【ゲーマーズ!】雨野「天道さんに友達申請しようとしただけが…」【安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :今季にしてはあまり話題にならないひとたち [saga]:2017/09/21(木) 20:14:04.92 ID:tFqBjcPPO
雨野「こ、こんにちわ、天道さん。今日はわざわざすみません」

天道「いえ、構いませんよ」

天道「そ、それで今日はどういった用件なのかしら…」

雨野「え…あの、えっと…その」

雨野「非常に言いにくい事なんですg
天道「ヒグッ」

雨野「ど、どうしたんですか!?天道さん!」

天道「い…いえ、何でもないわ。続けて雨野君」

天道「覚悟は出来てるわ」

雨野「は、はぁ……?」

雨野「…!…」シュン

天道「えっと…どうかしたかしら?」

雨野「いいっいや!何でも!」チラッ

上原「…っ…」

亜玖璃「…っ」

千秋「っ…」

雨野「……」ゴクリ

雨野「っ天道さん、僕と…」

天道「…」ドキドキ…

雨野「>>3!!」
天道「はい!喜んで」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505992444
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/21(木) 20:15:51.40 ID:EtGO0Cb60
(友達として)付き合ってください!
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/21(木) 20:18:36.21 ID:nQJjNd6RO
二郎ラーメン食べにいきませんか!!!
4 :因千秋派 [saga]:2017/09/21(木) 20:51:46.72 ID:tFqBjcPPO
・・・

雨野「あ、僕今ちょっとだけ台詞間違
「えええええええええっ!?」

上原「」

亜玖璃「」

千秋「」

天道「……ほえ?……」



〜数日後〜

タタタ…

天道「あ!雨野君こっちこっち!」

雨野「あ、はい!」タタタ

雨野「すみません天道さん!遅れちゃって…」

雨野「待たせちゃい?ましたよね?」

天道「い、いえいえ!私もついさっき来たばかりだから、むしろ丁度いいわよ…」アセアセ

雨野「そ、そうですか…なら良かった、です」

天道「そ、それじゃ行きましょうか!」

雨野「え、ええ!行きましょう行きましょう!」

スタスタ…

雨野(う、ぅぅ…ただ『僕と友達になって下さい』って言うだけの簡単なミッションだったのに…)

雨野(無性にラーメンが食べたいからラーメン食べに行きましょうって多の生徒に注目されている場で女子に誘えるようなもんじゃないだろ!!)

雨野「…」チラッ

天道「♪」ニコニコ

雨野(幸い天道さんは機嫌を損ねてないようだけど…)

雨野(というか上機嫌過ぎるだろ!?めっちゃニコニコしてるんですけど!?)

雨野(あれか!?あの時はあの【覚悟】を友達申請を断る覚悟だとばかり考えていたが…)

天道『うーん。天道君ね。ブサイクだし好みじゃないというか嫌い、というより彼の存在自体生理的に受け付けられないけど、皆見ているし、そんな威厳をなくすような事出来ないからまぁ適当に承諾しておきましょう。あーヤダヤダ』

雨野(っていう方面だったりするんじゃないのコレ!?というか。11割方コレに決まってるだろもう!!)

雨野(だってそうじゃん!?天道さんみたいな華人が

?『お、ラーメン食い行こーぜ』

雨野(みたいなキャラ崩壊を起こすような人には見えんだろうよ!!)

雨野(接点もほとんど無い同じ学校の男子生徒とウキウキしながらラーメン屋向かう学内アイドルとかこのご時世あり得ないから!うん!!)

雨野(あ〜考えれば考える程キリが無い…天道さんは僕の事を一体どう見ていて、どう思ってるんだ?)

雨野(だが今回の騒動で1つ、確信した事がある)

雨野(多分僕に対する評価、皆ダダ下がりだーい…)
5 :因千秋派 [saga]:2017/09/21(木) 21:42:34.58 ID:tFqBjcPPO
亜玖璃「」ヒョコッ

亜玖璃(むむむ…雨野っち普通に天道さんと仲良さそうにやってるなぁ…)

亜玖璃(正直この前の友達申請イベントで突然二郎に誘い出した時はビビったけど…)

亜玖璃(何か普通に良好な関係を築く事自体は出来てるし、ねぇ)

亜玖璃(まぁ何とも曖昧な2人の人間関係を探る為に、今日私は変装までして雨野っちの応援に来ている訳ですが…)

亜玖璃(ってのは完全に建前なワケよ!!!)

亜玖璃(アグリはちゃーんとタスクの事を理解してるからアグリと同じように雨野っちの偵察に来ると分かってたもんね!)

亜玖璃(そして!良くつるんでいる星ノ守さんも!タスクのその考えを予め見抜いてて!こっそり尾行している!!)

亜玖璃(ふへへ…お惚けな感じのアグリがまさか後ろに知り合い2人がこっそり後をついて来てる事に気付くとは思わまい…)

亜玖璃(だーかーらー!雨野っちと天道さんの様子を観察しつつ!)

