このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

上条「2人に相談がある」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/07(月) 21:55:59.77 ID:RNWrLC040
ほのぼのSSを目指して

・CP(カップリング)は上琴、番外通行、浜滝が基本です。
・気まぐれで追加する・・・・・・かも。
・途中で切らないようにはして行きます。

では!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381150559
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【艦これ】 終 電 ち ゃ ん @ 2017/12/13(水) 02:11:39.63 ID:KAi1iOzx0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513098699/

膝くらべ【ミリマスSS 】 @ 2017/12/13(水) 01:55:08.48 ID:qEskpMHw0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513097708/

【モバマス】バイト先にアイドルが来た話 @ 2017/12/13(水) 01:51:23.54 ID:2YIdiGqqO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513097483/

ブライト「Z-BLUEで成し遂げたことは、結局無意味ではないのか?」 @ 2017/12/13(水) 01:41:47.95 ID:+YYYoSXSO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513096907/

ほむら「魔法少女 マギゾンズ」 @ 2017/12/13(水) 01:30:18.08 ID:S065D/BF0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513096217/

氷結 @ 2017/12/13(水) 00:40:25.21 ID:sEOALN2k0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1513093224/

【ガルパン】紗希「生しらす丼一杯」【最終章ネタバレ注意】 @ 2017/12/13(水) 00:15:04.59 ID:/inpO5On0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513091704/

秋道チョウザ「どの道ろくな奴じゃないんだ、見つけ次第殺るぞ!」忍びたち「え?」 @ 2017/12/13(水) 00:12:30.02 ID:tUAqwO1gO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513091550/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/07(月) 22:02:42.45 ID:RNWrLC040
あれ・・・・・・何かエラーらしきものが出てたから立て直そうとしたらエラー。
立て過ぎと怒られて調べたらありました。どゆこと?

まあ良いです。投下します
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/07(月) 22:03:54.35 ID:RNWrLC040


一方通行「好きな人がいる?」

上条「ああ」

浜面「で、なんで俺たちなんだ?」

上条「クラスのやつに相談するなんてできないし、他に相談できると言ったらお前らぐらいだし」

浜面「ところで、相手は?」

上条「そ、それはまだ、言いたくない」

一方通行「もしかして超電磁砲かァ?」

浜面「あー、確かにあの子、可愛いもんな」

上条「だろ!あいつ、いつもは超能力者だとか常盤台のお嬢様だとかで見られてるけど可愛いものが大好きだったり誰よりも優しくて本当は甘えたいのに周りの期待に答えようとしたり心配させまいと強がってるの見ると支えてやりたいって思うし、というか何より俺の手を取ってくれたのが嬉しかったり!・・・・・・っは!!」

一方通行「へェ」ニヤニヤ

浜面「へー」ニマニマ

上条「ま、待て!誰にも言わないでくれ!」

浜面「わかってるって」

上条「で、告白の仕方とか、聞いてみたいと思い」

浜面(告白って・・・・・・あれ、俺告白したっけ?あの飛行機での事が告白になんのかなー?)

一方通行「つゥか、無駄な事考えないで真正面から自分の気持ちでも何でも伝えればいィだろ。お前はそういう奴だろ?」

上条「そ、それはそうだけど」

一方通行「『ども』だの『だけど』だの。どォせ、振られたり今の関係が壊れるのが怖いとかでも思ってるンだろ」

上条「・・・・・・」

一方通行「っち、そういやクソガキと約束があったンだった。おい浜面、帰ンぞ。お前も用事があるンだろ」グイッ

浜面「お、おい!」

一方通行「じゃァな」スタスタ

上条「あ、ああ。じゃあな」

上条「・・・・・・はぁ」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/07(月) 22:04:39.29 ID:RNWrLC040


浜面「おい、どういうつもりだよ」

一方通行「どうも何も、あのままいたって何にもなンねェだろォが」

浜面「それもそうだけどさ、お前も俺も上条の野郎には助けられた。だったら今度は俺たちがあいつを助ける番だろ」

一方通行「だからこそだ。今のあいつに必要なのは告白するきっかけだ」

浜面「きっかけって、2人をデートでもさせるつもりかよ」

一方通行「さァな」

浜面「さーなって、おい・・・・・・」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/07(月) 22:05:30.74 ID:RNWrLC040
一方その頃


打ち止め「ヒーローさんに告白?」

美琴「うん」

番外個体「で、なんでミサカ達なの?」

美琴「黒子・・・あ、後輩なんだけどね、それは論外だし。他の友達のは絶対にネタにされそうだし、唯一、相談が出来そうな友達もいるんだけど、やっぱ・・・恥ずかしいし」

番外個体「お姉たま、友達いたの?」

美琴「そこ!?いるに決まってるじゃないの!!でね、事情を知ってるアンタ達ならって・・・・・・」

打ち止め「だったらあの指輪を渡せばいいんじゃないかな?って、ミサカはミサカは提案してみる」

美琴「な、なんで打ち止めが知ってるのよ!?まさか番外個体が!?」

番外個体「ふっふっふ、ハワイでお姉たまが指輪を買おうとしていたことなど既に全ミサカにミサカネットワークで伝わっているのだ!忘れたの?このミサカは妹達の悪意そのものだよ」

美琴「ぐっ、で、でもどうやって渡せばいいか・・・・・・」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/07(月) 22:06:00.15 ID:RNWrLC040


その夜


打ち止め「―――ってことがあったのって、ミサカはミサカは事の顛末を説明してみる」

一方通行「へェ・・・・・・ちょっと出かけてくる」

打ち止め「どこへ行くの?ってミサカはミサカは聞いてみる」

一方通行「なァに、面白いことを思いついただけだ」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/07(月) 22:08:31.61 ID:RNWrLC040
アイテム邸


浜滝「「」」イチャイチャ

麦野(ッチ、うちでも外でもイチャコラしやがって)

ピンポーン

麦野「おい浜面、出てこい」

浜面「・・・・・・わかったよ。はーい」

ガチャ

浜面「・・・・・・一方通行?」

一方通行「浜面、付き合え」

滝壺「だめ、はまづらは私の」ヒョコ

一方通行「ちげェよ、上条と第三位のことだ」

麦野「待った」

一方通行「あァ?第四位か」

浜滝「「麦野?」」

麦野「その話、聞かせなさいよ」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/07(月) 22:08:59.32 ID:RNWrLC040

麦野「ぎゃはははは!!第三位がそこまで乙女だとはねぇ」

麦野「いいじゃない、手伝うわよ」ニヤリ

絹旗(あ、これ超悪いことを考えている顔ですね)

麦野「もちろん、絹旗も手伝うわよねぇ?」

絹旗「超私までですか!?」

麦野「面白そうだから、もう一人誘ってあげなきゃ」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/07(月) 22:10:16.04 ID:RNWrLC040
さて一方通行の策とは、もう一人とは一体誰か!

本日はここまで。
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 22:15:43.93 ID:ezGCvXnW0
おもしろいな
支援
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 22:24:33.97 ID:DHt7+NoI0
乙 続きを
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 22:25:40.06 ID:gWOl52/p0


そうそう簡単には
いかないヨカーン

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 22:34:04.37 ID:biQLRNq8o
きたーい
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 22:40:51.76 ID:lGO7gL+t0
乙です
最初っから好意を持ってる上条とは珍しいな
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 22:55:36.67 ID:nB+hgMFo0
乙!!
確かに上条さんが最初っから美琴に好意抱いてるのは珍しいけど、未来設定ならありかと。
その3カップリングは個人的に大好物なので期待してます。
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 23:28:16.93 ID:tx29MWv00
乙です
期待してます!
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 00:04:11.86 ID:zCGEmUgJ0
ほのぼのいいね〜!
乙です
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 00:22:25.90 ID:8Yy5l08z0
乙です!
一筋縄ではいかなさそうなのが面白い
期待
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 01:05:10.90 ID:A/F7c0Xy0
続き投下します
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 01:05:52.46 ID:A/F7c0Xy0


どこかの屋上


黒夜「なんでそんなことをしなきゃなんねぇんだよ」

麦野「これはお願いじゃないわよ。依頼だから報酬も出すわ。絹旗!」

絹旗「はい、ここに」さっ

黒夜(そ、それは幻のゲコ太イルカ!!だ、だけど依頼主の信頼を失うわけには・・・)

黒夜「でも、依頼が・・・・・・」

麦野「そう、残念ね。じゃあこれは他の誰かに」

黒夜「え・・・・・・」

麦野「だって、依頼を受けられないんだから、当然でしょ?」

黒夜「うっ」

麦野「残念ねー」

黒夜(・・・イルカ・・・でも依頼・・・イルカ・・・依頼・・・イルカ・・・依頼・・・イルカ・・・うぇ)

黒夜「ヒック、グス・・・」ポロッ

麦野「・・・お、おい」

黒夜「ビエーーーン!どォすりゃいいンだよォォ!!」

絹旗「うわー、麦野が超泣かしたー」

麦野「わ、私かよ!」

黒夜「ビエーン!!」ボロボロ

麦野「な、泣くな!じゃあその仕事が終わったらでいいから、ね?」アセアセ

黒夜「グスッ・・・・・・う、うん」

麦野「それに仕事も手伝ってあげるわよ」

黒夜「ほんとう?」

麦野「ええ、本当よ。ちゃんと約束は守るわよ」

絹旗(む、麦野が超優しい!?)


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 01:06:23.61 ID:A/F7c0Xy0




麦野「絹旗が」

絹旗「やっぱり超私ですか!?」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 01:07:01.61 ID:A/F7c0Xy0

上条の寮


ピピピ

上条「ん、浜面からメール?」

『第6学区の遊園地のチケットが手に入ったんだけどさ、一方通行も誘って3人で行かねーか?滝壺はその日用事があるらしいし』

上条「遊園地、行ったことないからなー、あ、でもインデックスどうしよ」

ピピピ

上条(また浜面?)

『居候のシスターのことなら心配すんな。知り合いに世話してもらうから』

上条(浜面の知り合いなら、大丈夫だな)

上条「了解、と」




23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 01:07:30.91 ID:A/F7c0Xy0



常盤台の寮にて


美琴(打ち止めからのメール。何かしら)

『来週の日曜日第6学区の遊園地に行こうよ!ってミサカはミサカはお願いしてみる』

美琴(可愛い妹と遊びに行けるのだもの。断るはずないじゃない)


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/08(火) 01:08:34.65 ID:A/F7c0Xy0
ここまでです。
これ以上はストックが・・・・・・
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 02:01:05.89 ID:1B+MKeo90
面白くなりそう。
続き期待してる。
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 02:20:50.52 ID:Tg7hykuWo
超乙です
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 19:37:18.82 ID:/jOYBWG70
おつ
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 20:54:14.80 ID:AvdC6Cxpo
おつ!
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 20:55:11.65 ID:n7S2o7dBo
激乙ファイナリアリティプンプンドリーム
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/08(火) 23:50:55.57 ID:8XGPcTzB0
番外通行...だと...?
これは期待
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/09(水) 01:20:24.09 ID:XSg1LARo0
ぶっちゃけ普通の遊園地のアトラクションが解らない・・・・・・
 投下します
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/09(水) 01:21:00.93 ID:XSg1LARo0


日曜日、第六学区の遊園地前


上条「あいつら何やってんだ?」

プルルル

上条「ん、浜面か、もしもし」ピッ

浜面『悪い!急に用事が出来て行けなくなっちまった』

上条「ああ、そうか」

浜面『いや本当に悪いな、じゃあな』ピッ

上条「チケットはもらってあるから良いけど・・・・・・一方通行と2人きり、大丈夫か?」

プルルル

上条「今度は一方通行かよ、もしもし?」

一方通行『悪ィな、急に行けなくなっちまったわ。じゃァな』ピッ

上条「・・・・・・一人で遊園地ってのもなぁ」

上条「ん?あれ、御坂?」

美琴「アンタ・・・・・・こんなことろに一人でどうしたの?」

上条「友達と行くはずだったんだけど、急に用事ができたらしくてな」

美琴「私も妹達と行くはずだったんだけど、急に調整とかで」

上条「・・・・・・」

美琴「・・・・・・」

上条「チケットももったいないし、入ろうぜ」

美琴「そ、そうね」

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/09(水) 01:21:48.30 ID:XSg1LARo0






打ち止め「2人とも入ってったよ、ってミサカはミサカは報告してみる」ヒョコ

番外個体「第一段階成功」ヒョコ

浜面「俺の演技もなかなかだったろ」ヒョコ

一方通行「計画は始まったばかりだ。気を抜くンじゃねェぞ」ヒョコ

麦野「・・・・・・おい待て。そこの姉妹らしき2人は誰だ」

番外個体「どうもー」

打ち止め「こんにちは!そういえば前に一度会ったねってミサカはミサカはまさかの人物との再会に喜んでみる!」

一方通行「・・・・・・何か知らねェけど嗅ぎつかれたンだよ」

麦野「ミサカ?まさかこのガキ、例の妹達か?」

番外個体「へー、あなたもミサカ達のこと知ってるんだ。ミサカは番外個体。妹達の1人だよ。ま、生産ラインは違うけど」

麦野「へー・・・・・・」ジー

番外個体「・・・・・・」ジー

ガシッ!

