このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

食蜂「好きって言わせてみせるわぁ」その4 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 00:53:51.29 ID:igNzDGpDo
・禁書1〜3以外未読、新約もちろん未読、なので色々違う可能性があります

・地味に暴力描写有り、不快な人はごめんなさい

・荒らしがいた場合には徹底スルーをお願いいたします


……トリップ、これで合ってるかしら


その1
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368240371/

その2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371963371/

その3
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1377261524/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402329231
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

欧米「底辺は助けよう」ジャップ「底辺は見捨てよう」 @ 2017/04/25(火) 13:00:38.81 ID:IFiAU8+HO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493092838/

国際問題が無責任にごはんたべる @ 2017/04/25(火) 12:46:54.41 ID:6BtjdcMZo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493092014/

【安価】鉄男「安価で僕が作られた意味を探す。」 @ 2017/04/25(火) 12:27:17.08 ID:BpaU7C7bO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493090837/

【ダンガンロンパ】ゴン太「ペルソナ!」【あんこ】 @ 2017/04/25(火) 10:18:16.08 ID:MZOzfWDRo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493083095/

北方のとある鎮守府の話・改 @ 2017/04/25(火) 09:16:30.51 ID:v1o/4gwgO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493079390/

「 ガヴドロ 」天使と悪魔、二人きり。何も起きないはずがなく @ 2017/04/25(火) 08:32:29.83 ID:IAMZ1csio
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493076749/

魔法少女まどか☆マギカSS談義スレその133 @ 2017/04/25(火) 07:21:35.03 ID:vhF4QJkVo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493072494/

【幽助のテコ入れ】パー速でモンスト【待ったなし】 @ 2017/04/25(火) 06:39:14.98 ID:ds4YNSW1O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1493069954/

2 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 00:55:44.54 ID:igNzDGpDo
前スレ
>>374訂正

黄泉川愛理⇒愛穂
3 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 01:16:38.64 ID:igNzDGpD0
「……そうか。テメェが、食蜂の誘拐を主導した研究者か」

顔合わせ早々の喧嘩腰な態度に、大いなる誤解があるようだ、と初老の男が白髪交じりの髪を撫で擦った。

「騒動の大元は彼女に端を欲している。謂わばこちらは被害者で、事情を知りもしない部外者から罪人呼ばわりされるのは不本意だな」

やや後退した頭髪に尖った顎。白衣を纏う体は中肉中背で、特別鍛えているようには見えない。
背丈にしても自分とさして変わらず、先ほど戦った傭兵上がりと思しき男とは比べるべくもない。
誰がどう見たところで、どこの施設にもいそうな研究者という評価に落ち着くだろう。
学園都市では半ば背景の一部と化しているような存在感の希薄さだ。

「被害者だ? 研究を妨害されたことを根に持ってるってんならお門違いだろ。あんなの、実態を知りゃ誰だって逃げ腰になるだろうさ」

「そんな軽い一言で片づけられてはたまらんね。人生を捧げて打ちこんできたものを頓挫させられたんだ。
子どもの悪戯じゃ済まないことだって世の中にはある」

にもかかわらず、並み居る強敵たちと対峙してきた経験が、脳裏に警鐘を鳴らし続けている。
この男が、今まで戦ってきた誰より、危険な存在だということを。
4 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 01:21:26.21 ID:igNzDGpD0
「本心からの言葉だとしたら付ける薬がねえな。
利用するだけ利用しておいて、意に沿わなくなったら今度は意のままにってか。どんだけ自分本位なんだよ」

「過去の所業に対する制裁の意味がないとは言わんがね。
完成間近のギネス級ドミノを、ど真ん中から蹴倒すような真似をされたんだ。それも故意に。
対応がいささか大人気ないものになったとして、やむを得ないと思わないかね」

まるで壁に話しかけているような手応えのなさ。
薄々そうだろうと気づいてはいたが、目の前の男は食蜂の拉致に関して、罪悪感など微塵も感じていないらしい。

「……そっちの主張はわかった。何言ったところで、引き渡す気はねえってわけだ」

「いやいや、使い終わったら返してやって構わんとも。もっとも、どこかしらガタが来てるかわからんがね」

「――あぁ、そうかよ」

尋ねるという行為自体、馬鹿げたことだったらしい。
元より話が通じる相手なら事態がここまで拗れるはずもないのだ。

忠告はしたからな。
そう吐き捨てた上条に、木原が腹の底から溜め息。

「老いも若きも変わらんな。頭の足りない連中はどうして感情で物事を推し量ろうとするのか。私の手がけている研究が人類のためにどれだけ偉大なのか、理解しようとさえしない」

「犠牲ありきの技術革新なんざクソ食らえだってんだよ」

「それこそ、いつの世にも絶えぬ弱者の戯言の最たるものだ。弱肉強食に不平を述べるとは笑わせる。獅子が鼠にすべき遠慮が、この世のどこにあるというのだね?」

傲慢な物言いに、上条の目が細まった。


「鼠だって食われるために生きてるわけじゃねえ。止まる気がないってんなら、止まる気にさせてやるまでだ」
5 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 01:26:14.89 ID:igNzDGpD0
身近にいる人間が手酷く傷つけられて、それでも無抵抗主義を貫ける者などいるはずがない。
座して死を待つ哲学など、上条当麻の辞書には登録されていない。
布束の前で自戒した通り、諦めの悪いことだけが、自分の取り柄だ。

「力づくか。しかし、君ごときに何ができるのかな」

木原が口の端を歪めながら笑った。
その態度に上条がすぐさま反発する。

「こっちもいい加減、言動に気を遣えねえ程度にはキてんだわ。
アンタのその余裕面を――――歪めてやりたくなるくらいにはなぁっ!」


言葉の途中で突進に転じた上条が、中段に構えた拳をすぐさま振り抜こうとした。
その矢先――

「ぐぁっ!?」

左肩口に予期せぬ衝撃を見舞われた。木原のすぐ横を歩かされ、つんのめるように上条が倒れ込む。
打ち付けそうになった顔を庇い、突いた手のひらの周り、磨き抜かれた金属床に過ぎるいくつもの影を認めた。
先ほどまで床に転がっていたはずの金属球。
それがあたかも命を吹き込まれたように浮遊している。

「……ぐ、こいつ、は」

「どうして屈強な傭兵や魔術師どもが、私のようなひょろい研究者の命令に従っていたのだと思う?」

物腰穏やかなままに、木原が不敵な笑みを浮かべた。
6 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 01:34:11.05 ID:igNzDGpD0
講義のようにゆったりと投げかけられた質問が、上条の脳裏に高額な報酬を連想させた。

「そうだね。確かに、金銭もその一つではある」

「……ッ」

あたかも、その考えを読んだかのように、木原がそう言った。
体勢を立て直しかけた上条の目が見開かれる。

(……こいつ)

頭に引っかかったのは微かな疑念。
それは、しかし食蜂にすらできなかったことのはず。
偶然か、むしろカマかけの可能性を疑うべきだが。
湧いて出た警戒心を払しょくしきれぬ様子の上条に

「説明するまでもない。すぐにその体が理解することだろう」

木原が不吉な予言を突きつける。

「体が理解だって?」

「要するに、こういうことだ」

前触れもなく視界が白んだのを認め、上条の右手が瞬時に跳ね上がった。
半日常的に培われた経験が、防御行動を選択していた。
放たれたものが幻想殺しによって散らされ、電気の尾を残して消失。
木原がほぅ、と感心するような溜め息を零す。

「こいつは驚いた、今のを無傷でやり過ごすのか。アレイスターめ、なかなか面白いものを飼っている」

「……アンタ……今、何しやがった」

今しがた放たれたものに、上条には見覚えがあった。身に覚えがあった。
それは自分がよく知る少女の得意技、御坂美琴が何度となく放ってきた雷の槍に、酷似していた。
7 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 01:52:40.96 ID:igNzDGpD0
「……電撃使い(エレクトロマスター)の能力? なんで、大人に御坂みてえな真似が」

学園都市に子ども以外の能力者がいるなど都市伝説の類でしか聞いたことがない。
だが、それならば、なぜこの男は能力を使えるのか。

「厳密には、彼女そのものではない」

予想とは違う答えを木原が返した。

「我々がクローンの技術に関わっていることは君も知っていたようだな。
が、しかしそのクローンがどのように扱われていたかまでは、聞き及んでいないのだろう?」

木原は何かを上条に説明しようとしていた。
聞くに堪えない何かを。

「絶対能力進化の研究で消費された超電磁砲(レールガン)の妹たち(シスターズ)の中には、
死に損ないや、機能が停止しても臓器が無事だった個体が何百といてね」

消費、死に損ないといった言葉が出るのに合わせて、こめかみが引きつっていくのを上条は感じた。

「君とてこの街で生きていれば、移植やそれに準じた研究の噂などいくらでも聞いたことがあるはずだ。
――と、ここまで言えばわかるかな?」

ついで、その顔にはっきりと怒りの相が現れた。

「地球環境に配慮した、エコロジーさ。用済みになった、そのままでは焼却場で焼かれるだけの運命にあった彼女たち。
それを管轄下の医療機関に払い下げ、人類発展の一助としたのだよ」

「こっ……」

この男は、食蜂のみならず、妹たちまでも食いものにしていた。
絶対能力者実験で地獄のような苦痛を与えられた御坂の妹たちは、死してなお終わることを許されず。
一方通行との戦闘で奇跡的に命を取りとめた妹たちさえ、研究者たちの悪意によって、等しく奈落の底に叩き落とされていた。
信じがたい事実。認めたくない現実。
御坂美琴が知れば間違いなく発狂するだろう内容。

「実用化に漕ぎつけるまでには相当数の被験者が犠牲となったが、手間を惜しまなかったおかげで一定の成果を上げられたよ。
彼女らの脳の一部をわたしの脳に移植できるくらいにはね。今の私はレベル4相当のエレクトロマスターであると同時に――」

10031号まで、第一位、一方通行(アクセラレータ)との戦闘経験を有した能力者でもある。
自らを親指で指し示しつつ、木原が目を血走らせている上条にそう告げた。
8 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 02:04:23.71 ID:igNzDGpD0
「テ……テメェってやつは……どこまで……」

「実験に役立つデータを残し、残ったパーツも髪の毛から爪先まで無駄なく再利用される。
クローンとして生み出された者としては、まさしく本懐ではないかな?」

「ぐっ……だらあああぁぁぁッ!」

木原の満面の笑みが上条の思考を突沸させた。
だが、再度の突撃も金属球の動きに行く手を阻まれる。
御坂が砂鉄を操っていたように、金属なら何でもありということらしい。
木原を守るように取り巻いているそれらに接触する寸前で側面に回り込むも

「……がっ!? ――あぐっ! がはっっ!」

考えを先読みしたかのように、上条が迂回したその場所に、浮遊していた金属球が弾けるように散乱。
殴りかかる体勢に入っていた上条が逆にカウンターを見舞われる。
頬骨が歪むほどの一撃を皮切りに――咄嗟に頭部を庇って腕を畳むも――後頭部側からの一撃を受けて意識を半分以上持っていかれる。
勢いのままに左肩を押しのけた金属球が、逆戻りしたかのように上条の背後から襲いかかったのだ。
立て続けに、木原の操る金属球が縦横無尽に動き回った。
額、肩、肋骨、腰椎、ふくらはぎ、まさしく上条の全身に殺到。
床に転がりかけたかと思いきや、下から突き上げるような一撃を受け、倒れることすら許されない。
いくつか狙いを外した球体が床の金属板をたわませ、銀色のメッキを大きく削いだ。
ものの十秒ほどでその攻勢が止み、

「ご……ふっ……」

満身創痍となった上条が、朦朧とした表情のまま両膝をつき、敢え無く地面に崩れ落ちる。


「くくく、ハハハハ、なんだそのザマは? その程度の実力であの娘を取り戻す気だったのか?
にしたって、もう少し粘ってみせてもいいのではないかね? こっちはまだ掠り傷一つ負っていないぞ」
9 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 02:19:36.01 ID:igNzDGpD0
倒れたきり一向に起き上がろうとしない上条に、木原がほくそ笑みながら手で空を切った。
ほどなく磁力によって数珠繋ぎになった鉄球が、長大な鞭と化した。

天井に届かんばかりに伸びたそれが大きく撓り、ついで上条の頭部目がけて振り下ろされる

当たれば必死の、遠心力が加えられた致命打を凌ぐべく、上条が畳んだ腕で地面を突き出す様にして転がり込む。
床を強打した鞭が、真珠のネックレスがばらけるように散開し、起き上がりかけている上条に向かって急加速。

「一応断っておくが、死んだふりに引っかかるほど馬鹿じゃないぞ」

「……ぐっ……ちっくしょ!」

立ち上がってどうにか一時退避を試みる上条の逃走方向に、

「ぐっああぁぁッッ!?」

待ち構えていたかのように木原の電撃が襲来。
右手で掻き消す間も与えられなかった。
引き続いて、体が硬直した上条目がけて金属球が再び殺到。

何かがおかしい。
相手の攻撃が噛み合いすぎている。

「がっ……ぁああああアァ!」

全身を打ち据えられて朦朧とする意識に、上条が地団太を踏み活を入れる。
両脇を固めるようにして金属球の集中攻撃から抜け出す。
さらに顎の下から迫った鉄球を背を反らすことで避け切り、木原との距離を詰めるべく体を引き起こす。そして――

「……ッッッ!」


上条の脳裏を絶望の二文字が掠める。
これから向かうはずだった空間を埋めるようにして、金属球が先んじて展開されていた。
10 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 02:23:22.55 ID:igNzDGpD0
(くそっ! 有り得ねえだろ! ……こうもことごとく読まれるなんて)

いくら回復力が増しているとはいえ、ダメージは蓄積していく。
このままではジリ貧、何より戦える時間は有限だ。
ガルドラボークの魔力が尽きれば、今度こそ打つ手はない。

(……落ち着け、今までの状況を整理しろ)

逸る心を意志の力で抑え込む。
いくらなんでも対応が迅速に過ぎる。
未来を予め知っているかのように。

(やっぱり、こっちの心を読んでるのか? あるいは、行動を先読みしている? だけど、どうやって――)

はたと脳裏に閃くものがあった。
小萌の授業で教わった精神系能力者と電撃使いの類似点。
あるいは動物園での食蜂との他愛ない会話を。
人間はあらゆる活動を行うときに微小な電波を発し、体に命令を下している。
能力者がそれを自在にコントロールするには、まず対象の体内に発生している電流の発生状況を見極めねばならないはず。
そうでなければそもそも意図する行動を取らせることができない。
だとするなら。
同系統に近い電撃使いも、あるいは訓練次第で似たようなことができるようになるのかもしれない。
11 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 02:32:45.76 ID:igNzDGpD0
劣勢にあって、上条は一つの確信を深めていく。
以前に男が食蜂の能力を研究していたのなら、体の能動的な反応についてもそこそこ詳しいはずだ。
おそらくは画像をスキャンするように、電磁波を用いてこちらの生体電流を読み取っている。
とはいえ、それが事実だとして、状況は好転しない。
どんなトリックを用いたところで生理的な反応を止める手立てなどない。

読まれているという意識からか、間合いを詰め切ることができないまま、上条が摺り足で相手の動きを窺う。
迂闊に突っ込んだところで先ほどの二の舞だ。
相手が金属球を操作する一瞬の隙を窺うしかない。
場合によっては、ある程度のダメージは覚悟の上で、一撃必殺に懸けるしかない。

わずかな兆候も見逃すまいと、自分の一挙一動をつぶさに観察しようとする上条に木原は

「見かけによらず冷たいな。ぼけっと突っ立っている暇があるのかねぇ?
君がそうやってのんびり休んでいる間にも、あの娘がどんな目に遭わされているやら」

せせら笑うように喉を鳴らした。

上条の唇の端から顎にかけて、ゆっくりと血が伝っていく。
わざわざ言われなくとも百も承知だ。
それでも、ここで倒されてはもう後がない。
不用意に仕掛けることだけは避けねばならない。
だが、そんな上条の心境の揺らぎをも、木原が見逃すことはなかった。

「がっ……!?」

唐突に、右足に覚えのない灼熱感を感じ、上条がその場から飛び退いた。
だが、ふくらはぎの痛みは引くことを知らず、むしろ増大した。
12 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 02:37:43.95 ID:igNzDGpD0
「はっ……あ゛っ……ぎぃっ!」

足を抱えるようにして上条が床に転がり込み、苦悶の声を漏らした。
喉が痙攣してまともな悲鳴すら上げられない。
気も狂わんばかりの痛み。足の水分が、血が、ぼこぼこと泡を立てて沸騰している。

「おっほほ、こうしてみると、電子レンジもなかなか凶悪な代物だ。そうは思わないか」

「――――ッ! 〜〜〜〜ア゛ガアアァ゛ッッ!!」

木原の視線が上条の反対の足に向き、上条が絶叫した。
不可視のマイクロ波による遠距離攻撃。
分子活動の加速に伴う体温の急激な上昇。
強烈な電撃すら甘やかに感じる刺激だった。

ただでさえ劣勢なのに、見える攻撃と見えない攻撃を織り交ぜてくる。
男の徹底した戦い方はかつて相対した一方通行を髣髴とさせた。
強すぎる。
こうまで絶望的な戦いを強いられて初めて、電撃使いの能力を心のどこかで見くびっていたことに上条は気づく。
純粋に、狡猾に、対象を破壊することに専念すれば。
自分が知るあの少女は、御坂美琴はいつでも上条当麻に勝てたのだと思い知る。
彼女を軽くあしらえていたなどと、とんでもない誤解だ。
無意識にせよ、御坂のほうが上条に手心を加えていたのだ。

ステイルの辛辣な言葉が蘇る。
驕っていたんじゃないか。
実際は、この程度なのに。
禁書の力を借りてさえ、このザマなのに。

ややあって、木原がつまらなそうに目を逸らし、悲鳴が短い尾を引いて消える。
重度の日焼けみたいな有様になった上条の両足からは、香ばしいとさえいえる匂いが立ち上っている。
魔力を過剰に使わねば再生が追いつかないのだろう。
スラックスのポケットに収められていたカードのルーンが数秒ほどで消失、ただの紙切れに変わった。
13 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 02:45:32.55 ID:igNzDGpD0
「…………ぅ……ぐぉ」

気が遠くなるような痛みに苛まれ、ぐったりとした上条に、木原が晴れ晴れとした表情を向ける。

「あと少しのところで手が届かない。我々が何度も通った道だ。君にも是非とも体感してもらいたい。
そうすれば、彼女に対する我々の憤りを少しは理解できるだろう」

「……ぁぐっ、く……そ……ったれ……」

攻撃に晒された足は、ひどい日焼けを負ったように真っ赤に爛れている。
空気が揺れ動いただけで針で刺されたような痛みを感じる。

「一つの裏切りによって長々と遠回りすることを我々は強いられた。
罪には罰を。人類史以来その理はなんら変わっていない。今の彼女の苦しみは、当然の報いなのだよ」

横倒しになっている上条から木原はあっさりと目を放し、

「そう。心理掌握という仇名も、かつてはわたしのものだった」

どこか懐かしげに宙を仰いだ。

行動心理学と社会心理学を組み合わせれば、日常生活に置いても身近な人間から様々な感情を読み取れる。
たとえばわずかな眼球の動き。
張りつめた場にいて手が向かう方角。
佇まいを直すときの速さなどから、その人物がどういう心理状態にあるのかを大まかに推測できる。

「加えて、体細胞温度や心拍数。血液の流量、脳波やホルモンの分泌量などを目にするだけで、対象の思考を事細かに把握することが可能となる。
その読み取りの正確さゆえに、研究仲間の一人が面白半分で僕に異名をつけた。それこそが」

「……心理、掌握」

言葉を継いだ上条に、木原がしたり顔でうなずいた。
14 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 02:51:51.97 ID:igNzDGpD0
「まずは論より証拠だな。――――あぁ、お前たち、音声は拾えているかな? つけてくれたまえ」

一瞬何を言っているのかわからず、上条が怪訝な顔をしたが、すぐに察した。
男の仲間たちに何らかの作業を指示しているのだ。
はたして、木原が手をかざしてから数秒後、巨大なモニターにいくつもの波形や数値が表示された。
苦痛に身を縮めていた上条が目を見張った。

「……これ、は」

「予想通り、脳波にかなりの乱れがあるようだね。並々ならぬ負荷がかかっているようだ」

木原のにやにや笑いを見て、上条がデータの正体を察した。

「……まさか……食蜂の」

「いかにも、彼女が自らに施したプロテクトの解析がやっと終わったようだ。
今は記憶の残滓を一つ一つ選り分けている段階かな。囲碁でたとえるなら、ヨセというやつだ」

囲碁や将棋にたいして詳しくない上条も、その言葉の持つ意味合いくらいは知っていた。
作業の仕上げ。詰めの部分。
洗脳が完了するまで、もう一刻の猶予もないのだと知る。

「あの子は早くに親を亡くし、親戚たちに疎まれ、学園都市に流れつくことでやっと安息の場を得た。
我々が手厚く保護したからこそだ」

何が安息の場だ。何が保護だ。お前たちは、アイツをより深く傷つけただけじゃねえか。
声なき心の弾劾が上条の歯を軋ませる。

「彼女の能力を解析することによって、我々の研究は大きく飛躍し、洗脳装置という成果を得た。
かくいうわたしも、密かに彼女を実の娘のように思っていたものだ」

「……っ、どの口が、ぬかしやがる!」

「それなのに、彼女はある時期を境に自らが関わる実験に疑問を持ってしまった。
不幸なことだ。些細な疑念など気に留めず、ただ我々に従順でさえいてくれれば。
何の不安も怒りも感じず、何不自由なく暮らしていけたものを」

上条が堪えるようにきつく目蓋を閉じる。
旅行に行こうと誘ったときの彼女の喜びよう。
食蜂の置かれていた境遇は、自分の想像を遥かに超えていた。
こんな大人たちに囲まれていたからこそ、彼女はああいう性格になった。
ああいう性格でいなければ、食蜂操祈は自分の心さえ保つことができなかったのだ。
15 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 02:56:51.28 ID:igNzDGpD0
「それをこうも恩を仇で返されては、過激な対応もやむなしだな。
くく、今現在表示されている彼女の脳波から、いったい何が読み取れると思うね?」

我に返った上条が木原を見上げる。

「必死に許しを乞うているようだよ。記憶を上書きされるストレスから解放されたくてね」

「――――ッ」

「生意気にもわたしの予想を超えた時間粘ってみせたようだが、結局最後には命惜しさに泣き落としというわけだ。
レベル5だなんだと粋がったところで、所詮は無力な小娘に過ぎんな」

心臓の鼓動が異様に加速するのを上条は感じた。
かっと、頭から沸き立つ湯を浴びせられたかのように全身が熱されている。
力を振り絞り、横倒しになった体を必死に支える。

ここで立ち上がらない足なんて必要ない。
ここで握れない拳など何の意味もない。

馬鹿みたいに酷使し、散々に痛めつけられ、今にも攣りそうになっている右腕を支えに――
残った力を余すことなく掻き集めて立ち上がる。

「おやおや、まだやる気かね? あまり弱い者いじめは好きじゃないんだが」

今も全身を蝕む痛みが、貧血の症状に酷似しためまいを引き起こす。
血と汗の混合物が滴り落ち、冷たく光る床をまだらに染めていく。
浅く繰り返される呼吸は乱れに乱れている。
それでも、力の入り具合を確かめるように手をそっと開き、握り直し、ゆっくりと前を向く。
16 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 03:03:03.06 ID:igNzDGpD0
「テメェに……テメェなんぞに、アイツの何が……わかるってんだ」

食蜂は、自分が抱えている問題については誰も巻き込もうとしなかった。
そうあろうと努めていた。
この騒動の以前から、自我を押し潰される瀬戸際に至るまで。
罠が張り巡らされたこの学園都市で、孤独な戦いを続けていた。
それでも、最後の最後で救いを求めてしまったことを。
そうしたって誰も責められないようなことを。
悔やんで何が悪い。

自我が失われていく過程を体験するのが、果たしてどれほどの恐怖か。
記憶を失った状態でさえ、自分は不安に駆られているというのに。

「わかるとも。少なくとも君などより共に過ごした時間は遥かに長い」

「それだけ長々と、アイツを苦しめてたってだけだろうが!」

「考慮にも値しない、的外れな見解だ。それに、自分たちがどのような状況にあるかの理解も足りていないようだな」

「……なんだと?」

「極まった電撃使いが機械を遠隔操作できることは、知っているかね?」

「――ッ! ……馬鹿、よせッ!」

「滑稽だな。実験動物が私に命令するとは」

おもむろに、木原が銃に見立てた人差し指を機器類に向けた。
上条の再度の制止もむなしく、青白い電撃の尾がパネルに吸い込まれた。
途端、モニターに映っていた波形が不規則かつ乱雑になった。

「……ッ!」

「っと、おやおや、血圧と心拍が大分乱れてしまっているようだねぇ。これは、ふむふむ、てんかんに似た症状を起こしているようだ」

木原の骨ばった頬が小刻みに震えた。上条のあからさまな反応に、笑うのを堪えるかのように。
17 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 03:10:30.08 ID:igNzDGpD0
「こ、んのっ! ――どこまで腐ってやがるッ!」

計測対象の危険を知らせるビープ音を聞き、堪らず上条が駆け出した。
そのすぐ足元で、地面に転がっている金属球が勢いよく跳ね上がった。
側頭部に直撃を受けた上条が床を二転三転する。

「がっ……あっぐっ……」

「人の解説は最後まで聞くものだよ。しかし、さすがにこのままでは命にかかわりかねんか。
よかろう、君の勇敢な行動に免じて、気持ち苦痛を和らげてやるとしよう」

計器類に電撃が吸い込まれた直後、先ほどにも増して波形が大きくなった。

「おっと、いかんいかん、一桁間違えてしまった。このままでは呼吸不全に陥ってしまう」

「……や……めろ! それい……じょ、あいつを……傷つけ……んじゃねえ」

本来、呼吸や血圧といった生命活動における数値は安定しているはずだ。
波形の乱れが、食蜂の身に良からぬ何かが起きているということを伝えている。

どうしてだ。
どうしてこんな非道な真似ができる。
しかも心底楽しそうに。

相手の姿が見えず、声も聞こえないという状況が、むしろ上条の焦慮に拍車をかけていく。
目と耳を封じられるだけで、不安ばかりが加速度的に増大する。

「……テ、メェは! ……本当に血の通った、人間なのかよ!」

いいや違う、と木原がすぐさま訂正を求める。

「私は時代を先取りする研究者だ。人類が培ってきた叡智の樹形図を、接ぎ木で限りなく拡大させていく開拓者だよ」
18 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 03:24:13.67 ID:igNzDGpD0
(ちく、しょう。どうして……)

どうして自分は、自分の言葉は、こうまで無力なのか。
この軽蔑すべき人でなしに勝つことさえできないのか。

「そうそう……彼女が縋り付いている幻想、確かカミジョーとか言っていたか」

(あいつが、目の前で苦しんでるってのに……)

木原の物言いが、行いが。

「純粋に気持ち悪いねぇ。頼るべき家族を失い、親戚一同に疎まれ、信頼できる友人もいない」

(絶対に助けなきゃ、いけねえってのに――)

上条の根源にあるものを急速に蝕んでいく。

「何度か出会っただけの、知り合いかどうかも怪しいレベルの学生が、あの娘の正気を保っている唯一の存在だなんてね」

嘲りの言葉。実験動物に向けられる虚無的な眼差し。

「便器の淵にこびりついたクソみたいな記憶にいつまでも執着している。まったく、見るに堪えないよ」

悪意に満ちた表情でせせら笑う木原に、目蓋の裏で燃え上がるような熱を感じた。

上条が体を支え起こすべき両腕に力を込めた。
目の前で食蜂を傷つけているこの男が憎かった。
食蜂が目の前で傷つけられていながら何もできない自分の不甲斐なさが、どうしようもなく憎かった。

「まぁ、それも過去の話だ。上書きが完了すれば自我による記憶の修復も不可能になる。
洗浄された記憶を得て、彼女は晴れて我々の一員として、研究に貢献してくれることだろう。
我々は彼女を利用したいし、彼女は彼女で、心の奥底では誰かに必要とされたがっている。ウィンウィンの関係というやつだ」

男の表情を、言動を、信念を。
跡形も残らないくらいにすり潰してやりたい。
19 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 03:31:24.38 ID:igNzDGpD0
「それまでの間、役にも立たん正義感を振りかざし、我々から研究成果を奪おうとした罪を、
たっぷりと思い知らせてやらねばならんな。君にも、あの子にもね」

内面に生じつつある変化とは裏腹に、皺だらけの指先からよからぬ命令を下す電波が二度三度と放たれ続ける。
全体の波形が段々となだらかになっていく様が霞む視界に映る。
曲線が徐々に線へと近づいていくその様に、焦燥感が膨れ上がる。

――やめ、ろ。やめろ! 本当に死んじまうだろがッ!

