。



      肉体言語派、浜面先輩の怪談

       第一夜    売られた少年

842 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 21:51:49.24 ID:0zxYtOIo

とある少年、Kさんってのがそこの部屋に住んでいたんだよ。居候の女の子 I と一緒に。
羨ましい。しね。 あ、死んでるけどなKさん。
んで、その部屋の隣には、Kさんの親友のTさんがいたんだよ。……寺生まれじゃない方な?

ある日――別に何の日でもなかったんだ。 朝から居候IがKさんがいないといってたぐらいで、さ。
そのTさんに電話がかかってきたんだ。Kさんからな。

で、Kはこう言ったんだ。

「右手が切り取られて御守りとして売られた」

「だからT。 助けてくれ。」


すごく、淡々と、例えば財布を忘れて落胆したような、そんな声で。

Tさんは冗談、もしくはいつもの事だと思ったんだってな、その時は。

だから「ふふー? Tさんを騙すつもりならもうちょっといいウソをつくんだぜい?」とか言って茶化したらしいんだ。

……あー、説明しとくとだな。
そのKさんってのはしょっちゅう面倒事に巻き込まれるんだ。
それにいっぺん本当に右腕が肩あたりから取れた事もあるらしい。
そん時はすぐ病院で腕くっつけてもらって事なきを得たらしいけどさ。 かがくのちからって、すげー!

ま、とにかく、嘘だと思ってたんだってさ。
Kさんの右手は「幻想」を[ピーーー]っていう曰くつき――ほら、昔あったろ?学園都市七不思議、幻想殺し。アレだよ。
その右手なら確かに御守りになりそうだし、Kさん自身お金に困ってたから、

だから、借金取りにでも追われて右腕売り飛ばされたーーという騙しネタだろうな、オレオレ詐欺みたいな奴だろうと思ったんだってさ。

――どうせ嘘だ、仮に本当だとしても腕は明日にはくっついてるだろう、明日学校に行けば分かる、ってな。
843 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 21:52:57.89 ID:0zxYtOIo
―翌日、Kさんは学校を休んでいた。
担任曰く、病院で治療を受けてるって話だったんだってさ。
まぁ右手が売られたかどうかはともかく。

いつもの事だ、心配する必要はないだろうって思ってたんだよ、その時はまだ。

Tさんは帰って事情を電話で聞こう、そう思ってたんだよ。

で、学校が終わった後さっそく電話をかけたんだよ、帰り道で。
だけど、Kさんの携帯に掛けても全然繋がらないんだ。



心配で不思議に思ってたんだけど

「髪を切り取られてマニアに売られた」


そんな電話が帰って来たとたんにかかってきたんだってさ。
色々と心配したんだぞ、っという事の照れ隠しで、「とうとう出家か?」ってからかったらしいぜ。その時。



数日後、……まぁその間も学校来なかったらしいんだが、また電話がかかってきたんだってさ――
844 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga sage]:2010/07/27(火) 21:53:37.45 ID:0zxYtOIo

     「左手と左右の足が切り取られて肉屋で売られた」   


「何を言ってるんだ? 人肉売買なんて今時ねぇにゃー。 それに、お前は今、どうやって電話を――」

Tさんはそこまで言って、とある可能性を思いついたらしいんだ。
『本当に何か――例えば監禁とかされてるんじゃないか?』 って。

だって、居候の子を置いて何日も学校サボってるなんておかしいよな。
ちなみにその子は担任の所に預かってもらってるらしい。

確か可能性としては、

1. Kさんは今、お金がなくて身体を売り飛ばされていて、借金取りのトコから掛けている。
2. 上条当麻自身が、通り魔もしくはそういうカニバリズム的な奴につかまって、脅されている。
3. 彼の特異な右手による信仰で、 血肉を食らえば力が得られるという狂った信仰の対象となっている。

ってのがあったっけ。うる覚えだけどさ。

まぁただ事じゃねぇ!ってTさんは思った訳だよ。

最初に、助けてくれって言ってた訳だし。何かしようと思った訳だ。
そこでTさんは助けてやるから居場所を教えろ、て言ったんだってさ。
だけど、

     「ありがとう。 でも、もう動けない。」


そう淡々と、さみしげな声で言ったんだってな。
845 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 21:54:55.77 ID:0zxYtOIo

で、捜索届を出して、学園都市の超技術を使ってさっそく捜し始めた訳だ。
でも全然見つからない。これはもう手遅れか? て考えが首をもたげてきたんだってさ。

で、それからさらに数日後。


Tさんの携帯にまた、電話がかかってきたんだよ。
その番号はもちろんKさんでな。
今度は、一方的にただ言いたい事だけこう言ったんだ。


 「捜索届ありがとう。 でももう無理だ。」

 「下半身が切り取られてマニアに売られた」

そう言って切れたらしいんだよ。

その数日後、警備員もKさんが見つからないから捜すのを中止した。



それから一週間後。

Kさんの番号で。また電話がかかってきた。
それはマニアでもお守りを売った奴でも肉屋でもなく。
Kさん自身の声だったんだ。
846 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 21:55:46.52 ID:0zxYtOIo
ぼそぼそと、口から漏れる空気みたいな感じで。

「頭が切り取られてマニアに売られた。」

「Iを、頼んだ。」

そう言ってすぐに通話が切れたらしいんだ。


Tさんはその時絶望したんだって。
さすがに頭がきりとられた人間が生きてる訳はないしな。
もう死んだ。もう会えない。 そう分かったんだ。

頭を切り取られた人間がしゃべる訳がないとか、そんな不可思議な事よりも、
警備員が総出で捜索しても見つからなくて。
何より、自分より大事な居候の少女を放っておいたりする訳がない、という信頼。

深い悲しみに包まれたんだろうなー。Tさん。

――自分が最初のあの時、助けてやれば。あるいは。ってな。


自分を責めたTさんは、学校を休んだんだ。
義妹にも心配されるぐらいの落ち込みようだったらしい。
847 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 21:57:41.94 ID:0zxYtOIo

……でも、そんなTさんに追い打ちをかけるように、
いや、俺的には助けてくれなかった恨みを吐くように、かな?
まぁとにかく、電話がまたかかってきたんだよ。

今度は非通知で。

頭も四肢も全部もがれたはずのKさんが。

それが、最期の言葉だと言わんばかりに、今まで以上にただ事実を告げる為だけに淡々と。
哀しいぐらい、淡々と。




   ―― 「        売られた」



……それがKさんの言葉の最後だったんだってな。

……今もさ、そのKさんは行方不明で。
死体も見つかっていないままなんだってさ。
Tさん? Tさんは学校をやめてどっかいっちまったらしいぜ?
今じゃあ凄腕の陰陽師をやってるらしい。


……陰陽師になった理由?さぁな。 俺もこの話は聞いただけだし。
でも、Tさんはもしかしたら、幽霊のKさんに会いたいんじゃねーの?


謝るために、とかさ。


848 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 21:59:25.98 ID:0zxYtOIo
……という訳で終わりです。タイトルの元ネタは言わずもがなジャンプの漫画です。
聞き手は一方通行でした。

小ネタの奴が素晴らしすぎてついカッとなってしまった
反省はしているが後悔はしてない(キリッ
849 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 21:59:58.28 ID:dAehIYgo
ぶぉーこえー乙です
850 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 22:11:17.31 ID:krGpUNUo
よくわからんかったが乙
851 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 22:35:51.76 ID:hs.9a8c0
マニアは美琴ですか?姫神ですか?小萌先生ですか?御坂妹ですか?風斬ですか?ねーちんですか?五和ですか?オルソラですか?アニェーゼですか?レッサーd
852 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 22:38:20.66 ID:0zxYtOIo
最初の右手を御守り〜は男性ですと言っておく(キリッ

人の身体の一部を大事そうに保存する女の子とか
萌えるけどそっちの方がホラーな気がするぞ
853 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 22:44:28.38 ID:hs.9a8c0
>>838
なるほどGS美神の超加速的な感じですね
やっぱり見えなくなりますか
854 :上条メモ小ネタ [sage]:2010/07/27(火) 22:45:56.98 ID:zS/QG3go
上条メモを一方通行が大事にしてるとかわいいな、と思った。
ヘビの抜け殻とかプロ野球カードとかみたいにマイ宝物モードな感じ。
21巻出る前じゃないと出せなそうなので1レス投下。


一方通行(ヒーローが…俺にヒントを残してくれた)ジーン

打ち止め「見事にノートの切れっぱしにシャーペンで殴り書きだね。男子っぽい字ってこういうのかなって、ミサカはミサカは興味津々」

一方通行「せっかくの手がかりだ、なくさねェようにしねェと」キリッ

打ち止め「あなたなら一度見たらそのくらいの単語忘れないのにって、ミサカはミサカはいそいそお財布にしまおうとしてるあなたにツッコんでみる…」

一方通行「いーや、俺の記憶力なンかアテにならないンですゥ!」
一方通行(自分の本名忘れるくらいだしよォ…)

