このスレッドはSS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)の過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドを用いてネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報下さい。

雁夜「俺のサーヴァントは最強なんだ!」 - SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々) 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/08(水) 20:39:54.75 ID:kcrwd/SE0
変なとこあるかもだけど頑張る

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1328701194(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

ハルヒ「ねぇキョン…何かあたしに隠してない?」 @ 2014/10/22(水) 00:00:09.13 ID:1W/NLxgG0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413903599/

べしゃり亭 あや瀬 @ 2014/10/21(火) 23:46:21.98 ID:s3upC4BiO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413902781/

【艦これ】リュウ「艦娘…?強いのか?」【ストリートファイター】 @ 2014/10/21(火) 23:35:53.17 ID:XDy4/gGw0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413902143/

海未「新しい曲の振り付けを考えましょう」 @ 2014/10/21(火) 23:34:28.77 ID:YmjowMfwO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413902068/

堀裕子「超能力はありまぁす!」 橘ありす「超能力なんてあるわけありません」  @ 2014/10/21(火) 23:14:48.40 ID:xqa41inF0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413900878/

絵里「続いていくもの」 @ 2014/10/21(火) 23:07:52.97 ID:wzsuCXya0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413900462/

P「アイドルウォッチ?」 @ 2014/10/21(火) 23:06:57.28 ID:qXpmPqeK0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413900407/

津田「神様お願いです・・萩村を助けてください」 @ 2014/10/21(火) 23:05:52.71 ID:RXrkRoksO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413900352/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/02/08(水) 20:40:22.41 ID:Rjc7Bkfh0
早く
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/08(水) 20:58:05.45 ID:kcrwd/SE0
雁夜「・・・・・」

雁夜「こいつは・・・」

?「オィおっさン、此処はどこだァ?」

雁夜「ここは冬木市だ」

雁夜「君は召喚に応じたんじゃないのかい?」

?「召喚だァ?なンだそれはァ?」

雁夜(召喚に失敗したのか?)

雁夜「そんなことはないはず」

?「なにブツブツ言ってンだァ?」

雁夜「いや、何でもない」

?「そもそもなンで俺は此処にいンだァ?」

雁夜「君はサーヴァントとして召喚されたんだよ」

?「オィ、詳しく説明しろ」



カクカクシカジカ
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/08(水) 21:04:26.66 ID:kcrwd/SE0
?「で、俺が召喚された訳かァ?」

雁夜「そういうことになる」

雁夜「ところで君の名前はなんだい?」

?「一方通行」

雁夜「一方通行と書いてアクセラレータと読むのか」

一方「あァ」

雁夜「ここで話すのもアレだから場所を移動しようか」



冬木市内ファミレス

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/08(水) 21:19:50.34 ID:kcrwd/SE0
店員「イラッシャイマセーゴチュウモンハナニニシマスカ?」

一方「コーヒーあるかァ?」

店員「ショウショウオマチクダサイ」


雁夜「君は聖杯に願うことはないのかい?」

一方「幼・・・じゃなくて願うことなンかねェよ」

一方「そういうテメェは何を願うンだよ?」

雁夜「桜ちゃんを助ける」

一方「桜だァ?誰だよソイツ?」

雁夜「俺の幼馴染の娘だよ」

店員「コーヒーオモチシマシタ」

一方「あァ」

一方「ンで、俺はあと6人のサーヴァントとかいう奴らをブチ殺せばいいンだな?」

雁夜「いや、サーヴァントは歴史に名を刻む英雄達だ」

雁夜「そう簡単に倒せるとは思えない」

一方「じゃァどうすンだァ?」

雁夜「マスターを倒す」

雁夜「マスターは魔術師とはいえ、普通の人間だからサーヴァントよりは倒すのは容易だろう」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北陸地方) [sage]:2012/02/08(水) 21:34:10.47 ID:l9iGxWVAO
何か凄く被ってるやつがあったような・・・
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/08(水) 21:37:10.25 ID:kcrwd/SE0
忘れてたけど、この一方通行は自分で演算できる状態ってことで