亜玖璃(あわよくば!タスクの星ノ守浮気疑惑について徹底的にボロを出させてもらう!!)

亜玖璃(誰にもバレず、且つ1発で今の状況をひっくり返すとかアグリったら超策士じゃん!)

亜玖璃(今度こそタスクの気持ちを確かめないと…!)
6 :因千秋派 [saga]:2017/09/21(木) 22:14:43.01 ID:tFqBjcPPO
上原「」ヒョコッ

上原(この間まさかの急展開に流石にあのまま放置も可哀想だから、少し2人の動向を探ってはみたものの…)

上原(何だよ…普通に2人共並んで仲良さそーに歩いてんじゃねぇか)

上原(雨野は何にせよ、天道からすればさしずめ初デートのお誘いを受けたようなもんだからな…)

上原(精々ガッカリさせずチャンスを生かせよ、雨野)

上原(…とまぁコレではまるで雨野の応援にわざわざ俺がやってきたみたいな雰囲気だが)

上原(断じて違ァウ!!!それはあくまで表向きの理由!)

上原(俺の狙いは?そう亜玖璃っ!!)

上原(この前は雨野の滑りプレイにより全てが有耶無耶になってしまったが!)

上原(俺は感じた!この二郎イベントは使えると!!そりゃもう彼氏が別の女をメシに誘って心配する彼女なんていないよ、なぁ!?亜玖璃!!)

上原(そして俺の予測通りお前は雨野達に隠れて奴等に尾行している!)

上原(まさか元彼氏〈仮〉が!お前が雨野に移転したかどうか確認する為にお前に尾行してるなんて、夢にも思うまい!!)

上原(雨野達を観察してる間、俺はお前のその様子をしっかり目に焼き付けさせてもらおう!)

上原(誰にもバレず、且つ1発で今の状況をひっくり返す事の出来る唯一の策だ!)

上原(この間のようなしくじりは許されない!必ず亜玖璃の心境を探らねば…!)

上原(……にしても、なんで星ノ守は俺らの後をついてきてるんだ?ん?)
7 :因千秋派 [saga]:2017/09/21(木) 22:39:41.33 ID:tFqBjcPPO
千秋「」ヒョコッ

千秋(しめしめ…少し前にあった友達申請イベント、やっぱり景太はそれ自体が目的というワケじゃ無かったという事ですね)

千秋(まぁ予想以上に2人が仲良さげなのがちょっと驚きですが…)

千秋(景太は時々何を考えているのかよく分からない節がありますからねぇ…もしかしたら本気で天道さんを……)

千秋(…ま、景太の真意なんて私には何の関係もありませんけどね)

千秋(問題は私の前方にてこっそり景太達について来てる2人組!上原さんと亜玖璃さんです!)

千秋(もしやと思って景太達の尾行をしていたら案の定先手を取られていました!)

千秋(亜玖璃さんがもし景太をパシリ要員としてこき使ってて、上原さんと裏でデキているとすれば!彼らにとってコレはただの茶番劇!)

千秋(現在絶賛迷走中の景太を陰で嘲笑いに来たに決まってます!)

千秋(…けど、亜玖璃さんや上原さんは景太と比較的仲の良い友達関係…)

千秋(私の考え過ぎという可能性もある)

千秋(幸いにもあの2人よりも遅く来た私は上原さん達にバレずに彼らの動向を探る事ができます!)

千秋(何としても2人の陰謀を明らかにし、景太を魔の手から救ってやらねば…!)
8 :因千秋派 [saga]:2017/09/21(木) 23:03:32.35 ID:tFqBjcPPO
天道「…」ドキドキ

天道(な、なんか…成り行きで雨野君と2人きりでお出かけする事になっちゃって…)

天道(まだ私自身混乱してるけど…)

天道「」チラッ

雨野「」ドキドキ

天道(え、えへへぇ…雨野君と2人で…おそと…)

天道(夢にも見なかった初デート……)ニヤニヤ…

雨野「…あの、天道さん?」

天道「ふぇ///!?」

雨野「顔真っ赤ですよ、大丈夫ですか?日差しが強いから暑いのもそうですけど…」

天道「え、わ、私っそんなに取り乱してたかしら!?」

雨野「い、いえ…体調的に問題あるかと思って…少し…」

天道「そ、そう…?」

天道(あ、危ない危ない…危うく理性を失う所だったわ)

天道(落ち着いて考えてみたら私、ただ彼に昼ご飯にお呼ばれされただけじゃない!)

天道(食事の誘いだけで脈アリは流石に考えが行き過ぎてる!)

天道(でも折角手に入れた雨野君とのコミュニケーション時間…)

天道(コレを利用しない手は無いわ!必ず友好関係を進展させてみせるわ!)

天道(でもって付き合う!!)


