このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

キャプテンが阿知賀に転校したら - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:18:00.06 ID:FDmGVtn90
6月 長野インターハイ地区予選決勝 大将戦オーラス

実況「ああっ〜と、風越大将池田、龍門渕天江に倍満を振り込んでしまった。風越女子七連覇の夢絶たれる。新鋭龍門渕が初の全国の舞台へ」

池田「えぐっ,えぐっ,美穂子せんぱぁ〜い」

キャプテン「泣かないで、華菜。あなたは精一杯戦ったわ。けど、今年だけは皆と一緒に全国に行きたかったな」

みはるん「福路先輩、それはどういう意味ですか?」

キャプテン「大会中は言い出せなかったけど、私、夏休みが終わったら、親の転勤の都合で奈良に引っ越すことになったの。風越で戦えるのは今年が最後なのよ」

池田「そ・・・そんな」

ドム「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

みはるん「奈良ってことは近畿の名門、晩成高校ですか? あそこは偏差値が高いみたいだけど、先輩の頭なら・・・」

キャプテン「ううん,吉留さん。向こうでは麻雀はしないつもり。風越のみんな以外と全国を目指す気になれないと思うから」

池田「美穂子先輩、例え学校が違っても、あたしはまた先輩と一緒に麻雀がしたいです。だから麻雀を止めないでください」

キャプテン「ありがとう、華菜。でも転校先は麻雀部も存在しない阿知賀って無名校だから難しいと思うわ」

みはるん「華菜ちゃん・・・」

池田「大丈夫だし,みはるん。本当に麻雀を愛しているあの人が麻雀から離れられるわけない。来年、あたし達が全国の舞台まで勝ち上がれば、きっと会えるさ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1345897079
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

佐久間まゆ「Pさんですかぁ?」 デレマスP「違います」 @ 2017/08/17(木) 06:49:48.56 ID:JcYjIHLYO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502920188/

藤原肇「蜃気楼少女」 @ 2017/08/17(木) 05:14:40.49 ID:+16hRPuq0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502914480/

【よう実】綾小路「なあ軽井沢」軽井沢「うん」 @ 2017/08/17(木) 01:38:57.63 ID:cYyQVDYS0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502901537/

ここだけ全員焼肉店(絶対に燃やしてはいけない焼肉店24時)768店舗目 @ 2017/08/17(木) 01:08:34.57 ID:LCAQDwhRo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1502899714/

新生ブリタニア帝国 @ 2017/08/17(木) 01:03:09.62 ID:9GlK/shwo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1502899389/

穂乃果「うんこ漏らしちゃった…」グスッ @ 2017/08/17(木) 00:49:08.42 ID:l1pCstRm0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502898548/

唯「大好きな君に届けたいよ」【モバマスSS】 @ 2017/08/17(木) 00:39:18.99 ID:p7LD0g0q0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502897958/

【シンフォギア】少女「転生したから安価とコンマで月を破壊する」 女神「GX」 @ 2017/08/17(木) 00:19:11.42 ID:TNb7hZAa0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502896751/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:19:49.92 ID:FDmGVtn90
9月新学期 奈良県阿知賀女子二年A組の教室

キャプテン「長野の風越女子からきた福路美穂子といいます。みなさん、よろしくお願いします」

キャプテン(常に片目を瞑っている変な子だって思われないか心配・・・・・・って、あら、あまり私に注目してないわね)

宥「はう〜、お隣さんだね、転校生さん。わたし、松実宥といいます、よろしくね〜」

キャプテン「は・・・はい、よろしく(まだ残暑なのに、凄い着膨れね。こんな人がいれば、誰も私の右目なんか気にしないわけよね)」

―――――――――――――

玄「私がいつも通りなら、誰かがまたあの頃みたいに」

憧「あたしとしずが同じ学校なら、二人揃って和の前に立てる!」

穏乃「遊ぶんだ・・・,和と!」

玄「おねーちゃんも加えて、これで四人目。団体戦でインターハイの全国に行くには、もう一人必要だね」

玄「灼ちゃんにも断られちゃったし。あんなに強かったのに、赤土さんか辞めてから自分も麻雀打たなくなるなんて,灼ちゃん、本当に先生のことが好きだったんだね」

穏乃「う〜ん、この際数合わせでも構わないから,何とか五人目を・・・」

宥「そういえばね、新学期からわたしのクラスに転校生がやってきて,とても仲良くしてもらっているんだけど,確か長野の風越女子から来たって・・・」

憧「風越? それって六年連続で全国に出場していた、うちの県でいえば晩成クラスの名門校じゃない。確か部員が八十人はいるって」

穏乃「入学した生徒の五人に一人は麻雀部の計算になるね。もしかしたら、その人も麻雀部だったかも。ねえ、宥さん。その人を部室に連れてきてくれないかな」

宥「うん、わかったよ。美穂子ちゃんに声をかけてみるね」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:21:30.15 ID:FDmGVtn90
10月 阿知賀麻雀部

キャプテン「なあに,宥さん。私に用事って? えっ、ここは麻雀部の部室?」

憧「宥姉、その人が風越からの転校生? ねえ、あなた。向こうでは麻雀やってた?」

キャプテン「ええ、一応。もっとも、みんなの掃除や洗濯をする雑用だったけど(嘘は言ってないわよね?)」

憧「な〜んだ、万年補欠か。ま、人数が足りないのに贅沢は言えないか」

穏乃「憧、失礼だよ。福路さん、是非とも私たちと一緒に麻雀しませんか?」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

宥「はう〜、ごめんね、美穂子ちゃん。騙すような形でここに連れてきちゃって」

玄「(なんて膨よかそうなオモチ、ゴクリ)福路さん、私たちにはあなたが必要なんです。是非、私たちが打つのは見てくれませんか?」

―――――――――――――

ジャラジャラジャラジャラ。

キャプテン(まさか、阿知賀に麻雀部があったとは・・・。けど、この子達、全員只者じゃない)

キャプテン(長野でもできなかった私の初めてのお友達の宥さんは、明らかに手牌に赤い牌の偏りがある)

キャプテン(宥さんの妹さんは更に一目瞭然。ドラ完全独占なんて、魔物クラスの場の支配力)

キャプテン(この勝気な子には、異能の力はないけど、鳴きのセンスに光るものがある。オカルト現象を認めた上で、デジタルを貫いている)

キャプテン(最後にジャージの子。技術は劣るけど、決して諦めないひたむきさと、追い詰められると発揮する底力・・・・・・少し華菜に似ている)

穏乃「あれ、福路さん。その右目は?」

宥「はう〜、美穂子ちゃん、宝石みたいでとても綺麗」

キャプテン(何時の間にか興奮して右目が開いていた!? 麻雀は捨てたつもりだったけど、まだ私の中にこれだけの情熱が燻っていたというの?)

池田『美穂子先輩、例え学校が違っても、あたしはまた先輩と一緒に麻雀がしたいです。だから、麻雀を止めないでください』

キャプテン(そうね、華菜。やっぱり私は麻雀がとても好きみたい)

キャプテン「あらためまして、阿知賀女子のみなさん、福路美穂子です。私もあなた達と一緒に来年のインターハイを目指したいので,宜しくお願いします」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:22:57.54 ID:FDmGVtn90
11月 阿知賀麻雀部

キャプテン「ロンです、チャンタ、ダブ東、満貫」

穏乃「うはっ〜、美穂子さんすごく強い。これで十連続トップ」

憧「美穂子、本当に風越では補欠だったわけ?」

宥「玄ちゃんの能力がこんなにアッサリ対応されるとは思わなかったよ」

玄「けど、こんな強い人が入ってくれたなら、本当に全国も夢じゃないね」

キャプテン(今年の奈良決勝の牌譜を見たけど、晩成に天江衣のような魔物はいない。このメンバーなら来年の全国に出られるかもしれない。けど・・・)

キャプテン(今のままはシード校を蹴落として、彼女たちが目標とする全国の決勝卓に勝ち残るのはまず不可能・・・)

キャプテン(意識改革をさせる必要があるかも。鍵となるのは、やっぱり玄さんね)
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:24:59.88 ID:FDmGVtn90
12月 阿知賀麻雀部

キャプテン「ロンです、リーチ一発タンヤオ平和一盃口、満貫」

玄「はうっ!?」

キャプテン「ロンです、カンチャン待ち、1000」

玄「ううっ・・・、狙い撃ち?」

キャプテン「ロンです、メンホン一通、白、親っ跳、18000」

玄「北の地獄待ち!? ハ・・・ハコった(泣)」

穏乃「これで玄さんの五連続トビで決着」

憧「玄の炙れ牌を完全に見透かしている」

宥「でも明らかに玄ちゃんを狙い撃ちしてる。美穂子ちゃん、どうしてそんなに意地悪するの〜?」

キャプテン「意地悪じゃありませんよ、宥さん。全国クラスの打ち手なら、皆こう対処します。玄さん、あなたにはドラが切れない制約がありますね?」

玄「は・・・はい、ドラを一つでも捨てると、そのあと何ゲームかドラがこなくなるので・・・」

キャプテン「やはりそうですか。でも、このままだと玄さんだけでなく、阿知賀麻雀部は伸び悩むことになりますよ」

憧「えっ? 何で玄だけでなく,あたし達も?」

キャプテン「私たちは部員数がギリギリなので,内輪で切磋琢磨するしかない現状です。みなさんは玄さんと卓を囲む時は、ドラがこない前提で打ち回しますよね?」

穏乃「そ・・・そりゃ、ドラは全部玄さんにガメられるわけだし・・・」

キャプテン「ですが、私たちが全国で戦う対戦相手に松実玄という選手はいません。対ドラゴンロードに特化した打ち筋ばかりを磨いても無意味」

玄、宥、憧、穏乃「!」

キャプテン「ここが分水嶺かもしれません。今ならまだ本番のインターハイまで半年の時間がありますから、戦略を根本から練り直すのも可能・・・」

宥「簡単に言わないで、美穂子ちゃん。玄ちゃんにとって、ドラはお母さんとの大切な絆・・・・・・」

玄「・・・・・・ありがとう、おねえちゃん。でもいいの」ヒョイ

憧「玄、それはドラ・・・・・・」

玄「今まで自分から別れを決めたことはなかったけど、みんなと一緒に前に向かうために、一旦お別れ!」バシ

穏乃「玄さんのいる卓でドラをツモれた!?」

玄「ありがとう、美穂子さん。気づかせてくれて。新生・松実玄を宜しくお願いします」

キャプテン「ええっ(ごめんなさいね、玄さん。大切な仲間の足を引っ張ると指摘すれば、自分を曲げると分かっていた私は本当に悪い人。ドラゴンロードという切札を全国まで温存できるように、一緒に頑張りましょう)」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:26:18.26 ID:FDmGVtn90
翌年1月 阿知賀麻雀部

憧「ツモ、タンヤオ平和ドラ2、満貫。これで逆転ね」

玄「ううっ・・・、また私がラス(泣)」

宥「玄ちゃんは、ドラなし麻雀を始めたばかりだから、まだしょうがないよ」

玄「そうだね、おねえちゃん。私、頑張るよ」パシっ

穏乃「ロン、小三元!」

玄「はうっ!?」

キャプテン(玄さん、馴れるまで時間がかかりそうね)
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:27:26.30 ID:FDmGVtn90
2月 阿知賀麻雀部

宥「ロン、メンホン、中、ドラ2、跳満」

玄「はうう、また私だけ焼き鳥(涙)」

穏乃「けど、玄さん、箱になること少なくなったじゃないですか」

憧「そうそう、意外にビケも避けるようになったしね」

キャプテン(少しは形になってきたかしら?)
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:29:34.31 ID:FDmGVtn90
玄「ツモ、平和のみ。1500」

憧「うわっ、信じられない。よりによって玄に三倍満を安手で流された」

玄「ふふんっ、私だって日々進歩しているのだよ、憧ちゃん♪」

宥「玄ちゃん,すご〜い」

玄「ううっ・・・(ぐすっ・・・)」

穏乃「どうしたんですか、玄さん?」

玄「ううん、私知らなかった。麻雀がこんなに奥深いものなんて。一昔前は跳満以下で和了ことがないから気づかなかったけど、普通は点数をあげるのにこんなに苦労するんだね」

キャプテン(ふふっ・・・、発展途上の子の成長具合を見守るのは、本当に楽しいわね(ニコっ))
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:31:09.28 ID:FDmGVtn90
4月 新学期

憧「今日からあたしとシズは、晴れて阿知賀女子麻雀部の一員ね」

穏乃「それじゃ、早速景気づけに卓を囲むとしますか」

玄「ロン、タンヤオ平和三色、7700」

穏乃「げっ!? 私の当たり牌のGをキッチリ止められた上に、回し打たれた!?」

憧「本当に信じられない、玄がこんな器用な打ち回しを・・・」

キャプテン「ふふっ・・・、これが玄さんの潜在能力ですよ。ドラ麻雀をしていた頃には必要なかったので錆びさせてしまいましたが、今は砂が水を吸うようにどんどん吸収していく。本番までにどこまで伸びるのか楽しみだわ」

宥「玄ちゃん、すご〜い」

穏乃「よ〜し、こっちも負けずに頑張るぞ」

玄「ふふふ〜ん♪ 私、今毎日が驚きの連続で楽しくて仕方がないよ」

憧「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:32:21.66 ID:FDmGVtn90
5月 阿知賀麻雀部

穏乃「個人戦へのエントリー?」

キャプテン「ええ、みなさんは団体戦しか興味がないと思いますが、身内以外の色んな相手と打つのは、全国大会に向けての良い修行になると思いますよ」

キャプテン(それに穏乃さんの本質を見極める良い機会でもありますしね)

キャプテン(さてと、玄さんのデータを採り続けて、意外な事実が判明しました。玄さんがドラを捨ててから、再びドラ収拾能力が復活するまで、そのゲームを含めて三半荘必要)

キャプテン(面白いのは、開幕でいきなり捨てても、オーラスの最後に捨てても、きっちり三半荘かかるのに変化はない。全国向けの切札にするにはもってこい・・・・・・!)

キャプテン「あら、憧さん。どうしたのですか? 今日はもう部活は終わり」

憧「・・・・・・ねえ、美穂子。あたしにも麻雀、教えてくれない?」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:33:28.91 ID:FDmGVtn90
キャプテン「憧さん?」

憧「あたし、分かってるの。この部の中であたしだけが凡人だって。一見、下手にみえるシズにだって、秘められた力がある」

キャプテン「そう穏乃さんのこと気づいていたの。流石は一番の親友ね」

憧(赤面)

キャプテン「けど、麻雀の打ち筋にはそれぞれ人に応じたスタイルがあり、憧さんは私とは異なるデジタルで完成されている。今更、私が教えられることなんて・・・・・・!」

キャプテン「そうね、アナログな方向からのアプローチなら有りかもね。最近は玄さんに掛かりっきりだったけど、二人羽織で頑張ってみましょうか(ゴゴゴ・・・)」

憧「美穂子、右目が空いている」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:34:22.11 ID:FDmGVtn90
穏乃(ここ最近、美穂子さん。憧の後ろにつきっ切り。何を教えているんだろう?)

キャプテン「阿知賀は素直な子が多いから、入門用としてはうってつけね。憧さん、どう?」

憧「か・・・かなり、難しいですけど、頑張ります」

穏乃(対局中、憧はずっと皆の顔を睨みっ放しだな。本当に何をやろうとしているんだろう?)

玄「なんか最近、憧ちゃんの勝率が落ちてない?」

宥「うん、私も感じていた。何か決め打ちで牌選択することが多くて、裏目を引くような」

穏乃「ロン、どうしたの、憧? こんな牌を残すなんて憧らしくない」

憧「う・・・うるさいわね。今に見ていなさいよ」

キャプテン(凄いわね、憧さん。もう飲み込みつつある。来月あたり、みんなの驚く顔が目に浮かぶわ)
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:35:31.62 ID:FDmGVtn90
6月上旬 阿知賀麻雀部

憧「リーチ!」

穏乃「うそ、私の河のこの捨て牌で、何でドラを平気で切れるの?」

憧「チー、ポン、チー、ロン」

宥「はう〜、わたしの不要牌を全部、憧ちゃんに持ってかれた(涙)」

憧「テンパイ」

玄「うう・・・、ドラ無しで久々に倍満の大物手を張ったのに、私の当たり牌が、全部握り潰されてる(ぐすっ)」

憧「ふふん、絶好調♪」

キャプテン(理牌の癖と視点移動によるアプローチ。まさか、こんな短期間でモノにするとは思わなかった。これで彼女の武器の鳴き効率が一層磨かれるわね)
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:38:48.09 ID:FDmGVtn90
6月中旬 奈良インターハイ団体戦地区予選

穏乃「いよいよ、はじまったね」

玄「私たちがやってきたことが、今日試される」

宥「はう〜、なのによりにもよって、一回戦の相手が晩成だなんて(涙)」

憧「ふん、全国に出場しようと思ったら、いつかは当たる相手よ」

キャプテン「憧さんの言う通りです。それでは団体戦のオーダーを発表します。先鋒、私。次鋒、玄さん。中堅、宥さん。副将、憧さん。大将、穏乃さんです」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:42:07.52 ID:FDmGVtn90
一回戦 先鋒戦

穏乃「美穂子さん、頑張ってください」

キャプテン「ええ、行ってきます」

ニワカ先輩「ふふん、ニワカどもめ。お見せしよう、王者の打ち筋を・・・」

キャプテン(この人、お笑い系に見せ掛けて、普通に強い。他二校とは実力の開きがありすぎるし、ハンチャン一回でマイナスに凹ますのは無理ね)

実況「先鋒戦終了。何とトップは阿知賀、福路」

ニワカ先輩「ぐっ・・・、ニ・・・ニワカにしてはやるな」

キャプテン「お疲れさまでした(やっぱり思ったほど二位と差を広げられなかった。でも、みんながギリギリの勝負を体験するには良い機会かも)」

阿知賀  138000(+38000)
晩成   127700(+27700)
春日野   83300(−16700)
荒薪    51000(−49000)
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:43:24.73 ID:FDmGVtn90
一回戦 次鋒戦

宥「玄ちゃん、ガンバ」

玄「うう・・・、緊張するよ〜」

キャプテン(いよいよ、新生・玄さんのデビュー戦。ドラゴンロードを使えば圧勝は可能だけど、全国への切札をこんなところで切るわけにはいかない。それにドラ無しで本番を乗り切れれば、玄さんの自信になる)

丸瀬「ロン、7700」

玄「はううっ〜(涙)」

憧「いきなり満貫放銃で、逆転された!」

宥「く・・・玄ちゃん」

キャプテン「大丈夫です。今のは3巡目ダマテンの交通事故のような振り込みですから。玄さんは十分落ち着いています」

実況「次鋒戦終了。トップは晩成も、僅差で阿知賀が首位を継続中」

穏乃「お疲れ、玄さん。大幅なプラス収益で帰ってくるなんて、凄いですよ」

玄「う・・・うん、ありがと。けど、少し差を詰められちゃったかな」

憧「ドラ無しのハンデ戦で晩成のレギュラーと対等に渡り合ったのだから、上出来よ」

宥「そうだよ〜、おねえちゃんも玄ちゃんに負けないように頑張るよ〜」

阿知賀  154600(+16600)
晩成   147600(+19900)
春日野   55800(−27500)
荒薪    42000(−9000)
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:44:26.51 ID:FDmGVtn90
一回戦 中堅戦

宥「ロン、12000」

木村「!?」

穏乃「やった、宥さん。晩成から跳満を直撃だ」

キャプテン(妹思いの宥さんは、玄さんが勝っても負けても、それを上手くモチベーションに変えてしまう。松実姉妹の並びは正解だったみたいね)

実況「中堅戦終了。阿知賀・松実宥が再びリードを大きく広げる」

憧「よ〜し、今度はあたしが新生・新子憧を見せてあげるわ」

キャプテン(憧さん、早速実戦投入するみたいね・・・・・・って、この対戦相手は?(※TV画面の洗牌シーンを確認して)

キャプテン(いけない、憧さんに伝えなきゃいけないのに、もう間に合わない。クッ・・・、私って本当に間が悪い。肝心なことに気づいても、その時にはいつも手遅れなんて・・・)

阿知賀  175400(+20800)
晩成   146400(−1200)
荒薪    48800(+6800)
春日野   29400(−26400)
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:45:45.96 ID:FDmGVtn90
一回戦 副将戦

憧(よ〜し、理牌の癖は掴んだ。晩成の部長は高い手を張るタイプみたいだけど、降りてしまえば、振り込むことは・・・)

ギル様「ロン、親っ跳、18000」

憧「そ・・・そんな・・・(あれっ、理牌がさっきまでと違って、崩されている!?)」

キャプテン(紙面の牌譜を見ただけじゃ分らなかったけど、この人は理牌読み対策に、定期的に牌を入れ換える上級者ね。うかつ、きちんと決勝戦のビデオを見ていれば、予め伝えられたのに)

実況「副将戦終了。なんと阿知賀と晩成が横並びのマッチレースに」

憧「ごめん、穏乃。折角のリードをあたしが潰しちゃって」

穏乃「平気、平気。まだ抜かれたわけじゃないし、逃げきってくるよ。それじゃ行ってくる」

憧「美穂子、あたし馬鹿よね。まだ不慣れなスキルをこんな大一番に使って、裏目るなんて・・・」

キャプテン「本番で用いなければ、いつまでたっても上達はありません。憧さん、自らの殻を破りたいと望んだ、あなたの強さを追い求める意志はそんな軽いものだったのですか?」

憧「・・・・・・・・・・・・・・・」

キャプテン「麻雀をして、ましてや一点読みを志せば、読みを外さないことなど有り得ません。けど、憧さんが更なる高みを志すなら、失敗を恐れずに、自らの読みと心中する覚悟が必要です」

憧「美穂子・・・・・・」

キャプテン「幸い私たちはまだ負けたわけではありません。信じましょう、私たちの大将を」

阿知賀  169900(−5500)
晩成   165400(+19000)
春日野   32600(+3200)
荒薪    32100(−16700)
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:46:49.99 ID:FDmGVtn90
一回戦 大将戦

巽(私たちは王者晩成。こんな一回戦でダークホースに躓くわけにはいかない。けど・・・)

穏乃「・・・・・・・・・」ゴゴゴゴゴ・・・。

実況「いよいよ,オーラス。晩成と首位阿知賀との差は僅か900」

巽(私にもプレッシャーはあるけど、大金星が目の前にぶら下がっているこの子の重圧は、私の比じゃない筈。なのに、この土壇場での落ち着きは何? 本当に無名校の一年?)

穏乃「ツモ、2000」

実況「阿知賀、そのまま逃げ切りに成功。何と晩成高校緒戦敗退の大番狂わせ」

巽「ま・・・負けた(ガックシ)」

玄「おねえちゃん、私たち勝ったよ、晩成に」

宥(ブルブル)

憧「しず・・・」

キャプテン(やはり穏乃さんの力はアンカーを任せるに相応しかったみたいね。個人戦の順位が私の予想の範囲内に落ち着くとすれば、面白いことになるかも)

阿知賀  171900(+2000)
晩成   168500(+3100)
春日野   32600(+−0)
荒薪    27000(−5100)

※翌週、阿知賀は奈良代表として全国出場を決める。
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:47:36.53 ID:FDmGVtn90
六月下旬 奈良インターハイ個人戦地区予選

玄「今日、明日と腕試しの個人戦か」

宥「でも、目標の団体戦出場は決めたから、気楽だよね〜」

キャプテン「そうですね、本日は東風戦の予選だけですが、特にノルマはないので、楽しんで打ちましょう」

憧「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

穏乃(個人戦か・・・なぜだろう、まるで勝てる気がしないよ)
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:48:24.09 ID:FDmGVtn90
玄「やったね。全員、明日の本戦に進めたよ」

宥「美穂子ちゃん、すご〜い。予選もダントツでトップだよ〜」

穏乃「憧、どうしたの? あやうく予選落ちしそうになるなんて、らしくないよ」

憧「う・・・うるさいわね。明日の本番を見ていなさいよ」

穏乃(まだ晩成戦で一人だけ凹んだのを気にしているのかな?)

キャプテン(憧さん、今日は種蒔きに徹したようね。明日、上手く収穫できれば、もしかすればもしかするかも)
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:49:47.17 ID:FDmGVtn90
インターハイ奈良個人戦 本戦最終結果
一位 福路美穂子(阿知賀) +251
二位 小走やえ(晩成) +187
三位 新子憧(阿知賀) +158
―――――――――――――
四位 巽由華(晩成) +155
五位 松実宥(阿知賀) +147
六位 岸辺裕子(知弁) +141
七位 上田良子(晩成) +133
八位 松実玄(阿知賀) +125
九位 八重樫ふみ(東命) +120
十位 木村日菜(晩成) +117
―――――――――――――
十七位 高鴨穏乃(阿知賀) +88

玄「憧ちゃん、全国おめでと〜」

憧「へへん、どんなもんよ。東風戦でキッチリ『見』に徹した甲斐があったわ」

憧(まあ、本戦でも再び顔を合わせたのは五分の一にも満たなかったけど、その僅かな情報量の差がギリギリの当確ラインを分けたわね)

憧「それよりも、玄の方が凄いって。まさかドラ抜きでここまでやれるなんて」

玄「えへへ・・・、私も自信ついちゃったよ」

宥「憧ちゃんも玄ちゃんもどっちもすごいよ〜(美穂子ちゃんに関しては、もうみんな、今更って感じだね)」

穏乃「・・・・・・・・・・・・・・・」そそくさ・・・。

キャプテン(穏乃さん)
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:50:41.60 ID:FDmGVtn90
穏乃「はあ〜・・・・・・」

キャプテン「穏乃さん、隣宜しいでしょうか?」

穏乃「美穂子さん・・・・・・なんか私だけダメダメでしたね。実質半年のキャリアの玄さんだって、あんなに健闘したのに」

キャプテン「いいえ、私はこの結果をある程度予測していましたよ」

穏乃「えっ?」

キャプテン「団体戦で晩成の大将に競り勝った穏乃さんに、個人戦中はあの時の覇気はまるで感じられなかった。穏乃さんの力は仲間の為に頑張ろうと思った時にだけ発動する奇跡だからです」

穏乃「・・・・・・・・・・・・・・・」

キャプテン「人には色んな得手不得手があります。穏乃さんたちが目標とする原村さんは、長いスパンの個人戦を得意とするタイプで、一発勝負の上に様々な思惑が交錯する団体戦では、恐らく飛び抜けたスコアは出せないでしょう」

キャプテン「逆に穏乃さんは、チームが追い詰められた時こそ本領を発揮する団体戦タイプ。そんな穏乃さんだからこそ、私たちは安心してアンカーを任せられます」

穏乃「う〜ん、何かそう言われたら、自信が沸いてきたよ〜(メラっ)」

キャプテン(うふふ・・・、立ち直りが早いわね。こういう単純な所も華菜にそっくりね)
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/25(土) 21:51:38.73 ID:FDmGVtn90
キャプテン「ふうっ・・・」

宥「どうしたの、美穂子ちゃん?」

キャプテン「いえ、長野での私は少し背伸びし過ぎていたと思いまして」

宥「?」

キャプテン「私は名門風越のエースとして、部の全てを背負えると粋がっていました。けど、八十名の部員と分け隔てなく接しようとすれば、どうしても一人一人の密度は薄れてしまいます」

キャプテン「結果、先輩からは「生意気言うな」と煙たがれ、同世代からは「うざい」と疎まれて、慕ってくれた後輩の力にもなれなかった。風越八十名の部員を背負うのは、私なんかの器量じゃ最初から分不相応だったのです」

キャプテン「阿知賀は人数ギリギリだけど、だからこそ一人一人の個性とキチンと向き合えて、みんなの方向性を上手く導けたのだと思います。最初、宥さんに麻雀部に誘われた時は戸惑ったけど、今は仲間と一緒に一からチームを築き上げる喜びに充足感を覚えています」

宥「はう〜、わたしには難しいことは分らないけど、大所帯の名門校も大変だったんだね。それにわたし達からは菩薩みたいに思える美穂子ちゃんも色々と悩んでたのも意外だよ〜。でも、阿知賀にいることで、美穂子ちゃんが充実しているのなら、わたしもうれしいよ〜」

キャプテン「宥さん・・・・・・」

宥「ところで美穂子ちゃん。わたしにも何か玄ちゃん達にしたみたいなアドバイスはないの?」

キャプテン「ええ、宥さんの長所は、闘牌、性格ともにずば抜けた安定感ですから、必要ないですよ」

宥「う〜、何か嬉しいような寂しいような、複雑な気分だよ〜」

キャプテン(そろそろ長野も県予選が始まる頃ね。華菜たちはどうなったかしら?)
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 22:08:22.30 ID:IM708oM00
面白いな、長野はどうなってるんだろ・・・
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/25(土) 22:29:06.70 ID:rVLhTfdto
レジェンドがいないとなると、準決勝次鋒戦が怖いな
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/25(土) 22:37:41.87 ID:ALtT1jiDO
>>26
観察眼に優れたキャップがいるから大丈夫でしょ
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(岡山県) [sage]:2012/08/25(土) 23:07:58.16 ID:r7ZyoBDt0
もうこれ風越に咲が入学してこないと勝てんぞ・・・
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/25(土) 23:49:01.37 ID:BP0FPSWAo
龍門渕がな……
和が風越行って勝ち上がれば阿知賀もキャプテンも万々歳だけど
和INでもキャップOUTな状況じゃ龍門渕に勝てないし
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 01:51:45.74 ID:HoBzVF8lo
灼ちゃん……能力の予想図的には大三元を上がれるポテンシャルあるのに……
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 02:22:12.99 ID:SFLRestIo
これは面白いifですね。

>>26
キャップならシャープシューターさんの癖は見切れるはず。
あ、ビデオ再生機器の操作は次鋒になった玄にやってもらおう。

阿知賀とキャプテン的には和in風越が長野県1位が理想だろうけど、
和inだけじゃ龍門渕には勝てんだろうなぁ。
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 08:31:16.60 ID:O0Y7YVRIO
おつ!
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:15:40.36 ID:6X66acIB0
六月下旬 長野 風越女子

久保コーチ「それじゃ、団体戦のレギャラーを発表する。弓野、並平、灰恵那、源仏、池田の五人。ベンチ入りの補欠は、安藤、吉留、深堀の三人、以上だ」

池田、みはるん、ドム「!」

偽キャプ「どうしたの、二年生。れっきとした校内ランキング戦の結果に基づいた選抜に、何か不満でもあるの?」

池田「・・・・・・ないでし、キャプテン」

偽キャプ「ふんっ、行きましょう、みんな」ゾロゾロ

―――――――――――――

文堂「校内派閥ですか?」

みはるん「まだ一年の文堂さんには実感が沸かないと思うけど、風越は大きく三つの派閥に別れている。レギュラーの三年は全員、最大派閥の弓野キャプテン派に属していて、私ら二年生の一部は旧福路派の残党と見做されて迫害されているの」

みはるん「実際、団体戦のメンバーは勝ち組の派閥で占められることが多い。校内戦の馴れ合いで順位を上げ易いし、チームワークを考慮すれば、もともと運の要素が多い競技だから、多少の実力差よりも気心の知れた面子を優先するのも分らなくもない」

みはるん「もちろん例外もある。去年いた福路先輩や華菜ちゃんのように規格外の実力者なら、派閥争いなんて関係ない。けど私たちみたいに当確線上の団栗の背比べは・・・」

ドム「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

池田「美穂子先輩が残っていたら、こんな馬鹿げた派閥ゲームなんて廃止したし」

文堂「どっちにしても、校内ランク七十八位の私には遠い世界ですね。でも、その転校した先輩はそんなに凄い人だったのですか?」

みはるん「ええ、新聞で読んだけど、無名の阿知賀を率いて、奈良の名門晩成を破って、全国出場を決めたのよ。ねえ、華菜ちゃん。私たち風越女子は勝てるかな?」

池田「まず無理だし。今年は華菜ちゃんが先鋒だけど、あたしがどっか飛ばさない限り、最終的には天江に蹂躙されて終わるし」

みはるん「・・・・・・・・・・・・・・・」

池田「心配すんな、みはるん。美穂子先輩に顔向けできないような恥ずかしい闘牌をするつもりはないし。それよりも個人戦だし」

みはるん「そうね、一つの高校から八人まで出場可能だから、ベンチ入りメンバーの私やド・・・いえ深堀さんも参加できる」

池田「そうそう、公の場で真実のランキングをコーチやキャプテン一派に見せつけてやるし。そしてあたしは個人戦で全国に出場して、東京で美穂子先輩と遊ぶんだ」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:16:25.06 ID:6X66acIB0
長野インターハイ団体戦地区予選決勝

実況「さあ、いよいよ決勝です。風越、龍門渕、鶴賀、清澄の四校の対決です」

決勝 先鋒戦

池田「よろしくー」

井上「ああっ(風越は去年、衣に嬲られた猫を先鋒にもってきたか)」

むっきー「うむ」

タコス「ううっ、タコス食べられた(涙)」

―――――――――――――

タコス「リーチ!」

池田(ダマテン・・・)

井上(高火力のタイプが二人も同席するとは、面倒な卓になったな。両方同時に流れは変えられないし、どっちを潰すか? セオリーなら強豪の風越だが・・・)

井上「チー(二回戦の牌譜を見た限り、この猫以外の面子は雑魚だし、去年透華を苦しめた片目女ももういない。清澄の大将の方が不気味だから、タコスチビを凹ましておくか)

池田「ロン、跳満、12000だし」

タコス「ううっ・・・(涙)」

―――――――――――――

タコス(チートイ、ドラ3もいいけど、ここはもっと高めだじょ)

井上「リーチ(テンパイしたし、リーチで脅して止めるか)」

タコス(張った、このドラを切れば清一色テンパイだけど・・・・・・駄目だじょ、もうこれ以上振り込めない)

井上(クックックッ・・・馬鹿め。これでもうその大物手は死んだぜ)

―――――――――――――

実況「先鋒戦終了、やはり二強の力は圧倒的か。新鋭二校は厳しい洗礼を・・・」

池田(これで先鋒としての役目は果たしたし。あとは先輩たちの奮闘に期待だにゃー)

井上(トップは取れなかったが、卓と後続の面子を考えれば、まあ上出来か)

タコス(あの時、ドラを切る勇気があれば、親倍を和了れたかもしれないのに・・・悔しいじょ)

むっきー(私なりに精一杯やれたよな?)

風越   130500(+30500)
龍門渕  118900(+18900)
鶴賀    81400(−18600)
清澄    69200(−30800)
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:17:07.90 ID:6X66acIB0
風越控え室

みはるん「華菜ちゃん、お疲れさま」

華菜「おっす、みはるん。次は校内ランク実質五十番台の灰恵那先輩か。どんな闘牌を見せてくれるか楽しみだし」

みはるん(華菜ちゃん、意地が悪い。確かに弓野キャプテンに取り入ってレギュラーの座を掴んだ弱い者苛めしか脳がない三軍レベルの人だから、この決勝の大舞台で何かできるとも・・・・・・えっ?)

―――――――――――――

決勝 次鋒戦

灰恵那「ロン、5200!」

かおりん「ひっ?」

灰恵那「ロン、8000!」

かおりん「はうっ!」

ワカメ(え〜い、なんじゃ、鶴賀の無茶苦茶な捨て牌は、全く読めんぞ)

ともきー(分析不能・・・・・・)

灰恵那(うひひっ・・・、私には手に取るように分るぞ。初心者を甚振って強者の優越感に浸る・・・ただその為に文堂を木人形(デク)にして、素人の打ち筋を研究してきた。次にお前から溢れる牌はこれだ)ロン、5800の4本場は7000!」

かおりん「ううっ・・・、この人、恐いよ(涙)」

―――――――――――――

池田「・・・・・・信じられない、みはるん。この決勝卓にど素人の選手が混じっているぞ。ウチといいどんだけレベルが低いんだ、今年の長野は」

みはるん「か・・・華菜ちゃん(汗)。けど、だとしたら相性は最高だよね。灰恵那先輩って中級以上の実力者にはまず勝てないけど、初心者を削ることだけに特化しているし(中三の夏から麻雀をはじめた雀歴の浅い文堂さんも、この人にカモられて伸び悩んでいるし)」

池田「案の定、龍門渕と清澄に何度も放銃しているけど、それ以上に鶴賀の素人から毟っているから、点棒が凄いことになってるし」

みはるん「逆に清澄と龍門渕は、三つずつの謎迷彩に惑わされて鶴賀に振り込んでいるから、卓上に奇妙な三竦みが形勢されている」

池田(何か予想外の展開になってきたし・・・)

実況「次鋒戦終了、風越ダントツトップに。逆に鶴賀は飛び寸前に・・・」

風越   179500(+49000)
龍門渕  128700(+9800)
清澄    80000(+10800)
鶴賀    11800(−69600)
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:17:53.69 ID:6X66acIB0
鶴賀控え室

かおりん「うう・・・ごねんね、智美ちゃん。何か足を引っ張ったみたいで(涙)」

ワハハ「わははー、初心者のかおりんが、大きく凹まされることぐらい折り込み済みさ」

かじゅ「流石にここまで削られるとは想像以上だったがな(汗)、蒲原!」

ワハハ「分かってるよ、ゆみちん。撃ち落とせばいいんだろ、風越を?」

かじゅ「アホか!」

ワハハ「冗談、冗談、私だって自分の身の丈ぐらい弁えているさ。飛ばされないようにして、モモに繋げばいいんだろ?」

かじゅ「間違っても点棒を増やそうなんて色気を出すな。特に風越への振り込みだけは注意しろ」

ワハハ「わははー、それじゃ、行ってくる」バタン

モモ「加治木先輩、ああは言っても、部長さんの実力じゃ」

かじゅ「厳しいだろうな。だが、龍門渕や清澄にしても、飛び終了で負けたくはあるまい。奴らが空気を読んでくれるのを期待だな」

龍門渕控え室

透華「もー、智紀、本当に使えない子ね」

ともきー「・・・・・・・・・・・・(恐縮)」

鎖子「と・・・透華、一応プラスで戻ってきた智紀にそれはないんじゃない?」

井上「あー、しくった。まさか、こんな展開になるとは。こうと分かっていれば、タコスなんか無視して猫を抑えたのに」

透華「下手糞が一人卓に混じると、場が壊れるというのは本当ですわね(イライラ)。とにかく鶴賀が飛ぶような事態は避けなければなりません、はじめ」

鎖子「うん、分かってるよ、透華。安全圏まで鶴賀に点棒を差し入れて、あわよくば風越を削るんだね」

透華「それが理想ですが、仮に風越との点差が更に開いたとしても、衣にまで回せばどうとでもなります。行ってきなさい、はじめ」

鎖子「うん(原村和と戦うのを楽しみにしていた透華の前で、試合を終わらせるわけにはいかない。透華の為なら僕は喜んで捨石になる)」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:19:28.17 ID:6X66acIB0
決勝 中堅戦

ババア「(このツモに意味があると考えましょう)リーチ」

実況「おーと、清澄竹井、五面張を捨てて、ドラ単騎待ち。そして風越も跳満確定のテンパイだか、そのドラが余り牌に・・・」

源仏「・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ、ヒョイ

実況「風越、ノータイムで現物の安牌を連打。ドラを仕舞い込みました」

みはるん「華菜ちゃん、今の大物手で張ったら、私たちなら・・・」

池田「点棒には余裕があるし、鶴賀の飛び終了まで後一息だから、普通に攻めたし。でも、あの先輩は違う。リーチはおろか牌聴気配を察したら最後、仮に役満をテンパイしていても、ひたすら降りる」

みはるん「ベタオリの源仏先輩。灰恵那先輩といい個人戦だとまずうだつが上がらない闘牌だけど、今回はそれで助かっているね」

ドム「・・・・・・・・・・・・・・・」

実況「流局、清澄竹井、風越への直撃狙いの地獄待ち実らず」

―――――――――――――

鎖子(ツモでも鶴賀の点棒が削れるから、風越への直撃を狙うしかないけど、この人一体なに?)

源仏「西、西、北、北、ノーテン」

鎖子(チートイツでもないのに、何でこんな巡目まで既に二枚切れの風牌を抱えているの? この人、手を作る気あるの? ツモ和了可能なら、もう20000程は浮いたのに)

ワハハ「(わははー、ノーテン罰符で7000を切った。流石に攻めないとマズイ)【D】切りでリーチ」

ババア「・・・・・・・・・(ぐっ、18000の手だけど、牌を倒したら鶴賀が飛ぶので、和了れない)」

ワハハ「わははー、よし、通ったぞ」

ババア「・・・人間は一番弱い所にくるのよね(チッ、雑魚どもが。勝敗度外視で思い出作りに大会に参加したってか? やっと巡ってきた、あたしの最後の夏を邪魔するんじゃねえ(イラっ))」

鎖子「(やっと張ってくれた。差し込もうにも、この人も中々牌聴してくれないし。えーと、ここかな?)」

ワハハ「わははー、ロン、3200」

鎖子「はい(え〜、もっと高い手で和了ってよ。これじゃ何時までたってもツモ和了できないし、この卓やだぁ〜)」

実況「中堅戦終了。鶴賀の飛び終了が危惧されましたが、場が大きく動くことなく、副将に繋がりました」

風越   174000(−5500)
龍門渕  114900(−13800)
清澄    87700(+7700)
鶴賀    23400(+11600)
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:20:09.44 ID:6X66acIB0
鶴賀控え室

ワハハ「わははー、やったぞ、ゆみちん。点棒を増やしてきたぞ」

かじゃ「・・・・・・ああ、良く頑張ったな、蒲原(龍門渕と清澄に満貫以上の手を五回も見逃されて、点棒は龍門渕が必死に差し込んでくれただけだが、黙っていよう)」

モモ「先輩、それじゃ行ってくるっす」

かじゃ(頼むぞ、モモ。私も決勝の舞台を戦いたい)

―――――――――――――

龍門渕控え室

鎖子「ごめん、透華。結局、最後まで風越への直撃は取れなかった。鶴賀は下手だから、思ったほど差し込めなかったし」

透華「はじめは十分良くやってくれたわ。ましてや、あんな自分を抑えた闘牌、目立ちたがり屋のわたくしには無理ですし、それでは行ってくるわね」

鎖子「透華、大丈夫かな?」

井上「確かに不安だな。デジタルは場の状況なんか考えないで、自分の収支だけを念頭に打つ人種の上、そのデジタルの権化のどっち・・・もとい原村和も同卓だからな」

ともきー「・・・・・・・・・・・・・・・」

―――――――――――――

風越控え室

みはるん「なんか凄いことになっているね、華菜ちゃん」

池田「風越八十人も部員がいれば、色んな打ち手がいるんだと改めて実感したし」

みはるん「でも次の並平先輩は、決して弱くはないけど、とにかく普通だよね?」

池田「奇人変人のネタも尽きたし、やっとマトモな場が見られるかもだし(けど、もしこれで全国に行けたとしても、美穂子先輩がいなくなったから、このチームは強くなったとかキャプテン一派が吹聴しそうだから、複雑な気分だし)
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:20:49.62 ID:P3G6/ZEio
おお続ききたか
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:20:58.61 ID:6X66acIB0
決勝 副将戦

のどっち「よろしくお願いします」

モモ「よろしくっす(とにかく前半はひたすら耐えるっす。ステルスが効いた後半、勝負をかけるっすよ)」

並平「よろしく(万年二軍だった私が決勝の晴れ舞台に立てるなんて。弓野キャプテンについていって良かった)」

透華「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(なぜかしら、少しずつ意識が遠く・・・・・・)」

―――――――――――――

実況「前半は比較的、穏やかな流れ。全中チャンプ原村和のパーフェクトゲームに期待がかかるも、流局も多く点棒の移動は少ない」

モモ(よし、風越の人からは、完全に私の姿が消えたっす。ウチの初心者先輩から巻きあげた点棒を返してもらうっす・・・・・・・・・!?)

透華「ツモ、1600、800」

透華「ツモ、1000、500」

透華「ツモ、1600オール」

モモ(一体何すか? 龍門渕さんの気配が豹変したっす)

―――――――――――――

鎖子「と・・・透華が『冷たい透華』に切り替わった・・・」

井上「おいおい、よりによって、このタイミングでかよ?」

ともきー「普段なら歓迎すべき上位モードへのトランスフォームだけど、鶴賀の点棒が危うい今の状況では最悪・・・」

鎖子「『冷たい透華』に状況判断能力なんてない。衣さえも上回る圧倒的な支配力で、マシンのように淡々と小手をツモ和了る」

ともきー「去年の全国準決勝でも、二位と点差が開いた状態で虫の息の合浦女子をトビ寸前までツモで追い詰めて自滅・・・」

井上「その時のリプレイを見ているみたいだな。このままじゃ風越に追いつく前に、鶴賀を飛ばしちまうぞ」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:21:57.52 ID:6X66acIB0
モモ(これは龍門渕さんの力? 全然、テンパイできないっす。リーチさえ掛けられれば、風越をカモれるのに)

モモ(一応、ステルスで振り込むことはない筈だけど、龍門渕さんは全部ツモ和了だから関係ないっす。けど、私を追い詰めたら自分の首を締めるって分かっているの・・・!?)

のどっち「ロン、3900の3本場は4800」

実況「お〜と、龍門渕の連荘が止まった。鶴賀、清澄の原村に放銃・・・」

モモ「あの〜私の捨牌が見える?・・・・・・いえ、それ以前に10000切った私から出和了ったら、おっぱいさんも困るのでは?」

のどっち「有効牌を引き出す為の口三味線ですか? 見えるとか手が進まないとか、そんなオカルトありえませんし、何を言われようと私は揺れません(キリっ)」

モモ(龍門渕さんといい、私が飛んだら自動的に風越が優勝することが分かってないんすか? 駄目だ、こいつら。自力で何とかしないと)
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:22:36.52 ID:6X66acIB0
龍門渕控え室

鎖子「信じられない。のどっちは『冷たい透華』の支配下でも手が進むし、『治水』を無視して普通に鳴けるみたいだね」

井上「あいつ、事あるごとに『そんなオカルトありえません』とか口癖のように呟いていたけど、もしかして自分に干渉するあらゆるオカルト現象を無効化するオカルトキャンセラーでも標準装備しているのか?」

ともきー「二人とも問題はそこじゃない。原村和は『冷たい透華』同様に鶴賀の点棒状況に全く頓着していない。デジタル的には自分の収支だけで判断するのが正解かもしれないけど・・・」

清澄控え室

咲「・・・原村さん(呆然)」

ババア「本当に点数移動計算ができないのは優希じゃなくて、あの『頭は良いけど馬鹿』の方みたいね。なんで個人戦のインターミドルチャンプを擁しながら、優希たちが団体戦で予選落ちしたか良く分かったわ」

ワカメ「部長・・・」

ババア「ええ、分かっているわよ。もしあたし達が全国に勝ち進めたら、和は先鋒にまわすとするわ。もっとも、あのデジタル馬鹿が鶴賀を飛ばしたりしなければの話だけどね」

ワカメ「和も別段、鶴賀を狙い撃ちしているわけでもないから、生き残る確率は1/3か。しかも和が和了ないと、もう一人の空気の読めないアホ毛がツモ和了るしの〜」

タコス「まさに二大デジタル怪獣、長野を襲撃だじぇい」

―――――――――――――

実況「副将戦終了。再びトビ終了が懸念された鶴賀。首の皮一つ生き残りました」

風越   158500(−15500)
龍門渕  142500(+27600)
清澄    96300(+8600)
鶴賀     2700(−20700)
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:23:14.37 ID:6X66acIB0
鶴賀控え室

モモ「加治木先輩〜、増やすどころか、こんなに点棒を減らしてしまい、申し訳ないっす(ぐすっ)」

かじゅ「泣くなモモ。たったの2700、しかしその点数が残されているからこそ、私は最後の舞台に立つことが許される。みんなが繋いでくれた点棒を誇りに最後まで臆することなく戦うつもりだ」

モモ「先輩・・・」

かじゅ「それでは行ってくる」バタン

ワハハ「(珍しく真顔で)もはや鶴賀の勝ちはないだろうけど、願わくば途中で飛び終了することなく、ゆみちんが納得がいく勝負が最後までできるといいなー」

風越控え室

池田「副将戦も龍門渕と清澄が、空気を読まずに鶴賀を巻き込んで暴れていたので、台風を遣り過ごすみたいに縮こまっていた並平先輩の被害は最小限で済んだし」

みはるん「(ゴクリ)いよいよここまで来たね、華菜ちゃん」

池田「とはいえ勝敗はほぼ決しているし。龍門渕との差もかなり詰められたし、さっきの副将戦で鶴賀が飛ぶのが、ウチが勝てる最後のチャンスだったんだけどにゃー」

みはるん「まだ分らないよ、華菜ちゃん。鶴賀の点棒は極僅かの上、どう考えても流れというか試合全体のツキは風越にあるんだし、キャプテンが初っ端、跳満でもツモ和了れば・・・」

池田「・・・・・・というか、それしか勝ちの目は見えないし(みはるんは知らないんだよ。この世界には、卓上に積まれた牌をある程度好きにコントロールできる、理不尽な魔物が棲息しているのを・・・)

偽キャプ「それじゃ、みんな。風越の優勝を決めてくるわね」

灰恵那、源仏、並平「頑張ってください、弓野キャプテン」

池田(魔物の恐さを知らない者がもう一人。キャプテンは色物レギャラー陣と違って、普通に雀力が高いけど、それだけに天江に壊さないか心配だにゃー)

ドム「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:23:57.25 ID:6X66acIB0
清澄控え室

のどっち「やりました、宮永さん。きっちりプラス収支であなたに繋げました」

咲「そ・・・そう、おめでとう、原村さん(汗)。それじゃ行ってくるね」そそくさ・・・。

ワカメ、タコス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ババア(あの闘牌でみんなの想いをたすきリレーした気分に浸っているのか? あたしが何度オカルトを注意しても聞く耳持ちゃしないし、もはやコイツには何を言っても無駄だな)

龍門渕控え室

透華「・・・・・・せっかくの原村和との対戦なのに、後半戦の記憶がまるでない」

鎖子「む・・・無理に思い出さない方がいいよ、透華。収支は副将戦の中では透華がダントツだから、透華はのどっちに勝ったんだよ」

井上「これで何とか衣に繋がったわけだが、気になるのは鶴賀の残りの点棒だな」

ともきー「これまで鶴賀は凡な打ち手ばかり並んでいた。副将も無警戒に原村のミエミエの当たり牌を切る始末。これで大将まで愚図なら目も当てられない」

衣「透華、待たせたな」

鎖子「衣、今までどこに?」

衣「何だこの点数状況は? 衣が倍満をツモったら東1局で鶴賀が飛んで、衣が勝ってしまうではないか、つまらん・・・」

ともきー「・・・・・・衣はその大言壮語を、本当に現実にするから恐ろしい・・・」

井上「だが、そいつはちと勿体ないかもな。清澄の大将には衣と同じ何かがある・・・」

衣「何、衣と同じ? ふっ、面白い。なら東1局は『見』にまわって、その清澄の嶺上使いとやらのお手並みを拝見するとしようぞ」

透華(また衣の悪い癖がお出ましね。どうやら支配を緩めるつもりみたいだけど、もし清澄の大将が衣のお眼鏡から外れたら、流れのある風越が跳満をツモって、あっさり試合が終わってしまうかも)
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:24:29.81 ID:6X66acIB0
決勝 大将戦

実況「さあ、泣いても笑ってもこの大将戦で決着がつきます。全国への切符を手にするのはどの高校か?」

偽キャプ「よろしく(うふふ・・・、福路が消えてこの快進撃。入学以来、ずっとあのウザ女の風下で雌伏を強いられてきたけど、ようやく私の時代がきたわね)」

咲「よろしくお願いします」ゴッ・・・。

かじゅ「こちらこそ、よろしく(ここまで鶴賀は他家の手を縛る場違いな素人集団と侮られてきただろうが、モモまでそう見縊られるのは遺憾だ。せめて一矢報いたい)」

衣(さあ、清澄、この風越一辺倒の流れの中で、どうやって鶴賀を引き上げるのか見せてみろ)
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:25:34.69 ID:6X66acIB0
―――――――――――――
一〜九:萬子 1〜9:索子 @〜H:筒子  赤ドラ:【五】【5】【D】
―――――――――――――

前半 東1局 親 加治木 ドラ北

かじゅ(屑牌ばかり・・・、やはりツキはウチにはない。九種九牌で流す・・・・・・待て、考えようによってはまたとない好配牌。一か八か・・・)

10巡目

東家・かじゅ手配 一九19@C白中東南南西北 次ツモ発

かじゅ(よし張った。国士無双H待ち。これを和了れば48000。一気に安全圏に離脱できるが)チラっ

かじゅ(風越の捨て牌は筒子の絶一門、どう考えても染め気配なのに、切らなければならない牌は、よりによって危険牌のC。まわすか? いや、どのみち風越にツモられても私は飛ぶ。玉砕覚悟で前に出るしかない)パシっ

偽キャプ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

かじゅ(ほっ・・・・・・通った)

北家・偽キャプ手配 @@@BC【D】EEFFFFG(ABDEGHの六面待ち)

偽キャプ(チッ、数少ない筒子の安牌を通すとは悪運強い。けど、これで鶴賀は降りないことは分かったから、次あたり振り込むか? まあ、その前に私がツモっても鶴賀は飛ぶし、この流れの中で多面張を引けない訳がない。この勝負、勝ったわ)

衣(鶴賀は役満を張ったか。しかし、風越を持ち上げようとする天の采配を感じる。これからツモる牌は連続して筒子の中張牌が固まっている)

衣(衣は手を貸す気はないし、清澄はまだ二向聴。もはや逃げ場はないぞ。さあ、どうする清澄?)

西家・咲手配 六六六六14【5】7HHH西西 次ツモD

衣(清澄が鶴賀の当たり牌Hを察したとして、大失点を覚悟で差し込むにしても、席順から風越の頭ハネ。それでもこの局での鶴賀の飛び終了は避けられるが、もうあんな大物手を鶴賀は張れるわけ・・・・・・!?)

咲「六をカン!」バシっ(嶺上牌Hを引き入れる)

咲「Hをもう一個カン!」ジャラ(点箱から点棒を掴み取る)

かじゅ「ロ・・・ロン、搶槓・国士無双、48000!」

咲「はい・・・」

偽キャプ「えっ・・・何?」

衣(唯一暗槓もOKな国士からの搶槓を利用して、風越に頭ハネを許すことなく、鶴賀に差し込んだだと!? ふっ、面白い、この者、紛れもなく衣と同じ土俵に棲息する魔物)

かじゅ(もしかして、差し込まれたのか、私は?)

咲「天江衣さんだっけ? そんな所で黙って見てないで、一緒に麻雀を楽しもうよ」

衣「ふふっ・・・良いだろう。幸い幾らでも点棒を引き出せるATMが同卓しているゆえ、心ゆくまで楽しもうぞ」

偽キャプ「えっえっえっ?」

かじゅ(なぜだろう? この二人の間に割って入れる気が、まるでしない)

衣「さあ御戸開きといこうか」ゴゴゴ・・・・・・・・・。

咲「負けないよ、衣ちゃん」ゴゴゴ・・・・・・・・・。

衣・咲「より多くを(風越から)奪う!!」

この夜、伝説となった一戦は、最後、宮永咲への天江衣の役満責任払いによる大逆転で決着したが、敗北した衣は大層満足そうな笑顔を浮かべたそうだ。

清澄   166700(+70400)
龍門渕  165000(+22500)
風越    41500(−117000)
鶴賀    26800(+24100)

※清澄、長野代表として全国出場を決める。
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:26:37.78 ID:6X66acIB0
風越控え室

池田「まあ予想した通りの結果に落ち着いたし。ただ一つ意表を突かれたのは、二匹目の魔物が卓に混じっていたことかな・・・」

みはるん「華菜ちゃん、想像通りの顛末だというのなら、何で華菜ちゃんは泣いてるの?」

池田「な・・・泣いてなんかいないし・・・(ぐすぐす)・・・あたしが死に物狂いで、もっと先鋒で稼いでいれば、大将まで回らずに勝てたんだ。そうすれば、キャプテンもあんな傷つかずに済んだし」

偽キャプ「ううっ・・・しくしくしく・・・」

並平「元気出して下さい、キャプテンの責任じゃありませんよ。あんな化け物らを相手にしたら、私たちの誰がやってもああなりましたし」

久保コーチ「おら、弓野、お前は風越のキャプテンだろうが! 何時までも後輩の前でメソメソしているんじゃねえ!」

偽キャプ「は・・・はい、久保コーチ(ぐすっ)」

池田「・・・・・・決して手を抜いた訳じゃないけど、あたしはこのチームのみんなと一緒に絶対に勝つんだという想いが足りなかった。そんなギクシャクしたチーム状態を知ったら、泣き虫の美穂子先輩が悲しむのは分かっていたのに・・・」

みはるん「もう一度出直そう、華菜ちゃん。福路先輩は一年足らずで、一から全国に出場できる程のチームを作った。先輩より恵まれた立場にいる私たちにできない筈はない」

池田「そうだな、みはるん。でも、その前に個人戦を、今度こそここにいる仲間と協力して戦い抜こう」

リックドム「・・・・・・・・・・・・・・・(メラっ)」
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 14:27:20.29 ID:6X66acIB0
これで書き溜めした分の掲載は終わりました。これからは書き終えた分を順次アップしていく形になると思います。

とりあえず現在、本編の阿知賀編で連載されている全国大会準決勝次鋒戦を目標に,書き進めていく予定です。
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/26(日) 14:41:46.70 ID:NlKN1tD9o
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 14:51:14.86 ID:3/IexE4s0
乙……なんだけどさすがに一部のキャラの扱いが酷過ぎないか?
全国も気に入らないキャラは大体こんな感じでいくの?
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 15:20:59.14 ID:UlCJnGQDO
面白いんだが、一部のキャラ扱いが酷いな…
特に清澄

>>1がどの学校を好きかによってこの先好みが割れるだろうな…
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/08/26(日) 15:26:09.23 ID:AKAakEa+0
乙.......
>>50
同意
扱いが流石に酷いかと......
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/26(日) 15:34:41.48 ID:Tirw5nFFo
一部キャラの扱い酷かったけど笑えたから俺は大丈夫だよ
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 15:58:30.57 ID:V5eRSSD00
乙、……か?
阿知賀の話がよかっただけに長野の扱いが…
大将戦はよかったけど副将戦が……>>1は和嫌い?
(自分も何度か空気読めって思った事あるけど)
他の清澄メンバーも少し扱い悪いか?
(咲は普通だけど後が…タコスやワカメはともかくババアって……)
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/26(日) 16:10:45.46 ID:NlKN1tD9o
別にキャプテン可愛いしキャラいじりについてなんて今更感あるし
なにより面白いから個人的にはおk
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/08/26(日) 16:21:50.04 ID:cmcWufq1o

一部のキャラの扱いがちょっとひどいかな……
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 16:30:49.11 ID:O0Y7YVRIO
面白いんだけどねー
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 16:36:37.84 ID:tYqB03ADO
愛があるキャラいじりと見るか悪意あるキャラdisと見るかだな
残念ながら俺は後者にしか見えなかった
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/08/26(日) 17:07:02.15 ID:kieSLTCGo
キャラdisとかホント死ねばいいのに
もう書かなくていいよ^^
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/08/26(日) 17:57:26.16 ID:/HMmGune0
とりあえず乙です

てっきり清澄を落とすからわざとやってるのかと思いましたが・・・
ちょっと久を下げすぎかなという感じ
嫌いなら出番を減らせば良いかと思います

風越をキャラほぼ入れ替えた展開はよかったと思います
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県) [sage]:2012/08/26(日) 18:20:08.77 ID:eWJmLrkuo
お前ら細かいこと気にするんだなぁ
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/26(日) 18:33:32.16 ID:UlCJnGQDO
>>61

そう言うけど流石に久の扱いは流石に酷すぎるだろ

あれはネタとしていじれるレベルを越えてると思う
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/08/26(日) 18:37:03.51 ID:Npb7KpAAO
これだからチベットは……
早く中共は断種完了させろよ
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(四国) [sage]:2012/08/26(日) 19:13:33.03 ID:hyrsFQeAO
おっ、続ききてる
乙ー

風越結局負けるのかよwww

上げて落とす展開が面白かった
まぁ相性がよかったということか

予想外に風越のモブが濃くて活躍してた
キャプテンが去って派閥分裂とか(笑)

清澄(苦笑)気に入らない人も多いみたいやけど

阿知賀編とキャラの扱いの差が激しいな

池田には個人戦で勝ってもらいたい

最後に
キャプテンの全国での活躍に期待

65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 23:00:23.86 ID:6X66acIB0
7月 奈良阿知賀女子学院

穏乃「よしゃあ〜、和のいる清澄が全国出場を決めたぞ〜」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・」

憧「しず・・・、少しは空気読みなさい」

穏乃「あっ、すいません。美穂子さんの母校の風越は駄目だったんですよね?」

キャプテン「いえ、いいのですよ。華菜たちは力の限り戦い尽くしたと思いますから」

憧「けど、地元中学の全中チャンプなら風越から誘われただろうから、あたし達と美穂子の目的は同時に叶うと思っていたけど、何で和は無名校に入ったんだろ?」

キャプテン(それは分りませんが、あの天江衣を倒したという宮永咲。一体どんな選手なのかしら? やはりチャンピオン宮永照の・・・・・・)
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 23:01:17.31 ID:6X66acIB0
ギバード桜子「みほちゃーのてづくりオカシ、おいしいよー」

元メンバー「「「美穂子ちゃん、大好き」」」

キャプテン「うふふ、ありがとう。みんなのお知り合いの後輩さん達はとても可愛いですね」

穏乃(元こども麻雀クラブの面々が完全に懐いている。流石は美穂子さん、すごい餌付け能力だ)

レジェンド「よう、お前ら。元気にやっているみたいだな」

穏乃「あ・・・赤土先生!?」

憧「晴絵、どうしてここに?」

レジェンド「そりゃ、お前たちの活躍を聞いたからに決まっているだろ? もう一人客を連れてきているぜ」

灼「・・・・・・こ・・・こんにちは」

宥「わ〜、灼ちゃんだ。おひさしぶり〜」

レジェンド「灼が私に教えてくれたんだ。阿知賀麻雀部がもう一度活動を再開したって」

灼「クロ、全国出場、おめでとう」

玄「ありがとう、灼ちゃん。ねえ、もし良かったら・・・・・・」

レジェンド「ああ、駄目駄目。私も部に入るように薦めたんだけど、今入部したら勝ち馬の尻に乗っかるみたいで嫌だってさ」

レジェンド「全く灼は固すぎるだよ。私なんか「玄も憧も穏乃も私が育てた」と方々に触れまわって、かつての教え子を就活のダシにする老害化しているのにさ」

穏乃(じ・・・自分で言うか?(汗))
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 23:02:09.13 ID:6X66acIB0
レジェンド「ところで、あんたが噂の風越からの転校生かい?」

キャプテン「はい、福路美穂子といいます。穏乃さん達の話によく出てきた、阿知賀のレジェンド赤土晴絵さんですね?」

レジェンド「ま〜ね、今は実業団を首になって、灼の家に居候するヒモだけど。それより県予選での玄の打ち筋はあんたの指示かい?」

キャプテン「ええ、一応は・・・」

レジェンド「そっか・・・、私なら玄の火力を全面に押し出して、温存することなんて思いつきもしなかったな。じゃあまあ、これからもこいつらを宜しく頼むわ」

キャプテン「あ・・・あの赤土さん。できれば鷺森さんも一緒に・・・・・・」

レジェンド「・・・・・・お前、優しいな。けど、目上の者に向かって、その優しさは残酷だぜ。前の学校でも同窓や上級生から疎まれやしなかったか?」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

レジェンド「私は私でやることがある。穏乃たちから大きく雀力がかけ離された灼を、来年、玄たちと一緒に戦えるように鍛えないといけないし、私自身が向き合わなきゃいけない問題もあるしな」

灼「全国には、ハルちゃんと応援に行くつもり。だから負けるな」

レジェンド「私が全国の舞台に置き忘れしまった何かを、お前たちがもう一度見させてくれるのを期待しているよ」

憧「何よ晴絵、もう一度あたし達に麻雀を教えてくれると思っていたのに」

キャプテン(なぜでしょうか? 本来、赤土さんや鷺森さんがいるべき場所を、私が奪ってしまったような気がしてなりません。私は本当に阿知賀でみんなと一緒にいてもいいのでしょうか?)
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/26(日) 23:02:47.09 ID:6X66acIB0
キャプテン(やっぱり私はこの場所にいては・・・・・・)

宥「おはよう、美穂子ちゃん。今日も頑張ろ・・・・・・あれっ、手に持っているのは・・・・・・『退部届け』?」

穏乃「美穂子さん、どういうこと!?」

キャプテン「色々、考えたのですが、私は阿知賀にいるべきではないと思います。かつての恩師の赤土さんがチームを率いて、鷺森さんがチームに加わるのが、本来あるべき阿知賀の姿のような気がするのです」

玄「そ・・・そんな・・・・・・」

キャプテン「私が消えれば、きっと阿知賀は本当の姿を取り戻します。だから・・・」

憧「ねえ、美穂子。『一度牌を河に捨てたら、試合を決める振り込みをしたとしても、もうその結果をなかったことにはできない。だから、その時の選択を大切にしなさい』って、あたしに教えてくれたよね? それって麻雀だけでなく、人生も同じじゃないの?」

キャプテン「えっ?」

憧「美穂子が転校してこなければ、晴絵があたし達の指揮を取り、玄の友達の灼って子が五人目のメンバーになっていた未来図も有り得たかも。けど、あたし達は美穂子という牌をツモった。それが今の阿知賀がテンパイした形」

穏乃「そうだね、憧。麻雀のツモや捨て牌と同じく、新たに加わった美穂子さんや和や先生みたいに去った人など、得たものと同じくらい失ったものも大きかったけど、それはみんな自分の意志で決めたことだから」

穏乃「私は神さまじゃないから、阿知賀の正しい姿なんて分からない。でも、私たちが選択したその結果、生まれた今の阿知賀を否定することは、誰にもできないんじゃないかな?」

宥「美穂子ちゃん、わたし達と一緒にいて楽しいって言ったのは嘘だったの? 見捨てちゃ嫌だよ〜(ぐすっ)」

玄「別れは良くあることかもしれないけど、今はまだ美穂子さんと別れたくありません。私にドラを捨てさせた責任はとってください」

キャプテン「(ホロリ)・・・・・・みんな、私は本当にここにいてもいいのでしょうか?」

憧「決まってるじゃない、これからも宜しくね、キャプテン」

キャプテン「キャプテン?」

憧「そりゃ、このチームのキャプテンは美穂子しかいないでしょ? 宥姉は頼りないし。けど、美穂子も泣き虫で威厳ないから、これからもあたしは美穂子って呼び捨てするけど」

穏乃「憧、前々から思ってたけど、上級生に対して失礼だよ」

キャプテン(華菜、私はここでの居場所を見つけられました。この子達と一緒に全国の舞台を戦いたいと、今、心の底から思っています)

『HAPPY END』
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/26(日) 23:51:23.54 ID:GzeFlEOqo
えぇー終わりなの
面白かったのに……

叩いたやつ氏ねよ……
嫌なら読むなっつーの
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(四国) [sage]:2012/08/27(月) 02:18:05.55 ID:lziQfHHAO
あれ?
これで終わり?
面白いから全国編も書いてもらいたいなあ

71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/27(月) 12:09:47.02 ID:kJJZafVNo

突然だったな
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/27(月) 13:48:34.68 ID:xPHzsPZz0
阿知賀麻雀部 合宿中

キャプテン「みなさん、夕食の準備ができましたよ」

穏乃「待ってました、私もうお腹ぺこぺこ」

玄「(もぐもぐ)美穂子さんの作るお料理。ウチの旅館で出すのよりレベルが高い」

宥「はぐはぐ・・・、あったかいモツ鍋が食べられて幸せ・・・(ぽー)」

憧「しかし、美穂子。一緒に特訓しながら、一人で調理するなんて大変じゃない?」

美穂子「いえいえ、風越にいた頃は八十人分の食事を用意していたから、阿知賀は人数が少ないから楽なぐらいです」

穏乃(色んな意味で次元が違いすぎる)

レジェンド「そうそう、この味噌汁の具も最高だよな。美穂子はいいお嫁さんになるぜ」

キャプテン「きょ・・・恐縮です」

憧「晴絵、あんた、あんだけ啖呵きっておいて、何、麻雀部に入り浸っているのよ?」

レジェンド「仕事がないと暇でしょうがないんだよ。灼と二人で十七歩も飽きた・・・もとい、やはりお前たちに混ざって打たせた方が灼の修行にいいしな」

憧(まあ、穏乃も玄も嬉しそうだから良いけど。実はあたしもちょっとだけ嬉しいし・・・)

灼「(じぃっ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

玄(ああ、先生に褒められた美穂子ちゃんに、灼ちゃんが嫉妬してる)

灼「あの・・・その味噌汁の作り方教えてください」

キャプテン「分かりました、それでは後でレシピを渡すわね」

灼「・・・ありがとう」

玄(敵意をぶつけるよりも、赤土さんの為に美味しい料理を作れる道を選んだ)

灼(ハルちゃんは誰にも渡さない)ゴッ・・・。
73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/27(月) 13:49:24.61 ID:xPHzsPZz0
憧「まあ、どーのこーのいっても、晴絵がいると便利よね」

穏乃「うん、免許持ってるから、遠征にも連れていってもらったし」

レジェンド「私はお前らのアッシー君か? あっ、それ、ロン!」

玄「はうっ!?」

レジェンド「ドラ無し麻雀を志しているようだが、まだまだ甘いな」

玄「ううっ・・・(涙)」

憧「何より強いしね。あたしらの中で晴絵と互角に戦えるのは美穂子だけだし」

レジェンド「阿知賀のレジェンドを舐めるな。まあ、私と灼はあくまでオブザーバーで遊びにきているだけだから、全国でどう勝つかは自分たちで考えるんだな」

憧(やっぱり直接手を貸してくれる気は・・・)

レジェンド「あ、美穂子。ツテを頼って、頼まれた全国の有力校の地区予選の団体戦のビデオをもらってきたから」

美穂子「ありがどうございます。私はビデオの操作はできないので、一緒に検証をお願いできますか?」

レジェンド「しょうがないな〜(ニヤニヤ)」

憧(そうでもないか。晴絵もあたし達の力になりたいみたいで、何かくすぐったい)
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/27(月) 13:51:16.72 ID:xPHzsPZz0
レジェンド「しかし、態々ビデオで見なくても、牌譜を確認すれば、大凡の打ち筋は研究できるだろうに」

キャプテン「そうですね。ただ卓上の牌の二次元情報だけでなく、三次元世界の生身の情報も上手く活用するのが、私のアプローチですから。ところで灼さんは玄さん達と打ってきていいのですよ」

灼「・・・・・・私も一緒に研究する(ハルちゃんと二人っきりになんてさせない)」ゴッ・・・。

―――――――――――――

レジェンド「こいつが白糸台のシャープシューターだが、何か分かるか?」

キャプテン「(右目開眼中)・・・・・・直撃を狙う際に右手が数ミリ後ろに動いてますね」

レジェンド(この短時間の検証で弘世の癖に気づいたか。どういう観察眼をしているんだ?)

灼(全然分からなかった)

キャプテン「ただ対戦予定の次鋒の玄さんは、現在は卓上の情報整理に手一杯で、とても三次元世界の情報まで取り入れる余裕はないです。宥さんや憧さんなら相性が良さそうなのですが、上手くいかないものですね」

レジェンド(確かにアホの子の玄に、そういう臨機応変を求めるのは酷か)

キャプテン「ぶっ続けで見続けて、流石に目がショボショボしてきましたね。続きの検証はお昼御飯を食べてからにしましょう」ガラッ

穏乃「ロン、平和のみ1000」

憧「うがああ〜、四暗刻の役満を玄の差し込みで流された。玄、やって良いことと悪いことがあるでしょ?」

玄「何なに、私、全然聞こえない」

レジェンド(あの玄が相手の大物手を察して、差し込みで場を流しただと? こいつは本当に私が知っているドラゴンロードか?)
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/27(月) 13:52:06.95 ID:xPHzsPZz0
憧「ノーテン」

穏乃「くう〜、また私の和了り牌をごっそり抱えられた」

キャプテン「理牌崩しにも対応できるようになりましたし、視点移動からのアプローチ、ほぼモノにしましたね、憧さん」

憧「まーね、後半になると相手の手が三色に透けて見えるようになったし(※PSP咲ポータブルのキャプテンの特技)」

キャプテン「みんなも憧さんの裏を掻こうと、牌の並べ方を自分なりに変化させていますし、私たちと似たようなアプローチをする相手と対戦する時、役立つ筈です。こうしてお互いを高めあって切磋琢磨し合う。阿知賀はまさに理想の環境ですね」

憧「・・・・・・ねえ、美穂子。教えを請うたあたしが言うのも何だけど、美穂子の手の内をあたしなんかにばらしちゃって良かったの?」

キャプテン「大丈夫ですよ、憧さん。確かに理牌読み(ウオッチャー)のスキルは去年までの私の代名詞でしたが、今は奥の手を覆い隠すダミーみたいなものですから」

憧「!・・・まだ上の能力があるんだ?」

キャプテン「知りたいですか?」

憧「(コクリ・・・)」
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/27(月) 13:53:09.91 ID:xPHzsPZz0
憧「う・・・嘘、本当にそんなことが可能なら無敵じゃない?」

キャプテン「無敵ですか・・・・・・。残念ながら、それで相手の手牌をガラスにしたところで、ツモれる牌を任意に選べるわけではありません」

キャプテン「ですがあなたも知っての通りこの世界には、ある一定の条件化で卓上の牌を操作できる魔物と呼ばれる人種が存在します。広義的には玄さんも魔物の眷属です」

憧「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

キャプテン「それと厳密には私の右目は、特殊能力でも異能でもありません。ただ努力と研鑽の果てに辿り着いた理(ことわり)の境地の一つ。支配力を持つ魔物からすれば、凡人の足掻きに過ぎません」

キャプテン「けど麻雀は四人で卓を囲むものですから、私一人の力は及ばずとも『毛利の三本の矢』のように一時的にでも思惑が一致した他者と力を合わせれば、魔物にも一矢報いれるかもしれません」

憧(やっぱり、この人凄い。玄みたいな特別な才能がないから伸び悩んだとか、思い上がっていた自分が恥ずかしい。あたしも今は凡人だけど、何時か美穂子と同じ光景が見られる達人になれるのだろうか?)
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/08/27(月) 15:12:09.77 ID:IhIMLA0w0
小走先輩を評価したあたりはすばら
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(西日本) [sage]:2012/08/27(月) 15:55:05.39 ID:sIoRRZ0ro
おお、再開してた!
全国編もやってください
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/27(月) 22:25:44.91 ID:xPHzsPZz0
8月抽選会前日

レジェンド「ほら、お前ら東京に向かって出発するから、車に乗った乗った」

キャプテン「赤土さん、何から何まで協力してもらってすいません」

レジェンド「いいって、ちゃんと後援会から日当が出ているし」

憧(貰っていたんだ)

穏乃「やれることは全てやった」

玄「いよいよ全国の舞台だね」

宥「はうっ、県予選の時とは比べ物にならないぐらい緊張するよー」

灼(・・・・・・結局なし崩し的に、私とハルちゃんも一緒についていくことになってしまった)
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/27(月) 22:26:23.25 ID:xPHzsPZz0
途中パーキングエリア 千里山女子との邂逅

怜「おおきに、私身体弱いから(ハムハム)」

竜華「その病弱アピールやめい、怜」

キャプテン「その制服、もしかして千里山女子の方ですか?」

憧「えっ、千里山って、全国ランキング二位の関西最強校?」

竜華「ほな、もしかしたらと思うたけど、お仲間かい?」

穏乃「はい、私たちは奈良県代表の阿知賀女子です」

竜華(阿知賀、聞かん高校やな。奈良なら晩成じゃなかったんか?)

セーラ「お〜い、バスガデルデー・・・・・・ってお前、福路か!?」

キャプテン「あら江口さんですね? お久しぶりです(相変わらず学ランを着るスタイル、変わってないわね)」

怜「なんや、セーラ。知り合いかい?」

セーラ「俺が三年前のインターミドルで全国に出た時に、決勝卓を囲った一人や」

キャプテン「とてもお懐かしいです。チャンピオンの宮永さんは当然として、江口さんや愛宕さんも高校でも活躍されているようで何よりです」

レジェンド「お〜い、お前ら。そろそろ出発するぞ」

キャプテン「それではまた機会がありましたら、積もる話でも・・・(ペコリ)」

セーラ「福路の奴、長野の風越にいた筈なんやが、なんで奈良に・・・」

竜華「親の引っ越しか何かじゃないの? それよりもあの片目瞑っている子、強いんか?」

セーラ「まーな、全国の舞台では埋もれていたようやが、紛れもなく実力者や。あいつがおるんやったら、新鋭と侮らずに阿知賀をチェックしておいた方がええデー」

怜「・・・・・・・・・・・・(緑の炎)」
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/27(月) 22:27:04.92 ID:xPHzsPZz0
東京 抽選会会場

レジェンド「さて、美穂子は卓上に、私たちは観客席に・・・・・・(ゾクリ・・・)」

玄(ガクガクブルブル)

憧「ちょっと、晴絵、玄どうしたの・・・って、あの制服は清澄?」

咲「・・・・・・・・・・・・・・・」ゴゴゴゴゴ・・・。

穏乃(あれは清澄の嶺上使い、宮永咲。私の倒すべき相手(ごくっ・・・))

キャプテン「(右目開眼中)・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ユラリ・・・。

宥「ちょっと、美穂子ちゃん。近づいちゃ駄目〜」

玄(こ・・・殺される!?)

キャプテン「どうしたの、もしかして迷子?」

咲「は・・・はい、仲間とはぐれてしまって(うるうる)」

穏乃、憧、玄、宥「!?」

咲「ありがとうございます、お姉さん(ぺっこりん)」

キャプテン「やっぱり涙目で道に迷っていたみたいですね(にっこり)」

レジェンド(あの禍々しいオーラに何も感じなかったのか? コイツの右目にはあの雀鬼がどのように映っていたんだ?)
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/27(月) 22:27:40.09 ID:xPHzsPZz0
穏乃「千里山のいる山に入ったか。シード校はどこも強いから、あんまり関係ないけど」

キャプテン「それよりも緒戦が肝心ね。いきなり一位抜けのサドンデスだから、ウチみたいに能力者を複数人抱えたダークホースが紛れていないのを祈る・・・・・・」

池田「美穂子せんぱ〜い!!(だきっ)」

キャプテン「か・・・華菜?」

池田「えぐえぐ、先輩、会いたかったです(スリスリ)」

キャプテン「華菜、どうしてここに? 風越は団体戦で・・・・・・」

みはるん「華菜ちゃんは個人戦で三位に入賞して、全国出場を決めたんです。私は只の付き添いですけど」

キャプテン「吉留さん?」

みはるん「お久しぶりです、福路先輩。華菜ちゃん、凄かったんですよ。最後の卓で「にゃ〜!!!」と咆哮をあげてから、役満を二回も連発して、八位からごぼう抜きで大逆転」

池田「みはるんが暫定三位の南浦を抑えて、先輩たちも上位陣の点数を削ってくれたから、これは風越一団で掴んだ勝利だし」

キャプテン「そうなの、本当におめでとう、華菜(やっぱり私がいなくなってから、風越は一つに纏まったのね。少し寂しい)」

池田「先輩とまた一緒に麻雀をするという、去年の夏の誓いを果たせて、嬉しいです」

キャプテン「そうね、個人戦の卓で仲良く遊びましょう、華菜」

池田「はいで・・・・・・」

憧「ちょっと、ちょっと、何なのよ、あんた。馴れ馴れしく、美穂子に抱きつくな」

池田(何だ、この援交してそうなビッチは?)ゴッ・・・。

憧(なによ、このネコは?)ゴッ・・・。
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/27(月) 22:28:22.02 ID:xPHzsPZz0
池田「おい、何だお前は?」

憧「阿知賀女子一年の新子憧、美穂子の一番弟子よ。そういうアンタは前の学校で美穂子から餌を貰っていた野良猫か何か?」

池田「にゃ? お前、一年坊主の癖に先輩を呼び捨てに。オマケに華菜ちゃんを差し置いて、一番弟子を名乗るな〜!」

憧「ま、今は美穂子の元で修行中だけど、いずれ師匠越えを果たして下克上するつもりよ」

キャプテン「うふふ、頼もしいわね。やっぱり、若い子はこのぐらいの覇気がなくっちゃ」

池田「ふん、どうせ美穂子先輩の金魚の糞で、全国までくっついてきただけの雑魚の分際で・・・」

キャプテン「華菜、それは違うわよ。私が阿知賀を全国に導いたのではなく、阿知賀のみんなが私を全国に連れてきてくれたのよ」

池田「はあ〜、そうやって直ぐに自分を下に見るのは、美穂子先輩の数少ない悪い癖だし」

みはるん(それは言えてるかも。華菜ちゃんにしては珍しい正論)

池田「先輩が気を配り過ぎるから、実力もないのに勘違いした馬鹿がつけ上がるんだし」

憧「はん、あたしだって個人戦でちゃんと全国に出場しているのよ。あと一番弟子として、美穂子から理牌と視点移動からの読みを伝授してもらったし(ニヤニヤ)」

池田「にゃ・・・にゃにい〜!? 美穂子先輩、あたしには何も教えてくれなかったのに、どうしてこんな奴に?(うるうる)」

キャプテン「ご・・・ごめんなさい、華菜。ただ、華菜にはあまり・・・というか壊滅的に向いてないスキルだったから」

池田「(ぐしぐし・・・)憧とか言ったな? 個人戦で同席したら、叩き潰してやるし」

憧「上等よ、返り討ちにしてあげるわ」

穏乃(憧、将来戦うかもしれない相手に、先に手の内をばらしゃってどうするの?)

キャプテン「ふふっ、やっぱり麻雀打ちは卓の上で語り合わないとね(にっこり)」
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/27(月) 23:09:38.61 ID:+DGyE0Bto
おお、池田上がってきたのか
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(四国) [sage]:2012/08/27(月) 23:40:49.55 ID:lziQfHHAO
続き来てる〜
良かった
流石キャプテン。そしてぶれないレジェンドww

86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/28(火) 16:16:42.90 ID:lnXjSzWN0
インターハイ一回戦 第六試合 阿知賀、讃甘、浦磐梯、射水総合

セーラ「よーし、何とか試合に間におうたみたいやな」

竜華「セーラ、態々生観戦せんでも、後で牌譜を見りゃええやん。体力のない怜まで引っ張りだして」

怜「・・・・・・竜華、目眩がする。膝枕・・・・・・」

セーラ「その怜の次の対戦相手を見せたいから、無理して連れてきたんやないか」

フナQ「昨年個人戦十五位の射水総合の寺崎やないですよね? もしかしてパーキングエリアで再会したゆう・・・」

実況「奈良県代表阿知賀女子の先鋒は、キャプテンの福路美穂子。県予選で一発勝負の団体戦、十半荘の長丁場の個人戦、さらには東風戦とあらゆる全ての対戦形式で最多得点を叩き出したオールラウンダーです」

泉「解説からすると、阿知賀は突出したエースを先鋒に添えたワンマンチームですかね?」

フナQ「ほなら、この一回戦は突破できても、とても決勝卓まで勝ち残れるチームやおまへんな。それこそ去年の永水女子の覚醒神代クラスの魔物でもない限り」

セーラ「まあ騙された思って、この先鋒戦だけでも見とけや。虫も殺さんような顔して、かなりエゲツない麻雀打ちよるで、こいつ」
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/28(火) 16:17:43.13 ID:lnXjSzWN0
阿知賀  152000(+52000)
射水総合  85200(−14800)
讃甘    81600(−18400)
浦磐梯   81200(−18800)

実況「終わってみれば、あまりに一方的かつ圧倒的。先鋒戦を制したのは、阿知賀女子キャプテン福路美穂子」

フナQ「・・・・・・綺麗に三校とも平らに凹ましましたね」

泉「前半は十五位さんがトップやったのに、後半、三対一かと錯覚するぐらいフルボッコや。ホンマに潰さなアカン敵は射水総合やなくて、阿知賀なのに・・・」

怜「なんちゅーか、正義の味方やな」

竜華「怜、その心は?」

怜「点棒が浮いてたり、大物手を張った順境の人間は叩き潰され、逆にじり貧の奴は支援してもらえる。弱きを助け強きを挫くんが正義の味方ちゅーもんやろ?」

竜華「ある意味、麻雀の王道そのものの打ち筋やな」

フナQ「なるほど、そりゃ江口先輩が煙たがるわけですわ。先輩は基本的に強者の側ですから、あの人からは嫌がらせしかされんやろうし」

泉「真面目に考察すると、他家を自分の手駒みたいに操る能力は脅威ですね」

竜華「せやな、早い巡目に的確に鳴かせるのに、最後の振り込みだけは要領良く回避する。他家の手牌が透けて見えとるとしか思えんわ」

フナQ「案外、透視能力(クレヤボヤンス)の持主とちゃいまっか? ウチにも予知能力者がいることやし、非科学的ってわけでもないですし」

竜華「透視能力vs予知能力か。こりゃ、面白そうな超能力ウォーズやな(ワクワク)」

怜「気軽に云わんといてや。けど誰が相手でも負けるつもりはあらへん(緑の炎)」

セーラ「これから次鋒戦が始まるけど、どうする?」

竜華「当然、最後まで見物させてもらうわ」

怜((くらっ)・・・・・・・・・あれっ、本当に目眩がしてきた。けど竜華の太股柔らかい)
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/28(火) 16:18:27.10 ID:lnXjSzWN0
インターハイ二回戦 第二試合 千里山、阿知賀、越谷、劔谷

キャプテン「・・・・・・正念場ですね。ここからは二校勝ち抜けですから、一見、狭き門の一回戦よりも楽に思われがちですが・・・」

レジェンド「二回戦には必ず強豪シード校が混じるから、準決勝への実質一枠の椅子を、緒戦のサドンデスを生き抜いた実力校三校で争わなくてはいけないわけか」

キャプテン「はい、色んな意味で厳しい戦いになるかと思います。それでは行ってきます」

穏乃「美穂子さんのあんな緊張した顔、はじめてみた」

憧(そりゃねえ。大阪地区予選の牌譜を確認した限り、どう考えても千里山先鋒の園城寺には予知めいた異能の力があるし。けど、それでも美穂子なら・・・)
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/28(火) 16:19:16.21 ID:lnXjSzWN0
全国二回戦 先鋒戦

キャプテン「よろしくお願いします」

怜「その節はどうも(透視能力か何か知らんが負けんで、正義の味方はん(緑の炎))」

ソフィア「よろしく」

椿野「こちらこそお願いします」

―――――――――――――

怜「ロン、2600」

椿野「はい(うわっ、三面張を嫌って、いきなりカンチャンを狙い撃ち?)

怜「リーチ」

ソフィア(リー棒が独りでに立ってる!? いや、問題はそこじゃなくて、無理してでも鳴かないと次にくるのは・・・)

怜「一発、ツモ。4000オール」

椿野(やっぱりきた。1巡先を見る者!)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

怜「リーチ(セーラのアドバイスによると、この人はハンチャン二回あると、前半は結構様子見に徹するんやったな。なら思う存分稼がせてもらいっまか)」

怜「一発、ツモ(もっとも、ホンマに私の手牌が透けて見えとるんやとしても、1巡先が見える私は、後半、あんたに振り込んだりはせいへんけどな)」

―――――――――――――

実況「先鋒戦終了、一回戦で無双した阿知賀のエース福路も、名門千里山の新エース園城寺怜にはまったく歯が立たず」

キャプテン「ありがとうございました」

怜「お疲れさん(なんや、後半仕掛けてくるかと思うたが、最後まで何もなかったな。結局、右目もずっと閉じたままやし。セーラの買い被りか?)」

ソフィア「疲れた・・・(稼ぎ頭のあたしがマイナス。こりゃ勝ち抜けは厳しいかも)」

椿野「お疲れさまっ・・・した(やっぱり私で凹んだか。今年の留学生ルールで森垣さんを先鋒にできないし・・・・・・って、在住のハーフなら先鋒OKって越谷ズルイ)」

千里山  139900(+39900)
阿知賀  103300(+3300)
越谷    84400(−15600)
劔谷    72400(−27600)
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/28(火) 16:20:03.10 ID:lnXjSzWN0
千里山控え室

怜「ふう〜、疲れたわ」

竜華「怜、おつかれー、絶好調やったね」

怜「せえな。セーラのお蔭で、予め阿知賀に的を絞って戦えたんが、効いたんかな? それにしても、あそこまで私を無視するとは思わんかったけど」

竜華「確かに後半は怜やなくて、他の二人から点棒を掻き集めて、何とかプラス収支に持ち直しただけやったしな」

セーラ(最初っから怜には敵わんと踏んで、二位狙いに走った? う〜ん、大人しそうな顔して結構負けん気の強い奴やったんやがな)

フナQ「いずれにしても、先鋒の福路が浮かした点棒を後ろの四人で持ち堪えるのが、今までの阿知賀の勝ちパターンでしたから、その目論見が外れた今、最後まで逃げきれますかね?」

竜華「次鋒と大将の子は一回戦でもマイナスやったし、厳しいかもな。中堅のマフラー姉さんはよう分からんけど、副将の子の闘牌はえらく攻撃色が強かったような」

フナQ「その次鋒の松実玄なんですが、面白いデータが分かりました。彼女はドラをツモれません」

泉「ドラをツモれない? 使わないじゃなくてですか?」

フナQ「ええ、奈良予選と全国一回戦で、配牌、途中のツモ、リーチ後の裏ドラ含めて、彼女は一度もドラを手にできなかったのです。赤ドラ有りのルールで、この確率は天文学的でして、これはもう松実玄はドラをツモれない星の元に生まれているとしか思えません」

セーラ「憐れやな。これで福路のような高い技量持ちというならともかく、精々全国レベルの並の腕前やろ? 麻雀打ちとして完全に詰んどるやないか(ホロリ)」

泉「けど私は容赦しませんよ。常にトップを目指すのが千里山の麻雀ですから、一位抜けを磐石にする為に阿知賀にトドメをさしたります」バタン

竜華「泉行ってもうた。ああん、玄ちゃんが苛められそうだけど、どないしよ? けど、涙目の玄ちゃんいうのも、何かそそるわ(ジュルリ)」

怜「・・・・・・竜華、涎でてる(緑の炎)」
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/28(火) 16:20:55.02 ID:lnXjSzWN0
阿知賀控え室

キャプテン「ただ今、戻りました」

玄、宥「・・・・・・・・・・・・・・・」

憧「美穂子・・・・・・」

穏乃「・・・・・・お疲れさまです(何でだろう? 一応プラス収支なのに、美穂子さんが大勝ちしなかっただけで、負けてしまったような重苦しい雰囲気に・・・)

レジェンド「何、しけた面してる? 結局、美穂子一人で勝ってきたチームなのか、阿知賀は?」

憧「そ・・・そんなことない。相手は全国二位の千里山のエースだもの。美穂子でも勝てない時はあるかもしれないけど、その分あたし達が取り戻す」

レジェンド「よし、その意気だ(二位抜け条件で、まだ二着をキープしているのに、妙に悲観的な表情してやがるからな。それだけ美穂子が精神的支柱になっていたということか)

玄「それじゃ、行ってきます」バタン

宥「玄ちゃん、頑張って」

レジェンド「おい、美穂子。全国の二回戦まできて、まだ玄に今まで通りに打たせるつもりか?」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

レジェンド「戦術方針に口出しするつもりはなかったけど、お前、全国を舐めてないか?」

キャプテン「分かっています。私は今、賭けをしている最中ですから」

レジェンド「賭け?」

キャプテン「はい、この子たちは決勝卓へ行けるだけの存在能力を秘めています。だから、もし阿知賀がここで消えたとしたら、それは全て無能なキャプテンの責任です」
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/28(火) 17:01:18.12 ID:ufYUYec00
千里山がうまい具合に騙されてる・・・
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/28(火) 18:56:13.87 ID:liJo5kWSO
大会終了後のキャップとすばらで聖人対決も見てみたい
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/29(水) 16:36:02.46 ID:+BJf+TIH0
全国二回戦 次鋒戦

玄「よろしくお願いします(トップ以外の順位で引き継いだのは初めてだけど、びびってられない。この半年の間にみんなと培ってきた私の麻雀を打つんだ)

玄手配 三四五八九九3455BCD 次ツモ5

玄「(よし、345の確定三色を張った)九きりでリーチ!」

泉(手牌を確認する為に、振り込んでみるか。一発は避けて、えーと七あたりかな?)

玄「ロン、リーチ三色で5200です(うん、幸先良いよ)」

泉「はい(裏ドラは当然として、中央の牌を五枚もツモって、やっぱり赤ドラは一枚もなしか。舟久保先輩の言うた通りや、ほならトイチの利息で点棒を倍返ししてもらいまっか)」

玄「(よしまた張った)リーチ!」

泉「通らば、追っかけリーチ!」

依藤「同じくリーチ!」

玄(えっ、何なに?)

泉「ロン、裏ドラ二つで満貫」

玄「ううっ・・・」

玄「リーチ!」

泉「追っかけ」

浅見「追っかけ」

玄(また追っかけられた!?)

―――――――――――――

穏乃「何でだろ? 玄さんの調子は悪くないに、競り負けている」

レジェンド「そりゃ、玄の麻雀に恐さがないからさ」

憧「えっ?」

レジェンド「三校とも玄にドラが乗らないことに気づいたんだろうさ。ドラ関連の事故によるサプライズがないなら、玄の点数の上限は大凡の目安がつく」

レジェンド「だから自分の手の期待値が良ければ、相手は絶対に降りてくれない。そして麻雀という競技は、そういう全ツッパな猪突猛進が本当に馬鹿にならない。みろ、玄が先にリーチしたにも関わらず、またメクリ負けた。確率云々じゃないのさ、麻雀は」

宥「く・・・玄ちゃん」

実況「次鋒戦終了、なんと阿知賀の一人凹みで一気に最下位に。トップの千里山は勝ち抜けに向けて大きく前進も、二位争いは混沌としてきました」

千里山  151000(+11100)
越谷    89200(+4800)
劔谷    80700(+8300)
阿知賀   79100(−24200)
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/29(水) 16:36:45.02 ID:+BJf+TIH0
阿知賀控え室

玄「ううっ・・・ごめんなさい。みんなの大事な点棒たくさん取られちゃった」

宥「玄ちゃん、元気だし・・・・・・」

美穂子「玄さん、さきの次鋒戦、あなたは負けたと自分で思いますか?」

穏乃「み・・・美穂子さん!?」

玄「・・・・・・・・・・・・・・・(ぐしぐし)ま・・・負けてなんかない。私、最後までちゃんと自分の麻雀打ったよ。攻める所は攻めて、引くべき所では降りて、危険でも行かなきゃいけない時は勇気をだして・・・・・・」

灼「ク・・・クロ」

玄「けど、誰も私のこと怖がってくれなかった(私にはドラが来ないから・・・)」

美穂子「その気持ちを絶対に忘れないでください、玄さん。そうすれば、あなたは無敵に近いぐらい強くなれます」

千里山控え室

泉「せっかく、舟久保先輩からデータをもらったのに、思ったほど稼げなくてすんません」

竜華「何言うてんねん、泉。次鋒戦トップの収支で戻ってきたのに、文句なんかあるかい(玄ちゃんの可愛い泣き顔も見れたしな、玄ちゃん萌え〜)」

怜「・・・・・・・・・・・・・・・(緑の炎)」

セーラ(もじもじ)「さて、次は俺の番やな(あー、スカートはすーすーして嫌や)」

フナQ「乙女モードお似合いでございます(プクク・・・)。まあ、冗談は置いといて、中堅の松実姉のプロファイリングなんですが、萬子と中などのあったかい色の・・・・・・」

セーラ「ああ、ええわ。俺が相手に合わせて、打ち方変えられるような器用な打ち手に見えるか?」

フナQ「・・・・・・・・・全くもって、見えません」

セーラ「ほな、行ってくる」バタン

竜華「変わらんな、セーラは。防御の薄さを突かれて惨敗しても、「失点した以上の点棒を稼いだる」って今以上の攻撃翌力を求めるやから、ホンマ筋金入りやで」

怜「セーラほど自分を曲げん打ち手はおらん。最強にはなれなくても、最高と誇りを持って呼べる打ち手の一人や(だから私にとってセーラは永遠の憧れなんや)」
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/29(水) 16:37:20.49 ID:+BJf+TIH0
全国二回戦 中堅戦

セーラ「ザンクを三回刻むよりも、12000を和了る方が好きやねん。跳満」

宥(お・・・親被り)

古塚「ロン、5200です」

宥「ううっ(涙)」

セーラ(例の偏りとやらを利用して、阿知賀を狙い撃ちか。まあ、どいつも好きなように稼げや。俺は俺の麻雀をするだけや)

宥(越谷も劔谷もわたしの打ち筋を研究してる。なら・・・)

水村(中のトイツ落とし。萬子のチンイツか。なら、索子で降り・・・)

宥「ロン、タンヤオ三色ドラ1、7700」

水村「嘘、何で?」

―――――――――――――

竜華「どないなっとんのや? あったかくない色で待たれとるで」

フナQ「こ・・・これは、赤い牌か?」

竜華「おいおい、赤い牌は索子や筒子にも満遍なく混ざっとるで。どんな対策があるねん?」

フナQ「こりゃ、ちょっと簡単には対応できません。恐らく意識せずに自然に打つのが一番の打開策かと」

泉「つまり、無策で挑んだセーラ先輩が一番正しかったと。実際、振り回されてる劔谷や越谷と違って、先輩実に伸び伸びと打ってますし」

怜「策士策に溺れるやな、フナQ(プッ・・・)」

フナQ(赤面)

―――――――――――――

実況「中堅戦終了、千里山江口セーラ、元エースの力量を見せつけて、勝ち抜けを確定的にするリードを広げ、阿知賀再び二位浮上もほぼ横並びに」

千里山  174800(+23800)
阿知賀   79100(+−0)
越谷    73100(−16100)
劔谷    73000(−7700)
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/29(水) 16:38:03.50 ID:+BJf+TIH0
阿知賀控え室

灼「二位浮上やったね」

宥「う・・・うん(わたしは原点を維持しただけだけど、千里山の人が勝手に削ってくれた)」

憧「今から千里山を追うのは無理としても、この小差じゃどこか二位抜けするか分からない。あたしが稼いでくる」

キャプテン「千里山よりも、むしろ劔谷に気をつけてください、憧さん。どうやら留学生ルールで先鋒には置けなかったエースを配置しているみたいですので」

憧「うん、分かった、美穂子」

―――――――――――――

全国二回戦 副将戦

森垣「親倍ツモ、8000オール!」

憧(くっ・・・いきなり。鳴こうと牌が読めようと、速攻のツモ和了だけは防げない)

フナQ(特に研究したい相手はおらへんな。阿知賀や劔谷は強いだけで、理屈の範囲内の打ち手やし、越谷に至っては色物の・・・)

玉子「チー、一発消しである(ニカッ)」

フナQ「・・・・・・・・・・・・(スルー)」

憧(千里山は明らかに流しているし、王冠頭から毟っても差は詰まらない。美穂子から教わった一点読みで劔谷から直撃を取る)

憧「(よし、見えた)ロン、満貫!」

森垣(マ・・・マジ? 完全に狙い打たれた!)

実況「副将戦終了。越谷は脱落し、二位争いは阿知賀と劔谷に絞られた模様」

玉子「ノオォォである〜」

千里山  176700(+1900)
阿知賀   93500(+14400)
劔谷    91200(+18200)
越谷    38600(−34500)
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/29(水) 16:38:39.07 ID:+BJf+TIH0
阿知賀控え室

憧「何とか二位の座は死守したけど、稼ぎ負けた(ふぬっ)」

穏乃「いきなり親倍決められたのに、良く追いついたよ。全国の二回戦を楽に勝ち抜けられるわけないし、私が決めてくる(メラっ)」

キャプテン(アンカーの穏乃さんに二着でタスキが繋がったの、なぜでしょうか? とても嫌な予感がします。もしかして私はとんでもない思い違いを・・・・・・)

―――――――――――――

全国二回戦 大将戦

八木原「ロン、跳満12000(ドヤ顔)」

穏乃「?÷+×@!?(呆然)」

実況「あ〜っと、後半、南3局、越谷のダマッパネが阿知賀に炸裂。劔谷が二位浮上に・・・」

憧「ちょっと、今のは一体何なのよ!?」

灼「越谷が二位抜けしようとしたら、リーチを掛けるなりして、最低でも倍満の手に仕上げなければ、オーラスで劔谷に役満を直撃させたとしても引っ繰り返らない。勝つことを諦めたんだ」

キャプテン「あんなラス確和了は完全に考慮外ですから、私でも振り込んでいたかもしれません(そういえば華菜も天江衣に倍満を振り込んで負けたけど、アレは勝ちを目指した打牌だったし、だからこそ久保コーチも華菜に敗戦の責任を問わなかった)」

レジェンド「まあ越谷を責められまい。ラス確云々はあくまでこちら側の都合だし、オーラスに運良く役満を張るとか現実的ではないからな(それでもゼロではなかった僅かな勝ちの芽を自ら摘み取る行為なのは確かか)」

宥「ダントツ一位の千里山がラス親だから、もう後がないよ〜。なのに穏乃ちゃんの和了が二回も偶然に妨げられている。神さまは何でこんな意地悪するの〜」

キャプテン(神さま? この状況は麻雀の神さまが私に下した天罰なのでしょうか?)

玄「みんな、大丈夫たよ。越谷の大将さんは厳しい現実を見つめるのが嫌で、途中で投げ出しちゃたみたいだけど、穏乃ちゃんはどんな逆境でも最後まで絶対にあきらめない」

穏乃「ロン、6400!」

安福「ひっ!」

竜華(おやまー、山越しかいな。私のCが絶妙の迷彩になってもうたわ)

玄「やっ・・・やった、勝ったよ」

レジェンド(大将というのは本当に難儀なポジションだな。たとえプラス収支で戻ってきても、チームが負ければ一番の戦犯なのだから)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ガクガク)」

宥「美穂子ちゃん、そんなに震えてどうしたの? まさか寒いの?」

憧「そりゃないでしょ、今は夏だし宥姉じゃあるまいに」

キャプテン「・・・・・・すいません、宥さん。私、とても恐かったもので・・・」

憧「恐い、美穂子が?」

キャプテン「持てる力を出し尽くして負けたのなら、悔しさはあっても、悔いは残りません。けど赤土さんのご指摘通り、私の指示で阿知賀は余力を残したままこの戦いに臨みました」

キャプテン「この試合に勝つ為の最善を尽くさなかったのは、ラス確和了をした越谷だけでなく私もです。ダマッパネが刺さった時は、そんな私の驕りに罰が与えられたのかと思い、私の浅知恵にみんなを巻き込んでしまうのが本当に怖くなって・・・」

宥「美穂子ちゃん・・・」

レジェンド「だが、それでもお前は賭けに勝ったのだろう? 二回戦敗退のリスクを負ってまで美穂子が温存したかった阿知賀の可能性を、私が越えられなかった準決勝の舞台で見せてくれるのを期待しているぞ」

灼「・・・・・・ハルちゃん・・・」

千里山  182900(+6200)
阿知賀   88100(−5400)
劔谷    87200(−4000)
越谷    41800(+3200)

※阿知賀女子、千里山女子と一緒に準決勝進出
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/29(水) 22:36:09.69 ID:rLqTjDRSO
<●><○>
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/29(水) 22:37:06.22 ID:HasKtMC5o
ええやん
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/29(水) 23:19:05.34 ID:+BJf+TIH0
憧「それでは阿知賀の準決勝進出を祝って、乾杯!」

全員「かんぱーい!!」

レジェンド(浮かれてるな。まあ美穂子以外、全国で無名の選手だけでここまで勝ち進んだのだし無理もないか)

穏乃「別ブロックからは王者白糸台と、九州の強豪、新道寺女子に決まったみたいだね」

灼「そして十万点近い差をつけられた千里山と再戦」

玄「勝てるのかな、私たち?」

全員「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

レジェンド(ありゃりゃ、私が茶々入れるまでもなく、自分たちで沈みはじめた)

穏乃「やっぱり今のままの私たちの実力じゃ決勝進出なんて論外だよね。何か特訓を・・・」

憧「落ち着きなさい、しず。インフレバトル漫画じゃあるまいし、一日かそこらの付け焼き刃の練習で劇的に強くなれるわけないでしょ?」

キャプテン「憧さんの言う通りです。阿知賀女子麻雀部はこの大会を勝ち抜く為に、半年以上の時間をかけて入念に準備してきました。私たちが積み重ねてきた汗と涙を信じましょう」

宥「そうだよね、美穂子ちゃん」

キャプテン「ただ、それとは別に準決勝に向けての調整は必要です。その為の人材には既に声をかけてあります」

翌日

池田「おっす、阿知賀の雑魚ども。美穂子先輩のたっての頼みだし、この華菜ちゃんが力を貸してしんぜよう」

みはるん「華菜ちゃん、失礼だよ」

憧「・・・・・・・・・・・・・・・(ピキっ)」
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/29(水) 23:19:40.95 ID:+BJf+TIH0
みはるん「ツモ2000オールです」

穏乃「吉留さん、普通に強いじゃないですか」

灼「この人がレギュラーになれないなんて、やはり名門風越はレベルが高い・・・」

池田(派閥争いで選ばれなかっただけで、みはるんは実質風越ランキング三位なんだけどにゃー。長野の個人戦でも十位と健闘したし)

憧「ふん、個人戦出場者同士の対戦が禁止でなければ、今すぐ白黒つけてやったのに」

池田「それはこっちの台詞にゃー」

みはるん「あの、福路先輩は打たないんですか? 華菜ちゃんと同卓できなくても、私に胸を貸してもらえると嬉しいです」

キャプテン「ごめんなさいね、吉留さん。私は故あって準決勝まで打つわけいかないのよ」

みはるん「そうですか(しょぼーん)」

憧(打たないことが美穂子の調整? 本当に美穂子の考えていることは難しい)

キャプテン「その代わりに吉留さんと華菜には、阿知賀の真のエースと打ってもらうことにするわ」

みはるん(真のエース? 一・二回戦の試合を見たけど、先輩以上の打ち手なんて阿知賀にはいなかった。もしかして補欠登録されているオカッパ頭の子?)

???「失礼しま〜す」

池田「・・・・・・って、お前は!?」
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/29(水) 23:20:24.16 ID:+BJf+TIH0
実況「さあ、ステージBの第三試合は永水女子と姫松が当たるという好カード」

実況「永水女子先鋒は九面を宿す巫女、神代小蒔。天照大神を司る魔物の一人」

実況「宮森女子先鋒はマヨヒガ、小瀬川白望。悩むと手が高くなると専らの評判です」

実況「姫松先鋒はボンバーガール、上重漫。しかし爆発した姿を見た者は誰もおりません」

実況「清澄先鋒はインターミドル王者、原村和。エースとして無名の清澄を全国へと導き、全国では各強豪校のエースを迎え撃つ為に、副将から強敵ひしめく先鋒枠にコンバートされました」

ババア「・・・・・・聞いた? あたし達、和に全国に導かれたんだってさ」

ワカメ「二位に入賞した長野個人戦はともかく、団体戦は戦犯紙一重じゃたのにな。個人戦トップで大将戦でも七万稼いだ咲はスルーされとるし、マスコミ贔屓も程があるじゃろ」

咲「わ・・・私は別に構わないよ。和ちゃんの方がマスコミ受けするのは確かだし(お姉ちゃんと仲直りさえできれば、私はそれで・・・)」

タコス「次鋒にまわって、のどちゃんの次に打つのも、何か変な感じだじぇ」

―――――――――――――

みはるん「か・・・華菜ちゃん・・・・・・(ガクガクブルブル)」

池田「一体何なんだ、アイツ? 二回戦の時とは全然、別者だぞ」

池田(こいつは間違いなく、天江や清澄の嶺上使いと同じ、卓上の特定牌を支配する魔物。阿知賀はこんな怪物を隠し持っていたのか?)

???「ツモ、三倍満24000です」(がおー)(ぐるる・・・)(ぎゃーす)

―――――――――――――

※八日目の結果 清澄、姫松が準決勝に進出。
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/08/29(水) 23:31:32.66 ID:qEV7vktEo
コンバート良いのかよww
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/29(水) 23:54:14.58 ID:rLqTjDRSO
それより何より部長の呼称を改めろwwww
106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/30(木) 00:00:41.66 ID:HQiGiawt0
阿知賀の方の次鋒戦楽しみだな、菫さんは狙い撃ちし放題だけど打点が…
107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/30(木) 00:48:35.37 ID:XIcJf7Dqo
初瀬ガ阿知賀ニキタンダヨキット(適当)
108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/30(木) 09:22:47.34 ID:ybGysKdk0
にわかは相手にならんよ!!
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/30(木) 22:13:27.79 ID:kBGRzeRj0
インターハイ準決勝 第一試合 白糸台、千里山、新道寺、阿知賀

実況「さあ、準決勝一番の注目カード、王者白糸台と関西最強の千里山が激突。古豪新道寺とダークホース阿知賀は、二強の争いに割って入れるのでしょうか?」

全国準決勝先鋒戦

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

怜「よろしゅう(お手並み拝見や、高校チャンプ(緑の炎))」

すばら先輩「すばらです」

キャプテン「よろしくお願いします」

―――――――――――――
一〜九:萬子 1〜9:索子 @〜H:筒子  赤ドラ:【五】【5】【D】
―――――――――――――

前半 東1局 親 宮永 ドラF

キャプテン(再び宮永さんと相席した。こうしていると三年前のインターミドルを思い出します)

キャプテン(上埜さん。私を苦しめた唯一人の人。悪待ちに何度振り込まされたことか。あの時に私は『九割方通るから大丈夫』などという曖昧な読みが、実戦ではいかに危険かを思い知らされて、百かゼロかの一点読みを志すようになった)

キャプテン(そして目の前の宮永さん。私に『苦戦すら』させてくれなかった魔物。上埜さんの棄権で私は繰り上がりで決勝卓に駒を進めたけど、結局何もできずに支配力を持つ魔物と凡人の差を思い知らされただけでした)

キャプテン(あの日から三年。風越でなく阿知賀の一員として再びあなたの前に立つとは何の因果か分かりませんが、私はあの子たちの夢を叶えてあげたい。だから今年ようやく完成させた新たなスキルと共に、今日は最初から全力で挑ませてもらいます)ゴゴコ・・・・・・。

怜(なんや? 二回戦で私と打った時には開かず終いやった右目が、開眼したやと!?)
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/30(木) 22:14:08.16 ID:kBGRzeRj0
キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体45%)
東家・照手配 六??????C?????東
南家・煌手配 一一??6????G???
北家・怜手配 二?2789AAEG北北?

西家・キャプテン手配 一二九456BDFH東北中

キャプテン(宮永さんの解析率は21%、花田さんは30%。そして肝心の園城寺さんは84%ですか。二日も間が空いたので流石に100%の再現は無理でしたが、これで当初の予定通りほぼ手は特定できます。あと花田さんの対子牌が予め判明したのも幸先良いです)

4巡目

北家・怜手配 二三789AAAEGG北北 次ツモ四

怜「・・・・・・・・・(よし、張ったで)」キュピーン(捨て牌候補のEに触れシングル発動)

怜「(おー、幸先ええな。1巡先で北をツモって和了か。このままやと2600やから、当然リーチ一発で満貫に仕上げな勿体ないな)E切りリーチ!」

5巡目

照「・・・・・・・・・・・・」ノータイムで発を捨てる。

すばら先輩「合わせ打ち、すばらです」同じく発捨て。

キャプテン「・・・・・・・・・・・・(頼みますよ、花田さん)」一を捨てる。

すばら先輩「ポン!(園城寺さんは一発ツモ確定の人。これは鳴いておかねば・・・)」

怜(ずらされたやと! くっ、リーチに反応して、二人の行動が改変されたんか? まだGの和了も残っているとはいえ、私の和了牌の北が阿知賀に)

キャプテン(申し訳ありません、園城寺さん。宮永照の唯一の隙、この前半東1局の和了だけは譲れません。だから本来なら試合毎にリセットされるスキャンデータをこの対決まで持ち越す為に、私は二回戦の間ずっと右目を開かずにあなたの情報を密封しました)
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/30(木) 22:15:47.02 ID:kBGRzeRj0
7巡目

キャプテン(ここまで園城寺さんの和了はなし。やはり一度予知した未来のレールから外れると、セカンドプランは働かないようですね。これで条件は完全に互角です)

西家・キャプテン手配 二三四456BDEEF北北 次ツモ【D】

キャプテン「(さあ追いつきましたよ、園城寺さん。私は魔物じゃないので、和了牌を引けるかは運頼みですが、それでこそ麻雀。どちらが勝つか勝負です)B切りでリーチ!」

8巡目

キャプテン(やっぱり一発は無理でしたか)

怜 キュピーン(捨て牌候補のAに触れシングル発動)(くっ・・・、次巡、阿知賀がCをツモ和了やと? させへん・・・といってもリーチをかけた身やし、ツモ切るしか・・・そうや!)

怜 キュピーン(槓牌候補のAに触れシングル再発動)「(候補の牌を変えなければ、別な行動の未来も見えるんや。捨てずに槓した場合は嶺上開花ならずも、また新道寺が鳴いてくれるんか。ほなら・・・)カン!」バシっ(嶺上牌の7を捨てる)

すばら先輩「ポン!(ドラ3に釣られてつい鳴いてしまいましたが、役はどうしましょう?)」

怜(新ドラは嶺上牌の7か。私にもドラが一つ増えたが、そりゃ新道寺が無理鳴きするわけやな。さっきのお返しや、阿知賀。ずらし返したで・・・)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

9巡目

怜(これで阿知賀の和了牌が親に流れた。チャンピオンが阿知賀に振り込んでも面白いんやが・・・・・・ちっ、降りたか。流石に槓が入った状態じゃリーチ相手に無理せんわな)

11巡目

怜(ええ加減にGよこいっ。惜しい隣やった・・・・・・えっ、隣ってドラのF? この牌は確か8巡目で確認した阿知賀のもう一つの和了・・・・・・)ポロリ

キャプテン「ロンです。リーチ平和一盃口ドラ3、二つ目の裏ドラが北なので裏ドラ2で合計ドラ5。倍満16000です」

怜((くらっ・・・)なんや、槓なんて余計な真似してドラを増やさなければ、リーチツモ平和ドラ2の満貫。子の折半2000+リー棒の3000の被害で済んだやと・・・・・・)

怜(なのに、ずらされたことに熱うなって能力を無駄遣いした挙げ句、いきなり17000の一人払い。やっぱり私の技量は二人に憧れていた三軍の頃のままなんか、竜華、セーラ?)

キャプテン((ブルル・・・)先の見えない勝負に競い勝った後の興奮は格別です。麻雀って本当に楽しい)

キャプテン(でも、勝つと分かり切った単なる作業に充足感を覚える人はいないでしょう。本来見えないモノが見えて、好きな牌をツモれる。魔物の支配力を羨望した頃もありましたが、ある意味では麻雀を心から楽しめない可哀相な人達なのかもしれない)

すばら先輩「す・・・すばら(せっかく役の南を暗刻で揃えて、南ドラ3満貫のテンパイをしたのに、和了なくて残念でした)」

すばら先輩(それにしても、阿知賀の福路さん。明らかに私を鳴かせて園城寺さんの和了牌をずらし、しかもその和了形まで事前に予見して、不要牌の北を一枚キープしていたとは・・・。どうやら二回戦以上にとんでもない卓に放り込まれてしまったみたいです)

照「・・・・・・・・・・・・・・・」ゴッ!(照魔鏡発動)
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/08/30(木) 22:16:29.13 ID:kBGRzeRj0
照魔鏡分析結果

園城寺怜 身長151cm B:77 W:52 H:78
攻撃翌力:A(C) 守備力:S(D) 技術:B(D) 速度:A(C) 精神力:A 本日の運気:B
保有スキル:
1巡先(シングル):S 触れた牌を媒介にして、1巡先までの結果を覗き見する。(各パラメタの()は1巡先スキル補正無しの本来の数値)ただし予見した未来に反応して、自らの行動を変化させた場合、ペナルティとして2〜3巡、能力が封印される。またシュレーディンガーの法則により、園城寺に観測されてしまった牌は魔物でも上書きできなくなる。更なる上位スキルへの成長の可能性あり。

花田煌 身長153cm B:76 W:55 H:75
攻撃翌力:D 守備力:C 技術:B 速度:B 精神力:S 本日の運気:C
保有スキル:
不死身(リビングデッド):C 点棒が少なくなると、あらゆる因果律に守られて箱割れを阻止する。本人が箱割れを望んだ行動を取らない限り、何点スタートで始めても花田に飛び終了はないが、勝利を呼び込める訳でもないのでスキルランクは低い。

福路美穂子 身長156cm B:86 W:56 H:84
攻撃翌力:B 守備力:A 技術:A+ 速度:C 精神力:B 本日の運気:B
保有スキル:
理牌読み(ウオッチャー):B 理牌の癖と視点移動を観察することで、いずれ他家の手牌が三色に透けて見えるようになる。見極めるまでの時間はスキル使用者と対戦相手の雀力に左右されるが、個人情報を一度登録すれば、日を改めて再戦しても効果は永続される。
心眼(スキャン):A+ あらゆる三次元情報を取り込み、他家の手牌を構成する『理牌読み』の上位スキル。時間の経過と共に他家の判明牌が増えていき、後半になると全てが鷲津牌に等しくなる。ただしガン牌と異なり、あくまで対人情報から手牌を再構築するスキルなので、卓上に積まれた伏牌の特定はできない。またスキャンデータは試合毎にリセットされるので、同選手と再戦する場合、最初の解析手順からリスタートする必要がある点は『理牌読み』に劣っている。

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(何、これ?(汗) こいつら、ズルイ(特に胸が・・・))」
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/08/30(木) 22:23:14.89 ID:rXT6qUUz0
sagaをメール欄に入れないと、攻撃力が攻撃翌力に変えられてしまいますよ
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/08/30(木) 22:36:07.21 ID:QkQo+Cfeo
ここの規制はよくわからんな
攻‎撃翌力→攻撃翌力とかイミフ
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(四国) [sage]:2012/08/30(木) 22:37:03.23 ID:comUch9AO
スリーサイズまでわかるとか照魔鏡便利だなオイ!

準決勝は詳しく書いてくれるみたいだから期待している
116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/30(木) 22:39:27.53 ID:JNSOO/eY0
ずるいって…あなたが言っていい言葉じゃない。胸だけは可
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/08/30(木) 22:45:15.67 ID:03qWgxDko
便利だな照魔鏡wwww

みんなあなたにはずるいって言われたくないよ(胸以外)
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/30(木) 22:46:03.43 ID:fm9l/6G70
リアルタイムに遭遇してたとは思わなんだ。がんばってください。
119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage saga]:2012/08/31(金) 10:32:58.28 ID:QQs0W53Mo
>>114
それは「w」を倍にする仕様の副作用でそうなってしまうのであって意図的なものではない
120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/31(金) 10:38:09.56 ID:II8tl0Z1o
>>114
パー速機能覚書・テスト
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1328775479/
121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/08/31(金) 22:08:33.68 ID:BS0gunKC0
面白い
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/08/31(金) 22:37:19.65 ID:hApbo0K+0
阿知賀控え室

宥「やった、美穂子ちゃん。すごく幸先良いよ〜」

池田「チャンピオン宮永相手にいきなりリードするとは、流石は美穂子先輩だし」

憧「あんたら何関係者面して、ウチの控え室に入り浸っているのよ?」

みはるん「す・・・すいません。やっぱり迷惑でしたか?」

穏乃「まあ、いいんじゃない、憧。ウチは人数少ないから賑やかになるし」

池田「そーそー、華菜ちゃんは美穂子先輩から招待されたスペシャルゲストだし。別に阿知賀の秘密兵器の情報を清澄に流したりはしないから安心するし」

みはるん(華菜ちゃん、それって追い出したら秘密をばらすっていう脅迫じゃ)

憧(ちっ、図々しい猫が・・・)

レジェンド「お前ら浮かれている場合じゃないぞ、チャンピオンのサービスタイムは今ので終わりだ。牌譜通りなら、これから怒濤の連荘が始まることになる」

全員「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

灼(ハルちゃん、少しは空気を読もうよ)

千里山控え室

竜華「なんや、あいつ? 二回戦では怜に手も足も出なかったのに」

セーラ「せやから言うたやろう。そない簡単に捩じ伏せられる甘いタマやないって・・・」

フナQ「福路は最初から宮永照と園城寺先輩の両方の隙を伺っていたようですね。二回戦で動きを見せなかったのは、先輩の油断を誘う為ですかね?」

泉「ほなら、二回戦の地点で、既に準決勝の東1局を見据えてたいうことですか?」

セーラ「マンマと出し抜かれたわけや。怜はお行儀良いさかい、この手の麻雀のラフプレイに免疫ないからな。しかしまあ、ホンマに腹がたつ奴やで福路は・・・」
123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/08/31(金) 22:38:18.84 ID:hApbo0K+0
三年前・インターミドル全国決勝卓(宮永照、愛宕洋榎、江口セーラ、福路美穂子)

実況「宮永、脅威の連荘地獄。江口残りの点棒は後僅かで飛び終了目前です」

セーラ(くそっ、最後まで諦めてたまるかい。何とかこの大物手で・・・・・・)

愛宕姉(宮永のスピード連チャンの中で、あんな重い手を張るとは大したもんやで。けど、そんなミエミエの待ち、振る奴がおるかいな・・・えっ?)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ

セーラ「ロン、倍満に5本場で17500や!」

キャプテン「はい」

愛宕姉(おいおい、これは・・・)

実況「試合終了。優勝は宮永照、二位には愛宕洋榎が入賞。これよりインターミドル王者宮永のインタビューに・・・・・・」

セーラ「(壁ドン)おい、お前。あん時、わざと俺に振り込みやがったな?」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・」

セーラ「はっ、決勝卓で飛んだら惨めやからか? 舐めやがって、お前、俺のこと哀れんどんの・・・・・・」

キャプテン「あのままでは次巡、宮永さんがツモ和了して、試合が終わってしまいました。あくまで自分が勝つ為の私の一方的な都合でしたことなので、江口さんが気にする話じゃありません」

セーラ「はあ、勝つ為やと? 既にトップの宮永と何万点離されたと思っとるんや? そのままなら二着をキープできたのに、それで自分がビケで終わっとったら世話ないで」

キャプテン「確かにあの凹み状態から私が勝てる可能性はゼロに等しかった。けど、ああしなければ確実にゼロになっていました」

キャプテン「二位勝ち抜け条件の予選ならまだしも、一番を決める優勝戦で順位を妥協したくはありません。ましてや私は本来あの決勝の椅子に座るべき人の代わりに出場したので、尚更恥ずかしい闘牌はできませんでした」

セーラ「ふん、お前、名前何ていうんや?」

キャプテン「福路美穂子です。高校では地元の風越女子に入学することになると思います」

セーラ「福路か、その名前、覚えといたるわ」

愛宕姉(アチアチ、なんや、こいつら? スポコン青春ドラマみたいな暑苦しい真似しおってからに・・・。けど、うちはそういう若さは嫌いやないで(フフ・・・))

―――――――――――――

セーラ「ふん、ホンマに腹が立つ奴やったで、福路は・・・」

竜華「セーラ?」

セーラ「な・・・何でもあらへん(赤面)。(怜、長年憧れた夢の舞台や。全国の麻雀エリートどもに比喩でなく命がけで手に入れたお前の力を見せたれや)」
124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/08/31(金) 22:39:02.11 ID:hApbo0K+0
前半 東2局 親 花田 ドラ西

照「ロン、1000」

すばら先輩「す・・・すばら(いきなりダマに振りこんで、親を流されました。はじまりますね、宮永さんの『連続和了』という名の倍々ゲームが・・・)」

前半 東3局 親 福路 ドラ八

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体57%)
西家・照手配 六??2??B?G??西西

キャプテン(今のスキャン状況では手の特定は難しいですが、早そうですね。それよりも少し困ったことになりました)チラッ

怜「・・・・・・・・・(緑の炎)」ギロリ

キャプテン(園城寺さんからヘイトされてしまった。まさかあんなにドラが乗るとは思いませんでしたので、どうしましょう? 三人で力を合わせて、宮永さんに対抗しようと算段していたのに、早速プランが崩れてしまいました)

怜 キュピーン(捨て牌候補の南に触れシングル発動)「(連続和了なんてさせへん)リーチ」

照「ポン」

すばら先輩(自分で捨てた牌を鳴き返した?)

怜(またずらされたやと!? 全国クラスが二人も同席しているこのレベルの卓では、リーチ一発はもう通用しないんか? 私の和了牌が再び阿知賀に流れた)

キャプテン(この9は園城寺さんの和了牌・・・)

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体58%)
南家・怜手配 三三45?78FGH北北北

キャプテン(?は6として裏ドラが一つ乗って2600。一発も消えたことだし、南親前に宮永さんの点数をリスタートし、少しでも園城寺さんとの関係修復に繋がるなら安い投資です)ツモ切り

キャプテン(もとより他家に差し込む点棒を蓄える為に、無理して東1局を和了ったのですから、暗刻の北がまた裏ドラに化けた時は運命だと思って諦めま・・・・・・えっ?)

怜((カアッー)舐めるな、阿知賀。施しは受けへん)自ツモ

実況「あっ〜と、どうしたことか? 千里山園城寺、阿知賀の和了牌を無視・・・」

照「ロン、1300」

怜「!?」

キャプテン(千里山のエースがこんな子供みたいな和了放棄をするなんて・・・。どうやら園城寺さんを完全に敵にまわしてしまったみたいです)

キャプテン(かつて園城寺さんのチームメイトの江口さんを怒られたこともあるし、このあたりの空気の読めなさが、私が同世代から「うざい」と忌避された原因なのでしょうか?)
125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/08/31(金) 22:40:02.49 ID:hApbo0K+0
前半 東4局 親 園城寺 ドラ6

照「ツモ、2000、1000」

キャプテン(園城寺さんの和了見逃しで、最も危険な点数上昇状態で宮永さんに再び親がまわってきました。園城寺さんの助力は仰げそうにないですが、止めるしかありません)

照「・・・・・・・・・・・・・・・」ゴーっ(右腕が始動をはじめる)

前半 南1局 親 宮永 ドラ三

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体64%)
東家・照手配 ??七八667???EFG?
南家・煌手配 ?二三?677@@?南南?

西家・キャプテン手配 一一四12【5】@G発東南南北

キャプテン(宮永さんはタンヤオ三色あたりの二向聴からはじまっているとみて良さそうですね。困りました、私の手はどこをどう弄くっても和了形が全く見えてきません)

キャプテン(化けそうな手の割には花田さんも早そうですが、恐らく真っ当に進めば宮永さんに一手遅れる。ならば・・・)ヒョイ(いきなり対子の南捨て)

すばら先輩「南をポン(うはっ、特急券のダブ南ゲット)」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(今度は@捨て)

すばら先輩「同じく@をポン(やりました、3900確定のテンパイ)」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(最後はドラの【5】捨て)

すばら先輩「ロンです、ダブ南ドラ2で7700。(まさか高い方で和了れるとは、すばら)」

怜(阿知賀の奴、今度は7700の手をノータイムで差し込んだやと!?)

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」プシューっ(右腕の回転が止まる)

東家・照手配 六七八6668CCCEFG(78待ち)

怜(阿知賀が失点が倍化するのに逡巡して、ドラを捨てるのを躊躇ったら、恐らくチャンピオンに先んじられていた。自ら傷つく覚悟の一打が宮永の親の連荘を阻止したんか・・・)

すばら先輩(いやはや、この人本当にすばらです。宮永さんの恐ろしさを正確に理解しておられる。ましてや私にまでお零れをいだたけるなら、尚更すばらです(ワンワン))

怜(なんや、目の錯覚か? 新道寺のお尻から尻尾を生えて、阿知賀に振っているように見えるで)

―――――――――――――

実況(前半戦終了。チャンピオン宮永、親を流された後は再び怒濤の三連荘を決めて、阿知賀からトップの座を奪い返しました)

すばら先輩(最後ダブリー一発ロンとか酷すぎです、宮永さん(しくしく))

怜(この私が焼き鳥で前半終了やと? セーラからエースの座を託されたのに何をやっとるんや・・・)

キャプテン(まずまず理想的な展開で前半をフィニッシュしましたが、満貫以下の点数だと必ず二向聴以内からスタートする宮永さんの仕上がり率の高さは相変わらず脅威ですね。魔物の相手をするのは本当に疲れます)

照「・・・・・・・・・・・・・・・」ゴッ・・・。

白糸台  123100(+23100)
阿知賀  105700(+5700)
新道寺   93800(−6200)
千里山   77400(−22600)
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/08/31(金) 22:48:38.66 ID:mW7zYxZ9o
すらば犬かわいい
127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/01(土) 12:04:36.86 ID:GAQ6551V0
白糸台控え室

淡「テルーにしては、前半の点数少なかったね。右腕も全然回転しなかったし」

菫「南親を一度も連荘できずに止められたのが、地味に効いているな。しかし半荘一回で二万点以上浮かせて少ないと罵られる高校生は、全国広しといえども照一人だけだろうな」

たかみー「止めたのが千里山でなく、阿知賀というのも意外でした。あの先鋒、本当に宮永先輩との彼我の実力差を弁えて、傷口を最小限で抑えた」

亦野さん「高い手でも躊躇なく差し込む、思い切りの良さは目を見張るものがありますね。けど、もし後半の親もまた流されるなんてことがあったら・・・」

菫「・・・・・・使うかもしれんな、アレを・・・」

淡「あのギギギーってやつ?(わくわく)」

亦野さん「そんなことになったら、本当に先鋒戦で終わってしまうかもしれませんね」

菫「だが逆に本質を見極められてしまったら、あの技の欠陥がばれてしまう。決勝の対戦相手を研究する意味でも、私たちの出番がまわってくるのを祈るしかないな」
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/01(土) 12:05:14.43 ID:GAQ6551V0
先鋒卓、各自休憩中

すばら先輩「元風越女子の福路さんで宜しいですね?」

キャプテン「?・・・・・・はい、新道寺女子の花田さんですよね?」

すばら先輩「お会いできて、すばらです。私、中学まで長野にいたもので、風越の一年生エースのあなたのことは存じてました。真にすばらな闘牌です」

キャプテン「あ・・・あの、選手同士の談合だと思われるで、試合内容についてお話するのは・・・」

すばら先輩「そうですね、失礼しました。なら四方山話でも。私が長野にいた頃の中学の後輩が別ブロックの清澄に在籍しています。ともに一年の片岡優希に原村和というのですが」

キャプテン「まあ、それは奇遇です。私のチームメイトは原村さんが奈良にいた時の知り合いばかりで、原村さんと同じステージで戦いたい一心で、ここまで勝ちあがってきました」

すばら先輩「それはそれは。私も卓上で後輩たちと牌を通じて語り合いたいので、是非、私と福路さんの目的が同時に叶うと良いのですが・・・」

キャプテン「難しかもしれないですね。世間的にはこの準決勝では、私と花田さんの高校が落ちると思われていますから」

すばら先輩「ははっ・・・そうでしょうね。現在、新道寺はビリを免れましたが、私の役割からすればこの順位は望外の・・・いえ、何でもありません、後半も頑張りましょう」そそくさ・・・。

キャプテン「ええ・・・(役割? もしかして、後に控えるエースの為に捨石になるという意味でしょうか? だとしたら本当に奇遇ですね、実は私もなのですよ、花田さん)
129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/01(土) 12:05:52.48 ID:GAQ6551V0
試合会場外の廊下

怜(卓外ですら阿知賀と新道寺が馴れ合いをはじめよった。は〜あ、こんな情けない闘牌をしてみんなに合わせる顔が・・・・・・)とぼとぼ

セーラ「よ〜う、凹んどんな、怜」

怜「竜華、セーラ」

竜華「まあ怜が落ち込むのも無理ないわ。1巡先に目覚めてから、半荘一回で怜がマイナスになったのは初めての体験やし、ましてやドンケツじゃな」

セーラ「ホンマむくつく奴やったやろ、福路は? アレで仲良くなれると信じとるさかい、意外と弱い者の気持ちが分からんやっちゃで」

怜「二人とも責めないんか? 和了見逃しなんて、子供じみた真似した私を・・・」

セーラ「あ〜、あないなもん、俺でも蹴飛ばすわ。というか跳満以下の手でなんか和了たくないし・・・」

怜「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

セーラ「それが俺の麻雀や。その結果、仮にチームが敗退したとしても、俺は絶対に自分を曲げへん。だからな、怜。お前も自分の麻雀を打てや」

怜「私の麻雀・・・」

竜華「そやで、千里山は関西一の名門やから、背負っているモノも大きいけど、それでも怜が納得のいく闘牌をしてくれんのなら、私らは何も言う気はあらへん」

怜(そうやったな、何を焦っているんやか。焼き鳥ぐらい昔の私はしょっちゅうやないか)

怜(私の麻雀・・・それは竜華やセーラと一日でも長く、この全国の舞台を堪能することや。その為ならプライドなんていらへん。何だって犠牲にしてみせる)
130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東) [sage]:2012/09/01(土) 13:35:03.32 ID:CUWWKl+AO
阿知賀スレは、あっちかな?
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/01(土) 17:01:39.40 ID:xDlW/LDq0
まだこんなクソSS書いてんだwwwwwwwwwww
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/01(土) 17:33:53.69 ID:O6YCiEtao
文句言うなら見るな
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東) [sage]:2012/09/01(土) 19:28:45.63 ID:4vzEKHwAO
これは面白いif
134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/01(土) 21:29:00.97 ID:GAQ6551V0
全国準決勝先鋒戦 後半開始

後半 東1局 親 園城寺 ドラ4

キャプテン(今度は宮永さんがラス親ですか。前半は起家という最高の形でしたが、今度は最悪です)

キャプテン(しかし親さえ速攻で流せるなら、点数制限のある連続和了は、むしろこちらの利に早変わりするのは、前半戦の収支が証明しました。これが天江衣のような高打点を初期から連発するタイプなら目も当てられない所です)

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体84%)
北家・照手配 七八九67AA?D?F?東

キャプテン(・・・・・・安手とはいえ、いきなりコレですか(汗)? なまじ牌が透けて見えるというのも、絶望感に拍車をかけてくれますね)

照「ツモ、300・500」

怜(くっ・・・、貴重な親があっさりと流された。予知した和了牌をずらしても、平然と隣の牌でツモ和了しよるし、やっぱり私一人の力でチャンピオンに対抗するんは無理なんか)
135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/01(土) 21:29:46.18 ID:GAQ6551V0
後半 東4局 親 宮永 ドラE

キャプテン(さて正念場がやってきました。また宮永さんに三連荘を許してしまい、最低でも5800スタートが確定している)

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体91%)
東家・照手配 二三四?七234AB?G西西
北家・煌手配 六七?3@@EE白白南北北

キャプテン(・・・・・・本当にいい加減にして欲しいですね。平和三色確定の一向聴といった所ですか)

キャプテン(また手が早そうな花田さんに和了もらうしかなさそうです。私の手持ちの牌では二副露が限界で、宮永さんに一歩遅れてしまいますが、駄目元で挑戦するしかありません)

1巡目

すばら先輩「白をポン!」ビシッ(ドラのE捨て)

怜「!?」

2巡目

すばら先輩「八をチーです」バシッ(またドラのE捨て)

怜(なんや、新道寺の奴、手出しでドラの対子落としやと? 自ら点数を下げたんか?)

怜(阿知賀は高い手でも差し込んでくれる。なのに敢えて安い方に手を作り変えた。まさか信頼に答えたとでもいうんかい?)

3巡目

東家・照手配 二三四六七234ABC西西(五八待ち)

キャプテン(駄目です。やはり一手及びませんでした。運良く私が花田さんの有効牌を引かない限りは、次に宮永さんがツモって親の連荘が始ま・・・・・・えっ?)

