このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

小梅「イケメン輝子ちゃんにナデナデされたい」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/20(木) 18:44:59.90 ID:e3p3Qp+m0
in 小梅の自室



幸子「……?」

小梅「だ、だからね……?」

小梅「イケメン輝子ちゃんに…… ナデナデされたいの……!」

幸子「いや、ちゃんと聴こえてますから」

幸子「ただ、言っている事の意味が分からないというのか……」

幸子「特に、『イケメンショウコチャン』という文言がちょっと」

小梅「……あっ」

小梅「ご、ごめんね…… 色々はしょっちゃって」

幸子「いえいえ」

幸子「まあ、なんとなく、輝子さんの事を指してるのは分かるんですけど」

小梅「う、うん、そうなの…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492681499
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

ガヴリール「サターニャの様子がおかしい」ゴローニャ「?」 @ 2017/06/24(土) 05:23:14.29 ID:CpUVHG7n0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498249393/

小さくか弱き解放者 @ 2017/06/24(土) 02:28:14.43 ID:xOc7aE5Xo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1498238894/

ガヴリール「ヴィーネとお風呂で」 @ 2017/06/24(土) 01:24:30.80 ID:ogfPLEN80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498235070/

幼女「キモヲタに誘拐された時の話をしよう」 @ 2017/06/24(土) 00:58:45.05 ID:32roN0rr0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498233524/

【安価】ギャルゲdeデレマス @ 2017/06/24(土) 00:49:52.21 ID:bXKw/z0o0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498232991/

冷泉麻子「安価で行動する」 @ 2017/06/24(土) 00:47:52.53 ID:ctZiejZY0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498232872/

ボイン大好きP太君〜アイドルのお姉さん編〜 @ 2017/06/24(土) 00:45:30.42 ID:cGDMiVuCO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498232730/

サターニャ「何もないところからポッキーを出せる能力…?」 @ 2017/06/24(土) 00:38:03.00 ID:aMEgm5MJ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498232282/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:46:19.61 ID:e3p3Qp+mo
小梅「この前ね、インディビジュアルズのイベントが開かれたでしょ?」

幸子「あ、はい。インディビジュアルズとしてのデビュー曲を歌ったアレですよね」

小梅「うん、そ、それでね……」

小梅「そのイベントでの輝子ちゃんが、す、凄く格好良かったって」

小梅「美玲ちゃんと乃々ちゃんが話してくれたでしょ?」

幸子「……ああ」

幸子「そういえば、しましたね」

幸子「ボク達四人でランチを食べていた時、そういう話を」

幸子「なんでも、別人みたいにCOOLで格好良かったとか」

小梅「うん…」

幸子「声までイケメンな感じになったとか」

小梅「うん…」

幸子「ちょっと危険な香りがしたとか」

小梅「うん…」

幸子「それに、ステージ上だけじゃなくて、ファミレスに行った時も格好良かったとか」

小梅「うん…」

幸子「まあ、昨日は輝子さん本人が仕事で居なかったので、実際に見ることは出来ませんでしたが」

幸子「……ん?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:47:08.99 ID:e3p3Qp+mo
幸子「もしかして、イケメン輝子ちゃんというのは」

小梅「うん… その、COOL状態の輝子ちゃんのこと… なんだ」

幸子「……なるほど」

幸子「つまり、小梅さんは、イケメン状態の輝子さんにナデナデされたい」

幸子「という事なんですね」

小梅「う、うん…… そうなんだけど…… へ、変…… かな?」

幸子「いえ……」

幸子「まあ、小梅さんの方が二つも年下ですし」

幸子「甘えたい、と考えられても不思議ではないと思いますから」

幸子「それに、輝子さんだって、小梅さんに甘えられたら嬉しく思うでしょうし」

小梅「そ、そっか……」ホッ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:48:31.30 ID:e3p3Qp+mo
幸子「ですが、輝子さんにお願いするとしても」

幸子「どのタイミングでやるかですね」

小梅「今日… というか、い、今から……かな……」

幸子「……へ?」

幸子「い、今からですか?」

小梅「う、うん……」

小梅「じ、実は…… さっきね、輝子ちゃんに、今日の予定訊いてみたの」

小梅「そ、そしたら… 仕事は午後からだけど……」

小梅「おトモダチのお世話があるから…… お昼前には…じ、事務所に居るって… 言ってた」

小梅「だ、だから、多分、今から事務所に行けば… 輝子ちゃんに会えると思う」

幸子「あ… そ、そうですか……」

幸子「……あの」

幸子「何か… 有ったんですか……?」

小梅「……?」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:49:09.68 ID:e3p3Qp+mo
幸子「いや、なんか、凄くやる気だなぁ……って、思いまして」

