このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

助手「魔法の世界」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/22(月) 01:16:36.58 ID:jWvxIDgd0

前作の続き

助手「魔女の薬屋」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441211414/


更新頻度少なめ
オリジナル


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456071396
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

アルテラ「>>2は、悪い文明!」 @ 2017/05/24(水) 08:10:17.39 ID:L6z1FyCxO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495581017/

【久しぶりの】パー速でモンスト【トラップ】 @ 2017/05/24(水) 05:25:03.35 ID:PJQHqHjYo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1495571103/

桃子「鶴賀に来ればいいっす!」咲「私、男から無理だよ?」 @ 2017/05/24(水) 02:53:04.42 ID:UZOr4oLwO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495561984/

二宮飛鳥「無数の流星と小さな勇気と」 @ 2017/05/24(水) 02:42:11.68 ID:ikXJgynOo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495561331/

ブラック・ジャック「こいつは厨二病ですな」患者「我は闇の支配者なり!」 @ 2017/05/24(水) 02:07:50.39 ID:JmgJznv7o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495559270/

モバP「えーっと空気清浄機はーっと・・・ん?」 @ 2017/05/24(水) 01:13:23.14 ID:p2Oz7MF90
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495556002/

【ミリマス】P「シアター組の喫煙者あるある」 @ 2017/05/24(水) 01:06:31.62 ID:XnjUjxDf0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495555591/

男「美少女ですが何か?」 @ 2017/05/24(水) 00:26:44.65 ID:5ZXdbnRDO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495553204/

2 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/22(月) 01:17:58.16 ID:jWvxIDgd0

魔女「やあ、おはよう。助手くん」

助手「おはようございます、魔女さん。今日は早いんですね。用事でもあるんですか?」

魔女「別に、そういう訳ではないよ。たまたま早い時間に起きただけだ」

助手「そうですか、珍しいですね」

魔女「にしても、君はいつも早いな。私はこんなに早く起きること自体珍しいというのに」

助手「僕は早起きは慣れていますから、苦ではないです。それに、朝食を作る役目もありますし」

魔女「それが一番ありがたいよ。さて、死霊術師はまだ寝ているのか?」

助手「はい。死霊術師さんはいつも通りですね」

魔女「……猫はどうしたんだ?」

助手「猫ですか? その机の下に……あ」チラ

魔女「ああ、そこにいたのか」チラ
3 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/22(月) 01:18:53.23 ID:jWvxIDgd0

猫「…………」

助手「……寝てます、ね。ついさっきまでは起きていたんですけど……」

魔女「ふふ、もう少し寝かせておこう」

助手「あ、魔女さん。今日の仕事の方は……」

魔女「ああ、今日は特にないよ。私は依頼があるけれど、君には頼むものは特にない」

助手「そ、そうですか」

魔女「そんなに悲しまなくてもいいじゃないか。君に言わせれば、久々の休みだ。ゆっくりするといい」

助手「……分かりました。何かあれば言ってくださいね」

魔女「ああ。その時はよろしく」
4 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/22(月) 01:19:39.24 ID:jWvxIDgd0

死霊術師「……おはよう」

助手「おはようございます。……眠そうですね」

死霊術師「……ん……まだ眠い」ゴシゴシ

魔女「まだ寝ていても良かったというのに……」

死霊術師「……お腹へった……から……ご飯食べたら……また寝る」

魔女「……まあいい。助手くん、そろそろ出来るかな?」

助手「丁度できましたよ。どうぞ」

魔女「ありがとう」

助手「死霊術師さんは、多めにしますか? まだ結構余っていて……」

死霊術師「うん……もう少し欲しい」

助手「分かりました!」
5 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/22(月) 01:20:23.18 ID:jWvxIDgd0

助手「猫ー、猫ー」

猫「……ニャ……おはようございます、主殿」

助手「ご飯の時間だよ。食べる?」

猫「もちろん、いただきます。私の唯一の楽しみと言っても過言ではない程ですので」

助手「大袈裟だなぁ」

猫「それほど重要で楽しみなんですよ」

魔女「やあ、猫。やっと起きたか」

猫「これは魔女殿に、死霊術師殿。お二方とも、おはようございます」

死霊術師「……おはよぅ……」

魔女「さて、じゃ食べようか。いただきます」

死霊術師「……いただきます」

猫「ガツガツ」

助手「足りないなら言ってくださいね」
6 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/22(月) 01:21:19.79 ID:jWvxIDgd0

――――朝食後

魔女「さて、では私は早速仕事にかかるよ。助手くんは、どうする?」

助手「どうしましょう」

猫「主殿? 今日はお休みなのですか?」

助手「うん。そうなんだけど……」

猫「では散歩などいかがですか? 久々に外へ出歩いてみては」

助手「……えぇと」チラ

魔女「……中心部へ行かない程度なら構わない。それでも見つからないように気をつけてな」

魔女「まだ君にとっては危険な場所だからね」

助手「……分かりました。えっとそういう訳だから遠くまでは行けないけれど、いいかな?」

猫「ええ、私は構いません。主殿が共にいるのならば」

助手「ありがとう」
7 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/22(月) 01:22:07.14 ID:jWvxIDgd0

魔女「……む」

助手「? どうかしましたか?」

魔女「来客、だが……」

ガチャ

魔法使い「おはよう!」

魔女「……はぁ。また魔法使いか」

助手「おはようございます」

魔法使い「おはよう、助手くん。魔女は相変わらずだね」

魔女「朝から魔法使いの騒々しい声は耳が痛くなる」

魔法使い「何かすごい傷つく」

魔女「それで、今日は何の用事だ? 私は今日は忙しいんだが」

魔法使い「ううん、今日用事があるのは助手くんの方だよ」

助手「え」
8 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/22(月) 01:23:09.00 ID:jWvxIDgd0

助手「僕ですか?」

魔法使い「うん。ねぇ魔女、今日助手くん借りていいかな?」

魔女「……まぁ、今日は助手くんは休みではあるが……内容による」

魔法使い「人に会わせるだけだよ。助手くんを使ってどうこうするっていうわけじゃない」

魔女「……人に、ね。名前を言わない辺り、反対されるような人物だと?」

魔法使い「……うん、そんな感じ」

魔女「……助手くんはどうする?」

助手「僕は構いません。魔法使いさんが酷い事をするはずは無いですし。魔女さんがよろしいのなら」

魔法使い「ありがと。いいかな?」

魔女「……私も魔法使いのことは信頼している。ただ、万が一のことがあったら」

魔法使い「その時は、私が何とかするよ」
9 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/22(月) 01:24:17.78 ID:jWvxIDgd0

魔女「では決まりだ。助手くん、気をつけて行ってくれ」

助手「はい」

猫「……主殿」

助手「あ……ごめんね。急用が入っちゃってね。散歩は今度にしようか」

猫「構いません。大事な用事のようですし、仕方ありません」

助手「うん、ごめんね」

魔法使い「じゃ、準備ができたら行こう。もしかしたら、というか多分一日中になるかもね」

助手「一日中、ですか……」チラ

魔女「平気だよ。死霊術師はもう寝てしまったから、後で話しておく。昼食も私が作るから」

助手「……すいません」

魔女「謝らなくていい。君のせいじゃないからな」

助手「……ありがとうございます」
10 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/02/22(月) 01:26:29.74 ID:jWvxIDgd0
今日はここまで

三日に一度は更新したいと思います
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/22(月) 03:47:22.90 ID:EZD9zM2DO
帰ってきた乙
12 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/24(水) 22:51:03.92 ID:25nHTpwZ0

――――街の中心部

助手「今日会う方は一体……どんな人なんですか?」

魔法使い「簡単に言うと……魔法学校の先生をしている人だよ。私や魔女はその人に教わったこともあるくらい」

助手「え、じゃあすごい人では」

魔法使い「うん。私は今は教職の事を教わっててね。いつかその人のように魔法学校の先生になるんだよ」

助手「……そういえば、前に言ってましたね。初めて会った時に」

魔法使い「そう言えばそうだったね」

助手「難しいこと、なんですか?」

魔法使い「ん? 何が?」

助手「その、魔法学校の先生になるというのは」

魔法使い「……うん。知識、技術、実力、色んなものが備わって尚且ハイレベルでないと試験に受からない」

魔法使い「厳しい世界だよ」
13 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/24(水) 22:52:30.93 ID:25nHTpwZ0

魔法使い「さて、着いたよ」

助手「学校、という感じじゃないですけど……?」

魔法使い「ふふ、学校じゃないよ。先生も普通の家にくらい住む。学校に篭ってる訳じゃない」

魔法使い「とはいえ、普通の家でもないんだけどね」

助手「……? それはどういう意味ですか?」

魔法使い「入ってみたら分かるよ。ちょっと待ってて」スッ

助手「え、合い鍵ですか」

魔法使い「そ。私いつもここで教えてもらってるから先生がくれたんだ。先生もそんなに外に出ない人だから別にいいって」ガチャ

助手「……すごいですね」

魔法使い「いろんな意味でね」
14 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/24(水) 22:55:09.47 ID:25nHTpwZ0

――――家の中

助手「……え?」

魔法使い「驚いた? 普通の家じゃないって言ったでしょ?」

助手「外から見たら普通の家なのに……」

魔法使い「先生が魔法で中を豪邸のように広くしてるんだよ。こんな広さにできるのは先生くらいしかいない」

魔法使い「先生ー、連れてきましたよー?」

魔法使い「……多分、いつもの部屋かな。ちょっとついてきて」

助手「わ、分かりました」
15 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/24(水) 22:56:09.76 ID:25nHTpwZ0

――――とある一室

魔法使い「先生、連れてきました」コンコン

「どうぞ、入っていいよ」

魔法使い「入っていいって」

助手「魔法使いさんは……」

魔法使い「先生は君と二人で話がしたいって言ってたからね。私は待ってるよ」

魔法使い「それより、先生が待ってるから。じゃ、私はこれで」

助手「は、はい。ありがとうございました」

助手「…………失礼します」ガチャ

?「やあ、初めまして。君が助手くんだね?」

?「僕は、まあ、なんて言えばいいかな」

?「……んと、魔法使いの先生をしている、魔法士だ」


魔法士「よろしく」

16 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/24(水) 22:57:19.30 ID:25nHTpwZ0

助手「あ、の、よろしくお願いします」

魔法士「申し訳ないね。突然呼び出したりして。しかも初対面の僕が偉そうに」

助手「いえ、魔法使いさんの知り合いならば」

魔法士「ありがとう。で、えーと……まあ、最初は僕が君に会おうとした理由を話そう。何か飲むかい?」

助手「え、と、とんでもないです」

魔法士「遠慮しなくていいよ。僕がやりたいだけだから。紅茶でいいかな?」

助手「あ……じ、じゃあ頂きます」

魔法士「うん」
17 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/24(水) 22:58:19.31 ID:25nHTpwZ0

魔法士「僕はつい最近まで、君のことを知らなかったんだ」

魔法士「けど、僕の耳にちょっとした噂が流れてきてね」

助手「噂……」


魔法士「魔女が助手をとった」


魔法士「この噂は、僕達の間、とくに魔法に関わっている人には衝撃だったよ」

魔法士「それほど、魔女は凄いという意味だけどね」

魔法士「その噂を聞いて魔法使いを問いただしたところ、魔法使いは君と知り合いだった」

魔法士「それなら丁度いいということで、君を呼んだんだ」

助手「……えーと、それならば何故僕だけですか? 魔女さんも一緒に」

魔法士「魔女が来たら意味が無いんだ」

魔法士「僕は君のことを知らなければならないんだから」
18 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/24(水) 22:59:43.06 ID:25nHTpwZ0

助手「……それは、どういう」

魔法士「……あれ、魔法使いに言われなかったのかな。てっきり話しているものだと……」

助手「魔法使いさんの学校の先生をしていたとしか……」

魔法士「……ああまあ、そっちも大事なんだけどね……」



魔法士「僕は、裏世界委員会の魔法人族の長なんだ」



助手「…………え」

魔法士「ごめんね、隠すつもりはなかったんだけど、というよりもう知っているものだと思ってたからね」

助手「……もしかして、僕の事を」

魔法士「いやいや違う違う。君を、人間を委員会に突き出す訳じゃない」

魔法士「そこは、魔法使いと約束させられたからね。それに、そんなことをすれば魔女が何をするか分からないからしないよ」
19 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/24(水) 23:00:44.11 ID:25nHTpwZ0

魔法士「僕は、魔法人族の長として、この地域の、魔法人族の全てを知る義務があるんだ」

魔法士「なんて、僕が勝手に決めてることだけど、長ならばそれくらいしなければならないと思うよ」

魔法士「だから、君のことも知らなければならない」

魔法士「……そうして、今日、君と会うことになった」

魔法士「ホントは他にもあるけれど」

魔法士「これが、僕が君に会いたかった理由だ」

助手「…………」

魔法士「さて、改めて自己紹介しよう」

魔法士「僕はとある魔法学校の教師をしていて、魔女と魔法使いの元先生で」

魔法士「今では魔法人族の長でもあり、そして君の味方でもある」


魔法士「魔法士だ。以後よろしく」

20 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/02/24(水) 23:01:30.61 ID:25nHTpwZ0
今日はここまで
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/26(金) 04:59:10.78 ID:eaexTDcDO
おつ
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/26(金) 12:04:15.21 ID:jfa2jZLFO
あやC
おつ
23 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/26(金) 23:58:23.92 ID:vhO/hnSy0

魔法士「えっと、そうだな……何聞きたい事とかあるかな? 答えられる範囲なら何にでも答えるよ。突然呼び出したお詫びとして」

助手「……魔女さんは、昔からあのような感じなのですか?」

魔法士「…………ふふ」

魔法士「……うん。彼女は昔から変わらない」

魔法士「常に頂点に君臨して、しかし日々研鑽していた」

魔法士「彼女の学問を追い求める姿勢は、素直に感心したよ」

魔法士「彼女は魔法より薬学を得意としていた。それもあってなのか、今は薬屋をやっている」

魔法士「とはいえ魔法も、それ以外の学問も周りと比べれば群を抜いていた」

魔法士「きっと、彼女にとって学校はつまらなかっただろうね」
24 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/26(金) 23:59:09.43 ID:vhO/hnSy0

魔法士「いや、彼女にはいつも魔法使いがついていた」

魔法士「つまらなかった訳ではないかもしれない」

魔法士「だが、魔法使い以外に交遊は見られなかった」

魔法士「あの二人は常に一緒にいたと思うよ」

助手「…………」

魔法士「あとは……凄いとしか知らないかな。天才とまで言われていたこともある」

魔法士「ごめんね。それほど知らないや」

助手「……いえ、いつか魔法使いさんに聞いてみます。魔女さんのことを」

魔法士「うん、その方がいい。……そうだ、代わりに僕の話をしよう」

魔法士「自慢話になっちゃうだろうけど、いいかな?」

助手「はい、お願いします」
25 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/27(土) 00:03:45.89 ID:Z6iiFPYJ0

魔法士「僕も元々は彼女らと同じ学校の出身でね。魔女と同じ様に天才、神童と呼ばれていた」

魔法士「当時から僕は魔法が大好きで、毎日のように魔法学の本を読んで、関する本も多数読んだ」

魔法士「その影響が強かったのかな。やっぱり」

魔法士「ただ僕の場合、もう一人天才がいたんだよ」

魔法士「僕とその人合わせて」


魔法士「よく『白碧の両雄』と呼ばれていた」


助手「……白碧、ですか」

魔法士「うん。碧っていうのは僕の事。ほら、僕の着ている服が緑だろう?」

魔法士「その人も、同じように白い服を着ていた。……もしかしたら、他にも意味があったのかもしれないけど」

魔法士「僕はそれからその人のことを『白』と呼ぶようになった」

魔法士「名前を教えてくれなかったからね」

魔法士「それからその人……白も僕の事を『碧』って呼ぶようになったんだ」
26 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/27(土) 00:04:40.68 ID:Z6iiFPYJ0

魔法士「で、僕は学校を卒業してから、魔法学を研究することに没頭した」

魔法士「それなりに成果を挙げてからの事、僕に魔法人族の長になって欲しいというお声がかかってね」

魔法士「めでたく、僕は長になった」

魔法士「それから学校の先生にもなったし、世界中にも名が知れた」

助手「……凄いですね」

魔法士「まあね。長になるというのは僕の夢でもあってさ」

魔法士「魔法人族において魔法のスペシャリストの証みたいなものでもあるから」

魔法士「魔法が好きな僕にとっては、一番嬉しかったよ」
27 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/27(土) 00:05:32.76 ID:Z6iiFPYJ0

魔法士「……さて、もう話したいことは無いかな」

助手「そういえば」

魔法士「?」

助手「最初に、会う理由は他にもあった、と言ってました」

助手「その、他の理由とは何ですか?」

魔法士「そうだね。その話もしなくてはいけない」

魔法士「けれど、丁度いい。その話は後でしよう」

助手「後、ですか? 丁度いいって……?」

魔法士「もうそろそろ、お昼時だ。昼食にしよう」

魔法士「魔法使いから、君が料理出来ると聞いたからね、もし良かったら作って欲しい」
28 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/27(土) 00:07:14.09 ID:Z6iiFPYJ0

――――昼食後

魔法士「いやいや、驚いたよ。久しぶりに美味しい食事だった」

助手「あ、ありがとうございます」

魔法士「いつもは、僕が作るんだけどね……。魔女は羨ましいな」

助手「……魔法使いさんは作らないんですか?」

魔法士「魔法使いに料理はやらせない方がいい。危険な目に会うよ」

助手「…………はぁ」

魔法士「……そういうことだよ。何度か教えようともしたけれど、何故かいつも色が変なんだよねははははは」

助手「……もう大丈夫です」
29 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/27(土) 00:08:03.15 ID:Z6iiFPYJ0

魔法士「会いたかったもう一つの理由、だったね」

魔法士「簡単に言えば、これからの事だ」

助手「これから……ですか?」

魔法士「そう、これから。一つ、助手くんに質問がある」

助手「質問?」

魔法士「君は、これからどうしていく予定だった?」

助手「これから、と言われても、魔女さんの元で働き続ける、ですか?」

魔法士「だろうね。僕はそのために話をしなくちゃならない」

助手「……何かあるんですか?」


魔法士「僕は、魔法人族の長を辞めることに決めた」

30 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/27(土) 00:09:07.94 ID:Z6iiFPYJ0

助手「……それはどういう……」

魔法士「そうだよね。特に辞めるのに深い理由は無いし、僕が辞める事は別にいいんだ」

魔法士「今、僕より凄い人は沢山いる」

魔法士「そんな人たちの為に、ずっと居座るのは悪い気がする」

魔法士「僕は先生だからね。自分より下の年代に頑張って貰わないと」

助手「えぇと、それで」

魔法士「ああ、そうだった。僕が辞めることになると、勿論後任の人が必要なんだ」

魔法士「で、その後任の人を選ぶ権利は、僕にあるんだ。魔法人族の長として相応しい人を」

助手「…………もしかして」
31 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/27(土) 00:09:44.74 ID:Z6iiFPYJ0





魔法士「僕は、魔女を長にする予定でいる」




32 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/02/27(土) 00:10:12.37 ID:Z6iiFPYJ0
今日はここまで
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/27(土) 00:32:00.72 ID:Uh8hrcsDO
おつ
34 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/29(月) 23:22:28.61 ID:xHcGlT4I0

助手「…………」

魔法士「勿論、本人に拒否権はある。けれど、これは魔法人族の未来にも関わることだからね」

魔法士「魔女も、そこら辺は分かっているはずだ」

助手「……他の人にする訳にはいかないんですか?」

魔法士「いかない。さっきも言ったように、この決定は魔法人族全体にとって重要なことだ。僕だって簡単に選んでいいわけじゃない」

魔法士「全てを考慮した結果だよ」

助手「…………」

魔法士「納得して欲しい。これが僕の決定だから」

助手「……分かり……ました」
35 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/29(月) 23:23:05.05 ID:xHcGlT4I0

魔法士「……君は何を心配している?」

助手「……え?」

魔法士「委員会に入るからと言って、これまでが変わるわけじゃない」

魔法士「いつもと同じ生活だって送れる。実際、僕は委員会の一員になってからも、ほぼ毎日この家で魔法の研究を行っているよ」

助手「そ、それは本当ですか!?」

魔法士「……やはり、君は魔女が薬屋を続けられるのかどうかが心配だったのかな?」

助手「……それもあります。けれど、一番は僕はこのまま魔女さんの傍に居られないんじゃないかと……」

魔法士「……なるほどね。ま、そんな心配はしなくてもいいよ」

魔法士「いわゆる杞憂ってやつだね」
36 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/29(月) 23:23:37.69 ID:xHcGlT4I0

魔法士「さて、で、魔女が委員会の一員になる時に一つだけ問題が生じる」

助手「問題、ですか? ……無いと思いますけど」

魔法士「君だよ、助手くん」

助手「…………あ」

魔法士「そう、君の存在だ。委員会にはまだ君の存在は知られていない」

魔法士「魔女が新しく委員会に入ってから、君の存在が委員会に知られた場合、魔女は君のことを匿っていたと認識される」

魔法士「それは、魔法人族にとって信頼の面で大きなマイナスになる訳だ」

助手「……僕は、魔女さんにとって邪魔になるってことですか?」

魔法士「そこまでは言っていないよ。……障害であるのは違いないが」

助手「…………」
37 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/29(月) 23:24:21.43 ID:xHcGlT4I0

魔法士「一応、そうならない方法はあるんだ」

助手「! そ、それはどうすればいいんですか!?」

魔法士「ちょっと強引な方法だけど、魔女が委員会に入る前に、君のことが委員会に知られていればいい」


魔法士「助手くんを委員会のメンバーに知ってもらうんだ。君の存在を」


助手「……知ってもらう……。でも、それでは僕は捕まるのでは」

魔法士「その点は僕が何とかするから大丈夫」

魔法士「ただ、この方法にのるかは君次第だ。今のまま薬屋で働き続けるという選択肢もある」

魔法士「……その場合、魔女にとって君は本当に『重荷』で『邪魔』な存在になるかもしれないけどね」

助手「! …………僕は、そうは、なりたくないです」

魔法士「……では、一緒に来てくれるかな?」

助手「……けれど、魔女さんは……」

魔法士「…………」
38 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/29(月) 23:24:54.01 ID:xHcGlT4I0

魔法士「……君は、それでいいのかい?」

助手「……え?」

魔法士「この件は魔女もだけれど、ほぼ君に関してのことだ。最終決定権を魔女に委ねていいと言うのか?」

助手「それは……」

魔法士「僕は君に聞いている。行くのか、行かないのか」

魔法士「自分の意思を持つことだ」

助手「…………」

魔法士「君の意志はどうなんだ? 行くのか? それとも行かないのか?」

助手「……行き……たいです」
39 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/29(月) 23:26:24.55 ID:xHcGlT4I0