意識から連続して放たれる懇願の声は、しかし相手に届かない。
ボロボロの体をおして、上条が起こした膝を支えに立ち上がりかけたそのとき――



「…………ぁ?」



唐突に凪が来た。

忌避すべき現実の到来。

間延びした電子音と共に波形が直線に収束し――液晶に表示されている複数の数値が――みるみる0に近づいていく。
階段状だったグラフまでもがなだらかに萎んでいき、ライン上にぴたりと収まった。

「……とっ」

木原が泡を食ったように電撃を止め――――上条の瞳孔が限界まで拡大。

それがどのような状態を示しているのか、説明されるまでもなかった。
計測装置に繋がれた患者の異常を示す甲高い電子音が、耳の奥で規則正しく木霊している。


ぐったりと体を弛緩させて椅子にもたれかかっている食蜂操祈の姿が、
息を継ぐことさえ忘れていた脳裏に投影された。


それが、引き金となった。
20 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 03:40:01.47 ID:igNzDGpD0
「……何だこれは。どうしたことだ?」

上条に目もくれることなく、木原が端末機に駆け寄った。
タッチパネルを焦り隠せぬ手つきで叩き、内臓マイクのスイッチを連打する。

「おい、誰か応答しろ! 何がどうなって――」

『も、申し訳ありません所長! 拘束椅子で実験体がもがいた拍子に、センサーコードが引っ張られて抜けてしまいまして』

懲罰を恐れてのことか、研究員からのへりくだった返答に、木原が両肩の力を抜いた。

「あぁ、やはりか。この私が匙加減を間違えるはずがないからな」

被験者をちゃんと固定していなかった研究者たちに苛立ちを覚えつつも、木原が胸を撫で下ろした。
いい加減、他の侵入者への対処や逃走経路も考えねばならないだろう。そんなことを思いつつ上条の側へ向き直ろうとし――


「…………な」


瀕死に限りなく近いはずの少年が、いつの間にか立ち上がっていることに気づく。

はず――――計算外、予測の裏切り。


「……しょく…………ほ……ぅ」


その姿は、死に体というより、死体そのものだった。
さながら墓場から蘇った幽鬼のように前のめりで、両の腕は床に指先が届きそうなほど垂れ下がっている。
全ての光を呑み込まんとするような虚ろな瞳が、中央で小刻みに律動している。

およそ生気の感じられぬその眼差しを受けて、しかし木原は返って平静な心を取り戻した。
あっさり立ってきたことには驚いたが、所詮相手は死にぞこないだ。
いくら能力で肉体を強化しようと限界は存在する。
少なくとも、体外に出た血を補うまではできないだろう。
失血すれば血中の酸素濃度不足で運動能力は必ず低下する。
それは生物であれば逃れられぬ生理現象だ。

あと二度か三度か、金属球で全身を打ち据えればすべてが終わる。
今に至るまで、この少年は一矢報いることさえできていない。
ただの一度も。


客観的な状況判断をして、この時点で木原が悲観的になる理由は何一つ見当たらなかった。

だが――
21 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 03:44:33.64 ID:igNzDGpD0
――窓のないビル


「何故君は、あのような連中に好き勝手を許しているのかな?」

髪が後退した頭を撫でさすりながら、背の低い白衣の男がつぶらな瞳を巨大な試験管へと向ける。

「その質問に答える必要性を感じないな」

逆さまの男が言葉少なに返答。
純粋な肉声ではなく、頭に直接語りかけてくるよう。
試験管内は生命活動を維持するために必要な保護液で満たされていて、純粋な音声を伝達するのに適していない。

「治す技術で飯を食べている僕が言うのもなんだけどね。重篤な怪我人や病人が運ばれてくるのは、本当に嫌なもんだよ」


「今回の件では、そちらにかなり譲歩したつもりだが?」

「わかっている。ただ、単純に気にはなった。頭が誰より切れる人間が、計画がスムーズに運びようもない方法を選択する。
その理由が気にならないやつがいるかい?」

「…………」

「人の功名心、虚栄心や欲望を利用して、突いて、いったい何を作り上げようというのかね」

穏やかな物腰の中に潜むのは揺るぎない義憤。
なんの戦闘能力も持たずに、自分をこうまで威圧できる人間はそういないだろう。
消えゆく命を引き戻すために培われた技術と胆力がそうさせるのだろうか。
試験管の男、アレイスター・クロウリーはカエル面の医者、冥途返しの視線を静かに受け止める。
22 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 03:53:23.90 ID:igNzDGpD0
「私が彼らを一方的に利用しているのならその批判もわからないではないが、両者の関係性は持ちつ持たれつだよ」

「そのように見せかけているだけではないのかな?」

「見解の相違だな。だが、常に患者の側に立とうとする命の恩人に敬意を表して、最初の質問には答えようか」

「……ふむ?」

「あらゆるプロジェクトに障害は不可欠だ。というのが、今の私が信じているロジックでね」

「付き物ではなく、不可欠、か。異分子の必要性だね」

「医者には馴染み深い話だろう。外からの異物、抗原なくして抗体は育たない。無菌室で育った人間は外の世界で生きられない」

「……それで?」

「予定外(バグ)が発生しなければ脆弱性を発見できない場合も多い。
病気にかからず、害虫も寄せ付けない、品種改良で作った野菜。
言語列から作られた新ウイルスの発見に応じてバージョンアップするセキュリティソフト。
無論、ヒトとて例外ではない。資産家が家業以外の商売に手を出して破滅したなどという話は、その辺に腐るほど転がっている。
そこから這い上がって来るような人材なら、それはそれで歓迎しよう。そうした点で、あの少年は、実に興味深い存在だ」

手ごわい敵や試練は、自分の弱点を教えてくれる得難い存在だ。
もっとも、生きているうちにその真理まで辿り着く者はさほど多くないが。
言葉を差し挟まずに黙考する冥途返しを見据え、逆さ男(ハングドマン)、アレイスターの口元から泡が吹き零れる。

「より広い視野で捉えるなら、幹を肥え太らせるには様々な外的要因が必要だ。
天の恵みだけでなく、ときには傷つけられることも、手折られることさえも。
樹形図の設計者はそうした考えに基づいて構成されている」

「理事会も木原一族も、あの少年も、そのオプションに過ぎないと? しかしそれでは」

「確かに、欲望の渦に飲みこまれてしまう者も、また多いかもしれない。が、それは不可避の犠牲だ」
23 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 03:55:36.13 ID:igNzDGpD0
「……傲慢にすぎる意見だな」

「傲慢さについては科学側にだって一家言あるだろう。
臨床に有効な薬が研究開発され、その薬の正しい使い道を知るまで医者が延々と患者を苦しめるように」

「私利私欲からなされる行為と救うことを目的として成される医療を一緒くたに語るのかね、君は」

「そちらも、ひとつ忘れていやしないか? 彼らは研究材料になることを自分で納得した上でこの街にやって来たはずだよ。
決して普通ではないやり方で、自己の変革を強く望んだんだ。
その意志は子供だからと侮れるものでも、おざなりにできるものでもない。裏返って、彼らは無辜の民ではない」

「……非常に論理的だな。が、これだけは覚えておきたまえ。
善性を尊ぶ者は正論だけでは動かない。幼さゆえの精神的未熟さに付け込むやり口を、僕らは決して容認しない」

どこか憐れむような眼差しを銃のように突きつけていた医者が、ゆっくりと踵を返し、そこで思い出したように一言。

「……僕が君の一命を取り留めたことを、後悔させないでくれるとありがたいものだね」

そんな言葉とともに、革靴の音が残響を伴って消える。

至高の医者が立ち去った空間をしばし見つめ、アレイスターが眠りにつくように目を瞑る。

手塩にかけて育てた苗は未だ花をつけていない。
枝葉がどのように伸びるかも未知数だ。
今もって出来ないことは数知れない。
地球に君臨し、空の高みにまで辿り着いた人類は、しかし名もなき植物がどう成長するかを予測できない。

かつて目指した頂に、今もって夢見る頂上からの景観に、偉大なる魔術師は思いを馳せる。
レベル6。高みに辿り着きし者。
世界中から恐れられるほどに魔術を極めても、手は届かなかった。
ならばと現代科学に傾倒してみたところで、どうやら結論は同じらしい。
では、双方が融合したらどうだろうか。
トライ&エラー。
破壊と修復。
プロジェクトの混線、ときに脱線。

ふいに覚えのない、強力な魔力震を肌に感じた。
震源は、第七学区の外れ辺りか。
またしても、自分の与り知らぬことが起きている。


かくあるべしだ、とアレイスターは一人静かに微笑む。
何せ神に辿り着くまでの道だ。
目を覆い尽くさんばかりの茨に覆われていなければ、嘘っぽいだろう。
24 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 03:58:47.81 ID:igNzDGpD0
――第七学区病院


結界内に封じているイノケンティウスの様子を俯瞰するようにしながら、ステイルは持ち込んだ折り畳み椅子に腰かけ、読書に耽っていた。

この病院の霊安室が使われた形跡はほとんどない。
せいぜい運び込む前か、術前に患者が死亡したときくらいのものだろうか。
医者の尋常ならざる腕前を物語るその部屋に立ち入る医療従事者はおらず、雑音もない。
病室に比べて清潔感にはやや欠けるが、本を読むには悪くない環境だ。

「…………うん? 地震か?」

視界が小刻みにぶれているのを見、ステイルが膝の上で開いていた分厚い本を閉じる。
日本に来て驚いたことの一つに、地震の多発があった。
同じ島国であるイギリスでは地震が全くと言っていいくらい起きない。
地殻変動によって地面が震える感覚。
今は慣れたものだが、初めてそれを体験したときには妙な気持ち悪さに面食らった。
揺れが収まった後にも、どうにもふわふわして落ち着かず、煙草がいつもの三割増しで減っていったものだ。

だが、そうした認識はすぐに誤りだとわかった。
自らが制御している炎の使徒、魔女狩りの王(イノケンティウス)に異変が生じていたからだ。

「……っ、これは!」

ステイルが目を剥いて立ち上がった。
天井まで届かんばかりだった炎が、いつの間にか半分の大きさにまで縮んでいる。
かと思えば、全身から立ち昇る炎の触手が結界内で踊り狂い、次第に渦を巻き始めた。
壁の塗料がぶすぶすと泡立ち、床の表面に至っては広範囲にわたって溶け出し、石材が露出している。


緊急事態。
経験の中から最も有効と思われる対応策を選び抜き、制御を強めるべく手のひらをイノケンティウスに向ける。
25 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 04:01:12.20 ID:igNzDGpD0
「――――なッ!」

失策を悟る間すら与えられず、手の甲の血管が数珠状に膨らみ、破裂した。
跳ねた血飛沫がステイルの顔に赤い筋を作る。

「……痛ぅ! あ、んの馬鹿がっ! あれほど念押ししたのに暴走しやがったのかッ!」

痛んだ手を無事なほうの手で押さえながらステイルが毒づいた。
そうしている間にもイノケンティウスの炎がみるみる萎んでいく。
質量が極端に収縮しているにもかかわらず、結界内の魔力の総和量に変化はない。
禁書の魔力が飽和状態となり、
幻想殺しと魔女狩りの王で緩和できる範囲をも超えてしまっているのだ。
このままでは部屋どころか、施設もろとも爆炎に呑まれかねない。
垣間見た最悪の光景をすぐさま頭から叩き出し、次善の策を練り始めた矢先――

「ステイル、何かあったの!? 今尋常じゃない魔力波が――」

「……ッ! こっちに来るな、インデックス!」

階段を駆け下りてきた修道服の少女を見止め、ステイルが血みどろの手で制した。
束の間、インデックスが渦を巻いて荒れ狂う炎の魔人に見入った。

「何、これ。いったい――――その手、どうしたの!? 怪我してるの!?」

「ヤツとリンクしている刻印から膨大な魔力が流入してきている! ……まだ、どうにか持ちこたえられているが」

ステイルが口を結び、先ほどよりも強い念を具現化された炎の魔人に投じた。
束の間炎が勢いを取り戻しかけたに見えたが、すぐに半分ほどの大きさに縮んでしまう。

「……くっ、やはり今のままでは。あのド素人が、あくまで制御を渡さない気だな」

炎から伝わってくるのは異様なまでの拒否感。
この状態が長く続けば術者たる上条は狂人に、そして遠からず廃人になる。
呪いを肩代わりしている自分の身とてただでは済まないだろう。
26 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 04:13:50.01 ID:igNzDGpD0
現在進行形で上条が対峙しているだろう敵についても気がかりだ。
禁呪に乗っ取られた狂戦士を前にして、生半な人間が無事でいられるはずがない。
最悪、もう上条の手によって殺害されてしまっている可能性だって否定できない。

少なくとも、禁書の魔力が幻想殺しの消滅力を凌駕し、暴走を引き起こしてしまっているのは間違いない。
引き際を見誤れば無残な結末が待っているに違いなかった。

切断するしかない。リンクを。
そうと呟きながらも、ステイルの手は解呪の印を描こうとせず、宙を彷徨ったままでいる。
刻印から流入しているのが、魔力だけではなかったからだ。

(……このイメージは――ヤツの)

リンクしている上条の抱いている激情が、走馬灯のように脳内で投影された。
絶望の淵に立たされている金髪の少女を何としても助けたいという切なる願い。
その状況を作り上げている男を、今すぐにでも引き裂きたいというおどろおどろしい殺意。
相反する感情が混然一体となり、渦を巻いている。

(……っ、だからどうしたっていうんだ。禁書の使用で人死にが出たと外部に知れれば、彼女の立場が危うく――)

魔術の世界は広いようで狭い。世界中に使い魔を放って情報を仕入れている者もそれなりにいる。
ことにローマ正教や東方教会など、組織が巨大であればあるほどその傾向が顕著だ。

禁書目録が学園都市での生活を許されているのは、その存在を秘匿するのに都合がよいと上が判断しているからだ。
それがもし、禁断の魔術が科学の街で暴走したなどと外部に知れたらどうなるか。
結果は火を見るより明らかで、彼女は必要悪の教会にすぐさま呼び戻され、監禁に限りなく近い生活を余儀なくされる。
如何なる判断を下すべきか、考えるまでもないことだ。
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/10(火) 04:17:31.59 ID:M+YYd/oqO
おー、待ってました。再開嬉しいな、取り敢えず今までのおさらいしておこう...
28 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 04:18:05.00 ID:igNzDGpD0
だが、しかし。
己の煮え切らなさを詰りながらも、踏み出せないでいる。

(くそっ、何を動じているステイル・マグヌス! こんな物見せられたからといって!)

ステイルには上条が抱く正と負の感情、そのどちらにも見覚えがあった。身に覚えがあった。
自然と、視線が一つの方向に定められる。
かつて自分が寄り添い、その手で記憶を消し去った銀髪の少女に。

どうして助けられないのか。
何故彼女の味方になってやれないのか。
少女を苛む過酷な運命に対峙させられ、己の無力を嘆いた日々。
喉元を過ぎたはずの熱は、今もって臓腑を焼き続けている。

自分にとって大切な女の子がベッドの上で、自分の手が届くその場所で、苦しみ喘ぐ姿。
インデックスを自分の手で救えない不甲斐なさが、怒りが、胸に去来する。
自分自身、いま現在の上条当麻の心情に、誰より共感してしまっているのだ。
禁書目録の役目を負わされた少女を儚み。
魔道書を狙う悪しき魔術師たちを強く憎み。
戦う動機も、その過程さえも、今上条が置かれている状況とあまりに共通点が多すぎる。

上条当麻は、かつて自分や神裂が強いられた絶望に直面している。
その事実がステイルの胸を刺し、怜悧であるべき思考を加熱させていた。
禁書のリンクを切るべきか、切らざるべきか。

葛藤しているわずかな間に、もう一方の手にも裂傷が生じた。
たまらず膝をついたステイルの耳に、パタパタと歩み寄ってくる足音が聞こえた。
29 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 04:20:59.12 ID:igNzDGpD0
「……ッ! インデックスッ!?」

「わたしも手伝う! どこをどうすればいいのか指示して!」

「よせっ、結界から離れろ! ここにいては危険だと――」

「ダメ! このまま術式を継続してたらあなたの体がもたない! せめて誰かが協力しないと――」

言葉の続きが爆音に、ついで短い悲鳴に掻き消された。

「――イ、インデックスッッ!!」

縫い針だらけの聖衣をまとった少女の体が爆風に煽られ、一瞬にして霊安室の隅にまで追いやられる。
全身に擦り傷を作った少女が、呻き声を上げながらも顔を起こし、

「え……えへへ、失敗、失敗」

場にそぐわぬ笑みを浮かべる。
心配をかけまいというその心遣いが、どうしようもなく癪に障った。

「やめろッ!」

強い制止の声が束の間炎の轟音をも押しやった。
四つん這いの状態から立ち上がろうとしていたその動きが、ぴたりと止まった。
30 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 04:27:01.30 ID:igNzDGpD0
床に叩きつけられた際に打ち付けたのか、インデックスの額からは薄らと血が滲んでいた。
ステイルが痛々しげに目を眇めるも、すぐさまその葛藤を呑み干し、突き放しにかかる。

「それ以上怪我をしたくなかったら上に戻っていろ! 病室で大人しく――いや、病院から一刻も早く遠ざかるんだ!」

「で、でもっ! ここにだって入院してる人は大勢いるんだよ!?」

「頼むから聞き分けのないことを言わないでくれ! 僕に――――僕にこれ以上君を傷つけさせるな!」

「――ッ!」

自分の口から飛び出した言葉に強烈な後悔を覚え、ステイルがインデックスから顔を背けた。

「……僕は、自分の非力と無知を言い訳に、君の記憶を奪い去った恥知らずの大馬鹿野郎だ。
この上君の身に何かあったら、今度こそ――」

自分を許せなくなる。決定的に。
全てが変遷したあの日、上条当麻がインデックスの自動書記を破壊しなければ。
ステイルは未だ彼女を追い立て、悪の魔術師という名の道化を演じていたはずだった。
上からの説明を鵜呑みにし、それが最善と信じてインデックスの記憶を破壊する。
そんな地獄を、この先何年間も続けなければならないはずだった。

上条への対抗心や苛立ちとは切り離して、その恩義は絶対的なものだ。
所属するイギリス清教の厳命を凌駕するほどに。
それが幼くして身を立てた魔術師としての誇りだった。
過去から未来に至るまで、過酷な運命を背負う少女の傍に寄り添おうとした男としての決して譲れないプライド。
ステイル・マグヌスにはこの場に留まる理由があった。
ライバル視している男がやってのけたことを、自分がやれないと認めたくなかった。


強い感情を秘めた懺悔を噛み締めるように聞いていたインデックスが、ゆっくりと立ち上がる。


「……初めて、あなたの本音を聞けた気がする」


ぽつりとそう呟き、ふいにその表情がふんわりとした笑顔に変わった。
31 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 04:28:24.58 ID:igNzDGpD0
「ステイルは、わたしの命の恩人なんだよね」

はっとしたように、地面を睨みつけていたステイルが顔を上げた。

「……誰から聞いたかは、聞かないでほしいかな。信頼を損ねるのは不本意だし」

神裂、何故、余計なことを。
苦み走るステイルの顔に気づいているのかいないのか、インデックスが炎の巨人を見上げながら二の句を継ぐ。

「記憶を消さなければ死んでしまうっていう『必要悪の教会(ネセサリウス)』の嘘に引っかかったのは事実かもしれない。――それでも」


言葉を選ぶように、途切れ途切れに――


「二人が、良心の呵責に苦しみながらも私の記憶を消してくれていたから」


それでもはっきりとした口調で――


「だからわたしはとうまに出会うことができて、今もこうして笑っていられるんだよ?」


恨みつらみなど微塵も感じさせぬ表情で、炎の魔術師の過ちを、肯定した。
32 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 04:33:59.11 ID:igNzDGpD0
「そんなことで、って言ったら失礼かもだけど、自分を責めるのはもう禁止」

「……イン……デックス」

「ていうか、うん、あなたがいつも素っ気ない態度取ってるのってそれが原因だったんだね。やっとすっきりした」

目頭が熱い。自身の操る炎のせいだけでないことは、わかっている。
それを目にとどめるだけで精一杯だ。

「でも、終わったことをいつまでも引きずってたら距離だって縮まらないじゃない?
わたしはもっとステイルや、火織とだって、仲良くしたいのに」

「……僕は…………しかし」

不満げに頬を膨らませながらも、心のどこかで待ち望んでいた言葉を述べるインデックスに、ステイルは思わず唇を噛んだ。
彼女の優しさに甘えるな。
甘えかけているからこそ、甘えたいと思うからこそ、頭に浮かんだ叱咤の言葉。
許される資格などとうに喪失しているはずだ。


「さっきあなたはわたしに傷ついてほしくないって言ったけど、わたしだってあなたが傷つくのは嫌なんだよ」


そのはず、なのに。


「わかったら大人しく協力させなさい。あなただって神父なんだし、人の厚意を無碍にするなって教えだって、学んでるはずでしょ?」


いつでもこの子はそうだった。
人の心にズカズカと、土足で勝手に上がり込んできて。


「痛みは背負わせるものじゃない。分かち合うものなんだよ。
あなたがまだわたしを――あなたたちとの大切な思い出を失ってしまったわたしでも――仲間だと思ってくれてるんなら、そうさせてほしいな」

僕に己の小ささを、思い知らしてくれる。
その眼差しのあまりの真っ直ぐさに、目を背けたくなる。

でも――かつての彼女の目とは違う。
敵意と怯えがない混ざった、定期的に記憶を消されていた頃の彼女の目とは決定的に違う。
賢明に、懸命に前を向いて、困難と闘おうとする意志に漲っている。
33 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 04:36:49.80 ID:igNzDGpD0
永遠とも思しき沈黙を経て。
細く長く、息を吐ききったステイルが、すんと小さく鼻を鳴らした。

「……そこまで言うなら、仕方ないね。少しだけ、手伝わせてあげよう、かな」

「あーっ! まーたそういう憎まれ口叩くわけ? 私、そういう素直じゃない性格はあんまり好きになれないかも」

「君こそ、これ以上無駄口を叩かないでくれるか。術式が僕の手から離れてしまう」

「何それ、私と話してると集中力が乱れるってこと? し、失敗しそうだからって他人のせいとか、なしなんだよ!」

そういうことじゃあ、ないんだけどね。
ステイルが小刻みに瞬きを繰り返してから、今もってほっぺを膨らませているインデックスに向き直った。

「――射手座の力を利用して呪詛の道筋を新たに構築する。出来そうか?」

現状、流入する魔力が過多で魔術回路が目詰まりを起こしている。
まずはバイパス手術で回路を増やさなければ話にならない。

「……えっと、私一人じゃ無理っぽいけど」

二人なら。
いささか不安そうな言葉に、しかしステイルは強く勇気づけられるのを感じた。

「……それ以上結界には踏み込まないように、僕の後に続いて詠唱してくれ」

「あ、えっと、具体的にどういうプランで行くのかな?」

「新たな魔導回路をルーンで構築後、君の聖歌で魔女狩りの王(イノケンティウス)を抑圧している禁書の魔力を建物の外に。
物理的現象が生じない程度に薄めて発散させる。だが、無理はするなよ」

「……わ、わかった! やってみる!」

「……よし、リミットは五分だ。それを過ぎたらすぐにガルドラボーグを解除する」

時間制限は絶対順守だ。
でなければ今度こそ、上条の肉体と精神に、当然ここにいる自分たちにも、致命的な損害をもたらすことになる。
インデックスもそれがわかっているのだろう。力強くうなずき返した。


何があろうと彼女だけは絶対に死守する。
自分だって、彼女の突き抜けた慈愛と正義感に寄り添えるのだと示してみせる。
密やかなる決意を胸に秘め、ステイル・マグヌスが懐から新たなタロットを取り出す。
乱れ舞う無数の印章が血の化粧を施されながら壁に天井に貼りつき、霊安室に結界術式を上書きしていく。


(――今の僕にできる、これが最大限の譲歩だ。あとはどうなろうが知らんぞ、上条当麻ッ!)
34 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 04:56:25.03 ID:igNzDGpD0
五感が研ぎ澄まされていくに従って、広々としていたはずのホール内が狭まっていく。
凝然と立っている男の存在を脳が認識し、上条が息を吐き出した。
己の甘さや煮え切らなさを嘲るように。

先ほどのモニターに映し出されたのは、自分が敗北したときの光景。
一寸先の現実だ。
このまま木原たちが自分たちの追撃を振り切ったなら、遅かれ早かれ食蜂の命運は尽きる。
研究者たちの手によってか、学園都市の暗部の手によってかは関係ない。


憎め。地面に額をつけさせ、食蜂に許しを乞わせた者たちを。
そうするように仕向けた男たちを。
身近な人間がいたぶられている様を見ていることしかできない己の弱さを。


考えて、考え抜け。
食蜂を守るために今何をすべきかを。

体にこもっていた粗熱が一気に引いていき、目的意識だけがどこまでも鮮明に。
数秒の黙考を経て、上条当麻はなすべきことを理解した。

回復術式。
禁じられた魔術。
病室でインデックスが語ったガルドラボークの効力。
神話にて語り継がれる狂戦士の姿、人々に崇められ、畏怖される暴威。

今必要なのは制御などではなく、狂うことなのだと。
35 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 05:01:29.46 ID:igNzDGpD0
代謝能力と運動能力の著しい向上。それに伴う思考の急加速。
心を読ませる暇を与えないほどに脳の情報処理を速めれば、相手の行動を先読む能力だって無効化できる。
もし手遅れになったとしても、それはそれで構わない。
きっと自分の頼もしい仲間たちが、周囲に害を及ぼす前に恙なく安息を与えてくれるだろう。
後顧になんら憂いはない。

退廃的な理性が上条の精神を徹底的に陵辱していく。
食蜂の死という最悪の結末を回避すべく、譲れぬはずの信念を無理やりに捻じ曲げる。
根強く抵抗を続ける、相手を傷つけることへの忌避感情を排斥するために、理そのものを捻じ曲げる。

木原を名乗るこの男は、先ほど自分が人間じゃないと言い放った。

(だったら、なんの問題もねえよなぁ)

上条の瞳が次第に妖しげな光を帯び、焦点を合わさぬまま小刻みに揺れ動いた。
それに気づいた木原が、怪訝そうに眉根を潜める。気の触れた者を見るような素振りで。

そうしている間にも、上条の瞳孔は収縮と拡大を繰り返し――


『上条さぁん』


定まり切らなかった左右の視線がぴたりと定まった。
頭の中で、食蜂の嬉しげな声が余韻を残して消え失せる。
その幻聴を現実のものとするために。


(たとえ、うっかり――しちまったって)


