勇者「魔王の電話番号?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 21:45:47.45 ID:hZ/5fPsxO


勇者「いや、要らないです…」


王「まぁそう言うな勇者よ」ゼロハチゼロ…


勇者「えぇ…」メモメモ




ー 勇者 は 魔王の電話番号 を 手に入れた!ー







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507121147
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 21:56:02.15 ID:hZ/5fPsxO


勇者「初めてのアイテムが電話番号とは…」


勇者「連絡先登録しとくか、魔王っと…」


勇者「さて…仲間は後々探すとして、行くか!」



< 勇者の装備・アイテム >

E : 始まりの剣
銅の鎧

アイテム : 薬草×5 せいすい キメラのつばさ
魔王の電話番号←NEW!!

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 22:16:07.20 ID:hZ/5fPsxO


〜道中〜


勇者「ファイヤーボール!」ボッ


ゴブリン「ぐがっ?!」


勇者「ん…弱い上に数が少ないな」


勇者「まぁいい、村まで突っ切ろう!」



〜 タマヤシの村 〜


村人「おぉ、タマヤシの村へようこそ」


勇者「どうも。ここの村の宿屋は…」


村人「あそこにある木造の家が宿屋さ」



〜 宿屋 〜


主人「長旅お疲れでしょう、あの部屋です」


勇者「…ありがとう」




勇者「さて、問題の電話番号な訳だけど」


勇者「やはり掛けてみるべきなのか」


掛ける?掛けない? >>5
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 22:18:36.76 ID:UeEm2mvQo
かける
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 22:19:05.77 ID:HrnBSCIu0
賭ける
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 22:21:42.34 ID:hZ/5fPsxO
>>5


勇者「一応王様のイタズラの可能性もあるしな、掛けるか」ゼロハチゼロ…


prrrrr、prrrrr







pi



勇者「えっ」





7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 22:26:48.21 ID:hZ/5fPsxO


魔王『もしもし』


勇者「も、もしもし?」


魔王『掛けてきたのはそちらであろう…誰だ』


勇者「…勇者です」


魔王『勇者…?あのクソ王の仕業か』


勇者「お知り合いなんでしょうか」


魔王『知り合いも何も、数年前に我を倒したのはアイツだ』


魔王『最も、今では電話する仲ではあるがな』


勇者(なんで倒しに行くんだろうか)


魔王『何故か、と思ったろう?なんせ暇でな』


魔王『王に話を持ちかけたら、勇者だろとなってな』


勇者「俺の敵は王様だったのですね」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 22:32:22.17 ID:hZ/5fPsxO


魔王『しかし、貴様に電話番号を渡すのは想定外だ』


魔王『これでは雰囲気も何もないではないか』


勇者「全く…それと、一つ聞きたいのですが」


勇者「敵が、少ないのです、訳があるのでしょうか」


魔王『スライムは我の風呂のために集合している』


魔王『ぷにぷにで気持ち良いものでな』


勇者「貴方も敵なのですね」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 22:46:06.98 ID:hZ/5fPsxO


魔王『スライム風呂を愚弄しているのか!!』ドンッ


勇者「そっちじゃないです!!」


魔王『そうか…ところで、今は何処にいる』


勇者「今ですか?今はヤシタマの村です」


魔王『あ。その村は我が全人間を魔物とすり替えておいたぞ』


勇者「もうおかしいですよね、いや普通なのか魔王だし」


魔王『聞いて慄くがよい。なぜそのような事をしたのか』


勇者「恐らく暇つぶしだと思うので切りますね」


魔王『せいか Pi♪



勇者「あの王二人は信用するべきではないな」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 22:53:48.21 ID:L5DqXc3KO
これはきたい
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 22:54:57.65 ID:hZ/5fPsxO


勇者「さーて、この村は全員魔物だったんだよなー」


勇者「…やりますかっ!!」





〜 王様サイド 〜


王「仕事は終わった…暇だな。つまり魔王だな」

pr Pi♪


魔王『どうしたクソ王』


王「随分出るのが早い… そっちもひと段落ついたらしいな」


魔王『あぁ、そしてお前に電話番号は渡すべきではなかった』


王「勇者のことか?まぁ気にするな」


魔王『しかし、何度思い出しても腹が立つ…あの時の貴様は』




◆ 魔王城 過去 ◆


勇者「ライジングサーペント!!」


バンッ


勇者「」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 22:59:44.94 ID:hZ/5fPsxO