一方「マスターにはどンな奴がいンだァ?」

雁夜「誰が出るかはよく知らないが、時臣はでるはずだ」

一方「時臣だァ?」

雁夜「この写真のやつだ。こっちが葵さんでこの子が桜ちゃん、この子が凛ちゃん」

一方「・・・・!!」

一方(俺のストライクゾーンヒットしまくってンじゃねェか)

一方(ヤベェ、両方学園都市に持って帰りてェ・・・)

雁夜「どうかしたのかい?」

一方「」ハッ

一方「何でもネェよ」

一方「てか、おっさン敵の娘を助けてェのか?」

雁夜「敵の娘でも、桜ちゃんに罪はない」

雁夜「それに時臣は桜ちゃんを間桐に売ったんだ」

一方「間桐だァ?」

一方「おっさンも間桐じゃねェか」

雁夜「俺はあの家と絶縁状態だったんだ」

雁夜「そしてあのジジイは桜ちゃんを蟲の餌食に」

一方「ジジィ[ピーーー]」

一方(あンな可愛い子になンて事すンだよ!)

雁夜「強力してくれるのかい?」

一方「桜ちゃンのためだァ!!!」
8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/08(水) 21:51:06.54 ID:kcrwd/SE0
間桐邸

ジジイ「ほう、貴様が雁夜のサーヴァントか」

一方「バーサーカーのクラスで現界しましたァー一方通行でェす」

ジジイ「一方通行?はて、聞いたことがないな」

一方「握手でもどうすかァ?」

一方「ぎゅー」

プッシャァ
ドサッ

雁夜「え?」

雁夜(握手しただけだぞ?なんで血が出てるんだ?)

雁夜(ヤバいの召喚しちゃったのかもしれない)

雁夜「何をしたんだい?」

一方「血流のベクトルを操作したンだよww」

雁夜「どういうことだい?」

一方「俺の能力だァ」

一方「俺は触れたもの方向を自由に変換できるンだよ」

雁夜(何それ恐い)

一方「ま、細けェ事は後だァ」

雁夜「とりあえずこれを処理するか」

一方「そォだな」
9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/08(水) 22:05:21.98 ID:kcrwd/SE0
一方「そういえば」

雁夜「なんだい?」

一方「聖杯ってヤツは何でも願いを叶えられるンだよなァ?」

雁夜「ああ」

一方(決めたぜェ・・・)

一方(俺は聖杯に全世界の幼女の幸せを願うぜェ!)

雁夜「願い事でもあるのかい?」

一方「まァな」






冬木市内 公園

桜「あ、雁夜おじさん。」

雁夜「やあ、桜ちゃん」

一方(本物の破壊力半端ねェな・・・)

雁夜「桜ちゃん、紹介するよ。僕のサーヴァントの一方通行だ」

一方「よろしくゥ」

桜「雁夜おじさん、おじい様が死んじゃったの」

雁夜「大丈夫だよ、おじさんが守ってあげる」

一方(コイツもしかして俺と同類なンじゃねェかァ?)

雁夜「そしてきっと葵さんや凛ちゃんと遊びに行こう」

桜「うん・・」

一方(凛ってあの子だよな・・抜け駆けする気かァ?)

桜「じゃあね雁夜おじさん、桜、やることあるから」

雁夜「気をつけてね桜ちゃん」

桜「うん」
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/08(水) 22:31:05.30 ID:kcrwd/SE0
一方「おっさンは桜ってガキが好きなのか?」

雁夜「ああ。桜ちゃんを嫁にしたいくらいだ」

雁夜「凛ちゃんも一緒にいたら最高だな」

一方(やっぱコイツ仲間だ・・)

