ほむら「勇気の花がひらくとき」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/23(土) 22:21:02.89 ID:BgLBB1pW0
―――――病室

ほむら「…また…、守れなかった…」

ほむら「どうすればいいの…?どうすれば…、まどかを、鹿目さんを救うことができるの…?」

ほむら「私は…、何回鹿目さんを、皆を失えばいいの…?」

ほむら「…誰か教えてよ…」ジワッ ポロポロ――…

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506172862
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/23(土) 23:22:29.23 ID:BgLBB1pW0
ほむら「…とにかく、また視力、体力を魔力で強化させないと…」シュイィィン…

ほむら「…こんなこともしなければ、皆と同列になれないなんて…」

ほむら「父さんや母さんにも、申し訳が立たないわ…」ハァ…


ほむら「…あれ、手紙とお見舞いの品が届いてた…」

手紙『ほむら、具合はどうですか?父さんと母さんは仕事の都合で見滝原へ行くことはできません。
   明日退院なのに、付き添うこともできません。本当にごめんなさい。
   ですが、あなたが暮らすアパートと転校先の中学校の手続きは済ませてあります。
   それから、親戚の方々と私たちからお見舞いを置いておきます。
   私たちからはあなたがまだ保育園の頃好きだったアニメのDVDです。寂しい時はこれを観て、
   寂しさを紛らわしてください。』

ほむら「そういえば、このループ初日は何らかのお見舞いの品が届いていたのよね」

ほむら「前回は緑色、ライムグリーン…といってたかしら?その色の子猫のぬいぐるみだったわね。
    それから黒いダイヤのキーホルダーと白い楕円形の手鏡…。
    今回は何をもらったのかしら」ガサゴソ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/23(土) 23:40:20.35 ID:BgLBB1pW0
ほむら「親戚の方からは…、ケチャップとかマヨネーズとかの日用品と…、
    農家の方からは野菜や果物…、そして鶏肉や豚肉が計1s…。
    1か月分の食糧ってところね。本当に助かるわ」ガサゴソ

ほむら「そして、私が保育園の頃好きだったアニメのDVD、って…」ガサゴソ

ほむら「…これは…、…懐かしいわね…」フフッ…

『それいけ!アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ』
『それいけ!アンパンマン ハピーの大冒険』
『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』
『それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン』

ほむら「…アンパンマン。私の、幼き頃の…、いえ、永遠のヒーロー。
    私にとって、鹿目さん…と、皆以外の、憧れ」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/23(土) 23:56:45.77 ID:BgLBB1pW0
ほむら「鹿目さんの他の方々も、皆、凄い人なのよね…。
    巴…、巴さんは、私なんかよりもずっと長く孤独に耐えて、武器のリボンの扱いを極めて、
    佐倉…、佐倉さんも、何にも縛られず、それでいて敵の多いこの世界を勇ましく生きて、
    美樹さ…、美樹さんだって、皆の暗い空気も吹き飛ばすムードメーカーだし…」ジワッ…

ほむら「っ…、わ、私は…、私は…」ポロポロ――…

ほむら「私は一体…、なんのために生まれたの…?何をして生きていくの…?
    私のできることって…、いったい何なの…?!」ポロポロ――…

ほむら「ぅ…っっ、ひぐっ…」ポロポロ――…

ほむら「だれか…、教えてよ…っ…。私の…、存在意義を…!」ポロポロ――…

ほむら「父さん、母さん、巴さん、美樹さん、佐倉さん―――…」ポロポロ――…






ほむら「―――…鹿目さん、アンパンマンッ…!!」ポロポロ――…

ほむら「誰か…っ!…教えてよぉ…」ポロポロ――…
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/24(日) 00:21:50.37 ID:l03nHjNY0
―――数分後…

ほむら「…はぁ…。私以外誰もいない病室だったからよかったものの、つい号泣してしまったわ。
    …やっぱり、神経が擦り切れかけていたのかしらね…。
    美国織莉子と呉キリカに、またまどかの殺害を許してしまうなんて…」

ほむら「あの二人の関わる世界だけは、ループしたくなかった。
    正直、魔法少女に契約して魔女と化してしまうよりも悲惨なことだと思うのよね…」

ほむら「…もう一つは、私がループを繰り返すことによって、鹿m…、まどかが更なる因果を背負うこととなること…。
    私が、まどかを再恐喝最悪の魔法少女として、育ててしまった…。
    …繰り返せば…それだけまどかの因果が増える。私のやってきたこと、結局…」ジワァ…

ほむら「…もう、やめよう。まどか…、まどかだってこんな結末は望んでなどいないはず…。
    あの時の約束は…、破ってしまうこととなるでしょうけど…。
    私が皆を、まどかを苦しめてしまうくらいなら…、いっそのこと…!」スクッ

ポトッポトッ――…

ほむら「あっ、立ち上がった拍子にDVDが!…あら?」

ほむら「こ…、これは…!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/24(日) 00:29:48.84 ID:l03nHjNY0
× 再恐喝最悪
〇 最強かつ最悪


『それいけ!アンパンマン 勇気の花がひらくとき』

ほむら「私が一番大好きだったアンパンマンの映画だわ…」

ほむら「…これでも観て、少しは心を落ち着けましょうか」DVDレコーダー準備、ピッ(再生


TV『ばいきんまん「はーひふーへほー!!ぜーんぶ踏みつぶしてやる〜!!」
  そうだ おそれないで みんなのために
  ばいきんまん、ドキンちゃん「ひや〜ああ〜あ〜ああああ!!!!!」
  ―――――――…』
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 01:08:43.59 ID:DQh3pJ/yO
はよ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/24(日) 01:15:08.20 ID:l03nHjNY0
――――約50分後


TV『どこか知らない 遠いところで
  だれかが泣いている 声がきこえる
  泣かないで くじけないで
  僕がここにいるよ
  勇気の花がひらくとき
  キララ姫「星が…生まれた…」
  僕が空をとんでいくから
  アンパンマン「勇気100倍!アンパンマン!!」
  キララ姫「アンパンマン!」
  町の住民「アンパンマン!」
  きっと君を助けるから」

ほむら「アンパンマン…!」ウルウル…

TV『町の住民「ハハッ…!」「わー!」「やったー!」
  ばいきんまん「嘘っ!?マジ?マジィ!?」
  アンパンマン「…!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ――…
  赤く乾いた 砂漠の中で
  アンパンマン「…それっ!」ゴォォオオォオオオオオオオオオ―――――…!!!!!
  助けを呼んでいる 声がきこえる
  たちあがれ 元気をだせ
  ばいきんまん「どわわわわわっ、来るなっ!来ないで、来ないでえええええ!!」
  オアシスはちかいぞ
  アンパンマン「ロケットアンパンチ!!!!!」ゴォォオオォオオオオオオオオオ―――――…!!!!!
  勇気の花がひらくとき
  ばいきんまん「くそぉっ!!――…あらああああああああああああ―――…!!!」キュピーン
  僕が空をとんでいくから
  きっと君を助けるから
  町の住民「うわあああ!!」「アンパンマーン!!」「やったでてつー!」
  アンパンマン「…おぁ…?」
  キララ姫「…アンパンマン!!」
  アンパンマン「はぁ…!キララちゃん!!」
  町の住民「イエーイ!」「てつー!」「おめでとう!!」
  キララ姫「…えへっ!」
  アンパンマン「…フフッ」』

ほむら「良かった…、本当に良かった…!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/24(日) 01:25:01.35 ID:l03nHjNY0
―――約5分後


TV『おわり』

ほむら「…面白かったわね」グスッ、フキフキ――…

ほむら「勇気…、それは誰もが持っているもの。アンパンマンだって、元気3倍で最初は怖がってても、
    結局はキララ姫のために燃え盛る火の中に飛び込んだ」

ほむら「…私の、勇気…。…それは…」スクッ…
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/24(日) 01:26:33.11 ID:l03nHjNY0







ほむら「まどかだけじゃなく…、この世界を、皆を…、守ってみせること!!!」





11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/24(日) 01:38:55.03 ID:l03nHjNY0
―――――2日後 見滝原中学 2年○組(まどかたちのクラス)

和子「はい、あとそれから、今日はみなさんに転校生を紹介しまーす」

さやか「そっちが後回しかよ!」

和子「じゃ、暁美さん、いらっしゃい」

ほむら「…」スタスタ…

さやか「うわ、すげー美人…」

まどか「え…?」

ほむら(まどか…、さやか…、今度こそ救って見せるわ)

まどか「嘘…、まさか…」

和子「はい、それじゃあ自己紹介いってみよう」

ほむら「暁美ほむらです。よろしくお願いします」ペコリ…

クラス一同「お、おぉう…」パチパチ…

ほむら「…」スッ、ジィー…

まどか「うぇひゃっ…!?」オロオロ…

ほむら「…」ジィー…

さやか「ん!?うぇ、あ、えーと…」オロオロ…

和子「えぇと…暁美さん?」

ほむら「…あっ、す、すいません…、ちょっと、親戚に似ている方がいて、つい…」オロオロ…
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/24(日) 01:51:59.76 ID:l03nHjNY0
―――休み時間

女子A「暁美さんって、前はどこの学校だったの?」

ほむら「東京の、ミッション系の学校よ」

女子B「前は、部活とかやってた?運動系?文化系?」

ほむら「やって無かったわ」

女子C「すっごいきれいな髪だよね。シャンプーは何使ってるの?」

ほむら「そうね…。なるべくゴマや海藻を食べるようにしているわね」

女子D「なんか好きなドラマとかアニメとか映画とかある?」

ほむら「ええ、アンパンm…、いえ、コマンドーとか、ダイ・ハードとか、激しいアクション系も好きなんだけど、
    やっぱりディズニーとか、可愛い感じのアニメも好きね」


ガヤガヤ―――…

仁美「不思議な雰囲気の人ですよね、暁美さん」

さやか「…ねえ、まどか…。あの子知り合い?あたしもなんだけど、何かさっき思いっきりガン飛ばされてなかった?」

まどか「さやかちゃんも?いや、私は、えっと…」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/24(日) 02:10:58.83 ID:l03nHjNY0
ほむら(…いつもならここで保健室へ案内させて、忠告するのだけれど…、
    おそらく今回も放課後にあの改装中の建物で遭遇するはず。
    いつもと違うパターンで行きましょう)ジッ


まどか「ひぃっ…!?」

さやか「ま、また睨まれた…」


ほむら(…あっ、いけない…。先ほどもだけれど、つい睨んでしまったわ)

ほむら「ごめんなさい、何だか緊張しすぎたみたいで、ちょっと…。少し、席を外させてもらうわね」

女子「あ、いいよいいよー」「ちょっと緊張させちゃったかなー?」


まどか「あっ、さやかちゃん…!((((;゚Д゚))))」ユサユサ…、ガクガクブルブル

さやか「うひっ、こっち来た…!((((;゚Д゚))))」ガクガクブルブル

仁美「お二方、そんなに震えなくても…」

ほむら「あ、あの…、鹿目、まどかさん、美樹、さやかさん…。
    さ、先ほどは、その…、ごめんなさい」

まどさや「…へ?」

ほむら「ふ、二人がその…、親戚に似ているので、つい、本人だったかな、と思ってしまって…。
    つい、見つめてしまったんです」

まどか「な、なーんだぁ…。別に気にしなくてもいいんだけどな」

さやか「そ、そういうことだったんだね!
    いやー、ということはその親戚の人もかなりの美人さんということになりますなー!」アッハッハ――

ほむら「ふふっ、では失礼しますね」ソソクサ…


仁美「…案外、怖い人ではありませんね」

さやか「うん。なんていうか、なんか、こー…」ウーン…

まどか「素朴な人、だったね!」

さやか「そう、それだ!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/24(日) 02:34:03.95 ID:l03nHjNY0
―――――放課後 改装中の建物

ほむら「そういえば、私の色はばいきんまんに似ているわね…。
    嫌いではないしむしろ好きなんだけど、何だか複雑な気持ちね…」ダァン!ダァン!――…

QB「はぁ…はぁ…!」タッタッタッ―…

ほむら「まあ、ばいきんまんよりも悪い奴が目の前で逃げているわけなのだけれど」ダァン!ダァン!――…

QB「こ、このままでは…!」タッタッタッ―…


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/24(日) 02:51:34.22 ID:l03nHjNY0
―――――CD屋

QB<助けて…助けて…!>

まどか「! だ、だれ?誰なの?」オロオロ…、ダッ!

