このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【二次創作】安価で進めるオリロンパ その2

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:35:08.45 ID:5UDEEJrEO

【緒注意】
・何番煎じかもわからないオリロンパスレです
・ダンガンロンパシリーズとの関係性はほぼ無いパラレル設定です
・エタらない事を重視するので、展開が速いです。ご了承ください




前スレ(キャラ作成〜chapter3まで)
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1480764539



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486805708
2 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:35:52.30 ID:5UDEEJrEO


【生徒名一覧】

【女子】

【名前】神名 千鶴(カミナ チヅル)
【才能】超高校級の教祖
『特徴』
【冷静沈着】常に落ち着いており、滅多な事では取り乱さない
【背負い込みやすい】誰かを導く者として、責任等を全て自分のせいにしてしまう癖がある
【内向的】普段は大人しく、人に押されがち

【名前】夜桜 炎呪(ヨザクラ エンジュ)
【才能】超高校級の傭兵
『特徴』
【空虚】どことなく虚ろな雰囲気がする
【自信過剰】調子に乗りやすく、自分に出来ない事は無いと信じている
【味覚音痴】極端な味しかわからない。そして美味しさの感性もズレてる

【名前】黒崎 月子(クロサキ ツキコ)
【才能】超高校級のチェスプレイヤー
『特徴』
【寡黙】興味の無い事にはとことん無口だが、逆に興味がある時には人並み程度には喋る
【日本かぶれ】和風大好き。髪も染めて目にもカラコンを入れる徹底ぶり
【迷信者】妙な迷信を強く信じている

【名前】クロエ・ファウラー
【才能】超高校級の武器商人
『特徴』
【秘密主義】決して自分の事を話したがらない
【自己中】自分さえよければ他人がどんな目にあおうと知った事じゃない。友人の死で少し考え直している
【性悪説】人間は欲に忠実であるべきだし、それが本来の姿と考えている

【名前】江野森 柚希(エノモリ ユズキ)
【才能】超高校級の語り部
『特徴』
【二面性】普段はダウナーだが、語り部として話す時はアッパーになる
【覆面】常に覆面をしていて顔を隠している
【異性装者】趣味で男性用の服装を好んで着用している

【名前】黒城 奏(コクジョウ カナデ)
【才能】超高校級のオカルトマニア
『特徴』
【ハイテンション】常にテンションがハイになっている
【電波少女】常人には理解出来ない電波を受け取っている
【名前嫌い】自分の名前にコンプレックスを持っている

【名前】福島 かなた(フクシマ カナタ)
【才能】超高校級の腹話術師
『特徴』
【無機質】人間味の無い機械的な印象。最近改善されてきた
【エンターテイナー】人を楽しませる事に全力投球する芸人気質
【幼女体型】小学生にしか見えないスタイルの持ち主
3 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:36:21.17 ID:5UDEEJrEO


【男子】

【名前】板東 永太(バンドウ エイタ)
【才能】超高校級の番長
『特徴』
【チビ】中学生といっても信用されてしまう程小さい
【格闘技マニア】あらゆる格闘技が好きで、精通している
【純情】年の割りにはかなり初

【名前】藤山 戒(フジヤマ カイ)
【才能】超高校級の解体屋
『特徴』
【陽気】普段は明るく、にぎやかな性格
【失敗は成功の元】いくら失敗しても、それが次の成功になると信じている
【ものぐさ】 気が乗らないとなにもやる気が起きない

【名前】守矢 藤右衛門(モリヤ トウエモン)
【才能】超高校級の守衛
『特徴』
【厳格】自他に関係なくルールに厳しい
【防犯マニア】様々な防犯グッズを所持している
【守銭奴】金銭にがめつく、対価はきっちりと受けとる主義

【名前】千里山 即史(センリヤマ タダフミ)
【才能】超高校級のトレジャーハンター
『特徴』
【タフガイ】根性がある限り、何度でも立ち上がれるタフな人物
【無鉄砲】根性論に頼りがちで、無計画である事が多い
【一匹狼】群れる事を嫌う一匹狼気質
4 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:36:53.76 ID:5UDEEJrEO

【名前】射和 義守(イザワ ヨシモリ)
【才能】超高校級のガンマン
『特徴』
【小悪党】なんとなくチンピラくさい。本人はそれなりの善人
【ハードボイルド】感情や状況に流されない硬派な男性
【喫煙者】愛煙家。ところ構わず吸う癖がある

【名前】小田切 翔(オダギリ ショウ)
【才能】超高校級の俳優
『特徴』
【腹黒】計算高く、意地が悪い
【努力家】今の地位があるのは、彼自身の努力の賜物である
【憎めない】性格は悪いのに、なぜか憎めない

【名前】糸長 形人(イトナガ ケイト)
【才能】超高校級の人形師
『特徴』
【厭世家】俗世を嫌い、浮世離れした雰囲気の青年
【マイペース】常に自分のペースで動いており、飄々としている
【過剰演出】オーバーリアクションが多く、作った人形も特徴が誇張気味になっている

【名前】菊名 幸路(キクナ ユキジ)
【才能】超高校級の幸運
『特徴』
【男の娘】服装や顔立ちが女性的で、どう見ても少女にしか見えない。どうやら事情があるようだ
【挙動不審】常に何かに怯え、ビクビクしている
【お人好し】困った人を見かけたらつい助けてしまう

【名前】鈴木 茂(スズキ シゲル)
【才能】超高校級の学級委員
『特徴』
【優柔不断】決断力に欠けている
【ドジッ子】そそっかしく、大体どこかでドジを踏む
【仕切り屋】それでも場を仕切りたがる
5 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:37:31.16 ID:5UDEEJrEO











産まれたばかりの赤ちゃんって、どうして皆が祝福するんだろう?

それって、きっとその赤ちゃんは何にでもなれる『可能性』の塊だからなんじゃないかって思うんだ

善にも悪にも希望にも絶望にもなれる、そんな存在。夢を現実にするか幻にするかも決められる存在

だけど、大人になるとその可能性は全て失う。周りや自分で道を造って、自然とそこへ動いていくから

……それって、成長って呼べるのかな?


6 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:38:00.22 ID:5UDEEJrEO

――『食堂』――




黒城「……………………」

福島「……………………」

坂東「……………………」

クロエ「……………………」

藤山「……………………」

神名「……………………」




裁判から一夜明け、重苦しい空気の中で私達は顔を見合わせています

いつもはケラケラと笑っている黒城さんや、クールなクロエさんすらその顔を沈めて俯いています

坂東くんや福島さん、藤山くんも、皆同じようにしかめっ面。そして、ここに居ない二人の仲間……



鈴木「……全員、揃ってくれているな?」

鈴木「ただいまより……菊名くんの処遇を決める会議を、執り行いたいと思う!」



7 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:38:33.20 ID:5UDEEJrEO









【CHAPTER4】
  涙知らずのロスチャイルド









8 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:39:37.98 ID:5UDEEJrEO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

――『昨日  裁判場』――




坂東「……………………は?」

モノクマ「いやはあじゃないよ!菊名クンが僕の味方である内通者なの!」

モノクマ「そうだよね!菊名クン!」

菊名「……………………あ…………」




守矢「……本当なのですか?菊名殿……」

クロエ「無駄な沈黙は肯定として受け取られるわよ」

鈴木「ど、どうなんだ!菊名くん!?」

坂東「お、オイ……そんな訳ねぇよな?いきなりそんな事言われて混乱してるだけなんだろ?」

菊名「ち……違っ…………こんな…………」


9 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:40:21.01 ID:5UDEEJrEO








菊名「こんなっ………!はずじゃ……っ!」



神名「…………えっ?」






10 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:41:10.53 ID:5UDEEJrEO


神名「それって……認めるんですか……?」

神名「自分が”裏切者”だって……!」

菊名「あっ、う、うぅ………………」

藤山「お前……!どういう事だよ!今まで俺達を騙してきたってのか!?」

黒城「アンタが裏切者だったのね!?さんざんアタシ達を騙してきたツケを払って貰おうじゃない!」

神名「ふ、二人とも!もう止めてください!」

藤山「何言ってんだ!こいつのせいで何人死んじまったと思ってるんだよ!」

黒城「コイツが黒幕の仲間だってんならアタシ達の敵よ!ボッコボコのギッタギタにしてやるわ!」

守矢「……藤山殿と黒城殿程ではありませぬが、小生もお二方と同意見ですな」

守矢「小生は守衛として、目に見える驚異は排除せねばならぬ故……」

神名「驚異って……そんな……!」

皆が菊名くんを敵視して、どこか嫌な雰囲気が裁判場に漂っていきます

モノクマさんの提示した情報は、私達をいがみ合わせ、争わせるには充分過ぎて…


11 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:42:03.77 ID:5UDEEJrEO


坂東「……止めろ」

藤山「菊名!テメェ何か言いやがれ!」

黒城「この人でなし!アンタなんて儀式の生け贄にされちゃえばいいのよ!」

守矢「菊名殿、黙っていては何も進みませぬ、出来るなら早めに自白するのをお勧めしますが……」

鈴木「き、菊名くん…………」





坂東「止めろッつってんだよッ!!」






12 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:42:35.46 ID:5UDEEJrEO

坂東「菊名ッ!こっちに来い!」

菊名「えっ?あ、うん……」

藤山「坂東!お前、そいつを庇うってのか!?」

藤山「こいつらに殺されてった奴等を…忘れちまったのかよ!」

坂東「忘れるワケねーだろッ!!」

坂東「俺はゼッテーに忘れねぇ……小田切も、江野森も、糸長も、千里山も……」

坂東「黒崎も!射和も!夜桜だって忘れねぇ!全員絶対に覚えてるぜ!」

藤山「だったら……!菊名はそいつらの仇だ!俺達の敵なんだよ!」

坂東「そんなの関係ねぇよ!」

藤山「なっ…………!」






坂東「俺はな……気に入らねえんだよ……」

坂東「自分よりも弱いヤツを!よってたかって殴るなんて最低な事をな!!」

坂東「お前ら恥ずかしくねーのかよ!女相手に責め立ててよ!どうして何か事情があったと思わねえんだよ!」




菊名「…………っ」


13 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:43:10.02 ID:5UDEEJrEO

守矢「……ですが、例え何らかの事情があれど小生らを影で裏切っていたのは事実であります」

守矢「故に、そう簡単には警戒を解く事は出来ませぬな」

坂東「へっ!勝手に言ってろよ!俺が菊名の味方になってやるからな!」

黒城「何よアンタ……もしかして、菊名の事好きなの?趣味悪っ」

坂東「違えよ!単に見捨てらんねーってだけだからな!?」

神名「そうですよ、菊名さんだって私達の仲間なんです。それを今更切り捨てるなんて出来ません」

鈴木「ならば、僕から提案なんだが明日会議を開かないか?」

鈴木「そこで菊名くんの処遇について話し合おう、今は学級裁判後でそれどころじゃないしな」

藤山「…………わーったよ」

神名「そうですね。今はそれがいいと思います」

黒城「フン!命拾いしたわね、この水商売女!」

黒城さんが忌々しげに呟いて、菊名さんの肩に触れた瞬間




菊名「!?うああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!」




菊名さんは今までの何倍も怯えて、裁判場から出ていってしまいました……


14 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:43:41.02 ID:5UDEEJrEO

坂東「!?どうしたんだよ菊名!?」

藤山「黒城…お前なんかしたか?」

黒城「してないわよ!ああやって大袈裟に叫んで、か弱いアピールしてるだけなんだから!」

福島「本当にそうかなー?」

鈴木「だが弱ったな…誰かに菊名くんの見張りを頼もうと思ったのだが……」

守矢「ならば小生が担当致しましょう。慣れていますからな」

鈴木「おお!それは頼もしい!では守矢くんに頼もうか!」

鈴木「それでは明日!食堂で会おう!」

神名「はい、わかりました」







モノクマ「うぷぷぷ……か弱い女、ねぇ」

坂東「あ?何か言ったかテメェ!」

モノクマ「いやいや何でもないよ!それじゃあ四階は解放しておくからねー!」


15 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 18:44:09.17 ID:5UDEEJrEO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


坂東「……っつーかよ、菊名は呼ばなくていいのかよ?」

福島「そういえば藤右衛門にーちゃんもいないねー?」

鈴木「うむ、彼女には守矢くんが見張りをつけている。これでそう簡単には逃げ出せないな!」

坂東「逃げ出すって……!テメェ!菊名がそんな事する様なヤツに見えてたってのか!?」

藤山「そんな事する様なってか……してたんだよ、隠れて俺らを裏切ってやがったじゃねえか」

福島「戒にーちゃん、顔が怖いよ……」

クロエ「でも、感情論を抜いて考えると菊名の存在は私達にとっても極めて厄介なのよ」

クロエ「私達の共有情報が、黒幕に知られているって事なのだから……」

黒城「あっ!アタシいいこと思いついたわ!アイツをずっと個室にブチ込んでおけばいいのよ!」

神名「監禁は流石にやりすぎでは…?」

黒城「いや!寧ろ甘いわ、甘甘だわ!」

藤山「そうだぜ、菊名にはしっかりと反省してもらわねーとな」

坂東「ざっけんな!そんなのテメェらの横暴だろ!」

坂東「こういう時はな!ちゃんと全員で話を聞くのが一番なんだよ!」

鈴木「き、君たち!しっかり議論を進めるのは嬉しいが、このままじゃ収集がつかなくなるぞ!?」




鈴木「ここは伝統的に多数決だ!全員がちゃんと一人一つに投票するんだぞ!」




どちらに決まった?
1:菊名を監禁し、見張りをつける
2:菊名を解放し、全員で話を聞く
↓1
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/11(土) 18:46:03.54 ID:f45RyYwRo
17 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 19:24:06.70 ID:5UDEEJrEO




鈴木「あー、おほん!厳正なる多数決の結果を発表する!」




鈴木「監禁するを選んだのは藤山くん、黒城くん、クロエくんの三名で……」

鈴木「話を聞くを選んだのは、坂東くん、福島くん、神名くん。そして僕だな!」

鈴木「よって、現時点での菊名くんの処遇は、一時的に身柄を解放し、彼女から話を聞く事に決定したぞ!」

坂東「っしゃあ!」

藤山「くそっ……鈴木が投票すんのは卑怯じゃねーか?」

鈴木「まあ僕を抜くと偶数になってしまうからな。許してくれ」

鈴木「それに、僕個人の意見としても、監禁などとイジメのような真似はしたくないしな」

黒城「ふふふ……後で絶対に後悔するわ。アンタ達は地獄の扉を開いたのよ……」

福島「そんな事はともかくー、誰か菊名くんを呼びに行った方がいいんじゃないかなー?」

神名「あ、なら私がいきますね」

鈴木「そうか!では神名くん、頼むぞ!」

神名「はい、わかりました……」

18 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 19:24:35.61 ID:5UDEEJrEO

――『廊下 菊名の部屋の前』――

ぴーんぽーん

がちゃり

守矢「……む、神名殿。どうかなされましたかな?」

菊名くんを呼びに部屋のコールを鳴らすと、会議に参加していなかった仲間……守矢くんが姿を見せました

神名「……あの、ずっと部屋の中に?」

守矢「ええ、モノクマはまさに神出鬼没でありますからな。接触を完全に断つにはそうするしかありませぬ」

神名「……女の子の部屋ですよ?」

守矢「それがどうかなされましたか?」

守矢「小生は守衛として皆様を守らねばならぬのです。やり過ぎくらいが丁度の塩梅でしょう」

守矢くんのあまりに毅然とした返しに、私は少したじろいでしまいます。

神名「あの、菊名さんのこれからについて話終えたので、二人とも食堂に来てはくれませんか?」

守矢「了解致しました。それでは後程…」



19 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 19:25:05.38 ID:5UDEEJrEO

――『食堂』――


守矢「……さあ、菊名殿。歩いてください」

守矢「お待たせ致しました。この守矢藤右衛門。ここに推参致しましたぞ」




坂東「き……菊名っ!?」

菊名「………………………………」

食堂に戻った私の後から連れてこられた菊名さんは、全身を縄でキツく縛られていました

顔を俯かせて歩くその姿は、守矢くんの姿とあいまって、まるで囚人の様で……

福島「菊名くん!大丈夫なの!?」

坂東「オイ守矢ァ!テメェ幾らなんでもやり過ぎだろうが!オイ!」

守矢「む……これは藤山殿と黒城殿に協力して貰ったので、皆の総意だと思っておりました……」

坂東「藤山!黒城…………!」

藤山「……へっ」

黒城「何よ!アタシはそこの裏切者に天誅を下してやっただけなんだから!」

クロエ「待ちなさい、ここで喧嘩を始めてしまっては肝心の本題に入れないわ」

鈴木「僕たちは、君から話を聞きたいんだ…いいか?菊名くん?」


20 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 19:25:39.81 ID:5UDEEJrEO

菊名「…………ごめん」

坂東「菊名……!頼む!俺たちに教えてくれよ!」

菊名「……………………」

藤山「何も言う事はねぇって事かよ……」

福島「菊名くん…………」

黒城「やっぱり無駄じゃない!大人しく縛ってやるわ!」

クロエ「でも、これで菊名が何らかの情報を知っている可能性が高くなったわ」

クロエ「何も無ければ話せばいいのに、そうしないという事は、ね」

守矢「……これから、菊名殿はどう致しましょうか?」

鈴木「うーむ……身柄の解放が決まったからな、今まで通りでいいだろう」

藤山「ちっ」

坂東「藤山……テメェ後で覚えてろよ……」

神名「あ、あの!これで会議はおしまいですよね!」

神名「だったら……新たに解放された四階の探索をしませんか!?」

鈴木「それもそうだな!よし、これで会議は一旦終了だ!」

鈴木「それでは皆!今回も頑張って探索しようじゃないか!」


↓1誰と探索しますか?
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/11(土) 19:27:22.35 ID:NHKooYfQ0
守矢
22 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 19:44:36.11 ID:5UDEEJrEO


神名「……守矢くん。今回は私と一緒に探索をしませんか?」

守矢「む、神名殿とですかな?」

守矢「小生は構いませぬが……珍しいですな、神名殿が誰かを誘うなど……」

神名「……そうですか?」

今の守矢くんは、菊名さんの件でかなり過敏になっています

彼が菊名さんを殺すとは思えませんが、もしもの事もありますからね……

それに、私の勘ですけど……菊名さんは、私達を自分から裏切るような人には見えませんし

神名「…さ!それでは行きましょうか!」

守矢「そうでありますな……まあ安心なされよ、小生がいる限り身の安全は保証致しますぞ!」



どこから探索しますか?
1:生物室
2:理科室
3:コンピュータールーム
↓1
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/11(土) 19:45:23.42 ID:f45RyYwRo
24 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 19:57:21.45 ID:5UDEEJrEO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

――『生物室』――

神名「ここは……生物室?」

守矢「生物室と言う割には肝心の生物は見当たりませんがな……」



生物室。と書かれていた部屋には、水槽や檻、鳥の餌などの飼育用品がズラリと並んでいます
檻や水槽も、人が何人も入りそうな大きなものや、金魚さんが泳いでいそうな小さなもの等豊富にあります
……泳いでいるはずのお魚さんや、動物さんが一匹もいませんけど



守矢「うーむ……動物に詳しい方がいれば何かわかるやも知れませぬが……」

神名「私達では、何もわかりませんね…」

機械ならば藤山くん、武器ならばクロエさんに聞けばわかるでしょうが、流石にこれだけだとわからないでしょうね

神名「……ここには何もなさそうですね」

守矢「そうでありますな……そろそろ行きましょうか」



どこを探索しますか?
1:理科室
2:コンピュータールーム
↓1
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/11(土) 19:59:25.54 ID:QtbMQp9DO
26 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 20:26:24.80 ID:5UDEEJrEO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

――『理科室』――

神名「ここは……」

守矢「理科室……というよりは、発電所のようですな」

神名「藤山くんならばわかるかもしれませんけど……」



理科室。と書かれていた部屋には、まるで科学のテレビで見るようなモノがずらりと並ぶ部屋でした
電流の流れる大きな機械、ベルトコンベアに繋がっている機械、奥にあるのは空気清浄機でしょうか?
机の上には、アルコールランプや試験管のようなお馴染みの器具もありますね



守矢「ううむ、危険なものもありそうですが、生憎、検査して処分する時間もありませんな」

神名「なら、ここは一旦引き上げて違う所に行きましょう」

守矢「そうですな。ここはどうも痺れていけない」

…それは、守矢くんの着ている甲冑が原因なのでは…………


27 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 20:27:14.65 ID:5UDEEJrEO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

神名「ここは……コンピュータールームですよね」

守矢「ですな」



奥に鎮座する巨大な装置から伸びる無数のコードに繋がれたパソコン。そしてひんやりするくらいに効いた冷房……
ここは紛れもなくコンピュータールームですね。間違いありません



守矢「……む、このパソコンに何やらあるみたいですぞ」

神名「パネルに触れてください……?隣のこのパネルでしょうか?」

神名「私、試してみましょうか?」

守矢「いえ、これが罠の可能性もあります。神名殿はお下がりください」

そういって、守矢くんがゆっくりとパネルに触れると…………

パソコン『検索中!検索中!検索中!』

神名「きゃっ……!?」

パソコン『検索完了!検索完了!』

パソコン『人物は守矢藤右衛門!守矢藤右衛門!超高校級の守衛デス!超高校級の守衛デス!』

いきなり大音量で音声が流れ、パソコンの中には守矢くんの顔写真が表示されています

守矢「……どうやら、これは人物認証システムのようですな」

神名「そうみたいですね……」

あの後私も試してみましたが、結果は守矢くんと同じでした。勿論、情報は私のものでしたが……

守矢「……ここはこのくらいですかな」

神名「そうですね。そろそろ戻りましょうか」

28 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 21:09:17.40 ID:5UDEEJrEO

鈴木「皆揃っているな?では今回もいつものアレをしようじゃないか!」

鈴木「第四回探索結果発表をな!」




鈴木「って……菊名くんはどうした?」

福島「菊名くんなら、探索が始まってすぐに部屋に戻っちゃったよー」

黒城「まあ黒幕の手先なら探索なんてする必用無いわよね!だって黒幕の手先なんですもの!」

坂東「………………………………」

黒城「な、なによ……睨んだって怖くないんだから!」

藤山「落ち着けよ、話し合うんだろ?」

守矢「そうでありますな……今回は特に危険なものが多いであります」

クロエ「私も見て回ったけど、四階にはかなりの量の凶器があった。それを先に伝えておくわ」

鈴木「そうか!ならクロエくんから発表を頼もうか!」
29 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 21:10:23.62 ID:5UDEEJrEO

クロエ「まず、私が見たのは理科室よ」

神名「理科室……あの色々な機械が置かれていた場所ですよね?」

クロエ「ええ、あそこには毒薬やスタンガンの様な手軽に扱えて人を殺せる凶器が置いてあったわ」

クロエ「処分しようにもあれだけの量を捨てるのは現実的じゃない。だから……」

福島「使わないようにする。って事?」

クロエ「そうね。それが一番いいわ」

藤山「なら俺からも一ついいか?」

藤山「俺が探索したのは生物室なんだけどよ、あそこは水の貼ってある水槽以外なら特に危険じゃねーぜ」

鈴木「ふむ、理科室には危険なモノが大量に置かれており、生物室は水槽さえ気を付けていればいいのか……」

鈴木「二人ともありがとうな!ご苦労様だ!」

守矢「……では、小生らも発表させていただきましょうかな」

鈴木「うむ!守矢くん頼んだ!」


30 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 21:11:12.82 ID:5UDEEJrEO

守矢「小生らはコンピュータールームを捜査したのですが、あそこには凶器になり得そうなものはありませんでした」

神名「はい、それと、パソコンには認証システムもありました」

黒城「認証システム!?アレね、なんか科学っぽいアレをアレしてアレするヤツね!」

神名「アレが何かは知りませんけど……私と守矢くんが試してみても、何の問題もありませんでした」




鈴木「なるほど、コンピュータールームは比較的安全なんだな……」

鈴木「これで今回の会議は終わりだ!各自解散!」

鈴木「菊名くんには、僕から伝えておくからな!」


31 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/11(土) 21:12:35.08 ID:5UDEEJrEO
本日はこれで終わりです。次回は自由行動から

菊名くんが裏切者って気づいてた人ってどのくらいいますか?
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/11(土) 21:26:45.10 ID:f45RyYwRo
乙でした
自分は予想していなかったな
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 00:19:33.86 ID:uOMGBwoDO

何か隠してると思ったけど本当に裏切者だったとは
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 03:25:33.60 ID:5dVsieP5O
>>1のだと前スレなんか開けんね
ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480764539/
これなら行ける?
35 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 19:40:48.40 ID:4eMZxDPFO
>>34上手く貼れていませんでしたか……携帯からだと開けたんですが……
毎度の事ながら、見てくださる皆様には様々なお手数を煩わせて申し訳がないです

そして唐突ですが新しいシステムを発表します。これは次回のオリロンパに使う予定です

【ブレインドライブ】  草案

ロジカルダイブとの変更点は、最初に問題文が伏せられている事です。

この伏せられている部分はコンマ判定により開示され、その後に回答を選択するという形になります

今までのと比べると運要素が絡むので、難易度は上がると思いますが……

例題
問:こ■■で■■は?

問:この■で運■系の■■■?

問:この中で■■を■■■いるのは?

全て直下コンマ3以上で解放!
    ↓
問:この中で男死は?

問:この中で運動系の才能は?

問:この中で眼鏡をかけているのは?

Thinking  Time!

1:A.百田解斗 B.赤松楓 C.キーボ

2:A.最原終一 B.入間美兎 C.星竜馬

3:A.王馬小吉 B.白銀つむぎ C.夢野秘密子

解:A.百田解斗 C.星竜馬 B.白銀つむぎ

となります。何かあればお気軽に
20時前後に再開します。今回の自由行動は少し特殊なので、開始は説明を少し挟んでからですが
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 19:46:29.22 ID:uOMGBwoDO
運が絡むのは難しい
停滞防止のために間違いが続いたら解放されるとかしたほうがいいかな
37 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 19:55:11.73 ID:4eMZxDPFO

>>36なるほど、やっぱり運が絡むと難しくなりますよね……
では、これならどうでしょうか?これなら運は絡まない上、先程のより解りやすいかなと思います

【ブレインドライブ】 草案2

最初の問題文には空白があり、それを埋めていって回答します

空白に当てはまる用に問題文を埋め、最終的に解答するといった具合です

例題
問:こ□□で□□小さ□人は?
     ↓
問:この中で一番小さな人は?

Thinking Time!

1:A.春川魔姫 B.獄原ゴン太 C.夜長アンジー

解:C.夜長アンジー

そろそろ再開します
38 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 20:02:08.92 ID:4eMZxDPFO

※注意!
今チャプターでの自由行動では、幾つかの注意点が存在します
以下の組み合わせは選ぶ事が出来ないのでご了承ください

※『菊名幸路』を選ぶことは出来ません
※『坂東永太』を選ぶ際に『藤山戒』、『黒城奏』、『守矢藤右衛門』とは同時に選べません

誰と過ごしますか?
↓1
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 20:02:31.41 ID:YPOrohU80
鈴木
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 20:02:45.48 ID:IhDbAbuoo
クロエ 鈴木
41 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 20:11:00.54 ID:4eMZxDPFO

――『食堂』――

鈴木「……さて、これで今回のレポートは完成したぞ」

鈴木「後はこれを、菊名くんに……っと」

食堂で考え事をしていた私の目に飛び込んできたのは、山の様な書類を持って食堂から出ようとする鈴木くんでした

あれは、今回の探索結果を纏めた書類でしょうか?でも、あれだけの量を一人で持っていくのは、その……

神名「鈴木くん、私もお手伝いしましょうか?」

鈴木「おお、それはありがたい!」

神名「それでは、上の方を少し貰いますね?」

鈴木「そうしてくれ、正直、これは重くて大変だったからな……」

前が見えていないせいでフラフラとしていたので、思わず助けてしまいました

鈴木くんの事ですから、また木につまづくかもしれませんし……

鈴木「菊名くんも、早く僕たちの前に姿を見せてくれるといいんだが…………」

神名「そうですね……」



1:鈴木くんは菊名さんを信じているんですか?
2:鈴木くんは、どうしたらいいと思いますか?
3:自由安価
↓1

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 20:13:56.11 ID:uOMGBwoDO
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 20:15:01.64 ID:YPOrohU80
3せめて事情が聞ければいいんだけれど
大切な人が人質とかもあるかもしれないし
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 20:18:24.73 ID:uOMGBwoDO
すみません可能なら>>43
45 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 20:29:36.63 ID:4eMZxDPFO



神名「……鈴木くんは、菊名さんを信じているんですか?」

鈴木「ああ!」

びっくりするくらいの即答ですね……

神名「えっと、どうしてですか?」

神名「藤山くんや黒城さんは、あれだけ菊名さんを嫌ってしまったのに……」

鈴木「はっはっは!僕は学級委員だからな、そんな僕が誰かを差別するなんて出来るわけが無いだろう?」

鈴木「……それに、僕個人としても、菊名くんが僕らを裏切るなんて大それた事が出来るとも思えないしな」

神名「そうですか……」

鈴木「そう言ってくる神名くんはどうなんだ?」

…………私は……………………

神名「私だって信じたいです。でも……」

鈴木「でも?」

神名「……怖いんです。本当に菊名さんが私たちを裏切っていたのかを知るのが」

神名「菊名さんが、本当は私たちの事を何とも思っていなくて、モノクマさんに従っていたのかが……」

鈴木「神名くん…………」

そう、怖いんです。今まで信じてきた事が揺らぐのは

私の教団でも、私が信じられなくなって離れていった人が何人もいます。それは……

それは……………………

46 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 20:30:10.26 ID:4eMZxDPFO


神名「…私、菊名さんと話がしたいです」

鈴木「…………それは何故?」

神名「せめて、事情が聞きたいんです。もしかしたら、何かあるのかも……」

…………これが、私の願望である事は否定出来ません

今までの菊名さんを信じたい……そして、彼女を信じていた私を信じたい……

そんな、逃げの感情です

鈴木「なるほどな……神名くんの気持ちはよくわかった」

鈴木「よし!菊名くんには僕からその事を伝えておこう!」

神名「…………えっ?」

鈴木「なに!クラスメイトが困っているのを見逃すなんて出来ないからな!」

鈴木「……だが、日中はマズイ。ただでさえ過敏になっている人もいるからな」

鈴木「話が出来るのは夜時間だな。それでも構わないかな?」

神名「…はい!ありがとうございます!」

鈴木「ははは!よかったよかった!……とはいえ、菊名くんが話を聞いてくれるかは解らないが……」

神名「いえ、それでも充分です!」

菊名さんと話が出来る……それだけでも私の心が軽くなった気がします

鈴木くん、ありがとうございます!


【INFO】
鈴木茂の好感度が上がりました!

※夜時間に、菊名幸路との会話が出来るようになりました!
47 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 20:31:03.01 ID:4eMZxDPFO

※注意!
今チャプターでの自由行動では、幾つかの注意点が存在します
以下の組み合わせは選ぶ事が出来ないのでご了承ください

※昼の自由行動には『菊名幸路』を選ぶことは出来ません
※『坂東永太』を選ぶ際に『藤山戒』、『黒城奏』、『守矢藤右衛門』とは同時に選べません

誰と過ごしますか?
↓1

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 20:31:15.70 ID:IhDbAbuoo
クロエ 坂東
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 20:31:24.25 ID:RpF61gIcO
坂東、藤山
50 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 20:42:17.00 ID:4eMZxDPFO

――『理科室』――

坂東「あー…これはどうすんだ?」

クロエ「その薬品は熱に反応してガスを起こすわ。極力熱源から離しておいて」

坂東「はいよー」

クロエ「それと…この薬品は触れると皮膚が爛れるから、どこか安全な場所で処理場した方がいいわね」

坂東「……これか?」

クロエ「それじゃないわ。それは……」

坂東「あーー!!メンドクセーー!!」

クロエ「面倒がるのは勝手だけど、薬品を振り回さないでもらえるかしら?」

クロエ「その薬品は、過剰に振ると…」

坂東「うおっ!?」ぴたっ

クロエ「特に何も起こさないわ。それはただのビタミン剤ね」

坂東「ならそんなに凄むなよ!ビビっちまったじゃねーか!」

クロエ「ふふっ」

理科室ではしゃいでいたのは、坂東くんとクロエさん

普段の二人からは考えられないはしゃぎ様ですけど……

神名「あ、こんにちは」

坂東「おっ、神名!聞いてくれよ、クロエのヤツがヒデーんだぜ!」

クロエ「別に酷い事をしたつもりは無いのだけど?」



1:何をしていたんですか?
2:お二人とも、仲がいいんですね
3:自由安価
↓1

51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 20:45:39.09 ID:YPOrohU80
52 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 20:58:33.69 ID:4eMZxDPFO

神名「お二人とも、仲がいいんですね」

坂東「そうか?」

クロエ「そうかしら」

……あ、あれ?でも、何故か二人が普段より仲がよく見えたんですけど……

坂東「おっ、そういやクロエ、お前少し明るくなったな!」

坂東「普段のお前なら、もっとつっけんどんな態度だったのによ!」

神名「あ、そうです!そのせいです!」

クロエさんが前よりも笑っていたから、そう見えたんですね。でも、どうして…

クロエ「……あの裁判から、少し、心境の変化があったのよ」

神名「…………それって」

クロエさんと仲のよかった人。そして、もうこの世にはいない人……

その人が犠牲になって、クロエさんは……

神名「………ごめんなさい。辛かったですか?」

クロエ「…………そんな事ないわ。前にも言ったけど、私は武器商人だから」

クロエ「例えどんな人でも、どんな死に方をしても、何とも思わないから……」

神名「クロエさん…………」

坂東「……なあ、あんまし無茶すんなよ?」

坂東「なんてったってここには俺がいんだからな!お前一人の悩みくらいなんて何とかしてやっからよ!」

クロエ「…………気持ちだけ受け取っておくわ」

そうふいっと顔を背けたクロエさんが、少し嬉しそうな表情だったのは見間違いではありませんよね

…………射和さん。あなたの残したお願いは、クロエさんにも届いているみたいです


【INFO】
クロエの好感度が大きく上がりました!
坂東の好感度が上がりました!

53 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 20:59:54.46 ID:4eMZxDPFO
少し休憩します。続きは多分深夜かなと……
無ければ無いでまた連絡します
54 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 23:03:17.86 ID:6stJYHT+O

【クロエ  イベント1】

――『トラッシュルーム』――

神名「…………あっ、クロエさん」

クロエ「………………………………」

私の顔を見た途端に、露骨に顔を背けられてしまいました……

クロエ・ファウラーさんは、超高校級の武器商人として知られる方です

彼女の両親が運営している武器会社は、世界規模での活動をしているそうで……

世界の末端のテロ組織から、一国を守る軍や国防にも彼女の会社の顧客がいるとかなんとか

…………彼女の売った兵器で、幾つもの国が滅んだというのは有名なお話です

クロエ「…………あんまり人の顔をじろじろと見ないで欲しいのだけど?」

神名「あっ、すみません……」

クロエ「まったく……人の上に立つ人間のクセに、随分と無遠慮なのね」

神名「すみません……」

クロエ「………………………………」

そう言い残して、クロエさんは去っていきました

……いつかクロエさんとも仲良く話したいですね

55 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 23:04:35.11 ID:6stJYHT+O

※注意!
今チャプターでの自由行動では、幾つかの注意点が存在します
以下の組み合わせは選ぶ事が出来ないのでご了承ください

※昼の自由行動には『菊名幸路』を選ぶことは出来ません
※『坂東永太』を選ぶ際に『藤山戒』、『黒城奏』、『守矢藤右衛門』とは同時に選べません

誰と過ごしますか?(ラストです)
↓1

56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 23:05:29.74 ID:uOMGBwoDO
藤山 福島
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 23:07:27.58 ID:uOMGBwoDO
まだ昼の自由行動ですよね?
もし夜時間だったら菊名に変更で
58 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 23:19:53.85 ID:6stJYHT+O

>>57はい。まだ昼の自由時間です。安心してください
夜時間に入ってすぐに菊名と話すか選択肢を出しますので、そこで話すを選択していただければ…

――『フルーツパーラー』――

福島「パフェ、甘くて美味しいねー」

藤山「……おう」

福島「戒にーちゃんは甘いの嫌いー?」

藤山「んな事はねえよ……」

福島「…菊名くんの事、まだ許せない?」

藤山「……ああ、許せねえよ」

藤山「俺だって信じてえよ!だけどよ、あいつは俺達を影で裏切ってたんだ!」

藤山「そう簡単に許せるかよ……!じゃなきゃ、あいつらは、何の為に死んじまったってんだ……」

藤山「……くそっ、だりぃな…………」

福島「戒にーちゃんは、甘いの食べて落ち着こうねー」

藤山「アイスを突っ込むのは止めろ……頭痛が酷くなるだろ……」

神名「……藤山くん」

藤山「……千鶴ちゃんか、どうした?」

藤山「俺は、幾ら千鶴ちゃんの意見だとしても、菊名を許すなんて事は絶対にしねぇぜ」

福島「頑固だねー、かちこちだねー」



1:どうして、そこまで許せないんですか?
2:だからって、縛るのはやり過ぎでは?
3:自由安価
↓1
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 23:23:37.64 ID:C1+aZtDE0
60 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 23:32:47.51 ID:6stJYHT+O

神名「……どうして、そこまで許せないんですか?」

神名「菊名さんだって、私達の仲間じゃないですか!きっと、何か事情があるのかも……」

藤山「事情がありゃいいってモンじゃねえだろ!」

藤山「あいつのせいで何人死んだ!?このコロシアイで何人犠牲になったか思い出せよ!」

藤山「事情があって裏切ってたってんなら……あいつは保身の為に俺達を犠牲にしやがった最低のクソヤローだぜ!」

神名「藤山くん!そんな言い方は酷いです!」

福島「戒にーちゃんの言いたい事も解るけどさ!それこそ戒にーちゃんの独り善がりだよ!」

藤山「何だと!?」

神名「今の藤山くんは意固地になりすぎです!」

藤山「幾ら千鶴ちゃんでも、それ以上は俺だって怒るぜっ!」

福島「あーもう!止め止め止め!!」

福島「ケンカなんてダメダメダメ!二人ともパフェでも食べて頭と身体を冷やしましょー!」

藤山「…………くそっ」

神名「………………………………」

ぎこちない動きで口に運んだパフェは、どこかほろ苦い味がしました

この味が果物のものなのか、それとも私がそう感じているだけなのか……それは、今の私にはわかりませんでした


【INFO】
藤山、福島の好感度に変化はありませんでした
61 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 23:38:19.65 ID:6stJYHT+O




きーんこーん、かーんこーん




『えー、ただいまより夜時間に入ります!オマエラ、早く寝ろよー!』

神名「……夜時間、ですね」

鈴木くんが菊名さんに、話をしてくれる様説得してくれたのか……そして、それを菊名さんは受け入れてくれるのか

それは行ってみないとわかりません。もしかしたら、私の話を聞いてくれないかも……

でも、ここで立ち往生していても時間が過ぎていくだけです。


……どうしましょうか



1:菊名の元へ行く(目撃判定有)
2:今日は止める(ペナルティはありません)
↓1
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 23:38:32.88 ID:IhDbAbuoo
63 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/12(日) 23:39:52.38 ID:6stJYHT+O
安価を確認して、本日はここで終了します

いつもの事ですが、何かあるならばお気軽にどうぞ
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 23:45:05.70 ID:IhDbAbuoo
乙でした
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/12(日) 23:51:23.62 ID:uOMGBwoDO
66 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/15(水) 19:27:25.61 ID:W1vbZU4EO
再開します。来週には事件まで持っていきたいところですね
67 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/15(水) 19:29:14.74 ID:W1vbZU4EO

神名「……よし!」

少し気合いを入れて、扉を開きます

開いた先の景色はいつも通りのはずなのに、どこか私をゾクゾクさせます

きっと、今から菊名さんとのお話があるからでしょう。彼女は裏切者として、私達を裏切っていた……

……でも、本当にそうなのでしょうか?何かあるからこそ裏切者になったのかも……

なんて、私の願いを確かめにいくんです

そうして、廊下に出ると………………


唐突なコンマ遭遇判定
123:黒城さんに会いました
459:誰にも会いませんでした
789:福島さんに会いました
0:自由安価+特殊イベント
↓1
68 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/15(水) 19:36:58.75 ID:W1vbZU4EO
よく考えたらコンマなら自分で踏めばいいだけの話だった
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/15(水) 19:42:27.90 ID:dbe6eBfzo
更新来たか
70 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/15(水) 20:51:19.37 ID:W1vbZU4EO

――『菊名の部屋  前』――

神名「…………」

ここまで来るのに、誰にも会いませんでした…まあ、夜時間なら当然でしょうね

ほんの数分もかからないような、辿り着くまでに何時間もかけたような、そんな不思議な感覚です

……さて、鈴木くんの話通りならば、菊名さんとの会話が出来るはずですが

神名「あの、起きてますか?」

………………………………。

ノックをするのももどかしくて、つい声をかけてしまいました……そういえば部屋は防音でしたっけ……

神名「…こほん、起きてますか?」

少し咳払いをして、こんこんとノックをして少し待ってみる事にしました。

菊名「…………神名さん」

予想以上に早く出てきてくれましたね

神名「菊名さん。あの、その……」

菊名「…………入りなよ」

そうぽつりと呟いて、部屋に戻っていきました……

…………入って、いいんですよね?

71 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/15(水) 20:52:02.09 ID:W1vbZU4EO

――『菊名の部屋』――

菊名「…………適当に、座って」

神名「……ここが、菊名さんの部屋……?」

菊名さんに促される様に座って、部屋の中を確認します

そういえば、誰かの部屋に普通に入ったのはこれが初めてじゃありませんね。ほとんどが捜査の為でしたし……

小田切くんの部屋はきちんと整理されていて、糸長くんの部屋は荒らされていたけれど、お人形さんの愛が籠ってました

クロエさんの部屋は……それどころじゃなかったのでよく見ていませんでしたね

そう考えてみると……菊名さんの部屋は、とても殺風景で何もない部屋です

インテリアと呼べるものは、部屋の壁にかかっている掛け軸くらいですね

菊名「……す、鈴木くんから、聞いたよ」

菊名「お……僕が、どうして裏切っていたのか、知りたいって、さ」

神名「あはは、そうなんです。驚きましたか?」






神名「私は菊名さんと話がしたい。本当にそれだけなんですよ?」





72 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/15(水) 20:52:35.87 ID:W1vbZU4EO

菊名「………………………………」

神名「菊名さん、どうですか?ずっとこの部屋に居るのも疲れるでしょう?」

神名「もし良ければ…教えてください。私はあなたの味方ですよ?」






……少し無理矢理過ぎましたか、でもこのくらい押していかないと菊名さんの真意を知ることなんて出来ません!

菊名「……神名さんって、兄弟はいる?」

神名「いえ、確か私には姉と妹がいたんですけど……もう居ません」

菊名「…………ごめん」

神名「お気になさらず……菊名さんにはご兄弟は?」

菊名「うん、いるよ。お姉ちゃんが」

菊名「俺なんかよりも、よっぽど優秀で皆に必要とされるお姉ちゃんが…………」

神名「…もしかして、そのお姉さんが?」

菊名「……………………うん」
73 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/15(水) 20:53:24.15 ID:W1vbZU4EO

菊名「小さな時から、ずっとずっと俺を助けてくれた。弱い俺を守ってくれた」

菊名「お姉ちゃんは本当に凄いんだ。いつかは希望ヶ峰に入学するって言われてる位に才能に溢れた人……」

菊名「俺はお姉ちゃんの為なら何でも出来る。例え誰かを裏切っても、全てを捨ててでもお姉ちゃんに尽くしたい」

菊名「だから…………」

神名「菊名さん…………」

菊名「……ごめん。気持ち悪かったよね」

神名「いえ!そんな事はありませんよ」

神名「寧ろ……嬉しかったです。菊名さんが私欲で裏切った訳じゃなくて」

菊名さんには、素晴らしいお姉さんがいるんですね。それが彼女を裏切者に変えた理由……

…………よかった

神名「……でも、お姉さんではなくて菊名さんの方が早く希望ヶ峰学園に来たんですね」






菊名「…………いや、それが…………覚えていないんだ」

神名「…………え?覚えていない……?」


74 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/15(水) 20:54:11.57 ID:W1vbZU4EO

菊名「この学園に呼ばれたのは…俺もわからないんだ」

神名「わからない…?でも、菊名さんにも才能はありますよね?超高校級の……」

菊名「幸運。こんなの、貰っても嬉しくないよ……」

神名「そ、そうなんですか……」

何処と無くやさぐれてます……理不尽に巻き込まれた事にふてくされてるんですかね?

菊名「……ねえ、今度は神名さんのお話を聞かせてほしいな」

菊名「今日は楽しかったよ……。また神名さんとはお話したいな」

神名「勿論!喜んで!」

どうやら菊名さんは楽しんでもらえた様ですね。こっちもとっても嬉しいです!

神名「……それでは、今夜はこの位にしましょうか。お休みなさい」

菊名「うん、お休み…………」




菊名「……………………ごめん、ね」


【INFO】
菊名の好感度が上がりました!
菊名に?????が?????!

75 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/15(水) 20:54:53.20 ID:gs6jRvKQO
キリのいいところまで書いて、少し離れます
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/15(水) 20:56:59.44 ID:n6NoatSDO
一旦乙
77 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/15(水) 22:07:03.56 ID:W1vbZU4EO
すみません。本日は時間がとれなくなってしまったのでここまでです
明日はもう少し早めにやるので、よければどうぞ
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/15(水) 22:07:36.56 ID:dbe6eBfzo
了解
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/16(木) 12:07:09.50 ID:rYpAFbhDO
菊名のあれは死亡フラグなのか生存フラグなのか
それとももっと別な何かか
80 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/16(木) 19:39:45.87 ID:LWW3mz8MO
早いどころか少し遅れる始末。そんなこんなで再開します
81 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/02/16(木) 19:41:10.40 ID:LWW3mz8MO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

――『神名の部屋』――



『えー、本日の朝です!オマエラ早く起きろよー!』

神名「……ふぁ」

昨日は菊名さんとお話していて、随分と時間が経っていましたね……

でも、菊名さんとお話出来たのは大きな進歩と言えるでしょうね

神名「……後は、皆に菊名さんを認めて貰えればいいんですけどね」

菊名さんは、お姉さんの為に裏切っていた……その事を皆さんが知れば、解ってくれるでしょうか?



神名「……さて、行きましょうか」




82 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/16(木) 20:02:57.73 ID:LWW3mz8MO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

――『食堂』――


坂東「オイ、待てよ!テメーら本当にそんな事すんのか!?」

黒城「アタシは本気よ!この高ぶるハートは止められないんだから!」

藤山「………………………………」

守矢「守衛である小生としても、今回ばかりは黒城殿に同意致しますぞ」

坂東「守矢!」

神名「…?どうしたんですか?やけに騒がしいですが」

クロエ「アラ、今来たの?タイミングが悪かったわね」

神名「…………?」

藤山「……!おい!千鶴ちゃん!」

黒城「来たわね裏切者!出会え出会えー!」

神名「えっ?ちょっ……!」

食堂に入った出会い頭に、黒城さんに引きずられて連れていかれてしまいました…

って、裏切者?どういう事でしょうか?
83 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/16(木) 20:27:02.08 ID:LWW3mz8MO


黒城「神名を連れてきたわ!魔女裁判の開幕ね!」

藤山「んな物騒な事はしねーよ…今はな」

神名「あ、あのー…私は話がいまいち飲み込めていないのですけど…」

藤山「……千鶴ちゃん。昨日の夜、遅くに菊名のトコ行ってたんだろ?」

藤山「俺はそうは思ってねーんだけど、守矢と黒城のヤツが千鶴ちゃんも裏切者なんじゃねーかって……」

神名「なっ……!どうしてその事を……!」

守矢「ああ、その事ならば鈴木殿が普通に話しておりましたが」

鈴木「すまない!神名くんが上手くいったかどうか考えている内に、つい皆に話してしまった!」

福島「何やってるの!?」

鈴木「本当にすまない!うっかりしていた!」

藤山「……まあ、詳しい事は俺にもわかんねーよ。だけどよ、菊名は今疑われてる立場なんだぜ?」

神名「藤山くん…………」

藤山「だからよ、千鶴ちゃん……しばらくは、夜は俺達と行動しねぇか?」

藤山「俺は千鶴ちゃんを疑いたくねえんだ……頼むぜ」

私が菊名さんに話しかけに行ったから、私も裏切者だと思われている……?

でも、私は皆を裏切っていません。それは自信をもって言い切れます

だけど、私の行動のせいで菊名さんまで疑われているなら……どうすればいいのでしょうか…………?



1:菊名との会話を継続する
2:菊名との会話を断念する
↓1

84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/16(木) 20:27:32.19 ID:V3A7392io
85 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/16(木) 20:43:29.27 ID:LWW3mz8MO

神名「…………ごめんなさいっ!」

神名「私は……どうしても菊名さんとお話がしたいんです!」

藤山「なっ!?」

黒城「うわっ、アンタそっちの方の人間なの?アタシも引くわ……」

菊名さんは、今とても追い詰められています。何でもするという程に信頼している人の為に……

だから私達を裏切っていたんです。それを知っているのは私だけ……

その菊名さんの気持ちを、私は裏切る事なんて出来ないんです!

坂東「そうだぜ神名!よく言った!」

守矢「ですが、菊名殿が我々を裏切り続けているという事は、モノクマの命令で簡単に此方に牙を剥くという事ですぞ」

神名「……大丈夫ですよ」




神名「菊名さんが、私達を殺すなんてありませんから」



藤山「……そうかよ」

黒城「ふーん!どうなっても知らないんだから!」

守矢「小生は未だに警戒しておくとしましょう。もう誰も欠けさせない為にも…」

そう言い残して、三人は去っていきました……三人とも、おかしな事をしなければいいのですが……


【INFO】
藤山、黒城、守矢が、今chapterにて交流不可能になりました!

86 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/16(木) 20:46:21.59 ID:LWW3mz8MO
クロエ「全く……そろそろ暴走しだす頃ね」

福島「三人とも、菊名くんを殺さないといいんだけど……」

鈴木「すまない……僕のせいだ。本当に、すまない……」

……もう、たったこれだけしか居なくなってしまいました

でも、お話する事くらいなら出来ますかね


【自由行動 開始】残り2

※選べないメンバー
菊名、藤山、黒城、守矢
↓1誰と過ごしますか?(一人か二人)

87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/16(木) 20:48:01.07 ID:70YytnV90
鈴木
88 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/16(木) 21:06:52.78 ID:LWW3mz8MO

鈴木「すまないっ……!本当に、本当にすまない!」

鈴木「僕のせいだ……僕の軽率な発言のせいでこんなになってしまったんだ!」

鈴木「本当に、本当にすまない!」

神名「もう……そんなに謝らなくても…」

鈴木「いや!僕の気が済まないんだ!」

そう言いながら、深々と頭を下げている鈴木くん。三人が去っていってからずっとこんな調子です

鈴木「本当に、本当にすまない!」

さっきから、すまないしか話していません……

というか、どうしてよりにもよってあの三人の前で話したのでしょう……?

鈴木「この償いは必ずする!僕の才能にかけて、絶対にだ!」

神名「あっ……!鈴木くん!」

鈴木「それでは、失礼する!」

そう言い残して、鈴木くんはどこかへ去っていってしまいました……

…………大丈夫、ですよね?


【INFO】
鈴木の好感度に変化はありませんでした
89 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/16(木) 21:07:46.87 ID:LWW3mz8MO

【自由行動 開始】最後です

↓1誰と過ごしますか?(一人か二人)

90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/16(木) 21:08:09.10 ID:dTcQgZvWO
福島、鈴木
91 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/16(木) 21:11:45.09 ID:LWW3mz8MO
安価を確認して、本日は終了します
とんでもなく少ないですが、お付きあいありがとうございました

そろそろ佳境なのでスピードアップしたいものですが、なかなかままならないものです
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/16(木) 21:14:30.99 ID:V3A7392io
乙です
93 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 19:41:34.40 ID:0m7zxSy2O
最近、自分の私生活が忙しいので更新頻度が下がるかと思われます
なので、今日は少し巻いて事件発生まで持っていけたらいいな、と思います
再開します。安価は少し後なのでゆっくりとお待ちください……
94 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 19:42:17.44 ID:0m7zxSy2O

福島「ねぇ!茂にーちゃんは本当に大丈夫なの!?」

福島「ここら辺でいっぺん落ち着いてみよう!ほら深呼吸、深呼吸…」

鈴木「吸って……吐いて、吸って……」

鈴木「はぁ、はぁ……すまない、どうやら僕は取り乱してしまっていたようだ……」

神名「鈴木くん、大丈夫ですか?」

鈴木「ああ、なんとかな……しかし、どうすればいいのやら……」

鈴木「菊名くんと会話が出来るのは神名くんくらいだ、僕たちはどうすればいいんだ……?」

福島「なら、茂にーちゃんも菊名くんとお話してきたらいいんじゃないかな?」

神名「あ、そうですよ!私だけよりも鈴木くんも居た方が、菊名さんも嬉しいでしょうし」

福島「そうそう!皆でお話するのは楽しいよ!きっと!」

鈴木「そうだな……うん!前向きに検討しておこう!」

鈴木「さっそくどんな話をするか考えないとな!僕は……」

福島「かなたはねー……」


鈴木くん、福島さんと、菊名さんと話す話題について話しあいました……


いつか四人で何処かに行く。そんな事も出来たらいいですね

【INFO】
鈴木、福島の好感度が上がりました!
95 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 19:43:08.38 ID:0m7zxSy2O

《鈴木 茂イベント No.2》

鈴木「……む?僕がどうして、超高校級の学級委員となったか、だって?」

鈴木「そうだな、僕は、皆と違って何か特別な活動をしていたつもりも実績も無いんだが……」

鈴木「強いて言うなら、僕の通っていた高校の偏差値を倍にしたり、学校のクラス行事を新聞に載せたりした事か?」

鈴木「まあそんな物だ!大した事ではないと思うぞ!」

神名「は、ははは…十分大した事ですよ」

鈴木「そうだろうか?偏差値の高い高校のなんて幾らでもある。それにクラスの行事が新聞に載るなんてしょっちゅうだろう」

神名「……因みに、鈴木くんはどこの高校の出身なんですか?」

鈴木「『国立――高校』だぞ!」

……確か、その高校って毎年有名な人を輩出する超名門高校ですよね。もしかして鈴木くんってエリート?

神名「超名門高校じゃないですか!鈴木くんって凄い人なんですね……」

鈴木「そんな事は無い、僕はただ、皆を引っ張ってきただけだからな!」

鈴木「それに、僕のクラスは至って普通だった。きっと彼らが必死に努力したからだろうな!」

神名「そうなんですか?」

鈴木「ああ!」

自信たっぷりに頷く鈴木くん。彼が超高校級の学級委員なのかがわかった気がします


96 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 19:43:44.82 ID:0m7zxSy2O

《福島 かなたイベント No.2》

福島「ねーねー!千鶴ねーちゃん!このお洋服可愛いよね!?」

神名「はい、とっても可愛いですよ」

福島「ならならー!このアクセサリにこのお人形はどう思う!?」

神名「凄い可愛いです!」

福島「じゃあじゃあ!このお洋服にこのアクセサリのコーデはどうかな!?」

福島「じゃーん!可愛いでしょ!」

神名「はい!スッゴく、凄いです!」

今、私と福島さんは、ブティックでお洋服を物色しています

意外なのは、いつも子供っぽい福島さんが意欲的にアクセサリを探している事。興味ないと思ったんですけどね

福島「あ!今かなたらしくないなーって顔してた!」

福島「かなただって可愛いもの好きだもんね!腹話術するお人形も可愛いのがいいもん!」

神名「あはは、すみませんね」

福島「いつか皆と一緒にこういう事したいね…って、来てくれる人はいるかな?」

神名「黒城さん、黒崎さんはは好きそうですよね。夜桜さんとクロエさんは余り興味無さそうですけど……」

福島「柚希ねーちゃんはどうなんだろ。いっつも覆面つけてるからオシャレ好きなのかわかんないや」

神名「そうですね!だから、皆で頑張りましょう!」

福島「おー!」

二人で手を繋いで、誓います。いつか、皆と何処かへ遊びに行く事を……


97 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 19:44:38.53 ID:0m7zxSy2O

『えー、オマエラ、夜時間に入る前に、ボクのありがたーいお話を寝る前に聞きたいんだって?』

『そんなオマエラのリクエストにお応えして、特別に動機を追加します!追い動機ってヤツだね!』

『そういう事なので……オマエラ!体育館に集合しやがれー!』


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

――『体育館』――

菊名「…………」

モノクマ「はい!しっかりと揃っているみたいだね!」

坂東「いいからとっとと言いやがれ!何が追加の動機だって!?」

モノクマ「まあまあ……これはオマエラにとっては相当なチャンスなんだよ?特に藤山くん達には、ね」

藤山「俺達にとってのチャンスだあ?」

黒城「何よソレ!早く言いなさいよ!」

モノクマ「はいはい!それではここに発表しまーす!」







モノクマ「姑息な裏切者こと”菊名幸路”クンを殺害した場合……学級裁判を行わず、そのまま学園を出ていって貰います!」





98 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 19:45:14.53 ID:0m7zxSy2O

神名「…………は?」

坂東「な、なんだよそれ……つまり、どういう事だよ?」

クロエ「菊名を殺害した場合、殺害したクロはノーリスクでこの学園から出ていける……そう言う事よ」

鈴木「ま、待て待て……そんな都合のいい事ある訳が……」



モノクマ「はい!当然オシオキもありません!これはオマエラにとってのボーナスステージなんだよ!」

モノクマ「さあ!学級裁判やオシオで日和ってたオマエラ!これで心置きなく殺し合えるよね!」




藤山「なっ……マジかよ……!」

福島「嘘…………」

守矢「これは……確かにチャンスと呼べるやもしれませぬな」

坂東「守矢!テメェ、タダで出られるから菊名をブッ殺していいってのか!?」

神名「そうですよ!菊名さんだって私達の仲間なんです!」

モノクマ「……あれ?もしかして、まだ足りないパターン?」

モノクマ「やれやれ……最近の子供たちは本当に強欲なんだから……そんな所も好きだけどね」

モノクマ「それじゃあリクエストにお応えして、もう1つプレゼントをあげちゃいましょう!」



モノクマ「菊名クンさえ殺せたら……このコロシアイは終了!オマエラ全員外の世界へ出ていって貰いまーす!」

99 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 19:46:09.98 ID:0m7zxSy2O



神名「な、な、なんですか、それ……!」

モノクマ「んー、ボクとしてもそろそろ頃合いかなーって思ってさ。キリがいいでしょ?」

神名「そんなの……!それなら、今までのコロシアイの犠牲者の人は、何の為に死んでいったんですか!?」

モノクマ「意味なんて無いよ?だって、コロシアイってそういうものだし」

モノクマ「まあ事故に合ったとでも思えばいいんじゃない?轢き逃げみたいなもんだよ」

神名「そんな……!なら、クロになった人達は、殺す必要なんて無かったんじゃ…」

モノクマ「そうだね!無いね!」

モノクマ「いやぁバカだよねぇ!ここまで我慢していれば、夢の全員脱出も目前だったのにね!」

モノクマ「あっ全員じゃなかったね!菊名クンだけは、どうしてもここで死ぬ運命だもんね!」

モノクマ「でもまあいいじゃん!菊名クンは裏切者だから、殺すのに罪悪感なんて無いでしょ?」

モノクマ「さあオマエラ!邪悪な裏切者に正義の鉄槌を喰らわせてやれー!」

そう高らかに宣言したモノクマさんは、いつものようにぴょーんと飛び去ってしまいました……

神名「……………………」

菊名さんを殺せば、皆と一緒にここから出ていける……だけど、そんな事……
100 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 19:46:46.86 ID:0m7zxSy2O

守矢「菊名殿を殺害すれば……小生らはここから出られるのですな?」

黒城「ならもう決まりじゃない!誰でもいいから誰かコイツを殺しなさいよ!」

坂東「ま……待てよ……!仲間を殺すなんて事、やれる訳が……」

藤山「流石に殺せってのはキツいぜ……」

クロエ「だけど、ここで誰かが菊名を殺せば私達が殺される犠牲を最小限に留める事が出来るわ」

鈴木「しかし…………」

福島「やっぱり、殺すなんて……!」

菊名「…………………………………………」

菊名「……いいよ。殺しても」

神名「…………えっ?」

菊名「俺を殺して…………それで皆が助かるんだったら、そうした方がいい」

菊名「だから安心してよ。部屋の鍵、開けておくから」

神名「まっ、待ってください!」

必死に叫んだ私の声を無視して、菊名さんは体育館から出ていってしまいました

坂東「な、なあ!もう夜遅ぇし、今日は休もうぜ?な!」

守矢「確かに、ここは一度頭を冷やした方がよろしいかと」

黒城「あ!誰がアイツを殺すかも考えておきなさいよ!」

鈴木「……それでは、今日は解散!皆も妙な事を考えるんじゃないぞ!」

鈴木「…………今日は菊名くんに会いに行くのは止めた方がいい。下手な行動をすると何がおきるか……」

神名「……はい」

こうして、今日という一日は過ぎていきました。私達の間に、あまりにも大きな確執を残して…………


【INFO】
今chapterにおいて、菊名幸路との接触が不可能になりました
101 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 19:47:38.16 ID:0m7zxSy2O









そうして、今日という過去は終わり、今日という名の明日が始まります

だけど、その時、私はなんの予感もしていませんでした

誰かが菊名さんを殺せば出られる。そんな簡単にコロシアイが終わるわけ無いんだって…………








102 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 19:48:17.26 ID:0m7zxSy2O

『えー、オマエラ朝です!早く起きろよー!』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




――『食堂』――

鈴木「率直に話そう、昨日の件についてだが……」

坂東「誰も殺してない、よな?」

クロエ「菊名を除く私達全員がここにいるという事は……まだ、菊名は殺されていないと言えるわ」

黒城「あーもう!アタシは早くこんな場所から出ていきたいわ!」

守矢「しかし、手段が手段です。流石に誰かに人殺しを強要するのは……」

藤山「クソッ、胸糞悪ぃ……」

福島「……………………………………」

いつもの様に食堂にいくと、食堂には、既に全員が揃っていました

……菊名さんを除いて、ですが



103 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 19:50:12.50 ID:0m7zxSy2O

鈴木「しかし、このままではマズいぞ。菊名くんだけを露骨に狙い打つ様な動機だからな……」

坂東「オマケに、菊名さえ殺せば俺達は出ていけるんだろ?幾らなんでもんな事出来ねーよ……」

藤山「幾ら菊名が裏切っていたからって殺しちまうのは……」

鈴木「そうだな……絶対に、皆にそんな事はさせないからな!」

黒城「えー?早くお家に帰りたーい」

福島「どうして今そのタイミングで言うの?奏さんはもっと空気を読もうね?」

守矢「寄宿舎まではすぐですぞ?」

黒城「あれ?なんかアタシだけすっごく他人行儀過ぎない!?」

クロエ「何にせよ、菊名についての問題は山積みね。私達側からではどうしようも無いと思うのだけど」

鈴木「そうだな……今日はもう解散して、各自どうすればいいか考えるとしよう」


そうして散らばっていった皆を見て、私はどうすればいいのか考えます

でも、どうしても私には誰かとお話する事しか出来ないのです。ならやる事はもう1つですね

せめて、皆とお話しして……支えになってあげる事です!


誰と話そうか……?(二人選択)
↓1(選べないのは菊名のみです)
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/19(日) 19:50:29.95 ID:PqTJe0PDO
坂東 黒城
105 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 20:20:36.63 ID:0m7zxSy2O

坂東「……オイ」

黒城「何よいきなり!アタシに何か用かしら?」

黒城「あ、そうだ!アンタが菊名を殺しなさいよ!番長なんでしょ?社会の底辺なんでしょ?」

黒城「だったら!ここでアンタがアイツを殺せばみーんなハッピーになるわ!それにアンタって腕力……」

ばんっ!

黒城「………………へ?」

坂東「いい加減にしろよ……!どうして、テメェはそんなに自分勝手なんだよ…!」

坂東「どうして!菊名の気持ちも考えてやらねえで!自分の事しか考えてないんだよっ!」

黒城「ぶ、ぶったわね……!誰に触られた事も無いのに……!」

黒城「このチビ!バーカ!」

坂東「なんだとぉ!?」

神名「や、止めてください!」

取っ組み合いのケンカになりそうな二人の間に、慌てて割って入ります

坂東くんの力なら、黒城さんを殺すことは容易いはず……もし、意図的でなくとも万が一、です

坂東「神名!俺は腑抜けたそいつに喝を入れなきゃならねえんだよ!」

黒城「ばーかばーか!何が喝よ!カツアゲ上等の底辺のクセに!」

坂東「……俺は!もう迷わねえ!外のアイツらを引っ張っていく為に、ここで絶対に仲間を殺させねえ!」

坂東「だからよ……テメェのその菊名さえ殺せばいいって考えは許さねぇ!菊名も俺たちの仲間だ!」

神名「坂東くん……」

神名「…………そうです。菊名さんは確かに裏切っていました。でも、だからずっと許さないなんて酷いです」

神名「私は、菊名さんを許します。それが仲間なんですから……!」

黒城「………………………………」

黒城さんは、目を見開いて固まっています。この言葉、届いたでしょうか……?


