厨二病「我が暗黒の意志に応じ、今こそ降臨せよ!」 悪魔娘「マジだりぃ……」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 19:04:31.46 ID:D1NHFvgT0
バリバリバリバリッ!!(謎の召喚音)



厨二病(以下男)「やったぞ……我が暗黒の召喚儀式は無事成功だ! フハハハハハハハハハハ!!!!!!!!」


悪魔娘(以下悪魔)「あぁ〜あ、召喚かぁ……マジだりぃ…」お腹ポリポリ

男「!!??????」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497953071
2 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 19:10:46.53 ID:D1NHFvgT0
男「あ、あの〜……あなたは、いや……貴様は何者だ!?」

悪魔「は? 悪魔に決まってるでしょ。自分で召喚しといてそんなこともわからないなんて…ほんとめんどくせぇことしてくれちゃって……」


男「どこからどうみても……ちょっと引きこもり気味な同い年にしかみえないのだが……芋ジャージ着てるし…」
3 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 19:18:02.05 ID:D1NHFvgT0
男「貴様は本当に……悪魔なのか……?」

悪魔「だーーーかーーーらーーー…… 悪 魔 っつってんじゃん!! あー……ゴホッゴホッ……急に大声出したから息つまったじゃん……ゴホン」

男「悪魔のくせに貧弱過ぎるでしょ……(素)」
4 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 20:32:58.11 ID:D1NHFvgT0
男「なら召喚者である我の名において貴様に命じよう……真名を語れ!! 悪魔よ!!」

悪魔「あのさ……そもそも『我の名』ってなに? 私たちって初対面じゃん?」

男「え…? だって召喚の際に言ったはずじゃ…」

悪魔「召喚の台詞とか関係ないし。出てきたのその魔方陣のせいだから。」

男「せいって……それじゃもう一度言うぞ。我が名は暗黒騎士『ダークシュナイダー』の生まれ変わりにして、現代に蘇りし魔龍『ファフニー』……」

悪魔「あっ…そこのノートに書いてあった。えぇっと……山d…………」

男「ちがうちがうちがう!! 違うぞ!!!!!!!!」

悪魔「山d……」

山田「んあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!??????????????? このクソ悪魔ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

悪魔「発狂し始めた……」

5 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 20:39:44.81 ID:D1NHFvgT0
男「ぜぇぜぇ……まあ、この際貴様の真名などどうでも良い……本題に移ろうか…」

悪魔「あ〜……ついにきたよ。はいはい。わかってますよ。」

男「ほう……貴様…腐っても悪魔といったところか。我が心の内を見通すとはな……」

悪魔「どうせあれでしょ……みんなそうだもん。」






悪魔「召喚した魔界一キュートで最強無敵なこの悪魔娘ちゃんとイチャイチャラブラブなセッ○スで童貞捨てたいってところでしょ……汚らわしい……」


男「ちがーーーーーーーーーーう!!!!!! ちがうちがうちがう……ちがーーーーーーーう!!!!!!!!!!!!!!!!!」

悪魔「え、だって童貞でしょ…??」

男「そうだけど!! 童貞だけど!! ちーがーうーのーーーーーーーーー!!! もぉぉぉぉぉ!!」

悪魔「こいつめんどくせぇ……」
6 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 20:46:23.23 ID:D1NHFvgT0
男「あのね……僕……我が貴様に求めるモノはそんな矮小なことではない。すなわち……力だ!!」

悪魔「へ〜」

男「悪魔よ!! 我にこの世の全てをも支配する禁断の力を与えたまえ!! さすれば、この我が魂…代償として貴様に……」

悪魔「いやだ」

男「えぇっ!? どうして!? 悪魔なら契約とかあるじゃん!!」

悪魔「いやだったらいやだ。めんどくせぇし……」

男「」
7 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 20:54:10.41 ID:D1NHFvgT0
悪魔「あのね……ぶっちゃけキミの魂とかいらないから。正直ゴミだから。」

男「えぇ……すごく傷つく…」

悪魔「例えば……ゴキさんがさキミに、『我に棲み家を与えよ!!さすれば一生涯に一度の我が魂をささげよう!!』とか言われたらどうする? ぶっちゃけ困るでしょ?」

男「…………ムカつくけど一理ある…」

悪魔「あとさ、正直無理だから。世界征服とか。何夢見ちゃってるのさ。キミ相当痛いよ……?? 大丈夫…??」

男「大丈夫じゃない 心がいたいです…」
8 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 21:08:00.70 ID:D1NHFvgT0
男「…………もうわかりました…えぇ……期待した僕がバカでした。この低級悪魔め!!」

