このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

男「オナニーファイト!レディーファイッ!! - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 01:55:59.47 ID:n9PKk6br0

前のものに少し手を加えたものです。




    おなさわにいと
男「俺の名前は小名沢仁糸!三度の飯より[田島「チ○コ破裂するっ!」]バトルが大好きな中学1年生だ!クラスのみんなはおれのことを[田島「チ○コ破裂するっ!」]とかニートってよんでるぜ!」
           
             第一話!白濁射連発![田島「チ○コ破裂するっ!」]バトル!!セット

ドッピュウウうううう!!!!!モブ男1「あああああッ!らめええええええ!!!!!」
モブ5「やあっぱニートにはだれも勝てねぇか・・・」
モブ3「さあsっすがニートだぜEEEEEE!!」
モブ2「グラムバトルじゃニートに勝てる奴なんていないぜ!!!!」
仁糸「へへっ!俺のtintinは最強だぜぇーっ!!!!!!さあ!次にかかってくるやつはどいつだ!」
モブ4「た、大変だあああああああっっッッッッーーー!!!」
モブ5「ど、どうしたんだぁーッ!!!!?」
モブ4「隣町のトップオナリスト健太がこの町のオナリストたちを潰しに来たんだあああああ!!!」
モブ5「隣町の!?まさか穴掘り熊の健太かっ!」
仁糸「穴掘り熊の健太?」
モブ5「そう、奴に負けたオナリストは皆やつに掘られちまうんだ・・・・しかもやつはパワー重視の[田島「チ○コ破裂するっ!」]スタイルだ・・・
    奴のtintinに掘られたら普通のオナリストには戻れなくなっちまうだろうな・・・・」
モブ1「うわあああああああ!掘られたくないよおおおおおおお!!いやだあああああ!!」
モブ5「しかも奴は掘ったやつを自分の手下にしてそいつらにも[田島「チ○コ破裂するっ!」]バトルで負けたあいてを掘らせてるらしい・・・・」
仁糸「ゆ・・・許せない・・・」
モブ3「ニート?」
仁糸「[田島「チ○コ破裂するっ!」]はみんなで楽しくするものなんだっ・・・人のことを考えないで自分だけ気持ちよくなるなんてそんなの・・・
                 
                 
                 
                   
                オナリストのすることじゃないッ!!!




穴掘り熊の健太「ほ〜う言ってくれるじゃねぇか」
モブ1、3、4、5「!!!!!!!!」
仁糸「ッ!!!!」
穴掘り熊の健太「お前がこの町のトップオナリスト小名沢仁射だな?」
仁糸「そうだっ!」
穴掘り熊の健太「へへへ・・・この町のオナリストのケツはもう俺のもんだな」
仁糸「何だとっ!」
穴掘り熊の健太「お前みたいなガキがトップオナリストじゃ勝負も見えてるってことだよ」
仁糸「それは俺に[田島「チ○コ破裂するっ!」]バトルでかってからいえっ!!!」
穴掘り熊の健太「なぁんだと?」
モブ1「やややややぁめぇてぇよぉぉぉぉぉ!!!!!!まままままああああまm負けちゃうってえええええ!」
モブ3「さ、さすがに今回のはやばいってEEEEE・・・・」
モブ4「相手が悪すぎる・・」



             モブ5「いや・・・俺は仁糸を信じるぜッ!」ドン☆
仁糸「5・・・」
モブ5「俺はお前の[田島「チ○コ破裂するっ!」]バトルをずっと見てきたからな・・・だから言えるのさ・・・お前なら勝てるッッッッッ!」
モブ5「行けッ!ニート!!!いや、[田島「チ○コ破裂するっ!」]!!」
仁糸「ああ!!!」
穴掘り熊の健太「へへへ・・・話はおわったのかよ?」
仁糸「それは[田島「チ○コ破裂するっ!」]で通じ合おうぜ!」ビンビン


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368809759
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【シャニマスSS】P「Badの調整が消えた……だと……?」 @ 2018/06/25(月) 01:51:52.89 ID:WXGRoQEg0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529859112/

小学生のときからずっと好きだった人に会ったんだ @ 2018/06/25(月) 00:56:33.22 ID:goaYU7bT0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1529855792/

やる夫が正史を書くようです43 @ 2018/06/25(月) 00:50:25.02 ID:0zhyVPmz0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529855424/

不動遊星「戦姫絶唱シンフォギア?」 @ 2018/06/25(月) 00:48:03.53 ID:FPWuX0NOO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529855283/

【モバマス】おさなづま @ 2018/06/25(月) 00:06:49.72 ID:JJwtybvJ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529852809/

ポジティブパッションによる童貞プロデューサー虐殺事件 @ 2018/06/25(月) 00:04:32.88 ID:SXulmkaK0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529852672/

美希「ハニーが横取りされたの!」【安価、時々コンマ】 @ 2018/06/25(月) 00:03:38.70 ID:R9N1XlNVo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529852618/

アオイチャンカワイイヤッター @ 2018/06/24(日) 23:58:43.53 ID:Pokyr0GE0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1529852323/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/18(土) 01:58:37.11 ID:n9PKk6br0

                   バトル開始!!!!!

穴掘り熊の健太「ルールはお前が決めていいぜ」
仁「ルールはグラムバトルでイクぜ!!」
モブ4「やっぱり仁糸の奴グラムバトルでイキやがったぜ!」
穴掘り熊の健太「へへへ・・・・いいぜグラムバトルだな。」
機械音声「タダイマヨリフリーバトル5分間1on1形式によるグラムバトルを開始シマス。
     両選手オナライザーをコシニ装着シテクダサイ。」ビーッビーッ
カチャッ ギュィィィィィィィィ!!!!

機械音声「装着を確認シマシタ両選手の身体データを衛星に転送します」

ピーーーーーピピッッ
機械音声「オナニーバトルシステムオールグリーン。両選手チャージアップ開始。」

穴掘り熊の手下たち「ケンタサンガカツニキマッテルゼ」


仁糸「・・・・」シコシコシコシコ
穴掘り熊の健太「へへへ・・・」シュッ・・・シュッ・・・

機械音声「オナニーバトル、ファイッ!!!!!」
     ビーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!
仁糸「ウオオオおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」
シコシコシコシコシコシコシコシコし・・・シシシssシシシsギュアアアアアアアアぁアアアア!!!

穴掘り熊の手下たち「す、すげぇ速さだ!!!」
モブ5(ニートの奴一気にたたみかけるつもりか・・・・穴掘り熊のやつは・・・)


穴掘り熊の健太(な、なんて早さだ・・・あ、あんな速度でシコったらtintinが摩擦で火傷しちゃうぜ・・・・)シュゴッ!!!シュゴッ!!!
仁糸「おおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」ギュイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイン!!!!!!!!!!ジュウウウウウウウウウウウ
モブ1「アアアアアッ!!!ニート君のtintinから煙が立ってる世おおおおおお!!!」
穴掘り熊の手下達「ヤベエヨ・・・・ス、スゲエ・・・
モブ5(そう・・・・それでいい・・・・)
仁糸「おおおおおおおおおおおお!!!!!!!」ジュウウウウ・・・ボウッ!ゴオオオオオ!!!!
穴掘り熊の健太(あ、あいつのtintinが炎に包まれていく!!!!!!)
仁糸(イクっ・・・・っ!!!いまだああああああ!!!!!」ギュッ
モブ達、熊「!!!!!!!」
穴掘り熊の健太「ナ、なんだとおおおおおおっ出る瞬間に竿をおもいっきり押さえやがった!!!!」
モブ5(そう・・・・あれこそがニートの必殺技。締め打ちによって発射力を高めさらに通常のオナリストではできない摩擦力でtintinに刺激を与えギリギリ限界まで持ってきたところで一気に発射する必殺技!!!!、
           

                スペルマー・ショット!!!!!!」

仁糸「このまま制限時間0,0000000000000000000000001秒までぶっちぎりだああああああああああ!!!!!!!!!!!!」ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

穴掘り熊の健太(ぐ・・・負けるわけには・・・・いかねえええええ!!!!!」シュゴオオオzツシュゴオオッ!!!!

