このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

小春「ヒョウくんじゅぽじゅぽです〜」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:22:33.45 ID:ir0Jfdk50
※モバマス

小春「じゅぽじゅぽ〜」

ヒョウくん「」ピクピク

小春「じゅぽじゅぽぉ〜」

ヒョウくん「」ピクピク

凛「……何してるの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1360678953
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【ガルパン】ペパロニ「大洗半端ないって!」 @ 2018/06/23(土) 15:16:30.55 ID:KM/L4xgGO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529734590/

【安価】上条「とある禁書目録で」神華「仮面ライダー」 @ 2018/06/23(土) 14:49:09.78 ID:We2+J4vW0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529732949/

八幡「もし俺が鶴見家の長男に生まれたら」 @ 2018/06/23(土) 14:20:27.11 ID:UgX2svaS0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529731226/

【安価ss】勇者が魔王を倒す旅に出ました @ 2018/06/23(土) 14:02:07.46 ID:3JJZAtS7O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529730127/

【艦これ】提督「動物の言葉が分かるヘッドホン?」【安価・コンマ】 @ 2018/06/23(土) 13:40:21.49 ID:0v5HuHHU0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529728821/

モバP「歌が聴こえる」 @ 2018/06/23(土) 12:07:36.22 ID:Rs9/yfEgO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529723256/

【バンドリ】おたえと別れ話をする話 @ 2018/06/23(土) 11:15:22.55 ID:sSgW6r690
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529720122/

ヤムチャ「ここは…?」 @ 2018/06/23(土) 10:03:21.71 ID:Cr0lWhLS0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529715801/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:22:49.16 ID:ir0Jfdk50
小春「何って……ヒョウくんの尻尾をしゃぶってるだけですよ〜?」

凛「き、汚くない?」

小春「汚い〜? 何を言ってるんですかぁ〜?」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:23:15.68 ID:ir0Jfdk50
小春「Pさんのスーツの袖をこっそりしゃぶってるあなたに言われたくないですよぉ〜」

凛「!?」

凛(バレてたのか……)
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:23:43.80 ID:ir0Jfdk50
小春「一見クールに振る舞っていながら、裏ではそんなことをしてるあなたに、そんなことを言う権利があるんですかぁ〜?」

凛「そ……それとこれと、何の関係があるのさ」

小春「大ありですよ〜。だって〜……」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:24:25.05 ID:ir0Jfdk50
小春「小春もその袖を狙ってるひとりなんですからぁ〜」

凛「!?」

凛(他にもプロデューサーの袖を狙ってる人が居るなんて……)
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:24:59.98 ID:ir0Jfdk50
小春「でもぉ〜そんなことは恐れ多くて、まだできないんです〜」

凛「……」

小春「だから〜ヒョウくんで練習してたってわけですよぉ〜」

小春「惨めでしょぉ〜?」

凛「……おかしいよ、そんなの」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:25:39.98 ID:ir0Jfdk50
小春「……小春も、それは分かってます〜……」

凛「じゃあ、どうして……」

小春「……それは、小春はこの事務所では一番の後輩だからですよ〜……」

凛「え?」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:26:19.63 ID:ir0Jfdk50
小春「Pさんが事務所の人たちに人気なのは、新参者の小春でも分かります〜……」

小春「だから〜新参者の小春が和を乱しちゃわないようにしてるんです〜」

小春「だから〜……衛生的に問題のあるヒョウくんで、我慢してるんです〜……」

凛「……」

凛(こんな小さい子に、気を遣わせて……)

凛(イグアナの尻尾をしゃぶらせて……)

凛(何やってるんだろう、私たち)
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:26:48.71 ID:ir0Jfdk50
凛「……仕方ないなぁ。プロデューサーのスーツの袖、しゃぶらせてあげるよ」

小春「!? 本当ですかぁ〜!?」パア

凛「後輩の面倒見ないで、先輩面なんてしてられないからね」

小春「でも……」

凛「どうしたの? 遠慮しなくていいんだよ」

小春「その袖、使用済みじゃないですよねぇ〜?」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:27:18.03 ID:ir0Jfdk50
凛「……も、もちろん! まだ誰にもしゃぶられてない新品の袖をしゃぶらせてあげるよ!」

凛(ちょっともったいないけど……)

小春「ありがとうございます〜!」

凛「じゃあ、早速出発しよう?」

小春「はい〜!」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:27:53.11 ID:ir0Jfdk50
P宅前