悪魔「かっちーーーん! 今のは聞き逃せないよ。誰が低級悪魔だって…?」

男「お前のことだよ!! もう……帰ってくれよ!!」

悪魔「それはできないよ。」

男「なっ……そうか。まさか……クク。やはり貴様は所詮低級悪魔……口だけは達者なようだが、身体はいうことがきかないようだな……貴様は完全に我が支配下に……」

悪魔「魔界に帰るのめんどくさい。マジだりぃ……これだから召喚は嫌い。」

男「」

悪魔「あっ……召喚した責任はとってもらうから。というわけでこれから衣食住の世話はよろしくね。」

男「…………どうしてこうなった。」




というわけで、僕の家にダメ悪魔が勝手に棲みつきました。ゴキさんより酷いや……




第一話 『(半端な)厨二病とクソ悪魔』 完

9 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 21:10:49.54 ID:D1NHFvgT0
半端な厨二病とダメ悪魔娘が喧嘩しながらただグダグダやるだけのssです。

今のところ5話完結の予定。
10 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 21:17:57.21 ID:D1NHFvgT0
第二話 『僕とクソ悪魔とショッピング』




悪魔「だりぃ……山田。麦茶持ってきて。」

男「誰が山田だ。そのくらい自分で持ってきなよ。ダメ悪魔!」

悪魔「けちぃ……いいじゃんいいじゃんぷっぷくぷぅ!」プクゥ

男「超ムカつく☆」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 21:31:08.31 ID:R5c2lWfg0
続けて
12 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 21:31:58.77 ID:D1NHFvgT0
僕は山田……じゃなくて……我が名は漆黒の騎士『グラジオール』!! かの暗黒騎士『ダークシュナイダー』の生まれ変わりにして、魔龍『ファフニール』の因子をその身に宿す現代に生きる異端者(アウトサイダー)だ……ククク……


そしてこいつは、僕……我が聖なる黙示録書(大学ノート)に描きし魔方陣から偶然呼び出された…自称、魔界一キュートで最強無敵な悪魔……らしい。

見た目は……今のところ正直普通の人間にしか見えない……尻尾とか、変な触覚とかもないし。輝くような金髪のロングで紅色の瞳ってところは確かに人間離れしてるかもしれないけど……


とにかく…呼び出したはいいものの、こいつがとんでもなくだらしがない低級悪魔同然のクソ野郎で……『めんどくさい』とかいう理由で僕の家に居座りやがった……

そして…今はというと……高校から帰って勉強してる僕の後ろで寝転がってるのだ。おまけにワガママ放題。ほんと勘弁してください……



悪魔「山田〜〜あとポテチもってきて〜〜」

男「やめろ!! その名で我を呼ぶな!!」
13 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 21:47:22.72 ID:D1NHFvgT0
男「まったく……どうして僕がこんなこと…」



美人なお母さん「ククク…我が息子よ。今宵の晩餐は何を望む……??」

男「うわっ……母さん…お帰り。いつパートから帰ったのさ。」

お母さん「数刻前だ。それよりも……どうだ。あの小娘……どうにか手籠めに出来そうか……??」

男「あんた最低だよ。ていうかお願いだから普通に喋ってください……」

お母さん「…………悪魔ちゃんは元気? もぅ……男ったらすみに置けないんだから☆ あんな可愛こちゃんを連れてくるなんて、ね☆」

男「あいつ、ただの不法滞在者だよ……」
14 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 21:53:20.94 ID:D1NHFvgT0
お母さん「あ、そうだわ。どうしようかしら……このあとすぐ見たいドラマがあるんだけど……買い物も行かなきゃなのよねぇ〜困ったわぁぁ〜」チラッ チラッ

男「………………」

15 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 22:28:32.21 ID:OVK/yyN1O
男「…………わかったよ。僕が行くよ。」

お母さん「あら〜ありがとう〜 そうだ。ついでに悪魔ちゃんのお洋服とか買ってきちゃいなさい。お小遣いあげるから☆」

男「別にいいよ……ってか母さん不法滞在者に対して寛容すぎでしょ…」

お母さん「こら、ダメよ! 女の子をそんな邪険にしちゃ。 母さん実は娘も欲しかったのよねぇ〜〜うふふ☆」

男「あっそ。じゃあ適当にするさ……」

お母さん「それじゃ準備してらっしゃいな。そうね……今日はカレーライスにしようかしら…………」

男「あぁ……めんどくせぇ…………って、ヤバいヤバい。口癖がもう写りかけてる……」
16 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 22:40:30.64 ID:OVK/yyN1O
……………………


男「ふぅ……自転車二人乗りって意外と疲れる…」コギコギ

悪魔「遅いぞやまだ〜もっと速くはしれ〜〜♪」バシンバシン

男「いだだだだ!? やめろ低級悪魔!!」

悪魔「魔界の乗り物はもっと速くはしるよ?? マッハ10くらい。」バシンバシン

男「人間界に魔界の常識を持ち込まないでください……いだだ!」

17 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/20(火) 22:58:27.48 ID:OVK/yyN1O
…………………