幸子「小梅さんが、そこまでの積極性を見せる事って、普段は余りないですし」

幸子「ホラーなネタはまだしも」

幸子「ですから、何か有ったのかなーっと」


小梅「……う、うん」

小梅「何か有った……」

小梅「って程じゃないけど……」

小梅「な、なんだか…… もにょもにょしちゃって……」

幸子「もにょもにょ……?」

小梅「……あのね」

小梅「私と輝子ちゃんって… な、仲が良い方… だと思うんだ」

小梅「少なくとも… わ、私にとって、輝子ちゃんは、本当に… 大切な友達だと思ってるし」

小梅「輝子ちゃんも… きっと、同じように想ってくれてると思うの」

小梅「付き合いも長くて… い、一緒に居た時間も多くて…… 思い出も…… た、たくさんあるし」

小梅「さ、流石に… 輝子ちゃんの、す、全てを知ってるとまでは言わないけど……」

小梅「それでも…… 輝子ちゃんのこと、一番よく知ってる友達のつもり…… だったんだ……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:50:05.02 ID:e3p3Qp+mo
小梅「……でも」

小梅「輝子ちゃんには… わ、私の全然知らない一面が……」

小梅「美玲ちゃんと乃々ちゃんだけが知ってる一面が在って……」

小梅「……でも」

小梅「そ、それって、イジワルな考え方をすると……」

小梅「それまで私には見せなかったけれど……」

小梅「美玲ちゃんと乃々ちゃんにだけは見せた部分……」

小梅「って、ことだよね……?」

小梅「……も、もちろん、別に、美玲ちゃんや乃々ちゃんがどうこうとかは思わないし」

小梅「輝子ちゃんにだって…… 輝子ちゃんのお付き合いが在るんだし……」

小梅「と、友達だからって… お、お互いの事を… 全部知ってたり見せたりするワケじゃないのは分かってるんだけど」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:50:46.66 ID:e3p3Qp+mo
小梅「それでも……」

小梅「二人の話を聞いた時から……」

小梅「な、なんだか……」

小梅「胸の中が…… もにょもにょ、ってしちゃって……」

小梅「それで…… い、色々考えたんだけど……」

小梅「私の知らない輝子ちゃんに…… 私も会えたら……」

小梅「この変な気持ちも消えるんじゃないかなぁって」

小梅「……た、多分、ナデナデは、二人もしてもらってないだろうし」


幸子「……」

小梅「あっ、あの…… ごめんね」

小梅「いきなり、こ、こんなこと、言い出して……」

幸子「……」

幸子「……」

小梅「……?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:51:45.96 ID:e3p3Qp+mo
小梅「幸子…… ちゃん?」

幸子「……いえ」

幸子「ボクも、同じですから」

小梅「……?」

幸子「実は、ボクも、美玲さんと乃々さんのお話を聞いた時から」

幸子「なんだか、小骨が喉に引っ掛かってるというか、心がモヤモヤして晴れないというか……」

幸子「……まあ、なんというか」

幸子「……うーん」

小梅「……もにょる?」

幸子「……いや、まぁ」

幸子「はい……」

幸子「そりゃあ…… もにょりますよね、どうしたって」ムスー
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:52:34.61 ID:e3p3Qp+mo
幸子「別に、輝子さんの全てを知ってるだなんて自惚れはしてませんけど」

幸子「それでも、それなりには知ってるつもりでしたし」

幸子「輝子さんとは仲の良い友達で」

幸子「きっと、輝子さんも、ボクと同じように想ってくれていると……思ってましたから」

幸子「……勿論、ボクも、美玲さんと乃々さんに嫌な感情を持ったりはしませんよ」

幸子「お二人とも友達…… ですしね、ボク達だって」

小梅「うん……」

幸子「それに…… 輝子さんが美玲さんと乃々さんとも仲が良い事も分かってますし……」

幸子「でも……」

幸子「それは…… ボク達だって……」

小梅「……」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:53:12.53 ID:e3p3Qp+mo
小梅「……そっか」

小梅「な、なんか、良かった」

小梅「私だけじゃなくて」

小梅「幸子ちゃんも、私と同じ事を思ってくれてて」

幸子「そうですね」

幸子(ただ、ボク場合、ナデナデまでは思い至りませんでしたけど)

幸子「……では、行きましょうか」

幸子「余りのんびりとしていると、輝子さん、仕事に行ってしまうかも知れませんし」

小梅「あ、う、うん… そうだね……」

小梅「じゃあ行こっか……」

幸子「はい」

小梅「うん」

小梅「……あっ、ナデナデは」

小梅「ナデナデは…… わ、私が先でいいかな……?」

幸子「……へ?」

小梅「無理にとは言わないけど……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:53:58.94 ID:e3p3Qp+mo
幸子「……えっと、小梅さんのお好きなようにどうぞ」

幸子「というか、ボクはナデナデは遠慮しておきますし」

小梅「……え?」

幸子「いや、ボクとしてはイケメン輝子さんを見れればそれでいいので」

幸子(というか、輝子さんとは一つしか歳が離れてないので、ちょっと恥ずかしさも有りますし)