モブ1「いっけーーー!ニートくーーーーン!!!!!!!」
モブ4「行けええええええええ!!!!!!」
モブ3「ニートーーーーーー!!!!!!!!」
モブ5「押しきれぇっ!!!!ニート!!!!!」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/18(土) 02:00:09.43 ID:n9PKk6br0
                     5


仁糸「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!」

                     4

穴掘り熊の健太「ぐおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」

                     3  
                     2
                     1
穴掘り熊の健太「ぐううううううっ!!!!限界だあああっ!」ドビュッ! ドビュ
          
         0,000000000000000000013
仁糸「いまだああああああああ!!!!!!」ドビュウウウウウウウウウウウウウウアアアアアアアアアウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウンン!!!!!!!!!!!!!!

                   ビーッ!!!!!!

機械音声「オナニーストップ!!!!!両選手オナニーを終了シテクダサイ。ソレデハエナジーボトルに入ッテイル精子の量を計測シマス。
     健太選手、5.5グラム。

穴掘り熊の健太「はぁ…はぁ…」

機械音声「仁糸選手2リットル。勝者小名沢仁糸選手。」

仁糸「やったあああああああ!!!!!」
モブ1「ニート君が勝ったーーーー!!!!」
モブ3「よっしゃああああ!!!!!」

穴掘り熊の手下達「マジカヨ・・・・」

穴掘り熊の健太「くそっ・・・・負けた・・・・」

仁糸 ボロン

穴掘り熊の健太「?・・なんだ?」

仁糸「チン結さ!一度勝負しあったオナリストはもうオナ友(親友)なんだぜ!!」

穴掘り熊の健太「でも・・・俺は沢山のオナリストのけつを掘ってきたような奴だぞ・・・」

仁糸「確かに沢山のオナリストを掘ってきたのかもしれないけど・・・これから掘ってきた皆に謝ればいいんだよ!」

穴掘り熊の健太「そうか・・・でも許してくれるだろうか・・・」

仁糸「大丈夫だって!一度勝負しあったオナリストはオナ友(親友)だっていったろ?」

穴掘り熊の健太「へへへ・・・・そうだったな!」スッ
              
                 ガシッ!!!! チン結!!!!!!!!!!!!!
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/18(土) 02:00:39.86 ID:n9PKk6br0
モブ5「・・・・さすがニートだな・・・・もう穴掘り熊の奴とオナ友(親友)になりやがった・・・・」
モブ4「ま、それがニートのいいとこでもあるんだけどな!」
モブ1「ニート君・・・やっぱしゅごいのおおおおお!!!!」どぴゅ
モブ5(そういえば俺もあいつとオナニーバトルしてオナ友(親友)になったんだったな・・・)ビンビン

穴掘り熊の健太「俺・・・今まで掘ってきた奴らに謝ってみるよ・・・もし許してくれないことがあっても・・・俺頑張るぜ!!!!!!!!!!!」

穴掘り熊の健太「お前ら!今日限りでチームアナルドリラーズは解散だ!!それと・・・掘っちまって本当にすまなかったっっっっ!!!!!!!」

穴掘り熊の手下達「ア、アニキィィィィィッッ!!!!!!!モットホッテクダサイ!!!!!!!!」

ガッッッシャアアアアアアアアアアン!!!!!

皆「な、なんだ!?」

????「俺は貴様らをなれ合わすためにお前を送り込んだわけではないぞ…」スタッ・・・・・・・

皆「!!!!!!」

????「・・・・・・・・」ゴオオオオオオオオオ

穴掘り熊の健太「ボ、ボス・・・」


????「貴様にはがっかりだぞ・・・もう少し使える奴かと思っていたが、こんな奴に負けるとはな・・・。

             「役立たずには・・・・・テクノブレイクしてもらう!」ペロペロジュポジュポ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


穴掘り熊の健太「ガアアアアアアアア!!!!」ドピュピュピュピュウーーーーーーーーンン!!!!!!!

                  待てっ!!!!!!!!!!!!!!!
????「貴様・・・」

仁糸「健太をテクノブレイクさせはしない!俺と勝負しろっ!」ドン!

????「フン…面白い・・・いいだろうその勝負乗ってやる。」

                   



               デェーーーーーン!!!!!!!!




次回予告!!!

仁糸「突然現れた新たなる強敵!ダイレクトバトルじゃ俺の必殺技スペルマー・ショットも使えない!!!!
   しかも俺のtintinに着々と快感を与えてくるなんて・・・どうすればいいんだぁっ!?」


      次回!戦慄のダイレクトバトル!!!!!!
   
             オナニーバトル、レディーーーーファイッ!!!!!
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2013/05/18(土) 02:09:06.13 ID:eK2V2UkZ0
母ちゃんの前で朗読してこい
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/18(土) 02:37:30.93 ID:XCZFhk/1o
夜中に声あげてワロタwwwwwwwwwwww
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/18(土) 03:12:27.81 ID:/KGYz0gm0
夜中になんてものをかいてんだよwwwwwwww
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/18(土) 07:52:59.05 ID:GFgN/j8FO
sagaいれろよ
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 01:48:02.30 ID:3PRBG9RX0
仁糸「俺の名前は小名沢仁糸(おなさわ にいと)!三度の飯よりオナニーバトルが大好きな中学1年生だ!クラスのみんなはおれのことをオナニーとかニートってよんでるぜ!」

                 
                     前回のあらスジ



????「俺は貴様らをなれ合わすためにお前を送り込んだわけではない…」スタッ・・・・・・・


????「貴様にはがっかりだぞ・・・もう少し使える奴かと思っていたが、こんな奴に負けるとはな・・・。

             「役立たずには・・・・・テクノブレイクしてもらう!」ペロペロジュポジュポ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


穴掘り熊の健太「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」ドピュピュピュピュウーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンン!!!!!!!

                  待てっ!!!!!!!!!!!!!!!
????「貴様・・・」

仁糸「健太をテクノブレイクさせはしない!俺とオナニーバトルしろっ!」

????「フン…面白い・・・いいだろうそのオナニーバトル乗ってやる」

                     第2話!!戦慄のダイレクトバトル!!!!
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 01:48:32.34 ID:3PRBG9RX0
????「・・・・」

仁糸「・・・・」

穴掘り熊の健太「う、うう・・・」

穴掘り熊の手下達「ウワアアアアア!!!!ア、アニキィィィィィーーーー!!!!」

モブ4「ニート!さすがにこいつはやばいってぇぇぇ!!!”!

モブ1「ニート君が死んじゃいましゅううううううう!!!!!」

モブ5「ニート、今回は退くんだ!こいつにはさすがのお前でも勝てない!」

????(!・・・・・・・・。)

仁糸「そんなの、オナニーバトルしてみないとわからないじゃないかっ!!!!それに・・・・こいつは健太をテクノブレイクさせようとしたやつだ!!!絶対に勝ってやる!!!」カチッ


機械音声「タダイマヨリフリーバトル5分間1on1形式によるダイレクトバトルを開始シマス。
     両選手オナライザーをコシニ装着シテクダサイ。」ビーッビーッ

モブ5「ニート!(まずい!ダイレクトバトルだとっ!!!!!!!!!!)

????「ふん・・・馬鹿なやつだ・・・いいだろう。後悔させてやる!」
カチャッ ギュィィィィィィィィィィィ!!!

