ヤンデレお試しベータ版

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 00:23:57.68 ID:Pxbs2W3P0
状況次第ではルート分岐などで安価を取ることがあるかもしれないです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1501428237
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/31(月) 00:24:53.91 ID:AsBaGwEQO
期待
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 00:35:46.53 ID:Pxbs2W3P0
............

ここは.....?

随分と綺麗な部屋だ、窓から差し込む光が自分の体を優しく起こしてくれる。

......訳が分からない。どう見てもここは自分の部屋ではない。どうして自分はこんなところにいるのだろう

まだボケている頭を必死にたたき起こして眠る前の記憶を漁らせるが何一つして思い出せない、何よりひどく頭が痛い。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 00:50:27.08 ID:Pxbs2W3P0
「それにしても頭が痛い....」

頭痛と言うよりは何か頭を殴られたような感じの痛み方がする。このままベッドに寝転がって休んでしまいたいがそうもいかない。ここから出ることが先決だ

ようやく頭が冷めてきた、さっきまで怠けていた体から冷や汗が出てきている。焦りに駆り出されて部屋の扉に手を触れようとした時だった
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 01:07:14.62 ID:Pxbs2W3P0
自分が開けるよりも先に扉が開かれたのだ。心臓が飛び跳ね、その場に固まってしまう。そして、開かれた扉の先には.....

ゴスロリで着飾ったパツキン幼女
瓜二つの幼い双子の姉妹
黒髪ロングが似合うクールなお姉さん

ニア ゴスロリで着飾ったパツキン幼女
瓜二つの幼い双子の姉妹
黒髪ロングが似合うクールなお姉さん

ピロン
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/31(月) 01:30:12.09 ID:Pxbs2W3P0
「んふふ、やっと起きたんだ?」

「キミは...?いや、そうじゃない、ここはどこなんだ!」

目の前には自分のわき腹あたりまでしかない小さな女の子が立っていた。長い金髪の髪に、体はいわゆるゴスロリと言われる服装に包まれていた。とてもじゃないがあまりにも周りの風景に会っていない。

「どこでもいいでしょう?その内教えてあげる。」

「私はナナ。あなたのことをよく知る人物...とでも言っておこうかしら」

「今日からあなたはここで暮らすの。ええ、私にお世話されながらね」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 01:39:08.44 ID:Pxbs2W3P0
ふ、ふざけてるのか?冗談はそこまでにして帰らせてくれ!

「へぇ?帰る?あなたに帰る場所なんてあるのかしら?」

....っ!

「ほらね、忘れてるじゃない。今のあなたは自分の帰る場所も帰り方もわからない子犬なのよ?」

「それだけじゃないわ、今のあなたは自分が誰なのかすらも忘れているほら、自分が誰なのかよーく思い出してご覧なさい。」

「クスッ、何も出てこないと思うけど。」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/07/31(月) 01:57:57.48 ID:Pxbs2W3P0
「外に出ても野垂れ死ぬだけよ。大人しくここで私にお世話されておきなさい。ふふふ、大丈夫よ?あなたの好きな食べ物も、飲み物も、好きなテレビ番組だって、ええ、私は何でも知ってる。」

「私があなたの満足のいくように、お世話してあげる」

........

「話が長引いたわね、私これからどうしても外せない私用が入ってるの。帰ってきたらご飯にしましょう?」

「それじゃあね?」

....行ってしまった、
それはともかく、言われてみればそうだ。俺は何も覚えていない、自分が誰なのか、ここに来るまでの経緯、趣味も、自分の好き嫌いも、すべての自分のステータスが消え去ってしまっていた
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/31(月) 11:18:48.14 ID:9+NGTcd90
スレタイを
ヤンデレお試しべジータ版
と空目した
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 12:13:28.26 ID:Pxbs2W3P0
.......自分は誰なのだろうか。本当に何もわからないし何も思い出せないそもそもあの女のことも気になる、まるで自分のことを知っているようだった

ダメだ、頭が痛くてそれどころじゃない、考えるのはあとにして今は寝よう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

目が覚めた。夕日の光が差し込んでいた、どうやらずいぶんと寝込んでしまっていたようだ、そのお陰なのか頭痛もだいぶマシになった

まだアイツは帰ってきてないのか.....
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 12:29:53.90 ID:Pxbs2W3P0
......さて、どうしようか?

適当にテレビでも見る
ニア 部屋を漁ってみる

ピロン

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/31(月) 12:32:21.57 ID:lQWiw5RSO
テレビをつけてみよう。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 12:42:46.09 ID:Pxbs2W3P0
すいません、今の選択は安価じゃないです。安価をとる場合は明確に旨を記入しますので...紛らわしくて申しわけない
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 12:55:05.97 ID:Pxbs2W3P0
〜部屋を漁る〜

ゲームソフトか....そう言えば彼女は自分のことは何でも知っていると言っていたな、このラインナップも前の自分の趣味とやらを反映させているのだろうか

「次は棚の引き出しの中でも....」

どこの引き出しにも何も入ってない。なんというか、生活感の欠けらも無い、小物の一つや二つでも入っててくれると安心できるのだが......ん?

