【安価・コンマ】JK「召喚されたら世界救うことになったんだが」ロリ魔「その2よ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/31(木) 17:12:36.84 ID:uyISOYuMo
虫が苦手そうなメンバーをひたすら追い回す
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/31(木) 17:19:15.36 ID:/qRbES8SO
竜王姉の絶対零度ブレスで毒の菌を死滅させる
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/04(月) 07:03:37.01 ID:2uR9mtqP0
ドクガ「キキッ」ヒラヒラ

呪術師「うううっ!こっち来ないで!」

竜王「いやあああっ!やめてくださいぃッ!」ナミダメ

ニート「あいつ自分のことが苦手なヤツわかってやがる…!」

変身スライム「性格わるーい!」
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/04(月) 07:08:28.74 ID:2uR9mtqP0
竜王姉「…ぇ」

抜け忍(あ、これはキレましたね)

竜王姉「てめえ竜王になにしてんだあーーーッ!」

竜王姉「ブリザード!」ビュォォッ!

ドクガ「ギ、ギ…」カチンコチン

竜王「ね、姉様あー!」ダキッ

竜王姉「竜王無事!?怪我はない!?」

ニート「ど、毒の菌を死滅させて本体まで…」

呪術師「…竜王姉はキレると恐ろしい」
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/05(火) 07:04:12.30 ID:2O4eIZK60
〜数十分後〜

抜け忍「そろそろ最深部です」

ニート「敵がいるとすりゃそこだな」

竜王「変身スライムさん、少し抜け忍さんと偵察をお願いします」

変身スライム「わかった!」

安価下
コンマ20以上で人質達発見
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/05(火) 07:08:40.14 ID:WdoHGcPUo
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/06(水) 07:05:05.65 ID:3We7PMRi0
〜数分後〜

変身スライム「どうしよう…!人質さんがいない!」

ニート「い、いない!?」

抜け忍「それどころか見張りの姿も…」

竜王姉「まさか、別のルートにいるの?」

呪術師「その可能性はある…ここに来るまでも道は入り組んでた」

竜王「か、片っ端から探しましょう!」

安価下
コンマ50以下で発見
51以上で敵と遭遇
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/06(水) 07:11:20.64 ID:XfbAJ5W6o
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/07(木) 07:05:10.50 ID:FKXRMmND0
…ザッ

一同「!?」

ニート「ちっ、ただでさえ時間推してるってのに!」

呪術師「さっさと済ませる…!」

安価下
遭遇した敵(町役人と猛毒蜂のどちらか)
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/07(木) 07:34:46.85 ID:yP+h6Rxd0
猛毒蜂
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/08(金) 07:03:18.85 ID:/B7rd+VC0
猛毒蜂「ギチギチ…!」

変身スライム「うえ…お尻の針から紫の液体が」

竜王「見た目からして毒ですね…」

抜け忍「動きも早いでしょう、油断しないでください」

戦闘システムは>>3参照
メンバーは>>508参照

安価
↓1 猛毒蜂の行動
↓2 勝利方法
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/08(金) 07:06:39.22 ID:QYFMIPIK0
毒針連射
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/08(金) 07:09:38.44 ID:9BjkBGc3O
抜け忍が切り刻んでバラバラにする
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/09(土) 07:47:35.55 ID:5vgjNLFF0
猛毒蜂「ギッ!」

呪術師「!まずい、針を!」

抜け忍「お任せ下さい!」

抜け忍「はっ!」ザザッ!