機械音声「装着を確認シマシタ。両選手の身体データをオナー衛星に転送シマス。」

ピーーーーーピピッッ
機械音声「オナニーバトルシステムオールグリーン。」

仁糸「イクぞおオオオオオ!!!!!!!!」

????「フン、貴様もテクノブレイクだァ!!」ビンビン

機械音声「オナニーバトル、ファイッ!!!!!」ビンビン
     ビーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 01:49:32.54 ID:3PRBG9RX0
仁糸「イクゾおおおおおおおおおおっっッ!!!!!!!」しこしこしシシシシシシイイssssssssっしsギュアアアアア!!!

????「俺を倒せると思うな!!ウッ!」ドビュビュビュビュビュ!!!!!!!

仁糸「な!なんだっ!!!!すごい連射力だァ!!!!!うわぁあああああぁ!」シコォーーーー!

????「ハハハハ!!!!!!!オナニー後精子のように死んでゆけエエエエエ!!!!!!イクッ」シコビュビュビュビュ!!!!!

モブ5「ニートォーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!(まずい!仁糸のtintinはチャージ特化の持久型パワータイプ!つまり手数で相手にダメージを与えて倒すダイレクトバトルには圧倒的に不利!!!!
   だが、当たりさえすればどうにか・・・・駄目だ。奴の加速連射型相手では・・・・)

仁糸「う、ううう・・・な、なんて連射力だ・・・俺の限界までチャージもできない・・・・くそお・・・」

????「貴様も所詮その程度のオナリストか。これでよく穴掘り熊に勝てたものだな!」シュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュ!!!

仁糸(何とかしてあいつにカウパーを当てなくちゃ・・・・っ!どうすれば・・・・・・・・・・・・そうだ!!)シコシコシコシコシコシコ・・・・・

ダッ

????「フン!どこに逃げるつもりだァ!ハァハァうっ!!」ビュビュゥーーーーン!!!!!!!!

仁糸「くっ!」チュイーン!!!キュイーン!!!バコォッ!!!!!!

モブ3「な!か、壁を破壊しやがった!!!!」

????「ええいちょこまかとぉ・・・・!出る!」ビュビュゥーーー!!!!!

モブ4「仁糸の奴どうするつもりだ!!!!ひたすら逃げてるだけだぞ!!」

モブ5「なにか思いついたんだろう・・・・」

仁糸「このまま・・・・」シココッッ!

モブ1「ニート君!!!!!!!!!あのままじゃステージの端にイっちゃいますうううううううう!!」

モブ5(!まさか仁糸の奴!)

????「ステージの端・・そこが貴様の墓場だぁぁぁっッ!!!!!!!」

仁糸(このまま・・・あともう少しなんだっ!!!)  ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッ

????「端まで来たぞ!終わりにしてやるッ!!!!ウッ!!」ドビュビュビュビュビュビュビュビュビュビュビュゥーーーーーーーン!

仁糸「ッ!今だああああああ!」クルッ!

????「こっちを向いたk・・・・何っ!!!!!!!!」

 
                     スペルマー・ショット!!!!!!


ドビュウウウウアアア!!!!!!!!!バシュウウウウンン!!!
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 01:50:12.07 ID:3PRBG9RX0
????「馬鹿なあああああああッ!!!  とでも言うと思ったかァ!!!!!!」


                     射魂精子砲!!!!!

ドビュビュビュゥイイイイイイーーーーーンバチチチチチチチtt!!!!バシュウン!!

モブ5「なんて攻撃だ!!!スペルマー・ショットを破ったなんて!!あれはまるでレールガンのようになっている!!!!!!!!!!!!!」

仁糸「そんな・・・・・・・・・・・スペルマー・ショットが・・・・・・・まk・・・」イクウウウウウウ!!!!!!!!

ビーッ!!!!!!

機械音声「オナニーストップ!!!!!両選手オナニーを終了シテクダサイ。ソレデハ両選手の残起力を計測シマス。
     小名沢仁糸選手、残起力0。自慰寺精矢選手、残起力72。勝者自慰寺精矢選手。」

自慰寺「フン・・・この程度か・・・・・・・・・・」タッタッタッ・・・・

モブ5以外「ニートーーーーーーー!!!!!!」

仁糸()

モブ5(・・・・。)




デェーーーーーン!!!!!!!!






次回予告!!!

仁糸「まさか俺の必殺技スペルマー・ショットが負けるなんて・・・!でも、このまま負けっぱなしなんていやだ!
   そこへ現れたオナマスター]と名乗る人物!・・・え!スペルマー・ショット!!!!!!は完成してないだってえ!?」
   
            
               
                  
                  次回!完成!これが究極のスペルマー・ショット!必殺!大回転・スペルマー・ショット!!!!

                         
                              オナニーバトル、レディーーーーファイッ!!!!!



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 01:51:22.55 ID:nQkCvF5/o
今日もアツいな
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 12:50:12.26 ID:3PRBG9RX0

仁糸「俺の名前は小名沢仁糸(おなさわ にいと)!三度の飯よりオナニーバトルが大好きな中学2年生だ!クラスのみんなはおれのことをオナニーとかニートってよんでるぜ!」

 
前回のあらスジ

           

仁糸「ッ!!!今だああああああアアアア!!」
               
                   スペルマー・ショット!!!!!!
                      
                      射魂燥精子砲!!!!!

仁糸「そんな・・・スペルマー・ショットが・・・・・・・まk・・・」イクウウウ

機械音声「オナニーストップ!!!!!勝者自慰寺精矢選手。」

自慰寺「フン・・・」タッタッタッ・・・・
    
モブ5(・・・・。) 


               第3話!!!完成!これが究極のスペルマー・ショット!必殺!!大回転・スペルマー・ショット!! 
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 12:50:59.44 ID:3PRBG9RX0
仁糸「ん・・・あ・・・・」

モブ1345「!」

穴掘り熊の健太「ニート!」

モブ3「大丈夫かよ!?ニート!」

仁糸「なんとかね・・・・・・俺、負けちゃったのか…」

モブ5「・・・・お前が負けるのもしょうがない。奴は・・・いや、自慰寺精矢は第22回関東オナリストキング決定戦王者だ。」

モブ達「!!!!!!」

仁糸「!!!!!!」

モブ5「・・・・しかし、奴は22回関東オナリストキング決定戦で王者になってしばらくして消息を絶っていたんだ。まさか奴が戻ってきていたとは・・・・」

仁糸「・・・どうして関東オナリストキングにまでなったやつが・・・・」                   

仁糸「・・・おれは、もう一度あいつと戦うゼ!!!!!!!!!!」

モブ1「ら、らめらよぉぉぉぉぉ!こんどこそホントに死んじゃうよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!ンアッ!」ビクン

モブ3「そうだぜ!死んじまうよ!」

モブ5「・・・・俺は止めないぜ・・・・」

仁糸「5・・・・」

モブ5「・・・俺はお前なら奴に勝てると信じてるからなぁっ!」ドン☆

仁糸「よっしゃあああああああああああああッ!!!!!!!さっそく特訓するぜええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」







16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 12:51:33.93 ID:3PRBG9RX0







                                   どっかの河川敷

仁糸「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!」シコシコシコシコs・・・シシシsssギュアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!

仁糸「オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!出るッ!!!!」ギュッ

仁糸(今だ!!!!!)カッ!

仁糸「イっけえええええええええええええ!!!!!スペルマー・ショット!!!!!!


ドビュウウウウウウアアアアアアアアアア!!!!!!!!!バシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウンン!!!!!!!!!!!!!!

仁糸「ハァ・・・ハァ・・・駄目だ・・・こんなんじゃ、あいつに勝てない・・・」シオシオ・・・

???????「ハッハッハッハッハ!!!!!!お困りのようだな!!!!!少年!!!!!!!」

仁糸「誰だッ!」ガバッ!

