ミリオンデイズ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/24(日) 18:55:23.40 ID:Hh3q65G80
===
「ねぇねぇ静香ちゃん」と、春日未来は静かに読書をする最上静香に近寄った。

ここは劇場控え室。時に施設全体を使って行われる、
シアターベースボールの一塁に指定されることもある部屋だ。

「さっきからずっと読んでるけど、その本ってそんなに面白い?」

訊きながら、未来は静香の座る席の隣。空いていた椅子へと腰を降ろす。
彼女たちの前には何の変哲も無い長テーブルが置かれており、その上はお菓子や雑誌で賑やかに彩られている。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506246923
2 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/24(日) 18:57:49.22 ID:Hh3q65G80

「面白いわよ?」

 読んでいた本から顔を上げると、静香は優しく未来に微笑んだ。

「月刊『麺ズー』十月号の、"打ち立て茹でたて麺処"特集」

「……そんなの読んでお腹空かない?」

「すごく空くわ」

「じゃあ今、静香ちゃんは何か食べたいんだ」

「その『食べたい』、私じゃなくて未来なんでしょ。……でもそうね、もうすぐお昼になっちゃうし」

静香が本を閉じ席を立つ。それを見上げる未来の表情は、
散歩に出掛けるのを待っている犬にそっくりだ。

つまり、望み通りの答えが静香から帰って来るのを待ってる顔。

そんな未来に、静香は「全く、しょうがない子ね」といった様子で小さく肩をすくめると。

「それじゃあ未来。情報もちょうど仕入れたし、紹介されてたこの近くのお店に行ってみる?」

「それってもしかしておうどん屋さん?」

「当然!」

未来の問いに答える静香。
その顔には「愚問よ」という言葉がデカデカと書いてあるのだった。

しかし、未来はしゅんと顔色を曇らせて。

「えぇ〜!? またおうどん〜?」

不満たらたらぶーたれる。

「たまにはカレーライスとか、ハンバーガーとかも食べたいよぉ〜!」

「未来! そんな高カロリーで偏った食事ばかり摂ってると――」

「おうどんばっかりの静香ちゃんに、それだけは私言われたくないっ!」
3 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/24(日) 18:59:27.27 ID:Hh3q65G80

わぁわぁ言い争いながら、それでも仲良く部屋を出る二人。

すると彼女たちが座っていた椅子の向かい側。

未来たちのやり取りを初めから終わりまで観察していた
七尾百合子は隣に座る望月杏奈へと目をやった。

「ねぇ杏奈ちゃん」

「……ん」

「そのゲームって、面白い?」

手元の携帯ゲームからは顔も上げず、杏奈が無言で頷いた。

その動きは実に微かであり、必要最低限の返事以外は
一切やらないお断り! という彼女の強い願いも込められている。

「あ、やっぱり面白いんだ。……ところでね、話は変わるけど杏奈ちゃん」

……いる、いたのだが百合子はそれに気づかない。
よしんば気がつけたとしても、百合子は既に不退転の覚悟で事を始めた後だった。

そんな彼女が今まさに、相手に対する慈しみが一周回って
何かを企んでいるような怪しさに変わってしまった微笑みを顔に浮かべ。

「お腹空かない?」
4 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/24(日) 19:02:37.78 ID:Hh3q65G80

訊いて、返事の代わりに差し出されたのはテーブルの上のお菓子である。

ポテトチップスうすしお味。

わざわざ「田中」と書かれた紙がセロハンで止められているソレを、
百合子の前までスライドさせて杏奈が言う。

「どうぞ」

「えっ」

「杏奈は平気。……琴葉さんも……困った時に、食べなさいって」

「そ、そうなの? 本人、ここに居ないけど……」

思わぬ杏奈の行動に、キョロキョロと辺りを見回す百合子。

その目はこのポテチの持ち主である少女の姿を探していたが、
あいにくと彼女はプロデューサーと一緒になって牛丼を食べに行っていた。

「で……でも杏奈ちゃん! そろそろお昼だし、やっぱりお菓子じゃお腹は膨れないし――」

 そうして「私と一緒に、ご飯食べに行かない?」と続くハズであったその一言が。

「足りない、の……?」

なんて、杏奈が追加でテーブルの上をスライドさせたお菓子の山によって遮られる。

ひゅっと百合子が息を飲む。

「田中」と書かれた紙の横に、「高槻」「高山」「高木」と見事に「た」の付く面子が揃いきった。

「みんな、食べていいよって」

相変わらず杏奈はゲームの画面から顔を上げない。

そしてこの時百合子は理解した。

このテーブルに積まれたお菓子の山は誰かの取り置きなどでなく、
全て"杏奈の為に"ここにあるのだという事に。

「……ゲームしてると、お菓子貰える……不思議」

そう言って、杏奈はにこりと微笑んだ。
百合子が返事をする代わりに、彼女のお腹がぐぅっと鳴った。
5 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/24(日) 19:16:50.20 ID:Hh3q65G80
この一コマはこれでおしまい。
こんな風に、雑談スレのネタや思いついたけど広げきれない小ネタなんかをゆっくりと書いてみようという所存です。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 20:04:59.16 ID:kkKt3V1s0
期待
7 : ◆NdBxVzEDf6 [sage]:2017/09/24(日) 20:35:40.51 ID:E7rv+K5i0
杏奈にお菓子お供えしたい
一旦乙です

>>1
春日未来(14) Vo/Pr
http://i.imgur.com/WoJTrFI.jpg
http://i.imgur.com/aQyOApp.jpg

>>2
最上静香(14) Vo/Fa
http://i.imgur.com/9bmfY7U.jpg
http://i.imgur.com/elElgN9.jpg

>>3
望月杏奈(14) Vo/An
http://i.imgur.com/QPD6xhA.jpg
http://i.imgur.com/471KyIG.jpg

七尾百合子(15) Vi/Pr
http://i.imgur.com/27aF5y3.jpg
http://i.imgur.com/o3k8t5t.jpg
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/25(月) 10:36:09.79 ID:Lkbs4tiXO
杏奈ちゃんお世話するのいいよね
9 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/25(月) 23:25:45.77 ID:53XBMd0+0
===2.

劇場で時間潰しをしていると、たまたま顔を見せたアイドルが
プロデューサーに一声かけて行くこともある。例えばそう、今の如月千早がするように。

「あの、プロデューサー」

少し遠慮がちに話しかけられて、プロデューサーは千早の来訪に気がついた。
持っていたスマホを自分のデスクの上に置くと、彼は「ん、どうした?」なんて彼女の方へと向き直る。

「この劇場は、私にとって大切なホーム……。そう思えるようになったのは、みんなと――」

「ちょい待ち千早、待ってくれよ」

「は? なんでしょう」

「俺にはその、さっぱり話の前後が見えんのだが」

話を途中で遮って、困ったように頭を掻きかき。
プロデューサーがきょとんとする千早にそう言うと、彼女は照れ臭そうに目を伏せて。

「えぇっと。用件を切り出す前にまず、日頃の感謝を言葉で伝えておこうかと……。そう、思っていたのですが」

「なら先に、用件を伝えてくれた方が良かったかな。……いきなりホームだなんだって言われてもさぁ」

「す、すみません! 気持ちが逸っていたようです」

恥ずかしそうに微笑んで、千早は仕切り直すように咳払い。
10 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/25(月) 23:28:23.96 ID:53XBMd0+0

「では、プロデューサー? 私に手伝えることがあれば、なんでも遠慮せず言ってください。
私もこの劇場……765プロ劇場のために何かしたいんです」

「あっ、それなら話が繋がった」

ポンと手を打ちプロデューサーが納得する。
「それでは!」と顔を輝かせ、千早が彼の返事を待つ。

「んじゃ、コイツをいっちょ頼もうかな」

「えっ」

そう言ってプロデューサーが千早の両手に持たせたのは、分厚いサイン用色紙の束だった。
意外な重みに驚きと、戸惑いを隠せず千早が言う。

「プ、プロデューサー。これは一体なんなんです?」

「何ですかって、色紙だよ。サインを書くのもお仕事お仕事。はい、あっちの机で頑張ってね」

こうして劇場の役に立ちたいという千早の願いは早速叶えられることになったのだ。
……本人が想像していた役立ち方よりも、それは随分形が違ったが。
11 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/25(月) 23:30:56.68 ID:53XBMd0+0

「一枚一枚、気持ちを込めて書くよーに」

釈然としない表情で色紙と闘い始めた千早にそう言って、プロデューサーは机のスマホを手に取った。
画面のアイコンをタッチして、先ほどまで遊んでいたゲームの続きを再開する。

「プロデューサー。またこんなところで油を売ってるんですか?」

が、千早に続いて声をかけてきた最上静香の出現により、彼の戦いはすぐさま中断させられた。
そうしてコチラに冷ややかな視線を向ける静香に対し、プロデューサーは不機嫌そうな顔になると。

「なんだよ静香、今忙しいの」

「忙しいって、ただ遊んでるだけじゃあないですか。お仕事の方はどうしたんです?」

「それがねぇ、なーんかやる気になれなくって」

言って、彼はデスクの上に広げていた作りかけの企画書をこれ見よがしに指さしてみせた。

「疲れてんのかなぁ。アイディアをまとめようとすればするほどさ、頭にモヤがかかる感じ」

「それで気分転換にゲームですか?」

静香に訊かれたプロデューサーが否定するように首を振る。

「ううん違うよ。これは単なる暇つぶしで――」

「だったら暇は仕事で潰すべきですっ!」

一喝! 静香に思い切り叱りつけられて、プロデューサーが椅子ごと後ろに仰け反った。
慌ててスマホを後ろ手に隠す、彼の反応に静香が大げさに嘆息する。
12 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/25(月) 23:32:39.88 ID:53XBMd0+0

「全く、ちゃんとお仕事してくださいよ。……い、一応、やればできる人なんですから」

「だからさ、そのやる気が出ないって話でね……」

呆れた静香の物言いに、プロデューサーがもさっとした笑いで言葉を返す。
その気怠さ溢れる振る舞いを見て、静香は何かに思い当たったように腕を組んだ。

「……あの、細かいことを聞きますけど」

「なに?」

「プロデューサー、最近体動かしてます?」

神妙な静香の問いかけに、プロデューサーが宙を見る。
千早がキュッキュッとペンを走らせる音が、事務室に大きく響いている。

「静香……そりゃ、仕事でかい?」

「違いますよ。ちゃんと運動してますか? 人は運動不足だと、考えがまとめにくくなるって話も聞きますし」

「最近なぁ……。そういえば、企画の準備やらで事務所にこもりがちだったかも」

そうして自信なさげな彼の答えを聞くや否や、
静香は「それですよ!」とプロデューサーのことを指さした。

「体を動かしていないから、頭がスッキリしないんです! ……プロデューサーは確か、明日はお休みでしたよね」

「えっ? うん、まぁ」

「だったら一つ、その日にテニスなんてしてみたらどうですか? 全身を使うスポーツですし、気分転換におススメです♪」

笑顔で言い切った静香が彼の持つスマホを一瞥する。

「少なくともゲームで憂さ晴らしするよりは、よほど健康的だと思いますよ」

「……お母さんみたいなことを言う」

とはいえプロデューサーも思うところはあるようで。
彼はスマホを机の上に戻すと、自分にテニスを勧めた少女に言ったのだ。
13 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/25(月) 23:34:19.49 ID:53XBMd0+0

