このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

白菊ほたる「あなたの『不幸』をプロデュースしますから…!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 22:56:05.48 ID:Xa8XZvA/0
シンデレラガールズのSSになります

ちょっとだけ、刺激の強いシーンがありますので注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467035765
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

恭介「来ヶ谷を見つけたぞ」理樹「……」 @ 2017/08/22(火) 23:02:49.31 ID:KAp8fU8U0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503410568/

仮面ライダークウガ 狼戻 @ 2017/08/22(火) 22:56:35.11 ID:vKuk8wMb0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503410194/

週末は旅に出てんちゅう @ 2017/08/22(火) 22:18:00.09 ID:aeMWGX2Vo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1503407879/

谷みなみ「イベリコ豚カツサンド三大珍味乗せ?」 @ 2017/08/22(火) 22:15:49.18 ID:YV3XsWAD0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503407748/

未央「兄貴、何か隠してるでしょ」未央兄「なんのことだ?」 @ 2017/08/22(火) 20:50:10.46 ID:Eo53XMUN0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503402610/

【ペルソナ5】Do not deny my Noir.【R18】 @ 2017/08/22(火) 20:05:38.61 ID:fXP98lqi0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503399938/

なのは「仔猫拾った」 フェイト「わ、わん…っ!」 はやて「は?」 @ 2017/08/22(火) 18:59:33.91 ID:IIezVGVt0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503395973/

甘味処さくや【雷】 @ 2017/08/22(火) 18:24:54.51 ID:ofVNgjdYO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1503393894/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 22:56:28.93 ID:Xa8XZvA/0
「お待たせしました、プロデューサーさん」

「あ、これが今回のお仕事の資料なんですね…」

「台本と、それから…私の名札も」

「『白菊 ほたる』」

「はい、私の名前が、ちゃんとここに」

「…良かった、今回も、名前を間違われずに済んで…」

「倒産しちゃった前の事務所だと」

「そんなの、日常茶飯事でしたから」

「…それで、オーディションすら受けられない、なんてのも」

「…」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 22:56:59.81 ID:Xa8XZvA/0
「そうやって、心配して、不安になって、またダメで」

「やっぱり、私は、…不幸なんだなと」

「心のどこかで、諦めちゃってましたから…」

「なんて、しんみりしている場合じゃないですね」

「せっかくのお仕事なんですから、頑張らないと…!」

「それじゃあ、行きましょうか」

「プロデューサーさ…んッ!?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 22:57:46.18 ID:Xa8XZvA/0
「あ、あいたたた…」

「すみません、急に足がもつれちゃって」

「私ったら、また焦っちゃって…」

「…?」

「プロデューサーさん、どうして顔を…」

「…あッ…」

「す、す、…すみません…」

「転んだ拍子に、こんなはしたない…」

「す、すぐ立ち上がりますから…!」

「…」

「あ、あの…」

「み、…見えちゃいました?」

「…いえ、見えちゃったから、顔を背けたんですよね…」

「すみません…お見苦しいモノを」

「…」

「…え?」

「あ、ああッ、そうですね、お仕事に行かないと…!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 22:58:13.45 ID:Xa8XZvA/0
「はい、…気を付けて、行ってきま…」

「い、いえ、そうでしたね」

「『不幸な時ほど、笑え』」

「プロデューサーさんが、教えてくれましたからね…」

「…はい」

「私は、…しっかり、笑えているでしょうか」

「…えへへッ」

「そ、それじゃあ、行ってきますね…!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 22:58:55.88 ID:Xa8XZvA/0
 


「みなさん、お疲れ様でした…」

「今日はありがとうございました」

「あッ、プロデューサーさん!」

「お疲れ様です」

「どうにか、無事に撮影が終わりました」

「良かったです、みなさんに迷惑をかけずに済んで…」

「実は、ちょっと、ハプニングもありましたが…」

「で、でも」

「プロデューサーさんが、教えてくれた通り」

「そういう不幸な時ほど、笑えるように」

「が、…頑張りました…!」

「…えへへ」

「…あ、そうですね、まずはお着替えしなきゃ」

「もうちょっと待っててくださ…きゃッ!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 22:59:23.54 ID:Xa8XZvA/0
「いたた…」

「あ、足元に機材のコードがあったなんて…」

「プロデューサーさんの方ばかり見ちゃってました」

「あ…」

「…」

「そ、その…」

「すみません、…また」

「…ッ…」

「お、お眼汚し…失礼しました」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 22:59:53.57 ID:Xa8XZvA/0
「…え?」

「はい…実は、撮影中のハプニングで」

「ちょっと、汚しちゃったんです…」

「不幸中の幸い、と言うのでしょうか」

「なんとか、衣装は汚さずに済みまして」

「撮影に支障は出なかったんです」

「それで、衣装はそのままで、下着だけ換えさせてもらったんです」

「だ、だから、…朝のとは違ってて」

「その、あまり汚くはないと…」

「…って、何を言ってるんでしょうね、私…!」

「プロデューサーさんに、嫌な想いをさせておきながら、こんな…」

「汚いとか、汚くないとか、…関係、ないですもんね…」

「す、すみません…」

「…すぐ、着替えてきます…」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:00:21.78 ID:Xa8XZvA/0
「あとは、事務所に戻るだけなんですね」

「…え、今日はもう私だけ…?」

「す、すみません…私なんかのために、わざわざ車を…」

「それもプロデューサーとしての仕事だから当然…?」

「そう、言っていただけると、その…」

「…」

「ありがとう、ございます…」

「あの、私…」

「プロデューサーさんのために、頑張りますから」

「み、見捨てないで…もらえると」

「…あッ、えッ、…もう、なんですか急に撫でるなんて」

「肩肘、張らなくて、良い…?」

「…もう」

「優しいんですね、プロデューサーさんは」

「…」

「…本当に、ありがとうございます」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:00:53.70 ID:Xa8XZvA/0