さやか「ちょ、ちょっと、まどか!?どこいくのさ!?」ダッ

まどか「わからない…。でも何だか、助けを求める声が…!」タッタッタッ…

さやか「なんだそれ!?」タッタッタッ…


ほむら「しつこいやつね…、それっ!!」ズガァン!

QB「きゅぶべっ!!」ヒュー…

ほむら「やった!!」

QB「」ズンッ!!

まどか「ひゃあ!な、何か飛んできた?」

ほむら「」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/24(日) 03:12:58.71 ID:l03nHjNY0
ほむら(くっ…、遅かった…。時間を止めてでも始末していれば……)

まどか「ほむら…ちゃん?何してるの……?」

ほむら「鹿目さん、そいつから離れて」

まどか「だ、ダメだよ!この子怪我してるよ!」

ほむら「あなたには関係ない」

まどか「ねえほむらちゃん、どうしてこんなことするの?訳を話してよ!」

ほむら「話しても混乱するだけよ」

まどか(何がどうなってるの?わけわかんないよ、こんなの!)

さやか「まどか、こっち!」プシュゥウウウウウウウウウウウウウウウ―――…!!!

ほむら「キャッ!?」

まどか「さやかちゃん!」ギュッ、タッタッタッ―…

ほむら「くっ…、待ちなs――」

さやか「そぉい!!」ブンッ!!

ほむら「ほむっ!?」キキーッ…

さやか「まどか、こっち!」タッタッタッ―…

まどか「う、うん!」タッタッタッ―…

消火器『』バァン!!ミクモク…

ほむら「くっ…」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/24(日) 03:31:34.58 ID:l03nHjNY0
使い魔「んkdjfgんvhkじゃdcんvldksj」「mはlzxcff不mlxvンzvmlづk」ワラワラ――…

ほむら「…使い魔の数がいつもよりも多い。とりあえず、急ぎましょうか…」タッタッタッ――…


さやか「何よあいつ、今度はコスプレで通り魔かよ!つーか何それ、ぬいぐるみじゃないよね?生き物?」タッタッタッ―…

まどか「わかんない。わかんないけど…この子、助けなきゃ」タッタッタッ―…

ズズズズズズズズズズズ―――――・・・

さやか「あれ?非常口は?どこよここ」

まどか「変だよ、ここ。どんどん道が変わっていく…!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 20:20:00.49 ID:OG2V2UYZo
あいーん
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 21:51:31.69 ID:Gowb+7Y2O
おもろー
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 00:12:32.56 ID:ECi0GolK0
使い魔「qsふぁんjq」「vhんかdじ;」「ヴぉdにあし」「xcvんkj;zmj」ワラワラ

さやか「あーもう、どうなってんのさ!」

まどか「やだっ。何かいる」

使い魔「Das sind mir unbekannte Blumen.(見たことのない花だ。)
    Ja, sie sind mir auch unbekannt.(見たことのない花だねぇ。)
    Schneiden wir sie ab?(チョン切ってしまおうか。)
    Ja, schneiden wir sie ab.(チョン切ってしまおうね。)」ワラワラ…、ゾロゾロ…

さやか「冗談だよね?私、悪い夢でも見てるんだよね?ねえ、まどか!」

使い魔「Die Rosen schenken wir unserer Königin.(薔薇は僕らの女王様へ。)
    Und die schlechten Blumen steigen auf die Guillotine. (悪いお花はギロチン送り。)
    Ja, schneide sie ab! (ヤァ!チョンと切れ。)
    Ja, schneide sie heraus!(ヤァ!切り落とせ。)」ワラワラ…、ゾロゾロ…


使い魔「」「」「」「」パシュン!パシュン!
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 00:26:00.79 ID:ECi0GolK0
さやか「あ、あれ?」

まどか「これは?」

マミ「危なかったわね。でももう大丈夫」スタッ…

まどか「キュゥべえ?」

さやか「この、ぬいぐるみみたいなやつですか?」

マミ「そうよ。その子は私の大切な友達なの」

まどか「私、呼ばれたんです。頭の中に、直接この子の声が」

マミ「ふぅん…なるほどね」

マミ「その制服、あなたたちも見滝原の生徒みたいね。2年生?」

まどか「は、はい」

さやか「あ、あなたは?」

マミ「そうそう、自己紹介しないとね」

マミ「でも、その前に」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 00:32:40.23 ID:ECi0GolK0
マミ「ちょっと一仕事、片付けちゃっていいかしら」シュイン!(変身)


さやか「へ、変身した!?」

まどか「さっきのほむらちゃんみたいだ…!」


マミ「フッ!」タッ…、シュイィィン…

リボン→マスケット銃『』ジャキンッジャキンッジャキンッジャキンッジャキンッ―――――…

使い魔「ういあhsdfjnkuchbkidj」「zdgkxふぃzdンjxfklヴィンdvlzxジュkzンdkvj」ワラワラ…

マミ「ハッ!」ドガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ―――――…!!!!


まどか「す…すごい」

ビュワァァアアアアア――…

さやか「も、戻った!」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 00:46:13.26 ID:ECi0GolK0
ほむら「…」スッ…

さやか「あっ…、転校生…!!」

まどか「ほ、ほむらちゃん!」ギュッ…

マミ「魔女は逃げたわ。仕留めたいならすぐに追いかけなさい」チラッ

QB「…」←傷だらけ

マミ「…今回はあなたに譲ってあげる」キッ

ほむら(…この世界のマミ…さんは、よほどインキュベーターに依存してるようね…)…クッ…

ほむら「私が用があるのは…」チラッ

まどか「ひぃっ…!」ギュッ…

さやか「くっ…!」右手サッ

マミ「飲み込みが悪いのね。見逃してあげるって言ってるの」キッ

ほむら「うっ…」タジッ

ほむら(…駄目だわ。これじゃあ、何を言っても神経を逆撫でさせてしまう…)

マミ「…お互い、余計なトラブルとは無縁でいたいと思わない?」

ほむら(ここは大人しく、バイバイキンとさせてもらおうかしら)

ほむら「…そうね、失せさせてもらうわ」ダッ、タッタッタッ…
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 00:58:54.80 ID:ECi0GolK0
まどか「あ…、…待ってよほむらちゃん!」

まどか「さやかちゃん、この子お願い!」サシダシ、ダッ

QB「…」ワタサレ

さやか「え?ちょ、まどか!?」ウケトリ

まどか(聞かないと…、話し合わないと…!!)ハァ、ハァ、タッタッタッ…

さやか「おーい、まどかぁー!?はぁ……」

マミ「……何がどうなってるのかしら?」

さやか「…あ、申し忘れてました。あたしは美樹さやかです。
    それと、さっきのピンクの髪が友達の鹿目まどか、黒髪の感じの悪い奴が転校生の暁美ほむら。
    見滝原中学の2年生です」

マミ「あら、ご丁寧にありがとう。
   それから、これからよろしくお願いするわね、美樹さん」ニコッ

さやか(うわ、すっごい美人…。転校生なんかの比じゃないや…)ゴクッ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 01:09:20.51 ID:ECi0GolK0
―――――路地裏

ほむら(どうすれば…、いいのかしら…)ウツムキ…

まどか「いた…、ほむらちゃん!」タッタッタッ…

ほむら「ま、まどか!?何故ここに…?」

まどか「ほむらちゃんが…、急に走ってっちゃったから…、追いかけてきたの…」ハァ、ハァ――…

まどか「何だか、ほむらちゃんと話し合わないと…、
    話を聞かないといけないって…、そう、思ったの…」ハァ、ハァ――…

ほむら「まどか…、ありがとう…」

まどか「うぇ、うぇへへ…」ハァ、ハァ、…ハァアアアア…(深呼吸

ほむら「これでよかったら、飲んで」スッ(や〜いお茶

まどか「あ、ありがとう!」スッ、ゴクッゴクッ――…、プァアッ
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 01:30:00.67 ID:ECi0GolK0
まどか(やっぱり、ほむらちゃんは優しい人なんだ。でも、何であんな…?)

まどか「…ねぇ、ほむらちゃん」

ほむら「何かしら?」

まどか「ほむらちゃんはどうして、あのぬいぐるみ…みたいなのをを襲ってたの…?」

ほむら「…あいつは、私の敵だから、かしらね」

まどか「それにあの変な世界とか、綿菓子みたいなのも、一体何?」

ほむら「…ここで一気に話しても、貴女はきっと混乱してしまうわ」

ほむら「明日の昼休み、美樹さやかと巴マミも連れて屋上へ来てくれるかしら?
    そこで説明するわ」

まどか「明日の昼休みだね、わかったよ」

ほむら「それじゃあ、今日は失礼するわ。あなたも遅くなる前に家に帰りなさい」

まどか「うん、ほむらちゃん、また明日!」フリフリ――…、タッタッタッ――…

ほむら「えぇ、…また明日」フリフリ――…


ほむら「…見えなくなったわね」

ほむら回想『まどか「うん、ほむらちゃん、また明日!」フリフリ――…、タッタッタッ――…

      一周目まどか「さよなら。ほむらちゃん。元気でね」

      x周目まどか「ほむらちゃん、やっと名前で呼んでくれたね。嬉しい…、な」』

ほむら(…今度こそ、あの悪夢の夜を超えて、明日の光を…、この目に)グッ…!
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 01:43:05.14 ID:ECi0GolK0
――翌日――

キーンコーンカーンコーン

さやか「ふぃー、やっとお昼かぁー」

まどか「あの…、さやかちゃん、私、ほむらちゃんに呼ばれてて、
    それで、さやかちゃんやマミさんもお昼一緒に食べようって―――」

さやか「はぁ!?転校生とお昼ぅ!?」クワッ

まどか「え?あ、いや、その…」オロオロ…

さやか「絶っっっ対に嫌だよあたし!絶対なんか企んでるに決まってる!!」

まどか「そ、それは、そんな…」アタフタ…

マミ「(あら、いいじゃない)}

まどさや「!?」

QB「(この程度の距離なら、テレパシーの圏内だよ)」

マミ「(それより、暁美さんと昼食会…、ですって?面白そうじゃない。
    彼女の腹の内を探りたいと、美樹さんと話してた時からずっと思っていたわ)」

さやか「(あー、マミさん、キュゥべえのこと可愛がっていましたもんねぇ)」

まどか「(そ、そうなんですか…)」

さやか「(…マミさんも行くなら、あたしも行きます。まどかのことも心配だし)」

まどか「(あ、ありがとうさやかちゃん、マミさん!!)」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 02:04:57.12 ID:ECi0GolK0
――――屋上

ほむら「…良かった、来てくれたのね、3人とも…」

マミ「言っておくけれど、貴女がキュゥべえを痛めつけてくれたことを許すつもりはないわ」

さやか「やっぱり、あいつは素朴な奴なんかじゃないよ。
    放課後じゃ動物虐待してたのに、いまはああして優等生ぶってるよ」ブツブツ…

まどか「そんなこと、ないと思うんだけどなぁ…」

ほむら「まあ、立ち食いは行儀が悪いわ。座って、私の話を聞いて」スッ

マミまどさや「…」スッ

ほむら「巴先輩、あの、昨日は申し訳ありm」

マミ「早く要件を話していただけないかしら?」

ほむまどさや(こわい)

ほむら「美樹さんもまどかも魔法少女のことは、大まかにも知っているかしら?」

さやか「おい、なにさりげなくまどかを呼び捨てにしているんだよ」

まどか「あ、あ、えっと、き、昨日!昨日のお昼休みに委員会があって、その時ほむらちゃんが薬を
    もらいに行く時に鹿目さん呼びじゃなくて、名前で呼んでって頼んだんだよ!」アタフタ…

