勇者「ドジ、アホ、ポンコツ、チョロい」女騎士「ぜ、全部違うっ!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/17(金) 21:43:31.89 ID:Acx++YKBO
【宿屋】


勇者「(……今日はあまり戦闘がなかったな……こういう日は大抵……)」


たったったっ……ばあんっ!

女騎士「うわぁぁん! 勇者ぁー! 財布落としたー!」


勇者「ほら来た……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487335411
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/02/17(金) 21:48:19.54 ID:Acx++YKBO

勇者「またか」

勇者「(必要金額だけ持たせておいたのがせめてもの幸いか)」



女騎士「ど、どうしよう…!」

勇者「どうしようもないだろ。お前の小遣いはその分減らす」

女騎士「そ、そんなぁ…!」



女騎士「わ、わざとじゃないんだよぅ……!」

勇者「わざと落とされてたまるか。これで財布落とした回数は二桁だぞ」



女騎士「ぅぅ……これ以上減らされたらお菓子が買えなくなるぅ……」グスッ

勇者「子どもか」



女騎士「ううっ……気を付けてたのに……」

勇者「ドジめ」

女騎士「ど、ドジじゃない!」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/02/17(金) 21:49:43.05 ID:Acx++YKBO
【ピラミッド】


スフィンクス「汝らに問う」

女騎士「人間!」どやっ

スフィンクス「はっ?」

女騎士「答えは人間だ! 知ってるんだぞ!」ふんすっ

スフィンクス「……それが答えでいいのか?」

女騎士「もちろ……もがっ!?」

勇者「すまない。このアホは無視してくれていい。問いを教えてくれ」

女騎士「むー!」もごもご……
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/02/17(金) 21:55:11.81 ID:Acx++YKBO

スフィンクス「川渡り問題だ。制限時間内に狼と山羊とキャベツの問題を答えろ」

女騎士「???」

勇者「分かった」



女騎士「なーなー、川渡り問題ってなんだ?」

勇者「飴やるから、静かにしてろ」

女騎士「ぐぬぬ……」ころころ…

スフィンクス「(大人しく舐めるのだな……)」



勇者「よし、これでどうだ」

スフィンクス「ほう、幾何的に答えたか。うむ、正解だ」

女騎士「ふふんっ、当然だ!」どやっ

スフィンクス「お主は飴を舐めてただけでは……」



勇者「アホめ」

女騎士「あ、アホじゃない!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/17(金) 21:58:14.61 ID:Acx++YKBO

【ボス戦】


女騎士「喰らえ! でりゃぁっ! 」がきんっ

ドラゴン「ふん、人間の小娘の剣なぞ効かぬわ!」がっ

女騎士「きゃぁっ……!」

ドラゴン「他愛ない!」



勇者「はっ」ずどっ

ドラゴン「がっ……!? それは、聖剣……!?」

ばちちっ

ドラゴン「」しゅぅぅ……
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/02/17(金) 22:01:18.12 ID:Acx++YKBO


勇者「やはり、聖剣は魔物に対して絶大な効力を発揮するな」

女騎士「ぅぅ……それズルいぞっ!」ぼろっ



勇者「生きてたか」

女騎士「生きてたよ! ばーか!」

勇者「ばかはお前だ。回復魔法かけてやるから、こっちに来い」

女騎士「そこはこっちに来いよ……! くそぅ……鬼……悪魔……」

勇者「それだけ悪態がつけるなら回復魔法は要らないか」

女騎士「ぐぬぬ……っ……お願いします、回復してください……」



しゅぅぅ……

女騎士「あー、死ぬかと思った……」はふぅ…

勇者「敵もかなり強くなってきた。お前の攻撃はもうロクに効かないな」

女騎士「う、うるさいなっ」



勇者「……そろそろ限界か」

勇者「(身体強化の魔法をできるだけかけてもこのケガ……もう普通の人の身じゃ無理だ)」

女騎士「っ……アタシは最後まで絶対についてくからな! そ、それにここらでも弱っちいのはまだ倒せるぞ……! あいたたたた……! もうちょい優しく……!」



勇者「ポンコツめ」

女騎士「ぽ、ポンコツじゃない!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/02/17(金) 22:03:16.46 ID:Acx++YKBO

【魔王城近く】


女騎士「つ、ついに辿り着いたな……あそこに魔王がいるんだな!」

勇者「お前みたいなやつとでも来れるもんだな」

女騎士「ふふん、むしろアタシのおかげだろ」

勇者「役立たずがよく言う」

女騎士「役立たずじゃ……うぁ……?」くらっ…

勇者「お前は魔王との戦いには連れていけない。魔法で少し眠ってろ」

女騎士「勇者……っ、おま…………きゅぅっ……」zzz...



勇者「この辺りなら他の魔物もいないな」

女騎士「むにゃ……」zzz....

