このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

肇「Pさん、お疲れじゃないですか?」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/19(水) 00:45:56.52 ID:t319UGp00
P「……肇か。どうした?」

肇「いえ……。なんだか疲れた顔をしているように見えたので」

P「ん。まあ、そうかもな。でも今が一番大事な時期だ」

肇「それで体を壊されては元も子もありませんよ?」

P「まあ、とりあえずもう少しやってから休むことにするよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416325546
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

梨子「なかったことにしたくないから」 @ 2018/04/22(日) 06:48:27.52 ID:L5HOfUV+O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524347307/

うまる「もうお兄ちゃんと結婚する!」 @ 2018/04/22(日) 06:24:18.35 ID:ZfbIsqAM0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524345858/

すんどる村ぁ老人ばかりで未来がねぇだ @ 2018/04/22(日) 06:21:27.88 ID:LhNo9Rd30
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524345687/

なおかれに挟まる佐城雪美 @ 2018/04/22(日) 03:11:46.11 ID:s7L++1/r0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524334305/

【モバマスSS】レディ・プロデューサー・ワン @ 2018/04/22(日) 02:54:57.38 ID:rbf/OmiNO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524333297/

瑞希「薄暗い夕方のカフェで」桃子「瑞希さんと二人でドメモ!」【ミリマスSS】 @ 2018/04/21(土) 23:17:33.47 ID:6a/hgLuI0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524320253/

橘ありす「インタスグラム、ですか?」 @ 2018/04/21(土) 22:35:39.04 ID:0nbIURfu0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524317738/

【ミリマス】そら「エミリーちゃんは凶器」 @ 2018/04/21(土) 22:20:32.00 ID:C2Hp/i550
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524316831/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 00:51:13.51 ID:t319UGp00
肇「ダメですよ」

P「……なんだ、今日は珍しく強情じゃあないか」

肇「それだけ心配なんです。さあ、ソファーに行くだけでもいいですから」

P「……あいよ」

ポスン

P「……さ、これでいいか?」

肇「もう、もっとリラックスしないと。ほら、深呼吸しましょう」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 00:54:23.72 ID:t319UGp00
P「深呼吸?」

肇「はい。それだけでも随分違うと思いますよ?」

P「ふうん」

肇「それに筋肉がよくほぐれますから。よくリラックスできると思います」

肇「私も作業の合間によくやっていて」

P「うん。まあ、大した時間もとらないしな」

肇「はい」ニコ
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 00:58:46.61 ID:t319UGp00
肇「そうですね……。こういう時って目に見える一点を見つめてやるといいんです」

肇「すうぅー…………はあぁー…………」

肇「こんな風に」

P「深呼吸なんかにもやり方があるんだなあ」

肇「はい。簡単にできていいですよね」

肇「では……息を、大きく吸ってー……」

P「スウゥー…………」

肇「吐いてー……」

P「ハアァー…………」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 01:01:45.91 ID:t319UGp00
肇「どうです? 少しだけ、気持ちよくなってきたと思いませんか」

P「ん。肩の力は抜けてきたかもな」

肇「よかった」ニコ

肇「では、もう一度。吸ってー……」

P「スウゥー…………」

肇「吐いてー……」

P「ハアァー…………」

肇「吸ってー……」

P「スウゥー…………」

肇「吐いてー……」

P「ハアァー…………」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 01:05:15.92 ID:t319UGp00
肇「目を閉じて、何かイメージしてみるといいかもしれませんね」

肇「温かいお風呂だったり……とろとろのシチューだったり……」

肇「温かくて、リラックスのできるような……」

P「……」

肇「吸ってー……」

P「スウゥー…………」

肇「吐いてー……」

P「ハアァー…………」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 01:08:37.51 ID:t319UGp00
肇「吐くときには、ストレスを体から抜いてしまうように……」

肇「お仕事や、失敗のこと……」

肇「心の中の重たいものを吐き出すんです……」

P「…………」

肇「吸ってー……」

P「すうぅー…………」

肇「吐いて……」

P「はあぁー…………」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/19(水) 01:09:33.01 ID:vctM4QG5o
トロトロのシチュー...あっ...
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 01:16:14.51 ID:t319UGp00
肇「……どうですか? なんだか、体も軽くなってきたような気がしませんか?」

肇「嫌なことと一緒に、体の力が抜けてきたんです……」

肇「吸ってー…………吐いてー…………」

P「すうぅー…………はあぁー…………」

肇「ほら、力が抜けてきています。吸ってー……」

P「すうぅー……」

肇「吐いてー……」

P「はあぁー……」

肇「どんどん抜けてきたようですね。ふふ、脳に酸素が回ってきたんですよ」

肇「吸ってー…………吐いてー……」

P「すうぅー…………はあぁー…………」

肇も「力も、嫌なことも。全部、吐き出してしまいましょう……」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/19(水) 01:16:56.29 ID:PHZCW114O
あっ・・・(察し)
11 :肇も→肇 :2014/11/19(水) 01:21:05.79 ID:t319UGp00
肇「……そうですね、もう深呼吸は十分だと思います」

