このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

【咲-Saki-】セーラ「俺だって女やで!」【安価】 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/02(水) 22:17:03.96 ID:cmrIxkvH0



京太郎「セーラ先輩。早く起きてくださいよ」


セーラ「ん〜……もう少しだけ寝かせてくれや……」ムニャムニャ


京太郎「ダメです。遅刻しますよ?」


セーラ「大丈夫やて…。俺が全力で走ればなんとか…」モゾモゾ


京太郎「そうですか。でも俺だとセーラ先輩に追いつけないんで。清水谷先輩達もう来てますから先に行かせてもらいますね」


セーラ「そ、それはあかん!」ガバッ


京太郎「起きれるならさっさと起きてください。早く準備しないと本当に先に行きますよ?」


セーラ「ま、待てっ! すぐ準備するから、な!?」


京太郎「はいはい。分かりましたよ」


セーラ「京太郎は下で待っといて!」


京太郎「二度寝しないよう監視しておきます」


セーラ「そんなことするかいな!いいからはよ出ろや!今から着替えるんやで!?」


京太郎「男の俺とも変わらない胸なんですからそんな気にしなくとも…ゴフッ!?」


セーラ「シバいたろか!?ぶっ飛ばすで!さっさと出ろ!」


京太郎「分かりましたよ……。じゃあ玄関で待ってますから」





バタンッ





セーラ「……」ツルーン


セーラ「京太郎のドアホ……」







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380719823
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

未央「蒼いしぶりんが私を責める」 @ 2018/06/25(月) 18:24:14.67 ID:gLiL/fIio
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529918654/

女「資格で『女騎士二級』を取ってみよう」 @ 2018/06/25(月) 17:04:51.54 ID:EtAjYmsq0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529913891/

P「誕生日おめでとう」 @ 2018/06/25(月) 15:40:42.73 ID:cQPlCRYs0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529908842/

ミリP「FairyTaleじゃいられないがプレイされる度にこのみさんが果てるボタン」 @ 2018/06/25(月) 13:27:00.25 ID:qkPpBdxJo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529900819/

キモオタ「いじめを克服したい!」【安価・コンマ】 Part.2 @ 2018/06/25(月) 12:41:38.28 ID:ZITTQUQVO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529898098/

【ガルパン】50音住殿【あ〜こ】 @ 2018/06/25(月) 10:59:13.38 ID:fRc0zwwn0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529891953/

ナターリア「安価で、高級事務所前ズシだゾ!」 @ 2018/06/25(月) 10:15:47.90 ID:2ckwowIPo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529889347/

提督「やっぱアジフライだよな」 @ 2018/06/25(月) 09:52:54.75 ID:RLatfsmYo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529887974/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/02(水) 22:18:27.48 ID:cmrIxkvH0



セーラ「いってきらふ!」モゴモゴ


京太郎「口の中に食べ物入れたまま……」


セーラ「…ゴクン。しゃーないやろ? 時間はなくても飯食わな午前中耐えられへんのやから」


京太郎「そう思うならもっと早めに起きてください」


セーラ「そら無理やな!」ドヤッ


京太郎「まったく……」


竜華「おーおー幼馴染兼恋人達は朝から仲ええなー」


怜「朝チュンか。自分ら恋人らしいことちゃんとやってるやん」


セーラ「ア、アホ! そんなわけないやろ!からかうな!」


京太郎「このやり取り毎日やってますよね……」


怜「関西人は定番が大好きやからな」


竜華「これ言っとかな気がすまんねん」


京太郎「さいですか……」


セーラ「京太郎もなんか言えや!言い返しとるの毎日俺だけやないか!」


京太郎「毎日俺の分までご苦労様です」ナデナデ


セーラ「頭撫でんなー!」ウガー


竜華「彼氏ってええなー」


怜「青春やなー」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/02(水) 22:19:06.90 ID:cmrIxkvH0



京太郎×セーラスレ


皆セーラの可愛さを分かってない(憤慨)


というわけで安価で小ネタを書いていきます


設定は京太郎1年セーラ3年の全国大会後


なお京太郎はマネージャーではなく男子麻雀部に入っていることにします


また意味不明、エロ、無理安価は安価下で


ではいきなりですが↓3.5.7


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/02(水) 22:20:34.58 ID:8XldgSV4o
よく知らんが安価した
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/02(水) 22:21:06.68 ID:8XldgSV4o
加速下
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/02(水) 22:21:19.44 ID:ELukuMuQo
着ぐるみ
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/02(水) 22:22:19.78 ID:8XldgSV4o
加速下
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/02(水) 22:22:27.34 ID:U7CTSyubo
アルバイト
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/02(水) 22:23:47.23 ID:JfaqS4pYo
かわいいなあと愛で続ける
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/02(水) 22:24:04.69 ID:AXslbL4pO
膝枕
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/02(水) 23:06:26.59 ID:tX2wvam/O
まさかのセーラ単独スレ
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/03(木) 07:03:16.75 ID:dKO8ygNj0
とりあえず2つ投下です。







《着ぐるみ》



京太郎「セーラ先輩。迎えに来ましたよ……って、皆さん何で立ったまま固まってるんですか?」


竜華「あ、京太郎君。これ見てみ」


京太郎「ウサギの着ぐるみ……?」


怜「監督が置いていったんやけど、これをどうするかっちゅう話になって折角やし誰か着てみよってことになったのはええんやけど……」


京太郎「誰も着たがらずに時間だけが過ぎている……と」


船Q「ま、そういうこっちゃ」


京太郎「セーラ先輩が着たらいいじゃないですか」


セーラ「いやや。なんで俺がこんなもん着なあかんねん」


京太郎「俺うさ耳好きですよ」


セーラ「ぐぬぬ……。そ、そういうのズルいやん……」


竜華「ん〜、じゃあ折角やしうち着ろうかな。京太郎君が好きみたいやし」


怜「いやいや、やっぱうちに着させて。京太郎が好きなら話は別や」


船Q「そんなら私も立候補させてもらいます。須賀の好みのデータ取りたいですし」


泉「じゃあ私も。何となく」


京太郎「いや、ここはあえて男の俺が」


セーラ「じゃ、じゃあ俺もっ」


竜・怜・船・泉・京「どうぞどうぞ」


セーラ「ふざけんなっ!」




13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/03(木) 07:03:48.77 ID:dKO8ygNj0



京太郎「で、着てみたはいいんですけど」


竜華「よう考えたら外見結果うさぎやし誰被っても一緒やんな」


怜「耳もそんな大きくないし」


セーラ『俺の被り損やんけっ!』


京太郎「仕方ないですね。お詫びに頭撫でますから」ナデナデ


セーラ『まぁそれなら……ってこれじゃ分からんやんけ!』ベシッ


京太郎「き、着ぐるみに叩かれるのって意外と痛いんすね……」


船Q「まぁ重量あるからな」


竜華「よしよし痛かったな〜。うちが撫でたるで〜」ナデナデ


京太郎「あ〜いいかも」


セーラ『俺の京太郎に触んなやー!』




14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/03(木) 07:05:23.48 ID:dKO8ygNj0




《アルバイト》


セーラ「え、京太郎バイトやっとるん?」


京太郎「はい。とは言っても部活後や休みの日に入れてるだけですけど」


セーラ「何をやっとるん?」


京太郎「家庭教師ですよ」


セーラ「ええっ!?京太郎って勉強出来たん!?」


京太郎「失礼ですね。セーラ先輩と一緒にしないでください」


セーラ「お、俺だって勉強くらい余裕や!」


京太郎「だったらテスト前に竜華さんや怜さんに頼るようなことはないようにしてください。いつも迷惑かけてるでしょうが」


セーラ「………そ、そんなことより京太郎はどんな子らに教えとるんや」


京太郎「露骨に話を逸らした…。まぁ個人情報なんであまり詳しくは教えられませんが小学生が1人に中学生が2人ですね」


セーラ「ふ〜ん。しかし男としては京太郎なんかやなくてもっと竜華みたいな美人の人に教えてもらいたいやろな〜」


京太郎「え、俺が教えてるのって皆女の子ですが」


セーラ「………え?」


京太郎「まぁ意図したわけじゃないですが」


セーラ「も、もちろん親御さんの前でやろ?」


京太郎「え?一対一に決まってるじゃないですか」


セーラ「きょ、京太郎は女の子に一対一で勉強教えよるん……」フルフル


京太郎「まぁ、狙ってやってるわけじゃないですけど」


セーラ「ズルい!俺にも教えろ!」


京太郎「無茶言わないでくださいよ…。俺高1なのに……」


セーラ「なんや!他の女はよくて俺はダメなんか!?」


京太郎「いやそういうわけじゃ……」


セーラ「京太郎と二人きりとか絶対あかんやろ……その子ら可愛かったらどないするんや……」


京太郎「大丈夫ですから。俺にはセーラ先輩だけですって。それにそのバイトももう終わりですし」


セーラ「それ本当……?」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/03(木) 07:05:50.71 ID:dKO8ygNj0