写真....?
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 13:17:44.62 ID:Pxbs2W3P0
写真だ。しかも俺とアイツが写ってる。学ランを着込んだ自分と、あいも変わらずゴシック調のドレスを着込んだあの女。場所はどこだろう...?分からない。どうやらオレとアイツは何かしらの関わりがあるようだ。同じ学校の人間だったとか?いやいや、それにしてはあまりにも歳が離れている気がする。それとも見た目はあんなのだけど普通に年を食ってるだけなのか?

どうにせよ、今の自分には分からないことだ

(二人の写真を入手)
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [Saga]:2017/07/31(月) 13:24:11.96 ID:Pxbs2W3P0
「ただいま、いい子にしてたかしら?」

........

「なぁに?なんだか浮かばれない顔をしてるわね?」

「何か思い出した?そう、それは残念....」

「そんなことより、昨日お風呂入ってないでしょう?入ってきなさい。したに降りたところの突き当たりがバスルームよ。」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 13:34:48.40 ID:Pxbs2W3P0
「そうそう、逃げよう、だなんて考えてないわよね?いえ、別にいいわよ?逃げても。いつでも、どこまで逃げてもナナが捕まえてあげるから」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

素直にお風呂に入ってくれたみたいね。別に逃げてくれても良かったのに。あなたとの鬼ごっこだなんて、それはそれで面白くていいもの

私のこと、みんなのこと、思い出してくれるのはいつ頃になるのかしら。あなたに贈る"最高のプレゼント"の準備はもう出来ているのに。あなたの前でお披露目したくてしたくてしょうがないわ。
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 20:48:14.84 ID:Pxbs2W3P0
「そんなことより....はい、今日のご飯よ」

「あなたの好きなもので彩ってみたわ。きっと、おいしいはずよ」

..........

頂きます.....

.......うん、美味いな。

「そうでしょう?良かった。」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 21:57:49.44 ID:Pxbs2W3P0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なあ

「なにかしら?」

お前は俺のこと知ってるんだよな?

「ええ、何でも。」

なら教えてくれよ。記憶を失う前の俺のこと、そして君との関係も。

「それは出来ないわね」

どうしてさ

「何でもよ。教えてしまったらつまらないでしょう?あなたが自分で思い出すのよ」

「そうそう、私ね、プレゼントを用意したの。あなたが記憶を取り戻した時に贈るわ。」

..........

「そう、"とっておきの"スペシャルプレゼント、きっとあなたも飛び上がって喜ぶはずよ。ふふっ....」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 22:03:29.90 ID:Pxbs2W3P0
「ちょっとしたゲームみたいなものよ」

「だからこそ、何もかもを忘れてしまったあなたのために家の所々にヒントが転がっている」

「あなたが今日見つけてくれた写真みたいに」

っ....気付いてたのか

「当たり前でしょう?私はゲームマスターなのよ」

「まだまだ色々、ヒントは転がってる。探してご覧なさい、思い出の欠片をね」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 22:39:06.00 ID:Pxbs2W3P0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

......っ!

「ふふふ、驚いたかしら。せっかく貴方と一緒の夜を過ごすのだもの、ね、ナナと一緒に寝ましょう?」

「照れてるの?ふふっ、じれったいわね?」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 23:22:03.24 ID:Pxbs2W3P0
〜Day2〜

.....よく寝た。ふと隣を見るとあの女はいない、どうやらもう既に出ていってしまったようだ。ベッドからほのかに甘い香りがする、
なんだろうこの香り、なんだか懐かしい感じがする....

.....思い出の品、か早いところ記憶を取り戻して、ここから出ていってしまいたいものだ

昨日のあの写真を見ているとなにか思い出せそうな気がするのはいいのだ。だが、何かしら体がそれを拒絶しているようにも思える

本当に俺の記憶が戻ることはいいことなのだろうか?
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/31(月) 23:58:19.91 ID:Pxbs2W3P0
どこを探そうか

クロゼット
本棚

クロゼット
ニア 本棚

ピロン
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/01(火) 00:15:21.14 ID:Pa9lR/Od0
難しい本が並んでいる、前の自分はこんな本を読んでいたのだろうか。それともあのナナの趣味なのか....ここにある社会契約論だなん読んでいるのかどうかすら怪しい。

ん?