凛「鍵開けるからちょっと待っててね」

小春「持ってるんですか〜?」

凛「ううん。でも、みんなこれくらい開けられると思うなぁ」

小春「へぇ〜凄いですねぇ〜!」

凛(純粋な眼差しが痛い……)
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:28:30.41 ID:ir0Jfdk50
凛「……」カチャカチャ

凛「……」

小春「どうしたんですか〜?」

凛「……おかしい」

凛「開いてるよ、これ」

小春「え、ええ!?」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:29:09.18 ID:ir0Jfdk50
凛「プロデューサーはまだ帰ってきてないはずだし……」

小春「わわわ……もしかして、泥棒ですかぁ〜!?」

凛「わからない。……とにかく、入ってみよう」キィ
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:29:36.77 ID:ir0Jfdk50
凛「……」クンクン

凛「……女の臭いがする……」

小春「……」ビクビク

ガタン

小春「ひっ!?」ビク

凛「……キッチンの方から……? 行ってみよう」

小春「こ、怖いです〜……」ブルブル
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:30:16.08 ID:ir0Jfdk50
響子「ふんふんふーん♪」ザクザク

凛「あれは……」

小春「お料理してますねぇ〜……」

響子「後は手首にちょっと傷をつけて……」ポタポタ

響子「ふう……特製オムライスの出来上がり!」

響子「Pさん、喜んでくれるかなぁ〜……」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:30:44.32 ID:ir0Jfdk50
凛「いや、そんな血の入ったオムライス、要らないと思うな」

響子「わわあっ!?」ビクゥ

ガチャン

響子「あ、ああ〜……オムライスがぁ……」

小春「も、もったいないです〜……」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:31:22.50 ID:ir0Jfdk50
響子「もう! 驚かさないでくださいよ!」

凛「どうしてここに居るの?」

響子「それは……Pさんに晩御飯を作ってあげようと……」

凛「そうじゃなくて。どうやってこの家に入ったの?」

響子「あ、開いてました」

凛「え?」

響子「し、閉め忘れたんじゃないですか?」

小春「……もしかして、他にも……」

凛「……そうかも……」

響子「え、ええ!? 他に誰か居るんですか!?」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:31:51.22 ID:ir0Jfdk50
凛「探しに行こう」

小春「大丈夫でしょうか〜……?」

響子「わ、私も一緒に……」ビクビク

凛「勝手にして」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:32:28.06 ID:ir0Jfdk50
凛「……」クンクン

凛「……プロデューサーの寝室……」

凛「ッ!」バンッ

ゆかり「すう……すう……」

小春「べ、ベッドで……」

響子「寝てますね……完全に」

凛「」ツカツカ

ガバァ

ゆかり「ひゃん……寒いです……」

凛「起きろ」

ゆかり「……もう少しだけ〜……」

凛「起きろ!」ゴロン

ゆかり「きゃあ〜」ドタ
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:33:08.34 ID:ir0Jfdk50
ゆかり「……あれ? ここは……」

凛「お は よ う」

ゆかり「……どうしてみなさんがわたしのへやにー?」ポニャ

凛「ここはプロデューサーの家だよ」

ゆかり「ふわぁ……そんなわけ……」

ゆかり「あ……でも……もうそろそろわたしのいえになるんだから……いっしょ……ぐぅ」

凛「起きろって」グイ

ゆかり「あうう……」

小春「す、凄いですね〜……」

響子(こわ〜……)
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 23:33:24.39 ID:beFuzcfg0
まーた凛とCuのヤンデレ4人か
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:33:32.09 ID:ir0Jfdk50
ゆかり「……すみません。どうやら寝ぼけて変なことを言っていたみたいで」

凛「どうやって入ったの?」

ゆかり「開いてましたよ?」

小春「ええ〜!?」

響子「ま、まだ他にも誰か居るの!?」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:34:09.65 ID:ir0Jfdk50
凛「……そこか!」

響子「ベランダ?」

小春「!? い、今……何か動きましたよぉ〜!?」

凛「」ガラッ

智絵里「!?」ビクゥ

ゆかり「あ、あなたでしたか……」

智絵里「あ、あう……」

凛「……」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:34:47.86 ID:ir0Jfdk50
凛「ベランダで何してたのかな?」

智絵里「そ、その……四つ葉のクローバーの、う、う、植木鉢を……」

小春「うわぁ〜! いっぱいありますねぇ〜!」

響子「……本当、気持ち悪いくらいたくさん……」

ゆかり「どうやって持ってきたんでしょう……」

智絵里「そ、その……えへ……」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:35:21.97 ID:ir0Jfdk50
凛「笑って済む問題じゃないんだよ」ギロ

