このスレッドはSS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)の過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドを用いてネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報下さい。

潮田渚「ヌルぬるテクニック」 - SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々) 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆r.GyD56wZXZL [saga]:2012/07/31(火) 00:56:25.12 ID:ByVz3kKU0
烏間「えー、このSSは…暗殺教室×くそみそテクニックのクロスSSらしいな
まあくそみそからは阿部という奴しか出てこないが…」


渚「注意点としては、若干のキャラ崩壊があるかもしれないよ」


カルマ「あ、ちょいちょいAAを使用するから、そこも注意してね」


殺せんせー「そしてもう一つ…
本SSにはホモ要素が含まれておりますので、苦手な方は特にご注意を…ニュフフフ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1343663784
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

亜里沙「安価でお姉ちゃんと海未さんをくっつける」 @ 2014/11/29(土) 14:53:16.02 ID:2yJ+INBbO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417240396/

絵里「幻のCutie Pantherを探しに行く」 @ 2014/11/29(土) 14:46:08.52 ID:MDC5wB5EO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417239968/

恭子「咲、一緒に飲もか」 @ 2014/11/29(土) 14:21:43.86 ID:TzTghH+u0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417238493/

ガンダムEXVSFB避難所 @ 2014/11/29(土) 14:21:14.09 ID:28jEFtP50
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1417238464/

私の戦いはこれからです! @ 2014/11/29(土) 13:18:54.24 ID:n4q1Kgw+o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1417234724/

イタリア人だけど質問ある? @ 2014/11/29(土) 13:12:49.73 ID:a7h7e1HxO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417234369/

【来たれ】VIPでモンスト避難所【超獣神祭】 @ 2014/11/29(土) 13:00:14.11 ID:VIdHZ6/KO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1417233614/

まゆ「Pさん? ねぇ、起きてPさん」 @ 2014/11/29(土) 12:14:17.74 ID:TUzVR5nk0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417230847/

2 : ◆r.GyD56wZXZL [saga]:2012/07/31(火) 00:58:25.87 ID:ByVz3kKU0
渚「う〜、トイレトイレ…」タッタッタッ


今トイレを求めて全力疾走している僕は
名だたる進学校に通うごく一般的な男の娘
強いて違うところをあげるとすれば
担任の先生を標的としてる殺し屋ってとこかな
名前は潮田 渚(しおた なぎさ)
3 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:02:12.33 ID:ByVz3kKU0
   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や 公 帰 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ 園. り ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て の 道 な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来  ト に わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た イ  あ け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の. レ る で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ に
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__
4 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:04:19.26 ID:cW2iBJSI0

                                       座  ベ  ふ
      _,,.、、、、、.,,_                 .,;,':;:;.;.        っ  ン  と
    /.:::::::::::::::::::..`ヽ、            .               て  チ 見
   / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、      :'.,;:,';,                い に  る
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ .,:;:,.,.                    た 一  と
    | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j         .;:..,..                人
   |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{                :.':..::,;        の
   .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙                    ..      若
    }:::::::::::::::ノ゙  l  /   ..,;:';;'. ;:;:;:;...                  い
   ,xァ''ー'゙'`    '、 /                            男
  / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_ :,.;               .;.,;:',;.,;,     が
 ''^ーァ 、_____  ̄ /       
  `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、  :,.,,; ;.:.,'
  /           /    ヽ                 ;.:,.;,:.:,
 ,'        ,   /      ゙、                       ;,:.,:';,'
          l /  __      !   .;. ;:',,;,,,     
          l, l  く,_  、   |        ;:]
 ''''ー--_  、、,,,_リ    `ヽ、ヽ, ,!     /   ̄`''ー'、       .:,,.
       ̄`¨`'''|!    _,,..、二,,_,〉'_ー_/    , ,、   `ヽ,
          |!   'ー''"´  '! /     /ニ''''ー ---'-       ';.,
5 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:05:36.48 ID:cW2iBJSI0
            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !      渚(あっ…いい男…)
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_
6 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:08:24.61 ID:cW2iBJSI0
            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ    渚「ハッ」
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、      
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、   そう思ってると
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ. 突然その男は僕の見ている目の前で
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i ツナギのホックを
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  | はずし始めた…!
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|
7 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:09:17.27 ID:cW2iBJSI0
    〃                 i,        ,. -‐
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈    /
    !  :l      ,リ|}    |. }   /   .や
.   {.   |          ′    | }    l
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    |    ら
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    |
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   |     な
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     |
.    }.iーi       ^ r'    ,'    ノ    い
     !| ヽ.   ー===-   /    ⌒ヽ
.   /}   \    ー‐   ,イ       l    か
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\       ヽ
8 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:12:07.96 ID:4Zo6QVww0
   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  そういえばこの公園は
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   ハッテン場のトイレがあることで
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  有名なところだった
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   いい男に弱い僕は誘われるまま
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  ホイホイとトイレに
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   ついて行っちゃったのだ
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__
9 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:14:37.29 ID:4Zo6QVww0
彼──
少しワルっぽい自動車修理工で
阿部高和と名乗った

ホモ・セックスもヤり慣れているらしい…
トイレに入るなり
僕は下着まで剥かれてしまった
10 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:16:54.07 ID:4Zo6QVww0
阿部「おいおい、何恥ずかしがってるんだ?」

渚「あ、いや、その……///」

阿部「男同士、脱いでるモン全部引っぺがして
ありのままの肉体を晒し合うってのも いいモンだぞ」

渚「で、でも……///」
11 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:19:11.21 ID:4Zo6QVww0
ここまで来て「帰る」なんて、とても言い出せない…
でも、さすがにホモ・セックスなんて…