投影された像。蔑むべき現実。排除すべき研究者の顔が、頭に深々と刻まれた。
36 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 05:07:00.52 ID:igNzDGpD0
上条を上条たらしめし物。
一線を譲らなかった倫理観。
他者の命を奪うことへの忌避感情。その制圧に――――成功。
瞬間、薄青い炎にも似た魔力が上条の体、右手以外を余さず包み込む。

全身がさながら心臓のように大きく脈打ち、口元の陰影に内面の変容が顕在化する。
木原がよく知る、しかし上条をよく知る者であればそれを見て一様に言葉を失っただろう、酷薄な冷笑が。


「……はは、これはなんとも、素晴らしいじゃないか」

皆目不明な力に包まれ、打ち身の痣の色が見る間に薄らいでいく少年の様子に、木原が両腕を広げて驚嘆した。
目にしたことのない雄大な景色を歓迎するかのように。
上条の肉体を覆う未知の力と尋常ならざる回復力に、学者としての好奇心を刺激されているようだった。

「いったい何なんだね、それは? まだ隠し玉を持っていた、というやつかな?」

親しげにさえ映る木原の語りかけに、上条がこれといった反応を見せることはなかった。
今しもマイクロ波で全身の血液が焙られているようだったが、痛みは感じない。
思考は、冴えに冴えわたっている。


「先ほど雷を打ち消した能力といい、君の体もなかなか検証し甲斐がありそうだ。検体として協力を願い――」

「なあ、おい」


無遠慮に話を中断させられ、木原がやや不満げに目を細める。
口調の気安さに不可解さを覚えつつも、話だけは聞こうといった感じに顎をしゃくる。


今ならきっと問題ない。
生まれてこのかた覚えのない、感情の渦に身を任せる上条の口から、禁忌の言葉が紡がれる。



「目障りだ、死んでくれ」
37 :乾杯 ◆ziwzYr641k [sage saga]:2014/06/10(火) 05:12:16.30 ID:igNzDGpD0
本日は以上になります。
次回は6/10の22:00前後に投下予定。
三日でエンディングまで持ちこみます。
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/10(火) 05:26:25.20 ID:Vx/zi1mKO
復活するとは思わなんだ
期待していいのかな?
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/10(火) 05:43:03.58 ID:CbCq9Bk6o
おかえりー
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/10(火) 07:37:01.38 ID:PPgLzGj3O
乙、お帰り?
そして上条さん、殺っちゃって下さい!!
41 :vipにかわりましてNIPPERがお送りします [[sage]]:2014/06/10(火) 13:10:35.03 ID:YGgxmrmC0
エタったと思っていたが、帰って来たとは。
42 :乾杯 ◆ziwzYr641k [sage saga]:2014/06/10(火) 22:01:46.35 ID:igNzDGpD0
それでは時間になりましたので投下します
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/10(火) 22:13:34.17 ID:CbCq9Bk6o
何か月も待たせた訳だしー?
半端なことにはならないよねー?(圧)
44 :乾杯 ◆ziwzYr641k [sage saga]:2014/06/10(火) 22:20:31.35 ID:igNzDGpD0
その朗々とした物言いに、木原の眉根がぴくりと動いた。
敵意ではなく殺意の表明。
何かが変化しつつあるという予感があった。

狷介さを髣髴とさせる細い眼は魔力に覆われた上条の一挙一動をつぶさに捉えている。
と、異様な前傾姿勢を保っていた上条の体が、無造作に腕を振り被り――

「…………ぬっ!?」

前触れもなく拡大。そして消失。
視界に過ぎったものが何だったかと思うより早く、頬に違和感を感じた木原が手を当てた。

指先にぬらりとした感触があった。
あるはずのものが、そこにない。
左頬の皮が削ぎ落され、頬の筋肉がむき出しになっていた。

「……な゛ぁ!?」

引きつった唇から濁った言葉が吐き出された。
剥き出した筋肉が律動するのに合わせて、傷口から少量の血がこぼれ出す。

間断なく、敷石を踏み砕く轟音と、唸るような雄叫びが聴覚を蹂躙。
痛みに勝る怖気が集中力を瞬間的に底上げ、背筋泡立つ木原の体を振り返らせた。
微かに漂うのは合成ゴムが焦げる臭い。
靴底を犠牲に勢いを殺した上条当麻が、身を捩じ切らんばかりに腕を引き絞っている。
45 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 22:27:54.33 ID:igNzDGpD0
後背で踏み止まった上条が腰に手を添えるや、鈍く煌めくカタパルトの幻影が網膜に焼きつけられる。
そして狂奔。

「ウ゛ッ、ォオ゛オッオオラアアァァァーーーーッッッ!!!」

「しまっ――」

分厚い壁をも貫きかねない咆哮と共に、半身に隠れていた左拳が想像を絶する速度で飛来。
避けられない。
その予感とは裏腹に、木原は奇跡的に冷や汗ものの攻防を生き延びた。
上条の右手が視界の半分ほどを食い尽くし、指先があわや目蓋にまで触れようかというところで、たまたま前に出ていた足が相手の踏み込みを阻害したのだ。

その反動で十数歩ほども後方に飛ばされた木原が、着地するや驚愕を露わに前を向く。
目の前の少年が走行車両に匹敵する突破力を発揮したのだということに思い当たる。

「……って、何だこれ、やりづれえな。動きに視覚が追いついてねえ」

奇襲が不発に終わったことを気にしているのかいないのか、上条が首をしきりに捻りながら、体を左右に大きく揺さぶりながら木原に近づいていく。

「……このっ」

木原の放つ電撃が上条に殺到。が、そのことごとくが薙いだ右手にあっさりと散らされる。
時間にして二秒とかからなかったはずの攻防は、木原を心胆寒からしめた。
繰り出された攻撃の性能が想定外だったという以上に。
上条が今しがた、何をしようとしたかを理解して。

単に、力任せに顔面を殴ろうとしたわけではない。
接触の直前、拳を作っていたその二つ指は、微妙に開きかけていた。
46 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 22:35:01.17 ID:igNzDGpD0
「…………ッ!」

全身がぶるりと震え、どっと嫌な汗が湧いた。
幸運に恵まれなかったら、何かが一つ狂っていたら。
自分の眼球は地面に叩きつけられた水風船のように呆気なく潰されていただろう。
どころか、あの勢いでは脳にまで達していたかもしれない。


「……お、ちったぁいい顔になってきたじゃねえか。へへ、その調子その調子ぃ」


木原の表情に確かな怯えを認め、上条当麻が歯を剥き出しながら笑った。
すこぶる明るい口調に反して、薄赤い眼光はサバンナの夜陰に潜む獣のそれだ。
およそ、そこいらにいる学生の目つきではない。

木原がどこか救いを求めるかのように周囲を見渡した。
自分の能力を優位に保つための金属壁が、猛獣を入れた檻に変貌したかのようだった。
息苦しいほどの切迫感。
殺らねば殺られるという思いが湧いた。

(……相手に呑まれるな。さっきの一撃は油断していただけだ)

身体能力は薬物で底上げ済み。
能力を無効化する敵の右手は確かに脅威だが、大能力者の能力を使いこなす自分に負ける要素はない。
自分の優位を再認識。
なまじ手心を加えていたのがまずかったのだ。
強力なマイクロ波で全ての体液を沸騰させてしまえば。

と、木原の眼球の動きに企みを感じ取ったのか、上条が身を低くして木原の側面に。
流水のような上条の足運びに、木原の視線が見失うまいと食らいつく。
47 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 22:39:47.76 ID:igNzDGpD0
円を描くようにひた走る上条の動きは確かに速い。
とはいえ、一定の距離を保ちさえすれば、かく乱されるほどの動きでもない。

再計算。
この位置にいてマイクロ波を当てることは叶わないと判断。
自分にとって最も優位な距離を保つべく、木原が磁力を展開。
白衣が翻り、その体が後方の壁面上部に引き寄せられる。

重力を無視して垂直の壁に片膝を接着、地上の上条に向けて顔を上げる。
そのときには、二つ足の野獣が緩やかに蛇行しながら足元に向かって駆け出していた。

壁に激突しそうな勢いで――垂直の壁をも駆け上がりかねない勢いで。

再々計算。
当初のプランを早々に破棄。
足を止めぬ相手にマイクロ波などと悠長なことは言っていられない。
自らを守るように電撃球と金属球を身辺に多数配置し、上条の接近に対応する。

天井付近の壁に両脚を磁力で接着させた木原が、眼下の上条に向かって手を振りかざした。
放射状に放たれた電撃が落下するも、幻想殺しの右手が薙ぎ払われるや、紙吹雪のごとく散らされる。

「馬鹿めがっ!」

雷光を隠れ蓑にした木原の一撃が、壁を昇ろうとした矢先の、上条の後背を襲った。
自らが足場にしていた壁面を一挙に磁化させ、地面に転がり落ちていた複数の金属球を上条目がけて引き戻したのだ。

背後からの衝撃によってよろめく上条に自らの戦法の正しさを認め、


「な……んだとっ!」


なおも膝を屈さぬ敵に解答の齟齬を見出す。
48 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 22:45:36.62 ID:igNzDGpD0
微かに息を吸い込む音が耳朶を打った。
魔術で強化された背筋に食い込んだ五つの金属球を一瞥だにせず、呻き声の一つすら上げず、上条が壁面に二歩目を刻む。
三歩、五歩――――判別不能。
瞬く間に壁面を駆け上がり、天井付近の木原に肉迫。

頭から腰椎にかけて冷気が駆け抜ける。
必死に金属球を操作し、下から迫り来る上条に嗾ける。
だが、目を打ち据えるべく飛び込んできた金属球を上条はあっさりと鷲掴み――

「うぉらぁッッ!!」

掴んだばかりのそれを用い、二撃目を真っ向から弾き返した。
金属同士が打ち鳴らされるや、速度を増して返ってきた球体を木原が必死に避ける。
その一瞬、他の金属球の動きにわずかな乱れが生じた。

すかさず上条が身を窄めるような体勢で、木原の展開する防壁に真っ向から飛び込む。
幻想殺しの右手が雷撃球を処理。浮遊する金属球の群れを体で強引に押しのけ――

「ぐぁッッ!?」

時間差で、竜の鉤爪がごとき左手の一撃が身を翻す木原の足を掠めた。
引き裂かれたズボンとともにぱっと血飛沫が舞う。
遅れて上条の拳が天井に接触、引き続いての轟音。
天井の一角に埋め込まれていた多数の照明器具がポップコーンのように弾け飛び、きらめく雨となって地面に降り注ぐ。
49 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 22:53:37.33 ID:igNzDGpD0
「い、いったい何が起きている! 何故いきなりこのような力を――」

命からがら逆方向に転進する木原を、

「逃がすか、馬鹿が」

上条は傲然と見下ろし、天井付近の壁を蹴り放って追随。

「ぬぐっ……しつこい!」

生体電流を加速度的に巡らせつつ木原が地面に降り立ち、その側面にある部屋の出口へと向かう。
赤く滾る上条の瞳が流星のような尾を残し、逃げる木原との距離を貪り喰らう。

「今さらひよってんじゃねえよ。チキンが」

「黙れっ! 実験動物(モルモット)風情がっ!」

背面への電撃は呆気なく拡散され、ならばと左右から金属球を飛ばすも小刻みなダッシュ&ゴーを繰り返す上条には通じない。
狭まっていくばかりの戦術に焦りと苛立ちが募っていく。
ひたひたと足音が近づいてくる。
どこだ。
どこで手を打ち間違えた。
このままでは本当に。

敗北を拒絶せんと必死に頭を巡らせる木原に、天啓と思しきアイディアが閃く。
50 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 22:56:29.49 ID:igNzDGpD0
背後から飛びかかってきた上条に対し、能力を全開。
人体内に含まれる金属成分に直接磁力で干渉。
遅れず、上条の体が重荷を背負わされたかのようによろめいた。

「がっ……あぁぁぁッ!!?」

「はぁ……はぁ……! こいつはさすがに効いたようだな! 散々脅かしてくれた礼だ、このまま体の中から引き裂いてくれるッ!」

「……がっ、うぅ、うぅぅァァッ!」

相手の血液や骨に含まれる微小な金属成分を寄せ集めて結石を作成。
それを体内から操ることで胃壁を穿ち、肋骨を軋ませる。
内臓を損傷した上条がたまらず血を吐き、自らの下腹部を鷲づかむ。
幻想殺しで継続的なダメージを取り払うも、それは同時に回復が停滞することを意味する。

「もう二度と、私以外の誰かが私の研究に引導を渡すことなど、あってはならんのだ!」

明らかに動きが鈍くなった上条に向けて、木原が両の掌を差し出して磁力を一点集中させようとし――

「……ッ」

そこでギクリと体を強張らせた。
苦痛に耐える上条が、覚束ない動作ながら、懐に忍ばせている何かに手を伸ばそうとしている。
周囲に展開する電磁波でその形状を悟った木原が、考えるより先にそちらへ磁力を向けた。
遊底のマガジンに収められていた鋼の銃弾が、上条が持ち出そうとしていた猟犬の拳銃ごと宙に弾き飛ばされる。

「は、はははっ、ざまぁみろクソガキ! これでチェックメイトだッ!」
51 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 23:03:08.42 ID:igNzDGpD0
「……勝手に、見積もってんじゃねえぞぉッッ!!」

武器を奪われた間隙を縫って、上条の右手が胸板を撫で下ろすようにして体内の磁力を消去。
尋常ならざる痛苦から逃れるや、放置されていた最寄りの金属球を木原に蹴りつける。

「うぉっ!?」

猛速度で迫るそれを木原が磁力で押しやり難を逃れるも、そのときには再び上条が距離を詰めてきていた。

木原の目が忙しなく動いた。
直線的な電撃ではさっきのように掻き消される。
金属球での迎撃――――駄目だ、遠すぎて間に合わない。
積み上げたものが崩れる音。
かつて聞いた崩壊の序曲を今にも始めんと、指揮棒が振り下ろされるイメージが脳裏に過ぎる。
それに抗うべく木原が決死の大放電。

視界いっぱいに広がる雷流の帯が上条の周囲を覆いつくし――


「――ぬああぁぁぁあぁぁッッッ!!!」

「……ば、化け物か! こいつは!」


その中央に裂け目が生じる。
全身を電撃に焼かれながらも、上条の右手が紫電の檻を一気に抉じ開けていく。
52 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 23:08:33.35 ID:igNzDGpD0
その迫力に呑まれたからか、はたまた無茶な能力発動が祟ったのか、木原の放電量が一気に減衰していく。
青白く光り輝く壁の中から半身を突き出した上条に、木原がよろめくようにして後ずさる。

「――てめえがいる限り、あいつに幸せが訪れねえっていうんなら」

体ごと捻じ込むようにして電撃の壁を突破した上条当麻が、怯える木原に大股で歩み寄る。

「幻想なんてケチ臭いなことはもう言わねえ。
テメェの日常を、研究を、人生ヲ、存在ヲ、殺しテ、殺し、テ、殺シテ殺シコロシコロシ――」

「……ヒッ、く、来るな! こっちに寄るな!」

壊れたレコード。
ひび割れた残響を伴う呪詛の呟きに、木原の瞳が恐怖に塗りつぶされた。

踏み出す足に上条が全体重をかけ、爪が手のひらに食い込むほど握り込まれた拳を相手の顔に振るう。
動体視力ではどうにもならない拳速。
相手の視線と細かな筋肉の動きから狙いを先読みした木原が、いち早く顔を横に逸らして上条の拳を回避。
その表情に微かな余裕が戻りかけ――

「―――ッッ!!?」

ふいに、やり過ごしたはずの拳から世にも耳ざわりな韻が発された。
尖った硝子同士を強く擦り合せたような、竜の咆哮が如き吃音に、たまらず木原が顔をしかめる。
その余波は部屋中に及び、壁面やモニターにまで細かな亀裂を生じさせた。
薬で強化された聴覚が仇となり、平衡感覚がひどく乱される。
振動が肌という肌に突き刺さり、幾つもの骨を伝導し、情け容赦なく木原の中枢神経を揺さぶった。

(な、何だ、今のは――――はっ!?)

前後不覚に陥った木原が自分の立ち位置に、床に映り込む敵の影に気づき、どうにか距離を取ろうと手足をばたつかせるも、


「……やっと、捕まえたぁ」


上条がそれを許すことはなかった。
後ろに跳ぶよりわずかに早く、ボロボロの学生服から覗く左手が木原の白衣を捉えていた。
53 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 23:18:44.08 ID:igNzDGpD0
上条の手が白衣を手繰りよせに引き、あっさりと木原の腕を掴み上げる。
唯一能力が及ばないその場所は皮膚が爆ぜて血だらけで、なのに込められた力は尋常ならざるもので。
腕を振り解こうと身を捩らせるも、外れない。
握力というレベルではなかった。
金属の輪っかを嵌められてしまったかのようにビクともしない。

「……ぐゥ!? 何故だ! 何故電撃が、磁力までも――」

「無駄無駄。この右手に触れてる以上、もう能力は使えねえよ。……さて、と」

言葉を切った上条の視線が、天井に設置されている監視カメラに向かう。

「食蜂の周りにいるってぇ研究者ども、この状況が見えてるよなぁ?」

上条が声を大にして顔も知らぬ研究者たちに語りかける。

「このド腐れ野郎が今からどういう末路を辿るか、目ん玉かっぽじってよぅく見てやがれ。
これでなお、食蜂に舐めた真似しやがったら、そんときゃ覚悟しとけよ?
どこに逃げようとどこに隠れようと一人残らず見つけ出して、思いつく限りの残虐な方法で――
殺してくれと頼みたくなるような目に遭わせてやるからな」

「……こ、こ、のガキ――つ゛ぁッッ!!?」

木原が殴りかかるより早く上条が右腕を振り抜く。
速さを重視した一撃に、それでも木原の顔が大きく後方へ弾かれ、背骨が弓なりに反り返る。

「うぜぇな。人が喋ってるときにちょっかい入れんじゃねえよ――っと」

掴まれていた腕が一息に引き戻され、伸びきっていた筋繊維がぶちぶちと引き千切れる音が鳴った。
先ほどより一回り長くなってしまった木原の腕を、上条が手首を返して捻り上げる。
54 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 23:20:48.48 ID:igNzDGpD0
「が……はっ…………」

半ばツイストドーナスと化した腕を強弱をつけるようにして引っ張りつつ、上条が相手の反応を観察する。

「おいおい、前座で気ぃ失うんじゃねえぞ。本命はこっちだからな」

「な、なにが、前座だと……」

木原が咄嗟に口を噤んだ。
みしみしと、目と鼻の先で、傷だらけの握り拳が軋んでいる。
これから何をされるのかを想像し、その手に込められた力を想像し、木原が掴まれている腕を振り解こうと必死に足掻く。
が、まともに一撃を食らったばかりで体が言うことを聞かない。

「食蜂にした仕打ち、熨斗つけて返してやる。クーリングオフは受け付けねえぜ」

虚ろだった上条の眼に微かな光が灯った。魔力を帯びたその赤い光は木原に血を連想させた。

(こ、……こんな、はずでは)

手首がひどく締め付けられ、その強い痛みに否応にも、次に到来する一撃の凄まじさを予感させられた。
いかに身体能力を底上げしていたとしても首から上は筋細胞が少なく、その恩恵をほとんど受けることができない。
そして、何より――

素手でも人は殺せるのだ。
55 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 23:27:59.18 ID:igNzDGpD0
「それじゃ、しっかり目に焼きつけとけよ。人生最後の眺めと」

普段、底抜けのお人好しな少年が浮かべる笑みは、どこまでも陰惨で――

「テメエを殺す男の顔を」

「あ……あぁ……」

どこまでも厚ぼったい憤怒で糊塗されていた。

その傷だらけの体からは正体不明の風を伴った、力の奔流が生じている。
掴まれている手首の骨が、ついに折れる音が聞こえた。
その音が、木原の精神をも圧し折った。


「まっ、待ってくれっ! わかった! あの娘のことは諦め――」


反省の弁を終わりまで口にする機会は、木原に与えられることはなかった。
上条の右拳が空気を切り裂き、木原の顔面に深々と突き刺さった。
56 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 23:35:57.35 ID:igNzDGpD0
気づけは闇の中にいた。
暗い炎が自分の身を覆い尽くさんとしているが、しかしぎりぎりのところで呑まれずに済んでいる。
水面に叩き落とされた体が浮力によって支えられるように。

病室で自分の無事を祈るインデックスの姿が。敵の群れを食い止めている御坂美琴の姿が。
自分を後押ししてくれた布束の声が、走馬灯となって思考を巡る。
やがてそのイメージが霧散し、暗闇の中から椅子に拘束されている食蜂操祈が、この上ない確かさをもって姿を現した。
虚無に覆われた瞳がそこにある。彼女に過酷な現実を強いた者たちへ、とめどなく怒りが湧く。

取り戻さなければならない。
あの子の不幸は、俺の不幸そのものだ。


「ぁ……が…………ぅぁ……」

遠ざかりかけた意識を繋ぎ止め、両膝に手を突くことで立ち姿勢の維持に努める。

「……はっ、……ははっ、ま、まぁだ生きてんのか。人間って、案外丈夫にできてんだな」

痛みで錆びた体をおして、上条がもつれそうな足に力を込めた。
腕を上げるのも億劫だったが、まだやるべきことがあった。
憎しみの対象がそこにいる。
排除すべき男がそこにいる。

殴り飛ばされて壁面に叩きつけられ、力なく背をもたせかけている木原に、上条が危うい視線を送る。
白目を剥いて痙攣する木原も、どうしてなかなか悪くない。
が、ここはもう一歩踏み込んで、もっと素敵な木原にするべきだ。
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/10(火) 23:37:22.14 ID:P7ydmhR7O
てす
58 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 23:41:52.47 ID:igNzDGpD0
先ほどの宣告通りに、永遠に口を開かぬように。
右手に刺すような痛みが走り、実際、殴った拍子に刺さっていた木原の前歯を、抓んで捨てる。
この男を再起させてはいけない。全ての可能性をすり潰さなければならない。

「ぐっ……ごほっ!」

咳とともに吐血した上条が、薄赤くなった口元を拭いつつ視線を前に向け、はっと息を呑んだ。
ぐったりとした木原の周りを、血塗れの御坂妹たちがぐるりと取り囲んでいる。

夥しい数の虚ろな瞳。それが彼女たちの無念を切々と訴えかけているように思われた。
救われなかった、自分が救えなかった命に、上条が沈痛な面持ちで目を瞑った。
謝罪と惜別の感情を込めて。
痛ましい犠牲者たちの葬列に、食蜂まで加わらせるわけにはいかないという決意を込めて。

内臓の痛手に差し障りがないよう、細く長く息を継ぐ。
再び目蓋を開いたときには、妹たちの姿は消えていた。
魔術の効果は切れてしまったみたいだが、それでもあと一発。
あと一発ぶち込んでやれば、すべて片が付く。

重い体を引きずるようにして、上条が虫の息の木原のすぐ前を通り過ぎ、転がっている物に歩み寄っていく。
猟犬から奪い取った拳銃が、いくつかの照明に鈍くきらめいている。
59 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 23:44:46.25 ID:igNzDGpD0
「……へへ、この状態で喰らったら、さすがに助かんねーだろ」

親戚の幼子に向けるようなひどく穏やかな表情で、上条がゆっくりと腰を下ろし、望んだ物を手にする。
鎮まり返った室内に、不規則に歩む音だけが響く。
十数秒後、上条は木原のすぐ傍で片膝をついていた。
万が一にも跳弾しないよう、耳の辺りから角度をつけて脳を狙うために。

「……ぁ……ぁ」

「こっちもさすがにしんどいんだわ。今度こそ、ちゃんとくたばってくれよな」

意識が定かでない木原のこめかみに、上条が黒い銃口を向けた。
引き金に人差し指が触れるや、動物園で見た食蜂の笑顔が思い出された。

説得が通じない人間がいるという現実に軽い眩暈を覚えつつも、上条は自分の行為を一貫して正当化し続けた。
食蜂のためだけではない。
この男が生きている限り、大勢の人間が不幸に巻き込まれ続ける。
いつまた御坂妹たちのような悲劇が引き起こされないとも限らない。
これは避けては通れない、害虫駆除だ。
60 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 23:48:45.71 ID:igNzDGpD0
間近に決着を控えて初めて、上条は木原に感謝した。
自分の倫理観や内的葛藤を突き抜けた悪でいてくれたことを。
これだけ色々やらかした相手だ。
きっと正当防衛だって認められる。
万が一捕まったら、その時はその時。
外聞がどうなろうと知ったことじゃない。

殺害への意志を固めるや、周囲から一切の音が遠ざかり、殺すべき相手の輪郭だけが強調される。
半ば自棄的な思考に侵されながら、それでも撃たれる瞬間の相手の顔を見る気にはなれなかった。
唇を引き結んだままそっと顔を反らし、引き金にかかった指だけに神経を集中させ――


「……え?」


視界の端に何かが過ぎり、上条の目が泳いだ。

顔を反らした先、磨き抜かれた金属の壁。そこに反射したもの。
虚空に前触れもなく現れたものに、目が見開かれる。


それは――

その少女は。
61 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/10(火) 23:55:10.55 ID:igNzDGpD0
「なっ、……ちょ、待っ!」

緩慢に流れていた時間が一気に動き出した。
既に落下運動に入っている人形(ひとがた)を捉え、上条が銃を放り捨てて全力疾走。
魔術で体を苛め抜いた反動か、呼吸はひどく乱れたままで、手足は鉛のように重く――

それでも、間に合わせないわけにはいかなかった。


目一杯に差し出した両腕の前方で――

指先にかかり損なったその体の下に――

下半身を滑り込ませるようにして体全体で抱き止める。


「…………い゛っ! つぅうぅっ!」

圧し掛かってきた重みを下腹に受け、傷んだ体が悲鳴を上げる。
堪えるようにそろそろと息をついだ上条が、今しがた受け止めたそれに視線を落とした。


「……ほ、本物…………だよな?」


守るべき少女。
取り戻そうと願ってやまなかった存在。
気を失っている食蜂操祈に。
62 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/11(水) 00:00:45.77 ID:LFsNA1eo0
本日は以上になります

次回は6月11日、23:00投下予定
備考、ニヤニヤ注意
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/11(水) 00:03:59.50 ID:0YPdmVBAO


自分の為に上条の手を汚させない

それがみさきちの愛か
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/11(水) 00:04:21.09 ID:alFyut86o
乙です
65 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/11(水) 00:13:11.38 ID:LFsNA1eo0
>>56訂正
どうしてなかなか⇒なかなかどうして

どうしてこうなったorz
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/11(水) 01:07:27.18 ID:IuegvNOb0
乙です

クズは死ぬべき、慈悲など無い。
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/11(水) 06:17:49.12 ID:LbrfmsOso

長らく待ったわけだしこのスレ埋るくらいはニヤニヤできる展開を期待したいな
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/11(水) 07:40:10.79 ID:fU6fF3Dp0
待ってたかいがあったもんだ
これからも期待して待ってるぞ
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/11(水) 17:03:58.92 ID:676xCevN0
今読んだ。
今日の更新楽しみだ。
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/11(水) 21:46:38.21 ID:0YPdmVBAO
ウドの街のコーヒーを用意して待つか……
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/11(水) 22:48:23.98 ID:aFo/bCKkO
復活してただと!?(歓喜

とりあえず乙!
さて、濃い目のキリマンジャロ用意しとくか
72 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/11(水) 23:02:33.31 ID:LFsNA1eo0
それでは、時間になりましたので投下します
73 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/11(水) 23:06:26.44 ID:LFsNA1eo0

「あぁ、ギリ間に合った。上首尾だ、結標」

耳元からスマートフォンを遠ざけた金髪の少年が、ホールの中央にいる上条から目を離さぬまま通話を切る。
段々と近づいてくる足音に気づいたのか、ほっとした様子の上条がはっと顔を上げる。

