このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

シンジ「ぼ、僕が765プロのプロデューサー……ですか?」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 20:56:13.42 ID:XYrcT2rt0
頑張って書きます

亀更新なのでご了承ください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412942163
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【艦これ】 終 電 ち ゃ ん @ 2017/12/13(水) 02:11:39.63 ID:KAi1iOzx0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513098699/

膝くらべ【ミリマスSS 】 @ 2017/12/13(水) 01:55:08.48 ID:qEskpMHw0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513097708/

【モバマス】バイト先にアイドルが来た話 @ 2017/12/13(水) 01:51:23.54 ID:2YIdiGqqO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513097483/

ブライト「Z-BLUEで成し遂げたことは、結局無意味ではないのか?」 @ 2017/12/13(水) 01:41:47.95 ID:+YYYoSXSO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513096907/

ほむら「魔法少女 マギゾンズ」 @ 2017/12/13(水) 01:30:18.08 ID:S065D/BF0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513096217/

氷結 @ 2017/12/13(水) 00:40:25.21 ID:sEOALN2k0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1513093224/

【ガルパン】紗希「生しらす丼一杯」【最終章ネタバレ注意】 @ 2017/12/13(水) 00:15:04.59 ID:/inpO5On0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513091704/

秋道チョウザ「どの道ろくな奴じゃないんだ、見つけ次第殺るぞ!」忍びたち「え?」 @ 2017/12/13(水) 00:12:30.02 ID:tUAqwO1gO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513091550/

2 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 20:56:55.24 ID:XYrcT2rt0
ここはどこなんだろう。

量産機にボロボロにされて……父さんが初号機に食われて……母さんが沈んで行って。

初号機……母さんはどこか遠くに行っちゃった。

その後僕はアスカを殺そうとしたんだ。

それで気づいたら眠ってて……起きたらここに居て。

……ここ、すごく気持ちいい場所だね、天国か何か?

……ふーん、L.C.L.の海なんだ。

うん、色々ありがとね、綾波。

僕は……前に進むって決めたからさ。

またこの世界を作ってみせるよ、僕が。

え? 誰と喋ってるんだって? やだなあ、綾波に話しかけてるんじゃないか。

あれ? 綾波? 君はそこに居るじゃないか。

…………うん、わかってたよ。

僕は一人だ。

みんなはLCLになっちゃった。

僕も仲間になりたいけど……ダメだ、どうしてもL.C.L.にはさせてくれないらしい。

僕がうじうじしてたからダメだったのかなぁ……。

ねえ……アスカ、綾波、ミサトさん、加持さん、母さん! 父さん!! カヲル君!!!

みんな……会いたいよ……。
3 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 20:57:26.44 ID:XYrcT2rt0
シンジ「…………?」

ここはどこだろう。

……あはは、またさっきと同じことを言っちゃったね。

ここは……病院?

でもネルフの病院でもなさそうだ……。

シンジ「……知らない天井だ」

今度は何に巻き込まれちゃうんだろう、僕。
4 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 20:58:54.67 ID:XYrcT2rt0
医者「碇……シンジさんだよね?」

シンジ「はい……そうですけど」

携帯も無いから時間もここの場所もわからない。

とりあえずナースコールを押したらこのお医者さんが来てくれた。

医者「非常…………に不可解なことなんだけど、君は14歳の時から成長が止まっているようですね」

シンジ「……は?」

このお医者さんは何を言っているんだろうか。

僕は元々14歳なんだけど……。

医者「何故か君のテロメアは短縮をしていない」

医者「つまりヘイフリック限界が無いんだ」

ヘイフリック……限界? 確かリツコさんがそんなことを言ってた気が……。

シンジ「それって、僕は不老不死になっちゃうんですか?」

医者「うーん、どうだろうねえ……ただ、心臓とかは限界があるから、老けないだけでいつかは死んでしまうだろう」

医者「テロメラーゼが無限に出てるわけでも無いから完全に原因不明。強いて言うなら霊的エネルギーとかかな?」

医者「ははっ、これは流石に僕もお手上げさ」

医者「ま、君はまだ20歳なんだ。成長はしないかもしれないけど、その代わり永遠に若いままだよ?」
5 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 20:59:29.90 ID:XYrcT2rt0
シンジ「……今は西暦何年何月何日ですか?」

医者「えーと……20××年「20××年!?」

医者「ど、どうしたんだい?」

どういうことなんだよ……2015年より前じゃないか!!

シンジ「ネルフは!? 第3新東京市は!? エヴァは!?」

医者「お、落ち着きたまえ!! ネルフ? エヴァ? 第3新東京市? そんなものは存在しないよ?」

そん、な……。

みんながせっかくL.C.L.の海から戻って来たと思ってたのに……!

シンジ「うっ……げほっ、ゴホッ!!」

医者「あーあーなんで吐くかな……はい洗面器」
6 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 21:00:11.08 ID:XYrcT2rt0
……僕はどうすればいいのかな。

家の場所もわからない。

自分がここで何をしていたかもわからない。

お医者さんは僕の名前から戸籍を見つけてくれたけど……住所は第3新東京市って書いてあった。

年齢も14歳って書いてあった。

でも何故かお医者さんはそれを見て住所は神奈川のマンション、年齢は20歳って言うんだ。

僕がおかしいの……?

それともみんなが使徒か何かに操られてるの……?

もうわけがわからないよ……。

「入っていいかい?」

病室のドアをノックされた。

シンジ「は、はい!」

「おや? もう元気になったかね?」

僕の知らないおじさんが入って来た……誰?

「ああ、私は高木。高木順二郎だ」

高木「765プロというアイドルプロダクションの社長をやっているよ」
7 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 21:00:42.81 ID:XYrcT2rt0
シンジ「はあ、おじさんが裸で倒れていた僕を助けてくれたんですか」

高木「いやあ私自身かなり焦ったんだけどね? なんとか救急車を呼ぶことに成功したよ」

……なんでこの人は楽しそうなんだろ。

高木「ところで……君は第3新東京市から来たそうだね? エヴァンゲリオン初号機パイロットのサードチルドレン、碇シンジ君?」

シンジ「…………!!」

このおじさん、何か知ってるの!?

高木「ははっ、そんなに驚かなくてもいいだろう? 何せ私は」

高木「君のお父さんのお気に入りの凄腕スパイだったんだからね」

……最悪じゃないか。
8 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 21:01:18.18 ID:XYrcT2rt0
高木「私は一度みんなと一緒に溶けてしまったんだ。だけどそれが気持ち悪くてね……」

高木「早く元の世界に帰りたい!! って思ってたらこの世界に居たわけさ」

高木「大体1980年ぐらいかな? それぐらいの時期に飛ばされてね……当時25歳だった私があの事務所に拾ってもらえなかったら危なかったよ」

高木「その事務所のおかげで、今の私は765プロを立ち上げることができたってわけだよ」

シンジ「……色々大変だったんですね」

高木「そりゃあ大変だったさ。でも君の方が大変だったんじゃないのかい?」

高木「急にお父さんに呼び出されたと思ったらエヴァに乗せられて使徒という化け物と戦って。親友で使徒だった渚カヲル君も殺してしまって、綾波レイちゃんがクローンだと知って」

高木「……そして最終的には人類補完計画の要になった」

シンジ「人類補完計画……」

……父さんは、人類補完計画で何がしたかったんだろう。

母さんに会いたかったのかな?

……僕は眼中に無かったのかな。

シンジ「……うぅ……」

高木「……ほら、今だけは胸を貸してあげるよ。だから泣くなら今のうちに泣いておきなさい」

高木さん……いい人だな。
9 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 21:01:50.53 ID:XYrcT2rt0
高木「その代わりと言ってはなんだが、うちのプロデューサーをやってみないかね? 現在人手不足でねえ……」

……やっぱりネルフの人はみんな意地悪だ。
10 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 21:02:28.07 ID:XYrcT2rt0
まずはこれだけです

短くて申し訳ありません
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/10(金) 21:16:29.21 ID:mVlfAMb/0
面白いですね、続き期待してます!
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/10(金) 21:22:19.39 ID:5wTGcLmQO
何がいいって新劇じゃなくて旧劇シンジなのがいいね、おつ
13 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 21:34:19.69 ID:XYrcT2rt0
よかった、ちゃんと書けてるかな?

今から書きながら投下していきます
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/10(金) 21:35:12.60 ID:0vO6nowDO
つまらないと思うが面白いと思う要素どこにあるんだ
15 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 21:35:34.97 ID:XYrcT2rt0
シンジ「で、でも僕、まだ未成年だし……」

高木「何、君はこの世界では20歳なんだ。労働法に違反はしていないよ」

シンジ「……人と話すのは苦手で」

高木「今から慣れていけばいいさ」

シンジ「プロデューサーのノウハウとか知らないし……」

高木「今から覚えればいいさ」

シンジ「でも……」

高木「もう『でも』もうじうじするのも禁止だ! 君はここで今生きているんだから、今やれることを精一杯やりなさい」

……高木さんはどこかミサトさんみたいな人だ。

高木「私がその場所を提供してあげるから」

シンジ「……はい、よろしくお願いします」

ああ、また流されてしまった。

でも……前に進むって綾波……いや、僕自身に約束したから。

僕はもうあの時みたいな悲劇にはさせない。

あの赤い世界を見なくても良くするんだ。

……でも、アスカたちに帰って来て欲しいって思うのは自由だよね?
16 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 21:42:02.60 ID:XYrcT2rt0
シンジ「……これって」

高木「ああ、すごいだろう? これは桜って言ってね。春に美しい花を咲かせるんだ」

桜……確か小さい頃に母さんが教えてくれた気がする。

あの世界には夏しか無かったから新鮮だなあ……あはは、この光景を綾波たちに見せてやりたいよ。

シンジ「……すごく……綺麗ですね」

高木「そうだろう? 春は私が一番好きな季節さ。夏もいいが、やっぱりぽかぽかして気持ちいいからね」

ぽかぽか……か。

高木「あっ、おーい天海君!!」

天海君?

もしかしてあの頭にリボンを付けてる人かな?

「社長!! ……ってわあああっと!! 」

高木「だ、大丈夫かね!?」

「えへへ、転びそうになっただけなんで大丈夫です!!」

……多分僕より歳上のはずなのにおっちょこちょいな人なんだな。
17 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 21:51:12.12 ID:XYrcT2rt0
高木「紹介しよう。この子……うおっほん! こちらの彼がうちの新任プロデューサーの碇シンジ君だ」

「あっ、天海春香です!! ……ってこの子が!?」

いや、この子って言われても……。

シンジ「ええと……天海さんでいいのかな? これからよろしくお願いします」

僕、春香さんとそんなに身長が変わらないなんて……。

春香「えへへ、よろしくお願いします!!」

高木「ちなみに彼は20歳だからね。勘違いしないように」

春香「ええっ!? 歳上さんだったんですか!?」

高木「そりゃあ未成年を雇うわけにはいかないからね……」

僕だって自分が20歳なんて思えないよ。

高木「ま、弟とでも思ってくれればいいさ」

シンジ「た、高木さん!?」

春香「じゃあシンちゃんの頭ナデナデー」

シンジ「いやシンちゃんって」

……なんだか加持さんとミサトさんを相手してるみたいな気分だ。
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/10/10(金) 21:53:03.81 ID:2HtpXZj30
???「まだ20代です!」
19 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 21:58:09.98 ID:XYrcT2rt0
春香「ええと……テロメア?」

高木「ははは、何故かシンジ君にはテロメアの限界、ヘイフリック限界が無いらしくてね。死ぬまで老けないそうだよ?」

春香「す、すごいですねそれ!!」

……なんで高木さんがそれを知ってるんだって聞かない方がいいよね。

もしかし僕の病院着も高木さんが用意してくれた服にも盗聴器が付いてたりして……。

……いや、現実的に考えたら診察結果を聞いただけのことじゃないか。

春香「シンジ君♪ 何かあったらお姉さんに言ってね?」

シンジ「……もうそれでいいですよ」

春香「あー照れてるー!!」

高木「ほらほら、さっきも言ったけどシンジ君は君より歳上なんだよ?」

春香「えへへ、ついつい……」

……なんだろう、もしかして765プロってミサトさんの集まりか何かなのかな。
20 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 22:00:19.98 ID:XYrcT2rt0
修正(もしかしての『て』が抜けていた)



春香「ええと……テロメア?」

高木「ははは、何故かシンジ君にはテロメアの限界、ヘイフリック限界が無いらしくてね。死ぬまで老けないそうだよ?」

春香「す、すごいですねそれ!!」

……なんで高木さんがそれを知ってるんだって聞かない方がいいよね。

もしかして僕の病院着も高木さんが用意してくれた服にも盗聴器が付いてたりして……。

……いや、現実的に考えたら診察結果を聞いただけのことじゃないか。

春香「シンジ君♪ 何かあったらお姉さんに言ってね?」

シンジ「……もうそれでいいですよ」

春香「あー照れてるー!!」

高木「ほらほら、さっきも言ったけどシンジ君は君より歳上なんだよ?」

春香「えへへ、ついつい……」

……なんだろう、もしかして765プロってミサトさんの集まりか何かなのかな。
21 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 22:03:59.83 ID:XYrcT2rt0
高木「ただいま」

春香「こんにちはー!!」

2人と話していたら直ぐに765プロに着いてしまった。

……誰かと話すって、やっぱり暖かいなあ。

春香「……? どうしたの? 入らないのシンジ君?」

シンジ「……! お、お邪魔します!!」

高木「シンジ君、そうじゃないだろう?」

シンジ「……ただいま」

春香「おかえりなさい!!」

高木「ああ、おかえりなさい」

……やっぱりミサトさんばかりだ。
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/10(金) 22:07:37.81 ID:zzNAjscAO
なんか、ミサトさんがおっさん拗らせて
おっさんとして補完されて高木社長になった、みたいなイメージが沸いて頭から離れぬ
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/10(金) 22:10:16.10 ID:KyNEbev7o
葛城ミサト(CV.大塚芳忠)
24 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 22:13:03.34 ID:XYrcT2rt0
「わ→!! 亜美の方がビミョ→に身長高い!!」

「真美も真美も!!」

「あらあら〜♪プロデューサーさん、小さくてかわいいですね〜」

「真、その通りでございます」

「ご、合法ショタ……!」

……僕だって身長は気にしてるんだからそこまで言わなくてもいいじゃないか。

それに僕は本当は14歳だよ!!

僕より年下の人の方が少ないじゃないか!!

高木「紹介するよ。彼が秋月君に続いて入って来てくれたプロデューサー、碇シンジ君だ!!」

シンジ「よ、よろしくお願いします!!」

……ああ、またどもってしまった。

っていうか僕より身長高い人ばかりだから威圧感が半端ないよ……。
25 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 22:21:02.69 ID:XYrcT2rt0
亜美「うりうり→!! 兄ちゃんちっちゃいYO!!」

真美「や→いチビー!!」

うるさいな……君たちは中1なのになんで中2の僕より大きいのさ!!

あずさ「あらあらうふふ〜」

シンジ「ちょっ、抱きつかないでくださいよ三浦さん!!」

貴音「三浦あずさ……」

あずさ「だってこの子かわいいんだもの〜♪」

シンジ「ぼ、僕20歳ですから!!(一応)」

小鳥「ああっ! あずささんずるい!!」

なんで僕の周りには巨乳が集まってくるの……。

千早「……くっ」

春香「ち、千早ちゃん……」

……本当に僕はちゃんとやっていけるのかな。
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/10(金) 22:21:15.53 ID:KyNEbev7o
>っていうか僕より身長高い人ばかりだから威圧感が半端ないよ……。

CGプロに拾われなくて良かったな
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/10(金) 22:22:27.33 ID:q8jNhy79O
157センチとかシンジ身長低すぎワロタwww
28 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 22:28:30.52 ID:XYrcT2rt0
律子「ええと、ここはこうして……」

今は同僚になる秋月さんにパソコンについて教えてもらってるんだけど……このOS古くないかな……。

まあ使い方は大体分かるし大丈夫か。

高木「どうだね? 上手くやっていけそうかね?」

シンジ「……ええ、これぐらいなら」

高木「ま、当然だろうね」

律子「…………?」

ははは、やっぱり僕のことはなんでも知ってるか。

父さんのお気に入りだったらしいしね……。

高木「ま、今日は早いけど帰りたまえ。色々あって疲れただろう?」

シンジ「えっ、でも」

僕には家が……。

高木「私が送って行くよ。それでいいかい秋月君?」

律子「え、ええ。私は構いませんけど……」

高木「じゃあ行こうか、シンジ君」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/10(金) 22:32:47.04 ID:7N4B02tYo
エヴァが放映してた頃に比べて当時と今じゃティーン・エイジャーの体型かなり良くなったもんな
30 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 22:38:27.09 ID:XYrcT2rt0
高木「……上手くやっていけそうかい?」

シンジ「……ええ、ネルフよりもいい人たちばかりなので」

高木「ははっ、それは言えてるねえ……」

……この車、ミサトさんと青の同じルノーだ。

高木「どうだねこの車? 懐かしいかい?」

シンジ「……もう居ない人を真似するなんて趣味悪いですよ高木さん」

高木「そうだねえ……葛城君はもう居ないかもしれない」

高木「でも……君と私が覚えていれば、それは存在することになるんじゃないかな?」

シンジ「……ぷっ、なんですかそれ」

高木「所詮人とはそんなものだよ。人は誰かから存在を認められているから存在するのだよ」

シンジ「余計わけがわかりませんよ」

高木「まあ哲学みたいなものだからね……あ、そうそうちょうどいいものがあるんだが」

シンジ「…………?」

高木さんのカバンから……S-DAT?

高木「これは私が個人的に購入したものだが……受け取ってくれ」

シンジ「こ、これは流石に受け取れないですよ!!」

昔、父さんのS-DATの値段を調べた時に驚愕した覚えがある。

高木「構わない。君にとってお父さんがどんな存在かはわからないが……それでも、覚えておくべきではないかね?」

高木「ほら、これは君が持っていた司令のものと同じものだよ。受け取りたまえ」

シンジ「……ありがとうございます」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/10(金) 22:46:10.30 ID:55Ouag6+0
そうか、時代もあんのな
32 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 22:53:00.93 ID:XYrcT2rt0
高木「君なら一人暮らしでも問題無いだろうが……気をつけたまえよ。いざという時の護衛は居ないからね」

シンジ「……ここってものすごい高級なマンションですよね?」

高木「遠慮しないでくれたまえ。これでも私はそれなりに稼いでいたからね」

高木「……では、また明日、765プロで待ってるからね」

シンジ「……ありがとうございます」

高木「じゃあね?」

……ふふふ、あのルノーに本当にミサトさんが乗ってるみたいだ。

……みんないい人ってわけじゃなかったけど、やっぱりアスカたちが居ないと寂しいなあ……。

『生きていこうと思えばどこだって天国になるわ』

……母さん。

『だって生きているんですもの』

『……ね? シンジ。母さんはもう居ないけど……頑張るのよ?』

シンジ「……大丈夫だよ母さん」

ここには……春も、夏も秋も冬も元の世界の人間の高木さんも僕に優しいアイドルの人たちも……全部、全部存在するから。

……綾波たちが居ないのはものすごく寂しいけど。

『……シンジ』

……ふふっ、父さんも応援してくれるの? 嬉しいなあ……。

……僕、こっちで精一杯頑張るからね。

シンジ「……あはは、また泣いちゃったなあ……」

じゃあ明日は……。

高木さんに怒られないように、もう自分を見失わないように。

その意味を込めて……泣かないようにしよう。

シンジ「……じゃあね。父さん、母さん」

僕には、もう居ない父さんと母さんが僕を見て微笑んでいるように見えた。
33 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 22:54:33.43 ID:XYrcT2rt0
とりあえず今日はここまでです

読んでいただいた方、ありがとうございました
34 :名無しNIPPER [sage]:2014/10/10(金) 23:00:32.97 ID:3Ch3pLZAO
おつー
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/10(金) 23:01:49.02 ID:KyNEbev7o
36 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 23:16:41.66 ID:XYrcT2rt0








第0話『プロローグ』、完







37 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 23:27:12.49 ID:XYrcT2rt0
やっぱりもう少し書きます
38 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 23:27:45.15 ID:XYrcT2rt0








第1話『歩み始めたモノ』







39 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 23:28:18.57 ID:XYrcT2rt0
シンジ「うわー……どうしよう」

とりあえず765プロへの最寄駅で降りたけど……765プロへの行き方がわからないよ……。

携帯が無いからGPSの地図も使えないし……。

っていうか携帯無いと営業とかできないんじゃないの……?

「……ほら、新人プロデューサーのアンタ」

ん? 後ろから声が……。

確か……水瀬さん?

……なんなんですかそのめちゃくちゃ長いリムジンは。

シンジ「は、はい!!」

伊織「アンタ、どうせ迷っちゃったんでしょ? ほら、早く乗りなさい」

シンジ「え、でも」

伊織「天下の水瀬財閥の伊織様が乗れって言ってるのよ? いいから乗りなさい」

シンジ「……はい」

お金持ちってなんだか怖いや……。

アスカもそうだったけど、僕って尻に敷かれるのが得意だよね……。
40 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 23:37:41.28 ID:XYrcT2rt0
「運転手兼伊織お嬢様専用の執事の新堂でございます」

シンジ「は、はあ……わざわざ乗せてもらって申し訳ありません」

新堂「いえいえ、伊織お嬢様の意向でございますので」

伊織「は、早く出しなさい!!」

シンジ「……顔が紅くなってるよ」

伊織「うるさい!! ……何か飲み物は要る? オレンジジュースかオレンジジュース」

シンジ「……じゃあオレンジジュースで」

オレンジジュースしか無いのになんでわざわざ僕に訊いたんだろう。

……あっ、ちょっとご満悦な顔してる。

……えっ、今からミキサーで作るの?

