このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

五十鈴華「一撃だけで十分です」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 20:57:50.40 ID:1BQ/wUku0
優花里「ご存知ですか五十鈴殿?人体のツボには一箇所だけ即死するツボがあるらしいんです!」

華「まぁ怖い」

沙織「あ、それなんか聞いたことある!」


優花里「はい!それでそのツボなんですが、人によってバラバラらしいんですよ」

みほ「あはは、何かの弾みで押されちゃったらたまったもんじゃないね」

麻子「最悪な死に方だな」

華「それで優花里さん、どうしてその話を私に?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472990270
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

アルテラ「>>2は、悪い文明!」 @ 2017/05/24(水) 08:10:17.39 ID:L6z1FyCxO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495581017/

【久しぶりの】パー速でモンスト【トラップ】 @ 2017/05/24(水) 05:25:03.35 ID:PJQHqHjYo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1495571103/

桃子「鶴賀に来ればいいっす!」咲「私、男から無理だよ?」 @ 2017/05/24(水) 02:53:04.42 ID:UZOr4oLwO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495561984/

二宮飛鳥「無数の流星と小さな勇気と」 @ 2017/05/24(水) 02:42:11.68 ID:ikXJgynOo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495561331/

ブラック・ジャック「こいつは厨二病ですな」患者「我は闇の支配者なり!」 @ 2017/05/24(水) 02:07:50.39 ID:JmgJznv7o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495559270/

モバP「えーっと空気清浄機はーっと・・・ん?」 @ 2017/05/24(水) 01:13:23.14 ID:p2Oz7MF90
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495556002/

【ミリマス】P「シアター組の喫煙者あるある」 @ 2017/05/24(水) 01:06:31.62 ID:XnjUjxDf0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495555591/

男「美少女ですが何か?」 @ 2017/05/24(水) 00:26:44.65 ID:5ZXdbnRDO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495553204/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 21:03:34.99 ID:1BQ/wUku0
優花里「はい!五十鈴殿といえば、プラウダ高校のノンナさんやサンダース大学附属のナオミさんと同等の一撃必中!」

優花里「そんな五十鈴殿にものは試しで押してもらいたくて!」

沙織「ちょっとゆかりん、なにか辛いことでもあったあ?私が相談に乗ってあげようか?」

優花里「ああ、そういうことじゃないんです!ただの興味本位というか・・・」

麻子「やめておいたほうがいいぞ秋山さん。もしかしたらっていうこともある」

優花里「大丈夫ですって!そのツボを押される確率はかなり低いですから!」

華「ええっと・・・よろしいので?」

優花里「はい!やっちゃってください!責任は私が取りますので!一応念のため遺書も用意してあります!」

みほ「優花里さん、そういうのはやめておこうよ・・・」

華「えっと・・・それじゃあいきますよ?」

優花里「はい!やっちゃってください!!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 21:06:16.61 ID:1BQ/wUku0
華「ええっと・・・この辺、でしょうか?」

トンッ

優花里「」

バタリッ

麻子「・・・」

沙織「・・・」

みほ「・・・優花里さん?」

華「あ、あら・・・?」

優花里「」


沙織「・・・どうしよう、ゆかりん息してない」


麻子「・・・」

みほ「・・・」

華「・・・」



『ええええええ!!??』

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/04(日) 21:07:57.30 ID:llNdwpOFo
ユアーショーック!!
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 21:11:58.11 ID:1BQ/wUku0
華「ああ・・・・なんという・・・なんということをしでかしてしまったのでしょう・・・」

みほ「優花里さん!優花里さん!!返事をして!!」

麻子「まておちつけ!こういう時は救急車を・・・!」

沙織「ゆかりんのばかー!どうしてこんなこと思いついちゃったの!!」

華「・・・はっ、もしも即死するツボがあるのなら・・・」

華「生き返るツボもあるはず・・・!」

沙織「そんなのあるわけないじゃん!!人は死んだらそこで終わりなんだよ!!」

麻子「いや、もしかしたらありえるかもしれん・・・だが・・・」

麻子「その即死のツボと同じで、人によってバラバラだったらどうする?」

華「わかりません・・・ただ、今はこれしか方法がないんです!」

みほ「・・・華さん」

華「なんでしょうか西住さん」

みほ「私は華さんにかけてみます」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 21:15:42.49 ID:1BQ/wUku0
華「・・・わかりました」