9 :因千秋派 [saga]:2017/09/21(木) 23:54:32.20 ID:tFqBjcPPO
雨野「さぁ、着きましたよ天道さん!」

雨野「ここがラーメン二郎です!」

天道「すごい…名前も知ってるし余程人気だなぁとは思ってましたが…」

天道「こんな大行列を生で見る事になるとは…」

雨野「さて、じゃあ並ぶ前に食券を買いましょう。並んでる途中に麺の種類とかも聞かれますからね」

天道「ふむふむ」

雨野「まぁ今回は普通のラーメンでいいかな…」

天道「あ、じゃあ私も普通の…」

雨夜「あ、ここのラーメン、小でも普通のトコの2倍以上ありますよ量」

天道「え、そうなの?」



天道「ふ、ふぅ…彼此50分待ってようやく席につけた…」

雨野「…まぁこの時間帯にしては早い方か…」

天道「え、いつも1時間以上も待ってるの!?」

雨野「あ、天道さん。食券食券」

天道「あ、は!はい!」スッ




雨野「……」

天道「…///」シュゥゥ

天道(う、ぅぅ…雨野君が至近距離でこっちを見つめてる…)

天道(ヤバイ…緊張しすぎて心臓壊れそう…)ドキドキ

天道(だ、ダメ!ダメよ私…こういう待ち時間こそ雨野君と喋るチャンスじゃない!)

天道「え、え…と…」
10 :因千秋派 [saga]:2017/09/22(金) 00:22:10.68 ID:JtG1Vsx8O
(`・∀・´)「ニンニク入れますか?」

天道「ふぁ!?」

雨野「ヤサイマシニンニクカラメで」

(`・∀・´)「いあ!」

天道「え、ちょっと雨野君?ニンニク入れるかどうか聞いてたのにさらっと他のトッピングも言ってたけどいいの?」

雨野「あ、この場合はトッピングはどうするかって質問も兼ねてますから問題ありません」

雨野「お客さんがいっぱいいる以上聞き方に一々気にしてる余裕もありませんし…」

雨野「出来る限り注文等の会話はコンパクトに行った方が効率もいいですからね」

天道「へ、へぇ…」

天道「それにしてもヤサイマシ…カラメ?何だか呪文みたいですね」

雨野「まぁトッピングと言っても4種類あってその量も言わないといけませんからね…例えb
(`・∀・´)「小の方?」

天道「へ、え?小?私?」

雨野「ですね。たまにサイズ指定の時もあります。さ、天道さん。トッピングトッピング」

天道(え、ぇぇ…そんな事いきなり言われても…)

天道「じゃ、じゃあ>>11?」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/22(金) 00:58:01.27 ID:emvGUjfU0
ヤサイマシマシニンニクチョモランマ(焦って噛んでそんな風に聞こえた)
12 :>>6普通に台詞間違えとる…【心配する】→【心配しない】 [saga]:2017/09/22(金) 21:19:41.06 ID:5mbaslnb0
(`・∀・´)「いあいあ!」

天道「……ふ、ふぅ」

天道「なんか勢いで言っちゃったけど…な、何とかなったのかしら?」

雨野「…え、えーと…天道さん?」

天道「…あっ雨野…」

天道「君?!何かすごい顔真っ青よ!大丈夫?」

雨野「い、いや…その、こっちの台詞なのですが…」

天道「え、ちょっと?こ、こっちの台詞って…意味分からないわよ?もしかして、私呪文言い間違えた?」

雨野「その…え…えーと…」

(`・∀・´)「へいお待ち!」スッ

天道「あ!ら、ラーメン来たわよ!早速食べ…」

天道「って野菜多!後何このニンニクの山!!」

天道「め、麺の姿がどこにも見当たらないわ…」

雨野「そりゃそうですよ…天道さん」

雨野「マシマシってのは通常のトッピングの2倍、チョモランマに至っては3倍以上の量を誇るんですよ?」

雨野「いきなりハード過ぎます!」

天道「え、わ…私ニンニクちょっとだけって言っただけなんだけど…」

雨野「………」

(`・∀・´;)「……」

雨野「あー…コレ聞き間違ちゃったパターンですね」

天道「ええええっ!?」

天道(ただでさえ麺の量がバカ多いってのに…こ、こんな大量の野菜とニンニクも完食しないといけないの!?)

天道(野菜食べ切るだけでもとんでもない難易度なんですけど!?)

天道(くぅぅ…こうなったらヤケよ!全部平らげてやるんだから!)ズルルッ

〜15分後〜

天道「う、ぅぅ…もう、むりぃ…」

天道「お腹…破裂しちゃう…」ピクピク…

雨野「え、ちょ…天道さん!?まだ麺半分以上残ってるよ!?」

天道「だ、だってもうお腹いっぱいなんだもん…」ピクピク

雨野(う、ぅぅむ…困ったな。僕も大分腹が膨れてるからな…)

雨野(このまま残すわけにも…)

>>13
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/22(金) 22:20:33.60 ID:emvGUjfU0
雨野が半分受け持って天道も意地でかろうじてなんとか完食
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/23(月) 00:12:12.08 ID:Ij6QpU9io
貴重なゲーマーズスレだったがもう来ないかな
12.49 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)