男「金髪ヒロインのみのギャルゲーを作りたい」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆52SBzHrnjQ [saga]:2017/08/21(月) 19:16:51.76 ID:xB/GeZCk0
約4000字、暇つぶしにどうぞ。

ジャンル……アニメを見て思いついたギャグコメディ

この物語はフィクションです。現実のゲーム制作とは、これっぽっちも関係ありません。


とあるゲーム会社開発部

上司「……」

男 「……」

上司「……なんだこれは!?」

上司は目に見えて、イライラしている。

男「企画書っす」

上司「見ればわかる! ふざけているのか! 問題はコンセプトだ!」

男「金髪ヒロインのみ登場のギャルゲーっす」

上司「貴様は何年ゲーム作っているんだ!」

男「十年ちょいっす」

上司「なら分かるだろう」

男「なにがっす? 主語を省いた会話を業務に用いるのは三流では?」

上司「くっ! いいだろう。はっきり言う!」


上司「こんなコンセプトの作品が売れるわけないだろう!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503310611
2 : ◆52SBzHrnjQ [saga]:2017/08/21(月) 19:18:13.82 ID:xB/GeZCk0
男「……なるほど」

男は突然、真面目な表情になる。

上司(顔つきが変わった!)

男「だが金髪ヒロインは、無限の可能性を秘めている」

上司「無限の可能性?」

男「過去のギャルゲーの歴史を振り返れば、たくさんの人気金髪ヒロインが登場する」

男「高貴なお姫様、高飛車なお嬢様、片言の留学生、イケイケギャル、そしてツンデレ幼馴染」

男「それら、すべてをこなす」

男「そんな金髪ヒロインに無限の可能性が無いといえるだろうか? いやそんなことはない」


男「金髪ヒロインを制する者こそが、ギャルゲーを制するのだ」


上司「……」

男 「……」

上司「カッコつけても、ダメなものはダメだ」

男 「え〜、でもこの企画はやりたいっす」

上司「ダメだ」

男「絶対やりたい」

上司「……」

男 「……」

上司「いいだろう。何がダメなのかを具体的に説明してやる。貴様に分かるようにな」

上司「貴様は特撮が好きだったよな」

男「戦隊ヒーローとか大好きっす」

上司「なら戦隊ヒーローを例に説明してやる」
3 : ◆52SBzHrnjQ [saga]:2017/08/21(月) 19:19:25.82 ID:xB/GeZCk0
────

────────

戦隊ヒーロー達は窮地に立たされていた。ヒーロー達の攻撃が効かないのだ。

怪人「はっはっはっ無駄だ」

レッド「畜生! 負けるもんか!」

勇敢に敵に立ち向かう熱血漢のレッド。

ブルー「待て、レッド。ここは引くぞ」

冷静に分析するクールガイのブルー。

レッド「引くって逃げるってのか? 俺たちが戦わなかったら街の人々はどうなる!!!」

ピンク「やめて! 仲間同士で争わないで」

争いを止める紅一点のピンク。

イエロー「でもあんな敵どうすりゃいいんだよ」

思ったことをそのまま口にするお調子者のイエロー。

???「……ククク、そんなことで悪が倒せるものか」

レッド「お前は!?」

ブラック「今回だけは力を貸してやろう」

敵か味方か、謎のヒーローのブラック。

────────

────

上司「このようにイメージカラーとキャラクターの個性をリンクさせ、分かりやすくしているわけだ」

上司「貴様の企画はすべて同じイメージカラーで、キャラクターの個性を潰すのだ」

上司「三流以下の企画だよ」

男「……」

上司(大人しいな。言い過ぎたか?)

男「……上司さん」



男「上司さんも戦隊ヒーロー好きだったんっすね?」

上司「話聞けよ!!!」
4 : ◆52SBzHrnjQ [saga]:2017/08/21(月) 19:20:45.94 ID:xB/GeZCk0
上司「もう一度、説明するぞ。ちゃんと聞いとけよ!」

上司「いいか、お前の企画は全員レッドなんだよ!」

男「ぷっ、全員レッドって、みんな退場したみたいっすね」

上司「黙って聞け!!」


────

────────

怪人「はっはっはっ無駄だ」

レッドA「畜生! 負けるもんか!」

レッドB「そうだ! 逃げるわけにはいかない!」

レッドC「俺たちが戦わなかったら街の人々が!」

レッドD「俺の力を受けてみろ!」

レッドE「平和は俺が守る!」

レッド達「うぉ〜!、突撃ぃぃ!!」

怪人「うわ?! おい?! 無駄だって言ってるだろ?!!」

レッド達「うぉ〜!」

怪人「話を聞けよ!!! ちょ?! 待てよ?!!」

レッド達「うぉ〜!」

────────

────

男「……」

上司「分かったか。みんな同じレッドだと話が広がらないのだ」

上司「ワンパターンなんだよ。いつも突撃なんだ」

上司「個性が同じなら、複数人も登場する意味がない。つまらないんだよ」

男「……」

上司(やっと、分かってくれたか)