猛毒蜂「ギ…ギ!?」バラバラッ

ニート「い、一瞬で…」

竜王姉「さすが諜報部隊長ね、暗殺の心得もあるとは」

変身スライム「…!ねえねえ!ここ、ちょっと凹んでる!」

竜王「あ、ほんとですね…よいしょっと」ドカシ

抜け忍「…なるほど、通路を掘っていたというわけですか」
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/11(月) 07:05:18.54 ID:5tK+FfzM0
〜隠し通路・最深部〜

抜け忍「…いましたぞ」

ニート「オッケー、それじゃあ作戦通りに」

呪術師「3人とも、頼んだ」

竜王「はい、了解です」

竜王姉「いつでも大丈夫よ」

変身スライム「…よし、擬態できた」

抜け忍「では…行きます!」
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/12(火) 07:08:46.88 ID:LjPPl79e0
抜け忍「そこの者、町役人で間違いないな?」

町役人「…おやおや、魔王軍の幹部の皆様が3人揃って私めになんの御用で?」

竜王「あなたが怪しい行動をしているということで、」

竜王「調査させていただきました」

竜王姉「まさか、こんなところに人を監禁していたとはね」

抜け忍(この男に召喚術師が裏切ったと気づかせてはならない)

抜け忍(その瞬間に人質は…!)

町役人「…ふっふっふ!用心していたのですがまさか勘づかれていたとは!」

町役人「いいでしょう、ここで消してさしあげます!」

竜王姉(私達を前にしてこの余裕…なにか策でもあるの?)

戦闘システムは>>3参照
戦闘に参加できるメンバーは抜け忍・竜王・竜王姉のみ

安価
↓1 町役人の行動
↓2 勝利方法
なお町役人のコンマが20以下で変身スライム達に気づく
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/12(火) 07:28:20.81 ID:jz1w32DE0
無数の毒虫(変身魔法の類)となって襲いかかってくる
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/12(火) 08:00:01.95 ID:l4edKQRn0
毒でブレスを封じられたり盲目にされたりしても、「熱」を扱う竜王が体温を感じ取ることで敵中枢(コア?)を察知。竜の爪で貫く
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/13(水) 07:05:31.09 ID:JaZPafjk0
町役人「変身、毒虫!」ボンッ!

一同「!?」

町役人(虫)「ぎしゃあああッ!」ブシューッ!

抜け忍「ぐっ…!」

竜王姉「ちっ、毒虫に化けたわね…!」

竜王姉(おまけに毒霧の噴霧…視界と嗅覚を封じられた!)

抜け忍「お2人とも、ブレスは使ってはなりません!」

抜け忍「その間に毒を吸ってしまいます!」

竜王姉「わかってるわよ!」
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/14(木) 07:05:22.25 ID:w3eI0JNP0
竜王「…2人とも、少し待って」

抜け忍「…竜王様?」

竜王(集中しろ…大丈夫、わかるはず)

キィン…

竜王(…見えたッ!)

竜王「竜爪!」ザクッ!

町役人(虫)「ぐああああッ!?」

竜王姉「竜王!」

竜王姉「だ、大丈夫!?」

竜王「はい、平気です!」

竜王「一箇所すごく熱が集中していたので、もしやと思ったんですが」

抜け忍「さすがでございます」
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/14(木) 11:20:40.45 ID:uA2fYppxO
1日1レスか、終わりも近いのかな
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/15(金) 07:11:35.39 ID:29rubnXv0
>>538一応まだ続けるが最近リアルが忙しいんだ、すまん

呪術師「こっちも完了」

変身スライム「保護したよー!」

召喚術師母「あ、ありがとうございます!」

ニート「もう大丈夫ですからね」

ニート(あとはJK達の到着を待つだけ…うまくいってるといいが)

ちなみに時系列だと
JK達:蒼の皇国首都着→毒の沼地着
僧侶達:魔王城着 →人質救出作戦完
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/16(土) 07:47:59.68 ID:AGA7YEJM0
〜翌日・JK達side〜

召喚術師「よし、出発するわよ」

JK「はい、召喚術師様!」

呪い花「今日で湖に着きそうか?」

召喚術師「ええ、途中で死ななければの話だけど」

安価下
コンマ10以上でドラゴン襲来
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/16(土) 07:54:38.50 ID:dR7XwKlEo
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/19(火) 07:07:10.05 ID:bPeGtLQ50
…ドシィン!

