響「急に…眠くなってきたぞ…」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :1 :2017/03/19(日) 18:41:22.57 ID:a33ErKVXO

響「はいさーい!」ガチャッ

春香「あ、響ちゃんおはよう」

春香「そうだ、響ちゃんもクッキーどうぞ」

響「いいのか!ありがとうだぞ!」サクサク

響「うん、今日も美味しいぞ!」

春香「そう?嬉しいなぁ」

響「…あれ?…なん、か…眠たく…」バタッ

春香「おやすみ、響ちゃん」


ーーーーー
ーーー



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489916482
2 :1 [sage]:2017/03/19(日) 18:42:31.04 ID:a33ErKVXO
ーーーーー
ーーー



響「ぅん……こ、ここは…」

春香「私の家だよ、響ちゃん」

響「春香…自分なんでここに」

春香「響ちゃんの食べたクッキーに睡眠薬を入れてね、家まで連れてきたの」

響「な、なんでそんなこと…」

響「…!まさか自分にえ…ぇっちなことするために!」

春香「違うよ」

響「え」

春香「と言うかもう帰っていいよ」

響「え、あ、はい」
3 :1 :2017/03/19(日) 18:45:12.78 ID:a33ErKVXO

響「昨日の春香は何だったんだ…?」

千早「あら。おはよう、我那覇さん」

響「ん、おはようだぞ、千早」

千早「我那覇さん、いつもとちょっと声が違うわね」

響「そうかな?自分じゃそんな変わらないと思うけど」

千早「アイドルは喉も気遣わなくてはダメよ、私ののど飴をあげるわ」

響「そう?なんか悪いな」パクッ コロコロ…

響「あれ…また…」ドサッ

千早「…ふふっ」


ーーーーー
ーーー


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/19(日) 18:46:27.40 ID:4Y8MbxWO0
響かわいい
5 :1 [sage]:2017/03/19(日) 18:49:30.05 ID:a33ErKVXO

響「…ぐ…自分なにして…」

千早「目が覚めたかしら」

響「ち、千早…ここは…千早の部屋…!」

千早「ええ。あの飴は溶かしてから睡眠薬を混ぜてまた固めたものなの」

響「千早…自分になにする気なんだ!」

千早「何もしないわ」

響「え」

千早「暗くなる前に帰った方がいいわよ」

響「え、あ、はい」

6 :1 :2017/03/19(日) 18:57:07.00 ID:a33ErKVXO

響「春香に続いて千早まで…一体何が目的なんだ」

美希「あ、響!おはようなの!」

響「美希…」

美希「なんか元気ないね?あ、きっと朝ごはん食べなかったんでしょ!」

美希「しょうがないからミキ特製おにぎりをひとつあげるの!」

響「あ…(食べ物か…)」

美希「どうしたの?」

響「(美希は多分大丈夫だよな…)いや、いただくぞ」モグモグ

響「う…」バタッ

美希「…あはっ」


ーーーーー
ーーー


7 :1 :2017/03/19(日) 19:04:28.85 ID:a33ErKVXO
ーーーーー
ーーー


響「ぅぐ…もしかして…」

美希「響、よく寝てたの」

響「美希まで…やっぱり美希の部屋だし」

美希「ミキ特製睡眠薬入りおにぎり、美味しかったでしょ?」

響「美希…一体目的は何なんだ!教えて欲しいぞ!」

美希「特にないの」

響「え」

美希「ミキもう寝るから帰ってもいいよ」

響「え、あ、はい」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/19(日) 19:06:16.01 ID:LIU363ik0
割と好き
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/19(日) 19:10:01.01 ID:7y8PNbICO
この塩対応…wwwwww
10 :1 :2017/03/19(日) 19:10:53.51 ID:a33ErKVXO
響「これで3人…眠らせるだけで何もされてないのも謎だぞ…」