ほむら(…まあ、その時は何も変なことは言ってもなければしてもいないのだけれど…)
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 02:28:42.26 ID:ECi0GolK0
さやか「…はあ、もう何でもいいから、早く話してよ」

マミ「美樹さんが話を止めたのだけれど…、言う通りでもあるわ。早く話して」

ほむら「…私は、貴方たちと敵対する気はない。
    もっと言えば、本当は貴方たちと仲良くなりたいの」

マミさや「えっ」

まどか「ほむらちゃん…、やっぱり…」ホッ

ほむら「それから、キュゥべえを襲ったのは、私のやろうとすることを邪魔してきたから」

マミ「…どういうことかしら」

ほむら「…実は、私は違う時間軸の未来からやってきたの」

さやか「はぁッ!?」

まどか「えっ…?」

マミ「…続けて」

ほむら「私は、あんな地獄のような悪夢の惨劇を繰り返したくなかったから、
    キュゥべえを狙ってたの。その惨劇の原因がキュゥべえだから」

マミさやまど「…」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 02:51:16.94 ID:ECi0GolK0
マミ「その悪夢の惨劇とやらを、教えてもらえないかしら」

ほむら「…キュゥべえは、願いを叶えた魔法少女のソウルジェムを汚れさせ切った後、
    その時に生まれたエネルギーを、回収して宇宙の維持を――」

さやか「あのさあ、キュウべえがそんな嘘ついて、一体何の得があるわけ?」

ほむら「…え?」

マミ「ハア…、もうあなたに付き合うことはできないわ」スクッ

まどか「マ、マミさん、さやかちゃん、待って!」

ほむら「…嘘だと思うなら、キュゥべえに聞いて」

マミ「…キュゥべえ、来て」

QB「何だい、マミ?」

マミ「正直に答えて、キュゥべえ。魔法少女は、ソウルジェムが汚れきった後、魔女になるの?」

QB「いいや?その時は、ただ魔力が使えなくなって、動けなくなってしまうだけだよ?」キョトン

ほむら「!?―――嘘を―――」

QB「待ってくれ、暁美ほむら。確かに僕らに感情はないし、嘘もつけない。それに、仮に君が本当に
  別の時間軸の未来から来たとして、その時間軸の魔法少女のシステムと、この時間軸の魔法少女の
  システムが同じとは限らないだろう?」アタフタ…

マミ「貴方、感情がなかったの…?そんな…」

QB「…まあ、なんだかマミといると心臓のあたりが温かくなるのを感じるんだけどね」プイッ

マミ「キュゥべえ…!」キラキラ…

まどさや「ア、アハハ…」

ほむら(…まさか、本当に何も知らない?いや、しかし、でも…)オロオロ…
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 02:53:53.81 ID:ECi0GolK0
――――????

???「…馬鹿な奴め…」ククク・・・

???「まさか、こんな展開になるとは思ってもみなかったろうなあ…」フヒ…フヒヒヒヒヒ…!
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 03:08:52.24 ID:ECi0GolK0
――――屋上

ほむら「…ごめんなさい、無駄な時間を食わせたわね」

マミ「ハア…、暁美さん、約束して。もう私たちにかかわらないって」

さやか「あんたみたいな電波ちゃん、もうこの目で見たくないんだよね」

まどか「ま、待ってよ3人とも!ほむらちゃんだって、嘘をついているようには―――」

ほむら「いえ、いいのよ、まどか。でも、これも言っておくわ。
    私の魔法は、『時間停止』と『時間遡行』の2つ。時間停止は読んで字の如く。自分と、私が触れている物以外の時を止める。
    そして、時間遡行は、盾の砂が落ちきったとき、ひっくり返すことによって1ヶ月時を遡る」

まどさや「えっ…!」

マミ「成程…、昨日のあの動きは、確かに超スピードや瞬間移動ともいえるほど速かったわね。
   でも、時を止めて動いた、というのは目から鱗が落ちたわ。
   …で?それをわざわざ何故教えたの?」

ほむら「何故、私が自分の魔法を、致命的なことを貴方達に話したか。
    その真意をわかってもらいたいわ」

マミまどさや「…」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 19:03:21.73 ID:ECi0GolK0
アンパンマンはやっぱ「マーチ」か「たいそう」の方が好きだな
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 02:32:08.40 ID:pyRqxtIco
自演失敗しとるやん
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 14:05:34.04 ID:lnq6DWFvo

本編でも呼び出して問いただせばいいじゃんとか思ったことあるけど
嘘つかずにかわしたりそもそも来なかったりしそうだよね
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 14:27:57.70 ID:mYLuc4ZzO
>>35
基本的に信用されてないから「君達はボクと暁美ほむらのどっちを信用するんだい?」で簡単に躱されそうじゃね?
なお信用した方が本当に正しいかどうかの責任は持たない
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 23:14:04.02 ID:sWsRwStu0
>>34だけど、俺このss主の弟やねん
俺が家のパソコンのグーグルメアドを設定して、んでもってスマホ(もちろんこっちもグーグルメアド設定済み)で書き込んだからID一緒になってまったんや
すまんな
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 23:15:35.05 ID:sWsRwStu0
すまん
>>34だった
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 23:18:38.82 ID:sWsRwStu0
度々すまんな
まどか、アンパンマン、ばいきんまん、誕生日おめでとう!
兄貴は高2だし、1週間おきにしか投稿できないから、気長に待っててやってくれ
今テスト期間やしな
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 23:27:06.37 ID:sWsRwStu0
本当に何回もすまん
>>33やった
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2017/10/04(水) 00:24:56.77 ID:/hEaKEVro
いてててて…自演失敗を誤魔化すために兄弟設定とか痛すぎる
モロバレでわざわざ4レスもしちゃうの恥ずかしくないの?
晒しあげ
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 02:14:52.42 ID:kS0K+3zPO
何故余計な言い訳などしてしまうのか
そんな事するより先を書け
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/04(水) 12:03:48.76 ID:Uh/64XXY0
>>1です。弟がいることは本当で、弟が書き込み、それから段々とややこしいことになったのも本当です
兄弟設定とか余計な言い訳と言われるのも仕方ないことですが、すべて事実です
色々と申し訳ありませんでした
では、続きです
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/04(水) 12:13:28.71 ID:Uh/64XXY0
――――放課後、マミが薔薇の魔女を撃退した後

ほむら「…まあ、あのOLが助かっただけでも、良しとしましょうか」スタスタ…

<た…、助けて…>

ほむら「…」ピタッ

<助けて…、誰か…>

ほむら「…インキュベーター」

ほむら(…事情聴取だけでも、する価値はあるかしら)

QB<助けて…、ほむら…>

ほむら「!?」

ほむら(こいつ…、私の名前を知ってる…!?)
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/04(水) 13:01:44.21 ID:Uh/64XXY0
ほむら「…ここね」

――――結界が作られたビルの裏庭

ほむら「…お前ね、私を呼んだのは」

QB2「う…うう…」←茨と血まみれ

ほむら「どうやらマミのインキュベーターとは別の個体のようね」

QB2「あ…暁美ほむら…。良かった…、来て…くれて…」

ほむら「私としてはお前たちに名前を呼ばれると虫唾が走るのだけれど」

QB2「…僕は真実を…知っている…」

ほむら「…魔法少女は魔女になる、ということかしら?」

QB2「そう…だよ…。他にも…教えたいことが…ある…」

ほむら「…一先ず、貴方を持って帰って介抱しないと」ヒョイッ、スタスタ…
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/04(水) 14:09:10.20 ID:o43ash/z0
どういうこと……
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/04(水) 15:19:07.80 ID:Uh/64XXY0
――――ほむホーム

ほむら「…さ、これでも動いてもいいわよ」

QB2「…ありがとう、ほむら」

ほむら「私のことを知っているようだけど、いろいろと教えてもらえないかしら」

QB2「僕らインキュベーターは情報を共有しているからね。
  君が別の時間軸の未来から来たことも知っている。
  でも、魔法少女の真のシステムを知っているインキュベーターは僕以外に誰も
  いないんだ」
   
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 15:54:34.87 ID:Uh/64XXY0
ほむら(…そうだった。こいつらは情報を共有しているんだった。忘れてたわ…)

ほむら「…話を聞く限り、貴方はインキュベーターの情報を共有できないのね?」

QB2「ああ、僕は『感情』…、即ちごくまれに見られる精神疾患を持った『不良品』なんだ。
  感情を持つインキュベーターは、不良品として実験材料か廃棄処分にされるから、必死に逃げてきたんだ。
  不良品に、共有させる情報もないと言われたよ。あの時はすごく悲しかった。
  それに、あの薔薇園の魔女は、魔法少女だった頃、僕をただ一人の友達として接してくれていたんだ。
  でも、彼女の目の前で僕は自爆させられ、彼女が身を粉にして育てていた薔薇の花を全て吹き飛ばさせてしまった。
  それを見た彼女は魔女と化した。彼女は愛情をこめて薔薇を育てていたからね。僕もその薔薇が好きだったよ」

ほむら「もしかして、貴方が傷つけられていたのは、魔女に薔薇荒らしの犯人と思われたから?」

QB2「いや、これは自惚れかもしれないけど、彼女は僕を爆破させた個体を攻撃したかったんだと思う。
  インキュベーターは個体同士が警備員みたいなものだからね。互いが互いの異常を見つけたら、個体同士でどうこうする
  構造になっているんだ」

ほむら「…ならどうして――」  

QB2「彼女は僕を傷つけた方の個体を攻撃しようとしたんだけど、僕を爆破させた個体は 
  僕を盾にして逃げてしまったんだ」

ほむら「っ…そ、そんなの」

QB2「仕方がないんだ。他の個体は僕みたいに同情心や同族意識がないから。不良品にどうこうする手間をかけるなんて
  非効率極まりないことなんて彼らは絶対にしない。他種族の生物はおろか、他の個体を切り捨ててでも、
  効率的にエネルギーを集めるのが、インキュベーター本来の性質なんだ」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/04(水) 16:39:26.63 ID:Uh/64XXY0
ほむら「…」

QB2「おっと、話がずれてしまったね。ごめんよ。話を元に戻すが、君に一つ聞きたいことがある。
  僕らインキュベーターはどうやって生まれたか、わかる?」

ほむら「…知るわけないじゃない」

QB2「アハハ…、まあそうだよね。正解は『「惑星QB」のコンピューターが、個体の死亡時に新たな個体を
  生み出す』、というものなんだ。魔法少女の素質が皆無の一般人には見えない生身の肉体と、
  人工知能とコンピューターで構成された脳で、僕らは作られている」

ほむら「成程、だから効率性の高いことしか考えないのね」

QB2「でも、僕らの脳は、記憶や情報を意図的にショートさせる構造になっている。
  これが、他の個体が魔法少女の真のシステムを理解させない原因なんだ」

ほむら「…どういうことかしら」

QB2「僕らインキュベーターは感情もなければ嘘もつかない。そう設定されているからね。
  だからもし、君らの様に「ソウルジェムの穢れが溜まりきったらどうなるか、正直に答えろ」という質問を
  されたときに、自分のもつ記憶の「魔力が使えなくなって、ただその場から動けなくなってしまう」という情報を、
  質問の答えとして、契約を持ちかけられた人間が魔法少女に決心をつけさせるためにそんな設定をされるんだ」

ほむら「…!!で、でも、その魔法少女が魔女になったとき、他の魔法少女が近くにいる場合もあるでしょう!?」

QB2「…本当に悲しくも、よくできたシステムになっていてね。魔法少女が魔女になる瞬間、電波が発生するんだ。
  その電波は、人の記憶に「自分は死んだ、この魔女に殺された」と呼びかけるものなんだ。
  まあ、一種の催眠術のようなものだ。僕はその電波を受信させるアンテナ、この耳の輪の部分を壊されたから
  その電波を受信させられずにいるんだけど、楽しそうに笑いあっていた魔法少女達が、魔法少女の成れの果ての
  魔女を仇としている姿は、見ていて本当に悲しかった…」シュン…

ほむら「…」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 16:56:34.02 ID:Uh/64XXY0
QB2「僕に…、僕にもっと力が…、勇気があれば…」ポロポロ――…

