幼「ボクの事好きって言ってみて」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/09(水) 23:15:56.27 ID:yv3j8dkJO
男「……は?」 

幼「ん?」

男「……」

幼「よく聞こえなかった?もう一度言おうか」

男「いや、いい。しっかり聞こえてる」

幼「そう?ならよかった。でも、無視は感心しないなぁ」

男「感心しないと、言われましてもね……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502288156
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/09(水) 23:30:42.98 ID:1nTEW8WLo
はよ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/09(水) 23:51:54.36 ID:yv3j8dkJO
男「……」

幼「……じー」

男「なんだ、その眼差しは」

幼「こういう時は期待半分、不安半分の表情をするものらしい」

男「らしい……?どこの情報だよ」

幼「【もう幼馴染じゃいられない】三巻の120ページ参照」

男「なんだそりゃ」

幼「今一番売れてる少女漫画なんだって」

男「ほー……」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/10(木) 00:11:12.76 ID:/i+EqIjoO
男「お前そんなの読むんだな」

幼「心外だね。こう見えてボクもお年頃なんだよ」

男「……」

幼「きゃぴっ」

男「それも漫画知識か?」

幼「うん」

男「……こんな入れ知恵する奴は、一人しかいないな」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/10(木) 00:24:52.00 ID:/i+EqIjoO
幼「なんの事やら?ボクには皆目検討付かないな」

男「相変わらず、嘘つくのだけは下手だな」

幼「嘘だなんて……酷い。ボクの言葉を疑うの?」

男「上目遣いしても無駄だ」

幼「……無念」

「おや、ご両人。今日も仲がよろしいこって」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 00:57:57.97 ID:/i+EqIjoO
まったり書いていきます
ボクっ娘だよやったね
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 03:18:40.07 ID:4IddGYFdo
やったぜ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 08:58:25.82 ID:K36WP431O
続きはよ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 13:49:20.24 ID:XCDmqJIAO
オイラっ娘は?
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 18:19:40.54 ID:2JRpFRYqO
男「……」

「おや、これは……」

幼「面目ない。バレてしまったよ」

「ありゃ、残念」

男「お前の花畑でこいつの頭を侵食するな」

「え、なに?俺の女に手を出すな的なやつ?」

男「なんでそうなる」

幼「大丈夫だよ。ボクは絶対屈しないから」

「おー」

幼「キッ」

男「いや、もう十分影響受けてるっつーか……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/10(木) 18:36:58.04 ID:2JRpFRYqO
男「とにかく、これ以上妙なことを吹き込むつもりなら……」

「なら?」

男「そのつるつるのデコの形を変えてやるぞ」

「ひゃー、そりゃ怖い」

男「なんだ、随分と余裕だな」

「だってこれ以上やったら、でしょ?イゴキヲツケマース」

男「うらっ!」

「ぴゃぅっ!?」

男「っつあ……石頭が」

「お、おぼえてろーっ」

幼「あ、漫画明日返すねー」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/10(木) 19:07:55.41 ID:2JRpFRYqO
男「あいつ、次やったらただじゃおかん」

幼「そんなに怒らなくてもいいのに」

男「お前も乗るんじゃない」

幼「ボクは楽しいと思うことをするだけ」

男「……」

幼「おっと、ガードガード」

男「……ったく」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/10(木) 21:15:30.32 ID:2JRpFRYqO
幼「でもさ」

男「ん」

幼「キミから好きって言われた事、ない気がするんだ」

男「どうした急に」

幼「急にもなにも。言葉通りさ」

男「……」

幼「ボクはこんなに好きなのになぁ。一人相撲な気分になるよ」

男「……そういう言葉は、言い過ぎると軽くなっちゃうだろ」

幼「あんまり重くし過ぎても困ると思うけどなぁ」

男「……むむ」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/10(木) 21:34:40.47 ID:2JRpFRYqO
幼「もう、難しく考えすぎさ」

男「え?」

幼「……ぎゅ」

男「っ!!」

幼「じぃ……」

男「な、ななっ……」

幼「ボクがお手本、見せてあげる」

男「……っ」

幼「じぃー……」

男「……し、信号が赤になっちまうぞっ」

幼「あ、もうっ。ちょっと待ってよっ」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 21:42:08.63 ID:2JRpFRYqO
もしかしてこれって需要ないやつか……
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 22:20:01.04 ID:0cFmGdfxo
需要あるゾッ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 22:24:15.24 ID:rOuJGoLeo
大丈夫あるよ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 22:31:54.28 ID:cdL7OhRSO
ボクっ娘幼馴染最高です!
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 22:40:54.64 ID:FH5PzUL1o
黙って読んでるだけで需要はあるのだ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/10(木) 23:11:46.21 ID:2JRpFRYqO
安価無しで書くのは久しぶりなもので
少し不安があったのですね