響「今日は散歩でもするぞ」

真「あ、おーい!」

響「おー、真!おはようだぞ!」

響「もしかして走ってたのか?」

真「そうだよ。響も暇なら走らない?」

響「ちょうど身体を動かしたい気分だったんだ!」

真「じゃあ走る前の水分補給。飲みかけで悪いけど、はい」

響「自分そんな気にしないぞ」ゴクッ

響「…ぁ…」バタッ

真「…へへっ」


ーーーーー
ーーー

11 :1 :2017/03/19(日) 19:12:56.79 ID:a33ErKVXO
ーーーーー
ーーー



響「ぅ…ここは、草むらの陰か」

真「あ、響ったら急に倒れるからびっくりしたよ。熱中症じゃない?」

響「違う…きっとあの飲み物に睡眠薬を入れといたんだろ!」

真「…あーあ、バレてるんだ」

響「ひっ!…バレたら、じ、自分をどうするんだ!真!」

真「別に」

響「え」

真「じゃあまた走るから、気を付けて帰りなよ」

響「え、あ、はい」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/19(日) 19:13:12.80 ID:nhctXLrVo
寝てる間に全部終わってるんですねわかります…
13 :1 :2017/03/19(日) 19:21:05.90 ID:a33ErKVXO
響「ここのところ毎日眠らされてるぞ…ただそれだけって言うのが釈然としないけど」