伊織「…………」ヴィィィィィィィィン

シンジ「……す、すごいね、手作りなんて」

伊織「え?」

シンジ「……なんでもないよ」

このリムジン、なんでも出てきそうだよなあ……。
41 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 23:42:28.55 ID:XYrcT2rt0
伊織「はい、どうぞ」

シンジ「ああ、ありがとう水瀬さん」

伊織「フン、名字で呼ばれるのは好きじゃないから伊織って呼びなさい」

シンジ「……じゃあ伊織。いただきます」

伊織「どうぞ〜♪」

よくわからないけど楽しそうだなあ……。

……果肉たっぷりだね。

シンジ「うん、おいしいよ伊織!!」

伊織「ホント!? ……ゲフンゲフン、ま、この伊織ちゃんが作ってあげたんだから当然よねー!!」

シンジ「ははは……」

……伊織って実はアスカより歳上なんだよな。

……似た者同士だけどどちらかというと伊織の方がわかりやすいかも。
42 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 23:47:57.36 ID:XYrcT2rt0
伊織「……アンタ、ヘイフリック限界が無いんですってね」

シンジ「ん? ……まあそうらしいけど」

なんで知ってるのさ……。

伊織「…………お願い!!」

シンジ「……!? どうしたの伊織!?」

まさか高飛車な伊織が僕に頭を下げてくるなんて。

伊織「実は……」
43 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 23:55:27.19 ID:XYrcT2rt0
シンジ「僕の髪の毛……DNAが欲しい?」

伊織「そう……うちのお父様がヘイフリック限界が無いアンタに目を付けたのよ」

伊織「どうもそれの研究が成功したら多額の資金が入るらしくて」

伊織「だから研究サンプルの髪の毛を貰って来なければアイドルはやらせないって言われちゃったのよ……」

なんて父親なんだ……とは流石に言えないな。

シンジ「まあいいけど……「ホント!?」……ホントホント」

伊織「ありがとう!!」

……なんだか自分の髪の毛で喜ばれると複雑な気分だ。

シンジ「ち、ちなみに何本ほど要るの?」

伊織「100本」

シンジ「……10円ハゲになったらどうしよう」
44 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/10(金) 23:56:36.92 ID:XYrcT2rt0
ごめんなさい、やっぱりここまでにしておきます
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/11(土) 00:52:43.33 ID:XQxhoudoO
多いw
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/11(土) 02:29:05.82 ID:1VltToUj0
まぁ若いし100本くらい抜いても問題ないだろうw
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/11(土) 03:45:54.79 ID:JwaH4tSAO
なかなか面白い、ただユイがクズじゃないのはちょっち気になるね
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/11(土) 07:55:03.23 ID:BjdhIs8po
765プロってアイカツだっけ
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage saga]:2014/10/11(土) 12:24:03.53 ID:DA8/9ygI0
100本抜くのはいいとして提供したシンジ本人には報奨金はないんですかね・・・
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/10/11(土) 12:44:19.94 ID:I9fy6+ARO
いおりん手作りオレンジジュースが報酬なんやろ(白目)
51 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 12:58:51.13 ID:I7vtnrMp0
では投下します
52 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 12:59:38.44 ID:I7vtnrMp0
シンジ「あー……禿げてないかなぁ……大丈夫かなぁ……」

伊織「満遍なく抜いたんだから大丈夫よ」

正直めちゃくちゃ痛かったんだけどね……。

伊織「その……わざわざありがとね。私のために……お金も要らないなんて」

シンジ「ははは、お金のやりとりがある関係ってなんか嫌だしさ、気にしなくていいよ」

お金は……欲しいだけくれるって言われてけど断った。

だってプロデュースするアイドルからお金を受け取るのってなんだか嫌だしね。

こんなのだからミサトさんに僕の給料を任せちゃったのかな……自分で管理してたらお金持ち気分を味わえたのに。

シンジ「りつ……秋月さん、僕って営業とかどうすればいいですか?」

リツコって名前の人が2人居るから紛らわしいなぁ……。

それはともかく、僕は早速みんなの仕事を取りに行くことにした。

律子「うーん……じゃあまずはお手本を見せますから、碇プロデューサーは私に着いて来てください」

シンジ「わかりました」

よし! 僕も頑張って仕事を取って来るぞ!!
53 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 13:00:25.88 ID:I7vtnrMp0
シンジ「……秋月さん。あの宣材写真は流石に……ねえ?」

律子「……そうですね」

結果は完敗。

相手の人は僕たちにはいい雰囲気で接してくれたんだけど……亜美ちゃん真美ちゃんの宣材写真を見た瞬間断られたよ。

なんで双海姉妹にサルの衣装を着せたんだろう。

イタズラっ子を意識したとしても普通はあんな衣装は着せないでしょ……。

シンジ「……宣材写真、録り直しましょうよ」

律子「……新しい衣装を買ったばかりだから経費がキツイですけど……ま、先行投資と考えれば大丈夫ですか」

まあ今回は交渉のノウハウがわかったからいいか。

律子「最悪社長のポケットマネーから出してもらいますしね!!」

……なかなか言う人なんだな、秋月さんは。
54 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 13:01:08.91 ID:I7vtnrMp0
カメラマン「はーいじゃあ撮るよー」

春香「よ、よろしくお願いします!!」

みんなかわいいなあ……。

……いや、アスカたちも可愛かったはずだ。

ただ単に僕の周りに集まってくる女の子が美少女だらけだってわけで……。

…………それはともかく、僕はいつの間にか9人もプロデュースすることになってたよ。

ヘイフリック限界が無いからなのかな?

よくわからないけど、不思議と疲れないからそこは問題無いんだけど……。

正直真美ちゃんたちにチビ扱いされるのは辛いよ……。

精神的には弱いからね、僕。

あはは、自分で言っちゃダメだよなぁ……。

千早「…………」

……ん? 確か……如月さんだったっけ?

あんなに険しい顔してどうしたんだろう……。

よし、早速プロデューサーとして相談に乗ろう!!

シンジ「えと……そんなに暗い顔してどうしたんですか?」
55 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 13:01:57.35 ID:I7vtnrMp0
千早「プロデューサー……いえ、なんでもありません」

シンジ「ふーん…………じゃあなんでそんなに暗い顔してるんですか?」

僕がそう訊くと、如月さんはもっと暗い顔になった。

千早「……私、本当は歌手になりたかったんですけど」

シンジ「……はい」

千早「アイドルで名前が売れてから歌手にならないかってスカウトされて……でも、私はアイドルに向いてなくて」

シンジ「それは……どういうことですか?」

千早「私、上手く笑えないんです。それに、歌に関することじゃない今のこの時間も無駄に思えて……」

シンジ「……そうですか」

笑えない……か。

なんだか綾波みたいだ。
56 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 13:02:50.46 ID:I7vtnrMp0
シンジ「……じゃあ、今はそのままでいいんじゃないですか?」

千早「え?」

シンジ「多分、今の如月さんは歌だけを追い求めているんですよ。何かに追い詰められてるように」

そう、初めて使徒を倒した後、トウジに殴られた時に僕が訓練ばかりしていたように。

千早「……ええ」

シンジ「でも、その何かはいつ解消されるかはわからない」

トウジと和解した時みたいに。

シンジ「だから……今は如月さんなりに頑張ればいいんじゃないですか? ……ほら、僕も歌の仕事を頑張って多めに取ってきますから」

シンジ「その代わり……バラエティ番組が取れた時は頑張ってくださいね?」

あはは……こうやって相手に押し付けるのは傲慢かな……。

千早「……ふふっ、なんだか中学生の子に説教されるなんて不思議な気分です」

シンジ「……一応大人なんだけど」

実際中学生だから否定できないよ……。

千早「でも……そんなプロデューサーが頑張ってくださるなら……私も少し努力してみようかと」

シンジ「……! ありがとうございます如月さん!!」

千早「いえ、元々これが仕事なので……」

あ、そ、そうだったね。

如月さんはアイドルだったね。

カメラマン「じゃあ次、如月千早さん!! お願いしまーす!!」

千早「ふふ、じゃあ行ってきますね?」

シンジ「……はい! 頑張ってくださいね?」

なかなかいい感じに説得できたかな。
57 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 13:06:26.82 ID:I7vtnrMp0
あずさ「シンジさん、どうですか〜?」

シンジ「に、似合ってると思いますよ!」

なんで三浦さんは僕を名前にさん付けで呼ぶんだろう。

……胸が強調されてて……うん、率直に言うとエロい衣装だ。

あずさ「あらあらうふふ〜♪」

シンジ「ちょ、ちょっと三浦さん!!」

またそのセリフを言いながら抱きついてくるんだから……。

……正直三浦さんの大きな胸が当たって役得だとは思っちゃうけどさ。

なんだか……母さんに抱きつかれてるみたいだ。

伊織「……フン、鼻の下伸ばしちゃって」

亜美「あれ→? いおりん妬いてるのかな→?」

真美「確かにシンちゃんって顔は整ってるしね→」

……若干周りからの目が怖いけどね。

そういえば亜美さんは僕を兄ちゃんって呼んで、真美さんは僕をシンちゃんって呼ぶんだ。

……僕より背の高い子に兄ちゃんって呼ばれるのもなかなかクるものがあるよ。
58 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 13:09:13.77 ID:I7vtnrMp0
短いけどこれだけです

また書き溜めができたら来ます
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/11(土) 13:46:04.87 ID:fhGMBCDJO
ハゲ乙
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/11(土) 14:13:27.22 ID:K8ZWTFp6O
>>46
オレだったら、泣きながら拳で殴りかかるレベル
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/10/11(土) 16:01:25.06 ID:Du59QVLe0
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/10/11(土) 16:02:56.64 ID:eeKd+FFMO
>>49
報奨金はいおりんと結婚することによって全財産が手に入ることである
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/11(土) 18:26:42.89 ID:YzEcENIgO
>>60
つ除毛薬
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/11(土) 19:52:22.39 ID:3/0KnEEKO
読んでて思ったがLCLで溶け合った後に再度作られた世界の様な錯覚を起こしてしまう
狙ってやってるのかな
65 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 22:16:06.84 ID:yEL8Vfld0
亜美「ね→ね→いおりん! じゃあさ……」

亜美さんが悪そうな顔して何か吹き込んでるよ……。

伊織「…………!」

いやいやなんでドヤ顔してるのさ。

あーあ、よくわからないけど走って行っちゃった。

カメラマン「じゃあ次三浦あずささんお願いしまーす!!」

どうやら次は三浦さんらしい。

あ、撮影が終わった萩原さんがこっちに来た。

雪歩「お、終わりましたー……」

シンジ「お疲れ様です萩原さん」

雪歩「はうぅ……」

……やっぱりまだ怖がられてるなぁ……。

シンジ「ええと……やっぱり歳下みたいな僕でも怖いですか?」

本当は本当に歳下なんだけどね。

雪歩「うぅ……その……はいぃ」

シンジ「あはは、僕女の子っぽいってよく言われるんですけどね……」

雪歩「そ、そうなんですか?」

ただ単に女々しいって思われてるだけだと思うんだけどね……。
66 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 22:16:40.77 ID:yEL8Vfld0
シンジ「昔同居人が居たんですけど、料理も洗濯も全部僕がやってたんです」

シンジ「そしたらお嫁にしたいって言われまして……僕男ですよ? 酷いですよね」

シンジ「後はチェロを弾けたり……あ、なんか自慢みたいになっちゃいましたね、ごめんなさい」

雪歩「す、すごいですねプロデューサー!! 男の人なのに家事ができるなんて……私、昔からお母さんに任せっきりだから」

シンジ「むしろそっちの方が普通なんじゃないかな……」

雪歩「そ、そんなことないですよ!! 真ちゃんだってお母さんのお手伝いをしているらしいですし……私も頑張ってみようかなあ」

シンジ「うん、僕はいいと思いますよ!!」

雪歩「そ、そうですかぁ? えへへ……」

……これってケンスケが言ってた、フラグが立ったっていうやつなのかな。

いやいやそんなわけがない、僕が誰かに好かれるわけが……。

やよい「プロデューサー!!」

ん? 高槻さ……ん?

亜美「うっふふ→ん!」

真美「どぉ?」

伊織「かしら!!」

……うん、僕はどうリアクションをすればいいのかな?

パッドを無理やり詰め込んだのかわからないけど凹凸ができてしまっている不自然な胸。

やたら濃い化粧。

シンジ「……何やってんのさ」
67 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 22:17:09.47 ID:yEL8Vfld0
……一応歳上だしもう敬語はやめようか。

シンジ「……あのさ、今日って宣材写真を撮るんだよね? 君たちのいいところを撮るんだよね?」

シンジ「だからさ……そんなに化粧が濃かったりパッドを詰めたりしたらあんまり意味が無いと思うよ?」

……なんでそこでハッとしてるのさ。
68 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 22:19:21.18 ID:yEL8Vfld0
あー、疲れた……。

いや、実際には疲れてないんだけど、精神的に疲れたよ……。

最終的にはあの4人もちゃんと撮影できたからよかったな。

みんなの名前呼びと歳下のアイドルに対するタメ口を強制されたり、やよいちゃんとハイタッチしたりして……色々あったけどね……。

確か名前呼びとタメ口の理由は、よそよそしいから団結が売りの765プロでは許されない、とか言ってた気がする。

まあそうなんだけどさ……。

シンジ「じゃあ、帰りましょうか」

高木「そうだね。もうみんなも帰ったし、君が帰るなら私も帰ろうか。飲んで行くかい?」

シンジ「……僕、未成年ですよ?」

高木「ははは、そうだったか。じゃあ私もそのまま真っ直ぐ帰るよ」

全く、高木さんは……。

シンジ「じゃあ、さよなら」

高木「ああ、明日もちゃんと来てくれよ?」

もちろん行くに決まってる。

だってここには僕の居場所があるから
69 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 22:32:28.84 ID:yEL8Vfld0
この世界の東京ってなんだか第2新東京市みたいだ。

でも国連本部はここじゃないんだよね……。

「……っ、いってえなオイ!!」

シンジ「ああ、すいません……」

肩をぶつけてしまったようだ。

全く痛くなかったし、振動も伝わって来なかったんだけど……当たり屋の人なのかな?

「すいませんで済んだら警察は……ってお前は……765プロのチビの新任プロデューサー?」

……しかもなんで僕のことを知ってるんだろう。

後チビって言うな。

「チッ、俺のことは知らねえのかよ。俺は天ヶ瀬冬馬! 961プロのジュピターのリーダーをやってる天ヶ瀬冬馬だ!!」

シンジ「ええと……天ヶ崎冬馬さん?」

冬馬「ちょっとずつ間違ってんじゃねえ!! 天ヶ瀬だ!!」

冬馬「……それはともかくだ。お前ら765プロは色々汚いことしてるらしいな」

……何を言ってるんだろうこの人。

シンジ「あの……汚いことをしたのにも関わらず仕事がほとんど無いっておかしいとは思わないの?」

冬馬「……確かにおかしい」

なんで気付かないのさ……。
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/11(土) 22:44:58.03 ID:+j+j0m6uo
あまとうは素直だなぁ
71 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 22:45:21.04 ID:yEL8Vfld0
うーん、何故か認識がすれ違ってるみたいだね……。

冬馬(おっさんの言うことが間違ってるのか……?)

冬馬「……一回どこかで詳しく話がしたい。これ、俺のメアドだから連絡してくれよ」

シンジ「あ、うんわかった」

ちょうど携帯が支給されてよかったよ。

冬馬「じゃあな……!? オイ早く逃げ——」ガシャアアアアアン

突然、ガラスと鉄が一斉に何かにぶつかったような音がした。

…………? 冬馬君はなんでこっちを見ているの?

冬馬「う、後ろ見てみろよ……ば、化け物か!?」

後ろ?

あー……バンパーとかフロントガラスとかがひしゃげたトラックが……。

トラックが!?
72 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 22:47:59.53 ID:yEL8Vfld0








第1話『歩み始めたモノ』、完







73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/11(土) 22:52:47.34 ID:uWaRk+Ibo
結局シンジは平和に過ごせないのか…
74 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 22:55:37.47 ID:GIukwHNS0
短いけどここまでです

ありがとうございました
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/11(土) 23:14:54.56 ID:LWd3nj7AO
乙、
ひょっとして黒井社長はゼーレ側だったのかな?
76 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 23:28:19.12 ID:GIukwHNS0
>>75 ゼーレからのゲンドウに対するスパイかもしれない
本当にゲンドウのお気に入りのスパイかもしれない
そもそも本当にスパイかはわからない

……ってぼかしておきます
まあそれほど重要にはならないとは思いますけど
77 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/11(土) 23:29:58.43 ID:GIukwHNS0
あ、黒井社長か、ごめんなさい
高木社長のことだと思ってた……

黒井社長? ははっ、どうなるんでしょうかね?(すっとぼけ)
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/11(土) 23:35:00.71 ID:+j+j0m6uo
そういえばネルフに黒井社長に良く似た声のオペレーターがいたような…
79 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 00:28:50.92 ID:nt3N1f7E0








第2話『ヒトとシト、及び偶像』







80 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 00:29:32.18 ID:nt3N1f7E0
結局、僕は怪我もしていないのにお金を受け取ることになった。

高木さん曰く、『居眠り運転をしていた相手側の過失』だそうだ。

突然トラックがグシャグシャになるっていう前例が無いのに損失が発生するって……ちょっと可笑しいね。

確かに居眠り運転していた相手の方が悪いとは思うけどさ。

相手も打撲程度で済んでよかったよ……。

そういえばあの後冬馬君がオレンジ色の壁がどうとか言ってたけど……まさかね。

……僕はいつの間にかATフィールドを使えるようになっちゃったのかな。

……うん、あれは偶然だよ。

初号機に乗っている時と同じ感覚でATフィールドを展開しようとしてみたけどATフィールドは出てこない。

いや、出るわけがないんだ。

だって僕はヒトなんだから……。

ヒト……だよね?

体が疲れないとか、老けないとか……まるでS2機関があるみたいだけど。

……本当は僕ってカヲル君みたいなヒト型の使徒だったりして。

……バカなこと考えてないで765プロに行こうか。

裁判とか僕の精密検査とかで色々手間取っちゃったから一週間もブランクができちゃったけどね。
81 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 00:32:19.15 ID:nt3N1f7E0
すいません、まだ書き溜めておけばよかったのに投下してしまいました

本当の本当に今日はこれで終わりです
82 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 00:35:05.15 ID:nt3N1f7E0
あ、それと一つ意見を聞かせてもらいます

降郷村へライブに行くか、旅行へ行くか
どちらがいいですか?

片方だけ書こうかと思っておりますので、明日書き始めるまでに多かった方の意見を採用させてもらいます

どちらを選んでも同じ結果に収束しますのでそれほど違いはありませんけどね
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2014/10/12(日) 00:41:45.97 ID:DQbjUzj2O
降郷村かな
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/12(日) 00:47:08.57 ID:oydbGedUo
水着かな
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/12(日) 00:49:05.80 ID:mcwb/EZyo
水着回行こうか
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/12(日) 01:03:24.83 ID:oydbGedUo
降郷村って日帰りだったけ?
泊まりなら夜の学校のプールを風呂代わりに水着であわあわもいいな
87 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 01:59:53.75 ID:1iFOyetE0
ちょうど両立できそうな意見が出たので>>86 を採用させてもらいます

つまり降郷村を改変するってことで

ですが投下は明日なのでご注意を
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/12(日) 03:26:02.60 ID:Et9Osc450
待つのぜ
89 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 23:07:20.78 ID:mYuDeDQZ0
ごめんなさい、今日はちょっと無理そうですので明日、投下しに来ます
90 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 23:26:51.82 ID:mYuDeDQZ0
投下しないと言ったな? あれはウソだ

やっぱり投下します
降郷村まではまだ行きませんので注意
91 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 23:27:35.31 ID:mYuDeDQZ0
律子「碇プロデューサー!! お体は大丈夫ですか!?」

小鳥「そのガラスのようなお肌に傷は付いてませんよね!?」

シンジ「い、いや僕は全然大丈夫でしたけど……」

小鳥さん、少し怖いよ。

亜美「確か兄ちゃんってさ→」

真美「ちょ→の→りょくに目覚めたんだよNE!!」

シンジ「そんなわけないでしょ!?」

……どこからATフィールド(かはわからないけど)の話が流れたんだろうか。

いや、この双子なら僕が無傷の時点で超能力って考えつくか……。

春香「でも不思議だよねー。プロデューサーさんに突っ込んできたトラックが勝手に潰れるなんて」

千早「……そうね、全くもって不可解だわ」

真「あ!! もしかして、本当はぶつけられたのにプロデューサーが気付いてないとか!?」

シンジ「それじゃ僕が超人になっちゃうじゃないか……」

やよい「うっうー!! プロデューサーはヤキニクマンですー!!」

雪歩「焼肉……今度食べに行こうかなぁ……」

伊織「いいわね焼肉。今度みんなを招待して焼肉パーティーでも開こうかしら」

シンジ「ははは……」

みんなフリーダムすぎるよ。

高木「あーシンジ君、ちょっといいかね?」

シンジ「ええ、構いませんけど……」
92 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 23:28:03.00 ID:mYuDeDQZ0
高木「……それで、君は無意識のうちにATフィールドを発生させた……と」

シンジ「……ええ。ジュピターの冬馬君がオレンジ色の壁が出現したと、僕に言いましたから」

高木「天ヶ瀬君の証言では勝手にトラックが潰れたと言っていたそうだが?」

……冬馬君、ATフィールドのことは黙っててくれたのか……。

シンジ「……おそらく、僕と会えなくなるのを防ぎたかったんでしょう」

高木「……確かに、ATフィールドの存在が知れれば研究組織に攫われ……はしないか。ネルフじゃあるまいし」

高木「まあ君がメディアに露出することによって有名になると簡単に接触し辛くなるからだろうね。何か彼と接触する約束でもあったのかい?」

シンジ「それが——」

高木「……なるほど、961プロとこちらの見解が食い違っているから話し合おう、というわけか」

高木(……黒井のやつ、何をしているんだ……)

シンジ「ええ、そうです」
93 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 23:29:37.12 ID:mYuDeDQZ0
高木「……まあそれは君が好きにしてくれて構わない。だが少し厄介なことがあってね……」

……やっぱり僕は厄介ごとに好かれているらしい。

高木「シンジ君、君は水瀬グループに髪の毛……DNAを渡したね?」

シンジ「ええ、伊織がそうしないとアイドルを続けられないと言うので……」

もしかしてまずかったんだろうか。

高木「……もしかしたら、君のDNAからS2機関が製造されるかもしれない」

シンジ「……それって」

高木「……アメリカ第2支部で起こった4号機のS2機関暴走のようなことが再び起こる可能性がある」

……しかも最悪の展開だ。
94 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 23:30:08.07 ID:mYuDeDQZ0
高木「これはあくまで私の推論だが……気分を悪くしたらすまない」

シンジ「……ええ」

高木「おそらく君は使徒だ。それも不完全なね」

……やっぱり僕は使徒?

シンジ「不完全……ですか?」

高木「おや、使徒ということには驚かないのかね?」

大体予測してましたしね。

シンジ「ええ、人間も使徒らしいですから」

高木「そうか……まあそれならいいんだ」

高木「そういえばこの世界には面白いところがあってね。死海と言うのだが……そこは君の知っている死海ではないんだ」

死海って……確か塩分濃度が高い湖だったっけ?

高木「なんとこの世界の死海にはL.C.L.が満たされていたんだよ。面白いと思わないかい? L.C.L.はこの世界では知られていないから未知の物質として研究されているのだが……未だL.C.L.が何かわかっていないらしい」

それって……あの赤い海みたいな?

シンジ「つまり……どういうことですか?」

高木「ああ、話が逸れてしまったね。……そもそも死海文書には人間とは群体の使徒であると記されている。故にATフィールドも個を保つための微弱なものしか使えない、とね」

高木「人間の元はL.C.L.だ。だから人類補完計画ではアンチATフィールドによってATフィールドが取り除かれ、人間はL.C.L.へと還って行った」

高木「しかし、何者かによってこの世界が作られた、L.C.L.に魂という形が与えられ人間ができたからL.C.L.が存在しなくなった。では死海にL.C.L.が残っているというのはどういう意味だと思う? シンジ君」

……難しすぎてついて行けないや。

シンジ「えっと……まだ足りない魂があるってことですか?」

高木「そうだ、おそらくその通りだろう」
95 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 23:30:40.89 ID:mYuDeDQZ0
高木「では……今、その足りない魂はどこにあると思う?」

……もしかして。

シンジ「……僕……ですか?」

高木「そう、君の中にある。そうとしか考えられない」

僕の中に誰かの魂が入ってるって言うの!?

……ちょっと気持ち悪いなぁ。

高木「『群』で存在するはずの人間。それがある程度であるとはいえ『個』に収束したということは……まあ君がATフィールドが使えてもおかしくないだろう」

高木「というわけで、君が第18使徒……リリン? としてある程度の力を振るえるのだと、私は予想したんだよ」

高木「故に、S2機関を持つであろう君のDNAが研究されると……マズイかもしれないね」

シンジ「……魂が僕に入っている理由とかは無いんですか?」

高木「私はなんでも知ってるわけじゃないからね……それに、君の中にある魂が誰のものかもわからない。まだまだブラックボックスが多いんだよ」

シンジ「いえ、ありがとうございました」

高木「ははは、予想が間違ってたらごめんね? ……そういえば、ATフィールドは普通に使えるのかい?」

シンジ「ええと……エヴァに乗ってる時と同じようにイメージしてみたんですけど……展開はしませんでした」

高木「ほほう、なるほどね……」

……高木さん、その振り上げた右腕は「えいっ」パフィィィン

高木「おおっ、本当にATフィールドが展開されたじゃないか!!」

シンジ「いやいやそれを確認するために僕に殴りかかろうとするってのはどういうことなんですか」
96 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 23:31:10.55 ID:mYuDeDQZ0
高木「ま、まあいいじゃないか。ほら、スナイパーに撃たれても多分自動展開するから安全だし」

シンジ「まずスナイパーに撃たれることなんてありませんよ」

高木「……よし、早速仕事に戻りたまえ」

高木さん、誤魔化したね……。

シンジ「はあ……わかりましたよ。仕事してきます」

高木「うむ、時間を取らせてしまってすまなかったね」

シンジ「では、失礼します」ガチャ

ニーチャンニーチャン、ナンノハナシシテタノー?

高木(……さて。水瀬がどう動くか、だな)

高木(伊織君を悲しませることにならないようにしてもらわないと困るのだが……)

高木(……いざという時は私が動かなければならないかもしれないな)

高木(もう私はいい歳なんだがねぇ……)
97 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 23:38:41.63 ID:mYuDeDQZ0
僕は使徒。

でも第18使徒の人間。

でも使徒。

人間って何なのかな。

使徒なのかな。

使徒って何なのかな。

人間の仲間じゃないのかな。

……僕は何なのかな。

人間? 使徒?