沙織「ちょっとみぽりん・・・」

みほ「今はこれしか方法はないんです!」


華「・・・華を活ける時のように集中して・・・」


華「・・・えい!!」


トンッ


優花里「」

麻子「・・・」



優花里「」

沙織「・・・」


優花里「」

みほ「・・・」


優花里「」

華「・・・」





優花里「・・・ゲホッゲホッ!」

華「・・・!皆さん!優花里さんが!優花里さんが息を!!」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/04(日) 21:19:13.24 ID:iNciQ0UaO
たった5レスでなんつう超展開だよ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 21:23:13.82 ID:1BQ/wUku0
優花里「・・・あれ?ここは」

みほ「優花里さん!!」

沙織「んもう!心配したんだからね!!」

麻子「何はともあれ、無事で良かった」

優花里「あれぇ?私、先ほどまで三途の川作戦に参加してたのですが・・・あれ?」

華「優花里さん、申し訳ありません・・・私がツボを押してしまっただけに・・・」

優花里「ええ!じゃあ私ホントに死んでたんですね!!」

沙織「どうして嬉しそうな顔してるの!ゆかりん本当に死んでたんだからね!!」

優花里「いやぁ、お騒がせしました!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 21:30:29.81 ID:1BQ/wUku0
優花里「それにしても、本当に即死するツボなんてあったんですねぇ・・・」

みほ「ゆかりさん、もうこんな危ないことはやめてよね?」

優花里「わかっております!・・・しかし」

優花里「即死するツボだけでなく、ほかにもいろいろなツボもありそうですよねぇ・・・」

みほ「優花里さん?」

優花里「例えば、モテるツボとか」

沙織「モテる!?」

優花里「目覚めがよくなるツボとか」

麻子「そんなツボはいらん」

優花里「あと、戦車関係につかいそうなツボとか!」

みほ「優花里さん?」

優花里「そう考えてみるとなんだかいろいろ試してみたく」

みほ「ダメ、絶対にダメ」

優花里「や、やりませんってば〜、もしもの話ですって!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/04(日) 21:30:35.84 ID:J8OjFNQCO
ジーグブリーガーの奴といい、華さんはどうしてこういうキャラにされるのか
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 21:37:48.96 ID:1BQ/wUku0
沙織「・・・でも、私も少し興味あるかな〜なんて」

みほ「沙織さん!?」

優花里「やっぱりきになりますよね!」

麻子「やめておけ、ろくな事にならんぞ」

沙織「いや!そこはものは試しで!大丈夫!華ならモテるツボを的確に押してくれるから!」

華「えっと〜・・・」

沙織「ね、華!!」

みほ「・・・私知らないよ?どうなっても」

沙織「大丈夫大丈夫!もしもの時の遺書もあるし!」

みほ「なんで遺書常備してるの?おかしくない?」

沙織「さ、華!やっちゃってやっちゃって!」

華「え、ええ・・・」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/04(日) 21:47:18.93 ID:j9XOvlqNO
1800年の歴史を蔑ろにしたアミバはロクな死に方しなかったってのに罰が当たるぞ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 21:49:48.41 ID:1BQ/wUku0
華「えっと・・・この辺、でしょうか?」

トンッ

沙織「・・・」

優花里「・・・」

みほ「・・・沙織さん、生きてます?」

沙織「うん、生きてる。それに何も起こらない・・・」

麻子「そんなツボはなかったか、もしくは外れていたかだな」

沙織「うそ〜・・・」

華「あら、ごめんなさい・・・」

優花里「いえ、まだ失敗に終わったとは限りません。もしかしたら遅効性なのかも」

沙織「えー、それじゃあ私いつまで待てばいいの?」

優花里「それはわかりません・・・」

沙織「そんなー・・・」

優花里「まぁ、そんなわけで次に行ってみましょう!!」

みほ「え、まだやるの?」

優花里「当然です!!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/04(日) 22:01:14.34 ID:GTN/haRAO
華さんがデッカい鋏とデッカい拳銃で命を無視してやりにいくやつかと思った
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/04(日) 22:17:49.19 ID:RNhKIKDq0
ほんと、惜しかったよなぁ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 22:27:59.63 ID:1BQ/wUku0
〜〜〜〜〜