肇「あとは、自分の楽な呼吸でいいですよ」

P「ん……」

肇「せっかくですから、もっと体の力を抜いてしまいましょう」

肇「随分お疲れのようですし。もっと、気持ちよく……」

P「んー……」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/19(水) 01:27:08.12 ID:uNgKKpRvo
DLsiteで売ってる?
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 01:28:48.25 ID:t319UGp00
肇「といっても、もうすっかり抜けきってるかもしれませんね」

肇「ふふ、始めから力なんて入ってなかったみたいです……」

肇「すぅっと……抜けているんじゃないですか……?」

P「……」

肇「太もも……足……つま先……」

肇「まるで……しぼんだ風船のようです……」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/19(水) 01:31:43.75 ID:2OQkHT+No
ああ…導入しっかりしてますねぇ…
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 01:32:05.07 ID:t319UGp00
肇「ほら……肩も……腕も……指先まで……」

肇「すっかり、感覚も残らないくらいに……」

P「……」

肇「どうですか……? 腕の力、感じますか……?」

P「……」

肇「脚の力は、感じますか……?」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/19(水) 01:32:49.65 ID:hNadjF1e0
あっ(察し)
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 01:37:00.37 ID:t319UGp00
肇「ふふ……。ぼんやりとしか、感じられないのではないでしょうか……」

肇「きっと、とっても気持ちよくなってますね……」

肇「いつから、気持ちよかったのでしょうか……?」

肇「とても、自然なことなんでしょうね……」

P「……」

肇「私の勧めでリラックスして……気持ちよくなって……」

肇「ぼんやりとして……自然なことなんですね……」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/19(水) 01:44:10.32 ID:ZxYvdOh5o
鷺沢さんの声ってどう聞いても催眠音声だよね(唐突なドラマCDのステロイドマーケティング)
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 01:44:33.05 ID:t319UGp00
肇「なんだか、眠くなってきたみたい……」

肇「いいですよね……。温かい日差しの下で、お昼寝なんかしてみたりして……」

肇「とても……幸せですよね……」

肇「そう、私と一緒に……。幸せですよね……」

P「……」

肇「……そういえば、なんだかいい香りがすると思いませんか……?」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 01:47:55.66 ID:t319UGp00
肇「この間、教えてもらったんです……」

肇「なんだか素敵ですよね……。女の子の香りって感じ……」

P「……」

肇「きっと、たくさん吸われてしまいましたね。深呼吸もしたから……」

P「……」

肇「私の香り……『女の子』の香り……」

肇「ふふ、とても幸せな気持ちに、なれると思います……」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 01:52:22.70 ID:t319UGp00
肇「Pさんも、幸せな気持ちですよね……?」

肇「ふわふわで……とても気持ちよくて……」

肇「私も、幸せです……」

肇「Pさんが幸せだと、私も幸せです……」

P「……」

肇「すっかり、リラックスして……」

肇「もう、眠ってしまいますか……?」

肇「意識がとろけて……何も考えられなくなって……真っ白で……」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:02:53.99 ID:t319UGp00
肇「…………あれ? でも、眠れないみたいですね」

P「……」

肇「ちゃあんと、全部、抜ききってしまったら……よく眠れるかもしれません……」

肇「ふふ……その為には、体を少し動かせるようにしないといけませんね……」

肇「……三つ、数えましょう」

肇「そしたら……頭も、体も気持ち良いまま、目が覚めます……」

肇「少しくらい、意識が戻っても大丈夫……」

肇「すぐにまた、気持ちよくなりますから……」

肇「反動をつけるようなイメージで……」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:07:09.61 ID:t319UGp00
肇「3……2……1……」

肇「ゼロ!」

ぱんっ!

P「……」ピク

肇「ほら、力が戻りました」

肇「でも……意識はふわふわしたまま……」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:13:16.17 ID:t319UGp00
肇「力は戻るから……意識はふわふわしてますね……」

肇「ほら、力が戻ると……なんだか、お腹の下に湧き上がってきました……」

P「……」

肇「いっぱい、吸い込みましたもんね……」

肇「『女の子の』……」

肇「それも……男の人を夢中にさせる……『アイドルの』香り……」

肇「たくさん、鼻から吸い込みましたもんね……?」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:17:44.14 ID:t319UGp00
肇「だから、どきどきして……」

肇「体が熱くなって……」

肇「えっちな気分になるのは……当然ですね」

肇「ほら、肌も敏感になって……」

P「……」ビク

肇「ほら、どんどん熱くなっていく……」

肇「どんどん敏感になっていく……」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:20:34.61 ID:t319UGp00
肇「もう我慢できませんか……?」

肇「どきどきして……熱くて……」

P「……」ビクビク・・・

肇「えっちな気分が……治まりませんよね……?」






肇「……もう、我慢するのやめましょうか」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:24:42.36 ID:t319UGp00
肇「ほら……今から10、数えますね……」