雁夜「・・!」

一方「どうかしたかァ?」

雁夜「他のサーヴァントが近くにいる」

一方「ソイツブッ倒すかァ」

雁夜「準備とかなくて大丈夫かい?」

一方「問題ねェ」





コンテナ置き場



ランサー「やっと来たか」

ランサー「他のサーヴァントは警戒して此処までは来なかったが貴様は違うようだな」

一方「もちろんだァ」

一方「全世界の幼女のためにテメェを倒す」

ランサー「意味が分からんぞ」

ケイネス「早く敵のサーヴァントを始末しろ」

ランサー「御意」

一方「黙れハゲ」

ケイネス「これはハゲじゃない!」

ランサー「行くぞ!」


シュッ

一方「うわ!危ねェ」

一方「丸腰の人間に槍を振るう奴があるかァ!」

ランサー「一応貴様もサーヴァントだろう、問題はない」


シュッ

ガキィン!

ランサー「槍がはじかれた?」

ランサー「これが貴様の魔術か」
11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/08(水) 22:48:10.80 ID:kcrwd/SE0
一方「魔術なンかじゃねェよ」

雁夜「やっぱり凄いな・・・」

雁夜(てか、普通に理性保ってるぞ、ほんとにバーサーカーなのか?)

ケイネス「何をしているランサー宝具の開帳を許可する早くとどめをさせ」

ランサー「分かりました。我が主よ」

一方「ほんとは自分で戦うのが恐いンじゃねェのかァ?ww」

ケイネス「そんなことはないわ!!」

一方「怒るとハゲるぞォ」

ケイネス「うるさい!はやく始末しろ!」



ランサー「お前の魔術が俺の槍を弾いても、俺の宝具の前では無意味だ」

ランサー「ゲイ♂ジャルグ!」

ガキイン!

一方「だから魔術じゃねェっての科学の力だァ」

ランサー「なぜだ?」

一方「そういえばテメェにも真名ってのがあンのかァ?」

ランサー「ディルムット・オディナだ」

一方「聞いたことあンな・・ほんとに英雄と戦ってるのか俺はァ!!」

ケイネス「そのロリコンに早くトドメをさせ!」

ケイネス「ロリなんて社会のゴミだ!」

一方「」プチッ

一方「ロリコンノナニガワルイ・・・」

一方「クカッ」

一方「クカカキケコカカコクカコカキクコカー」

雁夜「雰囲気が変わった・・・」

雁夜「それに黒い翼も生えてきた」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/08(水) 23:16:44.06 ID:kcrwd/SE0
ランサー「かかってこい!」

ランサー「ゲイ♂ボウ!」


シュン!

ランサー「消えた?」

ケイネス「うわー!」

ランサー「主!」

一方「ロリコンをブジョクシタヤツハイカシテハオカナイ」

雁夜「然り!然り!」

ランサー「我が主が黒い翼に巻き込まれて逝ってしまった」

ランサー「俺は脱落か・・・」

ランサー「てか主よわww」


シュン

ランサー脱落


?「A Lalalalalalalalalala!]

ライダー「いい戦いであったぞ!」

ウェイバー「いきなり何言ってんだよ!」

一方「ふゥ」

一方「余裕なンだよォ」

ライダー「我が名は征服王イスカンダル!」

ライダー「貴様、仲間にならないか?」

ウェイバー「勧誘してどうすんだよ!!」

ライダー「すごい戦いようだったのでな、つい」

ウェイバー「ついじゃないバカ!!」

一方「残念だけどよォ、オマェらの仲間になンかなるかよ」

ライダー「それは残念だな」

一方「お前もサーヴァントだろォ?俺の夢の為にくたばってくれやァ」

ライダー「このような奴と戦えるなど何世紀ぶりかの、心が躍る!」

ライダー「と、その前に」

一方「なんだァビビったのかァ?」

ライダー「そうではない、そこで覗いてるやつ、出てきたらどうだ?」

ライダー「はやく出ないと2人ががかりで倒しにいくぞ?」

一方「覗いてるヤツなンかいたのかァ」

雁夜「気付かなかった・・・」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/02/08(水) 23:27:03.93 ID:LbVSaZnbo
おじさんと一方さんは安定してるな
おじさんの体が心配だけど
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/08(水) 23:36:13.75 ID:kcrwd/SE0
ライダー「やってくるか」

