【安価】ノープランで魔法少女になる【オリジナル】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 00:27:40.70 ID:CbYTWYxiO
>>1の気晴らしと息抜きのためのスレです
>>1は現在別スレを動かしている最中です
唐突にエタる可能性が有ります

予め御了承下され

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506958060
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:29:54.87 ID:JDppmxCRO
エタる時は一言いってくれるなら怒らないから頑張って
3 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 00:31:28.90 ID:CbYTWYxiO
取り敢えず全体のテーマとかモチーフみたいなものを決めておこう
5分間くらい募集して良さそうなやつを>>1が適当に選んでコンマで最終決定
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:34:16.65 ID:JDppmxCRO
魔法少女(ただし変身するのは男)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:34:26.25 ID:2xaqMqmKo
魔法少女vsゾンビ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:35:12.99 ID:ne+Ofp1Eo
動物がモチーフ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:35:30.74 ID:fqRqjCcEO
魔法少女同士でバトルロワイヤル

人数とか決めちゃえば風呂敷広げすぎてってならなさそう
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:36:15.15 ID:88gnHW+TO
>>4
これやるなら男に戻れないパターンがいいな
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:38:10.02 ID:XQ/Of4who
くっ…乗り遅れた
10 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/03(火) 00:39:45.92 ID:CbYTWYxiO
(もうちょっと欲しいので45分まで延長)
11 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 00:40:12.90 ID:CbYTWYxiO
age
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:40:28.42 ID:XQ/Of4who
ラッキー
魔法少女VSエイリアン
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:43:57.55 ID:YL650uLgo
魔法少女から魔神になれる逸材を探す物語
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:44:10.39 ID:/lSnFJ3Z0
返信させられるのは大なり小なり罪を犯した人

罪滅ぼしの意味合いで変身する
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:44:23.97 ID:f3AAyEiE0
日常空間と同じような誰もいない魔法空間が認識出来る少女が魔法少女になれる
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:45:09.78 ID:E5vHNrMO0
獲物の取り合いすら発生する危険な怪人ハント
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:45:59.91 ID:wgStykhwo
平和のために悪になる魔法少女
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:46:50.69 ID:9QFzWDc/O
45分超えてるのに書き込む奴は何なのか
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:47:10.58 ID:7+zNNep/O
魔法少女ではなく魔法少女の契約をさせる者が主人公
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:48:14.34 ID:9QFzWDc/O
45分超えてる奴は採用するなよな。野放しにしてるとわがまま言い出すから
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 00:57:24.35 ID:Yu+bt72xO
この時間帯に立ててメイキング始まるスレって大抵始まらないような
22 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 01:03:20.17 ID:CbYTWYxiO
>>15までね

ティンときたのは

>>7
>>12
>>14


下1コンマ
1〜3 バトロワ
4〜6 贖罪
7〜9 エイリアン
0 混ぜよう
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 01:04:57.98 ID:XT4aqVqEO
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 01:07:01.55 ID:XQ/Of4who
エイリアン来たコレ!
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 01:07:59.00 ID:Yu+bt72xO
あ、そういうのいいです
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 01:23:58.54 ID:cXyIaFyL0
エイリアンがコミカルにされるのか魔法少女が残虐ファイトされるのか
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 01:25:32.55 ID:l/99kAfHO
このテンポは…どうだかな
28 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 01:26:34.09 ID:OTikZuGZO
エイリアン、外来的敵性生命体

主人公のアライメント

下1 1ほど秩序を重んじる9ほど混沌としている 0は特殊
下2 1ほど道徳を重んじる9ほど手段を選ばない 0は特殊
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 01:27:46.47 ID:l/99kAfHO

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 01:28:06.94 ID:mRMbsCemo
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 01:28:09.81 ID:l/99kAfHO
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 01:38:45.81 ID:XQ/Of4who
C−N
33 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 01:53:13.78 ID:CWyqPAFuO
アライメント 混沌・中庸

よく言えば自由奔放、悪く言うなら傍若無人
極端に道徳心が薄いわけではないが法的秩序には無頓着

図太そう
34 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 01:59:51.33 ID:jk9AbYzBO
はい、この主人公が戦っているわけを2:05分まで募集
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:01:46.31 ID:cXyIaFyL0
魔法少女の才能があったために政府に人質を取られ戦うことを余儀なくされている
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:03:36.54 ID:E5vHNrMO0
家族がエイリアンの犠牲に
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:04:20.02 ID:7GK8SIMi0
ナマモノ拾って巻き込まれた
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:04:40.40 ID:wLfMgPfHO
魔法少女の素質のために普通に生きてもエイリアンに狙われるため
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:05:16.72 ID:Z3lN8QJ9o
エイリアンに作られた人造人間だから
40 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 02:07:57.51 ID:/jUCMYp+O
直後コンマ

1〜3 人質
4〜6 仇
7〜9 素質
0 混ぜる
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:08:53.56 ID:Kis2nSIX0
42 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 02:12:51.85 ID:/jUCMYp+O
敵討ちのため
43 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 02:20:53.16 ID:iOgs6fUkO
魔法少女達の戦闘スタイル

1 武装展開するタイプ
2 肉弾戦上等
3 魔法少女なんだから魔法使うに決まってるでしょJK

先着2票
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:22:34.56 ID:aKxQ30hno
3
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:22:40.78 ID:wLfMgPfHO
1
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:22:48.62 ID:NOUT8LZ6O
(もっと人いる時間に立てれば良かったろうに)

1
47 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 02:25:27.95 ID:iOgs6fUkO
(色々有ったのよ)

1 武装展開パテーン

主人公の武装下3までで案
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:27:43.79 ID:NOUT8LZ6O
左右非対称な銃火器で形成された禍々しい翼
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:28:17.63 ID:/lSnFJ3Z0
ファンネル6機
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:28:46.52 ID:uTsKsSdxO
キャノン砲
51 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/03(火) 02:30:44.51 ID:iOgs6fUkO
1〜3 銃火器兵装ウィング
4〜6 ファンネル
7〜9 キャノン砲
0 全部だよ!
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:30:51.77 ID:Si9e4qnuO
53 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 02:31:03.47 ID:iOgs6fUkO
あ、下1コンマね
54 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/03(火) 02:31:29.79 ID:iOgs6fUkO
っと7か…
55 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 02:32:39.32 ID:iOgs6fUkO
最後主人公の名前
56 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 02:33:07.05 ID:iOgs6fUkO
下3までで案を
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:33:27.92 ID:uTsKsSdxO
本名?魔法少女名も?
58 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/03(火) 02:34:33.62 ID:iOgs6fUkO
本名だけあればあとはこっちでいじれるし
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:35:07.67 ID:2UlljhEp0
火羽カノン
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:35:08.85 ID:uTsKsSdxO
と言われても言ってくれないと書き方わからないから聞いたんだけどな

安価下
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:35:51.29 ID:/lSnFJ3Z0
時宮 幽姫 ときみや ゆうき
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 02:36:40.72 ID:E+KePIHVO
ファウスト
63 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 03:24:14.69 ID:OYcl94oMO
独断で>>61に決定

プロローグ書いてきます
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 06:35:46.00 ID:zF+zZlBIo
ごめん
ノーブラに見えて期待してスレ開いた
スケベでほんとごめん
65 :ここはR指定の板じゃないんやで(ニッコリ) ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:06:07.89 ID:l2fLCM6u0
.                                   ソ ラ   ヤ ッ テ キ タ
                          ――それは宇宙から落ちてきた