「それで、相手は静香がしてくれるのか? 確かそっちも、明日はオフだったハズだよな」

すると静香は虚をつかれたようにしどろもどろ。

「わ、私がですか? それは、提案したのは私ですし、頼まれれば断る理由もないですけど……」

「なら、明日はよろしく頼むよコーチ。お手柔らかにお願いします」

「もう! そういうところ、強引ですね。……人の予定も気にせずに」

しかし、何だかんだと満更ではなさそうな静香である。
自分の出した提案が、大人に受け入れられたことが嬉しくて仕方ないと言った様子の顔であった。

「それじゃあ、待ち合わせの場所と時間を決めましょう。プロデューサーは、何時ぐらいがいいですか?」

「別にこっちはいつでもいいけど……。なんか、こういうやり取りデートみたいね」

「なっ!? ……だ、断じて! それだけは違うと言っておきますっ!」

けれどもだ。そんな彼女の上機嫌を、
余計な一言で吹き飛ばしてしまうのがプロデューサーという男なのだ。

怒った静香が「もう、ホント、なんて人!」とぶつくさ言いつつ部屋を出る。

プロデューサーはその後ろ姿を見送りつつ「……悪いことしたかな?」と反省するように頭を掻くと、
今度は先ほどから自分の番が来るのを律儀に待っていた北沢志保の方に顔をやった。
14 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/25(月) 23:35:34.42 ID:53XBMd0+0

「――で、お嬢さんはわざわざなんの用だい?」

扉を入ってすぐの壁際。静かに佇んでいた志保が、彼の問いかけに口を開く。

「途中でやって来た私より、静香を追いかけた方が良いんじゃないですか」

ところがそう言う志保の口元が微かに笑っていることを、彼は見逃したりなんてしなかった。

「またまたそーんなこと言って。順番、待ってたんだろう?」

「……私がここで聞いてたから、怒って出て行ったんですよ?」

呆れたように肩をすくめ、志保がプロデューサーの前までやって来る。
すると彼は、椅子の背もたれに持たれるようにして頭の後ろで手を組むと。

「だからさ。わざとからかって切り上げたの……じゃないと忙しい志保が、いつまでも用事を話せないし」

「私は別に、待つことぐらい苦じゃないです」

「志保に割り込んで来るだけの図々しさがあったなら、俺もこーゆーことなんてしないけどな」

「だから、その気遣いが余計だって。……大体、こっちの用事は最悪メールで済ませられますから」

余所行きの素っ気なさを装った、志保の言葉にプロデューサーがくっくと笑う。
「一体何がおかしいんです?」と、彼女が眉をひそめて訝しそうな顔になる。

「私、ワケもなく笑われるってイヤなんですけど」

「ああ、ごめんごめん。あんまり志保が可愛くてさ」

「……そう言う軽口を叩かれるのはもっとイヤです」
15 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/25(月) 23:38:04.07 ID:53XBMd0+0

プロデューサーから目を逸らして、志保が恥ずかしさを誤魔化すように呟いた。
そんな彼女に、咳払いで気持ちをリセットしたプロデューサーが聞きなおす。

「だからホントに悪かったって。……それで、用事の方はなんなのさ?」

すると志保も、いつもの調子で腕を組み。

「それは……。あの、プロデューサーさん。来週のスケジュールなんですけど、少し相談に乗ってもらいたくて……」

「来週の? 構わないぞ」

言って、プロデューサーが「話してみろよ」と身を乗り出す。
だが志保は、小さく笑って首を横に振ると。

「別に、今すぐにとは言いません。時間がある時でいいので、お願いします」

「だからさ、今なら時間がタップリあって――」

「でも、頭が動かないんですよね?」

志保の放った一言に、プロデューサーが「ぐっ」と言葉を詰まらせた。
そんな彼の反応を見て、志保がニヤリと意地悪そうに笑う。

「そんな頭で組まれた予定じゃ、ブッキングが怖くて使えません。
それに今日は、私も用事がありますから。……そうですね、明日ならなんとか空けられます」

「えっ、でも明日はさっき話してたけど――」

「聞いてます。お仕事、お休みなんですよね。ちょうど良かったじゃないですか」

そうして志保はスタスタと、部屋の出口に向かって歩き出した。
そんな彼女を、「お、おい志保!?」とプロデューサーが慌てて呼び止める。
16 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/25(月) 23:40:53.05 ID:53XBMd0+0

「あっ、そうだ」

するとドアノブに手をかけた状態で、志保が思い出したように彼に向かって振り向いた。

「私との待ち合わせの時間をいつにするかは、電話かメールで構いませんから。
……待ってます。それじゃ、今日はお疲れさまでした」

去り際に悪戯っぽい仕草で残された、微笑みは実に芝居的。

断れない約束を相手の胸に押し付けると、
これ以上は話すことも無いといった様子で志保が事務室を後にする。

残されたプロデューサーが「ああ……。まーた七面倒なことになった」と天を仰ぐ。
蛍光灯の光が目に入り、その眩しさに思わず瞼を閉じてしまう。

そうして彼は考えた。考え予想し気がついた。

「そうだ――」

椅子にしっかりと座り直し、背筋を伸ばして机の上の企画書と向き直る。

「二度あることは三度ある。千早、静香、そして志保……」

ならば、四度目だってあったりするんじゃなかろうか? しかもこの面子、この流れ、
もしもイベントフラグの神が存在するというのなら、次に現れる可能性が最も高い少女は恐らく――。

「紬! "765面倒くさいカルテット"最後の刺客、白石紬しかおるまいてっ!!」

そう! 何かあるとすぐ実家に帰ってしまいそうな雰囲気のある件の少女に違いない!
17 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/25(月) 23:42:28.96 ID:53XBMd0+0

……そうと決まれば話も早い。

手元の企画書をまとめるような振りをしつつ、プロデューサーは彼女の登場を身構えて待った。

いつ、どこで、どのタイミングで声をかけられても万全に対応できるように。
もしも彼女が姿を見せれば、向こうが声をかける前にこちらが「用事だね?」と先手を打つことができるように!

「ふ、ふふ……! 『あ、貴方は不意打ちが趣味なのですか!?』と驚き狼狽える紬の姿が目に浮かぶぜぇ……!」

実に不純な動機である。けれども悪巧みを始めた彼の頭は冴えわたり、
振りで済ますハズだった仕事もいつの間にやらスイスイスーダラと進んでいる。

そうして時が経つこと十数分。

これは嬉しい誤算だと喜びつつ仕事をこなす彼の机にコトンと湯呑が差し出された。
隣に感じる人の気配。「遂に来たか!」とプロデューサーが顔を上げる。

その勢いと待ってましたと言わんばかりの形相で、プロデューサーは相手が
「ひゃっ!?」と驚きの声を上げることを期待していたのだが――。

「おや〜、驚かせてしまったようですな〜?」

彼が対面したその相手は、少女は実に"ゆるかった"。驚くことも、飛びのくことも、
腰を抜かすこともせずに彼女は男の顔と真っ正面から向き合うと。

「プロデューサーさんにお茶ですよ〜。なんだかとってもやる気に満ちて、頼もしく見えるお顔ですね〜」

宮尾美也。劇場きってのゆるふわ少女はそう言って、彼にニコリと微笑み返したのだ。

途端、プロデューサーの勢いが目で見て分かる程に失速する。
照れ臭そうに「あぁ……」と呟き、机に置かれた湯呑をチラリ。
18 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/25(月) 23:43:56.78 ID:53XBMd0+0

「美也、美也か……。美也だったか」

「はい、宮尾の美也ですよ〜。ところでプロデューサーさん、聞いてください〜」

両手を胸の前で合わせ、美也がプロデューサーに向けて言う。

「さっき、雪歩さんの入れたお茶に茶柱が立っていたんです〜」

「ほぅ、そいつは縁起が良かったな」

「そうなんですよ〜。それに、立った茶柱は二本でして〜」

「なんと二本もっ!? そいつは凄い!」

「プロデューサーさんもそう思います? きっと縁起の良さも二倍ですね〜♪」

そうして美也はプロデューサーのデスクに置いたばかりの湯呑を指さすと。

「しかもですね〜、実は、このお茶がその二倍茶なんですよ〜?」

「はあ……。そいつは実に縁起もおよろしいことで」

だが、湯呑の中を覗き込んだプロデューサーは不思議なことに気がついた。
確かに美也が言う通り、注がれたお茶には茶柱が立っていたのだが……。

「……でもこれ、立ってる茶柱一本じゃん」

「むー……やっぱり、すぐに気づかれてしまいましたか〜。流石はプロデューサーさん、素晴らしいほどの慧眼の――」

「いやいやいやいや美也さんや? 二倍茶だって言われてさ、茶柱が一つだけだったら誰だって気がつきますでしょうに……」

プロデューサーがそう言うと、難しそうな顔だった美也の表情がへにゃっとした笑顔に早変わり。

そうして彼女は両手の指を合わせながら、「実はですね」と恥ずかしそうに説明しだす。
19 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/25(月) 23:45:57.32 ID:53XBMd0+0

「その時一緒に居た海美ちゃんに、一本差し上げてしまいまして〜」

「海美に……あげちゃったの?」

「はい〜。二本も立ったのが凄いことだと……。けど、とっても喜んでくれましたよ〜?」

「そっかぁ、喜んでたんならしょうがないなぁ」

そんな物を人から貰って一体どうするつもりなのか? 
それはここには居ない高坂海美その人のみが知ることである。

「それにこうしてプロデューサーさんにも会えましたし、今日はきっと、いいことだらけですよ〜」

とはいえ海美の行動が、目の前の少女を幸せな気持ちにさせたことは確かな事実のようであった。
プロデューサーは丁度良い熱さになっていたお茶を一口飲むと、それを持って来てくれた美也の方へと顔を向け。

「うん……旨い! なんというか、小さな幸せの味がするな!」

「ふふふ、そうですよね〜? 喜んでもらえてなによりです〜」

「いや、まぁ、お茶は雪歩が淹れたお茶なんだが……」

「……おー! 私としたことがついうっかり」

それでも少女の心遣い。その優しさに触れたプロデューサーは改めて彼女にお礼を言った。
すると美也の方こそ彼に向け、「いえいえ、なんのなんの〜」と優しく微笑み返す平和な午後のひと時であった――。


ちなみに余談となるのだが、この後事務室に現れた紬はその登場の遅さを
「なんだ、今頃来たのか」とプロデューサーに呆れられ、

ワケも分からず「な、なんですか? どうして顔を合わせるなり、
呆れられなければならないのです!?」と憤慨することになったりした。

その後もサインの手を止めた、千早が彼女を慰めることになったりしたとかしないとか……。
20 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/25(月) 23:46:58.07 ID:53XBMd0+0
===
この一コマはこれでおしまい。ミリシタ、横入りからの挨拶はしばらく見ないと
短時間のうちに続けて発生するようになってるのか実際にこの順番で次々登場したって話。

紬? 彼女なら美也の後からしれっと部屋に入って来たよ。
21 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/26(火) 19:05:25.62 ID:emHVEdn80
===3.
ステージ上、激しくかき鳴らされるギター。
うねる音楽の律動が、聴衆の心を掴んで盛り上げる。

