平塚「今日から奉仕部の一員になるウシジマだ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/21(金) 15:24:05.73 ID:CQBxnJLL0
平塚「ウシジマ、挨拶をしろ」

ウシジマ「アンタが雪ノ下雪乃?アンタの父親の会社には随分儲けさせてもらってるよ」

雪乃「そう…それで私は彼をどうすればいいんでしょうか?」

平塚「こいつの矯正を頼みたい。こいつは見ての通り、人を寄せ付けない奴でな…友達の一人もいないんだ」

ウシジマ「友達なんて必要ねぇ いつ裏切るか分からねぇからな」

平塚「こいつのこういう腐った部分を矯正して欲しいんだ」

ウシジマ「アンタが俺をどう思うが勝手だが俺自身を変えるつもりはねぇ」

雪乃「そんな勝手はこの部活に入った以上、許さないわ。この私がしっかりと矯正してあげるわ」

ウシジマ「出来るならもんならやってみな…俺は使う側になっても使われる側には絶対にならねぇ」

平塚「という事であとは頼んだぞ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492755845
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/21(金) 15:27:14.12 ID:CQBxnJLL0
ウシジマ「雪ノ下雪乃…あんたにひとつ聞きてぇ事がある」

雪乃「何かしら?」

ウシジマ「この部活は何部だ?」

雪乃「当ててみたらどうかしら?」

ウシジマ「テメェと遊んでる暇はねぇ さっさと答えろ」

雪乃「ほ、奉仕部よ」

ウシジマ「つまり、この部活に来る人間の手助けをすればいいってことだな?」

雪乃「大体はそんな感じね」

ウシジマ「じゃあ何でアンタは本を読んでるんだ?」

雪乃「依頼人を待っているのよ」

ウシジマ「フッ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/21(金) 15:31:08.32 ID:CQBxnJLL0
雪乃「何か?」

ウシジマ「俺は自分から行動を示さねぇ奴は認めねぇ だからアンタの言う事は聞かねぇ」

雪乃「何が言いたいのかしら?」

ウシジマ「客ってのは待つばかりじゃダメだ 時にはテメェで連れてこねぇとな」

雪乃「つまり依頼人を連れてきたいと言いたいわけかしら?」

ウシジマ「人間、悩みがあろうが自分から打ち明けらねぇ奴の方が多い そういうやつに限ってデカい問題を抱えてる事がある」

雪乃「一理あるわね」

結衣「あっ、あの〜奉仕部ってここでいいの?」

結衣「ってなんでウッシーここにいるの!?」

ウシジマ「アンタ誰?」

雪乃「ようこそ2年F組の由比ヶ浜結衣さん 同じクラスなのに知らないとは可哀想ね」

ウシジマ「俺は必要以上な交友は作らねぇ いざというときに面倒だからな」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/21(金) 15:35:55.46 ID:CQBxnJLL0
雪乃「つまりあなたはストーカーに遭っていると言う事ね?それは私たちではなく警察に相談した方がいいわ」

結衣「それがね、平塚先生に相談したらウッシーが何とかしてくれるって言うんだ!だから来たの!」

ウシジマ「俺は人の問題事に付き合ってる程暇じゃねぇ…こいつの言う通り、警察に行くんだな。」

結衣「や、やっぱそうだよね…」

雪乃「法的な手助けは出来なくても私たちに出来る事があるならばするわ」

ウシジマ「雪ノ下、お前は本当にこいつの問題事に足を突っ込む責任を取れるか?場合によっちゃお前も面倒な事に遭うぞ?」

雪乃「えぇあるわ…あなたみたいに理屈をこねて何もしないよりはマシだわ。出来る事はするつもりよ?」

ウシジマ「好きにしろ」

雪乃「それで加害者については何か分かっているのかしら?」

結衣「た、たぶん…E組の鍔戸三蔵くんだと思う…」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/21(金) 15:40:11.93 ID:CQBxnJLL0
三蔵「結衣!どこだ!どこにいる!」

結衣「い、いつもあんな感じでおっかけまわされるの…でも先生も怖くて手出しが出来ないの…」

三蔵「こんなとこにいたのかぁ!あぁ誰だお前?」

ウシジマ「テメェこそ誰だよ?」

三蔵「あぁん!?テメェ俺に喧嘩売ってるのか!?ぶち[ピーーー]ぞぉ!」

ウシジマ「[ピーーー]?テメェに本気で[ピーーー]覚悟があんのか?」

雪乃「ちょっとウシジマくん!刺激するような真似はよくないわ」

三蔵「うるせぇ!こうなったらまとめてレイプしてやる!男だろうが関係ねぇ!」

三蔵「ちんこ出して土下座したら許してやってもいいぞぉ!?早くしろぉ?」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/21(金) 15:45:28.14 ID:CQBxnJLL0
雪乃「ここは言う通りにした方がいいわ。下手に刺激すると本当に大変な事になるわよ?」

ウシジマ「アホか…んで初対面の野郎の言う事に付き合わねぇといけねぇんだ」

三蔵「分かったよ!んなに死にてぇなら殺してやるぅ!お前から殺してやる!」

ウシジマ「黙れ…鍔戸三蔵!」

ウシジマは隠し持っていたペンライトで三蔵の頭を一突きする。

三蔵「がぁ!」

ウシジマ「次は目に刺すぞ?大人しく帰るなら見逃してやる」

ウシジマ「それと今後、この風俗嬢に付きまとわねぇと誓約書を書け 破ったらただじゃおかねぇ」

結衣「風俗嬢じゃないし!」

ウシジマ「で、どうすんの?」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/21(金) 15:48:19.14 ID:CQBxnJLL0
結衣「ありがとうウッシー!おかげで助かったよ!でも三蔵くんの怪我大丈夫かな?」

ウシジマ「アホかテメェ 加害者を心配してどうする?」

雪乃「暴力的なやり方を認めるわけにはいかないけれど、今日の所は助かったわ。報告書には正当防衛という事で済ませておいたわ」

結衣「ゆきのんもありがとう!スリスリスリー」

雪乃「近いわ…あとその呼び方やめてほしいのだけれど?」

ウシジマ「フッ」

第一話〜完
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/04/21(金) 15:49:41.07 ID:CQBxnJLL0
その後…三蔵は馬に足をけられたバカボンのパパの逆で好青年に成り代わりましたとさ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/21(金) 18:45:18.03 ID:JTmRjAHTo
クソss乙
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/21(金) 21:49:10.73 ID:8Ew2KH8Io
乙です
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/22(土) 13:51:50.29 ID:YdFN2NVLO
ペンライトで刺すのか……タクティカルペンじゃなくて
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/23(日) 12:00:28.86 ID:Hf/+ChFfo
ペンライトくっそフイタ、タクティカルペンだろww
6.05 KB Speed:1.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)