                           _,.. -─'''''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゙゙''''─- ..,_
                      _,. - ''"    ,..:-=. ̄`'''"´ ̄ ̄`゙´゙゙''゙'''-rt..._>e:.`゙'- ..,_
                   _,.-'",...--─;    ,._゙''" ,..-;             > ゙'-.. ゙''-._
                 _,-;',.-''"-='_,.,ノ,._ c'='-"..__,,.─-ゝヽ,   ,....,..,     ,.  ヾ.._,.,  >..`'-._
              _,-'"r'"-''゙ : : " ": : : " ゙'"ノ : : : : : : : '´"─''゙t.,..> ゙''─--,...-'"゙゙''''"ゞ-'> ヾ. `゙  ヽ
             / /: : : : : : : : : : : : : : : ̄: : : : : : : : : : : : : : : : ": : : : : : : : : : : : ; : 'ゝ  ゙'''"''ヽ    ヽ
           //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : rv'〉,.-'      '.,      ヽ
          //,r,.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , -─'" .}: ゙t ,.    , .'       ヽ
        ,:'".;=<,/"_,... : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : :./ _   ヽ.: {' "  ' : ' "        ヽ
         ,/ '/.: :.'v':./r' : ,.., : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : __ノ" : : : : : : : : : : : :`''"ゞヽ    V       .         ヽ
        ,/,;' ,>: : : /,.|: : :'": : : : :,.-..,. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : } } .>   ,'                  ヘ
     / /:l_/: : : (_/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ ゙}.> , .'                    ヘ
     ./ /,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;_ /  ノ,゙_.>                        ヘ
    / //: : :,.,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,._ : : : ,f" "  ゞ':、                        ヘ
    / //: : :f {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヒ'"ヒ''ゝ_ <    ,.ノ::f                         ヘ
   ,' ,':il.: : : :}冫, : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : "r'   f _,i ,.-'";.:,:r'                      ' : , .゙.
  ,' ,':,il : : : :":(ヽ..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ  ':" r'"'v'"'                         " i,
  ,i ,': il : : : : : ノ . ̄l. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :>,'     ゙,'                                i.
 ,i ,i: :ll : : :,._ノ    ゝ,. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,/    , '                               i.
 | ,l : ヒ''''"      ゙'"} : : : : : : : : ,._: t, : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ソ',r,   '                                    |
 | |: : : `>゚         { : : : : : : ,.-'"  L: : : : : : : : : : _,..,: _,..t-''". V                                      |
 | |: : :./       .  |: : : :r-'"     } : ; : : : : : : ( ,ゞ>     _                                    |

66 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:06:47.02 ID:l2fLCM6u0
20XX年日本 某県N市中心街に隕石が落下 直径100m級のクレーターを発生させ周辺に大規模な被害がもたらされる


                  || || ||                     || || ||
                || || ||                           || ..|| ||                     i
             || ..il .||                               || .|| .||               |
         _ . il   l| . ―― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―――|| ||__       i _il_
  _―― ̄ ̄ . | ̄ ̄ ̄|il                                      |i..|| ̄ ̄―. __ _|」iiiiiiiiii
_ ̄       .|| 」iiiiiiiiiiiiiiii|iL_                            ┌┬───┐i _ _.||     |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  ―_    .|| |.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i                              「|「!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄|.||  |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      ―||||  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i             i             |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|.||― |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      ..|||   .|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i       ┌┐_┌┐l|‐┐           .|i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ||| .|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      |||   .|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i     「||三三三三三三|             |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ||| .|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      |||   /iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i     |:||三三三三三三|             |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  |||.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    .. |||._/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i ゛   ...|:||三三三三三三| . 、 " .     ,  |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  .||.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    ...|||.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i . ′   |:||三三三三三三|.   i   、. .` |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| .、. |.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    ...|||.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i   .´   .|:||三三三三三三| ゛.. ii||..    .,.===、 lii,.===、iiiiiiiiiiiiiiiii|   ..||ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
   .i . ||| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i ii   ii |:||三三三三三三| . .ill|!!i l   .//::::::::::::::Y:::::::::::::::ヽiiiiiiiiiiiiii|...|il||||ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  i |  || |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i|lili  ||ii.|:||三三三三三三| ..iil|||lll.|ll ..'i !:::::::::::::::il::::::::::::::::::l iiiiiiiiiiiii|lll.|l|| |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
| ̄ ̄|Tl:::: |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|ill|lliiilll|||ll|:||三三三三三三|.||lll||!!l.__≧====´il`====≦ iiiiiiiiiiiii|.「「「三三三三三三
|    |T|: : |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|ill||||||lll||||:||三三 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ii| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|──.|.┴┴::::::::::::::::::::::::::::::
_     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |──────|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
67 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:07:23.64 ID:l2fLCM6u0

政府は直ちに自衛隊を中心とした救助及び調査チームを派遣
被害規模こそ甚大ではあったが一過性の天災…この地点ではだれもがそう思っていた

                           /   !  ヽ/´ ̄¨ミヽ、
                          /    !、 ミ!   _    \__,.
                          /    /ミヽ ミ! /,ハ  ミ  ヾミ三ニ
                     __,,. - ´ // ,/ミミミ:ヽ l ///∧    `ー=ニ
                  二ニフ   /ミミヾゞヾミ V ///,ハ
               r-―‐''¨ // / 三ミミミ,,yZM州!!宀冖''ミ\
                `ス=、_ミくく 三三ミ''`        _ {ミ ` ー―‐
                 \_ミ三_ゝミ、彡 !      i !  _∠_´ ヾミ 三 彡
                  ーr=彡巛T { ,rェ=ェ、」 V/'宀¨ ` 「ヾ、 三彡
                   _\彡ヾミミ\ `二`λ h      ノ トソミミ≧=
                      /L」.}_,. >-ミ ミZニ__  ! ! :      |ミミヾミ`
                   /__ ///`ー'フ 彡ミミ=' r'._,. ┘ヽ    jミミ三ー
                / ̄/7´ γ´彡ノソハ   /, -―-._ 、 / Vハ「
                「゙ヽ/''=ナ/¨`!/,.rー T¨ヾ彡llト ., ¨二 ̄-' !/   V`
                / ! /  !ノ  〃 ,.-ニ二_`ヾ|  >、__,./ ̄¨¨ ‐r-、
            | !「  r   7  〃ヽ _,ノ _⊥‐'´  /:.\       \
               | /l   !  〈  ノ  厂 ノ!     /:.:.:.:.:.:.:\       |
            | _!        「  / ///  ./ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ\    |
               |               「,','//,ハ  /   〉―ー┬'    \ //
           」              |,','//,//| /    /:.:.:.:.:.:.|    ////
         / ̄ ̄ 〉           /,','/,///ハ     /:.:.:.:.:.:.:.|  //////
      /,',',',',',∧         /,',' /////ハ  /::.:.:.:.:.:.:.:.| ////////
    /,',',',',/,'\\      _/,',', /,/////∧ /:.::.:.:.:.:.:.:.:.:|/////////
   /,',',',','/,',',',',','\\   γ,',',',',' く////////V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://////////
68 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:08:17.67 ID:l2fLCM6u0
町が燃えていた 空が燃えていた 人が燃えていた

                     =@.i''..;;;..'"   ......;_..r‐''"゛               |;;.     ..;;;;;;;;;l゙  .|  / ./
                ,..彡' ./.;;   .....;,ン'"゛                     /;;;;        ;;;; ! : /.!  !./
               / ;;;/'^!'"  .....,,./ ゛                     ;|;;;;;;     : ;;/...,i「;;│i|'" ,i
                 ,/゙;......   ....,ン"                           ;.!;;;     .;;;,!./ ;;;;./   .,イ
            ,,m"     , /                           / .      ;;;;'";;;.;〃  ./ .l
           ,r'".  ..,、;,/´                              ,lへ          ;;;;;;,i"..../  〃
             /  ,.,/.ゞ                              /;;;;        ;;;;;;;|,iチ / _/゛ .,
           ,ilレ';,r'"                                 ,y;;/;;;;        ......;;;",! .i./   ,iジ
      、 ,ノ./                               : ,i'スr";..         ,..;;;/"..″ .'"
     ,-] /ン′                              ,!;'";;.          ...;;;./      r/″
    ,iシ"..テ゛                              、,、/;;;;            ;;;l〉  ,-''"./
   ./゛                                      ;ノl/゙;!゙               ;;;i!i「 ./,,./ ゛.
  ._、                                      ;/゙;;;゙;;;;;;               ;;;;;;/" .l'"  ./.
..,iシ"                                 |゙;;;;;;;                 ;;;;;;;;;,./     ...,iリ
                                      ;;|;;;;;;           ....;;;;;,i./;,./   ,./ /
                                     /;               ;;;;;/..-'゙./ : ,r'";;;;;/
                                     / ;;;            ;;;,/".;.,ilト.;:../;;;;;;./     ,ン|
                                      / ;;;               ;;;;ゞ;..;:.;;;セ../ ;;;;;./     ,./ /゛
                                     ./ ;;;;;             ;.  ....;;;ilゞ...;;;;;./   .,_--゙ /
                            _〃 ;.,iヅ“;;;;;                     ;;,/,i  ./.;  : ./
                           / / /";´;;;;;                          ;;;;キ  l .,ノY′ ._.,
                        ,ゞ..,./ ;;;;;                          ;;;;;;;;;;;;;/  .〃ゞ   .,ノ./
                           / ;;;;;;                       ;;..;;;;;;;;;;;;./ : , .゛     .iレ゙
                           ;,i'";;;;;;;;                            ;;.;;;;,./ .,./
                  ;:;,rl;;;.,i'く;;;;;                        ;;;;;;;;t彡'".!           _,,/|
                  /゙;;l./ ;;                          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./   =@  ./´  /
                    ;/;;;"                          ;;;;;;;;;;;;;, /   /|゙   /  /
                   ;;;/;;;;                              ;;;;;;;;;;; /  ,_,i |!    ィツ'"