一方「あァ」


シュン

アサシン脱落

ライダー「気を取り直して行くぞ!」

シュン

一方「此処は?」

一方「それにこの敵の量はなンだァ」

雁夜「流石にヤバいんじゃないか?」

一方「桜ちゃんのためだァ、くたばってられるかよォ」

ライダー「これが我が宝具、アイオニオン・ヘタイロイなり!」

ライダー「王とは!」

ライダー「誰よりも鮮烈に生き諸人を見せる姿を指す言葉!」


軍勢「然り!然り!」

一方「面白ェじゃねェか」

一方「ロリコンとは!」

一方「誰よりも幼女を愛し幼女にすべてをささげる英雄を指す言葉!」

雁夜「然り!然り!」

一方「行くぜェ!」

一方「クカカキクケケコカクコカイクコカキクカー!」

ライダー「我が戦友たちが次々にやられていく・・・」

ライダー「しかし、負けんぞ!」

ドーーーン

ドサッ

ライダー「なかなかだったぞ、久しぶりに楽しかったわ」

一方「テメェもなァ、次ももっと楽しもうぜェ」

ライダー「そうだな。では、さらばだ」


シュン

ライダー脱落

雁夜「まじで聖杯てに入れちゃうかも」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/08(水) 23:43:41.06 ID:kcrwd/SE0
今日は此処までにします。
またあした投下します
見てくれた人ありがとう
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/09(木) 00:19:20.39 ID:rs92XF4p0

一方さんなら英雄どもとも渡り合えそう
が、やはり問題となるのはおじさんの体か
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/02/09(木) 05:56:28.56 ID:Cfz91TXAO
おじさんが虫の息レベル越えてる気が・・・
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/09(木) 14:27:33.07 ID:h34Glfu0o
然り!然り!
19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/09(木) 19:17:16.58 ID:TNZ70NEq0
今から投下する
ペース遅いけどゆるして
20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/09(木) 19:41:52.62 ID:TNZ70NEq0
翌日 間桐邸

桜「雁夜おじさん、おはよう」

雁夜「おはよう、桜ちゃん」

桜「ねえ雁夜おじさん」

雁夜「なんだい?」

桜「一方通行さんはなんで桜のために戦ってくれるの?」

雁夜「それは彼がロリk・・・じゃなくて彼は桜ちゃんに幸せな生活を送ってほしいと思ってるんだよ」

桜「一方通行さんって優しいね」

一方「そォでもねェよ」

一方「俺は悪党だ」

桜「でも一方通行さん桜のために頑張ってくれる」

一方(やべェ可愛すぎて爆発しちまいそうだァ・・・)

桜「2人とも頑張ってね」

雁夜「ありがとう桜ちゃん」

一方「任せとけェ!!」


雁夜(そういえばほとんど魔翌力を消費してないな・・・)

雁夜(彼の力か何かかな?)

一方「どうかしたかァ?」

雁夜「いや、何でもない」

雁夜「次に狙うマスターを決めようか」

一方「あァ」




雁夜「あと残っているのは、セイバー、アーチャー、キャスターの3人」

一方「時臣ってヤツのサーヴァントはどいつだァ?」

雁夜「アーチャーだよ」

一方「なら、そいつでいいじゃねェか」

雁夜「そうしたいんだが、そうもいかないんだよ」



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/02/09(木) 20:06:21.91 ID:6FGSv73Ho
なんでおじさんが吐血しないか理由は分かったが、余りにチートすぎるだろ一方さんwwwwww
22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/09(木) 20:58:36.07 ID:TNZ70NEq0
雁夜「時臣を倒すのは一筋縄じゃいかない」

雁夜「それに奴のサーヴァントは英雄王のギルガメッシュときた」

雁夜「倒すのは容易じゃないだろう」

一方「ならよォ、次出会った奴を倒すってのはどうだァ?」

雁夜「考えるのだるいしそれで行こうか」

一方(いいのかよ)