麦野「よろしくね、番外個体」

番外個体「こちらこそ。麦野さん」

麦野「あら、さん付けなんてしなくていいのに」

番外個体「じゃあ、麦のん」

打ち止め(目を見ただけで!?)

一方通行(波長が合ってるのか?)

浜滝((麦野に友達が出来た!!?))

麦野「それじゃあ、私たちもそろそろ行くわよ」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/09(水) 01:22:44.14 ID:XSg1LARo0




上条「遊園地って、初めて来たけど、まずはどこ行けばいいんだ?」

美琴「さ、さー・・・・・・あ!あれとかどうかしら」

上条「ジェットコースターか、まあいんじゃないか?」

美琴「じゃ、早速行きましょ」

上条(・・・・・・あれ?)

美琴(こいつと2人っきりの遊園地って)

上条(まるで)

上条美琴((デート?))

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/09(水) 01:23:31.54 ID:XSg1LARo0



麦野「番外個体、ターゲットは?」

番外個体「現在ジェットコースターに乗車中」双眼鏡ジー

麦野「どれどれー」同じく双眼鏡ジー

麦野「何かぎこちない感じね」

番外個体「お互い緊張してるんじゃにゃいかなー。初心だねー」

麦野「あれは面白そうね、浜面に撮ってきてもらいましょう」

番外個体「おー、麦のん準備がいいねー!」ニヤニヤ

麦野「おい浜づ・・・・・・おい、浜面と滝壺は?」

一方通行「あのバカップルならコーヒーカップ乗りに行きたいとか言ってたぞ」

麦野「オ・シ・オ・キ・カ・ク・テ・イ・ね」



36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/09(水) 01:25:46.03 ID:XSg1LARo0
以上です。
いや、本当に遊園地って、『ジェットコースター』と『観覧車』と『ゴーカート』と『お化け屋敷』くらいしか思い浮かばないのだが・・・・・・
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/09(水) 01:44:31.50 ID:5IqWQwYWo
コーヒーカップ、フリーフォール、バイキング、パレード、空中ブランコ、遊覧船 とか
あとは具体的にどっかの特定の遊園地モデルにしちゃってもいいんじゃないかと
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/09(水) 01:57:54.52 ID:Nf5WKuUb0
乙 麦野と番外個体  確かに気が合いそうだ
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/09(水) 11:52:31.74 ID:OuDOJ6vI0
ベタな展開
だが嫌いじゃない
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/09(水) 17:35:22.21 ID:Swk1cSRSo
びっくりハウス…は古いか
船とか?
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/09(水) 19:40:42.83 ID:lpOuxkjc0
鏡の迷路とかは?
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/09(水) 20:00:08.19 ID:9pGhyYzQ0
乙なんだよ!
遊園地か・・・懐かしいな
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/09(水) 21:51:45.32 ID:sEW8WZOt0
浜滝何しに来たんだよww
つか番外通行もまだ成立してないのか?この雰囲気だと
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/09(水) 23:36:17.24 ID:LDNCWa6w0
浜滝仕事しろ
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/10(木) 00:22:09.81 ID:ud7EV9NXo
浜滝はもうひたすらイチャイチャしてくれたらそれだけで癒し
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/10(木) 02:33:51.88 ID:cwr/xIIO0
それじゃあ、遊園地のアトラクションを決めたところで、投下します
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/10(木) 02:34:45.59 ID:cwr/xIIO0



美琴「さ、さすが学園都市製、スリルがあったわね」

上条「あ、ああ、そうだな」

上条(やべー、御坂の隣ってだけで固まってて何も覚えてねー)

美琴(ホントはこいつの隣に座っててドキドキしてただけだけど)

上条(と、とにかくいつも通りでいよう)

上条「次は、どこ行こうか」

美琴「うーん・・・・・・あ!鏡の迷路ってのにしましょう!」

上条「混んでるけど、いっか」
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/10(木) 03:36:03.83 ID:qXagUNI00
>>1 間違えて別のスレに投稿してるよ
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/10(木) 08:26:23.58 ID:S8bed2Mwo
>>48
どこ?
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/10(木) 09:48:46.96 ID:XRH74cBr0
>>49
美琴「まったく、遅いわよ」
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/11(金) 21:22:52.17 ID:8ypxhr/p0
>>1ですこんばんは。
やらかしました。はいやらかしましたよ。
本来投下するべきここに投下します
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/11(金) 21:24:02.08 ID:8ypxhr/p0

麦野「あー、中が気になるー。ねえ番外個体、監視カメラハックしてよ」

番外個体「無理言わないでよー。出来ないことはないけど、監視カメラに何かしらの装置を接続しないといけないし、バレたら捕まるのミサカだし」

打ち止め「ねーあなた、ミサカ喉渇いたって、ミサカはミサカはおねだりしてみる」

一方通行「しょうがねェ」スクッ

番外個体「あ、ミサカ、コーラね」

麦野「じゃあ私はカフェオレで」

一方通行「アツアツのイチゴおでんと青汁か。すぐに買ってきてやるから残さず飲めよ」





53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/11(金) 21:29:51.31 ID:o8XwkDcs0
同じ作者さんなのかな?
まあ上琴好きな自分としては嬉しくて仕方ないけど。
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/11(金) 21:33:30.09 ID:8ypxhr/p0


上条「・・・・・・」ドキドキ

美琴「・・・・・・」ドキドキ

上条(な、何か言わなくては)

上条「次・・・・・・あれにしようぜ」

美琴「う、うん」
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/11(金) 21:34:10.33 ID:8ypxhr/p0


打ち止め「遊覧船に乗ろうとしてるよって、ミサカはミサカは現状報告」

麦野「遊覧船ってのはあれね」

麦野「・・・・・・あの2人は遊覧船に行こうとしているのよね」

番外個体「そうなんじゃないの?」

麦野「あそこにいる2人組は?」

番外個体「遊覧船に乗ろうとしているバカップルだね」

麦野「・・・・・・」

打ち止め「・・・・・・」

番外個体「・・・・・・」

麦野「今すぐ連れ戻せ!!」

番外個体「は、早く連れ戻してきて第一位!」

一方通行「あァ?何で俺がそンなこと」

打ち止め「『学園都市最強で最高の頭脳で作った作戦』が台無しになっちゃうんだよ!!」

一方通行「待ってろ。10秒で持ってくる」
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/10/11(金) 21:35:06.40 ID:8ypxhr/p0
以上です。
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/11(金) 22:12:52.06 ID:MRfvnKyU0
かわいい
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/11(金) 22:54:12.61 ID:EBdvJnv00

いい感じだねww
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/11(金) 23:09:40.85 ID:u2N0eC4vo
乙でした
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/12(土) 00:05:33.43 ID:q4kcOfWro
浜滝www
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/13(日) 02:09:00.02 ID:1sgbzQf00
ではでは遊園地編行きます
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/13(日) 02:09:55.65 ID:1sgbzQf00



麦野「何か言うことは?」

浜滝「「すいませんでした」」ドゲザー

麦野「以後勝手な行動はしないように」

浜滝「「はい」」

63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/13(日) 02:12:37.95 ID:1sgbzQf00


絹旗「はー、超やっと追いつきましたよ」

麦野「絹旗、どうだった?」

絹旗「超ただの人身売買組織の殲滅でしたよ」

黒夜「私のいるかちゃーん!」ギュー!

番外個体「あ、くろにゃん」

黒夜「なっ!何でコイツまで!?」

番外個体「くーろにゃーん」ニヤニヤ

黒夜「ひっ!!」サッ

番外個体(怯えてイルカを抱きしめながら)

番外個体「だいじょーぶだよー、なーんにもしないからー」ニマニマ

麦野「やめなさい」ベシッ

番外個体「いたっ!」

浜面「おい、そんなことしてる間にあいつら、飯食おうとしてるぞ」

番外崩し「「何だと!?」」

打ち止め「ミサカお腹すいたーって、ミサカはミサカは訴えてみる」

滝壺「チョコならあるけど、食べる?」

打ち止め「食べるー!」

打ち止め「・・・・・・溶けてる」
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/13(日) 02:13:05.03 ID:1sgbzQf00

上条(2人でベンチに座ってホットドックを食べる。確か8月の最後の日にも同じことあったな)

上条(あれ?ってことは)

上条「・・・・・・御坂、また鼻にマスタードついてるぞ」

美琴「う、嘘!?」

上条「しょうがねーな」ホットドックを置きながら

美琴「い、いい!自分で拭けるから」同じくホットドックを置いてフキフキ

上条「お、おい。そんなことしたらまた」

美琴「――っ!――――!!」

上条「だ、大丈夫か?」

美琴「・・・・・・っへ?にゃんのこと?」

上条(あー、やっぱりなかったことにしようとしてる。まあいいか)

上条「・・・・・・あれ?」

美琴「ど、どうしたの」

上条「ホットドック、どっち置いたっけ」

美琴「え、どっちも、いっしょの長さ」
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/13(日) 02:15:41.86 ID:1sgbzQf00



上条(クソ、どっちだ!)

上条美琴((あーもう出たとこ勝負!))

バッ!   

サッ!

上条「え、あ、ごめん」

美琴「う、ううん!」

美琴(こ、コイツと、手、触れて!)

上条(待て、落ち着け。そうだよ。俺は右に置いた。うんそうだ。そうに決まってる!)

上条「じゃあ俺右な!」ヒョイ

上条(・・・・・・今更気にする必要、ないよな)モグモグ

美琴(違ったら私、コイツと・・・・・・)モグモグ
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/13(日) 02:17:55.92 ID:1sgbzQf00

番外個体「結局あれ、どっちなのさ」

麦野「第三位が左にいて、置いたのはこっちから見て奥の方ね」

番外個体「それってつまり」

麦野「本当に面白いわね、あの2人は」

打ち止め「ハンバーガーおいしー」モグモグ

黒夜「おいし」ムグモグ

絹旗「超美味しいです」モグモグ
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/13(日) 02:18:24.97 ID:1sgbzQf00
以上です。
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 02:26:25.04 ID:9+HCgpKq0
荵吶□
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/13(日) 12:45:42.01 ID:bZTiU6Dfo
乙でした
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/10/13(日) 20:10:06.18 ID:6jpEgyeU0
乙である
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/14(月) 00:12:10.18 ID:exR1QtNo0
>>1です。続き投下します
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/14(月) 00:12:42.96 ID:exR1QtNo0



麦野「あれから特に何もなく」

番外個体「もうすぐ完全下校時刻じゃん」

絹旗「次に乗るのが超最後でしょうか」

黒夜「観覧車に乗ろうとしてるぞ」

浜面「ベタだな」

滝壺「でも良いよね。ああいうの」

浜面「・・・・・・今度は2人だけで来ようぜ

滝壺「うん」
73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/14(月) 00:13:15.36 ID:exR1QtNo0


上条(最後に観覧車って、本当にデートみたいだな)

美琴「街が夕日に照らされてるわよ。アンタも見てみなさい」

上条「お、確かに綺麗だな」

グラッ

上条「おわっ!」

美琴「きゃっ!」

74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/14(月) 00:14:34.37 ID:exR1QtNo0


上条「だ、大丈夫か?み、さ・・・・・・か」

美琴「え・・・・・・っ!」

上条(顔、ちか、御坂の息もかかってるし、いい匂い)

上条(・・・・・・というか何で御坂は目を瞑ってるんだ?)