69 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:08:43.07 ID:l2fLCM6u0

あらゆるものを巻き込んで炎が渦巻いていた

                                -==ニニ二二            二二ニニ=‐
                   ノし-ー'''二ニニ≧___z=ニ二二              z--―ー''゙“   |       /
          ,..-テ    _z‐'″    .`゙゙゙'''"´               _____て¨          /      /
  _,,.   .././    _,,z≧         _,,.y  __zーt)イ⌒゙゙'¨¨¨¨`-"´              _イ   `゙}   /⌒
/「゛   .//  ,,yiiニ-ッ     : _.. ー'"_)イ⌒゛                            )ノ     / .,/ /
 r‐ァ    ノしイ-‐'"  . _,,z-'''″                                r‐ァ _  .,彡'´  ../ .
ノ し-l  r-'"     .ィノ.l/                                       ノ し,/ .″   .iシ'"
   廴/      /"                                        / , /          /
      .,..イ. /                                     iシ"   ,,イ  ,..イ . /
    .,/´ (r'        jト、                               ″  ../ 廴/  `´
 .,/゛   __z-‐'¨¨7    l  )                               ,/          ,..-'´
'"    /     /     . } ./                             _/゛            ,..-'"
   ./  __zー'″     iシ゛                  _                rl!゙‐''¨¨〉    ._..-'"゛    ._..-
  ./ .,/´            ,..-z,.イ        /し'/   ノ〉            _/  ..-'"゛    _.. -'彡¬
 /./   、            /゛   /       ./  ,/  }し/./        . _..-'´       _.. -''″./
 l/  ノノ           / _,,z‐'¨´          レ'⌒)__/´/      _,, ‐'″     ,,, -'"´    /   _z
 ゝ  i`/      /(   )イ/''       _ッ   .´.,r¬″  /  _,, -''''"´      _,, -'''"゛       / /⌒
    .l′   . / ./           __/し./   _./      `¨´        _.. -''''゙゛         _.. -'"..〃゛
       ./   lしl!´     /   i彡ノしイ             _,,.. -'''"゛       _.. -'"゛ _..-''
ノ―ァ_/7 /     廴___z-ツ'゛             _,,.. -''''"゛        ,,, -'''"  _..-'"゛
    レ'´                    _,,,.. -‐''"´       /(,、._.. -'''"  _,, -'"         ,..-'"
                      _,,,.. -ー'''"゛       __zー''彡'"   . _,, -'"゛           ,イ-'"
              _,,,.. -ー'''"゙r‐ァ‐'″          /゛   ,, ‐'´  _,, -'"゛             ,, / て       _..-'
._,,,,,,,.... -―'''''"゙´    _..-'"./      _,, -'''7 ./⌒" _ . -'"゛          _,,./ ″/  /   .,..-'"_..-'
               /゛  .l゛  _,, -''''"゛    .シ'゙_,.. -''″        _.  _.. <‐'/  /./  ._..-'"_..-'"
          ,/゛   . ,ノ''"゛       ._.. -'''゙゛           _,.. -'彡;;彡‐'´.,/,、 〃._..-''',゙..-'"
        .,/゛    ./      _.. -'''"           _.. -''',゙y;;ニ゙‐''″  ,〃'″ _..-'',゙..-'"゛
___.z--ー'''゙゙/      l{   _,, ‐'"゛           _.. -''',゙,, -'彡'´         ,/,.. ‐'彡‐'″
     /        ゝニ__/{       ._,, -'''^_.. -'"´ /          {彡‐'"
70 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:09:29.20 ID:l2fLCM6u0
またひとり燃え盛る人間を救助隊が発見する

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : :':⌒ : :: : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::〜::::::⌒
: : :':⌒ : : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r   ,,,,,,
: : : : : : : : : : : : : : :  : : : : ⌒):::: ノ     :;;;;;;;;;;:
 : : : : : . .: : : : : : . .: : : :,.〜 '~.         ;;;;;;;;,
 : :  . . : 〜'~: :  . . : 〜'~ソ: :,. y'"    ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                          ::: : : :〜へ: :
     y. : : : : : :):y'"~)                 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                 ノ::⌒:::〜':" : .  y: ⌒ :
.    : : : : : : : : : : :⌒ソ:::::::::::::::::::::r.         ,;;;;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;,                     :::::::::::::::::::::,:' :〜 { :
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"´:ノ:::::'"        ;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;. '';;;;;,                  :〜''”~: ..、. . : : : : : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : :.              ;;;;;:' ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. ';;;;;                ⌒: : . . {,,... : : . :
: : : : : : : : : : : 、.              ,;;;;;, .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;:;;;,  :-、:: ,.'⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : 〜 : :
: : :':⌒ : : : : : : . . . ':.             '':;,゙ .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  '"  '": : : . . .: : :.:"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
: : : : : : : :  : : : : ⌒                ;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;  ,:〜へ: :ノ ゙⌒: : . . {,... : : . :.. .⌒ :〜':" : .  y: ⌒.:
 : : : : : . .: : : :,.〜 '~                 ';;;;;;;;;.';;;;;;;' :" : .  y: : : : .y'" . ..,). . : : : 〜 ::::::::::,:' :〜 { :
: :  . . : 〜'~ソ: :,. y'                     ;;;;;;;;.;:;;;;;;; ,:' :〜 { : . : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . ''”~: ..、. . : : : : : :
     y. : : : : : :):y'"~)                  .:〜'; :〜''”~: ..、. . : : : : : : . .. :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . :  :
.     : : : : : : : : : : :⌒ソ      ,. : -ー'"~"'"⌒ . ... :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : ⌒: : : .y'"⌒: : : .y'" . ..,). . : : : 〜 : :
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~~  :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : 〜 : :  ... : : : ::: :):. : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : : :'": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : : :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : :

…否、それは人でなく



人の姿を模した生ける炎であった
       ト、   \   小                   )v
        小 \ } \   } ',              .: :i
       | ',  \   \ ',小 ト,          .: : : { '
       | 圦   \  \〉 V圦         ノ: : : 乂 ′
       { }\   >  \   Y{ 从ノ{彡':´: : : : (  ,ィ   '
     |\V  \             i:〃: : : ル: : : : : : : : :彡′ ,イ~
      | 小    \   小     |:j: : : /: :{ : : : : : / ー=彡j
     \  V\      | ∨{   .l: : : : : : 乂: : : /イ: : : : : 〃
       \         弋   \ |: : : : :.〃 : : : : : : : : : : :./
     Y⌒<) \       {\   l: jイ: 彡: : : : : : : : : : : :ノ
      \ニ)\\、\    込。\ ./:_,ムイ: : : : : : :广⌒¨´ .,r    `
       〈 し、\   `ヽー辷´氷。__,∠: : : : : : :/-─=ニ彡j      `ヽ: : ::....
         \\ヘ   圦  `'弌テ一ァ彡ィ=彡': : : : :.彡≦ー- 、     ): : : }
            ー<ヽ\  ∧     /: : ノ{ しヘ: : : :イ: : : : : : : : : : 辷ー-く: : : ムイ
           \Yヽ\小 レ从x小: : : :.ムヽl |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ '
              \ <、\ゝムイ≦⌒:/ ム <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./イ  }Y ~
              \_^ヽヽニ=ー<(/ 7 /: : : : : : : : :.;': : : : : :〃´: : : :.乂: : ム彡:}
                    / ./´     V=イ: : : : : : : : : :|: : : : /: : : : : : : : : : : : : : 人
                { {       }i: : : : : : : : : : : |: : : /: : : : : : : : : : : : : : : ( ,
                  圦 V      リ: : : : : : : : : : : |: : /: : : : : : : : : : : : : : : : :ムィ
                  >小. \   ノ/: : : : : : : : : : : :i: :ノ: : : :/: : : : : : : : : : : : : :{
             >'⌒) イ (、 ` ̄´ 人`Y: : : : : : : : : |: : : :/ : : : : : : : : : : : : :彡'
       >'¨´/´ ァ ー(__, r<⌒ `¨l¨:¨:\\>ミ: : : : : :.i :.: /: : : : : : : : : : : : : : (
     / ∠彡'  j             |: : : : :.\__x \: : : ハ: .' : : : : : : : : : : : : : : : 乂