「も、戻ってこれましたね」

「すみません…また、私のせいで…」

「まさか、道路を黒猫さんが横切っちゃうなんて…」

「危うく事故を起こしちゃうところ、でしたね」

「すみません、私のせいでプロデューサーさんに、災難が…」

「…あ」

「そ、そうですね、プロデューサーさんとしては」

「事故に遭いかけたことより…」

「急ブレーキで体制を崩しちゃって」

「めくれちゃった、…私のスカートの方が、災難、でしたね」

「ごめんなさい…」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:01:28.70 ID:Xa8XZvA/0
「…スカートをやめたら、ですか」

「そう、ですね」

「確かに、ちょうどプロデューサーさんと居る時に」

「転んじゃったり、風が吹いたりしちゃいますからね…」

「…でも」

「以前に、他の格好をした時のこと、覚えてますか…?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:01:56.94 ID:Xa8XZvA/0
「ズボンの時は、転んじゃった共演者さんに引っ張られて」

「ずり下げられて、みんなに晒しちゃいました」

「和服の時は、帯が切れちゃって」

「はだけて前が全開になっちゃいました」

「キグルミは、まだマシでしたけど…」

「…動いていたら、ちょうど、『そこ』だけ破けちゃって」

「結局、見られちゃったじゃ、ないですか…」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:02:27.16 ID:Xa8XZvA/0
「私は、不幸から逃れられません」

「…逃れられ、ませんから」

「どう、あがいても」

「見せちゃう結果に、…収束するんです」

「…」

「スカートだと、その」

「見えちゃったとしても、ですよ」

「裾を整えたりで、『元通り』になるんです」

「スカートだと、最初から、…見え易いものですから」

「その分、元にも戻し易いんです」

「ズボンとか、どう頑張っても見えない服装だったら」

「衣服がダメになるような、そんな結果が待ってますから」

「…って、すみません」

「私の都合ばかりで、すみません…」

「…でも、もう…」

「そんな理由で、スカート以外はもうありませんし」

「新しく買っても、…きっと、すぐに…」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:02:56.87 ID:Xa8XZvA/0
「す、すみません!」

「せっかく事務所に戻ってきたのに」

「こんな話で、引き止めてしまって…!」

「さ、早く戻りましょう、プロデューサーさん」

「ちひろさんも待ってくれてるでしょうし」

「…はい、もう、湿っぽい話はおしまい、ですね」

「ええ、私ならもう平気です」

「ありがとうございます、プロデューサーさん…!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:03:32.51 ID:Xa8XZvA/0



「…それで」

「ここに戻るまでの階段で、また見ちゃったと」

「…ふふッ」

「さすがですね、プロデューサーさん」

「ああ、そんな焦らなくても大丈夫ですよ」

「ほたるちゃんは、もう帰しましたから」

「この話は、聴かれたりしませんよ」

「まあ、聴かれたところで」

「プロデューサーと、そのアシスタントの」

「ただの事務的なお話と、そう思うでしょう」

「…実際、そうでしかないですからね」

「ふふッ」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:04:09.67 ID:Xa8XZvA/0
「で、どうしたんです?」

「そんな深刻そうな表情をして」

「ああ、早く帰りたいんですね?」

「そうですね、お仕事でだいぶお疲れのようですし」

「それに」

「今日もまた、ほたるちゃんのを、いっぱい見ちゃって、それで」

「…いえ、なーんでもありません♪」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:04:57.59 ID:Xa8XZvA/0
「…ん?」

「もう実験はもう充分だ、…ですか?」

「いやあ、人聞きの悪いことを仰いますねえ」

「可愛い可愛いアシスタントに向かって、このプロデューサーさんは」

「…もう、ノリが悪いですねえ」

「それで、改めてどうしたんです?」

「今更、正義の感情に目覚めました?」

「今更、罪悪の感情に苛まれました?」

「今更、男女の劣情が芽生えました?」

「…ふふ、ふふふッ…」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:05:26.62 ID:Xa8XZvA/0
「…ええ、忘れちゃいませんよ?」

「不幸体質を自覚している、あの子」

「ほたるちゃんが、うちに所属となった時」

「その不幸から、守り退け助けるために」

「なんとか手段を講じようと、相談しましたね」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:05:54.30 ID:Xa8XZvA/0
「プロデューサーさんは、何より、ほたるちゃんの心を護ろうとした」

「だから、どんなに辛い目にあっても大丈夫なように」

「魔法の言葉を、彼女にかけた」

「そう」

「『不幸な時ほど、笑え』、と」

「実際、救われているようですね」

「巡り巡って、自衛のモノとはいえ」

「以前のような気弱なそれじゃなくて」

「堂々とした、そう、拠り所に裏付けられた、そんな笑顔に」

「最近は、そんな笑い方ができているように思います」

「ステキ、ですねえ」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:06:37.69 ID:Xa8XZvA/0
「…で、私ですね」

「アシスタントとして、と言うより、個人的な感情ですが」

「事象の把握は、何より優先されるべきだと」

「そう考えていますから」

「精神論だけで越えられるほど、世の中は甘くない」

「敵を知り、己を知れば、百戦とて危うからず」

「把握していればこそ、打てる手がある」

「把握できていなければ、打開策も何もない」

「だから、です」

「…それを実験とは、いささか不名誉な称し方ですが」

「まあ、この際、良いでしょう」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:07:04.89 ID:Xa8XZvA/0
「プロデューサーさんも、知ってますよね」

「私が、ほたるちゃんに、何と教えたか」

「どんな、魔法の言葉をかけたか」

「…ええ」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:07:41.55 ID:Xa8XZvA/0



「『プロデューサーさんは、女の子のパンツを見るのが』」

「『嫌いも嫌い、大ッ嫌い』、と」


 
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:08:24.42 ID:Xa8XZvA/0
「結果として、私の推測は的中しました」

