このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

女「先輩、起きてくださいッス」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/13(土) 14:50:28.30 ID:pHoOTR70o
先輩「……ん」

女「おはようございます、先輩」

先輩「……今、何時頃?」

女「丁度夕方の5時回ったくらいッスかね」

先輩「そんな寝ちゃってたんだ」

女「寝ちゃってたみたいッスね」

先輩「起こしてくれてよかったのに」

女「いえいえ、そんな。勿体ない」

先輩「勿体ない?」

女「あ、いえ。何でもないッス」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455342628
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【コンマ】崩壊する世界を旅する1【安価】 @ 2017/08/17(木) 12:53:20.96 ID:GGwNGSp6O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502942000/

【安価コンマ】領主「次男を独立させようと思うんだわ」 @ 2017/08/17(木) 12:31:13.58 ID:vEvYy7vTo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502940673/

男「昨日の夜布団に入って @ 2017/08/17(木) 12:14:05.28 ID:pVrZ5KiA0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502939644/

お盆暇ならアニソン聴こうぜ・・・ @ 2017/08/17(木) 10:15:57.64 ID:iHPB1mbQo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1502932557/

佐久間まゆ「Pさんですかぁ?」 デレマスP「違います」 @ 2017/08/17(木) 06:49:48.56 ID:JcYjIHLYO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502920188/

藤原肇「蜃気楼少女」 @ 2017/08/17(木) 05:14:40.49 ID:+16hRPuq0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502914480/

【よう実】綾小路「なあ軽井沢」軽井沢「うん」 @ 2017/08/17(木) 01:38:57.63 ID:cYyQVDYS0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502901537/

ここだけ全員焼肉店(絶対に燃やしてはいけない焼肉店24時)768店舗目 @ 2017/08/17(木) 01:08:34.57 ID:LCAQDwhRo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1502899714/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/13(土) 14:57:27.17 ID:pHoOTR70o
先輩「まだ大分寒いね」

女「そうッスねー、もう2月だってのにこの寒さは辛いッス」

先輩「寒いの、嫌い?」

女「まぁ、概ね」

先輩「私は結構好きだけどね」

女「……っ」

先輩「こういう事、自然と出来るしさ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/13(土) 15:03:08.74 ID:pHoOTR70o
女「せ、先輩っ」

先輩「体温、高いんだねキミ」

女「それは、この状況のせいと言うかなんというか……」

先輩「しばらくこうしてよっか」

女「えっ!?そ、それは……えと、願ったりかなったりなわけですが……」

先輩「……ふふ、冗談だよ」

女「あっ」

先輩「さ、帰ろ」

女「……はい」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/13(土) 15:03:38.00 ID:6e8yIxdDO
寝すぎじやないですかねぇ…
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/13(土) 15:08:31.54 ID:pHoOTR70o
先輩「しかしあれだね」

女「どうしたんスか?」

先輩「私の寝顔なんて見てて、飽きなかった?」

女「飽きないッスね。ずっと見てられるッス」

先輩「……面と向かって言われると、なかなか照れるな」

女「さっきの仕返しッス」

先輩「意外と根に持つタイプ?」

女「いえ、そういうワケでは……」

先輩「それじゃ、私も」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/13(土) 15:13:30.73 ID:pHoOTR70o
女「え、あっ。ちょっと、先輩……」

先輩「何?」

女「ここだと人目が……!」

先輩「それじゃ、物陰にでも行こっか」

女「……分かりました。望むところッス」

女(どうせまたからかってるに決まって……)

女「……んむっ!?」

先輩「……ぷぁ」

女「……へん、ぱい?」

先輩「それじゃ、また明日ね」

女「……」

女(……柔らかかった)
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/13(土) 15:17:55.10 ID:pHoOTR70o
ここまで来ておいて百合警報
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/13(土) 15:57:59.66 ID:pHoOTR70o
女(先輩の唇、柔らかかったなぁ)

友「ねぇ……」

女(そう言えば、腕を組んできたときも柔らかい感触が……)

友「ねぇ、ちょっと!」

女「?」

友「人の話、聞いてた?」

女「え、えと……何の話ッスかね?」

友「……はぁ」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/13(土) 16:03:09.94 ID:pHoOTR70o
友「あんた、最近上の空な事が多いわよ」

女「そうッスか?」

友「……自覚、ないんだ」

女「自覚、ないッスねぇ」

友「……じー」

女「な、なんッスか?」

友「なんかあったら、絶対言いなさいよ」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/13(土) 16:14:14.91 ID:pHoOTR70o
女「なんかって……」

女(……)

友「何赤くなってんのよ」

女「え?あの、その……」

友「……変なの」

女「あはは……」

友「やっぱり何か……」

女「あ、授業始まるッス」

友「あぁもう、後でちゃんと話聞かせてもらうからね!」

女(申し訳ないけど、絶対に言えないッス……)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/13(土) 22:23:54.43 ID:KHcqs9Xzo
いいね
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/14(日) 01:00:53.10 ID:PpWhdY99O
はよ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/14(日) 01:35:44.55 ID:WHZ5C6Dj0

ティーダで脳内再生
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/14(日) 18:19:37.21 ID:+/avocePo
女「せんぱーい……って、あれ」

女(まだ来てないみたいッスね)

女「……」

女「昨日ここで先輩が、寝てたんスよね……」

女(こうやって、俯せに……)

