このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

両津「なに!?○○が××だと!?」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:42:22.39 ID:0vkWrOzx0

中川「ええ、そうですよ先輩。○○が××なんです」

両津「そ、そうか。ワシはてっきり△△だとばかり・・・」

麗子「やだ両ちゃんたら。△△は◇◇じゃない」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465555342
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

忙しいのにヒマヒマ @ 2017/08/19(土) 23:38:08.00 ID:TUgkmxDRo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1503153487/

思い出のとき修理します @ 2017/08/19(土) 23:29:57.25 ID:gC+UDKjdo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1503152996/

モバP「時々、事務所のアイドルが怖くなる時がありまして……」 @ 2017/08/19(土) 23:23:06.21 ID:5EH2RbQB0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503152585/

千早「アイシールド21?知らないわ。」 @ 2017/08/19(土) 23:19:26.40 ID:zORg1YPX0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503152366/

ダメ大学生のダメなスレ @ 2017/08/19(土) 23:06:16.60 ID:gA0J35u6o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1503151576/

美穂菜帆蘭子「闇ん飲ませっ!」 @ 2017/08/19(土) 22:53:08.26 ID:9hMlSxAp0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503150787/

仙崎恵磨「頭ワシワシ」 @ 2017/08/19(土) 22:38:17.86 ID:L+JihfRN0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503149897/

相葉夕美「夏空の庭に咲く」 @ 2017/08/19(土) 22:28:12.07 ID:Gp6ytkqlo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503149291/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:43:26.14 ID:0vkWrOzx0

両津「それじゃあ、◇◇はどうなるんだ?」

中川「それはですね、今度から▲▲になるそうですよ」

両津「なに!?本当か!?」

麗子「本当に知らなかったの?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:45:09.24 ID:0vkWrOzx0

両津「うーむ、参ったな・・・。この頃世の中の流れが速すぎてついていけんよ」

中川「ええ。ついこの間まで●●でしたからね」

麗子「うっかりしてると時代に置いてかれちゃいそうね」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:47:13.24 ID:0vkWrOzx0

両津「しかし、ワシらの子供の頃なんぞ○○なんかほんの一部の金持ちの子供しか
持ってなかったぞ」

中川「その頃に比べると、今は技術革新のお陰でずい分と普及が進みましたね」

麗子「今は誰でも持てるものね」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:48:18.25 ID:0vkWrOzx0

両津「あまりに羨ましくて、外側だけ○○に似せた手製の木彫りのものを
見得で持ち歩いたりしてな」

麗子「涙ぐましいわね」

両津「本物は暖かくて柔らかいだろ。だから猫にむりやりガムテープで貼り付けたりな」

中川「猫もかわいそうに・・・」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:49:27.99 ID:0vkWrOzx0

両津「さらに、あの独特の音を口で再現する練習もしたりな」

中川「えっ、あれを口でですか?」

麗子「本当にできるの?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:50:26.25 ID:0vkWrOzx0

両津「ああ、ワシの子供のころは誰が一番上手くできるか競争したもんだ。
ちょっと待ってろ・・・おほん!ごほん!」

両津「・・・ヴィヴィヴィヴィ〜ン、フゥオィ〜〜〜ン・・・プゥオオ〜〜〜ン」

中川「本物そっくりだ・・・」

麗子「こういう才能だけは本当にすごいわね・・・」

両津「あとあの香りを銭湯で再現して、そこを1週間ぐらい使えなくしたりな!」

中川「やる事が子供のものとは思えない・・・」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:52:42.92 ID:0vkWrOzx0

両津「その他にも・・・」

部長「お前は子供のころからちっとも変わっとらんようだな、両津」

両津「げっ、部長!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:53:58.47 ID:0vkWrOzx0

部長「無駄なお喋りしとらんで、さっさと書類を仕上げんか!
お前だけだぞ!提出しとらんの!」

両津「ご、誤解ですよぶちょお〜、これは仕事に係わる大事な話で・・・」

部長「○○のどこが仕事にかかわるんだ!いい加減な事を言うな!」ゴン

両津「いてっ!」

中川「まぁまぁ、部長・・・」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:55:34.21 ID:0vkWrOzx0