「ああ、プロデューサーさん的に言えば」

「『実験が成功を収めた』、ですかね?」

「まあ、それはどうでも良いでしょう」

「私が、ほたるちゃんに魔法の言葉をかけた結果」

「プロデューサーさんは」

「『ほたるちゃんのを、見てしまう』」

「そんな毎日を、送るようになった」

「違いませんよね?」

「…ふふッ…」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:09:27.62 ID:Xa8XZvA/0
「そう」

「ほたるちゃんの不幸体質とは」

「周囲にただ不幸を撒き散らす類では、決してありません」

「『ほたるちゃんが考えうる、不幸』」

「それが、周囲に降りかかる」

「己が不安を、己で具現化し、己に不幸として返ってくる」

「…不憫な娘、でした」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:10:15.71 ID:Xa8XZvA/0
「でも、今は違います」

「ほたるちゃんは、うちに来て救われました」

「プロデューサーさんに出会って、救われました」

「『不幸な時ほど、笑え』、という、魔法の言葉で、救われました」

「その結果、どうなったか」

「…もう、わかってますよね?」

「ほたるちゃんは、優しい娘です」

「自分の将来よりも、何よりも」

「救ってくれたプロデューサーさんを、意識するようになりました」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:10:44.25 ID:Xa8XZvA/0
「そうして、ほたるちゃんは考えるようになります」

「私がかけた、魔法を道標に」

「『プロデューサーさんが、不幸になったらどうしよう』」

「『プロデューサーさんの不幸って、なんだろう』」

「『そうだ、女の子のが、…見えちゃうこと』」

「まあ、やぱりその結果でしょうね」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:11:42.50 ID:Xa8XZvA/0
「いやあ、不幸ですねえ」

「で、ほぼ毎日、可愛いアイドルのを見せられて」

「ホント、不幸なプロデューサーさんですね」

「お仕事で顔を合わせば、見えて、見えて…」

「大変ですねえ」

「…え?」

「オフの日にも、見ちゃった?」

「ほたるちゃんが足元に落としたケータイがなぜか誤動作して」

「画像が送られてきた?」

「…ふふふッ…」

「あははッ!」

「いやあ、これはこれは」

「想像以上の、『不幸』、ですねえ?」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:13:23.46 ID:Xa8XZvA/0
「そういう、わけでですね」

「何よりの収穫は」

「ほたるちゃんの考える『不幸』と、当事者の『不幸』」

「そこは、必ずしも一致するわけではない」

「それが、わかったこと、ですね」

「…ねえ?」

「だって、プロデューサーさん」

「『不幸』でしたか?」

「ほたるちゃんのを見れて、『不幸』、でしたか?」

「…ですよね」

「言わずとも、その前かがみが答えです」

「…うふッ…」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:14:12.16 ID:Xa8XZvA/0
「…えッ?」

「…もう充分でしょう、とは」

「もう、充分ほたるちゃんのを堪能したッ!」

「そういう意味ですか?」

「そんな、まっさかぁ」

「あんな可愛い13歳のを」

「見飽きちゃうなんて、考えられませんよねえ?」

「…まだ、足りないくらいじゃないですか」

「ちなみに、今日は何回くらい見ました?」

「何色でした?」

「それで興奮したんですよね?」

「…うふふふッ」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:14:46.04 ID:Xa8XZvA/0
「別に、茶化したりやしていませんよ」

「ただ、充分だと言える結果には」

「まだ至っていない」

「それだけですよ」

「プロデューサーさんも、そう」

「ほたるちゃんは、トップアイドルに登り詰められる」

「そう、確信していますよね」

「…いい、返事です」

「なればこそ」

「今、真実を明かすわけにはいかないんです」

「そう、ほたるちゃんには、まだ早い」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:15:18.97 ID:Xa8XZvA/0
「…私が何を、考えているか、ですか?」

「決まっているじゃないですか」

「事務所と、プロデューサーさんと、アイドル達の」

「輝かしい将来のこと、です」

「…」

「なんだかんだ言ってますが」

「私は、ウソはつきません」

「そこは信頼していただけると」

「まあ、アシスタントを疑うプロデューサーさんなんて居ないと思いますが」

「…信じて、くださいね?」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:15:52.54 ID:Xa8XZvA/0
「なぁんて」

「ええ、言わなくともわかりますよ」

「私を疑ってないことくらいは」

「…」

「…ありがとう、ございます」

「ふふッ」

「…ええ」

「然るべき時がくれば」

「すべて、お話ししますから」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:16:20.57 ID:Xa8XZvA/0
「さあ、もう良い時間ですね」

「明日もお仕事がありますから」

「今日はもう、上がりましょう」

「ね、プロデューサーさん…?」

「ふふッ」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:16:47.60 ID:Xa8XZvA/0



「…」

「す、すみません…」

「今日もまた、いっぱい…」

「…」

「そう、ですね」

「事務所に、戻らないと…」

「あ、今日も私だけなんですね」

「何から何まで、すみません、本当に…」

「…」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:17:21.75 ID:Xa8XZvA/0
「…あの」

「プロデューサーさん」

「運転しながらで構いません」

「事務所に着くまでの間」

「少しだけ、…良いですか?」

「…ありがとうございます」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:18:00.85 ID:Xa8XZvA/0
「『不幸』って、どういう時に起こるものか」

「考えたことって、ありますか?」

「私は…」

「…」

「…こちらへ移籍させていただく、その前に」

「たくさんの人達に、お世話になりました」

「たくさんの仲間が、支えてくれました」

「たくさんの業界を、見てきました」

「…」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:18:32.73 ID:Xa8XZvA/0
「…そんな中で」