優花里「はいお!そんなわけでやってまいりましたプラウダ高校!」

みほ「いやいや・・・え?いきなり?いきなりすぎない?」

みほ「私てっきり大洗の人たちに試すもんだと思ってたよ?」

優花里「それが実はあまり協力的ではなかったもので、他校の方にお話したら是非にと」

カチューシャ「よく来たわね!」

華「ああ、なるほど」

みほ「確か位にカチューシャさんはこういう話は好きかもしれませんね」

カチューシャ「いいこと!このカチューシャにふさわしいナイスバディにしなさい!失敗したら許さないんだから!!」

優花里「はい!そんなわけで五十鈴殿にはカチューシャ殿に身長を伸ばすツボを押していただきたいのです!!」

みほ「ええ・・・そのままでも十分なのに・・・」

華「えっと、それじゃあ行きますよ?」

カチューシャ「早くしなさい!ノンナにみつかっちゃう!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 22:33:15.79 ID:1BQ/wUku0
華「・・・ここ、かしら?」


トンッ


カチューシャ「・・・」

みほ「・・・何も起きない?」

華「やっぱり失敗だったのでしょうか?」

優花里「・・・!いえ!よく見てください!!」



カチューシャ「!、痛っ!痛い痛い痛い!!!!」ボギッバギっ

優花里「カチューシャ殿の骨格が変わっていきますよ!!」

みほ「うわ!うわぁあああ!!!」

カチューシャ「ちょ・・・やめ・・・痛ぃ・・・・痛い痛ァああああああああああ!!!!」バギボギベギゴギッ!!!


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 22:51:16.88 ID:1BQ/wUku0
〜〜〜〜〜





カチューシャ(190p)「やったわ!これが私が求めていたものよ!感謝するわ!!」

優花里「おお、流石五十鈴殿です・・・まさかカチューシャさんが私たちより大きくなるなんで・・・」

華「これは私も予想外です・・・」

カチューシャ「ふふーん♪これでカチューシャを馬鹿にした奴らを見返せるわ!」

優花里「そうですね!ノンナ殿に肩車してもらうこともなくなりましたし!」

カチューシャ「え?できない?」

優花里「ええ、流石にノンナ殿といえども、大きくなったカチューシャ殿を肩車するのは無理があるかと・・・」


カチューシャ「・・・」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/04(日) 22:57:05.99 ID:IKXKGWLHO
このカチューシャ見たらノンナとクラーラがショック死しそう
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 22:58:39.79 ID:1BQ/wUku0
〜〜〜〜

優花里「まさかカチューシャ殿が元に戻して欲しいなんて言い出すとは」

みほ「やっぱり、ノンナさんの上のほうが良かったんじゃないのかな?」

優花里「せっかく願いが叶ったというのに残念です・・・」

華「私は今のカチューシャさんの方が愛らしくて好きですよ」

みほ「わたしも」

優花里「・・・まぁ、かくいう私もなんですけどね」

優花里「それじゃあ次に行ってみましょう!」

みほ「ええ!まだ行くの?」

優花里「はい!今度は尺の都合上、ダイジェストでお送りします!」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 23:16:56.46 ID:1BQ/wUku0
〜マジノ女学院〜

エクレール「腹痛が治りましたわ!!」


〜アンツィオ高校〜

アンチョビ「すごい!本当にペパロニが賢くなったぞ!!」


〜ベルウォール高校〜

エミ「嘘でしょ!?本当にキャプテン共のけんがが収まった!?」

小春「こんなの山守さんじゃない!!」

若杉「土居さん・・・」


〜聖グロリアーナ女学院〜

ダージリン「すごいわね、本当にローズヒップが静かになったわ」

アッサム「・・・あれ?息してない・・・」


〜琴盾高校〜

アウンさん「ヤッター!おっぱいおっきくなったー!!」


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 23:25:44.79 ID:1BQ/wUku0
〜〜〜〜

優花里「はい!そして最後がここ!黒森峰!!」

みほ「・・・まぁ、わかってた。いずれは来るんだろうなって」

まほ「ようこそ黒森峰へ。噂は聞いている」

まほ「なんでも願いを叶えてくれるとか」

みほ「それはちょっと違うよお姉ちゃん」

まほ「なんだ違うのか」

みほ「うん、だって私達、ツボを押さえてあっちこっち回ってるだけだから」

華「それで、今回はどなたのツボを押せばよろしいのでしょうか?」

まほ「ああ、そのことなんだが・・・」


まほ「エリカを愛想よく、なんてできるか?」

優花里「愛想良くですか・・・」

まほ「まあ、無理にとは言わないが」

優花里「お任せください!この五十鈴殿がエリカさんを愛想良くしてくれます!!」

優花里「今のところ9割の確率で成功していますから大丈夫です!」

まほ「む、そうか。ならば頼む。エリカ!ちょっと来てくれ!」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 23:30:31.59 ID:1BQ/wUku0
エリカ「はい、なんでしょうか隊長?ってげぇ・・・元副隊長・・・」