京太郎「嘘ついてどうするんですか。もともと部活の先輩が一時的に代行を頼んで来ただけですし」


セーラ「どっか行ったらぶっ飛ばすで……」


京太郎「いつもの覇気がないですよ」ナデナデ


セーラ「ん……」


京太郎「ほんと、セーラ先輩ってたまに子供ですよね」ナデナデ


セーラ「うっさいなぁ……」ギュッ



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 08:53:19.01 ID:CMhDnirn0
セーラの乙女モードはクッソ可愛い
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 12:10:38.29 ID:dqL8TcmCo
京太郎出るなら出るって書けよカス
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 12:19:07.78 ID:f59iNEKPO
百合豚さんちーっす
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 13:24:10.60 ID:OaoznrP1o
乙牌

乙女セーラをなでなでしたい(迫真)
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 13:38:58.68 ID:IRrW0L0g0
おつー
京セラ期待
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 14:21:44.49 ID:Chpe9Nby0
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 19:54:39.72 ID:kGm0zecCo
待ちに待った京セラきたで
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/03(木) 23:34:12.07 ID:dKO8ygNj0


《膝枕》



怜「やっぱ竜華の膝枕は世界一や〜」ゴロゴロ


竜華「それはど〜も。しっかり休むんやで」ナデナデ




セーラ「………」


船Q「『俺も京太郎にやってやりたいな〜』とか思ってるんとちゃいます?」ボソッ


セーラ「ふ、船Q!?何言っとんねん!そんなわけないやろ!」


船Q「へぇ。なら清水谷部長に京太郎を膝枕するよう頼みますけどいいですか?」


セーラ「それはダメや!」


船Q「なんでですかね〜?」


セーラ「う、うっさいな…。そんなこと別にええやろ…」


船Q「ダメですね。男っちゅうんは彼女に膝枕をしてもらいたいもんなんです」


セーラ「それがどうしたんや」


船Q「京太郎にはうちのじゃじゃ馬セーラ先輩の面倒を見てもらっとるんです」


セーラ「誰がじゃじゃ馬やねん。まぁええわ。それで?」


船Q「そんな京太郎の労を労うのって大切だと思いませんか?」


セーラ「せやからって膝枕やなくても……」


船Q「みてくださいよあの園城寺先輩を。毎回清水谷部長の膝枕してもらう度に元気になってるやないですか」


セーラ「あ、あれは怜やから…」


船Q「違いますね。私の考えではあの清水谷先輩の膝に癒しの効果があると思うんです。やから京太郎にも清水谷先輩の膝枕を味わってもらおうっちゅうわけですよ」


セーラ「で、でもっ。そんなん竜華だって嫌っちゅうに決まって……」


船Q「清水谷部長。京太郎に膝枕やってもらえますか?」


竜華「ええよ。セーラがお世話になっとるし」


セーラ「」


船Q「ということですが」


セーラ「だぁぁーー!分かった分かった!俺がすればええんやろ!?やったろうやないか!」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/03(木) 23:35:00.51 ID:dKO8ygNj0




京太郎「あの……俺まだ部活中なんですが……」


船Q「まぁまぁ落ち着いて。損はさせへんから、な?」


京太郎「あまり長く抜けると先輩達に言われますし、第一ここ女子ばっかで俺が居心地悪いんですよ……」


船Q「安心しろ。すぐ終わるから。ね、江口先輩」


セーラ「覚えとけよ浩子……」


京太郎「それで何の用なんですか?」


セーラ「膝枕や!」


京太郎「膝枕……?あぁ。怜さんと竜華さんのみてやりたくなったんですか」


船Q「おおっ!流石は恋人!ツーカーの仲や!」


京太郎「だったらさっさとしましょ。ほら、いいですよ」ポンポン


セーラ「………え?」


京太郎「しないなら俺帰りますよ?」


セーラ「い、いやするで! じゃあお邪魔します……」ゴロン


京太郎「お邪魔しますって……」


セーラ「だって何て言ったらええか分からんし…」


京太郎「そうですか。ちなみに寝心地はどうですか?」ナデナデ


セーラ「ん…いい……」


京太郎「ならよかった」ナデナデ



船Q「江口先輩がしてもらってどないすんですか……。まぁええか」パシャ


ガチャ


雅枝「皆練習真面目にやっとるか〜? っと、レギュラーメンバー以外はちゃんとやっとるようやな。ほんなら、レギュラーメンバー+須賀はそこに正座せぇや」


泉「私完全にとばっちり!?」




25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/03(木) 23:35:46.35 ID:dKO8ygNj0
遅れてすみませんでした。


では次のお題↓3.5.7
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 23:36:12.18 ID:nAzwSyX3o
料理
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 23:36:19.27 ID:vxbSUek7o
ksk
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 23:36:21.79 ID:mBciNUnLo
説明会
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 23:39:06.01 ID:vrVtMGrHo
ksk
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 23:39:11.28 ID:mBciNUnLo
加速下
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 23:39:23.46 ID:wqo7hRv+o
ヒーローショー
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/03(木) 23:39:48.72 ID:vrVtMGrHo
お姫様抱っこ
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/04(金) 00:47:26.80 ID:hqeN0uTco
手繋ぎ
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/05(土) 21:21:46.28 ID:+bep5e1u0



《説明会》



京太郎「船Q先輩何見てるんですか?」


船Q「なんや京太郎か。ちょっと写真とデータの整理をな。みてみ、懐かしい写真もあるで」


京太郎「これって……」


船Q「そや。今年の部活説明会の時の写真や」


京太郎「あー、そんなこともあったなー。確かセーラ先輩にセーラー服を着せるのに苦労したんですよね」


船Q「せやせや。ほんま江口先輩と付き合いたての京太郎がおったからよかったものの、おらんかったら上手くいってなかったで」


京太郎「お役に立ててなによりですよ」





〜〜〜〜〜〜




〜4月〜



セーラ「い〜や〜や〜!」ジタバタ


船Q「堪忍してください。新入生の前くらいちゃんとスカート履きましょ」


セーラ「ぜっったいに嫌や! 第一俺は出らんでええやん! 竜華と怜に任せるもん!」


船Q「何を言っとるんですか。園城寺先輩は最近エース抜擢されたばかりで最近までは江口先輩がエースとしてやってはったんですよ? 江口先輩目的で来とる人だっておるんですから出てください」


セーラ「ぐぬぬ……!」



バタッ



竜華「お待たせ!京太郎君連れて来たで!」


京太郎「ひ、引っ張らないでくださいよ。ガイダンス終わってないんすよ?」


竜華「ええのええの。監督に頼んで一年1人連れ出すって言っておいたから」


京太郎「だからってこんな……ってセーラ先輩?」


セーラ「京太郎!?なんでこんなところおんねん!」


京太郎「部活の説明聞いてたらりゅ…清水谷先輩が来て突然引っ張られて来たんですよ」


船Q「その人誰ですか?」

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/05(土) 21:22:48.93 ID:+bep5e1u0


京太郎「えっと今年からここの一年生になりました須賀京太郎です」


船Q「あ〜新入生か。それで助っ人呼ぶって出ていきましたけど、この子は江口先輩とどんな関係なんですか?」


竜華「幼馴染兼ほやほやのカップルやで〜」


船Q「え!?江口先輩彼氏おったんですか!?」


セーラ「ま、まぁ……。まだそんな経ってないけど…」


船Q「少し女の子っぽくなったと思ったらそんなことが……」


京太郎「それで何の用なんですか?」


竜華「せやったせやった。このあとうちら麻雀部の説明会あるやん?それにセーラも出なあかんのやけどスカート履かん言うて聴かんねん」


セーラ「俺はスカート履かんでええっちゅう条件でここに入ったんや!テコでも履かへんで!」


京太郎「なるほど。そういうことですか。セーラ先輩」


セーラ「なんや。いくら京太郎の頼みでも無理やで」


京太郎「いえ、そういうことじゃないんですけどね。実は俺入る部活迷ってるんです」


セーラ「は? 京太郎は麻雀部入る言うてたやん」


京太郎「そうなんですけどね。サッカー部もいいな〜なんて思ってて。可愛いマネージャーもいるみたいだし」


セーラ「な、なんやそれ!聞いてないで!?」


竜華「サッカー部のマネージャーってあのAちゃん? そういえば男子にモテモテ言うてたな」


京太郎「それでちょっとサッカーに惹かれつつあって」

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/05(土) 21:23:22.56 ID:+bep5e1u0