生ける炎が件のクレーターから押し寄せてくるという連絡を最後に救助隊は音信不通となる…
71 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:18:54.71 ID:l2fLCM6u0
生ける炎との戦いに有効な手立てのない政府に接触するものがあった


一人は黒装束の神父であった

                                  、__ ト、_,ィ
                               ,ゝ‐-:.``:.:.:' ̄≧_
                               /:.:.:,ゝ-:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:ミ、
                              ソ:./:./,:.,、,、:.:.:、ヽ:.\:.ミ、
                             ノ:{:,イ:|:.|゙'"|:.ト、:}:.i| Ν:Ν
                                |∧:トИ:.i ,|/ Иノレl::Ν
                              `.f∧狂ュ, 斥弋7, i´リ|
                                 ゞヘ  〈|     /‐'弋
                              彡イ ヽ ー==- ∠ィ: :.イ
                               「レリrl丶-イ─ノイヘノ
                             ,-───'L|人 `Y ̄|___/ハ__
                         /: : |: : :./: ://|::::`メ-イ{: : : : /: :i: : :.,ィ´ ̄\
                             |: : ハ:.:/: ://:::|:::/::::::ハ∨: : : : :|: :./: : : : : :.:|
                       _У: : У: :,リ : :|::j::/:::: | |: : : : : |:./: : : : : : :.ノ
                          〉: : : :.:} ://:::::::::Ψ:::::::::: | |: : : : : |:|: : : : : :.:.:.|
                      /: : : :.:.|: : | |::::::::::╋::::::::::::| ト、: : : : ソ: : : : : :.:.く
.   __  r=-、              /: : : : : :|: : | |::::::::::┃::::::::::::| |: :、: : :`Y: : : : : : :.〈
 /π-、`}ヽ Y                j: : : : : :.:.:}: :ノノ:::::::::ノ::::::::::::::::| |: : 、 : :.::|: : : : : : : : \        ,ノフ _辷 、
 `Y´,r‐く    \_    __,r‐<: : : : : : :.:.|: :| |:::::::::::|::::::::::::::::::| |: : :.、: : ::{: : : : : : : : : : 〉    / ノ辷ー、`|
.   `〈_.タ´`y-ヘ }|:.` ̄´: : : : : : : : ..``ヽ:.:.:.:/|: :| |:::::::::/::::::::::::::::// : : :.::、: : 入: : : : : :.:,ゝヘ-y‐フ. r- 、| |/
.    `-'廴__.」:|:.:.             . : ::.:.:/ ノ: :| |:::::::::|:::::::::::: . | |: : : : .::.、:/  Υ: : :./.: .   / Y   入 Υ
          匕丿:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ,ゝ:.:.| |::::::::ノ::::::::::: . :| |: : : : :.:.く    |: : .     〈  ト-┬‐┴‐'
             卜-───--───'´ ノ: : :.:| | :: /:::::::::::::::: :| |: : : : : : :.:|   ヽ: : : : : : : :ヽ .\ノ
                        〉: : :.:| | :: |::::::::::::::: : :| |: : : : : : :.:|    \_: : : : ::Υ7
                          /: : : :// .: ノ::::::::::::::::: :| |: : : : :.:.:.:〈         ``ヽ、._V
                       /: : : :// : :::ハ::::::::::::::::::::| |: : : : : :.:.:{
                         /: : : ://::::::::::|:|::::::::::::::::::::| |: : : : : : : :|
                     /: : : ://::::::::::::ハ:::::::::::::::::::| |: : : : : : .ハ
                       /: : : ://:::::::::: : |: :| :::::::::::::::::| |: : : : : : : :ハ
                         /: : : ://:::::::::::::::/、::|:::::::::::::::::::| |: : : : : : : : : :\
                     /: : : :// \::::::::/: :Н  :::::::::::::| |: : : : : : : : : : :.:.\
                  /: : : ://: : : ::\/: : ::| |_____ハヽ: : : : : : : : : : : : :.\
72 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:19:22.26 ID:l2fLCM6u0

一人は歪んだ時計版の貌を持つ男だった

              , A ,ィ         ,ィ7
              }、Y圭{z=≠圭≧z、,ノ豸       ,
             イ  }圭圭//77圭芸致圭《vィ __,z/
           {i{  }圭圭《ilY 彡イ圭{リ圭'圭'圭ア
           {ム_|{圭圭|\7 リ'〆ィ7 }圭圭圭圭圭ミz≪_,
.             ZI圭圭I|l\} {〃圭イ7{圭圭圭圭圭z、_二_ ̄
.              Y圭圭|{圭 i 乍イィz 》;γ⌒∨遡圭圭圭≪
                ヾ7え7zヾ { 彡ア'" {《_乂__ノ_.ィアミ{圭巛 ̄
                  }{{@》ヾく{ ;i {〃斥アヘ圭圭圭7イ圭}Zミュ、
              zI圭Yi{ i Z`}乢イ≠=、 }圭圭圭'圭リ{!リ
              `ヾ={ `! ´ノ式i(_彡'リ!{圭圭{圭致 致′
                 \、{圭《=ミゝ=イム }圭圭圭《
                  ` Yミイヘハ´Λ、{'圭圭圭イ!
                      ヾミ》 }!><` }圭圭圭圭
                        Z< Yミヽ,Z圭圭圭zュ、
                    ノ圭≧イ圭≫, __` ̄  {!
                      ヾ圭圭圭《{ Y _ .. -┤ ゝ _
            .ィ =====< ∠圭圭::{ /´     { ヽ \>
         ∠zz=--‐−, r 彡´  ̄´`;::∨  > ⌒  }  \  >
        /  -‐ ^}  / {  :.    jre_´  /  }   _ .. _、     ミ
       ノ /  ´/ /  :{   :.   r}ЙЙ{!  ´    }<   Y       `ヽ
       /' ´′ / /   \ {    :.  .AY/A.     ノ   \ Y     ′Λ
      /     /   /  {    . !A ´ A.!    /    /  X   '′  Λ
73 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:19:50.24 ID:l2fLCM6u0

一人は扇を携えた女だった

              ヘ
            /   \
            /     `、
           / ∂⌒ 、  \ __
           ノ 〈 S  )   ヽ.;.;.;.;.;` ̄ ̄\
         //::::::: :::冫  〉    \.;.;.;.;.;.;.; ::::::``
       /:;:;〈...............冫`'ー-、_   丶;;:;:;:;:;:;  :;:;:;:;:` 、
      ノ:;:;:;:;:;ソ , -'"ン弋.:.:.:.:.:, -'"´~"''‐-:;:;:;:;:; :;:;:;:;:;:;` 、
    /_,,.-‐''".;.;.;.;.;<: : : ヽ,::-'": : ヽ.;.;.;.;.;.;.;\.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.:冫
    ヽ:;:;:;:;`、.;.;.;.;,-'": : : : : : : :: : ::``丶 √`ー`、‐‐ 、.::::::.:.:ハ
     人 丿:  ̄: : : :: : : : : ハ: : : 丶: ヽ `: : : ::: ):;:;:;:;:;:;:; :;:;:;〉
    ノ:;:;:;:;/: : : : ∧: : : :: : / ヽ: : :: : : ハ: : :丶 `、: : : : ゝ:;:;:;/
    ヽ:;:;丿: : : :/  ヽ..... Y    `、: : :ノ___ ヽ: : : :::: 入 /  ̄ ヽ
     `'ーゝ: : ハ   ヽ: l     ∨ ___` 人:∬ヽ  \     \
     / ヽ: ヽ: \⌒ Y      ゝ"´:;:;:;::> l ∫ハ  \    丶
    /   ハ: ヽ: l ィ:;:;丶     `'゚_:.:..イ /〃ノ`、     \
  /    ∫: : : : : ハ ヾ゚ソ      ""  (: (: : ソ.:.:.:ヽ      \
/      ゝ冫: ヽ: : ヽ、゛ '_,,.--‐‐¬ ン: : : : : 廴.:.\
        ゙  __,,..-‐'':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;│  ヽ: : : `、.:.:.:.:ヽ
     , -'" つ':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ │ ¬ ン: : : : ヽ.:.:.:` 、
ヘ    丿´  /´"イ  __,,.. .-‐ '''""~ │   〉: ヽ: : :: ヽ:;:;:;:;
 丶/....... .〈_ / │:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;│ へ く ヽ: : : : ::;:;:;:;ヽ
 ´:::::   "  / `゙''ー-、,_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; /   l ヽ: :   : : : : : :丶
  ト:::     ノ "'-、:;:;:;:;:;`゙''ー-、,_ ノ    ハ  〈 /: : : ヾ: : : ノ
  八/~"" ̄ ''ヽ:;:;:;:;丶:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/    │ )
 ノ        \:;:;:;:;`゙''ー _:;:;:;:;/ ∠  │ ノ
/          \:;:;:;:;:;:;:;`、 /  /   l

