善子「二重人格でも恋がしたい」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:41:47.08 ID:J72/wDSE0
「はぁ・・・」
家に帰った私は部屋にカバンを置きながら、深いため息をつく。
「今日も、リリーと話できなかった…」
私の名前は津島善子、高校1年生。私は今、恋をしてます。でもその恋は絶対にしてはいけない禁断の恋だ。私が好きになってしまったのは、一個上の女の先輩。普通の恋をしてないことぐらい分かっている。しかし、私にはもう一つ、もっと大事な、恋をしてはいけない訳があるのだ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492436506
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:43:51.70 ID:J72/wDSE0
二重人格、と言うのが正しいのだろうか。発端は中学生のときだった。仲の良かった唯一の私の友達が私の誘いを断って他の子と遊んでいた姿を見たとき。私は、自分の心にどす黒い感情が湧き上がってくる感覚をいまだに覚えている。
(なんで・・・?どうして・・・?)
それから先はふらふらと家に帰り着いたことだけは覚えている。でもそこから先の記憶がなかった。自分が自分じゃない何かに変わっていく気がした。朝になると私の部屋の窓ガラスは粉々に割れていて、階下には砕けた写真立てが。その友達と一緒に写っている写真が入っていたものだ。ああ、そうか。これは私がやったことなんだな、ってすぐに納得する。割れたガラスと引き換えに私の心はとても晴れ晴れとしていたのだから。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:44:32.65 ID:J72/wDSE0
その後も私の中の「ソイツ」は時々目を覚ます。とは言っても、毎日のように私は豹変するわけではない。嫉妬、悲しみ、憎しみ、怒り。人間ならだれもが感じるような負の感情。それは豹変のトリガーとなり、「ソイツ」は私の理性を越えて外の世界に首をだしてくるのだ。そして、このことが起こるのは必ず夜遅くだという事に私は気づいた。そこで、私は夜の間だけ出現するもう一人の「私」に堕天使という意味合いを込めて「ヨハネ」と名付けることにした。
ヨハネはいつ現れるかはわからない。全ては私の心によって決まる。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:45:00.66 ID:J72/wDSE0
「リリーに会いたい…」
ダメ、ダメ、ダメ!私は首を振る。会いたい、という気持ちは会えない、辛いと変わっていき、いずれ私の心を支配し、体を衝き動かす。理性がちぎれた私が目覚めたら、私はリリーに、Aqoursのみんなに、何をしてしまうのかわからない。大事なAqoursの仲間にそんなことをするわけには行かない。だから私は今日も自分の気持ちを押し殺して、「善子」として生きていく。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:45:45.79 ID:J72/wDSE0


「はぁ…」
こちらは内浦。桜色の髪が綺麗な彼女もまた、風呂上がりの火照った身体をベッドに預け、ため息を漏らす。
「よっちゃん…誘いたいなぁ…」
彼女の手にはとある遊園地のチケットが。お二人様ご招待と書かれた紙を見つめながら、彼女は机の上のカレンダーに目をやる。使用期限までもう日がない。今週中に誘えなければ、行くことはできないだろう。そのとき窓の外から声が飛んできた。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:46:17.00 ID:J72/wDSE0
「おーい!梨子ちゃん!」
「なぁに?千歌ちゃん。」
「今日は誘えた?」
「うぅ…まだ……」
「えぇ〜まだなのぉ?」
「うん……」
呆れる彼女を前に梨子も自分の思い切りのなさに我ながら悲しくなる。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:46:50.03 ID:J72/wDSE0
「明日は、ユニットに分かれての練習ってダイヤさんが言ってたから、そんときに誘わないとだめだよ!」
「うん。頑張ってみるね。」
「まずは一歩踏み出してみないと!頑張ってね、梨子ちゃん!」
そうだ、まだ断られたわけじゃないんだ。誘うこともできずに何をやっているんだ桜内梨子!
そう自分を奮い立たせる。明日は勇気を出して誘ってみよう。私は胸いっぱいに期待を込めて眠りについた。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:47:34.93 ID:J72/wDSE0
***

うぅ…緊張する……なんで鞠莉さんいないのよ!