男「……上司さん」



男「上司さんもレッドが一番好きなんすか?」

上司「貴様もワンパターンかよ!!!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/21(月) 19:21:05.88 ID:Iz1wgrPJ0
上司が関智一で再生された
6 : ◆52SBzHrnjQ [saga]:2017/08/21(月) 19:21:40.08 ID:xB/GeZCk0
上司「いいか。俺はレッドが一番好きだから、レッドだけにしたんじゃない。例え話だ」

男「いやー、やっぱり戦隊ヒーローで一番カッコいいのはレッドっす。レッド最高」

上司「黙れ! レッドだけで喜ぶのは、貴様みたいなレッド信者だけだ!!」

上司「いいか! 貴様の企画も同じだ! 金髪キャラが好きなユーザーしか喜ばないんだよ!!」

上司「はぁはぁ」

男 「……」

上司「……」

男「気になったんすけど、この場合」

男「やっぱり乗り込むメカも赤い色してて、五体合体で真っ赤なロボットができるんじゃ」

上司「どうでもいいんだよ! そんなシャア専用なロボに乗り込む戦隊は!!」
7 : ◆52SBzHrnjQ [saga]:2017/08/21(月) 19:23:25.37 ID:xB/GeZCk0


社長「どうしたのかね? 上司くん」

上司「社長!? 何故ここに!?」

社長「女子トイレ等でないのなら、わが社のどこにいようがワシの勝手だ」

社長「それよりも、随分と大きな声を出していたね」

上司「! それは……」

社長「部下を大きな声で怒鳴りつけるのは、十分にハラスメント行為だよ」

上司「……申し訳ありません」

社長「それで何の話をしていたのかね? シャア専用だとか聞こえたが」

社長「ワシもガンダムは好きだが、仕事中に私語はいかんよ」

上司「いえ、それは例え話で……」

男「新企画の話をしていましたっす」

上司「貴様は黙っていろ!」

社長「上司くん。君が黙りたまえ」

社長「本来は社を預かる身として、ハラスメント行為には減俸等の処罰を下さないといけないのだよ」

上司「くっ……」

社長「それでどんな企画なのかね?」

上司「くだらない企画ですよ」

社長「上司くん。わが社の最終決定権は私にある。くだらない企画かどうかはワシが決める」

男(最終決定権って必殺技みたい。奥義!最終決定拳! いや剣でもいける?)

上司「……」

社長「さて話の続きだ。企画の内容は?」

男「金髪ヒロイン(だけ)のギャルゲーっす」

社長「金髪ヒロイン(の登場する)のギャルゲー?」

社長「別にいいじゃないか」

上司「社長!? 金髪ヒロイン(のみ)ですよ!?」

社長「上司くん。特定のユーザーの嗜好を否定するような発言はいけないな」

社長「金髪ヒロインの何がいけないのかね?」

社長「今の業界に求められているのは多種多様なニーズに答えることだ」

男(ニーズとニーソって似てる)

上司「社長はこの企画(金髪ヒロインのみ)に需要があると?」

社長「もちろんだよ。この企画(金髪ヒロイン登場)の需要は必ずある」

社長「良し分かった。ワシの権限でこの企画を進めよう。プロジェクトリーダーは男くんだ」

社長「上司くんは彼の指示に従い、サポートしてあげたまえ」

上司「本気なんですね?」

社長「本気だ。なに心配するな。進捗状況はワシも確認させてもらうよ」

社長「新しい時代は老人が作るものではないよ」

上司「……」

社長「……」

男(金髪ヒロインのニーソはやっぱり黒)

こうして金髪ヒロインのみ登場のギャルゲー制作が始まった。
8 : ◆52SBzHrnjQ [saga]:2017/08/21(月) 19:24:44.28 ID:xB/GeZCk0
数か月後 開発部

グラフィッカー「大変です! マップに各ヒロインの居場所をSDキャラで描写すると、誰が誰だか分かりません」

上司(それみろ、一目でキャラを見分けられるSDキャラの利点も、使えないではないか)

男「その表現方法はしなくていいと思うっす」

上司(馬鹿な!)

上司(それをしなかったら目当てのヒロインに会えるまで、リセットを繰り返す不毛な作業をプレイヤーに強いるだけだ)

上司(ありきたりな表現には、ありきたりになるだけの理由がある)

男「SDキャラアイコンにこだわる必要はないっす。このヒロインは陸上部だから、スパイクをアイコンにすればいいっす」

男「他のキャラもイメージアイテムをアイコンにして、その下にキャラ名を付けるっす」

上司「……」
9 : ◆52SBzHrnjQ [saga]:2017/08/21(月) 19:25:49.79 ID:xB/GeZCk0
学園設定担当「もう無理ですよ! 日本の学校なのに金髪ヒロインだらけなのは、おかしいと思います」

