このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

ペリーヌ「貴女のことが好きですわ……エイラさん」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:00:59.43 ID:1BPC3Sm30



「綿飴、それからチョコミント」

今回も地の文が入っています。 苦手な方はブラウザバック推奨です。

前スレ:エイラ「私と付き合ってくれないか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1375103665/
の続きです。






「おまたせ。悪いなペリーヌ。時間かかっちゃった。ほら、今日付き合ってくれたお礼だ。私の驕りだぞ」

以前、どこかで聞いたようなフレーズを口にしながら私に差し出してくる綿飴。
私は受け取ると、彼女はイカ焼きを一口齧る。

「エイラさん……まだ食べる気ですの? まったく、口についてますわよ、はい……ハンカチを」

「いや、持ってるぞ。ありがとな」

そうして彼女はジーンズの後ろのポケットから水色のハンカチを取り出すと、一拭き。

夏休み本番、8月の初日。
私は彼女に連れられて、学校近くの公園で開かれた夏祭りに来ていた。
いいや、連れられて、は語弊があるかもしれない。
彼女は、手を繋いでくれはしないのだから。





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375452059
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【モバマス】美世ちゃんとクラリスさんが温泉に行く話 @ 2018/01/24(水) 07:25:34.03 ID:YlZ5y6R/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516746333/

【ミリマス】志保「私に、妹」 @ 2018/01/24(水) 06:15:50.52 ID:9cO+iDUHo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516742150/

悟空「10人目の戦士はおめぇだ」セル「よろしく」 @ 2018/01/24(水) 04:03:15.89 ID:Rs//MxeW0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516734195/

足柄「発泡酒と柿ピー本当に美味い」龍田「それね」 @ 2018/01/24(水) 01:19:18.71 ID:AnunOiz6O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516724358/

【艦これ】また!駆逐艦寮はどったんばったん大騒ぎ! @ 2018/01/24(水) 00:37:48.63 ID:3XEpu6cY0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516721868/

キリカ「美樹さやかと間違えられて変なとこ連れて来られた」 @ 2018/01/24(水) 00:34:04.24 ID:m4eVQWGG0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516721643/

【安価】京太郎「白糸台を出る喜び」照「ふぇっ?!」【二スレ目】 @ 2018/01/23(火) 23:59:01.38 ID:fjUbnZRD0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516719541/

八幡「由比ヶ浜とデート?」 @ 2018/01/23(火) 23:57:08.74 ID:i3l3NUBz0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516719428/

2 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:02:52.89 ID:1BPC3Sm30



昨日、夏休みの宿題を終わらせるという名目の下、私の家を尋ねてきた彼女。
しかし私の部屋まで来ると、テーブルにノートも開かずにぼーっとしていた。
対面に座る彼女は、予想はしていたが私の宿題を写すつもりでいたのだろう。

「……なぁ。明日、暇か?」

私は一度ペンを止め、彼女を見ると、シャープペンシルについたアクセサリーを指で弄んでいた。

「これといって用事はありませんけど……どうして?」

「夏祭り、明日あるらしいんだけど……行かないか?」

「……いいですわよ。それなら、ほら、宿題終わらせましょう。……丸写しは許しませんわよ」

私はこの気持ちが顔に出ないように、あくまで平常心を保ちつつ承諾した。
しかし私は見てしまった。
彼女は、相変わらず私を見ていなかったし、とても……なんだか、申し訳なさそうな、悲しそうな……そんな顔をしていた。



3 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:03:21.22 ID:1BPC3Sm30



「ペリーヌ……お前って浴衣、似合うんだな」

「そ、そうですか? まぁ、素直に受け取っておきますわ」

「細身だからな。色々と」

「エイラさん!! ちょっと、どういうことですの!」

くっくと笑う彼女。
私はピンクと白の浴衣を、彼女は……あの所謂ダサいTシャツにロールアップしたジーンズの出で立ちだった。
どうせなら、この間見てあげた服を着て欲しかったけれど、彼女はこういうところで鈍いのか、それとも。
貴女が、浴衣を着てくれ夏っぽいから。そんな理由で大変な思いまでして着付けをしたというのに。



4 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:03:51.02 ID:1BPC3Sm30



屋台を冷やかしながら、私達は当てもなく歩き回る。
そうしてラムネを買おうとする彼女はこちらを振り向くが、私は首を横に振る。
氷水から引き上げられたラムネは水滴るまま彼女の手に渡る。

