女「寒いなぁ…」男「そっか」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:38:28.81 ID:AX+Wc+rK0


冬が好きだ。

何よりも寒いのが。

手袋にマフラーだってできる。

寒いのを口実に抱きついても許される。

夏場はそうはいかない。

だから冬が好き。

寒いなぁ…とぼそっと呟いた。

君はどうしてくれるんだろう?



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483623508
2 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:40:11.69 ID:AX+Wc+rKo



女「ねえねえ、男は冬って好き?」

男「うーんどうだろう。寒いのは嫌かな」

女「そっか…ちょっと残念だな」

男「でも冬は好きだよ?星も綺麗だし雪も降るから」

女「よかった。そうだ、今日流星群来るじゃん」

男「そっか、そうじゃん。見に行くの?」

女「ちょっと迷ってるんだよねー」


分かりやすく「誘え」ってアピール


男「あははっ。じゃあ行こうか?」

女「うんっ!」

男「何時ぐらいからだっけ?」

女「んーとね…確か11時ぐらいからだったかな」

男「じゃあ10時ぐらいに待ち合わせしようか?」

女「いいよ。場所は?」

男「神社の近くのとこでどう?」

女「分かった。それじゃまた後でね」

男「うん」


3 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:40:57.31 ID:AX+Wc+rKo


天体観測デートだ やったね

男も私もお互いに好きだって分かってるのに

全く告白をしようとしないで

ズルズル仲良しのままなんだよね

そろそろ告白してくれないかなぁ…

いや、別に私が告白しても良いんだけど…


女「早いね…まだ9時半だよ?」

男「女だってそうじゃん」

女「確かにそうだね…行こっか」


男が早めに来てる、それだけで嬉しくなる


女「ねえねえ、少し神社に寄っていかない?」

男「神社?」

女「うん。私、夜の神社ってわりと好きなんだ」

男「いいよ、寄っていこう」


神頼みもたまには良いよね?


4 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:42:11.29 ID:AX+Wc+rKo


女「良いよねーこういう雰囲気。なんて言うんだっけ?」

男「ホラー、かな?」

女「なんか違うと思うよ?」

男「なんだろうね…まあ雰囲気は確かに良いね」

女「でしょでしょ!ほらお参りしよ」

男「お参りまですんのかい…」



チャリンチャリン

ペコペコ

パン!パン!

男、女「………………」

ペコッ



女「何をお祈りしたの?」

男「お祈りしたことを言ったら叶わなくなるってばーちゃんが言ってたから言わない」

女「何それ?」

男「分かんない。迷信かもね」

女「なら教えてよー」

男「やだ」


つまんないの 教えてくれても良いのに

5 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:42:38.54 ID:AX+Wc+rKo


男「ここ、2人で来るのは久しぶりだね」

女「誰かと来たりするの?」

男「友だちと来たり1人で星を見に来たりね」

女「へぇ…、あ、そこ滑るよ」

男「おっと、ありがと」


手、繋ごうか?なんて期待してないもん


女「ふぅ…やっと着いたね」

男「そうだね…大丈夫だった?」

女「うん…あーちょっと寒いかな」

男「良かったらコート着る?」

女「大丈夫。ありがとね」


遠回しに言うんじゃダメなのかな

6 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:43:05.41 ID:AX+Wc+rKo

男「ね、街めっちゃ綺麗だよ」

女「うわぁ…ほんとだ…すごい」

男「嫌なこととかあるとさ、たまに来るんだよね」

女「そんな場所、私に教えて良いの?」

男「んー女なら良いかなって」


ずるいよそんなの…期待しちゃうじゃん…


女「あのさ…それってどういうこと?」

男「あっ…うーん…お好きなように」


お好きなように?