「そんな中で、良く、耳にする言葉がありました」

「『幸せ』」

「そう、何度も聞いてきました」

「…妬んでいるわけでは、ありません」

「むしろ、私の不幸から逃れられて」

「本当に良かったって、そう、思うんです」

「そう、…思って、いたんです」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:19:06.13 ID:Xa8XZvA/0
「『幸せ』を口にしたみんなは」

「…もう、幸せだと、言えない」

「そんな風に、なってしまいました」

「…」

「仲の良かった子が、ケガしちゃって、お仕事がなくなったり」

「良くしてくれた人が、事故にあって引退しちゃったり」

「そして、プロデューサーさんも、…です」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:19:53.00 ID:Xa8XZvA/0
「…前の事務所で、担当してくださったプロデューサーさんに」

「私、訊ねたことがあるんです」

「私なんかの担当で、良かったんですか、と」

「そうしたら、前のプロデューサーさんは」

「私を担当できて、『幸せ』だ、と」

「そう、笑ってくれました」

「…」

「それが、最後に見た、プロデューサーさんの笑顔でした」

「…」

「私が、私が居たばっかりに…」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:20:34.65 ID:Xa8XZvA/0
「…すみません」

「ただ、その」

「不幸は、向こうからやってくるんです」

「何に惹かれて、やってくるか」

「それは、『幸せ』なんだと、私は思うんです」

「幸せであれば、その足を引っ張ろうと」

「呼んでもない『不幸』がやってくる」

「…幸せっていうのは、他でもない」

「『不幸の前兆』だと、私は思うんです」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:21:21.72 ID:Xa8XZvA/0
「だから、その」

「プロデューサーさんが、教えてくれた」

「『不幸な時ほど、笑え』」

「その言葉が、嬉しかったんです」

「幸せになりなさい、でも、不幸を退けよう、でもなく」

「あるがままの不幸を受け入れて」

「そのうえで、笑えるようにと」

「決して、幸せにならないように」

「絶対に、不幸なままあるように」

「そして、平穏を過ごせるように」

「不幸の断頭台に続く、幸せの階段を登らなくて済むように」

「…だから、私…!」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:21:50.43 ID:Xa8XZvA/0
「…?」

「…どうして、そんな」

「そんな、哀しそうな顔を」

「どうしてプロデューサーさんが、そんな」

「辛くて泣きそうな…」

「あ…」

「やっぱり、プロデューサーさんは、優しいんですね」

「私なんかのために、泣いてくれて…」

「…違う?」

「…す、すみません」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:22:21.01 ID:Xa8XZvA/0
「…あッ」

「お話をしていたら、もう事務所ですね…」

「…」

「…すみません、空気を悪くしてしまって」

「えッ、あ…」

「…はい、プロデューサーさんに、頭を撫でてもらうの」

「…好…、その、キライじゃない…です」

「…」

「…そう、ですね」

「戻りましょう、事務所に」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:23:33.82 ID:Xa8XZvA/0



「…限界?」

「どうしたんです、プロデューサーさん」

「…心配しなくても、ほたるちゃんなら、もう帰しましたよ」

「今ここに居るのは、プロデューサーさんと」

「可愛い可愛いアシスタントの、私だけです♪」

「…」

「…ずいぶんとまあ、深刻な面持ちで」

「どうしたんです?」

「今日はほたるちゃんのを見れなかったんです?」

「…ああ、いえ、結構です」

「その前かがみが充分なほどの答えです」

「毎度、わかりやすくて助かります」

「で、一体どうしたんですか」

「見え過ぎちゃって、もうガマンできなくなっちゃいました?」

「えッ、違う?」

「…いえ、別に」

「13歳のを見て興奮するプロデューサーさんですから」

「そんなことだろうと、タカを括ってたわけじゃないですよ?」

「…ええ、ホントに」

「で、どうしたんです」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:24:14.40 ID:Xa8XZvA/0
「…」

「…なるほど」

「ほたるちゃんの価値感を知って、辛くなった、と」

「…まあ、確かに」

「この業界に身を置くとはいえ、13歳の女の子ですからね」

「そんな寂しい考え方を、してしまうような」

「そんな人生を歩んできたこと」

「そうして」

「プロデューサーさんの魔法の言葉は」

「救いになりはすれど」

「…歪んだカタチでの、救いとなってしまった」

「これは、想定外でしたね…」

「…」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:24:43.59 ID:Xa8XZvA/0
「…それで」

「プロデューサーさんは、どうお考えで」

「どうすれば、救えると?」

「…」

「ほたるちゃんに、真実を打ち明ける?」

「思ったモノが不幸になるから、安心して楽しいコトだけ考えろ」

「そう、伝える、と」

「…」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:25:12.00 ID:Xa8XZvA/0
「却下、…ですね」

「確かに、うまくいけば解決になりそうですね」

「むしろ、1度うまくいってしまえば」

「今度は、幸福が舞い込むようになるかも知れない」

「それこそ、鷹富士さんのように」

「でも、それでも」

「ほたるちゃんに、それが可能だとでも?」

「私は、そうは思えません」

「むしろ、さっきの話を聞いたからこそ」

「私は全力で阻止します」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:25:59.18 ID:Xa8XZvA/0
「13歳にして、そんな考えに至る娘です」

「そこを、矯正できるとお思いで?」

「下手に伝えて、どうなるか」

「ほたるちゃんは、きっと、こう考えるでしょう」

「『今までの不幸は、やっぱり自分が招いていた』」

「『みんなに迷惑をかけたのは、不幸を、具体的な不幸を想像した自分』」

「そうして、罪悪に押し潰されるでしょう」

「それだけに留まりません」

「きっと、ありとあらゆる『不幸』を想像するでしょう」

「今更、しちゃいけないと言って、それは無理な注文でしょう」

「その『不幸』がどこまで及ぶかは定かではありませんが」

「…うちの事務所の面々だけで済めば、御の字じゃないですかね?」

「…」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:27:34.17 ID:Xa8XZvA/0
「しかし」

