このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

【安価・コンマ】ファンタジー世界であれこれ【バトル?育成?4スレ目?】 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/12(金) 21:44:21.77 ID:rNOJc2QiO

 3スレ目
 舞台は暗夜王国!
 ひとりめの主人公モニカは王国を憎み、とうとう悲惨な末路をたどった…
 ふたりめの主人公シリウスはトレジャーハンターとして世界を歩み、どんな世界を目の当たりにするのか…

 どんな結末も安価とコンマ次第!
 愉快犯罪に手を染めるゲスプレーもよし、見知らぬ幼女を引き連れる聖人プレーもよし!



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434113061
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

酒飲みJJIやBBA深海魚肴に乾杯 @ 2018/02/24(土) 19:41:05.07 ID:Xwb5+sLi0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1519468864/

遊馬「ここでウンコをすればいいのかカイト?」 カイト「ああ」 @ 2018/02/24(土) 19:41:03.99 ID:RM7uS8uI0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519468863/

ダンガンロンパでペルソナァ!! @ 2018/02/24(土) 19:24:34.57 ID:XU1KZDseO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519467874/

ダイヤ「GALAXY HiKE and Seed」 @ 2018/02/24(土) 18:36:39.05 ID:/+hpBmw+0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519464998/

吉井明久「アマガミ?」 @ 2018/02/24(土) 18:26:57.53 ID:VqCmnBoHO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519464417/

女「――痴漢をやめてくださいと言ってるんです!」男「私は痴漢ではない。変態だ」 @ 2018/02/24(土) 17:16:37.66 ID:WinSanok0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519460197/

【モバマスSS】P「コント再現ですか?」 @ 2018/02/24(土) 16:00:39.71 ID:jRHgFZs30
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519455639/

ベジータ「召喚に応じてやったぜ。俺が貴様のマスターだ」凛「!?」 @ 2018/02/24(土) 14:56:51.70 ID:W4pdr7ey0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519451811/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 21:45:22.92 ID:YuR76Sz3o
新スレ乙
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 21:45:48.21 ID:CLUA2MOno
新スレ乙
4 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/12(金) 21:46:36.99 ID:rNOJc2QiO

 ちっくしょ、間違った!
 4スレ目ね? 4スレ目

 過去スレ
 1 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432114338/
 2 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432459818/
 3 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433240160/

5 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/12(金) 21:47:31.27 ID:rNOJc2QiO

ザニア「レシピによれば、塩をひとつまみ…」チョイッ

ザニア「ひとつま、み…? でも、人によって量は違いそうな…」

ザニア「それにこっちの、薬味を少々って…少々って、どれくらいなんだ…?」

セーブル「気持ちだよ、気持ち! ザニア、気持ちを込めればいいと思うぜ、俺は」グッ

ザニア「気持ち…って言いますけど…」

セーブル「多くても少なくても、料理は愛情らしいし! 愛情さえあればきっとうまくいくって!」ガシッ

ザニア「そんなにたくさん――」

セーブル「せいやっ」ブワァッ

ザニア「…」

セーブル「で、次は?」

ザニア「程よくかき混ぜる…。程よく…?」

セーブル「気が済むまで、か? 任しとけ! でいやぁああああああ―――――――――――――――――――っ!」

 ガシャガシャガシャガシャッ

ザニア(違う気がする…。だが…料理というのは、何て曖昧なんだ…)

ピース(あれは食えねえな…)チャカチャカ

スピカ「ピース、手慣れてるね」

ピース「箱入りのお嬢ちゃんやお坊ちゃんは知らねえだろうけど、旅人に料理スキルは必須なんだよ」

ピース「セーブルはただのバカだ」

スピカ「ただの…って…」

ピース「じゃあ負債を出す勢いのバカだ」

スピカ「…」

ピース「料理が愛情? アホ抜かせ…。約束事を守って手順よくやりゃいいだけだ」

ピース「衣ができたから、こいつをつけて油にぶっこんどけ。はねるぞ」

スピカ「はーい」


 【直下 コンマ判定】(料理できない人×3:−6)(凄腕傭兵:+3)
 1〜3 料理と呼んでいいか分からないもの多数と、ちゃんと食べられるものがちょいちょい
 4〜6 なんだかんだで、わいわい楽しく料理をするのが楽しかったです(小並感
 7〜9 むしろピースに3人とも料理指導された(白目

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 21:48:26.98 ID:YuR76Sz3o
¥」
7 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/12(金) 21:54:48.35 ID:rNOJc2QiO

セーブル「魚を捌くなら、任せとけ!」チャキッ

スピカ「おおっ」

ピース「…」

ザニア「何するつもりですか? 食材を切るのなら、まな板の上で包丁を使って…」

セーブル「せいっ」ポイッ

セーブル「でりゃりゃりゃりゃりゃっ…!」シュパパパッ

 ポトポトポトッ

スピカ「あ、できてる、すごい!」

ザニア「そんな…」

ピース「失敗してたらぶちのめすとこだったけどな」

セーブル「ふっ…」

ピース「姫様、味見しろ」スッ

スピカ「わーい」ズズッ

スピカ「………おいしいっ」

ピース「じゃあスープはできた、と…」

ザニア「で、それどうするんですか?」

セーブル「何にするか」

ザニア「考えてから捌いてくださいよ…」

セーブル「あっはっはっ」

ピース「…ソテーにでもするか。下味つけて」パパパッ

ピース「小麦粉をつけて…」

ピース「フライパンにバターをぶちこんで、火にかけて…」シュボッ

ピース「焼け。焦げる前におろせ。それでいい」

スピカ「わーい」

セーブル「ピースって、すっごいんだな!」

ピース「お前らがすごくねえんだよ…」

ザニア「レシピを教えてほしいんですが」

ピース「見てた通りにやりゃいいだろ。レシピなんかいるか」

 ・
 ・
 ・

スピカ「いっただきまーす!」

セーブル「いっただきます!」

ザニア「いただきます」

ピース「はぁ…」

 モグモグ
 ガツガツ

スピカ「ピースのご飯おいしい」

セーブル「だなっ!」


 【安価下1】
 1 これからセーブルはどうするの?って訊ねてみる
 2 お料理談義?
 3 その他、自由話題
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:01:14.28 ID:0EzexrlUo
1
9 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/12(金) 22:06:58.07 ID:17YGgPXQO

セーブル「俺のオムレツ食べたか?」

スピカ「えーと…」

ザニア「…僕が食べますよ」

スピカ「ザニア?」

セーブル「いやいや、僕が…って、皆食べろって」

ピース「んなもん食ったら腹壊――」

ザニア「いただきます」パクッ

ザニア「っ…むぐ、ぐっ…」

スピカ「ザニア!?」

セーブル「どうした、うますぎたのか!?」

ザニア(こんな料理、姉上に食べさせられないっ…!)

ザニア「むぐぐぐっ…!」バババッ

セーブル「お、おい、全部食べなくても――そんなに…美味かったか…?」

ザニア「ぐはっ…」バタッ

スピカ「ザニアーっ!」

ピース「放っておきゃ起きるだろ…」

セーブル「な、何か照れるな…。そんなにがっつかれちゃうと」

スピカ「…セーブル…」

セーブル「ん?」

スピカ「………いや、うん…。そ、そうだ。セーブルはこれから、どうするの?」

セーブル「あー…」

スピカ「?」

セーブル「色々考えてるんだけど…。もし、さ?」

セーブル「そのー…スピカ達について行けたらいいなー…なんて言い出したら…許してくれるか…? 同行…」

スピカ「え」

ピース「…」

セーブル「あ、いやほら、別にさ? ダメならダメでいいんだよ、うん」

スピカ「えーと…」

スピカ「【安価下1】」

 1 いいよ? むしろ、楽しくなりそうだし、歓迎
 2 でも、次に行くの、湖畔の都だけど…いいの…? セーブルはセーブルでやることとかあったりしない?
 3 ささやかだけど、これさよならパーティーでもあるし…これしておいてこれから一緒も…何か、ちょっと恥ずかしくない…?
 4 その他、自由台詞

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:07:56.10 ID:v1CN661H0
2
11 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/12(金) 22:09:42.05 ID:17YGgPXQO

スピカ「でも、次に行くの、湖畔の都だけど…いいの…?」

スピカ「セーブルはセーブルでやることとかあったりしない?」

セーブル「湖畔の都…」

スピカ「セーブル?」

セーブル「え、あ、いやっ!」

セーブル「湖畔の都かぁー、湖畔の都なー…」

スピカ「うん」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 セーブル「…ちょ、丁度俺もそっちに用があったって言うか…」
 4〜9 セーブル「……行く」スピカ「え」セーブル「一緒に行きたい。ダメか?」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:10:36.75 ID:ijK05r8v0
2
13 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/12(金) 22:11:31.31 ID:17YGgPXQO

セーブル「……行く」

スピカ「え」

セーブル「一緒に行きたい。ダメか?」

スピカ「…うーん」

スピカ「ダメじゃないけど…」

セーブル「じゃあっ!」


 【安価下1】
 1 ええで
 2 一緒に行こうや
 3 だが断る

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:13:19.55 ID:SY+Bn9xv0
1
15 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/12(金) 22:16:30.66 ID:17YGgPXQO

スピカ「いいよ」

スピカ「一緒に行こう」

セーブル「ほんとか!?」

スピカ「うん」

セーブル「っし、っし…」グッ

 ガシッ

ピース「一応ね…あの2人に悪い虫つかないようにしろって言われてんだ、俺…」ヒソ

セーブル「え…?」

ピース「ま、チェリーボーイにそんな警告したって意味ないとは思うけど…」ヒソ

スピカ「どしたの、2人でひそひそ話して」

ピース「何でもねーよ」

セーブル「…な、何でもないぞ!」

スピカ「そう?」


 【安価下1】
 1 そうして、楽しい夜が更けていった
 2 誰かとコミュしたいんなら併記してやで〜

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:23:11.06 ID:GSBhrQEWO
2ピース
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:23:20.00 ID:0EzexrlUo
2 セーブル

魔物の革の服をくれるような人に心当たりがないかどうか
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:25:20.89 ID:GSBhrQEWO
あ、すまん内容もあるのか。安価下で
19 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/12(金) 22:25:38.91 ID:17YGgPXQO

<ザニア〜、お前のためにまたオムレツ作ったぞー

<ん…僕は…気絶を――って、何でまた、ソレが…?

<あんなにパクパク食べられたら、何か嬉しくてさ。ほら、遠慮せずに食べろって

<そん、な…

ピース「ふぅー…」

スピカ「ピース」

ピース「あん?」

スピカ「…ちょっとお話しない?」

ピース「…何の話だよ?」


 ↓1〜3 ピースとのコミュ内容
 ※なければ「なし」でおkっす

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:28:21.12 ID:fVvhC8lTo
今私が着てる服とかって誰が作ったとかわからないかな?
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:31:14.29 ID:ebOj/jEb0
呪いを封じる道具か何かについて聞いたことはないか
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:35:48.99 ID:0EzexrlUo
いい名前だね
23 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/12(金) 22:40:27.88 ID:ukGbCCFlO

スピカ「うーん、別にこれといった話題なんて考えてきてないんだけど…」

ピース「…あっそ」

スピカ「…ピースって、いい名前だね」

ピース「そりゃどうも」

スピカ「…反応薄い」

ピース「名前なんぞを誉められてどうなる…」

スピカ「嬉しくない? 何か、名前をつけてくれた人のことまで誉めてもらえるみたいでさ」

ピース「さいでっか」

スピカ「態度わるーい」

ピース「もういい加減、取り繕った態度は取らなくていいだろ?」

スピカ「そう言えば最初は気持ち悪かったね」

ピース「おい」

スピカ「あ、そうだ! ねえねえ、こういう服…」

スピカ「今、わたしが着てるような服を作ってる人とか知らない?」

ピース「知るかよ。じゃあ逆に聞くが、お前は俺が着てる服を作ったのが分かるのか?」

スピカ「…分かんない…」

ピース「普通に考えろ」

スピカ「こういうさ、魔物の皮使った服とか、珍しいもの? 見たこととかある?」

ピース「魔物の皮ねえ…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ピース「…知らねえな」
 4〜6 ピース「狩猟民とかは着てそうだけどな」
 7〜9 ピース「…そういえば…」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/06/12(金) 22:43:27.58 ID:NTj2C3VK0
25 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/12(金) 22:47:43.11 ID:ukGbCCFlO

ピース「…そういえば…」

スピカ「何か知ってるの?」

ピース「どっかで、そういう不埒な服装も見たことあるような気が…」

スピカ「不埒じゃないもん」

ピース「へそだし、足だしで露出多すぎなくせして何言ってる」

スピカ「不埒じゃないもーん! かっこいいんだよ!」

ピース「…」

スピカ「で、で? どこで見た?」

ピース「どこだったか…。思い出したら教えてやるよ…」

スピカ「えー? 肩透かし…」ガックリ

ピース「もう終わりか?」

スピカ「あ、そうだ。もひとつあった」

スピカ「ねえ、呪いって知ってる? 呪いを封じられる魔法道具とか、聞いたことない?」

ピース「呪いを封じられる魔法道具ぅ…?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜6 ピース「知るか」
 7〜9 ピース「んなもん、どこぞの技師にでも頼めばいいだろ」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:49:47.50 ID:SY+Bn9xv0
ほほい
27 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/12(金) 22:54:53.35 ID:ukGbCCFlO

 【0】

ピース「そういうのは呪術士の専門ジャンルだろ、俺に振るな」

スピカ「呪術士…?」

ピース「知らねえのか?」

スピカ「聞いたことないけど」

ピース「呪いをかけたり、解いたり…そういう連中だ」

スピカ「どこにいるの?」

ピース「さあな。ああいう連中は忌み嫌われてるから世俗からは離れて暮らしてるらしい」

ピース「だが、しのぎがねえと生きてけねえってんで、ふらっと人里に出たりはするらしいぞ」

スピカ「へえー…」

ピース「会ったことはあるけど、辛気くさくて関わり合いたくねえタイプの人間だよ…」

スピカ「…シリウス、まだホテルにいるかな…? いたら教えてあげようっと」


 【直下 コンマ判定】
 1〜5 すでにいなかった
 6〜9 無事に教えてあげられた


 ――個人情報――
 名前:スピカ・ヴァーゴ 武器:杖 職業:第一王女兼魔法使い 属性:水
 習得魔法:大〜小・濁流/凍結/氷柱 中〜小・火球/竜巻/烈風/土槍/雷撃 小・劫火
      水牢 土・強壮 風縛
 所持品:ノヴァ(小型愛玩ゴーレム)

 ――知人――
 ザニア:弟 ヴァーゴ王国王子
 ピース:凄腕傭兵
 セーブル:カタナの使い手
 スバル:女戦士 闘技城グランドゲーム優勝候補
 カレン:謎の女 ピースに依頼を持ちかけた
 ガイ:スバルの仲間 戦士
 ミナト:スバルの仲間 弓士
 シャヒーン:スバルの仲間 僧侶
 シリウス:トレジャーハンター
 リリ:シリウスにいつもぎゅってしてる
 デネブ:シリウスの連れの少年


―――――

 本日はここまでっす
 ありがとうございました

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:55:33.15 ID:lbG0I8yQO
おつー
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/12(金) 22:59:11.52 ID:0EzexrlUo
30 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 14:14:09.06 ID:Rz/j5xY00

王子「こんにちは、皆の王子様です」

王子「闘技城都市でグランドゲームに出たと思ったら、何故か大変なことに巻き込まれつつ、どうにか解決をしたスピカ達一行」

王子「何だかどぎまぎしちゃってるセーブルを旅の仲間に率いれて、4人は霧の都へ向かって出発しました」

王子「果たしてザニアのいきすぎたシスコンはまた発動されるのか、ピースに気持ちの変化は生じたのか、セーブルはずっとどぎまぎするだけなのか」

王子「全ては安価とコンマ次第!」

王子「今日はちょっと早めの時間帯だけど、始めていいですか?」


 【安価下1】
 1 始めろ
 2 >>1000とりたかった
 3 王子の質問コーナーやらないの?


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 14:27:20.91 ID:8tyucuxk0
1
構わん、行け!
32 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 14:34:42.52 ID:Rz/j5xY00

 ――バイス王国・街道――

 ヒュゥゥゥゥ…

スピカ「外、寒そう…」

ザニア「そうだね…」

<へっくしゅっ!

<くしゅっ!

スピカ「あ、ピースとセーブルのくしゃがみがはもった」

ザニア「はもったって、言うより、いい具合にコーラスがかかったような…」

<コンコンコン

 ガチャッ

セーブル「さっぶい!」

スピカ「うわ、風冷たいっ…閉めて、閉めて!」

 バタバタ
 ギュゥッ
 バタムッ

ザニア「………狭いんですけど」

セーブル「すまん」

スピカ「この国って、寒いんだね…」

セーブル「まだ、冬の始めだぜ、これでも。どんどん寒くなってくる」

ザニア「寒冷な気候とは聞いてましたが…こんなにとは」

セーブル「て言うか…このすげえ豪華な馬車といい…お前ら、貴族にしてもよっぽどこう…偉い家柄なのか?」

ザニア「………え、ええ、まあ」

スピカ「内緒だよ?」

セーブル「ふーん…」

ザニア「狭いんですが、セーブルさん」

セーブル「仕方ないじゃないか、じゃあスピカの横行くのか?」

ザニア「行ったらいいじゃないですか」

スピカ「来る?」ポンポン

セーブル「…い、いやいや、それはほら、あれじゃん。ただでさえ広くないのに、女の子と隣り合うなんてさ…」

ザニア「いえ、男同士の方が問題があるような…」

セーブル「どんな?」


 【直下 コンマ判定】
 わいわいしてたら…
 1〜3 盗賊団が出た!
 4〜6 小さくてとっても貧しい村に到着した
 7〜9 時季的に早すぎるで猛吹雪で足止め…

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 14:58:33.57 ID:17wUz4mZO
34 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 15:04:58.10 ID:Rz/j5xY00

 ビュォォォォォォォ…

 バンッ

ピース「さっぶ…」

ザニア「ちょっ、ピースさん、狭いんですから――!」

セーブル「潰れるから、そっち行けって!」

ピース「んじゃ、お前がそっち」ヒョイッ

ザニア「え」

 ドサッ

スピカ「外、すごい雪だね」

ザニア「そうだね…」

セーブル(ピースが隣とか…何かなあ…)

ピース「さっさと移動しておきゃ、こうもならなかったんだよ。恨むなら校動力のなさを恨め」ボソ

セーブル「…」

ピース「目の前がさっぱり見えねえからここでしばらく休憩。文句あんなら打開策でも教えろ」

スピカ「仕方ないか…。馬は大丈夫?」

ピース「とりあえず、雪よけになるようにはしといた。ま、平気だろ」

ザニア「この窮屈な馬車に4人もすし詰めとは…」

スピカ「息苦しいよねー」

ザニア「2人乗りだから…元々は」

セーブル「な、何か暗に出てけって言ってねえ?」

スピカ「言ってないよ。ねー、ザニア?」

ザニア「…」

スピカ「あれ、ザニア…?」

セーブル「…でも、寒いのもやだけど、窮屈なのもな…」


 【安価下1】
 1 よし、じゃあ交替で外に出よう
 2 窮屈なのは我慢して、吹雪をやりすごそうか
 3 でもこう、吹雪の中を進むってシチュエーションは…旅っぽくていいんじゃない? 何か燃えてきたかも!


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 15:18:06.67 ID:qJ1/UWoPo
36 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 15:22:19.89 ID:Rz/j5xY00

スピカ「じゃあ、交替で外に出よう」

ピース「だったらずっと、中でぬくぬくしてたお前らからな」

 ガチャッ
 ポイッ
 ボトボトッ

スピカ「さっぶっ!?」

ザニア「うぅっ…」ブルッ

<がんばれー

<さて、寝るか…

スピカ「ざ、ザニア…さ、寒い…ね…」ガタガタ

ザニア「だね…」ブルブル


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 吹雪に乗じた魔物の襲撃や!
 4〜6 あったいヴァーゴ王国でぬくぬく育った2人は、こんな体験も新鮮で割と楽しんでる
 7〜9 楽しみ過ぎて吹雪の中で雪合戦を始めたら、セーブルも出てきて、3人ですごく楽しんだ

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 15:24:02.13 ID:qJ1/UWoPo
38 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 15:28:48.90 ID:Rz/j5xY00

 グルルル…

スピカ「ちょっと、ザニア、変な声出さないでよ」

ザニア「え? 出してないよ?」

スピカ「じゃ、この声…」

ザニア「…姉上がふざけてるのかと思ったけど…」

 ゾロゾロ…

ザニア「魔物、か…」

スピカ「オオカミ型に、クマ型に、トカゲ型に…いっぱいだ…」

ザニア「…吹雪で馬車から外は見えないし、ピースさんとセーブルさんは気づいてないね…」

スピカ「呼ぶ…?」

ザニア「…ううん、これくらいなら平気だよ。でしょ、姉上?」

スピカ「…そうだね。わたし達は馬車の中でまったりしてたし、たまには」

ザニア「うん」

魔物「ガルルル…ガァァウッ!」バッ

ザニア「来るよ!」チャキッ

スピカ「うんっ!」


 【安価下1】
 1 濁流魔法で押し流して距離を保ちながら戦おう
 2 中・火球魔法で応戦だ!
 3 烈風魔法で切り刻む感じにいこう!
 4 その他、どうする?

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 15:32:04.82 ID:s3lxWA22O

寒いとこの魔物だし熱さに弱そう
40 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 15:34:16.16 ID:Rz/j5xY00

スピカ「中・火球魔法!」

 シュボボッ
 ズドドォォッ

魔物「キャウンッ…!」

ザニア「そこだっ…!」ザシュゥッ

スピカ「1体!」

ザニア「まだくるよ!」

スピカ「分かってるって! この調子でやろう!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 トカゲ型の魔物が地味に強い。魔法の効きが悪い
 4〜6 ちょびっと手こずったけど、まあ平気でしたわ
 7〜9 余裕、余裕! もっと手こずると思った!

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 15:44:58.14 ID:qJ1/UWoPo
42 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 15:48:49.37 ID:Rz/j5xY00

魔物「キシャアアアアッ!」

スピカ「っ――中・火球魔法!」

 シュボォォォッ
 ズドドォォォッ

スピカ「かーらーのっ、土・強壮魔法!」

 ギュゥィィィィンッ

スピカ「えいえいえいえいえいっ!」

 ポカポカポカポカッ

魔物「キシャアアアアアアアアっ!!」

スピカ「うわ、怒った!?」

ザニア「でぇえええいっ!」

 ズバァァッ
 ドサッ

スピカ「ふぅ…」

ザニア「無謀だよ、姉上…」

スピカ「でも、これで全部やっつけられた」

ザニア「そうだね…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 と、思いきや?
 4〜6 そろそろ休憩交替やで〜
 7〜9 魔物やっつけたら吹雪も晴れた!

43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 16:04:41.55 ID:qJ1/UWoPo
44 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 16:10:37.36 ID:Rz/j5xY00

 ガチャッ

スピカ「う〜、さぶかったぁ…」

ザニア「次はお2人ですよ」

ピース「ちっ…いい具合にまどろんでたのに…」

セーブル「任せろ!」

 バタムッ

スピカ「ふぅー…中はあったかいね」

ザニア「そうだね。それに、雪の中を動いたから、足腰にくる。姉上、平気?」

スピカ「ちょっと、何かこう…明日を覚悟しそう」

ザニア「マッサージしてあげようか?」

スピカ「ほんと? じゃあお願い」ゴロンッ

ザニア「うん」

 グイグイ

スピカ「あー、そこ…そこそこ…」

ザニア「早く吹雪がやむといいね」

スピカ「うん。それで、一面に雪が積もったら、雪合戦とかやろうよ」

ザニア「雪合戦って…」

スピカ「やだ?」

ザニア「…いいけど、姉上はいい的になりそう」

スピカ「むっ…魔法あり?」

ザニア「なしだよ…」


 【安価下1】
 1 湖畔の都到着前に、森林の村に立ち寄ってみた
 2 まっすぐ湖畔の都へ向かった
 3 途中でキャラバンと出会った。何か、珍しいもの扱ってないのかな? 覗いてみよう

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 16:17:18.23 ID:UQQhf9kmO
3取ろうとしたけど連取になるな
安価下
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 16:18:10.68 ID:sX98VhiGo
3
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 16:19:29.65 ID:UQQhf9kmO
(ID変わってる…)
48 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 16:27:26.94 ID:Rz/j5xY00

<コンコン

<おーい、キャラバンみてえのが来たぞー

スピカ「キャラバン!?」バッ

 バンッ

ザニア「…はぁ…」

 スタッ

セーブル「お、降りてきたな、2人とも。キャラバン見に行こうぜ」

スピカ「うん! ほら、早く!」タタタッ

セーブル「待てって!」

ザニア「…またゴーレムとかは勘弁してほしい…」


 【安価下1】
 1 鉄の杖:1200G
   これで殴ればきっと痛い!
 2 A級魔鉱石:5万G
   魔鉱石を道具に組み込んで、加工をすれば魔法道具のできあがり。要:技術と経験
 3 スライミーなピアス:700G
   愛らしいスライム型のピアス。穴をあけなくてもいい、カフス型です。
 4 ゆきだるま作成キット:500G
   オリジナリティー溢れるゆきだるまを作るための、飾りつけのセット。鼻のパーツだけでも5種類はある。
 5 その他、どんなのが欲しいんや? 言うだけ言ってごらん?
 6 買わない

 ※複数選択はありよ

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 16:41:49.14 ID:UQQhf9kmO
力無くても護身で扱いやすい武器
50 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 16:45:22.00 ID:Rz/j5xY00

スピカ「ねえねえ、おじさん」

*「あいよっ」

スピカ「あんまり力がいらない、護身目的の扱いやすい武器とかない?」

ザニア「杖があるんだからいいじゃない」

スピカ「えー?」

*「そうですねー…」

*「よっぽど不器用でなければ、こういう短剣だとか…」

*「あとは鈍器として…手持ちの杖みたいなものとか…そういうのがいいかと思いますけど」

セーブル「カタナがいいぞ!」グッ

ザニア「自分で自分を切るなんて雑作もないですけどね」

スピカ「ねえザニア、わたしのこと不器用って言ってる?」

ザニア「…でも、そういう心配もあるし」


 【安価下1】
 1 じゃあ短剣買っとく?
 2 杖でええやん。買わへんわ

51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 16:48:53.93 ID:qJ1/UWoPo
52 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 16:52:39.17 ID:Rz/j5xY00

スピカ「…じゃあ、いいや」

ザニア「それがいいよ」

セーブル「カタナはいいぞ、見た目からしてかっこいいし!」

スピカ「売ってないもん」

*「ははは…すみません…」


 【安価下1】
 1 さよならキャラバン
 2 買い物続行
   >>48に出てる安価の中から、欲しいものがあれば併記してちょ
   ※鉄の杖、とかそんな風に分かりやすく書いてもらえると助かるっす!

53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 16:56:21.01 ID:qJ1/UWoPo
魔鉱石買ってどっかの鍛冶屋とかに着けてもらうとかそういうのは可能だろうか
安価は↓
54 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 16:57:43.42 ID:Rz/j5xY00

 >>53
 魔鉱石を買って、失敗するかもだけどスピカ自身でがんばってやってみれば、そういう経験値が入ってゆくゆくは…?
 と、いう選択肢もあるのでございます

 ※これは安価に数えぬのでござる
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 17:18:12.99 ID:8tyucuxk0
じゃあ2
56 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 17:21:52.23 ID:Rz/j5xY00

 買い物続行の2…?
 それとも、そっからさらに、魔鉱石買うよ、の2…?

 文脈的には後者の「2」でいいですか?

 とりあえず休憩さしてくだされ
 18時前後にまた再開予定っす

57 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 18:23:20.57 ID:iIEAReNMO

 魔鉱石を買う、でよござんすね?
 じゃあ、それで書きますね?

 しばしお待ちくだされ〜
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 18:28:06.20 ID:UQQhf9kmO
金に糸目をつけないスタイル
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 18:30:07.38 ID:qJ1/UWoPo
王族だからね
60 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 18:31:58.99 ID:iIEAReNMO

スピカ「おじさん、これ、魔鉱石?」

*「ああ、そうだよ。暗夜王国で採掘された、A級のものさ」

*「加工はされてないけど、職人とか、腕のいい魔法使いなら、それを使って魔法道具も作れるはずだ」

スピカ「ふうん…」

*「買いますかい?」

スピカ「うん、じゃあ買ってみる」

ザニア「作れるの?」

スピカ「何事もチャレンジあるのみだよ。作り方は…一応、知ってるし」

*「はい、まいど。5万ゴールドね」

ザニア「これで」チャリンッ

セーブル(何のためらいもなく5万ゴールドの買い物!?)

セーブル(貴族ってすげえー…)

スピカ「やった♪」

ザニア「何を作るか知らないけど、気をつけてよ」

スピカ「うん!」


 【安価下1】
 1 早速、作ってみよう
   A 魔法増幅器:難易度B
     装備すると魔法発動時に威力を増幅させられますが、デキ次第では逆に減少しちゃったり…
   B 凍結の指輪:難易度B
     装備すると僅かな魔力で、小〜大の凍結魔法を誰でも扱えるようになります。デキが良ければ極大も…?
   C そよ風の指輪:難易度D
     装備するとささやかな風を誰でも簡単に起こせるようになります。暑い時はいいかも
   D その他、どんながええか書くだけ書いてみて
 2 キャラバンをさらに見て回る
 3 さあ、湖畔の都を目指して早く出発だよ!

61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 18:34:14.04 ID:UQQhf9kmO
1回作ったらもう作り直せない感じ?
安価なら下
62 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 18:35:08.17 ID:iIEAReNMO

 >>61
 そうですね
 でも、失敗も経験だし、入手はそんなに難しくないはずです
 少なくともお金がある内は
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 18:37:31.97 ID:qJ1/UWoPo
1A
64 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 18:40:11.95 ID:iIEAReNMO

 バタムッ

スピカ「邪魔しないでね、ザニア!」

ザニア「しないよ」

スピカ「あと、ピース、あんまり馬車揺らさないでね!」

<めんどくせ…

スピカ「よーし、早速、開始!」

ザニア「ちなみに…何を作るの?」

スピカ「魔法増幅器だよ」

ザニア「…暴発させないでね…?」

スピカ「もちろん」


 【直下 コンマ判定】(難易度B:−3)
 1〜3 スピカ「やっちゃった…」ザニア「…ドンマイ」
 4〜6 スピカ「…………デキがすごく…分からない…。た、試してみようっと…」
 7〜9 スピカ「……………あれ…? 意外と…イケた…?」

65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 18:42:11.08 ID:UQQhf9kmO
やったもんがち
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 18:42:48.93 ID:71N3xFN80
a
67 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 18:45:38.07 ID:iIEAReNMO

スピカ「……………デキがすごく…分からない…。た、試してみようっと…」

ザニア(不安だ…)

 バタムッ…

セーブル「あれ? 終わったのか?」

スピカ「一応ね。ちょっと実験」

ザニア(何かあったら、すぐ姉上を助け出せるように身構えておこう…)

スピカ「よーし…やるぞっ!」

スピカ「小・劫火魔法っ!」

 シュボォォッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜5 ピース「ぎゃはははっ! 何だ、そりゃ、ナメプ用装備か?」スピカ「」
 6〜7 セーブル「………お、俺、魔法さっぱりだから分かんないんだけど、何かあったのか…?」スピカ「変化なし…」
 8〜9 ザニア「…ビミョー、だね…」スピカ「……ちょっとしか増幅されてない…」
  0  才能開花or暴☆発

68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 18:56:43.68 ID:obdI/93PO
おら
69 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 19:01:13.24 ID:iIEAReNMO

ザニア「…ビミョー、だね…」

スピカ「……ちょっとしか増幅されてない…」

セーブル「そうなのか?」

ピース「ま…だが、ほんの少しの差ってやつが、勝負の明暗を分ける場合もある」

ピース「あとほんの少し、前に出てれば掴めたものがあったのに…とかな」

セーブル「ピース、渋いな」

ザニア「そういう体験でも?」

ピース「例え話だ。さっさと行くぞ」

スピカ「ま…いっか」


 【安価下1】
 1 自分で装備
 2 ザニアにあげちゃう
 3 セーブル(魔法はからきし発言)にあげちゃう
 4 ピース(魔法を使ってるとこは見たことない)にあげちゃう

70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 19:04:32.22 ID:UQQhf9kmO
71 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 19:10:06.46 ID:iIEAReNMO

 ――バイス王国・湖畔の都――

ピース「着いたぞ」

セーブル「うっひょー、でっかい湖だな。向こう側の山が霞んでるのに、その麓まで続いてるんじゃないか?」

ザニア「少々、天気はどんよりしていますが…晴れればとても綺麗そうですね」

スピカ「それにさ、何か色々、大きい建物とかある! あっちのトンガリ帽子みたいな建物なんだろ?」

ピース「あれは学院だな」

スピカ「じゃあじゃあ、あそこの湖のすぐ近くの綺麗で大きいのは?」

ザニア「教会じゃない? ほら、十字架も立ってる」

スピカ「何だか楽しみ…」

セーブル「だな!」


 【安価下1】
 1 とりあえず皆、それぞれ自由時間だね!
   A ひとりでぶらつく
   B 誰かとぶらつく
     ※誰とぶらつくか併記してね。複数可
 2 皆で観光だー!
   A まずは学院だ!
   B とりあえず教会だよ!
   C 町並みを見ながら散策だね!
   D その他、何か目当てにしたいものがあれば
 3 その他、自由行動


 ――個人情報――
 名前:スピカ・ヴァーゴ 武器:杖 職業:第一王女兼魔法使い 属性:水
 習得魔法:大〜小・濁流/凍結/氷柱 中〜小・火球/竜巻/烈風/土槍/雷撃 小・劫火
      水牢 土・強壮 風縛
 所持品:ノヴァ(小型愛玩ゴーレム) 魔法増幅器(ランク:D)

 ――知人――
 ザニア:弟 ヴァーゴ王国王子
 ピース:凄腕傭兵
 セーブル:カタナの使い手
 スバル:女戦士 闘技城グランドゲーム優勝候補
 カレン:謎の女 ピースに依頼を持ちかけた
 ガイ:スバルの仲間 戦士
 ミナト:スバルの仲間 弓士
 シャヒーン:スバルの仲間 僧侶
 シリウス:トレジャーハンター
 リリ:シリウスにいつもぎゅってしてる
 デネブ:シリウスの連れの少年

72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 19:23:39.20 ID:UQQhf9kmO
教会か…およよ爆乳いねぇかな…
連取になるから安価なら下
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 19:26:04.77 ID:qJ1/UWoPo
2魔法を学べそうな場所
74 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 19:30:48.43 ID:CloP7tO2O

 ――バイス王国・湖畔の都・王立学術院――

スピカ「でっかぁ…」

セーブル「何か、頭良さそうな連中がいっぱいいるな。年も変わらないのに…」

ザニア「ここはありとあらゆる学問を教えて、同時に研究しているところですからね」

ザニア「あの揃いのローブは、ここの学生である証でしょう」

ピース「腹の痛くなりそうな場所だな…」

スピカ「ありとあらゆるって、魔法も?」

ザニア「きっとあると思うよ」

スピカ「勝手に入っていいのかな?」

ザニア「一般開放はされてるから、入る分には」

スピカ「よしっ、行ってみようっと」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 インテリぶった学生にからまれた。エリート意識がすごく高いところらしい
 4〜6 重要なとこに限って入れない…
 7〜9 図書館に入ってもいいなんて…いっぱい、色んな本がある! 魔法関連もわんさか! ひゃっほい!

75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 19:36:57.34 ID:qJ1/UWoPo
76 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 19:40:44.39 ID:CloP7tO2O

スピカ「この先、関係者以外、立入禁止…」

セーブル「この先?」

ザニア「図書館…」

ピース「他行こうや」

 スタスタ

スピカ「まただ…」

セーブル「この先っつーと…?」

ザニア「実験棟…」

ピース「ははーん…?」

 スタスタ

スピカ「またぁっ!?」

セーブル「俺さ、実は字ぃ読むの苦手なんだ…」

ザニア「…教えてあげましょうか?」

ピース「読み書き算術はできた方が得だぜ、何かと」

スピカ「て言うか、これじゃ解放されてる意味なくない!?」

ザニア「いや、建築が見事だよ。こんなのを拝めるなんて、僕は楽しいけど」

セーブル「俺はさっぱり…」

ピース「俺は空気が苦手だ、こういう澄ました感じの」


 【安価下1】
 1 むむむ…どうにかして中に入りたい
 2 ちぇっ、別のとこ見ようっと
   A 教会
   B 町並み
   C その他自由
 3 宿に行こう

77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 19:51:21.24 ID:UQQhf9kmO
教会
78 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 19:55:30.00 ID:JmkN7tKOO

 あれだね、なかなか人がいないみたいだし、5分以上安価とかなかったら、連取りおkってことで

―――――

 ――バイス王国・湖畔の都・大教会――

スピカ「これまた、おっきい…」

ザニア「…」

セーブル「教会かぁー…。さすがにすげーな」

ピース「そりゃそうだ。女神様の信仰はこの国じゃ厚いし…セーブルも、この国の生まれなら、洗礼とかしたろ?」

セーブル「記憶にないって。赤ん坊のころにするんだから。それに、あんま俺って熱心じゃねえから」

スピカ「中に入ってみようよ」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 あんまりちょっと、いいとこじゃなかった(白目
 4〜6 おや?
 7〜9 親切な教会の人に色々と案内してもらえた

79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 19:58:16.52 ID:qJ1/UWoPo
80 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 20:03:47.90 ID:JmkN7tKOO

*「もし、そこのあなた方」

ザニア「はい?」

*「何か、胸に重荷をお抱えですか?」

スピカ「…どうして?」

*「いえ、そう見えたものですから」

*「…ここに、女神様のお札がございます」

*「1万ゴールドのご寄付で、これを寄付への感謝のしるしとしてお渡ししているのですが…」

*「この女神様のお札さえあれば、あなた方が過去に犯してしまった罪は償われるのです」

セーブル「へえー…」

スピカ(お金で…罪が、償われる…?)

ザニア「…」

ピース「じゃ、それ100万枚でももし手にしたら、100万個の罪が消えるの?」

*「…」コクリ

ピース「………ふぅーん…?」


 【安価下1】
 1 何かおかしくない? ここやだ。宿に行こうかな
   ※採用された場合は、その安価でコンマ判定。3以下だと…
 2 聞き流しておいた

81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/13(土) 20:25:08.95 ID:pOrvRKHA0
2
82 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 20:32:34.89 ID:hsisi0D1O

スピカ「そんなもんなんだ…」

ザニア「…」

セーブル「でも金ねえし」

ピース「金がねえのは、まっとうに罪を償いなさい、か…」

*「…」

 スタスタ

スピカ「…………ねえねえ、ピース、わたし、ああいうの初めてなんだけどね」ヒソ

ピース「ああ?」

スピカ「ほんとなの…? あれって」ヒソ

ピース「免罪符――って言ってな。普通に考えりゃあ、おかしいことだろ」

ピース「金を払って救われる? だったら、金持ちってのは例外なく幸せに死ぬっつーの」

ピース「金策してるんだろ、教会が…。どんな理由かは知らねえけど」

スピカ「…じゃあ、あれ、嘘っぱち?」

ピース「さあな。信じる者は何とやら――とも言うだろ」

ザニア「…」

セーブル「おおっ、何かあれ、すげえ綺麗だな」

ザニア「……ステンドグラス、ですね」

スピカ「あれ綺麗だよね」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 それにしても、免罪符はそこそこ売れてるらしかった…
 4〜6 湖の畔に出てみた
 7〜9 何事もなく教会の見学を終えた

83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 20:34:58.30 ID:8FDxihIKo
はい
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 20:38:59.93 ID:UQQhf9kmO
教会でゼロ…マリリーチャンス!?
85 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 20:39:46.08 ID:eCvo4A7rO

 これはHARANですか?
 それとも、MARILEEですか?

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 ????「およよ…? 1万ゴールドの寄付で…罪が…?」
 奇数 ザニア「…姉上、皆さん…。ちょっと、先に行っててください。宿には後から向かいますから」
 ※0は偶数扱いなのよん

86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 20:40:28.76 ID:IV0mR2PAO
ほい
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 20:40:51.76 ID:d2PmVASpo
ていっ
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 20:41:20.64 ID:UQQhf9kmO
あぶねぇあぶねぇ…ヤンザニモード入るとこだった…
89 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 20:46:16.05 ID:BrMwmpmAO

マリリー「およよ…? 1万ゴールドの寄付で…罪が…?」

*「はい」

スピカ「あ…また、あの話してる…」

ザニア「…」

ピース「懲りないな…」

セーブル「きんさく、って大変なんだな」

*「労働によって得られた、大切な金銭。それを教会に捧げるというのは、労働を女神様へ捧げたことになります」

*「ですから――」

マリリー「いえ、間違っています」

マリリー「そんなことはありません。それでは貧しい人はどうなるのですか?」

マリリー「1日に僅かなお金しか稼ぐことのできない方の1万ゴールドと、裕福な家庭にいる方の1万ゴールドは価値が違います」

マリリー「向き合うこともなく、ただ金銭を納めるだけで罪が消えるなどということはないはずです」

*「…こちらへ」

マリリー「およ…?」

 キィィィ…
 バタムッ

スピカ「…連れてかれた…」

ザニア「…」

ピース「あーあ…」

セーブル「女神様の教えについて話し合いましょうってやつか? 何か、教会っぽいな!」


 【安価下1】
 1 教会を後にした
 2 …何か気になる

90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 20:47:44.83 ID:UQQhf9kmO
91 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 20:53:18.50 ID:BrMwmpmAO

スピカ「何か、気になる」

ザニア「…」

ピース「んじゃ、次行くぞー」

スピカ「ちょっとよっと、気になるんだってば!」ガシッ

ピース「また面倒臭いことを…」

セーブル「いや、俺も気になる」

ピース「だったら2人で…ああ、3人? で行ってこいよ。俺は教会って肌に合わねえから」

ザニア「…僕も、外にいます」

スピカ「そう? じゃ、行こ、セーブル」

セーブル「おうっ!」

 タタタッ

ザニア「…」

 ・
 ・
 ・

<およよ…? あ、あのー…これは、何かの儀式か何かをするのですか…?

<あのー…

<どうして…何も仰らないのでしょう…?

<およっ!? そ、そんなものを一体、どうする…のですか…?

スピカ(何かめっちゃ、何か…何かだーっ!)

セーブル「ど、どうする、スピカ? こういうとこで、こう…武器とか出したら、女神様の罰が…」

スピカ「え、そんなのあるの…?」

セーブル「あるある」

スピカ「そうなの?」


 【安価下1】
 1 いやでも、武器出さなきゃええんやろ? 突撃だー!
 2 いやでも、女神様の罰なんて受けたって聞いたことある? ないやろ? ほな、行くでっ!
 3 もうちょっと様子をうかがおう…
 4 その他、どーする?

 【採用安価のコンマ判定】
 1〜3 ファーッ
 4〜6 フゥゥゥーッ
 7〜9 オオオーウ…

92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 20:55:13.79 ID:d2PmVASpo
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 20:56:08.92 ID:UQQhf9kmO
ヒューゥ
94 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 21:01:59.17 ID:BrMwmpmAO

スピカ「でも、武器出さなきゃいいんじゃない!?」

セーブル「そうか、鞘に納めておけば問題ないな!」

スピカ「うん! 突撃!」

 バンッ

マリリー「およよっ!?」

 バッ…

セーブル「ありゃ…? 何か、傷つけたら罰があたりそうな人らが…いっぱい…」

スピカ「で、でもさ? 武器出しちゃダメなんでしょ? あの人達…皆、持ってるよ…? 危なそうなの…?」

神父「…見られてしまった以上は、生かして帰すわけにはいくまいな…」

シスターA「…はい、神父様」

シスターB「…はい、神父様」

シスターC「…はい、神父様」

シスターD「…はい、神父様」

シスター(以下Zまで略「…はい、神父様」

神父「女神様のところまで、送って差し上げなさい」

 ダダッ

スピカ「え、来たっ!?」

マリリー「およよっ…!? に、逃げてくださいっ、危ないです!」

セーブル「って、言われても――正当防衛なら許してくれるかな? でやぁああああっ!」

 ズドォッ
 ブンッ
 ドガァッ

マリリー「およ…お強い…」

 タタタッ

スピカ「大丈夫?」

マリリー「は、はい、ケガはしておりませんし…」

セーブル「数が多いっ! て言うか、これ、罰当たらない!? 大丈夫か!?」


 【直下 コンマ判定】(熱心じゃなくてもバイス王国の生まれ:−2)
 1〜3 セーブルが…あれれ…?
 4〜6 どうした、セーブル…?
 7〜9 熱心じゃないのが幸いした

 【下2 コンマ判定】(本物の信仰心:+9)
 1〜9 マリリーさすがやで
  0  と、いかなかった(白目

95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:05:50.80 ID:BiswyMQro
フォイ
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:07:12.24 ID:UQQhf9kmO
マリリりー
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:09:07.03 ID:UQQhf9kmO
>>95
コンマが50・80ってよろこんでみたいだな
98 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 21:09:21.98 ID:BrMwmpmAO

 セーブルの【0】

 【直下 コンマ判定】
 偶数 修行の賜物です
 奇数 熱心じゃないとか言いつつ、純朴だから完璧にはまっちゃった…
 ※0は偶数なんやで〜

99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:11:22.56 ID:yUzB4gdvo
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:13:10.98 ID:UQQhf9kmO
今日のコンマ0は具合がいい
101 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 21:19:23.81 ID:BrMwmpmAO

神父(女神の罰――。なるほど、あれはそういうものか…)ニタリ

神父「おお、主よ、その威光を我が聖なる右手に!」

 ピカァァァッ

セーブル「ぐっ、何だ、眩しい――!?」

マリリー「およよっ…!? あ、あの…光…」

スピカ「眩しいなぁ…」

シスターAtoZ『神父様に栄光あれ! 神父様に栄光あれ! 神父様に栄光あれ!』

スピカ「ええっ、バンザイ…? 教会って、そういう感じ…?」

神父「ふふっ…ふふふっ…この光を見れば、女神様の教えを知り、実践する信者は等しく我が僕に成り下がる…」

スピカ「えっ…?」

神父「さあ、剣士と、巡礼者よ…。その少女を捕えよ」

マリリー「およよ…? そんなことを言われましても…」

神父「!?」

セーブル「かぁーっ…何か、胸が熱くなったけど、あれか。精神干渉系のあれか」

セーブル「でも残念だったな! 剣士として、そういう惑わしを受けるのは三流だ。俺には効かねえぜ!」

神父「な、何ぃ…?」

マリリー「そもそも…あなたのしていることは、女神様の教えには背きます」

マリリー「尊敬されこそ、他者を従わせるなど言語道断です」

神父「くっ…!」

スピカ「何かよく分からない展開…」

セーブル「いやー、でも効きかけたってことは俺、ちゃんと信者だったのか…」

マリリー「このような悪行は見逃すことができません。悔い改めるのです」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 神父が本性をあらわした! 卑劣攻撃を仕掛けてきた!
 4〜6 神父が逃げ出した! 追おうとしたが、洗脳されているシスターが行く手を阻んで逃がしてしまった!
 7〜9 洗脳されているシスターをセーブルは難なく気絶させた! 残るは神父だけだ!