女(んー……)

女(くん、くん)

先輩「あら、何やら楽しそうな事をしてるわね」

女「っ!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/14(日) 18:28:42.04 ID:+/avocePo
先輩「たまには遅れてくるのもいいものね」

女「いや、あの。これは……その」

先輩「それじゃ私はあなたがいつも座ってる席に座らせてもらうわ」

女「……ど、どうぞ」

先輩「ふふ、ありがとう」


女「……」

先輩「……」

女(穴があったら入りたい……)

先輩「ねぇ」

女「ひゃ、ひゃいっ。な、なんッスか?」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/14(日) 18:48:23.38 ID:+/avocePo
先輩「そんなに緊張されると話辛いわ」

女「す、すいません」

先輩「硬くならないで、ね?」

女「せ、先輩……」

先輩「ん?」

女(ち、近いッス……)

先輩「なぁに?聞こえないわ」

女「……うぅ」

先輩「ふふ」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/14(日) 19:05:11.73 ID:+/avocePo
先輩「それで、感想は?」

女「へ?」

先輩「本物はどう?」

女「どうって、言われましても……」

先輩「思ってたよりガッカリ?」

女「それはないッス!」

先輩「あら、ありがとう」

女(あぁ、頭がクラクラするッス……)
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/14(日) 19:25:04.05 ID:+/avocePo
先輩「あら、もうこんな時間ね」

女「え、もうッスか?」

女(う、咄嗟に声が出ちまったッス)

先輩「ふふ、物足りなかったかしら」

女「あはは……」

先輩「今日は手を、繋いで帰りましょうか」

女「……」

先輩「もしかして、物足りない?」

女「いえ、それくらいでちょうどいいッス……」

先輩「あらら、残念」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/14(日) 20:11:21.53 ID:+/avocePo
先輩「キミの手、温かい」

女「そ、そうッスかね?」

先輩「私が冷たいのかな」

先輩「……えい」

女「ひゃわっ!?」

先輩「やっぱり冷たいよね」

女「い、いきなり首筋触られたら冷たくなくてもビックリするッス!」

先輩「ふふふ、ごめんなさい」

先輩「お詫びに、あなたも同じことしていいわよ」

女「同じことって……」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/14(日) 20:20:30.84 ID:+/avocePo
女(同じことって……!)

先輩「もちろん強要はしないけれど」

女「……ぜひ、お願いします」

先輩「ふふ、了解」

女「では、失礼して……」

女(あ、ひんやりして気持ちいい)

先輩「ひゃあんっ」

女「っ!?」

先輩「もう、変な声が出ちゃったじゃない」

女「も、申し訳ないッス!」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/14(日) 20:27:15.56 ID:+/avocePo
先輩「……ふふっ」

女「たはは……」

先輩「それじゃ、また明日」

女「は、はい。また明日」


女「……」

女(不意打ちは卑怯ッスよ、先輩……)
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/14(日) 20:28:17.28 ID:+/avocePo
続きますよ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/15(月) 00:12:21.50 ID:MsIDvRuQo
いいね
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/15(月) 01:27:54.69 ID:yydN5MERo
>>13
おいやめろ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/16(火) 19:26:16.51 ID:kTfCGpbqo
女「……ぽけー」

「おい」

女「……ほげー」

「おい!」

女「は、はいっ!?」

「私の授業、そんなにつまらないか?」

女「え、えと……」

「顔、洗ってこい。なんつー顔してんだ」

女「はい……」

友「……」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/16(火) 19:36:32.29 ID:kTfCGpbqo
友「ねぇ、アンタ」

女「なんスか?」

友「やっぱり、何かったでしょ?」

女「だから何かってなんなんスか……」

友「それは……その」

女「……じー」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/16(火) 19:36:59.69 ID:kTfCGpbqo
友「と、とにかく!」

友「あんたがそんな調子だと」

女「調子だと?」

友「その、つ、つまらない……というか」

女「??」

友「……もういい、帰る!」

女(な、なんなんッスかね?)
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/16(火) 20:24:08.71 ID:kTfCGpbqo
女「せんぱーい」

先輩「はい、いらっしゃい」

女「今日は先輩の方が先ッスか」

先輩「残念?」

女「い、いえ。そんな事は!」

先輩「……じー」

女「な、なくも……ないッス、けど」

先輩「素直でよろしい」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/17(水) 09:57:13.67 ID:rD0eBeuOo
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/19(金) 07:54:03.59 ID:W6OoqPIDo
いいね
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/22(月) 00:43:34.76 ID:zsvwbsJyo
先輩「あなたの髪」

女「髪、がどうかしましたか?」

先輩「可愛いわよね、くるくるしてて」

女「そ、そうですか?」

先輩「触ってみてもいい?」

女「こんなものでよければ、いくらでも……」

先輩「ふふ、それじゃ失礼するわ」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/22(月) 01:29:47.48 ID:zsvwbsJyo
女「……」

先輩「ふわふわしてて、気持ちいいわ」

女「な、なんだか照れます」

先輩「ふふ、耳まで真っ赤」

女「うぅ……」


先輩「ふぅ、満足満足」

女(……こっちも満足ッス)
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/22(月) 01:49:58.53 ID:zsvwbsJyo
先輩「私も同じように巻いてみましょうかしら」