「このままでは、いけませんね…」

「わかりました」

「私が、何か手立てを考えておきます」

「…私は、プロデューサーさんの、アシスタントですから」

「こういう時に、手が打てるように」

「普段から、情報把握に動いているわけですから」

「任せてください」

「私は、誰も」

「『不幸』にしない」

「そう」

「『誰も、損しない』、そんな世界にする」

「そう、誓います」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:28:49.08 ID:Xa8XZvA/0


「あ…」

「お疲れ様です、プロデューサーさん」

「はい、今日のお仕事は順調に進みました!」

「えへへッ」

「機嫌が良い、ですか?」

「そう、ですね」

「だって、最近は」

「お仕事も調子が良くて」

「特に目立った不幸もなくて…」

「あ、そうだ…」

「今朝、また、プロデューサーさんに見せちゃったんでした…」

「す、すみません…」

「プロデューサーさんばかり、不幸にしちゃって…」

「…」

「…そ、そうですね」

「立ち話もあれですし、戻りましょうか」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:29:19.76 ID:Xa8XZvA/0
「…でも、本当に」

「最近は、調子が良くて」

「…」

「…まさか」

「まさか、とは思います、が…」

「…」

「これが、『幸せ』…?」

「これが…」

「『不幸』の、前触れ…?」

「…」

「…あッ、すみません…すぐ乗ります」

「考えても仕方ないですね」

「すみません…」

「あッ、またお迎えは私だけなんですね」

「…」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:29:50.47 ID:Xa8XZvA/0



「おかえりなさい、プロデューサーさん、ほたるちゃん」

「ただいまです、ちひろさん!」

「先方からお電話をいただきましたよ、主役がほたるちゃんで良かった、と」

「そ、そんな…勿体無いお言葉ですよ」

「まあまあ、そう謙遜しないで」

「…ありがとうございます」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:31:00.57 ID:Xa8XZvA/0
「さて、それじゃあ、ほたるちゃん」

「…はい、私はお先に失礼しますね」

「帰りも気を付けてくださいね、お仕事で疲れているんですから」

「はい、ありがとうございます!」

「…ふふッ」

「プロデューサーさん、ちひろさん、お疲れ様でした…!」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:31:34.86 ID:Xa8XZvA/0
「…さて、プロデューサーさん」

「あれから何日か過ぎましたが」

「まだ、有効な手立てが、浮かびません」

「…すみません」

「…」

「それに、いつまでほたるちゃんに気付かれずに事を進められるか」

「それも懸念材料です」

「…」

「だから、プロデューサーさん」

「1つ、頼まれていただけないでしょうか」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:32:02.19 ID:Xa8XZvA/0
「…大それたことではありません」

「ほたるちゃんの心情、ご存知でしょう」

「なればこそ、です」

「仮に、もしも仮に」

「『万が一』のコトがあった際に」

「あの娘を、傷付けてしまわないように」

「責任感を、罪悪感を、絶望感を」

「未来ある13歳に、背負わせてしまわないように」

「…ただひとこと、音声として、記録して欲しいんです」

「ほたるちゃんと一緒に居られて、『幸せ』だ、と」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:32:33.32 ID:Xa8XZvA/0
「もちろん、私も」

「そして、事務所のみんなにもお願いするつもりです」

「…こんな、何か起こってからの保険からですが」

「それでも、何かできることがあるとすれば」

「手は打っておきたいんです」

「…」

「ありがとうございます、プロデューサーさん」

「はい、バッチリ記録できました」

「これで、準備が1つ整ったわけですね」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:33:03.42 ID:Xa8XZvA/0
「…それでは、私はお先に失礼します」

「プロデューサーさんは、…今日は事務所にお泊りですか」

「そうですね、明日はだいぶムチャなスケジュールですから」

「戻って出勤し直す余裕もなさそう、ですね…」

「すみません、アシスタントでありながら、こんな時に」

「それでは」

「…ええ、プロデューサーさんもお気を付けて」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:33:42.26 ID:Xa8XZvA/0



「…」

「…さて…」

「…」


 
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:34:23.97 ID:Xa8XZvA/0
「…?」

「携帯が鳴ってる…」

「誰でしょう…?」

「…ッ」

「ひちろ、さん…?」

「ど、どうしましょう…」

「私、何か迷惑をかけてしまったのでしょうか…」

「…」

「め、メール…ですね」

「えっと…」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:34:56.28 ID:Xa8XZvA/0
「『今日は、お疲れ様でした』…?」

「よ、良かった…普通のメールだ」

「…?」

「あ、プロデューサーさん、今日は事務所に泊まるんだ」

「頑張って、くれてるんですね…」

「私、…いえ、事務所の、みんなのために」

「…私も、頑張らないと」

「うん」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:35:33.13 ID:Xa8XZvA/0
「…まだ、続きが」

「…ッ…」

「…プロデューサー、…さん、が…」

「お仕事を、頑張ることができるのが嬉しい、って」

「それで…わ、私と…ッ」

「『私と一緒に居られて、幸せ』って…」

「…そんな…」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:36:02.10 ID:Xa8XZvA/0
「あ、お、音声データが…」

「…」

「プロデューサーさんの、声…」

「…」

「…言ってる…」

「確かに、プロデューサーさんが、言ってる…」

「『幸せ』だ、って…」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:36:42.71 ID:Xa8XZvA/0
「…」

「…プロデューサーさん…」

「どうしよう」

「どうしようどうしようどうしよう」

「プロデューサーさんが、『幸せ』になっちゃったら…!」

「ううん、喜ばしいことなのに」

「私の、せいで」

「私のせいで、その『幸せ』は…ッ」

「『不幸の前兆』に、他ならないのにッ!」

「…」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:37:12.53 ID:Xa8XZvA/0
「どう、すれば…」