怜「・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(@を捨てる)

すばら先輩「ポン!(2のカンチャン待ちを張れました。すばらです)」バシ(南を捨てる)

怜「その南ポンや!」

キャプテン(今のポンで宮永さんのツモ番が飛ばされた。もう一度園城寺さんに手番が・・・)

怜 キュピーン(捨て牌候補のDに触れシングル発動)(これじゃ振りこまへん。ならこっちか?)ヒョイ(2を捨てる)

すばら先輩「ロン、白のみ1300。すばらです」

キャプテン(鳴かして、そして差し込んだ? あの園城寺さんが)

怜(ふん、安手やから振り込んだったんや。協力するんは、あくまで宮永の親を流す時だけやから、勘違いすんやないで、阿知賀)

実況「あ〜と、チャンピオン。一向聴スタートで三巡目テンバイするも、そこから一度もツモれずに親を流されました。まるで三校の心が一つに纏まったかのような見事な連携プレイ」

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

キャプテン(いけます。これで残る親は後一回。今みたいに皆で力を合わせれば何とかなる)

キャプテン(それでも宮永さんの一人浮きは動かないでしょうが、五人トータルの収支を競う団体戦ルールで、魔物相手に常識の範囲内の点差で次に引き継げるのなら、それは実質的な勝利・・・・・・)

照「・・・・・・・・・ギギギー」

キャプテン(えっ?・・・・・・ぎぎぎ?)
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/01(土) 21:30:48.27 ID:saNzCKd40
いいね
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/09/02(日) 00:10:38.20 ID:hfkcVh62o
声出てますよーwwww

なんか可愛いなwwww
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/02(日) 00:53:27.29 ID:yfDt3xh8o
自分で言うんかいww
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/02(日) 01:27:30.42 ID:2qjZCeR/o
ギギギーww
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/02(日) 13:57:08.25 ID:9vDSr/ou0
後半 南1局 親 園城寺 ドラ1

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体94%)
北家・照手配 一七九258CC?西南白発

キャプテン(どうしたのでしょう? 宮永さんの勢いが衰えました。また安手スタートだから二向聴ぐらいから始まるのかと思いきや、あの配牌じゃテンパイすることすら無理ですよね)

怜「ツモ、タンヤオ三色で3900オール(よし、今日はじめての和了や。これで少し盛り返せてたで)」

怜(・・・にしてもチャンピオンの早和了が止まったやと? トップやいうのに、親の連荘できんぐらいでメゲて調子崩したんか? なら替わりに私がこれから連荘したるわ)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

後半 南1局1本場 親 園城寺 ドラ南

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体95%)
北家・照手配 一?三四六七九九東東白発中

キャプテン(宮永さんは混一色でしょうか? けど、字牌整理に時間を取られそうですね)

東家・怜手配 二三【五】八九9@A南南南北中中

怜(南ドラ3で既に満貫確定の好配牌。中に赤ドラで跳満、混一を絡めれば鳴いても親の倍満まで見込める。やっと流れがきたようや。この大物手、開発中のダブルを使ってでも必ずものにしたる)

キャプテン(親の園城寺さんも高そうな手ですが、どうしましょう? さっきから同じことの繰り返しで芸はないものの、また軽そうな花田さんに和了ってもらうのがセオリーですが・・・)

キャプテン(宮永さんのラス親が残っている以上、また園城寺さんにヘソを曲げられたら困るので、思案のしどころです(う〜ん))

3巡目

照「・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(中捨て)

怜「その中、ボンや!(よし、これで混一まで一向聴や)」バシ(@捨て)

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体96%)
東家・怜手配 二三四【五】八九A南南南《中中中》
北家・照手配 一一?二三四五六七九九白発

キャプテン(園城寺さんの親倍が現実味を帯びてきましたが、未だに潰すだけの踏ん切りがつきません。まくられて一時的に三位に落ちこんだとしても、長い目で収支を判断すべきでしょうか?)

キャプテン(肝心の宮永さんの方は清一色でしょうか? いきなり東の対子落としから入った闘牌からして、混一程度の点数で済ませる気がないのは確か・・・・・・・・・!(ごしごし) ま・・・まさか九蓮宝燈のテンパイに向かっている?)

キャプテン(何が起きているのかは分かりませんが、緊急事態なのは確かです。園城寺さんに恨まれるかもしれませんが、サッサと花田さんを和了らせましょう)
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/02(日) 13:57:54.02 ID:9vDSr/ou0
4巡目

キャプテン「・・・・・・(間に合いますか?)」ヒョイ(西捨て)

すばら先輩「西をポン・・・!」バシ(1捨て)

怜(! また新道寺が阿知賀から副露やと?(疑惑の眼差し))

照「・・・・・・・・・・・・」ツモ牌と入れ換えて発捨て。

5巡目

東家・怜手配 二三四【五】八九A南南南《中中中》 次ツモ七

怜(よしゃ、親倍確定のテンパイや。後はAを捨てるだけやが、念の為に新技で確認しておくか。ダブル、ふたつ先へ!)キュピピーン(捨て牌候補のAに触れダブル発動)

怜がダブルで見た未来視:
『東家・園城寺Aを捨てる → 南家・福路ツモって2捨て → 西家・花田2をポンしH捨て → 北家・宮永ツモって白捨て → 東家・園城寺Aをツモってツモ切り』
(ここまでが普段のシングルの1巡先までの結果)
『 → 南家・福路ツモってA捨て → 西家・花田AをチーしてG捨て → 南家・福路Gをポン(北家と東家のツモ番が飛ばされる)して9捨て → 西家・花田が9をロンして1000和了(すばらー!)』
(今回ダブルを使用した2巡先までの結果)

怜((くらっ・・・)くっ、少し目眩が・・・。けど、ダブルを使って正解だったようや。にしても、阿知賀め。あっさり掌返ししよるとは、やはり正義の味方は信用ならへんな)

怜(どないする? このままじゃ親倍テンパイも、絵に描いた餅のまま安手で流され・・・ん・・・待てよ。確かAは次巡に私もツモれるんや。なら棍一は諦めて一端テンパイを崩して、この巡はAを残すで)バシっ(捨て牌候補だったAを戻して、七をそのままツモ切り)

すばら先輩「2をポンです・・・!」

6巡目

西家・煌手配 6789@BG《222》《西西西》
北家・照手配 一一一二三四四五六七八九九(三六九の三面待ち(九なら九蓮宝燈))

キャプテン(今回はギリギリ間に合いそうです。後はこのAを鳴かした後、花田さんの捨て牌のGを私がポンして宮永さんのツモ番を飛ばし、そのまま9を差し込めばこの局を流せ・・・・・・!?)

怜「ポン!」

キャプテン(花田さんをテンパイされる筈のAが、チーよりも優先される園城寺さんのポンに持ってかれた?)

東家・怜手配 二三四【五】九南南南《AAA》《中中中》

怜(勘違いすんな言うたやろ? 共闘するんは宮永の連荘を阻止する時だけや。そんな安手で私の親を潰させはせん。これで親っ跳確定のテンパイや)バシっ(九捨て)

キャプテン(お・・・園城寺さん。駄目です、その牌は・・・)

照「ロン、九蓮宝燈、32000の1本場は32300」

怜「・・・・・・・・・(ぐにゃあ〜)」

怜(なんやコレは? 宮永の手は安手スタートでどんどん上昇していくんやなかったんか? 何でいきなり役満?)

怜(そもそも1巡先が見える私は、どんな手やろうと振りこまんのが強みやったのに、ダブルを発動させた間隙を突かれて裏目るとは、竜華との約束を破った罰かいな?)

怜(阿知賀にはチャンピオンの手が見えとったんやろうな。なら真の狙いは私の親倍じゃなくて宮永の役満潰しか。くっ、自意識過剰もええところや。阿知賀は最初から宮永一人を敵と見定めて、私や新道寺の点数にはほとんど頓着しとらんのにな)

怜(その事実さえ弁えていれば、宮永が親でもないのに阿知賀が積極的に動いていたかの行動原理に辿り着けて、振り込みは回避できた筈や。くくっ・・・、ホンマ三軍の力量に相応しい洞察力の無さやで、竜華、セーラ(自虐笑))
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/02(日) 14:21:58.46 ID:Fyzi+Drl0
怜……二切って次順の?でツモ上がればいいやん……
143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/02(日) 16:12:21.19 ID:9vDSr/ou0
>>142
(ゴシゴシ)本当だ、見落としていた。牌符づくりって本当に難しい。
いくら怜の素の雀力が三軍でも、こんな判断ミスは絶対しないよな(むしろ自分が怜以下か(反省))
ご指摘ありがとうございます。141は辻褄のあう牌符が作れたら修正を入れます。
144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/02(日) 17:31:09.47 ID:9vDSr/ou0
※これは140、141の改正版です。牌符に一部不自然な部分があったので、その部分を修正しました。実質的には141だけのミスですが、修正の結果、140の牌符の一部にも手が加えられたので、連続して再掲載する形を取りました。
今後このようなミスがないように気をつけたいですが、もし見掛けたらまた遠慮なくご指摘してもらえたら有り難いです。

後半 南1局 親 園城寺 ドラ1

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体94%)
北家・照手配 一七九258CC?西南白発

キャプテン(どうしたのでしょう? 宮永さんの勢いが衰えました。また安手スタートだから二向聴ぐらいから始まるのかと思いきや、あの配牌じゃテンパイすることすら無理ですよね)

怜「ツモ、タンヤオ三色で3900オール(よし、今日はじめての和了や。これで少し盛り返せてたで)」

怜(・・・にしてもチャンピオンの早和了が止まったやと? トップやいうのに、親の連荘できんぐらいでメゲて調子崩したんか? なら替わりに私がこれから連荘したるわ)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

後半 南1局1本場 親 園城寺 ドラ南

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体95%)
北家・照手配 一一三六七?九九東東白発中

キャプテン(宮永さんは混一色でしょうか? けど、字牌整理に時間を取られそうですね)

東家・怜手配 二三【五】八九9@A南南南北中中

怜(南ドラ3で既に満貫確定の好配牌。中に赤ドラで跳満、混一を絡めれば鳴いても親の倍満まで見込める。やっと流れがきたようや。この大物手、開発中のダブルを使ってでも必ずものにしたる)

キャプテン(親の園城寺さんも高そうな手ですが、どうしましょう? さっきから同じことの繰り返しで芸はないものの、また軽そうな花田さんに和了ってもらうのがセオリーですが・・・)

キャプテン(宮永さんのラス親が残っている以上、また園城寺さんにヘソを曲げられたら困るので、思案のしどころです(う〜ん))

3巡目

照「・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(中捨て)

怜「その中、ボンや!(よし、これで混一まで一向聴や)」バシ(@捨て)

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体96%)
東家・怜手配 二三四【五】八九A南南南《中中中》
北家・照手配 一一二三五六七?九九九白発

キャプテン(園城寺さんの親倍が現実味を帯びてきましたが、未だに潰すだけの踏ん切りがつきません。まくられて一時的に三位に落ちこんだとしても、長い目で収支を判断すべきでしょうか?)

キャプテン(肝心の宮永さんの方は清一色でしょうか? いきなり東の対子落としから入った闘牌からして、混一程度の点数で済ませる気がないのは確か・・・・・・・・・!(ごしごし) ま・・・まさか九蓮宝燈のテンパイに向かっている?)

キャプテン(何が起きているのかは分かりませんが、緊急事態なのは確かです。園城寺さんに恨まれるかもしれませんが、サッサと花田さんを和了らせましょう)
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/02(日) 17:31:51.04 ID:9vDSr/ou0
4巡目

キャプテン「・・・・・・(間に合いますか?)」ヒョイ(西捨て)

すばら先輩「西をポン・・・!」バシ(1捨て)

怜(! また新道寺が阿知賀から副露やと?(疑惑の眼差し))

照「・・・・・・・・・・・・」ツモ牌と入れ換えて発捨て。

5巡目

東家・怜手配 二三四【五】八九A南南南《中中中》 次ツモ四

怜(ちっ、一向聴変わらずやが、親満テンパイに向けて一歩前進か? 切り落とすのは当然Aやが、阿知賀の行動も引っ掛かるし、念の為に新技で二巡先まで確認しておくか。ダブル、ふたつ先へ!)キュピピーン(捨て牌候補のAに触れダブル発動)

怜がダブルで見た未来視:
『東家・園城寺Aを捨てる → 南家・福路ツモって2捨て → 西家・花田2をポンしH捨て → 北家・宮永ツモって白捨て → 東家・園城寺Aを無駄ヅモして、そのままツモ切り』
(ここまでが普段のシングルの1巡先までの結果)
『 → 南家・福路ツモってA捨て → 西家・花田AをチーしてG捨て → 南家・福路Gをポン(北家と東家のツモ番が飛ばされる)して9捨て → 西家・花田が9をロンして1000和了(すばらー!)』
(今回ダブルを使用した2巡先までの結果)

怜((くらっ・・・)くっ、少し目眩が・・・。けど、ダブルを使って正解だったようや。にしても、阿知賀め。あっさり掌返ししよるとは、やはり正義の味方は信用ならへんな)

怜(どないする? このままじゃテンパイする前に安手で流され・・・ん・・・待てよ。確かAは次巡に私もツモれるんや。なら棍一はスッパリ諦めて、この巡はAを残すで)バシっ(捨て牌候補だったAを戻して、九切り)

すばら先輩「2をポンです・・・!」

6巡目

東家・怜手配 二三四四【五】八A南南南《中中中》 次ツモA

怜(これで三−六待ちの親跳テンパイやが、予知通りに進めばツモ機会すら奪われ流される。見てろや、阿知賀。何もかもお前の思い通りにはいかんで)八捨て

西家・煌手配 6789@BG《222》《西西西》
北家・照手配 一一一二三五六七八八九九九(一四八の三面待ち(四なら九蓮宝燈))

キャプテン(今回はギリギリ間に合いそうです。後はこのAを鳴かした後、花田さんの捨て牌のGを私がポンして宮永さんのツモ番を飛ばし、そのまま9を差し込めばこの局を流せ・・・・・・!?)

怜「ポン!」

キャプテン(花田さんをテンパイされる筈のAが、チーよりも優先される園城寺さんのポンに持ってかれた?)

東家・怜手配 二三四四【五】南南南《AAA》《中中中》

怜(勘違いすんな言うたやろ? 共闘するんは宮永の連荘を阻止する時だけや。そんな安手で私の親を潰させはせん。この組み換えで、ニ−五待ちテンパイに切り替えや)バシっ(四捨て)

キャプテン(お・・・園城寺さん。駄目です、その牌は・・・)

照「ロン、九蓮宝燈、32000の1本場は32300」

怜「・・・・・・・・・(ぐにゃあ〜)」

怜(なんやコレは? 宮永の手は安手スタートでどんどん上昇していくんやなかったんか? 何でいきなり役満?)

怜(そもそも1巡先が見える私は、どんな手やろうと振りこまんのが強みやったのに、ダブルを発動させた間隙を突かれて裏目るとは、竜華との約束を破った罰かいな?)

怜(阿知賀にはチャンピオンの手が見えとったんやろうな。なら真の狙いは私の親倍じゃなくて宮永の役満潰しか。くっ、自意識過剰もええところや。阿知賀は最初から宮永一人を敵と見定めて、私や新道寺の点数にはほとんど頓着しとらんのにな)

怜(その事実さえ弁えていれば、宮永が親でもないのに阿知賀が積極的に動いていたかの行動原理に辿り着けて、振り込みは回避できた筈や。くくっ・・・、ホンマ三軍の力量に相応しい洞察力の無さやで、竜華、セーラ(自虐笑))
146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/09/02(日) 18:10:22.78 ID:owRKE2450
自虐笑ww
147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/02(日) 18:41:20.42 ID:yfDt3xh8o
面白い
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/02(日) 22:22:21.78 ID:9vDSr/ou0
後半 南2局 親 福路 ドラ三

キャプテン(役満を振り込んでしまった園城寺さんの精神状態が心配でしたが、どうやら自力で持ち直したようです。きっと彼女なりにこの大会に賭けている想いがあるのでしょう)

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体97%)
西家・照手配 一九?889H東南西北白中

キャプテン(今度は国士無双の三向聴? もうこれは一過性の偶然ではありませんね。連続和了とは全く別の宮永さんの新能力・・・)

キャプテン(南1局で配牌に衰えが見られた時にモードチェンジした? もし確実に役満を和了る能力だとしたら、「もう麻雀やめる〜」と泣き叫ぶしかないですが・・・)

キャプテン(花田さんと園城寺さんが私に注目している。二人とも場の異常を察しているようです。どこまで伝わるかは分かりませんが、やってみましょう)

5巡目

キャプテンの捨牌の河 【5】【D】五4E

すばら先輩(なんという、あからさまな国士気配。けど全て手出しなのに、赤ドラ二枚含めた中央の出来面子を崩してまで狙う意味が・・・・・・・・・・・・もしかして?)

照の捨牌の河 887A八

西家・照手配 一九19@H東南西北白発中(国土十三面待ち)

怜(ダブルの無茶が祟ったんか、もう1巡先すら見えへん。けど阿知賀の言いたいことは分かるで。あんたやなくチャンピオンが国土を張ったいうんやろ? 宮永の河だけ見てたら振り込んだやろうけど、今度は間違えへん)

6巡目

キャプテン(二人とも公九牌を仕舞い込んだ。どうやら意図が伝わったようですね)

7巡目

キャプテン(とはいえ単騎牌を抑えれば済むと思ったのに、まさか十三面待ちを張るとは想定外です。今大会にダブル役満はありませんが、これでは態々他家が振り込まずとも、宮永さんがツモ和了するのはほぼ時間の問題)

8巡目

キャプテン(結局、親の私が一番被害を受けるので、余計な真似をせず他家が振り込むに任せた方が・・・いえ、ここまで来たのです。誰も飛ばさせずに最後まで全員で場を終わらせましょう)

10巡目

キャプテン(・・・まだですか? 焦らしてくれますね。役満親被りの覚悟はとうに定めているのに・・・というか、そろそろ確率的に宮永さんが二枚目の公九牌を引かなきゃ可笑しいのですが・・・)

18巡目

照「テンパイ(国土十三面待ち)」

怜「ノーテン(ホンマに国土やったんか。危うく疑心暗鬼に堪えきれなくて、切るところやった(ヒヤリ))」

すばら先輩「ノーテンすばらです(やばやば、後一手遅かったら、手牌にギッシリ詰まった公九牌が溢れ出るところでした(ガクガクブルブル))」

キャプテン「ノーテン(・・・・・・もしかして、宮永さんは・・・)」

後半 南2局 流局 親流れで南3局へ
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/02(日) 22:22:58.94 ID:9vDSr/ou0
後半 南3局 親 花田 ドラA

キャプテン(5巡目に張った国土の、しかも十三面待ちが流局までツモられないなんてことが確率的にありえるのでしょうか?)

キャプテン(考えられるとしたら能力上の制約。宮永さんは役満を聴牌しても、ツモ和了できない? 確かにそのぐらいのバランス調整が入らないと、ゲームそのものが成立しないフザケタ性能ですが、今の仮説が正しいかはこの局判明するでしょう)

8巡目

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体98%)
南家・照手配 一?三HH白白白発発中中中

(大三元ですか。鳴いてもOKな最もポピュラーな役満ではありますが・・・)

照の捨牌の河 北白中南@98E

キャプテン(惚れ惚れするような迷彩ぶりですね。発は園城寺さんも1巡目に一枚捨ててますし、普通ならさっき掴んだ発なんて、即行で河に流して放銃してしまいます)

すばら先輩「通らばリーチです、すばら」Hを捨てる。

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

キャプテン(チャンタ小三元で跳満はあるのに和了らないのですか? 役満でしか和了れない能力の制約か、私から直撃を取りたいだけなのかは分かりませんが、私は発を捨てませんよ。そうなれば・・・)

11巡目

怜「ロ・・・ロン、3900や・・・」

すばら先輩「うはう! す・・・すばら!!」

キャプテン(やはり他の人が和了ますよね。園城寺さん、かなり顔色が悪いですが大丈夫でしょうか? いすれにしても、今までとは異なった形で宮永さんのラス親を迎えます)
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/02(日) 22:23:52.36 ID:9vDSr/ou0
後半 南4局 親 宮永 ドラB

すばら先輩(宮永さんが狙って役満を連発できるとしたら、親の役満は48000。恐ろしすぎです、すばら・・・)

怜(はあはあ・・・、セーラからエースの座を託されたのに、このまま終われへん。すまんな、竜華。最後にもういっぺん無茶するわ)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

6巡目

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体99%)
東家・照手配 四四四七七七AAA北北北?(四暗刻単騎?待ち)

キャプテン(最後は四暗刻単騎ときましたか。さっきの国土といい、今大会はダブル役満が認められてなくて、つくづく助かりましたが・・・)

キャプテン(よりによって、最後の未解析牌の?で待たれるとは・・・。先の仮説は立証されましたからツモ和了はないにしても、四枚在り処が知れた牌以外は全部危険牌とあっては・・・そうです!)

キャプテン視点:
東家・照手配 赤赤赤赤赤赤青青青黒黒黒緑(四暗刻単騎緑待ち)

キャプテン(ウオッチャーに視点を切り換えました。三色(※正確には字牌もいれて四色)に色分けする下位スキルですが、使い方次第ではスキャンよりも役立ちます。とりあえず索子で待っているのが判明しました)

9巡目

キャプテン視点:
東家・照手配 赤赤赤赤赤赤青青青黒黒黒黒(四暗刻単騎黒待ち)

キャプテン(今度は字牌に待ちを変えましたか。これが単騎待ちの嫌らしい所ですが、振り込みはないです。上手く手を回しながら、一矢報いたい所ですが・・・)

怜(ここから先は皆がくれた1巡先や。トリプルみっつ先へ・・・)キュピピピーン(捨て牌候補の東に触れトリプル発動)

キャプテン((ゴシゴシ)第三の目が開眼してる? 園城寺さんが最後に何かやりそうな雰囲気ですね(汗) 予知と透視。どちらが上かは状況によりますが、宮永さんの待ち牌特定は園城寺さんに軍配があがりそうです。ならば・・・)

西家・キャプテン手配 二二二三【五】六BC【D】南南南北 次ツモ四

キャプテン(北切りで一三四六七の五面張と絶好のところ。当然、ここで選択するのは・・・)

11巡目

南家・怜手配 1223456789D【D】東 次ツモ東

怜「(はあ・・・はあ、お・・・追い詰めたで、チャンピオン。避けれるものなら、避けてみいや)2切りでリーチ!」

12巡目

東家・照手配 四四四七七七AAA北北北東 次ツモD

照「・・・・・・・・・・・・・・・」

実況「あ〜と、チャンピオン宮永、四暗刻単騎テンパイを維持するなら、東とDどちらを捨てても、園城寺の満貫確定の一発ツモに振り込みます」

実況「裏が乗れば跳満以上。チャンピオンの選択は・・・あ〜とテンパイを崩した。園城寺の気迫が宮永照を降ろしました」

キャプテン「ロン、南ドラ3、8000」

照「!?」

怜(なっ!? 3巡前の捨て牌は三。五面張を捨てて北単騎やと?)

キャプテン(園城寺さんが宮永さんを降ろせば、必ず北が出ると信じていました。上埜さんの得意とした悪待ち。ここぞという所でチャンピオンに一太刀浴びせられるとは運命を感じます)

怜(宮永の注目がこっちに集中している隙を見計らって、最後に美味しい所を掠めていきよるとは・・・。とんだ正義の味方もいたもんやで(緑の炎が燃え尽きる))

実況「これにて先鋒戦終了です。白糸台の宮永照が王者の貫祿を示すも、阿知賀他三校は必死に食らいつきました」

キャプテン「お疲れさまでした(宮永さん、とんでもない切札を隠し持っていましたが、決勝前に存在はおろか欠陥まで暴けたのは、僥倖だったかもしれません)」

怜「お疲れや(セーラの言う通り、エゲツない麻雀打つお人やわ。竜華、セーラ、結局最後まで何もできんかった不甲斐無いエースでスマン。後は任せたで・・・)」ドサッ・・・。

すばら先輩「皆さん、本当にすばらでし・・・!(園城寺さん、大丈夫ですか?)」

照「お疲れさま・・・・・・(千里山・・・)」

キャブテン(園城寺さん・・・)

白糸台  153600(+53600)
阿知賀  108500(+8500)
新道寺   81000(−19000)
千里山   56900(−43100)

※試合後、千里山先鋒園城寺怜は病院に緊急搬送される。
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/02(日) 22:26:46.72 ID:z2EAqM4Ao
トキ……病んでさえいなければ……
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/09/02(日) 23:41:43.60 ID:X0Rzf6dT0
乙です
自分でギギギと言うとは思いませんでした、すばら

照「テンパイ(国土十三面待ち)」
これ以降、国士(こくし)が国土(こくど)になってます、一応報告まで
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/03(月) 00:33:31.96 ID:0zVJOW4SO
キャップかっけーよおつ
麻雀のルール分かるともっと面白いんだろーなー
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(四国) [sage]:2012/09/03(月) 02:53:04.94 ID:93S06ICAO
照を相手に2半荘プラス収支とは流石キャップ!

ギギギーも本編に出ていないのによく考えられていると思った。

次鋒戦以降もキャップの采配が冴えるか?

注目

155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/03(月) 03:06:10.56 ID:vcRYWkGbo
キャプテンの能力チート過ぎわろたww
某麻雀ゲーに相手の手牌全見え+能力封じするやつがいたなぁ
156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/03(月) 22:15:37.97 ID:zJrYD6IA0
白糸台控え室前の廊下

菫「五万点以上も浮かせて帰ってきて、お疲れさまと言いたい所だが、一つ苦言をいいか?」

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

菫「なぜ例のモードを乱発した? 千里山に役満を直撃させた地点で、再び連続和了モードに切り替えていれば、あの技の欠陥を衆目に晒すことなく、むしろ対戦校の心の奥底に未知なる恐怖心だけを植えつけられた筈だ」

菫「阿知賀の先鋒に限らず、ツモ和了不可能な弱点に気づいた者はいるだろうな。二回戦みたいに十万点差をつけなくては、後続が私たちでは不安か?」

照「・・・・・・・・・ついムシャクシャしてやった。今は反省している(プイっ)」

菫(何拗ねた顔しているんだ、こいつは? 強者の宿命とはいえ、実質三対一で親を飛ばされまくったのが、よほど腹に据え兼ねたのか。魔物とかチャンピオンとか畏怖されても、中身はまだ普通の女子高生のガキだな(クスリ))

阿知賀控え室

キャプテン「ふ〜う、半荘二回なのに、まるで徹麻したぐらい疲れました」

憧「美穂子、お疲れ〜。はちみつレモンジュース作っといたよ」

キャプテン「ありがとうございます、憧さん(ゴクゴク、ぷはぁー、おいしい・・・)」

穏乃「お疲れさまです、美穂子さん。日本一強い高校生相手ならまずまずの成果ですね」

レジェンド(二回戦の苦戦を経験したおかげで、誰も美穂子をアンタッチャブルな存在に祭り上げなくなったか。良い傾向だな。団体戦は一人のエースにおんぶ抱っこするのではなく、五人全員の力で勝つものだからな)

池田「先輩、あたしも絞りきり野菜ジュース作っただし。あと、チャンピオンからの直撃、とっても格好良かったにゃー」

キャプテン「(飲まないわけにはいかないわよね?)華菜、あれはどちらかといえば園城寺さんの功績よ。なのに私だけ美味しい所をいただいて少し申し訳ない気分です」

レジェンド「それが麻雀の本質だろ? しかし、役満聴牌を連発するような理不尽な怪物を相手にして、よくプラス収支で戻ってきたものだな、美穂子」

キャプテン「(チューチュー)はい、自分でも運が良かったと思っています。けど、理不尽というなら、これから阿知賀と戦う他の対戦校が味わうことになると思いますよ(にこっ)」

玄「それじゃ、行ってきます」

穏乃「玄さん、ファイト!」

玄「おまかせあれ」バタン

池田「・・・・・・・・・・・・(どうなってるにゃ? あいつ二回戦の時の状態に戻ってる?)」
157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/03(月) 22:16:21.77 ID:zJrYD6IA0
全国準決勝次鋒戦

実況「さあ、名勝負の先鋒戦の興奮がおさまらない中、次鋒戦の開始です。最下位に沈んだ名門千里山の反撃はあるのか注目です」

菫「よろしく・・・(さて、じっくりと見極めさせてもらうか)」

泉「お手柔らかにお願いでっす(またドラ無しさんと一緒か。先輩が失った点棒は私が取り返す)」

美子「よろしくお願いします(ビリじゃないんだし落ち着いて。弘瀬さんに狙われないように、少しずつ二位との差をつめていこう)」

玄「こちらこそよろしくお願いします」

前半 東3局 親 安河内 ドラ2

玄「ツモ、1000、500」

泉(二回戦で懲りたんか、リーチ無しでダマ和了かいな。けど、低い打点が更に低くなって、ますます恐くなくなったで。攻めたる)

前半 南1局 親 松実 ドラ四

菫(新道寺は謎の早和了。そして阿知賀は牌譜通りのドラ無し麻雀。どちらも脅威は感じぬが試しておくか)ぐいっ(弓の弦を絞る)

キャプテン(あの右手と視線の動き・・・白糸台の狙いは玄さん)

レジェンド「気づいたか、美穂子。だが、玄にはアレは避けられない」

菫「ロン、5200(シャープシャート!)」

玄「かはっ!?(吐血)」グサッ(豊満な胸の谷間に矢が突き刺さる)

泉(狙いはビリのウチやなくて、二位の阿知賀か。ほっ、助かったわ)

菫(これで少しは縮こまったか・・・何?)

玄「ぐすぐすっ・・・(キッ)」

菫(涙目になりながら、それでも気丈に睨み返したか)

―――――――――――――

実況「前半戦終了。阿知賀ひたすら守るも一人凹みで、新道寺と差を詰められました」

菫(少し遊び過ぎたか。後半は狙いを散らしていくか)

泉(くっ・・・この程度じゃ全然、稼ぎ足らん。後半はドラ無しさんを狙い撃ちしたる)

美子(よし、あくまで私は繋ぎ役だから、欲張らずにこのペースを維持しよう)

玄(・・・・・・・・・・・・・・・・・・)

白糸台  158000(+4400)
阿知賀   96200(−12300)
新道寺   83700(+2700)
千里山   62100(+5200)
158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/03(月) 22:17:04.34 ID:zJrYD6IA0
阿知賀控え室

池田「おい、憧。あの玄って奴には双子の姉妹でもいるのか?」

憧「はあ? それってギャグ?」

宥「はう〜、玄ちゃんに妹がいるなんて、おねえちゃん知らなかったよ」

憧「・・・・・・宥姉も本気にしないの・・・」

池田「違うのか? それじゃ昨日のあいつは一体誰だったんにゃ?」

キャプテン「クスクス、華菜。昨日あなた達と打ったのは紛れもなく玄さんですよ。ただし復活前のね」

みはるん「復活って・・例のあの異常現象ですか、先輩?」

キャプテン「そうよ、これから他校・・・とくに二回戦で同席した千里山の子の表情が凍りつくことになると思いますよ」

キャプテン「さあ、刮目して見ましょう。私たち阿知賀の真のエースが降臨する姿を・・・」

―――――――――――――

実況「さあ、これより次鋒戦後半の開始です」

菫(さて、後半は・・・・・・・・・(びくっ!?) な・・・何だ!?)

玄「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」(がおー)(ぐるる・・・)(ぎゃーす)

菫「・・・・・・・・・・・・(ゴシゴシ)(目の錯覚か? 阿知賀の身体を複数の竜が取り巻いているように見える)」

後半 東1局 親 弘瀬 ドラ南

泉(ラス親か。連荘して稼ぐにはもってこい・・・・・・!?)

玄「・・・・・・・・・・・・・・・(ポロポロ)」

泉(阿知賀が泣いてる? 二回戦といい苛めすぎた? いやいや、弱い立場なんわドンケツのウチの方なんや。罪悪感を感じて容赦すんなや、私)

玄「(ポツリ)お帰りなさい・・・・・・」
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/03(月) 22:19:41.30 ID:c2ATpW/Jo
帰ったか!
160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(西日本) [sage]:2012/09/03(月) 22:22:31.97 ID:P2zDyDQEo
玄ちゃんはやっぱり涙目なのねw
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(四国) [sage]:2012/09/03(月) 22:34:50.19 ID:93S06ICAO
ついにドラロー来るか…っ
162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/03(月) 23:11:28.05 ID:euq/rj+so
ダニーッ!
163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/03(月) 23:28:20.65 ID:JG5qqMM90
玄「ツモ、ドラ12」
164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/04(火) 20:19:22.85 ID:gJOsoyBO0
西家・玄手配 一二八4【5】6【D】FH南南北白 次ツモB

穏乃「おー、いきなりドラ4の配牌。かっとばしてよ、玄さん」

憧「さてさて、復活したドラゴンロードの最初の一打は・・・・・・へっ、いきなり面子の揃ったドラ側の6? そこはどう考えても北か白でしょうに」

宥「はう、どうなってるの? 玄ちゃん、ドラ無し麻雀が長かったから、下手になっちゃった?」

キャプテン「違いますよ、宥さん。玄さんは降りただけです」

憧「降りた? 最初の一打だけで?」

キャプテン「玄さんなりに早い手が重い手か判断した結果、この手で他を先んじてテンパイするのは無理と見切りをつけて、他家が聴牌する前に脂っこい牌を削ぎ落としているのでしょう」

穏乃「そういえばドラは字牌の南だよね。この後、高確率で四枚ツモることを考えたら、捨てられない以上、槓でドラが増えて更に窮屈になる。最初からこの手は死んでいたんだ」

キャプテン「かつての玄さんはどんな配牌でも、ダボハゼのようにしゃにむに和了を目指していましたが、ドラ無し麻雀を修行した成果で、今では攻守の判断力が格段に磨かれました」

灼「やっぱり南を四枚ツモったけど、安牌の字牌に余裕があるから、楽々ベタオリてる」

穏乃「あっ、8巡目に千里山が満貫をツモ和了した。ドラ側の牌だから、攻めてたら玄さん振り込んでいたかも」

レジェンド「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/04(火) 20:19:54.18 ID:gJOsoyBO0
後半 東2局 親 安河内 ドラ7

穏乃「玄さん、今度は普通に手を進めて、ドラ7の聴牌したけど、和了が全部握り潰されてる。運がない・・・」

18巡目 流局

美子「テンパイ・・・(う〜ん、私の戦術だと親の継続は微妙かも)」

菫「テンパイ・・・(みんなで和了牌を持ち合っていたか。流局するわけだ・・・)」

泉「テンパイ(んっ? 誰もドラをガメていない? ドラ無しさんがドラをツモれる筈はないし、大量のドラは王牌の中に眠ってんかいな)」

玄「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ノーテン」グシャ

憧「えっ、玄も聴牌してるのに「ノーテン」宣言して牌を崩した。何で・・・・・・って、もしかして自分の手牌を隠した?」

穏乃「多分、そうだよね。ギリギリまで卓の者にドラ支配の情報を隠せるなら、3000のノーテン罰符の一人払いも安い代償かも」

キャプテン「ふふっ、こんな駆け引きを自分で思いつけるとは頼もしい限りです。今日の玄さんは安心して見ていられます(そろそろ他校の控え室が慌てふためく様が目に浮かぶようですね)」

千里山控え室

セーラ「おい、どないなっとるんや? 阿知賀の次鋒はドラをツモれないやなかったのか?」

フナQ「そ・・・その筈だったのですが・・・」

セーラ「アホか! ツモれないどころか、さっきから一人で独占しとるやないか」

フナQ「考えられるんは、松実玄はドラをツモれないんやなくて、ドラの拾得を任意にオンオフ可能な能力者いうことですかね?」

セーラ「こいつも福路の差し金かいな? 先鋒戦に続いて次鋒戦もマンマと嵌められたいうわけや。泉は場の異常に自力で気づけるんか?」

フナQ「無理というか不可能です。赤ドラ有りルールとはいえ、東場半回りくらいならドラを一度も見掛けんのはザラですし、違和感すら覚えんでしょう。それこそ福路や園城寺先輩のようなエスパーでもないと、松実妹が手を空けん限りはお手上げですわ」

セーラ「手を開いて状況を悟った時には、もう手遅れになっている予感がプンプンするで・・・」

フナQ「・・・・・・・・・・・・・・・」
166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/04(火) 20:20:30.50 ID:gJOsoyBO0
後半 東3局 親 松実 ドラ9

8巡目

西家・菫手配 三三三788白西西西北北北 次ツモ白

菫(さっきから一度もドラを見てないな。阿知賀にドラが入らない分だけ、私にまわってくる確率は高まる筈なのだが。それよりも・・・)

玄「・・・よしよし、みんな良い子だね(ナデナデ)」(がおー)(ぐるる・・・)(ぎゃーす)

菫(こいつから感じる異質な空気と、周囲を取り巻く竜の幻影は何なんだ? 念の為にもう一度撃っておくか)グイ(弓の弦を絞る)

実況「ああっと、白糸台。白西トイトイ三暗刻の跳満ロンや、ツモり四暗刻の目を捨てた。敢えて8を切って6−9待ちで、60符3飜7700の直撃を阿知賀から狙います」

9巡目

東家・玄手配 五五【五】34【5】7899AB【D】 次ツモ【D】

玄「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

実況「阿知賀、ドラを大量に抱えた大物手をテンパイしましたが、余剰牌のドラの9が白糸台に狙われている。これは振り込んでしまうのか?」

菫(シャープシューターの私の直感が、阿知賀が真っ直ぐに聴牌した時の炙れ牌を予見した。阿知賀はドラをツモれないのだから、ドラの9ではなく6が出ることになるか?)バシ(矢を放つ)

東海青竜王(クロチャーに何さらすんや、スケバン)カキーン(竜の鱗に矢が弾かれる)

玄「・・・・・・・・・・・・(庇ってくれてありがとう、ハジメさん)」

実況「阿知賀が捨てたのは9でなくA。一回テンパイを崩してドラを残しました」

菫(何だと私の矢が弾き返された!? あの阿知賀の娘を守っている竜は一体?)

10巡目

東家・玄手配 五五【五】34【5】7899B【D】【D】 次ツモ9

玄「(これで山に残る『表ドラ』は一つだけ。なら・・・)リーチ!」バシッ(Bを捨てる)

実況「ドラの9を引き入れて、再びテンパイの阿知賀。白糸台より待ちが一つ多いD−6−9のリーチ。しかしDは千里山が二枚、6は新道寺が暗刻で抱えていて空。残りたった一枚しかない四枚目の9をもう一度ツモらなければなりませんが、それは確率的に厳しい・・・」

キャプテン(ふふっ・・・それがツモれるのです。仮に鳴いてずらしたとしても、あらゆる因果律を乗り越えてドラは必ず玄さんの元に顕現する。彼女が制約を破らない限り・・・)

11巡目

東家・玄手配 五五【五】34【5】78999【D】【D】 次ツモ9

玄「ツモです。リーチ一発ツモドラ8。裏ドラが五なので、合計ドラ10。数え役満48000です(にこっ)」

美子(ひ・・・ひえ〜、一体なにごとですか?)

泉(は・・・!? この人はドラをツモれないんじゃ? この異常なドラの数は一体?(クラクラ))

菫(私の矢を避けて、薄めのドラをピンポイントで一発ツモだと? 間違いない。こいつは照とは全く別種の魔物(ゾクリ))
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/09/04(火) 21:20:29.19 ID:ZiCL3P1wo
ドラ10とかメゲルわwwww
168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(宮城県) [sage]:2012/09/04(火) 21:56:39.92 ID:MqHL9UPj0
始さんが出てきたってことは北海黒竜王や南海紅龍王、さらになっちゃんが出る可能性が微レ在・・・?
169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 21:58:52.62 ID:W27wBYJVo
そういやカンしまくる咲さんって、ドラローの玄ちゃんにとってはある意味天敵なのかね
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(西日本) [sage]:2012/09/04(火) 22:14:54.14 ID:Hr2v7qZ7o
この玄ちゃんはポンコツなんかじゃない!
171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/09/04(火) 22:26:19.71 ID:gBnZa2fio
咲さんはカンしたらそのまま嶺上牌であがるからあまり意味ないかと
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/04(火) 22:58:41.92 ID:GWUIV6KSO
>>168
天使のなっちゃんが何だって!?
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りしま [sage]:2012/09/05(水) 00:59:18.52 ID:tnp7/Ay2o
>>171
咲さんが玄ちゃんを追い詰めるためにリンシャンにつながらないカンを2、3回かます

玄ちゃんの手牌が全部ドラ、ツモもドラ、ドラを捨てざるをえなくなり竜が去る

少なくともその卓では、竜の復活は無理

ドラゴンロード敗れたり!玄ちゃんレイプ目!

麻雀って楽しいよね!


咲さんのカンはリンシャンだけやない!槍カン差し込みや他家への裏ドラ支援と自由自在
下手すりゃドラ10とか食らうからリスキーだけど、咲さんならそのぐらいやってのけそう

174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/05(水) 01:17:50.32 ID:tNqeJJoYo
>>173
クロチャーもカンして流局
175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage]:2012/09/05(水) 04:38:31.28 ID:5dniCovoo
>>174
流局成立させるには嶺上牌ツモってその後何か切らなアカンねんで
嶺上牌がドラがだったら玄ちゃんオワタ
176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/05(水) 05:17:23.50 ID:9X8EerGEo
ドラ爆でSSSさんもかわすのか、うまいな
177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/05(水) 20:49:47.36 ID:dM/3zYhP0
後半 東3局 1本場 親 松実 ドラA

東家・玄手配 三四【五】5【5】AAAC【D】EEF 次ツモG

玄「ツモ、タンヤオドラ6で親倍24000の1本場は24300です(にこっ)」

泉(・・・・・・・・・・・・何が何だか わからない・・・・・・・・・・・・(L風味))

実況「新道寺が2600に2本場の3200をロン和了し、なんとか松実選手の親を流しましたが、これで阿知賀が白糸台を抜いてトップに躍り出ました」

阿知賀控え室

宥「はう〜、玄ちゃん、すごすぎ〜(ぽー)」

憧「何ていうか笑いが止まらない(ニヤニヤ)」

穏乃「不謹慎だけど、対戦相手が気の毒になってくるよね。今、自分たちの戦っている場に何が起きているのか把握できずにパニくってるし」

憧「ああ・・・駄目、まだ勝負も終わってないのに、頬がふやけちゃう(ふにゃん)」

キャプテン「ふふっ、ここまで苦労して温存してきた甲斐がありましたね(阿知賀の真のエースが後に控えているからこそ、私は点棒を気にせずに宮永さんを抑えることだけに専念できました)」
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/05(水) 20:50:25.35 ID:dM/3zYhP0
後半 東4局 親 泉 ドラ1

18巡目 流局

北家・玄手配 四【五】六1114【5】67C【D】E 

玄「テンパイです」

泉「テ・・・テンパイ((ゾッ)またあんなにドラを一杯抱えて。もう間違いない、この人はドラを自由に操作できる魔物や)」

美子「ノーテン(こんな人と何時までも一緒に打ちたくない。早く終わらせよう)」

菫「ノーテンだ(この捨て牌と和了形は・・・まさか?)」

―――――――――――――

穏乃「南場に入ったのに、千里山と新道寺は安手で流しあってる。白糸台はともかく、二校とも攻めなきゃいけない立場なのに」

キャプテン「それはですね、穏乃さん。今、卓上を恐怖が支配しているからですよ」

憧「恐怖?」

キャプテン「玄さんがドラ無し麻雀を体験した一番の成果は、弱者(ドラ無し)が強者(ドラ有り)に対して抱く心情を正確に理解できるようになったことです」

キャプテン「ですから、さっきとは逆に玄さんは敢えて自分の手を開いて、ドラ爆を喧伝しました。誰が食物連鎖の頂点にいるのかを周囲に知らしめたのです」

キャプテン「場にいる誰もが玄さんのドラ収拾能力に気づいたでしょうが、情報が無さ過ぎて、どう対処していいのか分からない。なので早く自分の親を飛ばして、この次鋒戦そのものをスキップしたいと切に願っている・・・と思っていたのですが・・・」

キャプテン「流石に王者白糸台は尻込みするつもりはないみたいですね。どうなるか見てみましょう」
179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/05(水) 20:51:06.23 ID:dM/3zYhP0
後半 南2局 親 安河内 ドラ四

菫(千里山や新道寺は逃げたみたいだが、私は一歩も引かんぞ。他二校に比べれば点棒に余力はあるし、何よりも阿知賀が決勝の相手となるなら、尚の事、松実玄のヴェールを剥いでおかねばならぬからな)

菫(白糸台には二人も魔物がいるので、私はいささか奴らの生態を心得ている。一見、卓上に無償で奇跡を再現しているように見えるが、常に何らかの面倒な制約に縛られている。私の『シャープシューター』のようなB級スキルなら、何の対価も無しに使用可能だか・・・)

菫(ドラ完全独占のS級クラスのスキルに代償がないなど有り得ん。何らかの法則と制約がある筈。ヒントはさっき開いた手。敢えて雀頭をドラの1と入れ換えて聴牌を遅らせていたが、そんな真似をしなければ流局前に和了っていた。点数を必要としたとも思えないし不自然だ)

菫(シャープシューターのスキルが、ドラ側の炙れ牌を予見している。もし松実玄がドラを捨てられないとかの制約があるなら、これで討ち取る)グイ(弓の弦を絞る)

菫「ロン、8000!(今度は竜の合間を擦り抜けたぞ、シャープシュート!)」

玄「はうっ・・・!?」グサッ(頭の天辺にコントみたいに矢が突き刺さる)

バハムート(クロチャーに何すんねん!? 死なすぞ、年増(がるる・・・))

美子(ちょっと、流れたからいいけど、私の親の時にドラゴンさんを刺激しないでよ)

菫「照のギギギーがツモ和了できないように、お前はドラを捨てられないのか? なら次もその側の炙れ牌を狙い撃ち・・・・・・・・・!?」

玄「ぐすぐすっ・・・(キッ)」

菫(また涙目になりながら睨み返した・・・)

玄(ううっ・・・偏った手牌の性質上、勝負に出た時は振り込んじゃうケースもあるけど、取られたらそれ以上に取り返すのが私の麻雀。次はまた私の親だから、この半年間でみんなと培ってきた新生・松実玄を見せてあげるんだから(ぐすっ))
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/05(水) 21:17:51.34 ID:MKlfUbIlo
最近ここが一番の楽しみだは

最初我慢してたのを、どんどん開放していくのは気分いいね
181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(四国) [sage]:2012/09/05(水) 22:15:46.10 ID:GeTgJNVAO
玄さんも采配によってはこんなに活躍できるんだな。照や怜に対して相性悪いし。

個人的にはキャプテンの眼力やSSSは能力というより技術だと思うww

182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/06(木) 00:35:31.42 ID:U24z0ZDDO
くろちゃーはドラ切っても大丈夫な様にスキルアップできたのかな
183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/06(木) 01:58:23.72 ID:cK3gIaQDo
>>182
それしちゃうと無双になっちゃうからな
さすがに白けるだろ
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/09/06(木) 11:01:33.23 ID:Hd8BjmM9o
シリアスな場面なのにギギギーでどうしても吹いてしまう
185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/06(木) 19:29:13.20 ID:2pHuJssK0
後半 南3局 親 松実 ドラ北

泉(阿知賀の親番。また悪夢の時が来た。さっさと流さないと)

美子(弘瀬さん。お願いだから、ドラゴンさんを刺激して私まで巻き込まないで。死ぬなら一人で勝手に野垂れ死んでください)

菫(チッ、戦わずに負けを認めた軟弱者どもが。ダンボール箱の中の捨て犬みたいに縋るような目で私を見るな(イラっ))

7巡目

東家・玄手配 【五】九九九4【5】6EFF北北北 次ツモ北

菫(ドラ表示牌が字牌とは終わったな。お前がドラをツモれるなら、高確率で北が飽和状態に達する。そうなればドラを捨てられないのかハッキリする)くいっ(弓の弦を絞る)

玄「・・・・・・・・・(にっこり)」

菫(!・・・・・・笑っただと?)

玄「カン!」バシッ(北を暗槓して嶺上牌の【D】を引き入れる)

菫(新ドラは九か。手が狭くなるのを承知の上で北を捨てずに槓したということは、やはりドラを捨てられないのか? なら、またドラ側から溢れ出る牌を狙い撃つ)ヒュン(弓の矢を放つ)

玄(シャープシューターさんのことは、美穂子さんと赤土先生から聞いてるよ。癖に反応するなんて器用な真似は私には無理だけど、この局、誰を狙い撃つかはもう分かっていた)

玄(ドラ無し麻雀をしていた時、私は他家にドラをツモられるのが怖くて仕方なかった。裏ドラをメクられる瞬間は何時だって心臓が止まる思い。けど今は逆にその恐怖を他家の人達が味わっている筈。だからこの局面で白糸台に狙われる者がいるとしたら、それは間違いなく親の私・・・)

玄(シャープシューターさんは真っ直ぐに聴牌した時の余剰牌を狙い撃ちするんだよね? F切りでドラを捨てずに五の単騎待ちのテンパイも可能だけど、私はあなたの思惑を越える!)

菫(もらったぞ、阿知賀。C−F待ちのシャープシュート!! な・・・なにい!?)

イルルヤンカシュ(最後のご奉仕です、クロチャー)ジュワ〜(玄に届くことなく矢は炎のブレスに焼かれる)

玄「(ここまで私と一緒に遊んでくれてありがとう。でも更なる高みを目指す為に、また一旦お別れ。私はみんなを待っているから)【五】のドラ切りリーチ!」

(うん、必ず帰ってくるよ、また遊ぼうね、クロチャー)ドラゴンの群が玄の身体から離れて、天へ舞い登る。

菫(またシャープシューターの読みが外れた。それよりも阿知賀がドラを捨てただと? 私の仮説は間違っていたのか? 何から何まで分からなくなってしまったぞ、照(パニック))

泉(あっ、はじめてドラの九をツモれた。けど不要牌やから捨てたいけど・・・・・・もしかしてコレ、阿知賀に掴まされたとちゃうんかい?(疑心暗鬼))

泉((ブルルっ)駄目や、もし親の役満を振り込んだら、ウチは飛んで終わってしまう。このドラは最後まで抱え込むしかない)

美子(私にも【D】がきたけど、ドラは阿知賀が独占すると思っていたから、真ん中だけど面子に入んないよ。こうなったら降りて、ひたすら阿知賀の現物に合わせよう)

8巡目

菫(やはりどう考えても分からん。ドラを自由に捨てられるなら、どんな待ちも有り得る。槓した裏ドラがごっそり乗ったら、また親の数え役満なんてことも・・・(ゾクっ)。目論みが外れた以上、阿知賀のテリトリーに留まり続けるのは危険だ。一旦引こう(テンパイを崩して現物オリ))

キャプテン(とうとう白糸台も降りましたか。ドラを捨てられないというか細い理にしがみついてドラゴンロードのプレッシャーに立ち向かっていたのだから、その可能性が費えた今、耐えきれなくなるのも無理はありませんね)

9巡目

泉(ああっ・・・連続して必要牌がきた。あの時ドラを切ってれば、今頃和了ってたのに、もう手遅れや(泣))

美子(ううっ、これも全部、弘瀬さんが悪いのよ。責任取って振り込んでよ)

キャプテン(ドラの因果律を手離した今の玄さんは、通常の確率でしか和了牌を引けませんが、他家は全て降りてしまったのだから、後はゆっくりとツモ和了るだけ)

10巡目

菫(ぐっ・・・ここにきて、崩す前の和了牌のFをツモるとは・・・。フリテン覚悟で聴牌形に戻・・・・・・いや、どっちつかずの中途半端な対応は麻雀では一番危険だ。もはやベタオリて傷口を最小限に留めるしかない)Fを仕舞い込んで現物。

キャプテン(三校とも逃げずに和了を目指していれば、とっくに玄さんの親を流せたのに、ドラ爆の恐怖心が足を竦ませる。ふふっ、玄さんを見ていると、麻雀は自分の手を伸ばすよりも、いかに相手をびびらせて降ろすゲームなのかというのが良く分かります)

12巡目

東家・玄手配 九九九4【5】6【D】EFF《北北北北》 次ツモC

玄「ツモです。リーチツモ、ドラ9。親の三倍満36000です(にこっ)」

泉(あかん、もうどうにもならんわ、これ(涙目))

美子(状況を悪化させるだけ悪化させて、結局、最後は本人もケツまくるだなんて・・・。弘瀬さん、あなたはとてもズルイ人。軽蔑しました(冷やかな目))

菫(親の役満、倍満、三倍満。たった三回だけの和了で点棒は天井知らず。やはり魔物の麻雀は異常だ(ゴクリ))
186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/06(木) 19:29:45.07 ID:2pHuJssK0
阿知賀控え室

穏乃「玄さん、無敵すぎる。後半だけで何万点稼いだ?」

憧「それより新道寺のツモ和了りで玄の親も流されたから、いよいよオーラスだけど、あっ、玄がリーチを掛けた? 単なるのべたんで何で無理してまで・・・」

穏乃「でも他家には、玄さんのリーチはまた化け物手に映っているんじゃないの? ほら、新道寺が慌てて親に差し込んだ。あれっ? 千里山の人、連荘せずに和了止めするんだ? もう玄さんにドラは乗らないから、本当は差を詰めるチャンスなんだけどね」

灼「そりゃ今のクロからは、誰だって早く逃げたいよ。ここから見てても恐かった」

レジェンド「王者白糸台と千里山を相手に信じられない点差だ。まさかドラゴンロードの温存策がここまで嵌まるとは。大した策士だな、美穂子」

キャプテン「はい、私も玄さんがここまで化けるとは想像していませんでした。上手く調整して後半から覚醒させたので、半荘一回分のデータしかありませんから、玄さんの性質を正確に推し量るのは、名門校の参謀でも難しいと思います」

キャプテン「仮に決勝までにドラゴンロードのメカニズムが完全に解明されたとしても、特に支障はありません。百戦錬磨の弘瀬菫の読みを上回ったように、今の玄さんは敵の対策に対応できる柔軟な打ち筋と強い精神力を兼ね揃えています。もう能力頼みの単なる初見殺しではなく、立派な魔物の一員ですね」

宥「はう〜、玄ちゃん、本当にすご〜い。おねえちゃんも鼻高々だよ〜」

実況「次鋒戦終了。阿知賀の松実玄。先鋒戦のチャンピオン宮永照が霞む程の大活躍でした」

阿知賀  185000(+76500)
白糸台  131000(−22600)
新道寺   47000(−34000)
千里山   37000(−19900)

キャプテン「さて、準決勝の試合はまだ終わったわけではありません。奢ることなく麻雀の本来のアドバンテージを活かしながら、最後まで油断なく戦い抜きましょう」

宥、憧、穏乃「「「はい!」」」

キャプテン「そう、私たち阿知賀の戦いはまだまだこれからなのだから」

To Be Continued
187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/06(木) 19:30:24.19 ID:2pHuJssK0
前回の『HAPPY END』で一部の人に勘違いさせたようなので補足。
『キャプテンが阿知賀に転校したら』は一旦区切りますが、別に掲載停止する訳ではありません。
ただ、ここまでもかなり妄想全開な展開の連続でしたが、ここから先は名前と顔しか判明していない性格や打ち筋すら不明なキャラに、適当なスキルや背景を持たせることになるので、本編の連載が進む程、原作との隔離はどんどん広がっていくかと思います。
それでもキャプテンと阿知賀の娘たちの別な可能性をネタとして楽しめる方は、この先もお付き合いしてもらえれば幸いです。
(とりあえず、次の月間ガンガンの掲載分(次鋒戦後半がキンクリされれば、中堅戦に突入して何か新しいネタを拾えるかもしれないので)を待ってから、完全オリジナル展開で中堅戦の続きから再開する予定です)
188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/06(木) 20:14:21.84 ID:ZO91gXck0
乙!
次鋒戦終了時点で白糸台に5万点以上の差をつけるなんてダークホースを超えた何か過ぎて腹痛いwwwwww

でもこのまま順当に行ってしまうと決勝戦で1番目を付けられるの阿知賀確定だよね……
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/06(木) 20:33:41.50 ID:4EyVK+pTo
GJ
190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2012/09/06(木) 20:45:47.90 ID:bbrsfdZzo


弘瀬じゃなくて弘世なだから気をつけてね
191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/06(木) 20:47:59.05 ID:ECDEtiGIo
ドラゴンロードVSキング・クリムゾンに期待
192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(西日本) :2012/09/06(木) 22:25:36.32 ID:qf9xq1pHo
キンクリの相手はあかん・・・でも牌譜が過去の物とは絶対に一致しないから
時間を飛ばされてもいけるかw
193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/07(金) 03:10:04.58 ID:w4v4d9z50
3回上がって108300点……こんなのとは戦いたくねぇ……
194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) [sage]:2012/09/07(金) 03:23:29.75 ID:4qyu/XMqo
195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/08(土) 00:31:36.36 ID:idfQtpP6o
ドラ爆覚醒時の白糸台と新道寺の控え室キボン
196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/08(土) 18:14:30.32 ID:rYASnMRB0
さあ、発売日近いで
197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/10(月) 14:43:59.38 ID:gThdBEqIO
さすがにねぇよ、脳内妄想で留めるかPCに永劫しまっとけ。

各県二位と戦わず、キャプと同等以上の荒川クリニックなしで、身内だけで打ってたら阿智賀部員の経験積めないだろ。
部員数多くてOGがいる風越とは環境が違いすぎる。
キャプテン過剰評価は程々にしとけ。そんな簡単に上手くいかないよ。
長野でキャラdisってる時点で終わってると感じたがな。

舟Q曰く神代、荒川、衣が前年度の次元が違う怪物。キャプテンにそいつらのような成績や評価が咲が途中まで手を抜いた個人戦一位以外ないんだが。
198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/09/10(月) 19:51:37.07 ID:QrMsAbzAO
嫌なら読むな 嫌なら関わるな
199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/10(月) 19:59:46.24 ID:R6u1PNWIO
よせ、関わるんじゃない
200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/13(木) 20:41:41.96 ID:ahvEtJzL0
再開します。
月間少年ガンガンとヤングガンガンの最新号を読みましたが、やはり阿知賀を大量リードさせた拙作の超展開と新たに発覚した設定(たかみーはオーラス役満能力者、羊先輩の政治発言、臨海をカマセ(?)に登場した有珠山高校、末原さんは実は咲より強い発言(?)など)をドッキングさせるのは筆者の力量では無理そうなので、開き直って独自路線を突き進むことにします。
201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/13(木) 20:42:12.19 ID:ahvEtJzL0
白糸台控え室

菫「すまないな、照。お前に大きな口を叩いておいて、私はこの態だ」

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

菫「確かにこんな不甲斐無い次鋒が後に続くのでは、お前が無理してでも十万稼がなくては不安になるのは無理もな・・・・・・!」

照「(なでなで・・・)菫、白糸台の部長としてあなたがすべき事は何? 後輩の前で情けなく愚痴ること? 違うでしょう?」

菫「(ハッ)そうだな。一年生、至急松実玄のデータをもう一度集めろ。既出の団体戦だけでなく、県予選の個人戦それと東風戦のも全て洗い出せ」

一年生ズ「「「は・・・はい,弘世部長」」」バタバタ

亦野さん「先輩、阿知賀は明らかに松実玄を秘密兵器として温存してきました。果して予選の牌符を見ても、痕跡を残すようなヘマをしていますかね?」

菫「それは分からん。だが、今の状態のままドラゴンロードと再戦したら、確実に餌食になる。私の矢は何発撃っても竜の鱗に阻まれ手傷を与えるのが精一杯なのに、奴は軽く爪を振るだけで私に重傷を負わせ、灼熱の炎は場の者全てを薙ぎ払う」

たかみー「・・・・・・・・・・・・・・・」

菫「今はどんな情報でも欲しい。そうすればヤジリに毒を塗るのも可能かもしれん。悪いが後のことは任せだぞ」バタン

淡「ありゃりゃ、この後もまだ試合は続くのに、スミレ行っちゃった」

照「菫、ガンバレ」

たかみー「次は私の番なので、私も出掛けてきます(ドキドキ)」バタン

淡「ねえ、タカミン、少し緊張してない?」

亦野さん「純粋な雀力なら間違いなく全国十指に数えられるが、尭深は少し気の弱い所があるからな。特に宮永先輩が先鋒にまわってからは、ビハインドを背負って手番がまわってきたのは初体験だろうし、あいつの慎重深さが悪い方に出なければ良いのだが」

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/13(木) 20:43:00.75 ID:ahvEtJzL0
千里山控え室

泉「申し訳ありません、先輩方。園城寺先輩は倒れるまで戦ったのに、私は阿知賀のドラゴンロードに震えて、何もできませんでした(涙目)」

フナQ「いや、泉だけの責任やない。むしろ、とんでもないガセデータを押し付けた私のミスやで」

セーラ「今更責任の所在を問うたかて、何も始まらんわ。千里山は船久保の立てた作戦に従って大阪予選を戦い、実際お前のデータに助けられたから、怪物・荒川憩のいる三箇牧にも競い勝てた。一度裏目を引いたぐらいで攻めるのはお門違いや」

フナQ「江口先輩・・・」

セーラ「それより俺の方こそ船久保に謝らにゃならんかもしれん。名門千里山敗退の危機やというのに、この期に及んで俺は自分を曲げられそうにない。下手すりゃお前にまわす前に飛んで終わってしまうかもな」

フナQ「それこそお門違いですよ。病院に運ばれた園城寺先輩や、付き添っている清水谷先輩も、江口先輩の背中に憧れて千里山の門を叩いたんです。点棒の多寡にびびって守りに入った情けない闘牌を見せられたら、きっと幻滅してしまいますよ」

セーラ「ふん、言うやないか。なら鳶っきり格好良い江口セーラの姿を見せたる・・・!?」

フナQ「格好良い姿の前に制服姿に着替えてくだざい、先輩」(乙女モードに着せ替え中)

セーラ「すーすーしてテンション下がるな、このスカートって布切れは。ほな、行ってくる」バタン

泉「セーラ先輩」

フナQ「泉、よう見ておけや。さっきのお前の戦いに足りなかったものを、きっと先輩は見せてくれはるからな」

―――――――――――――

全国準決勝中堅戦

たかみー「よろしくお願いします(私が白糸台のレギャラーに昇格してから、二位でバトンを受け取るのははじめて。少し緊張する)」

宥「こ・・・こちらこそよろしく(玄ちゃんがたっぷり稼いだ点棒。おねーちゃんがしっかり守らないと(ドキドキ))」

仁美「メエー」

セーラ「よろしくや・・・(『3900を3回刻むよりも、跳満を和了る方が好き』なんが俺のキャッチフレーズやが、それ一時撤回や。ただしザンク派に日和見りするんやないで)

前半 東一局 親 江崎 ドラB

南家・セーラ手配 一四七258@EE南西北白 次ツモ9

セーラ(くくくっ・・・、今の千里山の状態を現した酷いツモやな。上等上等)バシ(E切り)

セーラ(3900を8回刻むよりも、半荘一回で役満を和了る方がメチャクチャ俺好みやねん。まずは暴挙覚悟の国士狙いからスタートや)
203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/13(木) 20:43:41.25 ID:ahvEtJzL0
泉「先輩もしかして国士狙い? でも公九牌7つなんて無茶もいい所や。ほら、8巡目にあっさり白糸台に和了られた」

フナQ「・・・・・・・・・・・・・・・」

前半 東4局 親 渋谷 ドラ東

たかみー「ズズ・・・(お茶を啜る音)・・・・・・(最初は少し緊張したけど、点棒が増えてやっと落ち着けた。千里山の江口はここまで馬鹿がつく程の超大物狙い。元々賢そうには見えないけど、あまりの大差に頭の螺子が飛んだのか?)

仁美「メー」六捨て

セーラ「・・・・・・・・・・・・・・・」

西家・セーラ手配 六六発発発中中《GGG》《白白白》

泉「セーラ先輩、なんでロンせんのや? トイトイ小三元で12000はあるで」

泉「中はあったかい牌をガメてる阿知賀が二枚抱えているから卓に出る筈ない。点差に目が眩んで、場の状況が見えなくなっとるんか?」

フナQ「いや、これでええんや、泉」

泉「!?」

たかみー「ロン、7700」

セーラ「おう・・・」

たかみー「ズズ・・・(役満狙いとかあまりに愚か。宮永先輩のような魔物じゃあるまいし、常人が狙って和了れるわけがない。理想を抱いたまま溺れ死ぬがいい)」
204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/13(木) 20:44:22.23 ID:ahvEtJzL0
泉「もう前半の南オーラス。やっぱりセーラ先輩の計算おかしいですよ、舟久保先輩」

泉「3900でも8回続ければ31200になる。そりゃ役満より800少ないけど、その分、他家の和了のチャンスを潰せる。仮に奇跡が起こって役満を和了ったとしても、トータルの収支はコツコツ積み重ねた方が上回る。なのに・・・」

フナQ「泉、それは通常の点数状況での考え方や。今、千里山は上位二校に十万点以上の大差をつけられている。それが何を意味するか分かるか?」

フナQ「今の大量の点棒に守られた阿知賀や白糸台には、3900はおろか跳満を和了っても何のプレッシャーも与えられへん。けど、役満が直撃しようもんなら話は別や。そうなってはじめて他家の手の進行に制限を加えられる」

泉「はっ!? 先輩の点棒はもう20000を切ってますよ。上位二校はウチの点数に頓着する理由はないし、そんな役満の夢を追い続けたら、下手すりゃ飛んで・・・」

フナQ「全部承知の上やで、泉。さっきのお前に足りんかったんは、リスクを背負う覚悟や。次鋒戦、阿知賀の最初の二回の和了はともかく、最後の三倍満は止められた。飛び終了の可能性に怯えて逃げずに攻めてたらな」

泉「・・・・・・・・・(唇を噛む)」

フナQ「スマン、今のは現場の苦労を無視した神視点からの後出しジャンケンやったな。けど勝利は常に敗北のリスクと引き換えに手に入れるものや。考えてみれば阿知賀も下手したら二回戦で消えていた危機を乗り越えたからこそ、こうしてウチらはおろか白糸台までも上から見下ろしている」

フナQ「そして今ここにもう一人、正当なリスクを対価に報酬を受け取ろうする勇者がおる」

―――――――――――――

セーラ「リーチぜすにはいられんわ」

セーラ「リーチ一発ツモ平和純チャン三色一盃口ドラ3の数え役満32000」

たかみー、宥、仁美「!?」

セーラ「後半もバシバシ役満和了ってやるさかい、楽しみに待っていろや、お前ら」

泉「し・・・信じらんない。屑な配牌からはじまって、7巡目、1000点がやっとのゴミ手を本当に役満まで」

フナQ「(へなへな)私も同じ気持ちや、泉。基本デジタルの私は理屈では分かっていても、先輩の真似事なんか到底できへん。けど、これで上位二校の心に楔を撃ち込めた筈や。後半、どうなるか楽しみやで」

阿知賀  180500(−4500)
白糸台  127000(−4000)
千里山   51000(+14000)
新道寺   41500(−5500)
205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/13(木) 20:44:58.23 ID:ahvEtJzL0
中堅戦 後半 東三局 親 江口 ドラ5

セーラの捨牌の河 四六22DC七北

宥(また国士気配の捨て牌。国士なんてそうそう和了れる筈はないと思うけど、もし振り込んじゃったら48000(ブルブル)。せっかく玄ちゃんが頑張って稼いだ点棒が96000も縮まっちゃう。降りる)

たかみー「ズズ・・・(千里山の江口セーラはマジキチですか。けど、あんな狂人の捨て身のドツキ麻雀でも、さっきの役満親被りみたいな交通事故を起こされたら、また私まで道連れにされる。付き合ってはいられない)」

仁美「メエー、メエー、メエー」

セーラ「ツモ、ダブ東チャンタ12000(前半の仕込みは完了。本来の跳満主義に復帰や。お前らの手が縮こまっている隙にガシガシ稼いだるで)」

泉「なんやこれ? 後半は完全にセーラ先輩の独り舞台や」

フナQ「この状況が先輩の狙いや。金持ち喧嘩せずと言うやろ? 白糸台も阿知賀も見境なく刃物を振り回す先輩と同じ土俵で戦うのを止めて、闘技場の外から様子見しとる」

フナQ「点棒に余裕があるからこそ、普段なら無視できるレベルの極小のリスクを嫌ってガチガチに守りに入る。さっきの泉とは別な意味で手が縛られとるんや」

セーラ「ツモ、12000!」

実況「中堅戦終了。千里山江口、元エースの意地を見せて、一人浮きで三位に浮上。勝ち抜け条件の二位との差も着実に縮めました」

阿知賀  170700(−14300)
白糸台  120000(−11000)
千里山   77500(+40500)
新道寺   31800(−15200)
206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東) [sage]:2012/09/13(木) 22:12:44.80 ID:iP9iMSwAO
待ってた
207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/13(木) 22:49:08.89 ID:nsrBfFIn0
口調に異和感
208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/14(金) 02:24:18.88 ID:65xJHJGDO
さすが高一最強さんは言うことが違いますねwwww
209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/15(土) 19:49:18.41 ID:btyzu5pT0
千里山控え室

セーラ「ふう、冷や冷やもんやったが、上手くいったわ」

泉「先輩、お疲れさまです。私、本当に感激しました(うるうる)」

セーラ「あ〜、あないなもん、一割弱の確率がたまたま来てくれただけや。調子にのってもういっぺん同じ遣り方で挑もうものなら、まず飛び終了やで」

フナQ「それが分かっていながら、替えの効かない一発勝負で見事に低い目を引き当てたんやから、大したものです。なのに折角先輩が上位との差をつめてくれたのに、私には白糸台の背中を引き寄せるビジョンが見えません(ショボーン・・・)」

セーラ「そりゃまあ、しょうがないで。舟久保の役目は大崩れすることなく、竜華に引き継ぐことやからな。だから、お前の麻雀を打ってこい。その上で後は千里山の部長に全てを託そうや」

阿知賀控え室

穏乃「ここまで大勝はなくても、地味にずっとプラス収支だった宥さんがはじめてマイナス」

レジェンド「追う者よりも追われる立場の方がプレッシャーがかかるというが、慎重になり過ぎだ。普段の宥の麻雀ではなかったな」

宥「ううっ、ごめんなさい(しゅん)」

キャプテン「いえ、あれは千里山の江口さんを褒め称えるべきでしょう(自分を曲げずに飛び終了覚悟で、他家に重圧をかけ続けた見事な闘牌。本当に変わらないですね、江口さん)

キャプテン「むしろ、十分に遣り直しが効く今の点棒状況だからこそ、後学の為にもこういう失敗をしておいて良かったと思います。厳しい言い方をするなら、麻雀のアドバンテージを活かして降りの選択肢を行使するのと、戦うことそのものを放棄して逃げるのとでは全然違いますから」

宥「うん、分かってる、美穂子ちゃん。玄ちゃんの為にもおねえーちゃん、次は絶対に間違えない」

憧「・・・・・・・・・ねえ、しず。あたしの頬を一発引っ叩いてくれない?」

穏乃「はあ?」

憧「ついさっきまであたしも守りに入ろうとしていた。美穂子から伝授されたウォッチャーがあるから、逃げきれるだろうって・・・」

憧「けど、そんな腑抜けた闘牌からは何も学べない。阿知賀が決勝に進めたとしても、今度は玄も一番にマークされるだろうから、今回みたいな馬鹿げた黒字収支は望めないだろうしね」

穏乃「憧・・・」

憧「相手は古豪新道寺の部長に王者白糸台の副将だもの。胸を借りるには持ってこいの相手よ。だから遠慮なく・・・!?」

池田「そういうことなら、華菜ちゃんに任せるし。そりゃそりゃそりゃそりゃ・・・!!」バシバシバシ!!

憧「・・・・・・・・・い・・・痛いわね! 誰が往復ビンタしろといったのよ、この馬鹿猫が!」ベキ!

池田「ぐ・・・ぐーで殴ったあ!(うるる)」

憧「(ぜーぜー)それじゃ皆、行ってくる」バタン

レジェンド(良い意味で緊張が吹き飛んだみたいだな。これは期待できるか?)

憧(ふん、メタ視点だとあたしは点数調整役として、最後まで勝負の場に緊迫感を齎す為に大量失点させられるのだろうけど、残念でした。憧ちゃんは空気の読めない女の子で〜す(アッカンベー))
210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/15(土) 19:50:03.64 ID:btyzu5pT0
全国準決勝副将戦

亦野さん「よろしく(危惧した通りに尭深の悪い部分が出てしまったか。王者白糸台に二位抜けは許されないし、大星にまわす前に阿知賀との差をつめなければ)」

哩「よろしくばってん・・・(花田がビケを避けたのに、ここまで離されるとは大誤算や。私と姫子の二人で追い付けるか?)」

フナQ「ほなよろしくです(江口先輩の活躍で、阿知賀は厳しくとも白糸台ならまだワンチャンある。私の役目は現実的な点差で清水谷先輩に繋げることや)」

憧「よろしくお願いします(既に個人情報登録済みの千里山の下家に座るとはツイてる。序盤から攻める)


前半 東1局 親 舟久保 ドラ白

憧視点:
東家・フナQ手配 青青青赤赤赤青青黒黒緑緑黒黒

憧(流石は千里山の参謀。あたしが理牌読みのスキル持ちなのをご承知みたいね。けど、美穂子から教わったウオッチャーは、その程度で惑わせる程安くはない)

憧「チー、ポン、ロン3900」

亦野さん(おいおい、まだ5巡目だぞ、早いな)

フナQ(なんや、的確に炙れ牌が読まれている? 理牌を崩しても効果がない?)

哩「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

憧(美穂子なら白糸台と新道寺の手牌の色が浮かぶようになるまで、『見』に徹するだろうけど、それはあたしの麻雀じゃない。美穂子とは違った闘牌で、あたしはこのスキルを最大限に使いこなす)ゴッ・・・
211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/15(土) 19:50:57.41 ID:btyzu5pT0
南4局1本場 親 亦野 ドラ東

東家・亦野手配 一三234東東東白白《EFG》 次ツモ二

亦野さん「ツモ、東ドラ3の1本場、4100オール」

憧(くっ、白糸台は外観通りのパワー麻雀で、強引に和了牌を引き込んだ。これで東場で稼いだ点棒も全て吐き出して、微差ながらあたしも含めて全員マイナス。これ以上の連荘は止めないと)

南4局2本場 親 亦野 ドラA

7巡目

西家・憧手配 四【五】六【5】6799B【D】《西西西》 次ツモA

憧(よし張った。けど、まだ色は見えないし、聴牌気配の新道寺相手にドラは危険か? いや、もし振ったら親の連荘は止まるし、ここは勝負)バシ(【D】捨て)

哩「・・・・・・・・・・・・・・・」

憧(よし、通った)

9巡目

北家・哩手配 六七八678AAEF中中中 次ツモG

哩「ツモ、中三色ツモドラ2、跳満の2本場で12600」

憧(えっ? あの和了形と捨て牌。2巡前のあたしの【D】でも和了っていた。三色は消えても赤ドラがあったから満貫2本場の8600。あたしや親に先に和了られるリスクを犯してまで見送る程の飜数差じゃない。なんで?)

憧(そうか。新道寺にとっては、遥か遠方のウチとの差を17200縮めるよりも、白糸台に親被りさせて二位との直接差を18800つめることの方に意味があるんだ。もし玄のドラ爆が不発だったら、間違いなく2巡前の手で倒されていた)

憧(これが美穂子が言っていた麻雀本来のアドバンテージ。あたしが降りの選択肢を得られる他にも、二位勝ち抜けという現実的な目標達成の為、トップのあたしよりも次点の白糸台の方が下位から狙われやすくなる)

憧(新道寺の部長。ダンラスなのにどこぞのラス確大将と違って腐ることなく、明確なビジョンと勇気を持ってこの対局に臨んでいる。千里山をお引き状態にして、トップの優遇ハンディがありながら、ここまで二強相手に打ち負けるなんて、弱腰な闘牌で挑んでいたら宥姉以上に押し潰されていたかも(ゴクリ))

実況「副将前半戦終了。新道寺僅かながらに差を縮めるも、三位千里山の背中すら遠い。後半戦の展開に注目です」

阿知賀  167400(−3300)
白糸台  124900(+4900)
千里山   66100(−11400)
新道寺   41600(+9800)

憧(・・・・・・って、あれ? この対局って三麻だっけ?)

フナQ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/15(土) 20:00:30.19 ID:/rxwHYNoo
ステルスフナQ
213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/16(日) 11:55:28.82 ID:7RoTRuDSO
一人だけ敬称付きの方はやはり雰囲気が
214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/16(日) 12:46:36.03 ID:4KtjDjUj0
後半 東1局 親 亦野 ドラ二

西家・憧手配 二【五】七九15@GH発南南北

憧(うわっ、後半開始早々、国士を狙うぐらいしかなさそうな酷い配牌。テンション下がる〜)

憧(攻撃麻雀があたしの信条だけど、全部の局面で強引に和了を目指すのは違うわよね。やっと白糸台と新道寺の色も見えるようになったことだし、ここは降りて・・・・・・待てよ)

憧視点:
東家・亦野手配 赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤青青黒黒
南家・哩手配 赤赤緑緑緑緑緑青青青黒黒黒

憧(親の白糸台が高そうね。どうせ遣る事ないし、いっちょう美穂子の真似事でもしてみるか)

7巡目

哩「ロン、2600」

亦野さん(くっ、清一色ドラ2の親倍を聴牌したのに、最後の炙れ牌を新道寺に狙われた。いや、それより問題は阿知賀か。あいつが新道寺を二副露されなきゃ、こちらの方が早く和了れた筈(ギリっ))

憧(うはっ、何これオモロー。ちょっと手を貸せば、他家が危険を犯して大物手を潰しにいってくれるなんて。麻雀って自分が和了る以外にも、こんな楽しみ方があるんだ(ゾクゾク))
215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/16(日) 12:47:08.93 ID:4KtjDjUj0
後半 南1局 親 亦野 ドラ@(カンドラ7)

南家・哩手配 一二三九九123ABFGH(@−C待ち)

憧「・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(C捨て)

哩(むっ、こればロンしたら、純チャン三色が消え平和しか残らん。ドラ@ならロンでも跳満、ツモなら倍満まである手をそげな安手で和了れるか、無視)

フナQ「・・・・・・・・・・・・(同巡合わせ打ち)」ポイ(ドラ@捨て)

亦野「・・・・・・・・・(同じく同巡)」ポイ(ドラ@捨て)

哩「・・・・・・・・・・・・・・・(イラっ)」

憧視点:
東家・亦野手配 赤赤緑緑緑青青黒黒黒《東東東東(加槓)》

憧(おやおや、折角ロン牌を送ったのに、新道寺の部長さんは贅沢なことで。親の白糸台はカンドラを抱えてるっぽいし、そういう悪い子にはお仕置き)ヒョイ(ドラの7捨て)

亦野「ポン・・・」6捨て

東家・亦野手配 六六AA北北北《777》《東東東東》(六−A待ち)

哩(今度は親の白糸台にドラを鳴かせただと!? そもそも今のでロン宣言されてもおかしくばない危険牌なのに、阿知賀の奴、何を考えちょる?)

憧(あの色の形だと嶺上開花の責任払い事故でも起きない限り、索子なら絶対に振り込まないって分かっていたのよね。ほらほら、親が東ドラ3で聴牌しちゃったよ。もしトイトイなら親っ跳まであるけど、今度はどーする?)ヒョイ(再びC捨て)

哩「・・・・・・・・・ロン、平和のみ1000だ」

憧「まいどありー」ジャラ(千点棒を放り投げる)

哩(・・・・・・なんだ? 和了ったというのに、この屈辱と敗北感は・・・)
216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/16(日) 12:47:37.54 ID:4KtjDjUj0
阿知賀控え室

穏乃「何か後半になってから、憧の麻雀が変化したね。自分で攻めるよりも、他家の支援に専念し始めたような」

灼「同じぐらいの実力の新道寺と白糸台をカチ合わせて、本人は上手く立ち回っている。手を安い方に誘導するように鳴かせてるけど、拒否すると今度は相手側の支援に走るから、その手を振り払えない」

池田「今のC牌を無理やりロンさせて、純チャン三色を全部消した遣り口、目茶苦茶エゲツにゃー」

レジェンド「まるで某大国の武器商人だな。二つの紛争国の双方に武器を売って、共倒れを狙うのがヤツラの常套手段だからな」

キャプテン「他家を鳴かして手を進ませて、ウオッチャーのスキルに任せて高めの振り込みは要領よく回避する。中々にしたたかな打ち筋ですね」

全員(あんたの打ち筋そのものですよ、キャプテン)

みはるん(華菜ちゃんには悪いけど、美穂子先輩の一番弟子を自称するだけあって、あの憧さんって人の方が先輩の後継には相応しいかも。あの腹黒・・・いえ狡賢い打ち筋は真っ直ぐな華菜ちゃんには絶対無理だろうし)

穏乃「けど、憧。他家支援に夢中で、自分が和了るのを完全に忘れちゃてるような。これじゃ自分の点数は伸びないよ」

キャプテン「玄さんのおかげで点数にはまだまだ余裕がありますから、それはそれで宜しいのでは? 日々の努力と練習こそが基礎雀力を高めるのですが、実戦の中でしか学べない色濃い経験値というのは確かに存在しますから」

キャプテン「今まで自分が和了る戦術的視点でしか打たなかった憧さんが、他家を含めた立体的な戦略視点で打つ術を学習している訳ですから、20000ぐらいの点棒を払ったとしても安い授業料ですよ」

レジェンド「王者白糸台を含む全国準決勝の大舞台で実戦稽古するとは、呆れたクソ度胸だな(私に足りなかったものをこの娘達は持っている)」

玄「三つ巴の戦いもいよいよオーラスだね(あれ? この対局って三麻だっけ?)
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/16(日) 12:48:09.21 ID:4KtjDjUj0
後半 南4局 親 舟久保 ドラ西

フナQ(点棒の推移だけ見ると、新道寺と白糸台のマッチレースやけど、この副将戦を実質的にリードしているのは阿知賀や)

フナQ(さっきの南三局でも、白糸台が阿知賀の安手支援を撥ね除けた途端、しっぺ返しを喰らい新道寺の満貫を直撃させられた。その仕掛け人は阿知賀やいうんやから、末恐ろしい一年坊やで)

フナQ(阿知賀が二強の対立を煽っているから私の被害は最小限で済んでいるけど、ラス親やというのに無視されるのはちと悲しいものがあるな。ほなら、イタチの最後っ屁をかましたるか)

10巡目

哩「リーチ」

フナQ「ポン」Eをボンして、北捨て

亦野さん(おいおい、北は阿知賀が副露してるのに、何でこんな巡目まで持ってる? 単に一発消しで鳴いただけで、親なのにオリてるのか千里山は)

亦野さん(姫松の末原も二回戦の大将戦で大失点し危うく戦犯になりかけたようだし、大阪の参謀タイプはそんなものか。作戦立案役の報酬として定位置を確保しただけで、素の雀力で名門のレギュラーを張れる器じゃない)

フナQ(・・・・・・な〜んて、見縊られとるんやろうな、私は。確かに当たらずとも遠からずやが、五分の虫にも一寸の魂やで、王者はん)

12巡目

亦野さん「(よし、阿知賀にゃ散々手を焼かされたが、今度は満貫確定の聴牌だ。こいつは新道寺の現物だし通る)リーチ」バシ(H捨て)

フナQ「悪いがそれ通らずや。ロン、12000」

亦野さん(えっ? ノーマークの千里山から親満を喰らった?)

憧(何で孤立した黒牌を無意味に抱えてるのか不思議だったけど、白糸台の油断を誘う為とはやるじゃん)ヒュー(口笛を吹く)

亦野さん(してやられたか。だが親の和了だからもう一度チャンスはある。今度こそ跳満以上の手を・・・)

フナQ「ほな、これで和了止めどす。お疲れさまでした」

亦野さん(なっ? 自身まだマイナスでしかもチームは三位なのに、和了止め?)

フナQ(あんなトリックプレーが通用するんは一回こっきりや。私が連荘するよりも、白糸台か新道寺に高め親被りを喰らう確率の方が遥かに高い。店じまい、店じまい)

フナQ(常にトップを目指すんがおばちゃん・・・もとい監督の掲げる千里山の理念やけど、山登りはいきなり天辺には辿り着けん。まずは中間地点の白糸台まで走破したら、その時にはじめて頂上の阿知賀を伺えばええ。後は頼みますで、清水谷部長)

実況「副将戦終了。最後に千里山の親満が直撃して白糸台をマイナスに引きずり込んだ。阿知賀もマイナスながら二位との差を堅持し、いよいよ大将戦へと繋がります」

阿知賀  163000(−7700)
白糸台  111200(−8800)
千里山   74700(−2800)
新道寺   51100(+19300)
218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/17(月) 01:08:18.44 ID:/ouUyDYe0
もはや「キャプテンが阿知賀に転校したら」ってレベルではなくなってきてるな。
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/17(月) 14:13:19.06 ID:X06ejhS+0
白糸台控え室

亦野さん「くっ・・・、まさか南ラスト二局の立て続けの放銃で、二万も失うとは・・・」

たかみー「二位勝ち抜けの条件上、下位から狙われやすいとはいえ、この頻度は異常。やはり皆、白糸台が準決勝で消えて欲しいと願っているということ」

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

亦野さん「これで弘世部長も含めれば、三連続でマイナスか。大星、不甲斐無い先輩たちでスマン・・・」

淡「ノープロブレム、気にしない、セーコ。私、今の状況にわりかし感謝しているから(ニコニコ)」

たかみー「淡・・・?」

淡「だって、今までは私に出番がまわってくるまでに、何時も十万点以上も点棒が浮いていたじゃない。これなら態々私が大将をやらなくても、誰が打っても楽勝。チープトリックで遊ぶぐらいしかやることなくて、とてもつまらなかった」

淡「でも、これでやっと私の本当の実力を日本のお茶の間にも知らしめられる。それじゃ白糸台の一位抜けを決めてくるねー」バタン

たかみー「前を走る阿知賀の背中よりも、後方から迫ってくる千里山の足音の方が近いというのに凄い自信。けど、あの覇気が少し羨ましい」

亦野さん「きちんとした実力に裏付けられた大言壮語だ。いよいよ白糸台第二の魔物がヴェールを脱ぐか」

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/17(月) 14:13:59.36 ID:X06ejhS+0
千里山控え室

セーラ「よう、上手いこと勝ち逃げしおったな。リベンジのチャンスを取り上げられた時の白糸台の呆然とした顔は見物やったで」

フナQ「これが私の麻雀ですので。結局マイナス収支なのであまりデカイ面はできませんが、阿知賀のおかげで彼我の実力差以上に上位との差はつめられました」

泉(同じ親の和了止めでも、私の時とは明らかに違う。私は単に逃げただけやが、舟久保先輩は明確なビジョンを以って、白糸台との点差を維持したからや)

竜華「なんや、まだ三位やというのに思ったより明るいやないか」

セーラ「竜華、戻ってきたんか。怜は・・・」

竜華「大丈夫や、持ち直したで。それよりも救急車の中の携帯TVで怜と見とったけど、ホンマにセーラらしい闘牌やったな。怜も泣いておったわ」

セーラ「倒れるまで自分を貫いた怜に恥じん俺の麻雀を打っただけや。結果がついてきたのはタマタマやけどな。くう〜あんだけ頑張った怜に結果がつかなかったのは、全部、福路が怜の上前を跳ねたからや。ホンマに腹たつ奴やで、福路は」

竜華(セーラの奴、福路のことが嫌いなんか好きなんかどっちなんや? これが所謂、愛憎併存(アンビバレンツ)ちゅーやつかいな?)

セーラ「二位とは親っ跳一発ぶち当てればチャラになる微差やし、トップとも十万点を切ったから僅差やな。白糸台や阿知賀の一年坊に年季の差を見せたれや、竜華」

竜華「・・・・・・僅差って(汗)。セーラ基準で簡単に云わんといてや(苦笑)。私は二人みたいな特別は何もない単なる凡人やで。だから必ず勝つなんて無責任な約束はでけへんけど、千里山の部長として最後まで諦めずに戦うのを誓うわ」
221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/17(月) 14:14:37.72 ID:X06ejhS+0
新道寺控え室

哩「後半は阿知賀に鼻頭を抑えられ、思ったほど得点ば伸ばせなかった。姫子にまわす前にもう少し現実的な点差までつめたかったが無念ばい」

姫子「そ・・・そんな、阿知賀の一年がどう粋がろうと、収支を見れば部長の完全な一人勝ちですよ。その阿知賀を抜くのは流石に厳しいけど、白糸台まではワンチャンあると思うので、後は私に任せてください」

哩「そうだな。姫子、お前は新道寺最強のエースだ。自信をもっていけ」肩に手を置く。

姫子「はい、白水部長(うるっ)」

???(ケケケ・・・姫子が最強? 笑わせるぅ〜)

姫子「! 黙れ、デビデビ!」

哩「?・・・・・・姫子どうした? 私が何か気に障ることでも・・・」

姫子「な・・・何でもありません、部長(あせっ)。それじゃ行ってきます」そそくさ。

すばら先輩「鶴田さん、ここ最近独り言が多いですが、どうされたのでしょうか?」

美子「その癖が頻出するようになったの確か去年の秋ごろからだよね? ちょうど姫ちゃんが頭角を顕したのもそのぐらいだったような」

哩「目の下にピエロの縁取りみたいな妙な隈が浮かんだのもその頃からか。姫子が悪魔の瞳(デビルアイ)に目覚めた時期と一致するな」

仁美「メエー」

―――――――――――――

???(ケケっ・・・姫子、お前神聖な勝負の場でイカサマして恥ずかしくねーのか?)

姫子「うるさい、私が反則? この世界には全自動卓で積み込みをするフザケタ魔物がいるのよ。それに比べれば私の覗き見なんて可愛いものよ」

???(ケケケ、まあオイラとしたら、今まで通り対価を払ってくれれば、どーでもいいんだけどね)

姫子「ぐっ・・・、わ・・・分かっているわよ、デビデビ(本当は捨て駒の花田のことを私も笑えない。けど二軍で燻っていた私が、憧れの白水部長と肩を並べて戦えるようになったのはコイツと契約したからだ。哩先輩の為なら私は言葉通りに悪魔にだって魂を売る)」
222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/17(月) 14:15:10.68 ID:X06ejhS+0
阿知賀控え室

憧「あー、面白かった。麻雀って本当に楽しいね、しず(ツヤツヤ)」

穏乃(あの場で麻雀を楽しめたのは、憧一人だけだったと思うけど。一人浮きした新道寺の部長でさえも、終始苦虫を噛み潰した顔で憧を睨んでいたし)

キャプテン「とても素敵な闘牌でしたよ、憧さん。ただし欲をいえば、ラストの和了を千里山から奪えていれば最高でしたけど(ニコニコ)」

憧「ちっ、そうか。最後に美味しい所を掠め取って、勝ち逃げできるようにならなきゃ駄目よね。まだまだ美穂子の域に程遠いわ(ふぬっ)」

全員(は・・・腹黒師弟コンビ(汗))

レジェンド「収支はマイナスだが二位白糸台との点差はキープしたし、理想的な展開か。あとは穏乃が大過なく大将戦を遣り過ごせれば・・・」

穏乃「うん、私たちが目標とした和が待っている(予定の)全国の決勝卓だね」キュッ(気合を入れる為に白い鉢巻きを締める)

穏乃「みんな、それじゃ行ってくる」バタン

宥「穏乃ちゃん、がんばって」

玄「最後の大一番なのに、すごく落ち着いてる(鉢巻きを結わいた穏乃ちゃん、桃太郎さんみたい)」

キャプテン(土壇場での度胸の良さが、穏乃さんの武器ですからね。ただし、この点数状況だと穏乃さんの秘められた力は働かないでしょうから、かなり点棒を減らして戻ってきそうですね)

憧「ねえ、美穂子。大将戦の面子がどんな奴らか分かる? 既に対戦済みの千里山の清水谷竜華が正統派(スキルなし)雀士なのは知ってるけど」

キャプテン「そうですね。白糸台の大将はまだ憧さんや穏乃さんと同じ一年生です。大量リードで手番がまわってくるせいか、明らかに流して打っているので、どんな打ち手かは牌符からは読めませんが・・・」

レジェンド「登録データだとギリシャからの帰国子女とあるな。日本のインターミドルは不参加で、その出自の為に例の先鋒禁止と並ぶ留学生の独自ルールに引っ掛かり、両親共に日本人なのに都予選の個人戦にはエントリーできなかったらしい」

キャプテン「それでも一つだけ気になる特徴が牌符にあります。主に大星さんの打ち筋でなく、対面の対戦相手に関して・・・」

憧「あっ、もうじき対局が始まるから時間がないや。もう一人の新道寺の大将は?」

キャプテン「鶴田姫子さんですね。こちらは牌符を見る限りでは、私や憧さんと似たようなスキルの所有者かもしれません」

憧「あたし達と同じって!? もしかして、そいつもウオッチャーを?」

キャプテン「いえ、それよりも強力で地元の福岡では『デビルアイ』の異名で恐れられているそうです。いずれにしても、この大将戦は一筋縄ではいかないでしょう」
223 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/17(月) 14:26:12.86 ID:PW7vHhfa0
うわあ
224 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/17(月) 17:23:24.37 ID:XcpqPC9Bo
デビールアイなら透視力♪
225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(西日本) [sage]:2012/09/17(月) 17:59:38.47 ID:1bdiMCMbo
デビ子の能力が判明するのはあと半年はかかりそう
226 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/18(火) 21:07:32.77 ID:k+lePpNJ0
全国準決勝大将戦

実況「さあ、準決勝の舞台もアンカー達が供宴する大将戦に突入。新鋭阿知賀はこのまま逃げきれるのか? 二位に甘んじている王者白糸台の逆転、もしくはまさかの三位落ち敗退はあるのか注目しましょう」

穏乃「よろしくお願いします(メラっ)」

淡「よろしくー(いよいよアワアワの全国デビューだよ、いえーい♪ いえーい♪)」

竜華「お手やわからにな(とにかく狙いは白糸台や。前半から積極的に攻めたる」

姫子「よろしく頼んます(よっし、ターゲットの白糸台が下家で、警戒対象の阿知賀にも挟まれるとは最初からツイてる)」


大将戦 前半 東1局 親 鶴田 ドラ8

淡(対面が阿知賀とは面白そー。オー、何ですか、あの鉢巻きは? モモタローというよりも、きび団子をもらうお猿さんの方だよね? くふふっ、私ってば冴えてる)パンパン(シンバルお猿人形のように両掌を叩く)

淡(あらあら、お猿さんのお口の形が「ω」になってる。初っ端から良い手が入ったのかしら? 分かりやすー。なら挨拶代わりに一発受け取ってちょーだい)」キュピーン(左手人指し指を穏乃の額に照準を合わせる)

穏乃「(キャピーン)・・・・・・!(あれ? 今一瞬目眩が・・・それより、もう一度配牌チェック)」

北家・穏乃手配 一三九19@【D】東南北北白発

穏乃(うわ、何この手、これは国士をやれっていう神さまの思し召しだよね? 点棒はいくらあっても困ることはないし、狙っちゃうよ〜)

5巡目

北家・穏乃手配 一一九19@東南北北白発中 次ツモH

穏乃(よし、張った。この巡目ならいけるかも(ドキドキ))北捨て

6巡目

姫子(阿知賀の奴、何を勘違いしとるんや?)四捨て

淡(うぷぷ・・・駄目よ、私。笑うな、まだ笑うな・・・・・・)八捨て

穏乃の捨牌の河 三7【D】八北

竜華(阿知賀の捨て牌が少し国士臭い? いや、ガンガン攻めなあかん立場なのに、この巡目からそないなもん警戒しとったら麻雀にならんがな)西のツモ切り

穏乃「ロ・・・ロン、国士無双!」

竜華「嘘!?(そんな、怜。いきなり32000ビハインドって・・・あれっ?)」

竜華「・・・・・・なあ、阿知賀の子。それチョンボやで」

穏乃「えっ? そんな筈は・・・・・・あ〜!?」

北家・穏乃手配 一一九19AH東南北白発中

穏乃((ゴシゴシ)な・・・何で? さっきまで確かに@だった筈なのに、どうしてAに?)

竜華「とりあえずチョンボ罰符を払って、もう一度この局を遣り直しやな(ホンマ心臓に悪い真似してくれはるな、この子。まあ只で2000貰えたから良しとするか)」

???(なんだ? この卓には姫子より下手糞がいるのか?)

姫子「うるさい! デヒデ・・・・・・な・・・なんでもありません(あせっ)」

姫子(ふーやばやば。にしても、何でAを残して北を切ったのか不思議に思ったけど、阿知賀は牌の見間違えをするようなマヌケが大将なのか? こりゃ二位狙いより一気に一位を落とした方がいいのかな?(う〜ん))

淡「ぷくくっ・・・(あっははー。引っ掛かった、引っ掛かった。大物手を和了ったと信じたドヤ顔と、チョンボが発覚した時のマヌケ面のコンボはサイコー(涙目))」バンバン(机を叩く)
227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/18(火) 21:08:10.56 ID:k+lePpNJ0
阿知賀控え室

憧「し・・・しず。全国の舞台でなんてこっ恥ずかしい真似してくれるのよ(赤面)」

玄「それよりも、この大会のチョンボ罰符が満貫で助かったね。ルールによっては和了ろうとした点数を支払わされることもあるし、役満チョンボなんて考えただけでゾッとするよ」

レジェンド「一律満貫ぐらいに設定しておかないと、大物気配を感じたら安手チョンボ潰しが横行しかねないからな。にしても妙だな」

灼「何がハルちゃん?」

レジェンド「穏乃だよ。確かにあいつは大雑把でオッチョコチョイな所はあるが、麻雀に関しては誰よりも真摯でひたむきだ。牌見間違いなんて、小学生みたいなミスするか?」

憧「! そう言われてみれば、しずはそこまで馬鹿じゃないよね」

キャプテン「赤土さんの言う通りです。先程の続きですが、大星さんの牌符の気になる点はコレです。見てください」

憧「えっ? これって都大会と全国合わせて、大星淡の対戦相手は五回も誤ロンのチョンボをしている? ありえないでしょ、こんな頻度」

キャプテン「はい、それも彼女の対面の相手に限定されています。これは大星さんが何か仕出かしたと見て良いでしょうね。恐らくは牌を誤認させる暗示をかけられたものと推測できます」

玄「暗示って催眠術か何かの類? そんなことって・・・」

キャプテン「可能ですよ。全国でも数は少ないですが、そういう方向に特化した打ち手は存在しますから」

キャプテン「静岡・后土学園の『輪廻眼』百鬼藍子さんは、瞳からの怪光線で三人一遍に強力な暗示をかけられるそうですし、千葉・須和田の『霊幻導士』霜崎絃さんは、油断していると見えない霊子の糸を指先に引っ掛けられ、折角ツモった有効牌をツモ切りされられるとの専らの評判です」

憧「・・・・・・ねえ、美穂子。流石にそれは反則じゃないの?」

キャプテン「そうでしょうか? 私のような常人目線からは、魔物と呼ばれる人種は明らかに全自動卓で積み込みに類するイカサマをしていますが、牌に直接手を触れてはいないのでお咎めなしです」

キャプテン「暗示にした所で対戦者に指一方触れてないのは同じですから、私たちはそういう世界で麻雀を打っているのだと受け入れる他ありません。それが嫌ならあらゆるオカルト要素が廃止されたネット麻雀にでも逃避するしかないでしょう」

みはるん(そう云われると、確かに私たちは理不尽な魔物が跋扈する魑魅魍魎の世界に住んでいるのかも。福路先輩が常人だとは思えないし、先輩はネット麻雀を打ちたくても打てないけど・・・)

キャプテン「穏乃さんは大丈夫でしょう。対面にしか効果を及ぼせない所からして、どうやら低級の暗示のようですから、二度は引っ掛からないと思います(もちろん白糸台の切札の大星淡が、その程度のペテン師で終わる筈はないですが・・・)
228 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/18(火) 21:08:48.64 ID:k+lePpNJ0
東1局 親 鶴田 ドラ一(遣り直し)

淡「・・・・・・(またお口の形が「ω」に。クスクス、なら二発目も受け取ってちょーだい)」キュピーン(左手人指し指を穏乃の額に照準を合わせる)

穏乃「(キャピーン)・・・・・・!(あれ? また目眩が・・・この配牌・・・)」

北家・穏乃手配 三四1CC南西白白発発中中

穏乃「・・・・・・・・・(また凄い配牌って・・・・・・待て待て、私。さっきから何かがオカシイ。もう一度目を凝らして、手配を確認しろ)」ゴシゴシ(目を擦る)

北家・穏乃手配 三四1CC南西白白発北中中 次ツモ白

穏乃(やっぱり北を発と見間違えていた。何でこんなことになったのか分からないけど、もう二度と騙されない)北捨て

8巡目

北家・穏乃手配 二三四白白白発《CCC》《中中中》 次ツモ発

穏乃「ツモ、小三元、満貫8000!(よし、これでさっきのチョンボ分を取り返した)」

竜華(あちゃー、まあ大三元を欲張られなかっただけ良しとするか)

姫子(くっ、貴重な親番が流された。私のデビルアイはツモられたらどうしよもない。これで得点はフリダシに戻ったし、やはり狙うのは白糸台か)

淡(ありゃりゃ、もう気づかれちゃった(ショボーン))

淡(まあ、私の『チープトリック』は所詮C級スキルだから、猜疑心を抱いた相手にはもう通じないのよね。反面、負けが込んだ相手ほど良く嵌まるけど、お猿さん今点棒たくさん持ってるしねー)

淡(今の手品は単なる余興よ。これから白糸台大将・大星淡の力を思う存分堪能させてあげる)ゴッ・・・。
229 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/19(水) 12:43:34.22 ID:I6kEFSIdo
面白い支援
230 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/19(水) 21:08:04.95 ID:VlE3coXo0
東2局 親 大星 ドラ四

北家・姫子手配 三四八八234《4【5】6》《ABC》 次ツモ二

姫子「ツモ、タンヤオ鳴き三色ドラ2で3900、2000」

淡(ありゃりゃ、親カブリーの親ながれー)

穏乃(最後はツモ和了だけど、それまでの二副露は的確に私の炙れ牌を鳴かれた。これが美穂子さんに忠告されたデビルアイって奴?)

東3局 親 清水谷 ドラ西

5巡目

西家・姫子手配 三四四四五六七《EFG》《西西西》 次ツモ西

姫子「カン!」自風の西を加槓して嶺上牌の南をツモる(新ドラはG)

姫子視点:
東家・竜華手配 ?????????????
南家・穏乃手配 二六六九22【5】ABEG南南
北家・淡手配 五六七134@B【D】E白白南

姫子「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(南を残して三捨て)

西家・姫子手配 四四四五六七南《EFG》《西西西西》 (南単騎待ち)

憧「えっ、二三五八の四面張から南単騎に切り替えた? もしかして南番のしずが降りるのを見越して、狙い撃つつもり?」

キャプテン「少し違います、憧さん。まだ巡目が早いですから、恐らく真の標的は字牌整理が遅れた・・」

6巡目

穏乃(うわっ・・・、私の手はまだバラバラなのに、跳満確定のドラ槓とか洒落になってないよ。安牌が増えるまで、ここは南の対子を崩して、降りとこ)南捨て

姫子「・・・・・・・・・・・・・・・」自ツモのHをそのままツモ切り。

憧「しずの和了牌の南をノータイムで無視した。まさか狙いは・・・」

淡(さっきは現物の1で凌いだけど安牌ゼロ。お猿さんの捨て牌から手替わりしてないよね?)南捨て

姫子「ロン、西ドラ5跳満です」

淡「!?」

実況「新道寺の山越しロンが炸裂。これで新道寺は千里山とほぼ点数を同じにし、原点割れした二位白糸台との点差を二万近くまで詰めました」
231 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/19(水) 21:08:45.98 ID:VlE3coXo0
東4局 親 高鴨 ドラ六

憧「さっきの山越し。二位との直接差を縮める為に態としずを見逃した?」

憧「けど何で南の余剰牌があるって分かったの? 南番のしずはある程度察しがつくにしても、白糸台はたまたま字牌整理で遅れたのが南だけだったのに、まさかこれがデビルアイ?」

美穂子「そうです。新道寺大将の鶴田さんは、他家の手牌が透けて見えてるとしか思えないピンポイントの鳴きや、今みたいな見逃しを良くします。私の心眼(スキャン)も似たようなスキルですが全ての手牌の特定までに時間がかかるので、こんな序盤から猛威を振るうデビルアイの方が上と言わざるを得ません」

宥「あの〜美穂子ちゃん。前々から疑問に思っていたけど、本当に透視能力が使える訳じゃないんだよね? どうやって美穂子ちゃんは牌の特定をしているの?」

キャプテン「呼吸ですよ」

玄「こきゅう?」

キャプテン「そうです。人にはそれぞれ独特の生態バイオリズムがあります。目線の他にも、ツモ切りの動作、身体の筋肉の張り、何よりも呼吸そのものを具に観察していると、少しずつですが、その人間の手牌の中身が私の頭の中に浮かび上がってくるのです」

キャプテン「だから本当は単なる当てずっぽの直感に近いので、私自身にも牌の構築に結び付けるロジックを他人に上手く言葉で説明できません」

池田「にゃるほどー。武道なんかでも相手の呼吸から動きを読むなんて聞くけど、それと同じ術理かー。美穂子先輩、武術の達人みたいでカッコいいにゃー(うっとり)」

憧「良くベテランの漁師は勘で魚の位置を見極めるというけど、単に理屈で説明できないだけで、その人の中には魚を見当てる確かな論理回路があるんだよね。まさに凡人が魔物に立ち向かうために、努力と研鑚の果てに辿り着いた理の境地ね(うんうん)」

みはるん(そうかな? 私みたいな真の凡人からすれば、福路先輩も十分に向こう岸の世界の人間だよ。この憧さんって人、華菜ちゃんとは逆ベクトルで先輩に対して信者目線が入ってない? いくら努力したって、普通人は空を飛べないのが何で分からないのだろ)

レジェンド(しかし裏を返せば、美穂子は理屈で説明できない読みに身を委ねているわけだ。なら美穂子の本当の凄さは漫画みたいなスキルそのものではなく、その自らの読みに最後まで心中できる覚悟の深さの方なのだろうな)

憧「でも、それだけにあの新道寺の子が美穂子の技量を凌ぐなんて信じられない。もしかすると普通に透視能力(クレヤボヤンス)持ちのエスパーじゃないの?」

キャプテン「いえ、それはないです。本当に透視能力なら卓上に積まれた伏牌の中身も特定できるでしょうが、牌符からはその傾向は伺えないので私たちと似たスキルと断じたわけです」

キャプテン「あと、あのデビルアイには妙な弱点があります。上家と下家の手牌は丸見えのようですが、なぜか対面の防御が・・・」

竜華「ロン、満貫8000!」

姫子「!?」

竜華(かんにんな〜、新道寺。本当は下位同士で共食いしたくはないんだけど、満貫手を見逃せる程の余裕は今の私にはないのよ)ちゃい(両手の掌を合わせて拝む)

憧「・・・・・・・・・ねえ、美穂子。今の千里山への振り込み。色分けしかできないウオッチーのスキルでも十分に避けられる難易度だったよね?」

美穂子「そうです。鶴田さんの放銃は対面の対戦相手に集中しているので、対面の手牌だけは見えてないみたいなのです。本当にどんな原理のスキルなのでしょうか?」
232 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/19(水) 21:09:29.77 ID:VlE3coXo0
南1局 親 鶴田 ドラ白

姫子(あーもう、千里山の奴、空気読めっての。これでまた白糸台の背中が遠のいたじゃないの)

???(ケケケー、また対面に振り込んでやんの、姫子の下手糞。オイラが麻雀のイロハをレクチャーしてやろうか?)

姫子(うるさい、考えるのも決断も全て私が一人でやる! それが私の譲れない最後の一線。お前は契約通りに黙って覗いてこい、デビデビ)

???(ケケッ・・・、分かりましたよ。マイマスター)

―――――――――――――

永水女子が宿泊している旅館

ハっちゃん「は〜あ、まさか私たちが二回戦負けして、準決勝の試合をTV観戦する羽目になるとは」

巴「この試合は逆ブロックですから、勝ったとしても観戦するしかないのは置いておいて、新道寺の子、悪魔に憑かれてませんか?」

はるる「(ポリポリ)本当だ。テディベア人形サイズのちっちゃな悪魔が宙に浮いている。浄眼を持たない普通の人間には見えないだろうけど・・・」

霞さん「あらあら、ドラクエにでてくるベビーサタンみたいな風体の可愛い悪魔さんね(くすっ)」

ハっちゃん「えっ、そうなのですか? 私には良く見えないのですけど・・・」

巴「はっちゃんは鬼門にかまけすぎて、肝心の巫女修行を疎かにし過ぎです」

ハっちゃん「しょぼーん」

姫さま「・・・・・・・・・・・・zzz」

巴「あの悪魔、さっきから上家と下家の間を忙しく行ったり来たりしてるけど、何してるんでしょうか?」

霞さん「きっと他家の手牌を覗いているんじゃない? 悪魔は契約者と視界をシンクロさせられるし、あの新道寺の子、デビルアイの持主って雑誌に紹介されていたから(くすっ)」

巴「けど対面を覗きにいかない所を見ると、契約者の半径50cmから離れられないのでしょうね。まだ生誕十年未満の低級悪魔みたいですね」

はるる「(ポリポリ)どうする? これから会場を訪ねて祓ってあげる?」

霞さん「放っておいても大禍ないんじゃない? どうやら契約者と仲良くやっているみたいだし、あのショボイ能力じゃ対価もたかが知れているでしょうから(くすっ)」

巴「あっ、新道寺が対面の千里山からポンした? 碰材を取る時に必死に身体を奥に伸ばして、悪魔を対面の手牌を覗ける位置まで送り込んでますよ」

ハっちゃん「私にはその情景が見えませんが、そこまでせせこましいと逆に涙を誘われますね(ホロリ)」

姫さま「・・・・・・・・・・・・zzz」
233 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/19(水) 21:10:30.01 ID:VlE3coXo0
デビデビ(ケケッ・・・、今ので対面の手も分かったし、さっきみたいな振り込みはねーな、姫子?)

姫子(まーね、けどデビデビも悪魔の端くれなら、魔物みたいに伏せ牌の中を覗いたりとか、牌を自由に入れ換えたりとかできないの?)

デビデビ(おいおい、エーテル体のオイラは物質に触れることはおろか、契約者の姫子以外には見触りできないのは知ってるだろ?(巫女だかの霊能力者にはオイラの姿が見えるみたいだけどな))

姫子(はーあ、視界を共有させられると言っても、コイツほとんど私の側から離れられないから、上下家の手牌を覗くぐらいしかできないし、何でこんなハズレ悪魔と契約しちゃったんだろ、私?)

デビデビ(贅沢言ってるんじゃねーぞ、姫子。そんな程度の能力でもチームのエースになるのには十分だっただろ? 牌を自在に操れるアストラル体の上級悪魔なんかと契約したらマジに寿命を削られっけど、オイラの対価は姫子と一緒にお風呂に入るだけだから、実に良心的だろ?(ケケッ・・・))

姫子「(くう〜、このスケベ悪魔が・・・)あ、ロンです。5800」

淡「オーノー(また山越し。もしかしなくても、私、新道寺から狙われている?)」

竜華(特に何もしてないのに白糸台との点差が一万を切った。さっきの満貫ロンのプレゼントといい新道寺さまさまやな)

姫子(よし、これで二位とはほぼ二万点差。このまま親で連荘して一気に追い抜く)

穏乃(今の連続放銃で収支はマイナス二万以上。王者白糸台の大将はこの程度なのか?)

淡((ムッ)何よ、お猿さん。その人の実力を疑うような目は? 山越しを一々警戒していたら麻雀にならないし、自分の方が先に当たり牌を切ってる癖に、点数差と何よりも阿知賀より白糸台に消えて欲しい思惑に守られて、見逃されている立場なのが分からない?)

淡(後半から本気をだして、華麗に逆転してやろうと思っていたけど、や〜めた。さっきから私を狙い撃つ新道寺のピエロにもムカついてきたし、こうなったら全員纏めて地獄を見せてあげる)ゴッ・・・。(宇宙を背景に何かが卓上を侵食する)

白糸台控え室

亦野さん「いつまで遊んでいるのかと思ったが、いよいよ始めるみたいだな」

たかみー「ええ、大星淡の次元迷宮(アナザーディメンション)」

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
234 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/19(水) 21:20:45.09 ID:FJkhxgTNo
?「リンシャンカイホーとはどんな効果だ?」
235 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/09/20(木) 08:16:06.48 ID:6wSgk1Mho
上位悪魔と契約したらツモ牌を創造するのか
236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/20(木) 12:21:40.96 ID:s5hhG1sx0
あわあわ小者感やべえ
237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 13:35:45.94 ID:atNs0/350
>>234
相手は死ぬ
238 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/20(木) 14:01:37.03 ID:0BCfCdV8o
あわあわ「お見せしよう王者のうちゅスジを」
239 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/20(木) 20:54:02.02 ID:un8tY55j0
南1局1本場 親 鶴田 ドラ3

淡「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ゴッ・・・。(宇宙を背景に何かが卓上を侵食する)

竜華(なんや、この違和感は?)

穏乃(!・・・・・・・・・あれ、何だろう? この妙な感覚はどこかで?)

姫子(よし、白糸台の配牌は確認できた。デビデビ、次は阿知賀の方を・・・)

デビデヒ(駄目だ、姫子。この空間は隔離されてる。オイラ、ここから動けない)

姫子(はあ? あんた何、意味不明なこと言ってるのよ? 私の目と鼻の先にいるじゃない?)

デビデビ(信じられないだろうが、この雀卓は四つの別々の空間に切り分けられてんだよ。多分、あの金髪娘の能力だ。あいつが空間を解かない限り、姫子の元にも戻れない)

姫子(デビデビが何を言っているのか、さっぱり分からない)

南家・淡手配 八八678AAABC【D】EF 次ツモG 【偶数場】

淡「ツモ、タンヤオツモドラ1。2000、1000の1本場で4300」

穏乃(今日はじめての白糸台の和了)

竜華(ADG八の四面張か。そりゃ引く時は引けるわな)

姫子(また親が流された。デビデビ?)

デビデビ(ふー、やっと空間が解除されて姫子の元に戻れた・・・って、言ってる側からまた空間が閉じられた。これじゃ白糸台にも阿知賀のどちらにも覗きにいけねー)

姫子(はあ、本当に一体何が起こっているのよ?)

―――――――――――――

白糸台控え室

亦野さん「まだ場の異変に気づいた者はいないようだな」

たかみー「パッと見は普通の四面張を和了っただけしね。けど淡の場は多分【偶数場】だから、AG八の和了牌のどれかはかなりの率で引ける。淡の和了は必然」

亦野さん「次から大星の親だし、どこまで連荘するか見物だな」

照「・・・・・・・・・・・・・・・」
240 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/20(木) 20:54:43.36 ID:un8tY55j0
南2局 親 大星 ドラ8

東家・淡手配 二三四567ABCDEF北 次ツモ北 【字牌場】

淡「ツモのみ500オール」

竜華(特に痛ない単なる安手やけど、最後の妙な打ち回しはなんや?)

姫子(何でGを切っての北単騎? 普通なら北捨てA−D−Gのリーチでしょうに。それならツモって赤ドラ引くか裏が乗れば、親満の可能性もあるのに)

穏乃(でも北単騎に替えてからのツモは発東東北で全部字牌。いつか北をツモれるのを予見した? まさかね・・・)

南2局1本場 親 大星 ドラE

5巡目

南家・竜華手配 【五】六七1366AABBCG 次ツモ9 【順子場】

竜華(なんやか、手が進んでんだが進まないだが分からない微妙なツモやな。まるで迷宮にでも嵌まりこんだかのようや)

8巡目

北家・姫子手配 二二二88【D】EGHH北北北 次ツモ南 【対子場】→【姥捨場】

姫子(あーん、さっきまで調子良く牌が重なると思っていたら、急に河に捨てた牌しかツモれなくなった。流れが変わりすぎ)

10巡目

西家・穏乃手配 一二三四六六八BC【D】西西西 次ツモ8 【絶一門(萬子)】

穏乃(萬子が引ければ聴牌できるのに、中々ツモれなくて一向聴から進まない。あれ? この感覚どこかで・・・・・・一体どこだっけ?)

11巡目

東家・淡手配 六七八2223456ABC 次ツモ7 【奇数場】

淡「ツモ、タンヤオ平和ツモ1300オールの1本場で1400オール」

竜華(親の連荘。そりゃ13467の五面張やから、和了って不思議はないんやけど、何なんや、この妙な違和感は・・・)

姫子(デビデビ、毎回局が始まる度に動けなくなるから、どちらか一人しか覗けないんだよね?)←デビデビの説明が理解できないので、結論だけを問い掛ける。

デビデビ(ケケッ、空間は閉じられても、デビルアイの視界共有は有効みてえだがら、そうなるかな?)

姫子(なら、もう戻ってこないでいいから、ずっと白糸台に張りついてろ。あいつが何をしているのか手牌の動きから突き止める)

穏乃(・・・・・・・・・! 思い出した。この感覚、赤土先生の車で長野に遠征した時に手合わせした龍門渕の天江衣の一向聴地獄に似ているんだ)

穏乃(あの化物みたいな天江さんと似たようなことができるってことは、やはり白糸台の大星淡は魔物なのか? けど天江さんの一向聴地獄とは根本的に何かが違う。それが何なのかは分からないけど、このままだと取り返しのつかないことになりそうな予感が・・・)
241 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/20(木) 22:09:21.40 ID:xjMmoUDeo
支援支援
242 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/21(金) 15:22:44.69 ID:DZyMh4OHo
さすがに相手にチョンボさせるこのスレの淡には殺意が沸いた
相手妨害でも一向聴地獄みたいな麻雀の枠を出てないもんなら許せるが、幻覚見せてチョンボさせるのは許せない
243 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/21(金) 15:38:35.60 ID:CkTzYrKno
対戦相手が怖くて麻雀を打てなくなる
チームメイトからチョンボの事を責められて麻雀打てなくなる


これって 穏乃勝っても 麻雀打てなくなるんじゃねぇ
麻雀が人気の世界で やらかしたらかなりのマスコミからのバッシング受けると思うけど

甲子園でホームラン打って3塁から回るようなもの
そしてアウトなの?はいどうぞって、やってるような感じだからな
244 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/21(金) 16:33:18.70 ID:ae74zUiHo
245 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/22(土) 12:54:31.34 ID:0fTbgEhS0
南2局2本場 親 大星 ドラF

亦野さん「攻防一体型の支配系能力『アナザーディメンション』。卓上の四人をそれぞれ別個の迷宮に取り込む。四人は迷宮の場のルールに応じた牌しかツモれずに、各々の場は3巡〜7巡ぐらいでランダムに別の場に切り替わる・・・で合っているか?」

たかみー「正解。【対子場】は手にある牌と同じ牌がツモれる。【字牌場】なら字牌しかツモれない・・・みたいなルールが設定されている」

南家・竜華手配 九1234678発発発北北 次ツモA 【絶一門(索子)】

竜華(くうー、さっきまで好調に索子が引けてたのに、急に索子がこなくなった。流れが変わりすぎや。後一個で大物手聴牌なのに今更引けるかいな)

亦野「迷宮は全部で7種類の場があるんだっけ?」

たかみー「ううん、【絶一門】は三種あるから合計9つ。けど校内戦で統計を図った限りじゃ、場を引く確率は一律11%じゃないみたい。【対子場】のような有効場は5%もないし、【姥捨場】みたいなハズレは25%ぐらいあるから、ゲームバランスが取れてるかも」

西家・穏乃手配 二二八八11EFG東東西西 次ツモ4 【姥捨場】

穏乃の捨牌の河 北白H一四4白北白4

穏乃(また捨てた牌がきたよ。七対子一向聴で、こうまで牌選択が裏目ると泣きたくなる)

亦野さん「数ある支配系能力の中でも大星の『アナザーディメンション』が最強だろうな」

たかみー「そうね、何しろ管理者の淡自身が迷宮の支配に逆らえない。任意に好きな場を選べるわけでもないから、制約が厳しい程に能力が強まるスキル原則に基づいても、淡に有利な優遇措置が一切ない次元迷宮の支配力は桁違い」

亦野さん「その支配力からは魔物ですら逃げられないのは宮永先輩で実証済み」

照「迷宮のルールの範囲内でなら、私の支配力も行使可能。あと初期配牌にまでは影響は及ぼさないから、私の『連続和了』のニ向聴スタートも維持される(プイっ)」

亦野さん(・・・・・・拗ねてる。結構、負けず嫌いなんだよな、この人)
246 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/22(土) 12:55:20.80 ID:0fTbgEhS0
東家・淡手配 四五C【D】EFGH南南白白白 次ツモ三 【絶一門(筒子)】

淡(ツモ、白ツモドラ2、11600の2本場は4100オール)

デビデビ(ケケ、親満か。おい、金髪娘の闘牌から何か分かったか、姫子?)

姫子(良く分からない。心なしかセオリー外の牌選択を繰り返しながら、たまたま功を奏しているように見えるけど・・・)

姫子(特に今のは混一一通で親倍の目すらあったのに、躊躇わずに@Bのカンチャン落とし。まるでもう筒子が引けなくなるのを予め知っていたような・・・あ〜ん、やっぱり分からないよ〜)

デビデビ(ケケケ、所詮実力二軍の洞察力じゃそんなもんか。姫子が憧れてる切れ者の太股部長なら何か掴めたかもしれねーのにな)

姫子(デビデビ、哩先輩を嫌らしい目で見るな)

デビデビ(おいおい、その口が言うのか、姫子? デビルアイの視覚共有を利用して、オイラに太股部長のスカートの中を覗かせてるのはお前だろ?(ケケッ))

姫子((かあー)うるさい! うるさい! うるさい!)
247 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/22(土) 12:56:07.33 ID:0fTbgEhS0
南2局3本場 親 大星 ドラ1

8巡目

東家・淡手配 三三六六11CC【D】GG中中 次ツモ西  【順子場】

淡(とほほー。ドラ3七対子を聴牌した途端、【順子場】に突入しちゃったよ(涙)。手の中にある牌は絶対にツモれないから、この場が続く限りチートイをツモ和了れる可能性は0%だけど・・・)チラリ

穏乃の捨牌の河 北東西白H二北 【字牌場】

淡(せっかく字牌整理が終わったぽいのに、また【字牌場】が巡ってくるとかご愁傷さま(うぷぷ)。お猿さんはこれから字牌が炙れてきそうだから、点数は少し落ちるけどドラよりこっちで待つのが一興かなー)【D】を捨てて西待ち

10巡目

穏乃(なんかさっきから字牌しかこない。麻雀じゃ良くあることだけど、流れが悪すぎる)西をツモ切り

淡「ロン、七対子ドラ2で、9600の3本場は10500」

穏乃「!?」

亦野さん「見事に落し穴に嵌まったな。大星は任意の場を選べないから、一見条件は互角に思えるが、管理者権限なのか自分を含めた四人の場の正体を全て把握している」

たかみー「これは地味に大きい。予め【偶数場】と分かっていれば、奇数牌と字牌はツモれない前提での打ち回しで牌効率に大きな差がでる。他家の場が見えるなら捨て牌と組み合わせて、手の進み具合と傾向もある程度は察せるし、今みたいな待ち伏せも可能」

亦野さん「他家が手探りで迷宮をうろついている中、一人だけ高性能MAPレーダーを保持して全員が迷路のどの位置にいるか分かるようなものか。半荘単位で次元迷宮を展開させトータルで収支を競えば、まず負けないわけだ」

たかみー「しかし、これほどの大規模な支配能力を、やろうと思えば十半荘でも維持できる持久力はかなり異常」

亦野さん「大星の説明によれば、あの次元迷宮は大星自身が作ってる訳じゃないらしい。別宇宙の超常者によって創造され放置状態のままの空間への門(ゲート)を単に繋いでいるだけだから、大星本人にかかる負荷はゼロに等しいそうだ」

たかみー「・・・・・・・・・相変わらず魔物の解説は、無駄に壮大で哲学的かつ難解・・・」
248 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/22(土) 14:33:00.74 ID:FM9xzNgE0
邇狗煙縺梧髪驟阪〒縺阪↑縺縺ィ
249 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/23(日) 12:32:37.61 ID:s8p0yYxf0
竜華(今ので五連続和了。どんな安手でもええから、白糸台の親を流さないと・・・)

姫子(低級とはいえ本物の悪魔の能力を凌駕するなんて、こいつもやはり魔物なんか?)

穏乃(やばいよ、開始前に五万点はあった二位との点差が半分以下に減ってる(あせっ))

南2局4本場 親 大星 ドラ九

亦野さん「圧倒的だな。といっても大星の次元迷宮は、相手を完封する類の無敵の能力という訳ではないけどな」

たかみー「そうね。運良く【対子場】を引けば、手は一気に進むし、しゃにむに迷路を走破しても偶然ゴールに辿り着けることがあるように、迷宮同士が上手く繋がれば和了るケースもある」

南家・竜華手配 三四五六六六七456GGG 次ツモ八 【偶数場】

竜華「ツモ、2000の四本場で3200や(ふー、長かったわ。やっと白糸台の親を流せたで)」

亦野さん「千里山が和了ったか。平均すると一半荘に1、2回ぐらいは誰かがマグレ和了するんだよな。逆にその所為で次元迷宮の正体を更に見えにくくしているのだが」

たかみー「魔物は『100%前提』での決め打ちを良くするから、どうしても牌符に不自然さが染み着く。けど淡は私たちと同じ『確率論』で麻雀を打ってるから、魔物特有の歪みが牌符に残りづらい」

亦野さん「そうは言っても、私らが5%〜20%ぐらいのか細い理に縋って牌計算している中で、淡は25%〜50%ぐらいの剛理に従って解答を逆算しているが・・・」

たかみー「それでも手頃な頻度で裏目を引くから、良い目晦ましになる。今大会でも要所要所で次元迷宮を発動させ欲しい時に和了を稼いでいたけど、恐らくは誰にも気づかれていない」

亦野さん「何らかの『必勝の黄金律』を所持しているのが従来の魔物の生態だからな。実は淡に一方的に有利な牌操作など一切行われていないという逆転の発想に思い当たらない限り、牌符から迷宮の存在ましてや法則を看破するのは名門校の参謀でも至難か・・・」
250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/23(日) 12:33:20.28 ID:s8p0yYxf0
南3局 親 清水谷 ドラ中

北家・淡手配 二三四678CDEFFFG 次ツモB 【奇数場】

淡(ツモ、タンヤオ平和ツモで1300、700)

竜華(くっ、やっと和了った思うたら、今度は私の親があっさり・・・)

亦野さん「まあ、そうなるよな。某『トルネコの不思議のダンジョン』のように毎回迷路の形が変化するのに、何度もマグレ走破などできはしないさ」

たかみー「迷宮の存在と法則を熟知している私たち白糸台レギャラーでも、淡への勝率は一割未満。ましてや何も知らない初見の者が勝てる道理はない」

亦野さん「ところで、もし【偶数場】でツモれる偶数牌がもう山に残ってなかったら、どうなるんだっけ?」

たかみー「その時はシンタックスエラーで、ランダムに牌をツモることになる。その場合も山から偶数牌が尽きたという貴重な情報を得られるから、淡にとってあまり痛手はない。そういうイレギュラーなケースにも柔軟に対応できるように、淡はあまりリーチを掛けないしね」

亦野さん「場の特定でどうしても後手にまわる私たちが中々勝てないのもまた道理か。そして大星にはアナザーディメンションの副次効果で生まれたもう一つの必殺スキルがある。こっちも一半荘に一回ぐらい出現する確率だが果たして・・・・・・」

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

亦野さん「あのー、宮永先輩も何か喋ってくれませんか? 弘世先輩がいないから、私と尭深の二人だけで解説の場を繋ぐの結構しんどいのですが・・・」

照「解説って誰に?」

亦野さん「すいません、今のはメタ発言でした(ペコリ)」

たかみー「ズズッ・・・」

照「後で私なりの解説をするから大丈夫。それと私と淡の通算成績は私が六割は勝っている。一緒にしないで(プイっ)」

亦野さん・たかみー(ま・・・負けず嫌い(汗))
251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/23(日) 12:34:01.68 ID:s8p0yYxf0
大将戦 南4局 親 高鴨 ドラ八

8巡目

西家・淡手配 一東東東南南西西白白白発中 次ツモ8【姥捨場】

淡(はあー、【字牌場】から【対子場】に繋がって、公の場でカッチョ良くアレを決めれるかと思ったけど、たった2回分の恩恵で【対子場】が打ち止め。よりによって【姥捨場】に突入とは・・・(しょんぼり))

淡(アワアワリサーチだと、場が切り替わる確率は(3巡5%、4巡25%、5巡40%、6巡25%、7巡5%)だから、3巡なんて早すぎです。おかげで二向聴で止まっちゃったじゃないですか(プンスカ))

9巡目

淡(あれっ? お猿さんがまた【対子場】を引き当てたよ。いーなー、欲しいなー(ジュルリ))

淡「(ラッキー。お猿さんが南を捨てたよ。その【対子場】、私にちょーだい)ポン!」南をポンして一捨て。

西家・淡手配 東東東西西白白白発中《南南南》 【姥捨場】⇒【対子場】
東家・穏乃手配 八225【5】6AAEE西北北 【対子場】⇒【姥捨場】

たかみー「通常、3〜7巡でランダムに切り替わる次元迷宮にも、即欲しい場を引き当てる裏技がある。鳴きによって自分と相手の場がそっくり入れ替わる」

亦野さん「大星が無理鳴きする時は、自分の【姥捨場】を他家に押し付けるか、もしくは他家の【対子場】を奪うかのどちらかだな。全ての場の正体が分かる大星にしか狙えないけど、これであの必殺スキルの下地は完成したな」

10巡目

東家・穏乃手配 八225【5】6AAEE西北北 次ツモ6【姥捨場】

穏乃「(良かった。一度捨てた6が重なったよ。ドラ八と西のどっちで待つか? 西の方が出和了し易いだろうけど、八ならリーチをかければ親っ跳確定。裏が乗れば親倍もある。白糸台ともかなり差を詰められたし、ここは欲張って攻める)リーチ!」西捨て

淡「・・・・・・・・・・・・・・・(また【姥捨場】と交換したくないから無視)」

姫子(なんで白糸台は西をポンしないのよ? そうすれば字一色のテンパイなのに・・・)不要牌をツモ切り。

淡「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(何かをツモッて中捨て)

姫子視点:
西家・淡手配 東東東西西白白白発発《南南南》 (西−発の双碰待ち)

姫子(・・・って言ってる側から、発を自力で重ねて聴牌したですって!? まさか無理に副露しなくても有効牌をツモれるのを予見していた!?)

姫子「(なら、もしかして次巡でのツモ和了も確信している? ヤバイ、役満なんて冗談じゃないし、何とか流れを変えないと・・・そうだ!)その千里山の2をポン!」

姫子の場:【偶数場】 ⇔ 竜華の場:【絶一門(萬子)】

11巡目

穏乃(くうっ〜。今のポンで、一発どころか私のツモ番が飛ばされた)

淡(惜しいね、ピエロさん。私との間で副露しないと私の【対子場】は奪えない。ついでに阿知賀のツモ機会まで奪っちゃったから悪手だけど、どのみちお猿さんは【姥捨場】で和了れないから関係ないよー)

西家・淡手配 東東東西西白白白発発《南南南》 次ツモ発 【対子場】

淡「(キタ――(゜∀゜)――ッ!! 久々にアレやるよー)さあ銀河を遍く星々よ。私の元に集いなさい」ぐいっ(髪の毛を逆立てながら両掌で牌を握り込む)

穏乃・竜華・姫子・デビデビ「????」

淡「ギャラクシアンエクスプロージョン!! 字一色16000、8000です」

全員「うわああ・・・!!」「きゃああ・・・!」「いや〜ん!」(ケケッ・・・)

※銀河の星々が砕け散る派手なエフェクトイメージを背景に、三人と一匹を纏めて吹き飛ばす。

竜華(そ・・・そんな、オーラスで役満やて? 怜ぃ・・・)

姫子(分かっていながら、止められなかった(ガックシ))

穏乃(あれ、今親被りしたの? 前半だけで、どれだけ失点したんだ、私?(クラッ))

淡「(あー何発撃っても凄くキモチイー♪)みんなーお疲れさま(ぺっこりん)」

実況「前半オーラスで白糸台大将大星の役満炸裂。白糸台、阿知賀を抜いて次鋒戦以来の久方振りのトップに躍り出ました」

白糸台  156600(+45400)
阿知賀  124800(−38200)
千里山   67500(−7200)
新道寺   51100(+−0)
252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/23(日) 12:34:51.57 ID:s8p0yYxf0
照魔鏡コレクションシリーズ(白糸台編)

弘世菫 身長169cm B:83 W:57 H:82
攻撃力:B 守備力:B 技術:B+ 速度:B 精神力:B 本日の運気:?
保有スキル:
弓直撃(シャープシューター):B 強い直感により、狙った他家が真っ直ぐにテンパイした際の炙れ牌を予見し、上手く手牌の待ちを調整できる。百発百中に近い精度でノーコストで何度でも使用可能だが、他家が非合理的な理由で態と聴牌を崩した時には避けられる場合もある。

大星淡 身長155cm B:79 W:54 H:77
攻撃力:C(A) 守備力:C(A) 技術:B(A+) 速度:C(A) 精神力:A 本日の運気:?
保有スキル:
次元迷宮(アナザーディメンション):S 自分を含めた卓の全員を別個に迷宮内に取り込む攻防一体型の支配系能力(自分のパラメタを()数値に、他家のパラメタを1ランク(速度のみ2ランク)ダウンさせる)この迷宮は3〜7巡おきに【対子場】【順子場】【偶数場】【奇数場】【字牌場】【絶一門(萬子)】【絶一門(索子)】【絶一門(筒子)】【姥捨場】にランダムに切り替わるので、場の流れを判断し辛くなる。大星自身も任意の場を選べないが、自分や他家がどの場なのか把握しているので、結果的に牌効率に大きな差が出る。鳴きによって互いの場が入れ替わる他、場のルールに反しない範囲でならスキルに応じた有効牌のツモは可能(【偶数場】でドラが八なら、松実玄ならドラを優先的にツモれるなど)
【対子場】最も恩恵を齎す場。手配にある牌と同一牌がツモれるので、必然的に手が進む。
【順子場】【対子場】とは逆に手配にない何らかの牌をツモる。基本的には手が進まない。
【偶数場】二四六八2468ACEGのどれかをツモる。多面待ちとの相性抜群。
【奇数場】一三五七九13579@BDFHをツモる。【偶数場】と同系統の場。
【字牌場】東南西北白発中をツモる。ハマルと恐いが事前情報がないと手を凍らせる。
【絶一門(萬子・索子・筒子)】特定の色の牌だけがツモれない。三種類ある。
【姥捨場】自分の河にある牌と同じ牌をツモれる。大星でも有効活用は難しいハズレ場。
役満大爆発(ギャラクシアンエクスプロージョン):A アナザーディメンションからの複合技で、場の特性を上手く繋ぎ合わせて役満を和了った時に、銀河の星々を砕く派手なエフェクトイメージと共に豪快に他家を纏めて吹き飛ばす。特に【字牌場】【対子場】が重なった時の字一色、大三元あたりの頻度は異常で、一半荘に平均一回の割合で出現。
幻朧魔皇拳(チープトリック):C 対面にいる相手に低級の暗示をかけて、牌を一個だけ誤認させる。人は大概信じたい物を幻視する傾向にあるので、大負けしている者ほど良くこの暗示に嵌まるが、逆に一度猜疑心を抱いた人間にはほとんど効果が見込めない。

亦野「なるほど、これが宮永先輩なりの解説ですか。確かにこれなら判りやすいですね(こんな長文の宙二設定を真面目に読んでくれればですが・・・)」

照「それが自慢(営業スマイル)」

たかみー「ズズ・・・(もし、原作の私の収穫の時(ハーベストタイム)が採用されていた時のスキルランクが気になる・・・)」
253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(広島県) [sage]:2012/09/23(日) 14:41:45.88 ID:toENu2iL0
わあかっこいい
254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/09/23(日) 16:37:23.48 ID:tAyCFO3O0
わあい
255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/09/24(月) 04:47:44.66 ID:wBp6RdfDo
面白い
256 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/24(月) 05:36:15.72 ID:V98ng0sDO
あわあわの能力星矢じゃんwww
257 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/24(月) 19:33:58.41 ID:eYC6Lleb0
阿知賀控え室

憧「しず・・・・・・」

キャプテン「憧さん。穏乃さんの所に行ってくれますか?」

憧「!・・・・・・分かった。ただし、あたしは美穂子みたいに優しくはないわよ」バタン

レジェンド「大星淡、想像していた以上の怪物だな。美穂子、奴の能力について、何か分かったか?」

キャプテン「いいえ、場の全員に効力を及ぼす全体支配系らしいのは確かですが、魔物のスキルにしてはアバウトな要素が多すぎるので、それ以上のことは・・・」

玄「衣ちゃんの一向聴地獄に似ているような気もするけど、なんか違うんだよね。とにかく場の流れが極端すぎてもうグチャグチャ」

宥「場というよりも一人一人の流れが全員違うよー。急激な流れの変化に全員戸惑っている中で、大星さんだけが的確に流れを読めているみたい」

レジェンド「その支配系能力を行使していたのは南場だけのようだが、それであの攻防力の高さは脅威以外の何者でもない。もし後半丸々やられたら正直お手上げだな」

キャプテン「いえ、多分その方が助かります」

灼「えっ?」

キャプテン「まだ大星さんの能力の全貌は掴めませんが、弘世さんのシャープシューターのような誰かを極端に狙い撃ちするスキルとは違うようです。穏乃さんが七対子を振り込んだのはたまたまの巡り合わせのようですし」

キャプテン「だから場の全員が平等に被害を受ける以上、今の点棒状況で一位通過に拘らないなら、大星さんに暴れてもらった方が有り難いくらいです。更にデータを採取できれば、決勝までに大星さんの能力を解明できる可能性もありますし・・・」

レジェンド「なるほど。二位通過でも良しとできるのは、伝統や体面に縛られる名門校にはない新鋭の強みだな」

キャプテン「はい、私も風越にいた時はこんな考えは無理でしたが、今は弱小校なりの戦い方を楽しむことにしています。ただ・・・」

みはるん「何か懸念でもあるのですか、福路先輩?」

キャプテン「ええ・・・。華菜、公式戦で天江さんと直接戦ったあなたなら分かるわよね? 魔物の子供じみ・・・(コホン)・・・もとい厄介な生態について・・・」

池田「もちろんにゃー、美穂子先輩。あいつら、とにかく性格悪い上に遊び好き。能力を行使すれば何時でも勝てるものだから、態と隙を見せて獲物を甚振るんだにゃー」

池田「清澄にいるもう一匹の嶺上使いの魔物は、個人戦で最初プラマイゼロを連発してから、最終的に一位を取るなんて舐めた真似しくさるしー」

キャプテン「(それは宮永咲さんのことでしょうか?)同じ魔物でも宮永照さんは勝利に最善を尽くす真っ当な雀士ですが、あの暗示技といい大星さんは天江さん寄りの魔物のような気がしてなりません。それが後半の流れに影響を及ぼさないといいのですが・・・」
258 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/24(月) 19:34:44.53 ID:eYC6Lleb0
大将卓、各自休憩中

穏乃(四万点近い失点て、一体何の冗談? あのチョンボがなかったとしても、普通の麻雀ならもう飛んでるじゃん。こんな私が後半も戦える・・・!)