そんな叫びが口から漏れそうだ。久しぶりのユニット練習でまさかの鞠莉さんが欠席。必然的に私はリリーとふたりぼっち。いざ、二人になってみると、恥ずかしくて会話が続かない。リリーもさっきからチラチラとこっちを見て落ち着かない。
「「あのっ!」」
二人の声が重なる。
「あぁ!お先にどうぞ!」
「いやいや、リリーから!」
なんて問答をした後、リリーから思いがけない一言が飛んできた。
「よ、よっちゃん!私と来週末に遊園地、行きませんか!!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:48:33.51 ID:J72/wDSE0
え?どういうこと?顔を真っ赤にしたリリーを見つめながら私は今の言葉の意味を反芻する。途端に私の顔もさぁっと赤くなる。
「わ、私がリリーと遊園地??///」
「ご、ごめん。やっぱりダメだよね…」
しょぼんとした顔をするリリー。
「いや、行くわよ!行くに決まってんじゃない!」
頭で考えるより先に口を突いて言葉がでてきた。
「ほ、ホント?」
リリーにの顔がぱあっと明るくなる。私は彼女の笑顔が気恥ずかしくて、目を逸らす。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:49:51.92 ID:J72/wDSE0
***

「えへへ…///よっちゃんからオッケーもらえちゃった///」
私はよっちゃんと一緒に出掛けられることが嬉しくて、すぐにお隣の千歌ちゃんに報告する。
「おぉ〜やったね!」
自分のことのように喜んでくれる彼女を見ながら、私は当日は何着ていこうかな、なんて呑気に考えていた。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:50:47.72 ID:J72/wDSE0
「ヒューヒューお暑いね、お二人さん。オッケーもらったってことは善子ちゃんも梨子ちゃんに気があるんじゃないの〜?」
「もう///茶化さないでよ///」
「うぇぇぇ…梨子ちゃんメチャクチャ笑顔…」
ほ、本当にそうだったらどうしよう?リリー好きよ♡なんて言われたら私…どうかなっちゃうよぉ…///
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:51:13.76 ID:J72/wDSE0
「梨子ちゃ〜ん?私を一人にしないでよ〜」
千歌ちゃんの声を聴いても、私の妄想は止まらない。当日の予定とかを考えながら私は幸せな気分に浸っていた。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:51:42.75 ID:J72/wDSE0
***

さて、どうしましょう…私は翌朝、不安を抱えながら登校する。勢いでオッケーしちゃったのはいいけど、心配なのは別れ際だ。今の段階からこんなことを考えるのは変だとは思うけど、私は考えずにはいられない。
「別れた後までグダグダ引きずらないことが重要ね…」
リリーと別れた後の寂しさはヨハネを召喚するには十分すぎる。ヨハネは私の身体を内浦まで、リリーの家まで持っていくかもしれない。それだけは絶対に避けなければいけないことだ。どれほどの行動力を持つのかわからないヨハネに対して、私は背筋が寒くなる思いがした。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:52:12.78 ID:J72/wDSE0
当日の朝。約束より30分早い時間から私はそわそわと落ち着きかない。懸念材料があろうとも大好きなリリーと1日遊園地に行けるのだ。嬉しくないはずがない。
「よっちゃん、待った?」
私が来てしばらくしてから、来たリリーは可愛らしい春色のコーデを身に着けていた。ふわっと香る彼女の香り。
「よ、よっちゃん///あんまりじろじろ見られると恥ずかしいよ…///」
「何というか…可愛いわね///」
「あ、ありがと…///よっちゃんこそ、素敵なお洋服ね。可愛いわよ♡」
リリーに褒められた、それだけで私の体温が2度以上あがるような気がした。
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:52:40.08 ID:J72/wDSE0
「大丈夫?何だか顔が赤いけど…」
心配そうに私の顔をのぞき込むリリー。
「わぁぁぁ!顔が近いわよ!///」
自分が幸せの絶頂にいるような気がして、私の心は彼女で満たされていく。
「ふふ♡手つなご?よっちゃん♪」
ぎゅっと私の手にリリーの暖かくて柔らかい手が滑りこんでくる。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:53:32.08 ID:J72/wDSE0
「リリー、リリー!次はあれに乗るわよ!」
「わぁぁぁ!待ってよ、よっちゃん!」
私の手を掴み、次なるアトラクションへ駆け出す彼女。楽しそうにはしゃぎ回る彼女を見て私も微笑む。
「はい、リリー。リリーにも一口あげるわ!」
そう言って、アイスを差し出すよっちゃん。
こ、これって間接キスなんじゃ…///
正直味なんてわからなかった。
「美味しいでしょ?リリー」
そんなことどこ吹く風で全く気にしない彼女に顔が赤いことを気取られないようにそっぽを向く。