74 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:21:50.03 ID:l2fLCM6u0

一人は深紅をまとった女だった

    ,.ィ≦/////////////≧x、
  ,.イ/////////////////////心、
..ィi//////////////////////////ハ
/////////////////////////////}}
.//////////,ィ斧三三三三ミ刈 ̄ ‐-
//////////イ     ` 、   \
////////                \ \ \
///////          \       l  ヽ  ヽ
イ⌒r( Y      |  l |  \     i   l  ハ
,,{ ://}ヽノ   i   |  | ト、 / ` 、   |  |  |
{ /:{///    ,i   |  | X\  '、 \人 _|_  |
V V/{i i  i  i   、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,    i  |
} }〉 /V|!:{    i   \ヽ ´´ ̄        ! i            ____
彡' i Y     |  _  \\,      - ´i |             |    |
// / / / l   | <⌒ヾ  \           ;            | :―‐|
/ / / / | |  ノ  ト \\ ー一      . イ              ! ::::::::::l  ノノ
/ /  /  | `¬1|  | \ \\  ー 〔_  |             V::::::〃ヽ,
≧x. /   丿   ノ:|  |  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄7 ̄ ̄7     / )(_/ _ヽ
::::::::≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬----、 / ̄7  j 〈-‐'゙´,.-(

彼らは言う
尋常ならざるものどもと戦うには此方もまた尋常ならざるものを用いねばならぬと
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 07:23:20.54 ID:aGc40vsio
何て分かりやすいマッチポンプ感………w
76 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:23:33.40 ID:l2fLCM6u0
すなわち、彼らの見出した魔法少女を戦場に起用せよと…

                                   -‐…・・・‐- .
                                     /_爻辷辷辷ミ:.、\
                               /{/. . . . . . . .``Vヘ . .
                                __彡. . . . . ./. . . . . . . .、. .〈ヘ . .
                                 / / . . . //. ./. . . /.| . . . V .|
                           -=彡./ . . . //. 7i/|. /|八|i . . {. . |
                           . ´. ./ . . . /爪Jハ |/,圦ツ. . . {_) .
                              /. . ./. . . ./{∧'''   }   '''/. . . . . /
                          /.  /./. . / / ∧     /イ/. .
                            {/  {/{. ./{/{. .{ 介 、`  ´__彡./
                            ∨ -‐ァ‐-冖} 〕¨´__}/
                           _ -ァ'´   /  /ニニ{二二二>‐'ア⌒ヽ
         _             -二二{    /  /ニニ7二二/ /    }
           {∧__           ∠二二== ¬ァ 八__{>‐‐ァ―‐ /_/,
          /.........}         /⌒V 7     / /   /  /     //     /
         `ト<...{   =ミ/   _}/     { {  {  {    /
           〈〈∨{( O) > /{         、  V__),        //
     -二L.    〈∧  `¬{ \   、       \}  V   /   / /
   _/          V 〉'⌒ヽ \ \____         }V⌒} }/  /   7
   { ∧〔_______    〉   {、___}_,ノ______           {/    / {   {
   { ∧〔________   V   __ }   〔________    //⌒ヽ       V ∧
   {   〔________   ∨{ V    {    |    〈 {__{   V/  _}   〉
   {   ∧    マニ{ニ>'´ ̄`ヽ  {___j}   /´ニニ-   }     マ´/∧
   {   ∧  ̄ ̄}   V´三三∧ \__\/二二二 イ       }
   {ニ    }  ̄ ̄`L   V三 `Vヘ   〔_____/ニニニ‐  {__,   〈 ̄\  丶
   ∨二/ /ヘ 〔_________   }三:._ 爪   〔,/ニニ‐  |  /´    〉   \  丶
     V二/_/∧〔__________V三三三三- /⌒ヽ/∧ }   {     {     }   ヽ
     〈⌒'  ∧〔__________三/ { \/ニV    } 〕(__)[       `¬---ヘ    ヽ
       V/   ∧   ̄ ̄V  /\_ く二/  ̄ ̄ / |   |              ',     、
       ‐二 } }   ――//   { {/{ ̄{__/   |   |              '.    、
          ‐ニ7 / /二{     /          |   |                     、
        ∨/ / ∠二二\  /             |   !                 、
            〈_/__,{二二二  V        }_}       !                 }¬'
            {二二二  V∧     /二二ニ‐\  !              /
                {二二二    /∧   / /{ ̄{,__\          __/
              {二二二     / / /          _      -二ニ
.               {二二二/ ̄ ̄V /     }_}___  `¬ニ二二二二-
              \/\\/   ∨      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   \二二二二
                   {    } }__{   /              \  ‐ニニニニ-
               Vニニ7冖冖冖 {\/     -二二二二-      ‐二二二ニ_
                Vニ7      ∨ヘ   /二二二二二二二-   ‐二二二ニ_
                    V_____V∧/ニニニニニニニニニニ-    ‐二二二ニ,
                        !\ニニ- {ニニニニニニニニニニニ-   ‐二二二∧
                      !  `冖¬‐ニニニニニニニニニニニ-   ‐二二‐
                         !      ∧‐二二二二二二二二二二-   、     !
                    !      /  \二二二二二二二二二二-  、     !
                    __!     /    ‐二二二二二二二二二二-  、    !___
                  { `'く二>'´}      { ̄‐ニニニニニニニニニ-(∧/⌒>‐=7
                     人  }{  {         ‐二二二二二二二二-\\{   {
                      \}}二二二       ∨  ‐二二ニ‐   ̄ ̄   \二二二{{__}
                      __}   }{  {        ∨  ‐ニ:/              V}{   }__
                  {__}}二二二         V  ∨        ̄ ̄ ̄ ̄マニニ{{__}
                        {  }{  〉           ∨   /           '}{_  }
                        |  }{ {          \{ /       二二二 :.、}
                        |、/\_〉、           V{     //二二二‐  {___{
                        |       }               \   / /二二二‐   } }  〉
                       {ヘ.__,ノ}               \{ {‐‐      / ./_/}
                    \____/                  \\     //二/
                                            `二二´    ̄
77 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:24:42.18 ID:l2fLCM6u0
はい!プロローグ終了!

たぶんAAを使うのはこれで最後です!
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 07:28:47.53 ID:aGc40vsio
乙!
79 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 07:28:57.14 ID:O9aY9l0kO
>>75

マッチポンプじゃないよ、ちゃんと生ける炎と例の4人は敵対しているよ!
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 11:20:36.93 ID:arEFig+R0
エイリアンって頭長いやつ想像した
81 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 18:09:16.36 ID:SblZfzJTO
コズミックホラーも広義のエイリアンでええやろ(暴論)
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 18:11:26.60 ID:aGc40vsio
ニャル様出さなきゃ()
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 18:25:44.29 ID:XQ/Of4who
魔法少女VSエイリアンVSプレデターでもいいぞぉ
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 18:57:39.43 ID:n/LgHY8Uo
ニャルはニャルでも魔法少女で宇宙だし名状し難いバールのようなものを振り回す美少女とか
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 19:16:32.27 ID:peUaU4HW0
魔法少女...ビースト...うっ頭が
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 20:24:40.66 ID:KEreR/WeO
ノープランで聖杯戦争みたいな感じのスレやってた?
87 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/03(火) 21:18:26.87 ID:SblZfzJTO
アレは私じゃないな
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 21:51:20.74 ID:VOfvRoaz0
ひ○ぼんの書かな?

エイリアンで魔法少女と言えば某忘却の魔女が()
89 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 23:45:20.32 ID:niXzC600O

──炎の中で私は悟る

秩序が守る物とは秩序そのものであり

混沌とは切り捨てられるものなのだと
.
90 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 23:48:19.38 ID:niXzC600O
街が燃えていた

空が燃えていた

─私の家族が燃えていた

それら全てを巻き込んで炎が渦巻いていた

泣こうとも喚こうとも救いの手は現れない

救助に来たはずの自衛隊までもが意思を持って襲い来る炎から逃げ惑うばかりであった
91 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 23:51:30.19 ID:niXzC600O
軈て父だったものが黒い塊となり、母だったものが白い塵になる

それらを焼いていた炎は一つの場所に集まって人の形を作ると

ゆっくりと振り向き、私の顔をみて嗤った

そして今度は私を焼こうとその腕を伸ばし
92 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/03(火) 23:52:00.57 ID:niXzC600O

その姿はロウソクの炎が消えるように掻き消えた
.
93 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/04(水) 00:00:57.22 ID:gvdnQi/UO
「ふむ、生き残りは君だけか」

瓦礫の上から歪んだ時計がこちらをみている

「誰もが復讐の権利を持つ、秩序では如何ともならぬ権利ではあるがな」

だれ?