102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:24:16.15 ID:qJ1/UWoPo
103 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 21:30:33.62 ID:pVSP3UGZO

神父「チィッ…!」ダッ

スピカ「あ、逃げた!」

マリリー「なりません! 罪から逃げるのは! きちんと向き合わなければ…!」

セーブル「行かせなきゃいいだけだろ…!」

 ゾロォッ

セーブル「って…邪魔だな…」

マリリー「ああ、あなた方も…あの奇妙な光のせいで…」

スピカ「むむむ…」

シスターAtoZ『抹殺します』

 ダダダッ

セーブル「ちっくしょー! 罰が当たったら恨むぞ!」

マリリー「およよっ!? 人を恨むのはいけませんよ!」

 ・
 ・
 ・

 ドサッ…

セーブル「はぁ…つっかれたぁ…」

スピカ「ひとりで、全員のしちゃったね…」

マリリー「おケガはありませんか?」

セーブル「大丈夫だって、鍛えてるし! それより、女神様の…」

マリリー「大丈夫ですよ。彼女達を不必要に傷つけるまねはしておられませんし、これも試練だったはずです」

マリリー「女神様も、理解してくださります」ニッコリ

セーブル「ほんとか? 良かったぁー…」

スピカ「熱心じゃないとか言いつつ…なんだね」

セーブル「何か、何かな…」

マリリー「しかし…これは一体、どういうことだったのでしょう…? あの神父さんは一体…?」

スピカ「気になるね」

セーブル「それに、このシスター達もどうする? 起きたら、また…なんてことになったら…」

マリリー「心苦しいですが…しばらく、様子を見るために地下室でもあれば、そこへ入っていただきましょう…」


 【安価下1】
 1 そう言えば、の自己紹介
 2 すぐに神父の後を追おう
 3 その他、どうする?

104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:31:32.16 ID:qJ1/UWoPo
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:33:52.54 ID:UQQhf9kmO
106 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 21:34:06.75 ID:pVSP3UGZO

 ガチャンッ…

マリリー「どうか、正気に戻ってください…」

セーブル「スピカ、どうする?」

スピカ「あの神父さんを追おう」

セーブル「だな。放っておけねえ」

マリリー「およよ…しかし、危険ですよ…?」

スピカ「放っておいたら、また大変なことになりそうなんだもん」

マリリー「そうですか…」

セーブル「あんたは?」

マリリー「わたしは…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜4 シスターAtoZが心配だから、ここに留まるそうです
 5〜9 一緒にいくそうです

107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:34:40.25 ID:d2PmVASpo
ていっ
108 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 21:37:41.41 ID:pVSP3UGZO

マリリー「これも、教会で起きている騒動…」

マリリー「わたくしも、ここではありませんが女神様に仕える者のひとりとして、ご同行をさせてください」

セーブル「おう!」

スピカ「わたし、スピカ。よろしくね」

セーブル「っとと、そうだった。俺はセーブル」

マリリー「わたくしはマリリーと申します。どうぞ、よろしくお願いいたします」ペコリ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ピース「神父? 見てねえぞ?」スピカ「えっ?」
 4〜6 ピース「神父? あー…何か、血相変えて、小船で湖を渡っていったな」
 7〜9 ピース「神父? あっちに行ってたな」

109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:40:28.62 ID:qJ1/UWoPo
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:40:34.82 ID:P5VL/gH10
1
111 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 21:42:25.93 ID:pVSP3UGZO

ピース「神父? 見てねえぞ?」

スピカ「えっ?」

セーブル「でも…出てったよな?」

マリリー「ええ…」

ピース「…何があった?」

スピカ「まるまる」

セーブル「うまうま」

ピース(だるっ…)

ピース「あっそ…」

マリリー「およよ…しかし、手がかりがなくなってしまいましたね…」

スピカ「うーん…」


 【安価下1】
 1 手分けして探そう
 2 教会の中を調べて、抜け道とかがないか探してみよう
 3 あれ、ザニアは?
 4 とりあえず教会を監視しておけば、いいのかな?
 5 その他、どうする?

112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:43:32.31 ID:d2PmVASpo
113 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 21:47:16.35 ID:pVSP3UGZO

スピカ「抜け道とかあったのかな?」

セーブル「あるかもな、案外」

マリリー「では探してみましょう」

スピカ「ピースも手伝ってね」

ピース「俺、教会苦手…」

マリリー「それは後ろめたいことがあるからでしょうか…?」

マリリー「無理強いはできませんが、その罪も告白をし、向き合うことで…」

ピース「そういうのが1番苦手だわ」スタスタ

マリリー「およよ…」

スピカ「…………あれ…ザニア…?」

ピース「湖のそばにいる」

スピカ「…あ、ほんとだ」

スピカ(何だろう…? じっと湖面を眺めてる…。………今は放っておこ)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 なんか、ちょっとヤバめなの見つけちまった…
 4〜6 何も変なのは見つからない…。見失ったかな…?
 7〜9 抜け道発見!

114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:47:58.46 ID:qJ1/UWoPo
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:49:41.31 ID:UQQhf9kmO
ヤンザニ…?
116 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 21:52:06.72 ID:pVSP3UGZO

スピカ「何も見つからない…」

セーブル「柱の全部まできっちり調べたぞ」

ピース「仕掛けらしい仕掛けもなかったし」

マリリー「何も不審なところはありませんでしたね…」

スピカ「てことは…」

ピース「…不可視になれる魔法道具か…?」

スピカ「あー…それ、あるかも…」

セーブル「何だそれ?」

スピカ「姿を隠せるマントとかさ、そういうのがあるんだよ。レアなんだけどね」

マリリー「となると…どこにでも潜伏できそうなものですね…」

スピカ「うーん…大変だ」

ピース「てことは、だ。このまま探したって時間と体力のムダ。さっさと忘れて休もうぜ」

セーブル「忘れるのはムリだろ。また何かあるかも知れないんだぞ?」

スピカ「そうそう」

ピース「真面目なこった…」



 【安価下1】
 1 まあでも、体を休めよう
   A 教会を監視できるところで
   B ちゃんと宿に泊まって
 2 捜索続行。町の中を探してみよー!
 3 その他、どうする?

117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:53:35.58 ID:UQQhf9kmO

街の様子知りがてら
118 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 21:57:14.33 ID:pVSP3UGZO

 スタスタ…

スピカ「何だか、白い建物だね」

マリリー「はい。この都の建物は白色を基調にする義務があるんです。そうすることで、景観を損なわないように保つんですよ」

セーブル「へえー…。綺麗だしな」

スピカ「屋根が尖った三角なのは?」

マリリー「雪がよく降るところですから、平たいと雪の重みで潰れてしまうんです」

ピース「雪国には特有の形さ」

スピカ「ふぅーん…」キョロキョロ

マリリー「ところで…あの方は?」ヒソ

スピカ「ザニア。わたしの弟。何か、元気ないみたい…。ザニアー、どうかした?」

ザニア「…ううん、何でもないよ」

マリリー「わたくし、マリリーと申します。ご挨拶が遅れて…」

ザニア「いえ、こちらこそ。ザニアです。…よろしくお願いします」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 さっぱり見つからん
 4〜6 町の中にはいるのかも
 7〜9 ピースさん、さすがっす

119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 21:57:35.70 ID:qJ1/UWoPo
120 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 22:00:26.50 ID:pVSP3UGZO

 おお、今日は0が多めね

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 スピカ、がんばって結果を出した、の巻き
 奇数 いやー、治安が悪い国ですなぁー(白目
 ※0は偶数なのよ

121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:01:04.68 ID:BiswyMQro
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:01:11.86 ID:d2PmVASpo
どうだ
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:02:46.82 ID:pFe0CHce0
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:02:55.87 ID:UQQhf9kmO
何故かマリリーに厳しいコンマ神も今日はデレデレ
125 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 22:08:49.29 ID:pVSP3UGZO

セーブル「だぁぁっ! 歩き回ってても、疲れるだけだぞ!?」

ピース「だから、さっさと休もうぜって言ったろ」

マリリー「およよよ…ですが、放置をするというのも…」

セーブル「そうだ、スピカ!」

スピカ「なーに?」

セーブル「魔法でこう…どどーんと、できないのか? 魔法使いなんだし!」

ピース「お、賛成だ。魔法使いってのは絡め手を持たないとなあ」

スピカ「ええ…?」

マリリー「まあ、スピカさんは魔法使いだったのですか? 頼もしいですね」

スピカ「…や、やるだけ、じゃあ…やってみる…」


 【安価下1】
 さて、魔法習得だよ! やったね!
 1 水属性探索魔法:水をふりかけることで、そこに魔法の痕跡があるとくっきり浮かび上がる。何か、刑事ドラマの鑑識みたいな?
 2 土属性探索魔法A:ジョジョのハーミットパープル的な感じで、地面の上に探してるもののおおよその位置を浮かび上がらせる
 3 土属性探索魔法B:青タヌキさんの方位ステッキ的な感じで、地面から立てた棒が倒れた方向に探し物があるとかないとか

126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:09:45.84 ID:yUzB4gdvo
2
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:10:07.40 ID:SgJEPUTlo
1
128 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 22:14:29.08 ID:pVSP3UGZO

スピカ「ふむふむ…」パタンッ

マリリー「およよ…?」

ピース「あーあ、セーブル…焚きつけるから、付け焼き刃で魔法覚える気だ。あーあ」

セーブル「お、俺が悪いのか!?」

スピカ「よーし、やるぞっ!」

マリリー「この短時間で…できるのでしょうか…?」

スピカ「地利魔法!」

 ズズズ…

セーブル「おっ…?」

ピース「ほんとにものにしたのかよ…」

マリリー「およよ…すごいですね、スピカさんっ」

スピカ「見えた、見えた! ここだ、ここ! 地図は?」

マリリー「あ、わたくしが持ってます」

スピカ「照らし合わせると…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 学院の…立入禁止区域…。もしかして:学院と神父がグル
 4〜6 湖の…ド真ん中…? 何これ何これ?
 7〜9 町外れだ! ここに潜伏してるに違いない!

129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:17:14.22 ID:BiswyMQro
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:17:55.25 ID:BiswyMQro
この町の聖職者はどうなってやがる
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:21:16.39 ID:qJ1/UWoPo
聖職者の心が清いとは限らない
132 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 22:23:01.13 ID:pVSP3UGZO

スピカ「…学院…?」

ピース「……さっき、立入禁止で入れなかったとこだな…」

セーブル「色々あったぞ?」

ピース「………確か…実験棟…だっけか?」

マリリー「何故だか…本来の言葉の持つ意味よりも邪悪に感じてしまいますが…」

スピカ「学院と、あの神父は関係してるってこと…?」

ピース「だろうな」

マリリー「およよ…」

セーブル「え? じゃあ…もしかして、あの学院にいた連中も、さっきのシスターみたいな…」

ピース「さすがにそれは異様すぎだろ。一部とかじゃねえか? 駆け込んでった先なんだし、安全なんだろ。何かしらで」

セーブル「何かしら?」

ピース「一部の人間しか、この関係を知らないとか」

スピカ「うぅ…」

マリリー「およよ…困ってしまいましたね…」

ピース「だがまあ、乗り込むにせよ、何にせよ、体勢を立て直すのが先決だな」

ピース「話によりゃあ、神父ってのはお前らに恐れをなして逃げたんだろ? だったら、警戒されどもすぐにまた行動は起こすまいよ」

ピース「じっくり取り組めばいい。…さっさとこんなとこ出てくのが俺的にはベストだがな」


 【安価下1】
 1 いや、突撃だ
 2 宿で休もう
 3 教会で休…める? ほら、シスターさん達とか気になるし

133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/13(土) 22:27:11.35 ID:pOrvRKHA0
1
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:27:35.31 ID:BiswyMQro
3
135 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 22:30:30.60 ID:pVSP3UGZO

スピカ「いや、突撃だよ」

セーブル「次の一手を与えない戦術だな、分かるぞ!」

ピース「生兵法は大怪我の基って…言っても分かんねえか…」

マリリー「およよ…大丈夫ですか…?」

スピカ「行けるって、きっと!」

ピース「逝っちまえ、いっそ…」

セーブル「よし、じゃあ突撃だな!」


 【安価下1】
 1 正面から!
 2 こっそり潜入
 3 その他、どーする?

 【採用安価のコンマ判定】(いつになく、ぼーっとしてるシスコン:−1)
 1〜3 だいじょぶかー…?
 4〜9 セフセフ…?

136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:33:47.12 ID:SgJEPUTlo
1
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:35:25.21 ID:UQQhf9kmO
ちょっとヤバくなってきたな…
138 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 22:37:00.40 ID:pVSP3UGZO

 ――バイス王国・湖畔の都・王立学術院――

スピカ「さて…」

セーブル「いよーしっ!」

マリリー「およよ…だ、大丈夫なのでしょうか…? 無関係の方とか…」

ピース「あーあー…」

ザニア「…」

スピカ「とつげーきっ!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 国際問題☆DETH
 4〜6 警護の人がぞろぞろ出てきた。テロリスト扱い☆DETH
 7〜9 なんか…あれ? 悪者な感じに見られてる…ような…?

 ※DETHはほんとに死ぬわけじゃないからね!

139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:39:34.43 ID:7tunczZ6O
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 22:44:03.57 ID:UQQhf9kmO
やっぱ突撃は悪手か…
141 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 22:48:16.42 ID:pVSP3UGZO

 ザザザッ…

衛兵A「何者だ!」

衛兵B「ここは王立機関である! 捕縛せよ!」

スピカ「えっ、あれっ…?」

マリリー「およよっ!?」

セーブル「ん? いや、中に悪い神父が…!」

衛兵A「そんな入場記録はない!」

ピース「あーあー…」

ザニア「…っ…え?」

スピカ「ちょ、ちょっと待った! 話を聞いて、あのね、わたし――」ポロッ…

衛兵A「これは――ヴァーゴ王国の…」

衛兵B「スパイかっ!?」

セーブル「え、ヴァーゴ…?」

ザニア「しまっ――姉上、皆さん、獲物を納めてっ! 衛兵さん、違うんです、僕らは――!」

衛兵A「国内の混乱に乗じて…! 今すぐに伝令を出せ!」

ザニア「待ってください! 誤解です!」

 ザッ…

学院長「うむ…わしの魔法でも、その者達は害なす者と出た。早急に閉じ込めた方がいい」

衛兵A「これは、学院長殿っ! ただちに!」

衛兵B「抵抗をすれば殺すぞ!」

ピース「あーあ…」

スピカ「え、違うっ! 違うよ!」

ザニア「姉上、今は大人しくっ…! きちんと、説明をすれば分かってもらえるはずです!」

セーブル「何この急展開…?」

マリリー「およよよよ…」

 ・
 ・
 ・

 ガチャンッ…

スピカ「えっ…何これ…? 両手両足…枷…」

スピカ「しかも…個室の…独房…? 何でっ!?」

 スピカ ザニア は 投獄されました ▽


 ――個人情報――
 名前:スピカ・ヴァーゴ 武器:杖 職業:第一王女兼魔法使い 属性:水
 習得魔法:大〜小・濁流/凍結/氷柱 中〜小・火球/竜巻/烈風/土槍/雷撃 小・劫火
      水牢 土・強壮 風縛 地利魔法
 所持品:ノヴァ(小型愛玩ゴーレム) 魔法増幅器(ランク:D)

 ――知人――
 ザニア:弟 ヴァーゴ王国王子
 ピース:凄腕傭兵
 セーブル:カタナの使い手
 スバル:女戦士 闘技城グランドゲーム優勝候補
 カレン:謎の女 ピースに依頼を持ちかけた
 ガイ:スバルの仲間 戦士
 ミナト:スバルの仲間 弓士
 シャヒーン:スバルの仲間 僧侶
 シリウス:トレジャーハンター
 リリ:シリウスにいつもぎゅってしてる
 デネブ:シリウスの連れの少年
 マリリー:爆乳

142 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/13(土) 22:49:29.42 ID:pVSP3UGZO

 ここまでっす
 ありがとうございました

 いやー…うん、突撃は悪手だったよ…
 せめてね、>>135の安価が成功してればザニアにストップかけてもらえたんだけど…
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 23:01:15.47 ID:UQQhf9kmO

今日ずっとコンマ調子良かったのに最後の最後で急展開…後味悪いぜ…
やっぱ勢いで突撃とかしちゃダメなのね…何とか明日盛り返せるといいんだけど…
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 23:09:07.16 ID:T5/Alc6Ao

そら歴戦の傭兵の意見無視して突撃すりゃそうなるよな
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/13(土) 23:11:57.08 ID:UQQhf9kmO
オライオンの時といい、1回安価ミスるとなし崩し的に最悪の展開に持ってかれるな…何とかしなきゃ…
146 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 00:55:43.23 ID:XTFFstHk0

王子「どもども、王子です!」

王子「雲行きが怪しくなってきたね」

王子「何かこう…雲行きが怪しくなってきたから、今後どうすればいいだろうかってアドバイスをしたいところではあるんだけど」

王子「ぶっちゃけ何も考えられてません」

王子「そんなわけで、現在のスピカの仲間からの、スピカに対する…あー…意識? どう思われてるか、的な?」

王子「ついでに、どんな場面ではこいつを頼った方がいいよ、みたいな? そういう情報をね、ちょろっと開示して、役立ててもらいたいなと」

王子「出番がないからって強引に出てきたんじゃないからね! …ごめんなさい、強がってみました」

王子「そんなわけで、フリップ、どーん!」


 ザニア 【親愛:後悔:苦悩】
 ・基本的にはオールタイム頼ってオーケー
 ・ただし、何か思い悩んでたり、黒い考えが起きてる時は注意

 ピース 【軽蔑:疑惑:公私混同】
 ・頼ってばかり、蔑ろにしてばかりだとそっぽ向かれる
 ・どこまでが冗談で、どこからかが親身なアドバイスかを見極める必要あり。割と容易?

 セーブル 【好意:仲間:初心】
 ・頭脳労働は期待しない方が吉
 ・現時点では悪堕ちの可能性が皆無なことが強み


王子「それぞれに冠せられた、3つの言葉はスピカに対して、どんな感じに接しているかみたいな部分だよ」

王子「セーブルなんかは分かりやすいよね。好意を持ってる。仲間だって思ってる。で、初心」

王子「ザニアとピースは…うーん…うん、うん…」

王子「スピカに対して、どう思ってるか、感じてるか、っていうような部分だからね」

王子「何かとね、相談をする機会とかがあれば箇条書きのところを思い出してもらえればいいんじゃないかな?」

王子「あと、それぞれのキャラはある程度、自由行動とかをしてるからね。そういう時はこういう部分に影響されて動いてたりするよ」

王子「まあ、面倒臭いのが2人いるよね。でも面倒臭がったりしてあげないで」

王子「ちゃんとケアしたり、筋を通したりしてればね、あんまり悪いことをするようなタイプではないから」

王子「必要な場面でそれをあれした場合はあれだけどね。何、言葉が濁っててよく分からない? …察して」

王子「あと、マリリーとはまだ一緒にいる時間が少ないから表示してないよ!」

王子「何か、ヤンザニを心配する声もあったけど、このコはよっぽど重大な時はけっこうストレートに訊ねてくるから」

王子「それに対して、適切な答えを出してあげれれば大丈夫なはず。……まあ、現在の状況的には別離させられてるから…怖い部分だけど」

王子「まあ、まあでも…うん、お姉ちゃんのために、って考えてると思ってあげてください…」

王子「同じ王子として…何か、うん…お願い」

王子「あと、ピースは闘技城都市で出てきた、ある判定で成功をしてるけどそれに胡座をかいてちゃダメだよ」

王子「かと言って積極的に何かした方がいい、ってわけじゃないんだけど…まあ、この人も面倒臭いから…」

王子「セーブルは…まあ、別に? 今のスピカは恋愛をできない状態にあるからね。精神的に成長を遂げたら、誰かと交際可能かも」

王子「そんなわけで…もしも、くっつけたいのであれば、ガンバ? 別にどうでもー、って場合はまあ、お好きにどうぞ」

王子「さっぱりした性格だからね、突きつけちゃってもちょっと落ち込むくらいで終わる…んじゃないかな? 多分。どうだろ?」

王子「あと、基本的には悪い道筋にいきそうな時は救済の安価とか、本当にそれするの、って安価を挟んだりするんだけど…」

王子「それでも進んじゃった場合でも、希望を捨てずにがんばってみて! やさしくない世界ではあるけど、ヤケになったらすぐだよ」

王子「スピカは一国の王女様っていう身分があるから、あんまり大変なことすると今回みたいに問題の規模が膨れちゃうことがあるよ」

王子「だから、ちゃんと周りの意見に耳を貸したりするのも必要。もちろん、誰を信用するかもあるけどね」

王子「大体、俺からのアドバイスはこんなもんかな。それじゃあ、また明日も張り切ってみてね! 以上、皆の王子様でした!」

147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 01:19:35.67 ID:CsTgyZqLO
作中に出てきたアドバイスはちゃんと聞いとけってことだな
前作のまつりの時もアドバイス一切聞かずアームばっか鍛えてたらピクミンみたいに死にまくって詰みかけたのを思い出した
148 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 17:02:45.23 ID:XTFFstHk0

 ぼちぼち、再開しようかなーと考えてますが…

 います?

149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:04:12.93 ID:r8rKWnvAO
いるかも
150 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 17:11:50.98 ID:XTFFstHk0

 ――バイス王国・湖畔の都・王立学術院・地下独房――

スピカ「…」

スピカ「……何で、こんなことに…」

 ガチャ…

スピカ「手も足も、鎖で壁に繋がれちゃってるし…」

スピカ「一体、どうしよう…」


 【安価下1】
 1 しばらく様子を見よう
 2 その他、どーしよう…?

151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:14:21.00 ID:EQCsrb+2o
152 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 17:18:22.45 ID:XTFFstHk0

スピカ「…」

スピカ「…い、今は…とりあえず、大人しくしとこう…」

スピカ「…」

スピカ「でも…これから、どうなっちゃうんだろう…?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 神父がきやがった! こいつ…!
 4〜6 完璧にスパイって思われてる。スパイって何さ…観光だよ…
 7〜9 おや?

153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:19:02.65 ID:SOASa5CAO
はい
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:19:51.66 ID:r8rKWnvAO
うーん
155 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 17:28:32.24 ID:XTFFstHk0

 カツカツカツ…
 ガチャンッ

スピカ「!」

*「立て。取り調べを行う」ギロッ

スピカ「取り調べって…」

*「例え、いかなる国であろうともスパイ行為は許さん」

*「それがバイス王国の決まりだ」

 ・
 ・
 ・

 ――バイス王国・湖畔の都・王立学術院・聴取室――

スピカ「観光で立ち寄ったの!」

スピカ「それで教会に行ったら、め…免罪符? みたいのどうですか、って言われて!」

スピカ「そこは断って、そんなのあるんだなーって思ってたらマリリーって人が、一緒にいた人!」

スピカ「マリリーが、そんなのおかしいですよ、ってシスターさんに言って、そしたら裏に連れていかれて」

スピカ「気になったからちょっと耳をそばだててたら物騒な感じに聞こえたから入ってって」

*「教会のシスター達を失神させた」

スピカ「え? それはそうだけど、あの…操られてて、神父に」

スピカ「だから神父を追いかけてきたら、ここに着いて…どうせ入れてくれないだろうしって…」

*「本当のことを言え」ギロッ

スピカ「本当のことだよ!」

*「神父はここへ来てなどいない!」

スピカ「でも魔法で、ほんとに! 魔法で試す?」

*「そう言ってどうにか逃げる魂胆なのは分かっている」

スピカ「〜っ…違うのに」

*「吐け! 本当は何を目的にしている!?」バンッ

スピカ「本当のことしか言ってないよっ!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 別のがやってきた
 4〜6 全然、信じてもらえない…
 7〜9 急に表がざわついてきた。何だろう?

156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:30:52.85 ID:r8rKWnvAO
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:31:55.24 ID:r8rKWnvAO
くっそ…中途半端なコンマが続くぜ…
158 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 17:36:07.58 ID:XTFFstHk0

*「…」

スピカ「信じて…。本当だよ」

*「…だったら…」

スピカ「?」

*「夜が更けるのを、震えて待つんだな」

*「夜明けには泣いて許しを乞いながら、本当のことを吐くだろう」

スピカ「え…?」

*「せいぜい五体満足の内に、本当のことを喋ると誓っておくことだ」

スピカ「五体満足――まさか…」

*「拷問をする」

スピカ「っ!?」



 【安価下1】
 1 あかんあかんあかん…逃げるか…
   A 聴取室にいる今がチャンス!?
   B 独房で大人しくなんてできるか!
 2 誰かどーにかしてぇ…
 3 その他、どーしよ?

159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:37:21.24 ID:EQCsrb+2o
3 持ってた機械を調べてもらう
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:38:18.11 ID:r8rKWnvAO
161 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 17:41:56.30 ID:XTFFstHk0

 持ってた機械…? 荷物? きっと所持品は全部取り上げられてます…
 こう…自由安価の時はどんなことを期待して、とか書いてもらえたりすると助かるかも…です
 すみませんが、ズラしまする…

―――――

 ガチャンッ…

スピカ「拷問…」

スピカ「五体不満足…?」

スピカ「やだやだやだ…」

スピカ「…」

スピカ「何で、こんなこと…。助けて、誰か…」

 ギュッ…


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 やさしくないせかい
 4〜6 いよいよか…ってな時に?
 7〜9 誰かが聞き入れてくれた! さて、誰でしょうね…?

162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:44:24.22 ID:EQCsrb+2o
>>161
漫画「[たぬき]」における、「龍宮城の
八日間」のような展開を期待してました(^^;

安価下
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:46:03.92 ID:bq1ck5ZCo
この場合は下なのかそれともコンマだからそのままになるのか
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:49:40.40 ID:r8rKWnvAO
どっちにしろやさしくない…キツい…
165 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 17:50:39.03 ID:XTFFstHk0

 コンマなのでね、安価は下にずらせてもコンマはずらせないんですね…どちらにせよ…でしたが

―――――

 ガチャンッ…

スピカ「っ…」ブルッ

拷問吏「…」フシュ-

スピカ「ご…拷問って…本当に…?」

スピカ「スパイじゃない! そもそも、スパイだとしても…わたしは、ヴァーゴ王国の第一王女で…!」

スピカ「それなのに、スパイなんてことするはずないでしょ!?」

*「隠れ蓑にしているんだろう」

*「本物の王女だとして、何だその格好は?」

スピカ「か…格好なんて…!」

*「始めろ」

拷問吏「…」フシュ-

 ガチャッ…
 カチンカチンッ

スピカ「やだ…やめて、やめてっ…」

拷問吏「…」ギュッ

スピカ「やだって! やだやだやだ!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 DEAD END
 4〜6 こっからどう挽回すりゃええんじゃ…
 7〜9 誰か助けにきてぇーっ!

166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:52:08.18 ID:bq1ck5ZCo
死んだほうが身体欠損で旅を続けるよりマシな気もする
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:53:26.50 ID:r8rKWnvAO
あっぶねえあっぶねえ
168 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 17:55:38.07 ID:XTFFstHk0

スピカ「やめ、やだっ…」ガチャガチャ

拷問吏「…」グッ

*「…」フイッ

 ドッゴォォォォォォォォォォォォッ

*「何だっ…!?」バッ

拷問吏「…」スッ

スピカ「っ…っ…」バクバク


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ザニア:凶暴性高め 脱出率高め 闇堕ち率高め…
 4〜6 セーブル:凶暴性低め 脱出率低め
 7〜9 ピース:凶暴性低め 脱出率高め 高額請求の恐れあり

169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:56:21.17 ID:EQCsrb+2o
おりゃ
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 17:59:32.44 ID:r8rKWnvAO
ピースさんにはごめんなさいしないとね
171 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 18:04:08.78 ID:XTFFstHk0

 パラパラ…

ピース「――よう、姫様。生きてっか?」チャキ

*「お前っ…どうやっ――」

スピカ「ピース! っ…左腕が…」

ピース「くれてやったんだよ、てめえのバカのせいで」

スピカ「っ…」

拷問吏「…」チャキッ

ピース「邪魔ぁすんじゃねえ…!」

 ブゥンッ
 ドッゴォォォォォォォォォッ

スピカ「くっ…」

 ガィンッ

ピース「鎖は斬った。いくぞ」ガシッ

スピカ「ピー、ス…」

ピース「これじゃもう、俺はこの国うろつけねえぜ? 全部、てめえのせいだ。分かってんだろうな?」

スピカ「ごめん…ごめんなさい…」

ピース「…けっ」

 ダンッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 とりあえず、ピースさんにぶん殴られた
 4〜6 ザニアとセーブルが、まだ囚われてるって…
 7〜9 5人揃えたよ、どうにかこうにか

172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:05:04.51 ID:i9H+xJxz0
これは特別給金要求されますわ
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:06:46.61 ID:r8rKWnvAO
マリリーさん治せるかな…
174 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 18:10:21.53 ID:XTFFstHk0

 ――バイス王国・湖畔の都・郊外某所――

 ドサッ…

ピース「はぁっ…クッソ…」

スピカ「ピース…他の、皆――」

ピース「ざっけんじゃねえぞ、クソったれ!」

 ドゴォッ

スピカ「っ…」

ピース「はぁ…はぁ…今は殴るだけで終わらしといてやる…」

ピース「…血が足りねえ…」

スピカ「…」

ピース「他のヤツらなんざ知るか…。てめえだけで精一杯だ」

ピース「今夜は、俺はもう動けねえ…。行きたきゃ行け。死んでこい」

ピース「日が昇るまでは俺は絶対にノータッチだ。夜明けまで、あいつらが生きてる保証はねえけどな」

 ゴロ…

ピース「はぁ…はぁ…」

スピカ「…」


 【多数決】↓1〜5
 1 夜明けを待つ
 2 待てない。ひとりででも、行く

175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:11:21.52 ID:bq1ck5ZCo

さすがにこの意見無視したら……ねえ?
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:13:16.20 ID:SOASa5CAO
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:13:18.78 ID:r8rKWnvAO

ノヴァ向かわせたり、安否知る魔法覚えたり出来ないかな…
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:13:53.53 ID:i9H+xJxz0
まあ1ですわ
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:15:54.40 ID:r8rKWnvAO
安価の判断ミスが重なると、0奇数なんかより遥かに悪い方に行くんだね…
180 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 18:23:10.91 ID:XTFFstHk0

スピカ「…」

スピカ(わたしのせい…)

スピカ(何も考えないで…ピースの言うことにも、耳を傾けなかったから…)

スピカ(こんなじゃダメだ…ダメダメだ…)

スピカ「…」

ピース「……行かねえのか…?」

スピカ「だって…」

ピース「…」

ピース「……ああ、ダメだ、お前…」

スピカ「…え?」

ピース「物分かりが悪いと思えば急に良くなって…」

ピース「何なんだ、お前…? 意味が分からねえ」

ピース「実際に身に起きたことを体験しなきゃ反省も後悔もできませんってか?」

ピース「こんなら、お前じゃなくて王子様の方を連れ出した方が良かったぜ…お前にゃ、失望だ」

スピカ「っ…」

スピカ「じゃあ…どうしたら良かったの…? 行って死んでこいとか言って!」

ピース「やるならとことんやりやがれ、って言ったんだよ…。ころころころころしてんじゃねえ」

ピース「夜明けを待ったら、お前の大事な弟も、セーブルだって、死ぬかも知れねえんだぜ?」

ピース「なのに、俺が行かねえって言ったら、本当に行かないのか? ええ? まさか、お前に裏切られるなんてな!」

スピカ「裏切ってなんか…! 意味分かんないのはそっちだよ!」

ピース「お前はこんくれえの恐怖体験で、諦めんのかって言ってんだよ! お前、何されかけてたか分かってんだろ!?」

ピース「簡単に腕一本もぎとってくようなやり方だ、例え生きてようが…夜明けにゃ、あいつらはもう、生きてただけ、だ」

スピカ「…」

スピカ「【安価下1】」

 1 そんな言い方…
 2 じゃあ一緒に来てよ! そうできるなら、そうしたいよ!
 3 その他、自由台詞やで

181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:27:00.57 ID:r8rKWnvAO
…わかった…助けに行く。もう判断間違って後悔したくない
182 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 18:32:15.60 ID:XTFFstHk0

スピカ「…分かった…」

スピカ「助けに行く。もう、誤った判断で後悔したくない」

ピース「…」

スピカ「…」スクッ

スピカ「…」グシグシ

ピース「行かねえぞ、俺は」

スピカ「…さっき聞いた」

ピース「…」

スピカ「…」

ピース「行け、さっさと。走れ」

ピース「夜明けまでだ。持ちこたえろ…」

ピース「…特別料金で、夜明けまで生きてりゃ必ず助けてやる」

スピカ「…うん」

 タッタッタッ…


 【安価下1】
 1 地利魔法で位置を把握してから、土・強壮魔法を使ってとにかく全力で走って乱入していくスタイル
   A ザニアから
   B セーブルから
   C マリリーから
   D とにかく近い方から
 2 人のいなさそうなところを放火して、その騒動に乗じて一気に
 3 その他、どーする?

183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:33:18.24 ID:bq1ck5ZCo
1A
184 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 18:37:23.60 ID:XTFFstHk0

スピカ「…」ザッ

スピカ(地利魔法で、皆の居場所は確認した…)

スピカ(夜明けまで…あとどれくらいだろう…? まだ月は高い…)

スピカ(それでも――)

 ギュッ

スピカ「やらなきゃ」

スピカ「土・強壮魔法」

 ギュゥィィィィン

スピカ「まずは、ザニアから…!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 脱獄したから、めっちゃんこ警備が強化されてた
 4〜6 脱獄したから警備が強化されてた
 7〜9 そんな人出はほとんどないらしいけど、まあ、スピカが単身で戦うのってそうそうないことだしね

185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:38:13.77 ID:E4oOnLeJO
186 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 18:44:12.64 ID:XTFFstHk0

衛兵A「脱獄したスパイの容疑者だ!」

衛兵B「取り囲んで捕縛しろ!」

スピカ「ごめん…どいてっ! 大・濁流魔法!」

 ザッバァァァァッ

衛兵A「ぐおおおっ…!?」

衛兵B「応援を――!」

スピカ(この狭い通路で濁流魔法を使えば、一気に奥まで押し流せる…!)

衛兵C「はぁああああああっ!」

スピカ「!?」ダッ

 ザシュッ

スピカ「っ――中・凍結魔法!」

 ビュォォォォォッ
 ガキィィィィィンッ

スピカ「行かなきゃ…!」

 タタタッ


 【直下 コンマ判定】
 果たして、ザニアは…
 1〜3 けっこう、ぼろっぼろよ
 4〜6 ぼろぼろだけど、戦えないほどじゃない
 7〜9 ギラッギラしてた
  0  すでに動いてた

187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:45:28.80 ID:r8rKWnvAO
0こい
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:46:03.99 ID:r8rKWnvAO
きた…!!
189 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 18:48:06.53 ID:XTFFstHk0

 多数決のひっかけにかかっちゃった時はひやひやしたけど、風が吹いてきてる…?

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 1〜3 とは言え、ザニアだけが脱獄してた
 4〜6 ザニアとセーブルはすでに合流を果たしてた
 7〜9 ザニアとマリリーが一緒になってた
  0  逆風でしたね(白目

190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:51:24.31 ID:E4oOnLeJO
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:52:31.60 ID:r8rKWnvAO
吹けよ追い風
192 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 18:56:51.92 ID:XTFFstHk0

<脱獄者2名!

<捕えろ、持ち場を放棄して捕縛に当たれ!

スピカ「はぁっ…はぁっ…」

スピカ(脱獄者…2名…?)

スピカ(すでに、誰か――)

 ザッ

スピカ「!?」バッ

衛兵D「見つけ――」

 ザシュゥッ

衛兵D「っ…」バタッ

ザニア「…姉上…」

スピカ「ザニア…ザニアっ!」

 ギュッ

ザニア「良かった…無事で…本当に…」

スピカ「うん…でも、まだ、喜んでる場合じゃない」

ザニア「うん」

スピカ「わたしはピースに助けてもらえたの。でも…腕が、なくなって…」

スピカ「夜が明けたらくるって言うから、それまでにセーブルとマリリーを助けよう」

ザニア「分かった…。姉上、ケガ――」

スピカ「こんなのかすり傷」


 【安価下1】
 1 スピカはセーブルを助けにいこう。ザニアはマリリー
 2 スピカはマリリーを助けにいこう。ザニアはセーブル
 3 2人で一緒に行動しよう
   A セーブルから
   B マリリーから
   C 近い方から

193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:58:57.29 ID:E4oOnLeJO
3b
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 18:59:10.47 ID:r8rKWnvAO
1かな
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:00:45.92 ID:r8rKWnvAO
後回しにして拷問が進んでたらイヤだけど、大丈夫かな…
196 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 19:02:45.27 ID:XTFFstHk0

スピカ「地利魔法で皆の場所は分かってるの。マリリーから助けよう」

ザニア「うん」

衛兵E「見つけたぞぉっ! 一緒にいる!」

スピカ「…ザニア、どこも行かないでね」

ザニア「……うん」

衛兵F「確認!」

スピカ「大・濁流魔法!」

 ザッバァァァァァァッ

ザニア「中・雷撃魔法!」

 バチバチィッ

衛兵E「ぐおおおおっ!?」

衛兵F「ぐああああああっ…!」

 ダダダッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 マリリー、ぼろぼろ…
 4〜6 マリリー、気丈
 7〜9 聖職者のマリリーに拷問はかけられなかった模様

197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:03:12.68 ID:ZAVEDgHPo
¥:
198 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 19:07:50.65 ID:XTFFstHk0

スピカ「マリリー!」

マリリー「およ…お2人とも! この騒ぎは…」

ザニア「話は後です。できるだけ、檻から離れて。ふぅ…でやあああっ!」

 ガァァンッ
 ガァァァンッ
 ガラァァァン…

スピカ「今、枷も外すから」

 ガチャガチャ

ザニア「姉上、早く」

スピカ「うん。でも…なかなか…」

ザニア「っ…僕がやるから、見張りを」

 ガンッ

スピカ(ピースみたいに、あんな鉄の枷…簡単に壊せない…)

スピカ(せめて、カギとか…それか、何かいい方法…)


 【安価下1】
 1 カギを探そう。近くにないんか?
 2 凍結魔法と劫火魔法でこう、温度を上げ下げして…
 3 て言うか、これ外すのに手間取ってる時間でじれてくる! 先にセーブルのとこ行ってくるね!
 4 その他、妙案求む

199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:09:56.15 ID:ZLLqM9ngo
4鍵穴を型に凍結魔法で氷の鍵を作る
200 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 19:12:22.54 ID:XTFFstHk0

スピカ「そうだっ…」

スピカ「ザニア、どいて」

ザニア「姉上?」

スピカ「マリリー、ちょっと冷たくなるかもだけど、我慢して?」

マリリー「は、はい…」

スピカ「小・凍結魔法」

 ヒュォォォォ

ザニア「カギ穴で型を取って…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 カギにはなったけど、強度が足りんかった(白目
 4〜9 成功!

201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:13:26.68 ID:SOASa5CAO
はい
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:13:42.75 ID:ZAVEDgHPo
かちんこちん
203 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 19:15:29.30 ID:XTFFstHk0

 ガチャンッ

マリリー「外れましたっ!」

スピカ「最後、セーブルのところに急ごう」

ザニア「ええ」

マリリー「急いで参りましょう」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ヤバいのが出てきやがったよ…
 4〜6 強いのが出てきやがったよ…
 7〜9 セーブルのとこへついたよ。さて…無事かどうか…

204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:15:49.48 ID:SOASa5CAO
というか、普通は鍵ってそういう方法で作っても開けられない仕組みなんだけど(呆)
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:17:53.50 ID:E4oOnLeJO
確かにそうだけど古典的なタイプの鍵なら先端部だけ合わせればいけるはず
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:19:02.22 ID:SOASa5CAO
そうなんだ。それならそういう鍵だったという事で納得しよう。
207 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 19:21:21.30 ID:XTFFstHk0

ザニア「それにしても、こうも場所を放して独房を設置するなんて…」

マリリー「ザニアさん、お顔が恐くなっていますよ…。笑えない状況ではありますが…」

ザニア「っ…すみません…」

スピカ「もうすぐっ!」

 タタタッ

スピカ「えーと…あそこ!」


 【直下 コンマ判定】(時間経過:−1)
 1〜3 痛々しい姿に…
 4〜6 ぼろっぼろでも、セーブルは精神的に超余裕
 7〜9 全力の抵抗で拷問を耐えてた。逞しい

208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:22:03.81 ID:r8rKWnvAO
とりあえず指名手配とかにならないためには、神父と学園長の悪事明るみにして解決するしかないのよね…
安価なら下
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:23:16.84 ID:r8rKWnvAO
ごめんセーブル…
210 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 19:31:19.13 ID:XTFFstHk0

スピカ「セーブルっ…!」

*「貴様らっ、とうとう――」

ザニア「黙って、地に伏していろ!」

 ドゴォォンッ
 ドサッ

マリリー「セーブルさん、助けに参り――っ…」

セーブル「……お、う…」

セーブル「………待ち…くたび…れ…たぞ…」

スピカ「ひどい…」

マリリー「今、傷を…」

 ポゥゥゥゥ…

スピカ「治癒魔法…」

ザニア「姉上、カギを」

スピカ「う、うん」

セーブル「…」

ザニア(あの様子…かなり酷く…。取り乱さないだけの強い精神力を持っていたか…もう、気力を使い尽くしたか…)

ザニア(どちらにせよ…セーブルさんを戦力に数えるようなまねはできない…。いくら体の傷を治しても、負担が大きすぎる…)

 ガチャンッ…

セーブル「はぁ…で…これから……どう…する…?」

スピカ「セーブルは、いいよ…。考えないで…。ごめん、そんなに…」

セーブル「いいっ、て……」

ザニア「姉上…このまま逃げるのが安全策だ。でも…それじゃ、僕らにかけられたスパイの疑惑を晴らせない」

ザニア「このまま時間を置けば置くほど、問題が大きく膨れ上がりかねない」

スピカ「うん」

ザニア「あの神父のしていたことを…いや、あれが何者なのかを確かめないと」

ザニア「………でも、僕だけで大丈夫だから」

スピカ「ザニアっ」

ザニア「セーブルさんとマリリーさんを連れて、ピースさんのところに」

ザニア「きっと危険なことになるから、姉上達は4人で早く遠くまで逃げて。僕がどうにかする」


 【安価下1】
 1 そんなのできない
 2 …………分かった

211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:32:49.64 ID:7UKcWKGyO
212 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 19:35:29.01 ID:XTFFstHk0

スピカ「ダメ。…そんなのできない」

ザニア「でもっ――」

スピカ「ザニア、お願いだから…ひとりで、そんなに何でもやろうとしないで」

スピカ「一緒にやろう」

ザニア「…だけど、危ないんだ。もしものことがあったら!」

スピカ「それはどっちも一緒!」

ザニア「…」

スピカ「神父はまだ、ここにいる。夜明けにはピースもくるから、一緒に行こう」


 【安価下1】
 ところで、セーブルとマリリーはどうする?
 1 逃がしておいた
 2 一応、一緒に?