???????「私はここだああああっ!!」バン!!!!

仁糸「な、なにいーーっ!!宙に浮いているぅッ!」

スタッ

???????「フッフッフ・・・今の技はオナニーを極めしものにのみ使える技だっ!!」シュウウウウン・・・・

仁糸「オ、オナニーを極めしもの!?」ゴゴゴ・・・・・・

???????「そう!!!!そして私の名はオナマスターX!」

仁糸「オ、オナマスターXだってえ!?で、でもそんな人が何の用なんだっ!!!」

オナマスターX「フフフフ・・・・どうやら君はある強敵とのリベンジ戦を控えているようなんでな!こうして私が訓練してやりに来たのだあああアッ!!!!食らえィ!!!!!イクッ!!!!」ドピュウウン!!

仁糸「な、うわっ!!!!」ドゴォン!!!!!!
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 12:51:59.78 ID:3PRBG9RX0
オナマスターX「どうしたあああ!!はやく君もハァハァ・・・撃ち返して来い!ウッ!」ドピュウ!!!!ドピュウ!!!!

仁糸「くっそおおおおおお!!意味分かんないぜ!!うッ!」ドビュウ!ドビュウ!

オナマスターX「どうしたあああああ!!!そんなカウパーじゃ私に当てることなぞできんぞおおおおおおおお!!!!!!もっとカウパーをコントロールするんだ!!!!!」シコシコシコシコシコッ!!!!

仁糸「くっ・・・・・・・!!!!!!うおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」ピュピュピュピュピュピューン!!

オナマスターX「素晴らしいぞッ!!!!!だが、これはどうかなぁッ!!!!!!」ゴオオオオ!!!!!

オナマスターX「奥義!大回転スペルマー・ショットだああああああ!!!!!」クルクルギュルルルウウウアアアアピュピュウーン!!!!

 ドビュヴヴウヴヴン!バジュアアアアアアアア!!!!!ズゴオオオオオ!!!!


仁糸「な!大回転スペルマー・ショットだってえ!?うわあああっ!!!!!!!」ドガバジュウウウウウン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

オナマスターX「そうだ!!!!これこそが真のスペルマー・ショットだッ!君のスペルマー・ショットは未完成なのだッ!!!!」

仁糸「な、ナニイイイイイい!!!!

オナマスターX「フッフッフ・・・この技が使えるようになりさえすれば、強敵にも勝てるだろう!!!!」バン!!!

仁糸「わかったぜ・・・・・ならその技を俺の物にして見せるッ!」

オナマスターX「来い!!」

仁糸「イクぞおおおおッ!!!!!」ギュイイイイイイイイイイン!!!!!!!!!!ジュウウウウウウウウウウウ!!!!!!

オナマスターX「そうだ!良いぞッ!そのまま!撃って!こい!!!!!!!!!今だぁあああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!撃てええぃ!!!!」

仁糸「うおおおおおおお!!!!」シコゴオオオオオ!!!!

仁糸「いっけええええええええええ!!!!」ゴオオオオオオオオオオ!!!!!!

仁糸「これが俺の究極のスペルマー・ショット!」クルクルギュルルルウウウアアアアピュピュウーン!!!!

              
                    
                   大回転スペルマー・ショットだあっ!!
                             

オナマスターX「ガアアアアアア!素晴らしいぞおおおおおおおおオ!!」ビクンビクン


仁糸「ハァ・・・・ハァ・・・・・ハァ・・・・」

オナマスターX「・・・・・・・・・・・これで私の使命は果たされたッ!!!!!さらばだァ!!!!!」シュタッ!

仁糸「オ、オナマスターXーーーーー!!!!!」

オナマスターX(仁糸・・・・強くなったな・・・・・)ドピュ・・・・

???「・・・・ニート・・・・」ザッ





18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 12:52:31.13 ID:3PRBG9RX0




             どっかの廃工場

???「・・・・数日後小名沢仁糸がお前にリベンジ戦を挑みにくるだろう・・・・」スゥ・・・・

精矢「・・・・フン・・・それだけを言いに来たのか?」
                                  
???「・・・・我々オナニテック主催の大会がある・・・・その大会にそいつと出場しろ・・・・」スゥ・・・・

精矢「・・・消えたか・・・」



精矢(・・・・・!)グッ・・・!






次回予告!!!

仁糸「ついに完成した新スペルマー・ショット!新必殺技と特訓して強くなった俺の力、オナニーバトルで精矢のやつに見せてやるぜ!!!!


                   次回!リベンジマッチ!ダイレクトバトル!仁糸vs精矢!
                   
                        オナニーバトル、レディーーーーファイッ!!!!!
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 13:06:54.53 ID:b05PfY/AO
凄いな
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 13:16:59.58 ID:z33XTu/u0
さすがに[田島「チ○コ破裂するっ!」]ファイトじゃ語呂悪いからバトルに変えてきたか
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 14:06:13.75 ID:YNVRuWet0
親の顔が見たいわwww
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 21:11:14.89 ID:3PRBG9RX0
前回のあらスジ



オナマスターX「これが!究極のスペルマー・ショットだ!」

オナマスターX「フッフッフ・・・この技が使えるようになりさえすれば、強敵にも勝てるだろう!!!!」バン!!!

仁糸「わかったぜ・・・・・ならその技を俺の物にして見せるッ!」

仁糸「うおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!」」ジュウウウウ・・・ボウッ!ゴオオオオオ!!!

仁糸「これが俺の究極のスペルマー・ショット!!!!!!!!」ギュヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴン!

              
                    
                   大回転スペルマー・ショットだあっ!!!!
                             

オナマスターX(仁糸・・・・強くなったな・・・・・)ドピュ・・・・



                    第四話!!!!リベンジマッチ!ダイレクトバトル!仁糸vs精矢!
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 21:11:43.13 ID:3PRBG9RX0
仁糸「廃工場まで来たぜ!!!勝負しろ!自慰寺精矢!!!!」

精矢「まったく・・・馬鹿な奴だ・・・自分からテクノブレイクしに来るとはな・・・」

仁糸「くっ!前回のようにはいかないぞ!!!」ザッ

精矢「フン・・・いいだろう!今度こそ貴様をテクノブレイクにしてやる!」カチッ

ビーッ!!!ビーッ!!キュイーーーン!ガリガリガリガリガシャン!!!!!!!!

仁糸「な、なんだぁ!廃工場が変形してオナニバトルステージが現れたぞ!!!!!」

精矢「フハハハハ!!!このオナニーバトルステージはダイレクトバトル専用の俺のオリジナルステージ!!!!!

       スクラップオナニー・ザ・スペシャル!!!!!!!!」ゴォォォォォォォォッ!!!!!

仁糸とモブ達「ス、スクラップオナニー・ザ・スペシャルだとぉ〜っ!?」

モブ5「なんてステージだ・・・!ステージの障害物や床いたるところにローションが流れている!!しかも超ロリオナホまで・・・!あんなのにうっかり入れてしまったらひとたまりもないぞ・・・・!!!」

精矢「そうだ!!!このオナニーバトルステージは俺のホーム!!!貴様に勝ち目はないぞ!!!!」

仁糸「どんなステージだろうと俺のtintinでぶっちぎりだあああああ!!!!」

精矢「いいだろう・・・かかってこい!!!!」カチャカチャスルッ、ビンビン!!!!!

仁糸「イクぞォッ!!!!」シュタッ!ビンビン!!

機械音声「センシュ、ニメイ。ソウチャク、カクニン。」

ピーーーーーピピッッ
機械音声「オナニーバトルシステムオールグリーン。」

機械音声「オナニーバトル、ファイッ!!!!!」
     ビーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 21:12:26.57 ID:3PRBG9RX0
精矢「速攻でけりをつけてやる!!!!!ハァッ!!!!」ドビュビュビュビュビュ!!!!!!!