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:54:04.39 ID:J72/wDSE0
「よっちゃんはずるいよ…///」
「?何か言った?リリー?」
小首を傾げるよっちゃんが可愛すぎて、私はまともに見ることができなかった。
「次はあれ行きましょ!」
一際わくわくした彼女が指差すのは、お化け屋敷。
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:55:40.22 ID:J72/wDSE0
「きゃぁぁぁぁぁぁ!!??」
「もう無理!もう無理よぉ…」
涙目になりながら私は呟く。
「大丈夫よ、リリー!私が付いているから…ってひゃぁぁぁぁ!!」
暗闇の中、私たちはお互いを離さぬように固く手を握りしめながら先へと進む。
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:56:18.95 ID:J72/wDSE0
「や、やっと出れた…」
ほっとした私はよっちゃんに抱き着いていることに気が付いた。
「ひゃぁぁ!ごめんなさい///」
慌ててパッと離れて、急いで謝る。私から離れられたよっちゃんは何だか寂しそうだ。
でも、かっこよかったな。よっちゃん。そう思いながら私は想い人の手を再びギュッと握る。
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:57:04.08 ID:J72/wDSE0
楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、辺りは段々と暗くなり始めた。
「帰ろっか、よっちゃん。」
「そうね、帰りましょうか。」
寂しいことを顔に出さないようにして私は言葉を返す。この分ならあまり遅くならずに、ヨハネが目覚める時間までには家に帰りつけそうだ、そう思ってた。
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:58:09.83 ID:J72/wDSE0
「人身事故…?」
駅についたとき私は目を疑った。人身事故で電車が止まっている。それは、大幅に帰れる時間が遅くなることを意味していた。
「お母さんに遅くなる、って連絡を入れなきゃ…」
そんな彼女の声も全く聞こえなかった。私はただただ、時間が過ぎないことを祈っていた。彼女と別れたくない。しかし、早く別れなければ、私はリリーを傷つけてしまうかもしれない。私の焦りは募る一方だ。

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:58:38.29 ID:J72/wDSE0
「すっかり遅くなっちゃったわね…」
沼津についたとき、時刻は10時を回った頃だった。
「今日は楽しかったわ、じゃあまたね。」
笑顔でバイバイ、と手を振る彼女。楽しいことがあった後の別れの辛さは大きい。
「別れたくない…行かないで…リリー…」
こんなこと思っちゃダメなのに。必死に自分を制止しようとするも、走り始めた想いは私の心から溢れ出てこようとする。
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:59:08.42 ID:J72/wDSE0
リリーと別れたくない。ダメ。早く帰らなきゃ!寂しいよリリー。違う!また明日も会えるんだから!ここでさよなら!
ばいばい。その一言が出てこない。
寂しい、寂しい、リリー。
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 22:59:34.75 ID:J72/wDSE0
(逃げて、リリー)
最後に願った言葉もむなしく、私は黒に塗り潰されていく。私の意識が深い闇の中に、堕ちていく。
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 23:00:19.56 ID:J72/wDSE0
………誰だってビックリするわよ。さよならって言ったら帰らないで、なんて言われるのよ。自分の好きな人から。そんなの、足を止めちゃうに決まってるじゃない。
「よ…っちゃん?」
様子がおかしかった。いつも感情をはっきり表に出す彼女が抑揚のない声でぶつぶつと何かを呟く。
「どうしたの、大丈夫?具合悪いの?」
何を呼び掛けても彼女からまともな反応が返ってこない。訝しげによっちゃんを見ること数秒。突然、よっちゃんが顔をあげた。その顔は私が知ってる優しくてかっこよくて可愛いよっちゃんだった。
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 23:01:00.06 ID:J72/wDSE0
「もぉ〜リリーったら。帰らないでよ〜」
何だ、普通じゃないか。いつもの通りのよっちゃんと同じような反応を見て一安心。でも、もう10時を過ぎているのだ。これ以上遅くなるわけにはいかない。意中の人からそんなことを言われるのはとてつもなく嬉しいが、今日はもう帰らないと。
「また明日会えるから、ね?よっちゃん。」
帰ろうと足を進める私の手をよっちゃんは握りしめた。
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 23:01:27.13 ID:J72/wDSE0