『皆さん! 最後まで超☆ROCKな姿勢で行きましょうっ!』

ギター演者の呼びかけに、オーディエンスの熱気も最高潮。

褐色の肌、金髪碧眼の少女がしゃにむにドラムを叩く横では、ボーカル担当が見事なエアギターを披露して。
そんな三人の自由奔放(ロック)な演奏をまとめるのは、ベースの綺麗なお姉さん。

「はぁ〜……。なまら迫力があるんだねぇ」

その様子を――正確には、大画面テレビに映し出されたライブ映像の模様だが――前にして、
木下ひなたはひたすら感心した様子で頷き続けるのであった。

ここは765劇場資料室。

最も資料室というのは名ばかりで、普段はライブラリに保管されているドラマや映画、
そしてひなたが見ているようなイベント映像をアイドルたちが鑑賞するのに使われている部屋だったが。

「ヒナ、随分のめり込んでるな」

演奏に合わせて体を前後に揺らし揺らし。
リズムに乗っているひなたに声をかけた、赤髪の少女の名はジュリア。

ロックシンガーになるハズが、自身の勘違いからアイドル事務所に拾われてしまったという
実にロック(おっちょこちょい)な経歴の持ち主である。

そんな彼女はひなたの座るソファの横に、パイプ椅子を置いて座っていた。
ちょうど背もたれを自分の前にして、椅子にまたがるような格好だ。
22 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/26(火) 19:08:55.01 ID:emHVEdn80

「ジュリアさんも、こんなライブをしてみたいと思うかい?」

ジュリアはひなたに尋ねられると、「そりゃそうさ」と大きく頷いた。

「勢いアイドルになっちまったけど、いつだってロックなあたしは忘れちゃないぜ」

「そうだねぇ。いつもギターを弾いてるし、ジュリアさんは本当にロックだよぉ」

「あー……ヒナ? ギター=ロックってワケでもないからな?」

そんなやり取りをする二人は、只今"勉強会"と称して
他所のアイドル事務所が行った、イベント映像を鑑賞中。

いつかは同じアイドルとして競うであろう相手である。
常日頃から気になる相手をチェックしておくのもアイドルとして当然の仕事と言えるだろう……しかし。

「いやー、実にノリノリでゴキゲンなライブっしょー!」

「ホントホーント! こーんなライブを見せられちゃあ、真美のギタリストとしての腕も疼きますぜ!」

ひなたが座るその隣。
仲良く並んだ双海亜美と真美の姉妹が大層芝居がかった口調で評価する。

「ギタリストって……。真美はともかく、亜美もギターは弾けたっけ?」

ジュリアが初耳だと言う顔で二人に言った。
すると亜美と真美は「んっふっふ〜」と揃ってニヤニヤ笑いを浮かべると。
23 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/26(火) 19:12:17.29 ID:emHVEdn80

「ならば、とくとご覧あ〜れ〜っ!」

「これが双子流ギターの神髄だーっ!!」

勢いよくソファから立ち上がり、二人はその場で体をくねらせながらギターの弾き真似を披露し始めた。
これには隣に座っていたひなたもやんややんやの大喝采。

「うわぁ! 流石は亜美シショーと真美センセ―!」

「ふっふっふ、またまた隠していた爪をみせちゃったね♪」

「才能があるって恐ろしいよ」

そしてそんな二人のパフォーマンスにあてられて、思わず血が疼く少女がここにもう一人。

「ははっ、二人とも中々センスがあるじゃないか!」

傍らに置いてあった愛用のギターを手に取ると、
ジュリアがゴキゲンなロックを奏でだす。

それに合わせて増々ノリノリになる双子。

ひなたも自分の膝を叩いてリズムを取り、
あっという間に資料室は即興のライブ会場へと早変わり。

それからも四人のセッションはしばらく続き、「案外いい組み合わせかもな。どうする? 
このままプロデューサーに今度のライブを四人で出させてくれって言って来ても――」なんてジュリアが言いかけた時である。


「でも、みんなに大事なお知らせがあるの!」

唐突に、亜美がエアギターの手を止めてじっとジュリアの顔を見た。

「真美たち、今日でフツーのアイドルに戻ります!」

真美もギターを下ろすジェスチャーを取り、悲し気な顔でジュリアを見た。

「今まで応援してくれてありがとうだよーっ!」

最後にひなたが見えないスティックを空に掲げ、涙を堪えて訴える。

「このバンドは!」

「今日で!」

「解散だわぁ!」

「って、おいおーいっ!!」

そしてギターの音色も利用した、ジュリアのノリツッコミが資料室の中に冴えわたった。

かくして結成から解散まで僅か十数分、『アップル・ツインズ・ロック』は幻のバンドとなったのだ。
24 : ◆Xz5sQ/W/66 [sage]:2017/09/26(火) 19:13:27.65 ID:emHVEdn80
===
この一コマはこれでおしまい。ジュリア、ハッピーバースデー!
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/27(水) 11:11:25.04 ID:PoSLG4klO
ちょっとこのバンド見てみたいな
26 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/27(水) 23:30:36.11 ID:tML5rDyE0
===4.
画面に映し出された少女はよく日に焼けた肌をした少女。

「はいさい! 水曜深夜の大遭遇。生っすか〜、ウェンズデー!」

"765プロの切り込み隊長"こと我那覇響が元気よく、カメラに向かって挨拶する。

「略称を、"生水"と覚えてくださいね」

そんな彼女と共に並ぶのは、美しい銀髪が目を惹く四条貴音その人である。

二人とも番組ロゴの入ったTシャツにハーフパンツと随分ラフな恰好だ。

「この番組は日曜にやってる生放送。"生っすかサンデー"から飛び出た出張版!」

「――と言えば聞こえの良いよい島流し先のうぇんずでぃ」

「じ、自分が持ってる人気コーナー。『響チャレンジ!』を深夜にも!」

「既にこの番組自体がちゃれんじだと言い切ってしまっても――」

「……ちょっと貴音。さっきからなに?」

「はて? なにかとはなんです?」

「いや……なんかこう……やる気ないのかな〜って」

貴音の合いの手を遮って、訝しそうに尋ねる響。
すると貴音は面倒くさげに前髪をいじり。
27 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/27(水) 23:31:57.59 ID:tML5rDyE0

「深夜番組のてんしょんとは、このようにだうなーな物ではないのですか?」

「だ、ダウナー?」

「ええ。適当に、番組に対する愚痴など言えば受けが良いと聞いてこの場にやって参りましたが……」

「誰!? 貴音にそんなこと吹き込んだの!」

「当番組のでぃれくたーどのです」

「ちょっと監督カメラ止めてっ!!」

「まぁまぁ響、落ち着いて。……余計な部分は"かっと"をすればよいのでしょう?」

貴音がはさみの形にした両手を使い、フィルムをチョキチョキ切るジェスチャー。
響が呆れたように頭を押さえ、その場にくしゅんとしゃがみ込む。

「あぁ〜……。できないって! 生っすかの"生"は生放送の生なんだぞ!」

「と、響は申しておりますが。この番組は全編録画放送でお送りします♪」

「貴音ぇ! もう、初っ端から色々台無しだーっ!!?」

早くも泣き出しそうな響に向け、カメラが寄ってアイキャッチ。
次に二人が映し出された時、貴音はマシュマロの袋を握っていた。
28 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/27(水) 23:33:14.03 ID:tML5rDyE0

「『ボインで、マシュマロキャッチングー!』」

「はぁっ!?」

「ではちゃれんじの説明と参りましょう。響にはこれより、その自慢の胸で私の投げたましゅまろを――」

「待ってまってちょっと待って……貴音ぇ?」

「貴姉……。なにやらおへその辺りがむず痒い、しかし、呼ばれてそう悪い気もせず」

「いいから! そういうのは! えっと、えっと……説明して!?」

「説明なら先ほど済ませたつもりですが。真、響は人の話を聞きませんね」

「貴音に言われたくなーいっ!」

ぷりぷり怒る響とは対照的に、朗らかに微笑み立つ貴音。

「ですから、私がこれより投げるましゅまろを」

そうして彼女は両腕を組み、自分の胸をシャツの上から寄せ上げて。

「胸元……。できれば谷間の辺りで落とさないようきゃっちすると」

貴音が僅かに頬を赤らめ、カメラに向かって恥ずかしそうにはにかんでみせる。
当然画面はズームアップ。だがそこに、響が慌てて割り込んだ。
29 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/27(水) 23:34:16.06 ID:tML5rDyE0

「ダメダメダメ! ちょっと、どこを映してるの!」

「ですが響。深夜放送といえばこのぐらいのお色気要素は必要だと――」

「なにそれ? それもディレクター?」

「違いますよ」

「じゃあまさか、プ、プロデューサーが言ったのか!?」

「これは私自ら進言しました。より良い番組を作る為なら、どのような協力も惜しみません!」

「ホント、そういう覚悟はいらないから!」

響が頭を抱えてそう叫ぶが、貴音の方は落ち着いた様子で時計を見て。

「とはいえ響、番組の残り時間も後僅か」

「だーかーらー! そういう発言もよしてって! ってゆうか生放送じゃないんだから、
それこそカットなり編集なり好きにすれば――」

「私が手本を見せますので、響、ましゅまろを投げてもらえますか?」

「聞いてよ! さっきから自分の話!」

「さぁ! さぁさぁ参りませ!」

「……無駄にやる気だらけなのが憎たらしい」

押し付けられたマシュマロの袋を恨めしそうに睨みつけ、響がしぶしぶマシュマロを一つ手に取った。
なんのかんのと言いながら、指示された無茶振りをこなすのは流石と褒めてもよいだろう。
30 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/27(水) 23:35:34.76 ID:tML5rDyE0

「はぁ、全くなんでこんなこと。……じゃあ行くよ?」

「響、もう少しだけ距離を取って」

「……この辺?」

「ばっちぐーです」

二人の間、およそ五メートル。響の目つきがキリリと絞まる、
貴音がいつでも来いと言わんばかりにその胸をぐっと押し上げ身構える。

静寂。現場に走る緊張感。

響がゆっくりとマシュマロを持っている手を引いて「はっ!」と一息放り投げた! 

その動きまるで居合切り。投げられたマシュマロは勢いよく、
しかし緩やかな弧を描き待ち構えている貴音の下へ――。

「ど、どうだっ!?」

響が行方をその目で追う! 次の瞬間、見事マシュマロは貴音の口の中。

「みひょほ!」

もぐもぐごっくん。キャッチしたマシュマロを呑み込むと、貴音がニコリと微笑んだ。
31 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/27(水) 23:36:48.03 ID:tML5rDyE0

「流石は響、見事です」

「いやいやいや、そりゃキャッチした貴音にもビックリだけど。これ失敗扱いしていいよね?」

「はて、ましゅまろは受け取っておりますが……?」

「胸でキャッチするんでしょ? 食べちゃってどうするの」

「私はただ、"手本を見せる"と言っただけですよ」

その瞬間、響は隠されていた裏ルールの存在に気がついた。

「待って。それってつまり、自分も口でキャッチしたって良いワケかな?」

そうして響は確認を取るように辺りをぐるっと見回した。

ニヤニヤ笑いで自分を見つめるスタッフが目に入ったのか、
「やっぱりそうだ、笑ってるもん!」とそちらの方向を指さすと。

「よ、よーし! そうと分かれば気も楽だぞ。……こ、こんな恥ずかしいチャレンジは、サクッと一回で終わらせて」

「まぁ! 随分と自信があるのですね」

「いいから! ほら、押してるんでしょ? 早く早く!」

マシュマロの袋を手渡すと、響が自分の胸を寄せ上げる。
番組Tシャツその胸元に、今作られる深い谷間。

貴音も右手の指でマシュマロを摘まむと自分の胸の前で肘を立てた。
それから手首を折り曲げて、いつでも投げられるよう準備する。
32 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/27(水) 23:38:57.09 ID:tML5rDyE0

「では、参りますよ」

その一言が合図だった。

刹那、貴音が「フッ!」と息を吐き、しなる右腕放たれる弾丸。
円や弧どころか直線で、飛んで来るマシュマロの速いこと!