女「同じようにって……」

先輩「こう、くるくるっと」

女「……いまいち想像が出来ないッスね」

先輩「似合わないと思うなら、隠さず言っていいのよ?」

女「そ、そんな事はないッス!」

女「ないッス、けど……」

先輩「けど?」

女「私は、先輩の真っ直ぐな黒髪……好きなので」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/22(月) 02:31:23.20 ID:zsvwbsJyo
先輩「そっかぁ」

女「……」

先輩「キミが好きって言うなら、やめておこうかな」

女「その方がいいと、私も思うッスよ」


先輩「……触ってみる?」

女「え……え?」

先輩「キミのも触ったし、お返ししなきゃと思って」

女「別に見返り求めた行動だったわけでは……」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/22(月) 03:05:45.40 ID:zsvwbsJyo
先輩「嫌なら無理強いはしないけどさ」

女「嫌だなんてそんな事あるわけ……ごにょごにょ」

先輩「はい、どうぞ?」

女「……で、では失礼して」

先輩「……」

女「……凄く、サラサラです」

先輩「なるほど。確かにこれは少し照れるわね」

女「やっぱりやめましょうか?」

先輩「いいのよ、続けて」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/22(月) 03:17:39.02 ID:zsvwbsJyo
女「やっぱり、何か特別な事してるッスか?」

先輩「特に何もしてないけれど」

女「そうなんスねぇ。羨ましいッス」

先輩「キミは何かしているの?」

女「わっ、ちょ……っと」

先輩「ん?」

女(先輩の顔が、目の前に……っ)

先輩「……うりうり」

女「ひんっ……」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/22(月) 03:26:37.73 ID:zsvwbsJyo
女「耳はダメです、先輩……」

先輩「キミ、今すっごくいい顔してる」

女「いい顔って何ッスか……んっ」

女(先輩の瞳……吸い込まれそうな色)

先輩「……」

女「……」


キーンコーンカーンコーン


先輩「……あら、残念」

女(た、助かった……でも、ちょっと残念ッス)
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/22(月) 03:27:03.61 ID:zsvwbsJyo
ちょっと更新空きました
そんな長くはならないと思います
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/22(月) 11:42:56.22 ID:Jrp2KLQjo
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/22(月) 12:31:40.42 ID:DB+AHS3ZO
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/22(月) 14:54:27.29 ID:CB2RsKAQO
どーしてもモモとかじゅで再生される
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/04(金) 12:44:53.83 ID:CxlIqkLu0
もっと頼む
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/06(日) 00:50:54.85 ID:0VjAS4a6o
女「……先輩、歩きにくいッス」

先輩「奇遇ね、私もよ」

女「それなら……」

先輩「……?」

女(その表情はズルいッスよ、先輩)

先輩「ほら、早く帰りましょう?」

女「あ、待ってくださいッス」


「でさー……って、どうしたの?」

友「……別に」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/06(日) 01:23:06.05 ID:HolRQmWVo
待ってた
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/07(月) 12:34:12.25 ID:Cy33V/R4o
女「先輩の家って、こっちなんスか?」

先輩「いいえ、逆方向よ」

女「……あれ?」

先輩「どうかしたの?」

女「どうかしたのって……」

先輩「そんな事より、あなたの家はまだ先なの?」

女「えっと、もう少し先です」

先輩「そう、よかった。もう少しこうしていられるわけね」

女「たはは……」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/07(月) 12:42:05.56 ID:dIkCU+8X0
女「先輩、起きてくださいッス」

↑若しかして

吹き仏フレンド

救世主姫大淀様の嘘999レベル声優事件

宇宙の月見過多瞑想し過ぎジャネ
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/07(月) 13:18:28.44 ID:dIkCU+8X0
女「先輩、起きてくださいッス」

↑若しかして

泥団子の惑星のネタ
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/07(月) 13:37:27.98 ID:Cy33V/R4o
女「あ、ここッス。私の家」

先輩「一人暮らし?」

女「このアパートだとやっぱそう見えるッスよね……」

先輩「ごめんなさい、失礼だったかしら」

女「い、いえっ!私もそんなつもりで言ったわけではなくって!」

先輩「……残念」

女「??」

先輩「それじゃ、ここでお別れね」

女「あ、あのっ」

先輩「んー?」

女「……また明日ッス、先輩」

先輩「……えぇ、また明日」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/07(月) 13:56:39.62 ID:Cy33V/R4o
女「ただいまッスー」

「おかえりなさーい」

女「あれ?お父さんはまだッスか」

「ざんぎょーだって。さっき電話があったよ」

女「もう、残業の時は私の携帯に連絡してって言ったのに……」

「お腹空いたー」

女「仕方ないッスね。姉ちゃんが特製カップラーメンを……」


先輩「……ただいま」

先輩「……なんて、ね」

先輩「お腹空いたなー……」

先輩「……めんどくさ」

先輩「……ぐぅ」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/07(月) 14:16:46.32 ID:Cy33V/R4o
女(少しは料理の勉強、したほうがいいッスかね)

女(カップラーメンばかりじゃ栄養が偏っちゃう気がするッス)

女(しかし、私にも出来る料理って何が……)

友「……おはよ」

女「おはようッス」

友「……じー」

女「?」

友「ぷいっ」

女(な、なんだかご機嫌ななめッスね)
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/07(月) 16:04:42.99 ID:Cy33V/R4o
女「な、何かあったッスか……?」