213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:37:52.06 ID:ZAVEDgHPo
1
214 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 19:43:51.61 ID:XTFFstHk0

ザニア「僕らで引きつけておきますから、その隙に」

マリリー「ですが…」

セーブル「水…臭いぞ…俺だ、って…」

スピカ「ダメ。外傷は癒えてもダメージはすぐになくならないの、治癒魔法は。でしょ? マリリー」

マリリー「ええ…ですが、わたくしも心配で…」

ザニア「平気ですから…セーブルさんが無茶しないよう、監視してください」

スピカ「…約束ね、セーブル。大人しくしてて」

セーブル「……ちぇっ…」

ザニア「では、気をつけて」

マリリー「お2人も。…女神様のご加護があらんことを」

スピカ「…女神様、か――」


 【安価下1】
 神父のお名前をとっときます。男性です

 【採用安価の直下 コンマ判定】
 1〜3 待ち受けられてたよぅ…
 4〜6 神父と学院長が相手ですか…
 7〜9 神父と対峙だぜ

215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:45:52.04 ID:E4oOnLeJO
ゲンジ・セリヤ
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:46:26.65 ID:ZAVEDgHPo
さて
217 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 19:55:54.11 ID:XTFFstHk0

 ――バイス王国・湖畔の都・王立学術院・学院長室――

 ギィィィィ…

スピカ「…」

ザニア「僕らを陥れようとしてくれた礼を、しにきましたよ」

ゲンジ「うっとうしいことを…」

学院長「…」

ザニア「様子を見ていた限り…ここの人達を洗脳はしていないようですね」

ザニア「話に聞いたシスター達の感じと、ここの人達はいささか差異がありましたし」

ゲンジ「洗脳とは人聞きの悪い」

スピカ「悪いことしておいて、そんな言い方ないでしょ」

ザニア「ですが…例外は、そこの学院長ですか」

学院長「…」

ゲンジ「…学院長もまた、敬虔な女神の信者というわけだ」

ザニア「それなら…あなたを倒して、正気に戻っていただいた学院長に口添えしてもらえれば容疑も晴れるでしょう」チャキッ

ザニア「姉上をあんな独房に突っ込んだこと…地獄へ叩き落とすまで許さない」ギロッ

スピカ「待って、ザニアっ!」

スピカ「………神父さん、どうしてこんなことしたの?」

スピカ「お願いだから…もうやめて? 理由を教えて。まだ、取り返しがつくかも知れないから!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜6 ゲンジ「黙れ…。下等な人間如きが、いつまでこのわしと対等な口を利くつもりだ」
 7〜9 ゲンジ「取り返しがつかないのは貴様らだ。ここへ足を踏み入れた時点で、死ぬと決まっているのだからな!」


―――――

 すまぬ
 腹ぺこりーぬなもんで、ご飯たべてくる

 一旦ありがとうございました

218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 19:57:18.87 ID:ZAVEDgHPo

219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 20:10:56.86 ID:7UKcWKGyO
一旦乙
なんやかんやで盛り返してきたかな…ピースとは後々コミュ取るなりして和解したいな
220 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 20:34:12.89 ID:XTFFstHk0

ゲンジ「取り返しがつかないのは貴様らだ。ここへ足を踏み入れた時点で、死ぬと決まっているのだからな!」

ザニア「姉上…これ以上は、もう…」

スピカ「っ…」

ゲンジ「さあ、覚悟を決めて死に逝け!」

学院長「極大・烈風魔法」

ザニア「極大っ…!?」

 ビュオオォォォォォォォォォォォッ
 ズバァッシュァアアアアアッ

スピカ「あああああっ…!」

ザニア「ぐ、があああああっ…!」

ゲンジ「しょせんは非力なものだな。――そうだ、貴様らの失態によってヴァーゴも手中に収めるとしよう」

ゲンジ「ふはっ…全ては、わたしの邪魔をしたせいだぞ? 己の愚かさを恨むのだな」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 学院長超つえー…
 4〜6 ヤバいよー…夜明けまであとどんくらいだ…
 7〜9 がんばるもん!

221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 20:36:06.69 ID:E4oOnLeJO
222 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 20:41:20.92 ID:XTFFstHk0

スピカ「ヴァーゴ王国を…手中に収めるって…」グッ

ゲンジ「まあ、あんな小さな島国でも利用価値くらいは見出せる」

ゲンジ「他国の王立機関に襲撃をかけた無法者国家だとしても、奴隷としてくらいなら売り出せるだろう」

ザニア「………死にたいんですか、あなた」ギロッ

ゲンジ「死ぬのはお前らだ。なあ、学院長?」

学院長「極大・烈風魔法」


 【安価下1】
 1 中・土槍魔法を固めて一箇所に出して、それを風よけにしてやりすごす
 2 速攻で反撃あるのみ! 中・雷撃魔法
 3 その他、どーする!?

223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 20:45:42.99 ID:7UKcWKGyO

セオリーは録音とかで悪事全部一般人に聞かれてるパターンだけどな
224 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 20:54:45.65 ID:XTFFstHk0

スピカ「ザニア、こっち来て!」

 ビュォォォォォォォォォォォッ

スピカ「中・土槍魔法!」

 ズドドドドォッ
 ズバッシュァアアアアアッ

ザニア(極大魔法を連発できるのはすごいけど、インターバルはある…!)

ザニア「この隙を突く…!」ダンッ

ゲンジ「まったくもって、おろかしい…」チャキッ

スピカ「武器――?」

ザニア「付け焼き刃で、僕に勝てるとでもっ!?」

 ギィィィンッ

ゲンジ「付け焼き刃? ほおう、言うじゃないか。わたしが付け焼き刃なら、お前は習い立てか?」

 ガンッ

ザニア(こいつっ…!)

ゲンジ「いきがるものじゃない!」

 ブゥンッ
 ザシュゥゥゥッ

スピカ「嘘っ…!?」

学院長「極大・――」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 学院長「劫火魔法」
 4〜6 学院長「烈風魔法」
 7〜9 学院長「雷撃魔法」

225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 20:55:40.67 ID:ZAVEDgHPo
226 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 21:01:38.43 ID:XTFFstHk0

学院長「雷撃魔法」

スピカ「大・凍結魔法!」

 ピシャアアアッ
 ドッゴォォォォォォォォォォッ

 ビュォォォォォォッ
 ガキィィィィィンッ

スピカ「操られてるにしても、あんな魔法ばっか使われたらジリ貧に…!」

ゲンジ「ふはは、ムダな足掻きというものだ!」

ザニア「でぇええいっ!」

 ギィィィンッ
 ギャリィッ

ゲンジ「剣ではわたしが、魔法では学院長が勝る。――お前らには、勝ち目などない」ニタァッ

 ザシュゥッ

ザニア「ぐうっ…!」バッ

スピカ(ダメだ…強い…)

スピカ(この人達…わたし達よりも、ずっと強い…!)


 【安価下1】
 1 だったら相手をチェンジだ! スピカはゲンジ、ザニアは学院長を相手に
 2 とにかく、防戦主体で戦いを長引かせよう!
 3 その他、どーしよう?

227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 21:02:59.14 ID:FzbRs4Fpo
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 21:04:43.34 ID:7UKcWKGyO
長引いたら辛いから1と思ったが連取か
安価下
229 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 21:07:56.31 ID:XTFFstHk0

スピカ「ザニア、深追いしないで! 朝まで…」

ザニア「……うん…」

ゲンジ「朝? お前らが、次の朝を迎えるのは骸に成り果ててからだ!」

ゲンジ「そんな希望は早く捨てた方がいいな!」

学院長「極大・凍結魔法」

スピカ「っ――大・凍結魔法!」

ザニア「中・雷撃魔法!」

 カッ
 ドッゴォォォォォォォォォォォンッ

 ブワァッ

ゲンジ「そらどうした、魔法を撃ってへたばったか?」

ザニア「姉上っ!」

スピカ「バカに、しないでっ! ――中・雷撃魔法!」

ゲンジ「効かぁああああんっ!」ブンッ

 バチチィィッ
 ズバァァァッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 防ぎきれない猛攻にさらされ続ける…
 4〜6 ダメだ、凌ぎきれないよ…
 7〜9 もうちょっとで朝なのにぃ…

230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 21:11:04.21 ID:U4Mx1M5Po
ぜろ
231 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 21:19:42.96 ID:XTFFstHk0

ザニア「このぉっ…!」

ゲンジ「目を血走らせたところで、何も変わらんよ」

 ギィィィンッ
 ズバァッ

ザニア「がっ――」

学院長「極大・烈風魔法」

 ビュォォォォオオオオオオオオオオッ
 ズバッシュァアアアアアッ

ゲンジ「はっは…まったくもって、バカなヤツらめ」

 ・
 ・
 ・

スピカ「っ…はぁっ…はぁっ…」

ザニア「…姉上…下がってて…」

スピカ「そんなの…言ってられない…でしょ…」

ゲンジ「粘るじゃあないか…」

ゲンジ「空が白んできたが…朝日を拝むことはない」

スピカ「来るもん…ピースが、助けに来てくれる…」

ゲンジ「誰が来たところで、もう何も変わらん」


 【安価下1】
 1 最後の猛反撃だ! 魔力が空になるまでやってやる!
 2 凌ぐ! がんばって凌ぐ! ピースが来るまで
 3 その他、どーしよ?

232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 21:27:03.23 ID:7UKcWKGyO
233 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 21:33:47.72 ID:XTFFstHk0

ゲンジ「いい加減に、くたばって女神のところへ逝くがいい」

ゲンジ「学院長――アレだ」

スピカ「…?」

ザニア「…」チャキッ

学院長「大・烈風、大・竜巻魔法」

スピカ「嘘っ…魔法の同時…!?」

 ビュォォォォォォォォォォッ

ザニア「あぐっ…ぐ、がっ…! 姉上っ…!」パシッ

スピカ「うぅっ…ザニア、これ――この後が、本命っ…!」

ゲンジ「絶望して死んでしまえ」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 異なる回転の風の渦に引き裂かれて…リトライだね
 4〜6 瀕死…なのに…
 7〜9 威力の緩和をはかってみたけど…ほんともう…ボロボロ…

234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 21:34:18.95 ID:SOASa5CAO
ほい
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/14(日) 21:34:50.09 ID:2JFOsqg80
236 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 21:44:32.77 ID:XTFFstHk0

 ズバァッ

ザニア「っ――」

スピカ「うっ…」

 ズバズバズバズバァァッ
 グシャアアッ
 ギュゥゥゥゥンッ

ザニア「ぐあ、がっ、ああああああ―――――――――っ!」

スピカ「あああああああああ―――――――――――――っ!」

 ドサドサァッ…

ゲンジ「…まだ息があるか…」

スピカ「…っ…外が…明るく…」

ザニア「ピース…さん、は…まだ…?」

スピカ「地利魔法…」

 ズズズ…

スピカ「えっ…」

ゲンジ「何を勝手に絶望している?」

 ゲシッ

スピカ「あうっ…!」

ザニア「貴様っ…」ヨロッ

スピカ(何…何かの、間違い…?)

スピカ(何で…ピース…もう明るいのに…近くにも…いない…)

ザニア「姉上を…これ以上……傷つけてみろ…」

ザニア「誰が咎めても…」チャキッ

ゲンジ「強がるものじゃない。立つのもやっとのくせをして」

スピカ「ピー、ス…」

スピカ(ピースが…来てない…来ない…? 約束したのに…)

スピカ(夜明けまで…持ちこたえろ…って…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 DEAD END
 4〜6 ZETSU☆BOU
 7〜9 がんばるザニア

237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 21:45:50.35 ID:fB0uLQ9Jo
そらっ
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 21:46:29.56 ID:FzbRs4Fpo
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 21:47:41.42 ID:7UKcWKGyO
リトライも出来ないし確実に状況が悪化する456が一番痛い
240 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 21:54:35.08 ID:XTFFstHk0

ザニア「うぁあああっ!」

 ブンッ
 ガッ

ゲンジ「弱い」

ザニア「触れるなっ!」

 ブンッ
 ドゴォッ

ザニア「っぐ…!」

ゲンジ「邪魔だ。……ああ、姫君…いい顔だな」グイッ

ザニア「姉上に、触る…なっ…!」ガシッ

ゲンジ「放せ、小僧がっ!」

 ドゴォォォォンッ

ザニア「っ…ぁ…」

スピカ「…」ガタガタ

ゲンジ「頭の悪そうな顔だが…それは悪くない」

ゲンジ「んん…わたしの女になるか? とろけるほどの悦をやるぞ?」

スピカ「……誰、が…」

ゲンジ「…死にたくはないだろう?」ニタニタ

スピカ「っ…」

ゲンジ「そら、命乞いでもしてみろ」

ゲンジ「命くらいなら助けてやらんでもないぞ…?」

スピカ「【安価下1】」

 1 …(無言
 2 やだ…
 3 その他、自由台詞なんだよ

241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:03:43.16 ID:q+B029Oko
1
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:05:01.54 ID:7UKcWKGyO
ほんわかほのぼのが恋しい…
243 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 22:07:49.92 ID:XTFFstHk0

スピカ「…」

ゲンジ「…ふんっ」

ゲンジ「命乞いさえしないなら…」スッ

ゲンジ「さっさと死んでしまえ――!」

ザニア「姉上ぇっ…!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 DEAD END
 4〜6 ザニアが
 7〜9 どうせよと?
  0  確定でいいことにしとく…何か…出ればね

244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:08:20.94 ID:ZAVEDgHPo
00
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:08:54.72 ID:bq1ck5ZCo
ザニアが死亡ルートかな?
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:09:38.20 ID:U4Mx1M5Po
よっしゃ
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:10:00.68 ID:FzbRs4Fpo
うげぇ!ザニアが死んだ!
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:10:57.42 ID:zLW5eOSeo
ばいばーい!
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:12:02.00 ID:FzbRs4Fpo
ザニア嫌われてんな
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/14(日) 22:12:10.04 ID:2JFOsqg80
お前らwwwwwスピカが死んでザニアが狂う可能性も……ないか
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:13:09.88 ID:7UKcWKGyO
流石にこの状況でザニア死んでも喜べないって…
252 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 22:14:01.94 ID:XTFFstHk0

 ザシュゥゥッ
 ビチャッ

スピカ「っ――ザニア…!」

ゲンジ「この、くたばり損ないめ…!」

ザニア「死ぬまで――死んだって、姉上は守る…!」

 ガブゥッ

ゲンジ「ぐぅっ…この、放せ…!」

 ガンッ
 ゴンッ

ザニア「ぐ…ぎ…!」

ゲンジ「ええいっ、学院長っ! さっさと始末しろっ…!」

スピカ「ダメっ…! ザニア、ザニアっ…!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 姉弟仲良く死んじゃった…
 4〜6 現実は非情である…
 7〜9 諦めるにはまだ早いはずっ!

253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:14:27.56 ID:FzbRs4Fpo
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:15:25.92 ID:7UKcWKGyO
もういっそ456でも殺してくれ…
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:15:41.23 ID:FzbRs4Fpo
1〜3さえ出れば良かったんだがダメだったか
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:16:26.00 ID:zLW5eOSeo
エゴで人1人殺したクズ王子の末路
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:18:33.20 ID:U4Mx1M5Po
コンマ神の断罪やね
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:19:47.47 ID:7UKcWKGyO
オライオン大好きかよ
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:22:29.15 ID:FzbRs4Fpo
エゴで一人殺したクズがザニアならモニカはなんなの
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:24:12.74 ID:SK34e69Jo
罪に悩むザニアを頑なにスルーする選択肢を取り続けた結果である、潜在的な総意
261 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 22:25:08.86 ID:XTFFstHk0

学院長「大・土槍魔法」

スピカ「ザニアァッ!」

ゲンジ「忌々しい小僧めがっ!」

 ズドォォォォッ

ザニア「っ――」

スピカ「ザニア――」

 ズボォォォォッ
 ドサッ…

スピカ「っ…ザニア、ザニアっ…!」

ザニア「ぁ…姉上…ごめんなさい…」

スピカ「傷…穴…塞がなきゃ、塞いでっ…」

ザニア「どうせ…こうなる…はずだった…」

ザニア「あの時から…その内って、思ってた…けど…」

ザニア「姉上…ごめん…」

ザニア「もっと、姉上を、悲しませない…ように…逝けたら…」ポロッ

スピカ「そんな…そんなのっ…」

ザニア「姉上は…そのままで、い――」

 グシャアッ

スピカ「――」

ゲンジ「ん? どうせ、すぐにあの世で会えるんだ。そんな苦しみながら別れる必要ないだろう?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 DEAD END
 4〜6 スピカの精神がまた、ごっそり削れそう
 7〜9 これ…スピカ編、ハッピーエンドに辿り着くのはもう、ムズいんじゃないかな…?

262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:25:50.56 ID:FzbRs4Fpo
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:26:05.96 ID:ZAVEDgHPo
mm
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:28:04.92 ID:7UKcWKGyO
なんで456しか出ねえんだよ…0奇数も出してないしコンマ自体は悪くないのにハード過ぎるよ…
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:29:37.27 ID:ZhoFUD84o
最高のコンマだな
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:31:40.72 ID:7UKcWKGyO
どんだけ潜伏してたんだザニアアンチ
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:33:23.81 ID:FzbRs4Fpo
1〜3が出れば何処から再開するかでザニアが死ぬ前に戻れたというのに
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:33:48.14 ID:xKCItb7ZO
そこまで憎むかね引くわ
269 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 22:34:11.44 ID:XTFFstHk0

スピカ「っ――」

ゲンジ「どうした? そんな顔をして?」ニタニタ

スピカ「う、あ、ああああああああああああ――――――――――――――――――――――――――――っ!」

 ガンッ

ゲンジ「ムダな足掻きを!」バシッ

スピカ「よくも…ザニアを…」チャキ

ゲンジ「そんな剣を握ったところで…」

スピカ「許さない…許せないっ!」

 ブンッ

ゲンジ「剣を持つのも初めてか?」

 ギィンッ
 ガラァンッ

スピカ「小・土槍魔法!」

 ズドドッ

ゲンジ「この程度!」

 ブンッ
 ズバァッ

 パシッ

ゲンジ「っ――剣を突き上げて、握った…!?」

 ヒュンッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 刺し違えた
 4〜6 ころした
 7〜9 思いとどまった

270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:35:04.75 ID:Clnv1iioo
4
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:36:52.91 ID:7UKcWKGyO
もうマジで勘弁してくれ…
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:38:12.27 ID:FzbRs4Fpo
なんかもうこのまま4〜6とか続いたら邪悪な魔法覚えそうだわ…
273 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 22:41:18.81 ID:XTFFstHk0

 ズドォォォッ

ゲンジ「っ…だが、これくらい――」

スピカ「大・凍結魔法!」

 ビュォォォォォォッ
 ガキィィィィィィィンッ

ゲンジ「が、があっ…剣、からっ…凍って、い――」

ゲンジ「やめ、やめろっ…こんな、こんなことがぁっ…!」

スピカ「やめない…お前も、やめなかったっ!」

ゲンジ「あああ、ああああああっ――」

 カチン…

スピカ「はあっ…はあっ…」

スピカ「っ…」

スピカ「中・土槍魔法」

 ズドドドドォォォォッ
 グシャアアッ

 パリィィィィンッ…

スピカ「っ…はぁっ…はぁっ…」

スピカ「うっ…ザニア…ザニア…う…うわぁぁぁぁぁん…」



 【多数決】↓1〜7まで
 1 スピカ編、続ける…?
 2 終わりにしておく…?

 ※これ以上は続けたら、スピカが怖いことになりそう…
  かと言って、終わりにして救済されるかとかも、あれだけど…

274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:43:30.56 ID:FzbRs4Fpo
いや、続けよう
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:44:46.48 ID:7UKcWKGyO

スピカはいい子だしコンマ自体は悪くなかったんだし、救済のチャンスを…
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:45:27.93 ID:bq1ck5ZCo

微妙なコンマが一番要らないんだよなあ……
コンマ神はやはり気まぐれでござるな
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:46:32.07 ID:VFgA58RqO
1
もう自分の力ではどうしようもない気もするけど、行くとこまで行きたくも
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:49:47.12 ID:7UKcWKGyO
なんだかんだで主人公10人全員ハッピーエンドだった前作が遠い幻のようだ…
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:51:28.46 ID:FzbRs4Fpo
>>278
初期のユッキーとかヤバかったけど、最後はいい感じになったし
スピカもいい感じになることを願ってる(ヴァーゴ王国の王子は死んだけど)
280 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 22:52:09.87 ID:XTFFstHk0

 マジかぁ…いや、まあ…いいのさ、皆さんがそう決めるなら
 でも…けっこう、きっついと思うのよ…

 ほのぼのとか、ガチでしてらんないと思うし…したってそらぞらしいと思うのよ…

 あと、あれだ
 4〜6のコンマでガンガン悪い方に進んでったのは、それ以下のデッドエンドが出てたから、判定が1段階キツくなってたからなんだ
 途中から、4〜6をリトライ可能のデッドエンドにしようかと思ったくらいだけど…まあ、そこはやっぱり変えられませんでした

 さて、
 では、覚悟して先へ進んでくだされ〜

 【安価下1】 
 1 旅なんか終わりじゃいっ!
 2 国に帰りたくない…

281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:52:47.89 ID:ZAVEDgHPo
2
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:55:13.34 ID:7UKcWKGyO
ほのぼのしろとは言わない、せめてスピカを救ってあげたい
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:56:31.97 ID:bq1ck5ZCo
どう行こうと救えない気がするんですがそれは
身内が死んだのに早々に割り切れるやつがいるか?
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:58:01.80 ID:7UKcWKGyO
割りきれないまでも何らかの意思を固めるとか王女として強くなるとか、怖い方向に行くのを止めたい
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 22:59:51.28 ID:ZLLqM9ngo
(正直スピカの闇堕ちが見たい)
286 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 23:00:49.80 ID:XTFFstHk0

 ――バイス王国・湖畔の都・王立学術院――

学院長「――落ち着いたかね…?」

スピカ「…うん…」

学院長「何と、詫びればいいものか…。いや…詫びることなど、無意味かもしれん…」

学院長「だがかけられていた嫌疑は全て晴らされた…。全てはあの男――ゲンジの仕業じゃった」

学院長「…本物の神父は…とうの昔に殺されてしまっていたようじゃ…」

学院長「今となっては…あの者の素性は知れん。全ては…わしの失態…」

スピカ「ううん…。もう…そんなの、仕方ないことだから」

学院長「…ヴァーゴ王国から、とにかく早く戻ってきなさいという書状が届いているそうだが」

スピカ「……帰りたく、ないの…」

学院長「…わしのところにも…早く、あなたを国へ帰るよううながしてほしいと」

スピカ「…迷惑かけて、ごめんなさい…」

学院長「…」

スピカ「…」

学院長「これから…どうしたいのかね…?」

スピカ「【安価下1】」

 1 …何も…
 2 ……ここで…魔法を学ばせてくれると…嬉しいです
 3 その他、自由台詞

287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:01:37.56 ID:FzbRs4Fpo
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:02:47.95 ID:7UKcWKGyO
2特に人を救う魔法を
289 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 23:12:22.13 ID:XTFFstHk0

スピカ「……ここで…魔法を学ばせてくれると…嬉しいです」

学院長「魔法を…?」

スピカ「言葉だけで、人を説得するって…すごく難しいから」

スピカ「……もっともっと魔法を勉強して…それで、もうあんなこと…起きないようにできたらって」

スピカ「…わたし…魔法なんて、ずっと独学だったから…」

学院長「独学? …ふむ…そうか…」

学院長「罪が消えるわけではないが…罪滅ぼしとして、ここにあなたがいる間は何でも協力をしよう」

学院長「魔法学部への編入も許可をする」

スピカ「ありがとう…」

学院長「あまり…」

スピカ「…?」

学院長「…いや…何でもない」

スピカ「…今日は、これで」

学院長「ヴァーゴ王国へは、わたしからも書状をしたためる。だが、あなたからも自分の文字を綴って送りなさい」

スピカ「……はい」

学院長「いいコじゃ。…冷えるから、暖かくしておやすみ」

スピカ「…」コクッ

 スタスタ…


 【安価下1】
 1 裏切りのピースが顔を出してきたよ…
 2 学院前でセーブルが待ってたよ
 3 ゲンジがいなくなって、ちゃんとした教会に戻った、教会にふらりと足を運んだ


 ――個人情報――
 名前:スピカ・ヴァーゴ 武器:杖 職業:第一王女兼魔法使い 属性:水
 所持金:320万5000G
 習得魔法:大〜小・濁流/凍結/氷柱 中〜小・火球/竜巻/烈風/土槍/雷撃 小・劫火
      水牢 土・強壮 風縛 地利魔法
 所持品:ノヴァ(小型愛玩ゴーレム) 魔法増幅器(ランク:D) ザニアの剣

 ――知人――
 ピース:凄腕傭兵 裏切りの剣士
 セーブル:カタナの使い手
 スバル:女戦士 闘技城グランドゲーム優勝候補
 カレン:謎の女 ピースに依頼を持ちかけた
 ガイ:スバルの仲間 戦士
 ミナト:スバルの仲間 弓士
 シャヒーン:スバルの仲間 僧侶
 シリウス:トレジャーハンター
 リリ:シリウスにいつもぎゅってしてる
 デネブ:シリウスの連れの少年
 マリリー:爆乳

290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:13:35.19 ID:7UKcWKGyO
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:14:30.41 ID:U4Mx1M5Po
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:14:52.43 ID:FzbRs4Fpo
教会とかでも魔法とか教えてくれないかな
293 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 23:15:59.93 ID:XTFFstHk0

 ――バイス王国・湖畔の都・教会――

 カラァァン…

スピカ「…」

スピカ「…晴れないなあ…空…」

スピカ「…」

スピカ(ザニア…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ピース…
 4〜6 セーブル
 7〜9 マリリー

294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:16:31.94 ID:U4Mx1M5Po
0です
295 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 23:22:57.27 ID:XTFFstHk0

 チョンチョン

スピカ「…?」

 バサッ

セーブル「じゃじゃーん、花束」

スピカ「セーブル…」

セーブル「あっちのさ、西の方の湖岸に花畑があったんだ」

セーブル「で、どんなものかなって見て来て、綺麗だったから摘んできた」

スピカ「…くれるの?」

セーブル「だって、俺が持ってたって仕方ないだろ?」

スピカ「…ありがと」

セーブル「ああ」

スピカ「…」

セーブル「あー…えーと…そう、スピカ、今夜な、この教会で、夜の動物のせいたいかんさつかい…? ってのするんだって」

セーブル「折角だからさ――」

スピカ「ごめん…ちょっと、今は」

セーブル「………あー…そっか」

スピカ「…」

セーブル「…」

スピカ「ごめんね」

セーブル「いいって、いいって。分かるし、そういうの。こう…いや、普段はいいけど、今はなってタイミングあるもんな。あるある」

セーブル「うん、だから気にしなくて平気だ」

スピカ「ザニアもね…ごめんって…謝ってきた…」

セーブル「…」

スピカ「【安価下1】」

 1 ……それだけ…。ごめんね、まだちょっと…いつも通りになれないんだ。あはは
 2 わたしね…ダメなお姉ちゃんだったなー…って…
 3 …花束、ありがと。じゃあ、今日はもう宿帰るから。ばいばい
 4 その他、自由台詞

296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:26:24.88 ID:FzbRs4Fpo
297 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 23:37:24.68 ID:XTFFstHk0

スピカ「わたしね…ダメなお姉ちゃんだったなー…って…」

セーブル「そんなことないって」

スピカ「ザニアは何でもできちゃったから…」

スピカ「運動もできたし。わたしは運動音痴」

スピカ「勉強もできたし。わたしはお察し…」

スピカ「魔法くらいかな…? 上だったの」

セーブル「…ダメなんてことないって」

スピカ「迷子になった時…いつもね、まっさきに見つけてくれた」

スピカ「小さいころは、迷子になったのはわたしなのに…ザニアが泣きながら見つけてくれたの。どこいっちゃったの、って怒りながら泣いて」

スピカ「しっかり者で…いつもいつも、わたしのことばっかり気にして」

スピカ「シスコン」

セーブル「それは、あったな…」

スピカ「なのにわたし…何かしてあげられたかなって…」

スピカ「いつも助けてもらってばっかりでね…何でも、そうだった…」

スピカ「セーブル…わたし、決めたんだ…。もう、迷子にならないの。絶対に」

セーブル「いきなり、何の宣言…?」

スピカ「だって…迷子になっちゃっても、ザニアがお迎えに来てくれなかったら…本当の本当に…ザニアが…」

スピカ「死んじゃった…って…思っちゃう…から…」ポロッ

スピカ「こんな…涙…こぼさなくなるまで…迷子に、ならない…」グシグシ

スピカ「…そうしないと、ザニアがね…心配しちゃうかな…って…」

スピカ「ダメなお姉ちゃんだから…もう、これ以上ね…心配かけられないでしょ…?」

セーブル「…」

スピカ「グスッ…セーブル…ごめんね…。変な宣言だけど…」

セーブル「…」ギュッ

 ポンポン

セーブル「…いいから、泣いちゃえって」

スピカ「っ…でも…」

セーブル「そんな辛そうな顔で我慢されるくらいなら、泣き顔の方がマシだよ」

セーブル「誰にも言わないって…。すぐ、俺もスピカの泣き顔なんて忘れるから…我慢、するなって。な?」

スピカ「…っ…うん…」



―――――

 本日はここまでです
 ありがとうございました

298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:40:44.10 ID:i9H+xJxz0
乙、この決意でスピカ編終わってもいいんじゃね?前回みたいに次回主人公の時に今から何年後の世界みたいな感じで始めればどうにかなる…



かもしれない
299 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/14(日) 23:42:58.70 ID:XTFFstHk0

 >>298
 そうする?

 ぼく賛成よ、それでいいよ、ぼくは

 ………ピースとの確執が確実に残るけど
 あと、セーブルがスーパー逆玉の輿な可能性が激増しちゃうけど

 どうですか、皆様?

300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:46:58.67 ID:7UKcWKGyO

スピカ編はあとマリリーと話してなんかあって私強くなるエンドでいいな…
ピースとイヤな感じでエンカウントして闇堕ちしたらたまったもんじゃねえ…明日終わったらそのあと新キャラ作る?
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:50:11.28 ID:7UKcWKGyO
>>299
できればマリリーとも話してほしいけど、闇堕ちなさそうだし構わんよ
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:51:32.12 ID:FzbRs4Fpo
せめて服くれた人は出して欲しい
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/14(日) 23:52:55.72 ID:VFgA58RqO
おつ
全部解決するか闇堕しても次の主人公で助けるか、いくとこまで行くのが良かったけど、主人公1人で長すぎる気もするし、1が次に行きたいなら別にいいかな
304 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 00:16:24.68 ID:jKe9btjb0

 ふむふむー
 闇堕ちに関しては、手をつけずにこのまま成り行き任せ…ってことならしないはず

 ピースとの確執って言っても、スピカは強硬な手段を取るタイプじゃないからね
 別の主人公で、もしもスピカと会って傭兵についての印象を訊ねちゃったりした場合に、あんま良くない感じに思ってるて感想をもらう程度?

 あと…服はなー…
 回収むずかしそうや…
 いずれ、どっかで「スピカじゃない」魔物の皮の服に身を包んだご婦人?が出ると考えれば…ダメかの?

 とりあえず、キャラメイクにせよ、ちょびぃっと蛇足的にスピカ編をやるにせよ、がっつりスピカ編をやるにせよ!
 また明日!

 どうもありがとうございました

305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 00:24:46.35 ID:IKogHRUwo

まあ裏切られても許すって言ってるからな
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 00:28:24.65 ID:xiaq7v2u0
ピースさんアレだけのこと言ってなんで助けに来なかったんや…
来ないのがピースさんらしい、とも思うけど。
実は来る途中で殺されてた…とかだと救いがなさすぎてアレに。

ピースさんが生きてるかだけでも教えて→皆の王子
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 00:29:29.93 ID:RC1+wPjhO
学校通いが決まったから、なんか起こるとしたら町になんか攻めてくるパターンだよね

このまま終わっても問題ないが、個人的にはスピカが自分の力でなんかしらの苦難を乗り越えて終わるのも見たいかな。少しは後味いい
それでセーブルがぶっ殺されたりしたら闇堕ち確定でたまったもんじゃねえから怖いけど
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 00:37:50.43 ID:IKogHRUwo
片腕ぶっちぎられて、応急処置する余裕もなく動き回ったから
出血多量で限界だった説

まだ知り合い欄にいるってことは、そういうことだと思うけど
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 02:17:41.62 ID:mdTx4OS80
次の主人公を学院生にしてスピカと接点作っちゃえ
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 09:39:03.87 ID:kMgujueFO
学院で学ぶってことは能動的な行動もあまり無いだろうし話のキリはいいんじゃないの
関係ないけど、スピカがセーブルと結ばれるには魔法より政治の勉強しなきゃ駄目だよな
311 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 18:25:51.18 ID:1rhzQUPRO

王子「こんにちは、皆の王子です! でも今は、この1レスだけは、>>306だけの王子様です」キリッ

王子「だって、呼んでくれたんだもん! 初めてちゃんと呼ばれて、ああ俺、うざがられてはなかったんだなって思ったんだもん!」

王子「えーと、質問内容が…」

王子「ピースさんが生きてるかだけでも…か」

王子「生きてます」

王子「>>308さんが鋭い」

王子「そう、知人欄にちゃんとピースは記載されてるからね。ザニアは消えちゃったけど」

王子「…………あんなにザニアンチがいるとは思いませんでした…」

王子「同じ王子として、何かショック…しかも死んじゃったし…」

王子「まあ…うん、何でピースが来なかったの、っていうところは…」

王子「コンマ次第ではあるんだけど、可能性は2つ」

王子「ひとつ、スピカを試したから」

王子「前にね、フリップにまとめてスピカへの感情みたいな部分を紹介したけど…軽蔑してるんだよね」

王子「でもって、公私混同もしてるのね。そして、登場する疑惑」

王子「協力し合える関係…そういう、世界みたいなものを本当にスピカは信じられるのか、って」

王子「もちろん、スピカは信じてるけど、それを阻むやさしくない世界においても、貫き通せるかっていう部分だよね」

王子「だから…本当に裏切って、その結果が取り返しのつかないもので、それでも人を信じられるのか、って」

王子「本当に裏切って取り返しがつかなくなって、それでも、笑って許せるのか――を、試した…っていう可能性。これがひとつ」

王子「ふたつめは、これまた>>308で指摘されてるけど、ピースの回復が間に合わなかったから、ってところ」

王子「これはまあ…うん、厳密には裏切ったことにはならないかもだけど、約束を違えたって意味では裏切り同然…なのかも?」

王子「不可抗力だとしてもね、駆けつけられなかった、駆けつけなかった…っていう事実は変わらないからね」

王子「まあ、うん…。大体こんな感じかな」

王子「質問の答えに関しては、ピースは生きてます」

王子「その胸中はどうあれ…ね」

王子「ではでは! >>306の王子様でした!」

312 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 18:34:22.13 ID:Y8B75mv8O

王子「あーあーあー、業務連絡〜」

王子「スピカ編を続行するか、否か、です」

王子「続行するとして…多分、しばらく学院にいる都合上、時をぶっ飛ばすぜ」

王子「まあ、半年から1、2年?」

王子「でもって、多分…何かに巻き込まれるなり? 自分の何らかの意思を持つなり?」

王子「そんな感じで湖畔の都を出ていって…って感じでまた旅に出るって感じかな」

王子「だったらもう、次の主人公に行っちゃってもいいかなーっていうのがスレ主の考え方なんだけどー」

王子「かなりキリが良くなってるからさ、ここもひとつの区切りなのね」

王子「分かってるとは思うんだけど」

王子「だから、スピカはここで主人公の任を解かれて…っていうのはどうでしょうかと?」

王子「あ、ちょびっとだけ…何? スピカが今後どうなってくかとか、そういうようなちょっとした追加エピはね、大丈夫」

王子「ただね、お話ってちょっとしたことでづまづいたりしちゃうし、コンマが0からの奇数で、ぎゃーってことにも…ね?」

王子「そうそうないとは…思うんだけど」

王子「だから、選択肢は3つです」

王子「ひとつ。キャラメイクスタート。スピカ編はこれにて終了」

王子「ふたつ。スピカ編の第二部開始。スピカの冒険はまだまだ続くし、安価とコンマで描かれる」

王子「みっつ。スピカ編のエピローグ。メインとなるのは…ピースとの確執か、セーブルとの関係…とか?」

王子「こんな感じです」

王子「多数決で決めようかなと思うので、シンキングタイムをもうけまーす!」

王子「何か、質問があれば受けつけるよ!」


313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 18:38:10.60 ID:cuCbLpBoO
2部となるとスピカ18歳か…メンタルとおっぱいが気になるな…
314 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 18:44:33.91 ID:Y8B75mv8O

王子「そろそろ、シンキングタイムは終わりでいいかな?」

王子「良ければ何かこう…アクションお願いします」

王子「多数決で何票入ったら決定にするかのあたりをつけたいというつまらない理由なんだけど…」

王子「あと3分くらいしたら、多数決ってことで?」

王子「良いでしょうか!?」

315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 18:45:17.38 ID:cuCbLpBoO
しゃい
316 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 18:50:25.37 ID:Y8B75mv8O

王子「ひとりしかいない疑惑…!」

王子「…仕方ない?」

王子「…あ、あれだよね? ご飯タイムとかで…ね?」

王子「きっとそうなんだよ…ね?」

王子「でも多数決やるよ! いくよ!?」


 【多数決】最速3票獲得選択肢を採用
 1 キャラメイクスタート
 2 第二部
 3 エピローグ的なちょい続くよ

317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 18:50:45.11 ID:I50MeMQA0
かかってこいやおらぁん!!
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 18:51:07.86 ID:ig24ZfiLo
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 18:52:04.79 ID:I50MeMQA0
3が終わったらキャラメイクで良いんだよね?
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 18:52:55.81 ID:cuCbLpBoO
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 18:53:03.32 ID:kajzmqEAO
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 18:53:23.31 ID:VerwdWQ/o
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 18:54:00.45 ID:QvwQ0LZjO
1
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 18:54:48.63 ID:cuCbLpBoO
2と悩んだんだけど、これ以上スピカの精神ザックザクになるのは見ててキツいし
325 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 18:56:54.64 ID:Y8B75mv8O

 >>319

王子「Yes」

王子「そして、3が採用されたね!」

王子「良かった、人がいた!」

王子「ではでは…始まるよ! 今日も張り切っていこう!」

王子「安価を出すから、数字とアルファベットの両方を選んで併記してね!」


 【安価下1】
 1 あの夜以来ぶりに、ピースが顔を出してきた…
 2 今日もセーブルは、スピカのところにやってくる

 A 学院編入から数週間後
 B 学院編入から半年?

326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 18:57:57.98 ID:gfN0c4sNO
1A
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 18:58:46.27 ID:ZZ8UEu3zO
1B
328 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 19:02:31.94 ID:Y8B75mv8O

 ――バイス王国・湖畔の都・王立学術院・入口広場――

スピカ「寒くなってきたなあ…」

スピカ「あ…吐く息が白い…」

 スタスタ

スピカ(寮に帰ったら、今日の講義の復習しておこうっと…)

スピカ(それから水魔法の運用理論の予習と…)

 ザッ…

スピカ「…?」スッ

ピース「…よう」

スピカ「……ピース…」

ピース「しばらくぶりだな…。こんな寒いのにへそ出しルックのままかよ。ほんとに姫様か、分かりゃしねえな」

ピース「ああ…そうやって思わせないための浅知恵か…?」

スピカ「…」

ピース「…何か言いたいこと、ねえのか?」

スピカ「場所…変えよう?」


 【安価下1】
 ピースに何か言いたいこと…
 1 ない
 2 どうして、来てくれなかったの?
 3 その他、自由。台詞形式だと、嬉しいかな? ちょいと改変はするかもですが

329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 19:05:55.28 ID:xiaq7v2u0
体、大丈夫?傭兵続けるの難しいよね…
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 19:20:48.38 ID:cuCbLpBoO
(キャラメイクのために星の名前を調べる音)
安価なら下
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 19:23:59.52 ID:IKogHRUwo
本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー (真顔)
安価下
332 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 19:29:27.77 ID:Y8B75mv8O

 ――バイス王国・湖畔の都・王立学術院・カフェテリア――

 所持金:318万8700G→318万8650G

ピース「おごりか、羽振りがいいな」

スピカ「体、大丈夫?」

ピース「ああ?」

スピカ「傭兵続けるの、難しいよね…?」

ピース「…」

スピカ「腕…ずっと、マントで隠してるし。どうにも、ならないよね…?」

ピース「…ああ、今まで2本の腕でやってたんだ。これじゃ傭兵としても、半分以下の価値にしかならなくなっちまった」

スピカ「…ごめん」

ピース「…」

スピカ「…傭兵、続けるの?」

ピース「これ以外に、稼ぐ方法なんざ知らねえからな」

ピース「金さえ積まれりゃ、何とでも戦うのが仕事だ。それで殺す」

ピース「…ある傭兵の駆け出しのころの話を話してやるよ。10にも満たない頃から、そいつは剣を握ってた」

ピース「ずっと後ろをついて回ってた先輩傭兵がつまらねえことで死んで、そいつも一人立ちするかって時の初仕事だ」

ピース「雇い主は、羽振りがいい貴族様。その貴族には若い――当時のその傭兵と同じくらいの息子がいて、それがどこぞの娘を孕ませた」

ピース「だから、その娘を殺せってな。腹がでっかくなってた。でっけえカボチャを詰め込んでるんじゃねえかってくらい」

ピース「500ゴールドで、殺した。依頼の中身は、腹の中のガキを始末しろ、だ。母体がどうなっても関係ない」

ピース「女は本気で、腹の子の父親を好いていた。だが、その父親はそんなのどうでも良かった。貴族様の血が、汚い血と一緒になるのを嫌がった」

ピース「娘の腹に剣を突き立てた。両方死んださ。取り出した、死んだ胎児を証拠として持っていって、引き換えに金貨を受け取った」

ピース「命の値段なんて、そんなもんだった。…こんなこと、そこらの小石ほどある話なんだぜ、知ってたか?」

スピカ「…」

ピース「だが…青臭かったそのバカは…生暖かい血でべっとり濡れた、ニワトリのタマゴより小さいニンゲンを掴んだ手を憎んだ」

ピース「死んだ胎児をその手に掴んでから…初めて、後悔をした。引き換えに手に入れた数枚の金貨で、夜が明けるまで酒を煽り続けた」

ピース「…最悪の初仕事を終えた後、そいつは青臭かったから人を守るための傭兵になろうと誓った」

ピース「人里を荒らす魔物を殺しにいった。畑を荒らして、偶然に出くわした人間を食っちまう雑食の魔物だった」

ピース「駆け出しでも、チビだったころから剣を振ってた高い続けてたそいつには楽な仕事だった」

ピース「魔物を退治した後は、街道に潜伏しては通りかかるヤツを襲って荷や命を奪っていく賊の討伐を請け負った」

ピース「恨みがましい連中だった。生かしておいたら、いずれ雇い主が報復されると思って…そいつは皆殺しにした」

ピース「だが…それも後悔した。殺してから、後悔をした。真っ赤な血の池に突っ立って、無表情のままに後悔をした」

ピース「悪党は始末した。スカッと爽快だ。そうなるはずだったのに、そいつはまた、報酬金で安酒を浴びるように飲んだ」

ピース「戦う前は正義の心に燃えて、戦った後は必ず悔恨の念に駆られる…。その繰り返しだった」

ピース「魔物は際限なく溢れて出てきたが、その魔物も、その内に親子でいるのを目撃して、それを殺した時点でサイテーの気分になった」

ピース「このままじゃダメだと、そいつは思った。殺しはやめて、誰かを守る仕事を受けようと決めた。――が、それも最悪の形で終わった」

ピース「あの肥え太った男は汚いことをして富を得た。だから、懲らしめてくれ。…そのターゲットも、傭兵を雇っていた」

ピース「だから戦って…そいつはまだ弱かったから、殺さずに無力化をすることができなくて…ターゲットも、傭兵も、結局殺した」

ピース「…その後で、雇い主の方がクソ以下の悪党だったことが分かった。邪魔だったから、嘘をついてそいつをけしかけたんだ」

ピース「同じようなことは、何度だってあった。ある時、女がそいつの前へ現れた。恋に落ちた2人だったが、傭兵だとそいつは言わなかった」

ピース「紆余曲折を経て…その女も死んだ。女もまた傭兵で、2人は殺し合うことになった。何で殺し合いながら気づかなかったか?」

ピース「互いが、互いの雇い主を悪党だと吹き込まされていた。顔を見られては…手駒の傭兵なんて繋がりでも、表向きにしたくなかったからだ」


333 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 19:35:22.82 ID:Y8B75mv8O

ピース「かくして…その傭兵は呪ったのさ」

ピース「正直者は馬鹿を見る。信じた分だけ、裏切られる」

ピース「誰だって裏切る。裏切られて、心の中の何かが削ぎ落とされていく」

ピース「……だったら、最初から信じない方がいい」

ピース「世の中はそういうもんだと思って、開き直って、その大多数に加わった方がいい」

ピース「………そんな、バカな傭兵の話がある」

スピカ「それは…ピースのこと?」

ピース「…そうかも知れないし、そうじゃないかも知れねえな」

スピカ「…」

ピース「なあ…そんなことがたくさん、この世界にはあるんだぜ?」

ピース「お前だって…そういうもんは、ちったあ体験したことあるだろ?」

スピカ「…」

ピース「……それでも、お前は続けられんのか?」

ピース「バカ丸出しで、そんなバカほど見やすい幻想を…。実現しえない、バカどもの理想を」

ピース「教えてくれよ。…俺はお前を、できるだけ信じるようにしてるんだぜ?」

ピース「だって…お前は、俺がどんな裏切りをしようが笑って許してくれるヤツなんだから」

スピカ「【安価下1】」

 1 …ピースは、間違ってるよ
 2 笑って許すなんて…できるはずない…
 3 その他、自由台詞

334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 19:39:50.59 ID:cuCbLpBoO
2+でも、ここで憎んだり、夢を諦めることをザニアは望んでない
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 19:43:02.39 ID:htJJjwpNo
続けるよ私のためピースのためザニアのためあったこともない人のため

たとえ私ができなくても一粒の種になれる そう私は信じてるから
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 19:44:54.79 ID:htJJjwpNo
遅かったかー さてどうなる
337 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 19:59:37.92 ID:Y8B75mv8O

スピカ「笑って許すなんて…できるはずない…」

ピース「…だよなあ?」

スピカ「でも」

ピース「あ?」

スピカ「ここでピースを憎んだり、わたしの夢を諦めることをザニアは望んでない」

スピカ「…できないかも知れない。…きっと、この理想は実現ができないかも…って思う」

スピカ「だけど…諦めることはしたくない」

ピース「ムリだと分かってて、何で手放さねえ? それはただの無謀だ、阿呆だ、どうしようもねえ現実なんだよ」

スピカ「その傭兵さんみたいに開き直れるほど…わたしは強くないから」

ピース「は――?」

スピカ「開き直ったらきっと…もう…わたしじゃなくなっちゃう」

スピカ「そんなの、ザニアは望まない」

ピース「っ…死んだようなヤツが何を考えてるかなんて、分かりゃしねえだろうが」

ピース「あいつを、お前の弟を殺したのは俺だぜ? なあ! どうせ、お前のことだから!」

ピース「空が白んで希望を持って! 太陽が昇って、その光に照らされて! 俺が来るって信じてたよな!?」

ピース「でも俺は行かなかった! 今の今まで、お前のとこに顔さえ出さなかった! 憎めよ、恨めよ!?」

ピース「ムリだって言え! でなきゃっ――」

スピカ「そんなことしたら、わたしはきっと…ピースを許せなくなる」

ピース「許さなくていいんだろうが!」

スピカ「そうなったら、ザニアに顔向けできない。ザニアは、呆れるよ」

スピカ「こんな男は生かしておいても意味がないとか、言うかも知れない」

スピカ「だけど…ここでわたしが曲がったら、それこそザニアは失望する」

スピカ「いつだって、そうだったから。…わたしは頭が良くないことをして、ザニアが止める」

スピカ「でも、わたしはやめない。だからザニアは…いつでも、わたしを助けてくれてた」

スピカ「……それがわたしだから、わたしは、わたしのままでいる」

スピカ「ずっと…ザニアが助けてくれてたわたしのままでいるのが、わたしの罪滅ぼし」

ピース「んなもんエゴだ」

ピース「なあ、知ってるか? 復讐ってのは何も生みゃしねえけど、消すことはできるんだぜ?」

ピース「やり場のない憤りを一瞬だけは消せる。何もできなかった、バカで無力で愚かだったてめえ自身を、一瞬だけは消せる!」

ピース「そうしねえと、ずっとくすぶり続けるんだよ。間違い続けてる自分自身が、ずっとこっちを見つめてくる!」

ピース「60秒だ。60秒、俺は何もしねえでいてやるよ! 剣だってお前に寄越してやる! 俺を刺せ、スピカァッ!」

 ガラァァンッ…

スピカ「…」

スピカ「一緒に探そう? 協力しようよ」

ピース「は…?」

スピカ「手と手を取り合って、皆で幸せになりたい。前にピースを誘った時は…ただの、妄想発言だったよね」

スピカ「でも…今は、同じ痛みを知ってる。ピースの方がたくさん…辛かったと思うけど同じ土俵に立てたから」

スピカ「こんな辛いことを…もう繰り返さないために、誰かが…目に見えるところでは、誰も同じことにならないように…一緒に協力しよう?」

スピカ「ピースを許せるはずない…。でも…許せるようになりたい。…許して、あげたい。だから…手を取り合おう?」スッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 握手は応じられなかった
 4〜6 握手をためらったピースの手を、スピカが取りにいった
 7〜9 握手をした
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:01:39.40 ID:horjY/BCo
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:02:30.66 ID:ZZ8UEu3zO
奇数が怖ひ…
340 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 20:03:39.51 ID:Y8B75mv8O

 果たして…ドラマチックな展開になるか…
 それとも…?

