咲「野球って楽しいよね。安価でいっしょに楽しもうよ!!」 六十三本場

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

156 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/09/20(水) 03:36:34.89 ID:EkS1B79Ao

京太郎「赤司さんです」

漫「また漫画のキャラですね」

恭子「また狂ったロボット持ってくるんやないやろな……」

京太郎「失礼な!」

京太郎「こちら、わざわざ北方の片田舎から来てくださった赤司(アカ・ツカサ)さんです」

司「熊肉最高」

漫「名前が同じだけで全然別の人来ちゃったーーーー!?」 ガビーン

京太郎「失礼な、確かに赤さんはバスケに関しちゃ黒バスの赤司の足元にも及ばないかもしれない」

京太郎「だが、黒バスの赤司よりも凄いところだってあるんだぞ!」

司「逆らったから親を殺した」

京太郎「仮釈放中だそうです」

恭子「元いた場所に返してこい」
157 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/09/20(水) 04:00:28.68 ID:EkS1B79Ao

恭子「くそっ、何もかもが異質なヤツ連れてきおってからに!」

純「いや、さすがに遊びのバスケでアレとマッチアップするのは無理だって」

豊音「ちょーこわいよー」

漫「目がイッちゃってますよ」

恭子「まあ、そんなリスクは犯せんか……」

恭子「まあええ」

恭子「どうせ相手は攻撃を機械にやらせるつもりや」

恭子「アイツに攻め込まれる心配はない」

恭子「となれば、あいつの守備エリアに攻め込まなければ関わらんで済む」

漫「て、敵チーム、こちらの策を読んでいるのか、赤司のパチもん除く全員が片面に集中してます!」

恭子「くっ……」

恭子(しかし弱点だからといって不用意に攻め込み一生後悔する結果を万が一にも生むわけには……)

恭子「くそっ、意外と策士やないか!」
158 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/09/20(水) 04:30:14.05 ID:EkS1B79Ao

マシーン太郎「ピピ・・・ガガ・・・」

恭子「ん?」

洋榎「お、おい……?」

マシーン太郎「ERROR……ERROR……」 ビーッビーッ

京太郎「げえーっ、しまった!」

京太郎「高度な電子頭脳を使っている緑マシーン太郎は、30分以上戦うと、回路がショートしてしまうんだーっ!」

洋榎「なんやて!?」

京太郎「くそっ、OSをMeから変えておいたのに、やはりこの弱点ばかりはどうにもならなかったか!!」

洋榎「ど、どないするねん!」

京太郎「と、とりあえず選手交代をしましょう!」

京太郎「赤司さんがいる限り、向こうはこのラインを攻められませんし、守りきれたら勝ちですから!」

京太郎「攻撃キチガイモンスターを失うのは惜しいが、仕方ないですからね」

マシーン太郎「コーホー」
159 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/09/20(水) 04:33:36.38 ID:EkS1B79Ao

京太郎「まあ、誰と変わっても試合展開に変わりはないだろうし、適当に……」

ブワッ

京太郎「ッ!」 ブワッ

洋榎「〜〜〜〜!!」 ゾゾゾゾゾ

マシーン太郎「ピピピピピピ」

ボゴーーーーン

京太郎「うわあああああああああああ」

京太郎「……って、夢から覚めない……?」

洋榎「何アホなこと言うとるねん!」

洋榎「フリーザ軍のスカウターばりに景気良く吹き飛んだで!?」

京太郎「で、でも、一体何故――――」

咲「…………」
160 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/09/20(水) 04:36:42.88 ID:EkS1B79Ao

恭子「おお!来てくれたんか!」

咲「ええ……」 チラ

咲「何だか凄いことになってるそうですから」 ゴッ

京太郎「――――――っ!」

京太郎(くっ……なんだこの圧倒的なまでの“圧”は……)

京太郎(弱い交代要員を出したら狩られそうだ……)