雁夜「それと聞きたいことがるんだけど」

一方「なんだァ?」

雁夜「君を召喚してから魔翌力をほとんど使ってないんだがこれも君の能力が影響してるのかい?」

一方「それはねェよ」

一方「サーヴァントってのは昔の英雄達が召喚されンだろ?」

雁夜「ああ」

一方「俺は英雄とあがめられてねェし、ましてや普通の人間だ」

一方「それに宝具もねェ」

一方「ただ、能力開発をうけた普通の人間ってわけだァ」

一方「そンなのが出て来ても、使い魔を出すのとほぼ変わらないって訳だァ」

雁夜「確証はあるのかい?」

一方「ンなもンねェよ」

一方「俺の予想が正しければそうなるって訳だァ」

雁夜「君は頭がいいんだね」

一方「一応、学園都市最高の頭脳だからなァ」





アインツベルン城

切嗣「敵の侵入か」

アイリ「ええ」

セイバー「ここは私が!マスター指示を」

切嗣「・・・」

切嗣「敵はどいつだ?」

アイリ「多分、キャスターよ」

セイバー「私が行きます。マスター!」

切嗣「・・・」

切嗣「アイリは舞弥と一緒に逃げてくれ」

切嗣「他にも敵がいるかもしれない。僕はそいつらを片づけてくるよ」

セイバー「・・・」

アイリ「セイバーはキャスターの討伐に向かってくれない?」

セイバー「分かりました!アイリスフィール」
23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/09(木) 21:24:47.48 ID:TNZ70NEq0


キャスター「おお、聖処女ジャンヌよ!」

キャスター「私、ジル・ド・レイにございます!」

セイバー「誰だそれは、覚えがないな」

セイバー(私をジャンヌ・ダルクと思っているのか」

キャスター「ジャンヌが私を忘れるなどあり得ない!」

キャスター「思い出しになられてください!」

セイバー(こいつウザい・・・)



そのころ雁夜達


雁夜「サーヴァントの気配だ」

一方「なンだとォ」

一方「潰しに行くかァ」

雁夜「そんなので大丈夫かい?」

一方「あァ」

一方「オラ行くぞォ」

雁夜「ああ」




アインツベルン城


雁夜「この中にいるはずだ」

一方「随分広ェ屋敷だな」

雁夜「サーヴァントを探そうか」

一方「あァ」




一方「てめェだれだァ?」

?「私か?」

一方「そうだよ、おっさン」

綺礼「私は言峰綺礼」

一方「なにしてンだよォ?」

綺礼「見て分からんのか私はこの麻婆豆腐を食べているんだ」

綺礼「なかなかうまいぞ、貴様も食うか?」

一方「遠慮しとくぜェ」

綺礼「そうか」

一方「じゃァな、おっさン」

綺礼「ああ」

一方(なンだったンだァ?)
24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/09(木) 21:51:31.26 ID:TNZ70NEq0


一方「ン」

雁夜「どうかしたかい?」

一方「アレをみてみろォ」


キャスター「おぉジャンヌよぉ!!」

セイバー(ヤバイコイツキモスギル・・・)



雁夜「アレは・・」

一方「ちょっと片づけてくらァ」

一方「おっさンはそこで見てろ」

一方「圧縮圧縮空気を圧縮ゥ!!」

ゴゴゴゴゴ


一方「こんなもンかァ」

雁夜「なんだいこれは?」

一方「プラズマだァいくら英霊でもモロに当たれば怪我じゃすまねェだろォな」


ヒョイッ

ゴゴゴゴゴ
バチバチバチバチ

キャスター「アレは何でしょうジャンヌ?」

セイバー(とりあえず逃げるか)


ドーーン

一方「倒したかァ?」

キャスター「ぉぉジャンヌ・・・」

ドサッ


シュン
キャスター脱落


セイバー「不意打ちとは卑怯だぞ」

一方「てめェも困ってたじゃねェかよ」

セイバー「そこは礼を言おう」

セイバー「お前は・・・」

雁夜「俺の事かい?」

セイバー「蟲に寿命を食われているようだな」

雁夜「ああ」

セイバー「さっきの礼だ治してやろう」

一方「そンなことができるのかァ?」

セイバー「私を誰だと思っている」

セイバー(無視した切嗣への仕返しだ、敵に有利な状況を与えてみようww)

