鷹富士茄子「水着とサイダーと夏の空」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:34:23.27 ID:DA8Hsj1F0
のんびりと書いていきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502562862
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:36:48.06 ID:DA8Hsj1F0
茄子「……」

P「茄子…言わなきゃいけないことがあるんだ、大事なことだ」

茄子「…いえ、わかっていますPさん」

P「えっ…?」

茄子「…とうとう来たんですね、この時が」

P「…知ってたのか」

茄子「ふふっ、Pさんの顔を見てたらなんとなくわかっちゃいました」

P「さすが茄子だな…」

茄子「ええ、伊達にPさんとずっと一緒にいるわけじゃありません」

P「なるほどな…」

茄子「それに、いつかこんな日が来るんじゃないかって思ってましたから」

P「茄子…」

茄子「私は大丈夫です、覚悟は…できてます」

P「・・・そうか」

茄子「はい…」

P「じゃあ茄子、改めて言わせてもらう」

P「お前に…」

茄子「・・・・・・」











P「念願の水着の仕事が来たぞー!」

茄子「わーい!やったー♪」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:37:40.50 ID:DA8Hsj1F0
P「ついに茄子に夏の仕事が来たか、長かったなー」

茄子「ありがとうございますPさん、本当に嬉しい♪」

P「いやいや、これも茄子殿の実力でござるよ」

茄子「ふふーん!もっと褒めるがよいぞよ♪」

P「いよ、日本一!そしておっぱいは世界一!」

茄子「もうー!えっち!そんなこと言ってるともう触らせませんよ!」

P「ゴメンなさい…」

茄子「よろしい♪」

P「しかし、本当に嬉しそうだな茄子」

茄子「もちろんですよ〜、アイドルになったからには色々なことをしたかったですけど…」

P「うんうん、茄子は名前のせいもあって、どうしても正月とか冬の仕事が多いからな」

茄子「ええ、それはそれでありがたい話ですけど、でもやっぱりたまには…ねっ?」

P「うん、わかってるよ茄子、せっかくの機会なんだ、頑張ろうな」ナデナデ

茄子「ふふっ、はい♪」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:38:21.65 ID:DA8Hsj1F0
P「…ところで茄子、プロデューサーとしてどうしても聞いておかなきゃならないことがあるんだ」

茄子「なんですか?」

P「さっきも言ったけど、今回の衣装が水着だということは知ってるよな?」

茄子「はい、もちろんです♪」

P「うむ、となると気にしなければならないんだが…」

茄子「?」


P「お前、太ったりしてないよな?」


茄子「しーてーまーせーん!失礼ですね!」ポカポカ

P「いてててて!ゴメン、でも一応聞いとかなきゃならないし…」

茄子「私だってアイドルなんですから、ちゃんとスタイルの維持には気をつけてます!」プンスカ!

P「わかったわかった、さすが茄子だ、おみそれしました」

茄子「もう…ずっと一緒にいるのにわからないなんて…」

P「ゴメンゴメン、謝るから機嫌直してくれ、なっ?」

茄子「…いいですけど、条件があります」

P「条件?」


ギュッ


茄子「水着、可愛いの選んでくださいね」

P「…ああ、任せろ」

茄子「ふふっ♪」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:39:31.44 ID:DA8Hsj1F0
−−−仕事当日−−−



P「というわけで、今回の撮影コンセプトは川辺で遊んでいる風景を切り取るというイメージでして…」

カメラマン「ええ、わかってますよ、今日は天候もいいですし最高のショットが狙えると思います」

P「よろしくお願いします、なにぶんウチの鷹冨士は水着の撮影は初めてなものでご迷惑をおかけするかもしれませんが…」

カメラマン「はっはっは、大丈夫ですよ、我々が精一杯サポートをしますから」

P「ありがとうございます…皆さん、今日はよろしくお願いします!」

「うぃーっす!」

「こちらこそー」


「すみませーん、お待たせしました〜」


P「おっと来た来た、おーい茄子!こっちだ!」

茄子「はーい、日焼け止め塗るのに時間かかっちゃって…」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:39:59.04 ID:DA8Hsj1F0
鷹富士茄子(20)
http://i.imgur.com/25pK7BO.jpg
http://i.imgur.com/2nOpw0b.jpg
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:41:09.48 ID:DA8Hsj1F0
「うおっ、見ろよ…」