憧「しず・・・」

穏乃「憧、来てくれたんだ(レイプ目)」

穏乃「ははっ・・・、何やってるんだろうね、私? 個人戦も一人だけ圏外だったし、これが私の本当の実力なのかな? 美穂子さんは団体戦特化型って煽ててくれたけど、全国でもここまでずっとマイナスだし、このままじゃ私が皆の夢を・・・!?」パン!(頬を叩かれる音)」

憧「何一人で勝手に黄昏てるのよ? 三位との間に何万点差あるか分かって言っている? 今の点棒状況で絶望するなんて、まだ勝ち抜けを微塵も諦めてない千里山や新道寺の大将に対して失礼じゃないの?」

穏乃「あ・・・憧(頬を抑える)」

憧「大失点したから、だから何? 大将のあんたの役目はあたし達とは根本的に違うのよ。どこぞのラス確大将みたいなフザケタ真似したらプラス収支だろうと失敗だけど、きちんと二位で戻ってくれば仮に十万点失っても成功よ」

穏乃「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

憧「五人全員で戦うのが団体戦だから、一人の凹みは皆でカバーし合うものでしょう? そりゃ収支だけで判断する観客は失笑するかもしれないけど、あたしはしずを笑わないよ。だからどんなに惨めでも投げ出したりしないで。いつもみたいに真っ直ぐなしずでいてよ」ギュッ(穏乃を抱き締める)

穏乃「憧・・・・・・!?」パチパチパチ(拍手の音)

淡「わーお、女同士の友情って素敵。正直憧れちゃう」パチパチ。

憧「(キッ)あんたね・・・!」

淡「恐い目で睨まないでよー。茶化している訳じゃなく、マジにカンドーしてるから」

憧「フン、どうだか。牌を誤認させるエゲツナイ暗示を使う奴がよく言うわ」

穏乃「えっ? アレって白糸台の子の仕業だったの?」

淡「へー、私のチープトリックに気づいてたんだ? やっぱり先鋒の金銀妖瞳(ヘテロクロミア)の人の考察? さっすがテルーが面倒臭い相手と評するだけあるねー」

穏乃「へてろく?」

憧「左右の瞳の色が違うオッドアイのことを、外国ではヘテロクロミアとも呼ぶのよ、しず(くっ、そりゃ先鋒戦は収支だけ見れば四万点以上差があったとはえ、あれだけ獅子奮闘した美穂子もチャンピオンからすれば、その程度の認識か)(ギリッ)」

淡(アレー、まためっさ睨んでる? 面倒臭いって評価は負けず嫌いのテルーからすれば、最上の褒め言葉なんだけどなー。テルーって空気読めないから、普段は十万点差つけた対戦相手を手強いとか持ち上げるけど、相手からしたら絶対屈辱だよねー)

淡「話を戻すけど、私は茶化つもりも貶しにきた訳でもないよ。ただ忠告しにきただけ」

穏乃「忠告?」

淡「うん、お猿さんだけでなく、次鋒以降の阿知賀の面々は気持ちよく打てたでしょ? 下位校からのダメージを私たち白糸台が防波堤のように妨げてきたから、まるで鬼ケ島に鬼退治にいくピクニック気分でさ」

憧「・・・・・・・・・・・・・・・」

淡「でも、トップから転がり落ちた以上、景色は一変するよ。ここから先は地獄の渕を通る。ヘル・エッジ・ロード(うわ、今の台詞決まった。私ってば、ちょーカッコイー♪)」
259 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/24(月) 19:35:31.67 ID:eYC6Lleb0
十年前・???

淡(5さい)「あれっ、ここはどこ? うちゅー?」

???(次元迷宮へようこそ、太陽系第三惑星の魔物よ)

淡(5さい)(なにこれ? こえがあたまのなかにひびいてくる?)

???(実は次元迷宮のモニターを募集しているんだ。君も遊んでいかないかい?)

―――――――――――――

淡父(最近、淡は空を見上げたままボーっとしていることが多いがどうしたんだ?)

淡母(何でも宇宙人と交信しているとか・・・。麻雀の才能を拗らせて向こう側の世界に行っちゃったのかしら?)

―――――――――――――

淡(6さい)「といつばのしゅつげんかくりつはもーすこしさげたほうがいいよー。アレけっこうなバランスブレーカーだから」

???(ふんふむ。なるほどなるほど・・・)

淡(6さい)「あと、なきでおたがいのばがかわるのっておもしろくない?」

???(ほーう、それはまたユニークな発想だ(辺境惑星の魔物にも声を掛けた甲斐があったな))

淡(6さい)「あとねー、あとねー」

―――――――――――――

淡(7さい)「じげんめーきゅーってすごくおもしろい。わたし、ここだいすき♪」

???(ははは・・・、気に入ってもらえて何よりだ。君の協力でようやくこの空間もバランスが取れてきたよ)

淡(7さい)「いちばん楽しいのは牌がまるで見えないことかな。お友だちと麻雀打つといろんなモノが見えてつまらなかったから」

???(はは、そりゃそうだよ。この空間には魔物の直感力を鈍らせる結界が張られている。ここでは誰でも平等だ)

淡(7さい)「そんなこと、できるの?」

???(それはまあ、我々は君らが魔物と呼ぶ存在よりも七次元ほど高位にいるからね)

淡(7さい)「ふ〜ん、えらい人だったんだ?」

???(はは、偉くなんかないさ。君らと同じ単なる麻雀好きの知的生命体だ。ただその所為で我々は麻雀を楽しめなくなってしまった)

淡(7さい)「どーして?」

???(君と似た悩みだよ。能力開発が行き過ぎて、麻雀の意外性をどんどん消してしまい、とうとう牌を並べる前からオーラスまでの牌符が全て決定する末期状態に達してしまった)

淡(7さい)「?」

???(アワアワには難しかったかな。判りやすく言い換えると、『ドキドキ』できなくなったのさ)

淡(7さい)「あ、それならなっとく。わたしもここに来てから『ドキドキ』できるようになったから」

???(我々自身が楽しく麻雀を打てるように開発したのがこの次元迷宮だ。魔物の予知めいた直感を封じるが、流石にスキルの全てを封印するのも外連味がないから、場のルールの範囲内に応じたスキルの使用は許可してある。だが・・・)

???(バランス調整の為に銀河の星々から魔物のモニターを集めたが、最後まで残ったのは君一人だ。どうやら彼女たちは勝負がしたいのではなく単に勝ちたいだけらしいので、次元迷宮の親切機能は余計なお節介だったようだね)

淡(7さい)(『ドキドキ』できないしょーぶに勝って楽しい? アワアワ、その感覚よくわかんなーい)
260 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/24(月) 19:36:16.98 ID:eYC6Lleb0
淡(9さい)「いや、私、この次元迷宮と別れたくない」

???(・・・・・・君の功労には感謝しているが、β版が完成した以上、こちらにも納品義務が・・・・・・・・・)

淡(9さい)「やだやだやだやだ、私ずっとここで遊びたい。びえええーん!!(ジタバタジタバタ)」

???((アタフタ)アワアワ、泣かないでくれ。なら、こういう条件ならどうか?)

淡(9さい)「?」

???(私たちの星では未開惑星の者に無償でオーバーテクノロジーを授けるのは星間条約で禁止されている。だから君に次元迷宮の管理を預ける代わりに魔物の直感力をいただく)

淡(9さい)「うん、いーよ(アッサリ)」

???(ほ・・・本当にいいのかい? もう今までみたいに欲しい牌を引いたり、伏せ牌の一部を覗いたりはできなくなるんだよ?)

淡(9さい)「ゼンゼンもんだいナッシング。私も『ドキドキ』したくて麻雀やってるから」

???(平等とランダムをモチーフにする次元迷宮は決して君の味方ではない。いつか君を裏切るかもしれないよ?)

淡(9さい)「それこそのぞむところ。もっと私のおもわくをうらぎってほしい。もっと私をきょーがくさせてワクワクさせてほしい」

???(分かった。なら君にはこれを与えよう)鍵のようなものが淡の胸の中に吸い込まれる。

???(次元迷宮への門(ゲート)を開く鍵だ。これで君はいつでも次元迷宮を呼び出せる)

淡(9さい)「わーい、これで地球のお友だちにも次元迷宮をひろーできるんだ?」

???(まあ、地球人の寿命はたかだか100年。我らからすれば瞬きするほどの刹那。そのぐらいなら預けても支障はないか)

淡(9さい)「次にうちゅーじんさんが会いにくる時までに、私、場の流れを当てられるようにしておくねー」

???(はははっ・・・、魔物の直感をもってしても読めない流れを、その力を失った君がどうやって見当てるというのかね?)

淡(9さい)「努力とこんじょー(ニカッ)」

―――――――――――――

現在・全国準決勝大将戦決勝卓

淡(あれから場の流れを瞬時に見極められるようになるまで五年かかったよ。去年久々に訪ねてきた宇宙人さんも驚いていたっけ。ご褒美とかいって『チープトリック』というお遊びスキルを置いていったけど(クスっ))

淡(昔の私なら、新道寺の山越しなんて簡単に避けられただろうけど、後悔はないよ。私は『ドキドキ』したくて麻雀をやってるし、次元迷宮は未だに私を飽きさせない。果たしてこの決勝卓にいる相手は私の次元迷宮を上回る何かを見せてくれるのかな?)

実況「休憩時間はこれで終わりです。各校の大将の選手は卓に戻ってください。これより大将戦後半戦を始めます」
261 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/24(月) 19:52:02.77 ID:gLAB283IO
中2病の悪い例だな、出直して来い。
262 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/24(月) 21:08:46.48 ID:05M7MM9z0
書けば書くほどひどくなっているようだが、大丈夫か?
263 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/24(月) 21:31:41.19 ID:klQNJCz6o
楽しそうで何よりじゃないか!
264 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/24(月) 21:49:39.25 ID:UAqslzeIO
麻雀じゃなくてファンタジーやってるだけだろ
しかも何気にキャラdis混ぜてやがる
265 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage saga]:2012/09/24(月) 22:28:13.25 ID:At0c66xP0
清澄の段階でこういう展開を楽しむスレということを踏まえないといけない

ぶっとんでていいじゃないですか
266 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/24(月) 23:10:07.10 ID:1og5qE7IO
確かに長野の県大会で特定キャラ贔屓してることが分かって嫌な予感がしてたが予想以上に酷い
基本清澄sageキャプテン信者ageだし
267 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/09/25(火) 13:26:34.45 ID:ANBc+QxQ0
俺は嫌いじゃないぜ、こういうの
268 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/09/25(火) 16:51:35.41 ID:Cax9TGJu0
最初の方は面白かったけど、大将戦で一気に変な感じになったな
デビデビの辺りからきな臭い匂いは感じてたが、淡が酷い
269 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/25(火) 17:12:57.96 ID:Dphq+YmY0
キャプの打ち方好きなのはわかる、俺もそうだし
それで特定の人をdisるのは別にいいけど、disるところは始めのころのようにさっと流せばいいのに
長々と書いてるからつまらん
270 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/25(火) 18:21:27.18 ID:KAf6OX8l0
実況「さあ、大将戦後半の開始です。逆転に成功した白糸台はこのまま逃げきれるか? 二位阿知賀といまだ五万点以上の差がある下位二校は追い付けるか? 注目しましょう」

大将戦 後半 東1局 親 清水谷 ドラ5

穏乃(ラス親は白糸台か・・・。確かに憧の言う通り、そんな簡単に逆転されるような点差じゃない筈だ。落ち着いていこう)

姫子(デビデビ、ターゲット変更よ。覗く相手は分かっているわね?)

デヒデヒ(ケケケッ、了解)

7巡目

淡「ふふふん、垂直リーチ♪(あれ? リーチ棒が倒れた? 千里山の先鋒の人、どうやってリーチ棒を固定していたんだろ?(う〜ん))」

穏乃(珍しいな、白糸台の子がリーチをかけてきた。この局、あの妙な違和感を感じないし、ツモも普通な感じだ。あの摩訶不思議な能力を使っていない?)

10巡目

南家・穏乃手配 四【五】八八九234888BB 次ツモ六

穏乃(よし、私の役目は二位以内でゴールテープを切ることだから、淡々と局を潰せればそれで十分。タンヤオがついたからリーチを欲張る必要もないし、ダマでいこう)

穏乃(九は親の千里山とリーチをした白糸台の現物だし、新道寺は2巡前から手替わりしていないから、これは通る)九捨て

姫子「ロン、チャンタ三色ドラ1、満貫」

穏乃(えっ、新道寺から直撃を喰らった? それも2巡前に白糸台が捨てている九牌を見逃しての変形の山越し? 今度は白糸台じゃなくて私が狙われたの?)

姫子(ふんっ、何を驚いているんだか・・・。私はあんたの味方かっつーの)

デビデビ(ケケケー、一局前の友はこの局の敵ってか? 麻雀って本当にオイラ達悪魔の遊戯だぜ)

姫子(白糸台があの変な金縛り技を使わなかったから、両方覗けて助かったけど・・・どうして・・・・・・ってあいつの思惑なんてどーでもいい。今の内に阿知賀との差を縮める)

淡(ふふん、これで分かったでしょ? ベタオリする覚悟じゃないと、山越しってそう簡単には避けられないのよ。果たしてお猿さんは最後まで逃げきれるかな〜?)
271 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/25(火) 18:22:15.55 ID:KAf6OX8l0
白糸台控え室

亦野さん「大星は次元迷宮の展開を取り下げたか。また遊ぶ気か、あいつ?」

たかみー「まあ、いいんじゃない? 淡は感覚頼りが多い魔物にしては珍しく、宮永先輩同様に基礎雀力が高いから、能力抜きでもそれなりに打てるし」

たかみー「それに淡のスキルはできれば決勝まで隠しておきたかったのが本音。下手したら三位落ち敗退すら有り得た緊急事態発生でそんな余裕はもうなくなったけど」

亦野さん「あのいけ好かない傭兵軍団の臨海女子にか? 今年は本気でタマを揃えてきたそうだが、彼方さんは二回戦で有珠山高校の後塵を拝し本当に二位抜けしたんだよな」

たかみー「あの試合は補欠を三人も登用し、例の留学生達を温存したから当てにならない。一位抜けした有珠山高校の大将が厄介な魔物なのは確かだけど」

亦野さん「全国個人戦三位の辻垣内が団体戦レギュラーから漏れた去年の面子も常軌を逸していたが、今年はダヴァン以外総入れ換えときたからな。現役の世界ランカーまで引っ張りだすとか、清く正しい高校の部活動でそこまでやるか?」

たかみー「その去年の臨海の留学生も実質宮永先輩一人に敵わなかった。やはり魔物は特別な存在。そして淡の次元迷宮はその魔物さえも封じる檻」

照「淡には悪いけど、私はあの空間が嫌い。あそこだと私の二者択一の直感が狂いまくるから(プイっ)」

亦野さん「○×問題が必ず外れると分かっていれば、敢えて逆の選択肢を選べばいいように思えるのですが」

照「そういう単純な話じゃない。そうやって自分の感覚を裏切ると、いざという時に自分の直感が信じられなくなる。自らの読みと心中しなければいけないのは魔物でも凡夫だろうと皆同じ」

亦野さん「なるほど。話しを戻しますと、大星は敢えて自由に打たせることで、三校の二位争いを高みの見物するつもりですかね?」

尭深「多分そう。松実玄に対抗しようと頑張ってる弘世部長には申し訳ないけど、個人的には現在二位の阿知賀が消えてくれると色々と助かりそう」

照「・・・・・・・・・・・・・・・」
272 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/25(火) 18:22:59.80 ID:KAf6OX8l0
後半 東2局 親 高鴨 ドラ発

竜華「ツモ、発ドラ2ツモで満貫や」

穏乃(今度は満貫親被り・・・。これが後半開始前の白糸台の忠告って奴? 千里山と新道寺の標的が明らかに私の方にシフトしている)

竜華(ふうー、これでやっと四万点差を切ったか。こないなるんやったら、白糸台を落とそうなんて小細工せんで、最初からトップの阿知賀を削るべきやったな)

竜華(そうしておれば、今頃もっと差は縮まっていた筈。常に頂点を目指すちゅー千里山の理念はある意味正しかったわけや、怜・・・)

後半 東3局 親 鶴田 ドラ六

淡「いえーい♪ いえーい♪ リーチだよー♪(さて、今度は和了れるかな? ドキドキワクワク)」

穏乃(またリーチ。あの妙な技を使わない時の方が無警戒にリーチしてくるよな、この子。能力発動時は明らかに場の流れが読めているのだから、普通逆だと思うのだけど・・・)

北家・穏乃手配 七123【5】67南南北北北白 次ツモ八

穏乃(張った。この白を切れば聴牌。白は白糸台の現物だけど・・・また狙われているような気がするから、一端まわして様子を見よう)南捨て

東家・姫子手配 一一六六88CC東東白中中 次ツモ白

姫子「ツモ、親の七対子ツモドラ2で12000」

穏乃(くう〜、また高い手だよ。これで三連続で満貫以上・・・・・・って問題はそこじゃなくて、またリーチ後の白糸台の和了牌を見逃した? やはり私から直接毟る気満々・・・・・・あれ、待てよ。何かおかしくない?)

穏乃(残り局数が少ないから、なるだけ私にダメージを与える形でないと局を潰したくない事情は分かる。けど新道寺は親で連荘できるから、別に白糸台から和了っても支障はなかった)

穏乃(今のは運良くツモ和了できたけど、デビルアイは好きな牌をツモる技じゃない。事実、変形の山越しを警戒した私は白を仕舞い込んだ訳で、そのリスクを考えたらやっぱり白糸台から和了ない理由は・・・・・・)チラリ

淡「ちぇっ、また和了れなかった。ブーブー」ヒョイ(次にツモる予定の牌を覗いている)

穏乃(一つだけあった。あの子の機嫌を損ねて、また例のスキルを発動されるのを恐れている?)
273 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/25(火) 19:23:56.86 ID:sO7HgTxCo
前半と後半で席順って変わらないんだっけ?
274 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/25(火) 22:45:38.14 ID:DFPiUXAIO
ぶっちゃけ阿知賀のヌルゲーだろ
275 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/09/26(水) 10:09:23.74 ID:jy5skwl40
なんだかな
276 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/26(水) 13:12:59.46 ID:v0t6Z/0IO
キャプテンの手牌読みが能力っぽい描写あるけど、開眼は単に理牌を始めとした癖を読んで流れを操作するくらい
277 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2012/09/26(水) 13:30:14.12 ID:5txE/wOoo
キャプテンって雑用自分でやったりキャプテンに向いてないよな、少数ならともかく大人数なら上下しっかりするためや今後のためにも下級生にやらせなきゃ駄目だろ
人数ギリギリな部活とかならいいけど
278 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/26(水) 16:22:56.07 ID:dDmdiIvD0
後半 東3局1本場 親 鶴田 ドラ2

竜華「阿知賀の子、それロンや。6400の1本場は6700」

穏乃(うわっ、新道寺の山越しを警戒していたら、今度は千里山から狙われた。七対子の単騎待ちなんて読みようがないし、やっぱり私に何らかのダメージがないと場がまわらない)

穏乃(やばい、やばいよ。これで後半の収支はマイナス二万を超えちゃったよ。こんな調子で削られていったら、オーラスには何が起こっても不思議じゃない(あせっ))

穏乃(後半開始地点で三位と五万差もあったのに、本当に何やってんだよ、私。これが宥さんも失敗した追われる者のプレッシャー。二回戦のオーラスで劔谷を追っかけている立場の方が全然気楽だったよー)

後半 東4局 親 大星 ドラ中

穏乃(安手で私が強引に場を消費するにしても、デビルアイで私の手牌は筒抜けだろうから、そう何度も和了れる訳じゃない。下位二校は開き直って高い手ばかり狙ってくるから、全然収支が釣り合わないし、このままじゃ・・・待てよ)チラリ。

淡「フンフン♪ フフンフーン♪」

穏乃(この殺伐とした空気の中で一人無邪気に麻雀を打つ者がいた。何とかこの子を巻き込めれば・・・・・・よし頑張れ、私。残りの局数を全部和了らなくてもいいから、この一局だけでも死に物狂いでモノにしろ)

―――――――――――――

淡「あっそれ、リーチ・・・・・・!?」

穏乃「ロンです。中ドラ3で満貫」

姫子(なっ、今の和了でまた阿知賀の背中が遠くに・・・)

竜華(それよりも、白糸台から直撃やて。そないな真似したら・・・)

穏乃「よし、これで役満一発でチャラになる僅差だ。白糸台はリーチしても全然和了れないし、もう一度トップを取り返すぞ!」(棒台詞)

淡「(カチーン)ねえ、お猿さん、今何か言った?」

穏乃「え、トップを奪い返すって言ったんだけど、聞こえなかった?」くすっ(お口の形が「ω」)

淡「(ピキッ)潰す!」ゴッ・・・。(宇宙を背景に次元迷宮が卓上を侵食する)

デビデビ(姫子〜、また空間が閉じられた!)

姫子(阿知賀の馬鹿、何てことしてくれるのよ・・・って、まさかこれが狙い!?)

穏乃(よし、精神年齢が低そうな大星さんが引っ掛かった。白糸台がラス親だしこのまま防御に徹して、このお子様に局を消費してもらおう)
279 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/26(水) 16:23:27.33 ID:dDmdiIvD0
後半 南2局 親 高鴨 ドラ7

淡「ツモ、2000、1000」 【奇数場】

穏乃(よし、私の親を小手で遣り過ごせた。あと二局、放銃なしで凌げれば・・・)

姫子(東場あんなに調子よかったのに、また南場に入って、聴牌すらできなくなった)

デビデビ(ケケケ・・・、あの金髪娘が張り切ってる限り、正直お手上げだな)

竜華(あと二局、このまま終わってしまうんか? 怜ぃ)

―――――――――――――

阿知賀控え室。

憧「しずにしては頭使ったね。良く何とかと鋏はと言うけど、これも所謂一つの他家利用の一環かな?」

宥「決勝でもう一度ぶつかった時に大星さんにどう対処すれば良いのかなんて見当もつかないけど、今はとにもかくにもこの場を勝ち残ることが先決だよね・・・って、美穂子ちゃん顔色悪いけどどうしたの?」

キャプテン「今、この大会のルールブックをもう一度確認しましたが、もしかすると穏乃さんは悪手を打ってしまったのかもしれません」パラパラ(小冊誌を捲っている)

憧「なんで? 美穂子が望んでいた白糸台の大暴れ状態に持ち込めたんだよ。南3局も安手で流れたから、次で終わりだよ?」

キャプテン「有り難いというのはあくまで大星さんが自発的に能力を行使した場合です。穏乃さんが挑発した結果というのが問題でして・・・」

憧「???」

池田「あー憧、鈍すぎだにゃー。お前ら、もしかして魔物があたしらよりも高尚な存在だと錯覚してる? あいつらは単に超能力を持っているだけで、別に聖人でも人格者でもにゃい。むしろ精神年齢一桁のお子様が多いにゃー」

憧「・・・・・・・・・・・・・・・」玄を見る。

宥「・・・・・・・・・・・・・・・・」玄ちゃんを見る。

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・」クロを見る。

全員「確かに」

玄「何でみんな私を見て納得するの〜(涙)」

憧「同じ魔物でも流石にチャンピオンは違うみたいだけど、それと美穂子の危惧とどう結びつくのよ?」

池田「お前、勉強できそうに見えて、意外に頭の血の巡りが悪いにゃー。まあ、もうじきオーラスも終わるから、自分の目で確認するといいにゃー(フフン)」

憧(・・・・・・この猫に上から目線で諭されると、凄いムカツク(イラっ))
280 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/26(水) 16:24:10.45 ID:dDmdiIvD0
大将戦 南4局 親 大星 ドラ6

淡「ツモ、800オールです」 【絶一門(萬子)】

穏乃(原点近くまで点棒減らしちゃったけど、何とか逃げきれた(ホッ))

竜華(私たちの夏が終わってしもうた。怜ぃ・・・)

姫子(くっ・・・・・・)

実況「白糸台トップで決勝進出。二位は新鋭阿知賀がキープして初の全国決勝へ・・・」

白糸台  149200(+38000)
阿知賀  106700(−56300)
千里山   75600(+900)
新道寺   68500(+17400)

穏乃「(本当に酷い点数だけど、二位で戻れば成功だよね、憧?)どうも、お疲れ様・・・・・・」

淡「さあ、これで1本場だよ、次いこ、次〜♪」ジャラ(積み棒を置く)

穏乃「はっ!?」

竜華・姫子「!」

審判「ちょっと、君達白糸台がトップでオーラスが終わったんだよ?」

淡「親の『和了止め』は、私が自由にしていい権利だから行使するつもりないよー。今大会のルールブックにも『トップの強制終了』とは記載されていないしー」

審判「そ・・・それは、今まで一位の高校が和了止めしなかった例がなかったからで(汗)」

淡「私の両親は日本人なのに、単に帰国子女というだけで楽しみにしていた個人戦にエントリーできなかった。運営本部に抗議したけど明記した規則は覆せないから、来年からは海外留学生と外国からの帰国子女は切り分けると言われて納得しました(じわっ)」

淡「なのにその運営が自ら定めたルールを捩じ曲げるのですか?(グスグス)」

竜華「続けて問題ないんじゃないですか? ルールブックに記載された規則は絶対ですしー」

姫子「そうだよねー」

穏乃(千里山と新道寺が白糸台の子の支援にまわった。そりゃもし私が二校と同じ立場だったら、全く同じ行動を取っただろうけど・・・)

審判「今、運営本部に問い合わせたが、続行を許可された(やれやれ、これで来年の小冊誌には『トップの強制終了』も記載しないとならんか)」電話で外部と確認。

淡「わーい、ささっ、みんな。もう一度座って座って♪(嘘泣き止め)」

実況「なんとー、白糸台掟破りのトップのラス親続行。戦乙女(ヴァルキリー)たちの闘いはまだまだ終わらない」

竜華(終焉したと思ったチャンスがもう一度降って湧いた。たとえ白糸台の気紛れで生かされとるんやとしても、可能性がゼロになるまでは絶対に諦めんで、怜)

姫子(今の点数状況だと三位の千里山が漁夫の利を得そうだけど、機会を伺うしかない)

穏乃(そ・・・そんな・・・・・・!)淡と目が合う。

淡「やったね、お猿さん。これで私からトップを奪える可能性が繋がったよ。役満どころか三倍満の直撃でも十分に引っ繰り返る微差だから、存分に夢を追ってね。私、その姿を心から応援するから(ニヤニヤ)」

穏乃(間違いない。この子、私を三位以下に蹴落としてから、和了止めするつもりだ。どうしよう、憧? 私、完全に見誤っちゃったよ(ガクガクブルブル))
281 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/26(水) 18:32:50.39 ID:v0t6Z/0IO
無駄に心情描写すると小物としか思えない。
傀や宮永姉妹を見習え
282 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/26(水) 19:14:44.29 ID:BrrYS/uIo
高校麻雀でこんな露骨に敬意の欠片もないことをやったら高校と併せてボロクソに叩かれるだろ
つか、菫が黙っているとは思えない
283 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中部地方) [sage]:2012/09/26(水) 19:51:52.09 ID:eNVm2RWQo
もうそういうスレなんだからケチつけるだけ無駄じゃねー?
284 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/26(水) 20:32:26.06 ID:hCQ+rvoDo
なんでお前等そんな攻撃的なんよ
285 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/26(水) 20:38:34.91 ID:v0t6Z/0IO
そりゃキャラdisしたりすればそうなる
こうなるのは予測出来てんだから全部覚悟の上だろ
286 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/09/26(水) 21:11:28.30 ID:U1teGgZ1o
県大会時点で読むの止めてれば良かったのにとも思うけどなww
287 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/09/26(水) 21:20:43.14 ID:oCjo27DYo
他の咲スレが平和?だから余計ういてるからじゃね?
288 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/09/26(水) 22:06:59.55 ID:jhvSRIZp0
どうせ猿が勝つよ
289 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/27(木) 00:35:49.72 ID:fsU98PqPo
ワハハ
290 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/27(木) 01:29:34.85 ID:sKzxunWho
とりあえず防御に徹してれば2位抜けの可能性は十分あるよな
穏乃が放銃しない限り、点差は変わらないわけだし
291 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) [sage]:2012/09/27(木) 08:01:29.95 ID:qG0XDYV7o
どうでもいい
292 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(広島県) [sage]:2012/09/27(木) 13:24:34.11 ID:VlwI0SU30
ここまでボロクソに叩かれて未だにチョロチョロ書いてる作者をほめてあげよう(ニッコリ
293 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/27(木) 14:54:06.83 ID:MwGdBSiY0
大将戦 南4局1本場 親 大星 ドラ8

憧「ちょっとトップでラス親続行って!? 一体何なのよ、あの白糸台の子!?」

池田「だから言ったにゃー。スイーツ女みたいに利用するだけ利用してヤリ捨てようなんて、魔物を甘く見過ぎにゃー」

池田「お前らも良く知ってる天江衣は、去年の全国大会の二回戦で態々点数を調整しての三校飛ばしなんてトンデモナイ真似してるし、むしろ親続行なんて緩いレベルだにゃー」

憧「あたし達が長野で手合わせした時は憑き物が落ちたような笑顔を浮かべていて、そこまで偏狭な真似しそうに思えなかったけど・・・って、それより大丈夫だよね、美穂子? あの白糸台の能力は狙い撃ちするタイプじゃないなら、しずだってそうそう振り込むことは・・・」

美穂子「確かに連続で振り込むことはないと思いますが、忘れましたか? 前半のオーラスで大星さんが役満を和了ったのを・・・」

憧「!」

美穂子「宮永さんのように毎回聴牌できる訳ではなさそうですが、条件さえ合えばある程度狙って役満を作れる能力なのは確かです。そして親の役満が一回直撃すれば、それだけで一気に最下位に転落・・・・・・!」

淡「ロン、5800の1本場は6100!」

穏乃「!?」

憧「(ホッ)役満じゃなかった・・・って、今のでまた三位との差が縮まって、跳満直撃でも千里山と逆転する点差に。なのに白糸台は2本場続行で和了止めする気全然ないし」

美穂子「あの能力を行使している大星さんが聴牌に届かないということはまずなさそうですから、流局親流れは期待できません。千里山も新道寺も二位になれる和了でない限り見送り続けるでしょうし、穏乃さんが自力で和了を取らない限り、この大将戦は絶対に勝ち抜けません」
294 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/27(木) 14:54:51.09 ID:MwGdBSiY0
竜華(よし、この点数状況なら阿知賀が大物手の直撃を受けた時、私の方が有利。このまま息を潜めていれば・・・)

姫子(くっ・・・、やはりこのままだと千里山に漁夫の利を奪われるのか?)

淡(・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・)

大将戦 南4局2本場 親 大星 ドラ四

穏乃(今の振り込み。前の七対子みたいにまた私の字牌を狙われた。けど字牌整理中の炙れ牌が狙われるなら分かるけど、なんで字牌整理後にツモった牌を? あの子には次にツモる牌まで分かるわけ?)

穏乃(本当に不味いよ。こんな調子で振り込んだら、そのうち満貫クラスの現実的なツモでも千里山に逆転を・・・・・・ビクッ!)

淡「ロン、5800の2本場は6400!」

穏乃(えっ? 私まだツモってない・・・・・・って、振り込んだのは千里山!?)

竜華(嘘・・・何で私?)

淡(何を驚いた顔してる? 私は別にお前たちを支援する為に連荘している訳じゃない。ただ、私からトップを奪うと啖呵を切ったお猿さんの底力を見たいだけ)

姫子(油断したな、千里山。けど、これで私と千里山の差は700点。ノーテン罰符でも立場は入れ替わるから、私にも勝ちの目が出てきた)

穏乃(今度は千里山から出和了って、直撃の跳満条件を元の倍満に戻した? 本当に何がやりたいのか目茶苦茶だ、この子)

竜華(ははっ・・・なに日和見しとったんやろうな、私は? ここは牌が飛び交う戦場で、私はポップコーン片手に見物してる観客やなくバトルの当事者やで。こんな腑抜けた闘牌したら怜に会わせる顔ないし、後でセーラにどやされるわ(キッ))

竜華「おおきに、白糸台。お蔭で目が醒めたわ」

淡「?」

竜華「決勝への最後の切符は自力でもぎ獲ったる! 当然3本場で続行やよな?」

淡「モチのロンよ(ニカッ)」

姫子(千里山の目の色が変わった。攻める気ね。なら私の採るべき戦略は・・・・・・デビデビ、局が始まる前に阿知賀でなく白糸台の方について)

デビデビ(おいおい、阿知賀以外からの直撃だと役満必須だぜ? そもそもダブル役満なしのルール上、どう足掻いても白糸台の勝ち抜けは確定しているし、無理にトップから削る意味は・・・)

姫子(いいから言われた通りにしろ!)

デビデビ(空間が閉じられたら、もうターゲットの変更は効かないぜ? まあ、いいや。お前の選択を信じるぜ、姫子(ケケッ・・・))

穏乃(あーもう、うだうだ考えるのは止め。私が和了らない限りこの場が終わらないのは明白なんだから、とにかくどんな安手でもいいから和了るしかない(メラっ))

淡(さあ、お猿さん、私の思惑を越える何かを見せてよ。それができなきゃ阿知賀は準決勝で敗退するよ?)

キャプテン(四校の選手全員の雰囲気が変わった? 予感がします。勝っても負けても次の局で決着がつくという確信めいた未来が・・・)
295 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/09/27(木) 19:50:37.41 ID:BSKB9yXAO
あわあわが性格悪いみたいな内容はマジで辞めて欲しい
内容は糞だがこれだけ荒れても無視できるイッチの神経はすばら
296 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(田舎おでん) [sage]:2012/09/27(木) 20:02:14.30 ID:hgY97IRd0
荒れてるってお前らが荒らしてるんだろ
見たくないなら来るなよ

作者さん乙津
297 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/28(金) 08:49:17.10 ID:94fQdftDO
SSなんて作者と一部読者が楽しめれば十分でしょ
>>1乙です
最後までやり切って下さい
298 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/28(金) 11:09:28.64 ID:kJFY+4oAO
好きなキャラ贔屓するのは良いけど嫌いなキャラとの扱いの差が激しすぎ
ご都合主義にしてももう少し考えるべき
299 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(田舎おでん) [sage]:2012/09/28(金) 13:44:24.95 ID:loakjxzn0
>>298
自分の巣におかえりくださいな
300 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/28(金) 14:25:40.60 ID:BAIJJsUIO
キャラdisする二次書く奴は何なの?
特定のキャラ下げて他のキャラ上げるのは最悪の手法だと知らないのか?
301 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) [sage]:2012/09/28(金) 14:27:08.10 ID:yLvwPfNno
書くのも読まないのも自由なんでww
302 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(田舎おでん) [sage]:2012/09/28(金) 14:40:02.45 ID:loakjxzn0
>>300
お気に入りのSS教えてくれないかな?
303 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/28(金) 15:03:54.71 ID:OHasJMv80
大将戦 南4局3本場 親 大星 ドラ南

東家・淡手配  一二五八228AFH白発発中 【字牌場】
南家・竜華手配 三七九359ACEH南南西  【対子場】
西家・穏乃手配 一八九114478@A東北  【絶一門(索子)】
北家・姫子手配 二二179@DFG西北白発  【姥捨場】

3巡目

東家・淡手配 一二五八22FH白発発中中 次ツモ西【字牌場】

淡(【字牌場】かー。上手くいけば化けそうだけど、他が今一つだから聴牌が遅れそう。初っ端から【対子場】を引いた千里山は要チェックとして、いきなり【姥捨場】の新道寺は可哀相だけど終わったねー)八捨て

4巡目

西家・穏乃手配 八九九11447@@A東北 次ツモ西 【絶一門(索子)】

穏乃(良いのか悪いのか分からない配牌だけど、さっきから手なりに進めると偉い目に遭っているから、字牌整理に拘らずに、2巡以上こなかった順子は見込みなしと判断して見切ろう)7捨て

5巡目

南家・竜華手配 七七九355ACCE南南南 次ツモ七 【対子場】

竜華(きとるー、きとるー。面白いように牌が重なるで(ぐふふ・・・)。やはり神さまは前を向く者を扶けるもんなんや。阿知賀との逆転に必要なんは直撃で倍満、ツモなら三倍満。この局で必ず仕上げたる)E捨て

6巡目

北家・姫子手配 二二179@【D】FG西北白発 次ツモF 【絶一門(索子)】

姫子の捨牌の河 北五@D【五】

デビデビ(ケケケっ、五向聴のクソ配牌で始まったと思いきや、初ツモ以外全部捨牌と被るとか呪われてんのか、姫子?)

姫子(うるさい、デビデビ。私が呪われているとしたら、悪魔のあんたの所為でしょう。まっ、中途半端に良ツモよりこっちの方が腹を括れるわ)

デビデビ(おいおい、和了り目ゼロというか、仮に聴牌できても無意味なゴミ手なのに、まだ勝つ道があるのかよ?)

姫子(まーね、やっと捨てた牌以外をツモれて、Fが対子で重なったから、準備は整った。後は千里山が動くタイミング次第よ)【D】捨て

7巡目

南家・竜華手配 七七七355ACCC南南南 次ツモ2 【偶数場】

竜華「(牌が重ならなくなった。あと一手でトイトイやツモリ四暗刻を狙えるけど、この場では一度途切れた流れはもう戻らんのは骨身に染みとる。手替わりを待ってもドツボに嵌まりそうやし、この手で勝負や)リーチ!」A捨て(1−4の両面待ち)

竜華(これでリーチ三暗刻ダブ南ドラ3で、阿知賀からの直撃できっちり逆転。ツモなら三倍満が必要やから雀頭か暗刻が裏ドラになる必要があるけど、ツモれたら迷わず倒すで(ギラリ))
304 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/28(金) 15:04:47.79 ID:OHasJMv80
東家・淡手配 二223F西白白発発中中中 【順子場】

淡(この状況でリーチを掛けるってことは、最低でも倍満が見込める手に仕上げた? 【対子場】を引いたとはいえ、私の次元迷宮でこんな早い巡目で大物手を張るとは千里山もやるー)ヒュー(口笛を吹く)

西家・穏乃手配 八九九1144@@A東西北 次ツモ北 【字牌場】

穏乃(よし辛抱強く字牌を抱えた甲斐があった。これで七対子一向聴。千里山のリーチに気をつけながら、手を回していこう)現物のA捨て

北家・姫子手配 二二179@FFG西北白発 次ツモG 【絶一門(索子)】

デビデビ(ケケケッ、この巡目でここまで手がバラバラというのも潔いな。けど、場にリー棒が出たことで姫子が暫定三位に踊り出たし、そろそろ仕掛け時か?)

姫子(流石は相棒。私の狙いに気づいたわね。それじゃ行くわよ)白捨て。

淡「!・・・ポン」白を碰しF捨て(淡の場:【順子場】 ⇔ 姫子の場:【絶一門(索子)】)

姫子「そのFポン!」Fを碰し発捨て(以下ループ)

淡「(なにこいつ? すごく面白い)ポン」発を碰し二捨て(以下略)

姫子「そのニをポン!」(略)

竜華(親の手が加速度的に進んでいく!? 新道寺の奴、私がリーチするタイミングを伺っていた?)

穏乃(なにこれ? 白発を副露ってまさか大三元!?)

姫子視点:
東家・淡手配 223西中中中《白白白》《発発発》

姫子(よし、あとは1を鳴かせれば大三元確定の聴牌。この大会は包(パオ)の責任払いが設定されているけど、曝した牌は白発のみだから私に包則は適用されない。本当は手牌の中暗刻を承知で鳴かせた悪魔の子なんだけどね(クスッ))1捨て

南家・竜華手配 七七七2355CCC南南南(1−4待ち) 【偶数場】

竜華(ぐっ、和了牌の1。けど新道寺から出和了ったら裏ドラMAXの三倍満でも逆転は無理やから見送るしかない)

淡「チー(やっと場が固定された。もう索子はツモれないから、残すのは当然西)」1を吃し2捨て(最終場 淡:【絶一門(索子)】 姫子:【順子場】)

竜華(これでフリテン確定やから、阿知賀からの直撃はのうなったが、まだ終わらん。まだ私のツモ和了の可能性が残されている。最後まで諦めんで、怜)

淡(あっははー。まさか自力で不可能だった二発目のギャラシアンエクスプロージョンを撃つチャンスを新道寺が与えてくれるとはね。その時の状況によって敵味方が万華鏡のように切り替わる。これだから麻雀は楽しくって止められない(ワクワク))
305 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/28(金) 15:05:37.16 ID:OHasJMv80
千里山控え室

泉「そんな・・・、先輩のリーチが完全に裏目に・・・。阿知賀が親の役満を振り込んだら、二位になるのはリー棒一本分点数で上回る新道寺やし、ツモって裏ドラに期待するしか勝つ道がのうなった」

フナQ「デビルアイは対面の手牌は見えてないっぽいですから、新道寺は別段、清水谷先輩のフリテンを狙ったわけやないでしょうし、ホンマ巡り合わせが悪いとしかいいようがないですわ」

セーラ「攻めた上での結果やから、まあしゃーない。もう竜華本人にできることもないし、後は見守るだけや(もし最後まで白糸台任せで何もせんかったら、二位で戻ってきても引っ叩いたろ思うたが、見直したで、竜華)」

―――――――――――――

8巡目

竜華(一発はとっくに消えとるが、ツモも駄目か)四をツモ切り 【偶数場】

西家・穏乃手配 八九九1144@@東西北北 次ツモ中 【字牌場】

穏乃(嘘、ここでよりによって生牌の中を掴む!? もし白糸台が中のシャボ待ちなら48000の振り込みで一気に最下位(ブルっ)。こんなの場に出せるわけない)現物の八捨て

―――――――――――――

憧「しず・・・。中はもう白糸台の手牌で暗刻が確定しているのに・・・」

キャプテン「穏乃さんの視点からじゃ無理もありません。残り四枚が全て黒牌に見えるウオッチャーのスキルでも中は切れませんし、私の心眼(スキャン)でもこの状況で自分を信じるのは相当の覚悟がいります」

キャプテン(それにしても手を作れた者は真っ直ぐに、作れない者も場の状況を上手く利用し勝ちへの道を模索する様々な思惑が絡んだ素晴らしい闘牌ですね。となるとやはり鍵になるのは既に勝ち抜けが確定し、この場で唯一柵を持たない親の大星さんの動向ということになるのでしょうか?)

―――――――――――――

北家・姫子手配 79@GG西北《二二二》《FFF》 次ツモ6 【順子場】

姫子(阿知賀も馬鹿じゃないんだから、役満濃厚の親にそう簡単に危険牌を切る筈はない。もう一押し必要か?)

デビデビ(ケケッ、実質二軍の姫子にしては頑張ったじゃねえか? 後は阿知賀が白糸台に振り込んでくれるのを大魔王サタンに祈るだけ・・・)

姫子(まだよ、デビデビ。祈る前にもう一つだけやれることがある)ギュっ(西の牌を握る)

淡(あれ腕が疼くよ? これはギャラクシアンエクスプロージョンを撃てる予兆だけど・・・)

デビデビ(!? おい、待てよ、姫子。その牌は白糸台の・・・)

姫子(いいから黙って見ていろ、デビデビ!(ドキドキ))西捨て。

淡(!?)

東家・淡手配 西中中中《123》《白白白》《発発発》 (西の単騎待ち)

淡「・・・・・・・・・・・・(私の当たり牌と知って西を切った? スミレの説明だと新道寺は対面以外の手牌が見えているらしいから・・・・・・そうか、阿知賀に西が浮いているわけね?)」←勘違いだけど正解。

姫子「・・・・・・・・・・・・(ドクン! ドクン! ドクン!)」

淡「フッ・・・(いいよ、そのクソ度胸に免じて、あなたの思惑に乗っかってあげる)」腕の疼きを堪えながら、六をツモってそのままツモ切り。 【絶一門(索子)】

姫子「・・・・・・・・・・・・(と・・・通った)」ヘナヘナ(椅子に座ったまま腰が抜ける)

デビデビ(おいおい、阿知賀に西があるかも不明なのに無茶しやがるな。さっき千里山がロンされたのを見てなかったのかよ? それとも見逃してもらえる確信でもあったのか?)

姫子(そんなものあるわけないでしょう! ただ新道寺が勝ち残る為にあの子の気紛れに賭けただけよ)

デビデビ「ケケっ、その一世一代の大博打は姫子の勝ちか。これで阿知賀にとって西は白糸台の安牌になったし、後は阿知賀が西を掴むかだな)
306 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/28(金) 15:06:07.52 ID:OHasJMv80
憧「新道寺の奴、見えている癖になんて大胆な真似を・・・)

キャプテン「猫のように移り気な大星さんが確実に見逃してくれる保証などなかった筈。この勇気ある選択は敵ながら天晴れと言うしかありませんね」

9巡目

竜華(また駄目か・・・)Gをツモ切り【偶数場】

西家・穏乃手配 九九1144@@東西北北中 次ツモ東 【字牌場】

穏乃(よし張った。これで七対子の聴牌。生牌の中と地獄待ちの西のどちらで待つかだけど、もう一度手牌と河をじっくりと見比べて長考しよう)

穏乃視点: 《》=副露 {立}=リーチ
東家・淡手配  ????《123》《白白白》《発発発》
   捨牌の河 A8八五一H一《F》《二》2六
南家・竜華手配 ?????????????
   捨牌の河 西9H三E九A{立}四G
北家・姫子手配 ???????《二二二》《FFF》
   捨牌の河 北五@D【五】【D】《白》《発》《1》西

西家・穏乃手配 九九1144@@東東北北 (Which? 西 or 中)
   捨牌の河 一E87E四A八

穏乃(新道寺は手が形になっているとは思えないし、仮に張っていてもクズ手だろうから無視。千里山は最低倍満の直撃条件を考えると、ドラのダブ南を暗刻で抱えている線が濃厚で、こちらも西は安牌)

穏乃(問題は大三元っぽい親の白糸台。白発を故意に鳴かせた新道寺の勝ち抜け条件を考慮すれば、最後の三元牌は対子以上確定と見るべきで、やはり中を切るのは自殺行為)

穏乃(西はさっき新道寺が通したばかりだし、他に親に確実に通る安牌がある訳じゃない。千里山が何時逆転手を和了るか分からない以上、降りるわけにもいかないから最後の和了は自分で取る)西に手を伸ばす。

憧「し・・・しずぅ・・・」

穏乃(ちょっと気になるのは序盤から猛威を振るったデビルアイの山越しだけど、見えるなら尚の事、この土壇場で敗北確定の役満の和了牌は切れない)

キャプテン(駄目です。どう思考を巡らせても、西を中よりも危険視する理などある筈はありません。ここで振り込んだとしても、誰も穏乃さんを責められない)

淡(両腕が疼くよ。またギャラクシアン・エクスプロージョンの予兆が(ゾクゾク) 親の点数を一人にぶつけるのだから、骨も残さないよ、お猿さん)卓下で両腕を握り込む。

穏乃「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」西を掴む。

憧「しずぅ!! 駄目えぇぇぇ〜!!!!」
307 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(広島県) [sage]:2012/09/28(金) 15:22:58.54 ID:PFaJsFM10
駄目えぇぇぇ〜
308 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/28(金) 15:41:31.45 ID:BAIJJsUIO
>>302
すがすがしい
リー棒
大阪デート
腐部屋
京ちゃんうざい
麻雀部昔話

安価スレや理想郷辺りのは除外
309 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/28(金) 20:06:46.97 ID:iJYFEl8k0
arcdiaとかでとても読む気が起こらない長文の前置きのありがたみがよくわかるなー

キャラdisに関してはかなり早い段階で騒がれてるのに何故また掘り起こすのか
そんな多数から支持されるSSが好きなのに
なぜニッチ・ヘイトなこのスレに未だ留まってるのか理解に苦しむ
310 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山形県) [sage]:2012/09/28(金) 20:52:52.88 ID:pvIK2h6co
俺はこのスレ結構好きだ、だから楽しみに待っている
311 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/28(金) 21:06:11.24 ID:KZXxjEfIO
留まっているわけではないんだがな
ある程度進んだ様子で一気に読んだらヘイト作品掘り当てちまった
まぁ長野編で読むのを切らなかったのは失敗

大多数に支持されるって面白いから支持されるんだろ。ヘルカイネタも元のSSがつまらないなら広まらなかったわ
312 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) [sage]:2012/09/28(金) 21:34:07.39 ID:yLvwPfNno
静かにスレそっ閉じして忘れちまえよ
313 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/28(金) 22:04:18.82 ID:It0eeBZI0
留まっているわけではない→わざわざスルーせずに律義にレスを返してくれる誠実さ
大多数に支持される→元レスよりも自分のお気に入りの評価を密かに上げる健気さ
ヘルカイネタも〜→誰も聞いていないのに自分の嫌いな作品をdisる抜け目なさ

携帯君!これ以上恥を晒す前にSS雑談スレに行こう!
314 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) [sage]:2012/09/28(金) 22:06:46.71 ID:yLvwPfNno
ヤンデレ美少女と思っておこう、そうしよう(提案
315 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2012/09/28(金) 22:33:27.81 ID:kJFY+4oAO
駄目えぇぇぇ〜
316 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/29(土) 05:57:51.07 ID:2oa8lqBk0
金取ってるわけでもない、只の趣味なのにさ。
作者のほかに面白いと思う人が何人かいれば十分でしょ。
小刻みでも頻繁に更新してくれるのは嬉しいです。
作者がやる気なくすことだけが心配。
317 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/29(土) 06:17:28.76 ID:3c3Fg3Vfo
面白いから続きはよ
318 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/29(土) 07:39:36.43 ID:TvJu/r8AO
キャラdisしまくり(笑)
319 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(沖縄県) [sage]:2012/09/29(土) 07:49:13.22 ID:88SntBB7o
このSSじゃそうなだけだろww
他所いって「これが公式だ」とかわめいてるわけでもなし
320 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/29(土) 11:08:13.94 ID:ZPvGvqGko
試合後の記者会見では間違いなく淡のスタンドプレーに言及されるだろうけど
照は営業スマイルモードを維持できるんかな
つか、白糸台の控え室は連荘始まってから描写がないけど今どういう状況なんだろ

阿知賀はたぶん勝ち上がるだろうし、キャプテンにはここで白糸台に揺さぶりかけるためにも
ここでシズのケアを口実に記者会見辞退とか腹黒さをみせてほしい
名門の傲慢とか悪名着せるのに成功すれば決勝で精神的に有利になるし

まあ、キャプテンのことだから腹黒でなく天然でやっちゃいそうだけど
321 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/09/29(土) 12:08:05.83 ID:q8yElZRP0
淡うぜえ
322 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/29(土) 12:23:23.29 ID:8/yT/jvE0
新道寺控え室

美子「さ・・・流石にこれは振り込むよね?(ゴクリ)」

仁美「メエー♪ メエー♪ メエー♪」

哩「お前ら、まだ勝ちが確定した訳でもないのに大騒ぎするんじゃない!(とはいえ見事な闘牌だ、姫子。私はお前のことを誇りに思うぞ)」

すばら先輩「すばらー(残念ですね、福路さん。あなたが仰ったように、私たちは両校揃って勝ちあがることはできないようです)」

―――――――――――――

『しずぅ!! 駄目えぇぇぇ〜!!!!』

穏乃「・・・・・・!(あれ、今一瞬憧の声が聞こえたような? ちょうど良い機会だし、もう一度引っ掛かっている点を整理しよう)」掴んだ西を仕舞い込む。

穏乃(ずっと疑問に思っていたけど、この手で本当に和了れるの? もし白糸台が中を暗刻で抱えていたら和了目なしというのもあるけど、この聴牌形からは息吹の鼓動を感じない。それは仮に中を切って西を残しても同じなんだけど)

穏乃(あの子の能力に囚われてからずっとこんな感じだった。手なりの聴牌に近づけるほどにどんどん和了から遠ざかっていくような・・・。この迷路みたいな空間の中では見た目の近道に惑わされると、また袋小路に迷い込むような気がする)キューン(穏乃の胸の奥で何かが光り輝く)

穏乃(やはり今までの常識に当て嵌めて、今見えるものをそのまま鵜呑みにしちゃ駄目だ。ゴメン、みんな。結果がどうなるかなんて分からないけど、私、勝つ為に馬鹿やるよ)ギュっ(オデコの鉢巻きを解いて、目隠し状態で結び直す)

淡・竜華・姫子「!?」

審判「ちょ・・・ちょっと君、一体何をやって?」

穏乃「私は大真面目ですから、黙って見ていてください!(他人の言葉に惑わされずに、信じるんだ、自分の閃きを)」キューン(胸の奥の光が更に強くなる)

審判「・・・・・・・・・(まあ別にルール違反をしているわけじゃないが・・・)」

穏乃(イメージしろ。私は今、迷宮の中を彷徨っている。その心象風景と今の手牌を重ね合わせろ)穏乃の頭の中に迷路MAPの映像が思い浮かぶ。

穏乃(やっぱり思った通り、ここは迷路の外周。壁一枚の向こう側は外の世界だから一見近道だけど、どこにも出口と繋がっていない」サラサラ(盲牌で牌を選択する)

穏乃(出口を探す為に敢えて一端外周から離れて、迷路の内側の奥深くへ進む。その為に切るべき牌は多分コレ)ポイ(盲牌で探り当てた4の対子を切り崩して、聴牌を崩す)

実況「阿知賀大将高鴨穏乃。何を考えているのか、いきなり目隠し麻雀。しかし、親の白糸台への西に振り込みを回避しました」

竜華(私の和了牌の4。でもフリテンだから和了れない)

姫子(一体なんなのよ、コイツ正気?)

淡(アレ? 手の疼きが治まっちゃった?(しょんぽり) でも何かお猿さんが面白そうなことしてるー。私に何を見せてくれるのかなー?(ドキドキワクワク))
323 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/29(土) 12:24:04.79 ID:8/yT/jvE0
池田「にゃんだ、あいつ。自分で牌を選べる勇気がなくて、運を天に任せたのか?」

憧「違うわよ、しずはどんな状況でも絶対に諦めたり投げたりしない」

池田「でも運良く振り込みは回避したけど、今の対子落としであの手はもう死んだにゃー。それにこれは盲人麻雀じゃないから捨牌の発声義務はないし、ツモは盲牌で可能にしても、この先他家の河を見ないで麻雀打つつもりにゃのかー?」

憧「あたしにもしずが何を考えてるかなんて分からない。それでもあたしはしずを信じている」

キャプテン(今の敗北確定の振り込みを避けたのが偶然でないとしたら・・・。いよいよ目覚めるのですか? 穏乃さんの秘められた力が・・・)

―――――――――――――

10巡目

西家・穏乃手配 九九114@@東東西北北中 次ツモ発 【字牌場】

穏乃(・・・・・・・・・当然コレ)盲牌で牌をツモって、4捨て。

デビデビ(ケケッ、姫子。阿知賀は何をやってんだ? もしかして姫子と一緒に漫画で読んだ盲目剣士の心眼って奴か?)

姫子(私にも分からないわよ。あとできるのは阿知賀への安牌を増やさないようにすることぐらいだけど、こいつもう他家の河を見てないから全然意味がない!?)EをツモってG捨て。

レジェンド(4を完全に切り落とした? 七対子一向聴は変わらないが、西を切れない以上、この手は死んだままだ)

11巡目

西家・穏乃手配 九九11@@東東西北北発中 次ツモ南 【字牌場】

穏乃(・・・・・・・・・今度はコレ)盲牌で牌をツモって、1捨て。

竜華(くうっ〜これで三連続で私の当たり牌を・・・。分かっていてやっとる筈ないけど、ホンマに私の神経を逆撫でしてくれはるな、この子(イライラ))

宥(はう〜、とうとう七対子二向聴に後退。もうこの手は完全にご臨終しちゃったよ(涙))

12巡目

淡(まだ【字牌場】継続中なのに、さっきからお猿さんから全然字牌が零れてこない? 千里山がドラ南を暗刻で抱えているのは確定的だから、もう字牌の残数も少なく対子で重ねるのも厳しいし手はバラバラの筈)

淡(盲牌麻雀とか思わせぶりな真似して、実は降りてるだけならガッカリだけど・・・・・・って、その千里山がまた【対子場】を引き当てた?)

南家・竜華手配 七七七2355CCC南南南 次ツモ七 【対子場】

竜華「カン!」七を暗槓して5をツモる(新ドラはC)

竜華(よし、再び風が吹いてきた。これでリーチツモ三暗刻ダブ南ドラ6。もう裏ドラに頼ることなく三倍満達成や。あとは和了牌さえツモれれば(ギラっ))5をツモ切り。

西家・穏乃手配 九九1@@東東南西北北発中 次ツモ白 【字牌場】

穏乃(千里山の槓発声が聞こえたけど気にしない。他の遭難者が袋小路の外周の壁を叩く音を聞いても、出口を探す役には立たないし、私は私の仕事に集中)盲牌で北捨て。

玄(千里山が私のお株を奪うようなドラ爆で、ツモ和了即勝ち確定状態だよ(涙)。なのに穏乃ちゃんはとうとう七対子三向聴まで後退・・・・・・あれ、でもこの形、別な手の二向聴でもあるよね?(ドキドキ))
324 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/29(土) 12:24:45.01 ID:8/yT/jvE0
13巡目

東家・淡手配  西中中中《123》《白白白》《発発発》 次ツモ九 【絶一門(筒子)】

淡(千里山に続いて全員の場が一斉に切り替わった。私が【絶一門(筒子)】で、新道寺はまた【姥捨場】。そして阿知賀は【奇数場】。あれだけ単騎の字牌を抱えて和了れる手なんて一つしか考えられないから、実は風が吹いたのは千里山じゃなく阿知賀の方?)

淡(もう西が場に出ることはないだろうけど、この牌はクズ手の中でも諦めずに勝つ意志を示した新道寺の勇気の証。だから、この局が終わるまでは私も待ちは変えない)九をツモ切り。

南家・竜華手配 2355CCC南南南《七七七七》 次ツモ2【対子場】

竜華(くっ、惜しい隣や。けど、後一歩。後一歩や。流れは絶対に私にきとる筈なんや)2をツモ切り。

西家・穏乃手配 九九1@@東東南西北白発中 次ツモ9 【字牌場】⇒【奇数場】

穏乃(! 今一気に風が吹き抜けるのを感じた。間違いない。この道は出口に繋がっている!)盲牌で九捨て。

灼(もう誰の目にも明白。国士無双の一向聴。でも5巡前に穏乃が敗北確定の西に手を延ばした時、一体誰がこんな未来図を予測できたの?)

14巡目

南家・竜華手配 2355CCC南南南《七七七七》 次ツモC 【対子場】

竜華「(これ以上ドラはいらんけど、もう一回ツモ機会を得られる)カン!」Cを暗槓して3をツモる(新ドラは2)

竜華(また隣? これでドラ7で数え役満に達したけど、そんな徒花の点数増加、和了れなかったら何の意味もあらへん。何でドラ表示牌の1を嶺上牌としてツモれへんのや?)3をツモ切り。

淡(本来なら一局に一回出現するかどうかのレア場の【対子場】を、一人で二回も引き当てるとは驚いたけど、その剛運が逆に足を引っ張ったね。【順子場】と七対子、【対子場】と両面待ちみたいに次元迷宮には絶対に和了れない天中殺が存在する)

淡(嶺上含めて【対子場】で五回もツモって和了れない所を見ると、もう単純な両面待ちで間違いなさそうだけど、この場でその聴牌形では『嶺上開花』のA級スキル持ちの宮永咲でも嶺上で和了牌は引けない。逆に言えば可能性がゼロでさえなければ100パー和了ってことでもあるけど))

淡(他家の予期せぬ鳴きで場が切り替わることなんてしょっちゅうだし、こういう愉快で素敵な裏切りを結構してくれるから、私は次元迷宮ではあまりリーチは掛けないんだけどね(クスっ))
325 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/29(土) 12:25:23.27 ID:8/yT/jvE0
西家・穏乃手配 九91@@東東南西北白発中 次ツモH 【奇数場】

穏乃(よし、目の前に光が射すのを感じる。もうゴールは目と鼻の先だ)盲牌で@切り

西家・穏乃手配 九9H1@東東南西北白発中(国士無双一待ち) 【奇数場】

阿知賀控え室

池田「にゃ・・・にゃんだ、これ? 絶対にありえないにゃー」

憧「手替わりの発想にも驚かされたけど、一体何回連続で有効牌を引いたの? あの七対子聴牌崩しから発南白九Hの五連続って、確かにデジタル的に有り得ないでしょ、こんな剛ツモ」

玄「もしかして、これが以前美穂子さんが言っていた、穏乃ちゃんが仲間の為に頑張ろうと思った時にだけ発動するミラクル?」

キャプテン「ふふっ、それもありますが、案外これが奇跡だけの仕業ではなさそうですよ。お蔭で大星さんの能力が少しだけ判明しました」

宥「ふえっ?」

キャプテン「少し発想を変えればいいのです。彼女は自由に好きな牌をツモれるのではなく、極端なルールに基づいた牌ツモを自分も含めた場の全員に強いているのです。だから見た目の聴牌を優先し手なりに進め、恐らく大星さんにしか読めない流れに逆らえば・・・」

みはるん「途中で迷路の袋小路に嵌まって、手が進まなくなるけど、もしその流れに上手く乗っかれれば、通常の数倍の牌効率で有効牌をツモれるってことですか?」

キャプテン「ええ、穏乃さんが六連続で字牌をツモったことから、『字牌のみをツモる流れ』。あと清水谷さんの別な意味での剛ツモから、『手配にある牌と同じ牌をツモる流れ』と鶴田さんのドツボ具合からして『河にある牌と同じ牌をツモる流れ』の三種類は確定と見て良さそうですね。この試合の牌符を確認すれば今の三種の流れは所々に見つかる筈です」

レジェンド「流石だな、美穂子。これも穏乃が頑張ってあの子の能力を長々と引き出してくれたお蔭か。なら敗退の危機を孕んだ親の連荘騒ぎも無駄ではなかったな」

キャプテン「はい、まだ勝ち抜けが決まった訳ではないので予断は許しませんし、残りの複雑そうな流れのルール解明は皆で徹夜作業になりそうですが、どうやら穏乃さんは何らかの攻略のヒントを掴んだみたいです」

キャプテン(いきなり目隠しをした時は流石に面食らいましたけど。もちろん連続で有効牌が続いた理由は穏乃さんの中に眠るスキルも後押しているのでしょう。一時的とはいえ魔物さえも凌駕する期間限定の未知なる力。さしずめ『魔法の時間(シンデレラタイム)』とでも名付けましょうか)

灼「これで次ツモ和了ったら本当に奇跡・・・・・・あれ、新道寺が聴牌もしてないのにツモらないで手を止めている? 何を企んでる?」
326 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/29(土) 12:26:00.57 ID:8/yT/jvE0
北家・姫子手配 69@ABE北《二二二》《FFF》 次ツモ?【姥捨場】

デビデビ(おい何か阿知賀ヤバくねーか?)

姫子「(言われなくても分かっている、デビデビ! 最初はとち狂ったかと思ったけど、何かこの場の誰よりも流れに乗っているように感じる。なら前半は失敗したけど、もう一度トライしてみる)チー」@を吃して北捨て

姫子の場:【姥捨場】 ⇔ 穏乃の場:【奇数場】

穏乃(えっ? 何? わあああ!!!)穏乃のイメージの中で、出口目前で突然足元が崩れて、奈落の底に落ちる。

15巡目

淡(おめでとー、新道寺。今度はきちんと流れを変えるのに成功したよ)パチパチ(卓下で小さく拍手する)

淡(それでか知らないけど、千里山も【順子場】に場が変わったから、さっきと違ってツモ和了の目が出てきた。まあ槓が続いて実質五回分ツモったから、そろそろ場の変わり目ではあったけどね)8をツモ切り。

淡(お猿さんの手牌はもう国士以外考えられない。そのまま【奇数場】なら和了牌を引けたかもだけど、自分の河の牌しかツモれない【姥捨場】に落ち込んだ今、ツモ和了の目は完全に途絶え・・・・・・!)

穏乃の捨牌の河 一E87E四A八441北九《@》

淡(阿知賀の最初の捨て牌は一。もしこれがフリテンの和了牌だとしたら、実は可能性はゼロじゃない?(ゴクリ))

南家・竜華手配 2355南南南《CCCC》《七七七七》 次ツモ六 【対子場】⇒【順子場】

竜華(駄目や。けど牌はさっきより離れているのに、前より和了に近づいたような気がするのなぜなんや?)六をツモ切り。

竜華(あとこの両腕の疼きは一体なんや? 武者震いかいな?) ← 1巡以内にギャラクシアンエクスプロージョンが撃てる時に発生する予兆。
327 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/29(土) 12:26:47.49 ID:8/yT/jvE0
穏乃(わあああああ・・・・・・!!!)心象風景の中でひたすら奈落の底に落ち続ける穏乃。

キューン(穏乃の胸の中から光が飛び出し天使のような人型を形作る)

穏乃(えっ?)パシっ(誰かが穏乃の手を掴む)

穏乃(誰って、の・・・和!?)翼を持った電脳のどっちに手を掴まれ宙に浮かぶ穏乃。

のどっち「行きましょう、穏乃(ニコッ)」

穏乃(うん、私絶対に行くよ。和の待っている決勝へ)のどっちに引き上げられて奈落から脱出。

―――――――――――――

西家・穏乃手配 九9H1@東東南西北白発中 次ツモ一 【姥捨場】

穏乃(見えた、これが迷宮の出口。そして私と阿知賀のみんなのゴール)目隠しを取る。

穏乃「さあ銀河を遍く星々。私の元に集って(アレ、何これ? 口がひとりでに台詞を喋って、身体が勝手に変なポーズを?)」ぐいっ(髪の毛を逆立てながら両掌で牌を握り込む)

淡「キタ――(゜∀゜)――ッ!!」 竜華・姫子・デビデビ(ビクッ!?)

穏乃「ギャラクシアンエクスプロージョン!! 国士無双16300、8300です」

全員「うはっ!」「またなの〜!?」「や〜ん!」(ケケッ・・・)

※銀河の星々が砕け散る派手なエフェクトイメージを背景に、三人と一匹を纏めて吹き飛ばす。

淡「あーこの必殺技って撃っても喰らっても、ホントーに快感(にへら)」

姫子(あたたっ・・・、デビデビ、大丈夫?)

デビデビ(ケケッ、何とか。けど、この手の霊的攻撃はエーテル体のオイラにゃ堪えるぜ)

竜華「腕の疼きが止まった・・・。ホンマ何なんや、一体・・・・・・・・・!?」今の衝撃で山の一部が零れているのを発見。

次に姫子のツモる予定の牌:B 【奇数場】
次の次に淡のツモる予定の牌:東 【絶一門(筒子)】
次の次の次に竜華のツモる予定の牌:4(竜華に腕の疼きを齎した和了牌) 【順子場】

竜華(遅いわ、こんなに女を待たせるなんて悪い牌やな。もう待ちくたびれてしもうたわ(ホロリ))

実況「阿知賀大将高鴨の役満炸裂で今度こそ死闘に完全決着。阿知賀、王者白糸台と共に初の全国決勝への切符を掴み取りました」

白糸台  145400(+34200)
阿知賀  134500(−28500)
新道寺   60200(+9100)
千里山   59900(−14800)
328 :vip :2012/09/29(土) 17:55:10.40 ID:M/DkoPPK0
キタ――(゜∀゜)――ッ!!」 
329 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山形県) [sage]:2012/09/29(土) 18:04:39.98 ID:zQdH87INo
おお、勝ったか。よかったよかった
330 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(田舎おでん) [sage]:2012/09/29(土) 19:46:37.02 ID:LdBtBig30
乙乙

淡ちゃん楽しそうだなwwww
331 :VIPにかわりましてNIPPER :2012/09/30(日) 11:52:23.01 ID:tk0IjGfo0
打ち切りマダーー???
332 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/30(日) 12:36:30.97 ID:Jc2lPQ410
阿知賀控え室

玄「勝ったよ、勝ったんだよね、私たち」

宥「はう〜、私たちが全国の決勝の舞台に(ほうっ)」

憧「もうしずったら本当に目立ちたがり屋なんだから。千点の安手でも勝ち抜けたのに、こんな所で無駄に運を消費しちゃってどうするのよ(ニヘラ)」

池田「文句言ってる割にはすごく嬉しそうだにゃ、お前?」

キャプテン「ふふっ・・・、確かに最後を役満で締めるとか演出過剰ですが、多分、あの場ではあの手以外の聴牌では和了目がなかったと思います」

みはるん(私、阿知賀は大将が一番の弱点だと見縊っていたけど、どうやら違うみたい。まあ福路先輩がアンカーに選んだ選手だから弱い筈はないけど、また決勝でも何か見せてくれるのかな?)

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

レジェンド「どうした、灼?」

「! な・・・何でもないよ、ハルちゃん(プイっ)」

レジェンド(この場で自分も一緒に戦えないことを悔しく思っているのか・・・。私を理由に麻雀をしていた灼にとっては良い傾向だな)

レジェンド(それにしても、この面子でまさか本当に決勝の舞台まで辿り着くとはな。私が越えられなかった魔物の壁を易々と乗り越えてみせたが、この勝利は決してフロックではない。見事だ阿知賀女子麻雀部)
333 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/30(日) 12:37:11.65 ID:Jc2lPQ410
穏乃(あれ、一体私何をやっていたんだろ? 何か妙に恥ずかしいポーズを取ったような・・・)

竜華(おめでとー、阿知賀の子。あんな和了を決められたら文句なしや。あんたらの高校が決勝に進出や)

穏乃「し・・・清水谷さん」

竜華「そんな湿っぽい顔するなや。悔しくないといえば嘘になるけど、私には熱い友情で結ばれた仲間がおるさかい、後で慰めてもらうことにするわ(怜、セーラ、私精一杯やれたよな?)」

姫子(また決勝に届かなかった。哩先輩の夏を終わらせちゃった)

デビデビ(ケケッ、元気だせよ、姫子。お前は良くやったと思うぜ?)

姫子(うるさい、デビデビ。悪魔の癖に私を慰めたりするな・・・ぐすっ)

デビデビ(ま、あと20cmほど有効範囲が広がれば、対面も覗けるようになるし、オイラも精進する・・・・・・)

姫子(いいよ、デビデビはそのままで・・・)

デビデビ(あっ?)

姫子(完全無欠の能力ってのも、なんかツマラナイシ、スキルはどこかしら弱点がある方がいいんだと思う。上家下家しか覗けない不完全さが私とデビデビの絆だから(にこっ))

デビデビ(おいおい、よせよ。照れるじゃねえか(テレっ))

竜華「なあ、新道寺の鶴田さん。仲良く敗退が決まったことやし、デビルアイのカラクリを教えてくれへんか?」

姫子「し・・・清水谷さん(汗)」

竜華「うちにフナQ・・・もとい舟久保という研究者気質の参謀がおるんやが、あれだけ上家、下家をガラスにするのに対面だけ見えてないのを不思議がっとるんや。対戦者のレベルとは無関係に席順にしか影響を受けんし、ホンマにどんな原理なんや?」

姫子「す・・・すいません、私はこの後の個人戦にも出るので企業秘密ということで」

竜華「チェッ、ケチやな(ウチから唯一個人戦に出場するセーラの支援になるかと思うたのに残念や)」
334 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/30(日) 12:37:54.71 ID:Jc2lPQ410
穏乃「思っていた以上に明るい人だな、清水谷さん・・・・・・!?」ガバッ(誰かに飛びつかれる)

淡「お猿さん、すごいよ。私の次元迷宮をマグレでなく走破して、あまつさえ私が一回も有効利用できなかった【姥捨場】からギャラクシアンエクスプロージョンを撃った人なんてはじめてだよ」ギュ(穏乃に抱きつく)

穏乃「た・・・大星さん(次元迷宮? ギャラクシアン? もしかしてあの妙なスキルの名前?)」

淡「えー、淡って呼んでよ、お猿さん(ブーブー)」

穏乃「分かったけど、そっちこそお猿さんは止めてよ。私には高鴨穏乃って名前があるんだよ」

淡「うん、分かった。私これからあなたのこと、しずって呼ぶね。しずー(にこっ)」

憧「(ピキッ)・・・・・・・・・・・・・・・」TV画面を見てイラツク。

淡「それにしても私本当に驚いちゃった。宇宙人さんが次元迷宮を攻略できるのは、『失敗するリスクを覚悟した上で、それでも新しい何かに挑戦する開拓者(パイオニア)だけ』って言っていたけど、しずはアメリカ大陸を発見した偉人さんと同じ未知のアドベンチャーに挑む冒険者なんだね(キラキラ)」

穏乃(何? 大星・・・じゃなくて、淡さんって電波なの? 天江さんといい本当に魔物の考えていることは分からないけど、美穂子さんなら何かヒントになるかもしれないから頭の中にメモしておこう。えーと『次元迷宮』に『ギャラクシアン・エクスプロージョン』。それに『【姥捨場】』だっけ?)

淡「千里山や新道寺も私の我が侭に付き合わせちゃって悪かったねー」

竜華「気にするなや。単なる気紛れとはいえ、私らは望外のチャンスを貰って感謝しとる。阿知賀の子にとってはえらい災難だったやろうけどな」

姫子「そうね。その機会を生かせなかった私たちが未熟なだけよ」

淡「うわー、謙虚。勝ち越し確定で安全圏から高みの見物していた私が言っても説得力ないけど、最終的についた得点差以上に誰が勝ち残ってもおかしくない紙一重の名勝負だったと思うよー(ニコニコ)」

穏乃(そうだ、私が勝てたのはみんなからの大量の点棒を引き継げただけで、この中では私が一番弱かった。だから、もっと強くならなきゃ。負けた人たちの分も背負えるように(メラっ))
335 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/30(日) 12:38:27.77 ID:Jc2lPQ410
阿知賀控え室

穏乃「みんな、ただいまー」

憧「お帰りしずー。きちん役目を果たしてきて、お勤めご苦労さま」

穏乃「私は今回も結局マイナスだったし、一番の功労者はどう考えても玄さんでしょ?」

玄「ううん、私もここまでマイナスが多かったけど、その分お姉ちゃんやみんながフォローしてくれたから、ここまで頑張れたんだよ。団体戦にMVPも戦犯もいないよ。勝った時はみんなの勲章。負けた時は全員の責任だよ(にこっ)」

宥「玄ちゃん」

キャプテン「ふふっ、本当に良い事を言いますね。まさにその通りだと思います(やっぱりこの大会で一番成長したのは玄さんみたいですね)」

レジェンド「しかし、これでドラゴンロードという切札は晒されたわけだ。決勝では更に卓のレベルがあがるわけだが、何か策はあるのか、美穂子?」

全員「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

灼(ハ・・・ハルちゃん(汗)。折角目標を成し遂げたのだから、世知辛い話は後回しにして、もう少し勝利の余韻に浸らせてあげようよ)

キャプテン「正直にぶっちゃけると、もう何もありません・・・というか作戦の立てようがないです」

宥「ふえ?」

キャプテン「準決勝は二位抜けルールの性質上、次鋒の玄さんがトップを取れば、王者白糸台に消えて欲しい思惑と絡んで、中堅以後、阿知賀に有利な流れを築けると睨んでいましたが、全ての高校が優勝のみを目指す決勝ではそんな小細工は通用しません」

憧「確かに。決勝卓に残るような高校で二位でも満足できそうなのは、正直ウチぐらいかもね」

穏乃「みんな、そのことなんだけど。私は和と同じ舞台で遊びたい一心でここまで頑張ってきた。だから、ここをゴールと定めて良かった筈なんだけど、もうそれだけじゃいけないような気がするんだ」

玄「穏乃ちゃん?」

穏乃「阿知賀は千里山や新道寺の他にも、多分私たち以上に真摯に麻雀に青春を賭けてきた多くの少女たちの夢を叩き潰して、ここまで勝ち残ってきた。だから、勝てる勝てないかは別にして精一杯勝つための最善を尽くす責任があると思うんだ」

全員「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

キャプテン「ふふっ・・・、それが分かっていれば十分です。もちろん決勝までの二日間、勝利への努力は怠れませんが、今夜だけはお祝いしましょう。不肖ながら料理に腕を奮わせてもらいます」

池田「にゃー、美穂子先輩の手料理が久しぶりに食べられると思うと涎が(だらー)」

憧「あんたら、何時まであたしらに引っついてくるつもりなのよ?」

みはるん「すいまんせん、やっぱりご迷惑だったでしょうか?」

池田「萎縮することないにゃー、みはるん。あたし達は美穂子先輩のスペシャルゲストだし、個人戦が終わるまでは養ってもらうにゃー」

憧「この馬鹿猫は少しは遠慮って言葉を知りなさいよ!」

キャプテン「うふふっ、やっぱり阿知賀は賑やかって活気があっていいですね(にこっ)」
336 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/30(日) 12:39:11.25 ID:Jc2lPQ410
白糸台控え室

淡「ただいまー。公言した通りに一位で戻ってきたよー・・・・・・って、アレみんな渋い顔してどうしたの?」

亦野さん「淡、お前自分が何を仕出かしたか分かっているのか? 苦労するのは記者会見で体裁を取り繕わねばならない弘世部長や宮永先輩なんだぞ」

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

淡「あれ、それでさっきからテルーが机にうつ伏して黄昏てるの?」

たかみー「いえ、宮永先輩が鬱っているのは別の理由。阿知賀の子のアレを見て、自分がギャラクシアン・エクスプロージョンの台詞と決めポーズを取らされた黒歴史をぶり返しているみたい」

淡「えー、何で? あれ凄くカッコ良いのにー(ぶーぶー)」

亦野さん「写メのネットワーク経由で白糸台中に出回ったからな。そのトラウマのせいで先輩、次元迷宮ではギギギモードを使わなくなったし。役満と相性が良い場も結構あるから、アレを積極的に使えば淡への勝率が更に二割ぐらいはアップしそうなんだが」

たかみー「私は阿知賀に消えて欲しいと思っていたから、淡の連荘を否定はしないけど、弘世部長は絶対にオカンムリ」

淡「えへへー、でもこの場にいなければお小言も・・・・・・(ビクっ)!」

菫「・・・・・・解析作業の傍ら、携帯のTVで見ていたぞ、淡。貴様、神聖な高校の部活動で何をやらかしてんだ!」グリグリグリグリ(コメカミを梅干しぐりぐり)

淡「イタイ! イタイ! イタイー!!(涙)」

菫「ふん、本来なら一晩搾ってやる所だが。監督からお許しがでたので、このぐらいにしてやる」ポイ(淡を離す)

亦野さん「監督が?」

菫「勝てば不問だそうだ。一年の態度を窘めている暇があれば、危うく白糸台を敗退させかけた自分たちのスコアを恥じろとのこと。そう言われてはあの成績では返す言葉もない」

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

たかみー「・・・・・・・・・(やはり私たちは王者白糸台。臨海ほどの異常な勝利主義ではないにしても、仲良しこよしで部活動というわけにはいかないか)」

亦野さん「けど、これで決勝の相手は阿知賀との再戦に決まりましたね。正直三校の中で一番手強い相手が残ったと思いますが」

たかみー「そうね。先鋒の福路と千里山の園城寺。雑魚二人を同卓させてのサシの稼ぎ勝負なら園城寺に軍配があがるけど、宮永先輩からの被害を最小限に抑えるという一点に置いては福路の他家利用能力は下手な魔物以上に厄介」

亦野さん「まず決勝に残ってくる臨海先鋒の辻垣内は特殊なスキルはないが、実に麻雀を良く理解してる。あの技巧派二人が手を組んでコンビ打ちのように場を流せば、宮永先輩でもそうそう親の連荘は難しい」

菫「誰かさんが切札のギギギモードの手の内を完全に明かしてしまったしな。残り一人の面子にもよるが、今までみたいな馬鹿げた収支は期待できないか」

照「・・・・・・・・・・・・(プイっ)」
337 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/30(日) 12:39:52.67 ID:Jc2lPQ410
菫「まあ、それでも阿知賀は後ろの面子が貧弱だから何とかなるが、逆に臨海は新道寺みたいに後ろへ行くほど強力になる。本来最強候補の先鋒が留学生禁止になったが故の皮肉な顛末だがな」

たかみー「先輩、それよりも松実玄のことをお忘れでは・・・」

菫「もちろん忘れてなどいないさ。決勝では私は松実妹と心中することになるだろう」

亦野さん「心中?」

菫「まだ完全に解析できたわけではないが、取っ掛かりは掴めた。やはりドラを捨てられないという制約は間違っていなかったようだ。なら、奴がドラを捨てるまで私はひたすら毒矢で狙い続ける」

照「・・・・・・・・・・・・・・・」

菫「この戦略は恐らく他の二校を利するだろうが、それほどにあのドラ爆は危険だ。だから次鋒戦は下手すれば私と松実の二人沈みということになるだろうから、決勝でも私の収支には期待しないでくれ」

たかみー「だとすると厳しいですね。宮永先輩に続いて弘世部長まで収入が減るとなっては・・・」

亦野さん「あの先鋒禁止ルールが全ての元凶だな。淡を先鋒で使えれば、去年までみたいに宮永先輩を大将に置けた。場が平らで始まらない大将戦なら、福路といえどそうそう他家を思惑通りに動かせなくなる筈だけど・・・」

菫「今更ルールに文句を言っても始まらない。そこで別な収入源を求めることにする。それはお前だ渋谷」

たかみー「わ・・・私ですか? 私もどちらかといえば技巧派であまり火力に期待は・・・・・・!?」

淡「あはは・・・・・・、たかみんが技巧派? やっと雀力が白糸台二軍(※それでも県代表クラス)に達したばかりなのに、すごくおかしー(ケラケラ)」

亦野さん「そう言うな、淡。一応全国雀力十指という舞台設定で話を合わせていたんだ。尭深も混乱するだろ?」

たかみー「????」

菫「阿知賀のドラゴンロードには本当に驚かされた。まさか我々と似たようなことを考えるとはな。白糸台のような層の厚い強豪校ならともかく、阿知賀の薄い選手層で良く温存策なと実行したものだが、淡、もう暗示を解いてやれ」

淡「りょーかいでーす。スミレ部長」(キャピーン)人指し指をたかみーに合わせる。

たかみー「(キュピーン)・・・・・・・・・・・・」眼鏡の奥の目が濁る。

亦野さん「本当の自分を思い出したか、尭深?」

たかみー「ええ、何で私は千里山の役満にビビッていたのか馬鹿みたい(クスッ)」

菫「それにしても麻雀では油断した相手の牌を一個誤認させる程度の低級の暗示スキルで、何で他者の記憶の一部を塗り替えるようなとんでもない真似ができるんだ、淡?」

淡「んー? 記憶操作には対象者の心からの承諾が必要だから、日常じゃまず使いようがないんだけどねー(相手の同意を得るのがインキュベーターの流儀とか宇宙人さん言っていたし)」

亦野さん「これで白糸台には狙って役満を出せる能力者が三人もいる。相手が阿知賀でも傭兵軍団の臨海だろうと負ける筈はない」

菫(あのスキルは脅威だが問題は渋谷の雀力の低さ。オーラスでほぼ確実に役満を和了れたとしても、それまでの収支マイナスが同じくらいでは意味がない。この四カ月間、雀力の底上げの為に記憶の一部を封印し辛抱してレギュラーで使い続けた甲斐があったな)

菫「(あるいは松実玄も渋谷と同じく雀力修行の意味もあって能力を封印していたのか・・・!)どうした亦野? 少し黄昏ているようだが?」

亦野さん「いえ、これで私一人が無能力者だと思うと少し疎外感を覚えて寂しさが・・・」

菫「それなら心配あるまい。もうじき発売される本編の方でお前の能力が掲載されれば、きっと渋谷のように後付けでスキルがつけ加えられる筈だ」

たかみー(うわっ、完全なメタ発言。まあ淡の方は本当の性格と能力が判明しても、もう路線変更は絶対に無理だから、今のままで行くだろうけど・・・)

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
338 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/30(日) 12:40:30.13 ID:Jc2lPQ410
観客席に佇む外国人風の三人の少女(一人は屋内で傘さし)

ネリー「ねえ、どう思った? 今の大将戦?」

ハオ「一位による無駄な連荘。千点でいいのに無駄な役満和了。勝つためには何とも無駄の多い凡戦ですねー」

ネリー「そうかなー? 目隠し麻雀なんてエンタメに富んでいて私は結構楽しめたけど?」

ハオ「勝利に派手さは一切必要ありませーん。麻雀は最終的な収支が全てですから、役満を和了ろうがマイナスの阿知賀大将はただの雑魚でーす」

ミンファ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ネリー「どうしたの、明華? さっきから黙りこくって?」

ミンファ「いえ、昔の顔馴染を見掛けたもので。白糸台の大将なのですけど」

ハオ「オー、大星淡と知り合いですかー?」

ミンファ「ええ、まだ子供の頃、同じ遊び場に招待された仲です(宇宙人に次元迷宮に拉致されたとか言ったら電波だと思われるから黙っていましょう)」

ネリー「なら、あの子の支配系能力も知ってる?」

ミンファ「はい、魔物と無能力者との垣根を無くす公平な空間だそうですよ(私には馴染めなかったので退場させてもらいましたが、まさかあの子が管理者になっていたとは・・・)」

ハオ「公平って何ですか、それ?(クスッ) 小学校で駆けっこの早い遅いは努力よりも天稟に属する分野ですが、足の早い子は不公平だから、運動会で足に重しでもつけろととでも言うつもりですかー?」

ネリー「この国の女の子はみんな裕福そうだけど、私の国では内乱で大勢の子が死んでるよ。それでも人と世界は公平なの?(グスっ)」

ミンファ「私に言われても(汗)とにかくあの次元迷宮は私たちよりも上位者によって生み出されたので、一端取り込まれたらアレのルールに基づいて戦うしかないですね」
339 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/30(日) 12:41:07.50 ID:Jc2lPQ410
ネリー「そんな先のことよりも、私たちも明日の準決勝に勝ち残らないとだね」

ハオ「清澄も有珠山も大将の魔物のワンマンチームだから問題ないのでは? 私たちがいなかったとはいえ、有珠山に逆転を許した辻垣内さんとダヴァンさんも情けないですがー」

ネリー「次鋒のメガンまではリードしていたから、別に二人の責任じゃないんじゃない?」

ハオ「そうですね。飛ばされずに中堅の私にまで回してくれれば文句はないでーす」

ミンファ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ハオ「もしネリーまでで決着がつかなかったら、大将戦は流石に手子摺りそうですが、闇社会で『魔物ハンター』と畏れられた雀明華の力期待していますわよ(フフっ)」

ミンファ「その裏の名で私を呼ぶのは止めてください。今の私は表の世界ランカーの『風神』ですから(次元迷宮に関わった唯一の成果は、自分より格上の魔物の狩り方を学んだことでしょうか? 低ランクとはいえ同じ魔物である私が云うのもアレですが)」

ダヴァン「お前たち、ここにいたのか?」

ネリー「メガン、智葉」

辻垣内「これからミーティーグを始めるからついてこい。決勝に勝ち残るためにはお前たちの力が必要や。今度は先発で出場してもらうで」

ハオ「もちろん、分かってますよー、キャプテン(ふっ)」

ミンファ「・・・・・・・・・・・・・・・」

―――――――――――――

(ざっざっ)2vs3の二列で移動中

辻垣内「なあ、前々から思うとったんやが、こいつら私らのこと見下しとりゃせんか?」

ダヴァン「・・・・・・少しだけ違う。辻垣内さん。ハオ達は自分たち以外の全てを見下している」

第一部 完。
340 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/09/30(日) 12:42:05.72 ID:Jc2lPQ410
まず間違いなく原作阿知賀編のゴールとなる準決勝大将戦まで書き終えました。
TV版エンディングなみに一応その後の伏線を色々と張ってますが、決勝戦が書けるかは今のところ未定です。
(正直、先鋒戦の構想すら現地点では全くの白紙状態です。真っ当ならまた照をキャプテンその他が必死に抑える展開になるけど、その二番煎じが原作名勝負の準決勝を下敷きにした前の対決より面白く書けるとはどうしても思えないので、いっそのことキンクリもありかなと悩んでいます)

作者が自分の作品を語るのはナンセンスだと思いますが、結構憶測が流れているようなのて一つだけ。
掲示板が賑やかになる都度、更新停止を危惧する人もいるようですが、辞める時は普通に決勝の構想が浮かばないか、もしくはこの掲示板の書き込みが完全に途絶える(誰も読んでない作品をアップする意義は感じられないので)のどちらかなので、その点だけは安心して下さい。

とりあえずHTML化まで二カ月の猶予があるそうなので、続きを作れるのかじっくり考えてみます。
ぶっちゃけるとROMで心の中だけで応援されても、それを確かめる術がない以上(ここにはカウンターもないし)、どんな意見でも反応がある方が有り難いので、ここまでカキコしてこの作品の継続に力を貸してくれた全てのカキコミ者に感謝します。
341 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福島県) [sage]:2012/09/30(日) 13:11:07.07 ID:YoG9WuP/o

第二部がんばってくれ
342 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山形県) [sage]:2012/09/30(日) 13:17:22.38 ID:cK6yrdeWo

待っとるでー
343 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/09/30(日) 14:29:34.29 ID:NlzalnZ6o
おつのんびり待つ
344 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/30(日) 15:30:10.08 ID:MZ3qgNLSO
じゃのう
気長に待っとるでよ
345 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/09/30(日) 20:01:17.99 ID:iamyajiSO


つーか、能力与えたのキュゥべえかよwww
346 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/10/08(月) 17:15:10.21 ID:up7PYm2r0
おつ
347 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/10/08(月) 17:53:13.61 ID:BQF4BGMAO
>>346
下げろks
348 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/01(木) 00:03:19.24 ID:hGfOrCWm0
長らくお待たせしました。本日より第二部を再開します。
阿知賀編の新作読みましたが、やはり本家は発想のスケールが異次元ですね(リザベーションで哩先輩のクールなイメージがゲシュタルト崩壊した)
まだラストまでの構想が完全に練れたわけではありませんが、考えてみれば阿知賀は他の名門校と違い別に勝利を義務づけられた集団でもないので、優勝ゴールに拘らずに思いついたネタをライブ感覚で投下していくことにするので、この物語の終着点は現地点では作者にも不明です。
尚、宇宙人、大悪魔、闇社会などの宙二キーワード満載ですが、あくまでも筆者の個人的趣味と作品世界の奥行きを広げる単なる芝居道具に過ぎず、戦いの舞台がインターハイの外に飛び出したり、咲キャラ同士(臨海や有珠山は実質オリキャラみたいなものですが)の対決に介入する事はないです。


キャプテンが阿知賀に転校したら 第二部

インターハイ準決勝 第ニ試合 臨海、姫松、清澄、有珠山

実況「昨日の準決勝第一試合では、王者白糸台と新鋭阿知賀が決勝に進出。残る二つの椅子を賭けた本日の第二試合も佳境の大将戦に突入します」

実況「現在のトップは次鋒から副将まで三連続で区間一位を取った本命の臨海女子。続いて先鋒戦の大勝の貯金を遣い果たし副将戦でついに首位陥落した姫松、更には清澄と続き、二回戦、臨海を抑えて一位抜けした有珠山は最下位。果たしてこの後どうなるか注目しましょう」

臨海控え室

ネリー「ただいまー、姫松からトップを奪い返してきたよ」←(+35500【副将1位】)

ダヴァン「お帰り、ネリーさん」←(+9800【次鋒1位】)

ハオ「後は明華が仕事をこなせば決勝進出でーす」←(+20500【中堅1位】)

明華「そうですね、それでは行ってきます」バタン←(+−0【大将?位】)

辻垣内「・・・・・・・・・・・・・・・」←(−24400【先鋒4位】)

―――――――――――――

ネリー「チェッ、自機がやられちゃった」ピコピコ(PSPのSTGゲームに熱中)

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ソファーの上で座禅を組んで瞑想中。

ダヴァン「あ・・・あの、明華の試合がもうじき始ま・・・・・・」オロオロ

辻垣内(改めて思うわ。ホンマにこのチームはバラバラや。根っこは信頼とはまるで無縁、単なる打算だけで繋がっとる。まあ、金にモノを言わせて引き抜いた傭兵に忠誠心や友情だかを期待するのが間違っとるんやろうけど・・・)

辻垣内(仲間内に気を遣うのは、何時も苦労性のダヴァン一人。かくいうキャプテンの私も今更チームを纏めようなんて甲斐性起こす気はサラサラないし、空中分解するのも無理はないが不思議や。こんな協調性皆無の寄せ集め集団でもまるで負ける気がせん)チラリ

(大将戦開始前の各高成績)
臨海  141400(+41400)
姫松  107100(+7100)
清澄   88700(−11300)
有珠山  62800(−37200)

辻垣内((フッ)それもそうか。団体戦という言葉に惑わされすぎやな。別に同卓でコンビ打ちするわけやなしに、それぞれが単身で順番に卓に赴くだけ。チームワークを発揮する余地がどこにあるというんや?)

辻垣内(気持ちがチグハグやろうと個人プレイに走ろうが、全員が一位を取れば負けようがないし、実際、副将までは留学生全員が区間トップで戻ってきとる。姫松の不発弾に運悪く親の四暗刻単騎の直撃を受けたとはいえ、先鋒日本人ルールでレギュラーに抜擢された私一人が足を引っ張っれば、ハオ達に見下されるのも無理はないか(溜息))

ダヴァン「明華、大丈夫かな? 有珠山大将、豹変した龍門渕透華と同じぐらい危険デス」ハラハラ

辻垣内(ビケで戻ってきた私に声を掛けたのはダヴァンだけやし、コイツはホンマに変わらんな。しかし二回戦でウチを二位に蹴落とした有珠山高校。他の面子はともかく大将の土方は正真正銘の怪物。速度だけの風神さんがあの馬鹿火力をどう抑えるんか、世界ランカーのお手並み拝見やな)
349 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/01(木) 00:04:10.58 ID:hGfOrCWm0
実況「さあ、これより大将戦がスタートしますが、その前に各校の選手を紹介します」

実況「臨海女子大将は世界ランカーの風神(ヴァントゥール)雀明華。二回戦は温存策で出番無しだったので、プロ雀士がどのような闘牌を見せるのか期待しましょう」

実況「姫松大将は参謀末原恭子。二回戦では手痛い大失点を喫するも、主将愛宕洋榎の稼いだ点棒を辛うじて守りきり準決勝進出。清澄への雪辱に燃えているそうなので注目です」

実況「清澄大将は嶺上開花の申し子宮永咲。県予選決勝の龍門渕・天江衣との死闘は記憶に新しく、チャンピオン宮永照との親類説も囁かれています」

実況「そして大将戦の台風の目はもちろんこの人、有珠山大将の土方姑獲鳥。一回戦、二回戦で共に十万点近いスコアを叩き出して、ここまであの宮永照を抑えての最多得点記録保持者です」

実況「準決勝大将戦はこの四人によって競われます。場決めが終わりいよいよ開局です」

全国準決勝大将戦 前半

咲「よろしくお願いします(今日は靴下脱いだから、最初から本気モードだよ)」ゴッ。

末原さん「よろしくお願いいたします(二回戦のプラマイゼロで虚仮にされた借りは返すで、清澄の嶺上使い)」

姑獲鳥「よろしくー(今度は臨海の大将が異人さんに変わったみたいだけど、勝つのは姑獲鳥ちゃんだよー)」

明華「Merci d'avance.(よろしくお願いします)」

―――――――――――――

前半 東1局 親 宮永 ドラ@

西家・明華手配 二四44678@AB西西西 次ツモ三

明華「ツモです。西ツモドラ1。2600、1300」

末原さん(風牌地味和了でスタートやが、5巡とは流石に早いな。第一打の捨牌も当然、西。『WEEKLY麻雀TODAY』の特集記事で組まれていた通り、世界ランカーはんは配牌でほぼ100%自風牌を四枚ツモれるのは確定やな。情報化社会で本当に助かるわ)

末原さん(これが『風神』の能力か。連風なら2飜やし確実に役がつく速攻系の使い勝手の良いスキルやが、ホンマにそれだけか? 同卓している清澄はもちろん有珠山も掛け値なしの化物やから、そんな軽いジャブで何発和了っても一発で引っ繰り返されるで)
350 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/01(木) 00:05:03.60 ID:hGfOrCWm0
前半 東2局 親 土方 ドラ6

末原さん(臨海の第一打は南。また南暗刻確定か。まあ、こいつは火力がなさそうやから連風か自風牌がドラの時以外放置でいいが、いきなり親を流された清澄も尻に火がついたやろうから注意せんといかん)

末原さん「(宮永封じプランその1。先に槓して嶺上牌を奪う。この手でカツ丼好きのプロが勝利したらしい)カン!」Gを槓(新ドラは二)

末原さん(よし、これで!?)

咲「二をカン。ツモ嶺上開花ドラ4。6000、3000」(新ドラは発)

末原さん(なっ!? 槓ドラになった二を暗槓しての嶺上やと?)

咲「末原さんが槓してくれなかったら、私に槓ドラが乗らなかったから、9300の点数アップごちそうさまでした(^^)ニコ」

末原さん(はあ、何云うとるんや? その都度、槓ドラの表示牌を自力でツモる鷲津麻雀やあるまいし。私が槓しなくても最初のドラ表示牌の中身が変わる筈ない・・・・・・よな? 清澄が何を言っているのか分からな・・・いや分かりたくない(ガクブル))

【プランその1 先に槓して嶺上牌を奪う 失敗】

末原さん(素数でも数えて落ち着け、私。2、3、5、7、11、13、17、19・・・よし心が鎮まった(すーはー))

末原さん(私以外は全員魔物のようやし、普通の麻雀ができんのは最初から分かりきっとったことや。メゲるなや私)

前半 東3局 親 雀 ドラ6

末原さん(臨海の第一打は東。ダブ東の暗刻確定。親の連風に他の役が一個でも絡めばそれだけで子の満貫クラス。流石に今度は放置できんが、それ以上に気になるのは有珠山の動向)チラリ

姑獲鳥「フンフンフフンフーン♪」

末原さん(ロングツインテールの妙な髪形して、こいつもお子様タイプの魔物か。できることなら有珠山の土方には一度たりとも和了せたくはないが、それでも和了ゆうなら是非ともこの局で和了ってもらいた・・・!)

咲「3をカン、ツモ嶺上開花1300、700」

末原さん(今度は自前の槓やからドラは乗らんかったか。連風の臨海の親が流れたが、ちっとも有り難くない。まだ東場で土方は一度も和了ってないのに、次は私の親番ってヤバイわ)
351 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/01(木) 00:05:52.58 ID:hGfOrCWm0
前半 東4局 親 末原 ドラ北

明華「カンです」いきなり北を暗槓(新ドラは8)

末原さん(今度は捨てずに槓か。そりゃ自風がドラなら私でもそうするが、この局ホンマに脅威なんは満貫以上確定の臨海やない)チラリ

姑獲鳥「ぐふふふふ・・・」ゴゴゴー(目の色がグルグルに変わっている)

末原さん(やばい空気が周囲に充満しとる。私も二向聴の好配牌やがこの局を流せたところで、連荘したら状況はほとんど変わらん。とはいえ下手したら跳満以上あるトップの臨海に差し込む訳にもいかないし、今回ばかりは目の上のタンコブの清澄に期待か・・・)

10巡目

末原さん(・・・・・・こんな時に限って何時もは速攻で和了る清澄も、特急券持ちの臨海も和了らへん(イライラ)。かくいう私も一向聴から足止め喰らっとるが、もしかして有珠山の力が場に働いとる?)

11巡目

東家・末原手配 三三四五六七234CEFG 次ツモ七

末原さん(やっと有効牌がきおった。このCを通せれば三−七の両碰待ちで聴牌やが)チラリ

姑獲鳥の捨牌の河 白西二6【五】四西73二

末原さん(捨て牌が筒子の絶一門とか、清一気配満々やないか。流石にこれは切れん。一端回そう)三捨て

咲(これで、差し込んでこの場も終了)七捨て

咲(あれー? 末原さんが今ので和了らない・・・・・・って、Cを手に残して聴牌してない? 有珠山はまだ一向聴なんだから、河なんかに惑わされないでよ)←自分は河を全然見ていない。

姑獲鳥「♪♪♪」ヒョイ(何かをツモってB捨て)

末原さん(! とうとう手出しで筒子が零れた。清一色プラスαで聴牌確定か?)

明華「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(C捨て)

末原さん(おいおい、世界ランカーはん。いくら門風牌をドラ槓しているとはいえ、チャレンジしすぎやろ? これは振り込んだか?)

姑獲鳥「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」サワサワ(しらん顔でツインテールの髪の毛を弄る)

末原さん((ほー)通るんか? ほなら次で私もCを落とせるから助かるわ)

12巡目

東家・末原手配 三四五六七七234CEFG 次ツモ六

末原さん(よし、これで六−七待ちの両碰待ちに変化。連荘したらまた土方の恐怖に曝されるとはいえ、次局は他家がアッサリ和了る可能性もあるし、緊急回避や)C捨て

咲「私もC捨て(はーあ。有珠山のツモにまわす前に場を流したかったけど、誰かさんが聴牌を遅らせた所為で、さっき一枚しかない七を無駄切りしちゃったら、もう私の手牌からじゃ差し込めない)」←末原さんの捨牌を確認せずに感覚で牌を切った自分のミス。

西家・姑獲鳥手配 @AABBCDEFGHHH 次ツモ@

姑獲鳥「ツモでーす、清一色一通平和一盃口ツモ、三倍満12000、6000ですよー(^^)ニコニコ」

末原さん(ぐっ、@ACDFGの六面張でピンポイントに最高目の@・・・・・・って、前巡の臨海の捨牌のCで和了っとるやないか。清一一通平和の倍満の出和了りを無視し、敢えて三倍満ツモを目指したやと?)

咲(うわー、リーチどころかドラを一個も使わないで、ある意味役満以上にレアな三倍満を作ってる。この局に限って私に槓材が滞ったのも、この子の支配に打ち負けたから?)

末原さん(南北海道大会の牌符通りや。こいつの三倍満への拘りと和了率は尋常やない。東場南場でほぼ確実に1回ずつ三倍満を和了る三倍満の悪魔。有珠山・土方姑獲鳥(うぶめ))

末原さん(二回戦では親1回を含め四度の三倍満を和了って、一人で十万近いスコアを叩き出し臨海を二位抜けさせた立役者。宮永一人でも厄介やというのに、まだコイツが三倍満を和了る可能性が3回も残されているなんて、ホンマに頭が痛いわ)

明華「・・・・・・・・・(なるほど、三倍満でしか和了れない魔物ですか・・・)」
352 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山形県) [sage]:2012/11/01(木) 00:30:56.74 ID:c0hKDMyio
3倍満でしか和了れないとかなにそれ怖い
353 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/01(木) 07:22:08.35 ID:SnOEk75Vo
続ききた!
待ってたよー
354 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(田舎おでん) [sage]:2012/11/01(木) 20:00:21.41 ID:zJ331c340
いいよいいよ〜
355 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/02(金) 00:02:26.98 ID:W9LFHbi40
末原さん(今の親被りで原点割れした上で清澄に抜かれたが、まだ1/4を消費したばかりやし慌てることはない。もう一度素数を数えて仕切り直しや。2、3、5、7、11・・・・・・・・・79、89、97。よし落ち着いた(すーはー))

前半 南1局 親 宮永 ドラE

末原さん(三倍満の悪魔は確かに脅威やが、東南各場1回限定の上、出和了り頻度は低いから私のラス親の時以外は気にするなや。それよりもこの局の親で大明槓の責任払いばかり狙いよる嶺上の魔王の方が要注意や)

末原さん(宮永封じプランその2。生牌はなるだけ切らない。県個人戦のラスト、この策で無名選手だけの卓に最後まで苦しめられた。手作りとの並行は大変やが腕の見せ所や)

7巡目

北家・末原手配 一三四【5】67AEEEFG北 次ツモB

末原さん((うーん)さっそく生牌以外がほぼ尽きた。このドラ暗刻を崩すのは事実上の和了放棄やし、この戦略は決してオリやない。まあ、まだ巡目が浅いし、このあたりを1回ぐらいなら・・・)自風の北捨て。

咲「その北、カン!」

末原さん「!?」ビクッ

東家・咲手配 四六88東東白白白白《北北北北》 嶺上ツモ東

咲「・・・・・・もう一個白をカン・・・更にもう一個東をカン。東白三槓子嶺上開花赤1の責任払いで親っ跳18000です(^^)ニコ」

東家・咲手配 四六88《東東東東》《北北北北》《白白白白》 嶺上ツモ【五】

末原さん(白のみ一向聴の手がたった1巡で親っ跳和了に化けるとか、私にどないせーちゅー? 土方といい二回戦以上の怪物の見本市。メゲるわー)

【プランその2 生牌を切らない 失敗】

前半 南1局1本場 親 宮永 ドラ四

末原さん「ロン、3900の1本場で4200(これで宮永の親を流せて焼き鳥も回避。できれば有珠山からの出和了りやなく上位二校から削りたかったが贅沢はいえん)」

姑獲鳥「チェッ(和了るならもっと高い手を張ってよ。そんな安手じゃ私のセンサーに引っ掛からないじゃん)」
356 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/02(金) 00:03:07.98 ID:W9LFHbi40
前半 南2局 親 土方 ドラ西

西家・末原手配 一六九9ABD【D】F西西発北 次ツモ九

末原さん(さっきの親っ跳直撃で二位清澄とはまだ三万点差以上ある。前巡のような軽い手をチマチマ和了っても全然差は縮まらんし、一丁デカイ手をモノにしたる)一捨て

8巡目

西家・末原手配 九九2ABCD【D】【D】EF西西 次ツモ西

末原さん(よし、これで2きりで、九−D−Gの聴牌。一枚しかないDは厳しいとしても、九とGを両方同時に抑えるのは無理やろ)チラリ

末原さんの捨牌の河 一発北六白91

末原さん(迷彩にも気を使ったし、Gはともかく九は無警戒で出る筈。本来ならリーチかけたいところやが、魔物の直感を舐めたらアカン。既に西ドラ5で跳満はあるし、ここはダマで仕留める)2捨て

咲「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

姑獲鳥「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

明華「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

13巡目

末原さん(ツモれないのはともかく、何で誰も出さへんのや? まさか運悪く面子で使われとる?)

18巡目

姑獲鳥「ノーテンだよーって、聴牌してなきゃ見せる必要なかったんだ、失敗(てへっ)」うっかり牌を倒す。

末原さん(! なんや、孤立したGと九を一枚ずつ抑えられてるやと!? まさか、こいつらも?)チラリ

咲「ノーテンです(目を逸らす)」牌を伏せたけど、DとGと九を一枚ずつ抑えている。

明華「ノーテン(しれっ)」同じく伏せたが、萬子の混一の目を無視してG二枚を残す。

末原さん「・・・・・・テンパイや(なんでリーチもかけとらんに、私の和了牌をピンポイントに抑えるん? 有珠山は私の河を意識している気配すらなかったし、これが魔物の危機察知能力やというなら理不尽すぎないか?)」ギュっ(唇を噛む)

南2局 流局親流れ1本場。末原さん、ノーテン罰符3000と引き換えにまた一つ心を削られる。
357 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/02(金) 00:03:48.06 ID:W9LFHbi40
前半 南3局1本場 親 雀 ドラ八

末原(・・・・・・凡人が考えるのを止めたら、終わりや。とにかく場の状況に合わせて、柔軟に対応するんや)

咲「ポン」八を碰してF捨て。

末原さん「ドラ3につれられのか、槓以外では滅多に副露しない清澄がポンするとはチャンスや(ギラリ)」

南家・末原手配 四【五】六七九23D【D】【D】《発発発》 次ツモ1

末原さん「宮永封じプランその3。加槓のタイミングに合わせて搶槓を狙う。あいつ結構ビビリみたいやし、これで手を縮みこませれば・・・」D捨てで八の嵌張地獄待ち。

咲「あっ、また八をツモれちゃった。んーっと、カン!」八をツモって槓宣言。

末原さん(よしゃあー、その嶺上牌取る必要なしー・・・・・・・・・って、加槓やない? 手持ちの四枚の@を暗槓やと!?)

西家・咲手配 七八九34EE《八八八》《@@@@》 嶺上ツモ2

咲「ツモ、嶺上開花ドラ4で満貫の1本場4100、2100」

末原さん(あの形から八をポンして、直後ピンポイントに一枚しかない嵌張の穴を埋めるとか何やそのアクロバティックな打ち筋は? そもそも嶺上に失敗したら役無しになるのに何で態々副露・・・・・・って流石に考えるだけ無駄や。こいつには未来視じみた和了への道筋が確実に見えとる。本当にその違いだけや(遠い目))

【プランその3 加槓からの搶槓を狙う 失敗】

末原さん((はっ?)・・・・・・って宇宙に放りだされた究極生命体みたいに思考停止している場合やない。次は私のラス親なのにまだ有珠山が南場和了っていない。恭子ちゃんピーンチ!)
358 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/02(金) 00:04:36.31 ID:W9LFHbi40
末原さん(有珠山の奴、三位の私から二度も親被りを狙おうとか、少しは空気を読めや。けど今度はさっきと違って完全回避可能なウルトラC技がある)

前半 南4局 親 末原 ドラ七

東家・末原手配 七七679ACFH東東南発中

末原さん(今回は私のラス親やから、和了止めで逃げられる。私の窮地では嶺上使いも世界ランカーもどうせ頼りにならんやろうし、自力で和了を勝ち取るで)南捨て

3巡目

末原さん「東をポン(よし、これで役をゲット。後はどんな形でも和了れば)」東を碰し発捨て

姑獲鳥「発をポンだよー」発を碰し中捨て

末原さん(有珠山との副露合戦で東と発を交換トレードか。一応、大三元を警戒って・・・・・・って次に捨てたのは中か)チラリ

咲の捨牌の河 中北G

4巡目

末原さん(中は清澄も1巡目に捨てとるから、これで完全に種切れ。要警戒の土方相手とはいえ、たかが発暗刻が一つ曝されたぐらいで過剰に反応しすぎか?)8をツモって中捨て

8巡目

東家・末原手配 七七八678CFGH《東東東》 次ツモA

末原さん((ウズウズ)聴牌したが、あと一個赤ドラか何か役がつけば、5800から一気に11600に・・・・・・って欲張ってはいかん。土方がまたグルグル目で攻めている以上、1巡たりとも和了を遅らせるのは危険やが・・・)チラリ

姑獲鳥の捨牌の河 C6東中中一9三

末原さん(手出しの連続中捨て。残しておけば私が捨てた中を副露・・・・・・いやいや、奴が先に中を捨てなければ私も用心し手の内に留めただろうから、所詮は最高でも小三止まりの手か)ポイ(八捨てでBの嵌張待ち)

姑獲鳥(うふふー、小三元なんて眼中なし。誰も姑獲鳥ちゃんを止められないよー)何かをツモってニヤリと笑う。

西家・姑獲鳥手配 @@HH西西西白白白《発発発》 次ツモH

姑獲鳥「ツモ、混老頭トイトイ三暗刻混一白発西の三倍満12000、6000ですよー(^^)ニコニコ」

咲(うわー、またドラもリーチもなしに三倍満を作ったの? やっぱり全国って凄い人が一杯だよ(ワクワク))

末原さん(・・・・・・本当に何やコレは? あの時に中の対子を切らずにおけば、小三元の2飜もプラスされて数え役満に達したのに、敢えて中を落として三倍満に留めたやと?)ワナワナ

末原さん(倍満の点数を三倍満に伸ばそうと無茶するのはまだ分かる。けど役満の点数を態々三倍満まで下げるのは絶対に納得でけへん。宮永のプラマイゼロの舐めプといいポリシーか美学か知らんが、こいつら魔物は必死に点数稼ごうと足掻いている私のような凡人をお遊び感覚で嘲笑っているのか!?(涙目))

実況「でたー、オーラスも土方得意の三倍満和了。宮永を抜いて再び収支トップでチームは三位に浮上しました」

臨海  125200(−16200)
清澄  114100(+25400)
有珠山  95500(+32700)
姫松   65200(−41900)

実況「これにて大将戦前半終了。臨海の世界ランカー雀を抑えての有珠山・土方の三倍満と清澄・宮永の嶺上開花との完全なマッチレース。一人沈みとなった姫松・末原の追い上げはあるのか後半の展開に期待しましょう」
359 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/03(土) 00:02:01.70 ID:Q/7duFEs0
臨海控え室

辻垣内「相変わらず有珠山の魔物は三倍満がお好きやな。それでウチの魔物さんは何しとるんや? 魔物特有の前半はお遊びで様子見ってやつか?」

ハオ「ノーでーす、辻垣内さん。明華はプロフェッショナルだから、遊びみたいな無駄は一切しませーん。実力通りの結果が反映されているだけでーす」

辻垣内「実力通りって、まがりなりにもあいつ世界ランカーやろ? なのに初っ端和了って以降まるで音沙汰なしとは、なに素人学生に遅れをとってるねん!」

ハオ「日本の女子高生、舐めてはいけませーん。私は魔物じゃないので、感覚ではなく知識としてしか知りえませんが、魔物にもランクがありまーす」

ネリー「なら、そこから先の説明は同じ魔物の私が引き継ぐね。私たち魔物の優劣は支配力の強弱で決まるといっても過言じゃない。明華の自風牌独占、宮永咲の王牌支配による嶺上開花など、それぞれの得意とする領域に関してはランク差に関わらず負けることはまずないけど・・・」

辻垣内「その得意分野以外の総合的な支配力で劣っていると?」

ネリー「うん、そうなるね。どれだけ牌が見えるか、好きな牌を集めたり、土壇場で他家に危険牌を掴ませられるかは互いの支配力に左右されるけど、宮永咲は最上ランクの魔王級だよ。ちなみに私は上級で明華と土方姑獲鳥は下級ね」

Lv5:魔王級 子鍛冶健夜 宮永咲 (神代小蒔)(龍門渕透華)
Lv4:上級  宮永照 天江衣 ネリー・ヴィルサラーゼ
Lv3:中級  荒川憩 大星淡
Lv2:下級  雀明華 土方姑獲鳥
Lv1:眷属  松実玄 松実宥 姉帯豊音 石戸霞 薄墨初美 竹井久 片岡優希 南浦数絵 他多数

辻垣内「この眷属っていうのはなんや?」

ネリー「ドラのみとか東場だけとか得意分野の牌操作は可能だけど、それ以外の支配能力を一切持たないプチ魔物かな? 牌が見えるのはあくまで支配による副次的な効果だから、阿知賀の松実玄はドラを独占できても、どこにドラがあるかまで見える訳じゃないよ」

辻垣内「()がついている最上位のお人達は?」

ネリー「自分の意志でスイッチを入れられないランダム性の高い魔物だね。神代の方はその時の調子によってLvが2〜5の間で上下するようだけど」

辻垣内「何となく分かった。よーするに能力の相性がよほど良くない限り、基本的に魔物は上のカテゴリーの魔物には支配力勝負で勝てないゆーわけやな?」

ネリー「智葉は理解が早くて助かるよ。風神スキルと高い雀力を兼ね揃える明華が全力で全傾しても聴牌にすら中々届かないのは、宮永咲の支配に完全に取り込まれて有効牌が引けないからさ。同じ魔物とはいえ3ランクも差があるから必然の結果ではあるけど」
360 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/03(土) 00:02:47.26 ID:Q/7duFEs0
辻垣内「明華と同じ下級の土方は、その魔王級の宮永よりも前半稼いでいたようやが?」

ネリー「能力の特性故だね。同じ魔王級の『冷し透華』は最高レベルの支配力があっても、火力はさほど高くないけど、土方姑獲鳥のスキルは三倍満そのもの。オーラスで役満の点数を下げたのは遊んでいる訳じゃなくて、三倍満以外の点数では和了れない制約だよ」

ネリー「A級以上のスキルには必ず見合った対価が必要だし、かなり上手い制約の作り方だと思うよ。全体的な支配競争で負けても、得意分野でなら一時的に支配力の優劣を引っ繰り返せるから、理論上、土方姑獲鳥は宮永照の『連続和了』の中でも、東南で1回ずつ三倍満を和了れる勘定になる」

ダヴァン「永水女子の薄墨初美の『鬼門』と同系統のスキルですか? 点数は役満より落ちますが、北家で東北牌を絞るとかの明確な対抗策が存在しないのなら、むしろ完全な上位互換デスネ。流石は今大会のここまでの最多得点記録保持者だけはありマス」

辻垣内「なんちゅーか、麻雀が点数を競う競技である以上、ほぼ確実に2回は大物手を和了れる土方の『三倍満』スキルが一番使い勝手が良いやないか。速攻系の癖に1回しか和了なかった明華の『風神』がしょぼく思えてきたわ」

ネリー「あれは対魔物というよりも、無能力者相手に優位性を確保するスキルだからね。明華の低い支配力でも風神と組み合わせれば完封可能だし、制約として1巡目に自風牌を捨てるか槓する必要があるから、やはりA級スキルだけはあるよ」

ダヴァン「あのー、四枚抱えた自風牌の一つを1巡目に捨てるって、全然リスクでも何でもないから制約になってないと思うのデスガ?」

ネリー「そうでもないよ。いきなり1巡目から国士の自風牌で待たれると、暗槓しても逃げられないから、分かっていながら役満を振り込むしかない(キリっ)」

ダヴァン「いえ、そんな可愛い顔で真剣に凄まれても、それ絶対にアリエな・・・」

ネリー「明華の自己申告だと、一度だけ1巡目国士搶槓を喰らったそうだよ。相手はあの『すこやん』だそうだけど」

ダヴァン「オー、あのアラサーもといGrandmasterなら十分にアリエます」ガクブル

ネリー「まあ、実際はメガンの言う儘でノーリスクに等しいけど、明華って可能性がゼロじゃない制約を捏ち上げてスキル原則を欺き、ローリスクハイリターンのスキルを編み出すペテンに長けているんだよね(くすっ)」

辻垣内「考えてみれば、国士無双や小四喜、槓した場合は四槓子の可能性が1巡目で消えるわけやから、『風神』は宮永照や薄墨初美のような一部の役満系能力者と相性が良いのやろうが、今戦っとる宮永咲や土方姑獲鳥はその中には該当せんよな?」

ダヴァン「とにかく明華はピンチということデスヨネ? なのに何でネリーさんはそんなに落ちいているのデスカ?」ハラハラ

ネリー「んー? 戦ってるのは明華だよ? 私たちが祈って、それが何か明華の足しになるの?」

辻垣内「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ハオ「辻垣内さーん。明華は無駄な遊びはしませんが、様子見の方は半分正解でーす。三校のうち一校とは必ず再戦することになるので、手の内を確認する為に前半は正攻法でぶつかっただけでーす」

辻垣内「その言い草やと『風神』以外にも何か切札があるいうわけか? とはいえ明華とは部内で結構卓を囲ったが、私は風神以外のスキルを一度も見たことがないがな」

ネリー「それはそうだよ。智葉は無能力者だから、アレを使っても全く意味がな・・・・・・あっ? 御飯の時間だ」ピロリロリーン(PSPの飼育型ゲームの警告音)

ダヴァン「もうじき後半戦が始まりますから、みんなで明華を応援しまショ・・・・・・て、みなさーん!」

ネリー「クロちゃーん、美味しい薩摩姫牛だよー」ピコピコ(電子ペットの黒竜に餌やり)

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」再び座禅を組んで瞑想に入る。

ダヴァン「み・・・みなさーん」オロオロ

辻垣内(またバラバラになったか。ダヴァンはホンマに臨海の最後の良心やな)

―――――――――――――

大将卓、各自休憩中

末原さん(くっ、駄目やった。先に槓する。生牌を切らない。搶槓を狙う。プロとの特訓で思いつく限りのあらゆる宮永対策をしたが全然効果ない。当たり前のように嶺上牌をツモりよる。あと考えられる手はオカルト極まりない順子場の流れに持ち込むぐらい・・・)

末原さん(オマケに有珠山の土方は宮永とは別種の怪物。2回の三倍満親被りで、折角漫ちゃんが爆発して稼いでくれた点棒を根こそぎ持ってかれた。やはり凡人が魔物に抗うなんて無理なんか(レイプ目))

明華「悔しいですか? 幼少の頃より磨き続けた自分の麻雀が、天性の資質に通用しないという現実は?」

末原さん(! 臨海の世界ランカー。そういえばコイツも私ほどやないが、前半の収支はかなりのマイナスやったな))

明華「別に貴方に肩入れする理由はないのですが、後半は貴方にもチャンスが巡ってくると思いますよ。その機会を生かせるかは貴方次第ですが・・・」

末原さん「!?」
361 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/03(土) 00:03:28.41 ID:Q/7duFEs0
全国準決勝大将戦 後半

実況「さあ、この準決勝も泣いても笑っても残すところ後半荘。どのような結末が齎されるのか注目しましょう」

姑獲鳥(さーて、後2回三倍満を和了って決勝に進出だー。全国も思っていたより全然チョロかったなー♪)ウキウキ

咲(全体的な支配力は私の方が勝るけど、三倍満の子にはピンポイントに穴を開けられる感じ。風神のお姉さんには今の所何の脅威も感じないし、このままだと勝ち残るのは清澄と有珠山になるのかな?)

末原さん(さっき臨海が口走っていたのはどういう意味や? 奴も魔物やしあの怪物二人に対抗できる奥の手を隠し持っているのか知らんが、かといって凡人の私まで抗える筈は・・・・・・!?)対面の席の明華を見て驚く。

明華「―――♪♪♪」胸に手を当てて、綺麗な歌声を奏でる明華。

明華「Allons, enfants de la Patrie, Le jour de gloire est arrivé .(さあ、祖国の子供たちよ、栄光の日がやってきた)」

明華「Contre nous, de la tyrannie, L'étandard sanglant est levé .(我らに向かって、暴君の血塗られた御旗がはためいている)」

明華「L'étandard sanglant est levé .(血塗られた旗がはためいている)」

明華「Entendez-vous, dans les campagnes, Mugir ces féroces soldats?(戦場で、どう猛な兵士たちが蠢いている音が聞こえるか?)」

明華「Ils viennent jusque dans nos bras, Egorger nos fils, nos compagnes!(息子や仲間たちの首を掻っ切り、ヤツらは我らの元へとやって来ている)」

明華「Aux armes, citoyens, Formez vos bataillons!((武器を取れ、市民たちよ、そして軍を組織せよ!)

明華「Marchons, marchons, Qu'un sang impur Abreuve nos sillons!(進め、進め、あの汚れた血を我らの田畑に飲み込ませてやるのだ)」

咲・姑獲鳥・末原さん「・・・・・・・・・・・・・・・(呆然)」

明華「ルジェ・ド・リール作詞作曲の私の祖国フランス共和国国歌LA MARSEILLAISE【ラ・マルセイエーズ】です。お粗末様でした」ぺっこりん

咲「と・・・とても素敵な歌だったよ(私、フランス語は分からないけど、偉く物騒な歌詞のような気がするよ(汗))」パチパチ(思わず反射的に拍手)

姑獲鳥「フランス国歌って、日本の君が代みたいなの?(この異人さん電波なの? でも綺麗な歌声なのに、不吉な悪寒を覚えたのはなぜ?)」パチパチ(咲につられて拍手)

末原さん「・・・・・・メゲるわ(まだトップの癖にドンケツの私よりも先にネジが飛んだんか? 少しでも期待した私がアホやったわ)」パチパチ(自棄糞気味に拍手)

明華「お褒めいただき恐縮です。今のは一番だけですが、私と一緒に勝ち残られた方は、もれなく二番の曲も決勝卓で拝聴できることになると思いますよ(ニコッ)」

咲・姑獲鳥・末原さん「!?」

実況「(コホン)・・・・・・場を和ませるジョークなのか、臨海大将雀明華のコーラスが流されましたが、気を取り直して後半大将戦を開始します」

後半 東1局 親 雀 ドラ三

親の明華の最初の捨牌 北
362 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) [sage ]:2012/11/04(日) 18:50:11.90 ID:I5T1wAAEo
あかん末原さん応援してまう
363 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/05(月) 00:02:09.45 ID:mOYVWQpa0
東家・明華手配 二三四八八345EEFFG 次ツモG

明華「ツモです。タンヤオ平和一盃口ツモドラ1、4000オール」

末原さん(また前半と同じ世界ランカーの開幕和了でスタートか。けど、なんやこの打ち筋は?)

末原さん(タンピンイーペーコーにドラを絡めて親満とか、麻雀のお手本のような綺麗な聴牌形やが、それは風神はんには一番縁のない和了やと思うていた。第一打が北の時に違和感を覚えたが、この局、東を一枚もツモっていない。風神の能力はどこに消えたんや?)

後半 東1局1本場 親 雀 ドラ六

咲「・・・・・・・・・・・・(ビクッ!?)」西捨て

明華「ロンです、七対子ドラ2。9600の1本場は9900」

東家・明華手配 一一六六22FF南南西白白

末原さん(また風神には縁のない筈のチートイ和了。それも気になるが、宮永の放銃というのがちと引っ掛かる。そりゃ本来なら単騎待ちなど読みようがないんやが、高い手の振り込みを直感で回避するんが魔物の特性やなかったんか?)

末原さん(これで清澄も原点ギリギリで、また臨海の五万点近い一人浮き状態。前半では風神を駆使しても一回しか和了れなかった雀が、後半は特急券なしで連続和了するとは、一体この卓で何が起こっているんや?)

後半 東1局2本場 親 雀 ドラG

明華「ロンです、タンヤオ平和。2900の2本場は3500」

末原さん(今度は有珠山からの出和了。芸のないタンピン手やが、それが逆に迷彩になっとるんか・・・・・・って、結局、本気を出した世界ランカーが一人で和了っとるだけで、私全然関係ないじゃん。何が後半は私にもチャンスが巡ってくるや? からかいよったな!)カアー(頭に血が登って顔が真っ赤になる)

後半 東1局3本場 親 雀 ドラA

末原さん(所詮、魔物はどいつもこいつも敵か。もう誰も信用せん・・・・・・おや? 宮永が私の和了牌を切った?)

末原さん「ロン、1000の3本場で1900(トップ親の連荘を止める為の差し込みか。ほなら有り難く受け取っとくわ)」

咲(あれ? 今また振り込んだの、私? この卓、一体何がどうなってるの?(涙目))
364 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/05(月) 00:02:58.70 ID:mOYVWQpa0
姑獲鳥(やっと連荘が止まったけど、さっきから異人さん、調子に乗りすぎー。できれば点数アップする私の親まで待ちたかったけど、これ以上離されるとキツイから、東場はこの局で三倍満を和了っておく)ゴゴゴー(目の色がグルグルに変わる)

後半 東2局 親 宮永 ドラ8

姑獲鳥(ルンルン♪ さーて、今度はどんな形で三倍満を作ろうか・・・・・・・・・!?)

西家・姑獲鳥手配 一【五】八八16AFH南南北白

姑獲鳥((クラっ)なにこの屑配牌。これじゃどう足掻いても三倍満どころか、聴牌にすら届かない(泣))

9巡目

姑獲鳥「・・・・・・・・・・・・(ツモもボロボロだよー。今だ四向聴、ビクゥ!?)」

末原さん「有珠山、それロンや、5200(よっし連続和了。何か知らんが勢いづいてきた。次からは私の親だから一気に稼ぐぞー)」←頭脳派に見えて意外と根は単純。

後半 東3局 親 末原 ドラ白

東家・末原手配 二三四六七八ABCDE西西 次ツモ@

末原さん「ツモ、リーチ平和ツモ、裏ドラがAやからドラ1で2600オールや(にかっ)」

咲・姑獲鳥「本当に一体何がどうなっているのー?(涙目)」

明華「・・・・・・・・・・・・・・・(ニヤリ)」

―――――――――――――

清澄控え室

実況「あーっと、宮永また親の末原に七対子を振り込んだ。1本場で2700点の失点。これで2本場に続行です」

のどっち「さ・・・咲さん、一体なにが?」←(+6400【先鋒2位】)

タコス「へ・・・平気だじょ。県決勝の鶴賀の時みたいに、咲ちゃんは親の役満の差し込みだって顔色一つ変えずにやるんだし、この放銃の山もきっと何か意味が・・・」←(−2800【次鋒3位】)

ババア「そうかしら? もう一度、モニターの咲の顔をじっくりと見てみなさい」←(+3900【副将2位】)

ワカメ「ワシの眼鏡には涙目でガタガタ震えているように映るな。こんな咲の怯え様は藤田プロに凹まされた時以来か」←(−18800【中堅4位】)

のどっち(県予選決勝であの天江衣を相手に、実質十万点ビハインドの状態から最後までゲームをコントロールした咲さんが本気で何かに怯えている? あの卓で一体何が起きているというのですか?)

姫松控え室

実況「末原、また土方からの3900+2本場で4500の出和了。これで親の連荘が3本場に突入します」

漫ちゃん「末原先輩、凄いです(オデコに『たいへんよくできました』の花まるスタンプ)」←(+30800【先鋒1位】)

愛宕姉「まあ、ぶっちゃけると恭子が凄くなったゆーより、急に清澄と有珠山がしょぼくなった感じやな」←(+11600【中堅2位】)

愛宕妹「そうだね、お姉ちゃん。魔術めいた和了を連発した前半の宮永や土方に比べれば、先輩の和了り方は至って普通だし、その二人がミエミエの待ちに振り込んでくれてるだけだよね」←(−22800【副将4位】)

のよー「でも、今の有珠山への直撃で東一局から数えると五連続和了なのー。前半終了時は絶望的だったけど、また三位に浮上して二位の清澄とも一万点差を切ったなのよー」←(−12500【次鋒4位】)

赤坂代行「うふふー、きっと特訓の成果があったのよ。頑張ってね、末原ちゃん(これでウチが決勝卓に進めたら、私も晴れて正式に監督に就任やわー)」ウキウキ
365 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/05(月) 00:03:49.79 ID:mOYVWQpa0
実況「末原怒濤の快進撃。これで親の三連荘。一時は脱落と思われた姫松が息を吹き返して、二位争いは混沌としてきました」

(後半東3局2本場までの途中経過)
臨海  148000(+6600)
清澄   93000(+4300)
姫松   83300(−23800)
有珠山  75700(+12900)

末原「(よし、この調子で一気呵成に攻める)次のサイコロ振るで・・・・・・って、おい有珠山? 何で席離れとる?」

姑獲鳥「ちょっと待ちなさいよ、異人さん、あんた一体何したのよ!?」グイっ(明華の肩を掴む)

明華「・・・・・・何かとは?」しれっ

姑獲鳥「とぼけないでよ! あんたが変な歌を歌ってからこの場がオカシくなった。姑獲鳥ちゃんが牌が見えなくなるし、三倍満の配牌が入らないなんて有り得ない!」

咲(あっ、それ私も知りたいけど、ちょっと聞き方が直接的過ぎじゃ・・・)オドオド

姑獲鳥「あんた、一体どんなインチキ・・・!?」がしっ(今度は審判に肩を掴まれる)

審判「土方選手、今の発言はどういう意味かね? 牌が見えるとか、好配牌がこないのが有り得ないとか、何か仕組んだイカサマが発動しなかった憤り宣言と見做してよいのかね?」

姑獲鳥「ち・・・違います。私はあの・・・その・・・」アタフタ

明華「ゲームの進行を妨げる過度のお喋りはマナー違反ですよ。審判さん、何かゲームを中断するような問題でも、この場に発生していますか?」

審判「いや、何も発生していない。土方選手、今すぐ席に戻ってゲームを続行したまえ」

姑獲鳥「・・・はい」しゅん

末原さん(臨海からの種明かしは無しか。まあ自分の能力の詳細をペラペラ語るんは、弱点を暴露するのと完全に同義語やから、自信過剰なおマヌケなラスボスでもない限り自重すんのは当然か)

末原さん(とはいえここまでの状況の推移から、魔物の能力を封印する類のスキルが場を覆っているのは簡単に想像がつく。私のような無能力者には何の影響もないとすれば、開局前の雀の発言とも繋がるが・・・)チラリ(姑獲鳥をチラ見して目に嫌悪感を浮かべる)

末原さん(流石にさっきの発言はかなりカチンときたで、魔物はん。牌を見透かすのも好きは牌を引くのも卑怯やないが、それを封印するのはインチキときたか。どうやら私がこいつらと分かり合える日は未来永劫なさそうやわ)
366 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/05(月) 00:04:33.46 ID:mOYVWQpa0
臨海控え室

辻垣内「ほー、魔物の能力を封じ込めるスキルか。明華がそんな切札を隠し持っていたなら、お前らが余裕綽々なのも納得やな」

ネリー「んー? 少し違うよ、智葉。魔王級を含めた複数の魔物を同時に封印するなんて、あの『すこやん』の支配力でも厳しいから、下級の明華にはまず無理だよ」

辻垣内「ほなら、明華は何をやっとるんや?」

ネリー「簡単だよ。『牌の極端な偏りは起らない』という調律を場に施しただけさ。『ドラを独占する』『暖かい牌が適度に引ける』『必ず配牌が二向聴で始まる』『ツモ和了れない代わりに役満手が入る』『流局まで一向聴地獄に陥る』『必ず海底で和了る』『絶二門で一つの色を独占する』『槓ドラが乗らない代わりに嶺上で必ず有効牌を引く』『東場南場で一回ずつ三倍満の手が入る』『追っかけリーチが必ず決まる』『裸単騎で必ずツモ和了る』『北家で東北をポンしたら西と南が集まる』『東場の手が良くなる』『南場の手が良くなる』『悪待ちするとドラと和了牌に恵まれる』『自風牌を配牌時に独占する』などの偶然の範疇を大きく逸脱した偏りは本当にたまたま起こりえてはしても、必然としては一切発生しなくなる」

ネリー「それが雀明華のS級スキル『調律の歌(チューンソング)』だよ。清澄の原村和の持つA級スキル『オカルトキャンセラー』の全体効果版みたいなものか。調律の有効時間は一曲で一半荘。大掛かりな舞台装置の割には純粋な事象としては、ネット麻雀を全自動卓でするだけの超しょぼい効能しかないけどね」

ダヴァン「しかし、結果としてあらゆる魔物の能力を封印しているのだから、明華にかかる対価も物凄いのデハ?」

ネリー「それが意外とそうでもない。ほら、宮守女子の臼沢塞の『防塞』って面白いA級スキルがあったでしょ? 発想は悪くなかったけど、『単体能力者のどんなスキルも一方的に封じる上に、無能力者相手でも有効牌のツモを塞げる』という自分にとって都合が良すぎる能力にしたのは効果を欲張り過ぎだね」

辻垣内「確かにその万能防御能力に必要な対価なのか、一回戦個人戦六位の強無能力者の真嘉比・銘苅を完封したり、二回戦で何度も名前が出た永水女子・薄墨の『鬼門』を封じている間、臼沢はボロボロになっとったな。制約の作り方が不味かったちゅーことか?」

ネリー「その通りだよ。その点、明華の制約の作り方は詐欺というか犯罪の域に達しているね。A級スキル『風神』をはじめとした自らの魔物の能力の一切合切も同時に封印されるという対価を支払うことで、『明華本人も不利を強いられる』というインチキな契約書でスキル原則を欺いて、魔王級(Lv5)以上のLv6相応の支配力を明華本人には何の負荷も無しに生み出すのに成功したのさ」

ダヴァン「RPGゲームでボスキャラにマホトーンの呪文はまず効きませんが、敵味方の呪文が同時に封印される魔封じの洞窟のような空間を形成することで、大魔王の呪文を道連れにするようなものデスカ?」

ネリー「その例え中々面白いね。そして牌の偏りを無くすことは、同時に牌を見えなくすることにも繋がる」

ダヴァン「どうしてデスカ?」

ネリー「前にも説明したけど、牌が見えるのあくまで支配による副次的な効果だからさ。自分の支配が場の多岐に及べば、ほとんどの牌が丸見えになるし、逆に自分の支配を撥ね除けた牌は相手の危険な牌だとも当りをつけられる」

ネリー「だから牌が全く支配できない今の状態では当然、何も見えなくなる。効能を『牌の偏り』の一点に絞っただけで、まさに一石二鳥の効果。智葉曰くのしょぼいスキル一つの代償で、場にいる自分より格上の魔物の全てを事実上封じ込めているのだから、単体技に毎回身を削っている臼沢塞が気の毒に思えるぐらいの効率格差だよね」

辻垣内「(臼沢がコツコツ税金を収める真面目な労働者やとすれば、明華は法の抜け道を探して脱税しまくりの悪徳社長みたいやな)なるほど。話を少し脱線させると、魔物と眷属とのラインは支配力の有無、よーするに牌が見えるか見えないかでも分けられる訳やな?」

ネリー「うん。あと、明華の話だと大星淡は既に魔物の力を喪失しているみたいだから、元魔物という呼び方の方がしっくりくるかもね。そのかわりにあの子は『調律の歌』でも封印できない、その名の通りに次元違いの支配力を持つ『次元迷宮(Lv13)』を呼び出せるから、魔王級以上に厄介な存在らしいけど」

辻垣内「(Lvが6から一気に13まで跳ね上がるとか、一体どんな超常者が創造した空間なんや(汗))話は分かったわ。けど明華自身も同時に場の支配に取り込まれとるなら、この半荘中は明華の魔物の能力も完全に消えとる訳やよな?」

ネリー「そりゃそうさ。表面上は明華にも大損を強いる制約だからこそ、『制約が厳しい程に能力が強まる』というスキル原則が最大限に働いて、従来の魔物のキャパシティ(Lv5)を超えたLv6の支配力を精製できた訳だから」

辻垣内「ほなら『支配力』や『スキル』という勝ちへの保証を失ったのは、宮永や土方だけでなく明華も一蓮托生やないか。それこそ純粋な雀力勝負ということになりそうやが?」

ネリー「全然問題ないよ。下級魔物の明華が魔王級犇く欧州選手権を制した最大の秘訣は平打ちでの実力が桁違いだからだよ。その雀力は一切のスキル無しで全国個人戦三位まで登り詰めた智葉よりも遥かに上。私らみたいな感覚頼みの魔物とは完全に一線を画した人と魔物のハイブリッドだよ」

辻垣内「(ぐっ、歯に衣着せずにハッキリ言いよるな、こいつ。確かに風神未使用で対局した時でも、私がほとんど明華に勝てなかったのは事実やが)しかし話を統合すると、名目上とはいえ明華もきっちり対価を奪われとる以上、今回の『調律の歌』の発動で一番得したのはウチやなさそうやな」

ネリー「まあね。魔物同士のハルマゲドンで漁夫の利を得たのは、持たないが故に失う物が何一つない無能力者の末原だろうね。このままいくと臨海の次に二位抜けするのは姫松ということになるのかもね」

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・(ぐーぐー)」瞑想から居眠りに移行。
367 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/05(月) 00:18:16.98 ID:xsqfFLkDO
来てたか
こっちの大将戦は怖いな

阿知賀の方はまだ可愛いげがあった
368 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/06(火) 00:02:20.64 ID:tpk6GELs0
後半 東3局3本場 親 末原 ドラC

咲「・・・・・・・・・・・・(また裏目ったよー。三向聴から手が進まないよ(泣))」

姑獲鳥「・・・なんで・・・なんでこんな(ぐすっ)」

末原さん(なんや、『勝ちの出来レース』から弾き出された途端にメソメソしおってからに。常日頃から欲しい牌引く前提の牌効率を無視した感覚頼りの打牌をしとるから、いざ平打ちを強いられたら手が滞ることになる。後半、こいつらがまだ焼き鳥なのは不運やフロックではなく正真正銘の雀力の拙さ故)

咲「・・・・・・・・・・・・(涙目)」ガクブル

末原さん(おーおー、二回戦で魔王然としていた宮永が生れたての子鹿のように震えておるわ。あの世界の深遠を見透かしたような余裕綽々な態度は全て能力前提の単なる虚仮かい? 幽霊の正体見たり枯れ尾花。今回の一件で魔物の本質がありありと伺えたわ。私ら無能力者が空手の有段者やとすれば、こいつらは核兵器のボタンを握っている幼稚園児や)

東家・末原手配 四六八23456FGH北北 次ツモ7

末原さん「リーチや(どんなに武術の腕を極めても人は核には勝てへん。だが・・・)」四切りでリーチ。

姑獲鳥「・・・・・・・・・(えーと安牌なし。とりあえずスジで)」ビクビクしながら七切り。

末原さん「ロン、リーチ一発、裏ドラが3やからドラ1。7700の3本場は8600!(こんな初級の『モロひっかけ』にアッサリ嵌まるとは小学生以下の雀力やな。入門用ドリルで一から勉強し直してこい!)」

姑獲鳥「へぶしっ!?」ドカっ(イメージの中で胴着を着た末原さんの正拳突きが顔面にヒットして、大きく吹き飛ばされる)

末原さん(核のリモコンを手離してしまえば、単なる無力な稚児や。武術の達人が負けるわけあらへん)

実況「末原これで六連続和了。得点が二位清澄とほぼ横並びになりました」

末原さん(いやリモコンを手離したわけやない。この場にジャミングの妨害電波が流されていて、ボタンを押しても反応しないだけや。この現象を引き起こしたのは私じゃなくて臨海の世界ランカーやから、他人の袴で連荘している分際であまりデカイ面はできんか)

明華「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
369 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/06(火) 00:02:53.40 ID:tpk6GELs0
後半 東3局4本場 親 末原 ドラ発

姑獲鳥「(ううっ、何で私がこんな・・・・・・えっ?)ゴシゴシ(目を擦って配牌を確認)」

南家・姑獲鳥手配 一三四五七九4E東北発発発 次ツモ五

姑獲鳥(発ドラ3混一色三向聴の好配牌がきた(ドキドキ)。この局、三倍満を和了れば、一気に二位浮上。まだ勝ち抜けるチャンスはある)4捨て

辻垣内「おいおい、有珠山に勝負手が入りおったで?」

ネリー「そりゃまあ明華の『調律の歌』は、あくまで牌の不条理な偏りを無くすだけ。明華の手を一方的に良くしたり、他家のツモを特別に悪くするでない極めて公平(笑)な空間だよ」

ネリー「だから通常起り得る範囲でなら配牌に恵まれる時もあるさ。前半、わざと倍満の和了牌を捨てて三倍満の制約を確認した明華が、土方の最後の足掻きをどう料理するのか見物だね(くすっ)」

ダヴァン「・・・・・・(ネリーさん、可愛い顔してとてもコワイですが、そんなアナタもステキデス)」ゾクゾク

―――――――――――――

南家・姑獲鳥手配 一二三四五五七九北北発発発 次ツモ発

姑獲鳥「カン!」発を暗槓(新ドラは4)

南家・姑獲鳥手配 一二三四五五七九北北《発発発発》 嶺上ツモ八

姑獲鳥「(よし、これで混一色発ドラ4の聴牌。リーチに一通が絡めば三倍満だ)リーチ!」五捨て

明華「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(ノータイムで1)

末原さん(リーチにドラも含めて、なりふり構わず和了にきよったか。発のドラ槓相手に勝負するほど私はアホやないし、親の連荘はこれで店仕舞いのようやが)チラリ

姑獲鳥の捨牌の河 4E7東白GC{立}五

末原さん(判りやすいほどに染め気配やな。前半ならともかく、今のあいつに迷彩を施す余裕などないやろうし、萬子以外なら大通しと見て間違いない)9捨て

咲「・・・・・・・・・(えーえーと、現物)」恐る恐る4捨て

末原さん(そないおっかなびっくりせんでも、萬子以外なら全て安牌やで。どうやら一発は無理だったようやが、多面待ちならツモ和了る可能性はある・・・!?)