セーラ「そんなん許さへんで!だいたい京太郎には俺おるやん!」


京太郎「ん〜、でも俺ってあまりセーラ先輩の女の子っぽい服装見たことないじゃないですか。たまにはそういうのも見たいな〜、なんて。ここの制服って可愛いし」


セーラ「そ、それやったら竜華だっておるしっ!」


京太郎「いやいや、麻雀部だったら入るのは男子麻雀部の方っすよ?こっちとは別じゃないっすか」


セーラ「で、でもっ……!」ウル…


京太郎「じょ、冗談ですよ冗談!別にサッカー部に入ろうとか思ってないですし、マネージャーの子可愛いとも思ってないです!」


セーラ「せやかて京太郎今…」


京太郎「た、ただセーラ先輩のセーラー服姿ってのは本当です。だから着てみてくれませんか?」


セーラ「……」


竜華「もし着てくれるんやったらなんでも一つ言うこと聞いてくれるんやって!」


京太郎「うぇっ!? 俺そんなこと一言も…!」


セーラ「…乗った」


京太郎「へ?」


セーラ「その条件やで。やないとセーラー服着らへんし京太郎も許さん」


京太郎「はぁ……分かりましたよ。自業自得ですからね…。一つだけ聞きます」


竜華「なら交渉成立や!セーラ行くで!」


セーラ「おう」




37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/05(土) 21:23:59.75 ID:+bep5e1u0




〜〜〜〜〜〜









船Q「でそのあと江口先輩に抱きしめてっちゅうお願いをされて部員の前でやったと」


京太郎「公開処刑ですよあれ…」


船Q「凄い乙女やったもんな」


京太郎「あの時セーラ先輩泣いてたんですよ?『冗談よな?ほんまに冗談よな?』って小声で呟きながら制服ぎゅって掴んで大変だったんですから」


船Q「ま、男のくせして乙女を不安にさせるんが悪いな」


京太郎「一体誰のせいだと……ってまぁ俺ですけども。それに次の日一日中セーラ先輩の家で過ごすのに付き合ったら許してくれましたけどね」


船Q「ま、いい思い出やな。これその時セーラ先輩の説明中の写真やけどいる?」


京太郎「ぜひ。もう今じゃ大会の時しか来てくれないですから」


セーラ「京太郎〜!はよ帰るで〜!」


京太郎「それじゃ、愛しの彼女が待ってるんで」


船Q「ほいほい。あんまりいちゃいちゃせぇへんと周りの人のことも考えて帰れよ」


京太郎「大丈夫です。乙女モードじゃないセーラ先輩は元気な子供ですから」


セーラ「京太郎〜!はよせんかい!」


京太郎「はいはい!今行きます!」


38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/05(土) 21:25:03.63 ID:+bep5e1u0
残りの二つも今夜中に投稿する予定です
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/05(土) 21:27:01.50 ID:tLLPUHEOo
乙ー
京セラいいね
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/05(土) 21:50:42.34 ID:9Arcp5qMo
たまんねえ
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/05(土) 22:17:20.27 ID:f3cDky9A0
セーラさんは涙目にさせてナンボだと思います。
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 17:56:50.80 ID:wQMlsG020



《ヒーローショー》




セーラ「いけー!国士ブルー!」


京太郎「あの…セーラ先輩……。もう行きませんか?」


セーラ「なんでや。麻雀戦隊ヤクマンジャーのヒーローショーやで?見るしかないやろ!」


京太郎「自分の年齢を考えてください。周りには俺たち以外に子供しかーー」



??「九蓮レッドいけー!」


??「お姉ちゃんもうやめよ!?うちはずいって!」


??「何がはずいんや!雀士ならヤクマンレンジャーは見るべきやで!って、ん?お前男女やんけ!」


セーラ「誰が男女やこの蒲鉾!」


??「須賀君に江口さんやないですか。どうもです」


京太郎「こちらこそ。お久しぶりですね洋榎さんに絹恵さん」


洋榎「なんやお前もヤクマンレンジャー見よったんかいな」


セーラ「せやで。しかし九蓮レッドとかシャバいなー。お前の麻雀の底が知れるで」


洋榎「なんやと!?九蓮宝燈舐めんなよ!役満の中やったら一番カッコええやんけ!」


セーラ「これやからニワカは。一番カッコええのは国士に決まっとるやん」


洋榎「ぷぷー!国士とかカッコ悪る!初心者が最初に覚える役満やんけ。九蓮宝燈はベテランが打つんや」


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 17:57:23.26 ID:wQMlsG020


セーラ「けっ。どうやらお前のその目はいよいよ蒲鉾になったらしいな。腐っとるで」


洋榎「言いよったな!?誰が蒲鉾やねん!冴えん男連れよってからに!あ、須賀君こんにちは。今日も格好ええなー」


絹恵「お姉ちゃん。言ってることが矛盾してるで」


洋榎「細かいことは気にすんな。しかしほんま須賀君も可哀想やねー。こんな男女が彼女とかいややろ」


セーラ「うっさい!京太郎はちゃんと俺のことが好きなんやからええやん!」


洋榎「どや?うちに乗り替えせぇへん?今なら絹のおっぱいもついて来るで!」


絹恵「勝手に付けんといてくれる!?もう行くで!二人の邪魔やろ!お邪魔しましたー」


洋榎「あ、ちょい待て!まだうちは話が……!」


絹恵「ない!空気読まんとあかんやろ!?ほな京太郎君!お互い大変やけど頑張ろなー!」フリフリ


京太郎「ども〜!」フリフリ


セーラ「行きよった。逃げたんやな」


京太郎「勝ち誇らないでください。どっちもどっちですよ。まったく……行きますよ。折角絹恵さんが空気を読んでくれたんですし」ギュッ


セーラ「ちょ…京太郎、手!手!」///


京太郎「うるさいですね。子供と彼女の手は離れないように繋ぐもんなんですよ」


セーラ「あ、あほ…/// そんなハズいこと言うなや……///」カァァ


京太郎「やっと大人しくなりましたか。今度絹恵さんに会ったらお礼言わないと」スタスタ


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 17:58:00.30 ID:wQMlsG020



《お姫様だっこ》



竜華「……」ドヨーン


京太郎「ちーっす。うわ…どうしたんですか竜華さん……?相当落ち込んでるみたいっすけど……」


竜華「き、京太郎く〜ん……」ウルウル


怜「竜華のやつ体重が増えとった言うて朝からこの調子なんや」


竜華「と、怜!? それ言わんでって言ったやん!」


怜「京太郎にならええやろ。それに増えたって500gやろ?誤差の範囲やんけ」


竜華「いやぁぁぁーーー!言わんで!そんなとこまで言わんでよ!」


京太郎「でも確かに怜さんの言うとおりじゃないっすか?俺にしてみれば竜華さんって健康体そのものって感じですけど…」


竜華「ううっ…。そうやってうちを安心させんで……。ただでさえ怜とかセーラより体重多いのに……」


怜・京(それは絶対におもちの差と思う)