召喚術師「はあ…やっぱり?」

呪い花「JK、頼んだ」

JK「オッケー、頼まれた」

安価下
襲ってきたドラゴン
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/19(火) 07:10:26.64 ID:YReRov2P0
ティアマット
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/19(火) 16:32:34.17 ID:VZ2fx9T70
ティアマット「グルル…」

JK「それにしても大きいな…」

召喚術師「もう竜の王国に入ってるからね」

召喚術師「…まあ、それを踏まえても大きいけど」

呪い花(正直負ける気もしないしな)

戦闘システムは>>3参照
メンバーは
JK→無限の魔力・あらゆる防御や魔法を無視してダメージを与える
呪い花→噛みつき・呪い・結界魔法「ナイトメア・ワールド」
召喚術師→中級魔物の召喚

安価
↓1 ティアマットの行動
↓2 勝利方法
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/19(火) 17:58:50.87 ID:vmS1EKvFo
羽ばたき、竜巻を起こす
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/19(火) 18:19:45.81 ID:JW1mVk200
相手の体重を活かし超重力で足止めして、さっさと先を急ぐ
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/20(水) 07:06:17.20 ID:LV8AJaw+0
JK(早く魔大陸に行きたいし、ここで時間食ってるわけにもいかないな)

ティアマット「ガルルッ!」バサッバサッ!

呪い花「ぬおおっ!?」

召喚術師「くっ、竜巻…!迂闊に近づけないわね…」

JK「召喚術師様!呪い花!」

JK「くそっ…!超重力!」

ティアマット「ゴッ!?」ズシン!

召喚術師「な、ナイスよJK」

JK「大丈夫ですか召喚術師様!?」

召喚術師「え、ええ。大丈夫」

呪い花「……」イラッ

JK「呪い花も大丈夫だった!?」

呪い花「…ああ」

呪い花(早くもとに戻させよう)
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/21(木) 07:04:34.31 ID:zgjPvmVB0
〜数時間後〜

JK「おお…」

呪い花「ここが…巨龍の眠る湖?」

召喚術師「ええ、そうよ」

召喚術師「湖の底に行く術…行けばわかるとは言われたけれど…」

安価下
湖の底に行く方法
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/21(木) 07:32:50.87 ID:RtGc6/4no
巨龍に仕える巫女の特別な力を使う
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/22(金) 07:04:38.75 ID:8cU6ISFT0
巫女「…お待ちしておりました」

一同「!?」

召喚術師「だ、誰!?」

巫女「私、巨龍様にお仕えしております巫女と申します」

巫女「ある方からのご命令により、私の力を使って」

巫女「あなた方を湖の底へ送るようにと仰せつかりました」

呪い花「あんたの力?」

巫女「はい…」

安価下
巫女の力
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/22(金) 08:48:38.01 ID:SIJMh/uIo
巨龍がいる場所限定の瞬間移動
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/25(月) 07:03:00.71 ID:8ZAhJwmC0
巫女「巨龍様のお傍にのみ転移できる力です」

召喚術師「…え、ちょっと待って!?」

召喚術師「じゃあ私達巨龍の傍に行かなきゃいけないってこと!?」

巫女「眠っていらっしゃるので大丈夫ですよ」

呪い花「いやいや、それでも心配だっての」

JK「大丈夫です、いざとなれば私がお守りします!」

巫女「ではいきますよ…はッ!」ギュゥン!

召喚術師「ちょ、心の準備を──」

シュン!
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/25(月) 19:56:34.05 ID:nFys+Z5H0
…シュンッ!