「…」

「…ッ!」

「そう、だ」

「『幸せ』が、『不幸の前兆』だったら」

「その『幸せ』を、崩し壊してしまえば、良いんだ…」

「そうすれば、プロデューサーさんは」

「『不幸』にならない」

「『幸せ』にはなれなくても、『不幸』にならずに済む…」

「…」

「でも、そんなことって…」

「…!!」
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:37:44.24 ID:Xa8XZvA/0
「…今日は、プロデューサーさんは」

「事務所に、お泊り…」

「…」

「プロデューサーさん…」

「…すみません」

「…」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:38:21.43 ID:Xa8XZvA/0



「…さて」


 
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:38:55.35 ID:Xa8XZvA/0



「事務所の明かりは、まだ点いてる…」

「…」

「…カギは、かかってない」

「プロデューサーさんは」

「…居ない」

「急がなきゃ、いけないのに…!」

「…」

「…どこに、行ったんだろう…」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:39:37.82 ID:Xa8XZvA/0
「いつもの仕事机には、居ない」

「いつもの応接室にも、居ない」

「いつもの事務所には、…居ない」

「どうして…」

「…」

「…遅かった?」

「私が、『幸せ』に、…間に合わなかった?」

「…プロデュー…サー…さん」

「…」

「…!」

「いや、まだだ」

「まだ、探していない部屋がある」

「お泊りって言ってたから、もしかしたら…」

「それに、もし、そうだったら」

「その方が、…きっと、都合が良い…」

「…」

「…今、行きますね」

「プロデューサーさん…!」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:40:09.18 ID:Xa8XZvA/0
「…良かった」

「やっぱり、仮眠室に居たんですね」

「…」

「…まだ起きているようですが」

「私が来たことには、気付いてないみたいですね…」

「今、仰向けで読んでいるのは」

「明日のお仕事で使う、資料でしょうか」

「…」

「…うん」

「全部、そう、全部」

「…都合が、良い」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:40:50.56 ID:Xa8XZvA/0
「こうなったら、あとは、ゆっくりと」

「期を待つ、それだけ」

「…」

「プロデューサーさんが、資料を置く」

「その瞬間が、仕掛け時…!」

「…」

「…置いた、大きなアクビをしながら…ッ!」

「今しか、ないッ!」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:41:41.48 ID:Xa8XZvA/0



「プロデューサーさんッ!」

「私が履いてるのを、見てくださいッ!」


 
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:42:44.89 ID:Xa8XZvA/0
「お、落ち着いてくださいプロデューサーさん!」

「私がここに居ることなんて、どうだって良いじゃないですか」

「それよりも、ほら」

「早く、見てください…!」

「こうやって、お顔を跨いでいるのは」

「私だって、その、…恥ずかしいんですから!」

「…ッ!」

「だ、ダメです、動いちゃったら!」

「見てくれなきゃ、ダメなんです!」

「に、逃がさないですよ…!」
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:43:36.87 ID:Xa8XZvA/0
「ダメです、眼を開けてください!」

「眼を開けて、しっかりと見てください!」

「じゃないと、…じゃないと!」

「…」

「これでも…」

「…見て、くれないんですね…」

「わかりました」

「だったら…!」

「…!」
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:44:31.16 ID:Xa8XZvA/0
「こ、こうすれば…!」

「眼を開けて貰えないなら、こうやって」

「押し付けちゃいますから!」

「眼を背けちゃうほど、キライなのでしたら」

「こうやって、お顔に押し当てちゃえば」

「…すごく、イヤですよね?」

「すごく、すごく、…『不幸』、ですよね?」

「ね…ッ!?」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:46:02.17 ID:Xa8XZvA/0
「だ、ダメですよ…」

「どんなにもがいても、逃がしませんから…」

「このスカートの中に、逃げ場なんて、ないんですから…!」

「でも、このままじゃ…」

「…」

「ちょ、ちょっとだけ、脚でお顔を挟みますね」

「プロデューサーさんが、動かないように…!」

「もう、顔を背けられないように」

「ちょっとだけ、ぎゅぅっとします!」

「んしょッ…」

「プロデューサーさんが、『幸せ』じゃなくなるまで」

「わ、私は退きませんから…!」
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:46:40.50 ID:Xa8XZvA/0
「さ、叫んじゃダメです」

「誰かが来ちゃったら…!」

「…えいッ」

「そんなことになったら、困りますから」

「お口を、塞がせてもらいます…!」

「ち、窒息しちゃわないように」

「鼻は空けておきますから」

「息は、できてますよね…?」

「苦しい、ですか…?」

「…」

「…んッ…」

「で、でも、…ごめん、なさい」

「プロデューサーさんを、助けたいんです」

「そんな苦しそうな呼吸も、もうすぐ…!」

「だから、…だからッ!」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:47:52.08 ID:Xa8XZvA/0



「どうか、早く、…『不幸』に、なってください…!」


 
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:48:36.17 ID:Xa8XZvA/0



「…」

「…どれくらい、経ったのでしょう」

「頭が、ボーッとして」

「…プロデューサーさん」

「さっき、思い切り仰け反ってから」

「…動いて、くれませんね」

「…」

「すみません」

「こんな、イヤな想いをさせてしまって」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:49:21.03 ID:Xa8XZvA/0
「でも」

「プロデューサーさんを」

「…私は、プロデューサーさんを」

「『幸せ』に、したく、なかったんです」

「だって、それは、…『不幸への前兆』だから」

「だから、すみません」

「こんな仕打ちを、しちゃって…」

「顔を背けるほどの、キライなモノを」

「呼吸も絶え絶えになるほどに、押し当てつけて」

「動かなくなるまで、…ううん、動かなくなっても、まだずっと続けて…」

「…」

「…プロデューサーさん」

「『不幸』に、なって貰えました、でしょうか」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:50:02.04 ID:Xa8XZvA/0
「あ…お口、塞いだままでしたね」