明華「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(三捨て)

末原さん(おいおい、前半に続いてまたチャレンジか? しかしリーチ宣言牌の五からして、萬子の中でも三−六、四−七のラインはド本命。流石に今度は・・・)

南家・姑獲鳥手配 一二三四五七八九北北《発発発発》 (三−六の両面待ち)

姑獲鳥(う・・・嘘、私の当たり牌? けど、三で和了ったら、一通がつかないから、リーチ混一発ドラ4で倍満止まり。でも見逃したらフリテン・・・・・・(目がグルグル))

姑獲鳥(ツモ和了に賭ける? けど異人さんもこんな危険牌を切るってことは、もう聴牌の筈。下手したら臨海に先に和了られて、この大物手がフイに・・・(目が更にグルグル))

咲「えーと、ツモるよ・・・・・・(ビクッ)」牌に手を伸ばした所で、大声に身を竦める。

姑獲鳥「わああ・・・!! ロ・・・ロンです!」ガタ(反射的に牌を倒す)

末原さん(既に倍満確定か。しかも裏ドラが二個乗れば三倍満。万が一にも白が見えて発がダブルで重なったら数え役満やで。どんな大物手を張ったか知らんが、何で臨海は今の点数状況であないな冒険をするんや?)

明華「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
370 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/06(火) 00:03:36.12 ID:tpk6GELs0
姑獲鳥(へ・・・平気よ。西はまだ一枚も見えてないし、きっと雀頭の北が裏ドラになって三倍満になる筈・・・)ヒョイ(一枚目の裏ドラを捲るもE)

姑獲鳥(外れ・・・でもまだもう一枚ある。神様お願い(ドクンドクン))ヒョイ(二枚目の裏ドラを捲ると一(ドラ1つ追加))

姑獲鳥「そ・・・そんな」へなへな(椅子に座ったまま腰が抜ける)

明華「Félicitation(おめでとう)、有珠山。リーチ混一色発ドラ5。惜しくも三倍満には1飜足りなかったですが、倍満の4本場で17200です(ニコッ)」ジャラ(笑顔で点棒を差し出す)

末原さん(三倍満には届かなかったとはいえ、逆転の足掛かりになる十分な和了やろが。なのに何で世界の終焉を垣間見たような悲嘆に明け暮れた表情をしとるんや、土方は?)

姑獲鳥(和了っちゃった。制約を破って、三倍満以外の点数で和了っちゃったよー(ガタガタ)。もう駄目だ。私はこの局では二度と三倍満を和了れない(涙目))

―――――――――――――

臨海控え室

辻垣内「三倍満でしか和了れない制約を逆手にとって、倍満を無理やり和了せて精神ダメージを与えたゆーところか。けど『調律の歌』の支配下では、今までみたいに三倍満の種を南場で引けるわけやないし、高い点棒払ってまでやる意味あったかいな?」

ネリー「意味はあるよ。麻雀で確実に勝機を失うのって何時だと思う? 絶望的な点差をつけられた? 違うよ、本人が勝ちを諦めた瞬間、勝つ可能性はゼロになる」

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ネリー「逆にいうと諦めない限りは、最後まで何が起こるかなんてそれこそ神さまにしか分からない。だから明華は可能なら相手の心をへし折りにいく。弄ぶ為じゃなくて自らの勝率を高める為にね。ホラ」画面の明華の手牌を指差す。

西家・明華手配 四六34@B西西西西白白白

辻垣内「西も白も明華の手の中で、発はおろか雀頭の北が裏ドラに化ける可能性はゼロだったのか。けど、何で北が雀頭やと分かったんや? 阿知賀の連中みたいな理牌読み(ウオッチャー)のスキルまで明華は使えるのか?」

ネリー「いや、スキルとして確立できる程の精度はないけど、明華の高い観察力なら牌の特定は難しくなかったと思うよ。目線の動きや切り出しの雰囲気や逡巡のタイミング。一つ一つの他家の動作を情報としてキャッチしているし、土方に限らずほとんどの魔物はそういう防御には無頓着だからね」

ダヴァン「しかし、低確率ながらも萬子が二枚裏ドラに化けて三倍満が達成され、土方がもう一度息を吹き返す危険もアリマシタネ」

ネリー「それを言うなら、土方が自力で三倍満をツモ和了する可能性も十分にあったからこそ、明華は勝負に出たんだよ。明華は必要ならどんなリスクからも決して背を向けない。だから明華は強いのさ」
371 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/06(火) 00:04:24.44 ID:tpk6GELs0
後半 南1局 親 雀 ドラ4

明華「ロンです。タンヤオ三色ドラ1。親満12000」

東家・明華手配 二三四六六234ABCGG(六−Gの双碰待ち)

姑獲鳥「は・・・はい(ガックシ)」

辻垣内「有珠山と自分の親での連続の満貫直撃で二万点。さっきの倍満4本場の失点をトイチの利息込みであっさり回収しおった。ひょっとして明華はドラクエUのグールやYのしれん1みたいに特技を封じられた方が強いんとちゃうか?」

ネリー「それは言い得て妙だよ(くすっ)。元々『風神』は『調律の歌』を成立させる為に編み出した召還用スキルみたいなものだし、速度と引き換えに手の創造性が格段に制限されるから、足枷にならずとも手枷にはなっていたかもね」

ダヴァン「いずれにしても、もう土方からは覇気がまるで感じられないデス。難波のど根性参謀の心を砕くのは明華でもまず無理でしょうから、次の標的は清澄のもう一匹の魔物ということになるデスカ?」

後半 南1局1本場 親 雀 ドラB

末原さん(点数、やる気ともに有珠山は完全に終わったようやな。この一連の流れが全て雀の仕込みやというなら、綺麗な顔して阿知賀のキャプテンの腹黒い打ち筋を彷彿させるエゲツナイ麻雀やで)

西家・末原手配 3456788BBB南南南

末原さん(南ドラ3の満貫手で2−5−8の絶好の三面張やが、5巡前からずっとこの形のまま足止めを喰らっとる。臨海の捨て牌から索子が絞られとるし、倍満の振り込みとか大胆な真似する癖にオリとるんか?)

東家・明華手配 三四222【5】588GG東東 次ツモ三

明華「・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(2捨てで七対子聴牌だが、敢えて東)

末原さん(心なしか私の当たり牌をキッチリ読み切って止められとるような気がするわ。戦意喪失の有珠山はさっきから現物連打やし、この局は流局か・・・・・・!?)

咲「カン!」六を暗槓(嶺上牌と新ドラは共に5)

末原さん(清澄の槓宣言? 後半まるっきり音信不通やったから、嶺上開花の魔物がおるのを忘れていたが、今の場の状態では多分和了れないやろう。それよりも私の手に槓ドラ1つ追加。もし高めのドラ5で和了れば跳満やが)

咲(やっと槓材が四枚集まったから試してみたけど、和了牌を引けなかった。やっぱり私の能力が完全に封じられてる。それどころか、この嶺上牌の5は)チラリ(西家の捨て牌を確認)

咲「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(ドラ5を仕舞い込んで現物のF)

末原さん((うーむ)やはり嶺上は不発。何か危険牌でも掴んだのか、聴牌を崩しおった。有珠山に比べれば、ちっとは河から情報を読み取れるようやな)

南1局1本場 流局親流れ2本場 また末原さんの一人聴牌(ノーテン罰符3000ゲット)
372 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/06(火) 00:05:28.74 ID:tpk6GELs0
後半 南2局2本場 親 宮永 ドラ7

咲(今までみたいに槓材が当たり前のように流れてこないし、卓はおろか私の庭場の嶺上牌の中身すら見えない。これって部長に散々やらされたネット麻雀そのものだよ(ぐすっ))

咲(あの特訓のお蔭で、河からも少しは危険牌を汲み取れるようになったけど、素の雀力では私は末原さんに劣る。さっきのノーテン罰符で逆転されちゃったし、あと3局、姫松に競り勝てるのかな・・・・・・ポン!)

東家・咲手配 四五六【5】6BDGGH東《888》

咲(つい反射的に鳴いちゃった。ううん、やっぱり私にはこの打ち方しかできない。和了れる保証がないのに槓ドラを増やすのは悪手かもしれないけど、次も積極的に狙っていく)ポイ(東捨て)

明華「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

北家・明華手配 八八23779C【D】E《【五】六七》 次ツモ4

明華「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(7捨て)

咲「チー」7を吃してH捨て(よし、これで聴牌だよ)

辻垣内「おいおい、9切りで八−7の双碰待ち(30符5飜満貫〜30符6飜跳満で和了牌四つ)の所を、敢えてドラ7切りで8の嵌張地獄待ち(30符3飜3900で和了牌は一つ)やて? 清澄の部長みたいに態と点数と待ちを悪い方(しかもタンヤオが消えて役無し)に変えるとか、まさか明華の奴・・・)

ネリー「態々鳴かせて清澄の手を進ませるなんて、明らかに潰しにいってるね(クスクス)。本当に明華は底意地が悪いけど、二人とも支配力を失った状態だから、この嫌がらせが成功するかはまさしく神のみぞ知る世界だけどね」

8巡目

東家・咲手配 四【五】六BDGG《【5】67》《888》 次ツモ8

咲「(よし、もう一度嶺上開花が狙える)カン・・・・・・・・・!?(ビクッ)」ドスドスドス(卓上に槍が突き刺さる)

明華「その嶺上取る必要ありません。搶槓ドラ3で7700の2本場の8300です」

北家・明華手配 八八23479C【D】E《【五】六七》 (8の嵌張地獄待ち)

咲「そ・・・そんな・・・(涙目)」ガクガクブルブル

末原さん(これがプロ雀士の実力という奴か? 私が前半失敗した搶槓をあっさり決めよった。悔しいが平打ちでの雀力も数段上のようやし、一口に魔物といっても色んなタイプがおるようやが・・・)

咲「ううっ、ひくっ。ぐすぐす・・・」

末原さん(今の援護射撃で私と清澄の差は一万点以上に広がった。こっちの能力頼みの魔物にこの状況下でもう一度這い上がれる根性があるとも思えんし、この試合はもう幕引きか?)

後半 南3局 親 末原 ドラC

咲「・・・・・・・・・カ・・・カン!(涙目)」明華をビクビク覗き見しながら、碰した北を加槓(新ドラは六)

明華「・・・・・・・・・・・・・・・(ぴくっ)」

末原さん(しょーこりもなく北をポンしたと思うたら、また馬鹿の一つ覚えの嶺上やと? いくら雀の技量でも能力の裏付け抜きでそうそう何度も搶槓を狙える筈ないし、あくまで威嚇の足止めが目当てやから、そーいう意味でなら正しい判断ではある)

末原さん(だが、ついさっき搶槓を喰らった矢先で、萎縮せずにリトライするとは思わんかったわ。どうやら有珠山の魔物よりは性根が座っとるようやし、その度胸は見直したるが・・・)

咲「・・・・・・(また和了なかった)」グスッ(嶺上牌をツモ切り)

末原さん(総合的な判断力としてはダメダメや。リーチもしとらんのに親相手に新ドラを増やすとか、コスパが全然釣り合っとらんで。ましてやコイツ自身には槓ドラは乗らんのやから、自分の首を締める行為でしかない)

西家・明華手配 六六六234ABCDEFG 次ツモG

明華「ツモ、タンヤオツモドラ4、6000、3000です」

末原さん(ぐっ、臨海に槓ドラがゴッソリ乗りよった。4000の手の筈が跳満親被りに化けて、三位との差が3000も縮まった。結果的には採算度外視の宮永の悪足掻きが功を奏したいうことかい)

(後半南3局終了までの途中経過)
臨海  170100(+28700)
姫松   88900(−18200)
清澄   80700(−8000)
有珠山  60300(−2500)

末原さん(これでオーラスで宮永に満貫をツモ和了れても逆転か。とはいえ得意の嶺上が封じられている以上、負ける訳が・・・いや絶対に負けられん。理不尽な魔物の支配力に蹂躙されたのならまだしも、その力を喪失したお子様に遅れを取ったとあっては何の言い訳もでけへん)

明華(あれだけプレッシャーを掛けたのに、清澄は有珠山と違ってまだ戦う気力を失っていない? いいでしょう。ならオーラスは余計な真似はせずに清澄と姫松のどちらが決勝で再び私と相まみえるのか、二人の対決を静観するとしましょう)
373 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(西日本) [sage]:2012/11/06(火) 00:18:04.65 ID:Wunkq2qto
末原先輩の相手に勝たせてもらう能力は半端ないな
374 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山形県) [sage]:2012/11/06(火) 00:20:12.75 ID:WsMB5A1Co
末原先輩は他者の力を使って勝利する能力でも持っているのかww


まあ何にしても末原先輩は好きだから生き残ってほしいところ
375 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/06(火) 08:15:13.48 ID:ZSoYE6aH0
よく分からんのだが、咲の豪運って能力なのか?
涙目状態では発揮されんかもしれんが。
376 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/06(火) 19:52:10.40 ID:7KyGIpkGo
どうせ清澄が勝つよ、糞が
377 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/06(火) 22:00:28.85 ID:QL6LVlro0
うえのさんをばばあだなんてゆるせませn
378 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山形県) [sage]:2012/11/06(火) 22:05:04.43 ID:WsMB5A1Co
>>377
キャップ、病院に帰ろう!
379 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/07(水) 00:02:07.78 ID:F9h3+n3B0
後半 南4局 親 土方 ドラ七

末原さん(今の有珠山に連荘する力があるとは思えんから、正真正銘この局で最後や。形の上では一応私の方が有利な筈やが、そんな数値上の優劣は終わってみるまで当てにはならん。最後まで気を緩めずに戦うで)

北家・末原手配 三【五】七七九238【D】G南南白 次ツモ四

末原さん(配牌でドラ4か。正直もう少し軽くて早い手の方が良かったわ。どうせ役満直撃でも臨海には届かないのやから、こないにドラなどいらんかったが、その分宮永が点数を稼ぐ足枷になると思えばええか)白捨て

3巡目

末原さん「ポン!(これで役ゲット。後はどんな形でもいいから和了に持っていくだけ)」南を碰してG捨て

咲「ポン!」Gを碰して発捨て。

末原さん(私と違って点数が必要な分際で、こんな早期から面前を放棄して副露やと? 自分の能力が封じられた状態で最後まで嶺上開花のスキルと心中するつもりかいな?)

末原さん(えーやろ、全37種類ある役の中で、和了ランク率19位の嶺上開花の出現割合はたったの0.28%。百分の一以下の薄いルーレットの目をこの正念場で能力補正抜きで当てられるゆーならやってみいや)

7巡目

咲「チー」二を吃して一捨て。

西家・咲手配 ????《一二三》《34【5】》《GGG》

末原さん(臨海から連続副露。これで手役がかなり絞られる。タンヤオ、チャンタ、三色、混一、トイトイ、一通などの基本役の可能性は全て消えた・・・というか今の所まだ役無しか)

末原さん(手牌が開示され特定がやり易くなるのは助かるが、雀の実力なら下家に鳴かせないように牌を絞れた筈。あくまで手なりに進めるだけで、南3局の親被りといい私に一方的に肩入れするするつもりはなしか)

末原さん(上等や。私個人が宮永咲に劣ると思われるならともかく、未完の大器の漫ちゃんや昨年の全国個人戦で決勝卓に勝ち残った愛宕主将を抱える姫松が清澄よりも与しやすいと侮られたら名門の沽券に関わるで)

北家・末原手配 三四【五】七七九23【D】【D】《南南南》 次ツモ南

末原さん(四枚目の南か。槓して敵に新ドラを提供でもしたらマヌケもええとこやから捨て一択やが、問題は宮永の手の構成。曝された牌だけだと役がないから、何らかの飜牌暗刻の線が濃厚やが、さらにドラ七が雀頭候補だったりしたら嶺上抜きでも満貫)

末原さん(あない無理鳴きした手の残牌が、そこまで都合良い聴牌形になっているとも思えんが、事態は常に最悪を想定して動かんといかん。甘い読みは厳禁やで)南をツモ切り

8巡目

西家・咲手配 ????《一二三》《34【5】》《GGG》 次ツモG

咲「カン!」Gを加槓(新ドラは南)

末原さん(3巡目副露の地点で覚悟しておったが、やはりトライしたか。私にドラが爆乗りして無駄に点数アップしたが、肝心なのは宮永が和了ったか否かだけや)

咲「・・・・・・・・・(駄目、またどちらも引けなかった)」グスグス(泣きべそかきながら、九をツモ切り)

末原((ホッ)一瞬心臓がドキっとしたが失敗か。まあこれが本来の嶺上開花の和了率やから当然といえば当然の結果やが、普通に満貫手をツモ和了る可能性もあるし、まだまだ予断を許さんで)
380 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/07(水) 00:03:04.84 ID:F9h3+n3B0
北家・末原手配 三四【五】七七九23【D】【D】《南南南》 次ツモ七

末原さん(手牌がドラで溢れ返っておる(汗)。阿知賀のドラゴンロードにでもなった気分やな。これで南ドラ9の聴牌。千点の和了で十分なのに、こないに高い手を張るとはツイてるのかツイてないんだか・・・・・・待て待て私、三枚目のドラ七をツモったやと?)チラリ

西家・咲手配 ????《一二三》《34【5】》《GGGG》

末原さん(これでドラ七の雀頭と役牌暗刻の併存はなくなった。基本役はとっくに消えとるから、宮永の伏牌の中身は最高でも1飜確定。宮永が副露した【5】以外の赤ドラは全て私の手の中だから間違いない。ドラ置き場と化した甲斐があったようや)ポイ(九捨てで1−4の両面待ち)

末原さん(現在の理論上の最高点は40符2飜の2600やから、直撃を受けても逆転はない。少し気が楽になったわ。実際、奴の勝ち目はほぼ費えとるが最後まで油断は禁物。もし役牌の暗槓が入れば70符まで爆上げされるし、その上で嶺上やハイテイだかの不確定役が絡めば十分逆転も有り得るから、さっさと和了ってこの局を終わらせるで)

9巡目

咲「・・・・・・・・・・・・・・・(ぐすっ)」ヒョイ(@をツモきり)

末原さん(松実玄とかもそうやったが、泣きながら麻雀するなや。健気アピールみたいでイラっとくるで。顔で笑って心で泣いて、耐え忍んでこそ女は華やろ・・・・・・って、何!?)自ツモの牌を見て驚く。

北家・末原手配 三四【五】七七七23【D】【D】《南南南》 次ツモ西

末原さん((ゴクリ)ここで宮永の風の生牌の西を掴むやと!?)チラリ

西家・咲手配 ????《一二三》《34【5】》《GGGG》

末原さん(この西が単騎か対子のロン牌いうなら、さっきの点数計算通りで何の脅威もないが、ヤバイのは暗刻で揃えているケース。また例の大明槓の責任払いもありえる。その場合、西ドラ1嶺上開花の50符3飜で6400の直撃扱いだから逆転)ダラッ(冷や汗をかく)

末原さん(どないする? 今この牌を抱えれば私の手は死ぬが、他の三元牌は既に一枚ずつ河に捨てられているから、飜牌で槓できる可能性があるのはこの西のみで、恐らくは宮永が勝てる唯一の和了り道。とはいえ普段の宮永ならともかく、能力が封じられた場の状況で嶺上を恐れる必要はない筈やが・・・・・・)あらゆる点数計算を割り出して長考中。

末原さん(やはりこの西は切れん。宮永封じプランその2で失敗したのは、堪えきれずに生牌を切ってしまったからや。現在までの所、宮永は海底コースから外れているし、仮に鳴きが入ってハイテイをツモ和了っても、今の符数のままなら40符3飜の5200で逆転には届かん)

末原さん(もちろん直撃なら逆転されるが、万が一私に河底がまわってきても、その時には南暗刻を崩してオリればええ。この牌を握り潰してさえいれば、これ以上符数はあがらないから、もはやどう転んでも負けはない。この勝負貰ったで)ポイ(西を手に留めて2捨て)
381 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/07(水) 00:04:02.50 ID:F9h3+n3B0
10巡目

姑獲鳥「・・・・・・・・・(現物切れたけど、もうどーでもいいや)」ポロっ(1捨て)

末原さん(ぐっ、このタイミングでさっきまでの和了牌が場に出るか? この巡り合わせ、何か嫌な予感がするわ)

明華「・・・・・・・・・・・・(そろそろ決着の刻でしょうか?)」ポイ(同じく1を合わせ打ち)

西家・咲手配 ?999《一二三》《34【5】》《GGGG》 次ツモ9

咲「カン!(間違いなくこれがラストチャンス、お願いきて)」9を暗槓して嶺上牌を引く。

末原さん(暗刻で抱えていたのは西やなかったのか? まさか伏牌の中身が役無しとは(唖然)。こないなら1巡前に西を落としていれば、今頃有珠山から出和了・・・って後出しジャンケンで悔いても意味ないわ。手の中がゼロ飜なら仮に嶺上で和了ったとしても、嶺上ドラ1の70符2飜の4500で逆転はないから、私の判断は間違っていなかった筈)

西家・咲手配 西《一二三》《34【5】》《9999》《GGGG》 嶺上ツモ西

咲「ツモ、嶺上開花(ドキドキ)」

末原さん(執念やな。この最後の最後にホンマにリンシャンを成功させおった。けど、これじゃ逆転には届かん・・・・・・って、まだ槓ドラがあるやないか? 何で見落としてるんや、私は!?)

咲「・・・・・・・・・(ドクン、ドクン、ドクン)」そー(三枚目の槓ドラの表示牌に手を伸ばす)

末原さん(無意識化で槓ドラの存在を功慮外にしとった理由は単純。宮永は自前の槓では絶対に槓ドラが乗らんからや。なら問題ない筈やが、この胸中に沸き上がる黒雲は一体なんや?)

咲「えいっ」ヒョイ(目を瞑って槓ドラの表示牌を引っ繰り返す)

槓ドラの表示牌:5(新ドラは6でドラ1つ追加)

咲「ツモ、嶺上開花ドラ2。70符3飜の満貫。4000、2000で・・・す(じわっ)」目に涙が溜まる。

咲「うっうっうっ・・・わああああああ!!!」大泣き

実況「宮永号泣。遂に決まった得意の嶺上開花でオーラス姫松を逆転。臨海女子とともに初の決勝進出を決めました」

末原さん(白痴もええ所や。宮永に槓ドラが乗らんのは、奴が能力を行使している状態での話。雀にスキルを封じられた以上、そないなジンクスも一緒に崩れるのは少し頭を働かせれば自明の理)

末原さん(けど槓ドラが乗った裏背景なんてどーでもええ。あの時どうして私は逃げたんや? もう宮永の勝利への道が閉ざされたと勝手に思い込んだから、小賢しい理に縋ってリスクを避けた?)ポロポロ(涙が零れ落ちる)

末原さん(何が魔物は『勝ちの出来レース』しかできないや? 敗北のリスクを恐れて、西を切らずに勝負の場からオリたのは私の方やないか。負けて当然や、こんな弱虫は)えっぐえっぐ(涙で顔面がクシャクシャになる)

明華(能力が封じられたことを逆手に取って、普段は絶対に乗らない槓ドラが乗る可能性に賭けた? それが全てを奪われた同じ魔物同士でも、三倍満を和了れなくて勝ちを諦めた有珠山と、暗闇の中で必死に勝ちへの道を模索した清澄との明暗を分けたということですか。それにしても)チラリ

各高校最終成績(大将戦個人成績)
臨海  168100(+26700【前半:−16200 後半:+42900】)
清澄   88700(+−0【前半:+25400 後半:−25400】)
姫松   86900(−20200【前半:−41900 後半:+21700】)
有珠山  56300(−6500)【前半:+32700 後半:−39200】)

明華(プラマイゼロ。果たして、これは偶然なのでしょうか?)
382 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/11/07(水) 01:42:26.30 ID:ng9dfhCso
最後のドラ間違ってる?
383 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/07(水) 23:10:47.33 ID:F9h3+n3B0
>>382

失礼しました。普段はドラ表示牌でなく新ドラそのものを書き込むのでズレているのに気がつきませんでした。符数計算にミスかないかばかり気にして、こんな基本的なことが疎かになるとは、試合のクライマックスでこれでは締まらないことこの上ないですね(反省)
私用でパソコンのチェックが遅れましたが、直ぐに修正します。
384 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/07(水) 23:12:14.41 ID:F9h3+n3B0
※これは381の改正版です。実質的なミスは最後の裏ドラの表示牌のみですが、勝敗に直結する肝心な部分だったので修正しました。
以前にも似たような修正を入れたことがあり至らないことこの上ないですが、もし見掛けたらまた遠慮なくご指摘してもらえたら有り難いです。



10巡目

姑獲鳥「・・・・・・・・・(現物切れたけど、もうどーでもいいや)」ポロっ(1捨て)

末原さん(ぐっ、このタイミングでさっきまでの和了牌が場に出るか? この巡り合わせ、何か嫌な予感がするわ)

明華「・・・・・・・・・・・・(そろそろ決着の刻でしょうか?)」ポイ(同じく1を合わせ打ち)

西家・咲手配 ?999《一二三》《34【5】》《GGGG》 次ツモ9

咲「カン!(間違いなくこれがラストチャンス、お願いきて)」9を暗槓して嶺上牌を引く。

末原さん(暗刻で抱えていたのは西やなかったのか? まさか伏牌の中身が役無しとは(唖然)。こないなら1巡前に西を落としていれば、今頃有珠山から出和了・・・って後出しジャンケンで悔いても意味ないわ。手の中がゼロ飜なら仮に嶺上で和了ったとしても、嶺上ドラ1の70符2飜の4500で逆転はないから、私の判断は間違っていなかった筈)

西家・咲手配 西《一二三》《34【5】》《9999》《GGGG》 嶺上ツモ西

咲「ツモ、嶺上開花(ドキドキ)」

末原さん(執念やな。この最後の最後にホンマにリンシャンを成功させおった。けど、これじゃ逆転には届かん・・・・・・って、まだ槓ドラがあるやないか? 何で見落としてるんや、私は!?)

咲「・・・・・・・・・(ドクン、ドクン、ドクン)」そー(三枚目の槓ドラの表示牌に手を伸ばす)

末原さん(無意識化で槓ドラの存在を功慮外にしとった理由は単純。宮永は自前の槓では絶対に槓ドラが乗らんからや。なら問題ない筈やが、この胸中に沸き上がる黒雲は一体なんや?)

咲「えいっ」ヒョイ(目を瞑って槓ドラの表示牌を引っ繰り返す)

槓ドラの表示牌:3(新ドラは4でドラ1つ追加)

咲「ツモ、嶺上開花ドラ2。70符3飜の満貫。4000、2000で・・・す(じわっ)」目に涙が溜まる。

咲「うっうっうっ・・・わああああああ!!!」大泣き

実況「宮永号泣。遂に決まった得意の嶺上開花でオーラス姫松を逆転。臨海女子とともに初の決勝進出を決めました」

末原さん(白痴もええ所や。宮永に槓ドラが乗らんのは、奴が能力を行使している状態での話。雀にスキルを封じられた以上、そないなジンクスも一緒に崩れるのは少し頭を働かせれば自明の理)

末原さん(けど槓ドラが乗った裏背景なんてどーでもええ。あの時どうして私は逃げたんや? もう宮永の勝利への道が閉ざされたと勝手に思い込んだから、小賢しい理に縋ってリスクを避けた?)ポロポロ(涙が零れ落ちる)

末原さん(何が魔物は『勝ちの出来レース』しかできないや? 敗北のリスクを恐れて、西を切らずに勝負の場からオリたのは私の方やないか。負けて当然や、こんな弱虫は)えっぐえっぐ(涙で顔面がクシャクシャになる)

明華(能力が封じられたことを逆手に取って、普段は絶対に乗らない槓ドラが乗る可能性に賭けた? それが全てを奪われた同じ魔物同士でも、三倍満を和了れなくて勝ちを諦めた有珠山と、暗闇の中で必死に勝ちへの道を模索した清澄との明暗を分けたということですか。それにしても)チラリ

各高校最終成績(大将戦個人成績)
臨海  168100(+26700【前半:−16200 後半:+42900】)
清澄   88700(+−0【前半:+25400 後半:−25400】)
姫松   86900(−20200【前半:−41900 後半:+21700】)
有珠山  56300(−6500)【前半:+32700 後半:−39200】)

明華(プラマイゼロ。果たして、これは偶然なのでしょうか?)
385 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/08(木) 00:02:13.15 ID:bOx2v2Yh0
清澄控え室

タコス「やったじょ、咲ちゃん。これであたし達清澄が全国の決勝に進出だじょ♪」

ワカメ「(ホッ)一時はどうなるかと思ったが、県決勝同様に最後に嶺上開花を決めよったな」

のどっち「咲さん、流石にあなたはミラクルです(穏乃、私の方も何とか約束を果たせました)」

ババア「皆、喜んでばかりいていいのかしらね? TVの中の咲の様子を見てみなさい」

タコス「咲ちゃん、さっきから大泣きしてるじょ。よっぽど嬉しかったのか? そりゃあたしも目茶苦茶歓喜しているから気持ちは分かるじょ」

ババア「違うわよ、咲は嬉しくて泣いているんじゃなくて、怖くて泣いているのよ」

タコス「恐い、あの咲ちゃんが?」

ババア「龍門渕の天江衣から三連続槓の奇跡みたいな役満を和了った時でさえ、あの子はずっと笑っていた。恐らく天江が最後のイーピンを出した時には既に咲の中で勝利は確定していたのよ。もしかしたら敦賀の飛び寸前の東1局が始まる以前からオーラスまでのビジョンが全て未来視みたいに見えていたのかもね」

のどっち(惚れた弱みでしょうか? 『そんなオカルトありえません』と咲さんに限っては言い切れない自分が憎い。例のプラマイゼロにしても因果律レベルで一寸の狂いもなく場を掌握しなければ不可能な筈。臨機応変などという曖昧な打ち筋では到底達成できない)

ババア「後半は多分臨海の世界ランカーに何かされて、能力の一切合切を封じられていた。そう、勝ちへの保証を全て剥ぎ取られて、闇の中を手探りで歩いているようで怖くて仕方がなかったのよ。だから最後に和了った時に溜まっていた恐怖心が一気に吹き出した」

のどっち「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ババア「ある意味、今回あの子ははじめて、あたし達が普段打っている本当の麻雀を打ったことになるのかもしれない。その体験があの子を更に強くするのか、それとも弱く歪めるのかは現地点では測りかねるわね」

ワカメ(久・・・・・・人間としては色々と問題を抱えているが、やはり麻雀に関する技量と目利きはずば抜けておる。咲にネット麻雀の指導をしなければ、恐らく咲は末原に屈していただろうしな)
386 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/08(木) 00:02:45.94 ID:bOx2v2Yh0
臨海控え室

辻垣内「結局、最後に生き残ったのは清澄か。これも明華の思惑通りなのか?」

ハオ「(ふぁぁー)さて、どーでしょ? 明華はプロフェッショナルですから、清澄の嶺上使いを脅威と見做したのなら、どんな手を使ってでも姫松を引き上げたでしょうし、特に三校間に優劣はなかったのでは?」お昼寝もとい瞑想から目覚めて大きく伸びをする。

ネリー「『三倍満の悪魔』土方姑獲鳥か。惜しい逸材だったね。魔物としての格は低かったけどスキルの作り方のセンスはずば抜けていたし、十分に決勝卓に勝ち進めるだけのポテンシャルを秘めていた」

ネリー「月並みな言い草だけどあの子の不幸は、『風神』とは別の顔の雀明華に出会ってしまったことだね。下手したらもう二度と三倍満は和了れなくなるかもね」

ダヴァン「どうしてデスカ? 明華の『調律の歌』の効果時間は半荘一回分。この対局が終われば土方も宮永も再び能力を取り戻す筈デスヨネ?」

ネリー「理屈上はそうなんだけど、なぜか明華と対戦した魔物はそのまま廃業に追い込まれるケースが多いんだ。今はプロの世界で華々しく活躍しているけど、少し前まで裏でヤバイ仕事をしていたらしいよ。その当時の二つ名が『魔物ハンター』」

ネリー「魔物でありながら、依頼を受けて同じ魔物を狩るのを生業とする。あっ、もちろんハントといっても暴力云々じゃなくて、普通に麻雀で叩きのめすだけだけど」

辻垣内「魔物は天賦の才や。生まれつきあないな超常的な力を持っていたら、よほど良い指導者に恵まれなければ、土方のように基礎雀力を高めようなんて発想すら自力じゃ思い浮かばんやろな」

ダヴァン「なら『調律の歌』で丸裸にされた大多数の魔物は為す術なく惨敗するデショウが、誰が明華にそんな物騒な依頼を出すのデスカ? 一般人からしたら魔物の能力は理不尽かもしれないですが、別に存在が罪というワケデハ?」

ネリー「存在は罪じゃなくても、行為が罪悪になる場合はあるよ。最近は減ったけど、一昔前は性質の悪い魔物が結構いてさ。故意に十万点ほど稼がせてから逆転し大戦犯を作って相手チームの仲をギクシャクさせたり、飛ばせるのをゼロ点に調整し長時間晒し者にするとか、思春期の少女特有の蝶の羽を毟るような無邪気な残酷さって奴?」

ダヴァン「確かにそれは悪趣味ですね。普通に嫌悪感を覚えマス」

ネリー「もちろんルール違反じゃないから規制はできないけど、被害者の女の子は二度と牌が持てなくなるトラウマを負ったりしてる。私みたいな貧困地帯(スラム)のゴミ山から這い上がってきた雑草娘からしたら、「ちょっと繊細すぎない?」と言いたくもあるけど」

ハオ「力で堂々と粉砕されたのならともかく、ゲームの縛りプレイの一環みたいなお遊びで弄ばれたのなら、家族からすれば報復したくなるのが人情じゃなーいですか? まあ、同じ手段で遣り返されたのだから因果応報ではあーりますね」

辻垣内「話だけ聞いてると、法で裁けぬ悪を討つ必殺仕置人みたいやな。まるで明華の方が正義の味方みたいやないか」

ネリー「(くすっ)明華はそんなロマンチストじゃないよ。依頼は全部報酬が目当てで、再起不能に追い込んだ同族に対して含むところは一切ないそうだから。本当かどうかは明華当人にしか分からないこどだけど」

ハオ「明華は幼い頃、魔物の能力を研究する施設にいたそうですから、物心つく前から周囲を格上の魔物に囲まれて育ったので、魔物に生まれたことに何のアドバンテージも見出せずに、早い段階から支配力の差を克服する術を身につけざるを得なかったのでしょうね。同じ下級の雀明華と土方姑獲鳥。どうして差がついた? 慢心、環境の違いって奴でしょーか?」

ネリー「しかし私やハオは単なる出稼ぎ労働者だけど、既にプロとしての名声を確立している明華は何をしに態々日本まで留学しに来たのかね? 案外、裏にどデカイ陰謀が隠されていたりしてね(クスクス)」
387 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/08(木) 00:03:21.20 ID:bOx2v2Yh0
半年前 フランスのパリにあるEU麻雀協会フランス支部

明華「極東の地の学生アマチュア大会に参加して内情を調査しろと?(今年の欧州選手権で優勝した世界ランカーの私に、なんてショボイ依頼をしやがりますか、この禿ジジイは)」

???「ちょうど臨海女子からオファーがきているので、特待生という触れ込みでインターハイに出場して欲しい。ちなみにこれが我々が入手した大会ルールの詳細だ」

明華「・・・・・・・・・赤ドラ四枚ありでダブル役満無し。前年度の競技用ルールからえらく変化しましたね」

???「魔物を選抜する為の特別な大会と我々は見做している。かの国では『牌に選ばれた子』と呼ぶようだが」

明華「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

???「日本協会のバックには例の御前が控えているようだし、恐らくは牌に選ばれし者たちを集め、二年後に迫った四年に一度の麻雀オリンピック用の駒を揃えるつもりなのだろう。君の任務は大会に参加した日本の魔物が我々の脅威なりえるか潜入調査することだ」

明華「・・・・・・分かりました(学生ゴッコに半年も拘束される割には、あまりお金になりそうにないボランティア活動ですが、フランス協会会長直々の依頼とあっては断れそうもないですね。私の過去を暴露されてプロライセンスを失効されても困りますし)」

???「現在、個人戦には留学生は参加できないようだが、それは我々の方で本番までに手を打つ。転入手続きは既に済ませてあるので、すぐに日本に旅立ちたまえ、雀明華」

―――――――――――――

現在の挨拶終了後の大将卓

明華(などと協会のお偉いさんは自信ありげに言ってましたが、結局都予選までに個人戦のルール変更は間に合いませんでしたね。まあ、私としては余計な仕事が増えずに助かりますので、早く本業に復帰してお金をガッポガッポ稼ぎたいです(溜息))

明華(あと一試合こなして本部にレポートを提出したら、やっと無給のクラブ活動ともオサラバです。準決勝でぶつかった対戦者は今まで私が狩ってきた獲物と同じく、魔物である自分に奢って雀力修行を怠った未熟者でしたが、白糸台の宮永照は一味違いそうですね。今のお互いのポジションだと直接ぶつかって力を試すことはできないので、調査も片手落ちになりそうですが・・・)チラリ(肩を落とした末原さんの姿が視界に入る)

明華「C'est dommage(残念でしたね)、姫松」

末原さん「麻雀で負けたんや。何の文句も言い訳もあらへん。あと、礼は云わんで、臨海」

明華「(麻雀で負けたですか・・・)必要ありません。貴方を手助けしたのではなく、私が勝利可能な唯一の方策を実行しただけですから。前半のスコアが指し示すように、魔物として競っても私はあの二人に勝てませんので」バサっ(私物の日傘を広げると、席を移動する)

末原さん(魔物として競ってか・・・。どうやら同じ魔物でも能力差はピンキリのようやし、偏見で一括りにするのは止めた方が良さそうやな。もう一度出直しや、私も)
388 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/08(木) 00:03:57.09 ID:bOx2v2Yh0
咲「ひっくひっく・・・・・・(ビクッ)」日傘を差した人影に怯える。

明華「決勝進出、Félicitation(おめでとう)。オーラスの闘牌は大変見応えがありました(ニコニコ)」笑顔でハンカチを差し出す。

咲「あっ・・・あっ・・・あっ・・・・・・(涙目)」ガタガタ

明華「祝福しにきただけですから、そんなに怯えないでください。ラストはとてもユニークでしたね。役無しの9索を槓しての嶺上開花と裏ドラ期待の大博打。いえいえ、馬鹿にしているのではありません。精一杯の策を打った後は、運を天に全てを任せる。麻雀とは本来そういう競技の筈ですから」

咲「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

明華「槓ドラを捲られた時はさぞ「ドキドキ」されたと思いますが、槓ドラが乗って私も安心しました。嶺上開花が決まった瞬間は、もしかして私の能力が破られたのかと少し焦りましたが、『槓ドラが乗らない対価に嶺上で必ず有効牌を引ける宮永咲』が槓ドラを乗せた以上、たまたま偶然に和了れただけのようですし(ニヤリ)」魔性の笑み。

咲「・・・・・・・・・(ゴクリ)」唾を飲み込む。

明華「いずれにしても決勝卓で、私の『調律の歌』を二番まで聞く資格を得たのは貴方です、清澄の嶺上使いさん。今度は最初から最後まで「ドキドキ」し放しのエキサイティングな麻雀が堪能できますよ♪」

咲「に・・・二番までって? まさか次は後半だけでなく前半もあの状態がずっと続くの?」ガクブル

明華「はい、私はどこぞのお節介な宇宙人さんみたいに、平等な条件で麻雀を楽しもうとかの奇麗事を宣ふ気はサラサラありません。貴方の稚拙な雀力を見込んでの、あくまでも私が勝つ為の罠としてお誘いする所存なので、精々もがき苦しんでください(ニコニコ)」

咲「そ・・・そんな・・・い・・・いやだよ、ずっと闇の中で麻雀を打つなんて(涙が枯れ果てる)」

明華「それでは明日の決勝戦まで、Au revoir.(さようなら)」バサ(再び日傘を閉じて扉に向かう)

咲「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(もう何も聞こえていない)」

明華(なーんて脅しをかけてみましたが、『次元迷宮』を呼び出せる大星淡が大将卓にいる以上、実際には二番まで歌えることはないでしょうね。むしろ、あの子の軽い性格を利用して、最低でも半荘一回は『調律の歌』の支配下で戦えるように上手く心理誘導する必要がありそうです)

明華(あと宮永咲に関しての気懸かりは、『嶺上開花』とは別の彼女のもう一つのスキル『プラマイゼロ』。最終スコアがもし偶然でないとすれば、私の『調律の歌』の支配下でも何らかの因果律が働いたことになる。アレも勝つ為のスキルとは言い難いですから、制約の厳しさ的に十分有り得る話ですが・・・)

明華(それも杞憂でしょうか? 仮にそうだとしてもプラマイゼロはその性質上、清澄が大将戦まで他を大きくリードできて初めて勝利に結び付けられますが、清澄の他面子は眷属二匹にハオの下位互換と個人戦特化型のSOA。逆にこちらは上級魔物に魔物以上に厄介な達人二名と個人戦三位の実力者。この戦力比で臨海女子以上の点数を稼ぐのはまず無理でしょうから)

―――――――――――――

他校の選手が退出した大将卓に一人残って項垂れている咲

咲「・・・あの人恐い、いやだ、戦いたくない。逃げたい。逃げたい。もう二度と戦いたくない」ガチガチ(歯と歯がぶつかる)

※清澄、臨海女子一緒に決勝進出(決勝カードは、白糸台、臨海、清澄、阿知賀)
389 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(西日本) [sage]:2012/11/08(木) 00:20:39.86 ID:HinCqrh2o
咲さんならこれが全部演技でプラマイゼロの舐めプをした上でのブラフの嘘泣きに見えるから困る
390 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/11/08(木) 00:48:05.52 ID:b0TdI0AAO
おう生粋の文学少女咲ちゃんをいじめるのはやめろや
391 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/08(木) 02:49:04.11 ID:rh45uY26o
ここでのプラマイゼロはやばいね
392 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/09(金) 00:02:28.63 ID:IuGhND1R0
阿知賀女子の宿泊しているホテル

実況「宮永号泣。遂に決まった得意の嶺上開花でオーラス姫松を逆転。臨海女子とともに初の決勝進出を決めました」

穏乃「よっしゃあー。途中、冷や冷やしたけど、清澄も勝ち残ったよー! これでやっと和と同じ舞台で戦える」ガシっ(ガッツボーズを決める)

憧「冷や冷やって(汗)、しずがラストに見せた離れ業の曲芸に比べれば、十分に人間業の範疇の和了よ。ただ、この大将戦。前半と後半で随分と温度差があったような」

灼「そうだね。前半は超人麻雀のオンパレードだったけど、後半は平凡な普通の麻雀だよね」

キャプテン「いえいえ、私的には後半の闘牌の方がレベルが高いと思いますし、色んな駆け引きが垣間見られて私好みでもありましたよ(魔物に偏見を抱くのは良くないと分かってはいるのですが、予め引けると分かっている牌を単に掻き集めるのを麻雀と呼ぶのには些か抵抗を覚えますが・・・)チラリ

玄「うーん、臨海女子は風神さん以外はあまりオモチがいないなー。やっぱり昨日の祝賀会で生確認した和ちゃんのおもちは質量ともに別格だよね」←全然闘牌を見ていない。

キャプテン(眷属とはいえ阿知賀も二人・・・いえ灼さんも含めれば三人もプチ魔物を抱えているのだから、受け入れなくてはいけないですね(ふーう))

穏乃「前半無双した宮永咲と有珠山のツインテールの人は、後半は全く精彩を欠いていたけど、やっぱり臨海の世界ランカーが何かしたのかな? 怪しいといえば後半開局前にいきなり唄いだしたフランス国歌だけど・・・」

キャプテン「はい、恐らくあの歌が魔物封じスキルのトリガーと見て間違いないでしょう。ただし、後半の末原さんの躍進振りを見る限り、雀明華さんの存在は穏乃さんにとってはむしろプラスになりそうなので、特に気にすることはないと思います」

憧「これで決勝カードは王者白糸台、傭兵軍団臨海、和のいる清澄、そしてあたし達阿知賀か。世間的には二強二弱という構図になるのかしら?」

レジェンド「そうだな。お前たちの清澄というよりも和への個人的な思い入れを別にすれば、単純な敵としては準決勝の最終スコアが物語る通りに臨海の方が遥かに脅威だ」

キャプテン「同感です。欧州選手権の覇者『風神(ヴァントゥール)』雀明華、世界ジュニア優勝者『運命奏者(フェイタライザー)』ネリー・ヴィルサラーゼ、アジア大会銀メダリスト『中国四千年(アカシックレコード)の継承者』郝慧宇(ハオ・ホェイユー)にメガン・ダヴァンというワールドユース選抜と銘打っても遜色ない錚々たる顔ぶれですから」

穏乃「(ダヴァンだけ綽名やタイトルはなし?)改めて並べられると王者白糸台の名が霞むぐらいのとんでもない豪華メンバーだね(汗)。実際に四人の留学生は全員が区間一位をキープしていたし、何か私たちが卓に混じるのが場違いに思えてきちゃったよ(萎縮)」

憧「同じルール下で勝ち残ったのだから気後れする必要はないでしょ、しず? そりゃ胸を借りる立場なのは確かだけど、肩書で麻雀を打つ訳じゃないし、一緒の舞台で戦うからにはあたし達は臨海とも対等よ」

キャプテン「憧さんの言う通りです。相手を侮る以上にリスペクトし過ぎるのも問題なので、私たち阿知賀の麻雀を心掛けるようにしましょう」

玄「ところで留学生ばかり話題になるけど、先鋒禁止ルールで今年の臨海は一人だけ日本人も団体戦に参加しているんだよね?(風神さん以外はあまりおもちがなかったから私覚えてない)」

灼「昨年度個人戦全国三位『不遇の女帝』辻垣内智葉。日本で三番目に強い人が去年の団体レギュラーから漏れたというのも凄い話だと思うけど、実力を考えたら確かに不遇だね」

キャプテン「辻垣内さんはとても麻雀IQが高い打ち手で、純粋な雀力なら日本一かもしれません。準決勝では唯一人マイナスでしたが、オーラスで交通事故としかいいようがない親の役満直撃を受けるまではダントツトップ(+23600)だったわけで、アレは致し方ないでしょう」

参考資料(http://dempa.s18.xrea.com/g4k/img/01_0012_1.jpg
上 後半南3局まで漫ちゃんがビリケツ(−17200)だった時の姫松控え室の様子。
下 オーラスで漫ちゃんが辻垣内に四暗刻単騎をぶつけて、更に親の和了止めで勝ち逃げした時の姫松控え室の様子。

憧「そりゃ7巡目のダマの字牌地獄待ちなんか、魔物の察知能力かあたしらみたいなウオッチャーのスキル持ちでもなきゃ避けようがないし、ハードラックとしか言いようがないっしょ。けど、それとは別に臨海の眼鏡委員長さんって『持ってない』よね(くすっ)」

穏乃「(何で委員長?)うん、本来和がツモる筈だった和了牌が、直前の有珠山の副露で辻垣内さんの所に流れてきたわけで。もし和がツモっていたら、デジタルの和はまず無警戒で放銃していただろうから、逆に和は『持っていた』ことになるのかな?」
393 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/09(金) 00:03:25.21 ID:IuGhND1R0
レジェンド「いずれにしても、臨海は先鋒から大将までどこにも隙がないな。白糸台は中堅が穴だし総合力では明らかに決勝に残った四校中随一だろう」

穏乃「あれ、白糸台の『チーム虎姫』って至上最強の触れ込みだったと思ったけど、渋谷さんってウィークポイントなの?」

レジェンド「まあな。私から見てもミスの多いデジタル打ちで、都予選含めてもマイナスの成績が多い。先鋒の宮永照が平均十万点程稼ぐから勝敗には直接影響ない為あまり表立っていないが、渋谷尭深以上の打ち手は県代表クラスと呼ばれる二軍にゴロゴロしているだろうし、なぜレギュラーに抜擢されているのか理解に苦しむ」

憧「清澄の中堅も二回戦、準決勝と大幅なマイナスであまり強そうじゃないから、案外ウチの稼ぎ場になるかもね。こちらの中堅は安定感抜群の宥姉だからいけるかも」

レジェンド「染谷まこは辻垣内と同じ去年の個人戦ファイナリストの姫松・愛宕洋榎と連続で同席を強いられたのだから、一慨に比較はできないだろうが、他のポジションが強者揃いで厳しい分相対的に狙い目なのは確かだな。宥の役割は重大だが・・・・・・って、その宥はどこにいるんだ?」

玄「おねーちゃんは昨日の祝賀パーティーでハシャギすぎて、ついうっかり夜風にあたったから今寝込んでるよ。完全暖房装備可能な冬よりも油断しやすい夏の方が風邪引きやすいから」

憧「あの蒸し暑い夜風で風邪引くって(汗)。本当に特異体質だよね、宥姉は・・・」

穏乃「それよりも明日の本番までに、宥さんに何かあったりしたら心配だよ。ウチは五人しかいないし・・・」

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

レジェンド(一応灼が補欠登録されているが、出番を作ってやるのは難しいだろうな。灼のボーリングに見立てた他に類のないユニークスキル。安定性には欠けるものの嵌まると面白いことになりそうだが、お披露目は来年以降か・・・)

玄「私、おねーちゃんの様子を見てくるね。今朝起きた時は心配しなくていいって笑ってたけど、やっぱり姉妹として心配だし」バタン

憧「なんか全国の決勝卓に勝ち残ったとは思えないくらいドタバタしているわね、あたしらは・・・。でも各々の対戦面子も確定したわけだから、もう今日一日しか時間がないけど可能な限り情報を分析して対策を練らないといけないわね」

穏乃「そうだね。白糸台と違って対戦経験がない分、臨海と清澄はじっくり牌符をチェックしないと。ここは個人的な感情は一時封印して、より手強いと思われる臨海を先に始めよう」

キャプテン(穏乃さんの言う通り、清澄よりも臨海の方が曲者揃いなのは確かですが、気になるのは清澄の副将)チラリ(TVでは決勝に進出した両校キャプテンの辻垣内と竹井の合同インタビュー中)

キャプテン(名字が変わっていたから、すぐには気づけませんでしたが、あの人は間違いなく上埜さん。三年前のインターミドルで私を完膚無きまでに叩きのめした悪待ちのトリックスター)

キャプテン(自ら悪い待ちを選択する特異な打ち筋は昔のままですが、変わったのは名字だけでなく目でしょうか。あの若々しさと希望に満ち溢れていたエネルギッシュな瞳が、酸いも甘いも噛み分けた年増・・・もとい齢三十の年輪を重ねたアラサーのようにドンヨリと曇っている。三年前、突然決勝卓進出を辞退したあの日、上埜さんに一体何が起こったのでしょう?)
394 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/09(金) 00:04:04.08 ID:IuGhND1R0
当日の夜、清澄の宿泊しているホテル

のどっち「落ち着きましたか、咲さん?(うふふ・・・、役得です♪)」ギュウ(咲をぬいぐるみのように抱き締める)

咲「う・・・うん、ありがとう、和ちゃん(うるうる)」捨て犬のような潤んだ瞳で見上げる。

ワカメ「色々あったが、まさかワシらがこうして全国の決勝卓まで残れるとはな(しみじみ)」

ババア「浮かれている暇なんかないわよ。全国制覇があたし達の目標なのだから、所詮は通過点に過ぎないわ。咲の心理状態も持ち直したようだし、さっさと練習を始めるわよ」

タコス「・・・・・・・・・・・・(あたしが合宿中に弱音を吐いたら、「なら止めちゃえば」とか切り捨てられたし、部長、相変わらず自分にも他人にも厳しいじぇえ)」

―――――――――――――

有珠山高校が宿泊中の旅館

姑獲鳥「ううっ・・・・・・(涙)」←(−6500【大将3位】)

副将の眼鏡っ子「う・・・姑獲鳥ちゃん、元気だしなよ。負けたのは姑獲鳥ちゃんの責任じゃないよ。私たち姑獲鳥ちゃんのお蔭で全国の準決勝の舞台までこられて凄く嬉しかったから」←(−16600【副将3位】)

先鋒の主将「そうだな。一年生の土方一人に常に負担を押しつけてしまった私ら上級生の力不足だ」←(−12800【先鋒3位】)

中堅の同級生「姑獲鳥ちゃんにはまだ個人戦で挽回できるチャンスがあるんだから、負けちゃ駄目だよ。個人戦には留学生は出場できないから、あの臨海の異人さんとはかち合うことはないわけだし」←(−13300【中堅3位】)

姑獲鳥「う・・・うん、ありがとう、みんな。なのにゴメンね。私途中で何もかも投げ出しちゃって(ぐすっ)」

次鋒の副主将「だから、姑獲鳥の責任じゃないって。それよりも景気づけにまた姑獲鳥の三倍満がみたいな。卓を囲んでみようか」←(+5500【次鋒2位】)

姑獲鳥「う・・・うん(にこっ)」
395 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/09(金) 00:04:33.53 ID:IuGhND1R0
ビデオで大星淡の試合をチェックしている憧と穏乃

穏乃「あっ、今、淡さんが能力を使った。確か『次元迷宮』って呼んでいたけど」

憧「(なんで名前呼びなのよ、しず?)なるほど。えーと牌符をチェックと。あっ、『字牌のみをツモれる流れ』を発見。やはり大会中、要所要所で能力を発動させて和了を稼いでいたみたいね。傍目からだと何時行使しているかサッパリ分からないけど・・・」

穏乃「うん、私は実際に『次元迷宮』を散々体感した所為だと思うけど、ビデオ越しにも淡さんの背後から宇宙みたいな空間が卓上を侵食しているのがありありと見える」

憧「とりあえず昨日の祝賀会の後、全員で徹夜で検証した流れは以下の通りか」

【◎ほぼ確定 △かもしれない ×あまり自信なし】
・手牌にある牌と同じ牌をツモる流れ ◎
・字牌のみをツモる流れ ◎
・河にある牌と同じ牌をツモる流れ(※大星淡は【姥捨場】と呼称) ◎
・偶数の牌をツモる流れ △
・奇数の牌をツモる流れ △
・ドラのみをツモる流れ ×
・暖かい牌をツモる流れ ×
・三元牌をツモる流れ ×

穏乃「随分絞り込めたよね。けど、こうして形にすると色々と合点がいく。私が何度か字牌整理後にツモった字牌を振り込んだのも『字牌のみをツモる流れ』が予め淡さんに読めていたなら待ち伏せられるのも納得だし」

憧「まあ『騙し絵』みたいなものね。一度絵の存在に気づいた者にはハッキリ認識できるように、あの支離滅裂だった牌符の流れが今では明確な意図に基づいて並んで見える」

穏乃「美穂子さんの話だと、△以上の5つの他にも確実にもう幾つか法則が見えない流れがあるみたいだけど、現地点じゃまだ解読できていない」

憧「誰が意見を出したかモロ分かりな×は論外として、もう『〜をツモる流れ』のアイデアは出尽くしたと思うけど、また発想を変えなきゃ駄目かな。たとえば逆に『〜だけツモれない流れ』とかね」

穏乃「なるほど、一考の余地はあるかも。あとで美穂子さんと検証してみよう。ところで、玄さんは宥さんの看病につきっきりだけど、自分の対戦相手の研究はしなくて大丈夫かな?」

憧「美穂子が言うには、むしろ玄は対戦校から必死に対策される側の立場だってさ。元々相手に合わせて融通が効くタイプの能力じゃないし、玄は少し傲慢に構えているぐらいの方がちょうど良いって(くすっ)」

穏乃「それは言えてるかも。でも美穂子さんの相手も私と同じぐらいキツイよね。チャンピオンの宮永照との再戦に個人戦三位の辻垣内さんとインターミドル王者の和か」

憧「美穂子はある意味、人としての理を極めた達人だから和もきっと驚くわ。あと決勝は準決勝ほどには苦労しない可能性があるって言っていた。チャンピオンの奥の手は既に把握しているし、臨海の眼鏡委員長とは利害が一致するだろうからって・・・」

穏乃「(だから何で委員長? 東鳩なの?)それって、辻垣内さんと協力してチャンピオンの親の連荘を流すって意味だよね?」

憧「そっ、あくまで勝てるという大言壮語じゃなく、ほっとけば平均十万点程稼ぐチャンピオンからの被害を最小限で抑えるって意味よ。それすら上手くいけばという過程のお話だから、準決勝みたいに軽く四〜五万点差はつけられる覚悟はしておいた方が良いかもね」

穏乃「(うーん)臨海は後に留学生軍団が控えているから、ほどほどの収支で先鋒戦を遣り過ごせれば御の字だろうけど、後半にいくほど先細っていくウチ的には結構厳しいかな」

憧「・・・・・・・・・(先細り。そりゃずっとマイナスの成績で自惚れるのもどうかと思うけど、しずも今大会八人しかいない役満ホルダー(宮永照、大星淡、江口セーラ、愛宕洋榎、上重漫、薄墨初美、松実玄、高鴨穏乃)の一人なんだから、少しは自信もちなさいよ)」

穏乃「準決勝は玄さんが後半だけで九万点近い夢スコアを稼いでくれたお蔭で勝てたようなものだけど、流石に決勝では他の三校から徹底マークに合うだろうから、前ほど爆発できるとはとても楽観できないし」

憧「かといって、チャンピオンと同席する美穂子にスコアラーの立場を求めるのは酷よ。この世界には他家の手牌が透けて見えるぐらいじゃどうにもならない化物が多すぎる。なまじ手の進み具合をリアルタイムで鑑賞できる分だけ、美穂子の絶望は大きかったかも」

穏乃「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

憧「もう美穂子一人に負担は押しつけないと誓ったでしょ、しず? とにかく五人がそれぞれ自分の役割をキチンとこなせば、きっとチャンスはあるわよ」

穏乃「そうだね、憧。それじゃ、もう一踏ん張り頑張ろうか(メラっ)」
396 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/09(金) 00:05:19.94 ID:IuGhND1R0
再び有珠山高校が宿泊中の旅館

姑獲鳥「あれ? どうしちゃったの、私? こんな筈じゃ」しおしお(目がグルグルにならない)

副将の眼鏡っ子「本当にどうなってるの? もう半荘五回目なのに、姑獲鳥ちゃんがずっと焼き鳥なんて」

先鋒の主将「土方は三倍満以外の点数で和了ると、その後半荘二回は全く和了れなくなる制約が課せられているのだよな?」

中堅の同級生「なら、もう制約の条件はとっくにクリアしている筈ですよね?」

姑獲鳥「和了れない。全然、三倍満の手が入らなくなっちゃったよ(グスグス)」

次鋒の副主将「これで半荘十回目。こんなことは姑獲鳥が入学以来初めてだ。一体姑獲鳥の身に何が起こったんだ?」

―――――――――――――

同じく清澄の宿泊しているホテルで咲、のどっち、タコス、ワカメで卓囲み

咲「カン!」暗槓するも嶺上牌は外れ

タコス「咲ちゃん、これで十回連続で嶺上失敗、一体どうしたんだじょ?」

のどっち「ロンです(本当にどうしたのですか、咲さん。こんな牌を切ることは、以前はまずなかった)」

咲「あれ・・・私、どうしたの? 見えない? 何も見えないよ(涙目)」

ワカメ「まさか臨海の魔物封じのスキルが未だに継続中なのか?」

ババア「そんな筈はないわよ。他人のスキルを半永久的に封じるようなとんでもない真似が可能なら、あんな目立つ場で態々発動させる必要なんてなかった。あの半荘限りの限定能力と見て間違いないわ」

タコス「なら、どうして咲ちゃんは嶺上開花で和了なくなったんだじょ?」

ババア「恐らくは雀明華によって、咲を魔物足らしめている最も大切なモノを奪われてしまったからよ。もしかしたら一緒に潰された有珠山の魔物の子も、今現在は咲と似たりよったりの状態に陥っているのかもしれないわね」

のどっち「その大切なモノとは何ですか、部長? 雀明華は咲さんから何を奪い取ったというのですか?(咲さんが私から盗んでいったのは私のハートですが(ポッ))」

ババア「それは自信よ。今の咲は自らの能力に対する自信が揺らいでしまっている。スポーツ選手で言うところの『スランプ』って奴。野球に例えるなら、針の穴を通すほどの制球力を誇るピッチャーも、スランプで自信を失うと全くストライクが入らなくなるそうよ」

のどっち(麻雀でスランプなんて・・・と言いたい所ですが、赤土先生が麻雀教室を始めた切っ掛けも小鍛冶プロから受けたトラウマが原因でしたし、勝負事でメンタル的な部分は馬鹿にできません)

ワカメ「久・・・いや部長、どうすりゃ咲の能力は再び復活するんじゃ?」

ババア「自分を取り戻す・・・それだけかしら? まあ、言うのは容易いけど、口ほどに簡単ならスランプで潰れた競技者など皆無でしょうね。自らの読みと心中しなければならないのは凡人も魔物も変わらないように、もう一度咲が自分を信じられるようにならない限り、嶺上開花のスキルが戻ることはないわね」

タコス「そ・・・そんな。決勝戦は明日なのに、こんな状態でどうやって臨海や白糸台(とオマケの阿知賀)と戦えばいいんだじょ?」

咲「・・・・・・・・・・・・・・・・・・やだ、恐いよ(レイプ目)」ガクガクブルブル
397 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/09(金) 21:45:10.97 ID:AbxJJHDwo
台詞長すぎてワロタ
398 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/10(土) 00:02:01.97 ID:Qmd7b/tB0
インターハイ決勝 白糸台、臨海、清澄、阿知賀

白糸台 157700(+54300)
臨海  113000(+23300)
阿知賀  84500(+26400)
清澄   44800(−103000)

実況「さあ、全国決勝はとんでもない展開になってきました。新鋭清澄が白糸台や臨海を抑えて首位で大将戦に繋げたものの、清澄大将宮永がまさかの大ブレーキ。後半南2局で既に十万失点という壊滅スコアで一人沈みの最下位に転落」

咲「カ・・・カン・・・・・・・・・!?(びくっ)」ドスドスドス(雨あられのように槍が降り注ぐ)

明華「その嶺上取る必要ありません。搶槓国士無双48000。決着です」

東家・明華手配 一九19@東東南西北北白発中 (国士無双H待ち)

実況「なーんと、臨海、雀明華の搶槓による暗槓の国士無双が炸裂。これで清澄の飛び終了で臨海女子が逆転。四年ぶりに白糸台から王者の座を奪還しました」

臨海  161000(+71300)
白糸台 157700(+54300)
阿知賀  84500(+26400)
清澄   −3200(−151000)

咲「そ・・・そんな・・・! (びくっ)」突如、後ろに現れた人影にびくつく。

タコス「咲ちゃん。マイナス十五万とかちょっと洒落になってないじぇ」

ババア「この役立たずの屑! あんたみたいな能力が封じられたら何もできないド素人をアンカーに添えたあたしが馬鹿だったわ!」

ワカメ「やーれやーれ、どこぞのドラゴンさんが団体戦にはMVPも戦犯もいないような奇麗事を宣っとったが、MVPはともかく大戦犯は確実に存在するのお(ふーう)」

のどっち「私かあなたに惹かれたのは麻雀の強さなので、麻雀の弱い咲さんなんて欠片も存在価値がありません。二度と私に話しかけないでください(養豚所の豚を見るような冷たい目)」

咲「の・・・和ちゃん・・・みんな(ハッ)お・・・お姉ちゃん」何時の間にか正面にいる照。

照「私に妹はいない」

―――――――――――――

咲「いやあ〜!!・・・・・・・・・・・・・・・って夢?」布団から跳ね起きる。

のどっち「・・・・・・・・・・・・zzz」隣で寝ている和。

咲「和ちゃん。あれは夢・・・・・・・・・じゃなくなるんだよね、このままだと・・・」ブルブル。

明華『いずれにしても決勝卓で、私の『調律の歌』を二番まで聞く資格を得たのは貴方です、清澄の嶺上使いさん。今度は最初から最後まで「ドキドキ」し放しのエキサイティングな麻雀が堪能できますよ♪』

咲「や・・・やだ、恐いよ(レイプ目)」ガクガクブルブル

のどっち「・・・むにゃむにゃ、うーん、咲さん」咲の寝言を呟く。

咲「(うるうる)和ちゃん、みんな。ごめんなさい」バタン
399 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/10(土) 00:02:38.99 ID:Qmd7b/tB0
ババア「なんですって、咲がどこにもいないですって?」

のどっち「はい、私が起きた時にはもう隣の布団は藻抜けの殻で・・・」

タコス「外は凄い雨だじょ。なのに携帯も置いていって、咲ちゃん一体どこに行ったんだじょ。(はっ)まさか、このままでは勝てないと悟って、秘密の特訓に出掛けたのか?」

ワカメ「(秘密の特訓って、バトル漫画かいな(汗))もう決勝当日じゃぜ? そもそも、昨夜はそんな前向きな思考回路ができる精神状態には到底思えなかったぜよ」

ババア「そうね。怖くなって逃げ出したと考えるのが妥当でしょうね」

のどっち「そ・・・そんな、咲さんがそんな無責任なこと・・・」

ババア「むしろあの子的には『このままじゃ私が足を引っ張って皆に迷惑をかける』とか頓珍漢な鬱思考に浸ってるんじゃないの? 五人しかいない面子の一人が消える方がはるかに迷惑だっつーの!」

タコス「とにかく、皆で手分けして咲ちゃんを探さないと・・・」

ババア「土地勘のないこの広い東京で人一人探すとか現実的じゃないし、もうあたし達も会場に向けて出発しなきゃいけない時間よ」

のどっち「そ・・・そんな・・・」

京太郎「部長、俺が必ず咲を探し出して連れてくるから、先に行っていてください。大将戦までに間に合えば、試合放棄にならずに済むんですよね?」

ババア「それしかなさそうね。宜しく頼むわね、須賀君」

京太郎「任せてください、それでは行ってきます」ダッシュ

ワカメ「この作品に実況と審判以外で♂が登場するのははじめてじゃな・・・って、傘も差さずに行きおったぞ、性急な男じゃ」

ババア「さて、あたし達も行くわよ(仮に咲が戻ってきても、あの状態で遣い物になるとは思えないし、どのみちあたしの夏はこれで終わりか)」

のどっち「・・・・・・・・・・・・(咲さん、それでも私はあなたを信じています)」ギュッ(咲との思い出の人形を握り締める)
400 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/10(土) 00:03:17.75 ID:Qmd7b/tB0
白糸台の宿泊しているホテル

菫「なに、淡が消えただと?」

亦野さん「は、はい、あいつの部屋のベッドの上にこんな書き置きが(汗)」

『なんか外が雨が振っていて散策したい気分なんで出掛けてきまーす。決勝戦が始まるまでには自力で会場入りするから心配ナッシング(^o^)v アワアワより』

照「・・・・・・つくづく団体行動に向かない子」

たかみー「淡の気紛れに振り回されるのは昨日今日に始まった事じゃないけど、雨だから外に出たいとか魔物の行動心理は本当に不可解」

菫「淡〜!!」グシャリ(書き置きの紙が握りつぶされる音)

―――――――――――――

会場から徒歩二十分ほど離れたとある郊外

淡「ピチピチ、チャプチャプ、ランランラーン♪ あー、やっぱり雨の中って、気分がハイになるねー・・・・・・って、前方にずぶ濡れの女の子発見」

咲「・・・・・・・・・・・・・・・」

淡「ねー、どうしたの? そんなところで傘も差さずにいたら、風邪ひくよー?」

咲「ひいっ! ・・・って、臨海の人じゃない?」傘に過剰反応する咲。

淡「あれー? どこかで見た顔だと思ったら、清澄の嶺上使い宮永咲じゃない? 何で今日これから私と対戦する相手がこんな所で雨に打たれているの?」

咲「・・・・・・もしかして、白糸台大将の大星淡さん?」

淡「うん、奇遇だねー。それでサキーは何してるの? ひょっとして滝に打たれる修行僧さながらの精神修行中?(ワクワク)」

咲「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
401 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/10(土) 00:03:58.47 ID:Qmd7b/tB0
阿知賀女子の宿泊しているホテル前

キャプテン「いよいよ決戦の時ですね」

穏乃「(ふぁーあ)結局徹夜作業になったけど、残りの流れも何とか解明できたね。まさか自分の手牌の牌をツモれない流れに加えて、絶一門が三種類もあるとは思わなかったけど」

憧「あの目隠し戦術はリスクが大きすぎるから、もう一度やるのは現実的じゃないしね。けど場の特定には最短でも2巡は掛かるから、恐らく全ての場の流れを読めている大星淡に比べたら、どうしても対応が後手にまわるのは避けられないか」

穏乃「まあね。でも、あの『次元迷宮』は淡さんの思い通りになるタイプの能力じゃないみたいだから、十分チャンスはあるよ。それに大将戦は他にも宮永咲や雀明華などの強敵揃いだから、どんな展開になるかは想像もつかないし」

憧「臨海の傭兵軍団と渡り合わなければならないのはあたしらも一緒だから、しず一人を気にかけていられる状態でもないしね。それよりも宥姉は大丈夫?」

宥「う・・・うん、熱も少し下がって平熱(37.8)になったから多分だいじょーぶ(クラクラ)」ガクガクブルブル

玄「お・・・おねえちゃん。身体が震えているよー」

灼「宥さん。これ中堅戦に出場する面子の詳細なデータを纏めたものので、自分の出番までに目を通しておいてください」バサッ(プリントアウトした資料を渡す)

宥「あ・・・ありがとう、灼ちゃん(ぐすっ)」ダキッ(灼を抱き締める)

灼「ゆ・・・宥さん(この人の身体すごく火照っているけど大丈夫かな?)」

レジェンド「よーし、お前ら出発するぞ」

キャプテン「はい・・・(まだ個人戦が残っていますが、阿知賀のチームとしてはこれが最後の戦い。この子達の目標である原村さんと直接矛を交える立場の先鋒を任された以上、キャプテンとして無様な戦いは見せられませんね)」

―――――――――――――

再び郊外。雨の中に佇む二人の魔物。

淡「ふーん、良く分からないけど、仲間を見捨てて逃げ出したってことでファイナルアンサー?」

咲「ち・・・違うよ! 今の私が大将戦に出場しても何もできないし、かえって和ちゃんや皆に迷惑をかけちゃう。だから・・・」

淡「白糸台みたいに二軍でも県代表クラスの補欠がぎょーさんいる名門校なら、別に私が消えても他にいくらでも代役はいるけど、清澄は五人しかいないんでしょ? サキーがいなければ大将戦は不戦敗だし、もっと迷惑じゃないの?」

咲「そ・・・それは・・・」

淡「正直に認めなよ。サキーは単に臨海の雀明華にボロ負けするのが恐いだけなんでしょ? 『風神』はそこまで脅威的なスキルじゃないし、唄ったあとは普通に麻雀打っているだけだから、あの女の何が恐いのか私にはピンとこないけど」

咲「その普通が問題なんだよ。ネット麻雀みたいに何もかも見えなくなるんだよ? 同じ魔物なら・・・・・・」

淡「さーて、私にはその『牌が見える感覚』はもう思い出せない。『次元迷宮』を呼び出せる対価として無くしちゃったから」

咲「えっ?」

淡「私的にはむしろラッキーな状態だったと思うけど。準決勝のオーラスで来るか来ないか分からない嶺上開花を和了った時、心の芯から凄く「ドキドキ」震えなかった? 私はあの感覚が大好きだから麻雀を打ってるけど、咲は違うの?」

咲「・・・・・・・・・・・・・・・」

淡「なーんてね、魔物の中じゃ私の方が変わり種なのは分かってるんだ。みんな、次元迷宮の『お節介機能』を嫌っていなくなっちゃったし、たった一人同じ星から招かれた『ミョンミョン』でさえ・・・」

咲「ミョンミョン?」

淡「うん、小さい頃に同じ遊び場で一緒に遊んだお友達。お家では苛められっ子だったみたいで、今のサキーみたいに何時もオドオドビクビクしていたけど、今頃どこで何しているのかな?(しんみり)」

咲「・・・・・・・・・・・・」
402 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/10(土) 00:04:31.52 ID:Qmd7b/tB0
会場へ移動中の臨海女子を乗せたバスの中。

明華「(うーん)はっ!?」キョロキョロ(座席の中で周囲を見回す)

ダヴァン「明華、どうシマシタ? 少しうなされていたみたいデスガ?」

明華「な・・・何でもありません(幼少時にバスツール研究所にいた頃の悪夢。PTSDというのでしょうか? どれほど社会的に成功したところで、小さい時のトラウマは中々拭えません)」チラリ

ネリー「ちぇっ、またガチャが外れた。私みたいな純真無垢な乙女を食い物にするあくどい商売しちゃって、課金、課金。クロちゃーん、待っててね。今、クロちゃんにぴったりのお洋服を私が引き当ててあげるからねー」PSPのソーシャルゲームに熱中。

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・」広々とした後部座席を独占し座禅を組んで瞑想中。

辻垣内「宮永さえ・・・宮永照さえおらんかったら、私はこの世代の頂点に立てたんや。けど、もう誰にも『不遇の女帝』とは言わさへんで」タブレット端末(iPad)で牌符チェックをしながらブツブツ呟いている。

ダヴァン「全身汗だくで、少し顔色も良くないですが、本当に大丈夫デスカ、明華」ハラハラ

明華「はい、平気です(心を通わせたと思ったことはないですが、相変わらず個性的で退屈しない面々ですね。一緒に戦うのも本日が最後と思うと柄にもない感傷に浸りますが・・・)」

ダヴァン「それは良かったデス。ネリーさんから聞きましたが、明華が大将戦で同卓する大星淡とは知り合いトカ? 幼馴染みとの邂逅に当たって何か期するものはありマスカ?」

明華「小さい頃、仮想空間でたまたま一緒になっただけで、現実世界で生身で会ったこともないですから、今でいうネフレ(※ネット友達)みたいなもので特に感慨はありません(アワアワとの出会いや『次元迷宮』での体験も、『調律の歌』を生み出すヒントになっただけの単なる過去の遺物です)」

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

明華(そうです。もう私は『苛められっ子のミョンミョン』でも裏社会の『魔物ハンター』でもない表の世界ランカーの『風神』です。この決勝戦で大星淡を『次元迷宮』ごと葬り去って、ツマラナイ過去からオサラバしましょう)

―――――――――――――

淡「分かったよ、サキーが本当に逃げたいというのなら、何もかも忘れさせてあげようか?」くいっ(左手人指し指を咲の額に照準を合わせる)

咲「えっ?」

淡「信じられないだろうけど、私には他人の記憶を書き換えられる力があるんだよ。ただし対象者の心からの承諾が必要だから、もしサキーが本当に麻雀から逃げたいと思っているなら、その願いは叶えられるよ」

咲「・・・・・・・・・・・・・・・ほ・・・本当にそんなことができるのなら、お願い・・・」

淡「んっ、分かった(準決勝で能力を封じられても、それでも泣きながら必死に前に進もうとするサキーの姿を見た時は、しずと一緒に凄く楽しい大将戦になると思ったからちょっと残念)」

咲「・・・・・・・・・(本当にごめんなさい、和ちゃん、みんな。お姉ちゃん)」ギュ(目を瞑る)

淡「それじゃ、バイバイ。宮永咲」キュピーン(左手人指し指から何かが咲の額を貫く)
403 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/10(土) 10:34:07.83 ID:q+bHM1wco

でも( )多すぎじゃね?
404 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/11(日) 00:02:22.52 ID:WxkLs3IM0
インターハイ決勝 白糸台、臨海、清澄、阿知賀

福与アナ「さあ、今年もこの日がやってきました。第71回全国高等学校麻雀選手権大会。一万人以上の女子高校生が目指した夢の頂点の舞台、団体戦の全国決勝戦。実況はわたし福与恒子。解説は『すこやん』の愛称でお馴染みの日本最強プロで魔王級の魔物認定された小鍛冶健夜でお送りします」

すこやん「よ・・・よろしくお願いします」オドオド

福与アナ「まあ実況解説といっても、文章だけだとどうしても試合のテンポが損なわれるので、私たちの出番は控え目だと思いますが、その分各校紹介やポジション別対決の見所について、辛口コメンテーターとして定評のある小鍛冶プロにお願いします」

すこやん「わ・・・わたし、辛口なのでしょうか?(汗)」

福与アナ「各高校の紹介は咲読者にとっては今更でしょうから端折って、まもなく始まる先鋒戦の見所についてお聞きしまょう」

先鋒戦(宮永照(白糸台)vs辻垣内智葉(臨海)vs原村和(清澄)vs福路美穂子(阿知賀))

福与アナ「順当ならまたチャンピオンを三人がかりで必死に食い止める展開なのでしょうが、それ見飽きましたね。メタ視点で申し訳ないですが、筆者が一番悩んでいたポイントみたいですし、どんな裏技でマンネリを打破しようと目論んでいるのやら」

すこやん「今回は少し違った展開が見られるかもしれません。それはずばり原村選手の存在です」

福与アナ「ほー、インターミドル王者でネット最強雀士と専らの評判の『のどっち』ですか? もしかして全中チャンプが高校チャンプを大きくリードするサプライズも・・・」

すこやん「いえ、それはまずないと思いますが、彼女は魔物とは全く別な意味で『牌に愛された子』の上に、この世界では類を見ないユニークな思考回路の持主ですから、場を大きく掻き乱す可能性は十分にあります。それが誰を利するかまでは現地点では予測がつきませんが・・・」

―――――――――――――

清澄控え室

ババア「なーんて、口の悪いアラサーから皮肉られているわよ、和?」

のどっち「誰に何と言われようと関係ありません。私は私の麻雀を貫くだけです」ソワソワ

ワカメ(準決勝で判明したと思われる久のチャンピオンに関するデータも馬耳東風か。それでも普段なら『キリっ』の擬音で締める所を落ち着きないのは、もしかしたら咲がひょっこり現れてくれるのかと期待しているんじゃろうな)

タコス「(ブルルっ)あれ、あたしの携帯が振動してる? もしもし、京太郎か。何? 咲ちゃんを発見したって!?」

のどっち・ババア・ワカメ「!」

―――――――――――――

白糸台控え室

淡「やっほー。ただ今戻ってきたよー。うー寒い(くしゅん)」

亦野さん「(ほっ)何とか先鋒戦までに戻ってきたか・・・ってびしょ濡れじゃないか? ほら、予備の制服に着替えろ」グイ(ワンピースの制服を脱がすとなぜか靴下だけで素っ裸に)

淡「あーれー、まわる、まわるー。お代官様、お止めになってくださいましー」クルクル

たかみー「二人とも遊ばない」ゴシゴシ(大型のバスタオルで淡を猫のようにくるむ)

淡「にゃー♪ にゃー♪ にゃー♪」池田みたいに猫耳を生やす淡。

照「・・・・・・・・・・・・・・・(可愛い)」

菫「・・・・・・・・・もはや、怒る気力も失せたな。本当にどこで何していたのやら・・・」

淡「んー? 今日これから戦う清澄の大将と会っていたんだけど」

菫「何だと!? ・・・っておい、照?」

照「・・・・・・・・・・・・・・・(プイッ)」

菫((ふーう)本当に意地っ張りな奴だな。まあ家庭の事情に第三者が口を突っ込むのは野暮だろうが)

たかみー「それで淡は宮永咲と何をしていたの?」

淡「まあ、所謂一つの人生相談って奴かな?(ニコニコ)」
405 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/11(日) 00:03:11.01 ID:WxkLs3IM0
淡「それじゃ、バイバイ。宮永咲」キュピーン(左手人指し指から何かが咲の額を貫く)

咲(本当にごめんなさい、和ちゃん、みんな。お姉ちゃん・・・・・・って、あれ?)キョロキョロ

咲「・・・・・・・・・・・・何も忘れていない?」

淡「んー、やっぱりねー。幻朧魔皇拳が失敗したってことは、サキーは心の奥底から麻雀を忘れたかった訳じゃないってことだね。なら、まだ見込みはあるね」

咲「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

淡「ねえ、サキーはもしかして宮永照の妹なの? テルーは私に妹はいないって言っていたけど」

咲「! やっぱりお姉ちゃん(涙目)」

淡「それは原作の方で解決すべき問題だろうからこの作品内では触れないけど、私から一つだけ。もしテルーが本気で怒っているのだとしたら、それは100%サキーが悪いんだよ。自分でも分かっていると思うけど」

咲「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ギュっ(のどっちとの思い出の人形を握り締める)

淡「先鋒戦に間に合わなくなるから、私はそろそろ行くねー。どうするかは自分で考えなね。バイバーイ」バサ(再び傘をさす)

咲「・・・・・・・・・・・・! この声は?」

京太郎「おーい、咲! どこにいるんだー!? おーい!」

咲「(京ちゃん)・・・・・・・・・・・・!」ブンブン(軽く首を振った後、覚悟を決めた表情で声の方向に走る)

―――――――――――――

清澄控え室

京太郎「ふーう、傘を忘れたからびしょ濡れになっちまったけど、こんなに早く見つかるとはラッキーだったぜ」

タコス「でかした京太郎。お前は本当に使える犬だじょ」ナデナデ

咲「そ・・・その、みんな本当にごめんなさい、私(くしゅん)」ブルッ

ババア「言いたい事は山ほどあるけど、まずは着替えさせないとね。須賀君、悪いけどしばらく部屋から出ていってちょうだい」

京太郎「了解です、部長。それじゃ頑張れよ、咲」バタン

咲「う・・・うん、色々迷惑かけてごめんなさい、京ちゃん(うるっ)」

ワカメ「さーて、この作品内では咲と京太郎はどうなっているのかの?」

ババア「さあね。作者は咲×京に理解はあるそうだけど、態々この作品内で尺を裂いてまでやるつもりはないそうよ」

のどっち「咲×京なんて、そんなオカルト、どんな次元世界でも絶対に有り得ません(ギラっ)」

タコス「今回はやけにメタ視点からの発言が多いじぇ」

ワカメ「まあ清澄サイドが主役でいられるのも今回までじゃろうしな。この作品の題名が『キャプテンが阿知賀に転校したら』である限りは」

タコス「第二部の前半はむしろ末原さんが主役のような気がしたけど、気にせいかにょ?」
406 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/11(日) 00:03:51.47 ID:WxkLs3IM0
ババア「とりあえずまこの制服から、クリーニング中だった自分の制服に着替えたわね(この世界には下着という概念が存在しないから、着せ替えは簡単ね)」

タコス「それで咲ちゃん。調子の方はどうなんだじょ?」

咲「・・・・・・・・・・・・・・・」びくっ

のどっち「咲さん、やはりまだ自分の力が信じられないのですか?」ギュッ(咲の手を強く握る)

咲「の・・・和ちゃん」

のどっち「あの準決勝で、咲さんは有珠山の人と違って最後まで戦う気持ちを捨てなかったからこそ、今私たちはこの場にいられるのです。だから咲さんが自分を信じられないとしても、それでも私は咲さんを信じます」

咲「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ババア「・・・・・・・・・・・・さてと、咲のカウンセリングはあんたらに任せるわよ。あたしがここにいると心ない罵声を浴びせそうだから、トイレにでも行ってくるわ」バタン

タコス「部長って意外にツンデレなのかにょ?」

ワカメ「いーや、久は弱い奴や遊び半分な連中が大嫌いじゃから、案外本音じゃろうな。県予選で敦賀に切れたのも、点数計算もできない素人まで引っ張りだして、案の定、場をメチャクチャに壊したからじゃろうし」

タコス(原作だと四校の仲は良いのに、この作品の部長は孤高だから長野同士で全然交流がなくて寂しいじょ。部長のキャラ改変は明らかに一部の読者に不評なのに、そうまでしてこの作者は何がやりたいのかさっぱりだじぇ)

―――――――――――――

阿知賀控え室

池田「美穂子先輩、今日も応援してますから、頑張ってにゃー」

キャプテン「うふふ、華菜。遠いところを態々ご苦労さま」ナデナデ

池田「にゃー♪ にゃー♪ にゃー♪」ピーン(猫耳と尻尾が全開)

憧(ちっ、やっぱり現れたか、図々しい猫が)イラッ

みはるん(うーん、私たち憧さんからは明らかに歓迎されてないよね。まあ菩薩みたいな福路先輩でさえ風越の同級生から総スカンだったから、全ての人間に好かれるのは無理だろうけど・・・)

キャプテン「明日からの個人戦では敵同士になるけど、今日はゆっくり楽しんで(ブルっ)・・・すいません、少し失礼します」バタン

穏乃「美穂子さんどこへ・・・・・・ってトイレか。もうすぐ先鋒戦が始まるのに、美穂子さんでも緊張することあるんだ」

池田「そりゃするに決まったるにゃー。お前らもそうだろうけど、美穂子先輩は誰よりも団体戦への思い入れが強いにゃ。準決勝では何とかチャンピオンを五万点の収支で抑えたけど、もし十万点以上独走させたら試合が決まってしまうから、責任の重さを噛み締めているにゃー」

憧「・・・・・・あんたに同意するのは癪だけど、その美穂子への見解だけは同感だわ(それにしても五万点に抑えるのが成功ラインとか、やっぱり宮永照はとんでもない化物ね)」

―――――――――――――

会場内のとある女子トイレ

キャプテン(ふーう、こんなに武者震いしたのははじめてです。インタミドルの決勝卓に臨んだ時もここまで緊張はしませんでした)バタン

キャプテン(やはり個人戦ではなく団体戦の全国決勝だからでしょうか? 私は天江さんと同ランクの上級魔物相手にもう一度上手く振舞えるのでしょう・・・・・・(ガチャ)おや、隣にも誰かいたようです!?)

ババア「さーてと、一応小用も済んだし、控え室に戻・・・・・・んっ?」

キャプテン「う・・・・・・・・・う・・・・・・・・・上埜さん!?」ゴゴゴー(思わず右目が開眼)

ババア「???・・・・・・・・・あんた、誰?」
407 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県) [sage]:2012/11/11(日) 01:05:32.66 ID:cV5IC2KSo
安易なメタはちょっと醒めるぞ
408 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/11(日) 03:19:03.66 ID:YdR38ve3o

毎日更新楽しみにしてるよ
409 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/11/11(日) 03:57:39.05 ID:836QMjnAO
()内にメタ入れるのはくどいし要らないわ
410 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/11(日) 11:33:20.55 ID:2eGCYA9g0

第一部では外野がうるさくてもまるで機械のように
淡々とそのキャラを貫いていたのにさすがに限界が来たのかな
411 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(広島県) [sage]:2012/11/11(日) 11:52:31.28 ID:TgzBUi6H0
やめたげてよぉ!
412 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/12(月) 00:01:46.05 ID:z7xPF4pm0
キャプテン「う・・・・・・・・・う・・・・・・・・・上埜さん!?」パチクリ(開眼した右目を慌てて閉じる)

ババア「???・・・・・・・・・あんた、誰? ・・・って、どこかで見た顔だと思ったら、阿知賀の(打ち筋が)腹黒のキャプテンか。それより何であたしの旧姓を知っているのよ?(ギロリ)」

キャプテン「(は・・・腹黒キャプテン!? ガーン ガーン ガーン)す・・・すいません、私三年前のインターミドルで上埜さんと対戦した経験があり、辞退した貴方の代わりに決勝卓に進ませてもらった経緯があったもので・・・」

ババア「インターミドル? 悪いけど覚えてないわね。少しでも苦戦すれば、記憶の片隅にでも残ったかもしれないけど、あの大会は雑魚ばかりで全然歯応えがなかったから(辞退せずに決勝卓で宮永照と戦えていたたら、また違った感想を抱いたでしょうけどね)」

キャプテン「そ・・・そうですか(確かにスキャンはおろかウオッチャーのスキルすらまだ未完成だった中学の頃の未熟な私は、上埜さんの悪待ちに面白いように振り込まされましたが、私の右目をサファイヤ云々と褒めてくれたトークは一体?)」ずーん(落ち込み)

ババア「まあ、ここで会ったのも何かの縁ね。今から言うのは単なる独り言で、決して選手同士の談合じゃないから、気にしないでちょうだい」スー(大きく息を吸い込む)

ババア「『チャンピオンは東1局では必ず様子見するから、その唯一の隙を逃さずに可能な限り高い手を狙いなさい』⇒『たった1局で見極められる情報など多寡が知れていますし、その為に1局犠牲にするなど非効率極まりなくナンセンスです』」

キャプテン「!?」

ババア「『宮永照は配牌が必ず二向聴スタートで、少しずつ点数を上げながら連荘するから、他家と協力してどんな安手でもいいから場を流しなさい』⇒『配牌とツモは万人に平等ですから、そんなオカルトありえません(キリっ)』」

ババア「『宮永照が「ギギギ」と呟いて手の勢いが止まったら、役満モードへのチャンジの合図みたいなものだから注意するように。その状態だと宮永はツモ和了できないみたいだから、振り込みにだけ気をつけなさい』⇒『おっしゃる意味がさっぱり分かりません』」

ババア「『現実、宮永照は準決勝後半の南場で、国士十三面待ちを含めて4回連続役満を聴牌し、その上で一度もツモ和了れなかったのだけど?』⇒『それはまた偶然極まりないですね』」

ババア「『あんたの大好きな宮永咲は100%に近い確率で嶺上開花を和了るけど?』⇒『咲さんはオカルトじゃなくてミラクルだからいいのです(ポッ)』とりあえず、以上かな?」コキコキ(肩の骨を鳴らす)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・(今のは一体なんでしょう?(汗) もしかして上埜さんのアドバイスに対する原村さんのアンサー? もしそうなら憧さんの話では玄さんのドラ独占も頑なに認めなかったそうですし本当に筋金入りですね。チャンピオンのアレを見て全て偶然で済ませられるとか、そこまで自分を貫ける一徹さはある意味尊敬に値しますが)」

キャプテン(それとは直接関係ないですが、最後のミラクル云々の問答も少々気になります。ひょっとすると噂に聞く同性愛という奴でしょうか?(ドキドキ))

ババア「駄目元で助言してみたけど案の定、歯牙にもかけてくれなかったわ。あそこまで頑迷だとポリシーの違いというより、もはや強迫観念の域だからとうに見放したつもりだったけど、もしかしたら・・・なんて淡い期待を抱いてしまうあたり、あたしもまだ若いわね・・・(ふーう)」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ババア「本来なら宮永照や神代小蒔だかのオカルト頂点の魔物エースが君臨する先鋒枠にSOAの和を配置したくないけど、団体戦だと他に安心して任せられる場所がないのよね。個人能力自体はピカイチだからリードで手番を渡せれば何の問題もないけど、一校が極端に沈んだ状態だとあのデジタル神さまは何やらかすか見当もつかないし(二回戦は神代は運良く不発の上に、大将戦の咲のプラマイゼロの舐めプのお蔭で永水女子が消えてくれたから、準決勝の先鋒戦は再び魔物と同席せずに済んだけどね)」

キャプテン(県決勝で危うく敦賀を飛ばしかけた闘牌のことでしょうか? 確かに原村さんを大将なんかに配置したら、自分の収支が個人トップなら平気でチームのラス確和了をしかねませんが・・・)

ババア「ま、先鋒戦でウチの一年が色々と空気読めない真似やらかすとは思うけど、子守を宜しくね。チャンピオン程じゃないけど聴牌スピードだけは一級品だから、準決勝の要領で差し込んでもらえるとありがたいわね」
413 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/12(月) 00:02:31.44 ID:z7xPF4pm0
キャプテン「上埜さん。結局これって、試合前の対戦校同士の談合という大会の禁則事項に該当してしまうのでは?」

ババア「(ぴくっ)・・・上埜じゃなくて、竹井よ。あくまでも独り言を呟くって断わったでしょ? それよりもあんた去年まで、あたし達と同じ長野の風越女子にいたんですってね?」

キャプテン「は・・・はい」

ババア「転校先の阿知賀女子は無名校だそうだけど、よくもまあたった一年であれだけの面子を揃えたものね。あたしは三年かかったらその点は褒めてあげるわ」

キャプテン「あの、話が良く見えないのですが、三年かかったとは?」

ババア「決まってるでしょ? 能力者を集めるのによ。人生は自分の手で能動的に切り開くものよ。ご都合主義の漫画の世界じゃあるまいし、何の営業努力もなしに受け身でひたすら待ち続けていたら、全中チャンプや魔王級の魔物が無名校の麻雀部に勝手に入部してくれたなんて虫の良い話が現実に有り得ると思う?」

キャプテン(い・・・言えない。麻雀を辞めるつもりで晩成でなく阿知賀に転校したら、そこはたまたま能力者の巣窟で、その原村さんを目標にした有望な中学生も通いづめていたとは(汗))

ババア「『将を欲すれば馬を射ろ』ってね。和のお友達の優希に、『ウチの食堂メニューにはタコスがある』と持ちかけたら、和を誘って清澄に入学してくれたわ。苦労して釣りあげた全中チャンプは団体戦ではトランプのジョーカーみたいに扱いづらいカードだったから中々上手くいかないものだけど、その和も今では名門校のスカウトを蹴ってまでついていった優希でなく別な娘にご執心なんだから、女って本当に恐いわよね」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ババア「まあ、魔王級の魔物が清澄に通っていたのは単なる偶然だけど、家庭の事情とやらを伺ってみたら、『牌を通じてならお姉ちゃんと分かり合えるかもしれない』とか意味不明なことを宣って入部してくれたわ。はっ、馬鹿馬鹿しい。一度壊れた家族がもう一度元通りになる? そんな奇跡が本当に起こり得るなら是非見てみたいものだわ(ホロリ)」

キャプテン「(涙!? あの上埜さんが泣いている?)そ・・・その上埜さん・・・・・・!?」グイ(襟首を締め上げられる)

ババア「さっきから上埜、上埜って五月蝿いわね! あたしは上埜じゃなくて竹井久よ! 名字が変わっている地点で何が起こったかぐらい察しろ、このウザ女が!(イラっ)」

キャプテン「(く・・・苦しい)も・・・申し訳ありません・・・うえ・・・いえ、竹井さん(本当に上埜さんに何があったのですか? あの私から見ても眩しい程に輝いていた上埜さんが、周囲にドス黒い太陽のような瘴気を撒き散らしている)」

ババア「フン・・・次に上埜と呼んだら、ぶっ殺すわよ!」ポイ(キャプテンの襟首を離す)

キャプテン「けほけほ・・・(去年、親の転勤で風越から阿知賀に転校して、私の運命が大きく奔流したように、三年前のインターミドル決勝卓を辞退した日に、上埜さんの生きざまそのものを大きく歪ませる何かがあった)」

キャプテン(そのターニングポイントを契機に、きっと私も上埜さんも本来有り得た自分とは違う道筋を歩んできたのかも。かつて阿知賀の皆に諭されたたように、その人間の正しい形なんてものは誰にも分からないかもしれないですが)じぃー(未練がましい瞳でババアを見上げる)

ババア「んー? 何か言いたそうね? 生憎だけど宗教の洗脳プログラムみたいなウザ暑苦しいお説教は間に合っているわよ」

キャプテン「いいえ、私は人に教えられてばかりの大層未熟な人間です。ましてや私が今日までの人生で一番悲しかった出来事は、去年風越の仲間を全国に連れて行くことが叶わずに長野を去らねばならなかったことでした。全ては私の力不足が原因だったので、今思い返しても胸が張り裂けそうな苦い思い出です」

キャプテン「けどその悲しみを払拭できる程の楽しい時を私は今阿知賀の新しい仲間と一緒に過ごせていますし、何よりも麻雀で負けた体験が人生ワーストの私は、きっと世の不幸や悪意を知らずに生きてこられた幸せ者なのだと思います。だから、そんな恵まれた温い環境で育った世間知らずな私が、竹井さんの生き方にどうこう口を挟めよう筈もありません」

ババア「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

キャプテン「それに私たちは麻雀打ちです。もし何かを語るとしてもそれは言葉ではなく、卓上で牌を通して語り合うべきだと思います」

ババア「へー、意外に良いこと言うじゃないの? その意見には全く同感だわ。近頃は牌選択の最中に馴れ馴れしく話しかけて、口三味線で有効牌を誘発しようと目論むマナーのなってない困ったちゃんが多いからね。一度卓についたらチャンピオンみたいに余計な私語は一切喋らずに、雀士は寡黙に打つべきだっつーの」クルリ(背を向ける)

キャプテン「私は先鋒で竹井さんは副将ですので、インターミドルのように私たちが直接矛を交えることはないですが、憧さんは中学時代の私以上のセンスとスキルの持主ですから、きっと三年前の私と違って竹井さんを退屈させることはないと思います」

ババア「あら、それは面白そうね(魔性の笑み)。ウチの一年の面倒を頼むかわりに、あんたの一番弟子の一年坊をあたしが可愛がってあげるわ。副将戦には他にも『世界一強い子供』の肩書を持つ臨海の性悪運命奏者も混じっているから、とことん楽しい卓になりそうね」バタン(トイレの外に消える)

キャプテン「・・・・・・・・・(上埜さん、それでも私は・・・・・・)ゴゴゴ(覚悟を決めた表情で再び右目が開眼する)
414 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/12(月) 00:03:16.45 ID:z7xPF4pm0
阿知賀控え室

穏乃「美穂子さん、遅かったですね。もうじき先鋒戦が始まりますよ(あれっ、対局前なのに美穂子さんの右目が開いてる? トイレで一体何があったのだろう?)」

キャプテン「皆さん、一つ伝えたいというか相談したいことがあるので、聞いてもらえないでしょうか?」

憧「何よ、美穂子。改まっちゃって・・・」

キャプテン「私、勝ちに行ってもいいでしょうか?」

玄「??? 美穂子さん。それってどういう意味ですか?」

キャプテン「その言葉通りチャンピオン宮永照に勝ちを目指す麻雀を挑んでもいいかという意味です」

灼「!?」

キャプテン「私と宮永さんの彼我の実力差を考えれば、準決勝のようにひたすらチャンピオンの得点を抑える方が合理的ですし、チームにとって最適なのは理屈では分かっています。ただ今度は宮永さんと理屈抜きでの殴り合いの勝負をしてみたい気分なのです」

全員「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

キャプテン「(はっ?)すいません、何か私事で熱くなってしまったみたいです。『私たちは負けた人間の分だけ勝つ為に最善を尽くす義務がある』と穏乃さんに諭されたばかりなのに、こんなチームの役割を放棄するような発言をするようじゃキャプテン失格・・・」

宥「別にいいんじゃないかなー? それが美穂子ちゃんにとっての『楽しい麻雀』なら(コンコン)」軽く咳き込む。

キャプテン「宥さん?」

憧「何を言い出すかと思えば水臭いわよ、美穂子。あたし達は勝利の為に全てを犠牲にするような名門校とは違うでしょ? 『楽しく真剣に自分の麻雀を貫くこと』それが美穂子があたし達に教えてくれた阿知賀の麻雀よ」

穏乃「そうだね、憧。それにリスクを犯してでも先鋒戦を勝ちに行くのは、戦略的にも間違ってはいないと思うよ。お恥ずかしながら私はあの大将戦の凶悪面子を相手にプラスにできる自信は全くないから、少しでも点棒を浮かせてもらえたらありがたいし(赤面)」

玄「そーそー、もし美穂子さんが大量失点しても、今度は私がぱーっと十万点ぐらい稼いで挽回するから、どうかおまかせあれ(えっへん)」(がおー)(ぐるるー)(ぎゃーす)

灼「・・・・・・・・・(うわー、クロが有り得ないぐらい調子づいてる(汗)。けどあの準決勝で一皮向けたみたいだし、周囲を取り巻く竜と合わせて、今のクロはとても頼もしく見える)」

レジェンド「私と灼はあくまでオブサーバーだから、それがお前たち自身が決めた戦い方なら何も言うつもりはない」

池田「にゃー、あたしは正直阿知賀が勝っても負けてもどっちでもいいから、美穂子先輩がやりたいように打つ方が断然嬉しいにゃー」

みはるん「か・・・華菜ちゃん(汗) その正直さは美徳だけど、流石にこの場では空気読もうよ(私らこそ赤土さん達以上の真のアウトサイダーだから、意見なんてある筈ないし)」

宥「満場一致だねー。だから、この試合は美穂子ちゃんの好きなようにしていいよー。勝負事は熱くなるぐらいの方が丁度良いし、わたしもあったかい方が大好きだよー(にこっ)」

キャプテン「(ホロリ)・・・・・・皆さん、本当にありがとう。それでは行ってきます」バタン

憧「美穂子の奴、泣いてたわね。打ち筋は目茶苦茶器用なのに、性格は意外に不器用なんだから(くすっ)」

穏乃「けど、この先鋒戦。本当にどうなっちゃうのかな?(どんな結果になったとしても、私は・・・ううん、多分ここにいる全員、美穂子さんの選択を受け入れるつもりだけど)」

レジェンド「正直な感想を言わせてもらえば、多分美穂子はボロ負けして戻ってくることになるだろうな。麻雀という競技の性質上、気合や想いの強さだけではどうにもならない運任せの部分が多すぎるが、魔物はそういう運不運の領域外に棲息する別種族だ。臨海の世界ランカーのような支配力を無効化する裏技でも用いない限り、基本的に人は魔物に及ばない」

灼「・・・・・・・・・(ハルちゃん。まだ小鍛冶プロに負けた時のことが・・・)」

宥「(けほっ)けど、美穂子ちゃんはきっと大丈夫だと思うよー。私、さっき見たから。まるで勝利を約束するような天使さんが美穂子ちゃんの背中に降り立ったのを(にこっ)」

玄「おねえちゃん?(キョトン)」

―――――――――――――

福与アナ「みなさん、長らくお待たせしました。これよりインターハイ全国決勝戦。まずはその口火を切る先鋒戦を開始します」
415 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/12(月) 02:35:02.66 ID:VEZd1V+po

キャプテンの覚醒くるか
416 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/13(火) 00:01:51.30 ID:jI9ZGzqz0
清澄控え室

ババア「ただ今戻った・・・・・・!?」

咲「ツモ、嶺上開花です」咲、タコス、ワカメ、京太郎で卓を囲う。

タコス「やったじょ、咲ちゃん。これで三連続で嶺上成功だじょ」

ワカメ「どうやら自信を取り戻せたようじゃな。宮永咲完全復活じゃ」

のどっち「咲さん、やっぱりあなたはミラクルです(ポッ)」

咲「う・・・うん、本当にありがとう、皆のおかげだよ(にこっ)」

ババア「・・・・・・・・・・・・・・・(やっぱりあたしが席を外して正解だったようね。あたしには空高く飛べる翼を持っている癖に、落し穴に嵌まったぐらいで泣き喚くような甘ったれに手を差し伸べる度量はないから)」

ワカメ「おう、部長。戻ってきたか・・・って、左手に抱えているのは何じゃ?」

ババア「ノートパソコンよ。さっき本部に立ち寄って一台借りてきたのよ、咲にこれをやらせる為にね」シャキーン(Windows7が起動)

のどっち「部長、これってもしかして?」

ババア「そう、あなたに馴染の麻雀ソフトよ。ネットの対戦相手を探す手間も惜しいから、これから大将戦が始まるまで、ひたすらコンピュータと打ってもらうわよ」

京太郎「部長、折角咲の能力が戻ったのに、何でまた無能力麻雀を・・・」

ババア「必要だからに決まってるでしょ。雀明華は準決勝では様子見の意味もあってか、前半は自由に打たせてくれたけど、決勝では間違いなく最初から魔物封じスキルを発動させてくるわよ」

咲「・・・・・・・・・・・・・・・(びくっ)」

ババア「(今更怯えるな)とにかく感覚に頼らずに、理に基づいて牌選択する癖を肌に染み込ませなさい。このソフトには他家の手牌をオープンしてのリプレイ機能がついてるから、1局終わるごとにリプレイして、なぜそうなったのかを検証すること、良いわね?」

咲「わ・・・分かりました」クイッ(早速マウスを握ってゲームプレイ)

―――――――――――――

咲「ううっ・・・、これって本当に麻雀なの? はう、また跳ね満を振り込んだ!? (手牌を開示してリプレイ)そうか、ここで私は牌選択をミスしたんだ」麻雀ソフトに熱中。

ババア「さて、和はそろそろ出番でしょ? 先鋒戦に行ってきなさい」

のどっち「分かりました。それでは、咲さん。行ってきます(この調子じゃ私の闘牌を咲さんに見てもらえなさそうです(ションボリ))」

咲「和ちゃん、頑張ってね(にこっ)」咲スマイルで手を振る。

のどっち「! はい、絶対勝ちますよー(本当は咲さんに直接タスキを繋げる副将の方が良かったのですが、私以外では先鋒の敵エースとは渡り合えないと部長に頼まれては仕方がないですね)」バタン

ワカメ「のう、久。いつもより少し機嫌が良い気がするが、気のせいか?」

ババア「そうかしら?(トイレで普段腹の奥に溜め込んでいた鬱折した想いを吐き出せた所為? 今にして思えば必要以上にチームの内情を喋りすぎたし、結構溜まっていたのかもね。愚痴に付き合わせた阿知賀の(打ち筋が)腹黒いキャプテンには悪いことしたわね)」

咲「ううっ・・・また箱った(涙目)」

京太郎(咲の奴、またビリだ。最近のCOMの思考ルーチンはレベルがあがってきたとはいえ、素の雀力が麻雀ソフト以下の奴が全国団体戦の大将戦に出場するとか凄い話だな)

ワカメ「なあ、久よ。雀明華は能力の性質上、恐らくは平打ちの実力だけで欧州選手権を制した程の強者じゃぞ? 今更少しばかり基礎雀力を鍛えたところでどうなるものとも思えんのじゃがな(今にして思えば末原に競い勝てたのも不思議なくらいじゃ)」

タコス「それはあたしも同感だじぇ。精々、初心者クラスの振り込みが回避可能になるのが関の山で、2半荘通して戦ったら咲ちゃんは99%負けるじぇ」

ババア「その素人レベルの放銃を避けられるようになればノルマ達成よ。とにかく雀明華の能力が有効な間、耐え凌げる術を身につけさせるのが本当の狙いよ」

ワカメ「有効な間って、臨海の能力が途中で途切れる当てでもあるのか?」

タコス「(はっ?)分かったじょ。きっと咲ちゃんが試合中に覚醒して、『目覚めるの? 咲の秘められた力が?』⇒『ば・・・馬鹿な!? こんな力が宿っているとは計算外です。もう私の力では抑えきれない。あーれー』みたいなバトル漫画特有のご都合・・・いや熱い展開が待っているんだじぇ(キラっ)」

ババア「・・・・・・生憎とこの世界での清澄は主人公はおろかラスボスですらなさそうだから、そういう補正は最初っから期待しない方が身の為ね(まあ、あたしらも単なる点数調整校のまま終わるつもりはサラサラないけどね)」

ワカメ「つまり雀明華の能力を破るには奇跡頼みではなく、きちんとした『ロジック』の裏付けを用意する必要があるわけか?」

ババア「まあね、とはいってもあたしの論理も結局は他人頼みだから、こちらから能動的に仕掛けられる訳でもないけどね」

タコス「他人頼み?」

ババア「ええ、大将卓には似たような全体支配系能力者の白糸台の大星淡も同席する。所詮眷属止まりのあたしには魔物同士の支配力の強弱関係はチンプンカンプンだけど、あの二つの支配系能力が同時にかち合えば、咲の能力が再び浮かび上がれる可能性があるかもしれない」

ワカメ(なるほど、臨海の脅威ばかりに目がいって、麻雀は四人で卓を囲む競技なのをすっかり忘れとったわ。しかし他校任せとは、こりゃまた久らしい分の悪い賭けじゃぜよ)
417 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/13(火) 00:02:21.48 ID:jI9ZGzqz0
白糸台控え室

菫「そろそろ出番だぞ、照」

照「(ふうっ)・・・・・・・・・分かってる」

菫「心なしか黄昏ているような気がするが気のせいか?」

照「うん、また阿知賀の福路さんに色々と嫌がらせされるのかと思うとちょっとね」

菫「嫌がらせって(汗) (そういえば準決勝では親の連荘は一度もなかったんだよな。子では役満含めて十回も和了ったとはいえ、『連続和了』のスキル持ちの照からすれば何年振りの珍事だろうか?)」

亦野さん「ふーむ(対戦校からすれば、一思いに殺さずに真綿で首を締められるように誰かが飛ぶまでじわじわ点数アップされる方がよっぽど嫌がらせだと思うけど、宮永先輩の中ではそういう認識なのか)」

たかみー「ズズ・・・・・・・・(次鋒の松実玄といい、やっぱり阿知賀は色んな意味で面倒臭い相手。ラス親の連荘してまで阿知賀を消しにいった淡の判断は間違っていなかった)」

淡「にゃー♪ にゃー♪ にゃー♪」ブンブン(とうとう尻尾まで生やした淡)

照「・・・・・・行ってくる」バタン

亦野さん「宮永先輩にしては出陣前の口数(というか愚痴か)が多かったですね」

菫「その時々の状況によって敵味方が万華鏡のように切り替わるのが麻雀の醍醐味だが、照にとっての麻雀は常に三対一のハンデ戦みたいなものだからな」

亦野さん「強者いや王者ゆえの宿命ですよね。それでも生半可な協調体制などあっさり蹴散らしますけど、今日は他家利用に特化した福路だけでなく、試合巧者の辻垣内まで同席してますからね」

たかみー「救いは残りの一人が原村和ということ。デジタル雀士『のどっち』は単体として見れば強力だけど、スタンドアローンパソコンのように他家とのネットワーク機能は皆無」

淡「にゃー♪ にゃー♪ にゃー♪」スリスリ(たかみーの膝の上でゴロゴロ)

たかみー「・・・・・・・・・・・・(可愛い)」ナデナデ

菫(制服を着せたのに、さっきから淡が池田・・・もとい猫化したまま戻らんな(汗)。大将戦が始まるまでには淡を人間に戻しておかないとな)
418 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/13(火) 00:02:56.59 ID:jI9ZGzqz0
福与アナ「さあ、これより全国団体戦決勝戦を始めますが、まずは先鋒戦に出場する各校選手を紹介します」

福与アナ「白糸台先鋒は言わずと知れた高校チャンピオンの宮永照。高校三年間で個人、団体ともに一度も土つかずのまさしく不敗の女王。他三校はこの絶対王者にどこまで肉薄できるのかが先鋒戦の見所です」

福与アナ「臨海女子先鋒は個人戦三位『不遇の女帝』辻垣内智葉。去年の全国個人戦決勝卓で、荒川憩、愛宕洋榎とともにチャンピオンに挑んだ経験がありますが、団体戦では初顔合わせ。打倒宮永に密かに闘志を燃やしているみたいなので期待しましょう」

福与アナ「清澄先鋒はインターミドル王者の原村和。ここまでの全国三試合で大勝はありませんが、一年生とは思えない安定した打牌で常にプラス成績を残してきました。全中王者が高校王者にどのような闘牌を見せるのか注目しましょう」

福与アナ「最後の阿知賀女子先鋒は『他家使い』福路美穂子。準決勝ではチャンピオン潰しのキーマンとして宮永選手に一度も親の連荘を許さずに、自身もプラス収支で終えるという大健闘振りを示しました。異名通りに他家と連携する立体的な麻雀を得意とするので、この決勝でも宮永包囲網の中心となる可能性は大です」

福与アナ「全国決勝の先鋒戦はこの四人によって競われます。場決めが終わりいよいよ開局です」

全国決勝先鋒戦 前半

照「よろしくお願いします(前半は起家じゃない。今日は連荘チャンスが四回あるから、少しラッキー)」

のどっち「・・・・・・・・・よろしくお願いします」フワっ(いきなり『おはようのどっち』覚醒)

キャプテン「よろしくお願いします(原村さんの背中に翼を生やした天使が見える?)」ゴゴゴー(こちらも初っ端から開眼モード)

辻垣内「よろしくや(!? なんや、目の錯覚か? 翼を生やしたスタンドを従えているスタンド使いが二人も卓におるで?)」

―――――――――――――

前半 東1局 親 辻垣内 ドラ三

東家・辻垣内手配 四八23【5】7899@東東北西

辻垣内(よし、混一ダブ東が狙える好配牌。この試合は阿知賀と共闘することになるやろうが、それは宮永のボーナスステージをクリアしてからの話。東1局の最初の和了は早い者勝ちやから協力関係は一時お預けや)八捨て

南家・照手配 二六九1156BG東南北北

照「・・・・・・・・・・・・・・・(五向聴スタート。照魔鏡の制約上やっぱり最初は良い手はこないか。さーて、どうしよう? 準決勝で戦った福路さんと去年の個人戦で顔合わせした辻垣内さんのデータは既に入手済みだから、あとは原村さんだけだけど・・・!?)

のどっち「ポンです」ポイッ(1巡目から八を副露して南捨て)

照「・・・・・・・・・・・・・・・(いきなり私のツモが飛ばされた(汗)。原村さんは判りやすいデジタルだから、態々照魔鏡を使うまでも・・・ううん、どんな相手も見縊らずにまずは情報収集から始めるのが私の麻雀。本日の対戦者の運気を調べる意味もあるし、ここは何時も通り“見”で)ゴッ(照魔鏡のスタンバイ態勢に入る)

7巡目

東家・辻垣内手配 234【5】67899東東西西 次ツモ東

辻垣内「(この早い巡目からダブ東混一ドラ1で親っ跳確定の聴牌。リーチに一通かツモと裏ドラが絡めば親倍も見込める。宮永相手に安全圏の点差など存在せんし、ここは欲張って攻める)リーチ!」9捨て

東家・辻垣内手配 234【5】6789東東東西西 (1−4−7待ち)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ぴくっ)」

照「・・・・・・・・・・・・(現物)」ポイ(現物の北捨て)

辻垣内(悪いな、阿知賀。この早い者競争は私の勝ち!?)

のどっち「ツモです。タンヤオのみ500、300」

西家・のどっち手配 五六七BDFF《234》《八八八》 次ツモC

福与アナ「おーっと、全国決勝最初の和了は清澄の原村和。並みいる強豪三年生の中に唯一人混じった一年坊が見事に和了を勝ち取りました」

すこやん「さっそく期待を裏切らない闘牌を見せてくれましたね」
419 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/13(火) 00:03:31.36 ID:jI9ZGzqz0
辻垣内(喰いタンなんぞで、この場を和了ったやと!? 普通なら他家の大物手を安手で流すのは麻雀の定石やが、この場では最低の仁義破りや。チャンピオン同卓時の東1局は大物手を奪い合うのが『対宮永協定』いう暗黙の取り決めやというのに、清澄にはそないな情報も伝わっておらんのか!)ギリっ(歯ぎしりしながら点棒を渡す)

のどっち「・・・・・・・・・・・・(リー棒分儲けましたし、幸先の良いスタートです♪)」←当然ババアから『対宮永協定』についてレクチャー済みだが、ひたすら我が道をゆくデジタル天使。

照「・・・・・・(東1局で私に大きなダメージがこないとか珍しい。(あれ? 準決勝も園城寺さんが福路さんに振り込んだっけ?)とにかく原村さんがいてくれてラッキー。それじゃ分析作業スタート)」ゴッ!(照魔鏡発動)

―――――――――――――

照魔鏡分析結果

原村和 身長151cm B:93 W:53 H:81
攻撃力:B 守備力:B 技術:A 速度:A+ 精神力:A 本日の運気:B
保有スキル:
電脳天使(おはようのどっち):B のどっちモードに覚醒することにより、数百通りもの牌効率をミリ秒単位の超高速演算で導き出す。時間制限有り&オカルト無しのネット麻雀では無敵に近い能力だが、打牌時間制限が緩く確率論を無視したオカルトが跋扈するリアル麻雀ではそこまで有用なスキルではない。
SOA(オカルトキャンセラー):A+ 決してオカルトを認めない原村和の脅迫観念から生み出されたATフィールドで、自分に干渉する類のあらゆるオカルト現象を無効化する。相手の自己強化系のスキルは防げず、また全体効果系の場合、原村自身は効果を撥ね除けるが場の他家は普通に影響を受ける。本人はこのスキルを所持している事実を自覚しておらず、また原村が心からオカルトを認めた瞬間、このスキルは消滅する(ちなみに宮永咲に関してはミラクルだからノーカンらしい)
創造神の祝福(ゴッドブレスのどっち):S 麻雀の因果律よりも更に上位階層に君臨する何者かの思惑により、他家の満貫以上の和了牌が原村の不要牌として紛れることはないという所謂巡り合わせ運。この生まれつき天から授けられたスキルの存在により、どれだけオカルトを軽視した打牌をしても、事実上、原村が満貫以上の振り込みをすることはない(あくまで振り込まないだけなので、高めの役満親被りとかは普通に有る)

照(バストサイズが凄いことになってる(汗)。オカルトキャンセラーの存在は薄々察していたけど(咲がミラクルって何?)、原村さんがこんな魑魅魍魎な世界でSOAを貫いても大崩れすることがない秘密ってこれか。照魔鏡を使った甲斐あった)

照(『創造神の祝福』これが魔物とは別枠で『牌に愛された子』という意味か。鏡がなきゃ暴けなかったスキルの存在を見抜いていた小鍛冶プロはやっぱり凄いけど、少し当てが外れた気分。この卓で私のギギギモードで役満を振り込んでくれそうなのは原村さんだけだと思っていたけど、それは有り得ないってことだよね? なんか、この娘も色々とズルイ)

辻垣内智葉 身長164cm B:74 W:57 H:77
攻撃力:A 守備力:B 技術:A+ 速度:B 精神力:B 本日の運気:D
保有スキル:無し

照(この人は去年個人戦の決勝卓で手合わせしたからもうお馴染みだけど、相変わらず『持ってない』ね、辻垣内さん。この運気でツモも酷くないし焼き鳥にもならないから、きっと準決勝みたいにまた勝負所でハードラックに泣かされるのだろうけど、このツキの無さとスキル無しの素の雀力で全国三位になれるのだから、やっぱり凄く強い人なんだろうな)

福路美穂子 身長156cm B:86 W:56 H:84
攻撃力:S 守備力:A 技術:A+ 速度:S 精神力:B 本日の運気:∞

照(福路さんは準決勝で戦ったばかりだから、スキルは見なくても大丈夫かな・・・・・・・・・って、ちょっと待って。パラメタがおかしな事になってない? 確か一昨日は攻撃力がBで速度はCだったのに両方Sって、この二つに直接影響を与えるパラメタは運気だけど、無限大(∞)って何の冗談?(汗))

照(何を切っても放銃しない、どう打っても和了に結びつく、所謂、馬鹿ヅキ状態の人の運気がSになるのは時たま見掛けるけど、こんなパラメタ初めて見た。スキルの方も確認してみよう)チラリ

保有スキル:
理牌読み(ウオッチャー):B 前回と同じなので説明は省略。
心眼(スキャン):A+ 同じく省略。
約束された勝利の日(エクスデー):∞ 運勢管理局からのお知らせ。おめでとうございます。管理局によるランダム抽選の結果、本日の福路様は全ての雀士が生涯に一日だけ訪れる『超馬鹿ヅキの日』の当選者となりましたので、『勝利の女神』アバターをお送りします。願わくば自分の状態に気づかずに無為に一日を消費することなく、雀荘に駆け込むなりして最大限フル活用されるのを祈ります(※尚このスキルは本日終了時に、スキル保有一覧から自動的に削除されます)

照(全ての雀士に一生に一度訪れるという超馬鹿ヅキ状態? 都市伝説じゃなくて、本当に実在していたんだ?)チラリ

キャプテン「・・・・・・・・・・・・(なんか次の私のツモで白を引けそうな気がしたので、辻垣内さんの満貫の和了牌を見逃してしまいました。原村さんが聴牌していたのは分かっていたのに、状況判断が甘くてまだまだ未熟ですね)」キラキラ(天使のような『勝利の女神』が背中に憑いている)

北家・キャプテン手配 99EFG白白発発発中中中 (9−白の両碰待ち(白なら大三元)

照「・・・・・・・・・・・・((ゴシゴシ)福路さんの背中に『電脳のどっち』とは別の天使アバターが張りついている(汗)。何かこの先鋒戦、物凄くヤバイことになりそうな悪寒が・・・)

ゴゴゴー(中央の全自動卓に放り込まれる前に一瞬見えた『白』(のどっちの次にキャプテンがツモる予定だった牌))
420 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/13(火) 03:03:45.10 ID:1+k4e2us0
マンネリを打破するための裏技がどうなるか期待してたのに
これはダメだ。こんなのただの逃げだろ

鷲頭様が『超馬鹿ヅキの日』になってた話があったよね
あの人は週一くらいで当選者になりそうだけど
421 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/13(火) 19:32:51.53 ID:G6u5CqhFo
これは辻垣内さんに頑張ってほしいわ
422 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/14(水) 01:17:56.30 ID:QZZEYwA50
福与アナ「さーて、チャンピオンにとってはウォームアップのような東1局が終わり、いきなり宮永照の親から東2局が始まります。臨海、阿知賀ともに大物手を張りながら和了れなかったのが後半響くことになるのか?」

すこやん「宮永選手の今大会の平均聴牌速度は5巡。平均和了速度は5.8巡と驚異的な仕上がり率の早さを誇っています。打点の低さも例の役満モードで補えるようですし、更に隙が少なくなりました」

福与アナ「いずれにしても他三校は、まずはチャンピオンの親を流す所がら取り組まなくてはなりません。準決勝では阿知賀の福路選手が上手く他家をリードして抑えましたが、果たしてこの決勝ではどうなるのでしょうか?」

前半 東2局 親 宮永 ドラC

東家・照手配 二二六七八239@AFGH北

照(恒例の二向聴。親だから初ツモが有効牌扱いで一向聴スタート。手はちゃんと入ってる。3巡目でBを引いて、聴牌。その後、出和了なら平和のみ1500。5巡目に1をツモれば700オールか)ポイ(北捨て)

照(∞(無限大)とか妙なパラメタが割り振られていたから少しびびったけど、私の支配は問題なく場に浸透している。馬鹿ヅキ状態の人は確かに面倒だけど、魔物に対抗できる程の支配力はなかった筈)

3巡目

東家・照手配 二二六七八239@AFGH 次ツモB

照(予定通り3巡目で聴牌、この卓は防御力が高い人が多いから、多分、出和了でなく5巡目でツモ和了ることになるのかな?)9捨て(1−4の両面待ち)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・」ポロ(ツモ牌の4見せ)

照「(あれっ? 守りの硬い福路さんからの出和了? まあ、まだ消費した局数も少ないから、スキャンの解析率も低いし有り得るか)ロ・・・・・・!(待て、私。ツモ牌だけでなく全部の牌を倒している? これって・・・)」ムグ(慌てて口を閉じる)

キャプテン「ツモです。ツモドラ4満貫4000、2000です」キラキラ(背後で勝利の女神が輝いている)

西家・キャプテン手配 三四【五】九九35CCCFGH 次ツモ4

福与アナ「おーと、チャンピオンの親があっさり流された。連荘に待ったをかけたのは阿知賀の福路選手ですが得意の他家利用でなく、単独和了で満貫の親被りまで喰らわせました」

照(何これ? 私と同じニ向聴、それもドラ4の重い手でスタートして、無駄ヅモ無しで最短の3巡目でツモ和了った?)

辻垣内(宮永の親を蹴れたのは助かるが展開が斜め上やな。上手く福路の下家になれたから鳴き前提で手を進める準備しとったのに、独力で和了ったやと? 単身で宮永の『連続和了』に割り込むのは荒川憩のような中級魔物ですら苦労するのに、どないなっとる?)

前半 東3局 親 原村 ドラ7

キャプテン「ツモです。南ツモドラ1。2600、1300です」キラキラ(背後で勝利の女神が以下略)

福与アナ「また僅か5巡で福路選手の連続和了。正直、阿知賀と白糸台の中の人が入れ替わっているのかと疑うような速攻振りです」

すこやん「東1局を例外扱いとすれば、たまたま配牌に恵まれた他家が宮永選手よりも早く和了るケースは極稀れに見掛けますが、それが連続となるとほとんど例がありません。これはもう一過性の偶然ではなさそうです」
423 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/14(水) 01:18:40.86 ID:QZZEYwA50
前半 東4局 親 福路 ドラ東

キャプテン「槓です」いきなり東を暗槓(新ドラは6)

福与アナ「なーんと、1巡目にいきなりドラのダブ東を暗槓で親っ跳確定。やりたい放題です、福路選手」

辻垣内(手牌に最初から風牌が四枚あるとか、お前は『風神』持ちの明華かいな?(汗) 一体福路の身に何が起きてるのか見当もつかんが、マトモに勝負してられん。オリやオリ)

のどっち「・・・・・・・・・(私の配牌は四向聴のクズ手。攻めるにはリスクが高すぎますね)」

5巡目

照(辻垣内さんと原村さんが3巡目から現物連打でオリに入った。いきなりあんな爆弾をチラつかされたら無理もないけど・・・)チラリ

西家・照手配 三三四四五234789GG 次ツモ北

照(このまま北をツモ切れば、次巡に二をツモ和了れるから、福路さんの大物手を流せる。けど私の支配を撥ね除けて流れてきたこの牌が引っ掛かる。もしかして掴まされた?)

照(地獄待ちだから一見通りそうに思えるけど、私の直感が警笛を鳴らしている。所詮は1500の安手だし、一端様子を見よう」北を仕舞い込んで、聴牌を崩して現物の9。

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(何かをツモって北捨て)

照(! 手出しの北。やっばり待ち構えていた。たった1巡で見切ったのは、きっと私が手の内に留めた北がスキャンで見えていたから。牌を覗き見るなんてズルイ、鬼、悪魔)

6巡目

西家・照手配 三三四四五23478GG北 次ツモ二

照(これでフリテンの6−9の両面待ち。儘と手を崩されて足止めさせられた。一応次巡で7をツモれるから7−Gの両碰待ちに変化できるけど、今日の福路さんの運気だとまずそこまでもたないだろうな)北捨て

7巡目

キャプテン「ツモです。ダブ東ツモドラ4。親っ跳6000オール」キラキラ(背後に以下略)

東家・キャプテン手配 七八九456@HHH《東東東東》 次ツモ@

福与アナ「何という予想外の展開。阿知賀の福路選手、チャンピオンのお株を奪うような三連続和了。しかも少しずつ点数アップする宮永選手と違って、全てが重い一撃でリードを三万点に広げました」

福与アナ「これで親の1本場ですが、解説の小鍛冶プロ。これは一体どういうことなのでしょうか? チャンピオンの調子が悪いのか? それとも福路選手の調子が良いのか?」

すこやん「結論から言えば後者です。東2局から宮永選手もずっと5巡以内に聴牌しており、これは普段と全く変わらない聴牌スピードです。福路選手は宮永選手に勝つ最も効果的な方法を実践しているだけです」

福与アナ「チャンピオンに勝つ最も効果的な方法ですか?」

すこやん「はい、それは単純にして明快。宮永選手よりも早く聴牌して和了る。それだけです」

福与アナ「それを言っちゃーお終いですとしか言いようがないないぐらいの麻雀の真理ですが、言うほど簡単に実践可能ならチャンピオンが高校三年間無敗でいられる道理はないのでは?(汗)」

すこやん「確かに速度に特化した宮永選手の『連続和了』の支配力に割り込むのは魔物でも苦労するので、眷属ですらない福路選手には尚更無理でしょう。ですが現実には福路選手は宮永選手以上の早さと『連続和了』にはない打点の高さを両立させているわけで、恐らくこの状態は・・・・・・」
424 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/14(水) 01:19:16.89 ID:QZZEYwA50
阿知賀控え室

池田「にゃー、美穂子先輩凄すぎだにゃー(うっとり)」

穏乃「こんな展開は全く想定していなかったから嬉しい誤算すぎるけど、本当にどうなってるの?」

憧「もしかして、これが噂の『三年ブースト』って奴?(それならチャンピオンや眼鏡委員長も該当しそうだけど)」

レジェンド「いや、そんな生易しい補正じゃないぞ。恐らくは『超馬鹿ヅキ状態』だろう」

穏乃「超馬鹿ヅキ? 言われてみれば美穂子さんの快進撃は、技術よりも配牌運と剛ヅモの成果だけど、単なるツキだけであそこまで上級魔物の宮永照を圧倒できるものなの?」

レジェンド「そりゃ出来るさ。何しろ馬鹿ヅキの遥か上をゆく一生に一度の天運だ。魔物の正体はぶっちゃければ、常時馬鹿ヅキ状態の人と言い換えられなくもない。支配力にしても毎回運良くツミコミのような形で牌が積まれて出てくるだけの話だからな」

穏乃「そ・・・そーいうものなの?(汗)」

レジェンド「おいおい、全自動卓の機械がランダムに牌を掻き混ぜているのに、他にどんな理屈があるっていうんだ? まさか卓の中に見えない小人が進入していて、毎回せっせと牌を詰み直しているとでも言うつもりじゃないよな?」

穏乃「・・・・・・・・・・・・・・・」

憧「まあ、麻雀は運を遣り取りをするゲームだから、魔物の支配力を強運の延長線上と捕らえるなら晴絵の解釈が正しいのかもね」

レジェンド「超馬鹿ヅキは運気がその人間の人生で最も高まる瞬間で、別名『約束された勝利の日』とも呼ばれている。ただし、その確変スイッチが入るのは生涯にたった一度しかなく、当人が自由にその日取りを選べるわけでもない。大抵は日々の練習の中でそれと知らずに消費してしまうものだがな」

穏乃「あっ、そういえば私にも身に覚えがあるよ。ほら、四年前に一度だけ玄さんに馬鹿勝ちした日があったのを覚えてない?」

玄「うん、私良く覚えているよ。あの日はドラを捨てて制約を破ったわけでもないのに、穏乃ちゃんの所にもドラが頻繁に流れていったんだよ。今思い出してまた悲しくなっちゃったよ(くすん)」

憧「そういえば「ドラに裏切られた〜」とか玄が大泣きしていたっけ? つまり、あの時のしずは超馬鹿ヅキ状態だったわけね? 玄のS級スキル『ドラゴンロード』の因果律さえも軽く飲み干せるとなると、まさしく最強レベルの万能支配力よね。チャンピオンの『連続和了』を全く寄せ付けないのも納得だわ」

穏乃「そっか・・・、私の一生に一度の超馬鹿ヅキはもう終わっちゃったんだ。たかが子供の時の仲間内のお遊びで勿体ないことしたな(ショボーン)」

レジェンド「それが普通だ。人生80年とすれば、29200日の中から無作為に割り振られるのだから、卓で打つ機会すらない日に発生し無駄に消費してしまう者が大半だろう。公式戦の日に発生するだけでも奇跡的なのに、こんな全国決勝の大一番に引き当てた美穂子が異常すぎるだけだ」

穏乃「これはきっと、普段から慎ましく生きてきた美穂子さんに対する神さまからのプレゼントだよ。けど、これならチャンピオンにも勝てるよね?」

レジェンド「勝てるさ。というか、もうあそこに座っているのは美穂子でなくても良いぐらいだ」

憧「えっ?」

レジェンド「馬鹿ツキの基本は何を切っても当たらない、どう打ってもアガリに結びつくだからな。指運の赴くままに牌を切れば、後は勝手に勝利に導いてくれる。極端な話、あそこに座っているのがギバード桜子だったとしても結果は何も変わらない」

憧「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

みはるん「あっ? 今度は安手だけど、また福路先輩がツモ和了りました。これで親の2本場に突入」

池田「にゃー♪ これは先鋒戦だけで試合が終わってしまうかもしれないにゃー。そしたらきっと美穂子先輩は伝説になるにゃー(うきうき)」

宥「(ケホコホ)・・・・・・・・・・・・(美穂子ちゃん・・・)」
425 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/11/14(水) 01:30:29.59 ID:FG8pxo7AO
ごり押しでいったなぁ
さすがに照このままじゃないよな?
426 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 07:28:32.72 ID:jMtrR4Pg0
ガイトさんが中級魔物とか言っているけど、この設定は誰が判定して広めているのか?
ネリーや照、すこやんならともかく普通そんなことは分からないと思うけど。
427 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(田舎おでん) :2012/11/14(水) 10:30:31.54 ID:8bat7Dbx0
レイプ目テルテルに期待!!
428 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 19:08:27.92 ID:optuCthio
なんでガイトさん関西弁なの?
429 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/15(木) 00:02:05.78 ID:TmmF1zaf0
辻垣内(本当にどうなっているんや、この超展開は? 福路の背後に見える天使のスタンド。まさか都市伝説の『超馬鹿ヅキ状態』でも引き当てたとかいうのか?)