友「何かあったか、ですってぇ?」

女「……う」

友「……じとー」

女「……うぅ」


友(こんな事がしたいわけじゃないのに)

友(なんでだろ、うまく言葉が出てこない……)


友「……じろり」

女「……うぅぅ」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/07(月) 16:05:42.36 ID:Cy33V/R4o
続く
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/07(月) 16:07:54.71 ID:GDbZIoUI0
おつ
まってる
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/07(月) 20:02:28.67 ID:teAOwYtVO
これは良い百合
期待
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/11(金) 14:04:50.17 ID:gDiftCTto
友「あんたさ」

女「は、はい……」

友「部活、始めたの?」

女「……あ」

女(そういえば、伝えるの忘れてたッス)

友「……むー」

女(もしかして、その事で怒ってたんスかね)
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/11(金) 14:08:36.20 ID:gDiftCTto
女「別に、黙ってたつもりはなかったんスよ」

友「……ふぅん」

女「ただ、なんとなく言い出す機会がなかったと言うか、なんと言うか」

友「ほんとに、それだけ?」

女「他に何があるんスか?」

友「それは……その」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/11(金) 14:23:26.00 ID:gDiftCTto
女「じぃー」

友「あ、あによその目は」

女「ふふん、お返しッス」

友「……そこまで酷い顔はしてなかったでしょうが」

女「してたッスよ。こーんな」

友「……誰のせいだと」

女「?」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/11(金) 14:36:36.19 ID:gDiftCTto
キーンコーン カーンコーン

友「……あ、授業始まっちゃう」

女「わわっ、次数学ッスよね」

友「何をそんなに慌ててるのよ」

女「数学の予習忘れてて……見せて欲しいッス」

友「何で早く言わないのよ!」

女「話に夢中で……」

友「……もう、バカなんだから」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/11(金) 14:53:25.92 ID:gDiftCTto
友「え?急に休みって……何でまた」

「インフルエンザだってさ。うつされてないといいけど」

友「あんたの場合、うつされた方が嬉しいんじゃないの?」

「まっさかー。本当に病気なって嬉しいわけないじゃない」

友「……あんたねぇ」

「んじゃ、ちゃんと伝えたからね。後輩達にはあんたがよろしく」

友「へ?ちょっ……」

友「まったく、もう……」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/11(金) 15:09:42.80 ID:gDiftCTto
友(しかし、突然ヒマになると困っちゃうわね)

友(こんな時間に家へ帰っても結局ヒマなだけだろうし……)

友「……ん」

先輩「〜♪」

友(あの人、確かあいつと一緒にいた……)

友「……」


友「……あ、あの」

先輩「……?」

友「あ、え、えと……その」

友(つ、つい話しかけてしまった……)
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/11(金) 15:22:23.93 ID:gDiftCTto
先輩「……何か、ご用?」

友「わ、私は一年A組の……女の友達、です」

先輩「あぁ、あの子の……」

先輩「……もしかして、あの子に何かが?」

友「い、いえ。そういう訳ではないんです」

先輩「そう、よかった」

友(……キレーな人)
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/11(金) 15:34:31.06 ID:gDiftCTto
先輩「それじゃ、改めまして」

先輩「私に何かご用かしら?」

友「……あー、っと」

友「部活の先輩、でしたよね」

先輩「えぇ、そうよ」

友「……それだけ、ですか?」

先輩「……」

先輩「他に何があるのかしら?」

友「……」

先輩「……」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/11(金) 15:46:50.33 ID:gDiftCTto
先輩「それじゃ、私はあの子を待たせているから」

友「あ……はい」

先輩「また今度、機会があったらゆっくりお話ししましょう」

友「そう、ですね。また今度」

先輩「では御機嫌よう」


友「……ふぅー」

友(会話してると変に緊張する人だなぁ)

友「……帰ろ」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/11(金) 15:48:25.68 ID:gDiftCTto
続く
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/11(金) 18:39:23.57 ID:VzedBKQSO
乙乙〜
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/11(金) 18:45:01.69 ID:bZay/18vO
乙です
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/11(金) 18:45:41.50 ID:bZay/18vO
sage忘れた
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/22(火) 02:24:00.54 ID:DRWoOiqRo
先輩「ごめんなさいね、また少し遅れて……」

先輩「……あら?」

女「くー……」

先輩「……」

先輩「つん、つん」

女「……すぅー」

先輩「……にやり」


女「……」

先輩「ぷにぷにねぇ」

先輩(ずっと触ってても飽きないかも……)

先輩「ぷーにぷーに」

女「……すやぁ」

先輩「……くすくす」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/22(火) 02:47:51.96 ID:DRWoOiqRo
女「……んっう」

先輩「前から気になっていたのだけれど」

女「―――っ」

先輩「眠っている今がチャンスよね」

女「〜〜っ」

先輩「んー、やっぱり私よりも……」

女「せ、せんぱいっ!」

先輩「あら、残念。もう少し寝ていてもよかったのに」

女「こ、ここまでされて起きない奴は珍しいッスよ」

先輩「なるほど、このぐらいは大丈夫なのね」

女「せ、せんぱい?」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/22(火) 04:24:53.09 ID:DRWoOiqRo
先輩「そういえば、ここへ来る前にあなたのお友達に会ったわ」