勇者「ふん、相変わらずのアホ面だな」


勇者「……迷惑かけられてばかりだったが、お前との旅は……悪くなかった」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/02/17(金) 22:08:06.74 ID:Acx++YKBO
【魔王戦】


勇者「ぐぁっ……」

魔王「ふん、この程度か勇者!」



勇者「(強い……今まで戦ってきた魔物たちが赤子のようだ……ここまでとは……)」げほっ…


勇者「(……出来れば使いたくなかったが、アレしかないか)」



魔王「ふん、滅びる覚悟は出来たか?」がしっ

勇者「……ばーか。こちとら、念には念を入れてるんだよ」

魔王「む?」


勇者「この距離ならお前でも致命傷だ」ぐぐっ……

魔王「……っ! 女神の力で自爆するつもりか!? くっ、離せ!」



勇者「(利用されるだけのクソったれな人生だった…………まあ、どっかのバカのおかげで最後は少し楽しかったが……)」



勇者「……ありがとな」ぼそっ








女騎士「でやぁぁあ!」ガキンッ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/02/17(金) 22:12:09.75 ID:Acx++YKBO



魔王「しめたっ……!」



勇者「…………」



女騎士「ふぅ! 間に合って良かった! まったく、ピンチを救ったんだから感謝しろよ!」

勇者「こぉの…………どアホがぁぁ!」ぐりぐりぐり……

女騎士「あだだだだ……っ!? なんで……!?」



魔王「くっくっくっ、惜しかったな勇者! その小娘さえ邪魔しなければ、我輩を滅ぼすことができたというに!」

女騎士「ええっ!?」

魔王「ここからは、ひたすら魔法でなぶってやる! もはや貴様らに打つ手はないぞ! ふはは!」



女騎士「もしかして、また勇者の邪魔したかぁ……?」うるうる…

勇者「……お前はいつだって俺の邪魔ばかりだ!」

女騎士「うぅ……」



勇者「…………ったく」



勇者「絶対生きて帰るぞ。俺もお前も」


女騎士「!!」



女騎士「ああ!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/02/17(金) 22:17:46.53 ID:Acx++YKBO
・・・

魔王「くくく……」



勇者「はぁ…はぁ…」

女騎士「はひぃぃ……」



魔王「よくぞ我を打ち滅ぼした勇者たちよ……」しゅぅぅ…



女騎士「勝った! 勝ったな勇者!」だきっ

勇者「抱き着くな」



魔王「…………しかし、貴様のその憎しみに囚われた瞳を見れば分かる……貴様は魔王の力に取り込まれ、次なる魔王へと……」



女騎士「勇者ぁ……もう疲れたよぉぉ……」ぐてぇ…

勇者「俺だって疲れた……寄りかかるな、鬱陶しい……」ぐぃぃ

女騎士「あぅぅ……」



魔王「あ、これ、魔王の魂引き継がれねえな……悪態つきながらどこまでも優しい目をしてやがる。憎しみのカケラもねえ」



魔王「ぐわぁぁぁ……リア充爆発しろぉぉぉ………!」



悲痛な叫びと共に魔王は滅びた。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/02/17(金) 22:23:18.20 ID:Acx++YKBO


【凱旋の道中】


女騎士「帰ったら、いっぱい褒美が手に入るな!」

勇者「どうだろうな。危険な存在として消されるかもしれない」



女騎士「勇者いつもネガティヴだなぁ……きっと、たくさん感謝されて、美味しいものが食べられるに違いないぞ!」

勇者「能天気なやつめ……」



女騎士「勇者はお姫様と結婚できるんじゃないか? 姫様の勇者を見つめる視線は恋する乙女だったからなー。うりうり、幸せ者めー」

勇者「……やかましい」



女騎士「……」

勇者「……? 急に黙り込んでどうした?」



女騎士「やっぱり……姫さまと結婚できるとしたら、喜んでするよなぁ……」

勇者「……泣いてるのか?」

女騎士「な、泣いてなんかないっ! 別にお前が誰と結婚しようが何とも思わないんだがらな……!」ぐすっ…


勇者「……」



勇者「……お前と結婚するって言ってもか?」

女騎士「は、はあぁ……!?」



勇者「……チョロいな」

女騎士「ちょ、チョロくない!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/02/17(金) 22:28:55.36 ID:Acx++YKBO

女騎士「チョロくなんかない……だって、アタシはずっと前から……お前に助けてもらった、最初のあの時から、お前のことが……!」

勇者「……それ、やっぱりチョロいだろ」

女騎士「うぐっ……」



女騎士「なあ……結婚って……本気なのか……?」


勇者「……俺がそんな冗談を言う男だと思ってるのか?」


女騎士「……」


勇者「……何をぼけっとしてる。早く帰るぞ」ざっざっ


女騎士「ま、待てっ! あっ……勇者の耳が赤い!」


勇者「やかましい……っ」



なーなー! もう一回! ちゃんと言え!

くっつくな! きびきび歩けドジアホポンコツチョロ女騎士!

チョロいのはむしろそっちだ! チョロ勇者! 大好き!




ぎゃーぎゃー……!!




完!
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/02/17(金) 22:29:24.95 ID:Acx++YKBO
くうつか
これにてかんけつです
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/17(金) 22:38:26.04 ID:rc4mtTobO
すばらしい
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/17(金) 22:39:25.59 ID:LRHhPBs1o
いいと思います
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/17(金) 22:56:59.94 ID:tqYswdnEo
この無駄のないスピード感
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/18(土) 00:09:39.68 ID:lKSzFGxZo
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/18(土) 01:46:57.06 ID:HfXsy3ckO

後日談を見たいと言うのは野暮か
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/18(土) 09:50:11.95 ID:YacqLstio
なぜだか魔王に同情したww
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/24(金) 00:34:52.35 ID:YK6vNdwUo
魔王wwwwww
10.69 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)