「おう、お疲れさん、上やん」

すぐ近くに滑り込んできた強化プラスチック、今しがた上条が放り出した拳銃を拾い上げ、少年が片手を掲げる。

「……土、御門?」

「ふん、どうやら今はちゃんと聞こえてるみたいだな。そのナリからすっと相当苦戦したみたいだが、体のほうは平気か?」

「あ、あぁ、まぁ何とか……てっ、おいまさかっ、お前が食蜂を放り出したのか!?」

「厳密に言うなら、俺の仲間にやらせたんだがにゃー」

「って、おまっ、ふっざけんな! あんな高えところから意識失ってるやつ放り出すとか正気かよ!
 頭打っちまったらどうすんだ! たまたま受け止めきれたからよかったようなものの――」

「いやぁ、たまたまじゃないぜよカミやん」

「……あん?」

土御門がふっと笑い、天井を仰ぐ。

「俺は、カミやんが心理掌握を絶対受け止めてくれるって、信じてたぜい?」
74 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/11(水) 23:11:01.94 ID:LFsNA1eo0
「土御門、お前…………って、何いい台詞言ったみてえな空気作ってやがる!
 んな薄っぺらい根拠で誤魔化されるかっての!」

「って、あれぇ、ダメか」

「ダメダメだ! それとその銃! とっとと返しやがれ!」

「銃? つったって、こいつは元々お前さんの持ち物じゃないだろうに」

「んな細けーことはどうでもいい! とにかく今すぐに寄越せ!」

「いつにもましてテンション高いなぁカミやん。
まぁ渡すのはやぶさかじゃないが、念のため使い道を尋ねてもいいかにゃー?」

「そんなん決まってんだろ! そこに転がっているクソ外道にとどめを――」

「言うと思った。悪ぃがそいつは出来ない相談ぜよ」

「……はぁ? おい、今お前なんつった?」

眉間にしわを刻んだ上条に、土御門が困ったように肩をすくめた。

「……オイオイ、本当にどうしちまったんだカミやん。いつものおまんらしく」

「エセ土佐弁で誤魔化してんじゃねぇ! そいつかどういう人間か、今さら説明する必要はねぇだろが!」

壁に背をもたせかけている木原を指差しながら、上条ががなり立てる。

「……ちっちっ、まだ禁書の影響が残ってるのかにゃー? やっぱりあれはおっかないもんだにゃー」

「俺は正常(まとも)だ!」

「だったら四の五の言ってねえで、早いとこ外にお姫さん連れ出して介抱してやれってんだよ」

打って変わっての真剣な口調に、上条の口撃が止まる。
75 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/11(水) 23:22:11.73 ID:LFsNA1eo0

「さっきは我が目を疑ったぜ。まさかあのカミやんが敵をその手にかけようとするとはな。
だがよ、お前さん、いったい誰のおかげでこの場に立ててるんだっけか?」

「……誰って」

「鈍さにまで拍車がかかってやがんなぁ。インデックスに殺人幇助させる気ですかって聞いてんだよ」

「……ッ」

土御門がサングラスのつるに手をかけ、レンズの曇りをハンカチで拭う。

「病院でステイルと約束したんだろ? 一方を助けるためにもう一方を犠牲にするのか?
 相手の流儀に合わせるのは目ぇ瞑るにしたって、仲間への配慮まで欠かせていいってことにはならんだろ。
 明日にでも暗部に斡旋してほしいのかって話になるぜい?」

「……そ、それは」

「科学の街に激震、イギリス正教が管理する禁書目録、学園都市の一学生を魔人に変貌させる。
魔術結社の瓦版なら、こういった見出しかにゃー。少なくとも、一面独占は間違いなしだ」

「………………」

「つっても、そうすんのがカミやんの判断なら、俺個人としては受け入れるしかないのかにゃー。
護衛を頼んじまった引け目もあっし。やれやれ、難局を乗り切ったと思いきや、明日から空前絶後の魔法大戦かぁ。
いやぁ、血が騒ぐにゃあカミやん! 古今東西、魔術界の勢力図が一気に塗り替わるぜよ!」

「…………もういい」

「あぁそーそー、被疑者死亡のまま心理掌握が戻ったら、学び舎の園にもよからぬ噂が立つかも知れないにゃー。
もしかしたら心理掌握が手を回して実行犯をばっさりやっちまったんじゃないかって――」

「うっせっ! もういいっつってんだろが!」

上条が不満げにそう言い捨て、ややあって土御門の手にある拳銃から食蜂へ視線を移す。
76 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/11(水) 23:30:22.85 ID:LFsNA1eo0

呼吸は一目落ち着いていて、手術着を押し出す二つの膨らみが規則正しく上下している。
厚めの生地越しにも、食蜂の体温が伝わってきている。
反面、椅子にきつく拘束された影響か、両の手首が微妙に変色していた。
暴れたときに出来ただろう擦過傷からは薄らと血が滲んでいる。
青痣のような目の隈が痛々しく、両目の淵にはまだ乾き切っていない涙の跡があった。

当たり前だ。
今さっきまで、木原や研究者たちに寄って集って痛めつけられていたのだ。
心と体と、両方とも。

言い知れぬ罪悪感が押し寄せて来るのを上条は感じた。
真っ先に気遣うべき事柄を忘れてしまうほどに心がささくれ立っていたのだと思い至った。

「あっ……つ……」

全身に虚脱感を覚えるや、手足が一挙に重みを増した。
おそらくはステイルが術式を解いた反動だろう。
抑えつけられていた痛覚が、体のあちらこちらで悲鳴を上げ始める。

「ちょ、ちょお、だ、大丈夫か!? 上やん!?」

「……だ、奪還は、……俺か、警備員に任せるって話じゃ、なかったのか」

額の汗を手の甲で拭いながら、上条が問う。
しばしの間気遣うような素振りを見せていた土御門だが、大事なしと判断したらしい。

「いやいや、ここで鉢合わせたのはただの偶然だにゃー」

高校での一コマのようにおどけてみせる土御門に、上条があからさまな非難の眼差し。
予定調和。
「ってのは嘘ー」と早々に発言を翻した土御門が、サングラスを指先でくるくると弄んだ。
77 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/11(水) 23:35:53.69 ID:LFsNA1eo0

「仲間に空間移動能力者がいてな。連係を図りつつあっちこっちで敵をかく乱していたんだが」

そこで肩をすくめ、土御門がこの場に来て初めての笑みを見せた。

「一方通行め、あの格好でいることがよっぽど我慢ならなかったらしい。
珍しく張りきってくれたお陰で、能力者の掃討が予定よりかなり前倒しで終わっちまったんだにゃー」

「あの格好? 何のことだ?」

「言わぬが花、知らぬが仏ってやつぜよ。まぁそんなわけで手が空いたんで、こうして援軍に駆けつけたわけだが。
どっこい敵の首魁は既にお陀仏寸前で、しかもあのカミやんが人殺しになろうとしてるときたもんだ」

「だからってあんな無茶苦茶なやり方……そもそも見える位置にまで来てたんなら、声かけて制止すりゃよかっただろうが」

「……あのなぁカミやん、こっちだって何度も呼びかけたぜよ?」

「……へ、マジで? 全然聞こえなかったぞ?」

「集中力が過ぎるとままあることかにゃー。まぁもっとも」

声が聞こえていたとして、さっきの様子を見る限りでは、自分の制止など100%振り切られただろう。
だからこそ、通話中だった結標にあんな馬鹿げた対処法をやらせざるを得なかったのだ。
上条が人殺しになってしまえば、この件に巻き込んでしまった自分も、神裂やステイルに顔を合わせられなくなる。

「もっとも、なんだよ」

「……いや。カミやんが自分だけの力で戦ってたんなら、止めないって選択もあったんかなって。
んま、長い付き合いの誼ってことで、何かと板挟みなこっちの顔も立ててくれると助かるぜよ」
78 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/11(水) 23:47:46.33 ID:LFsNA1eo0

「にしたってなぁ。あんなやつの処遇にそこまで気ぃ遣う必要があんのかね」

相変わらず不満げな上条に、土御門が苦笑する。

「根っからの悪人だとしても、やっぱり殺しはよくないことだと思うぜい?」

「ずいぶん甘っちょろいことを言うんだな、暗部のくせして」

「甘いとか甘くないとかって話じゃない。軽々にこちら側に踏み込んで来られちゃ困るって話だ」

おもむろに土御門が足元に線を引く仕草をした。上条と、自分とを隔てるように。

「裏の仕事に手を出すな。俺らにだって面子ってもんがある。
それを潰されたら、たとえ相手がカミやんでも容赦はできんぜよ」

言いざま、土御門が木原に歩み寄っていき、その体をひょいと肩に担ぎ上げる。

「おい、待て! そいつをどうするつもりだ」

「今回の騒動の首謀者だからな。警備員とは別ルートで、アレイスターに引き渡す」

「そんなの認められるかよ! 舞い戻ってまた何かやらかす可能性だって」

「ない」

「……え」

「俺の魔法名、背中刺す刃に誓っていい。こいつはもう二度と、学園都市に現れることはないぜよ」

ときに敵さえも思いやる眼差しが、完全な憎しみに彩られたらたらどうなるか。
それを知ってしまった今となっては、再びこの男を上条と引き合わせるわけにはいかないだろう。

「それじゃあカミやんお先ぃ。ちゃんと手当てしてもらえよ」

遠ざかる土御門の背中を呼び止めようと上条が中途半端に手を伸ばしかけ、


「……う、うぅん」


その膝枕で寝息を立てていた食蜂の目蓋が、煩わしげに動いた。
79 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/11(水) 23:49:35.98 ID:LFsNA1eo0
>>78訂正

土御門が木原に歩み寄っていき⇒土御門が木原に歩み寄り
80 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 00:02:06.58 ID:neRcrv+W0
長い睫毛がぱちぱちと緩慢に瞬き、半分開いた瞳がツンツン頭の少年を映し出す。

「……食蜂? わ、わりっ、起こしちまったか?」

「…………ん」

「大丈夫か? どこか痛いとことか、ないか?」

「…………えっと」

「……ホントごめん。もっと早いとこ助けてやりたかったのに、こんなに遅れちまって。
と、とにかくすぐに御坂たちと合流して――」

「ねぇ」

「……て、あぁ、な、なんだ? どうかしたのか?」


安心させるように笑顔を浮かべる上条をまじまじと見て、食蜂が眉間にしわを寄せた。


「あなた、だぁれ?」

「…………え」


あっさりとしたその問いかけに、上条の顔が大きく強張った。
81 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 00:34:24.88 ID:neRcrv+W0

ふぁふぅ、と気が抜けるような大欠伸をかます食蜂に、上条が引きつった笑いを浮かべる。

「しょ、食蜂サン? あ、なはははは、嫌だなぁ、何言ってんですか。悪い冗談は――」

「お兄さん、なんで私の名前知ってるの? というか、どうして怪我してるの? 喧嘩でもしたの?」

「は…………」

「……と、うぅ、なんだか妙に体がダルいわねぇ。風邪でも引いちゃったかしらぁ」

頭が真っ白にとは、つまりこういう時のことを指すのだろう。
何が起きているのかわからない。

何をすればいいのかが、わからない。

「ところで、ここ、どこなのかしらぁ? いつもの研究施設じゃなさそうだケド」

きょろきょろと辺りを見回す食蜂を見、上条が力無く項垂れた。
救助は、間に合わなかったのか。
洗脳装置での作業は、既に完了してしまっていたのか。
だとすれば、今さら幻想殺しを使ったところで。


「……はは……嘘、だ。……有り得ねえだろ。ここまできて、そんな結末」


誰もが笑顔で迎えられるハッピーエンド。
それを信じて戦ってきたのに。
そんな都合のいい幻想に至るルートは、とっくに潰えていたというのか。
82 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 00:48:00.16 ID:neRcrv+W0

「ちょ、ちょっとぉ。いきなりどうしたのよぉ?」

床にぺたんと尻餅をつき、両手で顔を覆ってしまった上条を、食蜂が心配そうに下から覗き込む。

「…………な、なんでもねえ。……なんでも、ねえから」

「嘘。声が震えてるわよぉ? もしかして、泣いてるんじゃないのぉ?」

「……はっ、馬鹿言え。この俺が、そんな簡単に、人前で泣くわけないだろが」

懸命に洟をすすりながら、上条が腕で顔をごしごしと擦る。

「だったら、ちゃんと見せてみなさいよぉ」

「……ちょ、こら、やめろって!」

両手でぐいぐいと腕を引っ張り始めた食蜂を、上条が咄嗟に振り解こうとした。
それでも、わずかに濡れた目が、一瞬食蜂の目と克ち合った。

「ほらやっぱりぃ。……って、あらぁ? 何だかあなた、あの人にそっくりねぇ」

目を丸くした食蜂に、上条が戸惑ったように首を傾げた。

「うん、あと二年か三年もしたら、多分あなたみたいな感じになるんじゃないかしらぁ」
83 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 01:01:44.19 ID:neRcrv+W0

「……あの人ってのは、お前の友達なのか?」

「ふーんだ。初対面の人に教えてあげるわけないでしょう?」

「……そっか。じゃあ仕方ねえな」

「あ、でもねぇ。どうしても知りたいっていうならぁ、教えてあげないこともないわよぉ?」

どうやら教えたいらしかった。

「お前、その人のこと、好きなのか?」

「そんなワケないでしょぉ!?」

問いかけた途端、すごい剣幕で声を荒げた食蜂に、上条が心底驚いたように顔を引く。

「だってあの人すっごく鈍いしぃ、物覚えも悪いんだモン。
ていうかぁ、女の子の名前あっさり忘れるとか、お兄さん的にはどう思う?」

「い、いや、どうって言われても、まぁ、ひどいとは思うが」

「でしょでしょぉ? 本来なら切腹ものよねぇ?」

子どものように頬を膨らませて怒る食蜂を見、上条は妙な居心地の悪さを感じた。
何故だろう。自分のことを言われているわけでもないのに、胸の辺りがやたらきりきりする。

そんな上条に構わず、一頻り『あの人』を弾劾し終えたその後で、
「でもねぇ」と食蜂がはにかんだ。

「数日前だったか、やっと名前を覚えてもらえたみたいなの。
それにぃ、えへへ、入学祝いだって、プレゼントまでもらっちゃって」

「……入学、祝い? ……数日前だって?」

「そうよぉ、常盤台中学の」


さり気なく出てきたその名前に――――上条の息が止まった。


「すごい素敵なポーチなのよぉ。もう嬉しくって嬉しくって、ここだけの話、毎晩枕元に置いたまま寝てるの。
この先壊れたって何遍でも補修して、大事に使うんだからぁ」
84 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 01:18:07.82 ID:neRcrv+W0
「それでねそれでね。――って、ちょっとぉ、聞いてるのぉ?」

「あ、あぁ。ちゃんと聞いてるって」

相槌を打ちつつも、混乱している頭を必死に整理する。
木原の前に戦った白衣の男は、今の食蜂が能力者であることを忘れていると言っていた。
そもそも常盤台という存在を知らないのだと。
ホテル暮らしをしながら、とある高校に転入しようと考えている外部の人間なのだと。

なのに、たった今食蜂の口からは、一字一句間違わず、常盤台中学という名詞が出てきた。
しかもまだ入学前だと思っているらしい。
この状況を、どう判断するべきか。

「な、なぁ食蜂。お前、心理掌握(メンタルアウト)って聞いたことは」

「だから、なんで私の名前を知ってるのよぉ。お兄さん、もしかして私のストーカー?」

「違えよ馬鹿!」

「い、いきなり怒鳴らないでよぉ! びっくりするじゃなぁい!」

「あ、あぁ、ごめん、悪かった。で、心理掌握って代名詞に心当たりはないかな?」

「……なんかそんなふうに自称してる痛い人なら知らないこともないケド。
もしかしてお兄さん、あのジジイの関係者ぁ? なら残念だけど、仲良くできそうもないわねぇ」
85 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 01:31:05.60 ID:neRcrv+W0

ハの字になった眉からは嫌悪感がありありとうかがえる。
研究者たちにとって不都合なはずの記憶が選り分けられていない。
と、なれば。

「な、なぁ。お前、この状況になんか違和感はねえのか?」

「……え? ええっと、あ、そういえば胸の辺りがやたら重いような」

「そ、そういう身体的なことじゃなくっ! って、コラッ! はしたない真似すんなって!」

手術着の裾を大きく前に肌蹴て胸元を覗き込もうとする食蜂から、上条が慌てて顔を背ける。
この食蜂は、割に素直だが、なんだか無防備にすぎる。

「……って、あらぁ? なんでおっぱいがこんなに大きくぅ」

聞くな上条当麻、今は無視しろ。

「しょ、食蜂! 御坂美琴って名前聞いて、何か思い浮かぶことあるか?」

「……ミサカミコト、つい最近どこかでぇ。……あ、思い出した!
 常盤台中学の新入生名簿に、そんな感じの名前があった気がする」

発揮される記憶力に下を巻きつつ、どうやら推測が正しいことを知る。

「だ、だったらあと一つ」

「あの、お兄さん。何だかさっきから必死すぎて怖いんだケドぉ」

微妙に引き気味な表情を向けられ、上条が申し訳なさげに頭を掻く。

「ご、ごめんな。これで最後だからさ」


ごくり、と唾を呑み込む音。
緊張で喉の筋肉がひどく張っている。


「か、上条当麻って名前に、心当たりはあるかな?」


一縷の望みを託したその質問に、


「なんだぁ、やっぱりねぇ」


食蜂は別段驚くでもなく、ただ合点したようにうなずいた。
86 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 01:38:43.82 ID:neRcrv+W0
本日はここまでになります
思った以上に訂正箇所が多くてニヤニヤまで辿り着けず、まことに申し訳ない

明日の投下は100前後の予定です
進行次第で完結まで持っていきます
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/12(木) 01:42:40.68 ID:PxkZwegz0
更新乙
次の更新楽しみだわ
88 :乾杯 ◆ziwzYr641k [sage saga]:2014/06/12(木) 01:52:11.86 ID:neRcrv+W0
訂正

>>13
僕に異名をつけた⇒私に異名をつけた

>>82
上条が戸惑ったように首を傾げた。⇒上条が戸惑うように首を傾げた。

>>83
さり気なく出てきたその名前に⇒さらりと出てきたその名前に


それではお休みなさいませ
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/12(木) 05:34:23.89 ID:zQWVChAUO
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/12(木) 07:57:32.84 ID:FHFXakdQO
乙、
正直、上条さんに殺らせてあげたかったな…
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/12(木) 10:32:30.06 ID:ADCu/C3Ko
乙です
92 :乾杯 ◆ziwzYr641k [sage saga]:2014/06/12(木) 11:24:14.81 ID:neRcrv+W0
再度訂正

>>77
そこで肩をすくめ、土御門がこの場に来て初めての笑みを見せた。⇒そこで肩をすくめ、思い出すように笑う。

>>79
彩られたらたら⇒彩られたら。

>>84
とある高校⇒とある中学

……今回推敲甘すぎィ


てなわけで投下します
93 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 11:28:40.38 ID:neRcrv+W0

「そうよねぇ。他人の空似っていうにはそっくりすぎるもの」

ふふんと得意げに笑った食蜂が、上条に人差し指を突きつける。

「あなた、当麻さんのお兄さんでしょ!」

間違いない。
ここ最近の記憶がなくとも、昔の記憶は残っている。
洗脳は未だ完了していない。

「あ、あれ、違った? じゃあ、従兄だったりするのかしらぁ?」

心理掌握の防壁は、未だ機能を維持している。
汚泥のような悪意の侵食を、堰き止めている。

「…………はは、食蜂。お前ってやつは、やっぱすげえ能力者だよ」

「え、ノ、ノウリョクシャ? いったい何の話?」

「……ん、そっか。そっちは覚えてねえんだな」

不思議そうに首を傾いだ食蜂に、上条がなんでもない、と首を振る。
94 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 11:31:35.27 ID:neRcrv+W0

状況整理。

今現在の食蜂は、心理掌握で作り出された人格と、食蜂の過去の記憶が中途半端に結びついている。
反して、ここ二年か三年かの記憶、おそらくは研究者たちと決定的な破綻を来たした出来事。
それが頭の隅に追いやられている。
PCのデフラグ、データの最適化が作業途中で停止ボタンを押された状態。
幻想殺しを用いて今ある人格を取り除けば、おそらく記憶の不整合さも解消される。

あとは自分に、彼女と向き合う性根が足りているか。
これだけ記憶が掻き乱されているとなれば、幻想殺しを使っても完全に元に戻るかは未知数。
何らかの記憶障害を抱えてしまう可能性だって否定できない。

能力を取り戻せたとして、この騒動をきっかけにスポンサーが撤退するかもしれない。
あの白衣の男が言っていた通り、近いうちに常盤台を追い出されてしまうかもしれない。

「……わがまま、なんだろうな」

上条が無邪気に笑う少女に目を細める。
元に戻せば彼女の苦しみや葛藤を増やすことになる。
それは確実で、だから恨まれる可能性だってある。
95 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 11:34:15.54 ID:neRcrv+W0

心理掌握。
一個人が持つにはあまりにも歪んだ力。
食蜂操祈の過去は、大人未満の少女が受け留めるにはあまりにも重い。
忘れているほうが、食蜂本人にとっては幸せなのかもしれない。

「……なぁ、食蜂」

「なぁに? やっと白状する気になったのぉ? というかぁ、私の名前、当麻さんから聞いたんでしょ」

「今のお前は、俺が知ってる食蜂じゃねえんだ」

「……え?」

上条当麻が知る食蜂操祈。
第一印象は、控えめに言って良くなかったはずだ。
いけ好かないとさえ思っていた。
気分屋で、すごく扱いづらくて。
人に弱味を見せるのが大嫌いで。
どうしようもなく疑り深くて。

「そんなあいつが、さ。俺を助けようとして、体張ってくれたんだよ。あの時の礼を、俺はまだ言えてないんだ」

「……えっと、あの? 何を言っているのかさっぱりなんだケド?」

上条がほんの束の間、辛そうに片頬を歪める。
96 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 11:37:42.62 ID:neRcrv+W0

負けん気の強そうな瞳。
かったるそうな口調と不遜な態度。
それに親しみを覚え始めたのはいつからか。

「知らねえやつからしたら、十人が十人、今のお前のほうが魅力的だって言うかもしれねえけど」

素直で、可愛らしくて、無能力者の食蜂操祈。
不幸な自分に好意を抱いてくれて、頼りにしてくれる少女。
言いようのない惜別の情と、それを上回る罪悪感が胸を締め付ける。

だが、それでも。
自分にとっての食蜂操祈は――


「俺が、上条当麻が、取り戻したかったのは――」


心理掌握だった食蜂操祈ただ一人。
到底抱えきれないだろう荷物を、それでも引きずりながら歩んできた少女だ。
何かと仲違いしている御坂や、寮生の身を案じている寮監のことまで忘れている今の状況が
正しいことだとはどうしても思えなかった。

今までの彼女とのやり取りや衝突の積み重ねを、なかったことにしたくはなかった。


「だから――――ごめんな」


言葉で、心の中で深く深く詫びながら、上条が目をぱちくりさせている食蜂へ、その額へと手を伸ばす。

「…………ぁ」

微かな呟き。
撫でるように触れた右手に慣れ親しんだ感触を感じ――

それを最後に、視界が暗転した。
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/12(木) 11:40:28.06 ID:04UH8tPi0
続編きてたー!!!!!
98 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 11:41:52.17 ID:neRcrv+W0

――その十数分前


「悲惨ね」

「悲惨だなァ」

排除対象の研究者たちを前にして、お下げの少女と少女装う少年が横目を交わし合う。

「こいつァ、どう収拾付けりゃいいンだ? いっそくたばっちまったほうが幸せなンじゃねェのか」

二人が心理掌握の監禁場所に突入したときには、ある意味で全てが終わっていた。
拘束椅子に固定された少女の周りには、いずれも研究者と見られる三人の大人たちがへたり込んでいる。

液晶に表示されているのは、洗脳装置の接続デバイス。
ドぎつい彩色で幾重にも表示されているレイヤー、何行にもわたるエラーコードの羅列。

カメラに映し出された木原の劣勢を見て臆病風に吹かれ、食蜂の能力を用いて身の安全を確保しようとしたのだろう。
その自衛行為の代償が、

「パ、パパー! ママーッ! どこにいるのー!?」

「うわーん、お腹すいたよー!」

目の前の惨状。
大の男たちが等しく、両目を擦りながら幼子のように泣きじゃくっている。
99 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 11:45:06.20 ID:neRcrv+W0

「うぅ、普通にキッモ。やめてよね、ただでさえ本調子じゃないのに」

結標が心底嫌そうに耳を塞ぎ、幼児化した研究者たちから一歩後ずさる。
ダンディな声でみっともなく泣き喚かれるのは、生理的にきついものがある。

口元を手で覆う少女の傍らで、拘束されている金髪の少女を一方通行が一瞥する。

「ふぅン。差しづめ、深層セキュリティを突破した相手にのみピンポイント発動する最終防衛システムってとこかァ?
 ったく超能力者(レベル5)って連中は、どいつもこいつも考えることがえげつねェったら」

「……突っ込まないわよ?」

「間に合ってまァす」


今回はたまたま研究者たちが恐怖に駆られて暴走したが
もし恙なく木原本人がデバイスを操作していたら――

「プロテクトを解いた直後に発動ってのがミソだな。誰だって気ィ緩ンじまうだろ」

どこか称賛するかのように、一方通行が手のひらを上に向ける。
100 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 11:50:57.25 ID:neRcrv+W0
洗脳装置のような精密機械を扱う以上、電撃使いであっても意識的に電磁バリアを解除せねばならないはずだ。
唯一無二の盲点をつき、勝利を確信した心の隙間にピンポイントで打ちこまれる楔、強制洗脳。

「最悪、道づれにする気だったのかしらね。可愛らしい顔しておっかないったら。ま、こっち的には楽できて助かるけど」

携帯端末を開き、タッチパネルを何度かスライドさせて土御門の名前を呼び出す。
目に見える障害が取り除かれていたにせよ、まずはリーダーにこの現状を報告する必要があるだろう。
迂闊に接触したら自分たちまで心理掌握の排除対象として見なされるかもしれない。

「あぁ、土御門? 今大丈夫? ええ、たった今、心理掌握の身柄を確保したわ」

結標の報告を聞き流しながら、少女を装う一方通行が、

「しっかしあのジジイも気の毒に。三下の逆鱗に触れるどころか、畏れ多くも引っぺがしちまうたァ」

ノイズが走るモニター上で決着がついた様子を見止め、どこか得意げに腕を組む。

「……つーか、あんな勢いで殴られっちまって、中枢神経に大事ないのかねェ?」

「――は? 何ですって? どういうこと?」

ふと湧いて出た疑問が、怪訝そうな声にかき消される。

「何だァ、どしたァ結標」

「って、ハァっ? 心理掌握をすぐに転移させろって、どこに。いきなり意味わかんないったら。
だから、早すぎて聞き取りづらいっての! そんなに捲し立てないでよ!」
101 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 11:54:01.01 ID:neRcrv+W0

「まったく、とうまってばよっぽど病院が好きなんだね?」

「……う、面目ない」

「退院した即日入院なんて。この分だとギネスに登録されちゃう日も遠くないかも」

皮肉めいたインデックスの言葉に、上条当麻は今日も今日とて、ベッドの上で項垂れる。
どう言い繕ったところで、大病を患っているわけでもないのに
その病院で働く医者や看護師の顔と名前が全て一致してしまっている現状は、決して健全ではないわけで。
それでもいつもみたく噛みつかれずに済んでいるのは、つまりそれだけの重傷で。
全身打撲、軽度の火傷、擦過傷、右手甲骨粉砕骨折。左足と、左右の肋骨二本ずつにヒビ。
骨の構成促進剤を飲まされてからは胃の辺りまできりきりしている。
極めつけは皮肉交じりの説教。
下手な拷問より苦痛だった。