京太郎(ここは……)

京太郎「せ、選手交代!」

京太郎「>>161!!」
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/20(水) 06:36:00.80 ID:sMLj56xJo
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/23(土) 15:29:07.18 ID:Tks8wUSU0
俺?
163 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/10/06(金) 00:40:46.92 ID:xXXHngPao
名選手次々引退してとてもつらい
投下します
164 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/10/06(金) 00:45:41.43 ID:xXXHngPao

京太郎「代打俺!」

咲「京ちゃん……」

京太郎「咲……」

京太郎「お前は運動が苦手だったよな……」

洋榎(ウソやろ……)

恭子(気のせいやろそれ……)

京太郎「悪いが、俺の幸せのために――」

京太郎「相手が誰であろうと、手は抜かねえぜ!」

咲「……うん」

咲「私も、それは同じだから」

洋榎「……!」 ブワッ

洋榎(何やこのプレッシャー……!)

咲「一緒に楽しもうよ」
165 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/10/06(金) 00:49:23.49 ID:xXXHngPao

恭子「……バスケの経験は?」

咲「絶無です」

咲「でも、バスケ漫画なら結構読んでました」

咲「ふぁいとの暁とか」

恭子「……」

恭子(全然知らんやつや……)

咲「あ、知らないですか?」

咲「じゃあ、ジャンプでやってた――」

恭子「ああ、黒子ならさすがに分か……」

咲「フープメンとか」

恭子「らんわ。それは知らんわ」

咲「そうですか……」 シュン

京太郎「はっはっは、遊んでる間に決めてやる!」 ダムダム

純「うわっ、きったねえ!」

京太郎「試合中にコントを始める方がわるーい!」 シュッ
166 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/10/06(金) 01:37:53.04 ID:xXXHngPao

バインッ

京太郎「ゲエーッ!」

咲「京ちゃんここで外す?」

豊音「ていっ!」

洋榎「くそっ、やっぱりリバウンドじゃこっちが圧倒的に不利や!」 ダダッ

京太郎「戻れ!」 ダダッ

咲「……姉帯先輩」

咲「パスもらえますか?」

豊音「?」

豊音「いいよー」 パスッ

咲「……バスケ漫画なら、黒子のバスケも当然読んでますよ」 キュフフ

咲「えーっと、こうすると、強いんですよね」 シュッ

京太郎「なっ!?」

洋榎「まさかアイツ、自軍のゴール下から――!?」

咲「見よう見まねだったけど……意外と上手く行ったかな」

バスッ

京太郎「ゲエーッ! マシン太郎と同じ超ロングスリーポイントッ!」

洋榎「くそっ、卑怯やぞ!」

恭子「どの口が」
167 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/10/06(金) 02:25:22.86 ID:xXXHngPao

京太郎「先生お願いします!」 シュッ

司「逆らうなら親でも殺す」

恭子「うげっ、あいつとうとう攻撃でも使いやがった」

司「……」 ズンズン

恭子「ぐおお、ドリブルすらせず堂々と歩いとる……!」

純「あまりのヤバさに観客含め誰もトラベリングを指摘出来ないからってやりたい放題を――」

咲「それ、ルール上反則ですよ」

恭子「!」

豊音「わわっ、突っ込んだよー!?」

司「あ? 逆らうなら親でも殺すぞ?」

漫「ちょ、こんなとこで怪我するわけにはいきませんし、大人しくここは見て見ぬふりを――」 コソッ

咲「本当に“ヤバイ”人物は……『ぶっ殺す』と心の中で思ったら、その時スデに行動を終えているもの……」

咲「殺す殺す言って威圧するだけのファッション狂人に負けるつもりはありません」

京太郎「咲……」

京太郎(昔はあんなに気弱だったのに、いつの間にかしっかりと意見を言えるようになって……)

