このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

吸血鬼「俺はお前の血を飲みたくない」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 14:12:34.07 ID:3LJn/STd0


勇者「あなたはいつでもそうやって」色々酷いです。

ーー「そうだ、オレの名は」これは中断してます。

町娘「私が出会ったのは」


と言うのを書いたんですが、少し違う書き方をしたいので練習を兼ねて始めてみます。

時間が掛かるかも知れませんが読んでくれたら嬉しいです。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367385153
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

P「フェイフェイ、カラオケ・・・」菲菲「嫌ヨ!!」 @ 2017/11/19(日) 09:16:23.74 ID:ubI9NZldO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511050583/

サターニャ「またガヴリールにやられたぁ…うっ……ふぅ」 @ 2017/11/19(日) 05:31:31.07 ID:OxDdxHw80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511037090/

【モバマス】 速水奏「ゴーゴーカレーには人生がある」 @ 2017/11/19(日) 04:49:45.80 ID:VkMJYx3kO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511034585/

嫁宣言して60分以内に嫁AAにお断りされなければ結婚 @ 2017/11/19(日) 04:17:13.53 ID:Ba4H4UaFo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1511032632/

「擬物に感情を教える。これは全力の暇潰しだ」 @ 2017/11/19(日) 03:51:14.77 ID:dHhbO8S1O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511031074/

京太郎「死んでも生きる」良子「死んでも一緒」 @ 2017/11/19(日) 02:04:25.10 ID:yrRPvCU/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511024664/

棟方愛海「あたしの罪としがない苦しみ」 @ 2017/11/19(日) 01:52:38.26 ID:QUXWsklw0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511023957/

【モバマス】モバP「ようこそ、我がプロダクションへ」 @ 2017/11/19(日) 01:23:17.60 ID:Kh3u+ScGO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511022197/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 14:17:46.25 ID:3LJn/STd0


【出会い】


魔界中の女性に手を出した変態魔王を倒し、城から出ようと城内を歩いていたら間の抜けた事に迷っちまった。


気にせずぶらぶらしていたら明らかに異様な気を放つ扉を発見、オレの体から溢れ出る冒険心で開けてみれば、


「やべえ、喉渇いて死にそう」


そこは砂漠だった。


全く訳が分からない。それに、どうやら此処は魔界じゃないらしい。


「あの、大丈夫ですか?」


人間、それも女、よくもまあ一人で砂漠を歩けるもんだ。つーか、大丈夫ですか? じゃねえよ。すっと水出せよ、すっとよぉ


「大丈夫に見えんのか? 早く水寄越せよ」


「くたばれ」



えっ? ちょっと待って、初対面でくたばれは無くない? これはマズい、かなり腹立つけどここは下手に出た方が良さそうだな。

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 14:20:26.98 ID:3LJn/STd0


「すいません。水を下さい、お願いします」


「はぁ…はい、どうぞ」


なにそれ? その仕方無く、頼まれたから渋々…的な。
友達に話し掛けようとして振り向いたら椅子に肘ぶつけて痺れたみたいな顔。腹立つわぁ……お前の人生滅茶苦茶にすんぞ


「すいません。ありがとうございます」


水飲んだ後でな!!


「ちょっ、ちょっと!! なに全部飲んでるんですか!!」


うるせえな、別にいいじゃねえか。このまま逃げても良いが、何処に行けば良いかさっぱり分かんねえ。



まあ水貰ったし? 礼の一つでもしてやろうと思わなくもない、オレは優しいからな。

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 14:22:10.64 ID:3LJn/STd0


「お前、名前は?」


「え? あ、町娘です」


普通ですね、などとは言わない。親からもらった名前をそんな風に言うのはダメだと思う。
例え、魔血武素女みたいな感じでも馬鹿にしたりしちゃいけない。最近随分増えたよな、そういうの。


町娘「あの……お名前は?」


ほう、中々見所のある娘だな。


「聞いちゃうかぁ、そこいらの連中とは比べる事すら許されないオレの名前を聞いちゃうかぁ」



町娘「えっ!! も、もしかして勇者様ですか!?」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 14:23:43.29 ID:3LJn/STd0


期待したオレが馬鹿だった。何かあれば、すぐに勇者だの魔王だの、そんな時代は終わったんだよ。


終わったんだよ?


大体、もう古いんだよ。みんな新しいモノを求めてんだよ。
敢えて王道で……みたいなのあるけど、最近のは何か違う気がする、グラン○ィアとかは今でも好きだけど。


生まれ変わったら勇者か魔王かジャスティンがいいな……なんて、寝る前に思ってるけど。


「………だよ」


町娘「はい?」


たかが娘の分際で勇者との出会いを期待するとはなんて奴だ。きっと今のも聞こえていたのにわざと聞き返したに違いない。


底意地の悪そうな顔してるもん。



「吸血鬼だよ!!」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 14:25:13.86 ID:3LJn/STd0


涙目になってるのは目に砂が入ったから…


期待を裏切る感じになり、恥ずかしさと切なさ、それが涙という世界で最も美しい宝石に変化して瞳から零れ落ちそうになっている訳では決して無い。


町娘「あっ…すいません。なんか期待し過ぎちゃったみたいで」


吸血鬼「いやいや、期待して良いよ!? お前が高望みし過ぎなんだよ!! 分相応で行こうぜ!?」


声張らないと泣きそう。ちゃんと誤魔化せてる? 大丈夫?


町娘「ごめんなさい」



やめてッ!! 本当に泣いちゃうから!!

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 14:27:52.78 ID:3LJn/STd0


町娘「あっ、もう行かないと」


ほら見ろ、勇者じゃないと分かるや否や颯爽と立ち去ろうとしてるよ。今にも泣きそうな吸血鬼を置いてけぼりにして。


吸血鬼「え? もう行くの?」


もう少しさあ、何かあってもいいんじゃないの? 何処から来たんですか? とかさあ。


別に一人は寂しい、ちょっと一緒に居て欲しい、とかじゃないからな。



町娘「はい、早く帰ってお父さんにお薬渡さないといけないので……」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 14:29:20.93 ID:3LJn/STd0


そんな寂しい顔すんなよ。ごめんな、お前の事誤解してたわ。本当は良い子だって、優しい子だって信じてた。


おっぱいデカいし。


そうか、病に伏す父の為、たった一人で砂漠を…


吸血鬼「よし、送ってやるよ。魔物とか出んだろ?」


そして道中、変態魔王を遥かに凌駕したオレの力を見せてやる。


町娘「いいんですか!? ありがとうございます!!」


吸血鬼「いいっていいって。じゃあ、行くぞ!!」


町娘「はいっ」



笑顔は中々に可愛いなぁ……と、思いました。



続く

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 14:33:58.02 ID:3LJn/STd0


【道中】


町娘「きゃっ!! き、吸血鬼さん、魔物が」


やっと出やがった。


相手がちょっとだけ大きめのサソリなのは不満だが、お前等で我慢してやる。


吸血鬼「見せてやるよ、魔法ってヤツをな……ゾンビー!! からのザオリク!!」


我ながら良いセンスだ。すぐに派手な魔法使う奴がいる……オレって強いんだぜ!! って見せ付ける様な奴だ。



そんな真似は二流、三流のする事。そこら辺オレは違うんだよ、うん。

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 14:36:23.34 ID:3LJn/STd0


町娘「なんか、陰険ですね」


この雌……いや、怒ったら負けだ。コレの良さが分からないなら仕方無い。


吸血鬼「じゃあ分かったよ!! すっげえの見せてやるよ!!」


吸血鬼「召還、バハムート!! ハイどうぞ!!」


【メガフレア】


【この砂漠は元々緑豊かな土地だったんです。でもある時、バハムートの強大な魔法が降り注ぎました。その理由は今でも分かりません、ですがその所為で辺り一帯の地形、気候までもが変わってしまったんです。


 と、言われても納得してしまう程凄まじい破壊力】


【毒サソリを倒した!!】


町娘「す、凄いですね!!」


分かり易くキラキラしてんなあ、その顔が見たかったんだよ。そうなんだよ、オレは凄いんだよ。


吸血鬼「まっ、こんなモンだ」


町娘「でも、バハムートが凄いんであって吸血鬼さんは別に……」



吸血鬼「…………………」


これはもう、怒っていいよね。



続く

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 14:38:59.18 ID:3LJn/STd0

見てくれてる方ありがとうございます。

指摘、感想などありましたらお願いします。
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 14:52:49.73 ID:3LJn/STd0
>>1 の訂正


勇者「あなたはいつでもそうやって」色々酷いです。

ーー「そうだ、オレの名は」これは中断してます。

町娘「私が出会ったのは」

と言うのを書いたんですが、少し違う書き方をしたいので練習を 兼ねて始めてみます。

慣れない書き方なので完結まで時間が掛かるかも知れませんが読んでくれたら嬉しいです。

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/01(水) 15:10:16.63 ID:860PQWuyo
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/01(水) 16:06:01.54 ID:+ye1eSeEo
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/01(水) 20:09:28.41 ID:83bbJbLmO
乙!
こういう書き方もいいね
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 22:05:40.16 ID:3LJn/STd0

>>13 >>14 ありがとうございます!!

>>15 そう言ってもらえると嬉しいです!! ありがとうございます。

少しですが投下します。
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 22:07:29.22 ID:3LJn/STd0


【私が出会った吸血鬼】


慣れてるとは言え、やっぱり暑いなぁ。父さんのお薬は私の住んでいる町には無いから月に一度隣町まで買いに行かなければならない。


隣町と言っても結構な距離があるから疲れるんだよね。


でもお薬のお陰で咳はしなくなったし良くなってる。けど食欲が無い、少しずつ痩せ細って行くのを見るのはとっても辛い。


お父さんが死んじゃったら、私は一人ぼっち……いや!! ダメダメ!! そんな事考えちゃダメだ、うん。


「はぁ…」


まだ家に着くには結構歩かなきゃならないなぁ、早く帰って休みたい。お父さんは大丈夫かな?



ん? なんか、なんか変な人が居る。

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 22:09:57.49 ID:3LJn/STd0


「やべえ、喉渇いて死にそう」


砂漠のど真ん中で半袖短パンのジャージ姿、この人は砂漠を舐めているんだろうか?


それとも、キメ細かい白い肌を自慢したいんだろうか?


私の持ってる水筒をチラチラ見ながら暑い暑いと連呼しているから何か事情があるのかも知れない。


取り敢えず、


「あの、大丈夫ですか?」


会話の導入って結構大事だよね。



「大丈夫に見えんのか? さっさと水寄越せ」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 22:11:35.19 ID:3LJn/STd0


顔は良いが目つきが悪い、態度が悪い、そして厚かましい。私だって疲れてるのに、無理してこんな変人に話し掛けるんじゃなかった。


だから、


「くたばれ」


言ってしまった。でも、誤解しないで欲しい、私は普段こんなこと言わない。お父さんの事とか暑さとかでちょっぴりイライラしてただけなの。


でも、言い過ぎだよね。謝らないと


「すいません。水を下さい、お願いします」


土下座!? 変わり身早いな!! さっき迄の横柄な態度とは真逆だよ。


もしやこの人、土下座慣れしてるのでは? そう思ってしまう程綺麗な土下座だった。



なんか、イライラしてたのが馬鹿みたいに思えてきた。

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 22:13:05.01 ID:3LJn/STd0


「はぁ…はい、どうぞ」


と、思ったら、渡した水筒の水を全部飲み干した。ありがとうの一言も無い、一発くらい殴っても許される筈だ。


「おいお前、名前は?」


態度デカいなあ、何処の生まれだ? 貴族なのか?


私と同い年くらいだから十七、十八歳くらいな筈、親は何を教えて来たんだ……全くなってない。


私は礼儀正しくしよう。こんな人間になってはならない。


町娘「あ、えっと、町娘です」


「普っ通だな……」


バッチリ聞こえてるよ!! なんだこの人!!


どうせろくでもない人だろうから名前聞いた後で私もなんか言ってやろう。


「あの、お名前は?」



別に興味無いけどね!!

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 22:15:04.44 ID:3LJn/STd0


「ん? 聞いちゃう? そこら辺の連中とは比べる事すら許されないオレの名前聞いちゃう?」


うざいなぁ、どうせ貴族とかなんだろうな……ならば


「えっ!! も、もしかして勇者様ですか!?」


意地悪してやろう。


「吸血鬼だよ」


き、吸血鬼!? ほわぁ……一生に一度会えるかで言ったら、かなり珍しいよね?


だけど認めるのもなんか嫌だし、


町娘「はい?」


今一度、意地悪してやろう。



吸血鬼「吸血鬼だよ!!」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 22:17:48.82 ID:3LJn/STd0


あっ、泣きそうになってる。なんか可愛いな……だからこそ!!


町娘「あっ…すいません。なんか期待し過ぎちゃったみたいで」


意地悪したい!!


吸血鬼「いやいや、期待して良いよ!? お前が高望みし過ぎなんだよ!! 分相応で行こうぜ!?」


これ以上やると本当に泣いちゃいそうだから止めておこう。


町娘「ごめんなさい」


それより、こんな人…じゃなくてこんな吸血鬼に構ってる暇は無いんだった。早く帰らないと


町娘「あっ、もう行かないと」


吸血鬼「え? もう行くの?」


凄い寂しそうな顔してる。でも急がなきゃならないし……って言うか直射日光ビシビシ浴びてるけど平気なのかな?



きっと平気なんだろうな…

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 22:19:22.33 ID:3LJn/STd0


町娘「はい、お父さんにお薬渡さないといけないので」


吸血鬼「よし、送ってやるよ。魔物とか出んだろ?」


えっ!? 急にどうしたんだろう? 実は結構優しい吸血鬼なのかな?


何か企んでる風にも見えないし、ここは素直に送ってもらおうかな。


町娘「いいんですか!? ありがとうございます!!」


吸血鬼「いいっていいって。じゃあ、行くぞ!!」


落ち込み易いけど立ち直りも早いんだ、立ち直りの早さは見習わないとな。


町娘「はいっ!!」


それに、こんなに楽しいのは久しぶりかも知れないなぁ……



続く

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 22:20:55.92 ID:3LJn/STd0


【吸血鬼さんの本気】



町娘「きゃっ!! き、吸血鬼さん、魔物が」


魔物なんて滅多に出ないのに、でも最近目撃情報が増えてるんだよね、怖いなぁ。


吸血鬼「見せてやるよ、魔法ってヤツをな……ゾンビー!! からのザオリク!!」


あれ? ちょっと期待してたのと違うかも、吸血鬼さんの事だからドガンって感じの派手な魔法を使うと思ってた。


それに、


町娘「なんか、陰険ですね」


吸血鬼「じゃあ分かったよ!! すっげえの見せてやるよ!!」



そんなにハードル上げて大丈夫なのかな? 取り敢えずちょっとだけ期待しておこう。

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 22:22:45.23 ID:3LJn/STd0


吸血鬼「召還、バハムート!! ハイどうぞ!!」


うわっ、凄くデカい!! ほあぁ…影で隠れちゃった!! あっ、ちょっと涼しい。


それより、本物のバハムートなの!? えっ、もしかして吸血鬼さんって凄いのかな?