竜華「せめて現状維持やっちゅうんに……」


怜「でも竜華、その分おっぱいでかなったやろ」モミモミ


竜華「ひゃん!?ちょ、怜やめぇ!京太郎のおる前でこんな……!」///


京太郎「あ〜……」メソラシ


セーラ「おっす!なんや3人とも先におったんかいな」


京太郎「セーラ先輩。ちょっと竜華さんを元気付けてやってくださいよ」


セーラ「あ〜、あれか。朝から気にしよったやつか。そんなん気にせんでええのに」


竜華「セーラには体重が増える辛さが分からんのや…」ムー


セーラ「そんなん言われてもなー。俺結構飯食っとるで?なぁ京太郎」

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 17:58:35.88 ID:wQMlsG020


怜・竜「」ピクッ


セーラ「食いたい時に食いたいだけ食っとるんやし体重とか気にしたことないなー」


竜華「……へぇ。それでセーラこの数ヶ月で体重どうなったんやったけ?」フラ


セーラ「ん?3キロ減っただけやけど」


怜「なるほどなぁ…。まったく気にせず痩せたんや…」フラ


怜・竜「覚悟せぇよ?」ニコッ


セーラ「え!?え!?なんやどうしたん!?」


京太郎「やっべえよ!セーラ先輩地雷踏み抜かないでくださいよ!」ヒョイ ダダダ


セーラ「ぅぇ!?ななな、何しとんねん京太郎!?」///


京太郎「逃げてるんですよ!体重気にしてる人の前で太らない体質いってどうするんですか!」


竜華「セーラ待ちーや! あんたにはダイエットっちゅうもん教えたる!」ダダダ


京太郎「くそっ……!こういうときの竜華さんってなんでこんなに速いんだ!?」


セーラ「そそそ、それよりはよー降ろせや!」///


京太郎「バカ言わないでください!もうそんな時間ないですよ!てか本当にセーラ先輩軽いですね」


竜華「なんや二人して!うちをバカにしとるんかー!?」ダダダ


京太郎「ミスった!?」








泉「先輩、あれって部長達やないですか?」


船Q「ほんまや。京太郎が江口先輩抱えて清水谷部長から逃げとる」


泉「ひゃー。あれが噂に聞くお姫様だっこっちゅうもんですか」


船Q「いちゃついとんなー」


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 17:59:27.09 ID:wQMlsG020
遅れてすみません。


次のお題↓3.5.7
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 18:08:49.38 ID:n0J/y+RKo
エロ本発見
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 18:09:57.76 ID:tWvbKRSRo
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 18:10:13.74 ID:C9ZYEba90
ポッキーゲーム
みんなの前で
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 18:10:29.56 ID:tWvbKRSRo
加速下
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 18:10:41.64 ID:6vR22XU6o
お月見
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 18:11:14.69 ID:3vlRFdzD0
エロ本発見で
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 18:11:46.05 ID:fvxgASTIo
芋煮会
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 18:12:02.12 ID:LwK/2Dr4o
京太郎カピバラに浮気
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 18:41:59.86 ID:wQMlsG020




《ポッキーゲーム》



セーラ「な、なぁ……。ほんまにするん?」


船Q「当然ですね。王様の言うことは絶対ですから」


京太郎「誰ですか王様ゲームやろうとか言い出したのは……」


竜華「ま、折角やしええやん?」


船Q「それに京太郎が他の人とポッキーゲームするよりかはよかったでしょ?」


セーラ「そらそうやけど……」


船Q(とはいえ、最初からこうなるように仕組んでたんですけどね)


京太郎「まったく…。俺はセーラ先輩のタイミングに合わせますよ」


セーラ「お、おう。もうちょい待って。心の準備が……」


船Q「はよせんと日が暮れまっせ」


セーラ「分かっとるって。……よし、ええで!」


泉「じゃあこれ、ポッキーです」


セーラ「お、俺はこっち側から食うから」パクッ


京太郎「なら俺はこっちからですね」パクッ


怜「お〜、始まったな」


竜華「ええなこの緊張感」ドキドキ


56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 18:42:31.87 ID:wQMlsG020


セーラ(始まったばっかなのにもうこんな近くに京太郎の顔が……///)


京太郎(やっぱこうしてみるとセーラ先輩って美少女部類だよな〜)


セーラ(目が常時合っとる……///)


京太郎(あ、顔が赤く染まってきた。可愛い)


セーラ(なんかこう…京太郎の瞳に吸い込まれそうっちゅうか……)


京太郎(前にキスしたときに思ったけどセーラ先輩の唇って柔らかいんだよな。ほんとに男の俺とは全然違う)


セーラ(どんどん近づいていってる……///)


京太郎(肌もきめ細かい。……後で触らせて貰おう)


セーラ(あと3センチ…2センチ……ああっ、もう無理や!)ポキッ


竜華「あ!セーラわざと折ったな!?」


セーラ「しゃ、しゃーないやん!これ以上は無理や!///」


怜「なんやキスしたことあんのにこれは無理なんか」


泉「残念ですね。というか意外とセーラ先輩ってヘタレ?」


セーラ「へ、ヘタレちゃうわ!」


船Q「ま、こんなもんでしょ。江口先輩にしては耐えたほうちゃいますか?」


竜華「せやなー。後もうちょっとやったのに」


京太郎「……セーラ先輩」


セーラ「ん?」


京太郎「やっぱセーラ先輩は可愛いです」ニコッ


セーラ「あ、あほっ……」カァァ








セーラ「京太郎かて格好いいっちゅうねん……」ボソッ


57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 18:58:14.30 ID:wQMlsG020




《月見》



京太郎「お団子持ってきましたよー」


セーラ「待ってました!」


泉「月見とかいつ以来でしょうか」


船Q「にしても清水谷部長の家はよく月が見えますねー」


竜華「せやろー。この縁側で毎年お団子食べながら月を見るんはうちらの中じゃ定番なんや」


怜「お団子が京太郎担当なのもずっと一緒やしな」


京太郎「恒例行事ですよね」


セーラ「ん〜!やっぱ京太郎の作る団子は最高や!」


京太郎「セーラ先輩。あくまで月を見るのがメインですからね?」


怜「セーラは花より団子やもんな」


セーラ「京太郎が美味い団子作る方が悪い!」


竜華「せやな。毎年あんまし食べんとこ思うのに絶対多く食べてしまうもん…」


泉「魔性の団子っちゅうわけですか。ん、ほんま美味い」パクッ


セーラ「しかし今年はえらい時間かかったなー」


京太郎「二人分多めに作りましたからね」


セーラ「ほんま、待ちすぎでババァになるところやったわ」


京太郎「………それはよかった」


セーラ「へ?なんでや?」


京太郎「つまり、お婆さんになるまで俺を待っててくれるんですよね? だったら、彼氏冥利につきますから」


セーラ「……ばーか。そういう意味で言ったんちゃうわ」


京太郎「それは残念」


セーラ「…待たせるんちゃうで。京太郎はずっと俺の隣におらなあかんのやから待たせんと早よせぇ」ギュッ


京太郎「善処させていただきます」ギュッ


58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 18:58:51.52 ID:wQMlsG020



怜「……団子が甘いなぁ」


竜華「甘々やね」


船Q「コーヒー欲しいですわ」


泉「うち、持ってきましょか」

59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 19:46:47.01 ID:hvSfsZnL0
あまーい!!
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 19:49:21.95 ID:34W1C2JV0
なんだこのバカップル…
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 20:18:18.23 ID:wQMlsG020