ほむら「!貴方、泣いているの…?」

QB2「ああ…、悔しくて…、悲しくて…、涙が…、止まらない…!!
  僕に皆に真の魔法少女のシステムを教えられて…、それを信じてもらえれば…、
  僕にもっと力があって…、それで魔法少女と魔女の悲しき戦いを終わらせることができたら…!!」ポロポロ――…

ほむら「…」ギュッ

QB2「!…ほむら?」ポロポロ――…

ほむら「貴方は悪くない。貴方は自分の無力を嘆け、他人の悲しみや痛みをわかってあげられるから…」

QB2「ほむら…!うわああああああ―――――…」ポロポロ――…

ほむら「だから、自分だけを責めるのはもうやめて。私が貴方の、仲間になるから…」

QB2「…!!僕と…、戦ってくれるのかい…?」ポロポロ――…

ほむら「ええ。元々まどかを…、いえ、この世界を救いに来たから」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 00:27:14.54 ID:kmgGsXOho
面白い解釈だ
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/05(木) 12:46:44.65 ID:2D5zB0ov0
QB2「…そういえば、君の詳しい過去を知らなかった。よかったら、教えてもらえないかい?」

ほむら「ええ。――――――…」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/07(土) 02:46:35.31 ID:vo0RuFin0
QB2「…そうだったのか」

ほむら「ええ、…馬鹿な話よね」

QB2「…え…?」

ほむら「まどかを助けようと必死になってここまで来たというのに、
    まさか私自身がまどかを最強かつ最悪の魔女へ成長させるほどの因果を増やし、
    それに気づかず、まどかを、皆を苦しめ、数多くの時間軸を壊してきたんだから…」フフ…

QB2「…」

ほむら「貴方は優しいから何も言わないでしょうけど、客観的に考えたら、とんでもなく愚かな
    ことを繰り返してきたのよ、私。おかしいとは思わない?
    まどかに狂ったようなことを言って引かれるし、意味のないことを延々と繰り返していることに気づかないし、
    ――――――」ポロポロ――…

QB2(彼女は、よっぽどの自虐癖の持ち主なのだろうか。
  マミも「いじめられっ子」と言ってたけど、まさか前回のループ中に何か…?
  …いや、こんなになるまで追い詰められていたんだろうな…)

ほむら「ごめんね。わけわかんないよね…気持ち悪いよね…?」ポロポロ――…

QB2「ほむら、もう――…」

ほむら「私があの時鹿目さんの代わりに死んでしまっていれば…、こんなことには…」ポロポロ――…

QB2「…ほむら、それはそのまどかへの冒涜だ」

ほむら「…っ」

QB2「…君がどれだけ愚痴を言おうと、聞くことはできる。慰めることもできる。
  でも、「自分が死ねば良かった」。その言葉だけは、僕は否定させてもらう。
  まどかは、そんな言葉を言わせたくてワルプルギスの夜に一人で立ち向かったんじゃない」

ほむら「キュゥべえ…」グスッ

QB2「自分を変えたい。強くなりたい。そう願ったんだろう?
  自分の悪いところは、思いつく限りは反省できたんだろう?
  なら変わろうよ。まどかだけじゃなく、今度は皆も助けてハッピーエンドにしたいんだろう?
  僕らは仲間だ。それに、さっき君が言ってたじゃないか、「自分だけを責めるのはやめろ」って」

ほむら「…ええ、みっともないところを見せて、悪かったわ」グシグシ


※ほむらが自嘲として挙げたのはこちら(https://www4.atwiki.jp/homuraanti/)からです。
因みに私はほむらアンチではありません
あくまでもほむらが自嘲として持ち出したものとして、書かせていただいただけです。
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/07(土) 02:57:09.94 ID:vo0RuFin0
ほむら「では、貴方は諜報…はできないのよね…」

QB2「僕と一緒にいれば、マミやさやか、まどか達と仲良くできるんじゃないかな?」

ほむら「そうは思えないのだけれど…」

QB2「うーん…、でも、マミが魔女にやられてしまうのは1週間後なんだよね?」

ほむら「そうね、…うまくいけば、もしかして…」

QB2「…何を考え付いたんだい?」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/07(土) 03:07:19.82 ID:vo0RuFin0
――――翌日 見滝原市立病院

さやか「はあ…。よう、お待たせ」

まどか「あれ?上条君、会えなかったの?」

さやか「何か今日は都合悪いみたいでさ。わざわざ来てやったのに、失礼しちゃうわよね」

――――駐車場

QB「やあ、二人とも」

まどか「あ、キュゥべえ]

さやか「あ、本当だ…、て、まどかどうした?」

まどか「あそこ…、何か…」プルプル…

QB「グリーフシードだ!孵化しかかってる!」

まどか「嘘…、何でこんなところに」

QB「マズいよ、早く逃げないと!もうすぐ結界が出来上がる!」

さやか「またあの迷路が!?まどか、マミさんの携帯、聞いてる!?」

まどか「え?ううん」

さやか「まずったなぁ…。まどか、先行ってマミさんを呼んで来て。あたしはこいつを見張ってる」

まどか「さやかちゃん…!?」

さやか「ここから病院まである程度は離れてるけど、もしコイツが孵化して向こうに行ったら大変なことになる。
    だから、あたしがここで見張ってマミさんに居場所を教えないと」

まどか「やめて!そんなの危ないよ!」

さやか「わかってる!でもそうしないと恭介や他の患者が危ないの!」

まどか「でも…!」

QB「ボクもさやかと残ろう」ヒョイッ
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/07(土) 03:13:45.26 ID:vo0RuFin0
QB「まどか、先に行ってくれ。さやかには僕が付いてる」

まどか「で、でも…」

QB「マミならここまで来れば、テレパシーで僕の位置が分かる」


QB「ここでさやかと一緒にグリーフシードを見張っていれば、最短距離で結界を抜けられるよう、マミを誘導できるから」

さやか「ありがとう、キュゥべえ」

まどか「…わかった。私、すぐにマミさんを連れてくるから!」ダッ

さやか「頼んだよ!」



ほむら「…」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/07(土) 03:28:04.34 ID:vo0RuFin0
―――数分後 魔女の結界

マミ(無茶しすぎ、って怒りたいところだけど……今回に限っては冴えた手よ)

さやか(いやーあはは)

マミ(でも、心配させた罰としてあとでケーキ奢って貰うわ。鹿目さんもね)

さやか(そんな〜)

QB(マミ、あまり大きな魔力を使うと刺激されて孵化してしまう恐れがある。急がなくて良いから静かに来てくれ)

マミ(わかったわ)



まどか「さやかちゃん…無事でよかった」ホッ

マミ「ええ。でも油断は禁物よ。早くQBと美樹さんのところに…」

ほむら(くっ、まさかこんなに早く着くなんて…)

マミ「またあなたなのね、暁美ほむら」

まどか「ほむらちゃん!」

マミ「言ったはずよね。私たちに関わらないでって」

ほむら「巴さん、今回の獲物は私が狩る。あなた達は手を引いて」

マミ「グリーフシードでも足りなくなったのかしら?だとしてもそうもいかないわ。
   美樹さんとキュゥべえを迎えに行かないと」

ほむら「いいえ、その二人の安全は保証するわ。
    ただ、今までの魔女とは訳が違う。まどかや美樹さんだけではなく、あなたの身も危ない」

マミ「それはつまり、私があなたより劣ってるって言いたいのね?」

まどか(マミ…さん…?)

ほむら「違う、私は――」

マミ「それに貴女が2人の安全を保障するって言って…、信用すると思って?」

ほむら「待っ――」シュバッギュッ!(リボン拘束
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/07(土) 03:36:28.94 ID:vo0RuFin0
ほむら「ば、馬鹿! こんなことやってる場合じゃ!」

まどか「ほむらちゃん!?マミさん何を」

マミ「安心して。使い魔が来てもそのリボンが結界の役割をしてくれるわ。
   もちろん怪我させるつもりはないけど、あんまり暴れたら保障しかねるわ」

ほむら「今度の魔女は、これまでの奴らとはわけが違う!」

マミ「おとなしくしていれば、帰りにちゃんと解放してあげる」

ほむら「……」クッ

マミ「行きましょう、鹿目さん」

まどか「マミさん、でも…!」

ほむら「っ…いいのよまどか、行きなさい。私なら大丈夫」ニコッ

まどか「ほむらちゃん…」


マミ「…」フイッ、スタスタ…

まどか「あ、ご、ごめんねほむらちゃん!」タッタッタッ…


ほむら「…よっぽど、私は嫌われてるのね」ハァ…

使い魔「bふjkんbygjふkbひゅbhd」

ほむら「まあ、今回こそは…」

使い魔「ykふぶnyじゅbnyvyんgぶ7kんづkdsぬい!!!!」バッ

ほむら「ハッピーエンドに…、…してみせるっ!!!!!」ブチッ、ダァン!!
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/08(日) 01:22:53.72 ID:NL9eK/Jw0
マミ「…」スタスタ…

まどか「…」スタスタ…

マミ「…鹿目さん」

まどか「は、はいっ!」

マミ「幻滅…したわよね」

まどか「え…?」

マミ「私、本当は弱いの。いつも虚勢を張って、怖いくせに無理をして、
   誰にも言えない事だから我慢してるだけで、本当は強くなんかないの」

まどか「マミさん…」

マミ「暁美さんにあんなことをしたのだって、QBの事だけじゃないわ。
   …信じたらまた裏切られるんじゃないかって、心のどこかで思ってるからよ」

まどか「裏切られる…?」

マミ「前に、見滝原にはもう一人魔法少女がいたの。出会った時、
   その子は魔法少女になったばかりで私が戦い方を教えたりしたわ」

まどか「えっ…!」

マミ「とってもいい子だった。優しくて、才能があって、私と同じ境遇にいたの。
   一緒にこの街を守ろうって約束してくれた。嬉しかった。一人じゃないんだ、仲間がいるんだって。
   …でも、ある日からその子は変わってしまった」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2017/10/08(日) 01:37:25.05 ID:NL9eK/Jw0
マミ「自分の為にしか魔法を使わないで、グリーフシードを孕ませるように使い魔が
   魔女になるまで人を襲わせて、止める私の言葉を突っ返して、好き勝手に暴れて…、
   …最後は、私がこの街から追い出す形になった」ポロ…

まどか「マミさん…」

マミ「私きっと、あの子と暁美さんを無意識に重ねてる。本当は仲良くしたいのに、
   裏切られるのが怖くてわざと嫌われるような態度をとっちゃうの」ポロポロ――…

マミ「ごめんね。こんな弱虫の話、聞きたくなかったよね」ゴシゴシ…

まどか「…――じゃないです」

マミ「え…?」

まどか「マミさんは弱虫なんかじゃないです!」ギュッ

マミ「か、鹿目さん…?」

まどか「そんな事があってもマミさんは見滝原のみんなを護る為に戦ってたじゃないですか。
    私だったら、立ち止まっちゃうし、きっと逃げようとします。でも、マミさんは止まらずに、
    逃げもしなかった」

マミ「違うわ…。私は魔女と戦うことしか出来ないからよ…」

まどか「マミさん、初めて私達を連れて魔女退治に行った日のこと覚えてますか?」

マミ「ええ、勿論よ。忘れるわけないわ」

まどか「魔女に操られて自殺しようとした女の人を助けた時のマミさん、すごく優しい顔をしてたんですよ」

マミ「えっ…?」

まどか「無理して戦ってる人は、人にあんな顔を向けられない筈です。
    だから、マミさんは戦わされているんじゃないです、戦っているんですよ」

マミ「っ…」

まどか「そんなマミさんが…、カッコ良くて優しくて、私が憧れた素敵な魔法少女が弱虫な筈ありません」

マミ「…うん」

まどか「私が魔法少女になりたいのも、そんなマミさんを見てきたから…」

マミ「鹿目さん…」

まどか「そんなマミさんが、大好きだからです」

マミ「鹿目、さん…!」ポロポロ――…

まどか「私も、さやかちゃんもQBも…、それに、ほむらちゃんもいます」ギュッ

マミ「っ…ぐっ…」ポロポロ――…

まどか「マミさんは、もう独りじゃないですよ」


ほむら「…私も、もう独りぼっちじゃないのね」ダァン!ダァン!