幼「ボクの幼馴染が素直じゃなくて辛い」

男「なに言ってんだ?」

幼「不安で胸が押しつぶされそうだ」

男「……」

幼『やっぱり、ボクの体が目当てだったんだ』

男「なっ……」

幼?『でも、しょうがないよね……男子高校生なんて、性欲の塊みたいなもんだよね……』

男「……」

幼?『しょうがないにゃあ……いい』

男「おいこら」

幼?『ん?』
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/11(金) 00:22:44.00 ID:I6vQxFlsO
男「うらっ!」

「ぴゃっ!?」

男「うらうらっ!!」

「ぴああっ!?!?」

男「さらにもう一発……!」

「ひいい、おたすけぇ」

男「こら、逃げるなっ」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/11(金) 01:59:06.77 ID:Refo8b8dO
「い、いつから気付いてたんだ……」

男「アホか。最初からに決まってんだろ」

幼「にしちゃ、一瞬驚いてたよね」

男「……うるさい」

幼?『酷いよ!ボク信じてたのに!』

男「その若干似てなくもないモノマネやめろ」

幼?『やーん、ひっどーい』

男「……どうやら、まだ足りないらしいな」

「さささっ」

男「そこをどけ」

幼「もう、すぐに暴力はよくないぞ?」

「そーだそーだー」

男「これは暴力じゃない、教育だ」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/11(金) 08:05:27.25 ID:c9PvAU1+O
幼い男の子かと思ってたがボクっ娘かよ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/12(土) 04:23:53.73 ID:RAJqQiWfo
「こんな暴力亭主で平気?」

幼「優しい所もちゃんとあるからね。へーき」

「ま、ノロケられた」

幼「今のノロケになるのかなぁ?」

「無自覚とは恐れ入った」


男「……俺を放っておいて何を盛り上がってる」

「なんだぁ?男のジェラシーはみっともないぞキミぃ」

男「まるで意味が分からんぞ」

幼「キミが優しいって話してたんだよ」

男「……聞こえてなかったわけじゃないから。改めて言わなくてよろしい」

幼「あ、そう?」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/12(土) 04:33:47.11 ID:RAJqQiWfo
「……じとー」

男「なんだ、その目は」

「なんて熱量だ。私は逃げるぜ」

幼「また、後でねー」

「んむー」


男「ほんと、あいつは何がしたいんだ……」

幼「同じクラスなら、いちいち教室戻らなくていいのにね」

男「話が噛み合ってない気がするのだが」

幼「その方が楽しそうじゃない?」

男「勘弁してくれ」

幼「素直じゃないね」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/12(土) 04:54:30.63 ID:RAJqQiWfo
男「さて、今日は何食おうかなぁ」

幼「今日も学食?」

男「ん、あぁ。最近忙しいらしくてな」

幼「そうなんだ」

男「そっちは弁当だろ?確か」

幼「……じぃ」

男「弁当箱二つって……随分と食べるな」

幼「……キミならそう言うと思ってたよ。思ってたけどね」

男「な、なんだその目は」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/14(月) 04:54:17.62 ID:yTh67l09o
「なにやらいい匂いがするねぇ」

幼「あ、丁度よかった」

「んー?」

幼「お弁当、一緒に食べない?」

「……」

男「……?」

「なるほどね」

幼「うん、そゆこと」

男「??」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/14(月) 06:23:13.06 ID:yTh67l09o
「いただけるものはなんでもありがたく貰う主義だよ」

幼「口に合うといいんだけど」

「好き嫌いは基本的にないよ」

幼「それを聞いて一安心かも」

男「……また俺をノケものにしよって」

「あれ、まだいたの?早く学食行きなよ」

幼「……」

男「そこまで言われちゃ、素直に学食へ行きたくなくなるな」

「うわ、なんだこいつ」

男「俺も貰っていいか?」

幼「へ?あ……うん、もちろん」

幼『そのつもりだったし、元から……』

男「なんか言ったか?」

「べっつにー」

男「お前じゃねーよ」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/16(水) 03:07:14.49 ID:j4PCR0R6o
「タコさんウィンナーいただきっ」