上条(ちょっと顔を下ろせば・・・・・・)

上条(いいん、だよな。だって、何にも言わないし)

上条(・・・・・・)

上条「ごめん、大丈夫か?」

美琴「う、ううん。大丈夫よ」

上条(御坂の気持ちも考えないで、最低だな俺)



75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/14(月) 00:15:48.02 ID:exR1QtNo0


麦野「ヘタレ」

番外個体「ヘタレね」

麦野「そのまましちゃえばいいのに」

番外個体「ホント、せっかくのチャンスだったのにね」

一方通行「それがあの野郎だ」

浜面「あのお嬢ちゃんのことを考えないでする奴じゃねぇよ」

滝壺「でもあの子、残念そう」

打ち止め「お姉さま・・・・・・」

76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [ga]:2013/10/14(月) 00:18:03.18 ID:exR1QtNo0
以上です。

そういえば<<68さんのコメント、中国語?なんて読むのでしょうか。
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/14(月) 00:27:28.01 ID:ais9ytX/o
多分文字化けてるだけ
おつです
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/10/14(月) 00:56:09.44 ID:ALOyQmbY0
>>68は多分時間的に俺です
仕事の休憩時間終了間際に書いて確認しなかったのがいけなかったな
乙ですと書いたつもりだった
そして今回も乙です
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/14(月) 08:41:35.04 ID:AK7gAJFvo
乙でした
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/14(月) 18:36:58.92 ID:8Oh5+TcQo
超乙です
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [ga]:2013/10/16(水) 00:32:34.83 ID:gdOA/9dQ0
>>78さん
そうですか、休憩時間に見てくださったのは嬉しい限りです。
それでは
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [ga]:2013/10/16(水) 00:33:23.92 ID:gdOA/9dQ0


とあるビルの屋上

浜面「なんとかバレずにここまで来たな」

麦野「何でこんな離れたことろから」ジー

番外個体「お姉さまには電磁波レーダーがあるから遊園地みたいな混んでる場所ならともかく、あんなとこだと隠れてるのがバレちゃうんだよ」ジー

番外個体「ま、集音器持ってきたからいいけど。さすが学園都市製、遠くの音もきっちり拾える」

83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/16(水) 00:34:04.55 ID:gdOA/9dQ0


いつもの公園


美琴(あれからコイツ、全然喋らなかった)

上条「俺こっちだから。じゃあな」

美琴「あ、待って!」

上条「何だよ」

美琴「・・・・・・さっきから黙って、何かあったの?」

上条「・・・・・・さっきの観覧車で、あのままキスしちゃえばって、そう思ったんだよ」

美琴「えっ?」

上条「お前のことも考えないで、自分の欲望でお前を傷つけようと!」

美琴「・・・・・・わ、たしは」

美琴「私は、アンタにキスしてもらえるならって、アンタにキスして欲しいって!」

上条「何で、そんなこと言うんだよ。好きな人が、そんなこと言ったら期待しちまうだろ!!」

美琴「アンタのことが好きだから、好きな人にキスして欲しいと思うのはおかしい事?」

上条「・・・・・・おかしく、なんかねぇよ。俺も、大好きなお前にキスして欲しいって思ってるから」

84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/16(水) 00:34:46.06 ID:gdOA/9dQ0


上条「・・・・・・はぁ、告白するなら、記憶をなくしてから初めてお前にあったここならって思ってたんだよ。だから」

上条「だから、ここで言わせてくれ。俺は、上条当麻は、御坂美琴のことが好きだ。御坂、お前の答えが聞きたい」

美琴「・・・・・・私は、御坂美琴は、上条当麻が大好きです!」
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/16(水) 00:35:46.64 ID:gdOA/9dQ0


番外個体「ちょっと!何でいいところで壊れちゃうのさ!!」

一方通行「・・・・・・帰る」スタスタ

打ち止め「ま、待って!ってミサカはミサカは追いかけてみる」タタタ

一方通行(これ以上は、部外者が関わっていいもンじゃねェんだよ)

打ち止め「置いてかないでー!」ダダダ!

86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/16(水) 00:36:27.60 ID:gdOA/9dQ0
以上です。番外通行、出来るのか?
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/16(水) 01:14:50.15 ID:OyAlv72Wo
期待期待
見てるよ
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/16(水) 02:08:38.31 ID:e1e7VoYmo
乙です
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/10/16(水) 22:17:18.90 ID:g9E6YUYf0
いいねいいね、最っ高だねェ!

ちなみにこれは一方さんがさり気に集音器壊したってことかな?
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/17(木) 01:21:15.82 ID:qHtpwdCG0
むぅ、あまり進まなかった。1レスだけ投下です
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/17(木) 01:21:46.82 ID:qHtpwdCG0



後日


番外個体「で、で、お姉さま。あの後どうなったの!?」

美琴「な、なんのことよ」

番外個体「ふっふっふ、これを見なさい」バサッ

美琴「こ、これは!!」

打ち止め「実は遊園地などただの口実!その真の目的は2人をデートさせてくっつけることにあったのだ!!って、ミサカはミサカは黒幕の様に宣言してみたり!!」

美琴「謀ったな!妹!!」

番外個体「御坂美琴、あなたは良いお姉さまだった。しかし、君が足踏みしていたのがいけないのだよ」

美琴「ええい!私とて超能力者の1人。意地というものがある!必ずアンタの弱みを握ってやるわよ!!」

番外個体「あ、ちなみにお姉さまがあの人の部屋に入ったところまで見てたから」

美琴「ふにゃっ!?」

番外個体「でさー、ぶっちゃけ、どこまでいった?」

美琴「・・・・・・その、あの・・・・・・」

番外個体「うんうん」ワクワク

打ち止め「うんうん」ドキドキ

美琴「・・・・・・一緒に、寝ちゃった」

番外個体「・・・・・・え・・・・・・は・・・・・・?」

打ち止め(一緒に寝るほど仲良くなったんだ。よかったー)
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/17(木) 01:24:02.57 ID:qHtpwdCG0
さて、ワースト・アズナブルに追い詰められたミコト・ザビ。彼女が最後に発した言葉の真実とは!?
それは次回のお話です。
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/18(金) 05:42:09.91 ID:5P0NoLtlo
乙でした
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/18(金) 15:27:36.11 ID:GoDwER66o
乙です!
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/18(金) 19:29:27.24 ID:UYF9YvoRo
乙です
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:33:58.60 ID:uqxWJ7bR0
>>1です。

続き(デート後)投下します
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:34:28.69 ID:uqxWJ7bR0




告白後


上条「えっと、その・・・・・・俺たち、恋人同士、でいいんだよな」

美琴「そう、なるのよね」

美琴(ど、どうしよう、次の言葉がでない)

美琴「・・・・・・あの、私、門限、って今何時だろ」パカッ

美琴「・・・・・・」

上条「ど、どうした?」

美琴「門限、過ぎてる」


98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:34:56.61 ID:uqxWJ7bR0


美琴「ど、どどどどうしよう!とりあえず黒子が誤魔化してくれてるだろうけど」

美琴「こうなったらホテルに」

上条「なぁ御坂」

美琴「何よ」

上条「家、来るか?」

99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:35:33.66 ID:uqxWJ7bR0


美琴(コイツの部屋、初めてくるわね)

上条(どうしよう、インデックスのこと忘れてた)

美琴「お、お邪魔します」

上条(あれ、インデックスがいない?)

上条(紙?)

『とうまへ きょうはあいさとあそびにいってきます インデックスより』

上条(そのまっま姫神の家に泊まるってことか?)

グウー

美琴「・・・・・・」

上条「・・・・・・そういえば夕飯食ってなかったな」

美琴「ま、待ってて!私ご飯作るから」

上条「いや、悪いし」

美琴「いいの!泊まらせてくれるお礼よ」

美琴(それに、なんか夫婦みたいだし)

美琴「フフフフフフ」ニタァ

上条「・・・・・・あのー、美琴さん?」

美琴「っは!す、すぐ作るから」タタタ

美琴(まずは冷蔵庫の中身を確認しなきゃ)

ガチャ

美琴「ちくわと・・・・・・え、ちくわだけ?」

上条「あ、買い物するの忘れてた」
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:36:02.57 ID:uqxWJ7bR0

10分後


美琴「で、彼氏の部屋に初めて来て夕飯がカップラーメンとはね」

上条「申し訳ございません」

美琴「別に気にしてないけどさ」ズルル

101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:36:54.82 ID:uqxWJ7bR0


上条「ごちそうさま、風呂沸かしてくるよ」

美琴「・・・・・・」ズルル

美琴「ご馳走様」

102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:37:32.35 ID:uqxWJ7bR0



さらに20分後

上条「風呂湧いたし、入ってこいよ」

美琴「え、いいわよ。アンタが先に入ってこいよ」

上条「今日は遊んで疲れただろ。先に入ってこい」

美琴「じゃ、お言葉に甘えて」
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:38:08.89 ID:uqxWJ7bR0

美琴入浴後

美琴「出たわよー」

上条「じゃ、俺も入って・・・・・・」

上条(ば、馬鹿な!Yシャツと短パンのみという、何とも理想的な格好をしているではないか!!)

美琴「ほ、他に着るものがなかったのよ」

美琴「・・・・・・な、何よジロジロ見て」

上条「風呂入ってくる!」

104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:38:41.83 ID:uqxWJ7bR0

上条(――はぁ、今日はいろいろあったな)

上条(遊園地で御坂と遊んだと思ったら付き合うことになって、もうその日に止まらせることになって・・・・・・)

上条(・・・・・・いいのかな、こんなに幸せで)

上条(こういう時って、必ず何かあるからな・・・・・・)

上条(その時には御坂を巻き込んじまうのかな)

上条(・・・・・・何迷ってんだよ上条当麻)

上条(今までも御坂は力を貸してくれた。お互い助けて助けられて。そうやって2人で帰ってくればいいだけだろ)


105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:39:18.49 ID:uqxWJ7bR0

入浴後


上条「風呂にも入ったし寝るか」

美琴「んー、人の家に泊まるんだから普段できないことをしてみたいけど」

上条「常盤台の寮で普段できないこと・・・・・・ゲームとか?」

美琴「え、あるの!?」

上条「・・・・・・あるのかな?」

美琴「無いの?」

上条「探せばあるんじゃないか?」

美琴「じゃあいいわよ。寝ましょう」

上条「そうか、ベッドはお前が使えよ。俺は風呂にでも布団を敷くよ」

美琴「風呂!?何でテーブルを片付けるという発想がないのよ!?」

上条(い、言えない。普段インデックスがいるから風呂で寝るのが日常的だなんて)

美琴「なに、私の隣で寝るのが嫌なの?」

上条「そんなことはねぇよ!」

美琴「じゃあ一緒に寝てくれる?」

上条「おうとも!・・・・・・アレ?」

上条「え、いっしょ?てことは、同じベッドで?」

美琴「そ、そうよ」

上条「いやいやいや!」

美琴「まさか、私と寝ると過ちを起こすなんてこと、アンタに限ってないわよね?」

上条「あるわけ無いだろ!」

美琴「じゃあいいじゃない、せっかく可愛い彼女が一緒に寝ようと言ってるのよ」

上条(自分で可愛いと言いやがった!!いやしかし、可愛いことに変わりはないが)
106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:40:33.24 ID:uqxWJ7bR0

数分後


上条(・・・・・・結局一緒に寝ることに)

美琴「えへへー」ニヤニヤ

上条「何笑ってるんだよ」

美琴「今日は嬉しいことがたくさんあり過ぎて」

美琴「遊園地でデートみたいなことして、告白することになって、付き合い始めて、こうして今、アンタと同じベッドで寝ていて」

上条「ははっ」

美琴「何で笑うのよ」

上条「俺も同じこと考えていたんだよ」

上条「今は、幸せだって」

上条「なあ美琴」

美琴「なーに?」

上条「もしまた何かあっても、一緒に戦って、俺を助けてくれるよな?」

美琴「当たり前じゃない」

上条(本当に俺は、幸せ者だな)

上条(・・・・・・隠し事するのは、なんか美琴を裏切ってるみたいだな)
107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:41:20.91 ID:uqxWJ7bR0

上条「美琴、いきなりだけど、俺、インデックスを住まわせてるんだよ」

美琴「本当にいきなりね」

上条「怒らないのか?」

美琴「どうせアンタのことだから、理由があるんでしょ?」

上条「まあ、そうだけど」

美琴「それに、やましいことがあるわけでもないんでしょ?」

上条「それはない。美琴に誓う」

美琴「うん。だから私をアンタを信じてる」

上条「美琴」ギュッ

美琴「え、ちょ、アンタ」

上条「・・・・・・おやすみ」

美琴「・・・・・・おやすみ」


108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/20(日) 00:43:01.63 ID:uqxWJ7bR0
以上です。
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 00:46:51.50 ID:ZPkqANy0o
乙でした‼
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 00:50:08.90 ID:DiC/PS+ro
おつゆ
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 01:05:09.72 ID:r6SPT8+7o
乙です
やっぱり上琴は和みますね
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/20(日) 09:45:35.34 ID:+Y6eRzeho
乙でした
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage sage]:2013/10/20(日) 13:44:19.54 ID:UfR6fQMT0
良い!!良いよ!!!
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/10/20(日) 23:54:48.69 ID:vlwi9Uxy0
最高じゃねぇか。乙
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 00:36:54.65 ID:qLJsxpfm0
どうも>>1です。
1週間過ぎても本編が進まないためおまけを書きましたので3レス投下します
116 :ミサカファイト! [saga]:2013/10/29(火) 00:37:23.12 ID:qLJsxpfm0