「ホント、もう少しスマートに解決できないもんかしら。怪我ばかりしてると老化だって早まるわよー?」

サマーセーターを着た茶髪の少女、御坂美琴が、行儀悪く窓枠に腰かけ足をぶらつかせる。
これが人を心から案じている言葉だと理解できる人はそういないだろうな、と上条は苦笑いを浮かべる。
102 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 11:56:23.16 ID:neRcrv+W0

「……て、何笑ってんのよアンタ。全然反省足りてないんじゃないの?」

「い、いやぁ、もう金輪際こんなことは」

「そういう台詞、私が今までに何回聞いたか教えてあげようか?」

完全記憶能力者の横槍に上条が沈黙。
促せば正確な数字が算出されること想像に難くなし。
搬送されるなり集中治療室に運び込まれ、面会謝絶を食らっていた自分に安心安全を語ることは許されない模様。

気まずい沈黙が満ちる病室内に、控えめなノックの音が響いた。

「は、はーい、どちらさんですか?」

救われたとばかりに上条が声を大に。
一瞬、躊躇うような間の後。

「あの、食蜂、です。か、上条さんの、お見舞いに」

聞き慣れた声ではなかった。
聞くに堪えない声だった。
103 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:01:09.73 ID:neRcrv+W0
「は、入っても、いいですか?」

「あ……えーと」

今にも泣き出しそうな、むしろ半分泣いてるみたいな声。
聞いたところに寄ると、記憶を取り戻した直後の食蜂操祈さんは
血塗れで昏睡状態の自分を見てすごくすごく取り乱していたらしい。
重傷はなはだしい自分を運び出そうにも長時間の監禁と――元々の体力のなさも間違いなく手伝ったのだろうが
――何度となく肩を貸そうとしてはへちゃっと崩れ落ちていた、とは後を追ってきた神裂の談。
その絵図がありありと思い浮かぶ辺り、微笑ましくもあり申し訳なくもあり。

面会謝絶が解除されたとはいえ、全身包帯だらけのこの格好で会うのはどうだろう。
居た堪れなそうに御坂とインデックスを見比べるも、身から出た錆でしょ、といったていで取り合ってくれない。
哀しいまでに孤立無援な上条だった。

この上は出来る限り元気なところを見せるしかない。


「ど、どうぞー」


緊張からか、軽く引っくり返った声になった。
104 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:04:23.62 ID:neRcrv+W0

「よっ、その後調子はどうだ?」


傍目にも居た堪れなく半泣き顔に、上条は体が許す限り機敏に片手を上げる。
瞬間、刺すような痛み。
禁書を用いた反動か、体中は隅から隅まで重度の鈍痛筋肉痛。
顔中の皮膚が突っ張るように引きつるが、見抜かれないよう堪える。

目尻に溜まった大粒の涙を食蜂が長袖で拭い、鼻をすすり、泣き笑いの表情を浮かべた。
元気そうな上条に心底安堵したというように。
この時ばかりは、幻想殺しで心が読まれないことに大感謝だ。

「……ん、見た感じ、血色は悪くなさそうだな。能力のほうは――」

「ちょっとぉ。人の心配より、まず自分の心配でしょう?」

「あ、あぁ、はは、そうだな」

目立った外傷はなかったものの、救出時の食蜂はやはり相当衰弱していたらしい。
栄養剤の点滴で三日ほど入院、退院後も後遺症の有無を確かめるために通院しているとは土御門舞香からの情報だ。
105 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:07:14.60 ID:neRcrv+W0

「……あんなひどい目に遭ったっていうのに、何で笑っていられるのよぉ」

「そりゃ、まぁ、報われたから、かな」

笑顔を浮かべる上条に、食蜂がさめざめと溜め息。

「……ホント、しょうがない人ねぇ」

二人の間に流れる奇妙な空気を察してか

「……じゃあ、私はスフィンクスにご飯をあげなきゃいけないから、もう行くんだよ」

銀髪の少女が椅子からひょいと飛び降りる。

「そっか。あ、着替え持ってきてくれてありがとな、助かったよ」

「ううん、それより早く元気になってね。小萌の世話になってばかりだと肩身が狭いんだよ」

「あぁ、約束する」

ニッと笑った上条当麻を見て、インデックスは小さく頷き

「――――」

食蜂とすれ違いざま、何事かを告げて病室を出ていく。
食蜂の視線が束の間廊下の奥の方へと固定される。

「どした? あいつ、何か言ったのか?」

「さ、さ、さぁ? よ、よく聞こえなかったケド」

しどろもどろで首を振る食蜂を見て、絶対嘘だと上条は思った。
106 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:09:42.77 ID:neRcrv+W0

そんな二人のやり取りを微笑ましそうに、少し羨ましそうに見ていた御坂が

「……さて、と。私も行くわね」

膝丈上のスカートを翻らないよう前で抑えつつ、床に着地。

「おう、連日の見舞いありがとな、御坂」

「いいわよ。それよか怪我、早く治しなさいよね」

指を銃に見立てて打つ仕草をしてから、微かな花の香りを漂わせて病室を去る。
必然、病室は上条と食蜂二人きり。

「ん、あれ? なんかいい匂いがするな」

香水とは違う、食欲を掻き立てる匂い。
スンスンと行儀悪く鼻を鳴らす上条を見て、食蜂はどこか恥ずかしげに、白いポーチに手を入れる。
すわリモコンかと上条が身構えるも、出てきたのは違うものだった。


「はい、これ」

「……ん、なんだ? この包み」

「あ、開けてみればわかるわよぉ」

差し出された布包みを包帯の巻かれた手で受け取り、縛られていた紐を解く。
シップ薬の匂いに混じって香ばしい匂いが手元から広がり、上条の鼻腔をくすぐった。
107 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:13:08.76 ID:neRcrv+W0

「これ……全部お前が?」

花柄のナプキンに盛られたのはベリーやチョコのチップを散りばめた可愛らしいクッキーだった。
形は不揃いで、割れたりしているのもあったが、それだけに手作り感に溢れている。

「誰かをお見舞いなんて経験、あんまりなくて。何をしてあげればいいのかも思いつかなかったから。
土御門さんに、助言してもらいつつ、ね」

「…………な、なぁ」

「うん? なぁに?」

「お前、まだ洗脳が解けてないなんてオチは――」


「それどういう意味ィーーッ!?」


食ってかかった食蜂に、上条がたじたじとなった。

「ち、違うならいいんだけどさ! ほら、あんなことがあったばっかだし!」

「ら、らしくないことしてるのは自覚してるわよぉ! いいモン! 食べたくないんだったら持って帰るしぃっ!」

取り返そうとナプキンに伸びてきた手首を上条がさっと引っ掴む。

「いや、ごめんごめん。ありがたくいただくよ」

「う〜〜」

「わ、悪かった! この通り! 神様仏様食蜂様!」

ベッドの上で平謝りの上条に、食蜂は唇を尖らせたまま、自分を拝む手に巻かれた包帯をちらりと見――
渋々といったふうに、インデックスが空けた椅子に腰かける。
108 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:14:22.52 ID:neRcrv+W0

「い、一応味見はしたし、食べられなくはないと思うんだけど」

「んじゃあ、早速一口」

 上条が星形のクッキーを抓み、開いた口に放り込む。

「…………ん」

「……ど、どう?」

「うまい」

 素直な言葉に、食蜂の顔が綻んだ。その後で、少し照れたように頭を掻く。

「そ、そう? ふふふーん、やっぱり才能力ってやつかしらぁ? いきなりきっちり作れちゃうなんて」

「指に巻かれた絆創膏がなければ、さらに決まった台詞だな」

「……え、あ、って、手袋してるからそんなの見えるはずないじゃなぁい!」

「おう、カマかけてみただけですよ」

「ぐ……むー」
109 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:16:05.84 ID:neRcrv+W0

「せっかくだし一緒に食べようぜ。ほら、お前も」

「……う、うん」

半分開いた窓から入ってくる風は冷気を含んでいる。
冬の近づきを感じながら、上条が窓の外にある枯れ木を見つめる。

「……あの、さ」

咀嚼していたクッキーを呑み込んだ後で、上条がおもむろに口を開く。

「……なぁに?」

「もう一人の食蜂は、どうなったんだ?」

その問いに食蜂は即答せず、窓の外に視線を逃がす。


「あ、ゴメン。言いたくないなら、無理に言わなくても――」

「……彼女なら、今もここにいるわよぉ」


そう言って、食蜂が空を見上げながら自分のこめかみをゆっくりと指差した。
110 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:18:12.00 ID:neRcrv+W0

「え、それって……」

「…………」

「ま、まさか……二重人格になっちまったってこと!?」

「ううん」

「……違うのか。じゃあ、どういう」

「あなたの右手が私の能力を解除したとき、自我に影響を及ぼさない範囲で融合したみたいねぇ。だから」

一息入れて、食蜂が上条に向き直る。

「私があの子だった時の記憶は、ちゃんと残ってるわぁ」

「……そっか」

思いのほか曖昧な結末を聞かされ、それでもいくらか心が救われたのを上条は自覚する。
ほっとしたような、それでいて不安が残るような、何とも言えない気持ちは拭えなかったが。
111 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:20:17.13 ID:neRcrv+W0

「……後悔、してない?」

「後悔って?」

「手前味噌だけど、記憶を取り戻す前の私、かなりいい子だったんじゃないかしら?
 自分がこうありたいっていう理想の女の子になっていたはずだもの」

「……んー、まぁ。今より素直ではあったみたいだけどな」

「でしょでしょ? だったらぁ」

「けど、それ以上言ったら怒るかんな?」

「……え」


「俺は、俺の知る食蜂操祈のために戦ったんだっつうの」

「……上条さ…………きゃわぁっ!?」


前触れもなく、上条当麻が食蜂の腕を引いた。
あっさりバランスを崩した食蜂が、そのまま上条の胸元に倒れ込む。
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/12(木) 12:24:00.18 ID:04UH8tPi0
2828
113 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:24:53.80 ID:neRcrv+W0

「…………あ」

「…………」

「……か、上条さん、ちょっと、これはいくらなんでも、い、いきなりすぎるっていうかぁ」

「嫌なら放す」

「……、」

「…………」

「……嫌じゃないわぁ。……嫌なわけない」

「……わかった」

「…………でも、ちょっと痛かったんだゾ☆」

「あ、わ、わりぃ」

じと目で見てくる食蜂に、上条が慌てて詫びを入れる。


「……すっごく、怖かった」


わずかに力を抜いたその腕の中で、食蜂がそっと体重を預けてくるのがわかった。
114 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:30:51.85 ID:neRcrv+W0

「……頭の中で、たくさんの思い出が消えていって。音もなくパチンパチンって」

小刻みに震える両肩を、上条がそっと左腕で抱き寄せる。

「今しがた、何を見ていたかは覚えているのに。
それが何だったか、誰だったか、全く思い出せないの。
土御門さんも、白井さんも、寮監も、御坂さんも、派閥の子たちも。
――パパとママさえ」

ややあってその震えが収まり、食蜂が目元に薄らと浮かんだ涙を指先で拭う。

「どんどん消えていく中で、あなたの面影だけがおぼろに残っていて。
……それが弾けた瞬間どうなっちゃうのか、想像したらすごく怖くなって」

堪えるような声が尻つぼみになっていく。

「もうどうにも、歯止めが利かなかった。ああなることだって覚悟してたつもりだったのに。
みっともなくあなたに縋り付いちゃって……私らしさなんて、全然貫き通せなくて……」

胸板を覆う布地に、温かかな物が音もなく染み込んでいく。
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/12(木) 12:31:54.61 ID:rdO6DVCDO
いいぞ、この調子だ
116 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:35:11.32 ID:neRcrv+W0

第一印象は、さほど良くなかったと思う。
いけ好かないとさえ感じていたかもしれない。
自分が記憶を失っていたことも影響しているかも知れないが、それにしたって。
感情的で、わがままで、後輩とは思えないほど礼儀知らずで。

けれども、今の上条は知っている。
能力の解析に協力したことで始められた非道な実験の数々。
実験の犠牲になった一万を超す御坂の妹たち。

きっと、あのとき鉄橋の上で独り佇んでいた御坂と同じように。
事実を知った、自分より二つ年下の少女が、精神的に追い詰められただろうことは想像に難くない。

その認識が腑に落ちるや、塗り固められた虚飾の奥にあるものが。
彼女が獲得した能力と歪み、時折垣間見える素直さが、とても愛おしく感じられた。


「ホントにごめんな、助けに行くのが遅れちまって」

「そんな、ことない。私、すごく、嬉しかった、嬉し、くて」


たどたどしく言葉を紡ぐ食蜂の背中をあやすようにぽんぽんと叩きながら、ふと思う。
もし、食蜂があの最悪の状況をも覚悟していたというのなら。
あるいは別人格の防壁が解除されたあとにすら。
彼女は自虐的かつ破滅的な反撃策を巡らせていたのではないだろうか。
たまたまそれが、自分たちの介入によって阻止されただけで。
117 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:39:06.31 ID:neRcrv+W0

腕の中で鼻をすする食蜂の頭を、指で長い髪をすくように撫でる。

「……あ」

「……ま、あれだ。洗脳されたままじゃあ、こうやって頭を撫でてやることだってできねえしな」

「え、えへへぇ」

「つか、食蜂サンは自分のハードル高くしすぎです。付け入る隙くらいは、残しておいてもらわねえとな」

「……ハイ。心配かけて、ごめんなさい」

「ん、素直でよろしい」

何だかんだ言いつつも、彼女の中に最後まで居座れたというのは、上条当麻としては上出来に過ぎる結果だろう。

「……ぁんっ、くすぐったぁい☆」

「ちょ、ばっ、変な声出すなって!」

諌める上条の視線が廊下の側へと向かう。

「へ、変な声はないでしょー? 上条さんの手つきがやらしいのよぉ」

「…………」

「……上条さん? あの、えっと、怒ったり?」


「ありがとな、助けてくれて」


その一言に面食らったように、食蜂が口を半開きにする。
118 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:43:05.65 ID:neRcrv+W0

「ずっと、それが言いたかった。お前があん時必死に庇ってくれたおかげで、俺は今もこうして生きていられる」

「そ、そんな……。巻き込んだのは、助けられたのだって、私のほうなのに」

「俺が勝手に巻き込まれたんだよ。それに、感謝してんのは本当だから」

「だ、だったら私も! ……あ、ありがと、助けてくれて」

「…………」

「………ぷ」

「……く、くく」

「……はぁ、何だか、私たち、馬鹿みたいねぇ」

ホントにな、と上条が可笑しそうに請け合う。

「ねぇ、上条さん? もしいつかまた、私が危ない目に遭ったら」

「言われるまでもねえよ。いつだって助けてやるさ。ま、できたら俺の傍にいてくれりゃありがたいけどな」

「――――ッ」

「ん、どうした?」

「……べ、別に。何でもないですぅ」

「つっても、顔赤いぞ?」

「あなたって本当にタチ悪いわねぇ!?」
119 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:47:01.16 ID:neRcrv+W0

「だ、だから、なんでお前はいきなし不機嫌になるんだよ!」

「そっちが悪びれもせず気障なこと言うからでしょぉ!?」

「……気障なこと?」


「ホント鈍い人ねぇ。私にこんな顔させられるのって、あなただけなのよぉ?」


自分で口にした台詞に、どこかくすぐったそうに食蜂が笑った。

「さ、さいでっか」

「ほぉらみなさい。上条さんだって赤くなったわぁ?」

「ばっ、んな恥ずかしげな台詞をあんな顔で口にされたら誰だってなぁ!」

「本心だモン」

「……そんくらい、心理掌握じゃなくたって読めるってぇの」

「ふぅん、そうなのぉ? だったらぁ――」

「……うん?」


「私がいま何を望んでいるのか、当ててごらんなさぁい?」
120 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:49:56.61 ID:neRcrv+W0

「望んでいる、か。って……お、おい」


気づけば先ほどよりも食蜂の顔との距離が、大分縮まっている。
目を軽く瞑ってみせているのは、明らかな誘導か。


(い、いや、でもこれは。……い、いいのかな)


上条の腕が彷徨うように、躊躇いがちに、食蜂の肩の上に触れる。
食蜂の腕が上条と自分の胸の間でぴくりと動いた。
が、徐々に近づいていく体を押し返そうとまではしない。


「せ、正解でせうか?」

「……そこで確認しちゃう辺りが、デリカシーの欠如力の表れよねぇ」

「悪い、慣れてねえんだ」

「それって平たく失礼、私が慣れてるとでも言うのぉ?」
121 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 12:56:12.66 ID:neRcrv+W0

憎まれ口を叩き合いながらも、二人の距離が縮まっていく。

ごくり、と唾を飲み干す音が重なった。
重なったということは、つまり。


「……ぅ」


食蜂もしっかり緊張しているわけで。
それでも、あぁいう行動に出たということは、つまり覚悟完了ということで。



「…………食蜂」


「……あ……か、上条さん」



互いの腕がゆっくりとすれ違い、相手の背中に回される。

そして――











「公共の施設内でよくもまぁベタベタできるものだねぇ」




音速で遠ざかった。
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/12(木) 13:03:06.10 ID:MUVgthEgO
まさか復活してるとは
気まぐれに検索かけてよかった
123 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 13:10:30.05 ID:neRcrv+W0

「見舞いに来てみればいやはや、真昼間から逢引きとは。
盛りの付いた猿の番だってそこまで不心得じゃないだろうに」

「ス、ステイル!?」

長身の少年がかったるそうにドアに寄りかかりながら、煙草を吹かす様に息を継ぐ。

「つーかてめぇ! 言い方ってもんがあんだろ! 俺はともかく食蜂に失礼だろが!」

「……にしても、時と場所くらいは選ぶべきかと」

ステイルのさらに後方から、冷ややかな声が追随する。
ゆらめく長めのポニーテールと日本刀が、魔術師の黒衣に横並ぶ。

「か、神裂も来てたのか!? い、いや、これは! その、何だ!」

「少女を病室で接吻を交わそうなどと、……見損ないましたよ、上条当麻」

軽蔑を絵に描いたようなその眼差しに、上条が必死に弁解。

「い、いや、だからそれは、何つうかだな! その、雰囲気的にっつうか!」

「あー、ひっどーぉい! 上条さんったら雰囲気で私のファーストキス奪おうとしたのぉッ!?」

「だぁあぁっ! もう、不幸だ―ーっ!」


ここが病室であることも忘れ、上条がぐしゃぐしゃと髪の毛を掻き乱しながら天に向かって叫ぶ。
124 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 13:14:38.45 ID:neRcrv+W0

「……って、ステイル。その腕の包帯、どうしたんだ? どっかで転んだのか?」

悪気なさげな上条の問いかけに、ぴくり、とステイルの額に青筋が立った。

「何を、すっとぼけたことを言ってくれてるのかな? 誰のせいだと思ってるんだい?」

「…………へ?」

上条が不思議そうに、中途半端に曲げた指先を自分に向けてみる。

「そうだ君だよ! 君のせいだ! 考えなしに暴走しやがったおかげでこっちの魔力はすっからかんだ! 本当、散々な目に遭ったんだぞ!」

「あ、そ、そーいやそっちもかなり大変だったらしいな。いや、マジ、感謝してるって」

「……ッ、君のその薄っぺらい礼のために魔術が使えなくなったかと思うと
虫唾が走るなんて表現じゃとても足りないな」

「……え、マジで? お前もうイノケンティウスとか出せねえの?
 どうすんだよ、炎の魔術師とかもう名乗れねえじゃ――――って、ジョークだって! んなマジになんなって!」

見舞いの花が活けられている花瓶に手を添えたステイルを、上条が大慌てで制止する。

「最大教主はおそらく一過性のものだと仰っていましたが、いつ回復するか何とも言えませんので。
我々は明日イギリスへ発ちます」

「そ、そっか。なんか悪かったな。二人とも行ったり来たりで、俺のために無理させちまって」

「断じて君のためじゃない! 僕はあくまで禁書目録に――」


「へぇ。あなたさっきの銀髪の子が好きなんだぁ?」

「だからそうだと――なっ!」


不機嫌そうな声色にステイルが勢い頷きかけ、次いでその顔色がはっきりと変わった。
125 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 13:19:14.16 ID:neRcrv+W0

「それで一緒に住んでる上条さんにヤキモチ焼いて八つ当たりぃ? なんて言うか、女々しいわねぇ」

なおも言葉を差し挟む食蜂に、ステイルのみならず、隣にいる神裂の顔までも強張った。

「なんっ、ななっなに、何をッ!」

「こ、こらこら! お前また能力を――」

上条の窘めを手のひらで制し、しどろもどろになっているステイルを見据えながら、食蜂が悪戯っぽく笑う。

「人の恋路に抵抗力発揮してる暇があるんならぁ、
意中の子に気の利いた言葉の一つでもかけてあげたほうが建設力マシマシよぉ?」

「……くっ、ふ、ふふ、不愉快だ! 失礼する!」

ドアを強かに壁に打ち付け、ステイルが踵を鳴らして部屋から遠ざかっていく。

「お、お前なぁ……」

「乱暴な人ねぇ。なんだか、興を削がれちゃったわぁ」

「え……あ、あぁ、そうだな。……と、いつの間にか神裂のやつまで消えちまってるし。
何でぇ、あいつまで出て行くことねえのに」

「………………上条さんって」

「あぁ、うん?」


「本っ当に、乙女心がわかっていないのねぇ」
126 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 13:21:45.18 ID:neRcrv+W0

「……へ? 何のこと?」

「……さてねぇ、何のことかしらぁ」

何も気づいてなさそうな上条を見、食蜂がため息をつきながらポーチの紐に肩を通す。

「それじゃ、名残惜しいけど今日のところは退散するわぁ。これから能力判定なの」

「あ、そ、そか」

「あらあらぁ? さっきの続きをご所望かしらぁ?」

満更でもなさそうに、食蜂が唇に人差し指を当てて微笑む。

「……いや、元気になってからでいい。時間はたっぷりあるしな」

「……ん。そう、ね」

「あ、そうだ」

一つ、肝心なことを聞き忘れていたことに気づく。

「お前、これからも常盤台にいられるんだよな?」
127 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 13:23:39.76 ID:neRcrv+W0

「そうらしいけど、寮は出るつもりよぉ」

「え、どうして」

「渦中の人になっちゃった以上、このまま居座り続けてもストレス溜まりそうだしねぇ」

「あー……そうか」

言われてみれば、その問題が残っていた。
学園都市が誇るレベル5の拉致監禁となればセンセーショナルといって大袈裟ではない。
いくら奪還されたとはいっても、少なくとも当面、噂の的になることは避けられないだろう。

「むしろ、その程度で済んでよかったわぁ。あなたのおかげね」

「みんなの、だろ。それはそれとして、行くアテはあんのか?」

「しばらくは布束先輩のお宅にお邪魔するつもり。さっき本人の了解も取ったし、後のことは、それから」

「あぁ、あの人な。ならまぁ、とりあえず一件落着か」

先輩オーラを纏った少女を思い浮かべ、上条が独りごちる。

「居候の子が立ち退くまでは、同棲ってわけにもいかないものねぇ」

「……え?」

「ううん、なんでも」
128 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 13:33:13.19 ID:neRcrv+W0

首を振った食蜂がドアのほうを向きかけ

「あっ、いけない。忘れ物しちゃった」

そう言った。

「え、忘れ物? どこに――――」

ベッドサイドを見ようと身を乗り出した上条の頬に


「ん☆」


柔らかいものが強く押し当てられた。


「――――へ」


ちゅるん、と。
離れ際、舌をしまう音が耳の奥を叩く。


「――ということでぇ、今回はほっぺで勘弁してあげる」
129 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 13:37:17.70 ID:neRcrv+W0

微妙に向きを変えた食蜂の顔は、耳まで赤く染まっていた。


何かを言わねばと思う上条だったが



「今度こそ、ちゃあんと、唾つけたわよぉ?」



今まで目にしたことのない、そのとろけるような、崩れるような微笑みに、一切の言葉を失う。


「あ、の。そ、それじゃあ、上条さん、お、お大事にね」


自らの行いがよほど恥ずかしかったのか、一切こちらを振り返らずに廊下を駆けていく食蜂を尻目に



「……あ、あれ? これ、夢じゃねえだろうな」


一人病室に残された上条は、パッションピンクのキス跡が残る頬を、指で何度となく抓むのだった。
130 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 13:39:41.12 ID:neRcrv+W0

――???


『どうやら、覚醒が近いみたいね』


海の底から陽光煌めく水面を見上げるように、目の前に浮かぶ裸の少女を見つめる。


「……次に目覚めたときには、あなたは消えちゃっているのよねぇ?」

『今の私だって、記憶の残滓を寄せ集めたものに過ぎないわ。こうしてやり取り出来るのも、あと数分が限度よぉ』

「…………そう」

『落ち込んでいるの? 気にすることないんじゃない? 元々存在しなかった人格なんだし』

「そう簡単に割り切れるものじゃないわよぉ。あなたは、私の都合で生み出したんだもの」

『でもぉ、上条さんの気持ち次第では本体が消える可能性だってあったわけだしぃ?
何より、この先もっともっといっぱい、辛いことが待っているかもしれないじゃない?』

「い、嫌なこと言うわねぇ」

『だって、それが私で、あなただもの』

そう開き直られれば返す言葉もない。
この性格は、きっと、死ぬまで矯正不可能だろう。
131 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 13:43:05.11 ID:neRcrv+W0

『ホント、我ながらあなたってばどうしようもない女だけど』

「だけど?」

『男を見る目だけは、確かだったみたいね』

「そう、ねぇ。それだけは、きちんと誇れそうだわぁ」


全ての記憶が一致した瞬間。
傷だらけの上条を目にして、それだけで心が満たされてしまった。
目の前にある彼の見るに堪えない姿が、心を読めない彼の心を、どんな言葉より雄弁に物語っていた。
あたかも心理掌握を用いたときのように。


胸に去来したのは一つの確信。

彼は自分を裏切らない、ではなく。

彼に裏切られたのなら、諦められる。

彼は裏切ってさえ、自分の味方でいてくれる。

そんな絶対的な確信。


今もって自分の目的が達成されたわけではない。
学園都市の暗闇はなお深く、奈辺にまで光を届かせるには、危ない橋を渡らねばならない。
それでも、もうこれまでのように、骨を断たせて骨を断つような真似はできそうになかった。

たとえ奈落の淵に身を躍らせようと、きっとあの人は、我が身を省みず助けに来てしまうだろうから。
132 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 13:49:08.68 ID:neRcrv+W0
食蜂操祈は心から願う。
自分が慕うあの少年に。
上条当麻に、幸せになってほしいと。

そして、しかし厄介なことに、そうするためには――


『そうよぉ。幸せなあの人に寄り添うには、まず私自分が幸せにならなきゃダメなのよねぇ』


頭上でたゆたう語りかけに、無言で頷き返す。

幼い時分、彼に聞いた恩送りという言葉の意味を反芻しながら。

不幸が日常茶飯事の学園都市で、それがどれだけ難しいかを自らの心に戒めながら。


眼光の強さに理解を読み取ったのか、もう一人の私がゆっくりと目を閉じる。


『それじゃ、最後に私らしく勝ち惜しみを告げて、お別れといきましょう』

「……勝ち惜しみ?」
133 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 13:56:24.15 ID:neRcrv+W0

総括するように、もう一人の食蜂操祈(わたし)が告げる。

『上条さんは遠からず後悔することになるわぁ。消えゆく者としては、そこだけが悔やまれるのよねぇ』

「は、はぁ? 何でそんなことになるワケ?」

『だってぇ、あなたが私より魅力的かつ積極力のある食蜂操祈を演技(やれ)るはずがないじゃない?』

聞き捨てならない暴言を。


「ハァーーー? ほざいたわねぇっ!? その台詞、いつか必ず撤回させてやるんだからぁ!」


『ふふぅん? できるのかしらぁ?』


「余裕ですしぃー! 今に見てなさぁい!? 私の全女子力を総動員して、あの人に何べんだって――」


声高らかに主張する私を、炊きつけたもう一人の私が冷めた目で見下ろす。

未だ根強く残る彼への依存心、そこから派生する嫉妬や浅ましささえ、彼女には全てお見通しなのだろう。

何しろ彼女は、私自身だ。


それでも、光の粒に呑まれるその間際、彼女は――


『あなたには過ぎた願いねぇ。まぁ、せいぜい頑張りなさぁい』


何かを託し終えたかのように、微笑んでいた。
134 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/12(木) 14:01:13.26 ID:neRcrv+W0
これにて本編完結です
心理掌握と聞いて二重人格がぴたりと思い浮かびました。

沢山の乙と支援、ご指摘やレスに感謝を
合わせて、昨年エタりかけた>>1の愚かさをひらにお詫びします

文章量多かった割に区切ったら100レスに全然届かなかったよ!
135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/12(木) 14:05:56.68 ID:04UH8tPi0
乙したぁー!!!
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/12(木) 14:06:24.88 ID:7dERYQnlO
本編以外のもあんだろ?

