このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

モカ「妹からの挑戦状!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/13(月) 21:59:40.82 ID:Pyk2wfy2o
モカ「今日は私の誕生日!」

モカ「思えば、去年の誕生日は…」スッ

『お姉ちゃん、この街にはシストって遊びがあるんだよ!この前チノちゃん達と一緒に(ry』

モカ「私もシストしてみたいな…」

『先輩の卒業式で泣いちゃった・・・。その後みんなで進級祝いにお茶しに(ry』

モカ「卒業式、懐かしいなぁ。おしゃれな喫茶店でお茶するのって良いよね」

『最後に、お誕生日おめでとう!プレゼントはもう見てくれたかな?お姉ちゃんが好きそうなのを一所懸命に考えたんだけど、喜んでくれると嬉しいな♪』

モカ「一所懸命を使う人初めてみたなぁ… それはともかく、すごく良かったよ。お姉ちゃん、感動して泣いちゃった。でも…」

モカ「この手紙とプレゼントを郵送して終わりなのは寂しいよぅ!あの頃は一年近く会ってなかったのに!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489409980
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

女「私はこの世界をクズだと思っている」 @ 2017/08/17(木) 20:21:18.20 ID:nDsOg8QVO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502968878/

私は左遷されて惨めに果てるような器じゃない @ 2017/08/17(木) 20:20:02.09 ID:sLOnLXhWo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1502968802/

【モバマス】まゆ「プロデューサーさんは変わってしまった。」【閲覧注意】 @ 2017/08/17(木) 19:51:09.40 ID:eJKAh/k50
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502967069/

【新番組】福田のり子の今夜もノリノリ! @ 2017/08/17(木) 19:34:22.85 ID:w9kQXtc70
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502966062/

【あんこ】俺と君のダンガンロンパ【二次創作】 @ 2017/08/17(木) 19:28:53.30 ID:fJ3TTrlJ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502965732/

神コテ東北在住ことID加速中さんてマジ優秀すぎね?嫉妬するわ @ 2017/08/17(木) 19:23:58.05 ID:G4xJVxYB0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502965437/

未央「折りたたみ傘の噂ってホントなの?」ほたる「実は…」 @ 2017/08/17(木) 19:15:07.29 ID:Cj+EvcftO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502964907/

「藤原肇がそれを割る日」 @ 2017/08/17(木) 19:08:25.21 ID:pXJ6Ifkk0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502964504/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/13(月) 22:00:53.11 ID:Pyk2wfy2o
モカ「そして今年、ココアから送られてきたのは…」ピラッ


┌─────────┐
│ Ciste │
│ │
│ ××◯××  │
│ ◯◯◯◯◯  │
│ ◯×××◯  │
│ □×××◯  │
│ □××◯□  │
│ □×◯×□  │
│ □×××□  │
│ ×□×××  │
│ │
└─────────┘


モカ「地図だけ!?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/13(月) 22:01:48.42 ID:Pyk2wfy2o
モカ「…これってシストの地図なのかな?シストって書いてあるもんね」

モカ「一度してみたいと思ってはいたけど、まさか一人ぼっちでするなんて…」

モカ「でもこれは、かわいい妹からの挑戦状!」

『シストの地図には、謎解き要素があったりもするんだよ!』

モカ「って去年の手紙にも書いてあったし、謎解きも宝探しもすぐに終わらせちゃうからね!」

モカ「えっと、ここがこうで、あっちがそっちで…」

〜数分後〜

モカ「謎は全て解けた!後はお宝を取りに行くだけ!!まだお昼だから時間もたくさんあるし楽勝楽勝♪」

答:ラビットハウス

モカ(無理)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/13(月) 22:03:30.77 ID:Pyk2wfy2o
モカ「ここから向こうまで何時間かかると思ってるの!?今から行ったら明日になっちゃうでしょ!?」