ある日、とあるミサカは言いました。

「どのミサカが最強のミサカなのですか?とミサカは全ミサカに問いかけます」

各々、最強はこのミサカです。いやいやこのミサカです。と言い合いを始めてしまいました。
そんな中であるミサカが。

「ではどのミサカが最強か、戦って決めればいいではないでしょうか。とミサカは提案します」

これには誰もが納得。こうして、第一回ミサカファイトは開かれたのです。

117 :ミサカファイト! [saga]:2013/10/29(火) 00:37:51.94 ID:qLJsxpfm0

10032「えー、ただいまより、第一回ミサカファイト開会式を始めます。とミサカ10032号はミサカネットワークを通じ開会の挨拶をします」

10032「このミサカファイトのルールはいたって単純。戦って戦って戦って!最後まで生き残ったミサカが優勝となるのです」

10032「では開催にあたり、この大会の出資者である冥土返しの挨拶です」

冥土返し「えー、怪我のないようにね?」

10032「そして最後に、我らがミサカの司令塔でもあるクソガ・・・・・・上位個体」

打ち止め「この大会には七つの条約があります!ってミサカはミサカは紹介してみる」

打ち止め「ミサカファイト国際条約第一条!頭部、及び胴体を撃たれた者は失格となる!」

打ち止め「第二条!能力、ミサカネットワークの使用、対戦相手への銃以外での攻撃を固く禁ずる」

打ち止め「第三条!頭部、胴体以外の被弾ならば気にしなくて良い!!」

打ち止め「第四条!ミサカファイターは己の『ミサカ』を守り抜かなければならない」

打ち止め「第五条!闘いは同盟、奇襲、不意打ち、裏切りなんでもありの真剣勝負!!」

打ち止め「第六条!ミサカファイターたるミサカは、その威信と名誉を汚してはならない!」

打ち止め「第七条!地球がリングだ!!」

打ち止め「その死闘を生き残ったたった1人のミサカには!」

打ち止め「冥土返しからのお小遣い1万円と」

打ち止め「ミサカの中のミサカ。『ミサカ・ザ・ミサカ』の称号が与えられるのだー!!」

ミサカ「「「うおー!お小遣いーー!!」」」

打ち止め「それでは!ミサカファイト・レディィィィゴォォォォォォォ!」

118 :ミサカファイト! [saga]:2013/10/29(火) 00:39:23.51 ID:qLJsxpfm0


10032「さて、この戦いを生き残るのはどのミサカなのか。とミサカは某ナレーターの様にナレーションを行います」

10032「ちなみにこのミサカも選手で1人です」

10032「また、末っ子の番外個体はこんな茶番に付き合ってなれないと棄権しました。そして司令塔のクソガキも小さいので出場させません」

10032「それではミサカも行きます。とミサカは相棒を構えて席を立ちます」
119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 00:39:52.37 ID:qLJsxpfm0
以上です。
今週中には本編を投下したいと思ってはいます
120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/29(火) 00:54:59.84 ID:++6XeYkEo
完全武装が10000人暴れまわるのかwww
121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/29(火) 02:25:11.24 ID:s+aq/a0zo
流石にペイント弾とかだろうけど何とも過激なww
おつっす!
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/29(火) 04:29:06.26 ID:eedHGiKLo
きっと10032号が勝つ
http://tokyo-anime-news.jp/wp-content/uploads/2013/03/O056.jpg
123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 18:11:38.80 ID:qLJsxpfm0
フレメアとインデックスのどっちを先に出すか迷っている>>1です。
おまけの投下します
124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 18:12:11.00 ID:qLJsxpfm0



10032「それではミサカも行きます。とミサカは相棒を構えて席を立ちます」

10032「この大会はバトルロワイヤル。危険は早めに排除するべきですね」

10032「まずは学園都市内のミサカの排除が先でしょう。とミサカは正直真っ先にクソガキの眉間に一発ブチ込みたかったとい本音を隠しつつミサカ達の住処でもある病院へと向かいます」
125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 18:13:16.76 ID:qLJsxpfm0

10032「さて、病院に着いたものの・・・・・・他のミサカの気配がしませんね」

10032「・・・・・・っは!この気配は!」サッ

ヒュッ  ベチャ

11090「外れましたか。とミサカ10190号は曲がり角から登場します」

10032「たとえミサカネットワークが無くとも、ミサカ達から発さられる電磁波で察知できるのですよ。とミサカは目の前のミサカの詰めの甘さを指摘します」

11090「不意打ちは無駄、ですか。ならば」

10032「他の患者の迷惑になります。さっさと決着を付けましょう。とミサカは相棒を標的へと構え、臨戦態勢に入ります」
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 18:13:50.78 ID:qLJsxpfm0


バババ!バババ!

ヒュン!

10032「っく、やはり行動パターンは同じですか。しかし!」

ダッ!

10032「このミサカは一味違うのです!!」

11090「なっ、この状況で前へ出るとは!!」

10032(至近距離なら!)

11090「・・・・・・甘いですね」バンッ!

10032「くっ!!」サッ

ガッ!  
127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 18:14:23.25 ID:qLJsxpfm0

11090「あなたが言ったのではないですか。ミサカ達の行動パターンは同じなのですよ?詰めが甘いですね。とミサカは先ほどの仕返しをします」

11090「さて、あなたにはもう武器はありません。チェックメイトです。とミサカは勝利宣言をします」

10032「それはどうでしょうか」

11090「銃を取りに行くつもりですか!?しかし、ミサカがあなたに止めを刺すのが早いですよ!!」

10032「言ったのでしょう」バッ

11090「こちらに接近してきた!?もう武器はないはずです!!」

10032「このミサカは、一味違うと」サッ

11090「なっ!?スカートの中から拳銃を!!」

10032「チェックメイトです。とミサカは勝利宣言をします」

バンッ!


128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 18:15:01.69 ID:qLJsxpfm0


11090「・・・・・・ミサカの負けです」

10032「11090号、いい勝負ができました。とミサカはライバルを労います」

11090「ライバル、ですか」

10032「それでは、次の対戦相手を探しに行ってきます」

11090「・・・・・・10032号」

10032「なんですか?」

11090「幸運を。とミサカはライバルの勝利を願います」

10032「ありがとうございます」
129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 18:15:53.04 ID:qLJsxpfm0
以上です。
本編書かずに何やってんだととは言わないでください。お願いします
130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/29(火) 18:40:42.46 ID:++6XeYkEo
本当に、本当に、なんて遠い回り道…
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/29(火) 22:34:09.98 ID:v7azgf9Bo
超乙です
学園都市のミサカは10032、10039、13577、19090号で
露ミサカは10777号です
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 23:57:16.95 ID:qLJsxpfm0
>>1です。
・・・・・・どうしよう、このまま11090号をオリミサカとして突き通すのも悪くない、のか?
よしそうしよう!学園都市のミサカを排除しにきたとかの設定で補完しておきましょう!

それでは本編を投下します
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 23:57:45.92 ID:qLJsxpfm0


アイテム邸


フレメア「・・・・・・」ムスッ

浜面「フレメア、悪かったって」

フレメア「だいたい、私を置いてみんなで遊園地はずるい。にゃあ」

滝壺「何で知ってるの?」

浜面「(俺たちが2人を尾行してたのをあけみって子が見てたらしいんだよ)」

浜面「なー、どうすれば機嫌直してくれるんだよ」

フレメア「じゃあ、来週の日曜日は一日、浜面は私のもの。にゃあ」

滝壺「だめ、はまづらは私の」

フレメア「(遊園地)」ボソッ

滝壺「ぐぬぬ」

浜面「滝壺もムキになるなって、デートなんて毎日してるだろ?」

滝壺「・・・・・・うん」


134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 23:58:17.54 ID:qLJsxpfm0


そして日曜日、第6学区の遊園地


フレメア「だいたい、早く。にゃあ」トトト

浜面「そんなにはしゃぐと転ぶぞー」

135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 23:59:00.68 ID:qLJsxpfm0


???1「ターゲットは?」

???2「大丈夫、見失なわないように発信機と盗聴マイクを仕掛けてあるから」

???3「(・・・・・・女の嫉妬は超怖いです)」

???1「なんか言ったか?」

???3「いえ、超何も」
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/10/29(火) 23:59:49.85 ID:qLJsxpfm0
以上です。
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/30(水) 00:03:25.91 ID:Kj21kF/Go
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/30(水) 01:16:41.35 ID:oLChSQM5o
確か10032、10039、13577、19090号は学園都市のミサカじゃなくてめいどがえしびょういんに居るミサカだよ
学園都市には別施設にまだ別ミサカがいる筈
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/02(土) 23:04:02.77 ID:lwYROK4u0
>>1です。
フレメアin遊園地編投下します
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/02(土) 23:04:29.45 ID:lwYROK4u0

ジェットコースター


フレメア「グヌヌ」プルプル

係員「お嬢ちゃん、悪いけどジェットコースターには乗れないのよ」

フレメア「にゃあ!子供あつかいするな!!だいたい、ブラもつけてるし」

浜面「はいはい。ブラつけてても身長が足りないんだから諦めろ。背が伸びたらまた来ればいいだろ」

フレメア「にゃあ!はまづらまで!?」
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/02(土) 23:05:04.63 ID:lwYROK4u0

お化け屋敷


ヒュ〜ドロドロドロ


浜面「・・・・・・怖いのか?」

フレメア「だいたい、こわくない・・・・・・にゃあ」ギュー

浜面「そう言って震えながら俺の服を掴むのは何処の誰だか」
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/02(土) 23:06:12.94 ID:lwYROK4u0
昼食!


フレメア「グリーンピース、にゃあ」

浜面「好き嫌いはだめだぞー。はいグリーンピースを避けたからペナルティ」ドババー

フレメア「にゃあ!グリーンピースがこんなに!!」
143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/02(土) 23:06:42.61 ID:lwYROK4u0

滝壺「・・・・・・普通」

麦野「普通ね」

絹旗「まるで妹の超世話をする兄か娘に甘い父親でしょうか」

滝壺「じゃあ私は、お母さん?・・・・・・」

滝壺「・・・・・・」ポワワーン

絹旗「あの、滝壺さん、超どうしたんですか?」

麦野「ほっとけ」

144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/02(土) 23:07:58.11 ID:lwYROK4u0

観覧車


フレメア「にゃあ!高い高い!」

浜面「お、ホントだな」

フレメア「・・・・・・」

浜面「どうしたんだよフレメア、具合でも悪いか?」

フレメア「・・・・・・だいたい、お姉ちゃんや駒場のお兄ちゃんとも来たかった。にゃあ」

浜面「・・・・・・ごめん」

フレメア「?なんで浜面があやまるの?今日はとっても楽しかったよ。にゃあ」

フレメア「今日はとっても楽しかった。にゃあ」

浜面「・・・・・・そっか」
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/02(土) 23:08:47.59 ID:lwYROK4u0

麦野「・・・・・・」

絹旗「麦野、超泣いてるのですか?」

麦野「・・・・・・泣いてなんかないわよ」

滝壺「帰りに、サバ缶買っていこ?」

麦野「・・・・・・、そうだな。久しぶりに会いに行くか」

146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/02(土) 23:09:27.69 ID:lwYROK4u0



???『・・・・・・メア、フレメア』

フレメア「・・・・・・おねえちゃん?」

フレンダ『起きるって訳よ。フレメア』

フレメア「お姉ちゃん!」ダキッ

フレンダ『結局、知らない間に大きくなっていたってわけよ』

フレンダ『・・・・・・ねぇフレメア、今楽しい?』

フレメア「?だいたい、楽しい。にゃあ」

フレンダ『・・・・・・そっか』

フレンダ『ま、麦野もいるし大丈夫ってわけよ』

フレメア「にゃあ!それは違う!!」

フレンダ『え?』

フレメア「もう私は守られるだけじゃない!今度は皆を守れる私になるの!!」

フレンダ『結局、お姉ちゃんが思っていたよりもフレメアは大人になっていたってわけよ』

フレンダ『もうお姉ちゃんがいなくても、フレメアは1人でやっていけるってわけよ』

フレンダ『ばいばい、フレメア』スー

フレメア「にゃあ!行かないで!お姉ちゃん、お姉ちゃん!!」

フレメア「ちゃんと言うこと聞くから、グリーンピースも食べるから!だから行かないで!!」

フレンダ『結局、フレメアは可愛い妹だったってわけよ』シュウ

フレメア「お姉ちゃん、お姉ちゃん!!」


147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/02(土) 23:09:59.38 ID:lwYROK4u0


フレメア「・・・・・・ちゃん、おね・・・・・・ちゃん」

フレメア「むにゅ・・・・・・」

フレメア「・・・・・・はまづら?」

浜面「やっと起きたか、観覧車の中で眠っちまってたんだよ」テクテク

浜面「もう夕飯の時間も過ぎてんだろ。フレメア、何食べたい?」

フレメア「・・・・・・だいたい、サバ」ギュー

浜面「サバかー、どっか定食屋とかねーかな」


148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/02(土) 23:12:12.98 ID:lwYROK4u0
以上です。
番外通行お待ちの方、しばしのご辛抱を
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/02(土) 23:15:39.86 ID:YnqW2WKio
超乙です
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/11/02(土) 23:37:47.40 ID:0AsPlAH70

いい話だな
しかしよく考えればアイテム最近ストーキング活動ばっかりだなww
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/04(月) 00:45:26.77 ID:QdgabYHEo
乙でした

やっと7巻読んだ
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/04(月) 16:40:11.55 ID:Fz7abolZ0
やっと出来た番外通行ネタいっきマース
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/04(月) 16:40:55.02 ID:Fz7abolZ0



とある路地裏


番外個体「あー、夜遊び飽きた」

番外個体「でも麦のんちはどっか行ってるし、今日は帰ろっかなー」

不良1「ねーそこのお姉ちゃん」

不良2「あっちで俺たちとイイ事しない?」

不良3「だいじょーぶだいじょーぶ。痛くなんかないから」

番外個体(うわ、何この典型的なチンピラ3人衆。いつの時代だよ)

番外個体(ま、夕飯後のデザート代くらい持ってるでしょ)

不良1「ねー、どーすんのー?」

番外個体「・・・・・・イイ事って?」ニコッ

不良3「じゃあ、あっち行こうか」
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/04(月) 16:41:28.56 ID:Fz7abolZ0

更に奥


番外個体(ここなら誰かに見られることもないか)

ビリッ

不良2「うげ」ビビ!

不良1「なんだ!?」

番外個体「ミサカを狙ったのが運の尽き。ほらさっさと有り金よこしな」ビリッ

不良3「こいつ能力者かよ!」

不良1「だけどここまで連れてこれれば」

番外個体「何さ、束になればミサカに勝てるとでも思ってるかにゃーん」

キーン

番外個体「っ!」

番外個体(う、頭が・・・・・・)

不良1「へへ、高かったんだぜ、これ。模造品だけど十分な効果だぜ」

不良3「俺たちが何にも考えてなかったとでも思ってたか?」

番外個体(これが、噂のキャパシティダウンか)

不良1「これがあれば能力者もただの人だよ」

番外個体(こうなったら近くの個体に・・・・・・だめ、波長が合わない、ネットワークに繋がらな・・・・・・!)