「容赦がない!」と泣き言を言いたい。しかし響にだって意地がある。
得意の卓球で鍛えた動体視力ですぐさまコースを割り出すと、腰を落として受け止めるために口を開けた!

「うにゃっ!」

カチン! 響の白い歯が鳴らされる。コースは完璧だったのだが、口を閉じるのが早すぎたのだ。
マシュマロは彼女の顎に当たり、そのまま落下するものと思われたが――。

「こんのぉ!」

響が胸を思い切り逸らし、落ち行くマシュマロの先に柔らかなクッションを用意する。
それはまるで、サッカーボールを胸でトラップするように。

「響!」

「貴音!」

一瞬の間。互いの名前を呼び合って、響は駆け寄って来た貴音に報告した。

「見て! ちゃんとマシュマロキャッチした!」

「響、真に見事です!」

「ほらほらちょうど、胸の間に入った入った…って、うぎゃーっ!!? 
た、貴音はなんでカメラを持ってるの!? そんなトコ撮っちゃ、やだ! ヘンターイっ!!」

羞恥に耳まで赤くして、響がその場にうずくまる。
……こうして深夜の響チャレンジは終了した。

この時画面を占拠した、白きマシュマロを引き立てる小麦肌の鮮やかさはファンの間での語り草になったとか。
33 : ◆Xz5sQ/W/66 [sage]:2017/09/27(水) 23:39:36.51 ID:tML5rDyE0
===
この一コマはこれでおしまい。
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/28(木) 00:43:35.55 ID:Ignu9Paho
16歳のおなごになんてことを……
35 : ◆NdBxVzEDf6 [sage]:2017/09/28(木) 03:25:20.18 ID:A473Ai850
深夜番組ならではの良さだね

>>9
如月千早(16) Vo/Fa
http://i.imgur.com/vE65YYF.jpg
http://i.imgur.com/RFRxkra.jpg


>>14
北沢志保(14) Vi/Fa
http://i.imgur.com/U4JIWmU.jpg
http://i.imgur.com/QCoWlsp.jpg

>>17
宮尾美也(17) Vi/An
http://i.imgur.com/ZFhzz7l.jpg
http://i.imgur.com/VIm7lLS.jpg

茶柱本当にあげちゃったか
http://i.imgur.com/ubDo9Am.png

>>19
白石紬(17) Fa
http://i.imgur.com/Gr28eIH.png
http://i.imgur.com/mWVrTMQ.jpg

>>21
木下ひなた(14) Vo/An
http://i.imgur.com/xiLTRKP.jpg
http://i.imgur.com/KGldnPF.jpg

ジュリア(16) Vo/Fa
http://i.imgur.com/ijqQ0Sk.jpg
http://i.imgur.com/yNHmjep.jpg

>>22
双海真美(13) Vi/An
http://i.imgur.com/FkfiB2s.jpg
http://i.imgur.com/3BaVCj5.jpg

双海亜美(13) Vi/An
http://i.imgur.com/H1PzeRU.jpg
http://i.imgur.com/vhLe0fj.jpg

>>26
我那覇響(16) Da/Pr
http://i.imgur.com/zRhy1Z4.png
http://i.imgur.com/duXrOLt.jpg

四条貴音(18) Vo/Fa
http://i.imgur.com/dRZH9F4.png
http://i.imgur.com/AEBvRMV.jpg
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/28(木) 05:39:43.25 ID:o/tVJNxX0
なんてssだ支援!
やっぱり響はかわいいよね!!
37 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/28(木) 22:33:58.60 ID:uAXr0QO10
===5.

「パーティ言うたらたこ焼きやろ!」その一言を発端に、まさかこんなことになってしまうとは。

今、所恵美はパンパンに膨らんだ買い物袋を両手に騒がしい通りを歩いていた。
どこの通りかと訊かれたら、渋谷や原宿などではない。ここは磯の匂い香る魚市場。

「どしたのめぐみー、おっそい遅ーい!」

「あんまり遅いと置いてくでー♪」

そんな彼女を急かすのは、高坂海美に横山奈緒。
二人も荷物は持ってるが、恵美とは違って飲食物。

買ったばかりのお団子一口、海美が「おーいしー♪」と頬を落とせば奈緒も串刺しにされた魚の切り身にかぶりつき。

「このな! このヅケもタレの旨味がしゅんでてしゅんでて!」

「ねっ、ねっ? イカのお団子あげるからさ、私にも一口それちょーだい!」

「ええよ〜、ええよ〜、かまへんよ〜? ほい!」

「はくっ、むっ……ふみゅ、ふむっ!」

「はっははは! ちょっと海美、お顔がハム蔵みたいになってるや〜ん!」

なんて、キャッキャウフフと忙しい。

そんな二人に置いて行かれまいとして、恵美が人混みを掻き分けながら
「ちょっと海美、奈緒! 少しは歩くの加減してよ〜!」と泣きついた。
38 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/28(木) 22:36:49.52 ID:uAXr0QO10

「そりゃあジャンケンには負けたけど、さっきからアタシしか荷物持ってないじゃん!」

「そんなこと言ったってさぁ、めぐみ」

「ジャンケン勝たれへんのが悪いよな〜」

「だから! それでも! トモダチのよしみとか情けとか――」

「あっ! 見てみてなおー、あっちで蟹の唐揚げとか売ってるよ!」

「要チェックや! あっ、恵美の分もちゃあんと買って来たげるでっ♪」

「えっ、ホント? ありがとっ♪ ……って、違う違うちがーう!」

通りの先に気になる店を発見し、「それ、いちもくさーんっ!」と元気よく走り出す快食児。
その背中を見失わないように追いながら、恵美は「あぁ〜! もうもうもぉ〜っ!!」なんて嘆きの叫びを響かせる。

そんな物珍しい少女が前に前にと進むたび(なにせイマドキお洒落をした場違いギャルが、
お土産だらけの買い物袋を両手に下げてヘトヘトと道を歩いてるのだ)通行人が物珍し気に振り返る。

また、彼女のことが気になるのは歩いてる人たちだけではない。
通りに並んだ店先で、呼び込みをするおじちゃんおばちゃんまでが皆。

「よっ! そこのお姉ちゃんべっぴんだね!」

「おまけしたげるから寄っといでよ!」

「朝一獲れたて新鮮の、美味しい魚がたんとあるよ〜!」

といった調子で恵美が店の前を歩くたびに一声かけて行くのである。
もちろん、それは彼女の身なりや容姿が人目を惹くという理由もありはしたのだが、店側にはそれとは別にもう一つ大きな魂胆が。

それが何かと言うならば、恵美のようなスタイルの良い美少女が店先に立っているというそれだけで、
甘い花の香りに誘われ集まる虫のように他のお客が店頭へと吸い寄せられてくるためである。
39 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/28(木) 22:41:50.66 ID:uAXr0QO10

なので今、彼女の周りには本人の意思とは無関係に人だかりができていた。
まさに招き猫ならぬ招きギャル、一家に一人欲しいほどだ。

「あっ、めぐみーがまーた捕まってる」

「あの子、まさかと思うけど前世が広告塔ちゃうの?」

海美と奈緒がそんな友人の姿を肴にして、バラエティ豊かな唐揚げや練り物に舌鼓。

「海美見てみ? あんなところに私らが行ってこれ以上の美少女成分混ぜてしもうたら……」

「どうなるの? 女子力上がる?」

「お馬鹿」

「あぅ」

「パニックなるよ。収拾なんかつかへんて!」

大きな円を描くように、両手を広げて見せる奈緒。
渡り蟹の唐揚げを頬張りつつ、大きく目を開き驚く海美。

「じゃあダメだ! 近づけないよね、おっかなくて!」

「一秒持たんとわややでホンマ」

しかも店側にとって幸運だったのは、恵美が頼まれごとを断るのが苦手な性格だったことである。

わざわざ愛想よく声をかけられたことに――
例えそれが、見ず知らずの他人だったとしても――「悪いなぁ」なんて思ってしまう少女なのだ。

普段利用しているファッション街のどこかドライな接客と違い、ここの言葉には"熱"がある。

だから彼女は「いやホント、べっぴんだなんて照れるけど〜」と店に寄り、
「おまけなんて聞いたら気になるしさ〜」なんて気さくに始まる世間話。

そうして最後には「うん分かった! おじさん、美味しいヤツちょーだい?」

「いいとも! これなんか身もぷりっぷりでね――」

「牡蠣かぁ〜……。えっ? このまま一口? ここでぇ!?」

と、いった具合に買い物が捗り過ぎてしまうのだ。

すぐに食べられるよう開かれた生牡蠣を手の平に乗せ、
恵美がつまようじ片手にそれを口元へと持って行く。

もちろん、レモンは絞り済み。
40 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/28(木) 22:44:57.99 ID:uAXr0QO10

「いやぁ〜、人に見られながらとか緊張するしハズいって〜」

だが、彼女とて一応駆け出しのアイドルだ。

将来は食レポの仕事だってあるだろうしと、
ギャラリーに囲まれた状態でぷりぷりの牡蠣に齧りつく。

「ふっ、んっ……ちゅ♪」

その身は一口で食べるには大きかったが恵美は何度か噛み切るように咀嚼して、
最後はつるんと吸い込むように口に含み「ちゃんと食べたよ」と宣言するかわりに空っぽの殻をお店のおじさんに差し出した。

「ごちそうさま! 美味しかった〜♪」

瞬間、店の親父が恵美のファンになったのはわざわざ語るまでもないだろう。
彼は後にテレビで恵美の姿を見つけ、この時の少女がアイドルだったということを知るのだが……。

「……ねぇめぐみー」

「私らの錯覚ちゃうならあれやけど、なーんで荷物が増えとるん?」

「いや〜、これはその、あは、にゃはははは……♪」

今はとりあえず置いておき、恵美たち三人の話をば。

先ほどまでの荷物に新たな小袋を一つ加え、
ようやく奈緒たちと合流した恵美が決まり悪そうに笑って言う。

「せっかくここまで来たんだし、劇場のみんなにもお土産買って帰りたいじゃん」

すると海美がポンと思い出したように手をうって。

「そーだ! タコ、タコ買わなきゃ!」

「あ〜……言うても、もうたこ焼きパーティするほどお腹に余裕あらへんし」

「そりゃ、あれだけ食べてりゃそうなるよ」

「まぁまぁ恵美も食べて食べてっ! この蟹のぱりっぱりが……おっ?」

呆れる恵美の口に持っていた唐揚げをあーんしつつ、海美が再び目を輝かす。

「なおなお見てみてあのお店! アイスクリーム売ってるよ!」

「ほんまアイス屋さんってどこにでも……行こかっ!」

「ちょ、ちょっと二人ともまだ食べるの!? さっきお腹一杯って!」

すると慌てる恵美の問いかけに、二人は笑顔でこう答えた。

「そりゃあ女子力高い女の子だもん!」

「あまーいお菓子は別腹やんな!」
41 : ◆Xz5sQ/W/66 [sage]:2017/09/28(木) 22:45:25.80 ID:uAXr0QO10
===
この一コマはこれでおしまい。
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 12:48:20.07 ID:0f2vst2po
恵美が店頭いたら確かによっちゃいそうだわ
43 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/29(金) 23:01:59.67 ID:6cJ7fJ0D0
===6.