駅前デパート


お母さんのメモ「今宵の晩餐……その贄の一覧だ……」

・赫き、駿馬の獲物たち(にんじん)
・涙腺崩壊せし魔の球根(たまねぎ)
・華麗なる勝利の粉塵塊(カレールー)
・その眼に毒を抱きし歩帝都(ジャガイモ)
・豚肉切り落とし 500g
・たまご 2パック



男「途中で飽きたな……ふん。素人が……」

悪魔「ふぁぁ……私はフードコートで待ってるから…」

男「お前も来るんだよ!」グイッ

悪魔「あーれ〜〜」ズルズル
18 : ◆fv0Hu3TKLg [sage saga]:2017/06/20(火) 23:03:45.22 ID:OVK/yyN1O
ちょっと中断。誰もみてないかもだけど…
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 23:26:36.67 ID:VStVua45o
普通にいいぞ
しえ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/20(火) 23:36:03.17 ID:W0k4q+OVo
いいぞ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/21(水) 05:39:04.72 ID:uCTA0aUUO
お母さんの方が厨二頑張ってるなww
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/21(水) 08:12:53.32 ID:sl6+Ri0S0
期待
23 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/21(水) 11:15:23.01 ID:pWVTuM8QO
買い物後……

悪魔「重いぃぃ……こんなか弱い女の子に荷物持たせるなんて〜〜いったい悪魔なのはどっちなんだか……」

男「片手に収まる程度なんだからそれくらい我慢してよ……こっちはお前っていうもっと重い荷物持って帰らないといけないだから……」

悪魔「あぁ〜もぉ無理……ダルい……めんどくせぇ……」

男「出たな! 『無理・ダルい・めんどくさい』のダメ人間三兄弟め!!」

悪魔「人間じゃないし……私、悪魔だし……」

男「ホントに悪魔…? ちょっと雑魚過ぎるよキミ……」

悪魔「無理ったら無理ぃぃ……」グデェ




ヒソヒソ……

おばちゃん1「あの子、かわいそうね……女の子なのに荷物もたされちゃって!」

おばちゃん2「見ない顔ね……金髪だし、外国人留学生の子かしら……」

おばちゃん3「あの男、絶対将来…モラル欠如クソ勘違い亭主関白クソDV野郎とかになるわよ……やだやだ……」





男「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!! わかったよ!!!!!!!!!!!!! 貸せよ!!僕が持てばいいんでしょ!!!!!!!!!!!!」

悪魔「おっ☆ 気がきくねぇ〜」けろっ

男「こいつ……」
24 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/21(水) 11:39:17.78 ID:pWVTuM8QO
男「さて、それじゃ早速服を買いに……って、婦人服売り場とか入ったことないぞ、僕……」

悪魔「エスカレーターめんどくせぇ……なんでいちいちタイミング図って乗らないといけないの……」

男「エスカレーターすらめんどくさいのか……もうどうそようもないな……」

悪魔「めんどくさい……やまだ〜、おんぶして?」

男「やだ」

悪魔「どけち! いけず! 童貞!!」

男「ていっ!! 『増大する深き闇への誘い-ダークエンハンスメント・エクスキューション-』!!」でこぴん

悪魔「いたっ…………いたいぃぃ(涙目)」

男「童貞は関係ない」
25 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/21(水) 11:57:33.46 ID:Ld8cdJhc0
悪魔「おばりよん〜〜おばりよん〜〜」肩抱きつき

男「キミ……悪魔じゃなくて妖怪だったのか…」

悪魔「違うけど……おばりよん〜!」ガブリ

男「いだだ!? やめろ、噛みつくな!! いだだだだ!!」





女「あ、騒がしいから誰かと思えば…山田じゃん! やっほー!!」




男「げっ……お前は…中学からの僕の同級生で卒
高校デビューと同時に『ククク…ようやく出てこれたぜ。この女は意志が強くて困る(笑)』とか変なことばっかり言ってた癖を卒業した『女』!? 『女さん』じゃないか!?」

女「脳ミソ抉り出すぞ……あ?」ギロリ

男・悪魔「ひっ……」
26 : ◆fv0Hu3TKLg [saga]:2017/06/22(木) 12:29:12.84 ID:t4UNh9pg0
悪魔「や、やまだ! この人怖い……」ぎゅ

男「フハハハ!! 安心しろ、我が従僕よ……今のこやつは『心の悪魔憑き-デビル・ハーツ-』を失ったただの一般人に過ぎんよ……」

女「やめろっていってんでしょ」首しめ

男「あがががががががが!?? こ、ころされるぅ!? この『グラジオール』が……単なる一般人などに……」

悪魔「やめろー!! やまだを離せ!! この悪魔!!」ポカポカ

女「ってか、この娘誰??」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/11(土) 20:26:29.98 ID:lqKwB+fIo
五話どころか二話の途中で終わりかよ
12.77 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)