アルバムか......どうやら高校のアルバムようだ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/01(火) 00:49:03.92 ID:Pa9lR/Od0
みんな楽しそうに笑っている。未来の志を託した卒論に他愛のない自己紹介。

.....何かを思い出せそうだが、あまり見ていたくない。生徒の写真を見ていると鳥肌が立って冷や汗が流れ出てくる。もう見るのはやめよう。

(卒業アルバムを入手)
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/01(火) 14:16:03.66 ID:Pa9lR/Od0
.......なんだかどっと疲れたような気がする。アルバムの学校はどこかしら見覚えのあるような感じもした、あの学校の生徒だったのだろうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どこを探そうか
クロゼット
休憩がてらにテレビでも見よう

ニア クロゼット
休憩がてらにテレビでも見よう

ピロン
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/01(火) 18:55:35.07 ID:Pa9lR/Od0
クローゼットか.....中身は...

制服とこれは学生カバンか。何故だろうか?カバンも学生服もかなり汚れている。スラックスに至っては穴があいている始末だ

「.........」

....もう喉元のあたりまで来ている。ひょっとしたら、もう思い出そうと思えば思い出せるのかも知られない、でも、なんだろう体はそれを拒否しているようにも思える。なにか思い出そうとすると、それだけで鼓動が上がって冷や汗が出てきてしまう。思い出してしまっていいのかと言われると、どうしても首を縦に振ることが出来ない。それに、あの女の言っていたプレゼントとやらも気になる



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/01(火) 19:49:43.86 ID:Pa9lR/Od0
「ただいま」

「あら?そう、それも見つけたのね?」

........

「思い出してきたんじゃない?ああ、意外とそうでもないかしら?」

っ.....

「本当は思い出したくないのでしょう?体が拒絶してる。」

「このままぐずられても困るわね....だったら一層の事、私が全部教えてあげようかしら」

や、やめろ!

「だって、このまま逃避され続けたらいつまで経っても終わらないもの。それに、時間が経てばあなたへのスペシャルなプレゼントも腐っちゃうわ〜....」

くっ....!

「嫌ならさっさと思い出すことね。本当はもう思い出そうと思えばできるのでしょう?あなたの体はイヤイヤしてるけど...」

「ナナもね?本当のあなたに戻ってくれないと困るわ」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/01(火) 20:24:46.59 ID:Pa9lR/Od0
「おやすみなさい。」

「明日こそは、ね?私のこと、失望させないでね?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜Day3〜
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/01(火) 20:28:47.46 ID:Pa9lR/Od0
俺は、俺は.......

・覚悟を決める
・まだ何か探してみる

安価↓
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/01(火) 21:55:55.76 ID:Pa9lR/Od0
人がいないようなのでこちらで進めさせていただきます
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/02(水) 02:18:03.89 ID:d8PGElY00
ルート分岐、覚悟を決める

汚れたカバンに制服、そして卒業アルバムに写った学校とその生徒達、ああ、そうだ俺は.....

ニア イジメられていた

ああ、そうだはっきりと思い出したそうだ。俺はいじめれていたんだ。そしてあの日俺は自殺を決め込んだんだ。近くの雑居ビルの屋上から飛び降りたんだったな

だが、俺は何かしら起こって俺は生きている...そこら辺はあのナナとかいう女の方が詳しいだろう。それとも、もうここは死後の世界だったりするのかも知られない
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/02(水) 21:09:53.39 ID:d8PGElY00
「ねぇ」

.......

「その様子だと、思い出してくれたみたいね」

ああ、1つ残らず思い出したさ。思い出しくなかったけど。

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/02(水) 21:45:05.83 ID:d8PGElY00
「ええ、そうでしょうね。辛くて、苦しくて挙句の果てには記憶から追い出してしまうほど堪えていたものね?」

「悔しいわよね?」

「虚しいわよね?」

「恨めしいわよね?」

「ええ、ええ、大丈夫、言わなくてもわかってるわ。」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [Saga]:2017/08/02(水) 21:53:50.13 ID:d8PGElY00
「でもね?私言ったでしょう?特別なプレゼントがあるって」

「ええ、ずっとこの時を待っていたの。だって記憶が戻らないと価値がないもの」

....なんだよ、プレゼントって、もう俺のことはほっといて..