不良2「さて、さっきの仕返しをするか」

番外個体「だ、れか・・・・・・」

不良1「ぎゃはは!誰も助けに来るわけねーだろ!」

不良2「簡単に誘いに乗ったことを後悔するんだな」




カツーン カツーン





不良2「おい、誰だよあいつ」

一方通行「おい帰ンぞ、番外個体」
155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/04(月) 16:42:05.99 ID:Fz7abolZ0


不良3「あー、なに、この娘の彼氏さん?」

一方通行「そンなンじゃねェよ。こいつはただの同居人だ」

不良2「じゃあほっといてくんないかなー?」

不良3「それにさ、この数に1人で勝てると思ってるの?」

不良1「キャパシティダウンの影響を受けないってことは、レベル0だろ?杖ついてんのに大丈夫か?」

一方通行「あァ、キャパシティダウンねェ」

カンッ





ドゴンッ!!




一方通行「あれのことかァ?」

不良1「ば、ばかな!?何でキャパシティダウンの影響を受けなかったんだよ!!」

一方通行「そンなもン、反射してるに決まってンだろ」

不良3「っは!思い出した。白い髪に赤い眼・・・・・・こいつ、第一位だ!!」

不良2「嘘だろ!?そんな化物に勝てるわけ!」

不良1「でも第一位はレベル0に負けたって話だろ、俺たちでも!!」



ドバッ!!



不良1「うげっ!!」

一方通行「ったくよォ、俺があの無能力者に2度も負けたからってなァ、お前らみたいな格下が何人集まろうが、勝てるわけねェんだよ!!」ギロッ!

不良2「ひっ!だ、ダメだ。にげ―ー」ドサッ

不良3「おい、どうした!?」

番外個体「ミサカのこと、忘れてない?」ニヤッ

不良3「た、助けっ!」

番外個体「ミサカに手を出そうとしたこと、後悔するんだね」


156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/04(月) 16:43:53.50 ID:Fz7abolZ0


数分後


番外個体「あーあ、あっけないねー」

番外個体「・・・・・・で、何であなたはあそこにいたわけ?」

一方通行「コーヒーが切れてから買いに来ただけだ」

番外個体「昨日あれだけ買っておいたのに?」

一方通行「っ、もうすぐ夕飯だから黄泉川が連れて帰って来いと」

番外個体「今日黄泉川遅くなるって言ってたんだけど」

一方通行「く、クソガキが探して来いと」

番外個体「あのおチビなら自分で来ると思うんだけど」

一方通行「・・・よ、芳川が」

番外個体「芳川がそんな性格じゃないのあなたも知ってるでしょ?」

一方通行「・・・・・・、お前はいつも遅くまで遊びやがって」

番外個体「何、ミサカのこと心配してんの?」

一方通行「そンなわけねェだろォが」

番外個体「・・・・・・まぁいいや。ありがと」

一方通行「・・・・・・・・・・・・」

番外個体「何鳩が豆鉄砲くらった様な顔してんのさ」

一方通行「いや、お前が礼を言ったのが初めてだったから」

番外個体「ま、このミサカが素直に言うのはこれっきりだけどね」



157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/04(月) 16:44:45.94 ID:Fz7abolZ0




少しして


男1「おい、本当にキャパシティダウンを買えるんだろうな」

男2「ホントだよ。効果は抜群。金さえくれりゃぁすぐにやるよ」





番外個体「見た?」

一方通行「さっきの奴らに売ったのもあいつらだろ。懐に拳銃を隠し持ってやがる」

番外個体「数は?」

一方通行「奴の右側に3人、更にその奥に2人いるな」

一方通行「上層部が関わってるかどォかなンざどォでもいィ。目の前に『闇』があるンだったら、全てぶっ壊すだけだ」

番外個体「やっぱこっちの方がミサカの肌に合うねぇ」


158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/04(月) 16:46:06.19 ID:Fz7abolZ0
以上です。
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/11/04(月) 22:12:46.76 ID:1or6vFOy0

各カップリングがしっかり雰囲気分かれてていいねー
160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/10(日) 01:20:55.28 ID:d7SrN0EX0
>>1です。2レス投下します
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/10(日) 01:21:43.31 ID:d7SrN0EX0


黒子「・・・・・・お姉さま、先日の外泊の件について、詳しく!説明してくださいまし」

美琴「えっと、ね、その・・・・・・だから違うのよ黒子」

黒子「何が違うんですの!?も、もしやあの殿方と一夜を!!?何がありましたの!包み隠さずお聞かせくださいのお姉さま!!」

美琴「その・・・・・・、一緒に、寝ちゃった」

美琴「・・・・・あれ・・・・・・?黒子?」

美琴「・・・・・・固まってる」

美琴「・・・・・・」コソコソ

ギー

美琴「(行ってきまーす)」ボソッ

ガチャッ
162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/10(日) 01:22:22.32 ID:d7SrN0EX0

プルルルル


上条「ん?美琴からだ」

ピッ

上条「もしもし?」

美琴『あの、黒子にバレちゃったみたいでさ』

上条「マジかよ、白井は?」

美琴『・・・・・・固まってたわ』

上条(うわー、後が怖えー)

美琴『でさ、電話をかけた理由だけど、今からアンタの部屋に行っていいかな』

上条「いいけど、どうしたんだよ」

美琴『これを機に、あの子にも話そうと思うんだ』

上条「そうか、ずっとインデックスに黙ってるわけにもいかないしな」

美琴『じゃあまたすぐ来るから』ピッ

上条(インデックス、どう思うんだろうな)

インデックス「とうま、どうしたの?」

上条「いや何でもないぞ」
163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/10(日) 01:22:56.52 ID:d7SrN0EX0
続きはまた後日
164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/10(日) 11:08:29.99 ID:+wmO6CmQo
乙でした
165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/11(月) 01:12:48.20 ID:mMtGG4O90
おし!では先日の続きを投下します
166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/11(月) 01:13:27.36 ID:mMtGG4O90


インデックス「なんでとうまはそんなにかしこまってるのかな、そしてなんで短髪がいるのかな」

美琴(どうしよう、正直なんて話せばいいかわからない)

上条「インデックス、俺は美琴と付き合ってる。それだけだ」

美琴「ちょっ!そんなはっきり・・・」

上条「どうせ言うつもりだったんだし、遠まわしに言っても意味ないだろ」

美琴「そう、だけど・・・・・・うん。そうよね」

インデックス「・・・・・・とうまは、私に出ていってほしいのかな」

インデックス「短髪がいるから、私は、じゃ、ま・・・なのかな?」

上条「そんなわけねぇだろ。俺はインデックスもここに居て欲しいと思ってる」

美琴「・・・・・・」

美琴「ねぇアンタ、ジュース買ってきて」

上条「・・・・・・、あぁ。わかった」

ギー ガチャ
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/11(月) 01:14:02.54 ID:mMtGG4O90


美琴「・・・こうやってアンタと2人きりで話すのは夏休みが明けた時以来ね」

インデックス「そうだね」

美琴「・・・・・・」

インデックス「・・・・・・」

美琴「アンタも、アイツが好きなの?」

インデックス「わからない。とうまに助けられて、いっしょに住むようになって」

インデックス「とうまが私のところからいなくなるのが怖くて、ずっといっしょにいられたらいいなって、思ってるんだよ」

美琴「たとえそれが恋だったとして。私がアイツと結ばれて誰かが泣くようなことがあっても、私は絶対に譲らない。私はアイツが好き。アイツも私が好きだと言ってくれた。その気持ちを裏切るつもりはない」

美琴「だけどね」

美琴「それ以外の事で誰かが泣く事は許さない」

美琴「自分の居場所がないからとか、そんな理由アンタが出て行く時は、きっとアンタは泣いているでしょうね。そうなればアイツも悲しむし、私だってそんなのは見ていられない」

美琴「だからそんな事、絶対にさせない。アイツが守りたいと思った世界を、アイツと一緒に守りたいって思ってるから」

美琴「だから言うわよ!アンタはここに居ていい。自分が邪魔だとか、そんな悲しいことは言わないで」

インデックス「・・・・・・強いんだね、短髪」

美琴「欲張りなだけよ」

インデックス「とうまとそっくりなんだよ」

美琴「そうかしら」

インデックス「カッコつけたことを平然と言えるところが特に」

美琴「馬鹿にしてるの?」

インデックス「そのままを言っただけなんだよ」

インデックス「でもそれが人を安心させるし、頼りたくなるんだよ」

インデックス「だから私も言わせてほしいんだよ。今はまだ、ここに居たいんだよ」

美琴「当然じゃない。私もアイツもそう思ってるわよ」

インデックス「・・・・・・えへへ」

美琴「ふふっ、アンタとは仲良くできそうね」

インデックス「まさか短髪にそんなこと言われるとは思わなかったんだよ」

美琴「御坂美琴」

インデックス「えっ?」

美琴「私には御坂美琴ってちゃんとした名前があるのよ。インデックス」

インデックス「うん。みこと」
168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/11(月) 01:15:17.32 ID:mMtGG4O90

上条「ただいまー」

美琴「おかえり」

インデックス「おかえりなんだよ」

上条(どうにかなったみたいだな)

美琴「で、何買ってきたの?」

上条「あ、あぁ。はい」

美琴「ヤシの実サイダーが2本と・・・・・・何で苺おでん?しかも冷たいの」

上条「しょうがねぇだろ!3本目押したらこれが出てきたんだから」

みこイン「「はぁ、やっぱりアンタ(とうま)はアンタ(とうま)なのね(なんだよ)」」

上条「どうして2人してため息をつくのでせうか」
169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/11(月) 01:17:51.59 ID:mMtGG4O90
以上です。
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/11(月) 01:59:42.55 ID:fOdWt/DDo
おつです‼
171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/11(月) 02:01:02.93 ID:V0VrcpiSO
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/12(火) 15:07:43.48 ID:+2wMuy0f0
電磁通行スレ荒らしてるんだから上琴スレ荒らされても文句はねえよな?
上琴とかマジで害悪だから死ね
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/12(火) 15:40:01.60 ID:QzFqzHZGO
>>172 お前が害悪だろ、[ピーーー]
174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/11/12(火) 16:36:03.95 ID:rZFklAkm0
>>172
同じ事してる時点で同類だよ
お前みたいな奴が一番害悪だ
全く…これだから一方厨は…
175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/12(火) 16:37:02.50 ID:QzFqzHZGO
>>174お前も変わんねぇよsageろ
176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/12(火) 18:29:53.08 ID:xsGsNcSno
NGしてスルーしましょう
177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/12(火) 18:56:22.15 ID:hcqG/1iLo
>>172
なに言ってんのこいつ
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/12(火) 19:02:30.46 ID:sEFI+ybao
お前ら電磁通行スレ荒らすなよ
179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/12(火) 19:05:41.88 ID:VTRrIo0Bo
上琴厨[ピーーー]
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/12(火) 20:09:12.85 ID:wiT9gp3C0
同じ禁書好きなら他カプの否定なんざやめよーぜ。
とりあえず一言

「俺は関係ない。だけど上琴派でも電気通行派でも、他スレを荒らすのは許せませんよね。気持ちはわかりますけど俺は関係ない。というか基本他スレでは書き込みしません(感想書くの苦手だし)仕返しするんなら荒らし本人のスレで」

沈静化の意味も込めて投下します(・・・・・・これも荒れる原因な気もするけれど。あと荒らしの対処は>>1自身でします。あとNGの仕方も教えて欲しいです)
181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/12(火) 20:09:55.63 ID:wiT9gp3C0






打ち止め「・・・・・・」モグモグ

黄泉川「珍しいじゃん。打ち止めがポテトサラダを残さずに食べるなんて」

打ち止め「今日はクリスマスだよって!ミサカはミサカは説明してみる」

一方通行「それが関係あンのか?」

打ち止め「だっていい子にしてればサンタさんがプレゼントをくれるんだよって、ミサカはミサカは楽しみにしてみたり!」

一方通行「あァ?サンタなンざお――」ムグッ!

黄芳((子供の夢を壊すな(じゃん)!!))

打ち止め「?」

黄芳((どうしよう・・・・・・プレゼント買ってない(じゃん)))

182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/12(火) 20:10:26.00 ID:wiT9gp3C0


黄泉川「一方通行」

一方通行「なンだ、買い物か?」

黄泉川「買い物は買い物なんだが、買ってくるのは食材じゃないじゃん」

黄泉川「打ち止めのクリスマスプレゼントじゃん」

一方通行「なンで俺なンだよ」

黄泉川「残念ながら打ち止めの好みを一番理解しているのはお前じゃん」

芳川「お願いね、親御さん」

一方通行「誰が親御さんだァ!!」

一方通行「・・・・・・ッチ」

スタスタ ガチャ バン

芳川(あんな態度だけど、やっぱり買いに行くのね)


183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/12(火) 20:11:51.92 ID:wiT9gp3C0


一方通行(あのガキが好きなものと言ったら・・・・・・)

一方通行(・・・・・・)

一方通行(待て。俺は学園都市第一位だ。最強の能力者だ。こんな店に行くなンざ似合わねェンだよ)

上条「あれ、一方通行じゃん」

一方通行(今ここで一番会いたくない奴が来やがったァ!!)