男「普段、赤髪ヒロインとか青髪ヒロインが登場するゲーム作っていて、なに弱気になってるっす」

男「リアリティが、ゲームの面白さに直結するわけじゃないっす」

男「しかし世界観にある程度の説得力は必要」

男「主人公が通う学園には、国際教養科がある設定を追加するっす」

男「重視すべきなのは、ヒロインの可愛さ」

男「ヒロインが可愛ければ、多少の粗は気にならないっす」

上司「……」
10 : ◆52SBzHrnjQ [saga]:2017/08/21(月) 19:27:19.09 ID:xB/GeZCk0
シナリオライター「どうしましょう!? 主人公の恋愛をサポートする黒髪サブヒロインだしたら」

シナリオライター「周りが金髪ヒロインばかりだから、メインヒロイン並みに目立ってます!」

男「なら隠しヒロインにするっす」

男「日本人に見えるけど実はクォーターで、地毛は金髪だけどコンプレックスで、黒髪に染めてた設定にするっす」

男「主人公は地毛が金髪という秘密を知ってしまい、さらにコンプレックスだった金髪を褒めるっす」

男「秘密の共有とコンプレックスの肯定から始まる隠しシナリオっす」

シナリオライター「そんな今からヒロイン追加なんて、納期に間に合いません」

男「……」

シナリオライター「……」

上司「……私が何とかしよう」

シナリオライター「上司さん!?」

上司「人員は他部署から、応援をもらう。これでなんとか納期に間に合うはずだ」

男「……」

男「……上司さん」

上司「勘違いするな。私は社長からの業務命令に従っているだけだ」

男「上司さんも金髪ヒロイン好きだったんっすね?」

上司「本当に勘違いするな!!!」
11 : ◆52SBzHrnjQ [saga]:2017/08/21(月) 19:28:26.72 ID:xB/GeZCk0
社長室

社長「ふ〜」

秘書「お疲れ様です」

社長「まさか、我が社のスマホゲームに、不具合がでて炎上するとは」

社長「例の企画の進捗状況は?」

秘書「タイトルはまだ未定ですが、こちらが資料です」

社長「ふむふむ」

秘書「シナリオ及び原画作業は、ほぼ終了しています」

秘書「しかしスタッフにインフルエンザが流行り、着色作業に遅れが出ています」

社長は白黒の開発資料に目を通す。

社長「問題ない。これで進めるように伝えてくれ」

秘書「かしこまりました」

社員「しゃ、社長!」

突然、社長室に社員が入ってくる。

社長「どうした!?」

社員「ガチャの確率表記に誤りがあり、消費者センターを巻き込んで、返金騒ぎの大炎上です!!!」

社長「な〜〜に〜〜!!」

こうして社長は以後、企画の進捗状況を確認することなく、

金髪ヒロインのみ登場のギャルゲーは発売された。
12 : ◆52SBzHrnjQ [saga]:2017/08/21(月) 19:31:47.73 ID:xB/GeZCk0

ギャルゲー発売後

どこかのゲームショップ

?「『きんいろメモリーズ』?」

?「とりあえず僕の好きなパッケージ裏を確認」

?「金髪ヒロインのみ登場のギャルゲーなんてすごいなぁ」




またまた、とあるゲーム会社開発部

男「上司さん。新しい企画書っす」

上司「……見せろ」

男「タイトルはレッドオンリーコマンダーっす」

男「プレイヤーは司令官になって、レッドしかおらず突撃しかしないヒーロー達を導き、悪と戦う」

男「巨大化した怪人に対しても、猪突猛進で瞬く間に蹴散らされる」

男「だからドンドン、レッドを集めて、レッドを鍛える。レッドの通信対戦や交換もできる」

男「コンセプトはこんな感じっす」

上司「……」

男 「……」

上司「……レッドってなんだっけ?」

終わり



読んで頂きありがとうございました。

このゲーム『きんいろメモリーズ』が売れるかどうかは、想像に任せます。

ゲーマーズ絶賛放送中。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/21(月) 19:33:37.91 ID:Iz1wgrPJ0

上司は関智一さんで再生したけど男や社長は誰で脳内再生すればわかりませんでした(笑)
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/22(火) 03:29:55.95 ID:t8wP0ywco
乙ー
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/22(火) 06:22:09.03 ID:FY9IGg7O0
乙です
ゲーマーズの作中に出たやつだったか
16 : ◆52SBzHrnjQ [sage saga]:2017/09/18(月) 00:13:22.46 ID:H8LtFKfY0
朗報。金髪ヒロインだらけのエ〇ゲ『金色ラブリッチェ』発表。
このSSをお読み頂いた方は金髪ヒロイン好きか、ギャルゲ好きに分類されるはず。
18歳以上かつ金髪ヒロイン好きの方は、発売を楽しみに待ちましょう。
18歳以下もしくはギャルゲ好きの方は、よろしければ私のラブコメ過去作でもどうぞ。違うトリですが。

女「君も僕の体がほしいのかい?」男「えっ!?」〜私と僕と欲張りショートケーキ〜
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498900345/
13.53 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)