いや、厳密に言えば使徒だ。

でもそれは大した問題じゃない。

……僕はここに居ていいのかな。

僕はみんなに必要とされてるのかな。

……人の心がわからないって怖いね。

アスカがボロボロにされたあの宇宙に居た鳥みたいな使徒なら人の心がわかるのかな。

……あれ? 確かあの使徒は精神崩壊を進める使徒じゃ……。

……なんで人の心がわかるって思ったんだろう、僕。

真「プロデューサー、行かないんですか?」

シンジ「ああ、ごめん。ボーッとしてたよ」

……ま、いっか。

今はプロデュースに専念しよう。

少なくともプロデュースができれば居場所があるから……。
98 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 23:39:49.67 ID:mYuDeDQZ0








第2話『ヒトとシト、及び偶像』







99 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 23:40:36.14 ID:mYuDeDQZ0
では、今日は終わりです

ちょっとスランプ気味かなぁ……
セリフが多くなってきてる
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/10/12(日) 23:41:58.28 ID:9RPQlwFr0
101 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/12(日) 23:46:59.94 ID:mYuDeDQZ0
>>98 訂正







第2話『ヒトとシト、及び偶像』、完







102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/13(月) 00:29:22.80 ID:mWxuxtepo
おつ
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/13(月) 05:38:38.47 ID:HCpLMa4qO

今時珍しい逆行スパシンクロスだし応援してる
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/13(月) 05:56:39.88 ID:b5p5Gj8AO
性格が普通のシンジ君ならスパシンでも良いんだけど、あまり変わらないで欲しいな
とりあえず乙です
105 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 22:09:38.07 ID:DdhSxEvz0
書き溜めがちょっとしか書けてなくて絶望してるけど投下

シンジの性格、喋り方は掴みにくいので……間違っていたらごめんなさい
106 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 22:10:12.58 ID:DdhSxEvz0
書き溜めがちょっとしか書けてなくて絶望してるけど投下

シンジの性格、喋り方は掴みにくいので……間違っていたらごめんなさい
107 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 22:10:51.87 ID:DdhSxEvz0








第3話『降郷村の夏祭り』







108 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 22:12:06.66 ID:DdhSxEvz0
僕の朝は早い。

朝5時に起きて、まずはシャワーを浴びる。

正直面倒なんだけど特に今は暑い夏だし、人と接する仕事だから清潔にしておかないといけないからね。

まあ3ヶ月もこの生活をしてきたからもう慣れたよ。

シャワーが終わると、食パンを焼きながら目玉焼きを作る。

もちろん目玉焼きは半熟。

それをトーストの上に乗せるとすぐに食べられるから重宝しているよ。

ははは、ラピュタを見たら食べたくなるよね、これ。

椅子に座ると、テレビでニュースをチェックしながら、目玉焼きを乗せたトーストを食べる。

食べ終わると、僕は弁当を作り始める。

まあ……ほとんどおにぎりだけなんだけどね?

美希と他のみんなも一緒に食べるから20個程握っていく。

いつも昼は僕と美希だけで食べるんだけど……夕方ごろの軽食としてみんなにも配るから多めに作るんだ。

おかずが欲しい人は各自用意してもらうけどね。

美希は……たまにコンビニで買って来たいちごババロアと僕が作ったシャケのおにぎりを一緒に食べ始めるから恐ろしいけど……。

大きなタッパーにおにぎりを丁寧に並べて蓋をする。

いつもはそれをカバンに詰めて書類を確認すれば準備完了なんだけど……今日は違うよ。
109 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 22:12:56.62 ID:DdhSxEvz0
今日は昼から電車で結構遠い降郷村まで行く予定。

僕はまだ教習所に免許を取りに行ってる途中だから運転できないし、律子さん1人で運転するのは負担が大きいから仕方なく電車で行くことした。

それから、向こうに着いたら今回ライブをさせてもらう降郷村の夏祭りの準備を手伝うんだ。

まあ向こうに着くのは夜だから実際に準備をするのは明日からなんだけどね……。

遠いところだし、泊まりになるから忘れ物があったら致命的。

だから僕は念入りに荷物の確認をしないと。

一応昨日の夜も確認したんだけどね。

下着類、カッターシャツ、パーカー、長袖のワイシャツ、Tシャツ……その他諸々。

……後はスポーツドリンクと保冷剤をクーラーボックスに詰めて……これ、どうしようかな。

一応アイドルたちの下着類が汚れたらいけないから恥を忍んでフリーサイズの下着を買っておいたんだけど……ま、一応持って行っておこうか。

練習着も何着か詰めたし……よし、準備完了だね。

荷物のことを考慮して、高木さんがマンションの前まで車で迎えに来てくれるらしいからしばらくティータイム。

今回のライブイベント、無事に成功できたらいいなぁ……。
110 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 22:13:48.79 ID:DdhSxEvz0
春香「プロデューサーさん!! 山ですよ山!!」

真「わぁ……随分と深いところまで電車が通ってるんだね……」

シンジ「ははは、確かに東京では見れない光景かもね」

雪歩「綺麗……」

伊織「ふ、フン! これぐらいなら私有地で……」

あずさ「伊織ちゃん、わざわざ張り合わなくてもいいのよ?」

亜美「……ね→兄ちゃ→ん……まだ着かないの→?」

真美「真美たちもう3時間は乗ってるよ→?」

律子「午後3時発の午後6時着だからもうちょっと我慢しなさい」

美希「Zzz……」

響「……美希を見てたら自分も眠くなってきたぞ」

最近はウケがいい美希と千早に頑張ってもらってたからなあ……。

……僕にもっとプロデュースする力があれば他のみんなの仕事も増やせるんだけど。

貴音「お腹が空きました……」

シンジ「おにぎりがまだあるけど……食べる?」

貴音「もちろんでございます!!」

やよい「うっうー!! 私もひとついただきますー!!」

千早「……私も、ひとついいですか?」

シンジ「うん! 全然いいよ!」

>次は○○駅、○○駅です。

律子「もう着くから荷物の準備しときなさいよー!」

亜美「やっと着いたYO……」

……みんなはまだこの先の地獄を知らない。
111 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 22:14:34.73 ID:DdhSxEvz0
伊織「ね、ねえ……アンタ!! いつまで歩けば降郷村に着くのよ!!」

シンジ「うーん……後10分ぐらい?」

真美「こんな急な道を歩くことになるならキャリ→バッグじゃなくてリュックサックで来ればよかったYO……」

元々キャンプ目当てで車で来る人が多い村だからね……。

真「雪歩、大丈夫?」

雪歩「う、うん、大丈夫……」

律子「アイドルたる者スタミナが必要!! みんなシャキッとしなさいシャキッと!!」

「「「「「はーい……」」」」」

みんなはキツイだろうなあ……。

僕の荷物もかなり重いけど、疲れないっていうのが効いてるかも。

スポーツドリンクと保冷剤でパンパンのクーラーボックスと荷物がぎゅうぎゅう詰めのボストンバッグ、それに夕飯に使う大量の食材。

……僕、使徒でよかったかも。

僕が疲れないって知ってる社長はともかく、みんなは僕の荷物を見てギョッとしてたけどね。
112 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 22:16:03.75 ID:DdhSxEvz0
これからちょっと用事があるからこれだけ

たった5レスですいません……
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/13(月) 22:23:01.98 ID:Pu9qd6CXo
乙ーん
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/13(月) 22:38:40.16 ID:pupX+5SnO

シンジみたいに細い奴が荷物まみれで田舎道歩いてたら二度見するわな
下手するとイジメに見えそうだ
115 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 23:07:04.17 ID:DdhSxEvz0
予想以上に早く終わったから寝るまで投下

多分そんなに書けないと思う
116 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 23:07:51.13 ID:DdhSxEvz0
亜美「やっと着いた→……」

真美「もう眠たいYO……」

やよい「お腹空いちゃいましたー……」

伊織「……アンタたち、これから夕食なのよ」

亜美「だって夕飯なのに外に集合っしょ→?」

真美「イノシシとか狩りに行かないといけないパタ→ンかもよ……」

やよい「うっうー……山菜ならおばあちゃんが採り方を教えてくれましたけど……」

伊織「……早く行くわよ」

亜美「やだやだこのいい匂いがする畳の上で寝たい→!!」

真美「……亜美、行くよ」

亜美「真美隊員……私を裏切るというのか!?」

真美「真美もお腹空いたの→!!!!」ズルズル

亜美「あ〜れ〜……」ズルズル

伊織「……やよい、私たちも行きましょ」

やよい「はい!!」
117 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 23:15:22.35 ID:DdhSxEvz0
美希「Zzz……」

響「……美希、寝ちゃってるぞ」

春香「うーん……これから夜ご飯なんだけど……」

貴音「……プロデューサーの持っていた食材と外に集合という点から考慮すれば……ずばり! 今日の夕餉はばぁべきゅぅでしょう!!」

春香「バーベキューかー……溢れる肉汁」

美希「…………」ビクッ

響「確かおにぎりも残ってたはずだから……それを肉汁と混ざったタレに漬けて焼けば」

美希「早速食べに行くのー!!」ダダダダダダダ

貴音「……面妖な」ダダダダダダダ

春香「あはは、貴音さんも付いて行くんだね……」

響「なんだかいつも通りで安心したぞ!!」
118 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 23:25:09.83 ID:DdhSxEvz0
雪歩「うわぁ……畳だよ真ちゃん!!」

真「ははは、雪歩の家も畳じゃないか」

雪歩「それにこれ!! この備え付けのお茶っ葉高いやつだよ!!」

真「わ、わかった、わかったから落ち着こうよ雪歩、ね?」

千早「萩原さん、いつもより楽しそうね……」

雪歩「えへへ、お友達とお泊まりなんて滅多にできないから……今日はすっごく楽しみにしてきたんだよ?」

真「まあ確かにそんな機会は滅多に無いよねぇ……」

千早(それよりこの壁……照明のスイッチがぽつんと……くっ)

雪歩(千早ちゃん、また壁見て暗くなってる……)

真(……ボクも千早と1cmしか変わらないんだけどな)
119 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 23:29:13.53 ID:DdhSxEvz0
律子「……なんでこんな部屋割りなんでしょうか」

あずさ「あらあら〜……襲っちゃメッ! ですよ〜?」

シンジ「お、襲ったりしませんから!!」

もう……なんであずささんはそんなことを言うんだろ。

律子「はあ……ま、大人組ってことで社長がまとめたんですかね」

あずさ「そうですね〜……」

シンジ「……とりあえず夜ご飯にしましょうか」

律子「ええ、早速食材の下拵えをしましょうか」

シンジ「あ、もうしてありますんで後は持って行くだけでいいですよ?」

律子「……流石碇プロデューサー。現地での手間を省くためにご自宅で下拵えをしてくるなんて……」

あずさ「恐ろしい子!」

それは古いって言ったらあずささんに怒られるんだろうなあ……。
120 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/13(月) 23:31:25.49 ID:DdhSxEvz0
オレ、ネムイ、ネル

……次からちゃんと書き溜めてきます

長期間書き溜めるより短期間で小出しする方がいいですよね?
というよりは僕自身がその方法に慣れてるので楽なんですけども
121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/13(月) 23:40:28.42 ID:8X19l/c70
1レスだけとかじゃなければそれでオーケーオーケー
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/13(月) 23:41:20.38 ID:fxnmEUPW0
読めれば満足です
年齢逆転おねショタ好きとしてはシンジとアイドルたちの関係さいこー
123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/14(火) 00:58:26.15 ID:d99lw6hOo
シンジ楽しそうで何より
124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/14(火) 01:39:10.09 ID:pceHezLWo
確かに短期間で小出しのほうが安心する
125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/14(火) 03:53:39.32 ID:23vwkqs9o
宿は民宿?
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/14(火) 03:54:31.65 ID:B/lE3yNZO

違和感ないくらい上手くシンジ書けてると思う、あと少しネガティブな感じがあるとより庵野シンジっぽいね
127 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 07:37:23.59 ID:PclKBaYY0
出かける前にレスしておきます

予想以上に好反応で何より

シンジに関しては微妙に修正を加えて行こうかなと

>>125 降郷村→キャンプ場で栄えている
というイメージなので、シンジたちはキャンプ場のログハウス……というよりは職員用の宿舎に泊まってる?
まあどちらでも構いません
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/14(火) 08:59:36.69 ID:81rNVNWqO
何度も死にかけてた上にサードインパクトまで経験したからか、
うじうじネガヘタレ要素薄まって個人的には適度に良い感じっすこのシンジくん
129 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 19:59:39.38 ID:le8rbUeJ0
>>128 それは何よりです

では、投下していきます
130 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 20:00:10.12 ID:le8rbUeJ0
やよい「こ、このお肉……とっても美味しいですー!!」

シンジ「ははは、ちょっと奮発してよかったよ」

奮発と言ってもそんなに高いわけじゃないけど。

……やよい、今度みんなで焼肉パーティーしようね。

千早「あの……プロデューサー、ビール買って来たんですけど」

シンジ「ああ、ええと……」

どうやって買ったんだろう……年齢確認とか無かったのかな?

っていうか僕ビール飲めないや……。

社長とか小鳥さんとかと飲みに行った時もお酒は控えてきたしね。

……ええい、ままよ!!

シンジ「じゃあ……一本貰おうかな」
131 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 20:00:45.82 ID:le8rbUeJ0
……使徒って便利だ。

ビールを飲んでも全く酔わないよ。

……でもなんとなく気持ち悪さは感じるけど。

今は夜の9時。

あずささんとりつ……秋月さんがお風呂の用意をしているから今は外に投げ出されているんだ。

……あれ? 貴音?

シンジ「どうしたの貴音? 散歩?」

貴音「ええ、まあ……」

シンジ「……そう」

……貴音はちょっと掴みにくいから苦手かなぁ……。

まあよくラーメンを一緒に食べに行く仲なんだけどね。

貴音「……あなた様」

シンジ「だからあなた様って……いや、いいか。どうしたの?」

貴音「……何か隠し事をなさっているのではございませんか?」

シンジ「……いや、そんなことは無いよ?」

……どこかでボロが出たのかな。
132 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 20:05:10.28 ID:le8rbUeJ0
貴音「おかしいですね……あなた様の中に複数の気配を感じるのですが」

シンジ「……何を言ってるのかわからないよ?」

……背中に嫌な汗が滲んで不快だ。

シンジ「大体、気配なんてあるわけ無いじゃないか」

貴音「いいえ、確かに私は先ほど述べましたようにあなた様から複数の気配を感じ取っております」

ありえない……ありえないよ、そんなこと……。

もしかして……貴音も使徒か何か?

シンジ「そんなの気のせいだよ。僕はここに居るじゃないか、たった1人でさ」

貴音「……あなた様は嘘吐きでございます。私が気付かないとでもお思いでしたか?」

シンジ「……今日はおかしいよ、貴音」

嘘だ……嘘だよそんなの。

なんで……なんでそんなことがわかるのさ!!

ダメだ、ダメだよ僕。

ここで化け物だってバレたらみんなに捨てられて……!

貴音「あなた……様?」

シンジ「い、あ……や、やめて……!」

貴音「どうして? どうしてでございますか?」

シンジ「ひ、……あぁ」
133 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 20:17:09.84 ID:le8rbUeJ0
やめてよ……。

僕に触ろうとしないでよ!!

きっと今君に触られたら……僕は君を拒絶してしまう。

だから……その手を引っ込めてよ……。

貴音「何を怖がっているのですか?」

今すぐ逃げ出したい。

使徒だってバレたくない。

今この生活を捨てたくない。

だから……。

だからやめてよ……!

貴音「あなた様、顔面蒼白でございますよ?」

シンジ「…………」

貴音「……ほら、汗を」

シンジ「……うわあああああああああああああああああ!!!!」パフィィィィン

貴音「っ……!?」バチッ
134 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 20:25:17.91 ID:le8rbUeJ0
ああ……やっちゃった。

僕、やっちゃったよ。

貴音に対してATフィールドを展開してしまった。

貴音がすごい目で僕を見てるよ。

……これで僕もおしまいか。

僕は使徒だ。

……決して貴音たちと共存できるような生き物じゃない。

……ほら、まだATフィールドが展開されてる。

……僕は貴音を完全に拒絶してしまったんだ。

貴音「……あなた様……っ!!」グググググググ

シンジ「……何やってるのさ」

貴音は僕のATフィールドに両手を当てている。

貴音「きっとこの壁はあなた様の心の壁……」グググググググ

シンジ「……そうだよ。僕は君を拒絶しているんだ」

貴音「何故……!」グググググググ

シンジ「……僕がもう人間じゃないって君にバレてしまったからだよ。だから僕はみんなと一緒に居られない」

貴音「そんなことは……ありません!!」グググググググ

シンジ「……それこそ何故、だよ」

なんで……貴音はまだ僕を見つめているのさ。
135 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 20:35:52.32 ID:le8rbUeJ0
シンジ「僕は使徒だ。人間じゃない」

貴音「シト、というものが何かは存じませんがプロデューサーはプロデューサーでございます」グググググググ

シンジ「それはただの屁理屈だよ」

貴音「あなた様がシトだとしても私には人間にしか見えません。だから私はあなたをプロデューサーだと認識しております」グググググググ

シンジ「……僕は疲れない。老けない。僕には半永久的なエネルギーがあるんだ」

貴音「それはただの勘違い。本当はスタミナが一般人に比べて多いだけでございます」グググググググ

シンジ「こんな壁だって展開できるんだ」

貴音「ならば人間の私が破ってみせましょう」グググググググ

シンジ「……なんでまだ諦めてくれないの?」

貴音「それはあなた様が765プロ……いえ、私にとっての重要な人物だからです」

シンジ「……嘘だ」

シンジ「僕が重要なんてありえないよ!! そんなの信じられるわけないでしょ!?」

どうせ貴音だって……心の中では僕を軽蔑してるんだ。
136 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 20:49:40.53 ID:le8rbUeJ0
貴音「……自称シトのあなた様が765プロにもたらしたもの。それは何かご存知ですか?」グググググググ

シンジ「……そんなものなんて無いよ」

貴音「まずはアイドルとしての仕事」グググググググ

シンジ「……それは僕じゃなくてもできるよ」

貴音「笑顔」グググググググ

シンジ「僕が居なくてもみんなは笑ってるじゃないか」

貴音「団結」グググググググ

シンジ「……もうやめてよ」

貴音「……私の初恋」グググ

シンジ「もう僕に構わないで……え?」シュイン

貴音「……やっと解いてくださりましたね、プロデューサー」ダキッ

シンジ「たか……ね……」

……ダメ……だよ……僕に抱きついたら……。

貴音「……ええ、わかっておりますよ」
137 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 21:02:15.68 ID:le8rbUeJ0
貴音「私がとっぷあいどるを目指す限り、決して叶う恋ではありません。プロデューサーとアイドルの関係なのですから」

シンジ「…………」

貴音「ですが……片想いなら、片想いならば何も問題はございません」

シンジ「…………ごめん、でも僕は」

貴音「例え!! 例えあなた様が人外であろうと、化け物じみた力を持とうと、私の恋心はなんら揺るぎません」

貴音「私は……あなたの皆に対してひた向きなところに惹かれましたから。ですから、765プロ、いや、私に背を向けるようなことは……決してして欲しくはありません」

……僕は……僕は。

どうすれば……いいんだろう。

貴音「……先程のことは私とあなた様の秘密でございます。ですから……早く皆のところへ戻りましょう」

……僕は甘えていいのかな。

僕はこんなダメ人間……いや、ダメ使徒なのにみんなと居ていいのかな。

貴音「……ほら、今度は汗でなく涙も流れていますよ」

シンジ「……はは」

……この前も泣かないって決めたのにね。

貴音「……今はいいのです。私の恋心も、プロデューサーとしての役目も、人間じゃないのだということも。全て忘れてしまえばいいのです」

貴音「……今は思う存分甘えてくだされば……私としても、満足でございます」

シンジ「……ありがとう」

……そして……ごめんね、貴音。
138 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 21:03:43.06 ID:le8rbUeJ0
多分また書きに来るけど一旦休憩

ごはん食べてきます































お姫ちんの髪と豊満な胸に顔埋めてスンスンしたい!!!!
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/14(火) 21:11:31.31 ID:OdWCUOMAO
乙、
銀髪と赤い眼の貴音は最後のシ者の彼を連想させますなぁ
140 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 21:13:26.42 ID:le8rbUeJ0
読み返したらテンポ早すぎて死にたい

シンジがチョロイン化してるじゃないか……
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/14(火) 21:13:41.30 ID:5SJa4RjAO
無理矢理暴いて怯えたのを優しく宥めて、なつかせて……


ヤクザもんの手口じゃないか
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/14(火) 21:20:28.81 ID:v8Wka9FLo
シンジは男にも靡く超絶チョロインじゃないか
143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/14(火) 21:26:04.99 ID:IfMOpwx70
貴音さんマジ策士、いやぁ、シンジ君が何故謝ったのか意味深っぽいですなぁ
144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/14(火) 22:09:47.26 ID:qWTQnYBU0
銃弾も防ぐATフィールドをお姫ちんが素手で破るのかとヒヤヒヤしたぜ
145 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 22:50:22.69 ID:le8rbUeJ0
真「それー!!」バシャッ

雪歩「キャッ……もう真ちゃん!!」

……なんで僕はこんなところに来てしまったんだろう。

というか貴音に連れてこられてしまったんだろう。

シンジ「……秋月さん」

律子「……ええ、碇プロデューサーの仰りたいことはわかってます」

千早「……何故わざわざうちのためにプールを貸してくださったんでしょうか。水を入れ替えるのにもお金がかかるのに……」

……しかも学校にあるような巨大なプールだ。

律子「これもギャラのうち、だそうよ」

職員「ははは、気に入っていただけましたか?」

律子「わざわざここまでしていただいて……本当にありがとうございます!!」

あ、部屋まで案内してくれた職員さん……ってその右手の海パンは……。

職員「ああ、女の子たちにはうちの水着を貸し出したんですけど……そういえば男の子……いや、男性のプロデューサーが1人居たな、と思い出しましてね。これ、使ってください」

シンジ「ああ、ありがとうございます……」

職員(……さっきのアレ、いいモノ見せてもらいましたよ?)

げっ……まさかATフィールドを。

職員(プロデューサーとアイドルの禁断の恋愛に乾杯!! ってわけで今回はサービスですからね)

ほっ……ATフィールドは見られてなかったか。

シンジ(……忘れてください)

職員(わかってますって♪ ……彼女さん、大事にしてくださいね?)

シンジ(彼女じゃないですから!!)
146 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 22:59:36.44 ID:le8rbUeJ0
律子「はいはいあんたたちー!! もうすぐ10時だからお風呂入りに行くわよー!!」

えっ!?

亜美「え→!? まだ15分しか遊んでないYO!!」

春香「プロデューサーさんと貴音さんに至っては足も浸けていませんよ!?」

貴音「……せっかくすく水なるものに着替えて参りましたのに」

シンジ「たっ、貴音!?」

何それエロい。

真美「あ→!! シンちゃんがお姫ちんみてコ→フンしてる→!!」

響「……変態だぞ」

シンジ「あーもううるさい!! 早くお風呂入りに行こうよ!!」

律子「プールなら明日もう1泊するんだからまた明日入ればいいじゃない」

律子「…………リハも本番もセットの準備もちゃんとできたらの話だけど」

秋月さん、顔怖いです。

……後あずささん、見えてますからそんなに胸を持ち上げないでください。
147 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 23:06:02.37 ID:le8rbUeJ0
シンジ「あー……疲れた」

ハム蔵「ヂュイ……」

ここは温泉……と言えば温泉かな。

ただもう遅いから僕1人の貸切状態だけど。

シンジ「ハム蔵、次は露天風呂に行く?」

ハム蔵「ヂュイ(行く)!!」

ええと……手を挙げたから行くってことでいいのかな?

