このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

モバP「九天の玄女」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/08/03(日) 21:25:57.10 ID:/3sy91K30
モバマスSSです

書き溜めあります

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407068747
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

提督「また足柄がカラオケで……」 @ 2018/06/20(水) 03:21:39.02 ID:nQWSEd0h0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529432498/

【ハグプリ】ルールー「魔法少女サイト・・・?」 @ 2018/06/20(水) 00:37:51.21 ID:RiCM/2+20
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529422670/

【イヴ】と【蛇】と【サリエリ】〜世界で一番美しい生き物〜 @ 2018/06/20(水) 00:25:08.10 ID:461SpwxA0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529421907/

【艦これ】究極!!変態提督! @ 2018/06/20(水) 00:11:35.80 ID:0sF/SN+T0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529421095/

提督「俺は暁に逆らえない」 @ 2018/06/19(火) 23:53:23.77 ID:5htX3KcYO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529420003/

【べびプリ】麗「誕生日を忘れるなんてありえない!」 @ 2018/06/19(火) 23:37:53.21 ID:EHscfjsy0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529419072/

【バンドリ】あなたと誰かの話【安価】 @ 2018/06/19(火) 23:37:25.02 ID:kO5mPune0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529419044/

【オリロンパ】愛書の少女とコロシアイ宇宙旅行【安価】四冊目 @ 2018/06/19(火) 23:19:10.53 ID:ElWSPw6A0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529417950/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/08/03(日) 21:27:08.97 ID:/3sy91K30
藤原肇「じゃあレッスン行ってきますね、Pさん、ちひろさん」

モバP「気をつけてな。今日は薫と千枝が同じところでやってるから、もしよかったら面倒見てやってくれ」

肇「はい、わかりました。では」

千川ちひろ「いってらっしゃい♪」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/08/03(日) 21:31:32.42 ID:/3sy91K30

ちひろ「え? 肇ちゃんが元気ない?」

モバP「ええ、そんな気がするんですよ」

ちひろ「そうですか? 私にはいつも通りに見えましたけど……」

モバP「なんとなく、なんですけどね。今日に限った話でもなくですね……

なんて言ったらいいのか」

ちひろ「うーん……」

モバP「ちょっと寂しげな感じがあるんですよね。心ここにあらずというか」

ちひろ「何か仕事で失敗した、とかはありましたか?」

モバP「いえ、しっかりこなしてくれてます。

ただ、あいつしっかり者なんで、根詰めて頑張りすぎっちゃってるかもしれないな、とも思うんですよね」

ちひろ「確かに、年齢の割には本当大人びてますよね、肇ちゃん。

あら、忍ちゃん?」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/08/03(日) 21:37:20.91 ID:/3sy91K30
工藤忍「あ、ごめんなさい。盗み聞きするつもりはなかったんだけど」

モバP「いや、いいよ。気になったから、聞いてたんだろ?」

忍「……うん」

モバP「忍も肇の様子が気になってたのか?」

忍「そうなんだ。なんだか肇ちゃん、無理してるような気がするんだ」

モバP「無理を?」

忍「うん。人それぞれだと思うんだけどさ……

余裕ないときって、より一層しっかりしちゃうというか…アタシの場合、頑張る!ってなったんだけどね

まだ頑張ろうって気持ちがあるから大丈夫、みたいな。でも結構無理しちゃってて。

肇ちゃんも、小さい子たちの面倒をまだしっかり見れてる、大丈夫って思うことで、無理してる気がする」

ちひろ「心に余裕があるって言い聞かせてる、ってことですか」

忍「うん……そういうことだと思う」

モバP「なるほどな」

忍「肇ちゃん、ちょっと寂しいんだと思う。

肇ちゃんと同じように、田舎から状況してきたから、なんとなくそう思う」

モバP「わかった、ありがとな、忍」

忍「うん…大切な事務所の仲間だから、助けてあげて、Pさん

アタシも、Pさんにすごく助けられて、今があるって思ってる。お願い」

モバP「わかった、約束する」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/08/03(日) 21:43:17.63 ID:/3sy91K30
肇「ただいま戻りました」

モバP「おかえり、肇。レッスン、どうだった?」

肇「小学生の吸収力ってすごいなって思いました。トレーナーさんが言ったこと、すぐできるようになってて」

モバP「そっか。でも、トレーナーさんたち、いつも肇のこと褒めてるぞ。みんなの模範になるってな」

肇「そんなこと……ないですよ。あ、薫ちゃんも、千枝ちゃんも親御さんが迎えに来てたんで、そこもご安心ください」

モバP「うん、親御さんから連絡あったよ。ありがとう」

肇「いえ。じゃあ、私はこれで失礼しますね」

モバP「あ、待った。ちょっとお茶でも飲んでいかないか? 今、入れるから」

肇「それならいただいていきます。ありがとうございます」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/08/03(日) 21:46:22.06 ID:/3sy91K30