「可愛い…」

「でけぇ…」


P「茄子、こちらが今日お前を撮影してくれるカメラマンさんとスタッフさんたちだ」

茄子「初めまして、鷹富士茄子といいます、今日はよろしくお願いします♪」


「こ、こちらこそー!」

「お願いしまーす!」

「任してくださいよ!」


カメラマン「こちらこそよろしくね、茄子ちゃんの魅力が伝わるような写真を撮るよ、見た人がみんなファンになるくらいの」

茄子「ふふっ、そうなってもらえたら嬉しいですね♪」

カメラマン「きっとそうなるさ、おいお前ら!茄子ちゃんに見惚れてヘマすんなよ?」


「「ういーっす!」」


カメラマン「ええ、それじゃ茄子ちゃん、早速撮影を始めようか」

茄子「はいっ!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:42:17.69 ID:DA8Hsj1F0
パシャッ


カメラマン「そう!もっと楽しそうに笑って!」

茄子「こうですか?」

カメラマン「いいねぇ、最高!」パシャッ

茄子「ふふっ、なんだか楽しくなってきちゃった♪」

カメラマン「じゃあ今度はもっと派手に動いて!こっちに水をかけるような感じで!」

茄子「はーい♪」


「あぁ…可愛いよな茄子ちゃん…」

「着物のイメージが強くてわからなかったけど…スタイルいいし…」

「美人なのに近寄りがたい感じが全然ないもんなぁ…」

「いいよなぁ…」


P(ふふん、そうだろうそうだろう、可愛いだろ?)

P(鷹富士茄子はな、めっちゃくちゃ可愛いんだ!)


カメラマン「よーしオッケー!ちょっと休憩しよう」

茄子「ありがとうございますっ」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:44:39.74 ID:DA8Hsj1F0
茄子「ふぅ…」

P「お疲れ様、疲れたか?」

茄子「ほんのちょっとです、大丈夫ですよ」

P「油断するなよ?今日も暑いからな」

茄子「ふふっ、心配してくれてありがとうございます」

P「スタッフさんやカメラマンさんたちも茄子のこと褒めてたぞ、可愛い!ってな」

茄子「まあ嬉しい♪じゃあもっと可愛いって思ってもらえるように頑張らないとですね」

P「おう、頼むぞ」

茄子「はいっ!それにしても…いい所ですね、ここ」

P「ああ、静かだし、川の水が澄んでて緑もいっぱいで、まさに絶好のロケーションだ」

茄子「そうですねぇ、でもどうせなら…」


ギュッ


茄子「今度はお仕事じゃない時に来たいなぁ、なんて♪」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:45:17.64 ID:DA8Hsj1F0
P「…そうだな、じゃあこの仕事が終わったらまた来ようか」

茄子「約束ですよ?」

P「ああ、約束だ」

茄子「うふふ、楽しみにしてます♪」


カメラマン「プロデューサーさん、ちょっと撮影した写真の確認をしてほしいんですがー!」


P「あっ、はーい!今行きまーす!」

茄子「大変ですねぇ」

P「これが俺の仕事さ、茄子はゆっくり休んでろよ」

茄子「Pさんこそ、無理しないでくださいね?」

P「わかってるって、おっとそうだ、そこのクーラーボックスにジュースが入ってるからのど渇いたら飲んでいいぞ」

茄子「ありがとうございます、どうせならスタッフさんたちにも配っちゃっていいですか?」

P「ああいいよ、じゃあ差し入れってことで皆さんに渡しておいてくれ、頼むな」

茄子「はーいっ♪」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:46:44.76 ID:DA8Hsj1F0
茄子「飲み物飲み物〜、のーどーがーかーわーいーたーぞー♪」パカッ

茄子「わぁ、サイダー!しかもキンキンに冷えてるっ♪」

茄子「スタッフさーん!Pさ…プロデューサーさんから飲み物の差し入れですよー!」


「おぉ、やったぁ!」

「ちょうどのどが渇いてたんだ」

「ラッキー、ありがたいな」


茄子「ふふっ、みんな喜んでる♪」

茄子「…でも、なんだか普通に渡すのもおもしろくない気がするなぁ」

茄子「…あっ、そうだ!いいこと考えたっ♪」

茄子「この中の一本を…ん〜〜〜!!」シャカシャカシャカシャカ…
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:47:40.51 ID:DA8Hsj1F0
茄子「突然ですがここでロシアンルーレットでーす♪」