「座ろう。慣れないモノ履いて……足、疲れただろ」

中心から離れた人気の無いベンチまで、彼女の後ろ姿を見ながらついていく。
隣同士で座る。距離は……30cmほど。
彼女は後ろにもたれながら空を見上げる。
何を考えているんだろうか。
その横顔は、やはり少し悲しそうだった。



5 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:04:31.23 ID:1BPC3Sm30



「私さ……フラれちゃった」

瞬間、合点がいく。
元気が無かったのも、夏祭りに行こうと言っていたのも、全て……。

相変わらず空を見上げる彼女はこちらを見ない。
私は綿飴の最後の一口を食べ終えると、一旦ベンチに割り箸を置く。

「じゃあ、もう諦めたんですの?」

私は核心をつく。嫌な子だったかもしれない。
好きな人の、恋路をそんな風に思ってはいけないのに。分かってはいるのに。
だから、そんな私にバチがあたったのだと思う。



6 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:04:57.26 ID:1BPC3Sm30



「いいや。……諦めてないよ」

私は……絶望の淵に立たされた、そんな気分だ。

「なんとかできると思うんだ、うまく言えないけど……」

「どうして? またフラれるかもしれないんですわよ?」

「あぁ、そうかもな。でも、私は彼女が好きなんだ。なんとかしてあげたいって、思うんだ」

そんなことを言うもんだから。
私は堪えられなくなったから。
ついに、言ってしまうことにした。
何年も、積み重ねた想いを。



7 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:05:24.31 ID:1BPC3Sm30



「私では、ダメなんですの?」

「え……?」

彼女は私を向く。今日初めて、目を合わせた。合わせてくれた。

「だから……私では、ダメなんですの?」

「ちょっ……ペリーヌ何言って、」

「もう、とぼけるのは止して。さすがに……今回ばかりは意味、分かるでしょう?」

私が近づくと、彼女はたじろぐ。



8 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:05:53.53 ID:1BPC3Sm30



「私は……エイラさん、貴女のことが好きでしたわ。ずっと前から。貴女が、あの子に惹かれる前から……」

彼女が何も言わないから、私は続ける。

「だから、言うしかないじゃありませんの」

彼女はやはり黙っている。
そんな彼女を見て、言葉が堰を切って出てくる。

「私が貴女に惹かれたのはもうずっと前のことですわ。
覚えています? 2年前、貴女が私を助けてくれたこと」

彼女は、まだ何も言わない。
ただ、頷いた。



9 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:06:35.01 ID:1BPC3Sm30



「だから私、貴女のお願いなら何だって聞きますわ。服だって見立ててあげるし、
宿題も手伝ってあげる、夏祭りだって行ってあげる、寂しい時は一緒にいます、
チョコミントだって、チョコミントだって! ……おいしく、食べられますわ」

彼女はずっと、黙っている。

「何とか言ったらどうなの、エイラさん……何か、言って……答えてくださいまし……」

「……ありがとう、ペリーヌ」

「私が聞きたいのは、そんなことではなくて、」

「……ダメだ」

彼女はこの日、二度私を墜とした。



10 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:07:04.26 ID:1BPC3Sm30



「どうして。私、きっとあの子より……貴女を愛せるわ。だから、」

「違う。私は愛して欲しいんじゃない。愛したいんだ」

「どうして……私では」

「ペリーヌ、お前は……あの子じゃないからだ」

もう、私はむちゃくちゃになっていた。

だから。

そう言われて、私は最低な行為に出た。
彼女の唇を求めて、カラダを寄せる。
けれど、彼女は……無情にもカラダを引く。



11 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:07:32.54 ID:1BPC3Sm30



カラン、と静寂を破る。
飲み干されたラムネが地面に落ちた。

「止めてくれ、ペリーヌ……私は……お前の友達でいたい」

「そんな……私は……私は!」

そこまで言って、涙が溢れる。
一度流れると、もう止まらなかった。
涙を流す時は、そのどれもが、心が震えた時だ。

こんなに好きなのに、どうして分かってくれないの。
そう、叫んでしまいたかった。
けれど、そんなこと、私に出来るはずが無かった。



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/02(金) 23:07:41.86 ID:LPqTq26Yo
大胆な告白は女の子の特権
13 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:08:06.37 ID:1BPC3Sm30