使い魔「mmぎsdんdfdglしゅdにgddjsdv」ワラワラ…

ほむら「くっ、せっかくいい話が聞こえなくなるじゃないの、失せろ!!」ダァン!ダァン!
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2017/10/08(日) 01:48:25.84 ID:NL9eK/Jw0
マミ「!!!」ポロポロ…

まどか「えへっ」ニコッ

マミ「…そうね。そうなんだよね」グシグシ

まどか「そうなんですよ」

マミ「本当に、これから私と一緒に戦ってくれるの…?傍にいてくれるの?」ギュッ

まどか「まどか「はい。私じゃ頼りないかもれないですけど…、一緒に戦わせてください」ギュッ

マミ「ありがとう…。参ったなぁ…。まだまだちゃんと先輩ぶってなきゃいけないのになぁ…!
   やっぱり私ダメな子だ…」エヘッ、グシグシ…

まどか「マミさん、そんなに気を負わないでください」

マミ「でもさ…。せっかくなんだし、願いごとは何か考えておきなさい」

まどか「せっかく…、ですかねぇ、やっぱり」

マミ「契約は契約なんだから、ものはついでと思っておきましょうよ。
   億万長者とか、素敵な彼氏とか、何だっていいじゃない」

まどか「いやぁ…、その…」

マミ「じゃあ、こうしましょう。この魔女をやっつけるまでに願いごとが決まらなかったら、
   その時は、キュゥべえにご馳走とケーキを頼みましょう」

まどか「ケ、ケーキ?」

マミ「そう。最高に大きくて贅沢なお祝いのケーキ」

まどか「ふぇ…」

マミ「それで、みんなでパーティするの。私と鹿目さんの、魔法少女コンビ…、ううん、
   暁美さんも入れて、魔法少女トリオ結成記念よ」

まどか「私、ケーキで魔法少女に…?」

マミ「嫌ならちゃんと自分で考える」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 20:52:36.92 ID:DAkUZ6r60
QB2は敵か味方か
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/09(月) 01:58:46.61 ID:6IqoA8Dm0
まどか「…はい!」

QB<マミ!グリーフシードが動き始めた!孵化が始まる。急いで!>

マミ「OK、わかったわ。今日という今日は速攻で片付けるわよ!」シュイン!(変身)

マミ「行きましょう、鹿目さん!」タッタッタッ…

まどか「はいっ!」タッタッタッ…


使い魔「うhんfjcdkふ」「sfksなdzsdまc」ワラワラ…

マミ「ふっ、はっ、――っ!」ズドン!ズドン!―――…

まどか「わぁ…」

マミ(体が軽い…。こんな幸せな気持ちで戦うなんて初めて…)

使い魔「いんfさdすlch」「んksjzfhmldksvんv」ワラワラ…

マミ「もう何も怖くない…!」ズドン!ズドン!――――…、チラッ

まどか「やったぁ!使い魔たちを皆倒しまししたね!」

マミ(私、一人ぼっちじゃないもの…!!)


――――魔女の結界 最深部

さやか「あっ、マミさん、まどか!」

QB「来てくれてよかった、もう魔女が生まれそうなんだ!」

まどか「さやかちゃん、キュゥべえ!」

マミ「良かった、美樹さんたちも無事なようで」

QB「気を付けて…、出て来るよ!」


GS『チーズ…チーズガ…ホシイ…ノデス…!!』ビリビリ―――…、バリッ!

お菓子の魔女「…」ズゥゥウウウウン…


まどか「あ、う、生まれちゃった…」

QB「気をつけてマミ!あんな見た目だが、相当な魔力を感じるよ!」

マミ「大丈夫!」バッ
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/09(月) 02:11:22.07 ID:6IqoA8Dm0
マミ(…怨念のような、執念のような、何か、悍ましくも純粋な何かを感じる…。…でも)

マミ「せっかくのとこ悪いけど、一気に決めさせて…、…もらうわよ!」バキッ

お菓子の魔女「…」ピュ〜…

マミ「くっ…!」ダダダダダダ―――!!

お菓子の魔女「…」ドサッ

マミ「…」チャキッ…、ダァン!

お菓子の魔女「…」シュルシュル―――…


さやか「やったぁ!」

まどか「よかったぁ…」ホッ


マミ「…!」キュィイイィィン…

お菓子の魔女「…」シュルシュル―――…

マミ「ティロ・フィナーレ!!」ズガァンッ!!

お菓子の魔女「…!」ズバッ…

マミ「ふっ…」シュピィイイイイイ―…

お菓子の魔女「…」シュバッギュッ!(リボン拘束、グパッ、ズズズズズズ――――・・・
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/09(月) 02:24:21.17 ID:6IqoA8Dm0
お菓子の魔女(第2形態)「チーズ…、タベタイ…、チーズ…、
      ホシイ…、アマクテ、キイロイ…、チーズ、チーズ…、――ミツケタノデス」ロックオン


マミ「あ…」


66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/09(月) 02:33:26.60 ID:6IqoA8Dm0
マミ回想『ほむら「…私は、貴方たちと敵対する気はない。
    もっと言えば、本当は貴方たちと仲良くなりたいの」

     ほむら「いいえ、その二人の安全は保証するわ。
         ただ、今までの魔女とは訳が違う。まどかや美樹さんだけではなく、あなたの身も危ない」

     ほむら「違う、私は――」

     ほむら「今度の魔女は、これまでの奴らとはわけが違う!」』
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/09(月) 02:35:18.62 ID:6IqoA8Dm0
マミ(私、なんであの時暁美さんを敵視してたんだろう。
   もう、キュゥべえのことも許そうと思っていたのに。
   暁美さんのことを、信じようと思ったのに)


お菓子の魔女「オイシソウナ…チーズ…」ズズズズ――――…


マミ(暁美さん、私の身を案じてくれたじゃない。
   本当に…、本当に未来から助けに来てくれたんじゃない…)


さやか「マミさん!」

まどか「ダメ―!」


マミ(ダメ、逃げられない…、体が動かない)


お菓子の魔女「シュジュツ…、ガンバッタカラ…、イタダキマス!!」ガバッ


マミ「鹿目さん、美樹さん、キュゥべえ…、…暁美さん…、ごめんなさい」ポツリ・
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/09(月) 02:43:26.68 ID:6IqoA8Dm0
お菓子の魔女「ソレッ―」バクッ


さやか「そ…、そんな…」プルプル…

まどか「いや…、いや…、いやああああああああああああああ――――…!!!!!」

QB「二人とも!今すぐ僕と契約を!」

さやか「マミさんが…、食べられ…」ブルブル…

まどか「嫌…、マミさん…、そんな…、マミさん!!!!!」

QB「まどか!さやか!」

まどか「マミさあああああああああああああああん!!!!!」ボロボロ…

さやか「はぁッ…、は、はあ…、はぁ…、はっ、――――…」ブルブル…(過呼吸

QB「願い事を決めるんだ、早く!」


ほむら「その必要はないわ」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/09(月) 03:01:52.19 ID:6IqoA8Dm0
まどか「えっ!?」

さやか「へ…、て、転校生!?」


ほむら「良かった、今度こそ間に合ったわ…」スッ(お姫様抱っこ

マミ「あ…、暁美、さん…。暁美、さぁん…!!!」ポロポロ…

ほむら「…大丈夫、私が守ってみせるから」ギュッ


お菓子の魔女「チーズ、タベレテナイ…ノデス…。…ヨコスノデス!!!!」ギロッ、グバアァァアァ――――…


ほむら「貴女はここにいて」スッ

マミ「え…、ええ…」ヘナヘナ…

ほむら「…!」バッ


お菓子の魔女「チーズ…、チーズ…、タベタイ…、チーズ…、
      ホシイ…、アマクテ、キイロイ…、チーズ、チーズ…――――」

ほむら「貴女、チーズが欲しいの?」

お菓子の魔女「ソウデス、ヨコスノデス、ヨコスノデス、ヨコスノデス、――――…」ギラギラ―――…

ほむら「…はい」ゴソゴソ…、スッ


マミ「な、何をしているの、暁美さん?!!?」

まどか「ほむらちゃん、危ないよ、逃げて!!」

さやか「あんた、やっぱり魔女と手を組んでるんじゃ―――――」


お菓子の魔女「…」ホロホロ―…
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/09(月) 03:21:58.71 ID:6IqoA8Dm0
マミ「えっ!?」

まどか「そんな…、どうなっているの…?」

さやか「魔女が…、泣いてる…」

QB「…これは、一体…」ボソッ


ほむら「遠慮しないでいいの、これ全部食べていいわよ。
    …一応言っておくけど、毒も爆薬も入ってないわ」ドサッ(チーズ1s分

お菓子の魔女「ナンデ…、ナンデ、ココマデシテ…クレルノ…デスカ…?」ポロポロ…

ほむら「…空腹は、争いの元でもあるから。それに、お腹を空かしていたら、自分の
    食べ物を分け与えることが、私にとっての正義だから、かしらね」ファサッ

お菓子の魔女「ア…、ア…、アリガトウナノデス〜!!!」ポロポロ…、バクバク――――…、ピュワァァアアアァア――――・・・

ほむら「ふふっ」


マミ「あっ!?」

まどか「魔女の体が…」

さやか「光って…、消えていく…?」

QB「…一度母星に帰って、調べるべきか…?」ボソボソ…


お菓子の魔女「アリガトウナノデス、アリガトウナノデス!」ポロポロ…、ピュワァァアアアァア・・・

ほむら「全部食べ切るとは、偉いわね」ナデナデ…

お菓子の魔女「…コレデモウ、コノヨニオモイノコスコトハナイノデス」ピュワァァアアアァア・・・

ほむら「…そう」ナデナデ…

お菓子の魔女「ア、デモオネエサンノコト、ゼッタイニワスレナイノデス!!」ピュワァァアアアァア・・・

ほむら「ええ…、また、会いましょう」ナデナデ…

お菓子の魔女「はい…」ピュワァァアアアァア・・・、キュピン!

百江なぎさ「バイバイなのです…!」ピュワァァアアアァア・・・、カチッ

ほむら「…グリーフ…シード…」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/09(月) 03:40:24.42 ID:6IqoA8Dm0
ビュワァァアアアアア――…

ほむら「あっ、結界が…」


マミ「暁美さん!!」タッタッタッ…

まどか「ほむらちゃん!!」タッタッタッ…

さやか「…ええい、転校生!!」タッタッタッ…

ほむら「皆…」

マミ「あの…、色々言いたいことがあるのだけれど…、えっと…、
   …ごめんなさい!!!!!」シュバッ

ほむら「巴さん!?そ、そんな土下座なんか…」

マミ「いいえ、やらせて!!貴女をずっと敵視して、貴女の忠告を無視し、うかうかとやられそうになって、
   挙句の果てに貴女に助けられるなんて、そんな…!!
   本当にごめんなさい!!!!!」ボロボロ…

ほむら「…別にいいわよ。先に貴女の友達を傷つけたのは私だし、今こうして和解できたのだから」

マミ「暁美さん…!ありがとう…!!」ボロボロ…

さやか「あの…、転校生、さ。…ううん、ほむら、あたしも、ごめんなさい」シュバッ

ほむら「み、美樹さんまで…」

さやか「あたしもさ、あんたのこと、誤解していた。あんたのその盾、よく見たらボロボロで、あんたの過去のことを
    よく考えたりもしてなかったんだ。だから、あの時のキュゥべえを襲ってたんだって、ようやく理解できたし…」

まどか「マミさん、さやかちゃん…」

ほむら「…顔を上げて、二人とも」

マミさや「…」スッ

ほむら「…これから私も、貴女達の仲間として、接してください」ペコッ

マミ「あ、暁美さん!!貴女が頭を下げる必要なんてないのよ!!」アタフタ

さやか「そ、そうだよ!もうあんたも私たちの仲間だよ!!」アタフタ
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/09(月) 03:52:41.67 ID:6IqoA8Dm0
ほむら「ええ…!!!」ニコッ