106 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 20:21:12.06 ID:0m7zxSy2O

黒城「あ…アタシだって考えてるわよ!」
黒城「き、菊名が死んだって……アタシの降霊術なら、きっと大丈夫だし……」

黒城「そうよ……!アタシは悪くない!悪いのはアンタ達よ!アタシの才能を信じてくれないアンタ達が!」

黒城「アンタ達は……アタシを全く信じてくれないじゃない!裏切者の菊名は信じるクセにぃぃぃぃ……!!」

神名「黒城、さん……」

黒城「黒崎の時だって……!アタシの降霊術なら黒崎を喚ぶ事だって出来た!でも誰も赦してくれなかった!」

黒城「アタシがおかしいって……!あ、アタシの頑張りを無駄にして……!」

黒城「そんな奴らの言う事なんて、信じる訳ないじゃない!アタシはアタシだけが信じているんだから!」

坂東「黒城…………」

黒城「…………なによ!寄って集ってアタシを苛めるのがそんなに楽しいの!?」

黒城「誰が何を言おうと……アタシは!絶対に悪くないんだからっ!」

ぎゅっ

黒城「…………へっ?」

神名「………………………………」

必死に泣きわめく黒城さんは、とても幼く見えました。まるで子供が構って欲しいから泣いているような……

黒城さんに何があったのかは知りませんけど、今は、こうする事が最善だと感じました

黒城「………………………………」

黒城「……う、うぅ…………うぅう……!」

坂東「黒城……手を出しちまって悪かったな」

坂東「だから泣き止んでくれよ?オメーが泣いてるのは似合わねえ」

黒城「そうね!」

坂東「いや早すぎんだろ!」

黒城「あースッキリした!じゃあね!」

坂東「何だったんだ……あいつは…………」

神名「さあ…………?」

ぴょんぴょんと、跳ねるように何処かへ去っていく黒城さん。それを呆然としながら見ている私達…………

………何やっているんだろう………………


【INFO】
黒城、坂東の好感度が上がりました!
107 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 21:06:15.74 ID:0m7zxSy2O

《坂東 永太  イベントNo.2》


坂東「そういやさ、神名って友人どん位いるんだ?」

神名「へ?友人、ですか?」

坂東「おう!神名って、普段どんな奴らと一緒につるんでるんだろうなって思ってよ」

うーん……私は一応高校一年生ですけど、ほとんど学校に通っていなかったんですよね……

単位の取得の為に通ってる様な状態でしたし、だから親しい人も……

神名「…………すみません。私って友達がいないんですよね」

坂東「はぁ!?ダチがいねーって、それどういう事だよ!?」

神名「それは………………」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

坂東「なるほどな……なんつーか、苦しくねえか?一人はよ」

神名「そうですか?私にはよくわからないです」

坂東「……おし!なら俺が神名の友人一号だな!」

坂東「これなら神名も一人じゃねえ!何かあったら頼れよな!」

神名「あ、ありがとうございます!」

坂東「なあ、その敬語は何とかなんねーのか?堅苦しいぜ」

神名「……すみません。癖でして……」

坂東くんが、初めての友人……なんだか、少しくすぐったいけど心地がいいです

いつか、皆とも友達になれるといいですね……!


108 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 21:06:42.92 ID:0m7zxSy2O

《黒城 奏  イベントNo.2》



黒城「そういや、アンタの名前ってなんだっけ?」

黒城「いっつも神名って呼んでると名前の方が思い出せなくなるのよねー」

神名「あ、千鶴ですよ。神名千鶴です」

黒城「へー、なんかダサいわね」

…………いきなり酷い事を言われました。自分の名前だから好きなんですけどね

神名「…………黒城さんは、黒城奏ですよね。可愛い名前です」

黒城「ハァ!?アンタ何言ってんの!?」

黒城「こんな何処にでもいそうな名前のどこがいいのよ!もっとカッコいい名前が良かったわ!」

神名「えーと、例えば……?」

黒城「そうね……こんなのはどうかしら!?」

そういって黒城さんが出してきた名前はどれも読めませんでした。どの名前も当て字を使いすぎです……

神名「あの、さすがにその名前よりは今の名前がいいと思います」

神名「素敵な名前ですよ。奏さん」

黒城「あー!止めてー!アタシをその名前で呼ばないでー!」

そういうと、頭を抑えながらふらふらと何処かへいってしまいました

……私は可愛い、綺麗な名前だと思うんですけどね

109 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 21:09:09.42 ID:0m7zxSy2O

そうして、疲れた身体をひきずって夜時間を迎えて……

事件は、早朝におきました

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぴーんぽーん

ぴーんぽーん、ぴーんぽーん

ぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽん!

神名「な、何ですか!?」

いきなり鳴らされた大量のチャイム。私は驚いて飛び起きてしまいました

ぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽん!

神名「ま、待ってください!」

私、寝坊しちゃったでしょうか……って、まだ早朝じゃないですか!

なんでこんな朝の早い時間に、こんなにチャイムが鳴らされるんですか!?

神名「誰ですか!こんな朝早くに……!」

少し不機嫌になりながら、ドアを開けてみると……

黒城「あっ!やーっと出てきたわ!」

藤山「千鶴ちゃん悪ぃ!だけどよ、んな事言ってる場合じゃねえんだ!こいつは緊急事態だぜ!」

守矢「失礼!唐突ではありますが、少し捜査させて貰いますぞ!」

どかどかと部屋に入り込んで来た三人。私には何が何だかわかりませんでした。けど……

神名「か、勝手に…!私の部屋を漁らないでくださーい!」

藤山「あっ悪い」

110 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 21:10:29.53 ID:0m7zxSy2O

藤山「って!んな事してる場合じゃねえんだ!」

黒城「わーにんぐ!わーにんぐなの!」

神名「あの……三人とも、どうしたんですか?話がよくわからないんですけど……」

守矢「そうです!大変でありますぞ!」






守矢「菊名殿が……消えていたのです!」







神名「………………えっ!?」

菊名さんが…………消えた!? って…………

神名「な、何でそれを皆さんが知っているんですか!?」

守矢「その話はまた後でしましょう!今は菊名殿の発見が先決です!」

黒城「あ!他のヤツらも叩き起こした方がいいんじゃないかしら!」

藤山「叩き起こすなよ!俺も付いていくから普通に呼んでこい!」

神名「わ、私達はどうしましょう?」

守矢「……取りあえずは他の方々の集合を待ちましょう。人手はあるに越した事は無いのですからな」


111 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 21:11:11.62 ID:0m7zxSy2O

黒城「おーい!おーい!おーい!!!」

藤山「いや、普通にノックしろよ!」

坂東「うるせええええええ!!今何時だと思ってやがんだオラァ!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

黒城「」ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン!!

藤山「叩きすぎだろ!」

鈴木「な、何かね一体!?事件か?事件なのか!?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

黒城「おら!早く起きなさいよ!」ガンガン!

藤山「いきなり蹴飛ばすなよ!?」

クロエ「……何?とうとう頭でもおかしくなったのかしら?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

黒城「」ぴんぽーん

藤山「最初っからそうしろよ……」

黒城「……ってあれ?出てこないわよ?」

鈴木「福島くんか……寝ているんじゃないか?まだ朝も早いしな」

坂東「てかなんなんだよいきなり!バカデケェ声で叩き起こしやがって!」

神名「あ、そうなんです!菊名さんが、消えてしまったんです!」

鈴木「………………は?消えた………………?」

坂東「な、なんだと……!?」

藤山「ああ、詳しい話は今は言えねえけどよ、消えちまったのは確かだぜ」

黒城「一階はくまなく全部探したわ!主に藤山が!」

クロエ「それ、本当にしっかり捜査出来てるの?」

守矢「……とにかく、皆様にもご協力願いたいのです。ブザーを渡しておきます故見つけ次第鳴らしていただければ」

鈴木「なら、僕は四階、神名くんと坂東くんとクロエくんが三階を……」

鈴木「黒城くんと藤山くんは二階を!守矢くんは何処にいても行けるように待機しておいてくれ!」
112 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 21:12:57.27 ID:0m7zxSy2O

そうして散らばった私達ですけど……

神名「ダメです!何処にもいません……」

坂東「資料室にフルーツパーラーもダメか……トレーニングルームにも居なかったしな……」

クロエ「全く……人騒がせな奴。こんなに探してもいないなんて」

全く見当たりません。菊名さんは何処へ消えてしまったのか……

それをもう一度、よく考えようとして……



ジリリリリリ!ジリリリリリ!



クロエ「?なに?この音は……」

坂東「こ、これってよ……!」

神名「はい!クロエさんは知らなくて無理も無いですけど……これは、守矢くんのブザーです!」

坂東「これ…四階から鳴ってねーか!?」

神名「四階って事は、確か……鈴木くんですね!」

クロエ「……とにかく急ぎましょう。鈴木が菊名を見つけたのかしら?」

神名「それはまだわかりませんけど…行ってみましょう!」

鈴木くんが菊名さんを見つけたのでしょうか!?早く行って確かめてみないといけませんね……!

113 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 21:13:30.43 ID:0m7zxSy2O

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

――『生物室  前』――

鈴木「み、皆!来てくれ!」

神名「鈴木くん!どうしたんですか!」

坂東「オイ、何で生物室の前にいんだよ!早く入ろうぜ!」

クロエ「……いや、これ、鍵がかかっているわよ?」

生物室の扉をよく見ると、南京錠がかけられています。こんな鍵、守矢くんと探索した時には無かったのに……

鈴木「うむ、僕もこの鍵が不審に思ってな。皆を呼ぶことにしたんだ……」

守矢「どうしました!?菊名殿は見つかりましたか!?」

黒城「やっと見つけたのね!はやく!はやくぅ!」

藤山「ん?どうしたんだよ?早く入らねえと……」

鈴木「それが……鍵がかかっているんだ。藤山くん、この鍵の解錠を頼めないだろうか?」

藤山「おっしゃ!任しとけ!」

藤山くんが手際よく工具を使って、いとも容易く鍵を開けてしまいました

藤山「よし!お前ら入るぜ!準備はいいな!」

勢いよく扉を開けて、全員で部屋の中に雪崩れ込みました



114 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 21:14:03.97 ID:0m7zxSy2O






【ごうん。ごうんとうるさいくらいに換気扇の廻る生物室。そこに、私達の探していた人はいました。】



【……いいや、その人だけじゃありませんね。もう一人、ここにいない人も、生物室の床に横たわっていました。】



【そこに倒れ伏していたのは……私達の探していた人。超高校級の幸運にして、私達を裏切っていた菊名幸路さん】



【そして、もう一人……この場にいない、私達と会わなかった……コロシアイを自分なりに止めようとしていた……】



【超高校級の腹話術師、福島かなたさんも倒れていました。】



ぴーんぽーんぱーんぽーん!


『死体が発見されました!一定の自由時間の後、学級裁判を行いまーす!』








115 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 21:14:37.29 ID:0m7zxSy2O









【CHAPTER4】
  涙知らずのロスチャイルド  非日常編










116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/19(日) 21:14:54.19 ID:E9/XlJbC0
福島さん……
117 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/02/19(日) 21:17:28.16 ID:0m7zxSy2O
本日はここまで。お付きあいありがとうございした
福島さんと菊名くん、勘のいい人なら被害者がどっちかはわかる、はずです
それでは暫く捜査編と裁判編を書き溜めますが、少し忙しいので結構遅くなるかもです

前スレでちょこちょこリクエストを消化したり、没設定や裏設定を公開していくつもりなので、良ければどうぞ
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/19(日) 21:23:52.19 ID:PqTJe0PDO
乙でした
状況からいって菊名は死んでないっぽいな
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/19(日) 21:55:19.55 ID:rR3zFDU50
菊名が脱落した場合、モノクマはどんな手を用意してたのか…
120 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/02/26(日) 17:55:33.26 ID:3qQGg+whO
ただいま絶賛スランプ中……エタらない為に速度をあげているのにこの体たらく
なので、今回の捜査は相当簡略化します。まだほとんど手付かず状態なので……
また何かあれば連絡します
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/27(月) 00:11:01.61 ID:VRFA9HjNo
待ってます
122 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/04(土) 23:24:34.24 ID:GXDbc/TbO


守矢「なん…………ですと……?」

鈴木「な……なんで、どうして…………」

坂東「どうして…福島がこんな所にいるんだよ!?」

藤山「い、いや!それよりもよ……!」

黒城「死んでるのはどっちなの!?福島なの!?それとも菊名なの!?」

クロエ「……さっき、アナウンスが鳴ったわよね?いつも通りのアナウンスが」

クロエ「……菊名が死んだ場合、学級裁判を行わずに脱出出来ると言っていた」

クロエ「つまり、この二人の中で死んでいるのは…………」

モノクマ「うぷぷぷ…うぷぷぷぷぷ…!」

モノクマ「はーい!オマエラも何となくは察してくれているみたいだね!」

モノクマ「今回の被害者は……『超高校級の腹話術師』である、福島かなたさんなのでーす!」

守矢「くっ……!」

黒城「じゃ、じゃあ……まだ続くの?またアレをやるの!?」

モノクマ「モチのロンだよ!」

神名「………………………………」

福島かなたさん。最初の事件では小田切くんの死体を弄ぶ非道な人だと思っていました。

でも、その本心は小田切くんの死を忘れさせない為の、福島さんなりに考えていた、善意でした。

そして、私達と、いつか一緒に何処かへ行こうと約束してくれた人……

もう彼女との約束は守れません。けど……

この事件の真相を解く事……それが彼女への手向けとなる事を信じます……

それが、誰よりも笑顔を求めていた彼女への、最後に出来ることですから……

123 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/04(土) 23:25:07.13 ID:GXDbc/TbO

【捜査  開始!】

モノクマ「はい!これが今回のモノクマファイルだよ!」

藤山「えーと、被害者と……」

藤山「って!被害者しか書いてねぇじゃねえか!役に立たねえな!」

クロエ「別に今回はモノクマファイルなんて要らないわ。そこにいる菊名に話を聞けばいいのだし」

黒城「あ!そうね!ここにいるって事は何か知ってるって事よ!」

モノクマ「そうそう、言い忘れてたけど今回の学級裁判に菊名くんは参加させないよ?」

黒城「へっ?」

坂東「あぁ!?何でだよ!学級裁判は全員強制参加のハズだろうがオラぁ!」

モノクマ「いやいや、それはあくまでもオマエラの場合は、でしょ?」

モノクマ「菊名クンはボク側の人間だから、そんなルール関係無いもんねー!」

坂東「あっ!オイ待て!」

クロエ「…仕方無いわ。菊名から話を聞くのが一番確実なのだけれど……」

クロエ「無い物ねだりも出来ないなら、いつも通り地道に証拠を集めるしか無いわね」

神名「いつもよりも情報が少ない……これは普段よりも証拠が重要になるかもしれませんね」



INFO:コトダマを入手しました
【モノクマファイル5】
 被害者は超高校級の腹話術師 福島かなた
 死体発見現場は4階の生物室

124 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/04(土) 23:25:51.83 ID:GXDbc/TbO

黒城「ねぇねぇ!これって何かしら?」

藤山「ああ、そりゃ酸素ボンベだな。ここは生物室なんだしよ、別にあってもおかしくねぇ」

黒城「でもこれ、海の中に行く時に背中に背負うヤツよね?」

鈴木「同じ酸素ボンベだからと一纏めにしたんじゃないか?…ここにはプールも無いしな」

黒城「でも一つしかないじゃない!」

坂東「知らねーよ!モノクマにでも聞けばいいだろ!」

黒城さんと藤山くん達が、壁に並ぶように取り付けられている酸素ボンベを調べています。

確かに、初めて捜査した時にもありましたね。これは特に怪しいものでは無いと思いますが……

……何故か、気になる様な……?


INFO:コトダマを入手しました
【酸素ボンベ】
 シュノーケル等に使用されるボンベ。これで生命の維持を図れる
 一つしか無いものの、この学園には使える機会が存在しない為にあまり問題は無いだろう

125 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/04(土) 23:26:26.55 ID:GXDbc/TbO

坂東「おい!ちょっと誰か来てくれ!」

藤山「なんだなんだ。どうした?」

坂東「なんかよ、水槽の裏になんかあんだけどよ……」

守矢「どれ……?これは、七輪ですかな」

坂東「けど濡れてるぜ?これじゃあ使い物にならねえよな」

藤山「水槽の裏なんかに置くからだぜ…誰が置いたかは知らねえけどよ」


INFO:コトダマを入手しました
【濡れた七輪】
 水槽の裏に隠されてあった
 燃料である練炭はあるものの、濡れているので使用不可能


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


クロエ「……終わったわ」

神名「どうですか?何か手がかりは……」

クロエ「残念だけど……福島に外傷は見当たらなかった。これじゃあ凶器の見当はつけられない」

クロエ「だけど、これで死因は絞れる。身体に痕跡の残らない殺され方……」

神名「毒殺……ですか?」

クロエ「そうね。それが一番可能性としてはあり得るわ」


INFO:コトダマを入手しました
【クロエの証言】
 福島に目立つような外傷はなく、毒殺の可能性が最も高い

126 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/04(土) 23:28:23.77 ID:GXDbc/TbO

クロエ「そうそう、福島はこんなモノを持っていたわ。明らかに事件に関与していそうなモノをね」

神名「……?モノクマ睡眠薬?」

クロエ「ええ、本来は理科室にあったのだけど……」

坂東「それなら俺が保証するぜ!一緒に薬の仕分けをしてたしな!」

クロエ「ほら。しっかり調べなさい」

神名「はい、えーっと……」

モノクマ睡眠薬……『全部で五袋入っているよ!一袋でもぐっすり!ぜーんぶ飲むと眠るように殺せるぞ!』

神名「これは……」

クロエ「見ての通り睡眠薬よ。恐らく福島はこれで中毒死したと予想するわ」

箱を振ると、かさかさと音がします。フタを開けて中身を取り出すと、四つの残骸が出てきました


INFO:コトダマを入手しました
【モノクマ睡眠薬】
 全部で五袋入りの睡眠薬。全て飲むと中毒死してしまう
 箱の中には、四つの使用済みの残骸が残っていた

127 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/04(土) 23:29:09.81 ID:GXDbc/TbO

神名「……そう言えば、どうして皆さんは菊名さんが居なくなっていた事に気づいていたのですか?」

神名「そして……どうして、あんな早くに私の部屋に来たのですか?」

藤山「あー、そういや千鶴ちゃんにはまだ言ってなかったっけか?」

藤山「俺達は、菊名を見張る為に、夜中に菊名の部屋へ行ったんだ」

守矢「その時は、神名殿はいるかと聞かれたのですが……」

黒城「いないって答えたわ!鍵は閉まってたし、連れ出そうとしたけど夜中だし怪しまれたくないから……」

神名「それで、早朝に変更したと……」

守矢「はい。ですがその時には既に……」

藤山「それで、普段から話していた千鶴ちゃんのトコに行ったと思ったんだ」

……ということは、藤山くん。守矢くん。黒城さんにはアリバイがありますね。夜中に一緒に行動していますし

だけど……そうすると、菊名さんが消えたタイミングはいつになるんでしょうか?



INFO:コトダマを入手しました
【藤山達の証言】
 藤山、守矢、黒城の三人は、夜中に菊名の元を訪れていた
 その時には、扉越しに菊名がいた事を確認している

INFO:コトダマを入手しました
【消えたタイミング】
 菊名が消えたタイミングは、夜中から早朝にかけての極僅かな時間と思われる
128 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/04(土) 23:29:38.35 ID:GXDbc/TbO

黒城「あっそうだ!そう言えば夜中に一度停電があったわよね!?」

守矢「ああ……そういえば……」

神名「停電……?」

藤山「ああ、つっても電気が消えていたのはほんの数分だけどな」

黒城「でもそのせいでエアコンが動かなくなっちゃったじゃない!」

守矢「良いではないですか。すぐにつけ直せたのですし…」

モノクマ「えー、それについてはボクからお答えしましょう!」

モノクマ「あの停電はボクの不備でね。本当は毎日してる点検の為に一時切ってあったんだよ」

モノクマ「点検は夜中にやるし点検中は別の電力を使ってたんだけど…その電力も故障してたんだ」

モノクマ「……まあ割りと頻繁に壊れてたんだけどね。誰も指摘しなかったから言わなかったんだよ、ホントだよ!」

藤山「本当かよ。俺に言やあ直してやったのによ」

モノクマ「そう簡単に教えるわけないでしょ!」



INFO:コトダマを入手しました
【深夜の停電】
 深夜の間、停電が起きていた
 停電が起きた障害で施設の機器は全て止まってしまったが、停電自体はすぐに直ったようだ

【施設内の設備】
 停電が起きた際、施設内の設備は全て止まっていた
 
129 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/04(土) 23:30:13.58 ID:GXDbc/TbO

――『菊名の部屋』――

神名「…………………………」

菊名さんの部屋……訪れるのは二回目です

出来れば、こんな事件の捜査の様な悲しい形で来たくは無かったですけどね

神名「……それでも、手がかりがあるならば仕方ありませんよね……」

とは言ったものの、菊名さんの部屋は前に来たときと同じでした

テーブルの上には、水の入ったコップがぽつんと置かれているだけですし……

…………あれ?このコップ…………

神名「水滴……?」

気にする事でも無いとは思いますけど、どこか不自然な様な…?

神名「もう少し、調べてみましょうか…」

一応捜査を継続してみましたけど、机をひっくり返したり、クローゼットを探してみても、特にこれといって重要そうなものはありませんでした

けど…………

神名「…菊名さんの趣味って、男の子みたいですね。ふふっ」

クロエ「…ああ、ここにいたの?」

神名「!?クロエさん!?」

クロエ「……なんでシャツを持って笑っていたのかは聞かないでおくわ」

神名「そ、そんな事より……クロエさんはどうしてここに?」

クロエ「新しい証拠を見つけたの、福島のヤツが隠してたのよ」

神名「隠してた……?」

クロエ「アイツが普段から持ち歩いているぬいぐるみ……その中にあったのよ」

手渡されたのはメモ帳の切れはし……そこには、可愛らしい文字でこう書かれていました

神名「『千鶴ねーちゃんが来るまで扉を開けない事!』……ですか?」

クロエ「これの真偽はともかく…裁判では有力な証拠に成り得ると私は思うわ」


INFO:コトダマを入手しました
【机の上のコップ】
 菊名の部屋の中にあったコップ
 水が入っており、コップの表面には水滴がびっしりとついている

【隠されていた手紙】
 福島が菊名宛に書いた手紙。ぬいぐるみの中に隠されていた
 内容は、神名以外では扉を開ける事を注意するというものだった

130 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/04(土) 23:30:43.23 ID:GXDbc/TbO





きーんこーんかーんこーん!





『……なんだか、物凄く長い時間が経った気がするよ』

『でも、ボクらにとってはほんの一瞬の出来事なんだよね』

『そうして、一瞬は無限となり……瞬間は永遠となるのです!』

『さーあ!お待ちかね!ここが永遠に続くコロシアイの終着点!』

『学級裁判の開催を宣言しまーす!』

神名「……遂に、来ましたね」

クロエ「私はまだ死にたくないの。先に裁判場に行かせてもらうわ」

神名「…………………………」

部屋から出ていくクロエさんの後ろ姿を見遣りながら、私も心の準備を整えます

福島さんの死……菊名さんの不在……そして犯人の存在……犯行理由である動機……

正直、皆の中に犯人がいるなんて、もう思いたくありません。けど、教祖である以上、異分子は取り除かないと……

その為には私が頑張らないと……!

……………………

…………

……

131 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/04(土) 23:35:47.87 ID:GXDbc/TbO

本日はここまで。これだけ書くのにとんでもなく遅くなってしまい、本当に申し訳ありません

被害者は福島さんでした。菊名さんが死亡していると学級裁判が行われませんからね……

今回の学級裁判は、新しいシステムの試験運用も兼ねるのでコトダマを少な目にしています。
ブレインドライブの改良案もありますし……

何かあればよろしくお願いします。誰が犯人か?等の予想も大歓迎です
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/04(土) 23:47:35.70 ID:RlCWecn+o
更新待ってました
これからも期待してます
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/05(日) 07:09:18.67 ID:eUX7XiIDO
更新待ってました
まだ犯人は誰かというのは良く分からないけど続き楽しみに待ってます
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/06(月) 22:59:03.78 ID:Kko1GNEbo
なんか溺死っぽい?
135 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/25(土) 19:03:35.46 ID:HGP/NYvUO
ようやく終わりました…学級裁判……
なので、早くて日曜の夜、遅くても月曜の夜には学級裁判を開始します
お暇ならどうぞ、お付き合いください
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/25(土) 19:13:38.27 ID:UEIvFrDqo
待ってます
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/26(日) 23:27:39.34 ID:ZrE6KwtDO
更新は明日か
期待
138 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:10:31.88 ID:IeONLh7uO
お待たせしました。ぼちぼち学級裁判を始めます
後、今回はお試しとして次回用に考えていた表示でやってみます。
それでは、どうかお付き合いお願いします
139 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:11:21.31 ID:IeONLh7uO

《コトダマ一覧》

【モノクマファイル5】>>123

【酸素ボンベ】>>124

【濡れた七輪】>>125

【クロエの証言】>>125

【モノクマ睡眠薬】>>126

【藤山達の証言】>>127

【消えたタイミング】>>127

【深夜の停電】>>128

【施設内の設備】>>128

【机の上のコップ】>>129

【隠されていた手紙】>>129

140 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:12:39.85 ID:IeONLh7uO

【学級裁判   開廷!!】

モノクマ「えー、まずはいつも通り学級裁判の説明から始めましょう!」

モノクマ「学級裁判では、誰が犯人かを議論し、その結果は、オマエラの投票により決定されます!」

モノクマ「正しいクロを指摘した場合はクロだけがオシオキされますが、もしも間違ったクロを指摘した場合は……」

モノクマ「クロ以外の生徒がオシオキされ、クロにはこの学園からの脱出権が与えられます!」

モノクマ「……ホントに勿体無いよね!クロが菊名クンを殺せば皆に脱出権が与えられたっていうのにね!」

藤山「マジで菊名は不参加なんだな……」

守矢「居たら有益な情報を得られたやもしれませぬな……」

クロエ「無いものねだりをしても仕方ないわ。さっさと議論を始めるわよ」

鈴木「うむ、そうだな……では、何から議論をしていこうか……」

坂東「そういやよ……何で、犯人は菊名を殺さなかったんだ?」

坂東「別に菊名の方が死ねば良かったとは思わねーけどよ……学級裁判がやらねーならそっちのがいいんじゃねえか?」

神名「確かに気にはなりますが……今は、別の事を話し合ってみませんか?」

坂東「別の事だあ?」

神名「はい。…例えば、どうして福島さんは生物室にいたのか、とか……」

黒城「あーそういえばそうね!どうでもよさそうだし忘れてたわ!」

神名「こうやって一つ一つ疑問を解いていけば、自ずと事件の真相も解ってくるはずです」

そう。例え嫌でも、皆を守る為に……

私が導かないといけないんです!どんな手段を使っても……!

141 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:15:03.95 ID:IeONLh7uO

【ノンストップ議論  開始!】
 コトダマ一覧>>139
【酸素ボンベ】
【モノクマファイル5】
【クロエの証言】


鈴木「どうして、菊名くんは……」

鈴木「福島くんと共に、あんな場所にいたのだろうか?」

黒城「そんなの当然【出歩いたから】に決まってるじゃない!」

坂東「いや、鈴木は【出歩いた理由】を聞いてるんだろ……?」

クロエ「この際菊名については考えないで、福島がどうしてあそこに居たのかを考えましょう」

藤山「【ブン殴られて】、気絶した所を拐われたんじゃねーか?」

守矢「あるいは、【弱味を握られた】為に仕方なく…………」

黒城「《因果率の導き》!これよ!今回こそ間違いないわ!」

クロエ「…………もう、指摘しないわ」


↓1論破or同意してください
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 20:16:12.75 ID:XCvbHvFFo
【ブン殴られて】を【クロエの証言】で論破
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 20:17:12.15 ID:hq4PucdPo
【ブン殴られて】→【クロエの証言】
144 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:17:24.32 ID:IeONLh7uO

【ブン殴られて】←【クロエの証言】

正解!

神名「それは違います!」論破!

神名「福島さんには、外傷が無かったんです。人が気絶するくらいの力と勢いで殴ったら……」

クロエ「当然、体のどこかに傷が出来るわ。まあ頭を狙うのが一番手っ取り早いんだけど」

守矢「そんな勢いで頭を殴れば、福島殿は無事では済みませぬな」

神名「はい。だから無理矢理連れてこられたという線は無いと思います」

坂東「んー……なら、なんで二人であんなトコに居たんだろうな?」

クロエ「今はその答えを出すには早すぎるみたいね。大人しく別の事を考えた方が合理的ね」

藤山「別の事か……何があったっけか?」

鈴木「では、ここは一度菊名くんがいつ消えたのかを話し合わないか?」

守矢「そうでありますな。わからない事よりも、まずはわかる事から進めるべきでしょう」

菊名くんがいつ消えたのか……それは、あのタイミングですよね


問:消えた時期を示すコトダマを提示してください
↓1
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 20:18:18.66 ID:hq4PucdPo
【消えたタイミング】
146 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:20:06.38 ID:IeONLh7uO

【消えたタイミング】

正解!

神名「これで証明してみせます!」

神名「菊名さんが居なくなったのは……深夜から早朝にかけて、ですよね?」

藤山「ああ、それは俺達が証明するぜ」

守矢「小生らは一度、深夜の時刻に菊名殿の元へ行ったのですが……」

黒城「部屋の扉が閉まってたから、そのまま帰ったわ!」

坂東「なんでその時素直に引き下がったんだよ?」

坂東「お前ら……あんだけ菊名を危険視してたクセによ……!」

黒城「仕方ないじゃない!いきなり神名を呼べ、なんて言い出すんだもの!」

鈴木「神名くんは菊名くんとよく話をしていた。だからこそ神名くんを指名したんだろう」

鈴木「…しかし、それは藤山くん達の話が正しければ、だがな」

藤山「あ?どういう事だよ」

鈴木「本来、殺されるのは福島くんではなく菊名くんだった。しかし、何らかのアクシデントで……」

クロエ「福島を殺してしまったから口裏を合わせている。そう言いたいの?」

鈴木「うむ……どうだろうか?」

神名「なら、次はそこから議論していきましょう。三人の身は潔白かどうかを…」

147 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:20:54.58 ID:IeONLh7uO

【ノンストップ議論  開始!】
 コトダマ一覧>>139
【藤山達の証言】
【濡れた七輪】
【机の上のコップ】


鈴木「本当に三人の言うことが正しいか検証してみないか?」

鈴木「三人が《口裏を合わせている》可能性がもあるからな」

守矢「菊名殿を敵視してたとはいえ、何故小生らが【無関係】な福島殿を殺すのですかな?」

黒城「そうよそうよ!いくら福島がムカつくぶりっ娘だからって…!」

坂東「お前……福島の事今までそんな風に見てたのかよ……」

クロエ「そういえば、菊名の部屋の中にはコップがあったけど……」

鈴木「それは、その【三人が来たときに出された】ものではないか?」

黒城「そんな訳ないじゃない!」

黒城「来客に水一杯なんて、《失礼》にも程があるわ!」

藤山「そういう事を言ってるんじゃねーよ!」


↓1論破or同意してください
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 20:22:24.92 ID:XCvbHvFFo
【三人が来たときに出された】に【机の上のコップ】
149 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:25:36.41 ID:IeONLh7uO

【三人が来たときに出された】←【机の上のコップ】

正解!

神名「それは違います!」論破!

神名「いや、あのコップはもっと前に出されたものだと思います」

神名「菊名さんが消えた時刻はかなり早いです。だとすると、あのコップはそれより以前に置かれたものです」

坂東「あ?何でそうなんだよ?」

藤山「……悪ぃ、俺にも解るように言ってくんねえか?」

クロエ「あのコップはかなり前に置かれて、一度も動かされていない……その証拠もあるのよ」

神名「はい、その証拠とは……」


【閃きアナグラム  開始!】
 問:コップが動かされていない証拠となるものは?

 解:○い○○
↓1
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 20:29:44.72 ID:dwSbRHIDO
すいてき
151 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:34:55.39 ID:IeONLh7uO

すいてき→水滴

正解!

神名「これで証明してみせます!」解!

神名「見てください。このコップには、水滴がついていますね?」

神名「それも……こんなにたくさん」

坂東「それがどうしたんだよ?」

黒城「ふっふっふ…!どうやらアタシの素晴らしき叡知の出番のようね!」

黒城「いい?まず、コップに水滴がつくのは、コップと周りの温度差によって…」

クロエ「長いわ。三分で説明しなさい」

鈴木「えー…もの凄くざっくり言うと、コップの表面と大気の温度差によって…」

鈴木「空気中の水分が冷やされ、その結果として水となる事でコップの表面につくんだぞ!」

鈴木「本当にざっくりだから詳しい事は理科の教科書で調べてくれ!以上!」

黒城「あ、アタシの叡知があぁ…!」

神名「とにかく、こんなに水滴がつくのは長期間放置してあったから、です!」

藤山「まあ、夜は冷え込むからな……あんなに水滴がつくっつー事は結構放置されてたんだろ」

坂東「な、なるほど……な……?」

神名「これで、あの部屋に置かれていたコップは、三人が来たときに出されたものではないと証明できます…よね?」

152 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:35:36.66 ID:IeONLh7uO

鈴木「…だが、それはコップが置かれたのはかなり前という事がわかっただけで…」

鈴木「その三人が犯人でない。という証拠にはならないぞ!」

神名「うっ……ですよね……」

黒城「あーもう!菊名さえ居てくれれば一発で解ったのにー!」

クロエ「それを防止する為に、強制参加の裁判に菊名の不参加を認めたのね?」

モノクマ「うぷぷぷぷっ!さあね!」

坂東「クソがっ!舐めやがって!」

守矢「ううむ、ここは福島殿の死因から調べてみてはどうですかな?」

神名「死因、ですか?」

守矢「ええ、外傷から福島殿の死因は限られてきます。そこから割り出していけば良いではないですか?」

藤山「おお!今日は冴えてんじゃねーか守矢!」

守矢「今日も、であります……しかし、何故いつの間に菊名殿の話になったのか…」

鈴木「それは僕のせいだな……すまない」

神名「ま、まあまあ……では、議論を再開しましょうか」

153 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:36:18.92 ID:IeONLh7uO

クロエ「それならまだ、断定こそ出来ないものの……」

クロエ「福島の死因なら推測出来たわ」

藤山「マジかよ!?」

黒城「嘘でしょクロエ!」

クロエ「本当よ。神名、貴女には教えたはずよね?」

神名「え?ああ、そうでしたっけ?」

クロエ「全く……何故福島の体に傷が無いのかを考えなさい」

クロエ「そうすればわかるはずよ」

神名「はい、えーっと……」

クロエさんのいう福島さんの死因、それは……


問:クロエの話す福島の死因は?
1:刺殺
2:轢殺
3:毒殺
↓1

154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 20:37:53.82 ID:XCvbHvFFo
155 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:40:24.24 ID:IeONLh7uO

3:毒殺  正解!

神名「これですね!」 解!

神名「福島さんの死因……それは、毒殺ですよね?」

鈴木「毒殺……?」

クロエ「ええ、これみよがしに持っていたこの睡眠薬が今回の凶器だと思うわ」

クロエ「現に、これは理科室にあったものよ。そうよね?坂東」

坂東「おう!俺とクロエが調べてたから間違いねえぜ!」

守矢「一応お聞きしますが、どちらかがくすね、隠し持っていた可能性は?」

神名「それは無いと思います」

神名「実は、クロエさんと坂東くんが調べていた時私も会っていたんですが…」

神名「どちらも怪しい行動はしていませんでした。少なくともその時には盗っていないと思います」

藤山「おしっ!これで福島の死因は判明したな!」

クロエ「それじゃあ、次はどうやって薬を飲ませたのかについてでも話しましょうか?」

…………確かに、この事件に睡眠薬が使われたのは間違いないんですけど……

どこか、ひっかかるような……?

156 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:41:11.97 ID:IeONLh7uO

【ノンストップ議論  開始!】
 コトダマ一覧>>139
【濡れた七輪】
【モノクマ睡眠薬】
【消えたタイミング】

クロエ「今回の凶器は睡眠薬……」

クロエ「私はそう考えてるわ」

藤山「睡眠薬が凶器なら、【外傷は残らねー】だろうしな……」

黒城「なら、その薬をいつ、どうやって飲まされたかを議論すればいいのね!」

鈴木「今そういったばかりだろう…?」

坂東「睡眠薬を【全部使いきった】んだろ?結構多いぜ?」

鈴木「やはり《経口摂取》ではないだろうか?」

黒城「アタシ《注射持ってる》わよ!」

藤山「おい黒城、これ自白じゃねーだろうな、?」


↓1論破or同意してください
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 20:43:26.43 ID:XCvbHvFFo
【全部使いきった】に【モノクマ睡眠薬】
158 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:45:04.63 ID:IeONLh7uO

【全部使いきった】←【モノクマ睡眠薬】

正解!


神名「それは違います!」論破!

神名「ちょっと待ってください!やはりあの睡眠薬は凶器じゃないのかもしれません!」

坂東「あ?なんでだよ?」

神名「あの睡眠薬は、全て使いきれば人を殺せる致死量となるのです」

神名「でも、睡眠薬は1つ残されていたんです……」

藤山「ん?1つ残ってんなら致死量にはならねえんじゃねえか?」

神名「だから、この睡眠薬は凶器では…」

クロエ「そんなの知ってるわよ」

神名「……はい?」

クロエ「いったい誰がその睡眠薬を見つけたと思ってるの、当然中身や致死量を調べてるに決まってるじゃない」

神名「えぇー…でも、クロエさんさっき睡眠薬が凶器って…」

クロエ「睡眠薬が凶器とも、そして毒殺とも言ったけど…」

クロエ「あくまで可能性よ。あの睡眠薬が四袋で致死量になった可能性もある」

クロエ「福島はこの中でも一際小柄。毒が多く回ったかもしれないわ」

モノクマ「あー、それはないよ!」
159 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:45:57.78 ID:IeONLh7uO

モノクマ「あの睡眠薬は、誰が服用しても致死量がきっちり五袋になる用に調整してあるんだ」

モノクマ「じゃないと、さっきクロエさんが言ったように、福島さんだけ少量で死んじゃったり…」

モノクマ「逆に、大柄な守矢クン辺りが全部服用しても死ななかった。なんて事になりかねないからね!」

クロエ「……つまり、ここに一袋ある以上福島は毒殺ではないと?」

モノクマ「そういう事だね!自信満々に話してたのに、残念でしたー!」

クロエ「いや、これで確信が持てたわ」

クロエ「毒殺の可能性が消えた今、殺害方法はかなり絞れるもの」

藤山「っつーかモノクマ、テメェやけに今回は親切だな?」

モノクマ「まあ菊名クンを軟禁してる手前、露骨に情報を絞るのは、ね?」

坂東「で、結局クロエの言う死因ってなんなんだよ?」

クロエ「それは今から話すわ。その前に1つ、皆に聞きたいのだけれど……」


160 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:46:36.88 ID:IeONLh7uO

鈴木「……なんだね?いきなり」

黒城「もし面倒な事だったらはっ倒すからね!」

クロエ「たった1つの質問よ。安心しなさい」

クロエ「あなた達の中で、生物室に突入してから、部屋の換気扇をつけた人はいるかしら?」

藤山「換気扇……?」

坂東「やってねーけど……それがどうしたんだよ?」

クロエ「重要な事よ。で、どうなの?」

鈴木「…………僕は知らないな」

守矢「小生もしておりませぬが……」

黒城「何よいきなり換気扇って!アンタ頭おかしいんじゃないの!」

クロエ「私がおかしいかどうかは、神名が証明してくれるわ」

クロエ「神名……あの部屋の換気扇は、少なくとも事件当時には回っていなかったわよね?」

神名「…………はい、そうですね」

確かに、あそこの換気扇は事件の後に回されたもの……

それを証明出来るものは、私は少なくとも二つは持っているはずです




問:換気扇が止まっていた証拠を、二つ提示してください
↓1
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 20:49:42.35 ID:dwSbRHIDO
【深夜の停電】
【施設内の設備】
162 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 20:54:53.48 ID:IeONLh7uO

【深夜の停電】【施設内の設備】

正解!

神名「これですね!」

神名「あの夜には停電が起きていて…施設内の設備は全て停止していたんです」

藤山「犯人はそれを含めてた訳じゃねえよな?」

クロエ「どう考えても、不可抗力でしょうね」

モノクマ「あ!別にわざと電源を切ったとかじゃないからね!」

モノクマ「あれは正真正銘、たまたま起きた事故なのです!」

鈴木「なるほどな……」

鈴木「では、いったい誰が換気扇を再起動させたんだ?」

黒城「それはモチロン、あの生物室にいたヤツに決まっているじゃない!」

守矢「事件前後では不可能ですからな、事件の際に生物室にいた人でしょう」

事件の際に生物室にいた人……それって一人しかいないですよね……




問:怪しい人物を指名してください
↓1
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 20:57:56.91 ID:dwSbRHIDO
菊名
164 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 21:01:37.39 ID:IeONLh7uO

解:菊名 幸路(きくな ゆきじ)

正解!

神名「あなたしか……いません!」

神名「それって、菊名さんしかいませんよね……?」

守矢「まあ、そう考えるのが最も妥当ですかな」

坂東「まっ、待てよ!なんで菊名が換気扇を再起動させたんだよ!?」

クロエ「それは勿論、再起動させないといけない理由があったからよ」

クロエ「そして、それが福島の死因とも関係があるから……」

神名「福島さんの死因と…?」

福島さんの死因は、身体に傷が残らないものですよね?そして、換気扇をつけないといけないもの…

だとしたら、あれがそうなのでしょうか



問:福島の死因に関わるコトダマを提示してください
↓1
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 21:04:51.36 ID:XCvbHvFFo
【濡れた七輪】
166 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 21:11:50.52 ID:IeONLh7uO

【濡れた七輪】

正解!

神名「これですね!」

神名「もしかして…この、七輪ですか?」

坂東「七輪っつー事はよ…」

坂東「福島は生物室で、燻り殺されたってーのかよ!?」

クロエ「俗に言う一酸化炭素中毒…練炭もあそこなら幾らでも手に入るわ」

黒城「バカね…あの七輪は、発見当時には濡れていたのよ?」

黒城「濡れているのにどうやって煙を出すのよ?マジカル?」

クロエ「バカは貴女よ。あそこには水があったでしょう?」

黒城「マジかっ!?」

神名「まあ、あれだけの水がありましたよね…」



【閃きアナグラム  開始!】
問:火を消した水はどこにあった?

解:○○○う
↓1
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 21:13:05.75 ID:dwSbRHIDO
すいそう
168 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 21:15:52.14 ID:IeONLh7uO

解:すいそう→水槽

正解!

神名「火を消した水は、あの水槽から採られたものですよ」

藤山「あれだけバカでかい水槽だしな、少しくらい火消しに使っても誰もわかんねえだろ」

クロエ「もしかしたら、睡眠薬もあそこの水槽から水をとって、溶かして飲ませたのかもね?」

クロエ「後で水槽に戻せば誰もわからないし、多少色がついていてもあの量なら紛れてしまうでしょう」

守矢「殺害現場に生物室を選んだのも、その為なのかも知れませぬな…」

守矢「証拠の隠滅も兼ねて部屋を選んでいたのでしょう。隠滅の手間が段違いですからな」

神名「菊名さんは七輪の火をつけた後、福島さんを放置して……」

神名「その煙で酸素を取り除き、窒息死させたんです!」




        反
坂東「腑抜けてんじゃねぇぞオラァ!」
      論
     !
169 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 21:16:43.13 ID:IeONLh7uO

坂東「へっ…そんな推理は認めねーぞ!」

坂東「だってよ、その推理はどう考えても穴だらけだぜ!」

坂東「んなくだらねー推理は、俺がブチ壊す!目ぇ覚まさせてやるぜ!神名!」



【反論ショーダウン  開始!】
コトノハ>>139
【三人のアリバイ】
【モノクマ睡眠薬】
【酸素ボンベ】


坂東「菊名が福島を燻り殺しただぁ?」

坂東「そんな残酷な事が、菊名に出来る訳がねぇだろ!?」

坂東「アイツは誰よりも臆病で弱かったんだ……俺みてーな強いヤツが守らなきゃいけなかったんだ!」

坂東「神名はそんな菊名が…!こんな酷い事を出来るって言いたいのかよ!?」



神名「私だって、信じたくありません…」

神名「でも、ここにいる私たちに出来ない以上、ここにいない菊名さんにしか出来ないんです!」



坂東「このっ…!頑固頭が!」

坂東「そもそも、煙の充満した部屋に菊名がいたら…」

坂東「そんな事すりゃあ【菊名も酸欠になる】じゃねーか!」

坂東「そんな危険犯してまで【一緒にいる】わけねぇだろ!」

坂東「信じてくれよ…!信じてくれよ神名あぁあああアッッ!!」



↓1反論してください
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 21:18:16.08 ID:XCvbHvFFo
【菊名も酸欠になる】に【酸素ボンベ】
171 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 21:20:20.12 ID:IeONLh7uO

【菊名も酸欠になる】←【酸素ボンベ】

正解!

神名「その言葉…!正します!」

神名「もし、酸素を確保する手段があるとしたら…話は違いますよね?」

坂東「な、なんだよ、それ、どこにも…」

神名「酸素ボンベですよ。これはダイビング等に使われるタイプのものです」

黒城「つまり!それがあればあの煙まみれの部屋の中でもへっちゃらって訳なのよこのポンコツ!」

守矢「神名殿の説明を横取りした!?」

藤山「確かにあのボンベにゃ空気が入ってたな、使えなくもないぜ」

神名「酸素ボンベが正常に機能している以上、あそこで空気を確保することは出来るんですよ」

坂東「なら……本当に、菊名が……?」

鈴木「………………………………くっ」

神名「……………………………………」

なんでしょう……この違和感は……

今までの推理に間違った部分は無いはずなのに…何かを見落としている様な…?

少し、思い出してみましょう。この違和感の正体を……!


【錯綜シークワード  開始!】
 問:中にいた菊名では行う事が不可能な事とは?

    か■■なし■る■
    ■ぬ■んゆ■■■
    むよ■きんろ■お
    の■て■めゆお■
    おこ■じんのめん
    んおえ■んんそめ
    うこめうのひそえ

 解:○○○○○○○
↓1
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 21:34:36.90 ID:XCvbHvFFo
なんきんじょう
173 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 21:35:23.41 ID:IeONLh7uO

解:なんきんじょう→南京錠

正解!

神名「見つけましたよ…!」

神名「ちょっと待ってください!あの生物室にかけられていた南京錠は、扉の外にかけてありましたよね!?」

藤山「お、おう。解錠した俺が言うんだから間違いねえよ」

神名「ありがとうございます!菊名さんは部屋の中にいましたよね?」

鈴木「そうだな。福島くんと共に部屋にいなければあの状況は作れないし…」

神名「菊名さんには不可能なんです。だとしたら…」

神名「いったい誰が、生物室に鍵をかけたんでしょうか!?」

坂東「あっ…!そうだぜ!菊名じゃ鍵をかけらんねぇもんな!」

鈴木「だったらいったい誰なんだ!?」

クロエ「この中の誰か……ね」

クロエ「私を含めてこの場にいる全員が知らないなんて事はありえないわ」

守矢「では……この中に……!?」

神名「はい……間違いありません」

神名「福島さんを殺害した犯人は……この中にいます!」

174 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/03/27(月) 21:37:15.35 ID:IeONLh7uO
本日はここまで。ありがとうございました
ところで、この時点で犯人ってわかりますかね…難易度が不安です
新しいシステムや表示等、ご意見あればどうぞ
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 21:40:46.45 ID:dwSbRHIDO
乙でした
犯人についてはまだ分からないですね
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/27(月) 21:47:34.36 ID:XCvbHvFFo
乙でした
177 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 19:32:47.74 ID:pqoFYkSlO
今日の8時半か9時半より、学級裁判の後半を投下しようと思います
お暇ならどうぞ、お付き合いください
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 19:33:30.19 ID:IaqMK1o9o
了解しました
179 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 21:45:31.71 ID:pqoFYkSlO
それでは続きを投下します
今日中にはキリのいい所まで終わらせたいです
180 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 21:46:35.16 ID:pqoFYkSlO

黒城「あれ?福島を殺したのは菊名なのよね?なら菊名に投票すればいいんじゃないの?」

坂東「コイツは……どっから話を聞いてないんだよ……」

黒城「だって鍵が外についてたからって菊名しか福島を殺せないんでしょ?なら別にどうでもよくない?」

藤山「いやいや…鍵がついてたら中に入れねえだろ?だから菊名が犯人以外も有り得るんだっつーの」

黒城「ならモノクマがつけたのよ!裏切者なんだしそのくらい出来るでしょ!」

鈴木「モノクマはともかく……共犯はありえるかもな」

クロエ「そういえば……共犯がいた場合はどうなるのかしら?」

モノクマ「お答えしましょう!学級裁判で暴くのは、原則として手を下した人。つまり実行犯だけです!」

モノクマ「なので、計画犯と実行犯で別れたとしても実行犯だけが外に出られ、計画犯はそのままオシオキされます!」

モノクマ「要するに自分で殺さないと意味無いって事だよ!わかった!?」

守矢「うーむ…出られるのが実行犯だけとなると、共犯者の方には全くメリットがありませぬな」

鈴木「寧ろ、実行犯を手助けすると自分まで処刑されてしまう……余程の事がないなら庇う理由も無いな」

神名「……………………」

共犯はありえない……本当にそう決めつけていいのか……

ここでの私の答えが皆の……議論の行方を左右する気がします

今までの答えを踏まえて……謎の先へ踏み出さないと……!



181 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 21:47:39.78 ID:pqoFYkSlO

【新システム ブレインドライブV3】

最初は問題文が全て空欄となっており、そのままでは解答出来ません

解答するには、語群を組み立てて問題文を作りだし、その上で問題を解答していただきます

要するに難易度の上がった選択問題です

余談ですが、V3はVersion.3の略です

例題

問:□□□□□□□□□□□□?

群:は、あ、ら、ま、さ、の、う、ん、み、い、う、ろ、た

↓この場合は下記の様に解答すれば正解となり、次の選択肢に進めます

問:あまみらんたろうのさいのうは?



182 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 21:48:21.46 ID:pqoFYkSlO

【ブレインドライブV3 START!】

第一問
問:共□□行□□メ□□ト□?

群:ッ、を、犯、デ、リ、は、う


第二問
問:脱□出□□の□ど□□?

群:出、る、ち、来、き、ら



第三問
問:デ□□ッ□の□避□□は?

群:方、リ、メ、回、法、ト



↓1問を全て埋めてください
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 21:52:11.54 ID:IaqMK1o9o
1共犯者のデメリットは?
2脱出出来るのはどちら?
3デメリットの回避方法は?
184 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 21:59:00.43 ID:pqoFYkSlO



問1:共犯を行うデメリットは?

問2:脱出出来るのはどちら?

問3:デメリットの回避方法は?


全問正解!



good!




Thinking  Time!



問1:A.犯行が開示される B.片方しか出られない C.死因が書かれる



問2:A.被害者 B.計画犯 C.実行犯




問3: A.全員が脱出する B.全員を殺害する C.特定のアイテムを集める

↓1答えを全て埋めてください
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 22:02:18.39 ID:d3WsZq3DO
問1 B
問2 C
問3 B
186 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:07:46.98 ID:pqoFYkSlO

B 正解!

C 正解!

B 不正解……


神名「…あいたっ!?」

藤山「…?どうした?千鶴ちゃん?」

神名「いえ、少し頭痛が……」

黒城「フン!大して考えてないクセに知恵熱なんて、随分と偉そうね!」

鈴木「黒城くんが言えた事か……」

……全員を殺すなんて事をすれば、モノクマさんが黙っていませんよね……

モノクマさんも納得するような、そんな方法があるはず……

↓1再度3番のみ回答してください
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 22:08:55.76 ID:d3WsZq3DO
A
188 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:15:11.90 ID:pqoFYkSlO

B.片方しか出られない

C.実行犯

A.全員が脱出する

正解!


神名「繋げましたよ!」解!

神名「いいえ、鍵をかけたのは共犯者もあり得ると思いますよ」

神名「…………今回の事件に限っては……」

守矢「……?何故ですかな?共犯は無意味だと結論づけたではありませぬか」

神名「それは『片方しか出られない』からですよね?」

クロエ「仮に計画犯がいたとしても、ここから出られるのは実行犯だけ……」

藤山「だから、わざわざ共犯する意味が無えんだろ?出られないんだからよ」

神名「それはあくまで普通なら、です」

鈴木「神名くん……いったい何を……」

神名「一人だけ……一人だけ、この条件に当てはまらない人がいるんです」

神名「その人が死ねば……この条件を無視する事が出来たんです……」

そう……その人は……



問:怪しい人物を指名してください
↓1

189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 22:16:54.59 ID:IaqMK1o9o
菊名幸路
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/01(土) 22:19:01.11 ID:INxnOSj90
菊名雪路
191 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:19:31.28 ID:pqoFYkSlO

解:菊名 幸路(きくな ゆきじ)

正解!

神名「あなたしか……いません!」解!

神名「菊名さんです……菊名さんだけは、殺されても学級裁判は開かれない……」

神名「その上、この場にいる全員が外に脱出する事が出来たんです、よね?」

モノクマ「はい!クマ、嘘つかない!」

黒城「だから何よもう!まどろっこしいからはっきり言って!」

神名「菊名さんが殺害されれば、共犯におけるデメリットを無視できるのなら…」

神名「共犯者がいても、おかしくないですよね?」

坂東「た、確かにそうだけどよ……」

坂東「だけど、今回殺されてんのは福島だろ?それの何が……」

クロエ「……居たのかもね、共犯が」

守矢「ま、まさか……!?」

鈴木「……まさか、神名くんは………!」

神名「…………………………………………」

神名「…………福島、さん、は…………」

福島さん、は…………!



問:福島かなたの本来の立場は?
1:被害者
2:加害者
↓1
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 22:19:54.95 ID:INxnOSj90
すみません菊名の名前間違えてました
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 22:20:35.07 ID:INxnOSj90
2
194 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:21:38.68 ID:pqoFYkSlO

2:加害者


神名「……………………」

神名「……加害者、だったんです…………」

神名「福島さんは……菊名さんを殺そうとしていたんです……!」

藤山「なっ………!?」

守矢「あの……福島殿が……!?」

クロエ「でも、今までの事を踏まえるとそれ以外には考えられないわ」

クロエ「あの場には菊名と福島しかいなかったし、その上菊名を殺そうとするなら共犯も選択肢に入る」

クロエ「菊名と福島なら菊名を殺すわ。福島が誰かと組んでいたとしても、何もおかしくはないのよ」

鈴木「し、しかし……」

坂東「福島が…………菊名を…………?」

神名「とにかく議論してみましょう。そうすれば真実がわかるはずです」

神名「私が音頭をとりますから…どうか、皆さん付いてきてください!」

195 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:22:18.20 ID:pqoFYkSlO

【ノンストップ議論  開始!】
 コトダマ一覧>>139
【モノクマファイル5】
【藤山達の証言】
【隠されていた手紙】
【深夜の停電】


神名「福島さんは被害者だったのか?加害者だったのか?」

神名「それを見極める為に、皆さんで議論をしましょう」

坂東「福島が殺そうとしてたなんて…」

鈴木「彼女が…とても信じられないな…」

クロエ「でも、可能性があるのもまた事実なのよ?」

藤山「菊名は【福島と一緒】に生物室にいたんだよな…」

黒城「えーと、その後中で【二人がぶっ倒れていた】わね!」

坂東「福島が菊名を殺そうとしてたならよ、菊名と福島は、どうやって合流したんだよ?」

守矢「合流するにも【二人が出会った根拠】もありませぬし……」

鈴木「連れ去られた……とかか?」

黒城「だったら守矢が一番怪しいわ!デカイし鎧だし!」




↓1論破してください
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 22:24:45.62 ID:IaqMK1o9o
【二人が出会った根拠】を【隠されていた手紙】で論破
197 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:25:31.34 ID:pqoFYkSlO

【二人が出会った根拠】←【隠されていた手紙】

正解!

神名「それは違います…!」

神名「福島さんと菊名さんが会っていた証拠ならあるんです…!」

守矢「その手紙は…?」

クロエ「これは、福島から菊名に宛てて書いた手紙よ」

黒城「福島から菊名なら、別におかしくはないわ!」

クロエ「重要なのは内容じゃなくて隠し場所の方よ。この手紙、どこにあったと思う?」

鈴木「…?菊名くんに宛てたのなら、当然菊名くんの部屋ではないのか?」

クロエ「違うわ。福島のあのぬいぐるみの中よ」

藤山「ぬいぐるみの中だぁ…?」

神名「そんな所に手紙なんて、普通は入れませんよね?」

神名「おまけに、菊名さん宛ての手紙を隠し持っていた……」

神名「これが福島さんと菊名さんが、夜に出会っていた証拠になるんです!」

坂東「じゃあ、本当に…………」

神名「……はい。福島さんは加害者として事件に関与していたんです」

これが、真相…………

仲間を信じた、その代償…………





198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 22:26:11.30 ID:INxnOSj90
【二人が出会った根拠】を【隠された手紙】で論破
199 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:26:58.04 ID:pqoFYkSlO

黒城「あれ?福島が加害者なのはわかったけど、結局共犯は誰なの?」

そう、その問題もあるんですよね……

鈴木「共犯に関する手がかりが無いのが痛いな…今まで単独だと考えていたし…」

藤山「いきなり共犯なんて言われても、こんがらがっちまうぜ」

守矢「では、ここは共犯者ではない人物を割り出してはみませんか?」

クロエ「そうね……いるのかしら?」

坂東「俺は事件が起きるまでずっと寝てたしな……」

鈴木「というか、深夜から早朝なのだし大半はそうではないか?」

いや、そうではありません。何人かはアリバイのある人達がいます

確かあの人達にはアリバイがありましたよね



問:アリバイのある人物を示すコトダマを提示してください
↓1
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 22:28:42.71 ID:d3WsZq3DO
【藤山達の証言】
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 22:28:49.85 ID:INxnOSj90
【藤山達の証言】
202 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:31:08.01 ID:pqoFYkSlO

【藤山達の証言】

正解!

神名「これですね!」解!

神名「守矢くん、藤山くん、黒城さん。この三人は、事件当時に集まっていたんですよね?」

藤山「おう、菊名を監視する為にな……」

坂東「か、監視だとぉ!?」

クロエ「でも、その口ぶりだと菊名とは会えなかったの?」

守矢「ええ。神名殿と会わせて欲しいと言われたので……」

鈴木「手紙にもそう書いてあるしな。特に、三人は菊名くんを敵視していたし…」

藤山「時間も時間だし、明日千鶴ちゃんを連れていこうとしていたんだよ」

神名「それで、早朝に……」

守矢「はい。部屋の鍵も開いておりましたし、もしやと思い中を覗いてみたら…」

黒城「消えていたってワケ!だからアタシはどうせ神名のトコに逃げたんじゃないかなーって思ったの!」

神名「それで、私の部屋に来た、と」

藤山「おう。それで片っ端から部屋を調べてたっつー訳だ」
203 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:31:40.23 ID:pqoFYkSlO

クロエ「それでもいなかったから私達を叩き起こしたって訳ね」

鈴木「ふむ、だがそこには全員居たし、誰も鍵をかけるのは無理じゃないか?」

守矢「その時も怪しい行動をした人はいないでありますからな…」

黒城「ならトリックよ!なんとかして中から南京錠を外にかけたのよ!」

藤山「そんな痕跡は無かったぜ?」

黒城「藤山の意見はアテにならないから仕方ないわ……」

藤山「んだよその言い方!?こと機械で俺がアテにならねぇ訳無ぇだろうが!」

坂東「南京錠は機械の範囲なのか…?」

藤山「お、俺がそう認識してるならそれはもう機械なんだよ!」

…………

生物室に鍵をかけられた人。それがこの事件の犯人……

そして、本来菊名さんを殺そうとしていた福島さんの共犯者……

事件の前でも事件の最中でも無ければ、鍵をかけられたのは『あの』タイミングしかありえません

そして、それが出来たのは……

この事件の犯人は…!



犯人(クロ)を指摘してください
↓1
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 22:34:33.47 ID:IaqMK1o9o
最初に生物室の前にいた鈴木かな?
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 22:38:14.67 ID:d3WsZq3DO
鈴木茂
206 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:49:38.35 ID:pqoFYkSlO

解:鈴木 茂(すずき しげる)

正解!

神名「あなたが…犯人です!」解!

神名「南京錠がかけられたのは、事件の後で間違いないです」

神名「だって、事件の前にも事件の最中にも、鍵はかけられませんから……」

神名「だとしたら……残りの可能性は、事件の起きた後しかありえません」

神名「それが可能なのは……始めに生物室へと辿り着いていた……」

神名「鈴木くんだけ、ですよね?」

鈴木「…………………………っ!」

藤山「なっ…………」

坂東「鈴木が…………!?」

守矢「鈴木殿、どうなのですかな?」

鈴木「………………………………」

黒城「なんか言ってみなさいよ!このヘタレ!」

クロエ「それとも認めるのかしら?沈黙は金とは言うけれど?」

鈴木「………………………………」

神名「答えてください…!答えてよ!」

神名「どうして!?どうしてまだ黙ってるの!?答えてよ…!」

神名「鈴木くんが……!鈴木くんが共犯者なの!?」



207 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:50:28.02 ID:pqoFYkSlO

鈴木「……そうだ。僕が福島くんと共に菊名くんを殺そうとした犯人だ」

鈴木「ははっ、やはり慣れない事はするものじゃないな……」

鈴木「嘘を吐き続けるなんて、僕にはどうしても出来ないもんな……」

クロエ「…………そう、認めるのね」

藤山「本当に…本当に鈴木なんだな…!」

モノクマ「ちょっ、何バカ正直に白状しちゃってるの!?もっと必死になって抵抗してよ!」

鈴木「どうせ抵抗したところで皆には通じないだろう。僕の嘘なんて学級裁判を切り抜けてきた皆には敵わない」

鈴木「……余り皆を舐めないで貰おうか」

モノクマ「…ふーん。でもその皆を裏切ったのは君だよね?」

鈴木「……そうだな」

鈴木「本当に馬鹿だよ、僕は……」

神名「何で……なんで、そんなに落ち着いていられるんですか……」

神名「どうして殺したんですかっ!答えてよぉっ!」

坂東「そうだぜ!答えろよ!」

坂東「オレと約束したじゃねーか…『いつか皆で一緒に出よう』ってよ…!」

坂東「オレは覚えてるぜ……忘れたなんて言わせねーからな……!」

鈴木「……覚えていてくれたのか…………」

鈴木「もう君の子分達が周りに迷惑な行動をしないよう、しっかりと言い聞かせてくれよ?」

坂東「わーったよ…!解ったからよ…!」

坂東「教えてくれよ!頼むからよ……!」





208 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:51:08.55 ID:pqoFYkSlO

鈴木「その前に……僕にもまだ解らない事があるんだ」

守矢「解らない事……?共犯者ならば事件の事で解らぬ事等……」

鈴木「……どうして、菊名くんではなく福島くんが死んでいるんだ?」

黒城「ハァ?どうしてもなにもアンタが殺したんじゃないの?」

クロエ「鈴木は最初、菊名を殺そうとしてたのよ。福島は鈴木と共犯関係にあったのだから」

黒城「あそっか!菊名と福島の立場が入れ替わってる!」

藤山「まさか真犯人とかいねーよな…?」

守矢「その可能性が無くもないのが恐ろしいですな…」

クロエ「なら、一応議論として話し合っておきましょうか」

神名「ですが、私達のアリバイは証明出来ませんし…」

藤山「証明出来んのは俺達だけだな……」

坂東「俺達はどうやって証明すりゃいいんだよ!?」

クロエ「少なくとも、鍵は事件の後にかけられているわ」

守矢「ボンベの回収、換気扇の稼働等は二人が動けない以上犯人が直接やらねばなりませぬからな」

神名「後はそれを私達がやれたか、ですね……」

鈴木「…神名くん、僕と論争をしてくれないか?」

神名「私が、ですか…?」

鈴木「ああ。今まで事件を解決へ導いてくれた君だからこそ頼めるんだ……」

鈴木「……僕のこの感情にも、ケリをつけたいしな…………」

神名「鈴木くん……」

神名「……わかりました!この神名千鶴、皆さんを正しき答えに導くために―――」

神名「―――あなたを説き伏せます!」



209 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 22:52:16.89 ID:pqoFYkSlO

【パニックトークアクション 開始!】

鈴木「証拠の隠蔽が可能なのは……」

鈴木「僕、坂東くん、クロエくん、神名くんの四名だ!」

鈴木「守矢くん、藤山くん、黒城くんは共に行動しているからアリバイが存在している!」

鈴木「福島くんと菊名くんはこの時既に行動不能!だからこそ外部の人間の犯行と断定出来たんだ!」

鈴木「さあ、三人の潔白を証明して、僕の罪を暴いてくれ!」



鈴木「【神名くん、坂東くん、クロエくんは真犯人なのだろうか!?】」



神名「……わかりました。証明します」

神名「私達にあって鈴木くんに無いものこそが、アリバイの証明になります!」

神名「それは……!」


問:鈴木以外の三人のアリバイはどうすれば証明出来る?