《芋煮会》


竜華「ありがとなー。練習試合に付き合うてもらった挙句芋煮会まで誘ってくれて」


塞「いいよいいよ。せっかく東北に来たなら芋煮会くらい参加しないと損だし。それに千里山の皆と練習試合なんていい思い出作って貰ったよ」


竜華「せやかてまともにしてあげたことなんか豊音にサイン書いたくらいやで?」


胡桃「私達もう名前で呼び合う仲なんだよ?お礼なんていらないし、それに竜華達の思ってる以上に楽しませてもらってるよ。ほら」




豊音『どうどう!追っかけるどー!』


セーラ『泉バリアーや!』


エイスリン『イズミマカセタ!』


泉『私は生贄ですか!?』




怜『ん〜、シロもいい太ももしとるな〜』


シロ『膝枕に良し悪しってあるの?』ダルーン


怜『当たり前や。うちは膝枕ソムリエやからな。その違いがわかんねん』


シロ『なにそれ……』ダル…


怜『シロはする側やから分からんでええねん』


シロ『そう…』ナデナデ


怜『気持ちええな〜』



62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 20:20:38.18 ID:wQMlsG020


胡桃「ね?皆楽しそうでしょ?」


竜華「そうやな。……シロにポジション取られそうなんが気になるけど」


塞「それに男手がいて助かるよ。意外と大変なんだよね。芋煮作るのって」



京太郎『……』グツグツ



胡桃「あの子ってセーラの彼氏なんだよね?こういうのも悪いんだけど、セーラに彼氏って意外だよね」


竜華「そうでもないで? セーラの乙女モードは可愛えんよ?」


塞「へぇ。それは一度見てみたい」



セーラ『きょーたろー。芋煮出来た?』ダキッ


京太郎『おわっ!?急に抱きつかないでくださいよ。危ないじゃないですか』


セーラ『ええやんええやん。京太郎かて嬉しいやろ?』


京太郎『暑苦しいです。こっちはずっと火の側ですよ?』


セーラ『むー。京太郎のいけず』



竜華「……ほら」


胡桃「うん……。ねぇ塞」


塞「分かるよ胡桃。言いたいことは」


塞・胡桃「あれが普通の女子高生だとしたら私達って……」


竜華「まぁあれはただのバカップルやからそこまで深く考えんでええと思うで?うちらも一緒やし…」アハハ…


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 20:21:12.53 ID:wQMlsG020
次のお題↓3.5.7
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/06(日) 20:22:58.72 ID:wQMlsG020
船Q入れ忘れた…orz
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 20:23:51.38 ID:tWvbKRSRo
船Qカワイソス(´;ω;`)ウッ…
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 20:24:16.27 ID:p0S4a0Zso
回転寿司
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 20:25:29.22 ID:n0J/y+RKo
今度こそエロ本
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 20:25:58.41 ID:JeHCaAYNO
お泊まり
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 20:26:12.80 ID:tWvbKRSRo
魚屋
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 20:26:21.58 ID:fvxgASTIo
学芸会
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 21:25:35.28 ID:wQMlsG020
言い忘れていましたが今回のお題の投下は明日以降になりますm(__)m
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/06(日) 21:28:54.54 ID:9ERYYeE2o
乙やねん千里山
セラかわ
73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 00:07:49.60 ID:otfa4eo2o
乙乙
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 00:12:19.89 ID:0/5X2zaC0
乙ー
京セラいいよー
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 00:17:30.33 ID:GtNHQ64Do
おっつー
これは間違いない、セーラは可愛い

でも船Q…
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 21:03:52.27 ID:0q1vKneh0



《回転寿司》



セーラ「しゃー!寿司や寿司!食ったるでー!」


京太郎「はいはい。落ち着きましょうね」


怜「寿司とか久しぶりやなー」


船Q「まさかおばちゃんが奢ってくれるとはな〜」


雅枝「どういうことやねん。それとこういう時くらいおばちゃんやめや」


泉「おばさん?」


雅枝「泉のみシバくで」


泉「理不尽!?」


竜華「まぁ奢りやけんって食べすぎんようにせなあかんよ」


雅枝「おっ、気遣い出来るな。せやけど今日は気にせんでえぇで。好きなだけ食いや」


竜華「そういうわけにはいきませんよ」


怜「竜華は太るの気にしとるだけやろ」


竜華「それは言わんといて!?」









怜「何から食べようかな」


竜華「むむっ……どれがカロリー低いんやろ……」


船Q「一番原価が高いんは……」


泉「あ、そこのいくら取ってください」



京太郎「はいセーラ先輩」ヒョイ


セーラ「さんきゅー」

77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 21:05:53.10 ID:0q1vKneh0



京太郎「ほい」ヒョイ


セーラ「どーも」



京太郎「次っす」ヒョイ


セーラ「ほいきた」




京太郎「どうですか?」ヒョイ


セーラ「うまいなー」




京太郎「竜華先輩もう食べないんですか? あ、どうぞ」ヒョイ


セーラ「ん〜あんがとさん」





………


……







京太郎「お茶です」


セーラ「食った食った。満足やー」ズズズ




怜「………なぁ、セーラって今日ほしいネタ言いよった?」


竜華「それどころか『取って』すら言っとらへんよな……?」


泉「皿止めるんも言ってないですし……」


船Q「全部京太郎がやっとったで…。どんだけ江口先輩こと熟知しとんねん……」


雅枝「恋人の力恐るべしやな……」


78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 21:06:30.05 ID:0q1vKneh0


《お泊まり会》



セーラ「聞いてやカピー」モフモフ


カピ「きゅ?」


セーラ「折角の泊まりなのに京太郎が構ってくれんねん」モフモフ


カピ「きゅきゅっ」


セーラ「京太郎って俺のこと好きなんかなー……」モフモフ


カピ「きゅー」


セーラ「せよな。カピーにわかるわけないもんなー」モフモフ


カピ「きゅぅ…」


セーラ「ちゅうわけで京太郎! 答えてや!」


京太郎「好きですよ。てか俺の前でなんて独り言言ってるんですか」


セーラ「一人やないでカピーもおったやん」


京太郎「カピバラは人数に含みません」


セーラ「まぁそんなことより、なんでそんな構ってくれへんのや」


京太郎「あのですね、今日はうちもセーラ先輩のところも両親がたまたま仕事で帰らないからセーラ先輩がうちに来てるだけなんですよ?だいたい、一人でも大丈夫でしょ」


セーラ「んー、無理やな。怖い」


京太郎「おばけ屋敷ではしゃぐような人が何を……」


セーラ「別に泊まってもええやん。減るもんちゃうし」


京太郎「減ります。主に俺の理性ゲージが」


セーラ「なんや、ドキドキしとんのか? スケベやなー」ニシシッ


京太郎「本気で襲いますよ」


セーラ「別に京太郎やしなー」


京太郎「なんですか。全然怖くないと」


セーラ「俺が嫌や!って言えばすぐやめてくれるやろ」スタスタ


京太郎「どんだけ俺を買い被ってんですか……。俺だって男です。好きな人を目の前にしたら、そんな保障ありません」


79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 21:07:01.62 ID:0q1vKneh0


セーラ「へいへい。じゃあ襲ってみろや。京太郎やったら別にええで?」ストッ


京太郎「何さらっと俺の太ももに座ってくれちゃってんですか……」


セーラ「とりあえずあすなろ抱きやー」ジタバタ


京太郎「だぁー!暴れないでくださいよ。それと、女の子があすなろ抱きとか言わないで」ギュッ


セーラ「まともに女扱いしてないくせに何を言っとんねん」


京太郎「してます。今もろに。というかいつでもしてるじゃないですか」ギュー


セーラ「んー。そんな感じがせぇへんなー」


京太郎「じゃあどうすれば女の子扱いというのか……」


セーラ「一緒に寝る。これやな」


京太郎「絶対違いますよね、それ」


セーラ「京太郎の匂いに包まれながら寝たい」


京太郎「どこの変態ですか」


セーラ「京太郎は俺とはイヤ?」


京太郎「………………はぁ。もういいですよ。こうなればとことんやってやりますよ。セーラ先輩の満足する通りにしましょ」


セーラ「流石は京太郎。そうやってなんだかんだで俺の頼みを全部聞いてくれるところ好きやで」


京太郎「上手く利用されてるなー、俺」


80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 21:07:27.47 ID:0q1vKneh0


セーラ「なんやもっと言ってほしいんか。カッコええ京太郎が好きや。優しい京太郎が好きや。麻雀やってる京太郎が好きや。俺のことを分かってる京太郎が好きや。毎朝起こしに来てくれる京太郎が好きや。こんな俺にドキドキしてくれる京太郎が好きや。俺を好きでいてくれる京太郎が好きや」


京太郎「もういいです。充分伝わりました。俺を恥ずかしさで殺す気ですか」


セーラ「心臓バクバク言っとるでー」


京太郎「当たり前でしょ……」


セーラ「でも京太郎に好きって言ってもらってないなー」


京太郎「言いました。ついさっき」


セーラ「聞こえてないでー」


京太郎「聞いてないだけでしょ」


セーラ「じゃあもう一回や」


京太郎「好きです。これでいいですか?」


セーラ「うっわ投げやり」


京太郎「……愛してます、セーラ先輩」


セーラ「………そこまで言えとは言ってない」


京太郎「酷ぇ……」


セーラ「………」カァァ


京太郎「恥ずかしがるなら言わせるのやめましょうよ」


セーラ「ひゃ!?ななな、なんで分かるん!?」


京太郎「そりゃあセーラ先輩の体温急上昇中ですから」


セーラ「は、離せっ!」


京太郎「今更イヤですよ。とことんやるって言ったでしょ。一緒に寝るんですから今日はもう離さないです」


セーラ「あ、アホォォ……」カァァ


京太郎「最後の最後で乙女モード発動ですね」ナデナデ



81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 21:08:00.54 ID:0q1vKneh0


《学芸会》


京太郎「姫、お怪我はないですか?」


モブA「はい。王子様が助けてくれたおかけです」


京太郎「私は当然のことをしたまで。好きな女性を助けるのは男の使命ですから」


モブA「王子様……」カオチカヅケ


京太郎「姫……」カオチカヅケ




パチパチパチパチパチ!