プロデューサーの役目と言えば、基本は仕事の管理である。

営業し、企画を立て、アイドルたちの体調管理にメンタルケア、
さらにはレッスンスケジュールの構築と、とにかく仕事の多いこと。

今、765プロにて最も肩書きの多い女。
秋月律子はなんとも難しい顔で自分のデスクに座っていた。

現役アイドルでありながら、
プロデューサーであり事務員であり時に経営補佐でもある彼女。

「う〜ん……謎だ」

そんな律子が首を傾げ、目の前に立っている少女へと顔をやる。
その手には、紙にまとめたレッスン表の下書きが。

「ねぇ可奈? 今後のフリーレッスンのことなんだけど」

「もちろん、入れられるだけのボーカルレッスン希望です!」

「ああいいの。それはいつものことだから、コッチもそのつもりで予定を組むワケだし」

さて、ここで少しばかり説明をしておきたい。

765プロでアイドル達が行っているレッスンは大きく分けて二つあり、

事務所が今後の仕事の内容や活動に合わせて「最低限これだけはやっとくべきである」と予定を入れるレッスンと、
「自分はこのレッスンも受けたいです」と個人が空いている時間に追加する自己申告のフリーレッスン。

この二種類のレッスンを組み合わせて、
アイドルそれぞれの練習スケジュールが毎月組まれることになる……のだが。
44 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/29(金) 23:03:29.55 ID:6cJ7fJ0D0

食い気味で答えてきた可奈に、律子が「落ち着きなさいよ」と苦笑する。

人一倍歌を歌うのが好きなものの、普段の歌唱力は平均よりもグッと下。
そんな矢吹可奈は、だからこそ追加の枠は毎回ボーカルレッスン希望。

それは律子もキチンと把握している問題で、
なるべく彼女の希望に沿うようにこれまでも枠を用意してあげていた。

「可奈がボーカルレッスンにご執心なのは知ってるけど、ただ今月はいつもよりもちょっと、使える枠が減っちゃうかな」

「枠が……減る? 先生に急な予定ですか?」

「ううん。そういうのじゃなくてもっと単純な理由から」

だがしかし、今回は少しばかり事情が違うのだ。
律子が机に表を広げ、可奈に「見たら分かるわ」と促した。

そうすると可奈も不思議そうに、「なにかな〜?」なんて口ずさみながら覗き込み。

「……はれ? なんだかみんな、ボーカルレッスンばかり取ってません?」

「そうその通り、そうなのよ!」

まるでクイズに答えでもしたように、律子が「正解!」と言って可奈を指さした。
それから小さなため息を一つつくと、再び先ほどまでのような難しい表情を顔に浮かべ。

「どうも何日か前に固まって、予定の変更があったみたい。それも受けたのが私じゃなくてプロデューサーの方だったから――」

「あっ、ダブルブッキングってやつですか?」

「だったら話は簡単よ。予定をずらせばいいんだから」

 言って、律子がレッスン表の上に人差し指を滑らせる。
45 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/29(金) 23:05:50.23 ID:6cJ7fJ0D0

「そうじゃなくて、物凄くタイトなスケジュール。
いつもの先生だけじゃとても回せないもんだから、ほら、所々に歌織さんの名前まで書き込んで」

「ひぃふぅみぃ……。えぇっ!? 意外に一杯書いてある……!」

「でしょ? オフまで潰す気なんだから!」

そうしてこの場にはいないプロデューサーの身勝手さを憤慨したように責める律子。

いくら予定を書いた欄外に「了承済み」なんて走り書きがあったとて、
一人のアイドルのお休みをこちらの予定に合わせて削ってしまうなど言語道断。

「だからこんな無茶な予定、通せるワケがないでしょう? 
枠をずらすどころか変更した子を一人ひとり呼んで、ダンスや演技の方にレッスンを変えていかなくちゃ……」

げっそりとした様子で呟く律子に、可奈が「た、大変ですね」と返事する。

「とはいえ、みんなの意向も汲んであげなきゃダメだから。その分可奈の枠は取れそうになくてゴメンねって――」

しかし申し訳なさそうに謝る律子の予想とは裏腹に、
可奈は「大丈夫ですよ!」と力強く首を横に振ると。

「私、今回はダンスと演技のレッスン増やします! 歌の練習は、やろうと思えばレッスンじゃなくてもできますし。
よくよく考えてみたら、いつもどこでも歌ってますし!」

「ホントに? ありがとう可奈、助かるわ〜」

「えへへ〜、そんなに感謝されることじゃ……。あっ、それにそれに、聞いてください律子さん!」

可奈はなんだか誇らしそうに胸を張り、律子に向かって言ったのだ。
46 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/29(金) 23:08:24.84 ID:6cJ7fJ0D0

「ついこの間の話なんですけど、私、カラオケで九十点台を出したんですよ!」

すると律子が眉をひそめ、考え込むように目を細めた。

「可奈が、カラオケ歌って高得点……?」

「はい! いつもはその、六十点とか五十点とかなんですけど……。
でもでもその日は調子良くて、逆にみんなの方が普段の私ぐらいしか取れなくて――」

ぞくり。楽し気に話す可奈の姿に、律子が背筋を寒くする。

もしかしてまさか、でもそんな? 確かめてみるのは恐ろしいが、
だがしかし、万が一ということもあり得るから……。

「あー……可奈? ちょっとだけ聞いてもいいかしら?」

「はい? なんですか律子さん」

「そのカラオケのメンバーって誰と誰? もしかしてだけど……」

そうして律子の口にした事務所メンバーの名前を聞き、
「凄い! どうしてみんな分かるんです?」と可奈が不思議そうな顔をする。

「あっちゃ〜……。やっぱりかぁ〜」

逆に予想が当たった律子の方は、信じたくないといった様子で机に肘をついていた。
さらに彼女は安堵と疲労の入り混じったような笑みを浮かべ。

「えっとね……可奈? 多分だけど、枠はいつも通りに取れるかも」

「えっ? でも律子さん、さっきは難しそうだって……」

「それなんだけど、私忘れてた」

キョトンと聞き返した可奈に、律子がやれやれと首を振った。

「機械だって完璧じゃない。たまにはミスをするってコト」
47 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/29(金) 23:09:56.54 ID:6cJ7fJ0D0
===

 ……ところで、この話には少し続きがある。

「律子、そりゃお前酷いよ」

「うっ」

「可奈がほら、こんなにまで落ち込んで」

「うぅ……」

「よしんば可奈の歌で機械の方が故障して、そのせいで一緒に居た連中の採点が正しくされなかったとして」

「キチンと確かめたワケじゃない、ただの仮説に過ぎませんよね……」

「でしょー? なーのにそんなこと言っちゃあ、可奈がショックを受けるのも当然だろ」

あれから程なく。今は外回りから戻って来たプロデューサーが律子と真っ直ぐ向かい合い、
先ほどのスケジュール問題の顛末について話し終わったところ。

その横には、すっかり意気消沈してしまった可奈も座っている。
48 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/09/29(金) 23:12:24.00 ID:6cJ7fJ0D0

「だからさ、ほら、そっちにも落ち度があったということで」

「……はい。私も随分軽率でした」

「ちゃーんと目を見て謝って。ほら仲直り」

まるで子供を諭すようではあるが、分かりやすいのは大切だ。
プロデューサーの言う通りに律子が可奈と目を合わせ、ゆっくりとその口を開く。

「か、可奈? 話は聞いてたと思うけど……」

「……はい」

「……ごめんなさい。私、ちょっとデリカシーが無さ過ぎたわ」

すると、可奈は無言でふるふると首を振ると。

「わ、私もその……変だな〜とは思ってましたから。むしろ律子さんに言われてサッパリというか、バッサリというか!」

椅子から元気よく立ち上がり、「だからその、逆にありがとうございました! 
千早さんも『慢心は敵だ』っていつも言ってますし、私、もしかしたら調子に乗るとこだったかもしれません!」

「可奈……! ありがとう、そう言ってもらえると凄く助かる」

後半からは一息のうちに言い切って、可奈が大きく一度深呼吸。
成り行きを見ていたプロデューサーもうんうんと何度か頷いて。

「これにて話は一件落着! 可奈、景気づけに美味しい物でも食べに行くか!」

その一言で、途端に可奈が明るくなった。

「プロデューサーさんホントですか!? わーい! なんだか嬉しい、得したな〜♪」

「そうと決まれば善は急げだ。ほら、もたもたせずにすぐ行くぞ」

喜ぶ可奈の腕を取り、プロデューサーがそそくさと部屋を後にする。
その挙動不審な態度に律子は一抹の疑問を抱いたものの、「まぁ、いつものことよね」と一人納得。

数分後、作業を再開した律子のもとに歌織から

「あの、私のお休みについてなんですが。この前出ていた予定よりだいぶ減ってるようなんですけど……」

なんて電話が掛かって来ることになるのだが……
ここでその続きまで語るのは、もはや蛇足と言ってもいいだろう。
49 : ◆Xz5sQ/W/66 [sage]:2017/09/29(金) 23:13:27.37 ID:6cJ7fJ0D0
===
この一コマはこれでおしまい。土日の更新はありません
50 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/02(月) 20:26:32.00 ID:vPsX6YiQ0
===7.