智絵里「す、すみませんっ……」

凛「で、どうやって入ってきたの? また開いてたなんて言わないよね?」

智絵里「あ、開いてました……」

小春「ええ〜」

響子「まだ誰か居るんですかー?」

ゆかり「もしかしたら、Pさんが鍵を閉め忘れただけかも……」

凛「うーん……その可能性も無くはないか……」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:35:58.02 ID:ir0Jfdk50
ガサ

小春・凛・響子・ゆかり・智絵里「!?」

小春「今、物音がぁ……」ビクビク

響子「だ、誰だろ……?」

ゆかり「まさか泥棒……?」

智絵里「こ、こわいです……」

凛「……見に行ってみるしか、なさそうだね」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:36:34.75 ID:ir0Jfdk50
まゆ「……」

凛「げぇ!?」

小春「ど、どうしたん……わぁーっ!」

智絵里「あう……」

ゆかり(これは……)

響子(死んだかも……)

まゆ「人の顔見て、悲鳴をあげるなんてひどいんじゃないですかぁ? ねぇ?」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:37:10.65 ID:ir0Jfdk50
凛「もしかして犯人は……」

まゆ「何のことですかぁ?」

小春「と、とぼけたって駄目ですよぉ〜!」

響子「最初にこの家に侵入したのは、あなたですね!?」

ゆかり「……」

智絵里「……」

まゆ「何を言ってるんですかぁ? まゆは今来たところですよぉ?」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:37:37.90 ID:ir0Jfdk50
凛「え?」

まゆ「監視カメラで見てたら様子がおかしいから、わざわざ確かめに来たんですよぉ」

響子「な、なーんだ……」

智絵里「悪い人じゃなくてよかったです……」

ゆかり(監視カメラ?)
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:38:05.80 ID:ir0Jfdk50
凛「これで一件落着、だね」

響子「そうですね!」

小春「早くPさんのコートを持って帰りましょぉ〜!」

まゆ「ちょっと、何勝手に終わらそうとしてるんですかぁ?」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:38:44.77 ID:ir0Jfdk50
ゆかり「原因は、Pさんが鍵を閉め忘れたこと。これで終わったのでは?」

まゆ「何を言ってるんですかぁ? あなたたちが勝手に入ってきたことは事実よ?」

まゆ「これは、侵入罪にあたるわ。まゆとPさんの愛の巣に土足で入り込んだ、重い重い罪……」

凛(あー……駄目だこりゃ)
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:39:19.01 ID:ir0Jfdk50
凛「……」

小春「……」

響子「……」

ゆかり「……」

智絵里「……」

まゆ「……ふう、これでおしまい」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:39:53.00 ID:ir0Jfdk50
凛「……私たちの手足を縛って、どうするつもり?」

まゆ「Pさんのネクタイで縛られて、嬉しいでしょう?」

智絵里(たしかに……)

ゆかり「……殺人は、れっきとした犯罪ですよ?」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/12(火) 23:40:03.25 ID:cbRGE92U0
早苗さーん
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:40:12.00 ID:ir0Jfdk50
まゆ「嫌ですねぇ。殺したりなんてしませんよぉ。ただ……」

響子「ただ?」

まゆ「ちょっと怖い目にはあってもらいますけどねぇ?」

小春「ふええ……」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:41:08.69 ID:ir0Jfdk50
まゆ「……あ、もしもし? 今から来られますかぁ?」

響子「だ、誰に電話してるんでしょうか……?」

ゆかり「まさかPさんに……」

智絵里「そ、そんな……」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:42:13.35 ID:ir0Jfdk50
ガチャ

響子「誰か来ましたよ?」

法子「話って何? とりあえずドーナツいっぱい持ってきたけど……」

法子「って、みんな!? どうしたの!?」

凛「……」

響子「その……捕まっちゃって……」

ゆかり「た、助けてください……」

智絵里「て、手が痛い……」

小春「……」ビクビク

法子「待ってて! 今、助けるから……」

まゆ「その必要はないですよぉ♪」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:42:44.76 ID:ir0Jfdk50
法子「え?」

まゆ「お話っていうのはね……」

まゆ「この人たちがドーナツを馬鹿にしてたって話よ」

小春・凛・響子・ゆかり・智絵里「!?」

法子「……へぇ……」

まゆ「あんな丸い輪っかなんて、全てにおいてベーグルに劣ってるって言ってましたよぉ?」

法子「それは……許せないねぇ?」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:43:31.84 ID:ir0Jfdk50
凛「そ、そんなこと言ってない!」

