凛「私がプロデューサーに全力で甘える日?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2017/08/10(木) 08:57:48.34 ID:vLDdpeGCO
過去作: 『未央「私がプロデューサーに全力で甘える日?」』
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1501033738/
の亜種です。NG2人書いちゃったし卯月も書こうかな…


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502323068
2 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2017/08/10(木) 08:59:49.19 ID:vLDdpeGCO
https://i.imgur.com/NjnY8Tl.png

凛「…」

ペラッ…ペラッ…

P「…」

スタスタ…ストン…
だきっ…

凛「…なんでいきなり隣に座って、しかも肩を抱き寄せてきたわけ?」

P「誕生日だろ?」

凛「意味がわからないよ。それに私、本読んでるんだけど」

P「読書の邪魔はしない」

凛「あ、そ。ならいいけど」

P「ありがとう。ほれ、頭を肩にもたれかけてもいいぞ」

凛「…」

ぽすっ

凛「あ。これ楽だね」

P「だろ」

凛「…」

P「…」

凛「…どうせならさ」

P「うん?」

凛「どうせハグするならさ、もうちょい強めにお願い」

P「…」

凛「少し苦しめくらいが丁度いい」

P「…はいよ」

ぎゅむー

凛「…悪くないね」

P「そっか」
3 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2017/08/10(木) 09:00:18.03 ID:vLDdpeGCO
凛「…」

ペラッ…ペラッ…

P「…」

なでなで…

凛「…なんで頭撫でてるわけ?」

P「背中の方がよかった?」

凛「いや、そういうことじゃないって」

凛「…」

凛「頭だけじゃなくて、背中もお願い」

P「はいよ」

なでなで…

凛「…♪」

P「あ、いまちょっと微笑んだ?」

凛「本の内容が面白かっただけだよ」

P「『走れメロス』に微笑む要素なんてあった?」

凛「…本読んでるから静かにしてくれる?」

P「はい」
4 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2017/08/10(木) 09:01:11.37 ID:vLDdpeGCO
なでなで…

凛「…」

P「…」

凛「…あと。もうちょい身体密着させて欲しい」

P「十分密着してると思うけど」

凛「ソファの隣で抱き寄せる体勢が良くないんだね」

P「どうしろと?」

凛「プロデューサーは普通に座ってていいよ」

P「?」

スッ…スタスタ…

ストン…

P「…」

凛「…何?」

P「…いや。まさか股の間に座ってくるとは思わなかったから」

凛「プロデューサーが背もたれになれば、よりよく読書ができると思ったんだ」

P「さりげなくひどくない?」

凛「いいから。ハグの続きお願い。忘れてるよ?」

凛「正面に私がいた方がやりやすいでしょ」

P「…はいよ」

だきっ…ぎゅー…

凛「…ふむ」

ペラッ…ペラッ…

P「…」

スッ…さわさわ…

凛「…」(ぴくっ)

P「…」

凛「…ねぇ。人のお腹を勝手に触って、許されると思ってるわけ?」

P「怒った?」

凛「怒った。せめて許可を取ってよ」

P「お腹撫でてもいい?」

凛「許す」

P「ありがとう」

凛「でも、くすぐったいから優しくね」

P「はい」

さわさわ…なでなで…

凛「…♪」
5 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2017/08/10(木) 09:01:50.47 ID:vLDdpeGCO
P「…」

凛「…ふぅ」

パタン

P「読み終わった?」

凛「うん。疲れた」

P「そっか。冷たいもの持ってくるよ。そこどいて?」

凛「やだ」

P「…」

凛「…」

P「…何をしろと?」

凛「疲れたから手で私の目を覆って」

P「どういうこと?」

凛「…子供が大人にさ『いないいないばあ』って目を手で隠される時あるじゃん」

P「ある」

凛「あれをやってほしい。目が疲れたから、『ばあ』の部分はいらないよ」

P「…」

凛「…」

スッ…

凛「…そのままね」

P「これ。手が地味に疲れるんだけど」

凛「片腕を使って目の部分を覆い隠してくれればいいよ」

P「なるほど」

凛「そうすれば片手が空いてハグもできるでしょ」

P「空いた片手でハグしなきゃいけないんだな」

凛「早く」

P「はい」
6 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2017/08/10(木) 09:02:17.76 ID:vLDdpeGCO
ぎゅ…

凛「…」

P「…」

凛「…♪」

P「口元が緩んでない?」

凛「…」

P「あ。戻しやがった」

凛「緩んでないよ。気のせい」

P「頑なだな」

凛「静かにして。いまいいところなんだから」

P「何が?」

凛「この体勢でのリラックス」

P「リラックスしてくれてるんだな」

凛「悪くないし」

もそもそ…

凛「…」

P「…」

凛「プロデューサーの手。冷たい」

P「外そうか?」

凛「ひんやりしてて気持ちいいって話」

P「あそ」
7 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2017/08/10(木) 09:03:30.95 ID:vLDdpeGCO
凛「…」

P「…」

凛「この体勢。飽きてきちゃった」

P「ワガママだな」

凛「手。外して?」

P「いいのか?」

凛「うん」

P「…」

スッ…

凛「…」

スタッ…くるり…むぎゅっ…

P「…」

凛「…」

P「今度は正面からのハグなんだな」

凛「悪い?」

P「いいえ」

凛「ほら。プロデューサーもしっかりハグしてよ。強めにね」

P「はいはい」
8 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2017/08/10(木) 09:04:26.33 ID:vLDdpeGCO
むぎゅーっ

凛「…」

P「…」

凛「…苦しい」

P「弱める?」

凛「いい。頭も抱きかかえるようにして」

P「胸に抱く感じでよろしいので?」

凛「それ理想的。やって」

P「…」

ぎゅむー

凛「…♪」

P「…」

凛「…にんまりなんかしてないからね?」

P「何も言ってないよ」

凛「そう」

P「…」

凛「…」

ぎゅむー

P「凛」

凛「何?」

P「誕生日おめでとう」

凛「…今さら?」

P「言うタイミング遅かった?」

凛「…」

凛「いや。嬉しい。すごく」

ぎゅっ

P「おう」

終わり
9 : ◆hAKnaa5i0. [saga]:2017/08/10(木) 09:07:02.46 ID:vLDdpeGCO
終わりです。お読みいただきありがとうございました。
そして誕生日おめでとう。しぶりん。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 10:14:04.97 ID:FJ0eczFDO
しぶりんは最後にどこをぎゅっとしたんですかねぇ…
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 13:18:32.58 ID:cT7eTMIYO
しぶりん誕生日おめでとう。
2828して満足。乙です。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 14:43:23.80 ID:cLzp9wKQO
乙ですー
素敵なしぶりんssをありがとう
6.76 KB Speed:1.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)