のどっち(これは一時的な牌の偏りです。こんなフィーバー状態が何時までも続く筈がありません。まだ慌てるような時間じゃないですから、落ち着いていきましょう)

照(1本場は3000の安手で済んだけど、福路さんのこの状態が最後まで続くというのなら、そろそろ親の連荘を切らないと不味い。ここは無理してでも止めにいかないと)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」キラキラ(以下略)

前半 東4局2本場 親 福路 ドラ1

西家・照手配 一二三八234AAFG北北 次ツモ北

照(きた、一向聴スタート。私の『連続和了』は二向聴がデフォだけど、1/5の確率で三向聴に落ち込む対価に1/10の低確率で一向聴になるボーナスを折り込んでいる)

照(E−Hの両面と待ちは悪くないけど、私の支配域にはないみたいで和了牌がどこにあるかは見えない。けど上手く福路さんを足止めできれば、中立域から引ける可能性はある)

照「(少しずつ点数アップする『連続和了』の制約上、この地点で裏ドラが乗ることはないけど、出和了も可能になるし、福路さんの勢いを挫く為にもここは敢えてリーチで脅しをかける)ダブルリーチ!」八捨て(E−Hの両面待ち)

福与アナ「なーんと、チャンピオンのダブリー! 流石にこれは好調福路選手の連荘もストップか?」

すこやん「・・・・・・・・・若いですね(ボソっ)」

福与アナ「おやおや、今年アラフォーの小鍛冶プロ、現役JKの若さに嫉妬ですか?(ニヤニヤ)」

すこやん「アラフォーじゃなくて、アラサーだよ! (はっ)コ・・・コホン。若いと言ったのは宮永選手の対応です」

福与アナ「はあ? そりゃ、いきなり聴牌すれば、好調な福路選手を牽制する意味でも、ダブルリーチで威嚇するのが定石じゃないですか?」

すこやん「定石というのなら、馬鹿ヅキ状態の相手に迂闊に逆らったり張り合ったりするのは危険というのは雀荘メインのサラリーマンでも知っているタブー中のタブーです。私の言う意味は直ぐに分かると思いますよ」

2巡目

東家・キャプテン手配 五六248EEEHHH西北 次ツモE

キャプテン「槓!」Eを暗槓(嶺上牌はHで新ドラはE)

照「!?」

キャプテン「もう一つ槓です」Hを暗槓(嶺上牌は6で新ドラはH)

照(本当に何これ? たった1巡で私の和了牌が根こそぎ奪われた(クラッ))

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(北捨て)

東家・キャプテン手配 五六2468《EEEE》《HHHH》西

福与アナ「なんという信じられない光景でしょうか! 連続槓でチャンピオンの和了目が完全に消えてしまいました。それどころか槓ドラが爆乗りして、福路選手は二向聴ながらもドラ8で既に親倍確定。リーチを掛けてしまった宮永選手、大ピンチです」

すこやん「宮永選手が判断をミスしたのも無理はありません。絶対的な王者故に自分の支配がまるで及ばない相手との対戦経験が不足していますから。この機会に弱者の立場を実体験するのも、今後魔王級の魔物が犇く世界の舞台で戦う上で良い勉強になると思いますよ(辛口)」
430 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/15(木) 00:02:43.03 ID:TmmF1zaf0
7巡目

東家・キャプテン手配 五六4678《EEEE》《HHHH》西 次ツモ七

キャプテン「リーチです」4捨て(西の単騎地獄待ち)

福与アナ「福路選手、親倍確定から貪欲にリーチ! 裏ドラ期待で無防備のチャンピオンに止めを刺していったのか?」

すこやん「どれだけドラがあっても役がないので、リーチを掛けないことには和了ないですからね。しかしツモ和了に賭けない所を見ると、出和了りを予見しているみたいですね」

照(次に原村さんがツモる牌の正体が全く見えない。私の支配が及んでいない・・・すなわちまず間違いなく福路さんの当たり牌(タラリ))

辻垣内「・・・・・・・・・・・・(また有効牌がきた。安手とはいえこれで私も一向聴)」ポイ(現物の六捨て)

照(不味い。もし原村さんが安牌なしの状態で、あの和了牌がデジタル的に振り込む地獄待ちの字牌だったりしたら凄くヤバイ。常時フル稼働の私の『連続和了』と違って、試合展開によっては出番すらない防御系地味スキルの癖に無駄にスキルランクが高い『創造神の祝福』が仕事するなら、もうこのタイミングしかない)リーチなのでツモ切りで二。

辻垣内「その二をポン(ついでに一発消しや)」

照(! やっぱり当たり牌がズラされた(ガビーン))

南家・辻垣内手配 23456CDD南南南《二二二》

辻垣内(これで三面張の聴牌。リーチで無防備な宮永を手助けするのは癪やが、ツモ和了られたら親満確定。万が一にも槓ドラにまた裏ドラが重なったら親の数え役満まである手を放置はできん)ポイ(C捨てで1−4−7の多面待ち)

照((はーあ)結局こうなった。辻垣内さん的には私を助けたつもりになっているかもしれないけど、本当に救われたのは原村さんだよ)ポロリ(西を落とす)

キャプテン「ロンです。裏ドラは乗らなかったので、親満24000の2本場で24600です」キラキラ(略)

福与アナ「なんと親満放銃。25000持ちの普通の麻雀なら一撃で飛ぶ、リー棒こみの25600のダメージでチャンピオンの一人凹み。リーチしたとはいえ宮永選手が跳満以上の手に振り込むのは、公式戦では実に二年ぶりの快挙です」

―――――――――――――

臨海控え室

ネリー「あっはっはっー、オカシイ。智葉ったらドヤ顔で、極東チャンプにロン牌を送り込んじゃったよ(ケラケラ)」←世界チャンプ

ダヴァン「ネリーさん、笑い事じゃアリマセン。阿知賀先鋒の福路の運気は異常すぎデス」ハラハラ

ハオ「まず間違いなく『超馬鹿ヅキ状態』でーす。明華、あなたの『調律の歌』で封じられまーすか?」

明華「無理ですね。アレの支配力は私の『調律の歌(Lv6)』を越えるLv7に該当します。『一生に一度しか発生しない』という制約の厳しさには、どんな対価でも対抗できません」

ハオ「なら、封じられる可能性があるとすれば、大星淡の『次元迷宮(Lv13)』だーけですか?」

明華「理論上はそうなりますが、あまり意味はないでしょう。次元迷宮では支配力は打ち消されますがスキルの使用は許可されているので、『約束された勝利の日』自体は有効です。ですから準決勝オーラスの阿知賀・高鴨穏乃の『魔法の時間(シンデレラタイム)』のようにルール範囲内での最良ヅモが続くことになり、下手したら役満連発のクソゲーになります」

ネリー「福路は大将の選手じゃないし、今日という日を過ぎればもう二度と今の超馬鹿ヅキ状態にはなれないのだから、どっちにしても無意味な仮定だね」
431 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/15(木) 00:03:28.08 ID:TmmF1zaf0
辻垣内(アカンな。宮永が凹むのは個人的には溜飲が下がるが、かといって福路をあまり走らせ過ぎるのも不味い。阿知賀の戦力は次鋒をピークに後は下り坂やから、大将戦まで普通に試合を進めれば臨海が阿知賀の後塵を拝することはまずないやろうが・・・)

辻垣内(逆に言えば、阿知賀には次鋒戦トビ決着というデウス・エクス・マギナを可能にする松実玄という竜王が次に控えている。次鋒には達人級のダヴァンがいるからそうそう思惑通りに運ばせんやろうが、守りの薄い清澄の東場マスターあたりを庇いながらの闘牌を強いられたら更に点差が広がることになる。そろそろ戦略転換が必要かもしれん)

―――――――――――――

前半 東4局3本場 親 福路 ドラA

東家・キャプテン手配 六六六135BBC【D】F東西白

キャプテン(またドラ3二向聴の早さと重さを兼ね揃えた好配牌。あまりにツキ過ぎてます。もしかして、これが噂に聞く『超馬鹿ヅキ状態』という奴なのでしょうか?)そー(横目で後ろを流し見る)

勝利の女神「・・・・・・・・・・・・(にこっ)」キラキラ

キャプテン「・・・・・・・・・(何なのでしょうか、この天使みたいな女性は? もしかして勝利の女神さんですか? もしそうならありがたいことの筈なのですが・・・)」西捨て

5巡目

東家・キャプテン手配 六六六135BBBC【D】EF 次ツモ4

キャプテン「張りました。1切りでACDFGの五面張」チラリ

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体57%)
西家・照手配 ?三四?667?EFG??

キャプテン「まだスキャンの解析率が低いので確かではないですが、1は通りそうですね。今日の運気でこの多面待ちが引けないこともないでしょ・・・!?」グイ(1に手を伸ばそうとした所で金縛りに合う)

勝利の女神「・・・・・・・・・・・・・・・(にこっ)」キラキラ(Fを指差す)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・(F切りで五面張を捨てて、1の地獄単騎に受けろと? 私は上埜さんじゃないので、別に悪待ちが好きなわけじゃないのですが)」

勝利の女神「・・・・・・・・・・・・・・・(ニコニコ)」キラキラキラキラ(さらに光が増す)

キャプテン「・・・分かりました(何なのですか、この天使さん。凄くウザ・・・・・・いえ煙たいです)」F捨てで1の単騎地獄待ち。

福与アナ「おーっと、阿知賀の福路選手。今度は五面張を捨てての地獄単騎・・・チャンピオンの待ちを回避しました」

西家・照手配 2三四二6678EFG93 ⇒ 二三四2366789EFG(平和の1−4の両面待ち)

照「・・・・・・・・・(駄目か。私の理牌データは準決勝で登録済みだろうけど、スキャンとウォッチャーのスキルは同時に併用できない筈(※)だから、少し牌の並びを組み換えて理牌を工夫してみたけど避けられた)」
(※制約で一度ウオッチャーに視点を切り替えると、ここまでスキャンで解析した情報が全てリセットされる)

7巡目

東家・キャプテン手配 六六六1345BBBC【D】E 次ツモ1

キャプテン「ツモです。ツモドラ4で親満の3本場で、4300オールです」キラキラ

福与アナ「さらには地獄単騎をあっさりツモ和了ました。これで七万点浮きの完全な一人勝ち。今日の福路選手は実に神懸かっています」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・(本当に何なのでしょうか、これは? 全然麻雀を打っている気がしません。指運・・・いえ天使さんの言う儘に牌を切れば放銃を避け、後は独りでに和了へと結びつく)

キャプテン(私が何かを考える余地もなければ、血の滲むような努力で築き上げたスキャンや理牌読みが必要な局面すらない。そもそも私がここに座っている必然性すらあるのでしょうか? 正直な心情をカミングアウトするとツマラナイです)
432 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/15(木) 00:45:46.46 ID:yRKMnelRo

やっとキャプテンは麻雀を打つのかな
433 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/15(木) 22:45:33.08 ID:MXmzS6JG0
正直な心情をカミングアウトするとツマラナイです
434 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/16(金) 00:02:06.13 ID:FUrF+HR30
のどっち(この一過性の流れは何時まで続くのでしょう? 憧は阿知賀のキャプテンを理(ことわり)を極めた達人と賞賛していましたが、今の所ツイてるだけの人にしか思えません)

照(どうすれば福路さんを止められる? ギギギモードの火力に頼る? いや、無理。モードチャンジの空白の一局にまたデカイ手を和了れるし、『連続和了』のスピードでも追い付けないのに、ツモ和了不可能な重い役満なんてもっと無理ゲー)

辻垣内「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

前半 東4局4本場 親 福路 ドラ白

西家・照手配 三四579BBCEGG南発 次ツモ九

照((ふーう)そろそろ来る頃合いだとは思ったけど、1/5確率の三向聴スタートに後退の上、初ツモも無駄ヅモ。福路さんはまた二向聴だろうから、今回も届きそうにない)

照(誰よりも早く和了り続ければ絶対に負けることはない。そう思って作りあげた私のS級スキル『連続和了』。これだけ都合が良い性能なのに、点数制限の制約を見つけたことで身体負荷の対価すら上手く免れた。魔王級の妹にも勝てる無敵の能力を手に入れたと自惚れていたけど・・・)

照(遠い。百メートルの短距離走のように何時もはあれだけ近かったゴール(和了)が、今では地平線の遥か彼方に思える。今日まであまり考えたことはなかったけど、私が戦ってきた対戦者は皆こんな心境だったのかな?)九をツモ切り

辻垣内「・・・・・・・・・・・・」

2巡目

辻垣内「・・・・・・・・・・・・」ポイ(D捨て)

照「(! 鳴ける)チー!」Dをチーして南捨て

照(こんな巡目にど真ん中を切るとは珍しい。国士は現実的じゃないとして、辻垣内さんはチャンタでも目指しているのかな?)

4巡目

キャプテン「リーチです」キラキラ

照(ダブリーよりはマシとはいえ4巡目のリーチ。この局もやはり持っていかれ・・・!?)

辻垣内「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(B捨て)

照「ポン(また鳴けた。これで一発も消えたけど、これって偶然?)」Bを碰して発捨て。

西家・照手配 三四567GG《BBB》《CDE》 (ニ−五の両面待ち)

照(聴牌した。開局前はあんなに遠かったゴールが目と鼻の先に近づいた。けど、これからツモる数牌は完全に福路さんの支配域。一つ二つズラしたとしても、次の福路さんのツモ番で確実にツモ和了・・・)

辻垣内「・・・・・・・・・・・・(頼むで、清澄)」

のどっち「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(一捨て)

辻垣内「ポンや(良し、上手く鳴けた。できれば二で差し込みたかったが、手元にないのだから贅沢は言えん)」一を碰して【五】捨て)

照「! ロン。タンヤオドラ1の2000の4本場は3600」

福与アナ「あっと、ここで福路の連荘が初めて止まった。止めたのはやはりチャンピオン!」

すこやん「いえ、和了ったのは宮永選手ですが、今回の功績は上手く宮永選手の手を進めた上で親のツモ番を飛ばした辻垣内選手でしょう。流石は個人戦全国三位の実力者です」

照「・・・・・・・・・・・・・・・(なに、この感覚? 中学より上に進級してから、はじめて他人から差し込んでもらえた(じーん))」
435 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/16(金) 00:02:48.91 ID:FUrF+HR30
前半 南1局 親 辻垣内 ドラA

照「ツモ、ダブ南ドラ1、2000、1000」

南家・照手配 六七八【5】7HH《123》《南南南》 ツモ6

福与アナ「たった4巡でのチャンピオン連続和了。しかし上家の辻垣内選手が二副露させたので、明らかに宮永選手をサポートしています」

すこやん「不思議ですね。福路選手は他家の手牌を透かすスキルを持っているようなので、準決勝のような神業的な他家利用も可能でしたが、スキル無しの辻垣内選手はどうやってこんな早い巡目から宮永選手の手牌を特定しているのでしょうか?」

辻垣内(ふーう、先の親被りを含めると5600も宮永に献金するとは割に合わん自己犠牲やが、清澄のSOAにこの手の腹芸を求めるのは無理やろうから私がやるしかない)

辻垣内(宮永の『連続和了』は手が安い内はある程度パターン化されとる。あの上級魔物は支配力で牌の偏りが読める所為か意外と字牌整理から手をつけないので、最初に捨てた色から有効牌を割り出すのも可能)

辻垣内(本来なら宮永の炙れ牌を狙い撃ちする目的で徹底研究した筈なのに、まさか宮永の手を進めるのに役立つことになるとはな。本当に試合というのは生き物で、どんな展開になるのかは始まってみるまで分からないものやが)チラリ

照「・・・・・・・・・・・・・・・(また援護してもらった、辻垣内さん(きゅん))」

辻垣内(意味不明な熱っぽい視線で私を見つめるな(汗)。私のマイナスも二万を超えたし、差し込むのはここまでが限界や。次はあんたの親番やがすべきことは分かっとるよな? 清澄の一年坊みたいに空気読まずに連荘して満貫をツモ和了でもしたら、しばき倒すで)

前半 南2局 親 宮永 ドラ5

照(二向聴スタート。けど、この状況で連荘しようとすれば仮にこの局を和了れたとしても、何時か福路さんからバカでかい手のカウンターを喰らうことになる。なら私がすべきことは)チラリ

のどっち「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(二向聴、電撃戦で決めます(ギラリ))」

照(支配できた牌とできなかった牌からある程度は原村さんの手牌を割り出せる。ここは・・・)発捨て

のどっち「ポンです」発を碰して8捨て

4巡目

照「・・・・・・・・・・・・(多分ここ)」ポイ(2捨て)

のどっち「ロン、発ドラ1で2000です」

福与アナ「なんとあのチャンピオンが親の連荘を目指すことなく、原村選手に差し込んで場を消費しました」

すこやん「この状況下では正しい判断です。ただし、宮永選手がこういう麻雀もできるとは正直少し意外でした」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・」キライラ(勝利の女神が少し苛ついている)
436 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/16(金) 00:03:33.45 ID:FUrF+HR30
福与アナ「さーて、南場に入ってから福路選手の勢いが止まりま・・・いえ、実はいささかも衰えていませんよね?」

すこやん「そうですね、実際、和了に届かないとはいえ全て5巡以内に満貫手を聴牌しているので、それを他家の三者が上手く連携して抑え始めたのです(まあ清澄の原村選手は普通に前傾しているだけですが、言わぬが華ですね)」

前半 南3局 親 原村 ドラ5

照「ポン(私の麻雀は何時だって孤独との闘い。打倒宮永を合い言葉に徒党を組んで抵抗しようとする他家を纏めて薙ぎ払う。それが日常だった)」

照「チー(けど、こんな気分で戦うのは何時以来だろう。そうだ、小さい頃は私たちのお年玉を巻き上げようと目論む悪逆非道な両親に咲と手を携えて必死に抗っていたっけ(くすっ))

照「ロン、1000(もちろん負けるのは悔しいし、大会三連覇の懸かった大事な決勝の舞台でエースの私がこんなに点数を凹まして、白糸台の仲間や応援してくれた人達には申し訳ないと思う。けど・・・)」

照(何かこう上手く言葉で言い表せないけど、これはこれで悪くない(にへら))

―――――――――――――

白糸台控え室

淡「あれー、ビリケツなのにテルーが笑ってるよ?」←やっと人間に戻った。

菫「・・・・・・・・・ある意味、照がずっと願い続けていた夢が叶ったからな」

たかみー「(ずず・・・)天才に有りがちな贅沢なお悩みの『普通の女の子願望』でしょうか? (宮永先輩に照魔鏡で『収穫の時(ハーベストタイム)』の資質を見出してもらえなかったら、ずっと五軍で燻っていたであろう凡人・・・いえ眷属の私には共感しようがないですが)」

菫「そこまで大袈裟ではないが、照はその異次元な強さ故に麻雀の本来の醍醐味の他家との共闘作業など望むべくもなかった。精々が駒として一方的に利用できただけだ」

亦野さん「しかし『超馬鹿ヅキ状態』が発覚した時は絶望的でしたけど、辻垣内と協力しだしてからは福路の和了はゼロ。意外と何とかなるものですね」

菫「それが麻雀という競技の本質だ。単体でどれほど強大でも、他家が一つに纏まれば対抗できる。今までの対戦者は私心を捨て最後まで各々の役割を全うできなかっので照に潰されてきたが、福路は『毛利の三本の矢』を準決勝で実践して見せた(今度はその福路が本日の期間限定とはいえレジスタンスされる暴君の立場になるとは皮肉だがな)」

淡「けどさ、その七万点の一人浮き状態の金銀妖眼(ヘテロクロミア)さん、ちっとも楽しそうじゃないね(私も自ら望んで魔物を辞めた口だから、チートコードで『不死身』状態のままゲームで俺TUEEEしても、全然面白くない気持ちは分かるけどね)」
437 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/16(金) 00:04:20.20 ID:FUrF+HR30
前半 南4局 親 福路 ドラ九

キャプテン(いよいよ、前半のオーラスになりました。また重い手の二向聴スタートですが、どうせ指運・・・いえ天使さんの言いなりに打つしかないのだから、考えるだけ無駄ですが・・・)

のどっち「二です」⇒辻垣内「ポンや」(親飛ばし効果)⇒照「チー」⇒辻垣内「またポンや」⇒のどっち「6です」⇒辻垣内「またまたポン」(親飛ばし効果)ワイワイガヤガヤ

キャプテン(何だか賑やかで和気藹々としていて向こうの世界は楽しそうです。チャンピオンもこんな気持ちだったのかは分かりませんが、一人疎外されたみたいで心が寒いです。大量の点棒と引き換えに魂を悪魔(いえ天使でしょうか?)に売り渡したような気がしてなりませんが)チラリ

勝利の女神「(イライラ)あー運勢管理局麻雀課のガブリエル課長ですか? 次局、天和を仕込んでもいいですか? えっ? 天和と純正九蓮宝燈は当選者の寿命を削るから駄目? 分かりました、ならこのあたりで・・・」携帯片手にどこかと交信中。

キャプテン(イラつきながら上司と何の相談をしているのか知りませんが、もうハッキリ言い切りますが、この人大変ウザイです(イラっ))

キャプテン(ですが魔物はおろか超馬鹿ヅキのような一生に一度の神懸かりでも、他家が力を合わせればこうして抑えられるものなのですね。今の私は勇者パーティー(勇者【てるてる】、戦士【のどっち】、魔法使い【がいと】)に討伐される大魔王の身の上ですが、自分の麻雀は間違ってなかったと再確認できて嬉しくなります(ホロリ))

照「ポン(私の想い受け取って、辻垣内さん(HOT))」中を碰して八捨て。

辻垣内「ロン、1000や(しょぼい和了やが、何とか焼き鳥回避か(COOL))」

南家・辻垣内手配 六七GG《234》《二二二》《666》 

福与アナ「おーっと、最後も三家のぴったりと息のあった連携プレイが炸裂。とうとう親の福路選手を一向聴に封じ込めたまま、辻垣内選手の和了で前半を締めました」

阿知賀 170700(+70700)
清澄   87100(−12900)
臨海   78200(−21800)
白糸台  64000(−36000)

福与アナ「嵐のような前半が終わりましたが、後半が丸々残っているので、まだまだ予断を許しません。綱渡りのような連携の連続に南場では沈黙を強いられた『超馬鹿ヅキ状態』の福路選手の逆襲はあるのか注目しましょう」

勝利の女神「・・・・・・・・・・・・・・・(たがだが人だか魔物だかの塵芥の分際で天意に逆らうとは愚かな。後半開始早々目に物見せてさしあげます)」ギラギラ。

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(イラっ)」
438 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2012/11/16(金) 00:30:29.82 ID:eVf7Y1pAO
イケメンのガイトニキにてるてるが惚れるんですね
ありだと思います
439 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/16(金) 22:03:35.50 ID:x+IJbWYgo
でもガイトさん関西弁じゃないよね
訴訟
440 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/17(土) 00:01:28.50 ID:UjXflgng0
阿知賀控え室

憧「最初はどうなることかと思ったけど、流石に先鋒戦だけで決着がつくことはなさそうね(ホッ)」

穏乃「そうだね、憧。そりゃ優勝はしたいけど、折角の決勝戦の晴れ舞台で一度も卓につけないまま終わるというのはチョットね・・・」

憧「玄、今回は前半からドラゴンロードを全快にセッティングしてあるけど、間違っても空気読まずに次鋒戦で相手を飛ばしたりしないようにね」

玄「ううっ・・・。私の麻雀だと点数の加減はできないから、どうなるかなんてやってみないと分からないよー(勝っちゃ駄目とか何か酷い(ぐすっ))」

レジェンド「・・・・・・・・・・・・・・・(悪い意味で緊張感を失って場の空気が弛緩している。美穂子の『超馬鹿ヅキ状態』が後半も続くのなら、他家のあんな綱渡りみたいな連携が何時までも成功する筈はないから、更に点差が大きく開くのは明白だからな)」

宥「(ケホコホ)・・・・・・・・・みんな、わたし、美穂子ちゃんの所に行ってくるね」フラフラ(フラついて壁に寄り掛かる)

穏乃「美穂子さんの所って・・・今の美穂子さんにはアドバイスやメンタルケアも必要ないと思いますけど・・・」

玄「それよりおねーちゃん、体調悪いのに動こうとしちゃダメだよー。どーしても行くなら、私も一緒に・・・」オロオロ

宥「(ケホコホ)ありがとう、玄ちゃん。でも大丈夫だから一人で行かせて。多分、これはわたしにしか出来ないことだと思うから(実は今の美穂子ちゃんだからこそ、どっちも必要なんだよー)」バタン

憧「宥姉行っちゃった。普段はあんなに気弱そうなのに、いざって時は意外と頑固なのよね」

玄「お・・・おねえちゃん」ハラハラ

レジェンド「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

―――――――――――――

先鋒卓、各自休憩中

辻垣内(他家と連携してトップの独走を阻止する。試合前に何度もシュミレートしたプラン通りの展開や。ただし、まさか独走役が本来は相棒候補だった福路で、不倶戴天の宮永と共闘するいう配役変更が発生するとは努々思わんかったが・・・)チラリ

照「! ・・・・・・・・・・・・(にこっ)」辻垣内に視線に気づいて笑顔を返す。

辻垣内(宮永はこないに笑う奴だったか?(汗) 記者会見の営業スマイルはともかく、卓上で笑った姿など一度も見た事ないが、こないな危機的状況で何で落ち着いてられるんや?)チラリ

のどっち「・・・・・・・・・・・・(前半はマイナスですか。麻雀はどんな強い人でも負けることがある競技ですが、せめて原点に戻さないと咲さんに合わせる顔がありません)」ゴッ。

辻垣内(何を考えてるのかさっぱり分からん清澄のSOAが連携についてこれてるのはタマタマやろうし、三カ国同盟による即席の防御網は後半何時決壊してもおかしくないが、正直打つ手がない)チラリ

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ギラギラ(天使がドヤ顔で微笑んでいる)

辻垣内(何しろ運を天に祈ろうにも、その神さんが明らかに福路の一方的な味方やからな(溜息))
441 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/17(土) 00:02:25.63 ID:UjXflgng0
キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・(はーあ)」キラキラ

宥「(ズズー)こんにちはー、美穂子ちゃん(にこっ)」

キャプテン「ゆ・・・宥さん? どうしてここに?・・・・・・って、自分の出番まで身体を休めていないと駄目ですよ(真っ赤な顔で鼻水だして大丈夫でしょうか?)」アタフタ。

宥「わたしのことは気にしないで。それよりもトップを独走中なのに何か元気ないねー?」

キャプテン「(はっ?)・・・・・・そ・・・そんなことはありませんよ、今日の私はとても絶好調です。ツモも最高で伏牌すら見通せますし、まるで魔物になったような清々しい気分です(にっこり)」キラキラ

宥「・・・・・・本当に優しいんだね、美穂子ちゃん。今の状態がチームの為に一番良いと思うから、そうやって自分を押し殺して笑えるんだね?(コンコン)」軽く咳をする。

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

宥「わたしは・・・ううん、阿知賀の皆は先鋒戦の前に美穂子ちゃんが我が侭を言ってくれたのが嬉しかったんだよー。毎試合、ドラがツモれない玄ちゃんの分も必死に点棒を稼いで、準決勝では宮永さんみたいな凄い人を抑える為の捨石になって玄ちゃんを大活躍させてくれて、二位抜けルールを利用して後続が戦いやすい舞台を作るお膳立てをしてくれた」

宥「だから何時もチームのことを考えて損な役回りばかり引き受けていた美穂子ちゃんが、はじめて自分の為に戦いたいって宣言してくれたから、今度こそわたし達の方が美穂子ちゃんの力になれるかもしれないと思って気合いれてたんだよー。天使さんのお節介で展開が明後日の方向に進んで、その決意も空回りしちゃっているから、とてもじゃないけど今の控え室の雰囲気は美穂子ちゃんには見せられないけどねー」

キャプテン「宥さん・・・・・・」

宥「多分、美穂子ちゃんは誰かに良いところを見せたかったんだよねー? 分かるよ、わたしも何時だって玄ちゃんに頼りになるおねーちゃんな所を見せたいから。けど、果たして前半打った麻雀はその美穂子ちゃんにとって特別な誰かに見せたかった『美穂子ちゃんの楽しい麻雀』だったのかなー?(ケホコホ)」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

宥「試合前に確認した通り、どんな結果になったとしても、わたし達は美穂子ちゃんの選択を全部受け入れるつもりだよー。わたしが言いたいのはそれだけだから、後半も頑張ってねー」フラフラ(夢遊病者のような足どりで試合会場から退出)

キャプテン(宥さん、本当にありがとうございました(ホロリ))

―――――――――――――

全国決勝先鋒戦 後半開始

福与アナ「さあ、後半戦待ったなし。今度は起家が絶好調の福路選手で、ラス親がチャンピオンになります」

すこやん「普段なら最も宮永選手の『連続和了』が威力を発揮する配置ですが、今回は『超馬鹿ヅキ状態』の福路選手が親から入る方に、より危険度を感じますね」

後半 東1局 親 福路 ドラ7

キャプテン「!・・・・・・・・・・・・・・・(この配牌は・・・)」

東家・キャプテン手配 一九179@H東南西北白発中

―――――――――――――

阿知賀控え室

穏乃「何これ? ある意味天和よりも凄くない?」

憧「ドラ7捨てで国士十三面待ちの聴牌とか、もうデジタル的にどーとかという問題じゃないし(汗)」

玄「(ホッ)私がこの手を引いても、ドラを捨てられなくて聴牌を崩すしかないから、良かったよー」

灼「いや、玄じゃなくても、こんな手、どんな魔物でも絶対に引けないよ」

宥「(ケホコホ)ねえ、みんなー。美穂子ちゃんの最初の一打について、当ててみない?」

憧「宥姉、当てるも何もドラ捨てる以外、選択肢がないじゃない?」

穏乃「いや、私はここで敢えてダブリーを掛けると思うよ。そうすれば慌てた他家が必ず字牌を零すから」

玄「そんな小細工しなくても、十三面待ちだから普通にツモ和了るんじゃない? 宮永さんみたいに役満をツモ和了れない制約があるわけじゃないし」

灼「そうだね。ぱっと見、他家は全部三向聴以上で、清澄以外は孤立した一九字牌を複数余らせているから、どう転んでもこの48000の大物手が成就しないことは100%有り得ない」

宥「それが皆の解答だねー? それじゃその100%を覆す私の答えを言うねー。・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ボソッ)」

全員「!?」

宥「(にこっ)」
442 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/17(土) 00:03:13.38 ID:UjXflgng0
キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」チラリ

勝利の女神「・・・・・・・・・・・・・・・(ニコニコ)」キラキラ

キャプテン「(ふっ)・・・・・・・・・(ありがとうございます、天使さん。まだ幾分迷いが残っていたものの、お蔭様で最後の踏ん切りがつきました)」

勝利の女神(流石に一々指示しなくても、どうするかは分かって・・・・・・!?)

キャプテン「九種九牌です」ガタ(牌を全て倒す)

照・辻垣内・のどっち「!?」

福与アナ「なーんと、福路選手。国士十三面待ちを九種九牌で流してしまいました! まさか、聴牌に気づかなかったなんてことは・・・」

すこやん「それはないですね。けど、真っ直ぐな打牌を曲げるだけでも運気は落ちるものです。こんなとんでもない真似をすれば・・・」

勝利の女神(この商売やって四千年、こんな屈辱ははじめてでーす。もう貴方なんか知りません(泣))ピュー(美穂子の元から離れて天へ消える)

辻垣内「(天使が泣きながら福路から離れおった)な・・・なあ、阿知賀、それは・・・」

キャプテン「(にっこり)九種九牌で流しただけですが、もしかして公九牌が足りてなかったですか?」

辻垣内「いや、足りすぎてるというか、ルール上は何の問題もないが(汗)」

のどっち「・・・・・・・・・・・・・・・(この人、一体何を考えているのですか? こんな選択、オカルテックな配牌以上に不条理で有り得ないです)」

福路美穂子 身長156cm B:86 W:56 H:84
攻撃力:E 守備力:A 技術:A+ 速度:F 精神力:A 本日の運気:G
保有スキル:
理牌読み(ウオッチャー):B 前回と同じなので説明は省略。
心眼(スキャン):A+ 同じく省略。

照(『超馬鹿ヅキ状態』の反動で運気が一気に最低ランクに。福路さんのパラメタが軒並み下がって(けど精神力がアップ)、『約束された勝利の日』もスキル一覧から削除された。あんな真似をすれば当然だけど、もうこの局、福路さんは絶対に和了れない)ゴッ(照魔鏡で能力パラメタを再サーチ中)

―――――――――――――

会場近くの病院のとある病室

セーラ「あっはっは・・・、福路の奴、ホンマにやりおった」ゲラゲラ(腹を抱えて大笑い)

竜華「セーラ、病人がおるんやから、静かに・・・(しー)」

怜「私は別に構わへんで。それよりも何でセーラは配牌を見た瞬間、正義の味方はんの次の行動が読めたんや?(1巡先が見える私も、流石にTV画面越しの対局じゃ無理だし)」

セーラ「何となくやな。前半からあいつ随分とつまらなそうに打っとったからな」

竜華「なあ、セーラ。福路のしたことって・・・」

セーラ「偉くも正しくもないチームに迷惑をかける独り善がりの馬鹿な行為や。いっとくが俺かてあないな真似はせん。『三年ブースト』でも『超馬鹿ヅキ状態』やろうが、それが正当な手段の追風なら全て俺の帆で全力で受け止めたるで」

怜「ホントかいな? 三年ブーストはともかく超馬鹿ヅキやと『俺は誰の言いなりにもならへん!』とか言ってセーラも投げ捨てそうな気がするわ(クスッ)」

竜華「そやな。絶対に自分を曲げんのがセーラの麻雀やさかい、福路の行動が読めたのも自分に重ね合わせたからとちゃうんかい?(ニコニコ)」

セーラ「おいおい、いくら元エースの俺かて千里山でそないな事したら、監督からレギュラーの座を剥奪されてもうわ。けど、阿知賀ちゅーチームは多分、福路の馬鹿を全部受け入れてやるんやろうな。俺らか辿り着けなかった決勝卓で好き放題しやがって。ホンマに腹が立つ奴やで、福路は(照れ笑い)」
443 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/17(土) 00:04:02.09 ID:UjXflgng0
阿知賀控え室

玄「・・・・・・・・・・・・おねえちゃんの言った通りになったね」

憧「宥姉は何で分かった・・・・・・って、それよりも何で美穂子はこんな・・・・・・」

宥「楽しくなかったから・・・・・・他の名門校さんはともかく、わたし達阿知賀にとってはそれで十分な理由じゃない?(にこっ)」

穏乃「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

宥「美穂子ちゃんは道徳的に正しいことをしたわけでも、他人から褒められる立派なことをしたわけでもないよー。美穂子ちゃんがしたのはチームに迷惑かけただけの馬鹿な我が侭。でもわたしは美穂子ちゃんのお友達だから、あったかーい心で許してあげるのー」

憧「やーれやれ、性格に比べて打ち筋は器用だと思っていたけど、とんだ買い被りね。こんな不器用な打ち筋はじめてみた。けど師匠の尻拭いをするのも一番弟子の役目だしね」パンパン(頬を叩いて気合を入れ直す)

穏乃「そうだね、憧。私も『超馬鹿ヅキ状態』の翌日は酷いドツボ状態に陥ったから、これから美穂子さんは自ら強運を手離した罰を受けることになるだろうけど、今度こそ私たちの力で美穂子さんのミスを挽回しよう(メラっ)」

玄「私は何時でもスタンバイ出来てるよー。公言した通りに美穂子さんがこれから失う点棒は全部私が取り返すよ」(がおー)(ぐるるー)(ぎゃーす)

灼「ねえ、ハルちゃん。これって・・・」

レジェンド「ああ、気持ちが完全に引き締められて、皆の想いも一つに纏まった。これなら阿知賀は勝てるかもしれないな(あのまま美穂子が更に荒稼ぎして戻ってきたとしても、先のような浮き足立った状態ではどれだけの大量リードも最後には引っ繰り返されただろうから、結果オーライと言ったところか)」

池田「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

みはるん「どうしたの、華菜ちゃん?」

池田「いや、あたしはまだまだ美穂子先輩のことを全然分かってあげられなかったんだなと思うと、さっきまでの浮かれ振りが恥ずかしくなったにゃー」しおしお(猫耳が垂れる)

憧「まっ、その件に関してはあたしも完全に見誤っていたからね。けど、『超馬鹿ヅキ状態』のチート効果でチャンピオンに対抗するなんて美穂子の本懐にはほど遠かったわけだから、結局は一生に一度の幸運に無駄に振り回されただけか」

玄「そうだね。私なんか器が小さいから、生涯一回の神懸かりでも何でもあの宮永さんに勝てたら、その思い出だけでずっと生きていけそうだけど、美穂子さんの志はそこまで低くなかったよね」

宥「ううん、今回の一件は美穂子ちゃんにとっても意味はあったと思うよー。ほら、普段は温厚な美穂子ちゃんが魔物に言及する時だけ棘々しい発言が目立つでしょう?」

穏乃「た・・・確かに。イカサマとかツミコミとか、あの美穂子さんにしては少々大人気ないとずっと思ってたけど・・・」

宥「アレは『酸っぱい葡萄』だったと思うよー。わたし達姉妹や灼ちゃんは牌が見えない眷属だから、ギリギリ受け入れられたみたいだけどねー。けど美穂子ちゃんは譲れない自分の麻雀の為に今回の愚行にでたけど、『自分だけの麻雀』を持っているのは皆同じだよー」

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

宥「眷属や魔物の力に溺れる人、憧れる人、忌み嫌う人とか色々いると思うけど、だからってわたし達は好きに眷属を辞めれるわけじゃない。でも美穂子ちゃんは支配力を実体験した上で自らの意志で異なる道を選択した。だからこそ美穂子ちゃんはこれからは『魔物を自分とは別な存在』としてはじめて認められるようになると思うよー」

憧「・・・・・・・・・・・・何か今日の宥姉は凄くクレバーに思えるけど、一体どうなってるの?」

玄「風邪引いて熱があるからだよー。おねーちゃん、普段は学校の成績もあまり良くないけど、こうやって熱を出すと『賢者モード』に入って、高等数学も暗算で解けるぐらい頭がスッキリするんだよー」

穏乃「体調崩した時は心配だったけど、これなら宥さんの闘牌も期待できるかも・・・って、まだ先鋒戦は続いているんだった。まだ後半まるまる残っているけど、どうなっちゃうんだろう?」

レジェンド「決まっているだろ? 『超馬鹿ヅキ状態』は去ったわけだから、パワーバランスが本来の正常な形に戻るだけだ。ある意味ここからが本当の先鋒戦のスタートと言えるかもしれないな」

憧「・・・・・・正常な形(ゴクリ)。チャンピオンとは十万点以上差がついてるけど、今までの馬鹿ヅキ分の反動を考えると、全然安心できないよね?」

穏乃「いずれにしても次局の配牌は六向聴ぐらいの超クズ手は必須・・・・・・って、アレ? 前半と変わらない重い手の二向聴が美穂子さんの手に入ってる? 一体どうなってるの?」
444 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/17(土) 21:15:50.83 ID:Hg6u8b2DO
そういえば明華って咲の最終話EDで九連やってたっぽいけどそれは無しでok?
445 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/18(日) 00:01:56.50 ID:vN3IbFcc0
後半 東1局1本場 親 福路 ドラ四

東家・キャプテン手配 四四四六八236EFG東北白

キャプテン「・・・・・・・・・・・・またドラ3二向聴でスタート」ゴゴゴー(スキャンで他家の手牌を確認中)

キャプテン「ふっ・・・(なるほど、そういうことですか)」北捨て

4巡目

辻垣内「リーチや」C捨て

キャプテン(早いですね、今の私はともかく宮永さんよりも先んじるとはやはり・・・)

5巡目

東家・キャプテン手配 四四四六七八23DEFG東 次ツモ【D】

キャプテン(ツモも好調でまた張りました。タンヤオドラ4でツモ和了なら親っ跳の手で、あとは既に場に二枚出ている東を落とすだけですが)チラリ

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体80%)
西家・辻垣内手配 三四【五】??33445【5】B?

辻垣内の捨牌の河 H87C{リーチ}

キャプテン((くすっ)未解析牌(?)の選別がお上手ですね。私の視点からだと辻垣内さんはリーチタンヤオ平和一盃口ドラ2のADの両面待ちで高めDの三色で倍満手。もし配牌時に字牌があったとしても、タンピン三色が全て消えて、待ち幅も点数も悪い字牌単騎に受けるぐらいなら、まずリーチ前のCを残すでしょうから、この地獄待ちの東は通りそうに思えますが・・・)

キャプテン(それは幻想(まやかし)です。あれだけのことを仕出かした私に勝負手など絶対に来る筈はない。もし天使さんの腹いせだとすれば、この東は私を陥れる罠ですね。例え裏目を引いて振り込むことになったとしても、私は最後まで自分の読みと心中します)ポイ(度胸試しに敢えて最高目の【D】捨て)

福与アナ「なーんと、どこまで見えているのか? 福路選手、聴牌を崩して東を手の内に残しました」

すこやん「例え見えていたとしても、ベタオリするでもなく最危険牌それもドラ【D】の方を切るとか、並大抵の自信と覚悟でできることではありませんね」

辻垣内「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

西家・辻垣内手配 三四【五】BB33445【5】B東 ⇒ 三四【五】33445【5】BBB東(東の単騎待ち)

辻垣内(配牌時に東が一個だけ紛れていた時は、親の福路から出和了しそうな巡り合わせを感じたから、倍満も見込めた手を敢えて清澄の部長みたいな悪待ちにしてみたが失敗か? ハオから『福路はスキャンとウオッチャーは併用でいないから、ここぞという時だけ理牌を弄くると効果があるかもしれませーん』とアドバイスされてから試してみたが、やはりやり馴れないことはするもんやないな)7をツモ切り

7巡目

照「ロン、1000の1本場は1300(共闘作業は楽しかったから残念だけど、ここから先はまた敵同士だね、辻垣内さん)」

辻垣内(くっ、しまった! 宮永がいる卓でモタモタしている暇などないのに、トップからの出和了期待で狭い待ちで受けたのは悪手やった)

―――――――――――――

勝利の女神「なぜ、あれを避けるですか!? 東を一発で振り込んだら、暗刻のBが裏ドラに化けて、リーチ一発一盃口ドラ5の倍満を振り込む段取りだったのに。オリもせずに裏ドラが一つ乗るだけで三倍満すらありえた最高目の【D】を態々切る? 私の手口を完全に見透かしていたとでも?」

勝利の女神「今度はどんな手で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・って、いい加減、スレ荒らしみたいに粘着するのはみっともないから止めましょう。この商売、長く続けているとああいう勘違いした手合いとかち合うのは稀にあることですから(溜息)」

勝利の女神「本当に理解に苦しみますね。麻雀は運を遣り取りするゲームなのに、天運を否定するとか自己矛盾も甚だしいです。スケジュールが押し迫っているから次の当選者の元に行きましょう。えーと、小走やえさんですか?」ヒュン(東京の会場から奈良へ空間転移し、勝利の女神はこの戦いから完全に退場)
446 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/18(日) 00:02:47.56 ID:vN3IbFcc0
後半 東2局 親 原村 ドラB

北家・キャプテン手配 一五八259BF東南北白中

キャプテン(六向聴、やっとあるべき配牌に落ち着きましたか。もう天使さんの介入は無くなったようですが)チラリ(天を見上げる)

キャプテン(本当に申し訳ありません、天使さん。貴方は自分の仕事をしただけなのに、あれだけの点棒を恵んでもらいながら、あのような酷い仕打ちをしてしまうことになって(反省))

キャプテン(ですが、貴方のお蔭で私は自分の麻雀を再確認することができました。もう魔物の支配力を羨むことも妬む必要もありません。私は魔物や眷属にもない私だけの武器を持っているので、今の状況下でできることに全力で取り組みます)

5巡目

北家・キャプテン手配 一三四五六七八25BF東南 次ツモ一

キャプテン(5巡してシャンテンは一つしか進まずに焼け石に水。それどころか)チラリ

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体82%)
西家・照手配 二二二三?五六EE?西西西

キャプテン(宮永さんが既に一三五六七の五面張を張っているとすれば、一三六七と4個も当たり牌をツモったことにります。ツモればツモるほど他家の危険牌が増えていくとは、本当に絵に描いたようなドツボ状態ですね。まあ、この半荘はこの先ずっと最後までこんな感じでしょうから、今のうちに馴れておきましょう)

照「ツモ1300、700」

キャプテン(何とか当たり牌を切らずに済みましたか。このドツボ状態で差し込み以外で放銃ゼロで凌げる者がいるとしたら、多分スキャン持ちの私か1巡先が見える園城寺さんぐらいでしょうから、支配力を持たない技巧系スキルもそう捨てた物じゃないですね)

後半 東3局 親 辻垣内 ドラ八

キャプテン(私の手牌はまた五向聴の屑手なので今更開示するまでもありませんが、次局の宮永さんの親にまわる前に一度点数をリセットしておきたい所です)

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体84%)
北家・のどっち手配 三三七?九488@?南南

キャプテン(上手い具合に原村さんが早そうです。(七対子の一向聴?)チートイは一向聴から先の最後の一つが長い上に、鳴かせて手を進ませることができないのが難点ですが、今のところ単独牌は全部揃っているので、即差し込めます。こんな時は他家の危険牌を掴み易いドツボ状態も役に立つので、何事も工夫次第でしょうか?)

3巡目

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体85%)
北家・のどっち手配 三三七七?九488@?南南

キャプテン(僅か2巡で聴牌してくれるとは嬉しい誤算です。1600で点数リセットが掛かるなら安い投資です)4切り

のどっち「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(4を無視して自ツモ)

キャプテン(! 和了らない? もしかして『?』牌は対子でない何か別の牌で、まだ聴牌していなかった?)

のどっち「リーチ」4捨てリーチ

福与アナ「原村選手、福路選手が差し込みにいった4を見逃して東単騎でリーチです!」

すこやん「いかにもデジタル打ちの原村選手らしい選択ですね。この卓で結果がついてくるとはとても思えませんが(中辛)」

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体85%)
北家・のどっち手配 三三七七?九88@?南南東

キャプテン(えーと、何なのでしょうか、これは? 私はそこまでデジタル的な統計に詳しい訳じゃないですが、確か1〜5巡目の字牌単騎和了率は72.6%ほどで字牌以外の単騎だと52.5%。6〜10巡目だと前者が54.0%、後者が44.4%でしたっけ?)うーん(頭を捻る)

キャプテン(途中の細かい計算式は端折りますが、七対子のみの1600点で和了るよりも、リーチを掛ける期待値(4275点)の方が高ければ、こういう見逃しもあると・・・。なるほど、それなら原村さんの判断は間違っていない)ぱあー(表情を輝かせる)

キャプテン(なわけ有りません。原村さんは誰と同卓しているか分かっているのですか? 平均聴牌速度は5巡。平均和了速度は5.8巡の宮永さんですよ。そもそも今回の対局で7巡までに誰にも和了られずに持ち堪えられたケースが一度でもありましたか? 臨機応変という言葉の本当の意味を知ってますか?)プンスカ(つむじを曲げる)

キャプテン(上埜さんが言っていた子守とはこういう意味ですか? 私もまだまだ精神鍛練がなってないようで、ちょっとだけイラっときてしまいました。原村さんをこちらの思惑通りに動かそうなど身の程知らずな思い上がりだったようです)はーあ(溜息を吐く)

6巡目

のどっち「・・・・・・・・・・・・!?」ポロっ(六をツモきり)

照「ロン、3900(満貫以下なら普通に直撃も取れるんだね)」

キャプテン(ほーら、言わんこっちゃありません。ですが今の原村さんの振り込みで少し溜飲を下げてしまった私は浅ましい人間です。もっと精進しなければなりませんね)むー(賢者モードで反省中)

キャプテン(そもそも原村さんにとっては宮永さんの『連続和了』などタマタマの一時的な牌の偏りに過ぎないのでしょうから、私の怒りは完全なお門違いですよね。むしろ原村さんのSOA理論を見極めて、彼女の行動を誘導できるぐらいでなくては『他家使い』の名が廃るというものです。上埜さんからも頼まれたことですし、原村さん、何時かあなたを私の手駒にしてさしあげます)ふっふっふっ(腹黒モードで微笑む)

辻垣内「・・・・・・・・・・・・(さっきから福路は何を百面相しているんや?(汗))」

照「・・・・・・・・・・・・((むっ)辻垣内さんが福路さんに脇見してる?)」

のどっち「・・・・・・・・・・・・・・・(この卓には私以外マトモな人間はいないのでしょうか?)」
447 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/18(日) 00:03:28.42 ID:vN3IbFcc0
後半 東4局 親 宮永 ドラ西

照「ツモ、2600オール(よし、はじめて福路さんのいる卓で連荘できた)」グッ(始動が始まった右腕の拳をぐっと握り締める)

辻垣内(たかだが一回親の連荘したぐらいこんなに嬉しそうな宮永の姿ははじめて見るが・・・って流暢に構えとる場合やない。福路以外は団栗の背比べの全員マイナス状態とはいえ、今の宮永の和了で私がビケに落ち込んだ)

辻垣内(後半福路が和了ることはまずないから、これ以上阿知賀の点棒が増えることはない。逆に宮永は清澄の和了見逃しで上昇気流に乗って親の連荘を始めたから、この先は4000オール、6000オール、8000オールと倍々ゲームで点数が鰻登りにアップする)

後半 東4局1本場 親 宮永 ドラG

北家・辻垣内配 四六248@@GG東北北発

辻垣内(三向聴で私の手もそこそこか。宮永を止める為に福路と連携するか? だが開局前は暗黙の了解みたいなもんやったが、今現在は互いが保持する点棒が違いすぎて今一つ釈然とせん。例えるならカイジの限定ジャンケンで星一つ二つで飢えとる連中の中に、星八つで弱者アピールしながら潜り込んできた船井のような胡散臭さを感じるが・・・)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(そろそろ当初の予定に復帰しませんか、辻垣内さん?)」ポイ(誘い水に辻垣内の風の北捨て)

辻垣内「! (私の有効牌の北か・・・)ポンや」北を碰して発捨て

辻垣内(阿知賀は次に松実玄が控えているとはいえ、今ぐらいの点数なら次鋒でトビ決着することもないやろう。本来なら他家の当たり牌を掴み易いドツボ状態の奴はガンガン放銃しまくるもんやが、手牌を透かす福路に限ってはその法則は当て嵌まらんから、どのみち宮永の親の連荘を止めんことには私がダメージを受ける現実は何一つ変わらんか(うーん))思案中・・・。

辻垣内(ちっ、しゃーない、持ってけ泥棒。その点棒をある程度持ち越したまま先鋒戦を逃げきるのを認めたるわ。そのかわり謝意はきっちりその点棒で支払ってもらうで、福路)

キャプテン(何か大阪商人みたいなガメつそうなこと考えてそうですが了解です、辻垣内さん(クスっ))

4巡目

辻垣内「その@ポンや(私は清澄のような空気読まない真似はせんが、かといって準決勝の新道寺みたいに態とドラを落として点数を下げるような偽善もせん。限界ギリギリまで打点を欲張らせてもらうが、その代わりこっちも役割を果たしたる)」東捨て

キャプテン(ポンです。上手く宮永さんのツモ番を飛ばせた。私が東対子を抱えているを知って、この為に字牌の東を中張牌よりも後に残していた? スキルもないのに私の手牌の一部を見通せたのが地道な研究の成果だとすれば辻垣内さんは大変な努力家ですね)

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体86%)
北家・辻垣内手配 四六23?GG《@@@》《北北北》

キャプテン(手元には【五】しかないのでドラを差し込むしかないですか。まあ準決勝の花田さんの時に比べたら蓄えた点棒は比じゃないので、全然問題ないです)【五】切り

辻垣内「ロン、北ドラ3で7700の1本場は8000や(3900から1飜あがったのはツイとったが、阿知賀の背中は遥か彼方か。けど、これで危険極まりない宮永の親番は南場のラス親だけになった)」

キャプテン((ゾクゾク)やっぱり私は一人で無双しているよりも、チマチマ他者を煽動して強者にレジスタンスするこっち側の立場の方が性に合います。この卓もようやく本来あるべきパワーバランスに落ち着いたようですし、残りの南場を何としても凌ぎ切ります)

東家・照手配 六七八34678AAEFG(2−5待ち(4000オール))

照(次で和了牌の2を引けたのにツモ番を飛ばされた。辻垣内さんに裏切られた気分・・・いえ、麻雀ならこれは当たり前。気持ちを切り替えないと)プシュー(右腕の回転が再びストップ)

(後半東4局終了までの途中経過)
阿知賀 158800(+58800)
白糸台  81700(−18300)
臨海   80600(−18800)
清澄   78900(−21100)

照(どうしよう、こんなに点数が離されているのに、もう南場しか残っていない。コンビ打ちで親が流される展開はある程度覚悟していたけど、辻垣内さんが福路さんに寝取られた以上、ラス親もどこで連荘を止められるか分かったものじゃない)

照(この点数状況で『連続和了』の安手で残り少ない貴重な局数を消費するのは自殺行為。あの二人にはまず間違いなく制約は見透かされているし、当初アテにしていた原村さんは『創造神の祝福』があるからもはや確実性は無くなったけど、それでもアレの大火力に賭けるしかない)

照「・・・・・・・・・ギギギー!(うー、やっばりこれ恥ずかしいよー)」

キャプテン(! この歯ぎしりするような雄叫びは、モードチェンジの合図)

辻垣内(例の役満モードか? 一難去ってまた一難。法則が読めているとはいえ、ここから先は一つの打牌ミスで即地獄行きや)

のどっち(???)
448 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/18(日) 20:40:26.23 ID:FH3+NShao
てるてるかわいい
449 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/19(月) 00:01:45.92 ID:w5EmmXl/0
後半 南1局 親 福路 ドラ4

西家・辻垣内配 二三九22348AG西北 次ツモG

辻垣内(準決勝の1回しかサンプルデータがないから確かなことは言えんが、宮永のモードチャンジには捨て局が必要らしい。もしそうなら今度はドツボ状態の福路が争奪戦に絡むことはないから前半東1局以上のボーナスステージの到来。時間をかけて高い手に仕上げたる)北捨て

11巡目

のどっち「ツモ、1000、500です」

福与アナ「おーと、珍しい。何とこの試合はじめて和了までに二桁巡かかりました」

すこやん「どうやら宮永選手が高火力モードにシフトした模様です。ここから先の展開は電撃戦メインだった前半とは全く異なる様相を呈するでしょう」

西家・辻垣内配 二三四22334ABCGG(1−4の両面待ち)

辻垣内(くっ! タンピン三色ドラ1で高め一盃口なら跳満の手がまた安手で流された。今度は『対宮永協定』の範囲外やから文句は言えんが、その闘牌は後々自分の首を締めることになるで、清澄?)

キャプテン((ほっ)親被りを喰らうしかない私の最後の親番が1000点の被害で遣り過ごせました。真っ当に宮永さんを研究した参謀がいる名門校の選手なら時間をかけて大物手を奪い合わせたでしょうから、こんな時にはオカルト理論に縛られない原村さんの存在が有り難いです)

後半 南2局 親 原村 ドラ8

辻垣内(さてと、いよいよ地獄巡りの始まりや。毎局あの手この手で役満の直撃を狙われるとか普通なら生きた心地もせんが、地獄に仏。この卓には宮永の手牌をガラスにする福路がおる)

辻垣内(自らは振り込むことはまずないとはいえ、あいつも他家の点数が大きく変動するのを望んでないやろうし、準決勝のように捨て牌でヒントを作る筈。互いを上手に利用し合うのが麻雀やから、精々参考にさせてもらうで)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(最初から【5】切り)

辻垣内(いきなりドラの【5】捨て。国士無双か?)

キャプテン(辻垣内さんならこの一打だけで意図を汲んでくれるでしょう。逆に原村さんはどれだけ続けても無駄でしょうから、ヒントはこれで打ち切りです。クズ手の所為で字牌率が高くて私の中張牌は大変貴重なので温存させてもらいましょう)

5巡目

辻垣内(2巡目以降、福路はずっと字牌連打。宮永が聴牌する前に手牌の中の公九牌を削ぎ落としている。宮永の下家の福路が中張牌を切らん内はセーフやから右に倣えて助かる。今のうちに私も可能な限り安牌の中張牌を溜め込んでおかねば)H捨て

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・」ポロ(7捨て)

辻垣内((ゴクリ)ついに中張牌が零れた。単騎待ちなら福路ならピンポイントで当たり牌を避けれる筈やから、また十三面待ちを張ったと見るのが妥当か?)

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ゴゴゴー。

西家・照手配 一九19@H東南西北白発中(国士十三面待ち)

辻垣内(まだ5巡。『連続和了』とほとんど同じ聴牌速度やないか(汗)。確かにツモ和了不可能な制約でも折り込んでおかんと寿命が削られかねんチート性能やが、大丈夫や。4巡で字牌整理が終わった清澄はデジタル的には99%ブラフのまま終わる国士をさほど警戒せんやろうし、クズ手の福路の手の中は私よりも公九牌が多い筈。もし仮に流局までに宮永に振り込む不幸者がいるとしても、それは私ではない(キリっ))

15巡目

辻垣内(こ・・・こんな馬鹿なことが・・・何でこんな不条理なことが・・・(ぐにゃー))

南家・辻垣内手配 一三九199@東南南南発中 次ツモ西

辻垣内(ここまできて四枚切れの公九牌はゼロ。間違いなく宮永は国士を張っている。けど何で私にばかりこんなに公九牌が流れてくる? タンヤオ手濃厚の清澄は5巡目以降も中張牌しか零していない。つまり私と違って一度も公九牌をツモってないってことか? ありえないやろ、そんなオカルト!?(ギリッ))三捨て

福与アナ「おーっと、これで辻垣内選手は最後の中張牌を使い切って、手牌の中身は全て公九牌です。次に公九牌をツモったら宮永選手に国士を振り込むことになりますね」

すこやん「そうなればインターハイ至上初めての記録達成ですね」

福与アナ「新記録? 確かに宮永選手がまた役満を和了れば、一大会で一人の選手が二度も役満を和了る快挙になりますが」

すこやん「そっちではありません。長いインターハイの歴史では一大会複数回役満を和了った選手は何人かいて実はわたしもその一人です。記録とは辻垣内選手の方で彼女は準決勝でも姫松の上重選手に役満を振り込んでいて、もし今回も放銃すれば二度目ということになり、これはまだ過去に例がありません」

福与アナ「それはまた『不遇の女帝』の称号に更に泊かつくような不名誉な記録ですね。死刑執行のカウントダウンはもう間もなくなので注目しましょう」
450 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/19(月) 00:02:23.87 ID:w5EmmXl/0
辻垣内(何で、何でや? リーチを掛けたのでも鳴いて手を狭くした訳でもないのに、分かっていながら役満を振り込むやと!? 麻雀でこんな屈辱が他にあるか!?)

辻垣内(明華、しょぼいスキルとか馬鹿にしてスマンかったな(反省)。私は今心の奥底から『風神』が欲しいと思っとる。今回の件に限らずとも国士の可能性が常にゼロになるなら、牌選択のリスクはガラリと変化する。それほど国士無双は他とは毛色が違う役や)

のどっち「・・・・・・・・・・・・♪」

辻垣内(とはいえ納得はできん。何でこの理不尽な仕打ちが、国士ノーマークで地雷源をダッシュするSOAでなく、1巡目からひたすら用心していた私に降り掛かる? そういえば準決勝でも本来は原村の役満のロン牌が私の所に流れてきたわけやし、生まれながらに天に愛されてるとでもいうんか?)

照「・・・・・・・・・・・・・・・(『創造神の祝福』はS級スキルを名乗るだけはあるね。原村さんがツモる予定の公九牌を強引に中張牌に上書きし、変更された分の公九牌を全部下家の辻垣内さんに押しつけちゃってるよ。今回は流局前に手牌一杯になった公九牌が溢れ出そうだし、次で辻垣内さんが私に32000を差し込んでくれるのかな?)」ワクワク(期待の籠もった目で六をツモ切り)

辻垣内(こ・・・こいつの目、明らかに私が振り込むのを期待しとる。(http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4d/1f/2598f864d4f99de3286dbd48def0a058.jpg)荒川憩の言っていたように、やはり宮永照は私たちと同じ赤い血の流れた人間やない(ゾクっ))←辻垣内視点の映像

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・」じいー(悲しい目でツモ牌を手出しのGと入れ換え)

辻垣内(何や阿知賀のその目・・・まるで授業中にトイレを我慢し切れずに教室で漏らしてしまった気の毒な子でもみるような冷たい目だ。残酷な目だ。『かわいそうだけど、あなたは役満を放銃して大会ワースト記録の汚点を残してしまう運命なのね』ってかんじの!)←完全な被害妄想

16巡目

のどっち「・・・! あ、申し訳ありません(あせっ)」ササッ(牌をツモる際に誤って次牌を崩してしまい、慌てて戻す)

辻垣内((ぐにゃぐにゃー)今一瞬だけ見えた次に私がツモる牌は『白』。い・・・いや、まだ終わらん。この土壇場で原村が公九牌をツモる可能性もある。最後まで諦めるな、私)

のどっち「・・・・・・・・・・・・・・・」ポロ(零したツモ牌は4)

辻垣内((真っ白な灰化)終わった何もかも・・・。これで『不遇の女帝』の蔑称の他にも『複数回役満放銃者』と呼ばれることに・・・・・・・・・って、原村が全ての牌を倒している?)

のどっち「ツモです。タンヤオ三暗刻三色同刻ツモドラ2の親倍8000オールです」

東家・のどっち手配 四五五五【五】六4555DD【D】 次ツモ4

福与アナ「なーんと、宮永選手の国士十三面待ちの裏で原村選手もとんでもない大物手を仕上げていました」

すこやん「国士に振り込むことがない中張牌の中でも更にド真ん中の牌だけを選りすぐってツモり続けるとは、本当に『牌に愛された子』ですね、原村さんは(甘口)」

辻垣内(助かったというべきなのか? 満貫出費は痛いが役満放銃と何よりも不名誉称号の追加よりは全然マシか。それにしても清澄のこの手。こんな鬼ヅモが続いても、こいつの中では牌の偏りで全部済ませられるんかいな?)

のどっち(やりました。これで4900のプラス収支です♪)←自分の成績がプラスかマイナスか以外には興味がないデジタル天使。

キャプテン(今ので私の後半のマイナスも2万点を越えましたか。自ら選んだ茨の道とはいえ、もはや点棒が増えるアテがない私としては辛い一撃です。場がまわるってくれるのならまだしも親継続1本場では満貫の払い損ですし、正直こんな調子でツモ和了でガンガン削られるなら、辻垣内さんに宮永さんの手の内を教え続けるメリットがあるのか悩んでしまいます(うーん))

照(防御系地味スキルとかとんでもない。『創造神の祝福』ってこんなえげつないカウンター効果もあるんだ(汗)。対戦者のオカルト強度が強まる程、それに応じて原村さんも増強されるなんて『合わせ鏡』みたいなヤナ敵だな。スキャンで手牌丸見えで差し込みや捨て牌ヒントとか嫌がらせばかりしてくる福路さんも面倒臭い相手だし、私も含めてこんな人外魔境の面子の中で一人だけスキル無しで地道に頑張っている辻垣内さんが癒し系キャラに思えてきた(きゅん))
451 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/19(月) 05:49:38.84 ID:bCMZQ1Boo
お嬢可愛いよ
452 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/20(火) 00:01:45.52 ID:NAId+S0b0
後半 南2局1本場 親 原村 ドラ二

1巡目

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(発捨て)

照「ポン」発を碰して白捨て(再びキャプテンの手番に)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(2捨て)

辻垣内(発を副露。大三元。いや、宮永は白を捨てとるし、福路の次の捨て牌は索子の2。なるほど、緑一色か?)

キャプテン(色々考えましたが、自力和了が不可能な今の私は一人では生きていけない要介護者みたいなものです。宮永さんがラス親なこともありますし、原村さんを手懐けるのは無理としても辻垣内さんぐらいは味方としてキープしておきましょう)

辻垣内(何か宮永・福路連作の役満パズルを解いている気分や(汗)。福路が発の牌を絞らなかったのは、どうせツモ和了できんから鳴かせて手を進めても支障はないという判断か。確かにさっきの国士十三面待ちに比べたら、緑一色など危険度は皆無みたいなものやし、この局上手く回し打ちして大物手を和了ったるで)

12巡目

辻垣内「ツモ、混一色一通ダブ南赤1の跳満。1本場で6100、3100(緑牌を全部手の中で使い切ったで。我ながら惚れ惚れする手構築ぶりや(ドヤ顔))」

南家・辻垣内手配 4【5】689西西《123》《南南南》 次ツモ7

キャプテン(このぐらいの出費で場がまわってくれるなら御の字です。後2局、逃げきれますか?)

のどっち(親被り・・・。今のでマイナス1200のマイナス(むー))←あくまで自身のプラマイ収支に拘るデジタル天使。

西家・照手配 2233446688《発発発》(6−8の双碰緑一色待ち)

照「・・・・・・・・・・・・・・・(緑一色の種がきた時は外れと思ったけど、やっぱり駄目だったか。発以外の危険牌は手の中で簡単に使い切れちゃうからね。そこまで読み込んで1巡目で発を鳴かせたのなら、やっぱり福路さんは面倒臭い相手)」

照(これであと2局。どの手が入るかはランダムだから私が任意に選べるわけじゃない。折角ダントツで性能が良い国士を最初に引き当てたのに和了れなかったのは痛かったな。同じ役満は二度と来ない上に天和系は除外だから、残りは四暗刻、大三元、四喜和、字一色、清老頭、九蓮宝燈、四槓子か)

照(もう後がないのに収支の方もマイナス三万まで後退。役満を和了ってやっと原点に復帰とかこんなに追い詰められるなんて試合前には想像もしなかったけど、先が読めない戦いって凄く面白い。これはこれで共闘とは別な意味で楽しくなってきた)ワクワク
453 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/20(火) 00:02:36.65 ID:NAId+S0b0
後半 南3局 親 辻垣内 ドラ3

東家・辻垣内手配 一八4@D【D】EEFGHH南北 

辻垣内(私の最後の親番で筒子9個の清一色濃厚の好配牌やと・・・)ウズウズ

辻垣内(上手くいけば親倍以上も見込めて、今の15600のマイナスから一気にプラス収支に・・・・・・(はっ)いかん、いかん。これは恐らくは私を破滅へと導く宮永の罠や。前回の邪悪な顔を思い出せば一目瞭然・・・やけど、引くにしても奴の役満種別を確認してからでも遅くは・・・・・・)フラフラ

照(この状況で一番欲しかった手が引けた。二人とも私の制約には抜け道があることには多分気づいていないだろうから、上手くいけば出し抜けるかも)

1巡目

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(発捨て)

照「ポン」発を碰して4捨て(再びキャプテンの手番に)

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(八捨て)

辻垣内(まるでさっきのリプレイみたいな発副露。とはいえ両者の捨て牌がさっきとは異なる。となると緑一色はなしで大三元か字一色。いや字一色なら別な字牌を捨てればいいからオーソドックスに大三元か。いずれにしても危険牌を掴むまでは普通に手を進めるで)

9巡目

東家・辻垣内手配 @D【D】EEFFGGHHH南 次ツモB

辻垣内(よし、清一色一盃口赤1で親倍確定の聴牌。本来なら裏ドラ期待でリーチを掛けて役満以上の点数の親の三倍満の夢を追いたいところやが・・・)チラリ

南家・照手配 ???????《AAA》《発発発》

辻垣内(待ちがAの嵌張のみ。しかも地獄待ちで和了牌がたった一つしかないとか、清一とは思えない酷い受けやな(汗)。どのみち役満聴牌濃厚の宮永がいる限りリーチは危険。待ちが悪すぎることもあるし、ここはダマで様子を見る。上手く和了り牌のAが出れば御の字やが・・・)南捨て

照「カン!」中を暗槓して2捨て(新ドラは中)

南家・照手配 ????《AAA》《発発発》《中中中中》

辻垣内(何か仕掛けてきたと思ったら、四枚目の中を捨てずに暗槓して態々他家に曝したやと!? そりゃ私には宮永の手の中に三元牌があるのは筒抜けみたいなものやが、この状況じゃ原村だって残りの白は捨ててくれんやろうに。いやデジタルは中と発を鳴いても条件が合えば白を切るんやっけ? いや、それは流石に・・・)

辻垣内(それよりも中が槓ドラ(ドラ表示牌は発)いうことは、福路が発を手の内に留めて態と鳴かしたりしなければ、大三元はそもそも成立しなかったということか。どんな原理なのかホンマに手牌の中以外は何も見えないんやな。結果的には悪手やが私に役満の種類を教える為に必要な手順だったのやからしょうがないか)

10巡目

東家・辻垣内手配 @BD【D】EEFFGGHHH 次ツモ白

辻垣内(ぐっ! ここでよりによって生牌の白を掴むか!?)チラリ

南家・照手配 ????《AAA》《発発発》《中中中中》

辻垣内(準決勝もう一試合の大将戦オーラスと似たようなシチュやな。聴牌と白対子以上を前提にするなら、両碰待ちなら白と何か・・・いや役満条件なら白のみが和了牌。もし白が暗刻で確定していたら、白が安牌になる代わりに四枚目か現物以外の牌が全部危険牌に・・・・・・い・・・胃が痛くなってきた)キュルル(胃のあたりを抑える)

辻垣内(態と中を曝したことから、案外白は既に暗刻で揃えていて単騎牌を狙い撃つ魂胆かもしれんが、逆にその裏を掻いて白を炙り出す駆け引きかもしれん。いずれにしてもどちらが正解かなんて私に分かる筈もないか)キュルルル(更に胃が痛くなる)

辻垣内(シンプルに考えよう。国土十三面待ちの異常な外れ率からして、宮永は役満やとツモ和了れない制約に因果律レベルで縛られているのは間違いない。なら、オリさえすれば親被り含めて一切のダメージを受けることもないし、ここは素直に引くべきやな。くそっ! 土壇場で白を掴まされるあたり本当に私は『持ってない』が、リーチを自重した甲斐があったと前向きに考えるしかないか)後ろ髪を引かれながら現物の@捨てで聴牌崩し。

照「・・・・・・・・・・・・・・・」ポロ(何かをツモって白捨て)

辻垣内(! 手出しの白。やはり白を持っとったか・・・って宮永が白を落としたやと!? 額面通りに大三元を諦めたと解釈していいのか?)

キャプテン(宮永さん・・・なんて恐ろしいことを・・・。辻垣内さん、もしかすると私たちは宮永さんの制約についてとんでもない考え違いをしていたのかもしれません)ゾクリ
454 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/20(火) 00:03:18.98 ID:NAId+S0b0
11巡目

辻垣内(本当にどういうつもりなんや? 仮に本当に諦めたとして、何で前巡に中を暗槓した? あの行為で白の出和了のハードルは大幅に上昇・・・!)ビクッ(盲牌でツモった牌に驚く)

東家・辻垣内手配 BD【D】EEFFGGHHH白 次ツモC

辻垣内(また張り直せた。白を落とせるのなら、さっきと違ってACDFGの多面待ちの絶好の好形で聴牌やが(ゴクリ))

南家・照手配 ????《AAA》《発発発》《中中中中》

照の捨牌の河 4西七八@3H29白

辻垣内(もしかして役満の幻想に囚われ過ぎてないか私は? 大三元を前提にしていたから宮永が暗槓した中が槓ドラに化けたことにあまり意識を払わなかったが、普通なら発中ドラ4は跳満。もし混一かトイトイまで絡めば倍満の大物手)

辻垣内(役満以下の点数なら自由に和了れるのなら、宮永にはまだラス親の48000の役満チャンスがあるし、槓ドラのドラ爆によって、和了目のない役満よりもツモ和了も可能な倍満に手替わりする気になったとしても不思議はない)

辻垣内(そういうことなら私も遠慮なく白を落とせる。既に清一色赤1でリーチを掛ければ文句無しに親倍24000。上手くツモか一盃口に裏ドラが絡めば三倍満の36000すら有り得る。五面張と待ちが広くなったし、ここは勝負にいかない手はないで)リーチ!」ポイ(白捨て)

東家・辻垣内手配 BCD【D】EEFFGGHHH (ACDFGの多面待ち)

キャプテン(辻垣内さん、そっちに思考が流れてしまいましたか・・・)じー(諦観の瞳)

照「(にこっ)・・・・・・・・・・・・・・・(掛かったね、辻垣内さん)」

辻垣内「・・・・・・・・・(ゾクリ)(なんや、福路の不安そうな瞳と、宮永のさっきまでとは違う『してやったり』の会心の笑みは? まさかロンする・・・いやいや、制約以前にもう白は安牌やろっ・・・・・・・・・って、あーーー!?)

照「(気づいたね、辻垣内さん。けどもう遅いよ)ポン」白を碰して7捨て。

南家・照手配 ?《AAA》《白白白》《発発発》《中中中中》

辻垣内(! な・・・何や!? はうう!!?)ガシャガシャガシャジャカジャカジャバチンバチンバチンドン!(目隠し、首、両肩、両手首、胸部、腰、股間、両太股、両足首の13箇所が鉄の鎖で縛られる)

福与アナ「なーんと最後の三元牌の副露で包(パオ)発生。チャンピオンから辻垣内選手に13飜縛りの予約(リザベーション)が入りました。しかし宮永選手は暗刻の白を一度崩してから再びポンしてますが、それでもパオは有効なのでしょうか?」

すこやん「ルールでは大三元を確定させた瞬間ですから、暗刻の時は審判から無効指示が出されますが、対子に減らした今の状態なら問題ありません。ただし制約をクリアする為とはいえ、まず間違いなく前半に築いた友誼に皹が入るエゲツナイ打ち筋ですが(激辛)」

12巡目

辻垣内「み・・・宮永・・・き・・・貴様・・・・・・はうう!」ギギギー(13箇所13飜縛りで拘束中)

照(そう、もう完全に悟ったと思うけど、私のギギギモードの制約は『役満をツモ和了できない』ではない。『誰か一人だけに支払いを押しつける形でないと役満を和了れない』が正確)

照「同じような意味に思えそうだけど、後者の制約なら一つだけ抜け道が作れる。辻垣内さんにパオが入った責任払いの状態でなら制約クリアで因果律が解除されて、普通にツモで和了牌を引ける)

辻垣内「く・・・私が先に和了牌を引きさえすれば・・・・・・ひぎぃ!?(ひいっ・・・身体を前に引っ張ると鎖が胸や股間に食い込む!)」ポロ(ツモ牌は@で外れ)

南家・照手配 8《AAA》《白白白》《発発発》《中中中中》 次ツモ8

照「ツモ。大三元の包の責任払いで32000(にこっ)」

福与アナ「チャンピオン、今大会二回目の役満でマイナス三万の一人凹み状態がら原点復帰。そして辻垣内選手はパオとはいえ二度目の役満放銃で大会新記録の樹立です」

辻垣内「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(がくっ)」鎖に拘束されたまま落ちる。
455 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/20(火) 00:04:02.37 ID:NAId+S0b0
後半 南4局 親 宮永 ドラ1

照「ロン1500」

のどっち「!?」

キャプテン(6巡目に原村さんから安手を出和了。また『連続和了』にモードを切り替えた?)

後半 南4局1本場 親 宮永 ドラB

照「ツモ、1000の1本場で1100オール」

キャプテン(なるほど、オーラスにまた一か八かの役満振り込みを期待するよりは、『連続和了』で可能な所まで連荘すると。どうやら役満モードへのチャンジと違って捨て局も必要ないみたいですし、現実的な判断ですね。こちらとしては早く切り上げたい所ですが・・・)チラリ

辻垣内「ついに・・・・・・『不遇の女帝』に続いて『複数回役満放銃者』の汚名まで・・・」ブツブツ

キャプテン(先程の責任払いがよほど堪えたのか、辻垣内さんに全く精彩がありません。正直、スキャンで白暗刻が見えていなかったら私でも騙されていたかもしれないので、判断ミスという程ではないと思いますし、貴方がこんな態だと自力和了が不可能な私も困るのですが・・・)

後半 南4局2本場 親 宮永 ドラ北

照「ツモ、2000の2本場で2200オール」

キャプテン(これで三連続和了。辻垣内さんの覇気の無さにツモ運が引っ張られているのか、後一歩の所で宮永さんに先んじられしまいます)

キャプテン(もちろん辻垣内さんが駄目でも原村さんを支援すれば良いし、本来なら私の下家の原村さんの方がチーも可能な分だけ鳴かせ易い筈なのですが、彼女とは相性が悪いのかなぜか中々有効牌を引けません)

後半 南4局3本場 親 宮永 ドラ5

照「ツモ、4000の3本場で4300オール」

キャプテン(倍々ゲームでとうとう4000オールまで達し、ラス親の連荘分だけで収支が二万点を上回りました。今更ながらに宮永さんの『連続和了』の恐ろしさを骨身に染みると同時に、準決勝で親の連荘を一度も許さなかったのは幸運に恵まれていたのだと実感しています)

キャプテン(それにしても不思議です。捨て局なしで『連続和了』に戻せるのなら、なぜ準決勝もそうしなかったのでしょうか? 園城寺さんから役満を和了った地点で店仕舞いしていれば、役満モードの性質を解析されることなく決勝でも猛威を・・・・・・・・・ひょっとして親の連荘を潰され続けたのに腹を立てていた? 『ついムシャクシャしてやった。今は反省している(プイっ)』という若気の至りでしょうか?)

キャプテン(あまり合理的な理由ではないですが一応辻褄は合います。もしそうだとしたら意外に宮永さんも人間味があるみたいですね(くすっ)。この対局中もコロコロ笑っておられましたし親近感を覚えて・・・って呑気にプロファイリングしている場合じゃありません。次にくるのは最低でも6000オール以上ですから、何としても食い止めなくては)
456 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/20(火) 00:04:52.74 ID:NAId+S0b0
後半 南4局4本場 親 宮永 ドラ一

北家・辻垣内手配 二三@ABHHH《123》《北北北》

辻垣内「チーや(上手いこと原村から鳴けた。これで一−四の両面待ちの聴牌。後は高い方で和了れば、今更焼け石に水とはいえ少しは盛り返して終われる・・・・・・(ビクっ!?))

照「リーチ!」G捨て

辻垣内(やっと解放されると思ったら、この局面でリーチやと(がびーん))

キャプテン視点:(スキャン作業中・・・・・・全体100%)
東家・照手配 CDEEEFFF西西中中中(BE西待ち)

キャプテン(連荘が長引いたので珍しく解析率が100%に達しました。リーチ中混一三暗刻で7飜の親っ跳6000オール。ツモ和了なら親倍8000オールとは欲張ってきましたね。もし和了られたらトップを逆転されますが、逆に私のラストの失点を減らせるチャンスでもあります)ヒョイ(四捨て)

辻垣内(ぐっ、差し込みの和了牌。しかし一で和了れば北チャンタ三色ドラ1で満貫の所を、この四だと北のみの1000点にしかならん)

キャプテン(一応ドラの一も持ってますし、さっきまではこちらで差し込むつもりでしたが宮永さんのリーチのお蔭で安手交渉の余地が生まれました。役満の和了放棄までしておいて今更ですが、団体戦である以上は私にも可能な限り失点を抑える責務があるので後は貴方次第です、辻垣内さん)

辻垣内「ロン・・・1000の4本場で2200や(宮永がリーチを掛けてきた以上、見逃してツモ和了に賭けるのは、今の乏しい懐具合では分が悪すぎる。福路の魂胆はミエミエやが点棒と和了牌を持っている資本家には逆らえんとは、麻雀もまた資本主義の縮図やな(ションボリ)」

キャプテン((ホッ)準決勝の園城寺さんみたいに自棄を起こされたら私も困る所でしたが、最後の賭けは成功です。こういうどう転ぶか分からないギャンブルが好きなのは私の悪い癖ですね。後半だけで点棒を半分近く減らしてしまいましたが何とか逃げきれました)

照「・・・・・・・・・・・・・・・(やっぱり役満分の48000には届かなかった。けど奥の手の包を曝した以上、もう一度振り込ませるのは無理っぽいから、ギギギモードを継続していたら多分失敗してゼロ点だったよね。なら期待値の半分ほど稼げただけで良しとするか)」プシュー(右腕の回転が再びストップ)

各高校途中成績(先鋒戦個人成績)
阿知賀 136900(+36600)【前半:+70700 後半:−33800】)
白糸台 126400(+26400【前半:−36000 後半:+62400】)
清澄   89700(−10300【前半:−12900 後半:+2600】)
臨海   47000(−53000【前半:−21800 後半:−31200】)

福与プロ「これにて先鋒戦終了です。区間首位は大金星の阿知賀の福路選手。何とチャンピオン宮永選手はこれが公式戦初黒星です」

すこやん「真っ当に団体戦に思い入れを持つ選手なら、大将戦の収支が判明するまではどちらも決着がついたなどとは思っていないでしょう。ただし色々と見応えのある素晴らしい勝負でした」

のどっち「ありがとうございました(一万以上のマイナスですか・・・。全国決勝のエースが集う先鋒卓にたった一人紛れた一年生ですから妥当な結果かもしれないですが、やっぱり負けるのは悔しいです(むー))」

キャプテン「お疲れさまでした(最後は少し意地悪だったかもしれません。一部から腹黒と囁かれているのはこういう打ち筋がマイナスイメージを植え付けているのでしょうか?(うーん))」

辻垣内「・・・・・・お疲れや(準決勝の時以上の酷いマイナスやな。もしかして私が去年レギュラーに選ばれんかったのは、この『持ってなさ』を監督に見抜かれとったからやないか?(ズーン))」

照「お疲れさま(よし、勇気を持って、辻垣内さんに話しかけてみよう(ドキドキ))あ・・・あの辻垣内さん」

辻垣内「・・・・・・・・・・・・(ピクッ)」

照「き・・・今日の対局は色々と楽しかったね。また何時か今日みたい戦いを一緒に楽しめたら・・・・・・・・・」

辻垣内「(ブチッ)ふざけるな! 二度とおどれなんかに協力するか、ボケが!」ダッシュ(泣きながら逃走)

照「そ・・・そんな、何で?(ガーン)」

のどっち「・・・・・・・・・・・・(普通に役満をツモ和了ればいいのに、態々パオの責任払いの嫌がらせをしておいて何でも何もありません。咲さんのお姉さんは人の心が分からないのでしょうか?)」チラリ

キャプテン(牌を通じて分かり合うことは無理でしたか。辻垣内さんも宮永さんもどちらも気の毒に(ホロリ))

のどっち(分からないといえばこの人もですね。あの後半東1局の愚行は何度考えても私の中で明確な答えが出せませんが、本当にどんな意味があったのでしょうか?(うーん))

※四人それぞれの心に様々なしこりを残しながらも、先鋒戦の戦いはこれで終了。
457 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山形県) [sage]:2012/11/20(火) 00:27:37.58 ID:ze5FUe+Ao
てるてるポンコツ・・・・・・
458 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/20(火) 02:08:41.78 ID:wIl7HtNKo
お嬢の出番はもう終わりか・・・
459 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sag]:2012/11/20(火) 12:15:37.85 ID:hPVAFKfb0
なんでお嬢関西弁なん?
460 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/20(火) 12:24:55.34 ID:K47yXdMI0
お、完結したか
HTML化はよ
461 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/21(水) 00:01:43.10 ID:4NdyEX3S0
臨海控え室

辻垣内「今戻ったわ(新道寺の捨て駒やあるまいし、こんなマイナス収支で本来なら合わせる顔もない所やが、どうせダヴァン以外は私のことなど気に止めもせんやろな)」バタン

ダヴァン「お帰りなさい、辻垣内さん。アレはハードラックでした・・・」

ネリー「ハードラック? 違うでしょ? 単に智葉が下手糞なだけじゃない(クスッ)」

辻垣内「! ・・・・・・・・・」ぐっ(唇を噛む)

ダヴァン「ネ・・・ネリーさん!」

ネリー「メガンは甘い言葉でナアナアで場を繕うのが優しさだと勘違いしてる? 阿知賀みたいな仲よしこよしのアマチュア集団ならまだしも、好んで臨海のような勝利至上校の門を潜った麻雀エリートに対しては反って侮辱だよ」

ハオ「ネリーの言う通りでーす。辻垣内さん、勝負に出るならなぜ最初に白を掴んだ時に、放銃覚悟でさっさと切り捨てなかったでーすか? 実際にあの地点での宮永照の手牌は白暗刻で白は安牌でしたしね。もちろん辻垣内さんの視点からだと白は50%和了確率の超危険牌ですから、オリの判断自体は否定も肯定もさーれませんが・・・」

明華「ですが、それなら最後までオリに徹するべきでした。『戻り道は刺される』『中途半端に生き返ってはいけない』これらは麻雀の鉄則です。良形の聴牌と宮永照の白落としの撒き餌に釣られてフラフラと方針を変更するようでは素人と何も変わりません。麻雀IQが高い普段の貴方ならパオの可能性にも思い当たれたでしょうに、大物手を成就したい一心で無意識化でその現実から目を逸らしましたね」

ネリー「まあ、そういうことだね。清澄の原村和はSOAなんてこの世界ではキチガイじみた理論の持主だし、『危険牌』を避ける因果律スキルを所持しているみたいだけど、それでも自らの打ち筋に全くブレがないからこそ大崩れしないのさ。ハードラックなんて全く関係ない。今回大負けしたのは智葉の判断が未熟なだけ」

ダヴァン「みなさん、いい加減に・・・・・・」

辻垣内「いや、いいんや。ダヴァン。そうか、私が負けたのは『不遇』でも『持ってない』わけでもなく、単に弱いだけか。そう突き放してもらえる方がよっぽと気が楽になるわ」ボロボロ(涙を零れ落ちる)

ダヴァン「・・・・・・・・・辻垣内さん」

ハオ「落ち込まずとも、飛ばされずに戻ってきただけで十分にノルマ達成でーす。あっ、今回は嫌味で言ってるのではありませーん。福路の『超馬鹿ヅキ状態』が発覚した時は本当に先鋒戦で終わる危険がありましたが、それを食い止める契機を作ったのは宮永照ではなく辻垣内さんですから、その点だけは誇ってもいいでーす」

ネリー「智葉は私たち留学生が締め出された個人戦に出場できるのだから、その時に先鋒戦の面子にリベンジするんだね。もっとも智葉単体の実力じゃ覗き魔やSOAはともかく、極東チャンプに勝てるとは到底思えないけどね(クスっ)」

辻垣内「(こいつら、実はツンデレなのか額面通りに口が悪いだけなのかどっちなんや?)なあ、その福路が『超馬鹿ヅキ状態』を失う切っ掛けになった後半東1局の役満の和了放棄って・・・」

明華「さて、『勝利よりも大切なものがある』とでも言いたげな、いかにもアマチュアっぽい陶酔行為でしたね。天運でも何でも楽に勝てるならそれに越したことはないですから私には理解も共感もできませんが、所詮は他人の選択なのでどうでもいいです」

辻垣内「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ネリー「私たち三人は智葉や決勝に参加している他校の女学生と違って、こんな極東大会の団体戦に特に思い入れはないけど、プロだから臨海を優勝させるという契約はきちんと履行するよ。五万点ぐらいのマイナスならちょうど良いハンデだしね(にかっ)」

ダヴァン「次は私の番なので行ってきます、辻垣内さん(確かに国際タイトルを所持しているハオ達からしてみれば、日本のインターハイは取るに足らない勲章かもしれないデスガ、私にとっては辻垣内さんと一緒に戦える最後の大切な大会なので、負けるつもりはありません)」バタン
462 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/21(水) 00:02:27.30 ID:4NdyEX3S0
白糸台控え室

照「ただいま・・・」

淡「おかえり、テルー。ラストの猛追撃は凄かったね。残り2局だけで6万点近くも稼いだよー」

菫「そうだな。照は常に圧勝してきたから、一部から逆境に脆いのでは見縊られていたようだが、ガラスの天才ではないと証明したな」

照「・・・・・・・・・・・・」ずーん(落ち込み)

亦野さん「お疲れ様サマです(二人のフォローにも反応なし。やっぱり沈んでるか。最終的にプラスに持ち直したとはいえ、収支で遅れをとるのは初めての体験だしな)」

たかみー「宮永先輩、私のような凡人が口出しするのも差し出がましいですが、あんな一生に一度の神懸かりなんてノーカンかと・・・」

照「どうしよう? 辻垣内さんに嫌われた」ずずーん(更に落ち込み)

菫「はあ!?」

亦野さん「弘世部長、どういうことでしょうか? 『まさに初体験』の負けにショックを受けてるわけじゃないみたいですが・・・」

菫「分からん。だが照が他校の人間と仲良くしたがるなど、それこそ敗北以上に前代未聞の珍事だな(汗)」

照「・・・・・・・・・・・・」ずずずーん(激しく落ち込み中)

亦野さん「しかし宮永先輩の収支が抑えられるだけならまだしも、区間トップまで奪われるとは完全に想定外の展開ですよね」

たかみー「(ずずー)次に控えているのは松実玄だし、やっぱり阿知賀は厄介な相手。倫理やスポーツマンシップを据え置けば、トップでのラス親の連荘をしてまで阿知賀を潰しにいった淡の判断は間違っていませんでしたね」

淡「・・・・・・・・・・・・(私はしずの底力が見たかっただけで、別にそんな意図はなかったんだけどなー。何よりももう一度しずと一緒に打てるのが嬉しいし。サキーはあれからどうなったかな?)」

菫「阿知賀が白糸台の三連覇を阻む強敵という意見には同感だが、個人的な感情だけで言わせてもらえば私は阿知賀が勝ち残ってくれて嬉しく思うぞ。こうしてもう一度松実玄と再戦する機会を得られたわけだからな(ふっ)」

菫「これより竜退治に出掛けてくる」バタン

淡「実はテルー以上に堅物のスミレにしては珍しく楽しそうだったね」

亦野さん「弘世部長、松実玄に対して並々ならぬ闘志を燃やしてるみたいだからな。しかも、その松実と収支で心中するみたいなことを宣言していたし、そうなるとますます中堅戦の尭深の役割が重要になってきそうだな」

たかみー「・・・・・・・・・分かっている。オーラスまでの収支をマイナス一万前後に抑えた上で、最低一回、できれば二回は役満を和了るのが私の役目(ドキドキ)」

亦野さん「まあ大丈夫だろう。準決勝の松実玄のドラゴンロードの奇襲のように、ここまで温存してきた尭深の収穫の時(ハーベストタイム)を見抜ける訳がない(後付けで私にもフィッシャー能力が追加されたことだしな)」

照「(はーあ)・・・・・・・・・辻垣内さん・・・」
463 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/21(水) 00:03:08.33 ID:4NdyEX3S0
清澄控え室

のどっち「ただ今、戻りました!?」

咲「そうか、私ようやく分かったよ。無能力麻雀では無理に副露してまで嶺上を狙うよりも、普通にリーチを掛けた方がよっぽど和了への近道なんだね」パンパカパーン(咲はレベルが上がった。嶺上よりリーチを優先するようになった)

京太郎「・・・・・・・・・・・・(まさかこんな当たり前の真理に到達するのにここまで時間がかかるとは(汗)。和了率1位(45.1%)のリーチと、和了率19位(0.28%)の嶺上開花じゃ比較するのも烏滸がましいのに、魔物やってると本当に麻雀が下手になるよな)」

咲「和ちゃんもお疲れさま。私もCOM麻雀しながら和ちゃんの闘牌をチラ見していたけど、凄かったよ。あのお姉ちゃんを相手に物怖じしないで最後まで戦えていたし(にこっ)」

和「ありがとうございます、咲さん(じーん)。けどマイナス収支でチームに迷惑をかけてしまって申し訳ないです(しょぼーん)」

タコス「・・・・・・・・・(相変わらずのどちゃんの基準は、本当にプラスかマイナスだけみたいだじょ。けどプラスで戻ってきてもチームに迷惑かける場合もあるんだじぇ)」

―――――――――――――

去年の長野県予選中学団体戦1回戦

マホ「ううっ、私のせいでこのままだと緒戦敗退(涙目)」←(−47700【次鋒4位】)

ムロ「一位勝ち抜け条件で残りは大将戦だけなのに、トップとは九万点差の三位か。厳しいですね」←(−10100【副将3位】)

名無しのっぽさん「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」←(+5400【中堅2位】)

タコス「平気だじょ、大将はのどちゃんだから。きっとのどちゃんなら何とかしてくれるじょ」←(+14500【先鋒1位】)

実況「高遠原中の原村選手、跳満のロン和了ですが、惜しくも一位に届かずに試合終了。風越付属中の準決勝進出が決定しました」

マホ「ぐすっ・・・ぐすっ・・・」

のどっち「泣かないでください、マホ。チーム全員で戦う団体戦に戦犯はいませんので、負けたのは私も含めた全員の連帯責任です。それでも私たちは持てる力の全てを出し尽くしたのですから、胸を張って母校に帰りましょう(にこっ)」←(+56700【大将1位】)

タコス「・・・・・・・・・・・・(確かに団体戦で誰か一人に責任を押しつけるは間違っているし、一人で五万点以上稼いだのどちゃんは一番頑張っていたんだじょ。けど・・・)」

ムロ(オーラス、トップからの直撃なら逆転できたけど、和先輩は躊躇うことなく先に当たり牌を捨てたラスから出和了った。先輩の上家でひたすら現物や他家との合わせ打ちに終始していた風越がロン牌を零す確率は低かったとはえ、その可能性すら追わずに自分のトップ収支を確定させるとは、本当に自らの打ち筋にブレがないというか)

名無しのっぽさん「・・・・・・・・・・・・・・・」
464 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/21(水) 00:03:50.69 ID:4NdyEX3S0
タコス(のどちゃんは凄く強いけど、そのデジタル思考は個人戦に特化しすぎだじょ。そう考えると、のどちゃんの友達の穏乃ちゃんは常にマイナスだけど、きちんと大将の役割を全うしてくるから、団体戦向きの人材ということになるのかにょ?(うーん))

ワカメ「おいおい、ここまでずっとプラス収支の和が一度マイナスになったぐらいでそんなに畏まられたら、マイナス続きのワシなど立場なしじゃぞ。ましてやあの宮永照と同席してなら十分な健闘じゃわい」

ババア「まこの言う通りよ、和。今年の団体先鋒戦は全国個人戦決勝卓と謳っても遜色ない強豪揃いだったから、マイナス一万ぐらいの収支で切り抜けられれば御の字よ。流石はあたしが全国エースと渡り合えると信じて先鋒を任せただけはあるわね」

ワカメ「・・・・・・・・・(珍しいのう。久が負けた相手を労るとはな)」

ババア(まあ本当は島流しで和を先鋒に配置しただけだけど、意外な怪我の功名だったみたいね。オカルトキャンセラーの他にも明らかに妙な因果律スキルを抱えているみたいだし、実はオカルト頂点の魔物を相手にしてこそ、この娘のSOAが最大限に発揮されるのかもしれないわね)

のどっち「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ババア「どうしたの? やはり負けたことが悔しくて納得いかない?(まあ負けてヘラヘラ笑っていられる屑よりは、負けず嫌いの方が好感が持てるけどね)」

のどっち「いえ、それもありますが、阿知賀の先鋒の例の九種九牌が気になりまして」

ババア「・・・・・・・・・・・・・・・(ぴくっ)」

のどっち「実は二日前に阿知賀の決勝進出祝賀会にお呼ばれして、優希と一緒に一時間ほどお邪魔したのですが、その時に再会した旧友(穏乃と憧)から阿知賀のキャプテンを紹介されました(大変料理のお上手な人で、即興でタコスを振る舞ってもらった優希は早速餌付けされて懐いていましたね)」

ババア「阿知賀のキャプテンねえ。人間的には色々と癇に触る部分があったけど、技量は本物だし無名校の阿知賀をたった一年で全国決勝まで導いた手腕は素直に称えるべきかしらね」

のどっち「福路さん本人は大変奥深しい方で、『むしろ自分の方こそが勝ち馬に乗せていただけて、皆に全国まで連れてきてもらった』と謙遜していました。憧などは理(ことわり)の達人とまで絶賛していたのに、どのような合理的な理由があればあんな馬鹿な真似をするのか私にはどうしても分からなくて」

ババア「(基本他人のことを意識しない和にしては珍しいわね)あの行為に深い意味なんかないでしょう? 単に上手くいきすぎても面白くなかったから、態と自分の運気を落として敗北の可能性を作った・・・それだけの話よ」

のどっち「だとしたらチームの勝利よりも、個人の嗜好を優先させた褒められた行動ではありませんね。団体戦である以上は私心は抑えて、チームの歯車の一つに成りきるべきです(きりっ)」

ワカメ(これはお前が言うな・・・という突っ込み待ちなのか?(汗))

ババア「次は優希の番でしょ。そろそろ行ってきなさい」

タコス「了解だじょ、部長。次鋒の玄ちゃんものどちゃんのお友達だから楽しみだじょ(祝賀会では『おもちはないけど昔の憧ちゃんにソックリー』とかナデナデされたじょ)」

和「頑張ってください、優希。玄さんは性格はおおらかで大変宜しいのですが、自分がドラを捨てない限りドラを全て独占できると盲信してる少し頭が可哀そうな部分があるので、つけ込めると思います」

タコス「のどちゃんが玄ちゃんと卓を囲った時に、ドラをツモれたことはあったのかにょ?」

和「そ・・・それは数百回ほど囲みましたが、偶然一回も・・・」ピシッ(オカルトキャンラセラーに亀裂が走る)

和「! あっ、一度穏乃が馬鹿勝ちした時には、ドラを捨ててもいないのに穏乃の所にもドラが流れていたので、やはりそんなオカルトはありえません」シャキーン(オカルトキャランセラー完全修復)

ババア「優希、そのぐらいにしておきなさい。和は今の仙人状態でいる方が強いような気がするから、無理に世俗の塵垢に思考を堕落させる必要はないわよ」

のどっち「???」

タコス「何のことか良く分からないけど行ってくるじょ(本当にのどちゃんは相変わらずだじぇ。けど、あたしはちゃんと玄ちゃんの危険度を理解しているから問題ないじょ)」バタン

ババア(阿知賀の打ち筋も性格もどちらも腹黒いキャプテンさん。牌で語るべきというあなたの麻雀見せてもらったわ。けど『勝利よりも大切なものがある』とかいう奇麗事があなたの麻雀だというなら、残念だけどあたしと交わる部分はどこにもないわね)
465 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/23(金) 22:23:19.78 ID:By7Z3RkHo
ガイトさんの関西弁が気になるな、なんでや
466 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/24(土) 00:01:33.06 ID:nqF9xthx0
※感想は楽しみに読ませてもらってますが、作者の意図を語るのは好きじゃないので、基本的に作品アップ以外のカキコミはしない主義ですが、辻垣内関西弁に関しての疑問が多いようなので言及。昔有名だったゲームのとある関西弁委員長キャラに容姿が似ていたので自分で中で勝手に関西弁イメージが植え付けられてしまっただけです。(『保科智子』で画像検索すると分かります)もう少し早くヤンガンの最新号を読めたらお嬢イメージで書けたと思いますが、今更路線変更は無理なので(もう出番もあまりないですし)このまま通します。



阿知賀控え室

キャプテン「ただ今戻りました(今にして思えば、我ながらとんでもない真似をしてしまいました。宥さんは許してくれるかもしれませんが他のみんなは・・・) !?」ビクッ(異音に驚く)

全員「お疲れさま、美穂子さん。それと区間一位おめでとう」パンパン(クラッカーを鳴らす)

キャプテン「(呆然)あ・・・ありがとうございます。けど皆さんは私のことを責めないのですか?」

憧「どうしてよ? 美穂子は公言した通り宮永照に正面から戦いを挑んで、きちんとトップで戻ってきたじゃない?」

キャプテン「ですが、本当ならもっと点差をつけられたかもしれないのに、私は・・・」

宥「(こほっ)ねえ、美穂子ちゃん。もしかして、後半東1局の選択を今になって後悔してる? なら実質、煽動したわたしも同罪だけど・・・」

キャプテン「! いえ、後半からは『楽しい私の麻雀』を打てましたので、悔いはありません。それにあくまでも私の自発的な意志でしたことですから宥さんに責任はないです」

宥「(にこっ)なら問題ないんじゃない? わたし達は対局前に『美穂子ちゃんの好きなようにして良い』と約束したのだから誰も文句なんてないよー。そりゃ試合が終わった後のインタビューでマスコミさんからは散々叩かれることになると思うけど、わたし達は全員美穂子ちゃんの味方だよー」

キャプテン「宥さん(ホロリ)」

レジェンド「まあ、一万ぐらいのアドバンテージの方が緊張感を維持するにはちょうど良いのかもしれんな。あまりに大量リードすると浮足立つ連中も多いようだし(ジロリ)」

穏乃・憧・玄「・・・・・・・・・・・・(赤面)」

穏乃「本当に面目ないです。しかしそう考えると毎回宮永さんが十万点程も稼いできても、全く動じることなく自分の麻雀が打てる白糸台の面子はやっぱりメンタルが鬼強いんだなと実感するよ」

憧「途中経過に一喜一憂する若輩のあたし達にはない王者の貫祿って奴ね。そして美穂子はその平均十万稼ぐチャンピオンに公式戦で初めて黒星をつけたのだから凄い快挙よね」

キャプテン「いえ、あれは一生に一度の『超馬鹿ヅキ』に助けられただけで、到底公平な条件とは・・・」

レジェンド「人は生まれ持った才能、育った環境、更にはその日の体調など全て異なるから、麻雀に限らずどんな勝負事でも公平な条件などある筈はない。美穂子、もし超馬鹿ヅキが発生せずにチャンピオンにボロ負けしていたら、『宮永には支配力があるからフェアな勝負じゃなかった』とクレームをつけたか?」

キャプテン「いいえ、もう二度と魔物さんの麻雀を侮辱するつもりはありません。何時いかなる状況下でも私の麻雀で全力で挑ませてもらうつもりです」

レジェンド「なら勝ちの現実も受け入れろ、美穂子。自分の正当な勝利を認められない者は、裏を返せば自分の敗北も認められずに常に言い訳を用意しようとしているに等しい。その時その場の状況とルールで勝利した者が強い、それが麻雀の全てだ」

キャプテン「分かりました。ただしこれは団体戦ですから、大将戦が終わって阿知賀が首位を維持できていた時にはじめて勝鬨をあげさせていただきます」

憧「意外と素直じゃないのよね、美穂子は(くすっ)」

穏乃「ところで、美穂子さん。かつての『超馬鹿ヅキ』被験者のアドバイスをいいですか? 私の実体験だと反動によるドツボ状態は時間経過じゃ解除されないみたいです。私の時は一週間ほど麻雀から離れても継続されていましたから」

憧「なら、どうすればドツボ状態の運気から脱せるのよ、しず?」

穏乃「何十局というスパンでひたすら麻雀を打ち続けることで、少しずつだけど運気が回復していくみたいだったな。美穂子さんは明日から個人戦がありますから、今から厄払いに取り組んだ方が良いと思いますよ」

キャプテン「ありがとうごさます、穏乃さん。それでは赤土さん、灼さん、吉留さん、お願いできますか?」

レジェンド「ふっ、いいだろう。ドツボ状態でも一切手加減はしないぞ(にかっ)」

灼「全力でお相手する(最近ご無沙汰だったけど、ハルちゃんと一緒に打てる(ドキドキ))」

みはるん「胸を貸してもらえて光栄です(今の状態なら私でも福路先輩に勝てるかも(ドキドキ))」

池田「にゃー、みはるん、美穂子先輩と打てるなんて羨ましいにゃー。あたしも混ぜて欲しいにゃー(うずうず)」

憧「あんたは個人戦の出場者だからダメよ。もし卓を囲んだのが発覚して美穂子が失格になったりしたら困るからね(あんたの方はどうせ予選落ちするからどうでもいいけどね)」

池田(こいつ、絶対に失礼なこと考えてるにゃー。明日の予選でかち合ったら絶対にたたき潰してやるにゃー(メラッ))

レジェンド「今回は局数をこなすのが目的だから、ネット麻雀のように牌選択に制限時間を設けて、早打ちでやるとするか。では始めるぞ」ジャラジャラ
467 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/24(土) 00:02:20.66 ID:nqF9xthx0
レジェンド「ツモ、6000オールだ(にかっ)」レジェンド、灼、みはるん、キャプテンで卓を囲う。

みはるん「ツモってから毎回三秒以内に牌を切るって、流石に性急すぎませんか?(汗)」

灼「そうだね。考える時間もないから、ほとんど感覚で牌選択するしかない(あせっ)」

キャプテン「流石にこの短時間じゃスキャンを使える余裕もないですね。けど、これはこれで良い修行になりそうです(にっこり)」

レジェンド「吉留、それロンだ(にやっ)」

みはるん「はうっ!?」

灼(冷静に熟考できれば危険牌だと分かるけど、その暇がない。相手の手番の時に河を観察して手牌を推理する必要もありそうだ(ゴクリ))

キャプテン(赤土さんはこのルールにかなりやり馴れているみたいですね。私の方も振り込みを回避するので手一杯で、他家を支援する余裕もないですから、これはしばらくは赤土さんの独り舞台になりそうです)

憧「流石は美穂子ね。手牌は何時も当たり牌でギッシリなのに、理牌読みしか使えなくても器用に放銃を避け続けている」

穏乃「とはいえ後ろから見ていても、全然美穂子さんにマトモな配牌がこない。こりゃ一回聴牌できるようになるだけでも凄く時間がかかりそうだね」

宥「(コホコホ)玄ちゃん、そろそろ出番だよー」

玄「うん、分かってるよ。おねーちゃん」(がおー)(ぐるるー)(ぎゃーす)

穏乃「玄さん、頑張ってください」

憧「今度は前半からドラロー全快だけど油断はできないわね。美穂子が区間首位を取ってきたとはいえ、二位抜けルールの準決勝の時と違って、今度はそれが有利に働くどころか逆にトップは狙い撃ちにされるのよね?」

穏乃「そうだね、憧。準決勝のドラ爆を偶然と見做してくれそうな緩い面子が、この決勝卓まで残っている筈もないしね(いるとしたらもう出番が済んだ和ぐらいかな?)」

玄「うん、自分でもとても厳しい戦いになると思う。でも私はこの大会で楽だと思った試合なんて、県予選の個人戦や東風戦を含めても一度たりともなかったよ(しみじみ)」

玄「ドラは常に相手の物だったから、色々と頭を使って工夫しないとマトモな収支を得られなかった。それは大変だけどとても楽しくってやり甲斐があって、私にこの素晴らしい世界への扉を開かせてくれた美穂子さんに感謝している(にこっ)」

キャプテン「玄さん・・・」せっせ(早麻雀の牌を切る)

玄「けどこの試合はドラは全て私の物なんだよね。今なら半年前の私には見えなかった色んな景色を卓上に見出せるようになったと思う。だからね、自分で言うのも変だけど私、誰が相手でも全然負ける気がしないよ」(がおー)(ぐるるー)(ぎゃーす)

全員「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

玄「だから皆、どうかおまかせあれ」バタン

灼「・・・・・・クロがあんな大言壮語をするなんて珍しい」せっせ(早麻雀を継続中)

レジェンド「自信なのか・・・それとも過信なのか?」せっせ(以下略)

キャプテン「恐らくは両方でしょう。ですが玄さんは少し傲慢なぐらいが丁度良いと思いますよ。正直、今の玄さんが手も足も出ない相手がいるとしたら、チャンピオンの宮永さんぐらいしか私には思い当たりませんから」せっせ(略)

宥「はわわー、玄ちゃんが褒められると、自分のことのように嬉しいよー(コホコホ)」
468 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/24(土) 00:03:04.26 ID:nqF9xthx0
福与アナ「さあ、先の名勝負の興奮も納まらぬ中、先鋒からバトンを受け取った選手達による次鋒戦を始めますが、その前に各校の出場選手を紹介します」

福与アナ「白糸台次鋒は『シャープシューター』弘世菫。盟友宮永照と共に一年からレギュラーに抜擢され白糸台の黄金期を築いた影の功労者。準決勝では松実玄に思わぬ不覚を取りましたが決勝では雪辱なるか注目です」

福与アナ「臨海女子次鋒は『達人』メガン・ダヴァン。世界麻雀プロリーグの最高峰プレミアリーグのメガクラブ並に入れ替わり競争が厳しく、全国個人三位の辻垣内選手ですら落選した昨年の団体戦レギュラー唯一人の生き残り。かの龍門渕透華との死闘は多くの人の記憶に未だに焼きついています」

福与アナ「清澄次鋒は『東場マスター』片岡優希。綽名通りに先行逃げきりを得意とするタイプで、火力だけなら決勝参加メンバーの中でも上位に入ります。まだ一年生ですが、経験豊富な二強の三年生を相手にどこまで戦えるか期待しましょう」

福与アナ「最後の阿知賀女子次鋒は『ドラゴンロード』松実玄。準決勝後半戦で記録した88800点は半荘一回での大会記録です。この活躍が実力か偶然かは専門家の間でも意見が割れていますが、その真価はこの決勝で判明するでしょう」

福与アナ「全国決勝の次鋒戦はこの四人によって競われます。場決めが終わりいよいよ開局です」

全国決勝次鋒戦 前半

タコス「よろしくだじぇ(今日も起家はあたしの物。絶好調だじぇ)」(E:マント)

ダヴァン「よろしくお願いシマス(点数が心もとないですが、この面子の中で焦って動くのは危険デス。まずは様子を見まショウ)」

菫「よろしく !?(何だ、周囲の風景が歪んでゆく!?)」ヴィィィン

アストラルサイド(赤い月に荒れ果てた大地の魔界のような場所)

菫「ここはどこだ? 松実玄の心象世界に引っ張りこまれたのか? 私の格好は道着袴に足袋と白の鉢巻きに与一の弓か・・・・・・って、松実玄!?」(E:与一の弓)

玄「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」(がおー)(ぐるるー)(ぎゃーす)

玄「いくよ、みんな、メタモルフォーゼ」パアア(玄の周囲のドラゴンが光と共に玄を覆う)

菫「!?」

玄「変身! 完全体(フルアーマー)ドラゴンロード!(どやっ)」(E:ドラゴンスレイヤー E:ドラゴンアーマー E:ドラゴンシールド E:ドラゴンヘルム)

菫「フフフ・・・、敵は竜属性の剣鎧盾兜を完全一式で揃えているのに、こちらは防具なしの生身で弓一つか。分かっていたことだが、基礎攻防力に違いがありすぎるな(ゾクゾク)」

―――――――――――――

玄「よろしくお願いします(にこっ)」

菫「・・・・・・・・・・・・(お互いに制服姿。元の世界に戻ったか)」

玄「♪♪♪」

菫(だが、今のアストラルサイドでの邂逅で改めて確信した。この一見闘争とは無縁そうな少女こそがこの卓に棲息する最大最悪の化物。こいつを潰さない限り、白糸台の優勝はありえない。どんな犠牲を払ってでもドラゴンロードの息の根を止める!)
469 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/24(土) 00:04:00.12 ID:nqF9xthx0
前半 東1局 親 片岡 ドラF

憧「さてと、玄の手は配牌からドラ3つと。『ドラゴンロード』の支配力は問題なく場に浸透しているわね」

穏乃「準決勝は後半だけで九万点近い夢スコア。今度は前半からだから倍稼げる程単純な話じゃないだろうけど、やっぱり少しは期待しちゃうよね(ワクワク)」

憧「それは夢見すぎでしょ、しず。今回は白糸台のシャープシューターも玄を最初からマークするでしょうし、去年の臨海の団体戦メンバーの選考基準からするとあの黒人さんは全国個人三位の眼鏡委員長よりも強いのよね?」

キャプテン「そうですね。ダヴァンさんは辻垣内さんの技量に重厚さを付け加えたような剛柔を兼ね揃えた打ち手で達人級と評されています。例の特待生三人と違って国際タイトルこそ所持していませんが、ワールドクラスなのは間違いありません」せっせ

憧「(美穂子ったら、早麻雀を打ちなから同時に解説役もこなしている(汗))世界レベルか。そんな達人に百戦錬磨の弘世菫も同席しているなら、流石の玄も先制するのは難しいかもね」

キャプテン「確かにこの次鋒戦の開幕で主役になるのは玄さんではないでしょう。ですが白糸台や臨海でもないと思いますよ。皆さん、誰か一人忘れていませんか?」せっせ

穏乃「誰かって・・・・・・・・・!?」

タコス「ダブルリーチだじぇ!!」ドッ(いきなり白切り)

菫・ダヴァン「!?」

玄(ちょ・・・ちょっと、いきなり親のダブリーって何の冗談?(汗) 南家の私が安牌なんかあるわけないし、えーとこれかな?)西切り

タコス「ロン・・・ッ! ダブリー一発!! 7700だじぇ(にかっ)」

東家・タコス手配 二三四四四123666西西

玄「はううっ(涙)」

憧「玄がいきなり放銃して涙目になってる。二強の思わせぶりな前振りや、アストラルサイドでのドラクエ8主人公の裏ボス攻略後の最終装備みたいな完全体ドラゴンロードって一体何だったのよ?」

穏乃「開局ダブリーの1点読みなんか美穂子さんでもまず無理だからしょうがないんじゃない。それよりも清澄の次鋒、祝賀会で和に紹介された昔の憧似の子だよね?」

憧「(あたしってあんなにチンチクリンだったけ?)確か片岡優希って言ったわよね? 長野の高遠原中の同窓で、全中チャンプの和が無名校の清澄に入学する切っ掛けを作ったみたいだけど、和のお引きの人数合わせじゃなかったんだ?」

キャプテン「憧さん、失礼ですよ。片岡さんは東場を得意領域とするれっきとした眷属で、東場だけの平均聴牌速度は5巡と宮永さんとほぼ同等。起家親の時は3.8巡でむしろ速いぐらいです」せっせ

穏乃「!?」

憧「東親だけなら、あのチャンピオンよりも聴牌が速い?(ゴクリ)」

キャプテン「はい、ある意味では玄さんの能力が、唯一の天敵ともいうべき宮永さんの『連続和了』にも通じるのかという仮想対決に繋がるかと思います。玄さんが片岡さんの『東場ブースト』をどう攻略するのか楽しみに拝見させてもらいましょう(ニコニコ)」せっせ
470 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/24(土) 05:41:06.99 ID:dCf80RGZo
タコスが恰好良い
471 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/25(日) 00:01:36.63 ID:+DHE3Kzv0
タコス(幸先良いスタートだけど、まだまだこれからだじぇ)

玄「ううっ・・・ぐすっ」

菫(いきなりのダブリー一発放銃で二位の私とは三千点差か。もっとも松実玄の『ドラゴンロード』が有効な間は十万点差つけたところで、まるで安心できる気はしないが)

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・」

前半 東1局1本場 親 片岡 ドラ8

タコス「ロン、タンヤオ2000の1本場は2300だじぇ」

菫「!?」

東家・タコス手配 三四五六八234CDEGG

玄(今度はシャープシューターさんからダマで出和了り。けどダブリーに続いて2巡なんて速すぎだよ。『連続和了』の宮永さんだって、ここまで無茶苦茶じゃなかったのに)

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・(東場マスターさんが面前で即リーをかけずにダマ? 準決勝の時とは違う打ち筋デスネ(ふーむ))」

前半 東1局2本場 親 片岡 ドラ1

タコス「リーチだじぇ!」バシ(八捨て)

玄(また3巡で先制リーチ。今度は安牌があるから、一発放銃は凌げそう)南捨て

菫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」同じく南を合わせ打ち

ダヴァン(二校とも放銃しなくなった。流石に警戒してオリますか)@捨て

5巡目

タコス「ツモ、リーチタンヤオツモの2本場で2200オールだじぇ(にかっ)」

東家・タコス手配 234888CCCDEGG 次ツモF

福与プロ「なーんと、三連続和了。台風のような先鋒戦が終わって、ようやく場が落ち着くのかと思いきや、この次鋒戦も開幕から電撃戦ラッシュです」

すこやん「開幕だからこそでしょうね。片岡選手は100%に近い確率で起家を担当する東場を得意領域とする眷属です。彼女が起家を取れたということは、その支配は絶好調という意味ですから」

―――――――――――――

阿知賀控え室

憧「これで親の三連続和了で収支は16600。何これ? 完全に清澄の独り舞台じゃない」

穏乃「そうだね、憧。清澄で良く話題になるのは同じ一年の全中王者の和とチャンピオン宮永照との親類説が囁かれる宮永咲だけど、こんな伏兵もいたんだ」

キャプテン「はい、清澄は一回戦を副将戦トビ終了で決着させていますが、その時の得点の半分以上は次鋒の片岡さんが稼いだものです。単純な火力だけなら全国トップクラスで、云う迄もなく東場のスピードはチャンピオンをも凌ぎますよ」せっせ

穏乃「なるほど。けど、こんな凄い人がどうして決勝までまるで騒がれなかったのだろう?」

キャプテン「それは安定性に欠けるからですかね。一回戦で大きく稼いだ反面、シード校が混じって卓のレベルが上昇した二回戦、準決勝共にマイナスだったので、一部からは一定ランク以上の強者には通じない雑魚専能力と侮られていたようですが」せっせ

キャプテン「あと片岡さんは『東場マスター』と呼ばれていますが、実際には『東親マスター』が正解で、全得点の八割以上を起家親の連荘で稼いでいます。ただし集中力を切らす南場で同じぐらい失点して、最終的にはマイナス収支に落ちこむのが二回戦以後のパターンです」せっせ

憧「爆発力はあっても防御性能がてんで駄目ってこと? 何か一昔前の玄みたいね(くすっ)」

キャプテン「特に準決勝では同席したダヴァンさんに潰された面が大きかったみたいですね。ここまでは玄さんの動向に目を光らせていたので大人しくしていたみたいですが、ツモで削られた臨海もそろそろ動き出す頃合いでしょうか?」せっせ
472 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/25(日) 00:02:27.94 ID:+DHE3Kzv0
タコス(三連続和了と快調に飛ばしているけど、何かしっくりこないじょ? 普段ならもう三万点ほどは浮いてる筈なのに、収入が予定の半分に抑えられているのはなぜだじぇえ?)チラリ

玄「・・・・・・・・・・・・(うーん、一振りで倍満ダメージを与えられる大刀のドラゴンスレイヤーもヒットしなきゃ意味ないよね。このフル装備の鎧も重すぎるし、少し装備を変更してみるかな?)」

タコス((はっ?)さっきからあたしの手にドラが一つも入らないから、点数の上限が抑えられているのか? 速攻メインのあたしが点数ブーストするには赤ドラは欠かせない友なのに全部玄ちゃんにガメられている。ただ場に存在するだけで他家の飜数に制限を掛けるとか厄介な能力だじぇ)

前半 東1局3本場 親 片岡 ドラE

東家・タコス手配 三四六34567ABCGG 次ツモ二

タコス「リーチだじぇ」六捨て

福与アナ「またまた清澄が3巡目で先制親リーチ。もしや片岡選手も超馬鹿ヅキ状態なのでは疑いたくなるような速攻振りです」

すこやん「いえ、東親の片岡選手はこれが普通の速度です。ただし、今度はすんなりとは和了そうもないですよ。聴牌速度はチャンピオンと互角でも和了率の方は比較にならない程低いですから」

玄「・・・・・・・・・・・・(現物)」八捨て

菫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」同じく現物の六捨て

ダヴァン(さて、直撃で上位二校から削ってくれる分には有り難かったので放置しましたが、二校の守りが堅くなってツモ和了にシフトされては、残り点数の少ない私としても捨て置けません)

ダヴァン(松実玄ならまず間違いなくこのあたりを持っているでしょうね)D捨て

玄「(えっ? これって鳴けって意味だよね? 手を狭くしたくはないけど、この局は外れを引いて捨て局だし、優希ちゃんを放っといたらまた一発ツモがつきそうだから、ここは緊急回避で)ポン」Dを碰してH捨て

菫(松実め。やはり当たり前のように赤ドラの【D】を二枚抱えていたか。それはともかくとしてまた一発ツモが濃厚なら、この2が清澄の和了牌か?)Hを合わせ打ち

福与アナ「おおーと、松実選手の鳴きで片岡選手の当たり牌が西家の弘世選手に流れてしまいました」

すこやん「鳴いたのではなく鳴かされたのです。これがダヴァン選手の達人芸の一つで、鳴きで調子を狂わせて和了牌をズラします。準決勝では片岡選手は親の連荘が一回しか出来ずにマイナスに落ち込んだのはダヴァン選手にこの策で封じられたからです」

北家・ダヴァン手配 二二三七八九678AC西西 次ツモB

ダヴァン(これで私も聴牌しました。平和のみの安手なので、親流し目的でどちらかが差し込んでくれるでしょう。悪いですがそろそろ連荘は店仕舞いしてもらいマス)二捨て

タコス「・・・・・・・・・・・・(ふっ、準決勝までのあたしだと思ったら、吠え面か掻くじぇ、臨海のアメリカン)」ヒュン(一瞬タメを作った後、牌をツモる)

タコス「ツモ、リーチタンヤオ平和ツモ2600の3本場は2900オールだじぇ(にかっ)」

東家・タコス手配 二三四34567ABCGG 次ツモ8

ダヴァン「!?」

福与アナ「片岡選手、鳴きをモノともせずに四連続和了! ところで解説の小鍛冶プロ。すんなりと和了ないとか、この手で封じられたとか言ってませんでしたか?(ニヤニヤ)」

すこやん(赤面)

玄(うわー、何これ? 私が鳴かなかったら、多分一発に三色までついて親っ跳6000オールだったのかな? 和ちゃんのお友達の優希ちゃんてすごーい)
473 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/25(日) 00:03:10.92 ID:+DHE3Kzv0
前半 東1局4本場 親 片岡 ドラ二

タコス「ダブルリーチだじぇ!」北捨て

福与アナ「何と二回目のダブリー。本当に何なのでしょうか、この生き物は?」

玄(私なりに色々と試したいことがあるのに、流石にこれじゃ試行錯誤する以前の問題だよね。とりあえず現物)北捨て

ダヴァン「ポン!」北を碰して発捨て

菫「・・・・・・・・・・・・(また一発消しの鳴きか。安牌が無かったので、私のツモ番を飛ばしてくれて助かるが)」

ダヴァン(またズラしました。これでさっきのツモ和了がマグレかどうか分かりマス)

東家・タコス手配 五五五六七九九567EFG 次ツモ九

タコス「ツモ、ダブリーツモ2000の4本場は2400オールだじぇ」

福与アナ「何と開局から五連続和了! 片岡選手の収支は三万点越えで、これで微差ながらも阿知賀を抜いて清澄が単独トップに躍り出ました」

すこやん「片岡選手は県決勝でも龍門渕井上選手の亜空間殺法に翻弄されていたので、得意の東場の支配力すら未熟だと思っていましたが、どうやら彼女を見縊っていたみたいです。しかしいつ自分の弱点を克服していたのでしょうか?」

―――――――――――――

2カ月前 私立龍門渕高校麻雀部

タコス「たのもー」バタン

透華「? 誰ですの、貴方?」

鎖子「透華、清澄の先鋒・・・いや、全国からは原村和が先鋒にまわるみたいだから、次鋒の子かな?」

ともきー「片岡優希。東場を支配域とする眷属」

井上「そうなのか? 決勝で相手した時は焼き鳥だったから気づかなかったぜ(プッ)」

タコス「(ぐっ・・・ここは我慢だじょ)今日はノッボに用事があってきたんだじぇ」

井上「俺に?」

タコス「ずばりあたしを弟子にして欲しいじょ」ささっ(貢ぎ物のタコス1ダースを差し出す)

透華・鎖子・ともきー「!?」

―――――――――――――

清澄高校麻雀部

咲「今日でもう三日も優希ちゃんが部活を休んでる」

京太郎「部活どころか学校にも来てないぞ、優希の奴。一体どうしちまったんだ?」

ワカメ「県決勝で一人だけ焼き鳥で足引っ張ったのを未だに気にしているんかの? 個人戦も東風戦は歴代新記録で首位通過したと思ったら、肝心の本戦はベスト10にも入れずに塞ぎ込んでいたようじゃしの」

ババア「まあ、いない人間を気にしてもしょうがないわね。人数がピッタリ四人でローテーションの必要がなくて、効率よく練習できると割り切りましょう」

のどっち「そ・・・そんな、部長」

ババア「もし敗北の一つや二つで潰れるような屑ならウチには必要ないわ。けど、あなたの知っている片岡優希はその程度でへこたれるような人間だったわけ?」

のどっち「いえ、優希は挫けても、決して逃げたりするような子ではありません」

咲「優希ちゃん」
474 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/25(日) 00:03:42.38 ID:+DHE3Kzv0
龍門渕高校麻雀部

衣「純よ、今度の贄は思っていたより生きが良いではないか」ムシャムシャ←献上品のタコスを貪る音。

タコス「へっへっへっ・・・、元気一発だじぇ」ヨロヨロ

井上「(もぐもぐ)まさか三日三晩、衣の相手をしても心が折れないとはな。ちっ、しょーがない、約束だ。付き合ってやるぞ(コイツの作るタコス、旨いしな)」

タコス「お・・・恩にきるじぇ」フラフラ

―――――――――――――

井上「チー」

タコス「ぐっ、また私の有効牌がズラされたぞ」

衣「優希よ、それはお主の支配力が未熟だからじゃ。眷属ですらない純の鳴き程度で搔き乱されるのが良い証拠じゃ」

タコス「未熟言われても、どうすれば調子が狂わないかなんてさっぱり分からないじぇ」

衣「まあ百聞は一見にしかずじゃな。今度は衣が手本を見せてやるか」

―――――――――――――

衣「ツモ、海底撈月(ハイテイラオユエ)」ゴゴゴー(影のような腕が月を掬いとる)

タコス「さ・・・三十回連続海底。けど、この技よりもその前段階の一向聴地獄の方がおかしいじょ?」

透華「(ムシャムシャ)おかしいとはどこかですの?」

タコス「どういう風に打っても、海底まで一向聴より先に進まない。たまに手を三向聴に戻して別の形からトライしてみたら、また一向聴止まりでしかも最初の形の有効牌を引く始末。まるでこちらの動きに合わせてツモる牌が上書きされているみたいだじょ」

ともきー「(もぐもぐ)正解」

タコス「!?」

井上「(ぱくぱく)お前、眷属の癖にそんなことも知らなかったのか? 衣の一向聴地獄は手なりに進めるとアウトだが、お前が試したように一度全く別の道筋を探せば和了道はある」

鎖子「(ムシャムシャ)ただし、衣もそれに応じてツモる牌をズラしているから、結局一向聴より先には進めなくなる。それが一向聴地獄の正体だよ」

タコス「牌を上書きするなんて・・・・・・って、言われてみれば牌の中身そのものがスリ変わっているとしか思えない現象に今日まであたしは何度も遭遇しているじょ。これが眷属と魔物の越えられない壁なのかにょ」ずーん(落ち込み)

衣「(衣の分のタコスがもう皿に残ってない(涙))いや、魔物のように支配した牌を見通す真似は無理でも、得意域での牌の上書きだけなら眷属でも可能じゃぞ。去年の全国決勝卓に進出した永水女子の牌をおっぱいで倒す下品な女・・・なんと言ったかな?」

ともきー「石戸霞。永水女子は神代小蒔ばかりが話題になるけど、アレも絶二門で一色を独占する危険なスキルの持ち主。他家がどう鳴いても石戸のツモる色に変化はない。これ即ち牌の上書きが眷属でも可能な証明」

衣「まあ、あのおっぱいお化けは邪神の力を借りているようだから、卓全体の大規模な上書きができるみたいじゃがな。だからお前でも東親の自分のツモ和了牌ぐらいは上書きできるようになれるかもしれんぞ?」

タコス「・・・・・・・・・・・・(ゴクリ)」
475 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/25(日) 00:04:23.57 ID:+DHE3Kzv0
井上「ポン」

タコス「ツモ・・・・・・・・・って、ズラされても和了牌を引けるようになっだじょ(じーん)」

ともきー「・・・・・・まさか本当に三週間でマスターするとは驚きの一言」

タコス「これで皆の足手纒いにならずにあたしも戦えるじょ。全国で片岡優希旋風を巻き起こしてやるじぇ(にかっ)」

井上「そのことなんだがな、お前のその能力、できれば全国決勝まで温存しておいた方がいいぜ」

タコス「へっ? なぜだじょ?」

透華「それは貴方自身が秘密兵器になれるかもしれないからですわ。全国の名門校の強者は対応力が半端じゃないですから、一度見せたら次の試合からはもう対策されると思った方がいいですわよ」

タコス「けど、それじゃあたしは足手纒いのままだじょ。そんな状態で決勝まで勝ち抜けるほど全国は甘くはないじょ」

衣「その心配はいらぬぞ。清澄の大将は宮永咲だからな。アレの本質は点数調整。だから飛ばされない限りは何万点離されようとも、県決勝の時のように必ず帳尻を合わせてくれる筈じゃ。逆に仲間が稼ぎすぎるとプラマイゼロでお茶を濁すじゃろうしな」

鎖子「だけど全国にはその魔王級の魔物一人の力だけじゃ到底勝てない真正の魔神が参加しているんだよ。ボクたちが知る限りでは、今年の臨海女子はチャンピオン宮永照クラスを三人も海外から招集している」

タコス「!?」

井上「臨海や白糸台のような真の強敵と同卓して、今まで負け知らずの宮永咲が初めて壁にぶつかった時、ノーマークのお前に戦える切札があれば少しは戦力の足しになるかもしれないな。まあ俺たちは部外者だから最終的にはお前が自分で決めるんだな」

―――――――――――――

タコス(準決勝ラストはヒヤヒヤしたけど、実際に咲ちゃんは臨海のフレンチシンガーに潰されかけたし、こうして決勝でブラックアメリカンを出し抜けたから、ノッポ達の助言は正しかったじょ)

タコス(清澄にはのどちゃんや咲ちゃんみたいに頼れる仲間が他にいるんだじょ。だからあたしは別にチームの主役になれなくてもいいじょ)チラリ

(前半東1局4本場終了までの途中経過)
清澄  122000(+32500)
阿知賀 121700(−15200)
白糸台 116600(−9800)
臨海   39500(−7500)

タコス((にたぁー)この『キャプテンが阿知賀に転校したら』のお話の主役でさえあれば。全国決勝の一番目立つ舞台でこの活躍。間違いない。あたしは今、最高に輝いているじょ)

タコス「ぬふふー、ここから先もあたしの連荘はさらに続くじょ」

玄・菫・ダヴァン「!?」

タコス「この試合に東2局はこないとか、部長たちの出番を奪うような空気読めないこと言うつもりはないし、そこまで甘いとは思ってないじょ。だが・・・」

タコス「あと三回連続和了して、『八連荘』でこの大会九人目の役満ホルダーの名前に片岡優希の名前を刻み込むじょ(ドヤ顔)」
476 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山形県) [sage]:2012/11/25(日) 00:08:14.95 ID:Er4USyXUo
(アカン
)
477 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/25(日) 00:48:16.71 ID:+/SnKRzIo
この大会でパーレンチャンってあったっけ?
478 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/25(日) 14:30:50.47 ID:lwAO/xnDO
>>477
周囲「この大会八連荘ないよ」
タコス「」
まで想像した
479 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/26(月) 00:01:30.11 ID:5fviiMqv0
新道寺が宿泊しているホテル

福与アナ「なんと、清澄の片岡選手、前代未聞の『八連荘』の役満宣言。目茶苦茶調子づいていますが、これで失敗したら同窓会で一生辱めのネタにされそうです」

すばら先輩「片岡さん、この大舞台でも物怖じしない態度、大変すばらです」

美子「花田さんの後輩さん。凄いね。あの松実さんを圧倒している(準決勝で大暴れしたドラゴンさんがこのまま終わるとは到底思えないけど)」

仁美「メエー」

哩「なるほど、そいつがデビデビという悪魔か? 姫子のデビルアイの能力はデビデビに関係しているというわけか?」

姫子「はい、哩先輩は私のことを軽蔑しましたか?」ビクビビクン

哩「いや、魔物の牌操作に比べればやってることは可愛いものだし、あの点数状況から阿知賀を後一歩まで追い詰められたのは、デビルアイの力ではなく姫子の勇気だ」

姫子「哩先輩(うるうる) けど、どうして先輩は突然デビデビが見えるようになったんですか?」

デビデビ(ケケケッ、そりゃ、姫子の心が太股部長と繋がったからだろう。良かったじゃねーか、姫子。やっと小さい頃からの念願が叶ったな)

姫子(赤面)

デビデビ(ところで、太股部長。折角オイラの姿が見えたことだし、姫子を通じてオイラと仮契約しないか? あんたが協力してくれれば、姫子の力を更にパワーアップできるんだけどな)

姫子「デビデビ、哩先輩に失礼・・・」

哩「面白そうな話だな、続けろ」

デビデビ(予約(リザベーション)って言ってな。個人戦の時に卓につく順番が『哩⇒姫子』でないと使えないし、別段あんた自身に得がある能力でもないから、対価は姫子と同じで安くしとくぜ(ケケッ・・・、これでお風呂は鶴姫シローズとのハレームだぜ♪))

―――――――――――――

タコス((ふっ)さてさて、あたしの『八連荘』宣言を聞いて、流石にみんなビビった・・・・・・にょにょ?)

ダヴァン「ふうっ・・・」軽く両肩を竦める。

菫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」じぃ・・・(冷たい眼差し)

玄((くすっ)和ちゃんのお友達の優希ちゃんは覇気があるなー)

タコス(・・・・・・・・・・・・なんだじょ? この可哀そうな人を見るような雰囲気は? どいつもこいつもあたしのことを舐めすぎだじょ。後で吠え面掻いても知らないじょ(プンスカ))

前半 東1局5本場 親 片岡 ドラF

玄(優希ちゃんのズラしても和了るあの能力は準決勝までには無かったよね? 一日二日で習得するのはまず不可能だし、私のドラゴンロードと同じく決勝まで温存していたってことかな?)

玄(阿知賀だけじゃない。清澄も・・・ううんきっと格上の白糸台や臨海だって、この大会に優勝する為に何らかの切札を準備し本気で挑んできている。なら私もその想いに全力で応えなきゃ失礼だよね)

菫(松実玄の雰囲気が少し変わったか? 何を企んでいるのか確かめる為にアストラルサイドに潜ってみるか)ヴィィィーン
480 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/26(月) 00:02:12.85 ID:5fviiMqv0
アストラルサイド(赤い月に荒れ果てた大地の魔界のような場所)

菫(また私の姿が白装束みたいな袴姿になった。それよりも松実玄のあの格好は一体なんだ?)