響「いや、何かされたいわけじゃないけど」

雪歩「響ちゃん、おはよう」

響「おはようだぞ」

雪歩「ちょうどお茶が入ったんだけど良かったらどうぞ」

響「待った!そのお茶、先に雪歩が飲んでみて欲しいぞ!」

雪歩「えっ、い、良いけど」ズズッ

響「……大丈夫みたいだな」

雪歩「?」

響「ごめんな、何でもないぞ」ズズッ

響「うん、美味し…ぃ…」バタッ

雪歩「…響ちゃんって可愛いなぁ」


ーーーーー
ーーー

14 :1 :2017/03/19(日) 19:29:55.83 ID:a33ErKVXO

響「ぅ…なんか薄暗いぞ」

雪歩「ここは私の家の地下室だよ」

響「地下室!?と言うか、何であのお茶で」

雪歩「湯呑みの飲み口にね、響ちゃんの側にだけ睡眠薬を塗っておいたの」

響「なんて巧妙な…!これだけ手の込んだことして、何が狙いなんだ!」

雪歩「特には」

響「え」

雪歩「じゃあもう外出ようか」

響「え、あ、はい」
15 :1 :2017/03/19(日) 19:37:36.75 ID:a33ErKVXO

響「うぅ〜自分もう騙されないぞ!」

伊織「あら、響じゃない」

響「伊織か」

伊織「あんた最近あまり見ないわね。仕事はハム蔵がこなしてるから良いけど」

響「ちょっと色々あったんだ、大丈夫だぞ」

伊織「ふ〜ん、まぁ良いわ」

伊織「それよりこの前欲しいって言ってた香水、あったから買ってきたわよ」

響「本当か!」

伊織「この香りので良かったかしら?」プシュゥッ

響「」バタッ

伊織「…にひひっ」


ーーーーー
ーーー

16 :1 :2017/03/19(日) 19:43:29.59 ID:a33ErKVXO
ーーーーー
ーーー


響「…ぅぐぅぅ…油断したぞ…」

伊織「あら、お目覚め?」

響「伊織…伊織はこんなことしないと思ってたのに!」

伊織「そう。残念だったわね」

響「こんなことして…何の利点があるって言うんだ!」

伊織「ないわ」

響「え」

伊織「今、新堂に車を出させるわ」

響「え、あ、はい」
17 :1 :2017/03/19(日) 19:52:58.10 ID:a33ErKVXO
響「なんか毎日これだと疲れるぞ…」

やよい「うっうー!響さん、おはよーございまーす!」

響「やよい…うぅ、やよいはかわいいなぁ」

やよい「はっ、そうでした!響さんにもこれをどうぞ!」

やよい「最近春香さんに習って作ったミニケーキです!」

響「あ…や、やよいごめんな。今ちょっと食べ物とかは貰えないんだ」

やよい「…そ、そうですよね。私が作ったお菓子なんて不安ですよね。これは仕舞っちゃいまーーー」

響「あーごめんやよい嘘!嘘だぞ!いただきまーす!」パクッ

響「ぐっ!」バタッ

やよい「…響さんって、とーってもちょろ甘かなーって」


ーーーーー
ーーー
18 :1 :2017/03/19(日) 19:59:26.99 ID:a33ErKVXO
ーーーーー
ーーー


響「………もう誰も信じられないぞ…」

やよい「あ、目が覚めましたか!」

響「やよいぃ…やよいまでこんなこと…」

響「教えてくれ!自分が何をしたって言うんだ!」

やよい「えーっと、よく分かりません!」

響「え」

やよい「今玄関までお見送りしますね」

響「え、あ、はい」
19 :1 :2017/03/19(日) 20:11:36.18 ID:a33ErKVXO
響「なんかだんだん自分が悪いような気がしてきたぞ…」

真美「あ、ひびきん!おはろ→」

亜美「おはおは→」

響「亜美と真美。おはようだぞ」

亜美「おやおや→何やら元気がないですなぁ」

真美「そんなブルーなひびきんにはとびっきりのイタズラをしちゃおっかな→」

響「な、なにを」

真美「えいっ!」プシュゥッ

響「早…い…」バタッ

亜美真美「…んっふっふ→」


ーーーーー
ーーー
20 :1 :2017/03/19(日) 20:24:22.56 ID:a33ErKVXO
ーーーーー
ーーー


響「ぅ…完全にやられたぞ…」

亜美「やぁやぁひびきん」

真美「ようやくお目覚めのようだね→」

響「…自分もう帰っていいよね?」

亜美「…亜美たちがわざわざこんなことしておいて」

真美「…簡単に返すとでも思ってるの?」

響「えっ!ま、まさか今度こそ本当に…!」

亜美「ま、返すんだけどね→」

響「え」

真美「ささっ、お帰りはこちらですぜ」

響「え、あ、はい」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/19(日) 21:15:24.38 ID:6hUiW/Udo
一体何が起こっているんだ…
22 :1 :2017/03/19(日) 21:35:35.01 ID:a33ErKVXO
響「はぁ…もう何があっても驚かないと思うぞ」テクテク…