まあいいや、早速行ってみよう。
148 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 23:12:26.43 ID:le8rbUeJ0
亜美『喰らえミキミキ→!!』

美希『わぶっ!! ……よくもやってくれたのー!!』ビチャッ

やよい『あ、亜美!! 濡れタオルを美希さんの顔に投げつけたらダメですよー!!』

真美『へへっ、やよいっちも喰らえー!! ……え?』

律子『……真美、アンタ』ビチャッ

亜美『ひ、ひびきん!! りっちゃんの顔のタオルを急いでどっかに投げて!!』

響『わ、わかったぞ!!』ポーイ

あずさ『あ、あらあら〜……男湯の方に行っちゃいましたね〜』

シンジ「」ビチャッ

……濡れタオルって痛い。

痛いよ響……。
149 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 23:24:03.61 ID:le8rbUeJ0
シンジ「投げ返すよー!!」

響『うぅ……ごめんなさいプロデューサー……』

シンジ「いいっていいって……それっ!!」ポーイ

ベチーン

あ、あれ?

誰かにヒットしちゃった!?

亜美『お、お姫ちんのお尻ちんにクリティカルヒットしたよ兄ちゃん!!』

真美『赤くなっててちょっとエロいよシンちゃん!!』

貴音『……あなた様、そのようなぷれいをご所望……』

シンジ「ご、ごめん貴音!! 後双海姉妹は静かにして!!」

うわー……色々とやっちゃったよ。
150 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 23:27:35.56 ID:le8rbUeJ0
真『……そういえば貴音のお尻って大きいよね〜』

貴音のお尻……。

春香『胸も大きいし……』

貴音の胸……。

千早『……くっ』

まな板……。

雪歩『え、ええと……ボン! キュッ! ボン! ですよねぇー……』

美希『確かにそのボディはズルいの……』

貴音『……そうでしょうか?』

あずさ『うふふ、そうよ。ね? プロデューサーさん?』

シンジ「と、唐突にそんなこと聞かないでくださいよ!!」

……さっき僕の胸に貴音の胸が……こう……密着?

………………………………思い出したら膨張してしまった。

ハム蔵「ヂュイ……」

ハム蔵……。

ちょうど君の顔の位置にあってゴメンね?
151 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/14(火) 23:29:32.81 ID:le8rbUeJ0
今日はここで終了です

スランプが終わらない……テンポが早い……
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/14(火) 23:55:08.27 ID:d99lw6hOo
ハム蔵…
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/15(水) 00:39:27.72 ID:b0P9HUHj0
よしハム蔵、その目の前のものは思い切り噛んでいいやつだ
噛んでしまえ
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/15(水) 00:57:41.51 ID:JgwCqTneO
こないだまで中学生だった男の子に対してそれは酷い仕打ちではないか
155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/15(水) 04:23:26.53 ID:s4tkFkP9O
>>128
サードインパクト経験してもアスカの首締めるくらいネガなのは変わってないよ
だからここのシンジはほんの少し貞本シンジに近づいてる気がする

もちろん嫌いじゃないけどね、いちおつです
156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/15(水) 04:56:54.19 ID:XRHSCff2o
>>127
少年自然の家とか青少年自然の家とかがぴったりなイメージですね。
うちの地元はこれの隣が市民プールだし
157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/15(水) 12:28:30.39 ID:S92WsOWn0
真『……そういえば貴音のお尻って大きいよね〜』

貴音のお尻……。

春香『胸も大きいし……』

貴音の胸……。

千早『……くっ』

まな板……。


おいw
158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/15(水) 17:23:54.77 ID:+DrDL4s3O
skgz
159 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/15(水) 22:43:46.58 ID:Wd4ZT59e0
投下始めます

シンジはこれ以上ネガティブにしても何かと面倒なのでこのまま行きます
160 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/15(水) 22:44:24.29 ID:Wd4ZT59e0
律子「襲ったら通報ですからね!! おやすみなさい!!」

あずさ「おやすみなさーい」

シンジ「わかってますって……おやすみ」

そう、今の僕は性欲を超えた存在なんだ。

……というのは冗談で、非常にドキドキしている。

僕が左端で秋月さんが真ん中、あずささんが右端。

……布団がくっついてるから少なくとも嫌われてないか。

律子「……碇プロデューサー。……何か隠してますよね、あなたは」

あずさ「…………」

……なんでみんなはそんなに鋭いの?

さっき貴音と一悶着あったところじゃないか……。

シンジ「何を言ってるんですか?」

律子「老けないし酔わない。それにあの大荷物を汗もかかないで運び切って……明らかに常人ではありえませんけど」

確かに我ながら異常だ。

……まあ……僕が使徒だからじゃないかな。

シンジ「体質としか言えませんけど……」

律子「……そうですか」
161 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/15(水) 22:44:55.40 ID:Wd4ZT59e0
律子「……碇プロデューサー、無理をなさらなくても構わないんですよ?」

僕が……無理?

あずさ「だってプロデューサーさん、いつも何かに追われてるような顔をしてるんですよ?」

げっ、そんな顔してたかな……。

シンジ「……そうですか?」

律子「ええそうです。いつも美希とみんなの分のおにぎりを作って、それでアイドル全員分の営業もやって……書類もきちんと完成させてくる。私だったら持ちませんよそんな生活」

あずさ「だから……たまにはゆっくり休んでください。明日は私たちで準備しますから」

シンジ「……嫌ですよ」

律子「何故ですか!? いつも頑張ってくださってるんだから明日1日ぐらい甘えてくださっても……」

甘える……か。

なんでみんな貴音みたいなことを言うんだ。

……なんでみんなはこんなにも優しいんだ。

シンジ「……僕は、誰かに頼られたいんですよ」

あずさ「いつも頼らせてもらっていますけど……」

シンジ「いえ、正直に言いましょう」

シンジ「僕は僕の居場所が欲しいんですよ」
162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/15(水) 22:45:58.65 ID:XPLFD+yTO
別にこのシンジネガティブじゃないだろ
そして面白いから期待
163 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/15(水) 23:03:18.88 ID:Wd4ZT59e0
そう、これが僕の本心だ。

シンジ「僕は……常に誰かから存在を求められたい」

唯一貴音に吐き出した僕の想いだ。

シンジ「1人ぼっちになりたくない」

みんながL.C.L.になってアスカからも拒絶された孤独の赤い世界。

シンジ「裏切られたくない、失望されたくない」

……僕の周りの人間はみんな勝手に消えて行った。

いや、僕が消した。

シンジ「……だから、僕はみんなの期待を裏切らないように頑張っているんです」

律子「……やっぱり追い詰められてるじゃないですか」

……そうかな。

あずさ「……私たちはプロデューサーさんを裏切ったり、失望したりしません」

律子「そうですよ。頑張っていらっしゃるんですから、失望なんてするわけがありません。むしろ私の方がダメダメですよ」

秋月さんもなんだかんだで仕事はこなすじゃないですか。

あずさ「プロデューサーさんは765プロに来てから一度も失敗したことがありませんけど、例え失敗しても誰も失望したりしませんよ?」

……人との繋がりなんて直ぐに消えてしまう儚いモノなのに。

みんなはどうしてそれが続くなんて信じられるの?
164 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/15(水) 23:29:57.44 ID:Wd4ZT59e0
律子「でもまあ……辛かったら私を頼ってくださいね?」

シンジ「……なんか病んでるみたいですいません」

あずさ「うふふ、いいんですよ病んでても」

…………?

あずさ「他人に存在を認められたい。他人にどう思われているかわからなくて怖い。それは人間誰しもが感じることなんです」

あずさ「プロデューサーさんは……その気持ちが人より強いんですよきっと。それは過去に人間関係にトラウマがあったとか、何がショックを受けたとか……そんなことがあったから怖いんだと思います」

確かにトラウマ……だよね。

あずさ「でも、今は今。うちのアイドルのみんないい子たちばかりだから……ゆっくりでも構いません。少しずつ、その恐怖心を解消させていきましょう」

あずさ「うふふ、ちょっと偉そうでごめんなさいね〜?」

シンジ「……いえ、こちらこそごめんなさい。僕のことをそんなに気にかけてくれるなんて……」

律子「……気付いていらっしゃらないとは思いますけど、碇プロデューサーは765プロのみんなだけでなく、今や芸能界でもそこそこ人気なんですよ?」

え!?

律子「敏腕中学生プロデューサー!! ……らしいですよ。今は仕事はあまり多くないですけど、そこそこ有名なアーティストさんやディレクターさんに目を付けられてるようで」

うぅ……僕だって身長的な意味で成長したいよ……。

……ま、僕の頑張りが認められてきたってことで素直に喜んでいいのかな。

あずさ「……よし、明日も頑張りましょうね?」

シンジ「はい、もちろんです!!」

律子「じゃあ、2回目ですけどおやすみなさい」

……ふふ、嬉しいな。

僕が本当に好かれているのかはわからないけど、誰かとこんな風に過ごせるのは……幸せで、暖かいな。

シンジ「……おやすみなさい」

あずさ「ええ、おやすみなさい」

……ところでこのシチュエーションってケンスケから借りた漫画に描いて……いや、気のせいだよ、うん。

……明日が楽しみだな。
165 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/15(水) 23:35:10.07 ID:Wd4ZT59e0
真美(ちょっと亜美!! 大した展開も無しにりっちゃんたちが寝ちゃったジャン!!)コソコソ

亜美(あれ→? 亜美の計算によると兄ちゃんたち3人で乱れまくってエロ同人みたいなエロエロ展開と思ってたのに→……)コソコソ

伊織「……ばっかみたい」

やよい「うぅ……暗くて怖いですー……」

律子「……何してるのかしらそこの4人……?」

「「「「お、お化けええええええ!!!!」」」」

律子「誰がお化けじゃい!!!!」

何やってんのさ4人とも……。
166 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/15(水) 23:36:26.70 ID:Wd4ZT59e0
キリがいいから今日はここで終わり

説教ばかりで申し訳ない
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/15(水) 23:48:04.07 ID:Mquo93tYO

冬月先生曰く綾波に似てて、監督曰くアスカに似てる超美形がシンジ君だからね
芸能界に目をつけられても仕方ない
168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/10/15(水) 23:55:55.48 ID:b6Qq3GRy0
169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/16(木) 08:07:39.01 ID:Vsy9fF0OO
本質は何も変わってないかもしれんけど、
エヴァ乗る事も無いしネルフのクソ大人共もいないから前向きになれてんだろうな
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/16(木) 10:44:53.34 ID:EXOYhNVz0
母親似の美形のシンちゃん。ゲームの育成計画では女装させられて冬月がユイくぅ〜んと暴走

チェロも出来て料理上手で女子力高く、中の人は歌も上手い

この世界じゃシンちゃんは自由だけど、使徒に関わる運命からは逃れられるかどうか
171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/16(木) 11:11:52.98 ID:ZgpJL5q0O
ホモが多い業界らしいからなぁ…
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/16(木) 12:14:17.10 ID:qH03zkjJO
女っぽすぎて逆にガチな方々からは敬遠されるんじゃなかろうか
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/16(木) 12:25:46.92 ID:1Ntkh2avO
カヲル君はホモってわけじゃなくてヒトとして、冬月先生はユイの面影をみてなわけだし
別に完全なホモウケってわけでもないしな
174 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/16(木) 22:48:37.02 ID:qVlwLcRH0
ごめんなさい、今日は投下なしです
175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/16(木) 22:49:32.80 ID:QqeAAhDAO
気にせず自分のペースでええんやで
176 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/17(金) 18:23:29.64 ID:82kYZ8Gf0
一日最低1レスとかになったら流石にまずいですか?

忙しい&展開がなかなか思いつかない&スランプ

で全く筆が進まないんです……
177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2014/10/17(金) 19:06:37.60 ID:8ZtShqs5O
>>176
スランプなどは気にせず自分のペースで投下すればいいよ
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/17(金) 20:19:13.13 ID:qN9ugiqpo
書こう書こうと思うとかえって書けないもんだしな
のんびりやったらええ
179 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/17(金) 20:41:53.28 ID:ULtrkaW60
じゃあ一日置きじゃなく不定期更新にさせてもらいます……

大体10レス分書けたら投下、みたいな形で
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/17(金) 21:42:02.29 ID:7JddX9p1O
やりたいようにやればええ
待ってるから
181 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/18(土) 16:20:47.73 ID:ZZB9FANk0
数レスだけだけど書けたので投下
182 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/18(土) 16:21:13.59 ID:ZZB9FANk0
シンジ「ふわあぁ……」

あふぅ、なんてね。

今何時だろう……朝の5時?

いつもの起床時間ぐらいか……。

食堂の厨房で朝食の支度の手伝いでもしようかな……ん?

誰かの声が聞こえる……。

シンジ「こんな朝から発声練習?」

千早「あっ、プロデューサー、おはようございます!」

シンジ「うん、おはよう」

やっぱり千早だったのか。

千早「発声練習が終わったら走りに行こうかと思ってたところなんですけど……一緒に走りますか?」

シンジ「いいよ、じゃあ行こうか」

……僕はいくら走っても疲れないからそんなに意味があるとは思えないけどね。
183 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/18(土) 16:21:51.53 ID:ZZB9FANk0
シンジ「最近はどう? 千早と美希の仕事が増えてるけど……大変?」

千早「ええ、大変ですよ?」

……やっぱり2人に頼り過ぎかな……。

千早「でも幸せです。だって歌の仕事がドンドン入ってくるんですから」

シンジ「でも……歌だけじゃなくてバラエティもあるよね?」

まあバラエティも入れてるのは僕なんだけどね……。

千早「確かにバラエティは苦手ですけど……でも、最近はようやく慣れてきました」

シンジ「……そっか」

千早も成長したんだね……。

シンジ「千早が頑張ってるんだから、僕もみんなに仕事を持ってこないとね?」

千早「その仕事が今日のライブじゃないんですか?」

はは、そうだったね。
184 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/18(土) 16:22:45.82 ID:ZZB9FANk0
千早「……そういえば、最近気になることがあるんです」

シンジ「どうしたの?」

まさか千早も僕のこと……。

千早「この前初めて961プロのジュピターと共演したんですけど……なんだか疑うような感じの視線を向けられてたんです」

シンジ「へえ、ジュピターが……あっ!!」

千早「どうかしましたか?」

完全に冬馬君にメールするの忘れてた……。

向こうの社長は765プロを敵視してるようだし、メールのことを指摘しようにもプロデュースしてくれてる黒井社長の前ではなかなか僕に会えなかったんだろうなあ……失敗した。

3ヶ月も経ってるし……怒られるだろうなあ……。

……後でちゃんとした謝罪文を送っておこう。

シンジ「…………………うん、大丈夫だよ」
185 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/18(土) 16:23:23.17 ID:ZZB9FANk0
シンジ「ほら、こんな感じで……」ザクザクザクザク

千早「なるほど……」

今は千早と一緒に朝食の準備のお手伝い。

おばちゃん「へえ、あんた男なのに手際いいわね?」

シンジ「ははは、慣れてますから」

……あ、今指切っちゃった。

シンジ「じゃあ千早、失敗してもいいからキャベツを千切りにしてみなよ。僕ちょっと指切っちゃったから絆創膏貼ってくる」

千早「わかりました」シャキン

シンジ「刀じゃないんだからちゃんとキャベツに手を添えて!! ……違う違う指は伸ばしちゃダメだよ。ニャンコの手にしないと」

千早「ニャンコの手?」ニャン

かわいい……じゃなくて。

シンジ「そう、そうしたらよっぽど不器用じゃない限り指を切ることが無いからね」

千早「わかりました」

千早は危ないなあ……。

確かポケットに絆創膏が……ってあれ?

確か左手の人差し指を切ったはずなんだけど……傷口が無い?

……きっと指を切ったって勘違いしちゃったんだな、僕。

何やってんだろ……。
186 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/18(土) 16:25:34.60 ID:ZZB9FANk0
プチシューを〜

たーべてもたーべても(筆が)すーすまーない〜♪

……また書き溜められたらそのうち投下しに来ます
187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/18(土) 16:29:58.81 ID:7buCjU3Wo
乙です
188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/19(日) 00:51:57.16 ID:Rm41bIB1o
ぬるま湯に漬かってるから終わりに向かえない訳だ
結を見越して書けや
189 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/19(日) 13:56:44.90 ID:HxKcWFEj0
第3話が書けたから投下
190 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/19(日) 13:57:24.30 ID:HxKcWFEj0
気づけばステージまで後20分だ。

亜美たちが違う衣装を持ってきたから私服で参加することになったけど……。

みんなは僕が思っている以上に早く仕事をこなしてくれた。

でもそれは早くプールに入りたいという団結から成るものだったけどね。

塩素臭くなったらどうするんだよ……とは思いつつもみんなの無邪気で楽しそうな笑顔を見てしまってはプールに入らせないわけにはいかない。

……下心が無かったとは言えないが、僕も少しだけプールに入った。

楽しかった。

あんなに純粋に楽しめたのはトウジたちとゲーセンに行った時だけだった。

やっぱり今の僕の居場所はここなんだと感じた。

……でも僕の存在に疑問が生じた。

貴音は僕が使徒だろうと受け止めてくれると言ってくれた。

でも結局は、僕が使徒だということがバレたら765プロから弾き出されるかもしれない。

みんなは優しいけれど、心の奥底なんて知りようがないから怖い。

……そして今の僕には危険要素がある。

水瀬財閥に髪の毛を渡してしまったことだ。
191 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/19(日) 13:58:02.38 ID:HxKcWFEj0
もしかしたらもう解析が済んでしまったかもしれない。

もしかしたらS2機関が作られてしまったかもしれない。

……もしかしたら僕が使徒だってことがバレてしまったかもしれない。

僕はいつだってそうだ。

僕はいつ爆発するかわからない爆弾を抱えて生きてきた。

でもその爆弾は、いつも僕の手の届かないところにあって、いつも僕を苦しめる。

人類補完計画、ダミープラグによるトウジの怪我、カヲル君……そして今回の僕の遺伝子の解析。

……最近毎日こんな感じのことを考えてる気がする。

全く、考えても意味ないのになあ……。

シンジ「雪歩、もうすぐステージだけど大丈夫?」

雪歩「は、はい!!」

真「雪歩、まだ足が震えてるよ?」

雪歩「あうぅ……」

シンジ「ごめんね……今回は美希たちに比べてまだあまり売れてない君たちの認知度を上げるステージだからさ……」

春香「そ、そうだったんですかぁ!?」

いや、そんなにオーバーなリアクションすることかな……。

シンジ「ま、観客席を見てくれたらわかると思うけど、今回成功したらかなり大きいと思うよ?」

雪歩「か、観客さんがいっぱい…………!? い、犬が居ます!!」

あ、しまった。

観客のおばあちゃんが犬を抱えてる……。

雪歩「い、犬はダメええぇぇぇ!!!!」

真「あっ、ちょっと雪歩!!」

シンジ「あはは、僕が追いかけてくるよ」

男の人には慣れたのに犬はまだダメなのか……。
192 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/19(日) 13:58:30.79 ID:HxKcWFEj0
シンジ「ゆーきーほー!」

雪歩「…………」ビクッ

なんだ、そんなところに居たんだ。

シンジ「……やっぱり怖い?」

雪歩「は、はい……」

シンジ「……そっか」

シンジ「あのわんちゃん可愛くなかった?」

雪歩「ええと……やっぱり怖さが優先されちゃって……」

シンジ「……うーん、残念だなぁ……」

雪歩「ご、ごめんなさい!!」

シンジ「いやいや謝らなくてもいいんだけどさ……」
193 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/19(日) 13:59:03.46 ID:HxKcWFEj0
シンジ「……僕もよく嫌なことから逃げちゃうんだけどさ」

雪歩「……ぷ、プロデューサーさんが?」

シンジ「うん、僕が」

シンジ「……でもさ、それで友達を失って、父さんたちも失って……いいことなんかなかった」

雪歩「…………」

シンジ「でも……僕は今こうして生きてる。幸せを享受してる」

シンジ「……嫌なことから逃げても案外なんとかなるよ。まあそりゃあ逃げないのが一番だけどね?」

シンジ「だからさ、雪歩」

シンジ「……さっき逃げちゃったから、もう一度立ち上がってみない?」

雪歩「立ち上がる……?」

シンジ「うん、立ち上がるんだよ」

シンジ「立ち上がって恥をかいても、失敗しかても大丈夫。僕だって仕事で失敗してもなんとかなってるんだからさ」

シンジ「それに……雪歩にはみんなが居る」

シンジ「雪歩が失敗しても、みんながフォローする。もちろん僕もフォローする。それでいいじゃないか」

シンジ「だから今からでもいい。頑張って今日のステージを最高のステージにしようよ!!」

雪歩「は、はい!!」

シンジ「うん、いい顔だ。ほら、早く二人のところに行ってきなよ。もう始まっちゃってるかもしれないよ?」

雪歩「わ、私、頑張ります!!」タッタッタッタッタッ

……また言いたいことだけ言っちゃったけど大丈夫かな。

ま、いっか。雪歩が前に進めたなら。
194 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/19(日) 13:59:54.78 ID:HxKcWFEj0
「「「ALRIGHT*!! 今日が笑えたら〜♪」」」

シンジ「……可愛いですね、そのわんちゃん」

おばあちゃん「あらあなたは……あの子たちのプロデューサーさん?」

シンジ「ええ、そうです」

おばあちゃん「みんな若いのに頑張るねぇ……あなたも随分若いように見えるけれど」

シンジ「あはは、よく言われます……」

そりゃあ僕14歳……いや、誕生日があったから15歳になったのか。

おばあちゃん「……あなた、あの子たちに何か引け目を感じているのかい?」

シンジ「…………ええ、少し」

おばあちゃん「ふーん……そうかい」

おばあちゃん「……ま、悩みすぎてもいけないよ? 人との繋がり、関係なんてロジックじゃないからね。考えるだけ無駄さ」

シンジ「ロジック……じゃない、ですか」

おばあちゃん「そうだよ。私の夫なんて母さんと親子丼「ちょ、ちょっと何を!?」……いや、気にしないでおくれ」

おばあちゃん「とにかく、今のあの子たちとの関係は大事にしなさい。だってあの子たち、とてもいい目をしているもの」

シンジ「……ええ、わかっています」

おばあちゃん「ははは、歳を取るとどうも説教臭くなってしまってかなわんねぇ……」

……若くても説教臭いのがここに居るけどね。
195 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/19(日) 14:00:21.61 ID:HxKcWFEj0
「「「さあ出発、オーライ*!!」」」

観客「「「「「わあああああああああ!!!!」」」」」パチパチ

おばあちゃん「ふふふ、いい歌だったねぇ」パチパチ

シンジ「ははは、ありがとうございます」

おばあちゃん「私はあなたたちを応援してるからね? 頑張ってください756プロさん」

シンジ「……765プロです」

……雪歩、よく頑張ってくれたな。

……僕も、もっと仕事を取ってこれるように頑張ろう!!
196 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/19(日) 14:03:42.95 ID:HxKcWFEj0
「……ここは……?」

「……研究室? にしか見えないけど……どういうことなんだ」

「うわ、ペトリ皿踏んじゃってるし……足の裏が血まみれだよ……」

「……使徒の魂が一箇所に集まってる? ……更にどういうこと?」

研究員「誰か居るのか……!? 誰だお前は!!!!」

研究員(まさか碇シンジの遺伝子がこいつを作り上げた……のか?)

「あれ、ここの人? それはともかく誰だお前っていうのはこっちのセリフなんだけどねぇ……」

研究員「ぐっ!!」バン

「こんな狭いところで銃を使わないでくれ」パフィィィン

研究員「ひ、ひいっ!!」

研究員(お、オレンジ色の壁が銃弾を防いだ!?)

「それに君は日本語を喋っている……ということはここは日本? 銃刀法違反じゃないのかい?」

「まあネルフやゼーレも銃を持ってたし、今更か」

「そこの君、何か着るものをくれないかい?」

研究員「あ、ああ、とりあえずこの白衣を……」ビクビク

「そんなに震えなくてもいいのに……」

研究員「な、名前は……あるのか?」

「名前かい? そうだねえ……」

カヲル「渚カヲル、と名乗っておこうか」
197 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/19(日) 14:04:43.60 ID:HxKcWFEj0








第3話 『降郷村の夏祭り』、完







198 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/19(日) 14:05:49.78 ID:HxKcWFEj0
とりあえずここまで

あんまり自信ないけど(テンポとか心理描写)、カヲル君だせたから満足
199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/10/19(日) 17:28:33.89 ID:xfE6gJBqO
乙。
関係無い気もするが、ゼノグラシアの悪役って石田じゃなかったっけ。あと皆さん、
時々でいいから時田シロウさんのことを思い出してください。
200 : ◆uLM3T8C/3g [sage]:2014/10/19(日) 17:58:11.75 ID:2hloeuooO
しゃ、社長を時田にしたら拗れるからやらなかっただけだし!!