シュインシュイン
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/09(木) 22:25:57.47 ID:TNZ70NEq0
雁夜「蟲がいなくなっていく・・・」

セイバー「これで寿命も戻ったはずだ」

雁夜「こんなことしていいのか」

セイバー「さっきの礼だと言っただろう」

セイバー「では私はこれで」

一方「逃げたな」

雁夜「逃げたね」


翌日 遠坂邸

時臣「こんなにも早くサーヴァントが3人にまでへるとは」

ギル「まあ時臣よ、我様の勝利は確定しているのだ焦ることもなかろう」

時臣「そうですね、英雄王」

ギル「ん、敵のサーヴァントの襲来のようだな」

ギル「我様が片づけて来てやろう」


セイバー「たのもーう!」

ギル「黙れ雑種が」

切嗣「今の内にマスターを倒しに行くぞ」

舞弥「分かりました」

セイバー「いくぞ!」

セイバー「エクスカリバァ!」

ギル「まさか我様にたてつこうとはな」

ギル「雑種よ光栄に思うがいい、この我様に負けるのだからな!」

セイバー「貴様になど負けるつもりはない」

ギル「見よ!我が宝具、王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)を」


ドドドドド

セイバー「なんて攻撃だ」

ギル「怖気づいたか?」

セイバー「そんなことはない!」

ギル「雑種よ、もっとあがいて見せろ!」


ドドドドド

セイバー「くっ、私もここまでか」

ギル「やば、結界全部壊した・・・」

ギル「時臣に怒られる・・」

セイバー「消える前くらい人の話を聞け・・・」

シュン

セイバー脱落
26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/09(木) 22:30:08.69 ID:TNZ70NEq0
今回はここまで
また明日投下する
見てくれてありがとう
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/02/09(木) 22:35:34.87 ID:Bblr9LTSo
セイバーですら噛ませ犬扱いか
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/09(木) 22:35:40.80 ID:VTyKn1gSO
ギル様かわいいな
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/09(木) 22:50:10.09 ID:24lO6tBSO
雁夜が時臣の尻穴にズッコンバッコン
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/02/09(木) 22:51:22.84 ID:7VHrU7cIo
この一方通行やたら語尾をのばすな
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(熊本県) [sage]:2012/02/09(木) 23:47:15.70 ID:HB7Sn9/Qo
語尾を伸ばして媚びを売るってかwwwwww
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/10(金) 01:18:56.55 ID:sjL7NjQSO
雁剣ペロペロ
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/02/10(金) 13:44:12.77 ID:lJ+z+A5Wo
さて、そろそろ脱ぐか
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/10(金) 15:06:24.86 ID:shV9c2cpo
君はこの文章が面白いとでも思ってるのか?
悪いことは言わないから、こんな所で産廃を産み出すのはやめて学校に行きたまえ
35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/10(金) 20:39:23.17 ID:F4OoGocL0
今から投下します。
多分今日で終わる予定
36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/10(金) 21:09:03.28 ID:F4OoGocL0
一方「なンか騒がしいな」

一方「それに屋敷に入ったら、おっさンが罠にっかっておかしくなっちまった」

雁夜「フフッ、フハハハァァ!時臣、時臣ィィ!」

一方(これって術者倒すと治ンのか?)

一方(とりあえず建物にはいるかァ)

一方「行くぞおっさン」

雁夜「時臣ィ!」



一方「なンだあいつは?」

時臣「流石は英雄王、セイバーをこんなにあっさりと」

時臣「ん、君たちは間桐のとこのサーヴァントじゃないか」

雁夜「ハァハァ、時臣やっと見つけたぞ!」

一方「テメェが時臣かァ」

雁夜「フハハ、やっと、やっと・・・」

一方「おっさン、大丈夫かァ?」

雁夜「時臣、時臣、時臣ィ!」

一方「聞こえてねェのか」

時臣「霊珠を持って命ずる、英雄王よ、ここに加勢を」


シュイイン

ギル(結界壊したのばれたのか?)