肇「なんだか、流れるような手つき、ですね」

モバP「そうか? お客がよく来る家でさ、親の手伝いでよくお茶入れてたんだ」

肇「そうだったんですか」

モバP「あと、肇が作ってくれた湯呑に入れると思うと、気合入るからな」

肇「なんだか、ちょっと照れますね」

モバP「さ、手伝いは大丈夫だから、ソファに座ってな」

肇「はい」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/08/03(日) 21:51:24.51 ID:/3sy91K30
モバP「どうぞ」

肇「いただきます」





肇「すごくおいしいです。なんだか、濃くて、でも甘い」

モバP「お茶は濃くないとな。口にあってよかったよ」

肇「ひょっとしたら、これまで飲んだお茶の中で、一番おいしいかもしれません」

モバP「褒めても何にも出ないぞ…っと出るものあった」

肇「?」

モバP「冷蔵庫に入ってるから、ちょっと待っててくれ」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/08/03(日) 21:54:33.70 ID:/3sy91K30

モバP「はい、召し上がれ」

肇「リンゴ…ふふっ ウサギ、ですね」

モバP「お、ようやく笑ったな」

肇「すみません、でも、Pさんがリンゴでウサギ作ってたって思うと、ちょっと面白くて」

モバP「案外器用だろ? 忍に教わったんだ」

肇「忍ちゃん…じゃあこのリンゴも?」

モバP「そう。忍母からの贈りものの青森産リンゴ」

肇「…これもすごくおいしいです」

モバP「おいしいよなあ。おいしいもの食べたり、飲んだりすると、ほっぺた緩むよなぁ」

肇「ふふっ そうですね」

モバP「いい笑顔だ」

肇「ちょっと照れます。Pさんこそ、褒めても何も出ませんよ?」

モバP「照れてる隙にリンゴ食べちゃうから、いいんだよ」

肇「あ、それはダメです」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/08/03(日) 22:00:17.68 ID:/3sy91K30
肇「ごちそうさまでした」

モバP「いえいえ。さて……この後、まだ時間はあるか?」

肇「? ありますけど」

モバP「じゃあ片付けして、屋上に行こうか」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/08/03(日) 22:05:27.33 ID:/3sy91K30
肇「夜風が気持ちいいですね」

モバP「夏でも、風があると涼しいな」

肇「そうですね……それに、夜景がすごくキレイです」

モバP「案外、事務所からもよく見えるだろ」

肇「はい。……でも、気が遠くなりそう。この街並み、光すべてに人がいるなんて」

モバP「まだみんな働いてるんだな」

肇「ずいぶん、遠いところに来ました」

モバP「ここのところ、ちょっと元気なかったな……都会はまだなれないか?」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/08/03(日) 22:09:11.23 ID:/3sy91K30
肇「Pさん、やっぱりするどいですね。

この手は…天に届きますか?」

モバP「…不安か?」

肇「都会の空は、田舎と違います。時より、不安になります。

この空に描いた夢は、いつか手に届くものなのかなって」

モバP「肇」ポン

肇「あっ」

モバP「大丈夫、肇なら大丈夫だ」ナデナデ

肇「Pさん……」

モバP「俺が全力でプロデュースする。だから、信じてついてきてくれ」

肇「はい……Pさん…胸をお借りしてもいいですか」グスッ

モバP「……おいで」

肇「本当は、すごく寂しくて。家族に、おじいちゃんに会いたくて」

モバP「うん」ギュッ

肇「家を出て、うまくいくかわからなくて……しっかりしなきゃって」

モバP「無理しなくていいんだ、たまには甘えたっていいんだから」

肇「ありがとうございます……」ギュッ

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/08/03(日) 22:13:02.64 ID:/3sy91K30
肇「すみません、みっともないとこを見せてしまって」

モバP「たまには、いいんじゃないか」

肇「ありがとうございます。また、甘えてしまうことがあるかもしれません」

モバP「あぁ、我慢しなくていいんだからな」

肇「はい。Pさん」

モバP「ん?」

肇「見失いません。どんなに広い場所でも、Pさんを。

あなたを信じてついていきます。これからも、ずっと。ご指導、よろしくお願いします」

モバP「こちらこそ、これからもよろしくな。

さ、帰ろうか。送っていくよ」

肇「はい!」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/08/03(日) 22:17:37.55 ID:/3sy91K30
ヴィーン、ヴィーン、ヴィーン


忍『Pさん、ありがとう!

さっき肇ちゃんがアタシの部屋に来たよ! リンゴありがとうって。

すっきりした顔してた。仲間が元気だと、うれしいね。

じゃあ、また明日、事務所で。おやすみなさい』




終わり
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga sage]:2014/08/03(日) 22:26:01.78 ID:/3sy91K30
九天の玄女のセリフ集めながら書いてみました。

先日、頼子さんのセリフをもとに書いてた方とは別人です。

忍ちゃんのSR再登場に期待

ありがとうございました
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/08/03(日) 22:56:44.39 ID:E32f1k34o
おつおつ
8.34 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)