「お黙りなさい」

「今のあなたはナナの飼い犬なのよ?断る権利なんか無いわ。いい?見ていきなさい?」

「きっと、きっと満足してもらえるから」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/02(水) 23:01:33.39 ID:d8PGElY00
そう言うと彼女はベッドの下を漁り出した。ベッドのしたにも何か置いてあったらしい。何が始まるのかは知らないがもう自分は一刻も早くこの世を去ってしまいたい。さみしくてもいい、怨念が残ってもいい、早く、俺は楽になりたい

何だそれ...まさかホンモノじゃないんだろうな

「そのまさかよ、ホンモノよ。それもかなりの業物よ」

なんてこったベッドの下に刀なんて物が隠してあったとは。これで俺をぶった斬るのか??天国でずっと一緒ってか?なるほどそれもいいかもしれないな。形はどうあれ、死ねるのならそれはそれでいい。オレはもう生きたくない
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/03(木) 00:07:08.46 ID:1r9fv5ba0
さあ、早くぶった斬ってくれ

「はあ?私があなたを?あははは!面白いこと言うのね?馬鹿ね。そんな事するわけないでしょう?いいから、黙ってみておきなさい」

そう言うと刀を持ったま部屋を出ていった、かと思うとすぐに戻ってきた。

俺のトラウマを抱えて。

「さあ、入りなさい」

嫌だ見たくない、体から汗が流れ落ちる、体がソレを見ることを拒絶して顔が逸れる。腕の指が耳の穴を塞ぐ

だって、だってコイツらは、俺のことをいじめていた奴らじゃないか
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/03(木) 00:29:28.48 ID:1r9fv5ba0
「さあ、楽しい楽しい処刑タイムを初めましょう?」

「さあ、顔を上げて?あなたに見てもらわないと意味が無いのよ?ほら」

「そう、それでいいのよ。」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/03(木) 20:46:53.36 ID:1r9fv5ba0
「んふふっ、それじゃあとくと見ていくといいわ。」

「あなたの憎んだ人間達の最期をね」

「アナタは私のモノ、ナナはあなたのモノ、だからこそあなたの憎しみはナナの憎しみ」

「だから、ナナがあなたに代わって復讐するの」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/18(金) 21:41:34.30 ID:wDNdH96mO
タイトルがヤンデレお試しベジータに見えた
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/08/18(金) 22:53:57.74 ID:QD8/7McP0
テスト
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/20(日) 21:50:23.67 ID:DHZGTw5D0
や、やめ.....

「うるさい」

ぐちゃっ

たすけてくれ!

「あはははっ!!」

ぶしゃっっ

ゆ、許して!

「赦さない。」

びちゃっ!

「人生をぶち壊した償いは人生でしてもらわなくっちゃね〜?」

「許しを請って、謝って、それでハイおしまい?」

「そんなのナナはぜーったい認めない」

「罪には然るべき罰を。ナナのモノに手をだそうだなんて、万死に値するわ」

「あなたで最後ね?」

あっ....あっ.....

「無様ね。でも、あなたにはそれがお似合いよ」

「それじゃあね?あの世で永遠に私たちに許しを請い続けなさい」

ざちゅっ
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/20(日) 22:01:34.49 ID:DHZGTw5D0
「あーあ...せっかくのお洋服が」

「着替えてくるね。んふふ、実はあなたのためにお気に入りのお洋服を仕立ててあるの」

「まっててね?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「おまたせ」

「どうかしら?これね、前の貴方が好きだって言ってくれた取っておきのお洋服なの」

「今日というこの日のために取っておいたの」

「さ、そんなことより、場所を移そう?こんな"ゴミ"が飛び散った部屋じゃ落ち着かないでしょ?」

「なぁに?怖いの?.....がくがく震えてるだけじゃ分からないよ?」

「言うこと聞かないと....お兄ちゃんもそこのゴミの仲間入りしちゃうよ?」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/20(日) 22:18:10.79 ID:DHZGTw5D0
「そうそう、いい子いい子、ちゃーんとナナの言うこと聞けて偉いわ」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「あなたの復讐は果たされた」

「私の復讐も果たされた」

「あなたはナナの物、私はあなたの物。だからあなたの憎しみはナナの憎しみ。」

「貴方が死ぬほど憎んでいた悪魔共は私によって殲滅された...」

「貴方はやっと、自分の人生を取り戻せた.....ねぇ、嬉しいでしょう?」

「ううん、嬉しいわよね」

「だって」

「ナナは死ぬほど嬉しいもの」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/23(水) 01:08:20.93 ID:RWG3F19p0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「ほら、朝ごはんよ、アーンして?」

「んふふ、はい、お粗末さまでした」

「あれだけイヤイヤしてたのに今では随分と素直になったわね」

「最初からそうしてれば良かったのに。でも、まだこれだけじゃ足りないわ」

「貴方がナナの色に染まるまで、たっぷり"お世話''してあげるね」

おしまい
46 :全治全能の未来を予言するイケメン金髪須賀京太郎様に純潔を捧げる [sage saga]:2017/08/23(水) 10:39:50.30 ID:EieZlJmL0
アヘ顔さん実況してよプーチンとスターリンとヒトラーとルーデルドイツとロシアのヤバイ奴ら現代編
18.59 KB Speed:0.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)