京太郎「って、感慨深くなってる場合じゃねえ!」

京太郎「よせ咲、下手に突っかかるとそいつは――」

司「殺す!」

純「やべえ、ナイフだ!」

漫「もうバスケットのルールでもなんでもない!」

咲「……」

司「死ねよやあああああ!」

ドスッ
168 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/10/06(金) 02:27:39.41 ID:xXXHngPao

司「ぐ、ぐえ……」

豊音「ふえ……?」

胡桃「何で自分を刺して……」

咲「……」

京太郎「回転のエネルギー……か……?」

咲「命に別状はないはずです」

咲「警察と救急車を呼びましょう」

京太郎「あ、ああ……そうだな……」

咲「……」

咲「どうする、京ちゃん?」

京太郎「え?」

咲「私としては、まだ京ちゃんと、バスケを一緒に楽しみたいなあって、思うけど……」
169 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/10/06(金) 02:30:13.71 ID:xXXHngPao

京太郎「……」

京太郎(どうする……)

京太郎(点差はデカイ)

京太郎(咲を止められないとしても、上手く時間を稼げば勝機はまだまだある)

京太郎(だが……咲の回転の力を見くびって大丈夫か……?)

京太郎(今なら勝負を有耶無耶にもできそうだけど……)


どうする? >>170
A:勝負を続行する
B:救急車や警察を呼ぶ必要があるし、勝負はおあずけだ
C:返事をする前に野次馬やらでごたつき始め、結果として有耶無耶になってしまう
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 03:06:31.18 ID:cdpCCgjYo
バスケとか全部ほっといて透華さんにプロポーズしに行こう
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 17:43:40.59 ID:+bR3WJV5O
ツマンネ
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 18:54:12.01 ID:1cGH47hd0
B
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 18:53:29.57 ID:hnyuz3z7O
はよ終われ
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/03(金) 17:39:50.83 ID:XBygamr00
保守
175 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/09(木) 01:52:45.10 ID:HkvyKonlo
ソフトバンクおめでとうございます
正直あそこからワンチャンスあると思わせたベイスも凄かった
ちょろっと投下します
176 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/09(木) 01:56:02.47 ID:HkvyKonlo

京太郎「救急車や警察を呼ぶ必要があるし、勝負はおあずけだ」

恭子「……ちっ」

恭子「まあ、こうなってもーたら、しゃーないやろな」

純「あんまり警察に拘束されてもアレだろうし、しょうがねえな」

胡桃「清澄の皆は帰ってていいよ」

咲「え?」

胡桃「こんなことで時間をとられて負けました、なんてことされても困るしね」

京太郎「すまない皆……」

京太郎「やっぱり龍門渕高校は最高だぜ……」

京太郎「皆のためにも、透華さんにプロポーズしに行ってくる!」

咲「…………」

咲「なんで!?」
177 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/09(木) 03:33:04.07 ID:HkvyKonlo

京太郎「何せお前、逆玉だからな!」 キリッ

漫「なんという清々しいまでのクズ……」

洋榎「……」

洋榎「う、うちかて、それなりーに裕福な方の家庭やで?」

恭子「いや対抗せんでええですって」

咲「……馬鹿なこと言ってないで、ホテルに戻るよ」

京太郎「な、なんだ咲、顔が怖いぞ」

咲「油断するとすぐ変なことするんだから……」

咲「今日はもうホテルから出してあげないんだから」 ゴゴゴゴゴ

恭子「ああ、それは賛成やな……」

恭子「このアホには監視が必要やわ」

京太郎「え、ええ〜……」
178 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/09(木) 03:37:50.12 ID:HkvyKonlo