モカ「…ううん、誕生日を過ぎても、この挑戦は受けなくちゃいけないよね!」

モカ「本当にラビットハウスまで行って、ココアをびっくりさせちゃおう!」

モカ「さらにサプライズも用意して、かわいい妹のもっと驚く顔を… うへへ」


モカ「次の電車は10分後… あれ、これなんだろう?」ピラッ

モカ「…私宛のシストの地図!?それにこれってココアの字?」

モカ「なるほど、私が電車を使うと見越して時刻表に地図を仕込んでいたんだね。ひょっとして夏にはもう?」

モカ「ラビットハウスへ行かなきゃいけないと焦らせておいて、実はそうじゃない… あの子もサプライズが上達してきたなぁ♪」

モカ(…でもこれ、ここの時刻表を見てなかったら気づけない)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/13(月) 22:04:52.16 ID:Pyk2wfy2o
モカ「この地図が示してるのはここかな?」

モカ「ここで、ココアと一緒にサンドイッチを食べたよね。あの時は確か…」


ココア『おねえちゃん き ら い 』


モカ「…仲直り、できたよね?送っていく時にウィリーしちゃったけど、多分あれも許してくれるよね」

モカ「ハッ!この場所に連れて来られたのはまさか…!」


ココア「お姉ちゃんなんて大っ嫌い!私にはチノちゃんさえいれば良いんだよ!あと私グレるから!」


モカ「と言うメッセージなのかも…!そんなぁ!!ど、どうしよう!?このままじゃココアがブラックココアに」

「ならないよ!?」

モカ「…ってあれ、こんなところに手紙? …またシストの地図!?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/13(月) 22:06:42.69 ID:Pyk2wfy2o
モカ「次はここだね。ここは確か…」

モカ「三輪車で山を越えようとしていたココアを発見した場所」

モカ「…さっきから碌な事思い出さないなぁ。もっと楽しいことを…」

モカ「そうだ、ここにはココアと遊びに来たりもしたよね!懐かしいなぁ」

モカ「今ならわかる。あの何気ない日々が宝物だったということに」

モカ「…たまには童心に帰って、こういう所でココアと遊ぶのも良いかも。今度帰って来た時に誘ってみよう!」

モカ「かくれんぼなんてどうかな?『お姉ちゃんが見つからないよぉ!』なんて言うかわいいココアが見れそう!」ブプーッ

「…おねえちゃんきらい」

モカ「!? …げ、幻聴かな。きっとそうだよね!さぁて、宝箱はどこかな?…ん、これは?」ピラッ

モカ「…またまた地図が見つかった」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/13(月) 22:07:39.86 ID:Pyk2wfy2o
モカ「ここは… うちの店のお客さんの家だね」

モカ「昔は、この街でココアと一緒にパンを届けて回ったり、お店の旗を持って宣伝したりしたね。この家にもココアと一緒に何度も来たっけ」

モカ「でも、今日はパンを届けに来たわけじゃない。うーん、なんて言えばいいかな…」

お客さん「あらいらっしゃい!ちょっと待ってね、渡すものがあるから!」

モカ「え!?はい、わかりました! …渡すもの?」

お客さん「お待たせ、はい!」

モカ「これは… シストの地図!また!?」

お客さん「ふふ!さっきね、ココ…」

「言っちゃダメー!」

モカ「またココアの声が聞こえたような… 気のせいかな?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/13(月) 22:09:23.53 ID:Pyk2wfy2o
モカ「ここは… 私の家!?」

モカ「うん、間違いなく地図はここを指してる」

モカ「…ひょっとして、ココアにからかわれただけ?」

モカ「いやいや、あの子がそんなことする訳… ま、まさか、本当にブラックココアになっちゃったの!?」

「なってないよ!?」

モカ「また幻聴が… これが噂のココアシック!」

モカ「って、いつまでも玄関の前で立っていても仕方ないか」ガチャ


パンッ


ココア「お誕生日おめでとう、お姉ちゃん!!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/13(月) 22:11:28.17 ID:Pyk2wfy2o
モカ「ココア!?何でここに?」