打ち止め「うわぁ、学園都市第一位の頭脳をセルフ否定したよこの人。それにそのメモ、ほんとにヒーローさんから? って、ミサカはミサカは一応疑問を呈してみる」

一方通行「あン?」

打ち止め「だって、英語で書いてあるし、そもそもあの人の筆跡を知らないし、ヒーローさんが残してくれたって確証はないんじゃないかなってミサカはミサカはちょっと心配」

一方通行「それなら問題ねェ。この紙は、『長点上機の生徒のノートの取り方』を参考に商品開発され学園都市内部某コンビニチェーンのみで売られているノートのもの……この紙質、罫線の色、間隔、間のドットは間違いようがねェ。つまり、こいつは学園都市内部の学生の持ち物だ。そしてこのロシアでそンなもン持ってるヤツはそうはいねェ…。
よってこれはあの三下の遺留品だハイ証明終了ォー」

打ち止め(その知識と記憶力をもっと他のことに使えばいいのにって、あ、お財布にしまったよ…いや、しまってからまた取り出して眺めてキュンキュンしてるし書いてある内容すでにどうでもいいだろって思わなくもないけど、ニヤニヤしてるのが般若みたいでかわいいからミサカはミサカはもうつっこむのやめとこっと)



「もうそれパウチしちゃえよセロリたん。とスネーク中のロシアのミサカ20000号はつぶやきます」
855 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 22:46:44.88 ID:krGpUNUo
>>852
http://logsoku.com/thread/live28.2ch.net/news4vip/1275754716/
856 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 22:52:48.36 ID:0zxYtOIo
一方さんそういえば美鈴のを外部のブランドだなぁーって見抜いてたなー
一方さんとロシア号マジ変態

>>855御坂ェ……
フィアンマさんが右腕とってキュンキュンしてら萌え……ないね
857 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 22:56:46.91 ID:FGg9LwDO
ふと戦国都市なるものが頭に浮かんだ
レベル5=戦国の七雄的な
858 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 22:58:06.04 ID:dAehIYgo
お姉さまお姉さま五月蝿い真田黒子が出来てしまう……あれ普通だコレ
859 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 22:59:43.55 ID:cP7aFKw0
関係ないけど
木原クゥーンがどうやってもフルメタのゲイツ(大塚 芳忠)に脳内再生される
860 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 22:59:59.98 ID:0zxYtOIo
片目キャラなんてオッレルスぐらいしか思いつかんぞ
レッツパーリィとかいいながら謎の衝撃波で吹っ飛ばす伊達レルスさんに
ライバルの真田軍覇か

BASARAだけどなー
861 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 23:03:55.36 ID:BVVr4sDO
>>855見た後だと>>841が上条さんの一部を持った人たちが次々と不幸になる別のホラー話に
862 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 23:06:42.36 ID:E9s5tcAO
般若みたいでかわいいと言えるあたり、打ち止めは一方さんマニアの鑑だな
863 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 23:08:05.30 ID:Xlr6FeQo
変態の鑑の間違いだろ
864 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 23:13:57.58 ID:hs.9a8c0
>>860
姫神市「……声優つながり」

姫神市「ふふ。きっと長政様は上条君……」






姫神市「……あなた誰」

浅井通行「男のツンデレはオマエしかいないって押し付けられた」

姫神市「……不幸ね」
865 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/27(火) 23:17:51.72 ID:BWHpWkAO
>>857
こんな感じか

鳴かぬなら 誘ってンのか? ホトトギス

鳴かぬなら 鳴かせてみせよう 以下同文

鳴かぬなら 電撃翌浴びせて 焼き鳥よ

鳴かぬなら ブチコロスわよ ほととぎすぅ

鳴かぬなら 私の能力 はい鳴いた

第六位 ああ第六位 第六位

鳴かぬなら 根性根性 ど根性
866 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 23:18:54.75 ID:Xlr6FeQo
キャーリサ「騎士団長、突進形態だし!」
867 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 23:21:40.58 ID:FOBcbUAO
>>855は何が書いてあるの?
気になるけど怖くて開く勇気がない…
868 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 23:27:54.13 ID:hs.9a8c0
>>867
少なくともホラーではないから安心して開いたらいいですよ
869 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 23:52:56.86 ID:FOBcbUAO
>>868
見てきた。
なんか後々が心配だな…

イニシャルKってアレなのが多いのだろうか
急速に進んでるみことにっきでもKが悲惨だし
870 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/28(水) 00:01:45.21 ID:3JEALoE0
小ネタ 1レス 今日は何の日〜7月28日〜


白井「お姉様、今日は何の日かご存知でして?」

御坂「今日? 水曜日だからサ○デーとマ○ジン発売日ね、コンビニ行かないと」

白井「……立読みは控えた方がよろしいのでは? 道徳的にもあまり良いことではないかと」

御坂「別にいいじゃないの、破いたりとかはしないように気をつけてるし」

白井「…………まぁ、とりあえず良いですの。で、今日は何の日か知ってます?」

御坂「いや、知らないけど」

白井「初春が教えてくれたのですけど、日本地名愛好会が2008年に制定した『地名の日』らしいですの」

御坂「地名の日? 何よそれ」

白井「アイヌ語地名研究家・山田秀三の1992年の命日であり、地名研究家・谷川健一の1921年の誕生日であることかららしいですの」

御坂「へぇ、そうなんだ」

白井「他にも、オーストリアがセルビアに宣戦布告し、第一次世界大戦が始まった『第一次世界大戦開戦記念日』でもありますの」

御坂「戦争が始まったのに開戦記念日ってなにが記念なのよ」

白井「確かに記念という言葉はあまり似つかわしくないように感じますわね」

御坂「喧嘩とか戦争とか全部なくなればいいのに」

白井「誰よりも負けず嫌いで他人に喧嘩しかけまくるお姉様がそれを言いますの?」

御坂「何よ黒子、文句あんの?」

白井「その性格直された方がよろしいかと。立読みもそうですけど、そんな風では殿方に嫌われますわよ」

御坂「さって、サ○デーもマ○ジンも260円だったかしら? 10円玉2枚あるし1020円払っておつり貰えば良いかしらね」



SSとは関係ないけど『化物語 つばさキャット(下)』『猫物語』発売日でもあります、買いに行かないと
871 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 00:05:00.63 ID:Lx/D/oAO
>>865
第二位はこうだろ

鳴かぬなど という常識 通じねえ
872 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 00:06:35.08 ID:Ez6sRzUo
>>871
いやいや、まず俳句は575という常識に捕らわれないだろ
873 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 00:14:47.71 ID:ws/BnGoo
無季で自由俳句で……いや、そもそもポエムを俳句といいはるかもしれないな
874 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 00:17:37.01 ID:p/fvMADO
>>873
ていとくんスレのアレが頭から離れなくなったぞどうしてくれる
875 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 01:37:46.22 ID:wPNkblw0
ホラーも投下されてるし、この時間……いける。

夢に出てきたものがあんまりすぎて一人胸の中にしまいこめきれないので、
自分の狂気性を昇華するためにもSSにして投下します。
ダーク、キャラ崩壊、キャラ死にあり、設定に無茶があるのでそれらが苦手な人は注意。
876 :愛という名の悪夢1/11 [sage]:2010/07/28(水) 01:39:14.99 ID:wPNkblw0

とある日、打ち止めに誘われて黄泉川先生の家にお邪魔した。

今日は特売もないし、家に残してきた居候が少し気懸かりだが打ち止めとゲームして遊ぶことにする。

「それでね、あの人ったらね……」

「へぇ、あいつも随分丸くなったもんだなー」

ゲームをしながら一方通行のことを話す打ち止めの表情は本当に楽しそうだ。

一方通行もなんだかんだいって打ち止めに優しくしてやっているらしい。

そんな二人の微笑ましい関係に頬を緩めていると、携帯電話に着信があった。御坂からだ。

「悪い、電話だ、ちょっと待っててくれるか?」

そう言って部屋の外に出て干されている布団の傍の手すりに手をかけながら電話に出る。

体重をかけたからか布団が少しだけ揺れた。

「どうした御坂?」

「あんた、今どこにいるの?」

「んー、黄泉川先生の家で打ち止めと一緒にゲームしてる」

「そう……その打ち止めのことなんだけど」

877 :愛という名の悪夢2/11 [sage]:2010/07/28(水) 01:41:04.38 ID:wPNkblw0

御坂の話によると、最近打ち止めの様子が何かおかしいらしい。

「この間一方通行と打ち止めに会ったんだけど……」

手すりに寄りかかりながら話の続きを聞いてみる。

風に吹かれ隣の布団が少し揺れている。

「一方通行と話す時の打ち止めの行動が変なのよ」

一方通行と御坂が話しているとじっと黙って御坂のことを見ていたり、話を途中で遮って無理矢理別れようとするらしい。

「はは、子供らしい嫉妬心ってやつか?」

そう笑ってみるが、それ以降打ち止めが一人で御坂のことを見てることが多くなり、話しかけようとしても逃げていってしまうらしい。

夕日に照らされて布団が紅く染まっている。

「恨まれたのかも知れねえな……ま、上条さんがなんとか説得してみますよ」

そう言い電話を切った。打ち止めもまだ精神が幼いため子供さながらの独占欲があるのだろうと苦笑する。

ふと隣に干されている掛け布団が気になった。

なんだか、妙に一部分膨らんでいる。シーツカバーも開きかけだ。

「何だ?それに、もう夕暮れ前のこんな時間にまだ干してるなんて……取り込んであげましょうかね」

何故だか非常に気になって、俺はシーツカバーのチャックに手をかけてそれを開けてみた。

そして、次の瞬間、頭から思考というものが吹っ飛び何も考えられなくなっていた。
878 :愛という名の悪夢3/11 [sage]:2010/07/28(水) 01:41:47.33 ID:wPNkblw0