解:1.うそ 2.うさ 3.んにん 4.でのご 5.うど 6.さ

↓1


210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 23:00:17.14 ID:INxnOSj90
さんにんでのごうどうそうさ
211 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 23:04:19.80 ID:pqoFYkSlO

解:さんにんでのごうどうそうさ→三人での合同捜査

正解!

神名「私達が集まった時、皆が揃っていましたよね?」

クロエ「ええ。間違いなく福島と菊名以外は集まっていたわ」

神名「だとすると、それ以前には鍵をかける事は不可能です。私達と鉢合わせになる可能性もありますから……」

守矢「と、なると……あの時菊名殿を探しに別れた時しかかけられませぬな」

神名「その時に別れた内訳は……」

一階(待機):守矢
二階:黒城、藤山
三階:神名、坂東、クロエ
四階:鈴木

神名「この様に、三階には私達が揃っていたんです。もし、誰かがその場を離れたら……」

クロエ「絶対に誰かが気づくわね。二人もの人間の目を欺くのは難しいわ」

守矢「つまり、互いが互いのアリバイの証人になるという事ですな!」

黒城「あ!三人と鈴木が共犯の線は……」

藤山「幾らなんでも現実離れし過ぎだバカ!そんな人数でぞろぞろ動いてたら俺達も気づくっつーの!」

坂東「俺達は……全員揃っていた……」

坂東「鈴木が呼んだ、あの時まで……!」

神名「……これで、私達の犯行の線も消せました。どうですか?鈴木くん」

鈴木「……はは、完敗だよ。僕はどうしても君には勝てないな……」

鈴木「最後に……君の推理を聞かせてほしい。僕の行った犯行の全てを……」

神名「わかりました…では、いきますね」

鈴木くんは全ての犯行を認めています…

きっと、これは鈴木くんなりのけじめなのでしょう。自分の罪を白日に晒す苦痛の伴う行為を……

でも、だからこそ、私はやらねばなりません

それが彼の福島さんへの弔いですから……
212 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 23:04:58.68 ID:pqoFYkSlO

【クライマックス推理  開始!】

Act.1
まず、今回の犯人は通常ではなんの意味も無い行為を行っていました
それは【A】です。【A】は【B】しか出る事が出来ないので、普通ならやる意味の無い行為です
しかし、犯人は敢えて実行したんです。
このリスクを帳消しに出来る【C】さんを殺害しようとしていたんですから!

Act.2
犯人が共犯として選んだのは、【D】さんでした
どうして【D】さんが共犯となったのかは解りません…あんなに皆と出たがっていたのに……
出来れば、ここでどちらかが計画を中止してくれれば、どれだけ良かったか……
しかし、【D】さんの協力を取りつけた犯人は計画を実行に移したんです……

Act.3
深夜、【E】くん達の監視の隙を潜り抜けて【C】さんの部屋へと向かいました
敵視していた【E】くん達とは違って、犯人と共犯者は【C】さんと仲良くしていましたから、入ることは容易いでしょう
そこで【F】を持ち去り、今回の犯人現場である……【G】へと連れ去ったんです

Act.4
犯行現場についた三人は、まず【C】さんを【H】で眠らせたんです
そして、【I】に火をつけたんです。そうすれば二人が離れていても殺害は可能になりますからね
だけど…ここで、犯人の予期していなかった誤算があったんです
一つは【J】によって【K】が止まってしまい、自力でつけなければなくなった事
もう一つは…共犯である【D】さんが死んでいた事です
これは犯人にとっては大きな誤算です。共犯のデメリットを踏み倒せなくなりましたからね

Act.5
犯人は急いで【K】を再度動かすと、直ぐ様犯行の証拠を消していきました
そして、全ての証拠を消し去ると、もう一度犯行現場に【M】をかけ直して部屋へと戻っていったのです…

Act.6
こうしてアリバイを手にいれた犯人は、私達を誘導して犯行現場へと辿り着いたのです!
だけど…犯人はここでも一つミスをしていました。それはアリバイの無い私達を固めて行動させてしまった事…
これさえ無ければ、犯人に辿り着けても決め手がありませんでしたからね


どうですか…!もし間違っていたなら指摘してください…!

【N】である、【O】くん!

問:全て埋めてください(但し、被害者と加害者はフルネーム。才能は超高校級まで入れてください)
↓1
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 23:12:45.17 ID:IaqMK1o9o
【A】共犯関係
【B】実行犯
【C】菊名 幸路
【D】福島 かなた
【E】藤山 戒
【F】手紙
【G】生物室
【H】睡眠薬
【I】練炭
【J】停電
【K】換気扇
【M】南京錠
【N】超高校級の学級委員
【O】鈴木 茂
214 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 23:14:39.48 ID:pqoFYkSlO

全問正解!

神名「…どうですか?鈴木くん……」

鈴木「…ありがとう、神名くん……」

鈴木「これで、僕も少しは救われたよ」

坂東「な、なぁ、もういいだろ?」

坂東「答えてくれよ鈴木!どうして!」

守矢「うむ……小生からもお願いしましょう。どうか…」

鈴木「…すまない……」

クロエ「…この期に及んで、まだだんまりを決め込むつもり?」

藤山「犯行は認めるのに動機は絶対に話さないって、何があったんだよ?」

鈴木「……………………」

守矢「黙っていては何も解りませぬ……」

坂東「お前……このまま処刑されていいってのかよ!?」

鈴木「すまない…だけど、これは絶対に話すわけにはいかないんだ…!」

黒城「ハァ?約束が違うじゃない!いい加減に口を割りなさいよ!」

神名「教えてください…!どうして、どうして……!」



神名「あなた達は菊名さんを殺そうとしたんですかッ!!」






215 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 23:15:10.74 ID:pqoFYkSlO










「それは……違うよ……」










216 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 23:18:12.66 ID:pqoFYkSlO






神名「っ!?」

突然表れたその声は、弱々しくもどこか力を感じさせるような声でした

その声の持ち主は……

菊名「……………………」

ずっと動けず、裁判にも唯一不参加となっていた……


菊名、幸路さんでした




217 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/01(土) 23:21:40.71 ID:pqoFYkSlO
本日はここまでです。ご参加ありがとうございました
次回は今回の事件の裏側とアフタートークがメインになるかと
犯人は鈴木くんでした。伏線も少なかったので正直わかってもらえるか不安でした……
ご感想やご意見もなにかあればお願いします
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/01(土) 23:22:33.81 ID:fR5RfsZA0
福島の死因って練炭でいいん?
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 23:26:06.73 ID:IaqMK1o9o
乙でした
何で自分溺死と思ったんだろう・・・
220 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/04/01(土) 23:31:11.63 ID:pqoFYkSlO
>>218はい。正確にはそれによる一酸化炭素中毒ですね
身体に出ない死因+毒殺以外の死因を調べて練炭に辿り着きました
自分は専門家でも無ければ経験者でも無いので完全にはリサーチ出来ていないと思います
もし、何か不自然な部分があれば目を瞑ってください…すみません
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 23:35:43.93 ID:INxnOSj90
乙でした

初めて参加出来て良かったです。
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/01(土) 23:46:56.94 ID:d3WsZq3DO
223 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:28:08.51 ID:hgRGipDPO
お待たせしました。続きを更新します
安価も無いので、お気軽にどうぞ。
224 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:28:49.99 ID:hgRGipDPO

神名「……え?」

菊名「違う……違うよ…!」

坂東「き…菊名!?」

藤山「お前、大丈夫なのかよ!?」

モノクマ「はい!ぼちぼち議論も終わりそうなので連れてきちゃいました!」

モノクマ「当然後遺症や記憶障害が無いかも確認済みです!はいどうぞ!」

神名「菊名さんっ!」

どうやら意識はしっかりとしているみたいですけど…足取りはふらふらと覚束ない状態です

それでも、一歩一歩鈴木くんに近づいていって……

菊名「どうして…!どうして、まだ本当の事を言わないんだよっ!」

鈴木くんに掴みかかりました。それは、今までの菊名さんからは想像もつかない程の迫力を持っていて……

菊名「そんなに嫌か!?そんなに話すのが嫌なのかって聞いてるんだよ!!」

鈴木「…………僕は……………………」

坂東「菊名…?お前、菊名だよな…?」

藤山「なんつーか、今までの菊名には見えねえって言うか……」

神名「き…菊名、さん…?」

どうしたんでしょう……?まるで、何かが爆発したみたいな剣幕ですけれど……

225 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:29:22.52 ID:hgRGipDPO

神名「菊名さん…?どうして、そんな…」

菊名「……神名さんの推理、少し間違っているんだよ」

神名「え…!?」

間違っていた…!?そんな!今までの推理に間違いなんて…!

クロエ「どういう事?ここまでの推理に間違いは無いわ」

クロエ「鈴木もそれを肯定した…なのに何が間違いだというの?」

黒城「ま…まさか!?真犯人が!?どこなの!?誰なの!?」

守矢「落ち着いてくだされ…先ほど鈴木殿以外には不可能と証明されたではありませぬか」

黒城「そうね…何が間違いなのよ!」

坂東「逆ギレかよ!?」

守矢「しかし、今までの推理が間違いなんてありうるのですかな?」

鈴木「…………………………」

クロエ「肝心の鈴木は話すつもりも無いそうだけど?」

神名「菊名さん……教えてください」

神名「この事件の……真実を……」

226 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:30:10.97 ID:hgRGipDPO

菊名「皆の推理で間違っているのは……」

菊名「…………犯人だよ」

………………

………………………………

………………………………………………え?

藤山「は……」

藤山「犯人だとぉぉぉっ!?」

守矢「バカな!?小生らの推理は、根本から間違えていたというのか!?」

クロエ「嘘よ…!今まで議論を重ね続けて、鈴木が犯人なのは間違いない…!」

菊名「違うよ…鈴木くんは犯人じゃない」

黒城「………………ふふふ、面白くなってきたじゃない……!」

黒城「今明かされる衝撃の真実ってヤツね!誰が真犯人なの!?」

坂東「真犯人…!?ありえるのか!?」

守矢「あり得ませぬ!小生らや神名殿らには犯行は不可能と証明されたはず!」

神名「菊名さん!それはどういう事なんですか!?」

神名「この事件の犯人って……福島さんを殺した犯人って…!」

神名「誰なんですかっ!!」

227 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:30:55.02 ID:hgRGipDPO

菊名「俺だよ」

神名「…………………………………………」

神名「は?」

菊名「俺がこの事件の……真犯人だよ」

鈴木「………………………………」

坂東「……え………………………………?」

藤山「…………………………は?……………」

守矢「………な…………………………………」

黒城「何よそれーーーっ!ちゃぶ台返しにも程があるじゃない!」

クロエ「それは、福島が加害者という前提から違っていたという事?」

藤山「もう、何がなんだか……」

藤山「教えてくれ!千鶴ちゃん!」

神名「私にもわかりませんよ!」

もう、何がどうなっているんですか…!?

ちゃんとした説明が欲しいのは、私の方ですよ!

228 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:31:44.70 ID:hgRGipDPO






菊名「神名さんは、『鈴木くん達が俺を殺そうとした』って言ったけど……」

菊名「……逆なんだよ」

菊名「本当は、鈴木くんが俺を殺そうとしたんじゃなくて……」

菊名「俺が鈴木くん達に、俺を殺すようお願いしていたんだ…!」









229 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:32:24.09 ID:hgRGipDPO

――『事件当日 菊名の部屋』――

鈴木「こんな遅くに呼び出して…話とはなんだ?菊名くん」

福島「…………………………………………」

菊名「うん……遅くに来てくれてありがとう。二人とも」

菊名「でも、これは二人にしか頼めないから……さ」

菊名「………………絶対に」

鈴木「はははっ!そこまで君に信頼されているなんて、なんだか光栄だよ」

鈴木「それで、僕らはどうすればいいんだ?藤山くん達の事なら神名くんや坂東くんも呼ぶが」

菊名「いや、いいよ。神名さんや坂東くんだと駄目だと思うからさ」

鈴木「?」

菊名「二人には、さ………」

菊名「俺を殺してほしいんだ」


…………………………………………

……………………

…………


230 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/04/09(日) 20:32:52.02 ID:hgRGipDPO

黒城「はああああああっ!?アンタ、そんなふざけた提案に乗ったワケ!?」

鈴木「…………ああ」

鈴木「計画は全て菊名くんが作ったそうだ。僕達の手を煩わせたくないと……」

菊名「本当は自[ピーーー]るつもりだったんだけど、それだとモノクマが許さないって言うからさ」

モノクマ「当たり前じゃん!誰かが殺せばって言ったのに……」

モノクマ「自殺もありだと、何のためにオマエラをギスギスさせたのかわからなくなっちゃうからね!」

藤山「くそっ、タチの悪ぃ…!」

菊名「でも、だからこそ、誰かが俺を殺さないといけなかったんだ……」

菊名「そうしないと、皆を救う事が出来なかったから……」

クロエ「……なるほど、それが貴女の動機というワケね」



231 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:33:38.27 ID:hgRGipDPO

クロエ「動機はわかったわ。でも、それが何故福島の死に繋がるの?」

菊名「わからないよ…!俺も、どうして福島さんが死んでいるのか…!」

鈴木「菊名くんでもわからないのか?」

菊名「うん……睡眠薬を飲んだ後、目を覚ましたらモノクマに待機してろって言われて……」

菊名「ついさっき行ってもいいって言われたからここに来たんだ」

神名「わからないのに……自分が犯人だと思うんですか?」

菊名「だってそうじゃないか!俺のワガママで福島さんが死んで!鈴木くんが疑われて!」

菊名「もう嫌なんだよ!俺のせいで皆が争うのは!」

菊名「俺が犯人なんだよ……!俺を犯人として殺してくれよぉっ!!」





モノクマ「あー、おほん。実はここに福島さんのメッセージがあるんだけど?」

モノクマ「犯人を決めるのは、それを聞いてからでも遅くないんじゃないかなぁとボクは思うよ」

坂東「は…?福島からのメッセージ?」

うんうん。と頷いたモノクマさんが取り出したのは……ボイスレコーダー?

モノクマ「ここには、福島さんが死ぬ直前に残したメッセージが入ってます!」

モノクマ「オマエラ、ぼーっとせずに心して聴くように!それでは…再生、スタート!」


232 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:35:03.32 ID:hgRGipDPO

ザーッ…



福島『あー、あー、マイクチェック、ワン、ツー!』

福島『聴こえてるかな?ちゃんと録音出来てるかな?』

福島『えーと、確認するのは面倒くさいから、このまま録音しちゃいまーす!』

福島『えっと、現時点でこれを聴いているのは、かなたからすると誰なのかがわからないんだよねー』

福島『なのでー、言いたい事はぜーんぶ言っちゃうことにしまーす!』

福島『まずはどうしよっかな?誰に向けて言おっかなー』

福島『まあまずは菊名くんだよね。多分一番驚いてるんじゃないかな?』

福島『自分を殺して。って言ったのに、かなたが死んでいるんだもんねー!』

福島『最初に言っちゃうけど、菊名くんは犯人じゃないよ!』

福島『菊名くんの事だから、自分が殺したーとか、自分を犯人にしろーって言うと思うもん!』

福島『理由はねー、今までの裁判で処刑されたのって、直接殺した人でしょ?』

福島『だから、計画を建てただけだと犯人にはならないんじゃないかな?わからないけど!』

福島『だから、もし犯人に迷ったら安心して火をつけ直したかなたにしてください!以上!』

福島『えーっと、後はどうしよっかな…』


233 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:36:08.01 ID:hgRGipDPO

福島『…あー、そろそろ息苦しくなってきちゃった。楽に死ねるって嘘だね……』

福島『かなたは、そうして逃げ続ける菊名くんが嫌いだから、こうして代わりに死ぬんだよ?』

福島『菊名くんが死んでも、皆は喜ばないから……』

福島『これがかなたのお贈りする、最初で最期の大エンタメ、だよ!』

福島『とにかく、菊名くんは皆を怖がらないで。皆は君が思ってるより優しい、からさ』

福島『後、は、みんな、なかよくしてね?』

福島『なにがあっても、しんじたいものを、しんじて……』

福島『かなたは、もうめがさめないけど、みんな、が、わらって、くれたら……』

福島『かなたが、いたことは、むだじゃないから…………』

福島『………………………………………………………』



モノクマ「……はい!これで全部です!」

菊名「福島さん…………」

鈴木「…………………………………………」

クロエ「……これで、誰が犯人かわかったわね」

藤山「福島のやつ……自分で自分を……」

守矢「この事件の真相は、福島殿の自殺であったのか……!」

黒城「でも、これで誰に投票すればいいのか決まったわね!」

神名「…………はい」

坂東「ああ…!福島の遺志は無駄にしねえぜ!投票は福島に…!」

234 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:36:35.75 ID:hgRGipDPO









モノクマ「あーその事なんだけどね?実は言ってなかったけど……」

モノクマ「共犯者の片方が何らかの理由で死亡した場合は……」

モノクマ「残っている方の共犯者をクロとして投票してもらいまーす!」










235 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:37:17.39 ID:hgRGipDPO

菊名「え…………」

神名「…………は?」

坂東「き……汚ぇぞ!テメェ、その事をわざと隠してやがったな!」

クロエ「いいえ、隠していたと言うよりは寧ろ……」

クロエ「『思いついたから今その場で追加した』。そうよね?」

藤山「ざけんじゃねえぞ!そんなの何でもアリじゃねえか!」

モノクマ「いやー酷いなーボクはただ聞かれなかったから答えなかっただけなのにー」

モノクマ「それに……教えなかったら間違えた人に投票する所だったんだよ?感謝してほしいけど……」

守矢「ふざけるのも大概にしなされ…!その様な姑息な急場凌ぎで小生らが許すとでも思っているのか!?」

モノクマ「別に許さなくてもいいよ?嫌なら犯人以外の人に投票しなよ」

モノクマ「ここではボクがルールで、ボクが絶対的な王様なんだからね?」

守矢「……くっ!」

236 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:38:02.42 ID:hgRGipDPO

モノクマ「はい!それでは投票を開始してくださーい!」

菊名「あ、ああ…!あああ…………!」

菊名「俺の……俺のせいで………!」

モノクマ「あ、投票を放棄するのはダメだからね?もし放棄したら放棄した人もオシオキするから!」

坂東「チクショウ……ちくしょおおおおおおおおおおおおお!!」

クロエ「やるしか、ないようね……」

黒城「なんかよくわかんないけど共犯者の鈴木に投票しないといけないのね!」

神名「い……嫌です!鈴木くんに投票するなんて…!」

藤山「千鶴ちゃん!?」

神名「私は…!この投票を放棄します!」

守矢「何を仰っているのです!?」

守矢「その様な事をすれば処刑すると、先程モノクマより告げられたばかりではありませぬか!」

神名「でも…!」

鈴木「…いいんだ、神名くん。どのみち僕は菊名くんを殺そうとしたんだからな」

鈴木「だから……僕に裁きを下して欲しいんだ。皆……」

神名「鈴木、くん…………」





鈴木「さあ!皆!犯人はこの僕、超高校級の学級委員である鈴木茂だ!」

鈴木「絶対に……絶対に、間違えるな!」

モノクマ「さあ!終わったみたいなので投票の結果を見てみましょう!」

モノクマ「果たして、その投票の結果は正しいのか!それとも不正解なのか、」

モノクマ「さあ……どうなんだーっ!?」



237 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:38:35.17 ID:hgRGipDPO









     V  O  T  E

  【鈴木】 【鈴木】 【鈴木】








238 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:39:03.09 ID:hgRGipDPO









  【学 級 裁 判 閉 廷! 】









239 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:39:42.08 ID:hgRGipDPO

モノクマ「はい!今回も大正解!」

モノクマ「まあ、ボクが大ヒントを与えてたり犯人が自爆した以上間違えるヤツはいないでしょうけど……」

モノクマ「超高校級の腹話術師である福島かなたさんを殺したのは、超高校級の学級委員の鈴木茂クンでしたー!」

鈴木「……………………………………………………」

藤山「鈴木、すまねぇ……」

坂東「くそ……っ、ちくしょう……っ!」

守矢「うぅっ……ぐうっ…………」

黒城「……何よコレ、せっかく犯人を当てられてアタシ達は生き残れるのに……」

黒城「なんだか……むしゃくしゃするわ」

クロエ「……珍しいわね。私も貴女と同じ意見よ」

クロエ「こんなに胸糞悪い裁決は、ね」

モノクマ「さて、長々と話してもう話す事も無さそうですので……」

モノクマ「行っちゃいましょうオシオキタイム!今回は超高校級の……」

神名「ちょ、ちょっと!ちょっと待ってください!」

神名「私には……私にはまだ聞きたいことがあるんです!」



240 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:40:14.28 ID:hgRGipDPO

モノクマ「もう!今いいところだったのに!早くね!」

神名「鈴木くん…最後に、私が聞きたい事が一つあります」

神名「どうして……誘われたからといって菊名くんを殺そうとしたんですか?」

鈴木「……君達が、羨ましかったんだ」

鈴木「僕が君達になにか出来ること…それが、菊名くんを殺す事だと思ったんだ…」

神名「そんな…………」

鈴木「だけど…それが間違いだって気づかなかった。皆と立ち向かうべきだって解れなかった……」

鈴木「皆…!もうこんなコロシアイなんて止めてくれ!誰か一人じゃなくて、皆が力を合わせるんだ!」

鈴木「それが僕からの…コロシアイの狂気に負けた愚か者からの、最期の願いだ……っ!」




モノクマ「はい!それじゃあさくっと始めましょうか!」

モノクマ「今回は超高校級の学級委員である、鈴木茂クンの為に、スペシャルなオシオキを用意しましたー!」

神名「わかり……ました……!絶対に終わらせてみせます!」

神名「だから…っ!絶望なんて、しないでください!」

神名「あなたの想いは…絶対に!私が受け継いでいきますから……!」

モノクマ「それでは張り切って参りましょう!オシオキターイム!!」

鈴木「……………………………………………………」



鈴木「……………ありがとう……………………」


241 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/04/09(日) 20:40:53.73 ID:hgRGipDPO









    GAME    OVER!

 スズキ  クンが  クロに  決定しました


  オシオキを    開始します






242 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:41:44.93 ID:hgRGipDPO

『学校のカイダン』
『超高校級の学級委員鈴木茂処刑執行』

がらんとした教室の中、鈴木クンが独りでぽつんと立っています。
すると、教師姿のモノクマが入ってきて場面が転換していきます。

変わった場面はトイレの用な場所。その一室から不気味な姿のモノクマが鈴木クンに襲いかかります。

しかし間一髪避けられました…避けた先には通路がありました

鈴木クンが振り向くと、後ろから上半身だけのモノクマが、物凄い速さで追ってきています!
全力で逃げる鈴木クン。走り続けた先で空いている部屋を見つけました。

空き部屋の中にあったのは無数の肖像画…
その一つ一つの両目がグルグルと回転するように光り輝いて…

鈴木クンの目が覚めたのは、最初にいた教室の中。そこには肖像画はおろか、モノクマすらありませんでした。

鈴木クンは不思議そうに辺りを見渡しますが、教室には何もありませんし、何も起こりませんでした。

なんだったのか、と、部屋から出ようとして、ゆっくりと扉を開いて……



扉に挟まっていた、上から落ちてきたプレス機に押し潰されてしまいました。

学校の七不思議って、大抵七つも無いんですよね

243 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:43:08.82 ID:hgRGipDPO

モノクマ「ひゃっはーっ!えっくすっとりーーーむっ!」

モノクマ「いやーぐだぐだだから終わるとスッとするね!それにしても菊名クンはお手柄だね!」

モノクマ「回りの不和を生んで、その上二人も消し去るなんてなかなか出来る事じゃないよ!」

モノクマ「本当菊名クンは今回のMVPだよ!流石は卑怯卑劣な裏切者……」

菊名「……黙れ」

モノクマ「はにゃん?」

菊名「俺はもう逃げない……もう弱さから目を背けない……」

菊名「自分の醜さを引き摺って……絶対にお前をここに引きずり出してみせる!」

モノクマ「…ぷっ!うぷぷっ!ぶひゃひゃひゃひゃひゃ!あーっはっはっは!」

モノクマ「ま、まさか菊名クンがそんな事を言うなんてね!おかしくってボクのお腹が痛いよ!」

モノクマ「やれるものならやってみたらどう?勿論ボクじゃなくて皆が黙っていないよ!」

モノクマ「大切なお仲間を二人も殺した菊名クンなんて、だ〜れも信じる訳ないじゃん!」

モノクマ「また騙して裏切って蹴落として自分だけ生き延びるんでしょ?知ってる知ってる」

モノクマ「ま、ボクがどうこうしなくても菊名クンなんてその内誰かに殺されると思うから……」

モノクマ「勝手に自滅して、勝手に自己嫌悪していてくださーい!」

モノクマ「あーっはっはっは!あーっははははははははは!」



244 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:44:02.29 ID:hgRGipDPO

坂東「笑うんじゃねぇよ……!」

モノクマ「ん?なんか言った?」

坂東「笑うんじゃねぇよ!コイツの覚悟を!菊名の叫びを!」

坂東「テメーみてぇなコソコソ隠れてる卑怯者がなっ!」

菊名「坂東くん……」

神名「……ええ、そうですよ。菊名さんの叫び、私にはしっかり聞こえました」

神名「それを嘲う権利は私にも、ましてやあなたにはありません……」

神名「これ以上…福島さんや鈴木くんの想いを踏みにじるのは許しませんから…!」

神名「二人の命を弄んだあなたには!モノクマっ!」

菊名「神名さん…!」

モノクマ「あれ?まさかの反抗期!?」

モノクマ「ぶひゃひゃっ!菊名クンなんて信じられるワケないじゃん!」

モノクマ「どうせ裏切られるよ!それに二人しか信じていないみたいだし……」


245 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:44:53.11 ID:hgRGipDPO

藤山「……いや、坂東と千鶴ちゃんだけじゃねえぜ」

守矢「……小生は、本当に守るべき者を敵として見ていたのですな……」

黒城「アタシはどっちでもいいけど、面白そうな方の味方よ!」

モノクマ「……あれ?」

クロエ「…私は別に情にほだされたりしたわけじゃないけれど……」

クロエ「一介の商人として、そして一人の人間として……貴方のやった行いは許す事は出来ないわ」

クロエ「ルールを破った事は、ね」

神名「クロエさん!」

クロエ「だから、アンタ達にほだされたワケじゃないってば……もう」

モノクマ「あれ?あれれれ!?」

モノクマ「オマエラそんなに仲良くないでしょ!?もっといがみ合えよ!」

神名「確かに、あなたと言う通り前までの私達は結束の薄い集団でした」

神名「だけど…!福島さんと鈴木くん、二人の遺した想いが私を……皆の心を動かしたんです!」

神名「二人の死は、決して無駄ではありません!」

モノクマ「ぐぬぬ……ふーんだ!いいもんね!」

モノクマ「オマエラ!今回も明日に新しいエリアを解放するけど……」

モノクマ「そこがこの樹海の最後のエリアだよ!良かったね!」

藤山「なっ!?マジかよ!」

クロエ「終わりが見えてきたわね。外に出られるとは思えないけど……」

モノクマ「まあ、それは明日のお楽しみにしたらどう?それじゃあボクは帰るからね〜!」

守矢「最後のエリア……そこに何があるのでしょうか……」

坂東「何でもいいぜ!やっとこの鬱陶しい森ん中から出られるのか…!」

黒城「そろそろ日光が恋しいわ!黒魔術の次は白魔術でも習おうかしら……」

次に解放されるのが最後のエリア…この樹海の終着点……

そこにはなにがあるのでしょう?私達の望む外の世界なのか、それとも……

先は不安ばかりですが、今は団結する事が出来たのが嬉しいです

もう誰も欠けさせません。もう誰も殺し合わせたりなんてさせません

福島さんの祈りも、鈴木くんの願いも、私達が生き残って繋いでみせます……

それが、生き残っている私達の使命なんですから!


246 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:45:50.76 ID:hgRGipDPO

――『???』――



モノクマ「うぷぷぷ……!面白くなってきたねぇ!」

モノクマ「まあ、今更菊名クンを生かす必要も無いし?こっちとしても都合のいい展開でもあるけど……」

モノクマ「だからこそ、『これ』をどうにかするべきなんだよねぇ……」

モノクマ「ま、そこら辺はおいおい考えるとして……」

モノクマ「今はこの状況を楽しまなくっちゃね!精一杯にさ!」

モノクマ「漸くここまでこれたよ…本当に長かったね……後少しで……」

モノクマ「物語はいよいよ佳境に差し掛かって、今を生きる者はかつての仲間を省みて進む……」

モノクマ?「その先に待つ景色は…本当に求めていたものなのか?」

モノクマ?「待ち受ける真実は、本当に皆の探していたものなのか?」

モノクマ?「真実を知る者は、玉座にて探求者を待ち受ける……なんてね!」

モノクマ?「うぷぷっ…!うぷぷぷぷぷぷぷぷぷっ……!」

???「あーっはっはっは!あーっはっはっはっはっはっはっは!」



……………To be continued………………
247 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/09(日) 20:47:14.65 ID:hgRGipDPO









【Chapter4】
  涙知らずのロスチャイルド【了】

       生存人数
      9−2=7人









248 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/04/09(日) 20:47:50.35 ID:hgRGipDPO


アイテム:スマイルパペット GET!
解説:笑顔の眩しい動物型ぬいぐるみ。全25種類。
   笑えるというのは人だけの特権。持ち主の少女は、世界を喜びの笑顔で溢れさせたかった。


アイテム:誇りの腕章 GET!
解説:とある名門校の学級委員、その一握りのみが着用を許される腕章。
   持ち主がいなくとも、持ち主の願い、想い、誇りは決して消え失せない。



249 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/04/09(日) 20:53:48.54 ID:hgRGipDPO

本日はここまでです。ありがとうございました

今後の展開は始めた頃からやりたかった部分でもあるので、頑張って書き上げたいなと思います

勿論、当初と比べると変更を重ねたり、生き残りすら当初とはかけ離れたものになりましたけど……

ところで、埋めネタとしてリクエストされていた生徒の容姿についての設定ですが、公開した方がいいですか?

自分は体格等以外は見る人にお任せするというスタンスなのですが、自分の中の設定で良ければ公開します

それ以外の意見や要望、感想などもお待ちしております

250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/09(日) 20:58:55.29 ID:9/GYhXSJo
乙でした
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/09(日) 21:10:43.12 ID:ysxvSfaDO

個人的には見てみたいけど、作者さんや他の人に任せます
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/10(月) 00:09:47.84 ID:16HxL46N0

いよいよ佳境ですねこれからも期待してます
(容姿については公開してほしいかな?)
253 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:14:23.24 ID:DGZBKkcLO
お待たせしました。それでは新章を開始します
254 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:14:59.76 ID:DGZBKkcLO

〜〜【モノクマ劇場】〜〜

モノクマ「えー、今日は先生らしく、需要と供給のお話でもしようかな!」

モノクマ「需要というのは欲しいと思う欲求であり、供給というのはその欲求に答えるために与える事だね」

モノクマ「つまり、世の中は何でも需要と供給で回っているんだよ!」

モノクマ「もえないゴミもゴミ処理場の人達が喜んで貰っていってくれます!」

モノクマ「仕事の無い方々も黒い企業が手を差しのべてくれるのです!」

モノクマ「……え?前までの謎ポエムは誰の需要なんだって?」

モノクマ「……………………………………………」

モノクマ「あ!ボク食べられたいシャケの需要を満たしておかないといけないんだった!」


255 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:15:34.40 ID:DGZBKkcLO

――『事件後 菊名の部屋』――

守矢「……本当に、良いのですな?」

菊名「……ああ」

菊名「もう、俺には必要ないからさ」

藤山「そうかよ。勿体ねえな」

藤山「ったく、いきなり呼び出したかと思えば……なんかあったのか?」

菊名「まあ、心境の変化っていうか、覚悟を決めたっていうか……」

菊名「詳しいことは、明日に皆の前で話すから…今は、何も聞かないで欲しいな」

藤山「……へっ、わーったよ」

守矢「守秘義務くらいは守りますぞ!」

菊名「ふふっ、ありがとう」

菊名「それじゃあ守矢くん、藤山くん。よろしくね」

守矢「……承知しました」

藤山「おう、動くなよ…!」


…………………………

……………

……



256 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:16:09.48 ID:DGZBKkcLO









【Chapter5】
  神の名は









257 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:16:51.84 ID:DGZBKkcLO

――『食堂』――

神名「皆さん、おはようございます」

坂東「うーっす!おはよう神名!」

黒城「さあ!さっさとこの鬱陶しい森から脱出するわよ!」

黒城「一秒でもここから速く出て、この黒城様の素晴らしい魔術を世間に知らしめるのよ!」

クロエ「まだ全員が揃っていないじゃない。焦らなくてもいいわ」

黒城「モノクマに出口を隠されちゃうかもしれないじゃない!」

クロエ「そんな事をするくらいならわざわざ次が最後、なんて言わないわよ」

クロエ「これが最後なのよ?焦らずに余裕を持って行動しなさい」

黒城「ぐぬぬ……この鉄女。前なら絶対に言わないような事を……」

坂東「クロエも俺達と打ち解けて来たっつー事だろ!良いことじゃねえか!」

クロエ「止めなさい」

神名「ふふっ、クロエさんも随分柔らかくなりましたね」

クロエ「止めなさいってば!」

でも、次が最後なら慎重に行動しないといけませんよね

ここまで来て足元を掬われる、なんて嫌ですもんね


258 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:17:23.36 ID:DGZBKkcLO

黒城「ってあれ?藤山と守矢はどこよ」

坂東「…菊名のヤツ、遅いな……」

……確かに遅いですね。三人は普段は早い時刻で起きてくるのに………

黒城「まさかモノクマに裏切者として処分されたとか!?」

坂東「何ぃ!?」

クロエ「昨日の様子を見る限り、それは無いと思うけど……」

坂東「でもよ、万が一ってのもあるかもしれねぇぜ?」

神名「私、様子を見に行ってきます!」

坂東「俺も行くぜ!何があるかわか……」

藤山「あ?なんだか騒がしくねえか?」

守矢「おはようございます……何かありましたか?」

坂東「……ってうおっ!?」

守矢「どうされました……まるで鳩が豆鉄砲で撃たれた様な顔をして……」

神名「今、皆で心配していたんですよ?三人に何かあったんじゃないかって……」

藤山「皆?クロエや黒城も俺らの心配してくれたのか?」

クロエ「そんな訳ないわ」

黒城「べ、別にモノクマに始末されてるかもなんて思ってないんだからね!」

藤山「サンキュークロエ!お前も随分と丸くなったな!」

クロエ「……ふん」

黒城「藤山!アタシを無視してんじゃないわよ!」

藤山「あーはいはい。どうもどうも」

黒城「適当過ぎるわよ!もっと頭を垂れて号泣しなさい!」

藤山「何でだよ!?」

259 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:18:37.35 ID:DGZBKkcLO

神名「あれ?お二人は菊名さんを見ませんでしたか?」

藤山「ああ、菊名か、それなら……」

守矢「………………くくくっ」

藤山「おい、笑うんじゃねえよ……くっ」

黒城「?アンタ達何で薄笑い浮かべてんのよ、気持ち悪い」

坂東「テメーら……昨日言った事忘れたとは言わせねーぞ!」

藤山「わかってるって。でもお前ら……」

藤山「………絶対に驚くぜ?」

坂東「はぁ?」

クロエ「驚く……?」

神名「それってどういう………」

藤山「まぁそれは見てからのお楽しみっつー事だな!」

守矢「では、小生が連れて参りましょうか………くくくっ」

黒城「?」

坂東「何なんだよいったい………」

クロエ「菊名に何があったのかしら……」

黒城「わかったわ!イメチェンに大失敗したのよ!」

神名「まさかそんな……」

坂東「だとしても笑うなよ…フォローしてやらねぇといけねぇだろ」

坂東「それに、イメチェンを笑うなんて二人も酷え事するなよ!」

クロエ「そうね。女子の容姿について笑うのは外道のする事よ」

藤山「まあまあ…おっ、来たぜ」

守矢「皆様、連れてきましたぞ!」


260 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:19:36.44 ID:DGZBKkcLO

菊名「あっ、えっと、えっと………」

菊名「お、おはよう…ございます………」

神名「あ、おはようご、ざ………!?」

坂東「……は?」

クロエ「……えっ?」

黒城「………………だ、」

黒城「誰よアンターーーーーッ!?」

目の前にいたのは、間違いなく菊名さんでした

でも、その姿は、今までのものとは遠くかけ離れたものでした

髪はバッサリと切られて肩に掛かるくらいの短さになってる上、服装も女子の制服から男子に変わっています…

その姿はまるで、年頃の男の子の様な…

菊名「あはは…びっくりした?」

藤山「………ぶっ!はっはっはっは!あー面白れぇー!」

守矢「くははははははっ!皆様の驚いた顔、とても見事でございますなぁ!」

坂東「な、なんだよ菊名っ!おい!」

黒城「もうこれイメチェンのレベルじゃ無いわよーーー!?」

クロエ「どういう事…?いったい何が起きているの……」

神名「菊名さん…?菊名さんですよね?」

菊名「うん、そうだよ。でも……」


261 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:20:10.90 ID:DGZBKkcLO

菊名「この機会に、改めて自己紹介した方がいいよね」

菊名「俺の名前は菊名幸路……」

菊名「超高校級の幸運として、この学園に入学しました」

菊名「皆さん、どうかよろしくお願いします!」

菊名「……へへっ」



【超高校級の幸運】
  菊名 幸路(きくな ゆきじ)



自己紹介を終えて、照れたように笑うその姿は……

間違いなく、今まで私の見てきた菊名さんの笑顔でした


262 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:20:50.07 ID:DGZBKkcLO

菊名「と、言うわけで…これからよろしくね、皆」

黒城「よろしくねー、じゃないわよこの変質者!アンタ、ホントは男なの!?」

菊名「う、うん」

黒城「きゃー!男なのに女子の格好してるなんて変態じゃない!襲われるー!汚されるー!!」

坂東「襲わねぇ、とは、思うけどよ……」

坂東「なんで今の今まで女の格好してたんだよ!?」

菊名「一応、これには深いわけが……」

黒城「なーにが深いわけよ!どうせオンナの格好するのが快感で見られて興奮してたんでしょ!」

菊名「そんな事ないよ!?」

黒城「ウソよ!あるのよ!!ありありなのよ!!!」

黒城「こうなったら去勢して本当のオンナノコに…きゃぶっ!?」

クロエ「そこまでにしなさい」

なんだかおかしな方向に向かっていく黒城さんを嗜めたのは、意外にもクロエさんでした



263 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:21:23.97 ID:DGZBKkcLO

黒城「痛ったいわね…! いきなりなにすんのよアンタ!」

クロエ「黙ってなさい…」

クロエ「菊名、貴方はその秘密を打ち明けない事だって出来たはずよ」

クロエ「どうして、わざわざ私達に軽蔑される様な事を打ち明けたのかしら?」

菊名「…俺はもう逃げたくないんだ。皆を騙して、取り繕うのはもう嫌だ」

菊名「だから…俺の、本当の姿を皆には見て欲しかったんだよ」

坂東「菊名………」

クロエ「……自分の危険を冒してまで本当の事を話したのなら、信じてみてもいいと思わない?」

坂東「…そうだな! よく言ってくれたぜ菊名!」

神名「はい。私たちにもう隠し事をしたくないんですよね」

黒城「な、なによ…アンタ達、そうやって結託してアタシを仲間はずれにして…」

黒城「わかったわよー! 信じりゃいいんでしょ信、じれ、ば!」

藤山「おーし!全員いんだし早速最後のフロアの探検といこうぜ!」

守矢「これが最後です…心して参りましょうか!」



↓1一緒に探索する生徒を選んでください
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/16(日) 18:23:10.83 ID:5+1iuIrDO
菊名
265 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:37:43.91 ID:DGZBKkcLO

菊名「神名さんっ!」

神名「はい、何でしょうか?」

菊名「よ、良かったらなんだけどさ…俺と一緒に行かない?」

神名「いいですよ」

菊名「本当!?」

菊名「良かった…嫌われちゃったらどうしようって思ってたから…」

神名「正直に話したのに、そんな事する訳無いじゃないですか!」

神名「菊名くんのその姿…とても可愛いですよ?」

菊名「ありがと…出来れば格好いいの方が良かったかな……」

菊名さん……いや、菊名くんの綻んだ笑顔は今まで見てきたものでした

でも、目の前の少年からは昨日とは違う意思の強さも感じます

ここからが菊名くんのスタート…その初めてを、今から私が一緒に歩くんですね

神名「それでは行きましょうか…最後の階層へ!」

菊名「うん!」



1:屋上庭園
2:管理センター
3:???
↓1
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/16(日) 18:41:33.08 ID:Dm01LcI2o
267 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 18:50:09.03 ID:DGZBKkcLO

――『屋上庭園』――

菊名「うわっ…!」

神名「ここは…」

五階にある扉の1つ。それを開くと、目に入ってきたのは広大な空間でした

だけど、壁づたいに伸びる巨大な樹木。地面に生い茂る雑草。そして、何も無いがらりとした空間……

菊名「何だろう……なんだか、寂しいような気がする……」

神名「……ええ、私も、何故かそんな気がします」

菊名「ここは何のための部屋なのかな…」

神名「さあ……?」

これだけ巨大な空間なのに、その他には何も無いなんて不自然ですよね……

でも、ここで何があったのか。それを知るには情報が足りていませんね

神名「……この部屋には怪しい所は無さそうですね」

菊名「そうだね。いこうか」



1:管理センター
2:???
↓1
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/16(日) 18:51:18.64 ID:Dm01LcI2o
269 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 20:51:26.85 ID:DGZBKkcLO

――『管理センター』――

神名「ここ、は………………」

菊名「…………酷い……………………!」

部屋に入ってきた私の目に飛び込んできたのは、数多くの顔写真でした

だけど、その写真は普通ではなくて、顔の部分には赤い絵の具で×印が描かれている遺影でした

そして、その写真に写っていたのは……小田切くん。江野森さん。糸長くん。千里山くん。

黒崎さん。射和くん。夜桜さん。福島さん。鈴木くん……

ここは、管理センターとは名ばかりの、事実上の霊安室でした……

神名「こんなの、皆が浮かばれる訳無いじゃないですか!」

菊名「何が管理センターだよ…!」

モノクマ「ちょっとちょっと!希望ヶ峰学園にそんな物騒なところがあるわけ無いじゃん!」

モノクマ「ここは誰がなんと言おうと管理センターなの!はい復唱!」

神名「…?そもそも、ここは希望ヶ峰学園ではないですよね?」

モノクマ「うぷぷっ!果たして本当にそうなのかな?」

モノクマ「それじゃあヒントタイムはここまで、じゃあね!」

菊名「…?何だったんだろう…?」

神名「さあ…?」

ここが希望ヶ峰学園な訳がありません。だって私達が入学したのは、ほんの数ヵ月前の事です

その時の学園は、輝く様な姿を見せていましたし…こんな廃墟染みた場所とは思えませんからね

…ほんの数ヵ月で、こんなに亡くなってしまったんですね…

神名「……そろそろ行きましょうか」

菊名「そうだね…あんまり居たい所じゃないしね」




270 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 20:51:52.08 ID:DGZBKkcLO

――『???』――

神名「………………え?」

菊名「? 神名さん。どうかした?」

この部屋に足を踏み入れた瞬間。何故かはわかりませんが強い確信を覚えました

一面真っ白なタイルで覆われた簡素極まりない部屋ですが、そんな事よりも……

神名「なんで……ここに…………?」

そう。この部屋は……私が最初に目を覚ました場所でした

菊名「……さん!神名さん!?」

神名「……あっ!?すみません!」

いけないいけない……ついぼんやりと考え込んでしまいました

……この違和感は、後で皆の前で話すべきですね。今伝えても混乱してしまうだけでしょうし

神名「……あれ、あそこに何か置かれてありますね」

菊名「本当だ……ちょっと取ってくるよ」

菊名「…………取ってきたよ。でも…………」

神名「……これは、英語ですか?」

菊名「そうかも……後でクロエさんに翻訳して貰わないとね」

では、これは後で発表するとして……

神名「ここで目ぼしい所は全て調べ終わりましたし、戻りましょうか」

菊名「そうだね、早くしないと皆に怒られちゃいそうだし」

…………………………

………………

………

271 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 20:52:18.50 ID:DGZBKkcLO

――『食堂』――

神名「えー、ここに第五回探索結果発表会を開始したいと思います!」

黒城「開始したいも何も結局出口なんて無かったじゃない!」

守矢「ですが、何も無い訳ではありませんでしたな。それを各々で発表していきましょうか」

坂東「おっし、なら最初は俺から行かせて貰うぜ」

坂東「五階は草木の量が凄くてよ。引き剥がすのに苦労するんだ。だからまだ見てねぇ部屋とかあるかもな」

守矢「そこは小生と坂東殿がなんとかしておきますぞ」

坂東「そういやよー、あのだだっ広い部屋はなんなんだ?」

菊名「倉庫……とかじゃないよね。普通は一階に置くし」

藤山「わかんねぇなら後回しでもいいんじゃねえか?」

クロエ「他に気になるのは、あの悪趣味極まる霊安室ね」

藤山「死んだ連中を馬鹿にしやがって…黒幕は絶対にぶちのめすからな…!」

黒城「そうね…アタシの蘇生魔術も効かなかったわ。恐らく何らかの細工をしている可能性も…」

藤山「いや、それはない」

神名「あ、あの……私も1つ聞いてもいいでしょうか?」

守矢「どうなされました?」

神名「あの一面真っ白な部屋……あそこに心当たりのある人はいますか?」

黒城「はぁ?何いってんの?」

藤山「悪いけど、なんもわかんねーな」

……どうやら、他の人には違和感は無いみたいですね

クロエ「…さて、これで終わりみたい…」

菊名「あっ、待って!クロエさんに見て貰いたいものがあるんだけど…」

272 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 20:52:53.56 ID:DGZBKkcLO

クロエ「……私に?」

菊名「うん。これなんだけど……」

黒城「何よソレ。機密文書?」

坂東「が、外国語かよ…俺、英語は苦手なんだよなぁ」

守矢「ふはは。小生は勉学は得意と自負しておりますぞ!」

藤山「ホントかよ!そのナリでか?」

守矢「そんな風に人を見た目で判断しないでくだされ!」

クロエ「……少し貸して。やれる限り翻訳してみるわ」

神名「出来るんですか?」

クロエ「アラ、私を誰だと思っているのかしら?」

クロエ「世界各地を渡り歩くFA財閥の令嬢を、余り舐めないで貰いたいわね」

黒城「アタシだって世界を飛び回ってるわよ!よく強制送還されるけど!」

藤山「なんの自慢にもなんねーよ!」

坂東「つーか何やらかしてんだよ!?」

黒城「それはね…………!」

クロエ「取り合えず表紙は訳せたわ」

黒城「アタシの話をぶったぎってんじゃないわよーーー!!」

神名「えーっと、何々…………」
273 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 20:54:33.35 ID:DGZBKkcLO









神名「……『ゴフェル計画』…………?」









274 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/16(日) 20:57:12.96 ID:DGZBKkcLO
本日はここまで。ありがとうございました
途中でデータ吹き飛んでしまい、遅くなってしまいました……
因みに、この部分は初期から一番変わった部分でもあります
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/16(日) 21:01:40.70 ID:Dm01LcI2o
乙でした
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/16(日) 23:22:11.26 ID:5+1iuIrDO
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 22:22:02.96 ID:xWui4DLko
本編終わったら初期構想も見たいな
278 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/04/22(土) 21:39:48.91 ID:IkxAZiWQO
明日の昼頃に安価有りで進めます
もしお暇なら是非ともご参加ください
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/22(土) 22:17:50.66 ID:WbqylJFwo
待ってます
280 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 15:19:24.12 ID:i2hjYH9ZO
お待たせしました。再開します
此方の時間の都合上、5章はかなり高速で進めます。ご了承ください…
281 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 15:20:02.67 ID:i2hjYH9ZO

坂東「ご……ごふぇ……なんだって?」

黒城「ゴフェル……ノアの方舟の材料ね」

守矢「ノアの方舟……ですかな?」

藤山「何だよそれ?」

黒城「え?もしかしてアンタ達、ノアの方舟も知らないの?」

ノアの方舟……名前だけは聞いた事がありますけど、いざ聞かれるとなると……

神名「……すみません。知らないです……」

坂東「俺も知らねー」

菊名「俺も……」

黒城「え!?何々!?アタシしか知らないの!?ノアの方舟!!」

黒城「しょーがないわね!アタシがノアの方舟についてレクチャーしてあげるんだから!」

クロエ「私は知っているのだけれど…翻訳中に騒がれても面倒ね」

クロエ「黒城、少し話してて」

黒城「ふっふっふー!ようやくアタシの出番ってワケね!」

黒城「座して聞きなさい!」

坂東「いいから早く言えよ!」

282 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 15:20:43.76 ID:i2hjYH9ZO

黒城「まず、ノアの方舟は旧約聖書にて描かれている神話ね」

黒城「旧約聖書については…言わなくてもいいわよね?」

藤山「そ、そうだな……」

菊名「脱線しそうだしね…」

黒城「まあいいわ。その中でノアの方舟は創世神話のジャンルになるの」

黒城「本当は詳しく話したいのだけど…」

クロエ「ダメよ。五分以内で済ませなさい」

黒城「チッ、仕方ないわね…」

黒城「ざっくり言っちゃうと、神様が人間多過ぎだから洪水を起こすって…」

神名「どうして神様がそんな事をするんですかっ!?」

信じられません…!人が邪魔だから洪水を起こすなんて酷すぎます!それが神様のやる事ですか!?

黒城「知らないわよそんなの!そういう神話なんだから仕方ないじゃない!」

黒城「で、ノアってジジイに洪水を起こす事を伝えて…」

神名「神様の言葉は統べての人々に伝えるべきです!一人の人間だけが神託を受けるのは……」

黒城「あーもう!黙ってて!全く進まないじゃない!」

守矢「神名殿、少し失礼」

なんですか!?私は教祖として、この神話を許す訳には……!


283 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 15:21:29.68 ID:i2hjYH9ZO

ぴとっ

神名「え?」

守矢「ほれ、こうすれば神名殿も大丈夫でしょう」

守矢くんが近付くと、私の耳に守矢くんの大きな手が添えられていて……

菊名「もっ、守矢くん!?」

坂東「なっ…!ななな、何してんだよ!」

守矢「耳栓ですぞ!こうすれば黒城殿の声も伝わりますまい」

神名「?」

……?菊名くんと坂東くんがあたふたしてますけど、何かあったんでしょうか

菊名「うわあ…!」

藤山「おっいいじゃねえか!千鶴ちゃんのきょとんとした顔、中々いいぜ!」

坂東「そ、そうやって女子の身体に気安く触れるのは止めろって!」

黒城「ちょっと!ここにもその可愛い女子がいるんですけど!」

坂東「あ、そうだな」

黒城「軽いっ!?」

クロエ「くだらない寸劇はいいから、早く話を進めなさい」

黒城「そんなぁ…アタシは真面目にやってるのにいぃぃ……くすんっ」

神名「???」
284 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 15:22:06.04 ID:i2hjYH9ZO

黒城「まあいいわ!話を続けるわよ」

黒城「そのノアは、全ての動物と自分の両親だけが乗れる方舟を造るの」

神名「!」

! 正さねばならない気配がします!

藤山「おい守矢!しっかり塞いどけよ千鶴ちゃんの目がおかしいぞ!?」

守矢「バカな……音は完全に遮断出来ているはず……」

菊名「まさか……感覚だけで!?」

坂東「嘘だろ…!?格闘家でも無い神名がそんな技を使えるなんてよ……!」

藤山「いやそうじゃねえ、千鶴ちゃんだからこそ、だろうな」

菊名「神名さんの教祖としての才能が、人の限界を越えた超感覚として発現したんだろうね……」

守矢「流石は神名殿……教祖としての名は伊達でないという事ですな」

黒城「………………………………………………」
285 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 15:22:48.59 ID:i2hjYH9ZO

黒城「なんやかんやあって人類は衰退しました!でもノアの方舟に乗っていた親と動物は無事でした!終了!」

坂東「速えーよ!手抜きじゃねーか!」

藤山「やっぱり黒城じゃこんなもんだよな……」

黒城「うるさーーーい!!アタシを無視して盛り上がってんじゃないわよ!!」

菊名「ご、ごめんね?」

藤山「悪い悪い。てかどこまで話してたか覚えてねえからもう一回頼むわ」

守矢「お願いしますぞ!黒城殿!」

黒城「やらないわよ!もう知らない!」

黒城「そんなに詳しく知りたいなら、後で図書室で自分で調べなさい!」

神名「あの、どうしたんですか?」

守矢「失礼。今離しますぞ」

黒城「アタシ超高校級のオカルトマニアなのにぃ〜〜〜!!」

クロエ「……終わったわ。案外時間を使ってしまったわね…………」

286 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 15:23:39.81 ID:i2hjYH9ZO

藤山「おっ!どうなんだ!?」

クロエ「ええ、さっきの黒城の話に出てきたノアの方舟にもあるけど…」

クロエ「このゴフェル計画は、人類の種の保存を目的とした計画であるという事がわかったわ」

神名「人類…?保存…?」

菊名「あ…神名さんは黒城さんの話を聞いて無かったんだよね」

坂東「もう一回やり直してくれるか?」

黒城「もうしないわよ!」

クロエ「だけど、それ以上の事は解らなかったわ。ごめんなさい」

守矢「いえいえ、それだけでも十分な成果と言えるでしょう」

坂東「つってもよ…なんでそんな計画がこんなトコにあるんだよ?」

藤山「そのゴフェル計画が、こんな廃墟染みた場所と関係あるとは思えねーな」

黒城「わからない事だらけじゃない!どうすりゃいいのよ!?」

菊名「いや……あいつなら知っているかもしれない」

神名「えっ…!?誰ですか!?」

菊名「……モノクマだよ」



287 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 15:24:27.54 ID:i2hjYH9ZO

神名「モノクマ…………!」

確かに、私たちをここに連れてきたモノクマならばゴフェル計画について知っている可能性は高いですね……

藤山「そういやよ、モノクマって結局何モンなんだ?」

黒城「きっと中の人がいるのよ!そいつが黒幕に決まってるわ!」

坂東「……で、それって誰だよ?」

黒城「知ってるわけないじゃない!」

クロエ「だけど…黒幕がこの施設内にいる事は確かよ」

守矢「それもそうですな!でなければモノクマの操作もままなりますまい」

坂東「しゃあっ!ここにいる黒幕を見つけてぶちのめす!それが俺達の最後の目的だぜっ!」

菊名「が、頑張るぞっ!おー!」

黒城「はぁ?何言ってんの、こいつ……」

神名「頑張るぞーっ!おー!」

藤山「おーっ!やってやるぜ!」

守矢「おー!ですぞ!」

坂東「しゃーっ!」

クロエ「ふふっ。……どうするの?」

黒城「え?あ、ええっと、お、おー!」

全員が空に向かって拳を突き上げ、決意を新たに固めます

黒幕を倒す。その想いは、今までの私達では出来なかったでしょう

これは、福島さんと鈴木くんの遺した願いが叶えたんです……絶対に私達はここから出て見せます!


288 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 15:25:19.42 ID:i2hjYH9ZO

あの後、皆は各自で自分が出来る事をする。と食堂から飛び出ていきました

残っているのは、ゴフェル計画の話についていけなかった私だけですね

神名「……私は何をしましょうか」

皆が必死で頑張っているのに、自分だけ部屋でごろごろするのもダメですよね

かといって、私だけが勝手に行動して皆の足を引っ張るのもいけませんし……

……ここはやっぱり

神名「……皆の所に行きましょうか!」

さて……どこへ行きましょう?



※注意
一つの選択肢につき一人が対応しています。一度選ぶと再度選べません
一日につき三回まで。全て選ぶと次のステップへと進みます

1:新しい場所は見つかりましたか?
2:図書室でノアの方舟の復習でもしましょうか…
3:最終決戦に向けて、気合いとやる気は充分ですね!
4:見回りですか?手伝いますよ
5:機械を組み立てて、簡単な武器にするんですね
6:……どうしてここに?
↓1
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/23(日) 15:25:49.20 ID:JFThs0BFo
290 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 15:59:10.69 ID:i2hjYH9ZO

――『図書室』――

クロエ「………………………………」

ノアの方舟…守矢くんが耳を塞いでいたからよくわからなかったんですよね

図書室にいけば資料があるかな、と立ち寄ってみたのですが……

神名「あ、クロエさんもノアの方舟について調べているんですか?」

クロエ「貴女と一緒にしないで頂戴」

一刀両断されました

神名「えーと、それではどうしてクロエさんはここへ?」

クロエ「これを見にきたのよ」

そういって見せてきた古い本……あれ?こんな本前に調べた時には無かった気が……

神名「あの、その本はどこから…?」

クロエ「千里山の個室よ。…どうやら、死亡した生徒の部屋は開錠され続けているみたいね」

千里山くん…そういえば、歴史的な価値のある本は自分が保管しているって言っていましたっけ……

神名「…すみません。私も一緒に見て大丈夫ですか?」

クロエ「構わないわ。私はもう既に読み終わっているもの」

神名「それでは、お隣失礼しますね……」

291 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 16:01:35.34 ID:i2hjYH9ZO

神名「……世界の終焉?」

クロエさんの持っていた本は、一種の予言書でした

でも、その予言はとても荒唐無稽なものとしか言いようがなくて……

神名「……なんですか?これ」

クロエ「私の趣味よ。悪い?」

神名「悪いと言うより……クロエさんってこういうのが好きなんですね」

クロエ「いいじゃない。有り得ない事を俯瞰するのは、心がざわつくわ」

クロエ「……まあ、この状況こそが普通なら有り得ない事なのだけれどね」

神名「そうですね……」

クロエ「…私が貴女達と協力しよう。なんて、前までの私じゃ考えられないわね」

神名「えっ?」

クロエ「不思議な気持ちよ…どこかのバカが私にしつこく仲良くしろ、なんて言うから……」

クロエ「…もうそいつは居ないのに、ね」

それって…………

クロエ「フフ、何でかしらね?もう仲良くする必要も無いのに貴女達と共に戦うなんて……」

神名「クロエさん…………」

クロエ「……もう戻るわ。その本は貴女に貸しておくから……」

…最初の頃は私達を見下していた彼女が、ここまで私と雑談に興じるなんて

きっとそれは、ここに来てからの交流で彼女も変わっていったんでしょう

……射和さん。あなたの存在が、彼女を変えてくれたんです

【クロエ・ファウラーとのイベントを終了します……】
292 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 16:02:34.11 ID:i2hjYH9ZO
>>288の中から、一つ選んでください
※選択済:2(クロエ)
↓1
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/23(日) 16:04:53.91 ID:TtH6SW8I0
294 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 16:48:32.18 ID:i2hjYH9ZO

――『一階 空き教室』――

菊名「………………………………」

神名「……あれ?菊名くん?」

菊名「あっ……神名さん…………」

ふと教室の中を覗くと、菊名くんが教室の中にいるのを見つけました

こんな所に独りで居るなんて……何かあるのでしょうか?

神名「……どうして、こんな所に?」

菊名「えっと…ここって、初めて事件が起きた場所だよね」

菊名「今は全員が団結しているけど…もしもっと早くに皆が団結出来ていたらって思うと……」

菊名「だから、ここに来れば何かわかるかなって思ったんだけど……」

……初めての事件。それは江野森さんが小田切くんを殺害した事件

あの時、私は必死になって矛盾を論破していきました。まさか何度も経験するとは知らずに……

千里山くんや夜桜さん。鈴木くん……

糸長くんに黒崎さん。そして射和さんに福島さん……

皆と一緒に出たかったのに、もうこんなに減ってしまったんですね……


295 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 16:49:02.72 ID:i2hjYH9ZO

菊名「…もう、誰もいなくならないよね」

神名「……はい」

菊名「もう、コロシアイなんて起きないんだよね?」

神名「……ええ」

菊名「……俺、怖いんだ。何度もそう思っていたのに、何度も学級裁判が開かれるなんてさ」

菊名「だから、俺の命を犠牲にして皆を脱出させようと思ったんだ……」

それが、菊名くんの動機……

菊名「でも、福島さんはそれが間違いだって教えてくれた。だからもう俺は逃げないよ」

菊名「………絶対に、皆でここから出ようね!」

神名「はい!皆でここから出たら……」

神名「私の教団に入会しましょう!」

菊名「それは嫌だよ!?」

神名「どうしてですか!?菊名くんにも私の教えの素晴らしさを知って欲しいだけなのに……!」

菊名「え、えっとそれはその……」

この後、逃げる菊名くんを追い掛けて学園中を走り回りました

……なんだか、気負いが薄れたような、そんな気がします

……そうです。絶対に皆でここから脱出するんですから!

【菊名 幸路とのイベントを終了します……】



296 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 16:49:55.41 ID:i2hjYH9ZO
>>288の中から、一つ選んでください
※選択済:2(クロエ) 6(菊名)
↓1
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/23(日) 16:50:33.30 ID:ho2Nkvf8o
298 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 16:54:54.35 ID:7B3WQT97O
4番確認しました。一時離席します
次は夜に出来たらやりたいです
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/23(日) 16:56:47.94 ID:cb8YlZZDO
一旦乙
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/23(日) 16:58:07.56 ID:TtH6SW8I0

神名さんの才能が絶好調wwwwww
301 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 22:40:36.58 ID:u+/4gv1FO
遅くなりました。一つだけですが進めますね
302 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 22:41:11.55 ID:u+/4gv1FO

――『廊下』――

守矢「おや?神名殿、どうされました」

神名「あ、守矢くん!」

神名「聞いてください!さっき菊名くんに入信の手続きをして貰おうとしたら逃げられてしまって…」

神名「そうだ、守矢くんは宗教に興味はありませんか?」

守矢「む?宗教ですかな?」

守矢「ありませぬなぁ。小生、信ずる物は金と自身と決めております故!」

神名「……本当に、ですか?」

守矢「本当に本当の本当であります!」

言い切られてしまいました…これじゃあ勧誘しても無駄みたいですね

守矢「ふふふ。随分と楽しそうですな」

神名「…わかりますか?」

守矢「わかりますとも!最近の我々は、辛い事ばかりだったでしょう?」

守矢「こうして朗らかに笑える時が来るとは、ここに来た時には考えませんでしたなぁ!」

…確かにここに来た時は皆が皆焦っていたから、こんなにはしゃげるとは思いもしませんでしたね……

303 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 22:43:09.08 ID:u+/4gv1FO

神名「……そういえば、守矢くんはどうして廊下に?」

守矢「見回りですぞ。いつモノクマの魔の手が延びるとも限りませぬからな」

守矢「…小生に出来る事はこれくらいしかありませぬ」

守矢「小生が皆様を守れず、何人もの犠牲を出してしまった事。…後悔してもしきれませぬ」

守矢「はは…小生も超高校級とは呼ばれていますが、守衛としては未だ未熟ですなあ」

神名「……守矢くん」

神名「……私も、見回りを手伝いますよ」

守矢「神名殿が……?」

神名「はい。私、いつかあなたに言ったじゃないですか……」

神名「皆があなたを信じなくても、私があなたを信じます。って!」

守矢「……はっはっは!これは一本とられてしまいましたなぁ!」

守矢「では、この守矢藤右衛門。神名殿の守衛として、この学園の秘密を捜索致しましょう!」

神名「はい!ありがとうございます!」

守矢くんと一緒に、夜まで学園の見回りをしました

学園は不気味な程に静かで、まるで全ての生き物が死に絶えたかのような静寂が支配していました

それでも、学園に根付く草木や……私たちは生きています

守矢くんは守れなかった事を悔やみ続けるのでしょう。それはもう取り返せない失敗ですから……

だけど、それを忘れてはいけないと思うのです。私達が生きて、それを想い続けていかないと駄目なんです……

【守矢藤右衛門とのイベントを終了します……】
304 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/23(日) 22:43:58.62 ID:u+/4gv1FO

短めですが本日はここまでです。お付き合いありがとうございました

もし本編が終わったら、展開の都合等で無いことになった裏設定や没設定の公開もいいかもしれませんね

因みにですが、現在時点で生き残っている皆は、初期だとこの中の二人しか生き残っていませんでした
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/23(日) 22:44:39.30 ID:JFThs0BFo
乙でした
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/24(月) 00:17:27.85 ID:0KvDKiDDO

初期とはだいぶ変わっているのですね
307 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/04/29(土) 20:26:02.81 ID:5tWxafUxO
明日の昼からちまちまと進めていきます
GW中に5章終了、五月いっぱいで本編完結。6月中頃から新たに何かやるのが現在の目標ですね
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/29(土) 21:23:12.81 ID:d7LZ52SAo
待ってます
309 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/30(日) 16:02:49.23 ID:bp3UyCbyO
再開します。安価があるので適当にどうぞ
310 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/30(日) 16:03:31.44 ID:bp3UyCbyO

……翌日

――『食堂』――

坂東「よっ!お前らおはよう!」

守矢「おはようございますですぞ!」

クロエ「おはよう…随分と楽しそうね?」

坂東「おうっ!ここからさっさと出られると思うと、わくわくするぜ!」

菊名「そうだね!皆には心配してくれる家族もいるだろうし……」

神名「それって、まるで菊名くんには居ないみたいな……」

黒城「自分語りはノーセンキューよ!アタシだって無視されたんだから!」

菊名「あっ!でもお姉ちゃんがいるから大丈夫だよ、うん!」

黒城「アンタ正真正銘のシスコンじゃない!気持ち悪っ!」

菊名「えへへ……」

黒城「否定しなさいよ!余計気持ち悪いじゃないの!」

藤山「へっ!こりゃ俺もちっとは本気を出さねぇとな!」

藤山「でよ……ここから出たらよ、菊名の姉ちゃん紹介してくれよ!」

菊名「嫌」

藤山「即答かよ!?」
311 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/30(日) 16:03:58.34 ID:bp3UyCbyO

藤山「ちっくしょう……まあいいや。全力出していくぜ!」

坂東「しゃあっ!こうしちゃいられねぇさっそく行ってくるぜ!」

黒城「アタシだって負けないわ!絶対に黒幕に硫酸ぶっかけてやるんだから!」

守矢「小生は、昨日と同じく見回りでもしていましょうかな」

クロエ「なら、私もお供しようかしら」

菊名「お、俺もいくよ!」

守矢「おお、忝ない!お二人もお手伝いしてくれるとは嬉しいですぞ!」

クロエ「…なにもしないよりはマシだからよ、本当よ?」

菊名「俺にも出来る事って、これくらいしかないからさ…」

神名「だったら、是非とも私の……」

菊名「嫌」

神名「即答ですかっ!?」

うーん厳しい……菊名くんも入ってみたらきっとハマると思うんですけど……

神名「あ、皆さんもなにかあったら……」

黒城「アタシそろそろ行くわ!」

藤山「俺も」

坂東「おう!じゃあまた後でな!」

守矢「小生らもぼちぼちと見回りを開始致しましょうか」

クロエ「そうね。それがいいわ」

神名「……………………………………」

……泣いてません。だって私は超高校級の教祖なんですから

だから、私は私の出来る事をしましょう

今日は守矢くん達が学園内の見回りをしてくれているみたいですし……

今日は、昨日話していない他の人の所に行きましょう!