ご飯を食べる女の子って素晴らしい。

実のトコがっつり口を開け、モリモリと食事をしたいのに人目を気にして小さく広げた
カワイイお口で少量ずつ分けて食べてるその姿、人によっては興奮だって覚えるだろう。

……その女の子とは田中琴葉、酢豚を食べてる君のことだ。

「へっ!?」

それとは逆に男性が男性であり男性であるがための
男らしく粗暴な食べ方に、キュンとときめく女子もいる。

琴葉の隣で頬杖をつき、目の前に座る
プロデューサーの食事を眺めている佐竹美奈子のことである。

「美味しいですか? プロデューサーさん」

「ん、可もなく不可もなく」

「美味しいって、言ってくださいプロデューサーさん」

「まぁ決してマズくはないけれど、おかわりするほど旨くもない」

「……美味しくないってことですか?」

「いやいやいや、だからね? 適量、適当、ソツなくまとめたいい塩梅」
51 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/02(月) 20:28:51.78 ID:vPsX6YiQ0

机の上に身を乗り出した、美奈子に迫られ答える男はたじたじだ。
口の中からレンゲを引き抜き、目の前の皿に盛られている美奈子特製かに玉炒飯の山を崩しながら。

「ぱらっとした米に程よく絡まるあんかけと、ふわふわ玉子の掛け布団。
まるで質の良い睡眠のようであり、気分は正に夢心地。ちりばめられてる具にしても、
椎茸、ニンジン、ネギにエビ、定番どころはキッチリ押さえ、旬の筍だって入ってる」

「彩りのグリーンピースも忘れないであげてくださいね」

「しかもカニがな、本物だし」

「そりゃ、カニカマなんて出しませんよ。お店の料理なんですから」

美奈子が口を尖らせ言う通り、ここは中華料理の専門店。
その名をズバリ「佐竹飯店」そう! 彼女の実家の店だった。

入り口からは目の届かぬ、奥まった席に座る三人。
何をしてるかと説明すれば、並んで昼食真っ最中。

グラスの水を流し込み、プロデューサーが美奈子に言う。

「でもね? 量がね? ちょっとねぇ……」

「男の人には物足りません?」

「否! 絶妙過ぎてて食うのが怖い。あと一口、もう一口」

そうして男が皿の上の、三分の二をその胃に納めて嘆息する。

「この皿が空になった時、必ずこう思う予感がする。……ああ、あと少しだけ食い足りない」

「そこでおかわりじゃないですか!」

「山盛り炒飯をもう一皿? ……勘弁してくれ、死んじまうよ!」
52 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/02(月) 20:31:01.93 ID:vPsX6YiQ0

大げさな悲鳴を一つ上げ、男が渋い顔をして美奈子を見た。
すると彼女は「だったら」と、良いアイディアがあると言わんばかりに指を立て。

「並より少ない量にすれば、食べてくれるってワケですよね? なら、おかわりの量は中盛りで――」

「待て待て待て待て中盛りってなんだ? そいつは並とは違うのか?」

慌てて尋ねたプロデューサーに、美奈子は笑顔で肯くと。

「今食べているそのお皿の、大体五分の四ぐらいです」

「それ、単なる普通のおかわりじゃ」

「中盛りがダメなら小盛りにします? こっちは四分の三ですよ♪」

「いやぁ、殆ど変わりがない」

「なら一番少ない末盛りに。お皿の面積八分目です!」

「もうすっかり想像すらできん……」

男は美奈子に向かって微笑み返し、炒飯の始末に取り掛かる。
途中、緑の小豆にレンゲの行く手を阻まれたが、彼は器用にソレを取り除き。

「なぁ琴葉」

「はい、なんですか?」

「グリーンピース食べてくんない?」

言うが早いか琴葉の皿に、集めた小豆をぶちまける。

「えっ、あの、ちょっと待っ――な、なにをっ!?」

「お前の酢豚、彩りがな。さっきからそれが気になって」

「緑ならここにピーマンがいます!」

箸でしっかと捕まえて、掲げて見せるミス田中。
その瞬間、美奈子が「なるほど!」と声を上げた。
53 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/02(月) 20:36:17.99 ID:vPsX6YiQ0

「インゲンなんかは入れますけど……グリーンピース、それもアリかも」

そうしてすっくと立ちあがり、エプロンを絞め直すと美奈子は男に言ったのだ。

「プロデューサーさん、早速試作して来ますね! とりあえず、バリエーション込みで三つぐらい!」

「う、ん?」

「かに玉の平盛りもありますから、全部で四品……。少しだけ時間がかかっちゃいますけど。
きっと、お腹が減るには丁度いいくらいになりますよね♪」

ギュッと脇を閉じガッツポーズ。

厨房に美奈子が消えるのを見届けて、男は琴葉に顔を向けた。
グリーンピースを箸でつまみ、口に運んで彼女が言う。

「良かったですね、プロデューサー。お腹一杯になれますよ?」

……とはいえ、琴葉が冷たい態度を取れたのもその一瞬がピークだった。

美奈子が試作の酢豚を持って来ると、結局彼女も箸を取り、
「そ、そんな恨みがましい目で見ないでください! ……居心地悪いじゃないですか」なんて加勢することになるのだから。

ああ、それにしても美味しそうにご飯を食べる女の子って素晴らしい。
時折口元を押さえたり、ズボンのベルトを緩めてお腹に余裕を作ったり。

「うぷっ……。もうダメ、これ以上はムリ……!」

それでも目尻に涙をためながら、もっきゅもっきゅと口を動かす琴葉だった。
54 : ◆Xz5sQ/W/66 [sage]:2017/10/02(月) 20:40:06.23 ID:vPsX6YiQ0
===
この一コマはこれでおしまい。田中さん今週誕生日ですね。ミリシタにサプライズ登場とかしないかなぁ。
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 09:54:27.99 ID:/BCql5nXO
琴葉と美奈子はかなりつながり少ないからこういうので読むのは楽しいな
56 : ◆NdBxVzEDf6 [sage]:2017/10/03(火) 18:59:08.15 ID:245R1GW40
どうなるんだろね、誕生日

>>37
横山奈緒(17)Da/Pr
http://i.imgur.com/ondvToc.jpg
http://i.imgur.com/Nh7PoEx.jpg

高坂海美(16)Da/Pr
http://i.imgur.com/m9VYe4I.jpg
http://i.imgur.com/rzLkPNw.jpg

所恵美(16)Vi/Fa
http://i.imgur.com/GNH7iGY.jpg
http://i.imgur.com/a2Ghj4r.jpg

>>43
秋月律子(19)Vi/Fa
http://i.imgur.com/8h2rs5n.png
http://i.imgur.com/FUliF1H.jpg

矢吹可奈(14)Vo/Pr
http://i.imgur.com/kQHQF7j.jpg
http://i.imgur.com/ZR0He5K.jpg

>>48
桜守歌織(23)An
http://i.imgur.com/JWlIySg.png
http://i.imgur.com/HjgOTKn.png

>>50
田中琴葉(18)Vo/Pr
http://i.imgur.com/5cGQanJ.jpg
http://i.imgur.com/JJhinlS.jpg

佐竹美奈子(18)Da/Pr
http://i.imgur.com/sQWkK17.jpg
http://i.imgur.com/7L2eJqW.jpg
57 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/04(水) 18:25:17.95 ID:t9VFdT8i0
===8.

その日、貴音がなんだか変だった。

自分と一緒にやっている、「生っすかウェンズデー」の収録中もうわの空。
こっちのことも、ディレクターのことも、聞いてるのか聞いてないのか生返事。

それでね、収録が終わったら聞いてきたの。「響、今夜の予定は空いてますか?」って。

「予定? 今日の? ……特にないけど、どうかした?」

「では今晩、響の家に伺ってみてもよいですか?」

「別にいいけど。なに? またウチにご飯食べに来るの?」

そう、そうなんだ。貴音はちょくちょくウチに来る。
遊びに来るって名目で、ご飯を食べにやって来るの。

……別にたかられてるとかそんなんじゃなくて、一人でご飯を食べるより、二人で食べる方が美味しいから。

どっちも一人暮らしだけど、向こうにはハム蔵やいぬ美たちみたいな家族
(あっ、ウチで飼ってる動物たちのことね)が居ないからさ。

だから貴音に訊いたワケ、またウチにご飯食べに来るのって。

貴音は上品そうな見た目の割に、自分もビックリするぐらい食べるから……。
彼女が家に来るときは、こっちもそれなりに準備しなきゃ。

じゃないと、冷蔵庫の中身が壊滅! なーんて事態がわりと頻繁に発生する。
家族の食費プラス貴音。うぅ、我が家のエンゲル係数は、下がる見込みがございません。
58 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/04(水) 18:28:24.58 ID:t9VFdT8i0

でも今日の貴音は違ったんだ。
やっぱりどこか心あらず。曖昧に「はい」って頷くと。

「響は、今日が何の日なのか知ってますか?」

「今日? 今日は……いっつも余裕が全然ない、生水のちょうど収録日」

「ではなく」

「違う? じゃあ……。分かった! 誰かの誕生日!」

「明日は琴葉嬢の誕生日ではありますが、本日はどなたも」

「これも違うの? う〜ん、他になにかあったかなぁ」

ゼンゼン思いつけない自分に、それでも貴音は黙ったまま。
ヒントとか、くれても別に構わないのに。……っていうかヒント! それ!

「ヒントちょーだい!」

すると貴音は左手を、自分の頭にくっつけて。
まるで動物の耳が動くようにぴくぴく動かして見せたんだ。

「耳? ……犬かな?」

「響、自分は今どんな恰好をしていますか」

「どんな恰好って、生水でやってたチャレンジの服装まんまだから……」

言われるままに自分の服装を確認する。

頭につけたうさぎ耳、羽織ってる上物のバニーコート、
お尻にはしっぽがついてるし、貴音とお揃いのレオタード。

履いてるヒールの踵だけは、ぽっきり折れちゃってたけれど。

……毎度のことながら大変さー。

今回の『うさぎ跳びで赤坂ミニマラソン』なんてチャレンジがどうして会議を通ったのか。
というか、うさぎ跳びってマラソンじゃないし。
59 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/04(水) 18:30:49.85 ID:t9VFdT8i0

「うさぎさんだよ」

「そううさぎ。それなのです」

貴音がスッと指をたて、説明口調で話し出す。

「秋が来て、夜のうさぎは月恋し。……十月四日、本日はいわゆる十五夜を迎える日となります。
夜には空に浮かぶ月に、団子やススキをお供えし――」

「あー、お月見かぁ。そう言えばそんな時期だったね」

「響……。どうして二人がこのように、面妖な衣装を着ているかを忘れてしまっていたのですか?」

「えっ」

「ちょうど放送日が重なるからと、急遽企画が変更され――」

「あ、ああそう? そっか! それでこんな変な企画になったっけ」

「はぁ……。真、しっかりしてください」

呆れたようなその台詞に、ちょっとイラっとはしたけれど……まぁいいや。

うさぎ跳びしたのは自分一人だけど、貴音も番宣用のプラカードとか持って色んな人に見られてたし。
(自分なら、恥ずかしくって死んじゃうぞ!)