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 大成功
 奇数 決別
 ※0は偶数扱いなんやで…

341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:06:04.26 ID:horjY/BCo
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:08:59.76 ID:IKogHRUwo
最後の最後でコンマ神が微笑んだ
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:17:47.75 ID:gfN0c4sNO
ラストの0コンマに定評のあるコンマ神様
344 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 20:23:45.98 ID:Y8B75mv8O

ピース「…どうして…そこまで…」

スピカ「…わたしの国は、小さいから」

スピカ「国の中で1番高い山だって…あそこに見える山より低い」

スピカ「その1番高い山から見渡せる範囲が国土」

スピカ「津波で、町が流されることもある。伝染病はすぐに国中の人が感染しちゃう。他の国からは…いじめられることもある」

スピカ「でも…国の人の顔は大体分かっちゃう。皆が、一生懸命に生きてる」

スピカ「悲しいことも、嬉しいことも、皆で分かち合うの。わたしが風邪をひいたら、お城に国の皆が果物とかを持ってきてくれた」

スピカ「一応は王女なのに、城下には行きつけの大衆食堂があって…そこの店長の誕生日にね、似顔絵を描いてあげたりしたこともある」

スピカ「そうやって、皆であったかい関係を築くの。夫婦喧嘩はお城まで筒抜け。どこのお家に赤ちゃんが生まれたとかも」

スピカ「…わたしが将来、統治する国はそういうところ。でもね、国の中じゃなくて…これが世界中に広がったらいいなって思う」

スピカ「色々な考え方があって、喧嘩はするよ。…悲しい事件が起きることだってあるけど、その度に皆で考えるの」

スピカ「助け合わないと生きていけないから。…生きていくために、助け合わなきゃいけないのは…ある意味、悲しいことかもしれない」

スピカ「それでも…そうやって助け合う内に絆が生まれて、皆の笑顔が増えていって、今のヴァーゴ王国ができたと思う」

スピカ「生まれた国が違ってて…境遇も、立場も違ってて…年も、性別も、わたしとピースは全然違う。考え方だって」

スピカ「だけど…同じ痛みを知ってる。だからね、わたしとピースが手を取り合うのは、一歩前に進むことだと思う」

スピカ「やさしい世界に、一歩だけ近づける」

スピカ「何かをしないと何もできないから。ピースが待ってる百歩目は、ピースが一歩踏み出さないとやってこない」

スピカ「その一歩を踏み出すのは怖いよ。進んだ先で、また悲しいことがあるかも知れない。でも…手を繋げば、一緒に分け合える」

スピカ「これからは一緒に歩いて、一緒に探そうよ。何をどうしたらいいのか。間違っちゃうことはあるけど、前に進むってそういうこと」

スピカ「これ以上、ひとりで苦しみに耐えないでいいの。だから、ピース。…手を繋ごう」

ピース「…」

 スッ…
 ギュッ

ピース「……最後だ…。どうして、お前はそこまで…傷つく可能性を知りながら、俺みたいなのにまで…手を差し伸べた…?」

スピカ「知らないの?」

ピース「…何が」

スピカ「わたしね、お人好しなの」ニコッ

ピース「…ああ、そっか………知ってたよ…」

ピース「そいつは…立派なバカの条件だった――」フッ


                                  スピカ編 ――――― THE END


345 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 20:26:07.47 ID:Y8B75mv8O

王子「スピカ編、これにて終わりです」

王子「ノーマルエンドでも、グッドでも、トゥルーでも、バッドでもない…エンドです」

王子「まあでも…過程はどうあれ?」

王子「こじれることなく終えられたって意味では、グッドだったかな?」

王子「…うん」

王子「さてさて!」

王子「余韻に浸りたいところだけど…キャラメイクを待ちわびてそうな人がいそうだし!」

王子「キャラメイクに…いきますか?」

346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:27:10.17 ID:mdTx4OS80
いこういこう
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:27:32.62 ID:I50MeMQA0
おっつ、みんな!星の名前は準備したか!?
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:27:55.50 ID:IKogHRUwo

スピカは良いキャラに育ったね
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:28:38.68 ID:gfN0c4sNO
次も星だったらモニカが拗ねそう
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:33:25.93 ID:cuCbLpBoO
モニカも星らしいよ
351 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 20:35:27.49 ID:Y8B75mv8O

王子「ほいほい!」

王子「ではでは! キャラメイク進行は、また皆の王子様である、この俺が務めます!!」

王子「何と、今回からは…種族に、魔族を選択可能だぞぉー!」

王子「さらにさらに! 境遇、というものをコンマで判定することにしました!」

王子「この境遇っていうのは、数値が高ければ大切に育てられてきた、ってことだね」

王子「家柄が0で? 境遇が1だったりしたら?」

王子「これはもうね、亡国の王子様ですわ。もしくは王女様。そうそうないと思うけど」

王子「家柄が1で? 境遇が1だったりしたら?」

王子「これはね、逞しいと思います。……善性か、悪性かは置いといて」

王子「家柄が1で? 境遇が0だったりしたら?」

王子「多分、人格者っぽくなれるんじゃない? 悪性だったらもう、カリスマかもね」

王子「そんなわけで、テンプレどーん!」

 名前:テンプ・レート
 性別:男
 年齢:15
 種族:魔族
 容姿:品の良さそうな温室育ち系男子
 性格:ヘタレで純真でお調子者
 職業:王子
 家柄:00/国どころか世界を丸まる1つ治めてしまっているクラスの血筋に連なる
 境遇:0/めっちゃくちゃ大切に育てられてきた
 悪癖:調子にのると余計なことをしでかす
 属性:火
 武器:双剣
 身体:6/並より少し上
 頭脳:6/並より少し上
 精神:4/打たれ弱い
 魔力:7/多い方
 夢(行動指針):嫁探し

王子「ちなみに、ファミリーネームを『レート』としても、俺との繋がりは一切ありません」

王子「また! このテンプレの通りに安価や、判定をしていくわけでもないので、決め打ちで狙ってもいいけど注意が必要です」

王子「もちろん、決め打ちして失敗して安価が取れてても、これは違う項目のだなー、と判断すればズラしますよ!」

王子「さてさて、準備はいいですか!?」

王子「1発目は、お名前と性別の安価を取ります!」

王子「準備が良ければ、焦らず、でも迅速に対処できるように待機してみて!」

王子「お名前考える時間を取っておくから! 星のお名前にこだわらなくてもいいからね!?」


352 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 20:38:04.79 ID:Y8B75mv8O

王子「さて、ではいくよ?」

王子「前は何故か、名前と年齢で安価出しちゃったから、今回はミスしないよ!」

王子「併記してくれないと、NGでズラしちゃうから気をつけてね!」

王子「いっくぞぉー!」


 【安価下1】
 名前+性別

353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:38:09.68 ID:UdLP8goxO
ヨダカ 男
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:38:28.63 ID:ZZ8UEu3zO
リーシャ・カノープス
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:39:16.89 ID:WfMmrFS1o
ウェイ・マゼンタ
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:39:32.42 ID:ig24ZfiL0
スーリャ 男
357 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 20:40:00.64 ID:Y8B75mv8O

王子「はっや!?」

王子「めっちゃくちゃ、はっやっ!?」

王子「5秒!? 5秒って…5秒て!?」

王子「すげー…」

王子「さて! お名前と性別は決まったね」


 名前:ヨダカ
 性別:男


王子「次は、年齢だよ!」

王子「上限は…22でお願いしますね」

王子「じゃあ、いってみよう!」


 【安価下1】
 ヨダカの年齢は!?

358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:40:03.39 ID:b727ovePO
23
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:40:28.42 ID:mdTx4OS80
18
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:42:51.96 ID:IKogHRUwo
SS速報は書き込みに時間掛るからこのペースだと取れないな
安価下
361 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 20:43:57.96 ID:Y8B75mv8O

王子「ごめんね! すっごく、すぅっ………ごく! 早かったけど!」

王子「上限は、22ってことで…」

王子「前に、23まで、ってしたんだっけ?」

王子「だけど…まあ…ほら、うん…。やっぱなあ、ってなって」

王子「事前に告知しておけば良かったね…」

王子「ごめんなさい」

王子「そんなわけで、ズラします」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18

王子「さて!」

王子「一部、お待ちかねかもしれない、種族!」

王子「魔族、って一口に言っても色々あるんだけど…」

王子「まあ…外見は人間とそう変わらないもの…になるはずです。せいぜい、ちょこんと角があるとか?」

王子「あと、魔族を選ぶと身体能力値に補正がつきます」

王子「デメリットは、魔族であることが人間の世界にいる時にバレてしまうと…って部分です」

王子「何があるかって? ………よくないこと、とは言っておきます」

王子「さて、じゃあいこう!」

王子「ヨダカの種族は!?」


 【安価下1】
 1 人間
 2 魔族

362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:44:24.21 ID:cPRoVCYoo
2
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:44:34.59 ID:747IcapZ0
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:45:07.98 ID:WfMmrFS1o
ヨダカってよだかの星?
365 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 20:47:28.49 ID:Y8B75mv8O

王子「はい、きたー」

王子「魔族が、きましたー!」

王子「さて…魔族て言っても? 色々あります」

王子「どんな魔族がいいかな?」


 【安価下1】
 人間と違う部分と言えば…
 1 外見的にほとんど差はないけど、魔力が人間よりもずっと多い
 2 髪の毛に埋もれるくらいの小さめな角が1つ、頭に生えてます。力が強くて頑丈です
 3 任意で、翼と尻尾を生やせます。ただし、興奮すると無意識にそれらが勝手に生えてしまいます。空を飛べます

366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:47:31.32 ID:Tegi9Sp5O
ヨダカって名前で迫害される種族って壮絶な死を遂げそう
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:47:39.75 ID:VerwdWQ/o
黒いローブに見を包み首から骸骨で出来たネックレスを下げている
白目が無くすべてが黒目で髪は緑、肌は青
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:47:43.28 ID:QvwQ0LZjO
1
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:48:01.53 ID:IKogHRUw0
3
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 20:48:20.31 ID:lqePL8240
1
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:48:25.84 ID:IKogHRUw0
3
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:48:32.01 ID:VerwdWQ/o
見てなかったわ、安価下
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:48:36.74 ID:IKogHRUw0
3
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:48:37.47 ID:Tegi9Sp5O
早いし踏むわけねーぜとか思ってたら踏んじまったごめん
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 20:49:34.19 ID:lqePL8240
自由安価はないから、安価下かな?
376 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 20:52:00.44 ID:Y8B75mv8O

王子「ほいほい、了解!」

王子「あっ、決め打ちは申し訳ないけどズラしますからね、がんばって容姿のところでとってください!」

王子「人間と外見的な差異はないです! で、魔力が人間よりも多いです!」

王子「あと、魔族は生命力が強いのでケガの治癒とかも早めです」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18
 種族:魔族/魔人族


王子「俺と一緒です。…基本的には? ま、俺はすごいんだけどね? 天才だし」

王子「さて!」

王子「じゃーあー、今度は…容姿・外見をいってみよう!」

王子「どんな感じの服装をしてるだとか、そんな風に書いてみてくださーい!」

王子「ざっくりね!?」


 【安価下1】
 ヨダカの外見。身体的特徴・服装・容姿などなど!

377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:52:05.69 ID:b727ovePO
低身長で黒髪の童顔だがしっかり筋肉はついている
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:52:29.88 ID:VerwdWQ/o
黒のローブに身を包み、ドクロの指輪をはめて
鼻から下を布で覆っている、髪は青
379 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 20:53:36.34 ID:Y8B75mv8O

王子「おおーう…」

王子「低身長で、童顔ね…」

王子「…ふむむ」

王子「判定!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 低身長コンプで、指摘されると怒る
 4〜6 童顔コンプで、指摘されると怒る
 7〜9 そんなこたぁない
  0  安価で決めよう

380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:54:02.69 ID:VerwdWQ/o
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 20:54:34.47 ID:lqePL8240
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:54:43.91 ID:IKogHRUwo
むしろ自分大好き
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:55:04.19 ID:SUyrL3MQo
384 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 20:58:20.42 ID:Y8B75mv8O

王子「了解」

王子「現在、こんな感じ」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18
 種族:魔族/魔人族
 容姿:童顔低身長の黒髪


王子「ほほう」

王子「まあ…いい感じじゃないですかね?」

王子「さてさて、では…性格をいってみましょうか!」


 【安価下1】
 ヨダカの性格は?

385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:58:32.52 ID:cPRoVCYoo
現実主義者で内向的、安定を求める
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:58:32.60 ID:VerwdWQ/o
熱血硬派
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 20:59:03.38 ID:cuCbLpBoO
ひょうきんだが決めるときは真面目
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 20:59:56.92 ID:cuCbLpBoO
コンマ08差て
389 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:02:26.44 ID:Y8B75mv8O

王子「はっやいなぁー…」

王子「性格は…ふむふむ…はい」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18
 種族:魔族/魔人族
 容姿:童顔低身長の黒髪
 性格:現実主義 内向的 安定志向


王子「…だいじょぶかな…?」

王子「現実的で、内向的で、安定志向…」

王子「………ネガティブ系、だね?」

王子「うん、そんな感じになりました」

王子「じゃあ次はー…職業!」

王子「…ま、職業って言ってもね? あれよ、戦士とか武闘家、魔法使いみたいな」

王子「そういう…戦闘法みたいな部分なんだよね。何か他にいい感じの呼び方が…思い浮かばない」

王子「何がいいんだ…? 戦法…? 何か、違うような…」

王子「まあいいや、そういうところです!」


 【安価下1】
 職業! というか、戦い方的な部分?
 ※ふつーに職業で「猟師」とか書かれたら、魚取りが特技になったりするよ!


390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:02:31.01 ID:b727ovePO
魔界の国の兵士
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:02:37.85 ID:VerwdWQ/o
錬金術士
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:03:00.38 ID:lqePL8240
魔法使い
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:03:50.67 ID:IKogHRUwo
魔翌力高いのに勿体ねぇ
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:04:02.74 ID:cuCbLpBoO
舞台魔界になっちゃう…?
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:04:29.03 ID:VerwdWQ/o
魔界が存在するかどうかやな
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:05:22.23 ID:lqePL8240
これは……武器によってはモニカ的な感じに……
397 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:06:48.88 ID:Y8B75mv8O

王子「早い」

王子「兵士…」

王子「………兵士かぁー…」

王子「となると、オーソドックスな、戦士タイプだね」

王子「でもって、あうあうあ…あうう…」

王子「魔界の国の…かぁー…」

王子「………ぶっちゃけ、まだ…魔界って存在を出すのは早いかなって…」

王子「だからね、あのー…これは、抜いていい…かな…?」

王子「人間が暮らしてるとこは、地上です」

王子「なので…こう、地上で、何をして稼いでるか…ぬぬぬ…悩む」

王子「…選択肢を、用意してみました」

王子「ごめんね?」


 【安価下1】
 1 魔界の兵士…ではあるんだけど、偶発的な何かが起きて、地上にきちゃって…まあ、無職?
 2 魔界の兵士はやめよう。どっかの国のいち兵士として、魔族だってことを隠して暮らしてることにしよう
 3 その他、何かこう…兵士に近い感じに…どうやって、地上で食ってるか的な部分の職業があれば…

398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:07:18.65 ID:cPRoVCYoo
1
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:07:19.01 ID:mdTx4OS80
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:07:31.65 ID:lqePL8240
2
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:07:32.99 ID:htJJjwpNo
1
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:08:24.21 ID:IKogHRUwo
現実主義者の無職が現れた
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:08:47.72 ID:cuCbLpBoO
これで魔界の存在確定しちゃった感じ?
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:09:34.21 ID:htJJjwpNo
>>402
「働いたら負けかなって思ってる」かもしれん
405 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:09:50.98 ID:Y8B75mv8O

王子「了解」

王子「ごめんね? 折角、安価取ってくれたのに」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18
 種族:魔族/魔人族
 容姿:童顔低身長の黒髪
 性格:現実主義 内向的 安定志向
 職業:無職(元兵士)


王子「さてさて…次は!」

王子「獲物ですね。武器です、武器!」

王子「戦士タイプだから…まあ、剣とか、槍とか、斧とか…」

王子「徒手空拳でもいいよ」

王子「あ、魔界にゃ武器を支給とかないから。自分で用意してね、しなかったらまあ死ぬだけだよ、ってシビアな感じだから」

王子「だから、兵士だからこれだろ! って、固定観念は必要ありません」

王子「では、どうぞー!」


 【安価下1】
 ヨダカの武器!

406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:09:51.77 ID:cuCbLpBoO
安価下1ってヤベェな
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:10:01.90 ID:j+Of/PinO
ブーメラン
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:10:02.80 ID:QvwQ0LZjO
氷の剣
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:10:04.24 ID:IKogHRUwo
モニカとシリウスのとき、チラチラ話題に上がってなかったっけ
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:10:12.81 ID:cPRoVCYoo
鉄の棍
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:10:20.44 ID:htJJjwpNo
セクタス
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:10:22.09 ID:VerwdWQ/o
大鎌
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:10:52.65 ID:cuCbLpBoO
なんでここで安価1取っちゃうんだ俺
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:11:05.52 ID:DjnNLUNfo
珍しいな
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:11:09.36 ID:VerwdWQ/o
ブーメランwwwwww
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:11:22.12 ID:lqePL8240
魔翌力勿体ないな
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:11:36.32 ID:IKogHRUwo
>>414
魔界ではよくあること
418 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:12:16.63 ID:Y8B75mv8O

王子「ねー?」

王子「取る側には回れないけど、ヤバいなって思うよ、俺も」

王子「はい、ブーメランです!」

王子「ブゥウウウ―――――――――メランッ!?」

王子「…あー…うー…」

王子「うーむ…ちょいと、掘り下げよう」


 【安価下1】
 1 投げて、手元に戻ってくる。その途中で、敵にぶつかって攻撃する。それが、ブーメラン
 2 某戦国御伽草子的な感じで、でっかい。あれほどデカくないんだけど、手にもって振り回して問題ないサイズの大きめ
 3 その他、こう…ロマン溢れる妙ブーメランある? あれば教えて

419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:12:20.14 ID:cuCbLpBoO
飛来骨か
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:12:37.08 ID:cPRoVCYoo
2
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:12:44.00 ID:WfMmrFS1o
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:13:02.33 ID:lqePL8240
魔法をまとう
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:13:02.49 ID:IKogHRUwo
飛来骨なのか
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:13:19.33 ID:cuCbLpBoO
すまん安価下で
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:13:20.87 ID:kajzmqEAO
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:13:44.41 ID:IKogHRUwo
どっちみち飛来骨じゃんね
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:14:16.62 ID:htJJjwpNo
>>424
別に3として扱えばいいんじゃね
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:15:28.45 ID:lqePL8240
ここまで、悉く性能が低いか生かしきれないっていう
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:16:05.99 ID:cuCbLpBoO
>>427
雑談のつもりだったんだけど、たまたま安価内容と噛み合っちゃったから…どっちみち飛来骨だったけど
430 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:17:21.84 ID:Y8B75mv8O

王子「サイズ的にはふつーの剣くらい」

王子「飛来骨くらいの大きさじゃない。あれはデカい。すごい。さんごかわいいけど神楽派です」

王子「手に握って振り回して叩きつけたり、斬ったりもできる」

王子「もちろん、投げれば戻ってくる。遠近両方いけちゃうよ!」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18
 種族:魔族/魔人族
 容姿:童顔低身長の黒髪
 性格:現実主義 内向的 安定志向
 職業:無職(元兵士)
 武器:ブーメラン


王子「えー、ではでは…武器と、職業が決まったので、能力値判定でーす」

王子「身体能力と、魔力に最低値の補正がつきます」

王子「じゃっ、いってみよー!」


 【安価下1】
 身体

 【安価下2】
 頭脳

 【安価下3】
 精神

 【安価下4
 魔力


431 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:17:48.14 ID:Y8B75mv8O

王子「ごめん! タイム!」

432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:17:48.34 ID:j+Of/PinO
つよ
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:17:55.13 ID:VerwdWQ/o
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:17:56.80 ID:mdTx4OS80
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:17:59.54 ID:IKogHRUwo
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:18:00.20 ID:lqePL8240
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:18:04.37 ID:htJJjwpNo
::
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:18:14.99 ID:cuCbLpBoO
俺桔梗派!
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:18:26.02 ID:WfMmrFS1o
コンマかどうか指定してねえな
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:19:11.34 ID:lqePL8240
タイム……つまりやり直しだな(コンマから目をそらして)
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:19:12.95 ID:cuCbLpBoO
まぁコンマ悪かったからセーフとしよう
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:19:14.47 ID:IKogHRUwo
あぶないあぶない、精神以外終わってた
443 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:19:54.21 ID:Y8B75mv8O

王子「あっぶねぇー…」

王子「補正の数値出してなかったし、コンマじゃなくて、安価にしてたよ…」

王子「ごめんね、はやとちっちゃった」

王子「改めて、です」

王子「お願いいたします」


 【直下 コンマ判定】(最低値:5)
 身体

 【下2 コンマ判定】
 頭脳

 【下3 コンマ判定】
 精神

 【下4 コンマ判定】(最低値:7)
 魔力


444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:19:58.67 ID:j+Of/PinO
ヒュー
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:20:10.85 ID:mdTx4OS80
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:20:22.42 ID:VerwdWQ/o
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:20:29.58 ID:IKogHRUwo
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:20:32.24 ID:lqePL8240
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:20:34.33 ID:WfMmrFS1o
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:20:56.42 ID:mdTx4OS80
また闇落ちか
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:21:19.94 ID:Tegi9Sp5O
強い
でも凄く騙されやすそう
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:21:53.27 ID:IKogHRUwo
>>450
魔界出身なのにさらに堕ちるのか……(困惑)
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:21:54.82 ID:lqePL8240
精神wwwwww本格的にモニカ的な感じになってきちゃったな……
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:21:55.71 ID:cuCbLpBoO
やだぁ…モニカの悪夢はやだぁ…
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:22:16.61 ID:VerwdWQ/o
魔族だから元から闇堕ちしてるようなもんじゃね
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:24:28.72 ID:horjY/BCo
腐れニートになる可能性
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:25:39.29 ID:IKogHRUwo
童顔低身長で、武器がブーメランとか、子供にしか見えねぇな
だから職がないのか?
458 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:26:35.75 ID:Y8B75mv8O

王子「ああ…」

王子「またこのパティーン?」

王子「ま、いいんじゃない? ネガティブくんだし」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18
 種族:魔族/魔人族
 容姿:童顔低身長の黒髪
 性格:現実主義 内向的 安定志向
 職業:無職(元兵士)
 武器:ブーメラン
 身体:7/良い方
 頭脳:5/平凡
 精神:2/もろい
 魔力:8/優良


王子「それにね、魔族だから、どんなことにショックを受けるかとか、人間と違うから」

王子「例えば…うーん…仮に仲間から背中を刺されても?」


ヨダカ「どうしてそんな、無益なことするのかなあ!? 僕が悪いことした!? やめて、そういうの! ふざけるなら、踵踏むくらいにして!?」

ヨダカ「ああもう、後の計画が台無しだ…これどうするの? どうしよう…どうすりゃいいのさ…」


王子「……みたいな?」

王子「………あれ? これ、現実主義…? 内向的…? 安定志向…?」

王子「……………う、うんまあ…よくある、よくある…設定と内実が伴わないのは…よくある…からさ…」フルフル

王子「…うん」

王子「じゃ、また判定いこう!」

王子「今度はー…家柄と、境遇です!」


 【直下 コンマ判定】
 家柄

 【下2 コンマ判定】
 境遇

459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:26:52.46 ID:QvwQ0LZjO
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:26:59.69 ID:cuCbLpBoO
感じ
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:27:37.37 ID:lqePL8240
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:28:02.98 ID:IKogHRUwo
普通に幸せな家庭
463 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:29:49.93 ID:Y8B75mv8O

王子「……ふつーだ」

王子「…うん…ふつーだよ…」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18
 種族:魔族/魔人族
 容姿:童顔低身長の黒髪
 性格:現実主義 内向的 安定志向
 職業:無職(元兵士)
 家柄:6/蔑ろにはされないくらいの血筋
 境遇:9/育ちが良い ※魔族的に
 武器:ブーメラン
 身体:7/良い方
 頭脳:5/平凡
 精神:2/もろい
 魔力:8/優良


王子「さてさて!」

王子「じゃあ、今度は…悪癖いこっか」


 【安価下1】
 1 落ち込みやすい
 2 テンパって限界を超えると爆発する
 3 その他、どんな?

464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:30:07.93 ID:VerwdWQ/o
人と会話しようとしない
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:30:13.59 ID:cuCbLpBoO
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:30:15.89 ID:KQZzWTtBo
潔癖
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:30:41.30 ID:mdTx4OS80
泣き虫
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:31:40.81 ID:IKogHRUwo
カレーは甘口しか食べれん
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:32:16.18 ID:cuCbLpBoO
大丈夫かマジで
470 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:33:35.74 ID:Y8B75mv8O

王子「コミュ障きたぁーっ!」

王子「…」

王子「大丈夫か、この人…?」

王子「むしろ、何故兵士になった…」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18
 種族:魔族/魔人族
 容姿:童顔低身長の黒髪
 性格:現実主義 内向的 安定志向
 職業:無職(元兵士)
 家柄:6/蔑ろにはされないくらいの血筋
 境遇:9/育ちが良い ※魔族的に
 悪癖:会話嫌い
 武器:ブーメラン
 身体:7/良い方
 頭脳:5/平凡
 精神:2/もろい
 魔力:8/優良


王子「…うーん…」

王子「まあいっか」

王子「さーて、最後かな? きっと最後!」

王子「夢、及び行動指針です!」

王子「まあ…これがちゃんと機能するかどうかは…分かりませんけどね」

王子「これは譲れないとか、とりあえずこれはせなあかん、みたいな?」

王子「そんな感じでぇーす!」


 【安価下1】
 ヨダカの夢/行動指針

471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:33:48.39 ID:QvwQ0LZjO
取り敢えず錬金術を生かして生き残る。そして人間の女子が魔族の女子より可愛いので匿ってもらいあわよくば結婚
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/15(月) 21:33:54.60 ID:cuCbLpBoO
平穏無事
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:34:04.65 ID:cPRoVCYoo
っとりあえず職探し
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:34:23.98 ID:mdTx4OS80
友達100人
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:35:43.77 ID:QvwQ0LZjO
すまん錬金術ぽしゃってたのが頭から落ちてた
安価下で
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:35:55.36 ID:I50MeMQA0
ブーメランとはちがくなっちゃうけど持ち手があってその持ち手を覆うような刃つけた奴とか?
477 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:36:26.86 ID:Y8B75mv8O

王子「れ、錬金術…?」

王子「………ごめん、そんな単語、俺…把握してない…。少なくとも、設定には――って、属性忘れてた!?」

王子「…ま、まあ、うん…」

王子「ごめんね…こう…ズラします」

王子「ズラします」

王子「…ごめんね、折角取れたんだけど、錬金術なんて設定されてなかったから、さ…」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18
 種族:魔族/魔人族
 容姿:童顔低身長の黒髪
 性格:現実主義 内向的 安定志向
 職業:無職(元兵士)
 家柄:6/蔑ろにはされないくらいの血筋
 境遇:9/育ちが良い ※魔族的に
 悪癖:会話嫌い
 武器:ブーメラン
 身体:7/良い方
 頭脳:5/平凡
 精神:2/もろい
 魔力:8/優良
 夢/行動指針:平穏無事


王子「…魔族的じゃないな、こいつ」

王子「さて、忘れてた属性です」



 【安価下1】
 火 水 風 土 雷
 ※いずれかのみ選択してね

478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:36:29.50 ID:cuCbLpBoO
初期冬也に近いかね。まぁ精神は荒波に揉まれて強くしてけばいいべ
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:36:31.58 ID:j+Of/PinO
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:37:31.72 ID:IKogHRUwo
よかった風だ、これで幾分かブーメランがマシになりそう
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:37:36.64 ID:KQZzWTtBo
かっぜでブーメランの動き調整できたりするかな
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:38:08.27 ID:Tegi9Sp5O
人と話をしないって
「相手と話をしない」なのか「(種族的な)人間と話をしない」なのかどっちなんだろう
483 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:38:37.79 ID:Y8B75mv8O

王子「風です」

王子「いい具合に主人公達が属性バラけてるね」

王子「さーて、こんなもんだよね?」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18
 種族:魔族/魔人族
 容姿:童顔低身長の黒髪
 性格:現実主義 内向的 安定志向
 職業:無職(元兵士)
 家柄:6/蔑ろにはされないくらいの血筋
 境遇:9/育ちが良い ※魔族的に
 悪癖:会話嫌い
 属性:風
 武器:ブーメラン
 身体:7/良い方
 頭脳:5/平凡
 精神:2/もろい
 魔力:8/優良
 夢/行動指針:平穏無事


王子「…うん」

王子「さて、と…」

王子「何か、忘れてるとか、質問とか…あれば教えて!」

王子「ないなら…ない、って教えて。始めるよ」


484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:38:54.29 ID:cuCbLpBoO
風穴?(犬夜叉並感)
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:39:47.37 ID:lqePL8240
魔翌力で8なら、合成魔法を使えるよね(ゲス顔)
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:40:13.65 ID:cuCbLpBoO
特技いらん?
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:40:21.58 ID:IKogHRUwo
低身長童顔って、見た目年齢どれくらいに見えるの?
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:41:13.63 ID:VerwdWQ/o
18歳低身長童顔なら12歳ぐらい?
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:41:18.41 ID:IKogHRUwo
あと、シリウスが魔族化して魔眼使えてたけど
ヨダカにもありますか?
490 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:46:25.43 ID:Y8B75mv8O

 >>482

王子「悪癖だからね、種族的な人間と…じゃなくて」

王子「会話そのものが嫌い、っていう風にしたよ」

王子「ま…コミュ障だね。……ビミョーに違うかな?」

 >>484

王子「風穴?(魔族並感)」

王子「こう…人の体に手刀でずぼぉ! って?」

 >>485

王子「合成魔法…か」

王子「…………んー…魔族だし…どうかな…?」

王子「幸運に恵まれて…イベントが起きて、それをクリアできたら?」

王子「魔法使い的な感じで、魔法を習熟してないと高度な魔法は使えないんだよ。魔力はこれ、関係ないのね」

王子「魔力の多さ、少なさっていうのは、ほんとにそのままで、魔法の技量とは別物だから」

 >>486

王子「特技かぁー…」

王子「やろうか」

 >>487-488

王子「見た目ねー…」

王子「…これも、やろうか」

 >>489

王子「シリウスのあれは、また別物なんです」

王子「魔族化…は、うん、そうなんだけど…何ていうか…」

王子「魔眼は、ないです」

王子「ただね? 魔族に限らず、何かとんでもない存在っていうのは、その臓器がすごいチカラの源みたいになるの」

王子「それは眼球だったり、心臓だったり、角だったりなんだけど。だから、特別な魔眼みたいのはないけど…って具合」

王子「少なくともヨダカにはないよ」

491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/15(月) 21:46:43.83 ID:lqePL8240
後、魔法を何が使えるかをオナシャス
492 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:49:09.63 ID:Y8B75mv8O

王子「そんなわけで!」

王子「特技からいきまーす!」


 【安価下1】
 ヨダカの特技は?
 1 胃が丈夫(食物的な意味で
 2 いくらでも指の骨をポキポキ鳴らせる
 3 その他、自由
   ※あんまり、すごいのはいらないよ…?

493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:49:35.12 ID:mdTx4OS80
下限が7だったけど魔族で魔翌力8って平均以下?
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:50:04.54 ID:Tegi9Sp5O
歌がうまい
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:50:30.58 ID:QaAA6ui1o
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:50:54.71 ID:mdTx4OS80
なんで質問のときは下1とるんだ!安価下で
497 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 21:53:40.32 ID:Y8B75mv8O

王子「歌が上手か…」

王子「……ま、いっか」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18
 種族:魔族/魔人族
 容姿:童顔低身長の黒髪
 性格:現実主義 内向的 安定志向
 職業:無職(元兵士)
 家柄:6/蔑ろにはされないくらいの血筋
 境遇:9/育ちが良い ※魔族的に
 悪癖:会話嫌い
 特技:歌が上手
 属性:風
 武器:ブーメラン
 身体:7/良い方
 頭脳:5/平凡
 精神:2/もろい
 魔力:8/優良
 夢/行動指針:平穏無事

 >>491

王子「あいあいさ」

王子「でも、ちょっと待っててね」

 >>493

王子「そんなことはないよ」

王子「魔族だからの補正じゃなくて、魔族の、魔人族、っていうのの補正だから」

王子「魔族の別種族だったら、魔力に最低値の補正はつかなかったからね」

王子「魔人族っていうのは、総じて魔力が高い種族…って感じで理解してもらえればいいかな!」

王子「じゃ、戻って…」

王子「今度は、外見年齢が、どんな具合に見られるか!」


 【安価下1】
 1 12歳くらい(二次性徴まだ)
 2 14歳くらい(声変わり真っ最中くらい)
 3 15歳くらい(声変わりは終わったけど、顔つきはまだ子どもっぽいくらい)

498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:54:05.40 ID:VerwdWQ/o
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:54:28.18 ID:htJJjwpNo
2
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 21:56:04.53 ID:KQZzWTtBo
これでコンプレックスにならないとは余ほど自信があるのだろう
501 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 22:00:50.44 ID:Y8B75mv8O

王子「ショタだーっ!」

王子「…ま、いいけど」

王子「中身はあれだし…」

王子「変態な人に、男女、種族問わず気をつけてね!」

王子「魔族はけっこう、セックスフリーな部分あるからね!」


 名前:ヨダカ
 性別:男
 年齢:18
 種族:魔族/魔人族
 容姿:童顔低身長の黒髪 12歳の少年に『見られる』
 性格:現実主義 内向的 安定志向
 職業:無職(元兵士)
 家柄:6/蔑ろにはされないくらいの血筋
 境遇:9/育ちが良い ※魔族的に
 悪癖:会話嫌い
 特技:歌が上手
 属性:風
 武器:ブーメラン
 身体:7/良い方
 頭脳:5/平凡
 精神:2/もろい
 魔力:8/優良
 夢/行動指針:平穏無事

王子「で、どんな魔法使えるかね…」

王子「そうだなあ…。一応は兵士だったし…魔族だし…」

王子「こんな感じかな! フリップどーん!」


 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過


王子「…うん」

王子「大中小とかつかない魔法ってのは、こう…補助的な魔法です」

王子「ま、ふつーに威力があるのもあるんだけど」

王子「ここでは説明しないけど、何となく分かってもらえるように描写とか入れることを考えてます」

王子「……にしても、色々あるなあ」

王子「じゃ、初めていいかな!? ………ちょっと、こう…>>1のPCのバッテリーがね、残り25%ですぐ終わると思うんだけど」

王子「いいですか!?」


 【安価下1】
 1 始めろ!
 2 そんなすぐ終わるくらいなら、明日でいいよ
   A では、今日はこれまで。ありがとうございました
   B 残りは王子が質問に色々答えるタイムで

502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 22:03:26.74 ID:bWpzv7UuO
2A
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 22:03:43.29 ID:Tegi9Sp5O
1
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 22:04:34.34 ID:cuCbLpBoO
前スレで出来なかった王子の質問…
505 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/15(月) 22:06:25.77 ID:Y8B75mv8O

王子「えっ、いいの?」

王子「じゃあ、そうしまーす!」

王子「明日から、4人目! ヨダカ編! スタートだぜ!」

王子「合法ショタのよだかんの活躍に乞うご期待!」

王子「ありがとうございましたー!」

王子「…まあ、うん」

王子「質問なんてね? 俺に呼びかけてくれればレスポンスするから」

王子「…うん!」

506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 22:09:42.67 ID:Tegi9Sp5O

キャラとしてはかなり好きだけど主人公としてどう話を進めるんだろ
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 22:16:49.75 ID:cuCbLpBoO

典型的コミュ障巻き込まれ主人公っぽいから元気なおせっかいヒロインが欲しいな
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 22:19:25.21 ID:WfMmrFS1o

おせっかいヒロイン……魔界……魔族……
サキュバスか(唐突
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 22:28:10.46 ID:horjY/BCo
コンマが0しか出なくなるな
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/15(月) 22:30:59.21 ID:IKogHRUwo

このキャラをどう料理するのか期待
511 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 00:47:54.90 ID:HCSaymBx0

 ――オマケ・各主人公詳細データまとめ〜ヨダカ編開始直前時点〜――

 名前:モニカ 性別:女 年齢:14 種族:人間(?) 属性:土 職業:ー 出身地:暗夜王国
 武器:銃/マスケット 家柄:貴族 境遇:暗夜王国に命と愛馬以外を奪われる
 身体:9/超優良 頭脳:9/超優良 精神:2/凝固した憎悪 魔力:6/やや多め
 魔法:?
 悪癖:暗夜王国の人間に対してのみ、攻撃的で残忍
 特技:金勘定 異質でない武器は大抵扱える
 容姿:銀髪ツインテール ひんぬー
 好きなもの:かわいいもの 金になるもの 暗夜王国の人間が苦しむ様子
 嫌いなもの:暗夜王国 善人 巨乳の女 セクシャル・ハラスメント
 現在の仲間:ベテルギウス パルミラ
 現在の行動:?
 地雷:暗夜王国 貧乳
 趣味:暗夜王国への復讐
 トラウマ:暗夜王国による一族郎党の虐殺
 立食パーティーに放り込まれたら:暗夜王国だったなら、どうめちゃくちゃにするか画策する。そうでなければ食事を楽しむ
 願いが叶うなら:暗夜王国に生まれ、根ざして、国を憎まずして暮らしている全ての人間の抹殺を願う
 備考:蘇生された元死人/一度死んだ身でありながらベテルギウスによって蘇った

 名前:シリウス 性別:男 年齢:23 種族:人間(一応) 属性:雷 職業:トレジャーハンター 出身地:暗夜王国
 武器:槍全般/鋼の大槍 家柄:やや貧乏 境遇:妹と2人暮らし
 身体:7/良い方 頭脳:6/やや良い 精神:6/安定 魔力:5/平凡
 魔法:大〜小・雷撃魔法 雷鐘 雷槍 雷網
 悪癖:カナヅチ 無鉄砲 TPOを省みない服装
 特技:ダンジョン探索
 容姿:上裸 背中に幼女(リリ)
 好きなもの:宝 妹 金 平和 上裸の格好 自分の筋肉
 嫌いなもの:争い 時折ダンジョン最奥部に残されている盗賊王のサイン
 現在の仲間:リリ デネブ
 現在の行動:呪いを封じる方法の捜索 アリアへの仕送り
 地雷:リリ及びアリアへの危害 呪い
 趣味:他人の世話焼き
 トラウマ:呪いを受けたこと
 立食パーティーに放り出されたら:ドレスコードに引っかかって、それを指摘されて首に蝶ネクタイだけつけるけどつまみ出される
 願いが叶うなら:知人が亡くなる時は、天寿をまっとうして安らかに逝くことを願う
 備考:魔眼/左眼は魔眼であり、解放することで悪魔となる

 名前:スピカ 性別:女 年齢:16 種族:人間 属性:水 職業:第一王女兼魔法学部学生 出身地:ヴァーゴ王国
 武器:杖/樫の杖 剣/ザニアの剣 家柄:小国の王族 境遇:国中の誰もに愛されて育った
 身体:1/運動音痴 頭脳:5/平凡 精神:7/良い方 魔力:5/平凡
 魔法:大〜小・濁流/凍結/氷柱 中〜小・火球/竜巻/烈風/土槍/雷撃 小・劫火 水牢 土・強壮 風縛 地利魔法
 悪癖:方向音痴 人が好い
 特技:上流階級の礼儀作法
 容姿:魔物の皮ジャケ&パンツ 金髪青目
 好きなもの:人間 理想 魔法 本 おいしいたべもの
 嫌いなもの:差別 理不尽 一本道
 現在の仲間:ピース セーブル
 現在の行動:バイス王国の王立学術院にて魔法の勉強
 地雷:魔法に対する中傷
 趣味:魔法の勉強 散歩
 トラウマ:婚約者の殺人隠蔽 ピースの裏切り
 立食パーティーに放り出されたら:おいしい食べものに目を輝かせて、おいしくいただく
 願いが叶うなら:世界中の皆が手を取り合える、やさしい世界になることを願う
 備考:第一王女/ヴァーゴ王国の第一王女であり、後の統治者

 名前:ヨダカ 性別:男 年齢:18 種族:魔族/魔人族 属性:風 職業:ー 出身地:魔界某所
 武器:ブーメラン/柄つきブーメラン 家柄:6/蔑ろにされない程度の血筋 境遇:9/育ちが良い
 身体:7/良い方 頭脳:5/平凡 精神:2/もろい 魔力:8/優良
 魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風 風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 悪癖:会話嫌い
 特技:歌
 容姿:黒髪 12歳ほどの少年
 好きなもの:安定 平穏 自分
 嫌いなもの:不安 不穏 他者との会話
 現在の仲間:ー
 現在の行動:ー
 地雷:ー
 趣味:ー
 トラウマ:−
 立食パーティーに放り出されたら:人気のないところに行って、終わるまで辟易としてる
 願いが叶うなら:その願いを増やして気に入らないものを片っ端から自分勝手に矯正できるようになることを願う
 備考:魔人族/種族としての容姿は人間と大差ないが、生命力や魔力量にすぐれている


王子「…備考の欄から、上2つの項目はね、どんな性格してるか…どんな人格なのか、分かるんじゃないかなと思います」

王子「あとね…ヨダカが、かき出してみたらスペックが高い。魔法もすごいし、強い。さすが、俺と同じ種族!」キリッ

王子「て、言うか…ちゃんと、戦うことが前提になってる主人公が初めてだから、この充実ぶり…なのかな? スピカは兼業傭兵だったし」

王子「まあ、魔族に善悪の概念って薄いから、ヨダカは悪党って決まってるわけじゃないから! がんばってね! 皆の王子様でした!」

512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 11:52:47.60 ID:7emzqBXZO
ヨダカは今のところ設定だけ見るとファンタジーによくいる干渉を嫌って森のなかでひっそり暮らす亜人そのものだよな
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 13:09:10.10 ID:8uZ4vU/sO
個人的には魔族は魔族の正義があれば俺得だな…
514 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 18:37:28.11 ID:HCSaymBx0

王子「ヨダカ編、始まっちゃってもいいかい、ベイベー!?」

王子「張り切っていくぜ、ベイベー!」

王子「…」

王子「ベイベー!」

王子「あーゆーべいべー?」

王子「あいあむべいべー?」

王子「………ベイベー!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 突然ですが、ピンチです
 4〜6 突然ですが、村が焼かれていました
 7〜9 突然ですが、ヨダカはやる気がありません

515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 18:38:06.33 ID:wb8o5lSVO
べいべー
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 18:38:19.34 ID:HwVUNXgAO
はい
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 18:38:50.09 ID:wb8o5lSVO
いきなりごめんべいべー…
518 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 18:45:28.53 ID:HCSaymBx0

 ――?国・渓谷――

 ジリ…

ヨダカ(この崖…どれくらい深いんだろう…?)

