なろう系主人公「俺がプロ野球の監督に…?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 01:28:28.70 ID:/F/pDkZF0
オーナー「ああ…うちの球団は万年最下位の貧乏球団だ…君になんとかしてもらえなければこのチーム消滅してしまう」

なろう「ふむ…」

オーナー「異世界で百戦錬磨だったあなたならきっとこの球団を優勝させることが出来る! やってくれませんか?」

なろう「しかたありません 私に任せてください」

オーナー「やったぜ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1500222508
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 01:31:38.96 ID:/F/pDkZF0
エース「くそ、、どこになげても打たれちまう…」

なろう「なんで同じような球しか投げないんだ」

エース「え、だってこういうボールの投げかたしかないじゃないか」

なろう「いや、少し握りを変えてみたらどうだ?」

エース「こ、これは…!! 少しボールの握りを変えただけで遅いボールが投げられる?!」

なろう 「ああ、これをわたしはカーブ、と名付けた」

エース「すごい! これならどんな打者でも手玉にとることが出来るぞ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/17(月) 01:34:11.47 ID:/F/pDkZF0
バッター「くそ、バットが細くて握りづらいしすぐ折れる…」

なろう「ん? 何やってるんだ?

バッター 「いや、監督、、 バットが」

なろう 「ふむ 枝をバットにするんじゃなくて、木を削ってそれをバットにすればいいんじゃないのか?」

バッター 「なるほど!! こうすればバットも折れないし、握りやすい!!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 01:37:47.35 ID:/F/pDkZF0
敵監督「センターはうしろに下がって…云々」

なろう「あいつらは何をやっているんだ?」

エース 「? 何って指示を出しているんですよ」

なろう 「それでは周りに伝わってしまうじゃないか?」

エース 「それ以外にどんな方法があるんですか?」

なろう 「身体を触った動作で敵に悟られないように情報を伝えるんだ」

エース 「!?? それを使えば相手に気づかれることなく伝えることが出来る!」

なろう 「私はこれをサインと名付けた」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 01:40:24.28 ID:/F/pDkZF0
エース「次はカーブ投げるぞ!!」

キャッチャー「いや、次はストレート投げろ!!」

なろう 「あいつらは試合中になんで大声で喋っているんだ」

控え「なんでって投げる前に球種を伝えないと危ないじゃないですか」

なろう 「でもそれだったら相手に気づかれてしまうじゃないか」

控え「でもそれ以外に方法はあるんですか?」

なろう「さっきのサインをピッチャー、キャッチャー間で使えばいいじゃないか」

控え「!?? そうすれば球種もバレることがない!!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 01:44:14.95 ID:/F/pDkZF0
バッター「くそ! 全然ボールが飛ばねえ…」

なろう「なんでみんなバットを片手で持ってるんだ?」

バッター「? これ以外にどんな方法があるんですか?」

なろう「両手で持てば楽に打てる」

バッター「なるほど!!こうすれば早く振れるし、上体も安定する!!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 01:44:21.81 ID:rYvFYLXfo
包囲殲滅陣待機
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 01:52:32.39 ID:/F/pDkZF0
キャッチャー「オーライオーライ」

センター「待て、そのボールは俺が取る!!」

サード「俺の方が近い!!」

なろう「なんで一つのフライに対して全員で取りに行くんだ?」

控え「守備範囲だからですよ」

なろう「ふむ…守備範囲を個々で決めてボールを取りに行けばいいんじゃないのか?」

控え「!? そうすれば守備の負担も軽減する!!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 02:01:04.13 ID:/F/pDkZF0

なろう「なんでみんな指に包帯を巻いてるんだ?」

野手「素手で守備してるとどうしても怪我がちになるんだよ」

なろう「グローブを使えばいいじゃないか」

野手「グローブってなんだい?」

なろう「牛などの皮で手袋の様なものを作り、それでボールを捕るんだ」

野手「なるほど!! これで突き指しない!!」

なろう「さらに捕球範囲も広がり安定して守備が出来る」

野手「一石二鳥だ!!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 02:07:45.02 ID:/F/pDkZF0
野手「日が照って暑い…おまけに日差しでボールが見えない…」

なろう「なんでみんな帽子を被らないんだ?」

野手「帽子、ってなんですか?」

なろう「頭に被って日を避ける道具だよ」

野手「!? これを被れば暑さを和らげられるし、日差しで眩しくなることもない!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 02:29:39.03 ID:/F/pDkZF0
こうした革新的な技術の開発により私達の球団はリーグ優勝を果たし日本一になることに成功した

オーナー「ありがとうございます これで球団を存続することが出来ました」

なろう「いえ、大した事はしていませんから ところで…何故オーナーは球団にスポンサーをつけないんですか?」



終わり
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 02:31:11.11 ID:/F/pDkZF0
凄く適当になってしまった 申し訳ない
眠いので寝ます
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sagesaga]:2017/07/17(月) 07:04:58.79 ID:ezHaTQJhO
お、おう
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 16:47:34.41 ID:rYvFYLXfo
なろう「一人のバッターに対しピッチャーを除く全員がバッターの八方向を囲むように守備につく、これで打球がどこに飛ぼうが完全な守備を可能にしました」

なろう「名付けて、包囲殲滅陣」


が無かったから糞スレ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/18(火) 19:41:01.65 ID:RS8WOJL/O
前進守備…?
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/19(水) 21:22:43.22 ID:vkOagGcro
なろうの主人公はスポーツがない世界に野球を広めることから始める
5.88 KB Speed:1.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)