仁糸「くっ!当たるかぁッ!!!!!イクッ!!!」ドピュピューン!!!!!!!

精矢「!!!!!!!!こいつ!前に戦った時よりもカウパーのスピードが増している!!!!それにスタートで猿のようにチャージしなくなっている!!!!!」シュウッ!

モブ5(・・・・それだけじゃない・・・パワー、コントロール、立ち回り、すべてにおいてニートは格段に成長している!・・・・特訓の成果が出たようだな!!!!)

仁糸「うおおおおお!!!!!!!」シコシコピュッ!シコシコシコシコピュピュピュピュッ!!!!

精矢(くっ・・・この俺が・・・おされているというのかっ!!!!)ダッ!

仁糸「!待てッ!!!」ダッ

モブ5「!待てニート!!!!」

仁糸「えっ・・・・うわあああああああっ!!!!!!」ニュルン!!!!

精矢「壁に設置されたつぼみちゃんはどうだーーーーっ!!!」ドビュビュビュビュビュ!!!!!!!

仁糸「があああああっ!」ニュポニュポ!

モブ達「ニートーーーーーーーー!!!!!」

仁糸「ぐ・・・・」シュウウウウウウウ・・・・

精矢「ふははははは!つぼみちゃんの中に入れてしまった貴様に勝利はない!精子のように死んでゆくがいい!!!!」

仁糸「・・・・・・」ニュポニュポ・・・・

精矢「終わりだあああッ!!!!射魂精子砲!!!!!」ドビュビュビュアッ!!!

モブ達「ニーーートーーー!!」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 21:13:03.91 ID:3PRBG9RX0
仁糸「!!!!!今だっ!」にゅっぽん!

どびゅるるるうううううう!!!!!

精矢「なにぃ!!つぼみちゃんでイったスペルマーでかべを作ったっ・・・・!!!!」

仁糸「イクぜ!これが俺の新必殺技!大回転スペルマー・ショットだああああああっ!!」クルクルギュルルルウウウアアアアピュピュウーン!!!!

精矢「ぐあああああああああああああ!」゙オオオオオオオオオオ!!!!

モブ4「やったぜ!!!ニートの必殺技直撃だ!!!!」

モブ5「ニートのやつ!回転によるパワーでスペルマー・ショットの威力をアップさせているのか!!!」

モブ5「だが、つばみちゃんで一度スペルマーを出してしまったせいで威力が弱まっているようだぞ!!!!!!」gフォッ

精矢「グウウウウウウウウアアアアアアアア・・・・・・・・・」シュウウ・・・・・・・・

モブ4「!」

モブ3「!」

仁糸「!!!!!!!そ、そんなばかな・・・・」

精矢「まだだぁ・・・・まだ、勝負はオワッテナイゾオオオオオオッ!!!!!!」ゴオオオオオオオオッ
ギュイイイイイイイイイイイイイイイイイイン!!!!

モブ1「はぁああああん!モニタに表示されてる精矢君の起力がどんどん回復していくよオおおおおおおオン!!!!!!」
16 48 65 89 106 235

仁糸「さすが関東オナリストキング・・・・!」

精矢「貴様に見せてやる!この俺の最終奥義!いくぞ!」シュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュ!!!

モブ5「チャージし始めた!!!!!!」

仁糸「必殺技でけりをつけようってか・・・・いいぜ!!イクぞおお!!!!!!!!!」シコシコシコシコs・・・シシシsssギュアアアアア!
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 21:13:36.97 ID:3PRBG9RX0
精矢「はああああああああああ!!!!!!」シュシュイイイイイイイイイイン!!!!!パチッパチッバチチチチチチチッ!

モブ5「な、なにぃ〜っ!超高速でシコったことによって手とtintinのあいだに電気が発生しているというのか!!!!!」

仁糸「うおおおおおおおおおお!!!!!!」ギュイイイイイイン!!!!!!!!!!ジュウウッ・・・ボウッ!ゴオオオオオ!!!!

精矢「はあああああああああああああああああああああああああああああ!」バチチチチジジジジジジイジジzジィーーーーーー!!!!!!

モブ5「なんてことだ・・・・!奴のtintinが雷撃をまとっている・・・・!」

仁糸「このままステージ外までぶっちぎりだあああああああああああ!」ゴオオオオッ

精矢「貴様を俺の精子で葬ってやる!!!!!」ガギャアアアアア

仁糸「大回転!」

精矢「射魂!」

仁糸「スペルマー!」

精矢「精子!」

仁糸「ショットオオオオオオオオオオオオ!!」

精矢「砲オオオオオオオオオオオオ!!」


ドゴガアッ!!!
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 21:14:08.22 ID:3PRBG9RX0
仁糸「ぐ・・・・・」バチッ・・・・バチッ・・・・シュウウウウウウウウウ・・・・・・

精矢「が・・・は・・・・・バカな・・・!」シュウウウウウウウウウウ・・・・・ドサッ・・・

ビーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!


機械音声「ショウシャ、オナサワニイトセンシュ!!!」

仁糸「やっ・・たぜ・・・・はは・ははは・・・」

モブ達「ニートーーーー!!!」

モブ4「ニートのやつ勝ちやがったぜ!」

モブ3「さあっすがニートだぜEE!!!!」

モブ1「ニート君が買ったよオおおおおおお!!!!」

モブ5「フッ・・・・」

精矢「・・・・」タッタッタッタッ・・・・

仁糸「・・・・精矢!」ダッ!

精矢「・・・・なかなかいいオナニーバトルだったぞ・・・」

仁糸「・・・・どうして、健太たちをしたがえてあんなことを・・・?」

精矢「・・・・・貴様には関係・・・いや、話してもいいだろう・・・・」

精矢「俺の弟はオナニテックに捕らえられているのだ!!!!!」

仁糸「!!オナニテックってまさかあのオナニテックコーポーレーション!?」

精矢「そうだ・・・・そして奴らはこういった・・・・弟を返してほしいのなら超越者になるれる素質を持ったオナリストを見つけ出せ・・・とな。」
        テクノブレイカー
精矢「だから俺は超越者になる素質を持ったオナリストを探した・・・・」

仁糸「そうか・・・だから町中のオナリストを・・・」

精矢「・・・・まぁ、なぜそんなことをさせるのかはそこにいるお前の仲間に聞くのが一番早いとおもうがなァ!!」

精矢「オナニテック6幹部の一人 no.5!」

モブ5「・・・・フフフ・・・・」

仁糸「・・・・5?」

モブ5「ハハハハハハハハ!まさかこうも簡単にばれてしまうとは・・・・・」

モブ5「そうだ!俺はオナニテック6幹部no.5!床オナを極めし者!」ドン☆

仁糸「5が床オナを極めし者だとッ!!!!」ゴオオオッ!
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/19(日) 21:14:56.52 ID:3PRBG9RX0





デェーーーーン!!!

次回予告!!!

仁糸「そんな!5がオナニテック6幹部の一人だったなんて!!!しかも俺に精矢と一緒にオナニテック主催の大会に参加しろだってぇ!?







                     次回!新たなる強敵!オナニテック6幹部!