ゼノグラシアは未視聴なんだ、すまん
201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/19(日) 18:16:21.64 ID:bg9JESfAO
乙、
はたしてカヲル君はアイドルになるのかプロデューサーになるのか
それとも…
202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/19(日) 18:51:14.13 ID:BDTfdmog0
乙、カヲル君がどうシンジ君に関わってくるか楽しみですわ。
203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/10/19(日) 20:17:03.03 ID:otqATwqsO
すまん!時田さんの下りは>>1じゃなくて、閑話で「ミサトさん(芳忠)」とか言われててつい言ってしまっただけだから、お気になさらず。
204 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/19(日) 20:19:53.90 ID:r8Zk3sKp0
>>203 いえいえ、お気になさらず

まだ執筆途中なのですが、多少時系列が前後しますのでご注意を(元々アニマス時系列準拠なので一応警告)

一応投下は明日あたりかな、と見込んでおります
205 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/20(月) 19:43:11.78 ID:yPZRvRDs0
……もしかしてカヲル君の魂ってアダム?

ものすごいミスを犯したかもしれん……
206 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/20(月) 20:00:21.24 ID:yPZRvRDs0
申し訳ない

カヲル君の魂がタブリスだと思って書いてた……

タブリスっていう魂は無いんだな

書き直してくるけどいつ投下できるかはわからん……

本当に申し訳ない
207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/20(月) 20:01:28.73 ID:actuX0R10
カヲル君の魂はアダムですね。
208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/20(月) 23:38:15.55 ID:jiG07Mtuo
気にしない
気にしない
一休み
一休み
209 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/21(火) 00:19:11.34 ID:/75NAFDz0
用事の合間合間に一生懸命書いた書き溜めが一瞬にして打ち砕かれたから結構ショック

というか話の持って行き方も変わってくるから構想練り直し中……

ごめんね、ちょっと期間空くかも
210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/21(火) 06:17:02.62 ID:6g+ONL3TO
頑張れ
カヲルの魂はリアルタイムでしか見てない人なら勘違いしても仕方ないしな
211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/10/21(火) 17:29:50.31 ID:pfWWO+/X0
投下じゃなくて悪いけど質問

アダムと使徒の接触でサードインパクトが起こるらしいけど、じゃあなんでアダムの魂を持ったカヲルはターミナルドグマのリリスでサードインパクトを起こさなかったんでしょうか……

アダムの魂じゃなくて体と他の使徒の体がくっつかないと無理なの?
カヲルは一応使徒と人間のハイブリッド体だったはずなんだけど……

よくわからん(´・ω・` )
話にちょっと関わってくるから困る
212 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/21(火) 17:30:31.60 ID:pfWWO+/X0
酉忘れとった
213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/21(火) 18:07:32.94 ID:SFOMMt440
使徒はアダムの魂の持った存在。アダムと使徒の接触=魂が元の体に戻る。インパクトはアダム又はリリスの完全復活。

使徒と呼ばれる存在はアダムとリリスのみ。サキエル〜タブリスはアダムの魂の転生体・魂の入れ物・本来の肉体まで運ぶ仮の肉体。

ドグマにあったリリスの肉体をアダム(自分の体)と誤認しているから使徒は第三新東京におびき寄せられた。本当のアダムはゲンドウの右手に移植されてた。綾波がリリスと融合する又はカヲルがゲンドウからアダムを奪う事でインパクトが起きる。

大体こんな感じだったかな・・・
214 : ◆uLM3T8C/3g [sage]:2014/10/21(火) 18:16:23.17 ID:pfWWO+/X0
なるほど、すごいわかりやすかった

……どうすっかな

書き手に回ってしまったから相談することもできん……

じゃあも一つ質問
量産機が起こしたサードインパクト(EOE)ってどんな仕組みなんかな?

リリスの欠片の初号機(生命の樹)がリリス(綾波)に取り込まれてる……?
よくわからんのです

でも先に綾波もリリスに取り込まれたし……どういうことなんだろうか
215 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/21(火) 18:42:26.82 ID:pfWWO+/X0
あ、やっぱり大体の設定が掴めたから大丈夫です

多少設定がグチャるかもしれんけど多分いけそうやからまた書いてきます

それと訂正

「……使徒の魂が一箇所に集まってる? ……更にどういうこと?」

ここは無かったことにしておいてください
使徒の魂はアダム一つだけなので
216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/10/21(火) 19:10:48.35 ID:6N5jsGPZ0
ガンバレー
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/21(火) 19:18:33.56 ID:TaewaA86o
頑張れ
ぼくのかんがえたEOE論を必死でまとめてた俺なんていなかったんや
218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/10/21(火) 19:21:59.93 ID:pfWWO+/X0
>>217 マジすんません……

本気でやり直そうと思ったら結構前からやり直さねば(美希のフラグ建てるの失敗した)ならんけどなんとか頑張ります
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/21(火) 20:36:08.16 ID:HXrUNBZfo
ちょっとくらい原作と違いがあってもいいと思うの

関係ないけど
GenesisQとかGenesisQ'とか懐かしいなぁ
220 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/21(火) 20:49:09.46 ID:qFnG2Tlq0
たった3レスだけだけど、ここまでなら投下できるよってところまで投下

GenesisQとは関係ないけどとりもちさんが盗作云々ってのはショックだった

今思い出したらかなり痛い小説だけど、あの時は狂ったように読み耽ってたなぁ……
221 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/21(火) 20:49:51.14 ID:qFnG2Tlq0








第4話『シ者と怒り』







222 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/21(火) 20:50:22.74 ID:qFnG2Tlq0
『名前は』

カヲル「渚カヲル」

『歳は』

カヲル「15……かな?」

『何者だ』

カヲル「さあ? そんなことは知らないね」

『目的は』

カヲル「アダムへの回帰……のはずだったけど、どうもアダムの場所がわからないね」

『アダムとは?』

カヲル「使徒だよ使徒!! もういいかい? いい加減この何もない部屋が退屈なんだけど」

『……君は碇シンジのDNAから生まれたのにも関わらず姿形が全く違い、その上銃弾をも跳ね返すオレンジ色の壁を扱うのだ。ならば君を警戒するのは当然のことだろう』

カヲル(碇……シンジ君?)

カヲル「……そのシンジ君に会いたいんだけど」

『……構わない。私の質問に全て答えたら戸籍ぐらいは作ってやろう』

カヲル「全く、面倒なお方だ……」

カヲル(この世界にはシンジ君が居る。でもネルフやゼーレは無いらしいし、アダムもリリスも存在が感じられない。……少し厄介だね)
223 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/21(火) 20:51:06.75 ID:qFnG2Tlq0
『ここがどこか、君は理解しているのかね?』

カヲル「そうだねぇ……ここに連れてきてくれた研究員のニイジマさんのネームプレートには水瀬財閥、医薬研究部門って書いてあったけど」

『……水瀬財閥がどのようなものかは?』

カヲル「さあね。ただこれだけの施設を揃えるにはかなりの資金が必要だから、日本でもそれなりの財閥じゃないのかい?」

カヲル「特に今僕が居る場所なんてそうだ。一面真っ白だけど、スピーカー、カメラ、マイクがどこかに隠されている。それに僕をここに入れるということは対ショック性能とかも万全なんだろうね」

『大した観察眼だ。本当に碇シンジから生まれたのかと目を疑うレベルだよ』

カヲル「僕だって気が付いたらここに居たんだからさ。シンジ君どうのこうのは関係ないと思うけどね」

『……どういうことだね?』

カヲル(……さて、これ以上前の知識を追求されると面倒なことになりそうだね)

カヲル(と言ってもさっきアダムについて漏らしちゃったから既にまずいんだけど……)

カヲル「何故か僕には知識が存在するんだ。言語は日本語、ドイツ語、英語のトリリンガル。後は一般人程度の知識だけさ」

『……興味深いな。2ヶ月培養しても変化無しであった碇シンジの髪の毛が一瞬にして君を作り上げたたのも興味深い』

カヲル(僕はそんな気持ちの悪い情報欲しくなかったけどね)

『まあそれは後から君を調べれば問題ない。とにかく私が聞きたいのは……君は我々人間の敵か? 味方か?』

カヲル「そんなの確定的な情報が無いんだからわからない。でも……」

カヲル「僕は常にシンジ君の味方さ」

『……君はバイセクシャルか何かなのかね?』

カヲル「バイセクシャル? 僕はただ好きな人間の味方で居たいだけだよ?」

『……もういい。これから精密検査を受けてもらう。そうすれば君の戸籍は君のものだ』

『もちろん、場合によっては制限をつけさせてもらうがね?』

カヲル「……いいよ」

カヲル(全く、自由意志の天使であるタブリスの僕が縛られるなんて皮肉なことだよ)

カヲル(……ま、これ程度の壁ならATフィールドで切り裂けるからいつでも逃げ出せるんだけどね?)

カヲル(……早く会いたいよ、シンジ君)
224 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/21(火) 20:52:57.97 ID:qFnG2Tlq0
ここから先をどうしようかと悩んでる途中

本当は大運動会にしようと思ってたけど、些かハイペース過ぎるからもうちょっと考えてからにします

……シンジ三人の逆行物のやつとか読みたくなってきたどうしてくれる
225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/21(火) 21:25:04.46 ID:/aM87fzDO
カヲル「僕はね、君の細胞から生まれたんだよシンジ君。…パパ」

シンジ「えっ」
226 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/21(火) 22:18:18.95 ID:SFOMMt440
スパシン物に限らずエヴァのSSも廃れてきた?みたいな感じだし、新劇場版が公開されても昔みたいにHP作って大長編書いたりする気概のある作者は全く見かけない現状。
後、二ヶ月程度でエヴァの2015年になるんだと思うと複雑な気分
227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/21(火) 22:42:49.49 ID:5nURJ+dH0
父親がシンジくん
母親は一応伊織になるのか?
あかん
228 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/21(火) 22:54:42.38 ID:HXrUNBZfo
兄というのも捨て難い

カヲル「兄さん」

レイ「お兄ちゃん」

アスカ「なんでアタシが妹なのよっ!」
229 : ◆uLM3T8C/3g [sage]:2014/10/21(火) 23:01:35.40 ID:OE1Uk5fh0
シンジとカヲルの養子がアスカとレイ……

何言ってんだ俺
230 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/21(火) 23:17:14.39 ID:BTsN/uhAO
乙です。久しぶりにおもしろいエヴァクロスSSに出会った。

可能ならば、シンジがアスカとレイをスカウトしてアイドルに育ててみるとか。

…問題は、二人が赤い海に還ってしまっている事だが。
231 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/22(水) 01:28:39.93 ID:Azvm0GAdo
あの二人だすと無茶苦茶になりそうだな…
っていうかあの二人が来るとシンジのメンタルがやヴぁい
232 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/22(水) 07:01:02.90 ID:NMsV+BmI0
...メンタルだけで済むのか...?
233 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/10/22(水) 21:11:43.43 ID:ACumCnae0
今から書きながら投下

アスカ? 綾波?
どう扱えばいいんでしょうね?(すっとぼけ)
234 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/22(水) 21:13:10.17 ID:ACumCnae0
最近、よくイライラするようになった。

常に喪失感……なんというか、パズルのピースが完成直前で一つ足りなくなった時みたいな。

そんな喪失感が常に僕に纏わりついてくるようになった。

確かに、最近はみんなの仕事が増えてきて僕の時間が取れなくなったからかもしれないけど……。

それでも何かが違う。

心に穴が空いた気がするんだ。

冬馬「オイ、注文してから黙っちまってどうしたんだよ?」

シンジ「ああ、ごめん……」

僕は久しぶりに有給というか、休みを取った。

そして今、都内の少し寂れた喫茶店で変装した冬馬君と向き合っている。

というか僕が一方的に黙ってただけなんだけど。

シンジ「ええと……うちの話だったっけ?」

冬馬「そうそう、3ヶ月も待たせやがったからお前らも有名になってきて信用できなくなってきたけどな」

シンジ「あはは、ごめんごめん」

「メロンソーダフロートとミックスジュースになります」

冬馬「お、来たか♪」

……冬馬君、メロンソーダがそんなに好きなんだね。

シンジ「……意外と子供っぽい」

冬馬「メロンソーダが好きで悪いか!! ……お前だってミックスジュースじゃねえか」

シンジ「営業先でブラックコーヒーばかりだから……たまにはね?」

冬馬「……地味に辛いなそれ」

コーヒー飲んだ後の口臭対策も面倒だしね……。
235 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/22(水) 21:14:02.97 ID:ACumCnae0
シンジ「で? 765プロは汚い手を使って伸びてきている……黒井社長はそう言ってるんだね?」

冬馬「そうだ。俺が961プロのオーディションに受かった時からそうやって言われてきたんだが……俺の短絡さに気付いてから疑問に思い始めたわけだ」

冬馬「……最近は実際に伸びてきてるからまた疑い始めたけど」

シンジ「だから実力だって……まあいいや。実はうちのアイドルもジュピターが不正をしているように考え始めているんだ」

冬馬「…………! ふざけんな!! 俺たちは実力で……」

シンジ「ちょっと落ち着きなよ。正体がバレちゃうよ?」

冬馬「……悪い」

実力を否定されて熱くなった時の冬馬君の目は本気だった。

……ジュピター自体はいい人たちばかりなのかな。

シンジ「僕らはテレビに出演できるほどには伸びてきてるんだけど……何故か大抵の場合、直前にゲストとしてジュピターが抜擢されるんだ。冬馬君もやたらうちとの共演が多かったとは思わない?」

冬馬「……確かに、ほぼ飛び入り参加で出演させられる番組も多いな」

シンジ「他にも僕らが出るオーディションが中止になった代わりにジュピターが出たり、うちがいつも頼んでる作曲家さんへの作曲依頼がジュピターの作曲依頼で潰されたり……」

冬馬「……確かにそれはおかしい」

シンジ「でしょ? だからうちのアイドルも、961プロがなんらかの工作をしてるって考え始めたんだ」

冬馬「……そうするとわけがわからねえ。なんでおっさんは765プロの邪魔をしようとするんだ?」

シンジ「……黒井社長は高木社長が嫌い?」

冬馬「……確かにそんな節はあるが……」

高木さんも、黒井社長の名前を聞いた時に苦い顔をしてたしね。

冬馬「あのおっさんが私情を仕事にまで持ち込むか……?」

シンジ「わからない。僕はそれほど黒井社長と接する機会が無いからね。でも……可能性としてはありえないことではないんじゃないかな」

冬馬「ふーん……」
236 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/22(水) 21:16:33.44 ID:ACumCnae0
冬馬「……やっぱりおっさんは——」

真「あれ? プロデューサー、今日は休みだと思ったらここに来てたんですね?」

冬馬「……チッ」

雪歩「こ、こんにちはプロデューサー!!」

シンジ「う、うん、奇遇だね」

冬馬(……765プロの……菊地と萩原か?)

シンジ「……そういえば今日は2人ともオフだったっけ。真も雪歩もここ知ってたの?」

真「ええ。というか765プロのみんなは大抵この喫茶店を知ってると思いますけど……」

あちゃー……ちょっと失敗しちゃったな。

雪歩「も、もしかして……ジュピターの……天ヶ崎冬馬さん?」

冬馬「天ヶ瀬!! 天ヶ瀬冬馬だよ!! 微妙に間違えんじゃねえ!!」

真「……プロデューサー」

そんな目で見ないでよ真。

そして言外に冬馬君と居ることを責めないでよ真。

シンジ「ま、まあ2人もここに座りなよ。せっかくだから一緒に何か食べない? もう昼時だしさ」

真「……はい、わかりました」
237 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/22(水) 21:30:59.89 ID:ACumCnae0
シンジ「じゃあビーフシチューと黒豚のサンドウィッチ……オムライスとビーフカレーライスをお願いします。2人とも、飲み物はどうする?」

真「あ、ボクはカシスオレンジジュースで」

雪歩「私はマンゴージュースでお願いします」

シンジ「……じゃあ以上で」

「かしこまりました」

真「…………」

雪歩(真ちゃん、どうして黙っちゃうの……)

冬馬「…………」

……真が親の仇を見るかのように冬馬君を睨んでる。

まあ努力して取ってきたみんなの仕事がジュピターに取られていくんだもんなぁ……確かに敵視してしまうのも仕方ないかもしれない。

シンジ「え、ええと……彼はご存知の通り961プロ所属、ジュピターの天ヶ瀬冬馬君です。あまとうとでも呼んでやってください」

冬馬「おいふざけん「あまとう」…………菊地」

真「あまとう、これからよろしくね?」ニヤニヤ

……女の怖さを垣間見た気がする。

いや確かにあまとうと呼ばせることになったきっかけは僕だけどさ。

……仲良くなってもらうためのあだ名だったんだけどなぁ……。

冬馬「……よろしくな、オトコンナ」

真「…………」ピキピキ

雪歩「ま、真ちゃん「雪歩、悪いけど黙ってて」……うぅ……」

あれ、何気にまずい雰囲気になってる?
238 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/22(水) 21:41:00.61 ID:ACumCnae0
真「……最近ジュピターって調子いいみたいだね」

冬馬「……そっちこそ」

真「汚いことして手に入れたお金で飲むメロンソーダは美味しい?」

冬馬「……俺は俺の実力だけで勝ち上がってきたつもりだが」ピキピキ

真「あっ、賄賂が要るから結局はプラマイゼロなのか。もしかしてジュピターってボランティア団体なの?」

冬馬「…………!! だから俺は汚いことなんて——」

シンジ「ああもうわかった!!」

「「「!?」」」ビクッ

シンジ「僕が説明するから仲良くしてよ!?」

……それなら最初から早く説明しろって話なんだけどね。

シンジ「まずは黒井社長なんだけどね——」
239 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/22(水) 21:58:13.57 ID:ACumCnae0
真「……やっぱり961プロの不正が……」

シンジ「確実な証拠は無いんだけど……おそらくその通りだろうね」

雪歩「…………私、悔しいです」

冬馬「…………」

雪歩……。

雪歩「みんなが頑張ってきたのに、結局その努力がお金に奪われるなんて、その……私は嫌です、絶対に」

真「そうですよプロデューサー!! ボクらだって必死に頑張ってきたのに!!」

冬馬「……悪い。うちのおっさんのせいだ」

シンジ「冬馬君……」

真「…………」

雪歩「…………」

冬馬「だが、俺にはおっさんにアイドルとして育ててもらった恩がある。説得はやってみるが……証拠が無い今、あまり強く言うことができないし、ジュピター3人で961プロを辞めるわけにもいかない。事態の収束には期待しないでくれ」

……確かに完璧な解決は無理だろうね。

真「……お願いします、あまとう」

雪歩「……真ちゃん!」

真「だってさ、ちょっとでも解決の見込みがあるならその可能性に賭けた方が絶対にいいよね?」

シンジ「……ありがとう、真」

冬馬(敬語とあまとうってどういう反応をすればいいのかわかんねえよ……)

冬馬「おう、やれるだけやってやるぜ!!」

雪歩「……私からもお願いします、あまとうさん」

冬馬(あまとうにさん付けって余計反応に困るじゃねえかおい。あまとうを定着させたこのチビプロデューサーは許さねえ)

冬馬「……おう」

よかった、2人とも冬馬君への誤解は解けたみたいだ。

……若干冬馬君からの視線が気になるけど。

というかこの中で僕が一番背が低いの!?
240 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/22(水) 22:01:27.08 ID:AODwRGc4O
あまとうァ!
241 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/22(水) 22:05:32.37 ID:1pT+oiHpo
あまとう来てた
242 :あまとう人気だなオイ ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/22(水) 22:07:18.37 ID:ACumCnae0
真「プロデューサー……この後……ショッピングに行きましょうよ!!」モグモグ

シンジ「いやそれはいいんだけどさ……」

冬馬「食ってから喋れよ菊地……」

雪歩「もう、真ちゃんも女の子なんだからちゃんとしないと……」

真「だってこのオムライス……美味しいし……」モグモグ

シンジ「……男っぽいよ、今の真」

真「」ハッ

冬馬「そんなだからオトコンナなんだよ」

シンジ「……確かに最近イケメンアイドルとしての番組出演の声がよくかかるようになったね」

真「……反省します」

だからってちょびちょび食べなくてもいいんだよ真?
243 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/22(水) 22:16:04.90 ID:ACumCnae0
真「……あまとうって子供っぽいよね」

冬馬「ああ!?」

……あーあ、言っちゃった。

真「メロンソーダとかカレーとか……うん、なんとなく子供っぽい」

冬馬「別にいいじゃねえかメロンソーダとカレーぐらい!!」

雪歩「うーん……子供っぽいから男の人なのに私もそれほど怖くないのかな」

冬馬「……それは喜んだ方がいいのか?」

シンジ「冬馬君、ちょっとズレ始めてるよ」

冬馬「おっといけねえ。どうも765プロのやつと居るとペースを崩されちまうぜ」

亜美真美と共演した時も弄られてたからねえ……。
244 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/22(水) 22:37:11.73 ID:ACumCnae0
コンコン

『入りたまえ』

カヲル「……失礼するよ」ガチャ

「……ほう、なかなか似合っているではないか」

カヲル「学生服に似合ってるも何も無いと思うけどね」

「それもそうだな。……私の自己紹介は要るか?」

カヲル「……君は水瀬基二。水瀬財閥の最高責任者だね」

基二「大した視力だな。これほど小さなネームプレートさえもその距離から読めてしまうとは」

カヲル「……そんなことはどうでもいいよ。この頑丈そうな手錠を付けられて君の前に放り出された僕はどうなるんだい?」

基二「せっかちなやつだ……まあ良い。今日行ったのは精密検査のSTEP1のようなものだ。ひとまず最も重要で優先されるべき情報を調べるためのな」

カヲル「……それで?」

基二「君には碇シンジと同様、ヘイフリック限界が無いことが判明した」

カヲル(……シンジ君も?)

基二「それは構わん。すでに前例があるからそれほど珍しくはない。いや、珍しいことには珍しいのだが……」

カヲル「……なんなんだい?」

基二「君には常になんらかのエネルギーを精製し、全身に放出している球状の器官が心臓の隣に付いていてね。ある意味それが付いていない碇シンジよりも調査が進めやすいかもしれない。何しろヘイフリック限界が無いことに対して決着が付けられるかもしれないからね」

基二「……我々はその半永久機関の器官を"コア"と名付けたよ」

カヲル(……S2機関のコアが見つかってしまったとは。また面倒なことになってしまったね)
245 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/22(水) 22:39:01.64 ID:ACumCnae0
ぶっ続けで書き続けて間違ってるところが出てきたら怖いからとりあえず今日はここまでです
246 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/23(木) 01:01:17.10 ID:2yzUSDo90
乙あまとう
247 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/23(木) 20:56:55.92 ID:fK3fDUmC0
今から書きながら投下していくけどいくつか謝罪

オリキャラ出してすんません!! どうしても伊織のお父さんとかは絡ませないとストーリーを展開させにくいんです!! あと時田社長と高木社長の関係は忘れてたわけではありません!!

ちーたんのことをまな板って言ってごめんなさい!! 何故かあのネタを思いついた瞬間、勝手に指が動いたんです!!

台本形式とシンジの一人称が混じっててすいません!! あの春香と黒井社長の名作ssを参考にしようとしたけどセリフが過多になってなかなか上手くいってないです!!