魔法士「……うん。分かった」

魔法士「じゃあこっちの準備ができたら連絡するよ。その時は魔法使いをまた行かせるから」

助手「もう行くんですか?」

魔法士「善は急げってね。後回しにして何か起こった後じゃ遅いから」

助手「はぁ……えぇと、準備、は僕も何か必要な物とかは」

魔法士「……うーん、食糧も寝る場所も確保できるだろうし……まあ衣服とかかな」

助手「……もしかして、数日ほどかかるんじゃ」

魔法士「そりゃかかるよ。今は委員会が無いから皆、自分の街に戻っている。そこに会いに行くんだから」
40 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/29(月) 23:27:01.23 ID:xHcGlT4I0

魔法士「とはいえ、流石にそんな何日も行く訳じゃない。出来るだけ時間を無駄にしたくないから、こっちで協力者を呼ぶ」

魔法士「その人が来るまで時間がかかるかもしれないけど、その後に行こうと思う」

魔法士「もちろん、話を聞いてもらった上でね」

魔法士「それが準備。準備が終わり次第、君に連絡する。それまでに魔女には言っておいてくれ」

助手「…………分かり……ました」

魔法士「じゃあ今日はこれで話は終わり」

助手「! もういいんですか?」

魔法士「うん。僕はこの話をしたかったし、それにほら。外、もう暗くなってきてる。魔法使いに送らせるよ。夜は危ないからね」
41 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/02/29(月) 23:27:35.66 ID:xHcGlT4I0

助手「……ありがとうございました」

魔法士「ううん。こちらこそ、わざわざ来てくれてありがとう。本当ならば、こっちから出向かなきゃいけないのにね」

魔法士「魔法使いから、行かない方がいいって言われたから。分からないけど」

助手「え?」チラ

魔法使い「実は、先月の一件のこと、先生に話してないんだ」コソコソ

魔法使い「流石にあのことは口外しない方がいいかなってね」コソコソ

助手「なるほど……」コソコソ

魔法士「じゃ、魔法使い。お願いするね」

魔法使い「はい! ちゃんと送ってきます!」
42 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/02/29(月) 23:29:05.55 ID:xHcGlT4I0
今日はここまで
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/29(月) 23:56:48.33 ID:eXo0+V6r0
おつ
44 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/04(金) 00:44:54.14 ID:Hw6pB2940

――――帰り道

魔法使い「……そっか。魔女がねぇ……」

助手「驚かないんですか?」

魔法使い「驚くも何も、私はずっとそう思ってたんだよ。魔女がなるだろうなぁって」

魔法使い「だって、当時学校で天才とか神童とか呼ばれてて、今もまだ魔法に通じている人たちの中ではとても有名だし」

魔法使い「卒業試験じゃ、独創性、安定性、精度等々、すべての項目で満点近く叩き出して」

魔法使い「長の最有力候補だったんだよ」

助手「そうなんですか」

魔法使い「だから、別に不思議じゃないよ。だけど……」

助手「?」

魔法使い「先生が辞めるのを初めて聞いた時は驚いたなぁ……てね」
45 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/04(金) 00:45:58.11 ID:Hw6pB2940

魔法使い「……ふーん。委員会の人たちに、ねぇ」

助手「はい。もしかしたら……っていうこともあるかもしれませんけど、僕は行った方がこれからの為にいいと思ってます」

魔法使い「そうだね。私も賛成、かな」

魔法使い「先生の言う通り、確かに君は将来魔女にとって障害になると思う。人間だしね」

魔法使い「ただ、まだ時間的に早いんじゃないかなーとは思うけどね」

魔法使い「先生が辞めるって言っても、数ヶ月か数年先だと思うし」

魔法使い「その後からでも、良かったんじゃないかなぁ……」
46 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/04(金) 00:47:03.57 ID:Hw6pB2940

助手「……魔女さん、一つ、質問いいですか?」

魔法使い「ん、いいよ。答えられる範囲なら」

助手「……もし、僕が人間として捕まった場合、僕はどうなりますか?」

魔法使い「…………」

助手「……魔女さん?」

魔法使い「……ごめんね、私には分からない。確かに一人目は委員会に捕まってからすぐに死んだって公表されたけど、実際に何をしてどうなったのかは全く知らされてないんだよ」

魔法使い「先生にも聞いたことあるけど、口止めされてるって言ってた」

助手「……そうですか」

魔法使い「……けど、助手くんには先生が、それと今までもエルフさんもついてるから多分大丈夫だよ」

魔法使い「あの二人は、君が想像しているよりもすごい人たちだから」
47 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/04(金) 00:47:41.85 ID:Hw6pB2940

――――薬屋

魔女「……成程、ね。確かに、先生の言う通りだな」

助手「それじゃあ……」

魔女「うむ、行ってくるといい。その間のことは薬屋のことは心配しないでくれ」

助手「すいません。何から何まで」

魔女「構わないよ。それに、先生の提案は君がこの世界を知る大きな経験にもなる。私にとっても、それは嬉しいことだ」

魔女「ただ、気掛かりなのは先生が言う『協力者』だが……まあ、先生の知り合いならば悪者ではあるまい」

魔女「それにしても、私が次の魔法人族の長か。……ふふ、喜ぶべきなのだろうが、まだ実感がわかないな」
48 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/04(金) 00:49:36.56 ID:Mk/RGiTJ0

助手「魔女さんは、すごい人なんですね」

魔女「すごい?」

助手「魔法士さんと、魔法使いさんが言ってました。学校の時には天才と呼ばれていたとか、今でも魔法に関係する人の間で有名、とか」

魔女「……ありがとう。けれど……照れてしまうな」

魔女「さて、もうこんな時間だ。夕食にしよう」

助手「はい! ……あれ、そういえば死霊術師さんは……」

魔女「ああ、そうだった。言い忘れていた。彼女は仕事に行ったよ。様子を見に行くとね。すぐに帰ってくるとは言っていたが、それでも、きっと数日間は帰ってこないだろうな」

助手「そうですか、分かりました。では、二人分でいいですか?」

魔女「ああ、二人……と一匹分だな」

猫「おお主殿、いつお帰りに!」ピョン

助手「わっ、またいきなり肩に……帰ってきたのはついさっきだよ」

猫「そうでしたか。それで、一体どこへ行かれたのですか?」

助手「えぇと、その話は夕食の時に、ね。今から夕食作るから」
49 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/03/04(金) 00:50:58.35 ID:Mk/RGiTJ0
今日はここまで
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/04(金) 02:35:37.99 ID:M2jV6bGSo
ワクワクしてきた
おつ
51 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/07(月) 02:16:48.92 ID:UuuM0I5e0

――――夕食後

魔女「そうだ、助手くん。明日は少し忙しいよ」

助手「少し……ですか」

魔女「ああ。まず、騎士の所へ配達に行かなければならない」

助手「騎士さんですか? 死霊術師さんについて行ったんじゃ……」

魔女「死霊術師が私に『騎士に渡してくれ』と頼んでね。多分、騎士は遅れて行くんじゃないかな」

助手「なるほど。……でも、それだけで忙しいというのは」

魔女「その後だ。死霊術師がいなくなってしまった今、私が買出しに行かなければならないのだが……」

助手「あ、それは、そうですね」

魔女「実は、ついでに私が普段お世話になっているとある商店にも用があってだな」

助手「商店……て、いつも行く場所では駄目なんですか」
52 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/07(月) 02:17:45.28 ID:UuuM0I5e0

魔女「ああ。買う物は私が薬を作る時に使う材料でね……専門の店にしか売っていないんだ」

助手「薬の材料……」

魔女「そう。そこにも買いに行かなくてはならない」

魔女「そこで、助手くんにも一緒来てもらう。荷物持ちの役割もあるが、これからお世話になる材料屋の店主への挨拶も兼ねてね」

助手「ふむ……分かりました」

魔女「よし。……そうだ、猫」

猫「はい? 何でしょう魔女殿」

魔女「君の散歩もしようか。明日一緒に来るといい」

猫「……おお! それはありがとうございます! 私、とても感激です!」ピョン

魔女「おっと、ふふ、君は嬉しいことがあるとすぐに肩に乗るのだな」ナデナデ
53 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/07(月) 02:21:21.66 ID:UuuM0I5e0

――――夜

助手「……そっか。死霊術師さん、いないんだったな」

猫「どうかされましたか? 主殿」

助手「……ううん、ちょっと寂しいだけ。あと……少し心配」

猫「心配ですか……そういえば、死霊術師殿から言伝を預かっていました」

助手「言伝?」

猫「はい。『心配しないで』と」

猫「『助手くんは心配症だから』とも言っていました」

助手「……そっか。……けれど、前に死霊術師さんが仕事のことを話してくれたんだ」

助手「戦争の助っ人みたいなことって言ってた。だから、より心配なんだよ」

猫「…………」

助手「……いや、悪いことを考えるのはよそう。じゃ、明日はよろしくね」

猫「はい! こちらこそ、よろしくお願い申し上げます」
54 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/07(月) 02:22:08.53 ID:UuuM0I5e0

――――翌日 配達途中

助手「そういえば、騎士さんに会うのは久しぶりですね」

魔女「そうだな。この一ヶ月ほどは会っていない。会っているのは死霊術師だけだろう」

猫「騎士殿には、私も久し振りにお目にかかります」

助手「あれ、猫って騎士さんに会ったことあった?」

魔女「死霊術師が家に戻ったとき、一緒に猫も連れていったんだ。あの時、薬屋では見る人がいなかったからな」

助手「あ……そっか……」

猫「騎士殿には話せることは言っていない筈ですので、出来るならばそのまま……」

助手「うん。分かったよ」
55 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/07(月) 02:22:42.11 ID:UuuM0I5e0

――――家の前

コンコン

助手「騎士さーん、配達に来ましたー」

ガチャ

騎士「どうも、いつもありがとうございます……これはこれは、今日は魔女さんもご一緒でしたか」

魔女「ああ、久しぶりだな、騎士」

騎士「ご主人はなにかご迷惑などかけておりませんでしょうか?」

魔女「迷惑などないよ。むしろ、手伝いもしてくれてこちらが助かる」

魔女「来た当初は助手くんのことを知りたいだけだと言っていたんだがな。いつの間に変わったんだか……」

騎士「そうでしたか。それでは、これからもお願いします」

魔女「それより、そっちの方が大変そうだが」

騎士「いえ、ご主人の突然の行動は今に始まった事ではありませんし、慣れています」

騎士「それに、私はご主人の眷属ですので」
56 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/07(月) 02:23:25.53 ID:UuuM0I5e0

騎士「今日はありがとうございました。わざわざ皆様で届けて頂いて」

助手「それじゃあ、ええと、頑張ってくださいね。仕事」

騎士「……ええ、分かっています」

魔女「そうだ。近々、助手くんも数日程空けることになるそうだ」

騎士「助手さんも、ですか」

助手「あ、えと、はい。あまり詳しいことは言えないんですけど……」

魔女「そういうことだ。死霊術師にも言っておいてくれないか?」

騎士「ええ、分かりました」

助手「では、えと、死霊術師さんによろしくお願いします」

騎士「はい、ありがとうございます」
57 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/03/07(月) 02:24:11.01 ID:UuuM0I5e0
ここまで
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/07(月) 03:53:35.81 ID:ujO1SrF4O
59 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/09(水) 23:52:08.84 ID:nPlAHpOM0

――――昼食後 中心部より離れた所

助手「……魔女さん」

魔女「どうかしたか?」

助手「……結構、遠いんですね。その、材料屋という所は」

魔女「ああ。ちょうど、薬屋から中心部を挟んで反対側だからな。私もたまにしか行かない」

魔女「だが、行く価値はあるんだ。品質も種類もこの街では一番だ。あそこでないと、買えないものもある」

助手「へぇ、凄いですね。そういう材料はどうやって入手するんですか?」

魔女「あの店は近くのギルドに依頼をしているんだよ。高級なものから、一般的なものまでね」
60 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/09(水) 23:53:38.79 ID:nPlAHpOM0

助手「……ギル……ド? ですか?」

魔女「ああ、すまない。ギルドの説明もしていなかったか」

助手「ああでも、あっちの世界でも、創作ですが、知っています」

助手「えぇと、冒険者の集まり、みたいなものですよね? 依頼を受けて……その報酬を受け取る……って感じで」

魔女「ふむ、まあ簡潔に言えばそうだよ。そっちの世界のファンタジーは、この世界と酷似しているのだな」

魔女「実は、この街の内側は比較的安全なのだが少し外に出れば広大な森もしくは乾いた平地に変わる。そこは、君のファンタジーに出てくるような怪物や魔物がいる」

魔女「迂闊に外に出ないように」

助手「……え、でも、今度行くことになってるんですけど……」

魔女「先生がいるからきっと平気だよ。それに、旅を長引かせないように協力者を呼んでいるのだろう?」

助手「そうですけど……」

魔女「あの人は、普通に歩いて行くなんて考えは持たないはずだ。おそらく何らかの考えがある。考えるに、浮遊か転移か……」

助手「…………」

魔女「……助手くんが悩む必要などないよ。周りは君の思うより、ずっと君を大事にしてくれる。……これでも、私だって、君のことを大事だと思っている、からな。……知ってるだろうが」

助手「……あ、ありがとうございます!」

魔女「そ、そんな叫ばないでくれ。……少し照れる、から」
61 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/09(水) 23:54:42.56 ID:nPlAHpOM0

――――材料屋

店主「お、いらっしゃい」

魔女「やあ、またお邪魔するよ」

店主「おう、魔女さんじゃねぇか。久し振りぃ」

魔女「久し振り、という程でもないがな」

店主「今日もいつものセットかい?」

魔女「ああ、そうだが……用意してあるのか?」

店主「まぁな。そこの棚の上から二番目の箱だ。中身を確認してくれ」

魔女「これ……だな……ん、と、どかない……」

助手「あ、あの、僕取りましょうか?」

魔女「……すまないな、頼む」

店主「…………?」
62 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/09(水) 23:56:14.86 ID:nPlAHpOM0

店主「毎度あり」

魔女「いつもすまないな」

店主「なに、構わねぇよ。魔女さんはこの店の上客だからな」

魔女「ふふ、ありがとう」

店主「……で、常連客の魔女さんよ。あの野郎、誰なんよ?」

魔女「ん、ああ。私の助手だ」

店主「……ほぉ、魔女さんのお眼鏡にかなう奴がいるとはねぇ。一体どこで拾ったんだ?」

魔女「それ以上は誰にも教えられないよ。企業秘密という奴だ」

店主「んだよつれなちねぇ。ま、俺にとっちゃ上客の一人だがな」

魔女「彼もきっとこれから世話になるからね。よろしく頼むよ」
63 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/09(水) 23:57:25.73 ID:nPlAHpOM0

店主「ま、珍しいもんだ。魔女さんのような人が、あんな平凡そうな男をねぇ」

魔女「平凡、かもしれないな。だが、彼は立派に仕事をこなしてくれるし、料理も作ってくれたりもする」

魔女「私の傍で彼はいつも笑っていて、それが何というか……楽しくて愉しくてね」

魔女「まあ、所謂かけがえの無い存在、という奴だよ」

店主「魔女さん、もしやあの野郎に惚れちまったか?」

魔女「……ふふ、言うようになったものだな」

店主「す、すまねぇすまねぇ! つい口が滑ったんだよ許してくれ」

魔女「……けれど、否定はしないよ。……肯定もしないがな」
64 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/09(水) 23:58:38.95 ID:nPlAHpOM0

店主「さて、そっちの……」

助手「えっ、あ、僕ですか?」

店主「そうそう。一応挨拶はしとかねぇとな」

店主「この材料屋を営んでいる、店主だ。よろしく」

助手「はい、僕は魔女さんの薬屋で働いてます、助手といいます。よろしくお願いします」

店主「本当ならうちにはお前のようにもう一人働いてる奴がいるんだが……生憎今日は休みでな……挨拶は今度にしてくれ」

魔女「? もう一人、なんていたのか? 前に行った時はいなかった筈だが……」

店主「ああ、そのすぐ後にな。俺も休みが欲しいから、働き手を募ったってもんよ」

店主「来たのは、一人だけだったけどな……」

店主「ま、そういう訳だからもう一人の紹介はいずれってことで」

魔女「ああ、今日はありがとう」

店主「おう、また来てくれよな」
65 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/09(水) 23:59:49.67 ID:nPlAHpOM0

猫「主殿、御用はお済みになったので?」

助手「うん、長い間待たせてごめんね」

猫「いえいえ。動物出入厳禁の店などは多数ありますので、構いません。慣れというものです」

魔女「目的のものは買えたよ。では、帰ろうか。」

助手「はいっ!」
66 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/10(木) 00:01:07.68 ID:MezOrqu40

――――薬屋 外

魔女「……はぁ……何の用だ」

魔法使い「いやいやぁ、まぁ、ちょっと」

助手「あれ、魔法使いさん? どうしたんですか?」

魔女「全くだよ。どうしてここにいる?」

魔法使い「これには深い事情がありまして……」

助手「……ま、まぁ、とりあえず中に入りませんか? 荷物もありますし……」

魔女「……そうだな。魔法使いの事情とやらを聞かせてもらおう」ガチャ

魔法使い「ありがとう! お邪魔しまーす」
67 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/10(木) 00:01:36.98 ID:MezOrqu40
ここまで
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/10(木) 02:05:47.31 ID:1INrlQDTO
おつかれちゃん
店主はたぶんハゲ
69 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/13(日) 00:14:22.42 ID:GtglykAS0

――――薬屋

魔女「……で、まず何故魔法使いはここにいる?」

魔法使い「えぇー、用事が無いと来ちゃダメ?」

魔女「ダメだ。むしろ用事があっても極力来ないで欲しいんだがな」

魔法使い「何か今日は冷たい」

魔女「もう今日は一日歩き回って疲れたんだ」

魔法使い「回復魔法でもかける?」

魔女「いい。そんなことより、早く話せ。それとも、断られるような事なのか?」

魔法使い「え、まだお願いとは言ってないんだけど」

魔女「魔法使いの事だ、どうせそうなんだろう?」

魔法使い「……うん、」

魔女「その深い事情とやらは、浅くないだろうな」

魔法使い「う……」
70 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/13(日) 00:15:20.77 ID:GtglykAS0

魔女「……はぁ、どうせそんな事だろうと思っていたが」

魔法使い「えへ、ごめんね」

魔女「可愛く言おうが意味は無い」

魔法使い「……えっと、いいの?」

魔女「構わない。夕御飯くらい勝手に食べていけばいい。今までもそうだっただろうに」

魔女「……けれど、後で助手くんに謝っておいてくれよ。食事を作るのは彼だからな」

魔法使い「うん。当然」

魔女「……で、何でこんな遠まわしに言う? 今までも勝手に来て勝手に食べていっただろう」

魔法使い「私そんな野蛮じゃないんだけど」

魔女「言い方の違いだけで殆ど同じようなものだ。で、何故だ?」

魔法使い「まー、今は死霊術師さんがいるじゃない? だから前みたいに勝手に行ったら迷惑かな、ってね」

魔女「勝手に来るという自覚はやはりあるんだな……」
71 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/13(日) 00:16:20.67 ID:GtglykAS0

魔女「だが、今日は死霊術師はいないよ」

魔法使い「あら? どして」

魔女「今は自分の仕事に行っている。数日は帰らない辺り、結構な遠出なのだろう」

魔法使い「ふーん、先生と同じ感じだね」

魔女「先生?」

魔法使い「うん。先生も今出掛けてるんだ。すぐに帰ってくるとは言ってたけど、今日は昼過ぎからずっと居なくて……」

魔法使い「それでちょっと夕食に困ったから薬屋で食べさせて貰おっかなと」

魔女「自分で作ればいいだろう」

魔法使い「察してよ」

魔女「ああ、そうだった。君は壊滅的だったな。申し訳ない」

魔法使い「……なんか私が謝りたくなってきたよ」
72 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/13(日) 00:18:55.29 ID:GtglykAS0

魔法使い「あ、そう言えば助手くんは? さっきはいたのに」

魔女「今日買ってきた物を整理している。助手くんにも用か?」

魔法使い「いやぁ、別にそうじゃないけど、夕食の事を話さないといけないし」

魔法使い「それと」


魔法使い「もうすぐで準備完了っていうことらしいから、助手くんの方も準備しといてって言わないといけないんだ」


魔女「……そうか」

魔法使い「あれ、あまり反応しないんだね。もっとオーバーなリアクションを期待してたのに」

魔女「……まあ、覚悟していた事だからな。助手くんが私の見えない所へ行くのは気が進まないが、そうでもしないとこれから大変になるから」

魔女「先生にはよろしくお願いしますと伝えてくれ」

魔法使い「うん。分かった」

魔女「……さて、助手くんの様子を見てくるよ。ここで待っていてくれ」

魔法使い「うん。よろしくね」
73 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/13(日) 00:20:42.29 ID:GtglykAS0

――――夕食

魔法使い「ごめんね、助手くん。こんな突然」モグモグ

助手「いつも三人分作ってますから、大丈夫ですよ。僕も嬉しいですし」

魔女「私としては突然来るのはもうやめて欲しいんだが」モグモグ

魔法使い「今日ずっと私に対して冷たいんだけど」

助手「仕方ないですよ。魔法士さんが居ないのなら。はい、ご飯」

猫「有り難く頂戴します、主殿」

魔女「何だ、いつも先生に作ってもらっているのか?」

魔法使い「うん。私より料理できるもんあの人」

魔女「なら教えて貰えばいいじゃな…………あー、いや、何でもない」

魔法使い「待って、そんな哀れむような目で見ないで」

助手「いや、でも、仕方ないですよ」

魔法使い「助手くん。仕方ないで全ては片付かないんだよ。逆にその言葉で傷ついたよ」
74 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/13(日) 00:21:32.44 ID:GtglykAS0

魔法使い「……でね、助手くん」

助手「何ですか?」

魔法使い「今先生はどっか行っちゃったけど、助手くんに関係あることなんだ」

魔法使い「先生は助手くんのための準備してる。もうすぐで完了、そして出発するって言ってたから、助手くんの方も準備をしてね」

助手「もう、ですか。早いんですね」

魔法使い「善は急げって言うしね。何かと早い方がいいんだよ」

助手「……はい、分かりました」

魔法使い「大丈夫。きっとパパッと終わって早く帰ってこれるよ」
75 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/03/13(日) 00:22:13.16 ID:GtglykAS0
今日はここまで
76 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/16(水) 01:55:05.48 ID:xBxiylph0

魔法使い「今日はありがとね」

魔女「急に来るのはやめて欲しいがな。まあ、事前に言えという話だ」

魔女「……連絡があっても来て欲しくないが」

魔法使い「終ぞ魔女の態度は変わらないね。酷い」

助手「僕はいつでも歓迎ですよ。料理を食べてもらうのは嬉しいです」

魔女「助手くん、甘やかしてはダメだ。最後には家に棲むようになるぞ」

魔法使い「そんな事しない……てか、何か言い方が変だったよね今」

魔法使い「……ま、いいか。じゃね」

助手「はい、さようなら」

魔女「…………さて、私は仕事に移る。材料も入ったからね。助手くんにも手伝って貰うよ」

助手「はい!」
77 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/16(水) 01:56:13.25 ID:xBxiylph0