「ロシアンルーレット?」

「急になんだ?」


茄子「実はこのクーラーボックスのサイダーの中に爆弾サイダーが混ざってますっ」


「爆弾サイダー?」


茄子「はい、この中のどれか一つが私が力の限り振りまくったサイダーですよ♪」


「うえー、マジかよ」

「でもなんかおもしろうそうだな」


茄子「でしょ?さあ皆さん、どれか選んでください♪」



「よーし、じゃあ選ぶか」

「どれかなぁ」


茄子「ちなみにクーラーボックスに戻す時に目をつぶってたので私もどれなのかはわかりませんよ♪」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:48:09.72 ID:DA8Hsj1F0
「んじゃ、俺はこれにしよっと」

「んー、俺はこれ!」


茄子「じゃあ私は…これ!」


「茄子ちゃんなら絶対にハズレを引かなそうだよなぁ」

「なー?」


茄子「そうですねぇ、多分引かないと思いますよ♪」


「さすが幸運の女神!」

「俺にもその運を分けてくんねぇかなぁ」


茄子「ふふっ、皆さん取りましたね?じゃあせーので開けて…」


P「おーい茄子、みんな集まってなにやってんだ?」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:49:32.83 ID:DA8Hsj1F0
茄子「あっPさん、今みんなでゲームを…」

P「ゲーム?まあなんでもいいけど…俺もジュースもらうぞ、のど乾いたし」

カメラマン「じゃあ私ももらおうかな」

P「じゃあこれどうぞ」


茄子「っ!!」ピキーン!


カメラマン「おぉ、ありがとうございます、すみません差し入れもらっちゃって…」

P「いえいえ、これくらいは…」


茄子(なにか…イヤな予感が…!)


茄子「カメラマンさん!もしかしたらそれ…!」


カチャッ


ブッシュウウウウウウウ!!!


P「どわぁ!なんだ!?」

カメラマン「うわっ!カメラにジュースが!」


茄子「あぁぁ〜!やっぱりー!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:50:18.89 ID:DA8Hsj1F0
茄子「ぐすん…」

P「茄子、元気出せよ」

茄子「…私が変な思い付きをしたから」

P「まあまあ、茄子だって悪気があってやったわけじゃないんだろ?」

茄子「でも…私のせいでカメラが…」

P「別に壊れたわけじゃないさ、まあ…少し調子は悪くなったらしいが…でも予備のカメラがあるらしいし大丈夫だ」

茄子「はい…」


カメラマン「プロデューサーさーん、予備のカメラセッティング終わりました、再開しますよー」


茄子「ほら、元気出して残りの撮影を…」



ポツ ポツポツ…



茄子「あっ…」



ザァァァァァ…



P「うわっ、マジか!」


カメラマン「プロデューサーさん、雨降っちゃったんでやむまで中断しますー!」

P「はーい!わかりましたー!」


P「茄子、塗れるから向こうの木の陰に行くぞ!」

茄子「は、はい…」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:52:13.02 ID:DA8Hsj1F0
ザァァァァァァァ…


P「うへー強いなぁ、でも夕立みたいなもんだからすぐにやむだろう」

茄子「……」

茄子「…はぁ」

P「茄子、どうした?」

茄子「なんでも…」

P「なんだ、まだ落ち込んでるのか?」

茄子「…いえ」

P「ったく…」


ギュッ


茄子「んっ…」

P「…茄子」ナデナデ

茄子「…はい?」

P「泣いてるなんて茄子らしくないぞ?お前は笑顔がトレードマークだろ?」

茄子「Pさん…」

P「ほら、今なら周りに誰もいないぞ、言いたいこと言ってスッキリしろ」

茄子「……」


茄子「はぁ…」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:53:25.70 ID:DA8Hsj1F0
茄子「このお仕事…本当に楽しみにしてたんです」

茄子「ずっとやりたかった夏のお仕事で…いつもの着物じゃない、水着姿を撮影してもらえて…」

茄子「なにより、Pさんが選んでくれた水着だから…」

茄子「だから私、昨日はワクワクしてなかなか寝付けなくて…」

P「あぁ、そういえば寝る時もずっとソワソワしてたな、遠足の前の日の子供みたいだったよ」

茄子「そうなんです、まさにそんな気分でした」

P「ただ、てるてるぼうずまで作ってたのはちょっと笑ったけど…」

茄子「むぅぅ…それくらい楽しみにしてたんです!」

P「わかってるわかってる、おかげで今朝は雲一つない快晴だったろ」

茄子「ええ、だから今日のお仕事も上手くいくと思ったのに…こんなことってあるんですね…」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:55:06.56 ID:DA8Hsj1F0
P「なんだなんだ、意外と打たれ弱いな、それくらいでへこむなんて」