女「友達……その子もしかして、ツインテールだったスか?」

先輩「そうそう、ツインテールが可愛らしい子」

女「……なんで、また?」

先輩「んー……」

女「……」

先輩「なんででしょうね?」

女「??」

先輩「……ふふ」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/22(火) 04:39:48.63 ID:DRWoOiqRo
先輩「……あら、もうこんな時間」

女「あ、ほんとッスね」

先輩「ほんと、楽しい時間は過ぎるのが早いわ」

女「その本、そんなに面白いんスか?」

先輩「……うふふ」

先輩「そんなに気になるなら、呼んでみる?」

女「へ?あー……っと」

先輩「じぃー」

女「で、では……少しだけ」

先輩「返すのはいつでもいいから」

女「お、おす」

先輩「よかったら感想、聞かせて頂戴ね」

女「……善処するッス」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/22(火) 07:16:54.02 ID:0o6He/oZo
続きキター
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/22(火) 08:57:58.49 ID:zDPbb4hWO
乙乙〜
待ってたぜ
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/28(月) 12:32:17.24 ID:3gt3a98so
女「……む」

友「……」

女「……むむ」

友「おーい?」

女「……むむむ」

友(聞こえてない、のかしら)

女「……むむむむ」

友(よーし……)

友「うりゃっ!」

女「……っ!?」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/28(月) 12:36:28.27 ID:3gt3a98so
友「んー……?」

友「あんた、また大きくなった?」

女「な、なにするんスか!」

友「私を無視した罰よ」

女「無視した覚えはないッスけど……」

友「……うりうり」

女「ひゃわっ!?」
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/28(月) 12:41:57.52 ID:3gt3a98so
友「こんな事されるまで気付かなかったじゃない」

女「と、とりあえず揉むのを止めて欲しいッスよ……」

友「……確かに、これ以上大きくなっても癪ね」

女「そ、そういう問題じゃないッスよぉ」

友「それにしても、あんた」

女「なんスか?」

友「頭でも打った?」

女「??」

友「それとも、変な物でも食べたとか……」

女「なんなんスか、藪から棒に」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/28(月) 12:46:50.19 ID:7bOjO7FD0
C
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/28(月) 12:48:01.83 ID:3gt3a98so
友「らしくない読書なんて、してるから」

女「失礼な。私も読書ぐらいするッスよ」

友「ふーん……」

女「これでも読書部所属なんスから」

友「ふーん……」


友「えっ」

女「ひゃんっ」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/28(月) 13:07:48.93 ID:3gt3a98so
友「あんたの入ってる部活って、読書部だったの?」

女「い、言ってなかったッスかね」

友「初耳よ……」

女「まぁ、自分でも似合ってない自覚はあるッスけど……」

友「ならなんで読書部なのよ」

女「それは……その」

友「……じろり」

女「な、なにとなく……」

友「なにとなく、ねぇ」

女「そそ、なにとなくッス」

友(ほんと、嘘付くのが下手よね)

友(ま、そんなところも可愛いというかなんというか?)
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/28(月) 13:14:35.55 ID:3gt3a98so
女「もう質問は終わりッスかね」

友「だったら何よ」

女「読書に戻らせてもらうッス」

友(……なんかムカツク)


友「というか、次移動教室じゃん!」

女「わ、忘れてたッス!」

友「ほら早く準備準備っ」

女「ちょ、ちょっと待って欲しいッスよぉ」

友「チャイムは待ってくれないっての!」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/28(月) 13:17:49.95 ID:SYFoL4qcO
乙乙〜
待ってたぜ
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/03/28(月) 13:31:22.33 ID:3gt3a98so
友「……ふぅ」

女「な、なんとか……ま、間に合ったッスね……」

友「……あんた、結構いい走りしてるじゃん」

女「そう……ッス、かね」

友「陸上部、入ってみたら?」

女「陸上部……」

友「走るだけでも、意外と気持ちいいもんよ」

女「……考えとくッス」


「こらー、そこー。私語は慎めー」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/28(月) 13:33:04.10 ID:3gt3a98so
つづく
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/28(月) 14:13:18.00 ID:3gt3a98so
毎度読んでくださってる方々ありがとうございます
励みになります、頑張ります
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/28(月) 16:29:53.86 ID:cVKfxmqqo

頑張ってくれ
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/05(火) 00:17:21.84 ID:TKpD08G00
紫煙
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/05(火) 01:52:42.44 ID:gZed6AEnO
気長に待ち
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/08(金) 20:57:30.64 ID:7/THwi000
ほしゅ
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/08(金) 22:33:08.81 ID:HH5/13zgo
女「あ、先輩」

先輩「今日はお互い時間通りだったみたいね」

女「そうッスね」

先輩「……遅れてきた方がよかったかしら?」

女「へ?」

先輩「その方が色々出来るでしょう?お互い」

女「い、いえ……そんな、事は」

先輩「……ふふ」
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/08(金) 22:44:32.48 ID:HH5/13zgo
先輩「早速読んでくれてるのね」

女「あ、はいッス」

先輩「どう、面白い?」

女「まだなんとも……ッスかね」

先輩「……そうよね、まだ序盤みたいだし」

女「面目ないッス」

先輩「うぅん、そんな顔をさせたかったわけじゃないの」

女「ひゃっ……」

先輩「集中してると周りが見えなくなるタイプなのね」

女「く、くひゅぐったひでしゅ、ひぇんひゃい」

先輩「んー、相変わらずもちもちだわ」

女(先輩は相変わらずひんやりしてるッス)
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/08(金) 23:03:06.21 ID:HH5/13zgo
女「あ、そういえば先輩」