「今、退きます」

「…?」

「…プロデューサーさん」

「なんで、そんな、…笑顔で」

「…」

「引きつった、笑顔、…で」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:50:49.22 ID:Xa8XZvA/0
「…あ」

「そうか、…そうです、よね」

「プロデューサーさんが、教えてくれた言葉」

「そう、ですよね」

「『不幸な時ほど、笑え』」

「こんな、時まで…」

「…ありがとう…ありがとう、ございます」

「プロデューサーさんが、笑ってくれたから…」

「はい」

「『不幸』にできたって、安心できました」

「…うふふ、ふふふふッ…」

「本当に、良かった…良かったです…ッ」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:51:29.29 ID:Xa8XZvA/0



「お疲れ様です、プロデューサーさん」

「今日のお仕事も、大成功だったようですね」

「ええ、アシスタントとして鼻が高いです」

「…」

「どうしました?」

「何を、心配することがあるんです」

「何もかも、うまくいっているじゃないですか」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:52:06.03 ID:Xa8XZvA/0
「そう、以前と変わらずに」

「ほたるちゃんの意識は、あなたに」

「プロデューサーさんに向けられています」

「自身の未来より、プロデューサーさんの未来を」

「何より、危惧しています」

「プロデューサーさんが、『不幸』に、ならないように」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:52:34.06 ID:Xa8XZvA/0
「『不幸の前兆』である、『幸せ』を無くすために」

「そのために、意図的に『不幸』にする」

「そうやって」

「『幸せ』と『不幸』の調整をする」

「あわよくば、打ち消す」

「…それが、ほたるちゃんの出した、答え」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:53:10.15 ID:Xa8XZvA/0
「優しい娘ですから」

「意図的に『不幸』にするなんて、考え付かなかったのでしょうね」

「大切な人であれば、そうあるほどに」

「そうして、あの娘は想い付いた」

「想い付いて、実行に移した」

「プロデューサーさんが、大切だから」

「プロデューサーさんを、助けるために」

「そして」

「プロデューサーさんにとって、何が『不幸』か」

「それを、知っていたから」

「なればこその、結果ですね」

「…ふふッ…」
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:53:45.56 ID:Xa8XZvA/0
「そうして、ほたるちゃんの意識が」

「プロデューサーさんを、意図的に『不幸』にする」

「そこに向いている今」

「そこにしか向けられていない、今」

「私達を妨げるモノなんて、ありません」

「襲い来る『不幸』なんて、ないんです」

「…そう」

「プロデューサーさん、以外には」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:54:15.46 ID:Xa8XZvA/0
「…」

「プロデューサーさんも」

「最近は、言わなくなりましたね」

「ほたるちゃんが可愛そうだとか」

「人道に反しているだとか」

「もう、実験は充分じゃないですかー、…とか」

「…ふふッ」
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:55:06.77 ID:Xa8XZvA/0
「やっぱりあれですか」

「改めて、ほたるちゃんのを見て興奮しちゃいました?」

「よりにもよって、13歳の娘ので!」

「もう、肩肘を張るだけの心が折れちゃいました?」

「あの可愛らしいお尻で、心ごと潰されちゃいました?」

「…ふ、ふ」

「あははッ!」

「…いえ、ごめんなさい」

「そうですよね」

「その前かがみが、何よりの答えですね」

「…ふふ」

「…くくッ…」

「良いじゃ、ないですか」

「『誰も、損しない』世界じゃないですか」

「…ふふふッ!」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:57:05.16 ID:Xa8XZvA/0
「え?」

「あの時、ウソの録音で、けしかけるよう仕向けた?」

「違いますよぉ」

「たまたま想い付いたんで、その手段に賭けてみたんです」

「実際、うまくいかなかった可能性だってありますから」

「その時は、お伝えした通りの使い方をしていましたよ?」

「きっと」

「…うふッ」
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/27(月) 23:57:33.29 ID:Xa8XZvA/0
「…さ、そろそろ行ってあげないと」

「待ちくたびれちゃいますよ」

「ずっと、プロデューサーさんを待っていたんですから」

「健気ですよねえ」

「ふふッ」

「さあ、私は邪魔しないように」

「空気の読める可愛いアシスタントですから」

「…もう、ノリが悪いままですね」

「もうほたるちゃん以外は見えないんですかねえ」

「13歳の、いたいけな少女しか、もう」

「…」

「なぁんて、冗談ですよ、冗談」

「うふふッ」

「それじゃあ、プロデューサーさん」

「お先に、失礼しますね」
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:05:05.40 ID:LRcSd7MV0



「…」

「…あッ、プロデューサーさん」

「待って、ました」

「…えへへッ」

「私、…もう、すっかり仮眠室の主、ですね」

「えへへへへ」

「さあ、それじゃあプロデューサーさん」

「今日の出来事の、おさらいを、しましょう…!」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/28(火) 00:05:07.42 ID:4yr7zNAI0
いいじゃないの
いいじゃないの
羨ましいじゃないの
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:05:28.88 ID:LRcSd7MV0
「今日、幸せだったこと」

「あ、紙にまとめて印刷してあるんですね」

「…わぁ、いっぱいありますねぇ…」

「えーと」

「朝の占いが1位だった」

「お弁当の卵焼きが美味しかった」

「あの3連続の信号に引っ掛からなかった」

「…」

「…まだまだ、いっぱい、…いっぱい…」

「…」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:06:02.80 ID:LRcSd7MV0
「…今日も、『幸せ』、だったんですね」

「それじゃあ」

「見合うだけの、『不幸』で、打ち消さないと」

「本当に、『不幸』になっちゃいますからね」

「これだけの『幸せ』なら…」

「『押し付け』ですね」

「ほら、こっちに来て」

「座ってください、プロデューサーさん」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:06:45.23 ID:LRcSd7MV0
「よい、しょ」