【毒サソリを倒した!!】


町娘「す、凄いですね!!」


吸血鬼「まっ、こんなモンだ」


出たぁ!! ドヤ顔だぁ!! なんか腹立つなぁ……私には分かる、吸血鬼さんはきっと調子に乗せちゃダメなタイプだ。


そして、叱られて伸びるタイプな筈。


町娘「でも、バハムートが凄いんであって吸血鬼さんは別に……」


吸血鬼「…………………」


あっ、泣きそうになってる。メンタル弱いなあ…今度は素直に褒めてあげよう。



続く

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/01(水) 22:25:57.98 ID:3LJn/STd0

読んでくれてる方、レスしてくれた方、ありがとうございます!!

指摘や感想などよろしくお願いします。
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/01(水) 23:06:40.21 ID:860PQWuyo
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 00:05:12.74 ID:Zs0ehoga0

>>27 ありがとうございます!!

ちょっと書けたので投下します。
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 00:14:26.25 ID:Zs0ehoga0


【決意】


吸血鬼「砂漠の町か、まんまだな」


町娘「町の名前にケチ付けないで下さいよ。あの、吸血鬼さん」


なんか急に寒くなってきた。いや、マジで寒い、顎がガチガチ言いそうなくらい寒い。


白湯飲みてえ、味噌汁飲みてえ。あ、母ちゃん心配してっかな…


吸血鬼「ん? なに?」


町娘「もう直ぐ完全に日も暮れてかなり寒くなるので、家で良ければ泊まりませんか?」



吸血鬼「えっ? いいの?」

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 00:15:16.66 ID:Zs0ehoga0


町娘「はい、お父さんにお礼はちゃんとしなさいって言われてますから」


始めて会った人間がコイツで良かった。魔族にこんな事言える奴居るんだな。


吸血鬼「ありがとな、助かる」


町娘「ふぁっ? あ、はい」


びっくりしたぁ、いきなりお礼なんて言われたから変な声出ちゃった。


あ、寒くなってきた早くお家に入らないと拙い、吸血鬼さんガチガチ言ってるし。


町娘「ひ、冷えて来ましたね。急ぎましょう」



吸血鬼「?? おうっ」

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 00:16:36.72 ID:Zs0ehoga0


町娘「ふぅっ、ただいま。遅くなってごめんね?」


娘父「いや、私は大丈夫だよ。あれ、其方の方は…」


吸血鬼「あ、砂漠で倒れていた所を娘さんに助けてもらった吸血鬼と申します」


はぁっ!? 全く、そんな言葉遣い出来るなら最初からそうして下さいよ。


町娘「その後、魔物から守ってもらったの。行く所もないみたいだし家に泊めようと思って、いいかな?」


娘父「勿論だよ。狭い家ですがゆっくりしていって下さい」


この親父、全然嫌な顔してねえ、優しさの塊だな。



娘が通りがかって良かったわ、今頃凍死しててもおかしくなかったからな。

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 00:17:58.46 ID:Zs0ehoga0


吸血鬼「あ、はい。ありがとうございます」


町娘「お父さん、吸血鬼さん。今からご飯作るから待ってて」


あんなに歩いたのに、帰って来て直ぐに料理すんのか、すげえな。ん? 母ちゃんは居ねえのかな?


娘父「吸血鬼君」


吸血鬼「んぁ? はい、なんでしょう?」


娘父「娘を助けてくれてありがとう」


こんな人間に会えるなんてな、運全部使っちまったのかも知れねえ。つーかかなり苦しそうな顔してるな、病気か……ん!? 



待て待て、オレ魔法使えるよな? 余裕で治せんじゃん!!

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 00:19:32.77 ID:Zs0ehoga0


吸血鬼「いや、お礼なんていいです。それより」


娘父「なんだい?」


治して良いですか? って聞くのも変だしな。取り敢えず


吸血鬼「常世の祈り」


【娘父の体力が全回復・バットステータスを治した】


娘父「あれ? 痛みが…消えた? これは、吸血鬼君が」


これで治らなかったらどうしようかと思ったぜ、治って良かった。


吸血鬼「あ、はい。治って良かったです」


娘父「………」


ん? おいおい、俯いちまったぞ!? オレ、何かしちゃったのか?


吸血鬼「あ、あの」


娘父「いや、嬉しくてね。娘がご飯を持ってきたらびっくりさせよう」



なんだそれ!! オレがびっくりしたわ!! 

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 00:21:34.92 ID:Zs0ehoga0


吸血鬼「あの、お母さんはお仕事ですか」


あ、やべえ、明らかに顔が曇った。あぁ、聞いちゃいけない事だったか…どうすっかな。


娘父「ああ、うん。妻は仕事だよ。領主様の所でね」


何で辛そうな顔してんだ? 病気は治った。他になにかがあるのか?


この後、料理を持って来た娘が病気の治った親父さんに泣きながら抱きついたり、


親父さんが笑い泣きながらご飯食べたり、楽しい食事だった。



二人からは、何度もありがとうと言われた。

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 00:23:26.44 ID:Zs0ehoga0


食後、はしゃぎ過ぎたのか、親父さんはすぐに眠ってしまった。


あんだけ喜んで貰えるとこっちまで嬉しくなるな。


だがオレには聞かなければならない事があった。聞かない方が良い、それはさっき親父さんの顔を見て分かってる。


あの時の親父さんの顔、病気を魔法で治すのとは話しが違う。


何とかしてやりたい。この親子の為に、何か……


町娘「吸血鬼さん? どうしたんですか?」


吸血鬼「娘、聞きたい事がある。お前の母ちゃんに何があった?」


娘、辛そうな顔させて悪いな。



聞いた所で何も出来ねえかも知れねえ、いや、絶対何とかしてみせる。

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 00:27:43.09 ID:Zs0ehoga0


つーか何でオレはこんなに必死になってんだ? また、ありがとうって言って欲しいからか?


町娘「母さんは、この町の領主に無理矢理屋敷に……」


吸血鬼「分かった。もういい、悪かったな」


町娘「でも何でこんな事聞いたん


吸血鬼「ドルミナー」


町娘「えっ? は、うぅ…」


【町娘は眠ってしまった】


偽善だと言われても、英雄気取りと言われても、独善的とか、つーか何言われてもいいや。


誰かが言ってた。


そうだよ、







吸血鬼「人を助けるのに理由なんていらねぇんだよ」



続く

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 00:30:36.64 ID:Zs0ehoga0

見てくれてる方、レスしてくれた方、ありがとうございます。

書きたい所まで書けたので此処で終了します。

指摘や感想などよろしくお願いします。

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/02(木) 00:50:20.58 ID:sPD4c7Tbo
途中で町娘の心の声?が入った?
心の声をならどちらかわかりにくくなるな

最初みたいに片方なら片方のだけってして欲しい
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/02(木) 01:19:51.50 ID:Zs0ehoga0


>>38  ありがとうございます!!

はい、 >>30 >>31 に入れました。

どちらも書こうとしたら、とても中途半端になっちゃいました。

次回からそうします、ありがとうございます。


40 : ◆B/NHzKmv/c :2013/05/02(木) 20:32:56.11 ID:qlT52DGq0

>>1です。投下します。
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 20:41:33.63 ID:qlT52DGq0


【醜き者・穢れ無き者】


やっぱ寒いな、さっき唯一開いていた店で服買ったけど、あんまり変わらねえな。


無一文だったが、オレの華麗な流し目でコロッと落としてやった。オレも罪な男だな、ん? 着いたみてえだな。


此処が領主の屋敷か、何か豪華に見せようと派手な物くっつけて建てたみたいな、なんつーか、悪趣味な屋敷だな。


領主ってのは王から任命された奴だよな、確か。


自分の統治する町の、しかも人の嫁さんを無理矢理連れて行くなんざ最低な野郎だ。


そんな奴を領主にしたこの国の王も大馬鹿野郎だ。



親父さんや娘みたいな思いをしてる奴が、他にも居るのかもしれねえ。

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 20:42:45.74 ID:qlT52DGq0


「なんだお前、こんな夜更けに何の用だ?」


兵士じゃねえな、チンピラか用心棒か何かか? 


それより、ぶっさいくな顔してんなあ、領主も不細工なんだろうな、きっと。


吸血鬼「ん、ああ。用っつうか、領主を殴りに来た」


オレは素直なんだよ。



いつも空を見上げて生きていたい、そう……思うから。

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 20:43:47.68 ID:qlT52DGq0


用心棒「んだと!? この野


あ? 誰が喋って良いって言った? オレは今、とってもご機嫌斜めだから気を付けろ。


吸血鬼「うっせえ。黙れ」


用心棒「ヒッ!!」


いい歳してんだから睨まれたくらいで漏らすなよ。


まあいいや、これ以上見つかるのは面倒だしな。さっさと塀を飛び越えて入るか。

44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 20:44:59.00 ID:qlT52DGq0


ーーーーー

ーー


この町の新しい領主に任命され1ヶ月。


今ではこの町は儂の物だ。酒、女、金、全てが儂の物。


ふふ、誰も儂には逆らえん、皆が儂に服従しているのだ。


「はぁっ…っ」


今、儂に抱かれているこの女も儂の物。これほど美しい女は、たかが町民風情には勿体無い。



都合の良い事に亭主は病で稼ぎが無かった。そこに漬け込めば、実に容易いものだった。

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/02(木) 20:47:42.37 ID:qlT52DGq0


領主「どうだ? あの亭主が死んだら儂の妻にならんか? 娘も養ってやるぞ、ん?」


女「さっさと終わらせて。あなたの妻になるくらいなら、死を選ぶわ」


領主「ふふっ、そうか、まあ良い」


気丈な女だ、だからこそ良い。無理矢理に組み伏せ、犯す。


愛する者を想い、儂への憎しみを噛み殺し、辱めを耐えるその表情。



それが堪らない。

46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/02(木) 20:50:26.40 ID:qlT52DGq0


ーーーーー

ーー


吐き気がする…この屋敷に連れて来られて二週間程経っただろうか?


その間、私は昼夜問わずこの男に何度も犯された。


の男が憎い、殺してやりたいと何度もそう思った。


だが私はこの男の前では一切の着衣を禁じられている。用心深い男なのだろう。


羞恥と度重なる陵辱。私が此処に居る限り、あの人と娘の命、生活は保証される。


悔しい。



そして憎いと言いながら、実際この男に頼らなければならない自分が情けない。

47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 20:53:30.49 ID:qlT52DGq0


私は夫を、娘を愛してる。


だから、この領主に何をされようと、私の此の心は穢れはしない。


領主「どうだ? あの亭主が死んだら儂の妻にならんか? 娘も養ってやるぞ」


そして何時か必ず、愛する人と、愛する娘と、再び会えると信じている。


女「さっさと終わらせて。あなたの妻になるくらいなら、死を選ぶわ」


そう言った私の顔を見て、満足そうに、そして下卑た笑みを浮かべながら


領主「そうか、まあ良い」




私の中に精を放った。

48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 21:03:23.22 ID:qlT52DGq0


ーーーーー

ーー


屋敷内の奴らは全員眠らせた、何回か殺した後だけど。


本当の裁きは町の者に任せよう、
奴等は痛みと憎しみをその身に受けなければならない。


捕らわれていた女達の痛みに比べれば可愛いもんだ。


それと驚いた事がある、女達は誰一人諦めちゃいなかった。誰一人、瞳に宿る光を失ってはいなかった。


この町の人々はきっと強く、気高い魂を持っている。


そんな美しい魂を持つ人々を、


穢れた欲望の捌け口にする領主、許す訳には行かねえ。



吸血鬼「待ってろよ……糞野郎」




続く

49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/02(木) 21:19:32.27 ID:qlT52DGq0

此処で終了です。

>>46 訂正 の男が憎い。 この男が憎い。

>>47 訂正 この領主に、 この男に、

読んでくれてる方、ありがとうございます。


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/02(木) 22:24:03.23 ID:2YHkqEaCo
乙です
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/03(金) 00:52:34.09 ID:4nI2mgdco
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/03(金) 02:24:04.40 ID:NdhGrNzRo
乙です
53 : ◆B/NHzKmv/c :2013/05/03(金) 10:36:31.13 ID:tYOWXxXX0
>>50 >>51 >>52 ありがとうございます。

短いですが、投下します。
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 10:37:43.45 ID:tYOWXxXX0


【裁く者】


領主「くくっ、ぐふふっ」


ねっとりと厭らしい笑みを浮かべながら、女の白く柔い尻をぐいと掴み、強く腰を打ち付ける。


女は唇を強く噛み締め、その唇からはじわりと血が滲んでいた。


領主に尻を向け、屈辱的な体位で犯されるのを、今の陵辱が終わるのを、ただ待っている。


領主「うっ、射精すぞ!!」


身体をぶるりと震わせると二度目の射精を行った。当然の如く、膣奥に放つ。


その行為は、この女は自分の物だと刻み付ける様だった。


領主「ぬふふ、まだ終わらんぞ? 全く、本当に良い女だ」



膣からそれを引き抜き、体位を変えて再び挿入する。

55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/03(金) 10:37:47.11 ID:WLyy1f/Ko
来やがったか!
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 10:41:18.13 ID:tYOWXxXX0


女「……っ」


領主「ふひっ、そうだ。その顔をもっと見せろ」


三度目の行為を始めようとした時、突如、扉が内側に弾けた。


吸血鬼「…っ、おい…今すぐ離れろ」


犯された女を見た吸血鬼の表情は曇り、悲しみに満ちていた。だが、それは忽ち


領主「な、なんだ貴様は!!」


吸血鬼「黙れ。聞こえなかったか? 今すぐ離れろって言ってんだよ!!!」


憤怒へと変わる。



領主「ひっ、ひぃっ!!」

57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 10:42:07.91 ID:tYOWXxXX0


今、一体何が起きているのか何も分からぬまま、すぐさま女から離れると、勢い余ってベッドからどさりと落ちる。


吸血鬼「娘のお母さん、ですよね? 家に帰って下さい。二人共、待ってますから」


吸血鬼に彼女を憐れむ様子は無い。毅然と、彼女の瞳をしっかりと見つめ、そう告げる。


女「ええ、分かったわ。ありがとう」


下手な憐れみを向けられれば、自分は穢れたのだと感じていただろう。


だからこそ、吸血鬼の憐れみの無い真っ直ぐな瞳が、


貴女は穢れてなどいない。



そう言ってくれている様で、彼女にはそれが心地良かった。

58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 10:45:58.64 ID:tYOWXxXX0


吸血鬼「行ったな…おい、屑」


汚物でも見るような、


軽蔑と侮蔑を含ませた表情で、未だ床に転がる領主に近付いて行く。


領主「ひっ、くっ、来るな!!」


バタバタと手足を動かし、どうにか逃げようと試みるが逃げ場など最初から存在しない。



吸血鬼「お前は、オレが殺してやるよ。お前みたいな屑は意外と生き延びたりするからな」

59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/03(金) 10:50:35.31 ID:tYOWXxXX0


何処までも冷え切った瞳には明確な殺意と怒りが籠もっている。


領主は底から恐怖し、震えた。


今までの行いと、先程までの快楽を思い出しながら、何故こうなってしまったかを考えるが検討も付かない。


領主「き、貴様は誰だ!! 何者だ!! まさか、城から派遣さ


吸血鬼「黙れ。今からお前には、そうだな……まあ、オレに殺してくれと懇願する位まで…」


吸血鬼の背後から禍々しい何かが湧き上がり、この部屋を覆って行く。


それは『魔』その物。


禍々しい力の渦が唸り、形を為し、ぐわと口を開ける。


吸血鬼「死に続けてもらう」


領主「な…なんだ、なんだそれは…ひっ!! 誰か!! 誰か助けてくれ!!」


領主は此処へ来てやっと理解した。
眼前の、大口を開けたそれは、自分を呑み込むつもりなのだと。



吸血鬼「幾ら叫んでも、誰もお前を助けには来ねえよ。いいか? お前は、今から、此処で、死ぬんだ」




続く

60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 10:58:54.86 ID:tYOWXxXX0

>>55 ありがとうございます!! 嬉しいです。

ちょっと書き方変えてみました。難しい。

読んでくれてる方、レスしてくれた方、ありがとうございます。

感想や指摘など、よろしくお願いします。

次回は今日中に投下します。
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 13:48:12.92 ID:tYOWXxXX0


【懇願】


此処は何処だ? 気が付けば断崖絶壁。
一人、二人が立つのがやっとだ、そんな場所で、儂は椅子に座っていた。

身動きすれば即座に落ちるだろう。


何より広い。此処には儂しか居ないと言う事実を突き付けられている様だ。


見渡せば一面にどろりとした赤、そして身体に纏わりつく腐臭。底を見下ろすと、何かが、蠢いている。


そうか、此処は、地獄か。



一体何処で間違えた? 王に取り入り、領主の位を得た。儂の人生は盤石だった筈なのに。

62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 13:51:27.18 ID:tYOWXxXX0


なのに、なのに、何故この様な事になった? 突如やって来たあの男は何者だ?