男「おい、なんでお前が先に取るんだ」

「貰ったものをどう食べるかは私の自由じゃない」

男「お前なぁ……」

幼「あはは、いいんだよ。ほら、キミも遠慮しないで」

男「ん、おう」


「もぐもぐ……料理上手だね」

幼「んー、冷凍食品の方が多いけどね」

男「これもそうか?……あぐ」

幼「うん。レンジで一分」

「ネタばらししなきゃ簡単に騙せるのに」

男「騙すとかそういう話じゃないだろ、バカ」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/16(水) 03:09:45.08 ID:j4PCR0R6o
幼「キミもやってみたら?一食辺りで見れば安く済むと思うし……ぱく」

男「あー……うん、考えとくわ」

「それやらないやつな」

男「……ぐぐっ」

「退避ぃっ」

幼「こらこら、食事の時くらいゆっくりしようよ」

男「それもそうだな……よっと」

「ああっ、私のタコさんっ」

男「名前は書かれて無かったぞ」

「ばくばくっ」

男「あ、こら。俺の好きなものばかり取るなよ」

幼「ふふ、そんなに慌てなくてもまだまだあるよ」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/16(水) 03:32:45.15 ID:j4PCR0R6o
「ふー、食った食った」

男「旨かったよ、ありがとう」

「ごちそうさまー」

幼「はい、お粗末様」

幼「と言っても、感謝されるべきは冷食のメーカーかな?くすくす」

男「そんな事ないんじゃないか?あのウィンナーはお前がやったんだろ?」

幼「あれも包丁入れて焼いただけだし」

「私でも出来そうだ」

男「そういうのはやってから言うもんだろ」

幼「でも、ほんとに誰でも出来るよ」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/16(水) 04:29:15.35 ID:j4PCR0R6o
幼「だから、また作ってきても……」


キーンコーンカーンコーン


「おっと、もうこんな時間か」

男「何か言ったか?」

幼「……何でもない」

男「……?」

「……ばーか」

男「な、なんだぁ?」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/16(水) 05:39:26.79 ID:j4PCR0R6o
ここまで反応ないとちょっと落ち込んでくるね……
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/16(水) 06:50:10.43 ID:5c5ccYW1o
みてるぞ
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/16(水) 10:19:03.47 ID:6tPXMkaSO
同じく見てます! 幼さん可愛い!


(感想ばかりが多いと他の読者様が読みづらいと思ってキリの良いところまで自重していたのは内緒)
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/16(水) 10:40:47.99 ID:tRWEwZ/xo
嫌いじゃないんだが名前の無い「」が気になっていまいち楽しめない
不穏な感じがするもの
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/16(水) 15:33:58.55 ID:wW71kcUpo
見てるぞ〈●〉〈●〉
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2017/08/16(水) 18:04:08.89 ID:hSKFMZZC0
見てる。好き
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/16(水) 21:48:58.54 ID:BLCuhVaGO
名前のない「」は自分の書き方のクセみたいなもので、イマジナリーフレンドだったりはしないのでご安心を

意外と見てもらえてますね、頑張らます
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/17(木) 15:12:29.15 ID:+5nD0XIQo
幼「……ぺら」

幼「んー……んっ」

「オッス、お勤めご苦労」

幼「あれ、珍しいね。図書室に来るなんて」

「私だって、時には読書してみたくなるのさ」

幼「それはいい傾向だ」

「さて、漫画コーナーは……」

幼「ふふ、漫画コーナーはあっちだよ」

「お、せんきゅー」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/17(木) 15:13:58.08 ID:+5nD0XIQo
幼「……ぺらり」

「メガネ」

幼「ん?」

「本読む時だけ?かけるの」

幼「そうだな……あとは映画を見る時とか、かな」

「ふーん」

幼「なんで?」

「似合ってる。凄く頭良さそう」

幼「褒めてるの?それ」

「そりゃベタ褒めよ」

幼「くすくす、ありがと」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/17(木) 15:17:40.19 ID:+5nD0XIQo
「しかしヒマだね」

幼「ボクは暇な方が好ましいな。ゆっくり本読めるし」

「なるほどねぇ」

幼「っと、もうこんな時間か」

「閉館時間?」

幼「そそ」

「手伝える事ある?」

幼「ありがと。それじゃ、向こうから窓閉めてもらえるかな」

「あいよ、合点」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/17(木) 15:26:47.41 ID:+5nD0XIQo
幼「すっごく助かったよ。ありがと」

