高垣楓「駆け抜けるこの想い」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:01:03.70 ID:nvwqN8A+0
ー 都内のバー前 ー

「今日はありがとう。付き合ってもらって」
「こちらこそ、ありがとうございました。私もちょうど飲みたかったので」

ほんのり赤に染まった微笑み。それは本当に天使のようで、いま私はこの光景を独り占めしていて、

(もしよかったらーーー)

…言ってはならない言葉が、簡単に出てしまいそうになる。

「お礼に、というのも何だけど」

「…家まで車で送って行くよ」

ずるい人間だ。自分でも嫌になる。

「まあ!ありがとうございます、嬉しいです。では、カーで行くかー。ふふっ」
「ははっ。…お疲れ様。明日は久しぶりのオフなんだから、ゆっくり休んでね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494784863
2 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:04:06.20 ID:nvwqN8A+0

ーーーーーーーーーーーーーーー

青い街灯に照らされ、車に揺られて想う。
…このまま、どこまでも連れていってくれればいいのに。

「ここで結構です。目の前だと、誰かに見られてはいけませんし」
「わかった。迷惑をかけてごめんね。明日はゆっくり休んでね」



…本当に迷惑だ。ありえないことを期待してしまうのだから。

防犯のためとはいうが、青い輝きはいま明確に、私を陰鬱な気分にさせていた。


ーーーーーー

「きみ、アイドルになってみないか」

ーーーーーー

もっと飛べる。高く飛べば、喜んでもらえる。私をもっと見てもらえる。

あの日見た夢を、ずっと今まで追ってきた。
たくさんの記憶が、想いが、一気に流れ込んでくる。笑みが零れ、涙が零れる。

「アイドルが泣き顔を見せては、いけませんよね…」

濡れた顔を顔を拭おうとすると、いつの間にか袖も、身体中までもびしょびしょになっていたことに気づいた。
雨が、降っている。
3 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:05:54.53 ID:nvwqN8A+0
ーーーーーーーーーーーーーーー

私はいつもそうだ。いくら飲みに誘っても、想いは伝えられないし、もとより伝えてはいけないのに。

ただどうしても、あの光景をもう一度観たくなる。観られないと重苦しい気分が続く。観れば満たされ、心が晴れる。

依存の穴を自分から掘り進めるようなものだというのは、当然わかっている。
アイドルがサシで男と飲むのは危険なこともわかっている。

そして、私がどれだけ彼女を好いていて、大事にしたいと想っているかも、わかっている。
4 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:07:21.74 ID:nvwqN8A+0
彼女の身を第一に考えるなら、週刊誌にでもスッポ抜かれて破滅する危険を冒してまで、こんなことはしないだろう。
業績を第一に考えたとしても、トップアイドルの高垣楓と、こんな商品価値が下がるようなことはしないだろう。

私が第一に考えているのは自分だ。私は、他人にどれほどの迷惑をかけてでも、自分の欲求を通そうとする悪人だ。そのくせ、中途半端に他のことも気にかけてオロオロする愚図だ。

全部、わかっている。
分かっていても、湧き出る欲求に、どこまでも愚直に従ってしまう。

恋というのは、ここまで面倒なものだっただろうか。
5 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:09:15.89 ID:nvwqN8A+0

ーーーーーーーーーーーーーーー

「へっくしゅっ」
完全に風邪だ。これをもってトップアイドルとは、あまりに迂闊すぎる。

「…今日は大事な日なのに」

そう、総選挙の結果が発表される大事な日。
もし頂点まで登り詰められたなら、
ガラスの靴を履いて、逆に王子様に求婚を…なんて。

「本田さん、藤原さん。今回は私が、頂を頂きます。ふふっ………ふぅ」

どうにも平常心ではいられない。熱のせいだろうか。

とりあえず、近くの医院で診てもらおう。
簡単に支度をすると、二つの意味を持ったマスクを付けて、外へと歩き出した。
6 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:11:18.03 ID:nvwqN8A+0

ーーーーーーーーーーーーーーー
ー 事務所 ー

「お疲れ様です、プロデューサーさんっ」

つきあいの長い事務員さんが、優しい笑顔を見せてくれる。だが、今日はそれすらも私の心を刺しに来ていた。

「顔色が悪いですが、大丈夫ですか?近くの医院で診てもらいます?」

「すみません…二日酔いで…」
もちろん嘘なのだが。

「………」

「………」

「…心配したことで大きな損失が出ました。早く補填してください」

「承知いたしました。あなた様のお仕事をわたくしが代わりに片付けさせて頂きます」

「よろしい。よいしょっと」ドサッ

…この素直さを、ちょっとでも分けてくれはしないだろうか。

「宮城県の様子は私が監視しておきます。安心してくださいっ」

「はい。プロデューサー、頑張ります」

「ではまた。それと、今日の夜を楽しみに待ってくださいね!」

彼女はそう告げると、軽い足取りで部屋を出ていった。

…今日の夜。例の結果が出る時だ。
こういう仕事なものだから、既に色々と知ってしまっている。今更驚きもしないが、アイドルたちには何も伝えていない。といっても、中間発表の時とあまり変わっていないから、彼女らの間で大きな問題は起きないと思っている。

問題は私だ。
どういう気持ちで祝福すればいい?
どんな言葉をかければいい?