玄「むふふーん、ドラゴンロード第二形態・高速飛竜モードだよー(どやっ)」(E:ドラゴンクロー E:ドラゴンビキニ E:ドラゴンウイング E:知竜の冠)

菫(両腕に竜爪を装備して、重厚な鎧をへそだしレオタードみたいなビキニアーマーにチェンジし、両肩から翼を生やして、頭部も重そうな兜でなくファンタジーRPGで良くみかける輪っかみたいな宝石入りの冠を被っている(汗))

玄「♪♪♪」バッサバッサ(竜の翼で空高く飛翔)

菫「なるほど機動性重視の装備に変更していたわけか。だがお前が何をしようと私のすべきことは最初っから定まっているがな(ニヤリ)」

―――――――――――――

阿知賀控え室

南家・玄手配 23【5】67C【D】EEFF西北 次ツモ北

穏乃「おおっ、今度は3巡目で玄さんも一向聴。片岡さんのスピードに負けていない」

キャプテン「ようやく、玄さんが試していたことが花開きそうですね」せっせ

憧「花開くって、玄は何かしていたの?」

キャプテン「はい、玄さんはその火力の高さゆえに一見手が遅そうに思われてますが、それは勘違いです。ドラ8個を確実に引けるキー牌として計算できるので、今の牌効率に長けた玄さんなら、ほぼ確実に一桁巡で聴牌できますが・・・」せっせ

キャプテン「5巡以内に聴牌する東親マスターにはそれだけでは届きません。その為に玄さんが思いついた手が絶一門。三色全ての赤ドラの受け皿を準備するのではなく、一つの色を見切ることによって聴牌速度を早めるのです」せっせ

穏乃「絶一門って、そういえば玄さんが最初に捨てた牌は萬子の四だから【五】を最初から見切ったわけ? 確かにキー牌のドラと違って受け皿の牌を上手く引けるかはランダムだから、伸びの悪そうな色を見切るだけでも格段に手が早くなりそうだけど」

キャプテン「見切るといっても好きな種類のドラをツモれる訳ではないので、もし裏目で【五】を引いたら、この局は失敗として諦める。実際、玄さんはこの手法に二局前からトライしていて、3本場の時は運悪く見切った索子の【5】を引いたのでオリましたが・・・」せっせ

憧「今回は今のところ上手くいっていると・・・。このまま推移すれば、この局は東親マスターを出し抜ける?」

―――――――――――――

4巡目

東家・タコス手配 二四四六七113ABC東東 次ツモ東

タコス(よし、これでダブ東の役つきで一向聴。この局は八連荘までの繋ぎだから、リーチはかけずにダマでさっさと和了るじょ)ニ捨て

南家・玄手配 23【5】67C【D】EEFF北北 次ツモ【D】

―――――――――――――

再びアストラルサイド

タコス「ターコース、なぜ泣くじょ? それはあたしに食べられるからだじょ♪」

玄(うふふ、優希ちゃんが呑気に鼻唄歌いながら油断しているよ。ふふふーん、今回は私の方が聴牌早かったよ。甘かったね、優希ちゃん)バッサバッサ(中空の後背からタコスの背後を伺う)

玄(倍満ダメージの大刀ドラゴンスレイヤーに比べて、ドラゴンクローの攻撃力は満貫まで落ちるけど、クリティカルを発動させれば跳満、両手でダブルヒットさせれば倍満だよ)シャキーン(左手の竜爪を展開させる)

南家・玄手配 23【5】67【D】【D】EEFF北北 (1−4両面待ち)

玄(これで平和一盃口ドラ5で跳満。攻撃力を落としたからやっぱり倍満には届かなかったけど、電撃戦でこの火力なら十分。次に聴牌する優希ちゃんから私の和了牌が零れそうな予感がするからクリティカルダメージでいただくよ)ギューン(Cを捨てて、無防備なタコスの背後で大きく爪を振りかぶる)

???「甘いのは貴様だ、ドラゴンロード。シャープシュート!!」ひゅん

玄「!? は・・・はうっ!」ぷすっ(タコスを抉ろうとする直前、どこからか飛来した流れ矢がお尻に突き刺さる)

タコス「な・・・なんだ!? あたしの背後でエロコスチュームを着た玄ちゃんがお尻に矢が刺さったまま涙目でうずくまっているじょ。この場で一体何か起こったのかにょ?」
481 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/26(月) 00:02:59.02 ID:5fviiMqv0
西家・菫手配 六七八789DE西西西南南 (C−Fの両面待ち)

菫「ロン、西1300の5本場で2800」

福与アナ「おおっーと、ここでようやく片岡選手の連荘がストップ。白糸台が阿知賀からの直撃と同時に二位の座も奪取。そして予告ホームランをしながら三振してしまった恥ずかしい子が誕生してしまいました(ニヤニヤ)」

すこやん「こーこちゃん・・・いや福与アナ。そこは触れてあげないのが大人の優しさだと思うよ。まだ若いのだから自分の器量を弁えない身の程知らずな野心を抱くのも有りっちゃ有りだしさ(超辛口)」

タコス「・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョオォ(灰化して崩れるタコス)

前半 東2局 親 松実 ドラ2

菫「ロン、平和一盃口2000(シャープシュート)」

玄「痛いっ(涙目)」グサッ(今度は手の甲に矢が刺さる)

南家・菫手配 二二三三四四六七八45北北 (3−6の両面待ち)

福与アナ「6巡で弘世選手のダマが再び松実選手に直撃。危険極まりない阿知賀の親番があっさりと流されました」

すこやん「直前に八を捨てているので萬子の混一も狙える手ながらも、敢えて松実選手が聴牌する際に零れやすいドラ側に焦点を搾ってきましたね」

玄「ううっ・・・ペロペロ(傷口を舌で舐める)・・・・・・はっ?」

菫「・・・・・・・・・・・・・・・(忘れるなよ、松実玄。私は何時だってお前一人を狙っているぞ)」ジロリ

玄(しょ・・・生涯ストーカー宣言!?(ガガーン))

―――――――――――――

阿知賀控え室

憧「何これ? またシャープシューターからの連撃って、明らかに玄一人がロックオンされてる?(これじゃ癖で誰を狙っているかを把握する必要もないわね)」

穏乃「点数を落としてまで聴牌スピードを上げていたのは玄さん一人だけじゃなかったみたいだね。それも完全に玄さんのドラ側を狙い打つとか、もしかしてドラが捨てられない玄さんの制約がばれている?」

キャプテン「まず間違いありません。調査の手を団体戦だけでなく、県予選の個人戦や東風戦にも伸ばしたら、玄さんが三戦おきに開局の配牌でドラをツモれていることに気づいた筈です」せっせ

憧「そうか、美穂子の指示でその都度、ドラを捨てさせていたけど、制約で二半荘戦えば、ドラローの能力は復活しちゃうものね。けど、準決勝の後半とその個人戦データだけでその法則を完全に解析しちゃったわけ?」

穏乃「だとしたら、個人戦に参加して痕跡を残したのは痛かったかな。準決勝の一回だけなら最後にドラを捨てた実績があるから、ドラ切りで能力を失う確証までは抱けなかった筈なのに」

宥「はうー、それにシャープシューターさんは開幕で大暴れしている片岡さんを無視して、ひたらす玄ちゃん一人だけを的にしてる。これって完全にいじめだよー(こほこほ)」

キャプテン「個人戦の参加は玄さんの雀力修行と、何よりもドラがなくても他者と対等に戦えるという自信をつけさせる上で絶対に外せないプロセスでした。白糸台にしても他二人をの放しにしてまでマンマークするとは少し度が過ぎていますが、むしろあの弘世菫にここまで見込まれたことを光栄に思うべきかもしれませんね」せっせ

キャプテン「こんなに早く能力の全容が明るみになったのは確かに誤算ですが、もしドラゴンロードのメカニズムが解明されただけで完全な対策が可能だとしたら、所詮は初見殺しの雑魚専能力と馬鹿にされても反論できません。ですが阿知賀の真のスーパーエースはそんなに安くはないと私は信じていますよ(にこっ)」せっせ
482 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(奈良県) [sage]:2012/11/27(火) 00:51:24.37 ID:35YV28DPo
菫さんには頑張ってほしいな
483 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(山形県) [sage]:2012/11/27(火) 00:56:27.18 ID:fKqtkzJGo
玄ちゃん頑張れ、穏乃はもっと頑張れ
484 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/11/27(火) 23:17:12.02 ID:TFVNJR1do
おつおつ見ててちょー楽しいよ
485 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/28(水) 00:01:23.14 ID:OZ9te82D0
ダヴァン(白糸台が阿知賀と心中してくれるとは、こちらとしては助かりマス。東場マスターは平均5巡聴牌と言われてますが、実際は起家親の速度が異次元なだけで、子だと7巡以上かかります。(両方足して割るとちょうど平均5巡))

ダヴァン(そのぐらいの速度なら私でも十分に対応できます。どうやら阿知賀は白糸台が抑えてくれるみたいなので、そろそろ私も参戦させてもらいましょう)

前半 東3局 親 弘世 ドラ西

玄(今回は字牌がドラ。まだドラ捨てのリスクを負うのは早すぎるよね。この局も捨て局かな)

菫(字牌か。四枚ツモって槓したら更に手が狭くなるから見送る公算が高いが、西が暗刻の段階で聴牌する可能性がある以上松実のマークは外せないか)

8巡目

南家・ダヴァン手配 二三四六七八678EEEF 次ツモG

ダヴァン「ツモ、タンヤオ平和三色ツモで満貫4000、2000です」

菫(親被りで私の親番が流されたか。松実の炙れ牌に矢の照準を合わせている以上、他家の和了が全て素通りになるのは辛い所だな)

ダヴァン(僅か500とはいえ、これでやっとプラス収支になりましたか。けど、あと1飜あれば跳満。松実妹がいる以上、裏ドラが期待できないので敢えてリーチをかけませんが失敗しましたか? いえFを引いていたら平和も三色もつきませんし、これで十分な成果デス)

前半 東4局 親 ダヴァン ドラA

玄「両手にドラゴンクローを嵌めて、二倍のジャンプをして、何時もの三倍の回転を加えると満貫ダメージが倍満に跳ね上がるよ(どやっ)」←明らかに計算がおかしい。

菫「・・・・・・・・・・・・(ゴクリ)」

玄「いくよー、ドラゴンスクリュードライバー」クルクル(ドリルのように回転しながら空中を突進)

菫「ロン、1000(冷や冷やものだったが、私の方が1巡早かったぞ)」

福与プロ「弘世選手、これで松実玄から三連続直撃で二位を堅守。まさにシャープシューターの真骨頂」

すこやん「ですが、追い詰められているのは松実選手ではなく、弘世選手の方ですね。今も紙一重の攻防で凌ぎましたが、一歩間違えば倍満ダメージを生身で受けていたわけです。三回も和了って合計収入はたったの5800(5本場分を除けば4300)。その都度跳満以上のダメージリスクと天秤にかけたら割に合わなすぎでしょう」

菫(はあはあ・・・、ドラゴンの爪の射程内で接近戦を挑むのは、本来ならスナイパー型の私にはシンドイ。だが、これで少しは松実も・・・・・・!?)

玄「ぐすっぐすっ・・・」しゅうう(撃たれた脇腹の傷を回復中)

菫(泣きながらも治癒している? スピード優先で打点を無視していることもあるが、万に一つも赤ドラがツモれないから私の矢の威力が衰えている為か(ギリッ))

玄((じわっ)ううっ、やっぱり撃たれると涙が出ちゃう。だって女の子だもん。耐え忍ぶのが女の華かもしれないけど、私は顔で泣いて心で笑うよ(キッ)」

菫(! 涙目になりながらも、怯むことなく睨み返した。三回連続で狙い撃ちされたのに、まるで意に介していないだと?)

玄(いいよ、シャープシューターさん。何発だって撃たしてあげる。私は勝負手が来た時に真っ直ぐに和了を目指すだけ。もし残りの12局全てであなたが私よりも早く聴牌できるのなら、その時はあなたの勝ちだよ(にこっ))
486 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/28(水) 00:02:09.22 ID:OZ9te82D0
阿知賀控え室

キャプテン「どうやら勝負あったみたいですね。弘世さんは玄さんの心を折りにいったようですが、玄さんの目を見る限りその目論見は外れたみたいです」せっせ

穏乃「勝負あった? (まだ1/4を消化したばかりで玄さんは二万点以上マイナス。チームも三位に後退しているのに美穂子さん凄い信頼だな)」

キャプテン「仮に玄さんが高速飛竜モードでなかったとしても、全ての局で玄さんより先んじるなんて魔物でも不可能です。唯一人『連続和了』持ちの宮永さんなら可能かもしれませんが、そういう速攻系能力者とも対等に渡り合える翼を玄さんは手に入れました」せっせ

憧「でも美穂子は阿知賀に来て直ぐに玄を散々凹ましていたじゃない? 美穂子も聴牌はそこまで早い方じゃないから、技でドラゴンロードのパワーとスピードを封じられるということじゃないの?」

キャプテン「あれは玄さんが勝手に自滅してくれただけですよ。玄さんはかなりのチキンハートでしたから、何回かドラ側の牌を狙い撃ちしてやれば、それだけで手が縮こまり、また狙われていないか疑心暗鬼に陥って自ら手を崩していたのです」せっせ

キャプテン「弘世さんは現実主義者ですから、まさか眷属でもない自分が玄さんを完璧に封じこめられるとは思っていないでしょう。かつて私がしたように玄さんに恐怖心を植えつけて萎縮させるのが、徹底マークの真の狙いだったのでしょうが・・・」せっせ

キャプテン「もうその程度の小細工で玄さんを止めることはできそうもないですよ。ドラ無し麻雀を体験して玄さんが得たものは自信と勇気。もし焦りで弘世さんが判断を鈍らせるようなことがあれば、そろそろ玄さんのターンがまわってくる頃合いかもしれませんね」せっせ

前半 南1局 親 片岡 ドラ南

タコス(あたしの親だけど、南場だと聴牌まで二桁巡かかることが多いから、あまり意味ないじょ。それよりもこの三万点のリードを保ったまま後半に繋げるじょ)

菫(また字牌がドラか。準決勝のように後半の勝負所になればドラ切りも視野に入れるだろうが、松実もこんな序盤で能力を失いたくないだろうから、またオリ局になる確率が高いとはいえ油断は禁物だな)

南家・玄手配 三三【五】2A【D】EFFG南南北 次ツモ南

玄(やったよ。もう一つ試しかたった配牌がきたよ。上手くいけばシャープシューターさんをビックリさせられるかも(にこっ))三捨て

5巡目

西家・菫手配 二三四2346788BBC 次ツモ9

菫(張ったか。C切りで7の辺張待ちだが役がない。狙い撃ちの特性上リーチで相手に聴牌を知らせたくはないが、かといって松実玄相手に手を遅らせるのは危険だが)チラリ

ドラ表示牌:東(ドラは南)

菫(ドラが順子として使えない字牌である以上、四枚に達して勝手にポシャっるかもしれないし、何より私の手が常に安手だから松実に全然プレッシャーを与えられないのやもしれん。なら、ここは少し背伸びしてタンピン三色を追ってみるか)B捨て

南家・玄手配 一三【五】ABC【D】EFG南南南 次ツモ一

玄「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(一捨て)

玄の捨牌の河 三F北2一

憧「また対子崩し。玄ったら一体何考えてるのよ? 南暗刻以外の対子を全部崩して整理しちゃったわ」

穏乃「現在一向聴とはいえ、一の対子を崩さなければ跳満の聴牌。というかもっと前の段階で他の対子を残しておけば今頃もう和了っていたかも。ようやく白糸台を出し抜けそうだったのに何をグズグスしているのだろう?」

キャプテン「恐らくは実験手がきたから、ちょっと欲張っているのでしょう。玄さんにとっては跳満がデフォですから、この局失敗したとしても痛くも痒くもありません」せっせ

憧「ドラがツモれない他家はリーチ有りでも3飜作るのも大変なのに、玄一人だけはダマでも跳満がデフォって(汗) 今更ながらにドラローって恐ろしい。現在まで収支が一人負けとはいえ対戦相手の方が気の毒に思えてきたけど、何をするつもりなのかしら?」

キャプテン「それは見てのお楽しみということで。弘世さんの方も点数に釣られて、一端聴牌を崩しましたし、次にとあるキー牌を引けたら面白いことになるかもしれません」せっせ

6巡目

南家・玄手配 一三【五】ABC【D】EFG南南南 次ツモ南

憧「あちゃー、四枚目の南。まだドラ捨ててまで勝負するには早すぎるし、この局は失敗?」

キャプテン「違いますよ、成功です。玄さんの思惑が正しければ、私たちはあっと驚く情景を目撃するでしょう」せっせ

玄(カン!」バシ(南を嶺上牌をツモる)

菫(馬鹿な、字牌を暗槓だと? 手牌がドラで溢れる・・・・・・なっ!?)

槓ドラの表示牌:東(新ドラは南)

菫(あ・・・ありえん、ドラがダブルで重なるとかそんな都合の良い偶然が・・・)

ダヴァン「オーノー!」

タコス(ダブ南ドラ8とか冗談きついじぇい。玄ちゃんなら赤ドラを1個ぐらいは隠し持ってる筈だから、最低でも三倍満(ブルルっ))

南家・玄手配 一三【五】ABC【D】EFG《南南南南》 嶺上ツモ七

玄「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(一捨て)
487 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/28(水) 00:03:07.61 ID:OZ9te82D0
阿知賀控え室

穏乃「ドラがダブルで重なったのに手は全く狭くなってない。まさか玄さんはこれを狙っていた? けど任意のドラもツモれない玄さんが、どうやって好きな槓ドラを選べたんだろう?」

キャプテン「ヒントは玄さんが手の中の対子をひたすら潰していたことでしょうか。私も気づきませんでしたが、もし槓ドラにも法則があり、必ず玄さんの手牌のそれも対子以上の牌の中からランダムに選ばれるとしたら?」せっせ

憧「(はっ)手の中が南暗刻だけで後は全て順子なら、必然的に槓ドラの候補は南だけに絞られる。一つでも多くのドラを玄に提供しようとするドラゴンロードの特性上、納得いくロジックだけど、あのアホの子だった玄がそんなことに自力で思い当たったわけ?」

キャプテン「アホの子は失礼ですが、今の玄さんはドラローの性能に頼りきって思考放棄していた当時とは別人ですよ。自らのスキルの本質と適正を理解し、この試合中に格段の成長を遂げています」せっせ

レジェンド(確かに試合前に本人が宣言したように、あの玄が色んな景色を卓上に見出せるようになったものだ(しみじみ)。能力者が自分のスキルを上手く使い熟す秘訣は、一端その能力から離れて、無能力者として自身とスキルを客観的に眺めさせることなのかもしれんな)せっせ

―――――――――――――

菫(まさかこんな事態になるとは、こうなると三色を目指して聴牌を遅らせたのは失敗か?)西をツモ切り

ダヴァン(流石にこんな爆弾をチラつかされては、二向聴から攻めるのは躊躇われますね。残り点数の少ない私は万が一にも絶対に振り込めませんからオリましょう)現物の一捨て

7巡目

東家・タコス手配 六六七2236DEFGGG 次ツモ八

タコス(私が親の時に洒落になってないじょ。こうなったら一刻早く和了って、玄ちゃんの大物手を流すじょ)六捨て

玄「チー(更に手が狭くなってリスクが高まったけど、ここは思い切って勝負にでるよ)」六を吃して三捨て

南家・玄手配 ABC【D】EFG《【五】六七》《南南南南》 (ADG待ち)

タコス(ひっ!? 鳴かれたじょ。これで赤ドラが見えて三倍満確定(ガクブル))

菫(馬鹿が。下家に松実が待ち構えているのに、そんな脂っこい牌を切る奴があるか(ギリッ))

ダヴァン(清澄の脇の甘さがここで出てしまいましたか。こうなっては後は運を天に祈るしかないですね)

西家・菫手配 二三四23467889BC 次ツモ5

菫(張り直せた。私のシャープシューターの直感が、松実と同点のA−D(※Gはタコスが暗刻で抱えているので純カラ)を予見しているからツモ和了競争か)

菫(となると【D】をキー牌としてツモれる松実の方に分があるが、奴は先程から絶一門に挑戦している。確率的に赤ドラが二枚ある筒子を切ることはないだろうから、副露した萬子からして今回見切った色は索子。なら孤立した【5】の方を先にツモれば単騎待ちへの手替わりで、必然的に私の和了牌のAが溢れる筈)9捨て

8巡目

東家・タコス手配 六七八2236DEFGGG 次ツモ3

タコス(あたしも張ったじょ。あとは6を捨てれば2−3の両碰待ちの聴牌だけど・・・・・・)チラリ

タコス視点:
南家・玄手配 ???????《【五】六七》《南南南南》

タコス((ゴクリ)また赤ドラ側の牌なんて、今度はチーじゃなくてロンされても可笑しくないじょ。もし数え役満を振り込んだら東親で稼いだ点棒が全て吹き飛ぶ(ぶるっ)。こんな所怖くて捨てられないじょ」現物の2を捨てて聴牌崩し

玄「・・・・・・(まずは外れか)」2をツモ切り

タコス(! さっき6を落としていたら和了っていたじょ。県決勝でものっぽの脅しに屈しまた同じような逃げをするなんて、あたしは全然進歩がないじょ(がっくし))

穏乃「片岡さんが聴牌を崩したお蔭でチャンスが繋がった」

キャプテン「ドラ槓を曝したのも玄さんの戦略の一つです。三倍満確定の大物手で脅されれば誰だって怯むものです。槓を一つ開示するだけで他家に特大のプレッシャーを与えて相手をオロせるのも、玄さんならではですかね」せっせ

菫(さっきは鳴かして今度はオリてのどっちつかずの中途半端な対応だな、清澄。捨牌から阿知賀が絶一門にトライしていたのを読み取る雀力か、もしくは放銃を恐れない勇気があればこの局を流せたものを。まあ松実に重圧をかけることに焦って、初心貫徹を翻してしまった私がしたり顔で説教はできんか)北をツモ切り

ダヴァン(清澄の『しまった』という表情。オリて裏目りましたか。攻めて欲しかったのは私の都合でもありますが、このミスはお互い高くつきそうですよ)発捨て
488 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/28(水) 00:03:54.53 ID:OZ9te82D0
9巡目

南家・玄手配 ABC【D】EFG《【五】六七》《南南南南》 (ADG(実質AD待ち))

キャプテン「そろそろこの局も決着でしょうか? 通常確率でしか和了牌を引けない弘世さんは玄さんからの出和了期待ですが、逆に玄さんの方は残り二枚のキー牌の【D】か【5】を高確率でツモれます」せっせ

穏乃「【D】がくれば数え役満。けど、もし外れの【5】がきたら、単騎待ちに構えてAかGを落とすしかない」

キャプテン「今更もう一枚の5を連続で引くのは厳しいですし、その流れになったならAを弘世さんに振り込んでしまうでしょう」せっせ

憧「つまり五分五分(フィフティーフィフティー)ってことね。けど、あたし達なら高校三年間の公式戦で一回あるかどうかの役満チャンスを玄は呼吸するように呼び込める(ゴクリ)」

キャプテン「スキルの作り方は人それぞれです。手頃な頻度で赤い牌を引く宥さんの『あったかい牌(レッド・ホット・ドラグーン)』のように敢えてB級スキルに抑えることで、対価を無くして汎用性を高める手法もあれば・・・」せっせ

キャプテン「玄さんの方はドラ完全独占とかなり強欲です。眷属でありながら魔王級の魔物の支配力さえも凌駕するS級スキル『ドラゴンロード』は、ドラ捨てで能力消失という多大なリスクを常に強いられますが、その分だけ得られる恩恵も桁違いです」せっせ

南家・玄手配 ABC【D】EFG《【五】六七》《南南南南》 次ツモ【D】

玄「50%の賭けに勝ったよー。これがドラゴンロード第三形態・竜王モード」がおー(ドラゴラムで玄自身が巨大な竜の姿に変身)

タコス・菫・ダヴァン「!?」

玄「れんごく火炎だよー!! ダブ南ドラ11。16000、8000です(がお♪ がおー♪)」

全員「わああ・・・熱いじょ!!」「む・・・無念!」「ITEでなくてATITIデス!」

※玄の吐き出した炎のブレスが他家を纏めて焼き尽くす。

タコス(や・・・役満親被り。たった一発でまた引っ繰り返されたじょ(ガクブル))

菫(松実が字牌槓を敬遠していたのは、手の狭さよりも赤ドラとの兼ね合いで役無しになるケースだったのか!? ならば自風と三元牌の時はむしろ役がつく分だけ危険ということになる?(ゾクっ))

ダヴァン(大きく削られてしまいました。どうやら松実玄は弘世菫一人の手に負えるタマではなさそうですし、白糸台任せにしたのが間違いだったみたいデス)

福与アナ「なーんと、松実選手の数え役満炸裂で阿知賀が再びトップを奪い返しました。これで先鋒戦の宮永選手に続いて一大会複数回役満達成です」

(前半南1局終了までの途中経過)
阿知賀 145900(+9000)
白糸台 110400(−16000)
清澄  104200(+14500)
臨海   39500(−7500)

キャプテン「ふふっ・・・実にお見事です玄さん。ドラゴンロードは穴も多く決して無敵の能力ではありませんが、担い手にこの暴竜のようなスキルを乗りこなせる器量があるなら限りなく無敵に近いスキルですね(にこっ)」せっせ
489 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/29(木) 08:46:27.03 ID:WvfSPHLQ0
うーん
490 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/30(金) 00:01:27.07 ID:khb1LCLs0
前半 南2局 親 松実 ドラ3

東家・玄手配 23344【5】888AACE 次ツモ【D】

玄「ツモです。タンヤオドラ4ツモ、親っ跳6000オールです(どやっ)」

福与アナ「松実選手の連続和了。僅か6巡で親っ跳をツモ和了、二位以下とのリードを大きく広げます」

すこやん「最後の嵌張赤D待ち。自分がドラをキー牌としてツモれるのを最大限に利用して、大胆に攻めていますね。正直、松実選手がリスクを恐れずにこういう攻め方をされたら正攻法で止めるのは不可能ですね」

前半 南2局1本場 親 松実 ドラ9

東家・玄手配 ABC【D】F7899西西発発 次ツモ【五】

玄(あちゃー、今回は萬子を裏目っちゃったよ。そりゃ絶一門してれば、こういうこともあるよね。捨て牌から臨海さんの手も高そうだけど、このままじゃ親被りを・・・・・・そうだ)8捨て

ダヴァン(! ドラ側の8が零れた。ならドラ9が暗刻で重なった?(ゾクリ))

玄「ポン!(これで多分また大物手を聴牌したように見えるよね?)」発を碰してC捨て

福与プロ「松実選手、手をどんどんバラバラにしながら副露。何を考えているのか?」

すこやん「多分、相手にプレッシャーをかけてオロす作戦でしょう。他の選手ならいざ知らずドラローの彼女が役を確定させた上で赤側の脂っこい牌を切るのは、国士ブラフに匹敵しますから」

西家・ダヴァン手配 @AEEFFG4南南南北北 次ツモB

ダヴァン(張りました。これで4を落とせれば混一南で満貫の聴牌。ドラが一切ツモれないこの卓で満貫手を仕上げるのは大変なので、是非とも和了たい所ですが・・・」チラリ

ダヴァン視点:
東家・玄手配 ??????????《発発発》
玄の捨牌の河 四北八中四8C

ダヴァン(松実は絶一門にトライしているようなので、今回落とした色は萬子。なら色を残している索子の4あたりは一番の危険牌)

ダヴァン(役が作りにいく9がドラなので少し油断していましたが、発副露でその枷は外れました。もちろんブラフの可能性もありますが、こちらの期待値が満貫8000に対して、あちらは親の跳満以上の18000点オーバー)

ダヴァン((ふーう)駄目ですね。土壇場の一か八かの勝負所というのなら賭けに出るのもアリですが、松実のドラローが有効な間はこんなチャンスは何度でも作られるのに、その都度冒険していたら本当に飛び終了してしまいマス。東場マスターの待ちはこのあたりでしょうか?)ポイ(聴牌を崩してA捨て)

タコス「ロ・・・ロン、タンヤオのみ1000だじょ(玄ちゃんの親を流せたじょ(ホッ))」

福与プロ「ダヴァン選手、聴牌に取らずに差し込みました。ハッタリ成功で親被りを免れた松実選手、臨海の達人を翻弄しています」

前半 南3局 親 弘世 ドラE

ダヴァン「ロン、2600デス」

福与アナ「今度は弘世選手がダヴァン選手に差し込みました。しかし松実選手がまた跳満一向聴の大物手とはいえ、弘世選手も炙れ牌を合わせられる待ちでしたのに、なぜシャープシューターで狙わなかったのでしょうか?」

すこやん「自分が親だからでしょう。ここで松実選手からロン和了すると1本場でもう一度相対しなければなりません。絶一門の高速飛竜モードの松実選手は50%確率で速攻で大物手を仕上げるという理不尽な性能ですから、自分の手の期待値が2000点前後の弘世選手としては、そう何度もマトモに相手をしていられません」
491 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/30(金) 00:02:14.83 ID:khb1LCLs0
阿知賀控え室

穏乃「美穂子さんの予言通りに玄さんの攻勢が続いているね。今の玄さんならチャンピオンの宮永照とも互角に渡り合えそうに思えてきたよ」

憧「同じ攻撃型の眷属でも東親だけ潰せばいい清澄の東場マスターと違って、玄は毎局『私のターン』だからね。絶一門の外れを引いてもああしてハッタリを効かせれば、相手はブララと疑いつつも対応さぜるをえないし」

宥「はううー、玄ちゃん、凄すぎだよー(けほっ)」

キャプテン(確かに今の玄さんは攻防共に完璧に近いですね。同じチームメイトとして、彼女の成長を大変微笑ましく思いますが)せっせ

キャプテン(やはり一雀士としての性なのでしょうか? 無敵と謳われれば何か攻略法はないのかという方向にどうしても思考が傾いてしまいます。私なりに玄さんを止めるアイデアを考えてみましたが、弘世さん一人では実現は難しいので協力者が必要でしょうね。或いは清澄のあの子なら単独でも可能かもしれませんが・・・)せっせ

白糸台控え室

亦野さん「くそ、何なんだあいつは!? 県個人戦の牌符からドラが捨てられない制約を見つけた時は、もう勝ったつもりでいたが・・・」

たかみー「初見殺しの一発屋かと侮っていたけど、とんでもない思い違いみたい・・・。見たところドラローの性能は弘世部長一人の手に余る」

亦野さん「そりゃ和了の回数は部長の方が多くても、一回の和了の点数が比喩でなく桁違いだからな。というか他二校は好き放題しているのに、そもそも何で部長一人がこんな割の合わない役回りを引き受けなくちゃいけないんだ?」

淡「そうだね。まだ個人戦があるけど、三年生のスミレにとってはこれが最後の団体戦だよね? なのにドラゴンさんの見張り番を押しつけられるなんて私なら耐えられないな」

照「菫は何時だって自分のスコアよりも団体戦での役割を全うするのに務めてきた。それが白糸台連覇の影の功労者で、決して私一人の力で勝ってきたわけじゃない。そして何よりもこれは菫の意地」

淡「意地?」

照「そう、菫は準決勝でドラ捨ての法則に後一歩まで迫りながらも、ドラゴンロードのプレッシャーに屈して逃げたのを屈辱に思っている。だから決勝の場で松実さんにその時の借りを返すつもり」

亦野さん「今までチームの為に黒子に徹してきた弘世部長が、はじめて私情で戦っていると?」

照「半分正解。松実さんに個人的感情があるのは確かだけど、彼女との心中を決意したのは私心だけじゃない。ドラゴンロードを止めない限り白糸台の優勝はないと菫は確信し、その為の毒矢も準備している」

たかみー「毒矢?」

照「そう、今松実さんは調子づいているみたいだから、思いの外早くその機会は訪れるかも。持ち点ゼロの飛び決着というデウス・エクス・マギナを何時引き起こすか分からないドラゴンロードを野放しにする危険性はもう他家にも十二分に伝わっただろうから、清澄の若輩の子は無理としてもきっと臨海の達人は連動してくれる筈」

―――――――――――――

前半 南4局 親 ダヴァン ドラ西

玄「ラッキー、また私の風がドラだよ・・・って、あれこの配牌」

西家・玄手配 四4【5】99ABBBC西西白 次ツモ西

玄(役確定の西暗刻の他にもいきなりBの暗刻ができてる。槓対策に順子にしたいところだけど、流石にこれを崩すのは気がひけるよね。少しリスクはあがるけど、役満チャンスだしここは攻めちゃお)対子崩しの9捨て

北家・菫手配 一四四七九33GG東東北中 次ツモ東

菫(対子がいきなり4つ(しかも暗刻が一つ)。もしかすると対子場か? なら他家の手牌にも色濃く反映されている可能性があるし、何よりもこの局のドラはまた松実の風。よし、ここで勝負に出る)七捨て
492 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/30(金) 00:03:03.09 ID:khb1LCLs0
菫「ポン」東を碰して中捨て

北家・菫手配 一四四九33GGG東《東東東》

福与アナ「おーと、珍しい。基本ダマで狙い打つシャープシューターが副露。というか自風でもない東を態々暗刻の状態から鳴くとは何を考えているのやら、これで役無しです」

すこやん「清澄にこんな形からの鳴きを好んでする子がいましたね。この局、弘世選手は自分の和了は眼中になく、松実選手を潰すことに焦点を搾っているみたいです」

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・(基本面前の白糸台が風でもない字牌を無理鳴きした? なるほど、そういう戦略ですか。なら私のすべきことは・・・)

6巡目

西家・玄手配 4【5】79ABBBC【D】西西西 次ツモ西

玄「(西が四枚集まった。他の対子はきっちり整理したから新ドラ候補はBか西の1/2。でもここはイケイケで押すよー)カン!」西を暗槓(新ドラはB)

西家・玄手配 4【5】79ABBBC【D】《西西西西》 次ツモA

玄(Bの方がきちゃったか。そりゃ毎回そうそう都合良くいく筈もないよね。けど西のドラ槓だけでも威嚇効果は十分だろうし、このまま和了を目指すよ)ポイ(9捨て)

タコス(また玄ちゃんが自風のドラを槓したじょ)ガクガクブルブル

菫(かかったな(ニヤリ)。後は私もキー牌をツモれるかだが、グズグスしていたら松実も聴牌するだろうから猶予は2巡が限界。もし引けなかったその時は、不完全な形でも仕掛けざるをえないか)北をツモぎり

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

―――――――――――――

8巡目

北家・菫手配 三四四336GGG東《東東東》 次ツモG

菫「(よし、欲していた牌をギリギリ引けたぞ。どうやら私にも勝負運が残っていたようだ。松実め、今から目に物見せてやるぞ)カン!」東を加槓(新ドラはA)」

玄「!?」

北家・菫手配 三四四336GGGG《東東東東》 嶺上ツモ中

菫「もう一つカンだ(私の毒矢を味わえ、ドラゴンロード)」Gを暗槓(新ドラは4)

現在のドラ(4・A・B・西)

西家・玄手配 44【5】AABBBC【D】《西西西西》

玄「(くらっ)これ何? 私の手牌がドラで溢れ返って、窮屈さにドラゴンさん達が苦しそうに呻いている(涙)」(ぎゃーす)(ぐおー)(がるる)

北家・菫手配 三四四336中《GGGG》《東東東東》 嶺上ツモH

菫(フフフ・・・、自らの強運が毒に転じて巨竜の体内を駆け巡っているようだな。激痛にのたうち回る竜どもの悲鳴が聞こえるぞ)ポイ(中捨て)

福与アナ「これはまた凄い光景です。白糸台の連続槓で松実選手の手の中のドラが13個に達しました。もし和了れるなら数え役満確定ですが」

すこやん「役無しの弘世選手自身はトイトイ二向聴なので実質和了目ゼロですが、見事に毒を盛りましたね。松実選手はこれから先も高確率でドラをツモることになるでしょうし、もはやドラを切らずにこの局を遣り過ごすのは不可能でしょう」
493 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga]:2012/11/30(金) 00:03:56.84 ID:khb1LCLs0
9巡目

西家・玄手配 44【5】AABBBC【D】《西西西西》 次ツモB

玄((ぐすっ)何でこんなことになっちゃったのー? ドラじゃないのはCだけだから、このCを切るしか選択の余地はないけど・・・って待て、私!)ピタッ(Cに手を伸ばした所で慌てて止める)

玄(深呼吸して冷静に考えて(すーはー)。私のドラローはドラ数に応じてドラツモ率がアップするのに、これだけドラ牌が増えて流局まで一度をツモれないなんてある訳ないよ。なら今Cを捨てても単なる先伸ばしてでしかない。というかむしろ次巡はもっと手の収拾がつかなくなる)

玄(なら、まだ辛うじて手が形を成している今の内にドラを捨てるべき。4捨てで3−6の両面待ち。【5】捨てで4−Aの両碰待ちだけど、一度ドラを捨てたら逆に今度は二度とドラをツモれなくなるから後者の待ちは純カラ同然)

玄(なら選択すべきは前者の4切り。こんな早くお別れするなんて計算違いもいい所だけど、ごめんね、皆。私が未熟なばっかりに(ぐすっ))ポイっ(断腸の思いで4捨て)

(ドンマイ、クロチャー。とても楽しかったよ、また遊ぼうねー)玄の身体に装着されていた竜装備が、元のドラゴンの姿に戻って天へ舞い登る。

西家・玄手配 4【5】AABBBBC【D】《西西西西》 (3−6の両面待ち)

福与アナ「おーと、松実選手。この試合はじめてドラを捨てました。しかし、これでも西ドラ13で余裕で数え役満の聴牌です」

すこやん「(竜が松実選手の身体から離れて天に帰っていく)これで松実選手はこの試合もう二度とドラをツモれることはないでしょう。ただし今の段階でドラ捨ての決断は間違いではありませんよ」

北家・菫手配 三四四336H《GGGG》《東東東東》 次ツモA

菫(この卓で初めてドラがツモれた? 間違いない、ドラゴンロードの支配力が消失した証。くふふっ、遂に成し遂げたぞ。私の手牌ではもはや松実を止めようもないが、仮にこの局また役満を和了られたとしても、後半丸々暴れられるリスクヘッジを慮れば十分な成果だ)H捨て

10巡目

西家・玄手配 4【5】AABBBBC【D】《西西西西》 (3−6の両面待ち)

玄(身体が軽くなった(ぐすっ)。ドラゴンロード最終形態の人間モードって感じかな? とにかくこうなった以上は何とかこの最後の大物手をモノにしないと。待ちはどちらもドラじゃないから、逆に能力を失った今の私だからこそ、そこそこの確率でツモれる筈)

ダヴァン(・・・・・・などと松実玄は考えて皮算用しているでしょうね。確かにあそこまで追い詰められながらあなたは正しい選択をしました。しかし完璧に打っても、それでもどうにもならないことがあるのもまた麻雀なのデス)

東家・ダヴァン手配 一二六六八1111EEE中 次ツモ南

ダヴァン「槓デス」1を暗槓(なぜか嶺上牌は取らない)

玄「!?」

福与アナ「なーんと、ダヴァン選手も暗槓です。しかもこの局だけで槓が4回目。これは四開槓(スーカイカン)で流局ですか?」

すこやん「はい、更にはこの大会のルールでは四開槓は親流れと決められているので、これで前半戦も同時に終了ということになります。どうやらダヴァン選手は松実選手がドラを捨てるタイミングを伺っていたようです。流石は達人級と評されるだけはありますね」

阿知賀 163900(+27000)
白糸台 101800(−24600)
清澄   99200(+9500)
臨海   35100(−11900)

玄(そ・・・そんな。ドラ切りまでしたのに和了なかった(がっくり))

菫(ダヴァンの奴、実に味な真似をする。東を副露した地点でこの展開を予測し、追い打ち槓をするつもりで槓材をスタンバっていたが、運良く私が連槓できたものだから松実がドラを捨てるまで槓を待機したというわけか? ふふっ、この局の松実の役満和了も覚悟していただけに実に嬉しいサプライズだな)

すこやん「ドラを捨てながらも、ツモ機会すら得れないまま役満手を潰されるとは、松実選手にとっては大きな誤算でしょう。点数上は阿知賀が他校を大きくリードしていますが、後半もうドラをツモれない彼女がどのように戦うのか注目しましょう」
494 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/30(金) 00:04:27.99 ID:p65OxD69o
眷属やらS級スキルやら能力やら
この解説を受け入れてる世界が怖いな
495 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/11/30(金) 01:57:02.34 ID:o0gepg52o
おつ相変わらず面白い
496 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/30(金) 11:12:43.01 ID:VMnyX5uuo
玄がBをカンして流せばドラ捨てずにすむのでは?
497 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga sage]:2012/11/30(金) 13:58:05.69 ID:khb1LCLs0
>>496
なるほど、その手がありましたか(感心)。
自分が未熟なだけですが、何度も検証したつもりでも、麻雀には色んな抜け道があるので感心します。
また牌符を手直しするのもアリですが、(ツモる牌をBからAにすれば一応辻褄はあう)前の単純な表記ミスや怜の場合の絶対有り得ない判断ミスと違って、予想外の展開に焦った玄ちゃんが四槓子の可能性を失念したのと、役満だから絶対和了なきゃという視野狭窄でミスして、後でキャプテンあたりから指摘されてガガーンとなる方が玄ちゃんらしいので、このままにしておきます。
そーか、玄ちゃん自身も四槓子アリなら、嶺上の魔王の恐さも半減しそうだな。
ご指摘どーも、ありがとうございました。
498 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/11/30(金) 17:53:40.81 ID:rjf25hpM0
なぜか嶺上牌をとらないってなってるけど、嶺上牌ツモって何かを切ってから流局だね
499 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/30(金) 19:33:01.98 ID:p65OxD69o
トシさんかわいい
500 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga sage]:2012/12/01(土) 00:01:48.72 ID:d5YHiAb20
>>498
一応これに関しては、498さん指摘のルールと4回目の槓の申告があった地点で流局となるルール(※WIKI参照)があるそうで、拙作では後者を採用しています。四開槓の親流れの方もあまり採用している所が少ないみたいですが、そのまま前半終了の流れの方がテンポが良かったので、他にも八連荘など話の都合に合わせてルールを原作とは変更している所が多々あります。



臨海控え室

ネリー「あーあー、クロちゃん。涙目で震えちゃって、かわいそー。メガンは人の良さそうな善人顔して、麻雀だとやることがエゲツナくていいよね(くすっ)」

ハオ「人として善良でも打ち筋まで真っ直ぐとは限りませーん。阿知賀の(打ち筋が)腹黒いキャプテンが良い例でーす」

明華「その点私たちは性格も打ち筋も、どちらも意地が悪いですから首尾一貫していますね」

ネリー・ハオ・明華「ふっふっふっ」

辻垣内(何なんや、こいつらのノリは(汗)。そりゃ臨海女子はいけ好かない傭兵軍団と陰口叩かれとるのは知っとるが、ヒールなラスボスでも気取るつもりかいな?)

ネリー「しかし前半でクロちゃんのドラローを引っ剥がせるとは、予想していたより早かったね。後半のクロちゃんは無力な羊だから、今度は身ぐるみ剥いで素っ裸に引ん剥くだけだね。『げっへっへ、クロちゃーん。その重そうな点棒をこっちに渡すデス』⇒「い・・・いや、こ・・・こないで(うるうる)」って感じ?」

明華「オヤジ臭いですよ、ネリー。しかしドラゴンロードの支配力が消失することによって、後半は東場マスターが本来のポテンシャルを発揮することになりそうですね。まあ既にネタは割れているのでかの達人なら上手く対応するでしょうが」

ハオ「そのダヴァンさんの次は中堅の私の出番ですので、ボチボチウォーミングアップでも始めまーすか」コキコキ(肩の骨を鳴らす)

辻垣内「待ちいや、お前ら。その格好で試合に出るつもりかいな?」

明華「その格好とは?」←エルメスの高級ブランド服

ハオ「監督からは好きな服飾で出場していいと言われてまーす」←拳法着の八卦服

ネリー←「メガンは智葉と同じ臨海の制服を着ているけど、私たち特待生は色んな特権を授けられているからね(えっへん)」←グルジアのへそだしの民族衣装

辻垣内「その監督より上の学園長からのお達しや。決勝戦は正規の制服を着用するようにとのこと。お前らの分の制服はここに用意してある」

ハオ「何で今になってでーすか? 注目度の高いファイナルでの路線変更とか汚い大人の事情が見え隠れしていまーす」

ネリー「永水女子は巫女服だし、去年の龍門渕は全員私服だったそうだから、国際色豊かなインターナショナルスクールの臨海が制服に拘る必要はないんじゃない?」

辻垣内「ゴチャゴチャ言わんとさっさと着替えんか。お前ら、プロなんやろ? なら、これも仕事の内や」

明華「・・・・・・・・・分かりました(こんなセンスの悪い制服で試合するのはイヤですが、契約を盾にされると逆らえないのが派遣業のツライところです)」

お着替えタイム中

ハオ「西洋人の肌は本当に白くて羨ましいでーす(ナデナデ)」←セクハラモード

明華「ひゃ、触らないください」←肩甲骨のラインが性感帯

ハオ「(モミモミ)着痩せするのか胸のボリュームも中々で、腰もくびれていて・・・・・・おや、これは傷?」

明華「・・・・・・・・・・・・・・・」(サー)表情が青ざめる

ハオ「不好意思(ごめんなさい)、明華」

ネリー「何々、傷ぐらいまだまだ甘いって、私なんかホレ」ピラッ(脇腹を見せる)

ハオ「オー、もしかして、これは銃痕ですかー?」

ネリー「我が夫となる者は更におぞましきものを見るだろう。なんちってー(ケラケラ)」

ハオ「(プッ)ネリーさんはそのチンチクリンなスタイルをどうにかしないと、貰い手も見つからないと思いまーすよ」

ネリー「何を〜!? あと二年もすれば私だって明華みたいにボンボンキュになるんだからね(プンスカ)」

ハオ「ネリーさん、私と同じ16でしょ? もう既に手遅れでーす」

明華「・・・・・・・・・・・・(くすっ)」

辻垣内(なんや仲間意識ゼロかと思いきや、意外に仲良いみたいやな。それにしてもネリーや明華の身体。多くの少年兵が戦場に駆り出された内戦状態のグルジアに、人工的に魔物を生み出す非人道的な実験が発覚して閉鎖されたと噂されるバスツール研究所。この調子だとハオにも中国太古の伝説の麻雀修練所で命懸けの修行をしたとかのヤバメな過去設定がありそうやな)

明華「着替え終わりました・・・が何で辻垣内さんやダヴァンさんのと違って、私たちの制服のスカートはこんなに短いのですか?(赤面)」ピチピチ(胸サイズが辻垣内なので上はキツキツだが、下はレベル高えー)

ネリー「多分、学園長さんの趣味でしょ、明華? けど、この世界ってパンツが存在しないから、龍門渕の井上みたいに胡座を掻いて麻雀を打つハオはかなりデンジャラスじゃない?」チンマリ(上半身ブカブカで、どこぞのデビル子みたいに手が袖中に隠れる)

ハオ「郷に入れば郷に従えでーす。ならシニヨン(お団子頭)も解除します」バサッ(セミロングの髪が零れて殆ど別人顔に)

明華・ハオ・ネリー「まあ優勝記念撮影は全員同じ制服姿というのも悪くないでしょう」

辻垣内(今の危機的状況を作った戦犯の私が言うのもアレやが、この極端な一校沈みの中でも自分たちの勝利を疑っておらんのか。こいつらの自信と強さの源は一体何なんや?)
501 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga ]:2012/12/01(土) 00:03:56.16 ID:d5YHiAb20
龍門渕高校麻雀部

福与アナ「それでは休憩時間中にここまでのハイライトお送りします。まずは先鋒戦・・・」

透華「純、あなたのお弟子さん、随分と頑張っているみたいね。まさか本当に助言を受け入れて決勝まで能力を温存するとは思いませんでしたが、そのお蔭で開幕はしばらく無双できたようですわね」

井上「まあな。しかしエース候補が集う先鋒からコンバートされた先に待っていたのは、臨海の達人にシャープシューターとドラゴンロードか。本来なら比較的穴場になりやすい次鋒戦とは思えない凶悪面子に囲まれるとはタコスチビも運が悪いぜ」

鎖子「それよりもボクたちと練習試合をした奈良代表の阿知賀女子が決勝まで勝ち残るとは驚いたね。風越から転校してきた福路のワンマンチームだとずっと騙されていたから」

ともきー「松実玄。私たちと手合わせした時はドラ運から見放された気の毒な子と錯覚していたけど、とんでもない誤り。ドラ独占能力は下手な魔物以上に危険」

衣「ふふん、衣はクロの中にオッカナイ竜が潜んでいるのに気づいておったぞ。流石にどんな能力かまでは分からなかったがな」

透華「しかし、なぜ福路さんはわたくし達との試合中、松実さんの能力を封印していたのかしらね?」

井上「俺たち経由で松実の秘密が清澄に伝わるのを恐れたんだろ? 実際、阿知賀が決勝に残れたのは準決勝のドラゴンロードの奇襲が成功したからだしな。タコスチビには個人的に目をかけたが、別段清澄そのものに肩入れする義理はないから単なる取り越し苦労だがな」

鎖子「その井上君のお弟子さん、後半はどうなるかな? すこやんの言う通りに松実の支配力が喪失するなら、あの子の『東場ブースト』が従来の性能に戻るってことだよね?」

ともきー「理屈上はそうなるけど、臨海女子の達人はまだアレを一度も見せていない」

鎖子「あっ!」

透華「・・・・・・・・・・・・(ダヴァンさん・・・)」

井上「そういうことになるな。ここからが正念場だぜ、タコスチビ」

衣「そろそろ後半が始まるみたいじゃぞ。前半とは主役がそっくり入れ替わりそうだから、どんな展開になるか楽しみだな(わくわく)」

―――――――――――――

次鋒卓、各自休憩中

玄「・・・・・・・・・・・・(まいったなー、本来なら後半南場を予定していたドラ切りを前半でやらされて、しかもその最後の大物手が和了なかったなんて計算違いもいいとこだよー)」ふうっ(溜息を吐く)

玄(けど、そうそう思い通りにならないのが麻雀なんだよね。私少し思い上がっていたかも。確かにドラゴンロードは無敵に近い能力かもしれないけど、どんな強力な打ち手も他家が協力し合えば対抗できるって美穂子さんが何時も言っていたことじゃない)

玄(そうだよ、私は今全国頂点の決勝戦の舞台を戦っているんだよ。なら私如きの浅知恵が裏目るなんて当然のこと。でも大丈夫だよ、私の中の竜の力はもう消えたけど、ドラゴンロード最終形態・人間モードには知恵と勇気というかけがいのない武器があるから)パンパン(頬を叩いて気合を入れる)

玄(だから、ここからが本当の戦い。能力を失った逆境の中で最後まで自分の麻雀が打てるか試されるんだ。私にはこの半年間で培ってきたドラ無し麻雀のノウハウがあるから、可能な限り今の点棒を維持して次のおねえちゃんに繋げるよ(にこっ))曇らせたい、この笑顔を・・・と専らの評判の玄ちゃんスマイルで微笑む。

―――――――――――――

キャプテン「試合前の予定より早い段階で能力を失った玄さんが動揺していないか心配でしたが、あの顔つきを見る限り杞憂だったみたいですね(にっこり)」せっせ

宥「(こほっこほっ)玄ちゃん、本当に強くなったね。おねーちゃん、嬉しいよー(ぐすっ)」ブオー(電気ストーブにしがみつく)

穏乃「(さっきから妙に暑いと思ったら、宥さんこの夏場なのにとうとう携帯型電気ストーブに火をつけたよ(汗))けど、ドラ独占で今まで玄さんが得ていた様々な特権が、今度は逆にあらゆるハンデとなって玄さんに襲いかかるんだよね?」

憧「(あちー、美穂子達は勝負に熱中で部屋の室温上昇に気づいていないみたいね)大貧民で革命を起こされて、今まで最強だったエースや2が突然最弱カードに貶められた気分よね。ましてや玄はトップで点棒をたくさん抱えているし、それこそ飢狼の群の前に放りだされた小羊も同然。四方から寄ってたかって嬲りものにされかねないわ」

キャプテン「(さっきからやたら暑いのは気のせいでしょうか?)それは平気でしょう。二位抜けルールの準決勝ほど露骨なアドバンテージは得られないにしても、それでも点棒に余力がありオリの選択権を持つ者は基本的に麻雀では優位です」せっせ

キャプテン「それに玄さんの弱体化は何も悪いことばかりではありません。今まで親の仇のように玄さんをつけ狙っていた弘世さんのマークが緩くなると思うので、後半序盤でいきなり試練が降り掛かるのは実は玄さんではなく・・・・・・あっ、今の流局でこの半荘も終わりですね?」ガタっ(牌を倒す)

キャプテン「これで五連続で赤土さんのトップですね。では次のラウンドに・・・・・・!(妙に暑いと思ったら宥さんの仕業ですか)華菜、買い物をお願いしたいのですが、頼まれてくれるでしょうか?」ヒョイ(財布からお金を渡す)

池田「もちろんにゃー。美穂子先輩の為なら宇宙の果てでも・・・ふむふむ、それを大量に購入してくればいいんだにゃ? それじゃ一っ走り行ってくるにゃー♪」バタン

憧「(猫の奴、上手いこと逃げたわね。死ぬほど暑いけど次は宥姉の出番だからそれまで我慢)玄たちが前半を戦っているうちにもう五半荘もこなすとか凄いハイペース(汗)。それなのに美穂子の手は流局までに二向聴が限界とかまだまだ先は長そうね」

穏乃「けど、この調子なら大将戦が終わるまでに軽く三十局はやれそうだから、多分厄払いには十分間に合うよ。決勝戦を戦い終えた後は結果がどうなったにしても、美穂子さんの手料理でゆっくり打ち上げパーティーをしたいしね(じゅるり)」
502 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga ]:2012/12/01(土) 00:04:47.48 ID:d5YHiAb20
全国決勝次鋒戦 後半開始

福与アナ「さあ、これより後半戦が始まります。今度は起家が松実選手でラス親は前半と同じくダヴァン選手になります」

すこやん「片岡選手が起家を取り損ねるとは珍しいこともあるものですね。何かの予兆かもしれませんので注目しましょう」

後半 東1局 親 松実 ドラ二

菫(配牌からドラが2個も紛れるとは、松実の支配力が消えたのは間違いなさそうだが、念の為にまたアトスラルサイドに潜って確認してみるか)ヴィィーン

アストラルサイド(以下略)

玄「(キョロキョロ)・・・・・・・・・・・・・・・」オドオドビクビク(E:木製バット E:野球のヘルメット E:中日ドラゴンズのユニフォーム)

菫「ビクつきながらが周囲を警戒している? プロ野球選手のコスプレ(ちなみに私は巨人ファンだ)のような格好をして、もしかしてあれで武装しているつもりなのか?(汗) どうやら前半のように徹底マークする必要はなさそうだな」

―――――――――――――

東家・玄手配 四五2568@@DDF東北発

玄(三向聴。そこまで悪い配牌というわけじゃないけど、真ん中の牌を4枚もツモって赤ゼロとか本当に私の中にもう竜はいないんだな(しゅん))北捨て

6巡目

東家・玄手配 三四五4568@@@DDF 次ツモE

玄(張った。8を落とせばD−G待ちの聴牌。役がないからリーチかツモ和了に賭けるしかないけど・・・)

玄(【D】は絶対にツモれないから実質はGの単騎待ち。何よりもこの手はリーチをかけてツモ和了ってやっと5800(ロンなら3900)。しかも裏ドラは絶対に乗らないから、前半と違って他家は自分の手の期待値が良ければ、私が親リーで脅したところで絶対にオリてはくれないんだよね(うーん)」

玄(やーめた。シャープシューターさんがまだ私のストーカーを継続しているかは私の観察力じゃ分からないけど、色んな意味で期待値が割に合わない。ここはきっちりとオリておこう)現物の@捨てで聴牌崩し

西家・菫手配 二二34【5】67EFFGGH (2−5−8待ち)

菫(チッ、満貫ダメージで射抜けたのに、勝負せずにオリたか。まさか私のロックオンに気づいたとは思えぬが。ただ、そろそろ松実一人に拘らずに的を散らす時機ではありそうだな)

7巡目

南家・タコス手配 三三五六七6789CCCE 次ツモ【D】

タコス「張ったじょ。ドラがツモれるって感動だじょ(じーん)。リーチを掛けたいところだけど、さっさと私の親を取り戻したいから、出和了期待でダマで和了じょ」9捨て

8巡目

南家・タコス手配 三三五六七678CCC【D】E 次ツモF

タコス「ツモ、タンヤオツモドラ1で2000、1000だじぇ」

玄(親被りの親流れっ・・・て、このぐらいの点数で場がまわってくれるなら、私的にはありがたいよね。次は危険な優希ちゃんの親番だけど、今の私じゃ止める方法がなさそうだな)

タコス(まさか1巡で和了牌を引くとはしくったかじょ? リーチを掛けておけば、リーチ一発で裏が一つ乗るだけで跳満・・・いやいや、この局はあくまで親番までの繋ぎだから、欲張らなくてもこれで十分だじょ)

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
503 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga ]:2012/12/01(土) 00:05:41.18 ID:d5YHiAb20
後半 東2局 親 片岡 ドラE

1巡目

東家・タコス手配 一二三34【5】ABEE東東西中

タコス(キタ――(゜∀゜)――ッ!! いきなりドラ3一向聴の好配牌。起家親を取れなかった時はちょっと不安になったけど、あたしの『東場ブースト』は問題なく場を支配しているじょ(にたぁー))

タコス(東を暗刻にすればダブ東ドラ3でリーチにツモと裏ドラが絡めば親倍まで見込めるじょ。八連荘は無理でもこの親で可能な限り連荘するじょ」ウキウキしながら西捨て

西家・ダヴァン手配 一五八229BF南南北白中

ダヴァン(私の手は五向聴の屑手ですが、清澄のあの表情からして、相当な勝負手が入ったようですね。前半と違ってドラの恩恵が受けられる東場マスターは危険ですので、ここは無理をしても止めさせてもらいマス)グググッ(左腕を大きく振りかぶる)

タコス(にょにょ? 臨海のブラックアメリカンは今まで右手で牌をツモっていたのに、左手を大きく振り上げてるじょ? しかも心なしか左腕が膨張して右腕よりも太くなっているように感じるじょ(ゴクリ))

ダヴァン(イキマス、これが私の必殺スキル『剛拳(クラッシャー)』デス)クラッシュ!!(卓上を思い切り叩きつける)

タコス(ひっ!? 拳で卓を真っ二つに叩き割ったじょ!? ・・・・・・って、別段何ともなってない? もしかして、またアストラルサイドのイメージ詐欺?)

2巡目

タコス(全くビビらせてくれるじょ。単に牌をツモるだけでオーバーアクションしすぎだじょ・・・・・・ってアレ?)

東家・タコス手配 一二三34【5】ABEE東東中 次ツモ北

タコス(おかしいじょ? この流れの中で有効牌が引けないとか有り得ないじょ。まあ、多分次で聴牌できる筈だじょ)北をそのままツモ切り

ダヴァン「剛拳!」クラッシュ!!

3巡目

ダヴァン「剛拳!」クラッシュ!!

4巡目

ダヴァン「剛拳!」クラッシュ!!

5巡目

東家・タコス手配 一二三34【5】ABEE東東中 次ツモ発

タコス「一体どうなっているじょ? これで四回連続で屑牌が続いてるじょ。これだけ配牌に恵まれたのに、その後勢いが止まるなんて・・・・・・(ハッ)」チラリ

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

西家・ダヴァン手配 五八229@@BCF東南南(ダヴァンが引いた牌・東@C@(全てタコスの有効牌))

タコス(そういえば臨海のアメリカンが左手で牌をツモり始めてから、あたしのツモが変になったじょ。もしかして何か関係あるのかにょ?)
504 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga ]:2012/12/01(土) 00:06:30.90 ID:d5YHiAb20
井上「ダヴァンの奴、ついに伝家の宝刀を抜いたな。攻撃型A級スキル『剛拳(クラッシャー)』」

鎖子「確か場の支配をブチ壊して、他家の有効牌を力づくで奪い取るんだっけ?」

ともきー「去年、冷し透華の治水支配化の中、強引に有効牌をもぎ取り続け聴牌までこじつけ、ラストは出和了で合浦女子をトバした。あともう一度透華がツモ和了していれば二位の永水女子をマクれたから、私たちの決勝進出を阻んだ忌避すべき技」

透華「正直わたくしはあの時のことを覚えていませんが、眷属でもないダヴァンさんが魔王級の支配力の中に割って入れるとは信じられませんわね」

衣「単にベクトルが逆なだけで、基本は宮守女子の『防塞』と同系統のスキルじゃな。モノクル女は防御的に他家の有効牌を塞ぐのに対して、臨海は場の支配に風穴を開けて有効牌を奪う感じか」

鎖子「けど臼沢塞は能力使用中ボロホロになっていたから、ダヴァンの方も身体的な対価が物凄いんじゃないの?」

衣「そりゃそうじゃ。眷属でもない無能力者が場の支配力に乱入するなど、カマイタチの中に指先を突っ込むのと同じじゃ。臨海の黒人は顔色一つ変えておらぬが、奴の左腕には相当な身体負荷がかかっている筈じゃ」

井上「それがダヴァンがここまで『剛拳』を使わなかった理由か。しかし、その禁断の魔技に手を伸ばしたってことは、ドラゴンロードの支配力から解き放たれたタコスチビはそこまで警戒されているってことか?」

ともきー「けど、そんな犠牲を払ってまで東場マスターの妨害をしながらも、ダヴァンの手はバラバラ。あの『剛拳』を何時までも打ち続けられるとは思えないけど」

透華「きっと連動してくれると信じているのでしょう。前半オーラスのように利害が一致した相手との一時的な共闘こそが麻雀の醍醐味なのですから」

―――――――――――――

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・(流石に四回連続はキツイですね。左腕の感覚が無くなってきましたので、もう限界デス)」ヒョイ(1をツモきり)

タコス(! 臨海が左腕を使わずに、右手で普通にツモったじょ。もしかして・・・)

6巡目

東家・タコス手配 一二三34【5】ABEE東東中 次ツモ東

タコス「(きた、欲しかった東。やっと有効牌が引けたじょ。これでリーチ一発でツモ和了れば親倍。臨海のアメリカンが本当に私の有効牌を掠めていたとしても無駄だったじょ」リー・・・)」中を切りながらリーチ棒を投げ入れようとする。

ダヴァン(無駄などではありませんよ、東場マスター。ここまで聴牌を遅らせれば十分です。既にあの人がロックオン態勢に入っているのをさっき確認しましたから(ふっ))

菫「ロン、七対子ドラ3。8000」ヒュン(弓を射る)

タコス「かはあっ!?(何だじょ、いきなり撃たれたじょ?)」

南家・菫手配 五【五】九九4477EE西西中 (中の単騎待ち)

福与アナ「なーんと、弘世選手のダマ七対子が片岡選手に突き刺さった。まさにシャープシューターお得意の狙い撃ち炸裂」

すこやん「ドラがツモれるようになって、攻撃力が上昇したのは片岡選手だけではなかったようですね。臨海と白糸台は水面下で結託して、東場マスターの親番を潰したようです」

ダヴァン(これで危険極まりない清澄の親は流れました。あとは・・・)

菫(もう松実玄は脅威ではない。あとは・・・)

菫・ダヴァン「臨海(白糸台)さえ潰せば、後半は私の独壇場だ(デス)」
505 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sage]:2012/12/01(土) 08:32:04.87 ID:+vp4YHXE0
期待値満貫8000って
麻雀における期待値ってそういう意味じゃないんじゃないかな…?
506 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/01(土) 19:31:51.61 ID:lAMUhlkm0
麻雀してないから別に問題ないんじゃないかな
507 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/01(土) 23:42:23.25 ID:TeWBvEqto
闘牌を書ける人は少ないな
別にいいけど
508 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/02(日) 00:01:18.38 ID:+EsR6K770
後半 東3局 親 弘世 ドラ1

菫「ロン、タンヤオドラ2、7700(シャープシュート)」

タコス「くはっ!?」グサっ(タコスの太めの脇腹に矢が刺さる)

福与アナ「またまた清澄から連続直撃。弘世選手、前半とは狙う相手をチェンジした模様です」

タコス「ううっ・・・、また撃たれたじょ(ぐすぐす)」

菫(なるほど、東親マスターとは良く言ったものだ。親の時は照顔負けの異次元な速度でも、子なら東場でさえ平均聴牌は7巡前後。これならツモ運次第で私の方が先制可能だ)

後半 東3局1本場 親 弘世 ドラ七

北家・タコス手配 【五】六七234【D】F西西北北北 次ツモG

タコス(張ったじょ。これでドラ【D】を落とせれば聴牌だけど・・・)チラリ

菫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ジロリ(矢をこちらに向けているようにタコス視点からは見える)」

タコス((ぶるっ)また狙われてような気がするじょ。ドラなんて怖くて捨てられないじょ)現物の西捨て

玄(優希ちゃん、それじゃ駄目だよ。いくらシャープシューターさんだって、毎回東場の優希ちゃんに先んじれる筈ないのに、撃たれることに怯えて自滅してる。何か一昔前の私を見ているみたい)

菫(フフ・・・、私の手はまだ一向聴だが、前半の松実と違って清澄の方はちゃんと萎縮してくれたようだ。なら、この局狙うのは・・・)

北家・タコス手配 二【五】六七234【D】FG北北北 次ツモ7

タコス(また危険牌。安牌なのは北だけ)北捨て

タコス(ううっ、一度聴牌までいった手がズタズダだじょ(涙)。ひっ!?)白糸台のロン発生にヒクつく。

玄「かはあっ!?(吐血)」矢か豊満な胸の合間に突き刺さる。

菫「ロン、5800の1本場は6100(松実め。そろそろ火事場泥棒を働く頃合いだっと思っていたが、案の定だな。私を出し抜こうなど三年早いぞ(ニヤリ))」

福与アナ「今度は阿知賀からの出和了で三連続和了。これで前半のマイナス分をほぼ払拭し、三位の清澄との差を大きく広げました」

玄「ぐすっ・・・(涙目)」

タコス(今度は玄ちゃんが白糸台のアーチャーに撃たれたじょ。けど、あれだけ点数をリードしているのに、何で能力を失った今でも玄ちゃんは攻めるんだじょ?)

玄(ううっ・・・裏目っちゃった。でもこれで良い筈。『攻めるべき時に攻めて』『引くべき時に引いて』『危険でもいかなきゃいけない時は勇気をだして』この三原則をずっと守ってきたから、私はドラがなくても今日まで戦ってこれた。オリだけの相手の対処は容易。ちゃんと攻めれる姿勢も見せておかないとツモで一方的に削られるだけ)

玄(だから、ダマで満貫以上のチャンスがあればまたトライするよ。けど、ここはいかにも心が折れたように見せかけた方がいいよね)ビクッ(涙目で菫から顔を背ける)

菫((ふーむ)流石にドラゴンロードの能力抜きで私に挑める気概はないようだな。これで阿知賀と清澄は骨抜きにしたも同然だし、最後の大物取りといくか)

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
509 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/02(日) 00:02:00.63 ID:+EsR6K770
後半 東3局2本場 親 弘世 ドラA

ダヴァン(さてと二校を潰した今、次の標的は私ですかね?)タンタン(左手人指し指でラップのリズムを刻む)

東家・菫手配 二二二222557AABC 次ツモA

菫(張ったか。普通なら7切りで三暗刻三色同刻タンヤオドラ3の親倍24000を目指すのが常道だが)チラリ

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・」タンターン(更にラップを刻む)

菫((臨海は何をしている?)私のシャープシューターの直感が臨海の次の炙れ牌が6だと予見した。ここでダヴァンを捩じ伏せれば後半私を遮るものはいなくなるから、タンヤオドラ3の親満12000まで点数を落としてでも狙いにいく価値はある」弓を引くように右手を後ろに引きながら、5切り。

東家・菫手配 二二二22257AAABC (6の嵌張待ち)

ダヴァン(! 今のは明華が見抜いてくれたシャープシューターの癖(キズ)。有り難いです、これで確信が持てました)

南家・ダヴァン手配 一一【五】七667CD【D】EEF 次ツモ六

ダヴァン(張りましたが、私が既に白糸台にロックオンされているなら、この余剰牌の6を切れば当たりですね。ならば・・・)

菫(もらったぞ、臨海。シャープシュート)ヒュン(矢を放つ)

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・(リンボー♪)」ヒョイ(マトリックス避けで身体の上を通過した矢をそのままキャッチ)

福与アナ「おーっと、臨海ダウァン選手。6捨てで5−8待ちの聴牌に取らずに、一の対子を崩した。白糸台の矢をかわしました」

すこやん「遣り方は分かりませんが、どうやらダヴァン選手は弘世選手に狙われていたことに気づいていたようですね」

菫(避けられただと!? なら二の矢を撃ち込むまで・・・って、ちい! ツモは外れか)ポイ(矢は補充すれずに発をツモ切り)

ダヴァン(焦りが見えますよ、シャープシューター。とはいえ張り直されたらアウトなのでグズグスしていられません。剛拳!)クラッシュ!!

南家・ダヴァン手配 一【五】六七667CD【D】EEF 次ツモ6

ダヴァン(有効牌をもぎ取りました)ポイ(一捨て)

東家・菫手配 二二二22257AAABC 次ツモ7

菫(矢を補充した。これで7ADの多面待ちに変化。二の矢を撃てるぞ)グイッ(5を捨てながら弦を引く)

ダヴァン「(あなたの矢をそっくりお返ししますよ、白糸台)ロンです、タンヤオ平和三色赤2で12000の2本場は12600デス」ヒュン(さっき掴んだ矢を手投げで返す)

南家・ダヴァン手配 【五】六七6667CD【D】EEF(578待ち)

菫(ぐっ、馬鹿な!? 私の矢がそのまま投げ返されただと!?)」グサッ(左肩に自分の矢が刺さる)

福与アナ「まさにカウンター一閃! ダヴァン選手がシャープシュータから跳満直撃」

すこやん「弘世選手が待ちを変える為に生まれた隙を突かれたようです。いずれにしても、自分が狙われるタイミングを正確に把握していなければできない芸当ですが」
510 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/02(日) 00:02:48.56 ID:+EsR6K770
阿知賀控え室

レジェンド「こいつはたまげたな、美穂子。我々の他にも弘世の癖を掴んでていた奴がいたとは。玄には難易度が高すぎるからこの情報は宝の持ち腐れになると諦めていたが、まさが目の前でお蔵入り予定のプランをその儘実演されるとはな」せっせ

キャプテン「そうですね。私は正攻法でのシャープシューター封じは宥さんにしか難しいと思っていましたから、正直驚かされました」せっせ

憧「何で宥姉だけ? そりゃミリ単位の観察なんて今卓にいる玄には厳しいだろうけど、理牌読みで眼力を鍛えたあたしならできると思うけど?」

キャプテン「確かに見抜くまでは可能でしょうが、問題は一度聴牌を崩しながら、弘世さんが二の矢を継ぐまでに張り直せるかです。『レッド・ホット・ドラグーン』であったかい牌を引ける宥さんはともかく、憧さんだとそのあたりが運任せになりそうです」せっせ

穏乃「(ポンっ)あっ、なるほど・・・。このカウンター技は癖を見抜いてそれで終わりじゃないんだ。だとしたら牌の偏りを生み出せる眷属でないと実践は難しそうだね」

キャプテン「癖(キズ)の存在に気づいたのがダヴァンさん本人かは分かりませんが、彼女にはそのサインを見逃さない高い観察力と、何よりも『剛拳』で強引に有効牌を引いて即座に張り直せるスキルがあります。流石は達人と評される手強い相手です」せっせ

―――――――――――――

後半 東4局 親 ダヴァン ドラ六

ダヴァン(! また白糸台の傷が発覚)タンターン(ラップ音)

菫(今度こそ仕留めるぞ、シャープシュート)ヒュン(再び矢を放つ)

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・(リンボー♪ リンボー♪)」ヒョイ(再びマトリックス避け)

ダヴァン「剛拳!」クラッシュ!!

ダヴァン「ツモ、2000オールデス」

菫(今度はカウンターは免れたが、また私の矢が避けられただと!? これはもう偶然ではない。松実のようにドラゴンの壁に阻まれるのでなく、コイツは技術で私のロックオンを予見している)

ダヴァン(明華から癖(キズ)のレクチャーを受けていて本当に助かりマシタ。しかしあの娘は魔物だというのに、眷属ですらない私よりもはるかに三次元方向からのアプローチに長けていますね)

ダヴァン(ネリーさんの話だと明華は『理牌読み』を習得するのは容易いけど、スキルとして確立させてしまうと『調律の歌』の対価として『風神』と一緒に巻きあげられる危険性があるので、態とスキル登録はしていないそうデス。不良が空手のブラックベルトを取得すると警察に凶器登録され喧嘩が遣りにくくなるので、敢えて段を取らずにお天道様を欺くようなものでしょか?(うーむ))

ダヴァン(それにしても団体戦には特に思い入れがないと言いながらも、こうして自分以外の対戦相手の情報も分析してくれるとは、明華は意外と仲間思いのツンデレさんなのかもしれません(くすっ))

菫(こんな体験ははじめてだが、次は絶対に外さん(ギラッ))

玄(普段は冷静なシャープシャーターさんが矢をかわされ続けてムキになってる? これって、もしかしてチャンス?(ゴクリ)」

後半 東4局1本場 親 ダヴァン ドラ西

菫(これならどうだ、臨海!?)ヒュン(再び矢を放つ)

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・(リンボーデス♪)」ヒョイ(三度マトリックス避け)

ダヴァン(また何とか躱せましたが、流石に少し休まないと剛拳は撃てないので、この局張り直すのは無理・・・・・・・・・って、おーい、シムラじゃなくて弘世さん。後ろ・・・後ろデース)

菫(ちっ、またかわしたか! だが今度は・・・・・・!?)ポロっ(Hを零す)

玄「(ドクンドクン)・・・・・・・・・・・・」そろーり、そろり(バットを抱えたまま抜き足差し足で菫の背後に接近)

玄「やっ・・・やああああ!! ロン! ダブ南チャンタで8000の3本場は8300です」ブンッ(目を瞑ったまま木製バットで菫の腰を後ろからフルスイング)

南家・玄手配 一二三789HH南南南白白(H−白待ち)

菫「ぐあっ!? 弓道病の腰痛が悪化したって・・・貴様は松実!?」ギロリ

玄「ひっ・・・ひえ、ご・・・ごめんなさーい」ピュー(バットを放りだして逃走)

菫(ぐっ、私としたことが、まさか能力を喪失した松実に足元をすくわれるとは、熱くなりすぎたか? それにしても一度撃たれながら、またしょーこりもなくチョロチョロと私の射程内に出没するとは、泣き虫な外見とは裏腹に存外しぶとい奴だ)

玄((ドキドキ)あー、恐かった。まだ心臓がバクバクいってる。けどリスク覚悟でいった甲斐あって、後半の負け分をほぼ取り戻せたよ。弘世さんが二度も同じミスをするとは思えないから、ここから先はより慎重に・・・)

タコス(玄ちゃん、もうドラゴンさんに守られていないのに、あの白糸台の恐いアーチャーに臆さずに生身で立ち向かっているじょ。なのに最後の東場を何もできないまま終わらせてしまって、あたしは一体何をやっているんだじょ?)グッ(悔しさで唇を噛む)
511 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/13(木) 03:08:36.81 ID:3/oYV4g1o
まだかね
512 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/14(金) 00:01:40.36 ID:sDSngMqJ0
後半 南1局 親 松実 ドラ4

菫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ジロリ(次の矢を継ごうとする)

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・(もう剛拳は撃てませんが、ここは飄々としたポースでハッタリかましましょう)」タンターン(ラップ音を刻む)

玄「・・・・・・・・・・・・・・・(く・・・来るの?)」ビクビク(へっぴり越しでバットを構える)

菫(阿知賀は何を考えてるのか今一つ読めんが、臨海は私の矢の発射タイミングを掴んでいるのは間違いない。なら、これ以上直撃狙いに拘るのは愚作か)スッ(弓を降ろす)

ダヴァン((ふーう)これでしばらく左腕を休ませられそうデス)

玄((ホッ)弘世さんの殺気が消えた・・・・・・って、ビクっ!?)

菫(私の矢の射程内でこうまて好き放題されるとは、白糸台のシャープシューターも甘くみられたものだが、私だって能力抜きで普通に打っても決して弱いわけじゃないぞ!)タン

西家・菫手配 三三五【五】2266FF西白白 次ツモ西

菫「ツモ、七対子ツモ赤1で3200、1600(ナメられたままってのも癪だ)」

玄(また親被り・・・けど満貫で撃ち抜かれるよりは全然マシだよね)

ダヴァン(次はまた東場マスターの親ですが、南場なら何の脅威もないですね)

タコス(さっきからあたしだけ除け者にされているような気分だじょ。このまま終わっていい筈ないじょ)

後半 南2局 親 片岡 ドラ7

東家・タコス手配 二三14777A【D】東北白白中

タコス「いきなりドラ7が暗刻で赤含めて合計ドラ4つ。四向聴と少し重いけど、あたしの最後の親だし、ここで攻めなきゃもうチャンスはないじょ」北捨て

菫(清澄の目の色が変わった? ある意味泣き顔ばかりの阿知賀よりも判りやすい奴だが、親だからといって『東場ブースト』の加護がない南場で私を出し抜くつもりか? ならその身の程知らずを正してやるか(ふっ))

11巡目

菫「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(白捨て)

タコス「ポンだじょ!」白を碰して手を止める。

東家・タコス手配 一二三44777AA【D】《白白白》

タコス(時間がかかったけど、これで聴牌したじょ。役もできたし後は赤【D】を落とせば白ドラ3で親満12000の手だけど)チラリ

菫「・・・・・・・・・・・・・・・」ジロリ

タコス(二回も撃たれた白糸台のアーチャーが怖くて仕方がないじょ。けど【D】を切らなきゃ和了ないから、思い切って行くしかないじょ)ポイ(【D】捨て)

菫「ロン! 満貫8000(狙い通りに【D】を炙り出したぞ、シャープシュート!)」

西家・菫手配 一一115【5】77【D】HH北北(Dの単騎待ち)

タコス「がはあっ!」グサッ(眉間の間に矢が命中する)

福与アナ「これは痛い。片岡選手後半三度目のシャープシュート直撃。前半の東親で一時は三万点もリードしながら、とうとう合計収支でも最下位に落ち込みました」

すこやん「儘と白を副露させられ、目論見通りに赤を燻りだせたのは、相手の待ちが読めるシャープシューターならですかね。それは置いておいても清澄の対応は少し中途半端なような気がしますが」

福与アナ「確かに片岡選手の防御力はあまり高くないと思いますが、親満の手なら無理して危険牌を切るのもアリだと思うので、その意見は少し手厳しいのでは?」

すこやん「中途半端というのは今回の一件だけでの評価ではありません。前半松実選手の役満を成立させた過程もそうでしたし、後半も得意の東場で勝負にいかずに、今度は苦手の南場で無理を祟らせたりと指針があやふやです。私の目からはベタオリと暴牌を繰り返す素人の闘牌そのものにしか映りません(特上辛口)」

福与アナ「というわけで、相変わらす若い子にはとっても厳しい小鍛冶プロの解説でした」
513 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/14(金) 00:02:28.50 ID:sDSngMqJ0
タコス(そ・・・そんな(涙目)。あんなに頑張ったのに、何で上手くいかないんだじょ?(グスグス)」

菫(清澄のあの絶望に満ちた目、いかにも『あれだけ努力したのにどうして報われない?』とでも言いたげな、己を主人公と錯覚した人間に良く見られる病症だな。頑張っているのは自分ら弱小校だけで、私たち名門のエリートは地位に胡座を掻いて努力を怠ってきた嫌な奴だとでも決めつけていたのか?)

ダヴァン(東場マスターさんは確かに上達しましたが、得意分野を更に上乗せしてきただけで、防御力の薄さを克服したわけでも、試合の流れを読んで連携に参加できるようになったわけでもなく、東親さえ封じてしまえば全く怖くありません)

タコス(最初は活躍できたのに・・・・・・って、もしかして前半は玄ちゃんがいたから放置されていた? 白糸台はあたしのことをシカトしていたし、竜退治の傍らで小五月蝿い羽虫が騒いでいる程度に思われていただけ?(鬱思考))

菫(所詮は一月足らずの特訓の成果。だが私や臨海はこの三年間、己のスキルを磨き、更には総合的な能力を高めるようにプロも交えた最高の環境で一日も休まずに研鑚してきた。厳しいレギュラー争い、勝利を義務づけられた中で勝ち続ける重圧。その苦労はどれも人数もプレッシャーも少ない新鋭校の比ではない)

ダヴァン(まあ、この悔しさを胸に一年間みっちり修行を詰んで、もう一度インターハイに挑みにくるのですね。一芸に秀でるだけで勝てる程麻雀は甘くないデス。同じ一点特化型の眷属でも松実の方は今の状況を想定しての雀力修行をこなしてきたようなので、無能力状態でもそこそこ戦えているみたいデスガ・・・)

タコス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ずーん)」

玄(優希ちゃんが落ち込んでる。私自身二強に置いてかれないようにするのに精一杯で、他人を気にかける余裕なんてある筈ないのに・・・何だろう? この放っておけない気分は?)

タコス((ぐすっ)もう駄目だじょ・・・)

玄(! そうか、自分の力が通じずに項垂れている優希ちゃんの姿に、昔の能力頼みの頃の私の姿を重ね合わせているんだ)

後半 南3局 親 弘世 ドラ二

タコス「ううっ・・・ぐすっ」

玄(一つボタンを掛け違えていたら、私が今の優希ちゃんの立場に陥っていたのかな? 美穂子さんが阿知賀に転校してこなければドラ無し麻雀の修行することなく、ひたすら能力に頼りきって他家の思惑を図ることも連携もできず。涙目でガタガタ震えながらドラを抱え込んで他家の飜数が下げることぐらいしか役に立たないドラ置き場とか馬鹿にされたり・・・(妄想中))

玄(その人間の正しい形なんて誰にも分かる筈ないけど、そんな未来図も・・・・・・(はっ)いけない、まだ試合は続いているのに感傷に浸っている場合じゃない。可哀想だけど優希ちゃんに私がしてあげられることなんであるわけないし、私自身一杯一杯なんだから集中しないと)パンパン(再び頬を張って気合を入れ直す)

西家・玄手配 五24467AH東北北白中 次ツモ東

玄「混一が狙えそうな手。ドラがツモれない私が手っ取り早く飜数が稼げるとしたら、染めるぐらいしか方法がないから、多分これが最後の勝負手かな? 是非ものにしたいけど」A捨て

8巡目

西家・玄手配 2344567H東東北北北 次ツモH

玄(索子よ来い・・・・・・ってうわー落とす機会がないまま残していたHが重なっちゃったよ。これじゃ役無しだ(しょぼーん))

玄(どうしよう? 混一じゃないならリーチかけてまで勝負するメリットなんてないし、とりええずHを落として上手く索子が引けたら勝負・・・・・・って本当にそれでいいのかな?)ピタ(Hに手を伸ばしかけて止める)

玄(先鋒戦に続いて、この次鋒戦もほんんど一桁巡で誰かが聴牌に達している。なのに索子をツモれる保証もないのに、こんな所でグズグスしている暇なんかあるわけない。こういう時は実際の手の形云々よりも、捨牌から相手がどう私の手をイメージするかの方が大事だって美穂子さんから教わったよね?(うーん))

玄「(そうだ、もしここで索子を引いていたら混一3飜確定で跳満以上を目指して私はリーチをかけていた。なら、その通りに行動した方が下手に手をまわすよりも相手のプレッシャーになるかも。ここはそう自己暗示をかけて)リーチ」ポイっ(4捨てで東とHの両碰待ち)

福与アナ「なんと松実選手。ノミ手で勝負です。今の彼女は裏ドラも期待できないのですから、既に聴牌気配濃厚の親相手に期待値が合っていないと思うのですが」

すこやん「しかしその結果、実は弘世選手への親満放銃を避けたわけですから、こういう巡り合わせは麻雀では馬鹿になりません。もしかすると本来なら出ない筈の和了牌まで引き出せるかもしれませんよ」
514 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/14(金) 00:03:25.07 ID:sDSngMqJ0
東家・菫手配 二二二三四DEFHH中中中 (二五Hの三面待ち)

菫(松実め。この局面でリーチだと? 多面待ちをツモ和了って連荘するつもりだったから、敢えてシャープシューターで狙わなかったが・・・・・!?)ツモ牌に驚く

東家・菫手配 二二二三四DEFHH中中中 次ツモ【5】

菫(引いたのは索子の赤か。松実はドラをツモれないといっても、単に制約で強いられているだけの話で、別にドラでロン和了できないわけではないよな?)チラリ

玄の捨牌の河 A白中五八EC{立}4

菫(完全な染め気配。混一役牌でリーチをツモ和了れば跳満。更には多面待ちでツモ和了率も高ければ、裏ドラが乗らない松実が危険を犯してまで勝負に行く価値のある手だが・・・)

菫(やはり一発とドラ提供のリスクを負ってまで、リーチ後、最初の1巡に【5】を切るのは割に合わんな。最後の親番だからオリるつもりは毛頭ないが、Hの対子落としてで回し打ちするとしよう)H捨て

玄「ロンです。リーチ一発2600。裏ドラは(どうせ乗らないのが分かっているから)捲らずにサービスしておきます(にこっ)」

西家・玄手配 234567HH東東北北北 (H−東の両碰待ち)

菫(なっ!? 混一も飜牌も無しに、こんなゴミ手で態々リーチをかけて勝負しただと? いずれにしても私の貴重な最後の親番はこれで終わりか(ギリっ))

福与アナ「おおーと安手ながらも弘世選手がまた放銃です。確かにリーチの脅しがなければ、Hの対子を崩すことは無かったでしょうから、南2局のリプレイのような見事な駆け引きですね」

すこやん「松実選手がそこまで細かい計算をしたとは思えませんが、漠然とながら彼女は今の自分の立ち位置というのを理解し、その幻想を最大限に利用しているのでしょう」

―――――――――――――

阿知賀控え室

憧「能力を無くした玄がここまでやるとは正直意外。下手したら前半で稼いだ点棒を全部吐き出して泣きべそ掻くかと心配してたけど、ここまでの後半の収支は−2400。ほとんど原点を維持しているじゃない」

穏乃「後半のマイナス分を清澄が一人で請け負ってくれている面もあるけど、臨海の達人と白糸台のシャープシューターを相手に善戦しているのは確かだよね」

キャプテン「ふふっ、卓の面子は未だかつてない程ハイレベルですが、今の状況は玄さんにとってはこの半年間ずっと打ち続けてきた日常そのものですよ。ドラ無しのハンデ戦の中で県個人戦8位は決してフロックで残せる成績ではありません」せっせ

キャプテン「長野と奈良のレベル差もあるので単純比較は難しいですが、この順位は長野個人戦14位の片岡さんよりも上ですから、今の状態の玄さんが東親を速攻で潰された片岡さんよりも健闘しても不思議はないでしょう」せっせ

レジェンド「私が見た所、多少の運も玄に味方しているようだが、それでも百戦錬磨の弘世相手に竜の加護抜きで一歩も引かずに戦えているのは、玄が美穂子から教わった三原則をきっちり守っているからか?」せっせ

キャプテン「はい、かつての講師役として誇らしい限りです。二回戦でドラがツモれないことがバレて大敗した時の教訓を活かして、相手が自分に対して抱く先入観をも期待値に取り込んでいるみたいです」せっせ

キャプテン(あと卓の面子が比較的真っ直ぐな打ち手ばかりというのも玄さんに幸いしていますね。ここに上埜さんのような皮肉れた打ち筋・・・いえ、悪待ちのトリックスターが紛れていたら、かつての中学時代の私のようにかえって三原則が裏目に出ていた可能性が高いですからね)せっせ

宥「(こほっ)はわわー、玄ちゃん後1局で逃げきれるよ。がんばってー」ぎゅー(ほぼゼロ距離で電気ストーブを抱き締める)

キャプテン(さてラス親は弘世さんとの直接対決を制したダヴァンさんですか。すんなり終わってくれるとありがたいですが、もう一波瀾ありそうな予感がします)せっせ

(後半南3局終了までの途中経過)
阿知賀 161500(+24600)
白糸台 115000(−14900)
清澄   75900(−13800)
臨海   51100(+4100)

後半 南4局 親 ダヴァン ドラ1

ダヴァン(ようやく左腕の痺れが取れました。南場はずっと息を潜めていたので、密かにプラス転換できた点棒をここまで持ち越せましたが、現在最下位の私としては、当然この程度の収支で終わるつもりはサラサラありません(ギラっ))
515 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 00:15:27.75 ID:x5yd9kBPo
おつ相変わらず面白いよ
516 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 00:28:56.23 ID:ESmIJoxDO
いいゾ〜これ
517 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 08:46:24.54 ID:Z11nncs8o
おぉきてたか
518 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/15(土) 00:01:26.85 ID:jK6Dce/c0
ダヴァン「剛拳!」クラッシュ!!

東家・ダヴァン手配 一三六七八4【5】6FF北北北 次ツモ二

ダヴァン「ツモ、ツモドラ1、1000オールです」

菫(例の剛拳とやらで、嵌張の和了牌を強引にもぎ取ったか。あの技は相当身体負荷がかかるみたいだが、まさかこんな安手を和了るのにまで酷使するとはな)

ダヴァン(ふーう、これで何とか1本場に繋がりました。この局で私の日本での高校生活は終焉しますから、なりふり構ってはいられません。1局につき1回は無理してでも撃ち続けマス)

後半 南4局1本場 親 ダヴァン ドラ八

4巡目

東家・ダヴァン手配 二二六六447【D】D西西北中

ダヴァン(この早い巡目で七対子一向聴は悪くないですが、七対子はここから先のあと一つが時間がかかりると相場が決まっています。なら、ここは和了牌よりも聴牌させる為に使った方が良さそうデスネ)

ダヴァン「剛拳!」クラッシュ!!

東家・ダヴァン手配 二二六六447【D】D西西北中 次ツモ7

ダヴァン「(張りました。ツモで1飜加えられれば良いですが、期待値の高い出和了だと七対子赤1で3飜の4800にしかなりません。なら、リーチを掛けて4飜9600を確定させます)リーチ」ポイ(中捨て)

南家・玄手配 一六七5557ABC南北中 次ツモ南

玄(うわー、字牌整理も終わってない段階で、親リーがきたよ(汗)。落ち着いて、私。三原則だと、ここはどう考えても引くべき時だからベタオリるよ。けど何か七対子っぽいし、安牌なんか直ぐに切れるよね、ならば)5捨て

憧「ちょっと玄、中とか安牌はあるのにいきなり暗刻を崩したわよ。これも美穂子の教えなの?」

キャプテン「いいえ、玄さんが実戦の中で自分なりに編み出した七対子のオリ技術のようです(苦笑)。暗刻の牌なら一度の危険で三回分の安全を買えますから理に適っていると言えなくもないですが・・・」せっせ

穏乃「それは分からなくもないけど、一発がつく最初の1巡だけは安牌で凌いだ方が良くないですか?」

キャプテン「玄さんなりの弦担ぎみたいですね。どのみち暗刻が当たり牌なら、いずれ放銃してショックを受ける現実に変わりはないので、最初に捨てて当たった方が精神ダメージは少ないみたいです(くすっ)」せっせ

憧「1飜の違いで点数が大きく変動するケースは多いから、デジタル的にはその考えはどうかと思うけど、それが玄なりに辿り着いた結論なら尊重するしかないか(うーん)」

6巡目

ダヴァン(松実は思い切って暗刻崩し。東場マスターはひたすら現物連打。どちらもベタオリに変わりはないようですが・・・!)

東家・ダヴァン手配 二二六六447【D】D西西北中 次ツモ【5】

ダヴァン(リーチを掛けているのでツモ切るしかないですが、もしダマで待っていたら、このドラ待ちへの手変わりで、七対子ドラ2の9600をクリアできましたか)【5】切り

玄「♪♪♪」ポイ(5切り)

ダヴァン(しかも、ちょうど今の三枚目を仕留められていたかもしれないと(嘆息)。松実にとって良い流れになっているみたいですが、こうなると期待できそうなのは、そろそろ安牌を遣い果たしそうな東場マスターの方ですね)

8巡目

玄(やっぱり暗刻は最初に崩すべきだよね。そうしているうちにどんどん安牌が増えていくもんね。好循環♪ 好循環♪)現物のH捨て

西家・タコス手配 二三八八22267【D】EF北 次ツモ8

タコス(安牌が切れたじょ。今更暗刻を崩して当たるのも馬鹿らしいし、北を捨てればあたしも聴牌できるから、他に確実に通る牌がない以上、ここはいくしかないじょ)北捨て

ダヴァン「ロン、リーチ七対子赤1の9600の1本場は9900デス(やはり清澄から出ましたか。裏は乗りませんでしたが、予定通りの収益なら十分デスネ)」

タコス(また裏目った。やっぱりオリる時はきっちりオリなきゃ中途半端なことをしたら駄目だじょ。一時はトップの地位にいたのに、今では一校沈み状態の臨海に収支でほんとど並ばれたじょ(涙目))

玄(放銃は避けられて助かったけど、今の和了で臨海と私との合計収支は6000点差か。団体戦だから個人成績に意味はないかもしれないけど、逆転される前に何とか終わらせたいな)
519 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/15(土) 00:02:24.77 ID:jK6Dce/c0
後半 南4局2本場 親 ダヴァン ドラE

玄(七対子でやっと五向聴とか手牌を開示するまでもない屑手だよ。連荘中の臨海の親を何とか流したかったけど、また捨て局かな?)

―――――――――――――

タコス「ポンだじょ」北を碰して七捨て

玄(優希ちゃんが風でもない字牌を副露した? ・・・って、この捨て牌は?)

タコスの捨牌の河 CG西三A七

玄(筒子の絶一門。そっか、バカホンで臨海に抜かれる前にこの局を終わらせるつもりか。なら三原則の番外編。自分がいけない時は他家を支援し和了ってもらう。私は美穂子さんからずっとマンツーマンで教えを受けていたから、実はこういうのも得意になったんだよ)ポイ(7捨て)

タコス「チーだじょ(あれ? 玄ちゃんが私の有効牌を切ってくれたじょ? もしかして、協力してくれるのかにょ?)」7を吃

玄(うふふー、憧ちゃんは美穂子さんの一番弟子を自称しているけど、受け継ぐべきはウォッチャーのスキル云々じゃなく、他家を骨の髄まで利用してしゃぶり尽くす気高い腹黒精神なんだよー)むふふーん(無理して腹黒モードで笑おうとしているが、どうしても笑みから善良さが滲み出る)

西家・タコス手配 1122245【5】《789》《北北北》

タコス(張ったじょ。南場のあたしに大物手を和了れる力はないから、これ以上被害を拡大させないうちにさっさと終わらせるじょ。本来ならドラを残して3900で和了りたい所だけど、点数を落とした方が玄ちゃんが差し込み易くなりそうだから、ここドラを切るじょ)【5】捨て(3−6の両面待ち)

玄((ぱあぁー)優希ちゃん空気読めてる。これで点数はほぼ2000点確定。次の私の手番で6を差し込めるから、最後は私たちのコンビプレイでこの局を締められるよ)

ダヴァン(清澄が聴牌気配。次の阿知賀までまわすとヤバそうですね。できればこの局は左腕を休ませたかったですが、背に腹はかえられません)

ダヴァン「剛拳!」クラッシュ!!

東家・ダヴァン手配 一一七八ABCEEE《東東東》 次ツモ九

ダヴァン「(ハァハァ)ツモです。東ドラ3の3900の2本場は4100オールデス」

福与アナ「おおーと、ラス親のダヴァン選手が三連荘。これで臨海は清澄を抜いて三位に浮上。更には松実選手を抜いて次鋒戦の収支トップに立ちました」

(後半南4局2本場終了までの途中経過)
阿知賀 156400(+19500)
白糸台 106400(−20000)
臨海   76300(+29300)
清澄   60900(−28800)

玄(ううっ、一手遅かったよ。けどダヴァンさん。肩で息していて凄く苦しそう)

タコス(また届かなかったじょ。けど今回はそこまでの差は感じられなかっじょ。あたしの和了を止める為に臨海のアメリカンも無理してる?)

すこやん「留学生の底力をマザマサと見せつけましたね。ただし、その為にダヴァン選手は多大な犠牲を払っているみたいですので、このあたりで和了止めで切り上げ時ではありますが・・・」

ダヴァン「3本場で続行デス(やはり三連続はキツイです。もう左腕の感覚がないですが、あと二万五千点程もぎ取りまでは続けます)」

福与アナ「なーんと、ダヴァン選手の判断はラス親続行です。果たしてこの連荘はどこまで続くのでしょうか?」

―――――――――――――

臨海控え室

ネリー「あれぇ? メガンの奴、まだ続けるみたいだよ? 左腕はとっくに限界越えてるし、どう考えても止め時でしょう?」

ハオ「確かに妙でーすね。卓レベルを考慮すれば十分な成果ですし、引き際を弁えない程ダヴァンさんはマヌケじゃない筈でーすが」

明華「もしかすると原点の十万点まで戻すつもりでしょうか? 臨海らしからぬ仲間意識の強い人でしたから、辻垣内さんの失った点棒は自分が取り返すとか考えているとか?」

辻垣内(! 本当にそのつもりなのか、ダヴァン?)

ネリー「だとしたら、それは分の悪いギャンブルだね。ラス親っていうのは、誰からも支援してもらえない孤独な立場だよ。支配力を持つ魔物ならともかく眷属ですらないメガンにはハードルが高すぎる」

ハオ「確かにネリーさんの存在を思うと、一々有効牌を奪うのに毎回身を削っているダヴァンさんが哀れに思えてきまーす」

辻垣内「しかし癖を見抜いているシャープシューターは避けられるし、得意領域で暴れていた眷属二匹はもはや死に体だろ。とてもダヴァンに敵するとは思えんが」

ネリー「それを言うならメガンこそ、あの二人を潰せたのは単独の力だった? 違うでしょ。白糸台との連携があればこそだけど、弘世菫も臨海の連荘には協力してくれないよ」

ハオ「付け加えるなら、ダヴァンさんは前半『剛拳』を温存したのではなく、使いたくても使えなかったのでーす。この意味が分かりますか、辻垣内さん?」

辻垣内「! 言われてみれば負担のかかる諸刃の剣とはいえ、松実の最初の役満和了の時こそ無理すべき場面なのにダヴァンはスルーしとったな? なぜや?」

ネリー「それは魔王級(Lv5)の支配を叩き壊せるメガンの『剛拳』でも、クロちゃんからドラは奪えないからさ。制約が厳しい程に能力が強まるのがスキル原則だけど、たった一回のドラ切りで能力完全喪失とか明華の合法詐欺を別にすれば、こんな厳しい対価はそうそうお目にかかれないよ」

明華「褒め言葉と受け取っておきましょう。いずれにしても『ドラゴンロード』の支配力は私の『調律の歌』と同じレベル6に該当しますので、私でも完全に封じ込めるは無理でしょうね。下手したら赤ドラは均等に配られる中、通常ドラのみ独占されるとか却って松実玄に有利な空間が作られかねません」

辻垣内「とはいえ、その松実はもう支配力を失っているのやから、もうダヴァンの『剛拳』を遮る者はいない筈じゃ?」

ネリー「クロちゃんの能力は決して消えたわけじゃないよ。『ドラゴンロード』の支配力は今も前半とは違う形で継続している。まあ、何事もなくメガンの満足する目標点数に達してくれれば問題ないけど、昔から戦場での私の嫌な勘は良く当たるんだよね(むーん)」
520 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/15(土) 00:03:19.58 ID:jK6Dce/c0
ダヴァン「ハァ・・・ハァ・・・」ググッ(中二病患者のように左腕を抑える)

タコス(常にポーカーフェイスだった臨海が肩で息しているじょ。あの妙な左手ヅモはそんなに負担がかかるのかにょ? なのに上位との差を少しでも詰めようと、チームの為に無理してる)

タコス(本当にあたしは何をやっているんだじょ? 足手纒いにならない為に頑張ってきたつもりなのに、結局チームを最下位にして足を引っ張ってるじょ。けど、もう東場は終わってしまったし、あたしには南場で戦える武器は・・・・・・・・・!?)

タコス(何で南場で和了ないと決めつけるんだじょ? これは団体戦なんだから、あたしも臨海のアメリカンと同じく一点でも多く終わらせる責任がある筈だじょ)クルクル(椅子を回転させて気合アップ)

玄・菫・ダヴァン「!?」

タコス「気合入れ直したじょ(能力のない玄ちゃんだって頑張れているんだじょ。ならあたしだって南場だからって和了ない道理はない筈だじょ)

菫(土壇場まで追い詰められて開き直ったか。結構なことだが)

ダヴァン((ハァハァ)少し遅すぎましたね、東親マスター。あなたが勝つ為には得意の東場のうちにその覚悟を持つべきでした)

玄(まだ遅いことなんて、無駄な努力なんて絶対にないと思う。私は応援できる立場じゃないけど、それでも頑張って、優希ちゃん(にこっ))

後半 南4局3本場 親 ダヴァン ドラ9

西家・タコス手配 一一三四五七七八9AEF西 次ツモ9

タコス(きた、萬子8個にドラ2と混一と七対子とどちらにも対応できる勝負手だじょ。この最後のチャンス、何が何でも必ずものにするじょ)A捨て

6巡目

西家・タコス手配 一一三四四五五七七八九99 次ツモ三

タコス(張ったじょ、八か九を落とせば、七対子ドラ2のツモなら満貫手。でも三位の臨海にさえ1万5000点も差があるし、他家はまだ聴牌してないようだから、ここはもっと高めを追うじょ)ドラ9捨て

菫(またドラ捨てか)牌を入れ換えて@捨て

東家・ダヴァン手配 二三四234677ABFF 次ツモC

ダヴァン「(さて聴牌しました。あなたの覚悟が虚仮か否か試させてもらいましょう)リーチです」7捨て

ダヴァンの捨牌の河 西発白一H{立}7

タコス「ビクッ・・・(あの臨海の捨て牌。普通に考えれば677か778からの7落とし。なら待ちは5−8か6−9が本命でドラ9が切り辛くなったじょ。それに)」チラリ

菫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ジロリ(タコス視点からだとまた弓を構えているように映る)

タコス(さっき白糸台のアーチャーも私のドラ切りを見て手を入れ換えていたじょ。もしかして臨海だけでなく白糸台からもまたドラが狙われているかもしれないじょ(疑心暗鬼))

菫(恐らくは萬子の染め手に振り変わりのようだが、臨海のリーチと私の威圧感に縮みあがっているようだな)

東家・ダヴァン手配 二三四23467ABCFF (5−8の両面待ち)

ダヴァン((ハーハー)福路のような卑怯スキル持ちでない限りは、5−8か6−9のどちらの待ちかなど読みようがないので、これは勇気を出せるか否かの領域です。もし1巡でも躊躇うようなら、今度は『剛拳』抜きでもメンタンピン三色の満貫手を和了れる猶予がつくれそうデス)
521 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/15(土) 00:04:07.02 ID:jK6Dce/c0
タコス(ううっ・・・困ったじょ(冷や汗))

タコスの捨牌の河 AEF西49

南家・玄手配 一六七67888BDF南南 次ツモ8

玄(優希ちゃんの捨て牌がまた絶一門。今度は高そうだけど、あの困り顔だとドラが切れなくて立ち往生してそうな感じかな? 私の視点からだと臨海に6−9の待ちがないことは確かだけど、8は和了牌の危険があるから、そのまま切るのは無理(うーん))

玄(さて、この場合、私はどうするべきなのかな? いい加減ラス親を止めなきゃいけないのは確かだけど、問題はその方法だよね。優希ちゃんに6−9の待ちがないと伝える方法があるにはあるけど、一歩間違えれば私にも盛大に火の粉が降り掛かる)

玄((ふうっ)駄目だな、私。損得勘定だけ考えると悪手になりそうだけど、それでも頑張ってる子を見ると放っておけない。でも私も優希ちゃんも今まで散々臨海と白糸台の連携に苦しめられてきたんだもの。最後の一回ぐらい私たちが協力しあってもいいよね?)

玄「(そう、今のツモで4枚目の牌が引けたのは天の采配。きっと美穂子さんならこう言うのだろうな。『大丈夫、道を作ってあげる』って)カン!」8を暗槓(新ドラは二)

ダヴァン(!? 阿知賀が私の和了牌を槓? 暗槓なので当然、搶槓は無理ですが、まさか絶対にドラをツモれない松実がデメリットしかない槓をするとは(唖然))

タコス(臨海に6−9の多面待ちがないのは分かったじょ。けど・・・)

南家・玄手配 一六七67BDF南南《8888》 嶺上ツモ発

玄(うん、そうだね。これだけじゃ片手落ち。私は美穂子さんと違って未熟だから、とてもじゃないけど百パーセント安全な道を作ってあげられなかった。だから優希ちゃん。残り半分の勇気は自分で出して)ポイ(現物の発捨て)

西家・タコス手配 一一三三四四五五七七八九9 次ツモ六

タコス(張ったじょ。これでドラ9を落とせば、二−五−八待ちの多面張で待てるけど、臨海はもちろん後半私を狙い撃ちしていた白糸台が9単騎で待ち伏せている可能性はゼロじゃないぞ。けど・・・)ガクブル

タコス「(玄ちゃんは親リーに贈りドラの対価を支払ってまで、あたしに道を示してくれたんだじょ。皆勝つために色んなリスクを背負っているのに、あたしだけ無傷で遣り過ごせる筈ないじょ。だから勝負にでるじょ)リーチ!」ポイ(9捨て)

菫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

タコス「(ほっ)と・・・通ったじょ」

北家・菫手配 119@BHH東東北北中中 次ツモ@

菫(やっと張れたが、一手遅かったか(溜息)。もう1巡早く聴牌しているか、清澄が逡巡していれば、今の清澄のドラ9で七対子チャンタドラ2の跳満でこの局を終えられたものを・・・)用済みの9キリ(七対子のBの単騎待ち)

東家・ダヴァン手配 二三四23467ABCFF (5−8の両面待ち)

ダヴァン(阿知賀も清澄も既に能力を遣い果たしたと侮っていましたが、まさか連携して挑んでくるとは。どうやら二人の底力を甘くみていだようですが、それでも私の勝利は揺るぎません)ググッ(左腕を振りかぶる)

ダヴァン(阿知賀の槓(新ドラは二)で私にもドラが一つ増えて、これでメンタンピン三色ドラ1で親っ跳確定。一発は既に消えましたが、ツモに裏ドラ(順子だから一つぐらいは乗る筈)が1つで親倍24000点で目標としていた原点の十万点に復帰できマス)

ダヴァン(ならば今度こそ和了止めを行使しマス。この試合最後の『剛拳』で、私の有効牌5をいただき・・・!?)クラッ・・・・・・・・・パキィィン。

ダヴァン(一体何が起こったのデスカ? 私の『剛拳』が場の支配に弾き返されました・・・・・・って、この牌は?)

東家・ダヴァン手配 二三四23467ABCFF 次ツモ二

ダヴァン(これは私の正当なツモ牌。そうですか。二が槓ドラに変化したことによって、下家の松実に絶対にドラをツモらせないという逆の支配力が働き、牌を上書きするのが叶わなかったと? まさか能力を失ったドラゴンロードにこんな形で妨害されるとは、私の負けデス)ポロリ(ニを零す)

西家・タコス手配 一一三三四四五五六七七八九 (二−五−八待ち)

タコス「ロン! リーチ一発清一色平和ドラ1。裏が乗れば三倍満だじぇ(にかっ)」

裏ドラ(白 A)

タコス「(しょぼーん)残念、倍満の3本場は16900」

ダヴァン「十分高い手ですよ。参りました」ブラーン(左手が動かないので右手で点棒を渡す)

玄「ふふっ・・・(にこっ)」

菫(「ふーう)やれやれ」

福与アナ「オーラス3本場で片岡選手がダヴァン選手から倍満を直撃。再び清澄と臨海の順位が・・・そして次鋒戦の収支トップが入れ替わりました。これで次鋒戦も終了です」

各高校途中成績(次鋒戦個人成績)
阿知賀 156400(+19500【前半:+27000 後半:−7500】)
白糸台 106400(−20000【前半:−24600 後半:+4600】)
清澄   78800(−10900【前半:+9500 後半:−20400】)
臨海   58400(+11400【前半:−11900 後半:+23300】)
522 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/15(土) 08:21:18.61 ID:kv+QJmRKo
乙、ダヴァンさんお疲れ
523 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/15(土) 08:45:31.85 ID:Mlnf/TUSO
クロチャーが毎回かわいい
524 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/16(日) 00:01:44.03 ID:HvRIOFt10
臨海控え室

ダヴァン「ただ今、帰りま・・・オー、皆さん。臨海の制服に着替えたのですね? これでまた一つ日本に楽しい思い出が作れそうデス(ニコニコ)」ブラーン(中二病患者のように左腕を抑えながら帰還)

ネリー「お帰り、メガン。今回は反省会は必要ないよね? 何で失敗したか自分で分かっているだろうし(くすっ)」

ハオ「ネリーさん。ダヴァンさんはきちんとプラス収支で戻ってきたのですから、反省しろというのは酷でーす。あっ、今のは辻垣内さんをディスっている訳じゃないので、お気になさらずに。先鋒の貴方の役割は私たちとは根本的に異なりますので」

辻垣内(留学生を配置できないお飾りの先鋒枠だから、飛ばされずに戻ってこればそれでいいか・・・。戦力として全く勘定されていないのは寂しいが、あの収支じゃ何も言い返せんな)

明華「まあ強いてダヴァンさんの敗因をあげるなら、柄にもない仲間意識など持った故でしょうね。そもそも団体戦とは名ばかりで、それぞれが順番に卓に赴くだけの単体バトルの連続ですから、チームワークなど一切必要ありません。自分の個人スコアだけを意識して、次鋒戦の収支トップを確定させた地点で和了止めしていれば、結果的に傷口は少なかった訳ですしね」

ダヴァン「いいえ、今回私が負けたのは、私が個人プレイに走ったのが原因デス」

ネリー・ハオ・明華「!?」

ダヴァン「私が後続のネリーさん達の力を信頼していれば、このぐらいの収支でもきっと逆転してくれるだろうと、もっと早い段階で勝ち逃げの選択をできた筈ですが、最多得点記録の個人名誉に釣られて、つい欲張ってしまいました。反省していマス」

ネリー・ハオ・明華「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

辻垣内「ダヴァン、お前・・・」

ネリー「・・・・・・・・・・・・だってさ、どう思う?」ヒソヒソ

ハオ「辻垣内さんに精神的な負担を押しつけない為の詭弁でーすね。本当に人が良いといいまーすか」ヒソヒソ

明華「まあこういう人が一人ぐらい臨海にいてもいいんじゃないですか? 悪の組織の四天王にも必ず一人は正々堂々としたタイプが混ざりますし」ヒソヒソ

ネリー「なるほど。メガンが火のルビカンテだとしたら、明華が風のバルバリシアで私が水のカイナッツォでハオが土のスカルミリョーネだね(くすっ)」

ハオ「ゲーマでない私にはその例えは分かりませんが、馬鹿にされていることだけは分かりまーす。土属性が四天王最強はレアなケースでーす」

明華「その例だと辻垣内さんが指揮官のゴルベーザ・・・・・・」

辻垣内「お前ら聞こえとるで。何時もでもくだらん与太話しとるなや。次はハオの出番やろ。さっさと行ってこーい」

ハオ「了解でーす。目標はダヴァンさんが果たせなかった原点の十万点復帰ですが、私はあまり高火力タイプでないので、過度の期待はしないでくださーい」バタン

ダヴァン「ハオ、頑張ってください」

辻垣内「しかしまあ、ハオの奴。普段は自分の強さに絶大な自信を抱いて、周囲を見下しまくっている癖に、今回はやけに控え目な申告やったな」

ネリー「高火力じゃない・・・という自己評価は正鵠だよ。ハオがアジア大会、銀メダル止まりだったのは、トータル収支の稼ぎ競争だったからね。ATMが多数参加する場合、どうしても雑魚狩りに特化した魔物や眷属には敵わない」

明華「私たちが不参加の個人戦一日目の予選はスイスドローで十戦しての総合得点を競う方式でしたが、仮にハオがエントリーしていてもそのルールでは、宮永照や三倍満の土方より上のランクを取るのは無理でしょう」

ネリー「ただし個人戦二日目決勝トーナメントで直接対決することになれば、ハオはそういった魔物連中を下すだろうね。アジア大会、三回も同卓した金メダリストの魔王級『剛爆竜』との対戦では全て一位を取っているからね」

明華「もっとも、ハオの持つS級スキル『中国四千年(アカシックレコード)』は強い魔物や眷属を相手にしてこそ絶大な効果を発揮する能力ですから、そういう意味ではしょぼい面子しかいない中堅戦では却ってハオの上限が制限されるかもしれませんね」

辻垣内(そういえば留学生の先鋒禁止ルールがなければ、ハオが宮永を抑える段取りだったんやよな? とはいえこの制度自体は臨海への当てつけで作られたようなものやから、そういう意味では宮永の刺客としてネリー達を呼び寄せた学園長の思惑は自らの所業の所為で空振りしとるわけか)
525 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/16(日) 00:02:18.28 ID:HvRIOFt10
白糸台控え室

菫「済まんな、また収支で足を引っ張る羽目になった」

亦野さん「お疲れ様さまです。部長は対局前から松実との心中を明言されてましたから、既定の範囲内の結果ですよ。実際、松実を抑えることに成功しましたし」

照「亦野の言う通りよ、菫。福路さんとは次に戦っても今度は負ける気はしないけど、正直松実さんは分からない。ドラを完全支配した高速飛竜モードなら、私の『連続和了』にも1/3ぐらいの確率で割り込まれそう。そんな怪物を相手に当初危惧していた飛び決着を免れたのだから、十分な成果。本当に最後まで団体戦のお勤めをご苦労様(にこっ)」

菫「照にそう言って貰えると有り難いが、少し悔いが残るな。思惑通りに前半で松実を潰し後半も一端原点に復帰させながらも、結局臨海に競い負けてのマイナス収支だからな」

照「多分、臨海にはシャープシューターの癖を見抜かれていたんだと思う。そうでなければあんなに都合よく避けられる筈ないし。全員で検証してみたけど結局分からずじまいだったけどね」

淡「ところで今度は負けない・・・ってテルーの中では先鋒戦はきっちり負けにカウントされてるんだ? あんな一生に一度の神懸かりなんて、どう考えてもノーカンなのにね」

たかみー「(ずずー)・・・・・・・・・・・・」コクコク

照「・・・・・・淡、私はあなたと違って魔物の力をつまらないと感じたり、卑怯だと思ったことは一度もない。だから同様に相手が何を持ち出してもそれを咎める気はない。臨海の雀明華のように魔物の力を封じたいなら封じればいいし、決勝戦の正念場で天運を引き当てたというのなら、それは紛れもなく福路さんの実力。福路さん当人はあの状態をお気に召していなかったようで、あんな愚行に出たけどね」

淡「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

亦野さん「まあ多少の誤算はありましたが、ここまではそう悪い展開じゃないですよね? ここから更に面子が凶悪になる臨海は一校沈みの状態ですし、現在ダントツトップの阿知賀は松実玄さえ遣り過ごせば後は下り坂ですから、大将戦が終わるまでにはきっと逆転できますよ」

淡(下り坂って、最後に役満和了ったのにしずって舐められてるな。まあ、あのオーラスの目隠し麻雀は運が良かっただけっていうのが一般的な見解みたいだし、私が連荘しなかったら収支はマイナス五万を越えていたから無理もないか(うーん))

たかみー「色々と場を掻き回してくれた清澄も結局マイナスに落ち着きましたね。元々あそこは宮永咲のワンマンチームみたいなものですし、その魔王級の魔物も雀明華との相性は最悪ですから、特に気にすることもなさそうですが」

照「・・・・・・・・・・・・・・・」

菫(その実妹の準決勝の闘牌を見て、照はどう思ったのだろうか? この団体戦では直接戦う機会はなさそうだから、因縁に終止符が打たれるとしたら個人戦か?)

亦野さん「おっ? そろそろ尭深の出番だな?」

たかみー「はい、行ってきます(ドキドキ)」

菫「お前に割り振られた役割は大きいから緊張するな・・・と言う方が無理だろうが、自信を持っていけ。準決勝の松実玄のドラゴンロードの奇襲だった成功したんだ。ましたや、お前の能力はドラ独占と違って判りづらいから、照魔鏡のようなサーチ能力持ちの敵でない限りは初見で見破るのは不可能だ」

たかみー「はい、分かっています(弘世部長。今こそあなたと宮永先輩に拾われた恩を返させてもらいます)」バタン
526 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/16(日) 00:02:57.94 ID:HvRIOFt10
清澄控え室

タコス「ただ今帰ったじょ!?」バタン

咲「そうか、私分かったよ。無能力麻雀では・・・(以下略)」パンパカパーン。咲はレベルが上がった。

タコス「咲ちゃん、どうしたんだじょ?」

京太郎「また一つレベルアップした音だよ。今はライフコッドの村でぶちスライムを殺して経験値稼ぎしている最中だから、この調子なら大将戦が始まるまでにはレベル10ぐらいになるんじゃないか?」

ワカメ「大将卓で待っているのはレベル100越えの大魔王デスタムーアじゃというのに先が思いやられるのお。例の魔物封じスキルさえなければ、咲は駆け出しの勇者(Lv10)から一気に裏ボスのダークドレアム(Lv255)に早変わりなんじゃがな」

ババア「そうね。他にも暗黒魔道士エクスデスにマンドリルも同卓しているから厄介よね」

タコス「部長、穏乃ちゃんをマンドリルとか舐めすぎだじぇ。せめて上位種のヒババンゴぐらいにしてあげないと」

咲「けど下位種のマンドリルの方が中位種のバブーンよりも攻撃力が高いんだよね。何度リメイク前の極悪バランスのドラクエ2で愛しのサマトリア王子が殺されたか(ぐすっ)」

のどっち「・・・・・・・・・・・・・・・(この人たちはさっきから何を言っているのでしょうか?(汗) どうやら穏乃のことを軽く見られているみたいなのは確かですが)」

ババア「まあ冗談はこのぐらいにして、最後はよく盛り返して戻ってきたわね、優希。最初の東親のリードを維持しろというには、卓面子が悪すぎたしね」

ワカメ(本当に珍しいのお。久がマイナスで戻ってきた奴を連続で庇うとは)

ババア「・・・・・・まこは何か誤解しているみたいだけど、勝とうと本気で努力して最後まで諦めずに戦ってきた者に追い打ちをかける程、あたしは鬼じゃないわよ」

咲「序盤の攻勢は本当に凄かったよね。そういえば、あの牌を上書きする技術。優希ちゃん、いつの間に覚えたの?」

タコス「? 聞いてないのかにょ? あたしが強くなるにはどうすれば良いか部長に相談したら、『あなたの能力を封じた龍門渕の井上純に学べば何かヒントが見つかるかもね』とアドバイスされたんだじょ」

のどっち「! そういえば優希が長期間部活を休んでいた時機がありましたが、そういうことだったのですか、部長」

ババア「まあね。あたしには他校の生徒とどう交わっていいかなんて分からないけど、この子ならすんなり溶け込めそうだから単身で丁稚奉公に出しただけよ」

タコス「けど、龍門渕の皆にも協力してもらったのに、結局足を引っ張ってしまったじょ。悔しいじょ」

ワカメ「その悔しいという気持ちがあるなら問題ないぜよ。今度こそワシが仇を取っちゃルけえのう」バタン

ババア「・・・・・・・・・・・・ちょっと席を外すわよ」バタン
527 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/16(日) 00:03:42.13 ID:HvRIOFt10
控え室前の廊下

ワカメ「なんじゃ、久。態々追い掛けてきて。二人でないとできない話なのか?」

ババア「まあね。一年生の二人にはああ言ったけど、うちは連続マイナスで後かないのは事実よね。今まで最後に必ず帳尻を合わせてくれた肝心の咲がどうなるかさっぱり分からない状態でもあるし」

ワカメ「何が言いたいんじゃ?」

ババア「まこ、キングクリムゾンを使いなさい」

ワカメ「! ああっ、あの技か。というか好きで身につけた訳じゃなく、何時の間にかワシのスキル一覧の中に勝手に登録されとっただけの話なんじゃがな」ポリポリ

ババア「今回の中堅戦はまこにとって相性の悪い敵が多すぎるわ。あなたの『懐かしの顔(ノスタルメモリー)』が効かない眷属の松実宥に、何よりも完全上位互換の郝慧宇」

ワカメ「ワシの上位互換と謳うのはハオに失礼な気がするのおー。ワシのノスタルメモリーが一式波動球だとすれば、あっちは百八式ぐらいの格差があるからな。そうなるとワシが有利に戦える相手は白糸台のデジタル眼鏡ぐらいか」

ババア「それなんだけど、あたしは渋谷尭深は白糸台の隠し球じゃないかと疑っている。うちや阿知賀みたいに五人しかいないなら、人数合わせの明確な穴を置くのもありえるけど、二軍でも県代表クラスの白糸台があんな下手糞なデジタル打ちをレギュラーで起用する理由はない。もしあたしが白糸台の監督なら、絶対に中堅のメンバーを交替している」

ワカメ「(阿知賀の穴は大将で清澄はワシじゃろな。まあ全国でずっとマイナスの成績じゃ反論できんか)つまり、松実玄のように渋谷も何からの眷属である可能性があると? 確かにそれじゃワシはおろか、ハオでも対応は不可能じゃろうな」

ババア「けど、キングクリムゾンを使えば過程を一気に吹き飛ばして、結果しか残らないから仮に渋谷が本当に秘密兵器だとしても不発に終わる。更にはキンクリ状態だとその収支もかなりいい加減になるから、運が良ければあなたがハオより先着で終わるなんてこともあるかもしれないわね」

ワカメ「(ぴくっ)・・・・・・勝てるなら手段はどうでも良いか? なあ、久よ。何時から清澄はそんなツマラン麻雀を志すようになった? これなら阿知賀の連中の方がよっぽと楽しそうに麻雀を打っているぞ」

ババア「楽しい麻雀? 何よそれ? 単に麻雀を楽しみたいだけなら、全中チャンプや魔王級の魔物なんて駒は必要なかった。それこそ敦賀みたいに他家の迷惑も考えずに点数計算もできない適当な素人を何人か面子に加えて去年から参加すれば良かったでしょ?」

ワカメ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ババア「あたし達が二年も待ったのは本気で全国で優勝する為だし、県予選で天江衣という化物に勝てたのは、楽しい麻雀を目指したからでなく、宮永咲という天江以上の怪物が清澄にいたから。違うかしら?」

ワカメ「違わんな。そういう意味でなら阿知賀が晩成に勝てたのも、麻雀に対すスタンス云々でなく、単純に晩成以上の能力者を多数揃えていたからじゃ。この大会は品格コンテストでなく点棒の多寡を競うのじゃから、そんなことは当たり前じゃろ。だがな・・・」

ワカメ「準決勝で能力を封じられた『単なるド素人の宮永咲』が名門姫松の大将の末原に競い勝てたのは、紛れもなく最後まで諦めない気持ちを持っていたからじゃぞ。大切な仲間と一緒に全国決勝の舞台に立ちたい・・・その一心であの臆病者が有珠山と違って最後まで逃げずに戦ったんじゃ」

ババア「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ワカメ「それといい加減、敦賀に対する偏見は外したらどうじゃ? 結果的に他家に迷惑をかけたが、副将と大将の二人は個人戦で十傑入りしていたし、遊び半分というわけでもなかったようじゃぞ。それにまかり間違えばあの素人がビギナーズラックで役満を和了って、次鋒戦をトップで終えたなんて展開もあったかもしれんしな」

ババア「はあ? そんな虫の良い話が現実に・・・・・・」

ワカメ「逆に考えるじゃ。敦賀にとってのラッキーが発生したのではなく、久にとってのアンラッキーが発生したと」

ババア「あっ、それなら納得ね。あの日以来、あたしの人生に神様の加護を感じたことなんか一度もないからね。運だけでチャンピオンに記録上の黒星をつけたどこぞのツキまくりのキャプテンと違ってね」ずーん

ワカメ(今ので納得したのか(汗)。まあ、あの屑が父親面して久の家に乗り込んできてから、あいつの家庭は目茶苦茶じゃからな。思わせ振りな態度で女の子をポイ捨てしまくった放埒三昧に神罰が下されたのかもしれんが、そろそろ許されてもええ頃じゃろうに(ふーう)

ワカメ「なあ久よ(ビクッ!?)」

・ワカメが負ける⇒お前の所為で清澄ピンチじゃないか。お前の代わりに誰か入れば実力も顔面偏差値も完璧になるのに。一人で足引っ張ってンじゃねえ、ブサイクワカメ死ね。
・ワカメが勝つ⇒お前が稼いだ所為で点数調整の煽りを受けて、部長がマイナスにされちったじゃねえか。お前は身の程弁えてチームのカマセ役を一人で引き受けていればいいんだよ、不人気ワカメ死ね。 ・キンクリ発動⇒お前の巻き添えで可愛いエイスリンちゃんの出番がたった一話で終っちまったじゃねえか。エイスリンちゃんの闘牌を期待していたファンの期待を裏切ってんじゃねえよ、不要ワカメ死ね。
・丁重に描写する⇒お前に尺割いた所為で他の清澄面子の尺が削られちまったじゃねえか。誰もお前の活躍なんか望んじゃいねえんだよ。とにかくワカメ死ね。←New!

ワカメ「(なんじゃ、今の不愉快な天の声は? 並行宇宙からのメッセージか?)自分でもよう分からんが、勝とうが負けようが、キンクリしようが話を引き延ばそうが、どのみちワシは叩かれる運命のような気がするわ。何か久とは別の意味でワシの人生は詰んでいるような気がするが、それならワシの好きにさせてもらうで、久」

ババア「マトモにやって勝てると思っているの? まこのB級スキルが一個人の僅か十年余りの蓄積に比べて、あちら様は文字通り中国四千年の歴史の集大成そのものなのよ」

ワカメ「おいおい、そういう勝ち目のない強大な敵を打ち破ることこそ、主人公に与えられた役割じゃろうが(にかっ)」

ババア「(だからあたし達は主役じゃないんだって)・・・って行っちゃった。まあ、あたしが好き放題生きているのに、他人の行動だけ掣肘しようってのが土台無理な話だったか(ふーう)」
528 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/20(木) 10:51:31.47 ID:Bz975TIMo
今回もちょー楽しかったよー
529 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/21(金) 00:01:07.69 ID:z54zrPWA0
阿知賀控え室

玄「ただ今、戻りました」

穏乃「玄さん、お疲れ様です。次鋒戦の収支トップおめでとうございます」

憧「そうそう、最後の他家利用の闘牌はまるで美穂子みたいだったわよ、玄」

玄「むふふーん、憧ちゃんが美穂子さんの一番弟子なら私は零番弟子だからね(えっへん)。けど、対局前は十万稼ぐとか大口叩いちゃったから、少し気恥ずかしい気分かも(しょぼーん)」

穏乃「何言ってるんですか、玄さん。白糸台とのリードを更に広げてもらって、私としては大助かりですよ」

憧「そうそう。玄が前半あれぐらいやるのは十分分かっていたことだから、あたし的には後半の失点が少なかったことの方がポイントが高いかな」

玄「ありがとう、みんな。思惑通りにいかないことばかりで自分の未熟さを思い知らされたけど、同じぐらい麻雀の奥深さも味わえたからとても楽しかったよ(にこっ)」

キャプテン「計算違いというのは前半のドラ切りのことですか? あの場合、玄さんがBを槓しても四開槓でドラを切らずに遣り過ごせましたよ。まあダヴァンさんが槓材を揃えていたのは想定外でしょうから、役満チャンスと天秤にかければあながち悪手とまでは言い切れませんが」せっせ

玄「ええっ!?」ガガーン

憧「何驚いた顔しているのよ、玄? まさか四開槓に気づかなかったとか言わないわよね?」

玄「うん。弘世さんに連槓されて手牌がドラで一杯になった地点で私、頭の中が真っ白になって、四開槓(スーカイカン)の可能性なんか思い浮かびもしなかった。そもそも四開槓なんで状況、練習でも一度も見たことないから存在自体失念していたし」

憧「・・・・・・・・・まったく成長したと思ったら、やっぱり玄はどこか抜けてるわよね」

穏乃「でも少し安心したかな。玄さんが急激に強くなり過ぎて私たちとは違う世界に羽ばたいていったような一抹の寂しさを覚えていたから」

キャプテン(いいえ、穏乃さんの不安は恐らくは正しい。今回の闘牌で玄さんはどんな相手とも互角以上に戦えるポテンシャルの高さを見せてくれました。本来ならチームメイトの開花を喜ぶべきなのでしょうが)せっせ

キャプテン(この胸の内に沸き上がるモヤモヤした感情は何なのでしょうか? これは嫉妬? 玄さんはチャンピオンとも渡り合える武器を得たのに私にはそれがない。せいぜい面倒臭い相手と思われる程度。やはりあんな天運でつけた記録上の勝ち星では納得できません)せっせ

キャプテン(個人戦、まず間違いなく宮永さんが勝ち上がるであろう決勝卓の舞台まで私が残れるかは判りませんが、もしリベンジの機会があるなら今度はきちんとした算段の元に再挑戦したいです。今、厄払いで取り組んでいるこの早麻雀で何らかのヒントが掴めると良いのですが)せっせ

宥「(こほっ)玄ちゃん、おめでとう。本当に強くなったよね。おねーちゃん、嬉しいよ(ゴホゴホ)」

玄「ありがとう、お姉ちゃん。けど、今度はお姉ちゃんの番だけど大丈夫?」

宥「(にっこり)もちろんだよー。今度こそ、おねーちゃんの格好良いところ、見せて・・・・・・・・・あ・・・・・・・・・げ・・・・・・」ドサッ

玄「! お・・・お姉ちゃん!?」

穏乃「ゆ・・・宥さん、しっかりしてください」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・」
530 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/21(金) 00:01:55.13 ID:z54zrPWA0
宥「はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・」ソファに寝かされる。

玄「お姉ちゃん・・・って、熱い!? また体温が上昇してる」オデコに手を当てて反射的に手を離す。

レジェンド「体温計で熱を計ってみたが40度もあるな。これではどう考えても試合は無理だろう」

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

穏乃「そ・・・そんな宥さん」

キャプテン「私の責任ですね。自分の手番まで少しでも休まなければならなかったのに、私が煮え切らないばかりに冷房の効いた試合場まで足を運ばせて宥さんに更に負担を・・・」

宥「ううん、責任というなら、こんな大事な大会で体調管理を怠ったわたしのミスだよ。でもわたし本当に嬉しかったんだ。友達の美穂子ちゃんや妹の玄ちゃんと一緒に全国の決勝に勝ち残れたのが(ごほごほ)」

キャプテン「宥さん・・・・・・」

池田「美穂子先輩〜! 頼まれたもの買ってきたしー」バタン

憧(またこの馬鹿猫は空気読まずに・・・・・・って、あの手提げ袋に入っているのは?)