響「ん、あのコンビニから出てきたのって」

あずさ「あら〜、響ちゃん、こんにちは。この頃暑くなってきたわねぇ」

響「こんにちはだぞ」

あずさ「今そこのコンビニでアイス買ったの。響ちゃんにもあげるわ〜」

響「(今買ったものなら…)ありがたくもらうぞ」ペロペロ

あずさ「あらあら響ちゃんったらお鼻にクリームが。私のハンカチで拭いてあげるわ」フキフキ

響「わっぷ……ぅっ…」バタッ

あずさ「…うふふふふふふっ」


ーーーーー
ーーー

23 :1 :2017/03/19(日) 21:44:29.61 ID:a33ErKVXO
ーーーーー
ーーー


響「ぁぁ…ハンカチなんて古典的なのに…」

あずさ「うふっ、うふふふふ」

響「あ、あずさ…?」

あずさ「ちょーっと待ってね〜」ガサガサ…

響「な、何を出す気なんだ!」

あずさ「うふふふ〜」ガサガサ…

響「やめてくれぇ…自分、どうなっちゃうんだ…」

あずさ「はい、タクシー代」

響「え」

あずさ「ここから響ちゃんの家まで遠いでしょ?」

響「え、あ、はい」
24 :1 :2017/03/19(日) 22:00:45.90 ID:a33ErKVXO
響「多分このまま全員仕掛けてくるんだろうなぁ」

律子「どうしたの?なんか疲れてるみたいだけど」

響「律子…ちょっとね」

律子「…ちょっと待ってなさい」


律子「はい、コーヒー淹れたから飲んで元気だしなさい」

響「…律子、その律子が持ってる方と交換して欲しいぞ」

律子「え?良いけど私のはブラックだから苦いわよ?」

響「砂糖入れるから大丈夫だぞ(念のために飲み口も拭いて…)」フキフキ

律子「そう?じゃあ、はいこれ、シュガーポット」

響「ありがとう」サラサラ… カチャカチャ ズズッ

響「」バタッ

律子「…甘いわね、響」


ーーーーー
ーーー
25 :1 :2017/03/19(日) 22:10:54.47 ID:a33ErKVXO
ーーーーー
ーーー


響「ぐ……あれだけ警戒してもダメかぁ」

律子「薬が入ってたのは砂糖にだけど、ちなみに両方のカップの持ち手とティースプーン自体にも塗っておいたわ」

響「…睡眠薬じゃなかったら最悪今頃この世にはいなさそうだな、自分」

律子「さーてと、じゃあ早速だけど」ガタッ

響「っ!」ビクッ

律子「事務所閉めますかね」

響「え」

律子「いや、もう終業時間だから」

響「え、あ、はい」
26 :1 :2017/03/19(日) 22:13:43.62 ID:a33ErKVXO
響「…もしかして貴音もやってくるのかな」

響「そしたらなんかショックだぞ…」


貴音「…」zzZZZ


響「お菓子の包み紙の散乱する中で貴音が寝てる…」

響「貴音ェ…」
27 :1 :2017/03/19(日) 22:18:17.32 ID:a33ErKVXO

小鳥「あ、響ちゃーん」

響「ピヨ子、どうしたんだ」

小鳥「ちょっと珍しいお茶が手に入ってね、一緒にどうかなぁって」

響「ピヨ子はなんかガチで危ない気がするから遠慮するぞ!」ダッ



小鳥「」


28 :1 :2017/03/19(日) 22:24:29.41 ID:a33ErKVXO

P「ただいま戻りましたー」

響「あ、プロデューサー」

P「ん、響だけか」

響「みんなは出掛けてるぞ」

P「そっか、じゃあはいこれ、外回りついでにケーキ買ってきたから先に食べてもいいぞ」

響「!」

響「プロデューサーも…」

P「ん?」

響「プロデューサーも自分に睡眠薬を飲ませる気なんだ!このケーキに入ってるんだろ!」

P「?!」

響「そして眠った自分に色々と…その…するつもりなんだろ!バカ!この変態!変態プロデューサー!」

P「ありがとうございますっ!」



P「で、睡眠薬ってなんのこと?」


おわり
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/19(日) 22:25:28.46 ID:bwMeaHuEO
乙。
危険予知ができるなんて響は完璧だな!!
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/19(日) 22:25:30.81 ID:NFkeqP4wO

普通に不気味で怖い
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/19(日) 22:26:40.68 ID:LIU363ik0
え、どういうことなの・・・
32 :1 :2017/03/19(日) 22:28:49.99 ID:a33ErKVXO
おわりです
今回は特にコンセプトはありません

関係はないですが過去作も良ければよろしくお願いします

P「響はもう黙らせるしかないな」

P「響…もういい加減アイドルを辞めてくれ」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/19(日) 22:31:19.95 ID:NFkeqP4wO
お前だったのか...
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/19(日) 23:07:54.67 ID:LIU363ik0
乙。
なんとなく分かってたけど、やっぱりお前だったのか・・・
このくらいの短さの方がサクッと読めて好きです。
また書いて下さい。
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/19(日) 23:55:34.10 ID:vsiExkekO

P眠らせるための実験台かと思ったわ
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/20(月) 00:28:19.61 ID:+/rtPwzuo
疲れてる響を休ませてるというハートウォーミングな設定で補間しといた
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/20(月) 01:57:08.25 ID:/2r9F0beO
>>36
これだと思ってたけど違った
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/20(月) 02:27:03.51 ID:0SBLaC2ko
世にも奇妙な物語っぽいな
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/20(月) 08:21:47.53 ID:50nWiKbgO
毎回響のえ、あ、はいで笑う
あと響の口調がちょっとだぞだぞ言わせ過ぎかなーって
あずささん呼び出し…というかなにもしないのに家まで連れていきわざわざタクシー代を渡してまで帰すあずささんっていったい…
雪歩は地下室のことそのままでいいのかな…
もしかして雪歩の場合は何か本当にやったのか?
14.55 KB Speed:8.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)