怜「京太郎んところベタベタの劇やったなー」


竜華「ええんちゃう?うち割とあぁいうの好きやで。王子様ってええやん?」


怜「セーラはどう思う?」


セーラ「つまらん。まったくや」ムスッ


竜華「セーラは単に京太郎君が他の子といい感じになっとったんがイヤやっただけやろ」


セーラ「そんなんちゃうわ。アホらしいっちゅうとんねん。最後のキスかていらんやろ」


82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 21:09:02.46 ID:0q1vKneh0


怜「やっぱ嫉妬しとるだけやん。最後のはキスいうても顔近づけとるだけやろ」


セーラ「そんくらい分かっとる。ほんまにしとったらぶっ飛ばしとるで」


竜華「こわこわ。これは後で京太郎君に思っきし甘やかしてもらわなな」


京太郎「あ、セーラ先輩、竜華先輩、怜先輩じゃないっすか」


竜華「お、噂をすれば。京太郎君やん」


怜「劇良かったで。いい演技やった」


京太郎「それは何よりですよ」


竜華「せやけど後でセーラを甘えさせてやって。この子嫉妬しとんねん」


セーラ「違ういうとるやろ」ムスッ


京太郎「分かりました。こっちのお姫様は俺に任せておいてください」


怜「頼んだで王子様」


京太郎「了解です」


セーラ「せやから違うって……」


京太郎「はいはい。今から出来るだけ早く着替えてくるんで外で待ってて貰えます?次は泉のところですから一緒に観ましょう」ポンポン


セーラ「ん…わかった」


竜華「骨抜きやな」


怜「うちらにもはよ王子様こんかな」


83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 21:10:10.82 ID:0q1vKneh0
次のお題↓3.5.7
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 21:16:21.88 ID:R1FExz0G0
かそく
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 21:17:31.65 ID:UGU9s0Qp0
みんなの前でちゅー
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 21:17:43.43 ID:6jWjD1qDo
一緒にお風呂
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 21:18:54.09 ID:f5pdajI3o
ジェンガ
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 21:26:58.39 ID:fwrvKHG/o
ババ抜きー
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 21:27:06.83 ID:pPPk7j3Co
京ちゃんの家でエロ本を見つけたゾ!
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 21:27:12.30 ID:GAY+bLRb0
セーラが指フェラ
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/09(水) 21:50:43.97 ID:GdDIhXcd0
とりあえず一つだけ投下しときます
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/09(水) 21:53:41.70 ID:GdDIhXcd0



《お風呂》



京太郎「どうしてこうなった……」


セーラ「うっさいアホ……。俺かて知りたいわ…」


京太郎「いやいや、こうなったのってセーラ先輩のせいでしょ? 練習試合で来てくれた荒川さんと勝負して、挙句罰ゲームまで付けて負けたじゃないっすか」


セーラ「勝つ予定やったんや」


京太郎「借金ギャンブラーみたいなこと言わないでください……。結局その罰ゲームで俺が荒川さんと風呂に入るかセーラ先輩と風呂に入るかを決めさせられて、そりゃ当然セーラ先輩ですけども、見てない勝負のとばっちり受けてるんですから……」


セーラ「まさか近場の温泉の家族風呂に入れさせられるとは思ってへんやったわ……」


京太郎「とりあえずさっさと体流して出ましょ。後で家で入りなおせば問題ないですよ」


セーラ「ま、待てっ!」


京太郎「どうしました?」


セーラ「その…あれや。憩にはちゃんと京太郎の頭洗って背中流して来い言われとるから……」


京太郎「そういうのは適当に誤魔化せばいいじゃないっすか。バスタオル巻いてるとはいえセーラ先輩だって恥ずかしいでしょ?」


セーラ「で、でもそんなんでズルすんの俺はキライやから」


京太郎「……どうしてもやらないとダメ?」


セーラ「あかん」


京太郎「………じゃあ任せます。俺もいつまで持つか分からないんで出来るだけ早くお願いしますよ?」


セーラ「善処はする」











セーラ「ど、どや……?」ワシャワシャ


京太郎「あ〜はい。力加減丁度よくて気持ちいいっす」


93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/09(水) 21:55:17.53 ID:GdDIhXcd0



セーラ「そ、そうか」ワシャワシャ


京太郎「なんかこう、懐かしいといえば懐かしいですよね」


セーラ「まぁ昔はよく一緒に入ってたからな」ワシャワシャ


京太郎「昔も俺が頭洗われてたような記憶があります」


セーラ「そりゃ俺の方が年上やもん」ザバー


京太郎「セーラ先輩としては今どんな感じなんですか?」


セーラ「せなや〜。どうやろ」アワダテ


京太郎「何も変わらないっすかね?」


セーラ「ん〜…………あ、一個あった」


京太郎「なんすか?」


セーラ「京太郎の背中でかなってる」ゴシゴシ


京太郎「無難というかテンプレというか……」


セーラ「しゃーないやん。ほんまのことやし」ゴシゴシ


京太郎「そんなもんなんですかね〜。実感が湧かない」


セーラ「昔は俺の方が背が高かったやんけ。それが今や正面から抱きつけば俺の頭が京太郎の胸の位置やもんな」ゴシゴシ


京太郎「あー確かに。セーラ先輩ってちっちゃいなーって思いますもん」


セーラ「守りたくなる感じ?」ゴシゴシ


京太郎「自分で言いますか……まぁそうっすけど」


セーラ「………」ゴシゴシ


京太郎「………」


セーラ「………」ゴシゴシ


京太郎「……どうしたんですか急に黙って」


94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/09(水) 21:55:45.83 ID:GdDIhXcd0


セーラ「ん、ええなって」ゴシゴシ


京太郎「何が?」


セーラ「こうやって京太郎の背中流すのがや」ゴシゴシ


京太郎「そうですかね」


セーラ「京太郎の大きなった背中見て昔のこと思い出して、今と比べて。心がほわぁってなる」


京太郎「……そうですね」


セーラ「たまには京太郎の背中洗いにいこかな」


京太郎「それは勘弁してください」


95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/09(水) 21:56:17.75 ID:GdDIhXcd0




おまけ



憩「今頃どないしとるやろ〜な〜」


竜華「セーラが乙女モード入っとるんちゃう?」


憩「乙女モードのセーラちゃん可愛いもんな。うちもまた見たい」


怜「しかしまぁ温泉の家族風呂とか憩も鬼畜やな。年下とは思えへんわ」


憩「ええやん。丁度竜華ちゃんや怜ちゃんと温泉入りたかったし」


竜華「練習試合したら必ずくるもんな、ここ」


憩「好きやからな、温泉。セーラちゃんの体堪能して辱めるの楽しいし」


竜華「今日はセーラおらへんやん」


憩「うん、せやから……」


竜華「ひゃ!?ちょ、何しとるん!?」


憩「今日は竜華ちゃんの番やで。ほんまこの乳反則やわ。どないなっとるん?」モニュモニュ


竜華「そんなんうち知ら…ひゃん……っ」


憩「おまけに敏感て。男は泣いて喜ぶやろな」モニュモニュ


怜「当然や。うちが太ももと一緒に育てたんやからな」


竜華「2人共何言って…っ…はよやめぇぇぇ……!」




96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/09(水) 21:58:18.79 ID:GdDIhXcd0
とりあえず終了


それとこのスレでは多少の雑談はOK…というか歓迎です


皆さんの意見と需要とか知りたいので


他スレに迷惑のかからない程度でしたら是非
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/09(水) 22:00:10.28 ID:qsqz9Udyo
まて、まだタオルが落ちて見ちゃった見られちゃったがないじゃないか
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/09(水) 22:04:34.05 ID:GdDIhXcd0
≫97

入れようとも思ったんですけどこの雰囲気で終わるのもいいかなと思ってやめました


やっぱり必要かな?
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/09(水) 22:05:56.54 ID:GdDIhXcd0
>>1

テスト投下

気にせずどうぞ
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/09(水) 22:13:16.83 ID:IZK2OLkio
そりゃあ男として見たいか見たくないかってー話になったら躊躇いもなくむしろ食い気味に「はい」と言いますけどね
でもこの雰囲気もおじさん結構好きよ
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 20:11:23.10 ID:QmlpkxrX0
まったく書き込みなしとか需要ないのか……


見てる人いるか分からないけど投下
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:12:05.95 ID:umglaRVPo
待ってたよー
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 20:13:13.90 ID:QmlpkxrX0