「そう言っても貰えると、手伝った甲斐があるね」

幼「向こうももうそろそろかな?」

「連絡とかは?」

幼「んー、特に」

「なら校門で待ってりゃくるんじゃない?」

幼「それもそっか」

「それとも、直接体育館行く?」

幼「……流石にそれは、ちょっとね」

「いじらしい乙女め」

幼「たはは」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/17(木) 15:33:44.51 ID:+5nD0XIQo
つづく
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/17(木) 15:40:42.23 ID:ej/SJtq1o
おつ
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/18(金) 15:50:08.01 ID:Iw2IIQMD0
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/22(火) 01:59:08.74 ID:3Ko5DV5pO
この期間空いても誰も気にしてない感じ……
いつ味わっても辛い
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/22(火) 02:45:07.79 ID:l0esFsgSo
まあ自分のペースで書く人多いからねここ
年単位で空いてまた書いた人もちょいちょいいるし(でもそういうのたいてい最後までいかないけど)
基本待ちに慣れてるからねえ
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/22(火) 02:47:55.51 ID:o1fk8ZA5o
はよって言いすぎて嫌がられて書かなくなるのは本末転倒やしなぁ
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/23(水) 21:50:06.00 ID:aTHomeMSO
>>49さんに同意。

続きを楽しみにしていますし、書いてほしい気持ちももちろんありますが。
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/25(金) 19:11:00.04 ID:GqkQAkT2O
書き溜めてマス
しばしお待ちを
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/25(金) 19:21:49.96 ID:rOX9rNcmo
へいさ
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 22:48:40.66 ID:+jgh0WxSO
ボクっ娘幼馴染最高!
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/30(水) 19:59:20.83 ID:/TNMVpAco
男「……ん」

幼「やぁ、お疲れ様」

「だいぶ待ったぞ」

男「待つように行った覚えはないが……」

幼「ま、つれないお方」

男「お前も乗るなっての」

幼「くすくす、それじゃ帰ろっか」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/30(水) 20:01:26.87 ID:/TNMVpAco
男「今日も委員の仕事だったのか?」

幼「ん、そうだね」

男「お前の方こそお疲れ様だ」

幼「今日は協力者がいたからそうでもなかったよ」

「どうも、協力者です」

男「なんでこんな時間まで残ってたんだ?帰宅部だろ、お前」

「そんなに私が邪魔かぁ?それなら素直に言えばいいのに」

男「そんな事は言ってないし、思ってもない」

「ぶーぶー」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/30(水) 20:18:50.46 ID:/TNMVpAco
幼「そんな言い方しなくていいのに」

男「なんだ、お前はどっちの味方だ?」

幼「ボクはその時味方したい方の味方」

「心の友よぉ」

幼「おー、よしよし」

「……ぱふ、ぱふ」

男「……」

「羨ましかったらそう言っていいんだぞ」

幼「え、そうなの?」

男「んなわけ……」

幼「……?」

「……むぎゅ」

男「……あるか、アホ」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/30(水) 20:20:20.50 ID:/TNMVpAco
幼「間があったね」

「うん、確実にあった」

幼「もしかして、悩んでたのかな?」

「そりゃまぁ、悩む気持ちも……」

男「どりゃあっ!」

「いっだぁ!?」

男「……ぺし」

幼「いて」

男「思春期男子をあまり舐めるんじゃないぞ、思春期ガールズ」

「……明らかな差別を感じたんだけど」

幼「ぼーりょくはんたーい」

男「シャラップ!」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/31(木) 01:47:42.73 ID:3Ejys9HWo
よいのお
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/31(木) 03:04:38.51 ID:jOfcWfw3o
幼「それじゃ、またね」

男「おう、また明日」

「ばいばーい」


男「……」

「……」

男(そういや、帰宅部のこいつと一緒に帰るって珍しいな)

「……ねぇ」

男(家の場所とかも、そういや知らねぇし)

「……おいってば」

男(しかし、そんな質問しようもんならまた面倒な……)
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/31(木) 03:05:53.09 ID:jOfcWfw3o
「うりゃあっ!」

男「ぐおわっ」

「い、いつもの仕返しだ……いちち」

男「は、反動が結構痛いのも分かったか」

「ならやらんきゃいいのいん」

男「じゃあやらなくて済むように心がけてくれ」

「カンガエトキマース」

男「……」

「……」

男「なぜ無言で離れる」

「必殺の間合いだ」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/31(木) 03:08:27.90 ID:jOfcWfw3o
「あ、私こっち右だから」

男「ん、そうか」

「んじゃ、またね」

男「おう、また明日な」


男(さて、今日こそはあそこのボスを突破せねば)