「だれ、か。…私たちに定まった名はない、あえて呼称するなら時計紳士とでも呼ぶといい」

カチコチチクタクと時計盤が時を刻みそのリズムに合わせて時計紳士がくつくつと笑う

時計紳士「さて、そんなことはどうでもいい。もっと身のある話をしよう…家族の仇を討ちたくはないかね?」

その問いかけに無言で頷く

時計紳士「よろしい、ならば私に君の名を預け給え、さすれば私が君に戦う力を預けよう
。君は私の眷属となるのだ」
94 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/04(水) 00:05:53.48 ID:gvdnQi/UO
「時宮 幽姫」

時計紳士「Excellent、私の眷属に相応しい名だ。では幽姫、これを預ける」

そう言って時計紳士は銀の懐中時計を差し出して来る

文字盤の中央で真紅の宝石が炎の照り返しを受けてギラギラとした輝きを放っている

時計紳士「その時計に君が思う強い武器の姿を映し給え、さすれば」


時計紳士が話し終える前に新たに炎が現れる


時計紳士「君もまた、戦うための姿を得るだろう」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 01:10:39.07 ID:nyD29heQ0
時計紳士ってニャルのアバターか
96 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/04(水) 04:00:16.65 ID:GhRXcSM2O
銀の時計に想いを込める

求めたものは力

目の前の炎を一撃で吹き散らす大砲

手の中で懐中時計の歯車が組み変わっていく

同時に、私の中でも何かが組み変わっていくのを感じた

ズシリと重たい手応えが腕に伝わったのを感じ取る

見れば懐中時計だったものは大型のキャノン砲に変わっていた

身に纏う服もいつの間にか鋼鉄を編み上げたドレスとなっている

「ギィ……」

目の前の『炎』は警戒するように距離を取っている
97 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/04(水) 04:06:57.85 ID:GhRXcSM2O
初めて手にするはずの砲を構え『炎』に向けて照準を合わせる

まるで最初からそうするための体であったかのように緻密な動きで狙いを定めて行く

そして照準が合った瞬間、照星と化していた宝石がひときわ明るく煌めく

同時にトリガーにかけた指に力を込めると腕を通じて何かを砲に吸い取られていく感触があった

吸い取ったものをそのまま吐き出すように砲口から力の奔流がほとばしる

爆風と土煙で視界がふさがる

やがて元どおりに視界が開ければ断末魔をあげる間も無く『炎』は吹き散らされていた

幽姫「や、やった?」
98 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/04(水) 04:11:31.81 ID:GhRXcSM2O
それを焼けてしまった家屋の上から時計紳士ともう1人、黒い神父が見下ろしていた

神父「よもや、お前が最初に魔法少女を見出すとはな」

時計紳士「計算に基づいて合理的に動けば自ずとそうなる」

神父「フフ、だが良いのか?アレが魔法少女のフラッグシップモデルとなるぞ?」

時計紳士「政府に売り込む前に少々ばかり派手な宣伝が必要だろう」

神父「なら名前が必要だな」

時計紳士「それならば考えてある、そう」
99 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/04(水) 04:12:01.00 ID:GhRXcSM2O

「クロノ・マキナ」
.
100 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/04(水) 04:15:15.04 ID:GhRXcSM2O
時計紳士「私の眷属に相応しい」

神父「実に上機嫌ではないか、珍しい」

時計紳士「そう見えるように振舞っているだけだ、私に強い感情はない」

神父「ああ、そういう建前だったな」

時計紳士「一度帰るか、女王が待っている」

そうして二人の影は夜の闇に溶け込んで行った
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 16:08:01.58 ID:5t4RUXYC0
時計紳士 推定チクタクマン
黒い神父 推定ナイ神父
扇の女 推定膨れ女
深紅の女 推定赤の女王

生ける炎 推定クトゥグァ


日本終わったな!
102 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/04(水) 16:33:07.62 ID:WcsziDR8O
バレテーラ
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 17:57:05.50 ID:SOZeREtw0
彼岸島X並の一人多役
104 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/04(水) 23:12:53.82 ID:sAK+q0KCO
主人公は襲い来る混沌勢から日本を守れるのか!(主人公も混沌属性)

今日は安価出したい
105 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/04(水) 23:23:06.60 ID:sAK+q0KCO
──目覚めた時、私は寝袋に押し込まれていた

どうやらここはテントの中のようだ

時計紳士「ようやく目覚めたか」

歪んだ時計盤が私を見下ろしている

昨日の出来事は夢ではないようで、それはつまり

時計紳士「君の家族は失われた」

時計紳士が無遠慮に事実を突きつけてくる



時計紳士「さて、自分の現状は理解できているな?ならばよろしい、その先の話をしよう」

そう言って時計紳士が指を鳴らすといつの間にか置かれていたブラウン管に映像が映し出される

時計紳士「今流れているのは一般のニュースだ、ちょうどこの街の現状が中継されている」
106 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/04(水) 23:26:43.65 ID:sAK+q0KCO
時計紳士「あれらの炎は現状では飛び回りはしないからな、ヘリコプターからの空撮であれば安全に取材できるわけだ」

映し出されていたのは郊外にある小学校だ、どうやら避難所になっているようで、その校門付近で自衛隊が例の炎を押しとどめようと交戦している

直後コンマ 9ほど自衛隊頑張る 0は特殊
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 23:29:10.76 ID:wxLIOw8mo
ほい
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 23:31:52.58 ID:zbktR+dMo
109 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/04(水) 23:38:16.28 ID:sAK+q0KCO
流石に火薬と鉛玉ではどうにもならないと考えたのだろう、放水車で炎の接近を阻んではいるが

時計紳士「まあ、時間の問題だな」

幽姫「それで、これを私に見せてどうしたいの?」

時計紳士「救援に行ってもらう」

おおよそ真っ当に予想どおりの答えであった

時計紳士「マスコミが寄っているのは特に好都合だ…君にはセンセーショナルに魔法少女の有用性をアピールして貰いたい」

幽姫「こう言うのって普通目立たないようにするんじゃない?」

時計紳士「君は最初の魔法少女として続くものたちの旗印となってもらわねばならぬのだ」

…私を魔法少女とやらにした彼が言うのならそう言うものなのだろう、納得はなくとも理解する

時計紳士「外に昨夜の自衛隊が遺した車がある、乗り込みたまえ」
110 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/04(水) 23:44:25.79 ID:sAK+q0KCO
現場に到着した時、既に放水の勢いは衰えつつあった、門は破られる目前だ

時計紳士「さて、どんな登場がご所望か…君に任せようクロノ・マキナ」

幽姫「なんですかそれ?」

時計紳士「君の魔法少女名だ、それともマスコミに君の本名垂れ流すかね?」

幽姫「…あぁそういう」

時計紳士「さて、時間はない。どうする?」

※装甲車の中にいる
下3どうする?
111 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/04(水) 23:56:59.07 ID:sAK+q0KCO
age
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 00:03:44.40 ID:mK5vs8lcO
ふみ
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 00:42:09.20 ID:vZr19d/7O
門の上から狙い打ち
114 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/05(木) 01:01:51.52 ID:vCzgeEFnO
自衛隊A「放水弱まってきてます!」

自衛隊B「2号車のタンクもう空です!」

自衛隊隊長「ドブの水でもなんでも汲みあげろ!なんとしてでも避難ヘリが飛び立つまで校門を死守しろ!」

最早放水の護りが決壊するまで秒読みの段階に見えた

放水車は次々にその機能を喪失し水のカーテンが徐々に消えてゆく

その向こうに炎の悪魔たちが群れをなしている

そう、炎の悪魔たちだけが居るはずだったのだ
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 01:02:43.34 ID:YoZwrKFi0
>>113
曳光弾だとなおよし。「誰がやった?」とこっちに目が向いたところで名乗り口上
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 01:03:16.47 ID:YoZwrKFi0
更新デキテナカッタ
117 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/05(木) 01:14:58.58 ID:vCzgeEFnO
水のカーテンが消え、視界が開けた時門の上に一人の少女の影があった