女「良いの?ほんとに好きなようにとっちゃうよ?」

男「うん、いいよ」

女「それってさ…あ…」

男「ん?」

女「今、流れ星が見えたの」

男「なんかお願いできた?」

女「そんな暇ないよ。気づいた時には消えちゃったもん」


怖気づいちゃった

肝心なとこで、って意味で私らしいな

神さまと流れ星にお願いしたら流石に叶うかな

7 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:43:41.46 ID:AX+Wc+rKo


男「そっか。次はお願いできると良いね」

女「男はなんてお願いする?」

男「うーん…願いが叶いますようにってお願いしようかな」

女「なにそれ?」

男「さっきお参りした時の願いだよ。女は?」

女「じゃあ私もそうする」

男「真似すんなよー」

女「えへへ。あ、また」

男「うそ、見逃した…あっ見えた」

女「けっこう来るね」

男「そうだね。うわぁ…綺麗」

女「ほんと綺麗」


あんまり綺麗だったからお願いし忘れちゃった

8 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:44:12.29 ID:AX+Wc+rKo

男「あー首痛い…」

女「私も…」

男「そろそろ帰ろっか?」

女「もう少し夜景見てても良い?」

男「あ、じゃあ俺も見る」


気を使ってくれたんだろう 優しいな


女「あのね…ほんとはね」

男「うん?」

女「言おうと思ってたことがあるんだ」

男「言いたいこと?」

女「うん。けっこう前から言おうと思ってたんだけど…」

男「………」

女「私ね…男のことが…」

男「はっ…はくしょん!」

女「ど、どしたの…?」

男「なんか冷えたみたい…ごめん、それでなんだっけ?」

女「ううん、やっぱなんでもない」

男「ん、そっか」

9 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:44:39.37 ID:AX+Wc+rKo

男も薄々感づいてはいたんだろうな

私と付き合いたくないのかな

なんで遮ったんだろう

さっき怖気づいたバチが当たったのかな

わざわざあんな小芝居まで打って

下手くそなくしゃみだったな


男「今日はありがとね」

女「私こそ。ありがと」

男「じゃ、また明日ね」

女「うんまた明日ー」


結局、最後まで言えなかったな

チャンスだったのにね


10 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:45:05.26 ID:AX+Wc+rKo

男「おはよ」

女「ん、おはよう。今日寒いね。午後から雪だってさ」

男「らしいね。雪ってちょっとワクワクしない?」

女「あーわかる。なんか子どもに戻った気がするよね」


雪ってなんであんなにワクワクするんだろう


男「あー…ちょっと降ってんね」

女「今から少し弱まるみたいだしこのまま帰ろうよ」

男「そうしよっか」


さく、さく

積もり始めた雪を踏みしめる

なんとなく気持ちが昂る


男「積もり始めてるね。何センチぐらい積もるかな?」

女「10センチぐらいってニュースで言ってたよ」

男「そんなに…。雪だるまとか作れるね」

女「この年になって雪だるま?…うん、ちょっと良いかも」

男「小さい頃に作ったの覚えてる?」


意外だった 男がそんなこと覚えてるなんて

11 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:45:45.02 ID:AX+Wc+rKo

女「うん。次の日に溶けちゃってて私が泣いた時でしょ?」

男「そうそう。今度は泣かないよね?」

女「どうだろう。悲しかったら泣くかもね」


悲しいのは別な理由だけど


女「はーっ」

男「真っ白だね」

女「うん…そうだね」

男「どうかした?」

女「ううん…寒いなぁって思ってさ」

男「ちょっと待ってて…えーっと…あった、はい」

女「これ…?」

男「ネックウォーマー。あったかいよ?」

女「ありがと…うん、あったかい」


期待してたのと違ったけど

これはこれであったかくて

なんだか満たされた気持ちになった

12 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:46:11.06 ID:AX+Wc+rKo

男「そのネックウォーマーさ、ほんとにあったかいんだよね」

女「あ、これ私が去年あげたやつ?」

男「そうそう」

女「大事にしてくれてたんだね…ありがと」

男「いやまあそりゃ…うん…」


お茶を濁すような言い方が引っかかったけど

特になにも言わなかった


男「女?急に立ち止まってどうしたの?」

女「あのさ…」

男「うん?」

女「男はさ、この前お参りした時の叶った?」

男「あー…いや、叶いそうで叶ってないんだ」

女「ふーん…私もなの」

男「私もって?」

女「叶いそうで叶わないの」

13 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:46:45.28 ID:AX+Wc+rKo

あれ、どうしたんだろう

口が勝手に動き出した

ネックウォーマーのおかげかな


男「へぇ…叶うと良いね」

女「男こそ」

男「…………」

女「…………」

男、女「「あ、あのさ!」」

男「あっごめん…お先にどうぞ」

女「こっちこそごめん…。今、たぶん同じこと考えてたよね」

男「どうだろうね?」

女「同時に言ってみない?」

男「いいよ。じゃあ…せーの!」

男、女「「この前のお願い教えあわない?」」

男「あははっ…あははは!」

女「あはは!!やっぱそうなんだ?」


ああよかった

不思議な安堵感に包まれた

14 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:47:19.01 ID:AX+Wc+rKo


男「女はなんてお願いしたの?」

女「男から教えてよ」

男「あー………」

女「ほら早く」


ほぼ確信に変わったからわざと言ってみる


男「その前にさ、ちょっと良い?」

女「良いけどなに?」

男「うん…いやぁ…少し待ってもらえる?」

女「うん」


期待しちゃうじゃん

やめてよそんなの


男「お待たせ。女ってさ、好きな人いる?」

女「いるよ」

男「その人に告白されたらどうする?」

女「即オッケーだと思うな」

男「じゃあ好きじゃない人からされたら?」

女「うーん…たぶん断るかな」

男「そっか……」

女「うん…」


すごい緊張する

こんなに緊張することは人生で何度もないね

15 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:47:58.51 ID:AX+Wc+rKo

男「じゃあさ…俺が告白したら…?」

女「男が…?………試しに告白してみてよ」

男「試しに?」

女「ほらほら」

男「………ずっと好きでした。付き合ってください」

女「………うん…!」


ああやっと

やっと男と付き合える

そう考えたら涙が溢れてきた


男「ほんとに…?」

女「遅いよバカ…ずっと待ってたんだよ……」


そのまま男に抱きついてしばらく泣いた

雪はいつの間にか止んでいた


女「それでなんてお願いしたの?」

男「そりゃ…女と付き合えますようにって…女は?」

女「私は男と付き合えますようにって…2人して同じことお願いしてたんだね」

男「みたいだね」


やっぱりか、と思いつつ安心する

よかった 本当によかった


16 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:48:41.02 ID:AX+Wc+rKo


女「あのさ…少し寒いなぁって思うんだけど」


手を彼に差し出して言う


男「そっか」


その手を握って彼のポケットに入れてくれた

今までで一番あたたかいポケットだった


そのまま歩きながら言う


女「来年はさ、なんてお願いするの?」

男「どうしよっか?」


そんな質問、答えるまでもない

そんな風に彼の手が私の右手を握ってきた


少し立ち止まって見つめ合う


男「………」

女「………」

男「…あははっ」

女「…えへへっ」


そしてそのまま歩き出した


こんな日常が続きますようにってお願いしながら。



おわり

17 : ◆nRrk0j/cII [saga]:2017/01/05(木) 22:51:05.38 ID:AX+Wc+rKo
以上です。

今回から酉を付けてみました。どこかで見たら暖かく見守ってください。

お付き合いいただきありがとうございました。
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/05(木) 23:33:51.94 ID:W7L+Lv8Ho
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/07(土) 13:50:46.21 ID:+A00nqIJ0
12.28 KB Speed:1.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)