(……また、か)
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/03(日) 14:21:36.11 ID:l3+4vlhpO
ここで終わりますね
ありがとうございました
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/03(日) 14:30:18.84 ID:l3+4vlhpO
お目汚し失礼しました
ボクっ娘書くのはもうやめておきます
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/03(日) 14:32:01.57 ID:G9hb52CZo
なりすまし失敗してて草
無様過ぎる
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/03(日) 16:30:50.47 ID:QP20x8ejo
唐突すぎる上に末尾も違う時点で全くなりすましできてないよな
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/08(金) 15:34:09.63 ID:7H7EQahCo
男「……くぁ」

男(やっぱりゲームで夜更かしはいかんな、眠気が……)

幼「おはよーっ」

男「……」

幼「っととと?」

男「うおっ」

幼「わあ」

男「すまん、大丈夫か」

幼「ボクは平気だけど、キミの方こそ大丈夫?フラフラしてたように見えたけど」

男「今ので大分目が覚めた。感謝する」

幼「ふふ、そりゃよかった」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/08(金) 15:37:56.12 ID:7H7EQahCo
男?『今ので下の方も目が覚めちまったよ。ぐへへ』

幼「おや、そりゃ大変だ」

男?『今ならだれも見てねぇ。その胸で……みぎゃっ!?』

男「全く、懲りん奴だな……」

「今の声真似どうだった?」

幼「んー……55点?」

「改善の余地ありあり、というわけか」

男「よそでやったりするなよ、絶対」

「やるなよ、絶対やるなよって事?」

男「破ぁ!」

「ぎゃいんっ!?」

幼「あー、今日もいい天気だなぁ」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/08(金) 15:50:09.38 ID:7H7EQahCo
幼「あ」

男「ん、どうした」

幼「お弁当、忘れてきちゃったみたいだ」

男「珍しいな、お前が忘れ物なんて」

幼「カバンに入れた記憶がないから、相当だね」

男「その弁当達には悪いが、丁度よかった」

幼「?」

男「昨日の例だ。今度は俺に奢らせてくれ」

幼「そんな、悪」

男「いよ。って言うのは分かってる」

幼「むぅ」

男「だから、これはお願いって事で」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/08(金) 15:52:29.41 ID:7H7EQahCo
幼「お願い、か」

男「うむ」

幼「ずるいなぁ。そんな風に言われたら断れないや」

男「それなら最初から断らなきゃいいだろうに」

幼「それとこれは……」

「そいじゃ大将。ゴチになるッス」

男「……」

「……」

男「急がないと混むからな。ここは多目に見てやる」

「やりぃ」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/08(金) 16:02:51.22 ID:7H7EQahCo
つづく

まだ見てくださってる方、ありがとうございます
ガンバリマス
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/08(金) 16:03:44.78 ID:A16Vuqmf0
乙です
楽しみしてるよー
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/08(金) 16:58:34.04 ID:QHbv3UPhO
あークーデレボクっ娘幼馴染は最高だ
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/08(金) 17:05:53.59 ID:zzDBC5iSO
乙です。
全てのクーデレ僕っ娘幼馴染に感謝
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/08(金) 23:24:52.41 ID:zWD8jhkEO
酉付けたほうがいいですか?
スマホから更新したときとか
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/08(金) 23:30:51.81 ID:2wh3o/DR0
なりすまし防止も兼ねてあった方がいいんじゃないかな
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/09(土) 09:01:24.59 ID:DPTjCRBSO
>>74
実際になりすまし(偽終了コメ)があったことを考えると、無理にとは言いませんが酉があったほうが良いような気がします。
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/10(日) 10:57:11.00 ID:S5jkuoYfo
そいつがなりすましだぞ
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/13(水) 02:17:27.44 ID:9q0v+k5so
書き溜めはしたのですが、あまりに内容がつまらないので更新を続行するか悩み中です
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/13(水) 07:59:46.83 ID:700MMJP50
取り敢えず書いてみそ
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/13(水) 21:59:38.25 ID:wl1Gm2NiO
あんたはつまらないと思ってるが読者は面白いと思うかもしれない。早く投下するのだ
あとメンタルが弱くてウジウジ言うのをやめろ、すごくいいSSなんだから自信持て
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/17(日) 20:33:04.27 ID:M0Iu0WFmo
幼「そういえば、学食来るの初めてだなぁ」

「オススメ教えてあげるよ、にしし」

幼「ほんと?ありがとー」


男「……結構混んでるな」

幼「いつもはこんなに人いないの?」

男「日によってまちまちだが、こんなに混んでは……」

「ほらほら、まずは席を確保しなきゃ」

男「ん、あぁ。確かにそうだ」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/17(日) 20:42:30.03 ID:M0Iu0WFmo
「こっち、こっち空いてるよー」