「…ふふ…」

「スカートの中に、プロデューサーさんの、お顔が」

「眼は、開いてくれてますか?」

「しっかりと見てますか?」

「ちゃんと『不幸』になってますか?」

「でも、まだです」

「まだ、足りないんです」

「…んッ…」

「ほら、ぎゅぅーっと」

「呼吸が、おかしくなっちゃうくらい」

「ぎゅっと、ぎゅうっと…」

「これくらいじゃなきゃ、『不幸』には…!」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:07:28.52 ID:LRcSd7MV0
「…」

「…ううん」

「プロデューサーさん」

「最近は、引きつった笑顔じゃなくなってきてますね」

「すごく、自然に、笑えてる風に見えます」

「…もしかして」

「この『不幸』に、耐性がついてきてませんか?」

「だとしたら、大変ですね」

「今までと同じことでは、『不幸』になりきれなくて」

「…きっと、また『幸せ』に…」

「…」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:07:59.51 ID:LRcSd7MV0
「…えいッ」

「変更です、プロデューサーさん」

「『押し付け』から、『圧し掛かり』にッ」

「こうやって、ちょっとでも、強く、長く…ッ」

「そうして、『不幸』に、ならないと…」

「…うん…」

「大人しくしてくれて、ありがとうございます」

「そう、そのまま、じっとして」

「この『不幸』を、しっかりと受け止めてください」

「…んんッ…」

「…」
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:08:54.21 ID:LRcSd7MV0
「んふぅ…」

「今日は、これくらいでしょうか」

「でも、このままじゃ、やっぱり…」

「考えないと、いけませんね」

「もっと強く長く、押し付ければ良いのでしょうか」

「それとも、もっと違うのを履いた方が…」

「…いえ、いっそ履かない方が?」

「困りました…」

「…」

「あッ…」

「こんな時でも、頭を撫でてくれるんですね…」

「やっぱり、プロデューサーさんは、優しいですね」

「…えへへ」
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:09:29.83 ID:LRcSd7MV0
「…はるかな昔」

「パンドラの箱なるモノがあって」

「その中には、ありとあらゆる災厄が入っていた」

「そう伝え聞いてます」

「そうして、その底には」

「『希望』が封じられている、とも」

「プロデューサーさん」

「私のスカートは、きっと、パンドラの箱なんです」

「この中には、災厄が渦巻いている」

「めくれる度に、プロデューサーさんを『不幸』にする」

「そんな災厄の詰まった、箱」
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/28(火) 00:09:44.99 ID:9u5JxRg2o
13歳は合法、これだけは伝えておきたかった
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:10:04.17 ID:LRcSd7MV0
「だからこそ、ですね」

「今の体勢が、私、…好きなんです」

「だって、『不幸』しかないパンドラの箱に」

「私のスカートの中に」

「プロデューサーさんという、『希望』が」

「今、確かに入っていると」

「ハッキリと、そう感じられますから」

「っと、そんなコト言っちゃうと」

「私も、『幸せ』になっちゃいますね?」

「…ふふ…」

「…うふふッ…!」
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:10:43.17 ID:LRcSd7MV0
「プロデューサーさん」

「…今はまだ、想い付かなくとも」

「いつかきっと、方法を考えますから」

「そうして、プロデューサーさんの『調整』を、私が担いますから」

「プロデューサーさんは、ここで」

「私の、スカートの中で」

「笑っていてください」

「スカートの中という、『不幸』に塗れた中で」

「『不幸な時ほど、笑え』」

「教えてくれた言葉の通りに」

「うふふ…ッ」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:12:57.48 ID:LRcSd7MV0
「大丈夫」

「プロデューサーさんは、何も心配しなくて良いんです」

「これから先」

「未来永劫」

「私が、ずっとお傍に」

「私が、一緒に、そう、ずっと一緒にいて」

「私が、プロデューサーさん、…あなたの」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:13:34.19 ID:LRcSd7MV0



「あなたの、『不幸』を、プロデュースしますから…!」


 
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/06/28(火) 00:14:31.16 ID:LRcSd7MV0
以上で終了です
お読みいただき、ありがとうございました

html化の依頼してきます
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/28(火) 00:18:43.79 ID:Gan4vlThO
よし!ハッピーエンドだな!
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/28(火) 00:18:44.99 ID:4yr7zNAI0
最高だぜ
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/28(火) 00:27:49.04 ID:bkqVoN2oo
おつ
優しい世界だな
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/28(火) 00:29:09.57 ID:a2BjzsLOo

何て不幸なプロデューサーなんだ…
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/28(火) 00:41:54.27 ID:UPa+7oLOO

これもしほたるを茄子に置き換えたらどうなるんだ…
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/28(火) 00:50:23.83 ID:twdUUo2zO

>>1 の過去作ってある?
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/28(火) 03:36:09.96 ID:jaoJBwT9o
不幸、不幸ってなんだ
113 :>>1 [sage saga]:2016/06/28(火) 09:54:20.00 ID:UXu+Ww8q0
以前に書いたもの

佐久間まゆ「記憶喪失のプロデューサーさん…♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440581074/

佐久間まゆ「記憶喪失のまゆと、一緒に…♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440870874/

今回のお話と繋がりはありませんが、こちらもお読みいただけると幸いです
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/28(火) 10:31:56.24 ID:8D87uPC4O
振り向かないことさ
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/28(火) 14:35:53.35 ID:9IdJEsOo0
ほたるちゃんの頭の中からPから離れるって思考が無くなってるどころか未来永劫そばに居るって思考になってるのが
実にヤンデレ臭くて素晴らしいと思います
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/28(火) 17:43:35.52 ID:EpRJwcn10
>>113
この書き方と病み具合見たことあると思ったらあんたか
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/30(木) 03:56:40.30 ID:0xEB+RCOo
シリアスなのかギャグなのかわかんないけどほたるがかわいい
51.96 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)