――――数日後 魔法士の家

ガチャ

魔法士「…………ん、ああ、良かった」

魔法士「遠路はるばるお疲れ様……って、君の場合は疲れてないか」

魔法士「さってと、じゃあ早めに連絡しないとだねー」


魔法士「……うん、魔女の所の助手くん。もう噂は結構広まってるんだね」


魔法士「……え、知り合いなの? 」

魔法士「……何で僕に話してくれなかったの……」


魔法士「関係ないって……いやいや、魔女の弟子だよ? てことは魔法人族の領分でもあるから、関係あるよちゃんと」

魔法士「……何はともあれ、君が知り合いだったんなら話が早くて助かるよ」

魔法士「前までずっと『人間は大嫌いだ』って言ってたから、最初に君の事をどうにかしようと思ってたんだけど」

魔法士「そうならなくて良かった」
78 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/16(水) 01:57:43.72 ID:xBxiylph0

魔法士「……うん、すぐにでも行くよ。早くしないと、『前みたいに』なるかもしれないしね」


魔法士「……大丈夫だよ。前とは委員会のメンバーは変わってるし、皆優しいからね」

魔法士「僕と君、二人なら何とか出来るよ。きっとね」

魔法士「まあ、大半は君に頼ることになりそうだけど」


魔法士「魔女? 残念だけど魔女は一緒に行かないよ。君の魔法は、四人以上だと消費が激しいって言ったよね」

魔法士「だから、僕と君と助手くん。三人だけだよ」


魔法士「……何でほっとした顔を……いいけどさ」


魔法士「決行は……そうだね、明後日にしよう。君も休みは必要だろう?」

魔法士「そうだ、明日は助手くんを呼ぼうか。顔合わせも必要だしね」


魔法士「君の部屋はそこの扉を出てすぐにある空き部屋ならどれでも使っていいよ」


魔法士「じゃ、昼食が出来たら呼びに来るから待っててね」
79 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/16(水) 01:58:32.80 ID:xBxiylph0

――――翌日 魔法士の家

ガチャ

魔法使い「先生、戻りました」

助手「お邪魔します」

魔法使い「……またいつもの部屋みたい。たまには迎えたっていいのに……」

助手「それで、あの、今日は何を……」

魔法使い「先生が呼んだ協力者の人と顔合わせ的な感じだよ。明日には出発するからその確認も、かな」

助手「……魔女さん、とても怒ってたんですけど……」

魔法使い「……うん。知ってる。私も先生に抗議したい気分だよ……」

魔法使い「じゃ、行こっか」
80 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/16(水) 01:59:24.26 ID:xBxiylph0

ガチャ

魔法使い「先生、来ましたよ」

助手「魔法士さん、おはようございます」

魔法士「うん、おはよう。突然連絡してごめんね。予定もあっただろうに」

助手「いえ、元々仕事でしたけど魔女さんから許可を頂いたので」

魔法士「そっか、仕事だったんだ。悪い事したね」

魔法使い「それよりも、協力者の方は……?」

魔法士「隣の部屋にいるよ。今から呼んでくるから待ってて」ガチャ

魔法使い「…………多分先生のことだからいい人だと思うけれど……」

魔法士「ほら、早く入って入って」

「わ、分かったから引っ張るなって……」

助手「…………え」
81 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/16(水) 02:00:00.55 ID:xBxiylph0

魔法士「ということで、今回の旅に協力してくれることになりました」



エルフ「よっ。久しぶりだな、助手」


82 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/03/16(水) 02:00:35.98 ID:xBxiylph0
今日はここまで
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/17(木) 16:40:02.67 ID:A2A/4j5ko
ここで再会とはなかなか乙だねえ
84 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/19(土) 02:10:00.60 ID:/dAeHYPH0

助手「え、エルフさん!?」

魔法士「知り合いだったなら早めに言ってくれればいいのにさ。魔法使いも何も言ってくれないし……」

魔法使い「そ、それはその……」チラ

エルフ「別にいいだろ。てか、人間と知り合いだってことを簡単に話すかよ」

魔法士「……ま、過ぎたことを言っても仕方ないか」

助手「エルフさんだったんですか? 協力者って」

エルフ「ああ。ちょっと前にこいつから連絡が来てな。全く、大急ぎで来たぜ」

魔法士「大急ぎって……二日程空いてたけど……」

エルフ「じゅ、準備だよ準備! 別にめんどくさかった訳じゃねえからな!」

魔法士「…………そう」
85 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/19(土) 02:11:35.42 ID:/dAeHYPH0

助手「何故、エルフさんが?」

魔法士「エルフが妖精族の長だっていうのは知ってるよね。まず妖精族のことを話すと」

魔法士「妖精族は僕ら魔法人族と同じように、魔法を得意としている」

魔法士「ただし、僕らと違うのは体内に膨大な魔力を蓄積出来ることだ」

助手「魔力、ですか」

魔法士「魔力は簡単に言って魔法を使うためのエネルギーみたいなもの。魔力の詳しい説明もしたいけど、今は割愛するね」

魔法士「エルフはその魔力の量が妖精族の中でも凄まじい程あるんだ」
86 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/19(土) 02:12:39.22 ID:/dAeHYPH0

魔法士「そして、妖精族は魔法の最先端を行っている」

助手「……それは」



魔法士「エルフは膨大な魔力を必要とする、『転移魔法』が使えるんだ」

魔法士「因みに、『転移魔法』というのは魔法人族としての呼び方だけどね」


87 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/19(土) 02:13:43.75 ID:/dAeHYPH0

助手「転移……魔法」

魔法使い「って、凄いじゃないですか! だってあの魔法は……応用に応用を重ねたような、それでいて座標指定も計算しなければならない……」

魔法使い「魔法人族じゃ論理でしか実証されてない魔法……」

魔法士「そ。僕でも使えない」

魔法士「だから移動時間短縮も含めてエルフを呼んだんだ」

エルフ「その為だけに来たみたいな言い草だな」

魔法士「ごめんごめん。他にもあるよ」

魔法士「これでもちゃんと考えてるんだから」

助手「……?」
88 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/19(土) 02:14:58.16 ID:/dAeHYPH0

魔法士「ということで、明日は僕とエルフと助手くんの三人で出発」

魔法士「時間は……うん、出来るだけ早く僕の家に来て……いや、魔法使いを向かわせるよ」

魔法使い「明日早起き決定ですか」

魔法士「文句言わないでよ。ここに泊まってもいいから」

魔法使い「……ならいいですけど」

魔法士「じゃ、そういうことだから準備しといてね」

助手「分かりました」

魔法士「じゃあ、もう少し具体的な話をしよう。ちょっと待っててね。あ、魔法使いちょっと手伝って」

魔法使い「……はーい」
89 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/19(土) 02:16:42.75 ID:/dAeHYPH0

エルフ「な、なぁ助手……くん」

助手「何ですか?」

エルフ「あの……魔女のやつ、怒んないかな」

助手「……? なぜですか?」

エルフ「いや、協力者、があたしでさ」

助手「…………?」

エルフ「その……前のあたしはあんな性格だったからさ。その……」

助手「ああ、そういう事ですか。多分大丈夫ですよ。それとも薬屋に寄っていきますか?」

エルフ「う……いや、まだやめとく。まだ決心がなぁ……」

助手「そうですか……」

エルフ「……けど、そうだな。帰ったら会うよ。約束だ」

助手「! 分かりました!」

エルフ「な、何でそんな嬉しそうなんだよ……」
90 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/19(土) 02:18:19.83 ID:/dAeHYPH0

魔法士「…………と、まあこんな感じかな。アクシデントは多少ありそうだけれど、早ければ二日、三日かな」

助手「は、早いですね。もう少し、数日くらいかかるかと思ったんですけど」

魔法士「エルフがいるからね。そりゃ早くなるよ」

エルフ「それはいいけどよ。泊まる場所はどうすんだ? まさか……野宿とか?」

魔法士「まさか。泊めてもらうよ」

エルフ「泊めてもらうって……そいつは迷惑過ぎねぇか?」

魔法士「大丈夫。その辺は心配しないでいいよ」

エルフ「……ふん」

魔法士「そんな怪しまないでよ……」
91 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/19(土) 02:19:45.43 ID:/dAeHYPH0

魔法士「ま、話はこれくらいでいいかな。助手くんにも準備の時間が必要だろうし、今日はこれで解散しよう」

助手「ありがとうございました」

魔法士「いいよいいよ。じゃ、魔法使い。送ってあげて」

魔法使い「分かりましたー」

魔法士「助手くん。明日の朝魔法使いを向かわせるから、いいね?」

助手「はい」

魔法士「よし、じゃ、行ってらっしゃい」
92 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/03/19(土) 02:20:26.97 ID:/dAeHYPH0
今日はここまで
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/19(土) 08:42:13.60 ID:LzckIo3wO
行ってらっしゃいか……

94 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/22(火) 00:57:25.07 ID:1KDD9pjM0

――――薬屋

魔女「…………」

助手「た、ただいま戻りました」

魔法使い「……じ、じゃあ私はこれで……」

魔女「まあ待て。助手くんの仕事が大変なんだ。手伝っていくのだろう?」ガシ

魔法使い「何で!? そんなこと言ってな」

魔女「え? 」

魔法使い「手伝います」

魔女「よし。じゃあ、入ろうか」ニコ

魔法使い「……めちゃくちゃ爽やかな笑顔……」
95 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/22(火) 00:59:11.95 ID:1KDD9pjM0

――――夜


魔法使い「もう夜じゃああああん!!」ガタン


助手「うわっ……ど、どうしたんですかいきなり」

魔法使い「だって! 私明日早く起きなきゃいけないんだよ!? 何でこんな夜まで……手伝い……」

魔法使い「それに! 見てよ魔女!」

助手「魔女さん? ……あ」

魔法使い「何で寝てんの!」

魔女「……すー……すー」

助手「……いや、これはいつもの事ですけど……」

魔法使い「……もう帰っていいかな?」

助手「い、いいんじゃないですか? 魔女さんも寝てしまいましたし……」

魔法使い「……よし。じゃ片付けしてから帰るね。……はぁ」

助手「ありがとうございます」
96 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/22(火) 01:00:27.18 ID:1KDD9pjM0

魔法使い「じゃ、また明日ね。おやすみ」ガチャ

助手「はい、お疲れ様です。……さて」

猫「主殿、もうお休みで?」

助手「あ、猫。もう寝るよ。魔女さんも寝ちゃったし」

魔女「……すー……すー」

猫「……主殿は、明日の早朝に行くのですか?」

助手「うん。魔法使いさんが来てくれるって」

猫「……また寂しくなりますね」

助手「……そうだね、ごめん」

助手「……僕は、何もできないね」



猫「…………」
97 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/22(火) 01:01:49.41 ID:1KDD9pjM0

――――翌朝

魔女「おはよう、助手くん」

助手「……おはよう、ございます。早いですね」

魔女「当然だよ。助手くんが朝早くから出るという事なら起きないわけにはいかない」

助手「…………」

魔女「さ、朝食にしよう」

助手「……はい」
98 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/22(火) 01:03:05.12 ID:1KDD9pjM0

ガチャ

魔法使い「おはよー!」

助手「おはようございます」

魔女「おはよう」

魔法使い「あら、魔女も。早いね、朝は弱い方なのに」

魔女「私が起きていたら何か問題でも?」

魔法使い「い、いや何も……」

魔女「ふん……。さて、助手くん」

助手「は、はい。魔女さん」

魔女「……無事に帰ってきてくれ」

魔女「これだけ約束、だ」

助手「……はい、分かりました」

魔女「魔法使いも、先生に助手くんのことを宜しく頼むと伝えてくれ」

魔法使い「ん、わかった」

魔女「……では、気を付けて行ってきてくれ」
99 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/22(火) 01:03:50.95 ID:1KDD9pjM0

魔法使い「……何か」

助手「?」

魔法使い「今日の魔女、あっさりとしてたね」

助手「……ちょっと例えが分からないんですけど」

魔法使い「うーんと、なんというか、淡白と言うか……」

助手「……そうですね」


魔法使い「けど、魔女らしいよ」


助手「…………」


――「……無事に帰ってきてくれ」


助手「……はい」
100 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/03/22(火) 01:05:32.58 ID:1KDD9pjM0
今日はここまで

年度末は忙しく更新ペース落ちます
一週間くらい空くことも
すいません
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/22(火) 02:12:53.98 ID:ctkiAJVLo
気長に待つよ
102 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/29(火) 00:20:24.74 ID:RuGTljaL0

魔法士「おはよう、助手くん」

エルフ「おはよう」

助手「おはようございます」

魔法士「朝早くからでごめんね。僕達も都合があってね……」

助手「いえ、平気です。慣れてますから」

魔法士「それは良かった。じゃ、早々に始めよう。エルフ」

エルフ「ああ、了解」スッ

魔法士「さ、助手くんも、エルフと手繋いで」ガシ

助手「え、手を、繋ぐんですか?」

エルフ「ほら、早く」ブラブラ

助手「あ、の、失礼します」ガシ

エルフ「ははっ、そんな怯えなくてもいいぜ。別に取って食う訳じゃねーよ」
103 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/29(火) 00:22:21.57 ID:RuGTljaL0

助手「そ、そうですよね」

エルフ「それとも、緊張してんのか? 手、震えてるぜ」ニヤニヤ

助手「う……」

魔法士「エルフ、そこまでにしときなよ」

エルフ「へいへい。じゃ、目瞑ってろ」

助手「えっ」

エルフ「飛ぶ時に目開けたままだと最悪失明するかもしれねぇから、目、瞑ってろよ」

助手「は、はい」

エルフ「あ、あと初めてだと調子悪くなるかもしれねぇから、気をつけて」

助手「分かりました」

魔法使い「じゃ、行ってらっしゃーい」

助手「はい、行ってきます」


エルフ「……テレポート」

104 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/29(火) 00:23:44.11 ID:RuGTljaL0

――――とある森

エルフ「大丈夫か?」

助手「ちょ、ちょっと頭がクラクラして……」フラフラ

魔法士「そうか、じゃちょっと休憩しよう。水、飲むかい?」スッ

助手「あ、ありがとうございます」ゴクゴク

エルフ「……ふーむ、あと1キロ、ってところだな」

魔法士「そっか、了解」

助手「? あと1キロ……とは?」

魔法士「突然目の前に僕達が転移魔法で現れたら驚くだろう? だから出来るだけ離れた所に転移して、そこから歩いて行こうってこと」

エルフ「あと1キロくらい歩くけど、大丈夫か?」

助手「はい、今だけなので少し休めば」

魔法士「また気分が悪くなったら言うといい。できる限りのことはするからさ」

助手「はい、ありがとうございます」
105 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/03/29(火) 00:25:26.07 ID:RuGTljaL0

助手「それで、その……これから僕は何をすれば……」

魔法士「別に何もしないかな」

助手「え」

魔法士「基本的なことは『委員会の人に会う』ことだから、特に何をするというわけじゃないよ」

魔法士「それに、今日は比較的話しやすい人達だから、平気平気」

助手「……分かりました」

エルフ「そろそろ行けるか?」

助手「はい、お願いします」

エルフ「おう、任せとけ」

魔法士「じゃ、行こうか」
106 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/03/29(火) 00:27:01.42 ID:RuGTljaL0
ここまで

更新遅くすいません
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/29(火) 02:00:24.64 ID:qwYpAKCE0
姿現しの作法やな
おつ
108 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/05(火) 02:16:45.85 ID:5T8z3C7+0

――――薬屋

魔法使い「寂しぃぃぃぃぃいい!!」ダキッ

魔女「ああもう、鬱陶しい。暑いから離れてくれ」

魔法使い「……魔女は寂しくないの?」

魔女「寂しくないよ。助手くんがいないと言ったって、たかだか数日だ。それに、猫もいるからな」

猫「……ニャア」

魔法使い「あ、猫。猫は寂しくないの?」

猫「…………」プイ

魔法使い「私嫌われてる」

魔女「ふふ」

魔法使い「笑わないでよ!」

魔女「いやいや、いつもの魔法使いに戻って何よりだ」

魔法使い「…………ねえ」

魔女「何だ?」

魔法使い「ここに泊まってってもいい?」

魔女「生活費を払うか、仕事を手伝ってくれるならな」

魔法使い「酷い!」
109 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/05(火) 02:17:44.42 ID:5T8z3C7+0

猫「ニャ」

魔女「ん? どうかしたか?」

猫「……ニャ」

魔女「……ああ、昼食か。そうか、もうそんな時間か」

魔法使い「作ってくれるの!?」

魔女「昼から私の仕事を手伝ってくれるのか?」

魔法使い「なっ……ズルイ……」

魔女「嫌ならいい。自分の分は自分で作るといい」

魔法使い「…………手伝います」
110 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/05(火) 02:18:34.66 ID:5T8z3C7+0

――――昼食

魔法使い「うわ、助手くんとは雲泥の差」

魔女「死にたいのか」イラッ

魔法使い「ごっ、ごめんごめん。つい素直な感想が」

魔女「……どうやら一度死なないと分からないらしいな」スッ

魔法使い「あーっ! うそうそ! ほんとにすいません!」

魔女「まったく、立場というものを分かってないな……。こっちにきてわざわざ食事までさせているのに……。仮にも教師になるんだろう」

魔法使い「かっ、仮じゃないよ! ちゃんと教師になる予定だよ!」

魔女「……はぁ……」

猫「ニャア」トントン

魔女「ん? ああ、もう食べ終わったのか。まだいるか?」

猫「……」フルフル

魔女「そうか」
111 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/05(火) 02:19:47.13 ID:5T8z3C7+0

魔法使い「……ん?」

魔女「……今度は何だ。異物でもあったならそのまま食べてくれ」

魔法使い「いやいや、料理のことじゃないよ。ていうか酷くない!? 異物をそのまま食べろっていうのはさ!」

魔女「ああもう、煩い。食事中は静かにしてくれ」

魔法使い「っ……分かったよ。私が聞きたかったのは猫、何で話さないの?」

魔女「……出来るだけ話したくないそうだ。人の言葉を話すのは猫にとって少し辛いらしい」

魔女「今まではなんとか我慢してたと言っていた」

魔女「それに、私としてもその方がいいからな」

魔法使い「そうなんだ。うーん、そうだね。その方がいいかもね」

猫「……ニャ」
112 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/05(火) 02:21:01.41 ID:5T8z3C7+0

魔女「ところで」

魔法使い「なに?」

魔女「ここに泊まるのか? 今なら助手くんの部屋が空いている。泊まるならそこを使ってくれ」

魔法使い「泊まっていいの!?」ガタッ

魔女「もちろん、生活費は払ってもらうがな」ビシッ

魔法使い「……やっぱそうだよねー。……はぁ、分かりました。払いますよ払いますー」

魔女「ならいい。さてと、早速だが仕事を手伝ってもらうよ」

魔法使い「え、生活費払うから仕事は手伝わなくていいんじゃないの?」

魔女「そんなことは言っていない。昼食食べただろう」

魔法使い「酷い!」
113 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/04/05(火) 02:22:24.46 ID:5T8z3C7+0
ここまで

少なくすいません
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/07(木) 10:49:48.00 ID:T7Sy2hGK0
乙です
続き楽しみにしています
115 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/15(金) 01:48:46.34 ID:jFFQ/9yp0

――――とある森

助手「……何か、あっさりと終わりましたね」

魔法士「だから言ったじゃない。話しやすいからって」

助手「それでも、こんなあっさりとしていいんですか?」

エルフ「いいんだよ。委員会の中でも、今日話した巨人族と動物達は何よりも自分たちの平和を望む」

エルフ「だから、たかだか人間を認めるのに反対する理由もないってこった」

助手「……そういうものですか」

エルフ「そういうもんだ」

魔法士「本当は、それだけじゃないけどね」

助手「?」
116 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/15(金) 01:49:36.72 ID:jFFQ/9yp0

魔法士「エルフを呼んだ理由のひとつでもある」

エルフ「あん?」

魔法士「委員会の中でもエルフが与える影響が大きいのは分かるよね?」

魔法士「エルフが認めているっていうことはその分、君の信頼に繋がるんだ」

魔法士「『あのエルフが人間の存在を認めている』ってね」

助手「なるほど……」

エルフ「おい、それあたし利用されてるだけじゃねえか」

魔法士「仕方ないじゃない。少しでも有利にしたかっただけなんだから」

エルフ「……ふん。ほら、さっさと次行くぞ」
117 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/15(金) 01:50:17.45 ID:jFFQ/9yp0

助手「そういえば、もう夕方近いですね」

魔法士「結構長話してたからなぁ。エルフが」

エルフ「なっ!? あたしだけのせいじゃないだろ!?」

魔法士「いーや、殆どエルフだよ。早く話を切り上げてくれればいいものを」

エルフ「しっ、仕方ないだろ! お互いの近況とか話したら長くなるのも当然だって……」

魔法士「流石に数時間も話すのは行き過ぎ」

エルフ「うぐっ……ごめんなさい」

魔法士「じゃあ、次の所で泊めさせてもらうしかないか」

助手「次の所というと」

魔法士「戦乙女族だよ。彼女達も話しやすい人達だからね、多分大丈夫じゃないかな」
118 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/15(金) 01:51:03.70 ID:jFFQ/9yp0

魔法士「だけど……うーん」

助手「な、何かダメなんですか?」

魔法士「いやぁ、別にダメとかじゃないんだよ。……うん、大丈夫」

助手「……? え、エルフさん」

エルフ「ん?」

助手「戦乙女族は、危険な人達なんですか?」

エルフ「……いや、別にそんな話は聞かねぇけど、何で?」

助手「魔法士さんがとても悩んでまして……」

エルフ「んー…………ああ、そういやあそこの長は」

魔法士「ちょっと! エルフ! 助手くんに言わないで!」

エルフ「おっと、わりぃわりぃ。つい口が滑るところだったわ」

助手「えっと……」

エルフ「ま、こっちの話だ。聞かないでくれ」

助手「……はあ」

魔法士「……よし、行こうエルフ。覚悟は出来てる」

エルフ「分かった。助手も、準備はいいか?」

助手「はい、お願いします」

エルフ「じゃ、テレポート」
119 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/15(金) 01:51:58.98 ID:jFFQ/9yp0
ここまで

次からちゃんと更新増やします
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/18(月) 10:45:46.14 ID:IXP3XusR0
乙!
無理せずお願いします
121 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/24(日) 01:20:58.01 ID:6bnv8UD20

――――戦乙女族領 東門

「外部の者であるな? 名と目的を言え」

魔法士「魔法人族族長、魔法士。戦乙女族の族長である戦姫様と話がしたい」

「……承知しました」スッ

助手「大きい……楼閣? ですか」

魔法士「うん。相変わらず大きくて迫力あるねー」

エルフ 「やっぱり族長だったらこれくらいの所に住まないとな」

助手「……え、でも魔法士さんは」

エルフ「そ。何であんな普通の家に住むんだか」

魔法士「別にいいじゃない。ただ思い出があるってだけ」

魔法士「それに、今は魔法使いにいろいろ教えてるからね。あの場所は勝手がいいんだ」
122 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/24(日) 01:21:39.99 ID:6bnv8UD20