目に付いたのは不気味さを覚える程青白い肌、そして儂を蔑む冷たい視線とは対照的な赤い瞳。


いや、それより、そんな事よりも、


領主「ぎッ!! ぎゃああああっ!!」


この苦痛、激痛は何時になれば終わる? 何をされているか分からない、見えない、次は何を壊される?


腹を内側から裂かれ、眼を潰され、爪を剥がされ、指を削られ、


もう、感じる事すら出来ぬ程、壊された筈。なのに何故、


領主「ひぎゃああああっ!!」



痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛
い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛痛痛痛

63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 13:55:55.91 ID:tYOWXxXX0


儂が悪かった。誰か、誰でもいい。
助けてくれ。金も地位も、全てを捧げよう。だから、だから、この苦しみから、救ってくれ。


「底まで醜い。未だ、生を求めるか」


なんだ? 誰だ? 見えない、怖い。


「貴様の魂など、喰う気にもならん」


何だ? 何を言っている? 問おうにも、舌を抜かれて声を発する事が出来ない。


「闇に沈め、醜き者」


消えた? 何処に行った? 待ってくれ!! 独りにしないでくれ!!


無音……臭いも、痛みも何も感じない。儂は今、何処にいる?


領主「ひ、ひっひはははははは!!!」



暗い、何も聞こえない、分からない。
いや、最早分からなくとも良い。この思考が辛い、生きているのが辛い。消したい、消えたい、もう考えたくない。

64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/03(金) 14:00:52.48 ID:tYOWXxXX0


領主「ひ、ひゅっ、ひゅう」


殺してくれ、早く楽にしてくれ、早く早早早く早早
く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く!!!


「……良いだろう」


ひ? ひはっ? か、神か? そうだ、神に違いない。神よ、儂に死を与えて下さるのですか?


「さあ、瞳を開き、発せよ。望みを告げよ」


なんだ? 明るい……明るい? 見える、見えるぞ!!
ん、此処は儂の部屋か? 戻って来たのか? いや、もうそんな事は良い、早く告げねば。


神よ、目の前の男に告げれば良いのですか? もしや、この青年は神の御使い……


分からない。それより早く、神の気が変わる前に、早く告げねば、


領主「どうか、どうか儂に、死をお与えて下さい」


吸血鬼「………」


おぉ、何と……何と美しい。女共に熱を上げていた自分が、ただ恥ずかしい。


そうか、この青年は……



続く

65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 14:04:15.63 ID:tYOWXxXX0

>>64 訂正 神よ、この男に  神よ、この青年に

また夜に投下します。読んでくれてる方、ありがとうございます。

66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/03(金) 14:42:40.77 ID:tYOWXxXX0

>>62訂正 目に付いたのは不気味さを覚える程青白い肌、儂を蔑む冷たい視線とは対照的に、燃えるような赤い瞳を持つ青年。

読み返してはいるんですが、度々すいません。

67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/03(金) 20:15:17.22 ID:gHkik4aGO
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/03(金) 22:03:51.26 ID:FlFMxgZI0
乙です。
誤字脱字が気になるなら、あらかじめメモ帳かWordかなんかに下書きして、推敲してからコピペして投稿すりゃいいんじゃね?
とは言え、多少の誤字は脳内変換して読んでくれるさきっと
69 : ◆B/NHzKmv/c :2013/05/03(金) 23:26:51.95 ID:ZzpgNr9Q0

>>67 ありがとうございます!!

>>68 はい、きちんと全体を確認して誤字脱字の無いように気を付けます。ありがとうございます。

投下します。
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 23:35:57.29 ID:ZzpgNr9Q0


【彼女が一番見たかった笑顔】


恥辱、陵辱の日々は、突如現れた青年によって幕を閉じた。私の他に囚われていた女性達も無事に逃げ出した様だ。


きっとあの青年が逃がしたのね。
貴族服を着ていたから、どこかの貴族なのかしら? 


肌は随分綺麗だったけれど、青白くて不健康そうだったわね。


青年が何者かは分からないけれど、
あの時の会話を思い返せば、ウチの娘の知り合いなのは間違い無いわよね。


もうすぐ我が家に着く、帰ったら娘に詳しい話しを聞かなきゃならないわね。



それより、あの人は元気かしら? 少し急ぎましょう。

71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 23:40:35.39 ID:ZzpgNr9Q0


ーーーーー


「ただいま!! 帰ったわよ!!」


返事がない……夜中だし寝てるわよね。ちょっと寂しいけど仕方無いわ。


でも、何で娘はテーブルで寝てるのかしら? このまま寝て明日になってから驚かせるのも良いけど


「娘!! こんな所で寝てたら風邪引くわよ!!」


町娘「う、ん? あ、母さん、ごめんなさい。吸血鬼さんに眠らされ…って母さん!? 帰って来たの!?」


娘母「ええ、ただいま。でも、夜中に大きい声出すのは止めなさい」


町娘「はい…じゃなくて、母さん。えぇっと」


娘母「ん? どうしたの?」


町娘「お帰りなさいっ」


全く、なに泣いてんのよ。こういう時は笑って出迎えなきゃダメでしょうに。


でも、やっと会えた。

72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 23:47:19.28 ID:ZzpgNr9Q0


娘母「ふふっ、ただいま。あっ……」


娘父「お帰り。待ってたよ、君を…ずっと待ってた」


いつも通りの優しい微笑みだった。


会いたかった。貴方をずっと想っていた。


だから、領主に犯されている時、絶望してしまいそうになっても諦めないでいられた。


それは、この人のお陰だろう。私の夫で、此の世界でたった一人、私が愛する男。


娘父「済まなかった」


娘母「……っ、貴方が謝る事なんてないわ!!」



なんで、なんで貴方が謝るの? 病に罹ったのは仕方の無い事。それに、悪いのは全てあの領主なのに。

73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 23:49:29.75 ID:ZzpgNr9Q0


確かに屋敷に捕らわれた日々を、辛くないと言えば、嘘になる。


でも、それよりも、あの領主に犯され陵辱された私を、貴方は……


娘父「そんな悲しい顔をしないでくれ。君が此処に帰ってきた、そして君が側にいる。私はそれだけで、幸せなんだから」


夫は微笑み、私をきつく抱き締めてそう言ってくれた。


愛する人の腕の中で、


屋敷の中での全ての出来事は、


今、この瞬間、本当の終わりを迎えたのだと実感する事が出来た。



続く

74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 23:53:09.54 ID:ZzpgNr9Q0


【私の居場所】


その後、母さんは私と父さんに、領主が自分に何をしていたかを隠さずに伝えた。


とても辛いだろうと思う……父さんは静かに話しを聞き、母さんを優しく抱き締めていた。


父さんは妊娠の心配をしていたが、母さんは、


娘母「大丈夫大丈夫。あの領主、種無しだから」


と、全く心配していなかった。領主自身がそれを認めていたらしい。


既婚者、子持ちの女性が多かったのは子供がいる幸せな家庭を壊したい、との事だった。



もう終わった事……だけど、やっぱり聞いていて気持ちの良い話しじゃない。

75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 23:54:43.16 ID:ZzpgNr9Q0


話は変わって、父さんから聞いた話しだけど、


母さんは昔から気が強くて負けず嫌い、男の人と喧嘩するのも当たり前で、よく男を泣かせてた


娘母「ねえ、あなたぁ」


娘父「ん、どうしたんだい?」


娘母「愛してるっ」


娘父「ははっ、ありがとう」


娘母「ねぇ、愛してる、って言ってくれないの?」



………らしい。今の会話を聞く限り、全く信じられない。

76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 23:57:20.91 ID:ZzpgNr9Q0


父さんはそんなに腕っ節は強くない、と言うか弱いだろう。性格は温厚で、喧嘩するような人じゃないし。


母さんは、父さんのそんな優しい所が大好きだって言ってたなあ…


娘父「愛してるよ」


娘母「ふふっ、ありがとっ」


うわっ、ちゅーしちゃった!! 娘居るのにちゅーしちゃった!!


娘母「ねえ娘、さっき言ってた吸血鬼君が父さんの病気を治してくれたのよね?」


町娘「へっ? う、うん。私に母さんの話しを聞いた後、私を眠らせて何処かに行っちゃったけど」



娘母「ふーむ。聞けば特徴も合致するし、私を助けたのはその吸血鬼君で間違い無いさそうね」

77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 00:00:10.88 ID:VRQ09q2S0


母さんによると貴族服を着ていて、肌が白くて、不健康そうな青年が助けてくれたらしい。


って言うか貴族服? 半袖短パンじゃくて?


まあ……十中八九、九分九厘、十人十色、吸血鬼さんなんだろうな。あっ、十人十色は違うか。


娘母「貴男、無理しないで? 休んでて良いのよ?」


娘父「私も待つよ。何せ、愛する妻を救ってくれた恩人だからね」


娘母「もうっ、私も、あ・い・し・て・るっ」


うわっ、もう見てらんないよ!! そのまま致すつもりか!? 父さんも少しは抵抗してよ!!


無理か…組み敷かれてるもんね。外に出ようかな? 寒いから嫌だな……



吸血鬼さん、今すぐ、一刻も早く、一生懸命走って帰って来て下さい。



続く

78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 00:25:19.10 ID:935Nj1qS0


【流し目の真実】


私は看板娘、綺麗か可愛いで言えば……まあ、断然可愛い方かな?


それと、腰を痛めた父の代わりに武器防具から洋服まで、幅広く取り扱うこの店を切り盛りしてる孝行娘ですっ♪♪


何故か、町の皆からコスプレ屋さんと言われている。それはちょっとなぁ…とか言ったけど、


実は結構気に入ってる。


最近は色々あってお客さんが来ない、もう夜も更けて来たし、そろそろ店閉めないと


吸血鬼「服、どんなんでも良いから、服、服くれ」



と、思ったら、半袖短パン、寒さで顎がガチガチ言ってる同い年くらいの青年が入店。

79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 00:27:07.48 ID:935Nj1qS0


肌が白い、と言うか青白くなってる、家出でもしたんだろうか?


看板娘「分かった。ちょっと待っててね」


仕方無い、可哀想だし私が服を選んで持ってきてやろう。


吸血鬼「ははは早めに頼む」


看板娘「はいはーい」


うーん、どれが良いだろ?



貴族服とか良いんじゃないかな。後は、このマントも付けよう。

80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 00:28:08.04 ID:935Nj1qS0


看板娘「はい、どうぞ」


吸血鬼「ききき着替えてって良いか?」


看板娘「うん、いいよ」


近くで見ると本当に肌が綺麗、真っ白って言うか青白い。


そして特徴的な八重歯……って言うか牙!? 実は吸血鬼だったりして。


吸血鬼「よし、着替えた」


うわっ、すっげー似合ってる!!
こんなに貴族服似合う人初めて見た。実はどこぞの貴族かも知れない。
 


吸血鬼「んじゃ、ありがとな」

81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 00:29:34.66 ID:935Nj1qS0


看板娘「あ、はい。ありがとうございました」


ん? 待て待て待て、何か忘れてる…あっ!!


看板娘「おい、金払えよ」


吸血鬼「……くっ、すいません!! 今持ち合わせが無くて…どうか、どうか」


即土下座!? この土下座、一朝一夕で身に付けられるモノじゃない。


並々ならぬ努力の賜物な筈……なんて綺麗なんだろう。


こんな土下座を決められたら、


看板娘「分かった。代金はその土下座で勘弁してあげるよ」


って言っちゃうのも仕方無いよね。


吸血鬼「ありがとうございます!! 自分、急いでるので!!」


おっ、鬼気迫るって感じだ。何か大事な用事でもあるのかな?


ただ、去り行く君に一言だけ言いたい。



看板娘「もう二度と来るなよー」



続く

82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 00:35:42.63 ID:935Nj1qS0

此処で終了です。

読んでくれてる方、ありがとうございます。

多分明日も投下します。指摘、感想などよろしくお願いします。
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/04(土) 01:18:07.93 ID:935Nj1qS0

早速間違えました、脳内変換よろしくお願いします。

酷い誤字脱字以外、訂正は控えます。

読んでくれてる方、本当にありがとうございます。
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/04(土) 11:03:22.20 ID:aIkcDB4Ko
85 : ◆B/NHzKmv/c :2013/05/04(土) 11:43:25.64 ID:tzsT7rKP0

>>84 ありがとうございます!! 見てくれてる人がいて良かった…

投下します。
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 11:45:23.27 ID:tzsT7rKP0


【深夜帰宅】


領主は始末した。


これで良い。例え領主の行いが発覚し、この国の奴等に差し出したとしても、死罪になるとは到底思えない。


いや、王が選んだとなれば隠蔽しようとするかも分からねえ。だが、もうその心配も無い。


領主を始末した後、ささっと城へ行き、すっと王の寝室へ忍び込んで頭にちょこっと細工してやったからな。



洗脳とかじゃないよ?