上条「ファンシーショップに来たってことは、打ち止めへのクリスマスプレゼントか?」

一方通行「悪ィか」ギロッ

上条「何故一方通行さんは睨むのでせうか」

上条「というか悪くもないし、俺も美琴とインデックスのプレゼント買いに来たわけだし」

上条「ほら行こうぜ」グイグイ

一方通行「ふざけンな俺の腕を引っ張るんじゃねェ!俺は人殺しだ元暗部だこンなクソ野郎の俺がこんなファンシーな店に入る資格なンざねェんだよォ!!」ズズズ

上条「はいはい恥ずかしがらない」

一方通行「恥ずかしィわけじゃねェ!!」
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/12(火) 20:12:35.65 ID:wiT9gp3C0

一方その頃


浜面(滝壺へのプレゼント・・・・・・)

浜面(あいつはいつも同じ柄のジャージ着てるからなー)

浜面「・・・・・・とりあえず動くか」


185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/12(火) 20:15:08.98 ID:sXUxEbHd0
浜面さん間違っても
バニースーツは買わんように…
186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/12(火) 20:15:40.83 ID:wiT9gp3C0
さて、彼らは何を買うのか。というか一方通行は商品を手に取れるのか!?
今回はここまで。
187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/12(火) 21:38:57.28 ID:o3MjPV3AO
>>180
本当これ
俺一方通行好きだけど、上琴SS荒らしまくってる一方厨がマジうざすぎる
なんで一方通行の評価落とすような事すんの?馬鹿なの?
188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/11/14(木) 00:46:36.14 ID:Edir5TyD0
おつおつ
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/14(木) 11:44:22.18 ID:VvjURXUvO
  【この糞スレは無事に終了しました】

  よっこらしょ。
     ∧_∧  ミ _ ドスッ
     (    )┌─┴┴─┐
     /    つ. 終  了 |
    :/o   /´ .└─┬┬─┘
   (_(_) ;;、`;。;`| |
   
   【放置スレの撲滅にご協力ください】  
   
      これ以上書き込まれると

      過去ログ化の依頼が

      できなくなりますので

      書き込まないでください。


            SS速民一同
 【糞スレ撲滅にご協力ください】
190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/11/14(木) 21:55:13.19 ID:K/NjqARv0
一方さん友達は大事にしろよ・・・
中二病を受け入れてくれる人は貴重なんだから・・・
191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/14(木) 22:45:00.52 ID:U07knbra0
『愉快で素敵なクリスマス』編、続き投下します。
言っておくけど、放置はしませんので
192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/14(木) 22:45:31.77 ID:U07knbra0


ファンシーショップ

一方通行(クソッ!こォなったらさっさと買ってさっさと帰る!!)

一方通行(・・・・・・あれはダメだ。あれもダサすぎる。これはあのガキにはまだ早ェ!)

アレハダメ コレハダメ―――――――――


193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/14(木) 22:46:15.32 ID:U07knbra0


―――――


一方通行「(アレモダメコレモダメアレモマダハヤイ)」ブツブツブツ

上条「一方通行」

一方通行「なンだァ!?」

上条「ど、怒鳴るなよ。買うもん買ったから俺は先に帰るぞ」

一方通行「もォ買ったのか。早ェな」

上条「早いって・・・・・・入ってから1時間は経ってるぞ」

一方通行(なっ、そンなに経ってたのか!!)

上条「じゃあな、俺は先に帰ってるぞ。パーティーの買い出しもあるからな」スタスタ

一方通行(ふざけンな俺をこンな所に置いてくンじゃねェ!!)

一方通行(・・・・・・チクショウ、行きやがった)

一方通行(・・・・・・・・・・・・)ポツーン

一方通行(このカエル、確かあのガキが好きだったような)

一方通行「・・・・・・」キョロキョロ

ガシッ! スタスタ ダンッ!

一方通行「早く会計しやがれ」ギロッ!!

定員(何怖っ!え!?もしかして『クリスマスプレゼント買いに来たけど店の雰囲気が自分に合わなすぎて恥ずかしいし知り合いにもバレたくないから早く出て行きたい系』の客!!?)

定員「せ、1600円になります」

一方通行「げんき・・・・・・」

定員「?どうなされましたか?」

一方通行「悪ィ、買い忘れがあったわ」

定員「そ、そうですか」

194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/14(木) 22:46:46.55 ID:U07knbra0

上条宅


上条「ただいまー」ガチャ

上条「あれ、インデックスいないのか?・・・・・・どこ行ったんだろ」

上条「まあ美琴が来る前に準備をしとかないとな」
195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/14(木) 22:47:41.27 ID:U07knbra0

佐天宅

美琴「あ、もうこんな時間か。ごめんね皆。私用事があるから」

佐天「えー。せっかくのクリスマスパーティーなのにー」

黒子「どうせあの殿方の所ですの」

美琴「ちょっと黒子!」

佐天「それってもしかして夏休みのクッキーの『アイツ』さん!?」

美琴「そう、だけど」

佐天「その様子だと付き合ってるんですよね!そうですよね!!」

佐天(さて今日はどんなに慌てて否定するのかなー)ニマニマ

美琴「・・・・・・うん///」

佐天(なっ!あの実は恥ずかしがり屋でツンデレの御坂さんが素直に認めた!?)

初春「み、御坂さんにか、かか、彼氏!?きっと白馬に乗った王子様みたいな人なんだろうなー」

美琴「そんな素敵じゃないってば」

佐天「でもやっぱりレベル5に似合う。高位の能力者なのかな」

美琴「アイツは、レベル0よ。あー、でも私もよくわかってないんだけど、アイツ、どんな能力も無効化するのよね。もちろん私のもね」

佐天「・・・・・・御坂さんは、その人をどうして好きになったんですか?」

美琴(ま、あんな力を持ってるのに無能力者扱いだもん。気に入らないわよね。普通。私だってそうだったし)

美琴「佐天さん。私が好きになったのは、私を負かすほどの力じゃないわ」

美琴「誰にでも気軽に接して、誰かが泣いてれば、たとえ助けを求めなくても勝手に、土足で踏み込んで、誰かを救うためだったら命も惜しまないで!毎回死にかけてるのに、いつも1人で自分の道を突き進んで!!私を頼るなんて滅多にない!ええそうよ。アイツの力になりたい。アイツの世界を私も守りたい。いつまでもアイツと居たいわよ!!」

美琴「アイツのことが好きって気づいた時もアイツは戦ってた、アイツは病院から脱走してたわ。立ってるだけでもやっとのはずなのに、病院で寝ててもいいのに。誰もがそう言うはずなのに、アイツは皆戦ってるから自分も行かなきゃって、そう言ったわ。あれがアイツなんだって思って、その時を思う気持ちが好きなんだと気づいて。きっとこれからも、アイツが変わることはないし、私の心が変わることはないと思う」

美琴「・・・・・・っは!」

美琴(何言ってんのよ私はーーー!!!!)

美琴「ご、ごごご、ごめんね!なんか熱くなって!わ、忘れて!今の忘れてお願いだから!!」

佐天「いえ立派ですよ御坂さん!!」

初春「そうですよ!それだけその人のことを思ってるってことですよ!!」

黒子「もうこの黒子。何も言いませんですの」

美琴(・・・・・・これでよかった、のかな?)


196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/14(木) 22:48:43.80 ID:U07knbra0
以上です。さて、インデックスはどこに行ったのやら
197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/11/14(木) 23:23:44.89 ID:iG0RDTI40
198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/16(土) 02:29:51.16 ID:T9+TFJAgo
乙です!
199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/20(水) 00:46:02.82 ID:GhpR9BPI0
クリスマス回投下します
200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/20(水) 00:46:36.80 ID:GhpR9BPI0





上琴イン「「「メリークリスマース!!」」」パンッパンッパンッ!

美琴「にしても、唐揚げとかサラダとか色々・・・・・・作りすぎなんじゃないかしら」

上条「いや、もしかしたらこれでも足りないかもしれないぞ」

ガツガツモグモグムシャムシャ!

美琴「・・・・・・本当ね」
201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/20(水) 00:47:08.58 ID:GhpR9BPI0

上条「んじゃあそろそろ」

インデックス「あ、待ってとうま!」

インデックス「まず、私からがいいんだよ」

上条「ん?まあいいけど」

インデックス「はい!」サッ

上条「これは、」

美琴「クッキー?」

インデックス「こもえといっしょに作ったんだよ」

インデックス「これは私からの2人へのクリスマスプレゼントなんだよ」

インデックス「とうまとみことにはたくさんお世話になった。これは私からの感謝の印でもあるんだよ」

上条「インデックス・・・・・・」

美琴「いいの?私も貰って」

インデックス「うん。みことも私の友達だから」

美琴「……ありがとう」



202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/20(水) 00:47:47.34 ID:GhpR9BPI0






浜面(……結局こんな時間になってしまった)

浜面「た、ただいまー」ガチャッ

滝壺「おかえり、はまづら」たきつぼeミニスカサンタ

浜面「ぶほっ!!」ブシュー!!

滝壺「はまづら……?」

203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/20(水) 00:48:45.93 ID:GhpR9BPI0


数分後


浜面(んー、なんか後頭部が柔らかい)

滝壺「はまづら」

浜面(え、何で真上に滝壺の顔があんの!?)

浜面(・・・・・・もしかして、膝枕?しかも生足で??)

浜面「・・・・・・天国だ」

滝壺「はまづら?」

浜面「あ、いや、何でもない」

浜面「そういえば……あれは」

滝壺「これのこと?」

浜面「あ、ああ。それ……お前へのだ。開けてくれ」

滝壺「うん」

滝壺「・・・・・洋服?」

浜面「ああ。いつも同じジャージだからな。たまにはオシャレしたらどうだ?」

滝壺「ありがとう・・・・・これ、お返し」

浜面「お返しなんて・・・・・・っ!」

浜面「・・・・・・幸せだ」

滝壺「私も」

204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/20(水) 00:49:27.11 ID:GhpR9BPI0



打ち止め就寝後


一方通行「おい、なンだこれは」

黄泉川「サンタのコスチュームじゃんよ」

芳川「ちゃんと髭もあるわ」

一方通行「そォいう問題じゃねェンだよ。なンで俺がコスプレをしなけりゃならねェンだよ」

黄泉川「プレゼントを置くときに打ち止めが起きるというのは、接待に起きてはいけない事じゃん」

芳川「そこであなたがサンタになりきれば、あの子の夢を壊さずにプレゼントを渡せるわ」

一方通行「俺は絶対にやらねェ」

黄泉川「しょうがい。桔梗!」

芳川「ええ。愛穂!」ガシッ!

一方通行「おい離しやがれ!番外個体!この2人をなんとかしろォ!!」

番外個体「えー、ミサカ忙しいしー」ピコピコ

黄泉川「諦めるじゃん。一方通行」

205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/20(水) 00:50:04.18 ID:GhpR9BPI0


番外個体「…………」プククク

サンタ(一方通行)「・・・・・・笑いたければ、笑えばいい」ズーン

番外個体「ぶひゃひゃひゃ!あーひゃひゃひゃ!!ヤベーもう無理笑い死ぬ!あ、あの第一位が!こ、コスプレ!サンタのコスプレ!!」ひゃひゃひゃひゃひゃ!!

黄泉川「番外個体。そろそろ静かにするじゃん」

番外個体「あー!もう。わかった。あー、もう一生分笑った気がする」

サンタ「・・・・・・」

芳川「早く行ってきなさい」

サンタ「あァ。そォだな」スクッ

芳川「あ、待ちなさい。能力使用状態にしておきなさい」

サンタ「あァ。そォだな」

芳川「その杖をついてれば、あなたの正体がバレてしまうわ。コスプレでチョーカーは隠せてるしね」

サンタ「あァ。そォだな」

スタスタ ガチャ
206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/20(水) 00:52:04.05 ID:GhpR9BPI0

サンタ(……さっさと置いてこのクソみてェな格好から着替えたい)

コソコソコソコソ サッ

サンタ(よし。後はさっさと部屋から出るだけ!!)

打ち止め「・・・・・・ムニュ」

サンタ(後でコーヒー飲もう)

打ち止め「・・・・・・もしかして、サンタさん?って、ミサカはミサカは尋ねてみる」

サンタ(なっ!ここで起きるだと!?う、狼狽えるンじゃない。学園都市第一位は狼狽えない!!)

サンタ「あ、あァ。そォだよ。いい子の打ち止めちゃンに、愉快で素敵なサンタさンが最っ高のプレゼントを持ってきたぜェ!!」

サンタ「ほら受け取りやがれェ!」

打ち止め「あ、ありがとう!開けていい?ってミサカはミサカは聞いてみる!」

サンタ「あァ。どォぞ」

打ち止め「わーい!」

打ち止め「何かな何かなーって、ミサカはミサカは期待してみる!」

打ち止め「あ!ゲコ・・・・・・太じゃ、ない」

サンタ(・・・・・・は?)