布団の中には、首を切られて冷たくなった黄泉川先生が、入っていた。












879 :愛という名の悪夢4/11 [sage]:2010/07/28(水) 01:43:06.14 ID:wPNkblw0

「!!!!????」

俺は我に返ったが、目の前の出来事に一瞬でパニックになっていた。何故?いつから?誰が?このことを打ち止めは?

「ねー?もう電話終わったんでしょ?ゲームしようよーってミサカはミサカは急かしてみる」

心臓が口から飛び出そうになった。打ち止めには教えられない。犯人を捜す前に、このことを誰かに教えないと。

「な、なぁ、打ち止め、他に人はいるか?」

「うー?わかんないけどヨシカワは多分いると思うよってミサカはミサカは推測してみる」

「そ、そうか。悪いけど大事な話があるからゲームはまた今度な」

「ええー、そんなこと言わずに座ってよ。それにミサカも大事な話があるんだってミサカはミサカはお願いしてみる」

「す、すまんが本当に大事な話なん」

「いいから座って!!!」

880 :愛という名の悪夢5/11 [sage]:2010/07/28(水) 01:44:31.16 ID:wPNkblw0

打ち止めの体から俺に向かって電撃が迸る。俺は呆気にとられ、そして無理矢理打ち止めに座らされた。

打ち止めは後ろに立ったままだ。

「最近あの人が冷たい気がするんだよ、今日も一緒にゲームしてくれないし、ってミサカはミサカは寂しそうに呟いてみる」

寂しそうにというが打ち止めはいつも通りの明るい声で話している。

打ち止めは後ろに立ったままだ。

「それに前より他の人とたくさん話すようになったんだよ、お姉様とか、ヨミカワとか……不機嫌そうな顔はいつもと一緒だけど嬉しそうなのがわかるんだってミサカはミサカはあの人のことをいつも見ていることを吐露してみる」

打ち止めは変わらずいつも通りの明るい声で話している。

打ち止めは後ろに立ったままだ。

「この頃は貴方のことを良くミサカに話してるよ、三下とか偽善者とか言ってるけど、仲が良いのは知ってるんだよってミサカはミサカはあの人のことなら何でもお見通しなのを自慢してみる」

突然打ち止めの声質が変わる。

それは打ち止めにまるで似つかわしくない、絶望した大人の女性のような暗い声だった。

打ち止めは後ろに立ったままだ。

「ミサカはあの人のことが一番なんだよ、あの人が一番好きなんだよ、誰よりも、何よりも…………ねえ」

881 :愛という名の悪夢6/11 [sage]:2010/07/28(水) 01:45:56.37 ID:wPNkblw0

ガタン!とリビングのほうで物音がたったのと俺が打ち止めの部屋から飛び出したのはほぼ同時だった。

見るとリビングでは一方通行と芳川さんが取っ組み合っている。

「……限界だ、俺は身を隠す、俺はもっと早くに、この家から離れるべきだった、アイツから離れるべきだった!」

「何言ってるの?!あなたがあの子のことをちゃんと見て、ちゃんと話し合う以外もう方法は無いわ!」

「ちゃンと見ていた!話もしてやった!それでもあのガキはそンなアソビをやめねェだろォが!」

開け放たれた別の部屋には、妹達の一人が虚ろな目をして椅子に座っていた。

その姿はいつもの常盤台の制服ではなく、真っ白い服で、髪は白く染められて、髪型はまるで誰かのような…………

ぺたぺたと打ち止めの部屋から聞こえてきた足音に耐え切れず俺はこの家から飛び出した

882 :愛という名の悪夢7/11 [sage]:2010/07/28(水) 01:47:58.79 ID:wPNkblw0

「お待ち下さい、とミサカはあなたの右腕を掴みます」

黄泉川先生の家を出て走り出して数十秒、俺は唐突に腕を掴まれて止められた。

「!?御坂妹…………か?」

「あなたの言う御坂妹とは別のミサカです、とミサカは認識を訂正させます。何かあったのですか?とミサカは尋ねます」

妹達の冷静な声に幾分落ち着きを取り戻した俺は、この状況でどうすべきかを息を整えながら考えた。

どうでもいいが掴まれたままの右腕が痛い。

「ああ…少し大変なことに巻き込まれてな……携帯は……く、さっきの打ち止めの電撃で壊れているのか?……なぁ悪いけど携帯を貸してくれないか?」

「それは出来ません、とミサカは首を振ります」

「持ってないのか……」

妹達の返事に項垂れる俺。

掴まれたままの右腕がそろそろ痺れてきたので放してもらおうと声をかけようとしたら妹達はポケットをまさぐって携帯を取り出した。

「いいえ、持っています、とミサカは携帯を見せます」

「え?じゃあなんで」
883 :愛という名の悪夢8/11 [sage]:2010/07/28(水) 01:48:56.89 ID:wPNkblw0








「上位個体から命令が出ています、ミサカについてきてもらえますか、とミサカは言いながらスタンガンに持ち替えます」










俺はスタンガンを避け右腕を掴む手を強引に振りほどきその場から逃げ出した。

884 :愛という名の悪夢9/11 [sage]:2010/07/28(水) 01:51:16.29 ID:wPNkblw0

完全下校時刻もとうに過ぎたが、俺を追ってくる妹達から逃げ続けた俺はまだ学園都市をさ迷っていた。

他の妹達も俺のことを探しているようで、その目から逃れるように歩き続ける。

もう奴らは俺の知ってる妹達じゃない。打ち止めに操られた俺を探索するためだけの人形だ。

(くそっ……なんとか家に帰らねえと……インデックスのやつ、怒ってるだろうな、はは)

ふと目を向けると遠目に黄泉川先生の家が見える。当たり前だがそこに近付く気は今の俺には無かった。

身を隠せるほどの大きな生垣の前で体を休めていると、聞き覚えのある声が生垣の反対側、向こうから聞こえてきた。

今最も会いたくない、最も危険であろう少女の声が。

俺を全神経を鋭敏にし、身を屈めて生垣の陰から様子を伺った。

夜空の中のそれは、馬鹿げた悪夢のような光景だった。

打ち止めが散歩している。犬のリードのようなものを持って。一方通行がそれについていっている。





リードが続く首輪を着け、何も纏わず、四つん這いで。





打ち止めはまるで会話が成り立っているように一方通行に話し掛け続ける。

一方通行は聞こえているのかいないのか返事をせず、ただただ打ち止めの後をついていく。

首輪の他に唯一着けられているチョーカーが月光を反射する白すぎる肌と対照的で、やけに目立って俺の目に映っていた。



(落ち着け!打ち止め達はこちらに向かってきている!物音を立てずに反対側から回り込めば入れ違いになってかわせる!)