オラ出せよどんだけ待たせたと思ってんだよ



あ、すっごい乙です
137 :vipにかわりましてNIPPERがお送りします [[sage]]:2014/06/12(木) 14:11:57.30 ID:l3hra9u20
2828が止まらんっ
138 :乾杯 ◆ziwzYr641k [sage saga]:2014/06/12(木) 14:46:34.77 ID:neRcrv+W0
>>123訂正

少女を病室で接吻を交わそうなどと⇒少女を病室に連れ込んで接吻を交わそうなどと
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/12(木) 17:59:30.12 ID:czt8eyBto
乙です
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/12(木) 18:59:10.87 ID:w9BDdkW20
乙!
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/12(木) 19:54:45.17 ID:kmw4C3ggO
超乙、
待ったかいがあった!
あの上条さんが、自分の為に人を殺そうなんて、女としては色々堪らないんだろうな
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/12(木) 21:11:49.92 ID:PxkZwegz0
乙ー
面白かったです。
待ったかいがありました!
143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/12(木) 22:29:35.72 ID:yZEbKFaBo


で、続きはまだかね?
144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/12(木) 23:15:48.78 ID:neRcrv+Wo

訂正
>>95
第一印象は、控えめに言って良くなかったはずだ。
いけ好かないとさえ思っていた。
この二行を削除


>>129
見直したら間が気になったのでこちらに差し替え




微妙に向きを変えた食蜂の顔は、耳まで赤く染まっている。


何かを言わねばと思う上条だったが



「今度こそ、ちゃあんと、唾つけたわよぉ?」



今まで目にしたことのない、そのとろけるような、崩れるような微笑みに、一切の言葉を失う。


「あ、の。そ、それじゃあ」


そして、時間差で気恥ずかしさがやってきたのか、


「上条さん、お、お大事にぃ!」


食蜂がばっと顔を両手で覆い隠し、脇目も振らずに病室から走り去る。



「……あ、あれ? これって、夢じゃねえだろうな」



一人病室に残された上条は、パッションピンクのキス跡が残る頬を、指で何度となく抓むのだった。
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage saga]:2014/06/12(木) 23:50:24.00 ID:neRcrv+W0
上の訂正レスでトリップが抜けてました、失礼しました


以下蛇足なので読み飛ばし推奨


いつか手がけるだろう本編その後、anotherの概要

一文でまとめると
『上条との距離を縮めるべく積極力を超駆使する心理掌握』
シリアス1、ラブ99、バトル不明


効能に顔面ストレッチと注釈を入れられるよう精進します
繰り返しになりますが、再開まで相当時を跨いでしまったにもかかわらず、たくさんの乙感謝でしたノ
146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/12(木) 23:55:55.66 ID:DK1WxrV9o
完結乙です
147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/13(金) 00:00:46.94 ID:bCYGLv6ko
駄文でもいいからはよ
満たされぬぞ
待たされすぎて
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/13(金) 08:35:39.04 ID:ma38enSaO
待つのは慣れっこだと思ってたけどいざ更新があるとなるとねー
人間って勝手な生き物だなー
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/13(金) 10:42:06.04 ID:WCvK/0ZmO
縺輔≠蠕後ッ蠕梧律隲縺
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/13(金) 11:15:28.89 ID:FFkCD/ssO
乙!
あれおかしいな、これ深煎りのキリマンジャロのはずなのに甘い・・・

というか本当に番外編書けくださいお願いします
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/13(金) 20:59:57.42 ID:FG2VTxIAO



ウドの街のコーヒーの筈がいつの間にかベトナムコーヒーに変わってた
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/15(日) 14:06:23.78 ID:LvA90S3eo
マダですかねぇ?
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/06/16(月) 00:41:18.01 ID:TJzhcFvH0
触りだけちょちょっと投下します
154 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/16(月) 00:51:36.20 ID:TJzhcFvH0

???「――サキ、――――ミサキ」



食蜂(……んん、何よぅ。せっかく人が気持ちよくぅ)




布束「操祈っ、そろそろ時間よ。起きなさい」ユサユサ

食蜂「……あと10ぷぅん」ゴソ

布束「10分って、そんなに余裕ないわよ。いい加減起きないと遅刻するったら」グイグイ

食蜂「じゃあ5ふぅん。……5分でいい、からぁ」ググ

布束「……意外に粘るわね。この娘、元々素はこんな感じなのかしら」フゥ

食蜂「……ん、……んふふぅ」ゴロン

布束「やれやれ、知らないわよ? ウチからだと軽く30分はかかるのに」

食蜂「…………」


食蜂「――――え、30って……」パチ

布束「That is because.ここは常盤台の学生寮じゃないのだから」



        ―― 食蜂「好きって言わせてみせるわぁ」AFTER ――
155 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/16(月) 00:58:49.16 ID:TJzhcFvH0

「どーしてちゃんと起こしてくれないんですかぁ!」

寝室からの理不尽極まりない叱責に構わず、ウェーブ髪の少女はもそもそ食パンを食みながら朝の番組チャンネルを切り替えていく。

「……大したニュースはなさそうね。天気予報は――――午後から曇り、と」


クローゼットの洋服類を掻き分ける音がぱたりと途絶えた。
かと思いきや、下着にブリーツスカートにニーソックスという煽情的な身ごしらえの少女が、長い金髪を靡かせながらリビングに飛び込んでくる。

「時間かけて念入りにお化粧したかったのにぃ――――あっと、いけない! 携帯!」

まだ部屋の家具の配置に慣れていないからか、ドタバタと右往左往を繰り返す後輩に

「とりあえず先にブラウス着ちゃいなさい。表から丸見えよ」

「え、嘘ぉ!?」

先住者として一つ忠告を入れる。

ベランダの正面は背丈の高いツツジが茂っているので丸見えというのは誇張だが
通りを隔てて向かいの高層マンションからであれば、覗かれないとも限らない。
正面玄関は二重のオートロックで、各階にもセキュリティが設けられているが
それでも大統領府並のガードを誇る学生寮と同じ感覚でいたら無防備すぎる。

焦った様子で脇からカーテンを引っ張り出し、パチパチと前ボタンを下から留めていく食蜂に

「少し落ち着いたらどう? 今から急いだってバスの時間には間に合わないし」

布束は声をかけつつ電子腕時計に目を落とし、テレビの電源を落としてキッチンに向かう。
156 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/16(月) 01:10:52.37 ID:TJzhcFvH0
時刻は8時ちょっと前。常盤台の登校時刻までは30分強。
距離的にはさほどでもないのだが、この界隈は外部からの物資が持ちこまれる流通センターが密集している。
二区画先の幹線道路がしょっちゅう渋滞に見舞われる関係で
表のバス通学路が渋滞時の抜け道として周知されてしまっているため、朝方は非常に混雑するのだ。

「バイクならさほど時間もかからないでしょう。常盤台方面に向かう人を捕まえればいいじゃない」

「うーん、二人乗りはしたことないし、それに知らない人にしがみ付くのは、ちょっと嫌かなぁ」

能力行使については寛容な先輩に、化粧台に陣取った食蜂が髪をブラッシングしながら返事。

「なるほどね。彼なら問題なかったと」

「ちょっ、そ、そんなこと言ってないでしょう!?」

「Poor thing. いったい誰を想像したのかしら? 名前を出した覚えはないのだけれど?」

「……ッ」

顔を赤らめた食蜂が鏡に映る布束を恨みがましく見つめる。
布束は相変わらず無表情を崩さぬまま、手にしていた無地のプラスチックプレートと、拵えたばかりの布包みを差し出す。
157 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/16(月) 01:13:46.48 ID:TJzhcFvH0

「なんですこれ? 何かのカードと……お弁当?」

常盤台には食堂もあるのだが、と首を傾げる食蜂に

「このマンションは全室カードキーだから、これが合鍵よ。なくさないでちょうだい。ちなみにこっちは朝食ね」

布束が淀みなく説明する。

「へぇ、そうなんだ。ま、これくらいのタッパーならギリ入るかしらね。――――よっし、準備完了☆」

「待ちなさい」

振り返り際にがしっと両肩を掴まれ、食蜂の勇み足が天井に向かう。

「ちょっ、なんですかぁ? こっちは急いでるんですけ――――ひっ!?」

「移動中に食べれるようにと、一度作った料理をわざわざサンドイッチ風にアレンジし直した同居人に」


ズシンズシンと効果音がつきそうな足取りで、布束がぎょっとしている食蜂に近づいていく。
勢い玄関まで押し込まれた食蜂が、どうにか執り成そうと両手を掲げるも


「何か一言くらいあって然るべきじゃないかしら。ねぇ、操祈?」

「せ、せせせ先輩。目ぇ、目が怖いですぅ」


絶対零度の布束の眼力に、あえなく屈したのだった。
158 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/16(月) 01:18:22.32 ID:TJzhcFvH0

「……やっ、やっと見つけたわよ。食蜂操祈!」


午前授業を乗りきり、昼食を終えて昼休み。
中庭に設けられたバラ園で恋愛小説を片手に寛いでいると、見知った少女が肩で息をしながら近づいてきた。


「あら、御坂さぁん。どうしたの? そんなに慌てちゃって」

「どーしたもこーしたもあるかぁ!」


肩に届かぬ茶髪が逆立ち、毛先から静電気が迸る。
ただならぬ剣幕に何事だろうと首を傾げる食蜂だったが

「ア、アンタ、なんで私に断りもなく派閥解体しちゃうのよ!」

その一言で「あぁ」と合点する。

「別に、好きでそうしたワケじゃないわよぉ? 私が学園に復帰する前から脱退を申し出た人もいくらかいたみたいだし」

先の誘拐騒動勃発後、食蜂の学籍は一時的に凍結扱いになっていた。
あくまで最悪の事態に備えての措置だったが、それで目鼻の利く何人かの学生たちが拙速に手のひらを返した。

家々に巣食う黒いアレの話ではないが、一人を見れば百人。
表立たなくとも、潜在的に脱退を望んでいる学生たちが少なからず存在することを示唆している。
それを踏まえての判断だったが


「にしたって性急すぎ! いきなし畳んだら周りに皺寄せ来るってことくらいわかんでしょ! こちとら全然受け入れ態勢整ってないっての!」


丁寧力溢れるその説明に、しかし彼女は一向に納得していないようだった。
159 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/16(月) 01:21:25.51 ID:TJzhcFvH0

事件を前後にして、心理掌握の派閥に属する学生の中には、潮目を見てか活動を自粛する者が出始めている。
人の心を読み取れる食蜂にとって、集団心理の根底にある流れを見定めるのは容易いことだ。
強い海風に晒される砂の城のように、壁画の塗料が経年劣化で少しずつ剥がれ落ちていくように。
自分が苦心して作り上げた派閥が少しずつ、しかし確実に崩壊していくだろうことは読めていた。

ならばいっそ、自らの手でトドメを差したほうが後腐れない。
留まるか去るかと身の振り方に日々悩んでいる学生たちにとっても、その方がありがたいはずだ。


「これからは徐々に活動を縮小していこうと思いマス☆」


以上の考えに悖(もと)り、食蜂はある日の総会で事実上の解散を宣言。
しかしながらこの発言は、計算高い食蜂の想定をも超え、学舎の園の内外にまで波紋を広げることになる。
160 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/16(月) 01:29:48.18 ID:TJzhcFvH0
そも学園都市において、高レベルの能力者が公認している組織に所属することは
特にお嬢様社会におけるトレンドであると同時に一種のステータスである。

研究資金や課外活動の諸費用に対するバックアップはもちろんのこと、理事会を始めとする有力コミュニティとの繋がり。
あるいは今晩のおかずレシピ、学園七不思議、大手ファンドの資本流入まで多様な情報を共有できたりと、様々な恩恵に与れる。

そんな中、学舎の園における最大派閥が解散したとなれば、当然影響だって計り知れないわけで。
騒動は学生内に収まらず、彼らを育成・管理する教職員にまで影響を及ぼしており


「アンタの身勝手で超割り食っちゃってるのよ!? ここ数日に至っては一限から出待ちの学生に見張られちゃってるし! 本当動きづらいったら!」

「動きづらいと感じるのは、あなたが日常的に野蛮力を発揮しすぎちゃってるからだと、思わなくもないかなぁ」


必然、離脱者の中には心理掌握に迫る信者数を獲得していた超電磁砲の派閥に鞍替えしようという者も多かったらしく。
さらに、控えめだった啓蒙活動を盛り上げようと画策する信者が出てきていたりもするらしく。
さらにさらに、入学時から御坂を慕っていた、半ば秘密結社的に活動していた学生たちのグループと、
近日派閥に加わったにわか信者らが派閥の運営方針を巡って対立、小競り合いが頻発しているとかいないとか。
161 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/16(月) 01:34:07.94 ID:TJzhcFvH0
曰く、ご本尊であらせられる御坂美琴大明神には供物と嘆願書を捧げる大衆よろしく
入閥希望と贈り物と仲裁を促すメールがひっきりなしに届けられ、
前夜空にしたはずのレターボックスが翌朝には溢れかえっている、といった様相を呈しているとのこと。
諸々の手続きについても、専門業者に委託するべきか否か、真剣に検討せざるを得ない状況にまで追い込まれているというから相当だ。


「だから、ほら、ね? 今からでも遅くないから取り消しなさいって。私も出来る限り協力するからさ」


気安く肩に手を乗せた御坂は、すごく笑顔だ。
反して仏頂面になった食蜂が、その手をすげなく払う。


「無茶言わないで。今さら発表を取り下げたところで流出力までは下げられないだろうし、それ以前にこっちの面子が丸潰れじゃなぁい」

「そ、そんなつれないこと言わないでぇ! 悪いことは言わないから! 向こう一年のアンタのランチ代全部こっち持ちでいいから! だから食蜂お願いっ! この通りっ!」


何かといがみ合ってばかりいる自分に、きっちり斜め45度、腰の上を傾ける御坂。
自分を拝み倒すその姿は正直とても新鮮で、これが普段ならまぁまぁ、悪くない気分になっていてもおかしくなかったはずだが――

(なんだか今の御坂さんって、自分の尺度でしか物事考えてないっていうかぁ)

何しろ状況が状況だ。
察するに、フットワークの軽さを身上=信条とする彼女は最大派閥という肩書きなど背負いたくないのであり。
つまりは運営にかかるだろう手間暇を惜しんでいるのであり。
あまつさえそれを自分に押し付けようとしているのであり。

――となれば当然、


「冗談じゃない。お・こ・と・わ・り・よぉ」


対応だって辛辣になるワケで。
162 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/16(月) 01:37:41.52 ID:TJzhcFvH0

要求をばっさり斬り捨てた食蜂に、美琴が「ダ、ダメ、かな」となおも縋りつくような眼差し。
その往生際の悪さにはちょっぴり感動を覚えるも

「猫目力で訴えようが情に訴えかけようが、無理なものは無理ですぅ」

生憎と食蜂は男子学生ではない。
そして年頃の少女にとって、同性の媚態力ほど鬱陶しいものもないのである。

「ひ、ひどい、何の仕打ちよコレ。私にとって唯一と言っていいアンタが存在するメリットを、こうも簡単に潰えさせるなんてぇ」

正面の椅子に座るや突っ伏しておいおいと泣き崩れる御坂を見下ろし――
ついに食蜂が両手のひらを、我慢ならぬとばかりに丸テーブルに叩きつける。


「さっきからなんなのよぉ! 黙って聞いてれば言いたい放題! 仕打ちとかメリットとか、ひどいのはそっちの言い草でしょ!?」

「うっさい! そんだけこっちは追い詰められてんの! 余裕ないの! 一部の子たちなんかあの黒子が、あの黒子がドン引くくらいなのよ!?」

「だからって、抜けた人たちのことまでいちいち責任持てないってばっ! 群がられるのがウザいんだったらいつもみたく粗暴力で蹴散らしちゃえばいいじゃなぁい!」

「いつもみたくってだからアンタは人聞き悪いこと言うな! こちとらそこまで見境なくないっ! つーか不良相手ならいざ知らず一般学生のお嬢にんな真似できるかぁ!」
163 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/16(月) 01:40:13.11 ID:TJzhcFvH0

ぎゃあぎゃあぎゃあと顔を突き合わせながら諍う超能力者二人を遠巻きに、


「容姿と名声目当ての輩が去ったとて、私たちの結束になんら痛手はありませんわ」

「ええ、仰る通りですとも」

「高嶺の花に集る浅薄な有象無象どもと違い、私たちは知られざる女王のギャ――人柄に惹かれてここにいるのですものね」


解散を宣言したのちも、以前と変わらぬペースと居場所をちゃっかり保持している者がいたりもして。


「ていうか、なんであななたち、いつもの定位置に収まってるのよ? もう私の顔色窺う必要力なんてないのに」

「な、なんと冷たい仰りよう! 女王が行方不明になったと聞いて、私など心労で5キロも痩せ細ってしまったんですよ!?」


モデル体型の縦ロール髪が心外だとばかりに声を張るも、食蜂は「あーハイハイ」とあっさり受け流す体に入った。

それは単に、エクレアやワッフルやケーキ類を、知らぬ間に一気食いしなくなったおかげだろう。
164 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/16(月) 01:43:34.94 ID:TJzhcFvH0
本日は以上になります
次回は木曜日の22:00を予定、無理であれば土曜の同じ時間帯に移行します
よろしくお願いします
165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 01:49:47.00 ID:Xs21b12eo
乙です
166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 05:15:15.78 ID:mQPPWuWy0
乙です楽しみにしてます
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 06:26:46.54 ID:hmGxGOLbo

年頃の男女がイチャイチャするとそれはもういろいろある訳で、とどのつまりエロはあるんです?
168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/16(月) 07:33:52.09 ID:MiBjMiyk0
お、戻ったか
もうダメだと思ってたから超嬉しい
ぜひ顔面筋肉痛にしてくれ
169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/18(水) 00:50:17.79 ID:M6ZZdQ4C0
マジ楽しみ
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/18(水) 01:07:37.71 ID:8huAdUcn0
まってる
171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/19(木) 07:46:56.29 ID:geFIHOlP0
気がついたら復活していた。
次も楽しみにしてる。
それと、エロキボンヌ。
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/06/19(木) 19:25:24.23 ID:7JqKlOqD0
今さらだけど、美琴って派閥に所属してないよね
このssだけの設定?
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/19(木) 20:17:08.71 ID:zfZ2yeWAO
最初から読めば?
174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/19(木) 22:44:34.52 ID:hOm5rTtS0
土曜日に移行されたのかな?
楽しみにしてるから土曜日よろしくねん
175 :乾杯 ◆ziwzYr641k [sage]:2014/06/20(金) 20:35:45.86 ID:+Bj2Wkr/0
昨晩報告ができず申し訳ありません
先日の告知通り土曜日22:00前後に投下します
よろしくお願いします

>>172
美琴本人の認識としてはそれで正しいです(周囲や食蜂らの認識とは齟齬があります)
ニュアンス的には食蜂という受け皿をなくした人たちが超電磁砲を新たな神輿に乗せようとしてるみたいな感じで
若干次回でも触れる予定です
176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/20(金) 21:14:28.86 ID:oQNU40hMo
了解
177 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/21(土) 20:45:14.10 ID:U9lv10c70
予定より一時間ほど早いですが投下します
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/21(土) 20:47:47.37 ID:nmFSTKb/o
あーい
179 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/21(土) 20:50:21.81 ID:U9lv10c70
昇降口を出たところで、校舎の中からでも聞こえていた喧騒がぱたりと止んだ。
歩調を緩めた食蜂が、立ち去るでも近づくでもない女生徒たちを広く俯瞰するように見つめる。
大勢の視線に晒されるのはいつものことだが、わかりやすく違う点があった。
以前にあった羨望力が弱まり、足りなくなったものを補うように、好奇や遠慮、微妙に憐憫などがブレンドされている。

(ふぅん、無理してると思われてるのねぇ)

別段悲観的になるでもなく、食蜂が独りごちる。
胸囲力と引き換えに戦闘力を獲得したアマゾーンならともかく、
年頃かつ美貌力に定評のある女生徒が正体不明の無頼漢にかどわかされたのだ。
よからぬ想像に耽る者が出てくるのも、ある種自然な成り行きかもしれない。
つまりは婦女暴行や、そこまで露骨ではなくとも性的な嫌がらせを受けたのではと勘繰られている。
禁欲力に溢れる全寮制のお嬢様たちにも、少女漫画やBLなどで見受けられる知識は、ひっそりしっかり浸透しているようだ。
180 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/21(土) 20:52:55.47 ID:U9lv10c70
以前なら迷わずリモコンに手が伸びる状況。
しかし食蜂は素知らぬ顔で、むしろ堂々とした足取りを意識して、校門のほうに進んでいく。

腫物に触るような態度が気に障らないと言ったら嘘になる。
が、拉致された当人がどのような憂き目にあったかを語ったとして
想像力に富んだ彼女らがどこまで信じるかは怪しいものだ。
自分の心身を癒してくれた彼との逢瀬を明るみにするわけにもいかないし
反してその過程を抜かしてしまえば、未だ立ち直れていなかった可能性だって否定できない。

(別にいいモン。あとであの人にいっぱいいっぱぁーい、甘えさえてもらうんだから☆)

へこたれていない今の自分が傍目からいたいけ、健気といった感じに映るなら、それはそれで都合がいい。
派閥解体に踏み切ったのが傷心から来るものだと勘違いしてくれるならなお申し分ない。
お嬢様校にいては語れぬ真の理由――上条と親睦を深めるがための時間捻出――その目くらましにはなる。
181 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/21(土) 21:00:56.08 ID:U9lv10c70

「あら食蜂ちゃん。今日も寄り道ですか?」

「どうもぉ月詠センセ。また来ちゃいました☆」

窓口の職員に連れられて職員室にやってきた食蜂が、椅子を半回転させた小萌に小さく敬礼。
鋭角三角。寄り道というには過分に遠回りだが
誘拐事件の後からこの場所は帰宅ルートにしっかり組み込まれている。
その理由は説明するまでもなく――

「例によって上条ちゃんは補習中でして、まだ解放するわけにはいかないんですけど」

「わかってます。終わるまで待ってますから」

相手が申し訳なさそうな顔をするのに先んじて、心得ているというように食蜂がうなずく。
「お茶でも入れますね」と小萌が立ち上がり、空いた自分の椅子を勧めた。

「あの、お構いなくぅ。勝手に押しかけちゃってるのはこちらですし」

「そろそろ休憩入れようと思っていたところなので気兼ねしなくていいですよ。席ならご覧の通り、いくらでも空いてますから」

「……じゃあ、ハイ。お言葉に甘えて」
182 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/21(土) 21:04:23.83 ID:U9lv10c70

ここ一週間ほどは、とある高校にやって来るのが日課となっている。
超能力者ともあれば教職員や警備員にも広く認知されていて、セキュリティレベルの低い施設ならほぼ顔パスが利くのだ。

背もたれつきの回転椅子にちょこんと腰かけた食蜂が、どこか物珍しそうに大部屋の中を流し見る。
入室する前から引っきり無しに鳴り続けていた電話たちが、やっと大人しくなった。
大勢の教師たちが忙しく立ち回っていれば学生の居心地も悪くなろうが
教員が警備員(アンチスキル)や研究者を兼任している学園都市では、今日のように空同然の職員室も珍しくない。
シリンダー錠のかかった窓越しに、クラブ活動のものと思われる――「1、2、3、4」――威勢のいい掛け声が聞こえてくる。
常盤台とは雰囲気が大分異なり、そのギャップが食蜂にとっては新鮮で面白い。

(……ん、あれって)

ほどなく、食蜂の目がある一点に定まった。
部屋のほぼ中央付近の壁に、昭和の香りただよう薄緑色の掲示板が設置されている。
そこに画鋲で留めてある写真つきのプリント群を見上げ

「そういえばここって、編入試験とかやってるんですかぁ?」

何となしにそんなことを口にした。
183 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/21(土) 21:05:46.35 ID:U9lv10c70

しばしの間を経て、電気ポットの湯を急須に注いでいた小萌が、困ったように笑う。

「食蜂ちゃん、学校に通うのはあくまで能力と学術を向上させるのが目的であって」

「先読み以前に深読み力の発揮しすぎですよぉ。それに私、授業はどこでだって真面目に受けますケド?」

お盆の縁でテーブルに散らかっている文房具一式を端に押しのけた小萌が、並べた空の湯呑に急須を傾ける。

「あなたの学力は現行の世界最難関大学にも合格するレベルでしょうに。それも、語学以外なら主席に近いところまで食い込めるかも知れません」

学園都市にいると能力開発ばかりがクローズアップされて忘れがちになるが、常盤台中学は世界有数のお嬢様学校だ。
入学試験の難易度や教育の水準はあらゆる分野において非常に高く、卒業する時点で難関大卒の知識が身についてしまう。
語学を除いたのは、一度母国語の概念を学んでしまった者にとって外国語の文法に馴染むのがどれだけ難しいか、小萌が理解しているからだろう。
日常的な会話をする程度ならまだしも、高度な技術に関連した専門家との対談などとなればハンデがじわじわ効いてくる。

さておき、小萌の今の発言は、この学校で教えられることなんてほとんどないのだと仄めかしているようなものだ。
微妙に突き放されたみたく感じられ、食蜂がやや不満げに唇を尖らせる。
そのタイミングを見計らっていたかのように、小萌が湯気立ち昇る茶を差し出した。
184 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/21(土) 21:09:12.77 ID:U9lv10c70

「そもそもそんな提案、常盤台が認めるはずないでしょう?」

「そうでしょうか? もう以前ほどの影響力は、私には――」

「派閥の一件は私の耳にも入っていますけど、それでもあなたはれっきとした超能力者。
学舎の園の、こう言ってしまっては何ですけれど、広告塔なんですよ?」

熱くなっている湯呑をそっと傾けながら、小萌が向かいの机、とある高校の学舎が巻頭のパンフレットを流し見る。
学園都市にやってくる能力者候補の学生にとってレベル5と呼ばれる7人はわかりやすい目標であり、指標である。
レベル5のすごい能力者がいるから。
あの学校に入れば自分だってレベル5の能力者になれるかもしれないから。
そういった動機から常盤台中学の門を叩く少女だって少なくないはずだ。

「んー。でもそれって、大当たりの宝くじを出した店の売り上げが伸びるみたいなものじゃなぁい?」

「あぁ、ふふ、表現は割に近いかもしれないですね」

食蜂操祈の才能が常盤台以外では花開かなかったかというと、必ずしもそんなことはない。
大前提として、高みに行きつくためには険しい階段を昇り続けようとする意志と確固たる動機が必要だ。
高度な能力開発の環境を欲していた少女と、優秀な生徒を招こうとしていた学校の思惑が合致した。
一行でまとめればただそれだけのお話である。
185 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/21(土) 21:12:53.36 ID:U9lv10c70