肇「0になったら、もう全部、解放してしまいましょう……」

肇「体が火照って……もう止まらなくなって……」

肇「今にも、あふれ出してしまいそうになっちゃうんです……」

肇「そしたら……しゅっしゅって、してあげますからね……」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:27:07.26 ID:t319UGp00
肇「10……9……8」


肇「ほら、どんどん疼きだす」


肇「7……6……5」


肇「熱くてもう止まらない」


肇「4……3……2……1」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:30:00.50 ID:t319UGp00
肇「0」

肇「ほら頭がしびれていく」

肇「ほら疼いてもう我慢できない」






肇「もう、我慢できませんよね……?」

肇「気持ちいいこと、したいですよね?」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:34:32.37 ID:t319UGp00
肇「ふふ、してほしいですよね?」


肇「ほら、ズボンなんて下ろしてしまって……」


肇「ほら、先端から溢れてる」


肇「人差し指で……こすり付けてあげましょう」


肇「ほら……。ぬる、ぬる、って」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:39:48.63 ID:t319UGp00
肇「ふふ、気持ちいいですね」


肇「ほら、腰が引けちゃうほど快感が止まらない」


肇「でも……どこを触っても、この先っぽくらい、気持ちいいんですよ」


肇「だって、あんなに『女の子』で『アイドル』の香りを吸っちゃったんですから……」


肇「ふふ、吸いすぎたかも……。どうなっちゃうんでしょうね……?」


肇「つい、イメージしちゃいますね……?」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:43:41.68 ID:t319UGp00
肇「どこをさわっても、逃げられません」


肇「つい腰が引けてしまいます」


肇「でも、最初から逃げる必要なんてありませんね」


肇「ほら、しゅっ、しゅっ、って」


肇「ほら、びくびくしてる」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:47:09.36 ID:t319UGp00
肇「まるで、陶芸みたい」


肇「ほら……しっかりと、でも優しく、包み込んで……」


肇「優しく触れてあげるのが大事なんです」


肇「指の腹を使って……」


肇「真ん中に立てるように……」


肇「ふふ、ぬるぬるが止まりません」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:49:42.41 ID:t319UGp00
肇「指先には力をこめて……」


肇「上から……下に……」


肇「下から……上に……」


肇「優しく、優しく……」


肇「もう我慢できませんか?」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:51:59.09 ID:t319UGp00
肇「ほら、イッていいですよ……?」


肇「素敵ですよね、私の香りでいっぱいになって……」


肇「熱くなって……幸せで……」


肇「もう、イキたいですよね……?」


肇「じゃあ……10、数えてあげますね」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:54:24.82 ID:t319UGp00
肇「0!」


肇「……って、言ってほしいですか?」


肇「分かりました……。0って言ったら、イッていいですからね」


肇「0! って言ったら……全部、吐き出してしまいましょうね」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:56:03.00 ID:t319UGp00
肇「10……」


肇「9……」


肇「8……」



肇「ほら、いじるの気持ちいいですよね」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:57:27.41 ID:t319UGp00
肇「7……」


肇「6……」



肇「ほら、腰もずっとびくびくしてますよ」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 02:59:38.63 ID:t319UGp00
肇「5……ほら、もうイッちゃいそうですね」


肇「4……」




40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 03:01:19.02 ID:t319UGp00

肇「3 2 1 0っ!」



びゅるっ! びゅるるるるる・・・



――――――


――――
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 03:04:40.62 ID:t319UGp00

――――

――――――


P「ん……」パチリ

肇「あ、おはようございます。Pさん」

P「ああ……寝てた、のか……」

肇「はい、よくお休みでしたよ。とても疲れてたみたいですね」

P「んっ……。なんだか、かなりさっぱりしてるな。頭もすっきりだ」

肇「それはよかったです」




ぺろり





42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/19(水) 03:06:13.38 ID:t319UGp00
おしまい

書いている途中、雪歩で凄まじいクオリティのものがあったのを思い出しました
あれと比べられるとなると恐ろしいものです
でも関係ありませんね、このSSには催眠もエロもありませんので
当然ですね
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/19(水) 03:14:00.49 ID:hNadjF1e0


ふぅ…
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/11/19(水) 03:15:58.47 ID:+U3h6cCY0
>>1
そうだな。いい夢見ただけだよ
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage ]:2014/11/19(水) 04:57:56.55 ID:mnnLxI4fO
支援
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/19(水) 15:05:36.27 ID:6cNoEpaeO
おっと寝落ちしてたみたいだ、エロ可愛い肇ちゃんの夢を見てたような……乙乙
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/19(水) 16:35:49.72 ID:9gWkkQNYo
雪歩の方のスレタイ詳しく
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/19(水) 18:24:47.15 ID:k3qdRnOtO
>>47
雪歩「私はプロデューサーのフェラホール」 じゃないのかな
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/19(水) 21:23:52.94 ID:eTDfYKCFo
雪歩「催眠療法……ですか?」
多分こっちだと思うよ
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/19(水) 21:26:34.34 ID:d3mCSe/Co
良かったよ
良い夢が見られそうだ
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/11/21(金) 02:36:25.56 ID:kgAdSkM9O
最高に乙
15.64 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)