俺は急いで生垣の反対側の陰に身を潜め、屈んだ体勢のまま向こう側からあいつ達が現れる瞬間回りこめるよう時を待つ。



(まだかまだかまだかまだかまだかまだかまだかまだかまだかまだかまだかまだかまだかまだかまだかまだか)

885 :愛という名の悪夢10/11 [sage]:2010/07/28(水) 01:52:39.29 ID:wPNkblw0













目の前に現れた四つん這いの一方通行と目が合った。暗闇の中爛々と輝く、紅い目と。

「一方通行?何かあったの?とミサカはミサカ……」

俺は大声をあげながら後ろに振り返り全速力で走り続けた。












886 :愛という名の悪夢11/11 [sage]:2010/07/28(水) 01:56:05.66 ID:wPNkblw0

「とうまー、朝だよー」

「ぁぁぁあああっ!……はぁっ、はぁっ……!」

「どうしたのとうま!?顔が怖いんだよ……?」

「……………………?」

「ほんとうにどうしたの?とうま」

「……なんて夢を見てるんですか……上条さんは」

大きく溜め息をつき、飛び起きた上体を後ろに傾け倒れこむ。ゴチンと痛い音がしたがそれすらも心に宿った安堵にかき消される。

「あー……打ち止めに謝りたい気分だ、あと一方通行や黄泉川先生にも」

あははと乾いた笑い声をあげて天井を見上げる。いつも見慣れた自分の家であることは間違いない。

「もー、笑ってないで朝ごはん作ってよ、とうま!」

「はいはい、今から作りますよっと」

そう言いながら脱力した体に力を入れ勢いづけて体を起こす。






俺が右腕に残るあざと壊れた携帯に気付くのと、一方通行と打ち止め、妹達が消えたことを知るのはもう少し後のことだった。


887 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 01:56:59.06 ID:wPNkblw0
以上です。矛盾や無理のある展開、ヘタレな上条さん一方さんは夢のためですあしからず。
これで安心して眠れる。それにしても右腕が痛くて書き込みにくい。携帯も壊れるし、不幸だ……。
888 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 02:03:25.77 ID:4tOufnUo
怖ぇ
889 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 02:06:44.38 ID:m5gcNoAO

ヤンデレな打ち止めとか大好物なんですけど

こっから人死にと黒さを少し抜いたら最高だな
890 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 02:10:03.85 ID:PM8RwoDO
なにこれ怖い
怖くて寝れないだれか一緒に寝てくれ
891 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 02:27:21.53 ID:M//Kby60
>>890
アックア「世話が焼けるのである」
892 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 02:32:04.49 ID:PM8RwoDO
>>891
アッークアさんちぃーっす!
俺の涙の理由も変えてくれますか!

腕枕してくれると…嬉しいんだぜ///
893 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 02:39:58.00 ID:Az.YhFko
「当然、迷える子羊に寄り添うは我、高らかに歌われるは羊の為の子守唄、羊を包み込むは父の愛と大いなる安堵!!」
894 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 02:45:18.16 ID:atC9rtYo
ウホッ、良いスレ
895 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 02:52:37.24 ID:mm3UW6DO
>>890が全身に残るあざと壊れたすぼまりに気付くのと、ファーストキスと処女、童貞を失ったことを知るのはもう少し後のことだった。
896 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 04:53:15.50 ID:jcf4l2DO
>>890は悲観するなよ…
お前は自らの可能性色んな意味で広げたのだ

ホラー乙!
貴志祐介の小説を彷彿させた出来だった
怖いんだが、なんかニヤニヤして読んでる自分が一番怖くなってくる

長文悪い
897 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 06:46:55.29 ID:o2fFtJA0
なんて夢を見てやがる
ヤンデレな打ち止めにキュンとしたのは秘密だ
898 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 07:51:31.50 ID:31LojcAO
>>887

え、なにそれこわい









こわい
899 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 10:44:59.46 ID:w2YfVhI0
おい、誰か早く>>887を助けろ
900 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 10:48:31.94 ID:eMu5ogDO
どこからでも切れますが切れない。不幸だ
901 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 12:49:53.61 ID:atC9rtYo
この怖い空気の中、作品投下するの怖い……

と言うわけで>>671-676の続きで、御坂「最近、黒子が構ってくれない」の第2話です。
5レスいただいていく。
902 :御坂「最近、黒子が構ってくれない」 第2話 1/5 [saga]:2010/07/28(水) 12:50:54.44 ID:atC9rtYo
〜 御坂のクラス 〜

先生「よし、今日はここまで」

御坂「んー、やっと終わったぁ。さて、黒子でも誘ってお昼ご飯を――――」

御坂「……あ、そっか」
903 :御坂「最近、黒子が構ってくれない」 第2話 2/5 [saga]:2010/07/28(水) 12:51:53.13 ID:atC9rtYo
・・・朝の寮にて

白井「お姉様。今日からはわたくし、クラスメートと一緒に昼食を食べるつもりですの」

御坂「えっ…………?」

白井「わたくし、ようやく気づきましたわ。毎日毎日、お昼のたびにお姉様のところへ押しかけ、お姉様のクラスの方々との交流を妨げてしまっていることに」

御坂「あ、えっと……」

白井「黒子は本当に愚か者でしたの。ですから、今日からはお姉様も存分に御級友の方々と、楽しくお食事なさってくださいな」

御坂「う……うん」

・・・
904 :御坂「最近、黒子が構ってくれない」 第2話 3/5 [saga]:2010/07/28(水) 12:52:27.52 ID:atC9rtYo
御坂「(今日から、黒子とは一緒にご飯食べないんだ……)」

御坂「…………」キョロキョロ



生徒A「一緒に食べましょ♪」

生徒B「えぇ」

生徒C「はぁー、次の能力測定憂鬱ねー。どうせレベルなんて上がってないのに」

生徒B「あら、私だってレベル3で伸び悩んでいるところですし、一緒にがんばりましょう」

生徒A「そうね♪ あら、あなたのお弁当かわいい!」

ワイワイガヤガヤ



御坂「…………」キョロキョロ



生徒D「あら? 御坂さん、今日は出かけないのかしら」

生徒E「それでしたら、わたくしたちのところに誘ってみては……」

生徒D「ダメよ! 私たちごときが御坂さんと一緒に食事なんて、恐れ多いし」

生徒E「そ、そうですわよね……残念ですけど、わたくしたちでは御坂さんとは釣り合いませんわ」



御坂「……(か、完璧に孤立している……っ!)」

御坂「(そ、そうよね……よく考えたら私、学校では黒子以外、心の底から仲良しなんて子いないし……)」

御坂「…………」

御坂「……寂しい」グスッ
905 :御坂「最近、黒子が構ってくれない」 第2話 4/5 [saga]:2010/07/28(水) 12:53:37.39 ID:atC9rtYo
〜 屋上 〜

御坂「はーぁ、結局教室に居づらくてこんなとこまで来ちゃった」

御坂「良い天気ね〜……」

御坂「…………」

御坂「……購買で買ったパンでも食べよ」ガサガサ

御坂「…………」ムグムグ

御坂「あんまおいしくないわね……」

御坂「……はぁ」



      ―――― あらあら、こんなところで独りお食事会?



御坂「えっ?」

??「みじめね、御坂美琴。同情しちゃう」
906 :御坂「最近、黒子が構ってくれない」 第2話 5/5 [saga]:2010/07/28(水) 12:54:54.09 ID:atC9rtYo
御坂「あんたは…………天下の心理掌握(メンタルアウト)様が、私にいったい何の用?」

心理「あらあら、超電磁砲が独り寂しく屋上でパンを食べてるのを見かけて、ちょっと慰めてあげようと思って来てみただけよ」

御坂「ふん、わざわざ大勢の取り巻きまで連れてご苦労ですこと。……黒こげにされたくなかったら、さっさと私の視界から消えてくれない?」ギロッ

心理「あらあら、相変わらず野蛮な目つき。ただでさえドぎつい顔してるんだし、少しは愛嬌持ったら?」クスクス

御坂「…………」

バリバリ!

取り巻きA「……」バッ

シュン!

御坂「っ……電気をはじく能力、気力絶縁(インシュレーション)か」

心理「あらあら、少し落ち着きなさいって。白井黒子がいないだけで、あなたそこまで取り乱しちゃうわけ?」

御坂「なんで黒子の話に…………っ! もしかして、あんた!!」

心理「…………」

御坂「黒子がおかしくなったのは、あんたが黒子に何かしたから…………そうなのね?」

心理「おかしくなった? あらあら、何を言ってるの?」クスクス

御坂「……何がおもしろいのよ」

心理「おかしかったのは、『今まで』じゃないのかしら? あなたに対する異常なまでの愛情、日頃からの変態奇行……」

御坂「…………っ」

心理「私はね、御坂美琴。彼女を普通の、品行方正なお嬢様にしてあげただけなのよ?」

御坂「……それでも。それでも、大切な後輩があんたみたいな得体の知れない超能力者に頭をいじくられたってことを、黙って見過ごすわけにはいかないのよ!」

心理「…………」

御坂「黒子を、元に戻してちょうだい。さもないと……」

心理「あらあら。はぁ、あなたもめんどくさい女ねぇ…………しょうがない、教えてあげる」

御坂「?」


      ―――― 彼女はね、自ら望んであの人格を手に入れたのよ?