ヨダカ(ここから飛び降りて死んだように思わせておいた方が無難…)

ヨダカ(倒すのはできなくもないけど、ヘタに反感を買って追いかけられちゃたまらないし…)

ヨダカ(うん…死んだように思わせておいて、ひっそりこっそりと――)

傭兵A「追い詰めたぞ、魔族…!」

傭兵B「見かけに騙されて油断するな…」

傭兵C「なに、ビビるこたねえ! この人数差だ!」

ヨダカ(…ったく…)

ヨダカ(どうしてこう、魔族も人間も、この愛くるしくてたまらないはずの俺を舐めてくるかな…)

傭兵A「かかれぇっ!」

ヨダカ「…」


 【安価下1】
 1 飛び降りる! そして、風・浮遊魔法で谷底で着地しよう
   ※採用された場合、そのコンマが1〜5だと…
 2 劣等生命のくせに立場ってものが分かってないな、人間は。分からせてやるか
   ※戦闘へ
 3 その他、どーする?

519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 18:46:04.87 ID:NqSoOgeYO
1
520 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 18:53:24.83 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「はぁ…」

 ダダダッ

傭兵A「死ねぇっ!」

 ブンッ
 ガキィィンッ

ヨダカ(受け止めておいて…押し負けたように崖へ落ちる――!)

 グラッ

傭兵B「何っ…!?」

 ヒュォォォォ…

<おい、A! 何してる!?

<すまない! だが…この高さだ

<ちっ…これじゃ死体も拝めねえ

<あーあー、つまんねー仕事だったな。拍子抜けだ

 ヒュォォォォォォ…

ヨダカ「――風・浮遊魔法」

 ビュォォォォッ
 フワッ

ヨダカ「谷底は暗いなあ…」

 トッ…

ヨダカ「…あーあー…どうしよっかなあ…」

ヨダカ「あれ? でも…ここなら、人間もこないだろうし…」

ヨダカ「いや、こんな場所だからこそ、誰かが突き落とされて武者修行に…? ああ、そういうのは大抵が戦闘狂だ、嫌だな…」

ヨダカ「でも人間だし…いや、いや人間だ…。あいつらは何考えてるか分からない…」


 【安価下1】
 1 …………でも、この仄暗さは落ち着くから、しばらくここにいようっと
 2 とりあえずこの谷底を放浪して、何もないか確かめよう
 3 折角地上に来たのに太陽の光が届かない場所にいるなんて、意味ない。よし、ここはさっさとおさらばしよう
 4 その他、どうしよう?

521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 18:54:24.92 ID:wb8o5lSVO
522 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 18:58:46.89 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「…いや、まずは状況確認だ」

ヨダカ「何もないなら、何もないでよし」

ヨダカ「何かあるなら、それに対処をすればいいだけ…」

ヨダカ「人間はひ弱だから、危険な環境にはいつかないだろうし…うん」

ヨダカ「こんな、いかにもなところにひっそり隠れ住むような物好きはいないはず」

ヨダカ「そうだ、ここは地上だ…。魔界の常識で考えちゃいけないんだ…」

 スタスタ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 なんて考えてたら悪党どもの溜まり場の町があった(白目
 4〜6 なんて考えてたら…空から何かが降って来た
     4 魔物だった(白目
     5 ゴミだった(白目
     6 人間だった(白目
 7〜9 さっと探索した感じだと、何もなさそう

523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 18:59:39.79 ID:M1a/zg+/o
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:00:40.64 ID:NqSoOgeYO
このコンマ表面白い
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:01:16.35 ID:wb8o5lSVO
ちょっとラピュタ的ヒロインを期待した
526 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 19:03:49.48 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「…」

ヨダカ「…何もない…?」

ヨダカ「行けども行けども、岩の壁…」

ヨダカ「それに虫と、それを食う卑しい動物…。それを狙う魔物…」

ヨダカ「もしかして…ここは、オアシスじゃ…?」

ヨダカ「ふふっ…そうだ、きっとそうだ」

ヨダカ「ここならっ! 誰にも邪魔されることなく、平穏無事で、静かに暮らせる!」

ヨダカ「バカな戦闘狂が乗り込んできて、略奪紛いの大紛争を起こすことも!」

ヨダカ「あえて火山地帯に移り住んで鍛えようとか言い出す、あほんだらな家族だっていない!」

ヨダカ「ここは、地上こそはオアシスだったんだー!」

ヨダカ「あっはっはーっ!」


 【安価下1】
 1 そうしてヨダカは、平穏無事に人目を忍んで暮らしましたとさ。…!?
 2 そうは問屋が下ろさねえ! コンマ判定へ
 3 ……………でも寂しい…

527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:04:25.67 ID:NqSoOgeYO
3
528 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 19:09:10.14 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「住居、よーし」ビシッ

ヨダカ「食料、よーし」ウジャウジャ

ヨダカ「環境音…」

 シ---ン

ヨダカ「よーし」

ヨダカ「安寧ひゃっほう!」

 ゴロンッ

ヨダカ「じーゆーうーだー!」バタバタ

ヨダカ「へーいーわーだー!」バタバタバタ

ヨダカ「…」

ヨダカ「…」

ヨダカ「じーゆーうーだー!」バタバタ

ヨダカ「へーいーわーだー!」バタバタバタ

ヨダカ「…」

ヨダカ「…おかしい…」

ヨダカ「おかしいぞ…? 普通、普通、こういうことになってたら、急に武者修行の有角族とかくるはずなのに…」

ヨダカ「……じゃなきゃ、有翼族とか…骸族の郷だったり…」

ヨダカ「…ま、まあいいや」

ヨダカ「まあいいんだ、うん」

ヨダカ「じーゆーうーだー!」バタバタ

ヨダカ「へーいーわーだー!」バタバタバタ

ヨダカ「………」

ヨダカ「……………誰かこいよ!」クワッ


 【安価下1】
 1 よし、何かさらってこよう
 2 誰かいないの、ほんとにいないの? もっかい、よくよく探そう
 3 寂しくて膝を抱えて泣いた…
 4 その他、どうしよう?

529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:10:54.55 ID:XI1o/0Lc0
つまり、嫁を見つけてここに帰ってきて平穏に暮らせばええんや!
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:11:41.98 ID:XI1o/0Lc0
あ、安価したでおなしゃす
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:14:35.18 ID:7SRww9JZo
2
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:14:49.05 ID:wb8o5lSVO
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:17:36.51 ID:M1a/zg+/o
めんどくせえ奴だなww 3
534 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 19:18:36.31 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「クソ…」

ヨダカ「クッソ…何だよ、地上とか、超つまんねえ…」

ヨダカ「何でだよ…」

ヨダカ「…ハッ」ピコ--ンッ

ヨダカ「そうか、嫁か」

ヨダカ「嫁でもさらってくればいいんだ!」

ヨダカ「そうと決まれば! 風・浮遊魔法!」

 ビュォォォォォッ
 フワッ

ヨダカ「嫁を探すぜぇええええ――――――――――っ!」


 ――?国・人里――

ヨダカ「…」クイクイ

女性「…? どうしたの、僕…?」

ヨダカ「…」

ヨダカ(嫁になれ、嫁になれ、嫁になれ、嫁になれ、嫁になれ、嫁になれ…)←会話嫌い

女性「迷子? 大丈――」

 バシッ

ヨダカ(触るな、人間!)ガルルル

女性「…」トトトッ

ヨダカ(逃げるな!)

ヨダカ(次…)キョロキョロ

 ザワザワ…

ヨダカ(………………見るなっ!)

 ビュォォォォォッ
 フワッ

ヨダカ「うわぁああああああ―――――――――――――んっ!」

 ・
 ・
 ・

 ――?国・峡谷の谷底――

ヨダカ「グスッ…察しろよ…分かれよ…これだから人間なんて…」

ヨダカ「…そうだ、でも…」

ヨダカ「もしかしたら、見つけてないだけで何かいるかも…」

ヨダカ「もう1回、ちゃんと探せば…!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 でっかい魔物の巣があった(白目
 4〜6 人間が降ってきた
 7〜9 盲目の老人がいた

535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:19:11.13 ID:soDmKHRko

536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:20:40.62 ID:wb8o5lSVO
うーん、エンカウント運悪い
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:21:58.73 ID:NqSoOgeYO
実力やいかに
538 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 19:23:45.21 ID:HCSaymBx0

巨大魔物「グゴゴゴゴ…」

 ズシィィィィンッ…

ヨダカ(デカいのいたー!?)

ヨダカ(何これ、鼻長っ!? 毛むくじゃらっ!)

ヨダカ(アリクイ…? でも…このサイズ的に、アリなんて小さ過ぎ…うん、人間サイズが、こいつのアリ並み…?)

巨大魔物「グゴゴゴ…」チラッ

 ウニュッ

ヨダカ「…は?」

巨大魔物「グゴォォォォッ!」

ヨダカ「ヒトクイかっ!? ――って俺は人間じゃねえ!」


 【安価下1】
 1 ぶっ飛ばす!
 2 ぶっ殺して食う!
 3 眷属の身でありながら、本来の主である魔族に襲いかかるとは…調教したるわぁっ!
 4 逃げよう
 5 その他、自由行動

539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:27:34.51 ID:soDmKHRko
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:27:49.64 ID:J3sC2SZro
3
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/16(火) 19:28:08.88 ID:pG5SpcBe0
なぶって高笑い
542 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 19:32:08.09 ID:HCSaymBx0

巨大魔物「グゴォォォォッ!」

 ブンッ
 ドゴォォォォォンッ

巨大魔物「グゴ…?」

ヨダカ「のろまめ――」

 ブンッ
 シュルルルルッ
 ズバァァァァァッ

巨大魔物「グゴォォォォォッ!?」

ヨダカ「魔の眷属として作られておいて、勝手に繁殖して…挙句に主たる魔族をエサに見なすなんて言語道断」

ヨダカ「きっちり教え込んでやるから覚悟しろ、デカブツ!」

巨大魔物「グゴゴ…グゴォォォオオオオオオオオ―――――――――――――――――ッ!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 あ、こいつでっかいから毛皮と皮下脂肪でダメージがあんまり通らなかった☆テヘペロ
 4〜6 とはいえ…でかい! サイズの違いってだけでもう嫌になる…
 7〜9 ボコるもん! ボコってボコって分からせてやるもん!

543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:33:10.13 ID:M1a/zg+/o

544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/16(火) 19:33:27.26 ID:pG5SpcBe0
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:36:02.67 ID:wb8o5lSVO
こういうときは4〜6でいいんだぞコンマ
546 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 19:36:36.34 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「…あれ、効いてない…?」

巨大魔物「グゴォォォッ!」

 ブゥンッ
 ズッドォォォォォォォッ

ヨダカ「ぐえっ――!?」

 ドゴォォンッ

巨大魔物「グゴゴゴ…」

ヨダカ(あ…さっきの攻撃…ほとんど効いてないっぽい…)

ヨダカ(あの毛皮とぜい肉のせいか…きもいくせに利便性があるとか…)

ヨダカ「………グスッ…羨ましくなんか…ないし…」フルフル

巨大魔物「グゴォォォォォッ!」

 バッ

ヨダカ「って、踏みつぶしに、くるなぁっ…!」


 【安価下1】
 1 風縛で身動きを封じる!
 2 極大・竜巻魔法でふっとばぁーす!
 3 殴る
 4 その他、どーしよ?

547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:37:57.13 ID:wb8o5lSVO
548 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 19:39:38.86 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「風縛――!」

 ビュォォォォォォォォッ

ヨダカ「そのまま止まってろ!」

巨大魔物「グゴォォッ!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 あ、デカすぎて縛りきれなくて…プチッ♡
 4〜6 あ、デカすぎて縛りきれない…でも避けれるもんねー! ばーかばーか!
 7〜9 でもって、ぶっとばぁーす!

549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:41:13.18 ID:wb8o5lSVO
運が良くなれ
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:41:24.67 ID:J3sC2SZro
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:41:30.86 ID:rOU9BfubO
精神年齢と見た目年齢が一緒なんだがこいつ何歳だっけ
552 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 19:47:44.17 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「そのままでいろよ、デカブツ!」グッ

ヨダカ「お前みたいな、ただの畜生如きにこの俺が負けるはずねえんだからな!」

ヨダカ「風纏――」

 ビュォォォォォッ

巨大魔物「グゴ、ゴゴゴ…」

ヨダカ「パァアアアア――――――――――ンチっ!」

 ズドォォンッ
 ビュォォオオオオオオッ

巨大魔物「グゴゴォォォッ…!?」

ヨダカ「この、あほんだらぁああああああああ―――――――――――――――――っ!」

 ドッゴォォォォオオオオオオオオオッ
 ズッバァァァアアアアアアッ

巨大魔物「グゴ、ゴゴ…」ヨロッ

 ブシャアアッ
 ドサドサァッ…

ヨダカ「ふぅーっ…」

ヨダカ「…………………あ、勢い余って殺しちゃった」

ヨダカ「まいっか」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 よくねえよぉぉぉ…って落ち込んだ
 4〜6 バラバラになった巨大魔物から、何か這いずり出てきた…!?
 7〜9 ん? 視線を感じる…? 貴様、見てるな!?

553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:48:22.51 ID:EBZ6tj9gO
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:48:35.10 ID:M1a/zg+/o
」:
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:50:02.63 ID:wb8o5lSVO
エンカウント運
556 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 19:54:32.14 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「って…」

ヨダカ「良くねえよぉぉぉぉぉ…」orz

ヨダカ「生かしとけば…ちょっかい出して遊べるようになったかも知れないのに…」

ヨダカ「それにあんだけデカいなら、ちょっとずつちょんぎって、食えたかもなのにぃぃぃ…」

ヨダカ「ああもぉぉぉぉっ…」

ヨダカ「…」

ヨダカ「お前が弱いのが悪いんだ、こいつめっ!」ゲシッ

巨大魔物「」

ヨダカ「はぁ…」

ヨダカ「あー…もうやだ…」

ヨダカ「やる気起きない…」

ヨダカ「寝ようっと…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 1週間くらいぶっ続けで寝た。起きたら…どこここ?
 4〜6 寂しくてたまらない症候群(でも誰かとの会話はしたくはない)
 7〜9 寝てたら、何かの気配を感じた


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持品:柄付きブーメラン

557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:56:01.05 ID:M1a/zg+/o
」」
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 19:56:36.24 ID:nfNuEeseo
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:00:18.69 ID:wb8o5lSVO
そろそろなんかしら新キャラ出るはず
560 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:00:21.44 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「――ふわぁぁぁ…」

ヨダカ「よく寝た…」ボケッ

ヨダカ「…」グシグシ

ヨダカ「…寂しい…」

ヨダカ「……何でだよぉ…」

ヨダカ「俺何も悪いことしてねえのに…」

ヨダカ「いきなり地上に飛ばされて、人間におっかけられて、安息の地を見つけたのに…」

ヨダカ「なのに…何で、誰もいなきゃ、何も起こらないんだよ…」

ヨダカ「退屈で死ぬ…」

ヨダカ「いやいっそ死んだ方が…? ワンチャン…?」

ヨダカ「………………誰かいろよ!」

ヨダカ「俺にこんな寂しい思いをさせるとか、地上なんて最悪だな」


 【安価下1】
 1 そうだ、じゃあ地上に喧嘩売ればいいんじゃね? 飽きたらここに帰ってくればいいだけだし!
 2 こうなったら、この安息の地にふさわしい人間でも見繕って、連れてきてやろう。わははっ
 3 ハッ…今まで、なんて思い違いをしていたんだ…。人間の暮らす町の中に安息の地を見つければいいだけじゃないか
 4 その他、どうするんや?

561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:00:47.45 ID:NqSoOgeYO
2
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:02:05.95 ID:wb8o5lSVO
563 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:02:45.15 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「よぉーし!」

ヨダカ「ここに誰もがいないのが問題なら、普通に考えて誰か連れてくればいいだけだ」

ヨダカ「そうと決まれば、早速、行こう」


 【安価下1】
 1 近くの村(さっき自動イベントで嫁探しに失敗したところ)
 2 それなりに大きな町
 3 とにかく人がたくさんいそうなところへ

 ※「1」以外を選択時、コンマ判定をします

564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:03:09.26 ID:M1a/zg+/o
3
565 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:05:07.79 ID:HCSaymBx0

 【直下 コンマ判定】
 1〜2 戦☆場
 3〜6 暗夜王国王都デーモン
 7〜9 バイス王国首都

566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:06:06.21 ID:H9Mhdfcfo
はあっ
567 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:11:16.67 ID:HCSaymBx0

 ――?国・戦場――

 ビュォォォォォ…

ヨダカ「あれは…戦争…?」

ヨダカ「人間の戦争かぁ…」フワフワ

<わぁああああああっ!

<右翼前進!

<将軍、補給船に奇襲を受けました!

<左翼が破られます…!

ヨダカ(ああ…こりゃもう、勝負は決してるかな…)

ヨダカ(……ってことは…敗残兵が出る…)

ヨダカ(敗者は死ぬのみ…)

ヨダカ(そこを救い出す…)

ヨダカ(救い出した俺に尽くす…)

ヨダカ(寂しさ解消!?)


 【安価下1】
 1 よぉーし! 敗軍から適当に人間を見繕おう!
 2 いやいやいや…敗者だからこそ、噛みついてくるかも知れない…そんなの嫌だ
 3 その他、どうしよ?

568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:12:10.16 ID:wb8o5lSVO
569 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:15:11.60 ID:HCSaymBx0

 ビュォォォォッ
 トッ…

ヨダカ「…とりあえず…風・透過魔法」

 ヒュォォォォッ
 スゥ…

ヨダカ(これで俺の姿は見えなくなったはず…)

ヨダカ(るんるんるるーん♪)

ヨダカ(だーれーにーしーよーうーかーなー)


 【安価下1】
 1 何で鎖で雁字搦めにされてる子どもがいるんだ…? 子どもの方が順応性が早そうだし、これにしよう
 2 あのもじゃもじゃのヒゲ、むしって遊んだら面白いかも…? あのおっさんにしょうかな
 3 手がぼろぼろの女…。きっとあれは家事にこなれてるはず。これがいいな
 4 その他、何か、適当に…?

570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:16:02.12 ID:NqSoOgeYO
2
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:16:09.36 ID:J3sC2SZro
3
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:16:18.86 ID:EBZ6tj9gO
3
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:17:05.95 ID:J3sC2SZro
暗い谷底で髭面のおっさんと二人きり……、やっぱりホモやんけ!
574 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:21:07.76 ID:HCSaymBx0

ヨダカ(ん?)

将軍「っ…陣地を破棄して、撤退だ! 急がせろ!」

ヨダカ(あのおっさん…ヒゲがもじゃもじゃだ!)

<報告します! 敵軍がここより、目視範囲内に――

 ドッゴォォォォォォンッ

将軍「ぐっ…魔法攻撃か…!」

将軍「防壁魔法を張りつつ、撤退準備を急げ!」

ヨダカ(あのヒゲをむしったら…どうなるんだろう…?)

ヨダカ(……よし、あれにしよう!)

 スゥ

将軍「!?」

ヨダカ「風縛!」

 ビュォォォォォォォッ

将軍「ぐおっ…な、お前は、一体――!?」

ヨダカ「風・浮遊魔法っ!」

 ビュォォォォォォォッ

<将軍がさらわれるぞー!

<取り押さえろ!

ヨダカ(邪魔するなっての…)

ヨダカ「風刃!」

 シュバァッ
 ズバァァァンッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 おっさんがあんまり騒ぎまくるから落っことしちゃった…あーあ…
 4〜6 下から魔法で攻撃されて墜落させられちゃった☆ あれ、おっさん…あー…ドンマイ
 7〜9 おっさんを無事に谷底まで連れてこれた!

575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:21:27.36 ID:soDmKHRko
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:21:37.05 ID:M1a/zg+/o
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:22:07.93 ID:soDmKHRko
コンマ神め…
578 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:27:00.78 ID:HCSaymBx0

 ビュォォォォォォッ

将軍「放せ、何をするつもりだ…!?」

ヨダカ(元気だなー)

将軍「空を…こんなに高いところまで飛べるなんて――」

 シュボォォォォッ
 ドゴォォォッ

ヨダカ「えっ…!?」

将軍「ぐおおおっ…!?」

 ヒュォォォッ
 ドゴォォォンッ…

ヨダカ「痛っててて…」

将軍「」

ヨダカ「あっ…あーもう…人間って、貧弱…」

ヨダカ「もぉぉ…」ムクッ

ヨダカ「折角、帰るとこだったのに――」

 チャキィッ

ヨダカ「…?」スッ

ヨダカ(あっ…人間に囲まれた…)

【安価下1】「誰だ…キミは。どうして、こんな戦場の空を飛んでいた?」

【安価下1】「そして…何故、その男を連れていた?」

ヨダカ「…」

ヨダカ(人間のくせに話しかけてくるなんて…。それにあのおっさんをダメにしといて、何この態度…?)ムカッ


 【安価下1】
 ヨダカを部下とともに包囲した人の
 お名前+性別おなしゃす

579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:27:26.57 ID:soDmKHRko
レグルス・レオ
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:28:14.80 ID:J3sC2SZro
メイニッチ卿
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:28:25.05 ID:soDmKHRko
性別書くの忘れてた、男で
ダメなら安価下で
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:28:32.81 ID:EBZ6tj9gO
シャニ・カーペンター
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:28:37.52 ID:NqSoOgeYO
エバンス 男
584 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:31:16.19 ID:HCSaymBx0

シャニ「…?」

ヨダカ(いやでも…)

ヨダカ(これはこれで…? 別に誰だっていいんだし…)

シャニ「口が利けないのか…?」

シャニ「いや…ぶつぶつとひとり言は…」

*「隊長、どうされますか…?」ジリ

シャニ「捕縛しろ」

シャニ「だが、子どもだ、あまり手荒にはするな」

ヨダカ(うーん…どうしよう…?)


 【安価下1】
 1 成り行きに任せておく
 2 よし、こいつを連れて帰ろう
 3 その他、どーする?

585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:31:50.81 ID:H9Mhdfcfo
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:32:05.20 ID:J3sC2SZro
3 帰る
587 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:33:32.59 ID:HCSaymBx0

ヨダカ(…よし、これでいいや)ポンッ

*「っ…大人しくしろ」

ヨダカ「…」チラッ

シャニ「…抵抗はするな、少年」

ヨダカ「風縛!」

 ビュォォォォォォッ

シャニ「何っ――?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 失敗しちゃって、そのまま捕まえられちゃった☆
 4〜6 失敗しちゃって、戦いになっちゃった☆
 7〜9 今度こそ、成功ぉー!

588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:33:55.98 ID:M1a/zg+/o
589 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:36:41.80 ID:HCSaymBx0

 ――バイス王国・渓谷の谷底――

 ビュォォォォ
 ドサッ…

シャニ「っ…ここは…西端の渓谷の…」

シャニ「答えろ、少年! ここは一体何だ!?」

シャニ「何故こんなところへ連れてきた!?」

ヨダカ「…ふぅ…」ポフッ ←寝床に寝転がった

シャニ「…は…?」

ヨダカ(よーし、成功したっ)

ヨダカ(これで寂しくないはず…)

ヨダカ(うんうん)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 乱暴された…どいひー…
 4〜6 寂しくなくなったけど…うるさい
 7〜9 ご満悦のヨダカ

590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:37:31.24 ID:soDmKHRko
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:37:35.67 ID:nfNuEeseo
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:42:45.34 ID:wb8o5lSVO
面倒事や戦にならなきゃいいね…
593 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:46:26.03 ID:HCSaymBx0

ヨダカ(これで寂しさはもう――)

シャニ「答えろ、ここは何だ!」

シャニ「一体、俺をどうしようというつもりだ!?」

ヨダカ「…」

シャニ「っ…言葉が喋れぬわけでもないのに…」

シャニ「まるで…一仕事終えたからと言って満足して、日が落ちるまでのんびり過ごそうとするマイペースな中年…」

ヨダカ(誰が中年だし…)

ヨダカ(このキュートで敵なんてどこにも作らないかのような、超かわいくて美術品みたいに美しい俺を前にして…)

シャニ「答えぬのなら、答えるまで問いかけ続けてやる!」

シャニ「名前は!?」

シャニ「年齢は!?」

シャニ「生まれは!?」

シャニ「親の名は!?」

シャニ「家族構成は!?」

ヨダカ(うざい…)

 ・
 ・
 ・

シャニ「ズボンを履く時は右からか、左からか!?」

シャニ「洗顔は冷たい水か、それともぬるくした水か!?」

シャニ「ほくろは体にいくつある!?」

 ・
 ・
 ・

シャニ「1+1は!?」

シャニ「将来、何人の子どもがほしい!?」

シャニ「一生、パンかパスタのどちらかしか食べられないならどちらを選ぶ!?」

 ・
 ・
 ・

シャニ「えーと…えーと…走る時はどっちの足から踏み出す?」

シャニ「あとはー…ううむ…雨が降ると嫌がるか、喜ぶか?」

シャニ「それと…そうだな…好きな女の子のタイプは?」

 ・
 ・
 ・

シャニ「あとは…あとは…」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 はっ…寝てた…
 2 (UZEEEEEEEEEEE!!)
 3 あっ…お腹減った
 4 その他、自由台詞

594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:47:08.21 ID:J3sC2SZro
脱げ
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:47:22.20 ID:nfNuEeseo
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:50:31.82 ID:NqSoOgeYO
何をしようと言うのだ
597 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:50:32.95 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「脱げ」

シャニ「しゃ…喋った…! だが断る!」クワッ

ヨダカ「…」

シャニ「だが…脱げだと…? まさか、その年で…ど、同性愛…俺はその気はない!」

シャニ「そうか…そういうつもりなら、さっさと出ていくまでだ…。全く、無為な時間を過ごしてしまった…」

 スタスタ

ヨダカ(永遠と喋り続けるような魔法道具でも埋め込まれた肉人形かと思ったけど…案外そうでもないのか…)

シャニ「…」

ヨダカ(うん…黙って、どうやって脱出するか考えてる風だし…)

ヨダカ(…うん?)

ヨダカ(…逃げられちゃダメじゃん!)


 【安価下1】
 1 引き止める
 2 言葉を発してでも止める
 3 その他、どーする?

598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:50:45.67 ID:soDmKHRko
脱がせて何をしたいんだろうか
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:51:17.62 ID:EBZ6tj9gO
2
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:54:15.03 ID:wb8o5lSVO
こっからややこしくなるぜ…
601 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:55:32.15 ID:HCSaymBx0

シャニ「とにかく…上を目指して、よじ登るしかないか…」

ヨダカ(っ…ダメだ、逃がせない…!)

ヨダカ(で、でも…うぐぐ…ぐぬぬぬぬ…)

シャニ「おいっちに、さんし…」グッグッ

ヨダカ「……い…行くな…」

シャニ「…悪いが、俺は女が好きだ」

ヨダカ「………俺も男に興味ない」

シャニ「だったら!」

ヨダカ「でも…さ、寂しいから…ここにいろ…」

シャニ「…は?」

ヨダカ「…」

ヨダカ(よしっ、言った! 言えた、言えた! これで安泰!)

ヨダカ(ふぅー…安心した…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 シャニ「……よっと」ガシッ ヨダカ(…何で俺、こいつの肩に担がれたの…?)
 4〜6 シャニ「…断る」ヨダカ(何でだよっ!?)ガルルル シャニ「やるべきことがある。ここにはいられん」
 7〜9 シャニ「だったら…キミが来い」

602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:56:03.16 ID:J3sC2SZro
はい
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:56:09.74 ID:nfNuEeseo
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:56:16.14 ID:NqSoOgeYO
険しい道
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:56:23.49 ID:wb8o5lSVO
いこうぜ
606 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 20:58:40.63 ID:HCSaymBx0

シャニ「…断る」

ヨダカ(何でだよっ!?)ガルルル

シャニ「やるべきことがある。ここにはいられん」

ヨダカ(この…人間のくせに…)フシャアアッ

シャニ(何でこうも…こう…獣っぽいんだ…?)

シャニ(まさか――狼少年っ!?)

シャニ(いやまさか…だが…ううむ…)

ヨダカ(言葉までかけてやったのに断るとか、こいつ…)

シャニ(寂しい、か…そもそも、この少年はどうしてこんなところに…?)

ヨダカ(こう、なったら…)


 【安価下1】
 1 手足もいどけば、逃げられないよね!?
 2 やるべきことってのが終わればいいんだ、そうに決まってる!
 3 もう好きにしろよ! どうでもいいもん!

607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:59:13.94 ID:J3sC2SZro
3
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:59:36.72 ID:nfNuEeseo
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 20:59:53.96 ID:wb8o5lSVO
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:01:27.71 ID:wb8o5lSVO
同行ならずか…
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:01:38.77 ID:J3sC2SZro
手足もがなくても脱がしとけば逃げられないっすよ
612 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 21:03:36.05 ID:HCSaymBx0

ヨダカ(もう知らないもんっ!)フイッ

シャニ(…そっぽを向かれた…? 拗ねた…?)

シャニ(……ううむ…謎だな…)

シャニ(だが、こんなところで暮らせるものか…? いや、もしや…ここに捨てられたとか…?)

シャニ(そして…ひとりで生きていく内に、魔法まで習得をして、人肌恋しさに…?)

シャニ(だが、俺にはやるべきことがある…)

シャニ(そう…俺がこの国を――)

シャニ(……国…。国とは、人民だ…)

シャニ(となれば…こんな辺境であっても、ここに住まうこの少年もまた、俺の守るべき…)

シャニ(……くっ)

シャニ(一体、どうしろと…!)

ヨダカ(お腹減ってきたなー…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 でも行っちゃった
 4〜6 寂しくなったら会いにこいよ、って言われた
 7〜9 逆にさらわれかけます

613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:04:09.39 ID:EBZ6tj9gO
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:04:19.35 ID:wb8o5lSVO
さらわれろ
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:04:55.82 ID:J3sC2SZro
パリーン(皿割れる音)
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:05:26.60 ID:NqSoOgeYO
これで仕事もらえたらいいな
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:05:31.47 ID:wb8o5lSVO
コイツ男版サリーっぽいな
618 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 21:06:59.34 ID:HCSaymBx0

シャニ(そうだ――)

シャニ(俺は…こういう、不幸を生み出さないために務めているんだ)

シャニ「だったら…こうだ」ガシッ

ヨダカ「っ!?」

シャニ「来てもらう」ガシッ

ヨダカ(触るな!)ジタバタ

シャニ「さて、崖登りだな」


 【安価下1】
 1 ………抵抗をやめた。別に谷底にこだわる必要はないし?
 2 抵抗するよ!
   A そりゃもう全力で
   B 人間なんかに本気出すもんか
 3 その他、どーする?

619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:07:15.90 ID:EBZ6tj9gO
2a
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:07:43.77 ID:J3sC2SZro
2A
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:10:00.26 ID:wb8o5lSVO
殺しちゃダメだぜ…?
622 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 21:11:08.22 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「っ――触んなよ!」

 ビュォォォォォォッ

シャニ「何っ…!?」

ヨダカ「風刃っ!」

 チャキッ
 ギィィィィンッ

ヨダカ(受けた…!?)

シャニ「そういう態度なら、こっちもそういう態度を取らせてもらう」

ヨダカ(…ちょっとはやれそうじゃん…)

ヨダカ(だけど、人間なんかに遅れを取れるもんか…)チャキッ

シャニ(ブーメラン…? 持ち手がついている…。刃もついている、か…)

ヨダカ(ぶっ飛ばす――!)

 ブゥンッ
 クルクルクルッ
 ギィィィィンッ

ヨダカ「風刃!」

 ビュォォォォォッ
 ズバァンッ

シャニ「ぐっ…!」

シャニ(地味に厄介だが――!)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 シャニつえー…
 4〜6 ご…互角…?
 7〜9 一応は優勢

623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:11:42.79 ID:soDmKHRko
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:12:55.58 ID:wb8o5lSVO
ここはシャニに頑張って欲しいが
625 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 21:18:10.04 ID:HCSaymBx0

 ダンッ

ヨダカ(ブーメランからの風刃――からのっ!)

 パシィッ
 ブゥンッ

ヨダカ(3連撃っ!)

シャニ「くぅっ…!」

 ギィィィンッ

ヨダカ「風縛!」

 ビュォォォォォッ

シャニ「また、これか…!?」ググッ

ヨダカ「風纏!」

 ビュォォォォォォッ
 ドゴォォォッ

シャニ(風をまとった、パンチ――いやっ…!)

 ドッゴォォォォォォォッ
 ズッバッァァァァァァァッ

シャニ「ぐおおっ…!?」

シャニ(まとわせた風が、爆散して…同時に切り刻む…!? 何て、魔法を…!)

シャニ(しかも、風魔法との連携でこちらの体勢を常に崩し続けて、いくらでも…!)

ヨダカ(無限コンボじゃああああああああ――――――――――――――――――――――っ!!)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 だが、踏ん張るシャニ
 4〜6 ヒャッハァー! って、あ…やりすぎたかも…
 7〜9 しょせんは人間よ…

626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:18:37.00 ID:14pUky7y0
ksk
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:18:38.91 ID:H9Mhdfcfo
そらっ
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:19:15.42 ID:wb8o5lSVO
うぇえ!?
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:20:02.19 ID:nfNuEeseo
ここで!?
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:20:53.28 ID:wb8o5lSVO
シャニが死ななくて話動く方向でワンチャン
631 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 21:22:04.92 ID:HCSaymBx0

 ファッ!!??

 【00】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 ヨダカの猛攻を凌ぎ続けるシャニ! 長い長い戦いが続いて…いつしか、2人は友情に目覚めた(イイハナシカナ-?
 奇数 ずっとヨダカが騒ぎ続けて、しかも巨大魔物の時より激しい戦いをしちゃったから…変なのが目覚めちまって、呪いを受けた(白目
 ※0は偶数扱いやで

632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:22:30.01 ID:nfNuEese0
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:22:42.41 ID:H9Mhdfcfo
はあっ
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:23:03.19 ID:80B2GxJV0
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:24:18.29 ID:7SRww9JZo
そ、そんな…
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:24:26.57 ID:wb8o5lSVO
うわぁん…シャニが生きてればまぁいいけど…
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:25:47.01 ID:wb8o5lSVO
女主人公→辛いエンド
男主人公→のろわれる
638 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 21:37:42.67 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「アーハハハハッ!」

 ギィィィンッ
 ズバァッ
 ドゴォォォッ

シャニ「こん、のっ…!」

 ギィンッ

シャニ「少年だからと、侮ることはできないようだ――」チャキッ

ヨダカ(つーか人間じゃねーし!)

シャニ「だったら、ここらで大人の威厳というものを見せつけてやる」

シャニ「極大!」

ヨダカ「っ――極大!」

シャニ「土槍魔法!」

ヨダカ「竜巻魔法!」

 ビュォォォォォォォォォォォォッ
 ズッドォォォォォォォォォォォォォッ

シャニ「はぁあああああああ――――――――――――――――――――っ!」ダンッ

ヨダカ「だああありゃああああああ――――――――――――――――――――――っ!」ダンッ

 ギィィィィンッ
 カッ

 ドッゴォォォォォォォォォォォォンッ…

 パラパラ…

シャニ「っ…く…」

ヨダカ「はぁっ…はぁっ…」

シャニ(強い…! これほどの強い者…そうそう…)

ヨダカ(人間のくせに、しぶとい…! 何なんだよ、人間ってもっとよわっちいやつらのはずだろ…!)

シャニ「だが…負けられん…」

ヨダカ(俺が負けるかっつーの!)

 ジリ…
 ダンッ

?『――誰だ、我が眠りを妨げし愚か者はぁっ!?』

 ズズズッ

シャニ「っ…何だ…?」

ヨダカ(この感じ…瘴気…? 地上なのに、何で…? それに、この雰囲気って――)

?『我が名は【安価下1】』

?『我が眠りを妨げた愚か者どもにはぁ…【採用安価のコンマ判定】の呪いを与えるぅっ!!』

シャニ「!?」


 【安価下1】
 起きちゃった悪魔さんのお名前

 【採用安価のコンマ判定】
 偶数 双方ともに、相手の命を救い続ける呪い。呪いに背くと凄まじい苦痛に襲われる
 奇数 どちらか一方が死んだ場合、生き残った方はスライムの中においてももっとも弱いスライムになる呪い
 ※0は偶数扱いやで

639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:38:40.02 ID:wb8o5lSVO
マルベル
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:38:47.74 ID:7SRww9JZo
ヴァイル
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:40:02.26 ID:g5FRtZPwo
コンビ組むことを強いられたのか
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:40:45.75 ID:wb8o5lSVO
これで呪いを解くという目標と、話を動かす相方が出来たか
643 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 21:42:47.41 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「そんな呪い…あってたまるか!」

マルベル『あぁるのだぁあああああ―――――――――――――――っ!』

 カッ

ヨダカ「あぐぅっ…!?」

シャニ「ぐ、ぐぎっ…こ、この、感じは、一体…!?」

マルベル『抗えばこの世のありとあらゆる苦痛が与えられる…』

マルベル『これに懲りて、我が地を二度と荒らすでないぞ』

マルベル『そして、二度と――我が前に顔を出すで、なぁあああああああああいっ!』

 ブゥゥゥンッ…

ヨダカ(空間が掠れて…転移魔法の前兆――)

シャニ「今度は、一体っ…!?」

マルベル『反目し合いながら、限りなく長生きをするが良い、愚か者どもめがぁあああああああ――――――――――――――――――っ!!』

 バシュゥゥゥンッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 どっかすごぉーく遠くのさむぅーいところに飛ばされた
 4〜6 どっかすごぉーく遠くのあつぅーいところに飛ばされた
 7〜9 どっかすごぉーく遠くのたっかーいところに飛ばされた

644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:43:28.13 ID:H9Mhdfcfo
えいっ
645 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 21:50:06.29 ID:HCSaymBx0

 ――?・大雪原――

 ビュォォォォォォ…

シャニ「へっくしっ…!」

ヨダカ「…」ブルッ

シャニ「一体…何がどうなって…」

ヨダカ(こんな、人間のせいでぇっ…!)

 バッ

ヨダカ「ひぎっ、ががががっ、あぎゃっ、ぐあっ、ば、あばば、ばっ、があああああっ…!」

 バタッ

シャニ「なっ…!?」

シャニ「まさか…いきなり、俺を殺そうとして…?」

ヨダカ「か…は…げふ…」

シャニ「っ…このままでは、凍えかねない…」

シャニ「…中・土壁魔法」

 ゴゴゴッ…

シャニ(これで、風は凌げる…)

シャニ(一旦…吹雪がやむまで待つしかないか…)

ヨダカ「がふっ――はぁ…はぁ…」

ヨダカ(…………死ぬかと思った…)

シャニ「…キミのせいだからな? 恨むのはお門違いだぞ」

ヨダカ(お前のせいだろうが、お前の!)ガルルル

シャニ「睨んで唸られても分からん。言いたいことがあるなら、その口で言え」

ヨダカ(だーれがお前なんかと口利くか!)ペッ

シャニ「…全く…。俺はシャニだ。バイス王国軍の隊長をしている」

ヨダカ「…」

シャニ「…はぁ…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 そして、スーパー落ち込みタイムのヨダカ…
 4〜6 吹雪がやむまでふて寝してたら、じょじょにちりちりしてきた…何これ…?
 7〜9 そして、絶望の夜明けを迎えた…。やだよー、こんなのと一緒なんてやだよー、お先真っ暗だよぉー

646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:51:15.64 ID:soDmKHRko
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:51:32.98 ID:14pUky7y0
ksk
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:54:42.94 ID:J3sC2SZro
これは実質的な結婚で間違いないか
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:56:03.54 ID:wb8o5lSVO
命を救いあうってだけで、離れてはいけないってわけではないんよな
650 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 21:59:06.59 ID:HCSaymBx0

 ヒュォォォォォ…

ヨダカ(あー…うー…)

ヨダカ(最悪…最低最悪…)

ヨダカ(クソクソクソ…寂しさ紛らわすための対価にしたって、こんなのありえない…!)

ヨダカ(一生? 死ぬまで? そんなの、人間のこいつの方が先に死ぬに決まってんじゃん!)

ヨダカ(でも…あれは…悪魔だった…。魔族の中でも、特に強い力を持った…ごく少数の存在…。あいつらの呪いは…逆らえない…)

ヨダカ(現実的に考えて…こんなのを解呪するのはムリだ…。まして、ここは地上…。そんな方法、どこにもない…)

ヨダカ(だったら…諦めて、こいつと…? だぁああああっ、やっぱサイテーサイアクだっ!)

ヨダカ(………何か、尻が熱い…)ゴソゴソ

ヨダカ(熱い…あっつ、何、何だよ…?)ムクッ

シャニ「はぁ…はぁ…」

ヨダカ(…………もしかして、こいつ…弱ってる…?)

ヨダカ(死にかけて…る…? こんな、こんな環境でっ!?)

ヨダカ(………あっ…もしかして、あの谷底での戦い…。まさか、あんなちょっと劣悪な環境でケガした程度で…?)

ヨダカ(こう…悪いのが体に入って…このままじゃマズい…みたいな…? 人間弱過ぎぃっ!)

ヨダカ(じゃあ…このまま、こいつが悪化してったら…俺、また…?)ゾッ

ヨダカ「ああああああっ! もう、もうっ、クソ、クソ、クソっ! ファァアアアアア――――――――――――――――ック!!」

ヨダカ「死ね、死んじまえ! でも死ぬなら、俺にこんな、こんなこと感じさせずに逝けよ!」

シャニ「はぁ…はぁ…」

ヨダカ「っ…」

ヨダカ(……またあれは…やだ…)

ヨダカ(こいつが…ほんとにヤバくならない内に…どうにかしないと…。死にはしない状況まで、持ってかないと…)

ヨダカ「もぉぉぉ…最悪だ…」


 【安価下1】
 1 吹雪の中を突っ切って、人間が住んでるとこまで連れてくか
 2 この吹雪の中に…薬の材料になりそうなのがあればいいんだけど…
 3 その他、妙案求む

651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 21:59:51.11 ID:wb8o5lSVO
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:00:00.62 ID:H9Mhdfcfo
653 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 22:05:19.66 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「叫んだって、何も始まんない…」

 グッ

ヨダカ「クソっ…呪いさえなきゃ、お前なんかどうなってもいいのに…」

ヨダカ「勝手に死にかけるな、ばーか」

シャニ「はぁ…はぁ…」

ヨダカ「…」

ヨダカ(風纏で風の断層を作り出して、冷気をこいつにあてさせないで飛ぶ…しかないか)

ヨダカ(あとは…人間の暮らしてるとこが、どれだけ遠いかが問題…)

ヨダカ(これ以上、ヤバくなってったら…また、あの痛いのがくるし…)

ヨダカ(1秒でも早く、飛ぶまで…!)

ヨダカ(いつか、苦しんで死ねっ…!)

 ビュォォォォォォッ
 ダンッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 人里からどんだけ離れてるんだよ…
 4〜6 人里についたけど…看るなら金、って請求された(白目
 7〜9 どうにかなったぜぃ!

654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:06:04.94 ID:H9Mhdfcfo
たあっ
655 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 22:11:02.61 ID:HCSaymBx0

 ――?・雪に閉ざされた村――

医者「…お金は?」

ヨダカ「…」ブンブン

シャニ「はぁ…はぁ…」

医者「じゃあ、看られない」

ヨダカ「っ…」ガシッ

医者「そんな目をしたってダメだ」

ヨダカ(殺してやろうか…。でも…そしたら、こいつが…)

医者「慈善事業じゃないんだ…」

 バタムッ
 ヒュォォォォォォォ…

ヨダカ(……金…)

ヨダカ(金って…どうやれば…?)