先輩「はい、なんでしょう?」

女「うちの部って兼部OKなんスか?」

先輩「……なぜそんな事を聞くのかしら」

女「友達から陸上部へのお誘いがありまして」

先輩「友達……」

女「でも、自分的にはこっちの部も続けたいと言うか……」

先輩「……」

女「この部が嫌になったとかそう言う話では無くて……」

先輩「……ふふ」

女「……?」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/08(金) 23:12:38.07 ID:HH5/13zgo
先輩「この部室で私以外の誰かを見たことがある?」

女「ない……ッスね、そう言えば」

先輩「それが答えよ」

女「??」

先輩「部活は最低五人はいないと認められないの」

先輩「要は、私達の他に三人お化けがいるって事」

女「あぁ、なるほど」

先輩「深刻な顔してるから、一体何を切りだされるかと思った」

女「そんな深刻な顔してたッスか?」

先輩「えぇ、とっても」

女(そんなに顔に出やすいんスかね……?)

女「……むに、むに」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/08(金) 23:25:49.94 ID:HH5/13zgo
先輩「また難しい顔、してる」

女「はっ」

先輩「悪いって言いたかったわけじゃないの。ごめんなさいね」

女「いえ、先輩が謝る事では……」

先輩「あなたがやりたいように、して大丈夫」

女「せ、先輩……」

先輩「ん?」

女(この距離感は無意識なのかも……)

先輩「……」

女「……」


キーンコーン カーンコーン


先輩「……時間、みたいね」

女「そ、そうみたいッスね」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/08(金) 23:49:16.17 ID:HH5/13zgo
長く空きました

またちょいちょい更新していきます
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/09(土) 00:41:04.20 ID:j0p6q0+o0
乙でしたー
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/09(土) 00:58:59.95 ID:KjXpN/Wlo
おつ!
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/09(土) 01:11:05.47 ID:gRF0k6/kO
乙乙〜
間隔空いてもええから、エタらずに頑張っちくり〜
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/14(木) 11:54:06.05 ID:klyRTqY5o
先輩「……」

女(あれから先輩、何も言ってこないッス)

先輩「……」

女(この前のあれといい……先輩の考えは全く読めないッスね)

先輩「あら」

女「あっ」

友「……あ」

女「今帰りッスか?お疲れ様ッス」

友「あんたも今帰り?」

女「そうッスよ」

友「読書部の活動って大変なのね」

女「ま、まぁぼちぼちッスかね」

友「……」

先輩「……」

友「そんじゃ、ごゆっくり」

女(なんか、またご機嫌ナナメなような……)
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/14(木) 12:21:11.13 ID:klyRTqY5o
先輩「ねぇ、あなた」

友「……なんでしょうか」

先輩「帰る方向はどっち?」

友「何でそんな事聞くんですか」

先輩「どっち?」

友「駅の方、ですけど」

先輩「あら、同じ方向ね」

友「……は?」

先輩「キミも同じ方向よね?確か」

女「そうッスけど……」

先輩「なら、決まりね」

友「……」

女(こ、こっち見られても困るッスよ!)
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/14(木) 12:33:14.95 ID:klyRTqY5o
女「……」

先輩「……」

友「……」

女(……空気が重いッス)

女「……ちら」

先輩「……」

女(先輩は相変わらず何も言ってくれないし……)

女「……ちら」

友「……むすー」

女(こっちはこっちで相変わらず怒ってるし……)
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/14(木) 12:42:34.55 ID:xToEKIJF0
期待
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/14(木) 12:45:37.27 ID:klyRTqY5o
友「ちょっと」

女「ん?」

友「いや、あんたの家あっちでしょ」

女「ハッ……」

女(気付かない間にもうこんなとこまで来てたんスね)

友「何ボーッとしてんの、大丈夫?」

女「大丈夫ッスよ。ちょっと考え事してただけッスから」

友「そう?」

女「それじゃ、また明日ッス」

先輩「えぇ、また明日」

友「ん、また明日ね」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/14(木) 13:14:33.49 ID:klyRTqY5o
友「……」

先輩「……」

友「……あの、先輩」

先輩「はい、なんでしょう?」

友「私を誘ったのは、どういう意図からですか」

先輩「んー……」

友「……じろ」

先輩「なにとなく、とか?」

友「何ですか、それ」

先輩「もしかして私、嫌われてるのかしら」

友「……それはこっちの台詞な気がしますけど」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/14(木) 14:02:54.72 ID:klyRTqY5o
先輩「別に私はあなたの事嫌いじゃないけれど」

友「……」

先輩「だって、同じ人を好きな者同士でしょう?」

友「なっ!?」

先輩「あら、違った?」

友「そ、そうやってからかうのはやめてください!」

先輩「からかってなんか、いないわ」

友「……ぅ」

先輩「じぃー」

友「……ぷい」

友(じっと見つめられると、吸いこまれそう……)

友(あいつもこの瞳が……)

友「……じろり」

先輩「まぁ、怖い」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/14(木) 14:03:59.21 ID:klyRTqY5o
続く