茄子「…むぅぅ、そんな言い方ひどくないですか?」

P「悪い悪い、まあ茄子は普段からツキまくってるから少し不幸に対しての耐性がないのかもな」

茄子「不幸に対する耐性、ですか?」

P「おう、これに関しては俺の方が茄子よりも耐性がついてるって自信持って言えるぞ?」

茄子「はぁ…」

P「茄子、お前急いでる時に電車が遅れたりしたことあるか?」

茄子「うーん…ないかも」

P「じゃあ今日みたいにものすごい快晴の日で急に雨が降ってきたことは?」

茄子「それも…あんまり」

P「だろうな、俺なんかしょっちゅうそういう目に合ってばっかりだったぞ?」

茄子「そうなんですか?」

P「あぁ、思い通りにいかない事ばっかりだったよ、でも茄子と会ってからはだいぶ改善されたけどな」

茄子「あら嬉しい♪」

P「いいか茄子、お前よりもほんの少しだけ人生の先輩としてアドバイスするとだな…オホン」

P「人生生きてれば思い通りにいかない事や理不尽な不幸が襲ってくることもんだ」

P「茄子は不幸とは縁が薄いかもしれないけど、それでもまったく縁がないってわけじゃない」

P「だからこれから先も必ず幸運だけじゃどうにもできないことに出会うことがあると思う」

P「そういうことでイヤな思いをして、泣きそうになったりイライラしたりしたら…」

茄子「したら?」

P「…まず俺に言え、俺が愚痴でもなんでも好きなだけ聞いてやる」

P「イヤなことも辛いこともぜーんぶ俺に吐き出して…」

P「そしてスッキリしたら…またいつもの笑顔の茄子に戻ってくれ」

P「茄子は幸せそうにニコニコ笑ってるのが一番だ、一番可愛い」

P「だからちょっとくらい不幸な目に合っても、そんな落ち込むな、なっ?」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 03:56:24.67 ID:DA8Hsj1F0
茄子「Pさん…」

P「それにほら、『災い転じて福となす』って言葉もあるし」

P「たとえイヤなことがあったって、それがきっかけで幸運が舞い込むかもしれないだろ?」

P「ようするに、あんまり悲観しすぎるなってことさ」

茄子「…ありがとうございます」

P「元気でたか?」

茄子「はい、とっても♪」

P「アドバイスにならなかったらゴメンな?大したこと言えなくて…」

茄子「…いえ、そんなことないです、元気出ました」

P「ならいいけど…どうしても元気が出ないっていうなら無理するなよ?」

茄子「大丈夫ですっ♪」

P「そうか?他にもしてほしいことがあったら言っていいんだぞ」

茄子「してほしいことですか…」

茄子「じゃあ…」


ギュッ


茄子「もっと強く抱きしめてもらえると嬉しいです♪」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 04:07:29.33 ID:DA8Hsj1F0
P「はいはい、お安い御用だよ」ギュウウウウウ

茄子「ふふっ♪」

P「なにかおかしいか?」

茄子「いえ、今まさにこの状況が『災い転じて福となす』だなって思ったんです♪」

P「どういうことだ?」

茄子「スタッフさんに迷惑かけたり、急に雨が降ったりで落ち込みましたけど…」

茄子「そのおかげで、Pさんにこんなに優しく抱きしめてもらえますから♪」

P「うーん、それは福って言っていいのか?」

茄子「もちろんですよ、Pさんとのハグが福じゃないわけがありませんっ」

P「大げさだな」

茄子「私はそうは思いませんよ?」

茄子「Pさんとこうして触れ合ってるだけで、いつも幸せな気持ちで満たされるんです♪」

P「…そっか」

茄子「…Pさんはどうですか?私とハグしてると幸せな気持ちになりませんか?」

P「……」


ギュッ


P「…ならないわけないだろ」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 04:08:35.08 ID:DA8Hsj1F0
茄子「ふふっ♪そう言ってもらえると嬉しいです」