……よし、今から書いていきます
248 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/23(木) 21:11:56.27 ID:fK3fDUmC0
カヲル「で? 僕はどうすればいいんだい?」

基二「……偶然とはいえ、我々は碇シンジのクローンとも言える君を生み出してしまった。が、当然私は人間の形をした君を実験動物のように扱うわけにはいかない」

基二「……しかし君を研究することによって得られる利益は莫大だ。寿命を解消する手段ともなり得るのだからな」

カヲル「……長すぎる命はいつか人口過多で社会の破滅をもたらす。僕に関する研究資料は封印するべきだ」

基二「それぐらいはわかっている。強すぎる力とはいえ、いくらでも制御のしようはあるだろう?」

カヲル「……それはどうかな」

基二「まあそれは後で考えればいい。とにかく私が言いたいのは、君に協力して欲しいのだよ。我々が行う君自身の研究をね?」

カヲル「全く、リリ……君の利益優先の考え方はよくわからないね。……大方、僕の生活を約束する代わりにここに研究されに来いとでも言うんだろう?」

基二「随分と物分かりがいいじゃないか」

カヲル「……いいよ。僕だってこんな窮屈な場所はつまらないからね」

カヲル(それに、真っ当な暮らしが得られるならそっちを優先した方がいいに決まってる)

基二「よく言ってくれた。では住居、戸籍、生活資金などは全て援助させてもらおう」

基二「その代わり……私の呼び出しには必ず応えてもらおうか」

カヲル「……どうしても外せない用事がある時は?」

基二「もちろん配慮する」

カヲル「はあ……いいよ。特にやることも無いし、僕だってそこまでしてくれるなら君の願いを無視するわけにはいかない」

カヲル(……それにS2機関は解析できないはずだからね)

基二「ふっ、交渉成立だな」ニヤリ

カヲル(……あの笑い方、碇指令に似ている気がする)

カヲル「……よろしく頼むよ」
249 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/23(木) 21:30:51.39 ID:fK3fDUmC0
真「ねえねえ雪歩!! このスカート可愛くない!?」フリフリ

雪歩「真ちゃんはジーンズとか長ズボンの方が似合うと思うけど……」

真「えー!? ボクだってたまにはフリフリな服着たいよー……プロデューサー、これどう思います? 似合ってますか?」

シンジ「え、ええと……」

冬馬「……正直それはセンス無いだろ」

真「……あまとうだってチェック柄のシャツとジーンズのオタクファッションじゃないか」

冬馬「お、俺はオタクじゃねえ!! てかオタクファッションってなんなんだよ!! 別に普通だろうがこの格好!!」

……うん、ポスターが刺さったリュックとハチマキがあれば完璧だね。

シンジ「うーん、僕スカートはよくわからないから無難に良く似合うジーンズでいいと思うんだけど……」

真「うー……みんなしてそんなこと言うんですからー……もういいです、他の店行きましょう!!」テクテク

雪歩「……プロデューサー、上手くフォローしてください」

冬馬「……ああ、確かに今のは悪手だったな」

シンジ「冬馬君に言われたくなかったよ……」

冬馬「うっせえ!! 俺はライバルポジションだから多少キツイこと言っても大丈夫なんだよ!! ……それよりさ、多分なんだけどよ……菊地、お前を意識してるぞ」

シンジ「……は?」

いしき……イシキ……意識?

起きてるんだから意識はあるに決まってるでしょ?

雪歩「……確かに最近の真ちゃん、プロデューサーの前では髪を良くいじってますけど」

冬馬「だろ? 絶対菊地はアンタに惚れてるって」

ほれてる……惚れてる!?

シンジ「いや無い無い無い無い絶対にあり得ないって!!」

真「みんな!! 早く行こうよー!!」

シンジ「う、うん、ごめん」タッタッタッ

冬馬「……あいつ、20なのに随分と初心なんだな」

……こんな僕が好かれるわけ……無いよね。
250 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/23(木) 21:33:55.81 ID:fK3fDUmC0
ごめん、これから用事があるからたった2レスで悪いけど今日はこれだけで

雪歩の口調もおかしいし……

雪歩の口調って何かコツとかあるのかな
251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/10/23(木) 22:33:14.39 ID:PRuaXcBkO
乙。
チラチラとエヴァのキャラが見え隠れしはじめたな。そのうちミサトさんとか出そうだが、正直あの人出てくるとヤバい気しかしない。
252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagesaga]:2014/10/23(木) 22:37:35.83 ID:yZ2qbBGp0
フランネルシャツとジーンズはオタクファッション扱いされるが米ドラマでスーツ以外は大抵
パーカーかフランネルだよな
253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/24(金) 04:05:25.78 ID:HBfbxgzso
>>252
文化の違いだよ
254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/24(金) 12:42:33.46 ID:Iaf43ybrO
造形の違いです
255 :vipにかわりましてNIPPERがお送りします [[sage]]:2014/10/24(金) 18:39:21.01 ID:pNLziqpM0
??「~」とそのキャラみたいな発言する一般人として登場させればいいよ。大抵のクロスssでやっているから
256 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/24(金) 20:55:39.89 ID:qSF1lUxy0
誰がどう登場する、しないなんて何も言ってませんよ?


今日は投下無しです

……投下の有無って1日ごとに報告しない方がいいかな
レスも無駄に消費するし
257 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/24(金) 23:31:00.66 ID:DBoveittO
生存報告はほしいが、毎日でなくてもいい
延びに延びて月一報告とかだとヒヤヒヤするが
258 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/25(土) 17:43:00.72 ID:ZO4Aan4I0
そもそも月刊の人とか、酷いと半年以上の人もいるし、投下する日だけでいいと思う
259 : ◆uLM3T8C/3g [sage]:2014/10/25(土) 21:44:33.19 ID:7AHN/0VU0
まあ臨機応変にしときます

では書きながら投下
260 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/25(土) 21:45:07.74 ID:7AHN/0VU0
カヲル「全く、こんなにも美しい庭園なのにわざわざ車で移動するなんてナンセンスだ。高速で移動したら美しい木々が見えないじゃないか」

伊織「……あんた、当然のように私と同じリムジンに乗ってきたけど何者なのよ」

カヲル「ふふっ、敢えて言うならば……シ者……かな?」

伊織「……随分とキザで偉そうなの、ねっ!」

カヲル「痛い痛い痛い痛い謝りますから足をヒールのカカトで踏まないで!!」グググググググ

伊織「全く……で? 本当のところは?」

カヲル「な、渚カヲル15歳……イタタタタタ!!」グググググググ

伊織「何者かを教えなさいよ!!!!」

カヲル「ぐぅ……よ、養子だよ。なんだか僕の体質が珍しいらしくてね、それで」

伊織「研究させろ、って言われたんでしょ?」

カヲル「……知ってるなら足を踏まないでよ」

伊織「私はお父様の行動パターンを予測して言っただけだけど?」

カヲル(……水瀬基二の娘さんか)

カヲル「……ふーん」

伊織「あら、褒めてくれてもいいのよ?」

カヲル「生憎、僕は君のような人間を見てきたからね。褒めてつけあがらせる気は無いよ」

伊織「私はそんなのでつけあがるほど子供じゃないわよ」

カヲル「そう言ってるうちは子供なのさ」

伊織「タメのあんたが何言ってるのよ」

カヲル「経験談から考慮して言っただけさ」

伊織「……あんた、ムカつくわね」

カヲル「それは光栄だ。お嬢様に気に入られたんだからね」

伊織「気に入ってなんかないわよ!!」

カヲル「好意と悪意は表裏一体。どちらにしても君は僕を気に入ったのさ」
261 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/25(土) 21:46:53.40 ID:7AHN/0VU0
伊織「……新堂、こいつの行き先は?」

新堂「○○のショッピングモールですが……」

伊織「変更。765プロへ変更よ」

カヲル「ちょ、ちょっと「かしこまりました」ねえ新堂さん!!」

伊織「にひひっ♪ あんた顔だけはいいからアイドルにしてあげるわ!! 私の苦労も味わいなさい!!」

カヲル「は、はあ!? アイドル!?」

伊織「あんた、ちょっとホモっぽいからちょうどいいじゃない。プロデューサーは男よ? あんたと同じぐらいの身長の」

カヲル「僕はホモじゃないよ!! ただ好きな人が男ってだけで……」

伊織「……えっ、あんた本当にホモだったの」

カヲル「だから僕は…………もういい。諦めたよ僕は。どこでも好きに連れて行ってくれ」

伊織「最初っからそうしとけばいいのよ。それよりも……あんたお父様と」

カヲル「ありえないって!!」

新堂「……私も背後には気をつけておきます」

カヲル「もうやめてくれないか!!」
262 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/25(土) 22:00:30.78 ID:7AHN/0VU0
シンジ「真、そいつの後ろにもう1体隠れてるよ」バンバン

……服を見に行くんじゃなかったのかなぁ……。

真がゾンビを倒す2人プレイのシューティングゲームをやりたいって言うから僕が付き合ってるんだけど。

真「は、はい!!」バンバン

シンジ「後10体。制限時間余裕だね」

冬馬「……意外と上手いなアンタ。シューティングゲームは良くするのか?」

シンジ「まあ……そこそこね」

そりゃあエヴァのシミュレーションテストとトウジたちとのゲーセンでの扱きに耐え抜いてきたんだからこれぐらいは余裕だよ。

冬馬「……それはともかく萩原ってゾンビとかは苦手じゃないのか? いつも何かにビビってるイメージがあるんだが」

雪歩「あ、はい。わりと平気です……」

真「……ゾンビみたいなグロテスクなのが平気なのに」

シンジ「犬と男の人が苦手って……ねえ?」

冬馬「キャラ作りの一環か?」

雪歩「ち、違いますよ!!」

シンジ「冗談だよ冗談! ……よし、クリアしたね」

真「へへっ、やーりぃ!! プロデューサーのおかげですね!!」コツン

シンジ「そんなことないよ。僕の言う通りにしてくれた真のおかげだよ」コツン

冬馬(……ごく自然な流れで拳と拳をコツンってしたな)

冬馬「もう結婚しろよお前ら」

真「えっ!? ……えへへ、嫌だなぁ……変なこと言わないでよあまとう!!///」

シンジ「あはは、僕には勿体無いよ、真は。なんたって今や売れっ子アイドルなんだからね」

冬馬(……いくらなんでも)

雪歩(鈍すぎですぅ……)
263 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/25(土) 22:16:39.33 ID:7AHN/0VU0
伊織「こんにちはー……って社長だけ?」

高木「おお、おかえり水瀬君。音無君も居るがね」

小鳥「伊織ちゃん、たまには私のことも思い出してぇ……」

伊織「わ、悪かったわね!!」

『ねえ、まだ入ったらダメなのかい?』

伊織「……ダメ、まだ待ちなさい」

高木「…………? 誰か待たせているのかい?」

伊織「ええちょっと……スカウトしてきました、新人アイドルを」

高木「本当かね!? いやあ人を見る目がある水瀬君がスカウトしてきてくれた子なら間違い無いだろう!! どれ、早速入ってもらっていいかい?」

伊織「……入っていいわよ」

カヲル「お邪魔しまーす……」ガチャリ

高木「…………!? ……水瀬君、その子は元の段ボールに返してきなさい」

伊織「こいつは捨て犬じゃないわよ!!」

カヲル(あれ? この社長、どこかで見た気が……!?)

カヲル(確か碇司令の子飼いのスパイ!? ゼーレの老人たちに資料で見せてもらったことがあるぞ!!)

カヲル(……仕方ない。狂人のフリをして追い出してもらおう)

カヲル「COOOOOOOOOOOOL!! 最ッ高にクールだよアンタァ!!!!」

カヲル(よしっ、昔老人たちに教えてもらったこの狂人の演技ならいける……!!)

高木「……芝居は意味を成さないぞ、渚カヲル」

伊織「あら、ご存知だったんですか?」

高木「ああ、少し、ね? ……渚君、向こうのお部屋でお話しようか」ガシッ

カヲル「……見逃してくれよ、青髭の旦那……」ズルズル

高木「髭を蓄えたことなど無いがね」ズルズル

伊織(……何のキャラ付けだったのかしら?)
264 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/25(土) 22:25:01.33 ID:7AHN/0VU0
冬馬「一万年と二千年前から愛してる〜♪」ドンドン

雪歩「あ、あぅ……全然できないよぅ……」ドン…ドン

真「頑張れー雪歩!! まだ終わってないんだから大丈夫だって!!」

シンジ「……冬馬君上手いなぁ……あれって鬼難易度だよね?」

冬馬「……っせい!! っしゃあフルコンボゲッチュ!! どうだ765プロ!!」

雪歩「ふ、ふつうにしたのに全然ダメでした……」

モウイッカイアソベルドン!!

真「……あまとう、次はボクとやろうよ。雪歩の仇を取ってみせる!!」

冬馬「いいぜ!! 来いよ菊地!!」

シンジ「が、頑張れ〜!」

楽しそうだなぁ……。
265 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/25(土) 22:41:05.44 ID:TEQ3+B070
高木「さあ、全て吐いてもらおうか渚カヲル」

カヲル「……そんなの僕が聞きたいぐらいだよ……」

高木「お前は何をしに来た。またサードインパクトを起こすのか?」

カヲル「アダムがどこにあるかもわからないんだから不可能だ。僕が知ってるのはこの世界にシンジ君と君と僕というエヴァの存在を知ったイレギュラーが居るってことだけさ」

高木「……つまりアダムへの回帰は不可能、と」

カヲル「そういうことになるね」

高木「……本当か?」

カヲル「僕を疑うのかい?」

高木「そりゃあ疑うさ。使徒は攻めてくるたびに進化している。ならば君が私を騙すように進化している可能性があるかもしれないだろう?」

カヲル「……よく進化に気付いたね」

高木「長年の積み重ねの賜物さ」

カヲル「悪いけど、僕は本当にアダムの場所がわからない。僕が認知できないということは……おそらく宇宙にあるか。それか本当に存在しないかの2択さ」

高木「……まあ構わない。一応は信じておこう。では私からシンジ君に関する質問だ」

カヲル「……さっきも言ったはずだ。僕が質問したい側なんだけど」

高木「……シンジ君にはヘイフリック限界が無く、ATフィールドの展開もできると言ったら……どうする?」

カヲル(ヘイフリック限界が無いとは聞いていたが……ATフィールドまで!?)

高木「……やはりシンジ君は使徒か」

カヲル「……さあ、僕もよくわからない。シンジ君の魂に大きな魂が宿っているのはわかるけど……それが何かは遠すぎて知覚できないね」

高木「……複数の魂ではなく?」

カヲル「それさえもわからない」

高木「……そうかね」
266 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/25(土) 22:46:51.78 ID:TEQ3+B070
高木「まあ使徒かどうかはこの世界にエヴァやゼーレ、ネルフが存在しない以上、特に問題は無いんだ。それは君も然りだがね」

カヲル「……確かに」

高木「……渚君。アイドル……やってみないかね?」

カヲル「……僕でいいのかい?」

高木「どうせ暇なのだろう?」

カヲル「シンジ君に会いたいんだけど」

高木「シンジ君はうちの優秀なプロデューサーだ」

カヲル「是非お願いします」

高木「よろしい」
267 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/25(土) 22:47:58.84 ID:TEQ3+B070
とりあえずはこれだけ

下手にネタ入れたりして若干失敗した感はあるけどありがとうございました
268 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/25(土) 23:01:25.92 ID:XOSPvXN/o
ホモォ・・・
269 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/25(土) 23:58:14.09 ID:DMKDRScvo
久々に好印象なカヲルくんだ
モテるけど主要キャラにモテずに弄られるカヲルくんだ
LKS!LKS!
270 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/26(日) 02:15:53.26 ID:d89XwmEVo
まあ、正直シンジの精神的にもアスカや綾波よりカヲル君の方がよっぽどいいかも知れん
あくまで親愛の情としてだが
271 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/26(日) 09:01:55.89 ID:XnRrwAAAO
乙、
風貌的に貴音の弟に思われそうだな
272 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/26(日) 20:33:55.70 ID:DY2No0C30
今から書きながら投下

ちゃんとできてるか不安だぜ……
273 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/26(日) 20:34:21.49 ID:DY2No0C30
フルコンボダドン!!

真「へへっ、やーりぃ!! どうだ961プロ!!」

冬馬「……たった一回のミスで負けたぜ……」

雪歩「ま、真ちゃんありがとう!!」ダキッ

真「わああっと!! ……もう、わざわざ抱きつかなくてもいいじゃないか雪歩」

あはは、みんな青春してるなぁ……。

って僕も15歳だから青春できる年齢か。

もうすっかり大人の気分だよ……。

冬馬「……あんたはやらなくていいのか?」

シンジ「え? 僕? 僕はいいよ、みんなが楽しそうにしてるのを見てるだけで楽しいし」

真「プロデューサー、なんだかおじさん臭いですよ」

シンジ「なっ、失礼な!!」

雪歩「……でも、ちょっと寂しいかな」

……雪歩?

シンジ「どうして?」

雪歩「プロデューサーはすごく優秀だから、きっとこれからも仕事が増えていくんだと思います」

雪歩「……でも、忙しくなったら今日みたいにみんなで遊べなくなっちゃうから」

雪歩「今のうちに思い出を作っておいた方がいいかなって考えたんです、私」

冬馬「……なんなら俺がお前たちの仕事を盗っていってやろうか? もちろん実力で」

真「……あまとう風情に負けたりしないよボクらは」

冬馬「それでもやってやるさ!! おっさんの力を頼らないでな!!」

シンジ「まあまあ2人とも落ち着いて、ね? ……そりゃあ、僕もみんなと遊んでいたいよ」

シンジ「でも……日々の仕事もみんなとの思い出だから、僕は忙しくなっても幸せだよ?」

雪歩「プロデューサー……」

な、なんでみんな黙り込むのさ。

シンジ「ほら、そんな暗い顔しないで、ね? そろそろいい時間だし、僕も事務所に忘れ物があるから取りに帰らないといけないから……そろそろ解散にしない?」

……あれ? 何か忘れてるような……。

真「うーん……自主練してから帰りたいからボクも事務所に行きます」

シンジ「ん、わかった。2人はどうする?」

雪歩「私は……お父さんが待ってるんで帰ります」

冬馬「俺も今日は帰るぜ」

……ま、いっか。

簡単に忘れてしまうってことはそんなに重要なことじゃないんだろう。

シンジ「わかった。じゃあまた今度会えたらその時はよろしくね、冬馬君。雪歩はまた明日だけど」

冬馬「おう、またな」

雪歩「さ、さよならですぅー!!」

シンジ「うん、バイバイ」

真「また明日ねー!!」

シンジ「……じゃ、行こうか」
274 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/26(日) 20:45:21.18 ID:DY2No0C30
シンジ「真は……今の仕事は楽しい?」

真「もちろんです!! ボクの理想のアイドル像の通りにやれてますから!!」

真「それと何よりも……女の子らしい仕事もできるのが嬉しいかな、って」

シンジ「……ふふっ、実は僕もそれを意識して仕事を取ってるんだよ?」

真「ほ、ホントですか!?」

シンジ「ホントホント。真が少女漫画読んでるのは知ってるから、普段ボーイッシュな仕事をこなしてる真は実は女の子っぽいのが大好きなのかなって」

真「……プロデューサー、よくわかりましたね」

シンジ「そりゃあみんなを完璧にプロデュースするのに必死でみんなの特徴をメモ帳にぎっしり書き込んでたからね……みんなのことはよくわかっている"つもり"だよ」

そう、人間の本質なんて簡単にはわからないからね。

真「……えへへ、ちょっと嬉しいです。プロデューサーがボクのことをよく見ていてくれてるって」

シンジ「そう……かな? 僕は引かれると思ったんだけど」

真「まあ確かに方法はストーカーみたいですけどね」

シンジ「タハハ……確かにストーカーっぽいね」
275 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/26(日) 21:09:04.81 ID:NgFJtFMm0
真「……プロデューサー、あの……」

シンジ「ん? どうしたの?」

真「ええと、その……——」

突然、何かが光ると同時に耳をつんざくような爆音が発生した。

もう、真の声が聞こえなかったじゃないか……。

……真? なんで車道側を見てるの? 何かあるの?

トラック?

またトラックが僕に突っ込んで来たの? 危なっかしいなぁ……。

まあATフィールドが守ってくれたんだけどさ。

……あれ、トラックってこんなに小さかったっけ?

えらく粉々になってるような……。

あ、燃え盛ってるトラックの残骸から誰か出てきた、運転手さんかな?

「はぁ……せっかく斬り刻んだ後華麗に回避しようとしたのに予想以上に爆発してしまった。失敗してしまったねぇ……」

……カヲル君?

「……久しぶりだね。元気にしてたかい? シンジ君?」

シンジ「カヲ……ル君……!!」

……僕の心の足りないピースが埋まった気がした。

真「プロデュー……サー? そのバリアみたいなのって……」

それと同時に何かを失った気もした。
276 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/26(日) 21:10:03.71 ID:NgFJtFMm0








第4話『渚と碇』、完







277 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/26(日) 21:11:38.71 ID:NgFJtFMm0
すごい失敗した感があるけど大丈夫かな……

もっと緻密にプロットを練ってから書けば良かった

例によっての短レス更新なので今日はこれだけです
278 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/26(日) 21:26:02.57 ID:peq8HyNN0
乙、個人的には違和感もなく、とても面白く見れてますよー!
279 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/26(日) 22:06:25.11 ID:O4udB7D00
>>278 ありがてえありがてぇ……

突然ですが質問

次はどのお話がいいですか?

1:事務所対抗大運動会でジュピターとイチャイチャ( ^ω^)
2:夏休みももうすぐ終わるから旅行で海へGO!!
3:何かリクエストがあればどうぞ

3に関してはいい案が出た時のみ採用となります
一応募集期間は俺が書き始めるまで(つまり未定)。いい塩梅を見て締め切ります(誰も見てなかったらオワタだけどさ……)
280 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/26(日) 22:06:34.63 ID:Fgvbc9RYo
>シンジ「まあまあ2人とも落ち着いて、ね? ……そりゃあ、僕もみんなと遊んでいたいよ」

>シンジ「でも……日々の仕事もみんなとの思い出だから、僕は忙しくなっても幸せだよ?」


どんな表情で言ってんだよ…
すぐにでも消えそうでこっちが泣けてきた

281 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/26(日) 22:12:53.88 ID:BEL3GWZIo
ジュピターで
282 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/26(日) 22:36:39.69 ID:Fgvbc9RYo
>>279
Jupiterお願いします。

>1の描く登場人物は生き生きしてるから妄想が捗って困ります。
くれぐれも自重しないで下さいね
283 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/26(日) 22:53:01.45 ID:ce5Jz+aC0
>>280>>282 自分の文章に自信が無かったから助かった。ありがとう

このままだと大運動会ルートになるかな?
みんなジュピター好きすぎでしょ……俺もCDループするぐらいには好きだけどさ

一応まだ締め切りませんのでジャンジャンどうぞ
ジャンジャン意見が出るほど読者の方が居らっしゃるかは疑問ですが(小声)
284 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/26(日) 23:22:17.57 ID:8tSe8q3to
海へGO!

DS組を>>1が把握してるならそいつらも見たいな
285 : ◆uLM3T8C/3g [sage]:2014/10/26(日) 23:44:17.83 ID:9oK5F9A20
DSは未プレイですがある程度掘り下げることはできます(あくまでゲスト扱い程度にはなりますが)

カヲルが入ったことによって色んな展開が考えられるからニヤニヤ
286 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 00:32:42.34 ID:U3Pej5yA0
ごめんなさい、一話挟むのでアンケート?的なものの結果は次の次の話ぐらいになります

次の話の冒頭がなんかいい感じに書けたので投下
287 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 00:33:12.45 ID:U3Pej5yA0
何か欲しい物があったわけじゃない。

物欲に駆られたわけじゃない。

ただ僕は暖かい人間関係を求めて必死に頑張ってきただけだ。

僕に優しくしてくれる人を求めてきただけだ。

僕はようやくそれを手に入れた。

アイドルたちとの関係。

765プロという居場所。

高木さんという過去を共有できる存在。

使徒の僕を認めてくれた貴音。

色んなものを手に入れた。

そして僕は最大の存在を手に入れた。

カヲル君。

僕に優しくしてくれたカヲル君。

単純であまり褒められた理由ではないけれど、それでも僕の心を満たしてくれたカヲル君。

でも現実は厳しい。

僕はせっかくカヲル君に出会えたのに。

その対価として真の信用を失った。

僕の居場所のピースを1つ失った。

なんで僕はこんなにも不幸なの?

僕が何をしたっていうの?

使徒を殺したこと?

トウジの足を奪ったこと?

2人目の綾波を死なせてしまったこと?

3人目の綾波に冷たくしたこと?

カヲル君を握りつぶしたこと?

昏睡状態のアスカで……その……シテしまったこと?

サードインパクトを起こしたこと?

……生まれてきてしまったこと?