年越しを迎えた11月末になると、各学校で学内外への広報を任されている教員たちは大忙しだ。
それでも、ここは門戸が広いだけが取り柄みたいな学校で、だから入学者の定数確保に苦労することはない。

片や、これが名門校ともなると話が大きく変わってくる。
世界有数のお嬢様校として知られる常盤台や彼らの後援組織にとっては
優れた能力者をどれだけ集められるかで世間からの評価が決まり、ひいては給与が決まる。

過去の当選回数をウリに売上枚数を稼いだ宝くじ売り場が再度当選番号を出す確率が高くなるのと同様、
大学顔負けの授業にも怯まない生徒たちにダイヤの原石が混入している可能性が高まるのは当たり前だ。
そこに嘘はなく、しかし欺瞞がないわけではない。
分母や比率への言及を避けている点において、である。

さておき、有望な能力者に対して外部組織から投じられる出資金の額は計り知れない。
だからこそ一学生が有する派閥などといった荒唐無稽が成り立つわけであり、
理事会側からすればある程度のロビー活動を認め、その活動をサポートするのは対外的視点から有意義である。
新入生たちにリベラルな気風をアピールできるという以上に。
莫大な費用をかけて宣伝するまでもなく、生徒たちが自主的に広報してくれるのだから。
186 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/21(土) 21:18:24.83 ID:U9lv10c70

「現状、二枚看板の片割れである食蜂ちゃんが常盤台から去れば、来年度、再来年度の入学者数にも確実に影響します。
拉致されていたままならいざ知らず、取り戻した以上は囲っておくメリットの方がずっと高いですし。
学舎の園を運営する理事たちにとって生徒は将来の、その親御さんたちは現在のスポンサー候補です。
そう簡単には首を縦に振らないし、振れないでしょうね」

二枚看板のもう一つは、常盤台の超電磁砲(レールガン)こと御坂美琴。
今にして思えば、運動が得意なはずの彼女が息を切らしていたのは、熱狂的な信者たちを撒いていたがためか。
舌に広がる苦みを味わいながら、垣間見た彼女の必死な素振りを思い出し、それで少し溜飲が下がった。

自分ではわかっているつもりだったが、改めて他人から論理立てて説明されると、その行いの無謀さに笑ってしまう。
同時に、微かな希望を見出してしまうくらいには、浮ついていたのかも知れない。

上条と同じ場所で学校生活を送る。
そんな他愛ない、けれども一笑に伏されたくない願い。

「にしたって、後ろ盾のいない私が誰かの後ろ盾に縛られるなんて、なんて皮肉かしらねぇ」

「……食蜂ちゃん」

自然と口を突いて出た言葉に小萌の表情が思いのほか暗くなったのを見て、

「あ、ごめんなさい、変に愚痴っぽくなっちゃってた。こんなこと言われても先生だって困っちゃいますよね」

謝罪を入れた食蜂が、誤魔化すように茶を啜った。
187 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/21(土) 21:21:10.57 ID:U9lv10c70

「……こっちだって応援はしたいんですよ? したいんですけど、ねぇ」

先の騒動以前から、食蜂が上条を心の拠り所にしていたのは、小萌もそれとなく気づいている。
普段は滅多に表情の裏を読ませぬ彼女が、上条の話になるや情緒豊かになるのだから気づかぬはずもない。
そして、子どもたちがよりよい方向へ進んでいくことを望まぬ教師などいない。
少なくとも小萌自身はそう信じて疑わなかっていない。
食蜂の事情のみを考慮するなら、それが可能か不可能かはともかく、転入を認める方向もないではなかった。

ややあって、小萌が腕を組んだまま、背もたれによりかかるようにして天井を見つめる。

「月詠先生?」

「……あなたが私の受け持ちクラスで授業を受けている図をちょっと想像してみたんですけど」

「ですが?」

興味ありげに続きを促した食蜂に、

「やっぱ無理ですねー。あまりのありえなさにめまいがしちゃいます」

顔を元の位置に戻した小萌が、やんわりと微苦笑を浮かべた。
食蜂には直接伝えることができない、彼女の希望に添えない言い訳を一つ二つ、胸の奥に仕舞い込みつつ。
188 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/21(土) 21:24:19.66 ID:U9lv10c70

あるいは後ろめたい意識が働いたからか、「そうそう」と小萌が唐突に話題を変える。

「先日聞きそびれていたんですが、そのポーチってもしかして」

「ええ、以前にお二人からいただいたものです。覚えてらしたんですね」

「愛用してもらえてるようで贈った側としてはとても嬉しいのですが、それにしてもだいぶ使い込んでるみたいですね」

地の色が白なのでパッと見は新品にも見える。
が、近くでよくよく見ると表面に細かい傷が無数にあった。

「実を言えば、前回の事件で落としたり擦ったりして、留め具の部分が破損しちゃったんですよねぇ」

「……でも、あれ? そこは一目何ともないみたいですが」

「ハイ、メーカーに直接取りに来てもらって超特急で修理してもらっちゃいました☆」

「えええ? それ、かなり高くついたんじゃないですか? もちろん物持ちがいいのは感心なことですけど」

こちらが能力を使ったことに考えが及ばないのは、彼女の人柄が成せる業か。
束の間、食蜂が小萌に目を細めた。
実際の所、作業は最速にしてもらったが、修理にかかる費用は見積もりで出ていた金額をきちんと支払っている。
好き勝手にやる部分と守るべき常識の区別をきちんとつけることが、危険視されないための処世術だ。
189 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/21(土) 21:28:50.97 ID:U9lv10c70

「恥ずかしながら思い入れがあるといいますか、色々な意味で拠り所にしてしまっているので」

にへー、と口元を緩ませながらポーチを撫でる食蜂の姿。
それは、幼い少女が寝る時に抱く熊の縫いぐるみを小萌に連想させた。

(いくら思い出補正があるにしたって、この反応ですか)

拠り所。
寄り掛かれる人が一人としていなかった食蜂にとって、上条との出会いは大きかったということか。
自分の窮地を救ってくれた謎のヒーロー。頼れる異性。古めかしい言い方をするなら王子様。
今回の誘拐騒動を経たことで、彼への想いはより強固なものになったのかも知れない。

(メーター軽く振り切っちゃってそうな感じですね。これは、上条ちゃんにも注意を促しておかないと)

事件前、食蜂のことをすっかり忘れている風だった上条を思い出し、小萌はちょっと説教をくれてやりたくなった。
190 :乾杯 ◆ziwzYr641k [sage saga]:2014/06/21(土) 21:33:54.42 ID:U9lv10c70
少ないですが本日は以上になります
次回は二人の絡みあり(性的な意味ではない)
投下は火曜日を予定していますが、月曜日夜に改めて告知します
191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/21(土) 21:36:33.45 ID:nmFSTKb/o

性的な絡み…でない?
192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/21(土) 21:39:41.36 ID:LKBL5broo
乙です
193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/22(日) 00:00:29.10 ID:eOFlzpqt0
乙。
アフターストーリーもボリュームあって嬉しいわー。次回も楽しみにしてますよん
194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/22(日) 01:30:10.09 ID:EAMIE/FS0
乙です
次も楽しみにしてます
195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/22(日) 07:28:53.10 ID:LmTOytI/O
むしろ、気兼ねなくイチャイチャするようになってからが本番だろうが、と思うんだけど
196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/22(日) 08:48:59.07 ID:EY+HqOibO
乙、
待ってるぜ
しかし、地の文が上手い人は羨ましいな
197 :乾杯 ◆ziwzYr641k [sage saga]:2014/06/22(日) 10:26:49.35 ID:wmL0iQe50
>>187見落とし訂正

そう信じて疑わなかっていない。⇒ そう信じて疑っていない。
ちょっと想像してみたんですけど⇒ちょっと想像してみたんですが
198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage saga]:2014/06/23(月) 22:44:58.65 ID:NOJFVX3j0
諸事情にて投下を水曜日22時に変更します
よろしくお願いします
199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/23(月) 22:45:23.00 ID:TiRIWDWjo
あーい
200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/23(月) 23:01:10.42 ID:unSckEwOo
了解
201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/23(月) 23:02:24.13 ID:PYsSN9zSo
コテついてないんだが本人なのか?
202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage saga]:2014/06/25(水) 22:31:42.54 ID:ZwF6Nohb0
帰宅遅れましたorz
少ないですが投下します
203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/06/25(水) 22:33:23.33 ID:ZwF6Nohb0
「へっくしっ! だぁあぁ、ちっくしょー! 全然終わらねぇ!」

盛大なくしゃみをかました上条が鼻を啜り、空欄が8割がた埋まった月詠小萌印のプリントにじと目を送る。

あの日の激戦から再び病院にとんぼ返り、それでも尋常ならざる回復力を発揮して退院したのが一週間前。
入院中にも遠慮なしに進んでしまった授業に追いつくべく、連日放課後は居残り補習だ。

参考書のページをめくる最中に、ふとその元凶の男の顔が頭に浮かび――間断なく手が机を叩く。
思った以上にでかい音が鳴り、上条が廊下側に誰もいなかったか恐る恐る振り返る。

「……あと一発か二発、余分にぶん殴っておきゃよかった」

それもこれも全てあのクソッタレジジイ、木原とかいう研究者のせいだ。
やっぱりきっちり始末しておいたほうがよかった気がする。主に世の中のために。
心の底からそんなことを思う上条の顔に、しかし魔術に侵されていたときのような毒はない。
204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/06/25(水) 22:36:59.92 ID:ZwF6Nohb0

『おおよそ、カミやんの望む方向に収まったぜよ』

昨日の朝方、木原の処遇をこっそり訊ねたとき、とても気の毒そうだった土御門を思い出す。
知り合いでも一、二を争う性格の悪い友人があのような顔をしたのだ。きっと相当ひどい目に遭わされたのだろう。
とはいえ、それだけで溜飲が下がるかと言われたら答えは当然NOだ。NOである。NOに違いない三段活用。
食蜂操祈をあれだけ痛めつけ、あまつさえ泣かせた罪は、上条の中で極刑、万死に値する。
もし今度あの顔を見かけたらたとえドリフト走行中のバスの中。
はたまた、全米が泣いた系映画のクライマックスシーンを今まさに垂れ流している映画館の中であろうが、
問答無用で殴りかかる自信が――


「って、余所事考えてる暇はねーっつうのに」


上の空で書き損じていた文字に、慌てて消しゴムを擦りつけ――


「…………」


ビリっという嫌な音と感触に見舞われる。
しかつめらしくなるのを堪え、こんなこともあろうかと用意しておいたセロテープを鞄の中から取り出す。
ちょっとうるっと来ているのは気のせいだと思いたい。
いつ起こるとも知れぬ不運に備えている辺り、自分の侘しさを物語っているな、と修繕の最中にも卑屈さ漂う上条だった。
205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/06/25(水) 22:39:28.40 ID:ZwF6Nohb0
さておき、差し当たっては目の前の現実である。
ホッチキスで冊子状にまとめられたプリントに意識を戻し、再びペンを走らせる作業に没頭する。

ここ連日、具体的には週明けから昨日木曜に至るまで、補習を終えて職員室に課題を提出しにいくと
決まって食蜂操祈が待機しているというパターンが定着している。

メールで前もってそうした連絡を寄越してくるわけではないのだが、4日連続となれば5日目も、と勘繰らないやつはいない。
終わらせるのが遅れればその分だけあの少女が待ちぼうけを食らってしまうわけで。
もちろん、優秀な常盤台でもトップにいる少女が暇を持て余しているなどということはなく
――実際、感心なことに昨日一昨日の食蜂は教師の机にノートを広げて授業の復習をしていたわけだが
――それでも待たせている事実に変わりはなく。

「重ね重ね申し訳ねえっつうか、いくらなんでもみっともねえよな、この状況は」

帰ったら明日のやる範囲、チェックしておかねえと。
自分の口から出た言葉の意味に、上条自身は気づいていなかった。
その申し訳なさこそが、記憶喪失以前には存在しなかった『予習』という概念を獲得していたことに。
206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/06/25(水) 22:41:58.20 ID:ZwF6Nohb0

「へえー、そんなことがあったんですかぁ」

「ええ。光の柱が見えたので、慌てて家に戻ってみたらびっくりですよー。
救急車とアンチスキルの緊急車両が路地に所狭しと並んでいて。
あろうことかうちの天井にはぽっかり大きな穴が――――っと、終わったみたいですね」

談笑を中断して小萌が入口側に視線を送る。
数秒後、足音が止まり、ガラガラとドアがスライドする。

「す、すんません。どうにか終わりました」

「上条ちゃん、お疲れ様なのです。わからない問題などはありませんでしたか?」

「一点だけ、どうしてもピンと来ないのがあったんですけど。――――わり、遅れてゴメンな」

挨拶に先んじて小声で詫びた上条に、食蜂が軽く首を振る。

「気にしなくてもいいんだゾ☆ あなたの入院は私の落ち度でもあるんだし、今日は話相手もいたから」

「落ち度って、あれはお前のせいじゃ……」

「私のせいじゃないならあなたのせいでもないわよぉ。そもそも、あなたに会いに来てるのは私がそうしたいからだしぃ」
207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/06/25(水) 22:46:17.43 ID:ZwF6Nohb0
「……ん、そっか。さんきゅな」

「うん☆」

笑みを崩さぬ食蜂に絆されたのか、上条もやっと顔を綻ばせる。
明らかに空気の変わり始めた職員室に小萌は軽く肩をすくめ

「……さてさて。今日はもうこんな時間ですし、二人ともちゃっちゃと帰っちゃってくださーい」

冷やかすような声で二人を追い立てにかかる。

「……え? いや、でも」

「どうせすぐには採点しませんし、わからなかったところと合わせて月曜のHR前に解説しますから」

戸惑うばかりの上条に、さらなる追い打ち。

「スーパーで週末タイムセールなので、先生はバーゲン品の卵パック97円を買いたいのです。
入荷数が少ないので10分経たずに売りきれちゃうんですよね。なので、これは決定事項ですー」

97円!? と目を光らせる上条の横で、気を遣ってくれたのかな、と食蜂が小学生みたいな笑顔を窺い見る。
上条がもう赤くなりかけている空をちらっと見上げたタイミングでウインク。見込みが核心に。

「……先生もこう言ってくれてることだし、今日のところは帰りましょう? ね?」

「……ん、そうすっか。じゃあ小萌先生、悪いけど週明け、よろしくお願いします」

「はいはーい、お願いされました。二人とも気をつけて帰るんですよ」

小萌先生に見送られて、食蜂と上条が連れ立って職員室を後にする。
208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/06/25(水) 22:49:19.50 ID:ZwF6Nohb0

(頑張るんですよ、食蜂ちゃん)

胸の内でエールを送りつつ、上条が提出したプリントに目を走らせる。

「ん、ふむふむ、これはなかなか」

一目ケアレスミスがいくつかあるが、全般的によくできてるようだ。
よい意味で上条らしくない出来である。
教科書の小さな備考欄にまできちんと目を行き届かせているのが窺える。

(いい傾向ですね。この分なら二学期、とは言わないまでも、三学期で大分巻き返せるかもしれません)

相手を待たせないために、というのはいささか不純な動機かもしれないが
それで上条の学力が上がるのなら御の字である。
出席日数がギリギリである以上、どこかでテコ入れをする必要はあると思っていたのだ。

学力面で後輩に敵わないという負い目。そんな彼女を待たせてしまうことへの疾(やま)しさ。
食蜂が一途さを発揮してこちらの学校に転入してしまえば、そうした意識が働かなくなってしまうかもしれない。


「彼女にはちょっと申し訳ないですが、受け持ち生徒の意識改革も担任としての大切な役目ですからねー」


上条のプリントをファインダーにしっかり閉じた小萌が、どこか楽しげに帰り支度を始めた。
209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/06/25(水) 22:54:33.27 ID:ZwF6Nohb0

「おっすカミやん。そっちも今帰りぃ?」

「あれ、なんだよ。お前も補習だったのか?」


グラウンドを横切る際に声をかけられ、上条が片手を挙げた青髪ピアスを意外そうに眺める。

「諸々事情あってしばらく休んでたんよ。まぁでも、こうしていつもの辛気臭そうなカミやん見るとホッと――」

暴言じみた軽口がフェードアウト、青髪の視線が上条の肩の後ろにぴたりと固定される。


「こんにちわぁ☆」


上条の隣に進み出た食蜂が、礼儀正しく立ち振る舞う。
隣にいることがさも自然だという顔で、華奢な肩を並べている。
その様子に青髪がしばしあんぐりと口を開け、

「カ、カミやん? お隣さん、いったいどちら様?」

やっと我に返ったのか、パチパチと細い目を瞬かせる。
210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/06/25(水) 22:57:17.38 ID:ZwF6Nohb0

「そのサマーセーターは常盤台の制服……ってことは、なにか? カミやんはまたしても」

「あぁ、そっか。青髪って、こいつと顔合わせるの初めてだったっけ」

「知っとったらこないな美人忘れんがな! つうかあかん、あかんでぇ。
カミジョー属性がついに小悪魔属性にまで手を伸ばし始めたんか!」

「お前、時々言ってることわかんねぇよ」

「せやかてお嬢はん。騙されたらあきまへんで!」

「きゃっ!?」

ずざっと、袖からバラの花束でも差し出しかねない勢いで、青髪が食蜂の足元に跪く。

「こん男はこない人の良さそうな顔して、陰でどんだけの女の枕を濡らしているか!
驚くなかれ、とある消息筋によるとその数はなんと――」

大袈裟な身振り手振りを交え、指折り数え始めた青髪から食蜂を庇うように、上条が体を強引に割り込ませる。

「なーにが消息筋だゴラァ! 出会って早々根も葉もねえこと吹き込んでんじゃねぇぞ、このエセ関西人!」
211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/06/25(水) 23:03:49.45 ID:ZwF6Nohb0

「エ、エセやない! ここ最近は関西弁だってごっつ自然に出てきとるんや!」

「その言いざまが僕はエセですって公言してるようなもんだろが! そんくらい気づけ馬鹿!」

「あー! 関西人に馬鹿は禁句なんやで!? はよ阿呆って言い直しぃ!」

「馬鹿は誰に対してだって禁句だ馬鹿! 一部地域にしか通じねえ常識(ローカル)を持ちこむな!」

くすくすという笑い声に、にわかに小学生レベルな言い争いが中断。

「面白い人ねぇ、アナタ上条さんのクラスメイト?」

「え……あ、はい。そうですけど」

何で敬語なんだよ、と上条が白目。

「そうなんだ。だったらこれからもこの人のこと、よろしくお願いできるかしらぁ」

「って、お、おい」

少し甘えるような声を出しながら、食蜂が上条の右腕に両腕で絡みつく。
腕に柔らかいものを形が変わるほどに押し付けられれば、鈍感で慣らす上条といえど平静を装えるはずもなく。


「は、はいな! も、もちろんですたい!」


自他ともに女好きを認める青髪が、その柔らかな表情に鼻を伸ばさないはずもなく。
212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/06/25(水) 23:15:55.82 ID:ZwF6Nohb0

「……つーか、色々混じりすぎだっつぅの」

いつものように突っ込みを入れながらも、胸を押し当てられている感触にどうしたって意識がいってしまう。

(こいつもこいつだ。あの言い方じゃまるで――――て、はは、何考えてんだかな)

湧いて出た馬鹿馬鹿しい考えに乾いた笑いが浮かぶ。
自分が意味深に捉えすぎてるだけかも知れない。

「そ、そろそろ行こうぜ。もたもたしてると日が暮れちまう」

抱きつかれた腕から目を逸らしつつ、そう促す。

「はぁい。じゃあ、青髪さん、でいいのかしら? またねぇ☆」

「はぁい。そっちもお気をつけてぇ」

でれでれと頬を緩ませる青髪に笑顔で手を振る食蜂を一瞥し、上条は若干面白くなさげに歩みを速めた。
213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/06/25(水) 23:18:25.36 ID:ZwF6Nohb0
本日は以上になります
今回は軽めでしたが次回は少し甘ったるい感じです
土曜22時投下予定、よろしくお願いします
214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/25(水) 23:22:11.97 ID:NPrwAU1H0
乙です
次回楽しみにしてますねー
215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/25(水) 23:26:24.37 ID:EalaUEQyo
乙です
216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/26(木) 12:38:23.04 ID:59uRb1oyO
もっとだ
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/26(木) 23:33:29.91 ID:VUpDNPM+0
ふむ、青ガミの欠席理由が気になる
218 :乾杯@蜂食 [sage]:2014/06/28(土) 20:52:41.09 ID:lm3Mh2T+0
出先から、時間までに戻れそうにないので投下を明日に変更します
申し訳ありませんがよろしくお願いします
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/28(土) 20:59:20.21 ID:2f3a4uvZo
了解
コテそれにするの?
220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/29(日) 11:56:01.70 ID:+hTI/8GFO
待つのは慣れてるからスレ埋めるくらいは続けてくれ
221 :乾杯 ◆ziwzYr641k [sage saga]:2014/06/29(日) 22:59:37.33 ID:OP5uQfEN0
ミスって#と@間違えました
思いきりバラしちゃったので次回からは別のコテ使います、ご了承ください
222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/29(日) 23:00:56.22 ID:CgEV7lOJo
把握
223 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/29(日) 23:02:11.38 ID:OP5uQfEN0
「そっかぁ、今日で補習が一段落なんだぁ☆」

「ああ。だから、こっちの授業のほうが早く終わることもあるかもしれない」

警備ロボや自転車通学の生徒が行き来するのを横目に、噴水公園の歩道をのんびりと歩く。
取り立てて中身のない会話が楽しく感じられるのは、やはり相手が上条だからか。
常盤台で微妙な空気が出来上がっていると仄めかした時にはわかりやすく心配そうな顔をされたものの
気落ちしていない様子にやっと安心してくれたらしい。
無用な心配をされることに煩わしさと嬉しさを等分に感じつつ、

「これからは、迎えにも来てくれるってこと?」

投げ返した言葉に対する相手の反応を窺ってみる。

「そっちに問題がないなら状況次第でって思ってっけど、護衛の時みたく学舎の園には立ち入れないぜ?」

「あ、そういえばそうねぇ。ゲート前で待っててもらうのも何だか申し訳ないし、中間地点で合流するのが無難かしら」
224 : ◆ziwzYr641k [sage]:2014/06/29(日) 23:02:19.81 ID:fymOzehzo
了解
225 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/29(日) 23:05:10.47 ID:OP5uQfEN0
第七学区の通学路沿いには商業施設や中規模の公園がいくつか点在している。
他の生徒たちが待ち合わせに利用しているファミレスなどで合流するのもありだろう。
お互いに都合がある以上毎日というわけにはいかないが、それでも会える回数が多いにこしたことはなかった。

「あぁでも、毎度ファミレスでの待ち合わせは上条さんのお財布力にちょっと厳しすぎるかしらねぇ」

深刻そうな顔でそう言われた上条が

「……その意見は非常に非情に正しすぎるが、そこまで気遣われるとかえって惨めになるってことも知っといてくれるとありがたいかなぁ」

若干拗ねたふうに言い返す。

「調味料ケチってる人が今さらでしょ。そもそも、少なからず生活費は学園都市から支給されてるはずよね?」

「……そうなんだが、入金日に限って狙ったような不慮のトラブルがあったり、食費や医療費なんかも嵩んでてさ」
226 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/29(日) 23:10:32.61 ID:OP5uQfEN0
節約している姿しか知らないので食費というのはよくわからなかったが、

(なるほど……言われてみればそうかもねぇ)

確かにあの規模の病院での入院費は馬鹿にならない。
レベル0の学生の懐にはかなりのダメージかも知れない。
以前からも入退院を度々繰り返していたようだし、慢性的な金欠に陥っていても不思議ではない。

「そんなに経済力が厳しいなら、ご両親に仕送りを頼むとかは駄目なの? お二人ともご健在なんでしょう?」

「あぁ、……いやうん、そいつは、そうなんだけど」

思いのほか口を重たそうにした上条を見て、食蜂の眉根にしわが寄った。

(あれ……。えっと、もしかして、あまり仲がうまくいってないとか?)

期せずして踏み込んだことを聞いてしまっただろうか。
どう話題を展開するか迷ったそのタイミングで、思わぬ反撃を食らった。
227 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/29(日) 23:17:00.00 ID:OP5uQfEN0
「そういやお前の先輩とはうまくやれてるのか? 同居始めたんだろ?」

「ま……、まぁまぁかしらねぇ」

「って、オイオイ大丈夫かよ? 今の反応はちょっと怪しいぞ?」

「ね、別に、そんなことないモン。寮と勝手が違うから朝とか気が抜けないってだけよぉ」

言い訳しつつも、朝方に垣間見た、布束の並々ならぬ威圧力を食蜂は思い返す。
何かと礼儀作法にうるさいあの先輩の性分と貫録は、常盤台の寮監にどことなく通じるものがある。
罰則がないのが救いだが、居候の身なので弁えるべき部分は弁えねばならず、そこに若干の窮屈さを感じなくもない。

「あの人しっかりしてそうだもんなぁ。お前は、見かけに寄らずずぼらなとこもあるみてえだし」

「ずぼらって、失礼ねぇ! 普通の生活に慣れてないだけよぉ!」

これはこれで本心だった。
窮屈さが居心地の悪さに直結するかというと、必ずしもそうではない。
自分の至らなさをあれこれ指摘されるのもある意味新鮮ではあるし、
欠点を直すことで目の前の少年の好感度が上がるなら喜ばしいと思っている。
228 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/29(日) 23:25:40.59 ID:OP5uQfEN0
病院での一件以来、二人の距離が縮まるような心騒ぐイベントは起きていない。
ベッドに引き倒されたときには、不覚にも頭が真っ白になり、らしくなくしどろもどろになってしまい。
その裏では、まさか彼が病院でことに及ぶことはないだろうという計算が小賢しく働いていたりもしていて、
収拾がつかない状態だった。

百聞は一見にしかずというが、百見は一動にしかずだ。
嫌と言うほどに見てきた他人の記憶、その中で選りすぐった参考例の通りに振る舞えばいい、そう信じていた。
それで、上条と自分はすんなりと付き合えるのだと。
なのにあの場では、最低限のことしか伝えられなかった。
肝心要のシーンで、あの陰険ノッポロリコン野郎が余計な邪魔さえしなければ、
少なくとも今よりは距離を縮められていたはずなのに。

(ま、今さら言っても始まらないものね)

思わぬ邪魔は入ったが、それでもキスしたことで自分の好意は伝えたつもりだ。
そしてあの日は、上条だって好意を仄めかすような台詞を口にしていた。


『俺は、俺の知る食蜂操祈のために戦ったんだっつうの』


気になる男から、自分が血を流して守るに値すると明白に告げられ、高揚しないわけがなかった。
229 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/29(日) 23:27:32.46 ID:OP5uQfEN0
「……ふふ、うふふーぅ」

「な、なんだよいきなり、思い出し笑いしちゃったりして」

「えへへー、なんでもないわよ、ぅっ!」

「どわっ!?」

照れ隠しに上条の腕を抱きすくめて全体重をかける。
バランスを崩しかけた上条が体勢を持ち直し

「こ、こらっ、いきなり危ねえだろ! 怪我したらどうすんだ!」

真剣な表情で上目遣いの食蜂に捲し立てる。

「……ンー?」

「ンー、じゃありませ――ッ!」

唐突に、恐るべき速さで顔を逸らした上条に、食蜂が目をぱちくりさせた。
230 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/29(日) 23:30:59.03 ID:OP5uQfEN0
「ちょっと上条さん、どうしたの?」

「ばっ、だから、そこまで前かがみだと、下着……が」

「下……あっ、ブラ見えちゃいました? ……何色でした?」

「……あ、あのなぁ。なんでお前、そこまで落ち着いてられんだよ」

「だってコレ、見せ下着だしぃ」

「見せっ!?」

「ただし上条さんに限る☆」

「どういう意味で言ってんだそんな危うい台詞!」


普段頼りになる彼が面食らったときの反応は、とても子供っぽくて素直で可愛い。
なので、ついついからかいたくなってしまうのも仕方がない。
もちろん見られて恥ずかしくないわけではない。わけではないが、

(それでこの人が私を強く意識してくれるなら、ね)

そう、そのためなら多少の恥ずかしさもなんのそのだ。
231 :乾杯 ◆ziwzYr641k [saga]:2014/06/29(日) 23:49:10.73 ID:OP5uQfEN0
「か、上条さんは、私のことどう思ってます?」

「え、と、どうって……」

「で、ですからぁ。身近にいる異性と比べて、れ、恋愛対象になりそうか、トカ……」

「い、いや、それは……」

語尾が途切れ途切れになっていく食蜂に、顔を赤くした上条が気まずそうに唇を窄める。

と、上条のポケットから、チープな電子音が鳴り始めた。
メールの着信音だ。
小さな舌打ちが聞こえなかったフリをしつつ

「い、いったい誰からだろうなー……って、なんだ、土御門かよ」

上条が液晶を確認。
女からのメールでなかったことには密かに安堵していたものの

「土御門さん? ホントかしらぁ?」

「って、こら! 人のメール覗き見るなんて趣味が悪――」


窘めを聞いているのかいないのか、横から覗き込む格好になっていた食蜂の表情が――


「…………え、何、コレ」


みるみるうちに強張っていく。

上条の目が戸惑うように、送信者の下へと向かい――


(――――つ、土御門ぉッ!)