勇者(現:王様)「跳ね返ってくるとは反則な」


勇者「はぁ、かっこいい俺の見せ場が」


勇者「ゆっくーり開けよう、ゆっくりな」


ギギギギギギ



魔王「よく来たな、勇者よ」


勇者「初めまして、勇者です。差し支えなければ電話番号など…」


魔王「見た目で判断するとは愚弄しているようだな」


魔王 「「「「 災厄 ノ 極冷」」」」ギュオオオ


勇者「効かねぇっ!!」反射


魔王「跳ね返すとは何と卑怯な!」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 23:07:34.08 ID:hZ/5fPsxO


………


魔王『と言った感じで、最低の事をしてくれたな』


王「貴様もだ魔王よ。扉にちんけな小細工かけよって」


魔王『ちんけとは馬鹿にしておるのか?!!』バンッ


王「あの鎧の反射こそ卑怯だと馬鹿にしよった癖に…」


魔王『もう許さぬぞ…戦争だ』


王「あぁ、受けて立つわ!!」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 23:16:37.58 ID:m/+niI8f0

〜 勇者サイド 〜


勇者「聞いてたお陰で随分早く片付いたな」


勇者「殆どがスライムだったのは驚いたが…風呂にするくらいだしな」


prrrrr prrrrr



勇者「また電話…しかも王様…?」


勇者「いつ追加されたのだろうか。出るか」


Pi♪


勇者「はい」


王『勇者よ。戦争が始まることになった』


勇者「戦争…!妖精の国ですかっ?」


王「」
15 : ◆/Pbzx9FKd2 [sage]:2017/10/04(水) 23:21:22.59 ID:hZ/5fPsxO
コテ付け+間違えました。再投します




〜 勇者サイド 〜


勇者「聞いてたお陰で随分早く片付いたな」


勇者「殆どがスライムだったのは驚いたが…風呂にするくらいだしな」


prrrrr prrrrr



勇者「また電話…しかも王様…?」


勇者「いつ追加されたのだろうか。出るか」


Pi♪


勇者「はい」


王『勇者よ。戦争が始まることになった』


勇者「戦争…!妖精の国ですかっ?」


王『いいや、魔族側だ』


勇者「…まさかとは思いますが、魔王と喧嘩でもしましたか?」


王『そのまさかだ』


Pi♪


勇者「付き合ってられるかっ!ぁぁぁああああ?!!」シュウウウン


勇者「体が消えてく?!」


バシルーラじゃー バシルーラじゃー バシルーラじゃー………


勇者「くっ…!許すまじ王よ!!」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 23:31:52.80 ID:hZ/5fPsxO

バシュン!!


勇者「ここは…?」


魔王「うおっ?!貴様は…どこから!」


勇者「その声は魔王!!」


魔王「声で判別するとは、愚弄しておるの」パキパキ


勇者「この装備で魔王に決闘を挑ませるとは…っ」

E: 始まりの剣 銅の鎧 王様のお守り←NEW!!


魔王「戦争に貴様がいると戦力が傾くのでな!!」


魔王「全力で行くぞ… 災厄 ノ 獄炎 !!」ボッ


勇者「うっ…!!」反射


魔王「なっ?!」ゴオオオオ




魔王「反射。とはな…勇者は何故皆それを使うのか」


勇者「…」(なんで弾かれたのか…)


魔王「勇者よ、そのお守りはどこで手に入れた」


勇者「これは…知らない間に王様が…?」


魔王「ということは来るか」



お守り が 光り輝いた!!!