<その頃の晩成宿舎>

良子「そういえば、次当たる清澄の連中がなんかバスケで遊んでたけど」

初瀬「……?????」

やえ「ふむ……なるほどな」

初瀬「小走先輩……?」

やえ「この土壇場、下手に焦ってオーバーワークをしてしまい調子を崩すのは最悪」

やえ「さりとて休むだけで落ち着ける球児なんているはずがない……」

やえ「そこで普段の練習と異なるバスケを取り入れることで、メリハリをつけると共に肉体の一部にピンポイントのオーバーワークが発生することを避ける……」

やえ「過度な負担をかけず体を動かせるバスケを、練習の締めに取り入れたというところか」

初瀬「なるほど……」

初瀬「正直あんまりよくわかってませんが、なんだか凄い気がしてきました」

やえ「ふっ……初瀬よ」

やえ「清澄高校は強敵だ、私達も負けていられないな!」

初瀬「はいっ!」

初瀬「相手がどれだけ真剣に、かつ独創的な特訓を重ねているとしても、勝つのは私達晩成高校です!!」

やえ「うむ、よく言った!」
179 :寝ます  ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/09(木) 03:40:15.19 ID:HkvyKonlo

<清澄宿舎>

京太郎「くっそー、バスケで遊ぶのも中断させられるし、プロポーズもできないし……」

京太郎「何より、咲達が近くをウロウロしているせいで、覗きにもいけない……」

京太郎「幸い猿野は優希達と遊びに出てるから、部屋は静かでいい感じだけど……」

京太郎「はあ……」

京太郎「仕方ない、今日はゆっくり寝て体を休めるか」

京太郎「明日は二回戦前最後のまるっと一日空いてる日」

京太郎「有効活用するためにも、今から計画を立てておくか」

京太郎「明日は何をしようかなあ」

どうする? >>180
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 05:19:47.15 ID:DPquQCYHo
投手組と配球について話し合おうか
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 06:34:10.47 ID:3t5IG1yqo
更新来てたのか!嬉しい!
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 13:33:17.38 ID:tZC/TFyP0
復活してたんか!って8月からじゃん知らなかったわ
ここまで追い付くのにちょい時間かかる…
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 19:21:16.10 ID:RgnsYg3y0
イッチさんの洋榎と胡桃の組み合わせがまた見れるの嬉しい
洋榎との交際権利争奪戦には、是非 ちゃちゃのんも参加して欲しかった
184 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 03:34:39.10 ID:P+SncYpio
時間が時間なので安価出したら終わりになりそうですがちょろっとでも
185 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 03:43:21.84 ID:P+SncYpio

【8月15日(火)】

京太郎「と、いうわけで」

京太郎「今日はちょっと皆さんに配球について論じ合ってもらいたいと思います」

恭子「……」

京太郎「はいそこ無言で『ハァ?』みたいな意思表明しない」

数絵「貴重な最後の休日を潰されると、ゲームが出来ずに困るんだが……」

京太郎「はいそこ声に出さないっていうか何遊ぼうとしてるんだ」

数絵「何を言う」

数絵「メリハリや緩急は投手にも戦う者にも必要なテクニックだぞ!」 クワッ

京太郎「ちょっと正論っぽいのがムカつくな……」

恭子「そればかりは同意やな……」

豊音「ま、まーまー」

豊音「私はずーっとぼっちで色々研究したりだったし、皆でこうしてワイワイやるのは楽しいよー」

恭子「……」

ちゃちゃのん「……それはちょっと分かるなあ」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんもアイドル活動の傍らで一人理論書読んだりビデオ研究すること多かったし……」

ちゃちゃのん「皆でやるって、楽しいけぇ」

恭子「……はー、分かった、分かりましたわ」

恭子「ここは友達おらん二人に免じて付き合ったる」

京太郎「わぁおスーパーストレート」

洋榎「すまんな、大阪人ってこういうとこあんねん」

京太郎「大阪の人に怒られますよ」
186 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 03:51:40.19 ID:P+SncYpio