From 土御門元春

件名 『メイドさんとのムフフタイムはどうだった? 気持ちよかったかにゃー?』


100%誤解されそうな文面に言葉をなくした。
232 :乾杯 ◆ziwzYr641k [sage saga]:2014/06/29(日) 23:51:38.90 ID:OP5uQfEN0
一瞬寝落ちしかけました、本日は以上です
次回はかなり長くなると思いますが、7月5日土曜日を予定しております
233 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/29(日) 23:53:27.18 ID:CgEV7lOJo
乙です
234 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/30(月) 00:07:34.84 ID:Lf4uuBNjo
235 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/06/30(月) 17:44:54.54 ID:wIO+u9u/O
乙です
236 :202:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/07/04(金) 01:21:16.10 ID:Qxa3rkQY0
237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/04(金) 10:00:29.02 ID:6TQFzaDVO
土御門オォォォォ???
238 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 12:10:36.81 ID:9x0+QmJNO
明日である
待ち遠しいのである
239 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/04(金) 20:34:05.93 ID:iz+y0wD+o
俺もである
240 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [sage saga]:2014/07/05(土) 22:02:44.47 ID:TVCU+Loy0
ぼちぼちと投下します
241 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/05(土) 22:03:33.02 ID:rG50UylTO
楽しみにしてます
242 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/05(土) 22:05:04.71 ID:X70Dqa3Vo
あーい
243 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [sage saga]:2014/07/05(土) 22:06:58.66 ID:TVCU+Loy0

「それで相手の話もろくろく聞かずに帰ってきてしまった、と」

「ちゃんと聞いたわよ。一考だに値しない言い訳ならねぇ」

バターと玉葱のみじん切りが入ったフライパンを上下に揺らしつつ
帰宅するや巨大アザラシクッションを抱きすくめてソファーでいじけている後輩をグラス越しに見る。

木原たちとの戦いで壊れていた携帯が昨晩遅くにようやく届いた。
先の日曜日に友人が送ったメールは届くことなく、基地局に保管されていた。
それが偶然、二人が話していたピンポイントなタイミングで受信された、と上条はいうのだが――

「それ論点ズレてるしぃ! 私に隠れていかがわしいことしてたのが問題に決まってるしぃ!」

メイドとのムフフタイムという文言に食蜂の怒りはどうにも収まらない様子だ。
「まぁねぇ」と当たり障りのない相槌を入れた布束が
キッチンペーパーに水気を吸わせていたむき海老、スライスした人参、合わせ調味料を次々にフライパンへ。
じゅっという音とともにしょうゆの焦げる匂いが立ち上る。
244 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [sage saga]:2014/07/05(土) 22:11:32.75 ID:TVCU+Loy0

「何よメイドって! 何よメイドってぇ! どーせこっちは色気の足りない中学生ですぅ!」

「声を大にしてそういうこと言わないほうがいいわよ。傷つく人いっぱいいそうだし」

冷や飯と刻んだ具材に火を万遍なく行き渡らせつつ、中学生には不釣り合いな胸と腰のくびれを思い返す。
実際、オリジナル辺りが耳にしたら『私に喧嘩売ってんのかぁ!』とブチ切れそうな感じではある。
ちなみに布束は着やせすると言われるタイプで、だから傷つかない側だ。

「慰めなんていらないわよぉ。上条さんのお馬鹿! いけずぅ! 浮気者ぉ!」

「浮気って、正式に付き合っているわけでもないのに……」

「だけど向こうからキスしようとしたのよぉ!? 目潤ませて背中引き寄せて、なのに――」

「わかったから、少しボリュームを抑えなさい。お隣だっているんだし、苦情きたら気まずくなるでしょ」


そこまで言ってようやく大人しくなった後輩の前に、盛りつけたばかりの洋風ピラフを差し出す。

「……おいしそう」

「炒め物は得意なの。冷めないうちに召し上がってちょうだい」
245 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 22:13:27.89 ID:TVCU+Loy0

「言い訳の後に主題が潜んでいたかも知れないわよ? あなたが見たのは件名だけなんでしょ?」

食後のプリンを口に運びつつ、先ほどの会話で布束が気になっていた部分をそれとなく突いてみる。

「この一週間、話す機会はいっぱいあったのよぉ? なのにそんなお店に行ったなんてあの人一言も言わなかったモン」

「あらそう」

それが本当なら確かに疑いの余地は拭えない。
上条が年頃の男の子であることを忖度すれば、可能性がないとはどうやったって言えない。

一方で、気心の知れた相手同士でなら冗談めかしたメールのやり取りだってするだろうとも思う。
ムフフタイムという文言が食蜂の危惧している通り、お肌とお肌のスキンシップ的な意味合いを含んでいるのかは何とも言えない。

「そうね。その手のお店であれ、単にメイド喫茶的な何かであれ」

「……?」

「意図がない限りわざわざ異性に聞かせるような話題ではないわよね。誰だって変に勘繰られたくないだろうし」

「なぁにそれ、先輩は上条さんの肩持つのぉ?」
246 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 22:17:30.25 ID:TVCU+Loy0

グラスを握る手に力を込めた食蜂を、布束が冷めた目で見つめ返す。

「先週の日曜日に送ってきたってことは、上条くんがメイドさんとよろしくやったのはそれ以前。
退院後間もなくってことになるけど?」

「そ、それがなんだっていうのよぉ?」

よろしくやったという布束の言い回しに、食蜂の顔が微かに紅潮する。

「ここは学園都市よ? 生半な理由で外出許可は下りないわ」

「外じゃなくたって、秘密裏に売春紛いのことをやってるお店だって、アングラで探せば引っかかるらしいしぃ」

言い回しからして、心理掌握から出た情報なのだろう。
とはいえ、その情報の重要度はそれほど高くない。

「イレギュラーまで否定する気はない。けど、そもそも、上条くんにそうした環境はあったのかしら?」

「……環境?」
247 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 22:23:34.66 ID:TVCU+Loy0

「私が彼を訊ねたとき、彼の病室にPCは置いてなかったはずよ。
もちろん、ノートやモバイルを持ちこんだ可能性までは否定しないけど」

「……それだって、前々から知っているお店なら、わざわざ調べる必要もないわよねぇ?」

並々ならぬ意固地さを発揮する後輩に、布束が肩をすくめる。

「聞きそびれていたのだけど、メールの差出人は誰だったの?」

「土御門さんのお兄さん。これだから男なんて信用ならないのよぉ」

「……土御門って、土御門舞香さん? だったらあなた」

「な、何?」

「まずは彼女の学校筋を、繚乱家政女学校の関連施設を疑うべきところじゃないの」

「…………え?」
248 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 22:27:50.75 ID:TVCU+Loy0
「卒業生が務めてるリゾートの中に、エステ関連のサービスやっているところもいくつかあったはずだけど」

「エステって……――――あ゛」

食蜂の顔からわかりやすく血の気が引いた。
土御門舞香が通う繚乱家政女学校は世界に通用するメイドを養成しているコテコテの専門学校だ。
その卒業生は高度な見識とマナー、サービス精神を有していることで知られ、政財界の重鎮や一流ホテルなどから引っ切り無しにスカウトが訪れる。

マッサージと聞いてすぐさま性的なものを思い浮かべたのは、
男女のべつ幕なしに周囲から雑音を拾っている心理掌握ならではの思考と言えなくもない。
が、それにしても――


「相次ぐ大怪我に入院生活。体もさぞや凝り固まっていただろうし、マッサージくらいは、ねぇ」


さらりと入った毒含みのフォローに「う゛」と刃物で刺されたような呻き声。


「やれやれ、これはなんとも、見事なまでの早とちりね」

「……ま、まだそうと決まったわけじゃ」

「それでどうする気? 謝るならなるべく早いほうがいいんじゃないかしら?」

「だ、だから、まだそうと決まったわけじゃないしぃ!」


その声の必死さが、暗に自らの過失を認めているようなものだった。
249 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 22:31:42.58 ID:TVCU+Loy0

「じれったいわね。わかった、だったら私が彼に直接電話して――」

「ちょっ、待ってぇ!」

「はい待ったわ。それでどうするの?」

携帯電話に伸ばしかけた手をあっさり戻す布束を見、ひしっと両手で縋り付いた食蜂が口を固く結び、


「――――じ、自分でする」


しばしの葛藤の末に折れる。


「なら先にお風呂入っていらっしゃい。湯船で温まっている間に、多少は落ち着くでしょう」


そうなることを見透かしていたかのような流暢な台詞に、食蜂はますます唇を尖らせるのだった。
250 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 22:35:36.07 ID:TVCU+Loy0
――上条宅


「いや、誤解が解けたんならいいんだ。そんなの今に始まったことじゃねえっつうか。
って、あぁっ! 違くて、今のは別に嫌味で言ったワケじゃなく!
だからほら、あんま気にすんなって言いたかったんだよ、こっちも全然気にしてねえし」

ベランダから聞こえてくる上条の声の気安さに、インデックスがちょっと呆れたような笑みを浮かべる。

「あんな強がり言って、さっきまであれだけしょぼくれていたのにねー」

「にゃあん?」と疑問を含むようなイントネーションに、インデックスがくすっと笑う。
腹を見せて寝転がっている飼い猫、スフィンクスの顎を指で撫でながら、朝方、遠くイギリスからかかってきた電話の内容を振り返る。

ステイルの魔術師としてのキャリアが危ぶまれている。
受話器越しに切り出されたのはそんな言葉からだった。
251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/05(土) 22:38:14.05 ID:X70Dqa3Vo
インちゃんとみさきちのほのぼのが見てみたいだけどな〜
252 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 22:39:42.12 ID:TVCU+Loy0
『なんでも自分で解決しようとするのが彼の長所であり、短所ですね』

呆れたような神裂火織の声からは、しかし気遣いが滲み出ていた。
能力者が魔術を受け付けないように、魔術師は能力を受け付けない。

上条当麻に施した禁書の術式。
能力者から過剰にフィードバックされた魔力を緩和し続けた影響からか、ステイルの魔力回路は乱れに乱された。
上条という容器を介して、多くの不純物が混じってしまったそれが全身に行き渡ってしまった。
不具合を起こさないほうがむしろおかしい。

今は回路を復旧させるために、一から洗礼と修業をやり直しているのだという。
第一線で活躍してきた、最大主教(アークビショップ)肝いりのエリート魔術師が一転落ちこぼれ。
元々の居丈高な振る舞いも災いしてか、仕事仲間からの心無い言葉にも晒されているらしい。
自業自得な部分もないとは言えないが、しかし他人の失敗を喜ぶのは禁書目録が由とする考え方ではない。
253 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 22:41:19.63 ID:TVCU+Loy0

『とはいえ、周囲の雑音に落ち込んでいるわけではありません。彼は彼で、それでいいという向きはあるんです。
自分が受けた被害の深刻さが、命を失いかけたあの少年の貸しと、ようやく釣り合ったと』

「そんなの知らない。私にはそんな状況が正しいなんて思えないんだよ」

本当、男というのは理屈っぽくて面倒くさくて、どうしようもなく見栄っ張りだ。
ぎりぎりまで追い詰められてなお、彼は私の前で平気な顔をし続ける。
記憶を消し続けたという彼の罪の意識がそうさせるのかも知れない。
いくら自分が許したつもりでも、相手が受け入れなければ何も変わらない。

自分は上条当麻に命を救われた。
だから借りを返したかったし、他人のために自分を省みぬ彼の人柄や信条に惹かれてもいた。
お腹一杯になることが滅多になくても、この狭い部屋は居心地が良くて、離れがたくて。


(だからって、身近に苦しんでいる人がいるって知って、平気な顔していられるわけがないんだよ)
254 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 22:44:12.11 ID:TVCU+Loy0

霊安室にて吐露されたステイル・マグヌスの本心。
病室で上条がうわ言で漏らしていた少女の名。

これが今生の別れというわけではない。
今の自分は記憶を消されていたかつての自分ではないのだから。
状況に流されるのではなく、自らの意志で進む道を決めることができる。
どこへだって歩いて行ける。気の向くまま、思うがままに。


「あのね、とうま」


ベランダから戻ってきたばかりの上条を、インデックスが真摯な眼差しで見上げた。

「おぅ、どした? インデックス」

その笑顔と声に一瞬怯むも、「なんでもない」という弱気を呑み干し、


「わたし、近いうちにいったん必要悪の教会に戻ろうと思うんだよ」


決別の言葉を口にする。
その胸に、彼との再会を固く誓いながら。
255 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 22:54:33.33 ID:TVCU+Loy0

「私って、女としての魅力に欠けるかしら?」


何の気なしにバラエティ番組を見つめながら、食蜂がため息を吐き出す。

「それは返しに困る質問ね。こっちだって男じゃないのだし」

食洗機に皿をセットし終えた布束がボタンを押す。

「でもぉ、面倒くさい女だとか、難しい女だとは」

「あ、それはすごく思う」

言葉が途端にブツ切れたのをみると、今の肯定はそれなりに効いてしまったらしい。
なので、椅子に座る間際に一応のフォローも入れておく。

「容姿に関しては特に問題ないんじゃない? 二人が街中で並んで歩いていれば、普通にカップルに見えると思うわ」

「そ、そうですよね。二歳差くらいどうってことないと私だって思うしぃ。ただ、あまりこっちから強引に迫るのもなんだかなぁって」

「要するに、上条くん側からリアクションがないのが不満だと」

図星をついてしまったらしく、言葉が返ってくるまでに微妙な間が空いた。
256 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 23:01:44.49 ID:TVCU+Loy0

「不満っていうか、自信なくしちゃいそう。私なりに頑張ってアピールしてるつもりなのに、彼ったら全然靡かないんだもの」

「年齢差ではなく、あなたがまだ中学生だから、それで遠慮しているってことはないかしら」

学年違いならともかく、学校そのものが違うとなると同級生たちが囃し立てないとも限らない。
もし食蜂に年上の彼氏がいると周りに知れれば、常盤台は蜂の巣を突いたような騒ぎになるはずだ。
彼の学校だって言わずもがなだろう。

「それもないことはないんだろうケド、こっちとしてはもたもたしてたらいつ誰に掠め取られちゃうか不安で」

「そこまで焦る必要もないんじゃない?」

「そう、なのかなぁ」

「交流が始まってからまだ一カ月と経ってないんでしょう? 一方的に動向を気にしていた頃に比べたら飛躍的な進歩じゃないの」

「……それは、まぁ、そうなんだけど」

「それ以前に、あなたに原因があるとは限らないでしょ。他に大きな悩みを抱えてるのかもしれないし」

何の気なしにそう言った布束に、食蜂がはっと顔を上げる。

257 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 23:05:33.05 ID:TVCU+Loy0

「その反応、もしかして心当たりがあるの?」

「……先輩は、口は固いほうですよね?」

「そうね、人並み以上ではあるつもりだけど」

「先輩のご両親って今もご健在でしたっけ?」

「いきなり話が飛んだわね。……ええ、あの人たちは放任主義を地で行っていたから、特に寂しさとかは感じてないけど」

「じゃあ、もし仮に、先輩が事故にあって入院したとして」

「嫌なたとえを持ち出すわね」

「だから、仮の話ですってば。それで、ご両親に連絡取らないって有り得ます?」

「それはさすがに、後で何か言われるのも面倒だし、一報くらいは入れるんじゃないかしら。入れられる状況にあれば、だけど」

絶対能力進化計画を妨害した罪で、布束は一時命を危ぶむ状況にまで追い込まれた。
後ろの部分は、おそらくそうしたことを意識しての発言だろう。
258 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 23:14:28.48 ID:TVCU+Loy0

「本人が入れられない状況にあったとすれば、担当医が入れないとまずいわよね。保護者の承諾がないとできない危険な手術だってあるし」

「……そう、ですよね」

上条が意識を取り戻してからというもの、時間が許す限り食蜂は彼の病室に顔を出していた。
そこで大抵、彼の友人知人と顔を合わせたが、しかしいるべきはずの人たちに会わなかった。
もっとも近しいはずの人物。彼の肉親に。

普段の会話で彼の両親がともに健在であることは知っている。
息子が大怪我で入院したと知らされ、それで一度も見舞いに来ないというのは、おかしくないだろうか。

親子仲がうまく行ってないのだろうか。
薄々抱いていた疑念が色濃さを増していく。

以前、上条は自分の不幸が周りに及ぶことを恐れていると言っていた。
その病的な視点は、ともすれば、かつて前例があったからではないだろうか。
学園都市にやって来るまでの上条は、普通に両親と一緒に暮らしていたはずだ。
だとすると、彼の両親は現状、彼がもっとも不幸にした可能性の高い人物ではないのか。
259 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 23:22:30.00 ID:TVCU+Loy0

「医療過誤以外の理由で医者が口を閉ざすのは、たとえば患者の状況に出来る限り配慮せねばならない場合ね。
もし何か悪い病気とかが見つかって、患者からそれを家族に知らされたくないという強い訴えがあれば」

「わ、悪い病気って、まさか上条さんが」

「たとえば、よ。そんなに深刻な理由じゃなくたって、色々あるでしょう。
ご両親が遠方に住まわれていて遠慮したとか、たまたま海外にいて連絡が付かなかったとか」

「……あぁ、言われてみれば」

「あくまで私見だけど、ご両親に長らく煙たがられていた子供が、ああも真っ直ぐな性格に育つことはそうそうないと思うし」

「ですよねぇ。やっぱり私の勘繰りすぎかしらぁ」

「そこまで気になるというなら、あえて確かめてみるのも一つの手かしら」

「……え?」


「一つ妙案、というほどのものでもないけれど、浮かんだわ。操祈が上条くんと親密になれそうな方法が」
260 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 23:26:16.99 ID:TVCU+Loy0

「ははぁ、それで上条ちゃんのご両親にお話を伺いたいと」

『はい。好きな食べ物とか聞いて、前回助けてもらったときのお礼をしたくって☆』

「恩返しですね。殊勝な心がけではありますが――」

言葉を濁したのは、一線をどこに引くべきか迷っていたからだ。
生徒のプライバシーについてはあまり守られない学園都市だが、家族となるとそうもいかない。
上辺だけのものとはいえ、個人情報保護の厳守に努めるその姿勢は、一定の支持者を獲得するために必要だ。

(でもでも、確か上条ちゃんのお父様って)

短くなった煙草を灰皿にぎゅっと押し付け、通信簿をショートカットで最小化。
上条の父、上条刀夜の名前を検索にかけてみる。
はたして、以前にもらった名刺とほぼ同様の内容を再確認できた(肩書きだけは一つ上がっている)。

上条刀夜は有名な外資系の企業に勤めていて、ホームページにも営業担当として写真が載っている。
メールアドレスまで公開されているのは、海外出張が多いせいもあるのだろうか。


(ホームページに公開されているような連絡先なら、あの子がその気になれば難なく辿りついちゃうでしょうし)


「住所と電話番号はNGですが、メールアドレスだけなら。いえいえ、それでは、メモの準備はよろしいですか?」


表示された閲覧ページを拡大しつつ、小萌がアルファベットを読み上げ始めた。
261 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 23:34:33.58 ID:TVCU+Loy0

――上条刀夜様


初めてご連絡いたします。
私は上条当麻さんと同じく学園都市の学生で、食蜂操祈と申します。
こちらのアドレスは、当麻さんの担任の先生に無理を言って教えていただきました。

当麻さんと私とは先輩後輩の間柄で
とてもよいお付き合いをさせていただいております。

先立っては彼に危ういところを救っていただいたのですが
その際彼が負傷してしまい、一週間余りの入院を余儀なくされました。
私の浅はかさが原因で大切なご子息に怪我を負わせてしまったことについて
まずはここに深くお詫びいたします。

つきましては、恩返しというのも差し出がましいのですが
当麻さんに何か贈り物をしたいと思い、誕生日や好みなどについて彼には内密で調べています。
彼をよく知るだろうご両親からも仔細を伺えればと思い
憚りながらもご連絡させていただいた次第です。

電話でもメールでも構いません。差し支えない範囲で教えていただけないでしょうか。
以下が私の連絡先です。ご連絡、お待ちしています。
262 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [saga]:2014/07/05(土) 23:52:03.46 ID:TVCU+Loy0

「……こ、こんな感じでどうかしらぁ?」

「少し脚色も入っている感じだけど、概ねこの流れでいいんじゃない。
入院という文句で不安を煽りつつ、彼とただならぬ関係であることをそれとなく仄めかしているし」

「ちょっと。先輩の口から聞くと、なんだか私、とんでもない悪女みたいじゃなぁい?」

自覚ないのね、といった返しを呑み込み、布束がすまし顔で修正すべき箇所を指摘していく。

上条は未成年であり、全権があるのはそのご両親。
先に彼らを味方につけておくことで、上条の心理的抵抗を薄れさせる。
のみにとどまらず、もし親子の関係が冷めているようなら全力で修復する。
布束の提案は食蜂からして、目から鱗の妙手に思えた。


「……じゃあ、これで送りますね。ちゃんと確認してくれればいいけど」

「海外で活躍しているようなビジネスマンならメールチェックは怠らないでしょ。
おそらく一両日中に、返事がとどくはずよ」
263 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/05(土) 23:56:08.38 ID:X70Dqa3Vo
上条家の今夜は赤飯だぜ
264 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [sage saga]:2014/07/05(土) 23:56:26.03 ID:TVCU+Loy0
本日は以上になります
次回から刀夜詩菜夫妻の登場、口調のチェックに見直しの時間がかかりそうなので、
投下は一週間ほど先を見込んでおります、ご了承ください
265 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/05(土) 23:56:57.66 ID:X70Dqa3Vo
266 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/05(土) 23:58:26.76 ID:ZW/REcTvo
乙です
267 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/07/05(土) 23:59:17.57 ID:8xrgKwor0
乙です。
268 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/05(土) 23:59:58.20 ID:j7Pw5vXG0
269 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/06(日) 00:21:45.10 ID:WVKaTMgL0
乙ですー
270 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/13(日) 15:04:01.24 ID:ILXMGqbJo
MA DA KA?
271 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/20(日) 17:04:51.82 ID:nMndwLwGo
マダ?
272 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [sage saga]:2014/07/21(月) 13:09:31.50 ID:ow1voiHR0
生存報告、繁忙でアップアップ
暫定ですが金曜日22:00投下予定、一日前後するかもしれません
よろしくお願いします
273 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/21(月) 14:17:12.62 ID:F/dhhUxWo
了解なりー
274 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/21(月) 15:05:44.88 ID:PQlbvPgbo
把握
275 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/22(火) 03:42:24.87 ID:oO4F6Qhio
舞ってる
276 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/23(水) 05:21:03.91 ID:YklgpBySO
復活乙

エターナルスレに書き込もうと思ってたところだった
277 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [sage saga]:2014/07/25(金) 21:26:02.56 ID:PG0nN05/0
所用により外出するので25日の22:00に投下します
申し訳ありませんがよろしくお願いします
278 :乾杯 ◆uhQ81CYtgc [sage saga]:2014/07/25(金) 21:26:54.20 ID:PG0nN05/0
失礼、26日でした
279 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/25(金) 22:36:02.73 ID:SlXCxN13o
了解
280 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/26(土) 22:26:56.49 ID:JK7mqYs9o
舞ってる
281 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/26(土) 23:20:18.41 ID:KM1siQJYO
まだかな
282 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/26(土) 23:28:19.26 ID:FYNX+U+KO
まだっすかね
283 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/27(日) 01:15:16.32 ID:8dOEC5sao
ザワッ…
284 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/27(日) 01:32:35.58 ID:Xrija91SO

はよ…

はよ…

はよ…

はよ…
285 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/07/27(日) 23:54:56.88 ID:RJVmRrNX0
またやるやる詐欺か
いい加減にしてくれ
286 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/28(月) 02:15:52.88 ID:RwXWXAqzo
”7月”の26日とは書いてないからしょうがない(憤怒)
287 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/28(月) 14:33:35.75 ID:rQFhr511O
せめて無理なら無理と
288 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/07/29(火) 08:03:03.24 ID:canr0U2V0
一旦スレたたんでアフターストーリーってことで立て直すのも手よ
…外野がとやかく言うこっちゃないか、野暮だったな
289 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/29(火) 14:44:24.82 ID:/ezcCHzRO
ssスレでは日常茶飯事だろ。ゆっくり待とうぜ
290 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/16(土) 17:36:32.86 ID:e/WS3dLx0
もう完全に消えたな
291 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/16(土) 18:31:18.08 ID:7Wudidh7o
と、思うやんかー?

帰ってくるんよー、この>>1は、スレが半年前に落ちてたとしても
292 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/18(月) 06:50:51.68 ID:qcuuox4T0
>>1
のことを信用して、気長にまてばええんや
293 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/18(月) 06:51:18.31 ID:qcuuox4T0
>>1
のことを信用して、気長にまてばええんや
294 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/08/18(月) 06:51:58.53 ID:qcuuox4T0
>>1
のことを信用して、気長にまてばええんや
295 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/06(土) 09:35:44.84 ID:vTsbflO4o
hayo
296 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/06(土) 14:58:46.20 ID:FKs8ZFyR0
はよはよはよはよ
297 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/08(月) 18:49:08.92 ID:BoKCvTTSo
原作で過去編来ちゃったからなあ 本編が間に合っただけでも御の字
298 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/14(日) 16:45:25.62 ID:T7rkSA/w0
原作過去編来てんのか。原作小説は中古で買うだけ買い漁って大覇星祭辺りまでしか読んでないな。
299 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/14(日) 17:31:11.03 ID:Lkl+7wj/O
丁度区切りだから買ってもいいんじゃ無い?
おれも11巻だけは買う予定だし
300 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/14(日) 17:32:38.60 ID:fd5LbuWQo
上げないで…
301 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/14(日) 19:00:53.78 ID:tWTquyXw0
>>299
ねーわ…ねーわ…
302 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/14(日) 19:56:42.02 ID:/6G+kaP3O
>>299
テメー、このやろー(涙目)
303 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/27(土) 16:10:45.53 ID:1A+wi+1do
マダー?(・∀・)っ/凵⌒☆チンチン
202.81 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)