つづく!
907 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 12:56:48.45 ID:atC9rtYo
というお話でしたとさ。
俺もかまちーみたいなおもしろい口癖とか語尾が欲しい……
おそらく次回が最終話になるかと。

はぁ、(リアルに)携帯が壊れて不幸だ……
908 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 13:01:01.79 ID:of/rorQ0
おまえも話が別の意味でこえーよ!
心理掌握が出てくるあたり俺をよくわかっていらっしゃる、乙
909 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 13:12:47.21 ID:XJQXYLc0
ぎゃああああああああ
最終鬼畜妹フランドール・S聞いてたらあの笑い声が打ち止めに思えてきた
910 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 13:48:29.21 ID:hJeedESO
心理掌握とか、なんという俺得
続き期待してます!
911 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 13:53:52.00 ID:l.wtxbso
>>907
つづくだと!?
つづけ!!
912 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 14:05:29.19 ID:PM8RwoDO
>>907
乙!
心理掌握さんキタコレ


てかアックアさんの腕枕で安心して眠った筈が気付いたら後ろの貞操無くしてる展開で俺は一体どうしたら(ry
913 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 15:04:05.98 ID:ws/BnGoo
アックア×912と聞いて!

さァその腕枕〜貞操なくすまでをさっさとかけよォ……いや、書いてくださいお願いしますゥ!
914 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 15:23:24.67 ID:yqCEmAAO
>>913
お前>>453だろwwww
915 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 15:30:00.67 ID:eMu5ogDO
前もやったけどミサカいじり小ネタを3レス程もらいます
916 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 15:30:53.49 ID:eMu5ogDO
『通し番号』

19999号「19999とミサカは20000号に伝えます」

20000号「20000とミサカは上位個体に伝えます」

打ち止め「20001だよってミサカはミサカは――」

研究員「やっと終わりね」

打ち止め「番外個体に伝えてみる」

番外個体「20002だよって20003のミサカに伝える」

研究員「サードシーズン!?」


『MSK48』

ワラワラ……

ワラワラ、ゾロゾロ……

ワラワラ、ゾロゾロ、ザワザワ……

一方「氷山の一角じゃねェか!?」


『フュージョン』

妹1「フュー」

妹2「ジョン」

妹1、2「ハッ!」

妹12「じゃじゃーん!」

御坂「なんも変わってないから!」
917 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 15:31:19.32 ID:eMu5ogDO
『コンプリート』

美鈴「……」

御坂「……」

御坂妹「……」

打止「……」

番外個体「……」

一方&上条「っしゃあ!!」


『スーパースロー』

1〜20000「」サササササッ

一方「1/20000秒での再生だとォ!?」


『ポケモン』

上条「ミサチュー! 10億ボルトだ!」

ミサチュー「ヂュー!!」

上条「……やりすぎた」

ミサチュー「チュー……」


『ポケモン2』

一方「ミチュー! しっぽをふるだァ!」

ミチュー「チュー」

一方「かァわいいなァ」

ミチュー「チュー♪」


『ポケモン3』

ライ麦「ラァイッ!!」

浜面「ちくしょう! バッチがねぇから言うこと聞かねぇ!」
918 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 15:31:47.83 ID:eMu5ogDO
『緊急事態』

打止「皆の者! 出会え、出会えぇ!」

妹達「何事ですか!?」ゾロゾロ

打止「敵襲じゃーっ!!」

一方「囲まれ過ぎた!」


『ミサカナイト』

妹1「ふふん!」

妹2「ぐぬぬ……!」

麦野「肩車してるだけじゃねえかよォォッ!!」


『だるまさんが転んだ』

打止「だーるまーさーんがこーろんだっ!」

妹達「……」

打止「だるまさんが――こー……ろんだっ!」

妹達「……」

打止「7741号アウトー!」
上条「壮大だなぁ」

一方「あァ。……あ、オリジナルがアウトになったぞ」

上条「意外と鈍臭いなぁアイツ」


『薄着』

御坂妹「最近とても暑いので薄着になってみました、とミサカはスカートをピラリ」

上条「紐だと!?」
919 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/28(水) 15:32:39.28 ID:eMu5ogDO
終わりです。ライ麦は関係なかったけど気にしない
920 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 15:39:15.64 ID:S9vSa5Mo
ライ麦って麦が実際にあるから一瞬なんの事やら意味がわからんかったwwww
921 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 15:48:20.41 ID:mm3UW6DO
>>919
乙。
ポケモン×禁書・・・これは流行る

コ麦→オオ麦→ライ麦ですかわかりませっはああぁううぅぅんん小中大のむぎのんがむぎのんがあああああ ジュ
922 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 15:52:31.30 ID:ws/BnGoo
浜面カワイソスww
ライ麦野畑でつかまえて(浜面を)か……マジ戦場じゃねーか
あと何故ばれたし
923 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 16:00:09.93 ID:l.wtxbso
>>921
美琴「えへへー、ピカチュウ〜、サンダース〜、ライボルト〜♪」

上条「お前ってほんと電気タイプ大好きだよな」

美琴「だって皆電磁波気にしないんだもーん」

上条「やっぱ選ぶポイントはそこなんだな…」

美琴「なに、効かないの自分だけだと思ってたからポケモンにヤキモチ妬いてんの?」ニヤニヤ

上条「なっ、そんなわけねえだろ!」

美琴「まぁまぁ、ちゃんとアンタにピッタリのポケモンも捕まえてきてあげたから機嫌直しさないよ」スッ

上条「え、何を……ってなんでキングラー?」

美琴「頭がツンツンな所とか右手がすごい所とかそっくりでしょ。後私によく似た電気タイプに勝てないところとか」

上条「いや、ちょっと待て!俺はお前に負けた覚えは一度もないぞ!」

――

こう?いや、登場人物がポケモンになる話か!?
924 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 16:13:09.14 ID:S9vSa5Mo
キャラをそれぞれポケモンに当てはめてみようと思ったけど意外としっくり来る組み合わせが少ないな。
金銀までしか知らんけど。
925 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 16:15:25.51 ID:l.wtxbso
ワタル「むぎの、はかいこうせん」

>>924
今約500くらいいるからなんとか当てはめれる…のかもしれない
926 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 16:17:21.97 ID:iIsZWego
海原はメタモンだな
927 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 16:17:42.90 ID:ZvQ.qgAO
新井里美がケーシィ使いのロリ演じてたって周知?
928 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 16:32:13.17 ID:ws/BnGoo
最近のポケモンはナンバー000が出るしな インフレ率パネぇ。それでも買うけどさー。


オッレルスは間違いなくエスパーもしくは???タイプだな
削板はエスパー格闘、海原もエスパー
そしてステイルは唯一王
929 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 16:34:57.52 ID:eIYEqqAo
神裂はイメージで言えばフリーザー
アックアはカイオーガだな
930 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 16:48:15.61 ID:of/rorQ0
え、ナンバー000とかなにそれ
931 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 16:48:16.98 ID:mm3UW6DO
今昔のポケモン図鑑とか引き出して当て嵌め作業中
インデックスはカビゴン異論は認めない
932 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 16:51:59.70 ID:ws/BnGoo
インデックスはミュウだろJK。 
何でも覚えるし。 スペックはまぁあれだけど
オッレさんはミュウツーだな 魔神の劣化って所と魔術サイド敵に回して生きてるぐらい強いからな

>>930
今すぐブラックホワイトの公式サイト見てくるんだ

正直いってBWとみると削板と一方さんで配色的にいいと思うんだ。
プリティでキュアッキュアな人でも配色的にぴったりだけど
933 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 16:57:30.98 ID:D1p8K62o
キングラーって左手のがでかくね?
934 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/28(水) 16:59:10.48 ID:YnEYDV60
ポケモンもいいけどデジモンもいいよ!


上条当麻はジャスティモンだな、超絶さわやかイケメンで右手が凄い
インデックスは知識が豊富で主役ポジションだからアグモン博士
ステイルは炎を操る魔術師≒魔人ってことでフレイウィザーモン
神裂は左右非対称の日本刀使いだからレイヴモン
エツァリはアステカと呼ばれる短剣をもつメルクリモン
オリアナは妖艶な見た目的な意味でバステモンだ
シスター・ルチアは俺にとって天使みたいな存在だからエンジェウーモンだな

超能力者(レベル5)は人数的に七大魔王だな
一方通行はベルゼブモン、黒い翼だしベルゼブモンブラストモードなら赤い目だし銃を使う、暴食を司るのも一方通行っぽい
垣根帝督は天使の羽をもつからルーチェモンフォールダウンモードだな、傲慢を司っているのも彼らしい
御坂美琴は強欲を司るバルバモンかな、あまりもん当てはめただけだけど欲強そうだしそれっぽい
麦野沈利はベルフェモンだな、初登場はスリープモードで、19巻以降レイジモードみたいな
心理掌握はリリスモンだな、七大魔王中もっとも女性らしいデジモンだし色欲を司るってのは精神を操れる彼女らしい
第六位は憤怒を司るデーモンだな、まだ能力名すらも登場していない現状に相当お怒りのはずだ
削板軍覇はリヴァイアモンだな、削板はレベル5中唯一の原石でリヴァイアモンは七大魔王中唯一の四足歩行だから両方特異性があると言える
935 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 16:59:27.33 ID:l.wtxbso
ほんとだ。なんで右だと思ってたんだろう
936 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 17:08:14.82 ID:of/rorQ0
>>932
ほんとだ…最初はフシギダネじゃなくなるのかよ…