京太郎「ほらほら、朝から美味しいパスタを食べられますし」

京太郎「ちなみに提供はアンツィオ高校の方々です」

洋榎「色々巻き込んだお詫びっちゅーやつやな」 チュルチュル

恭子「ようこんなに買うお金あったな……」

京太郎「それが信じられない程安かったんですよ」

恭子「……いくら?」

京太郎「大体こんなもんっす」 レシートピラー

恭子「……!」

恭子「……」 パシャコーン

恭子「値段は写メったし忘れんうちに名前もメモっとこ、アンツィオ高校やったな」

恭子「……ホームページは……」 カタカタ

京太郎「始める前から脱線しそうなんですけど」

洋榎「すまんな、大阪人ってこういうとこあんねん」

京太郎「大阪の人に怒られた方がいいですよ」
187 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 04:14:45.31 ID:P+SncYpio

豊音「わー、ピザもあるよー」

ちゃちゃのん「あつあつでトロトロじゃあ〜」

京太郎「……」 ピローン

洋榎「なんで今写メったん?」

京太郎「いやあ、チーズを口から垂らす可愛らしい姿を思い出の一枚にって……」

洋榎「何でそんな興奮しとんねん」

京太郎「すみません、大阪人ってこういうとこあるんですよ」

洋榎「なんでや! 大阪関係ないやろ!」

数絵「遊んでないで本題入った方がよくないか?」

優希「うわ、まさかのまともな発言……」

数絵「早く終わらせて、昨日のリベンジをしたいからな」

ちゃちゃのん「そういえば、二人は猿野君と三人でようゲームしとるんやっけ」

数絵「たまに穏乃や憧も混ざるぞ」

優希「昨日はみんなでたまごっちワールドを3回やったじぇ」

恭子(なんでそんなクソゲーを……)

ちゃちゃのん「へー。なんか知らんけど面白そうじゃなー」

豊音「だねー」

恭子(やめとけって言いたいけど、あの二人友達おらんからボードゲームやったことないんやろうなあと思うと……)

優希「あ、じゃあ今夜ちょっとやるか?」

豊音「!」

ちゃちゃのん「!」

数絵「明日に響かない程度だがな」

ちゃちゃのん「も、も、もちろんじゃ!」 パァァァァ

豊音「うん、ちょー楽しみだよー」 ニコニコ

恭子(やさしいせかい)
188 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 04:29:05.12 ID:P+SncYpio

恭子「ほんで……」

恭子「本題は配球っつーことやけど……」

恭子「何でこの二人がおんねん」

洋榎「いやー、ここまでガッツリ会話しといて今更かーい! っちゅー話やねんけどな」

咲「……」

京太郎「いや、この二人も、激しい延長線とかになったら投げる可能性もあるわけだからさ」

洋榎「いやー、本職連中に任せた方がええんとちゃう?」

咲「……」

恭子「さすがに甲子園の大舞台で野手本職の人間に出番はないんとちゃうか?」

京太郎「野球に絶対なんてない」

京太郎「野手がマウンドに上がる可能性だって否定できないはずです!」

恭子「いやいや物には限度っちゅーもんが……」

京太郎「地方大会で猿野が投げたくらいですよ」

ちゃちゃのん「ああ……」

優希「あー……」

恭子「一瞬で全員が表情曇らせて反論せんくなる前例持ち出すのずるいわ……」
189 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 04:41:59.20 ID:P+SncYpio

洋榎「猿野はさすがに呼ばへんかったんやな」

京太郎「一応、優希達と一緒に居たから、渋々声はかけたんですけど……」

優希「何で投手をやりたくもない俺がそんなもんに参加しなくちゃいけないんだボケーって言ってどっか行っちゃったじぇ」

恭子「それに関しては100パー猿野が正しいわ……」

京太郎「あの野郎、女子がいないからって、ペイチャンネル見まくるつもりみたいだからな」

京太郎「無理に連れ出すのは可哀想だろ」

豊音「ペイチャンネル……?」

ちゃちゃのん「映画とか見るやつじゃよー、ほら、ホテルの廊下とかでカードが売ってる」

豊音「あー」

咲「……」

恭子「……あんまそういうことを女子の前で言うのはどうかと思うで」

恭子「一応、猿野の名誉のためにもな」

数絵「あ、一応名誉のためにフォローしとくと、多分口ではそう言ってたけど、多分実際は真面目にバットを振ってるんじゃあないか?」

数絵「結構隠れて努力してるみたいだし」

恭子「バットを振る、ねえ……そらまあ、どっちのパターンでも握っとるやろうけども」

洋榎「セクハラ親父みたいな目になっとんで」
190 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 04:48:45.74 ID:P+SncYpio