そうだ、いっそ勢いのまま告白でもーーー


…まずい。悪人を鎮めなければならない。
頂いた仕事は置いたままで、邪念を振り切りに部屋を出た。
7 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:12:49.05 ID:nvwqN8A+0

「おやプロデューサー君。どこへ行くのかね」

部長に見つかってしまった。何か言い訳を考えなくては…

「…体調が優れないので、診療してもらおうかと」

「おお、そうか。気をつけたまえよ。体が資本なのは、プロデューサーもアイドルも同じだからね」

「はい。では、失礼します」

…切り抜けはしたか。しかしサボりがバレるとまずいから、医院の近くでもうろついていよう。

8 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:20:09.11 ID:nvwqN8A+0
undefined
9 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:22:35.90 ID:nvwqN8A+0
ーーーーーーーーーーーーーーー

帰りがけに気づいた。

「そういえば、昼ごはんがありませんね…」

迂闊だ。本当に迂闊だ。
風邪なのに大丈夫か知らないけれど、近くのコンビニで何か買って帰ろう…


それにしても、総選挙には苦い思い出がある。

中間発表1位からの転落。
4年連続上位。かつ、未だガラスの靴を履いた経験なし。
悲劇のヒロインを気取るつもりはないけれど、中々酷い結果ばかり続いている気がする。

今回こそは負けられない。1位にならなければならない。

そして、どうか私に、あと一歩踏み出す力を下さい。

そんなことを想いつつ入店する。

適当におにぎりと弁当でも買って、あと野菜も…


「ありがとうございましたー」

買い物を終え、モノだらけの小さな箱から抜け出してーーー

「………」

「………」

ーーー数秒ほど硬直してしまった。
10 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:23:43.10 ID:nvwqN8A+0

事務所が近いから起こりうることではあったのだけれど…
何もかも迂闊すぎる。

「…ええと、コンビニで昼食摂ってるんだ」

「…い、いえ、今日は、ちょっと忙しくて…」
必死に咳を堪えながら、なんとか声を絞り出す。

「…そうか。今日だけならよかった。毎日続けちゃあ駄目だからな、今日も残業確定のこいつみたいに」
そういって彼は、自分の頭を指差す。

「はい。では」

冷たい反応だが、これ以上心配はかけられないから致し方ない。そそくさとその場を立ち去ろうとすると、

「あっ、ちょっと待って」

「なんです…」

言いかけたその瞬間。
全力をもって喉が決壊した。
11 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:26:22.72 ID:nvwqN8A+0

ーーーーーーーー

「連絡なかったんだけど…というか昨日、折りたたみ傘持ってたよね。水玉のやつ」

さし忘れたのはあなたを想っていたからです、なんて言えるはずもない。

「実はあれ、壊れていまして…」

「そうなんだ。なら仕方ない…いや仕方なくない」

「はい…すみません」

「とりあえず、今日は家でゆっくりしてて。連絡とかはこっちでするから」

「ご迷惑をおかけします…」

「気にしないで。そうそう、さっき言えなかったけど、総選挙頑張ってね。って、もう投票終わってるんだけど」

「はい…頑張ります…」

見せかけの笑顔すら作れないでいた。



色々とやらかしてしまった。
もうずっと寝ていようか…とも思ったけれど、今日だけは何があっても負けてはいけないのだ。
気を強く持って、若干千鳥足で帰路につく。

12 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:27:56.28 ID:nvwqN8A+0

ーーーーーーーーーーーーーーー

ー 事務所 ー

ふと時計を見上げると、日付が変わろうとしていた。
仕事もそこそこに早く帰って、かける言葉を練ろうーーー


ーーーとすると、部屋のドアがいきなり開かれて。



「プロデューサーさ…ケホッ」

「…高垣、さん」

あいにく、言葉はまだ練り上がっていなかった。
13 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:29:24.20 ID:nvwqN8A+0

ーーーーーーーーーーーーーーー

12時を過ぎようとしていた。

あの人がいるはずの場所へと駆け抜ける。

携帯がブルブル震えている。これは、みんなが祝福してくれている証。

心も体もプルプル震えている。これは喜びと、今から行うことへの緊張、それと風邪の症状の表れ。



人ごみの中をすり抜けて。

魔法が解ける前に。

会いたい、今。
14 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:30:41.85 ID:nvwqN8A+0
ーーーーーーーーーーーーーーー

その顔はほんのり赤く染まっていて。

私が独り占めしたかった、天使のようなあの笑顔ーーーではなく、泣き顔で。




「プロデューサーさん、私、ずっとずうっと前から…」
15 : ◆opnRYVYTFw [sage saga]:2017/05/15(月) 03:32:36.03 ID:nvwqN8A+0
作品を書いたのも投稿したのも初めてなので、不手際があったら申し訳ありません。
html化依頼を出してきます。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/15(月) 03:59:54.21 ID:0AzFSVmLo
乙です
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/15(月) 06:33:20.23 ID:23oNwrFYo
乙乙おめでとう
初めての作品とは思えないな
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/15(月) 17:40:54.92 ID:kqtgVucDO
頑張っていい雰囲気作ろうとしてるのは分かるけど、誰が言ってるのか分かりにくい台詞が多すぎるせいで物凄く読みにくい
経験無いなら無理せず台本形式で書いた方がいいよ
10.16 KB Speed:1.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)