お互い今日のお仕事は、大変だったと思うんだ。うん。


「とにかく、今宵は労も労おうと。たまには心静かに月を見て、二人で夜を過ごすのも悪くないかと思ったのです」

なるほど、そういう事なら話は分かる。
貴音は月に関心があるみたいで、時々夜空を見上げては切ない顔をしていたし……。

きっと、お月様のことが好きなんだな!
だからこの手のイベントには目が無いんだと、自分の中で解釈する。

「それじゃ、いいよ。お団子用意して待ってるから」

「まぁ、それは実に楽しみな――」

「ああでも、お月見だからご飯の準備はいらないよね? 貴音も食べてから来るんでしょ?」

そう一応聞いてはみたけれど。
予想通りと言うべきか、貴音は急に険しい顔になって。

「いえ、食事は食事、月見は月見。それとこれとは話が別です」

うん、まぁ、そうだよね。……冷蔵庫、中身は十分あったかな?
60 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/04(水) 18:32:22.31 ID:t9VFdT8i0
===

家に帰って、買い出して来た食材たちを片付ける。
お団子も食べることになるから、そんなに量も、凝った食事もいらないよね。

手を洗って、エプロンつけて、腕まくりもしたら準備完了。

「それじゃ、今からみんなの分作るね」

いぬ美たちにそう声をかけて、各々に合ったスペシャルメニューに取り掛かる。
お肉を切ったり、野菜を切ったり、餌用マウスを用意したり。それで、ニンジンを切ってる時にふと気づく。

「あ、うさ江」

そう、家にはうさぎのうさ江がいるじゃないか。
お月見と言えばうさぎだし、今日はいつもより少しだけ、ご飯にイロつけといてあげよ♪

……とまぁ、そんなことを考えながら家族のご飯を用意していると、突然玄関のチャイムが鳴った。

多分貴音だ。夜にはまだ少し時間があるけど、きっと待ちきれなくて来ちゃったな。

キチンと刃物類を仕舞い、洗った手をエプロンで拭きながら玄関扉を開けに行く。
61 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/04(水) 18:33:34.13 ID:t9VFdT8i0

「はーい! 貴音、いらっしゃい!」

で、元気よく扉を開けてみれば。

「こんばんは、響ちゃん! ……来ちゃった♪」

「逃げろー!!」

「お邪魔しちゃうね♪」

「みんな逃げてっ! 麗花が来た!」

立っていたのは北上麗花。迷惑千万なお隣さん。

彼女は腰に抱き着いた自分を引きずりそのまま家の中に侵入。
ご飯の準備を待っていたいぬ美たちの姿を見つけると。

「ハァイ! みんな元気してた?」

ベタベタベタベタ触りまくる。頬ずり抱きしめ愛撫の嵐。

こらいぬ美、軽々しくお腹を晒さない! へび香、嬉しそうに巻きつかない!
シマ男もハム蔵もモモ次郎も、ご飯以外のナッツはダメー!!

「ブタ太もねこ吉もオウ助も、みぃんな元気でなによりなにより」

そうしてうさ江を抱きながら、ワニ子の背中に頭を乗せる。
あっという間に家の中は、麗花の王国になっちゃった。
62 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/04(水) 18:36:54.18 ID:t9VFdT8i0

「動物ぶつぶつぶどうかーん♪」

「えぇ〜……」

「完熟じゅくじゅくハヤーシラーイス……あ、そうだ! 響ちゃん、今日のご飯はハヤシライス?」

「うぇ!? ち、違うけど」

「そうなんだ。私、カレーライスとハヤシライス、どっちが強いか気になってて」

「ううん、ごめん。ワケわかんない」

訊いて来た麗花に笑顔で答えて、ドッと感じる肩の重み。

はぁ、やっぱり説明はしなきゃダメ? 北上麗花、こう見えて二十歳。
自分の住んでるマンションの、隣に住んでるお隣さん。

それからここの所が重要で、自分と同じ765プロ所属、いわゆる一つのアイドル仲間。
そりゃ、麗花は裏表の無い良い人だから、自分も嫌いじゃないけどさぁ……。

「ふんふんふーん♪ ワニ子ちゃんの牙、いつ見てもピカピカしててカッコイイ! ……一本ぐらい貰っても――」

「ダメに決まってるでしょ何してるの!? 手なんか入れちゃって噛まれたら――」

瞬間、麗花の腕が中にあるのに、バクリと口を閉じるワニ子!

「うぎゃーっ!!?」

「きゃあーっ!!」

部屋に悲鳴が響き渡り、自分は思わず顔を伏せて……。

恐る恐ると目をやれば、麗花はケロリと転がってた。
こっちに見せた右手には、ちゃあんと肘から先が残ってる。

「ビックリした?」

「当然でしょ!」

「怒らないでよ響ちゃん。今度の事務所のパーティで、披露しようと思ってるの」

そうしてワニ子の鱗を撫でながら、「やったね♪」なんてピースサイン。

ああ、もう! ああ、もう! なんて言ったら良いかが分かんないけど!!

……ホントに麗花は自由だよ。ヒマを見つけちゃ遊びに来るし、ハム蔵たちとも仲良いし。
だけど自分、ちゃんと知ってるよ? 最近家の中の地位が、麗花に負け始めてるってこと!
63 : ◆Xz5sQ/W/66 [sage]:2017/10/04(水) 18:37:56.31 ID:t9VFdT8i0
琴葉の誕生日を挟んで後半へつづく。
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 00:44:55.77 ID:WFoBvDFvo
ことはおめでとう
65 : ◆Xz5sQ/W/66 [sage]:2017/10/05(木) 20:26:13.71 ID:TzvX0Up20
【ミリマス】君のその指にリースをはめて
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507199333/

琴葉誕生日話。世界線は同じなので、グリーンピースを押し付けられた三日後ぐらいの話ですね。
66 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/10(火) 22:18:15.14 ID:HHwJzBVN0
===

「なるほど、それで麗花がココに居たのですか」

「そうなの。だから私がいるんだよ! えっへん♪」

いやいや、威張る必要はないけれど。
結局麗花が来てから少しすると貴音も我が家にやって来た。

それも自分で買って用意した、大量の食材が入ったビニール袋をその手にして。
あんまりインパクトがあったから、一緒に持って来たススキの存在にしばらく気づかなかったぐらいだぞ。

「でも貴音、ウチの冷蔵庫パンパンだよ?」

「ならば空けるのをお手伝い致しましょう」

そうしていそいそと冷蔵庫から、ハムだのチーズだのといったすぐに食べれそうな物を取り出す貴音。
麗花と二人で6Pチーズを齧る姿なんて、まるで大きな二匹のネズミみたい。


……あ、分かった。

最初からこうすることが目的で、アレコレ買い込んで来たんだな。
67 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/10(火) 22:20:46.46 ID:HHwJzBVN0

「はいはいありがと、そこどいてね。これからお団子作らなきゃ」

いつものようにそんな二人を冷蔵庫の前から追い立てて、
月見団子を作るための団子粉なんかを調理台の上に用意する。

するとボウルを手にした麗花が隣にやって来て、
「じゃあじゃあ私もお手伝いするね」なんて言うからさ。

「麗花も? ……変な物作ったりしない?」って恐る恐ると訊いてみると、麗花は「もちろん!」と自信満々の笑顔で答えたんだ。

「お菓子は家でも作ってるし、こう見えて泥団子を作るのも得意だよ?」

「なんだろ。それに違和感感じないのが違和感かも」

でもまっ、食べ物かどうかはさておいても何かを丸めるのは得意みたい。
お湯を作るためにお鍋の水を火にかけて、団子粉にも水を混ぜてボウルの中でこねこねこね。

「響、このお湯少々頂いても――」

「カップラーメン用だったら、ポットの中から取ってよね」

邪魔する貴音もあしらえば、麗花がいい感じにまとめた生地を
まな板の上で棒状に伸ばし切って行く様子を「うんうん順調」とチラ見して――ちょっと待つさー!
68 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/10(火) 22:23:51.90 ID:HHwJzBVN0

「トントンどんどん、うどん、どんっ♪」

「ちょっと麗花お団子! 今作ってるのはお団子だから!」

「さて問題! このおうどんの作り方を私は誰から教わった?」

「うぇっ!? そ、そんなの考えるまでもなく――」

「ハイ、時間切れでーす。答えは静香ちゃんでした♪」 

「せめてもう少し待って欲しかったぞ!」

全くもう、ちょっと気を抜けばすぐこの騒ぎ。

もう一度生地を丸めなおして、お団子を湯がいてもらってる間にこっちもこっちですることを。

「よっと」

じゃっ、じゃーん! 冷蔵庫から取り出しますは、事前に用意してた小豆。
……まぁ煮豆缶から取り出して、水気を切っただけの物だけど。

これを出来立ての月見団子へと(ホントはこれもお団子じゃなくて、お餅を使うべきなんだけどね)
その辺は割と臨機応変。一粒一粒潰さないようにペタペタくっつけていけばほら完成!

お皿の上に盛り付けて、貴音たちに見せれば返って来るのは驚きの――。

「響……。そのぐろてすくな見た目の食べ物は一体?」

「なんだか虫がたかってる?」

「見えない、言わない、連想しない! これが沖縄の月見団子、その名も"ふちゃぎ"って言うんだぞ!」

人が用意したお団子見て、なんて言い草の二人なんだ!
69 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/10(火) 22:25:55.67 ID:HHwJzBVN0
===

まぁでも、そんなこんなで準備を終えれば三人で夜のベランダへ。

「名月や、ああ名月や」

「それにつけてもふちゃぎふちゃぎ♪」

「二人ともさっきから食べてばっか。少しは月も見てあげなよ」

リーンリーンと虫の声は、都会じゃちょっと難しいけど。

それでも夜風に当たりながらお月見するのはだいぶ新鮮。
花より団子な二人と違って、自分、風情の分かる女ですから。

「響ちゃんはふちゃぎ食べないの?」

「自分の分はちゃんと避けてる。そっちの大皿は二人でどーぞ」

もぐもぐと口を動かしてる、麗花に訊かれてお皿を見せる。
貴音たちと一緒に食べる時は、自分の取り皿を用意するのが劇場メンバーの常識だもん。
70 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/10(火) 22:28:54.88 ID:HHwJzBVN0

飾ったススキを眺めたら、月を見上げてふちゃぎふちゃぎ。

「そう言えばこのお月見って、何をお祝いしてるのかな?」

ふと気になったことを口に出すと、貴音がすぐさまこう答えた。

「月見は秋の収穫祭。そもそも旧暦の八月九月十月と、三月(みつき)に渡り行う物。
……十五夜の『芋名月』を始まりとし、十月に見る『十日夜の月』をもってして、秋の収穫終わりを知るのだと」

「へぇ〜……。貴音ちゃんってば物知りだね!」

「夏から秋へ、秋から冬へ。月見で始まり月見で終わる。季節の移り替わる様を、月の満ち欠けに重ね見る――」

そうして月を仰ぎ見る、貴音の横顔は凄く神秘的。
……これでふちゃぎをもぐもぐしてなかったら、随分様になったのに。

でも、昔の人のそういう考え方は自分も好き――うまく言葉にできないけど、
自然の移り変わる様に自分たちの生活を重ねて生きるってことは――

沖縄で過ごしていた時に感じていた、
都会に出てからは忘れがちな"てろてろ"っとした時間の流れを思い出せるから。


……うーん、ロマンチックって言うのかな? 自分、こういうのを表現するのは苦手だから。
あんまり考え過ぎてると、頭が「うぎゃー!」ってなっちゃうし。
71 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/10(火) 22:31:16.92 ID:HHwJzBVN0

「後はそう、"月見泥棒"と言う催しも」

その時、貴音が聞き慣れないことを言いだした。
……月見泥棒? お月見の夜に出る泥棒?