ギル「な、なんだ時臣よ」

時臣「英雄王よ、そこのサーヴァントを片づけてくれないか?」

ギル(ばれてなかった)

ギル「王に命令するとはな、まあ今回は許してやろう」

一方「俺の相手はテメェって訳かァ」

ギル「この我様に勝てると思っているのか、雑種よ」

一方「残念ながら俺は天才ですゥ」



ドドドドドドド


一方「いきなり何すんだよ」

ギル「あいさつ代わりだ」

ギル(建物に時臣いるの忘れてた・・・)

切嗣「危なかった」

切嗣「行くぞ、舞弥」

舞弥「了解」
37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/10(金) 21:35:20.58 ID:F4OoGocL0
時臣「英雄王も暴れすぎだ」

時臣「貴様は私が片づけるとしよう」

雁夜「待ちわびたぞ、時臣」

時臣「なぜそういいながらズボンに手を掛けるのだ」

時臣「そもそも、間桐などが私に勝てると思っているのか」

雁夜「ハァハァ・・・」

サッ

雁夜「このボタンを押せば俺が死ぬと同時に凛ちゃんや葵さんがいる屋敷も一緒に吹き飛ぶぜ」

雁夜「俺を殺しても、屋敷は吹き飛ぶ」

雁夜「お前に俺を殺せるか?」

時臣「・・・!」

雁夜「隙ができたぞ!時臣ィィィ!」


ガシッ

時臣「くっ、離したまえ!」

雁夜「すぐに気持ち良くなるぜ」

時臣「ズボンを脱がすんじゃない!」

時臣(誰か助けて!!)

雁夜「トキオミタソハァハァ」

時臣「れ、霊呪をもって・・・」

雁夜「言わせないぜ」

時臣「うわぁぁぁぁぁ!」




ウァァァァァァ


ギル「時臣の声?」

一方「時臣っておっさンやられたみたいだなァ」

ギル「俺は時臣の元へ行く」

一方「ビビったんじゃねェのかァ?」

ギル「今回は預けといてやる」

一方「一応おっさンのとこに行くか」



雁夜「ハァハァ」

時臣「誰か・・・」

一方・ギル「・・・!」

一方「なにしてンだおっさン!!」

雁夜「もうすぐだ時臣ィ」


ガンッ

一方「バカヤロウゥ!」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/02/10(金) 21:43:44.55 ID:ibzIhnAGo
なにしてんだおじさん
39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/10(金) 21:54:18.58 ID:F4OoGocL0
一方「おっさンは桜ちゃンのために戦ってきたンじゃねェのか?!」

一方「そンな罠に掛ったくれェで他の道に目覚めるのかァ?」

一方「あの、ロリコンだったころを思い出せェ!」


ドガッ
ボコッ

ギル「余計に殴ってるような・・・」

時臣(助かった?)

雁夜「」ハッ

雁夜「僕は何をしてたんだ?」

雁夜「確か罠にかかって、そこから記憶が・・・」

一方「おっさンはあいつと熱い夜を過ごそうとしてたンだァ」

雁夜「吐きそう」

一方「自業自得だァ」

雁夜「でも、もう道を間違えない」

時臣「もういいか?」

一方「あァ」

ギル「時臣よ、お前は下がっていろ、こいつ等は我様が片付けといてやる」

時臣「感謝します、英雄王」

ギル「今回は逃さんぞ、雑種が」

一方「オマェが勝手に逃げたンだろ」

ギル「うるさい!」



ドドドドド


一方「反射ァ」

ドドドドド

ギル「いい度胸だ雑種よ、もっと足掻け!」

ギル「俺の宝具に恐れをなせ!」

一方「反射(笑)」

一方(コイツ武器を飛ばすしか能がないのか?)