選び難い二つの選択肢を前に
ただ悶えることしか出来ない僕…


しかしその時 予期せぬ出来事が…






渚「うっ……!」

渚(で、出そう………!)
12 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:28:23.44 ID:4Zo6QVww0
僕の様子がおかしくなったのを見て、阿部さんは僕に気を遣ってくれた


阿部「どうした?どこか痛いのか?」

渚「い、いえ…何でもない…です…」


阿部「もしかして、小便がしたいのか?」

渚「え…!?あ、あ、ええと……はい…///
このトイレに来たのも、その為で…」


阿部「そうか…」
13 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:30:19.10 ID:4Zo6QVww0
         ヽ、        /  思 い
  シ 俺 お   !        !   .い い
  ョ の. 前.   !       |   つ こ
  ン. ケ     |      !,  い と
  ベ. ツ     ノ      l′ た
  ン の     ゛!  ___ 丶
  し. 中    ,,ノ' ´    ` ''ヾ、、_   _,.
  ろ で   /            ヽ`'Y´
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
       ノ|L_ ! ___ { ,..、|
'- 、.....、r‐''´  }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|
     ヽ    l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、__
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
14 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:34:47.07 ID:4Zo6QVww0
渚「………え」

渚「えぇ──っ!?お…おしりの中へですか!?///」


阿部「男は度胸!何でも試してみるのさ」

阿部「きっと いい気持ちだぜ」


渚「で、でも……///」
15 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:42:37.67 ID:4Zo6QVww0
         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.      /  入 遠 ほ
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.     !   れ 慮  ら
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l     |   て  し
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}    ヽ  み .な
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ    l′ ろ  い
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、   ヽ,  よ  で
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、   ∠_
            ヽ、  /__,∠、    `'-、   ^ー――
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l
16 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:43:35.27 ID:4Zo6QVww0
彼はそういうと素肌にまとったツナギを脱ぎ捨て、
逞しい尻を僕の前につきだした

渚(そっ、そんな……!出来ないよ…おしりの中にだなんて…///)

「へぇ、いい尻してるじゃん」

渚「!?」

僕は後ろを慌てて振り向くと、そこには停学が解けたばかりのクラスメイト
赤羽業(あかばね かるま)君が立っていた
17 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:50:54.59 ID:4Zo6QVww0
渚「カルマ君!?な……何でこんなところに!?」

カルマ「普通に用を足しにきただけだけど…
渚君こそ、どうしてそんな恰好でこんなところに?」

渚「えっ!?あっ、これはその…///」

阿部「何だ、知り合いか?」

渚「あ、はい…クラスメイトの、赤羽業君です」
18 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:52:10.07 ID:4Zo6QVww0
阿部「そうか、俺は阿部高和だ」

カルマ「へェ、阿部さんっていうんだ…よろしく」ギュッ

カルマ君と阿部さんは、何気なく握手を交わした

カルマ「……」ニヤァ







─────この握手は カルマ君の謀略の内だった
19 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:52:48.28 ID:4Zo6QVww0
ブチュッ!!


阿部「!!」ヌルヌル

渚「!?なっ…」


カルマ君と阿部さんが握手した瞬間、お互いの握手している手の指と指の隙間から
白い塗り薬のようなものが溢れてきた!


阿部「…な、何だ…これは!
か……体が…熱い…」ムラムラァ
20 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:53:31.01 ID:4Zo6QVww0
カルマ「…へー」

カルマ「本トに早く効くんだ、この塗るタイプの媚薬」


渚「びっ、媚薬っ……!?」


カルマ「塗るタイプの媚薬を、少し圧迫するだけで破れる袋に入れて
手に貼っつけてみたんだけど」
21 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:54:41.04 ID:4Zo6QVww0
カルマ「けどさぁ、阿部さん」

カルマ「こんな単純な「手」に引っかかるとか…」

カルマ「しかも そんなとこまで我慢汁でヌルヌルになっちゃうなんて
溜め過ぎじゃね?」


渚(初めてだ…阿部さんに我慢汁を出させた人……!!)


カルマ「あっ、俺は生まれつきの体質で媚薬効かないんだけどね」


阿部「……………」ムラムラ
22 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:56:27.36 ID:4Zo6QVww0
カルマ「相手からの攻めでは射精しないって聞いてたけど」

阿部「!」



カルマ「あッれェ」

カルマ「阿部さん ひょっとして チョロイひと?」


阿部「…………!!」ピクピク   ビュルルルルルルッ!!
23 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 01:57:30.80 ID:4Zo6QVww0
阿部「ああ……ふぅ…」

渚「わっ…!」ヌルッ


カルマ「あれェ?阿部さん、言葉攻めでイッちゃった?」

カルマ「でも、イッたばかりなのに、まだギンギンだね
ちょっと媚薬効き過ぎじゃね?」

阿部(くっ…確かに媚薬がかなり効いてやがる…
賢者モードに入れない……!)ジリッ


渚「……………」ボーゼン
24 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 02:00:12.12 ID:4Zo6QVww0
渚(か…カルマ君……凄い)

渚(阿部さんを完全に弄んでる…!)



カルマ(逃げないでよ 阿部さん)

カルマ(「犯される」ってどういう事か授業(おし)えてやるよ)








烏間「……何をしているんだ、お前たちは」  
25 : ◆r.GyD56wZXZL [saga sage]:2012/07/31(火) 02:00:50.30 ID:4Zo6QVww0
とりあえず今回の投下はここまで!
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/07/31(火) 07:58:00.18 ID:trjNqceOo
おつ
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/09/15(土) 18:13:25.01 ID:jG/g1K600
と、かれこれ一ヶ月以上が経過したが・・
17.42 KB    VIP Service SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々) 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)