まどか(良かった…、ほむらちゃんが二人とも仲良くなれて)

マミ「…そういえば、あの魔女は…」

さやか「何か、女の子になったよね?何で?」

QB2「それについては、僕が説明するよ」

マミ「キュゥべえ!」

さやか「…あれ、なんかさっきのとは違う気が…」

まどか「なんか、こっちの方が親しみやすい気がする…」

QB2「ああ、僕たちは、無数の個体を持つ、魔法の生き物なんだ」

マミ「えっ…?」

ほむら「巴さん、魔法少女はこの世にたくさんいると思うの。だから、キュゥべえが多くたって
    不思議ではないわ。それよりキュゥべえ、話を」

マミ「そ、それもそうね…」

QB2「話を元に戻すけど、魔女というのは、いわば怨念や憎悪、それか欲望の塊なんだ。
  だから、彼女たちのそれらを晴らすことができたら、彼女たちは成仏することができるんだ。
  …まあこれも、最近になってわかったことなんだけどね」ヘヘヘ…
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 21:50:09.18 ID:1QtYPaXN0
暫定だけどマミちゃん生存からの和解ルートはいつ見てもいいものだ
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 00:49:57.61 ID:IdJW2YoQ0
まどか「じゃあ、あの…、消えちゃった女の子は?」

QB2「彼女は魔法少女になる素質を持っていた少女なんだけど、稀に強い絶望や怨念に
  精神を支配されて魔女になってしまったんだ」

マミ「そ…、そんな…」

さやか「…可哀想だね」

QB2「…僕らとしても、気持ちのいいことではないよ」

ほむら「…助けてあげましょうよ、皆で、魔女を」

マミ「…そうね、暁美さんの言う通りだわ」

さやか「ここに、最強の魔法処女がコンビになったのかー」シミジミ…

まどか「あ、あの…、マミさん」

マミ「鹿目さん」

まどか「さっきの約束なんですけど、その…」

マミ「…わかっているの、鹿目さん。魔法少女になるのは、また今度、ということにしましょう」

ほむら「!」

まどか「あ・・・」

マミ「魔法少女になるということは、命を懸けて戦う、ということ。
   …誰かのために戦うというのは素晴らしいけれど、まだ、ちょっと、待っててもらいたいの」

まどか「マミさん…、ごめんなさい」ペコッ

マミ(私のために、鹿目さんを危険な目になんて遭わせたくないもの)

ほむら(…良かった)ホッ

さやか「えーっと…?」キョトン
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 06:04:23.87 ID:CqnDHQBzO
二次のマミは物分かりよくて好き
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 18:47:12.03 ID:IdJW2YoQ0
ところどころ誤字脱字・変な文法、特にさやかにとんでもないことを言わせてしまったので、訂正いたします。


まどか「じゃあ、あの…、消えちゃった女の子は?」

QB2「彼女は魔法少女になる素質を持っていた少女なんだけど、強い絶望や怨念に
  精神を支配されて魔女になってしまったんだ。
  稀にあるんだよ、素質を持った子が、強い怨念や絶望に精神を支配されて、魔女と
  なってしまうことが…」

マミ「そ…、そんな…」

さやか「…可哀想だね」

QB2「…僕らとしても、気持ちのいいことではないよ」

ほむら「…助けてあげましょうよ、皆で、魔女を」

マミ「…そうね、暁美さんの言う通りだわ」

さやか「ここに、最強の魔法少女2人がコンビになったのかー」シミジミ…

まどか「あ、あの…、マミさん」

マミ「鹿目さん」

まどか「さっきの約束なんですけど、その…」

マミ「…わかっているの、鹿目さん。魔法少女になるのは、また今度、ということにしましょう」

ほむら「!」

まどか「あ・・・」

マミ「魔法少女になるということは、命を懸けて戦う、ということ。
   …誰かのために戦うというのは素晴らしいけれど、まだ、ちょっと、待っててもらいたいの」

まどか「マミさん…、ごめんなさい」ペコッ

マミ(私のために、鹿目さんを危険な目になんて遭わせたくないもの)

ほむら(…良かった)ホッ

さやか「えーっと…?」キョトン
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/10(火) 23:57:04.31 ID:IdJW2YoQ0
ほむら「…とりあえず、今日はもう帰りましょう」

マミ「そうね、日もだいぶ傾いちゃったし」

まどか「じゃあ、ほむらちゃんも私たちと一緒に帰ろうよ!」

さやか「そうだよ、色々と聞きたいことだってあるしさ」

ほむら「…じゃあ、お言葉に甘えさせてもらおうかしら」

QB2「じゃあ、帰ろう!」ピョコッ
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/14(土) 01:20:20.82 ID:yJmPdQAJ0
――――帰宅後 ほむホーム

ほむら「ふぅ…、雑談こそは楽しめたけれど、あまり真面目な話はなかったわね…」

QB2「偶にはそういうことがあっても、いいんじゃないかな?」スッ

ほむら「…それもそうね」フフッ…
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/14(土) 01:41:15.98 ID:yJmPdQAJ0
――――翌日 放課後 見滝原市立病院

恭介「…君には言わなくちゃならないことがあるんだ」

さやか「え…?」

恭介「…諦めろって言われたのさ」

さやか「っ…そ、そんな――…」

恭介「もう演奏は諦めろって…、そう言われたよ。先生から直々に言われたんだ。
   今の医学じゃ無理だって…。…冗談じゃないよ、僕に―――」

さやか「き、恭介…?」

恭介「僕に、バイオリンしか弾けない僕に、他に何をしろっていうんだ!!!」バキッ、ポロポロ…

さやか「きょ、恭介っ、ダメだよ!」ギュッ

恭介「ッ…、はぁ…、はぁ…、――…」ポロポロ…

さやか「はぁ…、はぁ…、―――…」ギュッ…

恭介「…僕の手はもう二度と動かない。奇跡か、魔法でもない限り治らないんだよっ!!」ポロポロ…

さやか「…あるよ」スッ

恭介「え…?」

さやか「奇跡も、魔法も、あるんだよ」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/14(土) 02:14:57.01 ID:yJmPdQAJ0
――――放課後

まどか「じゃあ、また明日!」タッタッタッ…

ほむら「ええ、また明日

さやか「おーう、また明日ー!」フリフリ


さやか「…ほむら」

ほむら「…珍しいわよね、貴女が私と帰りたがるなんて」

さやか「聞きたいことがあってさ…。…あんたはさ…、どんな理由で魔法少女になったの?」

ほむら「…!」

さやか「あのさ、やっぱり…、願い事って自分の為の事柄でなきゃダメなのかな?例えば、
    例えばの話なんだけどさ、私なんかより余程困っている人が居て、その人の為に願い事をするのは…」」

ほむら(…さやかは今までの経験上、魔女化してきたことばかりだったけど、止めるべきかしら…。
    …いや、ここは…、…でも…)

さやか「実はあたし…、あたしには好きな人がいるんだ。あたしはさ、その人のバイオリン演奏が大好きなんだ。
    でもその人は指を怪我して、医者からも諦めるように言われて、今その人は悲しみのどん底にいるんだ。
    …だから、あたしが助けてあげられないかな、って…」

ほむら「…魔法少女の過酷さはもう分かっているでしょう?マミさんだって、あの時私が助けなかったら…、
    …首から上を魔女に食べられてしまったかもしれないのよ」

さやか「…うん、よく分かってる。…でもあたしは、命に代えてもその人を守りたい…、その人のバイオリンを
    もう1度聴きたい。たくさんの人に聴いて欲しいんだ」

ほむら「自己犠牲が過ぎるわ。あと、その人の夢を叶えたいのか、夢を叶えた恩人になりたいのか、はっきりしなさい」

さやか「…」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/14(土) 02:25:09.35 ID:yJmPdQAJ0
ほむら「…もし決まったのなら、教えてちょうだい。助言くらいならするわ」

さやか「…うん」

ほむら「…じゃあ、また明日」スタスタ…


さやか「うん、また明日…」ポツン…


さやか「…マミさんにも、ほむらにも…、同じことを言われたな…」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/14(土) 02:38:25.65 ID:yJmPdQAJ0
――――翌日 通学路

さやか「…おはよう」

まどか「あ、…おはよう…」

ほむら「…おはよう…」

さやか「な、なんか悪いね、2人とも。昨日はあんまり寝れなかった?あ、あははは」ポリポリ…

ほむら「正直に言うけど、確かに寝不足よ」

まどか「…さやかちゃん…、結局私にもメールで相談してきたよね。結局、どうするの?仮にもしさやかちゃんが契約して、
    上条君の手を治したとしても、上条君が他の女の子と仲良くしてても、さやかちゃんは耐えられるの?」

さやか「…うん。もうあたし、決めたんだ。あたしも魔法少女になる」

まどか(なんて力強い目だろう…)

ほむら「…もう、決意をしてしまったのね…」

さやか「私さ、やっぱり正義の味方に憧れてるんだ、今でも。だからさ、恭介のことだけじゃなくてさ、マミさんやほむらを
    手伝いたいんだ。だから私は魔法少女になる!…こんなあたしだけど、一緒に戦ってくれる?」

ほむら「当たり前じゃない」

まどか「さやかちゃん…」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 02:45:43.71 ID:soHA/DTc0
ほむら「それじゃあ私から、1つだけお願いをさせて」

さやか「何?」

ほむら「あなたは正義感が強いけれど、その分、思い込みで突っ走ってしまうところがある」

さやか「ぐっ…、さすが未来人。見透かされちゃってますね、たははは……」

ほむら「だから、私やマミさんの忠告には、なるべく耳を傾けて欲しいの」

さやか「…わかった。魔法少女の先輩だもんね。素直に話を聞くよ」

ほむら「…ありがとう」 ニコッ

さやか「まどか…、あたしは、魔法少女になる。あんたは、まだ、魔法少女になるの、待っててほしいんだ。
    …あたしが強くなったら、その時は…」

まどか「うん!一緒に戦おうね、さやかちゃん、ほむらちゃん」

ほむら「…ええ」

さやか「ありがとう。って、私が言えた義理じゃないけどね」タハハ

ほむら(…本当は、なってほしくないけれど…)

ほむら「…契約はいつ?」

さやか「できれば、今日の放課後にでも」

ほむら「そう。なら、その後マミさんのところへ行きましょう。マミさんに事情を話して、3人で魔女退治をすれば、
    危ない目に遭わずに戦い方を覚えられるかもしれないわ」

さやか「うん、何から何まで悪いね」

ほむら「いいのよ、お礼なんて。仲間…、いや、友達でしょ」

さやか「…そんなこと聞いたら、もっとお礼の言葉が出ちゃうよ…///」

まどか「うぇひひっ」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 03:20:19.62 ID:soHA/DTc0
――――放課後 マミルーム

ほむら「と言うわけで、美樹さんを1人前の魔法少女にしてあげて欲しいの」

さやか「よろしくお願いします!」ペコッ

マミ「そう…。美樹さん、決めたのね」

さやか「はい。やっぱりやらないで後悔するより、やって後悔する方がいいと思って」

QB「お願いをきいてあげてもいいんじゃないかな、マミ。
  君もまどかに魔法少女になるのを待っててほしいと言ったんだし」

まどか「ごめんなさい、私…」

マミ「そんな、鹿目さんが気にすることじゃないわ。あの時も、魔法少女になることを待っていてほしいと
   いったのは私なんだし…」

まどか「マミさん…」

マミ「美樹さんのことはわかったわ。でも、暁美さんは手伝ってくれないのかしら?」

ほむら「もちろん、私も手伝うつもりよ。でも、私の師匠でもあるあなたに、このことをお願いしたいの」

マミ「…そうね、そういえば、貴女は前の世界で、私の弟子だったものね」

さやか「くぅ〜!時空を超えた師弟が、ここで再び組むことになるとは…!!
    …はっ、そうか…、あたし、ほむらの弟弟子なんだ!!
    よろしくお願いします、兄者!!」シュバッ