ココア「私からのサプライズだよ!びっくりした?」

モカ「びっくりするに決まってるでしょ!」

ココア「やったぁ!サプライズ成功!でも、私のサプライズはここからだよ!!」

ココア「まずはこれ!誕生日プレゼント!!ど、どうかな?」

モカ「ありがとう…!お姉ちゃん、大感動だよ…!」

ココア「そんなに喜んでくれると照れちゃうな。さて次は…」

モカ「次?」

ココア「うん!だってお姉ちゃんは、私からの挑戦状、シストをクリアしたんだよ?」

モカ「あ、すっかり忘れてた!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/13(月) 22:18:22.01 ID:Pyk2wfy2o
ココア「という訳で、宝箱を用意しましたー。好きなのを一つ選んでね!おもしろ写真からコーヒー豆まで色々あるよ!」

モカ「それを、私が持ってきた宝物と交換すれば良いんだね?」

ココア「本当はそうなんだけど… もうこの宝箱には、お姉ちゃんの宝物が入ってるよ!」

モカ「ええ!?でも、入れた覚えはないんだけど…」

ココア「ふっふっふっ、この宝箱に入ってる宝物。それは… 私たちの思い出!」

モカ「私たちの、思い出?」

ココア「今日、いろんな懐かしい場所へ行ったよね。いろんな場所には、色んな思い出があったでしょ?」

モカ「…私のこと、嫌いになっちゃった?」

ココア「そうじゃなくて、楽しい思い出が!」

モカ「…うん、色んな思い出が、いっぱいあったね」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/13(月) 22:19:58.37 ID:Pyk2wfy2o
ココア「だよね!それでね、今日のシストのことを思い出す時、きっと今日行った場所の思い出も浮かんでくると思うんだ」

ココア「お姉ちゃんもさっき言ってたよね、あの何気ない日々が宝物だって」

ココア「だったら、このシストの宝箱には、もうお姉ちゃんの宝物が入ってるんだよ!」

モカ「そっか… ココア、すごいよ。すっごいサプライズだよ!」

ココア「えへへー。そこまで言ってもらえると、頑張った甲斐があったなぁ」

モカ(聞かれてたってことは今日ずっと側にいたんだよね。じゃあ、あの地図も夏に仕込んだんじゃなくて今日…)

モカ(…この用意した宝物でサプライズしようと思ってたけど、またサプライズ負けしちゃった)

ココア「…ねえお姉ちゃん!今日はいっぱいお話しよう!思い出話もいっぱいしよう!」

ココア「やっぱり、思い出は最高の宝物だから!」

モカ「うん、たくさん話そう!…でも」ギュッ

ココア「お、お姉ちゃん!?」


モカ「私にとっての最高の宝物は… ココアだよ!」


〜おわり〜
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/13(月) 22:20:56.69 ID:Pyk2wfy2o
ここまで読んでくれてありがとう
という訳でモカさんハッピーバースデー
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/13(月) 22:27:15.95 ID:5q1gAF/60
情緒不安定なモカさんワロタ、乙
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/15(水) 06:33:30.44 ID:LsSAS9oNo
おつ
面白かった
15 :1 [sage]:2017/03/20(月) 10:30:12.00 ID:M1KjkSCto
専ブラ上での表示が問題ないから放置してたけどこれすごくズレてるな
┌─────────┐
│     Ciste     │
│              │
│   ××◯××   │
│   ◯◯◯◯◯   │
│   ◯×××◯   │
│   □×××◯   │
│   □××◯□   │
│   □×◯×□   │
│   □×××□   │
│   ×□×××   │
│              │
└─────────┘
これで大丈夫かな?テストスレへの書き込みは大事だって思いました
9.65 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)