男「でかした、行こうぜ」

幼「ちょ、ちょっと待って……あぅ」

男「……がしっ」

幼「!」

男「はぐれたら合流は骨が折れるぞ」

幼「うん……ありがと」


幼「……」

幼「……ぎぅ」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/17(日) 20:44:15.99 ID:M0Iu0WFmo
男「それじゃ、俺は席確保しとくから。二人で選んできてくれ」

幼「キミはもう決まってるって事?」

男「んや、適当でいいよ。いつもそうだし」

「……きらりん」


「この調子だとオススメ売り切れちゃうかも。早くいこいこ」

幼「それじゃ、行ってきまーす」

男「おう、よろしくな」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/17(日) 20:48:01.99 ID:EqltGMoeO
更新来たー
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/17(日) 20:48:13.37 ID:M0Iu0WFmo
「塩サバ定食、塩サバ定食……よし、まだある」

「ピッ、ピッと」

幼「あれ、二枚?」

「全部同じじゃ芸がないからね」

幼「確かにそれもそうかな」

「何でもいいって言ってたし……」


「ピッと」


「それ持って向こうねー」

幼「りょーかいです、隊長」

「おばちゃん、私の分大盛りで!」

幼「そういうのもあるんだねー」

「そっちのもする?」

幼「んー……っと、後ろが詰まっちゃうね。今回は見送る事にするよ」
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/17(日) 20:54:21.38 ID:M0Iu0WFmo
幼「お待たせー」

男「おう、お帰り。目当てのもんはあったか?」

「うん、ばっちし」

男「そりゃよかった」

「ただ……ね」

男「ん?」


「……」

男「……」

「じゃ、じゃーん」

男「……よりにもよって激辛カレーか」

「な、なんでもいいって言ったじゃん!」

男「何も言ってないだろうが」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/17(日) 20:59:21.07 ID:M0Iu0WFmo
幼「そっちも美味しそうだねー」

「……え゛?」

男「そういや、お前辛党だったな」

幼「うん。とっかえよっか?ボクのと」

男「いや、なんでもいいと言ったのは事実だしな」

「そーだそーだ」

男「……それじゃ、とりあえず」


男「いただきます」

幼「いただきまーす」

「いただきマンモスー」
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/17(日) 21:01:56.27 ID:M0Iu0WFmo
とりあえず、書き溜めてる分は投下してみて
それから考えることにします

それまでよろしくお願いします
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/17(日) 21:03:57.88 ID:EqltGMoeO
可愛いからもっと
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/18(月) 10:41:58.36 ID:SVtAKr2co
おつ
カッコ前に名前の無い子もカワイイ
91 : ◆eFDGff6JT2 [sage]:2017/09/23(土) 19:44:44.13 ID:NXtZ/p35O
書き溜めてます

もうしばらくお待ちを
92 : ◆eFDGff6JT2 [sage]:2017/10/04(水) 22:12:50.89 ID:UsHw1WU2O
明日更新します
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/06(金) 14:12:10.80 ID:iu1MfxH8o
幼「んー、おいしいね」

「でしょでしょー?」

男「……く、ぁ」

幼「すごい汗だよ、ほんとに大丈夫?」

「また、大げさな」

男「……そういうならお前、食ってみろ」

「……さっき辛いの平気って言ってたよね?」

幼「うん、平気だよ」

男「いや、そうじゃなくて……まぁいい。頼む」

幼「あー……むっ」

男「……どうだ?」

「……じー」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/06(金) 14:13:54.91 ID:iu1MfxH8o
幼「……ぺろ」

幼「ボクはもう少し辛くてもいいかなぁ?」

男「ま、マジで言ってんのか……?」

「そんなこと言って、本当は大したことないんじゃないの?」

男「……じゃ、お前も食え」

「へ?もごご……んぐ」

男「……どうだ」

幼「美味しいよねぇ?」

「……」


「……み、水ぅ!!」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 14:16:32.65 ID:iu1MfxH8o
男「おい、それは俺の……」

「んく……んっく……ぷはぁ」

幼「二人とも大げさじゃない?」

男「いや、その意見は同意しかねるぞ」

「ま、まだ舌がヒリヒリするぅ」

幼「それじゃ、ボクが残りも貰っていい?」

男「すまんな、頼めるか」

幼「それじゃ、こっちの定食はキミに」

「今回ばかりは私も異議なし」

幼「塩さばがちょっと齧っちゃってるけど」

男「いや、そこは気にすんな」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/06(金) 14:21:48.08 ID:iu1MfxH8o
幼「あぐあぐ……」