わからない。

僕にはわからないよ……。

カヲル「大丈夫かい? シンジ君」

だからこそ——

シンジ「……カヲル君!!」

——僕は目の前にあるアマい果実に手を染めてしまう。

そして——

真「…………プロデューサーのバカ」

——また1つ、ピースを失う。
288 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 00:34:59.20 ID:U3Pej5yA0








第5話『甘美なる毒入りリンゴ(エデンノチエノミ)』







289 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 00:36:33.62 ID:U3Pej5yA0
一応投票自体は明日の午後16:00までにしておきます

今のところ大運動会が有利ですね

……さてこれからどうすっかな
290 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 18:35:57.59 ID:AFuD7KBs0
とりあえずちょっと書けたので投下

一応イベントは大運動会にしようかと思います
291 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 18:39:57.69 ID:AFuD7KBs0
カヲル君。

僕の目の前には燃え盛るトラックをバックにカヲル君が立っている。

僕と一緒に過ごした時と全く同じ学生服を着ている。

シンジ「……本当にカヲル君なの?」

もしかしたら目の前のカヲル君は僕の幻覚かもしれない。

カヲル「当たり前だろう? 僕は僕さ」スッ

カヲル君が手を伸ばして来た。

僕はカヲル君の白い手に触れる。

……暖かい。

ちゃんとした人……使徒かもしれないけど、温もりを感じる。

これは夢じゃないんだ……!

シンジ「どうして……カヲル君がここに来てくれたの?」

カヲル「わからない。ただ僕は君の危険を察知したからここに来ただけさ」

シンジ「……そっか」

本当に本当にカヲル君が来てくれたんだ!!

僕が望んだ、僕に優しい人……僕を理解してくれる人。

カヲル「……さっきシンジ君とそこに居た子が見えないけど……帰ったのかい?」

真が……?

シンジ「……わからないよ」

カヲル「……そう。大切な人じゃないのかい?」

大切な人……恋人?

シンジ「確かに大切な人だけど……僕はカヲル君の方が大切だよ」

カヲル「ふふ、嬉しいね……けど、彼女は君がプロデュースしているアイドルじゃないのかい?」

シンジ「……どうしてカヲル君がそれを?」

カヲル「だって僕は——」
292 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 18:41:09.23 ID:AFuD7KBs0
……そっか、カヲル君は高木さんに誘われて765プロ初の男性アイドルになったのか。

あはは、嬉しいなぁ……プロデューサーとして僕がカヲル君と一緒に居られるなんて。

それに、アダムもリリスも居ないからインパクトが起きないし、戦う必要も無いらしい。

……やっぱりこの世界が僕の居場所なんだ……!

ピロリロリン♪

……メール?
293 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 18:42:43.72 ID:AFuD7KBs0
From:菊地真
To:碇シンジ
Sub:件名無し
本文:

今日はやっぱり家に帰りますね。









































……さっきのトラックの運転手さん、どこに行ったんですかね。
燃えてるトラックから脱出できるようなマジシャンか何かなんでしょうか?

プロデューサーとさっきの銀髪の人、付き合ってらっしゃるんですか?
…………だとしたらお似合いですね。嘘吐きで裏切り者のプロデューサーと人殺しで化け物のカップルなんですから。性別なんて関係ありませんよね?

……今回のことは胸に秘めておきますけど、ボクの気持ちを裏切ったプロデューサーの顔は見たくありません。
294 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 18:43:37.87 ID:AFuD7KBs0
トラック……どうやって動かすんだったっけ?

確かエンジンを入れてアクセルを踏んで……でもそれって誰がやるの?

運転手……さん、だよね。

シンジ「……カヲル君、運転手さんは……どうしたの?」

カヲル「…………? もちろんシンジ君に危害が行かないようにトラックごとATフィールドで切り刻んだけど?」

シンジ「あ、あはは、そ、そうだよね……」

今回もトラック側が僕に突っ込んで来たんだ。

僕は何もしていない。

強いて言うなら爆風をATフィールドが勝手に防いだだけだ。

……今ミンチになってトラックの残骸と一緒に焼かれてる運転手が悪いんだ。

……確かアスカの大好きなハンバーグが焼けた時の匂いってこんな感じだったっけ。

シンジ「うっ…………げほっ、ごぼっ……」ベチャッ

カヲル「し、シンジ君!? 大丈夫かい!?」

……ダメだ。

また僕は失敗した。

神様は……僕を持ち上げてから落とすのがそんなに好きなんだね。

僕は運転手さんを殺した。

真……はよくわからないけど嫌われた。

……また僕のせいだ。

僕の悪いところが全部胃液と一緒に流れていってくれたらいいのに。

全部全部忘れられたらいいのに。

……でも、僕の胸と脳に刻まれたこの罪と後悔と人が焼ける匂いの記憶は——

カヲル「ほら、このハンカチを使って……誰か!! 警察に連絡をお願いします!!」

シンジ「……ごめんねカヲル君」

——当分消え去りそうにない。
295 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 18:51:43.89 ID:AFuD7KBs0
高木「……災難だったね、シンジ君」

シンジ「……いえ、もう慣れましたから」

なんで僕がこんな目に遭うんだ。

本当はわかっている、今回はカヲル君も悪いんだ。

でもカヲル君は僕を助けてくれたんだ。

……僕はカヲル君を憎むことができない。

あの時、カヲル君が助けてくれなければ……僕も運転手さんも助かったかもしれない。

でもカヲル君は好意でやったんだ……!!

カヲル君は人としての感情が少し足りないだけなんだ。

そう、悪いのはあの運転手。

悪いのは僕を轢きそうになったあのトラックの運転手なんだ……!!

自業自得。

そう、自業自得なんだ!!

みんなみんなあの運転手が悪いんだ!!

そう、……だよね?
296 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 19:10:47.38 ID:AFuD7KBs0
僕とカヲル君は証人として警察に呼ばれた。

謎の要因でトラックと一緒にレコーダーも破壊されたから、らしい。

僕は自分が体験した通りに語った。

『突然何かが爆発したと思ったらトラックが粉々になって燃え盛っていました』……って。

カヲル君はあらかじめ高木さんに教えられた通りの台本のまま答えたらしい。

『さあ、僕にはわかりかねます。僕はあくまで突然爆発してトラックを見つけただけなので』

……本人も嘘を吐くのは嫌だったらしいけどね。

カヲル君は予想以上にすごかった。

トラックが僕に突っ込んでくる直前に765プロの窓から飛び出したカヲル君は、トラックを捉えている全ての監視カメラを破壊。

その後にトラックをATフィールドの刃で切り刻んだらしい。

……あの時は僕に対して手を抜いていただけで、本当は最強の使徒じゃないかと思う。

通行人の中には燃えているトラックの中から出てくるカヲル君を見たって人も居たけど、証拠が無い以上、ただの幻覚として処理されたらしい。

真も証人として呼ばれたらしいけど……概ねカヲル君と同じように答えたらしい。

高木さんが盗聴器で聞いた情報らしいから確実だ。

……コトの全てが765プロに都合よく動いていく。

結局、今回の事件も輸送会社の賠償で済ませるらしい。

明らかにおかしな場所でトラックが爆発したからだそうだ。

ちなみに後の処理は高木さんがやってくれるらしい。

『水瀬もATフィールドを知っていながら黙秘するとは……運がいいのか水瀬を疑うべきなのか』って言ってたけど、どういうことなのかな?

……そこまでは良いんだ、うちは何も害を負っていないんだから。

強いて言うなら週間記事に『事故多発、765プロの闇!?』って取り上げられたことぐらいかな。

でも、それもどうでもいいんだ、誰も信じやしないから。

それよりまずいのが……。

あの事件からかれこれ1週間……真が765プロに来ていない、ということだ。
297 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 19:13:03.01 ID:AFuD7KBs0
ちょっと鬱要素入ったけど大丈夫かな……

とりあえず今日はここまでです
読んでくださった方、ありがとうございました
298 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/27(月) 19:27:05.30 ID:3fvWwz8AO
アイドルマスターメインで殺人はさすがにまずいよ…
299 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/27(月) 19:35:00.99 ID:fHVrzPWTO
主人公がシンジの時点でエヴァとアイマス両メインなんだから別に良くね
主要キャラが死なないだけましでしょ
300 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/27(月) 19:38:42.29 ID:uYyh3ROYo
アイドル達との交流でまるで治療されてないシンジくんの精神
301 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/27(月) 19:45:05.73 ID:AFuD7KBs0
ちょww俺のIDあふぅwwwww

……確かに勢いで書き過ぎました、申し訳ない

もう少し精査してから投下すればいいのに毎回毎回焦って投下してしまう……
302 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/27(月) 19:47:22.45 ID:3fvWwz8AO
>>299

いや、明らかに殺人なのに何も裁かれずに無罪放免はどうなのかと思って
303 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/27(月) 19:50:04.68 ID:uYyh3ROYo
超能力でトラックごと切り刻みました、で殺人罪が成立するかよ
映像すら残ってないのに
304 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/27(月) 20:50:00.66 ID:u8Fk+Xdr0
高木もシンジも警察も
二回もトラックが突っ込んできた事に疑問を感じろよ
305 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/27(月) 21:15:15.03 ID:LCtSWefHo
トラック云々水瀬云々はおいといて
>1はシンジくんに容赦が無いなぁと思いました。
306 : ◆uLM3T8C/3g [sage]:2014/10/27(月) 21:28:05.94 ID:5WInRz4K0
トラック云々などの現時点で変なところは後述するからまだ指摘しないでください……

大丈夫、シンジ君なら乗り越えていけるさ(無責任)
307 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagesaga]:2014/10/27(月) 21:55:05.82 ID:XAPo92LF0
『さあ、僕にはわかりかねます。僕はあくまで突然爆発してトラックを見つけただけなので』

308 : ◆uLM3T8C/3g [sage]:2014/10/27(月) 22:01:34.41 ID:E/U5AbTX0
>>307 『爆発した』ですねすいません


カヲルが爆発してトラックを見つけるってどういうことだよQのラストかよ……
309 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/28(火) 00:09:41.97 ID:XB/6oowT0
いっそカヲルくんが爆発するのはどうだろう
310 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/28(火) 01:16:39.84 ID:Z/iofC1F0
よし、まこりんにも使徒フラグが立ったww
311 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/28(火) 05:15:43.57 ID:cpmFrlgFo
まあこのシンジその気になればATフィールド中和できるんだし真の拒絶反応は大した問題ではない、はず
312 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/28(火) 10:13:09.38 ID:UJuTzEPRO
好かれなければいけないわけでもない
アイドルとプロデューサーというそれ以上でも以下でもない関係であればいいんだから
313 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:32:21.40 ID:JdErE6UL0
投下します

ちょっと痛い反応をし過ぎたので反省
314 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:34:06.56 ID:JdErE6UL0
高木(……明らかにおかしい)

高木(普通数ヶ月の間に2度もトラックが突っ込んでくることなどあるだろうか?)

高木(いや、ありえない)

高木(…………黒井か水瀬、若しくは第3者の組織の可能性が高いな)

高木(黒井は優秀なプロデューサーであるシンジ君の抹殺、それかシンジ君のATフィールドを証明することによるスキャンダル? ……いや、黒井はATフィールドを知らないはずだ)

高木(水瀬は……どうだろうか? シンジ君のATフィールドを観測したかったのか、はたまた渚カヲルの力を観測したかったのか……少なくとも研究対象であるシンジ君と渚カヲルを殺しにかかることは無いだろう)

高木(……渚カヲルは予想以上に恐ろしい存在だ。他人の命に関する認識が軽すぎる。その上一瞬で多数の監視カメラを認識、破壊する程の探知能力と精密なATフィールドを備えている……まさしく化け物だな)

高木(……あのゴシップ誌も案外ハズレではなかったかもしれない)

高木(ま、うちのアイドルになった以上、私たちの仲間だ。なんとか暴走だけはしないように教育しないと……)

高木(……今回のも全て偶然の事故だといいんだが)

高木「……シンジ君、いつまでそうしてるつもりだ?」

シンジ「……真がここに来るまでです」

高木(菊地君が来るまでソファに座り込んでいるというのか)

高木「はあ……ここ1週間の仕事は全て私と秋月君と音無君が請け負っている。が、キャリアが長い私と音無君はともかくそろそろ秋月君が限界だ」

シンジ「…………」

高木「今は皆の努力で補えてはいるが、菊地君が居ないというのはかなりの痛手だ。そのうち皆に負担が大きくなり、765プロの経営が大きく傾く」

高木「……それに、渚君だって最近はレッスンばかりしている。彼はボヤいていたよ? シンジ君がプロデューサーじゃなかったのかい? ってね」

シンジ「……高木、さん」

高木「……どうしたんだね? 菊地君は最近学校にも行ってないらしいが」

シンジ「……僕、辛いんです」

高木「……そうか」

高木(……私もまた、シンジ君にも負担をかけ過ぎていたか)

高木「……今は私と君だけだ。少し、吐き出してみなさい」
315 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:35:35.18 ID:JdErE6UL0
シンジ「僕は必死に努力してここまでやってきた」

シンジ「僕は必死に努力して今の生活を手に入れた」

シンジ「765プロのアイドルのみんな、小鳥さん、秋月さん、高木さん、マンションのお隣さん……それとカヲル君」

シンジ「僕は幸せだった。エヴァに乗ってた頃には無かったものが全て手に入っていったんだから」

高木「…………」

シンジ「貴音は僕が使徒だってことを受け入れてくれた。秋月さんとあずささんは僕の心を一緒に治していこうって言ってくれた」

高木(……四条君が、か)

シンジ「僕はエヴァもネルフもゼーレも戦略自衛隊も襲ってくる使徒も兵器に塗れた第3新東京市もロンギヌスの槍もアダムもリリスも全部全部無い世界に来ることができたんだ」

シンジ「……でも!! 僕の運命は変えられなかった!!」

シンジ「いつだってそうだ。預けられた家の人に料理を振る舞ったら捨てられて、父さんに期待してネルフに行ったらエヴァに乗って使徒と戦えって言われて、必死に使徒を倒したらトウジに殴られて」

シンジ「それでも踏ん張って、トウジたちと仲良くなって、アスカと一緒に住むことになって、アスカはわがままだったけどそれでも幸せな生活だった!!」

シンジ「でもダメだった!! 僕がテストでアスカを抜いたらアスカが無理をするようになった!! それが嫌で僕が手を抜いたら馬鹿にしてるのかってまた罵られた!!」

シンジ「……それからアスカは壊れた。使徒に精神を壊された。僕は悲しかった。僕がアスカより弱かった時は例え使徒が襲って来ようと毎日が楽しかったんだ。でも僕がそれを壊した。使徒がアスカを襲ってる時も僕は何もできなかった。父さんに逆らえなかったから」

シンジ「……それから綾波が死んだ。僕にとっての綾波、2人目の綾波が自爆した。涙を流してまで。使徒と一緒に自爆した!!」

シンジ「……綾波は生きてた。僕はてっきり綾波が死んでしまったと思ってたよ。でも僕の目の前にはいつもの綾波が居た」

シンジ「でもそれは綾波じゃなかった。綾波のクローンの1人、つまり3人目の綾波だった。僕のことも、アスカたちと学校に通ってたことも、全て覚えていなかった」

シンジ「そんなのもう僕の知ってる綾波じゃないって拒絶した。僕には頼れる人間が居なかった。僕は僕に優しくしてくれる人間が欲しかった」

シンジ「そんな時にカヲル君が現れた。カヲル君は僕に無いものを沢山持ってた。ルックス、スタイル、精神的なゆとり、透き通るような声、そしてこんな僕を受け入れてくれた優しさ……僕はそんなカヲル君に依存した」

シンジ「でもカヲル君は使徒だった。カヲル君は僕を裏切ったんだ。でも僕はカヲル君が使徒でも良かった。人間の形をした使徒なんて人間と変わらないはずなんだ。でもネルフの人たちはカヲル君を殺せと言った。カヲル君は僕に殺してくれって言った」

シンジ「僕はカヲル君を殺した。体を握りつぶした。僕の手の中でカヲル君が潰れていく感触とカヲル君の首がL.C.L.に落ちた水音は一生忘れない。今でもカヲル君を見るとたまにそれを思い出すほどだ」

シンジ「それから僕はアスカに最低なことをした。ミサトさんが僕の前で死んでいった。それからサードインパクトを起こした。僕は何もできなかった」

シンジ「……一面赤い世界に包まれた。僕の隣にはアスカが居た。でも僕はアスカを首を絞めて殺した。もう誰にも拒絶されたくなかったから。僕が欲しかったのは僕に優しい人間だから。自分勝手だってわかってるけど、それでも僕は僕に優しい人間が欲しかった」

シンジ「僕はみんなと一緒になろうと赤い海に飛び込んだ。でも何も無かった。ただ液体の中で息ができただけだ。それ以外は何も無い世界。僕には自分への嫌悪感だけが積もっていった」

シンジ「……どれぐらいの時間が経ったかはわからなかったけど、僕の目の前に綾波が現れた。僕は嬉しかった。あの綾波が帰ってきてくれたんだから。僕はずっと、ずーっと綾波と話していた」

シンジ「そのうち僕は元の世界が恋しくなったんだ。このままおしゃべりしてても何も変わらないんだから、僕がこの世界を作り変えてやろうって、平和な世界にしてやるんだって」

シンジ「そしたら綾波が消えた。僕の綾波は幻覚だったんだ。全部僕が作り出した幻覚だったんだ」

シンジ「……それから気が付いたらこっちの世界に来てた。こっちの世界は暖かかった。高木さんっていう僕の仲間が居た。アイドルたちっていう優しい存在が居た。僕はそんなみんなを捨てたくなかった」

シンジ「だから僕は頑張ってきた。偶然貴音っていう僕を認めてくれる存在ができた。カヲル君もこっちに来ることができた」

シンジ「……でも僕の運命は変わらないんだ。いつだって持ち上げられた後に落とされるんだ。最初っからわかっていたことなんだ。でも僕は期待せずにはいられなかった」

シンジ「……でも真に裏切られた。よくわからないけど僕も真を裏切った。真は使徒の僕を拒絶した。世の中貴音みたいな人間ばかりじゃないってわかってた。でも僕は心の奥で真に期待していた。きっと真なら僕を受け入れてくれるって」

高木「……それは違うだろうシンジ君」
316 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:38:21.69 ID:JdErE6UL0
高木「菊地君……いや、765プロのアイドルたちは決して君を拒絶したりしない」

シンジ「そんなこと、ありえるわけがありません」

高木「だがありえるのだよ。私は皆、支え合って団結できるようなアイドルたちをスカウトしてきたのだから」

高木「皆が皆君と菊地君、それに渚君を支えようと頑張っているよ。萩原君は毎日菊地君の家に行っているらしいし、如月君と天海君はセルフプロデュースし始めた。我那覇君や他の皆は暇な時に渚君のレッスンに付き合ったりしている……何故君はここまでしてくれている皆を信用できない?」

シンジ「現に真は僕とカヲル君を拒絶しました」

高木「……キミィ、菊地君の本当の気持ちを知っているのかい? 知った上でそれを言ってるのならとんだ外道だよ、君は」

シンジ「……人の気持ちなんてそんなに簡単にわかるわけないじゃないですか……!! わかったら僕は苦労なんかしていないんですよ!!」

高木「……フン!!」バシイッ!

シンジ「…………っ!」ヒリヒリ

高木「……あまり舐めたことを言うんじゃないぞ碇シンジ」

高木「人の心なんて誰にもわかりやしない。それは人間誰しもが抱えている問題だ」

高木「人が強ければ壁を作ればいい。だが今の君はどうだ? 碇シンジ。君は私の平手打ちにさえATフィールドを張ることができなかった。いや、張らなかったんだ。これがどういうことかわかるか?」

高木「君は無意識に誰かを求めているんだ!! 無意識に菊地君という欠けたピースを求めているんだ!! だったらウジウジしてないでさっさと菊地君を連れ戻してこい!! 相手が来ないなら自分で歩み寄って掴み取ってこい!! それはいつも君がやっていることだろう!!」

シンジ「……僕は」

高木「君はプロデューサーだ!! 765プロの優秀なプロデューサーだ!! だったら何故できない!? 菊地君の恋心を理解できていない!? それは君が勝手に考えることを放棄しているからだ!!」

シンジ「恋心……?」

高木「そうだ恋心だ!! 菊地君はいつも君のことを楽しそうに話していた!! 君の前では乙女だった!! じゃあ何故今回は君を拒絶したのだ!?」

高木「君がいくら辛い過去を語ろうと、辛い過去を持っていようと、今この世界を生きる菊地君には関係無いのだよ!! 菊地君は拒絶がどうのこうのなんて小難しいことは考えていない!!」

高木「……単に菊地君は今回の君が嫌だったのだよ。ATフィールドが使えるのを隠していたこと、突然現れた渚君に君を盗られたこと、自分の淡い思いを裏切られたこと…………もういいかい? シンジ君」

シンジ「…………………………………………」

シンジ「……ええ、もう結構です、高木さん」

シンジ「………………今から真の家に行ってきます」ガチャリ

高木「……すまない。私では解決できないのだよ、この問題は」
317 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:39:23.69 ID:JdErE6UL0
カヲル「……シンジ君は大丈夫かな」

高木「……ああ、彼ならやってくれるさ。昔からシンジ君を監視してきた私が言うのだから間違いない」

カヲル「へぇ……昔から」

高木「仕方ないだろう命令だったんだから。私も加持みたいな仕事の方が楽で良かったよ」

カヲル「君には葛城1尉を口説けるとは思わないけど」

高木「話術にはそこそこ自信があるんだけどねぇ……なあ、四条君。確か君も私に口説かれた1人だっただろう?」

貴音「……いつから気付いていらっしゃったのでございますか」

高木「最初から、かな。私とシンジ君の話を聞いていたのだろう?」

カヲル「君の気配は僕でも簡単に掴めたからね」

貴音「申し訳ございません、私としてもプロデューサーのことが心配で……」

高木「ああ、謝らなくていいよ四条君。別に私が元スパイだからといって君を撃ち抜いたりはしないよ」

カヲル「……ふっ、これでまた元の世界を知った人間が1人増えてしまったね?」

高木「まあいいじゃないか。流石にメディアに知られると困るが、その方が楽でいい」

貴音「やはりプロデューサーとあなたたち2人は……別世界の人間なのでございますか?」

カヲル「……別世界、というのは正しくないかな」

高木「そうだねぇ……正しく言えば2巡目の世界……かな?」

貴音「なんと……!!」

カヲル「アダムの魂を持った僕が記憶を持ったままここに居る、ということはアダムの本体がどこかにあるかもしれないということ」

カヲル「そして……シンジ君もまた、リリスの魂を宿している。僕にはわからないけどリリスの身体もどこかにあるんだろうね」

高木「ふむ……私の予想が外れたか。……シンジ君はまたしても厄介なことに巻き込まれてしまうんだろうね」

貴音「…………」

カヲル「ま、大丈夫だよ」

カヲル「僕がシンジ君を守るから、ね?」

高木「ははは、最強の第17使徒のタブリスがそう言ってくれるなら頼もしいな」

カヲル「出力的には第14使徒のゼルエルの方が強いんじゃないかい?」

高木「おっとそうだったか、これは失敬。でもATフィールドの扱いは君の方が長けているだろう?」

カヲル「まあそうかもしれないけどね」

貴音(全く話に付いていけないのでございます……)
318 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:39:55.92 ID:JdErE6UL0
高木「それにしても……君たちは本当に良く似ているね」

貴音「私と……」

カヲル「四条さんが?」

高木「うむ。赤眼と銀髪……まるで兄妹のようだ」

貴音「私が妹……?」

貴音(私の方が身長が高いのですが……)

カヲル「へぇ、言われてみれば確かに共通点は多いね。デュエットでも組んでみるかい?」

高木「それは面白いねぇ! マイティヴァンパイアでも着てみるかい?」

貴音「いえ、私は別に構わないのでございますけど……」チラッ

カヲル「……えっ、僕もあの服着るの?」
319 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:40:49.12 ID:JdErE6UL0
シンジ「はあっ、はあ……!!」

や、やっと着いた……。

インターホン……早くインターホンを押さないと!

シンジ「…………」ピンポーン

『……はい』

シンジ「…………!! 真!!」

『……プロデューサー』

シンジ「え、ええと……真に言いたいことがあって来たんだけど『帰ってください』……え?」

『帰ってください!! ……ボクはもう、何もしたくないしプロデューサーの顔も見たくありません』

シンジ「そ、そんなこと言わないで——」

ブチッ

……真……。

……いや、まだ諦めないよ。

あの時僕は雪歩に立ち上がれって言ったんだ!!

今みんなは僕の代わりに頑張ってくれてるんだ!!

だから、僕自身が解決しないと。

……でもどうやって入ろうか?