洋榎「まあでも、そういうのは理解してやるのが女っちゅーもんや」

京太郎「そういうのってのは……」

洋榎「いやペイチャンネルやのうて、陰でこっそり特訓ってとこな?」

洋榎「そういう細かないいたいこと、うちだって理解してほしいねんで???」

洋榎「……まあそれはさておき」

洋榎「男っちゅーのは、格好つけたがるもんやねん」

洋榎「気付いてやるのは大事や」

洋榎「でも、その見栄を尊重して、気付いとらんフリもしたらなあかん」

数絵「なるほど……」

優希「お、奥が深いじぇ……さすが野球部の彼氏持ち……」

洋榎「ふっふー」

洋榎「まあウチかて、本人が照れるやろうから言うとらんけど、ちゃんと気付いとるねんからな」

京太郎「え?」

洋榎「最近変なことだったり遊びだったりが多いように見えて、陰で努力しとることを、や」

洋榎「具体的には秘密特訓やろうから、決して深くは聞いたりせーへん」

洋榎「本当はホントにそのまま遊んどるわけないって分かっとるけど、額面通りに受け取るのがええ女っちゅーもんやからな!」

恭子「いやこいつ多分本当に遊び歩いたりトチ狂った行動取っとるだけやと思うし目ぇ覚ませ洋榎」



191 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 04:51:20.74 ID:P+SncYpio

咲「……」

咲「……」 グッ

恭子「どうしたん突然親指上げおってからに」

洋榎「っていうか、さっきから一言も発しとらんぞコイツ」

京太郎「ああ……」

京太郎「先は元々コミュ障ですからね」

京太郎「大人数の会議とかだと、基本的に喋らないんですよ」

恭子「じゃあ何で連れてきたん!?」

京太郎「ちなみに料理あたりのグダグダトークをあと3分続けてたら、多分黙ってラノベを読むかケータイいじり始めてましたね新着なんて一つもないのに」

恭子「もう自分の部屋帰したれや!!」
192 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 04:59:07.16 ID:P+SncYpio

咲「あ……ィジョブデス……」

恭子「目ぇ泳ぎ倒しとるやないか!!」

ちゃちゃのん「あ、ポテトこっち余っとるからどうぞ」

恭子「こっちはこっちで会話に困ってでも沈黙が気まずい時の飲み会コミュ障ムーブ始めとるし!」

洋榎「はあ〜ポテト冷めきっとるわ〜誰かさんがくれるの遅いから〜〜〜〜」

ちゃちゃのん「もー! そんなに言うなら自分で取ったらええんじゃよー!」

豊音「あ、えと、どこかのお部屋でレンジ借りてこよっか?」

数絵「貸してくれるところないんじゃないか?」

豊音「あ、えと、じゃあ、電気屋サンとかで……」

恭子「こっちはこっちでコミュニケーション慣れしとらんから訳わからんこと言い出し始めとるし!」

優希「ところでイタリアンにはタコスってないのか?」

恭子「自由か!!!」

数絵「イタリアンと言えばワインだと思うんだが」

恭子「未成年が飲むならせめて大会終わってからにせーや!!」

京太郎「しょうがないですね、俺が人肌温めてあげますよ」

洋榎「えっ……」 トゥンク

恭子「なあ大丈夫? ほんまにこれ会ちゃんと成立するん??????」
193 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 05:27:38.77 ID:P+SncYpio