あとレシラムとゴニウム??かなんか(名前忘れた)は一方さんとていとくんでいいんじゃね
937 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 17:40:02.12 ID:eMu5ogDO
ポケモンは金銀までしか分からない俺に誰かガンダムで例えて
938 :とある禁書の携帯怪獣(ポケットモンスター) [sage]:2010/07/28(水) 17:56:32.91 ID:mm3UW6DO
ミサチュー(ピカチュウ)「チュー!」

上条「ははっミサチューはいつも元気だな」ナデナデ

ミサチュー「//チュチュウウウ!」ビリビリ

上条「うわっと、まだバッチレベルが低いのかな、でも・・・」

ミサチュウ「・・・」

上条「こっちのミサチュウは大人しいんだよなー」ナデナデ

シュン

黒シィ(ケーシィ)「オネエサマー」
ミサチュー「ヂューー!?」

上条「あーあ、また佐天さんとこのケーシィが脱走か・・・ん?日陰が・・・」

インゴン(カビゴン)「ダヨ!ナンダヨ!」ガシィ

上条「うお!?インゴン!だから俺は餌じゃねうう!」

スフィンクス(?)「にゃー」

上条「・・・なあ、お前は本当にポケモンなのか?」ナデナデ

姫マ(ムウマ)「・・・〜♪」

上条「お、姫マ、今日はご機嫌たなあ」ナデナデ

姫マ「//〜♪〜」

上条「ん・・?・・こ、この歌わっ!?」┣¨┣¨┣¨┣¨

姫マ「♪〜♪」ドロドロ

上条「ほ、ほろびのうたじゃねえかあああ不幸だああああ」




ポリ斬(ポリゴン)「あうう〜」



インゴンは構ってほしいだけです、半分は。
939 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 18:11:03.29 ID:pjInSMAO
>スフィンクス(?)「にゃー」
 また懐かしいネタを…
940 :とある禁書の携帯怪獣(ポケットモンスター) [sage]:2010/07/28(水) 18:20:57.98 ID:mm3UW6DO
佐天「初バナは可愛いね〜」ナデナデ

初バナ(フシギバナ)「バ、バナバナ〜//」

佐天「それにしても、また黒シィのやつ、上条さんとこにいっちゃったのね・・・」

法タンク(ミルタンク)「ゴクゴク」

佐天「法タンクはまた自分のミルク飲んでるし・・・」

木ーボック(アーボック)「シャー」ヌギヌギ

佐天「木ーボックは脱皮ばかりしてるし」

布クラゲ(ドククラゲ)「・・・」

佐天「布クラゲは水ポケモンのくせにミサチュウばっか追い掛けるし・・・前途多難だわ」ハア



弱いフシギバナ、やたら強いケーシィ、技マシン漬けのアーボックが売り
941 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 18:27:03.11 ID:S9vSa5Mo
>佐天「法タンクはまた自分のミルク飲んでるし・・・」

すげーエロいシーン想像しちゃったじゃないか。
942 :とある禁書の携帯怪獣(ポケットモンスター) [sage]:2010/07/28(水) 18:30:38.18 ID:mm3UW6DO
建ロス(カイロスLV60)「ヨナーヨナー」カサカサ

五和「建ロスさん、しがみつかないで下さいよー」ナデナデ

裂ライク(ストライク)「七閃!」

建ロス「ヨナー!」ズバァ

五和「ああっ、裂ライクさん大丈夫ですから暴れないで!」

香ラッタ(コラッタ)「チューチュー」

牛タロス(ケンタロス)「ブモー」

対タリス(チルタリス)「チチチチ」

五和「上条さんに恥ずかしくないポケモントレーナーにならないと」


実はかなり高ランクトレーナーの五和
943 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 18:32:21.38 ID:mm3UW6DO
>>941
計画通りキリッ
944 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 18:33:23.09 ID:Az.YhFko
その頃ステイルはLv50到達に備えてにらみつけるの練習をしていた
945 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 18:51:41.75 ID:L6rVRFw0
なんていうかある程度のネタがまとまってるならまとめた方がいいと思うのよね
946 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 18:52:16.71 ID:ZvQ.qgAO
これらはガチなポケモンなのか萌えもんみたいな奴なのか
947 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 18:55:26.58 ID:XJQXYLc0
なにこれすごくいい
948 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 19:10:13.14 ID:Lx/D/oAO
萌えもんストライクコスのねーちん想像して萌えた

ソギイターのすごいパンチ!
やせいのもつなべはふっとんだ!
949 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 19:11:14.98 ID:pjInSMAO
滝壺はあれだ
ネイティオ
950 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 19:21:45.89 ID:4tOufnUo
フィアンマ「捕獲用ポケモンははいらない。
       マスターボールを投げれば捕まるのだから、弱らせるためのポケモンは必要ない」
951 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 19:25:29.00 ID:XJQXYLc0
弟がマスターボール244個持ってた件
952 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 19:30:27.94 ID:l1rxonAo
初春はシェイミだよね
953 :とある禁書の携帯怪獣(ポケットモンスター) [sage]:2010/07/28(水) 19:35:04.37 ID:mm3UW6DO
黄泉川「今日もロケット団を懲らしめてやったじゃん」

小ッピ(ピッピLV?)「ナノデスー」

災リキー(ゴウリキーLV?)「フンガー」

黄泉川「よしよし・・・ん?」

アクゲラー(ユンゲラーLV98)「・・・フン」

ミチュー(ピチュー)「チュー♪チュー♪」フワフワ

黄泉川「はは、また念力で遊んでやってるじゃん。あたしにもあれくらい懐いてくれないかなー」

ミサツー(ミュウツー)「・・・」ジー

黄泉川「混ざりたければ入っていけばいいじゃん」

芳ケロ(ナマケロ)「・・・」ゴロゴロ

黄泉川「・・・もうお前には期待してないじゃん」

激強トレーナー。一方さんトレーナーにしたかったけどポケモン揃わなかった

ライ麦(ライチュウ)「ラァイ〜」ビシュッ

浜面「うわああっでんじほう俺に撃つんじゃねえっ」

絹ナン(アサナン)「チョウ!チョウ!」

浜面「何故か他のポケモンはライ麦に懐いてるし・・・」

フレンダマ(ビリリダマ)「・・・」

浜面「すんなよ!?爆発すんなよ!?」

滝ラン(ヤドラン)「・・・」ノソノソ

浜面「はあ、俺のパートナーはお前だけだよ」ナデナデ

滝ラン「・・・」ノソノソ

浜面「・・・懐いて、くれてるんだよな・・・?」

目下のところバッチが取れるかが問題
954 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 19:35:46.79 ID:mm3UW6DO
当て嵌め終わり
945
携帯の電池切れかけだったんだ。結局これ書き込む前に切れちゃったし。すまんかった。
946
俺はデフォルメチビキャラに獣耳とか想像してる。
一方さんに狐耳とか、滝壺に貝殻とか。ただしインデックスのみ巨大化。

寮監も強ポケモンにしたかったが想像できなかった
955 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 19:38:14.86 ID:S9vSa5Mo
ミュウツーでいいじゃん
956 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 19:41:17.09 ID:ws/BnGoo
男にネコミミとかマジ胸熱