小春「そうですよぉ!」

ゆかり「私たち……ドーナツを馬鹿にしたりしません!」

智絵里「わ、わたしたち……ドーナツ大好きです……」

響子「そうだよ! ドーナツもベーグルも大好きだもん!」

凛「!? ベーグルなんて言っちゃ駄目だってば!」

響子「え? え?」

法子「……ベーグルとかいうゴミと、高貴なるドーナツを一緒にしたな? あ?」

法子「これはドーナツの良さについて、きっちりと教え込む必要があるね……」

凛「馬鹿ぁ!」

響子「ご、ごめんなさい〜!」

ゆかり「この代償……高くつきますよ……」

智絵里「……後でチョップです……」

小春「ふぇぇ〜……」

まゆ「さてと、まゆは帰るとしましょうかぁ♪」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:44:36.52 ID:ir0Jfdk50
P宅前

P「……で、どうして幸子がついてくるんだよ」

幸子「い、いいじゃないですか! たまにはボクもPさんの家にお邪魔したいんです!」

幸子「このボクにお邪魔してもらえるなんて、Pさんの家は幸せですね! ふふん!」

P「いや、家に幸せも何も……。というか、誰も入れたことないんだけどな……」

P「と、着いたか。ほら、アイドルとプロデューサーが同じ家に帰っていったなんて、写真とか撮られたら洒落にならないから」

幸子「!? い、嫌です!」ダキツキ

P「さ、幸子?」

幸子「もっとボクのことを見てください! あなたはボクのプロデューサーさんなんでしょう!?」

幸子「担当アイドルとプロデューサーは、もっと一緒に居るべきですよね!?」

P「幸子……まずいって……」

幸子「24時間でも足りませんよ! 死ぬまでボクのことだけで脳を満たしてください!」

幸子「それ以外のことなんて、考えなくていいんですよ! 楽でしょう!?」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:45:32.33 ID:ir0Jfdk50
まゆ「そうかしらぁ?」

幸子「ひっ!?」

P「ま、まゆ……どうしてここに?」

まゆ「お仕事を終えた帰りですよぉ? 担当アイドルのことくらい、把握しておいてくださいね? ねぇ、Pさん……?」

P「あ、ああ」

まゆ「……あなたも……」ジリ

幸子「は、はひ」ガタガタ

まゆ「……また、お空を飛びたいんですかぁ?」ボソッ

幸子「!? す、すみません! すみません!」

P(一体、何を言ったんだ?)

まゆ「わかればいいんですよぉ♪」

幸子「うう……」

まゆ「まゆはもう帰りますけど、Pさん」

P「そ、そうか。送っていこうか?」

まゆ「お気持ちだけ貰っておきます♪」
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:45:59.27 ID:ir0Jfdk50
まゆ「そんなことより、防犯にはもっと気をつかった方がいいですよぉ? Pさん……」

P「? それってどういう……」

まゆ「さあ、もう夜も遅いし、まゆと一緒に帰りましょう?」グイ

幸子「Pさん……さ、さよなら……」ズルズル

P「お、おう」

まゆ「また、会いましょうね? ねぇ?」

P「そ、そうだな……」

P「……やっと帰ったか……」
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:46:37.07 ID:ir0Jfdk50
P「……あれ? 鍵開いてる……。まゆが言ってたのはこういうことか?」ガチャ

P「……靴? それも女物……」

P「どういうことだ……」

P「取り敢えず中に……っ!?」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/02/12(火) 23:47:39.03 ID:ir0Jfdk50
凛「ドーナツ……ドーナツ……」ドナドナ

小春「ドーナツぺろぺろです〜……」ドナドナ

智絵里「えへへ……四つ葉のドーナツが見えます……」ドナドナ

ゆかり「夢で見たドーナツになれましたぁ……」ドナドナ

響子「ドーナツ……作らなきゃ……」ドナドナ

法子「……ふう、完了♪」

P「……なんだこの状況……」

お わ り
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/13(水) 00:34:43.53 ID:YzQyYhazo
ふぇぇ...ドナキチつよすぎだよぉ...
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/13(水) 01:23:41.41 ID:AOQUp6I9o
スレタイからもっと卑猥な内容を期待してたぜ!
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/13(水) 07:22:21.60 ID:5sy7Petbo
乙ドナドナ
16.66 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)