シンジ「くそっ、どうすれば……」

…………? あの窓から覗いてるのは真……?

…………よし、弁償覚悟で強行突破しよう。
320 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:41:41.15 ID:JdErE6UL0
真「……プロデューサーのバカ」

なんで今更迎えに来るのさ。

なんで今頃そんなに必死になってるのさ。

……なんでボクはあんな嫌なメールを送っちゃったんだろう。

本当はあんなこと言うつもりじゃなかったのに。

あの銀髪の人……渚さんだったっけ? と出会った時のプロデューサーの嬉しそうな顔を見てたら……どんどん黒い気持ちになっちゃって。

それで……765プロに行きたくなくなって。

雪歩からのメールでボクが化け物って言っちゃった渚さんもアイドルになるって知って。

……それでまた行きたくなくなって。

学校に行ったらまた765プロの人たちに会ってしまいそうだったから学校にも行かなくなって。

……日課だったランニングもやめちゃって。

そんなダメ人間になっちゃったボクを。

……どうしてボクを迎えに来てくれるの、プロデューサー。

…………どうして今のボクには王子様に見えるの、プロデューサー。

『……っはあ……はあ……やっと見つけたよ、真』

……プロデューサー?

この部屋のベランダって……2階にあるんだよ!?

まさか外の壁を登ってきたっていうの!?
321 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:42:31.22 ID:JdErE6UL0
やればできるんじゃないか、僕。

……確かカヲル君はATフィールドを物体の間に展開させてあのトラックを切り刻んだんだよね。

ATフィールドでできるなら……僕にもできるはず!!

……集中、集中するんだ僕。

もうATフィールドは僕を守るだけのものじゃないんだ。

僕がATフィールドを操るんだ!!

そうだ、この窓ガラスを70センチ四方ぐらいに切ればいいんだ。

ガラスの間にATフィールドを展開……!!

パリッ

……や、やった!!

ちゃんとガラスを切れたぞ!!
322 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:43:02.82 ID:JdErE6UL0
伊織「…………むふっw」

千早「…………くっw」プルプル

カヲル「な、なんで僕がこんなスカートの衣装を着ないといけないんだい!?」フリフリ

貴音「け、結構似合ってるのでございます……よw」ブフォッ

高木「いやあ星井君の衣装のサイズがピッタリで良かったよ。私が必死に着付けた甲斐があったね、渚君?」

高木(いつの間にか如月君と水瀬君が帰ってきてたのには焦ったがね)

カヲル「……しかもこの衣装の曲って……きゅんっ! ヴァンパイアガール……!? 僕は男なんだけど!!」

貴音「問題ありません。今のあなたはまるで真のようでございます」

伊織「あんた真に怒られるわよwwwwww」

高木「ま、まあ聞いてみたまえwww」ポチッ

〜〜♪
323 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:43:48.52 ID:JdErE6UL0
シンジ「……久しぶり、真」

真「……プロデューサーも……その……」

シンジ「……ごめん、隠してた。僕もカヲル君と同じだ」

真「……バカ」

シンジ「うん、僕はバカだ」

真「なんで言ってくれなかったんですか」

シンジ「……みんなにバレたら怖がられると思ってたから」

真「そんなわけ……ないじゃないですか」

シンジ「……ごめん」

真「……ボクも酷いメールを送っちゃいました。ごめんなさい……」

シンジ「……僕もカヲル君も気にしてないよ」

真「……プロデューサーと渚さんって……どういう関係なんですか?」

シンジ「……できるだけ秘密にしといて欲しいんだけど」

真「ええ、わかってます」

シンジ「………………僕とカヲル君はね、使徒って呼ばれる生き物なんだよ」
324 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:44:52.23 ID:JdErE6UL0
シンジ「真は……エヴァンゲリオンっていう巨大ロボットがあったって言ったら……信じる?」

真「……信じられませんよ、そんなこと」

シンジ「ふふ、そうだね。でも僕はエヴァンゲリオンのパイロットだったんだ」

真「……ホントですか?」

シンジ「うん、ホント。そのエヴァンゲリオンは使徒っていう敵と戦うために造られたロボットでさ。ATフィールドっていうバリアを使うことができるんだ」

シンジ「ほら、カヲル君がトラックを切り刻んだでしょ? 僕もさっき窓ガラスに四角い穴を開けたでしょ? あれもATフィールドの応用なんだ」

真「……一応信じます」

シンジ「ありがとう、真」

シンジ「……でね? 僕は失敗して世界を滅ぼしちゃったんだ」

真「!?」

シンジ「あはは、信じられないよね……まあいいか。実は真やみんな、それに僕が今生きてる世界は前と違う世界なんだよ」

真「……また信じられなくなりました」

シンジ「まあ……僕もあんまり詳しいことはわからないから省くけどさ。何故か僕はその時から使徒になっちゃったんだよ」

真「その……使徒って一体なんなんですか?」

シンジ「そうだね……はは、僕もよくわかんないや」

真「……ダメじゃないですか」

シンジ「でもさ、僕って疲れないし老けないんだよ。それも原因不明でね」

真「…………羨ましいです」

シンジ「僕は身長が伸びないから嫌なんだけどね……。でね、多分なんだけど……それってS2機関っていう永久機関が機能してるんだと思うんだ」

真「永久機関……?」

シンジ「そう、永久機関だよ。これがあるから僕は使徒だって言えるのさ」

シンジ「……ATフィールド……いや、あのバリア自体は一応人間も使えるからなんとも言えないんだけどね」

真「……ボクでも使えるんですか?」

シンジ「そうだねえ……。人間ってさ、自分の形を保つためのATフィールドしか無いから、難しいかもしれないよ?」

真「……そっか、残念ですね」

シンジ「今の説明でわかったの?」

真「使えないってことはわかりました」

シンジ「あはは、ダメじゃないか……ま、僕とカヲル君は昔からの友達ってだけだから別に付き合ってるとかじゃないよ」

真「も、もう!! あれはボクが焦って送ったメールなんだから忘れてくださいよ!!」

シンジ「ごめんごめん!」

……でも、運転手さんが死んじゃったのは事実なんだよね。

今度お墓にお供えしに行こう……。
325 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:45:22.21 ID:JdErE6UL0
シンジ「……真は、これからどうしたい?」

真「……プロデューサーはどうするんですか?」

シンジ「僕? 僕はね……できれば真とみんなと一緒に居たい……かな?」

真「……ボクは……いえ、ボクも一緒に居たいです。みんなが許してくれるなら」

シンジ「…………!! ありがとう真!! それと……ごめんね、真の想いに応えられなくて、気付いてあげられなくて」

真「……いえ、大丈夫です。だってボクとプロデューサーは、アイドルとプロデューサーですから。最初っから叶わない恋だってわかってました」

シンジ「……そっか」

真「だから……」チュッ

シンジ「…………!!」

真「今はほっぺにチューで済ましておきますっ!! じゃあボク、今から765プロに行く前にシャワー浴びてきますんでちょっと待っててください!!」タッタッタッタッ

シンジ「え、あ、うん」カアアアアアア

キス……されちゃった。
326 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:46:00.21 ID:JdErE6UL0
カヲル『どこかへお出かけ、お嬢様♪』

貴音『喉がからから限界ギリギリ、発狂寸前♪』

『『きゅんっ♪』』

千早「ちょ、やめwwwてww」

カヲル『2番目にイケてる、人がいい♪』

貴音『いいえヒトなら誰でもいいの、贅沢言わない♪』

『『発見!!』』

カヲル『美味しそうな男の子、じゅるるん♪』

伊織「や、ヤバイってwwwwwホモがそれ歌ったちゃダメよwwwww」

貴音『いいものあげる、暗闇で〜♪』

カヲル『思わせぶりにウィンク〜♪』

貴音『はにかみながら、目を伏せて〜♪』

貴音『パッと舞って〜♪』

カヲル『ガッとやってチュッと吸って』

シン真「「ただいま帰——」」

『『haaaaaaaaaaaaaan♪』』

シンジ「」

カヲル「」

真「」

貴音「」

高木「ああ、おかえりシンジ君、菊地君」
327 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:46:41.26 ID:JdErE6UL0
「全く、せっかくのチャンスだったというのに撮る直前にカメラが壊れるとはどういうことなのだ!!」

「そんなこと言われましてもねぇ……こう、構えてたらカメラがぱかっと割れたんですよ、縦に」

「……というかいくらなんでも今回の件は異常ですよ黒井さん。目標の碇シンジにトラックを突っ込ませた瞬間を撮影しろって……何もかもがめちゃくちゃです」

黒井「……わかっている。これはかなり無理がある作戦だ」

黒井「だが……そこまでしてまであのプロデューサーを失脚させたいのだよ、私は」

「……それにしてもトラックを衝突させろって……よくあの運転手も引き受けたもんですよ」

黒井「フン、5000万ほどの金を積めばそれ程度造作もない。ま、結局は払う前に原因不明の事故でハンバーグとなったがな」

「……ま、俺も金で動いていますし、あまり偉そうには言いませんけど」

黒井(……765プロの碇シンジ、それに突然現れた渚カヲル)

黒井(やつらは明らかにおかしい。これは前のトラック衝突事故の時からわかりきっていたことだ)

黒井(大体証人として呼ばれた後の冬馬の表情を見ればわかる。偶然碇シンジに傷が付かなかったなんてありえない。物理法則を超えてしまっている!!)

黒井(……認めるのはシャクだが、あのプロデューサーは有能だ)

黒井(だからこそ、あのプロデューサーがなんらかの方法で爆風や衝突から身を防いだ化け物だと証明すれば……765プロも傾くはず)

黒井(……いや、わかっている。この方法は馬鹿げている。大体そんな力があるわけがないし、例え公表したとしても認められるわけがないだろう。私だってそれぐらいの常識は弁えている)

黒井(が……私自身好奇心というものも感じているのも事実。認めなければならない)

黒井(……碇シンジのスキャンダルにはあまり期待しないでおこうか。セレブな私はスタンダードにリッチな方法で765プロのアイドルたちを攻めるとしよう)

黒井「……では今日は帰りたまえ。またの機会に世話になるぞ」

「ええ、じゃあこの壊れたカメラ代も上乗せした給料を振り込んでおいてくださいね?」

黒井「ウィ。約束は守る」

黒井(……フン、はした金で動かせる駒とはいえ、何も収穫が無いのは腹が立つものだ)

黒井「……今日はいい月だな、高木。まあ貴様は太陽の小さな小さな黒点のような存在だったが」

黒井「……しかし、あまり金に頼るのもつまらないな。今度は……ジュピターの実力を見せてやろう、765プロ!!!!」

黒井(……なあ、ドアの外で聞いているのだろう? 冬馬)
328 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:47:39.72 ID:JdErE6UL0
冬馬(……実力って……やっぱりおっさんは何もしていないのか……? いや、それにしても金って……やっぱり今日はいいか)タッタッタッ

黒井「……フッ、冬馬は扱い易くて良い。……次の765プロの仕事は……ほう、あのアイドル事務所が集まってワイワイするだけの大運動会か」

黒井「……出場者が女子限定ならば仕方ない。精々ジュピターのパフォーマンスを披露する程度にしておいてやる」

黒井「……フハハ、ジュピターの圧倒的なパフォーマンスに慄くが良い!! 765プロ!!」
329 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:48:33.10 ID:JdErE6UL0








第5話『甘美なる毒入りリンゴ(エデンノチエノミ)』 、完





330 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/10/28(火) 18:50:19.94 ID:JdErE6UL0
とりあえずこれだけ……

事故の処理に関しては俺もよくわからないのでスルーしてください。よくわからない力が働いたことによって加害者側が死んで被害者側が無傷とか普通は無いだろうし

また書き溜められたら投下しに来ます
331 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/28(火) 20:10:09.98 ID:yaIvwWyB0
おつおつおー、いやぁ、面白いですねぇ。
真と貴音さんは説明して受け入れてくれたけど、他の皆はどうなるのか楽しみですわ。
332 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/28(火) 23:27:35.40 ID:ReCKZqfEo
Z「笑わせるな、事実の隠蔽(いんぺい)は君の十八番ではないか」

R「事実は往々にして隠蔽されるものなのよ」


こうおっしゃる方々もいらっしゃることですし、
あちらにも誰かいらっしゃるのでしょう

カヲルくんも順調に弄られて何よりですw
にしても…>1はシンジくんに優しいなぁ
ちゃんと悟せる大人を配置するなんて

333 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/29(水) 00:03:16.53 ID:0vkWF7sy0
高木社長えらく上から目線だが自分が人類補完計画の片棒を担いで人類滅亡の原因の一端である自覚はあるのだろうか?
少なくとも何も知らなかった子供のシンジより
ゲンドウの子飼いであり極秘情報も知っていた分責任は重いと思うんだが…
334 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/10/29(水) 00:14:24.28 ID:tDDKSWtMo
だとしてもシンジと一緒にウジウジしてても誰も得しないからな
無責任とか恥知らずだとわかっててもシンジ引っ叩いて喝入れたほうがシンジのためになる
335 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/10/30(木) 11:14:41.33 ID:b5xzjFQJ0
なるほど利益とシンジ君の為にあえて卑怯で恥知らずなマネをしているわけですね
336 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/11/03(月) 21:56:17.76 ID:wEqvbVdL0
ものすごく久しぶりなのに少しで悪いんですけど投下
337 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/11/03(月) 21:57:01.92 ID:wEqvbVdL0
高木「……わかっていたさ」

高木「ああ、最初からわかっていたよ」

高木「私が無責任であること」

高木「私の責任はとても背負い切れるものではないということ」

高木「……私が責任を忘れかけているということ」

高木「あの時から30幾年。司令の子飼いのスパイであった私も衰えが来ている」

高木「衰えるならまだいい。このような力は本来必要なものじゃない」

高木「……私もあの時は躍起になっていたものだ」

高木「グレていた私が目に付けたのは人工進化研究所、警備員募集中の文字。仕事で暴力を震えるならこれ以上の天職は無いと喜んだものだ」

高木「だが、実際は他の組織とのドンパチが主な仕事だった。ああ、私は実にバカだったと、肩を銃弾で抉られた時に痛感したよ」

高木「表向きには復興していた社会の裏はこんなにも汚れていたんだ、セカンドインパクトが起きてから世界は変わったんだ、ともな」

高木「だが私はバカで単純だった。何しろ成果を上げて生還すれば上司に褒めてもらえるのだから、自分の存在を認めてくれるのだから。だから私はまるで奴隷のように身を粉にして働いた」

高木「そしていつしか自分が諜報部のトップとなった時、碇司令の指示で碇司令専属の便利屋となった。当然、当時の私はバカみたいに喜んだ」

高木「……人類滅亡の片棒を担いでいたとは知らずにな」

高木「ああ実に愚かだ。愚かであるが故にここに来てしまったのだろう。綾波などという小娘に抱きつかれようがただの赤い液体に褒められようがあんな気味の悪い場所には居たくなかったからね」

高木「……こっちに来てからはひたすらアイドルの育成に努めた。決して同期の黒井には負けないように、とな」

高木「そのまま芸能界に揉まれ、諜報部時代とは違うぬるま湯の世界にずっと浸かってきた私は今、どうするべきなのだろうか」

高木「いずれ何かの波乱が起こることは容易に想像できる。何しろアダムとリリスの魂、ATフィールドが存在するのだから」

高木「……だが私は無力だ。使徒の力を持ったシンジ君や渚カヲルの力にはなれない。何もすることができない」

高木「……それに、この前はシンジ君に偉そうに怒鳴り散らしてしまった。昔の存在を認められようとしている私を見ているようでつい、な。私自身がシンジ君に途轍もなく大きな負担を掛けさせたということも忘れて」

高木「あの後は偶然上手く行ったが……私は……私はこれからどうすればいいのだ?」

高木「シンジ君とは違ってコアがある渚カヲルが研究されているならば、いずれ水瀬はS2機関を発見してしまうだろう」

高木「……私はそれを阻止するべきなのか……?」

高木「……ははっ、無駄に積み重ねてきた経験が足枷になるとはね。若い頃のアグレッシブさが羨ましい」

高木「もう少し……様子を見ようか」

高木「……愛用していたあの銃ぐらいは準備しておこうかね」

高木「さあ、今日も765プロで元気に仕事をしようか」
338 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/11/03(月) 21:58:04.81 ID:wEqvbVdL0
カヲル「シンジ君、なんで君を殺そうとした人間にお供えする必要があるんだい? しかもお墓もできていないのに」

シンジ「そりゃあ確かに僕に突っ込んできたのは相手のトラックだけど、先に殺しちゃったのはカヲル君じゃないか」

カヲル「いや確かにそうだけど……わざわざレッスンを休んでまで来る必要はあるのかい?」

シンジ「今日カヲル君のデビュー曲が届くはずなんだから別にいいじゃないか。君だって持ち歌じゃないReady!!のレッスンばかりじゃ嫌でしょ?」

カヲル「フッ、僕にはきゅんパイアがあるから特に問題は無いのさ」

シンジ「いやそういう問題じゃなくて……」

……あれ、先客が居る……って黒井社長?

シンジ「……初めまして、ですかね。黒井社長?」

黒井「…………!! ……何のようだ765プロ!!」

シンジ「……献花に赤いバラはやめておいた方がいいですよ。基本的にトゲがあるものはNGですし、普通は白い花を供えますから」

黒井「……フン、そんなもの私の勝手だ。それにお前は何も持ってきていないではないか」

カヲル「そういえばそうだね。なんで何も用意しなかったんだい?」

シンジ「ここはあくまで公道だから、お供えの花が枯れたりジュースが腐っちゃったりしたら片付けることになる近隣の人に迷惑でしょ? だから僕はこの人のお墓ができた時に持って行くよ」

カヲル「へぇ……なるほどね」

黒井「……まあ良い。私は帰る」

シンジ「……そうだ、今度うちのカヲル君が次の定期ライブにサプライズで登場するんですけど……チケット要りますか?」ヒラッ

黒井「……要らん。貧乏人のみすぼらしいライブなぞ見に行く価値すら無い」パシッ

あっ、チケットが飛んでっちゃった。

カヲル「それを本人の前で言うのかい……。
まあいいさ、僕は君のジュピターを追い抜いてみせるからね」

黒井「……はっ、笑わせる。負け犬は負け犬らしく戯言でもほざいていろ。……今度の大運動会、余興としてジュピターが出演する。ジュピターの圧倒的なパフォーマンスを良く目に刻んでおけ」

カヲル「ジュピターの映像なら振り付けを覚える程には研究したよ。ファン層が被る以上、最大のライバルとなり得る存在だからそれぐらいは当然さ」

黒井「……ジュピターのライバルなどにはさせん。精々底辺で足掻いていることだ。アデュー」スタスタ

……あ、結局バラは持って帰るんだね。

それにしても……なんで黒井社長がお供えを?

シンジ「……僕が思っていたより嫌な人だったね」

カヲル「ふふふ、いかにも悪役って感じの人で面白いじゃないか。これは僕も負けていられないね?」

シンジ「……そうだね、僕も頑張るよ」
339 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/11/03(月) 21:58:44.49 ID:wEqvbVdL0
律子「社長、遂に新ユニットの詳細が決まりましたよ!!」

高木「おお!! ようやく決まったか!!」

律子「ええ、765プロのさらなる飛躍のためのユニットですからね、私も真剣に考えましたよ!!」

高木「うむ、ならば早速聞かせてもらおうか、その新ユニットの名前を」

律子「ずばり、竜宮小町、です!!」

高木「ほう……なかなかインパクトのある名前じゃないか」

律子「語呂を重視したせいでこだまプロの新幹少女と似た感じになってしまいましたけどね……」

高木「それぐらいなら別に構わないよ。……メンバーはあの3人で行くのかい?」

律子「はい、海を意識して前から選抜されていた3人組ですから。伊織をリーダーに据えたあずささんと亜美との3人で組んでもらいます」

高木「今までの我々とは違う路線の小悪魔系路線……と言うべきかな? その路線で攻めていくというのは面白い発想だからね。期待しているよ」

律子「ありがとうございます!! 私、秋月律子が精一杯プロデュースしてトップアイドルまで導きますから!!」ズイッ

高木「わ、わかったから落ち着きたまえ! ……あまり焦って失敗するんじゃないぞ、律子君。デビューは大運動会が終わってからだからね」

律子「わかってますって!! では早速あの子たちに報告して参りますので!!」ダダダダダダダ

高木「あ、ああ……」

小鳥「……律子さん、テンション高いですね」

高木「まあやっと自分の専属ユニットができたからねぇ……彼女も嬉しいのだろう」ピラッ

小鳥「その紙は……?」
340 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/11/03(月) 21:59:16.51 ID:wEqvbVdL0
高木「ああ、これはシンジ君が作曲家に作ってもらった新曲なんだ。渚君のデビュー曲にするらしいんだけどね?」

小鳥「ちょっと見せてもらってもいいですか?」

高木「ああ、構わないよ」

小鳥「……『edeN』?」

高木「どうやら恋愛の歌みたいだね? サンプルを聴いた限りではクールな印象を受けたが」

小鳥「へえ……アダムとイヴの物語をモチーフにした恋の歌ですか」

小鳥(これって……シンジ君のカヲル君に対する恋心の歌だったりして!?)

小鳥(エデンの禁断の果実は男なのに男のカヲル君を愛してしまうというタブーの比喩とか!? ……ムフフ、妄想が捗るピヨォ)ニヘェ

高木「本人はジュピターのAlice or Guiltyと恋をはじめようのいいとこ取りをしたと言っていたがね」

高木(おそらく、渚カヲルのアダムの魂、それにイヴとエヴァからエデンの楽園をテーマに据えたんだろうね。それから渚の頭文字のNを大文字にして……ふむ、いい感じに仕上がっているじゃないか)

高木「ほら、早くそのだらしのない顔を直しておかないともうすぐシンジ君が来るよ?」

小鳥「……はっ! ご、ごめんなさい!!」
341 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/11/03(月) 21:59:46.60 ID:wEqvbVdL0








第6話『黒い木星の影で』







342 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/11/03(月) 22:00:54.16 ID:wEqvbVdL0
毎回悪化していく文章を見て本当に完結できるのだろうかと冷や汗をかいておりますが、今日はこれだけです
343 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/04(火) 13:56:28.06 ID:OUwqYxQdo
edeNのMVは妄想が捗る
344 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/14(金) 19:50:05.02 ID:DIVpvTl7o
まだー
345 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/11/21(金) 01:22:41.62 ID:zAkEOqsF0
リアルが多忙になったand数々の失敗(高木社長の独白シーンとか黒井社長とチョロい冬馬のシーンとか……)で正直書くのが嫌になってエタりそうになったりしてたけど復活。もう過去の失敗とか黒歴史などは忘れて吹っ切れます
ただ前のようなペースでは投下できませんのでご了承を……とりあえず今書き溜めてますのでそのうち投下しに来ます
読んでくださる方がいらっしゃらなかったらご了承もクソも無いんですけどね(悟り)
346 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/21(金) 06:12:27.94 ID:jAovXHN3o
待ってるやで
347 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/11/21(金) 12:57:20.26 ID:84GCbGrHO
乙。どれだけ時間かかっても最後まで付き合うぜ。
348 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/11/21(金) 18:44:37.48 ID:nNxdf2cr0
どれだけ時間かかってものんびり待ってますよー!
349 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/22(土) 19:46:53.72 ID:70RstPjL0
待ってるぞ!
350 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/12/01(月) 01:34:12.54 ID:k4vB324jo
待ってるよ
351 : ◆uLM3T8C/3g [sage]:2014/12/01(月) 19:00:15.30 ID:05odvknz0
沢山のご声援ありがとうございます
致命的なミスがありましたので一度このスレのHTML依頼を出し、修正したものを新しく建てたスレに投下しようと思います
タイトル自体は変えませんのでご安心ください
352 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/12/01(月) 19:58:35.17 ID:KJ0kw6i10
若干内容が変わるって認識でいいですかね?楽しみにしてますね!
353 : ◆uLM3T8C/3g [sage]:2014/12/01(月) 20:57:08.31 ID:g3XjhBPkO
>>352 ほんの、ほんの少しなんで(多分)それほど期待しないでくださいね
354 : ◆uLM3T8C/3g [saga]:2014/12/01(月) 21:42:37.28 ID:0Sq27Iox0
一応貼っときます

シンジ「ぼ、僕が765プロのプロデューサー……ですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417428203/
185.09 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)