何処に行きましょうか……
1:……なんの儀式ですか?
2:トレーニングの最中でしたか
3:ここで、いったい何を……
↓1
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/30(日) 16:04:32.36 ID:z4+De3NL0
1
313 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/30(日) 17:01:38.53 ID:bp3UyCbyO

――『資料室』――

黒城「…………………………………………」

神名「……あの、黒城さん?」

黒城「……………………………………何よ」

神名「……なんで、床が焦げているんですか?」

黒城「…………それ聞く?」

神名「聞きます」

黒城「よくぞ聞いてくれたわね!これはアタシが黒幕にぶちまける為に特別な配合を重ねた……」

神名「あ、なんとなく察したのでもういいです」

黒城「説明キャンセルっ!?」

神名「それにしても、黒城さんってオカルトマニアなんですよね?」

黒城「そうよ。今更アタシに聞くことがそれなの?」

神名「その割には、やっている事が科学者っぽいといいますか……」

黒城「何よ口ごもっちゃって、言うならハッキリ言いなさいよ!」

神名「本当に……黒城さんってオカルトマニアなんですか?」

314 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/30(日) 17:02:56.89 ID:bp3UyCbyO

黒城「はぁ?何いってんのアンタ……」

黒城「アタシがオカルトマニアであるのは最早運命!そして必然なのよ!」

黒城「そんな事言ったら、アンタだって教祖らしく無いじゃない。この地味女」

神名「地味……っ!?」

黒城「そもそも、自分でそう思っていたら悪いの?誰がなんと言おうと、アタシは超高校級なんだから!」

神名「そ、それは……そうですけど……」

黒城「アンタだってそうでしょ?」

神名「…………えっ?」

黒城「アンタだって誰かが教祖だからって言われたから教祖になったワケじゃないんでしょ?」

黒城「大切なのは自分がどう思うか!そこには、他人の意思なんて関係ないんだからっ!」

黒城、さん…………!

黒城「ふっ……我ながらイイコトを言ってしまったわね……」

黒城「それじゃあアタシはもっと改良を加える事にするわ!アディオス!」

神名「はい!ありがとうございます!」

黒城「……?」

大切なのは自分の気持ち、か……

そうですよね。私がここまで来れたのは皆さんを信じたいという私の気持ちに従ったからこそです

……黒城さんって、考えなしに見えて意外と物事を考えているんでしょうか……?

【黒城奏とのイベントを終了します……】
315 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/30(日) 17:47:53.43 ID:bp3UyCbyO

――『大広間』――

坂東「ほっ!はっ!せやぁっ!!」

藤山「オラッ、甘いぜ坂東!もっと本気で来いやぁっ!」

坂東「どらあぁぁぁ!!」

神名「な、何しているんですか!?」

ふらっと大広間に足を運んだら……鉄棒を振りかぶった藤山くんと坂東くんが相対していました

まさか……コロシアイ!?

神名「や、止めてください!こんな事、もうしなくてもいいんです!!」

藤山「ん?千鶴ちゃんどうかしたか?」

坂東「そんな慌てんなよ!俺たちはただトレーニングしてただけだからよ!」

神名「トレーニング……ですか?」

坂東「おう!あのモノクマのヤローをぶちのめす為にな!」

藤山「そんで、坂東の持っていた格闘技の本を見ながら見よう見まねでやってるんだぜ」

神名「そうなんですか……でも、なんで鉄パイプなんですか?」

藤山「素手で殴ると痛てぇじゃん?」

そんな理由で武器を決めたんですか……

316 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/30(日) 17:48:20.38 ID:bp3UyCbyO

坂東「けっ、ヘタりやがって」

藤山「なにおぅ!これでも普段の俺からすりゃあ全力だっつーの!」

坂東「へへっ、でも、なんかこういうのもいいよな!」

藤山「そういや、ここって一応は学園なんだよな?それっぽい事なんもしてねーけどよ」

神名「ええ、モノクマはここは希望ヶ峰学園と主張していますけど……」

藤山「んなワケねーだろ!こんな廃墟めいた場所が希望の学園なんてよ!」

藤山「おーし燃えてきた!ここから出たら思いっきり青春っぽいことするぞ!」

坂東「ぽいこと……って何だよ?」

藤山「そうだな…合コンなんてどうよ!」

藤山「男女グループに別れてよ、なんかやんだよ!」

坂東「なんかって何だよ!つーかお前女と遊びたいだけじゃねーの?」

藤山「そうだよ!悪いか!?」

坂東「悪いわ!」

神名「ふふっ、楽しそうですね」

藤山「あ、合コンには千鶴ちゃんも誘うから安心してくれよ!」

坂東「行かなくていい!いいからな!」

このあと、私達はこんな調子で、下らない雑談に華を咲かせて一日を終えました

ここから出たら、学生らしい生活を。前までの私には考えられない事です

青春…………私にも、出来るといいな…………

【藤山戒&坂東永太のイベントを終了します……】
【次のイベントへ進みます……】
317 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/04/30(日) 17:50:58.88 ID:bp3UyCbyO
一時中断します。続きはやれたら本日中、無理なら後日行います
因みにですが、現時点での生き残りは予想出来ていたでしょうか?
今後の参考にしたいので、宜しければ教えて頂けると幸いです
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/30(日) 17:59:50.92 ID:uOe/Vh+DO
乙です
生き残り予想は黒城とクロエしか合っていなかったかな
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/30(日) 18:31:46.90 ID:HsFEI/Rgo

予想できたのは3人でした(菊名、黒城、藤山)
320 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:15:12.14 ID:uBMYQWYiO
更新します。結局後日になってしまいました…
取り合えず非日常編まで進めます
321 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:15:53.89 ID:uBMYQWYiO









その日、私は夢を見ました

皆が揃って、遊んでいる夢を……









322 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:16:29.17 ID:uBMYQWYiO


神名『あっ、あの、そんなに引っ張らないでください…………っ』

福島『だーめ!千鶴ねーちゃんもこっちに来るの!』

坂東『そうだぜ?一人だけ隅っこにいるなんざつまんねぇだろ?』

藤山『こういうのは全員でぱーっとやんのが楽しいんだよ!千鶴ちゃん!』

江野森『で、でも…………嫌なら別にいいんじゃないか?』

鈴木『ダメだ!これは全員参加だぞ!』

千里山『おんしが勝手にそう言っておるだけじゃろうゥ……』

菊名『だけど、これから私達は力を合わせないといけないから……』

夜桜『無理にでも仲良くなれって事?』

糸長『そうだよ!今僕らはこうして出会えたんだからさぁ!』

黒崎『まさに異文化交流じゃな!妾は楽しいぞ!』

小田切『でも、君たちって緊張感の欠片も無いよね?』

クロエ『これからやる事が、こんな茶番で失敗したらどうするのかしらね』

黒城『はぁ……ホンットーに余裕が無いのねアンタ達は!』

射和『今だからこそ。だろ?いざ始まるとおちおち羽を伸ばすことも出来ねぇ』

守矢『そうですぞ!小生がいますから安心してくだされ!』

神名『……はい!わかりました!』

神名『今、そっちに、行きますね……!』


………………………………

…………………

…………


323 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:17:09.66 ID:uBMYQWYiO

チッ……チッ……

神名「うーん……うーーん……」

神名(何だったんでしょう、今の夢は…)

チッ……チッ……

神名(懐かしいような……でも、どこか違和感があるような……)

チッ……チッ……

神名(……思い出せません。どこに違和感があるのか、そして、あの夢はなんだったのか……)

神名(……考えても仕方ないですよね)

チッ……チッ……

神名(夢に出てきた皆は、もうほとんど残っていませんけど、それでも……)

神名(私達は、その夢に向かって歩かないといけないんです)

チッ……チッ……

神名「……うるさいですね…………」

さっきからちくたくちくたくと、時計の音が耳障りですね…………

神名(……あれ?そういえば…………)

神名「私の部屋って、音の出る時計がありましたっけ……?」

324 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:17:58.93 ID:uBMYQWYiO





目を開けて、くるりと身体の体勢を直すと、まず気づいたのは……

神名「ここ、どこですか………あれ、動けない」

そして、それよりももっと重大な事は……

モノクマ「…………………………………………」

チッ……チッ……

神名「なんで……なんで…………」

神名「モノクマから時計の音が聞こえているんですかーーーっ!?」

325 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:18:48.44 ID:uBMYQWYiO

神名「えっ……!?何ですかコレ!?」

暴れようにも暴れられない…!まさか、腕と足が縛られている!?

意識して見てみると、ぎちぎちと両手と両足に鎖が巻き付いています

いや、そんな事よりも………!

神名「なんで……モノクマの中から時計の音が……」

間違いなく、目の前に鎮座するモノクマの中からは時計の音がはっきりと聞こえてきています

でも、なんで…………

神名「…………あっ!?」

そういえば、いや……まさか、まさか、まさか!

神名「この中に……爆弾が!?」

確か、初めてモノクマが現れたときにクロエさんがそう言っていたような……

それって、つまり…!
326 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:19:18.85 ID:uBMYQWYiO

神名「い…嫌……っ!嫌ぁっ………!」

頭に浮かんだ最悪の想像。それを振り払う為に身体を精一杯によじるけど……

神名「痛っ………!?」

かなりキツく縛られた鎖が、私の手足の自由を奪います。私が動く度に鎖が食い込んで、鋭い痛みが突き刺さります




神名「こんな………っ所でっ………!」

でも、それでも、私は死ねないんです

だって、まだ私は、1つも約束を守っていないんですから―――!

327 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:20:08.03 ID:uBMYQWYiO

「うおっ!?おい!いたぞ!」

「本当でございますか!?今皆様を呼んできますぞ!」

「ちょっ……待っ……息が………」

神名「……!?誰ですか!?」

藤山「俺だ!藤山だぜ!ついでに黒城と守矢もな!」

黒城「はーっ……はーっ……疲れた……」

助かりましたけど、どうしてここに……いや、今はそれよりも……

神名「早く逃げてくださいっ!モノクマの中に爆弾が!」

藤山「何ぃ!?爆弾だとぉ!?」

黒城「どどどどうすんのよ!?アタシでも爆弾の解除はしたことないわよ!?」

藤山「どうするっつったってよ…助けにいくしか…」

黒城「アンタ…出来るの?解除」

藤山「したことねーけど……」

黒城「もー!出来もしないのに簡単に言うんじゃないわよ!」

藤山「じゃあどうしろってんだ!見殺しにしろってか!?」

黒城「なによ!」

神名「や、止めてください!こんな時に喧嘩するなんて……!」


328 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:20:44.47 ID:uBMYQWYiO

守矢「遅れました、藤山殿!全員連れて参りましたぞ!」

坂東「悪ぃ神名!遅くなっちまった!」

菊名「か、神名さんっ!」

クロエ「どういう状況なの?それに何かしら?微かに聞こえる時計の音は…」

坂東「んな事どうだっていいだろ!早く神名を助けにいかねーと…」

神名「こ、来ないでください!モノクマの中に爆弾があるんです!」

守矢「爆弾ですとぉ!?」

菊名「どうなの!?クロエさん!」

クロエ「確かに、モノクマの中に爆弾が内蔵されているのは断言出来るわ」

クロエ「でも、爆発するかは見てみないとなんとも言えないわね」

黒城「ならアンタが行ってよ!」

クロエ「勿論そのつもりだけど…出来ればもう一人くらい付いてきて欲しいわね」

藤山「なら俺がいくぜ。鎖をぶっ壊さねえといけないからな」

菊名「俺もいくよ…何が出来るかはわからないけどさ」

守矢「では、小生らは何かあった時の為に待機していますからな」

坂東「だったら俺も待ってるぜ!」

黒城「アタシも待ってるわ!」

藤山「お前は単に面倒なだけだろ!」

クロエ「まあ人手は多いに越したことは無いわ…いくわよ」




329 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:21:34.87 ID:uBMYQWYiO

菊名「…特に何事もなくつけたけど……」

クロエ「何があるかはわからないわ。くれぐれも慎重にね」

藤山「よしっ、動かないでくれよ…」

神名「は、はい……」

クロエ「んー……随分と古典的な爆弾ね」

藤山「なんじゃそりゃ!オモチャじゃねえか!」

首を傾げながら見せてくれた爆弾は、ドラマに出てきそうな時限式爆弾でした

クロエ「でも、見た感じ火薬の量はかなりのものね……爆発すれば簡単に死んでしまうわ」

菊名「ひっ!?」

藤山「へっ、だったらその前に逃げちまえばいいだけだぜ」

藤山「つー訳で菊名はそっちがわ支えていてくれ」

菊名「う、うん……」

神名「あまり捻らないでください…鎖がくい込んで痛いです……」

……なんとなく手つきが怪しいのは気のせいですよね、多分
330 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:22:12.77 ID:uBMYQWYiO

藤山「おし、終わったぜ」

神名「ふぅ……ありがとうございました」

菊名「じゃ、じゃあ早くいこうよ!」

クロエ「そうね……カウントダウンはまだ余裕があるけど、万が一に備え、て……」

……?クロエさんの表情が固まってますけど、何かあったんでしょうか?

クロエ「…………逃げて」

神名「……え?」

クロエ「全員全力で逃げてッ!カウントダウンが異常に速くなってるのッ!」

菊名「え……っ?えええっ!?」

藤山「嘘だろ!オイ!」

クロエ「いいから速く!消し炭になりたいの!?」

神名「わ、わかりました!」

……あっ!?




神名「……きゃっ!?」

ずっと縛られていて、足が……!




331 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:22:46.74 ID:uBMYQWYiO

守矢「皆様!大丈夫ですか!」

藤山「ああ、なんとかな……」

クロエ「ゾッとしたわよ…でも、なんで急にスピードが……」

菊名「……あれ?神名さんは?」

黒城「え?一緒じゃないの?」

菊名「え?あれ?え?」

坂東「……っ!オイ!あそこに!」

藤山「なっ……なんで……あんな遅れてるんだよ!?」

坂東「わかんねーよ!速く助けに……」

守矢「ええ!小生が神名殿を……」

クロエ「ダメよ!あの距離だと確実に爆風に巻き込まれるわ!」

坂東「じゃあどうすりゃいいんだよ!見殺しにしろってーのか!?」

クロエ「なら貴方が代わりに死ぬかもしれないけれどいいの!?」

坂東「………………………………!」

クロエ「神名はもう助からない!あの距離から助けるなんて出来っこない!」

藤山「…………悔しい、けどよ……!」

守矢「……くそっ!小生が、もっと……!」

クロエ「……神名はもう、誰も助けられないのよ…………」

坂東「………………………………!」

332 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:23:16.99 ID:uBMYQWYiO









坂東「だったらやってやろうじゃねえかよおおおおおおおおおおッッ!!!」









333 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:23:48.23 ID:uBMYQWYiO

―――――――――――

神名「…………あはは、ここまで、ですね」

まさか、こんな事で死んでしまうなんて…

でも、それが神様の定めた運命なら、受け入れないとダメですよね?

だって、私は教祖だから。神様が決めた事には逆らえないですよね?

…………でも

神名「……あれ?なんで、怖いんだろう」

この心の底から沸き上がる震えは、空が落っこちてくるような、そんな底無しの絶望は…………

…………なんなんでしょう?

神名「…ああ、やっぱり、私は……」

私はまだ生きたいと思っている…そして、その理由は……

神名「ここから…出ないと……!」

お飾りでも構わない。役立たずでも構わない。意味がなくても構わない……

それでも、絶対に、皆と一緒にここから出ないと……!

神名「助けてよ……っ!神さま……っ!」

334 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:25:01.94 ID:uBMYQWYiO

坂東「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッ!!」

神名「きゃっ!?」

坂東「守矢ァ!受け止めろよぉぉッ!」

守矢「…はっ!」

神名「えっ?えっ?」

坂東「神名…俺はお前の、その諦めないって顔が好きなんだぜ」

坂東「だから…ちょっと痛いけど我慢しててくれっ!」

坂東「…………どらぁっ!!」

凄い速さで駆けてきた坂東くん。いきなり宙に浮く私の身体

唐突な出来事の連続に、考える頭が完全に止まってしまいます

守矢「……はっ!受け止めましたぞ!」

守矢「坂東殿!速く此方へ!」

坂東「おう!今そっちにい―――」
335 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:25:36.86 ID:uBMYQWYiO








閃光、爆音、それが私達を包み込みます

意識も、記憶も絶え絶えの中、私が最後に見たのは―――

神名「―――坂東くーーーーーーん!!」

眩しいほどの閃光に飲み込まれる、坂東くんの姿でした







336 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:26:15.39 ID:uBMYQWYiO









【CHAPTER5】
  神の名は  非日常編








337 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/03(水) 20:29:52.64 ID:uBMYQWYiO

本日はここまで。ありがとうございました

流石に展開までは読めていないだろうと思いますが、まさか生き残りがほとんどバレバレとは…

正直な所、菊名と黒城くらいしかわからないだろうな。とたかをくくってました。恥ずかしい…
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/03(水) 20:43:57.55 ID:pM7Yxxa8o
乙でした
>>319の者ですが、生き残り予想については自分の生き残ってほしいという願望も多く含んでいたからあまり気にしなくてもいいですよ
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/04(木) 00:21:44.80 ID:3ttJgx+DO

ここで板東脱落か…?
340 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/05/05(金) 20:40:09.06 ID:ei/renboO
九時くらいからぽつぽつと捜査編を開始します
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/05(金) 21:00:41.52 ID:6faZ7W/So
期待
342 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:01:11.09 ID:ei/renboO




「…はい。私は後悔なんてしていません」

「これは私にしか…いいえ、私達にしか出来ないんですよね?」

「だったら、私には断れませんし……それに、私の本望でもあるんです」

「私は……ここで、この『16人』の皆と一緒に死にたいです」



343 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:01:47.99 ID:ei/renboO

神名「……はっ!?」

何だったんでしょう、今の夢は……

皆と一緒に死にたい……?そんな事あるわけありません。ここまで生き延びたのは出たいという思いがあればこそ

なのに、なんであんな夢を……

神名「……坂東くんはっ!?」

そうだ、こんな事をしている場合じゃ…!

菊名「あ……神名、さん……」

クロエ「…………起きたのね」

神名「菊名くん!クロエさん!坂東くんは無事ですか!?」

藤山「……………………………………………………」

クロエ「……………………………………………………」

神名「ど、どうしたんですか、二人とも黙りこんで……坂東くんは、どうしたんですか……?」

嘘です。本当はわかっているのに、わざと知らないフリをしているんです

認めたくないから…………

344 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:02:21.07 ID:ei/renboO

黒城「…………仕方ないわね」

黒城「ほら、見なさいよ。坂東に会いたかったんでしょ?」

…………!!

神名「…………あ、ああ……!嘘です……こんなの嘘です……っ!」

目の前にあったモノは……とても人の姿をしたモノとは言い難いものでした

全身は真っ黒焦げになって、元の姿はもうわかりません、けど……

クロエ「……いい加減認めなさい。坂東は死んだのよ」

クロエ「貴女を庇って…………」

神名「あ………………」

私の、せいで…………

守矢「……自分を責めないでくだされ。責められるのはこの守矢であります」

守矢「目の前で死ぬのを止められず……何が超高校級の守衛か……っ!」

藤山「俺だってもっと早く……くそっ!」

神名「私の……私のせいで……!」




「あのさー辛気臭くなってるトコ悪いんだけど、もうこっちも始めちゃってもいいよね?」



345 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:02:47.62 ID:ei/renboO

神名「……っ!」

モノクマ「うぷぷ。寂しかった?少し有給取ってたから会えなくてね」

モノクマ「まあ丁度いいんで、早速学級裁判の準備をしちゃおうかな!」

藤山「あぁ!?学級裁判だとぉ!?」

守矢「ふざけるな…!貴様が!貴様がこの事件の首謀者であろう!!」

モノクマ「え?何の事?ボク有給でいなかったからわからないや」

クロエ「何にせよ、もう学級裁判なんて必要ないわ」

黒城「そうよそうよ!早くアタシ達の前に出てきなさいよ!」

モノクマ「そうもいかないよ!人が死んだら学級裁判!これ希望ヶ峰学園の常識だからね!」

菊名「だったら、学級裁判でお前の正体を暴いてやるよ…!」

神名「坂東くんを殺した罪…絶対に償って貰います!」

モノクマ「さて、殺る気も充分みたいなので……」



モノクマ「今回もグレートな学級裁判を開きたいと思いまーーーす!!」


346 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:03:28.97 ID:ei/renboO

【捜査  開始!】

モノクマ「はい!それじゃ今回もモノクマファイルを渡しておくね!」

藤山「はっ、どうせテメェが殺したんだろ」

モノクマ「うぷぷっ、どうだろうね?」

モノクマ「それじゃボクはこの辺で退散しよっかな?録り溜めてた世界名作劇場を見たいからね!」

クロエ「どうやら、意地でも認めないつもりね……」

神名「ええ……」

守矢「ですが、今回小生らが犯人である可能性はありませぬ!故に、黒幕の正体を見極める事こそが……」

黒城「アタシがやる事なのね!」

菊名「問題は、誰が黒幕なのか。ですよね……」

私達の中にいるのかも、そもそも存在するのかもわかりませんけど……


GET!:コトダマを入手しました
【モノクマファイル6】
 被害者は超高校級の番長 坂東永太
 死因は爆発に巻き込まれた事による全身火傷
347 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:04:11.25 ID:ei/renboO

神名「…そういえば、ここってどこなんですか?」

菊名「ここは五階の凄く広い、何もない部屋だよ」

あの、ただただ広いだけで何もない部屋ですか……

神名「あれ?じゃあ、何で私はここにいるんでしょう?」

黒城「アンタが来たワケじゃないの?」

神名「来るわけないじゃないですか。何のために……」

私の意思で来たワケではないなら、どうして、わざわざこんな場所に連れてこられたのでしょうか……



GET!:コトダマを入手しました
【事件現場】
 事件現場は五階の大広間
 遮蔽物等の無い、ただ広いだけの部屋
348 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:04:45.81 ID:ei/renboO

神名「皆さんは、どうしてここに来たんですか?」

守矢「それは勿論、神名殿を探す為にですぞ!」

クロエ「今朝、私達は普段通りに食堂に集まっていたのだけど……」

藤山「いつまで経っても千鶴ちゃんが来ねえからよ、何かあったんじゃねえかと思ったんだよ」

神名「そうだったんですか…すみません」

守矢「いえ、悪いのは守れなかった小生の方であります……」

藤山「あーくそっ!辛気臭くなんな!これから黒幕をぶちのめすんだからよ!」

守矢「そうでしたな…それに、小生らには完全なアリバイがありますからな!」

神名「アリバイ…ですか?」

藤山「ああ、今クロエが食堂に集まっていたっつってたろ?」

藤山「その前によ、俺達は手分けして学園内を探していたんだ」

藤山「つまり!俺達にゃ千鶴ちゃんを拐う事が出来ねぇって訳だぜ!」

藤山「……まぁ、千鶴ちゃんがいつここに着いたかもわからねぇんだけどよ」



GET!:コトダマを入手しました
【全員のアリバイ】
 早朝から全員が固まっていたらしく、犯行は不可能らしい

GET!:コトダマを入手しました
【拐われた謎】
 全員で固まっていた時に、神名のみは不在だった
 なので、拐おうにも全員にアリバイがあるので不可能である
349 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:05:21.79 ID:ei/renboO

菊名「……あれ?神名さん、腕から血が出ているよ?」

神名「あ、本当ですね。暴れた時に切ってしまったのでしょうか?」

かなりキツく縛られていましたからね……

守矢「大丈夫ですかな?手当てが必要ならば包帯でもとって参りますが」

クロエ「あれだけキツく縛られていたのだから、無理に動けばそうなるわね」

藤山「まあな…俺も工具が無けりゃあ厳しい所だったぜ」

神名「……それを、私のせいで……」

黒城「息を吐くようにネガティブになるのは止めなさい!こっちも気分が沈んでくるじゃない!」



GET!:コトダマを入手しました
【縛られた状況】
 神名の両手は鎖でキツく縛られていた
 ほどくのは藤山ですら工具に頼らないと厳しいらしい
350 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:05:58.12 ID:ei/renboO

神名「……そうですよね。くよくよしてては何も始まりません」

神名「私を助けてくれた、坂東くんの為にも!」

黒城「坂東もヘンなヤツよねー。わざわざアンタを助けにいくなんて!」

神名「……本当に、見殺しにしてくれればよかったのに……」

黒城「ほら!坂東の事はもういいじゃない!そこに寝転がっている坂東も早くしろーって言ってるわよ!」

神名「……本当に、あの死体は……」

黒城「坂東よ。間違いなく、ね」

黒城「オカルトマニアのアタシが言うんだから間違いないわよ。絶対に」

神名「そう、ですか…………」

坂東くんは、間違いなく死んだ……その事実を、受け入れないといけないんですね



GET!:コトダマを入手しました
【黒城の証言】
 死体は間違いなく坂東のものである
351 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:06:31.87 ID:ei/renboO

神名「坂東くん……」

クロエ「全く……本当に愚かな真似をしてくれたわね。坂東」

クロエ「それとも……仲間を守る事が、貴方の超高校級の番長としての矜持だったのかしら?」

クロエ「…本当に愚かよ。貴方も。私も」

神名「クロエさん……クロエさんも、坂東くんの事を……」

クロエ「それもあるけど…ハッキリ言うわ。あの爆弾は普通の爆弾じゃない」

神名「…?それはどういう事ですか?」

クロエ「カウントよ。まるで見計らっていたみたいに突然速度が上がったわ」

クロエ「恐らく、坂東が着いた時には既にカウントがゼロになっていたはず……」

神名「それって、つまり……!」

クロエ「……誰かが爆弾を操作していた。私にはそう感じたわ」



GET!:コトダマを入手しました
【クロエの証言】
 仕掛けられていた爆弾は、途中からカウントが異常な速さで進められていた
 クロエ曰く、これは外部からの操作によるものである

GET!:コトダマを入手しました
【モノクマボム】
 モノクマに仕掛けられていた爆弾
 時限式であり、制限時間を超過すると爆発する仕組みである
352 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:07:14.44 ID:ei/renboO

神名「…ところで、この鎖ってどこから盗られたものなんでしょう?」

菊名「うーん…トラッシュルームじゃないかな?」

藤山「いや、トラッシュルームにそんなデカイ鎖は無かったぜ」

守矢「そもそも、その様な物を使うのならば小生らが持ち運びに気づかぬ訳がありませぬからな」

神名「それもそうですよね……」

なら、あの、私を縛っていた鎖はどこから表れたんでしょうか……

……あれ?

神名「……何?これ…………」

何気なくポケットを探っていたら、見覚えの無い機械が入っていました

当然、私にはこんな機械を入れた覚えはありませんけど…………

……でも、この機械、何処かで…………?



GET!:コトダマを入手しました
【鎖の出所】
 神名を縛っていた鎖は、持ち運びの際に目立つ等の理由から、
 トラッシュルームのものでは無いと思われる

GET!:コトダマを入手しました
【覚えの無い機械】
 いつの間にか、神名のポケットの中に入っていた機械
 入れた記憶は無いものの、何処かで見たような感覚を覚えたが……?

353 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:07:42.09 ID:ei/renboO

モノクマ「ぴーんぽーん!ぴーんぽーんぱーんぽーん!」

モノクマ「オマエラ!お待ちかねの学級裁判のお時間だよー!」

モノクマ「そんじゃ、オマエラは至急、いつもの場所に来てくださーい!」

黒城「ふふふ……これが最後、最後の学級裁判なのよ……」

黒城「これが終わったら、アンタはもうこの世にいないんだからね!」

藤山「結局黒幕への手がかりは見つかんなかったけどよ……」

藤山「てめぇは、てめぇだけはこの俺達が地獄にブチ込んでやるぜ!」

モノクマ「ねぇ知ってる?地獄っていうのは色々あるんだよ?」

モノクマ「ボクはどの地獄に行けばいいのかな?ハチミツ地獄?」

守矢「何が言いたい……!貴様は地獄に送られて然るべきの屑であろうがッ!」

クロエ「そうね。もしあるのならば我が社の兵器の実験台にしてやりたいわ」

菊名「お前なんかに、絶対負けない…!」

モノクマ「うぷぷっ!やられ役の演者のクセに粋がる粋がる!」

モノクマ「断言するよ!オマエラなんかに絶対屈しないってね!」

神名「あなたが何を言おうと…私達は負けません」

神名「今までの事!亡くしてきた皆さんの事!この苦しみを纏めてあなたにぶつけてやります!」

モノクマ「…………うぷぷぷぷ」

おおこわい。と吐き捨てたモノクマは、素早い速さで私達の目の前から消えていきました

これで裁判は最後、そう信じて進みます

坂東くんが私を助けてくれた……だからこそ私はここにいます。それは神様からの天啓なのです

なら、間違いない…………はずですよね?

354 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/05(金) 21:09:38.62 ID:ei/renboO

本日はここまで。ありがとうございました

かなーりサクサクと進めてたおかげか、ここまでこれました

次回は少し遅くなるかもしれません。GW中に書けるだけ書きたいなと思います
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/05(金) 21:20:05.27 ID:oYScmVEDO
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/05(金) 21:28:47.42 ID:6faZ7W/So
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/09(火) 00:25:52.56 ID:HRWv3z+P0

小田切初っ端退場は意外だった
358 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/05/11(木) 20:37:03.29 ID:zL2wK9+CO
今週の土曜日の昼か夜に学級裁判、ひいては五章を終了させたいな。と思います
もしよければお付き合いしてください

少し気が早いですが、次回作の話を少し
次回作のキャラクターですが、全て自分の作成キャラで行いたいと考えています
理由としては、キーワードがほぼ全員死んでいる事。クロエさんに至っては初期と現在でキャラが変わりまくってますし…
何かご意見や質問があればどうぞお気軽に。よろしくお願いいたします
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/11(木) 22:21:28.48 ID:/lX2XCRDO
まあ安価で決めるととんでもなくカオスなキャラになるときもあるから仕方ないか
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/11(木) 23:48:20.91 ID:hs1KUpcP0
次回作は今作の続編になるのですか?
それとも異なる時間軸のパラレルになるのですか?
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/12(金) 23:22:21.74 ID:AqWrIUGso
もうすぐ本編も終わりか
ここのキャラ達好きだったから残念
次回作はもちろんだけど、ここの番外編も期待したいな
362 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 16:46:55.33 ID:5MSBU1lgO
17時頃に再開します。もしよければお付き合いをお願いします
質問等には終了後返信したいと思います
363 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:01:43.23 ID:5MSBU1lgO

※【コトダマ一覧】

【モノクマファイル6】>>346

【事件現場】>>347

【全員のアリバイ】>>348

【拐われた謎】>>348

【縛られた状況】>>349

【黒城の証言】>>350

【クロエの証言】>>351

【モノクマボム】>>351

【鎖の出所】>>352

【覚えの無い機械】>>352

364 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:02:32.27 ID:5MSBU1lgO

【学級裁判  開廷!】

モノクマ「えー、では学級裁判の……」

藤山「んなモンどうでもいい! てめぇが犯人なんだからよぉ!!」

黒城「そーよそーよ! とっとと姿を現して首でも吊ってなさい!」

モノクマ「うぷぷっ。まあ議論くらいしてみたら?」

守矢「議論の余地などあるまい。貴様が犯人なのだからな!」

クロエ「…だけど、肝心の黒幕の正体が全く判らないわね」

神名「ならば、まずはこの事件。私達の手で起こされていない事を先に証明しましょう」

神名「そうして疑問を詰めていけば…自ずと真実も明らかになるでしょう」

菊名「そうだね!そうしようか!」

モノクマ「……うぷぷぷ」



365 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:03:20.68 ID:5MSBU1lgO

【ノンストップ議論  開始!】

【事件現場】>>347
【全員のアリバイ】>>348
【モノクマファイル6】>>346


モノクマ「あ、今回はボクも議論に参加させて貰うよ!」

モノクマ「有給でいなかったからね!うぷぷぷぷ」

藤山「勝手にしやがれ……」

守矢「だが、議論を妨害する様ならば…」

クロエ「黙ってもらうしかないわね」

モノクマ「まあまあ!怒らないでよ!」

モノクマ「今回もいつも通り、【オマエラの中にクロがいる】のは決まってるんだしさ!」

↓1論破してください
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/13(土) 17:12:13.53 ID:tZHDN9/co
【オマエラの中にクロがいる】に【全員のアリバイ】
367 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:13:40.99 ID:5MSBU1lgO

【オマエラの中にクロがいる】←【全員のアリバイ】

正解!

神名「それは違います!」 論破!

神名「いいえ、今回に限ってはそれはあり得ないんですよ」

モノクマ「あっれー?どうしてー?」

神名「皆さんは、朝に集まっていたんですよ。だからこそ、私を拐うのは不可能なんです」

クロエ「誰かの目を盗んだ…なんて言い訳は聞くつもりは無いわ」

モノクマ「うぷぷ…そうだね、そうかもね」

モノクマ「なら、食堂に集まったオマエラには拐う事は出来ないね!」

菊名「俺達は、最初っからそう言ってるじゃないか…!」

黒城「ふふふふ…随分とあっさりね。怖じ気づいたのかしら?」

確かに、随分と認めるのが早いですね。もっと抵抗されるかと思いましたけど…

368 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:14:52.62 ID:5MSBU1lgO

【ノンストップ議論 開始!】

【モノクマファイル6】>>346
【黒城の証言】>>350
【拐われた謎】>>348


モノクマ「食堂で集まったオマエラに犯行が出来ない事は解ったよ!」

守矢「その事を、貴様は認めるのでありますな?」

モノクマ「モッチロンだよ!えーと、集まったのは確か…」

モノクマ「死んだ坂東クンの他は、【藤山クン】【守矢クン】【菊名クン】【黒城さん】【クロエさん】」

モノクマ「で、合ってるよね?」

藤山「そうだけどよ…それがなんだよ」

モノクマ「いや?でもそれだけじゃあ決定的とは言えないよね?」

モノクマ「【隠れてこっそり運ぶ】事も出来るんだしさ!」

↓論破してください
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/13(土) 17:16:59.36 ID:tZHDN9/co
【隠れてこっそり運ぶ】に【拐われた謎】
370 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:19:30.11 ID:5MSBU1lgO

【隠れてこっそり運ぶ】←【拐われた謎】

正解!

神名「それは違います!」論破!

神名「だから…それは出来ないんですってば!」

藤山「何度説明すれば気が済むんだこの野郎が!」

黒城「頭スカスカね! 綿も入って無いんじゃないの?」

クロエ「それとも、わざとやっているのかしら?」

モノクマ「えー? 何の事かわからないなー」

守矢「…何か不穏ですな」

モノクマ「え? 何で? 真相に近づいているんだよ?」

菊名「そう…だよね。うん……」

………………………………………………。

何でしょうか?この違和感は…………

まるで、決められた道筋を辿らされているみたいです…………


371 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:20:24.18 ID:5MSBU1lgO

【ノンストップ議論 開始!】

【クロエの証言】>>351
【事件現場】>>347
【縛られた状況】>>349

モノクマ「じゃあ、オマエラには犯行は出来ないのが解ったよ!」

黒城「もう二度目じゃない! こっちはいい加減に飽きてんのよ!」

モノクマ「まあまあ、そう言わずに……」

モノクマ「そうそう、坂東クンは、【タイムリミットを越えた】から死んじゃったんだよね…」

モノクマ「ううっ…誰がこんな酷い事をしたって言うんだろうね…!」

モノクマ「ボクも悲しくて…悲しくて…」

モノクマ「ついオシオキしたくなっちゃうよ!!」

クロエ「…ふざけているの?」


↓1論破してください
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/13(土) 17:23:10.43 ID:IYkmiDoDO
クロエの証言でタイムリミットを越えた
373 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:24:37.72 ID:5MSBU1lgO

【タイムリミットを越えた】←【クロエの証言】

正解!

神名「それは違います!」論破!

神名「いいえ、タイムリミットに関しては明らかにおかしい部分があります」

クロエ「あのタイムリミット…最初こそ緩慢に進んでいたけど、途中から異様な速さで進み始めたわ」

クロエ「そして、坂東が神名を救出に行った時…私は、坂東にはまだ余裕があるように感じたの」

クロエ「本来なら、とっくに制限時間を過ぎているのに…ね」

守矢「それは…誰かが時刻を弄くっていたという事ですかな?」

クロエ「ええ。私にはそう感じたわ」

藤山「それが出来んのは…てめぇだけだよなぁ! 黒幕さんよぉ!」



         反

モノクマ『それは違うクマー!』

       論
      !

374 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:25:14.20 ID:5MSBU1lgO

モノクマ「ちょっと待ってよ!まるでボクの中に人がいるみたいな言い方だけどさ…」

モノクマ「ボクの中に人なんていないんだよ!夢を崩す様な事言わないでよ!」



【反論ショーダウン  開始!】

【モノクマボム】>>351
【事件現場】>>347
【モノクマファイル6】>>346


モノクマ「爆弾が爆発したのは操作とか無関係なんだよ!」

モノクマ「そう!たまたま!たまたま爆発しちゃったんだよ!」

モノクマ「きっと【強い衝撃】を与えたから爆発したんじゃないかな?」

モノクマ「ほら!中の人なんて居ない!これがボクの答えだよ!」


↓1反論してください
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/13(土) 17:28:41.45 ID:tZHDN9/co
【強い衝撃】に【モノクマボム】
376 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:29:42.95 ID:5MSBU1lgO

【強い衝撃】←【モノクマボム】

正解!

神名「その言葉…切り伏せます!」論破!

神名「モノクマ…わざとですか? それともしらばっくれているんですか?」

神名「あの爆弾は時限式…衝撃が起こったとしても爆発するとは限りません」

守矢「そもそも…その様な衝撃を、爆弾に与えよう等と考える訳が無いでしょう」

黒城「下手に触ってどーん! なんてしたら、皆死んじゃうじゃない!」

モノクマ「あ、そうだね! なら誰かに操作されていたんだよ!」

藤山「おいてめぇ…何考えてやがんだ?」

モノクマ「はにゃ? 何の事?」

神名「さっきから、解りきった事ばかりを話題にして、まるで…」

モノクマ「あーはいはい解ったよ!次いこう次!」


377 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:30:37.24 ID:5MSBU1lgO

【ノンストップ議論 開始!】

【縛られた状況】
【モノクマボム】
【黒城の証言】

モノクマ「じゃあ、ボクからも少しオマエラに聞くけどさ…」

モノクマ「《坂東クンがクロ》って事はありえないのかな?」

藤山「てめぇ! この期に及んでふざけてんじゃねえぞ!」

守矢「ありえませぬ! 坂東殿がクロな訳が無かろうが…!」

モノクマ「いやいや、これは案外真面目にあり得るんじゃないかな?」

モノクマ「坂東クンが、自分の【死体をすり替え】て、あたかも死んだように見せかけたんだよ!」

モノクマ「【死体は黒焦げ】だから、本人かどうかもうやむやになるしね!」

菊名「そのすり替えた死体は、どこから出てきたんだよ!」

モノクマ「《坂東クンが首謀者》なら今までの死体をリサイクルするくらい簡単だと思うけど?」

↓1論破か反論してください
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/13(土) 17:35:41.52 ID:IYkmiDoDO
黒城の証言で死体をすり替えを論破
379 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:38:11.78 ID:5MSBU1lgO

【死体をすり替え】←【黒城の証言】

正解!

神名「それは違います!」論破!

黒城「死体はすり替えられてなんか無いわよ! アタシが保障するわ!」

菊名「…大丈夫かな?」

黒城「アタシはこう見えても死霊魔術検定1級よ? 信じなさい!」

藤山「安心どころか余計に不安になるんだけどよぉ!?」

神名「ま、まあそれは置いておいて…オカルトマニアである黒城さんならば、信用してもいいと思います」

モノクマ「で、でも…それは黒城さんが言い張っているだけだし…」

神名「だったら…すり替えが出来ないもう1つの理由を教えてあげます」

すり替える為の死体…それを用意する事は出来ないはずです

問:死体をすり替えることが出来ない事を証明するコトダマを提出してください
↓1
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/13(土) 17:45:32.76 ID:tZHDN9/co
【事件現場】
381 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:46:39.22 ID:5MSBU1lgO

【事件現場】

正解!

神名「これで証明してみせます!」解!

神名「そもそも、死体のすり替えに使う死体は何処にあったんですか?」

神名「あの事件現場には…死体を隠すスペースなんて存在しないんですよ!」

モノクマ「な〜るほ〜どね〜〜〜」

菊名「…ねぇ、何が目的なの?」

クロエ「そろそろ目障りになってきたわね。黙ってて」

モノクマ「はーい」

藤山「チッ…何だったんだよ…」

守矢「ですが、これで小生らに犯行が不可能である事が証明されましたな」

黒城「アタシ達の誰にも出来ないっていう事は! 他には黒幕であるアンタしかいないって事よ!」

モノクマ「…………………………」

藤山「なんか言えよ! オイ!」

モノクマ「………………………………」

382 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:47:52.64 ID:5MSBU1lgO

モノクマ「…なら、ボクからも少し言わせてもらおうかな」

モノクマ「うん。そうだね。ボクもこの事件に関与しているよ」

やっぱり………!

守矢「とうとう白状しましたな…!」

神名「やっぱり…あなたが坂東くんを殺したんですね…!」

菊名「モノクマ…っ!」

モノクマ「いや? 違うけど?」

モノクマ「ボクは関与したとは言ったけど、殺したとは言ってないよ?」

藤山「今更何言ってやがる! お前しか出来ねぇんだよ!」

クロエ「そんな子供染みた言い訳が通じると本気で思っているのかしら?」

モノクマ「うーん、どうしても信じないならボクじゃなくて、他の人に話して貰おうかな?」

モノクマ「この事件の……真犯人にさ!」

神名「この事件の…真犯人!?」

モノクマ「まぁ、もう判ってるだろうけどね! 散々犯行が可能な人を除外したんだしさ!」

モノクマ「さぁーて! 誰が真犯人なのかなーっ!?」

この事件の真犯人……それって……

今までの議論で、唯一アリバイが証明されていない人物って、確か……

まさか……!?

問:怪しい人物を指名してください
↓1

383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/13(土) 17:50:10.26 ID:IYkmiDoDO
神名
384 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:52:05.05 ID:5MSBU1lgO

解:神名 千鶴(かみな ちづる)

正解!

神名「………私?」

菊名「えっ………」

モノクマ「はーい! 大 正 解!」

藤山「な…なんで……そうなるんだよ……」

モノクマ「だって、オマエラには完璧なアリバイがあるんでしょ?」

モノクマ「そんでもって、死んだ坂東クンの死体の入れ替えが出来ない以上、死んだフリも出来ないなら……」

モノクマ「残っているのは、神名さんだけだよね?」

守矢「そんな事ある訳無かろうが!」

神名「そ、そうですよ! それに、私には細工すら出来ないじゃないですか!」



問:神名が細工出来ない理由を示すコトダマを選択してください
↓1
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/13(土) 17:55:17.14 ID:IYkmiDoDO
縛られた状況
386 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:56:38.46 ID:5MSBU1lgO

【縛られた状況】

神名「これですね!」解!

神名「私の手足には…鎖が縛ってあったんですよ!?」

神名「なのにどうしたら…モノクマを爆発させるなんて事が出来るんですか!?」

藤山「そうだそうだ! ほどいたこの俺が保証するぜ!」

藤山「千鶴ちゃんには一連の工作なんざ出来ねぇって……」



           反

モノクマ「そこでボクの出番ってワケなんだよ!」

       論

     !
387 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 17:57:20.09 ID:5MSBU1lgO

モノクマ「実は、この事件でボクと神名さんは取引をしていたんだよ」

モノクマ「誰かが私を助けにくるはずだから、その時に爆弾を爆発させる……」

モノクマ「だから、私を鎖で縛っておいてくれ。ってね!」

神名「……えっ!?」

よくも、そんな嘘をぬけぬけと……!

神名「皆、騙されないでください! モノクマの嘘を真に受けてはダメです!」

菊名「そ、そうだよ! そんなの幾らなんでも都合が良すぎる!」

神名「そ、それに…なんで今更そんな事を言うんですか!?」

モノクマ「いやー、あんまり学級裁判が詰みの状態になるのはこっちとしても不本意なんだよね」

モノクマ「それに、今回はボクも犯人に手を貸しているでしょ?」

モノクマ「これ以上黙っているのは余りにも不公平だと思うからさー!」

このっ……口から出任せばかり言って……!

モノクマ「それに、神名さんにはボクからプレゼントしたでしょう?」

モノクマ「アレをさ!」

神名「アレ……」

まさか、事件後に持たされていたあれの事を言っているんですか!?



問:モノクマからのプレゼントとは?
↓1
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/13(土) 18:02:28.97 ID:tZHDN9/co
【覚えの無い機械】
389 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:03:52.67 ID:5MSBU1lgO

【覚えの無い機械】

正解!

神名「まさか、この機械の事を言っているんですか!?」

モノクマ「そうそう!ちゃーんと捨てずに持っててくれたんだね!」

黒城「え? そのちっこいのって爆弾の起爆装置なの!?」

クロエ「…よく見てみないと判らないわ。それを私に……」

モノクマ「ダメだよ! 途中退席は禁止だってば!」

守矢「確かに…あれほど小さければ隠れて起爆させる事は可能でありますな…」

神名「守矢くん!」

藤山「じゃ、じゃあよ…本当に千鶴ちゃんがやったのか…?」

菊名「そ、そんなの……」

神名「藤山くん! 菊名くん……!」

モノクマの言っている事は全て真っ赤な嘘

それは私自身がよく解っているのに……!



神名「どうすれば…私を信じてくれるんですか……!」
390 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:04:37.74 ID:5MSBU1lgO

【パニックトークアクション 開始!】

神名「私は本当に犯人なんかじゃないんです……!」

神名「坂東くんを殺したりなんてしていません……!」

神名「どうして……どうして皆信じてくれないんですか!?」

神名「私には使命があるんです…福島さんや鈴木くんのお願いを果たさないといけないんです……!」

神名「お願いですから…! 私を信じてくださいよぉぉっ!!」



神名「【私がどうしてこんな事をしなくてはいけないんですかっ!!】」

問:意味が通じる様並び替えてください
1:作 2:演 3:自 4:自

↓1
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/13(土) 18:08:26.33 ID:tZHDN9/co
3142
自作自演
392 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:11:29.31 ID:5MSBU1lgO

解:自作自演

正解!

菊名「自作…自演……」

神名「…………………………………………………………」

神名「…………………………………………………え?」

菊名「全部……神名さんのついた嘘だったの……?」

神名「菊名、くん…………?」

私の、嘘…………?なに、を、言って…………

菊名「神名さん…………」




菊名「僕たちは、本当に君を信じていいのかな?」



393 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:12:03.93 ID:5MSBU1lgO

藤山「……………………」

守矢「……………………」

黒城「……………………」

クロエ「……………………」

え?

モノクマ「うぷぷっ、どうやら議論の結果が出たみたいだね」

神名「…………え? え?」

もう、皆の顔がよく見えません。皆の声も聴こえません

皆の口が動いているような気もします。動いてないのかもしれません

私の頭の中に響いていたのは―――

福島『後、は、みんな、なかよく、してね?』

鈴木『皆…!もうこんなコロシアイなんて止めてくれ!』

もう守れそうにない、二人との約束だけでした

394 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:12:34.35 ID:5MSBU1lgO







     V  O  T  E

 【神名】  【神名】  【神名】








395 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:14:19.83 ID:5MSBU1lgO

モノクマ「はーい! オマエラ、今回も大正解でーす!」

モノクマ「今回、超高校級の番長である坂東永太クンを殺したのは……」

モノクマ「超高校級の教祖である、神名千鶴さんなのでしたーっ!!」

神名「……………………………………」

菊名「――――――――――」

黒城「――――――――――」

守矢「――――――――――」

皆がなにか言っているような……でも、私には何も聴こえません

もう、何もかも、どうでもいい…………

藤山「――――――――!!」

モノクマ「――――――――?」

クロエ「――――――――」

ああ、私は何でこんな所にいるんでしょうね?

どうして、私はここにいるんだろう……

396 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:15:15.28 ID:5MSBU1lgO


モノクマ「オーディエンスも盛り上がった事だし、そんじゃいつものいっときますか!」

モノクマ「今回は超高校級の教祖である神名千鶴さんの為に!」

モノクマ「スペシャルな! オシオキを用意しましたーーーっ!!」

…………………………

…………………………オシオキ?

死ぬ? え? 私死ぬんですか?

私、ここで無惨に死ぬために生き残ったんですか? え?



そんなの



そんなのって



397 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:15:59.15 ID:5MSBU1lgO

神名「嫌あああぁあああぁぁあああああああぁあっっっ!!」

神名「やだ! 嫌だ! 私まだ死にたくないよぉっ!」

いつの間にか、身体が動いていました

扉を叩いて、叩いて、叩いて、叩いて……

神名「助けて! 誰か助けて! 助けてよ!ねぇ!」

神名「出して! 出してよっ! こんな所から早く出してよぉっ!」

叩き続けました

神名「ああああああああああああああああああっっっ!!」

モノクマ「それでは、張り切って参りましょう!」

神名「私はまだ死にたくな―――」

モノクマ「オシオキターイム!!」
398 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:16:40.15 ID:5MSBU1lgO







    GAME    OVER!
  カミナさんが  クロに決定しました

   オシオキを   開始します





399 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:18:01.26 ID:5MSBU1lgO

『天を廻りて回帰せん』
『超高校級の教祖神名千鶴処刑執行』

泣き叫ぶ神名さんが連れてこられた先は青空の眩しい広場でした
神名さんの回りには取り囲む様に、モノクマがウヨウヨと蠢いています…

その内の1体が、神名さんの身体をを持ち上げました!
次々に集まるモノクマが、神名さんを持ち上げ続けます

持ち上げ持ち上げ持ち上げ持ち上げ、上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて上げて……

遂に天井すれすれ。太陽の近くにまで到達しました

あと少しで太陽にぶつかる…このまま太陽に焼かれてしまうのか……

と、突然神名さんの身体がガクンと崩れます

どうやら飽きたモノクマが、支えるのを止めたみたいですね

誰も支えてくれない神名さんは、その天井ギリギリの高さから床まで……

真っ









落ちていきました……

400 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:18:51.43 ID:5MSBU1lgO








【CHAPTER5】
  神の名は【了】










401 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:19:28.97 ID:5MSBU1lgO



アイテム:焼けつく学ラン GET!
解説:ほぼ黒焦げになった学ラン。ここまで形が保てているのは奇跡に近い
   持ち主の燃え尽きるその一瞬まで着用しており、持ち主である番長の魂とも呼べる衣服

アイテム:祈りのフラグメント GET!
解説:神名千鶴の宝物。両親が彼女の誕生日に送った手作りのペンダントの破片
   特に加護は無いが、彼女にとっては持っているだけで勇気を与えてくれるものなのだ



402 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/13(土) 18:25:56.56 ID:5MSBU1lgO

本日はここまで、裁判にお付き合いいただき、ありがとうございました

残りは最終章のみです。ここまで来れたのも皆様のおかげです。少し早いですが重ねてお礼を申し上げます

>>360明言は避けますが、パラレルの予定です
同一世界観かは伏せさせていただきます

>>361勿論番外編は神名さん達からも受け付けております。良ければどうぞ
神名さん達も、自分の技量不足で書ききれなかった設定があったり無かったりするので……
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/13(土) 18:34:10.10 ID:IYkmiDoDO
乙でした
神名が嵌められるのは予想できてはいたけど、最終章どうなるのかは予想できないから期待
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/13(土) 18:37:07.98 ID:tZHDN9/co

神名には生きていてほしいがどうなるか
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/16(火) 23:54:17.98 ID:306NHv5v0
続きが気になる
406 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:15:26.33 ID:C6uYmsRUO
導入部分まで完成したので、投下します
安価は無いので、ごゆっくりどうぞ
407 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:16:08.82 ID:C6uYmsRUO

〜〜【モノクマ劇場】〜〜

モノクマ「物語の世界って、どんなんなんだろうね?」

モノクマ「どれだけ勇者が魔王を倒しても、どれだけ世界が平和になろうとも…」

モノクマ「頁を最初に戻しちゃえばあら不思議!」

モノクマ「全てが無意味になっちゃうんだからね!」

モノクマ「だけど…物語の登場人物はそんな事は知らないんだ」

モノクマ「今日も何処かで、世界はやり直されているんだよ」

モノクマ「誰かが誰かの世界を、ね」


408 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:16:40.70 ID:C6uYmsRUO

……!…………!

『おめでとうございます!元気な女の子ですよ!』

『おめでとう…!本当におめでとう!』

『あなた…………』

『…ねえ、名前、考えてくれた?』

『勿論だよ……僕らの可愛い娘だからね』

『この子の世界が平和であります様にって想いを込めて考えたんだ』




『この子の名前は―――――。』




409 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:17:15.63 ID:C6uYmsRUO









【CHAPTER 6】
  Your The World








410 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:18:27.13 ID:C6uYmsRUO

菊名「………………………………」

…………終わった

…………知っていたのに、解っていたのに

…………俺達の手で神名さんを

…………殺したんだ

藤山「くそ…っ! チクショオッ!!」

黒城「何よ…これ……」

モノクマ「……あれ? 確かこの後って床に叩きつけられてぺしゃんこになるはずじゃ……」

モノクマ「まあどっちでもいいか! オマエラ一緒にエクストリーーーム!!」

守矢「モノ、クマぁ……!」

守矢「貴様が! 貴様が板東殿を殺したのだろう! 神名殿も……」

モノクマ「何言ってんのさ! 投票したのはそっちのクセに!」

モノクマ「ボクはなーんにも、悪くありまっせーん! あーはっはっは!」

クロエ「……もういいわ。最早モノクマと話す事なんて無い」

クロエ「こんな卑劣な手段を使ってくる相手とは、ね」

菊名「……もう、戻ろう」

もう、考えるのも嫌になる。早く部屋に帰りたい……
411 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:19:12.53 ID:C6uYmsRUO

……翌日

――『食堂』――

菊名「……皆…………」

食堂には誰もいなかった。もう集まる事すら嫌になったのかな……

菊名「……俺は、どうすればいいんだろ」

皆を裏切って、神名さんも裏切って、そうして自分は何をしてるんだろう

お姉ちゃんならどうするかな……

菊名「……………………」

菊名「…………よし!」

自分が今やれる事、それは…………

だから、お姉ちゃん、神名さん…………

俺に、ほんの少しだけ勇気をください

412 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:19:48.65 ID:C6uYmsRUO

菊名「…………モノクマっ!」

モノクマ「はいはーい、呼ばれて飛び出てなんとやら。ってね!」

菊名「……お前に、俺から要求する事がある」

モノクマ「ん? 何々? もっかい裏切者やりたいとか?」

菊名「俺がお前に求めたいのは……」



菊名「……裁判のやり直し、だよ……!」


413 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:20:26.00 ID:C6uYmsRUO

〜〜『???』〜〜

神名「………………………………」

神名「………………………………」

神名「………………………………うーん」

神名「うーん…………うーーーん…………」

神名「…………はっ!?」

私が生きている?私は、確かにオシオキで死んだはず……

という事は、ここは死後の世界…?

神名「…じゃ、なさそうですね」

私の宗派では死後の魂は安らかな眠りを経て転生するのです。ならここは死後の世界な訳ありません

神名「ならここはどこなんだって話なんですけどね…」

確か、私の記憶では真っ逆さまに落とされたはずですけど……

それにしては、私は五体満足でいられてますよね?

神名「まさか……神様が私を助けてくれたんですか……?」

414 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:21:03.53 ID:C6uYmsRUO

神名「…なーんて、流石にそんな都合がいいわけありませんよね」

神様にも頼りすぎましたしね。反省反省

でもせっかく拾った命です。皆にも早く合流しないといけませんし……

神名「……頑張るぞーっ。おーっ」

誰もいないので、小声で自分を応援しました

……なんとなく元気になった気がします

神名「……それじゃあ、行きますか」



………………………………

……………………

…………
415 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:21:29.12 ID:C6uYmsRUO

――『一階 ホール』――

菊名「……皆、来てくれてありがとう」

藤山「なんだよ菊名…いきなり俺達を呼び出したりしてよ」

守矢「何事でござろうか…小生はもう気力が沸かないであります…」

クロエ「何かやるつもりなの?」

モノクマ「はい! 実はそのとおりなのです!」

黒城「うわっ! 出た! いい加減に絶滅しなさいよもう!」

モノクマ「えー、今から菊名くん主催のレクリエーションの説明をしまーす!」

藤山「レクリエーションだあ?」

モノクマ「はい! とってもドッキドキで、ワックワクの、ね!」

守矢「いったい何をなさるおつもりですかな? 菊名殿」

菊名「…………やり直すんだよ、板東くんの裁判を…………!」

416 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:22:06.36 ID:C6uYmsRUO

黒城「…………ハァ?」

菊名「皆! こんなのおかしいよ!」

菊名「板東くんは黒幕が殺したんじゃないか! なのに、その黒幕は平気な顔して今も俺達の目の前にいる!」

守矢「菊名殿…………」

菊名「そして、神名さんもだよ…! 神名さんも、黒幕が神名さんを嵌めたんじゃないか!」

モノクマ「ちょっと待った! 投票したのはオマエラじゃん! 信じられないって言ったのは菊名クンじゃん!」

菊名「……そうだよ」

モノクマ「うぷぷっ! だったら何で、裁判のやり直しなんてしたいのかな?」

菊名「嫌だからだよっ! このままお前に従うのがっ!」

菊名「お前なんかに、俺達の運命を操られながら生きていくのがっ!!」

417 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:22:38.55 ID:C6uYmsRUO

菊名「だからっ…! 皆、もう一度……」

クロエ「……悪いけど、私は反対するわ」

菊名「えっ…………」

藤山「俺もだ……面倒臭ぇし……」

守矢「もう、小生には守りきる自信がありませぬ……」

黒城「無駄よ……無駄無駄……」

菊名「そ、そんな…!」

菊名「しっかりしてよ皆! ずっとこんな所にいていいの!?」

モノクマ「うぷぷっ! ボクとしては大歓迎だけどね! ディストピア万歳!」

菊名「…………俺は嫌だっ!」

菊名「こんな所にいられないんだ! 早くここから出ないとダメなんだ!」

菊名「そうしないと…! 俺達は何のために生きているんだよっ!」
418 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:23:31.85 ID:C6uYmsRUO







「ええ、私もそう思います!」










419 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:24:08.64 ID:C6uYmsRUO

菊名「…………えっ?」

神名「そうですよ菊名くん……私達はここから出ないとダメなんです」

黒城「あ、アンタはっ!?」

守矢「嘘であろう……!?」

モノクマ「バカなっ! お前は第五回の学級裁判で処刑された……」

クロエ「どういう…事なの…!?」

藤山「ま、マジかよっ…!」

モノクマ「超高校級の教祖…神名千鶴!」

神名「……はい、この神名千鶴、ただいまここに復活しました」

神名「さあ皆さん……正しき道へと進む為に! 私と共に来てください!」
420 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:24:48.11 ID:C6uYmsRUO

菊名「う…うぅっ…! うわぁぁぁん!」

藤山「千鶴ちゃんは…あの時絶対に死んでたはずなのによ……」

クロエ「本当に……神名なの?」

黒城「きっと幽霊よ……これは幽霊の仕業なのよ〜」

神名「止めてください! 黒城さんが言うと洒落にならないじゃないですか!」

守矢「では、本当の本当に神名殿なのですかな!?」

神名「はい! 正真正銘天地新銘柄。私の宗派の神様にだって誓います」

神名「私の名前は神名千鶴……皆さんを助けるために舞い戻ってきました!」

モノクマ「な、何が復活だよ! 何でオマエが生きてるんだよ!?」

神名「神様のおかげですよ」

モノクマ「はぁ!?」

神名「……何てね、冗談です!」
421 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:25:21.96 ID:C6uYmsRUO

藤山「本当に千鶴ちゃんなんだよな? 何でオシオキから生きているんだ?」

モノクマ「生きていたって同じだよ! どうせここでも一度死ぬんだからね!」

モノクマ「喰らえ必殺! 助けてグ…」

クロエ「アラ、貴方は前……夜桜の事件の時にこう言っていたはずよ?」

クロエ「オシオキから生き延びていたら無罪放免にする。ってね」

モノクマ「んぐにるっ!?」

守矢「ならば、神名殿がオシオキされる道理はありませぬなぁ!」

モノクマ「ぐににるっ!?」

藤山「ここでオシオキしたら、テメェの方から殺した事になるよなぁ!」

菊名「モノクマ! お前は神名さんを殺す事が出来ないはずだ!」

菊名「もし殺せるなら…俺達に殺し合いを強いるなんて事はしないはずだから!」

モノクマ「んぐぐにるぅ!」

422 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:25:59.59 ID:C6uYmsRUO

モノクマ「わ……わかったよ! 見逃してあげればいいんでしょ!?」

神名「いいえ、そうはいきませんよ」

モノクマ「はい?」

神名「まだ、あなたにはやってもらわないといけない事がありますからね」

モノクマ「ボクにやって貰わないといけない事? なにそれ?」

神名「勿論、私の冤罪を解く裁判……板東くん殺しの学級裁判ですよ」

菊名「っ!」

モノクマ「や、やる必要無いんじゃないかな〜? 無罪放免なんだしさぁ〜」

神名「いえ、絶対にやってもらいます。あなたには神に代わり私から裁きを下して差し上げます」

神名「殺し合いに巻き込まれた、皆さんの分まで!」

神名「あなたに報いを与えなければならないのですっ!」
423 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:26:42.91 ID:C6uYmsRUO

モノクマ「……わかったよ。そこまで言うならやってもらおうじゃないの!」

モノクマ「だけど、それだけじゃ面白く無いよね!? ここまで来たらもうクライマックスだよね!?」

モノクマ「だから……これを最後の決戦。真相編にするクマよー!!」

クロエ「真相……編……?」

モノクマ「オマエラには『神名さんが板東くんを殺せない理由』、そして『この学園の謎』を解いてもらいます!」

藤山「千鶴ちゃんの無罪を証明する事とこの学園の謎……」

モノクマ「イエス! それをオマエラが解明するってワケだよ!」

黒城「えっと……もし出来たらどうするのかしら?」

モノクマ「この裁判をクリアした暁にはオマエラ全員を、卒業として学園から解放します!」

守矢「仮に出来なければ…いや、これは愚問でしたな」

モノクマ「もし出来なければゲームオーバー! 全員まとめて処刑するよ! うぷぷぷぷ…」

つまり、勝っても負けてもこの学級裁判が私達の最後の裁判になるんですね……
424 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:28:02.77 ID:C6uYmsRUO

モノクマ「なんで生き返ってるかは知らないけど…このラストバトル! 神名さん達はどうするのかな!?」

菊名「やるよ……勿論!」

藤山「うだうだしてっとあの世で板東のヤローにどやされそうだしな……いっちょやるか!」

黒城「ラストバトル……ふふふ! なんかとってもいい響きだわ!」

守矢「今までの無念、後悔、雪辱……その全てを晴られるのならば、小生は受けて立ちましょう」

クロエ「このくだらない生活を終わらせられるのなら、私は迷わず引き金を引かせてもらうわ」

……これが最後。これで最後

だったら、私の答えは決まってますよね

神名「やりましょう……最後の裁判を……」



神名「正しいのは私達であると、この私が証明してみせましょう!」



425 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/20(土) 21:32:57.40 ID:C6uYmsRUO

本日はここまでです。ありがとうございました
次回は操作編です。多分この辺りで黒幕や真相がわかるかなーと思います
当然のように生きている神名さんにも、ちゃんと理由があります。その辺は次回に

次回作についてもある程度固まってきたので、前スレにて次回参加する生徒の才能を公開させていただきます

毎度の事ですが、ご質問やご意見も受け付けています。何かあればお願いします

426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/20(土) 21:46:30.68 ID:KurK7cSDO
乙でした
各章のクロや被害者が決まった分岐点とか知りたいけど、本編終わった後のほうがいいかな
427 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/05/28(日) 21:49:21.13 ID:P7+Hv+EBO
明日の夜に捜査編を投下したいと思います
安価はありませんが、よろしければごゆっくりどうぞ
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/28(日) 22:11:24.10 ID:sh/GT0g/o
了解しました
429 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:39:22.08 ID:IfSsNUdUO
それでは再開します
430 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:39:54.29 ID:IfSsNUdUO

【捜査 開始!】

神名「さて……始めましょうか!」

藤山「そ、それよりもよ、さっきから気になってたんだけどよ……」

藤山「何で千鶴ちゃんはオシオキを受けたのに、今も生きているんだ?」

クロエ「そうね。他の四人は無惨に殺されたのに貴女だけ生きているなんて……」

神名「それに関しては、私からも説明があるので着いてきてくれますか?」

守矢「説明……?いえ、それよりも何処へ向かえば良いのですかな?」

神名「こっちです! 皆さん着いてきてください!」

黒城「あっちょっと! いきなり走り出さないでよもう!」

菊名「これが最後だから気合いが入ってるね……ちょっと待ってよ皆!」

431 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:40:49.76 ID:IfSsNUdUO

――『一階 空き教室』――

神名「はい! ここです!」

菊名「ここ、って……確か……」

藤山「最初の事件があった場所だな。江野森が小田切を絞め殺した……」

黒城「い、言うんじゃないわよ……思い出すと気分が悪くなるじゃない……」

守矢「黒城殿は全く捜査をしてなかったでしょうに……」

クロエ「それで? この部屋に何があるというのかしら」

神名「ええ、これを見てください」

そういって近くにあった掛け軸を捲り、壁を叩くと……

藤山「!? これってよ……!」

クロエ「エレベーター……!?」

神名「はい。このエレベーター……私はこれに乗って戻ってきたんです!」



GET!:コトダマを入手しました
【隠しエレベーター】
 一階の空き教室にて隠されていたエレベーター
 これに乗って神名は戻ってきた
432 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:41:18.65 ID:IfSsNUdUO

全員が乗ったのを確認して、ゆっくりとエレベーターが動き出します

皆は緊張してるのか、それとも興奮しているのか……

奇妙な静寂だけが、私達の全てを支配していました

黒城「……これ、どこまで続いてるの?」

藤山「それを今から確認しに行くんだろうが」

クロエ「神名が何事もなく生きているから危険は無さそうだけど……」

黒城「今の神名はあのクマに洗脳されてて、アタシ達を一網打尽にするとか!」

菊名「ひっ!?」

守矢「止めなされ、徒に不安を産むのは止めなされ……」

神名「……ふふっ」

それでも皆はいつも通り……それが、今の私にはとても頼もしく映りました

そうこうしている内に、ちーんと音が鳴り、エレベーターの動きが止まりました

菊名「あっ……止まったみたい」

藤山「こういうのなんつったっけな……鬼が出るか、蛇が出るか…ってか?」

守矢「何が出ようと、この守矢が皆様を守り抜いてみせましょう!」

クロエ「頼むわね。さて、いったいここに何があることやら」

神名「ふぅ……では、いきますよ……!」
433 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:41:44.49 ID:IfSsNUdUO

黒城「……へっ!?」

守矢「バカな……!?」

菊名「お、大きい……」

藤山「ここって……まさかよ……!」

クロエ「……地下シェルターっ!?」

皆さんが思い思いの感想を口にします。その全ては驚嘆ですが……

そう。この学園の地下にあったもの……それは巨大な地下シェルターでした

クロエ「何故っ!? どうしてこの学園にこんなものが……!?」

藤山「こんなバカデケェシェルター、何の為に造ったんだよ!?」

守矢「まるで、何かに備える為に造られたかの様に思えますが……」

なんにしても、この地下シェルターの意味こそが、この学園の秘密を握る鍵になりそうです


GET!:コトダマを入手しました
【地下シェルター】
 希望ヶ峰学園の地下に存在した大規模なシェルター
 まるで何か大きな驚異に備える為に造られた様だが……?