                       オナニーバトル、レディーーーーファイッ!!!!!
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 21:26:59.00 ID:shJF5QLAO
面白いのが悔しい
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 21:31:10.50 ID:WqJDmwWTo
上に同じく。
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/20(月) 18:09:15.98 ID:4PILNlI20
前回のあらスジ



仁糸「このままステージ外までぶっちぎりだあああああああああああ!」ゴオオオオッ

精矢「貴様を俺の精子で葬ってやる!!!!!」ガギャアアアアア

仁糸「大回転!」

精矢「射魂!」

仁糸「スペルマー!」

精矢「精子!」

仁糸「ショットオオオオオオオオオオオオ!!」

精矢「砲オオオオオオオオオオオオ!!」


精矢「俺の弟はオナニテックに捕らえられている!」
                             テクノブレイカー
精矢「そして奴らはこういった・・・・弟を返してほしいのなら超越者になるれる素質を持ったオナリストを見つけ出せ・・・とな。」

精矢「・・・・まぁ、なぜそんなことをさせるのかはそこにいるお前の仲間に聞くのが一番早いとおもうがなァ!!」

精矢「オナニテック6幹部の一人 no.5!」

モブ5「ハハハハハハハハ!まさかこうも簡単にばれてしまうとは・・・・・」

モブ5「そうだ!俺はオナニテック6幹部no.5!床オナを極めし者!」ドン☆

仁糸「5が床オナを極めし者だとッ!!!!」ゴオオオッ!





                     第五話!!!!!新たなる強敵!オナニテック6幹部!


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/20(月) 18:09:45.86 ID:4PILNlI20
モブ5「ふっふっふ・・・」ズズスォ゙・・・

仁糸「そ、そんな・・・5がオナニテック6幹部の一人だったなんてっ!!!!」

モブ5「仁糸・・・お前にばらすのはもう少し後の予定だったが・・・ばれてしまったからには仕方ない。オナニーバトル以外あるまいッ!!!!!」

仁糸「な、なにいーーーっ!」

モブ5「お前の実力、俺が見極めてやろう!オナライザー装着!!!!」カチャッ ギュィィィィィィィィ!!!!

仁糸「くっ・・イクしかない!!!」バッ!!!

モブ1「た、大変なことになっちゃったよおおおおおおおっ!!!!!」ビクン

精矢「待て!お前では奴には勝てんぞ!!!!!!!!!」シコォッ!

仁糸「イクゾおおおおおおおおおっ!!!」ビンビン!!

モブ5「来い!」ビャウッ!!!

機械音声「オナニーバトル、ファイッ!!!!!」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/20(月) 18:10:23.72 ID:4PILNlI20
仁糸「くらええええええええ!!!!!ウッ」ドピュルウウウン!!!!

モブ5「ふはははっは!今のお前などこの俺のオナトリックを見せるレベルではないっ!フンッ!!!」ピュルッ!

仁糸「うわああああああああ!!!!!」ズドオオオオオオオ!!!!

モブ1「ああんっ!仁糸くんが負けちゃうよおおおおおっンっ」ビクン!!

精矢(クッ・・・no.5!・・・やはりとてつもない強さだ・・・奴、仁糸ならno.5と少しは戦えるかと思ったが・・・っ)シオシオ・・・

仁糸「く・・・くそ・・・うおおおお!イけええええええ!」ドピュウーーーン!!

モブ1「ああああん!みてぇ!5君仁王立ちだよおおおおお!」

モブ3「あいつ!仁糸の重い一撃を真正面から受ける気かyo!!!!!」

モブ5「フン!!!!!」バッシイイイイイイイイ!!!!!!

仁糸「な、なんだとおおおおお!」シシシーーーーー

モブ5「こんなものか!重い一撃というのはこうするのだぁーーっ!」シコーーーーオッ!    ドガピュルリィィン!!!!!!

精矢(まさか今のワンスライドであのパワーショットを出したというのか!)

仁糸「グあああああああ!!!!!!」ガオオオオオオオオオン!!!

モブ5「ハハハ!!!今のお前ではこの俺の相手にもならんぞ!」

仁糸「く・・・くそお・・・強い・・・!」シコシコ・・・

モブ5「くやしいか!仁糸!ならばこの俺を追って来い!自慰寺精矢とともに!」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/20(月) 18:11:04.81 ID:4PILNlI20
仁糸、精矢「!!!!!!!!」デン!!!!!!!!!!

モブ5「2か月後に行われるオナニテックキングダム!そこでお前たちを待っているぞ!!!この俺オナニテック6幹部が一人no.5がな!!!!!!」ドォーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!

no.5(モブ5)「そして精矢!!もしも貴様が我らに勝利すれば、お前の弟を返してやろう!!!」

精矢「な、なんだと!!!!!」

仁糸「5・・・いや、no.5!!!!!必ずお前たちオナニテック6幹部をぶっ倒してヤるぜ!!!!!」ビンッ!!!!!

no.5(モブ5)「ふはははっははは!!!楽しみにしているぞ!さらばだぁーーーーーーっ!!!!!!!」バシュゥーーーーッ!!!!!!

仁糸「・・・」

モブ3「仁糸・・・」

モブ1「仁糸くん・・・」

仁糸「このままじゃno.5には勝てない・・・もっと力をつけなくちゃならない・・・精矢!!!」

精矢「なんだ・・・」

仁糸「俺と一緒に特訓するぞ!」

精矢「フン、一人でやっていろ・・・俺は俺で好きにやらせてもらう・・・」タッタッタッ・・・

仁糸「ま、待てよ!」ダッ!

精矢「二か月後!・・・オナニテックキングダムで会おう・・・」タッタッタッ

仁糸「精矢・・・ああ!!!」





デェーーーーーン!!!!!!!!
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/20(月) 18:11:31.44 ID:4PILNlI20
次回予告!!!

仁糸「no.5(モブ5)との戦いで負けてしまった俺たちはさらなる特訓をはじめる!そんな俺たちの前に現れたのはディックと名乗る謎の少年!

彼に連れられて向かった先は巨大な研究所だった!?」

                          


                           次回!謎の天才オナニスト!!!


                      オナニーバトル、レディーーーーファイッ!!!!!
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/21(火) 18:54:12.14 ID:7AmroZ3P0
前回のあらスジ



仁糸「グあああああああ!!!!!!」ガオオオオオオオオオン!!!

モブ5「ハハハ!!!今のお前ではこの俺の相手にもならんぞ!」

仁糸「く・・・くそお・・・」シコシコ・・・

モブ5「くやしいか!仁糸!ならばこの俺を追って来い!自慰寺精矢とともに!」ヴァゥッ!!!

モブ5「2か月後に行われるオナニテックキングダム!そこでお前たちを待っているぞ!!!この俺オナニテック6幹部が一人no.5がな!!!!!!」ドォーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!

仁糸「5・・・いや、no.5!!!!!必ずお前たちオナニテック6幹部をぶっ倒してヤるぜ!!!!!」ビンッ!!!!!






第六話!!!!!!謎の天才オナニスト!!!


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/21(火) 18:54:42.12 ID:7AmroZ3P0
どっかの河川敷


仁糸「うおおおおおイクぞおおおおお!大回転スペルマー・ショットだああああああっ!!」クルクルギュルルルウウウアアアアピュピュウーン!!!!

仁糸「くっ・・・ダメだ・・・こんな特訓じゃno.5には勝てない!!!!」ガン!!!

穴掘り熊の健太「お、おいおい、もうそろそろ休んだほうがいいんじゃねーか・・・?」ソワソワ

モブ1「そ、そぉだよぉ・・・あんまり無理しちゃだめだよぉぉぉ・・・・」

モブ3「仁糸、もう休めって!お前のtintinも半立ちじゃねぇかyo!」

仁糸「ダメだ・・!やめるわけにはいかないんだ!!!!!絶対にあいつに、no.5に勝たないといけないんだ!」

                    


                         パチパチパチパチ・・・


仁糸「!!!!!!誰だっ!!!!」シコッ!
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/21(火) 18:55:36.89 ID:7AmroZ3P0
ガイジン「ヘーイ!サッキの技はナントイウですかーー!!!?スゴーイ技デーシターーー!!!」パチパチパチパチ!