身にまとうのは鋼鉄のドレス

手にして居るのは機械仕掛けの大筒か

あまりに現実離れした深夜アニメの『魔法少女』の様な容貌

そんな少女がまず自衛隊に向かって恭しく一礼する

全員、あっけにとられていた

自衛隊隊長「…!?君、危ない!」

最初に我を取り戻した隊長が声をかけるより早く彼女は炎に向き直っていた

大筒を構えその照準を合せては次々と一撃で炎を吹き散らして行く

時計紳士「頃合いだな」

いつの間にか学校の屋上に陣取っていた時計紳士が指を鳴らすと空撮ヘリのカメラが操作の手を離れ勝手に少女の動きを追い始める

そしてマイクから遠く離れて居るにもかかわらず時計紳士の声が映像に差し込まれた

時計紳士「さあ、ご覧いただいておりますは炎の侵略者を吹き散らす人類の希望で御座います!皆様どうか彼女の名を記憶してください!つまり!魔法少女クロノ・マキナのその名を!」

仰々しく、芝居掛かった機械音声ナレーション

全ての雑兵を蹴散らし飛び立つ避難ヘリを見送る少女

それらを目撃した民衆は

直下コンマ二桁でクロノ・マキナの一般受け


118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 01:19:50.82 ID:l7hC2cs1O
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 01:19:51.51 ID:CsYUI18eO
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 01:20:08.27 ID:zXIDa9YEo
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 01:21:51.32 ID:YoZwrKFi0
ちょろいよお
大丈夫っすかこの国
122 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/05(木) 01:38:03.10 ID:vCzgeEFnO
時計紳士「ふむ、上々であるな」

突如飛来した隕石、それに由来する侵略者

それを一撃で蹴散らした少女

宣伝効果は絶大であった様だ、監視下にあるネット上の各種反応では皆一様にクロノ・マキナを讃えていた

扇の女「面白くないわね、アレが魔法少女?魔砲少女の間違いでしょ?」

時計紳士の隣で扇の女が不満を口にする

時計紳士「わかりやすく強い存在に人は惹かれる、機械仕掛けの大砲の様にな…素手だのよくわからない呪文などでアレに対抗しても人はそれを現実とは受け取りがたいだろう」

扇の女「そう言う魔法少女をスカウトしづらくなるじゃない」

時計紳士「今はまだその段階にない…次は政府との接触だ、余計なことを言う連中の口は」

扇の女「いつでも塞げるわ」

時計紳士「ではその様に」
123 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/05(木) 01:43:48.48 ID:vCzgeEFnO
避難所の危機を救った充足感に浸る間も無く、幽姫は自衛隊に取り囲まれていた

いくら一般に受けても彼女は現状不法に武器を持った不審者にすぎない

自衛隊隊長「武器を捨て投降しなさい!」

放水車の影からは幾つか銃口が覗いている

時計紳士「いや、その必要はない」
124 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/05(木) 01:48:30.56 ID:vCzgeEFnO
運転手もいないのに勝手に放水車が走り始める

自衛隊隊長「なっ!?」

放水車に追い回され散り散りに逃げまわらざるを得なくなった自衛隊を尻目に装甲車が悠々と幽姫を回収する

幽姫「ごめんなさーい、この車お借りしますね!」

自衛隊隊長「ま、待て!」

とっさに銃を構えタイヤを狙って発泡するも

自衛隊隊長「…不発!?」

時計紳士「さらばだ諸君!次は友軍として会おうではないか!」

そして魔法少女達は去ったのである
125 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/05(木) 01:50:51.80 ID:vCzgeEFnO
幽姫「それで、次はどうすれば良いんです?」

時計紳士「個人でできる事には限りというものがある…この国はまだ秩序に依っているからだ、故にその頂点」
126 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/05(木) 01:51:20.34 ID:vCzgeEFnO

時計紳士「総理大臣に会いに行く」
.
127 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/05(木) 01:51:48.66 ID:vCzgeEFnO
ここまで


多分ここまでで1話分くらい?
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 05:26:49.08 ID:qN3Xs3Vk0
面白い
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 05:28:54.89 ID:e1+4lgKBO
乙乙
130 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/08(日) 20:43:09.95 ID:TE4mfRZWO
エグゼイドスレががっつり進んで満足したのでこっちも動かす

誰かいるかな?
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 20:45:29.70 ID:ayYUGFLu0
来たよー
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 20:46:11.63 ID:CLwYpqswo
はーい
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 20:46:29.74 ID:GUEfae3eo
114514!
134 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/08(日) 20:50:48.90 ID:TE4mfRZWO
時計紳士がせわしなくタブレットを操作する

爆走する装甲車のハンドルには目も向けない

にもかかわらず驚くほどスムーズに障害物を避け、大した揺れもなく進んで行く

幽姫「これ、どうなっているんですか?」

時計紳士「機械とは総て我が眷属に等しい物…この程度の操作ならば手を触れるまでもない」

幽姫「…そのタブレットは?」

時計紳士「魔法少女候補者の名簿だ、ここから先の一件での死亡者を削除している、これは私が直に目を通す必要がある」

声色にあからさまに不機嫌さが現れている
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 20:53:07.17 ID:ayYUGFLu0
そろそろ新キャラでるかな
136 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/08(日) 20:57:37.52 ID:TE4mfRZWO
時計紳士「候補者とは言わば作物だ、手塩にかけて周囲の環境を整え、害悪なる者共を処理して初めて才能は成る」

時計紳士「その畠に奴等は無遠慮に石ころを投げ込んだ!それなりに被害も出た…報いを受けさせる」

時計紳士「二度目だ、奴等は又しても私達の領域を焼いた」

その言葉が何を意味しているかはわからない
だが怒りだけはしっかりと伝わってくる

幽姫「起こっているんですね」

時計紳士「……いや、違う…そう私に強い感情はない…そう必要がない…そう、そうなのだ」

時計紳士「……」

そう言うと彼は再びタブレットの操作に没頭してしまう
137 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/08(日) 21:07:18.78 ID:TE4mfRZWO
そうこうするうちに車が止まる

時計紳士「降りろ、首相官邸前だ」

促されるままに下車する

真っ赤なドレスに身を包んだ女性がそのに立っていた

???「貴女が魔法少女一号ね、私は赤井貴子…総理の秘書だと思ってくれればいいわ」

時計紳士「ひどく曖昧だな、女王」
138 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/08(日) 21:31:33.72 ID:TE4mfRZWO
赤井「さ、付いてきて首相が待ってるわ」

官邸の応接室には既にテレビで見た顔の総理大臣
そして見たことのない人物が二人控えていた

一人は黒衣の神父、しかしそこに十字架の意匠はなく代わりに見覚えのないシンボルが刻まれている

もう一人は扇を携えた女性、よく見れば神父と同じシンボルが扇に刻まれている

総理「ふむ、赤井君…彼女が」

赤井「えぇ、今巷を騒がせている救世主。魔法少女クロノ・マキナよ」

直下コンマ二桁 総理からの心象
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 21:33:52.76 ID:rKLpWolMo
140 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/08(日) 21:45:33.04 ID:TE4mfRZWO
総理からの心象 76 この少女は信用に足る様に見える…が

総理「確かに、我々は未だ奴らに対して決定打を持たない」

神父「然り、だが我々は持っている」

扇の女「アレは人の理を外れた物」

時計紳士「人の理では打破し得ぬもの」

赤井「ご決断を総理」

総理「彼女と二人で話は出来るかね?」

赤井「席を外しますね」
141 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/08(日) 21:48:25.68 ID:TE4mfRZWO
総理「……」

幽姫「えっと…」

思いもかけず総理大臣と二人きりにされてしまった

総理「君は、どう思うかね?」

幽姫「え?」

総理「魔法少女の事、あの四人のこと…君はどう思っているかね?何でもいい思った事を話してくれないか?」

下3までで返答案
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 21:59:43.34 ID:/aaT/d4U0
魔法少女のこと:よくわからない。危険で、いつまで自分でコントロールしていられるかわからない。科学で調べられるなら調べたい
あの四人のこと:よくわからない。頼らないと炎に対抗できないが、信用しきれない
炎のこと:よくわからない。はやくしらべてやくめでしょ
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 22:41:09.36 ID:MRulge6so
どうでもいい
敵を討つまで利用できるものは利用する
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 22:44:35.18 ID:A4GV7IVio
>>142
145 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/08(日) 22:56:01.12 ID:TE4mfRZWO
幽姫「正直よくわかってません、魔法少女の力はどのくらいコントロールできてるかもわからないですし、あの四人も頼らないと戦えないのは分かりますが信用しきれてないです」