京太郎「とりあえずポテトでポッキーゲームしてから真面目に話し合うとして」

恭子「今すぐやれや」

咲「そ、そういうことするなら、会のスムーズな進行のためにも全員とやるべきじゃ……!」 ガタッ

恭子「ほんで急に饒舌になるなや!」

優希「さ、さすがにそれはちょっと申し訳ないじぇ……か、彼女サンだって目の前にいるんだし……///」 モジモジ

恭子「まんざらでもなさそうな顔やめーや!!」

数絵「ソレやらせるなら、猿野は居た方がよかったかもしれないな」

咲「きゅふふ……」

恭子「きしょい話するのやめーや」

数絵「いや、きしょくて笑うが取れる方向にしない方がまずいかなと」

恭子「そらそうやけども……」

咲「!」

咲「そんな……腐ってるってわけじゃ……」

数絵「?」

数絵「食べた感じ、別にどの料理も傷んでなさそうだぞ?」

咲「う、裏切られた……!」
194 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 05:35:46.45 ID:P+SncYpio

ちゃちゃのん「……」 ヌリヌリ

洋榎「……ほんでお前は何やっとるねん」

ちゃちゃのん「い、いや、その、ポッキーゲームするなら、リップくらいは……って///」 テレテレ

洋榎「お前はシャカシャカポテトでフレーバー青酸カリな」 シャカシャカシャカ

数絵「まさに釈迦釈迦ポテトってか」

恭子「やかましいわ!」

恭子「あー……くそ、何やねんこの会、ツッコミ不在か!」

恭子「何で呼び出した奴が取りまとめへんねん……ったく……」

恭子「ツッコミすぎてノドにポリープ出来そうやわ」

京太郎「ノドにポリープ楽しいな……っと」 メモメモ

恭子「楽しくないわ!!」

恭子「っていうか何メモっとんねん!!」

京太郎「いや、一応言い出しっぺとして、議事録つけとこうかなと」

恭子「付け始めるタイミングぅ!!」


195 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 05:44:57.09 ID:P+SncYpio

洋榎「さて、悪ふざけはこのくらいにしてそろそろ始めるか」

京太郎「それもそうですね」

京太郎「早速配球についてなんだけど……」

数絵「私は基本憧の指示通りに投げてるだけだぞ!」 キリッ

優希「のどちゃんに従うのが一番確実だもんなー」 タコスムシャー

京太郎「うーんこの二軍」

洋榎「言うてまあ、ウチも考えて投げるタイプやなかったかもな」

洋榎「餅は餅屋っちゅーし、ウチも多少は考えるけど、捕手の方が上手い組み立て出来るからなあ」

京太郎「どうせ考えて投げてそうな末原先輩はあとに回して……」

恭子「おい」

京太郎「いやまあ、大トリお願いしますよ大トリ」

京太郎「今の流れで発表されると、『いつもピッチング中は頭まっちろ!』とか言われかねませんし」

恭子「お前絶対ナメとるやろ」
196 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 06:01:40.29 ID:P+SncYpio

京太郎「ちなみに……」

ちゃちゃのん「あ、ちゃちゃのん?」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんは一応、配球に関する本もある程度読んぢょるけど……」

洋榎「ほーん」

洋榎「その割には首振らんし言いなりやん」

ちゃちゃのん「むー……」

ちゃちゃのん「……そりゃ、やっぱり本職はキャッチャーさんって分かっちょるし……」

ちゃちゃのん「それなのに首振ると、キャッチャーさんも気分を害してまうけえ」

洋榎「はあ?」

洋榎「んなアホなとこに気を回す奴があるかい」

ちゃちゃのん「で、でもでも!」

ちゃちゃのん「昔はそれで舌打ちされたりハブにされたりスパイクを捨てられたりしたし……」

恭子「重い重い重い重い重い」

京太郎「つ、次! 次の人誰か!」

豊音「人間相手に投球する機会あんまりなかったし、壁のどの位置に投げたら手元に戻ってくるかくらいしか考えたことなかったかなー」

恭子「重ーーーーーーーーーーい!!」

恭子「こんなんばっかか清澄高校!!」

咲「ちなみに私は黄金の回転をかけることしか」

恭子「もうええっちゅーねんそういうのは!!」
197 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 06:14:44.36 ID:P+SncYpio