87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 11:47:05.45 ID:tzsT7rKP0


ちょっと性格良くしてあげただけだから、大丈夫大丈夫。


アホ面だったから顔も変えてやろうかと思ったけど、止めた。


後は、娘の家に戻るだけだ。


つーか、戻って良いのか? 娘を眠らせた後カッコ良く家を出たから、戻り辛いな……


何か恥ずかしくなってきた。
いやいや!! 悪いことした訳じゃねえし? 大丈夫だよな? な!?



………寒いし、行く所も無いし、戻ろう。うん、戻ろう。

88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 11:50:00.70 ID:tzsT7rKP0


ーーーーー


よし、着いたぞ、後は入るだけだ。こっそりひっそり入ろう。


レビテトで足音消して、バニシュは……いや、それだと完全な不法侵入だ。


堂々と、正面玄関から入ろう。


吸血鬼「戻りま


町娘「吸血鬼さんっ、待ってましたよ!!」


娘母「やっぱり、あなたが吸血鬼君だったのね」



娘父「寒かったろう? さあ、早く入りなさい」

89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 11:51:59.02 ID:tzsT7rKP0


なんだ? 皆、待っててくれたのか? 親父さんは病み上がりだし、母ちゃんに至ってはさっきまで……


それなのに、戻って来るかも分からん、得体の知れない魔族を待ってたのか?


吸血鬼「あ、はい。戻りました」


娘父「ただいま。で良いんだよ?」


優し過ぎんだろ!?
やべえ、何か泣きそう。こんなに感動したのは、真2の修正版を手に入れた時以来かもしれない。


つーか、何でこんなに優しく出来るんだよ。


娘母「ん? 吸血鬼君、どうかしたの?」


吸血鬼「えっ、いや。あの……ただいま」



「「「 お帰りなさい 」」」



これは、泣いても良いよな?



続く

90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 11:54:03.61 ID:tzsT7rKP0


【団欒】


その後、何度もありがとうと言われ、色々な事を話して、就寝。


娘の母ちゃんはすげえな、って言うか心が強いんだろう。


親父さんは菩薩級の優しさだし。娘は……うん、おっぱいがデカい。


そして、翌朝。


娘母「吸血鬼君、どう? 美味しい?」


吸血鬼「はい、すっげえ美味いです」


娘母「吸血鬼君は痩せぎすだから、もっと食べた方が良いわよ? 血色も悪いし」


血色が悪のは元々なんで勘弁してください。



娘父「うん、そうだね。育ち盛りなんだから、沢山食べないと」

91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 11:55:03.74 ID:tzsT7rKP0


吸血鬼「あ、はい。ありがとうございます」


町娘「吸血鬼さんが礼儀正しくてると、何か気持ち悪いですね?」


吸血鬼「……気持ち悪いとか言うなよ」


マジで傷付くから止めろ、キモいより気持ち悪いの方がダメージがデカいからね。


しかし、帰って来てからと言うもの娘のオレに対する態度が、


町娘「じゃあ、気味が悪いです」


態度が……


町娘「気色悪い」


なんなの!? その執拗な言葉の暴力!! お前、そんなにオレを泣かせたいわけ!?



親父さんも母ちゃんも、朗らかに笑ってないで暴言娘を注意してよ!!

92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 11:58:15.90 ID:tzsT7rKP0


町娘「私は喜色満面」


うっせえよ!! うわっ、すっげぇ腹立つ!! 何だその顔、グチャッてすんぞ!!


吸血鬼「ははっ、お前は可愛いなぁ」


町娘「ななな、何ですか急に////」


ほう……こいつ、褒めればころっと行くタイプだな。


黒髪ロングでお淑やか、一見しっかりしてそうで大人しいおっぱい娘、こんな娘が意外と簡単に身体許しちゃうんだよなぁ、将来が心配だ。


吸血鬼「もう、あれだな。眉目秀麗だな」


町娘「え、あっうぅ…////」


吸血鬼「見目麗しい簡単な女だな。尻軽娘か?」


町娘「えへへっ//// じゃない!! 誰が尻軽だ」



馬鹿め!! オレを泣かそうなんざ十九日早いんだよ!!

93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 12:02:21.23 ID:tzsT7rKP0


こんな感じで、母ちゃんの美味しい朝ご飯を食べた。


その後、町の人が来た。
玄関先で暫く話した後で、親父さんと母ちゃんは町の会議に出向く事になった。


きっと昨夜の件だろう。オレには、


娘父「吸血鬼君、君は娘と一緒に居てくれ」


娘母「暇なら買い物に行ったりしても良いからね」


と、言ってくれた。


魔族のオレを気に掛けての事だろう、と思う。


それに、昨日の今日じゃ町の人々も混乱しているだろうからな。


オレが行けばどうなるか分かったもんじゃない。



続く

94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/04(土) 12:04:19.99 ID:tzsT7rKP0

読んでくれてる方、ありがとうございます!!

また夜に投下します。

95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/04(土) 12:50:19.31 ID:f1RtokDso
血ィ吸えよ
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/04(土) 13:42:48.13 ID:aIkcDB4Ko
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 02:01:23.94 ID:7sDIi9SC0

>>95 嫌です。

>>96 ありがとうございます。


投下します。
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 02:03:21.08 ID:7sDIi9SC0


【私と吸血鬼】


父さんと母さんが会議に出掛けて、今は吸血鬼さんと二人っきりだ。


あっ、そう言えば


町娘「吸血鬼さんは何で半袖短パンのジャージ姿で砂漠に転がってたんですか?」


吸血鬼「ん? ああ、魔王ぶっ倒したんだけどさ」


魔王倒したんだ……まあ、いいや。


吸血鬼「その後、城で迷っちまってさ。そんで、ふらふらしてたら変な扉見つけて、気になって開けてみたら砂漠に居た」



何で開けちゃうかなあ、きっと馬鹿なんだろうなあ。

99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 02:04:26.07 ID:7sDIi9SC0


町娘「その扉はどうなったんですか?」


吸血鬼「それがさぁ…消えちまってたんだよ」


だから砂漠にポツリと、寂しそうに体育座りしてたんだ。思い出すとちょっと笑えてくるな。


町娘「あの、吸血鬼さんは魔界から来たんですよね。どうやって帰るんですか?」


吸血鬼「全っ然、分かんねえ。どうすれば良いと思う?」



何て言ったら良いか分かんないけど、もう少し真剣に生きて下さい。

100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 02:08:35.13 ID:7sDIi9SC0


でも、もし吸血鬼さんがその扉を開けて砂漠に来なかったら……


父さんの病気は治ならかったし、母さんも家には戻って来れなかった。


町娘「あのっ、吸血鬼さん」


吸血鬼「ん? なに?」


痩せっぽっちで強そうに見えないし、


やる気無さそうな顔してるけど、出会ったその日に、両親を救ってくれた。

101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 02:09:39.14 ID:7sDIi9SC0


町娘「父さん、母さんを救ってくれて、ありがとうございます」


魔族って凄く怖くて、気紛れに人を襲う、そんな風に想像してた。


吸血鬼「……おうっ」


だけど、吸血鬼さんは不思議と怖くない……赤い瞳は魅入ってしまう程綺麗で、優しい光を放ってる。


私には目の前で照れ隠ししてる吸血鬼が、


何処にでも居る、同年代の、ちょっと不健康そうな青年にしか見えなかった。


続く

102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 02:11:45.58 ID:7sDIi9SC0


【知りたい】


町娘「吸血鬼って、どんな感じですか?」


吸血鬼「はぁ?」


町娘「ほら、夜な夜な血を求めて彷徨うとか、美女の血を好むとか、色々あるじゃないですか」


吸血鬼「ああ、ウチの曾祖父さんはそうだったみたいだな」


町娘「吸血鬼さんはどうなんですか?」


吸血鬼「うーん。オレはちょっとなあ」


町娘「まさか、吸血鬼なのに血が苦手とか」


吸血鬼「そんなんじゃねえよ。うんとだな、えーっと……ダメだ。説明すんの面倒臭い」


町娘「教えて下さいよ。長くてもちゃんと聞きますから、ね?」



吸血鬼「仕方ねえな、分かったよ」

103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 02:14:00.82 ID:7sDIi9SC0


大昔、


人間の生き血を飲むと強くなれると言う迷信を信じ、それを唯一実践した者がいた。


それが、オレの先祖。


そいつは魔界の王になる為、力を得る為、人間界に出て血を吸いまくった。そして事実、そいつは力を得た。


それが、吸血鬼と呼ばれる様になった所以。


その息子も、そのまた息子も、人間界に来ては血を吸い続けた。


力を欲し、快楽に溺れた。

104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 02:16:30.69 ID:7sDIi9SC0


世代を重ねれば重ねる程、そいつの子孫の力は増して行った。


何万人か何百万人の生き血を吸い、力を得た大馬鹿野郎。


オレは、そいつの血族の中でも、最も色濃い力を受け継いでいる存在。


血族連中には、誇りだの何だの言う奴がいるが、オレにはさっぱり理解出来ねえ。


オレは力なんかいらねえ。


事故であって、血を吸う為に人間界に来た訳じゃねえ。つーか基本的に、魔族は人間界に行ったら駄目だしな。



まあ、そんなに厳しく規制されてる訳ではないんだが。

105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 02:17:30.16 ID:7sDIi9SC0


町娘「あの、吸血鬼さん」


吸血鬼「ん? まだ途中なんだけど」


町娘「暇だし、買い物に行きません?」


吸血鬼「…………」



分かった…もう分かった。オレは二度と、二度とコイツに期待したりしない。



続く

106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 02:20:57.92 ID:7sDIi9SC0

此処で終了です。

読んでくれてる方、レスしてくれた方、ありがとうございます。

107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 11:31:42.01 ID:+fbhTIA10


【変化】


それから三日後の事だ、


王の使者が町にやって来て、
町の者達自ら長を決め、そして長を決めた後、王と直接面談して欲しい。


そう伝え、去って行った。


皆が言っていた。王は変った、この国も変わるだろうと。


王は自身の臣下、
兵の在り方、治安維持、魔物討伐、税、何から何までを一新、改革しようとしている。


当たり前だ、人が変わったんだから。



つーか、オレが変えたんだ。その位して貰わないと困る。

108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 11:33:56.48 ID:+fbhTIA10


それよりも、オレの身体がおかしい。


領主を殺してからの三日間。


その間、娘と買い物したり、話したり、笑ったり、だらだらしたり、母ちゃんの洗濯手伝って褒められたり、親父さんの散歩に付き合ったりした。


そうして瞬く間に三日経ち、


オレは、娘の血を吸いたいと、思い始める様になった。


だが、我慢は出来る。
娘が側に居なければ血を吸いたいとは思わないし、娘以外の人間と接しても何も感じない。


それに、オレはこの親子が好きだ。


母ちゃんは、オレの母ちゃんと似ている。気が強くて親父にべったりな所とか特に……


親父さんはオレの親父と似てる、争いを好まず、優しくて心が強い所とかな。


まだ、もう少しだけ、この親子と一緒に居たい。



ヒトの温かさを、優しさを感じて居たい。



続く

109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/05(日) 12:08:48.71 ID:qQGVzPSdO
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 14:11:38.74 ID:+fbhTIA10


【その時まで】


この三日間、


私は吸血鬼さんと沢山お話しした。


魔界では何が流行っているか、どんな魔族が居るのか、苦手な物とか沢山。



そして本当に今更ながら、吸血鬼さんに名前を聞いてみた。

111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 14:14:52.00 ID:+fbhTIA10


最初は自分の名前が嫌いだから教えたく無いって言ってたけど、何の気なしに、


父さん、母さんから貰った名前を嫌いなんて言ったらダメですよ?


そう言ったら珍しく真面目な顔をして、暫く黙った後、教えくれた。


ルクレーシャス・クリストファー・ ディーア


コレが吸血鬼さんの名前。


何か、長いですね、と言ったら。



ルクでもクリスでも、何でも良いって、青白い肌をほんの少しだけ赤く染めながら、そう言ってくれた。

112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 14:16:04.70 ID:+fbhTIA10


その後すぐ、お前の名前を教えろと言われたから、


アニ・アルノルト


これが私の名前。


直後、捻りが無いと言われたので、思い付く限りの罵詈雑言を浴びせてあげた。


この三日間は本当に楽しかった。


でも、吸血鬼さんは少しずつ私を避ける様になっていった。



そして、いつしか二人きりになることは、無くなった。

113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 14:17:22.38 ID:+fbhTIA10

時々他の町に行っては、魔物や魔界に繋がる事を調べているらしい。


もう、帰っちゃうのかな。


私は、吸血鬼さんの力になりたい。
悩んでいるなら、相談くらいしてくれれば良いのに……


いつか吸血鬼さんが帰る時が来たら、私は、きっと泣いてしまうだろう。


だから、もっと沢山お話したり、一緒に買い物したり、後悔のない様にしたい。


どうせ泣いてしまうのなら、沢山思い出を作りたいし、笑顔で居て欲しい。



吸血鬼さん、あなたは一体、何に苦しんでいるの?



続く

114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 14:18:33.09 ID:+fbhTIA10

>>109 ありがとうございます。
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/05(日) 14:18:36.23 ID:6tzUZ1u7o
そういやクリストファー・リーってまだ生きてんの?
116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/05(日) 14:54:16.37 ID:yLRsJftho
おもろい
終わりが近そうだが期待してる
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/05(日) 15:09:24.12 ID:qQGVzPSdO
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 18:19:07.92 ID:Wv5nQiEt0


【決断】


旅人や商人に聞いた話しだが、最近、鉄の国って所の何処かに魔物を吐き出す門ってのが出現したらしい。


娘も、最近になって魔物が現れる様になったって言ってたからな。


門から現れた魔物。


あの時のデカい蠍も、自分達に適した場所を求め、流れ流れて砂漠に来たんだろう。


魔物は魔界の存在、凶暴なのも居れば大人しいのも居る。姿は違ってもそこら辺は人間界の動物と何ら変わらない。


それは兎も角。その門は、間違い無く魔界と人間界を繋いでる。



吐き出すのなら呑み込む事も出来るかも知れねえ。

119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 18:35:57.75 ID:Wv5nQiEt0


最近になって、娘もオレの異変に気付いたみたいだ。


まあ、あれだけ露骨に避ければ当たり前か……


それでもオレを心配してくれてんのが分かる。


けどな、オレにはそれが辛い。お前と居るは心地良い、安心する。


だが、それと同じくらいに…



お前の血が欲しい、あの日に焼けた褐色の肌、


健康的で柔らかそうで美味そうな、その首筋に噛み付き、血を啜りたくて堪らない。

120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 18:37:43.23 ID:Wv5nQiEt0


糞が……オレはそんな事は絶対にしたくねぇ、絶対にしちゃいけねぇんだよ。


だから、事実を伝えない。


違うな……怖いんだ。


事実を伝えてしまったら、オレへの、吸血鬼への恐怖で離れてしまいそうで、


過ごした全てが壊れてしまいそうで、


怖いんだ。


だから今夜、鉄の国へ経つ。


続く

121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/05(日) 18:48:11.10 ID:Wv5nQiEt0

>>115 調べた所、ドラキュラ役の有名な俳優の方でした。今度借りてみよう。

>>116 嬉しいです。ありがとうございます。

>>117 ありがとうございます
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/05(日) 18:57:54.03 ID:i+jH2+GRo
おっつ
おもしろいなコレ
吸血鬼が人間に名乗るならアーカードって名前が定番でっせ
123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/05(日) 21:04:34.26 ID:gj/7Np/U0

これ前回のリメイク的な感じ?
124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 00:05:53.43 ID:41hgAeFZ0


【旅立つ前に】


みんな寝たな。そろそろ行くか、一応手紙書いておこう。


何もせずに居なくなったら、心配してオレを捜すだろう。


特に親父さんは優しいから、母ちゃんと二人で町の皆に呼び掛けたりすんだろうな……



本当に、優しい人達だから。

125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 00:07:28.84 ID:41hgAeFZ0


よし、行くか……っと、その前に、


町娘「すぅ……ぅん」


全く、無防備過ぎんだよ。血を吸われても文句言えねえぞ?