エルフ「ああ、あいつなー。教えるって何をよ」

魔法士「んー、まあいろんなこと。あの子今教師目指しててね。それで僕の教え子だからその縁でね」

エルフ「ふ、あいつが教師ねぇ」

魔法士「似合わない?」

エルフ「いや、似合いすぎる。天職って言いてぇぐらいだぜ」

魔法士「ははは、そうかもね」

「お、お待たせして申し訳ありません! どうぞ、ご案内します」
123 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/24(日) 01:22:26.69 ID:6bnv8UD20

――――戦乙女族領 族長の部屋

戦姫「よくここまで来てくれた! 長旅であったじゃろう。ゆっくりしていってくれ」

魔法士「いやいや、そんな長旅って程じゃないよ。エルフもいるしね。それより、突然来てごめんね」

戦姫「構わぬ。妾も委員会の一人、同じ委員会の者が来て歓迎せん理由など無い」

魔法士「ありがとう。そう言ってくれると嬉しいよ」

戦姫「うむ、もう日の入りも近い。夕餉の用意をしよう。共に食べていくといい」
124 :ペロペロ催眠【開放】と有能最終痴漢電車早いスキップ早い出来るよ :2016/04/24(日) 01:23:16.72 ID:LC5yqwd20
2015 07/09 サブヒロイン人気投票の報酬ストーリーを配布いたしました(7/10追記)
2015 06/30 双子公演キャンペーンのお知らせ(追記)
2015 06/29 メンテナンス実施のお知らせ
2015 06/26 ラストスパートキャンペーンのお知らせ
2015 06/18 『バレンタイン狂想曲』イベントよくあるご質問
2015 06/18 イベント後半応援キャンペーンのお知らせ
2015 06/18 『バレンタイン狂想曲 後半』イベントのお知らせ
2015 06/17 メンテナンス実施のお知らせ
2015 06/12 イベント週末限定キャンペーンのお知らせ
2015 06/11 イベント応援キャンペーンのお知らせ

カオヘの世代
125 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/24(日) 01:23:26.06 ID:6bnv8UD20

魔法士「……あー、あのさ。頼みたいことがあるんだけど、いいかな?」

戦姫「頼みとな? 妾に叶えられるのであれば」

魔法士「今日なんだけど、泊めてほしいんだ。ちょっと予定が狂ってしまってね」チラ

エルフ「こっち見んな」

戦姫「……ふ、そんなことか。寧ろ歓迎する」

魔法士「ありがとう」

戦姫「じゃが、その前に話を済ませてから……の」チラ

助手「!」ビクッ

魔法士「うん、分かってるよ。ちゃんと」
126 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/24(日) 01:24:25.07 ID:6bnv8UD20

戦姫「詳しい話は夕餉の後に頼む。食事の前に頭を使いとう無いからな」

魔法士「じゃ、まずは簡単な自己紹介でいいね」

魔法士「こちら、つい一ヶ月程前にこの裏世界に迷い込んできた『人間』で、とある薬屋の助手をしてる、助手くん」

助手「は、はじめまして。よろしくお願いします」

戦姫「……ほう、人間とな。これはまた珍しいのう」

戦姫「妾は戦姫。現在この戦乙女族を束ねる族長、そして委員会の一人でもある」

戦姫「今日はゆっくりとしていってくれ」

「戦姫様、御食事のご用意が」

戦姫「ふむ、腹を空かしておる頃じゃろう。たんと食べるがよい。遠慮はいらん」

戦姫「彼等を案内せい」

「はっ」
127 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/24(日) 01:26:46.05 ID:6bnv8UD20

――――廊下

助手「あ、あの、エルフさん?」

エルフ「ん? 何だ?」

助手「もしかして機嫌悪いんですか?」

エルフ「……えーと、どこをどう見てそうなった?」

助手「その、さっき全然喋ってなくて……機嫌が悪いのかなと」

エルフ「あ、あー、そういうことな。いや別に機嫌悪いとかじゃねぇよ」

エルフ「……そのー、な。さっき魔法士から喋りすぎって言われたから……自重したっつーか」

エルフ「悪い。ホントに機嫌悪い訳じゃねぇから安心してくれ」

助手「もしかして、さっきの時も喋りたかったんですか?」

エルフ「う……ん……そうだよ……悪ぃかよ」

助手「……い、いえ……ふふ」

エルフ「わ、笑うなよっ!」
128 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/24(日) 01:27:31.55 ID:6bnv8UD20

――――大広間

助手「広い……さっきの二倍程ありますよ……」

エルフ「四人だけならもっと狭い部屋で良かったんだがなぁ。こんな広い部屋じゃなくてもいいんだが」

魔法士「僕の席だけ二人と極端に離れてるんだけど……。何で?」

戦姫「僅かな都合じゃ。気にすることは無かろう」

魔法士「この地味な距離感が逆に気になるんだけど……二人も何とか言ってよ」


エルフ「おお! これめっちゃ美味いぜ! 食ってみろ!」

助手「! 美味しい! 初めて食べた味なのに……」


魔法士「…………いただきます」
129 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/24(日) 01:28:52.96 ID:6bnv8UD20

戦姫「とっ、ところで魔法士殿」

魔法士「?」

戦姫「今日……いや、ほ、本日…………今日はよ、よくいらっしゃった!」

魔法士「……う、うん」

戦姫「その……あ、余り慣れてなくてのう……突然の来客で心の準備も……」

魔法士「……うん」

戦姫「そ、その……なん、何日間滞在していく予定なのじゃ? 魔法士殿がよければいつまでも」

魔法士「いや、もう明日には行く予定だよ。時間も無いしね」

戦姫「あっ、明日っ!? ……そ、そうか。……も、もう少しゆっくりしてかんか?」

魔法士「……はぁ」
130 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/24(日) 01:31:46.51 ID:6bnv8UD20

助手「あの、エルフさん? あの二人は……?」

エルフ「んー? あー、いつものこと。あいつらはああいう関係なんだよ」

助手「ああいう関係って……」

エルフ「結構前からだぜ? ずっと一方的な感じというか」

助手「……魔法士さん、とても困ってないですか?」

エルフ「あたしらが口出しする義理も理由もないんでな。自分で解決するのが一番だろうし、そっとしとこうぜ」

助手「……はい」

エルフ「魔法士も、嫌じゃなさそうだしな」

助手「……そうは見えないですけど……」
131 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/04/24(日) 01:33:39.03 ID:6bnv8UD20
今日はここまで

戦姫の側近的な役割の人の名前を考え中
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/26(火) 18:28:57.84 ID:uatcMwIxo
女性なら側女、男性なら槍持とか、軍師、侍従
133 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/01(日) 01:25:51.83 ID:gLU6Vtct0

――――族長の部屋

戦姫「にしても、人間というのは珍しいのう」

魔法士「昔以来って言うのかな? 未だ助手くん合わせて二人しか確認されてないからね」

助手「そういえば、前の人はどうして亡くなったんですか?」

戦姫「!」

魔法士「 …………えっと、ね」

助手「……ぁ」


――「先生にも聞いたことあるけど、口止めされてるって言ってた」


助手「ご、ごめんなさい」

エルフ「すぐに謝るってことは、こっちの事情も知ってるな。悪いがそれ以上は聞かないでくれ」

助手「……はい」

戦姫「案ずるな。妾もこの二人と同じ、そなたを殺しとうはない」

魔法士「そういうことだから、ひとまずその話は忘れて」

助手「はい」

魔法士「じゃ、本題に入ろう。って、大方解決してるようなもんだけどね」
134 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/01(日) 01:26:46.99 ID:gLU6Vtct0

戦姫「っ!? な! ま、魔法士殿が委員会をっ!?」ガタッ

魔法士「うわっと!」ビクッ

戦姫「なななな何故そんなことを考えついた!? 一時の気の迷いでは!?」

魔法士「そんなことじゃないよ。というか、気の迷いで片付けられる問題じゃないのは分かるでしょ」

戦姫「……ならば、何かしらの理由が……」

魔法士「うん。僕よりも若い子にやってもらいたいんだ。いつまでも僕がこの席に座っているわけにはいかない」

戦姫「いつまでもって……まだ数十年しかやっておらんぞ!? 妾だってもうすぐ百年になろうとしておるのに」

助手「ひゃ、百年……」

エルフ「そ。どの種族も人間と比べて寿命長ぇからな。ま、こんなかじゃあたしが一番だけどよ」
135 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/01(日) 01:27:46.68 ID:gLU6Vtct0

魔法士「もう満足したよ。色んなことを知れたし、学べた」

魔法士「けど、僕はやっぱり魔法がとっても大好きなんだよね」

戦姫「魔法……」

魔法士「そう。この世界には色んな魔法がある。けれど、きっとまだ知られていない未知の世界があるんだよ」

魔法士「僕はそれを探究したい」

魔法士「そのためには、この魔法人族の長という席は縛りでしかないんだ」

魔法士「だから、僕は長を降りる」

戦姫「…………ふふ、あははははは!」

魔法士「……ダメかな?」

戦姫「……いいや。一つ文句を言おうと思ったが、そんな資格も無いわ」

魔法士「……ありがとう」ニコ

戦姫「……妾では到底敵わぬのう」
136 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/01(日) 01:28:21.52 ID:gLU6Vtct0

戦姫「で、魔法士殿の後任の者は」

魔法士「今この助手くんを匿ってもらってる人。僕よりも優秀かもしれない」

戦姫「ふ、魔法士殿よりも、のう。その時まで楽しみに待っとくわ」

戦姫「では、助手、と言うたか」

助手「は、はい」

戦姫「魔法士殿、エルフ殿が信頼を置く人物であるならば妾も安心できる」

戦姫「妾もそなたの味方じゃ。困った時は助けになってやろう」

助手「……あ、ありがとうございます!」
137 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/01(日) 01:29:04.90 ID:gLU6Vtct0

「せ、戦姫様!」

戦姫「む、何じゃ。客人の前であろう、もう少し声を落とせ」

「も、申し訳ありません。その……」

戦姫「……な、それは本当か?」

「はい、その所為もあり……」

戦姫「……そ、そうか」

魔法士「どうかしたの?」

戦姫「……結論だけ言えば、そなたらに用意できる部屋が現在一つだけになってしもうた」

魔法士「……一つだけ? こんなに広い建物なのに?」

エルフ「客人用の部屋とかはもう無ぇのか?」
138 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/01(日) 01:30:00.08 ID:gLU6Vtct0

戦姫「今、獣人族の領地で内戦が起きておる」

エルフ「内戦だと?」

戦姫「そう。その内戦が激化してきてのう」

エルフ「その内戦に何の関係があるんだよ」

戦姫「妾たち戦乙女族は古くから獣人族と縁があるのは知っておるか?」

魔法士「うん。知ってる」

戦姫「獣人族の長から『怪我人を少しの間預かっててほしい』と頼まれてな。それからその内戦で出た怪我人、と言っても重傷者のみだが、一時的に預かっておるのじゃ」

戦姫「しかし、どうにもその数が多すぎてのう……。どんどんと部屋を使って、気付いたら使える部屋が少なくなってしもうた。という訳じゃ」
139 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/01(日) 01:31:00.60 ID:gLU6Vtct0

戦姫「よって、用意できる部屋は一つだけじゃ」

エルフ「その部屋って何人用?」

戦姫「……うむ、客人用の部屋じゃ。元々一人用に作ってはおるが……」

エルフ「流石に一人用の部屋に三人は狭いよなぁ。二人が限度か……」

エルフ「つか、まず助手は一人で居させるのは駄目だな」

助手「え」

魔法士「そうだねぇ。ねえ、もうどこも空いてないの? ほんの少しでも寝られるスペースとか」

戦姫「…………あ」

魔法士「! あるの?」

戦姫「あ、あるにはあるが……しかし」

魔法士「構わないよ。僕らの方がいきなり泊めてほしいって頼んだ身だからどこでも不満は言わない」

エルフ「そーそー。泊めて貰えるだけでありがたいっての」

戦姫「そ、そうであるか……」
140 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/01(日) 01:31:43.38 ID:gLU6Vtct0

戦姫「…………その」


戦姫「……妾の部屋ならもう一人分は……」

141 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/05/01(日) 01:33:21.48 ID:gLU6Vtct0
今日はここまで
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/01(日) 02:46:42.14 ID:SZVAK0zAO
チャンスですよ!
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/03(火) 04:19:08.17 ID:jrjG61xMo
前の人って錯乱してエルフに魔法で殺されたんでしょ?
144 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/08(日) 00:00:41.95 ID:qUA43mUo0

エルフ「お、丁度いいじゃねぇか。これで何とか三人分、寝られるな」

助手「それじゃ、部屋割りはどうしますか?」

エルフ「ん、そうだな。取り敢えず助手は客人用の部屋だな。今日会ったばかりの人と一緒に寝るってのは嫌だろ?」

助手「え、別に嫌という訳は無いですけど……」

戦姫「それは妾も同じじゃが……その方がいいかもしれんの」

エルフ「んじゃ、助手は客人用の部屋な。そうなるとあたしと魔法士は……」

戦姫「! なら」

魔法士「なら僕が助手くんと一緒の部屋にするよ。丁度、男女で別れるしね」
145 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/08(日) 00:01:25.89 ID:qUA43mUo0

戦姫「!」

エルフ「そうだな、それじゃ……」

戦姫「……ぅぅ」ガクリ

エルフ「……?」

戦姫「…………」チラ

エルフ「……ああ。そうだなぁ」ニヤリ

魔法士「? どうしたの? エルフ」

エルフ「あー、あたしが助手と同じ部屋になるわ」

助手「え」

魔法士「え、ちょっと待ってよ! 何でさ!」

エルフ「えーと……ちょっと助手と話があるからさ、長話が。つーことで魔法士は戦姫と同じ部屋で寝てくれ」

魔法士「ちょっ、そんな一方的に」

エルフ「嫌なのか?」

魔法士「いっ、嫌……じゃないけどさ」

エルフ「なら決まりな!」
146 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/08(日) 00:02:16.58 ID:qUA43mUo0

魔法士「……僕だって助手くんに用があったのに……」ブツブツ

戦姫「あ、あのエルフ殿」

エルフ「ん?」

戦姫「……ぁ……ありがとう、じゃ」

エルフ「いやいや。これくらい朝飯前だし、それに面白そうだしな」

戦姫「お……面白そう……であるか」シュン

エルフ「ああああ悪ぃ悪ぃ。二人のことを悪く言ってるんじゃなくてな。あたしも戦姫のことそれなりに応援してるからさ」

戦姫「!」

エルフ「まあ、だから……折角のチャンスだから、頑張れよ!」

戦姫「……そうじゃな。魔法士殿と一夜を共にするなど未来永劫一度あるとも限らんことじゃからな」

戦姫「……じゃが」

エルフ「?」

戦姫「……さっきからむ、胸のドキドキが止まらんのじゃが……大丈夫じゃろうか……」
147 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/08(日) 00:03:10.23 ID:qUA43mUo0

――――夜 薬屋

魔法使い「はー。助手くんいつもこんないいベッドで寝てたのかぁ……羨ましいなぁ」

魔女「魔法使いは先生の家で寝ていたのだろう。ベッドはいいものじゃなかったのか?」

魔法使い「先生の所はたまにしか寝てないよ。確かにいいベッドだったけど、いつもは私の家で寝てるよ」

魔女「……なら今日も自分の家に帰ればいいものを」

魔法使い「まあまあ、たまにはいいじゃない」

魔女「……はぁ、たまにならな」

魔法使い「たまに、助手くんのいない時にね」

魔女「何故そこに限定する?」

魔法使い「だって魔女、助手くんいなくなったらとっても寂しそうだったじゃん」

魔女「…………」

魔法使い「自分でも気付いてない?」
148 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/08(日) 00:03:58.99 ID:qUA43mUo0

魔女「…………」

魔法使い「……ま、私が関わることじゃないからこれ以上は何も言わないけど」

魔法使い「何と言うか、変わったね。私は今の魔女の方が好きだよ」

魔女「……ふふ。恥ずかしげもなくよくそういう事が言えるものだな」

魔法使い「相手が魔女だからだよ。魔女だから色々言えるんだ」

魔女「……そうか。今日はゆっくり休むといい。朝早かったのだろう?」

魔法使い「お、優しいねー。ありがとう」

魔女「明日も仕事はあるからな。忙しくなるかも……」

魔法使い「んふー。このベッド助手くんの匂いがするー。すー、はー」

魔女「…………」イラッ

魔法使い「ほらほら魔女も嗅いでみてよ。匂いするよ?」

魔女「ベッド使用禁止だ。床で寝ろ」
149 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/08(日) 00:05:06.15 ID:qUA43mUo0

――――夜 戦乙女族領 客人用部屋

「お先に寝具は用意させて頂きました。一人用の部屋ですのでお二人には少々窮屈かと思われますが、何卒ご了承ください」

エルフ「別に構わねぇよ。これから何する訳でもないし。ありがとうな」

「では、私はこれで失礼します」

エルフ「あ、ちょっと待て。まだ名前聞いてねぇわ」

「名前、ですか。エルフ様の呼びやすい名前で呼んでいただければどのようにでも」

エルフ「あ、あたしの呼びやすいようにか……。お前って、戦姫に直接付き従ってるってことは結構偉い方なのか?」

「いえ、私は偶然戦姫様に気に入られただけです。偉いということは無いと思います」

エルフ「ふーん……。よし、戦姫に従ってるから姫従で。じゃ、おやすみ」

姫従「はい、ごゆっくりとお休みください」
150 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/08(日) 00:05:48.23 ID:qUA43mUo0

助手「あ」

姫従「こんばんは。何かお探しでじょうか?」

助手「その、お手洗いを……」

姫従「私が案内します。一緒に来てください」

助手「あ、ありがとうございます。えっと……」

姫従「? 何か?」

助手「あの、名前まだ聞いてないので……」

姫従「……姫従です」

助手「ありがとうございます。姫従さん」

姫従「初めて来る方は広くて迷う人が多いです。用事があれば私をお呼びください」
151 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/08(日) 00:06:22.03 ID:qUA43mUo0

戦姫「……ま、まだ寝ないのか?」

魔法士「うん。やることが多々あるからね。すぐに寝るわけにはいかないよ」

戦姫「じゃが、せっかく布団も敷いてあるのに……」

魔法士「ちゃんとやることやったら寝るよ。先に休んでて」

戦姫「……その、やることは明日にまわせんのか?」

魔法士「明日のことだから今やらないといけないの。戦姫が寝た後にちゃんと僕も寝るから」

戦姫「…………それでは意味ないのじゃ」

魔法士「ん? 何か言った?」

戦姫「何でもないっ! もう寝るっ!」

魔法士「そ、そんな怒鳴らないでよ……」
152 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/05/08(日) 00:07:54.58 ID:qUA43mUo0
今日はここまで

更新スピード上がるかも……?
153 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/11(水) 02:39:52.77 ID:bODR5aWJ0

エルフ「さーてと、寝るか」ゴロン

助手「あ、エルフさん。話ってなんですか?」

エルフ「話? 何のことだ?」

助手「え、あの部屋を決める時に長話があるからって……」

エルフ「……あー、あれな。悪い。あれ嘘」

助手「う、嘘?」

エルフ「おう、悪いな。混乱させちまって」

助手「いえ。でも、何でそんな嘘を」

エルフ「頼まれた気がしたから、だ」

助手「頼まれた……?」

エルフ「ま、気にするな」
154 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/11(水) 02:40:43.64 ID:bODR5aWJ0

助手「……エルフさんはよかったんですか?」

エルフ「よかった?」

助手「僕と……その、一緒の部屋で寝るのは」

エルフ「何でだ?」

助手「エルフさんと初めて会った時、人間が嫌いって言ってました」

助手「僕は『人間』で……だから、あれからもまだ僕の事は……」

エルフ「……あたしはさ、魔女のことは結構信用してんだよ。だからあの時は裏切られたショックもあったかもしれねぇ」

エルフ「だけどよ。あたしはそれ以上に、魔女よりもあたしの直感を信用してんだ」

助手「直感……」
155 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/11(水) 02:41:14.56 ID:bODR5aWJ0

エルフ「あの日、丁度毒を飲まされる直前にさ。助手の言葉が頭に浮かんだんだよ」

エルフ「前日に言われたから、ってのもあったかもしれん。それに委員会の奴を簡単に裏切るようなことはできない。……けれど、あたしはあたしの直感を信じて、毒を飲まずに助かった」

エルフ「それで、あの人間のことは信用するに値する」

エルフ「そういう結論が出た」

助手「……そんな簡単に、ですか」

エルフ「いやいや、簡単じゃねぇよ。これでも結構考えたんだぜ? 本当に信用できるのか、それは正しいのか、とか」

エルフ「その結果が、これ」

助手「…………」

エルフ「あたしは何も間違ってないと思ってるし、助手がこの世界に来て、この世界に認知されていくことはきっとプラスになる」

エルフ「あたしはそう信じてるよ」
156 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/11(水) 02:42:00.64 ID:bODR5aWJ0

助手「……僕に、そんな力は」

エルフ「だからあたし達が助手の力になってやるんだよ。今はもっとあたし達を頼っていいから」

助手「……はい」

エルフ「……ちっ、ああダメだ」

助手「?」

エルフ「あたしにゃ、こんな恥ずかしい言葉は似合わねぇわ。つーか、どちらかといやあ苦手だ」

エルフ「さっさと寝るぞ。明日はもっと忙しくなるからな」

助手「は、はい」


エルフ「こんな役回りは、魔法士に任せりゃよかったなぁ」

157 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/05/11(水) 02:43:41.74 ID:bODR5aWJ0
ここまで

週2にします
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/11(水) 07:26:53.89 ID:FD3QfCTZ0
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/13(金) 00:41:45.87 ID:wO3W89ruo

まさか続きあったとは
一気に読んでしまった
160 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/05/13(金) 01:26:01.98 ID:mjStqLeY0
>>150
姫従「こんばんは。何かお探しでじょうか?」

姫従「こんばんは。何かお探しでしょうか?」

誤字です。すいません。
161 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/15(日) 01:54:43.65 ID:7eDO6diJ0

戦姫「……すー……すー」

魔法士「……んー、違うなぁ」

コンコン

魔法士「? どうぞ」

姫従「失礼します。部屋から灯りが漏れていたもので」

魔法士「ああ、ごめん。もうすぐで終わるから」

姫従「……失礼かと思いますが、何をされているのですか?」

魔法士「魔法の研究。もう少しなんだけどねー」

姫従「お力になれず、申し訳ありません」

魔法士「構わないよ。戦乙女族が魔法に不得意なのは知ってるから」

姫従「……申し訳ありません」
162 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/15(日) 01:56:05.29 ID:7eDO6diJ0