サンタ「あ、いや・・・・・・すまンのォ、おじさン、目が悪くて間違えてしまったわい」

サンタ「い、今すぐ別のを買ってくるからなァ!!」

打ち止め「いいよ。とミサカはミサカはあなたを静止してみたり」

サンタ「なンでだ。本物の方がお前も喜ぶだろォが」

打ち止め「たとえ偽物でも、あなたからもらったものは何でも嬉しい!ってミサカはミサカは大喜びしてみる!!」ニカッ

サンタ「・・・・・・ではおしざンは次のプレゼントを届けに行く」ガララ

サンタ「さらばじゃ!」シュタッ

207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/20(水) 00:53:34.85 ID:GhpR9BPI0
芳川「上手くいったようね」

黄泉川「そのようじゃん」

ピンポーン

黄泉川「ん?誰だ、こんな時間に」
208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/20(水) 00:54:49.76 ID:GhpR9BPI0


番外個体「まさか第一位がオートロックに締め出されるとはね」

一方通行「うっせェ」

一方通行「おい番外個体」

番外個体「なに」

一方通行「・・・・・・ほらよ」

番外個体「なにこれ」

一方通行「見りゃァ分かンだろ」

ビリビリ

一方通行「もっと丁寧に開けやがれ」

番外個体「・・・・・・ヘアピン?」

一方通行「・・・・・・お前だって一応女だ。身だしなみとか気にしろ」

番外個体「・・・・・・」スタスタ

ガチャッ

番外個体「(・・・・・・おやすみ)」ボソッ

バンッ

一方通行(俺も寝るか)


209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga ]:2013/11/20(水) 00:57:46.50 ID:GhpR9BPI0
以上です。完全なる一方回ですね。
上条と美琴のプレゼントに関してはまた別の機会に。浜面が何してもらったかは……言うまでもないか
210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/11/20(水) 00:59:15.22 ID:67GRSZQG0
乙 いいイブだ
211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/20(水) 07:38:58.89 ID:KKHaPw42O
だれか、参考画像をくだしあ
212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/11(水) 01:42:53.36 ID:dJf3YlCm0
お久しぶり。>>1です。
3レスほど小ネタで
213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/11(水) 02:28:13.25 ID:dJf3YlCm0

アイテム邸

麦野「はまづらー。ミカンー」グデー

浜面「はいはい」スタスタ

絹旗「はまづらー。そこの雑誌超取ってください」グデー

浜面「はいはい」スタスタ

滝壺「グースカピー」zzz

浜面「こたつで寝ると風邪引くぞ」

黒夜「はまちゃーん。オレンジジュースー」グデー

浜面「そんなに飲むと夜中にトイレ行きたくなるぞ」スタスタ
214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/11(水) 02:28:49.17 ID:dJf3YlCm0


浜面(・・・・・・ふぅ、やっと俺もゆっくりできる・・・・・・)グデー

浜面(・・・・・・)

浜面「グーグー」zzz
215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/11(水) 02:29:32.43 ID:dJf3YlCm0

滝壺「――づら――――はまづら」

浜面「んぁ?」

滝壺「こたつで寝ると風邪引くよ。部屋に戻ろ?」

浜面「ああ、そうだな」

滝壺「はまづら」

浜面「ん?」

滝壺「おやすみ」

浜面「おやすみ。滝壺」
216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/11(水) 02:30:23.97 ID:dJf3YlCm0
通信速度が遅すぎて投下予告できていたことに気づけずすいません。以上です
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/11(水) 03:06:21.01 ID:cNCV72Hjo
ほのぼのええな
おつおつ
218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/11(水) 09:41:51.39 ID:Ir3S7/M10
氷点下を体験できるアトラクションとか
アーチェリーができる場所とか
色々あるよな
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/21(土) 02:30:08.17 ID:uqbqK9dy0
どうも>>1です。
上琴中心話の投下をします
220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/21(土) 02:30:49.18 ID:uqbqK9dy0

黒子「お姉さま、本当に行かれますの?」

美琴「うん。今年はパ・・・・・・お父さんが帰ってくるって言うし」

美琴「いつも遠くに行っちゃって。会える時に会っとかないと」

美琴「アイツに少しの間会えないのは寂しいけど、こっちにいればいつでも会えるしね」

221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/21(土) 02:31:32.33 ID:uqbqK9dy0

インデックス「とうま、どこかにお出かけするの?」

当麻「今年は実家で年越しだ。美琴も実家に帰るみたいだし、父さんも帰って来いって言ってるしな」
222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/21(土) 02:32:05.36 ID:uqbqK9dy0

次の日、東京某所


当麻「駅で待ってるって言ってたはずだけど」

223 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/21(土) 02:32:34.11 ID:uqbqK9dy0



美琴「連絡したし迎えに来てくれるって言ってたのに」

224 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/21(土) 02:33:01.44 ID:uqbqK9dy0


当麻美琴「「いないなー」」

当麻美琴「「・・・・・・ん?」」

当麻「あれ、美琴?」

美琴「何でアンタ達がここにいるのよ」

当麻「いや、こっちも里帰りだが」

美琴「同じ駅ってことは・・・・・・もしかして近所だったりしてね」

美鈴「いやーごめんね美琴ちゃん。道が混んでて」

美鈴「あれ、上条君も一緒なの?」

上条「あ、お久しぶりです美鈴さん」

美鈴「・・・・・・美琴ちゃん。挨拶に連れてくるんだったら先に言ってよ」

美琴「ばっ!なに言ってんのよこのバカ母!!た、確かにいつかは挨拶もするだろうけど・・・・・・で、でもアイツさえよければ今すぐでも・・・・・・」

当麻「・・・・・・・・・・・・あと数年したらな」

美鈴(どうやら付き合えたみたいだけど、何でだろう。これ以上からかう気分になれない)

詩菜「あらあら当麻さん。もう生涯の伴侶を決めたのかしら」

当麻「か、母さん」

美琴「あ、えと!お久しぶりですおばさま!」

詩菜「あらあら。お母様でもよろしいのですよ?」

美鈴「あれ、上条さんじゃないですか」

詩菜「御坂さん?」

刀夜「母さん。1人で行くことはないだろ」

旅掛「おいおい美鈴。いくら美琴ちゃんに早く会いたいからって俺を置いてくことはないだろ」

刀夜「ん、御坂さん?」

旅掛「おー、上条さんじゃないですか!」

美琴「・・・・・・どうなってるの?」

当麻「さぁ」


225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/21(土) 02:34:05.80 ID:uqbqK9dy0
2家族が合流したところで終了です。
インデックスが相変わらず空気ですが、あと1ヶ月くらいしたら出番作ります
226 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/22(日) 01:24:48.89 ID:9aadlnxao
乙です
227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/22(日) 06:26:13.61 ID:l62unds10
おつ!
228 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/31(火) 00:01:26.47 ID:95jXARJj0
今年最後の投下します
229 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/31(火) 00:02:24.09 ID:95jXARJj0

旅掛「ん?」チラッ

当麻「?」

旅掛「・・・・・・」チラッ

美琴「?」

旅掛「美琴ちゃんが・・・・・・」

インデックス「?」

旅掛「美琴ちゃんが男を連れてきたぁー!!認めん!俺は認めんぞーー!!!」

美鈴「落ち着け」バシッ!

旅掛「へぶっ!」

美琴「つ、連れてきた来たわけじゃないわよ!たまたま同じ駅だっただけで!!」アタフタ

当麻「そ、そうですよ!!」

美琴「(で、でも数年もしたら挨拶も・・・・・・)」

詩菜「あらあら。当麻さんはやっぱり年下が好きなのね」

当麻「・・・・・・美琴限定だよ」

刀夜「当麻。男としての責任は果たせよ」

当麻「わかってるよ」

美鈴(何でだろ。揶揄う気にならないなー)

美鈴「・・・・・・いつまで固まってるのよ」

230 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/31(火) 00:03:08.62 ID:95jXARJj0

当麻「ま、まあに荷物置き終わったらまた連絡するよ。じゃあな美琴」

インデックス「またねみこと」

美琴「うん。またね」
231 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/31(火) 00:03:42.48 ID:95jXARJj0

御坂家


旅掛「美琴ちゃん。荷物を置いたらパパの部屋に来てくれないか?」

美琴「え?うん」
232 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/31(火) 00:04:35.68 ID:95jXARJj0

ガチャ

美琴「来たけど・・・・・・」

旅掛「これは大事なことじゃないけど、来年に引っ張っていいことでもないと思ってね」

美琴「どうしたのよ。いきなり改まって」

旅掛「あくまで噂レベルだけど、何か知っていたら教えて欲しい」

旅掛「世界中で、美琴ちゃんと同じ姿の子が同時に確認された」

美琴(・・・・・・もしかして)

旅掛「その様子だと、何か知ってるんだね。話してくれないか?」

美琴(もう隠せないよね)

美琴「ママには?」

旅掛「美琴ちゃんが言って欲しくないのなら」

美琴「・・・・・・妹達。私のDNAマップを利用して作られた体細胞クローン」

美琴「ある実験で殺される為だけに生まれて、私も途中で知って止めようとしたけど、1万人以上が死んじゃった」

美琴「今は実験も凍結されて生き残った1万人が各地の研究所に住んでるわ」

旅掛「・・・・・・辛かったね。このこと、あの少年は?」

美琴「全部、知ってる。そもそも私の力だけじゃ実験は終わらせれなかった。アイツが救ってくれなかったら今ごろ私もここにはいなかった」

旅掛「そうか。じゃあもう一つ」

旅掛「その時助けてもらったから、その子が好きになったのかい?」

美琴「・・・・・・それは違うわ」

美琴「アイツは馬鹿で鈍感で、でも誰かが困ってれば自分のことも顧みずに助けようとするし、私のことを超能力者の超電磁砲じゃなくて1人の女の子として見てくれるの」

美琴「何て言うか・・・・・・うぅ、あーもう!とにかく!憧れとか恋とか、言葉で表せないぐらいにアイツが好きなの私は!!」

美鈴「へー」ニヤニヤ

美琴「っ、ま、ママ!いつの間に!?」

美鈴「んー、『とにかく!憧れとか恋とか、言葉で表せないぐらいにわ――』」

美琴「わー!わかったからそれ以上言わないでー!!」

旅掛(美琴ちゃんも、もう子供じゃないのかな)

233 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/31(火) 00:09:54.39 ID:95jXARJj0

ガチャ

美琴「来たけど・・・・・・」

旅掛「これは大事なことじゃないけど、来年に引っ張っていいことでもないと思ってね」

美琴「どうしたのよ。いきなり改まって」

旅掛「あくまで噂レベルだけど、何か知っていたら教えて欲しい」

旅掛「世界中で、美琴ちゃんと同じ姿の子が同時に確認された」

美琴(・・・・・・もしかして)

旅掛「その様子だと、何か知ってるんだね。話してくれないか?」

美琴(もう隠せないよね)

美琴「ママには?」

旅掛「美琴ちゃんが言って欲しくないのなら」

美琴「・・・・・・妹達。私のDNAマップを利用して作られた体細胞クローン」

美琴「ある実験で殺される為だけに生まれて、私も途中で知って止めようとしたけど、1万人以上が死んじゃった」

美琴「今は実験も凍結されて生き残った1万人が各地の研究所に住んでるわ」

旅掛「・・・・・・辛かったね。このこと、あの少年は?」

美琴「全部、知ってる。そもそも私の力だけじゃ実験は終わらせれなかった。アイツが救ってくれなかったら今ごろ私もここにはいなかった」

旅掛「そうか。じゃあもう一つ」

旅掛「その時助けてもらったから、その子が好きになったのかい?」

美琴「・・・・・・それは違うわ」

美琴「アイツは馬鹿で鈍感で、でも誰かが困ってれば自分のことも顧みずに助けようとするし、私のことを超能力者の超電磁砲じゃなくて1人の女の子として見てくれるの」

美琴「何て言うか・・・・・・うぅ、あーもう!とにかく!憧れとか恋とか、言葉で表せないぐらいにアイツが好きなの私は!!」

美鈴「へー」ニヤニヤ

美琴「っ、ま、ママ!いつの間に!?」

美鈴「んー、『とにかく!憧れとか恋とか、言葉で表せないぐらいにわ――』」

美琴「わー!わかったからそれ以上言わないでー!!」

旅掛(・・・・・・美琴ちゃんも、もう子供じゃないのかな)

234 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/12/31(火) 00:10:34.93 ID:95jXARJj0
うわー、重複してるわ。
以上です。それでは良いお年を!
235 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/31(火) 01:04:07.21 ID:CiYgYCoSo

良いお年を
236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/31(火) 02:08:54.01 ID:+ryouNyk0
おつ
良いお年を‼
237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/31(火) 02:12:04.89 ID:s23oUSXz0
おっつ
238 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/31(火) 14:50:10.91 ID:KZNzmvAb0
おつおつ
よいお年を!!
239 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/21(火) 01:13:11.97 ID:wJs/MhO80
明けましておめでとう!
>>1です。

投下します
240 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/21(火) 01:14:06.12 ID:wJs/MhO80


夕方


刀夜「当麻、インデックスちゃん。年越しは御坂さんの家ですることになった。母さんは先に行って準備している、私達もあと少ししたら行くよ」

当麻(美琴の家か。やっぱり豪邸なのかな)

イン「・・・・・・眠いんだよ」

241 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/21(火) 01:14:32.02 ID:wJs/MhO80


ピンポーン

美琴「はーい。あ、いらっしゃい」

刀夜「おじゃまします。美琴ちゃん」

当麻「おじゃまします」

美琴「外寒かったでしょ?すぐに温かい飲み物だすわ」

当麻「いや、美琴の編んでくれたマフラーがあったからな」

美琴「もう・・・・・・さ、あがってあがって」

当麻「ほらインデックス。行くぞ」

イン「・・・・・・はーい」
242 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/21(火) 01:14:59.44 ID:wJs/MhO80

旅掛「いらっしゃい」

刀夜「おじゃまします。御坂さん」

イン「おじゃましますなんだよ」

当麻「お、おじゃまします」

旅掛「当麻君、だったね?」

当麻「あ、はい」

旅掛「・・・・・・上条さん。息子さんとお話をしたいのですが、よろしいでしょうか?」

刀夜「どうぞ、私はインデックスちゃんを見ていますので」

旅掛「さて当麻君。俺の部屋に行こう。とても大事な話だ」

243 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/21(火) 01:15:25.69 ID:wJs/MhO80


当麻(な、何を話すんだ。ま、まさか『娘をお前の様な男にはやらーん!!』とか!?)