434 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:42:31.13 ID:IfSsNUdUO

神名「……私が目覚めたのはここです」

皆さんを連れて、シェルターの中を歩いていきます

そうして辿り着いた先は、私が目覚めた一室でした

黒城「なんなの? この部屋」

藤山「何かの制御室みてーだな、何かはわかんねぇけどよ」

クロエ「……パソコンがあるわね。少し調べてみましょうか」

神名「あ、私にも見せてください!」

手慣れた手つきでカタカタとパソコンを動かすクロエさん。パソコンの画面に一つの資料が浮かびます

クロエ「これは……『ゴフェル計画参加者名簿』?」

神名「かなりの人数が参加しているみたいですね…」

そうして参加者名簿をスクロールしていくと、私達の情報を見つけました


435 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:43:03.45 ID:IfSsNUdUO

神名「あ……これって私達のデータでしょうか?」

クロエ「そうみたいね。ご丁寧にゴフェル計画の概要も書いてあるわ」

『ゴフェル計画……人類に対して甚大な被害を被る様な災害・天災・人災が起きた場合に始動させる

 この計画の主な目的は【人類という種の保存】であり、人類の滅亡を阻止するというのが大目的である

 参加者は希望ヶ峰学園に在校している生徒……若き希望の種である

 具体的な内容は、宇宙船にて宇宙に飛び立ち、新たな星を見つけて人類を繁栄させる事である

 また、幾つかのグループにはこの地球に残ってもらい、生き残れた場合に連絡手段として起用する

 その前段階として、参加者達には一度記憶を全て消去してもらう。起きたときの混乱を少しでも減らすため……』


GET!:コトダマを入手しました
【ゴフェル計画】
 希望ヶ峰学園が、人類の滅亡を回避する為に作り上げた計画
 詳しい内容は>>435
436 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:43:32.58 ID:IfSsNUdUO

クロエ「……随分と大層な計画ね」

神名「ええ……」

あまりの壮大さにぽーっとしてしまいます……私は人類は神に祈る事で救われると思うのですけど

ぼんやりとポケットの中を探ってみますと、そこにはあのモノクマに押し付けられた謎の機械が……

神名「……そうだ! クロエさんには見てほしいものがあるんです!」

クロエ「……私に?」

神名「はい、この機械なんですけど……」

クロエ「……よく解らないわね、藤山、少しこっちに来なさい」

藤山「あ? なんだよ」

クロエ「少しこの機械を分解してみなさい」

神名「えっ!? いいんですか!?」

クロエ「訳のわからないものなのだし、どう扱っても問題は無いわ」

神名「問題無いんですか……」

藤山「おし、終わったぜ。こんなん素手でもブッ壊せらぁ」

そういって藤山くんが見せてきたのは、余計なパーツが無くなっているので私にも何かわかりました

437 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:44:00.00 ID:IfSsNUdUO

神名「これって、確か……福島さんの持っていたボイスレコーダーですか?」

藤山「おう。なんか後付けで無理矢理部品をくっつけたみてぇだな」

藤山「この位なら誰でも出来るからな、分解すんのも楽チンってこった!」

クロエ「早速再生してみましょう。皆静かにしてて」

菊名「あっ……う、うん!」

守矢「む? 一体何が始まるのです?」

黒城「第……」

クロエ「黙ってて、再生するわよ」

438 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:44:34.82 ID:IfSsNUdUO

ザーッ……

??『……やあ、こんな夜にちゃんと来てくれて嬉しいよ』

菊名「……えっ?」

守矢「この声は……確か……」

??『ちゃんと僕の手紙を見てくれたみたいだね。まあ来なかったら君を裏切り者として告発するつもりだったけどね』

??『…え? なんでそう思うのかって?
やだなあ。僕相手にそんなチャチな演技で騙せると思ってたの?』

小田切『この超高校級の俳優を騙したいのなら……せめて超高校級の女優くらいは連れてくるんだったね』

藤山「小田切じゃねえか……!」

そう、その声は間違いなく最初の被害者である【小田切 翔】くんのものでした

小田切『ねえ…何か言ったらどうだい? さっきから黙ってちゃ話が進まないよ』

小田切『……? お前まさか……!?』





クロエ「……これで終わりみたいね」

黒城「何で今頃この話を? って言うか何で小田切の声が入ってるの?」

菊名「この後小田切くんは殺されちゃったんだよね……」

藤山「つー事は、これは小田切か江野森の持ち物なのか?」

守矢「福島殿にも同じ物が配られておりましたし、可能性はありますな」

神名「……でも、それをどうして私に持たせて、挙げ句の果てにそれを爆弾の起爆装置なんて言ったんでしょう?」



GET!:コトダマを入手しました
【ボイスレコーダー】
 神名がいつの間にか持たされていた、見覚えの無い機械の正体
 福島も持っていた為、小田切か江野森のものと推測されている

【謎の音声記録】
 ボイスレコーダー内に記録されていた音声記録
 内容は小田切が何者かと話しているようだが……


439 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:45:28.41 ID:IfSsNUdUO

藤山「なんかよくわかんねぇな……そっちはどうだ? なんかあったか?」

黒城「あったわ! 面白いものが!」

そういって黒城さんが取ってきたのは、なんの変哲もない電子時計でした

藤山「おっ! 黒城にしちゃいいモンを持ってきてんじゃねーか」

守矢「これで今がいつ頃なのか確認する事が出来ますな!」

黒城「ふふふ…そう思うでしょ? 思うわよね?」

菊名「えーっと、現在の日にちと時刻は西暦8888年88月88日……?」

藤山「どう見てもブッ壊れてんじゃねーか! ふざけんな!」

クロエ「でも、どこにも改造された跡や壊れた様な箇所はみられないけど……」

藤山「あ? ……そういやそうだな」

黒城「ね!? 面白いでしょう!」

守矢「……ただのイタズラでしたな」


GET!:コトダマを入手しました
【奇妙な電子時計】
 シェルター内にて発見した電子時計
 表示される時刻や日時は何故か全てがカンスト状態だったが、改造や故障では無いようだ……

440 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:46:40.43 ID:IfSsNUdUO

クロエ「めぼしい所はもう無さそうね」

藤山「なら……次はどうするよ? 首謀者のいる部屋にカチコミかますか?」

守矢「いえ、ここまで調べても見つからないという事は、あの蔦や木の絡まった部屋の何処かでしょう」

神名「それを全て探すのは流石に時間がかかりそうですね……」

クロエ「なら、他に情報の手に入りそうな場所はないかしら?」

守矢「それならば、小生にいい提案がございますぞ」

菊名「えっ、何?」

守矢「はい、一度裁判場へと戻り、神名殿のオシオキ装置を全員で調べてみるのです!」

神名「私の……オシオキを……?」

藤山「なるほどな、そうすりゃ千鶴ちゃんが生きてる理由がわかるかもしれねぇのか」

クロエ「やってみる価値はあるわね」

黒城「えっ? て事はあの滅茶苦茶遅いエレベーターにまた乗るの!?」

菊名「……仕方ないよ」

黒城「嫌ーーーーーっ!! アタシもう歩きたくなーーーいっ!!」

藤山「オラ! きびきび歩きやがれ!」

神名「あはは……」

またあそこに行くのは、少し嫌ですけどね……

でも、皆がいるから大丈夫ですよね?

441 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:47:14.93 ID:IfSsNUdUO

――『裁判場 オシオキルーム』――


黒城「着いたわ! 歩く場面は特に何もないからカットよ!」

藤山「何言ってんだ? お前」

守矢「そもそも黒城殿は歩いてないではありませぬか。小生がずっとおぶっていたではありませぬか」

クロエ「茶番はいいわ。それにしても…ここを造った奴は相当な悪趣味ね」

神名「全くです……」

オシオキルームは裁判場の後ろ……

私達の席順をぐるっと回転させた場所にありました

クロエ「この部屋は小田切……その次は黒崎かしら」

藤山「うおっこの部屋は俺のか!? んでその隣だから……ここは糸長のか?」

守矢「自分のオシオキなぞ、見てあまり気持ちのよいものではありませぬな」

黒城「ううっ、なんか酔ってきたわ……」

菊名「……ここが、俺の…………」

もしかしたら、自分が受ける側だったのかもしれない処刑…オシオキに、皆も言葉に詰まっています

そうですよね。最悪、自分の死ぬ場所を長々と見続けるなんて、とても正気の沙汰ではありません

じゃあ、私達はもう狂っているのでしょうか? ……まさか

今を生きたいと思う心を、狂っているとは呼べないでしょう?






442 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:47:44.41 ID:IfSsNUdUO

と、私がぽやっとそんな事をもやもやと考えていると……

藤山「おい! 全員こっち来てくれ!」

菊名「うん!」

守矢「わかりましたぞ!」

藤山くんの号令が、悪趣味な部屋に響き渡っていきました

神名「どうかしましたか!?」

菊名何かわかったの?」

藤山「おう、千鶴ちゃんが生きている理由がわかったぜ」

私が、生きている理由……

神名「……どうして、私は生きているんですか?」

藤山「まあ、簡単に言っちまうと千鶴のオシオキ装置には安全装置が起動していたんだよ」

守矢「安全装置……ですかな?」

藤山「おう。稼働した時に自動であそこのシェルターに運ばれる様に設定されていたみてぇだな」

黒城「そんなのがあったのね……なんて卑怯なのかしら……」

藤山「因みに、同じようなシステムがついていたのは菊名だけだぜ」

菊名「……えっ?」

黒城「神名への贔屓といい……やっぱりアンタが黒幕じゃない!」

菊名「ちっ、違うってば!」

私と、菊名くんだけに安全装置が…?

私達に特に共通点はありません。どうしてわざわざ二人に安全装置を…?

いえ、そもそも……

特定の生徒にそんな優遇をしては、学級裁判にならないのでは?



GET!:コトダマを入手しました
【オシオキの安全装置】
 神名と菊名のオシオキにのみ取り付けられていた安全装置
 これにより、処刑を受けたはずの神名は生き延びる事が出来た
 なお、他の生徒のオシオキ装置にはついていない
443 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:48:40.82 ID:IfSsNUdUO

黒城「やーいこの黒幕……わきゃっ!?」

ばたーんっ

菊名「黒城さんっ!?」

黒城「痛ぁ…アンタのせいで転んじゃったじゃない! どうしてくれんのよ!」

藤山「お…おい! 見てくれよ!」

守矢「これは…なんと…!」

黒城「え…アンタ達、アタシの事を心配してくれてるの…?」

黒城「そ、それは当然なんだけど、いきなりそんな激しくされると照れ…」

藤山「こんな所に隠し通路があるぜ!」

クロエ「黒城が転んだから、板が外れたのかしら…」

黒城「る………?」

守矢「早速行きましょうぞ! 皆様!」

神名「はい!」

菊名「うん!」

黒城「…………………………………」

黒城「………………きしゃーーーっ!!」

藤山「うおおおおおっ!? 大声出すんじゃねぇよ!」



444 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:49:11.11 ID:IfSsNUdUO

藤山「…ったく。手間かけさせやがって」

黒城「頭…痛い……」

クロエ「騒いでないで探しなさい」

守矢「時にクロエ殿、この英語の本は何ですかな?」

菊名「さっき黒城さんが暴れた時に、上から落ちてきたんだけど……」

クロエ「どれどれ…ええと、これはモノクマの説明書みたいね」

神名「なんて書いてあるんですか?」

クロエ「簡単に言うならば、モノクマの構造と制約みたいなものよ」

クロエ「モノクマはこの学園内にある隠し通路を用いて移動しているわ」

菊名「隠し通路……」

クロエ「まあ、それが無ければあんなにうろちょろ出来ないでしょう」

クロエ「そして、モノクマは私達を無意味に傷つけてはならない。モノクマは私達の物を壊してはいけない…」

クロエ「だけど、上の制約は私達がモノクマを攻撃した時に無効になる…」

黒城「ロボット工学三原則ね。厳密には少し違うけど……」

クロエ「アラ、知っているの?」

黒城「当然じゃない! アタシはSFも網羅してるんだから!」

藤山「おうおう、ガールズトークしてる暇あんのか?」

神名「ガールズ……トーク……?」


GET!:コトダマを入手しました
【隠し通路】
 モノクマが通る専用の通路
 普段からモノクマはこの通路を使って出入りしているようだ

GET!:コトダマを入手しました
【モノクマ三原則】
 1:生徒を傷つけてはならない
 2:意図的に物を破壊してはいけない
 3:上記の原則は、生徒が校則違反を犯した場合無効となる

445 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:49:44.71 ID:IfSsNUdUO


きーんこーんかーんこーん!

神名「あっ……」

守矢「……む」

モノクマ『うぷぷっ、オマエラってば最後の最期まで変わらないね』

モノクマ『でも、オマエラはそれでいいんだよ。いつまでも夢に居続ければいいんだよ』

クロエ「……来たわね」

モノクマ『だけど終わりが来るのなら、それを受け入れないといけないのです』

黒城「ようやくぶちのめせるのね!」

モノクマ『さあ、始めようか! 全ての終わりに向かうための学級裁判を!』

藤山「終わりに向かうため、なぁ……」

菊名「これで……終わりなのかな」

神名「遂に……終わるんですね」

モノクマ『あ、そうそう…ボクからもオマエラに餞別があるんだよね』

モノクマ『モノクマの工場にある隅のモノクマをどかしてみなよ! そこにとっても重要な情報があるから!』

モノクマ『それじゃあ…いつもの場所、オマエラの真上でまってるからねー!』


446 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:51:24.66 ID:IfSsNUdUO

藤山「…終わりみてぇだな」

黒城「隅のモノクマ…? って、これでいいのかしら?」

菊名「それをどかせばいいのかな……」

黒城「いくわよ! ちぇすとぉっ!!」

黒城さんが、ちょこんと隅に置かれたモノクマを無造作に放り投げると…

守矢「…? これはファイルですかな?」

クロエ「…『ゴフェル計画前被験者リスト』……!?」

神名「ゴフェル計画…」

またその単語ですね…でも、これが重要な情報なんですか…?

守矢「ゴフェル計画ですか…しかし、小生らには関係がないはずですぞ?」

藤山「そうだぜ。俺達はそんな話聞いた事も無いしな」

藤山「そうだろ?クロエ。何そんなに驚いているんだよ」

クロエ「…黒城、読んでみなさい」

黒城「えーと何々、『被験者No.B 超高校級のオカルトマニア 黒城奏』…」

黒城「って! これアタシの事…ええええええええっっ!!??」

守矢「なっ…!?」

藤山「…!? オイ! 俺にも見せろ!」

藤山「…『被験者No.A 超高校級の解体屋 藤山戒』…嘘だろ…?」

そこに書かれていたのは、ナンバーで分けられた私達のプロフィールでした

私、黒城さん、菊名くん、クロエさん、黒崎さん、夜桜さん、福島さん、江野森さんがナンバーB

そして、藤山くん、小田切くん、千里山くん、守矢くん、糸長くん、射和くん、鈴木くん、坂東くんがナンバーA

勿論私にはゴフェル計画の事なんて解りませんけど…

私達は、いつの間にゴフェル計画に参加していたんでしょう…?

447 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:51:58.26 ID:IfSsNUdUO

菊名「…あれ? 俺のだけ顔写真が無い」

守矢「それに、才能の欄も塗り潰されてしまっていますな…」

黒城「…本当にアンタが黒幕じゃないのよね? 明らかに怪しいじゃない」

菊名「ち、違うってば…」

クロエ「どうやら、このゴフェル計画には私達以外にも参加している人物がいるみたいね」

神名「…? そうなんですか?」

クロエ「ええ。どうやら本来は私達16人に加えて、『オブザーバー』が参加する予定だったみたいね」

藤山「つー事は、そのオブザーバーが黒幕なのか?」

守矢「そのオブザーバーとやらの才能は何なのですかな?」

クロエ「才能は無いみたい。どうも参加者の一人にくっついてきたみたいだけれど…」

菊名「うーん…手がかりにはならないね」

神名「しかし、そのオブザーバーが今回のコロシアイに一枚噛んでいる事は間違いないと思います」

未だに顔を見せないオブザーバー…その人がコロシアイを仕組んだ可能性は高いと言えるでしょう

私達を弄んだ黒幕…それが私達の倒すべき真の相手…!


GET!:コトダマを入手しました
【ゴフェル計画被験者リスト】
 ゴフェル計画に参加している被験者達のリスト
 内訳は以下の通り
 グループA:小田切、糸永、千里山、射和、鈴木、坂東、守矢、藤山
 グループB:神名、黒城、クロエ、菊名、福島、夜桜、黒崎、江野森

GET!:コトダマを入手しました
【17人目のオブザーバー】
 ゴフェル計画に参加している17人目
 どうやらとある参加者と関わりがある様で、その人物の紹介で参加したらしい

448 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:53:00.45 ID:IfSsNUdUO





藤山「…しゃあっ! 解んねぇけど、そいつは裁判場で明かすとすっかな!」

藤山くんが拳を叩き、意気揚々と上へと上がっていきます

守矢「ふむ、まあこれが最後。生きるも死ぬも、小生らは全力を出さねばなりませぬなぁ」

守矢くんが息を吐き、厳かに裁判場へと向かっていきます

黒城「ふふふふ…遂に、遂に来たのね! このアタシがあのムカつく黒幕にパンチをかませられる時が!」

黒城さんが腕を振り上げ、意気揚々と裁判場へと走っていきます

クロエ「さて、このクロエ・ファウラーをこんな目に合わせた罪…黒幕の悲鳴と苦痛で償って貰いましょうか」

クロエさんが髪をかきあげ、ゆっくりと裁判場へと進んでいきます

菊名「…俺達もいこっか」

神名「…はい」

残されたのは私達。菊名くんの顔には、怯えと興奮が入り交じったような表情が浮かんでいます

神名「では、参りましょうか…」

そうして、私達は終わりへと頁を進める為に、裁判場へと動いていきました

449 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/05/29(月) 22:56:54.20 ID:IfSsNUdUO

本日はここまでです

次回は学級裁判の前編から中編までになると思います。なので、少し期間が空くかな、と予想しています

それでは、ありがとうございました

450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/29(月) 23:22:55.41 ID:xagcPSdFo
乙でした
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/30(火) 00:11:28.07 ID:LlaKSmZl0
最後まで頑張ってください
452 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/06/04(日) 22:08:33.19 ID:JEteRuGIO
生存報告がてら進歩状況を
現在、私事が建て込んでほとんど裁判が進んでません…多分もう一、二週間はかかるかな、と思います
こんなぐだぐだなスレですが、もう少しお待ちください…すみません
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/04(日) 23:36:50.02 ID:hCSO89eDO
無理なさらずに
454 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:05:38.72 ID:N6Q/Am7JO
お待たせしました。学級裁判前半まで完成させたので、9時半から投下したいと思います
学級裁判パートなので、是非ともご参加ください
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/10(土) 21:10:07.99 ID:XYkVoYpno
了解
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/10(土) 21:22:37.91 ID:6/GF3iADO
待ってた
457 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:31:15.69 ID:N6Q/Am7JO

《コトダマ一覧》

【隠しエレベーター】>>431

【地下シェルター】>>433

【ゴフェル計画】>>435

【ボイスレコーダー】>>438

【謎の音声記録】>>438

【奇妙な電子時計】>>439

【オシオキの安全装置】>>442

【隠し通路】>>444

【モノクマ三原則】>>444

【ゴフェル計画被験者リスト】>>447

【17人目のオブザーバー】>>447

458 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:31:50.15 ID:N6Q/Am7JO

【学級裁判  開廷!】

モノクマ「さて、今回の学級裁判は特別ルールでお送りしまーす!」

モノクマ「オマエラが神名さんの無実と学園の秘密を明かせたならばオマエラの勝ち!」

モノクマ「オマエラ全員に学園から卒業出来る権利を進呈しちゃいます!」

モノクマ「ただーし! もしどっちかが解き明かせなかったら…」

藤山「まとめて処刑。だろ?」

モノクマ「イエスイエスイエス!」

モノクマ「と言うわけで! オマエラ必死になって考えなよ! うぷぷぷ…」

黒城「ふっ、アタシ達がアンタをブチのめすんだから関係ないわ!」

守矢「ですが、焦りから瓦解しては勿体ありませぬ。ここは解りやすいものから解いていきましょうぞ」

クロエ「そうね。少しずつ詰めていくとしましょうか…」

459 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:32:26.84 ID:N6Q/Am7JO

神名「…ならば、まずは私の潔白から証明してくれませんか?」

モノクマ「うぷぷっ、潔白も何も、坂東クンを殺したのは神名さんでしょ?」

菊名「あ、あれはお前が…!」

守矢「いえ、最早何も言うまい」

クロエ「神名の無実はほぼ確定。それをモノクマは無理矢理ねじ曲げたのよ」

藤山「投票しねえと殺す。っつーおまけ付きでな!」

菊名「だから、俺達は神名さんに投票せざるを得なくなったんだ…!」

黒城「まあ、菊名がペラペラ神名を疑いまくったからそれに流されただけなんだけどね!」

菊名「ご、ごめん…」

神名「大丈夫ですよ。私はもう気にしていませんから」

神名「だから…どうか皆の力を、私に貸してください!」

460 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:32:56.36 ID:N6Q/Am7JO

藤山「しゃあっ! 任せとけっ!」

黒城「アタシを誰だと思ってるの!?」

守矢「ふふ、小生でよければ幾らでも貸して差し上げましょう!」

クロエ「必ず勝たせて貰うわ…このクロエの名前に賭けても」

菊名「もう逃げない…俺は皆と一緒にお前と戦う!」

モノクマ「うぷぷぷぷ…」

神名「さあやりましょうか! これが私達最後の学級裁判です!」

モノクマ「うんうん。オマエラもやる気マックスですし始めましょうか!」



モノクマ「さあ! ドキドキワクワクの最後の学級裁判、始まりだーっ!!」





461 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:33:41.95 ID:N6Q/Am7JO

【ノンストップ議論  開始!】
 コトダマ一覧>>457
【ボイスレコーダー】
【隠し通路】
【地下シェルター】


モノクマ「えー、じゃあまずは前回のおさらいから始めますか!」

藤山「またてめぇも参加すんのか?」

モノクマ「最後なんだしいいじゃん!」

モノクマ「最初に、神名さんは【ボクに鎖を縛らせて…】」

モノクマ「皆を呼び寄せたんだよね!」

モノクマ「それで、のこのこと近寄ってきた【坂東クン】を…」

モノクマ「隠していた【起爆装置】でどかーん! と吹っ飛ばしたんだよね!」

モノクマ「これがざっくりとした前回のあらすじだけど…何か間違ってる?」


↓1論破してください
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/10(土) 21:35:22.69 ID:XYkVoYpno
【起爆装置】に【ボイスレコーダー】
463 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:36:24.88 ID:N6Q/Am7JO

【起爆装置】←【ボイスレコーダー】

正解!

神名「それは違います!」論破!

神名「そもそも、あれは爆弾の起爆装置なんかではありません…」

神名「あれは福島さんの持っていたものと同じ…ボイスレコーダーなんです」

モノクマ「あれ? そうなの?」

藤山「そうなの? じゃねえよ!」

クロエ「自分の用意した備品くらい、まともに管理して貰いたいわね」

モノクマ「で、でもあれってとてもそうには見えなかったけど?」

守矢「外付けで部品が取り付けられていたので、そう見えたのでしょうな」

モノクマ「むー…」

モノクマ「あ! だったら起爆装置じゃなくて他の方法で爆発させたんだよ!」

菊名「他の方法…?」

他の方法なんて無いと思うのですが…一応聞いておきましょうか

464 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:37:00.92 ID:N6Q/Am7JO

モノクマ「例えば、モノクマを操作して誰かが近くに来たら爆発するようにしたとか…」

クロエ「そんな事は出来ないわ」

クロエ「様々な軍事施設を見た私だから解るけど…あのモノクマはそんな細かく設定出来ないの」

クロエ「誰かが意図的に操作しないと、あんな都合よく爆発しないわ」

モノクマ「ぐぬぬ…でもそれってクロエさんしか証明出来ないよね?」

クロエ「なんですって?」

モノクマ「それはあくまでもクロエさんの知識による主観…それを今皆に証明出来る事は出来ないよね?」

クロエ「それは…!」

モノクマ「と、なると怪しいのはクロエさんになるね!」
465 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:37:40.20 ID:N6Q/Am7JO

神名「…いいえ、それは違います」

モノクマ「えっ!? なんでさ!」

神名「モノクマを操作している人は、私達とは離れた所にいます…」

神名「そしてその事実こそが…私達の中に犯人、ひいては首謀者がいない事を証明しているんです!」

藤山「マジか!」

黒城「嘘っ!? アタシ達の中に黒幕はいないの!?」

クロエ「…神名、教えてくれるかしら?」

クロエ「私の潔白を…皆の潔白を!」

神名「わかりました、ではいきます…!」

そもそも、黒幕は私達の近くにはいないはず…

監視や食料の調達等の理由もあります。けど、一番の理由は…

何度も私達に見せてきた、『アレ』の存在です!



【錯綜シークワード  開始!】
 問:モノクマの操作が離れて行われている証拠となるモノは?

     ■■ヒ■ユ■ヒ■
     ■ノヨ■ルロモ■
     ン■クロク■スム
     マ■■■ノ■■■
     アカ■トフ■ルコ
     カ■イロ■ァワセ
     ■■ト■■■■■
     ■コイキン■■ル

↓1
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/10(土) 21:43:11.01 ID:XYkVoYpno
モノクマファイル
467 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:47:16.94 ID:N6Q/Am7JO

解:モノクマファイル

正解!

神名「見つけました!」

神名「私達が黒幕でないという証拠は…」

神名「私達が事件を起こす度に与えられてきた、モノクマファイルです!」

モノクマ「モノクマファイルぅ!?」

神名「クロエさん、モノクマファイルの検死結果に誤りはありましたか?」

クロエ「私は医療を専門としていないから断言は出来ないけど…特に誤りは見当たらなかったわ」

モノクマ「当たり前じゃん! 事件の捜査に役立ててるのに、間違いなんてあるわけないじゃん!」

神名「では、どうしてこんなに正確なんですか?」

守矢「む…それはモノクマが事件の現場を目撃しているからでは?」

468 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:47:54.84 ID:N6Q/Am7JO

神名「そう。モノクマはモノクマファイルを作るときに必ず事件を目撃、あるいは録画しているはずです」

神名「それを私達に気づかれずにやってのけるのは…とても不可能なのです!」

モノクマ「ヴぁーちッ!?」

モノクマ「だだだだけどさ!? それはオマエラが気づいていないだけじゃ…!」

モノクマ「そ、それに! ファイルの内容なんてプログラムで幾らでも変えられるんだしさ!」

藤山「いや…よく考えてみたらよ…」

藤山「江野森、千里山、夜桜、鈴木の事件は深夜…俺達が普段起きてねぇ時間帯に起きてるよな?」

藤山「だけどよ、坂東の事件だけは…」

守矢「小生らの目の前で起きましたな…」


469 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:48:24.90 ID:N6Q/Am7JO

守矢「…そうか! あの事件、本来は神名殿が亡き者となるはずだった…」

守矢「しかし、配られたモノクマファイルは確かに坂東殿のものである…」

守矢「これはモノクマからしてみたら想定外の事でありますな! 何せ…」

黒城「本当なら、死んでいたのは神名の方なんだから!」

モノクマ「うぶぉっ!?」

クロエ「それに、坂東が助けに行ったのは私達でもわからない事よ」

クロエ「私達は神名を助ける事に反対の意見だったんだから…」

神名「これだけ不確定な要素があるのに正確にモノクマファイルを作れるのは…」

神名「私達から離れた場所で監視しているから…ですよね?」

モノクマ「ひでェぶスッ!?」


470 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:49:00.58 ID:N6Q/Am7JO

モノクマ「……………………」

藤山「おい、止まっちまったぞ?」

クロエ「ショック死したのかもね。放置しておきましょう」

菊名「い、いいのかな……」

守矢「さて、次は何を話し合いましょうか…」

黒城「ここは更に絞っていくべきよ! そう、次に話すべきは…!」

菊名「俺達の身に何が起きてるか、だね」

黒城「アタシの……台詞……」

守矢「小生らに何があったか…それを今一度振り返ってみましょうぞ」

神名「そうですね…では、それを踏まえて皆さんで議論しましょう」

私達はどうしてここにいるのか…それさえ解れば突破口に成りうるはず…

それを、私達で明かさないと……!

471 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:49:39.08 ID:N6Q/Am7JO

【ノンストップ議論  開始!】
 コトダマ一覧
【隠しエレベーター】
【地下シェルター】
【ゴフェル計画】


神名「まずは、皆さんが学園に来た時の話をしてみましょう」

藤山「俺達は【学園のスカウト】で、この希望ヶ峰学園に来たんだよな?」

クロエ「そう。【各分野で超一流の才能を持つ】超高校級の生徒として……」

黒城「だけど、目が覚めたら【こんな辺鄙な場所】にぶちこまれてたのよね!」

守矢「その際、小生らは【眠らされており】状況の把握が困難でしたな……」

菊名「こんな事になる【心当たりなんて無い】し……」

菊名「どうして俺達はこんな事になったんだろう……?」


↓1

472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/10(土) 21:54:07.59 ID:Q7G6qqhU0
【心当たりなんて無い】←【ゴフェル計画】
473 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:57:19.50 ID:N6Q/Am7JO

【心当たりなんて無い】←【ゴフェル計画】

正解!

神名「それは……!」論破!

神名「いや…まさか、でももしかして…」

菊名「…? どうしたの?」

守矢「どうなされました? 神名殿」

神名「もしかして……もしかして、ですけど……私達は…………」




神名「ゴフェル計画に……参加していたんじゃ、ないでしょうか」





474 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 21:58:14.51 ID:N6Q/Am7JO

藤山「な……? は? え?」

黒城「ご、ゴフェル計画ってあの思春期の中学生が考えたみたいなぶっ飛んだ計画よね?」

神名「…………はい」

黒城「んなワケないじゃない! なんでアタシがそんな計画に参加しなきゃならないのよ!」

クロエ「黒城じゃないけれど…私もそれはどうかと思うわ」

クロエ「実現性はともかく、あの計画は人類に何か不都合があった場合に起こる計画……」

クロエ「私達の知る外の世界は、そんな状況になるほど追い詰められていないと思うのだけど」

黒城さんとクロエさんの言う事は尤もですけど、それを否定できる証拠があります……

それさえ見せれば……解ってくれるでしょうか……

問:ゴフェル計画と神名達に関係のあるコトダマを提出してください

↓1
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/10(土) 22:02:39.38 ID:XYkVoYpno
【奇妙な電子時計】
476 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 22:06:05.20 ID:N6Q/Am7JO
選択:【奇妙な電子時計】

不正解……

神名「この時計です。この時計が……」

黒城「そんなぶっ壊れた時計なんてどうでもいいじゃない!」

藤山「見つけたのはお前だよな…? 面白いとも言ってたよな……?」

……どうやら、これでは納得してくれないみたいです

もっと具体的な……名簿のようなものを示せば解ってくれるでしょうか……?

↓1再度提出してください
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/10(土) 22:06:26.88 ID:Q7G6qqhU0
【ゴフェル計画被験者リスト】
478 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 22:07:22.10 ID:N6Q/Am7JO

選択:【ゴフェル計画被験者リスト】

正解!

神名「これで証明出来ます!」解!

神名「このリスト……これには、私達の情報が書かれています」

神名「それに、被験者という事は私達はこの計画の一員であるという事……」

神名「だから……私達は、このゴフェル計画に参加していたんです……」

黒城「……!」

藤山「ちょ、ちょっと待ってくれよ千鶴ちゃん! その計画って、在校生徒から選ばれんだろ!?」

藤山「俺達がその計画に参加してたってんなら、それってつまりよ……!」




藤山「俺達は、既に希望ヶ峰学園で過ごしていたって事じゃねーのか!?」






479 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 22:07:52.63 ID:N6Q/Am7JO

モノクマ「……うぷ、うぷぷ、うぷぷぷぷぷ……!」

モノクマ「そう…! 実はそうなんだよね…! 大正解だよ…!」

モノクマ「実はオマエラは、既に学園で一年間クラスメイトとして過ごしていたんだよ!」

守矢「なっ…!?」

菊名「そんな! 俺にはそんな記憶は…」

クロエ「バカな、でも、まさか、私達は目覚めた時から……!」

クロエ「記憶を…奪われていたの…!?」

モノクマ「うぷぷっ、どうだろうね?」

神名「じゃあ、私達はクラスメイト同士でコロシアイを行っていたんですか…!」

モノクマ「はいそうです! 無関係かと思われていた16人には、実は密接な繋がりがあった……」

モノクマ「古典的で使い古された設定だけど、オマエラからしてみればとっても悲劇的で……」

モノクマ「絶望的だよねぇ!?」

神名「っ……!」

本来、皆さんは仲間だった……それを、記憶を奪い殺し合わせるなんて……!

480 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 22:08:23.16 ID:N6Q/Am7JO

菊名「……ね、ねぇ! それじゃあ、モノクマを操っているヤツも、本当は俺達の仲間なんだよね!?」

菊名「なんで……なんで、こんな酷い事をするのさ!? 俺達は助け合う関係なんじゃないか!」

守矢「そうである…! 元々がクラスメイト、そして計画の参加者であるなら尚更狂っている…!」

モノクマ「まあ、その事はおいおい解るから置いておいて……」

モノクマ「さあ! お待ちかねの黒幕当てだよ! ボクの正体はだーれだ!」

黒城「誰であろうと頭のおかしなヤツって事には変わらないわよ!」

藤山「誰か、って言われても……候補すら存在しねぇじゃねえか」

クロエ「死体は全て残っていた……そして私達は黒幕ではない……」

神名「……なら、あの人が黒幕の可能性が高いですね…!」

私達を追い詰め、殺し合わせた黒幕……

それは、私達16人以外の、あの人…!



問:黒幕の候補を示すコトダマを提出してください

↓1
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/10(土) 22:09:37.31 ID:XYkVoYpno
【17人目のオブザーバー】
482 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 22:10:07.39 ID:N6Q/Am7JO

選択:【17人目のオブザーバー】

正解!

神名「これで証明出来ます!」解!

神名「この計画には、私達を除いてもう一人参加しているんです……」

神名「それがオブザーバー……17人目の、生徒なんです!」

守矢「この期に及んで姿を見せぬ存在…黒幕としては妥当ですな!」

神名「そして、そのオブザーバーは私達と関係のある人物なんです……」

モノクマ「そのオブザーバーが黒幕だって言いたいの?」

モノクマ「じゃあ、いったい誰に関係がある人なのさ!」

モノクマ「答えてみせなよ! 神名さん!」

オブザーバーが誰と関係あるか……それはなんとなくは解ります

だから……それを答えてみせます……!
483 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 22:10:38.21 ID:N6Q/Am7JO

【ノンストップ議論  開始!】
 コトダマ一覧
【ゴフェル計画被験者リスト】

モノクマ「オブザーバーと関係のある人って誰なのさ!」

モノクマ「【小田切翔】クン?」

モノクマ「【江野森柚希】さん?」

モノクマ「【糸長形人】クン?」

モノクマ「【千里山即史】クン?」

モノクマ「【黒崎月子】さん?」

モノクマ「【射和義守】クン?」

モノクマ「【夜桜炎呪】さん?」

モノクマ「【福島かなた】さん?」

モノクマ「【鈴木茂】クン?」

モノクマ「【坂東永太】クン?」

モノクマ「【藤山戒】クン?」

モノクマ「【黒城奏】さん?」

モノクマ「【守矢藤右衛門】クン?」

モノクマ「【クロエ・ファウラー】さん?」

モノクマ「【菊名幸路】さ……クン?」

モノクマ「誰か言ってみなよ、神名さん!」

↓1
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/10(土) 22:11:03.56 ID:Q7G6qqhU0
【菊名幸路】
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/10(土) 22:11:47.47 ID:XYkVoYpno
【ゴフェル計画被験者リスト】に【菊名幸路】
486 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/10(土) 22:17:29.78 ID:N6Q/Am7JO
菊名クン選択で本日はここまで。ご参加ありがとうございました

次回は中編になるかな、と思います。また期間が空くかもしれません。申し訳ありません

このタイミングで聞くのも変ですが、黒幕の正体が解った人はいますか?気になります

それではまた次回に。ご質問やご感想もお待ちしております
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/10(土) 22:21:12.32 ID:XYkVoYpno
乙でした
一応この人だろうと思っている人はいる
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/10(土) 22:55:20.57 ID:6/GF3iADO

多分黒幕の正体はなんとなく解ったけど、思惑とかまでは解らないし中編以降に期待
489 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/06/18(日) 23:37:32.02 ID:3O2zZzxYO
連絡が遅れました……明日か明後日に、学級裁判中編を投下したいと思います

それと、掲示板にて当スレの話題を出して頂き、誠にありがとうございます
皆さんの意見は自分からではわからないので、全て参考に、糧にしていく所存です
神名さん達のラストまでもう少しですが、これからもよろしくお願いします
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/18(日) 23:56:07.08 ID:EhFCKxUDO
前スレ埋められていて心配だったけど連絡が来て良かった
491 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/06/20(火) 17:56:48.31 ID:/RwzqqnUO
本日の8時頃、学級裁判の中編を投稿したいと思います
もしよろしければどうぞ…
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 18:02:25.73 ID:zMX8n7Ayo
了解しました
493 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:03:39.94 ID:HDFqEqWOO
それでは再開します
494 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:05:23.69 ID:kgCrz7ctO

【菊名幸路】←【ゴフェル計画被験者リスト】

正解!

神名「……菊名くん、です!」論破!

モノクマ「…うぷぷ」

菊名「え……? 神名さん、どういう……」

神名「このリストは……男女均等に、2つのグループに分かれていますね?」

藤山「そう、だけどよ……?」

神名「でも、菊名くんだけは違う……菊名くんだけは私達と同じ女性のグループに分けられているんです」

黒城「あっ! ホントだ!」

守矢「…………………………」

神名「菊名くん…………」




神名「あなたには、お姉さんがいましたよね?」



495 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:05:53.66 ID:kgCrz7ctO

菊名「……そ、そうだけど……でも!」

菊名「お姉ちゃんは関係ない! 関係無いんだ!」

菊名「だって、だってあんなに優しいお姉ちゃんが、皆を閉じ込めて殺し合わせるなんて…!」

菊名「お姉ちゃんが黒幕なんてあり得ないんだ…!」

神名「菊名くん……」

クロエ「……残念だけど、それは理由にはならないわ」

クロエ「お姉さんが愛しい気持ちは解らなくもないけど…」

モノクマ「うーん…そもそもオブザーバーは本当に菊名君のお姉さんなの?」

菊名「!? どういう事だよっ!」

モノクマ「いや? だって名簿に書かれてたのはお姉さんの方でしょ?」

モノクマ「だったら、オブザーバーは菊名クンのお姉さんじゃないよ!」

モノクマ「………お姉さんは、ね?」

菊名「そ、そうだよ! お姉ちゃんが黒幕なワケが…」

496 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:06:31.65 ID:kgCrz7ctO

クロエ「………まさか………………」

守矢「…! モノクマ、貴様ッ!」

神名「………………………………」

…菊名くんのお姉さんはオブザーバーではない?

なら、本当のオブザーバーは……

菊名「………えっ? 何、どうしたの?」

モノクマ「うぷぷぷぷ………」

菊名「な、なんだよ………?」

神名「……菊名くん。落ち着いて聞いてください」

菊名「……何? 神名さん………」

神名「オブザーバーは超高校級の才能を持っておらず、あくまでも誰かについてきただけの存在……」

菊名「う、うん。そうだよね」

神名「だったら、本当のオブザーバーは誰なんでしょう?」

菊名「……え?」

藤山「……あ? 嘘、だろ…?」

黒城「簡単ね……アンタには残酷だけど、受け入れなさい」

これは私が言ってはダメなんです。自分で気づいてくれないとダメなんです

じゃないと、きっと納得してくれないと思いますから……

菊名「オブザーバーの……正体は………」

497 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:07:04.98 ID:kgCrz7ctO

菊名「………俺………………だ………………」

神名「………………はい」

そう…菊名くんのお姉さんがオブザーバーでないならば、残った候補は一人だけ

それが………菊名くんだけなんです

菊名「俺は………超高校級の、幸運ですらなかったのか………?」

モノクマ「ハイ、ぶっちゃけちゃうとそうなんです! 菊名くんには何の才能もありません!」

モノクマ「まあ幸運っちゃ幸運じゃないかな? だって何の取り柄も無いのにここまで生きてるんだからさ!」

モノクマ「あーっはっはっは! 今明かされる衝撃の真実! 菊名くんは単なるパンピーだったのでしたー!」

菊名「………………………………」

菊名くんの目から、どんどん光が薄れていきます

今にも泣きそうなその顔は、現実を受け止められないというのが伝わってきます…

藤山「菊名………」

神名「………………」
498 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:07:40.14 ID:kgCrz7ctO

モノクマ「うぷぷっ、どうやら議論の結果が出たみたいだね!」

モノクマ「では、お手元のスイッチで、いつも通りに投票を……」

藤山「……あ? 当たってんのか? ならなんでお前は姿を見せねえんだよ」

黒城「ただビビってるだけよ! 図星なんだから!」

黒城「黒幕は菊名の姉よ! 名前知らないけど菊名に投票すればいいんじゃないかしら!」

守矢「適当ですなぁ…」

黒城「ならどうすりゃいいのよ! シンプルこそが最短の道なのよ!」

クロエ「………………」

モノクマ「では、オマエラはいつも通りに、お手元のボタンで投票を…!」

499 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:08:09.27 ID:kgCrz7ctO




菊名「…………イヤだ」

神名「えっ……?」

菊名くん………?

菊名「俺はお姉ちゃんが黒幕なんて認めない…! 投票なんてしない!」

なっ…!

神名「菊名くん! これは皆で投票しないとダメなんですよ!?」

守矢「この場で駄々をこねるのは止めてくだされ! お気持ちは解りますが…!」

菊名「でも、でもっ…!」

神名「菊名くんっ!」

菊名くんが嫌がるのは解ります。けど、ここまでなんて…!


500 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:08:43.52 ID:kgCrz7ctO

藤山「……あー、悪ぃけど俺からもちょっといいか?」

………え?

守矢「む、どうなされました? 今は菊名殿の説得をせねば……」

藤山「いや、なーんかどっかが引っかかんだよな…どこかは解んねぇけど…」

黒城「もう! 後少しで終わるんだからアンタは引っ込んでなさい!」

藤山「うるせーよ!」

菊名くんだけでなく、藤山くんも何か疑問が……? それはいったい……

神名「…藤山くんの感じた違和感、それはなんですか?」

藤山「ああ、何て言やぁいいかな…なんか不自然なんだよな」

クロエ「…何処が?」

藤山「それが解んねーからモヤモヤしてんだよ! くそっ!」

黒城「はぁ…コイツに聞くだけ無駄だったわね、早く投票を……」

神名「……いいえ、投票はまだしません」

黒城「ハァ!?」

神名「菊名くんと藤山くん……二人も疑問に思う人がいるなら、まだ話し合うべきだと思います」

神名「最後なんですし……皆が納得するで話し合いませんか?」

二人の疑問……何にせよ引っかかる事があるのなら、話し合っておくべきです

菊名くんのお姉さんの真実……それを知るためにも!

501 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:09:42.63 ID:kgCrz7ctO

【ノンストップ議論 開始!】
 コトダマ一覧>>457
【謎の音声記録】
【地下シェルター】
【オシオキの安全装置】

守矢「では、議論を再開しましょう」

黒城「話し合いなんて意味ないわ!」

黒城「さっさと【菊名に投票】すれば、こんな生活ともオサラバなのに!」

クロエ「だけど、ハッキリとしていない事が多いのも確かよ」

黒城「謎はもう【残っていない】じゃない! 面倒なだけよ!」

藤山「つっても、何か【違和感】があるんだよなぁ…」

黒城「認知症じゃない? 大丈夫?」

藤山「うっせー! 余計なお世話だこの野郎が!」


↓論破してください
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 20:12:21.85 ID:zMX8n7Ayo
【謎の音声記録】で【残っていない】を論破
503 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:13:32.91 ID:kgCrz7ctO

【残っていない】←【謎の音声記録】

正解!

神名「それは違います!」論破!

神名「残っている謎…それはこの音声記録についてです」

神名「それについて、皆で話し合ってみませんか?」

黒城「は? そんな音声記録なんてどうでもいいじゃない!」

神名「いや、これに関しては謎が多いんです。議論してみる価値はあります!」

黒城「何でなのよ! アタシにも解る様に説明してみなさいよ説明を!」

守矢「何故逆ギレを……」

この音声記録は奇妙な点が幾つもあります…それは無視して良い事ではありません

だから、まずはそれを皆さんに理解して貰うために、私が順序よく話さないと…!

504 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:14:06.22 ID:kgCrz7ctO

【ブレインドライブV3  START!】

第一問
問:□声□録□何□で録ら□たもの?

群:は、処、音、れ、記

第二問
問:あ□□声は□のも□?

群:の、音、の、誰

第三問
問:あの□□□レ□ーダ□は誰□物?

群:ス、ー、イ、ボ、コ、の

↓1問題文を埋めてください
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 20:16:36.46 ID:UeaMpCwDO
音声記録は何処で録られたもの

あの音声は誰のもの

あのボイスレコーダーは誰の物
506 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:17:39.61 ID:kgCrz7ctO

第一問
解:音声記録は何処で録られたもの?

第二問
解:あの音声は誰のもの?

第三問
解:あのボイスレコーダーは誰の物?



Good!

Thinking time!

問1
A:裁判場 B:空き教室 C:食堂

問2
A:小田切翔 B:福島かなた C:菊名幸路

問3
A:小田切翔 B:福島かなた C:菊名幸路

↓1全て回答してください
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 20:20:18.39 ID:/nC0RRdK0
B:空き教室
A:小田切翔
A:小田切翔
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 20:21:08.79 ID:UeaMpCwDO
問1 B
問2 A
問3 A
509 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:24:29.49 ID:kgCrz7ctO

解:空き教室

解:小田切翔(オダギリショウ)

解:小田切翔(オダギリショウ)



全問正解!



神名「繋がりました!」complete!

神名「あのボイスレコーダーの持ち主…それは小田切くんなはずです」

クロエ「そうね。あのボイスレコーダーを持っている可能性があるのは…」

クロエ「福島、江野森、そして小田切の三人だけだもの」

神名「そして、あの音声は、間違いなく最初の事件の際のもの……」

守矢「ええ。あの音声は某かと小田切殿が争っている様に聞こえましたな」

黒城「それの何が謎なのよ! 単に事件に関係してただけで、それはもう終わってるのよ!」

神名「いや、内容が問題ではなく、それを私が持っていた事が問題なんです」
510 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:25:35.78 ID:kgCrz7ctO

黒城「だからそれの何が問題……え?」

藤山「そういや変だよな、千鶴ちゃんが証拠品をぶん盗る理由もねぇし……」

守矢「そして、それを何故今頃になって神名殿がそれを持っていたのか……」

藤山「モノクマが持たせたんだろ? 最初は起爆装置っつー名目だったしよ」

クロエ「可能性としてあり得る…というか、それしかないわね」

菊名「…何で?」

黒城「知らないわよ!」

モノクマ「あっボクも知らないよ! ホントだよ!」

藤山「嘘だろ絶対……」

神名「………。どうして私が持っていたかではなく………」

神名「何故、あの時の私が持たされたのかを考えてみますね」

あの時の私の状況、このレコーダーの音声、そしてそれを偽装して私に渡した訳は…?


1:特に理由は無い
2:モノクマのプレゼント
3:壊したかった
↓1
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 20:26:09.16 ID:jaIqGKlXo
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 20:27:03.72 ID:zMX8n7Ayo
513 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:33:21.88 ID:kgCrz7ctO
選択→2

不正解………

神名「これは…モノクマからのプレゼントなんです!」

モノクマ「そう! ボクからのプレゼント!」

クロエ「どこに自分が不利になる証拠を渡すバカがいるの?」

守矢「小生らの目の前でしょうなぁ」

………どうやら違っているみたいですね

あの時の私は、坂東くんがいなければ………

それを踏まえて、もう一度考えてみましょうか

↓1再度回答してください
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 20:33:46.01 ID:/nC0RRdK0
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 20:33:52.51 ID:zMX8n7Ayo
516 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:38:51.78 ID:kgCrz7ctO

選択→3:壊したかった

正解!

神名「……このレコーダーを、壊したかったんでしょうか?」

黒城「はぁ? 何でか知らないけどどうしてそうなったワケ?」

藤山「確かにあのレコーダーは頑丈だしよ、壊すんならそんくれぇしねえといけねぇけどよ……」

神名「……でも、わざわざ細工までして私に渡したのは何か意味があるんじゃないかと思うのです」

モノクマ「意味なんてないよ! ただの気まぐれ!」

菊名「モノクマ、お前はさっき、ボクは知らないって言ってたよね?」

モノクマ「知らない知らない! ボクはなんにも知らなーい!」

モノクマ「全くヤになるよもう! どいつもこいつもボクの言うことを聞かないんだからさ……!」

モノクマ「この話はおしまい! 投票にいくよ投票に!」

517 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:39:24.21 ID:kgCrz7ctO

神名「……今、動揺しましたね?」

モノクマ「………………」

モノクマ「………え? 何だって?」

神名「モノクマ……何をそんなに焦っているんですか?」

モノクマ「あ、焦ってない! 焦ってなんかないから!」

菊名「うーん…何か、これ以上詮索されるとマズイ…とか?」

黒城「何がマズイのよ。黒幕はアンタの姉貴って決まったでしょ?」

藤山「つっても、そうなったのって消去法だろ? イマイチ信じきれねぇな……」

守矢「とはいえ、もう菊名殿の姉上以外候補はあり得ませぬ。それ以外の可能性など……」
518 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:39:58.65 ID:kgCrz7ctO

クロエ「……なら、私から疑問に思っていた事を話そうかしら」

神名「……なんでしょうか」

クロエ「貴女の処刑についてよ。神名」

神名「私の……」

クロエ「他の四人のオシオキは、間違いなく殺された。でも貴女だけは違う……」

クロエ「それを確かめてみたいの…駄目かしら?」

……確かに、それは私自身疑問に思っていた事です

どうして私だけが生き延びたのか? そこには何の目的があったのか?

それを知らないといけない……私にはそうしなければならないですね

神名「…わかりました。やりましょう!」

モノクマ「だからもう議論なんていらないって言ってるのにー!」


519 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:40:29.78 ID:kgCrz7ctO

【ノンストップ議論 開始!】
 コトダマ一覧
【モノクマ三原則】
【オシオキの安全装置】
【隠し通路】

クロエ「どうして、神名は生き延びられたのか……」

クロエ「私はそれが知りたいの」

モノクマ「あんなのたまたま! たまたまだから!」

藤山「んなワケねぇっつーの……」

モノクマ「【誰かが細工したワケじゃない】んだからそれしかあり得ないよ!」

守矢「………む?」

モノクマ「だから! 《たまたま》なんだよ! おしまい!」

↓1論破か同意してください
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 20:42:08.97 ID:zMX8n7Ayo
【オシオキの安全装置】で【誰かが細工したワケじゃない】に論破
521 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:46:26.70 ID:kgCrz7ctO

【誰かが細工したワケじゃない】←【オシオキの安全装置】

正解!

神名「……! 待ってください!」論破!

クロエ「……え?」

モノクマ「……え? 何? ボクなんか変な事言ったっけ?」

藤山「おいモノクマ……よく聞けよ?」

藤山「千鶴ちゃんのオシオキ装置には、リミッターがついていたんだよ……」

黒城「それが何かわかんないけど神名が生き延びた理由だったのよね!」

藤山「そして、その安全装置がつけられていたのは二人だけなんだよ……」

藤山「千鶴ちゃんと菊名のオシオキ装置だけには……な!」

モノクマ「………は? 何、それ………」

菊名「何それって……モノクマがやったんじゃないの…?」

……今の反応で確信しました。このモノクマは………!

神名「………モノクマ………………」

522 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:46:55.40 ID:kgCrz7ctO









神名「あなた、誰なんですか?」









523 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:48:35.10 ID:kgCrz7ctO

モノクマ「………………………………………………」

菊名「……? どういう事?」

黒城「モノクマはモノクマよ。そんな事もわかんなくなったワケ?」

守矢「いいえ黒城殿、そういう意味ではないでしょう」

守矢「神名殿が言いたいのは、黒幕が菊名殿の姉上ではない…という事ですな?」

神名「………はい」

菊名「……っ!」

藤山「なっ……!? そうなのか!?」

神名「そもそも、黒幕が特定の生徒を贔屓するような事自体がおかしいんです」

クロエ「そう、それは全員が平等な条件でのコロシアイ……それを根底から揺るがす事だもの」

神名「それに今の反応……明らかに自分の意図していない事の様でした」

神名「モノクマの操っているあなたすら知らないなんて……そんなのあり得ませんよね?」

モノクマ「………さっきから何を言っているのかな」

モノクマ「ボクはモノクマ! それ以上でも、イカでもないんだよ!」

モノクマ「あーっはっはっは! 中の人なんて最初っからいないんだよーだ!」

神名「……どうやら、まだ認めてくれないみたいですね」

神名「ならあなたが認めるまで……徹底的に、議論してみせましょう!」

神名「私達とモノクマ……どちらかの意思が折れるまで!」


【学級裁判  中断!】


524 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/06/20(火) 20:51:07.91 ID:GaMR1AA5O

本日はここまで。ご参加ありがとうございました

次回はいよいよ後半戦です。是非ともよろしくお願いします

黒幕についてはほとんどバレバレかもしれませんが…楽しんで頂けると幸いです
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 20:58:44.29 ID:zMX8n7Ayo
乙でした
最後まで期待してます
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 21:01:04.89 ID:UeaMpCwDO

いよいよ真相か
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/21(水) 07:24:56.17 ID:MU8fONa70
普通に菊名の姉が黒幕だと思ってたわ
528 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/06/25(日) 21:37:24.50 ID:lbv0UVtpO
来週の土曜日か日曜日に、後半戦を投下したいと思います
あと、後半戦と言いましたが、実は後半戦が最後ではありません。誤解させてしまい申し訳ありません
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 00:03:19.77 ID:HzIlwBAbo
了解
待ってます
530 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/07/02(日) 00:04:05.78 ID:QBzIVNGZO
お待たせしました。明日の昼頃に学級裁判後半戦を投下したいと思います
こんな適当なスレですが、どうか、最後までお付き合いお願いします
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 12:38:29.10 ID:aHobnEcDO
そろそろ来るかな
532 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 13:48:35.80 ID:oakrXW9qO
長らくお待たせ致しました
本日午後2時より、学級裁判後半戦を始めます
よろしければ、ご参加よろしくお願いします
533 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:04:59.94 ID:oakrXW9qO
それでは更新します
534 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:05:31.23 ID:oakrXW9qO

【学級裁判  再開!】

モノクマ「うぷぷ…議論するも何も、ボクには中の人なんていないよ?」

神名「いいえ、あなたを操っている人は間違いなく存在します」

モノクマ「しつこいよ! さっき消去法でもういないって結論が出たよね!」

モノクマ「それでも違うって言うなら…根拠か証拠を見せてみなよ!」

菊名「神名さん……!」

神名「…わかりました。あなたの正体を見極める為にも、私達が進むためにも……」

神名「この議論……引くわけにはいかないんです!」

モノクマは明らかに焦っている…だから強引に打ち切ろうとしているんです

だけど、ここで諦めていてはいけないのです。そうしないと……

菊名「……お姉ちゃん……!」

菊名くんのお姉さんの事も、わからなくなってしまいますから……

535 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:06:54.54 ID:oakrXW9qO

【ノンストップ議論  開始!】
 コトダマ一覧>>457
【地下シェルター】
【モノクマ三原則】
【オシオキの安全装置】
【ゴフェル計画】

モノクマ「ボクの中の人? そんなのいるワケないじゃん!」

黒城「嘘つくんじゃないわよ! ならアンタは何で動いてるワケ!?」

モノクマ「皆の…夢と絶望さ……」

クロエ「壊すわよ?」

モノクマ「そんな事はともかく、ボクの中の人を《当てるのは無理》だよ」

モノクマ「だって《全く根拠がない》んだもんね!」

守矢「しかし、オシオキの安全装置を仕掛けたのがモノクマでない以上…」

守矢「【モノクマ以外の誰か】が仕掛けたと考えるのが妥当では?」

藤山「《菊名の姉ちゃんが仕掛けたのかもしれねー》しな!」

モノクマ「ないないあり得ない!」

モノクマ「何故ならば! 《ボクはモノクマ》なのだからだー!」

↓論破or同意してください
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 14:17:28.94 ID:5fppXIyh0
《菊名の姉ちゃんが仕掛けたのかもしれねー》に【オシオキの安全装置】
537 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:18:34.73 ID:oakrXW9qO

《菊名の姉ちゃんが仕掛けたのかもしれねー》←【オシオキの安全装置】

正解!

神名「それに賛成です!」同意

神名「藤山くんの言う通り、安全装置を仕掛けたのは……」

神名「菊名さんのお姉さんである可能性が高いのです」

藤山「だろ? 黒幕じゃねえのに仕掛ける必要は無えもんな!」

守矢「そして、この場にいる我々には不可能であり、死した皆様にも不可能……」

クロエ「ならば仕掛けが出来たのはただ一人……菊名と入れ替わっていて、尚且つ私達も知らない人物……」

クロエ「菊名の姉しか有り得ないわ」

モノクマ「うっ…」

モノクマ「だ、だからなんなの? ボクが菊名くんのお姉さんじゃないって証拠は……」

モノクマ「『黒幕だから贔屓しない』ってだけじゃん!」

モノクマ「実は菊名クンは生かしておきたかったんだよ! うん!」

神名「それだと、私までリミッターが掛けられていた事への説明がつきません」

神名「あれは黒幕以外の人物が仕掛けたと考えるのが、一番自然なんです!」

モノクマ「う……うぅーん……!」

538 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:19:11.86 ID:oakrXW9qO

モノクマ「あーっもう! だったらなにさ、なんなのさ!」

モノクマ「そうだったとしても、ボクの正体なんてわかるワケがないじゃん!」

菊名「だけど…俺のお姉ちゃんが黒幕じゃないのは確かだ!」

黒城「でももう候補いないわよ?」

守矢「何か見落としや他の可能性は無いのですかな?」

クロエ「この学園には17人しかいない以上、他の可能性は無いと思うけど…」

藤山「わっかんねぇ…どうなってんだ?」

神名「…………………………」

この学園にいるのは17人のみ、これは間違いないと思います

でも、そうすると菊名くんのお姉さんが黒幕ではないという説が成り立ちません

菊名くんのお姉さんは未だに姿を見せていないから疑われている……でも、そうすると次は私達が怪しくなる……

他の可能性として有り得るのは…………

……………………………………………………………………。


539 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:19:47.81 ID:oakrXW9qO

神名「……一度、考えを整理しましょう」

神名「皆さん、これまでの議論の流れを振り返ってくれませんか?」

菊名「あ、うん! えっと、最初は姿を見せないお姉ちゃんが怪しいって事だったんだよね」

藤山「だけど、オシオキの安全装置は明らかに菊名と千鶴ちゃんを狙って使われていたんだぜ」

守矢「神名殿は一度モノクマが謀殺しようとした身。わざわざ安全装置を使う意味は有りませぬ」

クロエ「それに、モノクマからしてみたらこの事自体予想の範疇外の出来事よ」

クロエ「黒幕が特定の生徒を無条件で守るなんて、理由がないもの」

黒城「でも、菊名の姉貴が黒幕じゃないなら誰も候補がいなくなるじゃない!」

黒城「アタシ達はムリ! 死んだ連中もムリ! もうどうしようもないわ!」

神名「何か、何か私達が考えていない可能性があるのでしょうか…………」

他の可能性……それはいったい何なのか、私が考えもつかないその方法……

それは……いったい…………?