《ババ抜き》



セーラ「……」ジーッ


洋榎「……」ジーッ


セーラ「………これやっ!」サッ


洋榎「っ!」


セーラ「っっしゃゃゃーーー!」ガッツポーズ




京太郎「やっと終わりましたか」


絹恵「いろんな意味で凄い試合やったな」


船Q「全国区で地力で勝負してるポーカーフェイスとは思えへんわ」


恭子「主将も江口も顔にモロ出しやからな」



セーラ「はっ!また俺の勝ちやな!」


洋榎「今回『は』やろ!まだ3勝3敗や!」



京太郎「逆に尊敬しますよね。6回やって全部最下位とブービーを2人が持っていってるんですから」


漫「よく勝てますよね…ほんま」


洋榎「そんなん言うんやったら皆含めて最後に勝負や!」


京太郎「またっすか…?ババ抜きをこんなに連続でやったこととかないんすけど……」


セーラ「ええからやる!京太郎は特に強制や!」


洋榎「せやせや!ずっと1位で抜けよってからに!」


京太郎「はぁ……分かりましたよ」


怜「せやったら次は罰ゲームつけようや」


104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 20:13:54.46 ID:QmlpkxrX0


竜華「それいいな。ただババ抜きするのももう飽きてきたし」


セーラ「ええで。やったろうやないか」


洋榎「ババ抜きの洋榎と呼ばれた実力見せたるで」


絹恵「ババ引きの洋榎の間違いちゃうかお姉ちゃん」


洋榎「う、うっさい!とにかく次で勝負!こういうんは最後に負けたやつが負けって相場がきまっとるんや!」


セーラ「そうや!これで勝てば今までの負けもチャラっちゅうこっちゃ!」


京太郎「なんたる暴君……」


泉「決まったならはよしましょ。昼過ぎてますよ」シャッシャッ


由子「もうお腹が空いたのよー」


















京太郎(……とまぁそんな感じで始まった最終戦。運悪く8枚スタートだったんだが…)


洋榎「だぁぁ!またちゃう!」


セーラ「なんでや!なんで違うんや!」


京太郎(2人のおかげで何とかなってはいる。でも人数多いからって2セット使ってるとはいえこの枚数は酷いよな……)


絹恵「お姉ちゃん2枚スタートやったよな……?須賀君ですら追いつくで……」


洋榎「そんなん分かって……っしゃゃぁ!上がりや!」


セーラ「なんやと!?」


京太郎「マジか……」


京太郎(とうとう上がられたよ。今ので俺の手札は2枚。セーラ先輩が1枚。確率は2分の1だけど…)


セーラ「ここで俺も上がるで!ってちゃうんかい!」


京太郎(ここで外すのがセーラ先輩なんだよな)


105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 20:14:24.55 ID:QmlpkxrX0


セーラ「ううっ……さっさと引けや」


京太郎(多分表情からしてババは右か……)スッ


セーラ「…っ」ビクッ


京太郎(うわぁ…泣きそうな顔してる。どれだけ負けたくないんだよ……)スッ


セーラ「…っ!」パアァ


京太郎(そして逆を持てば満面の笑みか…)サッ


セーラ「っっっしゃぁぁ!」


京太郎(あんな顔されたらババ引くしかないよな……)


セーラ「俺の番やで!」


京太郎(むむっ……右を取るか左を取るか……左だな)


セーラ「これで和了りや!」サッ


京太郎(ビンゴー)


セーラ「ツモやーーーー!」ヤター!



京太郎「あはは……負けちゃいましたね」


洋榎「ちっ……男女が勝ったんか。まぁええわ。ほんなら須賀君の罰ゲームやな」


船Q「こっちきいや京太郎。今からおめかしタイムやで」


京太郎「……おめかし?」


船Q「せや。江口先輩に女装させよ思ったのに京太郎が『わざと』負けたんや。しゃーないから京太郎に女装してもらうで」


京太郎「いやいやいや!誰得ですかそれ!?」


船Q「安心しときや。世の中にはコアな方もおるんやから」


京太郎「全然安心出来ねーーー!」





106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 20:15:17.47 ID:QmlpkxrX0


《指フェラ》



セーラ「きょーたろっ」


京太郎「どうしたんですか?」


セーラ「京太郎は俺とやらしいことしたい?」


京太郎「と、突然何かと思えば……」


セーラ「ほら、京太郎かて盛りの高校生やろ?やっぱ彼女おったらしたいんちゃうかなーと」


京太郎「そりゃしたいかしたくないかでいえばしたいですけど……」


セーラ「やっぱそうなんや。やったら我慢せぇへんでいいや。ちゃんとやったるで」


京太郎「今日のセーラ先輩ちょっとおかしいですよ……?」


セーラ「別に俺はどこも悪ないで?まぁとにかく手出してみ」


京太郎「いや、したあとはいいましたがそんな無理にしなくても……」


セーラ「嫌々やない。俺は京太郎のことが好きなんやで?なんで嫌々するんや」


京太郎「そうはいってもですね……」


セーラ「そーゆーのええからさっさと出す!」


京太郎「は、はいっ!」


セーラ「おーおーええ子やええ子や」ナデナデ


京太郎「なんか調子狂う……」


セーラ「そんなええ子な京太郎にはご褒美やで」ペロッ


京太郎「ちょ、何してるんですか!?」


107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 20:15:57.79 ID:QmlpkxrX0


セーラ「何って指フェラやん」ペロッ


京太郎「ゆ、指フェラって……」


セーラ「ふふっ。京太郎もウブやなぁ。指フェラ程度で緊張すんなや」ペロッペロッ


京太郎「なんだこの感覚は……っ!セーラ先輩が指フェラって言うとめちゃくちゃエロい……っ」ゾクゾク


セーラ「感じるのはええけど、まだまだ始まったばっかやで?」パクッ


京太郎「っ!?!?」ゾクゾク


セーラ「どうひゃ?きもひへへやりょ?」チュパチュパ


京太郎「そんな音立てながら舐めないでくださいよ……!」


セーラ「ぷはっ…。なんや京太郎弱いなぁ。こっからが本番なんやけど……後は京太郎の好きにしてええで?」クビカシゲ


京太郎「っっ〜〜〜!セーラ先輩っ!」ガバッ















船Q「みたいなんしてない?」


京太郎「するわけないでしょ!」


108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/13(日) 20:17:11.65 ID:QmlpkxrX0
次お題↓3.5.7


結構細かいお題でもOKです
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:18:25.45 ID:E1/SEbfAo
ストーリーものじゃないとレスは尽きにくいよとマジレス
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:18:39.44 ID:umglaRVPo
サイクリング
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:19:07.24 ID:gSvlIIHbo
深夜の食堂で食事するセーラと京太郎
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:19:32.51 ID:5QBtR2soo
サッカー観戦
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:20:11.06 ID:CeijRLS9o
たまたま会った愛宕姉とケンカするセーラを止める京太郎
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:20:33.71 ID:dgsQKreKo
セーラが雨でスケスケに…
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:21:39.77 ID:ohUADL4pO
一緒にスポーツ観戦中に応援席隣に愛宕姉が
116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:21:41.80 ID:RN0xq59mo
秋の旨いものを食べすぎる二人
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 20:25:17.83 ID:5qPXfUPJo
深夜食堂ネタだと……
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 21:16:16.91 ID:QTAHolEVO
飯テロだけは絶許
119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/20(日) 22:29:53.46 ID:pr7jiOWA0


《深夜の食堂》



-某合宿所食堂-




セーラ「こんな遅くでもここの食堂開いとるんやな」


京太郎「ここって麻雀だけじゃなくスポーツ関係でも使うらしくて基本的に二十四時間営業らしいです」


セーラ「そうなんや。京太郎何食う?」


京太郎「俺はラーメン食べます」


セーラ「なら俺はオムライスにしよーかな」


京太郎「セーラ先輩は先に寝ててよかったんですよ?わざわざ牌譜を、しかも男子部員の方を整理してる俺が寝るまで待つ必要ないってのに」


セーラ「ええやん。彼氏が頑張っとるのに俺だけ寝てられるかっちゅうねん」


京太郎「確かにセーラ先輩が話し相手になってくれたおかげでサクサク進めれたんで助かったんですけどね」


セーラ「せやろ? 俺に感謝しいや!」


京太郎「ありがとうございます」ナデナデ


セーラ「へへっ」ニヘラ


120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/20(日) 22:30:35.42 ID:pr7jiOWA0