あまり慣れてない展開書いてるので面白く無かったらゴメンネ
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/15(金) 00:23:02.46 ID:UsvqKBV6O
(書きたいもの書けば)ええんやで
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/15(金) 20:10:33.77 ID:h/fGaqr4O
ここまでお付き合いいただきありがとうございました
この作品はここで終わります
次はもっといい作品に出来るよう努力します
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/15(金) 21:30:51.50 ID:jbhs5a+XO
なりすましかな?
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/30(土) 17:47:54.20 ID:WK0c21adO
書き溜めしてます
消えてはいないです、一応
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/30(土) 19:29:06.73 ID:wwgvLU4oO
待ってるぞー
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/05/02(月) 16:22:26.66 ID:EQq8p6m/0
先輩「でも、からかってなんかいないのは本当」

先輩「あなたの事は嫌いじゃないし、あの子の事も大好きだもの」

友「……女の子同士、ですよ」

先輩「そうね」

友「……」

先輩「……」


先輩「あぁ、もっと話していたいのに。あなたの家はそっちなのね」

友「……私はもう少し話をしてもいいですが」

先輩「嬉しい提案ですけれども……今日はご遠慮しておくわね」

先輩「それじゃ、また明日」

友「……なんなんだよ、もう」
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/05/02(月) 16:24:21.10 ID:EQq8p6m/0
友「……っぷ、はぁ」

友(やっぱりあの人、苦手だわ……)

友「……大好き、か」

友「そりゃ、私だって……って、違う違う」

友(……帰ろ)
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/05/02(月) 16:26:54.21 ID:EQq8p6m/0
友(……全然眠れなかった)

友(変な話聞いたからだ、あぁ眠い……)

女「おはよッス」

友「……」

女「……あのー?」

友「……ぼーっ」

女「……とりゃっ」

友「んっ……」

女「……」

友「……」

友「何してんのよ」

女「少し大きくなったッスか?」

友「嫌味か、オイ」
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/05/02(月) 16:28:19.91 ID:EQq8p6m/0
女「いや、そんなつもりは……」

友「いつまで触ってんだ……よっっと」

女「いちっ」

友「全く……」

女「自分だって、同じことしたじゃないッスか……」

友「あぁん?」

女「ぶーぶー」

友(人の気も知らんで……)

友(心臓の音、聞こえてないよな……?)

女「……?」
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/05/02(月) 16:30:19.47 ID:EQq8p6m/0
女「あ、そうだ」

友「ん?」

女「とりあえず、体験入部とか出来ないもんッスかね?」

友「うちの部活?」

女「そ、陸上部ッス」

友「そっちの部活はいいわけ?」

女「別に辞めるわけじゃないッスよ」

友「……あっそ」

女(よかった、少し機嫌直ったみたいッス)
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/05/02(月) 16:34:23.64 ID:EQq8p6m/0
友「今日から来る?」

女「あー……そうッスね」

女「先輩に伝えてから行くッス」

友「休み時間のうちに伝えておけばいいんじゃないの?」

女「あー……」

友「そうすれば、部室に行く手間省けるでしょ」

女「んーっと……先輩のクラス、知らないんス」

友「そうなんだ」

女「申し訳ないッス」

友「別に謝ることじゃないでしょ……私が待ってればいいだけだし」

友「そんじゃ、また放課後」

女「出来るだけ急いで戻ってくるッスー」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/02(月) 16:34:55.02 ID:EQq8p6m/0
続く
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/02(月) 18:08:05.20 ID:gIY4wfCH0
乙乙〜
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/03(火) 00:48:13.80 ID:UQDiFupCo
乙!
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/28(土) 01:49:45.49 ID:T4LF4sBoo
続け
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/28(土) 09:53:36.44 ID:LCsNOcPVO
書き溜めはしてますがまとまった時間が取れず……すいません
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/28(土) 16:16:12.90 ID:70ueHvVH0
ええんやで
ぼちぼちでいいから頑張っちくり〜
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/13(月) 01:10:43.76 ID:YDrXLI4ro
先輩「……」

女「あ、先輩」

先輩「あら、どうしたの?そんなに汗かいて」

女「その、今日は陸上部の方に顔を出すので……」

先輩「……その報告を、わざわざ?」

女「……こく」

先輩「そんな事、気にする必要なかったのに。律儀なのね」

女「わわっ!?」
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/13(月) 01:22:44.13 ID:YDrXLI4ro
先輩「ほら、動かないの」

女「で、でも。ハンカチが汚れちゃうッス」

先輩「汚れちゃダメなものは持ってこないわ」

女「あうぅ」

先輩「ほら、これでよし」

女「ありがとうございます、先輩」

先輩「はい、どうぞ」

女「……?」

先輩「汗が拭けないと不便でしょう?」

女「それはそう、ですが……」

先輩「ほら、早く行ってあげて」

女「えと……行ってきます、先輩」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/13(月) 02:01:39.64 ID:YDrXLI4ro
先輩「……あ、ちょっと待って」

女「はい?」

先輩「……ぎゅうー」

女「……せん、ぱい?」

先輩(……これ以上待たせると、あの子に悪いわね)

先輩「はい、もう大丈夫」

女「あの、先輩……」

先輩「それじゃ、また明日」

女「……はい、また明日……ッス」


先輩「……ほんと、バカ正直なんだから」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/13(月) 02:58:57.22 ID:YDrXLI4ro
友「ん、やっと来たわね」