グサッ

ギル「この我様に手傷を負わせるとはな・・・」

ギル「だが、貴様もこれまでだ」

シュドドドドドドドド

雁夜「これまでにない量だ」

一方「それがどうしたってンだよォ」

一方「反射ァァ!」

シュドドドドドドド
40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/10(金) 22:18:34.68 ID:F4OoGocL0
ギル「くっ、まさか我様を倒せるものがいるとはな」

ギル「まあよい、召喚されてから今まで楽しかったぞ」

ギル(それにいろいろと壊したのばれなくてよかった)

シュン

ギル脱落

一方「これで全部だな」

雁夜「ああ、これで聖杯が手に入るね」

一方「てか建物壊しちまったぞォ、時臣っておっさン死んだんじゃねェのか?」

雁夜「桜ちゃんを間桐に売ったやつだ、問題はない」



切嗣・時臣「チーン」

舞弥(こっそり逃げててよかった)


シュインシュイン

一方「これが聖杯かァ?」

雁夜「そうみたいだね」

一方「こんなドロドロしてるもンなのかァ?」

雁夜「そんなはずはなんだけど」

葵「その聖杯は願いを破壊の形で叶えるのです」

雁夜「葵さん?どうしてここに?」

葵「遠坂家の加勢に来たのですが戦いは終わったようですね」

一方「時臣っておっさンなら多分死んだぞォ」

葵「いいのです。これで遠坂家を離れられる」

凛「お父様臭かったしね」

雁夜「凛ちゃんまで」

一方(こっちもいいなァ)

葵「話を戻しましょう」

葵「この聖杯に世界を幼女の世界にと望んだら幼女以外はすべて死んでしまいます」

葵「他にも、戦争を辞めたいと望めば戦争をしている人すべて死ぬでしょう」

雁夜「それなら、どうすれば?」
41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/10(金) 22:39:49.23 ID:F4OoGocL0
葵「聖杯を破壊するのです」

一方「そしたら俺の願いはどうなるんだァ?」

葵「破壊に成功すれば叶うはずです」

桜「おじさん?」

雁夜「桜ちゃんも来てたのかい?」

凛「私が連れてきたんだよ、さっきまで寝てたんだけど」

桜「おじさん、これどうやって壊すの?」

一方「俺がやってやらァ」

一方「早く命令しろ、マスター」

雁夜「分かったよ、霊呪をもって命ずるその聖杯を破壊するんだ」

一方「了解だァ」

桜「頑張ってね」

凛「頑張れお兄ちゃん!」

一方「俺頑張るゥゥゥゥ!!」


一方「クカッ」

一方「クカケキコクカコキカカコケコカキクコクカキコクカ」

一方「ウォォォォ!」

ドドドドドド
シュワシュワシュワシュワ

シュイイン

一方「はァっ、はァっ」

一方「壊したぜェ」

雁夜「流石だよ」

凛・桜「お兄ちゃんカッコいい!」

葵「見事です」

一方「そォだろ」

一方「もう、お別れみてェだな」

桜・凛「じゃあねお兄ちゃん」

一方「じゃァな」

シュン

雁夜「行ってしまったね」


その後、葵と雁夜は結婚し凛と桜は2人の元で幸せにくらした

世界の幼女にはどこかの英雄のおかげで幸せが約束された

一方(凛ちゃんも桜ちゃんも可愛かったなァ)



一方(でも、打ち止めが一番だぜェ!)


END
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/02/10(金) 22:44:07.57 ID:OXu4uu4Eo
おつ
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県) [sage]:2012/02/10(金) 22:57:14.61 ID:Qfcz+Z6Lo
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/11(土) 11:53:29.06 ID:qFK43ShSO
雁剣ペロペロ
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/11(土) 22:19:45.08 ID:9vnDYpnvo
えらいテンポいいな
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/02/18(土) 07:32:17.70 ID:lJ04RckDO
雑だな いい意味で
28.75 KB    VIP Service SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々) 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)