魔法士「……ま、これは明日以降に回してもいいかな」

魔法士「それで、この部屋に入ってきた理由は?」

姫従「……いえ、特にありません。戦姫様がまだお起きになられているのかと……」

魔法士「そっか、ごめんね。紛らわしかった」

姫従「…………」

魔法士「……? まだ何か?」


姫従「いえ、まだ何もありません」


魔法士「……そう、よかった。僕はもう寝るよ。おやすみ」

姫従「おやすみなさい。……あ、魔法士様」

魔法士「?」

姫従「私のことは姫従とお呼びください」

魔法士「……そう、エルフかな? よろしく、姫従」
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/15(日) 01:56:12.83 ID:vdTBewbZ0
続きダァァ
164 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/15(日) 01:57:58.41 ID:rPpUK/ez0

――――翌日 薬屋

魔女「…………」

魔法使い「すー……ふへへ……」

魔女「……起きろ魔法使い」

魔法使い「んー……あと十分……」

魔女「…………」イラッ

猫「……ニャア」

魔女「ああ、おはよう。朝食にしよう」

猫「……ニャウ」チラ

魔女「魔法使いのことか? 後で怒るからそのままでいい。昨日の内に起きる時間を伝えておいたのに未だ寝ている奴が悪い」

猫「…………」

魔女「どうせいい匂いがすれば飛び起きて来るだろう」
165 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/15(日) 01:58:51.77 ID:rPpUK/ez0

――――薬屋 朝食

魔法使い「魔女! 何で先にご飯食べてるの!?」

魔女「……ほうら来た」

猫「…………ニャ」

魔法使い「な、何が来たの?」

魔女「魔法使い。今日何時起きなのかちゃんと伝えておいたはずだが?」

魔法使い「……き、聞いてない聞いてない勘違いじゃないの? やだなー」

魔女「教職につく者が嘘をつくな」

魔法使い「くっ……心が痛い」

魔女「芝居もいらん。さっさと朝食を食べろ。今日も仕事はあるからな」

魔法使い「……はーい」
166 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/15(日) 02:01:34.64 ID:rPpUK/ez0

魔女「全く……おや?」

ガチャ

「あ! どーも、魔女さんですね?」

魔女「……鳥人族か? 手紙ならいつものように私の部屋の窓から入れてくれればいいのだが」

「そ、そーでしたか。全く知りませんでした」

魔女「そういえば見ない顔だな。担当が変わったのか?」

「あ、そーですそーです。それです。私、新しくこの辺一帯を担当させていただきます、鳥人族では比較的優秀な方でした、鴉と言います」

鴉「以後お見知りおきを」

魔女「……ふむ。成程、挨拶も兼ねて、か。よろしく、魔女だ。ここの薬屋を営んでいる」

鴉「はい、よろしくお願いします! ……あれ、そういえば助手の方がいらっしゃるんでしたよね? その人は」

魔女「……やはり噂は広まるものだな。だが生憎、今はいない」

鴉「そーですか、残念です。まあ、またいつか時間がある時でいいです」
167 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/15(日) 02:03:16.78 ID:rPpUK/ez0

猫「…………ニャウ」

魔女「ん? ああ、まだ足りなかったか。申し訳ない」

鴉「あー! 可愛い猫ですね!」ダキッ

猫「ニャア」ジタバタ

鴉「綺麗な毛並みですねー」ナデナデ

猫「……ニャ」フスー

魔女「見事な扱いだな」

鴉「鳥人族なんで動物の気持ちが多少分かるんですよ。あ、ここ撫でられたいのかなーとか、今不機嫌だなーとか」

鴉「ずっと自然とか動物とかと触れ合ってきたからっていうこともあるかもしれません」

鴉「鳥人族って空も縦横無尽に回れる最も平和な種族なんですよ。最もかは分かんないですけど」

鴉「何事も平和が一番! ですよね」

魔女「……そうだな」
168 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/15(日) 02:04:52.21 ID:rPpUK/ez0

鴉「しかし、最近は何かと物騒ですね。一ヶ月前は委員会で事件ありましたし、つい先日からは獣人族内で内戦が始まったんですよー」

魔女「内戦?」ピクッ

鴉「あれ、知りませんでしたか? 今じゃ割と有名な話なんですよ」

魔女「もう少し詳しく教えてくれないか?」

鴉「まだ情報は少ないですが……えーと、『現委員会側と反乱側で交戦中。現委員会側は多数の負傷者あり』らしいです」

魔女「……先生達は今は……助手くんも……」ボソボソ

鴉「一ヶ月前もこの内戦も獣人族絡み……ふむふむ、怪しい臭いがしますねー。この混乱に乗じてということも……?」

魔女「……鴉、と言ったか?」

鴉「はい、何でしょーか」

魔女「少し頼まれてくれないか? 間に合うかは分からないが」

鴉「構いませんよ。我らが鳥人配達サービスのモットーは『最速最高』ですから。時間指定ですか? 特急ですか?」
169 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/15(日) 02:06:31.12 ID:rPpUK/ez0
今日はここまで

鴉(からす)です
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/15(日) 08:33:10.70 ID:Tv4CAVpso
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/15(日) 16:14:51.11 ID:t+94EeLPo
凄いしょぼい曲が鴉のテーマで浮かんでしまった
172 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/18(水) 01:47:10.75 ID:68lQEN4y0

――――戦乙女族領 東門前

戦姫「本当に行ってしまうのだな……」

魔法士「うん。短い間だったけどありがとう」

戦姫「……そ、そんなこと言われると寂しくなるのじゃが……」

エルフ「とりあえず世話になったな。戦姫も姫従も突然だったのにありがとな」

姫従「いえ、相当のもてなしも出来ず……申し訳ありません」

助手「ありがとうございました」

姫従「またいらしてください。その時は正式にもてなしをしますので」


魔法士「あ、そうだ戦姫」

戦姫「な、何じゃ?」

魔法士「近いうちまたここに来るかもしれない。その時はちゃんと連絡するから」

戦姫「……っ! わ、分かった! 待っておるからな!」
173 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/18(水) 01:47:45.50 ID:68lQEN4y0

魔法士「……はぁ」

エルフ「どうだったよ、昨晩は?」

魔法士「やっぱり、エルフわざとやったね」

エルフ「あたしだけじゃねぇよ。戦姫が目で訴えかけて来るからさ、それに面白そうだし。な、助手」

助手「えっ、いきなり僕にふられても」

魔法士「……ふん、どうせ二人で笑ってたんだろうね」

助手「いいや、僕はそんなことしてないですよ!」

エルフ「あっははははは!」

魔法士「ふん、まあいいけどさ。これからはもう止めてよ」

エルフ「すまんすまん」
174 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/18(水) 01:48:33.15 ID:68lQEN4y0

魔法士「さて、じゃ早めに次に行こうか」

助手「次は……竜人族、ですよね」

魔法士「うん」

エルフ「げっ、マジかぁ」

助手「? 何か嫌なんですか?」

エルフ「竜人族の代表苦手なんだよ……。めっちゃ厳しくてさ」

魔法士「竜人族の代表、竜主っていう人なんだけど委員会では最も古参な人でね。厳格でルールに厳しい人なんだ」

魔法士「だから、どうしようか考えたんだけどねー……。どうしようもないな……」

助手「だ、大丈夫なんですか?」

魔法士「大丈夫、かな……なんとか説明はしてみるけど、まあなるようになるよ」

エルフ「じゃあ、すぐに行くか?」

魔法士「うん、よろしく。いいよね?」

助手「はい、大丈夫です」

エルフ「よし、テレポート」
175 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/18(水) 01:51:15.89 ID:68lQEN4y0

――――竜人族

竜主「遠路はるばる御足労いただき感謝する。しかしながら想定の時刻とはかけ離れているが、理由を聞いても?」

魔法士「少し手違いがあってね。戦乙女族に着いた時には既に夕方で、夜に行くのも無理だからそのまま戦乙女族の戦姫に泊めてもらったんだ」

竜主「そうであったか。旅に予想外はつきも。まことに良い経験であろう」

魔法士「まあね。面白かったよ」

竜主「面白かったならなにより。今は争い事が頻発している故、皆の身に何かあったのではと気になっていたのだ。獣人族の戦争のこともある」

竜主「心して旅をされよ」

魔法士「うん。そのためにエルフがいるから平気」

エルフ「お前も闘えよ」
176 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/18(水) 01:54:29.83 ID:68lQEN4y0

竜主「……本題に移ろう、魔法士、エルフ。私は二人の間の男を知らない。紹介してもらえるか?」

エルフ「…………」

魔法士「えーと、僕も紹介したいんだけど、その前に僕も聞きたいことがあってね」

エルフ「竜主の隣の、角に座ってる子。名前も知らない。少し紹介してくれねぇか?」

竜主「ん……ああ、すまない。既に知っていると勘違いしていた。二人は初めてであるな」


竜主「彼女は私の娘だ」


エルフ「娘!?」

竜主「竜娘。こちらに来て皆に挨拶しなさい」

竜娘「承知しました。お父様」
177 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/18(水) 01:57:46.69 ID:68lQEN4y0

竜娘「初めまして。竜娘と申します。お父様共々、よろしくお願い致しますわ」

魔法士「うん、よろしく」

エルフ「おう」

竜主「では、そちらの方もよろしいかな?」

魔法士「……あー、実は今日来たのは重要な話でね。できたら彼女、竜娘には席を外してもらいたい」

竜主「…………」

魔法士「ダメかな。委員会の人だけに伝えたいんだ」

竜主「…………了解した。竜娘、部屋に戻っていなさい」

竜娘「承知しました、お父様」スッ

竜娘「…………」チラッ

助手「?」

竜娘「……フフ」ニヤリ

助手「!」ビクッ
178 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/18(水) 01:58:34.47 ID:68lQEN4y0
今日はここまで
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/18(水) 08:11:38.02 ID:z75O9jMwO
180 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/21(土) 02:22:37.17 ID:Pz7MWQZB0

――――竜人族

鴉「到着!」

鴉「我ながらよくこんな長い距離を飛んできたなー。自分を褒めたいですね」

鴉「誰かー誰かーいないかなー」キョロキョロ

鴉「お! 廊下に一人発見!」

鴉「あの人に渡して早く帰りましょー」
181 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/21(土) 02:24:05.47 ID:Pz7MWQZB0

鴉「突然すいません、こちら鳥人配達サービスの者です」

竜娘「あら、いつも御苦労ですわ。本日はどんな御用で?」

鴉「こちらに魔法士さんとその一行は居ますか?」

竜娘「…………ええ、いらっしゃいますわ」

鴉「預かり物がありまして、これをその魔法士さんに渡してほしいのです」スッ

竜娘「手紙……ですのね」

鴉「はい。差出人は中に記載されているらしいので当人に開封をお願い致します」

竜娘「承りましたわ」

鴉「では私はこれにて」

竜娘「ええ。さようならですわ」
182 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/21(土) 02:25:07.23 ID:Pz7MWQZB0

竜娘「…………」

ビリッ

竜娘「……魔法の類は無し。差出人は……」

竜娘「……魔女……魔法人族ですわね」

竜娘「……成程。分かりましたわ」

竜娘「手紙は……『再生』……と」スッ

竜娘「……フフ」
183 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/21(土) 02:25:52.33 ID:Pz7MWQZB0
ここまで

明日も
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/21(土) 06:47:44.78 ID:Eu1FQYxEo
185 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/22(日) 01:54:18.49 ID:1eH3djS50

竜主「成程。話は大体分かった。しかし、すぐには賛同しかねる」

魔法士「……理由は?」

竜主「今この場では言うことは出来ない。彼には聞かれたくはない事だ」

竜主「それでも今聞きたいのならば、彼をこの部屋から遠ざけたい」

魔法士「…………」

助手「あの、僕は構いません。僕がいないことで重要な話が出来るなら、それが一番良いことだと思います」

エルフ「ま、そうだな。予定から大幅に遅れてんだ。今の内に聞いた方がいいぜ?」

魔法士「……そうだね。そうするよ」
186 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/22(日) 01:55:40.19 ID:1eH3djS50

竜娘「お父様」

竜主「む、竜娘か。何の用であるか」

竜娘「先程配達が来まして、魔法士様とその一行宛に手紙が届きましたわ」スッ

魔法士「? 僕らに?」

竜娘「ええ。差出人の名前は中に書いてあるとのことですわ」

魔法士「わざわざありがとう。えっと、竜娘さん」

竜娘「どういたしまして、ですわ」

魔法士「さて…………ふむ」スッ

エルフ「誰からだ?」

魔法士「えっと……友人からだよ。獣人族の事を注意してくれてる手紙」

魔法士「全く、助手くんは幸せ者だねぇ」

助手「? 何て書いてあるんですか?」

魔法士「はい、読んでいいよ」スッ
187 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/22(日) 01:57:00.88 ID:1eH3djS50

竜主「……話の続きをしても構わないか?」

魔法士「ああごめん。助手くん、さっき言った通りらしいから、いいかな? 手紙はゆっくりと読んでよ」

助手「はい、分かりました」

竜主「うむ、ならば……竜娘」

竜娘「何でしょう? お父様」

竜主「彼を客室に案内してあげてくれ。私達は委員会として重要な話がある」

竜娘「……承知しましたわ」フフ

竜娘「では、こちらへ」

助手「お、お願いします」
188 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/22(日) 01:58:21.69 ID:1eH3djS50

竜主「……さて、では話を戻そう」

魔法士「助手くん……『人間』の存在を世間に隠すのは駄目なの?」

竜主「駄目とは言わない。不可能だと思っているのだ。世間の目からは逃れられないだろう」

竜主「彼は魔法人族の都市部から離れた所に住んでいるのだろう?」

魔法士「……うん。正確には離れた所の薬屋に住み込みで働いてる」

竜主「魔法人族の都市部には唯一魔法人族も獣人族も妖精族も戦乙女族も住む場所がある。何か分かるか?」

魔法士「……分からない。エルフは?」

エルフ「あたしがその都市のことを知る訳ないだろ。……だけど、妖精族がいる……所かぁ」

魔法士「…………はぁ、さっぱりだ。僕もまだまだだね。答えは?」


竜主「唯一全種族差別無しに仕事を与える」


竜主「ギルドだ」

189 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/22(日) 01:59:54.88 ID:1eH3djS50

竜主「ギルドにはほとんどの種族がいる。妖精族もその内の一つである」

竜主「エルフに聞くが、妖精族の皆は見ただけで分かる物があるな?」

エルフ「……もしかして、魔力の量か?」

竜主「そうだ。他にもあるだろうが、それが一番重要なのだ」

竜主「彼は只の『人間』だ。『人間』に元から魔力は存在しない。魔法人族の都市にいて、魔力が全く無いなど不自然である」

エルフ「それはそうだけどよ。一々通る人の事を気にするか? 魔力が無いことに気付いても、無視するに決まってる」

竜主「普通の妖精族ならそうであろう。だが、ギルド所属の妖精族は違う」

竜主「この世界にいる怪物……生物の中に自らの形態を変化させ、言葉を話せるものもいる」

竜主「そのような生物の見分け方は……」

魔法士「……魔力の有無」

竜主「そうだ」
190 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/22(日) 02:01:08.41 ID:1eH3djS50

竜主「ギルド所属の妖精族の者が偶然彼を見つけた時」

竜主「それは彼が『人間』として発見されるか、勘違いで殺されるかだ」

エルフ「……だけどよ、そんなのは可能性低いぜ?」

竜主「無い訳ではない。ただ妖精族だけではない。他の要素でも可能性は無数にある」

竜主「彼には生活する限りいつの日か見つかる可能性があるということだ」

エルフ「それは……」

魔法士「下げる方法はいくらでもあるよ。僕も助手くんには協力するつもりだし」

エルフ「そ……それならあたしも」

竜主「違う」

エルフ「?」
191 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/22(日) 02:02:37.08 ID:1eH3djS50

竜主「俺が気にしているのはそこではない」

竜主「魔法人族の最大都市から『人間』が見つかれば我々の対応はどうすればいいのだ」

竜主「隠していたと正直に発言すれば委員会の信用は確実に落ちる」

竜主「発見された彼を委員会で匿えば、その後の不透明性を疑われやはり信用が落ちる」


竜主「……二人は彼だけではなく委員会のことを考えたのだろうか?」


エルフ「…………」

魔法士「…………」
192 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/22(日) 02:05:00.48 ID:1eH3djS50

竜主「すまない。強く言い過ぎてしまった」

魔法士「いや、その通りだと思う。元々、僕の勝手な考えだからね」

エルフ「魔法士……」

魔法士「だけど、変えることは出来ない。こっちにだって事情がある。それにここまで来てしまったんだ」

魔法士「『人間』のことは隠し通していきたい」

エルフ「そうだな。あたしもそれに賛成する」

竜主「……万が一、存在が知られた場合の対策は出来ているのか?」

魔法士「出来てないよ。だけど」


魔法士「なるべく委員会には迷惑かけないようにする。僕が全責任を持つよ」


エルフ「そんなのダメにきまってんだろ。あたしにも半分ほど分けてくれ」

193 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/22(日) 02:06:25.06 ID:1eH3djS50

魔法士「エルフも? 僕は委員会を辞める身だからそうする。けどエルフは……」

エルフ「関わって知っちゃったからな。それに、助手には色々助けてもらったし」

竜主「……分からないな」

竜主「魔法士だけならともかく、エルフまで彼を信用するとは……」

竜主「……彼はそこまで信用に足る人物なのか? 傍目から見てもそうは思わないが」

エルフ「いやいや。それほどの人物だぜ?」

竜主「……根拠でもあるのか?」



エルフ「あたしの勘だ!」


194 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/05/22(日) 02:08:06.47 ID:1eH3djS50
今日はここまで

竜主は男
鴉は女
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/27(金) 17:51:54.78 ID:3ZnzazWCo
あんまり薬屋関係ないなと思ったけどスレタイが世界になってるのか
折角だし旅先で薬の素材集めよう
196 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/28(土) 07:18:29.78 ID:1FQ/t2BM0

――――竜人族 客室

竜娘「こちらになりますわ」

助手「ありがとうございます。竜娘さん」

竜娘「構いませんわ。それよりも聞きたいことがあるんですの」

助手「聞きたい事、ですか?」

竜娘「ええ。大丈夫かしら?」

助手「答えられるなら何でもいいですよ」


竜娘「貴方、魔女の助手なんですの?」

197 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/28(土) 07:19:21.51 ID:1FQ/t2BM0

助手「!」

竜娘「実は先程の話、最後の方だけ聞こえてしまいましたわ」

竜娘「貴方が魔女の薬屋の助手であり、尚且つ『人間』であると」

竜娘「それは全部本当ですの?」

助手「…………」

竜娘「……まあ、だんまりでも構いませんわ。黙秘は肯定のようなもの」

竜娘「どうせあの魔法士かエルフに口止めされているのでしょう?」

助手「…………あなたは」

竜娘「?」

助手「……あなたは何をする気ですか?」
198 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/28(土) 07:20:57.39 ID:1FQ/t2BM0

竜娘「……そうですわね……強いて言うならこれは、『遊び』みたいなものですわね」

助手「遊び……?」

竜娘「私、貴方の事を一目見た時から気に入りましたわ」


竜娘「ああ、彼は、私の玩具に丁度いい。と」


助手「っ!」ガタッ

竜娘「あら、人並みには気配など分かるのかしら」クスッ

助手「…………」チラッ

竜娘「もうこの部屋から出られませんわ」

竜娘「その扉も窓も私が魔法をかけたのに気付いたかしら?」

助手「!」
199 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/28(土) 07:22:13.52 ID:1FQ/t2BM0

竜娘「元々竜人族は魔法を使えない。けれども、私は竜人族の父と魔法人族の母から産まれ、よく母から魔法を教えて貰っていましたわ」

竜娘「母が病気で亡くなっても、魔法はとても上手く使えるようになりましたわ。このように」スッ

助手「! あ、足が動かな」グッ

竜娘「解除」スッ

助手「! うわっ!」グラッ

ドスン

竜娘「ふふ、可愛い玩具ですわ……って」

助手「ひっ……」ズルズル

竜娘「あら、逃げちゃ駄目ですわ」ガシッ

助手「待っ……」
200 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/28(土) 07:23:47.81 ID:1FQ/t2BM0

竜娘「漸く近くでじっくりと貴方のことが見られますわね」

助手「くぅっ……は、離してください」ジタバタ

竜娘「折角捕まえたんですもの。そう簡単に離すとお思いで?」

竜娘「それに暴れたって無駄ですわ。私は女であろうと竜人族。貴方は只の『人間』。我々竜人族と最弱の『人間』との間には圧倒的な差がありますわ」ドスン

助手「うっ……」

竜娘「あら、つい体重をかけてしまいましたわ。重いなんて言ったら殺しますわ」

助手「……た……けて」

竜娘「? よく聞こえませんわ。今の人間はまともに話せませんの?」

助手「……助……けて」

竜娘「……やはり人間は貧弱ですわね。女に簡単に組み伏せられ、抵抗も出来ずすぐに周りに助けを求める」
201 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/28(土) 07:25:37.06 ID:1FQ/t2BM0

竜娘「助けなんかありませんわ。この世界に来た以上、自分の身は自分の責任ですわ」

助手「……うぅ……」

竜娘「……貴方つまらないですわね……そうだ。私の魔法の実験台になってくれないかしら?」

助手「!」

竜娘「精神魔法……相手を精神的に追い詰める魔法の種類ですわ。そうですわね……貴方には私の『支配』を受けてもらおうかしら」

助手「! たっ……!」グッ

竜娘「五月蝿いですわ。全く……」スッ


竜娘「さあ、私の目を見なさい」


助手「!…………」ガクッ

竜娘「……先に気を失ってしまいましたわね。折角の機会でしたが、まあいいですわ」

竜娘「『恐怖』は刻みましたし、これで十分ですわね」
202 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/28(土) 07:28:35.61 ID:1FQ/t2BM0

竜娘「……精神魔法、掛かったらどんな風なのかしら。一度でも使ってみたいものですわ」

助手「…………」ビクッ

竜娘「あら、悪い夢でも見ているのかしら」クスッ



助手「……あははっ、いいねぇ。面白いことしてんじゃない」



竜娘「っ!?」ガタッ

助手「あれ、やっぱ『アンタも人並みに気配とか分かる』んだねぇ。いやぁ、外は久しぶりだなぁ」

竜娘「……あ……貴方、誰ですの?」


助手「アタシ? アタシはアタシだよ。アンタよりは強いよ」


竜娘「ひっ……」
203 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/28(土) 07:29:57.14 ID:1FQ/t2BM0

助手「精神魔法ねぇ……面白い面白い。けど、まだまだ使い方が甘いね」

助手「本当に精神魔法を使う時は」スッ

竜娘「! か、体が」

助手「使う相手の身を封じなきゃダメだよ。さぁて」


助手「アタシの目……いや、アタシのじゃないね。この目を見な」


竜娘「っ…………うぅ」ブルブル

助手「…………」ジー

竜娘「あ…………」グラッ

バタン

助手「……ふぅ、やっと寝た。竜人族だけあって……長いね」

助手「……あー、久しぶりに魔法使ったなぁ……鈍ってるし」

助手「ま、丁度いいか。アタシも……そろそろ限界……だし」フラッ

バタン
204 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/05/28(土) 07:31:31.44 ID:1FQ/t2BM0

――――???