王「…待たせたな」シューーー


17 : ◆/Pbzx9FKd2 [sage]:2017/10/04(水) 23:43:04.21 ID:hZ/5fPsxO

魔王「…またも反射を使うとは、やはりクソ王か」


王「美人の癖して姑息な手ばかり使いよって…」


魔王「永き闘いに…終止符を打とうぞ!」


勇者「ガンバレー」




魔王『Lv:???』「 災厄 ノ 魔槍 !!」シュン


王『Lv:99』「ライジングバレット!!」ババババ


勇者『Lv:13』「槍と雷の刃が相殺…これが最強の闘いか…」


魔王「戦慄ナル龍息!!」


王「くっ…!」


勇者「お、王様っ!!」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 23:49:44.81 ID:hZ/5fPsxO


王「ライジングストーム!!」ヒュゥウウウ


魔王「衰えたな、クソ王…」バシルーラ


王 勇者 「「なっ!!」」


魔王「今…貴様らを潰す必要はもうない…消えうせい」


勇者「せめて一発でも…ファイヤーボール!!」ボッ


魔王 「ふん」反射


王「また反射か!!!………」ドヒュン



魔王「いやはや、疲れたな。スライムよ」パチッ


スライム が 集まって スライム風呂 に 変化した!!


魔王「やはりこれに限るな!」フハハハハ





19 : ◆/Pbzx9FKd2 [sage]:2017/10/05(木) 00:00:25.17 ID:vxscDi08O


王「すまぬ勇者、やはりもう一度旅に出てくれ」


王「そうだ、次はメールアドレスを教えよう」


mao2525@gmail.com


勇者(gmail…)


勇者 は キメラのつばさを使った!!


勇者「またタマヤシの村だ」


主人「あぁ、旅人さん。今、こんな料金になってしまっているよ」


勇者「料金が…」


勇者「王様につけておいてください。勇者です」





勇者「さて、魔王にメールを送るべきなのか?」


送る、送らない >>22


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 00:24:25.48 ID:MUencQpko
送る
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 00:31:15.04 ID:vZr19d/7O
ファンタジー世界でもgoogleは健在kskst
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 00:59:59.56 ID:AtMZtIsWO
送ろう
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 11:26:47.01 ID:0m52ucNKO
>>22


勇者「一応送るか…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宛先 : mao2525@gmail.com

件名 : 勇者です

経験値稼ぎしたいのでスライム戻して頂けませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

勇者「送信っと」Pi♪

piron♪


勇者「…早いな?」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宛先 : yusha4649@icloud.com

件名 : [ピーーー]ぞ

却下
iPhone信者に手助けの必要無し
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

勇者「」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 11:47:54.72 ID:tv7acLQeo
これは仕方ないw
25 : ◆/Pbzx9FKd2 [saga]:2017/10/09(月) 06:00:52.91 ID:6dB7r0MeO


勇者「魔王と王のダブルコンビに関わらずに行こう」


ガヤガヤ


勇者「…ん、喧嘩、か?」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



カマ「なによぉ!オカマ馬鹿にすると死ぬわよ!」


ゴリラ「ただ性別にあった生き方をせいと言っただけじゃ!」




勇者「濃いなぁ…避けようか」


カマ「あ!そこのア・ナ・タ?ちょーっと来てちょ?」


勇者「魔王討伐の任務があるのですみません!!!」ダダダッ


カマ「ノンノン!時間あるでしょー?」ガシッ


ゴリラ「じゃから女を好めとあれほど!!」


勇者「せ、せめてメールアドレスだけで許してください…」


カマ「おっけー♪ん、アナタ、iPhone勢なんだ」


勇者「えぇ…好きなもので」


カマ「Appleかぁ…もういいわ、ありがと?」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


勇者「iPhoneの何がいけねぇってんだ!!!」パリーン
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/09(月) 06:23:14.21 ID:6dB7r0MeO

Prrrrr


勇者「電話、か…とても出たくないな」


魔王『よぉ信者!』


勇者「じゃあ切りますね?」


魔王『すまぬ、お主に相談があっての』


勇者「ほんとに魔王なんですか…」ハァ


魔王『キングスライムというものがおってな』


魔王『捕獲してきてくれ』ヨロシク


勇者「嫌です!!…ハァ…またバシルーラですか…」ババババ


魔王『そゆこと(o´・ω-)b』グッ


勇者「顔文字使ってんじゃねえぇぇぇぇぇ………」




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【神殿らしき建物】


ドサッ


勇者「痛っ…くない?柔らかいぞ?それに青い…」


勇者「えっこれ全部スライム?」


勇者「」デケェ


キンスラ「」ナニコイツ
13.96 KB Speed:1.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)