キャプテン「ありがとう、華菜。宥さん、ちょっと失礼します」ヒョイヒョイ(手提げ袋の何かを複数、宥の懐の中に入れ込む)

宥「(ぽわわー)あ・・・あったかーい」ホカホカ(宥の身体から湯気が舞い登る)

憧「美穂子、それは何?」

キャプテン「使い捨てのカイロです。所詮は一時凌ぎに過ぎませんが少しはマシになるかと思います。この季節に探すのは大変だったでしょうにお遣いご苦労様、華菜」なでなで

池田「にゃー♪ にゃー♪ にゃー♪」

レジェンド「おいおい、美穂子。この状態の宥に対局させるつもりか?」

キャプテン「はい。キャプテンとしては止めるべきなのでしょうが、私たち三年生にとってはこれが最後の大会です。もし私が宥さんと同じ立場だったら絶対に無理をしたでしょうから、自分にできないことを他人にだけ強制はできません」

玄「美穂子さん」

宥「ありがとう、美穂子ちゃん。わたしの思いを汲んでくれて」ヨロヨロ(ふらつきながら立ち上がる)

キャプテン「同卓者・・・とくに臨海の郝慧宇は手強いですが、悔いのない麻雀を。それと・・・」ボソボソ(宥に何かを耳打ちする)

宥「・・・・・・・・・・・・うん、分かった。わたしの体力的にも多分、そのあたりが現実的な落とし所だろうね。それじゃ、この使い捨てカイロありがたくもらっていくよ」両手一杯にカクロを抱き抱える。

キャプテン「あと、これも。冷たいのは苦手だと思いますが」ぺたっ(アイスノンを額に当てて鉢巻きで固定)

宥「(ヒヤヒヤ)ううん、流石のわたしもオデコは冷やした方が助かるよ。準決勝の穏乃ちゃんとお揃いみたいだね。それじゃ行ってくるよ」

玄「あっ、待って、お姉ちゃん。せめて試合場の前までは私もついて・・・」

宥「大丈夫だよ、玄ちゃん。ちゃんと一人で会場に赴いて、必ず自分の足で歩いてここに戻ってくるから」バタン

玄「お姉ちゃん」ハラハラ

憧「宥姉、行っちゃった」

レジェンド「本当にこれで良かったのか、美穂子?」

キャプテン「分かりません。準決勝で病院に緊急搬送された園城寺さんの例を見ていますから。後で後悔するようなことにならないと信じたいです」カタカタ

憧(美穂子、震えてる。やっぱり恐いんだ。こういうケースって身体を張る本人よりも見守る側の方がつらいのよね。あたしもしずの危なっかしさに何度も振り回されているし)

キャプテン「宥さんの気力が対局終了まで持つよう祈るしかありません。私たちも厄払いの続きに戻りましょう」

みはるん「分かりました」

レジェンド「ふーう(私はあくまでオブサーバーだし、現役時代の私ならやはり無茶しただろうから無理強いはできんか)」

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

キャプテン「あっ、灼さん。悪いですが今回は外れて身体を休めていてもらえますか? 代わりに・・・」

玄「あっ、私が入るよ。早くドラゴンロードを復活させたいから」ささっ(席に座る)

灼「美穂子さん、どうして・・・・・・!?」ビクッ(キャプテンに再び耳打ちされ驚愕する)

穏乃「灼さん、どうしたのですか? 顔が真っ青ですよ?」

灼「・・・・・・・・・・・・・・・(ドクン、ドクン、ドクン)」
531 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/21(金) 00:02:36.79 ID:z54zrPWA0
福与アナ「さーて、続々と中堅の選手が試合場に集まりつつあります。解説の小鍛冶プロ。ここまで優勝候補の白糸台や臨海を抑えて、新鋭の阿知賀が連続区間トップで他校を大きくリードしていますね」

すこやん「そうですね。ただし、二校ともこのまま阿知賀の独走を許すようなことはないと思います。またもう一校のダークホースの清澄の反撃にも注目です」

福与アナ「とはいえ、白糸台の渋谷選手はそこまで火力は高くない・・・というかぶっちゃげると清澄の染井選手同様にマイナスが多いですから、やはり郝慧宇の独り舞台・・・って、あれ? 臨海の選手が入場してきましたが、ハオ選手ではありません。何か緊急事態発生? けど二回戦の補欠の子とも違うみたいですが、臨海にこんな控えがいたでしょうか?」

すこやん「いいえ、あれはハオ選手ですよ。普段は拳法着にシオニン(お団子頭)ですから見間違うのも無理はないですが、あの発散される闘気は紛れもなく彼女のものです」
福与アナ「なーんと、髪形一つで生れ変わるのは女の特権ですが、これではほとんど別人ですね。文章なのでイメージをお伝えできないのが残念ですが、こうして黒髪セミロング姿で臨海の制服を纏っていると、同じ東洋人ということもあり日本人と見分けがつきません」

すこやん「最後に阿知賀の松実選手も入場してきましたが、オデコの鉢巻きはともかく、胸一杯に抱え込んでいるブツは一体何でしょうか?」

―――――――――――――

宥((ぶるるっ)ううっ、先鋒戦の休憩時間に一度来たから分かっていたけど、やっぱり試合会場はエアコンがガンガン効いていて寒すぎるよー」ガクガクブルブル

宥「(今の季節は夏だし、他の人達にとっては暑過ぎるぐらいだろうから、わたしに合わせろなんて我が侭は言えないけど、このカイロの数で前半持つのかな・・・・・・!?)はうっ!」コケッ(段差につんのめってカイロを中空にばら蒔く)

ハオ「!(キラリーン) よっ! はっ! ほっ!」シュパシュパシュパ(分身するぐらいの勢いで十個以上のカイロを全て落とさず空中キャッチ)

ハオ「(はっ!? 私は一体何を? 思わず昔の癖がででしまいまーした)これ落としましたよ(にっこり)」宥にカイロの山を渡す。

宥「あ・・・ありがとうございます。わたしの命綱が破けずに済んで、あなたはわたしの命の恩人です(ぱああ)」

ハオ「(命の恩人とは大袈裟でーすね。まあ謝意は後々身体・・・いや点棒で支払ってもらいまーす(じゅるり))いえいえ、お気になさらずに。あなたは『あったかい牌(レッド・ホット・ドラグーン)』遣いですね?」

宥「は・・・はい(やっぱりもうわたしの能力は知れ渡っているんだ)」

ハオ「やはりですか。私の祖国でも際立った弱点がなく安定した性能を発揮する優良スキルとして習得した者は多いでーす」

宥「! わたしの他にも『あったかい牌』の遣い手っていたのですか?(なんかお仲間がいるみたいで嬉しいけど、やっぱり皆わたしみたいに寒がりなのかな?)」

ハオ「そうでーす。麻雀発祥の地・中国の歴史を侮ってはいけませーん。とはいえ日本には既に我が国でも既に担い手が失われた伝説的なスキルの後継者が数多く現存していと聞き及んでいますので今日は勉強させてもらうつもりでーす(フッ)」

宥「(にこっ)こ・・・こちらこそよろしくお願いします(何か良い人そうで良かったよー)」

たかみー「(ずずっ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ワカメ(顔は笑っとるが目はちっとも笑っとらんで。ワシには分かる。平身低頭に見せかせとるが、このチャイニーズ、明らかにワシらのことを下に見とる)

臨海控え室

ネリー「全国放送中に月面宙返りまで決めるとか、やることが派手だねえ。麻雀自体は凄く地味なのにね(くすっ)」

明華「ハオは幼少の頃は中国雑技団で芸を仕込まれていたそうですから、その名残でしょうね。体術だけでなくスカートの中身まで完璧にお茶の間に放映されてしまったみたいですが(汗)」

辻垣内「それよりも相変わらずハオは猫かぶりが上手やな。腹の中では対戦相手を見下しとる癖に」

ネリー「まあ、それはしょうがないんじゃない? 獅子に兎と友情を感じろというのが土台無理な話なんだし。争いというのは同じレベルの者同士でしか発生しないのと同じように、ハオを唸られるだけの闘牌を見せない限りは彼女と友誼は築けない」

明華「とはいえハオは私たち魔物とは違った意味で麻雀の闇を知り得なくなった女ですから、今の卓上の面子では難しいでしょうね。あとハオは他者を見下しますが決して舐めることはありませんので、最初から全力全快で叩き潰すでしょう」

ダヴァン(ハオ、私が果たせなかった十万点の原点復帰をお願いしますよ)チャプ(氷水の入ったバケツに左手を浸している)
532 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/21(金) 00:03:22.04 ID:z54zrPWA0
福与アナ「さあ、団体決勝戦も折り返し地点の中堅戦へと突入。各校の出場選手を紹介します」

福与アナ「白糸台中堅は渋谷尭深。今夏からレギュラーに抜擢されましたが、ここまで都予選含めても一度も際立った成績は残せていません。この決勝では果たしてどうなるのでしょうか?」

福与アナ「臨海女子中堅は『中国四千年(アカシックレコード)の継承者』郝慧宇。アジア大会銀メダリストの輝かしい実績を誇る三人の特待生の一人です。現在最下位の臨海ですが大きく盛り返す可能性は大です」

福与アナ「清澄中堅は染井まこ。全国では愛宕洋榎など対戦相手に恵まれずにマイナス成績を強いられましたが確かな雀力の持主です。ハオ選手と同系統のスキル所有者とのことなので期待しましょう」

福与アナ「最後の阿知賀女子中堅は松実宥。ドラゴンロードの実姉で爆発力は妹に劣りますが、安定性の高さには定評があります。松実玄が広げたリードを維持したまま次の副将戦に繋げられるのか注目しましょう」

福与アナ「全国決勝の中堅戦はこの四人によって競われます。場決めが終わりいよいよ開局です」

全国決勝中堅戦 前半

たかみー「(ずずっ)お願いします」

ハオ「多多拝托(よろしくお願いしまーす)」胡座で椅子に座り込む。

ワカメ「よろしく(おいおい、臨海の。そのミニスカートでその姿勢はヤバすぎ・・・って、さっきの大開脚ムーンサルトに比べたら可愛いものか(うーむ))」

宥「(こほこほ)よろしくお願いします(少し目が霞んできたけど、頑張らないと。今度こそ私は玄ちゃんにおねえーちゃんなところを見せるのだから)」

前半 東1局 親 渋谷 ドラ三

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(さて、始めますか)」座禅を組んで目を閉じたまま瞑想。

ハオ(卓の面子は『レッド・ホット・ドラグーン』持ちの眷属に、『ノスタルメモリー』使いの中級能力者。更にはC級のデジタル打ち。以下の条件でアカシックレコードを検索)パラパラパラ(ハオの脳内イメージで膨大な量の牌符が渦巻き、その中の一部が頭の中に吸い込まれる)

ハオ(とりあえず類似しそうな牌符は以下の1248枚ですか。まあ牌を偏らせる眷属もいるので4巡以内には10枚以下に絞り込めるでしょう)くわっ(座禅姿勢のままはじめて目を見開く)

東家・たかみー手配 六八24788@B【D】東北北発

たかみー(配牌はあまり良くない。でも私がやるべきことは最初から決まっている。ハーベストタイムを完璧に近づける為に親の時はどんな安手でもいいから連荘。もちろん他家が親なら安そうなら差し込んで支援してもいいけど、その上でオーラスまでの失点も減らす)そー(牌に手を伸ばす)

たかみー(昔のど下手な私には難しかっただろうけど、雀力修行をした今の私になら可能な筈。今までずっとマイナス収支でチームに迷惑かけてきた。一位の阿知賀と大きく離された決勝でその借りを返せなかったから、もう恩返しできる機会はない)バシ(開幕牌を場に叩きつける)

親のたかみーの最初の捨牌 発
533 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/21(金) 00:23:37.20 ID:krOqmi7DO
スカートの中身はよ
534 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/21(金) 08:59:31.14 ID:VnLrJUmoo
はよ
535 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/21(金) 20:31:32.02 ID:4OmS5dGno
おつ面白い
536 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/22(土) 00:01:46.75 ID:OUg5OsE30
阿知賀控え室

憧「いよいよ半ばの中堅戦が始まったわね。ハオ一人が突出しているだけで卓全体の平均レベルは次鋒戦の方が高かっただろうから普段の宥姉なら大丈夫だと思うけど」

穏乃「賢者モードで一瞬期待できるかと早合点しちゃったけど、もはやそれ所じゃないよね。もう何万失点しても構わないから無事に戻ってきて欲しい気分だよ」ハラハラ

キャプテン「穏乃さん、それは宥さんに対して失礼ですよ。宥さんは思い出作りに参加しているわけではなく、勝つ為に戦場に向かったのですから」せっせ

穏乃「そうですね、失言でした(赤面)」

憧「ねえ、美穂子。既に対局済みの渋谷尭深が晴絵曰くの下手糞なデジタル打ちなのは、同じデジタルとして同意見だけど、残り二人がどんな打ち手か分かる? どちらも眷属ですらなく、しかも同系統のスキルの持主らしいけど」

キャプテン「そうですね。染井さんは『懐かしの顔(ノスタルメモリー)』の遣い手です。何でも自宅が雀荘だそうで、そこで幼い頃から何万局という様々な対局を見てきた彼女には過去の牌符と合致する状況から、その後の展開をある程度推測できると言われています」せっせ

キャプテン「ですから基礎雀力が高い真っ当な雀士を得意とする反面、雀荘に出入りすることがない素人や、まず前例のない一品ものスキル持ちの眷属を苦手としています」せっせ

憧「なるほど。まあ全国に素人がいる筈もないけど、宥姉にとっては本来なら相性が良い相手なわけね。けど二回ほど同卓した別段特異なスキルがない無能力者の愛宕洋榎にも連続で負け越しているみたいだけど」

キャプテン「愛宕さんは全国五指に数えられる実力者ですから、勝てなくても無理はありません。染井さんは片岡さんとは真逆なタイプで、弱い相手に取り零すことは少ないですが、一発の恐さもないので格上相手にサプライズを起こすのは難しいみたいです」せっせ

穏乃「なーる。その去年の個人戦ファイナリストの愛宕さんに準決勝で収支で上回った臨海の郝慧宇は、その上位互換なわけですよね?」

キャプテン「世間的にはそう言われていますが、私は彼女の牌符を見ると全く別の人間像をイメージしてしまいます」せっせ

穏乃「別の人間?」

キャプテン「ええ、私たち阿知賀・・・というよりも私が直接対局した中で、宮永さんの次に手強いと思った雀士です」せっせ

憧「あのチャンピオンの次に強いって・・・・・・!?」

ハオ「ロン、タンヤオ一盃口ドラ1の5200でーす」

たかみー「!?」

北家・ハオ手配 六六45668BBCCD【D】 (7の単騎待ち)

福与アナ「おおっーと、開幕和了はハオ選手です。白糸台の渋谷選手から見事に嵌張を討ち取りました」

すこやん「ハオ選手の直前の捨て牌は6。8を切れば三−4−6の三面張に受けられたところを敢えて、嵌張で討ち取りましたね」

憧「何、今の打ち筋は? まるで白糸台から7が零れると、1巡先の展開が読めていたいたみたい・・・って、まさか!?」

キャプテン「はい、そうです。『1巡先を見る者』。千里山先鋒の園城寺怜さんです」せっせ

―――――――――――――

たかみー(いきなり放銃して親を流された。まだ6巡なのに的確に私の炙れ牌を読まれるとか自力が違いすぎ・・・ううん、相手は世界クラスの雀士。マトモにやって敵わないことは最初から分かっている。だから、私にしかできない奇襲でオーラスに一泡吹かせる)

前半 東2局 親 松実 ドラE

たかみーの最初の捨牌 中

5巡目

ハオ「ロン、七対子ドラ2の6400でーす」

北家・ハオ手配 一一八八277EE西西白白 (2の単騎待ち)

宥「はうう〜、親流れ(涙)」

ワカメ(今度は阿知賀から直撃で親を流しおったか。今のは松実の嫌いな索子の低数牌じゃからワシでも読めんことはないが、地味に3巡目から無駄ヅモ無しで鬼門の七対子の一向聴をおっさり乗り越えおった(うーむ))

ワカメ(さて、次はワシの親番じゃから当然狙いはワシということになるか? じゃがワシはこう見えても防御力は高い方じゃぞ。だから親被りはあっても放銃はない(キリッ))←微妙に弱気に囚われる。
537 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/22(土) 00:02:54.70 ID:OUg5OsE30
前半 東3局 親 染谷 ドラ七

たかみーの最初の捨牌 中

8巡目

東家・ワカメ手配 22334588CG南発発 次ツモ4

ワカメ(一体何が起こっとる? 手を開いた時は五向聴のクズ手だったから、また親被りを覚悟していたが、索子の引きが尋常やない。しかもお誂え向きに発まで対子で抱えているとはワシに緑一色をやれっという天の采配か?)

ワカメ(ガラにもなく興奮してきたで。ワシの好きな索子の染め手。中でも緑一色はワシの夢ともいうべき役満じゃ。この48000点の大物手。何が何でもモノにしてみせる(ドキドキ)G捨て

宥((ぱああっー)またあったかい牌がきたよー)六捨て

ワカメ((ぞくぞく)また索子の8がきおったぞー)C捨て

南家・ハオ手配 六六七八八45CDGG発発 次ツモ七

ハオ(おやおや、清澄と阿知賀の捨て牌の形が完璧に牌符No.02564493のパターンと重なりました。どうやら松実の『あったかい牌』の偏りを最大限に受けて、下家の染谷に索子の冷たい牌が流れているようですね。『レッド・ホット・ドラグーン』の遣い手と同卓するとわりかし見掛ける情景ではありますが)

ハオ(ならちょっと夢を見させてあげれば、普段は防御の硬い清澄から狙えそうですね。従来の牌符に少しばかりアレンジを加えて仕留めます)発捨て

ワカメ「ポンじゃ」発を碰。

東家・ワカメ手配 223344【5】888南《発発発》 (南捨てで2−5待ち)

ワカメ(よし、これで2−5待ちの聴牌。緑一色に未練がないといえば嘘になるが、団体戦である以上は引き際は弁えなくてはいかん。混一色発赤1で11600でも十分な成果じゃし、和了牌が出ればば迷わず倒すで)後ろ髪を引かれながら南捨て

10巡

南家・ハオ手配 六六七七八八45CDGG発 次ツモE

ハオ「さて、私の方も予定通りに張りました。3−6の両面と待ちは悪くないですが、過去例通りなら、この待ちは死んでまーす。まあ、すぐに手替わりすることにりなるでしょう」ポイ(発捨てで3−6待ち)

西家・たかみー手配 二三四233666EEFG 次ツモF

たかみー(張った。2捨てでD−G待ちの聴牌できるけど、清澄の捨て牌が筒子の絶一門でどう考えても染め気配。更に発まで見えて緑一色の可能性もあるから、この局は索子牌と心中しよう)ポイ(G捨てで聴牌崩し)

ハオ「(やはり白糸台はオリましたか。懸命な判断でーす)ポンでーす」Gを碰。

南家・ハオ手配 六六七七八八45CDE《GGG》

福与アナ「おーっと、ハオ選手。聴牌状態から態々Gを副露。というか普通なら発を捨てた段階でリーチをかけますよね? もしかして3−6の待ちが渋谷選手の面子の中で大量に使われて純カラに近いのに気づいているのでしょうか?」

すこやん「それもありますが、もっと手っ取り早く当たり牌を切ってくれる存在がいるのに気づいているのでしょう。人には分かっていてもどうにもならないケースが儘ありますから」

ハオ(さーて、染井まこは自分を制しようと努力しているでしょうが、役満の手変わりのチャンスが訪れたらどうしますか?)ポイっ(4捨て)

ワカメ(ぐっ! ハオが索子の4を捨てたじゃと!?)ウズウズ

ワカメ(ワシの河を見れば筒子が危険牌なのは素人でも一目瞭然。なのに敢えて切ったとはワシを陥れる罠じゃ。無視無視)ポンじゃ!」4を碰。

ワカメ(はっ!? 何時の間に発声しとるんじゃワシは? 頭は逃げろと命じたのに身体が勝手に反応しおった。ワシの魂が緑一色を求めていたというのか?)フラフラ

東家・ワカメ手配 2233【5】888《444》《発発発》 (5捨てで緑一色の2−3待ち)

ワカメ「(まあ一旦副露したものは取り消せんし、こうなってしまった以上、もう赤5を切る他ない。むろんリスクはあるが索子の引きの良さを考えれば、十分に役満をツモ和了れる可能性はある)通せ!」祈るようにドラ5捨て。

ハオ「ところがどっこい通りませーん。ロンです。タンヤオドラ3、7700でーす。態々ドラをプレゼントしての点数の倍プッシュ。ご馳走様でした(ニヤリ)」

南家・ハオ手配 六六七七八八5CDE《GGG》 (5の単騎待ち)

ワカメ(なっ!? タンピンイーペーコーの理想的な3−6待ちの状態から、雀頭のGを無理やり副露して5の単騎待ちに受けたじゃと? ワシの手の中を読み切って役満を餌にドラを引き出したというんか?)

福与アナ(なーんと、収支は常にマイナスながらもここまで放銃ゼロで防御そのものは高かった(※ただし満貫の親被り多数)染谷選手がはじめて振り込みました。これで再び臨海と清澄の順位が入れ替わります)

すこやん(まるで全てを図ったかのように注文通りにドラを燻り出しましたね。染谷選手も危険牌だと分かっていたと思いますが、親の役満チャンスと天秤にかければ止めるのは難しいでしょう)
538 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga ]:2012/12/22(土) 00:03:46.48 ID:OUg5OsE30
前半 東4局 親 郝 ドラ西

たかみーの最初の捨牌 発

阿知賀控え室

憧「何よ、今の打ち筋!? 対子の発を崩してまで鳴かしたのも計算の中なら、完璧に清澄の手牌を読み切っていたってことじゃないの?」

穏乃「そうだね、憧。とくに5単騎で受ける前の4なんて、下手したら緑一色の和了牌の危険性すらあったわけだから、とてもじゃないけど一か八かで切れる牌じゃない」

憧「けど美穂子みたいに手牌が透けて見える・・・というのとも違うのよね。何かツモ牌の一部まで見通している雰囲気があるし。確かに1巡先を見る園城寺怜に似た能力かもしれないけど、中国四千年(アカシックレコード)って一体どんなスキルなのよ?」

キャプテン「過去の牌符から近似例を探して展開を予想する染井さんの『懐かしい顔(ノスタルメモリー』の上位互換というのは間違いではありません。ただし染井さんの牌符ストックが数万なのに対して、郝慧宇の牌符貯蔵量は数千万単位と言われています)せっせ

穏乃「す・・・数千万!?」

キャプテン「私も詳しくは知りませんが、『アカシックレコード』とはスキルではなく、麻雀の起源・中国の古今東西の膨大な対局を牌符として収めた十万三千冊にも及ぶ書物を指すそうです。その中には当然、歴史上に存在したあらゆる魔物、眷属、能力者との対局も含まれます」せっせ

憧「つまり昔の中国には宥姉と同じスキルの所有者がいて、その対局データがあると? それならワカメ頭と違ってハオが宥姉の打ち筋を熟知しているのも納得だけど、十万三千冊って人はそんなに本を読める・・・っていうか記憶できるものなの?(汗)」

キャプテン「人の脳細胞は二十万冊以上の本を暗記できるだけの記憶容量があるそうですから理論上は可能です。もちろん常人には到底不可能ですが、ハオさんは瞬間永続記憶能力の持主だそうですので」せっせ

憧「一瞬でも見た光景を完璧に記憶する『瞬間記憶能力』は聞いたことあるけど、それに永続が加わるって、よーするに一度見た光景を半永久的に記憶に留めておけるってこと?」

キャプテン「みたいですね。もちろん記憶領域がパンクしないように私たちが普段しているように日常のどうでもいい情報は忘れてしまうと思いますが、そのあたりはかなり話が専門的になりそうなので省きます」せっせ

キャプテン「話を戻しますと、染井さんが一個人の十年間の実体験の蓄積とするなら、ハオさんのは文字通りに中国四千年の歴史の集大成ということになるでしょう。だから、染井さんは場の展開を『顔』という漠然としたイメージでしか捕らえられませんが」せっせ

憧「ハオの方は予知レベルで次の展開が予測できると。よーするにハオは園城寺怜みたいに超能力で1巡先を見ているわけではなく、かつて実際に起こった対局の再現だから『知っている』。つまり未来視ではなく実は過去視なわけね?」

穏乃「だとするとハオは染井まこと園城寺怜を掛け算したような複合能力者ってことだよね? 確かにそれなら眷属ですらないのに魔物以上の力を持つと恐れられるのも分かるけど、宥さんかなりヤバくないですか?」

ハオ「ツモ。タンピンイーペーコーツモ2600オールでーす」

東家・明華手配 三四五六六234EEFFG 次ツモG

穏乃「今度は普通にツモ和了った。芸のないタンピン手だけど、これで四連続和了で1本場に突入」

(前半東4局終了までの途中経過)
阿知賀 147400(−9000)
白糸台  98600(−7800)
臨海   85500(+27100)
清澄   68500(−10300)

憧「雑誌にはハオは火力は高くないとか書かれていたけど大嘘じゃない。まだ1/4が終わったばかりなのにこの得点は何よ? しかも能力の特性上、美穂子みたいに放銃はほとんど期待できそうもないみたいだし」

穏乃「郝慧宇だけじゃない。臨海女子には宮永咲を完膚なきまでに叩き潰した世界ランカーの雀明華の他にも、この二人と同格の世界ジュニア王者のネリー・ヴィルサラーゼもいるんだよね? 宥さんもだけど、私や憧はこの反則極まりない傭兵たちと対等に戦えるのかな?」ガクガクブルブル
539 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/22(土) 13:45:40.04 ID:ZWJSookT0
おいおいどこの禁書目録だよ……
540 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/22(土) 17:52:15.13 ID:ZrVd8koT0
やっとエタったかと思ったらまだ続いてたのか
541 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/12/23(日) 00:17:58.54 ID:8If6QEeT0
前半 東4局1本場 親 郝 ドラE

たかみーの最初の捨牌 西

―――――――――――――

たかみー「(ずずっ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポロッ(2をツモ切り)

ハオ「ロンでーす。タンピンドラ1の5800の1本場は6100でーす」

東家・明華手配 五六七3334567EFG (24578の五面張)

白糸台控え室

亦野さん「くっ、また尭深がハオに振り込まされた。これで得点でほぼ臨界に並ばれてしまったか」

菫「まあ無理もあるまい。もともと『下の下』の初級者だった渋谷もようやく『中の中』ぐらいのデジタル打ちに成長したが、『上の上』の雀力のハオからすれば最も鴨れるレベルだろう」

亦野さん「確かに道理もへったくれもない素人よりも、ある程度打てるようになった頃合いのセオリーに縛られた中級者の方が上級者から読まれ易いので一番危険といいますが」

淡「へへーん。今のうちに精々調子に乗ってればいいのさ。連荘すればするほど後で自分の首を締めることになるんだから」

亦野さん「! そうか。確かにこの調子でハオが連荘すれば『たかみスロット』が増えていくな。しかもラス親はそのハオだから、負け分を回収するにはもってこいだ」

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」モグモグ(シャトレーゼのケーキを貪る)

前半 東4局2本場 親 郝 ドラF

南家・たかみー手配 一四八九578E南北白白白 次ツモB

たかみー((ずずっ)やっと今まで捨ててない白がきたと思ったら、いきなり暗刻とはツイいるのかツイていないのか。どうする・・・って悩むまでもない。オーラスまでに最低でも三元牌は全て対子以上で仕込まなきゃ話にならないのだから、ここはまたハオに和了られたとしても、きっちり種植えしておかなきゃ)ポイっ

たかみーの最初の捨牌 白

憧「ちょっと、白糸台がいきなり暗刻の状態から白を捨てたわよ? 流石にこれは上手いとか下手とかいう問題じゃないわよね、美穂子?」

キャプテン「・・・・・・・・・分かりません。渋谷さんはもしかしたら玄さんみたいな白糸台の隠し球かと密かに警戒していましたが、今のところ眷属特有の牌の偏りはどこにも見られないので、考えすぎだったかもしれません」せっせ

17巡

東家・ハオ手配 四四AAABC【D】EF東東東 次ツモ北

ハオ(8巡目から三面張を聴牌してますが、和了牌が清澄と阿知賀に握り潰されてまーす。四は白糸台の和了牌なので身動きが取れませーん)ポイ(北をツモきり)

18巡目 流局

福与アナ「おおっーと流局です。何というレベルの高い決勝戦なのでしょうか。中堅戦まできて初めて流局が発生しましたよ、小鍛冶プロ」

すこやん「いえ、十分にありえることです。ハオ選手は牌の偏りを起こす眷属ではなく、あくまでも牌の偏りを知る者ですから。仮に18巡、全ての牌が読めたとしても聴牌に達しないケースも麻雀では良くありますから、どうやっても和了道が存在しない場合はどうにもなりません」

ハオ「聴牌でーす(とりあえず連荘には繋がったので良しとしましょうか)」

ワカメ「ノーテンじゃ(ハオの手。やはり筒子の三面張。オリておいて正解じゃったな)」

宥「(けほっ)ノーテンです(当たり牌を止めたのは良かったけど、まだわたし焼き鳥だよー(ぐすっ))」

たかみー「(ずずっ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・(白を残しておけば10巡目に南を引いた時に和了ってた。でも流局でまた一つスロットが増えたから結果オーライかな)」

ワカメ「どうした、白糸台? 後はお前さんだけじゃぞ」

たかみー(さて、どうしよう? 手牌を見せても大丈夫かな? ううん、松実玄のドラ独占と違って、それだけで分かる筈はない。ここまで二回も放銃しているし、少しでも点棒を回収しておかないと)聴牌です」ガタ(牌を倒す)

南家・たかみー手配 四四七八九678南南南白白(四−白の両碰待ち)

ワカメ(なんじゃ勿体ぶりおって。別に大した手でもないじゃろうに)

宥(ううっ、これで支払いが1000点から1500点に増えちゃったよー)

ハオ(やはり四の待ちで正解でしたか。我ながら惚れ惚れする読みの高さ・・・・・・・・・!?)
542 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/12/23(日) 00:18:52.58 ID:8If6QEeT0
ハオ(ちょっと待ってくださーい。私には明華や福路ほどの観察力はないので理牌読み自体は無理ですが、瞬間記憶能力で同卓者の手出しとツモ切りは全て把握していまーす。捨て牌と牌選択から渋谷尭深の初期配牌を再現しまーす)パパパー(脳内メモリでビデオの巻き戻しのように開局前まで記憶が戻される)

(ハオが再現したかたみーの配牌)
南家・たかみー手配 一四八九578E南北白白白 次ツモB

ハオ(ありえないでーす。この形からいきなり白を切ったでーすか? どんな合理的な理由があればそんな愚行を・・・・・・・・この東四局2本場までの渋谷尭深の捨て牌を全部再現しまーす。パパパー(脳内メモリで以下略)

東1局 発北九二E
東2局 中西西4
東3局 中東北九9北白A八G
東4局 発南4一E東西
東4局1本場 西北1三E白82
東4局2本場 白北一1B西5発GH北東4E中9八西

ハオ(手を開いてくれたのは今回が初めてですので確かなことは言えないですが、捨て牌そのものは字牌整理から手をつける中級デジタル特有の打ち回しで別段不自然なところはないでーすね。2本場の最初の捨て牌を除い・・・・・・・・・・・・!?・・・・・・・・・最初の?)

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ニヤリ)」

前半 東4局3本場 親 郝 ドラB

たかみーの最初の捨牌 中

―――――――――――――

宥「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(@捨て)

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(ノータイムでツモ)

東家・ハオ手配 六七八34【5】99ABC【D】E 次ツモ西

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(西をそのままツモ切り)

福与アナ「あれぇー? ハオ選手が7巡で平和ドラ2の三面張を聴牌したと思ったら、松実選手の捨てた和了牌を見逃しました。これはどういうことなのでしょうか、小鍛冶プロ?」

すこやん「分かりません。てっきりリーチをかけてツモ和了で点数を伸ばすつもりなのかと思いましたが、あれから3巡も経つのに一向に変化なしです。まるで和了たくない何らかの事情があるかのようです」

18巡目 

ハオ「ノーテンでーす」グシャ(牌を崩す)

宥「聴牌です(これで少しは収入が入るよ(ぱああー))」

ワカメ「ノーテンじゃ(ハオが聴牌にも届かんとは珍しこともあるが、これでやっと親の連荘が終わったか)」

たかみー「ノーテンです(できればもう少し今みたいな流局で連荘して欲しかったけど、高い手を和了られたら元子も子ないし匙加減が難しそう(うーん)」

福与アナ「何を考えているのか、ハオ選手。和了牌を見逃しただけでなく、聴牌なのにノーテン宣言で好調だった親の連荘を自らストップさせてしまいました」

すこやん「どうやらハオ選手には連荘を切り上げたい何らかの事情があるみたいです。その理由については皆目見当がつきませんが、次局あたり誰かが大物手を和了る予感を覚えて親被りを免れる為とかですかね?」

東4局3本場 流局親流れ 宥 ノーテン罰符3000ゲット
543 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/12/23(日) 00:19:33.56 ID:8If6QEeT0
前半 南1局 親 渋谷 ドラ東

東家・たかみー手配 六八1136EFH東東東北発

たかみー(いきなり私の風がドラ暗刻とかツイてる。スロットを一つでも増やす意味でもこの局絶対にモノにする)ポイッ

たかみーの最初の捨牌 発

北家・ハオ手配 二七158ACH南西北白発 次ツモ西

ハオ「前局和了放棄した悪影響なのか、好調だった牌勢に陰りが見えまーす。やはり真っ直ぐな打牌を捩じ曲げると運気は落ちるみたいで、どう足掻いても和了形が見えない屑手でーす。阻止しなければならないのは親の渋谷の連荘ですが、それならそれで遣りようがありまーす」ポイ(北捨て)

6巡目

ハオの捨て牌 北25西七C

ワカメ「・・・・・・・・・・・・(ハオの河。偽装しとるがワシには分かるで。こういう捨て牌をワシは嫌という程見てきた。間違いなく国士をやっている(キリっ))」

ハオ(・・・・・・・・・と清澄は読んでくれるでしょーね。中張牌連打のあからさまな国土ブラフは見抜かれるでしょうが、本気で国士を狙っている人間が可能な限りその痕跡を消そうと務める捨て牌を再現することは私には容易いでーす)8捨て

ワカメ「ツモ、一通のみ。500、300(ハオに国士を和了られる前に何とか流せたで(どやっ))」

西家・ワカメ手配 23456AABBCD《789》 次ツモ1

宥(はう〜? その手で鳴いたの?)

東家・たかみー手配 六七八11FGH東東東北北 (1−9の両碰待ち)

たかみー((ずずっ)スロット確保と親満収入の両方を兼ねた大物手が親ごと流された。風牌のドラ暗刻は初期配牌で揃っていたから、捨て牌から私の手の高さは分からない筈なのに、何で清澄はタンピンの一盃口か一通を面前で狙えた手を焦って流したのだろう?)

ハオ「オーノー、ガッデムでーす(ぷくくっ、狙い通りに安手で親を流してくれてご苦労様でーす。流暢に手を進めていたら親満を喰らった可能性は高かったので、あなたにとっても損な取引ではなかったでーすよ、清澄)」

ワカメ(おやおや、あのハオが悔しがっとるで。あと1巡遅れていたら国士を和了られていた対局を何度も見てきたが、どうやら正鵠だったようじゃな(ふっ))

前半 南2局 親 松実 ドラ五

たかみーの最初の捨牌 白

ワカメ「ロン、平和ドラ1で2000」

南家・ワカメ手配 四五六六123678【D】EF (三−六待ち)

福与アナ「染谷選手、渋谷選手から出和了で臨界が微差で二位に躍り出ました。しかし直前の捨て牌はダブルドラの赤五。残しておけばドラ2一盃口の手をどうして態々こんな安手で」

すこやん「仕掛け人はハオ選手ですね。彼女自身は屑手ですが、染谷選手の視点からは高めに見える捨て牌を演出しています。なまじ高い雀力を持つが故にかえって術中に嵌まっているみたいですが、片岡選手みたいな単純なタイプを手駒にするならともかく、染谷選手のような熟練者を手玉にとるとは信じられません」

たかみー「(ずずっ)・・・・・・・・・・・・・・・(また振り込んでしまった。安手だからいいけど、どうせ放銃するなら親の松実に連荘して欲しかった。これでオーラスまでのスロット数は9(最低でも10確保)次の清澄にはあと1、2回は連荘してもらいたいけど)」

ワカメ(どうじゃ、ハオ。ワシのスキルも中々捨てたもんじゃないじゃろ?(どやっ))

ハオ「くううっ〜! 日本の『ノスタルメモリー』も中々侮れないでーす(うぷぷっ、駄目です。笑ってはいけませーん。何とかと煙は持ち上げてやるに限りまーす。顔で笑って心で泣いて耐え忍ぶのが女の華みたいでーすが、私は顔で悔しがって心で嘲笑いまーす)」ぴくぴくっ(頬の痙攣を必死に抑えて別な意味で耐え忍んでいる)

宥「こほこほっ(わたしの高校生活最後の親番が流されちゃった。もう後2局しか残っていないのに、わたしまだ一度も和了れてないよー(涙))」

宥(ドラゴンさんの力無しでも玄ちゃんがあんなに頑張ったのにおねーちゃんのわたしがこのまま終われない。『あったかい牌(レッド・ホット・ドラグーン)』の最大戦力を見せてあげる)ふわー(カイロがまるで棒ファンネルのように宥の周囲を浮遊する)
544 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/26(水) 18:42:37.13 ID:yIakkXdvo
続きはまだかな
545 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/12/27(木) 00:01:34.36 ID:D2LBsqjy0
宥(まだオーラスが残っているけど、そこまで気力が持ちそうもない。だから、この局にわたしのすべてをかけるよー)プスプス(身体全体から湯気が立ち上る)

ハオ(おやおや、阿知賀の気合が尋常じゃないでーすね。というか全身が発熱しているみたいで体調があまり良さそうに見えませんが大丈夫でしょーか(汗))

前半 南3局 親 染谷 ドラ西

西家・たかみー手配 二三【五】六八@BEH南南北発 次ツモ東

たかみー(できれば白が欲しかったけど配牌には無かったか(溜息)。清澄が連荘し損ねたらこれで終わりだけど、現地点ではまだ小三元。やはりいきなり大三元ができるほど甘くないか)

たかみー(どうしよう? セカンドプランの字一色狙いでいれた西もないし、【五】あたりでも・・・いや、ここは敢えてこれ)ポイっ

たかみーの最初の捨牌 発

淡「ちょっと、たかみーってば四枚目の発を仕込んだわよ? どう考えても余剰牌じゃないの」

菫「いや、これでいい。この仕掛けは後々生きてくる筈だ」

ワカメ「ポンじゃ」いきなり発を碰。

東家・ワカメ手配 一234【5】66AA北白 《発発発》

ワカメ(また牌に索子の偏りが。もう一遍、緑一色に辿り着けそうな気配を感じるで。さっきはハオに潰されたが、今度こそ和了ったる(ギラッ))ポイっ(不撤退の覚悟の対子のA崩し)

ハオ(1巡目から副露の挙げ句、字牌以外から整理とはまた清澄に冷たい牌が流れてまーすか。東3局のリプレイのような展開に陥りそうですが、まだ私の牌勢が滞ったままなので今度は面倒な事態になりそうな予感がしまーす)

6巡目

たかみー「(ずずっ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・(この局どうなっているの? まだ場に索子を一度も見掛けていない。しかも清澄だけでなく阿知賀の捨て牌まで索子の絶一門だし、もしかして二校で索子牌を独占してる?(ゴクリ))」

宥「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(あったかい牌きてー)」ゴゴゴー

北家・宥手配 115577799東西中中 次ツモ9

宥((ばああっ)またあったかい牌がきたー)西捨て

7巡目

東家・ワカメ手配 23344【5】666北 《発発発》 次ツモ2

ワカメ(よし、また冷たい牌がきたぞ。これで北切りで五面張の聴牌。もちろん親満でも十分な成果じゃから和了牌がくればそのまま倒すが、後一手でまた緑一色が狙える)うずうず

ワカメ(しかし半荘中に二回も役満チャンスなどワシのキャリアでもはじめての体験じゃ。これはやはり赤い牌を招き寄せる阿知賀の影響か? 先鋒戦の宮永が国士13面待ちを張った時に和が中張牌を独占した煽りで辻垣内に字牌が流れたケースと似通っているが、役満放銃ピンチの臨海と違ってワシは恩恵しか受けとらん。牌を偏らせる眷属様さまじゃな)ポイっ(北切り)

東家・ワカメ手配 223344【5】666《発発発》 (12457待ち)

ワカメ(とはいえ松実の捨て牌にも索子がないから、奴もワシと同じ索子の染め手なのは間違いない。赤い牌と冷たい牌の鬩ぎ合いでどちらかが振り込む可能性は高まったが、お零れ頂戴のワシが役満なのに、この状況を作り出した当人の期待値が精々満貫〜跳満とは皮肉じゃな)

南家・ハオ手配 一二三六九788EGH北北

ハオ(やーれやーれ、この段階で三向聴とかどーにもならないでーすね。やはり絶二門では絶一門にはスピードで勝てませーん。流石の私も1巡目から手牌は読めないので、鳴かさないように初期配牌の索子を留めておいたので身動きが取れないでーすし)

ハオ(こういう時は安そうな白糸台に差し込むのがセオリーですが、開局当初は親の連荘に支援的だった渋谷も今では完全にオリ気配。役満ツモで削られるなど溜まったものじゃないので、こうなった以上は清澄と阿知賀に潰し合ってもらいまーしょうか)ポンでーす」北を碰してH捨て

ハオ(これで形の上では二向聴でーす。まあ役無しなので索子をツモれない以上は実質和了目はゼロですが、今ので阿知賀と清澄のツモ牌がズレます。いずれ松実が修正をかけるでしょうが、それまでは精々お互いの手を縛りあってくださーい)

宥(あったかい牌きてー・・・・・・ビクっ!?)」ツモ牌を見て表情が凍りつく。

北家・宥手配 1155777999東中中 次ツモ3

宥((ひょおおー)さ・・・寒い。何で今になって冷たい牌が・・・。本来なら東切りだけど清澄に冷たい牌が流れているなら、この3は私にとっては完全に不要牌。まだ張ってないと信じるしかない)ビクッ(怯えながら3をツモ切り)
546 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/12/27(木) 00:02:29.63 ID:D2LBsqjy0
ワカメ「(和了牌じゃないが、緑一色に手替わりできる)ポンじゃ!」3を碰。

宥((ひっ!?・・・・・・って副露だったよ、セーフ(ホッ))

東家・ワカメ手配 2244【5】666《333》《発発発》 

ワカメ(また緑一色に釣られて反射的に鳴いてしまったが、これで良い筈。12457の多面待ちといっても、あったかい牌が松実に流れるなら、1,5,7の待ちは死んどるから、実質は2と4の偶数待ちにすぎん)

ワカメ(なら手替わりした所で待ちの数は同じじゃし、点数は親の役満で4倍増。あとは赤5が通れば。今度こそ通せー)ポイッ(祈るように5切り)

宥「ポンです(出来れば面前で進めたかったけど、もうグスグスしてる暇はないよね)」5を碰して東きり。

北家・宥手配 11777999中中《【5】55》 (1−中の両碰待ち)

宥((ふらふら)何とか聴牌した。もう頭が朦朧として細かい点数計算すら億劫になってきたけど、後は染井さんよりも早く和了るだけ)

東家・ワカメ手配 2244666《333》《発発発》 (2−4の両碰待ち(緑一色))

ワカメ(ポン発声に一瞬ヒヤッとしたが、今度は通ったぞ。こちらは緑一色の48000に対して、阿知賀は恐らくは混一トイトイ赤1で満貫止まりの手。どんな危険牌を掴んでも背中を見せる道理はないわ)

ハオ(どっちも引かずに『あったかい牌』と『冷たい牌』の牌交換でお互いに索子の混一を聴牌するとはかなり誤算でーす。こうなるとまだ被害が少なそうな松実の方に和了ってもらいたいでーすが、現在最下位の清澄と違ってトップの阿知賀は状況次第ではオリそうですから不味いことになりそーです)

8巡目

東家・ワカメ手配 2244666《333》《発発発》 次ツモ6

ワカメ(2か4よこーい。ちっ、引いたのは6で惜しくもファームラン(※ポールギリギリの特大のファール)じゃな。役満が確定している以上、槓ドラはいらんからツモ切るか? いやいや、発と3の暗刻を曝しておいて、今更6を落としたところで何の安全演出にもならんじゃろ)

ワカメ「(役満濃厚のこの場で索子を警戒しない馬鹿がおる筈はない。ならいっその事、三つ目の暗刻を曝した方が他家のプレッシャーになるかもしれんな)カンじゃ!」6を暗槓(新ドラは@)

東家・ワカメ手配 2244《333》《6666》《発発発》 嶺上ツモ七

ワカメ(やはり咲のように嶺上開花とはいかんか。じゃが、これで誰の目にも緑一色は確定的。麻雀は自分が和了る以上にいかに他家を脅して降ろすゲームじゃから、上手くいけば競争相手の松実の手を縛れるかもしれん)ポイッ(七をツモ切り)

たかみー「(ずずっ)・・・・・・・・・・・・・・・」ビクッ(牌を見て驚く)

たかみー(よりによって、ここで生牌の8。親の連荘といっても役満じゃお話にもならない)」ポイッ(現物のF捨て)

ハオ(白糸台は完全なベタオリモードですが、これはヤバイでーす。牌符No.07348115のパターン通りだと、これから一時的に索子の冷たいスポットに突入しまーす。もし松実までオリたら、次に染谷が引くのは和了牌の2(ゴクリ))

ハオ(オーラスで大仕事が残っているのに、その前にもう一度16000の支払い危機とか冗談じゃないでーす。止める方法がなくもないですが私一人じゃ無理でーすので、次の松実の覚悟の深さ次第でーすね)

宥(今度こそあったかい牌・・・・・・ピシッ)シャキーン(牌を見て身体全体が氷の彫刻のように凍りつく)

北家・宥手配 11777999中中《【5】55》 次ツモ8

宥(う・・・嘘でしょ。また冷たい牌がくるなんて・・・しかも今度は)チラリ

宥視点:
東家・ワカメ手配 ????《333》《6666》《発発発》

宥(もし染谷さんが緑一色を聴牌していたら、もう248の待ちしか有り得ないから、『22−44』、『22−88』、『44−88』、『2−444』、『2−888』、『4−222』、『4−888』、『8−222』、『8−444』の9通りの待ち合わせの中、8が和了牌になるのは4通りだから44%の高確率で48000。こんなの場に出せる筈ないよー(涙目))ガクガクブルブル

宥(親の役満を振り込んだら、美穂子ちゃんや玄ちゃんが頑張って稼いだ点棒が全て吹き飛ぶ。これが高校最後の闘牌なんて締まらないけど、チームに迷惑はかけられない。ここは中落としでオリルしか・・・)ピタッ(中に手を伸ばしたところで手を止める)

―――――――――――――

(準決勝中堅戦終了後の回想)

レジェンド『追う者よりも追われる立場の方がプレッシャーがかかるというが、慎重になり過ぎだ。普段の宥の麻雀ではなかったな』

宥『ううっ、ごめんなさい(しゅん)』

キャプテン『厳しい言い方をするなら、麻雀のアドバンテージを活かして降りの選択肢を行使するのと、戦うことそのものを放棄して逃げるのとでは全然違いますから』

宥『うん、分かってる、美穂子ちゃん。玄ちゃんの為にもおねえーちゃん、次は絶対に間違えない』
547 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/12/27(木) 00:03:16.27 ID:D2LBsqjy0
宥「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(この状況はどうなんだろう? 私が8を握り潰しても、冷たい牌が染谷さんに流れる以上は何時かツモ和了る可能性は高いよね? ならオリたとしても根本的な解決にはならないよ)」

宥((ふーう)本当に駄目なおねえちゃんだね、玄ちゃん。江口さんの役満のプレッシャーに屈した時と同じ過ちをまた繰り返す所だった。あの時江口さんは飛び終了寸前の状況の中でも怯まずに攻め続けたのに、今トップの位置にいるわたしに同じことができない筈はない)グイッ(8を掴む)

宥(みんな、もし振り込んじゃったらごめんね。でもわたしは自分が和了よりも染谷さんの大物手を成就させない為にこそ、ここで勝負に出るよー)ダン(叩きつけるように8をツモ切り)

ワカメ「!?」

東家・ワカメ手配 2244666《333》《発発発》 (2−4の両碰待ち(緑一色))

ワカメ(白糸台のようにオリると多寡をくくっていたが、この状況で超危険牌の8を切ったじゃと? 負けが込んでいるならともかく、ダントツトップの阿知賀がまさかこんなギャンブルに出るとは(唖然))

ハオ「(これは助かりまーした)ポンでーす」8を碰して一捨て。

南家・ハオ手配 二三六九7EG《888》《北北北》

ハオ(これまた嬉しいサプサイズでーす。まさかあの状況で8を切ってくれるとは、こういう私の思惑を上回る事態に遭遇すると、麻雀を打っていて楽しいと思えてきまーす(ワクワク))

ワカメ(ぐっ、ワシのツモ番が飛ばされた。ハオが無意味な鳴きをするとは思えないし、何か嫌な予感がするで)

たかみー「(ずずっ・・・)・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(2をツモる)

たかみー(また超危険牌。当然、この牌も最後まで心中)ヒョイ(牌を入れ換えて一捨て)

福与アナ「おおっーと、今のハオ選手の副露で染谷選手の役満の和了牌が白糸台に流れました。これも分かっていて鳴いたのなら、アカシックレコード恐るべしです」

すこやん「今回の功績はハオ選手よりも、どちらかといえば役満に怯まずに危険牌を切った松実選手ですね。一般的に麻雀は点棒に余力がある方が有利と言われますが、私の見解はむしろ逆です」

福与アナ「ほほーお? 小鍛冶プロ、してその心は?」

すこやん「負けているなら攻めるしか道はないのである意味開き直れますが、優勢な立場にいる人間はそう簡単に『利』を手離すことはできないからです。そういう意味では先鋒戦の福路選手のアレも愚行には違いないですが、誰にでもできる馬鹿でなかったのは確かですね」

―――――――――――――

ワカメ(くっ、まだじゃ。また松実が冷たい牌を引けば、今度こそ放銃する筈。もしオリたとしても、その間にワシが和了牌をツモ和了れば!?)

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」(じいっ)

ワカメ(なんじゃ? ハオのあの他人を哀れむような目は?)

ハオ(もう終わりでーすよ、清澄。松実が覚悟を定めた地点であなたの流れは去りました。元々あなたの緑一色は松実の『あったかい牌』の余波で構築された残滓のようなものでーす)

ハオ(そろそろツモに修正が入る頃合いですから、もはや泡沫のように消え入るのみ。どうやら『あったかい牌(レッド・ホット・ドラグーン)』のスキルを十全に活かした究極形とも呼べる和了形が見れそうでーす)

北家・宥手配 11777999中中《【5】55》 次ツモ中

宥((ばああっ)一番あったかい牌がきたよー)ヒュンヒュンヒュン(赤い牌が棒ドラグーンシステムのように宥の周囲に展開)

ワカメ「!?」

宥「(にこっ)混一トイトイ三暗刻中赤1で倍満8000、4000です(レッド・ホット・ドラグーン一斉斉射)」シュババババ(赤い牌からレーザーが複数発射され親を焼き尽くす)

ワカメ「ぐはっ! また高め親被りとか、これがワシの持って生まれた役回りかーい!?」コンガリ(ワカメが焼き上がる)

福与アナ「ピンチの後にチャンス有り! 松実選手、倍満手を和了って一気にプラス収支に持ち直しました。それにしてもこの松実選手の手は紅孔雀(※索子の1、5、7、9、中)ですよね?」

すこやん「はい、ローカル役の一つで緑一色の索子の不要牌だけで構築された裏役満です。ただし完全な緑(オールグリーン)で統一された『緑一色』は役満として生き残りましたが、赤と緑が混じる『紅孔雀』の色彩は完璧ではないという理由で歴史の狭間に消え入りました」

すこやん「そういう意味ではこの紅孔雀は、ドラを完全独占するドラゴンロードの妹と対となる、適度な頻度であったかい牌を引く『レッド・ホット・ドラグーン』使いの姉の松実宥選手にいかにも相応しい役だと思いますね(微甘)」

(前半南3局終了までの途中経過)
阿知賀 164600(+8200)
臨海   87800(+29400)
白糸台  86500(−19900)
清澄   61100(−17700)
548 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/27(木) 13:28:20.63 ID:DT2CfpnLo
乙、やっぱ面白いわ
549 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/12/28(金) 00:01:42.91 ID:TYmZv6pX0
宥(玄ちゃん、おねーちゃんが紅孔雀を和了った所をちゃんと見ててくれたかな? あれっ、また目眩がしてきたよー)じゅー(鉢巻きに仕込んだアイスノンが全て溶け切った音)

ワカメ「一度ならず二度までも後一歩で役満を潰されるとは、これがワシの星回りかい(ブツブツ)」

たかみー((ずずっ)これで種植えは打ち止めだけど、緑一色濃厚だった清澄の親は流れて良かった筈。スロットは全部で10の小三元。完璧にはほど遠いけど、この配牌で勝負するしかない)

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

前半 南4局 親 染谷 ドラ一

(このオーラス、渋谷尭深が手を開いた瞬間、各校控え室は震撼した)

南家・たかみー手配 二9G西白白発発発発中中中 次ツモ三

臨海控え室

辻垣内「なんや、このふざけた配牌は?」

ダヴァン「いきなり小三元が揃ってマス。有り得ないデス」

清澄控え室

のどっち「中々の偶然ですね(キリッ)」

ババア「・・・・・・・・・・・・言うと思ったわ。けど、どうやらあたしの嫌な予感は正解だったみたいね」

阿知賀控え室

憧「ねえ、美穂子。これって?」

キャプテン「間違いありません、どうやら渋谷さんも何らかの眷属のようですね。とはいえ今のところ推測できるのはオーラスで大三元もしくは何らかの役満を和了るスキルかもしれない・・・としか言いようがないですが」せっせ

白糸台控え室

淡「きたよー、きたよー。タカミンのハーベストタイム(ワクワク)」

亦野さん「いよいよ収穫の時か。尭深の長い辛抱が報われる瞬間が遂に(じーん)。とはいえ、こんな時に限って阿知賀と臨海も二向聴スタートとは不味いな(うーむ)」

菫「いや、大丈夫だろう。ほら、アレを見ろ」

たかみーの最初の捨牌 発

淡「四枚仕込んでおいた発の一枚を捨てた」

亦野さん「なるほど。敢えて余剰牌を仕込んでおいたのはこの為か。しかも2巡目の捨て牌も仕込み牌の西。これなら今まで通り字牌整理しているようにしか見えないな(けど阿知賀に風牌をポンされて手を進めてしまったが)」

―――――――――――――

4巡目

たかみー「チーです」三を碰して八捨て

南家・たかみー手配 GG白白発発発中中中《二三四》 (G−白の両碰待ち(白なら大三元)

たかみーの捨て牌 発西9八

菫「雀力修行をした甲斐があったな。この捨て牌と曝した順子からすれば、渋谷は喰いタンで臨海の親を流そうとしているように映るだろう」

亦野さん「確かに配牌で既に小三元が仕込まれてるなんて想定外でしょうから、白を掴んだ者は無条件で場に出すでしょうね。上手いことにもう片方の和了牌のGは既に二枚とも河に出て種切れだからツモってフリテンになることもないですし」

淡「あっ、言っている側から一向聴のハオが白をツモったよ。さっそく役満を放銃するかな?」ドキドキワクワク

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」モグモグ
550 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/12/28(金) 00:02:33.58 ID:TYmZv6pX0
5巡目

東家・ハオ手配 二二【五】六七345678A【D】 次ツモ白

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイ(A捨て)

東家・ハオ手配 二二【五】六七234567【D】白

淡「??? あれぇ? あの手の形から白を手の内に留めたよ。どう考えても不要牌でしょうに」

亦野さん「直感で白に嫌な予感を覚えた? だとしてもハオも連荘して得点を伸ばしたいだろうから、聴牌すればきっと白を落とす筈だ」

たかみー「(ずずっ)・・・・・・・・・・・・・・・(白よきて・・・・・・!?)」ビクッ(牌を見て驚く)」

南家・たかみー手配 GG白白発発発中中中《二三四》 次ツモ中

たかみー(惜しいけど外れ。槓なんかしたら警戒されるだけだから捨て一択。けど、これでますます白の出和了のハードルが下がる筈。)中をツモ切り

宥((くらくら)今、場の状況はどうなってんだろ? 渋谷さんから西を副露したのを最後に目が霞んで何も見えなくなってきた)サワサワ(盲牌で牌確認)

西家・宥手配 三四五六78CE北北《西西西》 次ツモ9

宥((ぼーっ)張ったよ。盲牌麻雀って鉢巻き姿といい穏乃ちゃんの真似事みたいなことしているけど、これで和了なきゃ後がない。もう他家の河すら見えないから出和了できないけど、どのみち赤Dを捨ててくれる人なんているわけないから関係ないよね)ポイッ(盲牌で三を捨てる)

6巡目

東家・ハオ手配 二二【五】六七234567【D】白 次ツモE

福与アナ「なんという運命の悪戯でしょうか。ハオ選手、タンピン三色ドラ2の親っ跳が狙える手を聴牌しましたが、その余剰牌がまさに白糸台の役満の和了牌。しかしリーチでツモ和了れば親倍まで見込める大物手。これは振り込んでしまうのか?」

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」チラッ

他家視点:
南家・たかみー手配 ??????????《二三四》
たかみーの捨て牌 発西9八中

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

すこやん「卓情報から分析すれば渋谷選手の手はどう考えても喰いタンの安手なので、自分の手の期待値の高さを考えれば、悩むことなく白を落としでしょう」

白糸台控え室

淡「さあ、今度こそ振り込むよ」ワクワク

亦野さん「おっ、手牌を入れ換えた。白切りでリーチだろうが、そのリーチ宣言牌は通らないって・・・おい!?」

照「!?」モグモグ

菫「ば・・・馬鹿な!?」

―――――――――――――

ハオ(さてと、私の牌選択が決まりましたが、肝心の阿知賀がさっきから挙動不審ですね。体調不良なのは明白ですが、目が虚ろで焦点が定まっていませんし、もしかしてもう卓が見えていないとか?)

ハオ「(なら、先程借りを一つ作ったことですし、サービスしときますか。というかぶっちゃけ万が一にもスルーされたら私が困りますし)さーて、私も聴牌したので危険ですが、この筒子の赤【D】で勝負にでまーす!(棒台詞)」ポイッ(白を留めて【D】で聴牌崩し)

宥「! (えっ? 何々、ハオさんが赤Dを切ってくれるの? 親切にも大声で宣言してくれるなんて助かるよー)ロンです。西赤1で2000です」

西家・宥手配 四五六78CE北北《西西西》 (Dの嵌張待ち)

たかみー「!?」

福与アナ「おおっとこれはー? ハオ選手、親っ跳から親満まで見込めた大物手を崩して、阿知賀にドラを放銃。これはもしかして白が白糸台の役満の和了牌だと気づいていたのでしょうか?」

すこやん「ご丁重にも捨牌の種類まで発声していましたから間違いないでしょう。ただし、あの捨て牌からハオ選手がどうやって渋谷選手の大三元に辿り着いたかの謎は残りますが、これで中堅戦の前半も終了です」
551 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/12/28(金) 00:03:22.43 ID:TYmZv6pX0
(中堅戦前半終了時の途中経過)
阿知賀 166600(+10200)
白糸台  86500(−19900)
臨海   85800(+27400)
清澄   61100(−17700)

宥「・・・・・・・・・・・・・・・(終わったよ、わたしのインターハイ。けど、今度はきちんとプラスで次に繋げられたよ、玄ちゃん)」ドサッ(卓上にそのままうつ伏す)

ワカメ(まだ後半も残っとるがまた酷いマイナスじゃな。やはり久の薦めるうようにキンクリしておけば・・・・・・いやいや。何時ものように結果はついてこんが、こんな楽しい麻雀は久しぶりじゃ)

ワカメ(確かに久の言うようにワシらに割り振られた役割は主演女優じゃないかもしれんが、脇役が主役を食う下克上劇は古今東西に溢れておる。なら最後までとことん楽しませてもらうが、それはそれとして阿知賀の奴、大丈夫かな?(汗))

たかみー「(ずずっ)・・・・・・・・・・・・・・・(この大舞台の為にあんなに入念に準備したのに和了れなかった。どうして? 単純に運が悪かった!?)」ビクッ(背後の人影に驚く)

ハオ「ほうほう、やっぱり大三元でしたか」

たかみー(ハオが何時の間にか私の後ろにいる? まるで気配はなかったのにって、そんなことはどうでもいい。手牌を隠さないと・・・・・・考えてみればこの休憩時間中に控え室経由で私の情報は伝わるだろうから意味はないか)一瞬牌を伏せようとして諦める。

ハオ「不好意思(失礼しました)、白糸台。半荘が終わったとはいえ、まだ後半が残っているのに手牌を見るのはマナー違反でーすね。お詫びに私の手牌も見せてさしあげまーす」パラパラ(自分の牌を倒す)

たかみー(! 白が浮いている!? しかもタンピン三色ドラ2の大物手を態々崩して、赤ドラを阿知賀に差し込むなんて、一体どういうこと?)

ハオ「発・中・中・発・西・白・中・発・白・発・・・・・・(ボソッ)」

たかみー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ビクッ

ハオ「いやはや驚きまーした。中国四千年の歴史の中でも十人と習得した者がいない伝説のS級スキル『収穫の時(ハーベストタイム)』をまさか日本の女子校生が保持していたとはたまげました」

たかみー「!?」

ハオ「全国決勝までこんな隠し球を温存できるとは平均十万得点の宮永照がいる白糸台だからこそ可能だったのでしょーが、東4局2本場の時に手牌を開いたのは失敗でしたね。そのミスさえなければ、前半オーラスの一回ぐらいは和了れたものを」

たかみー「手を開いたって・・・・・・まさか、それだけのことで初見のスキルの存在を見破って・・・・・・」ガタガタ

ハオ「中国四千年の歴史を侮ってはいけませーん。全てのスキルの起源はアカシックレコードに書き込まれていますので、私が知らない能力者などこの世に存在しませーん。おやおや、他校の様子が騒がしくなってきましたね」

タコス「染谷先輩、部長から伝言だじぇ。白糸台の渋谷尭深は・・・」バタン

亦野さん「おい、尭深。弘世部長からハオについて・・・・・・」バタン

ハオ「お仲間が現れたようなので私は失礼しまーす。最初の捨て牌は字牌整理から手をつけるのはセオリーですから、ハーベストタイムはS級スキルにしては珍しく制約が皆無に等しいですが、それでも強いてあげるなら『絶対にラス親になれないこと』と『13牌でスロットが予約満杯になるので天和はない』ことぐーらいですかね」

ハオ「もしかすると、このスキルはなぜかヘボな打ち手にしか体得できた実績がないというのも制約の一つかもしれないでーすね? 準決勝で私を楽しませてくれた愛宕洋榎クラスの雀力の持主がハーベストタイムを使えたらほぼ無敵ですからね」

たかみー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ハオ「後半は一桁スロットに抑えたまま、また速攻でオーラスを流させてもらいますので、悪いですが最後まで秘密兵器のまま終わってもらいまーす(ニヤリ)」ヒョイ(自分の席に戻る)

亦野さん「おい、どうした尭深。顔色が真っ青だぞ。ハオと何を話していた?」

たかみー「・・・・・・・・・・・・・・・誠子ちゃん、私のハーベストタイムが臨海に見抜かれていた」カタカタ(湯飲みが震えてお茶が卓に零れる)

亦野さん「!?」
552 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/28(金) 00:20:34.81 ID:tYkKH1i3o
ワカメの不遇さに笑った
たかみー頑張ってくれよ
553 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/28(金) 01:34:52.89 ID:2OPsPlgF0
たかみーには頑張ってほしいけどどうなるやら
後ハオ、フラグ建てたな…当たってるかはわからないけど怜みたいに先が少し読めた。
554 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/29(土) 13:33:45.46 ID:oefWR5Qr0
インデックスさんが麻雀したら多分このスレのハオみたいになるんだろうな
555 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/30(日) 10:03:17.86 ID:OEw0YMoI0
宥ねえ後半戦大丈夫か?
まだインターハイ終わってないぞ
556 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/01(火) 05:00:31.55 ID:rE5sFsEn0
新年明けましておめでとうございます
これからもこのスレを応援します
557 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/03(木) 04:58:07.82 ID:FFfJ41zw0
闘牌で多少のミスがあるのは仕方ないと思うけど
キャラの口調のミスは何とかなりませんかね
ころたんに「じゃ」とか言わせるのは止めてあげてください
558 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/07(月) 00:06:05.39 ID:6PFxo5vH0

※あけましておめでとうございます。原作も目出たく準決勝に突入しましたね。ガイトさんをはじめとした能力バレが楽しみな反面、ほぼオリ設定の拙作の臨海との隔離がますます広がりそうです。拙い作品ですがこれからもよろしくお願いします。

龍門渕麻雀部

福与アナ「それではこれより中堅戦の休憩時間に入りますので、後半が始まるまで次鋒戦のハイライトを・・・」

鎖子「ねえ、透華。今のオーラスの闘牌、どう見た?」

透華「白糸台の渋谷尭深は何らかの眷属でしたが、その奇襲も郝慧宇に潰されて不発に終わったといった所でしょうか」

ともきー「渋谷の能力の全貌は不明だけど、初見のスキルを見抜くとは相変わらず中国四千年(アカシックレコード)は脅威」

井上「2カ月前にあいつらが龍門渕に乗り込んで大暴れした時を思い出すな」

衣「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

―――――――――――――

7月上旬 龍門渕家

(キキー)ルノーのメガーヌが門前に急停止。

ネリー「わーい、長野についたよー。あっ、忘れないうちにセーブしなきゃ」車内でプレイしていた携帯ゲームのデータを保存。

ハオ「(コキコキ)やれやれ、座禅のしっ放しで膝が痛くなりまーした」膝を伸ばして屈伸運動。

ダヴァン「(くすっ)高速で走る車の中で瞑想するからでーすよ。明華、今日は私の我が侭を叶えてくれて感謝しマス」

明華「構いませんよ、信州方面にも一度足を伸ばそうとネリー達と計画を練っていましたから。それにしても長野は日差しが東京よりも強いですね」ばさっ(左側運転席から降りるや否や日傘をさす)

ネリー「それじゃメガンの用件が済んだら、さっそく真田幸村の居城があった上田城跡公園を訪ねにいこー(ワクワク)」

ハオ「これで日本の城巡りもほぼコンプリートですね。あとは伊達政宗の会津若松城だけでーすか?」

辻垣内「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(休日にこいつら三人がふらっといなくなると思ったら、明華のドライブで日本全国の城巡りツアーに繰り出しとったわけか)」

辻垣内(そりゃ練習はサボらずに参加しとるしオフに何をしようと自由やが、ほとんど外泊許可がおりんダヴァンに比べてこいつら好き勝手しすぎやろ?)

辻垣内(今回の長野遠征も、ダヴァン本人や私が口添えしても中々申請が通らなかったのに、明華の一声であっさり許可されるとは学園長の贔屓も程があるな。まあメガクラブでは監督以上の権限を持ったスター選手がおるのは珍しい話じゃないけどな)

―――――――――――――

龍門渕家の透華のプライベートルーム

ネリー「こりゃまたえらく広い豪邸だね。あっ、執事やメイドさんもいるよー」キョロキョロ(お上りさん宜しく挙動不審中)

ハオ「龍門渕は世界的な大財閥でーすからね。おー、この広間に飾られている壷は中国伝来の汝窯でーすか(感激)」

明華「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」←上流階層の社交場に馴れているので無感動。

井上「何なんだ、こいつらは?」←全然似合ってないメイド服姿。

鎖子「去年僕たちと戦ったダヴァンさんと不遇・・いや全国個人戦三位の辻垣内さんがいるから臨海女子の特待生じゃないの?」←そこそこ似合っているメイド服。

井上「去年の面子はダヴァン以外は全員首になったのか? プレミアリーグのオイルダラーがオーナーのどこぞの金満クラブなみに選手の使い捨てが激しい所だな」

ともきー「それよりもなぜ今のタイミングで訪ねてきたのかが引っ掛かる。長野の団体戦は先週で終わったけど、東京は今週末から都予選が始まる筈」←目茶苦茶似合っている眼鏡っ娘メイド服。

透華「お久しぶりですね、ダヴァンさん。遠路遥々ご苦労さまですが、今日はどういったご用件でしょうか?」←主人なので当然一人だけ私服。

ダヴァン「ご無沙汰です、龍門渕さん。県決勝は残念でした。まさか龍門渕を倒せるチームが長野に存在していたとは驚きました。そこで不躾なお願いですが、私とデュエルしてもらえませんか?」

透華「!?」
559 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/07(月) 00:07:01.25 ID:6PFxo5vH0
ダヴァン「去年、あなたから逃げたことが私の心残りでしたが、個人戦に出場できない留学生の私はもう対戦の機会はないので、無礼を承知でお願いしにきました」ザザッ(誠心誠意のDO・GE・ZA)

井上「おいおい、その為だけに態々長野まで来たのかよ? 見上げた執念だがお前が戦いたいのは『もう一人の透華』だろ? 県決勝じゃたまたま発動したけど、本来ならそう簡単に・・・・・・」

ともきー「その心配はないみたい」

冷たい透華「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ゴゴゴー

鎖子「何時の間にか透華が冷たい透華に切り替わった(唖然)」

ネリー・ハオ・明華「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ともきー「多分あの後ろにいる三人の力に反応したんだと思う」

井上「こりゃまた運が良かったな、ダヴァン。冷たい透華はツチノコ並に気紛れだから、何時引っ込むか分からんし、戦るのならサッサと卓についた方がいいぜ」

鎖子「ならダヴァンさんと透華がサシウマの形で、人数合わせが二人必要だね。一応こっちからは僕が入るとして・・・」

辻垣内「なら臨海からは私が入るわ。噂の冷し透華と手合わせしてみたいしな」

ダヴァン「(うるうる)皆さん、恩にきます」

―――――――――――――

ジャラジャ(冷し透華、ダヴァン、鎖子、辻垣内で卓を囲む)

冷し透華「ツモ、1500オール」

鎖子((ゴクリ)これで四連続で透華の和了。相変わらず今の状態の透華の支配力は衣さえも上回る)

辻垣内(全て安手とはいえ、鳴ける機会すらないまま二向聴から手が凍らされている。これが治水という奴か?)

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

辻垣内(相手に和了る機会を与えずに安手で場を独占するあたりは宮永の連続和了と似ていなくもないが、ダヴァンの『剛拳』ならその支配も破れるのは既に立証済み)

辻垣内(とはいえ使用回数に制限があるから、親を流した上で一発で収支を引っ繰り返せるような大物手をダヴァンは待っとるやろうな。まあ、それはそれとして・・・)チラリ

ネリー「ねえねえ、明華。この対局が終わったら、野沢温泉にもいこーよ?」ピロリロリーン(PSPのネットの観光情報を検索して催促)

ハオ「おー、いいですねー。温泉は身体の芯からキューっと温まりまーす(裸になれば明華の白い肌にセクハラできまーす。うえっへっへっへー)」ワキワキ(掌をヤラシイ手つきでグーパー)

明華「((ぞくっ)何か悪寒を感じましたが気のせいでしょうか?)料金はまた私持ちですか? いずれお二人が稼げるようになったらきっちり返済してもらいますよ」メモメモ(吝嗇なので借金帳に貸しつけ金額を記入)

辻垣内(野試合とはいえ、全国決勝クラスの対局が目の前で催されているというのに、こいつらまるで興味なしかい。麻雀に青春の全てを捧げている私たち日本の女子高生とはホンマに温度差が有りすぎやな)

―――――――――――――

ダヴァン「剛拳!!」クラッシュ!

ダヴァン「ツモ、4000、2000デス」

鎖子「今ので後半はギリギリ逆転。けど前半は透華の圧勝だったから、インターハイルールの半荘二回の収支なら透華の勝ち」

ダヴァン「ありがとうございました(ぺこり)」

井上「おいおい、あれだけ熱望していたのにもう良いのか、ダヴァン?」

ダヴァン「(にこっ)はい、これ以上は左腕が限界ですから、本番前にチームに迷惑はかけられません。今の私なら勝てるかと自惚れてましたが、やはり魔王級の魔物は甘くないですね。けどこれで未練なくインターハイでは次鋒にまわれます」

辻垣内(そういや監督から次鋒への配置替えを命じられた時に普段は従順なダヴァンが珍しく渋っとったのは、同じ副将枠の『冷たい透華』との再戦を望んでいたからやったな)

辻垣内(とはいえ、競争相手が他でもないネリーとなれば、ダヴァンとしては譲らざるを得ないか。ネリーが次鋒を嫌がったのは『次鋒は「レオパルドン行きますゴゴゴー」で雑魚枠っぽいイメージがあるからヤダー』とかいう偉く子供じみた我が侭やったし、ダヴァンも災難やな(ふー))
560 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/07(月) 00:07:42.54 ID:6PFxo5vH0
冷たい透華「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」バタン(そのまま卓にうつ伏す)

鎖子「と・・・透華!?」

井上「心配するな、国広君。気を失っただけだろ。ハギヨシさん、透華を休ませてやってくれ」

ハギヨシ「畏まりました」ヒョイ(お姫様抱っこで透華を軽々と抱き上げる)

ネリー「(うつらうつら)・・・・・・・・・・・・・・・・・・」明華の膝枕で居眠り中。

ハオ「ネリーさん。ダヴァンさんの対局が終わったみたいでーすよ」

ネリー「(ふあぁー)あー、やっとメガンの用事も済んだんだ? ならスケジュールも組んだことだし、お暇ましよ」

衣「待て、お前ら。龍門渕家の敷居を跨いで無事に帰れると思っているのか?」ゴゴゴー(偉そうに腕組みで出現)

明華・ハオ・ネリー「!?」

鎖子「衣、昨日は『FATE ZERO』の全話一気試聴で夜更かししていたから起きてこないと思っていた」

ともきー「・・・・・・相変わらずの時代錯誤な口上」

井上「冷たい透華同様にこいつらの気に反応したんだろ。ハッキリ言ってこの三人、清澄の大将よりもヤバイ気配がプンプンするぜ」

衣「折角、龍門渕家を訪ねてきたのだ。衣とも遊んでいけ?(ニヤリ)」

明華・ハオ・ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・」

ネリー「えーと、どこまで話したっけ? 確か最初は上田城跡を訪ねるんだよね?」シカト

衣「ええっ!?」ガーン

ハオ「長野といえば信州ラーメンも楽しみでーす(じゅるり)。とかく勘違いされがちですが、ラーメンの起源は実は日本でーすからね」

明華「この季節はスキーができないのが残念ですね。その分温泉を堪能するとして、帰りは諏訪湖経由で東京に戻りましょうか?」

衣「コラー、衣を無視するなー!」プンスカ(グルグルパンチで両腕を振り回す)

辻垣内「なあ、お前ら、こんなチンマリとしたナリしとるが、こいつは・・・」

ネリー「うん、知ってるよ。私と同じ上級魔物の天江衣でしょう? 去年の最多得点記録保持者で三校同時飛ばしとかトンデモナイ真似したそーじゃない(くすっ)」

ハオ「一昔前なら明華に討伐されても不思議でない経歴の持主みたいですが、勝利に派手さは一切必要ないという私の美学からすれば単なる能力の無駄遣いでーすね」

明華「お金にならない麻雀は一切しない主義ですよ、私は。汚れ仕事をしなくても生きてきけるようになった今でもその信念だけは変わりありません」

ネリー「まあそういうことだね。そのお子様が物凄く強いのは分かってるけど、生憎私たちはどこぞの戦闘民族のように『強い相手と戦えてワクワクしてきたぞー』とかいうガキみたいな時機はもう卒業したんだよね(えっへん)」

辻垣内「(ネリーの奴、天江と同じ小学生みたいな背丈で何を偉そうに)強敵と打つのにまるで興味ないとか、お前ら何のために麻雀をやっとるんや?」

明華「言うまでもないでしょう。全てはお金の為です」コクコク(ハオとネリーも肯く)

辻垣内「!?」
561 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/07(月) 00:08:21.87 ID:6PFxo5vH0
ハオ「私は二十人兄弟の一番下の妹で、私の稼ぎに一族の未来がかかっていまーす。今は細々と奨学金を仕送りすることぐらいしかでーきませんが、いずれは家族を日本に呼び寄せて中華街で一家で中華料理店を営む人生設計を目指していまーす」

ネリー「ハオは大切な人がまだ生きていて羨ましい限りだね。私が臨海の特待生になったのは日本の永住権が目当てだよ。同族同士で何時までも殺し合いを続けている糞ったれた祖国なんかもう知ったことじゃないよ。私はこの贅沢に溢れた国でネトゲー廃人になって、毎日を愉快に楽しく暮らすんだ」

明華「生活がかかった二人に比べれば私は完全な俗人ですね。ファッション、グルメ、旅行など、この世界には麻雀以外にも楽しいことが五万とありますが、快楽の追求にはとかくお金がかかります。世に存在する未知なる悦楽を一つでも多く知り尽くすのが、私のライフワークです」

ネリー「金銭を必要とする理由は人それぞれだけど、明華は既にプロとしてお金を稼いでるんだよね。何で今更臨海の特待生の話を受けたのか不思議だけど、明華が優勝した欧州選手権の賞金って幾らだったの?」

明華「大人には決して逆らえない柵というのがありますので、ネリーも大きくなれば分かりますよ。賞金の方は一千万ユーロ(約1億1千万円)ほどですかね。ちなみに私たちの移動手段のルノー車は大会の副賞です」

ネリー「うわー、いいなー。私も早くプロに転向したいな(キラキラ)」

ハオ「確かに羨ましいでーすね。私がアジア大会で銀メダルを取った時は、就労未成年ということで、賞金の百万元(約1300万円)は貰えませんでした(しょぼーん)」

明華「二人ならプロライセンスさえ取得すれば直ぐに稼げるようになりますよ。プロでも本当に強い者は限られていますし、ましてや『すこやん』のような化物は数えるぐらいしかいませんからね」

ハオ「明華がエルクラシコの親善試合ですこやんと戦った時に、1巡目にいきなり国士を搶槓された時は失礼ながら笑ってしまいまーした(うぷぷっ)」

明華「あれは今でも軽くトラウマです。まさかあのペテン・・・もとい制約が本当に有効になる相手が存在するとは思ってませんでしたから(ずーん)」

ネリー「魔物の私が言うのも何だけど、一部の魔物や眷属が絡むと麻雀って本当にクソゲー化するよね。今年の大会がダブル役満禁止になったのって、去年役満系能力者が空気読まずに大暴れしたのが原因でしょ?」

ネリー・ハオ・明華「ワイワイガヤガヤ」

井上「・・・・・・・・・今年の臨海の留学生は熱血漢のダヴァンとは随分と麻雀に対するスタンスが違うみたいだな(透華にスカウトされる前は賭け麻雀で生計を立てていた俺みたいだな)」

鎖子「(くすっ)確かにあまり学生っぽくないけど、僕には少し分かるような気がする。僕の父さんは売れない貧乏マジシャンで、透華に買われる前は父さんと二人でずっとひもじい生活を続けていたから(しみじみ)」

井上「国広君?」

鎖子「金持ちにしか絶対に味わえない世界というのは存在するから、この人達の価値観も間違っていないと思う。けど、それで麻雀を好きという気持ちまで忘れてしまったら、少し寂しいかな」

明華・ハオ・ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・」

衣「・・・・・・・・・誰も衣と遊んでくれないのか(涙目)」床にノの字を書いてイジケル。

明華「やれやれ、このまま帰ったらまるで私たちが人でなしみたいですね(ふーう)」

ネリー「何か勘違いしてるみたいだけど、私たちは別に麻雀が嫌いな訳でも、自分の強さに奢って手を抜いているわけでもないよ。練習は真面目にやるし、単に貴重な自由時間にまで麻雀を持ち込みたくなくだけ」

ハオ「お笑い芸人も日常ではギャグ一つ零さずに寡黙に過ごしているそうですから、ビジネスとプライベートをきっちり分けるのがプロというものでーす。ですが気が変わりましたので、遊んでさしあげまーす」

衣「真か!?」(ぱああ)表情が輝く。

ハオ「さっきと同じく、中立の者を二名混ぜての半荘一回のサシウマという形で宜しいでしょーか? 私たちが順にお相手しまーす」

ともきー「なら数合わせには闘牌に癖がない私が入ります。基本どちらに肩入れすることなく打つつもり(まあ衣に私如きの援護が必要な筈もないけど)」

辻垣内「ほならもう一人はまた私が入るわ(天江は去年の個人戦には出場していなかったから、是非一度お手並みを拝見したいと思っていた所や)」ドサっ(卓に座る)

衣「なら、さっそく始めるぞ。一番手は誰だ?(ワクワク)」

ハオ「団体戦の順番通りに中堅の私からでーす。退屈させるつもりはあーりませんが、あなたの『楽しい麻雀』が自分が勝つから楽しいのだとすれば、多分楽しめないと思いますよ?」

衣「ほう、それは楽しみだな。なら清澄の嶺上使いを上回るサプライズを期待しているぞ」ゴッ
562 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/07(月) 05:02:19.62 ID:Ezzw/FVAO
はよ
563 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/07(月) 08:15:56.68 ID:B13P8cfEo
今年も相変わらず面白い
564 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/08(火) 00:01:46.33 ID:/5GB1vyU0
ジャラジャラ(衣、ハオ、ともきー、辻垣内で卓を囲む)

東2局1本場 親 天江 ドラA

衣「ツモ、4000オールの1本場は4100オール」

ともきー(これで開局から衣の三連続和了。しかも全て満貫以上で失点が一万を超えた。十万点持ち越しの団体戦ルールに馴れていると二万五千点の点棒がえらく心もとなく感じる。途中で飛ばされないように気をつけないと)

辻垣内(また6巡目。あの口の悪いすこやんから高火力選手のお墨付きを貰うだけあって、早い上に一撃一撃が重いな。直接対決ならともかく単純な稼ぎ競争ならあの宮永照を上回るかもしれん(ゴクリ))

鎖子(けどこんなものはまだ序の口。衣の恐ろしさを知るのはこれからだよ)←後ろで見物中。

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

東2局2本場 親 天江 ドラ9

東家・衣手配 二四五六七44【5】67【D】EF (三の嵌張待ち)

衣の捨牌の河 西H@一二四東5六

鎖子(相変わらず衣の捨牌は酷いね(くすっ)。最後の六を残しておけば五−八待ちなのに敢えて筋殺しの三待ちとか。ハオが三が浮いていれば無条件で放銃確定か)

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

14巡目

鎖子(おかしいな? オリているのでなければ、そろそろハオが勝負に出て振り込んでも可笑しくない筈なんだけど)

ハオ「ツモ、西ドラ1ツモの5200の2本場は5800ーす」

西家・ハオ手配 二三11345789西西西 次ツモ一

鎖子(えっ? 直前の捨牌に2と二がある。三を落とせば一通を狙えたのに敢えて三を留めたのは衣の待ちを読んでいた・・・・・・まさかね)

衣「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

東3局 親 辻垣内 ドラH

ハオ「ロンでーす。南のみ1300でーす」

鎖子(また衣の待ちが躱された。開局899から8を落として9の安全を演出したのにピンポイントに9を抑えて回し打たれている。これはもう偶然じゃない。自分が好きな牌をツモれるが故の衣の迷彩はハオには効かない)

鎖子(・・・なんて一応驚いてみせたけど、点数そのものはまだ二万点以上も差がある。ハオの火力は大して高くなさそうだから、出和了は期待せずに普通に高打点モードでツモ和了り続ければ楽勝だと思うけど)

衣(ふふふっ・・・、面白いぞ。必ずこの者から直撃を取ってみせる)ギラリ

鎖子(勝敗度外視ですぐに遊んじゃうのが衣の悪い癖なんだよね。けど、アレで振り込まないとなると、どんな迷彩を作れば効果があるんだろ?(うーん))

東4局 親 郝 ドラ2

5巡目

衣「リーチだ」ポイ(G捨て)

西家・衣手配 三三三1CCC【D】EF発発発 (1の単騎待ち)

鎖子(ハイテイ以外で珍しく衣がリーチを掛けたと思ったら何コレ? 三暗刻を確定させて五面張を捨てての単騎待ち。確かに直撃狙いならアリだろうけど、この程度のギミックでハオが振り込んでくれるのかな?)

10巡目

鎖子(本当に何コレ? いくら直撃狙いとはいえ衣の奴、ここまでやるの?)

衣の捨牌の河 北一8白{立}22西43
565 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/08(火) 00:02:55.90 ID:/5GB1vyU0
鎖子(普通の迷彩は効果がないと踏んで、リーチ後に迷彩を作ったよ(汗)。支配力で欲しい牌を引ける上級魔物だから可能なんだろうけど、流石にこれならハオも放銃する筈)

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

12巡目

辻垣内「・・・・・・・・・・・・(安牌が切れたが、まあこのあたりなら」ポイ(1捨て)

衣「・・・・・・・・・・・・・・・(しょぼーん)」

鎖子(あちゃー、ハオが1を掴むよりも先に辻垣内さんから出ちゃったか。まあこれ見逃したらフリテンだし、リーチを掛けている以上は流石に倒すしかないか)

衣「ロ・・・・・・」バタン(早とちりで牌を倒す)

ハオ「ロンでーす。お仲間から失礼でーすが、頭ハネでーす。ダブ東ドラ2で12000でーす」

東家・ハオ手配 二二二四【五】六1【D】EF東東東 (1の単騎待ち)

鎖子(嘘? 衣と同じ1の単騎待ち。それも直前の捨て牌が三だから衣同様に五面張を捨てたことになる。直撃狙いの衣はともかくハオがこんな待ちをする理由はもう一つしかない(ぞくっ))

辻垣内(天江の手が見えとるが、コイツ、まさかリーチ後に迷彩を作っとったんか? 相変わらず魔物はやることが目茶苦茶やが、それを躱すハオは一体何なんや?)

衣「やるな、お主。まさかあのとっておきまで避けられるとは思わなかったぞ」

ハオ「リーチ前も後も関係ありませーん。あなたの迷彩は演出過剰すぎて狙っている牌がミエミエなので、私にとってはかえって読みやすいでーす」

衣「よかろう、ならお遊びはここまでだ。衣の本気を見せてやるとしよう」ゴゴゴー

辻垣内(悪いが私の残り点棒が3000点を切ったから、その本気とやらを見せられたら即トビ終了やで。去年の全国決勝卓でも宮永や荒川相手に最後まで戦い切れたというのに、何なんやこれは(ブツブツ))

東1局1本場 親 郝 ドラB

辻垣内「ロン、8000の1本場は8300」

南1局 親 沢村 ドラ中

ともきー「ロン、12000」

辻垣内(天江が連続で放銃したが明らかに態とや。ハオと長く遊びたいから途中で飛ばれたら困るからか? 去年の個人戦ファイナリストの私がそういう気遣われ方をされるとは屈辱や)

ともきー(これで衣の収支はハオに逆転されたけど、衣がアレをやるつもりなら、直ぐにまた引っ繰り返ることになる)

―――――――――――――

南1局1本場 親 沢村 ドラF

17巡目

辻垣内(なんやこれは? 5巡目からずっと一向聴が続いているが、まさか?)

衣「リーチ」

辻垣内(残りはハイテイだけなのに、ここでリーチ! 去年の全国で何度か見せた一向聴地獄との合わせ技かい?)

衣「ツモ、海底撈月(ハイテイラオユエ)」ゴゴゴー(影のような腕が月を掬いとる)

鎖子「出た、衣のダブルA級スキルの必殺コンポ! これであっさりとまたハオを逆転」
566 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/08(火) 00:03:36.60 ID:/5GB1vyU0
南2局 親 天江 ドラ一

衣「ツモ、海底撈月、親満4000オール」ゴゴゴー(影のような腕が月を掬いとる)

辻垣内(連続海底であっさり融資分を回収された。これが噂の一向聴地獄か。卓上の全てに近い牌を完全に支配下に置くとか、さっきのリーチ後の迷彩といい宮永とは別な意味で化物やな)

鎖子(これでまた二万点差。衣の支配が及ばない王牌を得意領域とする宮永咲には破られたとはいえ、眷属ですらないハオに打ち破る術はない筈なんだけど、あのハオの余裕は一体何?)

ハオ(やーれやーれ、ハイテイまでツモ和了れないとは随分とノンビリした奥義でーすね。それではボチボチ攻略させてもらいまーすか)コキコキ(背中を鳴らす音)

南2局1本場 親 天江 ドラ六

鎖子(ハオの自信の源が引っ掛かるけど、もしかして)とことこ(衣の後ろからハオの背後に移動)

西家・ハオ手配 一二三四五12334【D】E (一向聴) ⇒ 一二三九122348A【D】北 (三向聴)

鎖子(思った通りだ。手なりに進めるとアウトなのを察して、一度手を大きく崩して三向聴から作り直しているみたいだけど甘いよ)

西家・ハオ手配 一二三八九1238@A北北 (一向聴)

鎖子(その方法は色んな打ち手が思いついたけど、皆失敗している。なぜなら理不尽にも相手の手の形に応じて衣もツモる牌を別な牌に上書きししているからね。だから御愁傷様だけど、この手も一向聴止まり!?)

西家・ハオ手配 一二三八九1238@A北北 次ツモB

鎖子(嘘? 有効牌をツモった!? 聴牌さえしてしまえば、本来ならチーできない上家から・・・)

ともきー「・・・・・・・・・・・・・・・」ポロっ(七捨て)

ハオ「ロン、チャンタ三色の満貫8000でーす」

鎖子(何で? 衣の一向聴地獄があっさりと破られた)

衣「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

南3局 親 辻垣内 ドラ2

ハオ「ツモ2000、1000でーす」

鎖子(! また三向聴からの手崩しで衣の一向聴地獄が突破されたけど変だ)

鎖子「一体どうしたの、衣? なんで何時もみたいに牌を上書きしないの?」

衣「それが無理なのだよ、一」

鎖子「えっ?」

衣「この者は自分が次にツモる牌を完璧に予見しておる。そうなったらもはや衣でも上書きは不可能なのだ」

明華「シュレーディンガーの法則ですね」

鎖子「シュレディンガー?」

明華「別名、猫箱とも呼ばれていますね。量子力学の分野ですが、判りやすく説明すると、箱の中に猫がいるか否かは観測されたことよって初めて確定するという考え方ですね」

井上「つまり麻雀に応用するなら、卓上に積まれた伏せ牌は誰かに覗かれない限りは、別の牌に変化する可能性があるってことか? 清澄の原村あたりなら『そんなオカルトありえません』と一笑に付すだろうがな」

明華「私がかつて在籍したいた研究所で面白い実験を行ったことがありました。魔物や眷属の牌の上書きはどのようなメカニズムで行われているのかを調べる為に、牌に赤外線を当てて、密かに牌の中身を実験室から観察するというものです」

明華「テストモデルは牌の上書きを判りやすくする為に、一色独占のスキル持ちの能力者をベースに行われました。永水女子にも同じような能力者がいるみたいですが、その結果驚くべきことが判明しました」

明華「普段はどのように鳴いても自分のツモる色に変化がない筈の『絶二門(オンリーカラー)』スキルの持主が、鳴きによってツモる色がズレたのです。そして赤外線観察を中止した途端に一色独占の能力も復活しました」

明華「他の牌を上書きするタイプのあらゆる能力者で試しても、同様の結果が齎されましたので、結局上書きのメカニズムは謎のままです。ですから本当に牌の中身がスリ変わっているのか、もしくは元々の牌の並びには一切変化はなく『とある最初からズレたポイント』で他家が何らからのアクションを起こすことが因果律を司る何者かによって予め定められていて、あたかも牌が上書きされたかのように第三者の目に映るだけなのかは、まさしく神のみぞ知る未知なる領域ですが・・・」

井上「一つだけ確かなことは、誰かによって観測されちまった牌の中身は、どんな魔物でも絶対に覆すことはできないってことか? それが猫箱もといシュレーディンガーの法則」
567 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/08(火) 00:04:14.25 ID:/5GB1vyU0
鎖子「それは分かったけど、それでどうして衣の一向聴地獄が破られることに繋がるわけ? ハオは別に牌の中身を観測したわけじゃないでしょう?」

衣「一よ、この場合の『観測』とは、『百パーセントの確信を以って箱の中身を見当てる』ことを指し、このハオという者は次に自分がツモる牌を完璧に予見している。それ即ちシュレーディンガーの法則と同義」

衣「だが、それ故に符に落ちん。郝慧宇とか言ったな? なぜ、お前は微塵の揺るぎもなく、自分がツモる牌に確証を抱けるのだ?」

透華「中国四千年(アカシックレコード)ですね?」フラフラ(低血圧なので少し顔色が悪い)

鎖子「透華、起きたの?」

透華「ええ、ハジメ。もう大丈夫ですわ。それよりも聞いたことがあります。古代の中国では世界中のあらゆるスキルの起源となった能力者が存在し、そういった者たちが対局した牌符を収めた十万三千冊にも及ぶ書物がアカシックレコードと呼ばれると」

透華「だから衣と同じ一向聴地獄の遣い手がかつての中国にもいたとしたら、衣の手の内を予め知っていたとしても不思議はありません」

井上「・・・・・・・・・・・・・・・なんか全ての武器の原典を所持するどこぞの金ピカな王様みてえな能力だな」

ハオ「(ふっ)その通りでーす。本来なら麻雀というのは無限の宇宙です。その組み合わせは膨大で軽く兆の単位に達しますから、時には数千万の牌符を知り得る私の思惑もを上回る事態が発生することしばしばでーす。まさに麻雀は人類の叡知が生み出した無限の神秘でーすが」

ハオ「魔物や眷属という人種は、その『無限大の可能性』を自ら放棄しました。自分の意志でツモる牌を選別してツミコミしているのですから当然でーす。ですが人の想像力には限界がありますから、その形はどうしも似たりよったりの『有限』に落ち着いてしまいます」

ネリー「あっはっはー、返す言葉もないねー」←上級魔物

明華「・・・・・・眷属に毛が生えた程度の低い支配力しか持たないとはいえ、一応同じ魔物の端くれとしては耳が痛い話ですね」←下級魔物

ハオ「偶然に任せれば無限の牌符が生まれるのに、自分の頭で一向聴地獄をデザインすると組み合わせは相当限られるようで、あなたの作ったパターンは既に先代の遣い手達によって使い古されていまーす。ここから先の私がツモる牌を当てましょうか? 一・白・9・東・Eですね」

鎖子「!? 全部当たってる」パラパラ(ハオがハイテイまでにツモる牌を確認)

ハオ「無能力者相手だと私でも牌の特定にそこそこ時間が掛かりますが,強烈な偏りを起こす魔物や眷属なら早ければ2巡でその後の展開が完全に読めまーす」

井上(なるほどな。一部の魔物や眷属は鳴きでズラしても和了牌をあっさり上書きしちまえるから俺の亜空間殺法は通じないが、ハオなら『シュレーディンガーの法則』でそれを封じられる。となれば理屈上は宮永照の『連続和了』すら止められる?)

ハオ「さて与太話が随分と長引きましたが、まだオーラスが残ってますね。トップの貴方とは6300点差ありますから、一向聴地獄のような欠陥奥義に頼らずに私のラス親を流して勝ち逃げした方が賢明だと思いまーすよ?」

衣「(カチーン)衣の一向聴地獄を欠陥と申したか? 良かろう。ならその欠陥技でお前を海の底に沈めてくれよう」ゴゴゴ

南4局 親 郝 ドラG

鎖子(衣が熱くなってる。ハオの言う通りにさっさと早和了した方が良いのは確かだけど、一向聴地獄と海底コンポは衣のプライドそのもの。馬鹿にされて引き下がれる筈はないか(うーん))

衣(シュレーディンガーの法則とは猪口才な。ならば上書き能力に頼ることなく、手牌と捨牌の全てを足しても絶対に聴牌しない完全版で仕留めてくれる)ゴッ

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

10巡目

ハオの捨牌の河 456二三四FFF

衣(! ハオの捨て牌が変だぞ? 456、二三四、FFFと既に三面子が完全に捨てられてる。まさか・・・)

ハオ(一向聴地獄の欠陥。それは全体効果系のスキルであることでーす。もし私一人を対象とする単体スキルなら、どう足掻いても聴牌に達しない組み合わせを作ることなど造作もないでしょーが、能力の特性上それが出来ずに他家全員を対象としてしまう)

衣(有り得ない。一度でも有効牌を捨てたらもうアウト。なのに既に一向聴が確定している所から、何の未練もなくアレの八向聴を目指すなど)

ハオ(ですから自分以外の全ての者を完全一向聴に留めようとするなら、どうしても一つだけ抜け道の和了が生まれまーす。そして制約でハイテイまで絶対に聴牌できない貴方にはそれが止められない)

東家・ハオ手配 一九19H東南西西北白発中 次ツモ@

ハオ「ツモ、国士無双48000でーす。2000オールの手で逆転可なのに、無駄に役満を和了るとかは私の趣味ではありまーせんが、これで決着でーす」

透華(アジア大会で金メダリストの魔王級『剛爆竜』を直接対決で下した時と同じですわね。普段は大して火力が高くないハオが魔物と同席するとやたら高い手を頻発するのは、魔物の起こす牌の偏りを最大限に利用しているから)

鎖子「衣が負けた? それも目の前で役満を和了られるなんて」

透華(違いますわ、ハジメ。衣だからこそ支配力を逆手に取られて役満を和了られたのです。もし卓の面子が無能力者だけならハオはここまで稼げなかった筈。ならば相手が強い魔物であるほど効力を発揮する対魔物スキルという訳ですね)

衣「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(呆然)」

ネリー「気落ちしている暇はないよー? 後がつかえているから次の対局を始めるよ。ハオの後は副将の私だけど、同じ上級魔物同士で仲良くしようか?(くすっ)」
568 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/08(火) 00:04:49.62 ID:/5GB1vyU0
明華「ロン、跳満12000です。これで飛び終了で決着ですが、貴方、能力がないと本当に唯のド素人ですね。『WEEKLY麻雀TODAY』の記者から運が良かっただけの初心者と皮肉られるのも納得です」

衣「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ガクン(肩が落ちる音)

井上「一体何が起こったんだ? あいつが妙な歌を謳った途端、衣の能力が完璧に封じられた」

透華(魔物の能力を封印するスキルですか? 確かにそれなら能力前提の打ち回ししかできない衣はお手上げですわね。しかし、それよりも不可解なのは『衣のみ』を焼き鳥にしたネリー)

ともきー(卓で最も雀力が劣る私が三回も和了れたのに衣が一度も聴牌すらできないとか有り得ない。衣の一向聴地獄の単体バージョン? そういえば、この子は純の上位互換の流れ論者と思われていたけど、運命奏者(フェイタライザー)?)

井上(引っ掛かるのはサシウマは本来対面が基本なのに対局前にネリーが席決めを催促したことか。結果、ネリーの上家が智紀で衣が下家に座った席順に何か秘密があるのかもしれないな)

鎖子(これは夢じゃなくて現実なの? これで三連敗。オーラスでハオに役満を和了られたと思ったら、次のネリーに焼き鳥にされ、最後は止めとばかりに飛ばされた。衣を負かせるような奴が三人も・・・それも同じ一つのチームに在籍しているなんて(唖然))

ネリー「それじゃ対局も終わったことだし、早く城巡りに行こうよ」

ハオ「それよりも先に温泉に浸かりましょう。思っていたよりもエキサイティングしてしまったので、汗を掻いてしまいまーした」

明華「それでは私たちはこれで失礼させてもらいます。行きますよ、ダヴァンさん。辻垣内さん」

辻垣内「ああっ(去年最多得点記録を作った天江衣に勝ったところで特に感慨は無しか。まあ、こいつらはビジネスライクだから野試合の勝敗に一喜一憂する筈もないか)」

ダヴァン「それでは龍門渕さん。今日は本当にありがとうございました(また何時か機会があればもう一人の貴方と対戦したいデス)」

―――――――――――――

臨海の傭兵軍団が去った後の龍門渕家

衣「(ふーう)やれやれ、参った。『新たなライバルの強さを引き立てる旧作のラスボス』を物の見事に演じてしまった」

鎖子「その割にはあまりショックを受けているようには見えないね、衣?」

衣「もし咲に負ける以前であったなら、かつて衣と対局した者達のように衣は壊されていたかもしれんな。だが清澄の嶺上使いに破れた時に、衣は既に『特別』な存在から解放されておる故、敗北という現実をすんなりと受け止められる自分がおる」

透華「衣・・・」

衣「(にこっ)どうやら衣は井の中の蛙だったようだ。透華が以前言っていたように世界には衣以上の打ち手が沢山いて、少し遠方に足を伸ばせば特別から脱却する機会など幾らでもあったというのに、長野の片田舎で粋がっていたとは全くもって赤面する限り」

透華(いくら世界が広いとはいえ、流石に同世代で衣に勝てる逸材がそうゴロゴロしているとも思えませんが、噂通り今年の臨海は世界ジュニア選抜と呼んでも過言でないチームを作り上げたみたいですね)

ともきー「週末からは長野の個人戦予選が始まるけど、衣はどうするの?」

衣「(うーむ)当初の予定通りパスだな。またあいつらと全国で遊べる機会があるのなら出場するのも一興だけど、留学生は個人戦には出られないみたいだし。衣はもう十分に堪能した」

井上「しかしまあ、臨海も今年は本気でトンデモナイ連中を揃えてきたもんだな。衣に実力勝ちできる奴が三人もいるんじゃ、俺たちが清澄の代わりに出場していたとしても優勝は難しかっただろうな」

衣「清澄か。正直、咲が心配だ。大将となれば雀明華とぶつかることになるけど、咲もまた衣と同じくその天稟故に負けを知らない。牌が見えなくなく恐怖に心を砕かれなければ良いけど・・・」

鎖子「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ともきー「どうしたの、一?」

鎖子「いや、僕たちって過去回想で良いように使われてるなって思って。敦賀に比べれば出番があるだけマシかもしれないけど、次にまた僕たちにスポットが当たるのは阿知賀との練習試合かな?」

井上「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(またメタ発言か)」

透華「やーれやれですわ」

※次回から中堅戦前半終了後の時間軸に戻ります。
569 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/08(火) 18:19:14.99 ID:bOEFQNX30
きめぇ
570 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/16(水) 14:08:42.51 ID:k+GMXFhT0
まだー?
571 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/16(水) 22:08:16.49 ID:ObIljp4To
おつ相変わらず面白い
572 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/17(木) 00:01:10.08 ID:KQWO7wtb0
中堅卓、各自休憩中

ワカメ「はあ!? オーラスに大三元を和了る能力者だと!? あの渋谷尭深が?」ヒソヒソ

タコス「オーラス以外はとくに牌の偏りは見られなかったから、オーラスのみ効力を発揮する眷属っていうのが部長の見解だじょ。もし後半ラス親になったら先輩の得意技の親被りに注意だじぇ」ヒソヒソ

ワカメ「いや別にワシは親被りが得意なわけじゃ(汗)」ヒソヒソ

亦野さん「とにかく落ち着いていけ、尭深。能力バレしたところで、元々お前のハーベストタイムには制約はないから特に問題はない」ヒソヒソ

たかみー「(ずずっ)うん、分かっている、誠子ちゃん。実戦は起算通りにいかないのは弘世部長から口酸っぱく警告されているから、こんなことでめげたりしない」ヒソヒソ

ハオ(席を離れて作戦会議でーすか? まあ群れて強者に挑むは弱者の特権ですから・・・・・・おや、阿知賀が再起動しましたね?)

宥「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」フラフラ(卓にうつ伏した状態から起き上がる)

宥「ど・・・・・・どうもありがとうございました」ペコリ(虚ろな瞳で挨拶)

ワカメ「!?」

たかみー「(ずずっ)・・・・・・・・・・・・・・・?」

ハオ「(にこっ)お疲れさまでーした、松実宥。最後の紅孔雀は中々に見事でーしたよ」

宥「・・・・・・・・・ハオさんもわたしの状態を慮って態々捨て牌を教えてくれてありがとう」

ハオ「気にする必要はありませーん。私にメリットがあったから利用しただけでーすから。それでは请多保重(身体をご自愛ください)」

宥「(にこっ)・・・・・・・・・・・・」バタン(ふらつきながら退出)

ワカメ「なんじゃ、阿知賀の奴。まだ前半が終わったばかりなのに、まるで中堅戦が終了したかのような態度をとりおって」

ハオ「まるで・・・でなく終わったのでーすよ、松実宥のインターハイは。もう彼女がこの場に戻ってくることはないでしょう(しみじみ)」

ワカメ「なっ!?(言われてみれば確かに松実のコンデション不良は明白だったが)」

たかみー「(ずすっ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

臨海控え室

ネリー「ハオが対戦相手を気遣うなんて珍しいこともあるもんだね。松実宥は雀士としてハオに認められたってことかね?」

明華「ハオは自分が麻雀の闇を知り得なくなった分だけ、その闇の恐怖に打ち勝って勝利を掴み取った者には甘い所がありますからね。それよりも各校の様子が慌ただしくなってきましたね」

ねりー「清澄は渋谷のオーラスの配牌を。白糸台はそのオーラスのハオの不可解な行動を伝えているって所かな? 各校とも後半に向けて情報戦に余念がないねー(くすっ)」

ダヴァン「私たちの方はハオに渋谷尭深の情報を伝えなくて大丈夫でしょうか?」ハラハラ

ネリー「ハオに私らの浅知恵なんて必要ないよ。私たちが気づく程度のことはハオはとっくに『知っている』し、実際に独力でちゃんと役満を躱したじゃない?」

辻垣内「とはいえ、オーラスやその一つ前の緑一色も紙一重の攻防を制しただけで、余裕の完封劇とはいかなかったようやが?」

ネリー「そりゃそうだよ。ハオは一方的な狩りをしているんじゃなくて、相手と同じ地平に降り立っての『勝負』をしているんだよ。それはハオに限らず魔物である私たちも皆同じだよ」

明華「だから私たちには『遊び』や『油断』はありません。諦めない限り最後まで何が起こるか分からないのが麻雀ですから、勝負を決められるチャンスがあれば迷わず仕留めます」

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

辻垣内(なるほど、こいつらの強さの源が分かったわ。己の力量に奢ることなく、勝利に全力を尽くす正真正銘のプロフェッショナルってわけや。本来なら至極当たり前の心構えなんやだが、魔物は遊び好きが嵩じて格下から足元を掬われるマヌケが多いからな)
573 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/17(木) 00:01:52.28 ID:KQWO7wtb0
清澄控え室

のどっち「優希はしっかりとメッセンジャーの役割を果たしたみたいですね」

京太郎「けど渋谷尭深の情報だけで、ハオについては伏せておいて良かったのですか? 染谷先輩が早和了した2局はハオはクズ手でしたから、スキルを逆手に取られて利用されていたってことですよね?」

ババア「そうね。手玉に取られていたのは確かね。けど、そんなことを伝えて何になるの? 『ノスタルメモリー』がハオに通じないとしても、まこは他の戦い方なんて知らないし、何よりも戦闘中に自分の武器に疑いを抱くのは危険よ」

京太郎「そうなんですか?」

ババア「『自らの読みと心中する』というのは自分の定めた指針をブレさせないという意味よ(だからあたしは以前に比べれば頑固なまでに己を貫く和の闘牌を少しだけ見直すことにしたわ)」

のどっち「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ババア「まあ座して見守りましょう。キングクリムゾンを拒んだまこがどんな結末を迎えるのかね(どうせ『ふがいのうてすまんのー』とか照れ臭そうに頭を掻きながら戻ってくることになりそうだけどね)」

咲「そうか。私、分かったよ」パンパカパーン(咲はレベルが7になった。スジについて覚えた)

阿知賀控え室

キャプテン「中堅戦の前半終了と同時に良いタイミングで厄払いの半荘も終了しました」

憧「十五回の半荘でようやく美穂子が聴牌可能になったわね。それでも平運にも程遠いから厄払いはまだまだ続きそうだけど・・・」

穏乃「それはそれとして、もう半荘五回もこなしたのに、玄さんのドラゴンロードが未だに復活してないってどういうこと?」

玄「だってこの卓、ペースが早すぎるだもん(涙)。2半荘の制約を全うしてドラゴンさんが復活したと思ったら、切り間違えでまたドラを落としちゃうし(ぐすっ)」

みはるん「確かに馴れないとかなり牌選択をミスりますよね。私も最初の頃はかなり頻繁に切り間違えをしましたから」

憧「まあ、元々グズ・・・もといウスノロの玄にはこの早麻雀は難易度が高すぎたかもね」

玄「憧ちゃん、全然言い直しになってないよ(涙)。せめてマイペースとかオブラードに包んでよー」

穏乃「チャンピオンとも互角に渡り合えるかもしれない玄さんもルールによっては以前のポンコツ状態に逆戻りか。この調子じゃまた牌ミスでドラを落としそうだから、ドラローが復活するのはまだまた先か」

キャプテン「さてと・・・・・・」カチ(電気ストーブのスイッチを入れる)

憧「ちょっと、美穂子何やってるのよ!? やっと室温が下がったと思ったのに」

キャプテン「何って部屋を暖めているのですよ。そろそろ戻ってくる頃合いでしょうから」

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

穏乃「戻ってくるって!?」バタン(ドアが開いた音に驚く)

宥「み・・・・・・みんな・・・・・・、ただいま・・・・・・」フラッ(扉を開けたまま倒れ込む)

キャプテン「(じわっ)宥さん、本当にお疲れさまでした」がしっ(宥を抱き留める)

宥「うん、美穂子ちゃ・・・ん。ちゃっと宣言した通り・・・自分の足で一人で戻ってきたよ。玄ちゃんに格好良いおねーちゃんなところ、見せてあげられた・・・・・・か・・・・・・」カクン

玄「お・・・おねえちゃん!?」

キャプテン「そこのソファに寝かしてますので毛布を用意したくたざい。華菜、あなたは水枕を作ってあげて」

池田「わ・・・分かったにゃー、美穂子先輩」
574 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/17(木) 00:02:39.32 ID:KQWO7wtb0
宥「はあはあ・・・」ソファの上で毛布を複数重ね。

レジェンド「また熱があがっているな。というか、良くこんな状態で前半をプラス収支で戻ってこれたものだ」

キャプテン「宥さんの意地ですね。今度こそ玄さんに良いところを見せたいと張り切っていましたから」

玄「(ぐすっ。ぐすっ)もうおねえちゃんったら。たとえ大失点してもおねえーちゃんは世界一格好良いおねーちゃんだよ」

穏乃「確かに紅孔雀を和了った闘牌は凄かったよね。けど、まだ後半が丸々残っているけど、どうなるんだろ? まさか棄権!?」

キャプテン「それなら問題はありません。この団体戦の大会ルールでは一度半荘が始まったらどんな理由があっても途中交替はできませんが、半荘が終了した前半と後半の合間に限り控え選手との交替が認めれています」

穏乃「えっ? そうなんですか?」

キャプテン「ええ。ただし選手層が厚い強豪校ならそのルールを利用して、前半と後半で全くタイプの異なる能力者を使い分けるなんて芸当も可能ですので、本当に不慮の体調悪化の時だけに限られますが」

憧「それじゃ美穂子は最初から宥姉の体力を見越して、前半だけ起用するつもりで送りだしたわけ?」

キャプテン「はい。ですから宥さんの気力が半荘終了まで持つか心配でしたが、見事に自分に可能な務めを果たしてきてくれました。そういうわけですので、先程お話した通り後半からお願いします、灼さん」

灼「(びくっ)・・・・・・・・・・・・・・・」

玄「えっ、灼ちゃん!?」

穏乃(そういえば忘れていたけど、赤土先生の薦めで万が一の事態に備えて補欠登録してあったんだよな)

憧(玄の同級生で晴絵の大ファンということ以外あたしこの子のことほとんど知らないけど、こんなぶっつけ本番で全国決勝の大舞台に登用して大丈夫なのかしら?)

灼「・・・・・・・・・・・・・・・や・・・やっぱり私には無理だよ」ガタガタ

玄「灼ちゃん?」

灼「麻雀は小1の頃からやっていないから、私のキャリアは実質ハルちゃんに鍛えられたここ半年ほどでしかない。だから無理・・・絶対に無理」ガクガクブルブル

レジェンド「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

灼「何よりも私はクロが麻雀部を復活させたいと勧誘してきた時にそのお願いを無下に断わった。ハルちゃんが打たなくなった麻雀に何の価値も見出せなかったから」

レジェンド「・・・・・・灼」

灼「そう、『人数が足りないから力を貸して欲しい』と友達が助けを求めた時に、私はその手を払いのけた。そんな私が一万人以上の少女達が目指した・・・ハルちゃんが越えられなかった全国決勝の舞台に立つ資格なんて・・・・・・!?」ビクッ(レジェンドに肩を叩かれる)

レジェンド「・・・・・・その友達の玄のおねーちゃんがピンチなんだ。もし灼がかつての選択を悔いているのなら、今度は助けてやれ」

灼「ハルちゃん」

玄「(うるっ)灼ちゃん、私からもお願い。本音を言えば優勝に特に拘っているわけじゃないけど、おねーちゃんの頑張りを無駄にしたくない」

穏乃「灼さんは資格云々を気にしているみたいだけど、それなら私だって似たようなものですよ。真面目に麻雀の勉強をしていた憧に比べて、私も中学時代はずっと麻雀はご無沙汰でしたから」

憧「そーそー。麻雀部を復活させたのもご大層な名目があったからじゃなくて、昔の知り合いの和が有名人になって悔しかったからというしょーもない嫉妬だしね(ニヤニヤ)」

穏乃「それを言われると返す言葉もない(赤面)。そんな私が仲間に恵まれて一年ちょっとの修行で全国決勝まで来れたのだから、小さい頃から麻雀一筋で名門校で麻雀漬けの青春を送りながらも、この場に辿り着けなかった娘にとっては許し難い存在かもしれないですね」

キャプテン「ふふっ・・・、一応元名門風越出身の私もこの娘たちの野望を聞いた時は最初は呆れ次に無謀だと匙を投げ掛けましたが、その熱意は掛け値なしの本物で一度本気で麻雀を捨てようと思っていた私の情熱を呼び覚ます程でした(にっこり)」

レジェンド「そういうことだ、灼。何かに取り組むのに切っ掛けや動機の高尚さなんて関係ない。どれだけ本気で熱くなれるかだ。灼、お前は今でも麻雀は私との繋がりだけが全てか?」

灼「・・・・・・・・・・・・最初はそうだった。けど準決勝の皆の凄い戦い振りを見て、今は阿知賀の仲間と一緒に戦いたいと思った(ぼそっ)」
575 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/17(木) 00:03:15.48 ID:KQWO7wtb0
レジェンド「(ニヤリ)なら決まりだな。私の予想よりも一年ほど早かったが、これが赤土晴絵の一番弟子・鷺森灼の全国デビューだ」キュッ(思い出のネクタイを締めてあげる)

憧「ちょっと晴絵。あたし達は灼よりも古株の教え子なんだけど?」

レジェンド「おいおい、憧。お前と玄は美穂子の弟子(一番&零番)に宗旨替えしたんじゃなかったのか? だから私の零番弟子を名乗れるのは穏乃だけだ」ナデナデ(穏乃の頭を撫でる)

穏乃「な・・・なんか照れるな(てれっ)」

憧「しずの裏切り者(ぼそっ)」

キャプテン「ふふっ・・・」

灼「・・・・・・・・・私なんかを卓に座らせたら本当に何万失点するか分からないよ?」

玄「(にこっ)うん、それで十分だよ。私やおねーちゃんが頑張って稼いだ甲斐があったから」

憧「そーそー、穏乃も今度はハンデ無しで大星淡やその他の魔物に打ち勝つそうだから、遠慮なく点棒を減らしてきて構わないわよ」

穏乃「あ・・・憧(汗)。(さっきの仕返しのつもり? 正直、まったく自信がないんだけど)」

キャプテン「ふふっ、このアットホームな雰囲気こそが阿知賀の魅力ですね」

みはるん(確かに決勝に進出したチームとは思えないけど和気藹々としてる。美穂子先輩が風越にいた頃は、下級生から慕われていた反面、上級生から煙たがられて同級生から総スカンでかなり殺伐としていたし)

池田「にゃあー(やっぱり王者白糸台は風越以上のスパルタなのかにゃー?)」

白糸台控え室

亦野さん「ただ今戻りました」バタン

照「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

淡「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

亦野さん「全員で渋い顔してどうしたんですか?」

菫「先程監督が顔を出してな。どうやらハオにはハーベストタイムは通じないようだから、渋谷を体調不良ということにして、後半は本来のナンバー5の上杉と交替させるように言われた」

亦野さん「!? 弘世部長はまさか・・・」

菫「『大会本部に内情を暴露する』という脅迫を交えて何とか翻意させたさ。本当に体調を崩したならまだしも、ルールを悪用するなど高校の部活動にあるまじき行為だからな。なあ、淡(ジロリ)」

淡「あっはははは・・・(たじっ)」

亦野さん「(ほっ)そうですか、ありがとうごさいます」

菫「気にするな。情理に絆されたわけでなくあくまでも勝つための算段だ。控えでも県代表クラスといっても世界クラスのハオが相手では現状維持が精一杯だろう。もしプラス収支に持ち直せる可能性があるとしたら、やはり渋谷のハーベストタイムしかないからな」

淡「スミレって意外にツンデレさんだよね(ニヤニヤ)」

照「(くすっ)・・・・・・・・・・・・・・・」

亦野さん(白糸台は仲良しクラブではないが、決して阿知賀に比べてもチームワークで劣っているわけじゃない。だから尭深。今度こそ決めてみせろよ)

―――――――――――――

福与アナ「ただ今大会本部より入った臨時情報を報告します。阿知賀の松実宥選手が体調不良により試合続行が不可能となりましたので、中堅戦後半からは鷺森灼選手が卓に入ります」
576 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/17(木) 05:23:00.77 ID:SPBBODW3o
乙、こういう熱い展開好きだぜ
577 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/19(土) 00:01:33.16 ID:KGOwIq4E0
中堅卓 後半開始直前

ワカメ「選手交替!? このタイミングでか?(というか阿知賀はうちと同じで五人ギリギリだと思っていたが六人目の控えがいたんかいな?)」

たかみー((ずずっ)これはもしかしたら一気に差を詰めるチャンス? 鷺森って子がどんな打ち手かは知らないけど、松実宥よりは大きく雀力は下がる筈)

ハオ「はて、さて。松実の後を引き継ぐのは・・・あの子のよーですね?」

灼「(カチンチコン)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」バタン

灼(ここが全国決勝の夢の舞台・・・思ったよりも静かだ。それも当然か。あらゆるイカサマ防止に室内は完全密閉されているわけだから・・・・・・はうっ!?)コケッ(宥が躓いた段差に転ぶ)

灼「いたた・・・・・・はっ!?」

ワカメ「(じいっ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・(おいおい、大丈夫かいな、この子?)」

たかみー「(ずずっ)・・・・・・・・・・・・・・・」

ハオ「(ふっ)・・・・・・・・・・・・・・・」

灼「こ・・・後半だけですが、よろしくお願いします(馬鹿馬鹿何やってるんだよ、私は? 恥ずかしい(かあっ))

―――――――――――――

阿知賀控え室

穏乃「・・・・・・・・・灼さんが玄さんみたいなドジっ子になってる」

憧「いや、玄はちょっと頭が残念な所があるだけで、ドジとは違うでしょ?」

玄「憧ちゃん、さっきもそうだけど、それ全然フォローになってないよ(泣)」

キャプテン「初めての公式戦の舞台が全国大会の決勝。送り出す前に皆で色々と発破をかけましたが、緊張するなという方が無理ですよね(私も一年生の時はプレッシャーで本来の力を全く出せずに苦労しましたから)」

レジェンド「しかも灼自身も私の過去を絡めて妙な拘りを抱えているみたいだしな。美穂子、悪いがこの局だけは直に見届けたいから、卓から外させてもらう。私は美穂子のように麻雀をしながら解説できるほど器用じゃないからな」

キャプテン「はい、きっと灼さんも喜ぶと思います。それでは代わりに・・・」

憧「あっ・・・あたしはパス。美穂子の役には立ちたいけど、出番は次だから疲れを蓄積させられないし」

穏乃「なら私が入るね。大将戦までにギアを1000段まで上げておかなきゃ(メラっ)」

宥「はぁはぁ・・・」

キャプテン「華菜、申し訳ありませんが宥さんの看病をお願いしますね」

池田「任せてにゃー、先輩。けど、この人病院に連れていかなくて大丈夫なのかにゃ?」

キャプテン「ええ、症状そのものは単純な風邪ですし、宥さんもきっと意識が戻ったら、皆と一緒にこの戦いの結末を見届けたいと思っているでしょうから」

玄「(うるっ)美穂子さん・・・」

憧「あっ、いよいよ中堅戦の後半が始まるみたいよ。灼はラス親か。白糸台の渋谷がオーラスに大三元を和了る眷属かもしれないから、ちょっと嫌な感じよね」

レジェンド「頑張れよ、灼(『大三元を和了る眷属』か・・・)」
578 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/19(土) 00:02:23.54 ID:KGOwIq4E0
福与アナ「さあ、団体決勝の中堅戦も後半に入ります。この後半から阿知賀が松実選手から鷺森選手にスイッチしたことで、果たして戦局がどう動くのか?」

すこやん「現在阿知賀が大きくリードしているだけに、他校としては差を詰めるチャンスと見ているでしょうね。公式戦の出場経験が一切ない鷺森選手のデータは不明なので、どのような打ち手なのか注目しましょう」

全国決勝中堅戦 後半

ハオ(阿知賀の力量は闘牌の中で推し量るとして、後半もハーベスト対策が最優先でーすね。まあ前半と違ってラス親は私じゃないので幾分気が楽ですが)

ワカメ(無名校の癖に理不尽にも能力者揃いの阿知賀とはいえ(んっ? もしかすると清澄も同じように他校から思われているんか?)、流石に控えにまで眷属はおらんじゃろ。なら、狙い撃ちするのも手じゃな)

たかみー((ずずっ)ハオはハーベストタイムはヘボな打ち手にしか身につけられないと馬鹿にしたけど、なら私は自分が下手糞に生まれたことに感謝する。雀力は後で高められるけど希有なスキルを習得させるのはどんな優秀な指導者にも不可能だから、そこに私の存在価値があると弘世部長が言ってくれたから)

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ここはどこ? 私は誰? そうだ、ここはインターハイの決勝で私はハルちゃんの一番弟子。あれっ? 何か頭がまた真っ白になってきた)」クラクラ

後半 東1局 親 染谷 ドラ八

東家・ワカメ手配 二六1224577G東北発発

ワカメ(起家親からいきなり索子の染め手が狙えるとは開局からツイてるで。また発が対子とはいえ流石にもう緑一色の夢は追わんが、今度こそ現実的な高い手で和了ったる)G捨て

南家・たかみー手配 一一三【五】469CFG西中中 次ツモ南

たかみー(手は悪くないけど、可能なら自分が和了るよりも親の連荘を支援したい。鳴いて手を安くして欲しいところだけど、それはそれとして最初の捨て牌は当然これ)ポイッ

たかみーの最初の捨牌 中

西家・ハオ手配 六六七468AAH南西白白 次ツモ9

ハオ(渋谷はまた馬鹿の一つ覚えの大三元狙いでーすか? まあ他の役満は面全で13牌必須が多いですから、当然の選択ではあーりますが)南捨て

北家・灼手配 三四六678C【D】H南白発中 次ツモ東

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(【D】捨て)

阿知賀控え室

憧「ちょっと灼の奴、いきなり赤Dを捨てたわよ? 思い付きで落とせる牌じゃないし、どんな思慮遠謀が・・・」

レジェンド「・・・・・・・・・いや、憧。それはちょっと買い被り過ぎだ。多分だが灼は今頭の中が真っ白で牌が見えていない」

憧「はあっ!?」

キャプテン「巡が進むごとにどんどん手がバラバラになっていますね(汗)。この局は完全に捨てるとして早く落ち着いてくれるといいのですが」せっせ

6巡目

東家・ワカメ手配 12245677北北北発発 次ツモ2

ワカメ(よし、この早い巡目で混一色を張れた。ツモ和了れば三暗刻がつくけえ、ここは積極的に勝負じゃ。リーチ!)1捨て(7と発の両碰待ち)

ワカメの捨て牌の河 G二六@東{立}1

ワカメ(この河で索子や役牌を捨てる馬鹿はおらんじゃろうから出和了は期待できんが、元よりツモ狙いだから関係ない。何よりもリーチをかけてしまえば他に選択肢がなくなるからハオに惑わされずに済むしの)←タコスの表情から薄々ハオに踊らされたことに気づいている。

たかみー(連荘して欲しいけど何か高そうな予感。どのみちまだ二向聴の私はどうにもならないけど、まずは現物で)G捨て

西家・ハオ手配 六六七八678AAH《白白白》 次ツモ五

ハオ(このパターンだと清澄の待ちは7と発でしょうから問題ありませーん)ポイッ(H捨て)

西家・ハオ手配 五六六七八678AAH《白白白》 (四−七の両面待ち)

ハオ(牌符No.07853461の通りなら清澄は1巡目のツモで四を引きますから、早速の親流れでまずは白糸台のスロットを一つ減らし・・・・・・!?)

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(発捨て)

ハオ(生牌の発をリーチ直後にいきなり切る? 何を考えていますか、阿知賀は!?)

ワカメ「! ロンじゃ(三暗刻は消えるが、一発と発がつく上にトップからの出和了なら文句なし)」

灼「!?」

ワカメ「リーチ一発混一発で裏は乗らんから、親っ跳18000じゃ(にかっ)」

福与アナ「おーっと、開幕いきなり清澄が先制。この一撃で染谷選手は前半分の負け分を取り戻しました」

すこやん「・・・・・・・・・鷺森選手は手が全く形になっていませんでしたね。緊張してテンパっているのか、もしくは単なる数合わせの素人なのか。もし後者なら阿知賀がここまで稼いだ点棒を全て吐き出すことになるかもしれませんね(辛口)」

灼「・・・・・・・・・・・・・・・(ハ・・・ハルちゃん・・・。やっぱり私には無理だよー(涙))」ピロリロリーン(❿ピンが登録されました)
579 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 00:02:20.50 ID:XlinTEW20
ワカメ(いきなり親っ跳とは幸先良いが、まさかリーチ直後に生牌の発を切ってくれるとは思わんかった。敦賀の妹尾なみに河が目茶苦茶だったが、もしかしてワシの苦手な素人かいな?)

たかみー((ずずっ)思っていたより高い手だったけど、他家の放銃なら問題ない。この調子で連荘して欲しい)

ハオ(やーれやれ、初っ端から予定を狂わされましたが、トップが勝手にコケテくれたので結果オーライということで良しとしまーす)

灼「(くらくら)・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

後半 東1局1本場 親 染谷 ドラ三

たかみーの最初の捨牌 中

西家・ハオ手配 二二七八129@【D】E北白白 次ツモ九

ハオ(渋谷の捨て牌はまた中。挙動不審な阿知賀の和了は期待できませんし、染谷は当然連荘狙いで白糸台も支援にまわるでしょーから、この局は私がさっさと流すしかないでーすね)北捨て

灼「・・・・・・・・・・・・」ポイ(白捨て)

ハオ「ポンでーす(これで役を確保でーす。この局は真っ直ぐに最短で和了まーす)」白を碰。

ワカメ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

5巡目

西家・ハオ手配 二二七八九12@【D】E《白白白》 次ツモ3

ハオ(張りました。これで今度こそ白糸台のスロットを一つ減らせまーす)B捨て

灼「・・・・・・・・・・・・」ポイ(C捨て)

ハオ「さっそく、ロ・・・!?」

ワカメ「ロンじゃ。悪いが頭ハネ。発のみ1500の1本場は1800」

東家・ワカメ手配 一一六七八AB《二三四》《発発発》

福与アナ「おおっーと、染谷選手。また謎の早和了。敢えて染め手ではなく、ハオ選手と同じCに待ちを合わせて頭ハネで仕留めました」

灼((カチコチ)あれ? また放銃した? 何が何やら分からないよ、ハルちゃん(涙))

たかみー((ずすっ)安手で連荘してくれるとかまさに理想的。ましてやトップの阿知賀からの放銃なら尚言うことなし)

ハオ(唖然)

ワカメ(ふー、こうしないとハオに先に和了られるような気がしたが、今度は演技じゃないようじゃの。ハオといえど作為無しで真っ直ぐに手を進めるならワシのノスタルメモリーも効果があるみたいじゃな(ニヤリ))

ハオ((ぴきっ)ニヤリじゃありませーん。その連荘が後に自分の首を締める羽目になるのが分からないでーすか? 『無知は究極の知恵に通じる』と定義した古代の哲学者がいましたが、他家が必死に能力者対策している中で一人だけゴーイングマイウェイの清澄の原村あたりの闘牌を見ていると本当にその真意が伺えまーす)
580 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 00:03:25.05 ID:XlinTEW20
後半 東1局2本場 親 染谷 ドラD

(この局、渋谷尭深は特に気にしなかったが、郝慧宇と染谷まこは同時に違和感を覚えた)

東家・ワカメ手配 三六六八344DD西北北発発

ワカメ(また配牌に発が対子。これは偶然か?)ポイ(西捨て)

たかみーの最初の捨牌 中

西家・ハオ手配 一一三七56CEH東西白白 次ツモ白

ハオ(三連続で白が対子。しかも白糸台の最初の捨て牌はここまで中。そして・・・)東捨て

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(発捨て)

ワカメ「ポンじゃ!」

ハオ(しかも清澄は三局全てで発を阿知賀から副露。三家が三元牌を連続で対子で配られるとか、偶然で片付けるのは無理がありまーす。眷属特有の牌の偏りを感じますが、だとしたらこの仕掛け人は)チラリ

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(あれまた景色が歪んで)」ぐにゃぐにゃ。

ハオ(もし私が知る『ある役満系能力者』だとしたら渋谷以上に厄介かもしれまんが、フラグを満たす為に態と振り込んだにしては二万失点では採算が合わないでーす。やっぱり考えすぎでしょーか?(うーん))

―――――――――――――

灼「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(【D】捨て)

ワカメ「ポンじゃ!」【D】を碰してC捨て

東家・ワカメ手配 六六34【5】北北《【D】DD》《発発発》 (六−北の両碰待ち)

ワカメ(これで発ドラ5でまた親っ跳確定。ダブルドラの赤Dを捨ててくれるとは、助かることこの上ないが、県決勝でさえ眉を顰めたのに全国決勝の大舞台にこんな素人が席について良いのかいな?(うーん))

たかみー(清澄は見えてるだけで親満確定。染谷のお引きと錯覚するぐらい阿知賀のサポート振りは洒落になってない。ここは現物で)4捨て

ハオ「チーでーす」7を吃。

西家・ハオ手配 一一一二三CCE白白白《567》

ハオ(牌符No.02567754と完全に重なりました。別に鳴かなくても次の4ツモで聴牌できますが、【D】を清澄に送り込んで先のお灸を据えまーす)ポイッ(C捨て)

西家・ハオ手配 西家・ハオ手配 一一一二三CCE白白白《567》 (Dの嵌張待ち)

福与アナ「染谷選手に続いてハオ選手も聴牌しましたが、一−四−Cの三面張に受けずに、敢えてEを残して【D】の嵌張に取りましたね。というか下家の鷺森選手が4をツモ切りしていますから、無理に鳴かなければ面前で聴牌できたわけで、予知めいたハオ選手のアカシックレコードも裏目を引くことがあるみたいですね」

すこやん「いえ、鷺森選手のツモ切りを見てもハオ選手の表情には微塵も陰りは見えなっかったので、多分想定内の行動だと思いますよ。鷺森選手の牌選択はかなりアヤフヤなのでツモ切るかどうかはハオ選手にも分からないでしょうが、一人だけ危険と分かっていてもダブドラの赤Dを『放銃』してくれる人物がいますから」

ワカメ「六か北よこーい・・・って引いたのは四枚目の【D】か。本来なら迷わず槓してドラ2追加で親倍確定と大喜びするところじゃが」チラリ

ワカメ視点
西家・ハオ手配 ??????????《567》
ハオの捨て牌の河 東西H七1東C

ワカメ(副露直後の捨て牌はCか。もしハオが張っていて待ちが隣牌のDだったりしたら、暗槓じゃないから捨てずに槓しても搶槓で刺される(うーん))

ワカメ「そもそも直前でハオが鳴いたのが引っ掛かる。あの鳴きで本来阿知賀がツモる筈の赤【D】がワシに流れてきたわけで、奴の中国四千年(アカシックレコード)ならそのぐらいの芸当は朝飯前じゃが)長考中

ワカメ(どうする? 北の対子落としでまわし打とうにも、Cがフリテンだからこの【D】を抱えるのは事実上の和了放棄。なら、ここは前任者を倣って『絶対振り込まないオマジナイ』を唱えながら牌を切れば良い)バサ(眼鏡を外して少女漫画風なキラキラお目目にチェンジ)

ワカメ「(えーと、こんな感じかな? 部長、優希、和、咲。もし振り込んでしまったらごめんね(うるうる)。ワシ・・・いや私は清澄の勝利の為に賭けにでるわ)槓でーす・・・ぐわっ!?」ドスドスドス(ワカメの身体一面に槍が突き刺される)

ハオ「その嶺上取る必要ありませーん。白ドラ2搶槓で7700の2本場は8300でーす(何をキモイ目でオーバーアクションしていますか、清澄は?)」

西家・ハオ手配 四四四【五】六CE白白白《456》 (【D】の嵌張待ち)

ワカメ(ぐはっ、本当に搶槓じゃが、なぜじゃ? 阿知賀のキャプテン、優希、松実宥に限らず麻雀漫画の主人公が覚悟を決めて切った危険牌は必ず通ると相場が決まっているのに、なぜワシだけ突き刺さる!?)

福与アナ「何と臨海の搶槓炸裂で白のみ1000点の安手が満貫にアップ。まさに小鍛冶プロの予言通りに親の染谷選手を狙い撃ちしましたが、なぜトップの阿知賀でなく態々最下位の清澄を嵌めたのでしょうか?」

すこやん「ハオ選手は自分を含めた親の連荘を最短で留めたい事情があるみたいです。恐らく渋谷選手のオーラスの配牌はそこに到達するまでの局の多さと相関関係があると睨んでいるようなので、前局の賢しげな早和了が癇に触ったのでしょう。雉も鳴かずば撃たれまいにですね」

福与アナ「なるほど。まあ,それはそれとして同じ清澄の宮永選手のように常道的に加槓を多用している打ち手ならともかく、真っ当な雀士が一々搶槓を警戒して親倍の手をオリるようではまず勝てませんから、悪手ということはないですよね?」

すこやん「そうですね。この決勝でも多くの選手が勝負所で危険牌をきっちり通してきましたから。先駆者と異なり染谷選手が失敗したのは、単純に天意に愛されていなかっただけの違いでしかありません(残酷なまでに辛口)」
581 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 00:06:51.66 ID:XlinTEW20
後半 東2局 親 渋谷 ドラ一

(この局になって遅まきながら渋谷尭深も気づく)

東家・たかみー手配 二三五八88ABEF東北中中

たかみー((ずずっ)また中が四連続で対子。そういえばさっきからやたらと臨海に白が、清澄の発が配られているみたいだけど、これって偶然? この異常現象はもしかして後半から卓に入った阿知賀の子の仕業?)チラリ

灼「・・・・・・・・・・・・・・(あれっ? また目眩が・・・・・・)」クラクラ

たかみー(ここまでは阿知賀の一人負けだから違うのかも。それよりも問題は仕込むべき発白の牌が私の手元にないこと。どうする? セカンドプランの字一色狙いの北あたりを・・・・・・いえ、ここは敢えてこれ)ポイッ

たかみーの最初の捨牌 B

たかみー(ハオにハーベストタイムを見抜かれている以上、4枚目の中の偽装は意味がない。それなら対子でしか使えない字牌よりも順子にもなる中張牌で、三元牌以外の刻子を確定させておいた方が良い)

5巡目

灼「・・・・・・・・・・・・・・・」ポロっ(中捨て)

たかみー「ロン、中のみ1500です(よし、自力で何とかスロットを一つ確保できた)」

東家・たかみー手配 北北中中《一二三》《888》《EFG》 (中と北の両碰待ち)

ワカメ(なんじゃ、白糸台の手は? 役無しでガムシャラに鳴きまくって実質中待ちとか、和了点を考慮するとリスキーにも程があるぞ)

ハオ(スロットを一つでも増やす為に遮二無二に連荘を目指しましたか。それよりも中で振り込んだことで、阿知賀に例のフラグのリーチが掛かったか気になりまーす)

後半 東2局1本場 親 渋谷 ドラ西

たかみーの最初の捨牌 【D】

南家・ハオ手配 二五六九156DGG北白白 次ツモF

ハオ(渋谷の第一打はまた筒子ですか? 中以外の三元牌が配られないあたり、どうやら阿知賀の能力は本物みたいでーすね。ならこの白を残すのは危険でーす)ポイッ(白捨て)

福与アナ「ハオ選手、いきなり対子の白落としから始まりました。そういえば前半でも渋谷選手が白の暗刻を崩したことがありましたし、この中堅戦はセオリー外の打牌をする選手が多いですね」

すこやん「渋谷選手は良く分かりませんが、ハオ選手のすることには何か意味があると思いますよ。特に阿知賀の鷺森選手が必ず配牌に三元牌を一つずつ抱えながら、ランダムに牌を落としているので鳴ける確率は高いわけですから何かを警戒しているのでしょう」

6巡目

南家・ハオ手配 二五六七九56DEFGGG 次ツモ二

ハオ(張りまーした。本来ならリーチを掛けたいところでーすが、牌符通りなら次の渋谷のツモのリーチ宣言牌で4が落ちるので、確実に渋谷の親を流す為にダマで仕留めまーす)九捨て

灼「(クラクラ)・・・・・・・・・・・・・・・」ポイっ(牌を入れ換えて7捨て)

ハオ(などと算段していたら、阿知賀から勝手に当たり牌が零れました(汗)。流石の私も牌を無作為に切る人間の行動を読むのは不可能ですから予想外の展開ですが、トップからの出和了を拒む理由はありませーん)

ハオ「ロン、タンヤオ三色5200の1本場は5500でーす(三色がついて点数アップするとか、本来なら嬉しいサプライズの筈ですが、こういう棚ぼたを繰り返されると私の緻密な計算を嘲笑われているようで複雑な気分でーす(うーん))」

福与アナ「おおっと、まだ東2局が終わったばかりなのに、阿知賀の鷺森選手。これで四回目の放銃です。というか二向聴から始まった手をバラバラにしたりと、鷺森選手はやる気があるのでしょうか?」

すこやん「やる気はともかく、異能はあると思いますよ。放銃とは別に場に引き起こしているある偏りは紛れもなく眷属特有のものですから」
582 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/20(日) 00:07:40.75 ID:XlinTEW20
灼(あれっ? また振り込んだ? もう何万失点したんだろ、私(涙目))カタカタ(指先と膝が震える)

灼((ぐすぐすっ)ハルちゃん、やっぱり私には無理だったよ、頭の中がグチャグチャで何が何やら分からない。このままじゃ皆があんなに頑張った夢の舞台を私一人が台無しに・・・・・・!?)ピロリロリーン(❼ピンが登録されました)

灼(あれっ、今のはフラグチャイム音? もう一度私が放銃した牌を思い出してみよう)

東1局    ワカメ 発 18000
東1局1本場 ワカメ C 1800
東2局    たかみー 中 1500
東2局1本場 ハオ 7 5500

灼(既にフラグが二つも立ってリーチが掛かっている。こんなテンパった状態での闘牌でも私の支配力はちゃんと場に浸透していたんだ)

灼((パチクリ)あれっ? 私のスキルが通用すると分かったら、何か頭の中がスッキリしてきた。牌がハッキリと見えるし手も膝も震えてない。今なら戦えるかも)チラリ

(後半東2局1本場終了までの途中経過)
阿知賀 139800(−16600【灼個人の得点は−26800】)
臨海   99600(+41200)
白糸台  88000(−18400)
清澄   72600(−6200)

灼(本当に酷い失点だけど、まだ取り返せる可能性はある。そうだ、ハルちゃんが立てなかった決勝の舞台でこれ以上醜態は曝せない)キュッ(ボーリンググローブを嵌める)

ハオ(なんですか、あれは? 拳法の籠手ではないようですが?)

ワカメ(もしかしてボーリング用のグローブかいな? 今審判が確認したから別段イカサマ用具じゃないようやが、一体何の意味が?)

たかみー((ずずっ)グローブの着用意図は不明ながら、さっきまでと違って目が死んでいない。この子の能力に私の種植えが妨害されているのは明白だから注意しないと)

灼「随分とお待たせしましたが、鷺森灼、本気でいかせてもらいます(メラッ)」レジェンドブーストの炎が目に宿る。
583 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 02:27:54.68 ID:8BZ9xu820
ハオさん、ボーリング知らないのか……
584 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/20(日) 11:30:22.81 ID:uyzahxbG0
なんか口汚いな
585 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 15:27:13.07 ID:sT/swwkz0
7と10、残りの5でリリーか
586 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/21(月) 00:01:46.72 ID:pq7ICkfK0
阿知賀控え室

レジェンド「遅まきながら、ようやく自分を取り戻せたようだな、灼」

憧「灼とは何度か卓を囲ったけど、ちょっと闘牌が特殊だけど別段下手って訳じゃないから、この先の失点を少しは抑えられそうね(ほっ)」

レジェンド「おいおい、灼の目を見てみろ。縮こまって遣り過ごすつもりは毛頭ないようだぞ。あれは戦う意志を宿した瞳だ(既にフラグにリーチが掛かっているから後一つか)」

後半 東3局 親 郝 ドラ7

たかみー(ハーベストタイムを警戒しているハオが連荘の選択をする筈はないから、この局は普通に和了を目指そう)

たかみーの最初の捨牌 C

ハオ(阿知賀の介入で渋谷の大三元は風前の灯火ですが、それでもスロットを抑えるに越したことはないでーすね。幸い私の手も五向聴と屑手ですし、この局は放銃にだけ気をつけて他家の和了に任せまーす)

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

8巡目

南家・灼手配 二二三四五六123ABGG 次ツモC

灼「リーチ」三捨て(二−Gの両碰待ち)

福与アナ「鷺森選手、この局ようやく聴牌に届いたと思ったら、一−四−七の三面張でなく両碰待ちです。まあこの大会では五面張を捨てての地獄単騎とかも頻繁に見られましたから悪待ちという程ではないですが、点数(平和がつかない)と待ちの多さを考慮するとどうでしょうか?」

すこやん「少々前時代的ですが、こういうスタイルを得意とした打ち手を私は一人だけ知っています(闘牌から赤土選手に似た雰囲気を感じましたが気のせいでしょうか?)」

ハオ(やっと阿知賀がマトモになったので、私のスキルが生きそうでーす。実質1局分のデータしかないとはいえ、三元牌を得意領域とする眷属と判っていれば十分でーす)

ハオ視点
南家・灼手配 ?????????????
灼の捨て牌の河 中発白4東H八{立}三

ハオ(白は既に捨てたので安牌はありませんが、二が和了牌なのは確実でーす。なら二−五−八のラインを含めた萬子を警戒して、対子崩しでGを捨てまー・・・・・・えっ!?)G捨て

灼「ロン、リーチ一発。裏ドラはないので2600です(初めて自力で和了れたよ、ハルちゃん(じーん))」

ハオ「! 何ですかこれは? ニの牌の裏側にGの和了牌が潜んでいた?(唖然)」

福与アナ「おおっと、ここまで良いところなしの鷺森選手が初和了。しかしハオ選手は連荘を嫌っていたようですから、差し込んだと見て良いのでしょうか?」

すこやん「いいえ、違います。ハオ選手の表情に驚きが見られますし、何よりも裏ドラ次第で幾らでも点数は変動するので、本当に差し込みなら一発は避けたでしょう。つまりハオ選手にも躱せなかったということです」

福与アナ「では安手とはいえハオ選手は初放銃ということですね? まさに初・体・験!」

すこやん「(かああ)何でそのキーワードで強調するの!?(けど、やはり私が赤土選手に跳満を振り込んだ時の予測を超えた打ち筋に少し似ています)」
587 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/21(月) 00:02:30.14 ID:pq7ICkfK0
阿知賀控え室

レジェンド「よしっ、灼の『インザダーク』が決まったぞ!」ガッツ(左拳を握る)

憧「えーと、インザダークって、確かボーリング用語だよね?(灼の闘牌がボーリングのスペアに見立てた待ちを好みとするのは一応知っていたけど)」

レジェンド「そうだ。ボーリングなら❷ピンの真後ろに❽ピンが隠れた状態をインザダークと呼ぶ。BとH、@とDの牌でも可能だが、麻雀なら最初の和了牌を避けてもその背後のもう一つの待ちに刺される感じかな?」

F□❽□H□I
□C□D□E□  イン・ザ・ダーク
□□❷□B□□  二二四五六123ABCGG (二−G待ち)
□□□@□□□

レジェンド「他にも❶❷❹❿(実質@AC)待ちのワッシャーとか、❹❻❼❿(実質CEF)のビッグフォーなど灼の待ちは豊富だ。ハオが放銃したところを見ると、ボーリングの造詣にはあまり深くないようだな(ニヤリ)」

F□G□H□❿
□❹□D□E□  ワッシャー
□□❷□B□□  六七八789ABBB発発発 (@−A−C待ち)
□□□❶□□□

❼□G□H□❿
□❹□D□❻□  ビッグフォー
□□A□B□□  一二三四五六456【D】DDE (C−E−F待ち)
□□□@□□□

憧「・・・・・・・・・・・・・・・ねえ、晴絵。前々から思っていたんだけどさ。灼は『ボーリングの特赦なピンの残り方に似た筒子待ちが多い眷属』ってことになっているけど、それって牌の偏りと呼ぶにはちと弱いんじゃないの?」

穏乃「あっ、そうだね、憧。私もそれは感じていた。筒子はそれなりの頻度で配牌に配られるし、清澄の部長みたいな悪待ちを嗜好しない限り和了形は多面待ちになるのが普通だから、ボーリングの知識さえあれば私でも狙って作れるよね」せっせ

レジェンド「ほーう、お前ら。実に良いところに気づいたな。ハッキリ言うが灼のボーリング待ちは眷属としての能力でなく単なる『趣味』だ。それでもアカシックレコードの裏を掻くぐらいの芸当はできるようだがな」

憧「趣味って、それじゃ灼の眷属としての能力は他にあるっていうの?」

レジェンド「まあな。もちろん、この上なくボーリングに関係するスキルだ。というか、既に卓上に牌の偏りとなって顕現しているだろう?」

キャプテン「牌の偏りというとやはり三元牌ですか?(確かに灼さんは例の役満を和了る率が凄く高いですが)」せっせ

レジェンド「そうだ、既にフラグにリーチが掛かっているから、後一つだな」
588 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/21(月) 00:03:13.63 ID:pq7ICkfK0
後半 東4局 親 鷺森 ドラ白

たかみーの最初の捨牌 B

ハオ(本気で放銃したのは何年ぶりの体験でしょーか? 阿知賀の新顔は単なる役満系能力者かと思いましたが違うのですか?)