解:い○○○。た

↓1
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 14:25:03.35 ID:y1C4h149o
いれかわった
541 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:26:24.14 ID:oakrXW9qO

解:いれかわった→入れ替わった

正解!

神名「…………見つけました!」解!

神名「入れ替わっていたのは…菊名くん達だけじゃなかった……!」

菊名「え…?」

モノクマ「…ほへ?」

神名「簡単な事だったんです。菊名くんがお姉さんと入れ替わったように……」

神名「黒幕も…! また、菊名くんのお姉さんと入れ替わっていたんです!」

藤山「はっ…!? はああああっ!?」

守矢「何を言っているのですか!? 遂に正気を失いましたか!?」

神名「私は至って正気ですよ守矢くん…」

クロエ「だけど、そんな事…!」

神名「全ての条件を総合すると、それしか有り得ないんです! 例え、どんなに有り得なくても…!」

神名「私達は全部の裁判で、そうやって納得してきたんじゃないですか!」

守矢「……っ! 神名殿……………………」

そう、そうして納得して、私達はここまで来たんです

私が処刑台に立たされたのも、全ては皆さんがそうして納得したからです

だからこそ、どんなに有り得なくても…それを信じるしかないんです……

542 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:27:00.69 ID:oakrXW9qO

黒城「でも、入れ替わるってそんなに簡単に出来るモンなの?」

クロエ「難しいでしょうね…顔や姿を変えるには、莫大な資金と時間が必要よ」

守矢「むぅぅ……変装にしろ変身にしろ、別人になるという事は、何かしら違和感が出るのでは?」

藤山「違和感なぁ……そんな奴いたか?」

菊名「…………わからない」

菊名「神名さん…どうしよう?」

神名「ならば、これまでの事件や生活を振り返って探してみましょう!」

神名「誰かと入れ替わっているにせよ、そこには必ず違和感やおかしな部分があるはずです」

クロエ「それを洗い出していって暴いていこうって魂胆ね」

モノクマ「うぷぷ…そんなものあるの?」

神名「例えあろうと無かろうと、これは話し合う価値はあります!」

そう。これは賭けです。

もし無ければ私達は手詰まり…菊名くんのお姉さんが黒幕という事を覆せません

でも、私だけじゃ解らない…だから皆さんを信じるんです。皆さんの発言を信じるんです

神名「さあ…いきますよ!」

543 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:27:44.88 ID:oakrXW9qO

【ノンストップ議論  開始!】
 コトダマ一覧
【ゴフェル計画】
【謎の音声記録】
【地下シェルター】
【奇妙な電子時計】
【17人目のオブザーバー】

菊名「えっと…最初の事件は…」

菊名「小田切くんが【後頭部を叩かれて絞殺】されて…」

菊名「江野森さんが【両手と両足と首をもぎ取られた】んだよね…」

守矢「そして、次の事件では…」

守矢「糸長殿が【暗闇から不意打ちされて即死】してしまい…」

守矢「千里山殿が【砂嵐でズタズタにされ溶かされた】のでしたな」

クロエ「三回目の事件は…」

黒城「黒崎と射和が、【ナイフと銃弾でメッタ撃ち】されて死んだのよね!」

クロエ「犯人の夜桜は【ガラスで身体を突き刺され】死亡したわ」

藤山「四回目の事件はよ…」

藤山「福島が【練炭を焚いたせいで中毒死】しちまって…」

藤山「共犯だった鈴木は、【教室でプレス】されたんだ…」

モノクマ「どこにも《不自然な所はないね!》思い違いだよ!」



↓1論破してください
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 14:38:13.31 ID:aHobnEcDO
【謎の音声記録】で【後頭部を叩かれて絞殺】を論破?
545 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:40:05.78 ID:oakrXW9qO

【後頭部を叩かれて絞殺】←【謎の音声記録】

正解!

神名「…! それは違いますっ!」論破!

神名「ちょっと待ってください! 菊名くん、今なんて言いました!?」

菊名「うえっ!? 後頭部から叩かれて絞殺された。って……」

守矢「それがおかしいのですかな? 小田切殿の死因はクロエ殿が確認したはずですが…」

クロエ「小田切の死因は間違いないわ。私も実際に見ているのだもの」

神名「いや、私が気になったのは、小田切くんの死因ではなくて…!」

神名「小田切くんがあの現場で『後頭部を叩かれた事』なんです!」

モノクマ「……え?」

モノクマ「それの何処が変なの? 小田切クンは江野森さんに叩かれたんだよ」

神名「私達も最初はそう思って、結論を付けていました。でも……」

神名「この音声記録が、それを否定してくれたんです!」

546 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:41:02.81 ID:oakrXW9qO

神名「皆さん、この音声記録では小田切くんはどんな体勢になっていると思いますか?」

藤山「んー…? どんな体勢かっつったってよ…」

藤山「話し合ってるんだから、真正面に立ってるんじゃねぇのか?」

神名「そうですね…では、江野森さんはどうすれば小田切くんの後頭部を叩く事が出来ますか?」

黒城「そんなの思いっきりド突き飛ばしたのよ! がつーんと!」

神名「そう。突き飛ばした…最初はそう結論が出ましたよね?」

モノクマ「そうだよ! もう、何が言いたいのさ!?」

黒城「最初はって…何よ、違うの?」

神名「小田切くんは向かい合って話していた…当然警戒しているはずです」

守矢「ええ。音声でも小田切殿は江野森殿を牽制しておりましたが…?」

神名「でも、音声での小田切くんはまるで何かに驚いているようでした……」

神名「まるで、何かに予期せぬ事態に襲われたみたいに…!」

547 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:42:19.58 ID:oakrXW9qO

モノクマ「は…!? い、いやいや、それは神名さんの推測でしょ!?」

神名「はい。推測です」

黒城「言い切ったー!? アンタ、フカシこいてんじゃないでしょうね!?」

神名「フカシかどうか決めるのは、もう少し待ってください」

神名「小田切くんと江野森さんは口論になり、突き飛ばしたんでしたよね?」

藤山「そういう事になってるけどよ…」

神名「ですが、この音声では争うような声や物音は聞こえていません…」

守矢「気を失う程の衝撃があったならば本来なら聞こえるはず。ですな」

菊名「…あれ? じゃあどうして小田切くんは気絶したんだろう」

クロエ「…もしかして、争ってすら無かったのかしら……?」

そう。争う音が聞こえない理由…それはそもそも争いが無かったから

私はこう思うんです、小田切くんはきっと……


問:争いの音が聞こえず、後頭部に攻撃された理由は?
1:自分で転んだ
2:後ろから殴られた
3:江野森はエスパーだった
↓1
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 14:44:18.47 ID:aHobnEcDO
549 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:46:02.19 ID:oakrXW9qO

選択→2:後ろから殴られた

正解!

神名「これですね!」解!

神名「それは…そもそも小田切くんが無抵抗だったからではないでしょうか」

藤山「はぁ…っ!? 無抵抗って、んな事があり得るのか!?」

黒城「小田切と江野森よ? 幾ら小田切がスカしたヤツだからって…」

黒城「あんなヘンテコな格好したヤツに押し負けるとは思えないけど?」

守矢「ヘンテコな格好は黒城殿も当てはまりますが…確かに不自然でありますな」

神名「確かに、真正面から相対していた相手に攻撃されて、なんの抵抗もしないのはおかしいですね」

神名「本当に相手が真正面から攻撃してきた場合は、ですが……!」
550 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/07/02(日) 14:46:46.17 ID:oakrXW9qO

クロエ「……つまり、貴女はこう言いたい訳なのね?」

クロエ「小田切は、背後から不意を突かれたから容易く意識を奪えたって!」

菊名「えっ……!?」

神名「糸長くんの事件を思い出してください。彼は暗闇の中、背後から攻撃された為に…」

神名「何の抵抗もなく、殺害されてしまいましたよね?」

守矢「あれは環境による条件が整っていたが故に、糸長殿から完全な無抵抗が取れましたが…」

守矢「人間とは背後は見えぬもの。確かにそれならば、無抵抗で倒されてもおかしくありませぬな」

神名「はい、そして、これこそが黒幕の正体を暴く決定的な事実でも…!」


           反

モノクマ「いやその理屈はおかしい!」

        論

      !
551 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:47:25.19 ID:oakrXW9qO

モノクマ「なんだよ! さっきから適当な事ばっかり言っちゃって!」

モノクマ「ここはいつからそんな空想を語る場所になったのさ!?」

モノクマ「認めないからね! そんな空想はさっさと打ち切ってやるよ!」


【反論ショーダウン  開始!】
 コトノハ一覧
【ゴフェル計画被験者リスト】
【謎の音声記録】
【隠しエレベーター】
【奇妙な電子時計】
【モノクマ三原則】

モノクマ「さっきから黙って聞いていたら…」

モノクマ「後ろから攻撃された? 不意打ちで倒された?」

モノクマ「そんなのそっちの勝手な妄想じゃん!」

モノクマ「【隠れる場所がない】のに背後なんて取れるの?」

モノクマ「はいロンパー! 神名さんのばーかばーか!」

↓反論してください
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 14:49:21.58 ID:y1C4h149o
【隠しエレベーター】で【隠れる場所がない】を反論
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 14:49:47.00 ID:5fppXIyh0
【隠れる場所がない】←【隠しエレベーター】
554 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:50:24.46 ID:oakrXW9qO

【隠れる場所がない】←【隠しエレベーター】

正解!

神名「それは違います!」論破!

神名「あそこの空き教室には、エレベーターが隠してありましたよね?」

モノクマ「あぐっ!?」

藤山「千鶴ちゃんが乗って、帰ってきたヤツだよな?」

神名「あのエレベーターは、私達六人が乗っても、スペースに余裕があります」

神名「人が一人隠れるくらい…なんて事はないと思いますが?」

モノクマ「ぐぎゃーっ!?」

守矢「…もう、何も言えませんな?」

菊名「決まりだね…小田切くんの事件は、黒幕が関与していたんだ…!」

クロエ「さあ、反論はあるかしら? 黒幕さん?」

モノクマ「あ…う、ぐぅ…!」

黒城「ふふん! どうよ、何も言い返せないわね!」

555 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:51:04.18 ID:oakrXW9qO

黒城「…あれ? でもこれ黒幕に繋がる情報じゃないんじゃ…?」

神名「黒城さん、それは違います」

神名「もう、黒幕の正体は…解ったも同然じゃないですか」

黒城「ええっ! 嘘、どうしてよ!?」

守矢「…! そうか!」

藤山「うおっマジで言ってんのかよ千鶴ちゃん! 守矢!」

菊名「ええっと…ごめん、解らないや」

クロエ「…この犯行は、黒幕と菊名の姉、裏切者の協力の上で成り立っているの」

守矢「そうでなければ、事件現場が都合よく黒幕が隠れていた場所になる等あり得ませぬからな」

クロエ「つまり黒幕は江野森が事件現場に空き教室を選ぶ事を知っていた…いや、ある程度操ったのかも…」

クロエ「…ここまで言えば、解るわね?」

…守矢くんとクロエさんは気づいてくれたみたいですね

黒幕は、小田切くんが話を聞くのに空き教室を選ぶ…いや、小田切くんが選ぶように仕向けた人…

そうして小田切くんを操作して、黒幕の都合のいいように事件を造り上げたんです……!

その人は…!

神名「………黒幕は、あなたですね?」


↓黒幕を指名してください(フルネームでお願いします)
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 14:52:10.00 ID:5fppXIyh0
江野森 柚希
557 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:53:48.22 ID:oakrXW9qO

【江野森 柚希(えのもり ゆずき)】

正解!

神名「……あなたしか、いません!」

そう宣言し、私は……

神名「江野森柚希…彼女こそが、このコロシアイ学園生活の黒幕です」

黒幕の名前を、言い放ちました

藤山「は、え、江野森が、か……!?」

黒城「そうなの!? 菊名!?」

菊名「え、いや解らないよ……!?」

神名「あの事件、小田切くんは、江野森さんから防音設備を聞かされていた…」

神名「あれは教室ならば話が聞かれない事を示唆すると同時に……」

神名「小田切くんを、あの教室に誘導する為に教えた情報なんです」

クロエ「それに、黒幕が入れ替わっている事。そしてこの事件に黒幕が関わっている事を考えると…」

クロエ「他の生徒達は黒幕にならない。自ずと江野森が黒幕になるのよ」

黒城「どうしてなの!? 説明しなさいクロエ!」

558 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:54:57.86 ID:oakrXW9qO

守矢「えー、では僭越ながら小生が解説していきましょう…よろしいですかな?」

神名「はい、お願いします」

守矢「まず、最初に候補から外せるのは神名殿、黒城殿、クロエ殿ですな」

黒城「アタシ達は今ここにいるからモノクマの捜査やその他諸々が出来ないものね! まずは13人よ!」

守矢「そして、生徒の中に菊名殿の姉上が入れ替わっていた事も踏まえると、小生ら男子も除外できます」

藤山「俺らと菊名の姉ちゃんじゃ性別そのものが違ぇからな、入れ替わる事自体無理だろ…」

守矢「次に候補から外せるのは夜桜殿ですな。彼女は極めて高い専門知識を所有しておりました」

菊名「お姉ちゃんは虫しか殺せない人だから、銃なんて使えないよ……」

クロエ「……それはそれで問題がある気がするのだけど」

守矢「同感ですなぁ…これで、残った候補は江野森殿、福島殿、黒崎殿ですが……」

神名「黒崎さんと福島さん…二人は、事件当時は外にいて、互いが互いの存在証明になっています」

神名「これで、残った人は一人だけ……」

神名「ですよね? モノクマ…いいえ、江野森柚希!」

559 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:56:02.87 ID:oakrXW9qO

モノクマ「……知らないなぁ」

藤山「この期に及んで、まだシラを切るつもりかよ!」

モノクマ「だって、今の神名さんの説明には穴があるからね、認めないよ」

黒城「穴…? それってどんな穴よ!」

モノクマ「神名さんが言うには、黒幕は江野森さんと入れ替わっていた人なんだよね?」

モノクマ「でも、それだとおかしな事があるんだよ!」

神名「おかしな事…とは?」

モノクマ「声だよ! 幾ら江野森さんに化けてたとはいえ…」

モノクマ「実の家族である、菊名クンが聞き間違えると思うの!?」

藤山「…どうなんだ? 菊名」

菊名「わ、解るわけない! 覆面をつけてたから声がくぐもってたし…」

菊名「あ、でも…学級裁判で聞いた声は、お姉ちゃんとは違っていたよ…」

守矢「あの時…一際大きな声が出ていましたな。流石にあれだけの声量は…」

モノクマ「ほら! 菊名クンは違うってさ! どうするの!?」

菊名「ご…ごめん…! でも、裁判で聞いた江野森さんの声は…」

菊名「お姉ちゃんの声とは、違っていたんだ…!」

モノクマ「ほら! ほら! 神名さんは何か反論はあるのかな?」

神名「…勿論、ありますよ」

モノクマ「…へぇ? そんなに自信があるなら聞かせてもらおうかな…」

モノクマ「そのくだらないシナリオをさぁ!!」

560 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 14:57:08.72 ID:oakrXW9qO

【パニックトークアクション 開始!】

モノクマ「その幻想をぶち壊す!」

モノクマ「ボクは学園長なのだー!」

モノクマ「違う違う違う違う違う!!」

モノクマ「そんな空想は頭の中だけにしてよね!」

モノクマ「くだらない物語に意味なんて無いんだからさぁ!」



モノクマ「【声が違うなら、入れ替わるなんて出来ないんだよ!】」


問:裁判場で聞いた声は誰のもの?

解:1モ 2ク 3マ 4ノ

↓1
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 14:59:28.84 ID:y1C4h149o
1423
モノクマ
562 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 15:02:01.93 ID:oakrXW9qO

解:モノクマ

正解!

神名「これで…終わりです!」

神名「裁判場での発声は…モノクマ越しにしたのではないですか?」

モノクマ「…!?」

神名「これならば菊名さんのお姉さんの声と違うことの説明もつきますし…」

神名「なにより…江野森さん。あなたがモノクマを操っている事の証明にもなるんですよ」

モノクマ「…………………………」

神名「……最後に事件を振り返って、何も反論が無いならば……」

神名「もう諦めて出てきてください! これで終わり―――」

563 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 15:03:05.05 ID:oakrXW9qO

モノクマ「―――いいや、事件をまとめる必要は無いよ」

モノクマ「だって……まだ終わりなんかじゃないんだからね!」

神名「!? どういう……っ!?」

黒城「きゃっ!? 眩しっ……!」

クロエ「フラッシュ……! 今すぐ眼を閉じて! 潰されるわよ!」

私が疑問を口に出そうとした瞬間、裁判場が突然眩しく光始めました……

「はははっ……流石皆だね、こんなにトントン拍子に進むなんてさ」

菊名「……! この、声って……!」

何も見えないその中で、私達は彼女の声だけが響くように感じられました

「だけど、まだまだ終わらないぜ? これから解答編に突入するからなぁ!」

「さあ……貴方達は真相を知り、それを受け入れるのか、それとも……」

「……それは神のみぞ知る。って所かな」

視界が戻ってきて、私達が見たものは……

江野森「…初めまして。ラストまでは一息なんだし、ここでもう一度自己紹介をしておきたいな」

金髪の髪を揺らす、中性的な姿をした……

江野森「ボクの名前は江野森柚希……ただの普通の語り部だよ」

江野森さんの本当の姿。コロシアイ学園生活の黒幕の正体でした



【超高校級の語り部/超高校級の首謀者】
  江野森 柚希(エノモリ ユズキ)




564 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/02(日) 15:07:02.90 ID:oakrXW9qO

本日はここまでです。ご参加ありがとうございました

黒幕は江野森柚希さんでした。解った人はいるでしょうか…

因みに、彼女が黒幕になることは割りと初期に決めていました。理由は完結してから話します

ラストまではあと少しですが、もう難易度が酷い所はないと思います。一気に駆け抜けてしまいましょう

ご質問やご感想もお待ちしております。ありがとうございました

565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 15:08:33.24 ID:5fppXIyh0
騙された…乙
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 15:12:33.94 ID:y1C4h149o

菊名の姉はスケープゴートかと思ったけど江野森だとは思わなかったな
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 15:27:58.36 ID:aHobnEcDO
乙です
最初から読んでましたが、話やキャラもかなり好きでしたからもう少しで完結といのも少し寂しいです
とにかく最後まで応援します
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 23:57:02.02 ID:geYLeAp/0
自分は深読みしすぎて
主人公の神名は偽物で、黒幕は本物の神名だと思っていた
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/04(火) 22:34:12.91 ID:sKWUCtBW0
腹黒スキルのせいで普通に小田切黒幕だと思ってた
570 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/07/07(金) 19:13:09.39 ID:RRS2ttvDO
明日の昼か夕方、更新を始めていきたいです
次回作もこのペースだと色々不味いので、明日からまったりと更新していきたいなと思います
自分は小田切くんの音声出した辺りで察せられてしまうかなと思ってました…
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 11:02:29.48 ID:dzi1IYgJ0
完全に小田切黒幕だと思ってた
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 11:12:09.62 ID:AcN8Cv1DO
今日更新くるのか
自分は小田切か江野森のどっちかだと思ってた
573 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:08:19.49 ID:oEZhO3/hO
それでは更新したいと思います
574 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:08:57.13 ID:oEZhO3/hO

【学級裁判真相編 開始】

江野森「…………………………………………」

神名「……あなたが、江野森さん…………」

菊名「コロシアイ学園生活の、黒幕……」

初めて目にするその女の子は、私達とはそう変わらない年に見えました

それでも、どことなく良くない雰囲気がするのは気のせいでは無さそうです

藤山「…! お…お前の正体なんざどうでもいいんだよ!」

藤山「なんで…! なんでこんな事しやがったんだよ! 答えろよッ!」

黒城「そ、そそそそうよ!? 満を持して出てきたみたいだけど……」

黒城「アンタなんてちーっとも怖くないんだから! さっさとアタシをここから解放しなさいよ!」

江野森「…………………………………………」

江野森さんは無反応。その目は虚空を見つめながら、ぴくりとも動こうとしていません

守矢「……無視ですかな? それが最早通用しない事は、既に承知でしょうに」

クロエ「はやくしなさい。この数相手に敵うとでも……」

575 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:09:28.54 ID:oEZhO3/hO

江野森「…はぁ。ったく、相変わらず高圧的だなぁ、クロエちゃんよぉ!」

クロエ「……っ!?」

江野森「あ? なーにビビってんだ? この数が相手なら平気じゃねーのか?」

神名「な…なんなんですか…?」

突然、江野森さんの纏う雰囲気がガラリと…それこそ、豹変という言葉が相応しい程に変化しました

先程のが何処にでもいる少女なら…今の彼女は、まるで勇猛果敢な女戦士のようで…

黒城「な、なによぅいきなり…! 大声なんか出したって怖くないんだから!」

江野森「…ふふ、そうですね。黒城さん」

江野森「私とした事が、ついつい面白くてからかってしまいました」

黒城「ひゃうっ!?」

菊名「な…何…? 何が起きてるの…?」

また江野森さんの雰囲気が変わりました…

これはいったい何なんですか…!?


576 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:10:10.75 ID:oEZhO3/hO

守矢「質問に答えろっ…! 何の真似ですか、それはッ!」

藤山「舐め腐りやがって…! 俺達を馬鹿にしてんのか!?」

江野森「別に馬鹿になんてしてないんだけど…まあいいや、答えておくよ」

江野森「ボクの才能は『超高校級の語り部』…つまり、様々な物語を語り継ぐのがボクの使命だ」

神名「それが…どうしたんですか…?」

江野森「つまりよぉ! 俺は物語に登場するキャラクター…登場人物になる事が出来んだよ!」

江野森「…こほん。例えば、ゆっくりとおしとやかに喋る”私”は、さしずめ賢者という所でしょう」

江野森「そして! 荒々しく勇敢に、男みてーに話す”俺”は戦士ってな!」

江野森「最後に、ボクはそうだな…総てを司る意味で、勇者とでも名乗ろうかな」

藤山「…ついていけねぇ」

黒城「コイツ頭おかしいわ…」

私達の中でも、特にテンションの高い二人が引いています…正直な所、私も同意見ですが…

577 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:10:44.32 ID:oEZhO3/hO

江野森「…さて、説明に頁を割くのも本意じゃないし、そろそろ始めようか」

クロエ「始める…? 何の事を……」

江野森「今の状況はね、起、承、転、結の内の転…物事が変わり始めた段階だ」

江野森「そこから結に向かう為には、転の状態から動かないといけない…」

クロエ「……真実を探せ。と?」

江野森「そう! テメーらの真実を探して、その上で判断しやがれ!」

江野森「テメーらが向かう……最高のエンディングを、なぁ!」

菊名「なんだかよくわからないけど…やるしかないみたいだね」

黒城「フン! アンタを完膚無きまでに叩きのめすのが、アタシの目的よ!」

守矢「小生らの目の前に敵がいるのならば、最早倒す他ありませんな」

藤山「大詰めってワケだな…! もう一頑張りだ! いくぜ!」

神名「はい! 私達の力で…!」

神名「道を切り開いてみせますっ!」

578 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:12:40.22 ID:oEZhO3/hO

【ノンストップ議論 開始!】
 コトダマ一覧
【地下シェルター】
【隠しエレベーター】
【ゴフェル計画】
【奇妙な電子時計】
【ボイスレコーダー】


江野森「さて、早速で悪いんだけど本題に入ろうかな」

江野森「皆の記憶…ここに来るまでの記憶はどこで途切れているかな?」

藤山「あ? 何でそんな事聞くんだよ」

クロエ「確か…学園に踏み入れた所で気を失って…」

菊名「気がついたら、回りが白い部屋の中にいたんだ」

守矢「む、小生はあの皆様と出会った場所にて目を覚ましましたが…?」

黒城「どうでもいいじゃない…【どうせコイツのせい】なんだから!」


↓1ロンパしてください



579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 15:19:42.83 ID:ynpws52Go
【どうせコイツのせい】を【ゴフェル計画】で論破
580 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:24:55.10 ID:oEZhO3/hO

【どうせコイツのせい】←【ゴフェル計画】

正解!

神名「それは違います!」論破!

神名「黒城さん、もしかしたら、私達の記憶喪失は、江野森さんのせいではないのかもしれません…」

黒城「はぁ? コイツ黒幕よ? 黒幕なら記憶の一つや二つちょちょいのちょいで消せるわよ」

江野森「そんな事は出来ないよ。わざを忘れさせる親父さんじゃないんだから」

江野森「さっきも言ったけど、ボクは語り部だからね。それ以上の力は無いよ」

神名「私達がゴフェル計画に参加しているかもしれないという事は、先程話したのですが…」

神名「その計画の中に、こんな文章があるんです」

クロエ「私達の記憶を、一時消去する…」

江野森「うん、正解だよ。ボク達の記憶が消えていたのは…」

江野森「自分達で消した。っつー事なんだよなぁこれが!」

守矢「なっ…バ、バカな! 自分で自分の記憶を消す人間が何処にいる!?」

江野森「そう思うんならだーってろ! まだまだ解き明かすモンはたっぷりあるんだからよぉ!」

江野森「まだまだ終わらせないぜ? 自分の真実を解き明かすまでは、な…!」

581 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:25:48.84 ID:oEZhO3/hO

【ノンストップ議論 開始!】
 コトダマ一覧
【地下シェルター】
【ゴフェル計画】
【謎の音声記録】
【モノクマ三原則】
【隠しエレベーター】


守矢「小生らは、自分で自分の記憶を消しただ等と…!」

守矢「そんな事、信じられる訳がないであろうが!」

江野森「ところがどっこい、これが真実なんですよ。うぷぷぷ…」

藤山「そ、そもそも…【ゴフェル計画】自体が嘘じゃねえのか!?」

クロエ「それは…確かに私達が参加したという記憶は無いけど…」

菊名「でも、もし本当に江野森さんが何も関係が無いなら…」

菊名「モノクマはどうなるの? あれは俺達を【殺す為のロボット】だよね?」

江野森「ああ、あれは希望ヶ峰学園が開発したものだよ」

江野森「藤山くんもある程度の監修をしたはずなんだけどね。忘れちゃった?」

藤山「う、嘘ついてんじゃねえよ!」


↓論破してください
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 15:28:12.25 ID:ynpws52Go
【[ピーーー]為のロボット】を【モノクマ三原則】で論破
583 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:30:16.36 ID:oEZhO3/hO

【殺す為のロボット】←【モノクマ三原則】

正解!

神名「…それも、違います」

菊名「神名さん…どうして? モノクマは散々俺達を追い詰めて、コロシアイを…」

神名「それは、江野森さんが操作していたからそういう印象になってしまったのであって…」

神名「本来のモノクマは、私達を守る為のものだったのではないでしょうか」

藤山「んなバカな! アイツはどう考えても俺達を殺す気だったじゃねえか!」

藤山「お…俺がそんな危ねぇモンを監修する訳ねぇだろ!? なぁ!!」

クロエ「…私は神名の意見に賛成よ」

藤山「く…クロエ…? お前、何言ってんだよ…?」

クロエ「確かに、モノクマには多数の破壊兵器が組み込まれていたわ。それこそ私達を簡単に殺せる程の」

クロエ「だけど…それを私達に使ってきた事は無かった。江野森が殺した板東の時以外は……」

584 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:30:49.08 ID:oEZhO3/hO

神名「……それに、まだあるんです」

神名「モノクマが、私達を殺すつもりが無かった理由が…」

神名「それが……この、モノクマに課せられていた三原則なんです」

クロエ「これによると、モノクマは故意に私達を傷つける事…そして物を破壊する事が禁止されているわ」

クロエ「私達を殺す為のものではない。寧ろ、私達を守るための原則のような…」

江野森「またまた正解だぜ! モノクマは俺達をサポートする…所謂お助けロボだったワケだ!」

江野森「ま、俺がちょちょっと操作しといたから危ない印象を持っても仕形ねえとは思うけどな」

藤山「じゃあ…マジなのかよ…! クソッタレ……!!」
585 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:31:32.83 ID:oEZhO3/hO

守矢「ま…まだだ。まだ明かしていない事があるのではないのですかな?」

江野森「ん…? なんだ守矢か。まだ何かあるの?」

守矢「貴様は先程、モノクマは小生らを守るモノと言ったな…?」

守矢「だが、モノクマの殺傷能力は明らかに過剰だ! 小生だけではない、射和殿や夜桜殿も居るのに…」

守矢「どうして、そこまでの凶器をあれほどまでに搭載しているのだ!?」

江野森「…ぷっ! うぷぷ、うぷぷぷぷぷぷぷ…!」

菊名「な…何がおかしいんだよ…?」

江野森「だってさ、笑えちゃうよね。オマエラは……」




江野森「まだ、自分達の現実を理解出来ていないんだからさ」




586 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:32:52.97 ID:oEZhO3/hO

黒城「現実見えてないのはどっちよ! さっきから意味のわかんない事をごちゃごちゃと!」

江野森「確かにボクも外のせかいの知らないんだよね。詳しい事は誰も教えてくれなかったし」

黒城「なによソレ!!」

江野森「でも、何があったかは想像する事は出来るよね? 神名さん」

神名「な…何を……!」

江野森「質問を変えようかな…どうして、あんなものがこの学園で造られたと思うかな?」

あんなもの…それは、普通ならば造る必要の無いものですよね

だとすると…あれの事でしょうか?



問:普通ならば造られない学園にあったものとは?
↓1コトダマを提出してください
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 15:34:09.64 ID:AcN8Cv1DO
地下シェルター
588 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:45:12.50 ID:oEZhO3/hO

選択:【地下シェルター】

正解!

神名「これですね!」解!

神名「それって、学園の地下に造られていたシェルターの事ですよね?」

江野森「はい、そうなんです! あれだけの規模のシェルター、普通は造りませんよね?」

江野森「という事は…何か普通でない出来事があった。と見るのが自然でしょう」

クロエ「それはそうかもしれないけど…」

菊名「普通でない出来事って…何?」

江野森「だから知らねーよ! 此方には判断材料が無いんだからよぉ!」

江野森「隕石なり疫病なり人災なり、自分で納得出来る理由を考えな! それが正解だぜ!」

藤山「……それでいいのか?」

クロエ「無理にでも納得しろ、と言いたいの……?」


589 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:45:52.50 ID:oEZhO3/hO

黒城「な…納得したわ。だから何よ!」

黒城「そんな事はどうでもいいわ…! 早くここからアタシを出してよ!」

黒城「外の世界で何かあったのも、アタシ達が記憶を失っているのも、もう十分解ったわよ!」

黒城「だから…! さっさとここから出しなさいよ!」

江野森「うーん、正直あんまりオススメはしないよ?」

守矢「な…なんだと?」

藤山「ざ…ざけてんじゃねえぞ! この期に及んで何をぬかしやがる…!」

菊名「お前…さっき自分でもこう言ってたじゃないか!」

菊名「外の世界の事は自分でもわからない。って!」

クロエ「それなのにオススメはしないなんて、まるで外の世界について知っているみたいな口振りね?」

神名「江野森さん…教えてください」

神名「いったい外の世界で…何があったんですか?」

590 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:46:21.54 ID:oEZhO3/hO









江野森「うーん…まあ見た方が早いかな、えいっ☆」

そうして、江野森さんがモニターの電源をつけると、そこには……







591 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:48:08.68 ID:oEZhO3/hO






黒城「…………………………………………………………」

黒城「……………………………………………ふぇ?」

藤山「な……なんだよ…………オイ……………」

守矢「……なんという…………事だ…………!」

クロエ「ウソ……………………………………………」

菊名「…………なに、これ…………………………」

モニターに写ったその光景に、私達は皆驚き、茫然とし…身体が反応を拒みました

だって、そこに写っていたのは……!

菊名「ど……どうして…………!」

菊名「どうして『希望ヶ峰学園が樹海の中にある』んだよ!?」

鬱蒼と生い茂る樹木に回りを囲まれ、所々朽ちながらも、なお隠しきれない威容を放つ……

私達の入学した、『私立 希望ヶ峰学園』の姿でした






592 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 15:49:30.52 ID:oEZhO3/hO
一旦休憩します。続きは夜にでも
これでようやく、このコロシアイの舞台が樹海である事の理由が出せました…
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 15:54:13.37 ID:6vu0xGF+0
旦乙
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 16:25:40.80 ID:ynpws52Go
一旦乙
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 23:46:56.63 ID:ynpws52Go
今日は来ないか
596 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 23:57:11.50 ID:uzeG495rO
どういった感じで纏めようか考えていたらこんな遅くになってしまった…すみません
夜も更けてくる頃ですが、更新したいと思います
597 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 23:57:50.82 ID:uzeG495rO

黒城「何で……何でここから外の世界も樹海なのよっ!?」

藤山「なっ……なんだよ、これ…………」

クロエ「何で……どうして…………」

江野森「あーっはっはっは! 皆いい顔してるねー!」

明らかに常軌を逸した外の世界を見て、私は何も話せませんでした

守矢「い…今のは何処の画像だ!? これは明らかに加工されたモノだろう!?」

江野森「いやいや、君達の知りたかった外の世界の映像だよ? まあこの学園の近辺しか写してないけど」

藤山「なんだよ……なんだよ、今の……」

黒城「希望ヶ峰学園って…都会の一等地のど真ん中にあったわよね……?」

江野森「そうだよ。移転とかはしてないみたいだね」

クロエ「何故…? ここはどこなの? 私達は何処にいるの……」

江野森「希望ヶ峰学園だよ! あのバカデカイシェルターなんて……」

江野森「希望ヶ峰学園以外に建てられると思う?」

クロエ「…………それは…………」

598 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/08(土) 23:58:31.10 ID:uzeG495rO

藤山「ま……待てよ! んなの簡単に信じられるワケねぇだろ!?」

神名「そうですよ…! ここが希望ヶ峰学園なら、どうして外の世界が…!」

守矢「…あの映像は、本当に外の世界のものなのですかな?」

江野森「そうだよ。…どうやら、誰も認めてはくれないみたいだね」

菊名「当たり前だろ!? あんなモノを見せられて、信じろなんて…!」

江野森「んー…なら、物的な証拠を見せれば納得してくれるかな」

クロエ「物的な証拠? そんなもの……」

江野森「希望ヶ峰学園の技術は世界一、ってね。ちゃんと何処かを証明出来る物があるんだよ」

江野森「まあ、正確には……今は何時なのか。が解る物なんだけどね」

守矢「そんな事を証明して、何が解るというのですか……」

江野森「まあまあ、ものは試しに…ね?」

……江野森さんの意図がわかりません

今が何時なのかを示すもの…それって、恐らくあれですよね?

でも、あれを見せた所で、いったい何が解るんでしょうか…?

問:今が何時なのかを示すものは?
コトダマを提出してください
↓1
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/09(日) 00:01:22.96 ID:1h86zoPDO
【奇妙な電子時計】
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/09(日) 00:12:07.46 ID:hin9HfsJ0
kskst
601 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 00:13:17.80 ID:Va+rIXcTO

選択:【奇妙な電子時計】

正解!

神名「これですね!」解!

神名「それって…この、おかしな時計の事ですか?」

江野森「正解! それこそが今の君達がどんな状況なのかを教えてくれるんだ」

黒城「そ、そんなブッ壊れた時計がなんだって言うのよ…」

藤山「いや、実はそいつは壊れたっつー訳じゃねえんだ」

クロエ「私と藤山が確認したわ。その時計は正常に動いているの」

黒城「はぁ…この桁の狂った時計のどこが正常なの? おかしいのはアンタ達よ」

江野森「いやいや、狂っているのは黒城さんの認識の方だよ?」

黒城「アタシが狂ってるですって!?」

江野森「あっ、地雷だった? 怒ってるならほら、深呼吸して?」

守矢「寸劇をやってる場合ですかな…」

神名「それで…この時計で、何が解るんですか?」


602 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 00:14:03.74 ID:Va+rIXcTO

クロエ「まず、この時計は壊れていないという前提で話をするわ」

クロエ「この時計は、今もなお正常に時を刻んでいるの」

菊名「こんなに桁がおかしいのに?」

クロエ「それが不思議なの…壊れている訳ではないのなら…」

クロエ「この時計が受信している電波が原因ではないのかしら……?」

守矢「電波……?」

クロエ「ええ。でも発信している衛星はそう簡単には壊れないはずなのよ」

菊名「えっと…つまり、電波が届いていないって事なの?」

黒城「衛星の電波が届かない場所…つまりここは宇宙!?」

守矢「落ち着きなされ。ここが宇宙ならば時計そのものが止まっているはずですぞ」

藤山「じゃあ…いったい何なんだってんだよ……」

603 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 00:20:48.23 ID:Va+rIXcTO

神名「…………外の世界の景色、壊れていないのにおかしな時計……」

神名「新しく解った事と、江野森さんが言っていた時計。もしかしたらこの二つは……」

神名「何らかの形で、繋がっているのかもしれません」

クロエ「…そう、簡単に信じていいの?」

江野森「酷いなぁ、ボクは嘘なんてついていないんだよ?」

江野森「ほら、物語でもこういうヒントを与える人はいるからね」

藤山「お前がそうとは限らねぇけどな」

江野森「あーもう! そう思うんなら推理してみなよ! これでもうほとんどの情報は出したからさ!」

江野森「……それがどんなに信じられなくて、荒唐無稽な現実でもね。うぷぷ……」

守矢「…? どういう意味だ?」

江野森「だーかーらー! それを考えてみなって!」

神名「どんなに……荒唐無稽でも……」


604 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 00:21:32.01 ID:Va+rIXcTO

神名「……私達の記憶……外の世界は変わっていた……そして、この時計……」

菊名「……ねえ、どういう事なの? …外の世界はどうなっちゃったの?」

クロエ「私達の記憶が失われていたとして、ここまで世界が様変わりするなんておかしいわ」

藤山「記憶どうこうの話じゃねえ、最早別世界の域だぜ……」

黒城「パラレルワールド! ……そんな目で見ないでよ。本気じゃないわ」

守矢「黒城殿が言うと恐ろしいですな…」

江野森「うぷぷっ…じゃあ、神名さんに答えてもらいましょう!」

江野森「この世界は…! いったいなんなのかを!!」


【閃きアナグラム 開始!】
問:この世界の真相は?

解:○○か○な○の○○いみ○○
↓1
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/09(日) 00:22:33.06 ID:xcxt7Hh30
はるかかなたのとおいみらい
606 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 00:28:29.03 ID:Va+rIXcTO

解:はるかかなたのとおいみらい→遥か彼方の遠い未来

正解!

神名「………………」

菊名「……? 神名さん?」

藤山「どうしちまったんだよ……おい……」

……頭に浮かんだこの答えを、本当に言っていいのか、私にはわかりませんでした

でも、私がここで告げないとずっとここで止まったままになってしまいます

…………だから

神名「…………この、世界は……」

神名「私達の記憶から……私達の、覚えている記憶から……!」

守矢「小生らの記憶から…なんですかな?」





神名「……ずっと……ずっと、それこそ草木が学園を覆うくらいに成長するほど、遠い未来なんです……」

神名「私達は……! 私達の世界じゃない、未来の世界で殺しあっていたんです……!」


607 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 00:31:37.60 ID:Va+rIXcTO

本日はここまで。お付き合いありがとうございました

明日も更新したいな、と思っておりますので、良ければどうぞお願いします…
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/09(日) 00:34:15.86 ID:xcxt7Hh30
終わりが近くて感慨が深い最後まで楽しみにしておる乙
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/09(日) 07:25:54.60 ID:db+mNdN4o

続きが気になりすぎる
610 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:03:06.21 ID:bQ+ZkIuwO
遅くなりましたが、更新します
本日は安価は無いので、ごゆっくりどうぞ
611 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:03:44.87 ID:bQ+ZkIuwO

菊名「未……、来…………?」

藤山「な…何だって…………?」

黒城「未来、って…どういう、事なの…」

江野森「未来は未来だよ。過去、現在の次にくるね」

守矢「そんな事は知っているッ! ここが未来だなどと……信じられるかッ!」

江野森「だから言ったろーが! 荒唐無稽な真実でもってなぁ!」

菊名「程度が……あるよ……!」

真相を明かしても、私達の得たものは、更なる疑問だけでした

遥か彼方の遠い未来。それが真相だと、それが正しいと理解しても……

神名「私達は…どこにいったのですか…」

私の疑問と虚無感は、どこにも消えてはくれませんでした

612 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:04:34.13 ID:bQ+ZkIuwO

クロエ「……人間の身体を、違和感無くそこまで保存する事が出来るの……?」

江野森「出来るよ。ほら、ここにいない皆がいる所があるでしょ?」

菊名「ここにいない皆、って……」

守矢「管理センターの事か…!」

江野森「ご名答だ。あそこは本来、ボク達の身体機能を極限まで低下させて……」

江野森「ボク達の肉体、そして精神の半永久的な保存を可能にした設備なんだ」

江野森「ほら、冬眠ってあるでしょ? 原理はそれと同じだよ」

藤山「バ…馬鹿げてやがる…!」

江野森「君達の記憶の世界でも、植物の種の保存は現実的に出来てるんだ」

江野森「それに…クローン人間やロボトミーの研究だって盛んなんだ。コールドスリープくらい…」

江野森「現実的でしょう?」

菊名「ど……どこがだよ……っ!」

613 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:05:36.97 ID:bQ+ZkIuwO

黒城「……ねえ、じゃあアタシ達はどうすればいいの?」

黒城「ここから出ても、アタシ達の居場所が無いなら…アタシ達は……」

黒城「何の為に、ここまで必死に生きてきたの……?」

江野森「…………………………………………」

藤山「未来とか……真相とか……そんなのはどうでもいい……」

藤山「坂東や鈴木との約束は……なんだったんだよ……」

江野森「…………………………………………」

神名「…………江野森さん」

神名「どうして、私達はゴフェル計画なんかに参加したんですか?」

神名「どうして、あなたは記憶を奪い、コロシアイを起こしたんですか?」

神名「……どうして、私は…いや、私達は生き残ってしまったんですか…………」

614 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:06:24.43 ID:bQ+ZkIuwO

江野森「…そうだね、これも一つの結末だ。教えるよ」

江野森「まず、一つ目の質問から答えようか…どうしてボクらはゴフェル計画に賛同したか?」





江野森「それはね…キミのせいだよ。神名さん」





神名「え……」

私が…………?

江野森「キミが参加すると言ったから皆が参加した……それだけだよ」

神名「い……意味がわかりません!」

江野森「そのまんまなんだけどな…まあ補足説明もしておこうかな」

615 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:07:12.61 ID:bQ+ZkIuwO

江野森「まず始めに…世界に何らかの事件が起きたんだ。そのせいで世界は……」

江野森「修復が不可能になるほどの大打撃を被ったんだ」

江野森「そこで、希望ヶ峰学園はとある計画を造り出したんだ。それこそ……」

クロエ「ゴフェル計画……」

江野森「ああ……そうだよ」

江野森「まず、学園は全校生徒達を二つのグループに分けたんだ。宇宙へ出て、新たな星を探すグループと……」

江野森「地球へ残り、宇宙へと旅立ったグループを待つグループ……」

江野森「ボク達のグループは後者……地球で彼らの帰還を待つグループなんだ」

藤山「じゃあ…ここは地球ではあるのか」

守矢「だからどうした、という話になってしまいますがな」

616 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:07:57.53 ID:bQ+ZkIuwO

江野森「最初、皆はゴフェル計画に参加する事には反対していたんだよ?」

江野森「そんな得体の知れない計画には参加したくない。ってさ」

黒城「あ…当たり前でしょ!?」

江野森「だけど…神名さんだけは違ったんだ、寧ろ、神名さんが最もやりたがっていたんだっけ?」

神名「私が…? どうして…?」

江野森「…………………………………………」

江野森「………………希望になりたい」

神名「…………は?」

…………え?

それって……私の、夢…………

江野森「神名さんはそれを標榜にして、皆を説得したんだ…いや、洗脳かな?」

江野森「そうして、どんどんどんどん賛同者を増やしていったからこそ、この計画が実行に移せたんだ」

江野森「兎にも角にも、神名さんの意志に賛同した皆が計画に参加したから、今に至るって訳さ」

神名「そ…………んな…………」

私の、せい?

皆がこんなに悩んでいるのは……私のせいだったんですか?

私は皆の希望ではなく……絶望になってしまったのですか?

617 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:09:11.25 ID:bQ+ZkIuwO

黒城「神名の、せい、なの? アイツがアタシを……!」

黒城「神名ぁ…! アンタの、アンタのせいで…!」

江野森「あ、一応言っておくと神名さんだけのせいじゃないからね?」

江野森「契約書にサインをしたのは紛れもなく自分だって事を念頭に置いてね」

藤山「…………クソォッ!!」

クロエ「私達が…選んだのね…」

神名「私の……私のせい……」

菊名「神名さんの……せいなの……?」

守矢「なら……何故貴様はこのような事をしたのだ?」

守矢「小生らが選択したのなら、貴様も同様の選択をしたはず……」

江野森「うぷぷ……それは二つ目の質問である、どうしてコロシアイを行ったかって事だよね」

江野森「それはね………………」


618 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:10:00.45 ID:bQ+ZkIuwO









江野森「……皆を永遠に遺す為だよ」

神名「……え?」











619 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:10:39.52 ID:bQ+ZkIuwO

神名「の……残す?」

菊名「俺達を……?」

藤山「ざけてんじゃねぇぞッ! 俺達をここまで殺しておきながらよ…!」

藤山「いったい…! てめぇが俺達の、何を残すっつーんだよ! オイ!」

クロエ「戯れ事を…!」

江野森「ふふふ」

理解出来ない……江野森さんの考えが、その発言の真意が

残すって…何を? どうして? そんな疑問を前に、全員から睨み付けられても……

江野森「ふふふふふっ…!」

ただただ、爽やかな笑みを私達に返すだけでした

620 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:12:01.94 ID:bQ+ZkIuwO









江野森「あはははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははっ!!!」

……っ!?









621 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:12:50.38 ID:bQ+ZkIuwO

江野森「皆は、永遠に残るものって何だと思う?」

菊名「え、永遠に残るもの?」

クロエ「いきなり何を……」

江野森「ボクはね……『物語』だと思う」

黒城「も……物語ぃ?」

江野森「民話、童話、故事成語……これはボク達からしたら遠くの過去のお話だ」

江野森「それでも、こうして現在のボク達が知れるのは、誰かが誰かに伝えて、紡いで……」

江野森「受け継いで、語り継いできたからなんだよ!」

江野森「物語は不滅なんだ! そして、物語の中に生きる人々…キャラクターも!」

神名「え……江野森さん……?」

622 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:13:39.66 ID:bQ+ZkIuwO

江野森「どの物語も素晴らしいよ! 人は地球上の生命体で唯一、物語を創れる生命なんだ!」

江野森「ボクは神名さんがゴフェル計画に参加するって言ったとき、本当に嬉しかったんだ…」

江野森「ボク達は人類初の! 生きたまま時を越えた人間になれたんだから!」

藤山「オイ……コイツヤベェぞ!?」

守矢「……狂人めが!」

江野森「こんなコトをそのままになんて出来ないよね? だって、ボク達はそれほどまでの偉業を成したんだから!」

黒城「な、何よ……なんなのよぉ……!」

江野森「皆が好きな物語を! 皆が読みたいシナリオを! もっともっと語り継がないといけないんだ!」

江野森「もっともっと悲劇的に! もっともっともっと刺激的に! もっともっともっともっともっと……!」

江野森「絶望的な物語を創らないといけないんだよ!!!」

神名「えの、もり……さん……」

623 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:14:32.10 ID:bQ+ZkIuwO








ふと、江野森さんの顔を視てみると、端正な顔立ちを歓喜に染めて、悦びにうち震えていました

江野森「ボク等の物語はボクが語り継ぐんだ……それがボクの願いだから!」

江野森「そうすることで……ボク達は物語の中で、真の意味での永遠を手にする事が出来るんだからぁ…!」

楽しそうに語る江野森さんの目は、ドロドロに濁っていて、最早正気でない光を讃えていました……








624 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/09(日) 23:17:49.26 ID:bQ+ZkIuwO

本日はここまでです

江野森さんのキャラコンセプトは、そのものズバリ物語厨

多分7月中には終わらせられる…とは思います。頑張っていきます

ご感想やご質問はいつでも受け付けております。よろしければどうぞ…
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/09(日) 23:33:41.33 ID:db+mNdN4o
乙でした
これはまたとんでもないな
626 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/07/14(金) 21:01:22.82 ID:YEdSUt4pO
明日の夕方頃から更新したいと思います
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/14(金) 23:28:00.32 ID:plz20IeDO
了解しました。待ってます。
最初のほう江野森は色々ありそうな感じだったから1章で退場したのは驚いたけど、まさかこういう展開になるとは
628 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:16:55.96 ID:S6/tpcxpO
それでは更新していきます。夕方とはいったい…
629 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:17:39.46 ID:S6/tpcxpO

江野森「あはは…っ! はあ、はぁっ…」

江野森「…ごめんね、ついついテンションが上がっちゃって…けほっ」

ひとしきり叫んだ江野森さんは、気が済んだのか落ち着きを取り戻し、咳払いをして先程の調子に戻ります

菊名「そういう問題?」

そして、そんな江野森さんに…私は、恐怖と嫌悪を覚えました

黒城「ふ…ふざけんじゃないわよ!」

黒城「どうしてらアンタみたいなキチガイのエゴのせいで…!」

黒城「アタシ達がこんな目にあわないといけないのよっ!」

江野森「うーん…黒城さんなら解ってくれると思ってたんだけどな…」

黒城「はぁっ!? 何ですって!?」

黒城「このスーパー美少女黒城様が、ド級キチガイのアンタの仲間なワケ…」

江野森「だって、キミの追い求めているモノは、ボクとおんなじモノなんだよ」

630 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:18:20.40 ID:S6/tpcxpO

江野森「幽霊、伝承、超常現象…これらは全てヒトが産み出した文化なんだ」

江野森「そして、物語やシナリオも、またヒトの産み出した素晴らしい文化と呼べるだろうね」

江野森「ボクはそれを語る者、キミはそれを追い求める者…ほら、ボクらは似た者同士じゃないか」

黒城「え? …あ、うーん、そうなの?」

守矢「黒城殿! そこな狂人の話に耳を傾けてはなりませぬ!」

守矢「幾ら弁を弄するとも、所詮奴は黒幕! 今までの事を思い出すのです!」

江野森「…へぇ、随分と酷い事を言うじゃないか、守矢くん」

江野森「キミは確か、多額のお金に目が眩んで……とある国を滅ぼす原因を作ったんだっけ?」

守矢「な…………!」

江野森「どうして知っているか……なんて言わないよね?」

江野森「キミの動機を用意したのは他でもない、ボクなんだからさ…」

631 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:18:59.26 ID:S6/tpcxpO




江野森「金はヒトの産み出したモノの中でも最大級の発明だ、金は人の生活をより良くする」

江野森「だから人は金を求めて死にもの狂いになるし……金の為ならば殺人だって起こせるんだ」

江野森「だからね……金は人の創ったものでも、最も功罪が問われるべき代物だとボクは思う」

守矢「………何が、いいたい」

江野森「……そうだね」

江野森「キミがそうまでして執着したお金も、時が経てばなんの意味もなくなるんだなって」

江野森「だとしたらその罪は……何の為に背負うものなのかな?」

守矢「ぐぅ………!」



632 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:19:35.03 ID:S6/tpcxpO



江野森「そうそう。人の産んだモノでも最も罪深いのは……凶器だ」

江野森「拳銃は最もポピュラーな武器であり、そして最も普及した凶器でもあるんだよ」

クロエ「…それは私に言ってるのかしら」

江野森「そう捉えても構わないよ。ボクはボクの気の向くままに話すだけさ」

江野森「さて、凶器というものは時を越えて進化していくものだ。初めは単なる木の棒から…」

江野森「先に石をつけた槍に、石を削り剣に、離れた敵を殺す為に飛び道具にしたり…凶器は人には欠かせない」

江野森「……クロエさん、キミが今外に出たとしても……キミはその進化した凶器に敵うのかな?」

クロエ「………くっ!」



633 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:20:17.59 ID:S6/tpcxpO




江野森「ところで……藤山くんって解体屋なんだよね?」

藤山「あ? ……だからなんだよ」

江野森「うーん…キミの専門が車や建物、もしくはマグロかは知らないけど……」

藤山「機械系統は全部出来るわ! つーかマグロを解体するのは寿司屋か魚屋じゃねえか!」

江野森「…ぷっ! あははっ! その反応! 本当に懐かしいなぁ!」

江野森「キミは平気な顔して壊す物にも思い出がある。藤山くんは考えた事があるかい?」

藤山「ぐっ…さっきから何が言いたいんだよお前は!」

江野森「人の積み上げた歴史や建物は容易く崩れる…それはキミが一番よく知ってるはずだ」

江野森「キミが一番感じているんじゃないのかい? 外の世界は、既にキミ達の居場所じゃない事を」

江野森「壊す才能が故にわかる…自分の世界が崩された事を!」

藤山「それは、よ………」



634 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:20:52.99 ID:S6/tpcxpO

江野森「さて、それを踏まえてキミ達に再度問おうじゃないか!」

江野森「本当にキミ達は外の世界に出ていくべきなのか? 本当にこの学園生活を終わらせるべきなのか?」

江野森「よーく考えて…投票しなよ!」

江野森「あ、オシオキの内容は平等に、全員で処刑させてもらうからね」

菊名「そ…そんなの! 出ていくしかないじゃないか!」

江野森「そうかな? 世界に希望が持てない。そもそも希望が解らない様な状況ならさ…」

江野森「自分から死を選んだ方が潔い。そうは思わないかな」

神名「………………………………」

黒城「………………………………」

藤山「………………………………」

クロエ「………………………………」

守矢「………………………………」

菊名「皆…!? どうして、どうして誰も反論しないんだよ!?」

635 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:21:48.08 ID:S6/tpcxpO

江野森「そりゃそうだよ、彼らとキミとでは過去の重さが違う。それら全てが無意味になったんだから」

江野森「そういう意味では、何も背負うモノが無いキミは正しく運がいい…超高校級の幸運だよ」

菊名「………うっ」

江野森「それにしても、ボクはキミが今こうして落ち着いて反論出来ているのが意外だけどね……」

江野森「かつてのキミなら、お姉さんが死んだって解れば発狂して廃人になってもおかしくないのに!」

菊名「それは………!」

江野森「さあ! ここに最期の投票タイムを始めようか!」



江野森「神秘は潰え、価値は失せた!」



江野森「進化は絶え、墓標は朽ちた!」



江野森「希望は消え去り神は死んだ!」


江野森「これでクライマックスだ! 皆の絶望でこの物語に終止符を打つんだよ!」


636 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:22:34.42 ID:S6/tpcxpO


   論

「………それは違います!」

       破

637 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:23:20.24 ID:S6/tpcxpO

江野森「………………………………」

江野森「………………………は?」

江野森「何を言っているのかな……」

江野森「………………神名千鶴さん!」

神名「………………………………」

菊名「神名さん……………!」

神名「それは違いますよ。江野森さん」

神名「神は死んでなどいません…何故ならば、私が今ここにいるからです」

神名「信じる人がいる限り、その想いは潰えません。神様は、そうやって信じられてきたんです」

神名「あなたの言う物語の様に……」

神名「……本当は江野森さんも私も、似た者同士なのかもしれませんね……」

神名「だけど私は…この学園から脱出させてもらいます!」

638 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:24:07.89 ID:S6/tpcxpO

江野森「……神名さん。自分が何を言っているのかわかってるのかい?」

江野森「神様っていうのはね……本来人が到底太刀打ち出来ない自然現象の偶像化なんだよ」

江野森「洪水や嵐が起こる度に、過去の人は怯え、嘆き、その存在を敬うようになったんだ」

江野森「キミの言う神様は、所詮自分達が勝手に想像して、それを盲信するだけの紛い物……」

江野森「そんな偽者とボクの語る物語が似てるだなんて…ボクを侮辱しているのか!?」

神名「……似ていますよ。私も、あなたも何かを信じて伝える者……」

神名「人が生み出した信仰だからこそ、この想いは貫かないといけないんです」

神名「だからこそ、私はあなたに、未来への恐怖に屈していられないんです!」

神名「あなたが私の神様を否定するのならば……私は、何度だってあなたに立ち向かってみせましょう!」

639 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:24:55.96 ID:S6/tpcxpO

菊名「……それに賛成だよ!」

神名「菊名くん!」

菊名「俺、初めて江野森さんが出てきた時、自分でも驚くくらい落ち着いていて冷静だったんだ」

菊名「…おかしいよね。あれだけお姉ちゃんお姉ちゃん言ってたのにさ」

菊名「多分…今、こうして俺が立っていられるのは、皆のおかげだと思うんだ」

菊名「裏切っていた俺を救ってくれた…もう一度仲間に入れてくれた皆が好きだ」

菊名「俺を立ち上がらせた皆を、ずっと信じて生きたいんだ!」

菊名「…神名さん。今度は俺だけじゃなくて、皆を絶望から助けてほしい」

菊名「俺を助けてくれたように…皆を信じさせてほしいんだ!」

神名「……わかりました!」

皆に希望が無いのなら、私がそれを教えないといけないんです…

それは私の手元にあるモノではダメでしょう。なら、やる事はひとつだけ…

私の中にある信じたいという想いを…皆さんにぶつけて、目を覚まさせるんです!

640 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:25:31.69 ID:S6/tpcxpO

【ノンストップ議論 開始!】
 コトダマ一覧
【ゴフェル計画】


神名「私達は、負けません……!」

神名「だから皆…!どんなに絶望的でも、諦めずに【信じて!】」

江野森「無駄無駄無駄ァ! 所詮キミ達じゃあこの先生きていけるもんか!」

黒城「【アタシは……なんの為に……】」

江野森「外の世界は、最早キミ達が普通に住める世界じゃないんだよ!」

守矢「【何も、守れないのか……?】」

江野森「外に出たところで、キミ達を待ち受けるのは想像を絶する絶望だけ…」

藤山「【もういい…面倒くせぇよ…】」

江野森「だったら…諦めてここでピリオドを打つ方が賢いだろう?」

クロエ「【…………………………………………】」

菊名「まだだよ…!俺たちは諦めない!」

江野森「いいやバッドエンドだ! それがキミ達の選択なんだからね!」

↓1ロンパしてください
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/15(土) 19:31:12.39 ID:UyAdFl3no
【アタシは……なんの為に……】に【ゴフェル計画】?
642 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:37:56.28 ID:S6/tpcxpO

そういやコトダマ抽出って最初の方にやって以来ほぼノータッチでしたね…

最後の最後で完全に此方の構成ミスです。お手数をかけてしまい申し訳ありません

再度選択をお願いします

↓1
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/15(土) 19:39:15.50 ID:UyAdFl3no
【アタシは……なんの為に……】に【信じて!】
644 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:40:09.18 ID:S6/tpcxpO

【アタシは…何の為に…】←【信じて!】

神名「自分を……信じて!」論破!

黒城「……ねえ、アタシはなんなの? どうすればいいの?」

黒城「アタシのいる意味が無いなら…いっそもう死んじゃった方が…」

神名「黒城さん、あなたは他でもない、自分自身を信じてあげてください」

神名「普段の破天荒なあなたなら…未来だって突き進んでいけるはずです!」

神名「だから臆さないで……無理矢理にでも立ち上がってください!」

黒城「…ふふ、うふふ! あーっはっはっは!!」

黒城「何よアンタ! 随分調子のいい事言ってんじゃない!」

黒城「だけどそうよね! なんてったってアタシは……!」

黒城「素敵で無敵で超絶カワイイ、スーパー美少女オカルトマニア! 黒城奏様なんだからっ!」

645 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:41:15.80 ID:S6/tpcxpO

【ノンストップ議論 開始!】
 コトダマ一覧
【ゴフェル計画】


神名「私達は、負けません……!」

神名「だから皆…!どんなに絶望的でも、諦めずに【信じて!】」

江野森「無駄無駄無駄ァ! 所詮キミ達じゃあこの先生きていけるもんか!」

黒城「この天才であるアタシを舐めんじゃないわよ!」

江野森「外の世界は、最早キミ達が普通に住める世界じゃないんだよ!」

守矢「【何も、守れないのか……?】」

江野森「外に出たところで、キミ達を待ち受けるのは想像を絶する絶望だけ…」

藤山「【もういい…面倒くせぇよ…】」

江野森「だったら…諦めてここでピリオドを打つ方が賢いだろう?」

クロエ「【…………………………………………】」

菊名「まだだよ…!俺たちは諦めない!」

江野森「いいやバッドエンドだ! それがキミ達の選択なんだからね!」

↓1ロンパしてください
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/15(土) 19:43:34.03 ID:UyAdFl3no
【何も、守れないのか……?】に【信じて!】
647 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:45:26.26 ID:S6/tpcxpO

【何も、守れないのか……?】←【信じて!】

神名「約束を……信じて!」論破!

神名「守矢くん……私はあなたに言いましたよね」

神名「誰が敵になっても、私だけはあなたの味方でいます。って」

神名「だから……もう罪に苦しむ事なんてないんです」

神名「失った時は取り返せないけど…贖罪は今からでも遅くはありませんから…!」

守矢「……はは、これは申し訳ない。心配をかけさせてしまいましたな」

守矢「守衛である小生が、皆様に不安を与えてしまうとは……これはとても面目が立ちませぬなぁ」

守矢「お詫びとして……ここから先、小生が皆様を全身全霊で守護しましょう!」

守矢「……なに、お代は出世払いか後払いで結構ですぞ」

648 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:47:14.20 ID:S6/tpcxpO

【ノンストップ議論 開始!】
 コトダマ一覧
【ゴフェル計画】


神名「私達は、負けません……!」

神名「だから皆…!どんなに絶望的でも、諦めずに【信じて!】」

江野森「無駄無駄無駄ァ! 所詮キミ達じゃあこの先生きていけるもんか!」

黒城「この天才であるアタシを舐めんじゃないわよ!」

江野森「外の世界は、最早キミ達が普通に住める世界じゃないんだよ!」

守矢「ふっ、小生が皆様を驚異から守護してみせましょう!」

江野森「外に出たところで、キミ達を待ち受けるのは想像を絶する絶望だけ…」

藤山「【もういい…面倒くせぇよ…】」

江野森「だったら…諦めてここでピリオドを打つ方が賢いだろう?」

クロエ「【…………………………………………】」

菊名「まだだよ…!俺たちは諦めない!」

江野森「いいやバッドエンドだ! それがキミ達の選択なんだからね!」

↓1ロンパしてください
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/15(土) 19:48:24.37 ID:Y+Qv7npDO
【もういい…面倒くせぇよ…】を【信じて!】でロンパ
650 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:52:39.76 ID:S6/tpcxpO

【もういい…面倒くせぇよ…】←【信じて!】

神名「想いを……信じて!」論破!

神名「藤山くん、あなたはここまで本当に頑張ってきましたね」

神名「あなたがいなければ解決しなかった事件も、一つや二つではありません」

藤山「……だけどよ、結局無駄になっちまったんだ」

藤山「ダメなヤツだよ……俺なんてよ」

神名「……こらっ!」

藤山「うおっ!?」

神名「そうやって投げ槍になってると、坂東くんや鈴木くんに怒られちゃいますよ?」

神名「二人の残した想い……私と一緒に叶えていきましょう!」

藤山「……なんでかねぇ、どうしてアンタはそうやって信じていけるのかね」

藤山「だけどよ、その盲信っぷり。俺は嫌いじゃねえぜ」

藤山「……しゃあっ! 腑抜けてんのはもう終わりだ! ビシッと決めて終わらせてやるぜっ!」

651 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 19:54:12.78 ID:S6/tpcxpO

【ノンストップ議論 開始!】
 コトダマ一覧
【ゴフェル計画】


神名「私達は、負けません……!」

神名「だから皆…!どんなに絶望的でも、諦めずに【信じて!】」

江野森「無駄無駄無駄ァ! 所詮キミ達じゃあこの先生きていけるもんか!」

黒城「この天才であるアタシを舐めんじゃないわよ!」

江野森「外の世界は、最早キミ達が普通に住める世界じゃないんだよ!」

守矢「ふっ、小生が皆様を驚異から守護してみせましょう!」

江野森「外に出たところで、キミ達を待ち受けるのは想像を絶する絶望だけ…」

藤山「へっ、そんなもん俺達でブッ壊してやるよ!」

江野森「だったら…諦めてここでピリオドを打つ方が賢いだろう?」

クロエ「【…………………………………………】」

菊名「まだだよ…!俺たちは諦めない!」

江野森「いいやバッドエンドだ! それがキミ達の選択なんだからね!」

↓1ロンパしてください
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/15(土) 19:56:37.18 ID:UyAdFl3no
【…………………………………………】に【信じて!】
653 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 20:01:51.56 ID:S6/tpcxpO

【…………………………………………】←【信じて!】

神名「誰かを……信じて!」論破!