幽姫「それにあの炎のことも」

総理「……ふむ」

幽姫「でも、それでも仇を討つのに利用できるなら」
146 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/08(日) 22:57:04.54 ID:TE4mfRZWO

「私は何だって利用します、あの四人の事も魔法少女の力も」
.
147 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/08(日) 23:06:53.73 ID:TE4mfRZWO
総理「そうか…」

総理大臣はとかく様々な人間と相対してきている
其れこそ腹の中で何を考えているかわからぬ輩と探り合いを続けてきたのだ

そのうえで


総理は少女の瞳に闇を見た
148 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/08(日) 23:07:21.40 ID:TE4mfRZWO
ここまで
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 23:11:58.65 ID:i2LRqj9Zo
おつ
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 23:20:15.29 ID:A4GV7IVio
乙!
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 09:08:55.67 ID:W0Y5b0HOo
乙乙
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 00:54:51.32 ID:xQS9v2UV0
今後も魔法少女は増えそう?な感じだけど
増やすとしたらイッチが考えるの?
153 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/15(日) 23:07:35.15 ID:CX1m/ihwO
こっちも更新しよう
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:10:21.54 ID:4aN7axQb0
キタコレ!
155 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/15(日) 23:15:58.03 ID:CX1m/ihwO
総理大臣「……奴らは人の心を壊す事に長けているように見える」

幽姫「心を、ですか?」

総理大臣「赤井くん…私の秘書も2年前までは普通の女性だったのだ…それがあの神父と出会ってすっかり変わってしまった」

幽姫「辞めさせないんですか?」

総理大臣「辞めさせるだけの正当な理由がない…ただ性格が変わった様に見える、現状はそれだけなのだ」

幽姫「……」

総理大臣「君も自分を強く持つ事だ、なぜ君が闘うのか…その根底を見誤ればたちまち闇に飲まれるぞ」

幽姫「はい、注意します」

総理大臣「…魔法少女への支援は最大限しよう、それしか我が国に残された道はないからな」
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:17:54.36 ID:4aN7axQb0
元々は普通の人間だったんだ…
157 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/15(日) 23:19:49.14 ID:CX1m/ihwO
時計紳士「話は終わったか?」

扉の開く音もなかったのに時計紳士が立っていた

幽姫「…いつの間に入ってきたんですか?」

時計紳士「さしたる問題ではない、少なくとも君たちの会話は聞いていないのだから」

総理大臣「……帰りたまえ、支援の内容は赤井君を通して伝えよう」

時計紳士「恐悦至極」
158 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/15(日) 23:25:26.20 ID:CX1m/ihwO
時計紳士「さて、ではこれからの方針を話し合おうではないか」

幽姫「これから…ですか?」

時計紳士「現状君が戦えているのは相手が雑兵に過ぎないからだ、ネームドの連中が現れれば君も劣勢に立たざるを得ない」
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:26:45.68 ID:4aN7axQb0
ん?
160 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/15(日) 23:29:12.47 ID:CX1m/ihwO
時計紳士「故に君は魔法を習得する、新たに魔法少女を勧誘するなどの行動をしなければならない」

幽姫「戦力の増強をしろって事ですね」

時計紳士「理解が早くて助かる、それに関連して君の魔力を見ようと思う」

幽姫「魔力を…見る?」

時計紳士「習得させる魔法の方向性を定めないといけない…懐中時計に念を送ってみろ、診断は私がしよう」


下3 好きな色とか魔法の系統とか書き込んでみてくだし
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:30:18.41 ID:3vhNhkNr0
鉛白
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:30:34.72 ID:4aN7axQb0
水色
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:31:08.07 ID:36FjC3MAO
メロメロ
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:31:08.50 ID:MCrwOOlno
165 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/15(日) 23:37:53.19 ID:CX1m/ihwO
時計紳士「……」

幽姫「どうしたんですかそんな黙り込んで」

時計紳士「…」ミケンオサエ

時計紳士「…ピンクだ」

幽姫「は?」

時計紳士「君の魔力色はピンクだ…」

幽姫「魔法少女としてはスタンダードなのでは?」
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:40:10.00 ID:3vhNhkNr0
魅了系砲撃魔法少女とかいう新ジャンル
167 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/15(日) 23:41:35.07 ID:CX1m/ihwO
時計紳士「この魔力色の持ち主は精神干渉、とりわけ魅了に強い適正を持つ」

幽姫「ふむふむ」

時計紳士「直接戦闘向けではない」

幽姫「ふむふむ……うぇ?」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:42:56.92 ID:4aN7axQb0
( 0w0)ウェ?
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:43:57.26 ID:HqZUg2Ky0
歌って踊ればいいんだよ!
最終的にはマイケルのゲームみたいに必殺ダンスで範囲内の敵を爆散させられるようにだな
170 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/15(日) 23:46:16.69 ID:CX1m/ihwO
幽姫「ちょっと待ってください、仇を取らせてくれるって話は!?」

時計紳士「我々にも意地はある、何としても仇は討たせよう…だが直接討てるかは相当怪しくなった」

幽姫「 」

時計紳士「現状君に求める役割は…広告塔だ、ひたすらに新たな魔法少女を呼びあつめる広告塔になれ」

幽姫「 」

時計紳士「いずれ君が集めた少女達が炎を鎮めて見せるだろう」

幽姫「ソウデスカ-」

時計紳士(流石に同情するぞ…)
171 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/15(日) 23:46:57.13 ID:CX1m/ihwO
話のジャンルが音を立てて切り替わったぞ
172 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/15(日) 23:51:02.65 ID:CX1m/ihwO
先が思いつかなかったので一旦ここまで
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:52:41.59 ID:4aN7axQb0
乙…
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:54:55.72 ID:LqQ4C/mo0
アイドル戦国時代だしアイドル魔法少女目指そう
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 00:09:11.24 ID:IKmHL3Zi0
魔法少女に成れる年齢って決まってますか?
176 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/16(月) 00:20:35.66 ID:2oMRm9ElO
扇の女「そりゃ少女だし中高くらいが限界?」

神父「肉体的に健康であれば多くは望まない」

時計「年齢制限?必要か?」


基本スタンスはこんな感じ
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 01:22:26.59 ID:O007q6It0
魅了…扇動しなきゃ(使命感)
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 17:32:06.28 ID:7YQDo7uTO
>>176
それぞれスタンスは違うのか…
扇の女は元々人間だから世間一般の魔法少女のイメージなのかな
179 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/17(火) 22:53:35.15 ID:ufTQX7VzO
あ、元人間は赤い女と████で扇の女は人外です
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 19:10:32.22 ID:VPYKVDXGO
魔法少女は今後も増えるとして
皆んな的にはどんなのが出て欲しい?
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 19:42:54.34 ID:iEWYlta90
穂が超重量な箒を振り回すメイス系?
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 20:30:27.17 ID:/S/3rafl0
魔翌力を半分の量抜き取って小物にして使う能力
何度でも使えるけどストックは2つまで
2つ以上溜まるとどれかを破棄する(その場合は本来の持ち主に戻る)
魔翌力を抜き取られた状態の魔法少女に別の魔翌力を入れることもできる(ただしこの状態になった後に破棄されると別の誰かにランダムで入る)
武器は五本指の巨大マジックハンド
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 20:32:48.36 ID:/S/3rafl0
あれ魔翌力って書いたはずなのに?
184 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/18(水) 20:37:25.05 ID:BiE48+5hO
一部文字はsagaをメ欄に入れないと自動変換されるよ
魔力とかコナンとかドラえもんは
185 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/18(水) 20:37:52.43 ID:BiE48+5hO
魔翌力とかコナンとか[たぬき]になる
186 : ◆f9KVUUz1P. [saga]:2017/10/18(水) 20:38:19.58 ID:BiE48+5hO
おっと新一
187 : ◆f9KVUUz1P. [sage]:2017/10/18(水) 20:38:48.58 ID:BiE48+5hO
がバーーーローーだっけか?
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 20:56:50.75 ID:/S/3rafl0
>>184
そうでしたか有難うございます
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/21(土) 23:24:48.99 ID:hj0aw26s0
トゲアリみたいな性格なキャラが欲しいかな
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/26(木) 02:19:12.49 ID:LA9NbnhBO
(^。^)…
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/27(金) 19:26:30.70 ID:TLZWO+A0O
こっちもまたやってくれるのかな?
76.81 KB Speed:2.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)