唐突に小ネタェ 1レスお借り

上条「学園都市七不思議?」

青ピ「何や―カミやんしらへんの?」

土御門「時代遅れだニャー」

上条「ぐぅ……! か、上条さんもここんとこ忙しかったんです!」

青ピ「えー? カミやんまた女の子に絡まれてたんとちゃうん? あーうらやましー僕もほしいなー」

上条「残念ながらその幻想をぶち[ピーーー]! ここ一週間ずっとゴルフウェアのおっさんやら赤毛のハウルやら2mの赤いのとかに追われてたんだぞ!」

土御門「カミやん……とうとう男にもフラグをたててしまったんだぜい?」グスッ

青ピ「さよなら、カミやん……」ウッウッ

上条「ゴルゥアアアア! 何勝手に勘違いしてんだ! 男がむせび泣くなああ! 単に生命的な意味で追われてたの!」

青ピ「『さぁ……飲み込んでおくれ、俺のエクスカリバー……』って感じ!? か、カミやん……もう婿にいけへんやん!?」

上条「うわあああ! 勝手に俺の貞操を殺さないでッ!」

土御門「【子作りしましょ♪】って感じだろ?」ウフーンッテカンジデ

上条「いやあああああ!! そんなんマジいやだあああああ!!」ブンブン

ガラッ
小萌「はーい皆さん、SHRなのですよー」

小萌「今日は……何と! 転校生がやってきたのですよ!」

青ピ「おー女の子がいいなー」

土御門「そう何度も美人が来る訳ねーにゃー」

姫神(……私。美人扱い。)グッ ガッツポーズ

上条「本当、誰だろうな……って、何だこの嫌な気配はッ!?」ブルブルッ

小萌「転校生の、うぃりあむ・おるうぇるちゃんなのですよー」

アック「上条、貴様の(右腕を)もらいうけにきたのであるッ」

土御門「か、カミやん……『貴様の貞操をもらいうけに』って……!」サアアアア

上条「ちょっ、ちがっ……不幸だあああああああああああ!!」ウワアアア
957 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 19:50:55.35 ID:Lx/D/oAO
アワゲラー「ボーイスカウト君でじこさいせい余裕です」
エツァテラ「ミサチュウカワユスハアハア」
ツチーミー「なんで義妹ポケモンがいないんだにゃー!」グルグル
イッツー「くっだらねェ」
958 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 19:54:19.84 ID:XJQXYLc0
二番目と最後がわからん
959 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 19:57:30.89 ID:cN7Kwl20
フーディンじゃなくてユンゲラーなあたりが一方さんらしいな
>>958
ミュウツーだろ
イメージ的にも近いし誕生の経緯も似た感じだし、性別不明なのも一緒で、おまけにポケスペでは時間制限があるしな
960 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 20:00:52.32 ID:S9vSa5Mo
テラで終わるのはプテラくらいしか知らんが……・
961 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 20:02:01.11 ID:mm3UW6DO
>>955
一方さんのことならフーディン(レベル6)への進化という伸びしろがあることを示したかった。だからLVも98。
後某スレのリスペクトも込めてる。



決して狐耳しっぽにスプーン持ってるとかキュンキュンするフーディンに進化するとしっぼ無くなるじゃねえかクソがあとか思ってないよ
962 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 20:03:40.99 ID:cN7Kwl20
頭が重くて超能力で支えてるってアレか
あの話好きだ

ラビットまだかな・・・
963 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 20:05:00.47 ID:of/rorQ0
イッツーはタッツーじゃね?
964 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 20:06:34.07 ID:DEYpxwDO
フレンダはデリバードっぽい
なんとなく
965 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 20:08:46.69 ID:Lx/D/oAO
>>958
皮被りならぬコハク被りですってよ、エツァテラさん
正直ギャラドスと迷ったのは秘密、はかいこうせん的な意味で
966 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 20:29:51.22 ID:dD7q2u60
終わりも近いし1レスだけ借りる




上条さんが男の娘に限りなく近い何か。
967 :上条「俺は男だ!」 [sage]:2010/07/28(水) 20:30:45.97 ID:dD7q2u60

上条「はぁああぁー……」

土御門「なんだかみやん、相変わらず男なのか女なのか分からない絶妙な顔してため息ついて」

青ピ「かみやん、まさかとうとうボクと付き合う決心をつけたんやね?!」

上条「だぁあ俺は男だっていってるでせう?!」

青ピ「何を言うとんのかみやん!! 可愛ければ万事よしなんやで?!」

上条「おいだれかあいつを病院につれてけというか連れて行ってあげて下さい俺の貞操が危ないんですていうか顔近い顔近い」

土御門「かみやんが補習を受ける事は人間が息を吸う事と同義だにゃー」

上条「それは遠回しにわたくしを馬鹿にしてるな?! っていうかしてるだろこのやろう」

土御門「そんな可愛い顔で凄まれても怖くないにゃー。むしろ惚れてしまうかもにゃー?」

上条「……」

土御門「冗談だにゃー、俺には舞花と言う(ry」

上条「ホントやめて下さいお願いしますそろそろ学校に来るのが辛くなりますんで」

男子&女子「「「「(ギロリ)」」」」

土御門「あ、あははー……(冷汗」

上条「はぁ、とっとと帰ってセールに……」

小萌「上条ちゃーん、まだいますかー? いますねー、忘れちゃダメですよ、今日も補習です」

上条「不幸だぁぁぁぁ」
968 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 20:31:56.33 ID:dD7q2u60
もっと書き足したかったが、エヴァCRでカオル君覚醒したんでこれだけ
969 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 20:53:01.78 ID:MAHJKVo0
>>967
なるほど……上條さんでは無く上嬢さんな訳か。


自分も試作品を投下。
970 :とあるネットの文字会話(スーパーチャット) [sage]:2010/07/28(水) 20:54:21.86 ID:MAHJKVo0


@このお話しは設定がめちゃくちゃなんだよってミサカはミサカは警告その一を言ってみる!

Aカップリングは禁書殺しと浜滝、そして作者の趣味全開の電磁通行しか考えてないよってミサカはミサカは通行止めにしなかった作者を恨みつつ警告その二を言ってみる!

Bチャット形式でキャラ達が話しまくるだけのGTGT☆なお話しなんだよって、ミサカはミサカはグタグタの発音に気よつけながら言ってみたり!

C他の詳しい設定はまだたいして決めてないんだよ、ってミサカはミサカは作者の妄想に呆れつつ最後のセリフを喋った!



971 :とあるネットの文字会話(スーパーチャット) [saga]:2010/07/28(水) 20:55:24.26 ID:MAHJKVo0






〜とあるネットの文字会話(スーパーチャット)〜『男性用だよ!』

女性用/混合


男性用パスワードを入力して下さい。


[まずはその幻想をぶち壊す]


□ENTER□





カチッ







NAME:一方通行
オイ、オマエ等居ンのか?


NAME:未元物質
居るけど、なんか用でもあんのかよ?

972 :とあるネットの文字会話(スーパーチャット) [saga]:2010/07/28(水) 20:56:43.14 ID:MAHJKVo0


NAME:一方通行
……オマエだけかよ。だったらやっぱいいわ


NAME:未元物質
オイ待て。何故俺だけじゃダメなんだよゴラ
産業で答えろ


NAME:一方通行
脳内メルヘン
中二病
=相談しても無駄


NAME:未元物質
よし分かった。表出ろテメェ


NAME:一方通行
嫌だメンドクセェ

オマエが来い。ブラックコーヒー死ぬ程買って来い。そして車に撥ねられて死ね


NAME:未元物質
お前の部屋俺の隣だろうが!
どこでコーヒー買えってんだよどうやって車に撥ねられろってんだよ

後俺は車に撥ねられたくらいじゃ死なねぇよ
そして黒い翼wwwwwww


NAME:一方通行
オマエは白い翼だろォが
第一俺は普段は出ねェよ。オマエと違ってなァ

とにかくオマエ、タンスの角に小指ぶつけて死ンで来いよ
死ンだら墓立てて粉々にしてやっから
幽霊で現世を漂い続けろwwwwww

973 :とあるネットの文字会話(スーパーチャット) [saga]:2010/07/28(水) 20:57:44.06 ID:MAHJKVo0


NAME:未元物質
そろそろ俺の怒りの未元物質が限界突破しそうなんだが
壁ぶち壊してオマエの部屋羽で埋めるぞ?ファッサファサにすんぞ?


NAME:一方通行
やれるもンならやってみろよメルヘンくゥゥゥゥゥゥゥゥン!!!


NAME:未元物質
上等だよぉぉぉぉぉぉぉ!!絶望しやがれぇぇぇぇぇぇぇぇ!!






NAME:幻想殺し
ふー、すまんすまん。スーパーの売れ残り商品をゲットするのに忙しくて


NAME:背中刺す刃
おお、来たのかにゃー


NAME:幻想殺し
来たけど……なんぞこれ?


NAME:青髪
さぁ?


NAME:一方通行
あン?三下ァ、オマエ今日はちゃんと買えたのかよ?
何時もの入るなり『豆腐潰した。不幸だ……』とかの不幸呟きはどォした?


後土御門に青髪。オマエ等見てたンなら反応しろ。自転パンチ喰らわすぞ

974 :とあるネットの文字会話(スーパーチャット) [saga]:2010/07/28(水) 20:58:57.28 ID:MAHJKVo0


NAME:背中刺す刃
スマンスマンwwwwwww(笑

義妹と戯れてたんだにゃー


NAME:青髪
>>背中刺す刃
**。氏ねやなくて**


NAME:未元物質
何時ものことじゃねぇか

つーか第一位。お前よくも俺のパソコンぶち壊しやがったな。
八十万近くしたんだぞどうしてくれんだ

後携帯スゲー打ちにきぃ


NAME:一方通行
wwwwwwwwwwwwww


NAME:未元物質
どっかにこいつをこの世から消し去る武器ねぇ?今マジで殺意湧いた……


NAME:幻想殺し
落ち着け!


一方通行、お前なんか相談があるんじゃないのか?
975 :とあるネットの文字会話(スーパーチャット) [saga]:2010/07/28(水) 20:59:53.48 ID:MAHJKVo0


NAME:一方通行
あることにはあるけどよォ……その前に、




オマエ買った商品もう一回見直して来い。話はそれからだ。


NAME:幻想殺し
?…………!?