旅掛「ここなら誰にも聞かれないな」

旅掛「大体の事は美琴ちゃんから聞いている。だからお互い無駄なことは省こう」

当麻「あ、あの」

旅掛「妹達」

当麻「っ!」

旅掛「あの子は人に心配かけるのを極端に嫌うからね。隠してる事もあると思うんだ。君の知っている事も、教えて欲しい。例えば、実験を止める為に美琴ちゃんが何をしたか、とか」

当麻「・・・・・・はい」

244 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/21(火) 01:16:28.59 ID:wJs/MhO80



旅掛「そんなことが」

当麻「俺も美琴から聞いただけですけど、あいつ、自分一人で何でも背負い込んで」

旅掛「ありがとう。君も大変だったね」

当麻「あいつらを救おうとした美琴です。俺はただ力を貸しただけですよ」

旅掛「そうか・・・・・・ではもう一つ聞こうか」

旅掛「君は美琴ちゃんが、本当に好きなのかい?」

当麻「はい」

旅掛「何があってもあの子を守れると?」

当麻「約束、したんですよ。何があっても、どんな時でも、誰からでも何度でもあいつを守るって、キザな野郎と約束したんです」

旅掛「美琴ちゃんに必要なのはそんな都合の良いヒーローか?」

当麻「・・・・・・わかりません。でもあいつが悩んでたら、支えて力になりたいんです。俺にはそれしかできません。でもできることがあれば、俺は精一杯あいつの力になりたいんです」

旅掛(芯の通った真っ直ぐ目だ)

旅掛「・・・・・・気に入った。さすがは上条さんの息子だ」

当麻「え?」

旅掛「君なら美琴ちゃんに相応しい。もし何か困ったことがあれば俺に相談するがいい。大人として、君たちの力になろう。無論、美鈴や詩菜さん。上条さんもだ。子供の君たちだけが背負わなきゃいけないことなんて無いんだ」

当麻「あ、ありがとうございます!」

旅掛「さ、リビングに戻ろう旦那君」

当麻「なっ!?」

旅掛(だがそれゆえに危なっかしいな)
245 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/21(火) 01:16:55.10 ID:wJs/MhO80
以上です。
さて、ネタ切れ感が半端ない
246 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/21(火) 01:20:03.16 ID:Yz/8yK7Q0
一方通行と旅掛あわせてみたいな
247 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/21(火) 01:35:59.06 ID:pKqA/KDS0
乙ー  
248 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage saga]:2014/01/21(火) 06:44:22.54 ID:5uPPOfg50
乙乙。
249 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/22(水) 22:46:09.58 ID:lyF97mjq0
おつ
250 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/03/03(月) 01:04:36.91 ID:ytUuYEaI0
>>249 ageないでくれ
復活したな
251 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/07(金) 22:47:57.01 ID:wcJAemeB0
どうも>>1です。
すいません。本当に書けません。
あるだけ投下します。
252 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/07(金) 22:48:30.49 ID:wcJAemeB0


美鈴「こっちはもう大丈夫だから、美琴ちゃんは上条君の所に行ってきなさい」

美琴「え、まだいいわよ」

詩菜「大丈夫ですよ。美琴さんは当麻さんとインデックスさんの相手をしてください」

美琴「・・・・・・はい!後お願いします!」タタタ

詩菜「あらあら、青春ですね」ニヤニヤ

美鈴「ホント、青春ですねー」ニマニマ

詩菜「うふふふふふふ」

美鈴「ふふふふふふふ」

253 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/07(金) 22:48:56.47 ID:wcJAemeB0


美琴「あれ、インデックスは?」

当麻「疲れたんだろ。あっちの部屋で眠ってるよ」

美琴「そっか……ね、ねぇ」

当麻「ん?」

美琴「私の部屋に、来ない?」
254 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/07(金) 22:49:25.21 ID:wcJAemeB0


当麻(……カエル)

当麻(カエルカエルカエル)

当麻「カエルばっか」

美琴「カエルじゃないゲコ太よ!!」

当麻「わ、わるかったって」

美琴「まぁいいわ……わざわざ部屋に連れてきた理由だけどさ」

美琴「アンタ、パパと一体何話してきたの?」

当麻「あー、それか。お前が学園都市で何やってきたか」

美琴「それって、妹達のこと?」

当麻「ああ。大体は美琴から聞いたから、お前が絶対に言わないことを旅掛さんに話した」

美琴「そっか。はぁ、パパ、何か言ってた?」

当麻「いんや、別に」

美琴「本当に?」

当麻「本当だって」

ガチャ

美鈴「おーい、もうおりてきなさーい」

美琴「あ、はーい」

255 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/07(金) 22:50:13.81 ID:wcJAemeB0
すいません。おそらく次の投稿までかなり時間かかります。
256 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/03/07(金) 23:30:25.05 ID:AlKAJRm4o
乙です
待ってます
257 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/08(土) 03:55:15.40 ID:97Bsze5Y0
乙です!
待ってまーす
258 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/26(水) 00:41:52.08 ID:MmYhVU8k0
1,2週間前に買った魔法少女物がまだ一章しか読み終わってません。禁書の新刊は買ったその日に読み終わるのに、なぜだろう。投下します
259 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/26(水) 00:42:19.42 ID:MmYhVU8k0


ガツガツモグモグムシャムシャ!!


イン「美味しいんだよ!あ、これも!!」

詩菜「あらあら」

美鈴「……本当によく食べるわね」

美鈴「ところで、最初からさも当然の様に居るけど、その子誰?」

詩菜「そういえば」

美琴(え、えっと……そういえば私もよくわかってないのよね)

イン「ん?私は――」

当麻「あー!イギリスの知り合いに預かってくれって頼まれててな!こいつ他に行くあて無かったみたいだし!!」

当麻(う、嘘は言ってない。うん)

美琴「そ、そうらしいのよ。大丈夫よ。この子は私の友達でもあるんだから!」

美鈴「まぁ、美琴ちゃんがそう言うなら」

旅掛「いやー、美味いですなー!」ハハハ

刀夜「そうですなー!」ハッハッハ


260 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/26(水) 00:43:03.16 ID:MmYhVU8k0


〜数時間後〜



美鈴「上条君、今お風呂に刀夜さんいるから、一緒に入ってきなさい」

当麻「え、でも俺そんな歳じゃ」

詩菜「あらあら。じゃあ私が入って来ましょうか」

当麻「いい!俺が行く!!」
261 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/26(水) 00:44:24.47 ID:MmYhVU8k0



当麻「まったく母さんは」ヌギヌギ

ガラッ

当麻「父さん、母さん達が一緒に入れ――――」

美琴「……え?」チャポン

当麻「――――って……」

当麻「ご、ごめんなさい!!」

ガチャガチャガチャ!!

当麻「くそ!開かねえ!外から抑えてやがるなあの馬鹿親ども!!」ガチャガチャ!!

美琴「ね、ねえ」

当麻「ひっ!お願いですからビリビリだけは勘弁してください!!」

美琴「そのままじゃ寒いでしょ?入りなさいよ」

当麻「……ふぇ?」
262 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/26(水) 00:45:22.29 ID:MmYhVU8k0



ゴシゴシ

美琴「痛くない?」

当麻「い、痛くないぞ」

美琴「そう、傷跡がけっこう残ってるから」

当麻「……背中の傷ってやっぱ、格好悪いか?」

美琴「ううん、全部、誰かを守る為に出来たんでしょ?」

当麻「たぶん、な」

美琴「そしてこの中には、私の為に出来たのもある」

ギュッ

当麻「お、おい美琴」

美琴「ごめん。ごめんね。いつもアンタは誰かの為に戦ってくれるのに、私はアンタに、何も出来ない」

当麻「美琴、それは違うぞ」

美琴「え?」

当麻「お前はいつだって、俺の力になろうとしてくれたじゃねぇか。それにハワイの時だって、美琴がいたから俺は救われたんだ。それにロシアまで助けに来てくれたりフロイライン=クロイトゥーネやフレイヤの時だって。いつでもお前は、俺の助けになってたよ。だからこうしてお前の横で笑ってられるんだ。だから美琴も、笑っててくれよ」

美琴「……うん……」

ギュ―

当麻「……あの、いい加減離れてくれませんかね美琴さん」

美琴「やだ」

当麻「まったく、甘えん坊さんだなー。美琴たんは」

美琴「美琴たん言うな」

当麻「はいはい」



263 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/03/26(水) 00:46:10.36 ID:MmYhVU8k0
以上です。
本当に刀夜さんだったら、詩菜さん、入りかねないのが怖い
264 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/03/26(水) 00:56:48.04 ID:stU8MLEL0
乙  ミコっちゃんバスタオル巻いてるんだろうけど大胆
265 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/04/06(日) 02:46:22.83 ID:KVz+3LKu0
ああ、もう、今月は駄目だ。文章化する気力がわかない。
小ネタ書いたので、おまけ程度に
266 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/04/06(日) 02:46:48.32 ID:KVz+3LKu0



上条「美琴!」

浜面「滝壺!」

上条「美琴だ!!」

浜面「滝壺だ!!」

上条「確かに美琴は幼児体型でお嬢様なのにがさつでツンツンしてるのに金銭感覚なくて常識外れなところあるけど俺の為にロシアやハワイまで俺の為についてきてくれるし、それになにより普段ツンな分デレた時がとっても可愛い!!」

浜面「滝壺だってファミレスとか行くといつも目を開けて寝てたるかよくわからんこと口に出すかだし買い物行っても食材とか洗剤とか主婦っぽいけど俺の為にレベル5相手に立ち向かってくれたりそれになによりキ、キスまでしてくれたぞ!どうだ、お前の彼女はしてくれないだろ」

上条「ぐ、ぐぬぬ、だ、だが同じ布団で寝たぞ!」

浜面「ぐぬぬ!」

上条「うぬぬ!」

美琴「ちょっとアンタ、何してんのよ」

滝壺「はまづら。喧嘩はだめ」

浜面「っは!その程度じゃ満足に揉めまい!脱いだらすごいんだぞ!俺もまだ見た事ないけど!!」ムニュッ!

滝壺「は、はまづら……だめ///」

上条「ふん!こっちには可能性というものが存在するのだ!将来美鈴さん並のボインになると俺は信じているぞ!!」ムニッ

美琴「ば、バカ!なにすんの!!///」

ムニムニ モニュモニュ

美琴「い……いい加減にしなさい!!!//////」

ビリビリドッカ―――ン!!!!
267 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/04/06(日) 02:48:44.05 ID:KVz+3LKu0

上浜「「本当にすいませんでした」」ドゲザー

美琴「とりあえず、何であんなことしたのか、教えなさい」

上条「そ、それは、どっちの彼女が……」

浜面「一番かという話で口論になり盛り上がってあんな所業を」

美琴「…………は?そんなことで?」

上条「そ、そんな事とは!」

浜面「これでも俺達は本気で」

滝壺「……はまづら」スッ

浜面「滝壺……」

滝壺「私は、はまづらが居てくれればいい。だから、他の誰かじゃなく、はまづらの一番で私は十分」

浜面「滝壺」ウルウル

滝壺「帰りに、スーパーで洗剤買って帰ろう?」

浜面「ああ」









上条「…………」

美琴「…………」



上琴「「なんか良い話っぽくなってる!?」」
268 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/04/06(日) 02:50:05.81 ID:KVz+3LKu0
以上です。
もう三週間は、期待しないで。

鈍行の>>1とでもお呼びください
269 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/06(日) 03:58:04.24 ID:JRvakys/o
(個人的にはそこまで鈍行とは思わないけど)鈍行の>>1乙!
頑張って
応援してる
270 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/07(月) 23:28:09.98 ID:cthqdMHT0
ノロマ
271 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/09(水) 14:30:00.32 ID:5ILsQLdZ0
乙!
272 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/12(土) 00:02:39.50 ID:5ayxy/f+0
牛歩スレ
273 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/04/13(日) 23:49:23.10 ID:DCqelHE80
ナマケ
103.88 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)