「み、水なくて兵器?」

幼「ん、ありがとー」

男(え、笑顔で食ってる……)

(み、見てるだけでこっちの胃が痛くなりそう……)


幼「ふー、ごちそうさまでした」

男「塩さば定食、確かに旨いな」

「でしょでしょー?」

幼「学食の日を決めて、たまに食べに来るのも悪くないかなぁ」

男「毎回は出せんぞ」

「えー、甲斐性なしぃ」

男「お前はそもそもおまけだろうが」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/06(金) 14:22:32.42 ID:iu1MfxH8o
幼「あ、チャイム」

男「っと、随分長いしちまったな」

幼「次の授業体育だったよね?」

男「わかってるなら急ぐぞ!」

幼「あいあいさー」

「いてら〜」
98 : ◆eFDGff6JT2 [sage]:2017/10/06(金) 14:24:03.33 ID:iu1MfxH8o
酉忘れてました

まだ読んでる人がいるかは分かりませんが、一応
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 17:27:27.51 ID:PFfgNUdNo
おつおつ
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 19:13:18.68 ID:hlmuhAMzO
読んでるに決まってるじゃん
ボクっ娘は可愛い
ボクっ娘は正義
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/12(木) 08:00:34.32 ID:9HzMALUGo
水が無い事で兵器となる
102 : ◆eFDGff6JT2 [saga]:2017/10/12(木) 16:02:13.94 ID:B6t5qoUto
男「……ふっ……ふっ」

「……はぁ……はぁ」

「……な、なぁ」

男「ん?」

「なぜ俺達はこのクソ暑い中、工程を走っているんだろうな?」

男「女子が水泳の日だからだろ」

「……そこだ。水泳が男女別って、おかしいと思わんか?」

男「俺は中学の時もそうだったから、別に」

「……」

男「なんで憐れまれなければならん」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/12(木) 16:11:12.14 ID:B6t5qoUto
「抜け出して見に行かないか?今ならバレねーぞたぶん」

男「……」

「……」

男「いや、行かねーよ」

「間があったよな、今」

男「うるせぇ、黙って走れ」

「おう、頑張れよ」

男「おいこら、待て」
104 : ◆eFDGff6JT2 [saga]:2017/10/12(木) 16:17:58.39 ID:B6t5qoUto
「なんだ、やっぱりお前も行きたかったのか」

男「殴ってでも止めて欲しいか?」

「うわ、こえぇ」

男「あ、待てっ」

「待てと言われて待つやつがいるかっ」

男「くそ、速いっ……」

「伊達に陸上やってねぇぞ!」

男「なら、走ることに文句言うんじゃねぇ!」

「それとこれとは話が別だっ!」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/12(木) 16:44:22.18 ID:B6t5qoUto
幼「……ふぅ」

幼(あぁ、気持ちいいなぁ……)

幼「おや?どうしたんだろ、みんな」


「うおぉ、女子の視線が釘付けだ!」

男「やっと追いつい……たっ」

「ぐおっ、しまったっ」


幼「おーい、何してるんだい」


男「あぁ、こいつがな……」


幼「……?」


男「……ぁ、と」

「が、眼福っ……!」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/12(木) 16:53:11.47 ID:B6t5qoUto
男「こ、こいつが授業を抜け出そうとしてたから」

「がああっ」

幼「それ以上いけない」

男「ほら、さっさと行くぞ」

「ち、ちくしょう……」

幼「……残念だなぁ」

「む?」

幼「てっきり、ボクの水着姿を見に来てくれたのかと」

男「なっ……」


幼「……ぽーずっ」


男「っ!」

「お、おおぉっ!!」


「こらーっ、お前らーっ!」


男「げっ」

「やっべ、逃げろっ」

男「おい、逃げてどうなる」

「お前だけ捕まれば、俺は逃げ切れるかもしれない」

男「……なんかアホらしくなってきた」

「ならぜひ、一人で捕まってくれ」

男「それは断る」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/12(木) 16:53:52.52 ID:B6t5qoUto
「ねぇねぇ」

幼「ん?」

「二人ってさ、付き合ってるの?」

幼「へ?あ、んー……」


幼「……んー?」


108 : ◆eFDGff6JT2 [sage]:2017/10/12(木) 16:56:17.70 ID:B6t5qoUto
今日はここまで

内容についての話とかは、いつでもしていただけると嬉しいです

ではまた次回

109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/12(木) 19:07:03.58 ID:HgWN18EYo