ほむら「…貴女、真面目にやる気ある?」

まどか「てぃひひ、さやかちゃん楽しそう」

マミ(…これで、佐倉さんさえいてくれたら…)
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 03:28:42.50 ID:soHA/DTc0
まどか「あの、私も魔女退治についていっても―――…」

ほむら「…まどか、貴方には申し訳ないのだけれど…、帰ってもらえないかしら…?」

まどか「そ、そんなぁ…」

マミ「ごめんなさいね、鹿目さん。でも、もしも万が一…、なんてことがあったら…」

さやか「…うん、あたしたち、死んでも死にきれないよ」

ほむら「だから…、お願い、まどか」

まどか「…ううん、我が儘言ってごめんなさい、皆。…そうだよね、私のことを思って、
    そう言ってくれたんだもんね」

ほむら「代わりと言っては何だけど、私が送っていくから」

まどか「!…うん!」ニコッ

マミ「じゃあ早速、3人で魔女退治に行きましょうか」

さやか「よろしくお願いします!」

ほむら「ええ」

まどか「頑張ってね、皆!」
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 03:38:36.79 ID:soHA/DTc0
ほむら「繁華街の向こう、工場が並んでる辺りにいる魔女がそろそろ活動を始める頃なの」

マミ「なるほど、未来がわかるって便利ね。それじゃ、早速美樹さんに魔女の居場所を探索してもらいましょうか」

さやか「はい、ソウルジェムで反応を見るんでしたよね」スッ

ほむら「では、私はまどかを送っていくから」

マミ「ええ。もし魔女を見つけたらテレパシーで教えるわね」

ほむら「まどかを送ったら、すぐに応援に向かうわ」

まどか「気を付けてくださいね…!」

ほむら「行きましょう、まどか」

まどか「うんっ!マミさん、さやかちゃん、また明日!」

さやか「おーう、また明日ー」フリフリ

マミ「ええ、また明日」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/15(日) 04:11:42.87 ID:t8vwITPH0
織莉子は出ないのか
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 12:33:36.94 ID:soHA/DTc0
>>87 少し時間ががかかるかもしれません…


――――繫華街近く

マミ「ふふっ、鹿目さん、嬉しそうだったわね」

さやか「全く…、見せつけてくれちゃってまあ…。
    は〜あ、嫁を取られちゃったなぁ」

マミ「そういえば、鹿目さんの家は遠いの?」

さやか「いや、それほどでも」

マミ「それじゃ、暁美さんが戻ってくるまでに魔女を見つける、って言うのは厳しすぎるかしら?」

さやか「マミさぁ〜ん…、流石にあたしを見くびりすぎですよぉ〜…」

マミ「ふふ、冗談よ」

さやか「もう、酷いっスよ…、…ん?」


仁美「〜♪」フラフラ…


マミ「…どうしたの?」

さやか「あれ、仁美だ。お稽古の帰りかな?」

マミ「お友達?」

さやか「はい。お金持ちで、それ故に色々とやらなきゃいけないことだらけなんですよ。
    …でもおかしいな…、塾帰りだとしても、なんでこんなところに…?」ハテナ

マミ「あらまあ…」

さやか「お〜い、仁美ー!」タッタッタッ…

マミ「あっ、待って美樹さん!」タッタッタッ…
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/15(日) 12:34:55.03 ID:t8vwITPH0
中沢くん出てこないの?
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 21:17:08.55 ID:soHA/DTc0
さやか「仁美ー、今日は珍s…」アッ

マミ「何だかフラフラしているわね…。…もしかして」

さやか(あれ…、これ、あの時のOLさんと同じ…)

マミ「美樹さん、彼女に呼び掛けてみて」

さやか「仁美…、ねえ、仁美ってば!」ユサユサ

マミ「やっぱり…、…魔女の口づけが、首に…!」

仁美「あら、美樹さん、それから…」フラフラ

マミ「私は巴マミです」

仁美「巴さん、御機嫌よう」

さやか「ど、どうしちゃったの…!?ねえ、どこ行こうとしてんの?!」

仁美「どこって、それは…、ここよりもずっといい場所、ですわ」フラフラ

さやか「仁美…」

仁美「ああ、そうだ。美樹さんと巴さんさんもぜひご一緒に」

さやか「えっ…!?」

マミ「美樹さん、ここは大人しくついて行ってみましょう。
   魔女の結界にたどり着けるかもしれないわ」

さやか「…はい!!」

仁美「ええそうですわ、それが素晴らしいですわ」

さやか「じ…、じゃあ、案内してもらおうかな!」
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 21:52:56.34 ID:soHA/DTc0
――――同時刻 鹿目家前

まどか「そういえば、私の弟、タツヤって名前なんだけれどね?もうアンパンマンが大好きで、
    よくテレビをジャックされちゃうんだー。まいっちゃうよ」ウェヒヒ

ほむら「!…そうなの…、そういえば、幼稚園児だったものね、タツヤ君」

まどか「うん。…あ、でもね、子供向けだと思ってたけど、意外とすごく面白かったんだよ!」

ほむら「ふふっ、もしかしたら自分の幼い頃を思い出したりしているのかもしれないわね」

まどか「う〜ん…、そんなことはないと思う…。この前観たのは、初めて観た映画だったんだよね」

ほむら「へぇ、なんてタイトルなの?」

まどか「う〜んと、う〜ん…。…あっ、思い出したよ!『勇気の花がひらくとき』って映画なんだ!」

ほむら「!」

まどか「この映画、すごくいい歌が流れてね、私、あの話が一番好きなんだ!」

ほむら「…そうなの…、…実は私も、アンパンマンが好きなの」

まどか「へー、ほむらちゃんも?」

ほむら「ええ。見滝原中に転校する前、見滝原病院に入院してたんだけれど、退院間近の日に、お見舞いの品として
    アンパンマンのDVDを貰ったの。ホームシックになったら、これを観て実家を思い出して、って」

まどか「そうだったんだ…」

ほむら「私も、あの映画が一番好きだった。『勇気の花がひらくとき』が。あの映画の歌で、悲しい時を乗り越えたり、
    寂しさを紛らわせたりしてきたのよ」

まどか「ほむらちゃんも好きだったんだね、『勇気の花がひらくとき』。…タツヤが泣いたりしてる時にね、あの歌を
    歌を歌うと、泣き止んで笑顔になっちゃうんだ。…私は、タツヤの勇気の花になれているってことなのかな」

ほむら「むしろ、誰がそのことを否定できると思う?…そんなのいたら、私が許さない」

まどか「うぇひひ…、ちょっと怖いけど、ありがとう、ほむらちゃん」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/25(水) 23:36:39.85 ID:WBRPCud50
さやか<ほむら!聞こえる??>

ほむまど「!」

まどか「さやかちゃんの声だよ!」

ほむら「ええ…、もしかして、魔女の居場所を突き止めたのかしら?」

さやか<うん、そんなとこ…。仁美が魔女に操られて、それについて行ってる>

まどか「えっ…、仁美ちゃんが…、魔女に??」

マミ<暁美さんの言う通り、工場に向かっているわ。…この瘴気の強さから考えると、かなりの人が操られてるかも…>

ほむら「わかったわ、すぐ行く。…じゃあ、申し訳ないけれど、まどか…」

まどか「そ、そんな申し訳なさそうな顔しないでよほむらちゃん!…気をつけてね」

ほむら「ええ」ニコッ タッタッタッ…
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 23:59:42.20 ID:WBRPCud50
――――工場

ドヨドヨ…ザワザワ…

町工場の工場長「そうだよ、俺は、駄目なんだ…。こんな小さな工場一つ、満足に切り盛りできなかった…。
今みたいな時代にさ…、俺の居場所なんてあるわけねぇんだよな…」

中沢「俺ってなんでこんなに救いがないんだろうな…。そうだよ…、何だって「どっちでもいい」わけがないのに…。
そりゃモテるわけがないよな…」


さやか「この人達、皆生気がない…」

マミ「急いで魔女をどうにかしましょう…。何をしでかすかわからないわ」


サラリーマン「そうだ、ここから旅立とう」フラフラ…


さやマミ「…えっ?」


キャリアウーマン「そうね、それが素晴らしいわ」フラフラ…

中沢「うん、素晴らしい世界に旅立とう」フラフラ…

「そうだ、そうしよう」「生きてる身体なんて邪魔なだけよ」「ああ、楽しみだ」

ドヨドヨ…ザワザワ…
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/29(日) 20:51:28.30 ID:1l1QPaoI0
ガラガラガラ――――…


さやか「マ、マミさん、あれって…、ヤバイものなんじゃ…」

マミ「ええ、まずいわ…。この人たち、集団自[ピーーー]るつもりだわ…??」

さやか「…くそおおおおお????」ダダダダ――…

マミ「み、美樹さん??」タッタッタッ

仁美「美樹さん、ダメですよ」ドグッ…??

さやか「がふっ…??…がぁぁぁあああ…」ピク…ピク…

マミ「美樹さん??志筑さん、一体何を――」

仁美「邪魔をしてはいけません。あれは神聖な儀式ですのよ」

さやか「バカ言ってんじゃないわよ!あれ危ないんだよ?ここにいる人達、みんな死んじゃうよ!」

仁美「そう。私達はこれからみんなで、素晴らしい世界へ旅に出ますの」

さやマミ「えっ…」.

仁美「それがどんなに素敵なことかわかりませんか?生きてる体なんて邪魔なだけですわ」

さやマミ「…!」サアアアァァァ…

仁美「美樹さん、それに巴さん、貴女方もすぐにわかりますから」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/29(日) 20:54:06.47 ID:1l1QPaoI0
すまん、Sagaつけ忘れた


ガラガラガラ――――…


さやか「マ、マミさん、あれって…、ヤバイものなんじゃ…」

マミ「ええ、まずいわ…。この人たち、集団自殺するつもりだわ…!!」

さやか「…くそおおおおお!!!!」ダダダダ――…

マミ「み、美樹さん!?」タッタッタッ

仁美「美樹さん、ダメですよ」ドグッ…??

さやか「がふっ…!?…がぁぁぁあああ…」ピク…ピク…

マミ「美樹さん!?志筑さん、一体何を――」

仁美「邪魔をしてはいけません。あれは神聖な儀式ですのよ」

さやか「バカ言ってんじゃないわよ!あれ危ないんだよ?ここにいる人達、みんな死んじゃうよ!」

仁美「そう。私達はこれからみんなで、素晴らしい世界へ旅に出ますの」

さやマミ「えっ…」.

仁美「それがどんなに素敵なことかわかりませんか?生きてる体なんて邪魔なだけですわ」

さやマミ「…!」サアアアァァァ…

仁美「美樹さん、それに巴さん、貴女方もすぐにわかりますから」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/29(日) 21:37:37.76 ID:1l1QPaoI0
さやか「…ええええええええええい!!!!!」ダダダダ――…、 ガシャアアアァァ――… ン

仁美「あっ…!?」

マミ「やったわ、美樹さん!」

さやか「はぁ、はぁ、…ヘヘッ!…ヒッ、マ、マミさん…!!」サァ
ァアアア…

マミ「えっ…?」


中沢「よくもやってくれたな…」ゾロゾロ…

サラリーマン「俺たちの希望への道を…」ゾロゾロ…

工場長「潰しやがったな…!!」ゾロゾロ…

「許さない…」「許さない…」「許さない…」「許さない…」「許さない…」ゾロゾロ…

仁美「絶対に許しませんわ…!!」ギラッ、ゾロゾロ…


マミ「ひぃっ、に、逃げましょう!!」ダッ

さやか「うわあああああ!!!!」ダッ
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 18:32:44.49 ID:LRcPq/4g0
ガチャ、バタン!

マミさや「はぁ…、はぁ…―――」

さやか「…あ?」

マミ「ここは…」

――――魔女の結界

ハコの魔女「んvふぁえかいとんmswぃjんcmxpxx;anzvi」ポロポロ…

さやか「…魔女が、泣いている」

使い魔「jbchんぁ」「chsdl、xwmcgん」ヨシヨシ

マミ「使い魔も、慰めている…?」


「そぉ…らぁっ!!」グサァッ!!