北家・ハオ手配 一四五339ACEF西白白 次ツモ7

ハオ(予測される鷺森の能力を警戒するなら、白はさっさと落とすべきでしょうが、ドラなので少々勿体ないでーすね。阿知賀が早期に白を捨てる可能性もあるので、しばらく手の内に留めておきまーす)西捨て

9巡目

北家・ハオ手配 三四五3379CEFG白白 次ツモ8

ハオ(発と中はさっさと切り捨てて他家に鳴かしたのに、こんな時に限って白だけ落としませーん。そりゃドラだから切りづらいのは分かりますが、結局白待ちで聴牌してしまいまーした)C捨て

灼「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(白捨て)

ハオ(! このタイミングで白を切りますか? 満貫ですから仮にこれでフラグを立てたとしても子の支払いで済めば相殺可能でーすが、阿知賀の闘牌にはながせ読みきれない部分があります。万が一にも役満放銃なんてことになったら洒落にならないので無視しまーす)

福与アナ「おや、ハオ選手が鷺森選手の和了牌の白を見逃しました。ハオ選手は凡人には不可解な闘牌が多いですが、親の連荘を最短に留めたいという指針と合致しないのでは?」

すこやん「正直私にも分かりませんが、ハオ選手は『知りすぎる』せいで却って自らを縛ってしまい損している部分があると思います。清澄の原村選手と同卓した選手がわりかし陥る症状に似ていますね」

東家・灼手配 三四五22789EFFHH 次ツモ2

灼「(張った。親だから和了たいところだけど、ここは二重に保険をかけよう)リーチ」ポイッ(E捨て)

❼□G□❾□I
□C□D□E□  シンシナティ
□□A□B□□  三四五222789FFHH (F−H待ち)
□□□@□□□

福与アナ「鷺森選手、再びリーチです。しかし、ここはEを残してD−Gの両面で待った方が期待値的に良くないですか?」

すこやん「通常のセオリーと違った打ち筋だからこそ、ハオ選手を混乱させられるのだと思います。ただし彼女の闘牌は独特すぎて私にも何を根源としているのか量りかねています」

ハオ(やはり読みきれませんので現物)E捨て

灼「・・・・・・(こっちが来たか)」ポイッ(Dをそのままツモ切り)

渋谷「ロン、中のみ1000です(安手で親を流しちゃったけど、流石にトップの阿知賀の親リーは見逃せない)」

福与アナ「やはり裏目に出ました、鷺森選手。Eを切ってきれば一発ツモのところを親流れです」

すこやん「それにしては鷺森選手の表情に悔しさが見られないのはなぜでしょうか?」

灼((ニヤリ)フラグが全部揃ったよ、ハルちゃん)ピロリロリン(❺ピンが登録されました。フラグクリアーです)

ハオ(なぜ阿知賀は笑っていますか? ここまでくれば鷺森灼の能力は明白。まず間違いなく大三元を和了る能力者でーす)

ハオ(ハーベストタイムほどレアじゃありませんが、他家に白発中の対子を配り続けて、三家全てに三元牌を放銃することで大三元の配牌を得る眷属を私は知っていまーす。ですから私が白で出和了しない限りフラグは成立しない筈ですが、嫌な予感を覚えまーす)
589 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/21(月) 00:03:54.60 ID:pq7ICkfK0
後半 南1局 親 染谷 ドラG

(この配牌時、他家は三者三様のアクションを示した)

東家・ワカメ手配 一四七七46ACEFH東北発

ワカメ(呪いのように対子が続いていた発がはじめて一つになったか。まあ流石に発副露には辟易しとったし、単牌ならいらんな)北捨て

南家・たかみー手配 二五六九78B【D】FH中南南 次ツモ9

たかみー((ずずっ)中が一つに減ったけど、他の三元牌がこないことに変わりはない。けど、阿知賀の支配力に陰りが見えたと信じて突き進むしかない)ポイッ

たかみーの最初の捨牌 B

西家・ハオ手配 三八八九348@AH南西白 次ツモ四

ハオ(妙でーす。先程フラグをへし折った筈なのに、白が減って第二形態に移行していまーす。こうなったら白と心中するしかないでーすが、果たして清澄と白糸台は連動してくれるでしょーか?)H捨て

北家・灼手配 二九77【D】DG白白発発中中 次ツモ北

灼「・・・・・・・・・・・・・・・」北をツモ切り

憧「ちょっと何よ? 灼のこの配牌」

穏乃「前半オーラスでいきなり小三元を揃えた渋谷ほどじゃないにしても、十分に凄い手だね(ごくり)。しかもお誂え向きに他家に三元牌が一つずつ紛れているし」せっせ

レジェンド「ふふっ、いよいよ灼の真の能力を全国にお披露目する時が来たようだな」

2巡目

ワカメ(当然、発はもういらん)発捨て

灼「ポン!」発を碰してG捨て

ワカメ(! 鳴かれたじゃと!? さっきまで三元牌を鳴かす立場じゃった阿知賀が、逆に副露する側にまわるとは、何とも嫌な予感がするが)9をツモ切り

ハオ(早くも発が副露されましたか。これは不味いことになりそうです)

たかみー「・・・・・・・・・・・・」ポイッ(中捨て)

灼「ポン!」中を碰して九捨て

たかみー(! 鳴かれた!? やっと中の対子地獄から解放されたと思ったら、何で阿知賀に三元牌の対子が?)

ハオ(早い巡目で三元牌を一つ曝られた地点で大三元を警戒するかは打ち手の力量よりは性格によりますが、あれだけ牌に異常な偏りが見られたのに迂闊すぎでーす。もし副露の順番が逆だったら、勘の良い染谷は流石に発を手の内に留めたでしょうから完全に阿知賀の流れですね)

ハオ(いずれにしてもここで白を捨てたら、ロンされずに副露で済んだとしても包(パオ)の責任払いが発生し私の一人持ちになるので、もう手の作りようがありませーん。こうなったら前半オーラスの要領で他家を支援するしかないでーすか)南捨て

たかみー「ポン(役を確保。阿知賀の手がヤバそうだから速攻で流そう)」

5巡目

北家・灼手配 二77【D】D白白《発発発》《中中中》 次ツモD

灼「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(二捨て)

北家・灼手配 77【D】DD白白《発発発》《中中中》 (白と7の両碰待ち(白なら大三元)
590 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/21(月) 00:04:38.72 ID:pq7ICkfK0
阿知賀控え室

憧「僅か5巡であっと言う間に小三元を聴牌とか洒落になってないわね(汗)。けど一体灼は何の眷属なのよ?」

レジェンド「ボーリングを牌に見立てた眷属というこで間違いではないさ。ただし、灼が牌の偏りを起こすのは三元牌のみだがな」

憧「いや、それは分かったけど、ボーリングと三元牌に何の相関関係があるわけ?」

レジェンド「ボーリングは競技の性質上、満点のストライクを取るよりも遥かに難易度が高いスペアの形がいくつか存在し、そういうのをスプリットメイクと呼ぶが、その一つの最高難易度の❺、❼、❿のピンの残り方を『リリー』と言う」

キャプテン「私はボーリングはあまり詳しくないですが、『リリー』は確か別名『大三元』とも呼ばれているそうでね。それが灼さんの能力の所以でしょうか?」せっせ

❼□G□H□❿
□C□❺□E□  リリー(大三元)
□□A□B□□  77【D】DD白白発発発中中中 (7−白待ち)
□□□@□□□

憧「はあ!? 何よ、それ? ダジャレというか単なる語呂合わせじゃないの?」

レジェンド「おいおい、語源というのは能力を作る上で一番大事な要素だろ? 『六曜』にしても言葉遊びそのものだし、昔の人は口から出た言葉は現実になると信じて、言霊(ことだま)と敬ってきた。大切なのはきちんとした根源(ルーツ)を背景にした上で、思い入れをもったテーマにスキルを重ね合わせることだ」

キャプテン「灼さんにとっては、それが❺−❼−❿の残り方をするスプリットの大三元(リリー)だったと? 三元牌を❿ピンと見做すなら、他家に5、7、10(三元牌)の牌を振り込むのが、フラグ立ての条件なのでしょうか?」せっせ

レジェンド「相変わらず美穂子は飲み込みが早いな。三元牌はどれか一つでいいし、5・7の数値なら牌の種類(筒子、索子、萬子)は問わないから、フラグを満たすのはそう難しい話ではない」

憧「じゃあ、前局のハオが白で出和了しなかったのは、もしかしたら灼を『三元牌を振り込むことでフラグを成立させる役満系能力者』と勘違いしたから?」

レジェンド「だろうな。あれだけの卓情報から惜しいところまで追い詰めたが後一歩及ばずだ。恐らくは実際に中国に大三元のスキル所有者がいたからそう見当をつけたのだろうが、残念ながら灼のルーツは少し違う」

穏乃「! そうか。ボーリングの発祥はつい最近で、古代の中国にボーリングなんかある筈なかったから、ハオは知らなかったのか」せっせ

憧「つまり灼はその独特な闘牌も含めて、ハオというか中国四千年(アカシックレコード)にとって天敵みたいな能力者なわけね?」

レジェンド「まあ、そういうことだ。アカシックレコードも完璧じゃないってことだな。特に今の時代なら、古代にない近代科学文明をテーマに自分の能力を開発した眷属もいるだろうから、この世界にはハオが知らないスキルはまだまだ存在する筈だ。起源は尊ぶべきだろうが、麻雀には四千年ぐらいじゃ辿り着けない境地もあるってことさ」

レジェンド「ハオはこの局も白と心中するしかないが、それだけでは防げない。既にフラグが成立している以上、いずれ灼が最後の三元牌を必ずツモることになるからな」

憧「つまり他家が三元牌を落とせば鳴かれて灼の手が進められる。切らずに手の内に留めていても、自分の手が死ぬ上に普通にツモられると? まさに八方塞がりって奴ね」

レジェンド「とはいえまだ灼の和了が保証された訳ではない。前半の役満チャンスが何度も潰されたように、他家の頑張り次第では止めれる可能性はある。もっともうちの宥が示したような身を切る覚悟を見せられればの話だがな」
591 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/21(月) 00:05:28.29 ID:pq7ICkfK0
7巡目

たかみー(阿知賀が本当に洒落になっていない。多分、彼女は私と同じく『何らかのフラグを立てることで配牌に還元されるタイプの能力者』だとしたら・・・)ビクッ(ツモに驚く)

南家・たかみー手配 二三五六789【D】FF《南南南》 次ツモ一

たかみー(張った。【D】を落とせば四−七の両面待ちでダブ南のみ2000。安手だしハオなら上手く和了牌を差し込んでくれるだろうけど)チラリ

たかみー視点
南家・灼手配 ????????《発発発》《中中中》
灼の捨て牌の河 北G6二2C

たかみー((ずずっ)私のフラグはオーラスまでの捨て牌だけど、彼女の場合は何だろう? それなりの対価がなければこんな強烈な偏りは起こせないだろうから放銃あたりが条件?)

たかみー(そういえば阿知賀はやたらと三元牌で和了られていたけど、もしそれが手元に三元牌を引き込む条件だとしたら、それ以外の和了牌だったC、D、7あたりも対子で配られている可能性はある(ゴクリ))

たかみー(Cは捨て牌にあるから違うとすれば、7とDあたりは完全なド本命。もしこんな形だとしたら・・・)

北家・灼手配? 777【D】D白白《発発発》《中中中》

たかみー(ハオが白を鳴かさなかったから仮にまだ小三元だとしても、トイトイと赤が二つ加われば倍満の16000。振り込み点数が役満の子の支払いと同じなら勝負に出るのもアリだけど、清澄の役満親被りを防ぐ為に私が同額のリスクを負うとか馬鹿らし過ぎる)

たかみー(そう、ハオですら包を恐れて白を切らずに危ない橋を渡らなかったのに、こんな安手の為に私一人が犠牲になることはない。もし役満を和了られたとしても、痛みは全員で平等に分かち合うべき。ここは現物で)聴牌を崩して二捨て

福与アナ「おおっーと、渋谷選手の判断はオリです。あのまま赤Dを切っていれば、恐らく次のハオ選手が差し込んだでしょうが、さっき染谷選手の【D】の搶槓を目の当たりにしているだけに、ドラ切りは躊躇われましたね」

すこやん「そうですね。染谷選手の例を出すまでもなく、誰もが危険牌を通せる訳ではありませんから。ただし、それでも最後に勝利を掴めるのは、すべからず勝負所で勇気を振り絞れた者だけです」

ハオ(一応、四を差し込む準備だけはしていましたが、やはり白糸台は逃げましたか。阿知賀の原理は不明なから白がキー牌でなかった以上、他の和了牌のD、7が怪しいのは明白ですから無理もないでーす)西捨て

ハオ(私もあまり他人のことを言えませんが、勝てると判っている『絵合わせ』をしている眷属に、そう簡単に危険牌など切れる筈はありませーん。そういえば松実宥は別でしたが、これでまた阿知賀の背中が遠のくことになりそうでーす)

北家・灼手配 77【D】DD白白《発発発》《中中中》 次ツモ白

灼「(ぱああっ)きたよ、ハルちゃん」ボーリング打法で振りかぶると周囲の景色がボーリング場のレーンに変化。

ワカメ「! なんじゃ、これは!?」ポンっ(❿ピンに変化)

たかみー「(ずずっ)!?」ポンっ(❺ピンに変化)

ハオ「鷺森灼の心象風景に引き込まれまーしたか? とすると次にくるのは(ゴクリ)」ポンっ(❼ピンに変化)

灼「ツモ、大三元16000、8000!!」ドウっ(白の牌を投げ込む)

全員「ぐわっ!」「やーん」「無念でーす」

※(カーブを描いたボールが❺(たかみー)と❼ピン(ハオ)を落として、更に跳ね返った❺ピンが❿ピン(ワカメ)を直撃してスプリットメイク達成)

ワカメ(今度は役満の親被りじゃと!? ホンマにそういう星の元に生まれているのか、ワシは?)

たかみー((ずずっ)そんな・・・私が和了る筈の大三元を奪われた)

ハオ((ワナワナ)こんな欽ちゃんの仮装大賞みたいなコントをさせられるとは屈辱でーす。この借りは必ず返しまーすよ、阿知賀)

福与アナ「おおっーと、今大会9人目の役満達成者が誕生しました。その名は阿知賀高校2年の鷺森灼。人数合わせと思われていた鷺森選手の大三元により、阿知賀が再び他校をリード大きく突き放しました」

(後半南1局終了までの途中経過)
阿知賀 172400(+16000【灼個人の得点は+5800】)
臨海   89000(+30600)
白糸台  82000(−24400)
清澄   56600(−22200)
592 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/21(月) 04:27:10.24 ID:W6HsEBSzo
阿知賀独走状態じゃないですか
ワカメはどうでもいいから清澄頑張れ
593 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/24(木) 20:50:53.30 ID:/uB0qIrDO
アカシックレコードVS部長で史上最悪の悪待ち見たかったわ
594 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/25(金) 00:04:17.11 ID:fWccof2z0
阿知賀控え室

レジェンド「まだ試合は終わってないからこの言葉は早計かもしれないが、良く頑張ったな、灼(じーん)」

憧「公式戦のデビューが全国決勝で、しかもいきなり役満和了るとか派手に決めすぎでしょう?」

穏乃「そうだね、憧。灼さんが大三元を好きなのは知っていたけど、まさか全国でも十分通用するスキルとは思わなかったよ」せっせ

憧「良かったわね、しずー? 灼が最初から入部していたら、しずが補欠に追いやられていたかもしれないわよ(ニヤニヤ)」

穏乃「憧、その冗談は笑えないんだけど(汗)。美穂子さんも何か言って・・・・・・!?」せっせ

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」シュン シュン シュン

憧(美穂子がTV画面の役満和了に気づかないぐらい卓に集中してる? それよりも・・・)

みはるん「福路先輩。さっきから牌を切るのが早すぎです。掴んだと同時に瞬時に牌を入れ換えて切ってますし、何時思考しているんですか?」

池田「にゃー。これだげ高速なのに一度も牌選択をミスらないなんて信じられないにゃー。一体美穂子先輩に何が起こっているにゃー?」

玄「お蔭で卓のペースが更に早くなって私もうついていけないよ(涙)。もうこれ以上ドラを切りたくないから、誰か次から変わってぇー」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」シュン シュン シュン

穏乃「確かにギアをあげるつもりが、完全に置いてきぼりをくらってるよ。けど、このゼロコンマ単位の超高速麻雀。どこかで・・・・・・って、和だ!」

憧「確かにこの高速演算モードは和そのもの。それに何の意味があるか分からないけど、もしかして美穂子は更に進化しようとしてる?」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(神経が刃のように研ぎ澄まされていくのを感じます。もう少しで何かが掴めそうな気がします)」シュン シュン シュン

白糸台控え室

淡「・・・・・・・・・・・・大三元和了られちゃったね(唖然)」

亦野さん「くそっ! 何なんだ、あいつ・・・というか阿知賀は!? 部員百名を越える白糸台だって能力者は十人といないのに、たった六人しかいない弱小校の唯一人の補欠が眷属って有り得ないだろう!」ダン(壁叩き)

菫「本来の渋谷の雀力なら、小三元以上の手牌は読めなかった筈だが、自分と同じタイプの能力者であるが故に倍満の和了形が見えてしまった。満貫で済むなら勝負に出ただろうになまじ手の特定ができた為に縮こまることになるとは皮肉だな」

照「(もぐもぐ)後出しジャンケンで幾ら理屈を並べた所で意味はない。渋谷がミスって、阿知賀が役満を和了った。その事実はもう覆せない」

淡「テルー、口のまわりをクリームでベタつかせながら、格好つけても全然しまらないよ。それよりも阿知賀のボーリング娘って、ハオだけじゃなくタカミンにとっても天敵じゃないの?」

亦野さん「! そういえば、あいつのせいで中以外の三元牌が尭深の配牌に配られなくなった。オーラスまでの局数も最短ならもう2局しか残ってない(ギリッ)」

菫「今から大三元を仕込むのはもう不可能だろうな。だが、まだ渋谷は終わっていない」

淡「えっ?」

菫「ハーベストタイムの能力そのものが破られた訳ではないし、何よりも麻雀で負けが決まるのは当人が勝つのを諦めた時だけだ」

照「(もぐもぐ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

亦野さん(そうだった。尭深がこの程度でへこたれる訳がない。だってあいつは・・・)
595 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/25(金) 00:05:02.37 ID:fWccof2z0
一年半前 白糸台高校 新入生入学後

「「「「「「おつかれさまです!!!」」」」」」ザッ(一年生全員でヤクザのお出迎え中)

菫(2年)「何か上級生というのもくすぐったい身分だな、照」

照(2年)「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

亦野さん(1年)「おい見たか、尭深? 一年で高校チャンピオンになった宮永照と盟友の弘世菫。それにレギャラーの三年生達だ。やっぱり貫祿あるなー」出迎えの列の中。

たかみー(1年)「誠子ちゃん、しっかり頭下げてないと駄目だよ」同じく列中。

亦野さん(1年)「流石にあの二人みたいに一年で一軍入りは無理だったが、私も来年までには必ずレギャラーの座を釣り上げてみせるぞ(ギラっ)」

たかみー(1年)「頑張ってね、一年生で県代表クラスと呼ばれる二軍入りしたのだって十分凄いことなんだし、誠子ちゃんならきっとなれるよ(私は三年になっても、きっと五軍からも抜けられないだろうな)」

1年前の白糸台 インターハイ終了後

たかみー(1年)「ずずっ」・・・・・・・・・(三年生が引退して、春季大会から誠子ちゃんはとうとうベンチ入りメンバーに昇格。友達の出世は嬉しいけど遠い世界にいかれたみたいで少し寂しい!?)」ガラっ(扉の開く音)

照「・・・・・・・・・菫、わざわざ五軍なんか調べても時間の無駄じゃないの?」

菫「そういうな、照。ダイヤの原石というものはどこに眠っているか分からないものだからな」

一年生たち「一軍の宮永先輩と弘世先輩じゃない? どうして五軍の教室に?」ザワザワ

菫「これからお前たちにはここにいる宮永照と打ってもらう(さて、ダイヤの原石が見つかると良いが)」

―――――――――――――

照「・・・・・・・・・・・・!?」ゴッ(照魔鏡発動)

渋谷尭深 身長149cm B:84 W:54 H:81
攻撃力:E 守備力:F 技術:F 速度:F 精神力:C 本日の運気:B
保有スキル:
収穫の時(ハーベストタイム):S オーラスまでの全ての局の最初の捨て牌が、オーラスの配牌となって還元される。スロットは13牌で締め切られるので、13局以上続けても効果はない。また制約によりラス親になれないので、必然的に天和・地和はない。

菫「どうした、照?」

照「(なに、この娘。この身長でどうしてこんなに胸が・・・じゃなくて)見つけたよ、菫。S級スキル持ちの眷属。ただし、この娘をマトモにデビューさせようと思ったら、相当骨が折れそうだけど」

たかみー「???」

―――――――――――――

たかみー「ツモ、大三元字一色のダブル役満64000です」

亦野さん「信じられない。まさか尭深にこれほどの力が眠っていたとは(呆然)」

菫「監督が密かに入手した情報だと来年からはダブル役満はなくなるらしいが、それでも十分に使えるな(多分、渋谷のような役満系能力者を牽制する為のルール改正だろうな)」

照「この娘、自分の能力に全く気づいていなかったみたいね。中学で亦野に薦められて麻雀をはじめてから一度もラス親になれなかったことを不思議に思わなかったみたいだし」

亦野さん「尭深とは長い付き合いなのに面目ないです(赤面)。こいつ配選択が目茶苦茶だから、オーラスに字牌が一つもないなんてこともザラなので、そんな凄いスキルが行使されていたとは想像もしませんでした」

菫「本人すら認識していない潜在能力を見抜けるとは流石に照魔鏡だな。(時間を工面して五軍まで足を伸ばした甲斐があった)」

照「けど半荘一回でオーラスにダブル役満を和了って、それでもマイナスってかなり凄くない?」

亦野さん「すいません、尭深には自由に麻雀を楽しめればと思って、指導的なことはほとんどしてませんでしたから」

菫「とはいえ、これだけのスキルを腐らせるのはあまりに惜しいな。これからは渋谷につきっ切りで雀力の底上げに務めるとしよう」

亦野さん「尭深シフトって所だな。これからはずっと一緒に麻雀を楽しめそうだな、尭深?」

たかみー「う・・・うん、誠子ちゃん(私が白糸台の一軍に入れるかもしれないなんて夢を見ているみたい)」ギュー(頬を抓る)

東野・西村「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
596 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/25(金) 00:05:47.91 ID:fWccof2z0
半年前 白糸台高校

菫「修行の甲斐あって渋谷も大分麻雀を打てるようになったな。これなら本番のインターハイまでに間に合いそうだ」

照「照魔鏡でパラメタを再サーチしたら、能力が軒並みDになっていた。それでも雀力は三軍レベルだから、まだまだ先は流そうだけど」

亦野さん「今年は大星淡という大物新人も入ったし、私たちが白糸台至上最強なんて呼ばれることも・・・!?」

淡「大変だよ、スミレ! タカミンが三年生の部員に苛められてる!」がらっ

―――――――――――――

菫「おい、貴様ら。何をしている?」

東野「げっ、弘世!?」

菫「って眼鏡が割れているじゃないか!? 大丈夫か、渋谷!?」

たかみー「・・・・・・・・・・・・・・・」

菫「東野、西村。正直、こういう苛めは感心せんな」

西村「けっ、監督があたし達でなく、その下手糞を育成枠という名目でレギュラーに登用するっていうからだよ」

東野「大星みたいに実力差がかけ離れているならともかく、何でそんな元五軍のヘボにスタメンを奪われなくちゃならないんだよ。大体どうせ宮永が十万稼ぐのは確定しているんだから、三年のあたしらを・・・(びくっ)」

菫「照が十万稼ぐから・・・か。お前らはそんな性根で麻雀をやっているのか?」ゴゴゴー

菫「消えろ、生憎うちは上級生を温情起用するような温い学校ではない。チームの手助けをするつもりはなく、エースにおんぶ抱っこするような存在は必要ない」

東野「ちっ、東場で東牌が配牌に二枚配られたり、西入して初めて宮永ばりに無双できる微妙な能力者はお呼びじゃないってか」

西村「古豪だった白糸台が全国優勝できたのは宮永が入学してからだろ。本当、宮永一人の力で勝ってきただけなのに、何を勘違いしているんだろうね、この部長さんは」

菫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

―――――――――――――

菫「照一人の力で勝ってきたか。残念ながら団体戦はそんなに甘いものじゃない。一人で五万以上の失点をする穴があれば、照の稼ぐ十万のリードなど簡単に吹き飛ぶし、白糸台の永遠のライバルの臨海女子は今年は本気でドリームチームを作るみたいだからな」

たかみー「弘世部長・・・・・・」

菫「さて、渋谷。お前はどうだ? やはり照は無敵の存在だと思うか?」

たかみー「私には分かりません。ただ、もし私の能力が弘世先輩や宮永先輩の力になれるのなら、何時か恩返しがしたいです」

菫「(ニヤリ)あれだけのことがあった後で良い返事だ。なら、お前の覚悟を試させもらうぞ」

―――――――――――――

たかみー「記憶を消す? そんなことが本当にできるんですか?」

淡「うん、私なら可能だよ。何よりも今タカミンが伸び悩んでいるのは、自分のスキルに頼りきっているからだと思うよ。そりゃオーラスに役満を和了れるなんて保険があれば心も弛むよね?」

たかみー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

淡「これは私の体験談だけど、本当に麻雀を上手くなりたいと思ったら、一度能力を捨てるのが近道だよ。私は牌が見えなくなったことで、逆に色んなものが見えるようになったから」

淡「ただし、私の幻朧魔皇拳(チープトリック)は相手の心からの承諾が必要だから・・・」

たかみー「本当に可能ならお願い、淡。私は強くなる為なら、弘世部長の役立てるなら何でもする」

淡「(ニヤリ)良い覚悟だね。それじゃ次に暗示を解く時は、多分全国大会の決勝戦かな?」キュピーン!

―――――――――――――

現在の中堅戦の決勝卓(後半南1局終了)

たかみー「(ずずっ)つい昔のことを思い出してしまった。けど、感傷に耽っている余裕はない。宮永先輩がトップを取れなかった今こそ私が力にならなければならなかったのに、徒に失点を増やしただけで何も成していない」

現在の尭深スロット BBBC【D】中中中?????

たかみー「オーラスまで最悪後2局しかない。今から大三元を作るのは絶望的。当時の私ならどうしようもなかった。だけど・・・」トン(お守りのように片時も手放さなかった湯飲みを台に置く)

たかみー(私が記憶を消してまで雀力修行してきたのは、きっとこういう危機的な状況に対応できる力を身につける為。何よりも私はまだ何も弘世部長に返せてはいない。だからこのままじゃ絶対に終われない)
597 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/25(金) 04:30:57.55 ID:DVJe5AjIO
急に東野幸治と西村雅彦が出てきてワロタ
598 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 00:02:42.59 ID:ShvENw+e0
後半 南2局 親 渋谷 ドラ3

ワカメ(今度は配牌に白が二枚配られおったで。あの大三元地獄はまだ続くんかいな?)

ハオ(やはり第一形態に戻りましたか。フラグ立ての条件以外は、私が知る大三元スキルとほぼ同じとみてよさそうでーす。それにしても半荘一回で二回も役満チャンスを伺おうとは意外と強欲な打ち手でーすね)

たかみー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

穏乃「また他家に三元牌が対子で配られてる。けど、二度も同じ手が通用するとは思えなし、何よりもフラグクリアには他家に振り込む手順を踏まないといけないから、リスクが高すぎるんじゃない?」せっせ

レジェンド「いや、これで良い。前局は奇襲が上手く嵌まったが、ブランクの長い今の灼の雀力は渋谷にさえも劣る。ならば下手に凌ぎきろうとせずに、最大の武器を前面に押し出してそのまま一気に押し切るのも手だ」

憧「なるほど、攻撃は最大の防御って奴ね? もしオーラスで親の役満なんか和了ったら団体戦の帰趨は決しそうだけど、しずの言う通りハイリスクな戦術ね」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」シュン シュン シュン

東家・たかみー手配 二二三34CCFH南北北発発

たかみー(発の対子が二枚。けど大三元はもう見切る。これが鷺森の支配能力なら白はまずこない。前半の私のオーラスの配牌を警戒している他校が白を鳴かしてくれる筈はないから、仮に発を三枚揃えられた所で憤死は見えている)

たかみー(なら良くて小三元聴牌止まりが関の山。和了なければ徒花の役満聴牌になんか何の意味もない。次の親のハオが連荘してくれるとは思えないから、私が親の間に可能な限りスロットを稼ぐしかない)ポイッ

たかみーの最初の捨牌 E

―――――――――――――

たかみー「ロン、発ドラ1の2900です(阿知賀のフラグが気にならないといえば嘘になるけど、もうリスクから逃げたりしない)」

東家・たかみー手配 CC発発《234》《二二二》《北北北》

灼「はい」ピロリロリン(❿ピンが登録されました)

ハオ(またひたすら鳴きまくって安手で親の連荘でーすか? 阿知賀からの出和了で例のフラグを満たすのは渋谷も判っている筈なのに本当になりふり構ってまーせんね)

ハオ(とはいえ渋谷の大三元の可能性はとっくに費えていまーす。なぜ渋谷は阿知賀のフラグリスクを負ってまで連荘を目指しますか? ましてや大三元以上に作り易い役満などある筈ないので、仮にスロットを13個全て埋められた所で、今のスロット状況から和了れる役満など・・・・・・!)

ハオ(・・・・・・・・・一つだけありましたね。ただし、必勝(100%)には程遠いですが、それでも用心するに越したことはないでーす。まったく役満系能力者が二人も同席するとか生きた心地がしない卓でーす)

後半 南2局1本場 親 渋谷 ドラA

たかみーの最初の捨牌 G

たかみー「チー」9を吃して二捨て

ハオ(また鳴きまくりの白糸台が聴牌気配でーすか。阿知賀からの出和了は避けたかったでーすが、渋谷は完全に自爆覚悟ですから、私が和了なくてもいずれフラグを満たされるのは自明)

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(七捨て)

ハオ「ロン、2600の1本場は2900でーす(ならば二兎を追うものは一兎をも得ずですから、法則が読めている白糸台の方だけでも確実に潰しておきまーす)」

灼「はい(思っていたより簡単にリーチが掛かった。オーラスまでに後一つ)」ピロリロリン(❼ピンが登録されました)

ハオ(これで阿知賀のフラグリーチが掛かったのでしょーか? 前回は索子の7がキー牌のようでしたから、萬子の七でも十分に可能性はありますが。それにしても・・・)チラリ

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」キュッキュッ(ボーリンググローブを摩っている)

ハオ(なぜ、5や7の数字の系列で大三元のフラグが満たせるのでしょーか? スキルのルールは自分の都合の良いように好き勝手に決めれるものではないですし、テーマに矛盾をきたせば反動も大きくなります。例のボーリングのコントからして鷺森灼はボーリングを根源にスキルを生み出したようですが(うーん))

東家・たかみー手配 五五ABCFF《789》《発発発》 (五−Fの両碰待ち)

たかみー(一歩届かなかった・・・。5−7の数値のラインで待てば阿知賀がいずれ差し込んでくれると思ったけど、やはり私の雀力でそう何度もハオを先んじれる筈ないか。スロットは後三つ必要なのに、次の親はよりによってハーベストタイムを知り尽くしているハオだなんて)

たかみー(仮に満貫の和了牌を差し込んでも、とても連荘してくれるとは思えない。やはり私には・・・ううん、諦めたら終わり。まだ何が起こるかなんて誰にも分からない(ギラッ))
599 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 00:03:35.44 ID:ShvENw+e0
後半 南3局 親 郝 ドラ八

ハオ(おやおや、思ったよりも白糸台が凹んでないでーすね。ですが和了る気のない親に連荘させるのは、八連荘の役満を和了るよりも難事でーすよ?)ポイ(北捨て)

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイっ(北捨て)

ワカメ「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイっ(北捨て)

ハオ「!? ちょっと、何でーすか、この流れは? まさか?」

たかみー(諦めなければ本当に奇跡が起きた)ポイッ

たかみーの最初の捨牌 北

福与アナ「おおっーと、四風連打で流局です。次鋒戦の四開槓と違って親流れはありませんので、1本場ということになります」

すこやん「渋谷選手はドラ2三向聴と割と良配牌でしたが迷わず流しましたね。やはり連荘の長さがオーラスの配牌に影響を与えているのでしょうか?」

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(唖然)」

たかみー(これで必要なスロットは後二つ。もう一回だけハオに連荘させられれば、届くかもしれない)

後半 南3局1本場 親 郝 ドラ6

ハオ(これは油断したことになるのでしょーか? いくら和了るつもりがなかったからといって、四風連打の可能性を考慮せずに安直に牌を切った私のミスですが・・・)

ハオ(同じ手はもう通用しません。念には念を入れて、対子の中を最初に切ることにしまーす)中捨て

灼「・・・・・・・・・・・・・・・」中捨て

ワカメ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」東捨て

ハオ((ふっ)これで四風連打は崩れました。今度はどんな手で流局を狙いまーすか? 四家リーチは私が絶対にやらないから無理ですし、四開槓でも狙ってみます・・・そういえば、この大会は四開槓でも親流れですから八方塞がりでーす・・・・・・って、どうして渋谷は牌をツモられないですか?)

たかみー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ

ハオ(??? おや、ツモる前から牌を切った?)

たかみーの最初の捨牌 北

ハオ(白糸台それはどういう意味・・・って、間髪入れずに他の牌も全て倒した!?)

たかみー「九種九牌です」

北家・たかみー手配 一六七19BH東南西北発発

福与アナ「今度は九種九牌でまた場を流しました。渋谷選手はマイナスですから、ここは一発国士を狙ってみても面白かったと思いますが、やはり局数の長さが能力に関係しているからでしょうか?」

すこやん「まず間違いないでしょう。オーラスで渋谷選手がどんな配牌が揃っているのか注目です」

ハオ(ちょっと待ってくださーい。四風連打はともかく九種九牌が捨て牌のスロットにカウントされるというのでーすか? つまり最初に倒した北がそれだと?)

ハオ(個人的には物凄く納得いきませーん。JAROに訴えまーす。スキル原則はこんな恣意的な拡大解釈を見逃して・・・・・・って、考えてみれば明華の合法詐欺に好き放題欺かれてますし、スキル監視委員会は実にユルユルでしたね)

たかみー(良し、これでスロットを13個確保できーた)ガッツ(卓下でガッツポーズ)

ハオ(まあ私が納得いくまいと、実際に渋谷が実行した以上はスロットとしてカウントされてしまうのでしょうね。確かに難易度の高さを考慮すれば、特例措置として目を瞑っても問題ない発生頻度でしょうが)
600 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 00:04:24.69 ID:ShvENw+e0
後半 南3局2本場 親 郝 ドラ3

東家・ハオ手配 二四【五】336@@EF南西中中

ハオ(やーれやれ、まさか渋谷がこれほどのしぶとさを見せるとは参りました。ですが、スロットが13牌で打ち切りになるのは確実ですから、ある意味ではもう連荘を気にせずに開き直れまーす)

たかみーの最初の捨牌 F

灼「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(中捨て)

ハオ「ポンでーす(中ドラ3の好配牌ですし、普通にツモ和了まーす)」中を碰して西捨て

ワカメ「・・・・・・(またハオに和了られる気配が)」ピーン(ノスタルメモリーが反応)」

―――――――――――――

灼「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(5捨て)

ワカメ「ロンじゃ、2600の2本場は3200(あまり高くないが、収支トップの親のハオに連荘されるよりはマシじゃ)」

灼「はい(オーラスを前に何とかフラグクリアできた。このフラグ立ての為に一万点近く失点したから、オーラスの大三元は何としても和了る(ギラッ))」ピロリロリン(❺ピンが登録されました。フラグクリアです)

東家・ハオ手配 三四【五】33@@EF《@@@》《中中中》 (D−Gの両面待ち)

ハオ((唖然)中ドラ3の親満の手を目の前で流されました。二人の役満系能力者の対応に天手古舞いで清澄の存在を失念し、うっかり真っ直ぐ手を進めてしまうとは我ながら失策でーす)

ハオ(まあ点棒に余力があるトップの阿知賀といえど、流石にここまで高い手に差し込んだとは思えませんから、どのみち安手の清澄が和了る流れだったかもしれないでーすね。今の染谷への振り込みで鷺森がフラグクリアしたとすれば、二人の役満フラグがオーラスに競合しそーですね)

(後半南3局2本場終了までの途中経過)
阿知賀 163300(+6900【灼個人の得点は−3300】)
臨海   91900(+33500)
白糸台  85000(−21400)
清澄   59800(−19000)

後半 南4局 親 鷺森 ドラ6

福与アナ「さて、半ばの中堅戦もいよいよオーラスを迎えました。前半は渋谷選手がいきなり小三元という出来すぎた配牌でしたが、後半はどうなるのか?」

すこやん「今回は鷺森選手も乱入しそうなので更にカオスになりそうですね。どちらにしろ先鋒戦や次鋒戦と異なり、中堅戦は親の連荘なしでこの局で決着する予感がします」

灼(さあ、もう一回リリー(大三元)を・・・・・・えっ!?)

東家・灼手配 二七七559ABG白白発発中

灼(そんな中が一枚しかない? 有り得ない、今までフラグクリアして、配牌で三元牌が対子にならなかったことは一度もない)

灼(私がラス親の時に限ってどうして・・・・・・そういえば、もう一人オーラスに役満を和了るかもしれない眷属がいたけど、まさか?)チラリ

たかみー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ゴゴゴっ

西家・たかみー手配 BBBC【D】EFG北北中中中

たかみー(阿知賀の子が驚いている。どうやら役満系能力者同士の支配競争は私に軍配が上がったみたい。そう、このオーラスの配牌は私の得意領域。このテリトリーだけは誰にも犯させない)

福与アナ「阿知賀の鷺森選手はさきほど大三元を和了った配牌から一歩後退。そして注目の渋谷選手は何と配牌からいきなり聴牌しています」

すこやん「鷺森選手と渋谷選手の間でオーラスの牌の取り合いが発生したようですね。鷺森選手の大三元は失敗に終わりましたが、渋谷選手は前半時とは別の役満チャンスが芽生えました」
601 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/01/26(土) 00:05:16.31 ID:ShvENw+e0
ハオ(二人の表情の明暗からして、ハーベストタイムが上回ったようですね。これで阿知賀の大三元に気を揉む心配はなくなりましたが問題は白糸台)

西家・たかみー手配 BBBC【D】EFG北北中中中 (BEH北待ち)

ハオ(スロットを全て合わせると渋谷の手はこんな形ですから、四面待ちになっている筈。このままでもダブルリーチを掛ければ、ダブリー混一中赤1でツモか裏が一つ乗れば倍満と中々の大物手ですが、渋谷尭深の真の狙いはずばり地和(チーホー))

ハオ(もし渋谷が1巡目にツモ和了れば、地和が成立して役満になります。少しでもツモ和了る確率を高められよう待ちを多くする為に、確実にツモれる発でなく配牌次第で聴牌形が崩れるリスクのあった萬子の牌を捨牌に選択するとか、大三元が不可能になった南1局からめげずによく持ち直したと感心しまーすが)

ハオ(ここから先は完全な運勝負でーす。制約によりハーベストタイムは13スロット打ち切りなので、仮に半荘が14局を超えたとしてもラストの牌だけは絶対に仕込めません。だから山に眠る渋谷の和了牌はBEEEHHHH北北の合計10枚)

ハオ(麻雀の牌は全136枚。配牌は14枚の親と13枚の子×3の53枚ですから、残る山の数は王牌(ただしドラ表示牌を引く)を含めて82枚。つまり単純計算で渋谷が第一ツモで和了牌を引く確率は、10÷82=0.12195。まあ他家の配牌にも2〜3枚紛れるでしょうから(実際に私の配牌にもHが一枚ありまーす)、甘く見積もって10%前後といったところでしょうかね)

ハオ(本来、天和や地和を和了る確率は33万分の一ぐらいですから、十分の一なら破格のバーゲンセールに思えますが、これはセーブ&ロードで望みの結果が得られるまで何度でもやり直せるコンピュータゲームではありません。それも初ツモの機会を逃したらもう二度とチャンスはない完全な一発勝負)

ハオ(こんな確実性に乏しいギャンブルの為に、眷属があんなに必死にスロットを揃えたのは正直意外でーす。ましてや親の天和と違い地和は副露や槓によっても権利を失いまーす。おや? そろそろ茫然自失状態だった阿知賀が牌を切るよーですね?)

灼(オーラスの為に注ぎ込んだ9000点が単なる払い損になったのはショックだけど、しょげてばかりもいらなれい。私の大三元(リリー)の因果律に打ち勝った渋谷が高い手なのは明白。ここは最短で和了って和了止めで逃げよう)ポイッ(不要になった中捨て)

ワカメ(今度は白が一枚か。これを捨てたら阿知賀をアシストするようなもんじゃから、こっちだな)ポイッ(西捨て)

ハオ「!」

北家・ハオ手配 一六九24【5】FFH東南西西

ハオ((ニヤリ)残念でーしたね。渋谷尭深。やはりあなたは最後まで秘密兵器のまま終わる運命だったよーです。まあ、1巡限定ならともかく10巡ぐらいの猶予があれば、ダブリーの四面待ちは和了れるでしょうから、少しは盛り返せて終われまーすよ?)

ハオ「(これで眷属の役満騒ぎに振り回されるのもお終いでーす)ポ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ハオ((ふうっ)止めておきましょう。アレが100%の和了を保証されたツミコミ牌なら断固として阻止しましたが、このオーラスに限り渋谷は精一杯の策を打った後は運を天に全てを任せました。そう、この局、渋谷尭深は紛れもなく『麻雀』で勝負しにきました)

ハオ(幸いラス親は私でなく阿知賀ですから、仮に和了られたとしてもトップとの差は8000縮まります。いえ、そんな理屈はどーでもいいですね。私の執拗な妨害を掻い潜って渋谷が掴み取った、たった一度っきりのチャンス。その牌を渋谷がツモれるかどうか私自身が見てみたい。そんな気分でーす)

福与アナ「一瞬副露の気配を見せたハオ選手、結局西をポンしませんでしたね。渋谷選手の地和も彼女なら読めていると思ったのですが」

すこやん「私には何となくハオ選手の気持ちが分かるような気がしますね。いずれにしても勝負はこの1巡で決まります」

たかみー「(ドキドキ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・(やっと、ここまで辿り着けた。この牌で私の全てが決まる)」クイッ(盲牌ができないので、牌を目で確認する)

たかみー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(にこっ)」

ハオ((ふっ)祝賀イ尓(おめでとう)、白糸台)パタッ(牌を伏せる)

たかみー「(にこっ)ツモ、地和16000、8000です」パアア(満開の花が咲き乱れて収穫される)

西家・たかみー手配 BBBC【D】EFG北北中中中 次ツモE

ワカメ(また役満じゃと!? 阿知賀の連中みたいにアストラルサイドで攻撃されなかっただけマシだが、オーラスで何する機会も与えられないまま地和で勝負を打ち切られるとか精神ダメージがキツすぎる(呆然))

灼(! 役満を和了るどころか、最後の最後で役満の親被り。・・・これがインターハイの厳しさ・・・(ゴクリ))

福与アナ「今度は和了ました、渋谷尭深。今大会10人目となる役満達成、そしてインターハイ史上初めての地和の和了でトップの阿知賀との差を大きく詰めた所で中堅戦も終了します」

各高校途中成績(中堅戦個人成績)
阿知賀 146300(−9100【前半:(宥)+10200 後半:(灼)−19300】)
白糸台 117000(+10600【前半:−19900 後半:+30500】)
臨海   83900(+25500【前半:+27400 後半:−1900】)
清澄   51800(−27000【前半:−17700 後半:−9300】)
602 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/01(金) 05:46:30.93 ID:m3kGxmh/o
フェイタライザーまだかな
603 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/02(土) 00:02:23.55 ID:AUOysiEi0
清澄控え室

ワカメ「ホンマに不甲斐のうとスマンのー(ニコニコ)」

ババア「(ふうっ)・・・・・・・・・・・・ま、予想した通りの展開だったわね」

タコス「??? 大負けしたにしては染谷先輩凄く嬉しそうだじぇ?」

ワカメ「ふん、出番に恵まれとる優希に、常に試合をキンクリされる日陰者の気持ちなど分かるまい」

ババア「確かに負け戦の斬られ役だったとはいえ、まこの闘牌をあそこまで描写する物好きはそう多くないでしょうね」

のどっち「失点は仕方がない部分があると思います。後半は大三元はまだしも、地和とか偶然極まりない役満まで飛び出しましたから」

ババア「(和の中ではあくまで偶然か)しかし渋谷尭深が眷属なのはある程度予想していたけど、まさか6人しかいない阿知賀の控えにまで潜んでいたとはねえ(なんで大将の代わりにスタメンで起用しないか不思議だけど、阿知賀の腹黒キャプテンさん、仲間に恵まれ過ぎじゃない?)」

ワカメ「後半の役満バーゲンセールには参ったが、ワシのノスタルメモリーもハオのアカシックレコードに通じる部分があると分かったので、個人的には満足しとる。ただ、それはそれとして、身の程を弁えずに真っ向勝負を挑んだ所為で、ウチの一校沈みに陥ってしまったか(しょぼん)」

ババア「まっ、特に期待はしてなかったから構わないわ。あたしは順境よりも逆境の方が力を出せるタイプだから丁度良いしね」キュッ(オサゲをツインに結び直して本気モード)

ババア「それじゃ、行ってくるわね」バタン

まこ「・・・・・・・・・・・・・・・(期待してなかったか。久の献策を撥ね除けた上であの低落じゃ何も言い返せんわ)」

タコス「いくらボロ負けしたからって、部長、ちょっと言い過ぎだじぇ」

京太郎「染谷先輩、部長は突き放してましたけど、休憩時間には先輩のことを気遣って・・・」

まこ「分かっとるわい。久がそんな器用に立ち回れるタイプなら、全国クラスの力を持ちながら三年になるまで埋もれたりはせんわ(いずれにしても久にとっては高校最後の公式戦か。ワシのように悔いなく戦いきって欲しいものじゃが)」

咲「そうか。私、また分かったよ」パンパカパーン

―――――――――――――

白糸台控え室

亦野さん「尭深、良く盛り返してきたな。ラストの地和は感動したぞ」

菫「そうだな、ここにきてのプラス収支は大きい。きちんと役割を果たしてきたな、渋谷」ナデナデ

たかみー「(赤面)あ・・・ありがとうございます。けど、この試合以外はほとんどマイナスだったから、トータルで見れば迷惑の掛け通しでしたし」

照「(もぐもぐ)それは全て折り込み済みだったから問題ない。むしろお釣りがくるぐらい」

淡「そーそー、これでトップの阿知賀との差は三万点まで縮まったよね」

亦野さん「そうだな。なら私も後付けでフッシィング能力が追加されたことだし、阿知賀の鳴き好きの一年坊に副露の真髄を見せてやるとするか」

菫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

照(もぐもぐ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

淡「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

たかみー「(にこっ)頑張ってね、誠子ちゃん」

亦野さん「ああっ(何か一瞬微妙に空気が重くなったのはなぜだろう?)」バタン

照「亦野、行ったわね」

菫「フィッシング能力か。そのスキルと一緒に原作から『余計なオマケ』まで受け継いでなければいいがな」

淡「まさかあの点数状況から平らになるとは思わなかったよね。白糸台の中継ぎ三人が凹むのは想定通りだったけど、小林立って本当に予想を越えてくるねー」

たかみー「??? 三人とも何の話しをしているのでしょうか?」

菫「な・・・何でもない。真面目な話しをするなら、亦野のスタイルの特性上、亦野はネリーの上家に配置されるだろうからチャンスはあるな」

照「(もぐもぐ)そうね、運命奏者が下家に座らせるのは間違いなくトップの阿知賀の子だろうし」

たかみー「あのー、確かに副露主体の誠子ちゃんと卓を囲むなら、上家よりも下家が遣り易いと思いますが、それは運次第では?」

菫「そうでもない。数は少ないが試合前の賽の目に支配力を行使する眷属もいるだろう? 起家を担当する率が異常に高い清澄の片岡や、決してラス親になれないお前のように」

たかみー「ネリー・ヴィルサラーゼは自由に席決めを選べる魔物だと?」

照「(もぐもぐ)そう、それがあの娘が『運命奏者(フェイタライザー)』と呼ばれる理由の一つよ」
604 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/02(土) 00:03:26.05 ID:AUOysiEi0
臨海控え室

ハオ「ただ今戻りまーした」バタン

ネリー「お帰り、ハオ。トップ収支で帰ってきて反省も何をないと思うけど、後半の渋谷の地和は潰せたんじゃない?(くすっ)」

明華「その結果、トップとの差は8000縮まりましたが、後半の収支はマイナスになりましたね。トータルでは黒字とはいえ、半荘単位での個人的な収支記録に拘るハオにしては珍しいですね」

辻垣内「別にいいだろ? トップ校との差を詰めるのは団体戦としては正しい打ち方なんやし」

ダヴァン「そうデス。ハオもフォ・ザ・サームの精神に目覚めたのですね?(にこにこ)」

ハオ「まあ、そういうことにしておいてくださーい。それにしても私が知らない能力者など存在しないと粋がっていましたが、世界は広いでーすね。阿知賀の眷属は理解不能でーした」

明華「多分、ボーリングのリリーを掛け合わせた能力者だと思いますよ。❺−❼−❿のスペアの残り方をボーリングでは大三元(リリー)と呼んでいます」

ハオ「! 本当でーすか?」

明華「はい、私はボーリングも結構嗜んでいてアベレージは200を越えますから。鷺森灼は決勝後半がデビュー戦なのでアドバイスは不可能でしたが、入門書でも読んでみます?」ポイっ(ボーリング入門書をハオに手渡す)

ハオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」パラパラパラ(ページを捲って勉強中)

辻垣内「今にして思えば渋谷尭深よりも鷺森灼の方がよっぽど初見殺しの秘密兵器やったな。もっとも準決勝の松実玄のケースと異なり、決勝で鷺森に出番がまわってきたのは松実宥退場というアクシデントの賜物やから、単なる偶然みたいだが」

ネリー「阿知賀は眷属を控えにまわせるとか随分と余裕だね(くすっ)」

ハオ「読み終えました」バタン(本を閉じる)

ダヴァン「本当に早いデスね(汗)。これが瞬間記憶能力デスか?」

ハオ「明華、今度そのボーリング場とやらに連れていってくださーい」

ネリー「面白そうだね、私も遊戯は好きだから、今日の試合が終わったら全員でボーリング場に繰り出そうか?」

辻垣内「・・・・・・・・・お前ら、オフの相談も結構やが、まだ試合途中だというのを忘れるなや?」

ネリー「もちろん忘れてないよ、智葉(くすっ)。次は私の出番だけど、明華の仕事が遣り易いように阿知賀を削ってくるよ」バタン

ダヴァン「ネリーさんにしては控え目な発言でしたね。てっきり阿知賀からトップを取り戻してくると豪語するかと思いましたが」

明華「白糸台のフッィシャーに阿知賀の一年と、副将戦は鳴き好きな面子が多いですからね。ネリーにとってはいささか遣り辛い卓でしょうが、それでも眷属と上級魔物の越えられない壁というのを見せてくれると思いますよ」

ハオ「なーるほど、これが私が振りこまされた『イン・ザ・ダーク』でーすか?」牌をボーリングのピンの形に並べる。

―――――――――――――

阿知賀控え室

レジェンド「緊急登板で全国決勝卓に座らされながら、よく試合を壊すことなく役割を全うしてきたな。偉かったぞ、灼」ナデナデ

灼「(じーん)ありがとう、ハルちゃん。けど役満を和了って、その上宥さんが稼いだ一万点がありながらトータルでは9000点もマイナス。少し悔しい。私がもっと早くから真摯に麻雀に取り組んでいたら」

レジェンド「その悔しいという気持ちがあれば十分だ。今回の場は色々な外的要因が多かったから、灼の実力を存分に発揮できたとは言い難いが、きっちりと雀力を上澄みして来年もう一度リベンジしろ」

灼「うん、これからもハルちゃんが私に麻雀を教えてくれる?」

レジェンド「もちろんだ。この大会で美穂子と宥が抜けるから春季大会には出れないだろうが、これだけ全国で名が売れればきっと有望な新人が入部してくるだろうしな」

憧「(来年は晴絵がコーチになるかもしれないのか。それも悪くない)さてと、やっと私の出番って、美穂子!?」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」シュン シュン シュン

レジェンド「まだ続けていたのか? 灼が戻ってきたことに気づかない程集中していたとは」

穏乃「さっきから美穂子さんのペースに引きずり込まれて、スピードが更にとんでもないことになってる(汗)」せっせ

みはるん「何か牌ミスでどんどん手がバラバラになっています(緊張状態の鷺森さんみたい)」せっせ

玄「ううっ、何とがドラを手離さないまま二半荘のオーラスまで辿り着いたよ(涙)」せっせ

キャプテン「ツモ、1000点です」パアア(背後に何かが具現化する)

憧「安手だけどはじめて美穂子が和了った。いや、それよりも美穂子の背中に何か人影が見えるんだけど」

池田「にゃー、何か羽が生えてるにゃー。もしかして、例の勝利の女神が出戻ってきたのかにゃー?」

レジェンド「いや、違うぞ。美穂子に降臨した天使の顔は・・・」

キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」キラキラ(???「にこっ」)

憧「??? 美穂子が二人?」
605 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/02(土) 14:19:43.04 ID:GD5nVXCe0
これって、まさか……
606 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 20:06:19.79 ID:cI8WNxrAO
まさかのキチガイキャップ降臨か?
607 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 00:01:34.18 ID:iIwdyyUr0
キャプテン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」キラキラ

レジェンド「これは美穂子の背後に天使のスタンドが?」

池田「にゃー♪ 美穂子先輩が天使になったにゃー」すりすり(天使美穂子に抱きつく)

憧「これって、もしかして和の電脳天使(おはようのどっち)と同じスキル?」

穏乃「間違いないと思う。さっきまでの高速牌選択は和そのものだったから」

みはるん「多分、元々能力の素養はあったんだと思います。手牌を透かすスキャンの原理が単なるあてずっぽの直感ではなく、憧さんの言うような本人が理屈で説明できないだけで確かな論理回路があるのだとしたら、その計算式にはスパコン並の性能が必要ですから」

みはるん「ネット麻雀をする機会があればもっと早くその資質に気づく機会があったでしょうが、ご承知のように福路先輩は電子機器の操作ができないので、自分の中に眠る力に気づかなかったのだと思います」

レジェンド「厄払いの早麻雀に取り組んだことで、高速思考モードに開花したわけか? まさしく怪我の功名という奴だな」

憧「さしずめ、電脳天使と対をなす『アナログ天使ミッポ』と言った所かしら? けど、こう言っちゃ何だけど、ちょと微妙なスキルよね」

アナログ天使ミッポ「!」ガーン

穏乃「(あっ、天使さんがショックを受けてる)うん、憧、私もそれは少し思った。ネット麻雀じゃ無敵に近い能力らしいけど、美穂子さんはパソコンができないから意味ない上に、逆にオカルト天国&打牌時間制限が緩いリアル麻雀じゃ大して有用なスキルじゃなさそうだし」

憧「何よりも、もう自分の出番が終わった段階で覚醒しても、冷し透華の設定なみに意味ないじゃん。先鋒戦が始まる前にイベントが発生してればまた話は違ったけど」

穏乃「けど美穂子さんにはこの後個人戦もあるのだから、一つでも引出しが増えるのは悪いことじゃないんじゃない?(もっともこのスキル一つであのチャンピオンをどうこう出来るとは到底思えないけど。和も普通に力負けしていたし)」

キャプテン「ふうっ」ヒュン(アナログ天使ミッポが消失)

憧「やっと美穂子が我に返った・・・・・・って、あたしの出番はもうすぐじゃない。そろそろ会場に向かわないと」

穏乃「頑張ってね、憧」

キャプテン「憧さん、副将戦の面々に関しては判ってますね?」

憧「もちろんよ、美穂子。白糸台の釣師の理牌データは既に登録済みだし、それと清澄の部長は牌が見えるようになるまでは、現物以外はタブーだったよね?」

キャプテン「はい、この大会では上埜・・・いえ竹井さんの悪待ちは不発に終わるケースが多かったので、一部から甘く見積もられているようですが、だからこそ決して侮らないでください」

キャプテン「それとこれはアドバイスになってないかもしれないですが、可能なら臨海の下家に座るのは避けた方が無難です」

憧「(くすっ)確かにアドバイスになってないけど、美穂子が何を言いたいかは分かっているつもり。それじゃ皆、行ってくるね」バタン

玄「憧ちゃん、頑張ってね」

キャプテン「さてと、それじゃ私たちの方も続きを始めますか」

穏乃「一応和了れるようになったから最低ノルマは達成したと思いますけど、まだ続けるのですか?」

キャプテン「はい、折角新しい能力に目覚めたことですし、色々と試してみたいと考えています。だから、これからは特に時間制限なしで普通に打つつもりですが、玄さん、宜しいですか?」

玄「うん、そういうことなら、ドラゴンさんも復活したことだし、美穂子さんにも高速飛竜モードを体験させてあける(どやっ)」(がおー)(ぐるるっ)(ぎゃーす)

灼「美穂子さん、私も卓に混ざっていいですか? 今はとにかく打ちたい気分です」うずうず

レジェンド「ほーう、灼がやる気になるとな。なら、私も胸を貸してやらねばな」

みはるん「なら私と穏乃さんが抜けるということで」

穏乃「うーん、もうちょい身体暖めておきたかったけど、次は私の番だし休めておいた方がいいか」

キャプテン「それでは始めましょうか」ふわっ(アナログ天使ミッポ再降臨)
608 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 00:03:01.04 ID:iIwdyyUr0
福与アナ「さーて、続々と副将の選手が試合場に集まりつつあります。解説の小鍛冶プロ。ここにきてようやく阿知賀の連勝がストップして、王者白糸台が盛り返しましたね」

すこやん「そうですが、私としては臨海が着実にトップとの差を詰めているのか気になります。阿知賀は基本的に強い順にオーダーしているのに対して、臨海は後半にいくほど強力になる新道寺スタイルですから、大将戦終了までに点数が交差する可能性は高いです」

福与アナ「逆に一校沈み状態に落ち込んだ清澄は、ここからの逆転は厳しいでしょうか? もちろん、どんな点数状況でも最後まで諦めることはないと思いますが」

すこやん「このインターハイでは副将開始地点でトップと15万点差もあった最下位のチームが大将戦半ばには順位がそっくり入れ替わるなどという大逆転劇もありましたから、本当に何が起きるかは誰にも分からないと思います」

―――――――――――――

憧(先に到着してるのは清澄と白糸台。やっぱり二人とも並んで座っている。となるとあたしはネリーの上家か下家の二者択一ってわけか)ヒョイ(場決めの牌を捲る)

憧「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(牌は南。残りは東だけだから美穂子が危惧通りにネリーの下家。和なら偶然と見做すだろうけど!?」バタン(扉が開く音に振り返る)

ネリー「おー、予定通した通りの配置だね」ヒョイ(態とらしく残りの牌を捲ってから卓につく)

憧「(予定通りか・・・。やはりこの席順はこの子の支配能力の一因・・・!)って、何で袖を捲っているのよ? そんなにエアコン寒い?」

ネリー「んっー? いやー、こうしておかないと後でクレームをつけられそうだからさ」ギュッ(臨海の制服の手首が隠れそうな程の長袖を肘の付け根で結ぶ)
 
憧(クレーム? そういえば準決勝の副将戦でも一時試合が中断する騒ぎがあったけど、まさか白糸台の大星淡みたいな妙な暗示スキルでも使うわけ?)

亦野さん「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ババア「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

―――――――――――――

福与アナ「さあ、アンカーの大将へと最後のバトンを引き渡す重要な役割を担う繋ぎの選手たちによる副将戦を始めますが、その前に各校の出場選手を紹介します」

福与アナ「白糸台副将は『フィッシャー』亦野誠子。渋谷選手と同じく今年のインターハイからレギュラーに起用された二年生コンビの一角で、他家の牌を自由自在に釣り上げます」

福与アナ「臨海女子副将は『運命奏者(フェイタライザー)』ネリー・ヴィルサラーゼ。去年の世界ジュニアで優勝した臨海の三人の特待生の一人で宮永照と同じ上級にランクされる魔物です。一説では時折見せる鳴きによって場の流れをコントロールする龍門渕の井上選手の上位互換とも噂されています」

福与アナ「清澄副将は『悪待ちのトリックスター』竹井久。能力者分析が活発になった昨今、各校から徹底した悪待ち対策に合い苦戦を強いられていますが、それでもほとんどの試合でプラス収支の地力の高さを誇ります」

福与アナ「最後の阿知賀女子副将は新子憧。阿知賀の中では数少ない中学時代の経歴持ちで、今年は一年生ながら奈良個人戦代表に選ばれるほどの急成長を遂げました。キャプテンの福路選手から伝授されたウオッチャーのスキル持ちとはいえ、中堅戦で猛威を振るった眷属が跋扈するこの卓でどのように戦うのか注目しましょう」

福与アナ「全国決勝の副将戦はこの四人によって競われます。場決めが終わりいよいよ開局です」

全国決勝副将戦 前半

亦野さん「よろしくお願いします(予想していた通りネリーの上家になったか。まあ、私は副露主体だからあまり関係ないがな)」

ババア「よろしく(トップの阿知賀とは十万点差ね。そういえば、その腹黒キャプテンさんが副将の一年坊の実力に太鼓判を押していたけど、性悪運命奏者の下家でどれほど抗えるのかお手並み拝見といきましょうか)」

憧「よしろくお願いしまーす」チラリ

ネリー「♪♪♪」

憧(ネリー・ヴィルサラーゼ。小学生みたいなナリしているけど、去年あたしと同じ14歳でU18の世界ジュニア大会で優勝。単純なタイトルの格なら日本チャンプの宮永照よりも上で、既にプロ転向した雀明華を除けばアマチュア最強ということになる『世界一強い子供』)ゴクリ

憧(かくいうあたしはネリーがユース世代の頂点に立った時には、日本の中学の県大会ベスト16が精一杯。あまりに立ち位置が違いすぎ・・・・・・ううん、しずにも宣言したじゃない。胸を借りる立場なのは確かだけど、同じ舞台で戦う以上は対等だって)ブルンブルン(首を振る)

憧(そう、あたしだって今年は奈良個人戦3位で県代表にも選ばれたんだ。臆するな、あたし。美穂子から受け継いだあたしの全てをこの世界チャンプにぶつけるんだ)メラッ(目に炎が灯る)

ネリー「よろしくねー(おーおー、阿知賀の子、目から炎なんか出しちゃって燃えてるね。いーね、そうやって麻雀に熱くなれるなんて、実に羨ましいよ(くすっ))」
609 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 00:04:17.85 ID:iIwdyyUr0
前半 東1局 親 新子 ドラ四

東家・憧手配 四五【5】56AABEF東西白発

憧(よっし、四向聴だけど全部順子で伸びるから、七対子の二向聴よりもよほど良形。開局からツイてる)ポイッ(西捨て)

4巡目

東家・憧手配 四五六【5】567AAB【D】EF 次ツモ七

憧(ツモも好調。こういう時は小細工はいらない。真っ直ぐに手を進めるだけよ)ポイっ(5捨て)

北家・ネリー手配 三七九1236ABHH北北

ネリー(うーん、阿知賀が調子良さそうだね。『今のツモ順』だと私のスキルを有効に活かせないけど、上手く鳴けるかな?)

ババア「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(北捨て)

亦野さん「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイっ(@捨て)

ネリー「チー」@を吃して6捨て

福与アナ「ネリー選手、上家の亦野選手から副露。明らかなチャンタ狙いですが、それなら何故竹井選手の北をポンしなかったのでしょうか?」

すこやん「理由は分かりませんが、ネリー選手は対面からの副露が少ないのは有名です。そしてネリー選手が鳴いた時は場の流れが大きく変化すると専らの評判です」

憧(あたしのツモ前で鳴かれるとか何か嫌な感じよね。もしかして、これからあたしの手が滞ったりするの?)

東家・憧手配 四五六七【5】67AAB【D】EF 次ツモ三

憧(拍子抜けするぐらい、あっさり聴牌した。それもタンピンドラ3の三面張で高め三色と絶好の所。龍門渕と練習試合した時に井上純の亜空間殺法に随分と苦しめられたから、もしやと警戒したけど気の回しすぎか)

憧「(いずれにしてもここはイケイケで攻めるべきよね)リーチ!」ポイ(B捨て)

東家・憧手配 三四五六七【5】67AA【D】EF (二−五−八の三面待ち)


憧(これで安目の八を引かない限りは、裏が乗らなくてもほぼ親倍確定の大物手。鳴きが入らなければ、まずツモれる流れの筈)

ババア(流石にこの局は捨てか)ポイっ(現物の白)

亦野さん(トップの阿知賀の先制リーチ。潰したい所だけど、鳴ける牌がない)ポイッ(同じく白を合わせ打ち)

憧(よし! これで後は臨海が妙な真似しなければ)

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(牌を入れ換えて北捨て)

憧(乗り切った。この流れなら・・・えっ?)

東家・憧手配 四五六七【5】67AAB【D】EF 次ツモ西

憧(いけると思ったんだけどな。まあ次で引けるでしょ)ポイ(西をツモ切り)

7巡目

憧(おかしい。あれからずっと無駄ヅモが続いてる。リーチしてから急に流れが変わったような。今度は惜しくも隣の牌か!?)ポイっ(一をツモ切り)

ネリー「ロン、純チャン三色の3900。チャンタって労力の割には一度でも鳴くと本当に泣けるぐらい安いよね(くすっ)」

北家・ネリー手配 二三七八九123HH《@AB》 (一−四の両面待ち(実質一のみ)

憧「はい(今のギャグのつもり? というか、リーチを掛けてからあたしの和了牌の二と八が臨海に流れたみたいだけど、これって単なる偶然?)」
610 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/03(日) 00:05:28.71 ID:iIwdyyUr0
前半 東2局 親 竹井 ドラ中

北家・憧手配 二六七124FG南北中中中 次ツモE

憧「よしっ、また中ドラ3の大物手。流れはまだ途切れていないみたいだから、今度こそ」南捨て

6巡目

北家・憧手配 六七九123FG北北中中中 次ツモ発

憧(また一向聴から手が凍っている。今度は誰も鳴いてすらいないから、流れが変わる要因はない筈なんだけど)発をツモ切り

7巡目

ネリー「ツモ、七対子ツモドラ1で3200、1600」

西家・ネリー手配 五【五】八八33EEHH東西西 次ツモ東

憧(また臨海の和了。しかも一度も牌をツモ切らずに、全て手出しで牌を入れ換えているから、ネリーのツモは全て有効牌だったことになる)チラリ

ネリーの捨牌の河 一7発南B九

西家・ネリー手配 一【五】八九37BEH東南西発 (配牌時予想図)

憧(つまりこんな形の七対子六向聴のゴミ手から最短で聴牌した? しかも五、八、E、Hとあたしの有効牌を大量にツモっていることになる)

憧(これが偶然である筈はない。こいつはチャンピオン宮永照と同じ上級魔物。そういえばこの娘のツモ番になる都度、あたしの流れが失速するような錯覚を覚えるけど・・・・・・って、もしかして、これが運命奏者(フェイタライザー)?)

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ゴゴゴー

憧(純真無垢な園児みたいな円らな瞳をしてるけど、本性は紛れもなく魔性の者(まもの)。この娘、一体何を操作しているの?)

臨海控え室

辻垣内「さっそくトップの阿知賀がネリーの支配に取り込まれたようやな」

ダヴァン「そうですね。ネリーさんと卓を囲んだ場合、上家は0%、対面は50%、そして下家は100%の確率で殺されマス」ブルルッ

ハオ「副露が五月蝿そうな白糸台は運良く安全圏を確保しましたが、トップの阿知賀は案の定、鬼門に配置されまーしたね。同じ上級魔物の天江衣さえ焼き鳥にしたネリーさんの下家に座らされて、福路の下位互換にすぎない新子憧はどう対処しますかね?」

ダヴァン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

辻垣内(下位互換か。ダヴァンにとっては色々とキツイ言葉やろうな)

ハオ「それにしても相変わらずネリーさんの配牌は安定しまーせんね。さっきも七対子の六向聴と平和手の八向聴よりも酷い手が入りましたからね」

明華「まあ、それは仕方がないでしょう。ネリーは変わり種の魔物ですからね。通常、私たち魔物や眷属の支配競争はまず配牌から始まりますが、ネリーはそこには一切参加しません」

辻垣内「同じ上級魔物の宮永照はその圧倒的な支配力で場を制圧して、配牌を二向聴スタート、しかも1/2の高確率で有効牌を引くとかいう鬼畜性能なんだよな? そりゃ、ほとんど6巡以内に和了わけや」

ハオ「ネリーさんは一見、麻雀に対して厭世的に思われまーすが、あれで結構勝負の過程を楽しんでまーすからね。だから配牌は分からない方が手を作る楽しみが増えるというのが、魔物の『ツミコミ合戦』からドロップアウトした理由だそうでーすよ」

明華「私の風牌。宮永咲の王牌、または松実玄のドラなど、魔物や眷属は各々得意とする支配域は全て異なりますが、その中でもネリーの『トリック・オア・トリート』はかなり特殊な領域(テリトリー)ですからね。もっとも仕組みに気づいた所で眷属ですらない新子憧に止める術があるとも思えませんが」
611 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 00:23:57.79 ID:v6WL3MbKo
乙、臨海の能力は一人一人ちゃんと考えられていて面白いな
612 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/03(日) 19:40:48.46 ID:dfvpQiTJ0
最後のセリフで突破フラグが立った……のか?
613 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/04(月) 20:33:21.48 ID:PsDl8reko
おつ
614 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/05(火) 00:01:24.28 ID:NnwSgLgo0
ババア(あっさりとあたしの親が流された。性悪運命奏者の手の内は準決勝で把握したつもりだけど、そろそろエンジンかけていかないと不味いかもね)

亦野さん(序盤は様子見に徹したが、やはりネリーの上家はセーフティーゾーンのようだ。次は私の親番だし何時ものように積極的に仕掛けていくか)

憧(このまま漠然と打っていたら、この娘の術中から抜け出せない気がする。まだ牌の色も見えてないことだし、あたしのスタイルじゃないけど、少し“見”にまわってみる)

ネリー「♪♪♪」

前半 東3局 親 亦野 ドラ八

憧(あたしの姿勢に示し合わせたかのように七対子でも五向聴のクズ手。けど、これでネリーの観察の局と割り切れる)

亦野さん「ポン!」フィッシュ!(ネリーから白を碰)

憧(ネリーに水を引っ掛けながら牌を釣り上げていった(汗)。あまりこの人に鳴かしたくないな・・・・・・あれっ?)

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・」むすーっ

憧(頬をハムスターみたいに膨らまして不機嫌になってる? やはり顔に水を浴びせられたのに腹を立てているの・・・って、んな訳ないか(苦笑))

亦野さん「チー!」フィッシュ!(ババアから九を吃)

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」パアアッ

憧(今度は爛々と瞳を輝かせている? 好手が入るとお口の形が「ω」になるしず並みに感情表現が判りやすい子みたいだけど、さっきの副露と何が違うの?)

亦野さん「ポン!」フィッシュ!(再びババアからAを碰)

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・」むすーっ

憧(??? また不機嫌になった。まさかポンとチーで違いがあるとも思えないし、本当に何に反応しているんだろ?)

憧(いずにれしても、亦野誠子は3副露から必ず5巡以内に和了牌を引く眷属だっけ? 灼や渋谷尭深みたいな役満系能力者に比べたら微妙な能力な気がするけど、この局は止められないか)

亦野さん「ツモ、白ドラ2で2000オール」フィッシュ!

東家・亦野手配 3【5】西西《七八九》《AAA》《白白白》 次ツモ4

憧(今のツモで二位の白糸台に少し差を詰められた。けど、フィッシャーさんの色は見えてるから大丈夫)

亦野さん(よし、世界チャンプか知らないが、同じ留学生のハオに尭深があれだけ健闘したんだ。私だってやってやれない筈はない)

ネリー((ふー)やっぱり鳴き好きが場に多いと『ツモ順』がズレ捲くるからヤダねー。特に上家には私の支配力は及ばないからね)

ババア(先鋒戦ほどじゃないけど、かなりのスピード卓。やっぱり鳴き面子相手に面前主体のあたしじゃスピード勝負は分が悪いわね。何時も通り一撃に賭けるしかないか)

前半 東3局1本場 親 亦野 ドラB

憧(今度もクズ手という程じゃないけど、やっぱり四向聴の平凡な手。ネリーの動きに注目・・・・・・えっ!?)パチクリ

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(本来のツモ牌の隣の牌をツモる)

憧((ゴシゴシ)今のは目の錯覚? 隣にある清澄の牌をツモったような? まさかね。イカサマ防止に厳重に複数のカメラが配備された対局ルームで『手品』なんかできる筈はない)ツモ切り

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(本来のツモ牌の下の牌をツモる)

憧(! 錯覚じゃない。今度はあたしの牌をすり替えた。そういえば、妙に流れが途切れると時があると思ったけど、もしかしてこの娘があたしの有効牌を掠めていたから?)

憧(けど、どうして本来あたしがツモる牌が有効牌だと・・・って、馬鹿馬鹿しい。こいつ魔物じゃない。美穂子の話じゃ魔物は眷属と違って支配した牌の一部を見通せるみたいだから、別に何も不思議はない)

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(本来のツモ牌を普通にツモる)

憧(今度は普通に自分の牌をツモったけど、全国ネットの大舞台で白昼堂々とイカサマするとか良い度胸というよりふざけてる。もし次やったら、手を掴んで証拠を抑えてやる)ギラリ
615 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/05(火) 00:02:32.28 ID:NnwSgLgo0
ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(本来のツモ牌の下の牌をツモる)

憧(! またやった! けど、今度は見逃さない)ガシッ(ネリーの手首を掴む)

亦野さん(何だ!?)

ババア「・・・・・・・・・(あちゃー、お手つきしちゃったわね、腹黒キャプテンの一番弟子さん)」

ネリー「・・・・・・何? 試合進行の邪魔なんだけど?」

憧「あんた、今あたしの牌と自分の牌をすり替えたでしょ?」

ネリー「(キョトン)??? 何のことかな?」

憧「惚けないでよ! あたし、見ていたのよ。さっきから自分以外の牌を頻繁にツモって・・・て、審判さん。こいつ、イカサマ・・・・・・」

審判「(ふーう)やれやれ、またその指摘ですか?」

憧「へっ? また?」

審判「昨日の準決勝でも姫松高校の愛宕絹江選手から全く同様の指摘がなられました。また私が担当した試合ではないですが、東東京予選決勝でも似たような騒ぎがあったようですね」

憧(えっ? そういえば皆でホテルでTV観戦していた時に、あたしがトイレに行った間に準決勝副将戦で試合を中断するトラブルがあったってしずから聞いたけど、コレがそれ?)

審判「学生同士が日頃の鍛練の成果を競い合うインターハイの、ましてや頂点の決勝戦で不正などあってはならないことです。云うまでもありませんが、不正防止には万全の体制を敷いています」パッ(後部の大型スクリーンに対局中の画面が映る)

審判「この対局ルームには大小30個のカメラが死角なしに取り付けられています。先程のヴィルサラーゼ選手のツモシーンを400倍ズームで1/100秒単位のコマ送りでスロー再生してみましょう」ポチっ(リモコンを押す)

映像ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(本来のツモ牌をツモる)

憧(! そ・・・そんな、普通に自分の牌をツモっている? しかも、きっちりと牌の中央を親指と人指し指で摘んでいて、ツモ牌以外には掠ってすらいない)

審判「では念の為にここまでのヴィルサラーゼ選手の全てのツモの瞬間を連続再生してみます」ポチっ(リモコンを押す)

憧(本当に一体どうなってるの? ここまでの24回のツモで、全部自分の牌を完璧にツモっている。アレは本当に単なる目の錯覚だったわけ?)

審判「納得してもらえましたか?」

憧「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ネリー「(ぐすっ)私が手癖の悪い卑しい子だから、こんな誤解を受けるんだと思います。今だから告白しますけど、私は商店からパンを盗んだことがあります」

ネリー「(ぐすっ、ぐすっ)泥棒は神様がお許しにならない悪いことだと分かっていましたが、内戦で街がスラム化して一週間飲まず喰わずで盗らなきゃ飢え死ぬと思ったからです。けど罪人は永遠に咎人がら抜け出せないのなら、私はあの時綺麗な心のまま死んでいた方が良かったのでしょうか?」

憧「(あせっ)あ・・・あの、ごめんなさい。あたしはそういうつもりじゃ・・・」

審判「ヴィルサラーゼ選手。境遇には同情しますが、今はインターハイの試合中ですので懺悔は後ほど教会でお願いします。それと新子選手。今回は不問に処しますが、次回も同じ指摘をしてカメラに何の証拠も残されていない時はあなたにチョンボ罰符を課しますので、不正の指摘には相応の覚悟をもって臨むように」

憧「(しゅん)分かりました」

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ベー(俯きながら軽く舌を出す)
616 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/05(火) 00:05:24.59 ID:NnwSgLgo0
臨海控え室

ハオ「姫松に続いて今度は阿知賀からクレームがつきまーしたね。やっぱり勘の良い娘はネリーさんが何をしているか『視えて』しまうみたいでーすね」

明華「ネリーが行っているのは、すり替えであってすり替えではありません。というかこの大会中、一部の魔物や眷属が平然と行ってきた所業ですが、オカルトを前提にしない現行の不正防止システムでは発見は不可能でしょう」

(東3局1本場のネリーのツモから試合再開)

憧(何か釈然としないけど、アレは本当にあたしの見間違いだったのかしら? けど、カメラには何も映っていなかったし・・・・・・って!?)

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・」ヒョイ(本来のツモ牌の隣の牌をツモる)

憧「(しょ・・・性懲りもなくまた・・・・・・って、駄目よ、あたし。もしカメラに証拠が残ってなかったら、今度は8000点のチョンボ罰付を取られる。堪えろ!)ふきゅっ」慌てて口を抑えたので変な声を漏れる。

憧(けど準決勝であたしと同じ指摘をした姫松の愛宕妹は、確か前半後半通じてネリーの下家でボロ負けした筈。先鋒戦の不発弾の役満直撃のお蔭で副将戦開始前までは姫松がトップだったから潰されたのだろうけど、これが偶然とは思えない。既存のイカサマ対策じゃ見抜けないだけで、ネリーは絶対に何らかの牌操作をしている)

亦野さん「ポン(阿知賀のクレーム騒ぎでテンポが乱れたが、これで二副露。私の領域まで後一つ)」三捨て

東家・亦野手配 二二四四BBC《666》《GGG》

ネリー(えーと、白糸台の能力は確か三副露してから、ツモ和了まで最長で5巡もかかるんだっけ? 天江衣のハイテイ程じゃないけど随分と悠長な奥義だね(くすっ))

南家・ネリー手配 【5】56677BCC発発南南 ツモ南

ネリー(今回は良いツモ順だから、悪いけどそんなに待ってはいられないよ。さてCを捨てて両面で待った方が和了牌が多いけど、フィッシャーの能力的に単牌のBは亦野の有効牌の確率が高いんだよね)

ネリー(なら、案外隣の牌を抱えてるかもしれないし、こっちで待った方が出和了できるかもね。警戒されないようにリーチはかけないで)B捨て

亦野さん「ポン(良し、これでフラグクリア。タンヤオトイトイドラ2で上手くドラの方を引ければ親っ跳だ)」Bを碰して迷わずC捨て

東家・亦野手配 二二四四BB《666》《GGG》 (二−四の両碰待ち)

ネリー「ロン、南一盃口ドラ1で50符3飜の6400の1本場は6700。悪いねー(明華のデータ通りだ。白糸台の亦野は能力に頼りきってるせいか、守りが薄いよ(くすっ))」

南家・ネリー手配 【5】56677CC発発南南南 (C−発の両碰待ち)

亦野さん(なっ!? 両面でなく両碰の待ち自体は、発なら1飜つくことを考えればそこまで不自然じゃないが、あの手でリーチをかけない? まさか私に聴牌を悟られないように自重していたとしたら、完全に狙われていた?)

ネリー「さあ、今度は私の親だねー♪」ピピッ(賽をまわす)
617 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/05(火) 00:06:28.62 ID:NnwSgLgo0
前半 東4局 親 ヴィルサラーゼ ドラ@

南家・憧手配 六七八2378CD西西南北 次ツモ白

憧(高くはないけど、平和二向聴の軽くて早い手。ネリーの親番を流すにはもってこい・・・えっ?)チラリ

憧視点:
東家・ネリー手配 赤赤赤緑緑緑青青黒黒黒黒黒

憧(もうネリーの色が見えるようになった・・・って、それも当然か。理牌崩しみたいな極端なウォッチャー対策はしなくても、普通は局が進む中で焦らず整理していくものだけど、この子、理牌に関してはかなり無頓着で、配牌時から綺麗に並べ替えてるし)

憧(あたしのスキルは承知の筈なのに、もしかして舐められてる? まあチャンスには違いないか。1巡目から役牌を捨ててる所からして、そこまで早い手じゃなさそうだし、この局はあたしの方が先んじれる筈)北捨て

5巡目

憧(開局からずっと二向聴のまま手が凍っている。それに・・・)チラリ

ネリー「リーチ!」八捨て

憧視点:
東家・ネリー手配 赤赤緑緑緑緑青青黒黒黒黒黒

憧(まず間違いなく七対子。また全て牌を入れ換えていたから無駄ツモなしで最短で聴牌したことになる。平和の二向聴の好形が七対子五向聴の屑手にスピード負けするとか、デジタル的に物凄く納得いかないんだけど)

憧(けど、字牌以外は安牌なのは確実。こうして色が見えた以上は振り込みは簡単に避けられる)安牌の二をツモ切り

亦野さん「ポン!」二を碰して現物の発捨て

亦野さん(今更鳴いても追い付けるとは思えないが、これで少しはツモの流れが変わる筈。その間に阿知賀が聴牌すれば・・・・・・えっ?)

ネリー((くすっ)残念だけど対面からの副露だと、私の『ツモ順』は変わらない。だから一発が消えたとはいえ、普通の三倍の効率で有効牌を引ける)

ネリー「ツモ、リーチ七対子ツモで3200オール」

東家・ネリー手配 三三1166EE東東北北白 次ツモ白

憧(! やっぱりあたしの有効牌の1、6、Eをツモっている。けど、理牌がユルユルな理由が分かった。別に舐めているわけじゃなくて、基本的にこの子はあたしの振り込みになんか期待してないんだ。自分でツモれるから)

ネリー「さあ、これで1本場だね。どんどんいくよー♪」ピピッ(賽をまわす)

(前半東4局終了までの途中経過)
阿知賀 135600(−11700)
白糸台 111500(−5500)
臨海  109500(+25600)
清澄   43400(−8400)

憧(中堅戦に続いてまた序盤は臨海のターンか。ネリーの能力はまだ良く分からないけど、この子はあたしの流れを取り込んで、自分の力に変えてるような気がする。何とかしないと準決勝の愛宕絹江みたいにこの場所で封殺される)
618 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/05(火) 10:42:06.56 ID:axaGF3xx0
ネリーがやってる事、某有名麻雀漫画で見た事があるような…
(ネリーの方がすり替えれる枚数多いしイカサマじゃなくオカルトだけど)
って事はネリーのオカルトを止める方法はあれか……
619 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/05(火) 16:25:35.92 ID:h9ssHlvDO

やべえ面白くなってきた
620 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/08(金) 00:02:17.90 ID:mRIXUoiO0
前半 東4局1本場 親 ヴィルサラーゼ ドラ4

憧視点:
東家・ネリー手配 赤赤緑緑緑緑緑緑緑青黒黒黒黒

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ポイっ(いきなりD捨て)

憧(あの色の偏りから迷わず筒子の中張牌を捨てるとか、間違いなく索子の混一手。面前でドラに役牌が絡めば親っ跳は確実。どうしよう? あたしの手は五向聴だし、これじゃ勝負に・・・)チラリ

憧視点:
北家・亦野手配 赤赤赤緑緑青青青青黒黒黒黒

憧(落ち着け、あたしは美穂子の一番弟子よ。こういう自分がにっちもさっちもいかない場合、美穂子なら)ポイ(北捨て)

亦野さん「ポン!」フィッシュ!(憧から北を碰)

亦野さん「ポン!」フィッシュ!(憧から二を碰)

亦野さん「ポン!」フィッシュ!(憧から9を碰)

北家・亦野手配 CCCD三《二二二》《999》《北北北》

亦野さん(阿知賀の他家支援は準決勝では手を焼かされたが、こういう時は頼りになる。これでドラの【D】をひけば、トイトイ北赤1で満貫)三捨て

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイっ(牌を入れ換えて八捨て)

憧「!」ポイっ(同じく牌を入れ換えてE捨て)

亦野さん(ちっ、阿知賀の『押し売り』は最後に必ず余計な牌の購入を強いるんだよな。だが既に私の領域に入っている以上、無視しても平均3巡でツモれ・・・・・・・・・!)

亦野さん(待てよ、再安目とはいえなぜ態々ロン牌を切る? 私に満貫をツモ和了られても、子の阿知賀の支払いは2000点だから大して変わらない筈。まさか・・・)

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ゴゴゴ・・・

東家・ネリー手配 22234【5】67西西発発発 (258西の四面待ち)

亦野さん「ロン、北のみ1000の1本場は1300(もしネリーがまたダマ聴していたらまず3巡と持たない。満貫は惜しいが危険な臨海の親を流せたと割り切ろう)」

憧(準決勝で点棒度外視で他家を動かす術を学習した甲斐あって、何とか上手く凌げたけど、顔中に水を浴びせられて髪までビショビショ)ザバアー

ネリー(ちぇっ、警戒されないようにダマで構えたのに、良い勘してるなー)

福与アナ「新子選手、まるで福路選手を思わせるような他家利用で、親っ跳確実の臨海の親を見事に蹴らしました」

すこやん「確かに今のは最善の選択でしたが、本来速攻を得意とする新子選手がまだ一度も和了れていません。次の親番でネリー選手の支配下から脱せるのか注目しましょう」
621 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/08(金) 00:03:28.21 ID:mRIXUoiO0
前半 南1局 親 新子 ドラE

東家・憧手配 一四五3378EEF東西発発

憧(あたしの親。ドラと役確定の発が対子と悪くないけど、普通に手を進めたら、またネリーに封じられる。ここは・・・)一捨て

―――――――――――――

憧「ポン!」発を碰して西捨て

東家・憧手配 四五3478EEF東《発発発》

憧(よし、これが本来のあたしのスタイルの鳴き麻雀。ネリーの牌操作で有効牌がツモれないのなら、他家から掻き集めればいい。おまけにネリーのツモ番も飛ばせて一石二鳥・・・!)

亦野さん「ポン!」フィッシュ!(西を碰)

憧(そういえばこの人もいたんだ。今回は支援する気はないのに、あたしの不要牌を勝手に釣り上げてネリーにツモ番をまわすとか、予め席順が臨海に有利なように仕組まれている)

臨海控え室

明華「運命奏者(フェイタライザー)と呼ばれるネリーの能力は大きく分けて二つ。一つは自由に席決め可能なB級スキル『椅子取り遊戯(フルーツバスケット)』。この因果律スキルでネリーは自分にとって最も手強い相手を下家に、与しやすいと思う雑魚を上家に配置します」

辻垣内「今回は単純にトップの阿知賀を削りたいから新子を下家に、亦野は副露が五月蝿そうだから上家に置いたみたいやな。思惑通りに亦野が鳴く度に直ぐに自分のツモ番がまわってくる」

ハオ「鳴き好きの上家と下家ではツモ回数の期待値が天と地でーす。席順は時に勝敗そのものを決する重大な要素ですから、フルーツバスケットは地味ながら有益なスキルでーす」

北家・ネリー手配 二八八59@BH南南北中中

ネリー視点:
本来のツモ牌:白 真下の憧の牌:六 隣のババアの牌:二

ネリー(えーと、私が欲しいのは清澄の二だけど、六は阿知賀の有効牌ぽいっから、私の白をプレゼントしてあげよう(くすっ))トリック・オア・トリート?(H捨て)

憧(くっ、また不要牌)ポイッ(白をツモ切り)

明華「そしてもう一つがS級スキル『有効牌をくれなきゃ悪戯しちゃうぞ(トリック・オア・トリート)』です。所謂魔物特有の牌の上書きで、宮永照が鳴きでズラされても和了牌を引けるのもこのオカルト技術の賜物ですし、この決勝でも清澄の片岡優希が何度も再現してみせましたね」

ハオ「他にも同じ清澄の原村和が妙な因果律スキルで、国士の和了牌を避ける為に中張牌に上書きして、不要な公九牌を辻垣内さんに送り込んでいましたーね?」

辻垣内「やめーい、不名誉称号を授かった時のことまで思い出してしまったわ(ずーん)」

明華「ダヴァンさんの『剛拳』や宮守女子の臼沢塞の『防塞』も同じ原理ですから、上書き能力自体は眷属はおろか背伸びすれば一般人でも可能ですので、そこまで珍しい現象ではありません。問題はネリーの得意領域。ネリーの支配する場所は自分のツモ牌+(1〜2)牌」

明華「ネリーは上ツモの時は、本来の自分の牌と真下にある下家の牌さらには隣にある対面の3つの牌の中身を自由に書き換えられます。逆に下ツモの時は、本来の自分の牌と隣上の下家の牌の二つだけですが」

辻垣内「つまり上ツモの時は従来の三倍、下ツモでも二倍の高確率で有効牌を引けるわけやな? だが、何で上ツモと下ツモで微妙に射程が異なるんや?」

明華「物理的にもすり替え可能な牌しか上書きできないという制約だからです。上ツモの場合、手品に熟練した者なら真下と隣の牌をすり替えるのは容易ですが、対面の牌が上に乗っかっている上家の牌を何の痕跡も残さずに替えるのは困難です」

明華「下ツモも同じことが言えますね。隣上の下家の牌はともかく、その下家の牌が乗っかっている対面の牌を他者に気づかれないようにすり替えるのは難しいでしょう」

亦野さん「チー!」

ネリー視点:
本来のツモ牌:九 隣上の憧の牌:東

ネリー((ムスッ)白糸台のチーでまた下ツモになった。どっちも私の不要牌だけど、東は阿知賀の有効牌かもしれないから嫌がらせで交換)トリック・オア・トリート?(東をツモ切り)

東家・憧手配 四五3378EEF東《発発発》 次ツモ九

憧(ううっ、ネリーの捨てた東が欲しかった・・・もうこの東も用済みか)ポイッ(東捨て)

ババア「・・・・・・・・・・・・」ポイッ(東をツモ切り)

憧(ぐっ、ネリーの東がツモれてたら、今のを鳴いてまた1飜プラスした上て手が進んだのに。臨海の下家だと本当に流れが停滞する)
622 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/08(金) 00:04:43.66 ID:mRIXUoiO0
辻垣内「なるほど。有効牌を必ず搾取される下家は100%殺され、上ツモの時だけ範囲内になる対面は50%、常に射程外の上家は0%の安全圏というわけか。なら、ネリーが時たま見せる場の流れをコントロールするかのような鳴きの正体は・・・」

明華「はい、ぶっちゃけると龍門渕の井上のように流れを変えているのでなく、単に自分のツモが上ツモになるように調整しているだけです。2牌よりも3牌から選べた方が必然的に手の進みが早くなりますからね。だから対面からの副露はツモの高低に影響を与えず無意味だからしません」

ハオ「とはいえ、ネリーさんが無理鳴きで高さを整えても、現在の卓面子だと直ぐにまた別の鳴きが入ってツモの高低がズレることが多いですから、些か遣り辛いでしょーね」

北家・ネリー手配 二二八八59@B南南北中中

ネリー視点:
本来のツモ牌:B 隣上の憧の牌:一

ネリー(今回は普通に有効牌がきたか)ポイッ(9捨て)

憧「チー(よし、これで一向聴まで手が進んだ)」9を吃して九捨て

東家・憧手配 四五33EEF《789》《発発発》

辻垣内「よーするにネリーの『トリック・オア・トリート』はダヴァンの『剛拳』を回数制限なしで毎巡打ち続けられるようなものか? そりゃほぼ無駄ヅモなしで手が進むわけや」

明華「何よりもツモ牌そのものがネリーの『得意領域』というのが最大の強みです。他の魔物や眷属に支配された牌もネリーがツモる際に自動的にネリーの支配下に権限が書き換えられますから、配牌のツミコミ競争に支配力を割かなくてもツモ時に横取りできます」

ハオ「実際に天江衣の一向聴地獄も簡単に突破しまーしたしね。ネリーが上書きできない牌は松実玄のドラか、後は私がシュレティンガーの法則で従来の牌を見当てられた時ぐらいでーすかね?」

ネリー視点:
本来のツモ牌:1 真下の憧の牌:三 隣のババアの牌:5

ネリー「(阿知賀の副露でまた上ツモに変化したから、鬼門の七対子一向聴もあっさり突破)リーチ!」トリック・オア・トリート?(@捨て)

北家・ネリー手配 二二八八55BB南南北中中 (北単騎待ち)

憧(臨海の先制リーチ。あと一つでこちらも聴牌できるのにまた無駄ヅモ)1をツモ切り

ババア「・・・・・・・・・・・・・・・」ポイッ(三をツモ切り)

憧(! あの三をあたしがツモるか下家のネリーが捨てたなら鳴けて聴牌したのに、まさかこれも運命奏者の掌の中?)

亦野さん(あと一副露及ばなかったか。もっとも鳴けた所でネリーのツモ和了を止められる気がまるでしないが・・・)安牌のH

辻垣内「牌の上書き自体検証が難しいのに、牌の上ツモと下ツモで効果範囲が違うとか、こういう物理的な制約は意外に盲点やから気づかれにくいやろうな」

明華「よしんば気づいたところで、どうにもならないのがネリーの能力の強みです。鳴きを駆使して仮に全て下ツモの最小被害で抑えたところで、通常の倍の高効率で有効牌を引けることも、下家が100%殺されることも何も変らないですからね」

ネリー視点:
本来のツモ牌:E 真下の憧の牌:3 隣のババアの牌:北

ネリー(やっぱり上ツモだと有効牌を引ける率が高いね。シャア専用じゃいけど、何しろ通常の三倍だからね(くすっ))

北家・ネリー手配 二二八八55BB南南北中中 次ツモ北

ネリー「リーチ一発ツモ七対子。裏は乗らなかったから残念ながら満貫だね」トリック・オア・トリート?

福与アナ「臨海のツモ和了で白糸台を抜いて再び単独二位に浮上。先鋒戦からずっと独走状態を続けてきた阿知賀の背中をも射程に捕らえました」

すこやん「やはり何らかの牌の偏りを起こせる眷属でないと、ネリー選手の支配に対抗するのは厳しいようですね。このままだと前半だけで首位が入れ替わる可能性もあります」

亦野さん(七対子のみ1600点のノミ手がリーチ一発ツモで満貫に化けるとか、まるで園城寺の1巡先だ。しかもネリーの場合は仮に鳴いて一発は防げても、宮永先輩みたいに簡単に和了牌を引けるみたいだから厄介極まりない)

憧(鳴きも含めて全力で全傾したのに聴牌にすら届かなかった。これがかつて美穂子が絶望した牌を支配する魔物と凡人の越えられない壁なの? ネリーの下家にいる以上はあたしにはどうにもできない?(愕然))

ババア(阿知賀の一年坊。所々に光る物はあったけど、性悪運命奏者を相手取るにはまだまだ経験不足だったみたいね。あたしを退屈させないとか、どうやら腹黒キャプテンさんの買い被りのようだけど、次はあたしの親番だし年季の違いというのを見せてあげますか)ポキポキ(背中の骨を鳴らす)
623 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/08(金) 22:45:01.33 ID:5joJOedwo
ババアとはひどいな
624 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/10(日) 00:01:04.49 ID:W+xEhFqU0
前半 南2局 親 竹井 ドラ5

東家・ババア手配 二三四四六八5AG西北北北白

ババア(白糸台の副露でツモ番を飛ばされまくって、中々聴牌にも辿り着けなかったけど、この局はいけそうね)ポイッ(G捨て)

―――――――――――――

亦野さん「ポン」フッシュ(Aを碰)

ババア(また飛ばされた。本当にイラつくけど、性悪運命奏者の下家で好き放題ツモ牌を弄ばれている阿知賀の一年坊よりはマシな境遇か)

東家・ババア手配 二三四四六八5A西西北北北 次ツモ七

ババア(よし、また有効牌。できれば混一。最低でもドラ5を絡めて高く仕上げる)ポイッ(A捨て)

―――――――――――――

東家・ババア手配 二三四四六七八5西西北北北 次ツモ@

ババア(おいおい、ここで@の方を引くか? 白糸台のA副露で用済みと思って捨てた途端に裏目るとか、本当にここ一番のあたしは『持ってない』けど、何度裏切られようともあたしはここでこの牌をツモった意味を信じる)ポイ(5捨て)

福与アナ「清澄の竹井選手。ドラの5を手離しましたが、Aが完全に種切れした後で@を残すとか、相変わらずフリーダムな闘牌ですね」

すこやん「この大会中、竹井選手の悪待ち傾向を把握されて不発に終わるケースが多いですが、だからこそ危険な予感がします」

南家・亦野手配 三四五六45G《AAA》《南南南》 次ツモ5

亦野さん(ドラの5。惜しいな。もう一巡早くツモれていたら、清澄の捨てた5を副露できた上で、私の領域に入れたのに)ポイッ(4捨て)

東家・ババア手配 @二三四四六七八西西北北北 次ツモ西

ババア「(聴牌したか。ならば迷うことなど何一つない)リーチ!」ポイッ(四捨て)

東家・ババア手配 @二三四六七八西西西北北北 (@の単騎待ち)

福与アナ「竹井選手、一−四でなく、@単騎に受けての得意の悪待ちリーチ。しかし四を自分が二枚使っていることを考慮すれば和了牌の期待値はそれほど変わらないとして、混一の3飜を捨てる意味はあるのでしょうか?」

すこやん(竹井選手は『別の場所』から今捨てた3飜分を回収するつもりなのでしょう。ネリー選手ほどではないですが、彼女の得意領域もかなり特殊ですから)

南家・亦野手配 三四五六55G《AAA》《南南南》 次ツモ@

亦野さん(親の先制リーチ。@は多分大丈夫だと思うけど、悪待ちが好きみたいだから、とりあえず現物で)ポイッ(現物のG)

憧(今までずっと沈黙していた清澄が動き出した)チラリ

ババアの捨て牌の河:G白8A5{立}三

憧(この人の色はまだ見えてないけど、普通に考えれば萬子の混一よね。いくら悪待ちが好みといっても、流石にこの@は通ると思うけど・・・・・・・・・!)

キャプテン「この大会では上埜・・・いえ竹井さんの悪待ちは不発に終わるケースが多かったので、一部から甘く見積もられているようですが、だからこそ決して侮らないでください」

憧(いけない、いけない。注意一秒怪我一生。美穂子はなぜか清澄の部長を意識しているみたいだし、警戒は怠ったら駄目よね。けど単騎待ちを前提にすると他に安牌は・・・・・・しょうがない。かなり勿体ないけど、現物のコレで)ポイッ(【5】捨て)

亦野さん「ポン!(まさかダブルドラを場に出るとは、これは見逃せない)」フィッシュ!(【5】を碰)
625 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/10(日) 00:01:39.01 ID:W+xEhFqU0
南家・亦野手配 三四五六@《55【5】》《AAA》《南南南》

亦野さん(これで私の領域に入ったから、後はこの@を通せばツモ和了れる。問題は清澄がリーチをかけたら現物で降りろと、弘世部長から忠告されていたことだが(うーん))

亦野さん(これが通ればダブ南ドラ4の跳満。ましてやAは四枚見えてるから完全な単騎待ち。いくら悪待ち好きとはいえ、ここで待つか?)

亦野さん(そうだ。待ちもそうだが、点数的にも普通に混一を狙う筈。今の副露で一発も消えたし変則待ちなら役が絡まないから、親とはいえ振った所で大して高くない。期待値的にここは勝負にでないと損だ)ポイっ(@捨て)

ババア「(ニヤリ)悪いが通らないな。ロンだ、白糸台」

東家・ババア手配 @二三四六七八西西西北北北 (@の単騎待ち)

亦野さん(クレイジーだな。まさか本当に混一を捨ててこんなゴミ手に構えたのか。けど、これならリーチのみ50符1飜で2400点)

ババア「おいおい、何か忘れないか? 裏ドラだよ」ヒョイ(裏ドラは北)

ババア「リーチ、ドラ3で12000」

亦野さん(なっ!? 南は4枚場に見えて西を三枚自分で使っているから、たった一枚の西が裏に潜んでいて、ピンポイントに暗刻の北が裏ドラに化けた?)

憧(自重して良かったけど、何なのこの人? もし狙って裏を乗せたのなら、裏ドラに関しては玄なみのドラ爆体質ってことになるじゃない)

福与アナ「ついに清澄竹井の悪待ちが炸裂。ツモで削られ続けたマイナス収支を、たった一発で帳消しにしました」

すこやん「不発続きで和了れた実績がなかったからこそ、悪待ち傾向は流布しても裏ドラに関する恐さまでは伝わらずに、亦野選手は振っても安いと侮って勝負に出てしまったようですね」

―――――――――――――

ネリー(ふーん、あれが竹井久のA級スキル『復讐者(アヴェンジャー)』か。明華の報告だと確か悪待ちすると和了牌と裏ドラに恵まれるみたいだけど、生で見ると確かに脅威だね)

ネリー(それにしても高校で和了った実績が少ないから、態々インターミドルの時の記録を掘り起こしてくるとか、明華は魔物の癖に事前調査が徹底してるよね(くすっ)。中学時は名字が異なっていたから探り当てるのに苦労したとかブツクサ言っていたけど、折角チームメイトが情報をくれたのだから、竹井の親はさっさと断っておくか)

前半 南2局1本場 親 竹井 ドラ3

ネリー「ポン(これでまた上ツモに変更。この局は最短で突っ走るよ)」白を碰。

ネリー「ツモ、白ドラ1で27001本場は3000」トリック・オア・トリート?

西家・ネリー手配 一二三777CE西西《白白白》 次ツモ【D】

ババア(やはり連荘は無理だったか。アヴェンジャーを活かすには鳴いて手を進める訳にもいかないから、スピード勝負じゃ分が悪すぎる)

憧(嵌張の和了牌をあっさりと。只でさえ手が早いのに鳴きまで混ぜられると本当に手がつけられなくなる)

前半 南3局 親 亦野 ドラ発

西家・憧手配 二六七45@@EG北白発発 次ツモ発

憧(よし、早々鳴けそうもないドラの発がいきなり暗刻で重なった。まだあたしだけ焼き鳥だし、この局こそ)ポイッ(北捨て)

―――――――――――――

憧「ポン(役があるから、本当は面前で進めたいけど、ネリー相手にそんな悠長な暇はない。なりふり構わずにひたすら全傾するのみ」@を碰して白捨て

ネリー「リーチ!」ポイッ(八捨て)

憧「チー(またネリーの先制リーチ。けど逃げずに立ち向かう」八を吃して4捨て。

西家・憧手配 45GG発発発《六七八》《@@@》 (3−6の両面待ち)
626 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/10(日) 00:02:24.32 ID:W+xEhFqU0
憧(よし、これで発ドラ3の満貫で、待ちも両面と悪くない)チラリ

憧視点:
南家・ネリー手配 赤赤赤緑緑青青青青黒黒黒黒

憧(ネリーは十八番の七対子。萬子以外なら安牌なのは確実だから、ネリーより先に和了牌を引ければ)

―――――――――――――

南家・ネリー手配 一六六22AAFF東東北北

ネリー視点:
本来のツモ牌:3 真下の憧の牌:H 隣のババアの牌:白

ネリー(折角上ツモなのに一発は無しか(しょぼーん)。けど、3は阿知賀の和了牌っぽいから、清澄の現物の白と交換)トリック・オア・トリート?(白をツモ切り)

憧(! 今また清澄と牌をすり替えた・・・・・・って、てっきり一発ツモかと思ったら、そのままツモ切った。有効牌を引いたのじゃなければ、何の意味が?)Hをツモ切り

北家・ババア手配 三四【五】333【D】【D】GHH南南 次ツモ3

ババア「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(どうする? 三暗刻一向聴を維持するならツモ切るしかないけど、3は阿知賀の危険牌。仕方ないか。槓するのはリスクがあるけど、ダントツ最下位の状態で早々一向聴からオリれない)槓!」3を暗槓(新ドラは南)

北家・ババア手配 三四【五】【D】【D】GHH南南《3333》 嶺上ツモ中

ババア(リスク覚悟でいったのに有効牌は引けず。ここはあたしの領域じゃないから、咲のようにはいかないか。無駄にリスクを増やしただけみたいだけど、臨海にドラが乗らないことを祈るしかないわね)中をツモ切り

憧(他家リーチが入っている中、聴牌もしてないないのに槓とか随分と強気だけど、問題はあたしの和了牌の3だということ。もちろん暗槓だから搶槓は無理とかいう話じゃない)

憧(ツモ切った牌に手品を使った時から妙だと思ったけど、まさか3をあたしの和了牌と察して清澄に押しつけた? 本当にそんな芸当が可能ならリーチした後に危険牌を掴んでも、放銃を避けられることになるじゃないの。色々とフザケテル)

ネリー視点:
本来のツモ牌:6 真下の憧の牌:6 隣のババアの牌:一

ネリー(阿知賀の和了牌と思わしき牌が連続するとかヤバヤバ。もし下ツモだったら死んでいたよ。やっぱりリーチは上ツモの時限定にしないと危険だね)トリック・オア・トリート?

南家・ネリー手配 一六六22AAFF東東北北 次ツモ一

ネリー「ツモ、リーチ七対子ツモで3200、1600。清澄が送り槓してくれたのに一個もドラが乗らないなんて私はツイてないね。いや阿知賀との捲り合いには勝てたからツイていたのかな?(くすっ)」

憧(何が捲り合いよ。また清澄の牌を掠めたのが視えたわよ。しかも・・・)バサッ(次にツモる牌を崩すと和了牌の6が連続)

憧「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(あの温厚な美穂子が魔物を毛嫌いしていた理由が分かった気がする。けど、ネリーがツモ牌以外に指一本触れてないのも事実だから、卑怯とかインチキとか喚いた所で何の解決にもならない。美穂子が云うようにあたし達はそういう世界で麻雀を打っていると受け入れた上で対策を講じるしかない)」

福与アナ「まさに世界王者の貫祿。前半はネリー選手の完全な一人舞台。今の和了で臨海の収支がほぼ横並びになりました。まだラス親が残っていますし、阿知賀の首位陥落は時間の問題でしょうか?」

(前半南3局終了までの途中経過)
阿知賀 127900(−19400)
臨海  126900(+43000)
白糸台  94800(−22200)
清澄   50400(−1400)

ババア(送りドラのリスクまで犯したけど、結局何の意味もなかったか。まあ、ネリーにドラが乗ったら跳ねていたから最小の不幸で済んだのを喜ぶべきなんでしょうけど)

ババア(あたしも一応は眷属の端くれだし、清澄にも嶺上を100%和了る愉快な打ち手がいるから、ツミコミや上書きのオカルト現象にイチャモンつける気はないけど、ちょっと調子に乗りすぎね。オーラスに勝負手がきたら、ここまで好き放題の性悪運命奏者に一泡吹かせてやる)ボウッ(右手に復讐者の黒い炎が宿る)
627 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 12:01:20.04 ID:18O2pbn3o
特定のキャラへの悪意を煮しめて出来たようなSSだな…
折角面白くなりそうなシチュなのに勿体無い
628 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 22:06:29.65 ID:8P3Y2/I8o
ここまで進んでまだそんなこと言ってんのかよ
629 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/11(月) 22:48:00.29 ID:DMub22I9o
感想は人それぞれで仕方ないんじゃね?
ずっと追ってきた組と初見組じゃ意見が異なるだろうし
嫌だと思ったら見にこなけれはいいだけだし粘着し続けられたら困るけど
630 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 00:01:39.96 ID:UxyMDKYs0
憧(とにかくまた白糸台を支援して速攻で臨海のラス親を流そう。最後に差し込んだらトップから転がり落ちることになるけど、多分それが一番被害が少ない・・・)

ババア「・・・・・・・・・・・・つまらない子(ぼそっ)」

憧「(ぴくっ)ねえ、オバさ・・・いえ、竹井さん。何か言いましたか?」ひそっ

ババア「あらっ? 思わず本音が漏れちゃったかしら? けど、口三味線で他家の行動を誘導するのはあたしの流儀じゃないから忘れてちょうだい」ヒソヒソ

憧(その興醒めした目を見れば、何を主張したいか分かる。焼き鳥なのに最初っから和了を目指さずにオーラスを遣り過ごそうとするあたしの意気地の無さを詰っているんだ)

憧「清澄の部長さんは随分と覇気に満ち溢れているみたいですが、どうやって運命奏者の手品を止めるおつもりですか?」ヒソヒソ

ババア「小細工はいらない。あんな子供騙し、正面から力で粉砕する」ヒソヒソ

憧「!?」

前半 南4局 親 ヴィルサラーゼ ドラC

東家・ネリー手配 一四九259@EG東南北北白

ネリー(審判に注意されないよう小声で会話していたみたいだけど聞こえたよ。私、地獄耳だからね(くすっ))

ネリー(その名の通りに世界(ジュニア大会だけど)を制したトリック・オア・トリートを子供騙しとか吹いてくれるけど、そんな安っぽい挑発で煽られるほど私は子供じゃないよーだ(えっへん))四捨て

憧(あのオバさんの真意は、この局チョロチョロと余計な真似はせずに黙って見てろってことよね? あたしが白糸台を鳴かせば、清澄のツモ機会が激減するわけだし)

憧(いいわ。宮永照と同クラスの上級魔物を相手に、眷属のあなたに何ができるのか見せてもらうわよ)ポイッ(亦野さんの色を避けて一捨て)

西家・ババア手配 三三三四六七238E東南発 次ツモ【D】

ババア(三向聴。あたしにしては上出来ね。どうやら阿知賀も空気読んで牌を搾ってくれそうだし、この局絶対にモノにする)南捨て

6巡目

憧視点:
東家・ネリー手配 赤赤赤赤緑緑青黒黒黒黒黒 次ツモ黒

憧(ネリーはまた七対子っぽい。けど配牌六向聴の屑手から、無駄ツモ無しで手が完成されていく様をリアルタイムに見せつけられるのは、かなり胃にくる。これが美穂子が何時も見てきた景色なのかしら?)キュルル(胃のあたりを抑える)

ネリー「リーチ!」トリック・オア・トリート?(南捨て)

ネリーの捨て牌の河:四25EG{立}南

憧(! しかもリーチ宣言牌で公九牌が零れた。もし親の七対子にチャンタまで追加されていたら、ツモれば親っ跳。万が一にも裏が乗れば親倍まである。まだ清澄は聴牌すらしてないし、もしかしてあたし選択を誤った?(ぶるっ))

東家・ネリー手配 一一九九99@東東北北白白 (@の単騎待ち)

ネリー(今回はずっと上ツモのまま鳴きが入らなかったから調子が良いね(くすっ)。白糸台の釣師じゃないけど、遅くとも3巡以内にはツモ和了るかな?)

西家・ババア手配 三三三三四六七234【D】EF 次ツモ五

ババア(臨海からリーチが入った時はヒヤっとしたけど何とか間に合った。三切りで二四五七八の五面張とか良い引きね(魔性の笑み)。それでこそ復讐者(アヴェンジャー)の領域をMAXまで広げられる)

ババア「リーチ!」ボウッ(黒い炎を右手に宿しながら六捨て)

西家・ババア手配 三三三三四【五】七 234【D】EF (七の単騎待ち)
631 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 00:02:35.27 ID:UxyMDKYs0
福与アナ「竹井選手の追っかけリーチ。得意の悪待ちですが流石に今回ばかりは理解不能です。何しろ単騎待ちの七は、三を捨てて多面待ちに構えても一緒に含まれているわけですから、本当に待ちと点数(二五八なら平和がつく)を安くしただけの愚挙にしか思えません」

すこやん「常人視点からだとそうですが、竹井選手的には逆に最も待ちと点数の高くなる組み合わせを選んだのだと思います。この聴牌形は彼女のポテンシャルを最大限に活かせる組み合わせですから」

憧(いまさら聴牌したって、臨海がリーチした後じゃもう遅い。やっぱりミスったか、あたし?)

亦野さん(阿知賀が牌を絞った為か、今回は一度も鳴けなかった。臨海の和了は止められそうもないが、せめて一発がつかないのを祈るしかない)ぽいっ(両者の現物の南捨て)

ネリー(ふーん、大言壮語するだけあって、ちゃんと聴牌できたみたいだね(くすっ)。けどツモは上ツモのままだし、ヤバクなればまた阿知賀に和了牌を押しつけて・・・・・・えっ!?)パチクリ

ネリー視点:
本来のツモ牌:七 真下の憧の牌:七 隣のババアの牌:七

ネリー(私の領域内の全ての牌が七(ゴクリ)。この七はまず間違いなく清澄の・・・)

ババア「どうしたの? リーチしているのだからさっさとツモったら? 何なら何時ものように好きな牌にすり替えてもいいのよ?(ニヤニヤ)」

ネリー(くっ! このババア)トリック・オア・トリート?(七捨て)

ババア「(ニヤリ)『ハッピー・ハロウィーン!』ってか。ロンよ。リーチ一発タンヤオドラ1でここまでで満貫」

西家・ババア手配 三三三三四五七 234【D】EF (七の単騎待ち)

ババア「裏ドラは・・・・・・おやおや、4枚抱えた三とはまたツイてるわね。裏ドラ4っつ追加で倍満の16000点(にかっ)」

福与アナ「なーんと、オーラスで竹井選手が無双中のネリー選手から倍満を直撃。宮永選手と同じくネリー選手も去年の世界ジュニアで跳満以上の点数を振り込んだのは、これが初めてだそうです」

亦野さん(おいおい、何だ? この無茶苦茶な闘牌は? もう悪待ちとかそういう次元の話じゃないぞ)

憧(本当にネリーから直撃を取った(唖然)。こんなのデジタルじゃなくても理解不能だけど、それでも考慮するとすれば4枚ある三の枚数を減らしたくなかったら、敢えて七単騎で構えた?)

憧(三が3枚のままだと跳満止まりだから、たった1飜が点数を大きく隔てたわけだけど、もし狙ってやったのならほとんど任意レベルで裏ドラを乗せられることになるじゃない)

憧(これが魔物にも対抗しうる、あたしにはない眷属の力。玄は魔物相手でもドラを独占できるように、必ずしも眷属が魔物に劣るとは限らない?)

ネリー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(呆然)」

ババア「上級魔物か知らないけど、あまり眷属を舐めないことね、世界チャンプさん。こちとら三十路の年増に匹敵する人生経験を積み上げて、自分の領域(テリトリー)に磨きをかけてきたのよ」

ネリー「(ぴくっ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

福与アナ「これで副将戦前半も終了します。阿知賀の背中に後一歩まで接近した臨海ですが、今の清澄への振り込みで再び射程外に逃がしてしまいました。果たして後半はどのような展開になるのか注目しましょう」

(副将戦前半終了時の途中経過)
阿知賀 127900(−19400)
臨海  109900(+26000)
白糸台  94800(−22200)
清澄   67400(+15600)
632 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 00:14:00.75 ID:Tg+WI3Kto
ババア強えぇ
633 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 01:42:10.76 ID:w6HWcQX0o
ババアて
634 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 12:28:29.09 ID:xeAk476DO
三十路
635 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/12(火) 22:01:30.45 ID:mQRjl5Zh0
カツ丼に扱かれたか
636 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/13(水) 00:01:12.52 ID:+u0M6Y8f0
阿知賀控え室

池田「にゃー、憧の奴、悪運が強いにゃー」

穏乃「あやうく追い付かれそうになったけど、清澄に救われる形になっね(ホッ)」

みはるん(長野の県予選団体決勝で戦った時は大して印象に残らなかったけど、竹井さんてあんな恐ろしい打ち手だったんだ。確かにベタオリの源仏先輩じゃなきゃ、どう考えても振り込んでいた酷い待ちばかりだったし)

みはるん(そう考えると下手に実力があるよりも、ひたすら守備専に特化した選手の方が団体戦の中継ぎには向いているのかも。もちろん先鋒に福路先輩や宮永照のような強力なエースを配置して大きく稼いでくれることが絶対条件だけど(うーん))

玄「ツモ、ドラ10で12000オールだよ(どやどや)」

灼(25000点持ちとはいえ今ので私と美穂子さんが同時に飛ばされた。跳満がデフォの玄相手じゃ迂闊に差し込みもできないから、とてもフラグを満たすのは無理)

レジェンド(一人で八万点以上の点棒を掻き集めて圧勝か。美穂子のツキがまだ本調子じゃないとはいえ、玄がここまで化けるとな。例の高速飛竜モードが嵌まった時はほとんど5巡でツモ和了るから手がつけられない)

玄「むふふーん。打牌時間制限がなければ、今の私は限りなく無敵に近い存在だよ(えっへん)」(がおー)(ぐるるー)(ぎゃーす)

レジェンド「・・・・・・・・・・・・・・・(相変わらず直ぐに調子付くのも玄の悪い癖だが、今回ばかりは十分にその裏付けがある。今の玄がチャンピオン相手にどこまで張り合えるのか見てみたいものだが、個人戦代表でない玄にもうその機会はないか)」

キャプテン「ふうっ・・・・・・」ヒュン(アナログ天使ミッポ消失)

穏乃「副将の前半が終わるまでにこっちは半荘3回こなして、全て玄さんが圧勝。早麻雀じゃなくても、やはり本番じゃないとペースが早くなりますね」

レジェンド「それよりも、どうしたんだ、美穂子? 和了れないのは仕方がないとして、3半荘で5回も振り込むとはお前らしくもない」

灼「そうですね。中にはウオッチャーなら余裕で回避できる単騎待ちもありましたから、理牌読みが機能してないように思えます」

キャプテン「すいません、前々からやってみたいと思っていた課題を試しているもので」

みはるん「課題? 何らかの実験をしていたから、ここまで全く良い所がなかったわけですか?」

キャプテン「いいえ、玄さんに及ばないのは完全な実力負けですよ。ですから私自身がレベルアップしなければ、今の玄さんにはとても対抗できないでしょう」

池田「にゃー、美穂子先輩は具体的に何をしようとしているのかにゃー?」

キャプテン「簡単に言えばウオッチャーとスキャンを併用できないかを試しています。さっき先鋒戦の牌符を確認しましたが、何度か理牌崩しに引っ掛かって振り込みそうになってましたね」

穏乃「序盤だとスキャンの解析率も低いから、そういう事故も起こり易いですよね。ウオッチャーが同時に使えれば回避は容易いでしょうけど」

キャプテン「何度か同時展開を試みてみましたが、逆に何も見えなくなってしまいます。やはり万能を目指すと世界からの反動が強いみたいですね」

レジェンド「・・・・・・・・・・・・他家の手牌を本当に丸見えにするスキャンの地点で十二分にチートすぎるから、個人的には強欲すぎると思うがな」

キャプテン「赤土さんの云う通りだとは思いますが、私は結構欲張り屋さんなのです(にっこり)。特にスキャンは解析に時間が掛かりすぎるので、様子見が済んだ時には私が目標とする人達は遥かな地平に点棒を積み上げているので、序盤から戦える土壌が欲しいです」

穏乃(美穂子さんの目標って多分チャンピオンと玄さんのことだよな。美穂子さん、穏やかな見掛けによらず本当に負けず嫌いというか・・・)

穏乃「(しかも強さに対して貪欲だよ。憧なんか美穂子さんのお下がりのウオッチャー一つで戦ってるというのに)! って、そういえば憧、大丈夫かな? 半荘一回で焼き鳥になった体験なんて殆どないだろうし、慰めに・・・」

キャプテン「憧さんなら心配ありませんよ。一見我が強いですか、自らの立ち位置をしっかりと把握して、誰よりもチームの為を思っている子ですから、きっと自力で道を見つけられると思います」

穏乃「美穂子さん」

キャプテン「ただそれとは別に一つ気になったことがあるので、憧さんに伝えてもらえますか?」ゴニョゴニョ

穏乃「(ふむふむ)分かりました、今すぐ一走りしてきます。けど、ネリーの闘牌とはあまり関係ないように思えますけど、この情報に何の意味かあるのですか?」

キャプテン「単に三次元的な視点から気づいた違和感なので、それは私にも分かりません。逆にTV画面越しの私たちには見えない何かを憧さんは掴んでいるかもしれないので、もしかしたら憧さんの役に立つかもという程度の確証しかありませんが」

穏乃「分かりました、それでは伝言してきます」バタン

キャプテン「ふうっ・・・(やはり上埜さんは手強いですね。今の憧さんの手に余るようですが、だからこそ逆につけ込めるかもしれません。もし上埜さんの力に運命奏者が脅威を覚えたのなら、決してその隙を逃さないでくださいね、憧さん)」

キャプテン「さて、それでは勝負を続けましょうか(スキャンとウオッチャーを併用するのはスキル原則の制約的に厳しそうですが、きっとどこかに抜け道がある筈。必ず達成条件を見つけてみせます)」ヒュン(再びアナログ天使ミッポ展開)
637 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/13(水) 00:01:54.09 ID:+u0M6Y8f0
臨海控え室

ダヴァン「あともう少しで首位に立てたのに、今の振り込みでまた阿知賀の背中が遠のいてしまいました(しょぼーん)」

ハオ「リーチしていたとはいえ、上ツモでネリーさんが振り込むとは珍しいでーすね」

明華「ネリーの表情からして、恐らくは領域内のツモ三牌が全て和了牌だったのでしょう。こういう時は全体効果系で支配力が分散される魔物よりも、領域を一点に集中特化した眷属の方が厄介かもしれません」

辻垣内「リーチした後に放銃を回避するという発想の地点で色々と狂っとるような気がするが、前半の力量差を鑑みればもう一度阿知賀に追い付くのは時間の問題じゃないか?」

明華「さて、どうでしょうか? もしネリーが標的を変更するようなことがあれば、かえって阿知賀との点数が離されるような気がします」

辻垣内「!?」

次鋒卓、各自休憩中

ネリー(やーれーやれ、参ったねー。こんな物に溢れた平和な国に住んでいる人間に、人生について説教されちゃったよー(ふうっ))

ネリー(三十路の年増に匹敵する人生経験とか謳っていたけど、それって7歳の時から銃を握らされて『邪教徒から聖地を取り戻すんだ』とか時代錯誤な上に意味不明な目標を掲げられて同族と殺し合いをさせられるよりも過酷なことなのかな?)ナデナデ(脇腹の銃痕を摩る)

ネリー(水と安全はタダで買える日本で本当に30年分の人生キャリアを積めるのなら、戦地で人の死を何度も見つめてきた私なんか百年の魔女になっちゃうよ(くすっ))

ネリー(まあ私は大人だから、『人を殺したことがない人間は、人生の本当の修羅場を知らない』とかアンフェアな主張をするつもりはいし、少女漫画みたいに互いのトラウマをぶつけ合って、どっちが不幸かを比べ合う『不幸自慢大会』をするつもりもない)

ネリー(言葉でなく牌で語るのが雀士だからね。だから勝負の決着はきちんと麻雀でつけるよ、麻雀でね)チラリ(部屋の角で屈伸運動中のババアに視線を注ぐ)

―――――――――――――

憧「しずー、態々訪ねてこなくても良かったのに(ニコニコ)」

穏乃「(その割には何か嬉しそうだな。けど思ったより凹んでなくて安心した)憧、美穂子さんから伝言。『ネリーは上ツモの方が下ツモの時よりも手の進みが早い気がする』だって」

憧「えっ?」

穏乃「なぜそうなるかは正直美穂子さんにも分からないみたい。燕返しみたいな物理的なツミコミはともかく、魔物や眷属のツミコミは物理法則には左右されない筈なんだけど」

憧「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(上ツモの方が早い? ! そういえば対面から全く牌を掠めない局が何度かあったけど、もし下ツモの時は対面の牌が領域外だとしたら、納得がいく。しずのいう通り物理的な制約は盲点だったから見落としていた)」

憧「(TV画面越しの観察じゃネリーのすり替えは『視えない』筈なのに、こういう三次元的なアプローチができるとは流石美穂子ね)うん、これで後半少しは戦えるかも」

穏乃「そうなの。何かのヒントになったみたいで良かったよ。それじゃ後半も頑張ってね」

憧「(にこっ)任せて、しず。あたしにできる精一杯で、必ずしずにバトンを繋ぐから」

―――――――――――――

後半の席決め中

亦野さん(南牌。またネリーの上家か)

憧(えっ!? これって東牌。今度はネリーの下家じゃない?)

ババア「・・・・・・・・・・・・・・・(北牌・・・)」

ネリー「特等席へようこそ、三十路の年増(ババア)さん。人生100年生の魔女(まもの)が可愛がってあげるよ(にかっ)」フルーツバスケット♪(西牌を見せびらかす)

ババア「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

―――――――――――――

福与アナ「休憩時間も終了しましたので、これより副将後半戦を開始します」
638 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/13(水) 01:11:51.80 ID:AOQUp6I9o

でもフルーツバスケットって席選べなくね?
639 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/13(水) 23:08:47.98 ID:yjxEz/b8o
相変わらず咲の女の子は100年生って言うの好きだなw
640 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/14(木) 00:01:34.12 ID:QVhtUmTW0
福与アナ「さあ副将後半戦が始まります。起家は前半と同じく新子選手ですが、ラス親が竹井選手に変わっています」

すこやん「他の対局はともかく、この副将戦の席決めに関しては全てネリー選手の掌の中といっても過言ではありません。彼女の下家が新子選手から竹井選手にチェンジしたということは、それだけ警戒されているといことなのでしょう」

前半 東1局 親 新子 ドラ一

東家・憧手配 三六七228AB【D】E東東南発

憧(運命奏者の下家を免れたのは助かるけど、まだ予断は許さない。美穂子の推測が正しければ、西家のネリーは上ツモだから対面も射程内ということになる)

憧(賽の目に限らず、開局いきなりネリーが上ツモになるのは東家と西家の時か。その後、対面以外の副露が入ればツモの上下は変化することになる)南捨て

憧「チー!」@を吃。

東家・憧手配 三六七228【D】E東東発《@AB》

憧(ネリーが上ツモの時は、対面のネリー以外から副露して下ツモに変えてしまえば、対面の私は射程外に逃げれることになる。当然鳴き好きのフィッシャーさんが空気読まずにまた上ツモに変化させる可能性は高いけど、無策で挑むよりは遥かにマシ)発捨て

―――――――――――――

憧「ポン!」東を碰。

東家・憧手配 三六七228【D】E東東東《@AB》《東東東》

憧(逆にネリーが下ツモの時は、その対面のネリーからのポンならツモの高低はズレない。この二つの鳴きを使い分けて、手を進めていく)8捨て

―――――――――――――

憧「ツモ、ダブ東ドラ1で2000オールです」

東家・憧手配 六七22@AB【D】EF《@AB》《東東東》 次ツモ八

亦野さん(とうとうトップの阿知賀に和了られたか。あいつも私と同じ鳴きタイプだし、とにかく今まで以上に積極的に副露して、新子のツモ機会を減らすしかない)

ババア「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ネリー(ふーん、今の打ち筋。明らかに私のツモの高低を意識していたよね? 前半は気づいてなかった所をみると、休憩時間中に例の腹黒キャプテンあたりの入れ知恵でも受けたのかな?(くすっ))

憧(よし、前半あれだけ苦労してたのに、後半はあっさりと和了れた。この局、ネリーは私のツモに手を伸ばしてこなかったし、いける)グッ(卓下で拳を握る)

福与アナ「阿知賀の新子選手と得意の鳴き速攻で初和了。後半開始そうそう焼き鳥回避に成功しました」

すこやん「確かに新子選手は今回ベストともいうべき道筋で和了を勝ち得ましたが、それでも彼女が和了れたのはもう一つの別の要因が大きいです」

福与アナ「もう一つの要因? それは何でしょうか?」

すこやん「口で説明するよりも対局を見続けた方が早いでしょう。多分、次鋒戦なみに前半と後半で主役がそっくり入れ替わることになると思いますよ、あくまでも表面上はですが・・・」
641 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/14(木) 00:02:12.85 ID:QVhtUmTW0
前半 東1局1本場 親 新子 ドラB

亦野さん「ツモ、中トイトイの1本場は2700、1400」フィッシュ!

南家・亦野手配 GG西西《九九九》《222》《中中中》 次ツモG

―――――――――――――

前半 東2局 親 亦野 ドラ北

亦野さん「ツモ、発のみ500オール」フィッシュ!

東家・亦野手配 68BB《七八九》《444》《発発発》 次ツモ7

―――――――――――――

前半 東2局1本場 親 亦野 ドラ六

憧「ツモ、一通ドラ2の1本場は2100、1100」

北家・憧手配 四【五】六七八AA《一二三》《888》 次ツモ九

―――――――――――――

前半 東3局 親 ヴィルサラーゼ ドラ白

亦野さん「ポン!」白を碰!

北家・亦野手配 二二二三《111》《【D】【D】5》《白白白》北

亦野さん(よし、安手が続いたが、今度は白ドラ5で跳満確定の大物手。既に私の領域内だから、上手く三をツモ和了ってトイトイを追加できれば倍満だ)ポイッ(北捨て)

憧「あっ、ごめんなさーい。ロン、七対子のみ1600」

西家・憧手配 六六44FF南南西西北発発 (北の単騎待ち)

亦野さん(なっ!? 阿知賀が珍しく面前で手を進めていたと思ったら、まさかの七対子。そうか。10巡目に手出しのドラ白を切ったのを不思議に思ったが、ウオッチャーのスキルで私の北が浮いているのに見当をつけて、まんまと燻りだされた?)

亦野さん(不覚。まさか新参の一年坊主に手玉に取られるとは。これでも私はチーム虎姫のナンバー4で、白糸台内の全チームを合わせても十番台に入る筈なのに(ブツブツ))

福与アナ「後半の東3局までで連荘含めて計5局ですが、阿知賀と白糸台の叩き合い。とはいえ共に副露で手を安く仕上げるので、流局がないにも関わらすここまで点数の移動は緩やかです」

(副将戦後半東3局終了時の途中経過)
阿知賀 136600(−10700)
臨海  104900(+21000)
白糸台  96100(−20900)
清澄   62400(+10600)

憧(おかしい、何か変。いくら上ツモ対策が嵌まったといっても調子が良すぎる。東3局の自分の親ですらネリーが何か仕掛けてくる気配は皆無だったし)

ネリー「♪♪♪」

憧(そういえば後半になってから、ネリーのすり替え牌は大部分が下家の清澄で、たまに上ツモになってもあたしの牌に手を伸ばしてくることは少なかった)

ババア「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(イライラ)」

憧(その所為か清澄のオバサンはツモ切りが殆どで、前半のあたしみたいに手を殺されて、苛ついているみたい。運命奏者の奴、今度は一体何を企んでいるの?)
642 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/14(木) 00:02:44.14 ID:QVhtUmTW0
臨海控え室

ダヴァン「後半に入ってネリーさんの勢いが止まってしまいました」

辻垣内「トップの阿知賀を走らせて、ネリーの奴、何を遊んでいる・・・」

明華「遊んでいるわけではありませんよ。今のネリーは『防御モード』で稼働中です」

辻垣内「防御モード?」

明華「具体的には牌の優先順位を逆転させました。前半は攻撃モードでしたので、『自分の手の進み⇒下家の妨害』というタスクでしたが、後半は『下家の妨害⇒自分の手の進み』ですから、必然的に手の構築が遅れます」

ハオ「攻撃モードでも『上家:0% 対面:50% 下家:100%』で新子を焼き鳥にするぐらいの高性能でしたが、防御モードだと『上家:0% 対面:30% 下家:120%』と更に下家の締め付けがキツくなるので、竹井はもはや聴牌すら不可能でーす」

明華「実際に清澄は後半、二向聴より先に全く手が進まなくなりましたからね。ただし防御モードではネリーの和了も激減するし、事実上対面の阿知賀を野放し状態になってしまうのが難点ですが」

辻垣内「おいおい、そこまでして速攻タイプでない竹井をマンマークする意味があるのか? 前半の攻撃モード時でさえ、竹井が聴牌に達したのは半荘でたった二度だけやっただろ?」

明華「その2回の和了を確実に潰さないと、収支トップを奪われる危険があるとネリーは判断したのでしょうね。自分の領域の牌が全て当たり牌などネリーにとっては初めての体験でしょうから、過剰に警戒するのも無理はないですが」

辻垣内「せやから、その考えが既にズレとるんや。清澄はダンラスなんやから、仮に収支で多少劣ったかて団体戦の大勢に影響はない。その分前半のペースで首位の阿知賀を削れれば・・・」

ハオ「辻垣内さーん、私たち特待生にそれを求めるのはお門違いでーす。全員が収支トップを取ればチームワークなど一切必要ないというのが傭兵軍団のスタンスですから、私らが意識するのは自分のスコアだけでーす」

ハオ「付け加えるなら、そのあたりが上級魔物のネリーさんを差し置いて、明華が大将をしている理由でーす。単純な実力ならネリーさんの方が上かもしれませんが、明華はプロフェッショナルですから、勝利条件を満たす為に色々と融通を効かせてくれまーす」

辻垣内「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

明華「竹井久というのは大した選手ですね。ネリーが奥の手の防御モードを発動させたのは世界ジュニアでも数える程しかなく、つい最近では同じ上級魔物の天江衣を殺した時ですか。ほとんどの相手なら新子のように攻撃モードでも完封できるのですが」

ハオ「ちなみに前座の攻撃モードの方が切札の防御モードよりも凄そうに見えるのは、この手のバトル物のお約束でーす。真・大魔王バーンよりも真ミストバーン、異魔神(最終形態)よりも異魔神(怪獣バージョン)の方がどう考えても強かったように感じるようなものでしょーか」

辻垣内「(何で例えが両方ともドラクエ漫画?)んなことはどーでもええわい。側から見てると、ネリーは阿知賀の独走を手助けする為にドベの清澄と心中しているようにか思えんのが問題なんや」

辻垣内(副将戦の収支トップに拘るのは、世界王者のプライドか、もしくは仮に臨海が負けたとしても、ネリー個人は負けていなかったと主張する為か? どちらにしてもチームを無視し個人プレイに走りすぎや)

辻垣内(そういえば去年のウチの留学生共もダヴァン以外はこんな調子やったから、個々の能力では宮永照以外に勝っていた筈なのに、総合力で白糸台に屈して優勝を逃したんやったな。強い奴五人並べれば勝てる程、団体戦は単純なものやないということか?)

辻垣内(そういう意味では、部内に複数チーム(確か干支にちなんでチーム鼠姫、牛姫、虎姫、兎姫、竜姫、蛇姫、馬姫、羊姫、猿姫、鶏姫、犬姫、猪姫の十二チームだったけ?)を抱えてベストメンバーを組めない白糸台の対抗戦システムも、チームワークの観念からは一考あるのかもしれんな(うーむ))
643 :VIPにかわ