クロエ「……まさか、私を励まそうとでもしていたのかしら?」

神名「はい。あなたも私の大切な人……仲間なんですから」

クロエ「……最初の頃は、貴女達とこんなトコまで一緒にいるなんて、考えた事もなかったわ」

クロエ「誰かを殺してそれで終わり。それが全員の考える事……そう思っていた」

神名「だけど、あなたは殺されるどころか私達と共に歩いてくれています」

クロエ「そうね。あの浮浪者……射和のしつこさに当てられたのかしら?」

神名「射和くんとの交流が、クロエさんの頑なな心を開いたんです」

神名「私達は射和くんほどクロエさんとはいませんでしたけど……それでも信じてくれますか?」

クロエ「……断るわ。前までの私なら」

クロエ「だけど、今は不思議と信じてもいいと思ってる……どうしてかはわからないけどね」

クロエ「……勘違いしないでね。これは私が選んだ選択なのだから」

654 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 20:03:34.65 ID:S6/tpcxpO

【ノンストップ議論 開始!】
 コトダマ一覧
【ゴフェル計画】


神名「私達は、負けません……!」

神名「だから皆…!どんなに絶望的でも、諦めずに【信じて!】」

江野森「無駄無駄無駄ァ! 所詮キミ達じゃあこの先生きていけるもんか!」

黒城「この天才であるアタシを舐めんじゃないわよ!」

江野森「外の世界は、最早キミ達が普通に住める世界じゃないんだよ!」

守矢「ふっ、小生が皆様を驚異から守護してみせましょう!」

江野森「外に出たところで、キミ達を待ち受けるのは想像を絶する絶望だけ…」

藤山「へっ、そんなもん俺達でブッ壊してやるよ!」

江野森「だったら…諦めてここでピリオドを打つ方が賢いだろう?」

クロエ「何が賢いかは私達が決めるわ……貴女には決めさせない」

菊名「まだだよ…!俺たちは諦めない!」

江野森「いいや【バッドエンド】だ! それがキミ達の選択なんだからね!」

↓1ロンパしてください
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/15(土) 20:07:21.69 ID:Y+Qv7npDO
【バッドエンド】を【信じて!】でロンパ
656 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 20:15:58.44 ID:S6/tpcxpO

【バッドエンド】←【信じて!】

神名「バッドエンドなんかじゃない!」論破!

神名「私達の選ぶ未来……それがどんなに辛くても……」

神名「私達は負けない、折れない、絶望なんてするはずない!」

神名「だって、私達の中には……信じられるモノがあるのだから!」

神名「それがあり続ける限り……未来は私達の手の中なんです!」

江野森「……なんだよ………それ………………」

江野森「なんだよそれッ! 素直に絶望しろよ! さっさと諦めろよ!」

江野森「今すぐ私のシナリオ通りに絶望しろよォォォォッッ!!」

クロエ「……どうやら、江野森にはもう打つ手は無いようね」

藤山「だったら……俺達が今からやる事は1つだけだよな!」

守矢「さあ、これが最後ですぞ! 小生もここが踏ん張り所とみました!」

黒城「手柄はアンタに譲ってやるわ。バシッと叩きつけてやりなさい!」

菊名「……神名さん! お願い!」

神名「はい! 私達の信仰の力……それを見せてあげましょうか!」

657 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 20:20:11.98 ID:S6/tpcxpO

【パニックトークアクション 開始!】

江野森「黙れ黙れ黙れ黙れェ!」

江野森「いつの世界も悲劇を求めているんだよ!」

江野森「下らない茶番なんかでボクの物語を汚すなァッ!」

江野森「ボクは俺は私はァ! オマエラとは違うんだよ!」

江野森「とっとと絶望しろ! そして死ね!」



江野森「【例え信じるモノがあったって絶望には敵わないんだよ!!!】」



1:信じる2:者は3:救わ4:れる

↓1
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/15(土) 20:22:30.02 ID:UyAdFl3no
1234
信じる者は救われる
659 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 20:30:08.64 ID:S6/tpcxpO

神名「……想いは、前に進むんです」

神名「誰かや何かを信じて…そして、その人を信じてよかったって想えるんです」

神名「私は、最初は皆の希望になりたいと思っていましたけど…それは間違いと、今更きづきました」

神名「だって、何が希望かは……私じゃない、私を信じてくれる人が決めるんですから!」

江野森「………………………………………………」

菊名「……もう、何もないみたいだね」

藤山「……さて、んじゃサクッと終わりにしちまおうぜ!」

黒城「あーあ! なんか喉乾いちゃったからコーラ飲みたいわ!」

クロエ「……最後なのに、全く緊張感が感じられないわね」

守矢「最後だろうと格好つけずに進んでいく……小生等らしいですなあ!」

菊名「それじゃあいくよ……! 俺達の運命を決める……!」



神名、菊名、黒城、藤山、クロエ、守矢「「「投票結果の発表を!」」」


660 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 20:30:54.39 ID:S6/tpcxpO








    V  O  T  E

【江野森】 【江野森】 【江野森】






661 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 20:31:23.24 ID:S6/tpcxpO










【学級裁判  閉廷!】









662 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 20:33:46.10 ID:S6/tpcxpO

一旦休憩します。なんか頑張れば今日中には終わらせられそうですね

最後の学級裁判は、やりたい事をがんがんに突っ込んだので置いてけぼりになってないといいのですが……

最後の学級裁判の感想も、あればよろしくお願いします。では
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/15(土) 20:43:38.55 ID:UyAdFl3no
一旦乙です
やっぱり最後の大逆転いいですね
皆カッコいい
664 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 23:22:30.46 ID:dTtjk+fgO

江野森「………………なに、これ」

江野森「こんな茶番が……終わり?」

江野森「こんな三流芝居が……ボクの物語なの?」

黒城「コラッ江野森! 神妙にお縄につきなさい!」

藤山「抵抗しようと思うんじゃねーぞ、俺達があっという間に抑えてやるぜ」

守矢「頼みの綱のモノクマも……ここからでは操作など出来ないでしょう」

クロエ「もう満足したでしょう? 早く私達をここから出しなさい」

神名「……私達はもう覚悟しています。外の世界がどんな世界でも……」

神名「私達は、何かを信じて進んでいくんです」

神名「だから、江野森さんも一緒に……」

665 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 23:23:02.53 ID:YG5vNQVkO

江野森「……一緒? ……キミ達と?」

江野森「……あはっ! あはははっ!」

江野森「笑わせないでよ…もうボクの物語に価値なんて無いんだ……」

江野森「そんなボクがキミ達と一緒に行くなんて、出来るワケないだろ?」

菊名「……じゃあどうするつもりなの?」

江野森「決まってるだろ? 敗者にはオシオキ……それだけさ」

神名「私は……! 何もそこまでしろなんて思っていません!」

神名「江野森さんも、私達と一緒に来て欲しいんですよ!」

藤山「てめぇはムカつくけどよ…坂東も鈴木もオシオキなんざ望まねぇと思うぜ」

黒城「べ、別にアンタなんかどうでもいいんだからねっ!」

クロエ「ここまでしたのだから、責任は取ってもらうわよ」

守矢「心を入れ替えるのならば、小生は問題ありませんぞ」

江野森「皆……」

666 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 23:23:35.50 ID:YG5vNQVkO

江野森「ありがとう……でも、ダメだよ」

江野森「このまま一緒に外に出ても…ボクの事なんて誰も覚えてはくれないから」

江野森「だから、ボクはここでオシオキされる事で……」

江野森「皆の記憶の中に、永遠に存在し続けるんだよ」

神名「……っ! させな……」

江野森「そうだ、これは外に進むキミ達へ、ボクからのご褒美だよ」

そういって手渡してきたのは……ライト?

江野森「この光を浴びれば、キミ達の忘れていた記憶を呼び覚ませる…原理はボクもわからないけどね」

江野森「…それじゃあサヨナラだ。キミ達の物語がどんな結末を迎えるか……」

江野森「あの世で楽しみにしているよ。キミ達の一番のファンとして、ね」

そういって私達に礼をして、江野森さんはオシオキのスイッチを押しました

その顔はどこか楽しそうな。でも、これで終わってしまう事を残念がる様な……

そんな、どこにでもいる少女の顔でした

667 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 23:24:16.81 ID:YG5vNQVkO







    CONGRATULATIONS!

  エノモリ サンが 黒幕に 決定しました
    オシオキ を 開始 します





668 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 23:24:45.76 ID:YG5vNQVkO

大きな舞台の上に、江野森さんが立っています
江野森さんは楽しそうな顔で、これから起こる出来事……オシオキを、楽しそうに待っていました

『DIEジェスト−開始から終わりまで−』
『超高校級の語り部 江野森柚希処刑執行』

舞台の背景がお城の様に変わると、舞台の上にモノクマが現れました
モノクマは机で江野森さんの頭を叩くとそのまま消え、賢者姿のモノクマに何処かへ飛ばされてしまいました

次の舞台は砂漠です。砂漠では恐ろしい怪物の様なモノクマが暴れていました
江野森さんは怪物と対峙すると、それを倒してしまいました…が、砂嵐が吹き荒れまたしても飛ばされてしまいます

お次の舞台は西部劇。ガンマン姿のモノクマと騎士姿のモノクマが争っています
その間へ落とされると、二匹のモノクマが持っていたナイフと銃弾が江野森さんを貫きました
流石の江野森さんもこれには苦悶の表情を浮かべ、涙を流します

倒れた江野森さんが運ばれたのは、教室の様な古い建物。黒板には私達の似顔絵が、可愛らしく描かれていました
江野森さんが黒板に優しく手を触れ、何かを机の上に置くと……黒板が倒れ、江野森さんを押し潰してしまいました

669 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 23:25:22.40 ID:YG5vNQVkO




こうして、私達の悲惨な学園生活は終わりを告げました

だけど、学園生活が終わっても私達はまだ終わりではありません

最後に、やることがありますから……



670 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/15(土) 23:26:03.30 ID:YG5vNQVkO









【Chapter6】
  Your the world【了】








671 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/16(日) 00:10:01.14 ID:hTNlp9h3O









【EPIROGUE】
  希望の神話








672 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/16(日) 00:11:56.77 ID:hTNlp9h3O

黒城「ふんふんふーん♪らったった♪」

黒城「たーがーいーにー♪むーつーみーしー♪わーがー師のー♪おーんー♪」

藤山「うっせーよ! てめぇもさっさと仕事しやがれ!」

黒城「何よもう…せっかく気持ちよく美声を聴かせてやってんのに…」

守矢「早く纏めてくだされ、あんまりもたもたしている暇も無いですからな」

菊名「あはは…」

今、私達はこれからの荷物を纏めている最中です

外の世界に何があるかわからない以上、準備はするべきなんですけど…

黒城「あっ! これ持っていきたい!」

クロエ「千里山の部屋から銅像を持ち運ぶのは止めなさい」

守矢「小生は持ちませんぞ?」

菊名「皆凄いね……今から旅立つのにさ」

673 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/16(日) 00:13:12.99 ID:hTNlp9h3O

クロエ「旅立ちの朝…なんて、格好つける気はないけれど……」

クロエ「ドキドキしないと言えば、嘘になるわね」

藤山「こういうのってよ、やっぱ卒業式になるのか?」

菊名「どうなんだろ? 俺はこういう卒業式もいいかなって思うな」

菊名「これから、俺達はどうなるのかわかんないけど……それでも、今だけはこうして笑ってたいよ」

守矢「ふふ、同感ですな」

黒城「アタシはもう既に目標を立ててるわ! 全世界…いや、全宇宙にアタシの名を轟かせるのよ!」

藤山「俺は…どうしよっかね……」

菊名「ゆっくり決めていこうよ。どうせ俺達は過去の人なんだしさ……」

674 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/16(日) 00:13:47.78 ID:hTNlp9h3O

神名「私は…新しく組織を創りたいと思います」

神名「神導会の教祖として…私は私の神様を、外の世界に伝えていきたいです」

クロエ「そう…ところで、貴女はマネージメントの経験は?」

神名「……勉強していきます」

クロエ「全く……仕方ないわね」

クロエ「私も貴女についていくわ。どうも貴女は放っておけないもの」

菊名「あっ! お、俺も!」

藤山「おっ抜け駆けはずりぃぞ! 俺だって千鶴ちゃんについていくぜ!」

守矢「おやおや、随分と人気ですなぁ」

守矢「無論小生もついていきますぞ! 派遣よりも正規社員ですな!」

黒城「……えっ? もしかしなくてもアタシぼっち?」

黒城「待ってよー! アタシもついていくから待ちなさいよーーー!!」

神名「ふふっ……! あははっ!」

皆と笑いあい、ホールの前に集まります

皆の顔は、期待と不安が入り交じった表情で……とても、輝いて見えました



675 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/16(日) 00:14:56.76 ID:hTNlp9h3O




私は、皆がいる限り進んでいきます

信じる道は険しくて、時には絶望する事もあるでしょう

それでも、今この時だけは、私は誰よりも希望に満ちているでしょう

一人、また一人と外の世界へ駆け出していき、残りはもう私だけ……

神名「……さようなら!」

私は、希望になりたいんです

私と共に進み、私と共に歩いてくれる……

希望の様に輝く、愉快で大好きな皆と一緒に






【EPIROGUE】
  希望の神話【了】



【二次創作】安価で進めるオリロンパ

       【完】

676 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/16(日) 00:20:41.64 ID:hTNlp9h3O

スレ建てから半年と少し、速いようで遅いような、それでもやっぱり遅いですが、完結まで持ち込めました

オリロンパはおろか、二次創作やSSすらまともにしたことの無い自分がここまでやれたのも、

単に読んでくださった方々のおかげです

キャラ建てや裁判。様々な面で自分の至らなさや、先人の方々の苦労が身に染みて伝わりました

自分がオリロンパを始めた切欠が、エタらないオリロンパを作りたいという割と軽い動機でしたので……

今後はリクエストや質問を消化しつつ、次回作のプロローグでも作っていきたいです

重ねてお礼を申し上げます。本当に、今までお付き合いいただいてありがとうございました



677 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/16(日) 00:22:16.29 ID:bELcGKdm0
乙やで
パワポケ思い出すような真相で熱くなった
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/16(日) 00:24:24.07 ID:pPYJ4FVv0
完結乙!
本当に最後まで走り切ってくれて楽しませて貰った。
そして黒幕のミスリードとかしてやられた。
次も期待してる。
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/16(日) 00:26:21.67 ID:TmeHtl540
乙です、おめでとうございます
見始めた時点で既に終盤だったから、始めから参加したかったな
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/16(日) 00:30:50.26 ID:ycacsuKDO
完結おめでとうございます
最後まで楽しく読んでました
後半あたりからは特に続きが待ち遠しく感じました
とにかくお疲れ様でした
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/16(日) 00:46:51.32 ID:TlyXKhWt0
完結乙
安価で決まった舞台にここまで意味を持たせられたスレも珍しいと思う
次回作も期待してる
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/16(日) 07:47:18.20 ID:NzZLt8qvo
完結乙でした
特にキャラクターが魅力的で、ストーリーや裁判も意外な展開や王道がうまく組み合わさってかなり好きな作品でした
次回作もとても期待してます

リクエストや質問については、おそらく全員分の通信簿が解放されてないと思うのでそれを踏まえての各キャラの過去編や
本編の中で今後の展開に関わるような分岐が章ごとに出ていたような感じだったのでもし別の分岐を選んでいたらどうなっていたのかを知りたいですね
683 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/16(日) 18:30:28.60 ID:Rz9qt+WmO

皆さんありがとうございます。次回作はもっと楽しめる様な作品になれるように頑張っていきます

章ごとの分岐はこんな感じでした。

一章
・話しかけたメンバーの中で、最も妥当と判断された生徒
・最初の探索で選ばれた、黒城、菊名、坂東は判定内から除外

二章
・秘密を見た場合、見られた生徒を安価で指定しその生徒が被害者
・秘密を見なかった場合、通信簿が1まで開示されている生徒の中で妥当な生徒が加害者
・被害者はクロを見て、最も狙われる可能性の高い生徒

三章
・射和とクロエペア、黒城と黒崎ペアの内、どちらかが確定で死亡(被害者、加害者は問わず)
・射和が被害者に含まれた場合のクロは夜桜、含まれていないならば藤山
・どちらかが死亡していた場合、残された方の生徒が加害者

四章
・菊名を庇わなかった場合、菊名が自殺し生徒の誰かが冤罪で処刑
・菊名を庇った場合、坂東、鈴木、福島から被害者と加害者を選択

五章
・神名に対し最も好感度の高い生徒(この場合は藤山か坂東)

こうして出してみると相当ガバガバですね……すみません

684 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/16(日) 18:32:01.37 ID:Rz9qt+WmO

ちなみに、初期の構想展開はこんな感じでした

一章
被害者:鈴木茂
クロ:坂東永太

二章
被害者:守矢藤右衛門
クロ:黒崎月子

三章
被害者1:クロエ・ファウラー
被害者2:黒城奏
クロ:糸長形人

四章
被害者:菊名幸路
クロ:射和義守

五章
被害者:夜桜炎呪
クロ:藤山戒

生存
神名千鶴、福島かなた、江野森柚希、千里山即史、小田切翔

685 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/16(日) 18:40:16.28 ID:s7RXW+ryO
ぶっちゃけ、もう一度安価でキャラ作りをして欲しい感じはある。
686 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/16(日) 20:52:36.53 ID:siYohZHAO
>>685うーん、そっちの方がいいですかね…?
自作で動かしたいのはあくまでもキャラを建てることの練習みたいなものなので……
もし、要望が多ければ再度安価でキャラを作成する事も検討します

ところで今更過ぎますが、神名さん達の容姿ってどんな風で想像していましたか?
オマケネタにも活かしたいので、もしよろしければ教えて頂けると幸いです
687 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/16(日) 21:04:31.71 ID:CHyQjDW70
福島ちゃんは小柄でポニテ、青のブレザーの制服でニーソで想像してた(無論貧乳)
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/16(日) 21:39:38.73 ID:NzZLt8qvo
全員ではないけど自分の中でのイメージ
神名さんは髪の色も服の色も「白」で統一されているイメージ 髪型はロングストレートで一見すると良家のお嬢様風 
逆に黒城さんは「黒」で統一されているイメージ 髪型は神名さんと比べてふわふわでボリュームがある感じ
黒崎さんは基本は金髪碧眼のショートヘアーで和風モードのときは黒髪黒目にして和服着用
板東君は改造した学ランを着て、ツンツンとした短髪
鈴木君はブレザーの制服でしっかり身だしなみを整えている 眼鏡を着用
菊名君は坂東君に次ぐ小柄で華奢な体型で髪質も一般的な男子より柔らかめ
とりあえずこんな感じですかね
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/16(日) 21:55:33.92 ID:NzZLt8qvo
あと>>685は次回作のことを言っているのかな?(次回作に出てくるキャラで分かっているのは才能だけのはず)

最初のキャラ作成もオリロンの楽しみの1つではあると思うけど、自分で考えたキャラのほうが>>1も書きやすいと思うのでどちらでも構いません
どっちにしても次回作も変わらず応援します
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 01:16:01.04 ID:SNoz4Gt00
生存小田切は小地雷になってそう
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 07:46:39.36 ID:3pnZqjm20

相模晶

元ランダムTOP絵の1つ。
少し猫背になってしまいました(汗
私の中では晶ちゃんのイメージカラーは青なんですが・・・いかがでしょう?
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 07:47:09.37 ID:3pnZqjm20
ちょうどかっちゃんが退場した頃に描いたものですね。
EN1より、左が山峡和哉、右が近原公孝です。
ほのぼのペアです、本編では関わりのなかった2人ですが、お気に入りペアです☆
マウス使ったのでガタガタしてますね;;
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 07:47:56.16 ID:3pnZqjm20
財前永佳

大切な人のために手を汚す永佳。
仕方がないから血に汚れ、楽しんでいるわけじゃない。
そんな永佳をこれからもよろしくお願いします。

  

694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 07:48:26.74 ID:3pnZqjm20
第三班

テーマは「Go Forward!」
走る一行を描きたくて、白羽の矢が立ったのがこの班。
悠希がカメラ目線で、華那が「何?」ってなってます。
自称モテメン、けど周りにはわかってもらえていないの悠希を
アピールできました(笑)
695 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 07:48:57.75 ID:3pnZqjm20

石川昭君&梶谷真途ちゃん

ミバルさんに送りつけちゃいました、だっていっぱいいただいちゃって嬉しかったんだもん!!
身長差カップル(まだくっついてないですが。102話現在)大好きですvvしかもメガネ!!
ミバルさんのオリバトは魅力的な子が多く、話もドキドキして読み始めると止めるのが大変なのです!!
読んだ事ないという方はぜひ☆
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 07:49:37.40 ID:3pnZqjm20
伊藤春壱くん

まりんばさんに送りつけちゃいました、春壱くん!
誕生日が3月2日、サンジと一緒…つまり水金と一緒なのですよ、運☆命!!
本当は春一番が吹いたかのような絵にしたかったということを、後で思い出しました(をい
お返しに喬ちゃんを頂いちゃいました、多謝☆
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 07:50:15.74 ID:3pnZqjm20

葉月千くん、深山清実くん、大和大輝くん

ナオちゃんのサイト3周年に贈らせていただいたイラスト。
もう大好きなんですが千くんキヨくん大輝くんっ!!
喧嘩の後にコーラを持ってきたキヨくん、でもしみるよね、的な絵です。
おめでとうございました☆

 
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 07:54:33.19 ID:3pnZqjm20
こんにちは、私です。

既に溶けそうな暑さですね。
北海道の方では今世紀もっとも暑いとか…
かたや九州や愛知ではとんでもない大雨が降っていたりとか。
この夏、無事に終わるのでしょうか…という心配。

私は仕事の山が一つ落ち着きまして…いやまだ後始末的なことは山積みなんですけどね。
肩の荷が少し降りた感じです。
でもその肩には新しいのがどんどん乗っかってきてるんですけどね(苦笑)
でもまぁ働きます、がんばります。
そして頑張って得た収入は、この夏うたプリに消えることでしょう(笑)
いやもうイベントだらけだしゲームも出るし…PSvita買わないと。
せっかくならゲーム機とセットとかでないかな…

8月になると休みの日にイベントだらけになるのでなかなかパソコンに向かう暇もないので、
今のうちに頑張ってみました。
にせほし、名簿女子半分更新しました!
次で残り全部いきたいとおもいます。

では★
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 07:55:17.09 ID:3pnZqjm20
こんばんは、私です。

まさかの、2017年が半分終わってしまいました…マジかよ…

今月は仕事がシフト的な意味では山場があるので体調をキープしたいものです。
といいつつ、最近あまりよくはないのですが。
鼻水止まらん…

夏アニメが始まりますね。
なんといっても最遊記…!!
もう…めっちゃ好き…!!
来週から始まるのでとても楽しみにしております!
なんか予告を見て悟空にあざとさを感じるのは、ほっしーが年を取ったからなの…?(笑)

家にいると暑くて辛くなる季節になりましたが、なんとか生き抜きたいと思います。
いつか家で熱中症で死ぬ気がする…クーラーが部屋にないもので…

↓↓更新裏側↓↓
偽りの守護星
名簿詳細公開(男子6番〜10番)
男子ようやく半分!
手元の絵はもう少し進んでいるのですが。

少しずつ、前に進んでいます。
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 08:24:58.47 ID:3pnZqjm20
new Loading…………物語ヲ構成シマス………。


東雲幸司シノノメコウジ
神座高校の新入生。これと言った取り柄のない極平凡な男子高校生。白銀中学校出身。小学校時代でも中学校時代でもいじめを受けていたいじめられっ子。いじめっ子と不良とヤンキーが苦手。自宅からやや遠い神座高校を選んだのはいじめがなさそうだから。へたれ。入学初日に不良娘と一波乱有り・・・

沢城陽菜サワシロヒナ
神座高校の新入生。市内で有名な元古手川中学校の不良。とにかく面倒くさいことは暴力で解決しようとする。母親が元ヤンだってのでその影響を受けて不良に。元は黒髪だったが、染めて金髪に近い茶髪にタレントのように整った顔。然しながら、外見性格等不良なのだが少女マンガの様な出来事に微かながらきゅんとしてしまうという乙女な一面もある。

叶芽亜カナメメア
幸司の幼馴染み。運動神経抜群で成績優秀、容姿端麗という三拍子を持つ幸司には勿体ないほどの超人幼馴染み。然し何処か抜けている。幸司と同様白銀中学校出身。学年主席入学なので授業料免除。幸司がいじめられていることを知らなかったが・・・。
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 08:28:09.20 ID:3pnZqjm20
推しアイドル3人の好きな作画カード選んでみた結果みんなチェンジ前のアイドル感0のやつになった
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 10:16:27.91 ID:3pnZqjm20
一応、Twitterもやってます→http://twitter.com/shinogu1009 コドモノアソビを現在実況中です。
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 11:32:20.20 ID:Ek0R0cFiO
588: omochi ◆/Pbzx9FKd2 [sage]
>>586
うん、>>1も、このスレはいまいち面白くない… 何か臨場感やら、各キャラの背景やら勢いやら… どこかしらうすっぺらい感じがして、なんとかなんねーかなと思ってる。

どこをどうすればもっと面白く出来るか考えてるんだけど、正直行き詰ってます。

もし良かったら、足りないと感じる部分や、なんか良くないとことか… あと最高に面白いと思う闘牌SSなんかを、教えてもらえると嬉しい。

気を悪くさせたことは謝るので、マジでお願いします。 
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 15:45:07.45 ID:3pnZqjm20

ADGI<初登場:002話>
 1990年代後期より勢力を拡大していた反政府抵抗組織。初期の頃は政府関連機関にテロ攻撃を仕掛けたりと猛威を奮っていたが、2000年代後期から大規模な反撃作戦に出た政府に圧され、現在は壊滅に近い状態にある。
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 16:45:15.25 ID:3pnZqjm20
都小金井市立椿中学校
3年3組クラス名簿

 

名前をクリックすると設定・ネタバレが読めます。
(現在、男女1番〜10番のみ)

Now Remaining Students→■

男子1番 今宮朋哉
(いまみや・ともや) 女子1番・英賀保光里
(あがほ・ひかり)
男子2番 唐崎麻人
(からさき・あさと) 女子2番 芦原蓉子
(あしはら・ようこ)
男子3番 岸部寛明
(きしべ・ひろあき) 女子3番 魚住美咲
(うおずみ・みさき)
男子4番 郡山一海
(こおりやま・かずみ) 女子4番 小野くるみ
(おの・くるみ)
男子5番 塩屋凌
(しおや・りょう) 女子5番 桂川藍子
(かつらがわ・あいこ)
男子6番 新庄英也
(しんじょう・ひでや) 女子6番 草津珠緒
(くさつ・たまお)
男子7番 瀬田陽一郎
(せた・よういちろう) 女子7番 桜井栞
(さくらい・しおり)
男子8番 鷹取宏直
(たかとり・ひろなお) 女子8番 隅田映美子
(すみだ・えみこ)
男子9番 立花新太
(たちばな・しんた) 女子9番 園部泉美
(そのべ・いずみ)
男子10番 竜野基
(たつの・もとい) 女子10番 高月柳
(たかつき・やなぎ)
男子11番 敦賀広斗
(つるが・ひろと) 女子11番 土山小百合
(つちやま・さゆり)
男子12番 長滝玲汰
(ながたき・れいた) 女子12番 虎姫智鳥
(とらひめ・ちどり)
男子13番 能登川丈也
(のとがわ・たけや) 女子13番 生瀬理代
(なまぜ・りよ)
男子14番 土師忠昭
(はじ・ただあき) 女子14番 西大路麻実
(にしおおじ・まみ)
男子15番 疋田晃平
(ひきた・こうへい) 女子15番 日岡亮子
(ひおか・りょうこ)
男子16番 三雲大樹
(みくも・だいき) 女子16番 船戸志信
(ふなと・しのぶ)
男子17番 森ノ宮岬希
(もりのみや・みさき) 女子17番 蓬来江里花
(ほうらい・えりか)
男子18番 野洲謙介
(やす・けんすけ) 女子18番 三輪茜
(みわ・あかね)
男子19番 山田誓一
(やまだ・せいいち) 女子19番 桃山那々子
(ももやま・ななこ)
男子20番 吉富将治
(よしとみ・まさはる) 女子20番 山科乃梨絵
(やましな・のりえ)
以上40名
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 16:45:51.26 ID:3pnZqjm20
男子一番 今宮朋哉(いまみや・ともや)

身長 175cm
体重 64kg
誕生日 2月14日(水瓶座)
血液型 A
部活動 サッカー部(部長)
友人 岸部寛明
新庄英也
瀬田陽一郎
立花新太
長滝玲汰
能登川丈也
土師忠昭
山田誓一
(男子主流派グループ)
愛称 朋哉、朋、王子
出身小 水仙小学校
家族 父・母・妹
能力値
知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★★★★

★★★★★

★★★★★

★★★★★

★★★☆☆

★★★★★
誰に対しても平等に優しく接する様と、文武両道で頼れるところから、人望は厚い。
端正な顔立ちといつも爽やかな笑顔を浮かべる様から”王子”と呼ばれることもある。
同級生・下級生問わずに女子からの人気が非常に高い。
岸部寛明とは、幼稚園に通っていた頃からの幼馴染。
男子委員長。

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器: No Data
kill: No Data
killed: No Data
死亡話数: No Data
凶器: No Data
 
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 16:46:32.94 ID:3pnZqjm20
男子二番 唐崎麻人(からさき・あさと)

身長 156cm
体重 45kg
誕生日 6月19日(双子座)
血液型 AB
部活動 バドミントン部
友人 塩屋凌
竜野基
(幼馴染トリオ)
愛称 麻人、唐ちゃん、
麻ちゃん
出身小 山吹小学校
家族 父・母
能力値
知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★★★☆

★★★☆☆

★★★★★

★★★★★

★★☆☆☆

★★★★★
常に無表情で感情を表に出さない。涼やかな声で時にはキツいことをはっきりと言うので、
周りからは冷たい人と思われがち。
女子に間違えられるような顔立ちをしており、過去には容姿をからかわれていた。
広く浅い付き合いを好まず、幼馴染である塩屋凌と竜野基以外とは喋ることがあまりない。

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器: No Data
kill: No Data
killed: No Data
死亡話数: No Data
凶器: No Data
 
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 16:48:20.87 ID:3pnZqjm20
 ぼん、と城廻由紀子の首輪が爆炎と共に弾け飛ぶ。
教室の隅に、ごろりと由紀子の頭部が転がった。
頭を失くした由紀子の胴体が、ふらりと竜胆ヒュウの身体になだれ込む。
首から鮮血を垂れ流すそれを、ヒュウは呆然としながらただただ受け止めた。
絶叫が、教室のあちこちから上がった。
ヒュウにとっては、その声のどれもが遠い世界の出来事のようだったけれど。


女子14番・城廻由紀子 死亡

【残り49人】
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 17:28:42.22 ID:iGwkwUjDO
背の高さは

男子 射和>藤山>小田切>千里山>守矢>鈴木>糸長>菊名>板東

女子 江野森>クロエ>夜桜>神名>黒城>黒崎>福島

の順に漠然と考えていたけど、なぜか胸の大きさはクロエと神名は大きくて他の四人は平均以下か貧乳と考えてしまっていた


自作かキャラ作成かについては>>1の自作キャラがどういうキャラなのか詳しく分からないから何とも言えないけど、キャラ作成で作ったキャラがその自作キャラより魅力的になるか分からないし難しい
710 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 18:54:16.66 ID:x9foBHBmO

――『どこかの宮殿』――


……つまらない。早く終わればいいのに

豪奢な宮殿のその一室。私は、この国で重役を担う父と母からの叱責……

要するに、お説教を受けていた

伯爵『―――。大臣の前で粗相はしていないだろうね?』

『勿論ですわ。お父様』

婦人『―――。私達は貴女の為を思っているの。心配をかけさせないで』

『申し訳ありません。お母様』

伯爵『さて、それでは私達は戻るが……』

婦人『決して勉学を怠ってはなりませぬよ。それが貴女の為ですから』

『…………わかりました』

言いたいことは言った。と言わんばかりに身を翻し、つかつかと部屋から去っていく二人

そんな二人に冷ややかな視線を浴びせ、私はやりかけていた書物の清書を開始する事にした

711 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 18:55:43.86 ID:x9foBHBmO










【Chapter0】
  これが私の歩く盤









712 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 18:56:24.44 ID:x9foBHBmO

家庭教師『……おお、素晴らしい! お嬢様、本日も満点にてございます!』

『そう』

あまりにも当たり前の事を言う家庭教師に、ついそっけなく返してしまう

だって当然だ。私は毎日毎日外に出ず、机に向かって勉強しているんだから

これで一つでも間違いがあれば……全てが無駄になってしまうのだから

『……ねえ、どうして私は勉強をしなくてはならないの?』

『私と同い年の子は、皆友人と遊んだりボーイフレンドなんかを作ったりしているのよ?』

家庭教師『ふうむ…それは答えを出すのが難しい質問ですな。お嬢様』

家庭教師『まず、お嬢様のご両親は、貴女様を後継者に相応しい様になって欲しいのですよ』

『それがどうして、遊んではいけないという事になるのかしら?』

家庭教師『人間とは少しでも緩みがあると途端に駄目になってしまいます』

家庭教師『お嬢様は、ご両親に従っていれば幸せになれるのですよ』

『……そう。わかったわ』

嘘。本当は理解なんてしたくない

私は貴方達の人形じゃない……そんな一言すら、私には話すことが出来なかった

713 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 18:57:12.85 ID:x9foBHBmO

そして、そんな疑問を抱いて数ヵ月後、私に転機が訪れた

伯爵『……―――。すまないが、お前にはしばらく日本へ行ってもらう』

婦人『ごめんなさい…本当は貴女と一緒にいたかったけど、今この国は危険なの』

伯爵『……くそっ、忌々しい武器商人め。ヤツの兵器で我が国は未曾有の危機だ』

婦人『それに、あの雇った腕利きの守衛も恐れを成して逃げ出したそうですし』

伯爵『…とにかく、しばらくは安全が確保されている日本に滞在していてくれ』

伯爵『安心してくれ、決して不自由はしないよう手配しているからな』

唐突に決まったニホンという国への滞在

それは、決して喜ばしい事ではなく、寧ろ悪い出来事なのだけれど…

それでも、私にはこの二人から離れられるというだけでも心が踊る出来事だった


714 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 18:58:00.35 ID:x9foBHBmO

『……ここが、ニホン?』

空港から降りて、ホテルでチェックインを済ませた私は、まずこの未知の国の調査から始める事にした

『色んな服がいっぱい…この服どうやって着るのかしら』

『これがSUSI…生魚を食べるなんて、私の国じゃあ考えられないわね』

『……くうるじゃぱん? 何かしら……』

結論から言ってしまうと、私はこの国がとても楽しいものだと感じられた

私がこの手の娯楽に一切触れてこなかったのもあるけど……それでも、この国に来れて良かった

そう、心から感じる事が出来たんだ


715 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 18:58:29.68 ID:x9foBHBmO

『……ふぅ、くたびれちゃった』

結局、この日はニホンの町を遊ぶだけ遊んじゃったわね……

お父様から言われていた勉強も、今日はもうくたびれてやりたくないわ……

取り合えず荷物を片そうと、バッグから適当に物を広げていくと……

『…これは、ボードゲームかしら?』

細々とした駒と大きな盤…これはチェス?

お父様は、これで暇でも潰していろという事なのかしら……

『……誰もいないのに、暇なんて潰せるワケないじゃない』

私はチェスを部屋の隅に置いて、遊び疲れた分深い眠りについていった………

716 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 18:59:17.01 ID:x9foBHBmO

伯爵『全く……どうしてお前は私達の期待に答えてくれないんだ?』

婦人『ねえ、失望させないで。貴女の人生は貴女だけのものじゃないの』

『…………! ああああっ!!』

『はあ、はあっ……! 夢…………?』

…………嫌な夢だ。どうやら、あの両親からは国から離れても逃げられないらしい

『…………寝ましょう』

顔を洗い直して、もう一度ベッドに戻ろうとした時、それは私の目に入ってきた

それは、私が邪魔だからと部屋の隅に追いやった……

『……少し、遊んでからでもいいわよね』

ごちゃごちゃになった駒をかき集めて、盤を机の上に置いて、駒を正しい様に配置して……

717 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 19:00:06.21 ID:x9foBHBmO

『…………チェックメイト』

一人で駒を動かして遊ぶ……思っていたより虚しいわね

でも、手と頭を使ったからか、なんとなく気は紛れたみたい

もう一回やってみようかな。そう思って駒を並べ直して……

ふと、気づいた

『……私もこの駒も、何が違うの?』

誰かの指す手で動き、目の前の出来事に何も考えずに対処する

指し手は当然、それが最良の手だと、それが正しいと信じている……

それは、私の今までと何が違うの……?


718 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 19:00:50.82 ID:x9foBHBmO

それから、私はこのゲームにのめり込んでいった

この動かし動かされる駒に、何故か親近感が沸いていった

盤上で誰かに動かされ続ける駒が…何故か私の姿と重なって見えたんだ

勿論両親は反対した。家の後継者となるお前が、ゲームに現を抜かすなって

だから、帰国した私は両親に認めて貰うために様々な大会に出場する事にした

勝って勝って勝ち続けていれば実績になるし…結果さえ出せれば両親も文句は言えなくなる

私は何度も何度も戦い続けた。誰の為でもない私の戦いは、今までの日々よりも楽しかった

これは現実逃避かもしれない。ただの遊びかもしれないけど……

それでも、私はこのゲームが自分と似てるから……大好きになっていったんだ

719 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 19:01:30.92 ID:x9foBHBmO

そんな日々を送っていると、私の元に一通の手紙が届いた

『お父様。希望ヶ峰学園からお手紙が』

伯爵『やれやれ…私は超高校級の令嬢として呼ばれて欲しかったがね』

婦人『いいではないですか。例えどんな才能でも、娘が超高校級として認められたのですから』

…私が超高校級として認められた事。それは私がこの家から離れられる事を意味していた

……私は変われたんだ。前に進むだけの歩兵から、何処でも自由に飛べる女へ!



720 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 19:01:59.99 ID:x9foBHBmO

――『私立 希望ヶ峰学園』――

『……大きいわね…………』

インターネットで調べたここは、写真で見るよりも遥かに大きかった

それこそ、私の家である、あの宮殿すら簡単に凌ぐと思ってしまうほどに

『とにかく、私も早く教室に行くとしましょうか』

校舎内を案内され、教室の中へ入ると既に何名かの生徒……私と同じ、超高校級の生徒達がいた

千里山「ヌ、貴様もワシのクラスメイトとなる者かアァッ!!」

クロエ「……………………」

糸長「ん? ハロー! ナイストゥーミートゥー!」

福島「みーとぅー!」

鈴木「は、はは…初めまして。僕も君と同じ希望ヶ峰学園の新入生だよ」

鈴木「…それにしても、失礼だが随分と奇抜な格好をしているんだな」

721 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 19:02:46.29 ID:x9foBHBmO

…? おかしい?

ニホンの伝統的な衣装である着物がおかしいなんて…帯が妙な結び方になっていたかしら?

それとも、この髪型? ニホンでは決意を固めるときには断髪式を行うと聞いたから短くしたけど…

…もしかして、似合っていなかった?

鈴木「あ、いや、そうじゃなくて…」

千里山「おんし、見たところ西洋人じゃろう? 何故日本人風の姿をしておるんじゃア」

福島「才能がー茶道部とかー?」

糸長「海外では日本のお茶も人気らしいしねぇ! もしかしたら、いやもしかするかも!?」

…なんだかよくわからないけど、自己紹介した方が良さそうね

『ごめんなさい。私の名前は…』

鈴木「え、英語か? 千里山くん。翻訳を頼めるだろうか…」

千里山「任せておけェェェッ!」

…いや、日本語で挨拶した方が良さそうね

私の名前…ニホンに合わせた名前を…

ニホンに来る前に取り寄せた、らのべとあにめで勉強した日本語で…!

722 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 19:03:29.87 ID:x9foBHBmO





「…いや、失礼したの。妾は日本語を話すことは出来るのじゃ」

糸長「おっ! 日本語上手い、ね…?」

福島「…あれー?」

「汝ら、よくぞ妾の才能を聞いてくれたの! 妾の才能と名前を、汝らに教えてしんぜよう!」

千里山「ン? んン??」

鈴木「き、君、その言葉使いは……」

黒崎「妾の名前は黒崎月子! これからよろしく頼むのじゃ!」

黒崎「才能は…『超高校級のちぇすぷれいやぁ』なのじゃ!」






【END】

723 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/17(月) 19:04:07.87 ID:x9foBHBmO

黒崎さんの過去編でした。

今後はこういった本編で出したかったけど出せなかった設定をぽつぽつと書いていきたいなと思います

>>709自作キャラを魅力的に書けるか。それは自分の頑張り次第ですね…

ただ、名前は割と安直な感じになってるかな? とは思います

流石に安直にし過ぎたという理由で没にしたキャラは、一例を出すとこんな感じです

【超高校級の釣り師】大木 望(オオキ ノゾム)

本決まりキャラクターはここまで安直ではありませんけど…

724 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 19:46:40.98 ID:iGwkwUjDO
過去編乙

名前については寧ろ分かりやすい方が覚えやすくて良いと思います
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 20:12:37.14 ID:ebjX/AtK0
34話(世界を変える者たち)には、淳一視点の話も存在します。最初は淳一視点にしようと思ってたんですが、亮介視点の方がいいんじゃないかと迷った結果、両方書いてから決めることにしたので。機会があれば、淳一視点の方も何かで公開したいなと思います。
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 20:14:25.39 ID:ebjX/AtK0
更新:93話(罪と罰)

一連の流れは、ここで終わりです。
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 20:25:17.00 ID:ZbDGnue6O
名前は地名やら駅名からなら結構良いのありますよ。
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 22:22:24.39 ID:TzXw5tfpo
乙でした
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 06:54:25.89 ID:7LkeCTEl0
あくまでも想像であり、声優の声をイメージしながら考えました。

藤森歩 ― 日高のり子

淀川星志 ― 真殿光昭

伊月弥琴 ― 内田真礼

古賀光成 ― 立花慎之介

氷室ニコ ― 井口裕香

六道斎司 ― 梶裕貴

神楽舞子 ― 尾崎由香

出雲かすみ ― 橘田いずみ

土屋晃 ― 逢坂良太

逢坂美鈴 ― 喜[スペランカー]英梨

大曽根成海 ― 新田恵海

佐久間ケーゴ ― 阪口大助

轟木或真 ― 大原さやか

瑞田マリン ― 佐倉綾音

[禁則事項です]一臣 ― 関智一

モノドラ ― TARAKO
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 06:55:51.14 ID:7LkeCTEl0


もし、このキャラクターには、この声優さんの声があってると他に考えた場合は、ぜひコメントをください。

それでは、これで!
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 06:56:37.48 ID:7LkeCTEl0
男子三番 岸部寛明(きしべ・ひろあき)

身長 165cm
体重 51kg
誕生日 5月5日(牡牛座)
血液型 A
部活動 サッカー部
友人 今宮朋哉
新庄英也
瀬田陽一郎
立花新太
長滝玲汰
能登川丈也
土師忠昭
山田誓一
(男子主流派グループ)
愛称 寛明、ヒロ、キッシー
出身小 水仙小学校
家族 祖母・父・母・弟・弟
能力値
知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★★☆☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★★

★☆☆☆☆

★★★★☆
目つきは鋭いが、飄々とした態度と気だるげな口調をしている。
物事に動じることが少なく、サッカー部では部長である今宮朋哉を試合内外でサポートする。
争い事や揉め事は好まず、火の粉の降りかからないところに逃げる。
朋哉とは、幼稚園に通っていた頃からの幼馴染。
小学生の時に通っていた塾で同じクラスだった西大路麻美に恋心を抱いている。

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器: No Data
kill: No Data
killed: No Data
死亡話数: No Data
凶器: No Data
 
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 07:00:09.14 ID:7LkeCTEl0
男子15番・九十九善 死亡
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 07:01:57.75 ID:7LkeCTEl0
男子23番・竜胆ヒュウ死亡

【残り47人】
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 07:36:22.43 ID:7LkeCTEl0

「犯人はあなただよね?【超高校級の美化委員】の真白優花さん。」

私は、まっすぐ優花に指をさす。

「……あたいが犯人だって言うなら、証拠を出しなよ。もっと、揺るぎない証拠。だって、今のは全部憶測でしょ?絶対的な証拠なんて、ないでしょ?」

半ば諦めているのか、彼女の声には覇気がなかった。しかし、素直には認められない、と言いたげに私にそう訴えてきた。

……なら、認めてもらおう。そして、こんな学級裁判を終わりにしよう。

「……犯人じゃないって言うなら、高峰君に手当てしてもらった頭の怪我、見せてくれないかな?『犯人に後ろから殴られた』って言うなら、当然『頭の後ろ』に怪我があるはずだよね。」
「…………なるほどね。」

優花は、黙って、ゆっくりと、自分の頭に巻かれた包帯を外す。

「降参だよ。」

彼女の”額”には、痛々しい傷痕が残っていた。



【学級裁判閉廷】
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 07:37:40.20 ID:7LkeCTEl0

【クライマックス推理】

Act.1『事件の発端は、今回の動機である『24時間以内に誰かを殺害しなければ、裏切者に殺される』という1通のメール。けれど、皆より一足先にメールを受け取っていた三守公は、裏切者の育村駿河の手によって殺害されそうになる。しかし、秋道杏奈が保健室を訪れたことにより、育村駿河の計画は失敗に終わる。』

Act.2『そこで、育村駿河は凶器として持っていた包丁を食堂に返しに行ったところ、朝食当番であった『犯人』に見つかってしまう。彼は口封じに『犯人』を殺害しようとするも、返り討ちにあい殺されてしまう。その後『犯人』は服についた血などを落としに部屋に戻る。』

Act.3『しかしこの後、死体を偶然発見した高峰泉によって偽装工作が行われる。まず高峰泉は、死体を氷と一緒にランドリーに運び、エアコンを最低温度にして死体を冷やす。そして、偽のダイイングメッセージ等の偽装工作が行われた。それによって今回の事件はより複雑なものになった。』

Act.4『一方、『犯人』は事件の痕跡を消すために食堂に戻った。しかし、死体が亡くなったことに困惑していると、そこに偶然秋道杏奈が通りかかった。『犯人』は、咄嗟に床に頭を打ち付け、自分が何者かに襲われた被害者の様にふるまった。』

Act.5『食堂にあったダイイングメッセージを解読してしまった秋道杏奈は、『犯人』を庇うために包丁で傷を増やすことによりダイイングメッセージの存在を消そうとする。しかし、そこに硯剛塊が来てしまい、秋道杏奈は犯人として疑われることになる。それとほぼ同時に、海神太助と舞黒雷華が育村駿河の死体を発見。3人以上が死体を発見する、という条件を満たしたことにより死体発見アナウンスが流れた。』

「これが事件の全貌だよ!!」
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 07:39:12.98 ID:7LkeCTEl0

【超高校級の美化委員】
真白 優花(ましろ ゆか)

「掃除も洗濯もあたいにドーンと任せときなっ!」

身長:172cm
体重:52kg
胸囲:89cm
血液型:O
誕生日:9月24日
好き:真っ白なシーツ
嫌い:虫

どんな汚部屋も綺麗にする掃除の申し子。掃除以外も料理や洗濯など家事全般何でもこなせる。
面倒見が良い姐御肌で色んな人から慕われているが、年の近い子に「お母さん」と呼ばれるのは中々複雑らしい。
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 07:40:26.76 ID:7LkeCTEl0

【超高校級の執事】
育村 駿河(いくむら するが)

「お嬢様の前でそのような話題は控えていただきだく存じます」

身長:179cm
体重:67kg
胸囲:85cm
血液型:A
誕生日:8月5日
好き:ブラックコーヒー
嫌い:紅茶

様々な名家で教育係を担当してきた有能な執事。家事使用人としても働いていたので、料理や洗濯等もお手の物である。現在は百津有音の教育係をしている。
主人の前では真面目で礼儀に厳しい少々毒舌な執事だが、主人がいないところでは寝そべってせんべいを食べているなどオンオフの切り替えが激しい。
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 07:44:07.60 ID:7LkeCTEl0
・英賀保光里ちゃん

かわいいいいいい!
何ですか、このちっちゃくて可愛い生き物!
すっごく抱き締めたいんですが!?
頭なでなでしたい……!
ひらすら可愛がりたい……!
とことんダメになるまで甘やかしたい……!
しょっぱなからときめき1000%でした!
クラスで一番ちっちゃいんですね!
かーわいい!
控えめでおとなしい女の子は大好物なので早速ハートキャッチされました!
男の子がすっごく苦手なんですね。
これはプログラムで凶と出る予感……。
とりあえずひかちゃんに鈍くさいとのたまった男子は私の前に出てきてください。
ぶっ飛ばしますので。
生瀬理代ちゃん、西大路麻美ちゃんとは幼馴染なんですね。
西大路麻美ちゃんと言えば岸部寛明くんの想い人。
二人の設定が公開される日もすっごく楽しみにしていますね!
あ、保健委員なんですね!
この子に保健室に連れて行ってもらいたい……看病されたい……なんてよこしまな考えがついつい浮かんでしまいます。
ひかちゃん、大好きです!
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 07:45:47.82 ID:7LkeCTEl0
・芦原蓉子ちゃん

私の好みにはなるんですが大抵が序盤か中盤で退場してしまう女子文化系グループのリーダー格・蓉子ちゃん!
仲間内では明るいって所が可愛いですね!
おとなしそうに見えて、目立たなそうに見えて上昇志向が強い蓉子ちゃん……これは何かをやらかす予感が……。
今のポジションに不満があるんですね。
何でですか!
女子文化系グループって可愛いじゃないですかあ!
ふくよかな体型のおなごキャラは久々に目にした気がします。
食べることは大好きって所でEN1の白鳥里子ちゃんを思い出しました。
虎姫グループは派手っ子の集まりなんですね。
ここら辺が亀裂を生みそうな気が……。
蓉子ちゃん、設定から不穏な空気が漂っていてこの子の行動が何かを変えてしまいそうで怖いです。
風紀委員……と言えば、尚更虎姫グループは嫌いなんだろうなあ……。
この子の言動にびくびくしていこうと思います。
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 08:20:37.95 ID:7LkeCTEl0

 たっくんが、私の手を握ってくれている。
たっくんが、私の傍に居てくれる。
それだけで、ずっと胸を支配していた恐怖心が和らいでいく気がした。
思えば私はずっとたっくんにべったりだ。
昔からそうだったし、今だってそう。
でもこんな状況じゃ、たっくんに頼ってばかりというわけにもいかない。
少しでも支えたい。
誰よりも愛おしいたっくんのことを。
一人はきっと怖いから。
最後まで、傍に居て、話し相手くらいにしかなれないかもしれないけど、たっくんの心を少しでも落ち着かせたい。
そして、最後の最後。
私とたっくんが、二人きりになったら。
――その時は、私は自らこの命を絶とう。
だって、私の全てはたっくんのものだ。
命だって、それは同じ。
たっくんを優勝させる。
それが、私の一番の目的。
私は、たっくんの為に生きて、たっくんの為に死のう。
そんなことを考えながら、私は温かいたっくんの手を握り返した。
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 10:02:32.56 ID:7LkeCTEl0

 小松千沙は、周囲がプログラムの話題でざわめく中、3年D組の教室でひたすら手を組んで祈りを捧げていた。
最愛の幼馴染・安土足の帰還を必死に願って。
冷たくされたこともあった、突き放されたこともあった。
でも、それでも千沙は足が好きだった。
誰よりも愛していた。
それくらい、足と過ごした幼少期の思い出は千沙にとって尊いものだった。
だけど。

「……あづちゃん……?」

 ぽつりと、呟く。
安土足に、自分の名前を呼ばれた気がした。
それが、彼の最期の心の叫びだと言うことを、少女はまだ知らない。
想いが通じ合う日が、もう二度と来ないことも。
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 13:33:46.34 ID:7LkeCTEl0
男子三番 岸部寛明(きしべ・ひろあき)

身長 165cm
体重 51kg
誕生日 5月5日(牡牛座)
血液型 A
部活動 サッカー部
友人 今宮朋哉
新庄英也
瀬田陽一郎
立花新太
長滝玲汰
能登川丈也
土師忠昭
山田誓一
(男子主流派グループ)
愛称 寛明、ヒロ、キッシー
出身小 水仙小学校
家族 祖母・父・母・弟・弟
能力値
知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★★☆☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★★

★☆☆☆☆

★★★★☆
目つきは鋭いが、飄々とした態度と気だるげな口調をしている。
物事に動じることが少なく、サッカー部では部長である今宮朋哉を試合内外でサポートする。
争い事や揉め事は好まず、火の粉の降りかからないところに逃げる。
朋哉とは、幼稚園に通っていた頃からの幼馴染。
小学生の時に通っていた塾で同じクラスだった西大路麻美に恋心を抱いている。

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器: No Data
kill: No Data
killed: No Data
死亡話数: No Data
凶器: No Data
 
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 14:16:29.05 ID:7LkeCTEl0

・園部泉美ちゃん

おや、クールビューティな感じのお嬢さんですね!
いずみん、かっこいいです!
大人っぽくて素敵な女の子ですね!
気が強いと言うことで、ちょっと委縮しそうですが。
剣道部所属とかなんというイケメン。
これは後輩達に憧れられるのも頷けます。
でも近づきがたいって気持ちもわかります。
いじめられた子を庇って嫌がらせを受けてもなお屈しなかった強い女の子……!
この子は活躍してくれそうですね!
出番が今から楽しみです!
あ、誤字を発見しました。
『小野くるみ・隅田映美子は幼稚園から〜』となるはずの部分が『小野くるみ・園部泉美は〜』になっています。
くるみちゃんとえーみちゃんにとっては良いお姉さん的存在なんですね。
かあっこいい!
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 14:18:07.43 ID:7LkeCTEl0
・隅田映美子ちゃん

ツインテ元気女子!
とっても可愛い!
明るく元気な女の子は大好きです!
運動神経抜群なのにおっちょこちょいだなんて可愛すぎやしませんか!?
ビジュアルも中身もどストライクな女の子です!
この子にはぜひとも活躍してほしい!
朋哉くんファンクラブ会員……だと……。
ちょっと朋哉くんツラ貸してくれませんかね。
屋上に来てください、フルボッコにするので。
おのれイケメンめ!!!!(恒例行事)
桃山奈々子ちゃんも朋哉くんファンクラブ会員なんですね。
奈々子ちゃんの設定も今から楽しみです。
くるみちゃん、泉美ちゃんとは幼稚園からの仲。
この三人の友情は崩れないでほしいなあと。
自分の気持ちにまっすぐなえーみちゃん、大好きです!
色々な意味で頑張ってほしい!
ふんわりとパンの香りがする所は癒し。
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 14:25:50.93 ID:7LkeCTEl0
はらさんこんばんは!

和哉×ちとせ、こちらはのんびりマイペースなペアですね!ありがとうございます!
感想の時とかにいただいたところからはちとせがデレるところは想像できなかったのですが…やっぱりあまりデレませんね(笑)

和哉のとんでもなくさりげないカミングアウト、和哉らしいですね!
そりゃあ信友も隼人も食いつきますよね、自分が片想い中なのにまさかの和哉が恋を成就させてるんですからね。

和哉もちとせも感情が読みとりづらいので、この2人の会話はどこかハラハラしますね、恒祐と千世のようなほっこり感があまりない(笑)

バレる時もきっとあっさりバレて、周りは大騒ぎしてるのに中心にいる2人はマイペースなんでしょうね。
お昼寝デートする2人も見てみたいし、周りがお祭り騒ぎしているのを見ている2人も見たいです!

ありがとうございました!
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 19:05:00.49 ID:7LkeCTEl0
女子十六番/総合出席番号二十八番:田串亮子(たぐし りょうこ)

身長:159cm。
一人称:アタシ。
部活動:女子バレーボール部。
愛称:亮子、亮ちゃん。
所属グループ:女子主流派グループ(朝倉まゆり、五十鈴つみき、唐沢衣詩音、小桜杏樹、早乙女ひとみ、城廻由紀、日向斗鞠、黛れんげ、水城ひまり、八坂美桜)
好きな異性:なし?
容姿:茶髪セミロング、そばかす、セーラー服は校則通り着用。

・クラスの女子委員長。
・勝ち気で思ったことはズバズバ口に出す性格。
・常識人で、しばしば突飛な周囲にツッコミを入れている。
・基本的に気丈に振る舞っているが、時に歳相応の脆さも見せる。
・クラスメイトの宇津出腕(男子4番)のことが大嫌いだと公言しており、悪戯ばかりする腕としょっちゅう追いかけっこをしている。
・腕に好意を持たれていることには全く気づいていない。
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/18(火) 20:58:15.19 ID:7LkeCTEl0
男子四番 郡山一海(こおりやま・かずみ)

身長 179cm
体重 69kg
誕生日 11月29日(射手座)
血液型 B
部活動 無所属
友人 鷹取宏直
疋田晃平
吉富将治
(郡山組)
愛称 一海
出身小 椿小学校
家族 父・母・兄
能力値
知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★☆☆☆

★★★★★

★★★★★

★★★★★

★★★★★

★★★★☆
校内外にその名を轟かす不良グループ、郡山組のリーダー。
手が早く言葉も乱暴だが性格はサバサバしているため、話しかけてくるクラスメイトもいる。
喧嘩の腕は地域で最強クラスだが、三雲大樹に負けたことがあるという噂もある。
疋田晃平は幼馴染。
小野くるみとは中学2年生の冬から付き合っており、左手薬指にお揃いのリングをつけている。

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器: No Data
kill: No Data
killed: No Data
死亡話数: No Data
凶器: No Data
 
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/19(水) 03:16:57.30 ID:RD8wXNRD0
俺は再び色条が寝付いたのを確認して、トイレで抜くことにした。

性欲が溜まりに溜まっているのか、俺の逸物はパンパンに腫れ上がっていた。

「くっ…………!」

もう何が何だか分からないが、すぐに興奮が最骨頂に達し、気が付けば俺は精を放っていた。

「――ッ………………ふぅ」

喪失感が押し寄せてくる前に俺はさっさとトイレから出て、煙草を吸って気を紛らわせることにした。

(何やってんだ俺は……)

こんな隔離された建物の中で、1人寂しく自慰行為をすることになるとは思っても無かった。

まあ、一応性欲は発散されたので良しとするが、またこれをすることになるかもしれないと考えると嫌な気持ちになってくる……。

(取りあえず戦闘禁止エリアを探さねぇとな……)

こんなところでは寝ることもできないし、色条に見張りをやらせるのも信用できないだろう。

となると、地図機能拡張のソフトウェアを見つければこの問題は解決する――

(よし……)

俺は立ち上がっていくつかあるダンボール箱の前にたつ――

この部屋にあるダンボール箱の中身を確認して見つかったツールボックスは……
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/19(水) 05:25:54.06 ID:RD8wXNRD0
俺は再び色条が寝付いたのを確認して、トイレで抜くことにした。

性欲が溜まりに溜まっているのか、俺の逸物はパンパンに腫れ上がっていた。

「くっ…………!」

もう何が何だか分からないが、すぐに興奮が最骨頂に達し、気が付けば俺は精を放っていた。

「――ッ………………ふぅ」

喪失感が押し寄せてくる前に俺はさっさとトイレから出て、煙草を吸って気を紛らわせることにした。

(何やってんだ俺は……)

こんな隔離された建物の中で、1人寂しく自慰行為をすることになるとは思っても無かった。

まあ、一応性欲は発散されたので良しとするが、またこれをすることになるかもしれないと考えると嫌な気持ちになってくる……。

(取りあえず戦闘禁止エリアを探さねぇとな……)

こんなところでは寝ることもできないし、色条に見張りをやらせるのも信用できないだろう。

となると、地図機能拡張のソフトウェアを見つければこの問題は解決する――

(よし……)

俺は立ち上がっていくつかあるダンボール箱の前にたつ――

この部屋にあるダンボール箱の中身を確認して見つかったツールボックスは……
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/19(水) 05:26:20.84 ID:RD8wXNRD0

 目の前に、七咲六花が倒れている。
頭から血を垂れ流し、虚ろな目をしながら。
僕が、殺した。
だけど、胸は全く痛まない。
僕が生き残る為には必要な犠牲だった。
悪く思わないでほしい。
それにしてもこのマシンガンは当たり武器だった。
これさえあれば、僕は無傷で家に帰れるかもしれない。
しゃがみこんで、七咲のデイパックを漁る。
支給武器らしいものは出てこない。
ふと、七咲が手にしていた熊のぬいぐるみが視界に入った。

「チッ……ハズレ武器かよ」

 思わず舌打ちをしてしまい、食料と水だけ奪い取ってボクは屋上を去ろうとし、一度だけ振り返った。
七咲の傍には、田串亮子の遺体が転がっている。
馬鹿な女。
そんな説得、通用するわけがない。
やる気のやつに居場所を教えるようなものだ。
実際、やる気のやつに見つかって殺されたんだろう。
ほんと、友情ゴッコとかくだらない。
ここでは、自分以外全員敵なのに。
僕は、僕しか信じない。
生き残る為なら何だってやってやる――。
そう心の中で唱えて、僕は少し重くなったデイパックを背負って階段を降りて行った。

男子16番・七咲六花 死亡
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/19(水) 10:14:55.67 ID:RD8wXNRD0
男子十八番 横山圭(よこやま・けい)

  身長 169cm
体重 54kg
誕生日 7月1日
血液型 B
部活動 サッカー部
友人 宍貝雄大
原裕一郎
(体育会系グループ)
愛称 圭・圭ちゃん
出身小 帝東学院初等部
親の
職業 公務員(父)
パート(母)
能力値
知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★★☆☆☆

★★★★★

★★★★★

★★★★★

★★☆☆☆

★★★★☆
いつでも元気一杯で、グループ関係なく誰とでも話をする。
考える前に行動してしまう猪突猛進型で落ち着きがない。
原裕一郎とは部活で同じポジションを争ったライバル同士で今も喧嘩が絶えないが、その実力は認めているため一緒にいる。
阪本遼子とは初等部の頃からずっと同じクラスの腐れ縁。
平野南海とは家が近く、遼子も入れて3人でたまに寄り道することもある仲。
昔は上野原咲良に想いを寄せていたが、今は諦めている。

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

 チーム: 9班
支給武器: NO DETA
kill: なし
killed: 室町古都美(女子十八番)
死亡話数: 第16話
凶器: グロック19
 
眼前で田中顕昌(男子十一番)の死を見て呆然自失の平野南海(女子十四番)を支えながら教室を出発。原裕一郎(男子十三番)の提案で落ち着ける場所で隠れようということになった矢先、突如室町古都美(女子十八番)に撃たれる。その後狙われた南海を庇い再び被弾し失血死。後事を裕一郎に託した<15・16話>


チーム対抗戦なのにあえて内乱から始めてみました、そしてその犠牲者。
古都美があんな行動に出なければ9班は圭と裕一郎で上手く回ったんだろうなぁと思うんですが、こんなことになってしまいました。
裕一郎との小競り合いとかもっと書きたかったなぁ…
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/20(木) 12:44:49.93 ID:hPXrF6Fg0
女子十四番/総合出席番号二十四番:城廻由紀(しろめぐり ゆき)

支給武器:出発前に死亡した為になし。
被害者:なし。
加害者:井吹遊馬(担当教官)
凶器:首輪。

最初の犠牲者でした。
プロローグがやたら多いのは誰が主人公なのか、誰がヒロインなのか悟らせない為だったのですが、由紀もミスリードの一環……になっていたらいいなあ。
男勝りで気が強くって、気が合うヒュウとは両想いだったけれど何も伝えられなかった女の子。
最初に退場、ということで特にモデルとかはいません。
もっとヒュウと絡ませたかったな……。
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/20(木) 12:45:46.11 ID:hPXrF6Fg0
男子十五番/総合出席番号三十一番:九十九善(つくも ぜん)

支給武器:チェーンソー。
被害者:なし。
加害者:巴棚歌(女子17番)
凶器:チェーンソー。

結構エグい最期になってしまった善。
本人はいいことなんて一つもなかった、と零してますがクラスでは彼なりに楽しい日々を過ごしていました。
気づいていなかっただけで。
モデルは干支乃明久小学校放課後少年探偵団の茶ノ木紡くんです。
紡くん大好きだから、善も幸せにしたかった……!
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/20(木) 12:46:17.29 ID:hPXrF6Fg0
男子二十三番/総合出席番号四十八番:竜胆ヒュウ(りんどう ひゅう)

支給武器:サッカーボール。
被害者:なし。
加害者:佐藤譲(男子9番)
凶器:鎌。

由紀とセットで作ったキャラなので、彼もモデルがいません。
もっとかっこつけてる所とか、由紀を意識する姿とか書きたかったなあ……と。
一番最初に由紀を失って、復讐鬼となるか、それとも……と思わせておいて即退場、と言う形になってしまいました。
足と七色にとっては大事な親友です。
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/20(木) 12:47:01.98 ID:hPXrF6Fg0
男子一番/総合出席番号三番:安土足(あづち そく)

支給武器:花火セット。
被害者:なし。
加害者:奏間花火(女子15番)
凶器:短刀。

由紀に憧れているフリをして、素直になれないだけで誰よりも幼馴染の千沙を想っていました。
モデルは『スーパーダンガンロンパ2』の左右田和一くんです。
由紀をアネゴ! と呼び慕っている姿は左右田→ソニアさんの様子を思い浮かべてくれればと。
結構気に入っている生徒なのですが、花火の行動方針を示す為に早くも退場者となりました。
悪友トリオはヒュウといい、幸が薄い……!
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/20(木) 12:47:30.24 ID:hPXrF6Fg0
女子十六番/総合出席番号二十八番:田串亮子(たぐし りょうこ)