NAME:背中刺す刃
なんか凄く隣がドタバタしてる……
「どうしたのとーま?」って声も聞こえる


NAME:青髪
実況頼む


NAME:背中刺す刃
おk


NAME:一方通行
やっぱりか……


どうでもいいけど壁の穴を塞いでるのがファサファサする。
ファッサファサモッサモサする。正直もぎたくなる。


NAME:未元物質
おいテメェもぐなよマジでもぐなよこれ埋めるのマジ大変だったんだぞマジで止めろよオイ羽作んの大変なんだぞオイ


NAME:一方通行
あっ、もぐの楽しい


NAME:未元物質
オイィィィィィィィィィ!?!?

976 :とあるネットの文字会話(スーパーチャット) [saga]:2010/07/28(水) 21:01:01.53 ID:MAHJKVo0


NAME:青髪
あーあ……隣なんやから直接止めればえええのに


NAME:背中刺す刃
そうなった場合、寮が消し飛びそうだぜい

実況
「とうま、本当にどうしたの?」
「いやいやまさかまさかまさか……」

かなり焦っている模様


NAME:青髪
なぁなぁ、一体どういうことなん?


NAME:一方通行
じきに分かる。後もぐの楽しい


NAME:未元物質
ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?!!?
かきききかくこけくきあかきけこかかくけくき!!!!!


NAME:背中刺す刃
落ち着けwwwwwwww


さっき「不幸だぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」って言ってた。
近所迷惑だにゃー


NAME:一方通行
wwwwwwwwww

もぐの楽し(ry


NAME:未元物質
今なら俺なんでも出来る気がする。
覚醒出来る気がする

977 :とあるネットの文字会話(スーパーチャット) [saga]:2010/07/28(水) 21:02:08.74 ID:MAHJKVo0


NAME:青髪
死亡フラグやから止めときー。
かみやんは何が有ったんやろぉなぁ。


後一方通行は正直ニワトリの羽をもぐのが好きなんやろ?


NAME:一方通行
あァ楽しかった。
頑張れよていとクン


NAME:未元物質
もうこの寮いや……


NAME:幻想殺し
卵の賞味期限切れてた……不幸だぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……

土御門ごめん。マジごめん。
そして垣根は頑張れ、頑張れ


NAME:一方通行
やっぱりか、あはぎゃは(笑)



そろそろ本題に戻ンぞ?意義は認めねェ


NAME:幻想殺し
なら聞くなよ!?






こんな感じで続いて行く。
取り合えず時間を入れるべきか……
すんげー遅筆だけど、もしかしたらスレ立てる、かも。

ちなみにチャット形式なのは、一方さんと垣根だけじゃ罵倒のしあいになるため。

978 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 21:03:38.67 ID:eMu5ogDO
次スレ頼んだぞ
979 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 21:12:24.18 ID:atC9rtYo
なんか美琴が上条さん以外とくっつくのって個人的に若干抵抗がある
電磁通行とかはやってんの?
980 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 21:20:49.42 ID:3BvxLMAO
上琴派でもなく、一方アイテムや一方ミサカはOKな俺も電磁通行だけはないわーと思うが
ある意味一番ありえないところが書き手のチャレンジ精神をくすぐるんじゃね?
981 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 21:22:54.82 ID:3BvxLMAO
もしもしですまん>>985
982 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 21:26:32.15 ID:vcuGckAO
お前らの趣味嗜好は聞いてねぇよ
始めにカップリング書いてあるんだから嫌ならスルーしろ
カップリングそのものに文句言いたいならチラ裏でやれ
983 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/28(水) 21:28:40.83 ID:yqCEmAAO
ksk
>>982
もっともだな
984 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 21:33:22.85 ID:cN7Kwl20
ていとくんと一方さんが仲良いのって和むな

カップリング議論は荒れると何度言えば
985 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 21:35:04.14 ID:atC9rtYo
あー余計なこと言ってごめん
ただ電磁通行がはやってるのか知りたかった

余計なこと言ってごめん
986 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 21:51:29.60 ID:5Zj819gP
電磁通行はドラマ性がありそうだから、創作意欲がわきやすいってのもあるんじゃない
設定自体もそうだけど、性格もツンデレ×ツンデレだし
987 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 21:58:08.49 ID:eIYEqqAo
とりあえず、まずは次スレ、それからだ
988 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/28(水) 22:02:01.08 ID:9ZDRFsAO
久々に見に来たんだけど、帰ンぞ欠陥電気ってどうなったの?
989 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/28(水) 22:07:50.96 ID:vaWNpL20
>>988
永遠の未完
だが最高傑作
990 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 22:07:57.37 ID:atC9rtYo
あぁ俺名指しされてたのか!
ごめんちょっと行ってくる
991 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/28(水) 22:09:05.17 ID:kkANWN60
>>990
スレタイに▽、名前欄にage進行
今回のスレにはないけど次スレにはよろしく
992 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/28(水) 22:12:50.64 ID:9ZDRFsAO
>>989

ありがとう
未完か。残念だが、何か納得いくものがある
993 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 22:20:07.69 ID:atC9rtYo
>>991
忠告ありがとよ
名前欄だけで、本文には特にage進行について言及しなくて良いよね?

あと、〜さんとのおやくそくってキャラかぶらないようにしないといけないみたいだけど、上条さんって既出?


この板でスレ立てすんの初めてだから、色々面倒かけてすまない
994 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 22:20:30.44 ID:V0Xi5j60
あれ未完だっけ?
続き書くって言ってたような
995 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 22:26:57.61 ID:yqCEmAAO
>>993

>名前欄だけで、本文には特にage進行について言及しなくて良いよね?

yes


>あと、〜さんとのおやくそくってキャラかぶらないようにしないといけないみたいだけど、上条さんって既出?

まだ出てない

>この板でスレ立てすんの初めてだから、色々面倒かけてすまない

気にスンナ
996 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/07/28(水) 22:28:56.12 ID:kkANWN60
>>993
調べてきたけど1冊目はキャラじゃなくて
2冊目以降は
インデックス
小萌センセー
建宮さん
オルソラさん
キャーリサさま
フレンダさん
御坂妹
最大主教さん
舞夏さん
だったから上条さんはまだだね

一番目立つであろう名前欄に『認知度upのためage進行にご協力お願いします』とでも書いておけば大丈夫かと
997 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 22:37:07.47 ID:ZaWaYS6o
tes
998 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 22:38:01.08 ID:atC9rtYo
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-11冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1280324048/

すまねえ、遅くなった! こんな感じでよかったかな?
何か粗相があったらごめん。
999 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 22:39:51.06 ID:/wHqYFMo
>>998
と同時に>>1000なら次スレはお兄サンデー
1000 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 22:39:58.54 ID:M//Kby60
>>1000なら次スレは浜滝祭り
1001 :1001 :Over 1000 Thread
    ´⌒(⌒(⌒`⌒,⌒ヽ
   (()@(ヽノ(@)ノ(ノヽ)
   (o)ゝノ`ー'ゝーヽ-' /8)
   ゝー '_ W   (9)ノ(@)
   「 ̄ ・| 「 ̄ ̄|─-r ヽ
   `、_ノol・__ノ    ノ   【呪いのトンファーパーマン】
   ノ          /     このスレッドは1000を超えました。
   ヽ⌒ー⌒ー⌒ー ノ      このレスを見たら期限内に完成させないと死にます。
    `ー─┬─ l´-、      完成させても死にます。
        /:::::::::::::::::l   /77
       /::::::::::i:i:::::::i,../ / |
       l:::/::::::::i:i:::、:::/ / |
       l;;ノ:::::::::::::::l l;.,.,.!  |
        /::::::::::::::::l/ /  冂
       /:::::::;へ:::::::l~   |ヌ|
      /:::::/´  ヽ:::l   .|ヌ|               製作速報VIP@VipService
      .〔:::::l     l:::l   凵                  http://ex14.vip2ch.com/news4gep/
      ヽ;;;>     \;;>

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-11冊目-【超電磁砲】 @ 2010/07/28(水) 22:34:08.98 ID:atC9rtYo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1280324048/

【夏の風物詩】頓挫前提で同人ゲーム製作しようぜ【キビッツ】 @ 2010/07/28(水) 22:12:04.82 ID:ffXItXko
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1280322724/

肉肉弾弾肉弾弾!!!!!!!!!! @ 2010/07/28(水) 22:09:13.46 ID:68jcZ9Uo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1280322553/

一方通行「俺がおでン屋だァ?」 @ 2010/07/28(水) 22:01:38.45 ID:rc2hUh.0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1280322098/

やる夫が鉄道死傷事故の救助をするようです 避難所 その6 @ 2010/07/28(水) 21:59:45.69 ID:UjB4LpE0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1280321985/


Powered By VIPService http://vip2ch.com/

498.51 KB   

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)