この髪に触れるのも、頬を撫でるのも、唇をなぞるのも、最初で最後。


ありがとな? お前に出会えて良かった。


チッ、そろそろ……離れねえと、拙いな。



吸血鬼「……アニ、ありがとう。もう、行くよ」



続く

126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 00:08:26.73 ID:41hgAeFZ0


【彼の理由】


吸血鬼「悪い、遅れた」


看板娘「遅い!!」


だから遅れたっていってんだろうが!! だが仕方ない、コイツには借りがあるからな。


吸血鬼「頼んでた物は?」


看板娘「はいはい」


鉄の国までは結構掛かる。


その為の旅支度をコイツに頼んだ。領主の屋敷から戴いた品を渡したら楽勝だった。



それに、口は悪いが結構イイ奴で、何も聞かずに承諾してくれた。

127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 00:09:06.44 ID:41hgAeFZ0


看板娘「あのさ、本当に行くの?」


吸血鬼「……ああ、行く」


看板娘「アニには伝えて…るワケないか」


友達だもんな、お前等。


アニと二人で買い物に行く時は、何も買わなくても、必ずコイツの店に寄っていた。


吸血鬼「色々あんだよ。もう行く」


看板娘「それで、いいの?」


吸血鬼「うっせえ。じゃあな」



看板娘「アンタ、何かから逃げてるだけなんじゃないの?」

128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 00:10:02.75 ID:41hgAeFZ0


吸血鬼「……っ、そうだよ!! でも、どうにも出来ねえんだ!! 何も知らねえくせに、知った様な口聞くんじゃねえよ!!」


オレだって離れたくねえよ、明日も明後日もアニと一緒に居てえよ。


オレが吸血鬼じゃ無かったら、アニの両親を救えなかった。


オレが吸血鬼じゃ無かったら、明日もアニと一緒に居られた。


糞ッ、分かんねえ。


吸血鬼って何なんだよ。オレは今まで、血を吸いたいなんて、思った事も無かったのに。


看板娘「ごめん。でも、アニの悲しい顔なんて見たくないからさ」



そんなの、オレだって見たくない。

129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 00:10:51.27 ID:41hgAeFZ0


看板娘「だから、アンタが町を出る理由、教えてくれない?」


吸血鬼「なんでだよ」


看板娘「納得したいから」


話した所で何も変わらない。


でも、理由を聞いたとしてもコイツには何も出来ない、ましてアニに教える事なんて絶対にしないだろう。


吸血鬼「お前も辛くなんぞ? それでも聞くか?」


看板娘「……聞かせて」



吸血鬼「そうか、分かった」

130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 00:11:48.91 ID:41hgAeFZ0


ーーーーー


私には何も出来ない。


アイツの話しを聞いて、一生懸命考えて、悩んで、辿り着いた結果は、それだった。


どうしようもなくて、悲しくなった。聞いている内に泣けてきて、


吸血鬼「何でお前が泣くんだよ」


なんて言われたけど、そんな話し聞いたら泣かないワケない。



だって、そんなの、救いが無さ過ぎるから。

131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 00:15:33.39 ID:41hgAeFZ0


アニと共に歩くアイツの顔は穏やかで、アニから吸血鬼だと聞いた時は本当にびっくりした。


吸血衝動。


それが、もう抗え無い所まで来てる、そう言ってた。


私は、この真実をアニに伝える事は出来ない。だからアイツは、私に話したんだろう。


こうしてアイツは、自分の救った町から…



姿を消した。



続く?

132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 00:24:56.91 ID:clTGxYlHo
ちなみに吸血するとどうなんの?
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 00:26:41.32 ID:41hgAeFZ0

>>122 アーカードなんて恐れ多くて使えない。図に乗るなよ、ヒューマン。とか言われそう。

>>123 最初はそのつもりでした。でも書き方変えたら何か段々と変わりました。

134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 00:48:01.61 ID:41hgAeFZ0

>>132 それは…ちょっと待って下さい。すいません。

調べましたが分からないので質問。吸血鬼って>>122が言うように、アーカードと名乗るのが普通なんですか?

135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 00:51:11.05 ID:41hgAeFZ0

あげてしまってすいません。ありがとうございました。
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 02:13:42.78 ID:hmxSCnJDO
>>134
「普通」じゃあないだろ
「ドラキュラ」に縁のある存在が使うこともあるってだけで
それも基本“偽名”としてだし

少なくとも作中の吸血鬼が、あの場面で名乗るのにふさわしい名だとは思わない
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 08:05:24.88 ID:msnzGn/fo
>>134
アーカードじゃ無くて「アルカード 吸血鬼」でググると出てくるな
人間相手に使う偽名としては良くあるパターンみたい

手塚治虫も使ったらしい
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 14:13:31.73 ID:Pld8e8D70


【手紙】


吸血鬼さんは行ってしまった。
結局、私に何も教えてくれないまま、こんな手紙だけを残して…


『お父さんへ、


 病気が治って余り時間も経ってないし、無理しないで下さい。後、町長に選ばれたみたいですが、頑張り過ぎないように。


 一緒に散歩した時、退屈じゃないか? と言っていたけど、そんな事無かったです。ゆっくり過ごすのも良いなって思いました。

ーーーー

 お母さんへ、


 ご飯、凄く美味しかったです。今まで、洗濯とか掃除とかした事無かったので、ウチに帰ったら自分で出来る事は自分でやる様にします。


  お父さんと結婚する時の話しとか色々、凄く楽しかったです。


 最後に、町の皆がオレを怖がらないで、笑って居てくれたのは、きっと、お父さんとお母さんが頑張ってくれたお陰です。


 本当に、ありがとうございました。


 吸血鬼 ルクレーシャス・クリストファー・ディーアより』


139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 14:15:45.60 ID:Pld8e8D70


『アニ、お前には別に手紙を書く。
 別に見られて恥ずかしいとかじゃないからな、図に乗るなよ。


 オレにも家族が居る、きっと心配してるだろう、だから帰る。それだけだ。


 お前の家族はとても素敵で、優しくて、強い。オレなんかよりも、ずっとずっと強くて凄いよ。


 だから、何だ……その、大切に、幸せに暮らせ。


 今、手紙を書いてるオレは、ちょっと頭がアレな感じで、この先に書いてる事はそんな感じのアレだからな? 調子乗んなよ。






 アニ、お前に出会えて良かった。本当に、そう思ってる。絶対に忘れない。


 ありがとう。




 ルクレーシャス・クリストファー・ディーアとして、アニへ…」



続く

140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 14:20:19.29 ID:Pld8e8D70

>>136 >>137

なる程、あくまで偽名として使う名前なんですね。某吸血鬼のイメージがあまりに強くて。
手塚治虫も吸血鬼を題材にしてたんですね、知らなかったです。

勉強になりました、ありがとうございます。

141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 16:37:09.71 ID:2Oh287Ubo
手塚のドンドラキュラって
アニメにもなったし結構有名だと思ってたけど、そうでも無いのか
そういやこれにもヘルシング教授が出てくるな
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 16:44:40.05 ID:oSTIwK+80


【偶然】


その後、私は吸血鬼さんが何処に向かったのか調べた。砂漠の国の、全ての町に行き、聞き込みをした。


だけど、そう簡単には行かなかった。

吸血鬼さんが旅人や、行商人と会話していたと言うのは聞いたが、何を話していたのかは分からない。


そして、その旅人や行商人はもう砂漠の国には居なかった。


挫けそうになった時、ある情報を得た。



それは父さんから告げられた。

143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 16:45:53.93 ID:oSTIwK+80


町長として王様と話した時、
砂漠の国に最近増え始めた魔物の話しになったそうだ。


原因は隣国、鉄の国に突如出現した魔物を排出する門。


通称・魔召門。


もしかしたら、吸血鬼さんは鉄の国に向かったのかもしれない。


魔界と繋がる物に違いは無いのだから可能性はある。


けど、確証は無い。



迷っている私の背中を押してくれたのは、父さんと、母さんだった。

144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 16:46:51.62 ID:oSTIwK+80


娘母「アニ、行きなさい。腑に落ちないんでしょ? あんな手紙残されて、ハイさようなら、なんて嫌なんでしょ?」


娘父「吸血…ルクレーシャス君にも事情があるだろう。家に帰るのは当然の事だ。けれど、私も少し気になるね…」


娘母「何より、私達はあの子に何一つお返ししてないわ。あれだけの恩を受けておいて返さないなんて、我が家の家訓に反するしね」


娘父「ははっ、確かにそうだね」



こんな風に、押される、と言うより押し出される形で、私は鉄の国に向かう事になった。

145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 16:48:53.06 ID:oSTIwK+80


ーーーーー


看板娘「そう……」


町娘「だから、行くね。色々ありがとう」


捜しているの分かっていた。けど時間が経てば、諦めると思っていた。


全く、誰から聞いたか分からないけど、まさかアイツの行き先を突き止めてしまうなんて……


告げるべきか? アイツはアニの為に去ったと、どうしようもない事なのだと…


会った所で、アイツは間違い無く拒絶するだろう。


どうする? 此処で伝えれば、まだ間に合う。このまま行かせたら、


アイツがアニの為に悩み、決断した行為を無駄にするばかりか、何よりアニが悲しむ。最悪だ。




看板娘「……アニ、聞いて欲しい事があるの」



続く

146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 16:54:21.69 ID:oSTIwK+80

>>141 知らなかった…手塚治虫は本当に色々な漫画を書いているんですね。

ありがとうございます。

147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 17:08:14.29 ID:clTGxYlHo
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 18:10:34.62 ID:A3ShLadro
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 18:55:22.12 ID:oSTIwK+80


【彼女の理由】


町娘「そっか、でも、やっぱり行かなきゃ」


やっぱり辛いよね。ごめんね、アニ……って


看板娘「へっ、えっ!?」


町娘「ユニス、話してくれてありがとう」


何か怖い顔してる、って言うかコレは、本気で怒ってる時の顔だ。


看板娘「あ、うん」


こうなったら止まらない。
アニが何に怒ってるのか分かんないけど、もう何言っても聞かないだろうなぁ。


町娘「じゃあ、行ってくる!!」



看板娘「あ、はい。行ってらっしゃい」

150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 18:56:24.41 ID:oSTIwK+80


ーーーーー


馬鹿だ。大馬鹿だ。


辛い、苦しい、悲しい、怖い?


ふざけんな!!


何も言わずに出て行って、私や父さん母さんに、果ては町の皆にも心配かけて、




その理由が私を守る為!? 冗談じゃない。

151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 18:57:23.11 ID:oSTIwK+80


身勝手、我が儘、自己中心、自己陶酔にも程がある。


私はどうなる?


私の、貴方を吸血鬼ではなく、


ルクレーシャス・クリストファー・ディーアを想う、私の気持ちはどうなる!?


私の血を吸いたければ吸えば良い、そうされたって、構わない。


だから必ず見つけ出して、百回ビンタして、泣くまで意地悪して、またビンタして、


その後で、


ありがとうって言うんだ。


首を洗って待ってろ、ルクレーシャス・クリストファー・ディーア。



続く

152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 19:00:10.87 ID:oSTIwK+80

>>147 >>148 ありがとうございます。
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 19:14:01.23 ID:clTGxYlHo
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 20:18:58.04 ID:oSTIwK+80


【断罪】


私はある目的の為、諸国を旅している。まあ、ただの旅人だ。


話しは変わるが、


如何なる事があろうと、女性を傷付けるのは男として最低な行為だと思う。


しかし、


「人間のクセに、人間のクセに!!」


如何に美しい女性だろうと、目の前のソレがこの人間界に居る筈の無い、


「クソがぁぁぁっ!!」



人外ならば話しは別だ。

155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 20:20:30.80 ID:oSTIwK+80


旅人「口の汚い女は嫌われるぞ? アイネイアス・ヒルデガード・エインズワーズ」


「黙れ!!」


旅人「黙るのは貴様だ。吸血鬼」


青白い肌、赤い瞳、牙、魔眼、変身能力、そして、人の生き血を啜る怪物。


例え女の吸血鬼であろうと、
あの青白く透き通る細腕で掴まれれば、私の腕など一瞬で持って行かれる。


その為、


女吸血鬼「両手両足引っこ抜いて、教会に飾ってやる!!」



距離を保ち、鞭で叩く。

156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 20:24:54.50 ID:oSTIwK+80


女吸血鬼「ぎゃっ!! なんだ…熱いッ、身体がッ熱いぃ!!」


鞭と言っても、鞭全体に細かい棘が付いている。その棘は純銀で出来ている。


叩くと言うより、引っ掻くと言った方が近い。


ああ、鞭はもう一つある。
この鞭は普段使うには扱い辛いからね。そっちは普通の鞭だ。


女吸血鬼「ぐっ…あぎっ…」


だが幸運だった。この吸血鬼は、弱い。


大方、力を高める為、それか単純に美形の男性を誑かし、生き血を啜る為、


まあどちらにせよ、血を吸う事と、人が死ぬ事には変わりは無い。



女吸血鬼「地獄へ堕ちろ、クソ野郎」

157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/06(月) 20:29:28.90 ID:oSTIwK+80


クソ野郎? 女性にそんな事を言われたのは初めてだ。流石に傷付くな……


自分で言うのも何だが、中々に良い男だと思う。だから、この女吸血鬼を誘き出す事に成功した……筈だ。


それよりも、私はクソ野郎では無い。


旅人「私は今から君を殺す。殺さねばならない。君が殺した者達、そして残された家族の為に」


殺された者は、決して蘇りはしないのだから。


女吸血鬼「なんで、なんで人間なんかに…」


旅人「一応名乗っておこう。私の名は……」


私は吸血鬼を倒す、いや殺す為に、そして人々を守る為に旅をしている。



旅人「エイブラハム・ヴァン・ヘルシング」




続く

158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 20:31:44.09 ID:oSTIwK+80

>>153 ありがとうございます。
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 22:22:19.99 ID:clTGxYlHo
いきなり話が変わったな
160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 22:25:29.26 ID:G1/N8ziZo
ハンターの大御所っつうか定番だよね
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 22:32:08.44 ID:Wod21q2co
こんな流れも悪くない。乙。
162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 22:43:54.35 ID:oSTIwK+80


【その男の名】


ある日、魔界の王が打ち倒され、同時に魔界から一人の男が姿を消した。


恐らく魔界最強の男。


魔界の王に一番近いとされた男。


そして、それ程の力を持ちながら、魔界の王座に興味すら無い男。


吸血鬼 ルクレーシャス・クリストファー・ディーア。



大ッ嫌いだけど、アタシが一番憧れている男だ。

163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 22:46:22.51 ID:oSTIwK+80


アタシは、アイネイアス・ヒルデガード・エインズワーズ。


同じ吸血鬼の筈……なのに、なのに、何故、あの男と力の差がある?