小梅「……そ、そうなんだ」

幸子「はい」

小梅「……む、無理は体によくないよ?」

幸子「いや、別に無理してるつもりは……」

小梅「そ、そっか……」


小梅「……あ、あのね」

小梅「気が変わったら、いつでも言ってね……」

幸子「いや、あの……」

幸子「……えーと」

幸子「……お気遣いありがとうございます」

小梅「うん」ニコッ

幸子(……うーん)

幸子(何が小梅さんをここまで駆り立てるんでしょうね)

小梅「た、楽しみ…… だね……」

幸子「ソーデスネー(棒」

幸子(まあ、小梅さんが楽しそうなので、何の問題もありませんけど)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:55:52.23 ID:e3p3Qp+mo
in 事務所


輝子(イケメン&イケボVer.)「あの、腕が疲れたんだけど」ナデナデナデ

小梅「も、もう少しだけ……」ウットリ
幸子「頑張って頂けると……」ウットリ

輝子「……ふふッ」

輝子「なんだか今日の二人は、随分と甘えて来るんだな」

小梅「……輝子ちゃんの方がお姉ちゃんだもん」
幸子「……輝子さんの方がお姉さんじゃないですか」

小梅「だから、いいよね……? 甘えても……」
幸子「ですから、いいですよね……? 甘えても……」



モバP(……なんでだろう)
ちひろ(……なんでだろう)

モバP(酷く見事な即堕ち2コマを見てしまった気がする)
ちひろ(酷く見事な即堕ち2コマを見てしまった気がする)

モバP(……でも)
ちひろ(……でも)
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:56:18.37 ID:e3p3Qp+mo
輝子「……そうだな」

輝子「じゃあ、頑張らないといけないな。お姉ちゃんとしては」ナデナデナデ

小梅「……えへへ///」
幸子「……えへへ///」



モバP(ああ^〜 癒されるぅ〜)
ちひろ(ああ^〜 癒されるぅ〜)
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:58:36.97 ID:e3p3Qp+mo
番外編


明くる日の朝・事務所机の下

まゆ「へえ、そんな事があったんですかぁ」

輝子「あ、ああ……」

輝子「お陰で、手と肩が筋肉痛に……」

まゆ「ふふふ、お疲れ様でした」

輝子「い、いや、まぁ、大したことはしてないけど……な」

輝子「それに…… 筋肉痛になったのは、私が調子に載ったせい、みたいなものだし」

まゆ「調子に…… ですか?」

輝子「うん…… 二人に甘えられて、なんだか、嬉しくて…… つい、頑張りすぎたらしい……」

輝子「わ、私、ボッチだったから……」

輝子「誰かに頼られたり、甘えられたり、されて来なかったから、なんだか、無性に嬉しくて……」

まゆ「……輝子ちゃんの気持ち、まゆにも分かる気がします」

まゆ「まゆも、誰かに頼られたり、甘えられたりすると、嬉しくて、張り切っちゃいますし」

輝子「ま、まゆさんも……なのか?」

まゆ「そうですよぉ」

まゆ「親しい相手の場合は特に、ですね」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 18:59:09.09 ID:e3p3Qp+mo
輝子「そ、そうか……」

輝子「……」

輝子「……あ、あの」

輝子「じゃ、じゃあ…… 私もまゆさんに甘えたり…… とか……」

輝子「い、いや、なに言ってるんだろうな私――」

ナデナデ

輝子「――あっ」

輝子「……フヒッ!」

まゆ「まゆも、すごく嬉しいですから」

まゆ「輝子ちゃんに甘えてもらえて」ナデナデナデ

輝子「……フヒヒ!」

輝子「そ、そうか……!」

輝子「なら、私も同じだな……!」

輝子「私も、すごく嬉しいから」

輝子「まゆさんに、甘えさせてもらえて」

輝子「……し、幸せ、だな」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 19:00:13.45 ID:e3p3Qp+mo
輝子「……あの」

輝子「もう少し、こうしても…… よかったり……?」

まゆ「もちろんですよぉ」

まゆ「輝子ちゃんが満足するまで、まゆ、張り切っちゃいますから」

輝子「フヒッ、ど、どうも、ありがとう」

まゆ「いえいえ、どういたしまして」ナデナデナデ




モバP(ああ^〜 浄化されるぅ〜)
ちひろ(ああ^〜 浄化されるぅ〜)



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 20:21:36.13 ID:KSVnr40UO
乙乙
あのイケメンモードを前にしては当然の結果だな
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 21:17:36.04 ID:1PqiXEbrO

まゆにナデられるとか幸子さん嫉妬不可避
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/20(木) 21:40:56.75 ID:KqL9OZzyo
撫でてもらうの好きな幸子が我慢できるわけもなかったな
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/21(金) 10:13:27.57 ID:7GbWMojR0

ナデナデシテー(某昔の玩具風に)
13.15 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)