ハコの魔女「jんvscljんkjjjjjjjjjjjjjjjj――――…!!!!!」カチッ

さやマミ「!?」

98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/18(土) 13:12:05.08 ID:DVf4SqCX0
「…よっと、グリーフシードゲットー」パシッ

マミ「…!あ、貴女は…!!」

杏子「よぉ、久しぶりだなぁマミ」

さやか「え…、マミさん、知ってるんですか?」

マミ「ええ、昔ちょっと…、ね」


使い魔「kssjぃwwwwwwww!!」ポロポロ…、タッタッタッ…


さやか「あっ、使い魔が!」

杏子「おっと、行かせねえよ」チャキッ

さやか「な、何すんのよ!あれ放っといたら誰かが殺されるんだよ!?」

杏子「そんなの当たり前じゃん」

さやか「なっ…!?」

杏子「何人か喰わせりゃあ魔女になってグリーフシードも孕むのにさぁ、卵生む前の鶏殺してどうすんのさ」

さやか「な…!普通の人は使い魔が見えないんだよ!?それをほっとけっていうの!?」

杏子「アンタ大元から勘違いしてんじゃない?弱い人間を魔女が喰う。その魔女をアタシたちが喰う。学校で習わなかったか?食物連鎖ってさ」

マミ「くっ…」

杏子「まさかとは思うけど、やれ人助けだ正義の味方だなんて冗談かます為に契約したわけじゃないよね、アンタ」

さやか「あんた…!」
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/18(土) 14:29:56.18 ID:DVf4SqCX0
マミ「…貴女、そうやって何人の人たちを犠牲にしてきたの?」

杏子「はっ、知らないねそんなの。じゃあマミ、逆に聞くけどよ、アンタの好きだった漫画にあったセリフだけど、
   『おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?』」

マミ「…質問を質問で返すのはよくないわよ、それに私はそんなことを聞いているんじゃないわ」

さやか「あんた…、良心は痛まないの…?関係のない人たちを巻き込んで…」ワナワナ…

杏子「…チッ、うぜえな…。ちょっとさ、やめてくれない?」

さやか「はぁっ…!?」

杏子「何も知らないくせして…、首突っ込んでくんじゃねえよっ!!!」ザシュッ!!

さやか「ぐあぁっ…!!」ヨロヨロ…

マミ「美樹さん!!」

さやか「…くぅ…!!」ググッ、キュィイイィィン…

杏子「…おっかしーな、全治三ヶ月ぐらいにはかました筈だけど?」

さやか「ハア…、ハア…、…場所、変えさせてもらうよ」

杏子「…別にいいけど、結果は一緒だと思いな」
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/18(土) 15:03:20.11 ID:DVf4SqCX0
――――繫華街 路地裏

さやか「ここでやらせてもらうよ」

杏子「ふん、ほざけ」

マミ「…止めるつもりではないけれど、一応言わせていただくわ。
   帰りなさい。他の魔法少女のテリトリーで暴れることがどういう意味か知ってるでしょ」

杏子「知ってるさ。だからこそ、来たんだよ」

マミ「…」

杏子「見滝原はアタシのテリトリーにする。マミ、それとそこのルーキーはご退場願おうか」

さやか「ふざけるな!あんたみたいな奴にこの街は渡さない!」

マミ「私も美樹さんと同意見よ。…今の貴女を止めることは、できそうにないし」

杏子「よく分かってんじゃねぇか、『センパイ』…!」ニヤ…

マミ「…どこまでも手のかかる後輩よ、貴女」

さやか「…マミさんの元弟子だろうと、人を殺させて、その魔女を喰おうとするあんたに、絶対負けたりしない…!」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/18(土) 15:06:11.35 ID:DVf4SqCX0





「やめろー!キョーコをいじめるなー!!」



102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/18(土) 17:26:25.32 ID:DVf4SqCX0
一同「!?」

「キョーコをいじめる奴はゆまがやっつけてやる!」

杏子「ゆ、ゆま!?お、お前は風見野に残ってろって言っただろバカ!!」

ゆま「バカはキョーコだよ!」

杏子「なんだとコラ!」


さやか「ど、どうなってるの…?」

マミ(あの子も魔法少女…。佐倉さんとどういう関係…?)


ゆま「ゆまのこと…、ひとりにしないでよ…」グスッ

杏子「…くぁああああもう、しょうがねーな!ゆま!」チャキッ

ゆま「キョーコ…?」グシグシ…

杏子「お前は青い方をやれ!足手まといになるんじゃねえぞ!」

ゆま「…!うん!まかせて、頑張る!」グッ

さやか「ち、ちょっと!そんな小さな子戦わす気!?」

杏子「はっ、だから何も知らないくせして首突っ込んでくんじゃねえよっつったろばーか。
   ゆまだって魔法少女だ」

ゆま「そうだよ!ゆまは役に立つんだから!」

マミ「でも、もし万が一のことg」

杏子「ごちゃごちゃうるせえん!いくぞ!!」ダッ

ゆま「おー!!」ダッ
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/18(土) 17:27:43.89 ID:DVf4SqCX0





ほむら「待ちなさい、貴女達」



104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/18(土) 17:50:51.18 ID:DVf4SqCX0
さやか「ほ、ほむら!!」

マミ「暁美さん!?」

杏子「ほむら…?…そうか、アンタが噂のイレギュラーって奴か」

ゆま「お姉さんもキョーコをいじめるの!?」グッ

ほむら「ふふっ、いじめたりなんかしないわ。だから安心して」ニコッ

ゆま「わぁ…、うん!」パァァ

杏子「おいゆま、油断すんな!今更気づいたけど、お前のメイスもアタシの槍も全部あいつが持ってやがる…。
   おい、暁美ほむら」

ほむら「…何かしら」

杏子「いきなりアタシらの目の前に現れたと思ったら、気づかせもせずに武器を奪うなんざ、妙な魔法を使うもんだねぇ…。
   アンタ、一体何者だ?何の能力をもってやがんだ?」

ほむら「聞かれたところで態々丁寧に答えるほど、出来た人間でもないから答えないけれど…、
    強いて言うなら、私は冷静な人の味方で、無駄な争いをする馬鹿の敵。
    もっとも、今までの私こそ後者であったのだけれど…」

杏子「はぁ…?」

ほむら「貴女達はどっちなの?佐倉杏子、千歳ゆま」

一同「!?」

杏子「な…!?…どこかで会ったか?」

ほむら「さあ、どうかしら」

さやか「…一体どういうことなの?」

マミ「暁美さん、佐倉さんを知ってるの…?」

ほむら「後で説明するわ」

ゆま「ゆまはキョーコの味方だよ!」

ほむら「ふふっ、本当に杏子のことが好きなのね」ニコッ

ゆま「うん!」ニコッ

杏子「う、うるせえ///!!…手札がまるで見えないとあっちゃね。今日のところは降りさせてもらうよ」

ほむら「賢明ね」

杏子「ゆま、帰るぞ」スッ

ゆま「うん、帰ろう!」ギュッ
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/20(月) 12:36:40.22 ID:Iadr/w320
ほむら(杏子、それから千歳ゆま…、貴方達には申し訳ないけれど、今話してしまうとさやかとマミたちから
    顰蹙を買ってしまうの。だから、後で、話すわ)

さやか「…ほむら、どういうこと」

マミ「何故、貴女が彼女たちのことを知っているの?」

ほむら「単純なことよ。あの二人とは前の時間軸で共闘したことがある。
    そこでは貴女達も私たちと一緒に戦ってたわ」

さやか「あんな奴らとあたしたちが一緒に戦う!?…信じられない」

ほむら「仕方がなかったのよ。…そういえばさやか、昨夜私にどんな願いをして魔法少女になったか、
    と聞いてきたわよね。今答えるわ。…『ワルプルギスの夜を倒すのをやり直す』ことよ」
   (…ごめんなさい、嘘をついてしまって…。…本当の目的は、いつか必ず話すから…)

マミ「ワ…、ワルプルギスの夜…、ですって…!?」

ほむら「ええ」

さやか「わ、ワルプルギスの夜…ってなんですかそれ?」

マミ「魔法少女の間で噂されている超弩級の大型魔女のことよ。…もしかして、暁美さん」

ほむら「…実は、3週間後に奴がやってくるの」

さやか「3週間後!?ヤバいじゃん!!」

マミ「そんな…、3週間しか時間がないなんて…」

ほむら「ふふっ、まだ諦めるには早いわよ」

さやか「…え?」

ほむら「私には、仲間になったら頼もしそうな『当て』があるの」

マミ「暁美さん、まさか…」

さやか「…あいつら…?」

ほむら「ご名答」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/05(火) 13:02:20.44 ID:S4Ma+UM50
――――風見野 ゲームセンター

ゆま「キョーコ、踊るの上手だねー!」キャッキャッ

杏子「へっ、こんなの屁でもないよ!」シュタッ、ビシッ、タップ、ターン―――…


ほむら(…楽しそうね。今話しかけに行っても水を差してしまうでしょうから待ちましょうか)


――数分後…

ゆま「…あれ?あー、さっきのお姉さん!」

杏子「…え?」

ほむら「こんばんは」

ゆま「こんばんはー!」

杏子「よお、今度は何だい」

ほむら「話し合いに来たの」

杏子「へー…。随分と平和的じゃん」

ほむら「元々、こちらに争う気はないわ」

杏子「ふーん。で、話って何?」

ほむら「3週間後、見滝原にワルプルギスの夜が来る」

杏子「!?…なぜわかる?」

ゆま「わるぷるぎす…?なにそれー?」

杏子「後で説明してやるよ」

ほむら「…さっきは話せなかったけど、私は別の時間軸の未来からやってきた時間遡行者。
    私の魔法は、『時間停止』と『時間遡行』の2つ。時間停止は読んで字の如く。自分と、私が触れている物以外の時を止める。
   そして、時間遡行は、盾の砂時計の砂が落ちきったとき、ひっくり返すことによって1ヶ月時を遡る」

杏子(成程、だからいきなりアタシらの目の前に現れて、気づかせもせずに武器を奪うなんてことができたのか…。
   …しかし、あの砂時計をひっくり返すことによって1ヶ月時を遡る…?つまり、1か月後からやってきたってことか?
   …こいつ…、マジで一体…?)

ゆま「…?」エーット…?

杏子「…だったら何だってんだよ」

ほむら「何故、私が自分の魔法を、致命的なことを貴方達に話したか。その真意をわかってもらいたいわ。
    …私は、この前の時間軸で、貴女達とさっきの彼女たちと共におr…、…ワルプルギスの夜を倒すために戦ったの。
    …でも、勝てなかった。だから、この時間軸に来たの。嘘と思うかもしれないけれど、これが私の正体よ。
    私の目的はあいつを倒すこと。だから、あなた達にも協力して欲しい」

杏子「『も』ってことは、マミやあのルーキーもいるんだよな。おいおい、仲間ごっこでもさせようってか?
   …つーか、アタシらとあいつらが一緒に戦ったってのも信じらんねぇんだけど」

ほむら「ええ、前の時間軸でもそう言っていたわよ、貴女。
    でも、戦力は多いに越したことはないわ」

杏子「…嘘ってわけじゃなさそうだな。いいぜ、協力してやるよ」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/12/05(火) 13:28:04.16 ID:S4Ma+UM50
――――ほむホーム

QB2「杏子が予想外に早く出てきたね」

ほむら「ええ、更には千歳ゆままでついてきてたわ。
    この時点で杏子が来るのは度々あったのだけれど、千歳ゆまが来るのは初めてよ」

QB2「…魔女、結局倒されちゃったね」

ほむら「…仕方ないことよ。魔女の願望を叶えれば、浄化してグリーフシードになるなんて、
    貴方達すら知らなかったんだから。杏子はおろか魔法少女皆そんなこと知らないはずよ」

ほむら(今までの時間軸も、こんな手を使えばどうにかなったのかな…。…いや、無理かしらね)

QB2「話を変えるけど、これからどうするんだい?ゆまが関わるとなると、織莉子とキリカとも
   関わることになるんだろう?でも、彼女たちはまどかを殺しに来るから…」

ほむら「…ええ、彼女たちも、何とかするつもりよ」
88.50 KB Speed:1.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)