助手「……誰ですか?」

?「ごめんねー。少しキミの体使わせてもらったよ。なかなかピンチだったからついつい」

助手「…………?」チラ

?「別にキミの体に何かしたわけじゃないから安心していいよ。少し体力使っただけ」

?「それと、今はまだアタシのことは知るべきじゃないよ」

助手「…………あなたは」

?「しー。知るべきじゃないって言ったでしょ。アタシに関する質問は禁止!」

?「アタシもやっと復活したばかりだから、もう少し休憩させて、ね?」

助手「……一つだけいいですか? ここは?」


?「言うなれば、キミの精神の世界かな」

205 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/05/28(土) 07:32:59.77 ID:1FQ/t2BM0
今日はここまで
日にち空く
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/28(土) 07:45:00.01 ID:Ql4xPzsdo
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/07(火) 19:08:11.72 ID:CN3Ck5AU0
208 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/14(火) 01:40:16.50 ID:k+JHF3o90

――――朝 薬屋

魔女「……遅い」

魔法使い「流石に遅いね。今日で……えーと」

魔女「四日だ」

魔法使い「そう、四日。先生は数日って言ってたけど、予定じゃ二日で帰ってこれたんだ。けど帰ってこなかったってことは」

魔女「……何らかのトラブルだろうな」

魔法使い「それは獣人族のこと?」

魔女「そうとも限らないが、その可能性が一番高いな」

魔法使い「まあ、先生とエルフさんもいるしさ。多分平気だとは思うよ」

魔女「そうでないと困る。まだやることは沢山あるからな」
209 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/14(火) 01:41:14.36 ID:k+JHF3o90

魔女「……まあ、私には待つことしか出来ない。さて、仕事を始めよう」

魔法使い「あ、そうそう。猫のご飯少なくてさー。そのついでに買い物も行きたいなー……と」

魔女「む、そうか。ふむ、丁度いいかもしれないな」

魔法使い「本当? やったー!」

魔女「ただし、私も寄る所があるからそこにも行く」

魔法使い「いいよ。私も久しぶりにいっぱい歩きたいし」

魔女「……あ、少し待ってくれ。確認したい事がある」

魔法使い「うん。いいよ」
210 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/14(火) 01:42:17.90 ID:k+JHF3o90

魔女「待たせたな。行こう」

魔法使い「魔女と二人で買い物とか何年ぶりだろうね」

魔女「さあな。覚えていない」

魔法使い「……酷いねぇ。仮にも友人であるというのに」

魔女「仮だったのか? 私は仮ではないと思っていたんだが」

魔法使い「……今なんて言った? 仮じゃないって?」

魔女「言ってない。ほら、早く行くぞ」

魔法使い「まーた照れちゃってー。バレバレだぞ?」

魔女「消してやろうか」
211 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/14(火) 01:44:04.40 ID:k+JHF3o90

――――材料屋

魔女「ここだ。私の行きたかった所だ」

魔法使い「あー、材料屋じゃん。ちょっと前に助手くんと行ったんじゃないの?」

魔女「? ああ、そうだが、何故お前がそれを知っている?」

魔法使い「猫から聞いたよ。その日は魔女が一日中上機嫌だったって。へぇぇ……」ニヤニヤ

魔女「! あの猫……帰ったら少々お仕置きする必要があるな……」

魔法使い「で、二人で買い物行って? 上機嫌だったの? おやおやぁ?」ニヤニヤ

魔女「んぅ……ただの偶然だ。話すことは何も無い」

魔法使い「あ、そう? じゃあ帰ったら猫に詳しく聞こうかなあ」

魔女「……勝手にしろ」
212 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/14(火) 01:45:20.77 ID:k+JHF3o90

「い、いらっしゃいませっ」ペコッ

魔女「おや……新顔だな。君が店主の言っていた新しい働き手というやつか」

「ぁ、店主さんのお知り合いの方でしたか。しょ、少々お待ちください」タッ

魔法使い「へぇ……狭いけど品揃え豊富な店だね。魔女は常連の客?」

魔女「それなりには通っている。薬屋の経営上、この店が一番良い。ここに無くても欲しい材料はギルドに依頼も出来るしな」

魔法使い「ほー、ギルドの傘下の店なんだね」

店主「いらっしゃい……って魔女さんじゃねえか。しかも今度は女を連れて。前の男はどうしたんだよ」

魔女「彼は今日はいない。別の仕事を任せている。これは魔法使いで私の友人だ」

魔法使い「初めまして。魔女の友人をしています、魔法使いです」ペコ

店主「おお、こりゃご丁寧にども。店主です」ペコ
213 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/14(火) 01:46:20.61 ID:k+JHF3o90

店主「それで、今日は一体どんな用よ。まだ数日しか経ってないのによ」

魔女「ああ、その話もしたいんだが……」

魔女「先程の彼女は新しい働き手というやつか?」

店主「ん……ああ! そうそう、あの時は休みでいなかったもんな。まあ仲良くしてやってくれや」

魔女「ああ。私からもぜひそうしたい」

店主「それで、魔女さん。今日はどんな御用で? いつものか?」

魔女「ああ、今日はいつものではないんだ。急に入り用になったのでな」

店主「そうか。まあ何なりと言ってくれ。店頭に無い奴は蔵の方からも探してくっからよ」

魔女「ありがとう。では」

ガシャーン!
214 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/14(火) 01:47:45.86 ID:k+JHF3o90

魔女「!」ビクッ

店主「何だ!?」ガタッ

「す、すみませんっ! わ、私が……」

店主「ああー……盛大にぶちまけたな……」

「わ、わた、しの……所為、で」

店主「平気平気。全部まだ簡単に手に入る物だからよ。多分蔵探しゃいくつか在庫がある。怪我が無くてよかった」

「……うぅ…………」

店主「悲しむ暇あったら片付けを先にやれ。ここは家じゃなくて仕事なんだ。時間を惜しいと思え」

「…………はい!」

魔女「…………」
215 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/14(火) 01:49:09.06 ID:k+JHF3o90

店主「おっと、魔女さん。すまねぇな。この通り、あいつはまだ使い物になるかならねぇかってくれぇなんだわ。大目に見てやってくれ」

魔女「……ああ。それより、私も手伝おうか?」

店主「いやいや、魔女さんにゃ関係ないことだ。これはあいつ一人にやらせるから心配ない」

魔女「私ならすぐに片付けられるが……」

店主「教育みたいなもんよ。まだ商人としては何も知らねぇひよっ子で、まるで温室でぬくぬくと育ってきた箱入り娘って感じだ」

店主「ここはギルドと関係してるから、それじゃ困るんだよ」

魔女「……ふむ、そうか」

店主「ああそれと、この店の中じゃ魔法の使用禁止なんだわ。魔法に対して特殊な反応をみせる材料も置いてあるんでな」

店主「って、忘れる所だった。魔女さんは何を買いに来たんだ?」
216 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/06/14(火) 01:50:19.86 ID:k+JHF3o90
今日はここまで

期間空きすぎて申し訳ありません
何とか戻して行きたいです
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/14(火) 08:14:14.51 ID:/cVrto2UO
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/15(水) 23:44:47.83 ID:vIsHmc0qo
死霊術師の一日とか書いて更に引き伸ばそう
このスレだと出番が食って寝ただけだし
219 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/19(日) 01:12:05.57 ID:dET2hUdG0

――――竜人族

竜娘「…………ん」パチ

竜娘「……ここは」チラ

竜主「……漸く起きたか。ここはお前の部屋だ。今は丁度正午である」

竜娘「お、お父様。おはようございます」

竜主「……ああ、おはよう」

竜娘「それで、お父様は何故私の部屋にいらっしゃるのですか?」

竜主「……その様子では、何も覚えていないようだな」

竜娘「え?」


竜主「お前はあの時何があったのか覚えているか?」

220 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/19(日) 01:15:31.19 ID:dET2hUdG0

竜娘「……えと……?」

竜主「……私達は話を終えた後、客室に向かった」

竜主「お前と……助手くんだったか。二人が寝ていた」

竜主「その時は朝早いということで疲労から来たのだと思っていたが……魔法士によればどうやら違うらしい」

竜主「彼は魔法を使えないことを聞いた。だから私は……」

竜娘「あ、あのお父様。一体何の話をしてらっしゃるのですか? 何か変なことでも……」


竜主「……竜娘、お前に問う」



竜主「『昨日の朝』、彼を連れて客室に行って何があったのだ?」


221 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/19(日) 01:20:10.84 ID:dET2hUdG0

竜娘「……き、昨日の……朝……?」

竜主「竜娘。お前達が寝ているのを確認してから、既に一日以上経過している」

竜主「魔法士も言っていたが、長時間寝るなど不自然極まりない。何らかの事があったのだろう?」

竜娘「……昨日……彼……客室」


――「アタシの目……いや、アタシのじゃないね。この目を見な」


竜娘「っ!」ゾクッ

竜主「! 何か知っているのか!?」

竜娘「……ああぁぁああぁぁ……っ」

竜主「……竜娘!?」

竜娘「……私……話せ……ませんわ。お父様……にも……」

竜主「話したくない、ということか?」

竜娘「……ええ」

竜主「…………」

竜娘「……ぅぅ……」
222 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/19(日) 01:21:30.86 ID:dET2hUdG0

竜主「……近いうちには話してもらおう。今はいい」

竜娘「……あの」

ガタッ

竜娘「っ!?」ビクッ

竜主「……エルフ……」

エルフ「…………」

竜娘「え……エルフ様……」ブルブル

エルフ「……お前っ……!」

竜娘「……も、申し訳」


エルフ「助手に何しやがった!!!」ガシッ


竜娘「うっ…………」ガタガタ
223 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/19(日) 01:22:38.45 ID:dET2hUdG0

エルフ「お前がっ……助手をっ……」

竜娘「ぅ……わ、私は……」


竜主「エルフ。その辺にしてくれ」

エルフ「……っ……んんんんんんううう!!」

竜娘「……私は……」

エルフ「…………はぁ……悪ぃ。……もう大丈夫だ」

竜主「すまなかった、エルフ。全て私の責任だ」

竜娘「お、お父様……全て私の所為ですわ」

竜主「違う。私の教育が足りなかった証拠だ。竜人族の長である以上、この領域で起こった不祥事は全て私の責任なのだ」

竜娘「…………」

エルフ「……謝る相手はあたしじゃない。謝るなら、助手に謝ってくれ」
224 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/19(日) 01:24:24.21 ID:dET2hUdG0

竜主「…………そうだな」

竜娘「……! 彼は今どこにいらっしゃるのですか?」


エルフ「……助手は、まだ起きてない。ずっと眠りっぱなしだ」


竜娘「え…………」

エルフ「今は魔法士が横についてる。早く起きてくれると良いんだがな……」

竜娘「…………私、私は……彼に、謝ら、ないと」


エルフ「それはダメだ。起きた後でも会わせることはしねぇ」


竜娘「…………」

エルフ「悪ぃな、竜主。魔法士と決めたんだ。いいだろ?」

竜主「…………」

エルフ「『信用』が大事、なんだよな?」

竜主「……了解した。竜娘、いいな?」

竜娘「…………はい」

エルフ「じゃ、あたしは魔法士の所に戻っとく。また何かあったら早めに呼んでくれ」
225 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/19(日) 01:27:37.48 ID:dET2hUdG0

エルフ「魔法士、そっちの様子は?」

魔法士「エルフか。いや、相変わらずだよ。竜娘は?」

エルフ「ついさっき起きた。何も話したくねぇらしい」

魔法士「……何も話したくない、か。ついさっきっていうと……正午?」

エルフ「え、ああ、多分そう。詳しくは聞いてねぇわ」

魔法士「……そっか。彼女が何も話さないんじゃ、助手くんに話を聞いても意味無いかもね」

エルフ「分かるのか?」

魔法士「いいや、ただの勘。だけど、彼が起きた時はあまり深く聞かない方がいい」

魔法士「もやもやするかもしれないけどね」

エルフ「……魔法士、もしかしてお前」


魔法士「だから、僕に任せて」

226 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/19(日) 01:29:02.36 ID:dET2hUdG0

エルフ「……はぁ……何も言わない魔法士はいつもの事だしなぁ。分かった、お前に任せる」

魔法士「ありがとう」

エルフ「で、助手はいつになったら起きるんだ?」

魔法士「いやぁ、残念だけど僕はそこまでは……」

エルフ「そうか。まあ、早く起きて欲しいが、本当に疲労だったらしっかり休んでほしいし……」

魔法士「それよりも、僕は帰ってからが心配だねぇ……」

エルフ「帰ってから? あっちに?」

魔法士「……魔女に助手くんのことをよろしく頼まれたんだよ……」

エルフ「…………あー」

魔法士「絶対怒られる……」

エルフ「……まあ、元気だせって」

魔法士「何言ってんのさ。エルフも行くんだよ」

エルフ「はぁ!? いやいやあたし行かないからな。絶対に」

魔法士「ダメダメ。僕一人で怒られるとか絶対嫌だし」

エルフ「お前の都合じゃねぇか!!」
227 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/06/19(日) 01:32:07.08 ID:dET2hUdG0
今日はここまで

>>218さん
話の展開上このスレでは無理そうです
申し訳ありません
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/19(日) 02:52:01.51 ID:Ie66SehR0
229 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/06/21(火) 09:12:52.75 ID:NYPUvH8n0
訂正
>>23
魔法士「えっと、そうだな……何聞きたい事とかあるかな? 答えられる範囲なら何にでも答えるよ。突然呼び出したお詫びとして」

魔法士「えっと、そうだな……何か聞きたい事とかあるかな? 答えられる範囲なら何にでも答えるよ。突然呼び出したお詫びとして」

>>62
店主「んだよつれなちねぇ。ま、俺にとっちゃ上客の一人だがな」

店主「んだよつれないねぇ。ま、俺にとっちゃ上客の一人だがな」
230 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/29(水) 01:23:26.96 ID:OfCaOK2U0

――――材料屋

魔女「うむ、こんなものだろうか」

店主「ふぅん、確かにいつものとは全然違うが……これぁ、何に使う気なんだ?」

魔女「それは教えられない。私でさえ、うまくいくのか分からないんだ」

店主「てことは、新しく何か作るのか。全くすげぇな」

魔女「今は構想だけだよ。それくらいなら誰でもできる。実際にそれを製作するというのは、数倍難しい」

店主「そういうもんか」

魔女「魔法もその一つだよ。論理的に考えるならば簡単にできるんだ。現に、魔法の理論的構造だけなら数百数千もある」

魔女「けれど、それらは実際にやろうとしても誰もできない」

魔女「実現出来てこそ、物事には意味がある。と、私は思っている」
231 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/29(水) 01:26:20.96 ID:R44Kx9ci0

店主「……ただの材料屋の俺には遠い話だな」

魔女「別の才能の話に過ぎない。遠い訳では無いよ」

魔法使い「そんなことより買い物終わったなら早く帰ろーよ」

魔女「……お前にとっては大事な話だったんだがな。そんなことで済ますのか」

魔法使い「えー。だって分かんないし」

魔女「今日は突然来て悪かったな。店主」

店主「いやいや、客ならいつでも誰でも大歓迎だから構わねぇよ」

魔法使い「無視ですか」

魔女「もう魔法使いに何も言うことは無いよ」

魔法使い「それ全く違う意味だね。呆れてる通り越して飽きられてるよね」
232 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/29(水) 01:27:20.97 ID:R44Kx9ci0

――――???

?「もうすぐ君の身体の回復が終わる」

助手「…………また」

?「また会ったね。君はもうすぐで目覚めるよ」

?「ごめんね。勝手に身体使っちゃって」

助手「……いえ、寧ろ僕が謝るくらいですよ」

?「あれ、そうだったっけ?」

助手「僕じゃあ、あの時にはきっとやられっぱなしでした。推測ですけど、偶然意識を失ったんではなく、あなたがそうしたのではないですか?」

?「……そう、私がやった。人は気が動転している時、最も意識を失いやすい。私が内側からやったのさ」

?「とはいえ、それにも力は使う。私も眠るよ。きっとしばらくは出てこないかな」

助手「あの、ありがとうございました」

?「……うん。こちらこそ」

?「だけど、ごめんね」

助手「?」


?「君の記憶は消させてもらうよ。というか、私は元々いなかったことにするよ」


?「本当は、居るべきではないからね」

233 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/29(水) 01:28:03.22 ID:R44Kx9ci0

――――竜人族

助手「…………」パチ

助手「…………」

魔法士「やあ、助手くん。おはよう」

助手「……おはよう、ございます」

魔法士「僕の名前は、分かるかな」

助手「……え、魔法士さんですよね?」

魔法士「今現在の居場所と、その目的は?」

助手「……竜人族の建物で、僕の事を竜人族の代表、竜主さんに言う、ですか?」

魔法士「……良かった。何とか平気そうだね。どこか痛むところとかない?」

助手「えっと、大丈夫だと思います。何でそんなことを聞くんですか?」

魔法士「その話は後でゆっくりしよう。助手くんが無事で良かった、今はこれだけだよ」

魔法士「そうだ、エルフに言わなきゃいけないんだった。ちょっと待ってて」スッ

助手「は、はい」
234 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/29(水) 01:29:18.14 ID:R44Kx9ci0

エルフ「助手!」

助手「お、おはようございます。エルフさん」

エルフ「怪我は!? 体調はいいのか!?」ガシッ

助手「だっ大丈夫です。どこも悪いところは無いですって」

助手「とっ、とりあえず肩を放してくれませんか? 痛みが……」

エルフ「う、わ、悪ぃ。つい力が……とにかく無事で良かった……」

魔法士「だから何回も大丈夫だって言ったじゃない」

エルフ「だって、実際に見ねぇと分からねぇからさ」

魔法士「……ま、いいけど」

助手「それより、魔法士さんもエルフさんもどうしたんですか?」

エルフ「……魔法士」

魔法士「そうだね、少し話そうか。もう体は平気?」

助手「……どういうことですか?」
235 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/29(水) 01:30:12.49 ID:R44Kx9ci0

魔法士「助手くんはこの二日間、ずっと眠っていたんだ」

助手「……ふ、二日!?」

魔法士「そう。ここに一昨日の朝着いて、その日の昼からさっきまでずっと」

魔法士「残念なことに、僕ら二人も、竜主もその原因に全く覚えがない」

魔法士「助手くん。何があったのか、覚えてない?」

助手「……えっと……」


――「貴方つまらないですわね」


助手「……あ、あの竜娘さんは」

魔法士「彼女も平気だよ。助手くんと同じようにずっと寝ていた。昨日の昼に起きたけどね」

助手「…………」

エルフ「言っとくけど、会わせるようなことはしねぇ。あたしは少なからず竜娘も疑ってる。少しでも危険は減らしたいんでな」
236 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/29(水) 01:30:54.10 ID:R44Kx9ci0

助手「……僕は」


――「さあ、私の目を見なさい」



助手「……何も、覚えてないです」



魔法士「……そっか。仕方ないね」

エルフ「取り敢えず、もうちょっと休んどけ。起きてから疲れが来るなんてこともあるかもしれないしな」

助手「……! あの、出発はいつになりますか? 僕の所為で遅れが……」

エルフ「助手の所為じゃない。責任はあたしらにある。助手が悔やむ必要はねぇよ」

助手「…………」

魔法士「遅れは気にしなくていいよ。元々、何らかのトラブルはあると思ってたからね」

魔法士「それと、話は一応まとまったんだ。だから……明日に出発しよう」

助手「……分かりました」

魔法士「今日はゆっくり休むといい」
237 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/06/29(水) 01:32:43.30 ID:R44Kx9ci0
今日はここまで
更新まちまちでごめんなさい
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/29(水) 08:16:04.51 ID:op8KzUkzO
239 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/07/05(火) 01:07:39.34 ID:i2VPEnav0

――――竜娘の部屋

竜娘「……そうですか、お起きになられましたか……」

魔法士「ただ、何も覚えてないらしいから、結局分からずじまい。けど、二人とも無事で良かったよ」

竜娘「……はい」

竜主「……魔法士、少し話があるのだが。出来るならエルフとも」

魔法士「……ん、了解。最初の部屋でいいかな?」

竜主「ああ」

魔法士「じゃ、エルフ呼んでくるよ。また後で」スッ

竜娘「……お父様」

竜主「何だ」

竜娘「……何故あの方は、何が起きたのか聞こうとしないのでしょうか?」

竜主「それを今から聞きに行くのだ。私も少々疑問に思うのでな」
240 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/07/05(火) 01:09:12.53 ID:i2VPEnav0

――――族長の部屋

エルフ「悪ぃ。待たせた」

魔法士「いやいや。で、話っていうのは?」

竜主「……今回の事だ。事件と言ってもいい」

竜主「二人はどう捉える?」

魔法士「さぁね。二人が何も話してくれないんじゃあ、仕方ないかな」

エルフ「あたしは、二人が無事に済んで良かったと思ってる。特に被害とか無いし、有耶無耶でも構わないな」

竜主「……そうか」

魔法士「何か引っかかる?」

竜主「ああ。娘の様子だが、俺が見た限りではあるが、どうも何かに怯えている」

竜主「彼は人間だ。魔法など使えない限り、娘を怯えさせる程の力は無いはずだ。彼という可能性は低い」

竜主「やはり、外部の誰かがおこしたものと言えるだろう。考えられるのは」


竜主「委員会の反抗組織だ。特に四大組織ならいずれも実力はある」

241 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/07/05(火) 01:10:02.79 ID:i2VPEnav0

魔法士「……成程ね」

竜主「ただ、これは私の見解だ。魔法士、エルフ」

魔法士「何?」

エルフ「何だ?」

竜主「二人はどうも今回の件を積極的に知ろうとはしていないように見える」

竜主「先刻も魔法士は娘に対してもこの件について何も聞こうとしなかった。ただ、彼の容態を伝えただけだ」

竜主「何故、この件について調べようとしない?」

エルフ「……あたしは、この件は魔法士に任せる。そう決めただけだ。起きたことに関して今更どうこう言うつもりも、知りたいとも思わねぇ」

エルフ「現状、何も変わってねえんだ。平和ならそれでいい」

竜主「…………」

魔法士「僕は、二人が話したくないならば、それを尊重する。それと、僕は彼、助手くんの事を任せられてるんだよ。魔女にね」

竜主「……それは、どういう意味だ」
242 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/07/05(火) 01:11:29.21 ID:i2VPEnav0

魔法士「勿論、今は助手くん第一ってことだよ」

竜主「答えになっていない。端的に話せと言っている!」

エルフ「お、落ち着けって、竜主」

竜主「…………すまない。取り乱した」

エルフ「魔法士。あたしはいいんだが、竜主は許してくれないらしい。話してくれねぇかな」

魔法士「……そうだね。話した方がいいか」

竜主「! やはり何か知っているのか?」

エルフ「知ってるっていうか……」

魔法士「もう大体分かったよ。その上でああしたんだ」

竜主「…………」
243 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/07/05(火) 01:12:31.48 ID:i2VPEnav0