支給武器:メガホン。
被害者:なし。
加害者:宇津出腕(男子4番)
凶器:斧。

腕との関係について、創作仲間さんに『こんな形で成就するのは初めて見た』と言われた亮子です。
腕とは平和時空だったら紆余曲折ありつつもずっと一緒にいたと思います。
腕のことを特別に想っていて、腕にとっても特別な存在でした。
モデルは『スーパーダンガンロンパ2』の小泉真昼ちゃんです。
お前ロンパ好きだな!
左右田も真昼ちゃんも大好きなので幸せにしたかったのにどちらも早期退場……悲しい……。
757 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/20(木) 12:56:15.08 ID:hPXrF6Fg0

・男子十六番/総合出席番号三十三番:七咲六花(ななさき りっか)

支給武器:熊のぬいぐるみ。
被害者:なし。
加害者:胡桃沢嘉音(男子7番)
凶器:イングラムM11。

はらからは男の娘が大好きなのでついつい登場させてしまいましたが、優しく友達想いな子はそんなに長く生き残れない法則が発動してこんな早期退場に……。
もっと友達とのアレコレを考えたり掘り下げをしたい子でした。
モデルはVitaminXの風門寺悟郎くんです。
日常のきゃぴきゃぴっぷりはあんな感じを想像してもらえたらと。
幸せにしたかった!!
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/20(木) 15:09:24.28 ID:hPXrF6Fg0
中村優(ナカムラスグル)

特記:超高校級の聖職者
身長:142p
体重:39s
胸囲:68p
誕生日:12/25
誕生花:青薔薇
一人称:僕
二人称:男女共に名字+さん
イメージCV:藤村歩
赤子の頃に神父の養父に拾われ教会で養父の手伝いをしながら育った少年。
小柄でか弱い雰囲気だが心の内には芯の強さを秘めている。
育ちが影響してるかは不明だが少々天然で世間知らずな所がある。 中学生はおろか小学生と間違えられる事も屡々。
又仲間からはアコちゃんと呼ばれる事が多く名前で呼んでもらえないのが密かな悩み。首から下げているペンダントは赤子の頃から既に着けていた。
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/20(木) 19:21:19.37 ID:hPXrF6Fg0
男子8番・坂本右月 死亡
女子11番・坂本左月 死亡
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/20(木) 20:09:41.08 ID:hPXrF6Fg0
昌美
真央
真菜

里子
まどか
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 00:07:16.59 ID:9c/Q6Q1Y0
結果発表
大賞(1名):該当作品なし
100万円+comico公式作品として連載+書籍化

準大賞(1名):該当作品なし
30万円

入選(最大5名):下記2作品
10万円


如月バーーーローー
モリス



【あらすじ】
同級生の森巣良は、イケメンで優しい、クラスの中心にいる生徒だ。だけど彼には裏の顔があり……正体は腹黒毒舌名探偵だった。
悪意に立ち向かう高校生探偵物語。
森巣、君はいいやつなのか? 悪いやつなのか?
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 00:08:38.41 ID:9c/Q6Q1Y0
一方で、落選した作品の中には、「この小説を通して何を伝えたいのか」というテーマ性が自分の中で定まっていないにもかかわらず書き始めてしまったような作品、 書きたいシチュエーションに拘りすぎて、肝心のキャラクター性がちぐはぐになった作品、といった、 書き始める前の事前準備が実は足りていないのではないかと思われる作品が多々見受けられました。
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 02:49:54.73 ID:9c/Q6Q1Y0
愛媛県山之江市立山之江東中学3年2組クラス名簿

担任  川渕源一(かわぶち げんいち)

男子 女子
1 石本 竜太郎 (いしもと りゅうたろう)       .    1 浅井   里江 (あさい  りえ)
2 大槻 貴之 (おおつき  たかゆき) 2 伊佐治 美湖 (いさじ  よしこ)
3 長内 章仁 (おさない  あきひと) 3 梅田   美也子 (うめだ  みやこ)
4 梶田 広幸 (かじた   ひろゆき) 4 大薗   規子 (おおぞの のりこ)
5 河野 猛 (かわの  たけし) 5 尾崎   奈々 (おざき  なな)
6 黒野 紀広 (くろの   のりひろ) 6 川越   あゆみ (かわごえ あゆみ)
7 城川 亮 (しろかわ  あきら) 7 木原   涼子 (きはら  りょうこ)
8 堂浦 修 (どううら  おさむ) 8 久保田 智子 (くぼた  ともこ)
9 登内 陽介 (とのうち  ようすけ) 9 坂持   美咲 (さかもち みさき)
10 富崎 勝利 (とみさき  かつとし) 10 佐々木 はる奈 (ささき   はるな)
11 中上 勇一 (なかがみ ゆういち) 11 塩沢   冴子 (しおざわ さえこ)
12 服部 伸也 (はっとり  しんや) 12 遠山   奈津紀 (とおやま なつき)
13 樋口 勇樹 (ひぐち   ゆうき) 13 遠山   奈津美 (とおやま なつみ)
14 藤井 清吾 (ふじい   せいご) 14 豊浜   ほのか (とよはま ほのか)
15 松尾 康之 (まつお   やすゆき) 15 永田   弥生 (ながた  やよい)
16 松崎 稔 (まつざき  みのる) 16 真砂   彩香 (まさご   あやか)
17 溝下 慎二 (みぞした  しんじ) 17 本吉   美樹 (もとよし  みき)
18 桃田 昇 (ももた   のぼる) 18 山野   由加 (やまの  ゆか)
19 森山 文規 (もりやま  ふみのり) 19 矢山   千恵 (ややま  ちえ)
20 吉村 克明 (よしむら  かつあき) 20 冷泉   静香 (れいぜい しずか)
21 度会 裕隆 (わたらい ひろたか) 21 和栗   怜花 (わぐり   れいか)
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 02:54:20.78 ID:9c/Q6Q1Y0

神戸東第一中学3年4組クラス名簿

旧担任:三谷照吉             新担任:朝宮みさき

M01 相沢 芳夫 あいざわ よしお 吹奏楽部 F01 新井 真里 あらい まり
M02 石田 正晴 いしだ まさはる 野球部 F02 遠藤 絹子 えんどう きぬこ 剣道部
M03 上島 裕介 うえしま ゆうすけ ラグビー部 F03 小田 雅代 おだ まさよ 野球部マネ
M04 遠藤 章次 えんどう しょうじ F04 北川 美恵 きたがわ みえ 柔道部
M05 小野田 進 おのだ すすむ 陸上部 F05 黒田 亜季 くろだ あき
M06 梶原 幸太 かじわら こうた 水球部 F06 斉藤 清実 さいとう きよみ 野球部マネ
M07 神崎 秀昭 かんざき ひであき F07 迫水 良子 さこみず よしこ
M08 北村 雅雄 きたむら まさお 剣道部 F08 笹本 香織 ささもと かおり
M09 木下 国平 きのした くにへい F09 沢渡 雪菜 さわたり ゆきな 新体操部
M10 五代 冬哉 ごだい とうや F10 竹内 潤子 たけうち じゅんこ
M11 柴田  誠 しばた まこと テニス部 F11 谷村 理恵子 たにむら りえこ
M12 高橋 聡一 たかはし そういち サッカー部 F12 玉置 郁世 たまき いくよ
M13 伊達 俊介 だて しゅんすけ F13 鄭  華瑛 てい かえい 弓道部
M14 永井 達也 ながい たつや F14 中尾 美鶴 なかお みつる
M15 樋川 正義 ひかわ まさよし 野球部 F15 西村 観月 にしむら みつき 陸上部
M16 福田 拓史 ふくだ たくし 写真部 F16 東田 尚子 ひがしだ なおこ
M17 藤田 一輝 ふじた いっき F17 広瀬 知佳 ひろせ ちか テニス部
M18 堀   剛 ほり つよし レスリング部 F18 藤川 恭子 ふじかわ きょうこ チアリーディング部
M19 三浦 信彦 みうら のぶひこ バスケ部 F19 本田 洋子 ほんだ ようこ シンクロ部
M20 御影 英明 みかげ えいめい F20 横山 純子 よこやま じゅんこ コーラス部
M21 安田  順 やすだ じゅん F21 横山 千佳子 よこやま ちかこ 陸上部
M22 結城 真吾 ゆうき しんご 水球部 F22 若松 早智子 わかまつ さちこ
765 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 02:55:34.48 ID:9c/Q6Q1Y0

東京都三鷹市立北原中学校3年E組クラス名簿

担任:川村有生

M01 天野 義人 F01 赤坂 有紀
M02 安藤 勝  F02 秋山 美奈子
M03 池田 一弥 F03 伊東 香奈
M04 大島 健二 F04 遠藤 純
M05 加藤 夏季 F05 岡沢 春香
M06 神田 文広 F06 木内 絵里
M07 菊池 太郎 F07 工藤 麻由美
M08 小柴 省吾 F08 紺野 綾
M09 坂井 友也 F09 佐川 梨香
M10 柴  隆人 F10 崎山 花子
M11 鈴木 拓海 F11 早田 智美
M12 関口 春男 F12 高村 正巳
M13 田中 敦宏 F13 手塚 唯
M14 西村 涼  F14 中野 夕子
M15 野坂 啓介 F15 本田 明日香
M16 野々村 武史 F16 村山 沙希
M17 花田 良平 F17 森川 葵
M18 平本 渡 F18 矢口 冴子
M19 真島 裕太 F19 山口 若菜
M20 三代 貴善 F20 雪村 佳苗
M21 吉沢 進一郎 F21 渡辺 鈴子
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 02:57:06.84 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 今井  友也 いまい・ともや F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 於保  正己 おほ・まさみ F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 国見  俊和 くにみ・としかず F06 倉田   凪 くらた・なぎ
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 須藤  広樹 すどう・ひろき F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11 武田  尋子 たけだ・ひろこ
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12 土佐  洋美 とさ・ひろみ
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14 名神  和代 ながみ・かずよ
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15 仁村  公子 にむら・きみこ
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18 旗井 卑弥呼 はたい・ひみこ
M19 彦野   勝 ひこの・まさる F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20 湯原  真弓 ゆはら・まゆみ
M21 吉山  孝太 よしやま・こうた
M22 和歌野  将 わかの・たすく
   
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 02:58:49.17 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 今井  友也 いまい・ともや F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 於保  正己 おほ・まさみ F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 国見  俊和 くにみ・としかず F06 倉田   凪 くらた・なぎ
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 須藤  広樹 すどう・ひろき F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11 武田  尋子 たけだ・ひろこ
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12 土佐  洋美 とさ・ひろみ
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14 名神  和代 ながみ・かずよ
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15 仁村  公子 にむら・きみこ
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18 旗井 卑弥呼 はたい・ひみこ
M19 彦野   勝 ひこの・まさる F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21 吉山  孝太 よしやま・こうた
M22 和歌野  将 わかの・たすく
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:00:32.13 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 今井  友也 いまい・ともや F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 国見  俊和 くにみ・としかず F06 倉田   凪 くらた・なぎ
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 須藤  広樹 すどう・ひろき F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11 武田  尋子 たけだ・ひろこ
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12 土佐  洋美 とさ・ひろみ
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14 名神  和代 ながみ・かずよ
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15 仁村  公子 にむら・きみこ
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18 旗井 卑弥呼 はたい・ひみこ
M19 彦野   勝 ひこの・まさる F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21 吉山  孝太 よしやま・こうた
M22 和歌野  将 わかの・たすく
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:02:04.18 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 今井  友也 いまい・ともや F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 国見  俊和 くにみ・としかず F06 倉田   凪 くらた・なぎ
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 須藤  広樹 すどう・ひろき F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11 武田  尋子 たけだ・ひろこ
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12 土佐  洋美 とさ・ひろみ
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14 名神  和代 ながみ・かずよ
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15 仁村  公子 にむら・きみこ
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18 旗井 卑弥呼 はたい・ひみこ
M19 彦野   勝 ひこの・まさる F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21 吉山  孝太 よしやま・こうた
M22
770 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:03:10.35 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 国見  俊和 くにみ・としかず F06 倉田   凪 くらた・なぎ
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 須藤  広樹 すどう・ひろき F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11 武田  尋子 たけだ・ひろこ
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12 土佐  洋美 とさ・ひろみ
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14 名神  和代 ながみ・かずよ
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15 仁村  公子 にむら・きみこ
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18 旗井 卑弥呼 はたい・ひみこ
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21 吉山  孝太 よしやま・こうた
M22
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:04:13.42 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 国見  俊和 くにみ・としかず F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 須藤  広樹 すどう・ひろき F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11 武田  尋子 たけだ・ひろこ
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12 土佐  洋美 とさ・ひろみ
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14 名神  和代 ながみ・かずよ
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15 仁村  公子 にむら・きみこ
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18 旗井 卑弥呼 はたい・ひみこ
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21 吉山  孝太 よしやま・こうた
M22
772 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:04:56.15 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 国見  俊和 くにみ・としかず F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 須藤  広樹 すどう・ひろき F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11 武田  尋子 たけだ・ひろこ
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12 土佐  洋美 とさ・ひろみ
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14 名神  和代 ながみ・かずよ
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15 仁村  公子 にむら・きみこ
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21 吉山  孝太 よしやま・こうた
M22
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:06:00.90 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 須藤  広樹 すどう・ひろき F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11 武田  尋子 たけだ・ひろこ
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12 土佐  洋美 とさ・ひろみ
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14 名神  和代 ながみ・かずよ
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15 仁村  公子 にむら・きみこ
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21 吉山  孝太 よしやま・こうた
M22
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:07:18.39 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 須藤  広樹 すどう・ひろき F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11 武田  尋子 たけだ・ひろこ
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12 土佐  洋美 とさ・ひろみ
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14 名神  和代 ながみ・かずよ
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15 仁村  公子 にむら・きみこ
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:08:23.95 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 須藤  広樹 すどう・ひろき F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11 武田  尋子 たけだ・ひろこ
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12 土佐  洋美 とさ・ひろみ
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15 仁村  公子 にむら・きみこ
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:09:23.70 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11 武田  尋子 たけだ・ひろこ
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12 土佐  洋美 とさ・ひろみ
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15 仁村  公子 にむら・きみこ
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
777 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:10:45.89 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11 武田  尋子 たけだ・ひろこ
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12 土佐  洋美 とさ・ひろみ
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:12:57.00 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 名和  年秀 なわ・としひで F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:14:22.21 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05 河野  亮子 かわの・りょうこ
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:15:22.23 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 橋本  繁洋 はしもと・しげひろ F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:16:03.65 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 高山  洋一 たかやま・よういち F11
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:16:52.83 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07 信行寺 道世 しんぎょうじ・みちよ
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10 瀬田  祐美 せた・ゆうみ
M11 F11
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 津田  公平 つだ・こうへい F14
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:19:46.91 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10
M11 F11
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 F14
M15 円谷  和彦 つぶらや・かずひこ F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:20:41.60 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10
M11 F11
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 F14
M15 F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17 野村  好美 のむら・よしみ
M18 F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:22:13.40 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10
M11 F11
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12
M13 玉田 龍ノ介 たまだ・りゅうのすけ F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 F14
M15 F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17
M18 F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:24:06.64 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 曽原  秀也 そはら・しゅうや F10
M11 F11
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12
M13 F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 F14
M15 F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17
M18 F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:25:07.37 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 小畑  智 おばた・さとし F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 F10
M11 F11
M12 橘    蓮 たちばな・れん F12
M13 F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 F14
M15 F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17
M18 F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:26:30.20 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 厚木  好雄 あつぎ・よしお F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 木田  治 きだ・おさむ F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09 須磨野  桜 すまの・さくら
M10 F10
M11 F11
M12 F12
M13 F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 F14
M15 F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17
M18 F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
789 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:28:40.48 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09
M10 F10
M11 F11
M12 F12
M13 F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 F14
M15 F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17
M18 F18
M19 F19 平野  光子 へいや・みつこ
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:29:52.87 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04 小山田 智絵 おやまだ・ちえ
M05 F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09
M10 F10
M11 F11
M12 F12
M13 F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 F14
M15 F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17
M18 F18
M19 F19
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:30:38.97 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 F01 阿佐田 仁美 あさだ・ひとみ
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04
M05 F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09
M10 F10
M11 F11
M12 F12
M13 F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 F14
M15 F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17
M18 F18
M19 F19
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:31:17.68 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 F01
M02 F02 瓜田 みどり うりた・みどり
M03 F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04
M05 F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09
M10 F10
M11 F11
M12 F12
M13 F13 兎丸   葵 とまる・あおい
M14 F14
M15 F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17
M18 F18
M19 F19
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:32:00.33 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 F01
M02 F02
M03 F03 絵馬   忍 えま・しのぶ
M04 F04
M05 F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09
M10 F10
M11 F11
M12 F12
M13 F13
M14 F14
M15 F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17
M18 F18
M19 F19
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:32:38.59 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 F01
M02 F02
M03 F03
M04 F04
M05 F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09
M10 F10
M11 F11
M12 F12
M13 F13
M14 F14
M15 F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17
M18 F18
M19 F19
M20 藤川  圭吾 ふじかわ・けいご F20
M21
M22
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:33:24.12 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 F01
M02 F02
M03 F03
M04 F04
M05 F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09
M10 F10
M11 F11
M12 F12
M13 F13
M14 F14
M15 F15
M16 時田  賢介 ときた・けんすけ F16 野村  葉月 のむら・はづき
M17 F17
M18 F18
M19 F19
M20 F20
M21
M22
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:34:05.77 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 F01
M02 F02
M03 F03
M04 F04
M05 F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 佐藤  康利 さとう・やすとし F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09
M10 F10
M11 F11
M12 F12
M13 F13
M14 F14
M15 F15
M16 F16
M17 F17
M18 F18
M19 F19
M20 F20
M21
M22
797 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:34:47.20 ID:9c/Q6Q1Y0
BATTLE ROYALE
〜 殺戮遊戯 〜

埼玉県立北屋中学校3年A組クラス名簿

担任:高村  隼人

M01 F01
M02 F02
M03 F03
M04 F04
M05 F05
M06 F06
M07 高円寺紀世彦 こうえんじ・きよひこ F07
M08 F08 神野   優 じんの・ゆう
M09 F09
M10 F10
M11 F11
M12 F12
M13 F13
M14 F14
M15 F15
M16 F16
M17 F17
M18 F18
M19 F19
M20 F20
M21
M22
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 03:36:14.51 ID:9c/Q6Q1Y0

 ピピピピピ…。
 目覚まし時計の音と共に、高円寺紀世彦(埼玉県立北屋中学校3年A組男子7番)は目覚めた。
「ふあ〜あ」
 紀世彦は目覚まし時計を止めると、下の階へと降りて、台所へ行った。
「母さん、朝飯まだ?」
 紀世彦が言うと、母、照美が言った。
「分かったけど…今日は修学旅行でしょ? 急ぐのよ」
「分かってるって」
 紀世彦は制服(紀世彦の中学は学ランなのだが、今は6月、カッターシャツでいい)に着替えた。
 紀世彦の学校は今日から2泊3日で岩手の平泉まで修学旅行に行く事になっていた。
 ―この修学旅行中に「アイツ」に告白するんだ!
 紀世彦はそっとズボンのポケットに、「アイツ」と一緒に写った写真を入れた。
 やがて出来た朝食を食べていると、2歳年下の妹、あずさが入ってきた。
「あれ、お兄ちゃん、どうしたの? 今日は早いね」
「修学旅行なんだよ」
 そう言って紀世彦がトーストをぱくついていると、隣の席で新聞を読んでいた父、光二が言った。
「なら、もう出たほうが良いんじゃないのか?」
「え?」
 紀世彦が時計を見ると、7時25分を指していた。
 ―集合時間は7時15分!
「やべえ!」
 紀世彦はトーストを咥え、スポーツバッグを持って出て行った。
「急がないと!」
 紀世彦は足がもつかぎりダッシュした。
 その甲斐あって、5分後には学校に着いた。
「良かった…まだ出てなかった…」
 しかし、「高円寺、遅刻だぞ!」と担任の高村隼人先生が注意した頃、紀世彦は汗だくで、今にも死にそうだった。


<残り42人>
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/21(金) 06:31:05.23 ID:9c/Q6Q1Y0
巴棚歌(『オリバト・きみのこえをずっときいている』)
中3。164cm。ヒロインの一人。したたかなギャル。一方で担任の夏林海斗には狂おしいまでに一途な恋心を抱いている。海斗が政府に惨殺された為、仇を討つ為にジェノとして覚醒。
800 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/22(土) 10:02:41.71 ID:H6wsbFaL0
「で、続いて重要な禁止エリアの報告やけど……13時からF-6エリア、15時からA-3エリア、17時からC-6が禁止エリアになるで! 指定された時間以降にそのエリアに居ると、首輪が爆発する仕組みになっとるから、気をつけるんやでー? ほな、皆、これからも頑張ってなー!」
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/24(月) 16:21:29.85 ID:2K0qtn8S0
女子1番/相葉瑞姫(あいば・みずき)
部活動軽音楽部
身長/血液型157cm/A型
愛称/杜若みいぽん、みーちゃん/ギャル娘
支給武器草刈り鎌
被害者1(大塚伊吹)
加害者大塚伊吹
出身小学校千代田区立大江戸小学校
交友関係大塚伊吹
(ギャルグループ)
新藤誠
中川竜蔵
正岡丈
山崎大河
(不良グループ)
折上志鶴
風間英二
久我英治
(お調子者トリオ)
荒川颯太
新留燈
早稲田貞治
備考
どこに居ても目立つ黄色いカーディガン。丁寧に巻かれた金髪にウサギの耳のようなリボンがついたカチューシャをしている。

目立つのが大好きなギャル。度の過ぎた寂しがりやで、溺愛してもらわなければ気が済まない。
どこに居ても分かるほど声が大きく、やかましい。口と頭は悪いが、実は素直で人懐こく、そんなに悪い子ではなかったりするので、幅広く友達も多い。

勉強は苦手で、試験の際はいつも早稲田貞治に助けられている。
明るくいじめなどもしないので、新留燈など消極派グループとも仲がいい。
ミーハーだが恋には一途で、一年の頃から中川竜蔵にアタックを続けている。

現在状況
本校舎
1-D教室。プログラムルール説明中、担当教官に反抗。結果 自分の代わりに吉川裕子が殺され、酷くショックを受けている。
3階物理室前。折上志鶴、北内冬子と行動中。大塚伊吹を見つけて自殺を食い止め、合流。誰かが向かってきた為、物理準備室に身を潜める。
隠れた準備室で、 早稲田貞治が「殺人クラブ」を結成した事を聞いてしまう。殺されると思い準備室に立てこもるが、風間英二に鍵を破壊されドアを開けられててしまう。
2-C教室に逃げ込むが、極限状態から仲間割れに。大塚伊吹と争い、相討ちになり死亡する。
802 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/24(月) 18:39:48.62 ID:2K0qtn8S0
女子1番/相葉瑞姫(あいば・みずき)
部活動軽音楽部
身長/血液型157cm/A型
愛称/杜若みいぽん、みーちゃん/ギャル娘
支給武器草刈り鎌
被害者1(大塚伊吹)
加害者大塚伊吹
出身小学校千代田区立大江戸小学校
交友関係大塚伊吹
(ギャルグループ)
新藤誠
中川竜蔵
正岡丈
山崎大河
(不良グループ)
折上志鶴
風間英二
久我英治
(お調子者トリオ)
荒川颯太
新留燈
早稲田貞治
備考
どこに居ても目立つ黄色いカーディガン。丁寧に巻かれた金髪にウサギの耳のようなリボンがついたカチューシャをしている。

目立つのが大好きなギャル。度の過ぎた寂しがりやで、溺愛してもらわなければ気が済まない。
どこに居ても分かるほど声が大きく、やかましい。口と頭は悪いが、実は素直で人懐こく、そんなに悪い子ではなかったりするので、幅広く友達も多い。

勉強は苦手で、試験の際はいつも早稲田貞治に助けられている。
明るくいじめなどもしないので、新留燈など消極派グループとも仲がいい。
ミーハーだが恋には一途で、一年の頃から中川竜蔵にアタックを続けている。

現在状況
本校舎
1-D教室。プログラムルール説明中、担当教官に反抗。結果 自分の代わりに吉川裕子が殺され、酷くショックを受けている。
3階物理室前。折上志鶴、北内冬子と行動中。大塚伊吹を見つけて自殺を食い止め、合流。誰かが向かってきた為、物理準備室に身を潜める。
隠れた準備室で、 早稲田貞治が「殺人クラブ」を結成した事を聞いてしまう。殺されると思い準備室に立てこもるが、風間英二に鍵を破壊されドアを開けられててしまう。
2-C教室に逃げ込むが、極限状態から仲間割れに。大塚伊吹と争い、相討ちになり死亡する。
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/25(火) 15:52:19.38 ID:H9QpcYWy0
 戦利品のコルトガバメントのモデルガン。
 沼川貴宏(男子17番)は手に入れたばかりのモデルガンを舐めるようにじっくりと観察していた。
 良い出来だ。
 かなり精巧に作られているそのモデルガンが気に入り、貴宏は機嫌が有頂天に達していた。
 これすごくいいよ!
 最高の出来だよ!
 こんなの見たこと無いよ!
 貴宏の頭の中にはモデルガンを手に入れたことへの喜びしか無かった。どのくらい嬉しかったか。それはもうこのモデルガンの感想だけで、原稿用紙10枚分の感想文が書けるくらいだ。
 貴宏はモデルガンを手に持って観察したり、手に持って構えて撃つマネをしたりして楽しんだ。クラスメイト一人を殺したことなど、この嬉しさに比べると気にすることでもなかった。
 貴宏は小一時間嬉しさに浸っていた。だがモデルガンごときで、貴宏の欲望を完全に満たすことなど、出来るはずがなかった。貴宏はそもそも、本物の銃が欲しかったのだ。
 案の定、貴宏はモデルガン一つでは物足りなくなってきた。
 モデルガンもいいけど、やっぱり本物の銃を手にしてみたい。
 そう思ったときだった。遠くの方で銃声らしき音が聞こえた。もう一度その音が聞こえるかもしれないので、貴宏は耳を澄ましたが、その音はもう一度鳴ることはなかった。だが貴宏は確信していた。
 今の音は銃声だ。
 貴宏はわくわくしてきた。分校を出発してから初めて聞こえた銃声だった。そうだ、クラスメイトの誰かが銃を持っているのだ。
 欲しい。その銃が欲しい!
 貴宏は銃声が聞こえてきた方向へ向かって走り出した。もちろん目的はその銃声の主である銃そのものを手に入れることだ。
 ちなみにその銃声は、富岡憲太が雅史に向けて発砲したときのものだったのだが、貴宏にはそんなことはどうでもよかった。とにかくそこに銃があるのなら、どうでもいいのだ。
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/25(火) 20:42:50.72 ID:H9QpcYWy0
「で、続いて重要な禁止エリアの報告やけど……13時からF-6エリア、15時からA-3エリア、17時からC-6が禁止エリアになるで! 指定された時間以降にそのエリアに居ると、首輪が爆発する仕組みになっとるから、気をつけるんやでー? ほな、皆、これからも頑張ってなー!」
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/25(火) 20:44:06.07 ID:H9QpcYWy0
第1章たった一人の一般人
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/25(火) 20:47:48.74 ID:H9QpcYWy0
この国には凄い才能を持った高校生だけが入れる学園がある。

『私立未来峰学園』

ネットやテレビではこの学校で卒業した生徒はみんな人生の勝ち組になれると、そう噂されてる。
けど、自分には関係のない話だ。
そう、何の才能も持ってない自分にとっては。
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/25(火) 20:52:21.43 ID:H9QpcYWy0
私の名前は姫川小幸。
多分、どこにでもいるごく普通の女子高生。
家族構成は父と母と、私。
部活動は入学時にある部活をやっていたけど、とある理由でやめた。
その後は家の近くのコンビニでアルバイトをしている。
808 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/25(火) 20:54:23.16 ID:H9QpcYWy0
これが他人に話せる私の情報。
姫川小幸の個人情報。
我ながらつまらない情報だ。

今日も母に起こされ、朝ごはんを食べて、身支度し、玄関を開けてーー


そこで目の前が暗転した。
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/25(火) 20:57:07.65 ID:H9QpcYWy0
??「ちょ、大丈夫!?」

??「ーーさん、落ち着いて。 ……良かった、眠ってるだけみたい」

??「なら、起こしてあげた方がいい、のかな?」

??「いいんじゃない? 彼女が誘拐犯とは思えないし」

??「だね……じゃあ」
810 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:00:58.60 ID:H9QpcYWy0
誰かに身体を揺すられている。
まだ、眠い。
けど、今日って何曜日だっけ?
平日なら早く起きて学校に行かないと。
そう思い、瞼を開けてーー私の眠気はすっ飛んだ。

??「おっ、やっと起きた」

??「ビックリしたよ。 玄関の扉が開いたと思ったら人が倒れてるし」

??「あの、大丈夫ですか?」

私の目の前に、知らない人たちがいる。
そして、私は知らない場所で寝そべっていた。
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:05:54.02 ID:H9QpcYWy0
わからない。
ここはどこなのか。
この人たちは誰なのか。
なぜ自分はここにいるのか。

??「ねえ、質問いいかな?」

小幸「え? あ、はい」

??「君はどうしてここに来たのか覚えてる?」

小幸「いえ、確かいつものように学校に行こうとして……すみません。 そこまでしか……」

??「ふぅむ、私達と同じみたいね」

ほぼ同じ?
どういうこと?

小幸「あの、ほぼ同じって?」

??「みんな、覚えてないんだよ。 どうしてここに来たのか」

小幸「ここ……」
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:00:37.45 ID:H9QpcYWy0
周りを見回すとどこもかしこも異様な物で囲まれていた。
……これは、檻?

??「何だよ、これ……カギが開いたから逃げれると思ってたのに……」

??「ホンット意味わかんない!」

??「あの、落ち着いて……」

??「出来るわけないっしょ!」

??「諦めるのはまだ早い。 ここ、まだ調べてない」

??「そ、そだね。 もしかしたら外に出る手段がわかるかも……」

??「おっと、その前に、君に聞きたいんだけど」

小幸「え、私?」

??「そう、君、名前は?」

小幸「姫川小幸、です」
813 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:05:50.51 ID:H9QpcYWy0
??「姫川小幸……聞いたことないな。 君は何の才能を持ってるんだい?」

小幸「才能?」

??「ここにいるのはみな、超高校級ばかりでね。 君もそうなんだろ?」

小幸「いえ、才能とか特に……」

??「……マジ?」

小幸「マジです」

??「ねえ、モノパッドは持ってる?」

小幸「モノパッド?」

??「これこれ」
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/26(水) 21:37:21.63 ID:b1Kmrwuv0
??「姫川小幸……聞いたことないな。 君は何の才能を持ってるんだい?」

小幸「才能?」

??「ここにいるのはみな、超高校級ばかりでね。 君もそうなんだろ?」

小幸「いえ、才能とか特に……」

??「……マジ?」

小幸「マジです」

??「ねえ、モノパッドは持ってる?」

小幸「モノパッド?」

??「これこれ」
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 02:40:17.41 ID:KB/me1rm0
白く染まるアスファルト
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 02:40:49.65 ID:KB/me1rm0
芹沢梨沙子
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 02:42:47.50 ID:KB/me1rm0
ペチカロイド44
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 07:09:36.22 ID:KB/me1rm0
Yes! Pretty Cure 5 Opening (Cantonese)
819 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 15:42:40.85 ID:KB/me1rm0
Yes! Pretty Cure 5 Opening (Cantonese)
820 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 15:44:37.77 ID:KB/me1rm0
足柄瑞穂
821 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 15:48:18.37 ID:KB/me1rm0
822 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 15:48:49.14 ID:KB/me1rm0
青葉奈美
823 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 15:54:59.99 ID:KB/me1rm0
森水琴
824 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 15:55:44.43 ID:KB/me1rm0
これまで17人が退場
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 15:56:52.80 ID:KB/me1rm0
さもすけ:8/20インテ6号館Aヌ14b
@samo016D
(@samo016)の中身。ジャンル混合趣味垢/落書き/リプ返激鈍/無断転載お断り/基本戯言なので何言ってんだこいつ位の軽い目で流してください
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 15:57:34.99 ID:KB/me1rm0
凪子
827 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 15:58:32.23 ID:KB/me1rm0
◆『活撃 刀剣乱舞』◆
第四話「守りたかったもの」
最速放映終了!御覧頂いた皆様、ありがとうございました!!
お楽しみ戴けたなら幸いです。
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 16:00:50.35 ID:KB/me1rm0
るるこ
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 16:01:28.99 ID:KB/me1rm0
FNS
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 16:02:06.55 ID:KB/me1rm0
雷涼子
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 16:03:11.14 ID:KB/me1rm0
プキン
832 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 16:04:02.17 ID:KB/me1rm0
梨々子
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 16:07:06.04 ID:KB/me1rm0
青葉さくら
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 16:08:26.08 ID:KB/me1rm0
まこちん
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 16:09:17.65 ID:KB/me1rm0
清子
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 16:11:02.58 ID:KB/me1rm0
真由子
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 17:22:09.77 ID:KB/me1rm0
7753
838 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 17:23:05.81 ID:KB/me1rm0
眠子
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 17:23:41.13 ID:KB/me1rm0
Yes! Pretty Cure 5 Opening (Cantonese)
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 17:24:32.08 ID:KB/me1rm0
願い
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 17:26:27.21 ID:KB/me1rm0

さやか
千尋
白夜
冬子
一二三
多恵子
響子

さくら
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 17:27:49.09 ID:KB/me1rm0
真昼
蜜柑
猫丸
千秋
和一
冬彦
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 17:32:42.73 ID:KB/me1rm0


校舎の中から始業開始のチャイムが鳴る。
車が校門を通り抜けたのは、タイムリミットの4秒前のことであった。


限界までブレーキをかけるが、勢い良く突っ込んで行くバイクを止めることは出来なかった。


直後、綾斗の運転するバイクは花壇を乗り越えて校舎の壁に激突することになった。


「危ない……。なんとか助かったか……」


バイクから放り出されて、花壇の上を転がった翔太は天を仰ぐ。

校舎に突っ込んでいったバイクは使い物になりそうにないが、奇跡的なことに2人の体には擦り傷以外の外傷は見当たらなかった。
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 17:59:09.06 ID:KB/me1rm0
マリンポゥ
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:10:30.52 ID:KB/me1rm0
智子
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:10:59.30 ID:KB/me1rm0
天海千枝
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:15:16.20 ID:KB/me1rm0
大阪城を脳死周回をしても毛利君が出ないので願掛け&ストレス解消にわしゃわしゃするはせべ
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:16:30.58 ID:KB/me1rm0
梨沙子
849 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:17:30.62 ID:KB/me1rm0
買った人の3割ぐらいが期待していたこと。
・グループ関係なく、追放する人を自由に決めることが出来る。
・追放した順番や選んだ選択肢によっては苺恋も追放出来る。
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:17:57.74 ID:KB/me1rm0
プフレ
シャドウゲール
クランテイル
マジカルデイジー・DEAD
のっこちゃん
@娘々・DEAD
夢ノ島ジェノサイ子
ペチカ
御世方那子
リオネッタ・DEAD
メルヴィル
ラピス・ラズリーヌ・DEAD
チェルナーマウス・DEAD
ディテック・ベル・DEAD
マスクドワンダー・DEAD
アカネ
ユウキ
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:18:47.83 ID:KB/me1rm0
野々原紀子
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:19:14.50 ID:KB/me1rm0
Yes! Pretty Cure 5 Opening (Cantonese)
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:19:49.09 ID:KB/me1rm0
幽々子
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:20:46.12 ID:KB/me1rm0
この世界が――――

完全なものだと信じていられたのは、いつの頃までだったろう…

苦しい事も悲しい事もこの世界にはたくさんある…

だけど…

それらはいつか埋め合わされて、バランスを保っている

そんな完全な調和―――

それが世界というものだと信じていたんだ

そう…あの日までは…
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:21:40.95 ID:KB/me1rm0
ここは私立夢見ヶ丘高等学校(通称夢見高校)。設備が良く人気な高校だ。夢見高校の屋上に1人の少年がいた。
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:22:49.33 ID:KB/me1rm0
少年の名は霧谷翔矢(高校2年生)だ。彼は幼くして母と父を亡くし、姉の彩音に育てられてきた。だがそれも長くは続かなかった……

翔矢が学校から帰ってきた時、台所には姉が手首を切り血の海になり倒れている姉がいた……

翔矢は姉の突然の自殺により精神が崩壊し、何もかも信じられなくなってしまった。
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:23:37.13 ID:KB/me1rm0
「俺は…」

「さあ私だぁ〜れでしょうか?」

後ろから目を手で隠されて聞いてくる少女がいる。

「真央だろ、何かようか?」

綾瀬真央(高校2年生)同じクラスであり、幼なじみでもある。

「何か用じゃないでしょ、一緒に帰ろ〜♪」

「ああ…わかった。」

2人は下駄箱に向かったらクラスの鷹野良太(高校2年生)に会った。

「おぉ〜翔ちゃん、さっき真央が探してたぜ…って既に一緒じゃん!?」

「ありがとうね良太君、屋上にいたんだ」

「おっそっかなら…」

「良太帰るわよ〜!」

走ってきた少女がいた。彼女は坂上翔子(高校2年生)同じクラスメイトだ。

「おっそだな帰るか、じゃあな〜」

「おうまたな」

「じゃあまたね良太君」

「俺達も帰るか」

「そうだね」

翔矢と真央は学校を後にした。

綾瀬真央は小さい時の幼なじみであり、翔矢を闇の中から救った少女である。

『初めて会ったのは姉さんの死後、近所の綾瀬家が引き取ってくれた時に会った。
世話さえもしてくれた。段々、俺は感情を戻してきて、綾瀬家の恩に報いたくて、俺はゆっくり歩きだした…』
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:24:40.63 ID:KB/me1rm0
『でも結局、何一つ変えられない…何も出来ないまま、ただ時が過ぎるのをひたすら待つだけの毎日…結局真央をそれに付き合わせてしまっている…そして微かな罪悪感が俺の心を重くする…』

「翔矢?」

「えあうどどうした?」

「大丈夫なの?」

「あ、うんごめん、何でもないって」

「本当に大丈夫?」

真央は幼い頃から心配性だ。

「だいじょう…」

大丈夫、そう言おうとしたその瞬間、それは起こった…
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:25:14.25 ID:KB/me1rm0
ドクンッ、ドクンッ、

「な…?」

目の前が真っ暗になった。

「なんなんだよ!」

俺は目を瞑り、そして目を開けた…
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:25:57.38 ID:KB/me1rm0
『世界が赤黒に染まり、それでいて、影になっている部分は吸い込まれそうな闇。赤い…血のような赤…』

「くっ…」

「どうしよう翔矢ぁ…」

「とりあえず家に向かおう」

『嫌な感じがする…真央を安全な場所へ連れて行かなければ…』
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:26:29.81 ID:KB/me1rm0
二人は何とか真央の家に着いた。

「お母さん!?お父さん!」

「いないのか?」

「うん、いつもならお母さんもお父さんもこの時間には絶対に家にいるハズなのに…」

『そういえば帰ってくる間に、誰にもすれ違わなかった…』

「……嘘だろまさか…俺達以外…この街には誰もいない…のか?」

「えっ?」

「夕暮れの時間に誰ともすれ違わないで帰ってくるなんて、ありえないだろ…」

「そうだけど――そんな――」

『なんでこんなことになってしまったのだろう…』

「そんな…わけがわからないよ、翔矢ぁ…」

真央は泣き出してしまった。

「真央…」

「ひ…う…あぁ」

「大丈夫…大丈夫だから、俺から離れるなよ。」

二人はどんどん混乱していく。
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:27:02.09 ID:KB/me1rm0
『それから何分たったのか…』

「ひっ…ぐすっ……っ」

「大丈夫とは言ったものの…いつまでもこのままじゃ、いられないし…どうするか…」

翔矢は窓から外を見た。

「なん――だアレ……」

翔矢は立ち上がり外に駆け出して行った。

「翔矢!?どこ行くの?」

真央も付いていき、二人は外に出た。

「翔矢…あれ…何?」
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:29:02.48 ID:KB/me1rm0
「もうどこ触ってるの!エッチ!」


「だって王様の命令は絶対なんだよ!だから触ったんだ!」


只今、男3対女3のコンパ中。しかも王様ゲームの真っ最中。そしてお酒も飲んでテンションアップ。


輝が番号の書かれた割り箸を手に握りこう叫ぶ。

「王様だぁーれだ?」


そして番号の書かれた割り箸をみんなが一斉に引く。


「やったぁ!私が王様だ!じゃあ……2番と3番が30秒のディープキス!」


「あっ俺が2番!3番誰?」


誰が3番なのかドキドキの瞬間。


美紀が勢いよく手を挙げる。


「私よ!」


「良かった美紀で!輝だったら泣いてたよ…」


輝は苦笑いを浮かべ手に持った箸で哲哉をさした。

「バカ俺もだよ!それではコ〜ルスタート!」


ハイハイハイハイ!



輝は手拍子をしながらコールを始めた。


「はい!ディープキス!ディープキス!ディープキス!」


「美紀、目を閉じて」

そう言って美紀の肩に手を置き、哲哉はガッツリいった。
864 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:29:56.27 ID:KB/me1rm0

全員で王様ゲームをしてもらいます。


1・クラス全員強制参加です。


2・王様から届いたメールの命令に24時間以内に絶対に従って下さい。


3・命令に従わなかった場合は罰があります。


4・王様ゲームを途中でやめることは絶対にできません。

以上


辛く悲しい選択をしなければならないとき、あなたならどうします?


ゲームを通して自己中心的な主人公が変わりゆく姿。


あなたには理解出来ない行動、発言。100人居れば100の行動、発言、思考がある。


ある行動は可笑しいと感じる。

それは当たり前。


でも絶対に無いとは言いきれない。

ある行動にイラッとするときがある。

それも当たり前。


全て人それぞれなのだから。


【王様ゲーム開始】
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:32:06.07 ID:KB/me1rm0
由紀
866 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/29(土) 19:33:30.42 ID:KB/me1rm0
海の見える穏やかな時間が流れた俺の大好きな街は、もう過去のもの。

様々な者の思惑が交錯し、それは時として暴力という形で露見した。

小競り合いはやがて大きな戦いを呼んだ。

最初は関係者のみで繰り広げられたそれは、やがて無関係な表の住人にも牙を剥いた。

国の政策も、警察の取り締まりも、最早追いつかない。

毎日、どこかで誰かが殺され、
毎日、どこかで違法なモノが行き来し、
毎日、人々は怯えている。



それでも、俺の周りにはちっぽけな幸せが満ちていた。

毎日、気心知れた仲間とつるみ、
毎日、母親の用意した温かいご飯を食べ、
毎日、笑顔が絶えなかった。

俺は、大切な人たちと共に暮らす、この街が大好きだ。



しかし、ちっぽけな幸せなどというものは、一瞬にして崩れ去ることを、初めて知った。

真っ赤に染まった家の中。
夕食の匂いに混じる、血の臭い。
喪われた、かけがえのない命。

非日常は、簡単に、日常を侵食していった。



俺は、大好きな人が住む大好きな街を、ちっぽけな幸せの満ちる日常を、取り戻したかった。

けれども、それは、待っていても取り戻すことはできない。

国も自治体も警察も無力なこの街で願いを叶えるには、自分が動くしかない。

誰も頼ることができないのなら、自分でやってやる。

それが、世間から見れば間違っている手段だったとしても。



「俺、マフィアになるよ」



この街に巣食い、この街を蝕むお前らと同じ場所に立ってやる。

お前らが好んで使う力で、お前らを消してやる。



俺は戦う。

この街が元通りになる、その日まで。
867 : ◆Wd9XQcLkjx0n [saga]:2017/07/29(土) 22:40:49.01 ID:W6GlREnHO
プロローグに夢中になりすぎて、連絡が遅れてしまい申し訳ありませんでした

ただいま、プロローグが全て完成しました。これで次回作の準備は整いました

なので、今から始めていきたいと思います。期待に答えられるかはわかりませんが、精一杯やっていきます

今後とも、どうかよろしくお願いします
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/29(土) 22:44:14.66 ID:hVa6e5Xeo
応援してます
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/29(土) 22:45:50.52 ID:3kBhC1jk0
やったぜ。
870 : ◆Wd9XQcLkjx0n [sage]:2017/07/29(土) 23:55:14.22 ID:W6GlREnHO

【二次創作】安価で進めるオリロンパ ニューステージ
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1501335812/

新スレを建てました。これからも末長くよろしくお願いいたします
871 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/30(日) 00:03:11.73 ID:ctm174dg0
海の見える穏やかな時間が流れた俺の大好きな街は、もう過去のもの。

様々な者の思惑が交錯し、それは時として暴力という形で露見した。

小競り合いはやがて大きな戦いを呼んだ。

最初は関係者のみで繰り広げられたそれは、やがて無関係な表の住人にも牙を剥いた。

国の政策も、警察の取り締まりも、最早追いつかない。

毎日、どこかで誰かが殺され、
毎日、どこかで違法なモノが行き来し、
毎日、人々は怯えている。



それでも、俺の周りにはちっぽけな幸せが満ちていた。

毎日、気心知れた仲間とつるみ、
毎日、母親の用意した温かいご飯を食べ、
毎日、笑顔が絶えなかった。

俺は、大切な人たちと共に暮らす、この街が大好きだ。



しかし、ちっぽけな幸せなどというものは、一瞬にして崩れ去ることを、初めて知った。

真っ赤に染まった家の中。
夕食の匂いに混じる、血の臭い。
喪われた、かけがえのない命。

非日常は、簡単に、日常を侵食していった。



俺は、大好きな人が住む大好きな街を、ちっぽけな幸せの満ちる日常を、取り戻したかった。

けれども、それは、待っていても取り戻すことはできない。

国も自治体も警察も無力なこの街で願いを叶えるには、自分が動くしかない。

誰も頼ることができないのなら、自分でやってやる。

それが、世間から見れば間違っている手段だったとしても。



「俺、マフィアになるよ」



この街に巣食い、この街を蝕むお前らと同じ場所に立ってやる。

お前らが好んで使う力で、お前らを消してやる。



俺は戦う。

この街が元通りになる、その日まで。
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/01(火) 07:33:11.54 ID:6QEdFoLM0
女子1番/相葉瑞姫(あいば・みずき)
部活動軽音楽部
身長/血液型157cm/A型
愛称/杜若みいぽん、みーちゃん/ギャル娘
支給武器草刈り鎌
被害者1(大塚伊吹)
加害者大塚伊吹
出身小学校千代田区立大江戸小学校
交友関係大塚伊吹
(ギャルグループ)
新藤誠
中川竜蔵
正岡丈
山崎大河
(不良グループ)
折上志鶴
風間英二
久我英治
(お調子者トリオ)
荒川颯太
新留燈
早稲田貞治
備考
どこに居ても目立つ黄色いカーディガン。丁寧に巻かれた金髪にウサギの耳のようなリボンがついたカチューシャをしている。

目立つのが大好きなギャル。度の過ぎた寂しがりやで、溺愛してもらわなければ気が済まない。
どこに居ても分かるほど声が大きく、やかましい。口と頭は悪いが、実は素直で人懐こく、そんなに悪い子ではなかったりするので、幅広く友達も多い。

勉強は苦手で、試験の際はいつも早稲田貞治に助けられている。
明るくいじめなどもしないので、新留燈など消極派グループとも仲がいい。
ミーハーだが恋には一途で、一年の頃から中川竜蔵にアタックを続けている。

現在状況
本校舎
1-D教室。プログラムルール説明中、担当教官に反抗。結果 自分の代わりに吉川裕子が殺され、酷くショックを受けている。
3階物理室前。折上志鶴、北内冬子と行動中。大塚伊吹を見つけて自殺を食い止め、合流。誰かが向かってきた為、物理準備室に身を潜める。
隠れた準備室で、 早稲田貞治が「殺人クラブ」を結成した事を聞いてしまう。殺されると思い準備室に立てこもるが、風間英二に鍵を破壊されドアを開けられててしまう。
2-C教室に逃げ込むが、極限状態から仲間割れに。大塚伊吹と争い、相討ちになり死亡する。
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/01(火) 08:26:04.29 ID:6QEdFoLM0
ナムダン @Da000Nam
?
11月20日
本編だと言うのに見えてしまった、尻穴付近にある背ビレ(チャック)の終着点の内側から補強してますよ感のある凹凸になんとも言い難い萌えを感じる。
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/01(火) 08:26:36.18 ID:6QEdFoLM0
 

東京都私立帝東学院中等部
3年A組クラス名簿

 

名前をクリックすると設定・ネタバレが読めます。

Now Remaining Students→■

男子1番 相葉優人
(あいば・ゆうと) 女子1番 朝比奈紗羅
(あさひな・さら)
男子2番 芥川雅哉
(あくたがわ・まさや) 女子2番 上野原咲良
(うえのはら・さくら)
男子3番 雨宮悠希
(あまみや・ゆうき) 女子3番 荻野千世
(おぎの・ちせ)
男子4番 池ノ坊奨
(いけのぼう・しょう) 女子4番 如月梨杏
(きさらぎ・りあん)
男子5番 川原龍輝
(かわはら・りゅうき) 女子5番 小石川葉瑠
(こいしかわ・はる)
男子6番 木戸健太
(きど・けんた) 女子6番 財前永佳
(ざいぜん・ひさか)
男子7番 榊原賢吾
(さかきばら・けんご) 女子7番 佐伯華那
(さえき・かな)
男子8番 宍貝雄大
(ししがい・ゆうた) 女子8番 阪本遼子
(さかもと・りょうこ)
男子9番 松栄錬
(しょうえい・れん) 女子9番 鷹城雪美
(たかしろ・ゆきみ)
男子10番 城ヶ崎麗
(じょうがさき・れい) 女子10番 高須撫子
(たかす・なでしこ)
男子11番 田中顕昌
(たなか・あきまさ) 女子11番 奈良橋智子
(ならはし・ともこ)
男子12番 内藤恒祐
(ないとう・こうゆう) 女子12番 鳴神もみじ
(なるかみ・もみじ)
男子13番 原裕一郎
(はら・ゆういちろう) 女子13番 蓮井未久
(はすい・みく)
男子14番 春川英隆
(はるかわ・ひでたか) 女子14番 平野南海
(ひらの・みなみ)
男子15番 日比野迅
(ひびの・じん) 女子15番 広瀬邑子
(ひろせ・ゆうこ)
男子16番 真壁瑠衣斗
(まかべ・るいと) 女子16番 星崎かれん
(ほしざき・かれん)
男子17番 望月卓也
(もちづき・たくや) 女子17番 水田早稀
(みずた・さき)
男子18番 横山圭
(よこやま・けい) 女子18番 室町古都美
(むろまち・ことみ)
男子19番 芳野利央
(よしの・りお) 女子19番 山本真子
(やまもと・まこ)
男子20番 林崎洋海
(りんざき・ひろみ) 女子20番 湯浅季莉
(ゆあさ・きり)
以上40名
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/01(火) 08:29:53.61 ID:6QEdFoLM0
 

東京都私立帝東学院中等部
3年A組クラス名簿

 

名前をクリックすると設定・ネタバレが読めます。

Now Remaining Students→■

男子1番 相葉優人
(あいば・ゆうと) 女子1番 朝比奈紗羅
(あさひな・さら)
男子2番 芥川雅哉
(あくたがわ・まさや) 女子2番 上野原咲良
(うえのはら・さくら)
男子3番 雨宮悠希
(あまみや・ゆうき) 女子3番 荻野千世子
(おぎの・ちせこ)
男子4番 池ノ坊奨
(いけのぼう・しょう) 女子4番 如月梨杏
(きさらぎ・りあん)
男子5番 川原龍輝
(かわはら・りゅうき) 女子5番 小石川葉瑠子
(こいしかわ・はるこ)
男子6番 木戸健太
(きど・けんた) 女子6番 財前永佳
(ざいぜん・ひさか)
男子7番 榊原賢吾
(さかきばら・けんご) 女子7番 佐伯華那子
(さえき・かなこ)
男子8番 宍貝雄大
(ししがい・ゆうた) 女子8番 阪本遼子
(さかもと・りょうこ)
男子9番 松栄錬
(しょうえい・れん) 女子9番 鷹城雪美
(たかしろ・ゆきみ)
男子10番 城ヶ崎麗
(じょうがさき・れい) 女子10番 高須撫子
(たかす・なでしこ)
男子11番 田中顕昌
(たなか・あきまさ) 女子11番 奈良橋智子
(ならはし・ともこ)
男子12番 内藤恒祐
(ないとう・こうゆう) 女子12番 鳴神もみじ
(なるかみ・もみじ)
男子13番 原裕一郎
(はら・ゆういちろう) 女子13番 蓮井未久子
(はすい・みくこ)
男子14番 春川英隆
(はるかわ・ひでたか) 女子14番 平野南海
(ひらの・みなみ)
男子15番 日比野迅
(ひびの・じん) 女子15番 広瀬邑子
(ひろせ・ゆうこ)
男子16番 真壁瑠衣斗
(まかべ・るいと) 女子16番 星崎かれん
(ほしざき・かれん)
男子17番 望月卓也
(もちづき・たくや) 女子17番 水田早稀子
(みずた・さきこ)
男子18番 横山圭
(よこやま・けい) 女子18番 室町古都美
(むろまち・ことみ)
男子19番 芳野利央
(よしの・りお) 女子19番 山本真子
(やまもと・まこ)
男子20番 林崎洋海
(りんざき・ひろみ) 女子20番 湯浅季莉子
(ゆあさ・きりこ)
以上40名
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/03(木) 21:05:44.86 ID:jcLau6VD0
幽々子
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/03(木) 21:07:10.00 ID:jcLau6VD0
るるみ
878 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 17:53:55.08 ID:/4mGfMA+0
753
879 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:25:45.99 ID:/4mGfMA+0
足柄瑞穂
880 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:34:11.94 ID:/4mGfMA+0
夜々子
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:36:04.75 ID:/4mGfMA+0
みよかたのなこ
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:37:19.82 ID:/4mGfMA+0
逃走中
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:41:20.51 ID:/4mGfMA+0
苗木誠
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:42:07.60 ID:/4mGfMA+0
江ノ島盾子
885 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:43:39.51 ID:/4mGfMA+0
澄子
886 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:44:35.56 ID:/4mGfMA+0
歴代逃走者たち。
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:45:30.17 ID:/4mGfMA+0
ウエンツ瑛士
888 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:46:37.71 ID:/4mGfMA+0
にしおかすみこ
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:47:29.42 ID:/4mGfMA+0
近藤春菜
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:49:06.27 ID:/4mGfMA+0
出川哲郎
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:50:41.81 ID:/4mGfMA+0
ほっしゃん
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:51:25.80 ID:/4mGfMA+0
大沢あかね
893 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:52:10.54 ID:/4mGfMA+0
藤田ニコル
894 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:52:52.06 ID:/4mGfMA+0
千秋
895 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:53:43.39 ID:/4mGfMA+0
矢口真里
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:54:45.95 ID:/4mGfMA+0
ゴルゴ松本
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:56:00.74 ID:/4mGfMA+0
小倉優子
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:57:36.42 ID:/4mGfMA+0
スザンヌ
899 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 22:58:39.46 ID:/4mGfMA+0
つるの剛士
900 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/07(月) 23:02:14.58 ID:/4mGfMA+0
まちゃまちゃ
901 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:19:52.38 ID:wJ3xLOsd0
原史奈
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:20:32.56 ID:wJ3xLOsd0
ビビる大木
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:21:17.00 ID:wJ3xLOsd0
ふかわりょう
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:22:04.70 ID:wJ3xLOsd0
しずちゃん
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:22:37.18 ID:wJ3xLOsd0
若槻千夏
906 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:23:28.10 ID:wJ3xLOsd0
鳥居みゆき
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:23:56.55 ID:wJ3xLOsd0
小島よしお
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:25:04.81 ID:wJ3xLOsd0
レッド吉田
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:25:59.53 ID:wJ3xLOsd0
野久保直樹
910 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:26:30.38 ID:wJ3xLOsd0
里田まい
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:27:08.94 ID:wJ3xLOsd0
辻希美
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:27:41.23 ID:wJ3xLOsd0
りゅうちぇる
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:28:17.13 ID:wJ3xLOsd0
友近
914 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:29:48.41 ID:wJ3xLOsd0
定岡正二
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:30:23.18 ID:wJ3xLOsd0
ニコラス・ペタス
916 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:30:57.15 ID:wJ3xLOsd0
浅香唯
917 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:31:32.75 ID:wJ3xLOsd0
嶋大輔
918 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:32:06.09 ID:wJ3xLOsd0
遠藤久美子
919 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:32:44.63 ID:wJ3xLOsd0
KABA.ちゃん
920 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:33:18.64 ID:wJ3xLOsd0
川島なお美
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:33:46.60 ID:wJ3xLOsd0
梨花
922 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:34:14.54 ID:wJ3xLOsd0
保坂尚希
923 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:34:40.82 ID:wJ3xLOsd0
上地雄輔
924 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:37:39.99 ID:wJ3xLOsd0
藤崎奈々子
925 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:38:06.98 ID:wJ3xLOsd0
鈴木拓
926 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:38:41.57 ID:wJ3xLOsd0
森下千里
927 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:39:19.38 ID:wJ3xLOsd0
セイン・カミュ
928 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:39:54.52 ID:wJ3xLOsd0
島崎和歌子
929 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:40:23.12 ID:wJ3xLOsd0
金子貴俊
930 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:40:59.34 ID:wJ3xLOsd0
岡田義徳
931 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:41:36.24 ID:wJ3xLOsd0
袴田吉彦
932 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:42:04.60 ID:wJ3xLOsd0
山田花子
933 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:42:32.79 ID:wJ3xLOsd0
平畠啓史
934 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:43:03.03 ID:wJ3xLOsd0
山本梓
935 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:43:30.29 ID:wJ3xLOsd0
小沢真珠
936 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:43:57.67 ID:wJ3xLOsd0
斉藤舞子
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:44:28.79 ID:wJ3xLOsd0
国生さゆり
938 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:45:01.67 ID:wJ3xLOsd0
矢沢心
939 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:45:29.42 ID:wJ3xLOsd0
諸星和己
940 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:46:04.78 ID:wJ3xLOsd0
斉藤慎二
941 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:46:38.03 ID:wJ3xLOsd0
児嶋一哉
942 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:47:13.08 ID:wJ3xLOsd0
白鳥久美子
943 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:47:39.82 ID:wJ3xLOsd0
小川直也
944 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:48:13.26 ID:wJ3xLOsd0
菜々緒
945 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:48:47.31 ID:wJ3xLOsd0
中尾明慶
946 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:49:26.00 ID:wJ3xLOsd0
高橋みゆき
947 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:49:52.07 ID:wJ3xLOsd0
田中卓志
948 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:51:18.74 ID:wJ3xLOsd0
徳井健太
949 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:51:51.92 ID:wJ3xLOsd0
鈴木奈々
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:52:36.62 ID:wJ3xLOsd0
城田優
951 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:53:15.60 ID:wJ3xLOsd0
荒川静香
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:54:05.80 ID:wJ3xLOsd0
澤部佑
953 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:54:58.70 ID:wJ3xLOsd0
白洲迅
954 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:55:28.46 ID:wJ3xLOsd0
伊藤一朗
955 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:56:48.62 ID:wJ3xLOsd0
加藤諒
956 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:57:31.26 ID:wJ3xLOsd0
塚田僚一
957 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:58:03.04 ID:wJ3xLOsd0
八重樫東
958 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:58:43.88 ID:wJ3xLOsd0
ぺえ
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:59:12.26 ID:wJ3xLOsd0
水谷隼
960 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 05:59:47.82 ID:wJ3xLOsd0
岡田結実
961 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:00:16.52 ID:wJ3xLOsd0
須賀健太
962 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:00:43.91 ID:wJ3xLOsd0
村本大輔
963 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:01:17.37 ID:wJ3xLOsd0
橋本良亮
964 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:01:50.38 ID:wJ3xLOsd0
鈴木紗理奈
965 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:02:20.44 ID:wJ3xLOsd0
三中元克
966 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:02:49.80 ID:wJ3xLOsd0
横山ルリカ
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:03:17.49 ID:wJ3xLOsd0
有野晋哉
968 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:03:50.49 ID:wJ3xLOsd0
濱口優
969 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:04:58.62 ID:wJ3xLOsd0
清水宏保
970 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:05:29.10 ID:wJ3xLOsd0
岡村隆史
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:06:04.32 ID:wJ3xLOsd0
福徳秀介
972 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:06:37.65 ID:wJ3xLOsd0
浜口京子
973 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:07:07.89 ID:wJ3xLOsd0
田中みな実
974 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:08:29.98 ID:wJ3xLOsd0
戸次重幸
975 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:08:55.78 ID:wJ3xLOsd0
吉村崇
976 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:09:32.62 ID:wJ3xLOsd0
ケンドーコバヤシ
977 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:10:04.99 ID:wJ3xLOsd0
マリエ
978 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:10:30.39 ID:wJ3xLOsd0
雛形あきこ
979 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:11:08.14 ID:wJ3xLOsd0
安座間美優
980 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:11:34.86 ID:wJ3xLOsd0
古澤未来
981 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:12:08.95 ID:wJ3xLOsd0
椿鬼奴
982 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:12:35.03 ID:wJ3xLOsd0
相葉裕樹
983 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:13:04.50 ID:wJ3xLOsd0
スギちゃん
984 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:14:03.23 ID:wJ3xLOsd0
江上敬子
985 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:14:34.04 ID:wJ3xLOsd0
向井慧
986 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:15:07.41 ID:wJ3xLOsd0
博多大吉
987 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:15:35.11 ID:wJ3xLOsd0
大川藍
988 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:16:05.84 ID:wJ3xLOsd0
博多華丸
989 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:16:34.44 ID:wJ3xLOsd0
浜谷健司
990 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:17:03.65 ID:wJ3xLOsd0
さとう珠緒
991 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:17:38.11 ID:wJ3xLOsd0
城咲仁
992 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:18:15.62 ID:wJ3xLOsd0
磯山さやか
993 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:18:50.04 ID:wJ3xLOsd0
石本沙織
994 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:19:20.48 ID:wJ3xLOsd0
佐々木健介
995 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:19:47.47 ID:wJ3xLOsd0
品川祐
996 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:20:32.41 ID:wJ3xLOsd0
くまきりあさ美
997 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:21:06.82 ID:wJ3xLOsd0
長州小力
998 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:21:41.03 ID:wJ3xLOsd0
細川茂樹
999 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:22:07.37 ID:wJ3xLOsd0
勝村政信
1000 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/08(火) 06:22:34.77 ID:wJ3xLOsd0
水野裕子
1001 :1001 :Over 1000 Thread
    ´⌒(⌒(⌒`⌒,⌒ヽ
   (()@(ヽノ(@)ノ(ノヽ)
   (o)ゝノ`ー'ゝーヽ-' /8)
   ゝー '_ W   (9)ノ(@)
   「 ̄ ・| 「 ̄ ̄|─-r ヽ
   `、_ノol・__ノ    ノ   
   ノ          /     
   ヽ⌒ー⌒ー⌒ー ノ      
    `ー─┬─ l´-、    
        /:::::::::::::::::l   /77
       /::::::::::i:i:::::::i,../ / |
       l:::/::::::::i:i:::、:::/ / |
       l;;ノ:::::::::::::::l l;.,.,.!  |
        /::::::::::::::::l/ /  冂
       /:::::::;へ:::::::l~   |ヌ|
      /:::::/´  ヽ:::l   .|ヌ|         SS速報VIP@VipService
      .〔:::::l     l:::l   凵         http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/       
      ヽ;;;>     \;;>

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
切嗣「あぁ、今回もまた正義の味方になれなかったよ」その弐 @ 2017/08/08(火) 04:35:59.49 ID:jBpgSlpU0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502134558/

[ガルパン]エリカ殿が典型的なツンデレになったであります! @ 2017/08/08(火) 03:27:17.27 ID:GvyWxqPB0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502130436/

【夏】パー速でモンスト【休み】 @ 2017/08/08(火) 02:59:24.82 ID:Lezaskiko
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1502128764/

【安価】京太郎「俺の野球人生」 菫「その3だ」マイライフ【咲-saki-】 @ 2017/08/08(火) 01:27:19.28 ID:LjAt5E4O0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502123239/

千歌「海の声」 @ 2017/08/08(火) 01:12:22.88 ID:vZV9VMeXo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502122342/

[P5]ナビ「気をつけて!あのムキムキは伊達じゃないよ!」 @ 2017/08/08(火) 00:56:45.51 ID:BejWm+A3O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502121405/

絵里「処置は早めに」 @ 2017/08/07(月) 23:58:30.75 ID:LO44cvP+0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502117910/

男「山田ァ!!」山田「ふっふっふ、よくきたな!」 @ 2017/08/07(月) 23:50:47.06 ID:lQ2xMa0m0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502117446/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

559.12 KB Speed:4.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)