京セ「いただきます」


京太郎「ん、これ美味しい」ズズー


セーラ「ほんま?これも美味いで」


京太郎「にしても、深夜の食堂って何か変な感じですよね」


セーラ「そうやな〜。だだっ広い食堂でちらほらしか人おらんし」


京太郎「他に来ている人も色々大変なんでしょうね」


セーラ「京太郎の言えることやないけどな。あの量の牌譜整理するってどない神経しとんねん。プロのマネージャーですらせーへんわ」


京太郎「慣れですよ慣れ。小さい頃からセーラ先輩や怜先輩達にこき使われてきましたから」


セーラ「何言うとんねん。大したことしてないやろ」


京太郎「そうっすか?やれ病弱だのキツいだの言ってどこ行くにもおんぶを要求されてた気がします」


セーラ「それ全部怜のことやんけ」


京太郎「まぁそうですけども」


セーラ「かーっ。彼女とおるのに別の女の話するんかいな」


京太郎「そんなキャラでもないでしょうに。だいたい、そういうこと言う時に人のラーメン見ながら言っても説得力ないですから。一口だけですよ?」


セーラ「流石は京太郎。分かっとる」ズズー


京太郎「セーラ先輩の視線の先見れば誰だって分かりますよ」


セーラ「そう?というかこのラーメンほんま美味いな。俺もラーメンにしとけばよかったかも」


京太郎「そのオムライスも美味しそうですけど」


121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/20(日) 22:31:11.16 ID:pr7jiOWA0


セーラ「食ってみる?」


京太郎「セーラ先輩がよければ是非」


セーラ「ええで。ほら、あーん」ヒョイ


京太郎「あーんって…。自分で食べるからいいですよ」


セーラ「何を照れとんねん。これくらい普通にしろや。ほら」


京太郎「普通にって……。手を繋いだだけで顔を赤くする人が何を……」


セーラ「あれはあれ、これはこれや。はよ食え。誰も見てへんって」


京太郎「あ、あーん」パクッ


セーラ「どう?美味しい?」


京太郎「美味しいですけど……」


セーラ「不満そうやなぁ。竜華とかの方がよかった?」


京太郎「べ、別にそういうわけじゃないですよ!セーラ先輩がいいに決まってるじゃないですか!」


セーラ「なら照れんで喜べや。うりうり〜」


京太郎「完全にセーラ先輩のペースに……っ」




モブs(こんなところでこんな時間にいちゃつくなよ……)



122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/20(日) 22:31:51.43 ID:pr7jiOWA0


《洋榎と遭遇》



京太郎「セーラ先輩どこに行ったんだ……?」キョロキョロ


絹恵「あ、須賀君!」


京太郎「絹恵さんじゃないっすか。奇遇ですね」


絹恵「ほんまやな。あ、そんなこと言っとるヒマやない!須賀君、お姉ちゃん見てない?」


京太郎「洋榎さんを?見てないですね……。絹恵さんもセーラ先輩見てないっすか?」


絹恵「見てへんな〜」


京太郎「そうですか……。セーラ先輩がたこ焼き食べたいって言ったから買ってたのに買ってる間にどこ行ったんだ……?」


絹恵「あ、それうちのお姉ちゃんも一緒や。うちの場合はたこ焼きやのうて唐揚げやけど」


京太郎「お互い苦労しますね……」


絹恵「ほんまやな……」



ナンヤトー!ヤルカー?



絹恵「……なぁ須賀君。あっちの方騒がしない?」


京太郎「そうですね……。そして今俺はなんとなくイヤな予感がします」


絹恵「奇遇やな。ウチもや」


京太郎「急いであそこに行ってみましょう」












セーラ「どう見ても迷子やんけ!」


洋榎「迷子ちゃうわ! ウチやのうて絹が迷子なだけっちゅうねん!」


セーラ「あの絹ちゃんが迷子?はっ、笑わすなや。お前が迷子にしか見えへんわ」


洋榎「なんやと!?だいたい、そういうお前こそ迷子やないかい!」


123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/20(日) 22:33:53.65 ID:pr7jiOWA0


セーラ「俺は迷子ちゃうし? 京太郎がどっか行っただけやもん」


洋榎「ほーっ。なるほどな〜。そしたら須賀君、お前に愛想尽かして別の女のところにでも行ったんやろうな」


セーラ「はぁ!?そんなことあるわけないやん!」


洋榎「どうだか。須賀君モテそうやし」


セーラ「せ、せやからってそんなことありえへんし! 京太郎は迷子になって今必死に俺を探しとるわ!」


京太郎「誰が迷子ですか」ベシッ


セーラ「あうっ! きょ、京太郎!?」


京太郎「勝手にどっか行っておいて人を迷子扱いしないでください」


洋榎「ほーら見ろ!お前が迷子やないかい!」


絹恵「お姉ちゃんも対して変わらんわ」ベシッ


洋榎「痛っ!? って絹!?」


絹恵「お姉ちゃんも勝手にどっか行かんといてや。探すのホンマに大変なんやから」


洋榎「絹の方がおらんくなったんやん」


絹恵「唐揚げやらへんよ?」


洋榎「ごめんなさいウチが全面的に悪いです」


セーラ「結局お前も迷子やんけ」


洋榎「うっさい。これは戦術的撤退っちゅうやつや」


京太郎「ほらほら喧嘩しない。お互い人のこと言えないんですから。それとセーラ先輩。次どっか勝手なところ行ったら怒りますからね?」


セーラ「俺特に変なことした覚えないし」


京太郎「………今度首輪でも買おうかな」


セーラ「京太郎!?」





124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/20(日) 22:35:29.91 ID:pr7jiOWA0



《野球観戦》


京太郎「野球とか久々に見ますよ」


セーラ「今回はたまたまいいチケットが手に入ったからな」


京太郎「えっと…僕達の席は……ってあそこに居るのは…」


絹恵「あれ?須賀君。最近よく逢うなぁ」


京太郎「本当ですね。ただ俺には不安しか見えません」


絹恵「ん〜。いつもやったら不安やけど……今日は大丈夫と思うで」


京太郎「え?どうしてですか?」


絹恵「ほら、見てみ」



セーラ「………」


洋榎「………」


セ洋「今日はお互い応援頑張ろうな!」ガシッ


京太郎「なん……だと……!?」


絹恵「阪○の応援となるとどんだけ仲悪くてもファンなら一致団結するもんや。それも対戦相手が巨○となると尚更やで」


京太郎「なるほど……。○神パワーが二人の仲を保っていると…」


セーラ「打倒○人や!負けたら許さへんで能○!」


洋榎「菅○なんかボコボコにしろーー!」










セーラ「っしゃーー!○見よくやった!完封勝利やで!」ギュー


京太郎「ちょ、こんなところで抱きつかないでください!」


洋榎「西○のタイムリーツーベースも飛び出したし、ほんまええ試合やったで」


絹恵「これで今晩はぐっすり眠れるな」


京太郎「俺だけ3人のテンションについていけなかった……」


セーラ「まだまだ修行が足りへんな」

125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/20(日) 22:36:14.43 ID:pr7jiOWA0
熱で4日もダウン……

次指定↓3.5.7
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:36:48.04 ID:plyIxeyko
kskst
127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:37:14.12 ID:4FFLjFNAo
加速なのよー
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:37:17.39 ID:hDTLqVico
同じ1年同士で仲がいい泉と京太郎に嫉妬するセーラ
129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:37:22.13 ID:PpmmBaLho
スイーツバイキング
130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:37:31.55 ID:4FFLjFNAo
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:38:01.11 ID:4FFLjFNAo
佳作下
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:38:08.56 ID:a+Vo8JTbo
アルバイト
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:38:36.82 ID:sTvHbjo6o
珍しくセーラに甘える京太郎
134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:39:14.16 ID:jkkchrzOo
はええ……
135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:40:41.50 ID:pr7jiOWA0
バイトネタは以前やっていますがもう一度違う形でするか安価取ります


しない場合は別のお題↓3
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:41:01.83 ID:plyIxeyko
kskst
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:41:08.82 ID:4FFLjFNAo
する
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:41:15.52 ID:jkkchrzOo
する
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:41:19.26 ID:oKqVM6Npo
紅葉狩り
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 22:42:39.96 ID:zQVqejD50
セーラの私服選び(乙女用)
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 23:20:03.98 ID:N85+evlzo
元気系ヒロインなセーラちゃんかわいい
たこ焼きで餌付けしたい
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/21(月) 04:15:20.14 ID:/TEy8BfYo
33-4
143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/21(月) 09:40:16.67 ID:iPFzClyPo
>>142
な阪関無
144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/02(土) 01:07:01.29 ID:Hs1h6NJfo
まだー(小声)
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/27(水) 22:16:27.62 ID:yH89BHwUo
まだ?
146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/22(日) 19:32:30.22 ID:RD/+YhUko
まだー
68.84 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)