中川「最近では、○○を活用する企業も増えているみたいですよ」

部長「○○をか?信じられんな」

中川「○○は元々の発祥は紀元前の日本ですからね。
それだけ長年親しまれてきたものですから知名度は高いですし」

部長「うむ、確かにな」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:56:41.77 ID:0vkWrOzx0

中川「今度、警視庁のほうでも一部取り入れるという話が出てますね」

部長「うーむ、わしらの時代だったら考えられんな」

中川「なので、先輩の言ってる事は間違いではないですよ」

両津「そうですよ部長!むやみやたらと怒るのはやめて下さいよ!」

部長「お前の場合は明らかにムダ話だったろうが・・・」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:57:43.73 ID:0vkWrOzx0

部長「大体な両津、お前は○○が××だって事を知らんだろ?」

両津「し、失礼な。知ってますよそのくらい」

部長「じゃあ、△×が■○だってことは?」

両津「あ・・・あたり前じゃありませんか」

部長「ほらな、引っかかった。△×は●△だバカが」

両津「あっ、きったね〜!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 19:59:34.40 ID:0vkWrOzx0

部長「お前のようなバカが○○の話をするなんて10年早い!
いいか、○○はそもそも■◇が▲×で、○●の時に■●を
×●で○×が■▲を・・・」

両津「何を言ってるのかさっぱりわかりませんよ!
勘弁してくださいよ、部長ぉ〜」


ーーー

ーー


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 20:01:14.08 ID:0vkWrOzx0

両津「くそ、部長め。○○の話をしたぐらいであんなに怒りおって・・・」

両津「何とか復讐する方法はないか・・・そうだ、あれをこうして・・・」

両津「・・・本多に連絡するか」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 20:03:37.06 ID:0vkWrOzx0

〜深夜・大原部長の家の前〜


本多「それで、何をするつもりなんですか両さん?」

両津「今から、部長の家の庭に○○をありったけほうり込む!」

本多「ええ!?そんな事したらすぐにバレちゃいますよ!」

両津「だから素早く逃げるためにお前を呼んだんだ」

本多「大丈夫かなぁ・・・」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 20:05:19.41 ID:0vkWrOzx0

10分後

両津「ふぅ、全部投げ込んだぞ。そろそろか・・・」

ドォン・・・ボォン・・・

両津「始まりおったな。よし、本多、出せ!」

本多「あいよダンナ!しっかり捕まっててくれ!」ドルン
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 20:06:59.78 ID:0vkWrOzx0





ドオーン

部長「うぉ!?何の音だ!?」ガバ

奥さん「庭のほうからみたいね」

ガラ
部長「なっ、何だこれは!?○○がこんなに!?」

奥さん「あなた・・・」

部長「いかんっ、伏せろ!」


ドッゴーン!・・・パラパラ・・・


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 20:08:54.33 ID:0vkWrOzx0

部長「大丈夫だったか!?」

奥さん「ええ・・・。それより見てこの○○」

奥さん「どれも部長のバカって書いてるわよ」

部長「両津のしわざだな・・・」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 20:10:23.30 ID:0vkWrOzx0

〜山奥の寺〜

部長「○○職人になるための修行は進んどるかな、両津くん?」

両津「毎日精進料理じゃ体が持ちませんよ〜、助けてくださいよ、部長〜」

本多「なんで僕も一緒に・・・トホホホ・・・」

中川「警官をクビになり○○職人にさせられるとは・・・」

麗子「本多さんもとんだとばっちりね!」


本多「ところで両さん、○○って何なんですか?」

両津「知らん!ワシに聞くな!」



おしまい


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/06/10(金) 20:14:11.59 ID:0vkWrOzx0
ストーリーが思いつかなくてテンプレのみで話を作りました
お目汚し、失礼しました

依頼出してきます
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/10(金) 20:20:26.56 ID:vCqCNrnDO
このパターンは安定してるから好き

最後に部長が派出所に殴りこんでくるパターンも多いよね
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/10(金) 21:10:03.78 ID:eb6NgXU0O
これはいい発想
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/10(金) 23:20:02.77 ID:iIHx45E4o
大体通じるもんだな
7.61 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)