魔法士「今回の事件だけど、竜主が言う委員会の反抗組織の仕業じゃない」

竜主「それは、何故だ?」

魔法士「今、四大組織はどれも動きが無いし、何もしてないらしいからね」

竜主「どうして分かる」

魔法士「それは秘密。動きが無いのは確かだよ」

魔法士「それと…………」

竜主「……どうした?」

魔法士「……えーと、僕の推測だから……ちょっとね」
244 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/07/05(火) 01:13:13.75 ID:i2VPEnav0

竜主「……構わない。続けてくれ」

魔法士「……僕が見た限りだけど、どうも彼女、竜娘は助手くんに対して罪悪感があるように見える」

竜主「!」

魔法士「エルフから聞いたよ。彼女が助手くんに謝りたいってね」

魔法士「もし二人が同時に襲われたとしたら、竜娘は助手くんの心配はすれど、謝りたいとは思わないはず」


魔法士「竜娘は助手くんに対して何かをしようとした。その事を謝りたいんじゃないかな」


竜主「っ……!」

魔法士「あくまでも推測に過ぎないけれど」
245 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/07/05(火) 01:15:06.04 ID:i2VPEnav0

エルフ「大丈夫か? 竜主」

竜主「…………ああ」

魔法士「……そこからは分からない。どうして気を失ったかとかね」

魔法士「けれど、僕は分かったんだ。どちらかというと、気づいて欲しかったのかもしれない」

魔法士「竜娘の起きた時間は何時だった?」

竜主「それは……正午だったはずだ」

魔法士「……やっぱりね。覚えがあるよ」


魔法士「僕の知り合いだ。間違いない。これは少しお灸を据える必要がありそうだね」

246 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/07/05(火) 01:18:06.46 ID:i2VPEnav0
今日はここまで
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/05(火) 07:31:14.33 ID:jqASorF70
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/05(火) 23:59:21.28 ID:Aj7vux0wo
よく寝るSSだ
249 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/22(金) 01:12:09.04 ID:xT+dWjAc0

魔法士「……よし、じゃいいかな。エルフ、大丈夫?」

エルフ「ああ、いつでも」

助手「次が最後ですけど……」

魔法士「? そう、獣人族だけど……ああ、内戦のこと? 大丈夫だよ。エルフもいるんだし」

エルフ「まあな。あんまり、力は使いたくないけど」

魔法士「ただ、ちょっと巻き込まれる可能性もあるからね……」

エルフ「その時はその時だ。さっさと行こうぜ」

魔法士「うん、じゃ行こう。助手くん」

助手「はい」
250 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/22(金) 01:13:14.20 ID:xT+dWjAc0

――――獣人族 領内

魔法士「……おかしいね」

助手「?」

エルフ「ああ、いやに静かだな。それに……煙臭い」

助手「煙……火事、山火事ですか?」

魔法士「炎は見えないから焼けた後かな。成程、内戦ね……」

エルフ「原因は何だと思う?」

魔法士「……いや、分からないね」

エルフ「何だ、分かんねえのか」

魔法士「あのね、僕だって全て分かってるわけじゃないよ。勝手に期待されても困るんだけど」

エルフ「で、今からどうするんだ?」

魔法士「……取り敢えず、当人に聞きにいこうかな」
251 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/22(金) 01:14:40.15 ID:xT+dWjAc0

「……用件は」

魔法士「委員会の件で。それと、内戦の話を聞きに。会えないかな」

「……お待ち下さい」スッ

魔法士「……エルフ」

エルフ「何だ?」

魔法士「まだ魔力残ってるよね?」

エルフ「どういうこった」

魔法士「もしかしたら、最悪の場合もあるってこと。ちょっと緊張感持たないといけないかも」

エルフ「最悪……あそう。ああ、それは平気だけど……つか、あたしより助手の心配してやれよ」

魔法士「そうだけど、助手くんはまだ、何も知らないから」

エルフ「何も?」

魔法士「……まあ、後で話しておくよ」

「お待たせしました。ご案内します」

魔法士「ほら、二人とも行くよ」

助手「はい」

エルフ「……ああ」
252 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/22(金) 01:15:30.33 ID:xT+dWjAc0

「…………」

魔法士「……ふむ」

助手「……中も静かですね」

エルフ「確かに広さにしては静かだな。まるで」

魔法士「誰もいないみたい?」

「…………」ピク

エルフ「ああ、それ」

魔法士「そんなことは無いだろうけど、もしかして落ち着かない?」

エルフ「べ、別にそういうわけじゃねぇけど」

魔法士「嘘。だってエルフ本当は喋りたくてうずうずしてるでしょ」

エルフ「勝手に決めつけんな! してないからな!」

魔法士「嘘が下手だねぇ」
253 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/22(金) 01:16:20.98 ID:xT+dWjAc0

「お連れしました」

「ありがとう。引き続き下を頼むわ」

「はい」

魔法士「久しぶり」

エルフ「よっ」

助手「は、初めまして」

「どうもぉ。私は妖狐」


妖狐「獣人族の長で代表よ」

254 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/22(金) 01:16:54.01 ID:xT+dWjAc0

妖狐「ここまで遠かったでしょう? 少し足を休めるといいわ」

魔法士「そうしたいんだけど、今回は事情が事情でね。少し話をしたら早めに出たいかな」

妖狐「あらそう。まあ仕方ないわねぇ」

魔法士「いやいや。押しかけた僕らの方が悪いから」

妖狐「……あ、客人にお茶も出してなかったわね。ちょっと失礼」スッ

魔法士「ああ、別に良かったのに」

妖狐「遠慮することないわ。せっかく足を運んできてくれたもの」

妖狐「こちら、私達孤人種に代々伝わる飲み物よ。狐は頭を働かせたり素早く動いたりするからねぇ。体力回復に抜群の効果があるわ」

エルフ「…………!」
255 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/22(金) 01:17:42.28 ID:xT+dWjAc0

魔法士「ありがとう。じゃ遠慮なく貰おうかな。はい、助手くんの分とエルフの分」スッ

助手「ありがとうございます」

エルフ「……魔法士、助手」

魔法士「ん?」

助手「エルフさん?」

エルフ「…………」スッ

バシャ!

助手「! えっ」ビクッ

魔法士「エルフ! 何を」


エルフ「あの時の仕返しか?」


妖狐「…………」

助手「……エルフさん?」

魔法士「……一体何の話?」
256 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/22(金) 01:18:35.64 ID:xT+dWjAc0

エルフ「……前と同じ。毒入りか」

魔法士「どっ、毒?」

助手「……あ」

妖狐「…………」


エルフ「……お前ぇ……あたしだけならまだいいが、魔法士、助手まで殺そうしたな!」


エルフ「これ以上やるってんなら……」


妖狐「ちっ、降参よ降参」


エルフ「……は?」

妖狐「そっちの二人、それ捨てな。エルフの言う通り、毒入りよ」

助手「え……」

魔法士「……えっと、どういうこと?」
257 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/22(金) 01:19:27.01 ID:xT+dWjAc0

妖狐「なんて事ないわ。ただ本物か偽物か試しただけよ。あんた達も知ってるんでしょ? うちらの事情」

エルフ「……内戦か」

妖狐「そ。獣人族内の諍い。理由は分かる?」

エルフ「……魔法士は」

魔法士「いや、分からない。その情報もつい最近入ってきたばかりだしね」

エルフ「あたしも、分からない。何でだ?」

妖狐「……代々獣人族で次の長を決める時、その基準はただ一つ。強さなのよ」

妖狐「それぞれの種の代表が一対一でただ単純に競い合い、一番強いのが次の長になるわ」

妖狐「で今回、私が生き残って二期連続で長を務めることになった。実際過去にそういう奴は数えられない程いるわ」

妖狐「けど……私は前にバカやっちゃってるからね……。文句を吐く奴、反発する奴、そういう奴らが集まった結果よ」

エルフ「…………」
258 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/22(金) 01:20:13.18 ID:xT+dWjAc0

妖狐「奴ら、私達より賢くないわ。けれど、私達より賢くないなりの戦いをしてくる。……偽物を装ってここにくることもね」

妖狐「化かしの天才の狐を騙そうとしてくる。私達狐にそんな考えは無いからねぇ……」

妖狐「あんた達を試したのは悪かったわ」

エルフ「……もし本当に飲んでたらどうするんだよ」


妖狐「その時は実質獣人族が一番になるもの。万々歳よ」


エルフ「なっ……!」ガタッ

魔法士「エルフ、抑えて。結局飲まなかったから良かったよ」

エルフ「っ……」

妖狐「……ま、私は飲むとは露ほども思ってないわ。脳の無い獣人族共用の物だしね」
259 : ◆QbejV3Yk9I [saga sage]:2016/07/22(金) 01:21:02.10 ID:xT+dWjAc0
ここまで
間空いて申し訳ないです
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/22(金) 07:15:37.69 ID:jmF+LZ1kO
261 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:08:18.23 ID:/OQMBtdV0

妖狐「さて、本人確認も取れたわ。本題を話してちょうだい。どうせそこの男のことでしょ」チラッ

助手「う……」ビクッ

魔法士「うん。詳しい事話すと……」

妖狐「あー、長くなるなら止めてほしいわ。今時間に余裕が無くてねぇ」

妖狐「あんた、あの薬屋の者でしょう?」

助手「え……何で分かるんですか?」

妖狐「確かにあの時姿は見えなかったわ。けど、私らは視覚より聴覚や嗅覚の方が発達しているの」

妖狐「……ん、全く同じ匂いがするわ」フンフン

魔法士「妖狐、魔女の事も知ってるの?」

妖狐「魔女? ああ、薬屋のね。ええ、知ってるわ。一度あの店に寄ったの」
262 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:09:15.44 ID:/OQMBtdV0

魔法士「なら話が早い。実は、僕の次の候補に彼女を挙げている」

妖狐「……あらそう、成程ねぇ。……で、結局の目的は何なのかしら?」

魔法士「彼の事は一般には非公開で、彼の存在を黙認して欲しい」

妖狐「……それは、どういう意図があってのことかしら? 特別扱いする理由が見当たらないのだけれど」

魔法士「彼は魔法人族じゃない、人間なんだ。一ヶ月前にこの世界に来たらしい」

妖狐「……ふーん、人間。珍しいわねぇ」

魔法士「で、どうかな」



妖狐「お断り」


263 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:10:13.46 ID:/OQMBtdV0

魔法士「!」

妖狐「なーんて、嘘。断る理由も無いわね」

妖狐「大体、あんた達二人が飲んでるなら誰でも飲むに決まってるわ」

魔法士「そっか。ありがとう」

妖狐「けれど」

魔法士「?」

妖狐「はぁ……私はそのお願いを簡単に受けることは出来ないわねぇ……」

エルフ「なっ! お前さっき良いっていったじゃねぇか」

妖狐「勿論。私は別に構わないわよ。私じゃなくて、時間が逆らうのよ」

エルフ「じ、時間?」


妖狐「……内戦、意外とヤバい状況なのよねぇ」

264 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:11:04.03 ID:/OQMBtdV0

エルフ「な、そうなのか!?」

妖狐「ええ。元々、戦力は五分五分だったわ。けれど、今はご覧の通りよ」

魔法士「ご覧の通り……ってもしかして」

エルフ「どういうことだ?」

妖狐「……エルフ、ここまでに変な事が無かったかしら?」

エルフ「変な事……?」


――「確かに広さにしては静かだな。まるで」

――「誰もいないみたい?」


エルフ「……ホントかよ」

妖狐「ええ。そういう事よ」


妖狐「皆、戦いに出てるわ。今ここには私と下の子しかいないのよ」

265 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:11:58.80 ID:/OQMBtdV0

妖狐「はっきり言って私達にもう勝ち目が無いわ。私達が負けたその時は」


妖狐「また、委員会を外れることになるわね」


魔法士「…………」

エルフ「……何で、そんな状況になってんだ?」

妖狐「どういうこと?」

エルフ「狐、孤人種は賢さでは一番だったはずだ。地の利を利用したり、それこそ数が五分ならちゃんと作戦を立てれば」


妖狐「立てたわ。色んなことをやったの。その上で、この状況」


エルフ「…………」

妖狐「奴らは、この日の為に仕込んでやがったのさ」
266 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:12:48.18 ID:/OQMBtdV0

妖狐「一人の突出した才能は場を一転させる」

妖狐「全く、厄介な者を連れてるのよ」

魔法士「厄介な者……」

妖狐「数は五分五分、私達は狐の頭を使って考えた策を遂行し、限界まで人員を投下して、それでも勝てる気がしない」

妖狐「……ふん、悲しくなるわね」

魔法士「……まだ、方法は無いかな」

妖狐「……そうね。なら、あんた達に、恥を忍んで頼みたいわ」スッ

エルフ「頼み?」
267 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:13:20.86 ID:/OQMBtdV0




妖狐「お願いします。私達を助けて下さい」



268 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:15:28.67 ID:usKLnW5g0

エルフ「っ!」

魔法士「ちょっ、妖狐! そんな」

妖狐「私もこんな格好したくないわ。汚らしい犬みたいな、無粋な真似」ブルブル

妖狐「けれど……こうでもしないと皆に顔向け出来ない。私は……皆が傷つくのを……倒れる様を……これ以上ゆっくりと見ていられないわ」ブルブル

エルフ「妖狐……」

妖狐「こんな……お願いする立場でも無いことは……分かってるわよ」

妖狐「だけど……」


妖狐「お願いします……皆を……狐を……仲間を……助けて……」ブルブル

269 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:16:36.05 ID:usKLnW5g0

エルフ「……魔法士」

魔法士「……もともと、内戦には関わらないようにしたかったけど、そこまでされたら断るわけにもいかない」

魔法士「好きにしていいよ。僕は助手くんを見ておくから」

エルフ「……きっちり保身に走るお前に腹が立つ」

エルフ「けど、それでいいぜ。あたしもこのまま見過ごせねぇし。とりあえず顔、上げろって」

妖狐「……ありがとう。恩に着るわ」

エルフ「嘘泣き、じゃねぇよな?」

妖狐「……知ってて言ってるわね。私がそんな事するわけないじゃない」

エルフ「ははっ、悪い。で、どこまで助ければいいんだ? 全部、なんて言うはずないだろ?」

魔法士「全部だったら時間の関係もあるし、無理かな」
270 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:20:03.58 ID:/OQMBtdV0

エルフ「そういうことだ」

妖狐「ふん、全部任せたら孤人種の面目が丸潰れよ。そんな事しない」

妖狐「それと、仲間たちが浮かばれないしねぇ」

エルフ「……ま、とりあえず何すりゃいいんだ?」

妖狐「……さっき言った厄介な奴を頼むわ。私の予想じゃ、サポートに回る魔法人族で回復魔法系……或いは」

エルフ「了解。場所は多分本陣だよな」

妖狐「そうね。魔力が最も大きい所よ。エルフなら見えるでしょう?」

妖狐「それと、他の奴らは私がやるから手を出しちゃだめよ」

エルフ「向こうから来た場合は?」

妖狐「そんな命知らずに用は無いわ。やって頂戴」
271 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:20:52.93 ID:/OQMBtdV0

エルフ「じゃ、ちょっと行ってくるわ。助手を頼む」ヒュッ

魔法士「うん、任せといて」

助手「……エルフさん一人で大丈夫なんですか?」

魔法士「平気平気。あれでも最強だからさ。僕より断然強い」

妖狐「あなたもなかなか強いじゃない。あなたが行っても良かったのよ?」

魔法士「僕は空を飛べないからね。時間がかかる」

魔法士「それと、僕は守りの方が得意なんだ」

妖狐「……それはどういう意味かしら?」

魔法士「言葉通りの意味だよ」

妖狐「……ふん」
272 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:22:57.57 ID:/OQMBtdV0

――――獣人族 反乱軍 本陣

「伝令! 敵軍本部に三つの人影あり! 魔法人族代表の魔法士、妖精族代表のエルフ、それと詳細不明の男! 男は獣人ではないとのこと!」

「……エルフ?」

「おや、エルフと知り合いなのか?」

「……うん……けど、そこまで深い訳……じゃない」

「それならいい。攻撃をためらう相手じゃないならな」

「しかし、奴らがあっちの味方になるなら厄介だ」

「構わないだろう。その時は、我々も総出だ。我々には救世主もいる事だ」

「はっはっは。だが、それ以前に終わってしまうのではないか?」

「それも有りうる」

「全くだな」

「今回は貴殿を雇って良かった。もうすぐ果たせそうだ。最後まで頼む」

「……死霊術師殿」



死霊術師「……分かってる。……仕事は……ちゃんと果たす」


273 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/07/28(木) 01:24:06.06 ID:/OQMBtdV0
ここまで
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/30(土) 12:22:07.34 ID:ezOwIeHso
そうなったか
275 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/08/05(金) 02:26:26.79 ID:aa8coaoI0

「……む、誰か飛んできおるぞ」

「ふん、どうせ鳥人の者であろう。奴ら、情報にはうるさいからな」

「いや、真っ直ぐここに向かっておる。戦なぞ全く見ておらん」

「……だが、狐にもその仲間にも空など……」

「……まさか」


「よっと。うまく着地できたぜ」


死霊術師「…………」

「エルフっ……!」


エルフ「で、ここが本陣でいいんだよな? 意外と近いんだな」

276 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/08/05(金) 02:27:21.56 ID:aa8coaoI0

「何故貴様がここに!」

エルフ「あー、ちょっと説明するの面倒だから後でな。あたしらには時間も無いし」

「……この戦は獣人族の物だ。委員会が介入する余地は無い」

エルフ「んなこた知ってるよ。あたしはあっち側の大将に頼まれたんだよ」ピッ

エルフ「だから、委員会は関係ない。あたし個人がやりたいからやるんだよ」

「……だが、我らの戦に余所者が入るなど」

エルフ「ああそれそれ」

「?」

エルフ「そっちにも余所者がいんだろ? それじゃフェアじゃねぇな。だからその余所者を追い払えって頼まれたんだよ」
277 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/08/05(金) 02:28:04.99 ID:aa8coaoI0

「っ!」

エルフ「つか、余所者がいる時点で我らの戦、じゃねぇな。そこんとこ分かってて発言してるのか?」

「っ……貴様ぁ……」

「待て。敵う相手じゃない」

「……だっ、だが……」

エルフ「……ちっ、つまらんな」

エルフ「で、こっち側の術者は誰だ? あたしは早く済ませたいんだが」

死霊術師「……エルフ」

エルフ「ん? お前……」

死霊術師「……久しぶり」

エルフ「…………マジかよ」
278 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/08/05(金) 02:29:09.97 ID:aa8coaoI0

死霊術師「……? どうかした?」

エルフ「あ、いや、驚いただけだ。まさか顔見知りがやってるとは思ってなくてな」

死霊術師「……そう……うん。私も……驚いてる。……エルフ、今まで……こういう所に来ないから」

エルフ「まあ、そうだな。あたしらも世界中に目を光らせてるわけじゃないし。把握してないだけで今回はたまたまだ」

死霊術師「……そういえば……本当は……何しにきた……の?」

エルフ「ん、ああ。魔法士と…………」ピタッ

死霊術師「…………?」

エルフ「…………魔法士と、妖狐も入れてい、委員会関係の話をしに来たんだ。内容は秘密だけど」

死霊術師「……そう……なんだ」
279 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/08/05(金) 02:29:55.26 ID:aa8coaoI0

エルフ「……えーと、ちょっと頼みがあるんだが」

死霊術師「……さっきの……追い払う……ってこと?」

エルフ「ああそれそれ。まあこっちにも色々事情があってな。妖狐には今倒れてもらうわけにはいかねぇんだわ」


死霊術師「……それは……出来ない相談」


エルフ「……な」

死霊術師「……私は……雇われてここにいる。……自分で勝手に……この戦を降りる……ことは出来ない。私が決めて……契約した……から」

死霊術師「……それに……私自身……降りようとは……思わない」

エルフ「……何で」
280 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/08/05(金) 02:30:53.04 ID:aa8coaoI0

死霊術師「……死霊術を扱う私達は……世間からは……忌避される存在。……それは世間が……死霊術が生命を愚弄する魔法だと……認識してるから」

死霊術師「……そのせいで私達は……あっちには居られない」

エルフ「…………」

死霊術師「……あっちで……陰でこそこそと生きる……ことも……戦乙女族のようなことも……出来ないし……しない」


死霊術師「……私達の居場所は……ここ」


死霊術師「……戦争の中じゃないと……私達は……生きられない……よ」


エルフ「……そう……かよ」
281 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/08/05(金) 02:31:49.06 ID:aa8coaoI0

死霊術師「……うん。……だから……大人しく帰ってくれると……嬉しい」

エルフ「……そんな事聞いて引くと思うか?」

死霊術師「……思わない。エルフは諦め……悪いから」

エルフ「そ。あたしだってこれからのために動いてんだ。危険に会わせない為にもその首を縦に振って欲しいんだが」

死霊術師「……危険に会うか会わないかは……エルフの自由……でしょ?」

エルフ「……あっはははは! そうかもしんねぇな。本当は最終手段だったんだが、そこまで決意が固いなら出すしかねぇ」

死霊術師「…………」

エルフ「つまり」


エルフ「これ以上断るなら、力ずくでも縦に振らせてやる」スタスタ

282 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/08/05(金) 02:32:43.28 ID:aa8coaoI0

死霊術師「……エルフ」

エルフ「何だよ……っ!」バッ

「……流石ですね。それ以上近づかれるとこちらとしても切らないわけにはいかないもので」

エルフ「……騎士、だったっけか」

騎士「お久しぶりです。一ヶ月くらいですか?」

エルフ「ああ。ちゃんと覚えてたよ」

死霊術師「……エルフ」

エルフ「……そういえば、何て言おうとしたんだ?」

死霊術師「……私も……決意は揺らがない」


死霊術師「……エルフに負けるつもりも……無い……よ」

283 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/08/05(金) 02:34:12.77 ID:aa8coaoI0
ここまで
これから少し地の文を使う可能性があります
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/05(金) 17:01:38.28 ID:oxFxiRrvo
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/11(木) 00:24:05.91 ID:1lq/j13Do
まぁヒロイン度対決なら死霊術師ちゃんの圧勝が確定的明らかなんですけどね
286 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/08/29(月) 02:00:12.13 ID:LB61GOzx0


「待て」


エルフ「っ……あぁ?」

死霊術師「…………」

エルフ「てめぇ……邪魔する気か?」

「死霊術師殿、エルフが直接手を下しに来た以上こちらも黙っている必要は無くなりました」

「エルフはこちらで」

死霊術師「……ん、分かった」コク

エルフ「てめぇ……何を」

死霊術師「……エルフ」

エルフ「……んだよ?」
287 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/08/29(月) 02:02:04.49 ID:LB61GOzx0

死霊術師「……エルフは戦争……好き?」

エルフ「……戦争が起こるのは嫌いだ。が、戦争自体は好きだ。思う存分暴れられるからな」

死霊術師「……そう。けど……エルフは戦争……何も分かってない……よ」

エルフ「……どういう……っ!」

死霊術師「……びっくり、した? ……これでも私は……戦場では最強……だから」

エルフ「後ろの奴ら……大型の魔獣か。成程、最強の所以が分かるわ」

死霊術師「……ふふ、ありがとう」

エルフ「……で、戦争が分かってないってのは?」

死霊術師「……それは」チラ


バサァッ!!