JK「おおっ、これは空気の膜…ッ!?」

呪い花「な…!?」

召喚術師「ひいいっ!?」

安価下
巨龍の見た目
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/25(月) 19:59:11.33 ID:dOQRz+9co
全体にとげとげしくて、魔法攻撃も跳ね返しそう
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/26(火) 07:01:43.63 ID:cB4WgNkM0
呪い花「こ、これが巨龍…!」

JK「めちゃくちゃトゲトゲしてますね…」

呪い花「眠ってても迫力があるな」

召喚術師「は、早くゲート起動して魔大陸に行くわよ!」

呪い花「はいはい」

ブゥン…

JK「さて、どこに転移しますかね」

シュンッ!

安価下
転移した先(魔大陸内で)
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/26(火) 07:48:12.74 ID:hFJz9un+0
東の外れにある楽園
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/27(水) 07:04:47.21 ID:FVJR+x/s0
シュンッ!

「キューー!」

一同「…え」

スライム「キュ?」

召喚術師「…お花畑?」

呪い花「…平和な場所だな」

JK「…って、じゃなくて」

召喚術師「そ、そうよね!ここで次の指示がくるはず…」

…ザッ!

一同「!」

安価
↓1 召喚術師以外の奴隷組織の幹部の名前・外見・性格・その他付け加えること
↓2 次の指示の内容
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/27(水) 09:07:31.91 ID:CpZDkf2ho
忍者 一見すると子供 寡黙で無駄口を一切喋らない 独自の戦闘・諜報部隊を持っている
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/27(水) 09:56:25.91 ID:P0Y8eJNf0
魔王軍を装って蒼の皇国を襲えという指示だったが、JKの存在を知らせると洞窟(すぐそこ)で待機せよという指示に変わる
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/28(木) 07:07:06.89 ID:lC29ewKF0
忍者「お前が召喚術師か」

召喚術師「…その口ぶりからすると、あんたが伝達係?」

忍者「そうだ。そこの2人は誰だ」

召喚術師「1人は私が隙をついて洗脳、もう1人は人質として連れてきたのよ」

召喚術師「ボスに伝えてちょうだい、例の無限の魔力をもつ小娘を手に入れたって」

忍者「…そこの洞窟に待機していろ」

召喚術師「…わかったわ」

忍者「……」シュンッ!

呪い花「…で、どうすんだよ」

召喚術師「決まってるわ!あんな命令無視よ無視!」

JK「しかし、戻ってきた際いないことに気が付かれたら面倒ですよ」

呪い花「身代わりは置いといた方がいいと思うが」

安価下
戻ってきた忍者を誤魔化す方法
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/28(木) 07:48:56.90 ID:P3FiMiMw0
JKの膨大な魔翌力を駆使して全員の分身の生成を試みる
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/29(金) 07:04:15.36 ID:fUrK2KFq0
召喚術師「な、なら分身を作ればいいじゃない」

召喚術師「JKの魔力を使って」

呪い花「…できるのか?JK」

JK「召喚術師様のためならば!」

呪い花(…また召喚術師かよ)

JK「むんっ!」

グニョン

JK「よし、できましたよ!」

JK「知性も付与させましたから、会話も可能です!」

召喚術師「よくやったわ!」

呪い花「次はバレずに魔王城に向かう方法、だな」

安価下
魔王城に向かう方法
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 08:29:20.14 ID:Si9BkoP4o
巨龍の子供たちに連れてってもらう
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/02(月) 07:05:42.99 ID:jaf8g53Y0
「キューキュー!」

JK「ん?」

召喚術師「ひっ、巨龍!?」

呪い花「落ち着け、見たところ子供だ」

JK「それにしてもそれなりに大き…あ!」

JK「彼らに乗せていってもらいましょう!」

召喚術師「はあああっ!?無茶よ無茶!」

呪い花「いや、手なずけりゃできなくもないだろ」

安価下
巨龍の子供を手なずける方法
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 10:40:03.56 ID:CPBDcyD3o
スキンシップ
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/12(木) 07:14:48.47 ID:FP4lLJ4RO
エタ
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/26(木) 02:21:37.45 ID:LA9NbnhBO
(^。^)???
188.07 KB Speed:5.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)