女「お待たせッス」

友「そんじゃ、行きましょうか」


友「連れてきたわよ」

女「宜しくお願いします」

「こちらこそよろしく。私がこの部の部長だ」

友「なんでちょっと偉そうなのよあんた」

「……ふむ、キミがいつも話しに上がる例の」

女「??」

友「おい、余計な事を言うな」

「おぉ、怖い怖い」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/13(月) 03:42:15.46 ID:YDrXLI4ro
女「いつもどんな話してるッスか?」

「あぁ、それは……」

友「ほら、くだらない話してないでさっさと着替えるわよ」

女「えー、気になるッスよ」

友「シャラップ!」

「まぁこの話はのちほどゆっくりと」

友「せんでいい!」
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/13(月) 03:42:41.52 ID:YDrXLI4ro
またちょっとずつ更新していきます
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/13(月) 05:17:16.07 ID:IRO52F9N0
屑百合豚さっさと死んとけよゴミks
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/13(月) 06:53:41.21 ID:qHf0DHSv0
生きとったか
ええぞええぞ〜
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/20(月) 02:32:10.12 ID:eorgq21io
友(全く、油断も隙もあったもんじゃない……)

女(普段どんな話してるのか、凄く気になるッスけど……)

友「ぶつぶつ……」

女(火に油を注ぐようなもんッスね)

女「……んしょ、っと」

友「……じろ」

女「どうかしたッスか?」

友「な、なんでもないわよ」

女「……?」

友「ほら、準備できたならさっさと行くわよ」

女「あ、はいッス」
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/20(月) 02:34:27.71 ID:eorgq21io
「おぉー、これはこれは……」

友「……ぎろり」

女「?」

「あー……うん。そいじゃ、とりあえず準備運動しよっか」

女「了解ッス」


女「い、いででで……」

友「まだ全然力入れてないわよ」

女「い、痛いもんは痛いッスよ」

友「……うりうり」

女「ひーんっ」
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/20(月) 02:47:30.44 ID:eorgq21io
「そろそろいいかな?」

友「へ?あ、うん」

女「いちち……」

『人を放っておいていちゃつくなんて、いい御身分だね』

『は、はぁ!?』

女「あぎゃっ!?」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/20(月) 04:14:45.61 ID:eorgq21io
女「……すー……はー」

友「何をガチガチになってんのよ」

女「授業を思い出して、つい緊張してしまうッスね」

友「そんなもんかしら?」

女「そんなもんッス」

「それじゃ、準備はOK?」

女「はーい、準備OKッスー」

友「そんじゃ、位置について……よーいっ」
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/20(月) 07:41:47.86 ID:vNpG/OhgO
舞ってた
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/20(月) 07:46:53.93 ID:ySOOEoUG0
乙乙〜
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/20(月) 12:59:06.61 ID:cQT+/czQO
乙!
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/20(月) 14:09:17.70 ID:eorgq21io
友「どう?なかなかのもんじゃない?」

「そうね……私が男だったら鼻血ものだわ」

友「……は?」


女「ハッ……ハッ……」


友「何の話してんのよ」

「胸」

友「走りを見なさい、走りを!」
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/20(月) 14:10:49.07 ID:eorgq21io
「あんたもそう言う理由で勧誘したんでしょ?」

友「なっ!?」

「……」

友「ちっ、違うわよ!そんな事……ある、わけ……」

「はい、ゴール」

友「びくっ」

女「はひー……はひ……」

「次は長距離を見てみたいんだけど、平気?」

女「ちょ、ちょっと休んだら……いけると思うッス」

友「……どきどき」
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/20(月) 14:14:57.24 ID:eorgq21io
女「ふー……ふー」

友「無理はしなくていいのよ」

女「ん、無理なんてしてないから大丈夫ッスよ」

友「……そう?」

女「言われた通り、気持ちいいッス。走るの」

友それなら、いいんだけど」

「そろそろいいかな」

女「すぅー……はぁー……」

女「よし、いつでもOKッス」

「それじゃ、よーい……」
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/20(月) 14:22:22.33 ID:eorgq21io
「まぁ、実際の所さ」

友「ん」

「あんだけたわわに育ってると、走るの大変そうよね」

友「そうかもね」

「……」

友「……」

「少し分けてもらえば?」

友「……あんただって人の事言えないでしょ」

「……?」

友「あによ、その顔」

「いや、流石に同じにされるのは困るかなと」

友「……言ったな?」

「言いましたけど」

友「……わきわき」

「なんだ、やるかぁ?」

友「あ」

「あ?」
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/20(月) 14:31:05.17 ID:eorgq21io
女「ふー……はー……」

友「お疲れ様。早かったじゃない」

女「そう……ッスかね?」

「初めてにしてはなかなかだと思うよ」

女「へへ、なんだか嬉しいッス」

友「んで、両方走ってみて感想は?」

女「んー……胸が」

「胸?」

女「胸がヒリヒリしてるッス」

友「……」

「……」

女「ど、どうしたッスか?二人とも」

友「……わきわき」

「……わきわき」

女「な、なんスかその手は……?」

友「自慢か、このやろー!」

「かくごーっ!」

女「ギャーッス!?」
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/20(月) 14:34:55.98 ID:eorgq21io
つづく
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/22(水) 20:18:30.30 ID:SKoVGiWGO
乙乙〜
45.69 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)