「帰らないで、って言ってるの。」
「もう、よっちゃん。わがまま言っちゃダメよ?」
その瞬間、よっちゃんが私の手を握る強さがいきなり強くなった。
「痛っ!」
私は思わず顔をしかめ、よっちゃんの方を見る。私は戦慄した。初めてよっちゃんを怖いと思った。顔は間違いなくよっちゃんだ。でも、その瞳は深い闇を湛え、底なし沼のように私を逃がさないことを感じ取らせる。
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 23:01:57.67 ID:J72/wDSE0
「い、嫌…」
私がよっちゃんから距離を獲ろうとしても彼女は万力のように私の手を掴んで離さない。そのとき、よっちゃんから何かが聞こえてくるような気がした。いや、もしかしたら彼女の瞳がそう語っていたのかもしれない。
(寂しい、リリー 私のそばにいて欲しい…)
よっちゃんの瞳の奥は泣いているような気がした。私はいてもたてもいられなくなった。
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 23:02:48.24 ID:J72/wDSE0
「お願い、よっちゃん!もとに戻って!」
私は逆によっちゃんに近づき、彼女を抱きしめる。私の瞳から涙が溢れだす。よっちゃんの手が驚いたようにビクッとして、徐々にその力が弱まっていく。
「よっちゃん…お願い…私はあなたが好き!大好きなの!私が何かしたなら、謝るから!お願いだから私の大好きな優しいよっちゃんに戻って!」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 23:03:18.44 ID:J72/wDSE0
私は必死に叫ぶ。すると、よっちゃんは恥ずかしそうに身じろぎしてこう呟いた。
「く、苦しいわ…リリー///」
「よ、よっちゃん…」
顔を赤らめたよっちゃんが私の中でもぞもぞ動いている。それは私の知っているよっちゃんだった。
「よ、良かったよぉぉ!よっちゃん!うわぁぁぁぁん!!」
「ちょ、ちょっと?リリー泣かないでよ!わっぷ!」
感情が決壊した私はよっちゃんにもう一度抱き着く。もう2度と彼女があんな風にならないように。
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 23:03:53.66 ID:J72/wDSE0
落ち着いたところでよっちゃんは全てを私に聞かせてくれた。ヨハネの存在、そのせいで今日の約束を断ろうとしていたこと。そして…
「リリー!私もあなたが大好きです!こんな私でよければ、付き合ってください!」
答えはもう決まっている。
「私もよっちゃんが大好き。よっちゃん!」
何度目かわからないよっちゃんとハグ。それは私の心を温かいもので満たしてくれる。
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 23:04:22.45 ID:J72/wDSE0
「それにしても、 ビックリしたわ。急によっちゃんがあんな風になってしまうんだもん。」
「それについては…本当にごめんなさい!」
仰々しく頭を下げる彼女。私は慌ててそれを制止してから質問を続ける。
「それにしても、夜の間中出現するヨハネはどうして途中でよっちゃんに戻ったのかしら?」
「それは・・・リリーの愛のおかげかも///」
自分の頬が熱くなるのがわかった。もう!なんでよっちゃんはそんなことを平然と言えるのかしら///
「暗闇の中からリリーの声が聞こえて…光の見えるほうに行ってみたら…リリーが私を抱きしめていたのよ///」
あーもう、恥ずかし恥ずかし!という風にブンブンと自分の手を顔の前で振るよっちゃん。
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/17(月) 23:04:53.39 ID:J72/wDSE0
「ねえ、よっちゃん。」
「ん?」
「じゃあ、もう2度と私たちが離れないように指切りげんまん、しよっか?」
はい、と小指を差し出す私に戸惑うよっちゃん。仕方なしに小指を差し出してくる。
「ゆーびきーりげんまん、嘘ついたら針千本のーます!指きった」
チュッ
私の頬に何か柔らかいものが触れる。それがよっちゃんの唇だと気づくのに時間はかからなかった。
「大好きよ、リリー///」
私を救ってくれて、ありがとう。そんな言葉が彼女から聞こえてきた気がした。
「私も大好きよ♡よっちゃん♪」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/17(月) 23:06:55.33 ID:J72/wDSE0
おしまいです。pixivに投稿したものをこちらにも投稿しました。お付き合いいただきありがとうございました。
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/18(火) 00:39:08.65 ID:L1Zg2//rO
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/22(土) 17:25:57.93 ID:IFFfuyVe0
乙です
15.88 KB Speed:3.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)