アタシには変身も、魔法も、まして死者を甦らせる事なんて出来ない。


何故だ? 同じ血族でありながら、何故違う? 受け継いだ血が薄いからか?


だったら、だったら…


人間のみならず、魔界の強者の血を啜り、底辺から頂点へと上り詰めた、


始まりの男であり、吸血鬼の祖であり、伝説の男……



ブラッドリー・アナステシアス・ディーバ。



彼の様に、人間の血を吸えば良い。

164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 22:48:22.62 ID:oSTIwK+80


そうすれば強くなれると信じて魔界から飛び出した。


そして人間界、雪の国と呼ばれるこの国で、アタシは人間の血を吸った。


なのに、アタシの力は変わらなかった。


幾ら吸っても何一つ変わらなかった…


何故だ? いや、吸血鬼とは何だ?


祖は魔女の血を吸い魔法を、変身能力を持つ者から変身を、


他にも様々な魔族と正々堂々と戦い、その特性を得たと言われている。



得た……得た? 違う、奪ったんだ。

165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 22:53:09.60 ID:oSTIwK+80


血を吸う鬼、だから吸血鬼。


仮初めの名だ……血を吸うのが本質では無い。


力を奪う能力、力の略奪、それこそが本質。


そして、その力全てを受け継いだのが、魔界から消えた、あの男。


だが、アタシに奪う力は無い、人間の生命力すら奪えていないのだから。


そして、


「私の名は、エイブラハム・ヴァン・ヘルシング」


人間にすら、負けてしまったのだ。



「さらばだ、吸血鬼」



続く

166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/06(月) 23:10:00.17 ID:oSTIwK+80

>>159 勇者だとしっくり来ないかなと思い、そしたらこんな感じに…

>>160 格好いいですよね。

>>161 嬉しいです。ありがとうございます。
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 23:24:45.81 ID:clTGxYlHo
ああなるほど
これは前のスレで出したあれを深くしたやつか
168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 01:18:55.48 ID:j+eZlLas0


【異変】


女吸血鬼を葬った後、雪の国王から新たな情報が入った。


まず、砂漠の国王が最近急増した魔物の対策を練ろうと、諸国王に会談を持ち掛けた。


砂漠の国王はそんなに熱心な人間では無い。言い方は悪いが、王の器では無いと酷評されていた。


だが、いざ会談に臨んだ所、砂漠の国王の性格が激変していたのだ。


その会談の最中、


己の欲望で町を支配していた領主を裁き、平和を齎した者の話しを聞いたと言う。



その男、名は分からないが、自らを吸血鬼だと名乗ったらしい。

169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 01:20:12.03 ID:j+eZlLas0


この話は全て、砂漠の国王自身が発言し、その後、王は自らの落ち度を認め、諸国王にも詫びたとの事。


吸血鬼だと? 全く、ふざけた奴だ。


性格云々は魔眼、催眠の類だろう。


だが、おかしな点がある。


砂漠の国は堕落する所か、民にとって良い方向に変わっているのだ。


しかも、しかもだ。


一国を変えたその吸血鬼は、それだけの力を持ちながら、突如砂漠の国から消えたと言う。


だが、放っては置く訳には行かない。



断言出来る、吸血鬼は悪だ。

170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 01:23:25.46 ID:j+eZlLas0


最悪の吸血鬼、始まりの男の伝承を、私は知っている。


ブラッドリー・アナステシアス・ディーバ。


この男の血族ならば、何としてでも討たねばならない。その血を絶たねばならない。


行く先に心当たりはある。


鉄の国に突如現れた、魔物を排出する門。


通称・魔召門、奴は其処に向かった筈だ。元々私も向かうつもりだったし丁度良い。


奴の血族なら、魔物を率いて国を落とす事も容易だろう。


例え私の考えと違っていても、吸血鬼には違いはない。


違いないのなら、吸血鬼だと言うのなら、行かなければならない。討たねばならない。



行こう、鉄の国へ。



続く

171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 01:33:28.13 ID:j+eZlLas0

>>167 前のスレも読んでくれたとは、いやあ嬉しいです。

後少しで終わると思います。ありがとうございました。
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/07(火) 01:37:40.99 ID:phZ4NZkSo
読んでたのは憶えてるけど吸血鬼のキャラしか憶えてない
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 02:32:53.85 ID:j+eZlLas0


】崩】
   【壊【


あの馬鹿、追って来てるな…


数日経ち、オレの身体の異変、アニに対する吸血衝動は強くなった。


離れているにも拘わらず、アニが近付いて来るのが分かる。


鉄の国には着いた。


だが未だに門には向かっていない、身体が欲している。


待っている、アニが来るのを、血が、自らやって来るのを……



糞ッ!! 頭がおかしくなりそうだ。

174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 02:34:17.86 ID:j+eZlLas0


でも大丈夫だ。


あと数日待てば、アニは鉄の国へ着く。血を吸えば楽になれる、吸血衝動も収まる。


それで、良いじゃねえか。


違う!! そんなのは望んでねえ!!


動け、行け、門へ向かうんだ。


一人くらい、良いじゃねえか、人間なんて沢山沢山居るんだから。一人減ったって何も変わらねえよ。


違う!!


違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う!!


チガウ?


あ、頭ガ…割れそうだ。

175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/07(火) 02:43:22.35 ID:j+eZlLas0


誰か、オレを殺せ、殺せよ殺し てくれ誰で も良いからダレカ殺して頼む 殺せよ殺して せ よ頼む殺して頼 む殺せよ殺して殺せよ頼む殺して殺せよ頼む殺して殺せよ殺して殺せよ殺して殺せよ殺し て殺してくれ



ダレカオレヲコロシテクレ


ぐ、糞ったれ、負ケねエ、こんナんに負けてたまルか……


門へ行クんだ、這ってでモ…行ク…んだ。


アニ、オレは、お前ヲ、オマエノの血を…チガウチガ、オレハアニヲ



アニ、オマエノアいシてる……



ダカら…く、な


続く

176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 03:11:43.89 ID:j+eZlLas0


【必然】


もう少しで鉄の国だ。もう少しで、会える。


運の良い事に、途中で出会った旅人さんの馬車に乗せて貰えた。


この人は魔召門に用があるみたいだった。


服装や体格、運んでいる物を見ると、魔物を討伐する為に派遣された人なのかも知れない。


旅人「お嬢さんは何故鉄の国に? 魔物が多いと言うのに」



町娘「大切な人をビンタしに行くんです」

177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 03:13:06.01 ID:j+eZlLas0


旅人「ははっ、それは良い。君の様な娘にビンタされる男は幸せ者だ」


町娘「旅人さんは何故?」


旅人「私も同じ様な物さ、ビンタでは済みそうに無いだろうけどね」


顔色が、変わった? 何か、雰囲気が…


町娘「あ、あのっ


旅人「さあ、着いたよ。此処でお別れだ。私はこのまま魔召門へ向かう」


町娘「……あ、はい。ありがとうございした。あの、私、アニ・アルノルトって言います」


旅人「私は、エイブラハム・ヴァン・ヘルシングだ。早く彼の下に行ってあげなさい」


町娘「はいっ、お世話になりました」


早く、早く会いたい。



貴方になら、何をされたって構わないから…



続く

178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 03:17:21.52 ID:j+eZlLas0

この辺で…明日の夜には完結してる筈です。

ありがとうございました。
179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/07(火) 03:25:49.68 ID:zJtPISGPo

続きまってるよ!
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 15:07:11.37 ID:j+eZlLas0


【疾走】


魔召門から程近い街で馬車から降りた私は、早速吸血鬼さんの情報を得る為、聞き込みを開始した。


この街に居ない可能性もある。


だからこそ、情報が欲しい。居ない場合はすぐに別の街や村、全てを捜し回るのだ。


貴族服、艶やかな黒髪、少し尖った耳、赤い瞳、青白く透き通った肌。


痩せぎす、不健康そうで、気怠げながら優しそうで端正な顔立ち。


年の頃は十八の青年。


これを何度も、色んな人に、足の肉刺が潰れるまで、聞きまくった。

181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 15:08:39.55 ID:j+eZlLas0


そしてやっと情報を得た。


最後の宿屋で聞いた話しは、こういった物だった。


白髪の青年がぶつぶつ言いながら、出て行った。門へ向かうと呟いていたらしい。


身体的特徴に関しては、白髪であること以外、全て合致していた。


門とは、間違い無く、魔召門だろう。


本当に、もうすぐ会える。


そう思うと、安堵と共に緊張感が解け、


さっきまで全く気にならなかった足の痛みが、酷く痛み始めた。



けど、街の人のある会話で、その痛みは直ぐに消える事になる。

182 : ◆B/NHzKmv/c :2013/05/07(火) 15:09:26.03 ID:j+eZlLas0


「砂漠の国から吸血鬼がやって来たらしいぜ」


「ああ、らしいな。砂漠の国王を魔法で変えちまったんだろ?」


「でもよ? その吸血鬼は町をろくでもない領主から救ったって言うじゃねえか」


「砂漠の国全体も良い方向に進んでる、最近会った砂漠の国の友人も、その吸血鬼に感謝していたよ」


「良い奴なのかもな……でも、雪の国から吸血鬼を[ピーーー]為に一人の男が来るらしいぜ?」


「ああ、確か名前は…」



「ヴァン・ヘルシング。エイブラハム・ヴァン・ヘルシングだろ?」

183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 15:10:53.35 ID:j+eZlLas0


……えっ? あの旅人さんが? そんな、そんな事って…


「ああそう、それだそれ」


「その吸血鬼が良い奴でも[ピーーー]のか?」


「冬の国でも吸血鬼絡みで色々あったらしいからな……」


「なる程な、仕方、ねえか」


気付けば走っていた。もう痛みなど感じない。


もしかしたら、吸血鬼さんは、もう魔界に帰っているかも知れない。


寧ろ、そうであって欲しいとさえ思える程、



凄く嫌な感じがする。

184 :ミス、182から張り直します [saga]:2013/05/07(火) 15:13:19.44 ID:j+eZlLas0


「砂漠の国から吸血鬼がやって来たらしいぜ」


「ああ、らしいな。砂漠の国王を魔法で変えちまったんだろ?」


「でもよ? その吸血鬼は、砂漠の町をろくでもない領主から救ったって言うじゃねえか」


「砂漠の国全体も良い方向に進んでる、最近会った砂漠の国の友人も、その吸血鬼に感謝していたよ」


「良い奴なのかもな……でも、雪の国から吸血鬼を殺す為に一人の男が来るらしいぜ?」


「ああ、確か名前は…」



「ヴァン・ヘルシング。エイブラハム・ヴァン・ヘルシングだろ?」

185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/07(火) 15:13:56.39 ID:j+eZlLas0


……えっ? あの旅人さんが? そんな、そんな事って…


「ああそう、それだそれ」


「その吸血鬼が良い奴でも殺すのか?」


「冬の国でも吸血鬼絡みで色々あったらしいからな……」


「なる程な、仕方、ねえか」


気付けば走っていた。もう痛みなど感じない。


もしかしたら、吸血鬼さんは、もう魔界に帰っているかも知れない。


寧ろ、そうであって欲しいとさえ思える程、



凄く嫌な感じがする。

186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 15:16:07.85 ID:j+eZlLas0


普通なら、旅人さんの心配をするんだろう。けど私は、吸血鬼さんの身を案じている。


白髪と聞いた時、頭を過ぎった事がある。


吸血鬼さんは、弱ってるのではないか?


吸血衝動に抗い続け、外見が変わる程に……


宿屋の店主にも、様子が変だったと聞いた。


もしかしたら、吸血鬼さんは……壊れてしまったのでは無いか?


町娘「……っ、はぁっ、はぁっ」


ダメだ!! 足を止めるな!! 走って走って走って走って、



早く、魔召門へ!!



続く

187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 15:18:31.96 ID:j+eZlLas0


【信念】


魔召門に着いた私は装備を整えた。


ボウガン、銀の剣、銀の鞭、銀の短剣。


何故、吸血鬼に銀が有効なのか? それには諸説ある。


だが私が信じるのはたった一つ、始まりの男に唯一、傷を負わせた女性の伝承。


彼女は自身の村の皆が血を吸われ、倒れ伏して行く中、勇敢にも剣一つで彼に挑んだ。


彼は、彼女を怖れた。


彼女は、信じた。



この剣ならば必ず、悪しき吸血鬼を倒せると、信じて疑わなかった。

188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 15:21:33.81 ID:j+eZlLas0


彼女の持つ、その剣は、村では古くから退魔の力を持つと言い伝えられていた剣だった。


そう、その剣は、銀で出来ていたのだ。


彼には、彼女のそれが、怖ろしくて堪らなかった。


長引く戦いの最中、やがて彼は信じてしまう。


本当に、その剣には、自身を滅ぼす力が在るのではないかと。


結果彼女は敗れ、血を吸われるのだが、彼女の信念、不撓不屈の心が…


世代を越えても消えぬ程の恐怖を、彼の血に刻み付けたのだ。


では、行こうか。


悪しき血脈を、絶ち切る為に……



続く

189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/07(火) 15:23:35.88 ID:j+eZlLas0


【邂逅】


此処に来てから何日経つ?


結局、門の前で身体が止まちまった。


魔物から魔獣クラスの奴まで、今も出て来るが、何故かオレを襲いはしなかった。


それに、理由は分かんねえが、


門の側では正気は保てるみてえだ。吸血衝動も、少しは抑えられる。


たが消えた訳じゃない。抑えられてるとは言え、今も尚、強くなっている。



アニの血が欲しいのは、変わらない。

190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 15:24:16.14 ID:j+eZlLas0


愛らしい瞳、愛嬌のある顔立ち。


柔らそうな身体、ちょっと日に焼けた肌、黒髪で…猫みたいに口角の上がった唇。


いつも思い出すのは、アニの姿。アニの笑顔。


アニを想わない日は、無かった……


だが幸か不幸か、身体から力が抜けて動けねえ、アニを襲わずに済みそうだ。


後は、魔物討伐に来る奴にでも…って無理か、



この門を直接叩くとなれば、かなりの戦力が必要だろう。

191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/07(火) 15:26:13.66 ID:j+eZlLas0


単身で来る馬鹿など、居るわけが…


「どうした吸血鬼、随分と具合が悪そうだが」


ははっ…オレは、本当に運が良いみてえだな。


「うっせえ、貧血なんだ。おい、頼みがある」


「何だ? 言ってみろ。逃がしてくれ、血を吸わせろ、なら却下だ」


「逃げもしないし、血も吸わねえ、つーか吸いたくねえ。だから……」


大事な人を、失う前に、


「オレを、殺してくれ」



続く

192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 15:28:12.32 ID:j+eZlLas0

名前ミスしました。すいません。
ブラッドリー・アナステシアス・『ディーバ』ではなく。

ブラッドリー・アナステシアス・『ディーア』です。
193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 15:34:09.93 ID:j+eZlLas0

>>179 ありがとうございます。

194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 15:57:11.46 ID:j+eZlLas0


【彼が示した物】


髪が白く染まっている、この吸血鬼、本当に血を吸っていない。


身体は弱るばかりか、身体にすら異変が起きる。


例えば、老化、力の低下、そして最も分かり易いのが髪の色だ。


何故、血を吸わなかった?