期待してる
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/12(木) 19:44:16.76 ID:ILSc/AHFo
おつん
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 04:59:29.33 ID:X7LoWF030
おつ
112 : ◆eFDGff6JT2 [sage]:2017/10/21(土) 00:10:56.34 ID:vZ6q/7j+O
自分が書くとどうしても淡白な娘になってしまう……
甘々な感じのほうが人気なんだろうか
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/21(土) 12:34:52.24 ID:iztPMB9Mo
だいじょぶ
114 : ◆eFDGff6JT2 [sage]:2017/10/21(土) 21:27:37.75 ID:2SLXqWh5O
一人でも見てくれてる人がいる……
ありがたいことです

遅い時間に書き溜め投下予定です
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/21(土) 23:44:31.48 ID:AKf6DTvXo
見てるぞ
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/22(日) 02:43:27.03 ID:TSptpYQs0
まだあ
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 02:44:52.22 ID:YZTFRY7eo
「そんな面白いことがあったなんて」

男「面白くもなんともないわ」

幼「あの後いないと思ったら、説教されてたんだね」

男「あぁ。昼休みの半分も使ってみっちりな」

幼「うひゃ、たまらないね」

「まぁ、スケベ野郎の自動自得だな」

男「俺は巻き込まれただけだ」

「でも、見たは見たんでしょ?」

男「……不可抗力でな」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 02:50:35.82 ID:YZTFRY7eo
「で、どうだった?」

男「何の質問だ、一体」

幼「どうだった?」

男「食いつくな食いつくな」

「じぃ〜」

幼「じー」

男「……」

男「……ちらっ」

「む?」

幼「んー?」

男「まぁ、同じ学年とは思えない感じだったな」

「おいこら。誰が比較しろと言った」

男「並んでるとつい、な」

「ぐぬぬ……このっ」

幼「わひっ」

「私だって、好きでっ、こんな乳な、わけじゃっ……!」

幼「お、大きいと困ることもあるよ……?」

「……このタイミングでその発言はなぁっ!」

幼「あんっ」

「火に油だぁ!!」

幼「だ、だめぇ」

男「おいこら。その辺にしとけよ」

「がうがうっ」

男「こら、暴れる……なっ!?」

幼「わひゃんっ」

男「あ、す、すまん」


幼「……キミたち」


「えっ」

男「え?」

幼「二人とも、正座!」

「は、はいっ」

男「お、おう」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 02:57:19.79 ID:YZTFRY7eo
幼「嫁入り前の女の子の胸を、もみもみモミモミと……ボクにも限度ってものがあるよ」

「か、返す言葉もございません」

男「な、なんで俺まで……」

幼「じろり」

男「むむ……」


幼「そうだ。一度自分でも味わってみるといい」

「へ……?」

幼「うりゃうりゃ」

「わぁっ!?」

幼「さわさわ……」

「……」

幼「……なんともない?」

「……こく」

幼「……」

「……なんかゴメン」

幼「いや、ボクこそ……」

男(何を見せられてるんだ俺は)
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 03:01:24.66 ID:YZTFRY7eo
幼「あ、そうだ。忘れないうちに……はい、これ」

「お、もう読んだんだ」

幼「次で最後だっけ」

「んむ」

幼「最後がどうなるか気になって仕方ないよ」

「気に入ってくれてなにより」

男「……なぁ」

「ん?」

男「俺にも貸してくれないか、その漫画」

「【もう幼馴染じゃいられない】を?」

男「わざわざタイトル言わんでいい」

幼「少女漫画だよ、これ」

男「会話の流れで察してる。皆まで言うな」

「別に貸すのはいいけど……今日は一巻持ってきてないから、明日ね」

男「おう、よろしく」

「あ、一つだけ」

男「なんだ」

「読むからにはちゃんと全巻読むこと」

男「それは読んでみないことには……」

「なら貸さない」

男「……わかったよ。ちゃんと全部読む、約束しようじゃないか」

「ならばよし」

幼「楽しみだなー、最終巻」

男(そんなに面白いのか……)
121 : ◆eFDGff6JT2 [sage]:2017/10/22(日) 03:08:32.56 ID:YZTFRY7eo
短めですがこのくらいで

エタらせないよう頑張ります
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/22(日) 11:03:08.77 ID:POL+kGEuo
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/23(月) 15:15:13.20 ID:X4GyqPzCo
おつなのー
37.91 KB Speed:1.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)