仁糸「え、!あ、あははははは!照れるなーー!!!」///

ガイジン「サッキの技モイチド見タイデスネー!」

穴掘り熊の健太「おい!なんだお前は!今は大事な特訓の最中なんだぞ!」

モブ1「あ、穴掘りくぅ〜ん・・・そんなにおこっちゃだめだよぉ・・・」

ガイジン「オーウ!コレハ失礼ネ〜!ミーはディック、ディック・ペニスマンて名前デース!!ヨロシクネ〜!」

仁糸「あ、俺は小名沢仁糸!」

ガイジン(ディック)「ヨロシクーネ!仁糸!サッキノ技ー!モ一度ミターイデスネー!!」

仁糸「しょうがないな〜、それじゃ、よく見ててよ?うおおおおお!!!!」シコシコシコシコシコシコシコーーーーー"!!!!!!!!!!!!!!

仁糸「イっけーーー!!!!!!大回転スペルマーショットォォォォォォォォォ!!!!!」クルクルギュルルルウウウアアアアピュピュウーン!!!!

ガイジン(ディック)「ワーオ!!!スゴイ技デース!コンナ感ジデシタネー!」シコシコシコシコシコシコシコーーーーー"!!!!!!!!!!!!!!

ディック「イェーーーーァ!スペルメェァショッ!!!」クルクルギュルルルウウウアアアアピュピュウーン!!!!

仁糸と仲間たち「!!!!!!」

穴掘り熊の健太「あ、あいつ!!信じられねぇ!!仁糸の大回転スペルマーショットを!!」

仁糸「い、今俺がやったのを見ただけで覚えたっていうのか!?」

ディック「ウーン、自分デヤッテミルト大シタコト無イデスネー」

仁糸「な、なんだと!!!!」グッ!

ディック「オーウ!スミマセーン!怒ラナイデ下サーイ!」

ディック「実ハーユー達にオ願イがアッテココに来タデース!」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/21(火) 18:56:03.44 ID:7AmroZ3P0
仁糸「お願い?」

ディック「イエース!ミーと一緒にオナニテックキングダムに出テホシインデース!!」

仁糸「!!オナニテックキングダム!!!」

ディック「ユー達ガ二か月後ノオナニテックキングダムニ出場スルノハ知ッテイマース!」

仁糸「ど、どうしてそれを!!!」

ディック「実ハ、ユートオナニテック幹部の戦イヲコッソリ見サセテモラッタデース。」

ディック「ダカラ、ユー達がオナニテックキングダムに出場スルノヲ知ってイタンデース」

仁糸「そうだったのか・・・でも正直、二か月後にオナニテックキングダムに出場したとしても俺たちじゃno.5達に勝てるかどうか・・・」


穴掘り熊の健太「・・・・」

ディック「オーウ、ダイジョブデース!ココニ来たもう一つの理由はミート一緒に強化訓練を受けてほしいからデース!」

仁糸「強化訓練?」

ディック「イエース!トリアエズミーについてきてくださーイ!!」タッタッタッ

ディック「オーウ!ハヤクキテクダサーイ!」


穴掘り熊の健太「なぁ、仁糸。ホントに大丈夫なのかあいつ・・・?」

仁糸「う〜ん・・・とりあえずついて行ってみよう!」

モブ1「ま、まってよぉ〜〜〜」

40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/21(火) 18:56:45.23 ID:7AmroZ3P0
でかい研究所


ディック「オーウ!ツキマーシタ!」


穴掘り熊の健太「す、すげぇ〜〜・・・」

仁糸「こ、こんな場所があったなんて・・・」

ディック「博士!仁糸たちを連れてきたヨ!!!」

博士「おお!よく来たね!君たちの戦いはオナー衛星のデータで見させてもらったよ。なかなか良いtintinの持ち主だ。」

仁糸「て、照れるな〜///」

博士「もうディックから聞いているかもしれんが、君たちには是非我々の・・・おっと、自己紹介がまだだったね私の名前はオナン。ここではオナン博士と呼ばれているよ。」

オナン博士「そしてここは我々カウパール社の研究所だ。」

仁糸「カウパール社ってあのオナニテックのライバル社の!?」

オナン博士「まぁ、ライバルと言っても大分差をつけられてしまっているがね・・・」ハハハ・・

ディック「オーウ!博士!そんなのどうでもいいヨー!ハヤク仁糸たちと特訓シタイネー!」

オナン博士「ああ、それもそうだね。仁糸君、どうだい。我々の下でさらなる強化特訓を受けてみる気はないかね?ここの研究所なら・・
                         

                             


                              そんなの決まってるぜ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


オナン、ディック「!!!!」

仁糸「決まってるぜ!!!!!!!!ここで特訓してもっと強くなって、そして・・・!






         (モブ5「2か月後に行われるオナニテックキングダム!そこでお前たちを待っているぞ!!!この俺オナニテック6幹部が一人no.5がな!!!!!!)






仁糸(5に・・・いや、no.5に勝つ!!!!!!)ゴオオオオオオオオオオッ!!!!!!!!!!!!





デェーーーーーン!!!!!!!!
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/21(火) 18:57:55.87 ID:7AmroZ3P0
次回予告!!!

仁糸「カウパール社の研究所でさらなる俺たちの特訓が始まった!!そんな中、町に穴掘り熊を名乗る偽物が現れる!健太!本物の穴掘り熊の力、見せてやれ!!!!!


                               次回!!!穴掘り熊 対 穴掘り熊!!!


                          オナニーバトル、レディーーーーファイッ!!!!!
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/23(木) 00:45:33.07 ID:NpHPJJ+X0
前回のあらスジ



ガイジン「ミーはディック、ディック・ペニスマンて名前デース!!ヨロシクネ〜!」

ディック「実ハーユー達にオ願イがアッテココに来タデース!」

ディック「ミーと一緒にオナニテックキングダムに出テホシインデース!!」

博士「私の名前はオナン。ここではオナン博士と呼ばれているよ。」

オナン博士「そしてここは我々カウパール社の研究所だ。」

オナン博士「仁糸君、どうだい。我々の下でさらなる強化特訓を受けてみる気はないかね?ここの研究所なら・・
                         

                             


                              そんなの決まってるぜ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


オナン、ディック「!!!!」

仁糸「決まってるぜ!!!!!!!!ここで特訓してもっと強くなって、そして・・・!






         (モブ5「2か月後に行われるオナニテックキングダム!そこでお前たちを待っているぞ!!!この俺オナニテック6幹部が一人no.5がな!!!!!!)






仁糸(5に・・・いや、no.5に勝つ!!!!!!)ゴオオオオオオオオオオッ!!!!!!!!!!!!




第七話!!!!!!!穴掘り熊 対 穴掘り熊!!!

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/23(木) 00:46:42.50 ID:NpHPJJ+X0
仁糸「ふっ!ふっ!ふっ!」シコッシコッシコッ!!!!

穴掘り熊の健太「ふん!ぬおおおおおおお!!!!」シュゴォッ!ドピュゥーーーーーーーン!!!!!!!

ディック「イエス!オーウ!!イエース!!!アーオ!!!!!」シュッシュッシュッ!

             ウィーン

オナン博士「どうだね?そろそろ休憩にしないかい?」

仁糸「あ、オナン博士!」シコ

ディック「オーウ!モウソンナ時間デスカー!?」

オナン博士「君たちが特訓を始めてから9時間もたっているよ。」

仁糸「じゃあそろそろ一休みしようぜ!」

穴掘り熊の健太「ああ!」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/23(木) 00:47:10.88 ID:NpHPJJ+X0
休憩室



オナン博士「特訓を初めて2週間が経過したけれどどうかね?」

仁糸「まだまだこんなじゃno.5には勝てないです・・・もっと力をつけなくちゃ!!!」

オナン博士「その調子で頼むよ。私もこのカウパール研究所の技術で君たちを支援する」

仁糸「はい!!」

研究員1「博士ーー!」タッタッタッ

オナン博士「うん?どうしたね?」

研究員1「あぁ、博士。実はそこの少年たちの知り合いと名乗る少年達が・・・」

仁糸「俺たちの知り合い?」

研究員1「そうなんだよ。健太さんに会わせてもらうまでは帰らないといって聞かないんだよ」

穴掘り熊の健太「!まさかあいつらか!こうしちゃいられねぇ!!!」ダッ!