 【安価下1】
 1 バイト募集の張紙を見つけた
   A @酒場
   B @宿屋
 2 武器屋に声をかけられた。珍しいものを持ってるね、って…
 3 ん? 医者がまた出てきた…?

656 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:11:41.85 ID:J3sC2SZro
3
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:11:48.86 ID:soDmKHRko
658 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 22:15:51.80 ID:HCSaymBx0

 ガチャ…

医者「…そこにいられても迷惑だ」

ヨダカ(やっぱ、もう、こいつを殺って――)

医者「それでも看てほしいなら…」

ヨダカ「…」ピク

医者「西の森の中に…凶暴な魔物が住み着いている…」

医者「それを殺して…そいつの牙を持ってくれば…看てやる」

ヨダカ「…」

ヨダカ(人間のくせに…俺を小間使いみたいな扱いする気かよ…)

ヨダカ(………でも…人間の、金の稼ぎ方なんて知らないし…)

ヨダカ(これしか…ないっぽい…)

ヨダカ「…」

 ドサッ

ヨダカ「…持ってくるから…看てろ…」

ヨダカ「でなきゃ、ぶっ殺す」

 ビュォォォォッ
 フワッ

ヨダカ(そっこーで、やる…!)



 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ド ラ ゴ ン
 4〜6 超つよい
 7〜9 ふつーにつよい
  0  そっこーだった

659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:16:24.63 ID:H9Mhdfcfo
でやっ
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:16:32.27 ID:wb8o5lSVO
っや
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:16:36.34 ID:14pUky7y0
ksk
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:17:50.99 ID:J3sC2SZro
正面から勝てない奴じゃないですかー
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:18:12.70 ID:wb8o5lSVO
コンマ腐りすぎ…
664 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 22:22:46.12 ID:HCSaymBx0

 ――?・西の森――

 ガササッ…

深雪竜「グルルル…」

ヨダカ(ドラゴ、ン――)

深雪竜「ガァアアアアアアア――――――――――――――――ッ!」

 ビュォォォォォォォォッ

ヨダカ「ブレス…!?」

 バッ
 ギィィィィンッ
 カチィィ--------ン

ヨダカ「っ…悪魔の次はドラゴンって…! 地上、どうなってんだよ…!?」

深雪竜「グルル…」

ヨダカ(これを仕留めるなら…多分…1ヶ月単位で、戦って、退いて休息しての繰り返しで、ギリギリ死ぬか、ギリギリ成功か――)

深雪竜「ガアアアウッ!」

 ブゥゥゥンッ

ヨダカ「っ――風刃!」

 ギィィィンッ
 ヒュバッ

ヨダカ「弾かれっ…!?」

 ズバァァァァッ
 ドッ
 グシャアアッ

ヨダカ「がうっ…」

 ドサッ…

深雪竜「グルルルル…」

ヨダカ(牙――そうだ、こいつの牙だけでも、取れれば、あとは…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 強過ぎなんだもん…
 4〜6 あー、ぼろっぼろになっていくぅー
 7〜9 いけるか? いけるか?

665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:24:32.17 ID:XsjFTMmc0
ハードすぎる…
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:25:04.65 ID:J3sC2SZro
しんせつドラゴンwwwwww
667 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 22:28:25.77 ID:HCSaymBx0

深雪竜「ガァアアアアアアッ!」

ヨダカ「っ――クソ!」

 バッ
 カチィィ----ン

ヨダカ「風縛!」

深雪流「グルルル…ガァアアアアアアアッ!」

ヨダカ(そうだ、そうやって、大口開けたとこで…!)

ヨダカ「風纏! 唸れ、俺の、ブゥウウウ――――――――――――メラン!」

 ブゥゥンッ
 ビュォォォォォォォッ

 ガキィィィンッ
 ズバァァァァァァッ

ヨダカ「いけっ…!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ブーメランが、牙に刺さって戻ってこない…
 4〜6 ヒビわれただーけー…? もっぺん…かな…?
 7〜9 いけたーっ!

668 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:29:11.61 ID:H9Mhdfcfo
いよっ
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:30:08.06 ID:UdXcZ11Ko
デデドン!
670 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 22:33:27.14 ID:HCSaymBx0

ヨダカ「…え」

深雪竜「ガァアアアアアアア――――――――――ッ!」

 ブワァァァッ
 フワァッ…

ヨダカ「刺さった、まま――」

 ドッゴォォォォォォォォォォォォッ

ヨダカ「ひでぶぅっ…!?」

 ゴロゴロォッ
 ドゴォォォォォォンッ

ヨダカ「っ…ぐぐ…こん、の…」

深雪竜「グルルルル…」ノソノソ

ヨダカ(今のブレスで…ちょっと、ヤバいかも…)

ヨダカ(でも、ブーメランは牙に刺さったまま…食われる覚悟で飛び込んで…そのまま叩き折れれば…)

ヨダカ(っ…地味に、呪いの苦痛が増えてきてる…あの人間っ、先にやれって言ったのに…絶対に、やってないぃぃっ…!)


 【安価下1】
 1 次に深雪竜が吼えて口開けた時がチャンスだな
 2 極大・竜巻魔法で雪を一気に巻き上げて、それに乗じてとりにいく
 3 ……安全策で、遠くから風刃をぶつけて牙が折れないかやってみる
 4 その他、どーしよ?

671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:34:17.47 ID:soDmKHRko
672 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 22:39:49.85 ID:HCSaymBx0

深雪竜「グルルル…」ギロッ

ヨダカ「………………いや、そんな一か八かで、失敗してらんないか…」

ヨダカ「風刃!」

深雪竜「ガァアアアアアッ!」

 ブワァァァッ

ヨダカ「ですよねー!?」

 バッ
 ドッゴォォォォォォンッ

ヨダカ「でもっ――風刃! 風刃、風刃、風刃、風刃、風刃っ!!」

ヨダカ(数撃ちゃいずれだ…! ドラゴンだろうが、調子に乗るな、発育が良くてヒゲがあって翼の生えてるトカゲのクセして!)

 ギィィィンッ
 ギィィィンッ
 ギィィィンッ
 ギィィィンッ

深雪竜「ガァアアアアアアアアアア―――――――――――――――――ッ!」

 ブワァァァァッ

ヨダカ「折れろよ、バカトカゲぇえええええ―――――――――――――――っ!」



 【直下 コンマ判定】
 1〜3 やった、牙に掠めて! あ…刺さってたブーメラン、落ちちゃった☆テヘペロ
 4〜6 魔力ムダにした…くそったれめ…
 7〜9 あれっ、もうちょっとじゃね!?

673 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:40:44.84 ID:2NAnh/hOo
テヘペロ
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:40:51.25 ID:J3sC2SZro
ここで
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:40:52.52 ID:nfNuEeseo
676 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 22:45:49.18 ID:HCSaymBx0

 ドゴォォォォンッ…

ヨダカ「ぜぇー…はぁー…」

ヨダカ「………意味ねぇー…」

深雪竜「グルルル…」

ヨダカ(やっぱ…直接、行くしかないっぽい…)

ヨダカ(あの、刺さってるとこから、一気にぶった切る…)

ヨダカ(これで決定…!)

 スゥッ…

ヨダカ(ブレスの予備動作――くるっ…!)

深雪竜「ガァアアアアアアアアア―――――――――――――――――ッ!!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ブレスにぶつかりつつ、かみつかれつつ、牙1本をどうにか
 4〜6 噛みつかれつつ、牙1本をどうにか
 7〜9 ブレスを避けて、噛みちぎられるより早く…! 成功!

677 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:47:07.98 ID:J3sC2SZro
んぜろ
678 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 22:51:56.98 ID:HCSaymBx0

 ブワァァァァァッ

ヨダカ(ブレスの範囲ぎりぎりから、旋回するように迫って…!)

深雪竜「グルルァアアアアッ!」

 パシィッ
 ギュッ

ヨダカ「風纏――」

 ビュォォォォォォォォッ

 バクッ…
 ブワァァアアアアッ

ヨダカ「ざまーみろ、風の爆発力で口なんか閉じさせるか!」

ヨダカ「竜だろうが、魔族の眷属…! 主に牙剥くくらいならっ…!」

 ググッ
 ガキィィィィンッ

ヨダカ「この牙、もらっといてやるよっ!」

深雪竜「ガアアアアアアアアアア――――――――――――――――――――ッ!?」

ヨダカ(でっけえ、牙…! 俺の身長と一緒くらい…!?)

ヨダカ(でも、これで助かる――)ホッ

ヨダカ(………って、何で、ほっとするんだよぉおおおおおおおお―――――――――――――――――!?)

ヨダカ(あんなの、さっさと死ねばいいのにぃぃぃっ!)

 ビュォォォォォォッ

ヨダカ「あと、あの医者っ…叩きのめす…!」


 【安価下1】
 1 ほんとに叩きのめしちゃった☆テヘペロ
 2 さすがに思いとどまった

679 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 22:52:50.73 ID:J3sC2SZro
2
680 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/16(火) 22:58:28.23 ID:HCSaymBx0

 ――?・雪に閉ざされた村――

シャニ「…ん、ぅ…」

シャニ「……ここは…?」ムクッ

シャニ「………記憶が…たしか、あの、何もない雪原で…」キョロキョロ

シャニ「っ…」

ヨダカ「Zzz…」

シャニ「…そうだ、体調が悪くなって…その後のことが、わからない…」

シャニ「…キミが…助けてくれたのか…?」

ヨダカ「Zzz」

シャニ「……傷まで負って…」

シャニ「…」

シャニ「……借りがひとつ、か――」


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持品:柄付きブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた



―――――

 本日はここまで
 ありがとうございました

681 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 23:02:42.89 ID:J3sC2SZro
┌(┌^o^)┐乙ゥ
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/16(火) 23:04:28.76 ID:soDmKHRko
乙です
ID:J3sC2SZroはホモ。はっきりわかんだね。
683 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 00:06:31.69 ID:tgwbtfmi0

王子「どうも、皆の王子様です」

王子「今回はね、呪いっていうものについて、ちょぉーっとだけ解説に来ました!」

王子「奇しくも、シリウスに続いてヨダカまで呪い受けた人になっちゃったからね…」

王子「そもそも、呪いとは何か。言っちゃえばこう…あれこれしちゃいけない、とか」

王子「こうしたら、悪いことになるよとか。…そういう、うーんと…悪いことになるって運命づけられるって言うか?」

王子「そんな強制力を持つもので、基本的に理不尽です」

王子「シリウスの場合はスーパー・パワー・アップ! だけど、使用後は理不尽なくらい痛いことになっちゃう」

王子「しかも、見た目的にも魔物と同じに見られちゃうし、暴走なんかしちゃったら戻れなくなることもあると」

王子「ヨダカの場合は、殺し合おうとしてた相手のシャニが死にそうな目に遭うとものすごぉーく痛いことになっちゃう」

王子「ヨダカは魔族的なプライドに満ち満ちてるから、精神的にもかなり腹立たしくて苦痛に満ちてると」

王子「精神低いけど、ヨダカの場合は取り乱すとか、落ち込むとか、爆発しちゃうとか、そういう感じも相まってるよ」

王子「シリウスは眼帯で止めてはいたんだけど、ヨダカとシャニが食らった呪いはそういう止める手立てがないんだよね」

王子「だからほんとに、どっちかが生きてる限りは、2人ともそれぞれの命を守っていかないと大変なことになっちゃうと」

王子「別にものすごぉーく遠い距離に離れてもいいんだけど…何かあったら、助けられないからひたすら苦しみ続けちゃうんだよね」

王子「それがもしもね? どっちかのピンチで、もうひとりが呪いの苦痛を受けちゃって、そのせいで動けなくなっちゃったりして?」

王子「さらにピンチになったら、2人揃って相方のピンチでスーパー、痛い痛ーいになって、両方死にかねない…と」

王子「えげつない相乗効果です」

王子「この理不尽さが、呪いってやつです」

王子「上手におつきあいしてね!」

王子「そんなわけで、皆の王子様でした!」

684 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 03:20:43.09 ID:fbh8fuNto
これでシャニが女の子なら「病める時も健やかなる時も」という感じなんだが
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 13:51:20.60 ID:61RqMPFXO
00出れば実は女展開あるかもよ
686 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 18:04:58.93 ID:SR2wQTXBO

王子「はろー、えーぶりわーん!」

王子「あいむ、はんぐりー」

王子「れっつ、ごー! ごーごごー!」


 【直下 コンマ判定】
 現在地…
 1〜3 4番目の国ですよー
 4〜6 暗夜王国にいましたわー
 7〜9 バイス王国だった。ぎりちょん

687 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:08:12.30 ID:5qRNfcIjo
新規
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:09:50.41 ID:61RqMPFXO
いきなりの謎0
689 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 18:10:32.47 ID:SR2wQTXBO

王子「開幕0か…」


 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 まあ、安価の選択にしとこう
 奇数 新規国。だけど、そこはバイス王国に占領をされた属国で、圧政を強いられてます
 ※0は偶数扱いなんやで

690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:10:58.12 ID:wSbjLlcOo
691 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 18:13:12.34 ID:SR2wQTXBO

 【安価下1】
 1 暗夜王国
 2 バイス王国
 3 新規登場国
 4 >>689奇数の新規国
 ※「3」か「4」のどちらかを選択する場合、国名もおなしゃす
  別に王国じゃなくても、共和国とか、ってしてくれてもええんやで

692 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:14:29.85 ID:ayMbbXmg0
2
693 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 18:17:57.40 ID:SR2wQTXBO

 ――バイス王国・雪に閉ざされた村――

ヨダカ「ふわぁぁ〜…」ムクッ

ヨダカ「…むにゃ…」グシグシ

ヨダカ「…まだ寝れる…」ボフッ

シャニ「寝るんじゃない」ガシッ

ヨダカ「っ…」バッ

ヨダカ(何だこいつ、起きて、俺への恩も感じないで寝るな!?)

ヨダカ(うわ、クソだ、クソ野郎だ、こいつ…!)

シャニ「今後のことなのだが…」

ヨダカ「…」ガルルル

シャニ(威嚇されている…)

シャニ「…とにかく一度、首都に戻ろうと思う」

シャニ「呪い――というのがある以上は、行動をともにするのもやむなし…ということだろう」

シャニ「それでいいな?」


 【安価下1】
 1 ぷいっ、てそっぽ向く
 2 うなりつづける
 3 頷いておく
 4 その他、どうする?

694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:19:18.48 ID:zuFgHHr80
2
695 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 18:24:49.32 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「…」ガルルル

シャニ「…」スッ ←手を出した

 ガチンッ ←噛みつこうとしたけど手を引かれた

シャニ「…」

 スッ
 ガチンッ

 スッ
 ガチンッ

 スッ
 ガチンッ

ヨダカ「…」

シャニ(ちょっと面白い…)

 スッ

ヨダカ「何遊んでんだよ!?」

 ゲシッ

シャニ「ぐはっ…!」

ヨダカ「3回だろ、そういうのは! それ以上は飽きろよ、俺で遊ぶな!」

シャニ「3回まではいいのか?」

ヨダカ「…」プイッ

シャニ(……謎だな…この少年は…)

シャニ(だが、意外と可愛気もあるのかも知れない…)

シャニ(そうだ…。試しに…)ゴソゴソ

ヨダカ(ったくこいつ…手え引っ込めるの早いんだよ…)

シャニ「…」つ猫じゃらし

 フリフリッ

ヨダカ「っ…!?」

シャニ「…」

 フリフリッ

ヨダカ「…」


 【安価下1】
 1 思わずじゃれついた
 2 シャニの顔面を踏みつけてみた
 3 その他、どうする?

696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:25:53.25 ID:wSbjLlcOo
697 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 18:29:48.39 ID:SR2wQTXBO

シャニ「…」フリフリッ

シャニ(さあ来いっ…!)

 ゲシィッ

シャニ「…」

ヨダカ「…」グリグリ

ヨダカ「…」ペッ

シャニ(気難しいのは理解した…なるほど…)フキフキ

ヨダカ「…」プイッ

シャニ「まあいい…。とにかく、首都を目指す」

シャニ「互いに、自分の身はかわいいもののはずだ。…ともに来てくれることを俺は期待している」

 スクッ

シャニ「それと、礼を言っておく。これは、その礼のしるしだ」ポイッ

ヨダカ「…」パシッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 猫じゃらし。ぶん殴ろうとしたけど避けられた
 4〜6 100ゴールド。しょぼっ
 7〜9 200ゴールド。金もってたのかよ!?

698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:32:43.14 ID:ayMbbXmg0
にゃ
699 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 18:38:27.88 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ(人間の金…)

ヨダカ(………しょぼっ)

シャニ「それと、防寒具を用意しておいた」

シャニ「どうやら、相当、北の方に飛ばされてしまっていたらしい」

シャニ「しばらくは寒冷地を進むことになるから、使ってくれ」

 ドサッ

ヨダカ「…」パサッ

ヨダカ(……………何で、こんな…全身、水色の…)

シャニ(さあ着ろ…。多分似合うぞっ…!)

ヨダカ「…」ゴソゴソ

シャニ(本当に着た…。何とも分からんな…。素直なのか、ひねくれてるのか…)

ヨダカ「…」

ヨダカ(…あったけえーっ!?)

ヨダカ(…ふわふわだ、これ…)モフモフ

シャニ(うーむ…ああしてるのを見る限りは、ただの子どもにしか見えないんだが…)


 【安価下1】
 1 じゃあ、出発
 2 の…前に!
   A おい医者ぁ…シャニが治った今、お前なんかどうなろうが知ったこっちゃねえ! 牙ももらっとく! ぶっ飛べ!
   B 人間の暮らしがヨダカにはとても不思議に見えた

700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:40:02.65 ID:wSbjLlcOo
竜の牙はサキュバスの時と同じような効果があるなら欲しいけどどうだろ
安価下
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:42:09.51 ID:gBRIV06rO
1
702 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 18:46:46.63 ID:SR2wQTXBO

 ――バイス王国・街道――

 ヒュォォォォォ…

 ザクッ…
 ザクッ…

ヨダカ(空飛べばすぐなのに…何で人間はこうも地べたを歩くのが好きなんだ…?)

シャニ(歩くごとに、ああも膝の上まで雪にうもれては大変そうだな…)

ヨダカ「…」ザクッ

シャニ「…」

ヨダカ「…」ザクッ

ヨダカ「…」ピタッ

シャニ「……やはり、歩きづら――」

ヨダカ「…」ザクザクッ

ヨダカ「〜っ…」ザクザクザクッ

シャニ(楽しんでる…)

ヨダカ「♪」ザクザクザク

シャニ「…まあ、いいか…」

ヨダカ「雪とか死ね」←飽きた

シャニ「」


 【安価下1】
 1 それでも歩く
 2 歩くのが嫌になって足を止めた
 3 黙々と歩くシャニの腰の剣に捕まって、引きずってもらう作戦。さあ行け、人間

703 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:47:30.68 ID:wSbjLlcOo
704 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 18:50:07.68 ID:SR2wQTXBO

シャニ「はぁ…」

ヨダカ(だりぃー…)

 ザクザク…

ヨダカ「…」チラッ

シャニ「…」ザクザク

ヨダカ「…」ザッザッザッ

 パシッ

シャニ「うん…?」チラッ

 ガシッ

ヨダカ「…」

シャニ「…何故、そこに捕まる…?」

ヨダカ「…」ガルルル

シャニ「…」

 ザクザク
 ズルズル

ヨダカ(これでいいや…)

シャニ(地味に重い…!)

ヨダカ(でも遅い…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 遅いからすぐ飽きた
 4〜6 シャニに邪魔がられて、おんぶスタイルになった
 7〜9 木を切り倒して、板状に切り出して、ソリにしてそれで牽引させた。シャニは呆れた

705 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:51:07.43 ID:wSbjLlcOo
706 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 18:54:54.89 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「…もっと早く」

シャニ「無茶を言うな…」

ヨダカ「…」パシッ ←手を放した

 グラッ
 ドサッ…

シャニ「…」ムクッ

ヨダカ「飽きた…」

シャニ「………子どもとは言え…だ」

シャニ「多少のわがままや、身勝手さに目をつむってきたが、そろそろ怒るぞ…?」

ヨダカ(もっと面白いことないのかな…?)

シャニ「俺の話を聞け」

ヨダカ「…」チラッ

シャニ「いいか、どんな事情があるかは知らないが人間、大切なのは――」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 …………あ、何だろあれ?
 2 …(会話嫌い
 3 人減じゃない
 4 その他、自由台詞

707 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:55:51.69 ID:gBRIV06rO
1
708 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 18:57:49.79 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「…………あ、何だろあれ?」ザザザッ

シャニ「おい! だからすぐにそうやって…!」

ヨダカ「んー…つる…? 雪の下に…?」ガシッ

ヨダカ「何が埋まってるんだ…?」

シャニ「っ…待て、それは――!」

 ズボォォォッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 魔物だった。ぱっくりいかれた
 4〜6 魔物だった。シャニが切り伏せてくれた
 7〜9 人間だった

709 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:58:31.40 ID:wSbjLlcOo
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 18:59:23.11 ID:gBRIV06rO
何が来る!?
711 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:00:54.60 ID:SR2wQTXBO

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 何かを丸呑みしてる植人植物型魔物だった。攻撃したら、丸呑みされてた女が吐き出されて惚れられた
 奇数 つるみたいのを引っ張ったら、地面が割れた。……落とし穴!? ダンジョンへ…
 ※0は偶数扱いやで

712 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:01:15.09 ID:wSbjLlcOo
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:03:39.98 ID:mCpN67doo
冒険だ!
714 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:04:12.30 ID:SR2wQTXBO

 パカッ…

ヨダカ「?」

シャニ「えっ…?」

 ドドドドッ

ヨダカ「うわあっ…!?」

シャニ「迂闊にものに触るからこうなるんだぁああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……………………」


 ――バイス王国・忘れられた洞穴――

 ドサァッ

ヨダカ「痛ってて…」

 ヒュォォォォォ…

ヨダカ「ん?」

 ドゴォッ

ヨダカ「ぐえっ…!?」

シャニ「痛っ…!?」

ヨダカ(俺の上に降ってきやがった…こいつぅ〜…)

シャニ「痛っててて…す、すまん、平気か?」

ヨダカ「…」ギロッ

シャニ「…だが、お前が変なことをするから――」


 【安価下1】
 1 噛みついてみた
 2 無視した
 3 その他、どーしてやる?

715 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:05:26.74 ID:wSbjLlcOo
脛に蹴り
716 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:09:24.11 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「ていっ!」

 ガスッ

シャニ「痛っ…!? ぐおおおおおっ…!?」バタバタ

ヨダカ「ふんっ…」

シャニ「お前…っ!」

ヨダカ「…」プイッ

シャニ「…そうか、そういう態度を取り続けるか…」

シャニ「だったら…ここら辺で、どちらが主導権を持つか、はっきりさせておくとしよう」スラァンッ

ヨダカ(やる気かよ…? ……でも、死ななきゃ別に意味はないんだろうし…死なない程度に…)チャキッ

シャニ「生憎と、この剣は両刃でな…峰打ちはしてやれんぞっ!」ダンッ

ヨダカ(上等だ、人間がっ!)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 トラップが作動して喧嘩どころじゃなくなった
 4〜6 上からさらに雪がどっさり落ちてきて、水を差された…
 7〜9 殺さない程度にやろうと手加減をし合ったら、どうしても互角で勝負がつかない…

717 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:10:10.67 ID:EPJVcPLso
718 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:14:18.99 ID:SR2wQTXBO

 ギィィィンッ

ヨダカ(やっぱこいつ、意外とやる…!)

シャニ(やはり、ただの子どもではない…!)

 ガッ
 ブンッ

ヨダカ「風纏――あいだっ…!?」

シャニ「呪いか、ざまあないな! 大・土槍――あが、ぐぐごっ…!?」

 ドサドサッ

ヨダカ「だぁあああああああっ!」

シャニ「クソ、何が呪いだ…! 全く、これくらいで…!?」

ヨダカ「死ねぇええええっ!」ブンッ

シャニ「死ねるかぁあああああっ!」ブンッ

 カスッ
 ドッゴォォォォォォォォッ

ヨダカ(クロス――)

シャニ(カウンター、だと――)

 バタッ…

ヨダカ(ダメだ…やっぱり、呪いがあると…まともにこいつと決着もつけらんない…)

シャニ(想像以上に呪いというのは厄介だな…)

ヨダカ「…」ジロッ

シャニ「…」ジロッ

ヨダカ「…」ガルルルル

シャニ「…ふんっ」

シャニ「出口を探すぞ…」


 【安価下1】
 1 ちょっかいを出し続ける
 2 ついていく
 3 別行動だ
 4 その他、どーする?

719 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:15:52.60 ID:BKzfGZzdo
3
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:15:59.91 ID:BgP3BoJAO
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:16:22.54 ID:EPJVcPLso
シャニ連れて飛ぶ
722 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:18:08.51 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「…」スタスタ

シャニ「…おい、どこへ行く?」

ヨダカ「…」スタスタ

シャニ「…そうか…別にいい」

シャニ「死にかけるなよ、迷惑を被るのはこっちなんだ」スタスタ

ヨダカ(どっちが…)

 スタスタ…


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 道に迷った。複雑なとこだな…
 4〜6 トラップうぜええええええ
 7〜9 別の道を行ったはずなのにばったり、シャニと出くわした

723 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:19:25.10 ID:EPJVcPLso
で ぐ ち
724 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:20:36.29 ID:SR2wQTXBO

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 あれ、ここって最奥部?
 奇数 ぐはっ、呪いがっ…! 痛い痛い痛い苦しい痛い痛い苦しいぃぃぃ…
 ※0は偶数扱いなんよ

725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:20:50.22 ID:wSbjLlcOo
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:20:53.03 ID:mCpN67doo
0の大盤振る舞い
727 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:25:27.33 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「…」キョロキョロ

ヨダカ「広いとこに出た…」

ヨダカ「…何かの、祭壇…?」

 スタスタ

ヨダカ「何かあるのか…?」

 ゴゴゴ…

ヨダカ「っ…?」

ヨダカ(いや…地上とは言え…現実に考えろ…)

ヨダカ(こういうとこにいるのは決まって、強い魔族…!)

ヨダカ(宝をエサに強欲なヤツらを引きつけては返り討ちにして自分を高めるとか言う類の、面倒なやつ…!)

 バッ

ヨダカ(来るなら来い…!)


 【直下 コンマ判定】
 さてさて…どんなボスかね?
 1〜3 天然ゴーレム
 4〜6 アンデッド魔物だよ…
 7〜9 でっかいオオカミ型の魔物だった…

728 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:25:47.80 ID:wSbjLlcOo
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:26:32.19 ID:61RqMPFXO
ゼロまみれ
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:26:36.66 ID:mCpN67doo
おいおいボス判定で0奇数でたらやべえよ
731 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:26:49.63 ID:SR2wQTXBO

 荒ぶってる…

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 あれ…? 何も起きない…? よし、お宝をゲットだ
 奇数 危惧した通りの魔族だった…(白目
 ※0は偶数扱いやで

732 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:27:05.47 ID:BgP3BoJAO
ま た ゼ ロ か !
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:27:16.05 ID:wSbjLlcOo
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:27:16.79 ID:hlom3xnAO
三連零とは驚いた
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:27:55.92 ID:BgP3BoJAO
すまん…
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:30:10.21 ID:61RqMPFXO
シャニったん来ておくれよ
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:30:32.01 ID:jMiwS7JEo
こういうゼロはシャニ脱がせたときにとっとけ
738 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:33:23.25 ID:SR2wQTXBO

 シュゥゥゥゥゥ…

有角剣士「ほほう…久しく、誰も訪れぬと思っていれば…」

ヨダカ(げぇっ…有角族…)

有角剣士「まさか、久方ぶりの客が魔族だとはな」

ヨダカ「…」チャキッ

有角剣士「さあ、存分に血湧き肉踊る戦いをしようではないか! ふはははははっ!」

 ギュゥィィィィンッ

有角剣士「大・爆裂魔法っ!」

ヨダカ「大・竜巻魔法っ!」

 カッ
 ドッゴォォォォォォォォォッ

 ビュォォォォォォォォォォッ

有角「さすがは魔人族か…!」ダンッ

ヨダカ(クソ、クソ、クソっ! どうしてこんなことになるんだよっ…!?)

 ギィィィンッ


 【安価下1】
 1 ブーメランを投げて、あえて避けさせといて風縛で動きを止めて戻ってくるところで死角からの攻撃にする
 2 風刃で牽制しながら、風・透過を付与したブーメランで本命攻撃
 3 魔族なら魔族らしく、真っ向勝負! 血を多く流して最後に勝つのが魔族の誉れ
 4 その他、どーしよ?

739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:34:04.40 ID:Oq5CSQr2o
1
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:34:54.22 ID:EPJVcPLso
対話……は出来ない子だった
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:37:28.87 ID:61RqMPFXO
女だったらヒロインにしようぜ
742 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:39:31.63 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「風刃っ!」

 ヒュバァッ
 ギィィィンッ

有角剣士「ぬるいわぁっ!」

ヨダカ(距離を取って――!)ダンッ

ヨダカ「でやあっ!」ブゥンッ

有角剣士「そんな直線的な攻撃が通用するものか!」ズイッ

ヨダカ(ブーメランが回帰軌道に乗ったところで…!)

有角剣士「ふんぬぅぅぅぅっ!」

 ブゥゥンッ
 バサァッ

有角剣士「何っ…!?」

ヨダカ「目くらましだ、バカめっ!」

ヨダカ(ていうか、あのもこもこ服、別にいらなかったし…!)

 クルルルルッ

ヨダカ「風縛っ!」

 ビュォォォォォォォッ

有角剣士「ぬぐぐぐっ…!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 失敗しちゃった、えへへへ
 4〜6 風縛を破って勝ち誇った有角剣士にブーメラン直撃ぃっ! ざまーみろ!
 7〜9 風縛にかかったままの有角剣士の頭をブーメラン直撃ぃっ! 頭ぶっ飛ばしたぜ、はっはー!

743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:41:03.70 ID:ayMbbXmg0
ひーはー
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:41:34.00 ID:EPJVcPLso
ゼロ祭り会場はここか?
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:41:35.27 ID:mCpN67doo
どうなってんだ
746 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:42:30.24 ID:SR2wQTXBO

 ま た か

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 こいつ、戦いの勘が完全に鈍ってやがる! 大した敵じゃないぜ!
 奇数 頭をぶっ飛ばしたぜぇー! ってはしゃいでたら…あれ、えっ?
 ※0は偶数なのよ

747 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:43:50.42 ID:EPJVcPLso
星の名前でも調べておくか
748 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:48:09.88 ID:SR2wQTXBO

 ズドォォォォォッ

有角剣士「ぐへあっ…!?」

ヨダカ「ざっまーみろ! あははははっ! 喉っ! 喉に刺さってるしっ!」ゲラゲラ

有角剣士「んっ…ぐ、がっ!」

 ズボォッ
 ブンッ
 カランッ

ヨダカ「はー…笑った…」

有角剣士「…500年ぶりで…鈍りすぎておるな…」

ヨダカ(言い訳乙!wwwww)

ヨダカ(ふぅー…こいつ、大したことない…。待ちわびすぎて、アホみたいに弱体化してるパターンだ…)

有角剣士「だが…待っていた甲斐があったわっ!」


 【安価下1】
 1 そっこーで殺す!
 2 遊びながら殺す!
 3 その他、どーしよ?
   ※仲間にゃならん敵だからね?

749 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:48:51.95 ID:EPJVcPLso
呪いを解く方法を聞く
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:48:56.67 ID:mCpN67doo
1
751 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:53:49.87 ID:SR2wQTXBO

 >>749 呪いは…解けない仕様になってますんで、すみませんが諦めて上手につきあってくだされ…

―――――

有角剣士「きえええええええっ!」

ヨダカ「うるさっ…」

 ギィィィンッ

有角剣士「中・爆裂!」

ヨダカ「風刃!」

 ヒュバァッ
 ズドォォォッ

 ドッゴォォォォォォォンッ

ヨダカ「ふぅー…」バッ

有角剣士「ぬぐぅっ…我が腕が…!」

ヨダカ「じゃあ、トドメいっちゃおうかなぁー!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜4 鈍っててもそれなりに強かったわ
 5〜9 勝った! いやー…魔族って、ほんとにアホで良かったわ

752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:54:07.90 ID:RMBSMLPyO
ここまでのゼロ特に価値なし
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:55:44.84 ID:EPJVcPLso
コンマ神が>>1の択を拒みまくってて草生える
754 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 19:56:19.60 ID:SR2wQTXBO

 多い…

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 無事に倒して、宝箱の中を改めたら…なにこれ…たまご…?
 奇数 舐めプしたばっかりに…形勢逆転された…
 ※0は偶数なんよ

755 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 19:57:34.09 ID:j2aZEnDeo
きすう
756 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:00:49.35 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「風纏――パァアアアアアアアア――――――――――――――――ンチ!」

 ビュォォォォォォォォッ
 ブワァアアアアアアアアッ

有角剣士「極大・爆裂魔法ォッ!」

 カッ

ヨダカ「え」

 ドッゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォッ

ヨダカ「うわぁーっ!?」

 ドサァッ…

有角剣士「とうりゃああああああああああああ―――――――――――――――――――――っ!」

 バッ

ヨダカ「っ…!?」

 ドスゥゥゥッ

ヨダカ「あぐっ…!?」

有角剣士「まずは左足もろうた! さあ、次だっ!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 やばくなってきた
 4〜6 熾烈になってきた
 7〜9 凌いで粘る

757 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:01:42.16 ID:EPJVcPLso
でっどえーん
758 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:05:38.61 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ(やるかっつーの!)

ヨダカ「風刃!」

 ヒュバァァァッ
 ズドォォォォッ

有角剣士「ぬぐおっ…!?」

 ムクッ…

ヨダカ(痛って…これじゃ、踏ん張りきかない…)

有角剣士「ふははっ…楽しくなってきたぁっ!」

ヨダカ(このまま戦い続けるのは得策じゃない――けど…)

ヨダカ(そこらの魔物じゃなくて、相手が魔族となると絶対に逃がしてくれない…)

ヨダカ(だったら息の根を止めるまで…。長引かせるほど、あいつが戦いの勘を取り戻してくるから、できるだけ早く…)

有角剣士「考えごとは、冥途でするがいいっ!」ダンッ

ヨダカ「死ねっ!」


 【安価下1】
 1 風縛からの直接攻撃や
 2 風刃で牽制をして、こっちに突っ込んでくるルートを絞って反撃しよう
 3 その他、どーしよう?

759 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:06:57.37 ID:qFv5CqVb0
風でシャニに助けてって声を届ける。
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:06:57.56 ID:BKzfGZzdo
3面倒だし逃げる
761 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:11:08.88 ID:SR2wQTXBO

有角剣士「とおりゃっ! せいっ! ぜぇえええいっ!」

 ブンッ
 ギィィンッ
 ギンッ
 ガァンッ

ヨダカ(クソ、クソっ!)

有角剣士「軟弱だな! ふははははっ!」

ヨダカ(あの人間っ…! 俺はドラゴンと戦って助けてやったのに、俺はスルーかよっ!?)

ヨダカ(助けろ、バカ! 死ね! 俺を助けてから俺が苦しまないようにして死ね!)

 ギィィィンッ

有角剣士「ふはははははははっ!」

 ブゥゥンッ
 ギィィィィィンッ

有角剣士「お前の獲物はどこぞへ飛んでいったな…! さあ、心置きなく死ぬがいい!」

ヨダカ(死ね死ね死ね死ね死ねっ!)


 【直下 コンマ判定】(呪い:+1)
 1〜3 死んだ―!
 4〜6 ぐはーっ!
 7〜9 ほんとに来た!(※声を届ける魔法は、ありません)

762 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:11:54.94 ID:wSbjLlcOo
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:12:10.15 ID:j2aZEnDeo
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:13:14.77 ID:wSbjLlcOo
取り敢えずコイツ倒したら金になりそうな鎧や剣や角とか剥ぐか
765 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:14:42.26 ID:SR2wQTXBO

有角剣士「さあっ、今度はその細い首だっ!」

ヨダカ「風刃っ!」

 ギィィィィンッ
 ズドォォォォッ

ヨダカ「が、ふっ――」

有角剣士「チィッ、狙いが逸れて腹に刺さってしまったか…!」

 ズボォォォッ

ヨダカ(くっそ…クソ、クソっ…)

ヨダカ(このままじゃ…ほんとにヤバい…)

ヨダカ(今ごろ、あいつ…俺のピンチで呪いがバチバチ? ざまーみろ!)

 クルルルルルッ

有角剣士「だがっ! その悪運もここまでよ!」

有角剣士「久方ぶりの戦い、まことに楽しかったぞ――!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 おーう…
 4〜6 なーんちゃって!
 7〜9 あ、きた

766 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:15:28.75 ID:j2aZEnDeo
l;
767 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:18:51.79 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「死ねるかよっ…!」

有角剣士「魔族なら、戦いの中で誇りを持って死――」

 ズドォォォォッ

有角剣士「がふっ…ま、た…」

ヨダカ「ばーか、ばーか! お前が俺のブーメランを吹っ飛ばしたんじゃなくて、こうなるように投げといたんだよ! ばーか!」

有角剣士「ぐぬ、ぬぬぬっ…!」ズボォォッ

ヨダカ(でも…状況は悪いまま…)

ヨダカ(有角族の生命力とか、高すぎなんだよ…)

有角剣士「まあいい…楽しければ全ては良しであるっ!」

ヨダカ(ほんっと…バカだ…)


 【安価下1】
 1 一丁…こっちも最後の賭けに出るかな
 2 風縛から、トドメを刺しにいって…成功すればいいな
 3 その他、どーしよ?

768 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:19:27.77 ID:Oq5CSQr2o
1
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:19:36.41 ID:wSbjLlcOo
770 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:24:13.78 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ(あいつの、ブーメランの奇襲は印象づけてある…)

ヨダカ(ここらで仕掛けて…失敗しなきゃ…勝てるはず…)

有角剣士「さあ…そろそろ、幕引きだ」

有角剣士「お前との戦い…そこそこは、楽しかったぞっ…!」

ヨダカ「風刃、風刃、風刃っ!」

 ヒュバァッ

 ギィィィンッ
 ズバァァァッ
 ザシュゥゥッ

有角剣士「もう、それは見切っているぞ…!」

 ダンッ

ヨダカ「風縛っ!」

 ビュォォォォォォォッ

有角剣士「手元に獲物もなく、飛来しているお前の獲物もなしに、それでどうする…!?」ググッ

 ブワァッ

ヨダカ「っ――」

有角剣士「さあ、死ぬが良い!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 失敗しちゃった☆テヘペロ で、死んじゃった
 4〜6 風・透過魔法を付与したブーメランが今度こそ、有角剣士を仕留めた! …はずだったのにぃっ!
 7〜9 風・透過魔法を付与したブーメランが今度こそ、有角剣士を仕留めた! ちゃんと!

771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:25:40.61 ID:wSbjLlcOo
772 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:28:07.74 ID:SR2wQTXBO

 ヒュォォォッ
 シュルルルルルッ

ヨダカ(見えざる刃で、そのまま今度こそ死んじまえ――!)

有角剣士「むっ――」

 ブォンッ
 ギィィィィィィンッ

ヨダカ「なっ――!?」

有角剣士「我が角が、奇妙な風の流れを掴んだのだ!」

有角剣士「万策尽きたか!? そのまま、死んでしまえいっ!」

 ズバァァァァッ

ヨダカ「っ…」ヨロッ

有角剣士「まこと、楽しかったぞ――」

 グシャアアッ



                                ―――――― DEAD END


773 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:29:55.22 ID:SR2wQTXBO

王子「…何か、コンマがおかしいね」

王子「0がめちゃくちゃ出たと思ったら、成功率高いのに失敗したり…」

王子「…ま、うん」

王子「ガンバ!」

王子「リトライ先を選んでね!」


 【安価下1】
 1 >>765
 2 >>767
 3 >>770

774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:31:46.89 ID:BKzfGZzdo
2
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:31:52.66 ID:wSbjLlcOo
776 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:32:20.11 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「死ねるかよっ…!」

有角剣士「魔族なら、戦いの中で誇りを持って死――」

 ズドォォォォッ

有角剣士「がふっ…ま、た…」

ヨダカ「ばーか、ばーか! お前が俺のブーメランを吹っ飛ばしたんじゃなくて、こうなるように投げといたんだよ! ばーか!」

有角剣士「ぐぬ、ぬぬぬっ…!」ズボォォッ

ヨダカ(でも…状況は悪いまま…)

ヨダカ(有角族の生命力とか、高すぎなんだよ…)

有角剣士「まあいい…楽しければ全ては良しであるっ!」

ヨダカ(ほんっと…バカだ…)


 【安価下1】
 1 一丁…こっちも最後の賭けに出るかな
 2 風縛から、トドメを刺しにいって…成功すればいいな
 3 その他、どーしよ?

777 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:32:43.28 ID:61RqMPFXO
778 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:35:24.04 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「死ね、老害っ…!」

有角剣士「きぃぇええええええええええええええ―――――――――――――――――――――――――――いっ!」

ヨダカ「風縛!」

 ビュォォォォォォォォォォッ

有角剣士「ぐぬっ――」

ヨダカ「そ、の、ま、まぁ…!」

 ギュゥォォォォッ

有角剣士「これはっ…!?」

ヨダカ「潰れて、死ねぇええええええええええ―――――――――――――――――――っ!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 破られた…死んだ…
 4〜6 あかん、つぶしきれん…ああああもうっ!
 7〜9 いけたぁーっ! 力押しだったけど…なんとかいけた…

779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:36:15.12 ID:nxXe8lTD0
即・滅・斬!
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:37:08.93 ID:61RqMPFXO
なんやーっ!!なんなんやーっ!!
781 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:37:23.46 ID:SR2wQTXBO

有角剣士「ふんぬぅぅぅっ!」

 ブワァァァッ

ヨダカ(あ、死んだ――)

有角剣士「即・滅・ざぁああああああんっ!」

 ズッバァァァァァァッ
 ドサッ…



                                 ―――――― DEAD END


782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:38:17.15 ID:nxXe8lTD0
すまん…安価ならst
783 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:39:19.37 ID:SR2wQTXBO

王子「4〜9出せばいいのよ!?」

王子「やっぱうん、ほんとね、>>1はコンマ神に嫌われてる」

王子「…うん」

王子「ガンバ!」


 【安価下1】
 1 >>765
 2 >>776
 3 >>778

784 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:39:48.53 ID:wSbjLlcOo
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:39:58.54 ID:BKzfGZzdo
2
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:40:19.71 ID:X+Yolug0o
787 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:40:24.74 ID:SR2wQTXBO

有角剣士「さあっ、今度はその細い首だっ!」

ヨダカ「風刃っ!」

 ギィィィィンッ
 ズドォォォォッ

ヨダカ「が、ふっ――」

有角剣士「チィッ、狙いが逸れて腹に刺さってしまったか…!」

 ズボォォォッ

ヨダカ(くっそ…クソ、クソっ…)

ヨダカ(このままじゃ…ほんとにヤバい…)

ヨダカ(今ごろ、あいつ…俺のピンチで呪いがバチバチ? ざまーみろ!)

 クルルルルルッ

有角剣士「だがっ! その悪運もここまでよ!」

有角剣士「久方ぶりの戦い、まことに楽しかったぞ――!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 おーう…
 4〜6 なーんちゃって!
 7〜9 あ、きた

788 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:41:10.40 ID:BgP3BoJAO
はい
789 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:42:03.92 ID:wSbjLlcOo
ファッ!?
790 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:42:51.52 ID:SR2wQTXBO

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 苦し紛れに投げておいたブーメランが運良く、急所にブッ刺さって倒せた! やったぁーっ!!
 奇数 シャニが駆けつけたけど、呪いのせいで戦闘がムズい…。で、そんなシャニまで傷ついたら、さらに、2人ともヤバくなってくわけで?
 ※0は偶数扱いやで

791 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:42:54.44 ID:gBRIV06rO
あえての0
792 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:47:14.70 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「死ねるかよっ…!」

有角剣士「魔族なら、戦いの中で誇りを持って死――」

 ズドォォォォッ
 グシャアアアアッ

有角剣士「」

 ドサァッ…

ヨダカ「………あれ…クリーンヒット…?」

ヨダカ「…………………」ソソソ

 ズボォッ

ヨダカ「…」

 ツンツン

有角剣士「」

ヨダカ「…………け、計算通りっ…!」グッ

ヨダカ「ざまーみろ、ばーかばーか!」

 ゲシゲシ

ヨダカ「ええっと…奥の、宝物はーっと…」

 パカッ…


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 手にしただけで壊れそうなおんぼろの剣(白目
 4〜6 (ヨダカの小さな)手の平サイズの金塊がひとつ
 7〜9 忘却の王の冠

793 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:47:40.06 ID:j2aZEnDeo
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:47:45.64 ID:wSbjLlcOo
795 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:50:06.27 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「…」

ヨダカ「…小さい…」

 ヒョイッ

ヨダカ「……しょぼっ!?」

ヨダカ「あのバカ…こんなので釣ろうとしてたのかよ…」

ヨダカ「クソバカ…」

ヨダカ「クソっ…死んだ後も苦しみ続けろっ…!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 で、ひいひい言いながら洞穴を出ていったらシャニが待ってやがった…
 4〜6 で、ひいひい言いながら洞穴を出てたら、シャニと合流しちゃった
 7〜9 で、ひいひい言いながら洞穴を出ようとしてたら、シャニと出くわした。何も言わずにシャニの背中に飛び乗ってやった

796 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:50:44.14 ID:wSbjLlcOo
797 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 20:54:30.50 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「ふぅ…はぁ…」

 スタスタ

ヨダカ(あー…クソ…)

ヨダカ(足痛いし…腹に風穴だし…全身痛いし…)

ヨダカ(最悪…)

 スタスタ
 ドンッ

シャニ「っ…何だ、お前か…」

ヨダカ「…」ムカッ

シャニ「…俺のやった防寒具はどうした?」

ヨダカ(んなの、目くらましにして捨てたっつーの…)

シャニ(さきほどまで…呪いが痛んでいたが、途中で消えたということは…自分でどうにかしたのか…)

シャニ(結局、見つからずじまいだったが…こんなとこで出くわすとは…。いや、近づけてはいた…ということか…?)