みほ「こ、こんにちわ・・・」

エリカ「何しに来たのよ?まさか偵察?」

みほ「いえ、そういうわけでは・・・」

優花里「どうですか五十鈴殿?」

華「うーん・・・恐らくこのあたりだと思うんですが・・・」

エリカ「は?ちょっとあんたらなにやってんのよ?」

華「エリカさん、申し訳ないのですが、足の裏を見せてもらえませんか?」

エリカ「嫌よ」

優花里「まぁまぁ、そうおっしゃらずに」

エリカ「ちょ、ちょっと!やめなさいよ!靴下返せ!!」

優花里「今です!五十鈴殿!」

華「はい!」


トンッ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 23:38:44.56 ID:1BQ/wUku0
エリカ「ちょっと!あなた何やったのよ!ちゃんと説明しなさい!」

華「えっと、ちょっと説明しにくいのですが・・・エリカさんにツボをおしました」

エリカ「はぁ?ツボ?」

優花里「あ!見てください!逸見殿の表情が!!」

エリカ「はぁ?表情?ってあれ?顔が・・・なんか・・・」ぐにににぃ


エリカ「」ペカーっ

まほ「おお、今までに見たことのないエリカの満面の笑みだ」

みほ「うわぁ・・・」

エリカ「ちょっと!なにが起きたのよ!」ペカーっ

優花里「これで多少は愛想良くはなったでしょう!」

エリカ「フッザケンじゃないわよ!戻しなさい!今すぐに!!」ペカーっ

まほ「助かった。これでエリカも少しはみんなに近寄りやすくなるだろう」

エリカ「隊長!何を言って・・・」ペカーっ


優花里「こういう時はお互い様です!ね!五十鈴殿に西住殿!!」

華「え、ええ・・・」


優花里「それじゃあ私たちはこのへんで!!」

まほ「ああ、またなにかあったら頼む」


エリカ「コラ!!私の顔をもどせぇええええええ!!!」ペッカァアアア
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 23:42:15.57 ID:1BQ/wUku0
〜三日後〜

みほ「華さん」

華「みほさん、おはようございます」

みほ「おはよう華さん・・・ちょっといいかな?」

華「はい、なんでしょうか?」

みほ「あのね、この前ツボ推ししてたじゃない?それって今もやってるのかな?」

華「いえ、あの日のみですね」

みほ「あのねあのね、もし華さんがよければなんだけど・・・」



みほ「・・・私にもツボ押してくれないかな?ドジが治るツボ・・・」




おしまい
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/04(日) 23:46:11.20 ID:gSqtrTGDO
乙です。

エリカの見た目は愛想が良くなっても性格はそのままなのか(苦笑)
そして、ローズヒップは逝ってしまわれたか…(汗)
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 23:46:31.05 ID:1BQ/wUku0
追記
突発的に思いついたネタなんでオチも話の流れも雑になった
だが後悔はしてない

あと、アウンさんちゃんのは僕の趣味です
褐色巨乳はええぞ

次からちゃんとスマホ道の方も更新するんで勘弁してください
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/04(日) 23:52:47.54 ID:byECihUlO
沙織は投げっぱなしかぁ
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/04(日) 23:53:02.97 ID:fUyhKNqao
スマホ道きた!これで勝つる!!!
おつー
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/04(日) 23:56:25.47 ID:1BQ/wUku0
>>28
(やべぇ忘れてた)
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/09/05(月) 18:52:32.19 ID:IlQj0eIe0
沙織の回収するのを忘れてました

お詫びと言ってはなんですが、おまけで書きます
帰ってきたら書きます

俺に襲われた武部師範がイケメンなお前らの手によって救われるオチか
動物達(♂)に好かれるオチか
あえて武部師範が地球の危機をスマホ道で救うオチ

のどれか書きます
帰ったら書きます
体力あったら書きます
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/05(月) 19:17:19.92 ID:xxfdngvKO
どれか?
全部書くんだよはよ
16.34 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)