仁糸「あ、健太!待てよ!」ダダッ!

ディック「オーウ!オイテ行かないでホシイデース!!」ダッ!

研究員1「ちゃんと帰るようにいってくれよーーー!!!!」

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/23(木) 00:48:38.84 ID:NpHPJJ+X0





研究所ロビー



穴掘り熊の手下達「は、放しやがれ!健太さんに会うまでは絶対かえらねぇぞ!                   

警備淫「おとなしくしなさい!これ以上暴れるならこちらからイかせてもらうゾ///」ハァハァ・・・///

穴掘り熊の手下達「望むところだぜ!」シコシコ!

穴掘り熊の健太「お前ら!!何してんだこんなとこで!」

穴掘り熊の手下「健太さん!!!!」

穴掘り熊の健太「一体何の用だ?この人数でわざわざここまで来たってことはただ事じゃなさそうだが・・・」

穴掘り熊の手下達「た、大変なんです!健太さん!それが・・・・」

穴掘り熊の健太「な、なんだと!?穴掘り熊を名乗る偽物が現れただと!?」ゾ!!!!!!!

穴掘り熊の手下達「しかも滅茶苦茶強くて・・・この町のオナニストのケツを次々と・・・」

穴掘り熊の健太「な・・・俺たちが研究所に泊まり込みで特訓している間にそんなことが・・・!」

穴掘り熊の手下達「俺たちも戦ったんですが・・・半数以上の仲間がヤられて全員肛門科送りになっちまいました・・・」

穴掘り熊の手下達「仁糸の友達の1も・・・逃げ遅れて・・・」

仁糸「!な、なんだってぇ!?まさか肛門科送りに・・・!?」

穴掘り熊の手下達「いや・・・それ以上だ・・・奴につかまって連れて行かれちまった・・・すまねぇ・・・俺たちがもっと強ければ・・・」

仁糸「く、くっそぉ!!!健太!」バッ!

穴掘り熊の健太「ああ!行くぞ!!!おめぇら!!!案内しろ!」ダッ!

穴掘り熊の手下達「はい!!!」

ディック「オーウ!!!待ってホシイデース!!!」タッタッタッ!


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/23(木) 00:49:17.28 ID:NpHPJJ+X0
ニセ穴掘り熊のアジト


ニセ穴掘り熊の手下12「ヘェーッヘッヘッヘェ!!!はやくこいつを掘っちまいましょうぜ!ボス!」

モブ1「うううう・・・・」

ニセ穴掘り熊「まぁ待ちなさい・・・僕はは楽しみは最後にとっておく派だよ・・・」デブゥ・・・・

ニセ穴掘り熊の手下12「ってーことはぁ、まだなんかあるっつーことですかい?」

ニセ穴掘り熊「すぐにわかりますよ・・・・」デブゥ・・・

                   

                   うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!



ニセ穴掘り熊の手下1「あぁ!?なんだぁ!?」

穴掘り熊の健太「フンヌァ!!!!!」ズブリ!!!!ズブリ!!!!ズブリ!!!!ズブリ!!!!

ニセ穴掘り熊の手下1、8、5、7「アッーーーーーーー!!!!!!」ドピュ!

仁糸「イケえええええええ!ウッ!」ドドドビュウン!!!

ニセ穴掘り熊の手下2「あぁ〜〜〜〜っ!」シオシオ・・・・

ディック「イエース!オーウ!」ビュルルルルーーー!!!

ニセ穴掘り熊の手下3「い、イカクセェーーーーー!!!!」ドサッ!!!!









穴掘り熊の手下達「オラーーーー進めーーーイケーーーー!!!!!」ドドドドドドドド!!!!!







ウォーーー!!!   イケヤアアア!!!!  ギャーーーーー!!!

  ヤッチマエーーー!!!         ススメーーー!!!

     オラーーー!!   イクッ!!!!








ニセ穴掘り熊「ぐ、ぐぅ・・・」デブゥ・・・

穴掘り熊の健太「覚悟しやがれ!この偽物野郎!!!」グッ!!!!

仁糸「大丈夫か!1!!!」

モブ1「に、仁糸くぅ〜〜〜〜ん!!!!」

ニセ穴掘り熊「ぬっふっふ・・・これで終わりだと思うなよ・・・!」カチッ
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/23(木) 00:49:47.46 ID:NpHPJJ+X0
キュイーーーン!ガリガリガリガリガシャン!!!!!!!!



穴掘り熊の健太「こ、これは!オナニーバトルステージが現れた!!!!!!!!!!!」

ニセ穴掘り熊「ぬっふっふ・・・このステージは一対一のアナルバトル専用ステージ・・・」デブゥ・・・

穴掘り熊の健太「ア、アナルバトル専用だと・・・・!?」ジュルリ・・・

ニセ穴掘り熊「ぬっふっふ・・・ドリラーにはたまらんだろう・・・このステージでボクと決着をつけるのだ・・・」デブゥ・・・

穴掘り熊の健太「良いぜ!その勝負乗ったぜ!!!!!!」ビンビン!!!














オナニーバトルステージ



ニセ穴掘り熊「まず、お互いにアナルバトル専用アイテムのアナルケアを8粒ぶち込む・・・ヌフゥ・・・・」ズブ・・・ブ・・・

穴掘り熊の健太「は、8粒だと!?」ドッ!!!

穴掘り熊の健太(な、なんてこった・・・一粒でさえ危険と言われているアナルケアを8粒!!!??だが・・・!)ズブッ!!!ブチュブチュブチュブチュブチュ!

穴掘り熊の健太「!!!!!!!し、しまった!グアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!!!」ガクガクッ!ガタン!!

仁糸「ああっ!!!入れる時に誤って潰してしまったんだ!!!!健太が生まれたての小鹿のようになっているぞ!!!!!!」ガッ!!

ディック「オーウ!!!ミテイラレナイデース!!!」ソラシッ

ニセ穴掘り熊「ぬっふっふ・・・大丈夫ですかぁ・・・?潰してしまったようですねぇ・・・でも安心してください・・・まだバトル開始前ですから・・・」

穴掘り熊の健太「そ・・・それを聞いて安心したぜっ!!ハァ・・・ハァ…フンッ!」ズブッ!!!ズブズブ!!!

仁糸(健太・・・!!!!!)

機械音声「タダイマヨリ1on1形式によるアナルバトルを開始シマス。
     両選手オナライザーをコシニ装着シテクダサイ。」ビーッビーッ
カチャッ ギュィィィィィィィィ!!!!

機械音声「オナニーバトルシステムオールグリーン。両選手チャージアップ開始。」

穴掘り熊の手下達「健太さん・・・!!!」



穴掘り熊の健太「・・・」シュッ・・・シュッ・・・

ニセ穴掘り熊「ぬっふっふ・・・」ヌッチョ・・・ヌッチョ・・・




機械音声「オナニーバトル、ファイッ!!!!!」
     ビーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!




48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/23(木) 00:50:17.06 ID:NpHPJJ+X0
デェーーーーーン!!!!!!!!



次回予告!!!

仁糸「ついに始まる健太のアナルバトル!しかし、健太のアナリスクは次々と破壊され大ピンチになってしまう!その時、健太の思いついた秘策とは・・・!?


                               

                            次回!!!アナルケア驚異の威力!


                         オナニーバトル、レディーーーーファイッ!!!!!
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 00:49:52.24 ID:vCrWIRT6o
まだー?
55.72 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)