P「幸せだよ茄子、こうしてるととっても幸せだ…」

茄子「…はい」

茄子「…ねえPさん」

P「んっ?」

茄子「…キスしてくれたら、もっと幸せになるかもしれません」

P「…ああ」


チュッ


P「んっ…」

茄子「ちゅっ…んむっ…んっ…♡」

P「ぷはっ…」

茄子「あぅ…」

P「…茄子」

茄子「はい?」

P「幸せだ…」

茄子「…はい、私も♪」

P「おっ、いつの間にか雨が上がってるな」

茄子「ふふっ、早速幸せになれましたねっ」

P「かもな、ほら行こう、撮影再開するだろうからな」

茄子「はいっ♪」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 06:48:20.95 ID:kP3U5LPQO
カメラマン「すみません、まさか急に雨になるとは…」

P「いえ、これは私も予想してませんでした、どうしようもないですよ」

カメラマン「ありがとうございます、それじゃ残りの撮影を…」

茄子「あっ!」

P「んっ、どうした茄子?大声出して」

茄子「Pさん、あれ!あれ見てください!」

P「あれってなん…おぉ…」

カメラマン「すごい…」

P「虹だ…それもこんなに綺麗に…」

茄子「さっきの夕立のおかげですね」

カメラマン「…茄子ちゃん、悪いけどすぐ準備してくれ!あの虹をバックに撮りたい!お前らもすぐに準備しろ!」


「はい!」

バタバタ…
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 07:35:24.41 ID:kP3U5LPQO
茄子「PさんPさん」

P「んっ?」

茄子「災い転じて福となす、本当でしたね♪」

P「だろ?ある意味、これも茄子が幸運を呼び寄せたってことかもな」

茄子「ふふっ♪」

P「ほら準備してこい、ボヤボヤしてると虹が消えるぞ」

茄子「はーい」

P「それと、とびっきりの笑顔でな」

茄子「わかってますよ♪」

茄子「さっきのPさんからいっぱい元気をもらいましたから…」

茄子「今なら最高の笑顔ができそうです!」




カメラマン「よーし、準備はいい?」

カメラマン「それにしてもラッキーだよ、まさかこのタイミングで虹が掛かるなんて…これも茄子ちゃんのおかげかな?」

カメラマン「えっ?茄子ちゃんだけの力じゃない?じゃあ誰の力?教えてくれないの?残念だな」

カメラマン「おっ…でも今の茄子ちゃん今日一番いい顔をしてる!」

カメラマン「よし、撮るよ!」


パシャッ!




おわり
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 07:44:11.44 ID:kP3U5LPQO
ちょっとだけ続き


P「うーん、いい写真だ…」

茄子「もう…何回見てるんですか?」

P「何回でも見るさ、とってもよく撮れてるからな」

茄子「ふふっ、カメラマンさんから褒められちゃいました」

P「ああ、ここ何年かで最高の写真だって言ってたよ、特にあこの雨上がりに撮ったやつとか」

茄子「なんだか照れちゃいますね♪」

P「とてもこの何分か前まで落ち込んでたようには見えないな」

茄子「もうー!最終的にうまくいったんだからいいじゃないですか!」

P「わかってるって、だからゴホービとしてまたここに連れてきたじゃないか」

茄子「えへへ、約束ですもんね」

P「そうだ、仕事を頑張ったから思い切り遊ぶぞ」

茄子「はい、せっかくのお泊まりですし…」




茄子「ゆ〜っくり、羽を伸ばしましょうね♪」



ほんとにおわり
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/08/13(日) 07:47:22.88 ID:kP3U5LPQO
駄文失礼しました〜
いやーまさか茄子さんの水着を拝める日がくるとは…
やはりちひろさんは神
水着がピンクというのは意外でした
でも可愛いし、なにより大きいから問題ないネ!
今絶賛コミケの列に並んでます
暑いです
ではまた〜
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/13(日) 09:13:16.65 ID:4WB//cL5o
おつおつ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/13(日) 15:15:09.21 ID:Cdhbsn1Q0
おっつおっつばっちし☆
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/13(日) 16:16:23.00 ID:3ecTIsfDO
よくあの会場で書いていたにゃあ


帰ってからちゃんと水分補給と足のマッサージ忘れずに

それでは乙でした
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/08/13(日) 16:25:20.56 ID:UobKZv6zO
>>3
触っていいのか!?
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/13(日) 20:01:21.11 ID:3ecTIsfDO
作者さん、今日のコミケにて、リアルで足を怪我したとのこと

ムチャシヤガッテ
21.36 KB Speed:3.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)