何故、其処まで耐えられる? 最早満足に動く事すら出来ないだろう。


その吸血鬼が口にした言葉が、


「オレを、殺してくれ」


何だ? それが吸血鬼の、



傲岸不遜、神出鬼没、変幻自在、怪力無双の吸血鬼が言う言葉か?

195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 15:59:04.21 ID:j+eZlLas0


私は初めて吸血鬼に疑問を持った。


そして私は初めて、自ら名を聞いた。


「吸血鬼、貴様の名は?」


「聞いてなんになる? 自慢でもすんのか?」


まあ、確かに…私にも分からない。だが聞かなければならない。


「答えろ」


「答えれば、殺してくれんのか?」


全く、調子が狂う。おかしな奴だ。



「ああ、約束しよう」

196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 16:00:36.29 ID:j+eZlLas0


「ルクレーシャス・クリストファー・ディーア」


……っ、何だと!! この、目の前で今にも息絶えそうな吸血鬼が、


始まりの男の末裔だと言うのか!?


俄には信じられん、


だが弱っているとは言え、奴の身体から溢れる圧倒的な『魔』が、何よりの証明。


まさか、こんな青年だったとは……


そして、こんな出会いになるとは……

197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/07(火) 16:01:37.88 ID:j+eZlLas0


苛烈極まりない、殺意を剥き出しにした闘いになると、そう思っていた。


「何だ? びびってんのか?」


「いや、少々驚いただけだ」


「なあ、お前の名前は? 一応聞いときてえ」


まさか吸血鬼に名を聞かれる日が来るとはな。全く、本当に、おかしな奴だ。


「エイブラハム・ヴァン・ヘルシング」


「ヘルシングか……なあ、約束したろ? さあヘルシング、オレを殺せ」



何故死を望む? それを聞くのは野暮か。

198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/07(火) 16:03:04.15 ID:j+eZlLas0


最強最低最悪の吸血鬼、


その末裔が何故、死を望む? だが、やるべき事に変わりはない。


「その前に一つ」


「何だよ?」


「ルクレーシャス・クリストファー・ディーアとして、お前は何故、死を望む?」


「……この世界で、一番大切な奴を、この手で殺したく無いからだ」


「そうか」


私は銀の剣を引き抜き、


「お前の様な吸血鬼が居たことを、私は、決して忘れはしない」


「そうかい、ありがとよ。エイブラハム・ヴァン・ヘルシング」


「さらばだ……ルクレーシャス・クリストファー・ディーア」



心臓に突き立てた。



続く

199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/07(火) 16:05:44.57 ID:j+eZlLas0


【彼の死】


息も絶え絶えに辿り着いた魔召門で、私が最初に目にしたのは、


旅人さんが、吸血鬼さんの胸に剣を突き立てる瞬間だった。


声が、出ない。足が、動かない。


目の前の現実を、私は何とか否定しようとしたけれど、


動かない吸血鬼さんの側で、


帽子を被り直し空を見上げ、



零れ落ちる何かを袖で拭う旅人さんの姿が、そうさせてくれなかった。


続く

200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/07(火) 17:25:43.80 ID:1EciPF2po
うわあああああ
201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 19:59:29.62 ID:3CWxffxQ0


【冒涜】


彼を、愛しい者の為に死を選んだ吸血鬼を、私は燃やさなければならない。


葬らなければならない。


心臓を貫こうが、身体が残っている限り、復活する可能性は捨てきれない。


早く弔ってやらなければ、


誇り高き、私が初めて出会った吸血鬼を……


「長か、った。血の一滴、この小僧に流れる血の俺の一滴、俺の、力、結晶」




何だ、何が、一体何が起こっている?


202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 20:01:17.32 ID:3CWxffxQ0


ルクレーシャスから溢れる血から出現したモノが、言葉を発し、形を為そうとしている。


「始まりにして、唯一」


……っ、まさか、そんな馬鹿な事が…


「お前は…お前はッ!!」


転生? 違う、遺伝か!?


自らの存在、力を、血液その物に、


自らの子孫に受け継がせ、永遠すら手にしたのか!!



「ヘルシング君、君の思う通りだよ」



ふざけるな……ふざけるな!!

203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/07(火) 20:04:03.37 ID:3CWxffxQ0


己の命を私に委ね、愛しい者の為に死を選んだ誇り高き吸血鬼、誇り高き男、


私が唯一認め、私が唯一敬意を払った吸血鬼。


その身体を、貴様は…足蹴にしたな!!!


「そう。俺は、ブラッドリー・アナステシアス・ディーア」


これ程まで吸血鬼に怒りを覚えたのは初めてだ。


私が、必ず、地獄へ送り返してやる。


「私は死を怖れない、私は貴様を怖れない、私は吸血鬼を怖れない」


「膝を突き、首部を垂れて、直ぐに命乞いするさ」



私を舐めるな、下劣な吸血鬼よ、吸血鬼を冒涜した吸血鬼よ。



「黙れ。恐怖に足が竦み、首部を垂れて命乞いをするのは貴様の方だ。私を怖れろ、そして、死んで逝け」



続く

204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/07(火) 20:07:21.09 ID:3CWxffxQ0


【不死】


流石に、これは拙いな。珍しく感傷になど浸るからこんな目に遭うのか。


「ヘルシング君、少し休もうか?」


「黙れ、貴様を殺すまで止まる訳には行かない」


「そうか、無駄だと思うが?」


身体はまだ安定していない。どろりとした血液がヒトの形をしているだけだ。


だと言うのに、一切の攻撃が、通用しない、何故だ…



何かを見落としているのか?

205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/07(火) 20:09:00.00 ID:3CWxffxQ0


「ヘルシング君、戦闘の最中に考え事とは無礼だぞ?」


……っ、拙い!!


「ぐっ…はぁっ、はぁっ」


血液が、形状を変えた。


或いは鎌、或いは剣、或いは槌、或いは槍、或いは矢、或いは鞭、


全く、全くふざけた力だ。しかも、奴の身体が少しずつ安定して来ている


「ヘルシング君、当たり所が良かったな。諦めるか? 闘うか? 首部を垂れるか?」



「どれでも無い。言っただろう、貴様を、殺すと」

206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 20:11:12.32 ID:3CWxffxQ0


「銀など通じない、気が済むまで、幾らでも斬りつけるが良いさ」


そう、銀が通じない。


銀では無いのか? まさか、


「ヘルシング君、やっと気付いたか。頭は、良いらしい」


……最悪だ。


私の考えが正しいならば、この化け物に対抗する術は、


此の世に存在しない。


「そろそろ良い具合だ。終わりだ、ヘルシング君」


速度が上がった…流石に、避けきれない、か?



何だ? 私の前に…




続く

207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/07(火) 20:15:14.65 ID:3CWxffxQ0


【彼が怖れた者】


膝を突き、眺めていた…


旅人さんが、吸血鬼さんの中から出て来た化け物と闘っている。


数多の傷を負いながら、あの化け物と闘っている。私にだって分かる、旅人さんは死ぬだろう。


もう、吸血鬼さんは居ない。頼れる人も居ない。


吸血鬼さんの身体を足蹴にした化け物が憎い、悔しい。


でも、私にはどうしようも無い。


旅人さんが死んでしまったら、あの化け物と闘える者は、もう居ないだろう。


あの化け物を殺せるのなら、


貴方を、クリスさんを踏みつけ笑った化け物を殺せるのなら、




私は……私は!!

208 : ◆B/NHzKmv/c [saga]:2013/05/07(火) 22:13:38.54 ID:3CWxffxQ0


ーーーーーー


「…ヘル、シ、ングさん、どうか、この化け物を……」


私を庇い、血の槍に胸を貫かれたのは、馬車に乗せた娘だった。


確か、アニ……アニ・アルノルト。


「何故だ!! 何故、君が此処に居る!!」


『大切な人を、ビンタしに行くんです』


そんな、まさか…


「あ、クリ…スさ、…ん、あいし」


やはりそうか、彼女が、彼女こそ、ルクレーシャスの守りたかった人間か。


だが、無理だ。最早術が……


「何故だ…何故お前が此処に居る!! 殺した筈だ!! あの時、あの村で!! なのに何故!!」



万分、億分。いや、正に奇跡だ……奇跡が起きたのだ。彼女は…

209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 22:19:23.93 ID:3CWxffxQ0


「何故此処に居る!! イルムガルト・フィリーネ・クイングベイル!!」


この化け物に傷を付けた唯一の存在。彼女は、その生まれ変わりか!!


ならば術が在る、揃った!!


「ブラッドリー・アナステシアス・ディーア!! これで終わりだ!!」


私は即座に彼女が作った血溜まりに銀の剣を浸し、


「止めろッ!! 来るな来るな来るな来るな来るな!!」


「言った筈だ!! 命乞いするのは、貴様だとな!!」


残りうる全ての力、魂を込めて、心臓を突き刺した。


「ヒャッ、ギヒッギャアァァアア!!」



「さらばだ、化け物……ぅぐッ」



続く

210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 22:28:13.16 ID:3CWxffxQ0


【我が友よ】


……どうやら、気を失って居たようだ。


化け物の気配は、無い。


先程の闘いなど無かったかの様に、安らかな静寂で満たされている。


私は大の字になり、空を見上げた。


ルクレーシャス、済まない。


彼女を救えなかった。それどころか、彼女の血を使って化け物を殺してしまった。


君が、命を差し出してまで守ろうとした女性を、私は……



どうか、許してくれ。

211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 22:29:51.06 ID:3CWxffxQ0


君を内から苦しめた化け物は、君が宿して居た化け物は、


君を冒涜した化け物は、


アニ・アルノルト、彼女が居なければ倒せなかっただろう。


全く、全く持って皮肉な話しだ


夕陽が目に眩しい、暫くこうして居たいが、魔召門の側で在る事を忘れていた。


速やかに二人の遺体を運び、同じ墓に入れてやろう。


私には、それくらいしか出来ない。


取り扱えず馬車に運び、近くの街へ行かねばならない。



其処で気付いた。

212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 22:33:34.90 ID:3CWxffxQ0


先程の闘いで、私の身体に刻まれた筈の夥しい傷が、塞がっている事に、


即座に立ち上がり、辺りを見渡すと…


「ははっ、全く、全く呆れた。私は脇役か?」


ルクレーシャスとアニ・アルノルトの遺体が無いのだ。


それどころか、魔召門も消えている。


「聞こえるか!! ルクレーシャス・クリストファー・ディーア!! 


 私が、エイブラハム・ヴァン・ヘルシングが唯一認めた吸血鬼よ!!」


二人は今、何処に居るのだろうか? 何処に向かったのだろうか?


ルクレーシャスよ、泣いているか? 笑っているか?


どちらにせよ、幸せな事には違いないだろう。全く、全く損な役回りだ……













「また、何処かで会おう!! 我が友よ!!」












213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 22:36:48.21 ID:3CWxffxQ0





           ー完ー





214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/07(火) 22:45:06.29 ID:TgFMWE2wo

すごく面白かった
215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 22:45:11.59 ID:3CWxffxQ0

いやあ、最後までありがとうございました。

読んでくれた方、レスくれた方、ありがとうございます。

最初の雰囲気からかけ離れてしまいました。ヴァン・ヘルシングって凄い人だなって思いました。
216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/07(火) 22:46:20.62 ID:yromUOixO
乙乙!
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/07(火) 23:13:20.86 ID:IdkzJsXpo
あーあ!暑くて目から汗が出ちゃったよw
涙じゃないよ?涙じゃないんだかねらねっ!
218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/07(火) 23:14:00.47 ID:IdkzJsXpo
みすった
涙で前が見えないよ
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/07(火) 23:15:45.14 ID:3CWxffxQ0

>>214 >>216 嬉しいです、ありがとうございます!!

質問や感想や指摘など何でも下さい。次書くとき心掛けます。
220 : ◆B/NHzKmv/c [sage]:2013/05/07(火) 23:21:33.45 ID:3CWxffxQ0
>>218 めちゃくちゃ素直…ありがとうございます!!
221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/07(火) 23:38:07.87 ID:CijEmvPCo
つまり吸血鬼が復活して町娘を蘇生して、旅人を回復
でおk?

結局血を吸うと死ぬだけ?
222 : ◆B/NHzKmv/c [sage]:2013/05/08(水) 00:07:09.90 ID:5zbhrLV90

>>221 はい、それで合ってます。
吸血すると死にます。この話しの中で吸血は、奪う力なので。
ですが吸血鬼が一番怖れたのは、血を吸うとどうなるか分からない、と言う所です。吸血鬼は血を吸った事が無かったので。

223 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/08(水) 00:21:58.36 ID:uVPzPTcN0
エピローグが見たいです!
無理言ってるんで無視して結構です
224 : ◆B/NHzKmv/c :2013/05/08(水) 00:25:17.91 ID:5zbhrLV90


【誓いのビンタ】


………ん? 生きてる…のか?