「ねぇねぇ教えて、気になるな!」

麗花も気持ちは同じみたい。自分たち二人にせがまれると、
貴音が解説の為にスッと人差し指を優雅に立てた。

「月見泥棒。それは月見の夜に限っては、お供え物を盗んでも良いとする子供に向けた風習です」

「えっと、お供え物って言ったら――」

「ススキ?」

「お酒とか」

「団子、芋、栗、柿、枝豆それに菓子類など。近隣住民へのおすそ分けに、遊び心を加えた催しかと」

なるほど、そういう風習もあるんだね。
意外や意外、妙な貴音の知識に感心しつつ自分はふちゃぎの乗ったお皿に手を伸ばして。

……でも、その時初めて気づいたんだ。
取り皿に避難させておいたはずの、自分のお団子がすっかり無くなっていたことに。
72 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/10(火) 22:32:55.27 ID:HHwJzBVN0

「あれ? 変だな……」

「どうかしたのですか、響?」

「急にキョロキョロしちゃったりして」

「う、うん。あのね? 自分の分のお団子が――」

だけどすぐさまピンと来た。目の前に、物凄く怪しい二人組が揃って座っていることに。
証拠は何もないけれど、こっちが話を聞いてる間にこっそり盗んで行ったのかも。

それで二人を問い詰めようと、体ごと二人に向いた時だ。

「――二人とも勝手に食べたりした? ……って、今聞こうと思ってたんだけど」

貴音と麗花の前にある、お皿の上にはまだふちゃぎが一杯残ってた。
当然、目の前に食べ物がある間は人の分にまで食指を伸ばさない彼女たちだから。

「……私は、全く身に覚えがないですね」

「私もだよ? 響ちゃんから貰わなくても、まだまだここに残ってるし」

キョトンと聞き返されちゃって、初めて感じる悪寒かな。

な、なら一体、誰が自分のふちゃぎを食べたのさっ!
73 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/10(火) 22:34:04.83 ID:HHwJzBVN0

「気づいたら、お皿が空っぽになってたの!」

「えぇ!? そんなことって響ちゃん……」

「真、面妖な話になりますが――」

そうして貴音がこっちを向き、自分の(私のね)後ろの空間を凝視しながら震える声で言ったんだ。

「……既に現れていたのかもしれません。先ほど話した月見泥棒」

その瞬間、自分は二人の間に飛び込んだ!
もうね、白状しちゃうけどお化けとかゼンゼンダメだから! 

二人の肩に抱き着いて、泣きべそかいて叫んだの。

「二人とも、今日は自分家に泊まってってぇ!!」

そんなお月見の夜のプチ騒動。自分の話はこれでおしまい!
74 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/10(火) 22:41:18.14 ID:HHwJzBVN0
===
この一コマはこれでおしまい。響誕生日おめでとう!
ミリシタの挨拶で駆け寄って来る姿に可愛いと心底悶えたその後で、ホワイトボード見て崩れ落ちた。

次回は翼と美希をメインとした、ちょっと長めの話を予定中です。
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 11:27:57.35 ID:miQp7gGKO
中秋の名月は軒並み雨降っちゃうのが残念
だからこそ月見団子を見て雨雲の上の月をイメージするんだよねぇ
ほのぼのとした雰囲気が素晴らしかった
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 20:51:04.15 ID:4Q/5qyl6O
「てろてろ」って何だったっけ
矢野顕子を思い出すけど
77 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/21(土) 18:17:49.58 ID:3SwLj5em0
===9.

えっと、それじゃあプロデューサー。今から私の話を聞いてください!
え? その前にいつもの「アレ」しないか? ……私と一緒に手を上げて――。

「ハイ、ターッチ! いぇいっ♪」

うっうー! やっぱり初めにコレすると、テンションがバーンって楽しくなっちゃいます!
……プロデューサーも同じですか? えへへ、だったら嬉しいかも。

これから話す出来事も、そんな心がパーっとなって、ポカポカ〜ってするような嬉しいお話だったんです!
78 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/21(土) 18:19:15.64 ID:3SwLj5em0

あの、私って普段はスーパーでお買い物してるじゃないですか。そうです、その、もやしの特売をやっている。
でもよく行くお店はそこだけじゃなくて、商店街にもあるんです。

……私の言ってる商店街、ドコのことだか分かりますかー?
ほら、前にロケだってした。豪華堂のある商店街。

交通費のことを考えると、いつものスーパーよりもちょっと高いかなーって思ったりすることもありますけど、
それでも運が良い時には、すっごいおまけが貰えるんです!

この前は「売れ残りだ」って、こーんなパイナップルを一つ。

家に帰ると浩太郎が、自分の顔と同じ大きさだ! なんて言いだすから
誰の顔が一番パイナップルに似てるかなんて言う遊びをみんなが始めて大騒ぎ――はわっ!? は、話が脱線しかけてた?

うぅ、ありがとうございますプロデューサー。
それで、どこまで話しましたっけ?
79 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/21(土) 18:20:39.41 ID:3SwLj5em0

商店街を使ってる、理由の説明まではした……。

じゃあ次は、『そこでなにがあったか』――ですね! "いつどこで、誰がなにをした"。
こういうのを『ごーだぶりゅー』って言うんだって、この前テレビで言ってました!

……えぇっ!? それを言うならごーだぶりゅー、いちえいち?
ろく、だぶりゅー、いちえいち? ごー……だぶりゅー……さんえいち……?

そもそも本家本元は、ふぁいぶ……だぶりゅーず――う、うぅ〜!!
よ、呼び名と種類が一杯あって、頭がグルグル〜ってしちゃいます……!

それに、プロデューサーはなんで笑ってるんですかー?
ワザと難しい言葉を使うなんて、そういうのちょっと、意地悪かなーって。

……え? 可愛かったからつい? ……プロデューサーって時々変なこと言いますよね。
さっきまでしてた話の中に、可愛い子なんていたかなぁ……浩太郎?

う〜んホントに誰なんだろ……えっ? あっ!
プ、プロデューサーの言う通りですー! さっきから話が進んでない……。
80 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/21(土) 18:21:37.84 ID:3SwLj5em0

えっと、じゃあ続きなんですけど。私、この前もべろちょろを持って商店街まで行ったんです。
お給料日より前だったから、いつもに増してべろちょろもグーってお腹を空かしてて。

お得な特売だったり安売りだったり、あとそれと、
またおまけも貰えちゃったりしないかなーって、えへへ……♪

しっかりしてるな、ですか? ……うーん、それは、ちょっと違うかも。
プロデューサーも知ってますよね? 私の家はビンボーだから、やっぱりそういうチャンスには期待しちゃって……。

これって、まだダメな甘え方になりますか? だったら私、あの日の亜美と真美との約束を――あ、ご、ごめんなさい!
また脱線しかけてましたよね。今日はガタターって沢山脱線しちゃってて、なんだかプロデューサーに悪いです。

私、久しぶりに二人きりでお話できてるから、言いたいことが一杯あって……。

でも今日するお話はちゃーんと決めて来ましたから、この話だけはビシーッと最後まで話しますね。
だからプロデューサーにも終わるまで、付き合ってもらえると嬉しいです!
81 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/21(土) 18:58:13.93 ID:3SwLj5em0
===

えーっと、それじゃあ続きを話しますね?
私、そんな風に商店街を歩いてる途中で千鶴さんと出会ったんです。

え? どっちの千鶴と会ったんだ……。プロデューサー、何言ってるんですか?
千鶴さんは千鶴さん。松尾なんて人は事務所にだっていませんよー。

それで、その千鶴さんが「あら高槻さん、ごきげんよう」って私に挨拶してきたから、
私も急いで「千鶴さんこそ、ごきげんよう」って慌てて返しちゃったんです。

もうそれが、なんていうか少し恥ずかしくて。私、千鶴さんみたいなセレブな人でもないのになって。
ビンボーだし、綺麗じゃないし、着ている服もヒラヒラじゃないし。

でも千鶴さん、「今の挨拶、とっても自然でしたわよ」って、可愛かったって笑顔で褒めてくれましたー。
お世辞だって分かってても、やっぱりホントは嬉しくて。それから商店街のお店を回って二人でお買い物したんです。


プロデューサーは知ってました? 千鶴さん凄いセレブだから、商店街の人たちみんなに顔も名前も知られてて。
通りを歩いてるだけで千鶴ちゃん千鶴ちゃんって大人気!

私、アイドルとしては千鶴さんの先輩なんですけど、そんな私よりももっともーっと人気者で、
ホントにもう、『ザ・商店街のアイドル』って感じだったんですー!

それにその、そんな千鶴さんと一緒にいたからか、いつもより気前よくおまけして貰えて。
食費が浮いて嬉しいですってお礼を言うと「わたくしがお役に立てたのなら、それはなにより喜ばしいことですわ」って千鶴さん。
82 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/21(土) 18:59:51.39 ID:3SwLj5em0

もうその時の笑顔の千鶴さんが、スッゴクカッコよくて素敵でした!
私もセレブになれるなら、千鶴さんみたいなセレブになりたいなーって心の底から思っちゃったぐらいで、えへへ!

それで、あるお店の前に行った時にもやっぱり「今日はお友達も一緒かい?」ってお店の人に声をかけられて。
そこ、お肉屋さんだったんですけど……あぅ、その日に持ってた予算だと、お肉の予定でも無かったんですけど。

その時、千鶴さんが私に言ったんです。

「そうそう、高槻さんはご存じでして? 本日はわたくしの生まれた記念日ですの」

もう私、それを聞いて「えぇーっ!?」ってスッゴク驚いちゃって、多分、叫んだ声も商店街中に響いてて。

だって、知らなかったから。プレゼントなんかも用意してないし、
私、色々良くしてもらったのに、おめでとうございますしか言えなくて……。

そんな私に、千鶴さんが言ったんです。

「本来ならば、この出会いも何かの縁。わたくしの誕生パーティーに高槻さんをお呼びしたかったところなのですが……。
急にお誘いしてしまってはかえってそちらの迷惑でしょう?」

もう私、「はわっ!」ってなって「わわーっ!」ってなって、お返事もろくにできなくて。
その間にも千鶴さんは、お店の人に何か言って。気づいた時には私の両手にお肉の包みがあったんです。

「ですから、これはパーティーに出席した代わりと言うことで。
わたくしからささやかな物ではありますが、お土産を持たせてくださいな」
83 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/21(土) 19:01:54.76 ID:3SwLj5em0

もちろん「こんな高価な物なんて頂けませんー!」って
その場で返そうとしたんですけど、

千鶴さんには「気持ちよく受け取って頂きたいの。それに今日一緒に商店街で買い物をした、
楽しい時間のお礼も兼ねていますのよ」なんて押し切られる形で貰っちゃって……。

結局そのままお礼を言って、家には帰ったんですけど。
私、一晩寝ても胸のモヤモヤが消えなくて。

改めて千鶴さんになにか、プレゼントを渡したいなーって。

でもセレブなプレゼントってよく分からないし、あんまりお金もかけられないし……。
あぅ、そうです。プロデューサーの言う通り、相談したら、何かいいアイディアを教えてくれるかも! ……って思って今日は私。

だから、その、プロデューサー!
私にできるプレゼント、一緒に考えてくれますか?
84 : ◆Xz5sQ/W/66 [saga]:2017/10/21(土) 19:05:33.16 ID:3SwLj5em0
===
この一コマはこれでおしまい。千鶴さんお誕生日おめでとうございます。

急遽オチを変えたので>>77

・これから話す出来事も、そんな心がパーっとなって、ポカポカ〜ってするような嬉しいお話だったんです!

は無かったことにしてください。千鶴さんの呼び名が「高槻さん」から「やよい」に変わる話に繋がる予定。
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/21(土) 23:09:02.33 ID:6BBJZkzWo
otsu
79.74 KB Speed:3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)