京太郎「結局ほとんどただの講演会になりそうだなあ」 ハァ

恭子「何でアンタがクソデカ溜息ついとるねん」

恭子「溜息つきたいのはこっちやわ」

京太郎「まあそうかもですけどぉー」

恭子「……そないに不満そうなら、まずは自分に配球を語ってもらおか」

京太郎「え?」

恭子「主催したからには、それなりに語ることくらいあるんやろ?」

京太郎「え、ええと……」

豊音「えー、なんだろー、気になるよー」

優希「確かに聞いてみたいじぇ」

数絵「わかる」

京太郎「えーっと……>>198
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 06:17:00.65 ID:K/uSNtHFo
緩急って意識したことあるか?
打者としては嫌だと思うけど
199 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 06:42:58.75 ID:P+SncYpio

京太郎「緩急って意識したことあるか?」

京太郎「打者としては嫌だと思うけど」

数絵「パンティをつける?」

恭子「何で聞き間違えンねんさっき自分で緩急云々言うとったやろ」

数絵「はっはっは、緩急か。緩急なら任せろ」

数絵「清澄において、私ほど緩い球に長けた者はいないぞ」

京太郎「緩だけならな……」

恭子「課題なんは急やねんな……」

豊音「私もあんまり意識したことないかも……」

豊音「何かフルパワーのストレート投げ込むだけでよかったから……」

京太郎(化物……)

恭子(化物……)

咲「私も……」

咲「黄金の回転で打者ごと消し去ればよかったから……」

京太郎(化物……)

恭子(比喩でもなんでもなく化物……)

200 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 06:53:05.35 ID:P+SncYpio

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんは一応技巧派じゃけえ、多少は意識しちょるよー」

ちゃちゃのん「どんなもん出来ちょるかはわからんけど……」

洋榎「まあ、うちで緩急意識しとるのは、確かに佐々木と恭子やろうな」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんは佐々木じゃのうて佐々野じゃ」

恭子「ここまで意識せんとやれとる連中がおったことが不思議やけどな」

優希「何せ考えることは全部のどちゃんに任せてたからな!」

洋榎「そこまで捕手に全幅の信頼をおいとるんもそれはそれですごいな」

洋榎「ハサドみたいにただビビって服従しとるわけともちゃうようやし」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんはアラブの旋風じゃなくて佐々野じゃ!!!」

恭子「甲子園二回戦前日にすることちゃう気はするけど、マジで一回緩急つけさす練習した方がええんかもわからんなあこれ……」

京太郎「ですねえ……」

洋榎「ちゅーても、具体的にどんな練習さすかやけどなあ」

京太郎「うーん」

京太郎「例えば>>201とか」
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 06:55:00.22 ID:x9fKTmTCo
多田野数人選手のビデオを見て研究、マネする
202 : ◆OSaKadAteQ [saga]:2017/11/21(火) 06:56:18.87 ID:P+SncYpio
ビデオ(意味深)

珍しく安価出してすぐ取られるくらい人がいますが、なにせ7時なので、一旦セーブさせてもらいます
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 06:59:30.72 ID:iZsonebEO
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 13:00:50.33 ID:I82FSUUZ0
優しい世界、ボッチ組可愛い。
投手女子集まると和むね♪
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 20:55:25.32 ID:HyVITbkLo
多田野から緩急を学ぶのは何も間違ってないからセーフ
118.88 KB Speed:2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)