ヨダカ「…」スタスタ

シャニ「…」スタスタ

ヨダカ「【安価下1】」

 1 俺が苦しまないように死ね…
 2 …(会話嫌い
 3 その他、自由台詞

798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 20:57:52.53 ID:BKzfGZzdo
宝を拾ったことを一応報告
799 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 21:03:16.07 ID:SR2wQTXBO

ヨダカ「…」スタスタ

シャニ「…」スタスタ

ヨダカ「…」つ金塊

シャニ「…どうした、それ?」

ヨダカ「…ひろった」

シャニ「…そうか」

ヨダカ「…」スタスタ

シャニ「…それだけか?」

ヨダカ(それ以外、何があるんだよ!? て言うか誉めろよ、讃えろよ!)

ヨダカ(ついでに俺が必死こいてお前のこと助けてやったのに、お前が何もしなかったことを深く懺悔して一瞬で切腹しろ!)

ヨダカ「…」スタスタ

シャニ「…」スタスタ

ヨダカ(クソっ…)

シャニ「…すごいな」ポンッ

 ナデナデ

ヨダカ「…」

ヨダカ(触るなっ!)

シャニ「…」ナデナデ

ヨダカ(…)

シャニ「…」ナデナデ

ヨダカ「触ん――」

 スッ

シャニ「これくらいでいいか…ん? 何か言いかけたな」

ヨダカ「‥」ガルルル

シャニ(一体、何が不満なんだ…?)


 【安価下1】
 1 洞穴を出て、ひとやすみ…
 2 休まず、このままいこう


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持品:柄付きブーメラン 金塊

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた

800 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:04:55.17 ID:ayMbbXmg0
1
801 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 21:09:50.75 ID:vI618e8pO

 ――バイス王国・街道――

 ボコォッ…

シャニ「ぷはっ…ふぅ…入口まで、こんなに深い雪に覆われていたのか…」

ヨダカ(あー…外だ…眩しい…)

シャニ「…とにかく、ひとやすみといこう…」

ヨダカ(寝よ…)ゴロンッ

シャニ「…」チラッ

ヨダカ「Zzz」

シャニ「…寝るのが早い…。だが…そんな薄着じゃ、風邪をひくぞ…」

 パサッ

ヨダカ「Zzz」

シャニ「…何か…暖まるものでも作っておこう…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 魔族と人間の味覚の違いが浮き彫りに
 4〜6 味覚の違いなんてなかったけど、ひんそーなスープにヨダカは唾棄した
 7〜9 餌付けされそうになった

802 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:10:18.84 ID:j2aZEnDeo
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:11:13.49 ID:61RqMPFXO
ばかうま
804 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 21:12:59.07 ID:vI618e8pO

ヨダカ「ふわぁぁぁ…」ムクッ

ヨダカ「…」グシグシ

ヨダカ「寝よ…」

 ガシッ

シャニ「もう起きろ」

ヨダカ「…」ジロッ

シャニ「ほら、スープだ。飲め」

ヨダカ「…」ズズ

ヨダカ「…………」

シャニ「どうだ?」

ヨダカ「…」ペッ

シャニ「っ…」カチンッ

ヨダカ「ふわぁぁぁ…」

シャニ「お前は…一体、何が気に食わないっ!?」

ヨダカ「…」ジロッ

シャニ「言ってみろ…。でなければ、何も分からん」


 【直下 コンマ判定】(会話嫌い:−2)
 1〜3 何も言わない
 4〜6 一言だけよ
 7〜9 じゃあ言わせてもらうけど…

805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:14:07.41 ID:wSbjLlcOo
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:14:35.27 ID:nxXe8lTD0
ほい
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:15:05.60 ID:fqMmILeco
これモニカ&サリーペアとやってることおなじやな
808 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 21:16:18.77 ID:vI618e8pO

ヨダカ(何が言ってみろ、だ…。人間風情が…)プイッ

シャニ「っ…」

ヨダカ「…」ゴロンッ

シャニ「…勝手にしろっ」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 シャニまでヨダカを無視し始めて、ヨダカは寂しがり始める…めんどくせっ
 4〜6 シャニまでヨダカを無視し始めてきた
 7〜9 とか言いつつ、面倒見がいいかも知れないシャニ

809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:17:12.42 ID:wSbjLlcOo
810 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 21:21:55.87 ID:vI618e8pO

シャニ「…」ゴソゴソ

シャニ(よし…荷物はまとめた…。これでもう出発もできる…と)

シャニ「さて――」クルッ

ヨダカ「…」チラッ

シャニ「………いや…」クルッ

 スタスタ

ヨダカ「!?」

シャニ「…」スタスタ

ヨダカ(あいつ…今、俺に何か言おうとして、やめたっ!?)

ヨダカ(何…何だよそれ!? あいつっ…!)タタタッ

シャニ(来るのか…)

ヨダカ(何だよ、何言いかけたんだよ…。気になるから言え…言え、言え、言え…)ジロッ

シャニ(がんつけられている…)

シャニ(だが…無視は効く、ということか…。しばらく、このまま無表情でいよう…)

ヨダカ(言えってば!)ガルルル

シャニ(気に食わなければ、すぐ威嚇…。本当にガキそのものだな…こういうところは…)


 【安価下1】
 1 不本意だけど何か言う
   ※何か、言いたい台詞があれば併記してええんやで
 2 まとわりつきまくる
 3 落ち込んだ…

811 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:23:37.89 ID:wSbjLlcOo
812 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 21:26:47.33 ID:vI618e8pO

シャニ「…」スタスタ

ヨダカ「…」ジロ

シャニ「…」スタスタ

ヨダカ「〜っ」

 ウロチョロ
 ウロチョロ

シャニ「…」スタスタ

ヨダカ「…」シュッシュッ ←殴るマネ

シャニ「…」スタスタ

ヨダカ「…」クイクイ ←そで引っ張った

シャニ「…」スタスタ

ヨダカ「…」ガシッ ←ズボンを引き下げにかかった

シャニ「…」グッ ←ズボンを押さえたけど無視

ヨダカ「…」ペッ ←ツバ吐いた

シャニ「…」フキフキ ←ツバ拭いた

ヨダカ「っ…」

シャニ「…」スタスタ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ヨダカ、なく
 4〜6 ヨダカ「ばーかばーか!」
 7〜9 ヨダカ「…」プイッ シャニ「で、何だ?」ヨダカ「!」パァァァッ ←めっちゃくちゃ嬉しそうな顔になった

813 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:27:10.01 ID:j2aZEnDeo
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:27:55.14 ID:ayMbbXmg0
815 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 21:29:03.31 ID:vI618e8pO

ヨダカ「…」グスッ

シャニ「…?」

シャニ(何だ…? いや、振り返ったら反応することになる…)

ヨダカ「…」ヒック

ヨダカ「…」グシグシ

シャニ(何だ…嗚咽…? 泣いた…? いや、まさか…)

シャニ(……ちょ、ちょっと確認するだけ…)チラッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ガチ泣きしてた
 4〜6 シャニは良心をいためた
 7〜9 なんちゃってー! ひっかかってやんのー! やーいやーい! って

816 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:29:36.10 ID:j2aZEnDeo
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:29:41.30 ID:muEwA7aUO
はい
818 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 21:31:09.29 ID:vI618e8pO

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 嘘泣きで騙すことに成功して喜んでたら、色々と見透かされた。必死になって反論したら、はめられてた
 奇数 ガチ泣きしまくってあやされて、つい素直になっちゃった…
 ※0は偶数なんやで

819 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:31:47.20 ID:HG8Erlx6o
おりゃ
820 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:31:53.86 ID:wSbjLlcOo
821 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 21:41:07.14 ID:vI618e8pO

ヨダカ「グスッ…ヒック…エグ…」

シャニ「なっ…!? そ、そんな泣くことはないだろう!?」

シャニ「大体、お前がだな――」

ヨダカ「騙されてやんの、ぶわぁぁぁ〜〜〜〜〜〜か」ニタァ ←ゲス顔

シャニ「」

ヨダカ「はぁ…すっきりした…」

シャニ「………ああ…そうか、なるほど、分かった…」

ヨダカ(何が分かったんだっつーの、ばーか)

シャニ「そういうことだったか…。つまり、お前はかまってちゃんのひねくれ者か…」

ヨダカ(……カマッテチャン…?)

シャニ「誰かに遊んでほしいけど、全部、自分の都合でのみ…」

シャニ「遊び始めても自分が飽きればそれ以上は嫌で、かまってほしくても自分からそうしてほしいとも言わず、かまうように差し向ける」

シャニ「それで気が向かなければまた腹を立てて躍起になって、嘘泣きまでする…と」

シャニ「面倒臭いガキだな…」

ヨダカ「っ…が、ガキじゃねえしっ!」

シャニ「どこが?」

ヨダカ「俺は18だ!」

シャニ「そんななりで、俺と同い年のはずがないだろうが!」

ヨダカ「嘘なんかつくか、ばーか!」

シャニ「嘘泣きしておいて説得力は皆無だな!」

ヨダカ「っ…」

シャニ「ふんっ、よく分かった。お前に1番効くのは無視だな」

シャニ「だったら、これから先もそうしよう」

ヨダカ「ざけんな、畜生! 死ね!」

シャニ「死ね? 俺が死にかけたら、お前は苦しむばかりだぞ? ろくに先のことも考えられないとは」

シャニ「大体…お前、頭に血が上って自分のルールを忘れてるんじゃないのか? 買い言葉に売り言葉で、今日はよく喋るな?」

ヨダカ「っ…!? しまった…!?」

シャニ「喋ろうとしないのは、その子どもボイスで子どもに見られるのが嫌からか? だが、年相応の声だ、それでいいだろう」

シャニ「気にしてないと言うんなら? ああ、すまない…。それが真実であれ、どうあれ…お前は喋らないから反論しようがなかったな」

シャニ「まあいいさ、それで。俺はお前が喋らない理由など、どうでもいいからな」

ヨダカ「〜っ…」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 ばーか、ばーか、ばーか!
 2 俺は本物の18だ! お前みたいな、劣等な人間とは成長の仕方から違ってんだよ! 魔族なめんな、ぶわぁーか! 死ねカス!
 3 その他、自由台詞

822 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:42:34.64 ID:BKzfGZzdo
2
823 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:42:39.54 ID:wSbjLlcOo
824 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 21:45:46.16 ID:vI618e8pO

ヨダカ「俺は本物の18だ! お前みたいな、劣等な人間とは成長の仕方から違ってんだよ! 魔族なめんな、ぶわぁーか! 死ねカス!」

シャニ「はあ? 魔族? 世迷い言を…」

シャニ「小さな嘘を貫くためだとしても、デカすぎる嘘だな」

ヨダカ「嘘じゃねえよ!」

シャニ「お前の言葉など信じられるか」

ヨダカ「〜っ…」

シャニ(……………うん?)

シャニ(いや、待て…だが…魔族…だとしたら…)

シャニ(この容姿で、あの戦闘能力も…存外、納得しうるような…?)

シャニ(………うん?)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 シャニ「魔族だと!?」ジャキッ ヨダカ「やんのか、こら!」
 4〜6 シャニ「…………魔族…だと…?」
 7〜) シャニ「…………………………………まさか、な…」

825 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:46:41.43 ID:wSbjLlcOo
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:48:50.95 ID:61RqMPFXO
なんでこういう時に4〜6出ないんすか
827 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 21:52:05.80 ID:vI618e8pO

シャニ「魔族だと!?」ジャキッ

ヨダカ「やんのか、こら!」

シャニ「っ…何故、魔族が地上に…!」

ヨダカ「知るか!」

シャニ「知っていろ!」

ヨダカ「人間なんかが知らなくていい!」

シャニ「っ…」

シャニ(魔族…魔族、か――)

シャニ(だが…そうだ、呪いがあった…決着はつけられんし…処刑することだってできない…!?)

ヨダカ「…」ガルルル

シャニ「呪いに、助けられたと思え…」シャキ

ヨダカ(やんねーのか…?)

シャニ(一体、どうすればいいんだ…?)

シャニ(魔族をともなって首都に戻るなど…とても…)

ヨダカ(何考えてるんだ、こいつ…?)

シャニ(くっ…! 呪い、呪い、か――。確かに、こんなの…呪いだな…)

シャニ「…………分かった…」

シャニ「では…こうしよう…」

ヨダカ「…?」

シャニ「魔族をやめるというのは、どうだ?」

ヨダカ「できるか!」

シャニ「やはりか…。だったら、魔族というのは俺以外に公言をするな、絶対だ。約束しろ」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 じゃあ、お前、俺の奴隷な
 2 なんで?
 3 いいよ
 4 その他、自由台詞

828 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:53:16.83 ID:wSbjLlcOo
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/06/17(水) 21:53:48.26 ID:nxXe8lTD0
1
830 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 21:55:54.87 ID:vI618e8pO

ヨダカ「なんで?」

シャニ「色々とマズいことになる…主に俺の立場が」

ヨダカ(立場…?)

ヨダカ(ふぅーん…?)

ヨダカ「……じゃあ――」

シャニ「ほら、甘い砂糖菓子をやる」スッ

ヨダカ「は?」

シャニ「いいから舐めてみろ」

ヨダカ「…」パクッ

ヨダカ(うまっ、甘っ!? 何これっ!?)

シャニ「もっとやるぞ…? 黙っていてくれさえすれば…手に入ったら、全部お前にやる…」

シャニ(頼む…釣られろっ…!)

ヨダカ(もっと、だと…!?)

シャニ(いやでも、こいつ18歳とか言ってたな…。さすがに――)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 約束した
 4〜6 調子に乗ったヨダカだったけど失敗した
 7〜9 さらに条件をつけようとしたヨダカ



――――――

 きりわるいけど、ここまでっす
 ありがとうございました

 余裕あったら…本日2度目の更新あるかも?

831 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:56:44.80 ID:j2aZEnDeo
l、
832 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:57:44.67 ID:vKsjPnOjo
はい追加判定
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 21:59:00.29 ID:muEwA7aUO
今日何度目の0だよ
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 22:03:32.35 ID:61RqMPFXO
ここは無難に約束していいんやで…
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 22:04:07.40 ID:5qRNfcIjo
判定24回中9回が0か
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 22:12:18.53 ID:nxXe8lTD0
3割7分5厘か、かなりの好打者だな
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 22:22:00.79 ID:qFv5CqVb0
魔族の平均寿命とスピカ編から時間どんくらい経ってるか教えてみんなの王子ー
838 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 22:38:31.97 ID:tgwbtfmi0

王子「やっほー」

王子「さて、終わりだというところでね、0が出ちゃうとかね…」

王子「しかも? 3.75? 首位打者間違いなしだね!」

 >>837

王子「はいはいはい、えーと…」

王子「まずは寿命は…そうだなあ…」

王子「難しいところなんだよね。種族差と、個体差がありまくる感じ…」

王子「しかもね、本来の寿命があっても、それをまっとうすることなく死んじゃうのが魔族はほとんどだから…」

王子「…そういうバラつきが色々とあって一概には言えないけど…平均すると、そうだなー…」

王子「強いヤツは、300年以上。ふつーのは200年くらい。弱いのは人間並み?」

王子「ムリせずに長生きするケースだと…ま、人間の10倍くらい…? 大体、ね? すごいのはもっともっといくから」

王子「だから、800歳くらいで、この腰抜けがっ! って魔族の間だと長生きしすぎて罵られる長老クラス」

王子「逆に、それを超えてて現役バリバリで殺し合いしてる魔族はすごぉーく強いです」

王子「あと、スピカ編が始まってから、どれくらいってことだけど…スピカ編が始まって、終わるまでで…大体、4ヶ月です」

王子「で、ヨダカ編が、その後どれくらいでスタートしてるかって言うと…割とすぐ、くらい。1年は経ってないくらい、かな?」

王子「何でこんなにぼやかすかって言うとね? ちゃんとよく考えてないからです!」

王子「オーケー? オーケーにしといてね!」

王子「はい、じゃあ…続き、やるよー!」



 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 シャニの立場につけこんで、ヨダカはあるひとつの希望を抱いた!
 奇数 ヨダカは甘い食べものに心を奪われてしまった! (約束した)
 ※0は偶数扱いです

839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 22:42:26.73 ID:wSbjLlcOo
840 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 22:48:58.25 ID:tgwbtfmi0

ヨダカ(甘い、うまい、甘い、うまい、甘い、うまいっ…!)

ヨダカ「や、約束してやるっ!」キラキラキラ

ヨダカ「その代わり、これっ…こういうの、たくさんちゃんと寄越せっ!」

シャニ(うまくいってしまった…!?)

シャニ「…ちゃんと俺と会話をするか?」

ヨダカ「…」ガルルル

シャニ「じゃあ、やれんな」

ヨダカ「そんなっ…!? ぐ、ぬぬ…約束は…守れよ…」

シャニ「いいだろう」

ヨダカ「っ…」ガルルル

シャニ「不満があるなら口にしろ」

ヨダカ「人間のくせに上から目線で喋りかけるな」

シャニ(そんな意味で威嚇してたのか…)

シャニ「…まあいい…」

シャニ(とは言え…不安が消えるわけではない…)

シャニ(あとは、これがちゃんと正体を隠し…いや…そもそもだ…)

シャニ「お前、名前は何て言うんだ?」

ヨダカ「…」ジロッ

シャニ「…」ジロッ

ヨダカ「…」ビクッ

シャニ「甘いもの」ボソ

ヨダカ「…ヨダカ…」

シャニ「ヨダカか、分かった」

シャニ(扱いやすいな…)

ヨダカ(クソ、クソ、クソっ!)


 【安価下1】
 1 そんなこんなで…町についた
   A 雪山の町
   B 雪原の町
   C 雪景の町
 2 みちはつづくよ、どこまでも…

841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 22:50:59.79 ID:muEwA7aUO
1c
842 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 22:55:09.21 ID:tgwbtfmi0

 ――バイス王国・雪景の町――

シャニ「ふぅ…ここまで来れば…もう一息だな」

シャニ「宿にでも泊まって、明日に発つとしよう」

ヨダカ「…」

シャニ「それでいいな? 無言は肯定とみなす」

ヨダカ「…」フイッ

シャニ「…まったく…」

シャニ「これでは…甘いものの補給を忘れそうだな」ボソ

ヨダカ「甘いものっ…!?」

シャニ「うん?」

ヨダカ「………ここに泊まるのでいい」

シャニ「…ちゃんと買っておく」

ヨダカ「…」グッ

シャニ「やれやれ…」


 【安価下1】
 1 宿で大人しく…
   A する
   B はずないじゃーん!? 悪戯しまくりだぜぃ!
 2 町をぶらぶらする
 3 コミュ
 4 その他、自由行動

843 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 22:56:09.46 ID:BKzfGZzdo
1B
844 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 23:00:36.93 ID:tgwbtfmi0

シャニ「買い出しに行ってくる。くるか?」

ヨダカ「行かない」フイッ

シャニ「…大人しくしていろよ」

 バタムッ…

ヨダカ(するはず、ねええええええっ!)

 ガバッ

ヨダカ(何してやろうか…げへへへ…)

ヨダカ(とーりーあーえーずー…………あいつの荷物から甘いのを探すっ!)

 ゴソゴソ
 ゴソゴソゴソ

ヨダカ「……ない…」ガ---ン

ヨダカ「シット!」

ヨダカ「まあいいや…」

 ゴッチャリ ←甘いの探すために荒らして、そのままのシャニの荷物

ヨダカ「…そうだ。あいつが帰ってきて、足を一歩踏み入れた瞬間に…ずぼっていくように落とし穴作ろう」

 ガンッ
 ベリベリィッ

ヨダカ「よし…マットで隠して…」

 ズルズル
 ペタンッ

ヨダカ「完璧っ!」

ヨダカ「あと…悪戯…」


 【安価下1】
 1 シャニのベッドにたくさん虫を放り込んでおこう
 2 窓を開け放って、風で外の冷気を盛大に取り入れて部屋を超冷たくしておこう
 3 その他、どんな悪戯!?

845 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:01:01.08 ID:Oq5CSQr2o
1
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:04:47.88 ID:nxXe8lTD0
>>838
3.75じゃなくて0.375やで王子
安価鳴らした
847 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 23:07:17.10 ID:tgwbtfmi0

ヨダカ「………古典的だけど…」

ヨダカ「虫責めでいいや」

ヨダカ「虫〜虫〜♪ 虫はーどーこだー?」

ヨダカ「………こういう、ボロい壁の内側には…」

 ベリィッ
 ウジャウジャ…

ヨダカ「いるいるぅ〜!」

ヨダカ「よーし!」

 ポイッ
 ポイッ
 ポイッ
 ポイッ
 ポイッ
 ポイッ
 ポイッ
 ポイッ
 ポイッ

ベッド『ウジャウジャウジャウジャウジャ』

ヨダカ「完璧っ! 布団かけてー」

 パサッ

ヨダカ「見物だぜ…」ニタリ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 キレられて甘いものを目の前で暖炉に放り込まれた
 4〜6 半狂乱になったシャニ。もしかして、虫嫌い? 発狂してシャニが剣を抜いて…宿が…そして何故か連帯責任にされた(白目
 7〜9 ベッドを交換させられた。わめき散らしたけどムダだった…
  0  成功しちゃった☆テヘペロ

848 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:07:52.99 ID:j2aZEnDeo
849 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:08:01.87 ID:X+Yolug0o
850 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 23:12:20.97 ID:tgwbtfmi0

 ガチャ

シャニ「ふぅ――って、何だこの、有様は…?」

ヨダカ「…」フイッ

シャニ「っ…オヤツ抜きでいいのか? 甘いの、あるんだぞ?」

ヨダカ「え、ひっ…卑怯者っ!」

シャニ「こんなつまらない悪戯をするなんて…信じられん…」

 ポフッ

ヨダカ(ベッドに座った! これで虫潰れたはず! ざまーみろ!)

シャニ「…何だ、その顔?」

ヨダカ「…別に」フイッ

シャニ「…」パサッ

ベッドの虫達『ハーイ、シャニ?』

シャニ「」ゾワッ

 スタスタ
 ポフッ

ヨダカ「それ俺のベッド!」

シャニ「どっちのベッドを使ってもいいだろう。俺はこっちの窓際の方がいいんだ」

ヨダカ「やだ」

シャニ「じゃあ、甘いのやらん」

ヨダカ「そんなっ…!? この冷血漢がっ!」

シャニ「どうとでも言え」


 【安価下1】
 1 コミュ
 2 外をぶらつく
 3 床で寝た
 4 その他、自由行動

851 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:13:10.74 ID:BKzfGZzdo
2
852 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 23:16:48.81 ID:tgwbtfmi0

 トボトボ…

ヨダカ「1個だけとか…」グスン

ヨダカ「…」パクッ

ヨダカ(あまくてうまい…)ウットリ

 フラフラ

ヨダカ(こんなすごいのが…地上にあったなんて…)

ヨダカ(ああ…甘い…甘くて甘くて…このまま死にたい…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 見るからに怪しそうなあんちゃんに声をかけられた
 4〜6 マッチ買ってくれませんか、って(外見は)同じくらいの子に涙目で声をかけられた
 7〜9 なんだろう、人が集まってる。……みせものごや…?

853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:17:32.51 ID:j2aZEnDeo
854 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 23:24:52.13 ID:tgwbtfmi0

*「…ねえ、ぼく?」

ヨダカ「…?」チラッ

ヨダカ(何だこいつ…?)

*「…ぼくさあ、お金…ほしくない?」

ヨダカ「…」ジィッ

*「お金があれば何でも買えるよ? ねえ、ほしくない?」

ヨダカ(何でも…?)

ヨダカ「………甘いの…も…?」

*「は? ああ…あー…うんうん、買えるよ。どうどう、ちょっと働くだけでいいんだけど」

*「お金…ほしいでしょ?」

ヨダカ「…よこせ」

*「じゃあ、ちょっとこっち来て」

ヨダカ「…」

 スタスタ…


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 あめちゃんと言われて劇毒を飲まされた
     1 魔族にも有効で、そのまま気を失った
     2 魔族にも有効で、急にくらりときた
     3 けろっとしてるヨダカに驚きつつ、いっぱい劇毒を飲まされたけど甘いからいくらでもヨダカは飲んだ。でも効かない
 4〜6 気づいたら狭い檻の中に…
 7〜9 ちょっと待っててね、って馬車に乗せられた。待ってたら…

855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:25:43.33 ID:wSbjLlcOo
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:27:03.47 ID:EPJVcPLso
333
857 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 23:32:19.28 ID:tgwbtfmi0

*「あー…これね、あめちゃん。あげるよ」

ヨダカ(甘いヤツ…!)

 パクッ

*(よし…これであとは――)

ヨダカ「モゴモゴ」

*(…あれ?)

ヨダカ「〜♪」

*(……っかしいな…)

*「……もっと、いるか…?」

ヨダカ「…!?」コクコク

*「ほ、ほら…」

 パクッ
 モゴモゴ

ヨダカ(あっめぇ〜っ!)

ヨダカ「〜♪」ルンルン

*(何で…何でだよっ!?)

ヨダカ(まさか…人間はすぐ、誰かに甘いものをやる文化でもあるのか…?)

ヨダカ(人間って…もしかして、弱っちいだけのヤツじゃなかったり…?)

*「も…もっともっと、飲もうか…。ああほら、バリバリ噛み砕いてさあ…」

*「そしたら、次のあげるから…」

 バリバリ
 ゴクンッ

ヨダカ「…」キリッ

*(何で…何でこのガキ…毒が効かないんだよぉっ…!?)

<ガチャッ

<おい、大変だ! 嗅ぎつけられたぞっ!

*「何っ…!? こうしちゃいられねえっ…!」

ヨダカ(何だ…? もうくれないのか…?)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 甘いのよこせ!って怪しいあんちゃん達についてっちゃった
 4〜6 取り残された。…まあいっか
 7〜9 何かが突撃してきて、何か気づいたら保護されて、シャニが何故か現れて、何故か誉められた。一体、何が…?

858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:33:43.66 ID:muEwA7aUO
859 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 23:35:56.29 ID:tgwbtfmi0

 バタバタ
 ドタドタ

 ダダダッ

 バンッ…

 シ------ン

ヨダカ「…何だったんだ…?」モゴモゴ

ヨダカ「でも、甘いのいっぱいもらえたし、いいか」

ヨダカ「帰ろうっと…」

 スタスタ


 【安価下1】
 1 まっすぐ帰った
 2 ふと、他にも甘いのないんか?って気になって探し始めた
 3 より道する
   ※寄りたいとことか、希望があったら書いておクレメンス

860 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:37:06.32 ID:EPJVcPLso
甘い匂いに誘われてお菓子屋に
861 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 23:41:39.91 ID:tgwbtfmi0

ヨダカ「…」クンクン

ヨダカ「…この、臭い…」

 フラフラ

ヨダカ「…」クンクン

ヨダカ「…」クンクン

 ベタァッ ←菓子屋のガラスに張りついた

菓子屋「…ん?」チラッ

<◎∀◎> ←ヨダカ

菓子屋「ぎゃあああああああ―――――――――――――――――――っ!!」

 ・
 ・
 ・

菓子屋「ご、ごめんよ…つい…」

ヨダカ「…」モゴモゴ ←驚いたお詫びにってもらったあめちゃん舐めてる

菓子屋「で…何か、買いにきたのかな…?」

ヨダカ「…」モゴモゴ

ヨダカ(金ないし…)


 【安価下1】
 1 欲しいものは腕ずく。奪われたやつは、奪われるくらい弱かったのが悪いのだ(魔族並感
 2 甘い香りをたくさん胸に吸い込んで、宿に帰った
 3 泊まってる宿屋を教えて、シャニの名前と身分も出して、ツケでたくさん買った
 4 その他、どうする?

862 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:42:40.17 ID:BKzfGZzdo
3
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:42:48.45 ID:j2aZEnDeo
2
864 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 23:47:08.10 ID:tgwbtfmi0

ヨダカ(うっはうは! 初めて、あいつが役立った!)ホクホク

菓子屋(大丈夫なのか…?)

ヨダカ「♪」

 カランッ
 バタムッ…

ヨダカ(こんなに、両腕にいっぱい山みたいに抱えるくらい買えた…)

ヨダカ(宿でぜーんぶ食べようっと♪)

 ウキウキ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 当然のように、シャニは容認せず、全て返品という憂き目に遭った
 4〜6 抱えすぎたお菓子のせいで前が見えなくて人にぶつかった
     4 (見た目は)同じくらいの子
     5 (見た目は)少し年上くらいの子
     6 (実年齢と)同じくらいの人間
 7〜9 シャニに取り上げられないように、宿屋の食堂でむさぼり食った。その後で発覚してキレられたけどお腹の中だもーん。叱られた

865 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:47:43.66 ID:w9eg9vvJ0
a
866 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 23:51:26.32 ID:tgwbtfmi0

 ドンッ
 バサァッ

ヨダカ「あっ…!」

ヨダカ「俺の甘いのがっ…!」

 ガサガサ


 【安価下1】
 新キャラだよ!
 名前+性別おなしゃす

 【採用安価のコンマ判定】
 1〜3 いや〜な感じのヤツ…
 4〜6 常識人の旅人
 7〜9 無類のかわいいもの好きで、ヨダカの容姿がドストレートだったらしい

867 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:53:40.60 ID:Oq5CSQr2o
レイド 男
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:55:48.74 ID:nxXe8lTD0
安定のゼロ打率が素晴らしい
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/17(水) 23:56:56.31 ID:mCpN67doo
7-9で男だったらやばかった
870 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/17(水) 23:59:50.72 ID:tgwbtfmi0

 多いね…
 うーんと、うーんと…

 安価にしちゃう!

 【0】
 【安価下1】
 1 いやーな感じのやつ
 2 常識人の旅人
 3 無類のかわいいもの好き
 4 採用安価で、コンマ判定へ
   偶数 暗夜王国の騎士…?
   奇数 ベテルギウスの仲間だよ…

871 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 00:00:31.53 ID:hkgvbYQBo
872 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 00:02:27.43 ID:4UHfZ+W00

ヨダカ「クッソ…」

 スッ

ヨダカ「…?」

レイド「…ほら」グイッ

ヨダカ「…」

レイド「…」ヒョイヒョイ

レイド「…そんなに抱えたら、前が見えないだろ」

レイド「…分けて持ってやる。どこまで行くんだ?」

ヨダカ(何だ、こいつ…?)


 【安価下1】
 1 ツバ吐いてひとりで抱えて帰る
 2 全部持たせて宿まで帰る
 3 半分ずつ持って宿へ帰る

873 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 00:07:02.83 ID:1OI7WAszo
1
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 00:07:09.95 ID:Ff5aJidJ0
3
875 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 00:12:14.81 ID:4UHfZ+W00

レイド「…どうした?」

ヨダカ「…」ペッ

レイド「!?」ズキュゥゥゥゥンッ

ヨダカ「…」スタスタ

ヨダカ(馴れ馴れしくするなっ…!)

レイド「…」ドキドキ

レイド(すごい…ポテンシャルだっ…!)



 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持品:柄付きブーメラン 金塊

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…? しょたkおやだれかきたようだ


―――――

 今夜はここまでです
 ありがとうございました

 あと、王子くんから>>846に伝言です
 曰く、「ちょ、ちょっと小数点の位置間違えただけで分かってるし…?」だそうです。許してあげてください

876 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 00:13:08.05 ID:RaTBWlkYo
危ない人に目を付けられちゃったな
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 00:15:49.57 ID:hkgvbYQBo
レイドはヨダカが同い年ぐらいとわかったらますますヤバそう
878 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 00:54:25.32 ID:BHrOpAJSO
女だったらショタコンヒロインは王道なのに
879 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 01:36:09.01 ID:HymqtQFr0
マッチの娘に会いたかった…(幸薄好き感)
880 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 01:43:35.02 ID:YBVX9vMFo
同行者になりそうな安価で女性が指名されたことは一度としてない・・・この意味がわかるな?
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 02:05:50.51 ID:BHrOpAJSO
正直ホモとか苦手だし展開に不要だから、仲間になるにしても節度あるショタコンにしてほしい
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 02:16:27.94 ID:NUJVc7k/o
http://i.imgur.com/elf5oMY.jpg
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 08:27:18.98 ID:kBdiDgVwO
コンマ神は今日と標準運転ですね(白目)

ヨダカはゼロの申し子か……というか、このスレになってからよく出まくるな0……
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 17:50:47.01 ID:lcaHpEIr0
0の申し子…低精神値…4人目の主人公…うっ頭が
885 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 18:15:58.98 ID:AjFKE2G9O

王子「むさ苦しい…」

王子「何でこう…野郎ばっかりかな…? 女の子出ろよ…」

王子「しかもね、ヨダカもシャニもレイドも、同い年ですよ…」

王子「もっとこう…多様性みたいなものがさ? あった方がきっといいと思うんだ、俺は」

王子「…ま、いいんだけど」

王子「でも…ムサいよね! 早く、女の子の同行者ができるといいね!」

王子「そんなわけで、今日も元気にいってみよう! 更新スタートです!」


 【安価下1】
 シャニ「おい、その菓子はどうした?」
 1 もらったことにしておく
 2 選ぶってどんな手段で手に入れたか、説いてやる
 3 その他、どーしておく?


886 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 18:16:35.44 ID:lQkpklI9o
887 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 18:20:48.19 ID:AjFKE2G9O

シャニ「おい、その菓子はどうした?」

 ゴッチャリ

ヨダカ「…」モゴモゴ

シャニ「…答えろ」

ヨダカ「じゃあ、頭の粗末なお前に教えてやる」

シャニ「…」

ヨダカ「ツケだ!」

シャニ「ツケ…?」

ヨダカ「お前は立場があるんだろ? ついでに兵士だ」

ヨダカ「だったら、お前の名前と、身分と、現在地を明かせば自然とツケにして欲しいものを思うままに手に入れられる!」

ヨダカ「この完璧すぎる作戦に恐れをなしたら、さっさとこの包装を剥がしておけ!」ポイッ

 ペシッ

シャニ「…お前というやつは…」

ヨダカ「恐れいったか! ひれ伏せ」ビシッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 当然のように没収されちゃって、しかもゲンコツ落とされた
 4〜6 当然のように没収されて、シャニが残ってる分を返品しに行っちゃった
 7〜9 何やらメモを取り始めた…。一体、何だ…?

888 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 18:21:29.83 ID:PNXL8vVAO
てい
889 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 18:24:34.81 ID:AjFKE2G9O

ヨダカ「…? おい」

シャニ「ふんぬっ!」

 ガツンッ

ヨダカ「痛って…!?」

シャニ「ったく…ロクなことをしないな、お前は…。没収だ」

ヨダカ「!?」

シャニ「ふんっ…」

ヨダカ「待て!」

シャニ「小・土槍魔法!」

 ズドドッ

ヨダカ「うおっ…!?」

シャニ「それは、檻だ。そこから出てきてみろ…。お前の目の前で、俺が菓子を全てむさぼり食ってやる」

ヨダカ「」

シャニ「反省して今日はもう寝ることだな」


 【安価下1】
 1 懲りないヨダカ
 2 枕が涙で濡れた


890 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 18:28:44.56 ID:DZbmDDR/O
891 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 18:32:28.49 ID:AjFKE2G9O

シャニ「さて…出発するとしよう」

シャニ「…今日の分だ」

 ポイッ
 パシッ

ヨダカ「ひとつだけ…」ボソ

シャニ「別になしでも良かったんだ、昨日、あれだけ食っていたんだからな」

ヨダカ「…」ペッ

シャニ「ふんっ」

シャニ「さ、出発するぞ」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 街道へ出て少しして…何やら奇妙な気配が
 4〜6 町の出口に仁王立ちしている男が…ただならぬ気配
 7〜9 甘い香りに誘われてふらりと道を逸れたら、レイドがいて甘いのを差し出してきた

892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 18:33:44.64 ID:DZbmDDR/O
女人
893 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 18:38:15.44 ID:AjFKE2G9O

シャニ「…?」

ヨダカ(あれって…昨日の馴れ馴れしいやつ…)

レイド「…」ジロッ

シャニ「…」スタスタ

 ガシッ

シャニ「…何だ?」

レイド「その少年は、お前の連れか?」

シャニ「そうだ」

ヨダカ「…」

レイド「…そうか。だったら、話が早い」

シャニ(こいつ…なかなか、やりそうな気配だな…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 レイド「この帽子をかぶせてやれ。その方がかわい――寒くない」シャニ「は?」
 4〜6 レイド「大量に菓子を買いすぎてしまった。他意は何一つないが、これをその子にやってくれ」ゴッチャリ
 7〜9 レイド「親権を俺にくれ」シャニ「逮捕しよう」レイド「逮捕されるのはそちらだ。俺は見ていたぞ、虐待の瞬間を!」

894 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 18:41:47.92 ID:hkgvbYQBo
895 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 18:46:11.11 ID:AjFKE2G9O

レイド「この帽子をかぶせてやれ。その方がかわい――寒くない」

シャニ「は?」

レイド「確かに渡した」つ帽子

 スタスタ…

ヨダカ「…?」

シャニ「…ほら」

ヨダカ「…」カポッ

シャニ「…というか、お前は寒がるのか?」

ヨダカ「別に」

シャニ「…だろうと思っていた」



 【安価下1】
 さて…そろそろ、豪雪地帯を抜けるんだけど…
 1 山の中を通過する洞窟を通らなきゃならない
 2 ものっそい広い森の中を通らないとならない
 3 山越えになるぜ…


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持品:柄付きブーメラン 金塊

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…?

896 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 18:46:53.47 ID:hkgvbYQBo
897 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 18:50:28.50 ID:AjFKE2G9O

 ――バイス王国・山間の街道――

シャニ「山を越えたら、雪ともおさらばだ…」

ヨダカ「…」

シャニ「いくつ越えるか、教えておいてやろうか?」

ヨダカ「別に」

シャニ「そう言うな。3つだ」

ヨダカ「…飛べよ…」

シャニ「飛べるか。俺は魔族じゃない」

シャニ「それともお前が、谷底へ俺を運んだ時みたいに飛ばしてくれるか?」

ヨダカ「何でお前のために」

シャニ「だろうな…。だったら、歩くペースを早くしてくれ」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 罠にひっかかった
 4〜6 何故か罠が仕掛けられてる…
 7〜9 ぽつりと建つ山小屋を発見した

898 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 18:53:26.78 ID:hkgvbYQBo
899 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 18:58:21.24 ID:DZbmDDR/O
ヒロイン!
900 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 18:58:51.42 ID:AjFKE2G9O

シャニ「…小屋…?」

ヨダカ「…」

シャニ「…野菜を干しているのを見る限り、誰かいるのか…」

ヨダカ「…」

シャニ(そろそろ日も暮れる…。野宿をするよりかは、交渉をするだけして、あそこに一晩泊めてもらうのが得策だと思うが…)

シャニ(気の好い人間が住んでいればいいな…)

シャニ「…頼むから、お前は自分のことをぺらぺら喋らないでくれよ?」

ヨダカ「人間なんかと口利くか」

シャニ「…あと、態度の悪いこともするな」

ヨダカ「…」

シャニ「…頼むからな?」

 コンコン

シャニ「すまない、誰かいるだろうか」

 コンコンコン
 ガチャッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 いきなり襲われたぜ
 4〜6 ぼっさぼさの髪の毛の、くたびれた感じの女が出てきた
 7〜9 小刻みに震えながら戸口をうかがう、小さいおめめがふたつ

901 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:01:27.58 ID:DZbmDDR/O
個人的には4〜6狙い
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:02:03.55 ID:UwLHZ9dNO
男2人旅も楽しいけどなぁ
話進みにくいし仕方ないか
903 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 19:05:27.26 ID:XPTE/eptO

少女「…」

シャニ「…」

ヨダカ「チビか…」

シャニ(お前は言えないだろう…)

シャニ「あー…怪しい者ではない。バイス王国軍の者で、シャニと言う」

シャニ「そろそろ、この辺りで野宿でもしようかと考えていたら、こんな立派な――」

少女「…ほったてごや…」

シャニ「………そう、立派な、掘建て小屋があったから…まあ、屋根があるし――じゃあない、いや…こんな立派な小屋があったものだから」

シャニ「一晩だけ、泊めてもらえればと思ってな…。親御さんはいるのか?」

少女「…いない」

シャニ「…そう、か…。大したものはないが、礼はさせてもらう。どうだろうか?」

少女「…」

 キィィィ

シャニ「ありがとう。こっちはヨダカだ」

ヨダカ「…」ジトォッ

少女「わたし、【安価下1】」


 【安価下1】
 女の子のお名前+年齢おなしゃす

904 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:05:52.76 ID:hkgvbYQBo
トロ・イトカワ
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:06:10.61 ID:RaTBWlkYo
マドレーヌ
906 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:06:40.75 ID:bYK2WaUiO
フランソワ 12
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:07:50.43 ID:RaTBWlkYo
年齢かきそびれちゃった
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:09:20.14 ID:hkgvbYQBo
名前だけ書いて書き込んでしまう悪い癖が治ってほしいわ
909 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 19:11:32.94 ID:XPTE/eptO

フランソワ「わたし、フランソワ」

シャニ「そうか。一晩、よろしく頼む。力仕事とか、何か手伝えることがあれば何でも言ってくれ」

フランソワ「…うん。どうぞ」

ヨダカ「…」スタスタ

ヨダカ「………ぼろっ…」ボソ

 ガツンッ

シャニ「ゴホンッ…何か、言ったか?」

ヨダカ「…」

フランソワ「…」

シャニ「まったく…。ほら」つ飴

ヨダカ「甘いのっ!」パクッ

シャニ「…フランソワ、キミにも。ほら」

フランソワ「……ありがとう」

ヨダカ「何でそっちの方が多いんだ」

シャニ「ひとつで充分だ、お前は」

フランソワ「………いる?」

 スッ
 パシッ

ヨダカ「あま、うまっ…!」モゴモゴ

シャニ「…こいつは、あまり気にかけなくていい。つけあがるだけなんだ」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 夜中…何やら、ひそひそ声がしてヨダカは目を覚ました
 4〜6 食事中
 7〜9 夜中、奇妙な気配がしてヨダカは目を覚ました

910 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:14:26.62 ID:Ff5aJidJ0
zzz
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:14:50.04 ID:PNXL8vVAO
ほい
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:17:08.46 ID:DZbmDDR/O
うーむ
913 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 19:18:28.86 ID:XPTE/eptO

ヨダカ(んぅ…?)パチッ

<あれは何だ?

<その…旅の人…で…王国の兵隊…さん…

<王国軍だと? …食事に、ちゃんと薬を混ぜたんだな?

<混ぜました…

<…なら、始末するのもたやすい…。見たくなければ外に出ていろ

<で、でも…

<俺に、逆らうつもりか?

<はい…

ヨダカ(くすり…? しまつ…?)

ヨダカ(まあいいや…)ムニャ

 ゴソゴソ…
 スラァンッ…

ヨダカ「痛った!? 呪い…!?」バッ

悪漢「何っ…!? 薬で起きるはずが…!」


 【安価下1】
 1 風刃で首をはねとばしにかかる
 2 風縛で押さえつけて、ひたすらボコって懲らしめる
 3 その他、どうする?

914 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:20:23.76 ID:DZbmDDR/O
915 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 19:24:09.74 ID:XPTE/eptO

ヨダカ「風縛!」

 ビュォォォォォォォォッ

悪漢「なっ…ぐっ…!?」

フランソワ「え…?」

ヨダカ「この野郎!」

 ドゴッ

悪漢「ぐおっ…!?」

ヨダカ「折角、いい感じに、寝て、たのにっ!」

 ドゴッ
 バキッ
 ゴスッ
 ガンッ

ヨダカ「邪魔しやがってっ!」

 ズドォォッ

悪漢「ぐ、ふ…が…」ドサッ

ヨダカ「…もう失神…? ざこっ…」

フランソワ「あ…ぁ…」

ヨダカ「ん…?」チラッ

フランソワ「ごめんなさい…ごめんなさい、ごめんなさい…」ガタガタ


 【安価下1】
 1 放っておいて寝た
 2 じっと睨み続ける
 3 その他、どうする?