ヘルシングは血塗れで倒れてて、


アニは死んだ…のか。


ヘルシングに心臓に剣ぶっ刺された所為か、吸血衝動も消えてる。


いや、違う、分かってる。


ヘルシングは、オレの中から出た何かを、ぶっ倒してくれたんだ。


待ってろ、今すぐ、治してやる。


よし、オレの中身が出たから、魔法使えないかと思ってたが、大丈夫みてえだな。

225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/08(水) 00:26:27.01 ID:5zbhrLV90


アニ…今、生き返らせるからな。


「あ、え? クリスさん?」


「よっ、悪かっ…ブゲャ


ちょっと、グーは止めろよ!! いつからそんなviolence娘に……


「馬鹿、馬鹿っ……」


泣かせてごめんな? でも、もう本当に大丈夫だから。


「……ああ、馬鹿だな。ごめん」



「他に、他に言うことは!?」

226 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/08(水) 00:28:12.42 ID:5zbhrLV90


ずっと、言いたかった事がある。離れてからずっと、忘れた日は無い。


「アニ、愛してる」


「わぁ…あっ、はいっ!!」


世界で一番大切な人が、


今までで一番、輝いた笑顔で、


両手を広げオレの胸の中に飛び込んできた。

227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/08(水) 00:30:56.29 ID:5zbhrLV90


【帰り道】


「もう、歩いたりして大丈夫なんですか? 私の、その、血ならいつだって……」


「馬鹿、オレはお前の血なんざ、絶対、頼まれても飲みたくねえ」


「何か酷くないですか?」


「お前が血を流す所なんて、見たくない」


そう言って、私を優しく抱き締める吸血鬼を、


「クリスさん」


       吸血鬼では無く、


「ん? どうした?」


ルクレーシャス・クリストファー・ディーアとして、




     「私は貴方を、愛してます」



228 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/08(水) 00:34:08.81 ID:lCcIpwG3O
229 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/08(水) 00:36:50.49 ID:5zbhrLV90

>>223 今日は無理ですが書きます。書きたいので書きます。ですが、二人の日常生活とかになると思います。

230 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/08(水) 00:38:25.52 ID:E4yxXcwwO
おつ
231 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/08(水) 01:00:30.48 ID:uVPzPTcN0
無駄な要望だったかな?
とってもおもしろいです!

wwkwwkしながらまってます
232 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/08(水) 01:19:59.08 ID:lCcIpwG3O
まとめられてた
233 : ◆B/NHzKmv/c [sage]:2013/05/08(水) 02:47:29.82 ID:CQlC6bXP0
>>228 >>230 >>231 ありがとうございます。

>>232 本当ですね、びっくりしました。参考になる意見を書いてくれた方もいたので嬉しかったです。
234 : ◆B/NHzKmv/c [sagesaga]:2013/05/08(水) 18:54:53.60 ID:Mk+SbHIj0


【冒涜】


彼を、愛しい者の為に死を選んだ吸血鬼を、私は燃やさなければならない。

葬らなければならない。

心臓を貫こうが、身体が残っている限り、復活する可能性は捨てきれない。

早く弔ってやらなければ、誇り高き、私が初めて出会った吸血鬼を……


「長か、った。血の一滴、この小僧に流れる血の俺の一滴、俺の、力、結晶」


何だ、何が、一体何が起こっている?

ルクレーシャスから溢れる血から出現したモノが、言葉を発し、形を為そうとしている。


「始まりにして、唯一」


……っ、まさか、そんな馬鹿な事が…


「お前は…お前はッ!!」


転生? 違う、遺伝か!?

自らの存在、力を血液その物に変換し、自らの子孫に受け継がせ、永遠すら手にしたのか!!


「ヘルシング君、君の思う通りだよ」


ふざけるな……ふざけるな!!

己の命を私に委ね、愛しい者の為に死を選んだ誇り高き吸血鬼、誇り高き男、

私が唯一認め、私が唯一敬意を払った吸血鬼。その身体を貴様は……足蹴にしたな!!


「そう。俺は、ブラッドリー・アナステシアス・ディーア」


これ程まで吸血鬼に怒りを覚えたのは初めてだ。

私が、必ず、地獄へ送り返してやる。


「私は死を怖れない、私は貴様を怖れない、私は吸血鬼を怖れない」


「膝を突き、首部を垂れて、直ぐに命乞いするさ」


私を舐めるな、下劣な吸血鬼よ、吸血鬼を冒涜した吸血鬼よ。



「黙れ。恐怖に足が竦み、首部を垂れて命乞いをするのは貴様の方だ。私を怖れろ、そして、死んで逝け」

235 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/08(水) 18:58:22.52 ID:Mk+SbHIj0

ちょっと見にくいですかね?

エピローグはもう少し後にします。
236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/08(水) 20:30:27.67 ID:Mk+SbHIj0


【四十年】


……もう六十過ぎ、私も随分年老いた。


あれから四十年近く経ったのだから当たり前、か。


ところで、今私はとある国の王から化け物退治を依頼され、用意された宿に宿泊している。


六十になっても化け物退治に明け暮れている。いや、妻を娶り子供もいるから寂しくはない。


だが遂に、あの時を越える化け物とは出会うことは無かった。いや、何も闘いを望んでいる訳では無い。


私はあの闘いにより、五年、十年分の経験を得た。それ以降の戦闘に於いて窮地に立つ事は無かった。


それより、全く、全く余計な事をしてくれたものだ。私は確かに年老いた、何れは死ぬだろう。


外見的には老いた。だが、どういう理屈か、若い頃と変わらない。


力も、体力も、何もかもが、あの頃と変わらないのだ。


健康である事は喜ばしいが、これは明らかに異常だ。



おや? 誰だ、こんな夜更けに…

237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/08(水) 20:32:10.82 ID:Mk+SbHIj0


「入りたまえ」


こうして扉を開けた瞬間に襲われる事も多々ある為、扉が開いた瞬間、心臓に短剣を突き刺す準備は出来ている。


「それは仕舞って下さい。僕はまだ死にたくないは無いので」


ほう、扉の外から私の気を読み取ったのか……声の主はまだ若い、十代後半か二十代前半。


「分かった。良いだろう」


何だ? 扉が開くのが酷くゆっくりに感じる、胸が高鳴る、まさか、吸血鬼か!?


いや、あの独特の『魔』を感じない。ならば何故、まさか魔を抑え込む術を編み出したのか?



だとしたら……拙い。

238 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/08(水) 20:35:52.85 ID:Mk+SbHIj0


「初めまして、ヘルシングさん。僕は…って、あの、大丈夫ですか? 酷い汗ですが」


瞳も肌も、人間と変わりはない。この青年は、一体何者だ?


「私に何の様だ?」


「えっ? 僕は今回の件の協力者です。伺っていませんか? おかしいな、何か不備が……」


協力者だと? そんな話しは聞いていない。全く、全く困った。それに、まだ疑念は尽きない。


「……っ、来ます!!」


「なっ!?」


青年がそう叫んだ瞬間、屋根が吹き飛び化け物共が現れた。私ですら気付かなかったと言うのに……

239 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/08(水) 20:38:27.12 ID:Mk+SbHIj0


屋根は綺麗さっぱり無くなり、月明かりが私と青年を照らした。勿論、化け物共の姿も…


「青年、君の名は?」


化け物の攻撃を掻い潜り、短剣を胸に突き刺し、青年に問う。


「はい!? 何ですか!?」


しかし、銃声が私の声を掻き消した。。


青年が華麗な脚捌きで攻撃を避け、瞬間、化け物の顔面を銃で吹き飛ばしたのだ。


時代は変わり、武器も随分変わった。


「君の名だよ!!」


続々と現れる化け物共に怖れる様子も無い。この青年、相当場数を踏んでいる。



「ロイです!!」 











「ロイ・クリストファー・アルノルト!!」








終わり

240 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/08(水) 20:40:35.35 ID:fnoeC9Jdo
ぅ乙乙ぅっ!!
241 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/08(水) 20:41:46.58 ID:mNUpE89Mo
おつ
242 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/08(水) 20:43:36.14 ID:MHpiCYG4o
243 :訂正 :2013/05/08(水) 20:43:52.56 ID:Mk+SbHIj0
死にたくないは無いので

死にたくは無いので
244 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/08(水) 21:16:36.84 ID:Mk+SbHIj0


【四十年・if】


……もう六十過ぎ、私も随分年老いた。


あれから四十年近く経ったのだから当たり前、か。


ところで、今私はとある国の王から化け物退治を依頼され、用意された宿に宿泊している。


六十になっても化け物退治に明け暮れている。いや、妻を娶り子供もいるから寂しくはない。


だが遂に、あの時を越える化け物とは、出会うことは無かった。いや、何も闘いを望んでいる訳では無い。


私はあの闘いにより、五年、十年分の経験を得。それ以降の戦闘に於いて窮地に立つ事は無かった。


それより、全く、全く余計な事をしてくれたものだ。私は確かに年老いた、何れは死ぬだろう。


外見的には老いた。だが、どういう理屈か、若い頃と変わらない。


力も、体力も、何もかもが、あの頃と変わらないのだ。


健康である事は喜ばしいが、これは明らかに異常だ。



おや? 誰だ、こんな夜更けに…

245 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/08(水) 21:22:03.20 ID:Mk+SbHIj0


「入りたまえ」


こうして扉を開けた瞬間に襲われる事も多々ある為、扉が開いた瞬間、短剣を突き刺す準備は出来ている。


「……なっ」


「よっ、調子良さそうだな。何か元気が過ぎる爺さんが居る、あの爺さんは吸血鬼かも知れない。何て言われて来てみたけどよ」


全く、全く突然で、全く失礼な話しだ。


私が吸血鬼だと? 馬鹿馬鹿しい。風貌からして貴様の方が吸血鬼と言うに相応しいだろうが。


「それで、何の用だ?」


「ヘルシング、その身体…迷惑だったか?」



やはりな…そうだろうとは思った。

246 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/08(水) 21:24:15.82 ID:Mk+SbHIj0


「いや、感謝はしている。だが化け物に化け物爺だのと言われ、六十過ぎだと言うのに子供に駆けっこに誘われたりと、迷惑なのも確かだ」


「悪いな……」


「いや、人として[ピーーー]る……それだけで充分だ。あの傷では死んでいただろうし、何より、私の旅は彼処で終わるわけには行かなかった」


「そうか……あれから四十か、お互い爺さんだな」


「そして三十八年振りの再会だ。どうだ? 酒でも飲みながら話さないか?」


「良いのかよ?」


「良いも何も、友人と何十年振りに会えたんだ」


「ありがとよ。つーかお前、少し変わったんじゃねえか?」


「四十年だぞ? 流石に変わるさ。では、乾


その時、轟音と共に化け物共が現れ、宿の屋根が一瞬で吹き飛び、月明かりに照らされる。


「全く、全く嫌われたものだな」


「ふざけやがって。お前になんざ会いに来るんじゃ無かった」



「ははっ、せっかく巻き込まれたのだから力を貸せ」















「我が友、ルクレーシャス・クリストファー・アルノルト」











終わり

247 :繝溘せ [saga]:2013/05/08(水) 21:24:56.53 ID:Mk+SbHIj0


「いや、感謝はしている。だが化け物に化け物爺だのと言われ、六十過ぎだと言うのに子供に駆けっこに誘われたりと、迷惑なのも確かだ」


「悪いな……」


「いや、人として死ねる……それだけで充分だ。あの傷では死んでいただろうし、何より、私の旅は彼処で終わるわけには行かなかった」


「そうか……あれから四十か、お互い爺さんだな」


「そして三十八年振りの再会だ。どうだ? 酒でも飲みながら話さないか?」


「良いのかよ?」


「良いも何も、友人と何十年振りに会えたんだ」


「ありがとよ。つーかお前、少し変わったんじゃねえか?」


「四十年だぞ? 流石に変わるさ。では、乾


その時、轟音と共に化け物共が現れ、宿の屋根が一瞬で吹き飛び、月明かりに照らされる。


「全く、全く嫌われたものだな」


「ふざけやがって。お前になんざ会いに来るんじゃ無かった」



「ははっ、せっかく巻き込まれたのだから力を貸せ」















「我が友、ルクレーシャス・クリストファー・アルノルト」











終わり


248 : ◆B/NHzKmv/c :2013/05/08(水) 21:38:06.08 ID:Mk+SbHIj0

>>240 >>241 >>242 ありがとうございます!!

これで終わります。2、3日したら依頼出します。

読んでくれた方、レスくれた方、本当に、ありがとうございました。

また何か書くと思うので、見てくれたら嬉しいです。

249 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/08(水) 21:39:04.66 ID:MHpiCYG4o
こっちだとアニがどうなったのか気になる
まあこの後ゆっくりと酒飲みながら肴の代わりに話すんだろうがな
これはこれで乙
250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/08(水) 23:02:45.71 ID:mNUpE89Mo
どっちも良いけど
子供がいる方が幸せそうに感じるね
251 : ◆B/NHzKmv/c [sage]:2013/05/09(木) 20:11:40.11 ID:j3QQztmb0


【私のお婿さん】


………結婚か。


二十歳になったとは言え、まだ早過ぎる気もする。


確かに結婚したいけど……あの人、仕事どうするつもりなんだろう?


まあ、魔界では凄いらしいけど、人間界じゃあ通用しないだろう。


【称号・魔王】 【特技・魔法全般、物理全般】


……駄目だ。私は平穏な生活を送りたい。しかも旦那さんに危ない仕事なんてして欲しく無い。


出来れば夕飯は家族揃って食べたい。


欲張り過ぎなのかな?



それより、吸血鬼と教会で結婚するって言うのも可笑しな話しだよね。

252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/09(木) 20:13:55.01 ID:j3QQztmb0


あ、話しは変わるけど、


魔界中の者から尊敬と羨望の眼差しで見られ、


魔界中の女性から凄まじいアプローチを結婚を控えた現在でも受けている、


素晴らしくて、格好良い魔王様は、


私のお婿さんになる。


ルクレーシャス・クリストファー・アルノルト


と、なる訳だ。


とは言っても、魔界と人間界を行ったり来たりする事になるだろう。


子供が出来れば当然、向こうの両親にも伝えなければならないし。



子供、子供かあ……想像出来ないなあ。

253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/09(木) 20:15:36.76 ID:j3QQztmb0


まだ其処まで行ってないし、って言うか手出して来ないし。


魔王のクセに、へたれ。


もっとガッ!! と来て欲しい。まあ、そう言う所も可愛いけどね!!


「ただいま」


私から誘った方が良いのかな? でも女性としてどうだろう?


「何だよ、居るなら返事しろよな」


「えっ!? あ、お帰りなさい」


全然気付かなかった。流石は吸血鬼と呼ばれるだけはある。


「つーか、何かヤらしい事考えてねえか? 鼻の下伸びてるぞ、お前」


否、断じて否、そんな事は無い。ちょっと涎を垂らしてたくらいだ。


「クリスさん!!」


「な、なんだよ?」


「私を抱いて下さい」


「いや、そう言うのは結婚してからに……つーか何だよ急に」


「だって、魅力無いのかな? とか不安になるんです。二年近く経つのに、そういうの…無いし」


「じゃあ、おっぱい揉ませッぶッはぁッ!!


「ムード!! ムードが無い!!」


「お前めんどくせえな!! つーか殴んな!!」



私は幸せです。



終わり。

254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/09(木) 20:16:57.76 ID:j3QQztmb0
完全に蛇足です。ありがとうございました。
255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/09(木) 20:38:35.84 ID:JsaB+Nl1o
幸せそうでなにより
256 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/10(金) 18:12:34.19 ID:+txph3k0o
無粋なのはわかっていますが出来れば前スレ教えていただきたいです
257 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/10(金) 19:35:40.02 ID:WI2bli6+o
>>256
>>1に書いてある
258 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/10(金) 19:44:43.09 ID:+txph3k0o
>>257
なんと!?…すみませぬ…
259 : ◆B/NHzKmv/c :2013/05/16(木) 00:43:29.19 ID:6l3w5nTt0

青年「ああ、認めるよ……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368626296/

と言うのを書いているので良ければ見て下さい。
126.30 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)