「バカ……」

「あぁ、バカだな、きっと私はバカなんだ。でも……それでも。私はあの子が、好きなんだ」

「……そう」

「ごめん、」

私は彼女の唇に人差し指を置く。

「謝らないでくださいまし。……負けましたわ。私は、あの子ではないのですから……」

彼女はまた黙る。
私は涙を、浴衣の袖で拭う。

「はぁ……これでスッキリしました。応援していますわ。……上手くいくといいですわね」



14 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:08:51.49 ID:1BPC3Sm30



「うん……ありがとう、ペリーヌ」

「えぇ……。では私……帰りますわ」

「ん、そうか……送るよ」

「いいえ、結構ですわ」

私はそのまま立ち上がり歩き始める。
何か捨て台詞でも吐こうと思ったけれど、私の口からはこんな言葉しか出てこなかった。

「あぁ、エイラさん、ちゃんと宿題しなさいな。手伝ってあげますから。けれど丸写しはさせませんわよ」

「うん、分かった」

「……それでは」

「じゃあな」



15 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:09:18.70 ID:1BPC3Sm30



私は彼女に背を向けて再び歩き出す。
これ以上は、本当にダメだ。
声が震える。
目に涙が溜まっていく。
もう、彼女に涙を見せるなんて、できない。
決めたのだから。

私は公園を出ると、曲がり角までゆっくりと歩く。
その角を曲がった瞬間。
走り出していた。
夜の道をただひたすら。
誰もいない、この道を。
隣にもいてくれない、この道を。



16 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:09:44.33 ID:1BPC3Sm30



浴衣が着崩れる、下駄が脱げる。
私はすぐさま拾い上げると、今度は裸足で駆ける。

声を上げて泣こうか。
いいや、今は疲れるまで走ろう。

私は、走る。
暗い夜の道を。
私は、走る。
涙を落としながら。
私は、走る。
彼女への想いを、捨てながら。



17 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:10:18.55 ID:1BPC3Sm30



そうして、結局。
捨てられないことに気がついて。
どちらの痛みにも気がついて。
本当に好きだということに気がついて。
諦められないことに、気がついて。

「本当に、本当に……滑稽ね、私……」

家に着くと、浴衣を脱ぎ散らかしてシャワーを浴びる。
嗚咽を、消しながら。

ふと、私はよく聴いていた曲を思い出し、想いを馳せる。

冷蔵庫に残っているチョコミントのアイスを食べ終えたとき。

私の夏は、終わる。



18 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:10:49.64 ID:1BPC3Sm30






彼女が帰った後、私はすぐ帰る気にはなれず、ただぼーっとベンチで星を見ていた。

1時間程、夜空を見て、星を見て、月を見て。
私は決めた。

そろそろ帰るかと立ち上がると、置き去りにされた割り箸に気付いた。

「ごめんな……」

そう呟くと、ラムネと一緒に近くのゴミ箱にそっと入れた。



家路に着く。
私はお気に入りの曲を口ずさむ。

私は知りたいんだ。

心が傷つくとしても。

キミの真実を。



19 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:11:20.51 ID:1BPC3Sm30




◆  ◇



―――(けれど)夏は、まだ始まったばかりだ。








テテテテンッ デデデンッ!           つづく




20 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/08/02(金) 23:12:18.70 ID:1BPC3Sm30



オワリナンダナ
読んでくれた人ありがとう。

次回は智ビューなどです。
頂いたリクエストはちゃんと書きますので、少し待っていてください。

余談ですが、聴いていた曲のイメージです。
ペリーヌ『Heaven』ttp://www.nicovideo.jp/watch/nm12698711

エイラ『key plus words』ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm17638738

某まとめサイト様、並びに各所でコメントくださる方、いつもありがとうございます。
それでは、また。

ストパン3期アルマデ戦線ヲ維持シツツ別命アルマデ書キ続ケルンダナ



21 :アンリ「ママ、見て!釜の底が抜ける・・・!!」 [sage]:2013/08/02(金) 23:23:25.95 ID:+CrL/DtAO
乙!
続きが気になるな
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/02(金) 23:40:33.03 ID:gSqeiO6yo
悲しいエイリーヌか…
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/03(土) 00:25:25.93 ID:PLh/UhbYo
前回のエイラーニャの続きなのだな
さらなる続きが気になるんダナ乙

そんでもって智ビュー待ってました!
楽しみなのだ
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/08/03(土) 13:46:29.57 ID:koKGm/GW0
ペリーヌの行動は最低かもしれないけど、気持ちは分かる
11.94 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)