916 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:24:53.96 ID:RaTBWlkYo
1
917 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 19:27:37.80 ID:XPTE/eptO

ヨダカ「…」プイッ

 ポフッ

ヨダカ「Zzz」

悪漢「」

フランソワ「……ぇ…ぁ…」

フランソワ「…」

フランソワ「…?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 シャニが起きないし、起きたらフランソワがいないし…悪漢もいない
 4〜6 フランソワだけがいなくなってた。シャニは普通に起きた
 7〜9 フランソワがヨダカとシャニに謝る。朝っぱらから…

918 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:28:20.26 ID:DZbmDDR/O
919 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 19:32:43.43 ID:XPTE/eptO

ヨダカ「ん…」パチッ

ヨダカ「……寝よ」

 ガシッ

シャニ「起きろ。起きて、何か知っているなら教えろ」

ヨダカ「何かって…?」グシグシ

悪漢「」

シャニ「そこの見知らぬ男と、消えたフランソワについてだ」

ヨダカ「……呪いで夜に起きて…そいつがお前を殺そうとしてたからぼこった」

シャニ「何…? フランソワについては?」

ヨダカ「そいつと何か喋ってた…」

シャニ「……どういうことだ…? ……ふむ、生きてはいるようだな…」

ヨダカ「…」ポフッ

ヨダカ「Zzz」

シャニ「…おい、お前、起きろ」

悪漢「」

シャニ「…仕方ない…尋問の用意だけ済ませるか…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 荒っぽいシャニの尋問。悲鳴でヨダカは起こされた
 4〜6 フランソワを探すのを手伝えって起こされた
 7〜9 尋問に屈して悪漢が悪時を吐いた。同時にフランソワが…?

920 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:36:41.98 ID:Ff5aJidJ0
921 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 19:46:42.86 ID:YZ/zQzGEO

シャニ「吐け。吐かねば、次は、その黄色い前歯が抜き取られるぞ?」

悪漢「ひっ…」

シャニ「ぶちぶちと、歯の根っこがお前の口から離れていくことになる」カチッ

シャニ「俺はあんまり、こういうのは得意じゃないから口の中に穴もあくかも知れない」グッ

悪漢「は、吐ふっ…!」

シャニ「…よし、言え。ただし、ごまかそうとしたり、嘘だと俺が思えるようなら、お前の耳たぶが二股になるぞ」

悪漢「し、しのぎのひとつだ…! ここにゃ旅人がよく立ち寄るから、フランソワに世話させて、睡眠薬を飲ませて、身ぐるみ剥いで…」

悪漢「女なら打って、男なら殺して…ガキもまあ、利用価値はあるから連れてく…。そうして…」

シャニ「なるほど…。それで、俺にも盛ったということか…。フランソワはお前らの仲間なのか?」

悪漢「利用してるだけだ…。身よりもねえから…ここで暮らさせてやって…その代わりに、手伝わせて…」

シャニ「あんな少女を利用するとは、腐ったやり方だな。嘘の方がマシだ。お前のベロを二股に切り裂いて…」

悪漢「やだ、やめろっ…やまえてくれぇっ…!」

 ガチャッ

シャニ「っ…フランソワ…?」

フランソワ「ご…ごめんなさい…」

シャニ「……事情はこいつから聞いた。いいように利用されていたそうだな。…だが、どこにいっていた?」

フランソワ「怖くなって…逃げて…たら…この人に…」チラッ

シャニ「この人…? 誰もいないようだが…」

フランソワ「え…? あ、あれ…? いたのに…」

シャニ「……キミは…薬を盛っただけか…?」

フランソワ「はい…」

シャニ「本当か?」チャキッ

悪漢「ほ、本当だっ…!」ビクッ

シャニ(このまま、フランソワを連れてどこかに預ければ彼女はもう、こんな悪事に手を染めずに済むようになる…)

シャニ(だが…こいつらは、親玉でも捕えない限りは同じことを続けそうなものだな…。放っておくわけにも…)

ヨダカ「ふわぁぁぁ…よく寝れた…」ムクッ

シャニ「…ヨダカ」

ヨダカ「…あ?」

シャニ「【安価下1】」

 1 …さっさと荷物をまとめろ。出発だ
 2 少々、寄り道をする。拒否権はないから、黙ってついてこい
 3 俺が戻ってくるまで、この小屋でフランソワと一緒にいろ。何かあれば、彼女を守ってやれ

922 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:47:28.51 ID:hkgvbYQBo
923 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 19:48:09.96 ID:Ff5aJidJ0
2
924 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 19:55:24.46 ID:YZ/zQzGEO

シャニ「…さっさと荷物をまとめろ。出発だ」

ヨダカ「…」

フランソワ「あの…わたしは…?」

シャニ「…一緒に来るんだ。…せめて、安全なところまで送り届ける」

シャニ「キミがこれまでしてきたことは…後日、改めて事情を聴かれることになる」

シャニ「だが、不安がる必要はない。キミが喋ってくれれば、こんな事件を起こしたヤツらは芋づる式に釣り上げられて裁きを受けるだけだ」

シャニ「キミに報復する者なんて、全部しょっぴかれるからいなくなる。いいね?」

フランソワ「…はい…」

ヨダカ「行くんだろ、さっさとしろよ」スタスタ

シャニ「…フランソワ、キミも支度を」

悪漢「お、おいっ…!」

シャニ「お前は、そこで縛られていろ。餓死する前に人を寄越してやる。そうしたら、牢屋の中だ」


 【直下 コンマ判定】(???の暗躍:+1)
 1〜3 かなり本気で追われる
 4〜6 山を出させないつもりかな?
 7〜9 追っ手らしいのはなかった。ラッキー

925 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/18(木) 19:56:34.70 ID:R2nxV9+v0
はい
926 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 19:59:01.36 ID:YZ/zQzGEO

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 下山したら、悪党どもの山。全員、フランソワを利用してた連中らしい。い、一体、誰がこんなことを…?
 奇数 山火事だと…? しかも、何か…周囲を取り囲まれてるっぽいし…。生かして帰してくれそうにないらしい
 ※0は偶数扱いよ

927 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:01:00.05 ID:Ff5aJidJ0
ほげ
928 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:02:04.17 ID:hkgvbYQBo
風使ったら被害拡大するしヤバイな
929 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 20:04:54.45 ID:YZ/zQzGEO

 モクモク…

シャニ「煙…?」

フランソワ「…」

ヨダカ「……焼けてるにおい」クンクン

シャニ「山火事…? まさかっ…」スラァンッ

フランソワ「あの…」

シャニ「大丈夫だ、俺達のそばを離れるなよ…」

ヨダカ「…距離はあるけど…周りにいる」

シャニ「まったく…面倒なことをしてくれるな…」

シャニ「ヨダカ、敵を蹴散らすのと、フランソワを守るの…どっちがいい?」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 甘いのよこすんならどっちでも
 2 どっちもやだ
 3 その他、自由台詞

930 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:05:49.63 ID:RaTBWlkYo
1
931 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:06:04.77 ID:hkgvbYQBo
932 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 20:10:30.09 ID:YZ/zQzGEO

ヨダカ「甘いの寄越すんならどっちでも」

シャニ「ほら」ポイッ

ヨダカ「どっち?」パクッ

シャニ「俺はフランソワとともに、一気に山をくだる。火の下まで」

シャニ「お前はその間、敵の妨害を防いでくれ。フランソワに危険がない方法なら、どんな手段でも構わん」

ヨダカ「…もういっこ。めんどいから」モゴモゴ

シャニ「……ほら」ポイッ

ヨダカ「やたっ…!」パクッ

フランソワ「火の中…いくんですか…?」

シャニ「考えはあるから、怖がらずに俺を信じてくれ。火は上の方へ上る。火をくぐり抜けさえすればひとまずは安心なんだ」

シャニ「こんな男で悪いが、抱えさせてもらう」ヒョイッ

フランソワ「わっ…」

シャニ「ヨダカ、行くぞ」

ヨダカ「…」モゴモゴ

 ダッ

 シュバババッ

シャニ「矢かっ…!」


 【安価下1】
 1 小・竜巻魔法で矢を防ぐ
 2 ブーメランで一気に矢を弾き飛ばして、向こうの射手まで攻撃
 3 その他、どーしよ?

933 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:11:25.48 ID:hkgvbYQBo
934 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 20:14:25.61 ID:YZ/zQzGEO

ヨダカ「小・竜巻魔法」

 ビュォォォォッ
 ストトトッ

シャニ「ナイスだっ…!」

 タタタッ

ヨダカ(矢が飛んできたのはあっち――)

ヨダカ(でも…多分、ばらけてる…。火を放ったなら、あいつらも巻き込まれる可能性が高い…)

ヨダカ(やっぱおかしい。普通は、火を放つなら、その火の下で待ち受けて、出てきたところを一網打尽にするはずなのに…)

ヨダカ(別の誰かが火を放ってるようにしか…)


 【安価下1】
 1 シャニとつかず離れずをキープしつつ、魔法とブーメランで敵の攻撃を防ぐ
 2 散らばってる射手達に接近して、片っ端から速攻で倒していく
 3 その他、どうする?

935 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:15:30.33 ID:lcaHpEIr0
936 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:15:44.26 ID:1OI7WAszo
3飛んで上から極大竜巻魔法
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:16:46.43 ID:XWoCcfS5o
1
938 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 20:22:04.60 ID:YZ/zQzGEO

 ガササッ

 ヒュバァッ
 ヒュババババッ

ヨダカ「でやっ!」

 ブゥンッ
 クルルルルルッ

 トトトトトッ

 ヒュババババッ

ヨダカ「っ――小・竜巻魔法!」

 ビュォォォォォッ
 ストトトトッ

ヨダカ(煙が濃くなってきてる…)

シャニ「フランソワ、目をつむっておけ! 目にしみるぞっ…!」

フランソワ「はいっ…!」

シャニ(火の手が近い…煙が厄介だな…!)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 親玉が出てきた。ここでやるつもりらしい
 4〜6 飛来する矢の数が増えてきた。バラけてたヤツらが集まってきてるっぽい
 7〜9 まだ燃え広がって間がないから、焼けてる範囲もそこまで広すぎるわけじゃないっぽい

939 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:23:05.40 ID:XWoCcfS5o
00
940 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 20:24:12.48 ID:YZ/zQzGEO

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 炎の中から声が…
 奇数 やべえ、罠にハマった! ピンチ!
 ※0は偶数なのよ

941 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:24:40.17 ID:XWoCcfS5o
クサナギだ
942 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 20:30:13.06 ID:YZ/zQzGEO

シャニ「炎が目前に迫っているな…」

シャニ「ヨダカ、一気に突破をするから――」

 ガッ
 ズドォォォッ

シャニ「何ぃっ…!?」

ヨダカ「ぷっ、トラップにハマってやがんの!」

フランソワ「こ、この網…人を捕まえるための、です…!」

シャニ「噴き出して笑ってる場合か! このままじゃ、火に…って、これ、切れない…!」グイグイ

ヨダカ「甘いの10個な――」

 ガッ

ヨダカ「あ」

シャニ「は?」

 ズドォォォッ

ヨダカ「うわぁっ…!?」

シャニ「お前まで罠にかかってどうする!?」

ヨダカ「クソっ…!」グイグイ

フランソワ「っ…」

シャニ「げほっ…クソ、煙が…!」

ヨダカ「何これ…伸びるし、ちぎれないし…!」

 ザザザッ

親玉「よぉーく狙えよ、てめえら…」

シャニ(とうとう姿を出したな…。だが、これじゃ…!)

親玉「放てぇっ!」

 シュバババババババッ


 【安価下1】
 1 中・竜巻魔法
 2 親玉に風刃
 3 その他、どーしよ?
   ※罠は投網な感じで、地面に押さえつけられてます。でも、なかなかこれが切れないし、出られないっぽいです

943 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:30:59.46 ID:X+TW7+7Lo
944 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:31:37.59 ID:DZbmDDR/O
945 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 20:34:59.38 ID:YZ/zQzGEO

シャニ「中・竜巻魔法!」

 ビュォォォォォォォッ
 ストトトトトトトッ

親玉「チィッ、魔法はどうしようもねえか…!」

親玉「だったらお前ら、近づいて仕留めろ! フランソワも殺して構わねえ!」

シャニ「くっ…!」グイグイ

フランソワ「げほっ…こほっ…」

親玉「かかれぇーっ!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 シャニのピンチで呪い発動。痛い痛い苦しい痛い…
 4〜6 実は竜巻魔法で火をあおって、連中を黒煙にぶち込んでやったのさ
 7〜9 火を放った張本人があらわれた

946 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:35:36.95 ID:+QGc/qcko
ぜろ
947 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 20:38:44.67 ID:YZ/zQzGEO

 モクモクモク…

親玉「何、風向きがっ…!?」

ヨダカ「ざまーみろ」グイグイ

シャニ「よくやった、ヨダカ…!」グイグイ

シャニ(だが…)

ヨダカ(この網から、出れないっ…!)

親玉「げっほげっほ、クソったれめ…!」

親玉「狙えっ!」

<ムリです、親玉、こんなに視界が悪くちゃっ…! げぇっほ、げほっ!

親玉「近づけ! 近づいて殺せぇっ!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 火の手が近づいてきた…! このままじゃ焼き殺されちゃう!
 4〜6 近づいてきたら魔法の餌食だ! 出られないけど!
 7〜9 出てこいってば、シャイだなこいつ

948 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:39:14.36 ID:XWoCcfS5o
949 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:39:23.14 ID:X+TW7+7Lo
たあっ
950 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 20:45:09.96 ID:YZ/zQzGEO

シャニ「中・土槍魔法!」

 ズドドドドドォッ

親玉「何っ…!?」

ヨダカ「風刃、風刃、風刃っ!」

 ヒュバァッ
 ヒュバァッ
 ズドォォォッ

<親分、もうムリですっ!

<親分、火がっ!

親玉「うるっせえ、クソったれどもめ!」

<お、俺はもうムリだっ!

親玉「てめえ、逃げるんじゃねえっ!」

ヨダカ「風刃っ!」

 ヒュバァッ

親玉「くっ…!」ブゥンッ

 ギィィィィンッ

ヨダカ「ちっ」

親玉「クソっ…お前ら、撤退だ。迂回して下山しろ!」

ヨダカ「こら、これどうにかしてからいけ!」

シャニ「敵がいなくなったとは言えっ…このままじゃっ…!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 超強引に乗り切ろう
 4〜6 荒っぽく助けられた!
 7〜9 やっと出てきた?

951 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:46:59.56 ID:XWoCcfS5o
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:49:52.01 ID:DZbmDDR/O
出てこねえなオイ
953 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 20:52:19.70 ID:YZ/zQzGEO

フランソワ「げほっ、げほっ…」

シャニ「口をおさえておけ!」

 パチパチ…

シャニ(火の手が、あんなに近くっ…!)

ヨダカ「あーもうっ」グイグイ

レイド「――地べたに低く体を伏せろ」

シャニ「誰だっ!?」

レイド「極大・濁流魔法」

 ザッバァァァァァァァァッ
 ドドドドドドッ

シャニ「ぐっ…!?」

フランソワ「!?」

ヨダカ「水っ!? わぷっ…!」

 シュワァァァァッ…

レイド「…鎮火完了。そのままでいろ」

レイド「小・凍結魔法」

 ヒュォォォォッ
 ガキィィィンッ

シャニ「ぐっ…」

ヨダカ「冷たっ…!?」

 パキィィンッ

シャニ「網が…」

ヨダカ「壊れた…」

レイド「…無事だな?」

シャニ「お前は…帽子の…?」

フランソワ「きゅぅ〜…」

レイド「っ…!? 目を回して…かわいい…」

シャニ「は?」

レイド「…い、今の内に下山しろ。あいつらは迂回してくる。待ち伏せれば一網打尽にもできるが」


 【安価下1】
 1 さんざんいぶされた仕返しだから張り切るヨダカ
 2 そういうやって、やり返して? 魔界でもないのに、そんなことするかよ、ばっかみたいだなあ

954 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:52:58.59 ID:RaTBWlkYo
2
955 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:53:45.62 ID:XWoCcfS5o
レイド変態かと思ったら有能な変態かよ

956 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:54:55.22 ID:DZbmDDR/O
つくづくレイドが女だったら…!!
957 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 20:57:54.96 ID:+3KBuzegO

シャニ「詮索は後にしよう…。とにかく、ヤツらを――」

ヨダカ「ばっかじゃねえの?」

シャニ「何?」

ヨダカ「そんなことしたってキリないだろ…」

ヨダカ「手え出されたからやり返して? そしたらまたやり返されるんだよ…」

ヨダカ「取るに足らない、ちんけでザコっぽそうな連中なら放っておきゃいいだろ」

シャニ「そうもいくか。あいつらをこのまま放置すれば、また同じような悪さをする」

ヨダカ「じゃあ何、あいつらを取っ捕まえたら、もうそんな連中でてこねえの? ないない、ばっかじゃねえの?」

ヨダカ「そんなの容認して放っておけよ…」

シャニ「そういう問題じゃないっ!」

ヨダカ「ムダなことするんだな…」

レイド「…その女の子は俺が抱えてやる」

シャニ「いや、平気だ」

レイド「…じゃあ――」チラッ


 【安価下1】
 1 よし行け!(背中の上から
 2 ツバ吐いた
 3 無視した

958 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:58:21.81 ID:X+TW7+7Lo
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:58:26.14 ID:1OI7WAszo
1
960 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:01:26.90 ID:+3KBuzegO

ヨダカ「…」

レイド「…」

 トトトッ

レイド「!」

 ヨジヨジ

ヨダカ「よし、行け!」ビシッ

レイド「……」グッ

シャニ(…何なんだ、あいつ…?)

レイド(すべすべの足…遠慮なく捕まってくる腕…背中に感じる子どもの体温…)

レイド「いかん、鼻血が…」ゴシゴシ

ヨダカ(きたねっ…)

シャニ(……何なんだ…あいつ…?)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 連中とはちあわせた
 4〜6 気のせいかも知れないけど、尻をずっとさわさわされてた気がする
 7〜9 無事に山を降りられた! あいつらは出てこなかったなあ

961 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:02:28.57 ID:hkgvbYQBo
962 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:07:12.45 ID:+3KBuzegO

フランソワ「ぅ…」パチッ

フランソワ「あれ…水、が…?」

シャニ「もう大丈夫だ。無事に下山ができた」

フランソワ「…はい…」キョロキョロ

フランソワ「あっ…さっきの、人…」

レイド「…」チラッ

レイド「目が覚めたか、良かった」ポン

 ナデナデ

フランソワ(やたら、頭撫でてくる人…)

シャニ(もしやこいつ…変態では…?)

ヨダカ(こいつが…もしかして、火を放った…? 最初から、ああやって鎮火するつもりで?)


 【安価下1】
 1 レイド、お前は何者なんだタイム
 2 飴もくれるし、背中に乗せてくれるし、レイドがいい感じなヨダカくん
 3 これからについて?

963 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:09:01.82 ID:X+TW7+7Lo
964 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:09:18.12 ID:DZbmDDR/O
965 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:12:05.90 ID:+3KBuzegO

ヨダカ「甘いの」

レイド「…」スッ

ヨダカ「…」パクッ

ヨダカ「♪」モゴモゴ

レイド(その内、飴を直接口の中へ入れてやれそうだ…)

レイド(この遠慮のない感じ…それでいて、時折、子どもっぽくなさを見せるところ…逸材だっ…!)

シャニ「おい待て」

ヨダカ「?」

レイド「?」チラッ

フランソワ「…」

シャニ「何故…自然と同行をしているんだ…?」

シャニ「しかも、餌付けをして…おんぶまでして…」

レイド「……ダメか?」

シャニ「ヨダカ、お前もお前だ。それでいいのか、お前は?」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 …………何、馴れ馴れしくおんぶしてんだよ、下ろせ!
 2 何が
 3 その他、自由台詞

966 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:12:32.23 ID:venF7huoO
2
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:12:33.30 ID:1OI7WAszo
1
968 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:15:49.51 ID:+3KBuzegO

ヨダカ「何が」

レイド「…だそうだ」キリッ

シャニ「…………俺がおかしいのか…?」ボソ

フランソワ「…」

ヨダカ「歩け」

レイド「…ああ」

 スタスタ

シャニ(……いや、おかしくないだろう、俺は)

シャニ(何者なんだ、あの男…? あんなにあっさりとヨダカを手懐けるとは…)

シャニ「…ふむ」

 ゴソゴソ

シャニ「………ほら」スッ ←甘いの出した

ヨダカ「…寄越せ」

シャニ「取りにこい」

ヨダカ「むっ…」

レイド「…」スタスタ

ヨダカ「よし」

シャニ「降りろ」


 【安価下1】
 1 目先のあまいのに釣られるまま動くヨダカ
 2 むっ…じゃあいいもん、レイドにもらうから
 3 レイドの背中から腕を伸ばしてとりにいく

969 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:16:30.43 ID:1OI7WAszo
2
970 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:18:17.25 ID:DZbmDDR/O
971 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:22:07.35 ID:+3KBuzegO

ヨダカ「…」ムカッ

シャニ「ほら」フリフリ

ヨダカ「…」ポンポン

レイド「…」スッ

ヨダカ「♪」モゴモゴ

シャニ「くっ…」

シャニ(こいつ…こんなにヨダカを甘やかされてはダメだ…)

シャニ「おい、お前の名前は何だ? 俺はシャニだ」

レイド「レイド」

シャニ「よし、レイド。悪いことは言わん。それを甘やかさないでくれ」

レイド「…」

ヨダカ「は?」

シャニ「いいから、頼む」

レイド(どうしたものか…。このままでは、俺がペドフィリアと思われかねない…)

レイド(しかし…このぬくもり…まるで王様のようにふんぞり返って悦にひたる、このかわいさを見続けてもいたい…)

レイド(この男――やるっ…!)

シャニ(………この間は何なんだ?)


 【直下 コンマ判定】
 1〜5 かわいいもの好きは隠しているらしく、しばらく悩んでから下ろされた
 6〜9 隠したまま押し通すらしい。ダメかもこいつ



―――――

 判定次第、次スレっす!
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434630054/

972 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:22:45.28 ID:XWoCcfS5o
973 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:25:26.98 ID:+3KBuzegO

 判定把握です

 このスレは、王子くんへのQ&Aにしちゃいます
 尚、アシスタントを希望する場合は、下1をとってください
 いらない場合は、「いらない」と書いちゃってくだされ

 【安価下1】
 アシスタントは誰がええんや?
 モニカ サリー マリリー リリ ヒヒイロ スピカ セーブル ヨダカ レイド
 ※いらない場合は「いらない」と

974 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:26:10.69 ID:RaTBWlkYo
りり
975 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:29:00.74 ID:Ff5aJidJ0
どっちか片方が死んじゃったら呪いはどうなるの?
解けるのか、それとも永遠に苦痛が続くのか。

教えて王子ー
976 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:54:30.73 ID:7aoAeEVUO

王子「王子様の、Q&Aコーナーです! このスレでのアシスタントは、リリちゃんだよ!」

リリ「…」

王子「…リリちゃん、挨拶して」

リリ「…」

王子「え、えーと…リリちゃーん…? ここほら、喋るとこだから…」

リリ「…」

王子「………じ、自分の、ペースでいいからね…」

 >>975

王子「早速、ひとつめの質問です! リリちゃん、読んで、読んで」

リリ「…」ジィッ

王子(黙読ですか…)

リリ「…」チラッ

王子「あ、ありがとうね、読んでくれて…。呪いは、片方が死んじゃったらどうなるの、って質問なんだけど…リリちゃん、分かる?」

リリ「…」

王子「…」

リリ「…」

王子「う、うん。そ、そう思うよねー…」

王子(さっぱりわからないっ!)

王子「えーと…結論的には、呪いは解けます」

王子「だけど、そうなったら死ぬから、死ぬ前にものすごい苦痛に襲われちゃいます」

王子「本当に死んじゃったら、その瞬間は、とんでもない苦痛になるはずです。…で、そのショックで死にかねません」

王子「それを耐えきれば呪いからは解放されるんだけど、まあ…確率的に助かるのはすごく低めだよね」

王子「そんな感じです。リリちゃん、分かった?」

リリ「…」

王子「………そ、そっかぁー…」

王子(うわぁぁぁぁんっ、リリちゃんとどう接したらいいか分からんないよぉーっ!)

王子「質問、おたより、いっぱい待ってるよ〜。ね、リリちゃん?」

リリ「………うん」

王子(あ、リリちゃん、一応やる気はあるんだ!?)

王子「どしどし待ってまーす!」


977 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:16:42.18 ID:lcaHpEIr0
魔族と人間の関係性おしえて王子様
978 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:19:16.06 ID:hkgvbYQBo
ヨダカが序盤で倒した竜の牙って持ってればサキュバスの時みたいな効果って得れた?
それともあの時は邪龍だったから良かった?
979 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:37:09.43 ID:lcaHpEIr0
あと次スレ見てて思ったんですが国によって通貨が違うことってありますか?
980 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 22:55:39.20 ID:dJqQPr0BO

 >>977

王子「おっ、またきたよ、リリちゃん!」

リリ「…」

王子「魔族と人間の関係性だって」

王子「うーん…そうだなあ…。互いのことを知ってはいるけど、交流はない…って感じかな」

王子「人間は地上、魔族は魔界に、それぞれ住み分けができてるんだよね。それで、ここを行き来する方法はない…ってされてる」

王子「まあ、実際は行き来できちゃうんだけどね。ヨダカとか、有角剣士の例もあるし」

王子「ただ、そのほとんどは偶然とかで急に飛ばされちゃって、って感じなのね」

王子「どういう認識を持ってるかっていうと…こんな感じです。リリちゃん、フリップフリップ」

リリ「…」パタンッ

 人間→魔族
 ・魔物
 ・凶暴で残忍で知性が高い、厄介な魔物
 ・人間を洗脳などして操る(と、いう風評で罪を逃れようとする悪党もいるけど実際どうかは判然としない)

王子「人間から魔族への認識は、こんな感じです」

王子「魔物と魔族は別物なんだけど、混合して見られるんだね」

王子「まあ、総じて問答無用の悪いやつ、くらいの認識。しかも魔物より強いから厄介だー、って」

王子「それで悪事に手を染めた偉い人がね、魔族に洗脳をされていたんだ! って嘘ついて罪を逃れるケースもそこそこ多いの」

王子「魔族って存在を体よく使ってる…って感じだね。でも、本当にそういうことをするようなこととかもあったりなかったりで?」

王子「まあ…感情としては悪感情しか向けられてないよね。リリちゃん、次のフリップお願い」

リリ「…」パタン

 魔族→人間
 ・よわっちいヤツら

王子「シンプルです。ろくに人間のことなんて、気にしてないのが魔族です」

王子「でも、魔族的な価値観はね、強いは正義なんだよ」

王子「強ければ腕ずくでありとあらゆるものを手に入れられるし、そういう武勇が誇りでもあるのね」

王子「暴力っていうのは魔族の間じゃ、正当な手段なの。だから、よわっちい、ってのは最大限の侮辱のひとつだよね」

王子「つまり、それくらい見下してます。ヨダカがいちいち突っかかってるのはこういう理由だね」

王子「なので、関係性としては…うーん…まあ、あんまり関係自体がないんだけど、いい感じの関係性ではないよね」

リリ「…」コクリ

 >>978

王子「あー…これはねー…えっと、えっと…ゲットしてたら、所持品に加わってたよね」

王子「で、換金してお金にしても良かったし、特別なところで武具に加工とかもしてもらえたりするだろうし」

王子「基本的にはそういう扱いです。ねー、リリちゃん」

リリ「…」

王子「ごめんね、気安かったね…。あと、邪竜のは特別の特別です。そもそも、あれとは別扱いな部分とかがこのスレのシリーズではあるから…」

王子「うん、そんな感じです」

 >>979

王子「通過の違いは!?」

リリ「…」

王子「そうだねー、ないねー」

王子「…いや、うん…ごめんね? 国ごとの言葉の違いとかもないです。そういう部分はフィクション特有のご都合です」

リリ「…便利?」

王子「うん、便利」
981 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 23:29:56.41 ID:Xhx5c9oJO
シャニのバイス王国軍隊長ってどのくらいの地位なの?
982 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 23:34:48.54 ID:DZbmDDR/O
作中時間の経過はなんぼのもんすかね。シリウス編からスピカ編まで何日、スピカ編からヨダカ編まで何日って
983 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 23:35:36.44 ID:DZbmDDR/O
あと、ザニアがやられた後にマリリーとスピカのやりとりがあったなら見せてほしいかなーって
984 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 00:09:39.06 ID:AAO5FU5W0

 >>981

王子「シャニの、バイス王国軍隊長って、どのくらいの地位なの…だってさ、リリちゃん」

リリ「…?」

王子「だよねー、分からないよねー。じゃあ、フリップ出してください」

リリ「…」パタン

 一般兵:もっとも数が多い。ふつうの兵士
 隊長:数人から数十人の兵士を束ねる
 大隊長:数百人単位の兵を束ねる
 将軍:重大な戦いにおいて采配を振るう
 総帥:バイス王国軍における、最大の権力者にして統率者

王子「はい、大体こんな具合です。上の一般兵から、下にいくにつれて偉くなっていきます」

王子「シャニの隊長っていうのは、下から2番目だから大して偉くはないね。それでもシャニは若い方だし、やり手かな」

王子「一般兵は隊長に、隊長は大隊長に、大隊長は将軍に、将軍は総帥にそれぞれ、命令を受けて動くって感じかな」

王子「1番数が多い普通の兵士…一般兵を束ねるわけだから人望がないとやってらんないのが隊長クラスだね」

王子「でもって、上からの無茶な命令を遂行しつつ、部下の命を預かる者として1番、ストレスの溜まりやすいところ」

王子「隊長がてきとーな感じで、部下の命とかどうでもいーわ、って感じだと、兵士の損耗率がとっても高くなっちゃいます。分かった?」

リリ「…」

王子(分かってくれたのかな…?)

 >>982

王子「経過時間かぁー…。オーケー、じゃあリリちゃん、フリップを」

リリ「…」パタン

 モニカ編:3ヶ月
 シリウス編:5ヶ月
 シリウス編〜スピカ編:1ヶ月
 スピカ編:4ヶ月 
 ヨダカ編:1ヶ月

王子「大体、こんなもんかな。ざっくり、ね? あ、これまとめて思ったけど…」

リリ「…」

王子「モニカ、15歳だ! ……順当に生きてたら」ボソッ

リリ「…」

王子「モニカ編と、シリウス編に出てた人は年を取ったね。リリちゃんもだ! おめでとう」

リリ「…」

王子「……シリウス、24だね…。そろそろ結婚とか考えないと、生き遅れそう…」

リリ「…」ブンブン

王子「え? 何で首振るの?」

リリ「…」

王子「………内緒なの…?」

リリ「…」

王子「…そう…」

 >>983

王子「えーと…やりとりがあったなら…ねえ……」

リリ「…」

王子「うーん…まあ…うん、あったら、ね。うん…もしあったら、かな…? ごめん、確約はできないかなーって…」

王子「ま、まあ…うん。あったら。ね? ではでは、そんな感じで! おやすみなさい! リリちゃんも早く寝ないと美人が台無しだよ」

リリ「…」コクッ

王子(あっ、美人自覚もあるんだ…)
985 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 01:54:46.98 ID:IAebW6HiO
モニカしれっと復活してるけど主人公格復帰ある?

あと最終的に劇場版みたいな展開希望
986 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 18:30:15.42 ID:7AQlueBXO

 >>985

王子「しれっとモニカちゃんが復活してるけど、主人公格への復帰があるか…だって」

リリ「…」

王子「どうだろうなあ…」

王子「モニカちゃんって、完全に悪役思考に陥ってるし…。リリちゃん、どっちがいい?」

リリ「…」

王子「…」

リリ「…」パタン

王子「フリップ!?」

 元主人公の現在行動
 モニカ:?
 シリウス:封呪装備捜索
 スピカ:魔法の勉強

王子「…う、うん。モニカちゃんが、判明してない…ね?」

リリ「…」

王子「……つまり?」

リリ「…」

王子「………安価とコンマ次第だね」

リリ「…」コクコク

王子「よくできましたー」

 ナデナデ

リリ「…」

王子「あと…劇場版みたいな展開を希望だって」

リリ「…」

王子「……あれかな? 歴代主人公、全員集合! みたいな?」

王子「樹が熟して安価とコンマが奮えばできる…かなあ?」

リリ「…」

王子「いやね、そういう方向へ持っていこうとしてもね、安価とコンマ次第で阻まれることってよくあるから」

王子「0偶数が出たかと思ったら、0奇数でひっくり返されて、それも0偶数で逆転されて…みたいな実例があったじゃない?」

王子「ああいうのがあったようにね、ほんとに>>1がコンマ神に嫌われちゃってるから…思い通りいかないんだよね」

リリ「…」

王子「だから、うん…。そうなればいいよね、ってしか俺には言えません!」

リリ「…」

王子「まだまだ、質問待ってるよ! リリちゃんに質問とかしてもいいんだよ? ね?」

リリ「…」

王子「あれ…? いい、んだよね…?」

リリ「…」

王子「…………もしダメでも、俺が代わりにシリウスにやっつけられるから…」フルフル


987 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:00:32.24 ID:N9StfUL/0
前作みたいにストーリー関係なくバトロワとかやる?
あとリリちゃんとヨダカが対面したら無言が続く予感
988 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 19:41:49.58 ID:X7+AymKQO

 >>987

王子「あー…うーん…そういうのはさっぱり考えられてないなあ」

王子「やりたい? 前のあれはほら…それぞれ、別々の戦闘手段があったから良かったけど、今回のはある程度、画一的だから」

王子「それに処理が大変なんだよねー?」

リリ「…?」

王子「リリちゃんに同意求めても仕方なかったか…」

王子「バトロワ…バトロワか…。うーん、悩ましいね」

王子「やりたい? やりたいって声が多ければ…って感じかな? これについては」

リリ「…」

王子「あとね、割とパワーバランス取るのが難しいんだよ。リリちゃん、フリップお願い」

リリ「…」パタン

 戦闘能力
 S ベテルギウス
 A ヒヒイロ ベス ピース スバル
 B サリー シリウス パルミラ セーブル ザニア 【ヨダカ】 【シャニ】 【レイド】
 C スピカ 【モニカ】
 D デネブ

王子「はいはい、これがね、とりあえずのランクづけ。【墨付バーレン】で囲まれてるのは、確定じゃないよ、って感じね」

王子「ヨダカ達はまだ、実力がはっきりきっちり出されてないしね。モニカちゃんも似たような理屈。あとこれ、現状だから変動ありね?」

王子「あ、抜けてる人もいるかもだけど…とりあえずで作られたものだから」

王子「で、これを見てもらうとね…あれ、意外とバランスいいかも…?」

王子「でも、でもだよ? ぶっちゃけこの、ランク1つの違いってかなり大きいから上のランクのやつに勝つには単身じゃかなり厳しいのね」

王子「そういうわけで…いやでも、それがバトロワになれば面白さに繋がりかねない…?」

リリ「…」

王子「………ま、まあ、うん。やるかどうか分からないしね」

王子「あーと、リリちゃんとヨダカが一緒になったら沈黙に支配されそうだね、って」

リリ「…」

王子「…」

リリ「…」

王子「…あ、で、でもね、ほら。ヨダカってめんどくさいけど、構ってちゃんだからね」

王子「何だかんだでリリちゃんにちょっかい出すかもね」

リリ「…」

王子「……まんま…モニカちゃんとリリちゃんの、あれの焼き増しになりそうだけど…」

リリ「…」

王子「でも、意外と悪くはない相性だったりするかもよ?」

リリ「…」

王子「……リリちゃんは誰とでも仲良くできるしね」

リリ「…」

王子「…そうでも、ない…?」

リリ「…王子は」

王子「俺は? 俺だけ、そうでもないの!? ひどいっ!」

王子「俺何かした…? してないよね…?」

リリ「…」コクリ

王子「って、冗談か…良かったけど分かりづらいボケを…。まあいっか」

989 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 16:38:39.39 ID:nGmWvrS70
王子の嫁たちって今なにしてるの?
990 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 16:57:39.83 ID:CSpmJ6/b0

 >>989

王子「ファッ!?」

王子「あ、あー…あー…え、えーと…」

リリ「…」

王子「いやほら…俺はその…ナビゲーター的な役割であって…このスレと直接の関係ないから、そういうのはちょっと…」

リリ「…」

王子「…………み、皆、元気だよ?」

王子「それにほら…ここ、パラレル時空だから、そういう…こう…ね? ほら…あのさ…?」

王子「……これで、いいですか…? …………あと、リリちゃーん…?」

リリ「…」

王子「リリちゃん、視線が痛いっ!」

リリ「…」

王子「一夫多妻嫌い…?」

リリ「…」

王子「……」

リリ「…」

王子「その、何でお嫁さんとお婿さんが1対1じゃないの、って無垢な眼差しやめてっ!?」


991 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 18:35:07.82 ID:mvPLOp5XO

 ――スピカ編蛇足・マリリーとの別れ際――

マリリー「それでは…わたくしはまた、巡礼の旅に舞い戻ります。助けていただき、ありがとうございました」

セーブル「気をつけろよ」

スピカ「元気でね」

マリリー「はい。お2人も。……それと、スピカさん」

スピカ「…?」

マリリー「ザニアさんのこと…今はとても悲しく、辛いお気持ちだと存じます」

マリリー「ですが…心を悼めても、腐らせてはいけませんよ? 辛く、厳しい道筋ほど、踏破した先の景色は素晴らしいもののはずです」

スピカ「マリリー…」

マリリー「無力なわたくしには…言葉で励ますような、浅ましいまねしかできません」

マリリー「しかし…こんな言葉でも、あなたの糧となってくれるのであればと…」

スピカ「うん…。ありがとう…」

マリリー「ピースさんにも…お会いした時は、どうぞよろしくとお伝えください」

スピカ「………うん…」

マリリー「…では、これで」ペコリ

セーブル「…気をつけてな」

マリリー「はい。セーブルさんも、ご達者で」

セーブル「ああ!」

スピカ「またね、マリリー」

マリリー「それでは」

 スタスタ…

セーブル「…行っちゃったな」

スピカ「うん…」

セーブル「……ほ、ほら、戻ろうぜ。スピカ、寒くないか? スピカの国ってあったかいとこなんだろ?」

スピカ「うん。…セーブルも、ありがとね」

セーブル「いいんだって、別に俺は」


                                       ――――――― 蛇足おわり

992 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 19:29:58.63 ID:mvPLOp5XO

王子「…」

リリ「…」

王子「…」

リリ「…」

王子「…さみしいね」

リリ「…」

王子「…」

リリ「…」

王子「…リリちゃん、好きなたべものは?」

リリ「…」

王子「俺はね、カレーライス」

リリ「…」

王子「…」

リリ「…」

王子「>>1000とれそうだったら、何にしたい?」

リリ「…」

王子「…」

リリ「…」

王子「俺はねー…そうだな…。うーん…」

リリ「…」

王子「………特に何も思い浮かばない…」

リリ「…おおきくなりたい」

王子「リリちゃん、大きくなりたいの?」

リリ「…」

王子「…………そ、そっかぁー…。俺はそのままの膨らみでもいいんだけど――」

<大・雷撃魔法!

 バチバチィィッ
 ドッゴォォォォォォォォォォッ

王子「あばばばっ…!?」ドサッ

リリ「…」

王子「……ごめんなさい…」

王子「そっちじゃなくて…こう…体の成長、だよね…」

王子「リリちゃんはきっと…美人さんになると思うよ…」

リリ「…」

王子「…」

リリ「…」

王子「特に質問とかないなら、埋めちゃってもいいし…ね?」

リリ「…」

王子「……このスレの>>1000は何になるだろうねー」

リリ「…」

王子「……あんまり突飛すぎなきゃ、対応するつもりだけど、斜め上になっちゃうと難しくなっちゃうからねー」

王子「………埋めても、いいよ?」

993 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:33:02.54 ID:U7Od3N80o
>>1000ならリリちゃんがシリウスに対してちょっと素直になる
994 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 19:39:35.70 ID:mvPLOp5XO

 >>993

王子「リリちゃん、リリちゃん。素直じゃないっぽく見られてるよ?」

リリ「…」

王子「…どうなの、そこんとこ」

リリ「…」

王子「…」

リリ「…」クイクイ

王子「うん? なになに?」シャガミ

リリ「コショコショ」

王子「ふむふむふむ…」

王子「…あー、うん…」

リリ「…」

王子「…リリちゃんは、素直です」

リリ「…」

王子「ただちょっとね、もじもじしちゃうもんね?」

リリ「…」

王子「仕方ないよね、そういうとこ」

王子「でも、もうちょっと素直になる?」

リリ「…」

王子「……分かんないよねー…」

王子「あれだよ、リリちゃんはリリちゃんなりに、ってところがあるんだよ。ね?」

リリ「…」

王子「……そう、だよね?」

995 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:57:52.21 ID:hVCAL+Bho
キャラ名決めるときに小惑星の名前に日本人名とかあるけど
日本人名とか使ってもOK?(カタカナにはするけど)
996 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 20:10:42.96 ID:MQ2Kjo5QO

 >>995

王子「あー、これねー…」

リリ「…」

王子「まあ、ヨダカとか…スバルとか、セイカ、ってのもあったっけ。セイカも小惑星なのかな…? そういうの疎くて…」

王子「ダメとは言わないんだけど…あんまり、そればっかりってのも…ねえ?」

王子「ただ、いいタイミングで【00】が出たりして、東方の剣士が…あ、本物のね? セーブルみたいなのじゃなくて、生粋のやつ」

王子「そういうのが出てきた場合は、漢字もオーケーの特別なヤツとかが出てくるから、差別化として、語感を残しといてほしいなー、って感じ」

リリ「…」

王子「だから…こう…あふれ返らなきゃ…って感じかな?」

王子「オーケーっちゃ、オーケーだよ!」

リリ「…」

王子「あ、もちろん、触れてもらった通りにカタカナでお願いね?」

王子「ただ…あー…イトカワとか? そういうさ、こう…ちょっとこう…さすがに、まんま日本人っぽいよね、みたいな?」

王子「いや、まあ…うん、ダメとは言わないんだけど…雰囲気ってものもあるじゃない?」

王子「まあ…うん。あとは…おまかせです。ヨダカとか…スバルくらいなら、まだね? ただ、ほら…さ?」

王子「まんまこう、ずどーん、ってくるのは…ね?」

リリ「…」

王子「そんな具合です。曖昧でごめんね?」

997 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:13:01.22 ID:U7Od3N80o
『イトカワ』を反転して『ワカトイ』みたいな? 途端に外国人の名前になる……なる
998 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 20:18:38.25 ID:MQ2Kjo5QO

 >>997

王子「いいねいいね、そういうのは大丈夫だよ!」

リリ「…」

王子「まあ、それ言い出したらアナグラムの数だけ、1つの小惑星名から出てきちゃいそうだけど…そんな風にボヤかされてれば平気!」

リリ「…」

王子「どったの、リリちゃん?」

リリ「……それでいいの…?」

王子「………い、いいと思えば、いいんじゃん?」

王子「>>1000だったら、なんだかんだでヨダカとゼノビアは仲良しになる」

999 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:24:34.57 ID:4SerSMU+0
>>1000なら>>998
1000 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:24:37.62 ID:hMTEoVBTO
>>1000ならモニカとサリーが再会
1001 :1001 :Over 1000 Thread
             /          \
            /   、_/_  l     `` ‐- 、
          /   , -─/-、  !         `ヽ、
         /   i  _/  ,'  、_/__ /   !   \      _ _, ----──‐‐--
        /    ` ̄  /   / / ̄   l     / ̄  ̄
      /         -‐′  ,'      | | ___ /     ,
     /        __/__  └---   l,イ´  /`ヽ.   /  -─‐
    /         /   , ヽ        l.  /   丿 /   ヽ、
  /        r‐-、 /   /  l    '  /   '´ /      `
 /         ヽ  X.   /   ,!   -L. /     '´
/           `´ `    /   ー|ァ'       ,      、__/
                   /   ,. -‐ァ、_    /        /  ̄_
                   /  i   /      /       /  ,   `   /
                     ` 7      i     ,!  /   !       /
                      /      ヽ._ ノ   /     \     /
ヽ.                    /               .  ,. --、   /
  \                /                  /   ト. /
   ヽ、_             /                  /`ヽ、_/ l /、
       ̄ ̄``ヽ、      /                /'     // i
            \.     /                ァ′      //   |   
             ``ヽ./          ___./     //    l      SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
                 ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄     /      /ー'  ̄  ヽ、    http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/
1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
八幡「雪ノ下が相撲に興味をもったらしい」 @ 2015/06/20(土) 20:13:13.37 ID:uq45R8fz0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434798783/

原田美世「……迅帝?」 【モバマス×首都高バトル】 @ 2015/06/20(土) 19:34:17.51 ID:AnD1eOl70
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434796447/

ぼくを創造していく @ 2015/06/20(土) 19:32:46.94 ID:mRXhmlRJo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434796356/

[安価]阿笠「できたぞ新一…魔界の王を決めるスイッチじゃ!」 @ 2015/06/20(土) 18:58:47.93 ID:qpQ8PYXW0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434794317/

幼馴染「わたしの椅子になりなさいな」 @ 2015/06/20(土) 18:47:49.47 ID:qIea8M8vO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434793669/

【響け!】麗奈「昔の偉い人は言いました」【ユーフォニアム】 @ 2015/06/20(土) 18:45:06.71 ID:CcbuIXua0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434793496/

荒らし依頼スレッド @ 2015/06/20(土) 18:11:38.85 ID:BP9skalp0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434791488/

風の谷の瑞鶴 【劇場版予告】 @ 2015/06/20(土) 17:16:39.86 ID:8vD8/95h0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434788189/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

379.91 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)