エルフ「っ! は、な、竜!?」
288 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/08/29(月) 02:03:44.63 ID:LB61GOzx0


死霊術師「戦争での敵は大将一人……だよ」タッ


エルフ「っ! やべぇ!」バッ

ガシッ!

「残念だが、追わせる訳にはいかない」ギリリ

エルフ「く……てめぇらぁ!」

「六対一、だが悪く思うな。我々も未来を掛けている」

エルフ「……ちっ、あいつに会わせたくなかったんだが」

「あいつ?」

エルフ「……はぁ、戦いで目先に集中するのは悪い癖だな」


エルフ「さっさと片付けても間に合わねぇ」

289 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/08/29(月) 02:05:31.50 ID:LB61GOzx0
ここまで
多忙の夏で更新出来ませんでした
少ないですすいません
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/31(水) 12:13:21.33 ID:+2Zd7j5OO
のんびり待っているぜ
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/04(日) 00:14:43.18 ID:5GxN+6xio
エルフさんには死霊になってもらおう
292 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/09/14(水) 01:59:33.20 ID:kpAu5AcB0

妖狐「……む」ピク

魔法士「どうかした?」

妖狐「……こっちに来てるわ」サッ

魔法士「? こっちに……っ! 助手くん!」スッ

助手「え!」ビクッ


バキィッ!!



ドォォォォオオオンッ!!


293 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/09/14(水) 02:00:21.41 ID:kpAu5AcB0

ガラガラ……


妖狐「……ようこそ、私の城へ。歓迎はしないわ」ギラッ


死霊術師「……妖狐……」


妖狐「にしても、大胆な入り方ね。埃が舞うから止めて欲しかったわ」


死霊術師「……申し訳ない。……下から行くのは……面倒だった……から」


妖狐「……ふふ、それでも天井を破壊する必要はないんじゃないかしら?」



死霊術師「……それは……演出。この方が……強そうに見える……でしょ?」


294 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/09/14(水) 02:01:08.32 ID:kpAu5AcB0

妖狐「あら……飛竜、ね。とても厄介な相手だわ」

死霊術師「……獣の天敵なのは……有名な話。私も対策……する……よ」

妖狐「けど、こんな狭い所じゃ折角の切り札も上手く使えないんじゃないかしら? 術者を守る従者が居ないと」

死霊術師「……平気。騎士」

騎士「どうも」

妖狐「……ふふ、最初から勝ち目無しね」

死霊術師「……そう。だから……諦めて?」ニコ
295 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/09/14(水) 02:02:02.15 ID:kpAu5AcB0

魔法士「助手くん!」

助手「…………あ、ま、魔法士さん」

魔法士「良かった。痛い所ない? 一応防壁は作っておいたけど」

助手「だ、大丈夫です。それより、さっきのは……」

魔法士「……どうも、エルフが逃がしたらしい。直接乗り込んできた」

助手「え、エルフさんが!? 」

魔法士「相手もなかなかの腕だ。余り近くに居ない方がいい。動ける?」

助手「……なんとか、大丈夫です」

魔法士「まだ気付かれてないから今のうちに遠くへ行こう」チラ

助手「はい」チラ


助手「!」ダッ


魔法士「あっ、助手くん!」
296 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/09/14(水) 02:02:49.52 ID:kpAu5AcB0

妖狐「ふん、諦める事なんてある訳ないわ。今まで仲間がどれだけ頑張って来たと思ってるの?」

死霊術師「……残念。騎士」

騎士「何でしょう、我が主よ」


死霊術師「……早く終らせて……かえ」




助手「し、死霊術師さん!?」




死霊術師「………………え」

297 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/09/14(水) 02:03:54.68 ID:kpAu5AcB0
ここまで
擬音は苦手です
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/14(水) 22:13:59.98 ID:+Ivk9fXFo
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/17(土) 14:10:45.84 ID:qksBBmvzo
甘ちゃんの我侭が通らないといいなぁ
300 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/10/10(月) 02:52:09.71 ID:UW/DWBiX0
ラストまで書き溜めますので
しばしお待ちを
301 : ◆QbejV3Yk9I [sage]:2016/11/15(火) 01:21:42.11 ID:O1rE+D79o
生存報告
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/17(木) 17:47:56.63 ID:rhPcie67o
     §
  ( ´・┏_┓・`)
(⊃【生存確認】⊂)
303 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 01:54:47.88 ID:ZDlFtuf70

死霊術師「……な……んで、助手くんが」

妖狐「あら……もしかして知り合いなのかしら?」

助手「……はい」

死霊術師「…………」

妖狐「あらそう、それは困ったわねぇ」


妖狐「けど、私達の戦いには関係ないわ」ダッ


助手「!」

死霊術師「っ!」


キィーーッン!


妖狐「……流石迅いわね。出来るならそこをどいてくださらない?」


騎士「私は従者です。主には触れさせません」

304 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 01:56:11.55 ID:ZDlFtuf70

死霊術師「……なんで……ここに」

死霊術師「…………あ」



――「伝令! 敵軍本部に三つの人影あり! 魔法人族代表の魔法士、妖精族代表のエルフ、それと詳細不明の男! 男は獣人ではないとのこと!」



死霊術師(詳細不明の……男)



――エルフ「…………魔法士と、妖狐も入れてい、委員会関係の話をしに来たんだ。内容は秘密だけど」



死霊術師(……そうだ。もう一人いたはず、なのにエルフの話は……)



――「……それは……演出。この方が……強そうに見える……でしょ?」



死霊術師「…………あ」ユラ


305 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 01:56:54.03 ID:ZDlFtuf70

助手「! 死霊術師さ」ダッ

魔法士「待った! これ以上近付くのは危ない!」ガシッ

助手「うっ……け、けれど死霊術師さんが」

魔法士「それよりもまず自分の命が優先。後先考えずに行っても君では戦えない」

魔法士「彼女は今飛竜に護られているし、あの従者だって君を放っておかない」

助手「…………」

魔法士「それに君が傷を負えば」


魔法士「魔女が悲しむ」


助手「っ…………」

魔法士「大丈夫。もうすぐ終わるよ」

魔法士「全く、戻るのが少し遅かったね」
306 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 01:57:53.37 ID:ZDlFtuf70

妖狐「……貴方、中々やるわね。一つでも私の爪を折るなんてたいしたものだわ」

騎士「女性に必要以上に手をかける事はいけませんからね」

妖狐「……あらそう。なら悪いけどその余裕もすぐ無くなるわ」

騎士「余裕なんてありませんよ。あるのは加減だけです」

妖狐「ならそれも一気に無くしてやるわ!」バッ

騎士「まだ来ますか……っ」サッ


ガシィッ!


妖狐「……なんで止めたのよ」ギリギリ


エルフ「悪ぃな。こいつらあたしの知り合いなんだよ。ちょっと話をさせてくれ」

307 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 01:58:40.01 ID:ZDlFtuf70

魔法士「遅かったね、エルフ」

エルフ「逃した後急いだんだが、それでも遅くなっちまった。悪い」

助手「エルフさん、無事だったんですね」

エルフ「ああ。ちょっとやってたけど、たいしたことなかったし」

妖狐「……それじゃ、質問に答えてもらおうかしら。どうして、止めたのよ」


エルフ「どうしたもこうしたも、戦争は終わりだ。終わり」


妖狐「…………はあ?」
308 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 01:59:35.41 ID:ZDlFtuf70

エルフ「だから、終わり終わり。もう決着はついた」

妖狐「な、んでよ。まだその女と戦い始めたばっかなのよ?」

死霊術師「…………」

エルフ「あいつは関係ねぇよ。そもそも、あいつは仕事で手を貸してるだけで、勝敗条件にゃ無関係」

エルフ「今回の戦争を起こしたのは誰だって話だ」

妖狐「……もしかして貴女」

エルフ「そういうこった。今は気失ってるから喋らねぇが……てか、当分覚めねぇかも」

妖狐「…………」

エルフ「いやぁ、久しぶりの戦闘だったからつい力が入りすぎちまって」

妖狐「……恐ろしいわね……」
309 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:00:31.10 ID:ZDlFtuf70

エルフ「で、向こうの核は皆討ったからこの戦争は終わり。そうだろ?」

妖狐「……確かにそうね。けど」

エルフ「けど?」


妖狐「そこの術師。彼女もやらないと私の気が済まないわ」


死霊術師「っ……」ビクッ

妖狐「彼女のせいで私の仲間が怪我を負って……重傷者もいる」

妖狐「獣人族は元来魔法は使えない。それを知った上で魔法を使って私たちを蹂躙したのよ」

妖狐「どれだけ……惨めだったこと。貴方達に分かるかしら?」

死霊術師「……ごめん……なさ」


妖狐「謝罪の言葉は要らないわ。ただ貴女を潰したいの」


死霊術師「!」
310 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:02:04.01 ID:ZDlFtuf70


魔法士「ダメだよ。妖狐」


妖狐「っ……魔法士、止めないで頂戴」

魔法士「戦争が終わった以上、彼女、えぇと、死霊術師さんだっけ?」チラ

死霊術師「…………」

魔法士「彼女はこの時点で一般人。今からやろうものなら僕が委員会として止める」

魔法士「それと、彼女は直接的に手を出してない。大方、回復系か補助系だよ」

妖狐「……何で分かるのよ」

魔法士「前に戦乙女族の所に立ち寄ってね。ついでに重傷者の様子も診たんだ。殆どが普通の傷だった」

魔法士「魔法で受けた傷は特殊でね。回復魔法では治せない。じっくり時間をかけるしか方法が無いんだ」

妖狐「……私達が弱いのが悪い、と言うの?」
311 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:03:01.22 ID:ZDlFtuf70

魔法士「……まあ、彼女が居なければその結論になるね。長である以上、この事態を考えなかった妖狐の責任も多少はある」

魔法士「日が浅いのも原因だ」

妖狐「……そう」

魔法士「だから彼女は見逃してやって。やるなら、エルフがやっちゃった奴らにしてよ」

妖狐「…………ふん、分かったわ……」


エルフ「……お前えげつねぇな」コソコソ

魔法士「そう? 昔からこんな感じだけど。それに助手くんの知り合いだったら助けないわけにも行かないし」コソコソ

エルフ「……そうだけど……」
312 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:03:49.10 ID:ZDlFtuf70

ガシャァンッ!

魔法士「!」

妖狐「! 何よっ!」

エルフ「ちっ、飛竜が動いた」


飛竜「――――――――ッ!!」


助手「うあっ!」ビクッ

妖狐「な、超音波!?」

エルフ「くっ、まさかあいつ!」


バサァッ!!


助手「! 死霊術師さっ」


飛竜「グオオオオォォォォッ!!」

313 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:04:38.03 ID:ZDlFtuf70

魔法士「……行っちゃった、ね」

助手「……はい」

エルフ「そんな顔すんなって。戦争は終わったんだし、帰ったんだろ」バシッ

助手「いたっ……そう、ですね」

魔法士「エルフ、助手くんを叩かないでよ」

エルフ「悪ぃ悪ぃ」


妖狐「……エルフ、魔法士。改めて礼を言うわ」

エルフ「礼なんていらねぇよ。あたし達はその為にやったんじゃねぇし」

魔法士「僕らの条件を飲んでくれるかわりってことで。貸し借りも無し」

妖狐「……欲が無いのね」

魔法士「見せないだけだよ」
314 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:05:23.32 ID:ZDlFtuf70

エルフ「んー……っと。目的は果たしたし帰るか」

妖狐「あら、泊まっていきなさいよ。疲れたでしょうに」

エルフ「んー、そうしたいが、早めに帰りたいんだ。こんなに遅くなるとは思わなかったからな……」

妖狐「? 何か急ぎの用事でも?」

エルフ「えーと、今日で……四日……か?」

魔法士「そう。もう四日だね。本来なら二日だったのになぁ……」

妖狐「? よく分からないけれど、貴方達二人なら大丈夫じゃない」

妖狐「それとも、恐れてる事があるとでも?」
315 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:06:00.33 ID:ZDlFtuf70



魔法士「魔女に怒られる」


316 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:06:39.21 ID:ZDlFtuf70

妖狐「……あっはははははは!」

エルフ「笑い事じゃねぇんだよなぁ……これが」

妖狐「ふふっ……面白いわねぇ。貴方達二人より立場が上なのね。魔女は」

妖狐「ふぅ……そう。なら早く戻るといいわ。私も、傷ついた仲間を看ないといけないわね」

エルフ「仲間想いなんだな。いい長になると思うぜ」

妖狐「妖精族には負けるわよ。……そうね、いつかまたいらっしゃいね」

エルフ「ああ、必ずな」
317 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:08:13.13 ID:ZDlFtuf70

――――獣人族 上空

鴉「むー」キョロキョロ

鴉「どこも戦の気配無し。やはり終わったんでしょーか」

鴉「うーん。これでは薬屋の魔女に報告できませんねー。どーしよかな」

鴉「……仕方ありません。終わった事だけ報告しま」

ガシャァンッ!

鴉「! 委員会陣営から大きな物音!」


「グオオオオォォォォッ!!」


鴉「!!」ビクッ


飛竜「グオオオオォォォォッ!!」


鴉「あ、れは、飛竜! ……と、女の子……?」
318 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:08:58.39 ID:ZDlFtuf70

鴉「って、逃げてしまいますね! 行けっ! マイ羽!」シュッ

鴉「……ふぅ、何とかマーキング成功ですが……飛竜なんて聞いてませんよー……」

鴉「……ふむ、状況を察するに委員会側の勝利らしいです」

鴉「それと飛竜と女の子の件と……これだけ報告出来れば大丈夫ですね」


鴉「ふふーん。これで大きな報酬が貰えるなら安いものですね。担当代わってよかったー!」

319 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:09:38.17 ID:ZDlFtuf70

――――魔法人族 薬屋

魔法使い「あー! 重い!」ドサッ

魔女「泣き言を言うな。私よりも魔法使いの方が力があるだろう」

魔法使い「想定外の量だよ! 大体、魔法で軽くすればいいのに何でしないの!」

魔女「材料屋の店主が言っていただろう。魔法に反応するものもあると」

魔法使い「この荷物には無いでしょそれ!」

魔女「ああ。日々使うものの性質は記憶しているからな」

魔法使い「……ねぇ、もしかして魔女は今使って」

魔女「当然だ。こんな重いもの普通に運べると思うのか?」

魔法使い「ずっるぅぅぅい!」
320 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:10:33.83 ID:ZDlFtuf70

魔女「気づかない魔法使いが悪い。それに、確かに店内では魔法は禁止だ。外で使えばいいこと」

魔法使い「なああああああ!」

魔女「五月蝿い。運び終わったならほら、休憩だ。結局この時間まで昼食も食べていなかったしな」

魔法使い「…………むぅ」

猫「ニャー」

魔女「おっと、留守番させて悪かったな。今すぐ用意するからもう少し待っていてくれ」

猫「ニャー…………!」ピクッ

魔女「! 来客か……いや、三人……!」

魔法使い「なに? 仕事?」

魔女「……いや、違う」タッ
321 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:14:02.78 ID:ZDlFtuf70

ガチャ



魔女「……おかえり」



助手「……お、遅くなってすみません」



魔女「違う。謝罪の言葉はいらないよ」



助手「う…………た、ただいま戻りました」


322 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:14:42.94 ID:ZDlFtuf70

魔法使い「お、助手くん!」

助手「あれ、魔法使いさん。どうしてここに」

魔女「助手くんと先生がいない間薬屋を手伝って貰っていたんだ。住み込みでね」

魔法使い「手伝いとかそんな生易しいものじゃ」

魔女「黙れ」

魔法使い「発言権すら失ってしまった」

魔女「ゆっくり休むといい……と言いたいが」

助手「?」

魔女「実はまだ昼食を済ませていなくてね。良かったら作って欲しい。そうだな、先生とエルフも一緒に」

助手「……はい! すぐに用意します」

魔女「そうだ、丁度いい。魔法使いは助手くんに料理を教えてもらえ。この数日食ってばかりだったからな」

魔法使い「相変わらず言い方が酷い。けど分かったよ。こんな機会そんなに無いしね」タッ
323 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:15:31.26 ID:ZDlFtuf70

魔法士「や、魔女」

魔女「先生、とエルフも一緒か」

エルフ「おう、久しぶり」

魔女「先生、今回の事はありがとうございます」

魔法士「構わないよ。僕が勝手にやった事だし、というか本来は僕から頼むことで」

魔法士「それと、今回は本当に勝手なことをしたからね」

魔女「……?」


魔法士「助手くんの住む世界というものを見せたかったんだ。色んなものも含めて。その上で」

魔法士「助手くんの立場というものを理解させたかった、ということ」


魔女「……まだ、早いです」

魔法士「君は挑戦を嫌うからね。先送りにしたって問題はついてまわる」

魔法士「それにまだ完全に解決したわけじゃないよ。いつの時代も世間は厳しいからね」
324 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:16:13.48 ID:ZDlFtuf70

魔女「……」

魔法士「だから、もう少し隠しておいてほしい」

魔女「……はい」

エルフ「おい」バシッ

魔法士「いっ……叩くことないでしょ」

エルフ「お前、詳しいことは何も言わないくせに、珍しく話したと思ったら言い方が悪ぃ」

魔法士「……分かったよ」

魔女「エルフ……」

エルフ「……あ、あたしからは何も言うことないけど、あんまり考えすぎんなよ。その……さ」

魔女「……ふふ、慰めはいらない。全部本当のことだ。気に病む必要も無い」
325 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:17:38.64 ID:ZDlFtuf70

魔女「だから、これからも頼む。エルフ」

エルフ「……あぁ! もう、慰めが下手で悪かったな」

魔女「先生、エルフ。良かったら食べていかないか? いや、もう作り始めているだろうから、食べていってくれ」

魔法士「うん、ありがたく頂くよ」


魔女「そうだ、ついでに旅の話も聞かせてくれ。何故予定より大幅に遅れたのか、とか、私も詳しく聞きたいからな」ニコッ


エルフ「…………ぁ、あたし」


魔女「ゆっくりしていってくれ」ニコッ


魔法使い「……うん」

エルフ「……ああ」
326 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:18:34.68 ID:ZDlFtuf70

――――夜

魔女「……死霊術師が、ね」

助手「……はい」

魔女「私も、仕事の内容は聞いていなかった。それに、助手くんのことも伝え損ねてしまったしな」

魔女「だが、助手くんに危害を加えようとした事は……」

助手「あ、いえ、そこまでではないです。寧ろ、闘いを止めたように思えます」

魔女「……そうならば、責めることもない。帰ってきた時は、いつも通りで頼むよ」

助手「……はい」

魔女「心配ないよ。転移魔法は使えないだろうが、ちゃんとした移動方法があるのだろう。きっと二、三日で戻ってくるよ」

魔女「君は、早めに寝るといい。明日から遅れた仕事分をやるからな」

助手「……はい。では、先に休みます」

魔女「ああ、おやすみ」
327 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:19:36.85 ID:ZDlFtuf70

魔女「……鍵は空いている。入れ」

ガチャ

鴉「どーも、魔女さん。例の戦争の件ですが」

魔女「実は、大まかな事は聞いてしまってな。勿論報酬は変わらないが」

鴉「ありゃ、そーですか。ま、報酬が変わらないならいいですけど」

魔女「そうだな。食い違いがあるかもしれないから、一応教えてくれ」

鴉「了解! って言っても私も少ないですけど」

鴉「まず、委員会側の勝利は確実でしょう。火を使われたのか、周囲は焼け野原のようでした」

鴉「あっと、委員会側の陣営から飛竜と女の子がでていきましたね」

魔女「! どこに行ったか分かるか?」

鴉「え! あ、ちょっと待って下さい。一応羽は付けたので……」
328 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:20:34.87 ID:ZDlFtuf70

鴉「……うーん、これは、『死霊の森』ですかね。いや、あんな所にいる訳は……」

魔女「……成程、分かった。それだけで十分だ」

鴉「え、もういいんですか?」

魔女「ああ、もう夜も遅いからな。それに、聞きたい事も聞けた」

鴉「む、女の子は知っている人物で?」

魔女「あまり詮索はよろしくないぞ。鴉」

鴉「あ、し、失礼しました。そーですね」

魔女「だが、君は良い仕事をしている。これからも頼みたい」

鴉「ありがたいお言葉です! これからも、鳥人配達サービスをよろしくお願いします!」

鴉(私の情報だけでは駄目だったかもしれません……反省ですね)
329 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:21:19.29 ID:ZDlFtuf70

――――魔法士の家

エルフ「そういや、魔女に竜人族での事は話さなかったよな?」

魔法士「ん、ああ。うん。あれは話さない方がいいかなってね」

エルフ「一番話すべき事だと思うんだが。あ、もしかして怒られるのが恐かったとかか?」

魔法士「違うよ! 流石にそんな理由で隠す訳ないから」

魔法士「あれは、僕の問題だ。魔女に話して一人で動かれると困るんだ」

エルフ「……お前の知り合いって、誰だよ」


魔法士「僕と同じ位の実力者、精神系の魔法に関しては魔法人族一とも言える、かな」

330 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:22:17.09 ID:ZDlFtuf70

――――助手の部屋

助手「ただいま、元気だった?」

猫「ニャー」スッ

助手「よかった。明日からまた、いつもの生活だ」

猫「……主殿」

助手「ん?」

猫「……死霊術師殿は、いつお帰りになるのかは」

助手「分からない。けど、きっとすぐ帰ってくるよ」

助手「そうやって、信じて待つしかできないからさ。僕は」

猫「……そうでしょうか」

助手「……明日は早いから、もう寝るよ。おやすみ」

猫「……おやすみなさい」
331 : ◆QbejV3Yk9I [sage saga]:2016/11/29(火) 02:22:56.02 ID:ZDlFtuf70




それから十日程経つも、死霊術師さんが帰ってくる事は無かった




332 : ◆QbejV3Yk9I [saga]:2016/11/29(火) 02:26:12.82 ID:ZDlFtuf70
大幅にお待たせしました。申し訳ありません
年度末までには次作をと思います
ありがとうございました
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/29(火) 17:58:11.23 ID:YB0PYSMdo
完結スレにあったから全然終わってないのに終わりなのかと焦ったじゃないか
続でよかった
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/02(金) 03:15:43.65 ID:GZn9zHPhO
めっちゃくちゃ面白い…
気づいたらこんな時間…なんて罪なssなんだ…
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/03(金) 18:43:09.52 ID:WyznG9NFo
続きってここで?
336 : ◆QbejV3Yk9I [sage]:2017/02/03(金) 23:17:23.58 ID:E+Vf7zdco
続きは次スレを立てます
紛らわしくすみません
他質問があれば回答します
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/04(土) 09:48:19.90 ID:aOj05xIqo
残ってたら誘導お願い
170.52 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)